5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【うつ病】抗うつ剤の副作用と依存性について語ろう

1 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 05:47:50 ID:S8PIPPiV
精神科に行ったらたくさん薬を処方された

指示通りに飲んだがなかなか治らない

おまけに毎回副作用が出る

副作用がキツいので薬をやめようとしたら、今度は離脱症状が出てやめられない

いったい何年飲み続ければいいの?

そんなあなたのためのスレ

2 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 08:46:42 ID:EUewKP+v
離脱が怖いことと依存性を一緒にしちゃいかんだろ。
抗うつ剤に依存性はない。

3 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 16:28:12 ID:S8PIPPiV
>>2 言ってる意味がわからなくて、散々ググってようやくわかった
その意味で感謝するw

確かに抗うつ剤には依存性はないらしい
但し、ここで使われている「依存性」とは麻薬中毒者に見られるように薬を欲しがる状態の事

それに対して「離脱症状」は薬をやめた時に出る苦しい症状を指す

「抗うつ剤に依存性はない」
これは正しいかも知れないが、とんでもない詭弁だ
なぜなら医者から「依存性はないから大丈夫」と言われると、ほぼ100%の患者は
「なら、やめたい時はいつでもやめられるんだな」と解釈するだろう

ところが実際やめようとすると激しい離脱症状が出る
苦しくてとてもやめられない
仕方なく薬を飲まざるを得ない
医者に抗議する
「先生、依存性はないって言ったじゃないですか!」
医者「ええ、依存性はありませんよ。それは離脱症状ですよw」


こういうカラクリだったのか
よくわかったよ

4 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 16:30:23 ID:946EKI0a
副作用の吐き気が醜い鬱の薬なんか早く辞めたいんだけど

5 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 17:03:03 ID:EUewKP+v
>>3
そこで医者を悪人に仕立て上げてどうするよ。
医者個人は医療の末端に過ぎず、行政が決めた範囲内で治療をしなきゃいけない
立場なんだから。
責めるなら、離脱が万人に生じる現象ではないとして研究を進めなかったり
新機軸の治療薬開発に取り組まない研究機関やそれらを推進する事を助けない
行政を相手にしな。
そんなに医者に騙されたと感じるなら、薬物を使わず認知・行動療法を指導する
カウンセラーにかかればいいだろうに。
心療の分野なんてまだまだ発展途上だ。
そんな時に患者が医者を茶化してたら進歩するものもしなくなるだろ。

6 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 17:13:35 ID:NQWC9tsd
☆ 企業献金額 ☆

自民党 168億円   
民主党  18億円

自民党に政治献金している企業リスト
http://d.hatena.ne.jp/odtmkz/20090820/p1

20,000万円 日本医師連盟 ←注目☆
14,600万円 自由社会を守る国民会議
8,000万円 石油連盟
8,000万円 (社)日本自動車工業会
8,000万円 (社)日本鉄鋼連盟
7,700万円 (社)日本電機工業会

7 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 18:03:48 ID:S8PIPPiV
>>5 失礼
あなたは多分良心的な医者なのだろう
ただ医者の言葉は誤解されやすい事を言いたかっただけ

ただ医者によっては副作用や離脱症状について何の説明もなく、漫然と多剤投与を繰り返すだけの治療をしているのも事実
いや、そういう医者がほとんど
勿論これは全て医者が悪いのではなく、現行の医療制度、厚労省の責任である事は認識している

だから医者と患者が協力して、抗うつ剤の副作用や離脱症状の問題を提起して行けばいいと思うのだが、今は寧ろ敵対している場合が多いのでは?
良心的な医者の中には書物等を等してこの問題を訴えている人もいる
しかし逆にその動きを潰そうとする勢力もある

つくづく日本は悲しい国だと感じるよ…

8 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 18:30:04 ID:EUewKP+v
>>7
心療、特にSSRIを使った治療なんて始まってから20年かそこらでしょ。
それ以前から真面目に勉強してきた医者は、その真面目さがあだになって、
教科書になかった事は存在しないかのように思いこんでいる節があるのは確か。
(それにも満たない、単に惰性で診療医師やってますなんて輩は無視する)
診療室で患者が離脱症状を訴えても、学界でそんな論文に出会った事がないからと、
「それはこの患者の体質によるもので一般的でない」と考えてしまう場合が多かったのも
恐らく事実だろう。(半分は正解なのだが)
しかし、現在は医師や医学生もネットなどで広く情報を集められるようになっているし、
そういう手段をとっている研究者の方が将来的にイニシアチブを取るだろう。
確かに医療の世界は恐ろしく縦社会で、今すぐに体質を変えようとしても叶わないと思う。
でも、歴史の長い内科や外科といったものと違い、まだまだ伸びしろのある分野だからね。
医者は偉くなると診療室よりもゴルフ場に多く姿を見せるようになると言われているが、
心療分野はそんな権威主義はすぐに失墜すると思っている。
モノアミン仮説なんかよりもっと素っ頓狂な仮説が出ては否定され、そんなことを繰り返す
若い分野だと思う。患者側の視点で研究する医師や研究者は増えるんじゃないかと。
だから、従来の内科のしきたりを引きずってる現在だけを見て絶望するのはどうかな?
どうせ治療は長く続くんだから、今現在なんかより将来に希望を持ちたいね。

9 :優しい名無しさん:2010/06/19(土) 19:21:36 ID:S8PIPPiV
>>8 お疲れのところ長文レスありがとうございます
あなたのような方が医学界の主流となって行く事を心から望んでいます
様々な抵抗もあるでしょうが、私も微力ながら協力させて頂くつもりです
またこのスレに遊びに来て下さい
お待ちしております

10 :優しい名無しさん:2010/06/20(日) 15:01:34 ID:/4n7C5c2
ところで副作用に苦しむ人も多いと思うんだけど、何かいい方法ある?

11 :優しい名無しさん:2010/06/20(日) 15:10:10 ID:5Jt0KuTy
とにかく太る。肥る。
10キロは太った…。

何より、一切うつ病が治らない。
5年も続けているのに!

むしろ悪化している気さえする

12 :優しい名無しさん:2010/06/20(日) 15:17:24 ID:SQLkKWqI
それなら薬変えなよ…。

13 :優しい名無しさん:2010/06/20(日) 16:34:58 ID:/4n7C5c2
同感
薬替えるかやめた方がいいような気がする
医者に相談すべき

14 :優しい名無しさん:2010/06/20(日) 23:23:05 ID:5Jt0KuTy
最初はリタリン漬けで、「とにかく、お金を払え」
って町医者で、そこから壊れました

今はゾロフト50r1日ですが、何一つ解決しません。

職場も毎日朝一時〜半まで残らされて
大声で思想を読み上げる研修とかで
発狂しそうです

先日、ノリトレンが追加されましたが
血便が止まりません

15 :優しい名無しさん:2010/06/20(日) 23:44:12 ID:SQLkKWqI
いや、そりゃ職場に問題ありだろ。
そんな環境でうつを治せる薬があったらこっちが飲みたいわ。

16 :優しい名無しさん:2010/06/21(月) 01:20:26 ID:h7qCRrZu
>>3
医療側と患者側が信頼関係でつながり、連動して治療を行うという理想には大賛成だし
現状に絶望を感じてもその理想は捨てて欲しくない。
これはインフォームドコンセントという概念の基礎だ。
しかし、昔から「医は仁術」との理想を持っていた国が
外国からそんな道徳を輸入しなければならなくなったというのも
正直、悲しい気もするなあ。

17 :優しい名無しさん:2010/06/21(月) 01:21:24 ID:h7qCRrZu
>>3は間違い。>>9だった。

18 :優しい名無しさん:2010/06/21(月) 20:41:14 ID:fuyhQn7I
副作用辛いお

太りすぎて、屁が止まらない。
臭いよお

リタリン…

アモキサンやアナフラニール、ノリトレンなら
どれが助かるの?

てか、うつ病ってそもそも治るの?
死ぬの?

19 :優しい名無しさん:2010/06/22(火) 12:44:56 ID:U2QSMKx4
もう何年も薬と副作用に苦しんできた。

全然治らないし、お金は無くなるし、容態はますます悪化するし。

もう今から飲むのを止めたらましかな。

20 :優しい名無しさん:2010/06/22(火) 13:23:43 ID:/EH9XIzX
>>18 >>19 薬別減薬、断薬スレへどうぞ

21 :優しい名無しさん:2010/06/24(木) 08:29:35 ID:FdMO93SB
みんなどんな副作用が出る?
できれば薬ごとに


22 :優しい名無しさん:2010/06/25(金) 13:07:30 ID:PAHXy7XL
【厚労省、向精神薬の処方に注意喚起】
抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など「向精神薬」の飲みすぎが自殺につながっている可能性があるとして、厚生労働省は24日、日本医師会や精神科病院の団体などに対し、自殺の危険性がある患者には長期、多量に処方しないよう呼び掛ける通知を出した。
年間の自殺者が3万人を超える中「自殺の恐れがないか判断し、投与の日数や量に注意する必要がある」としている。

ついに厚生労働省が抗うつ剤の危険性を認めたぞ!
多剤投与を受けている患者さん達は気を付けろよw

23 :優しい名無しさん:2010/06/25(金) 19:28:33 ID:Qybyl+hB
セレネース注射でパーキンソン病みたいになった…
我慢できなくて病院連れて行ってもらったらすぐにアキネトン注射してくれた
助かった

主治医が駆けつけてくれたのには本当に感謝してます

24 :優しい名無しさん :2010/06/27(日) 09:20:55 ID:DMp4kCm4
遅発性ジスキネジアで苦しんでる人。Part3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1274667723/

アカシジアで困ってる人。Part3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1249212701/


25 :優しい名無しさん :2010/06/27(日) 09:23:44 ID:DMp4kCm4
遅発性ジスキネジア
http://www.topnet.gr.jp/Hsiori/ZYUDAI/CHIHATU.HTM
ここから原因薬として挙げられている薬品名をリストしてみました。
これらの薬を飲んでいる人はこの重篤な副作用に注意してください。

・ベゲタミン・アモキサン・クロフェクトン・バルネチール
・ルーラン・クレミン・ジプレキサ・デフェクトン・ウインタミン
・コントミン・アビリット・ドグマチール・ロドピン・メレリル
・トロペロン・エミレース・ケセラン・セレネース・ハロステン
・リントン・セロクエル・ノバミン・アパミン・ニューレプチル
・インプロメン・トリオミン・トリラホン・ピーゼットシー (PZC)
・トリフロペラジン・フルメジン・エリーテン・テルペラン
・プリンペラン・プロメチン・メトクロール・リスパダール
・ヒルナミン・レボトミン・エビリファイ・スルピリド
・ホーリット・オーラップ
・その他にも色々あります。

また、上記の薬以外に、抗パーキンソン病の薬(アキネトン、アーテン、グラマリールなど)は
この病気の対処薬として処方されることがありますが、逆に悪化させる可能性があります。
また、抗パーキンソン病の薬は後発品も多いので、薬の検索サイトなどで確認することをお勧めします。
異常が現れた場合はすぐに大学病院等の神経内科などを受診し、薬の調整を行ってください。
自己判断で減薬や断薬を行ってもこの副作用を発症するおそれがあります。

重篤副作用疾患別対応マニュアル ジスキネジア
 平成21年5月 厚生労働省
http://www.info.pmda.go.jp/juutoku/file/jfm0905003.pdf


26 :優しい名無しさん:2010/06/27(日) 20:22:35 ID:1Ae9dxx8
>>22
それ、自分勝手にためておいたのを自殺に使う恐れがあるからってことでしょう?
薬剤の危険性とはちょっと違うよ。

27 :優しい名無しさん:2010/07/03(土) 12:43:53 ID:ABI2gKpJ
厚労省が実態調査を始めたから、副作用や依存性がだんだん明らかになって行くと思う

28 :優しい名無しさん:2010/07/04(日) 11:43:49 ID:Ric5i6d6
向精神薬(抗うつ剤、抗不安薬、眠剤)を飲み続けると、次第に耐性がついて薬が効き憎くなる
すると自然に薬の量が増えて行き、ついにはOD(過剰摂取)を引き起こしたり、それが最悪自殺につながる可能性すらある
やはり向精神薬の長期服用は避けるべきではないだろうか?

29 :優しい名無しさん:2010/07/04(日) 12:42:45 ID:AfESAtzu
SNRIだが最低でも一年飲むようなこと言われたが
もっと短くてその間に認知療法で改善するとかしないのは
今の医療制度では無理なのかな

30 :優しい名無しさん:2010/07/04(日) 14:00:02 ID:pOe4Rb1g
>>30
難しいところ。
認知療法も医師が行うと保険適用だが、心理治療に精通した医師は稀。
森田療法は論外。
臨床心理士なら専門性も高いが、保険適用外で実費だし、技量は個人差が大。


31 :優しい名無しさん:2010/07/09(金) 08:22:36 ID:RQHG3S44
服用が自殺を促す恐れが指摘されている抗うつ薬について、厚生労働省が製薬会社に対して初めて、自殺する危険性を明記するよう「使用上の注意」の改訂を指示していたことが分かった。対象となる抗うつ薬は12種類。

パキシル、トリプタノール、アモキサン、トフラニール、アナフラニール、テシプール、プロチアデン、スルモンチール、アンプリット、レスリン、ノリトレン、デプロメール、ルジオミール、テトラミド、トレドミン



32 :優しい名無しさん:2010/07/25(日) 18:49:12 ID:J34Iei/U
ここにも貼っとくか

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=sukinakoto&articleId=10257418040

33 :優しい名無しさん:2010/07/29(木) 09:17:39 ID:SM8lvk19
自殺が精神科医のせいだって段々明らかになってきてるな
女子アナも殺された
おまえらも気をつけろよな

34 :優しい名無しさん:2010/07/29(木) 09:28:39 ID:8lqIBQp6
死は唯一の救い

35 :優しい名無しさん:2010/07/31(土) 09:47:31 ID:slqehYIe
抗うつ薬の副作用で殺人事件までひきおこすこともあるそうだな。
1999年のハイジャック機長殺害事件も本物のうつ病でない人が
抗うつ薬を飲んだことが原因らしい。
http://kokoro.squares.net/psyqa0900.html

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)