5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モノアミン仮説からの脱却

1 :優しい名無しさん:2010/06/10(木) 03:48:40 ID:s3Mgij1g
現在存在している抗うつ薬は、すべてモノアミン仮説に基づいたものです。
これはあくまでも「仮説」なのです。

某所よりモノアミン仮説についての解説を引用すると

>3種類の神経伝達性モノアミン,すなわちノルアドレナリン,セロトニン,ドーパミンのうち
>どれかが不足すると鬱病となるという,いささか古典的な神経化学上の仮説

とあります。

また、in vitroでの薬理作用とin vivoでの薬理作用にも相違があります。

モノアミン仮説から脱却して新しく正しいうつのメカニズムを模索すべきと思います。

2 :優しい名無しさん:2010/06/10(木) 03:55:29 ID:l0FDbgyB
>>1はどんなアプローチが良いと考えてるの?
モノアミン仮説においてのin vitroとin vivoはどのようなケースを指すのかを素人でも解るように日本語で説明してください

3 :優しい名無しさん:2010/06/10(木) 04:20:50 ID:s3Mgij1g
>>2

>で>>1はどんなアプローチが良いと考えてるの?

それがいまだ誰もわからないから、モノアミン仮説とは別のアプローチの研究も必要ではないかという提案です。

うつはモノアミン仮説のみで起こるというのはどうにも説得力に欠けるというのは一般に認められるでしょう。

モノアミン仮説は、in vitroでのセロトニン再取り込み阻害やノルエピネフリン再取り込み阻害の結果が
in vivoではあてにならないということからも疑わしいのです。

それと、
>モノアミン仮説においてのin vitroとin vivoはどのようなケースを指すのかを素人でも解るように日本語で説明してください
批判をするなら、少しは勉強してからにしていただきたいと思います。
全く無知な人にわかるように説明するということは不可能です。

しかし、これは大変に重要なテーマであると考えますので、提議したものであります。

4 :優しい名無しさん:2010/06/10(木) 04:45:23 ID:l0FDbgyB
>>3
少し求める側としての説明も不足していたと思われたみたいですから補足しておきます。
in vivoは広義では生体、in vitroは生体外での試験なのですが、
「うつ病」に関しては狭義(もう少し厳密に)で定義する必要がありそうだと考えてます。
次の例を挙げてみます。
「うつ病」とはまったく関係ない病気なのですが人畜共通感染症として哺乳類ならばすべてが対象となる「狂犬病」と、
近年明らかになった「ダイオキシン類中毒症」を軽く説明します。

前置きとして、薬効があると思われる化学物質について治験を行うときマウスやモルモットを実験動物にすることが通常の方法ですが、
これは実験動物と人間とで感受性が同一であるか若しくは近い反応性を持つことが必要です。
さきほどの「狂犬病」では哺乳類であればまったく同一の生体機構で説明できるのですから実験動物でのin vivoとin vitroで実験をすれば良いのですが、
「ダイオキシン類中毒症」では実験動物と人間とで感受性が異なるために毒性が過大評価されました。
この場合では実験動物でのin vivoとin vitroはほとんど意味をなさなかったのです。

本題に戻ります。
「うつ病」は実験動物でのin vivo、in vitroで治療薬を探すことが正しいアプローチなのかが疑問だということです。
人間の患者で実験できれば最良でしょうけど、害があるかもしれない段階での化学物質で人体実験を行うことは倫理的に問題があります。
わたしが考えている問題は簡略化すればこのような視点に立ってのことです。

5 :優しい名無しさん:2010/06/10(木) 04:48:14 ID:l0FDbgyB
>>4の2行目のin vivoは生体「内」の「内」が抜けてました。
訂正します。

6 :優しい名無しさん:2010/06/10(木) 22:56:18 ID:lYk4C3Td
学者と製薬会社と厚生省がガード張ってるから無理だよ
何を言っても
一生SSRI飲まされるだけ
何を言っても無駄

7 :優しい名無しさん:2010/06/11(金) 18:00:25 ID:GrW74IXJ
誰もモノアミン仮説を積極的に立証することもなく、否定することもなく、ただ漠然と正しいと認めて動かないでいるようでは
医学という学問としても臨床においても進歩もなければ、科学として確立することもないだろうなぁ。

8 :優しい名無しさん:2010/06/11(金) 19:14:15 ID:45pmuboh
>>1
おまいのシナプス使って実験させろよ

9 :優しい名無しさん:2010/06/11(金) 22:05:41 ID:UWTjXRzZ
医者も製薬もおそらく厚生労働省も、中の人はおバカじゃないから
SSRIが万能じゃないことくらいはわかってるだろ。

しかし日本は国民皆保険制度だから、保険適用するかしないか、100か0かの制度だなあ。
もし混合診療すれば100%患者負担ね、という。

もし患者にお金があって、全部自己負担で治療を受けるよ、となれば
そりゃいい医療が受けられるかもしらんなあ。
もしどうしても3割負担でというのなら、範囲も限られる。

二択だけど、どっちを選ぶのか。
もちろん国の仕組みを変えられる立場になるというオプションもある。

10 :優しい名無しさん:2010/06/12(土) 11:02:02 ID:GSQVNCR0
モノアミン仮説が仮説でしかなく、うつには他のプロセスも関与してることは
メーカーも分かり切ってるし、実際に新基軸の薬を作ろうと必死に研究してる。

でも今のところモノアミン仮説に基づいた薬以上のものは出来てない。
完全自費100%で米国最先端の治療を受けようとしたところで、
そこで使われる薬物はモノアミン系のものになる。

陰謀論でもコストパフォーマンスでもない。単純に現代精神薬理学の限界。

11 :優しい名無しさん:2010/06/13(日) 00:36:49 ID:FKxdi4yV
精神薬理一辺倒の大学教授でも、モノアミン仮説は古いと平気で言うぞ。
診察受けたわけじゃなくて、講演で聞いた。SSRIだってそういう作用機序じゃないぞ、と。

うつ病を治す方法なんていくらでもあるわけだ。
専属のスポーツトレーナーと専属の栄養士と専属の鍼灸師と・・・
(専属の医師でも心理学者でもなんでもよい)
を連れて、南の島に半年行けば治るだろう。これ確実。金があればな。

医療ってのは経済なんだから、保険の利く薬だけ飲んでお安く治すのは難しいわけだよ。

12 :優しい名無しさん:2010/06/13(日) 00:38:25 ID:tQ10d2NL
モノアミン仮説とは、古いね。

13 :優しい名無しさん:2010/06/13(日) 00:42:14 ID:tQ10d2NL
今は遺伝子発現レベルでの研究になっている。10年位前から既に
モノアミン仮説は過去の遺物。

14 :優しい名無しさん:2010/06/14(月) 02:55:17 ID:sUa1kMFo
そもそも精神病など存在するのか疑問なんだが

15 :優しい名無しさん:2010/06/14(月) 03:01:10 ID:Y8gw9kxZ
疑問だが、しつこい奴は滅茶苦茶しつこいやろ。

16 :優しい名無しさん:2010/06/14(月) 03:21:27 ID:sUa1kMFo
>>15
日本語で

17 :優しい名無しさん:2010/06/14(月) 03:39:11 ID:Uw4ED0/Q
>>14
うつ病は精神病ではないね。
ただしモノアミン仮説が間違いだという認識は主流になってきているからそのうち再取り込み阻害薬などはなくなるかもね。
双極性障害のおまけとしてうつ病の治療法が確立されるかも程度。
普通、精神病と言えば統合失調症と双極性障害のことを指す。

18 :優しい名無しさん:2010/06/14(月) 09:41:32 ID:sUa1kMFo
>>17
ではうつ病は存在するのか

19 :リス虎:2010/06/15(火) 07:17:38 ID:4sdEhzCz
鬱病は、
1.神経症(抑鬱神経症の定義拡大)
2.PDが基底にある神経症(ダブル・ディプレッション)
3.一般身体疾患(上で議論されてようなこと)
4.精神疾患ではない(反精神医学?)

どれでしょう?

20 :優しい名無しさん:2010/06/16(水) 00:10:39 ID:robK6vhR
多軸診断というのが流行らしくて、
ほかの精神疾患、あるいは日常生活に支障をきたす程度の身体疾患によって発症したうつ状態は
原疾患の随伴症状という扱いなんじゃね?

一方で、教科書的に死にたくて死にたくてたまらない(死なないけど)、
幻覚もないし、内蔵あたりの疾患やCFSあたりでもない、みたいのは
単極性ね、うつ病だねえ、という判断だろうな。

21 :優しい名無しさん:2010/06/16(水) 12:51:54 ID:/6/AG92S
なんとなく科学的にして病気アピールですよね?

22 :優しい名無しさん:2010/06/18(金) 16:40:18 ID:aiq/hhMX
あげ

23 :優しい名無しさん:2010/06/21(月) 01:41:06 ID:pHoeWXOH
なんでも異常にして正常がどんどん狭まっていく

24 :優しい名無しさん:2010/06/21(月) 22:09:33 ID:Qa+smrTH
うつ病の日本の有病率知ってる? 6.5%
約 850万人はいることになる。多いと思うだろ。

でも、世界的には、特にアメリカ、ヨーロッパでは 13%
アメリカ一国でも2000万人以上いるんだ。

何でも異常にしている訳じゃない。むしろ日本はうつ病の診断に
厳しいんだよ。厚労省やマスメディアに踊らされているだけ。


25 :優しい名無しさん:2010/06/22(火) 02:36:57 ID:KP7Efj2D
何でも異常にした結果世界中で凄い人数ですね


26 :優しい名無しさん:2010/06/23(水) 12:46:39 ID:Jsh+diP0
異常にした現在と異常にしてない過去で比較しないと意味ないじゃん
何でも異常にしてるのは世界中どこもそうなんだから

27 :優しい名無しさん:2010/06/25(金) 11:01:42 ID:csxsQoxN
うつ病は脳の病気とごり押しのくせにこのスレはスルーw

28 :優しい名無しさん:2010/06/25(金) 14:26:43 ID:PAHXy7XL
【厚労省、向精神薬の処方に注意喚起】
抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬など「向精神薬」の飲みすぎが自殺につながっている可能性があるとして、厚生労働省は24日、日本医師会や精神科病院の団体などに対し、自殺の危険性がある患者には長期、多量に処方しないよう呼び掛ける通知を出した。
年間の自殺者が3万人を超える中「自殺の恐れがないか判断し、投与の日数や量に注意する必要がある」としている。

29 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 16:46:57 ID:k+yx1lo+
電気痙攣ってなんであんなに効くのだろう
あとリチウムも謎すぎる

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)