5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■死恐怖症(タナトフォビア)14棺目■■■

1 :優しい名無しさん:2009/09/25(金) 00:28:30 ID:U2RP3EiJ
タナトフォビアとは死そのものや死に関連するものに対する恐怖症のことです。
このスレにはこんな人たちがいます。

1. 意識の喪失による無が怖い人
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
6. 永遠が怖い人
7. 身近な人の死が怖い人
これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。

タナトフォビアの類義語としてネクロフォビアがあります。
しかしタナトスはもともと死を擬人化した神の名を、ネクロは死体を指すので、
ネクロフォビアというと死体、つまり他者の死を意味するときに使う習慣もあるようです。
(ただし海外では同義語として扱われています。)

2 :優しい名無しさん:2009/09/25(金) 00:29:46 ID:U2RP3EiJ
過去ログ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)13棺目■■■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1240933762/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)12棺目■■■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1231956257/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)11棺目■■■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1220627226/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)10棺目■■■
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1204037109/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)9棺目■■■
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1186756061/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)8棺目■■■
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1168783698/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)7棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1159800835/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)6棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146015751/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)5棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136284577/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)4棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)3棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)2棺目■■■
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)■■■
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053

3 :優しい名無しさん:2009/09/25(金) 00:30:47 ID:U2RP3EiJ
■解決方法

どれも完全な解決方法ではありません。
前スレまでに書かれていたことなど。

(1)精神疾患の一種(強迫性障害・不安神経症の延長?)だと思われるので、精神科を受診し、処方された薬を飲む
(2)時間的余裕をなくす(時間があると余計なことを考えてしまうため)
(3)子供を作る(理由的には同上)
(4)気休めになる言葉や本を探す

4 :優しい名無しさん:2009/09/25(金) 21:24:59 ID:QF7drNfM
保守しとく

5 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 12:16:41 ID:8NE9+DOC
この手のスレにいる奴って対して生きる価値もない奴らなんだろうな

6 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 13:24:58 ID:NhOMQx44
そもそもこの宇宙に存在価値があるかもわからないのに
自分の価値なぞ計れるはずもない

7 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 13:55:13 ID:AwhPnBIh
価値ってのは自分を含む周囲からの評価であり、目的によっていろんな指標で計られる

>そもそもこの宇宙に存在価値があるかもわからないのに
馬鹿すぎ
少ない脳みそで哲学者ぶってるとこういう発想になるのかな

8 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 15:14:43 ID:MnWTis+s
価値基準というのは主観や主観の集まりによって作られる
たとえ神が価値を決めたとしても、それは無数にある中の一つの価値基準に過ぎない
強くて偉大で超自然的な存在が決めた事だからといって、それが正しいという訳ではないし
多数派が正しいという訳でもない
結局のところ、絶対的に正しいものなんて分からないし確かめる術もないので、
価値を含めた全てのものは自分で決めるしかない

あと>>5は「対して」じゃなくて「大して」だと思う

9 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 17:06:21 ID:8NE9+DOC
そういう宇宙レベルの小難しい話をしてるんじゃなくて
一般レベルで計る存在価値(定職について収入があるか、家庭を持てたか、いい人生を送れてるか)とかそういうのが出来てない奴が大半だって言ってんだよw
前に知り合いでカウンセラーやってる人に聞いたけど、死が怖いだの存在意味だの説いてる奴ほど引きこもりの無職ばかりだって言ってたよ

10 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 17:21:56 ID:cwX30UJC
>>9
なんで一般の存在価値をクリアしなきゃなんねえんだよ。お前は人に流れ流され自分を見失って死ね

11 :優しい名無しさん:2009/09/26(土) 18:21:09 ID:AwhPnBIh
>なんで一般の存在価値をクリアしなきゃなんねえんだよ。
誰もそんなこと書いてないんじゃ?
なんでそんなに苛ついてるんだろう。被害妄想の激しい人?

12 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 08:36:25 ID:jnbCN4W+
シミュレートしてみる。
俺がこれからの数十年という人生を最高に幸せに過ごしたとする。
俺はもうおじいさんだ。
そして今、死に際がやってきた。

・・・無理だ。
どんなに幸せな人生を送っても、死んだらそれで終わりだ。
一時の幸せなど何の意味もない。
いったい俺は何のために・・・

13 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 08:42:38 ID:jnbCN4W+
>>9
そういう傾向はあるかもしれないな
心理的な防衛反応として発症してる人もいそうだ
だがそうでない人達からしたら反感買われて当然だろ?

解決方法の一つに「日常生活を有意義に過ごす」を入れてみたらどうだろう
とか提案してれば棘もなかったと思われ

14 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 11:46:00 ID:6sRPQlsU
みんな心許して定期的に遊んだりする友達いるか?
なんか俺孤独だから死が恐いんじゃないかと思ってきた

15 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 13:43:45 ID:Vc96ep64
死が怖いとか存在意義とか考えてる奴にもいろんなタイプがあるんだろうけど
確かに>>12みたいなタイプは比較的多いような気がするな、俺もそんな感じだし
一般レベルで計る存在価値なんてそういう奴からしてみれば
ホントに無意味で無価値なものでしかないからな
そこに価値を見出さず望まないのであれば自然にそういう風になっていくのは当然だよな

16 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 15:26:25 ID:/RO5K0bA
そんなだからニートや引きこもりになって社会のお荷物になるってわけか

17 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 15:36:01 ID:/gNLL9f8
まぁ引きこもると余計な事考える時間があるからねぇ
死ぬのも怖いし生き続けるのも怖い

18 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 17:59:00 ID:cbJOH4Au
親の収入が豊富でお金の心配があまり無いニートならありうる
基本的に死恐怖症はある程度生活に余裕のある人がなりやすいと思う
というわけでこれがひどくなりそうな時は仕事を入れまくることにしている
これで結構死の恐怖を忘れられる
ただ、仕事が終わる時間が近づいてくると突然
死のことを思い出して更に疲労が覆いかぶさって死にたくなるほど嫌になる(矛盾している)
そういう時は薬の世話になったこともあった

19 :優しい名無しさん:2009/09/27(日) 19:20:10 ID:PBGIGhFW
過去ログ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)13棺目■■■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1240933762/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)12棺目■■■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1231956257/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)11棺目■■■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1220627226/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)10棺目■■■
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1204037109/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)9棺目■■■
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1186756061/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)8棺目■■■
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1168783698/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)7棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1159800835/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)6棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146015751/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)5棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136284577/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)4棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)3棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)2棺目■■■
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
■■■死恐怖症(タナトフォビア)■■■
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053

20 :優しい名無しさん:2009/09/28(月) 21:20:07 ID:N7QBC0e5
>>977
自分はリーゼって薬をもらいましたよ。^^

最近、一時よりは治まりました。
友達をあとにするとき言う「じゃあ、また明日。」。
自分はこの言葉を言うのがとても怖い。自分に明日はあるのか?
明日生きてる保障がどこにあるんだ?そんなことばかり考えてしまいます。

恐怖の全盛期はとりあえず人と話をしまくっていました。
あと怖くなったら寝てました。

21 :優しい名無しさん:2009/09/28(月) 22:33:56 ID:Zyb6/ISv
寝るの怖くね?

22 :優しい名無しさん:2009/09/28(月) 23:50:26 ID:jh86gUhK
怖い

けど朝はもうちょっと寝たいという矛盾

23 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 09:00:25 ID:nOXVVnd9
>>20
自分は「また明日」って言葉は気にならないな
それよりも葬儀の時に聞く「永遠の眠り」って言葉の方が怖い


24 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 10:32:50 ID:r7t0qbGo
飼い猫が死んだ。
遺体に触ってみたが全く抵抗されなかった(死んでいるから当然だが)。
死んだら意志はどこへ行ってしまうのだろう。

25 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 20:16:52 ID:cQsfUW6u
>>21
私も怖いです。
もう目覚めることが無かったらどうしよう、と考えてしまいます。
ですが、起きて深く考え込むよりは寝てしまったほうが楽になるので寝ます。
目覚めなかったら目覚めなかったでもう何も考えることもないでしょうし…。
朝目覚めずそのまま逝ってしまうのはこの世でもごくわずかな人間だそうです。
でもそのわずかの人間が自分だったら、と考えてしまうんですよね。

>>23
確かに怖いですね。葬儀には小さな頃に1度しか行ったことがないのでわかりませんが、
独特…というか、目に見えるもの以外のものがいそうでとても怖かった印象があります。

最近気づいたのですが、多分「生きている」ことが幸せすぎて「死」を恐れてしまってるんだと思います。
長文になってすいませんでした。





26 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 21:05:37 ID:6/17JZ5l
早く不老不死を完成させて欲しい。
死ぬのが怖い

27 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 21:14:01 ID:2HA66Tw6
>>26
そう思いながらみんな死んでいったのさ。死んでいくのさ。

28 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 21:25:08 ID:izOP6z17
>>26
人に頼ってないで自分で何とかしようと考えろよ

29 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 21:30:51 ID:C4ZhwKdS
眠いし眠りたいんだけど怖くてなかなか寝付けない
意識落ちる瞬間に気づいて「ハッ!!危ねぇ!」てなる

30 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 21:42:42 ID:GB4PkPC/
酒は飲んでる?
自分は酒飲むと一時的に眠くなるけど
その後で2時3時あたりに反動がよく来て目がさえてしまう
不安が止まらなくなることもある
だからあまり遅い時間には飲まないことにした

31 :優しい名無しさん:2009/09/29(火) 23:41:12 ID:nOXVVnd9
>>28
自分でなんとか出来る問題じゃないだろw

32 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 00:00:25 ID:FmaRS23P
>>30
いや、下戸だよ
でも酒ってそういうことがあるんだな
飲んでる人気持ちよさそうだし「寝酒」って言葉もあるから
眠れるんだと思ってた

33 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 13:58:06 ID:Cag+lb+Z
フリーザやベジータだって不老不死を求んでいた

34 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 16:34:38 ID:ajonqFlV
でもDB世界はあの世あるんだよな

35 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 17:31:53 ID:9ZV0z1B2
仮に不老不死が実現しても
若い頃から「いつか死ぬのが怖いよ」なんてビクビクしてるだけのひきこもりやニートには不老不死は与えられないだろ

36 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 18:25:32 ID:FmaRS23P
不老不死ね
この地球や太陽系や宇宙にも終わりが来るんだから実現するとは考えられないね
は、は、は

37 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 19:23:30 ID:ajonqFlV
>>35
不老不死になったら本気だす

38 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 19:24:00 ID:F3GnFqSG
>>36
宇宙や太陽の死なんて億とかの単位なのに。

39 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 21:08:39 ID:1jChbgvO
しかしこんな状況でも性欲はある
でも生殖への欲があるというのは
考えてみると命に限りがあるということの裏返しでもあるんかな…

40 :優しい名無しさん:2009/09/30(水) 23:28:36 ID:wtzDYi7F
裏返しも何も多様性が確保されるから有限の寿命と有性生殖なんて仕組みが席巻してるだけだろ
単純に長く生き続ける個体が生存に有利になるならもっと長持ちする体になっていただろうよ

41 :優しい名無しさん:2009/10/01(木) 00:53:54 ID:FOUohKxB
地球も最初は水素やヘリウムその他の物質の塊でしかなかったということはご存じだろうか。
生命の起源も物質の化学反応などによるものとする説が有力である。
我々はあたかも思考し、独自に活動することをあたりまえと思っているが、実はそうではない。
我々は地球という物体の一部でしかない。
何のことはない、道端に落ちている石ころと同じなのである。
いや、鉱物ですら何万年に1ミリとかけて成長する。
我々(人類のみを指し示すものではない)は地球である。
一生命の死とはごく一部のささいな自然活動なのだ。
しかし、私達はこの冷酷な事実に腹を立てている。
私達は存在している、にも関わらず、理由もなく消滅していくことに納得できないでいる。
そこで、科学や医学、哲学といった分野が発展を遂げてきた。
しかし、それだけに満足せず、「文化」という独自の共有概念をも生み出したことに私達人類の試行錯誤が見て取れる。
それはもはや生活そのものとして現在も生き続けている。
そこに価値を見いださないのであれば、また新たな手法を生み出すしかないのだ。
現在、この過酷な模索は停滞期にあると言えるだろう。
少なくとも私達の世代では劇的な変化は望めないだろう。
この悲しくも狂おしい事実は、しかし重要なヒントを確認することが出来る。
普遍的な存在理由がないことの自由と、かけがえのない生命の制約である。

42 :優しい名無しさん:2009/10/01(木) 05:55:12 ID:QIxcHqpy
そんなのどーでもいい。死にたくない。

43 :優しい名無しさん:2009/10/01(木) 21:20:49 ID:OxOdfbya
生が無意味であると心の奥では考えていながら
死を認められず、生に価値を求めたがっている感じか…

44 :優しい名無しさん:2009/10/01(木) 22:05:59 ID:Jaf932td
生に価値があろうとなかろうと
どうせ死ぬし

45 :優しい名無しさん:2009/10/01(木) 22:29:10 ID:uOte/Rr0
こいつらって自分のことしか考えて無いのな
後に生きる人のことなど考えずに飯だけ食って死んでいくのか
全く迷惑な奴らだ

46 :優しい名無しさん:2009/10/01(木) 23:10:12 ID:xwSQolXu
おまえもその一人だろカスタム

47 :優しい名無しさん:2009/10/02(金) 01:49:07 ID:Ny3Ed2Hg
死ぬと決めたら楽になるのかな
はやく決心つけたいな

48 :優しい名無しさん:2009/10/02(金) 12:50:21 ID:gAbm0KaF
>>31
不老不死の研究をやってる学者達は自分で何とか出来る問題だと思ってるからやってる訳だろ
本気で不老不死になりたいと思ってるなら少しでもその確率を上げるために
自分で何とかしようとするんじゃないのか?

49 :優しい名無しさん:2009/10/02(金) 20:45:19 ID:TVB2Cxv0
>>41
       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   r、r.r 、|:::::           |
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓|
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\   ・・・・で?
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ
     /      ` ─┬─ イ     i i
    /          |      Y  |

50 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 02:10:18 ID:i1/XKKCw
死をどんなに恐がっても、避けることはできない。
だからこそこのたった一度の人生の価値があるというもの。
大切なのは生きてる今、何をするかだよ。

51 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 10:04:14 ID:HKUeSAec
生きる価値と死ぬのが怖いのはまた別の問題である

52 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 15:22:16 ID:4RqjphVW
>>12>>15
じゃあお前等なんの為に生きてんだよw
「いつか死ぬから何にもしません!」ってか?
実際に充実した生活をしようとしてから言えよ。

53 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 16:16:03 ID:aXmkCMKZ
>>51
そのわりにいつか死ぬという理由で何もしようとしない社会のお荷物の発言が目立つけどなw

54 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 17:08:16 ID:HKUeSAec
だからまた別の問題なんだってw
税金も払ってるし働いてるし家族もいるよ
どんな生活をしてても必ず終わるっていう理不尽が怖いだけだよ

55 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 17:32:38 ID:aXmkCMKZ
いや誰もお前の自分話は聞いてないから
>>15-18の発言を元に感想を述べてるんだよw

56 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 19:47:04 ID:sYy5twTc
インフルにかかって死んだらどうしよう…

57 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 20:10:55 ID:i1/XKKCw
>>53 は明らかに多数を指してるだろ。
>>55 安価が変わってる件について。
俺も普通にリーマンやってるよ。
決めつけるような言い方はやめろ。
いろいろな人間がいる。

58 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 20:34:02 ID:aXmkCMKZ
>>57
決めつけるって何を決めつけるんだ?
>>51に書かれてること自体は普通だと思うが、
そのわりには>>15-18みたいな書き込みが目立ってるよな、と言ってるんだけど?
「やめろ」とか言い出しちゃって、何か悔しいことでもあったの?w
もしかして自分のことを言われてるとか思っちゃってるのかな?w

59 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 20:57:17 ID:gNKOVaNs
そうだね、君は社会のために頑張ってくれ
別に俺達なんて無視してくれていいから…

60 :15:2009/10/03(土) 21:56:35 ID:gaIEncgb
>>52
俺は「そんな感じ」としか言ってないだろ
つまり俺も>>12みたいに「どんなに幸せな人生を送っても、死んだらそれで終わり、
一時の幸せなど何の意味もない、(生きてなきゃ意味がない)」っていう価値観を持ってるって事だ
だから俺は不老不死になるために生きてる、死が怖いのだから当然だけど


>>58
安易に「いつか死ぬという理由で何もしようとしない社会のお荷物」だと決め付けるなって事だろ
実際、>>17>>18も死が怖いとは言ってるけど、自分が引きこもりやニートだなんて言ってない
俺も自分がそうだとは言ってないし

>>17
>まぁ引きこもると余計な事考える時間があるからねぇ
>>18
>親の収入が豊富でお金の心配があまり無いニートならありうる

これらは客観的に見て意見している可能性があるという訳だ
というか普通に見てればそういう風にしか見えないと思うんだけど
だからそれだけで意見している本人までもニートや引きこもりだと考えるのは
決め付けてると言えると思うよ、というより思い込みって所か

61 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 22:26:55 ID:aXmkCMKZ
>>60
決めつけも何も俺がそういう印象を抱いたってだけだろw
それとも、>>9に提示された話が虚偽であることを示す他のデータでもお持ちなのかな?w
あるいは、単に悔しかったのかな?w 人生に価値を見出してない割には。

62 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 23:41:48 ID:Z/WaQXyd
ID:aXmkCMKZの文章から前スレの最後の方で自己愛とかいって
他の人を煽ってた奴と同じ臭いがする…同一人物か?

具体的には↓の書き込みの人

885 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/11(金) 14:59:39 ID:esaktuZs
タナトって自己愛臭がぷんぷんするなw
若いときに死が怖くないのは「自分がまだ死ぬとは思ってないから」「想像力が欠如してるから」
ほとんどの人が」輪廻転生や死後の世界を信じているけど、死んだら無になると知ってるのは「自分たちだけ」

つまり、自分たちが想像力豊かで、正しい知識を持ってるってことっすかw
タナトってすげーな頭いい人ばっかりっすw

にしても2行目3行目が本当に正しいと思ってしまっているあたりがやっぱり・・・w

903 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 00:47:25 ID:RD9hfKci
>>898
>んな訳ねえだろ!認めてたら大半の人がタナトになっとるわ
ttp://fd005.exblog.jp/7815745/
死が怖くない人が5割前後いるというデータよりお前の妄想の方が説得力あるってか?
>>902も統計の話には統計で対抗してくれないと話になりませんので

>>899
ナルシストっぽい人が多いねという感想を書き込んでるだけだよ
なぜか凄い勢いで反論してくる人が何人かいるけどw

63 :優しい名無しさん:2009/10/03(土) 23:46:54 ID:sp3pKWg7
とりあえず、こういうスレッドで語尾にw付けるのはやめてくれないかな。
タナトの症状は笑い事でもなんでもないし、
そんな軽い気持ちで言ってるのなら凄く不愉快だし失礼。

64 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 00:02:18 ID:2qyODmi4
中には働いてる人もいるだろうけど
死ぬのが怖い関連のスレはニートっぽい人が正直多い

生きる事は無意味と死ぬのが怖いって真逆の考えなのに両方兼ねてる人が多いのも不思議
この世界から死で引き離されてしまう事に恐怖を感じながら、それでいて生きる事には意味を感じない状態ってのが分からん
そんな人は今後死から恐怖が無くなっても、結局肝心の生きる意味は生まれないんじゃないか?自分は死ぬのは怖いが生きる意味が無いとは思わん

65 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 00:12:16 ID:LRRvEHFM
しょこたん祖父を亡くして放心状態ですね。
気持ちは痛い程わかります

66 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 00:14:56 ID:FuF/u/SN
単に死ぬのが怖いけど発作にならないのは軽いタナト?

67 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 12:01:06 ID:sSAxmJby
死が怖いなんてのは当たり前のこと
その恐怖に素直に怖がっていればいいんだよ
まんじゅうこわい
死ぬのもこわい
生きていくのもこわいこと

さて買い物行かなきゃ

68 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 17:55:46 ID:fJRmCZx5
怖い…怖い…
軽い頭痛でも脳腫瘍とか重い病気を考えてしまう…
いや、本当にそうかも…
怖い

69 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 17:59:07 ID:0fC7sRBt


余命半年
歩くのも大変


死ぬのやだ
でも

70 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 18:00:26 ID:0fC7sRBt
うう

71 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 19:42:14 ID:LRRvEHFM
今日も大物の訃報が。。。

72 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 20:09:02 ID:v7SuYXLO
逆に死があるから悩まないですむという考え方もできるな。
今不安なことや悩ましいことがあっても、
どうせこれが解決しても
最終的には死が怖いという解決できない問題に行き着くから
放っておこうっていう考えになる。

73 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 21:47:59 ID:xuEUGTh1
>>69
マジかどうかわからないけど言葉が見つからん
自分が死病になったらどうすればいいんだろう
今は先送りで気持ちを抑えてるようなところがあるからな

74 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 21:59:04 ID:sSAxmJby
俺にとってタナトは必要なもの
自分を支える必要なもの
死にたくなってもこの恐怖があれば生きていける
調節が難しいが

まだ生きてる俺は生きてるから生きる
生きるほうに全力疾走してもすぐ息切れするから
自分のペースで歩いてく

75 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 22:46:20 ID:srEioFGG
小学校の卒業アルバムの将来の夢に「死にたくない」って書いた俺が来ましたよ。
今のとこ死んでない。。。

76 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 23:01:25 ID:1aj20O35
40代になるとクラスで一人は死んでいる件

77 :優しい名無しさん:2009/10/04(日) 23:20:02 ID:pYfvnqjS
俺は既に知り合いが一人死んでるからなあ。10代のときに

78 :15:2009/10/05(月) 00:55:51 ID:E4fIskbp
>>61
事実ではない事を根拠も無く断言しているのであれば、それは明らかに決め付けだろ
というよりそういう印象を抱いたというだけで人を「社会のお荷物」呼ばわりするのは失礼だって事だよ
>>57の言いたい事はそういうことだと思うんだけど、普通に>>57のレスを読んでれば分かる事だろ

>それとも、>>9に提示された話が虚偽であることを示す他のデータでもお持ちなのかな?w
誰も>>9に提示された話が虚偽だなんて言ってない
そもそもただ知り合いのカウンセラーに聞いたというだけで何の根拠も示してない考えに
どう反論しろと言うんだ?
何の根拠も示してないから、俺は>>15で「>>9に提示された話」の根拠を
自分なりに考えて述べてる訳で、反論どころかむしろ>>9の考えの裏付けをやってる訳だが

お前のレス見てて分かったんだけど、
お前は「死が怖いだの存在意味だの説いてる奴ほど引きこもりの無職ばかりだ」という先入観を持ってて、
その話が正しいと思ってるから、或いは思いたいから>>15-18
ニートや引きこもりの意見に見えてしまったんだろう

そしてお前は>>9に提示された話が正しいかどうかにしか
興味が無いから>>57の言ってることを理解する事が出来ず、
>>60の内容も>>9に対する反論だと思ってしまった訳だ

自分とは違う考えを持ってて、自分には理解出来ないからといって
敵対感情を剥き出しにして煽ったりするんじゃなくて、
もう少し相手の言ってることを理解しようと努めたらどうだろうか

79 :優しい名無しさん:2009/10/05(月) 01:17:37 ID:gyfGRoZ5
もう最近毎日のようにパニックになる
ここ最近思った事を死に関連付けしまう癖がついてきてる…
本当に死にたくない

80 :優しい名無しさん:2009/10/05(月) 01:43:53 ID:4xYJ0nuc
>>63
一応言っておくけど、死が怖いっていうタナトの症状自体を笑ってるわけじゃないから。
>>62で挙がってる話のときみたいに、天国信じてなければ死が怖いのが普通とかいう妄想を元に、
死が怖いのは自分たちが正しい現実を見ているからとか勘違いしちゃってる奴がおかしいから笑ってるだけだよw
今回も、それに似た臭いをかぎつけからレスつけてみたんだけどね。

>>78
なんかまあ長々とご苦労さんw
敵対感情を剥き出しにしてとか言われても反応に困るわw

81 :優しい名無しさん:2009/10/05(月) 14:35:10 ID:h1SQqt3v
「自分はいつか死ぬから生きる意味がない」って思うのは別にいいけど
他人の人生にまで「どうせいつか死ぬのに〜」とかケチつける奴はキモい

82 :優しい名無しさん:2009/10/05(月) 19:34:56 ID:6uDa4nI/
かの心理学者キューブラー・ロスは、人が死を迎えるにあたり心の整理がつくまでの段階を以下の五つに表した。

否認
怒り
取引
抑鬱
受容

死への心理状態としては末期患者と変わらないと仮定すれば、
ここの住人のほとんどは「否認」もしくは「怒り」の段階にあるのだと思う。
だがちょっと待って欲しい。
もし「受容」を得てしまったらどうなるのだろうか。
死んでもいいという心理状態では自殺に走ってしまうのではないだろうか。
それに死を受け入れるということは、たった今「死を否認している自分」の「死」に他ならない。
自分を変えるということは、自分を殺すということではなかろうか。
しかし、これでは永久に解決できないままだ。まさに死ぬまで。
このたった一度の人生が、限りあるものだと知っているからこそ、それだけは避けたい。

83 :優しい名無しさん:2009/10/05(月) 20:08:37 ID:BANjSPbz
受容できなくてもいつかは来るだろうから
それをどう折り合いつけるかなのよね
とにかくこのスレには不安を抱える人にとっての良スレであって欲しい

84 :優しい名無しさん:2009/10/05(月) 21:24:58 ID:4xYJ0nuc
>>82
>死んでもいいという心理状態では自殺に走ってしまうのではないだろうか

生きてても何もやろうとしない人はそういう発想になるのかな
病人でもない普通の人間なら、自分の死を受け入れたとしても生きている間に何か後世にプラスになるものを残そうと考える
そもそも自分を生み育ててくれた家族や、その他世話になった人たちと友人のことを思ったら自殺なんてそうそうできない

>自分を変えるということは、自分を殺すということではなかろうか。

わざわざそんなかっこつけた言葉使おうとしなくていいんだよw
前向きな奴は長期的な目標を達成するためや、新たな可能性を見出すために自分をどんどん変えていく
それに対してお前は自分の殻に閉じこもりがちな内向的な性格をしてるってだけの話だからw

85 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 00:23:29 ID:ep/DC/qX
>>79
自分もそういう風になったことある
3ヶ月たってもどんどんひどくなるようなら
ゆっくり休むか病院行った方がいいよ

86 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 00:34:32 ID:gee2Mxnv
社会生活に大きな支障があるレベルなら
治療を受けるのがいいだろうね。

87 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 01:08:09 ID:REg2zi1E
今日も赤字がいたんですか。。
お疲れさまです

88 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 01:18:37 ID:Oo+pPNai
寝付く直前に発作がくる
怖い!意識が永遠になくなるのがとにかく怖い!
眠りたいのに眠れない。怖いよ死にたくないよ…。
このまま目覚めなかったら、朝事故に遭ったら、重病になったら…
そう考えるとキリがない。怖いよ

89 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 03:10:38 ID:ep/DC/qX
可能性だけを考えると本当にきりが無いもんね
考えていなかっただけで死の可能性はいつでもどこでもある
前にスマップがやってた保険会社のCMが嫌いだった
稲垣が事故にあう可能性に怯えて外に出られなくなって
最後に家にUFOが落ちてくるやつ

明日や今すぐ死ぬかもしれないと考えすぎることは妄想に近い、ってわかってても
100%大丈夫ということはありえないから完全に妄想とも言い切れない
自分が絶対死ぬということが妄想だったら良かったのに


90 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 12:58:58 ID:r0Ce1zZJ
>>73

マジだよ

正直、症状が苦しくてそれが大変

かつて、死ぬならばやろうと考えてたあれこれは意欲が消えた

他人のためのことは特に

91 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 15:08:23 ID:r0RaXEcc
>>88
大丈夫大丈夫!

みんなが言う死というもの、今生きている者全員既に経験している
「自分」が生まれる前の状態がそう
なんの不幸も他も自も無かったあの頃
なのにふいに今生きている「自分」というものになって
あの頃を恐れるようになった
また無の状態になったとしても、またふいに何かに生まれるかもしれない

って考えるようになってから、布団に入るとすぐ眠れるようになった
でも>>1の1と6にしか意味がない

92 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 15:48:25 ID:b0N125oW
死にたくないのに不老不死は嫌だ!
って言うのはわがまま

93 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 18:37:18 ID:gee2Mxnv
それは不老不死に永遠の孤独や苦痛といったものを
連想してしまうからだろうけど
まあ現状手に入る目処がないからな… 不死を怖がるのは後にしよう。

94 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 23:25:48 ID:ahIEUH10
元々は無だったから今がボーナスゲーム。
そして無に還る、という事なのか。
でも人類の大部分は罰ゲームに近いような。。。
戦争してる国とか、飢餓の国とか。とにかく理不尽だね。
勝ち組は素直に神を信じてる人たちかな?

95 :優しい名無しさん:2009/10/06(火) 23:46:50 ID:WZoQzVrx
そこで神にいきなり飛ぶのが謎すぎ
宗教を信じてるとか関係無しに、普通に人生に未練のない状態で死を受け入れて
臨終を迎える人が、人生の終わり方としては勝ち組と言えるだろう

96 :優しい名無しさん:2009/10/08(木) 07:32:36 ID:83NiG9PM
>>93
都合良く自分だけ不老不死になれる前提じゃないか・・・

97 :優しい名無しさん:2009/10/08(木) 13:45:24 ID:eOCK8SnS
昔は年を取れば死が怖くなくなる、受け入れられるようになると思ってた。が、祖母が死の間際、すげぇ取り乱したのをみて絶望的な気持ちになった。あれだけいつお迎えが来てもいいって言ってた人が。

98 :優しい名無しさん:2009/10/08(木) 17:57:31 ID:en0bGFwH
普段は死んで無になるのが怖いのに
悩んだりおびえたりするのに疲れて自殺しようと思うと
生まれ変わりがあったらどうしよう、死後の世界があったらどうしようと
怖くなる

99 :優しい名無しさん:2009/10/08(木) 18:33:19 ID:KD3+1Epq
もし、家が伝統宗教だったら、神職に相談するのも良い手かも。
新興宗教の場合は悪化しかねないけど。

100 :優しい名無しさん:2009/10/09(金) 01:07:29 ID:+c053eJ/
>>97
こういうのをみると本当に絶望する。
本当にしにたくない。
死ぬ間際ってどんな気持ちなんだろう…想像しただけでパニックになる。
自殺できる人って、言葉は悪いけど本当にすごいと思う。
これから自分が永遠に無になるってわかってるのに
それを受け入れられるなんて尋常じゃない。

ダメだ、眠いのに発作がきてしまって眠れない…

101 :優しい名無しさん:2009/10/09(金) 15:17:09 ID:xVdDQEja
感動な話や泣ける話が苦手な人いない?
母が末期で最後に○○君、ちゃんごめんねってありがちな話だが。
俺はああいう話は余計死が怖くなってしまう。

102 :優しい名無しさん:2009/10/09(金) 23:13:09 ID:Npu0lZBk
葬式に出るのが辛い

103 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 01:25:59 ID:o8Bb2RjJ
無心論者ってつもりはないけど、頭の奥では神仏も霊魂も否定しちゃってるから
葬式とか法要なんかでもそんなことばかり考えちゃうなあ
周りの人は真剣そのものなのに、自分一人虚しくなってしまってる感じ

104 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 03:25:37 ID:JPsCfvFv
長生きしてもたった80回程正月を迎えるだけで無か。
あまりにも短い。そして多くの人は不幸にももっと短い。
自分から終わらせる人ま多い。なんだこれ

105 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 05:23:56 ID:tOnK/EPH
1枚の絵を6時間かけて描いた24時間で4枚
もう俺は10万枚も絵をかけないと思うと悲しい
100万枚でもきっと足りない。もっともっと描いていたい
不老不死になりたい。死ねない恐怖よりも
死ぬことで二度と絵を描けなくなることのほうが怖い
どうしても避けられないなら絵の上で死にたい

106 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 05:53:31 ID:mbIwYsBu
じゃあ絵の上で死ぬしかないね。

107 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 11:23:48 ID:NjM7xA9e
このスレって初期の頃はもっとまともな人がいたような気がするけど、
みんな離脱していっちゃったね。
きっと、>>104>>105みたいな、克服に向けての努力を何もせずに
愚痴ってばっかの馬鹿に辟易しちゃったんだろうな。

108 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 13:44:47 ID:L8vxF44Y
死ぬのが怖いんじゃなくて
生き方が見つからないんじゃないかなと近頃思う

109 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 17:19:18 ID:POc0Ycrc
「1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた
死ぬときに後悔すること25」 大津秀一 (ISBN978-4-88474-852-4)
致知出版社

死が不可避なのは仕方ない、せめて大きな後悔を残したくない、という
立場で自分は読んでみた

生きてきた人生が違うんだから当然なんだけど、死という極限状況を
前にしても、きわめて世俗的なことから哲学・宗教的なことまで、
人によってこんなに違うことを知る意味では参考になった。

110 :優しい名無しさん:2009/10/10(土) 21:12:10 ID:JPsCfvFv
中川元大臣ももういない。生まれ変わったのかなあ?
この世は摩訶不思議

111 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 00:45:26 ID:cAhY6JEE
何となくわかった事がある

私は死が怖い
特に予期せぬ死が怖い
例えば北から核が落ちてきたら?
地震にあってそのまま生き埋めになったら?
それはやり残した事がいくつもあるから怖いんだって気づいた


あと新しい命を生むことが怖い
女だからこそこう思うのかも知れない
私に果たして新しい命を生み出す資格があるのかと思うと怖くて仕方がない

生理が近いときほどタナトフォビアが出やすいのは私だけ?

112 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 01:16:39 ID:upd/xnRb
男なんで生理はわからんけど
子どももいずれ死ぬとか考えちゃうってのはあるなあ
公園で遊ぶ無邪気な子ども見てそんな虚しいこと考えたくないんだけど、考えちゃう
そんな自分が子ども作ったりしても大丈夫か? とは確かに感じる

113 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 02:23:22 ID:EYgt2YRD
先日、早い方がいいからと親が墓を購入した
ご丁寧に親父とおかんの名前が赤字で書いてあった
実際に墓に入ったら黒字になるんだそうだ
俺もたぶんいつかあそこに入ることになるんだろう
そして圧倒的な現実感を伴って、俺もいつかは死ぬんだという認識が襲ってきた
死にたくない。。。

114 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 02:38:42 ID:uU4CZg06
>>112
反面教師になって逆に良かったりするんじゃないか?
自分は絶対にこんな人間にはなりたくないってね

115 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 03:03:44 ID:fG+ZpcWT
自分なんか20代前半なのにもう子供を見ると若さに嫉妬してしまっているよ
老いたくない死にたくないと浅ましいと自覚しつつも、若さを渇望してしまう…
今が一番若さを楽しめる時期なのに、子供にも老人にも失礼だよね自分は

先月から腹が痛くて、激痛が走ったので胃カメラ飲んだら
ストレス性の胃潰瘍だと言われたよ…見てくれた担当の医者に
仕事や家庭の間で問題は?とかストレスの元を解消したほうがいいとあれこれ心配されて
何かストレスが溜まる原因に心当たりはありませんかと聞かれたが、答えられなかった

人間関係は仕事仲間とも上司とも家族とも、何の問題もない、むしろ円満だし
金銭面でも心配は全くない、リア充と煽られても仕方ないぐらい生活に支障はない
それなのに何故ストレスが溜まってるのか、自分で解ってる
いつも死の事や無の事ばかり考えてるからだ…解消したくても解消しようがない
どうにもならない事だけに、余計ストレスが溜まってしまうんだ
死ぬのが怖いと怯えてストレスが溜まって、その結果胃癌で死期を早めてしまうかもしれない
とんでもない本末転倒な思考に陥ってしまってる…考えを改めないと…

116 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 10:12:17 ID:1Zw3cl5G
不老不死による死ねない恐怖って俺には理解出来ないんだが・・・
第一死にたくなったら自殺すれば良いし。
それともタナトの人達は寿命が短いのが不満なのか?

117 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 11:44:57 ID:IUuC1p/+
会社で遠隔地へ移動の辞令。タナトの症状があり(初めての自覚は小学校からで、
高校生、20代前半が特によくなかった。)5年前から神経科に通っていたので辞退
したのだが、業務命令違反とのことで退職勧奨されました。とりあえず先延ばしには
なったのだが、比較的落ち着きつつあった病状が現在急速に悪化している模様。勤務中
にも薬が手放せなくなっている。新しい仕事探し、そこでのストレス等考えるつらさから
死への誘惑→死の恐怖記憶再現→といった思考ルートをたどっています。
現在の状況が安定していると死・無ばかり考える傾向が確かにあると思うが、例えば大きな
ストレスも非常に悪い影響を与えるように思う。(軽いストレスぐらいなら、逆に解決する
ための意欲でその間は忘れられるということはあるけど)今日は薬2つ入れてしのいでます。

あまり関係ないかもしれないけど、祖父が亡くなる直前、もう意識があったのか無かったのか
わからないのだが、手を握り呼びかけると、グッと握り返してきた。自分が死ぬのを
理解しつつ残された者に心配しなくてもいいのだと最後に教えてくれたような気が
してならない。
支離滅裂でごめん。

118 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 12:03:06 ID:q5ZTKycp
>>117>>115の未来。

119 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 14:39:55 ID:OzYW7M8x
僕も毎日、自分の死について想像し、恐怖を感じています。時の流れの早さについて実感し、
自分がこの世界に留まる事が出来る時間の短さに、落胆しています。

しかし、こんな僕の悩みをよそに、着々と淡々と時は流れてゆきます。
人間一人の人生の価値や意味というのは、自分で思っている程大きい物ではなく、
ささやかなものなんだと悟りました。

でもそれは不老不死になる事により、大いなる意味をもつはずです。
人生で達成して唯一、大いなる意味がある事は、不老不死になる事であると言えるのでは
ないでしょうか。

みんなで力と知恵を合わせて不老不死になりませんか?

120 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 18:42:03 ID:OXMa3P/2
人生でこれは価値があると思っているものってある?
死後は永遠の無だと考えるとそんなものは何もなく思えてくるんだけど。

121 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 18:42:48 ID:OXMa3P/2
119を無視するようなレスしてすまん。

122 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 19:19:51 ID:uU4CZg06
>>120
お前は自分のことしか考えてないのか?
普通は限られた人生の中で、今の状況に加えて自分の子や孫の世代の社会がよりよくなるように努力するもんなんだが。

123 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 19:49:26 ID:OXMa3P/2
>>120
生まれてこないことがベストだと思っているから
子供は作らない主義。
他人のためになんかしてもその人も死ぬんだなあと思うと
結局無意味なのでは、な気がする。

124 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 19:50:41 ID:OXMa3P/2
×>>120
>>122

125 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 20:04:14 ID:8VaAOwvg
>>122
所詮、何をしたっていつかは人類は滅亡するだろうし
そうだとしたら、子や孫など後続の人間達の社会環境がどうなろうと
努力する意味なんて無いように思ってしまう

126 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 20:21:21 ID:uU4CZg06
>>125
普通はんな極端なことを考えずに、一人でも多くの人が幸せな人生を送れるように考えるもんなんだよ。
そもそも終わりがあるから全てが無価値って考え方が一般的感覚とかけ離れてる。
無価値なんだったら病気の人を救う必要もないし、戦争を止めることも貧困を無くすことも必要なくなるな。

127 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 21:28:47 ID:upd/xnRb
ニヒリズムなんだろうね

128 :優しい名無しさん:2009/10/11(日) 21:32:08 ID:1Zw3cl5G
>>122
人口が増えすぎだから抑制した方が良い
所詮子孫など自分のコピーに過ぎない。


129 :優しい名無しさん:2009/10/12(月) 00:11:32 ID:X9Hyrbhb
そもそも死を直視して絶望してしまうこと自体が
極端で特殊なんだろうけどね
死んだらどうなるかなんてわからないから生きてる時間を楽しむってのが平均的な発想なんだろう

あーでもなんかこんなこと書いててまた怖くなってきた…

130 :優しい名無しさん:2009/10/12(月) 00:13:30 ID:KEW2wkFd
死にたくないある

131 :優しい名無しさん:2009/10/12(月) 00:17:07 ID:12TI9FAQ
私達は普通でも平均的でもありません。
そういう考え方が一般的と言われても、そうですか、としか言えないのですが。
スレタイを見直してみてください。

132 :優しい名無しさん:2009/10/12(月) 00:39:49 ID:UD5qGcvo
>>123とか>>125とか見てるとわかるけど、他人のことに関しても自分の価値観をあてはめてるんだよね
まあ無価値とか思うのは勝手だけど、周囲からは全く評価されないというか嫌われて当然の価値観だな

133 :優しい名無しさん:2009/10/12(月) 22:44:05 ID:07jrNJif
最近は宇宙って何?そもそもこの世って何?という気持ちが強い。
どこにも答えはなく、最期まで一人ぼっち。。。

134 :優しい名無しさん:2009/10/12(月) 23:35:50 ID:X9Hyrbhb
そういうのってタナトになってから考えた?
それともそういうこと考えてたらタナトになった?
自分は後者っぽいな…

135 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 00:24:43 ID:os+y4xe2
>>134
自分は前者かな
子供の時ずっと死を理解できなかったし
知り合いが死んでも何とも思わなかったけど
ノストラダムスの予言を知って死に対する実感と恐怖を持った

自分が死んだらこの世界を感じることはできないのに
世界はずっと続いていくらしいのが不思議
自分が死んだら全部終わりだけど、だからこそ
自分が存在することそのものがすごいんだなとも思う

我ながら自己中だなと思うよ
「普通はそんなこと考えずに一人でも多くの人が幸せな人生を送れるように考えるもの」
って言ってる人がいるけどあんまりそう思えない
大抵は自分と自分の身近な人の幸せしか追求できないものだと思ってた
タナトフォビアとしては戦争に関わるのは御免だし
平和だったらどんなに素晴らしいだろうとは思うけどさ

136 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 00:45:53 ID:Y7N6NJLJ
身近な人の幸せを追求することに価値を見出してるならそれで十分なんじゃ?
人生が無意味になることもないし

137 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 00:59:59 ID:Bz9PGhgW
なんか自分は怖がってばかりで馬鹿だな…
ネガティブやオカルトなことに怯えて全部それのせいにしてる、震えが止まらないのが情けない
せめて死ぬまでには今よりもまともな人間になりたい

138 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 08:24:25 ID:CVOrWJrN
結局運なんじゃね。全員がなるわけじゃなく仕事で吸っても大丈夫な奴は大丈夫みたいじゃん。

139 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 18:07:23 ID:RNj7eMlo
心理学関係で聞いた話だと思ったけれど、
人って自分の信念に適した情報ばかり入ってくるらしいよ。
または信念に合うように修正されて入ってくるらしい。
それが本当だとしたら
死は無だと信じているとそれを裏付ける情報ばかり入ってくることになる。

140 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 20:35:30 ID:300tFuDT
死後が無だろうと何だろうと知らない
死んだらそれで終わり
人生は一度きり
死にたくない

141 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 21:04:02 ID:3d48ruo3
死は生まれる前と同じと考えたら少し楽になると思う。
意識が強いんだよ。
自然に生きて自然に死ねるのがいいね。
意識の喪失が怖い人は寝る事もちょっとは怖いの?

142 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 21:09:02 ID:Y7N6NJLJ
>>139
全くその通りだなw
そんなだから死が怖いのが普通とか、8割以上の人が天国信じてるとか妄想しちゃうんだろうねw
統計データ示しても、その現実を認めまいと自分の都合の良い理論を拾ってきて強引に繋げようとしてたし

143 :優しい名無しさん:2009/10/13(火) 23:54:16 ID:os+y4xe2
>>139
心理学的に信念はどのように形成されるのか?と思った
自分が死を無だと思っていること、輪廻とか死後の世界とか
そういうものを信用したくてもできない理由を知りたい

144 :優しい名無しさん:2009/10/14(水) 00:07:31 ID:7ickZ2Pd
>>141
生まれる前と同じじゃない
生まれてないんだから自分は存在してない
今はもう生まれて、この世界の幸せを知ってる
はじめから無いのと、一度生まれてからなくなるのでは違う
幸せを知ってるからこそ失うのが辛い
でも自分で生まれてくるかどうかを選べる人間はいない
死後の世界はどうでもいい
問題は、いずれ必ずここを去らなければならないこと
嫌だ

145 :優しい名無しさん:2009/10/14(水) 08:24:05 ID:VlQvh+Yp
だから不老不死最高だろ?

146 :優しい名無しさん:2009/10/14(水) 09:49:23 ID:cyyOVyWZ
死後が無と思っているのは信念とは少し違う気がする
願望としては霊魂なんかがあって欲しいと思っているし

147 :優しい名無しさん:2009/10/14(水) 15:43:41 ID:WR4W5I39
ここの人ってもしかして
心のどこかで恐怖や絶望、無力感、
自分への哀れみなどを求めているんじゃない?
その気になれば恐怖なんてなくせると思うんだが。
死は今起こっていることではないのだから。
あるいは死をマイナスだと思って避けようとしてるから
恐怖にすがっているとか。

148 :優しい名無しさん:2009/10/14(水) 22:12:09 ID:ukCHrL4h
悪い。最後の2行がよくわからない。

149 :優しい名無しさん:2009/10/15(木) 01:32:05 ID:3WA2+B4A
>147全文よくわからない件
おまえ事あるごとに否定してる奴だろ?

150 :優しい名無しさん:2009/10/15(木) 07:09:43 ID:PX3p9CGh
>>148
死を避けようとする努力をするための
原動力として恐怖を持っているのかな、と言う意味のつもりで言った。

>>149
>おまえ事あるごとに否定してる奴だろ?
これは何のことかわからないけど
>>147は心のどこかでタナトフォビアになることを望んでいるから
タナトになっているんじゃないか?という事が言いたかった。
タナトになることなんて望むわけがないと思っても
無意識ではどうかわからないし。

151 :優しい名無しさん:2009/10/15(木) 12:03:12 ID:GQPy5HQJ
恐怖は誰にでもあるものだよ。生きるための本能でしょ。
恐怖症であるために恐怖を最大値にコントロール、なんてできません。
むしろコントロール不能に陥って困ってるのがこの状態。
無意識?知らんがな。

152 :優しい名無しさん:2009/10/16(金) 00:12:57 ID:jnk+pmO8
>>150
何となくだけど言ってることは解るな…
でも無意識に恐怖を求めてても自分はこんなものいらないな
受け入れられない今は早く捨ててしまいたい

153 :優しい名無しさん:2009/10/16(金) 00:55:23 ID:SDcC+QOX
>>150
>おまえ事あるごとに否定してる奴だろ?

ずっとこのスレに粘着してる>142の馬鹿と間違われたんだよ

154 :優しい名無しさん:2009/10/16(金) 01:45:22 ID:3QAmvVjM
タナトでありたい願望とは思っていないけど
この恐怖をなくしても、運命が変わるわけではないわけで
それはとても重要なことから目をそらすようで、それもまた怖いという部分はあるかもしれない

155 :優しい名無しさん:2009/10/16(金) 13:34:25 ID:da+q+T/q
>>152
これなんてどうですか?
解放】 セドナメソッドpart3 【自由】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/healing/1255412874/

156 :優しい名無しさん:2009/10/17(土) 23:45:37 ID:0rwDe1v4
無と無の間に挟まれた数十年続く特定の意識って
どういう質の意識であれ
一日間の持続であれ何兆年にわたる持続であれ
すべて結局無と等価であり「無」だよな

もう何が何だかわからん

157 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 02:59:46 ID:achrpMSU
だよな、とか言われてもね
結局死の怖さに萎縮しちゃって人生に意味を見いだせなくなっただけだろ

158 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 10:57:12 ID:MWi1RgsM
前は欝になるくらいひどかったけど、最近すごく落ち着いてる
死ぬのはしょうがないし、生まれたからこそ出来ることは色々やってみようと前向きになれた
あと絶対子どもはつくろうと決めたよ。自分の遺伝子がこの世に残るんだと考えたらなんか安心した

チラ裏ですまん

159 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 11:43:10 ID:5QoyaDMz

「どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか? 」中島義道 (著)
「生きるのも死ぬのもイヤなきみへ」中島義道 (著)

160 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 21:24:57 ID:msa25rtU
>>158
何で落ち着くことができたのか聞きたいな
時間が解決してくれるものなんだろうか

161 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 21:57:46 ID:7WByERq5
東海大地震とかが起きて家族が目の前で死んでしまう、または自分が死んでしまうって考えたら怖くなってきた…

162 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 22:06:09 ID:Qcxc37Yn
中島義道ってこのスレでたまに見る名前だな、興味はある
自分は別に生きるのが嫌なわけじゃないけど
でもなんか読んでると知られたら自殺志願者に思われそうなタイトルだね

163 :優しい名無しさん:2009/10/18(日) 22:07:52 ID:id7mcGrB
TBSのさっきやってた医者ドラマを見てると輪廻を意識してしまって気持ち悪くなってしまう
もっとまっさらな気持ちで見られたら絶対面白いのに、残念だ

164 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 00:01:19 ID:wey5uINS
>>160
欝になったと書いたけど、どうにも私は塞ぎ込むタイプの欝じゃなくて
パニックになってネガティブにしか考えられなくなる欝になったんです。死が怖すぎて。
で、自分の周りの友達や親に相談した
パニックになってたから泣きながら死が怖い。小さい頃から死ぬのが怖かったって相談しました
そしたら友達や親から思ってたより優しい言葉をもらい、しかも私の話を真剣に聞いてくれたんです。
そんな調子で1ヶ月過ぎた時に、死ぬのは怖いけど、こうやって欝になっていても仕方ない。友達や家族に迷惑かけてられないって思って。急になにかが吹っ切れました
それからは夜にパニックになる事もほとんどなくなったし、死ぬ事を考えても昔よりはマシになりました

なんで落ち着いたのかよく分からないけど、一人で考え込むより誰がに相談した方が楽だという事(少なくとも相談した直後はものすごく爽快な気分になりました
死を考えないようにしようとか考えない事(考える時は考えた方が良いそうです
あと野菜をたくさん食べてビタミンを接種する事。これが一番大事です

死にたいと思うより死にたくないと考える方が素敵だなと思えると楽になれますよ

165 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 00:27:17 ID:PReACTat
>>141
寝るの怖いよ。だからいつも寝る前に発作みたいなのがくる。
眠気のほうが強くなると自然と眠れるけど
寝そうになると、永遠の無を考えてしまう。
生まれる前のことなんて想像つかないんだから
死んだ後のことも想像がつかない。
無が怖い。永遠が怖いよ

166 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 03:08:43 ID:xZ8g9qHQ
いずれ必ずやってくる死が怖い
今まではこんな気持ちになることはなかったのに 高校を卒業してから怖くて怖くてしょうがない
どれだけ祈っても懇願しても誰も助けてくれない 助けられない
死んだら誰とも会えない誰とも話せない
家族と笑う事も喧嘩することもできない 楽しかった思い出も全部なくなって意味がなくなる
絶対に目覚めない、絶対に生き返らない、意識は永遠に途絶えてしまう
そんな死が怖い 怖すぎる
死にたくない

167 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 03:11:05 ID:7dAIKqRV
どうすればいいんだ?(^^)

ちなみに私のスペックは

■経歴 東京大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)ハーバード大学大学院経済研究科博士課程修了(Ph.D.取得)

■英検1級、不動産鑑定士、土地家屋調査士、宅検、システム監査技術者、ソフトウェア開発技術者、TOEFL、GMAT、CPA、CMA、CIA、CISA、経済大学院修士・博士過程

■趣味 プログラミング(F-BASIC,86BASIC,C#,C++,JAVA等をマスター)、
x86アセンブリやitaniumアセンブリもすらすら書けるくらいの実力。

人徳があり誰にでも好かれる性格を持っておりイケメン(石田純一似)
さらにスポーツ万能、容姿端麗とはまさに俺の事である 。好きな言葉は“文武両道”
私の小学生の頃は神童と呼ばれ、今では経営の神様と呼ばれている。
ニューヨークには俺を知らない人はいない。
各界からも一目置かれる存在 。アメリカの政界のトップ5とも交流があり何度もパーティーに招待されている。

俺が思う経済についての持論を述べると
「あなたはジャパン、いやU.S.Aを背負って立つにふさわしい存在だ!!」
とMITの教授に大絶賛された事がある。

と、こんなところです(^^)


168 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 17:09:06 ID:LWldNeMa
あなたは一本の脊椎です。
その一端に頭と呼ばれる小さな骨の箱があり、もう一端には増殖装置が備わっています。
その骨の箱の中には、血の混じった堅いラードのような物質が少量蓄えられています。
それを使って、あなたは思考するのです。
あなた方は皆等しく、何十年か生き、死んでいきます。
生殖活動によって子孫にその一部を受け継ぐことはありますが、
あなた自身が生き続けることはできません。
生命活動が停止したとき、あなたは思考することができなくなり、
あなたを形成している物質は崩壊していきます。
しかし、安心してください。
あなた自身がそれを経験することはありません。
そのときにはあなたは思考する構造物ではなく、
腐敗する物体となり、既にあなたではありません。
その後、日本での標準的な作法によれば焼却処理されるでしょうが、
あなた自身には何ら関係ありません。
何も痛い思いをせずに済みます。
何も恐がる必要もないのです。

169 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 21:59:58 ID:DLCRVoLF
>>108
つまり、そういうことなのかもしれんな。

170 :優しい名無しさん:2009/10/19(月) 22:20:05 ID:XVJswnZL
>>164
書いてくれてありがとう
周りの人が真剣に聞いてくれるのっていいなぁ


171 :優しい名無しさん:2009/10/20(火) 00:31:14 ID:9M8rgrW7
自分の祖母は結構取り乱したらしい。看病してた母は相当疲れてた。
怖い、怖いと言ってたらしい。うちの両親は普段は
いつ死んでもいい、と言ってるが実際はどうだろう。
もし取り乱したら辛い。そんな光景を見るより先に逝ってしまいたいかも

172 :優しい名無しさん:2009/10/20(火) 18:48:01 ID:0tTPvPhZ
死恐怖症の人は物凄い恐怖の中を生きてると思うよ
実際俺もそうだったし ある日突然怖くもなんともなくなったけど
ただ親の死は正直いって怖い。物凄く怖い
>>171みたいに 親の取り乱してる姿なんて見たくない
家族に死ぬことに怯えてほしくない。

173 :優しい名無しさん:2009/10/20(火) 22:13:59 ID:2JkUgolh
>>171
たぶん、171の親は取り乱したりしないと思うよ
自分と同じ思いを子供にはさせたくないと思ってるはずだから
自分も死ぬのは怖いけど、親とか大切な人に苦しい思いをさせたくないから
死を宣告されても絶対に取り乱したり怖がってる素振りを見せないようにする
まして自分の親で苦労してるなら尚更だと思うよ

174 :優しい名無しさん:2009/10/21(水) 10:23:13 ID:91ZnEt6c
171のクズ親をフォローしてる奴ら 気持ち悪い

175 :優しい名無しさん:2009/10/21(水) 10:48:02 ID:twpJtOEc
じいちゃんが死んだ。
死因は肺ガン。
痛い、苦しい、嫌だ、怖いと2時間以上もがき苦しみ悶絶し、
最後はわけのわからない事を叫びながら目を見開いて死んだ。
口からは何度も鮮血を吐いて、
糞尿を垂れ流していた。
余りにも壮絶だった。

生前はとても温厚で、
いつもニコニコしていたじいちゃん。
怒られたことなんて一度もなかった。

この世に神などいないと知った。
もし神がいるなら、
神がじいちゃんをあんな目に遭わせたなら、
思い切りぶん殴ってやりたい。

死が怖い。
じいちゃんがのたうちまわる姿が目に焼き付いて消えない。

176 :優しい名無しさん:2009/10/21(水) 23:27:33 ID:5XnmsCl6
>>174
お前の方が気持ち悪い

177 :優しい名無しさん:2009/10/22(木) 00:28:52 ID:iKZPtC8x
>>174
なんでクズ親になるんだ?

178 :優しい名無しさん:2009/10/22(木) 02:10:30 ID:kBVmQyVZ
タナトの抱えてる恐怖感はどんなもんなんだろう。

179 :優しい名無しさん:2009/10/22(木) 08:21:03 ID:l8WcGwrx
>>174
こいつ、いつもの草はやしまくってる馬鹿じゃね?

>タナトの恐怖
狭い場所に閉じ込められて、逃げたくても逃げられない感じ
他の人は違うかもしれないけど

180 :優しい名無しさん:2009/10/22(木) 19:56:40 ID:iKZPtC8x
>>179
そういう罵倒語を使ってるあなたも同類では

181 :優しい名無しさん:2009/10/22(木) 21:09:29 ID:kBVmQyVZ
>>179いまいちピンとこない

182 :優しい名無しさん:2009/10/23(金) 16:00:07 ID:awpBqZ7w
昨日事故って、乗ってた車が横転した。
転がった瞬間、死がよぎってめちゃくちゃ怖かった
死にたくないよ…

183 :優しい名無しさん:2009/10/23(金) 16:04:57 ID:WepLjfSl
自分は絶対に死なないと思え
肉体がだめになっても魂があると思え

184 :優しい名無しさん:2009/10/23(金) 21:59:15 ID:S0MItCUg
>>182
その経験を糧に、次からは事故を避けるように工夫して生きるしかない

185 :優しい名無しさん:2009/10/23(金) 23:21:22 ID:mkQeTrND
>>183
そう思い込めたら幸せなんだけどね

186 :優しい名無しさん:2009/10/24(土) 18:24:03 ID:Lq3eT397
死ぬ(自分が消える)事は仕方のない事という考えになれても
それはそれで張り合いが無くて物足りないような気がする。

187 :優しい名無しさん:2009/10/24(土) 20:59:42 ID:84WhAB3N
生まれる前に戻るわけじゃん。
それって生まれる可能性もあるから期待できるんじゃないの?

188 :優しい名無しさん:2009/10/24(土) 21:14:14 ID:rHnanurl
人は1日に1度は意識を失ってるわけだし
そのまま目が覚めなくても本人は気付く事はない

つまり一人称の死は存在しない、お前等が死んでもお前等が死んだという事実は二人称、三人称の中でしか存在しないんだよ
だから何も恐れる必要はない 怖がる必要はない。

189 :優しい名無しさん:2009/10/24(土) 21:43:08 ID:sDbURiFe
>>187
そんなお伽話のようなことを信じられたら死なんか怖くない
>>188
それが怖いんだよ
何も感じられなくなる
永遠に目覚める事がないっていう事が怖くてたまらない

190 :優しい名無しさん:2009/10/24(土) 23:32:27 ID:2fpqyxbr
死が無だと思ってる人はどうして無だと思うの?
自分は死後も意識があったら怖いと思ってて、無っていう確信がもてない
煽りじゃなくてどうしてそう思うようになったのか聞きたい

191 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 00:40:34 ID:GAhM9BHp
>>190
心がどこから来るのかということを考えてたら自然とそういう認識になった
別にそれが正しいという根拠があるわけじゃないよ
そう思い込んでいるに過ぎないのは確か
だけど違う説を信じることも出来ないので、やっぱり怖い

192 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 00:41:47 ID:aKxZNiZ6
逆にどうして死後も意識があると思えるのか聞きたいよ
生物についてや人間が歩んできた歴史について知れば知る程、
魂なんてものは存在しないんじゃないかと思うようになった
進化論が正しいとしたら全ての動物は微生物から進化したものだよね?
微生物に魂なんてものがあったとは思えない

193 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 01:25:31 ID:eiVJHKfs
>>190
お前1回気絶して見れば良い

194 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 02:03:22 ID:uFAPHQVq
>>190
意識は脳が作り上げているから、脳が停止したり消滅したりすれば意識は無くなる
死後の世界とか、死後も意識は継続するという考えに根拠が無く、
あったとしても胡散臭くて説得力が無く、納得出来ない以上、
自然に死後は無だという考えにならざるを得ない

195 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 03:30:50 ID:w/VpCaRn
全ては錯覚にすぎないのか?

196 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 03:33:28 ID:6vyTb4mH
>>191-194
レスありがとう
それだけ言われてるのに自分は判断することができない…

>>192
あったらどうしようと思ってるだけで、絶対あると信じてるわけじゃないんだ
もともと迷信とか信じやすい質だからそんなふうに考えてしまうんだけど
それも殆どが嘘やデタラメでっちあげなのも
わかってるけど、人には見えない何かがあるんじゃないかと不安になる

197 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 04:09:35 ID:6KrnN2/U
障害福祉施設で知的障害者を見る度に
やはり意識も知能も魂も脳が作り出してるんだと、
脳がなければ何もできないと自覚せざるを得ない

宇宙の事を知れば知るほど、神や天国というのが存在しないと
それどころか自分が生きている間には、
地球以外の星に生物がいる事すら確認できないのだろうと絶望する
宇宙の広さはそのまま人の寂しさ、空しさの大きさなのだ

198 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 09:33:40 ID:Qe+tTY1d
>>189
前スレで質量保存の法則がうんたらかんたら言ってるやつがいたじゃん。

199 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 09:54:23 ID:oxyVZe4d
>>197
神や天国や魂は存在しなくも宇宙人はいると思う
人間が存在しているんだから、他の星にも高い知能を持った生物がいてもおかしくないよね
別に宇宙人がいたからって何も救われないんだけど

200 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 19:38:28 ID:uFAPHQVq
>>199
別に>>197は宇宙人はいないとは書いてないだろ
いたとしてもあまりにも遠すぎて出会えない、探査機にしろ何にしろ
そこまで遠い所まで行く技術が自分が生きている間には実現しないって事を言ってるんだろ
近くには地球のような恵まれた環境にいる星は無いしな

201 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 19:54:40 ID:muoDqAWL
実現しないなんて保証はどこにもないけどな。
宇宙船の出力を無限に上げられれば理論的にはどんな遠い星でも一瞬で行けるし。

202 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 20:55:53 ID:mWj9iDri
ただ、輪廻とか永遠の命もかなり怖いと思うよ。
冷静に考えると

203 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 21:32:11 ID:GAhM9BHp
まあ言ってみれば宇宙の存在自体が不可解で不気味なものだからかもね
なんにしても自分が消えてしまうことがいちばん怖いなあ

204 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 23:16:07 ID:A6cTcjUR
くたばる喜びとっておけ

205 :優しい名無しさん:2009/10/25(日) 23:29:11 ID:OlJse4K/
宇宙について考えると自分が生きていることさえ怖くなる

206 :優しい名無しさん:2009/10/26(月) 01:47:01 ID:yxjn0kHC
人がボケるのは死の恐怖を感じないようになるため、と聞いた

死の恐怖ってなんか他の問題と違って生きてる間はずっと意識しなきゃいけないから嫌だ
でもこの恐怖を感じない、忘れるのはそれはそれですごく怖いことのようでどうしようもなくて困る
たとえ80年後だろうがなんだろうがいつか自分が"必ず死ぬ"のが避けられないのが本当に怖い

乱文スマソ

207 :優しい名無しさん:2009/10/26(月) 01:47:47 ID:yxjn0kHC
>>206
sage忘れごめんなさい

208 :優しい名無しさん:2009/10/26(月) 04:14:19 ID:j/yhr8vM
細かいところまで考えて、食べて動いて奇跡のように生活してたのに
死んだら物みたいになったりそう扱われるのがすごく怖い
死体は怖いけど生きてた頃を想像するのが一番怖い
いろいろ考えすぎた後は外に出るのも家で何かするのも
怖くて仕方がないから布団かぶって丸まってる

209 :優しい名無しさん:2009/10/26(月) 19:34:31 ID:9zBr0cgD
人は死ぬと宇宙と同化する
生きていても宇宙の一部なんだけど
なぜか宇宙から独立していると錯覚している人が多い?

210 :優しい名無しさん:2009/10/26(月) 23:51:04 ID:WiE5L4kS
>>202
死ぬのが怖いのに永遠に生きるのも怖いとかワガママ過ぎだろ。

211 :優しい名無しさん:2009/10/27(火) 00:07:54 ID:KblzP8aL
>>210
大切な人達の死が怖いって人や、死ぬ時の痛みが怖い人とかは永遠に生きるのも怖いと思うよ
我が儘なことにはかわりないけど…

212 :優しい名無しさん:2009/10/27(火) 01:02:46 ID:mnLPmkSA
ボケればいいんだよ
死の恐怖を感じずに済むし、終わりも来る

213 :優しい名無しさん:2009/10/27(火) 16:17:14 ID:5B9rsy4v
>>210
俺もどっちも怖いんだけど、
自分を決して救われない存在と思うことで
自分に同情したいから
そう思うのかもしれない。

214 :優しい名無しさん:2009/10/27(火) 23:08:06 ID:O6gYpsSA
>>211
>>213
永遠に生きる恐怖が矛盾しているぞ。
何で周りの人が死ぬ前提なの?
何で自分だけ不死前提なの?
自分だけ永遠に死なない恩恵を都合良く受けられないよ。



215 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 00:27:35 ID:TBcgLp6v
>>214何言ってんのこの
どう見たら自分だけ不死の前提に見えるんだよ

216 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 00:32:35 ID:dhkcx8Df
俺は>>214じゃないけど、少なくとも>>211はそういう前提をしてると思うよ
逆になぜ>>215が口調を荒くしてるのかがよくわからない

217 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 00:45:28 ID:1lHtikFa
まあフィクションとかでの不老不死的な人物は
孤独で多くの人の死を見てきたとかそういう設定が多いからね

218 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 01:57:42 ID:TBcgLp6v
>>216何故そう思うの?
まったくわからん

219 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 08:02:24 ID:gT5/Mevy
>>218
みんな不老不死だったら大切な人の死を悲しまないだろ・・・
だってその大切な人も不老不死だから死にようが無いからね。
でも>>211は大切な人達が死んでいくって書いてあるから自分だけ都合良く不老不死の恩恵を受けた前提何だよ。


220 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 11:18:35 ID:E+xdNTap
その大切な人達が不老不死になる事を選択するかどうかや、事故死の可能性を考えれば
別に自分だけが不死前提じゃなくても、大切な人達が死ぬという状況はありえる訳で
それ以前に倫理的な問題を考えれば、不老不死が公認されている社会を前提とする事の方が無理がある

221 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 11:43:30 ID:dhkcx8Df
>>220
自分だけが不死前提なら大切な人達が死ぬ可能性が格段に増すってだけの話だよ
だから>>214みたいな解釈が生まれても何の不思議もない
あなたがどう解釈するかはあなたの勝手だけれども
それと、不老不死なんて概念自体が理想論なんだから、現実社会うんぬんを言われてもちょっとね

222 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 14:12:10 ID:E+xdNTap
不老不死が理想論だからって、そんなの関係ないよ
マンガの世界の話をしてるならともかく、現実世界の話をしてるんだから、
現実に即して想像したり考えたりするのが当然だ
着眼点が違うだけで、宇宙の死をどうすればいいかって心配してる奴とやってる事は同じだよ
あと俺は>>215>>218ではないので>>214みたいな解釈が生まれた事自体に引っかかってる訳ではない

223 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 14:45:39 ID:gT5/Mevy
>>220
再生医療否定だな。
病院で病気治すのは自然の摂理や論理的に問題だからね。

224 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 14:53:51 ID:gT5/Mevy
>>220
間違えた倫理だ。
倫理とか人間が勝手に作ったに過ぎない。
そういう技術が妄想だが実現したとして、
人間は新しいルールとかに適用して行くと思う。
いざとなったら1人っ子政策をすれば良い。
ネガティブ野郎どもはマイナスでしか考えられない。

225 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 17:12:17 ID:dhkcx8Df
>>222-224
正直そういう話は別のスレでやってほしい
素人の意見をこんなスレで聞いたところであんま参考にならないよ
専門家でもその辺の話はなかなか当たらないんだから

226 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 22:09:17 ID:/YfDj6hp
>>211書いたの自分だけど、どの辺りが矛盾してるのかわからない…
我が儘とか言われてるのはわかるけど矛盾してるかな?

227 :優しい名無しさん:2009/10/28(水) 22:57:57 ID:/YfDj6hp
スレちゃんと読んだらわかった

寒い季節は嫌だなぁ…

228 :優しい名無しさん:2009/10/29(木) 17:06:21 ID:JzxCukHH
このスレの人達って寿命延ばしたいと考えた事ある人いる?

229 :優しい名無しさん:2009/10/30(金) 01:29:06 ID:sd0F2mzt
寿命伸ばすとなると何からすればいいのか分かりづらいけど
とりあえず事故や病気は避けたいと思ってる
ただ精神面から来るストレスだけはなんともしがたいんだよなあ

230 :優しい名無しさん:2009/10/31(土) 15:16:29 ID:MA1DbVbC
>>9
そう
このスレッドの人間はスケールの小さい自己嫌悪が昂じてスケールの大きい他者否定に逃げて気取ってるだけ

231 :優しい名無しさん:2009/10/31(土) 19:11:33 ID:xMAlCcP2
>>230
自己嫌悪というより死に対する恐怖が大きすぎて、他者否定に走ってるんじゃないか?
死が怖いのが当たり前、死が怖くないと言ってる奴は想像力が足りないだけ、
死が怖くないと思うのは宗教を盲目に信じてる馬鹿どもだけってねw
死に対して異常に恐怖を感じちゃってる自分を何とかして正当化したくて必死なんだろう
だから宇宙とか人生の意味とか大仰なものまで持ち出してきちゃうんだろうねw

232 :優しい名無しさん:2009/10/31(土) 20:07:54 ID:DSnjVn4w
ニヒリスト

233 :優しい名無しさん:2009/11/01(日) 21:35:15 ID:GrzDJjfp
>>230
このスレにいる人たち皆がみんなそうじゃないと思うけど
自分はまるきり>>9に当て嵌まってる…無職の引きこもりだし
やっぱり何でも責任転嫁してるしなあ

朝起きて死んでたらいいのに…

234 :優しい名無しさん:2009/11/01(日) 22:36:13 ID:1gJ3LvKY
早く不老不死の技術を!

235 :優しい名無しさん:2009/11/01(日) 22:50:42 ID:uFgy711o
アホか、無理に決まってるだろ。
大体不老不死になったら人口爆発で次の世代に迷惑かけるだけじゃん。

236 :優しい名無しさん:2009/11/02(月) 08:24:32 ID:HVzynomh
>>235
人口抑制って言う言葉を知ってるかね?
高齢化社会だってみんな歳を取って更に死ななくなった人多いから。
不老不死ならその人口ピラミッドを維持出来る。
足りないなら産めば良い

237 :優しい名無しさん:2009/11/02(月) 17:20:30 ID:NJtt6QIr
>>230
スケールの大きい他者否定って具体的にどういうものの事を言ってるの?
該当するレスがあるなら挙げてくれ

238 :優しい名無しさん:2009/11/02(月) 23:32:25 ID:2DMlNVhG
大切な人を失うのが怖い
自分を失うのが怖い
こんな事考えてても何もならないのは分かってるけど、自然と考えちゃうんだよね…


239 :優しい名無しさん:2009/11/02(月) 23:50:42 ID:E+Y2EmGy
「寿命はどこまで伸ばせるか」池田清彦

新書コーナーに大量に横積みしてあったので手に取った。
内容は・・・うーん

240 :優しい名無しさん:2009/11/03(火) 00:08:37 ID:oAVhPmV4
寿命がどれだけ伸びるかとか不老とかそういう話はどんどん変わっていくから結論を急いではダメだよ。
まあ、老化や致死性の病気に繋がる膨大な因子をいろいろ知っておくのは有益かもしれない。

241 :優しい名無しさん:2009/11/03(火) 00:23:18 ID:lCpTK6ry
このスレに居る人はもし自分が死んでもエンバーミングとかして生前のままで残しておいてほしいと思う?

242 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 12:05:06 ID:SotSnbTa
俺、暖かいのが好きだから
死ぬとき体が冷たくなるであろうなのが嫌だ。

243 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 13:21:37 ID:0+edhf45
自分の体はどうなってもいいな。
葬儀も墓もいらない。
どうせ自分ではわからないんだし、体が永遠に残っていても意味無いし。
意識が無くなるのが怖いだけだから。

244 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 16:12:55 ID:YMSkOOly
父が死んだorz
俺はまだ死にたくない

245 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 20:28:14 ID:IW7T1ss2
お前らは何歳まで生きれば満足?
地球が消滅とか国家崩壊は無視であくまで妄想で。
俺は1万歳でも満足しないと思う。

246 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 21:13:16 ID:d+CbWD0a
宇宙の最後を見届けたい。

247 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 22:41:44 ID:EnpBpQ6v
いまのところ、満足できる死に方ってのが考えられない
とにかく生きたい、自分が自分でありたい
痴呆とか記憶喪失なんかも怖いんだけどね

248 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 22:55:11 ID:Z78DdqpA
>>245
問題は年数じゃなくてどれだけ世界が変わり、どう自分が変わったか。
今のまま科学もテクノロジーも全くストップした状態なら1万年生きたところで全く意味がない。
科学が進んで宇宙とか意識とか時間について理解が深まるとか、テクノロジーが進歩して価値観が変わったら納得して死ねる日が来るかもしれない。
今の知識と価値観のまま永遠に生き続けるのも御免だからね。いつかは人生に決着を付けたい。

249 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 23:25:10 ID:0o9Ss/jz
生と死の不条理、すなわち
自らの意思とは無関係にこの世に生まれ、誰もがいつかは死んでしまう。

この問題に納得できる回答を見出せれば、日々の救いようがない苦しみからも
解放されると思うのだが、答えは多くの哲学者が示す通りなんだよな・・

250 :優しい名無しさん:2009/11/04(水) 23:31:55 ID:Z78DdqpA
どのレベルで納得できるかどうかは本当人それぞれだからな。
俺の親はもう既に今の段階で受け入れてるから、良かったと思う。
死への恐怖の大きさも関係してるかもしれないね。
俺は現代的な科学が示してくれる新しい視点のおかげでだいぶ死が怖くなくなったから、
あともう少し納得できれば死を受け入れられそう。

251 :優しい名無しさん:2009/11/05(木) 01:33:32 ID:sg1ek31Q
中学生位の時から死んだ後の事を考えて怖くて寝れない事がたまにあったが
社会に出て時間が経つスピードが速くなってきてから余計に酷くなった。
普通の人はこんな事考えてもしゃーないと割り切れるんだろうが
俺は死ぬまで割り切る事は出来そうに無いなぁ…。

252 :優しい名無しさん:2009/11/05(木) 01:48:44 ID:Ohal5P/x
レヴィストロースが亡くなったね。100歳。
そこまで生きれば死と折り合い付けられたかな。

253 :優しい名無しさん:2009/11/05(木) 05:52:41 ID:jfIMVTd9
>>245
意識の喪失が怖いから永遠に生きたい
でもそれは現時点での望みであって、永遠に生きてれば必ずいつかは
心変わりして死ぬことを望むようになるだろうから実際には無理だ

254 :優しい名無しさん:2009/11/05(木) 16:25:44 ID:3t31ynhk
>>249
そもそも哲学者とか邪魔

255 :優しい名無しさん:2009/11/05(木) 17:49:53 ID:jfIMVTd9
>>249多くの哲学者が示す答えって何?
>>250現代的な科学が示してくれる新しい視点って何?

256 :優しい名無しさん:2009/11/05(木) 19:11:40 ID:HGfk3q+X
>>250現代的な科学が示してくれる新しい視点って何?
量子重力理論の一部や量子論的な実験結果の中には時間のイメージを変えてくれるものがあるし、
脳科学は魂とか自由意志といった古来のイメージを捨て去ってくれる。
俺は最近、自分が死んでも他の人が意志を継いでくれればいいや、とか
死んでも今まで生きた時間は確かにあったからそれでいい、と思えるようになった。
もちろんまだ知りたいこととかやりたいことがたくさんあるから、死のうという気は全く無いけど。

257 :優しい名無しさん:2009/11/06(金) 00:24:07 ID:VoHIuIJV
秘密を守る為に舌を噛み切って死ぬとか俺達には有り得ないな

258 :優しい名無しさん:2009/11/06(金) 12:50:29 ID:ZE99U76A
多くの哲学者が示す答え=人の生に意味なんて見出せないってことじゃないの?
文明ってものができて以来、多くの哲学者が生と死や、人とは何かについて考えてきたけど、
誰一人として答えを見つけることができなかったんだから。
所詮人間なんて他の動物と同じで、遺伝子を運ぶためだけの生き物。

259 :優しい名無しさん:2009/11/06(金) 16:07:41 ID:gVyZOLeh
所詮人間なんて俺を作るまでの道具に過ぎないから
もはや肉塊共の存在価値は終わってるよ

260 :優しい名無しさん:2009/11/06(金) 16:08:44 ID:Q2bGFRLF
そもそも自然の摂理ってなんなの?

261 :優しい名無しさん:2009/11/06(金) 21:40:54 ID:VoHIuIJV
自然どこらかこの世が何なのかだって分からないんだぜ?

262 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 00:47:22 ID:4pze89tS
色々考えると全て無意味なものに思えてくる
人のために尽したって、その人もすぐにいなくなる
エコエコ言ったって、地球もいつかは生物の住めない星に変る
自転はいつかは止まってしまうらしいから
何よりも絶滅危惧種を必死になって救おうとしている人達が滑稽でならない
地球の歴史は生物の誕生と絶滅の繰り返しなのに

263 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 01:53:00 ID:PY9va3Z5
どうでもいい話を元におかしなことを言い出すお前の方がよっぽど滑稽

264 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 02:01:56 ID:PY9va3Z5
しかも無意味とか言ってる奴に限って自分が癌とかになったら医者に助けてくれって言い出すんだろ?
人には自分に尽させておいて自分が人に尽すのは無意味だってか?w
自己中にもほどがあるだろw

265 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 08:31:47 ID:ecT66YRH
生まれて死ぬまで無価値のむーちゃんです
俺以外はな

266 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 09:08:58 ID:7e64deEt
ID:PY9va3Z5って、本当は誰よりも死が怖いから、タナトでも無いのに、このスレに粘着してんの?
こんな過疎スレにいつまでも嫌がらせ続けるなんて、よっぽど暇なんだね

267 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 11:58:00 ID:Jx6oRpom
他の精神病なんじゃね?

268 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 13:42:54 ID:PY9va3Z5
>>266
嫌がらせ?
事実を指摘されるのがそんなに嫌なわけ?w
少しは自分たちがいかに自己中な考えで一般の人を見下しているかを認識した方がいいんじゃない?

269 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 15:25:35 ID:kEjhIjou
>>268
板のルールすら理解できないお前の方がよっぽど自己中だよ

270 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 15:43:44 ID:4CZI8VI7
>>268
「自己中な考えで一般の人を見下している」これはお前の単なる思い込みだろ。
そういう奴はタナトじゃなくても世の中にいくらでも居る。

タナトは「死が怖い」という点は共通するが、多種多様な人間がいる。
想像力が足りない単細胞だな。だから嫌がらせと言われるんだよ。

271 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 16:03:52 ID:PY9va3Z5
俺に対してどうこう言ったところで、
人に尽すことを無意味とか言い出す人間が自己中だという事実に変わりは無いんだが?
それをちょっと指摘しただけで精神病やら単細胞やら随分と必死な人たちだわw
しかも無意味とかそういう論をかざしてた奴らは以前にも何人かいたよな

272 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 19:59:30 ID:Ssf5W/JD
相手すんな

273 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 20:01:51 ID:0Z1vG/4z
>>271
お前は特定の意見を持った人達の事がただ単に嫌いなだけだろう
お前がやってるのは指摘ではなく、ただの誹謗中傷だ
間隔はあるが少なくとも一ヵ月に渡って特定の意見を持った人達に誹謗中傷を行っているのに、
それを「ちょっと指摘しただけ」と言うのは無理がある

仮に事実だったとしても、それを拠り所にして他人を中傷して回るのは褒められた事ではない
お前の言う事実というものに問題があるのではなく、お前自身に問題があるのだから、
お前に対してどうこう言わなければ意味が無い

指摘と中傷は違う、指摘するのは構わないが、他人の中傷ばかり行う者が非難されるのは当然だ

274 :優しい名無しさん:2009/11/07(土) 20:24:46 ID:PY9va3Z5
>>273
この程度で中傷というなら、
>>262に書かれてる滑稽とかいうのも
絶滅危惧種を救おうとしている人達に対する立派な中傷だよな

275 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 02:12:47 ID:czLetSDh
>>274
>>262は自分の意見の一部分に他人への誹謗が含まれているに過ぎない
お前の場合はあからさまに>>262を中傷している
あと思い込みや決め付けが酷いのも反感を買う原因

276 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 02:37:50 ID:ekY54J4m
>>275
反感うんぬんとか興味ないんだけど、
>>263>>264みたいなのは思いこみとか決めつけとは言わないんだよ坊やw
こちらの推測で鎌をかけてるだけであって会話の常套手段
違ったんなら普通に否定すればいいだけだろw
「自分が癌とかになったら医者に助けてくれって言い出す」そんなことはしないってね
自分が死の病にかかってもなお、医者が自分を治療する行為が無意味と言うのであれば、別に自己中とは言わないんだからさw

277 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 08:09:56 ID:JAZUfuXH
パエリア食べたいなぁ
サイゼリア以外で

278 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 12:25:36 ID:k2HVdNDT
>>276
絶滅から救おうとしてるんじゃ無くて、
人間が環境破壊等したり狩りをして絶滅寸前まで追い込んだだけ。


279 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 14:53:21 ID:CuU3+dAI
人類の登場という環境変化に適応できず、自然淘汰され絶滅
していく生物と見ることもできるな

実際、ネズミやゴキブリは生き残ってるし
住宅地に迷いこんだイノシシなど、都合の悪い動物は「駆除」
しておいて、個体数が減ったら「保護、保護」ってすごい偽善

280 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 15:25:29 ID:ekY54J4m
>>278
はあ?w
そういう自己中な人間のせいで絶滅に瀕している生き物がいるから救おうとしてるんだろ
少なくとも、全部無意味だけど自分は例外とか言う自己中な奴に罵倒されたくないだろうよw

281 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 20:26:19 ID:Rze8WEUJ
それは自然も生物も人間がコントロールすべきであるという
偽善どころかむしろ究極のエゴなのかもしれない

282 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 20:29:56 ID:z1VSkxiM
ぶっちゃけ役にたたん獣は実験用以外駆逐していいよ
あんな知能で行き続けるのも気の毒だし

283 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 21:43:48 ID:k2HVdNDT
>>282
猿とかは人に迷惑かけてるしな。
ああいう危害を加える動物を射殺するのが望ましい。
>>280
お前はこのスレから消えなよ。

284 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 21:50:06 ID:KYswIkoT
やっぱり生まれ変わりより永眠の方がいいかな。
平和な世の中の方が稀だよね?

285 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 22:07:53 ID:ekY54J4m
>>283
人に意見しときながら言い返せないから消えろとか恥ずかしすぎだろ

286 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 23:46:08 ID:k2HVdNDT
>>285
ここはタナトの人を煽るスレではありません。
都合が悪くなったらこう言う?
当然だろスレ違いだからな。
お前は死に対する恐怖について語ってる訳ではないし。
いるんだよねこういう空気の読めない奴。


287 :優しい名無しさん:2009/11/08(日) 23:53:24 ID:ekY54J4m
はあ?w
そのスレ違いの話題をふっかけてきたのは誰だろうな?w
大人しく認めず見苦しい反発をしようとするからこうやって草を生やされるんだよ

288 :優しい名無しさん:2009/11/09(月) 07:35:09 ID:Ar0SgsPG
>>287
苦しい反発?
お前の方が必死じゃ無いの?
1人1人にアンカを指定して間違いを正す俺カッコいい(キリッ
ですか?wwww
中国共産党見たいな考えな奴だな。
自分の意見に反発する奴うぜぇ俺の意見が正しいんだ!
口答えするんじゃねー。って言いたいんだろ?
人の意見に一々噛み付いて面白い奴だな。
もっとやってくれ。

289 :優しい名無しさん:2009/11/09(月) 10:01:49 ID:/vLlZgV/
なんかこの人みじめ

290 :優しい名無しさん:2009/11/09(月) 13:17:19 ID:MBq6Bgbp
>>287
はあ?w
なんで反感買ってるかマジでわかんないの?w
>262へのレスで嫌がらせって言われてんじゃなくて、お前の今までの発言全てに言われてんだよw
自分の意見すら言わずに、誹謗中傷繰り返してんだからウザがられんのも当然だろw
大人しく認めず見苦しい反発をしようとするからこうやって草を生やされるんだよ
で? お前の立派な死生観はまだ披露してくれないわけ?w

291 :優しい名無しさん:2009/11/09(月) 16:35:43 ID:/vLlZgV/
(^ω^;)・・・

292 :優しい名無しさん:2009/11/09(月) 19:57:21 ID:Zwa3/gge
>>276
話を逸らさないでくれないか?
人を中傷するという行為は道徳的に見て良いことではないし、
中傷される側には不快感が生じる

だから自由に意見するのは構わないが、むやみやたらに人を中傷するのは
やめるべきだ、と俺は言ってる
これに対してちゃんと答えてくれないか?


非社会的で自己中心的な考えを持った人間が気に入らないからと言って、
感情にまかせて中傷していいのか?

非社会的で自己中心的な発言をする奴が悪いとか、
自分以外にも人を中傷している奴はいるとかじゃなくて、


おまえ自身はそれでいいのか?


293 :優しい名無しさん:2009/11/10(火) 10:14:56 ID:9rfcYQR1
なんだ荒れてんなw
自分は>>1で言うところの2・6・7だ
幼稚園の頃から死に対する恐怖心があり、それと共に永遠に対する恐怖もあった
永遠っていつまで?宇宙ってどこまで?輪廻って‥あああああああ怖い怖い怖い

大人になって子供が生まれたら7が強くなった。夜に少しでも物音がすると
怖くて眠れない。寝ている間に強盗が入ったらどうしよう、子供達を守れる
だろうか‥ここから入ってきたらどの経路で逃げようか、何で反撃しようか、とか。

真っ暗にすると外から寝てるのが分かるから消すのが怖いし寝るのも怖い
リビングで電気付けっ放しでいつの間にか寝てしまい、朝になってることがしょっちゅう
もちろん朝は眠い。本当に下らないと思うけど娘3人が可愛くてしょうがないし
失うことが怖くてたまらない。もちろん自分が痛い思いをして死ぬのもヤダ

294 :優しい名無しさん:2009/11/10(火) 12:22:34 ID:fnJ1jST0
>>292
そいつには何言っても無駄だよ
前も自分に都合の悪いレスは無視して逃げ出したし
ただメンヘル板の住人を見下してストレス発散したいだけ

>>293
子供が生まれても死への恐怖って無くならないのか…
自分の子供ができれば、少しは死が怖くなくなるのかな?って思ってたから、ちょっとショックだった

295 :優しい名無しさん:2009/11/10(火) 18:20:26 ID:AcaQ8Bc+
みんなは脳死はどう思ってる?
脳死ってさ本人の主観からは死んだも同然なんだよね。


296 :優しい名無しさん:2009/11/10(火) 20:05:32 ID:r4eiBJ6C
脳死は死だろうなぁ…
まあ判断するのは医者だから、そっちを信用するかどうかの問題は残るけど

297 :優しい名無しさん:2009/11/11(水) 02:22:40 ID:YlLwE6tZ
こんなことを言うと不謹慎だけど
最近殺人だの訃報だのが多すぎて
絶えず死について考えてしまう。
彼らも確実に生きていたのに、死ぬ直前はどんな気持ちだったんだろう
自分が死ぬときはどうなるんだろう
と考えはじめたら恐怖が止まらない。

前は>>1の1と6がひたすら怖かったが
最近は2と3がそれ以上に怖い。
自分はいかにして死なねばならないのかを考えてしまう。
死ぬ瞬間を考えると怖い

ああまた眠れない

298 :優しい名無しさん:2009/11/11(水) 10:00:50 ID:moYDQNfi
>>1
極論から言えば、逆に生きている事のがよっぽど恐怖

299 :優しい名無しさん:2009/11/11(水) 20:21:52 ID:a5zLJLN7
みんな、死が怖いと怯えたり不眠症な間はいいけど
度を過ぎると自分のようにパニック障害になるよ。
そうなるとますます死が怖くなって、本当に辛くなるよ…。

せめて死や失うことに対する恐怖がなくなればなあ。

300 :優しい名無しさん:2009/11/11(水) 23:29:39 ID:6xep1zzz
恐怖って新しく作るのは簡単だけど、既に作られたものを消すのは難しいらしいね

301 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 08:22:09 ID:uP+b8WGR
冷凍睡眠技術が欲しい!

302 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 13:55:58 ID:m/Ep8GHY
眠い時に突然発作が起きる。やべえええーっ!で絶叫してしまう。

303 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 18:20:11 ID:mF2f6VMQ
ここの人はどんな薬飲んでるの?

304 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 18:25:18 ID:hGoJsDxm
>>303
死恐怖症に対しての特別な処方は無いです。

305 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 19:03:02 ID:XhVrp5vr
>>303
強迫性障害、不安神経症などでググるとわかる

306 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 20:58:09 ID:oXuUhbrv
寒くなってきたな
やはり冬の方が辛い人多いのかな?

307 :優しい名無しさん:2009/11/12(木) 22:33:34 ID:GMKHbaHa
不老不死(不老長寿)を目指すスレ Part9


http://science6.2ch.net/test/read.cgi/future/1253530302/

308 :優しい名無しさん:2009/11/13(金) 10:48:53 ID:CKQn8Egx
>>304>>305
ありがとう。

309 :優しい名無しさん:2009/11/14(土) 15:57:44 ID:eq+APfyx
自分の前世の記憶あるやつちょっと来て語れ Part7
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1252178946/

310 :優しい名無しさん:2009/11/15(日) 16:36:35 ID:9NP7peT4
1週間前初めて全身麻酔を体験したんだが死ぬ時ってあんな感じなのかな・・・
抗うこともできずにあっという間に意識を持っていかれた

気づいたらベッドにいたが死んだら意識が消えたままなんだなと思うと怖くてたまらなくなった

311 :優しい名無しさん:2009/11/15(日) 19:15:59 ID:BOdsbU6U
>>310
それは眠くなって意識が自然になくなるのとは違う感じなの?

312 :優しい名無しさん:2009/11/15(日) 20:03:37 ID:3kq2E3cl
全身麻酔だとその間だけ時間が抜け落ちるみたいな話があったね
それ聞いただけで恐ろしくなった

313 :優しい名無しさん:2009/11/15(日) 20:39:02 ID:EEYPV/AO
俺も全身麻酔経験あるけど、「時間が抜け落ちる」感じってその通りだった。

普通の眠りでは夢を見たり、枕のズレや寝返りの感触、騒音などで、何となく
自分が「在る」のは感じられるよね。

麻酔の場合、その感覚が一切遮断されて、自分が存在していたことも
何もかも分からなくなる。目覚めたとき、「ここ何処?」って感じ。

314 :優しい名無しさん:2009/11/15(日) 21:31:51 ID:9NP7peT4
>>311
寝る時はうとうととした過程を必ず通るから寝るんだなって心構えもできるし休むって行為も含まれてるからそんなに怖くないんだけど
全身麻酔は意識を無理矢理落とされるって感じ、うっすらとでなく本当に一瞬

事故死の時と老死の時とで感じ方も違うのかな

315 :優しい名無しさん:2009/11/16(月) 07:38:00 ID:SLxGpOE8
過去ログから引っ張ってきたけど、まさに↓のような感じなんだろうな全身麻酔って
時間そのものをすっ飛ばして、瞬間移動するような不自然かつ理不尽な違和感

259 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2008/10/10(金) 23:21:38 ID:EU1faSB9
俺も盲腸の手術で麻酔受けた事あるから解るけど
意識を失うっていうのは「無」っていうのを感じ取れる唯一の瞬間だよね…
理屈じゃなくて、実感できるし心でなく体で理解できる
注射した辺りから意識がボーッとしてきて、口に酸素吸入マスクを付けられた所で
いきなり目が覚めて、気が付いたら病室のベッドの上

寝て起きたというより、手術室からワープして病室のベッドの上にいるという感覚
夢も走馬灯も三途の川も一切見ないで酸素マスクを付けてた瞬間に酸素マスクが消えてた感じ
意識失う前に唾液で濡れてた口の中の上顎や舌の部分が
次の瞬間、つまり目が覚めた瞬間乾いてカラカラになってたのは今でも覚えてる
ああ、本当に時間が飛んじまうんだ、意識がない間は本当に「無」なんだ…と呆然とした

316 :優しい名無しさん:2009/11/16(月) 16:32:30 ID:/2oXB/z3
>>314
小学生の頃キックボードもどきで遊んでたら、
転倒して頭打って気絶したよ。
気付いたらそこは病室だったよ。
時間も一瞬で流れてたし、
>>315の状態だろう。
老衰も多分だけど寝る過程なんじゃないか?
永眠って言われてるぐらいだからね。
ただし健康で寿命をまっとう出来る前提だけどね。

317 :優しい名無しさん:2009/11/16(月) 17:34:18 ID:02G27c/z
曾祖母は夜食欲が無いといって寝室に入り、
朝起きてこないので起こしにいったら亡くなってたらしい。

318 :優しい名無しさん:2009/11/16(月) 18:09:52 ID:vtC7pa4M
まあ死んだら二度と起きることはないがw
生きてると感じる事すら生物の機能だからな

319 :優しい名無しさん:2009/11/16(月) 18:46:36 ID:8QORJozI
普通に寝て起きた時に時間の経過が体感できるのは
レム睡眠を何度か繰り返してるからなのかな
ああ怖い… もう本当に意識を移し替える技術とかあったら頼りたいわ

320 :優しい名無しさん:2009/11/17(火) 01:57:55 ID:fx3xPlOl
死にたいって感情を例えばカウンセリングとかでたしなめるのは
そう難しくないと思うけど
死にたくないって感情を落ち着かせることなんてできるんだろうか。
いつか必ず死ななきゃいけないのに
それからどうやって逃げろというんだろう。
辛くて辛くてもう死んでしまいたいって思うときは確かにあるけど
それよりも死の恐怖のほうが強すぎる。
ああいやだ死にたくない

321 :優しい名無しさん:2009/11/17(火) 17:37:42 ID:e/W20vCz
頭良く見せようとする事や自分頭良いと思う事をやめたら
安心できるようになった。俺の場合は。

322 :優しい名無しさん:2009/11/17(火) 21:51:58 ID:IGX4+EwJ
頭いいかどうかはともかく
理屈っぽい人は多いのかも?
論理的に自分を追い込むとでもいうか

323 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 00:01:20 ID:Z9XP2BI4
死にたくないと思ってる奴はなんで生きてんの?

324 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 00:24:22 ID:GgjsVJGH
そもそも生まれてきたことに理由がないのです

325 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 00:56:15 ID:a8x5VNBR
死の恐怖に怖じ気づいちゃって無気力な奴が多いよな
で、もともと人生に意味はないからとか滑稽な言い訳をし出す

326 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 00:57:47 ID:qiAoL8P+
希死念慮から死恐怖に変わった。
死んでおけばよかった。

327 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 08:22:44 ID:pePgpogH
認知症やアルツハイマーが進行した状態って本人から見た意識つまり主観は、
どう見えるのかな?白い霧がかかった感じ?

328 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 18:50:10 ID:yWhKBrDo
最近は守護霊を信じてる
将来は俺もかわいい子の守護霊の一人になるよ

329 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 19:33:44 ID:wFAWZXot
この世の全ての力と命は私の物に成ってくれ
私以外の人類は皆苦しんで死に絶えてくれ
何度その思いが頓挫しようとも
それだけが私の変わらぬ願いだ

330 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 20:58:13 ID:mBkKU52s
タナトの人って肉親にタナトがいない?
遺伝的要素(性格的な遺伝か、遺伝子的かは知らないが)が
少なからずあると思うんだけど。

自分は祖父が二人ともタナト。


331 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 21:39:26 ID:46rja6EB
>>330家族がタナトってこっちとしてもすごく辛くない?
俺ん所もそうだから分かるよ

332 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 22:39:58 ID:GgjsVJGH
タナトな身内の方というのも
やっぱり神仏の存在に否定的な人なんでしょうか?

333 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 22:42:04 ID:MaNQk69K
私はタナトですが、神道を信仰してますよ。

334 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 23:50:07 ID:mBkKU52s
>>331
すごく辛い。

だって現時点でおそらく死に一番近い人間達が
「死ぬのは怖い」って言ってるんだから
自分が今感じているこの死恐怖は死ぬ直前まで続くんだと思う。
そう考えたらタナトは完治しない訳で、絶望するよね。

老人になったら諦めとか、悟りの境地が開けるという希望が欲しかった。

335 :優しい名無しさん:2009/11/18(水) 23:51:45 ID:mBkKU52s
>>332
うちの場合、タナトの二人は無宗教に近いかも。
仏壇とかは拝むが、宗教と呼べるまで信仰熱くない。

336 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 02:03:18 ID:zMUvrZZI
全身麻酔って、まだ死んでないけどな。
なんで、死後の経験に類推されるんだろ?
全くもって謎。

337 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 02:22:38 ID:zMUvrZZI
まあメンヘラ特有の思考だよね。
「世界が近いうちに終わる」という強迫観念に捕らわれたメンヘラは、
「世界が近いうちに終わる」みたいな説を盲信するみたいな。
要は、普通に生きてる人からしたら、単なるキチガイだよねwww



338 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 02:33:09 ID:zMUvrZZI
てか、酔ってるんで煽りみたいになってごめんm(_ _)m
ただ、全身麻酔中は意識がない→死後も意識がない、
の因果関係を詳しく説明してくれ。
客観的に見て、そこには大きな飛躍があるとしか思えないから。

339 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 02:58:16 ID:zMUvrZZI
って言うと、たちまち答えられなくなるだろ?お前ら。
要は、お前らが浸ってる恐怖がどれだけ底の浅いものなのかを
認識しろ、ってことなんだよ。

340 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 08:05:11 ID:IcKsrPBK
>>336-339
煽る→謝る→質問する→煽る。
で?恐怖が深いと何か良い事でもあるのか?
浅かろうが深かろうが関係無いだろ。
お前に恐怖っていう概念は無いだろうがな。、


341 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 08:50:39 ID:6iUDV15v
確かに死に対するただの恐怖を誰もが深く考えれば行き着くものとか勘違いして自己正当化する痛い奴はいるが、
全身麻酔がどうのこうのとかいう論からその結論に至るのは意味不明と言わざるを得ない

342 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 12:37:47 ID:IcKsrPBK
死は別名永眠だからね。
眠ったような感じなんだろう。

343 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 15:20:40 ID:y+/iKOEn
336のほうがよっぽど基地外みたいだけど大丈夫かw

それに死について考えてしまうのが無駄と分かっていても
考えてしまうから強迫障害なんだけど…

344 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 17:57:53 ID:d6EbgQed
全身麻酔の感覚は死その物だろうが
故に感覚自体が無いし記憶が抜け落ちるだけ
無感覚状態の話なんてどうでもよく
無感覚になった上で二度と起きることが出来なくなればどうなるかが問題

345 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 20:37:15 ID:k1znlHgH
このスレ開くと胸が締め付けられて息が上がってしまう。
しばらく落ち着いてたから大丈夫だろうと思っていたがまだ だめだ。

346 :優しい名無しさん:2009/11/19(木) 20:57:17 ID:i66vg5tn
>>336
「死ぬ時の感覚」について述べているだけで、「死後の経験」に類推されてはいない。
全くもって謎なのは、お前の理解力が足りてないから。これで解決したな。

347 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 01:10:53 ID:AYcqnMll
ちょっと今日は特に怖い涙が止まらんどうしよう2012年に人類絶滅とかいう噂ガセだよね?んなわけないよね
でもまた外国で新しいインフル流行ってて何万人って死者出てるらしい
最近小さな地震やたら多いし…
ほんとにやばいのかも地球
それじゃなくても昨日ネクロンのサイト見てしまって絶望
交通事故があんな悲惨な死体だなんて
もうだめだ怖すぎる
冷静でいられる人がすごい

348 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 01:14:40 ID:kIYCd8it
必ず来るんだ

349 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 12:55:22 ID:n7Y7yTLV
不老不死技術が欲しい!
その後人口抑制すれば良い。

350 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 13:17:20 ID:N0Mj2d6Q
http://www.alz.jp/221b/aozora/odradek.html

351 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 14:51:07 ID:I90Wnobp
死後の世界はある

352 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 14:55:04 ID:340FUAw8
>>351どういうつもりで言ってるか分からんけど
タナトには何の意味もないどころか逆効果の言葉だな

353 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 21:41:57 ID:kwi8av5+
>>347
自ら見にいく自分が悪い。

354 :優しい名無しさん:2009/11/20(金) 22:38:54 ID:T3lPC5lU
>>352
お前をタナトの代表にしないでくれ

355 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 03:01:06 ID:dnWNxXAR
「13年後のクレヨンしんちゃん」の話で、
「一度出会ったものたちに永遠の別れなんてないんだから」って言葉があって、そう思ったら今日は少し楽だ

356 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 07:22:00 ID:gEPnBu6q
>>354タナト克服した俺にとっちゃ余裕だけどな
でもタナトってどんなに縋りたい言葉でもいずれ訪れる「死」の前ではどんな言葉も無意味というか
少なくとも俺はどんな言葉も前向きにはとらえられなかった時期があった

そういう人がもしいるなら>>351は結構酷な言葉だったりする

357 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 08:02:37 ID:Zl6uEHmu
前向きにとらえられないってのはまあわかるが、
なんでそれが「酷な」言葉になるんだ?

358 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 09:54:51 ID:vES4uLK+
馬鹿な妄想だからじゃね

359 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 13:32:55 ID:/1sd01Ly
>>352はタナトと一括りにしているのを非難されてるのに、>>356の言い訳は意味不明だな

360 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 16:48:19 ID:mGJdGfsj
>>352で「タナト」と一括りにしたのは不適切だったんで、
>>356で「そういう人がもしいるなら」に言い直した、という風に見れば意味は通る

361 :優しい名無しさん:2009/11/21(土) 17:23:24 ID:/1sd01Ly
不適切だと思った割には随分と高圧的だよね

362 :356:2009/11/22(日) 00:55:58 ID:U62FIxcZ
>>357
死後の世界の有無なんてのは答えが出るわけないけど
多くのタナトは死後の世界は存在しない、という考えで収束してるんじゃないかな。
だからこそタナトなんだろうけど、俺はそうだったしね

もし俺がタナトの症状が一番酷い時期に「死後の世界はある」なんて、なんの信憑性も無い言葉だけ聞かされても
絶望的で確定的で最も忘れていたい事実(俺の場合死後の世界、神、幽霊、生まれ変わりが無いという事)を掘り下げられただけの最悪な気分になるだろうね
だから酷じゃないかなと思ったわけ。

>>359言い訳てw

363 :優しい名無しさん:2009/11/22(日) 01:05:50 ID:9mAKWiI4
>>362
だからその自分語りを勝手にタナトで一括りにしないでね
ログをちゃんと見てればいろんな人がいることがわかる
>>352の「タナト」を「過去の自分」に置き換えるべきだったと素直に認めればそれでいいんだから

364 :356:2009/11/22(日) 01:16:25 ID:U62FIxcZ
>>363確かに補足すべきだったねw

365 :優しい名無しさん:2009/11/22(日) 01:19:27 ID:9mAKWiI4
>>364
補足じゃなくて、誤りだからちゃんと自分の非を認めて訂正しないといけなかった

366 :356:2009/11/22(日) 01:23:47 ID:U62FIxcZ
>>365ですね

367 :優しい名無しさん:2009/11/22(日) 15:46:05 ID:Clrat9iG
まあ、そんなに熱くならなくても。
掲示板だからいろんな人の書き込みがあるわけで
いちいち突っかかっても仕方ないじゃん。

拘り強い人は強迫性障害だからなのかね。

368 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 00:08:02 ID:u9v8AYAC
辛くなってきた…季節のせいもあるのだろうけど、周りでも色々とちょっとあったし
ここの人たちは薬以外だと怖いものを抑えるためにどんなことしてる?

369 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 00:30:03 ID:Itp7HCXQ
>>368俺は学校の図書館で死について書かれた本を読み漁った記憶がある
なんの本だか忘れたけど「一人称の死は訪れない、だから怖いのは自信の死じゃなく二人称、三人称の死」
みたいな言葉で俺は救われた

370 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 13:03:49 ID:SmL31p+x
>>369
俺は自信が死ぬのが怖い。


371 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 14:26:47 ID:Mp7QN2nQ
自分に執着しすぎなんだよね。
自分が死んでも他の人(やさらにその次の世代)が意志を持って生きていてくれる、
それに今まで生きてきた自分は確かに存在したわけだし、仮に終わりが来たとしても無ではない。
それは自分以降の世代が終わりを迎えたとしても同じこと。
今の自分が世界の全てという執着を捨てて、こういう心境になれれば随分と気が楽になるよ。

まあ、そう言ったところで執着を持っている人にはなかなか伝わらないんだけどね。
いくらその執着心が周囲から見てその人に悪影響を及ぼしているのが明確でも、
当人にとってはそう簡単に捨てられるものじゃないからね。

372 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 14:51:32 ID:SmL31p+x
>>371
技術が進歩して寿命を極端に延ばす。


373 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 16:09:36 ID:weaEgChb
>>372
延びたっていつかは終わるよ。

374 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 16:39:13 ID:SmL31p+x
>>373
良いんだよ。
どうせ孫とかいても自分が意思を持つ訳じゃないんでね。

375 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 21:35:47 ID:qaGVYBZ6
次の世代が残ろうが自分が何を残そうが
死ぬのは自分なわけで
まさに死ぬ瞬間を考えるとたまらないな…。
眠る瞬間みたいにすっと意識が消えていくのか
事故で即死とかだとそんなこともわからないのかとか
死ぬ瞬間が今はとにかく怖い

376 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 21:39:18 ID:L8VCtWWW
二人称の連中が全滅しようがどうでもいいんだよ
まあ哲学気取ったもの言いでなに言いたいのかはなんとなく解るがだから何ってレベル

377 :優しい名無しさん:2009/11/23(月) 22:08:26 ID:Mp7QN2nQ
哲学者気取ってると感じてしまう(拒否感を抱く)ようなら執着がとても強い証拠だと思う。
タナトのままでいたいならそれでも構わないんだけど、克服したいなら少しずつでいいから、
今の考えとは違う考え方を吸収していく努力をした方がいいんじゃないかな。

自分もそうだったし>>369を見ても、考えを変えるだけで恐怖が薄らぐ人は結構いるのかも。

378 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 00:59:45 ID:qV/cCVWL
いやいやw
まあマジレスするとこいつの言ってる一人称は一般的なそれとは違うし

379 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 01:14:27 ID:cNpcsB7y
一般的なそれとは違う と言うと??

380 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 09:29:50 ID:fKz2VzeM
>>369のカッコ内の文章は哲学的・観念的なものであって、
現実問題として一人称の死は訪れるし、怖いのも一人称の死だってことを言いたいんじゃないかな。

381 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 13:11:22 ID:22sO5LvT
誕生日って祝うものだけどほんとはうれしいことじゃないよな
年を重ねて死に近づいていってるんだから

382 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 19:31:43 ID:DVl2gV4t
正月は1年の息災に感謝したりするけどな

383 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 19:56:30 ID:ttj6UdPF
死ぬ瞬間って脳が、心も身体も心地よくなる信号を出すんだって

384 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 22:42:16 ID:Nzp6ejsJ
最近強烈なグロ画像見てしまって

なんか、もう、ダメ。

385 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 22:48:14 ID:iTaMmzw5
>>384
見るなよそんなもん。

386 :優しい名無しさん:2009/11/24(火) 23:20:06 ID:Nzp6ejsJ
janeDoe view使ってて、画像リンクを自動で取り込む設定になってて
サムネで確認してグロ画像であることは一目瞭然なんだけど、
一瞬も見ることなく削除する方法が無いので、どうしても目に入るのです。

387 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 00:21:28 ID:nlHwQyzL
pcを破壊して(□ω□)
ようやく世界と繋がった(□ω□)

388 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 00:34:57 ID:apIkmepT
死ぬのが怖いのは分かるけど、今現在生きる事が無意味とは思わない自分は希少なのかね?
いつかは無くなるから価値がないって極論過ぎる。。。

それだと美味い飯食べようが、いい女を抱こうが
「いつかは食べ終わるし」「いつかは別れるし」
なんて思考になってしまうんじゃ?

死んだ後に何も残らないとしても、今生きてて笑ったりしてるのは確かに在るものだろ。

389 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 00:48:34 ID:upQDyPAC
>>388
いやいや、それが普通だよ。普通だから敢えて言わないだけで

390 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 03:08:19 ID:RrfLQjhF
>>388
中間の三行についてだけど、それはまた別問題だと思う。
食事や女に関しては、終わりがやって来たとしても、やがては始まりがやってくる。
つまり、生きてる限りはそういった喜びや幸福に完全に終わりがやって来ることはない。
けれど死んだら完全に全てが終わってしまう、というのが問題な訳だから。

391 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 13:41:04 ID:DvDLYOLM
夜中寝てる時に少し目が覚めて寝ぼけた時に発作が起こりやすい。
突然俺もいつかは死ぬんだ、もうすぐにでもやってくるんだ、って思い出して…絶叫しちゃうんだよ。

392 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 14:59:23 ID:R6UCJVu1
死=生まれる前に戻るだとしたら……。
俺は3歳以前のことは思い出せないが、そのころは不幸だった気がしない。

393 :優しい名無しさん:2009/11/25(水) 21:42:42 ID:vIXrcbQt
プラットホームでも後ろに下がっちゃうし
建設中の建物の下歩く時も上から何か落ちてこないかとか怖くなる

394 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 00:03:21 ID:TpzSkZYE
自分の死も、もちろん怖いけど
身の回りの人が死ぬ方が耐えられない
こういうタイプの方が少ないのかな

395 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 11:19:17 ID:XCGItXy2
言葉尻を取って遊ぶなよ…どっちもどっちに見えるぞ。


結局、お前らは死から逃れられないんだしさ。
それに伴う無への恐怖・意識の喪失からは何人たりとも逃れられないし。
たまに克服した気になっても無駄無駄。冷静になって考えてご覧よ。
何年後・何十年後には確実にやってくる『死』の瞬間。泣こうが叫ぼうが絶対来るから。
闇が無がお前達を永遠に包み込む。もっともそれすら認識できないけどね。

396 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 12:13:12 ID:FZxeXCCk
>>395
今更どうした?
死から逃れられないとなんかあんの?
わざわざポエムにしなくていいよ

397 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 16:02:10 ID:+RpDHS/+
死んで意識失ったあと、もしかしたらどこかへ飛ぶかもね。

398 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 17:29:44 ID:THq/cU4M
理屈で考えるなら、この世で唯一確かなことは「私≠フ存在」くらいだ。
それ以外は全て不確かで、このことを分かり易く説明するのであれば、
「この世界は全て、自分が見ている夢なのかもしれない」ということだ。
(しかし、意識し、思考している以上、私の存在だけは否定する事が出来ない。)「我思う、故に我あり」


故に正しさを追求するのであれば、死は絶対的なものでなくなり、
天国や地獄の存在も否定することは出来ない。
あらゆる可能性だけがあり、我々は「私≠フ存在」以外に何一つ知ることが出来ない。

だが理屈抜きで、実感や経験則に基づいて考えるならば、死は不可避であり絶対的に訪れる。

399 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 19:05:34 ID:+YT7bw2t
死なんて法則を打ち破ってやるぜ。

400 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 19:18:14 ID:p4hG1JvI
でも死ぬけどなw
人間の死亡率は100%ですwww

401 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 19:28:27 ID:MLcEXqUH
遅かれ早かれ誰でも死ぬんだから怖がることないよ
早ければ早いほど苦労を重ねなくて済むんだから私は早くに亡くなった人が羨ましい。失うのを惜しいと思った人も多かったけれど。
自分は別。
早く死にたい。

402 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 20:04:47 ID:Sb+E0H+a
2012怖い
3年後どうなるんだ

403 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 20:14:30 ID:+YT7bw2t
再生医療で死なんて幻想になるよ。

404 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 20:49:10 ID:FZxeXCCk
再生医療やサイボーグで寿命伸ばしても殺人や事故死の確率をゼロにすることはできない
死を怖がって生き続けるより、死を許容しながらやりたいことのために生き続けた方がずっと楽しいよ

405 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 20:57:10 ID:+YT7bw2t
>>404
あくまで寿命の死を回避したいだけさ、
まぁ死にたいならそういう手術は受けなければ良い。

406 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 22:40:40 ID:9rRUZ9DO
>>405寿命での死を回避したい・・・?
だから無理だって言ってんだろw

407 :優しい名無しさん:2009/11/26(木) 22:41:58 ID:+YT7bw2t
>>406
まぁそうかもしれないね。
でも断言するのは良くないよ。

408 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 00:59:08 ID:A1StffP7
まあ>>406は単に情弱なだけか自分の考えしか信じられないのでしょう

409 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 01:14:44 ID:TNZqm6Ar
死ななかったら人口が増える一方で全員餓死するだろw


410 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 01:19:15 ID:A1StffP7
不老について語るんだったらもう少し知見を広めた方がいいよ
スレ違いだから、具体的に話すつもりはないけど

411 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 03:07:19 ID:g/BNQw2/
>>394
私か
自分が死ぬよりも別れが一番怖い
いるのが当たり前の家族や友達との時間もいつかは終わるんだと思うと怖い
それが今日や明日かもしれないしどうしようもない不安が常にある

412 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 06:45:48 ID:n7VL3T0+
1日経ったね。これでまた永遠の闇に一歩近付いた。
肉体も精神も消失し完全に無に帰する。
読んで字の如く『無』になる。
さぁ逃げられんぞ。

祈ろうが神にすがろうが、死は確実にやってくる。
怯え泣き叫んでみても絶対に助かる術なんて無いのに。
忘れたフリして現実から逃れようったってそう上手くいくもんか。
部屋を暗くして静かに横たわり天井を見つめてみな。ほら死が来る。

413 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 06:48:26 ID:n7VL3T0+
人間の命を蝋燭の灯火に例えるのは分かりやすいよね。
あんな風にじわりじわりと寿命が削られているんだ。こうしている間にも。

414 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 07:15:32 ID:bE8+aJzz
人口爆発厨って馬鹿ばかりだな。
人口なんていくらでもコントロール可能。


415 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 11:09:11 ID:nhOpe9rD
人口爆発厨ってなんか新しいな

416 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 13:58:12 ID:AjQnHqKz
>>412
で?何が言いたいのw

417 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 14:02:53 ID:94sxezJ7
自分の言葉に酔ってる痛い人なんだろう

418 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 16:14:24 ID:tbBTZMYC
>>404
分かった、死を許容しながら気楽に不老不死を目指すことにするよ。

419 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 21:16:19 ID:bE8+aJzz
このスレの人は安楽死ってどう思うの?

420 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 21:36:00 ID:nhOpe9rD
ちょっとログ読み返したけどこのスレの人間ってなんていうか余裕がないよな

421 :優しい名無しさん:2009/11/27(金) 23:45:03 ID:fTSdNivE
視野が狭い、柔軟性がない、自分の考えに固執する、思い込みが激しい、
などなど・・激しく感じる。一種の強迫性障害だからな。

422 :優しい名無しさん:2009/11/28(土) 01:21:29 ID:/95CM22x
2012年の話題ばっかり特集してるのに苛つく
精神的にキツいからマジでやめて欲しい


423 :優しい名無しさん:2009/11/28(土) 06:26:49 ID:IzniK+E6
ノストラダムスの1999年人類滅亡予言が外れてから
もう予言関連の事柄は全く怖くなくなった
それよりもこの前の粒子加速器によるブラックホールとか
北朝鮮の核ミサイルとかの、起きる可能性が限りなく低くても
実際に行われている実験や戦争とかの事故や災害のほうが怖い

424 :優しい名無しさん:2009/11/28(土) 07:27:42 ID:zDLfTvB1
だったら2012年に太陽が極大期を迎えて、放射線やら何やらが降りそそいだりしたら怖いんじゃないの?
まぁこの前テレビを見てたらNASAが予想してたより酷くは無く、
電気機器がストップするくらいの被害で収まるだろうって感じだったけど

425 :優しい名無しさん:2009/11/28(土) 07:43:25 ID:bZTOXaty
>>424
日本は2012年までに別の意味で終わりそうだよね。
民主党に投票した馬鹿のせいで・・・
財政悪化してるし、
鳩山が日本死亡フラグ立てまくりだしね。

426 :優しい名無しさん:2009/11/28(土) 08:25:38 ID:TqpxUW3U
寝る前に発作来て、明るくなった頃に眠気戻ってきたと思ったらまた発作だ。
邪魔くさいハトの鳴き声がやかましいし、また酒飲んで紛らわせなきゃな……嫌になるぜ。

427 :優しい名無しさん:2009/11/28(土) 10:50:02 ID:wM5u3PoN
酒飲んですぐ寝ると眠りが浅くなるから悪循環になるぞ

428 :優しい名無しさん:2009/11/30(月) 13:59:09 ID:VbxkZDMP
おまいら何歳?
自分は17

429 :優しい名無しさん:2009/11/30(月) 21:46:14 ID:rhzjoT02
もう30だぜ
自分もタナトになったのは17ぐらいだったかも
20代は割と落ち着いていたけど
30になってまたひどくなってきた、時の流れは早い、人生は短いなと

430 :優しい名無しさん:2009/11/30(月) 22:26:31 ID:23pyZSRD
>>428
28。
タナト歴は…最初に死について考えて家族を困らせたのは幼稚園のとき。

私は自分が死ぬのはもちろん怖いけど
家族や大事なものの死がもっと怖くて
最近では、家族が痴ほう症とかになって自分が忘れられたらどうしようと不安になり始めた。
人生短か過ぎる。

431 :優しい名無しさん:2009/12/01(火) 21:53:50 ID:5TT0r56D
こんな事言うと叩かれそうだけど
俺の症状が酷いのは
日本で生まれて日本に住んでるからだと思う 今日この頃

432 :優しい名無しさん:2009/12/01(火) 23:08:09 ID:vePb0Syx
生まれた時から死ぬまで神を存在すると信じて疑わなく、
その為に自爆テロや他の神を崇める者を殺しまでするような宗教国家や
科学や宇宙に一生触れないで知らないまま死を迎えられるようなアフリカや南米地方の原住民に
生まれたほうが幸せだったのだろうか?と時々考える事はある

科学や医学が発展する前の時代から死=無と薄々理解し始めた時代の人の意見や
最初に脳の仕組みを解剖して知ったり宇宙や科学の事を研究し始めて
霊や神はいない、死んだら無と理解してしまった科学者や医学者、哲学者の心境が知りたい

433 :優しい名無しさん:2009/12/01(火) 23:48:34 ID:hI4+I8J2
むしろ何であの世があると思えるんだ?

434 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 02:07:08 ID:WkPFJjfx
俺が読む限り、>>432はあの世があると思ってるようには見えないけど……

435 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 07:31:03 ID:7DBdEIQv
恐怖を打ち消すには自分をだますしかない。

436 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 18:44:33 ID:3SsLI8UJ
タナトの人は不老不死に仮になったとしても満足しないんだよな。


437 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 21:35:36 ID:CgYyDrm4
人生は苦である

438 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 22:36:19 ID:ADijpLDQ
あと80年もすればこのスレ住民ほとんどは死んでるんだからなぁ
怖いもんだ

439 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 22:38:42 ID:3SsLI8UJ
>>438
医療の進歩は凄まじいからわからないぞ。

440 :優しい名無しさん:2009/12/02(水) 23:48:43 ID:qs0s+Cq/
>>436
ほぼ満足なんだけど

441 :優しい名無しさん:2009/12/03(木) 01:14:27 ID:S84DXTSS
久々に発作きた
やっぱ不規則な生活はよくないね

442 :優しい名無しさん:2009/12/03(木) 20:07:29 ID:pjDfRwSb
>>439
長生きできたとしても不老の技術がないと意味ないっつーか、年寄りになって寝たきりなって人に迷惑かけてまで生きたいとも思わんし…
やっぱり老化が怖いな

443 :優しい名無しさん:2009/12/03(木) 20:38:25 ID:vtgIG6q0
地球にも寿命があるんです。

444 :優しい名無しさん:2009/12/03(木) 22:07:16 ID:0KxTmNXb
不老不死の話が出ると毎回地球だとか太陽だとかきもいな

445 :優しい名無しさん:2009/12/03(木) 23:29:59 ID:x3z7wjWq
>>442
それ不老不死じゃないただの延命治療だろう。
不老不死って極端に言えば老いないし成長ストップだから、
介護のお世話にはならない。

仮にの話だけどね。

446 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 02:00:52 ID:dB7erSGf
久しぶりに怖くて震えてたら気持ち悪くなってきた
不起訴な生活も影響してるものなのかな、寒いし年末だし…

447 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 02:01:53 ID:dB7erSGf
不起訴じゃなくて不規則な生活だ
連投ごめん

448 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 03:14:33 ID:jYABffhq
年末って特に怖いよな

449 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 07:23:05 ID:sW4YeOTv
怖いときは腹筋と背筋やってみろ
俺はちょびっと楽になった

450 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 13:33:14 ID:vebCbXPr
今日ペットのウサギが死んだ
今までカワイイと思ってたのに死んだら触ることすら出来なかった
申し訳ない気持ちと情けない気持ちでいっぱいです
早く治したい

451 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 16:50:49 ID:D0tJcGAs
なんか自分はTVとかつけたままうたた寝してしまった後が一番来やすい

452 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 17:36:57 ID:gREWceH2
おばけなんてないさ
おばけなんてうそさ
ねぼけたひとが みまちがえたのさ

453 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 19:42:16 ID:wRdH76Kb
タナトだが2012年問題とかは失笑、何も思わないだろ
最近は一時期に比べて症状は治まってきてる、2週間に1回くらい、このまま治るかな

454 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 19:47:36 ID:gREWceH2
治るといいね
俺はまた酷くなってきたよ あーあ、死ぬの怖い
世界旅行でもしたい

455 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 21:15:02 ID:Valo1k3z
治らねーよw
バーカw

456 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 21:31:59 ID:dB7erSGf
>>449
体動かすのは良さそうだね
今まではじっとすることしかしてなかったら軽い体操でもしてみようかな

457 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 21:52:30 ID:i095OT7v
>>455
自分が直らないことのあてつけ?きもすぎ

458 :優しい名無しさん:2009/12/04(金) 23:36:18 ID:D0tJcGAs
発狂するような状況にはならない時期も
怖いって気持ちは消えないなあ

459 :優しい名無しさん:2009/12/05(土) 02:09:15 ID:NoCZdi7o
意識の移植とかできたらいいな
クローン人間とかと組み合わせれば
元の体は消えるかも知れんけど 
感覚的な死はなくなると思うんだ

意識がなくなるのが怖いタナトなもので・・・

460 :優しい名無しさん:2009/12/05(土) 11:01:44 ID:eSDn3d4G
本当に怖いのは空間と時間

自分自身だけじゃないんだよ

461 :優しい名無しさん:2009/12/05(土) 20:36:50 ID:GKXADDam
自分は発作じゃなくて常に不安でビクビクしてるタイプだ

462 :優しい名無しさん:2009/12/05(土) 21:18:28 ID:SKc/lnwI
大多数の人からみりゃ
なんでそんな馬鹿なこと考えるんだって思うようなことなんだよね
タナトがびびってるものは

463 :優しい名無しさん:2009/12/06(日) 10:47:03 ID:X05gxrRH
何でネクロフォビアはあまり話題にならないの?

464 :優しい名無しさん:2009/12/06(日) 16:18:30 ID:fvWbZnYg
>>456
俺も昨日から軽く筋トレとジョギングをやり始めた
やってる間は心が落ち着いてタナトなんて吹っ飛んじまうね

465 :優しい名無しさん:2009/12/06(日) 22:59:41 ID:+FJ3tNc3
JIN見てて火事になって、それでとんでもなく火事が怖くなった。
死ぬのやだよ、死にたくない
早く薬効かないかな、本当に死が怖い

466 :優しい名無しさん:2009/12/06(日) 23:02:39 ID:+FJ3tNc3
2012も早くCM終わらないかな、
見る度に発狂しそうになる。
常に不安で発作も来るタイプだから辛い。
地震も駄目だし。

467 :優しい名無しさん:2009/12/07(月) 00:18:41 ID:xJc2py6i
おまいらタナトになったきっかけって何?

468 :優しい名無しさん:2009/12/07(月) 00:56:03 ID:G2w8NMhq
小さい頃からタナト傾向ではあったけど、発作とかは失恋が引き金
何であんな奴のせいでこんなに長く苦しまなきゃいけないんだか

469 :優しい名無しさん:2009/12/07(月) 03:31:27 ID:kb6sRLqm
>>467
中学生の頃、漫画のデスノートの終盤で死んだら無であるって書かれてたのを見た時
まだ自分がガキだったというのもあるし
誰も身内や友達も死後の事なんか話題にしなかった(まあ、普通話題にはしないよね)
というのもあったけど、あの話の衝撃は凄まじかった

その後、それが真実がどうか気になってネットで幽霊やあの世、神や宗教の事とか
脳の仕組みや意識の仕組み、宇宙の事まで調べていく内に
神がいない事や死語の無が本当の事だと解ってしまい…というお決まりのパターン
サンタやウルトラマンが現実に存在しない事は小学2年の時にもう気付いてたけど
そんなのと比べ物にならないくらいショックだった…
しかし小学生も多く読んでる少年ジャンプであんな事言い切る漫画載せてたなんてなあ…

470 :優しい名無しさん:2009/12/07(月) 07:32:52 ID:eT2EPtOS
>>469きっかけ同じだわ
多分同年代だろうけど俺の場合真実かどうか気になりはしなかった
自分の中で死=無って図式は出来上がってたから、ただ死を身近に感じる事が無かったから
いや死というより自分が確実に死に向かっている、時間が流れているという実感がなかったから
死を恐怖の対象として見る事が出来なかった

これも中学生時代に知ったある考え方なんだけど、80まで生きるとして、自分の年齢を分母に1年を割ると人生の折り返しは実質20歳だという事が分かるそうだ
それを20近くになった今思い出すと同時に物凄い恐怖が襲ってきた
俺の人生はあと半分でお終い? 人生の1番いい時期を終えて、体力も知力も何もかも下降線の残り半分が俺の人生?
と考えると怖くてたまらなかった

最近はわりと前向きに考えられるようになったけど。

471 :優しい名無しさん:2009/12/07(月) 14:11:00 ID:W7GRyiRo
死んで無になるのも怖いけど永遠に生き続けるのも怖い
幽霊という概念はここからきたんだと思う

そう考えると、幽霊の存在を非科学的だと言って否定する人ってなんなんだろうな
人の死に対する恐怖を増長しているだけだ

472 :優しい名無しさん:2009/12/07(月) 23:19:59 ID:I8WZpfZg
俺は小6のときの親類の死かな

死んだ人がいなくなっても仏壇とその人の存在以外
何も変わらず生活を続けているのが妙に気になって
一人ずつこうやって消えていくのかと思うと
すごく怖くなった。

それから今なんとかして死や感覚について改善したいと思って
医学生になった。医者になる人間として全く俺はふさわしくないと思うが
少なくとも延命が時間稼ぎと思えないような延命の研究をしたい
一人でも俺みたいな人が不安を消せれればいいと思う
結局は自分のためなんだろうけどね・・・

473 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 00:38:06 ID:4Sh9Ugao
ヤフー知恵袋にこんなんがあった

人が死んでも意識は残るんじゃないかと40年以上生きてきて今はそう思っています。

なぜそう思うかというと
・脳に関する一般向けの本もたくさん読んだが、これだけ科学が進んでいる
というのに 脳が意識世界を生み出す仕組みがまったく解明されていない。
せいぜいこういう感情が働くと脳のこの部分が活性化しているくらいしか
わかってなく、 意識世界を説明できるものではまったくない。


これ見て恐怖から救われた

474 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 01:07:38 ID:WdRZkmcs
夏生まれの方が冬生まれより幸福感が強い統計があるとか聞いたことがあるが
タナトはやはり冬生まれが多いのだろうか。
とりあえず年越しと誕生日にはおめでたさをあまり感じない…

475 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 16:07:19 ID:w1D3sUOD
意識が残るはずないと思う。
死んだ後は生まれる前だと思えば怖くないさ。
誰かが言ってたけどこのこと話したらその誰かにここに書いてるの見てたらばれてしまうから書かない。
その誰かから聞いて、ヒントを得たんだけど、死んだ後はとにかく無ではないと思うよ。

476 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 18:52:23 ID:0nNt093S
意識が残るってw
気絶してる間お前ら記憶が無いだろ?


477 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 19:27:47 ID:QDZGjD3L
>>476
記憶が無ければ意識が無かったと考えるのは浅はかだな
頭悪そう

478 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 20:01:11 ID:WdRZkmcs
結局仮に輪廻があっても怖いからなあ
記憶喪失や痴呆だって恐ろしいくらいだし

479 :優しい名無しさん:2009/12/08(火) 23:55:40 ID:asgHg2hl
確かにボケるのは精神的に1番辛い

おかしいのが自覚できないのは怖い
もしかしたら死の恐怖を感じにくくするために
痴呆が発生してるのかもしれないなぁ

480 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 00:24:30 ID:KX6Ejr5m
変な話、心霊話とか聞くとちょっと安心する
さ迷う霊や死んだことに気づいてない霊とか
それが本当なら死後の世界はあるってことだし、意識があるなら無に怯えることもないけど
でも自分は幽霊見たことないからそれもわからない
あの世があって先に逝ってしまった人達にまた会えるなら怖くないけど
無で記憶も全部無くなるなんて考えたらもう狂いそうだ

481 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 02:33:49 ID:J4h3IiGq
俺も含めタナトってなんとなくすごい狭い世界を生きてるように思えるんだが。
もっと世界を知るべきだなぁと思うよ 旅行するもよし、留学するもよし
なかなか難しいと思うけどね。

有名人が死について書いたり語ってたりするのを見るとすごく気分が落ち着くのは俺だけ??

482 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 07:21:20 ID:iLBqCFGt
永遠の生も永遠の無も怖いんだけどどうすんの

483 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 08:07:04 ID:FJWvn9c+
永遠の生の方が良いに決まってるだろ。
死んだら元も子も無いから。

484 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 08:10:24 ID:w3um5nZm
>>482
無が怖いのは分かる。
だが永遠の生はなぜ怖い? 生きることが苦痛とか?
それともいずれ一人ぼっちになる事が怖いとか、或いは
肉片になっても宇宙に放り出されても死ねない設定で、それが怖いとか?
それか永遠に終わりが来ない、つまり永遠そのものが怖いとか、、、、色々あると思うんだけど

実際のところ具体的にどう怖いの?

485 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 09:05:23 ID:/NXyUyHP
地球が爆発したり宇宙の終わりが来ても生き続けるのが怖いんだろ
何億年も何兆年も変化がほとんどない宇宙空間で過ごすのも嫌だしな
一番良いのは不老不死だけじゃなくて時間を巻き戻せて
いつまでも平和で壊滅しない時代で気が済むまで生き続けられる事だろうが、
時間自体が幽霊や神と同じ人間が勝手に考え出した概念だから無理だな…

486 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 14:42:05 ID:86y6noHE
>>479
死の恐怖を忘れるためのボケか
なるほどなー


ちなみに自分の家は

祖父→戦争経験者、タナトフォビア、自分が棺桶に入る夢を見るとか、死が関係するテレビが嫌い
父→そんな祖父に「まだこの世に未練あるのか」という

父は嫌いだが
死の恐怖については父の価値観に似たかった

487 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 16:27:44 ID:vU/i8NKu
戦争経験者でタナトってキツいな…
だからタナトになられたんだろうか。

488 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 21:45:34 ID:HvjGmy10
>>481
>有名人が死について書いたり語ってたりするのを見るとすごく気分が落ち着くのは俺だけ
なんかわかるわそれ



489 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 23:12:15 ID:LABwKkGK
>>485
理想といえば理想だな
しかして仮にそれができたとしても
確実に容認しない野郎がでてくるだろうな・・・
個人的には意識があるなら仮想現実の中で生き続けるのはアリだと思う
ただそこまでいくと意識なのか電気信号なのかわかんないけどね

490 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 23:47:32 ID:FJWvn9c+
タイムマシンなんて未来に行くのはある意味可能だが、
過去に行くのは無理だろう。
不老不死の方がまだ現実味があるし。
不老不死はなりたい人はなれば良いし、
なりたくないなら従来の寿命通り死ねば良いとかそういう環境を妄想してみた。

491 :優しい名無しさん:2009/12/09(水) 23:49:32 ID:FJWvn9c+
×そういう環境を妄想してみた。
○そういう環境になったら良いなと妄想して見た。

492 :優しい名無しさん:2009/12/11(金) 01:53:21 ID:DYmzHBjV
なんかお腹の調子悪くてトイレ行ってたんだけど
トイレとか風呂とか入るとどうしても頭をよぎってパニックになってしまう。
つらい。

493 :優しい名無しさん:2009/12/11(金) 05:54:59 ID:1SN9BjuN
子供の頃よくパニック起こしたな。
今は結構冷めた目で自分の思考をみれる。

494 :優しい名無しさん:2009/12/11(金) 11:19:06 ID:+qesYo7Q
寿命があるから頑張れるんだよとか言う偽善者はうざい。
死ねとまでは行かないがうざい。

495 :優しい名無しさん:2009/12/11(金) 12:21:49 ID:gXS4Xk2n
わざわざけちつけるお前の方がうざいと思うけどな

496 :優しい名無しさん:2009/12/11(金) 13:38:14 ID:FIt5xoSE
おれはタナトのお陰で生きてるよ
タナト過剰ではなく健やかに育っていればなぁとも思うけれど
まぁ死ぬまでタナトでいるんだろうなぁと自己完結
なんて書いてるうちにぞわぞわっと来た


497 :優しい名無しさん:2009/12/12(土) 00:17:58 ID:yN3EoWO7
子供の頃からって人は小学生とか?
すごいな、そんな歳から考えるなんて
自分の小さい頃なんか、周りに家族がいて一緒にご飯食べて、近所の子と遊んでみたいなその頃は当たり前の生活がずっと続くと思ってたよ

498 :優しい名無しさん:2009/12/12(土) 04:17:32 ID:mqlEIFT7
俺は一日が終わる事で人生もきっと有限なんだろうって事をなんとなく感じてたけど
その頃はまだずっと先の話だと思ってたけどね

499 :優しい名無しさん:2009/12/12(土) 14:23:43 ID:lp7igW0N
死について考えると自我崩壊寸前までいく。
なんというか、ゲシュタルト崩壊が視界にある全てにおいて適用される感じ。
発狂するのが怖いから必死に考えないようにするけど
恐ろしいな、この強迫観念て。
仕事の休憩中とか、電車のったりして、時間があいてちょっと油断すると死に囚われるから
必死に振り払うんだけど。

同じような人いるかなあ。


500 :優しい名無しさん:2009/12/12(土) 15:56:06 ID:OkBHleRL
>>499
おれも似たような感じだよ足場にしてたものがふと消えて
落ちそうになる感じ
近頃はあぁまた来たかってなぐらいでほっといてる
考えにとりつかれすぎるのがタナトだと思ってる。

501 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 00:36:30 ID:33H5C6/t
自分はこれからずっと先の死を考えるより、
明日自分がちゃんと生きてるのかを考えるのが怖い。
外に出れば事故や殺人事件などに巻き込まれそうで怖い。
でも家に篭っていても隕石が物凄い勢いで家に落ちてきたり、
自分が病気で倒れてしまうかも、と考えてしまう。

自分だけならまだいいけど家族が事故にあったりするのはもっと怖い。
家族の行動は自分では気をつけようがない。

ああ…怖い…

幸せなことがあるともっと死が怖くなる
自分語りすいませんでした。

502 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 01:01:01 ID:3gc7fR7v
>>500
おー、仲間がいてよかった。

うんうん、死について考えることに囚われ過ぎてるのがタナトだよね。

自分も放っておきたいんだけど、今、死がすごく傍にあるんだよ。
(祖父Aが入院中で死にそう&祖父Bは癌、祖母ABともに80歳以上)

だから、どうしても考えてしまう。
小さいころから死を恐れ続け考え続けてきたけど、20後半になっても分からないし、怖い。
物心つかない頃に祖父母を亡くすほうが耐性ができるのかもと思った。

>>501
幸せなほど、亡くすのが怖いってのよく分かる。
自分もそうだよ。
自分も家族(特に母)が亡くなるのは発狂に値する。
家族が出かけるときには、いつも口煩く気をつけろと言ってしまう。

503 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 04:26:54 ID:GjGSuFTV
話の流れを断ち切って悪いが、タナトって男女でなりやすさの違いってあるのかな?

504 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 04:42:16 ID:ScC+ojZt
>>499
オレも。
寝る前に死について深く考え過ぎて発狂寸前までいく事がある。生きてる以上、いつか必ず自分の葬式が行われるのかと思うと気持ち悪い。

505 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 22:34:25 ID:PhPd8tSW
>>499
あるよ。
授業中や外食中とかでもふと、「この平和な日はいつまで続くんだろう」とか考えて発狂しそうになる。
慌てて薬飲むけど泣いたことあるし。

自分は今アメリカとの外交や普天間基地のことで、悪い方向になるだけで怖い。
お願いだから穏便に済ませてと思う。
「○○が上手くいったら戦争は起きない」なんて、なんだっけ、なんかの病気の症状が凄い出てる。
なのに担当医は、タナトもその病気も認めてくれない…

506 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 22:55:56 ID:3gc7fR7v
>>503
どうかな?
ちなみに自分は女。

>>504>>505
同じ人がいてよかった。心強い。

タナトってたぶんパニック障害ともリンクしてるよね。(症状的に)
だからタナトフォビアっていう病気は確立されないのかなあ。
こんなにも日常を生きるのに苦労してるんだけどねえ…。

507 :優しい名無しさん:2009/12/13(日) 23:05:11 ID:m33Ct08/
だから不老不死技術が必要なんだよ。
1人で寂しいんだって言う奴はフィクションしか見てないから言えない。

508 :優しい名無しさん:2009/12/14(月) 02:57:07 ID:/SwxHUYS
>>497
自分は幼稚園の頃に親が骸骨になるんじゃないかが最初のタナトっぽい症状

そのあと阪神大震災や戦争アニメを小学校で見たり体験して死んだときに自分がどうなるか
急に自分も死ぬんじゃないか(住まいが東海地方なため東海大地震が怖かった)
って芽生えたのが小学校3年生くらい

高校大学入って痴呆にすら恐怖を抱くようになった

509 :優しい名無しさん:2009/12/14(月) 17:34:23 ID:O2LOBDwM
おれの原因はじいちゃんの火葬だな
保育園ぐらいのとき
骨を拾ったのが原因だと思う。
まぁだれもが通るん道なんだろうけど



510 :優しい名無しさん:2009/12/14(月) 19:18:59 ID:7GxEgDOZ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9061025

511 :優しい名無しさん:2009/12/14(月) 23:37:18 ID:YCVeADqR
タナトになってから随分長いけど最近生きてる物自体が怖くなってきた
他にも宇宙とか無音とかも。

そろそろ病院行くべきか悩む


512 :優しい名無しさん:2009/12/15(火) 01:09:33 ID:KY2Hjow9
>>508-509
自分も幼稚園くらいのときに、仏壇見て思ったなあ。
仏壇には仏様がいて、死んだらそうなるんだと聞き
考えたら寝れなくなって、真夜中に家族起こして
死んだらどうなるの?って聞いて困らせたのが最初だ。

思春期くらいなら、この病気の発症を意図的に回避できるのかもしれないけど
自我がないほど幼い頃の発症原因は回避できないね。

513 :優しい名無しさん:2009/12/15(火) 02:36:43 ID:LwRV+WNs
うちにも仏壇あるな
幼い頃に近い身内亡くしてて
それがどう影響してるのかはわからないけど
思春期ごろには死ぬことがとても恐ろしくなった

514 :優しい名無しさん:2009/12/15(火) 03:18:24 ID:leg2xoKx
タナトになる人間は非リア充
日常生活が退屈で何も成し遂げていないからそのまま死ぬのが怖い

515 :優しい名無しさん:2009/12/15(火) 13:47:27 ID:rfV6UpEn
じゃあ何で富や権力を得て、栄華を極めた人間が不老不死を求めたりするんだよ?
リア充で何かを成し遂げたとしても、そこで満足しなければ、結局そのまま死ぬのは怖いだろ。

516 :優しい名無しさん:2009/12/15(火) 17:26:08 ID:qYbLPwk3
>>515
人間は寿命があるから一々怖がってたって、
その時が来てしまうから悩んでもキリが無いし諦めを通り越して、
開き直ってるんだと思う。


517 :優しい名無しさん:2009/12/16(水) 02:07:45 ID:gzP1NXm6
自分は幼稚園の時に両親事故で亡くして小4の時におじいちゃん亡くしたけどその時はショックで何も考えなかった
時間が経って今頃実感してきてほんとに怖い
自分が死ぬのも怖いけど、死んだ後の世界が無かもしれないのが一番怖い
死んだら両親やおじいちゃんに会えてまた一緒に暮らせると思って、それを楽しみに今生きてるのに
何もなかったことになるなんてどうしたらいいんだ

518 :優しい名無しさん:2009/12/16(水) 06:09:56 ID:OLkjfygg
純粋なエネルギーに還るだけ。
まあエネルギーも有限だがな。。。

519 :優しい名無しさん:2009/12/17(木) 01:08:56 ID:r7MksHGh
もうちょっと(タナト的に)明るい希望が持てる方向に科学って進んでくれないもんかね…

520 :優しい名無しさん:2009/12/17(木) 08:19:24 ID:bSK998QB
>>519
医療の発展に期待するしか無い。
もっとも民主党では怪しいがな。
後2012年って日本が経済が滅亡しそうなんだが・・・・

521 :優しい名無しさん:2009/12/17(木) 19:40:44 ID:pIiXSYA0
そのうち 
タナトだタナトなんていってられない時代が来るから安心しろ
死に物狂いで生きなきゃ生きられない時代が

522 :優しい名無しさん:2009/12/18(金) 01:29:49 ID:MgN2mWxo
あーひさびさにきた
これは寝れない

523 :優しい名無しさん:2009/12/18(金) 02:19:04 ID:l6k+hUVt
>>511
わかる。
死も宇宙も無音に共通する無ってのが。
無ってなに?
が永遠と頭の中にループ。
そしてその自分では理解できないことが、
いつか自分に訪れるってことに対する恐怖。

無の存在は皆知ってるし、
無は誰にも訪れるものなのに、
まだ誰も無の実体を知れない。
それもこの先ずっと明かされない。
無を実感した時はすでに無なのか。
おかしくて恐い。

524 :優しい名無しさん:2009/12/18(金) 03:39:01 ID:TkCdpe78
私はあと何十年(あるいは何年?)生きられるのだろう
その時は必ず来る
その瞬間に「おわる」
ないものはないのだから、なにもない
途切れて、

525 :優しい名無しさん:2009/12/18(金) 06:05:13 ID:E+YsDvQP
やりたい事をやりなさい。

人生は短い。

花の命も短い。

死の床で後悔しないために。

526 :優しい名無しさん:2009/12/19(土) 19:10:15 ID:2o6CqmlF
医学がもっと進歩しますように。

527 :優しい名無しさん:2009/12/19(土) 21:19:50 ID:2o6CqmlF
病気と闘う感動系の番組ってタナトの人から見たらどうなんだろう?
何か再現でもこういうのは余計タナトが進行しそうなんだが。
みんなはやはり見ないのかな?偶然見てしまった人の感想を知りたい。

528 :優しい名無しさん:2009/12/19(土) 22:36:45 ID:zOV7q+oz
感動はできないけど考えさせられる部分はあるかな
でも基本怖いのでやっぱりそういう番組見るのは少しためらう

529 :優しい名無しさん:2009/12/19(土) 23:54:51 ID:nGtSFaW2
テレビにでてくるのはワリカシ手術が成功してる奴が多いが
実際その影でたくさん死んでるのだろうな 
とか考えると関係ないとこでたくさん人が死んでるんだと
より実感する 感動どころか恐怖だわ

530 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 00:42:11 ID:cVnFh5p6
みんな病気とか事故とかを考えるのか
自分は世界の終わりとか人類の終わりとかだよ

531 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 12:37:48 ID:eRS2dvhN
自分は両方。
やっと2012のCMがなくなって安心した。
すごい怖かったなあれ。

532 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 17:09:03 ID:BQCBeqSE
いずれ死ぬ事に恐怖と絶望を感じているのに
それをどうにかする努力をする気が起きない……
何故だ

533 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 17:28:06 ID:+i8F5Y6z
恐怖を克服することを
何か大切なものから目を背けることに感じるからかもな
恐怖がなくなっても運命は変わらんわけだし

534 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 17:44:14 ID:NIdi3Kg1
要するに視野が狭いんだよね
自分の価値観に縛られて他の考え方を受け入れられない
神経質で頑固な奴が多そう

535 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 21:23:03 ID:eRS2dvhN
今回の日曜劇場も世界破滅系かな。
世界破滅系って今流行ってるの?

536 :優しい名無しさん:2009/12/20(日) 21:28:57 ID:on5HGmwk
片山右京さんも危なかったね。飯島愛はもうこの世にいないんだね。

でも生まれ変わりたいかと聞かれたらいいえ、かも。
平和な国や時代とは限らないし。やっぱり永眠がいいのか?

537 :優しい名無しさん:2009/12/21(月) 04:19:18 ID:uXBQ0Hsc
右京はひでえやつだな

538 :優しい名無しさん:2009/12/21(月) 11:04:43 ID:XA0jYMcf
>>531
同じく。
ネットでもテレビでもやたら目に入って怖かった。
終わってホッとしてる。

539 :優しい名無しさん:2009/12/21(月) 16:40:26 ID:9RiFNpTF
医療の発達に期待だな。
若返りとか最高だろう。


540 :優しい名無しさん:2009/12/22(火) 01:54:42 ID:JV0ikym6
何も無い状態が永遠につづくというのがひたすら怖い。
今ある意識が永久に消え行く瞬間がこわい。
自分がどう死ぬのかを考えるのが怖い。
なにもかもが怖い。ねむれない

541 :優しい名無しさん:2009/12/22(火) 21:42:22 ID:mF0MkL+K
みなさん、睡眠時間は何時間くらい?
自分は平均6時間半ぐらいかな、眠るのは嫌いだが寝ないわけにもいかんし…

542 :優しい名無しさん:2009/12/23(水) 07:24:04 ID:xLBHyE9x
子供のころ、死が怖くてしょうがない時期があって、それも久しく忘れてたんだけど
おっさんになった最近になって、また「死」を意識するようになった
昨日、久しぶりに、自分という存在・意識が喪失してしまうときのことをリアルに考え発狂しそうになった
老人になったとき正気でいられる自信がない。世間の年寄り連中はすごいね

543 :優しい名無しさん:2009/12/23(水) 07:30:17 ID:xLBHyE9x
そういうこと考えると、ボケるって幸せなことかもしれない

544 :優しい名無しさん:2009/12/23(水) 21:34:27 ID:pQ6diEbo
治療ってそう簡単にいきませんね。
希死念慮が死恐怖に変わりました。

545 :優しい名無しさん:2009/12/23(水) 23:39:31 ID:xxfr9XC7
そういう死願望と表裏一体みたいなのは
個人的にはタナトフォビアとはまた違う心理な気もするんだけどな
自分の恐怖はどうひっくり返っても死願望には裏返らないと思えるし
まあ当人でもなしに本当のとこはわからないでしょうけど

546 :優しい名無しさん:2009/12/24(木) 01:36:20 ID:bP8mcWkf
今おばあちゃんち来てるんだけど楽しいのに尚更考えてしまって泣きそうだ
遠いから頻繁には帰れないし、その間におばあちゃんが死んでしまったらとか、今回でおばあちゃんち帰るの最後になるかもしれないのかなと考えたら怖い

547 :優しい名無しさん:2009/12/24(木) 06:14:20 ID:8gEAu109
>>541
そのうち永眠するわけだが

548 :優しい名無しさん:2009/12/25(金) 00:40:15 ID:z5aH6TTK
>>546
それわかるわ
最後になるかもしれないから
年を経る毎になおさら大切にしようと思うね

549 :優しい名無しさん:2009/12/25(金) 16:56:21 ID:4pHTSqtz
お前ら不老不死が完成したらしたでタナトフォビアの逆の症状のエターナルライフフォビアとかになってそう。

550 :優しい名無しさん:2009/12/25(金) 18:14:10 ID:EixF5aau
>>549
おれはそうなるだろうと思う
まぁ死なないんだったら生きる意味もなくなるだろうから
なんか一日中寝てるような気がするぼんやりと夢見ながら


551 :優しい名無しさん:2009/12/25(金) 19:37:20 ID:/IpgeyPm
不老不死完成したら睡眠もいらないかもね
夢見ておきた後の感覚って、どうにも苦手

552 :優しい名無しさん:2010/01/01(金) 19:00:21 ID:40bBWAfh
正月だな
めでたくもあり、めでたくもなしだ

553 : 【豚】 【1703円】 :2010/01/01(金) 19:12:07 ID:Neqo9BHF
あけおめ〜

554 :優しい名無しさん:2010/01/02(土) 01:30:10 ID:F9o8Zxh+
>>549
というか>>1の6がそれに該当する訳だから、逆の症状というか、
結局はタナトフォビアのままだな。

555 :優しい名無しさん:2010/01/02(土) 05:54:33 ID:mHHwnTxn
生きるだけで精一杯、もしくは宗教を信じる環境でないから
死を恐れるのだと思う。平和、ある程度の幸せだといつまでも失いたくない。
ここ半年程ずっとタナト状態で辛い

556 :優しい名無しさん:2010/01/04(月) 23:22:52 ID:0RFTgPMh
皆は神様とか信じてなさそうだけど初詣とかいくんかな

人いねぇと思ったら、新年早々規制の嵐が吹き荒れてたのか

557 :優しい名無しさん:2010/01/05(火) 07:24:33 ID:Swva8BVm
この世が出来る前の神様の世界に産まれる夢を見た。
恐かったorz

真っ暗闇で人がいないんだよ。

558 :優しい名無しさん:2010/01/07(木) 08:19:28 ID:fwqla4xx
夢で高い所から落下中に目が覚めると
グググって下に押し付けられる感じがするよね。
錯覚でこんなことってありえるだろうか?
これって魂というものがあるという証拠じゃないかな?

559 :優しい名無しさん:2010/01/09(土) 20:25:16 ID:9DaidY6K
魂があるとしたら、無条件で別世界に行かないとこの世は魂だらけだよ。

560 :優しい名無しさん:2010/01/09(土) 20:51:37 ID:0Gm5/D2j
>>559
あー、子供のころそんなこと良く考えてたわ

561 :優しい名無しさん:2010/01/10(日) 00:20:35 ID:S5dhKN8R
幽霊にも寿命があるんじゃね

562 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 08:49:34 ID:vcXws38f
>>542
小さい頃にタナトになっても、10代20代はそれ以上の悩みも多いし、
自然にそれどころじゃなくなるだろう

漏れは小2の頃タナトになった
「人間は必ず死ぬのになんでみんな平気でいるんだろう」
「おとな世代は確実に自分たち小2より死期が近いのになぜ平気」

ここでタナト打破の名案が浮かんだ
「とにかく今は考えるのをやめておとな(二十歳)になったら考えよう」

おとなの方がより冷静に考えられるだろうし、
当時、二十歳なんてはるか遠い未来に感じられたので「永遠の先送り」に成功した気分だった

小学生タナトの解決策として最高の処理だと思う

しかも当時から
「二十歳で結論出なかったら三十に先送り」
「三十でダメなら倍の六十(年齢的にキャリア充分)」と保険掛けてた

いま31だが還暦まで先送り確定


563 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 14:28:04 ID:1bKaVP8T
キャリア充分の六十になって冷静に考えても解決せずに発狂しそうになったら
倍の百二十まで先送りすればいいしな

564 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 15:12:58 ID:mJN6qxaZ
みんなそうやって生きてるんだよ

565 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 17:30:12 ID:C/bmmHkF
ガキのころは大人になると解決するとぼんやり思ってた
でも解決せず、特に症状ひどかったのが30になるちょい前だったな

566 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 17:49:22 ID:+SPY9+bj
俺もガキの頃死の事についてばかり考えてたが
ガキ故の無知と浅はかさで、
幽霊とかあの世とか神はいるだろうと思ってタナトにまでは至らなかった
大学生になってからまた死の事を考えるようになって、
今度は幽霊や神の有無についてまで深く調べてしまい、タナトを患った
あのまま一生気にしないで生きてれば苦しむ事もなかったんだろうか・・・

今はネットが発達してるから死の事やあの世の事を調べたら
すぐにそんなものは存在しない、神も宗教も嘘っぱち、死の先は無しかないと
非情すぎる事実、現実が容易く分かってしまう世の中なんだよな・・・
昔は死んだらどうなるの?と子供が聞いてもはぐらかしたり
嘘を教える親や友人が多かったのかもしれないが、
そんな優しい嘘も通用しなくなる世になりつつあるね・・・
いや、優しい嘘ではなくいつか必ずかかる癌を先延ばしにしているだけなんだろうけどさ・・・

567 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 22:12:59 ID:zLfer7pK
でも無かどうかもわからないぜ

568 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 22:39:58 ID:C/bmmHkF
証拠がない、ってだけでは希望が持てなくなってしまってるからなあ

569 :優しい名無しさん:2010/01/11(月) 23:10:46 ID:ay0SRRK1
>>566
無になればタナトも消える
恐怖する意識すら消える
生きているうちにタナトれるだけタナトっておこうぜ


570 :優しい名無しさん:2010/01/12(火) 02:17:28 ID:+7kHdHwi
最近死ぬことがやたら怖い。
死んだらどうなるのかばかり考えてしまう。
死ぬまでって時間に限りがあるわけだけど、
死んでからって永遠なんだよね。
ずっと真っ暗で感覚無しだなんて怖い

まじで最近『死』ばかりが頭を廻る。精神的に病気かな。

自分がいなくなった後も世界の時間が進むなんて理解できない。

そしてそんな世界も終わる時がくるし、宇宙も。



571 :優しい名無しさん:2010/01/12(火) 12:36:03 ID:TDAGf8B/
人間の脳って電気で動いてんの?
人間と機械って同じってこと??

でもそうなると、機械にも人間と同じ意識があるってことになるけど、
なんかおかしくない?

おれは人間って電気だけではないと思うけど。

魂ってのがある気がする。

572 :優しい名無しさん:2010/01/12(火) 12:42:58 ID:/+g+RWeu
俺は、生物とロボットの違い、脳とAIやCPUの違いなんて
構成している物質が有機物か無機物かの違いでしかないと思っている
霊も神もあの世も生まれ変わりも無いと気付き、物質ありきの現実世界なのだと痛感したら
誰でもそう考えるようになるよ…そこに夢やロマンが入る余地はない

573 :優しい名無しさん:2010/01/12(火) 13:32:29 ID:NhKzuwaR
オリオン座のベテルギウスのニュース読んでまたタナトが再発してきた
去年の日蝕とか怖い思いした人いるよね?

574 :優しい名無しさん:2010/01/13(水) 01:38:01 ID:cBQt5w8o
毎年この季節になると地震の話でとても怖くなる
災害対策とかしてるかい?

575 :優しい名無しさん:2010/01/13(水) 02:07:26 ID:3tjxFGRf
死恐怖症って本当にあるの?
最近人の死ぬ妄想して号泣したり不眠症になったりしてるけどそれって誰でもあることだよね?
誰でもあることを病気って言うかな?

576 :優しい名無しさん:2010/01/13(水) 02:37:18 ID:cBQt5w8o
恐怖感自体は多くの人にあるだろうけど
大体の人は泣いたり震えたり眠れなくなったり
考えが頭から離れなくなるほどに追い詰められたりはしないと思う

577 :優しい名無しさん:2010/01/13(水) 05:57:01 ID:gdGhWcP0
暇人の病気だからな。

578 :優しい名無しさん:2010/01/16(土) 23:25:22 ID:UW6LvnI+
大学受験の頃はあんま怖くなかったな
なんか必死だったし、無根拠に未来への希望があったからか
数年すりゃこんな悩みなくなると思ってたし
むしろ年取ってからの方が刺激が少なくなって考えてばかりになった

579 :優しい名無しさん:2010/01/17(日) 03:37:43 ID:ii1mI7fU
同意

ホントに死が怖い

580 :優しい名無しさん:2010/01/17(日) 21:45:25 ID:6dEeyCNM

リビングで家族が、夫が死んだらしなければいけない事云々って番組見てる…

身近なだれかが実際にそうなるとか、自分が火葬されるのとか想像しただけで怖くてしかたない

581 :優しい名無しさん:2010/01/17(日) 23:23:48 ID:BnWe5L3T
寝ることによる意識の喪失は怖くないが(起きてまた意識が戻るし)
死による意識の喪失は怖いな・・・寝る前に想像して眠れない事が小さい頃からある

死が一瞬で来て意識が無くなるのは楽かも知れんけど
その瞬間って異常な信号が脳の中駆け巡るのかなって創造するのも怖い

582 :優しい名無しさん:2010/01/18(月) 00:32:50 ID:vkvElJyD
俺は小学生の頃から酷いタナトで、自分が消滅しても世界は何事もなく続いて行く、
生きているのが当たり前っていう生まれてこのかたの前提がいつかは終わってしまう、

自分の意識がいずれ消滅して、永遠に何も分からなくなるってって考えるたびに夜風呂場で
絶叫して、親が大声を聞いて何事かと駆けつけることも多かった。

ところが数年前、ある事情で死にかけたことがあった。強烈な光に包まれ、未知の大いなる存在に
抱かれて一切の不安や恐怖が消滅した至福の状態というのを始めて経験した。

たとえ側頭葉が作り出す幻想だとしても、あれ以来死の瞬間の苦痛や苦しみに対する言いようのない
不安や恐怖からは解放された。

583 :優しい名無しさん:2010/01/18(月) 02:03:10 ID:rCuyScWh
ビートたけしもバイク事故で死ぬのが怖くなくなったって言ってたな、当時
今はどうだか知らんけど
そういうもんだとしてもそんな事故体験したくないですが

584 :優しい名無しさん:2010/01/21(木) 21:31:16 ID:T2Iix6gn
不安や恐怖がないような状態って
そのあと我に返ったときに反動が来ちゃうなあ

585 :優しい名無しさん:2010/01/22(金) 03:26:31 ID:XAIQZzB5
自分もすごい小さいころから自分が死んだらどうなるのか考えて
怖くて泣き出してしまうことがよくあった。
ばあちゃんに死んだらどうなるのかきいて
仏様のところに行くんだよって言われた。
ばあちゃんもいつか死ぬのか、そんなの嫌だ
って泣いてたら、いつか死ぬのは仕方ないって言ってたな。
そのばあちゃんは痴呆で寝たきりになって、何もわからないまま死んじゃったんだけど
生きるのと死ぬのの境目がわからないまま死ぬのが楽なんだろうか。
昔は死んだあとの永遠に続く無が怖かったが
今は、生きてる状態から死ぬ瞬間が怖い。
寝るときみたいに曖昧になるんだろうか。
怖い、眠れない

586 :sage:2010/01/22(金) 15:19:42 ID:hDciSmvK
5年前、火葬場で祖父の白骨を見て、タナトになった。
自分も最後にはこうなるのかと思うと、死にたくない(怖い!)
会社の休憩時間でも、ふと思い出して早退した事がある。

それ以来、奇妙な出来事がおきる。

・去年の正月に墓場で迷子になった
・殺人等のニュースが見れない
・自分の骨格が触れない
・家にある仏壇に近寄れない
・高校野球のサイレンを聞けれない
(理由→戦争のサイレンと似ているから)

毎晩泣いてばかり&不眠症の26♀で、どうしようもありません。
これって重症!?

587 :優しい名無しさん:2010/01/22(金) 15:22:51 ID:hDciSmvK
スレ上げてすいません。

588 :優しい名無しさん:2010/01/22(金) 15:51:11 ID:pWWCOC47
死ぬの怖い

589 :優しい名無しさん:2010/01/22(金) 21:20:12 ID:j2+DwJUD
だれでもちゃんと死ぬから大丈夫だよ。

590 :優しい名無しさん:2010/01/23(土) 00:40:03 ID:OM34X7ks
夜になるとついつい
死を考えてしまう

単純に死が嫌です
恐すぎだよ


591 :優しい名無しさん:2010/01/23(土) 16:13:52 ID:abMuIoWK
最近では、老人というのは死恐怖を感じなくなるのではないかと思うようになってきた。
死の恐怖に発狂している老人てあまりいないよね?
少なくとも自分はきいたことがない。

自分は仕事も趣味もあり比較的忙しい。家庭もある。
大人になればタナトは治ると思っていたけど、まあ感受性が鈍ってるだけ当時とは違うけど、
根本的には何ら変わらないね。
身近な人の死が怖い。永遠が怖い。
たぶん遺伝子の繁栄プログラムの中に、永遠に対する恐怖は感じないように出来ているはずだよ。
だってこのことに気づいて、つきつめたら発狂してしまうもの。


手塚治虫の「火の鳥」って、まさにテーマが生と死、永遠なんだけど
子供の頃トラウマになるほどだったが、最近勇気を出して読んでみたら、
生きるとは、死とは、永遠とは?という問いへの手塚治虫の答えなんだなと思えた。
まあそれでも怖いものは怖いけど。強くなりたいな。



592 :優しい名無しさん:2010/01/23(土) 21:00:37 ID:7gmf2YpF
>>586
ちょっとタナトとは違う方向の精神病の気配もあるのかも?
不安神経症の一種でもあるだろうから、病院いったほうがいいかも

593 :優しい名無しさん:2010/01/26(火) 23:38:38 ID:4zyHsrq6
>>574
ttp://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201001201207050000.jpg

594 :優しい名無しさん:2010/01/28(木) 08:14:22 ID:B89A1Lll
タナトってなってる人には悪いが贅沢な病な気がしてきた。
だって死ぬのは怖いが寿命が延びてもそれが怖いんだろ?

595 :優しい名無しさん:2010/01/29(金) 07:15:45 ID:OLI8jxvz
寿命が延びることが怖いとか嫌なんてことはない
根本解決にはならないというだけ

596 :優しい名無しさん:2010/01/30(土) 10:55:29 ID:sY1QKc3N
>>586
自分も自殺や殺人や訃報(最近多いんで困る)のニュースはさけてしまう
映画もきついな
送り人とか一体誰が得する映画だとおもってました
癌とか難病のドキュメンタリーもきつい
心療内科の先生によるとタナトは強迫性障害の一種らしい
自分はSSRI飲むようになってから夜はすぐ眠れるようになった
完全には治ってないけど死について考える事もかなり減った
診療内科行くことをお勧めします


597 :優しい名無しさん:2010/02/02(火) 17:12:00 ID:X4s7zfNd
彼がタナトフォビアで、夜一緒に寝ていると時々パニックを起こします。。
私は、大丈夫、大丈夫と言って抱きしめることしか出来ないんですが
こう言う時、どんな風にしてあげたらいいのでしょうか。
何か全然関係ない話をして気分を紛らわしたほうがいいのでしょうか?


598 :優しい名無しさん:2010/02/02(火) 17:16:30 ID:PiGwMhXf
知るか屑W

599 :優しい名無しさん:2010/02/02(火) 17:32:16 ID:6cfzxFpi
>>597
乳吸わせてあげてみてよ
ってこれはネタではなく
精神を一度退行させて再構築するために
そして
虚無感を埋めるために

600 :優しい名無しさん:2010/02/02(火) 23:36:03 ID:CEAKh/9Z
この世のことの多くは不可避じゃないですか。
まず第一に死ぬこと。事故、殺人、災害。今日食べたご飯にだって毒が入っているかもしれない。
そしてそれを予知する術はない。それが怖い。
いくら自衛しても、病気になるかもしれないし、殺されるかもしれないし、事故にあうかもしれない。
自衛すればその確率は低くなるかもしれないが、それはわたしがそれに遭遇しないことの保障には全くならない。
予知できぬことが怖い。特に痛みと死、これが一番怖い。
小学校3年生くらいのころから毎夜そのことを考えて眠れなくなる。
睡眠剤ももらったし抗鬱剤も飲んだけど、そこまで効果がない。
死ぬまでこの苦しみが続くなら、いっそのことぽっくり(あくまでもぽっくり、痛いのはいや)
逝ってしまいたい。でもそれじゃあ本末転倒だねw
どうしたらいいんだろう、今日も眠れないや。恋人と一緒でも、眠れない。
人に言えば贅沢病と言われる。たしかにそうかもしれない。
恵まれた環境に育ったし、今もそうだ。わずかながら、不安ではないときは幸せだと思うこともある。
いくら充実して忙しく働いて勉強してくたくたになっても、必ずふと考えてしまう。恐ろしいことばかり。
起きてほしくないことばかり夢に出て、汗だくで起きる。もういやだ。

601 :優しい名無しさん:2010/02/02(火) 23:42:18 ID:mxhkYUAT
最近2chが規制だらけになって書き込めなかったり人少なかったりと散々だ
この恐怖について語れる場所ってここだけだからなあ

602 :優しい名無しさん:2010/02/04(木) 00:05:34 ID:XlTWW5AD
NHKのドキュメンタリーがやばかったらしいな
自分は嫌な予感がしたので見なかったが…

603 :優しい名無しさん:2010/02/06(土) 01:19:10 ID:p6sK1iWN
ポニョやばい・・・
見た後鬱になった

両親の手をふと見ると皺が多くなって、髪にも白髪が増えてきてるのね
肌もたるんできて、ああいつか死ぬんだな〜とか思うんだけど
頭が真っ白になって涙が出る
死んだら話し相手もいなくなるし自分を必要とする人がいなくなる
そんな自分もいつか死ぬし、死なない人間なんていない
死は遠い場所にある感じがして、関係ないと思い込んでて
でもいつか必ず死が訪れる
小さいころから親が死ぬことを考えて泣いてしまう
今テレビで活躍してる若いタレントや芸人だって年老いて死ぬ
100年後には今この世に居る人はみ〜んな死んでいて新しく入れ替わってる
当たり前なんだけど・・・・なんか虚しくなるし生きる意味を考えてしまう
ポニョ見なきゃよかった
たぶんパヤオは死の概念とか怖くないんだと伝えたいのかもしれないけど
正反対だった…
だれだって死が怖いから、宗教があるわけだし
審判の日にはラッパが吹かれて皆生き返るっていうし
そうでも考えないと理性を保てないもんね
意識するだけ無駄だね、逃れる方法なんてないんだから
考えるだけでほんとに鬱になる

604 :優しい名無しさん:2010/02/06(土) 01:53:22 ID:p6sK1iWN
誰か…

605 :優しい名無しさん:2010/02/06(土) 06:06:19 ID:ddJNbD7e
>>603
お前も死ぬから心配するな。

606 :優しい名無しさん:2010/02/06(土) 10:32:27 ID:p4jramWF
忙しいと意識はしないけどな
でもある時にどっと押し寄せてくるんだよね

607 :優しい名無しさん:2010/02/07(日) 15:08:09 ID:7vKGYnu6
再生医療がさっさと実用化すればこんな恐怖症とはおさらば出来るぜ!

608 :優しい名無しさん:2010/02/07(日) 23:13:59 ID:YeaRAQ0p
そういう前向きさ、別に嫌いではないぜ

609 :優しい名無しさん:2010/02/08(月) 06:12:00 ID:u3OzIn4F
別に

610 :優しい名無しさん:2010/02/08(月) 13:15:14 ID:cBekhDD0
特に無いです

611 :優しい名無しさん:2010/02/08(月) 16:06:16 ID:WO4WCGs0
なんだよタナトフォビアってなんだよ
なんたら症だとかかんとか、2ちゃんの様相そのものじゃねーかアホ
症とかつけんなアホらしい

612 :優しい名無しさん:2010/02/08(月) 21:17:44 ID:QsVj6d0S
>>611
うるせーなお前が一々決める権利は無いんだよ。
一々このスレに来て煽りか?ご苦労様ですwwwww

613 :優しい名無しさん:2010/02/08(月) 22:16:35 ID:fH3Fn0Vk
タナトの利点は他の恐怖にたいしては愚鈍化できる点だと思ってたたんだが、俺たちはどうみても些細なことでもびびってしまうから

タナトなんだろうなと思う

614 :優しい名無しさん:2010/02/08(月) 23:00:09 ID:q9fEH2p9
しょっちゅう地震や事故を連想してしまうね
それが身を守ることにも多少はつながっているかもしれないけど

615 :優しい名無しさん:2010/02/09(火) 10:48:57 ID:9Y6HNPK0
自分が無くなるのが怖い。
母や父がいつかいなくなってしまうのが怖い。
本当に悲しくて涙が出てくる。
死んでも家族と一緒にいられたらいいな。

616 :優しい名無しさん:2010/02/09(火) 12:38:22 ID:WKBWSPB8
無理です

617 :優しい名無しさん:2010/02/09(火) 12:51:27 ID:RfxKqEkc
>>613
俺は暗闇や廃墟、墓場や心霊スポット等の一般的に恐ろしいと感じる場所への恐怖心が物凄く愚鈍化した
墓場を夜中に幽霊に出てきてほしいと願いながら通過した事もあるぐらいだ
心霊的な恐怖は全く消えうせ、むしろ期待や熱望すらしてしまうよ、幽霊が現れる事に
闇を恐れるのは幽霊やあの世を信じている信じていないに関わらず
生物の本能だというけど、幸か不幸か闇も怖くもなんとも無い
無になったら闇も黒も色も感じないと思ってるからだろうか

618 :優しい名無しさん:2010/02/09(火) 22:09:14 ID:+BvqaMOV
暗くて事故が起きたりしないか心配になるけど
オカルト的なものへの恐怖感は確かにないな

619 :優しい名無しさん:2010/02/10(水) 01:02:54 ID:tQWkkTIV
電気つけた明るい部屋でうっかり寝てしまうと
なんか夜中に目が覚めて恐怖が来る…
だから寝るときは基本的に暗闇だなあ

620 :優しい名無しさん:2010/02/10(水) 15:01:58 ID:c40CnBmO
俺は逆
暗闇だと寝つきが悪い
豆電球みたいなのがついてて手元が分からないとプチパニックになる


621 :優しい名無しさん:2010/02/10(水) 19:38:57 ID:AiwYhnpj
すまん、スレチかもしれないがタナトフォビアの人って
なんかの拍子に頭からプチッて音がしたら
脳出血かもしれない…もしかしたら脳腫瘍あるかもしれない…gkgkblbl
って死の恐怖のどん底に落とされたりするの?

622 :優しい名無しさん:2010/02/11(木) 02:46:53 ID:4W+sna/1
  ☆
 ☆  ☆
   ☆
   ☆
    ☆
   ★   ☆

お前らにも見えてるんだろうな〜〜


623 :優しい名無しさん:2010/02/11(木) 04:02:11 ID:lO8CmXpg
なんかの拍子に頭からプチッと音がしたら、病気じゃなくてもビビるわwそんな音なったことない

624 :優しい名無しさん:2010/02/11(木) 12:07:27 ID:g1l17PZC
みんな孤独死についてどう思うの?

625 :優しい名無しさん:2010/02/11(木) 21:51:06 ID:LpGnW5C3
孤独の寂しさと死の恐怖はまた別だと感じる

626 :優しい名無しさん:2010/02/12(金) 00:27:08 ID:FzzddOFT
同意
どう足掻いても死は怖いものだ

いくら考えても意味がない
むしろ考えるから怖い

だからそんなことを考える暇がないように人生を色々集中するしかない


627 :優しい名無しさん:2010/02/13(土) 22:56:53 ID:5m84R/dS
はじめまして
ここ一週間死が怖くて上手く
寝つけない日が続いています

死んだら無になる
意識がなくなる
何も考えれなくなる
感覚がなくなる
今までの経験がなくなる
愛しい人との永遠の別れ

もう連鎖的に不安になります
やはり充実した生活を
送るしかないのでしょうか…

ですが真面目に生きて
そのまま気付いたら死んでる
なんて人生は怖いし嫌です

どうしたらいいのでしょうか…
どうしようもないですよね

628 :優しい名無しさん:2010/02/13(土) 23:20:16 ID:EStm+g+V
>>627
慰めの言葉はかけません
どうしようもないのです
どうしようもないものを
どうしようもないまま受け入れるのが
道です

まぁ一生続きますが
怖がったところで何一つ変わらないのも事実です
少しずつ恐怖を受け入れていってください

629 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 00:10:55 ID:PTtNPIP6
>>627

気付いたら死んでる・・なんてことにはしたくないし、させたくない。

私はそう思ってますよ。

630 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 00:36:39 ID:pw/t1xoy
誰が気付くの?死んだ事を気付く死人はいない
霊が有るとするなら意識の消失などに怯える必要もない…
と理屈では分かっても死は怖いね。



631 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 01:06:03 ID:uw2ivTEL
永遠に意識が存続するのも恐怖だがね。。。

632 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 02:01:02 ID:RktIRrP8
>>627
何を持って「人生充実」というか知らないけど
普通の充実くらいじゃ、タナトは消えないよ。
何かに熱中してる一時は忘れるけど、それが過ぎれば恐怖はすぐ戻ってくるし。
考えないようにしていることを、考えてるからね。

タナトって過労死するほどの生き方しないと消えないかもね。

633 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 05:23:06 ID:H+jD2XcI
充実と言うか、何かほかのことをしていると考えないというのはわかる。
だって、日中仕事とかで活動しているときは、ほとんど考えないもん。
夜は、寝る以外することないし、寝るって死の疑似体験みたいなもんだからなあ。
生から死へ変わるまさにその瞬間が訪れるのがめちゃくちゃ怖い。
寝るときみたいにもやがかかって、よくわからないまま死ぬんだろうか。
死ぬにしたって、ベッドで横になって看取られながら死ねるとも限らない。
車にはねられたり、後ろから刺されたりして死ぬかもしれない。
意識がないんだから何も感じるはずないんだけど
自分の肉体が棺桶にいれられて、火葬されると考えるのも恐ろしい。
とにかく、死にまつわる全てが怖い。死にたくない。

634 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 19:49:49 ID:WBcPSavq
>>627
> 死んだら無になる
> 意識がなくなる
> 何も考えれなくなる
> 感覚がなくなる
> 今までの経験がなくなる

これを恐れるのは今のお前の生活が手放したくないと思える程度に
恵まれているからだ。事故で一生車椅子になったり、失明した知人がいるが、
お前が怖いと書いている状態になって早く楽になりたいといつも言ってる。

> やはり充実した生活を
> 送るしかないのでしょうか…

俗に言う「充実した生活」を手に入れれば入れる程、逆に死ぬのが怖くなるぞ。

635 :優しい名無しさん:2010/02/14(日) 22:07:01 ID:Yw4RWRBi
とはいえ別に
死ぬのが怖くなくなるほど絶望したいというわけでもない

636 :優しい名無しさん:2010/02/15(月) 20:53:47 ID:GAhdr8X6
セックスするといいんだろ?

637 :優しい名無しさん:2010/02/15(月) 22:57:37 ID:JP15Xs0b
交通事故で大学生が三人も亡くなったか。。。
自分も一度経験あるけど運よく助かった。
彼等は助からなかった。死ぬなんて想像もできなかったろうに

638 :優しい名無しさん:2010/02/17(水) 23:25:43 ID:i5bcjj2N
性的興奮が来てるときは確かにタナトどころじゃない
考えようとしても大概打ち払ってしまう
けどそれさえも振り切って呼び戻しがくると一気に冷静になってそれどころじゃなくなる

639 :優しい名無しさん:2010/02/18(木) 01:38:30 ID:uFZcMIHS
自分はタナトなのだろうかいつも死を考えてしまい苦しくなる
時には恐すぎてアーと叫んでしまう。

どうしたらいいかわからない
昨日も夜なかなか寝れなく朝おきられず

640 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 15:19:00 ID:8UJpteZ+
自分偏頭痛持ちなんだけど
この間偏頭痛で苦しんでたら今までにない痛みがはしって気絶したんよ
で、体感時間で1秒くらい経ったら何故か14時間経ってたわけよ

で、なんとなく心で理解した。あの世なんてない………
自分はただの自然現象でしかないんだって

死がより怖くなった………

641 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 15:38:51 ID:JBxbu573
病院で目が覚めたのか?

642 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 16:00:16 ID:ldMKkl07
病院で全身麻酔をかける手術を受けた事がある人なら
大抵の人が体験したんじゃないかな>時間が飛ぶ
注射とか静脈点滴で何か麻酔入れられて、あ〜なんかウトウトしてきたぞ〜と
思った次の瞬間に目が覚める感覚…普通の睡眠の場合は、
布団に入る、目を瞑る、だんだんウトウトして頭がボ〜っとなったり気持ちよくなってくる、夢を見る、目が覚めると
数々の段階を踏んで色々な感覚の変化を知覚しながら寝て、目が覚める訳だけど

全身麻酔の場合は本当に手術室から病室のベッドの上に一瞬でワープしたような、
一瞬で口や鼻の中に管を入れられ腕や足にギプスや包帯を巻かれたような、
一瞬で口の中が乾き唾液が消失して目の周りに目ヤニが発生しこびりつくような、
とにかく何もかもが一瞬で変わった、時間が飛ばされたとしか言い様がない感覚に陥るんだよね
脳の仕組みを理解してる人は、何も知覚できない状態とはこういう事なのかと理屈ではなく体で理解し、
タナトの人は、これが無なんだ、やはり無なんだと嫌でも理解せざるを得ない…

643 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 16:35:51 ID:EAKBXVnA
恐怖を感じるのは
覚めた時だから安心しろ

あの世には恐怖すらありはしない
と思うと
ただの駄々っ子なんだよなタナトって
「おもちゃ買って!」
「死にたくない!」

644 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 16:44:10 ID:KLeo83Uk
タナトをワガママ呼ばわりするような人がなんでこのスレに書き込むの?

645 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 16:53:14 ID:S9FctZJ2
>>644
少しでも気にくわないことがあると排除したがるのはわがままの典型だな
>>643は妥当なことを言っていると思う

646 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:06:13 ID:XeGKJi1H
排除とかそういう問題じゃないと思うが…

647 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:08:14 ID:ldMKkl07
定期的にこういう事いう人が出てくるのは仕方ないですよ…

648 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:10:38 ID:HgQab2/b
アル中患者のスレでただの依存症と書き捨てていく人と同じ。

649 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:17:25 ID:z86iAg9/
タナトが贅沢病だというのは事実だろ
でも実際タナト患者にタナトは贅沢病だ!!と怒鳴っても
タナト患者は、で?としか言えない訳で
別に誰かに迷惑かける病気でもないのに
何故いちいち贅沢病とか言いに来る人がいるんだろうか

650 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:24:44 ID:mhlaYkU3
>>649自分が死に目を向けたくないから反発するんじゃね

651 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:34:11 ID:TKmM+F+B
アル中は酔っぱらって他人に迷惑かける可能性もあるし
喫煙者と嫌煙者のスレッドの争いなんかも実際に副流煙が
他人に迷惑をかける以上、嫌煙者が文句言うのも解るし
喫煙者が嫌なら来るな、近寄るなだけでは通用しないのも解る。

でもタナトのスレッドなんかは典型的な嫌なら見るな系のスレだと思うんだが。
死という確定的な結末に怯えている以上答えも何も見つかってない不治の病でしょ?
かといって、酒や煙草のような人に被害を与えるような症状はない。
自暴自棄になって通り魔になるような特殊な例は別として。
そういうスレッドで、こういう考え方もあるよとか
こういうのはどうだろうと持ちかけるならまだしも、
甘え、我がまま、贅沢病と否定だけして去っていくというのはどうなんだろうね。
こういう事を書いていくという事は、当然タナト患ってる人じゃないだろうし。
俺もタナトじゃないから部外者だけど、少し気になった。

652 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:45:15 ID:QGZt5BFN
超絶ブラック企業で働くとタナトから開放されるよ、これマジ。

653 :優しい名無しさん:2010/02/19(金) 17:48:15 ID:0Lu3el3V
>>651
そういう手合いはどのスレにもいますよ!
ここに限らず精神的な病ならどこにでも
タナトの人はタナトの人以外には
スレに書いても見てもほしくないかもしれないけど
自分には一切関係ないし病にかかる事も関わる事もないようなスレまで、
いちいち見て上から目線の一言を吐き捨てていくようなのは、
残念ながらどんなスレにも存在するんです
欝病のスレを色々見回ってると実感します

654 :優しい名無しさん:2010/02/20(土) 03:27:55 ID:CPVnCw6C
恐怖を感じるのは起きたときとか、
もう死んでしまったら意識はないとか
そういう意見があるが、タナトはそういう
次元とは関係ないんです

意識のあるまさに今、恐怖心が脳を支配する
わけです。想像力が働いてしまうのです。


655 :優しい名無しさん:2010/02/20(土) 03:35:02 ID:jr4vH4Xl
さっきまでめちゃくちゃ眠気きてたのに
いったん死ぬことを考えてしまうと眠気がさめてしまう。
怖い。しにたくない

656 :優しい名無しさん:2010/02/20(土) 13:54:39 ID:d8tT0ZO3
まぁタナトって言ったって人によってさまざまだからなぁ
共感できる人もいれば違う人もいる

関係妄想の一種なんだろうなと自分は思ってる
少し「死」についてこだわりすぎてる。


657 :優しい名無しさん:2010/02/23(火) 00:54:45 ID:pV4uY9qc
眠れない夜はNHKつけてる
NHK実況だけはいつも人がいるし
最近は夜も五輪中継があったりしていいわ

658 :優しい名無しさん:2010/02/27(土) 02:10:16 ID:g3JyW/Ml
最近、自分の最期はどんな瞬間なんだろうと考えて怖くなってくる。
事故死とかのニュースをみると、事故で不意に死んでしまうのは
亡くなったかたには不謹慎だけど、本当に怖い。
自分の望まない、覚悟もできないことで最期を迎えたくない。
本当に怖い。自分がいつ死ぬかわからないのが怖い。

659 :優しい名無しさん:2010/02/27(土) 21:52:36 ID:u22cYFe9
地球が存在すること自体が何だかわからない
いつかは無くなるのに

あらゆる生命は無くなるのに,種が存続する意味ってなんだ

こんなことばかり考える自分は壊れているだけだが、
とにかく永遠な無の世界に行きたくないな
今のことだけ考えて生きればいいのかな

660 :優しい名無しさん:2010/02/27(土) 23:53:41 ID:QgIELosc
はじめまして  わたしもちいさいころから死んでしまうことが
こわくて怖くて の子でした 40超えた最近 夜中 はっとして目が覚め
もう人生半分?こんなはやく月日がながれたら すぐ80さいなんて来てしまい
すぐ焼かれてしまう?  そう思うと動機がしてねれなくなる
>>30サンじゃないけどこわいから お酒をのんでねる  でもこれが悪循環
なのかなとおもう

661 :優しい名無しさん:2010/02/28(日) 00:59:47 ID:YT2AjpqQ
今の自分なんてものは全然値打ち的には大したことないので、それが死ぬことにはあんまり恐怖を感じない。
でも、死んだあとでも自分の意識のカケラ(のようなもの)が残るとしたら?輪廻転生(まぁ無いだろうけど)が
あるとしたら?それでもこの宇宙はいつか死を迎えて、本当の「終わり」がやってくる。その後はどうなって
しまうんだろう?またその後があったとしても更にそれが終わるとどうなるんだろう?始まりがあれば、いつかは
終わりがくる。それがやって来るのが恐い。それと同じように、宇宙には果てはあるだろう、でも果てがあるなら
その外にも何かがあるはず。その何かの果ての外にも更に何かがあって・・・こっちは逆に終わりがない。
終わりがないから恐い。

662 :優しい名無しさん:2010/02/28(日) 06:00:37 ID:h19kSuNO
>>660-661
同じだね。
解決法がない恐怖だよね。
まあ死ねば今日はなくなるけど。。。

663 :優しい名無しさん:2010/02/28(日) 22:08:52 ID:awpzpcGC
このスレみつけ
安心したよ
わたしだけじゃないんだね 660より

664 :662:2010/02/28(日) 22:47:14 ID:h19kSuNO
×今日
○恐怖
orz

665 :優しい名無しさん:2010/03/01(月) 00:04:09 ID:Kmt6wxu2
死ぬ瞬間が怖い。
今死ぬかも。と思うとこわくてしかたがない

666 :優しい名無しさん:2010/03/01(月) 00:10:36 ID:fSnCHUfV
>>665
気休めだけど「死ぬ瞬間」だけ怖がればいいんだよ
それ以外の時間は怖がる必要はない。

667 :優しい名無しさん:2010/03/01(月) 01:39:34 ID:ClOUjcU+
娯楽で一時的に忘れて、また怖くなって…
躁鬱みたいに妙なサイクルが起きる
この恐怖を抱えていないと不注意で死にそうな気がしてしまうが
ずっと抱えていてもストレスで狂いそうだ

668 :優しい名無しさん:2010/03/01(月) 02:50:22 ID:eo6rx1i1
大好きな曲を聞いて、「この曲が存在する世界に
生まれてよかった」って思ってたのに
最近は死んだら自分を支えてくれたこの曲のことや
歌ってるあの人のこと、この曲を生んだ人のことも
みんなみんな忘れちゃうんだってこわい・・・
忘れたくない。ずっと覚えていたいのに・・・
この発作のせいで何か口にしないと恐怖から
のがれられなくて一週間で5`ぐらい太った

669 :優しい名無しさん:2010/03/01(月) 09:28:36 ID:IjWcBVjW
今夜の深イイ話は死を考えるSPらしいですよ。
見たほうがいいんだか見ないほうがいいんだか……。

670 :優しい名無しさん:2010/03/03(水) 20:18:09 ID:XbmSfLq1
>>668
まさに贅沢病だな

671 :優しい名無しさん:2010/03/04(木) 00:47:58 ID:Cm0qQGmQ
俺はむしろ大食いとかしなくなったな
健康を害しそうだし
まあいろいろ気にしすぎたせいか帯状疱疹になったんだが…
ホント、難しいね

672 :優しい名無しさん:2010/03/04(木) 15:57:20 ID:UEWVCXUo
大食いはしないけど、空腹は怖いな。
夜寝る前にふと、自分が死んで意識が無くなるのを想像すると、ゾッとして狂いそうになる。

673 :優しい名無しさん:2010/03/04(木) 16:11:09 ID:a0BO+PQi
まずは タナトをそんなすごいことだと思わないこと
誰にでもある「恐怖」であると知ること
薄っぺらな「自己愛」にしがみついてる自分を自覚すること
でもう一度「死ぬのは怖い」と言うこと

674 :優しい名無しさん:2010/03/05(金) 21:55:27 ID:cspAfEr/
時間の概念が間違ってる可能性もある。
永遠にループしているのかもしれない

675 :優しい名無しさん:2010/03/06(土) 02:14:07 ID:TJRZfixq
布団に入って、寝ようとしてたら突然うわああああいやだああああってたまになる。
電気つけてテレビつけて、心臓バクバクバク
無くなる!消えちゃう!いなくなる!絶対に!! って怖いのか混乱か。

こういう考え?むしろ飛び跳ねる様な感じ?もってる人けっこういたんだな。

数年前に結婚したけど、いまだに、たまーになる。
誰も起こさないように、電気だけでしのげるようにはなってきた。
でもやっぱり飛び起きる。うわああああああって。

676 :優しい名無しさん:2010/03/06(土) 02:18:14 ID:1UMvNa4d
ふと思った。人間の意識ってのは、生まれてからつい直前までの記憶がベースになってて、そこから
必要なものを反芻することで「今生きてる(ついさっきの瞬間までは生きてた)」ってことを認識するよね。
もし、死んで意識がなくなり、記憶の反芻ができなくなった時点でそれが認識できなくなるから、自分が
死んだことは自覚できないし、記憶も同時に消滅するから自分が生きていたことも自覚できなくなる。
あれ・・・書いてて何が言いたいのかわからなくなってきたけど、とにかく今の自分の意識なんて
すごくあやふやなものなんだなぁ、と。そう考えるとちょっと気がラクになったというか。まとまらなくてすまん。

677 :優しい名無しさん:2010/03/06(土) 02:19:59 ID:1UMvNa4d
>>675
今日もまさにそれ。晩飯食ってうたたねしてたら、そんな感じで飛び起きた。
いきなり立ち上がったもんだから、動悸はするわ、頭フラフラするわ、ちょっと吐き気するわで
それでまた死にそうになった・・・

678 :優しい名無しさん:2010/03/06(土) 02:39:42 ID:TOi9+8qs
個人的にはうたた寝と寝酒は危険

679 :優しい名無しさん:2010/03/06(土) 02:49:44 ID:TJRZfixq
>>676
昔、心疾患みたいなもんやってて、ばったり意識失うことが良くあったんだけど、
倒れた自覚は全くなかったな。歯が折れたりタンコブつくったり大変だった。

すごく覚えているのが、気がついたときっていうか、
自分がゆっくり呼吸して意識が戻る。生き返ったっていうか、
今、生まれた、みたいな感覚で、危うく悟りとか開きそうだった。

>>677
うわああああ → 落ち着いてきた。もう平気。まだ死なない。→ でも必ず死ぬ → うあわあああわあああ
みたいな夜は、電気をつけてうろうろする。静かにうろうろ。
なんでか、飛び起きるな。横になっていられない。不思議。

680 :優しい名無しさん:2010/03/07(日) 02:06:41 ID:ybLyHKU6
タナトの理想の死に方は次の日起きたら死んでたって死に方が良いんだろ。

681 :優しい名無しさん:2010/03/07(日) 02:29:41 ID:vPN4zu5+
理想だとか最善だとかな死に方なんて考えるのも怖い
眠るのだって怖いんだ

682 :優しい名無しさん:2010/03/07(日) 11:41:53 ID:0+XBC00D
というか突然の事故死で気付いてたら死んでたっていうのが嫌なタイプは
そういう死に方はダメだろ

683 :優しい名無しさん:2010/03/07(日) 19:02:19 ID:9r88Uhfh
死んだのには気付けないだろ。

684 :優しい名無しさん:2010/03/07(日) 19:52:33 ID:UXDoBPPz
自分の死を知覚することは出来ない
想像することはできても
現実には起こりえない
想像しそれに恐怖することはできても
実際に体験することは出来ない
見えないものに恐怖する見えないことに恐怖する
そこにはありはしないのに

685 :優しい名無しさん:2010/03/08(月) 00:33:36 ID:iorGcO/K
実はもう死んでて、今の自分はただの生きてた頃の記憶なんじゃないかと思う時がある。いや、そうであってほしい。
無になるよりは全然いい。

686 :優しい名無しさん:2010/03/08(月) 03:00:46 ID:9YcLIOD9
>>676
じゃあ、生きてるが死んでるような人もいるってことか

あぁ死どころか未来が怖い


687 :優しい名無しさん:2010/03/08(月) 03:42:40 ID:UZ8RiRDD
未来が怖い、科学が怖い、宇宙が怖い
ファンタジーへの逃避もできない、こんな感じ

688 :優しい名無しさん:2010/03/08(月) 05:50:29 ID:JKDNEtPL
5歳と9歳の子供がいるんだが、この子達が同じ恐怖を味わうと思ったら気が狂いそうだ。

689 :優しい名無しさん:2010/03/08(月) 21:57:03 ID:ZHOlmT8z
Qちゃん深イイ話

690 :優しい名無しさん:2010/03/09(火) 00:29:57 ID:MedWaESh
なんか今夜は発狂したい気分だけど
回りに迷惑がかかるからなあ

691 :sage:2010/03/09(火) 04:09:41 ID:Zhqz9De2
>>499 なんていうか、ゲシュタルト崩壊が視界にある全てにおいて適用される感じ。

あー、それそれ!
発作時の『あの感覚』をどう表現したらよいのか、いつも困ってたんだけど
その表現すごく近い。

いままで確かだと思っていたものが、全て不確かなものに変わる怖さ。

発作の最中は、意識が無くなりそうなくらい危ない状態になるんだけど
あんなに怖かったはずなのに、正気に戻るとなかなか思い出せない感覚なんだ。

そもそも、宇宙とか地球とかって何ですか。
全く訳のわからない空間に、知らない間に生を受けて。
100歩ゆずって、生を受けるだけならまだしも
生存欲を植え付けられてるっていうのが、質悪い。

食物連鎖っていうシステムだって、残酷すぎる。
捕獲されるときの恐怖や痛みって、なんか意味があるの?
殺し合わなきゃ成り立たないなんて、悲しいだけなのに。

もう少し生物に優しい環境を作れなかったんだろうか。
競争ばっかりじゃん。

って、居るわけもない神様に言っても虚しさが増すだけなんだけどね。
せめて、答えを教えて下さい。この現実、わけわかんなくて、怖すぎます。

692 :優しい名無しさん:2010/03/09(火) 12:48:16 ID:m+bwuHFJ
自分は偉大だと思っているとなるのかな、タナトって。
権力者が不老不死求めた話は有名だし、
社会的に偉くなくても、親に家庭で一番偉いようにあつかわれて育って
自分は偉いと思っちゃうことあるし。(←俺がそう)

693 :優しい名無しさん:2010/03/09(火) 13:13:27 ID:ZFXBlc9s
偉大というか自己愛が強いんだろう
他人よりも何より自分に執着しているというか
自分がこの世界から消えてしまうのがいやだっていう病気だからね

694 :優しい名無しさん:2010/03/09(火) 16:00:52 ID:CKfRytDv
生きてる以上みなタナト
鬱の強い人なんか見ると
「死にたくない!」って意思があるだけまだましかなとも思える

695 :優しい名無しさん:2010/03/09(火) 22:12:13 ID:gcAHWNyU
植物になりたひ

696 :優しい名無しさん:2010/03/10(水) 00:49:00 ID:V1BX0B2v
いつかは地球も滅びるってのが怖い
何のために文明が発達したのだろうか

いつかは誰もが死ぬ
何か遺したいが、その何かもいつかは無くなる

でも、いや、だからこそ生きてる間は
一生懸命に生きようと思う

697 :優しい名無しさん:2010/03/10(水) 05:31:25 ID:oZNEBVhc
別に




698 :優しい名無しさん:2010/03/10(水) 18:28:23 ID:+jQrLdFQ
>>696
そんな億年の先の事気にしててもな・・・・


699 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 01:38:55 ID:h7uMKC6D
スポーツ中継見てるとなんかしらんが落ち着くことが多い

700 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 06:14:27 ID:oeahaY80
>>698
でも確実にその日は来る。
人類が滅亡しても生命がいなくなっても、宇宙のエネルギーが枯渇しても永遠に何かが続くのか?

701 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 09:21:42 ID:fNPZ1IkJ
>>700
そんな先のことを今考えて何になるんだよ

702 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 18:49:35 ID:YRMu1DqD
「時」という概念自体が妄想というか
何もないところに無理やり定規をあてはめてるからなぁ
まぁ解放されるんだよ「生」「死」「時間」「概念」「関わり」「恐怖」「喜び」
すべてが徐々に拡散する

703 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 21:01:24 ID:oeahaY80
>>701
タナトだからだよ。


704 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 22:38:18 ID:h7uMKC6D
宇宙とか物理学とかは考えすぎない方がいいぞ
何しててもとにかく頭から離れなくてつらいことになる

705 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 23:56:58 ID:qwtqDLUh
宇宙とかもそうだけど、自分とは何なのかとか考えるのが怖いな
完全な偶然の連続性の上に自分が成り立っていて、
ある程度は自分でコントロール出来るし、出来てるように思えるかもしれないけど、
今の自分の望んでるものとか嗜好、思考の傾向とか能力(IQとかいろいろ)とか、
そういった自分の基盤とかは幼少期の頃とかに形成されてて、その頃はほとんどコントロール不可で
どうする事も出来ないし、そうでなくても、現在もそしてこれからも無意識に
行われる情報処理とか認知だとかはコントロール不可だし
意識してコントロール出来るのは実際はほんの僅かで、ほとんど偶然に操られてるようなもので、
だとしたら自分って一体何なんだろうとか考え出すと怖いな、どうあがいても偶然から逃れられないし

706 :優しい名無しさん:2010/03/11(木) 23:58:21 ID:qwtqDLUh
今自分が大事にしてるものや好きなこと、望んでるものや或いは恐怖の対象、何もかも
これまでの環境とか、経験を元にした認知や学習の結果として、たまたま偶然それらを好きになったり
大事にしたり恐怖したりしてるだけであって、偶然次第で
全く他のものに価値を見出したり、異なる考え方を持った全然別の自分になってた可能性もあったんだよなぁとか、
だとしたら今自分が望んでるものは本当に自分が望んでいるものなのだろうか?
取るに足らないものを勘違いや思い込みによって好きになったり大事にしたり拘ったりしてる
だけなのでは?(まぁ実際そんなものなんだろうけど)

思えばあの頃の自分は死の恐怖に怯え精神的なゆとりも無く視野が狭くなり、
些末な問題ばかりに目が行き、拘り、大局的な判断に欠けて大事なものを見失っていた・・・
そう思っている自分が大事にしているのものは、本当に自分にとって大事なものなのだろうか?
まともな心境で正常な判断が下せていると感じる自分も、そしてその自分が大事だと思えているモノでさえも、
誤った認知、誤った学習によってただ勘違いしているだけなのではないだろうか?
 
過去の自分と現在の自分とこれから訪れる未来の自分、一体どの自分が勘違いしていて
どの自分が本当の自分と言えるのか、どの自分もある意味勘違いしていて、どの自分も
本当の自分と言えるのかもしれない

芯の強い人でも洗脳されたら簡単に別人格に作り変えられて自分が消えちゃうかもしれないし、
偶然によって様々な危うさの中で今の自分が何とか保たれている、
けど気付けない所で常に自分は変化し続けていて、そのもたらされる変化は偶然によるもので・・・

こういうこと考えてるとキリがないんだよね、だから考えるのも怯えるのもやーめた。

というか長文スマソ

707 :優しい名無しさん:2010/03/12(金) 00:05:41 ID:fNPZ1IkJ
>>705>>706
俺の非タナトの友人何人かとその手の話したことあるから、意外と1度はみんな考えることなのかもね
で、大半の人はそういうのを延々考えたところで無益だと悟って大人になっていく
妙な自分へのこだわりとか執着を捨てきれないまま成長しちゃったのがタナトなんだろうな
だから自分が死ぬのも怖くなってしまって有限の時間では満足できなくなる

708 :優しい名無しさん:2010/03/12(金) 00:38:11 ID:Uof3dQgJ
たぶん、仏教の教え(特に般若心経とか)にある「空(くう)」の思想ってのは死の恐怖から逃れるために
考え出されたものなんだろうな。あらゆるものはただそれのみでは存在しえないし、またあらゆるものは
常に変化しているので、つまるところ「実体」というものはない、という。

709 :優しい名無しさん:2010/03/12(金) 13:56:21 ID:BaZh+Nl0
>>705-707
俺もこの前久しぶりに亡くなったおばあちゃんが出てくる夢を見て
自分の人格や性格や自我なんてのが、いかに曖昧な物なのかを再認識してしまった
おばあちゃんはもう俺が小学生の頃、15年以上前に亡くなってるにも関わらず
夢の中で今現在の俺とお袋と楽しそうに会話してるんだよ

夢そのものは全く怖くもない楽しい夢だったんだが、目が覚めてから恐ろしくなったよ
だって、夢の中の俺は、おばあちゃんが既に死んでると微塵も思わないんだよ
そんな馬鹿なとか幽霊なのかなんてつっこんだり全くしない、生きてて当たり前、今も生きている
そう信じて全く疑ってないんだよ…夢の中の俺は
記憶操作とか洗脳とはこういう事なのか思ってしまうほど

それだけじゃなくて自分が空を飛んだり魔法を使える夢も見た事があるし
色々非現実な事が起きる夢だって、今まで何度も見てきた
それらの夢に共通してるのは、夢を見てる間はそれを非常識だと思わない、疑わない事なんだ
目が覚めた瞬間に、ああ今のは夢だったかと自覚し、本来の自分や記憶を取り戻す
でも夢を見てる間の自分は、死んだ人が出てきても自分の性格じゃありえない行動を犯しても
おかしいと思わない、記憶や人格すら改変されてる、もう別人他人と化している

普段寝てる時に気軽に頻繁に見ている夢ですらこんなに簡単に自我や記憶を奪われるという事実が怖い
そして自我や記憶なんてこの程度の物でしかないというのも悲しい
俺が今この瞬間に別人格や他人になったとしても自分自身でもそれを自覚できないんだろうな…

710 :優しい名無しさん:2010/03/12(金) 23:02:20 ID:tvabNaLr
>>694
同感 660だよ   なんか安心した

711 :優しい名無しさん:2010/03/13(土) 16:09:09 ID:EnXmMcoR
大体さ〜自分が死ぬのが怖い!嫌だ!って言うのはわかるけど・・・・
宇宙がどうとか言うのは筋違いだよ。


712 :優しい名無しさん:2010/03/13(土) 22:24:12 ID:qo0RSbUc
自分の存在の足場が危うくなるからだろうね
実際自分の一生なんて地球の上ではごく些細なこと
けれど自分にとってはそれがすべて
そしてほんの一瞬世の中に顔を出しただけで
消えていく・・・・
自己否定に対する拒否反応と考えるとタナトは自然だなぁとも思う

713 :優しい名無しさん:2010/03/13(土) 22:35:16 ID:zI7jjBW9
実際は自然じゃないけどね
拒絶反応も普通起こさないし

714 :優しい名無しさん:2010/03/13(土) 22:49:45 ID:J7CgsFPg
タナトになるほどこんなことを深く考えることが世間からは特殊だろうからな

715 :優しい名無しさん:2010/03/15(月) 02:31:36 ID:kxz2Tm2/
老いること自体はそれ程恐怖しないが
死そのものは怖い


716 :優しい名無しさん:2010/03/15(月) 02:54:05 ID:wh183i5P
タナトに向いてる本とか映画とかないのかな

717 :優しい名無しさん:2010/03/15(月) 07:31:57 ID:WxzYsQwN
我々は自由ではない。
我々自身の破滅の道具をかかえている。
自由とは、誰もが生まれながらにして持っているものではなく、
我々が実行するもののことだ。
我々は不完全な存在だと言わざるを得ない。
しかし、その点で我々はかえって恵まれている。
なぜなら、生まれたそのときから、自分が無価値だと知っているからだ。
完全な自由は持っていないが、それ故に自由の価値を知っている。

718 :優しい名無しさん:2010/03/17(水) 18:12:44 ID:q9Ry9Wgf
こういう人たちが出てきたのは、人間のアイデンティティの確立のせいだと思う。
自分という存在が1つしかなく、また世界というのは自分視点でしか見られないと気付いたんだよね。
自分の子孫を残すことが、自分が生き続けるって考えにはならなくなっちゃったんだよね。

そうすると、やっぱ、自分が可愛くなっちゃうんだよね。

719 :優しい名無しさん:2010/03/17(水) 21:36:49 ID:h2r/jKZ0
>>718
アイデンティティは確立してるのに、自信はまったくない。このイビツさを何とかしたい。
・・・もしかしてこれがタナトの根源か?

720 :優しい名無しさん:2010/03/18(木) 17:41:46 ID:TunMGt7I
自分が全てなのに自分が無価値であるという考え方ね
確かにあるかもしれない

721 :優しい名無しさん:2010/03/18(木) 21:02:38 ID:T0WS5QqV
タナトってぶっちゃけ死ぬのが怖いウワァァァァァン!的な病気とは違うの?

722 :優しい名無しさん:2010/03/18(木) 22:13:56 ID:NJJHQTxB
>>721
?そういう病気だと思うけど…。
だって死が怖いのは当たり前だもん
怖いけど普通に生活できる人が普通の人で、
怖くて普通に生活できない人(たまに発作とか起こす人)がタナトなんじゃないの?かな?

723 :優しい名無しさん:2010/03/19(金) 08:27:55 ID:Wwz23uOy
単なる精神病でしょ?私も時々なるけど心療内科とか精神科で薬処方してもらえば収まるよ。
単に私の症状が軽いだけかな?

724 :優しい名無しさん:2010/03/19(金) 23:17:13 ID:Ix1Jd672
姉が自殺してから、タナトというか心気症発症した
元々自分もメンヘラだったから余計に苦しかった
最近まで死ぬのが怖すぎて、自分に何か病気がないか検査しまくってたけど
最近症状が落ち着いた
でもそれから、姉が自殺前に言っていた、気が付いたら死んでいそうな気がする
という言葉が頭から離れない
自分も気が付いたら死んでいたらどうしよう(自殺してしまったらどうしよう)
という不安でおかしくなりそう
自殺願望がなくても人って自殺するもんなんですか?
姉は重度のメンヘラでリスカ、ODしまくっていて自殺願望はあったと思う
姉と同じようになりたくない…死にたくない…

725 :優しい名無しさん:2010/03/20(土) 01:20:33 ID:UX7aMuxc
>>724

>気が付いたら死んでいそうな気がする
>自分も気が付いたら死んでいたらどうしよう

死んだらそもそも気がつけませんよ・・・

726 :優しい名無しさん:2010/03/20(土) 16:16:19 ID:A69veBe1
死ぬのが怖いってことはこの人生が本当に一度きりだってことを知ってるわけでしょ
だからこそ今を楽しみなさいよ
いつか終わるなら幸せにも意味がない(幸せであるほど失うときがつらい)とかいう考えは矛盾してるよ
もしそれが普遍的に感じられるものなら地球人は自死する生物になるね
あるいはその感情こそが進化の可能性なのかな(個体の寿命)

727 :優しい名無しさん:2010/03/20(土) 18:49:31 ID:IDNfRuGN
>>726

だからこそ今を楽しみなさいよ

あなたは何を楽しんでいるか聞かせてください参考までに

728 :優しい名無しさん:2010/03/20(土) 18:52:05 ID:1AmDes5G
>>726
何か偉そうな人多いなぁ、そんなん言われなくても分かってるの。それでも死を恐れる気持ちが次々
湧いてきてどうしようもなくなるんだよ。医者に行くしか対処法はないんだってば。

729 :優しい名無しさん:2010/03/20(土) 19:01:20 ID:IDNfRuGN
さてリンクを張ってしばらく立ち去るとしよう
精子の話 タナトの人たちはどう受け取るだろうか

http://potemkin.jp/archives/50397268.html

730 : ◆xlamATTsTA :2010/03/21(日) 01:45:45 ID:XIFkZAOg
 いい方法は
生まれ変わるといいのこす

731 :優しい名無しさん:2010/03/21(日) 08:28:58 ID:2LT8dC7z
俺が恐ろしくてたまらないのは、死後の世界があるにしろ無いにしろ、
意識が永続的に存続するか喪失するかしかない所なんだよなぁ
そうか、病名があったのか。かれこれ十数年の付き合いで今更知るとは

732 :優しい名無しさん:2010/03/21(日) 09:47:13 ID:OCZgyG15
死を恐れるのって人間として当然なんだよね、でないと無茶やって簡単に命落としちゃうから。
正常な人間ならその感情を抑制できるの、考えても仕方ないからね。

ただ病気とかストレスとかホルモンバランスとかが原因で抑制できない人が居るってだけの事。
これは自分ではどうしようもないよ、自分では心臓止められないのと同じ(自殺とかは別ねw)。

煽ってる人も居るけど、更年期とか離婚とか退職を機に発症する人も居るから気を付けてね。

とにかく病院に行くしか対処法はないから一人で悩まないでね。

733 :優しい名無しさん:2010/03/21(日) 12:25:33 ID:ukhKOOS4
返せない借金を抱えてるって感じ

けど死んだら解放されるのか

734 :優しい名無しさん:2010/03/21(日) 23:26:22 ID:7cjlzAgk
>>724
どっかで死にたいと思ってない限り、人間は死なない。
むしろ体の機能は最後まで生きようとする。
だから死にたいと思ってないなら、「気付いてたら死んでた」なんてことはないから心配すんな。


久々にこのスレきたけど、相変わらずタナトって消えないもんだ…。
スレ見てなくてもずっと死は怖いと思っていたし、誰かの死も見たくないと思った。

しかもフジテレビで死と向かい合う感じの特集をやってたのを見てしまい、怖くなってここにきた。
末期癌とかさあ…自分がそうなったらどうしようと考えてしまうな。
うち、祖父が癌で(生きてるけど)、祖母も癌かもしれないってんで検査中。
死が近過ぎて、どうしようって感じだ。
どうしたら死と向き合えるんだろう。
せめて怖くないと思えるようになりたい。

735 :優しい名無しさん:2010/03/22(月) 01:47:21 ID:i9PVwTrI
でもな、こう思うこともあるんだよ。たぶん、自分が死ぬ頃には身近な人たち(特に自分より年上の)は
結構な人数先に逝ってると思う。そうすると、あの世なんてものは信じてないけど、「あぁ、あの人もこの人も
もう逝ってるんだよな。そろそろ自分も逝くんだよな」と案外あっさり死を受け入れられるんじゃないか、と。

736 :優しい名無しさん:2010/03/22(月) 06:11:29 ID:5cTDIqWu
受け入れるにしても
諦めじゃなくてせめて納得してから死にたいもんだ
でもまだ恐怖ばかり
あー、子供の時の長い夏休みもいつかは終わるもんだったな
きつい宿題だわ

737 :優しい名無しさん:2010/03/22(月) 17:30:09 ID:YV+wEmBI
>>735
自分は29だけど、まだそう思える気配はない…
あと何年したらそう思えるんだろう…。

>>736
今自分が死んだら自縛霊になりそうなくらい
生きることに未練がある。

何でみんな、死が絡む話に目を背けないでいられるんだ…。

738 :優しい名無しさん:2010/03/22(月) 18:13:21 ID:nraNExGR
目をそむけないんではなくてむしろ
死と目を合わそうとしない人が大半なのではないかな
聞いているようでいて脳内ではスルーしてる
そして時々もろに死と目が合ってしまって恐怖する

まぁこんなことは誰にでもあるよくある話


739 :優しい名無しさん:2010/03/23(火) 01:00:17 ID:3VaQPKrx
年をとっても、この症状は緩和しなさそうな気がする。
>>97のレスをみてしまうと、ほんと怖くなる。
自分が年をとって、本当にいつ死んでもおかしくないという覚悟があっても
(二十代の今だっていつ死んでもおかしくないんだけど)
死の間際になると死にたくない、死にたくない、と想ってしまうんだろうか。
死にたくない、と思ってるのに死ぬ瞬間ってなんなんだろう。
怖い、怖いよ。死にたくないよ。死ぬのが怖いよ。
意識がある状態から、永遠に意識がなくなってしまう状態へ変化する瞬間が
とてもとても怖い。頭が痛くなってきたわ。

740 :優しい名無しさん:2010/03/23(火) 03:33:03 ID:rYnk199l
>>723
俺は逆に20代から精神安定剤とか飲むことが怖いな
ただでさえ、抗アレルギー薬やメルカゾールなどの薬を飲んでいるし、
薬の副作用で早死にするんじゃないかとガクブルしてる

話変わるけど、タナトフォビアで寝れない人のためにテンプレに不眠症対策も書いたらどうだろう?

俺がやるのは

背中にほっかいろを貼る
湯たんぽを足元におく

くらい。
これやったからすぐ寝れる訳じゃないけど体が暖まるから余計なことはあんまり考えなくなる。ただし、低温火傷に注意な
ホットミルクも有効って聞いて試したけどイマイチだった。
一番良いのは体を動かすことだけど。

741 :優しい名無しさん:2010/03/23(火) 06:17:09 ID:VCu0nJQj
私は何をやっても眠れなかったな。酒飲んで記憶なくすしか方法なかった。
今は抗不安剤飲んでるけど眠るのがこんなに気持ち良いとは初めて知った感じ。
酒よりかはかなり安全らしいしw

742 :優しい名無しさん:2010/03/23(火) 20:00:14 ID:mcb0V4cm
「人はいつか必ず死ぬのだから人生をうんと楽しみなさい。」
↑死が怖いから楽しみようがないんですが・・・・

743 :優しい名無しさん:2010/03/24(水) 00:02:24 ID:vVmEV9GY
>>742
「死」が、いつも頭のどこかにこびりついているんだよね…。

744 :優しい名無しさん:2010/03/24(水) 00:22:30 ID:a9VnE/eg
楽しい記憶も消えると思うとやりきれないよな…
酒は眠りが浅くなるから就寝前には飲まない方がいいぞ

745 :優しい名無しさん:2010/03/24(水) 04:30:09 ID:xY3dc7aR
>>743 そうそう、それで楽しもうと思っても空しくなるんだよね。
>>744 そうですね。少なくとも眠るために飲むのは辞めました。

746 :優しい名無しさん:2010/03/24(水) 17:30:55 ID:ni57P/0s
きのうひさびさに しにたくないとおもいいてもたってもいられず
布団に出たりはいったり   になった。 かるく 心臓ばくつき
そのあとは わりとすぐ寝れるのだが。。。 寝ぬ前の酒は 一日お疲れと
寝れますように の気持ちとで やめてない。  やめたほうがいいよとかきこみあるね。
  それよりショックなのが やはり病期なんだろうかということ。
みんなが思うことだとおもったけど。。

747 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 14:40:58 ID:JFVeXMcq
何でこのスレの人たちはネクロフォビアが発生しないの?

748 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 17:17:02 ID:MoRP58aN
>>745
今考えていることの裏で、常に死を意識しているよなあ。
タナトフォビアは、まさに「死にとり憑かれている病」と言える。
心の中に死神がいて死を囁いているみたいだ。

>>746
酒飲み過ぎるなよ。
例え一日一杯だとしても、続けてれば相当量になるし
歳取って大腸癌になる確率上がるぞ。

>>747
ネクロフォビアって何だっけ?

749 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 18:56:33 ID:dXtF/GzO
俺も気になったからググってみた
LV 66 HP 44044 MP 10000 EXP 0 ギル 0 素早さ 47
攻撃力 99 防御力 50 回避率 10 魔攻撃 50 魔防御 50 魔回避 75
属性  
無効  
弱点 炎・氷・雷・毒・聖・地・風・水
盗む エリクサー・盗賊の小手
落とす 光のローブ
有効な状態異常 暗闇・沈黙・スロウ

だそうです。
手ごわそうですねっとネタは置いといて
ネクロフォビアまたは死恐怖症 の死や死のこと(例えば、死体)だけでなく、物事の死(例えば、棺)関連の異常な恐怖です。
Necrophobia is derived from Greek nekros (νεκρο?) for " corpse " and -phob- for " fear ". [ 1 ]
Thanatophobia is derived from Thanatos (θ?νατο?: "death"), the personification of death .ネクロフォビアギリシャ語nekros(νεκρο?)から" 死体 "のためと派生して恐怖 - phob -""のため。
[1]死恐怖症(θ?νατο?:"死") タナトスから、 死の擬人化の派生です。
とのこと



750 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 20:01:02 ID:6LnDsAKt
死を連想させるものへの恐怖ってことかね?
別に恐怖がないわけじゃないが、さほどでもないな
そういうのはややオカルトっぽく感じるからかな?
棺が人を殺すわけじゃないし
あとFF5は軽くトラウマだな

751 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 20:56:18 ID:+s5Dt7pe
>>741
逆に俺は酒を飲むと興奮して眠れなくなるタチだから、酒は余裕ある時に嗜む程度だな


ネクロフォビアの話題が出てるけど、自分は他生物の死すらあんま興味ないから何とも言えない
ただ、原爆資料館とかの遺品は見てて、死に様を想像して辛くなる

752 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 21:59:56 ID:MoRP58aN
>>749
それ見て思い出したけど
FF5やったことあるし、倒したことある奴だった…懐かしいな。

じゃなくて、死に関連する物が怖いってこと?>ネクロフォビア
棺見ると怖いとか、霊柩車見ると怖い、とかかな。
いまいちよく分からないけど、そういうのを見ても、あまり恐怖を感じないな。

ただ、道路にある葬式の案内板とか見ると故人の名前が書いてあるじゃん。
そういうのを見ると、故人のことを自分に置き換えて考えてしまい、怖くなるな。

みんなは他人の死に方を自分に置き換えて想像して怖くなったりしない?

753 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 22:42:55 ID:7/LOjOG0
自分は、小4の時に祖父が亡くなった。
初めて行くことになった火葬場で、棺桶に入れられた祖父の遺体が、狭くて
四角い入口にスーっと入って行った。炎が奥でゴーゴー燃えているのが見えた。
扉が閉められたときの絶望感。あのトラウマは子供なりにかなり引きずった。

最近親父が他界して、斎場で棺桶のガラス窓ごしに皆でお別れをして、
やはり同じようにレールに乗せられすーっとオレンジ色の激しい炎の中に
入っていった。

「お父さん、ありがとう。さようなら・・」などと月並みな言葉しか出てこない自分が嫌だった。
本当は上の空。「いつか自分もこの中へ入って行くのか・・」と絶叫しそうだったのに。


754 :優しい名無しさん:2010/03/25(木) 23:34:29 ID:J5dqG8Ws
>>748 さんありがとうね >>746です >>753さん
わたしもそれすごくいや。。。独特の音と匂い。。。
いいかげんあのやり方やめて 骨にしてからわたしてほしい。。。


755 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 00:37:31 ID:GApJ3UUa
比較的新しい斎場だと炎とか窯の内部なんてまったく見えなくて、まるでエレベーターかリフトに入って行く
だけに見える。心理面にも配慮して作ってあるのかな、と。出て来たら昔と同じ状態なんだけどさ・・・
でも、しきたりにこだわらないんだったら、骨揚げはしないんで骨壺に入れて返して下さい、って
頼めば聞いてくれるのかも知れず。

756 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 08:59:56 ID:PSoShT6b
>>751
眠れないから潰れるまで飲むんだよ…

ネクロフォビアには私もならないなー

757 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 16:28:44 ID:fUt4bnpd
>>755さん
>>754
です そもそもわたしがこうなったのもやはり火葬場での行いなんだよね
骨だけください とたのんでみるか



758 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 17:43:09 ID:gFbANsXz
タナトフォビアがネクロフォビアになることはほぼないんじゃないかと思います。
タナトの人は“自分の死”が何より怖い、その時点で他の生き物の死はこの恐怖に上回ることはないはず…

それから自分の話になりますが…私は去年の11月末から死に対して異常なほどの恐怖を感じるようになりました。
感じるようになったと言ったら少し間違いかもしれません…初めてこの恐怖を感じたのはもう中学2年の時です。

授業中のことでした。昔から死についてはよく考えていましたが、その時は頭の中でずっと死の意味を追求していました。
人は死んだらどうなるのだろう?天国や地獄があるとは自分は思えない…じゃあどうなる?やっぱり無だろうか。
じゃあ無ってどんな感じだろう?夢を見ずに次の朝になった時の、無意識の中の一瞬…それが永遠に続いている感じだろうか?

そうやってずっと考えていると、ふと無の感覚を頭ではない場所で理解したような気がしました。
同時に、今までに感じたことがないほどの恐怖に襲われました。しかしそれは数分もすればおさまり、
どうしてあんなに怖かったのだろうと不思議に思うくらいでした。でもその恐怖に襲われることはその後も何度かあり、
去年何ヶ月か前…もしかしたら数年振りかにまたその感覚に襲われました。
しかし今度は数分して気持ち的には落ち着いても、頭の隅の方で常にその恐怖が纏わりつくようになりました。

12月に入り、毎日不安と恐怖を感じながら過ごす中、私は誰よりも時間を共にした友達にある詩をメールで送りました。
その詩の中には“あなた”と“わたし”が出てきて、あなたは死を、私は自分を表すものでした。
詩の中には死という言葉はなく、普通に読めばストーカーに追われているような感じです(笑
私はその詩を友達に送ってから「この詩の“あなた”は何を指しているかわかる?」と送りました。
返事は1時間後に来ましたが、私はもう寝る頃だったので返事は明日しようと思いました。

759 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 17:43:57 ID:gFbANsXz
次の日、仕事から帰るとドアを開けてすぐに母が泣きながら私の名前を呼びました。
「―ちゃん、死んだんやって」 それは、昨日私がメールを送った友達の名でした。
私はその言葉を聞いた瞬間、彼女の死を理解しましたが、実感は今もなおありません。

自分のメールのせいで死んだとは思いません。それより、私が12月に入る直前から死への
恐怖を感じていたのは、彼女の死が近いという虫の知らせのようなものだったのだと思いました。
そして私の死への恐怖は一気に吹き飛びました。なぜなら私が死んだ時、彼女に会えるような気が強くしていたからです。

しかし…今年に入ってから、またあの恐怖を感じるようになってしまいました。
今も死んだ時に彼女に会える気はしています。それでも“いつか 必ず 死ぬ”
この事実がどうしても受け入れられず、毎日苦しみに似た不安と恐怖を感じています…

来週、心療内科に行くつもりです。今まではどんなことでも何かしらをきっかけに乗り越え、
自分で解決してきましたが、今回ばかりは気持ちだけではどうにもならないようです…

病気とは、気持ちだけではどうしようもないことを言うのだと私は思います。


本当に長くなってすみません;どうでもいいような話でしたでしょうが…なぜかここにいる皆さんに聞いてほしかったのです。
私がタナトフォビアかどうかはまだわかりませんが…私を含め、全ての人がこの病気を克服できることを祈っております…

760 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 17:54:36 ID:FbhjPGob
えーとおそらく自己愛です

適当な薬を処方してもらえますよ

761 :優しい名無しさん:2010/03/26(金) 23:22:20 ID:gUns6thA
まあ多くのタナトの人は虫の知らせとか信じないと思う

762 :優しい名無しさん:2010/03/27(土) 00:46:25 ID:EyxSSnQV
一ヶ月くらい前から数年ぶりにタナトがぶり返してるけど、離人感がひどい

763 :優しい名無しさん:2010/03/27(土) 01:17:25 ID:57hmBMWN
日本や中国に共通してある考え方を
人がこの世に生まれて死んでいくのは、一つの季節が巡るようなもの
一人が死んでも他の人がまた生まれて死んでいく
人が死ぬときというのは、その役目を終えて元いた地球に帰っていくようなもの
だから死んだらそれでもうおしまいってわけじゃなくて、ずっと続いていくものなんだ

って話を聞かされた。先生に
でも私はそれ以上に私自身の方が大切なの・・・卑しくてごめんなさいごめんなさい

764 :優しい名無しさん:2010/03/27(土) 05:10:09 ID:cgxxFk0g
ちゃんと皆病院行ってるかー?薬飲めば楽になる場合もあるでよ

765 :優しい名無しさん:2010/03/27(土) 22:50:24 ID:CutBzGeF
>>762
お、私も離人とタナト患ってる。
もしかして、そういう人多い?
自分を客観的に見過ぎれるから、死も見えてるのかな。

766 :優しい名無しさん:2010/03/27(土) 22:57:05 ID:SgVV57XB
ただの自己愛だよ

767 :優しい名無しさん:2010/03/28(日) 00:34:30 ID:/+ZTgS2c
まぁ、自己愛と言われればそうかも知れないけど、自分の体は50億の人類の中で唯一自分の意識が
宿って、自分でコントロールしてる個体なんだよ。だから消えて無くなるのは惜しい。でも、いわゆる
ナルシズム的に自惚れ的に自分が好きなんではなくて、むしろ好きになれないところがありすぎる
くらい(それだけに生きてる間になんとかしようとして執着するのかも知れない)。色々なことが今より
恵まれていれば、タナトにはならなかったかも知れない。

>>765
タナトの恐怖感から逃れるために無意識に離人起こしてるような気がするよ。

768 :優しい名無しさん:2010/03/28(日) 19:54:25 ID:5ClWIx/h
水木しげるがNHKの番組で
「死んだら…無でしょうねえ、だから無が恐い」と言ってた

水木しげるにそんな事言われちゃ夢も希望もないよ

769 :優しい名無しさん:2010/03/29(月) 00:28:17 ID:4mandT27
それ俺も見た
夢も希望もない反面妙に親近感が湧いてしまった

770 :優しい名無しさん:2010/03/29(月) 21:32:05 ID:rEmCZ7Uo
”無”はもちろん恐い、でも、終わりのない”永遠”もまた恐い。

771 :優しい名無しさん:2010/03/29(月) 21:59:36 ID:gXEiTuVL
昔夜空を見上げると発症したな 宇宙の寿命 地球の寿命

772 :優しい名無しさん:2010/03/30(火) 00:27:50 ID:AY6VS2Wg
>>771
だね。たとえ自分が不老長寿の身になったとしても、まず太陽の寿命が来て地球が膨らんだ太陽に飲み込まれる。
他の星に移住できたとしても、いずれは宇宙にも寿命が来る。100%立ち向かうすべも逃げ場もない恐怖感。

773 :優しい名無しさん:2010/03/30(火) 01:02:36 ID:X31tAJ3y
>>767
離人は防衛本能の一つだもんね。
死の恐怖で頭狂うのを阻止してくれてるのかな。
それなら有り難いけど、たまに離人がとけて、フッと現実に戻った時
いろんなものが怖くなるよ。

774 :優しい名無しさん:2010/03/30(火) 03:00:25 ID:QD7ZWiAh
今年ももう4分の1が終わるのか
離人ってのがどんなんかようわからんが
暇すぎると良くないことを思い出しやすいらしいね

775 :優しい名無しさん:2010/03/30(火) 22:55:32 ID:X31tAJ3y
>>774
離人は、よくないことを思い出すどころか、過去が思い出せなくなるんだw
自分というものと精神が分離している感じで、生きている心地がしない苦しい病気だよ。
研究してる人がいないんで、理解され辛いけど。

死が怖いのに生きてる心地もしない、地獄のようだ。

776 :優しい名無しさん:2010/03/31(水) 01:59:08 ID:pfxYBgXj
昔ドラマで印象的なセリフがあってね「年をとったらボケるのは、死ぬ事を怖がらなくてもいいように、
神様がくれる慈悲なんだよ」ってな趣旨。なんか、それを思い出すと死ぬ数年前にあまり周囲に
迷惑かけないようにボケたいなぁ、と思ってしまう。

777 :優しい名無しさん:2010/03/31(水) 19:57:23 ID:NJA4CmXh
>>776
ふざけるな!
神なんてものは存在しないのだ!
神なんて存在したらタナトフォビアの人涙目だろ!

778 :優しい名無しさん:2010/03/31(水) 21:11:08 ID:HA+193pu
宇宙は一つとは限らない。また違う生命として産まれるかも。
時間の概念が間違ってて永久ループかもしれない。

779 :優しい名無しさん:2010/03/31(水) 21:13:14 ID:2PxCpKVl
>>778
うわぁきついなそれ
ちと発作来た

780 :優しい名無しさん:2010/03/31(水) 22:03:21 ID:NJA4CmXh
>>779
むしろ最高だ!

781 :優しい名無しさん:2010/04/01(木) 00:24:20 ID:wmZqZktn
>>778
もし転生輪廻を繰り返してたとして、そのたびにタナトに苦しんでるとしたら、そんな目に遭うような事を
俺がしたかよ!!って言いたくなるわな

782 :優しい名無しさん:2010/04/01(木) 01:39:58 ID:jLD138NF
神とか別にいてもいいよ
到底信じられないだけであって
心霊現象とかお目にかかれるものなら是非にって感じだよ
でも薬とかで幻覚みるのは勘弁な

783 :優しい名無しさん:2010/04/01(木) 17:44:31 ID:UcoWPOdE
>>740さんのいうように 薬にたよらなくてわならないほうがつらい
だからタナトは だれにでもある症状とおもいたい

784 :優しい名無しさん:2010/04/01(木) 17:50:32 ID:oC6JHkvc
まぁなんともない人からすれば

犬の運子にわざわざ近づいてその臭さに絶叫してる人を見てるような感じだと思う

785 :優しい名無しさん:2010/04/01(木) 23:54:57 ID:UcoWPOdE
ふんふん↑   そっかにおいかがなきゃいいんだ
でも鍵に行くのがタナトなんだね

786 :優しい名無しさん:2010/04/02(金) 02:46:10 ID:fqMuwJy+
死後を証明するには知的障害者とか実在する事を否定するらしい。

787 :優しい名無しさん:2010/04/02(金) 08:55:32 ID:FKCAF+6D
別に無神論者ではないつもりなんだが…

788 :優しい名無しさん:2010/04/02(金) 13:31:48 ID:O6DQn2gK
>>689
今更だけど観ました。
高橋尚子さんがマラソンやっていたときは明日死んでも悔いはない
と思っていたのに、やめた途端死ぬのが怖くなったというのを聞いて
何かに打ち込んでいればタナト治るかもしれないと思いました。

789 :優しい名無しさん:2010/04/02(金) 21:14:18 ID:hGo0xfAB
タナトのみなさーん
餌ですよー
http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/shincyouryu/post_1267.html
これが医療に生かされるのかどうか

自分は希望と焦燥感の二つを感じた。

790 :優しい名無しさん:2010/04/02(金) 22:06:49 ID:FhsOZonJ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB#.E6.AD.BB.E3.81.AE.E5.8F.97.E5.AE.B9
発狂しそうになる。

791 :優しい名無しさん:2010/04/02(金) 22:15:03 ID:hGo0xfAB
受容するってのが理想的な対処方法だと言うことは頭では理解できるけど
それを「実感」するレベルになるにはそれこそ一生かかりそう

792 :優しい名無しさん:2010/04/03(土) 02:08:18 ID:Rr2V1TkY
>>789
なんで今更ベニクラゲ? もうだいぶ前から知られてるのに。
普通に再生医療の方が現実的だし期待できる。
ベニクラゲの若返りって要は一気に赤ちゃんの状態まで戻って
アメーバみたいに分裂増殖するような感じ。
そのクラゲの仕組みが分かったとしても、それを人間に応用するのはかなり難しい気がする。

793 :優しい名無しさん:2010/04/04(日) 01:51:12 ID:j/OLu6zN
もうすぐ40代でさ、もうあからさまにこれまでの人生ムダに過ごして来たってことを認めざるを得なくなってて
出世もしてない、財産もない、いまだ独身、のないないづくし。こんなはずじゃなかったのに、と嘆いてみても
人生の折り返し点はもう過ぎてるはず。一発逆転なんてまずないし、ゲームじゃあるまいしリセットもできない。
かといって自殺することもできない。このまま惰性で生きて、そのまま死を迎えなきゃいけないのかと思うと
気が狂いそうになる。

794 :優しい名無しさん:2010/04/04(日) 04:19:50 ID:/diNhY40
こういうスレが大して伸びてないのは意外なんだよね
この10倍伸びてても不思議はないと思うんだけど

795 :優しい名無しさん:2010/04/04(日) 04:30:21 ID:/diNhY40
きっかけは中学の頃かな。宇宙関連の本を読んで頭が狂いそうになった。

「杞憂」って空が落ちてくるんじゃないかと心配する人の故事だけど
私にとっては全然杞憂じゃなくてすごくリアルに感じられるんだよね。
「いつか」じゃなくて「今この瞬間に」自分が消える恐怖にしばしば襲われる。

796 :優しい名無しさん:2010/04/04(日) 11:29:43 ID:QWvtqi0j
>>795
タナトってのはそういうものだと思いますよ
実際立ってもいないのにビルの屋上の端っこに立たされていると「過剰」に思い込み
すくんでしまう
それをしなければいいだけの事なんですが「してしまう」

797 :優しい名無しさん:2010/04/07(水) 22:32:10 ID:TJQaQ72R
また規制で2ch過疎か
杞憂の故事は俺も感じた
木村コーチ死去、若い人の訃報はきつい
脳の病気、怖いっすね、脳ドックって高いんだっけ

798 :優しい名無しさん:2010/04/07(水) 23:53:24 ID:XtZA6nhy
小学二年になった息子に昨日、死んだらどうなるの?と聞かれた。
神様の下に行くんだよ、と白々しい嘘を付いた。
夜中にその事を思い出したら発作が起き、便所で吐いた。
息子よ、嘘を付いてごめん。妻にもこんな弱い夫で申し訳ないと思っている。
でも、息子には自分みたいなタナトにはなってほしくない。
このまま自分がタナトだという事は死ぬ、いや無になる時まで誰にも明かさず生きていくのだろう。
息子もその内嫌でも死んでも神も幽霊も生まれ変わりも無い現実を知る事になる。
それを知った時、タナトにならない事を強く願う。

799 :優しい名無しさん:2010/04/08(木) 00:14:34 ID:iusBCaT/
俺のこの症状ってなんなんだろ?他にもいるのか?とふと気になってスレ探してみたら・・俺これだわ
高校ぐらいのとき死んだらどうなるのか初めて考えて寝てる状態?なにも考えられないいつか必ずくるとかありえない!!
て怖くなってそれから今も休日の寝る前とかになるんだよなあ…おかげで休日が嬉しくないw 
どんどん具体的になってきて考えられない動けないってことすら考えられない、俺って存在、意識はどうなるんだとか消える怖いと馬路泣きしそうになる
そこにきて木村選手の死とか…鬱だていうか精神病だったのね俺



800 :優しい名無しさん:2010/04/08(木) 01:20:44 ID:rVBFG/r7
まあ正式な病名じゃないらしいけどな
勝手にでも精神病だと考えれば少しは気楽になれるし

801 :優しい名無しさん:2010/04/08(木) 06:00:07 ID:bVrKmbSU
この世は実在するのか?


802 :優しい名無しさん:2010/04/08(木) 06:38:08 ID:VyWjAQBc
木村選手は亡くなって
山崎さんたちはいま宇宙にいる。そのことについてずっと考えてる……

803 :優しい名無しさん:2010/04/09(金) 16:15:13 ID:0DiKZyru
http://www.mh-net.com/lecture/yougo/phobia.html

恐怖症はたくさんある

全てに対する恐怖症ってのがあるが、これは何なんだろうか?

804 :優しい名無しさん:2010/04/09(金) 18:17:16 ID:xYaOaISl
>>803
タナトフォビアですが・・・・スレタイどうりに
Thanatophobia or Thantophobia- Fear of death or dying. 死恐怖症

まぁ一概にタナトだけで片付けられる問題でもないと再認識
みんないろんな恐怖症の組み合わせなんですね人によって様々
わかるのは何の恐怖症も持たない人間はまずいないってことぐらい
Uranophobia or Ouranophobia- Fear of heaven. 天国恐怖症 こんなのもあるんだw
リンク参考にさせてもらいます。

805 :優しい名無しさん:2010/04/09(金) 18:29:45 ID:xYaOaISl
>>803
あっと レスを読み違えてましたすみません

全てに対する恐怖症・・・・なんでしょうね・・・宇宙の果てを想像してくるのは私にはありますが
なんというか自分の認識できない恐怖の仲間なんでしょうかね

806 :優しい名無しさん:2010/04/10(土) 00:03:11 ID:fGtXgCbg
>>799
タナトフォビアって名称の精神病はないんだよね。
たぶん、不安神経症とかパニック障害に分類されている「症状」なんだと思うけど
自分はこの病気はこの病気で確立されていいと思う。
だって異常だもん、この死にとりつかれた状態は。

807 :優しい名無しさん:2010/04/10(土) 07:45:22 ID:BmqvOVHy
>>800>>806詳しくありがとう正式な精神病てわけではないのね
しかしスレ見直してみると見事にそれなんて俺?て書き込みが多いし同じような人がいることに驚いたわ
20代でこれなのにより現実味をおびてくる50とかになったらどうなるんだ俺…いや若いからこそなのか


808 :優しい名無しさん:2010/04/10(土) 15:50:31 ID:siLG5Ky9
この前このスレに出たNHKの水木しげる先生の番組、今見ました
妖怪や幽霊や天国地獄を描き続けてきた水木先生が
死んだら無、無が怖いと思っていたのはショックを受けました…
宗教と同じく無を恐れ無を認めたくないからこそ妖怪や幽霊を、
フィクションのオカルト的存在を作り続けてきたのかもしれませんが…

809 :優しい名無しさん:2010/04/13(火) 02:40:02 ID:7V8fXmhW
水木しげるの場合は従軍経験者ってところもあるからな
そういうのも影響してるのかもしれない

810 :優しい名無しさん:2010/04/13(火) 10:57:35 ID:A7wcuUsT
今更だけど江頭2:50の名言知って感動した。
この人、タナトと真逆の人なんだろうな。

811 :優しい名無しさん:2010/04/13(火) 13:50:25 ID:/PVti3Vw
戦場経験によるPTSD

812 :優しい名無しさん:2010/04/13(火) 16:34:44 ID:Ff+O/if4
まだかきこめないのか

813 :優しい名無しさん:2010/04/13(火) 16:39:27 ID:Ff+O/if4
かきこめたぞ  規制つらかった なんでだったの? はじめてだったけど。
そうそう
タナトね いがいと みんなそうだったんだね
もうこどもが 高校生     てか はやすぎないか?
じゃあしんでしまうまでも すぐなのか?
こわすぎるぞ  そういえば 身の回りで なくなったひと
死ぬまえに つーって 涙ながしたの   ふたりみたんだ。
やっぱつらいのかな  わかるのかな

長文でごめんね


814 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 10:00:17 ID:u/fi6V7D
俺、その気になれば死の恐怖を無くせそうな気がするけど、
死を回避する気力を出すために死の恐怖持とうとしている。

815 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 10:58:55 ID:BgBVyggW
このスレにあるような発作が来て眠れないってのはないな
発作が来るとしばらく落ち着くだろ

816 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 11:08:48 ID:RDd2zUIl
みんな発作ってどの程度?>>813だけど昨日また飛び起きた
いやーな さみしい気持ちがきて。。
ジュースのんで 五分くらいふらふらしたら ねた
わたしは こんな感じ   

817 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 18:57:06 ID:DDQqmnVW
>>814
それなんか分かるな
タナトじゃない自分ってのを想像すると不気味

818 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 21:11:03 ID:xh3kQdor
無神論者が羨ましくてムカつく。

死=無が怖い自分は神を信じて安らげるならもう電波でもいいよとまで
希求してると言うのに、あいつらときたら神を信じてない自分が知的で
正しくて大好きなんだぜ……。

819 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 21:41:26 ID:ScnrJXAY
友人は死=無じゃないと怖いらしい
自分には理解不能だから分かり合えないだろうな
でもそういう人に限って霊を目撃したりしてる。心霊体験?した後も
相変わらず死後は無だと思っているみたいだけどね。タナトからし
てみれば羨ましすぎる体験だよ・・・

820 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 22:13:41 ID:DknPD0CR
俺は「無」と「永遠」に恐怖と感じるタイプだが
考えてみると幽霊って怖いな
遭遇したときに安堵するより俺は多分逃げだすと思う
動物反射的に
そして後になって混乱する

821 :優しい名無しさん:2010/04/14(水) 23:59:39 ID:DDQqmnVW
それが実際に幽霊かどうかはともかく
理解できないものに出会ったら身の危険は感じるだろうな

822 :優しい名無しさん:2010/04/15(木) 00:57:59 ID:93zhfDuE
まぁ死ぬのが怖いんだから「なんか害がありそう」なものからはとりあえず逃げるよね。
その後で幽霊の存在可能性について希望を見出してオカルトにハマッちゃいそうだが。

823 :優しい名無しさん:2010/04/15(木) 02:45:53 ID:4amcf+2b
>>818
実況板でテレビ番組の実況しててもたまに見かけますよね。
トーク番組で幽霊の話やあの世の話になった時、
またはズバリそのもの心霊現象の特集番組を放送してる時に
得意げに、いい年して幽霊信じてるなんてダサいなんて煽る人や
死んだらタンパク質の固まりになるだけ、無になるだけと書きこむ人。

こういう事平気で書ける人って自分自身の死に対してどう思っているのでしょうか?
そんな事皆分かってるんですよ。>死後の無
分かってるけど怖いし認めたくないから敢えて書かないようにしてるのに。
>>808の水木しげる先生だって無を認めてるが、やはり怖いと本心を言っていました。
日本は無神論者が多いと聞きますが、神や幽霊を信じず、
かつ死後の無を認めた上で自分自身の死を恐れない人と
恐れる人ではどれくらい人数に差があるのか、知りたいぐらいです。

>>819 >>822
このスレッドでも、タナトにかかってから暗闇や墓場、心霊スポットを
恐れなくなったり、逆に幽霊に会いたくてそういう場所をうろつく人まで
いましたよね。オカルト的な事象に対して恐怖ではなく
冷静になれる事だけはタナトの唯一の利点だと思います。
自分は幽霊がいないと分かっていても相変わらず暗闇は怖いですが…。
これは動物が火を恐れるのと同じような、
理屈ではなく本能的な恐怖なのではと思っています。

824 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 20:01:14 ID:DjkcoTal
逆に、タンパク質の塊が意識あって色々感じたり考えたりできるって、すごいことだと思わない?
死んでも、自分の体作ってる原子はずっと同じままなのも不思議。人間を物質として考えたら、むしろ生と死の境目は曖昧な感じがします。…まあ死ぬのは、どんな風に考えても怖いけど。

825 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 21:05:25 ID:SeP3MjrO
>>818
>>823
何が羨ましいか理解出来ない。
逆に俺はお前らみたいに神とか死後を信じれる方が羨ましい。
幽霊はいる方が俺にとっては願ったり叶ったり(霊となって意識が持続が可能)
だが知的障害とかどうだ?あれは脳の欠陥。
痴呆だってアルツだって脳に左右される。
魂とか言ってる方が馬鹿にされるに決まってるだろ。


826 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 21:49:00 ID:7YJWDC6L
お前は何を言ってるんだ?

827 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 21:59:06 ID:9rNaNtZC
たんぱく質の固まりなのはさ、自分以外の人間で、
自分だけにはそれ以外の何かもあると思うんだよね
だって 現に自分だけは自分を感じられるし
他人が生きてても死んでても、自分を通してしか認知できないから他人の死は関係ない

偶然自分がこの21世紀の日本に人間として生きてるなんて異様だ
だから死んでも、記憶はなくなるけどまたしばらくして生物の意識になる可能性はあるかな…と
生まれる前もきっとどこかに意識はあったと思う

自分の無自体がありえないと思うから、結局自分の死んでる間は感知できず、気がついたらどこかに生まれるのでは
じゃなきゃ、なぜ"今"があるんだ。今の私はどこから来た?

828 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 22:07:35 ID:8d9UnviC
>>827
まんじゅうからだよ



829 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 22:33:46 ID:jRRzylg5
僕はルーベンスの二枚の絵を見れたらいつ死んでもいいんだ

830 :優しい名無しさん:2010/04/16(金) 22:38:35 ID:ShXEdfjJ
姉の消費トラブルで精神的に参りました。

そういう被害で味方になってくださる先生は居られないでしょうか?

切実なんですけど。

831 :優しい名無しさん:2010/04/17(土) 01:17:39 ID:NO1KRChk
日に日に悪化していく…

832 :優しい名無しさん:2010/04/17(土) 05:48:47 ID:uaEOB/V8
無ってなんなの?怖い…

833 :優しい名無しさん:2010/04/17(土) 07:27:52 ID:BkaAhxPG
タナターの俺が来ましたよ^^

834 :優しい名無しさん:2010/04/17(土) 07:56:07 ID:BkaAhxPG
ttp://sk.fox.ac/jal123/JAL123.swf

タナフォビアの人たちってこういうの平気?

835 :優しい名無しさん:2010/04/17(土) 22:08:04 ID:enL/duTq
怪我や病気をしない限り2050年くらいまでは生きてられるだろう。
怪我や病気をしなくても2100年にはもうこの世にいないんだろう。

具体的な数字にすると何かすごくきつい。

836 :優しい名無しさん:2010/04/18(日) 14:33:55 ID:yFgS8TWt
逆に死後がどんなふうなのか楽しみにすれば、怖くなくなるかな

837 :優しい名無しさん:2010/04/18(日) 16:04:56 ID:X5Lp+B/N
死ぬのが怖くてサイボーグになってやろうと思い、
少しでも再生医療とか生体工学とかに貢献しようと考えた結果
高校の文理選択を数学が大嫌いだったが理系にした

馬鹿と思われようが後悔はしていない

838 :優しい名無しさん:2010/04/18(日) 17:59:08 ID:oZylIPmA
>>837
馬鹿レンホウが仕分け・・・

839 :優しい名無しさん:2010/04/18(日) 18:49:04 ID:MOc+djXk
少なくとも人間の寿命や数を無駄に増やす技術はもういらんと
口には出さんでも考えてる人は多いんだろうなぁ。
ともう物を言わない祖母の尻を拭き排泄物を片づけながら思う。

同時に死なれたくない、死にたくないと思うから難しいわけだが。

840 :優しい名無しさん:2010/04/18(日) 20:46:25 ID:oZylIPmA
>>839
俺は死にたくないから必要だ。


841 :優しい名無しさん:2010/04/19(月) 16:58:26 ID:CJ+tmGEA
自分が死ぬまでに不老不死の技術は無理だろうと諦めてはいるんだが
何百年何千年か後にはもしかして実現してるんじゃないだろうかと思うと
すごく悔しい。

842 :優しい名無しさん:2010/04/19(月) 18:43:13 ID:1Z+rN93n
毎日 頭から 死がはなれない ぜったいみんな しぬんだ こわいな

843 :優しい名無しさん:2010/04/19(月) 18:52:49 ID:S13EH6/3
>>841
それは思うね
自分をデータ化してとっておける日は近い将来来あるかもしれない
肉体は死んでも思考はサーバーに保管出来るとか

844 :優しい名無しさん:2010/04/19(月) 19:31:52 ID:CJ+tmGEA
個人的にトランスパーソナリティ系は馴染み辛いなあ。

845 :優しい名無しさん:2010/04/19(月) 19:48:51 ID:1Yuj4e/q
>>841
君は何歳?結構再生医療とか頑張ってる方だぞ。
若ければまだまだ希望は持てるさ。

846 :優しい名無しさん:2010/04/19(月) 20:03:06 ID:CJ+tmGEA
ちょうど30。
ついついオリンピックや今年の干支があと何回見れるか計算して憂鬱になる年頃。

847 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 00:18:17 ID:Jm+Kqxqq
>>846
「門松は冥土の旅への一里塚」なんて言葉をふと思い出したら、めでたくもなんともない正月になるよ・・・

848 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 00:39:35 ID:Z2He4ufV
>>843
データ化って事は可能性として「死ぬ自分」と「死なない自分」が同時に存在し得る
って事だからなぁ……。
例え自分が死んでから起動させたとしても、それは二者が別個に存在する事を
時間差で誤魔化しただけにしか感じられないから、
そうなっても俺は死から解放される俺ではない方の自分に嫉妬してできないだろうな。

849 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 02:20:31 ID:FLf731+W
しんじまったら
怖いという感情もなくなるよ
たとえ明日死んでもそれはしょうがないんじゃない?

850 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 02:50:09 ID:4gfv3IDz
なんでこんな中途半端な時代に生まれたんだ・・・
未来永劫不老不死不可能とかだったら諦めがついたかもしれない

851 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 08:16:12 ID:P3qzFHdI
>>850
ttp://blog.livedoor.jp/akaru8/archives/51381323.html

タナトフォビアで検索していたら
何故かこのスレッドの発言を転載しているサイトを見つけてしまったのですが、
これの87さんと同じ事を言ってますね
自分も同意見です

江戸時代辺りに生まれていれば、脳の事や霊の事の真相を知る事も無く
死んでもそこで終わりとか無になると意識する事も無く、
少なくとも日々の生活にまで影響するほどの甚大なストレスを抱えずに
毎日を気楽に楽しく生きていけたのではないかと思うと昔の人が羨ましいです

852 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 17:40:04 ID:Z2He4ufV
そもそも仏教では「永遠不変の自己」は想定されてないけどな。

仏教の輪廻は現代的に言えば、俺たちが死んだ後も体を構成してる
分子原子がこの世に留まってまた別の何かになるよ、みたいなもので
「自己」がいつか消えるという認識は当時も現代も基本的に一緒のはず。
その空しさや恐ろしさをどうやって克服するか、が根本なわけだし。

結局いつの世も死は恐ろしいもので、自分からは恐れの見えない他人が
羨ましいのも一緒なんだと思うよ。

853 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 19:41:26 ID:jeO8Sf+h
>>850
かといって、自分が末期癌で死にかけてる時や
60歳過ぎて余命いくばくも無い状態の時代になってから
ニュースで不老長寿の医療技術、50年後に完成の見込みなんて
言われたら、よけい腹立つと思うぞ
この世の全てを憎みながら死んでいくと思う

854 :優しい名無しさん:2010/04/20(火) 20:23:46 ID:PZENBEz5
タナトにかかってから自分がどんどんゲスになっていくのが分かる
まだ30歳にも満たない若造の分際で、もう若さに嫉妬している
生まれたばかりの赤ん坊や小学生を見る度に
あの子達は俺より20年、30年先の未来を見る事ができるんだろうなとか
あの子達が50、60歳になって俺の知らない事件や
見る事の出来ないテレビ番組を見ている時には、
俺はもう無に還っているんだろうなと思ってしまう

俺が知る由も無い出来事を知れるだけの若さがある、
知る権利があるというだけで嫉妬してしまう
つくづく嫌な奴だと自分でも思う

855 :優しい名無しさん:2010/04/21(水) 08:12:58 ID:360NLYAQ
今日自分はずっとタナトフォビアだったんだなと初めて意識しました
思えば子供の頃からはじまり30代の今まで続いてたわけですが
死の恐怖は生き物の本能なので医者に訴えてもしょうがないと思っていました
しかしここ数年夜中にタナトの発作が頻繁に起こり、
大声をあげて目覚める→そのまま不眠、というのを繰り返すようになり
これは何とかしないとと思い始めて…今日初めて書き込ませてもらいました

パニック障害、強迫性障害のキーワードから探してたら
こんなサイトを見つけたたので貼ってみますね
もし既出だったらすみません
ttp://system.xux.jp/index.php?id=r1255920408&m=Phobia
下のほうに書いてあることは
仏陀の思想に近いものがありそうな感じですね

856 :優しい名無しさん:2010/04/22(木) 16:05:49 ID:FL+Dhoyj
不老不死実現まで生きていられなくても
蘇生の技術が開発されて生き返らせてもらえる
ってことは無いだろうか。

857 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 02:09:05 ID:TouSRMTk
それは冷凍保存だな、現状じゃまだまだらしいけど…
カネも必要だろうしなあ

858 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 06:20:21 ID:z/uQtF01
>>856
宇宙や地球も不老不死化しないと意味ないけどな。

859 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 07:09:33 ID:h2vHN1xX
いちいちそういうの持ち出してくるの目障りだわ
スケールの違いがわかってないんだろうな

860 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 14:07:33 ID:IcmA3563
視点の違いは仕方ないよ
タナトったって違う
糖質の陽性と陰性みたいなもんじゃねぇかな
発作的にガツンと来る恐怖もあれば
静かにまとわりついてくる恐怖もある

死ぬのが怖いからってことには変わりないんだけれど

861 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 18:49:16 ID:+Z7tTbq1
>>854>>855
どうかん   ちいさいときからいつかしぬんだとおもうと
胸がきゅうーってなんともさみしくなってた  でもいまわ
40こえた  ちいさいときより リスク高くなり こわくて目が覚める
子どもの 布団にはいり 手をつないでんねむると
すくし落着く      子供さんいる人ためしてみて。

862 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 19:16:56 ID:EuURRM2j
あなたは解釈を真理と思い違いしているだけのこと。

ACIM田中百合子訳より。

863 :優しい名無しさん:2010/04/23(金) 22:34:35 ID:TouSRMTk
宇宙規模の終焉も空恐ろしいけど
寿命を飛び越えて考えることじゃないと思い込むことで
なんとかクリアしてる
それにまだまだ未解明なことも多いだろうしね

864 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 06:01:01 ID:4mNUlkcK
人間が存在できる時間なんてどうやったって限られてる。
不老不死になっても結局終わるじゃねーか。100年が1000年になっても
死ぬのが恐い奴は一生死に脅えるだけだろ。

865 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 07:03:22 ID:bmKxO88s
タナト!
おまえらは神のつもりか?
人間はいつかは寿命がくる
それに逆らって生きる不老不死は道徳的に許されないものだよ

866 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 14:02:09 ID:87Uhep9Q
>>864
思いこみって怖いね
このスレ卒業した奴たくさんいるのに
たかだか数十年しか生きてない奴が1000年を語るとか

867 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 20:01:24 ID:8XGimAda
>>865
じゃあお前病気になったら自分の免疫で治せよな。
病院行って薬もらって治す行為も自然の摂理に逆らってるよ。
不老不死ぐらい別に良いだろ。

868 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 20:33:56 ID:lsoe0+m3
タナトスの神に向かって嘆いてるのかと思ってた

869 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 20:53:34 ID:ickASh/t
この世で一番真面目な神は死神って言うしな。
祈ろうが捧げようが、王様だろうが乞食だろうが必ずやってくる。

870 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 21:26:53 ID:lsoe0+m3
まぁ神様とやらにも寿命はあるんだろうね

871 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 22:25:35 ID:8XGimAda
>>869
最近は再生医療が注目されてるから普及したらその発言も怪しくなるよ。

872 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 23:38:00 ID:MFKum/wu
でもその再生医療とかが実用化されるのだって
どうせ随分先の話だろう?
ガンやエイズすら完治できない今の医療技術で
俺達が生きている間に再生医療が実用化されるのかねえ・・・
不老不死なんて突飛な話ではなくて再生医療や延命技術って
現実的な話ですらまだまだ発展途上ではねえ・・・

80過ぎて死にかけのヨボヨボ状態で
再生医療でさらに長生きできます、なんて言われても嬉しくないぞ俺は
今のこの若い肉体のままを維持したいけど
どうせ再生医療が現実化する頃には俺もヨボヨボか死んで無になった後だろうな

873 :優しい名無しさん:2010/04/24(土) 23:46:01 ID:8XGimAda
>>872
再生医療は極端に言えば臓器とか作るんだからヨボヨボからむしろ若返るだろ楽観視だけど。
厚労省が薬の認可が遅いから。

874 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 00:19:12 ID:0bNHaeOh
自分の遺伝子がデータ化出来る程度まで技術が進んでくれたらなと思う
人口幽霊ぐらいは死ぬまでに出来そうだから

まぁ所詮は気休めにしかならないけれどないよりはいい

875 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 00:46:13 ID:9rD+FYJB
>>873
新薬開発でアメリカに絶対叶わないのは実験台の数、なんて話も
あるからなぁ……保険入れなくて金のない人間がわんさといるから。

876 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 00:54:03 ID:TUnmIm2N
>>871
不老長寿は可能だとしても、不老不死はさすがに不可能だろう
死は避けられない、必ずいつかやってくると思う

877 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 01:14:33 ID:Ggs9Ub1y
長く生きてりゃタナトくらい解決できるだろ
そもそも永遠に生き続けるってのも怖い話だ

878 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 02:08:39 ID:fJd+08ow
>>875
後予算だな。
日本の10倍ぐらいはあるらしいじゃないか。(曖昧な記憶でごめん)勝てる訳ない。
>>876
地球の寿命が終わりそう。

879 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 10:06:48 ID:fJd+08ow
>>877
不老不死なら飽きたら死ねば良いだろ。

880 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 14:47:29 ID:SOej0TI5
>>877
そうでもない。
うちのばあちゃんは死ぬのが怖い怖いってうなされてた

で、オカルトチックなんだけど、同時期に俺も同じように死にうなされてた

881 :優しい名無しさん:2010/04/25(日) 15:58:37 ID:Ggs9Ub1y
>>880
長く生きてりゃってのは1000年も1万年も生きてりゃってことだよ
精神疾患の治療だって随分研究されてるんだからそのうち何とかなるだろ

882 :優しい名無しさん:2010/04/26(月) 02:56:21 ID:Q/v8PVZI
生まれる前に戻ると思えば怖くないって人もいるようだけど
自分はタナトになったときに考えふけってたことがそれだから逆なんだよな

883 :優しい名無しさん:2010/04/26(月) 23:53:55 ID:xCA015lS
スキルス胃がんというのを知ったんだが、ほとんど自覚症状無いのにある日検査したら余命3ヶ月だったなんてのがあるんだな
怖いが検査しても普通は早期には見つからないらしいしどうしようもないのな

884 :優しい名無しさん:2010/04/27(火) 07:11:45 ID:QqokSQ+B
>>883
逸見正孝がスキルスで死んで有名になったじゃん。

885 :優しい名無しさん:2010/04/28(水) 00:24:44 ID:3dhhZMgE
私はこの命をかける程の価値あるものが見つけられなかった
ならばせめて私以外の人の為に生きようと思った
彼らの幸せというものは私にとっては幸せだとは思えないけど
それでも彼らが幸せだというのならその手助けするくらいの力はある
それがせめて私が今生きている、そして死ぬ理由になるだろう
私はこの命を諦めてしまったから、惜しいものとは思わない
もし私の命と引き替えに誰かの命が救えるのなら喜んで差し出そう

886 :優しい名無しさん:2010/04/28(水) 21:21:02 ID:QuTmouNd
正直自分は臓器のドナーになる勇気さえない

887 :優しい名無しさん:2010/04/28(水) 23:48:37 ID:x7KMDGSq
ドナー登録はしてるな
献身的な理由ではなく俺が死んでもパーツだけでも残しておきたいという利己的なものだけれど
実際役に立つんだしまぁそれはそれでいいかなと思ってる。

888 :優しい名無しさん:2010/04/29(木) 00:40:20 ID:mam4TChc
盲信的にある宗教を信じれる人って幸せだよね
最近はボケて死ぬのもある意味では幸せなんじゃないかとすら思えてきた
それほど死が怖い

889 :優しい名無しさん:2010/04/29(木) 02:30:49 ID:iSJXPARh
無神論者も羨ましいけどな。

天国は有る魂は不滅だと思ってる奴も、天国も魂も無いし
無いのが正しいと思ってる奴もどっちにしろ幸せだろう。

890 :優しい名無しさん:2010/04/29(木) 10:01:00 ID:Hzse1lXf
そう?生まれる前は無だったとは言え、やっぱ無も怖いよ

891 :優しい名無しさん:2010/04/29(木) 11:03:47 ID:dts5RuU0
生まれる前の記憶がないから、
自分は元は無だったと思えないんだよなぁ。

892 :優しい名無しさん:2010/04/29(木) 18:36:46 ID:jXeqWIHy
>>887
そういう考え方もアリか
確かになあ、火葬されたり腐ったりすると考えると肉体にさえ固執したくなる

893 :優しい名無しさん:2010/04/29(木) 23:26:08 ID:Hzse1lXf
少なくとも精神は病んでるし、連鎖して肉体もおかしい気がするから他人に与えたくない

894 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 00:29:39 ID:Zs1CDCIP
タナトフォビアと無神論者とは少し違うのかな
むしろ神を探しているという感じもある

895 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 00:39:36 ID:5Kr0gHD3
死自体そのものよりも、それに付随する生の無意味さに絶望する
まあ俺がそのタイプなんだけどな
メンヘルというより哲学だよなこれ

896 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 00:56:38 ID:vQT79Ms6
しかし、ある程度神経症的気質でないと哲学にのめりこんだりはしないだろうな

897 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 04:04:51 ID:p+Jcxoed
叩かれることを承知で、私の経験を書きます。
普段、文章なんて書かないので、読みにくかったり、語弊が生じたりするかもしれません。
「ブログにでも書いてろカス」って言われそうだけど、でも書きたい。自己満足です。
読む人によってはフラッシュバック、発作が起きるかもしれないので注意してください。



自分が死ぬのが怖い。死んだらどうなるのか分からないのが怖い。
「なにもない『無』の状態」が理解、想像できなくて怖い。
自分の力ではどうにもならない、「絶対的な存在」が怖い。
自分が死んでも「誰かにとっての『現在』(自分のいない未来)」があるのが怖い。
必ず死ぬのに生まれてくる理由が分からないのが怖い。

親や友達が死ぬことが怖い。怖いというよりはさみしい。ずっと一緒にいてほしい。
親には学生時代、心配や迷惑ばかりかけてしまって、すごく後悔している。
今でもまだ一人前とは言えない私を心配して、電話や物質支援などをしてれるのが本当にありがたい。
でもすごく申し訳なく思う。成人してもまだ親に心配かけてる、甘えてる自分が嫌だ。
嫌いになったり、うっとおしく思ったりしたけど、今はすごく尊敬してるし、大好き。
怖くて悲しくてさみしいのに、「心配かけてしまう」と思ってしまって相談できない。
本当は子供みたいに泣きわめいて、抱きしめてほしい。「大丈夫だよ」って言ってほしい。
思い上がりかもしれないけど、自分が死んだ時、友達が悲しむのがつらい。
自分がいないことが、自分を知る誰かにとって「当たり前」のことになるのがさみしい。

私が「死」に対して怯えていた理由は、上記のような感じでした。
きっかけは分かりませんが、社会人になって一人暮らしを始めた頃から発症?しました。
ある日、親が私の部屋に遊びに来ました(私は地方出身で、今は大阪在住)。
久々に親の顔が見ることができて、私は今にも涙腺崩壊しそうな状態だったのですが、それを我慢して明るく振る舞っていました。
親が帰ったあと、「やっぱり(死が怖いことを)打ち明ければよかった・・・」と、自己嫌悪に陥りつつ
ネットを徘徊していると、とあるブログにこんな言葉が書いてありました。

898 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 04:06:26 ID:p+Jcxoed




言いたいことは いま 言おう
やりたいことは いま やろう
だって私は いま を生きてるんだから

今までに何度も聞いたことがあるような、ありふれた言葉ですが、私は妙に納得してしまいました。
雷が脳天を直撃した!とか、心にグッときた!とかでなく、
「それもそうだなあ・・・」と、自分の中に自然にするっと入ってきた言葉でした。
おそらく、「親に打ち明ければよかった」という私の後悔の気持ちと、この言葉がうまい具合に
シンクロしたんだと思います。だから、自分の中で素直に受け止めることができたんじゃないかと。

この日を境に、私の中で、あまり「死」の恐怖を感じなくなりました。
もちろん、多少は残っています。この文章を打っている今も、恐怖がフラバして少し気持ちがぐるぐるしています。
ただ、「死」を受け入れた感じはします。「ああ、そういうもんなんだな」って。
前ほど「死」に対する理不尽さ(なんで死ぬのに生まれてくるの?っていう疑問)を感じなくなりました。

以前は「考えても仕方ないよ」っていう意見に対して、「なんでそんなにあっさり受け入れられるの?
「『死ぬ』ってどういうことか真面目に考えたことないの?」と自分の中で否定しまくってましたが
(正直、そういう意見の方に対して「お気楽な奴もいるもんだ」と軽蔑していました)、
今では私もすっかり「お気楽な奴」になってしまいました。

899 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 04:08:16 ID:p+Jcxoed

長々と書いて結局なにが言いたいかというと、「いつか『死』を受け入れることができるようになる」ということです。
もちろん反対意見は受け付けます。前述の通り、私自身も「ありえない!」って思ってましたので。
タナトフォビアで悩んでいる方全員が必ず『死』を受け入れことができる、克服できる、とは限りませんしね。
私自身、なにかの拍子に『死』への恐怖が蘇ってしまう可能性だってあるわけで、そう考えるとこれから先ちょっと不安です。
それでも、私は「いま」やるべきことをやろう、幸せな人生でなくてもいいから、後悔だけはしないようにしよう、と強く思います。
正直、死ぬのはやはり怖いですが、今は前向きな気持ちの方が強いです。生きることに一生懸命です。
(ちなみに辞書によると「一生懸命」とは「命がけで事に当たること。また、そのさま。」だそうです。生きることに命がけ。なんかおもしろい。)

本当に的を射ない、チラ裏も度が過ぎるような文章ですが、
もし、万が一、億が一にでも、タナトフォビアで悩んでいらっしゃる方の、ほんのささいな励みにでもなればと思っています。

超長文、乱文失礼しました。

900 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 11:31:39 ID:DX5jrri8
>>894
違うだろう。

前も同じような事書いたが、死=無が怖い人間にとっては神いないと
思ってるけどできればいて欲しい。神様を信じてる人が羨ましい。

無神論者は神がいないと思ってるし、いないべきであるとも思ってる。
そして神を信じてる宗教者が疎ましい。

901 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 11:47:58 ID:xPqzZeTk
宗教は、「答え」がもうすでにあるからな。楽と言えば楽

902 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 12:03:15 ID:DX5jrri8
無神論者もまぁ「無神論を奉じる人たち」みたいなもんだから
宗教の一種といえば一種だしな。

903 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 12:49:47 ID:kYHz1UMu
>>900
>無神論者は神がいないと思ってるし、いないべきであるとも思ってる。
>そして神を信じてる宗教者が疎ましい。
無神論者の死生観や自分自身の死に対しての心構えってどんな感じなんだろうね
死の先に何も無いと思ってる事自体はタナトと同じなんだから、
無に恐怖を感じるか感じないかの差がタナトと無神論者の違いではないかと自分は思うんだけど

無神論者だって命を狙われたり癌にかかれば怯えると思うし、
恐怖心が無い事はないと思う
その、恐怖の先に何を考えるのかがタナトとは決定的に違う、そう思うのだけれど・・・

904 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 17:52:16 ID:+ckwdXx7
普通は切迫した死の状況に置かれない限り恐怖は感じないからな
いわゆる本能というやつだね
だが普段から死を恐怖するのは病的であり、それがタナト

905 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 18:54:20 ID:ukqgXLwz
そこに足場があるのに無いような感覚
PTSDの症状一種なのかな

タナトに余計な妄想めいたものをつけるからややこしくなるのかも

906 :優しい名無しさん:2010/04/30(金) 19:54:21 ID:xPqzZeTk
どんなに考えても無駄なことは分かってるのに、頭から考えが離れてくれないのよ

907 :優しい名無しさん:2010/05/01(土) 13:24:00 ID:on+QNPWK
強迫観念というやつかな
俺はタナトが薄らいでも、ことあるごとに他の重要なことが頭をよぎって立ち止まってしまう

908 :優しい名無しさん:2010/05/01(土) 20:43:58 ID:9tArpN0R
医学的に「〜恐怖症」というのは無いから強迫性障害の一種なんだろうね<タナトフォビア

909 :優しい名無しさん:2010/05/01(土) 21:31:20 ID:dQ53Otig
>>908
うんそうだね名前を付けるとしたらそこらに引っかかると思う

拾ったページ張っときます
ttp://www.mental-health.org/check.html
いろんな項目のチェックシート
やってみたら結構引っかかった

910 :優しい名無しさん:2010/05/01(土) 22:25:46 ID:JG3pXeJB
なんかこの前からやたらと外部のサイト張る人いるよね。

911 :優しい名無しさん:2010/05/01(土) 22:51:02 ID:dQ53Otig
自分はタナトというものはある程度頭の中で整理が付けば「緩和」されると思ってる
100%の解消策ではなく緩和策を探してる。
タナトもそれぞれ、治し方受け入れ方のも人それぞれ、人の考えも参考にしながら自分に合ったものを探せばいいと思う。

912 :優しい名無しさん:2010/05/02(日) 09:48:38 ID:e4/2MGKZ
怖いというよりも憂鬱。
絶対にいつか来る嫌な事ずっと頭の隅でちらちらしてる感じ。

913 :優しい名無しさん:2010/05/02(日) 17:45:25 ID:TiD5spdZ
医者には考えるな。と言われたが考えないようにするのも考えるうちなのよね

914 :優しい名無しさん:2010/05/03(月) 11:37:30 ID:D04d+0e2
心気症・地震恐怖症の併発から
現在、死恐怖症に移行したものです。
これって非常に良く似た精神病なのでは?

915 :優しい名無しさん:2010/05/07(金) 21:57:18 ID:JnqOQF3k
>>784は結構うまいこと言ってると思うの。
発作おこしてうわあああああぁぁっていう夜に、思い出すと少し楽になる。
なんともない人から見たら、うんこ嗅いでるんだな今俺、うける。みたいな。

916 :優しい名無しさん:2010/05/07(金) 22:35:37 ID:oMgKQ3Mo
しかし見ているその人も、着々とうんこの所へ近づいてるのは一緒なわけで。

917 :優しい名無しさん:2010/05/08(土) 01:55:04 ID:09CEmVmt
人間が死ぬのは当たり前だし、死ぬべきだと思ってる。
でも俺は死にたくない。

この矛盾がきついんだよなあ。
ダブスタは嫌なんだけどどっちも否定できないのが辛い。

918 :優しい名無しさん:2010/05/08(土) 04:29:48 ID:ZHyPSHlC
ほとんどの人々が人生の終わりに来てようやく見いだす悲哀と共感と知恵を
私達は人生の始まりにおいて既に身につけてしまった
早くして知ったことを悲しむべきか喜ぶべきか
確かに知りたくはなかったけど、知って良かったと今では思ってる
物の見方ががらっと変わったからね

919 :優しい名無しさん:2010/05/08(土) 11:20:42 ID:wI5KPzsy
これまでの人間*時代の人数生きてきた人達でも誰一人として、答えが出てないのに
(宗教は除く)嫌なのに脳が勝手に考えてしまうのがもうなんともいえない

920 :優しい名無しさん:2010/05/08(土) 12:14:07 ID:09CEmVmt
俺たちに知る方法(記録)がないだけで答え出した人間はいるのかもしれないだろう。
人間に限定しなけりゃどっかの宇宙人はとっくの昔に見つけてるのかもしれないし。

……そういや昔教科書にあった星新一の短編で、砂漠に埋めた宇宙人の技術が核で
吹き飛ばされる話あったよな。
そこで不死だか不老だかの記述があって、物語とはいえ無性にがっかり来た思い出が。

921 :優しい名無しさん:2010/05/08(土) 15:49:34 ID:yvYZ0qsb
>>918なにこの人気持ち悪い

922 :優しい名無しさん:2010/05/10(月) 23:50:05 ID:7twxsPti
タナトは怖いけど
タナトになってモノの見方が変わって得るものもあったというなら
確かにそれはある
まあそれが真理かどうかまではわからないけど

923 :優しい名無しさん:2010/05/10(月) 23:59:11 ID:99D6yg1K
大病して生死の境をさ迷ったら人が変わったなんて良くある話だしな。
タナトに限らず死と直面した事が人格に影響与える事は確かだろう。

924 :優しい名無しさん:2010/05/11(火) 00:14:37 ID:giaxJlvy
一時は虫も殺せなかったな
今は害虫殺すたび切なくなってしまう

925 :優しい名無しさん:2010/05/11(火) 01:32:50 ID:MMZ/BOxm
うとうとしていたのに、はっと目が覚めて、発作みたいなのが起こってしまう。
連休になると、家族と親戚の家に行くことが多いんだけど
親戚が集まると、墓参りに行ったり、死んだ人の話をすることが多いので
気持ちが沈んで仕方がない。
ああ、いつか自分も死んで、こういう墓の下に入って、永遠に真っ暗になるんだ
と思うと、怖くて怖くて仕方がない。

最近は忙しくてちょっと落ち着いていたのだが
GWに、田舎のひいばあちゃんの墓参りに行ったのだが
田舎過ぎて、火葬でなく、土葬の墓だった。
通路?から墓石まで距離があって、それがちょうど人が横たわっているくらいの距離。
ひいばあちゃんなんて生まれる前に死んでるから会ったこともないんだけど
この墓石までの距離の間に、死体があるんだ、と思うと
もうおそろしくておそろしくてたまらない。
燃やされる火葬も怖いけど、土に埋められる土葬も怖い。
死んだあとどうされようと自分にはわからないはずなのに。
死んだらただの物になってしまうんだ、ああいやだいやだ、死にたくない。
どんなに苦しくてもいいから、永遠に生きていたい……。

926 :優しい名無しさん:2010/05/12(水) 00:44:27 ID:PGmBRE/v
昨日の続きの今日
今日の続きの明日
それがいつか終わる日が来る
明日やればいいや、というわけにはいかない
しかし、それは毎日がそうではないのか

927 :優しい名無しさん:2010/05/12(水) 01:34:00 ID:mNx+zOyI
明日どころか、1秒後がくるかさえあやしいもんだ。
こうやってキーボードうちながらも、1秒ずつ死へと近づいている。
生まれた瞬間、死への道のりがはじまる、みたいなことを言うけど
まさにそのとおり。
ああ、時間が巻き戻ってほしい。
何度も巻き戻して、生が永遠に続くなら、そっちのほうがずっといい。
死ぬのが怖い。

928 :優しい名無しさん:2010/05/12(水) 11:23:59 ID:+xwqwQyH
今手のひらに山ほどの菌がうごめいてるのを想像して発狂してる
とまぁ分類としては一緒なんだろうな
必要なのはスルーすること、理詰めではなく、スルーすること。

929 :優しい名無しさん:2010/05/12(水) 22:12:37 ID:QaGNEWAw
スルーしてても妙な拍子で恐怖がわきあがるなぁ
昔は一人絶望してたけど
まあこのスレで同じような人が居ると知れただけでもずいぶん良かった

930 :優しい名無しさん:2010/05/12(水) 23:06:16 ID:SFx3wEWy
どんなに目をそらしたって、友人や身内の死には向かい合わなきゃ
ならんからなぁ……。

931 :優しい名無しさん:2010/05/15(土) 01:33:27 ID:GYsAhofN
仕事場がやや古いビルの地下だから
大地震がすごく怖い

932 :優しい名無しさん:2010/05/15(土) 11:01:36 ID:rdmJ3WXo
>>927
時間が巻き戻って欲しいっていうのは凄く分る
自分の死も怖いけど、同じぐらい家族や友人の死も怖い
去年、葬式が続いて年を取るってことは、
色んなものを失っていくことなんだって思った
祖父の葬式で、祖父のお姉さんが号泣してて、
母から「祖父が八人の兄弟の中で生きていた最後の一人だった」って聞かされた時は苦しくなった
あんな風に大切な人の死を見続けて一人になって、
最後は自分も無になるぐらいなら痴呆になってから死にたい

933 :優しい名無しさん:2010/05/15(土) 11:22:23 ID:YO75poS5
実際身内にいると、自分が痴呆になるのは嫌だなぁという
気持ちの方が強くなるけどな。
お金がなくなった、知らない人が家にいるetcで毎回大騒ぎ、
周囲からは同情されつつやっかいがられる姿を見てるとさ……。

やっぱり怖いと感じる間もなくポックリ逝くしかないと思うが
何かの哲学漫画で読んだ「嫌な時間ほど長いって事は死ぬ
直前ってタナトにとってはもはや永遠になっちゃうんじゃね?」
という考え方が頭から離れない……。

934 :優しい名無しさん:2010/05/15(土) 11:49:14 ID:rdmJ3WXo
>>933
痴呆にも個人差があるんだね
祖母が痴呆なんだけど、妄想とか徘徊もあまりなくて、その時期が過ぎた今はいつも薬でぼーっとしながらテレビを眺めてる
何も映ってなくてもただ眺めているだけの毎日で、祖父が亡くなった時も誰の葬式か分からなかったみたいだった
それを見てると元気なまま死ぬよりも痴呆になった方がマシだな、と思って
自分には子供も兄弟もいないから身内に迷惑かけることも無いだろうし

>やっぱり怖いと感じる間もなくポックリ逝く
脳梗塞で倒れた親戚のおじさんは、突然頭が締めつけられるように痛くなって目の前が暗くなって、気付いたら病院のベッドの上だったって言ってた
倒れるまであっという間だったって
発見が遅れていたらそのまま死んでた状態だったから、本当にポックリ逝くってことはあるんじゃないかな?

935 :優しい名無しさん:2010/05/17(月) 02:43:56 ID:ypY6ZINI
この恐怖が生きる力でもある自分には
ボケて自分を失ってしまうのもとても怖いことだなあ

936 :優しい名無しさん:2010/05/17(月) 09:13:35 ID:2d7m2zjU
ボケたら、自我はどうなってるんだろう

937 :優しい名無しさん:2010/05/17(月) 09:51:54 ID:95cCpfmf
それは死と同じで誰にもわからないんじゃない?
ボケた人に聞いても答えは返ってこないだろうし
実際に自分がボケたら、自分がボケてることに気付けないだろうし

938 :優しい名無しさん:2010/05/17(月) 10:31:44 ID:g0EpRbQx
個人的にボケは、すごく嫌だけど怖くはないな。
死んだ後の事は客観的に観察できなくて一切不明だが
ボケた人間というのがどういうものかは一応分かるし。

939 :優しい名無しさん:2010/05/17(月) 17:55:28 ID:QT5cXW6e
現実と虚構の違いなんだろうな
死を軽んじるのも重く見すぎるのもどっちも虚構
やがて訪れるものを少しずつ受け入れるのが道かと思う
もどかしくはあるけれど

940 :優しい名無しさん:2010/05/19(水) 22:03:45 ID:QbPw7YUf
わたしも死ぬ時だいじな家族と二度と手をつなげない だあきしめあうこともできない
それがタナトのはじまりかも。。
だいぞなひとをうしなうことがいちばんつらい。。
友達にいいったら幸せな人しかそうおもわない。。と
いわれたのが印象的だった。。
介護のしごとをしてる。。
だから死も近くにある。。
認知のひとをみてると泣きたくなるくらいショック。
でもタナトからかいほうされるかも。。とおもってしまうよ。。

941 :優しい名無しさん:2010/05/19(水) 23:22:24 ID:FmsECmfr
うちの祖母が痴呆になって、最初はちょっとボケてきたかな
という程度だったのに、だんだん人の顔がわからなくなって
排泄物を漏らしたのにも気付かず、徘徊もして大騒ぎしてたけど
入院することになったらものすごい勢いで弱っていった。
入院直後は話もできたのに、最後には口もきけない完全な寝たきり状態になって
そのまま亡くなってしまった。
そんな状態を知っているから、自分がああなってしまうのはとても怖いんだけど
でもいったんなってしまったら自我がなくなる(と思う)から
死への恐怖はないからいいんじゃない、とも思う。
祖母は父が小さいときに突然旦那を事故で亡くして
女手ひとつで苦労して苦労して働いて父を育ててきたのに
こんな最期になってしまうなんて、神も仏もあったもんじゃない。
死ぬのは怖いが宗教に頼るのは嫌だ。だから、まだ痴呆になったほうがましかも。

942 :優しい名無しさん:2010/05/20(木) 01:05:27 ID:2ew4lGrw
自我の消失というものについてなんて考えなきゃ良かった。

「無」を感じることも何もできないんだもんな 当たり前だよな
脳みそなくなるってホント怖すぎる

943 :優しい名無しさん:2010/05/20(木) 01:11:43 ID:bamdapwE
>>941
神を否定するのも宗教の一形態、てやつだな。

それはすでに宗教に片足つっこんでるよ。
否定、比較の対象として機能させてるもん。

944 :優しい名無しさん:2010/05/20(木) 17:31:15 ID:rFopXxal
そうだね 認知になりタナトから解放されるのはたしか  。。
それとも頭クリアで大切に人に
てをにぎってもらいながら涙をながし なくなっていくか。。
家族は ぼけた 親をmるのは
それはそれはつらいとおもうけど。。
死にたくない いまがとまってほしい。。



945 :優しい名無しさん:2010/05/20(木) 22:51:38 ID:rFopXxal
きょうもまたおわったぞ   また燃やされる日がちかずいた

946 :優しい名無しさん:2010/05/20(木) 22:55:47 ID:5w0r7kUz
タナトになった時は真理に到達してしまったという感じと
絶望感がたまらなかった
客観的に見りゃ真理だなんて思い上がりも甚だしいんだろうけど

947 :優しい名無しさん:2010/05/20(木) 23:08:03 ID:bamdapwE
ポエティックな表現を使うなら、自分の立ってるのがガラス張りの
真っ黒い穴の上だった事に気づいちゃったって感じだったなぁ。

948 :優しい名無しさん:2010/05/21(金) 00:39:33 ID:K/7FRxV1
自分も死刑囚と何も変わらなかったんだって感じ
一日が過ぎる度に処刑台への階段を登ってるんだって事に気付いて
怖くて眠れなくなった
今は諦めの気持ちが強くなって、泣いたり眠れなくなる事は無くなったけど

949 :優しい名無しさん:2010/05/21(金) 23:31:06 ID:8X4q4u0j
あきらめかあ。。。 ないちゃってたんだ。。↑

950 :優しい名無しさん:2010/05/22(土) 16:06:47 ID:76KFJ1Gp
>>943
グレアムグリーンという作家の「情事の終わり」っていう小説で
まさに同じようなシーンがあったな。
神を憎むということは、神が存在するということを認めているということで
それは信仰への第一歩である、みたいなね。
結局、その神を憎んでた登場人物は、信者になってしまうんだけど。
死への怖さで頭がおかしくなるよりは
宗教にはまって死を怖れないでいられるほうがいいのかな、とも思うが
やっぱり神様とか仏様とかナントカ様とかは、信じられないんだよなあ…。

951 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 10:54:59 ID:CuCl4+vI
俺が神を信じられなくなったきっかけは宇宙の事を深く知った時だな
それまで誰に神はいないと言われても、自分自身で
霊の事を調べてありえない事だと認識していても
でも、ひょっとしたら…と心の隅で思っていたんだが
宇宙を見たらそんな甘い考え全部打ち砕かれたよ

神がいるとしたら、何故こんな星作った?
何故地球にしか生命という存在を作らなかった?
何故地球以外の惑星や宇宙に神はいない?
あれだけ広大な宇宙なのに知的生命体が地球にしかいないという事実
他の星にもいるかもしれないが、未だ観測されていない事実
地球が生まれて46億年も時が経過してるのにこれだ、
過去もこれからも、人類が生きているかもしくは
地球が爆発するまでの間に宇宙人との交流なんてはたしてあるのか?

今のところ、人類が作った最高最大精度の天体望遠鏡でも
地球に似たような星すら発見されていない
発見できたとしても、それは数万数億光年も遠くの星
俺達が生きている間に交流できる距離にある惑星は
全て生命のかけらも感じさせない死の星
宇宙を調べていく内にこういう事を考えてしまったから、俺はタナトになってしまったんだ…

952 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 13:58:17 ID:ZPtT2ew0
死が無だと知った後で宇宙の事を調べると
色々考えちゃうんだよね。嫌な事ばかり。
普通の人には星が見える夜空は綺麗で美しく感じるだろうけど
自分には死と無情と暗黒が無限に広がる絶望の空間にしか見えない。
実際宇宙は音も空気も何もない、闇だけが延々と続く
人間が生きられる要素を全て否定した死の空間だしね。

そんな空間がずーっと広がり続けていて、その中に散らばっているのは
地球を除いたら全部が生命無き岩石ばかり。ゾッとするよ。
晴れた日に公園の散歩をして、生い茂る木々や桜を見て美しいと思った後だと特に。
人間が、生命が、地球そのものが宇宙にとっては
イレギュラーなんだろうと実感する。イレギュラーでなければ
地球のような惑星や人間のような生命体がもっと数多くいてもいいはずだ。

953 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 14:51:27 ID:q2CRRjH3
逆に宇宙飛行士が宗教に目覚めちゃう例も結構聞くよね。
あまりに大き過ぎるものを、頭じゃなく実際に自分の目で見て
体で感じるとまた違うのかもしれん。

954 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 16:25:09 ID:3sAdY92d
生まれた事に、存在する事に
価値や意味を求めたがるのが人間だからね
でも宇宙の事を知った後だと自分自身どころか
人類も地球にも存在する意味なんてあるのかと思ってしまう

>>951は地球が出来て46億年も経つのに未だこの程度か、
と嘆いているけど時間も幽霊と同じく人間が勝手に作った概念に過ぎない
宇宙にとっては46億年も1兆年も大して変わらない
ただ、在り続けるだけだ

この、ただ存在し続けるだけというのが問題であって
今現在この宇宙でこういう事まで考え悩むだけの知的生命体が
我々人類だけだと仮定するならば、
人類が滅亡し、地球の寿命が尽き爆発した後の宇宙
時間という概念が消え去り、観測する者が無くなった宇宙も
ただただ、「在り」続けるのだろう…兆どころか1京年経ったとしても
それを想像すると空しく、そして怖くなる
誰にも観測も知られる事もない宇宙に意味なんかあるのか?
しかし、意味などなくても在り続ける
ここからさらに、宇宙が何故出来たとか
有とは何か無とは何かという方向に考えるとさらに怖くなっていく…

955 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 16:43:52 ID:3HCCJxuR
宇宙について考えると全てが恐ろしくなるよね
地球や他の星には始まりもあるし、終わりもある
けれど、宇宙には始まりも終わりも無いんだから
果ても無いんだし
人間の理解の範疇を超えてるから怖いんだろうね

956 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 17:04:54 ID:ulBEGjp8
脳が処理できないデータ量に悲鳴をあげてるって感じかな

957 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 17:54:20 ID:q2CRRjH3
アインシュタインだっけか、自分の理論を物理学の専門教育を受けいてない人間に理解
できるよう説明するより、お前には理解できないって納得させる事の方が難しい、て話。

958 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 20:06:24 ID:dq1lbZ3P
映画や漫画では宇宙は魅力的な存在や
可能性がある場所として書かれるけど、
現実の宇宙は光も音も空気もない黒一色の闇の世界。

そんなの当たり前だろって言うけど、そんな世界が
何キロも何億キロも何兆キロも何京キロも
何垓キロも何禾予キロも何穣キロも何溝キロも
何澗キロも何正キロも何載キロも何極キロも
何恒河沙キロも何阿僧祗キロも何那由他キロも
何不可思議キロも何無量大数キロも続いていく。
敢えて光年って単語使わないで書いた。

それだけ世界が広がっても、漂うのはアステロイドのみ。
地球以外の星に生命は一つも存在しない。
どう考えても異常だろこれって。
生命なんて概念を作った地球って星が異常なのか、
地球以外に生命を作らない宇宙が異常なのか。
どちらにしろ答えなんか解らないまま無になるだけなんだが。
こんな事を考えるようになってしまったのが、タナトの最大の不幸かもしれない。

959 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 21:05:14 ID:6I/7Rf30
宇宙ヤバイってコピペが前に2chで流行った事があるけど、
死=無と悟った後で宇宙の事考えるとあのコピペなんか
足元にも及ばないくらいヤバく感じるよね、宇宙

>>958
別に普通の人の中にだって宇宙や宇宙の中にある
地球と人間の在り様が異常だと感じる人はいると思うよ
ただ、異常だと感じたその先に考える事が違うだけであって
普通の人なら宇宙ヤバイ、宇宙すげえで思考停止もしくは
それ以上考えるのをやめる所でもタナトはそれ以上先まで想像してしまう

タナトが宇宙の事を思うのは自分が死に怯え嘆いた後で、
自分自身は駄目だけど自分以外の人類は、未来の人類には希望は
あるのかって少なからず期待してしまうというのもあると思う
しかし実際は宇宙はこれだけ広くても人類以外の生命体無し、
不老不死の技術もまだ確立せず、ワープという技術は
少し前に不可能だと科学者が証明したし
タイムトラベルも時間というのが人が作ったただの概念である以上不可能
将来や未来の人類存続の期待や妄想まで否定されまくってるんだよね…

960 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 21:27:05 ID:pqruCzht
人間が未だ観測していない数億光年の先の惑星の中には
地球と同じような惑星や地球人以上の知性や文化を持った
宇宙人が存在しているのかもしれない。
その惑星の人達の中にも自分達と同じように死を恐れ、
自分以外の宇宙人はいるのかと思いを馳せる人もいるかもしれない。

でも、観測できないのならそれはいないのと同じだ。
いたとしても、会えないのなら、交流が出来るほど近くに存在せず
接近する手段も科学技術もお互い持っていないのなら同じ事だ。
少なくとも自分達が生きている間は宇宙人の存在等確認できないだろう。
宇宙での異文化交流。人類が存続している間に成し遂げられるのだろうか。

961 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 22:06:01 ID:vz369KZT
神などいない事、死んだら無になる事、
宇宙がこれだけ広くても生命体は地球にしかいない事、
人や地球や宇宙が存在する事に、特に意味が無い事、
そもそも意味なんて物を求めるのは人間だけだという事
これら全部をひっくるめて、人類の未来にあまり希望が無い事

どれか一つだけでも考えると絶望的になるよね・・・・・
普通の人が、死んだら無だと解っていてもタナトにならなかったり
あまり無とか死に対して深く考えない理由が
このスレの宇宙に対するみんなの考えを読んで、少し解った気がする
自分が宇宙の事や哲学を知るようになったのも
死んだら無を知ってタナトになったからだし・・・・・
タナトにならなければ宇宙の広さや怖さ、無常さに目も向けず
ただ毎日をあくせく生きる一般人のままでいられたんだろうけど、
もう宇宙に対して普通の考えも抱けなければまともな死生観も持てないんだろうな・・・・・

962 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 22:20:26 ID:ulBEGjp8
なんだか久しぶりにタナトスレが活気にみちあふれてるなw

963 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 22:51:37 ID:aJkJNS4L
森や自然等の地球の物質、景色には
幽霊や神がいそうな神秘性、宗教感があるけど
宇宙には全く無いからね…無限に続く暗闇と
空気の無い超低温の空間は死と無を強く意識させるだけで
神や霊をまだ信じている人ですらそれを否定してしまうような説得力がある
むしろタナトを増幅させ、タナトに近づいている人を
そのままタナトに引きずり込んでしまうような恐ろしさが…
死後の無と同じくらい、宇宙の事は考えるべきじゃない
考えれば考えるほど訳が分からなくなる

964 :優しい名無しさん:2010/05/23(日) 23:24:49 ID:4lZxQvY+
宇宙とかたるやつ みんな同じ人?  そんな
むずかしいことかんがえてんだ    単にしにたくないよーっつてのとはまた
ちがうのかね??・

965 :優しい名無しさん:2010/05/24(月) 21:34:14 ID:SpYN2ITT
まぁ俺たちの恐怖の大きさもたかが知れてる
組み合わせを考えればものすごい量になるがちっちゃな脳みその中に納まる程度
「実際に」外を全力で走って来ればだいたい収まる
心臓の苦しさでタナトどころじゃなくなる。その程度

966 :優しい名無しさん:2010/05/24(月) 23:27:32 ID:vWDuWm4Q
>>964
神がいないことに気づいたことがタナトの始まりって人が多いからね
この世界の構造を冷徹に知らしめ、神秘なんて存在しないってことを思い知らせてくれる宇宙科学は恐怖

967 :優しい名無しさん:2010/05/25(火) 00:44:02 ID:nMRXDonz
>>965
暇な時間を作らないように予定を詰め込むって人もいたよね
考える時間が多いと辛くなるから、入院なんてしたら地獄だろうなぁ
自分は苦しくなったら、動物とか人肌の温もりを感じると落ち着く
どっちも病院ではNGだから、今から病気になって入院するのが怖い

968 :優しい名無しさん:2010/05/25(火) 23:15:29 ID:jGMzzjHj
>>966
れす ありがとう  私は単に今がなくなるのがこわいだけだったので
宇宙レベルのはなしとは ちがうかとおもってたけどすこしわかったよ
その先の話なんだね ありがとう

969 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 05:16:14 ID:dex+P+Zk
お前が単純なバカなだけだろ

970 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 09:21:57 ID:31OBhzuV
宇宙を語っちゃってる奴も十分馬鹿だと思うけどねえ

971 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 15:28:24 ID:7NVZKAgQ
さてもうすぐこのスレも寿命だが誰か立ててくれるかな

972 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 17:52:55 ID:dex+P+Zk
>>970
無理すんなw

973 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 18:20:04 ID:4DIK4XE5
>>969
いやあおまいさんが一番おバカだとおもわれる

974 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 18:24:23 ID:dex+P+Zk
だから無理すんなってw
お前のタナトなんてゴミみたいなもんだからw


975 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 21:23:39 ID:7NVZKAgQ
まぁごみだよなそのうちゴミと認識するものも無くなる
何一つ観測する者のいない世界がおとずれる

976 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 22:17:52 ID:SToxWCC6
俺は診療内科に行ってお薬処方してもらいました。

977 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 23:00:06 ID:4DIK4XE5
>>974
さあねなさいな   あ ねれないんだっけ
こわくて      かわいそ

978 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 23:15:48 ID:31OBhzuV
>>974
お前何?
まさかお前もタナトなわけじゃないよな?
もし自分のタナトに比べてゴミだと発言してるんなら笑っちゃうんだけど?w

979 :優しい名無しさん:2010/05/26(水) 23:32:30 ID:4DIK4XE5
>>978
ほんと >>974どうかしてるぜ

980 :優しい名無しさん:2010/05/27(木) 00:51:43 ID:vN3rv7S2
タナトとは直接関係ないが一度子供のように思いっきり泣いてみたい
怖くても震えても感情をどうにも発露できない
冷静になろうとする無意識が働いてしまうのがストレスをさらにためてる気がする
どうやったら感情って爆発させられるもんなんでしょ

981 :優しい名無しさん:2010/05/27(木) 16:27:25 ID:qqt1u/9b
内側から来る物に対しての対処方が分からん
医者には考えないようにすればいいとか簡単に言われたけど、そんなん簡単にできたら宗教も要らんわ

982 :優しい名無しさん:2010/05/27(木) 18:23:51 ID:qBH3Pwp6
かんがえないようにしろ
とよくいわれるみたいだよね  あとなんかきいたことある?
ちなみに みいは 苦しくなり発狂したくなったら
@うろうろする
A飲み物いっちきのみ
Bとりあえず内から来るあつい不安感が過ぎ去るまで
こらえる
みいはこれで対処   いろいろな人がいるからいちがいには
いえないけど。   あとここきて 人けなす人こなくていい  >>974とか

282 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)