5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シベリアSS投下スレ

1 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 09:52:33 発信元:126.245.234.65

*オールジャンルなSS投下スレです。

*シベリアは猿がきついので、投下中は極力支援しましょう。
 猿が出た場合下で連絡を↓

 【ばいばい】ばいさるでたら書き込むスレ 1匹目【さるさん】
 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1279540885/



シベリアでは単発スレNGです。
見かけた場合、こちらに誘導しましょう。


2 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 09:56:16 発信元:202.253.96.246
SSって短編小説のことだよね?
二次創作もおk?

3 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 09:56:37 発信元:123.221.208.114
関連スレ:

ブーン系小説

  ( ^ω^)ブーン系小説シベリア図書館のようです★24
  http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1279883258/


創作全般の雑談、ワナビー

  シベリア創作サロン
  http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1260711753/


一行物

   【一行小説】一行リレー小説16【inシベリア】
   http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1279811156/

   小説書いてください
   http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1276120829/

   リレー小説書いて
   http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1276768659/




4 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 09:57:26 発信元:123.221.208.114
>>2
おkです。何でも来い!!
あなたの作品を待ってます。

5 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 10:05:54 発信元:74.115.6.56
その他追記:

  *投下中は常時age推奨

  *投下する時は「投下する」と一言宣言してください

  *名前欄にタイトル書くのもあり

  *シベリアらしいSSを書きたい方などは下をご参照あれ

↓シベリア観光案内所です。シベリアについて知りたい方はこちらをどうぞ
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1247659946/l50

シベリアAA物語
   i・'"'',━' '・"'"''` ━''`'・" ''"・'`',"、''・''"`;, '         。    ο
ο,.┃ SiberiaRailway.     ,.        ;:これはシベリア民の聖典、とも言うべきお話です。
  ┃     ο     。    ゚  ο ┃日本に日本書紀、ユダヤに旧約聖書、ギリシャにホメロスが
  ┃o     Сибирь        ;: o   ,.:-一;:、    ,.あったように。
  ┃ ο      。   ο   ,.       i:  。 ミ;;:;,. _,.;:゙ミ 'ο     。    ゚
  ┠──────────────‐; ,  r( ´・ω・)  o
  ┃←1001 o   ゚      。  1→ ;;   ツィー=ニ彡'          ο
 。┣━━━━━━━━━━━━━━・i   〜'l  つとノ   ,.  ゚
,, ._.┃_,,_o, __ _ ,_ .,.。゚. _ , __ο_. ,_ ;|!, ..,,:;;;u‐―u' __ _ , .,._,o ,、,. , _.,,
ト ';:''`'';"'' ゚; ''"'::"' ';: '';"' ゚;;:゙''"'::  '゚';; ' "' ;:;'' '゙' ; '' '';;:' ''゚;:;:''"'';"'' :"' '゚  ''゚;:;:'";:
| ''   :: '   ::    ;ttp://wald.xrea.jp/siberia/←まとめサイト

6 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 10:08:38 発信元:74.115.6.56
ではどうぞ
シベリアは皆さんの作品を応援します。

                           /\___/ヽ
                          /''''''   '''''':::::::\
                         .|(●),   、(●)、.:|
                         |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
           ,,,,,,,,,,,            .|   `-=ニ=- ' .:::::::|
           [|,,★,,|]            \  `ニニ´  .:::::/   
   ,,,,,,,,,,,,    ( ゚∋゚)             /ヽ、--、 r-/lヽ      
  .[|,,,★,,,|]  /⌒\/ヽ /彡     ,,,,,,,,,,,, / > ヽ▼●▼<\
  (  个 )  | |   |ヽノ,,,,,,,,,,,, __,[|,,+,,,|,]__   ,,,,,,,,,,,,  |/  ヽ   _    ,,,,,,,,,,,,
  |   |  ,,,,,,,,,,,,   [|,,,★,,,|] ★((ハヾヽf''ツ [|,,★,,,|]    _、_  (○)=ヽ[|,,★,,,,|]
  |   |  [|,,★,,,|] < `∀´ > `ハ^ω^*リハ. リ゚ ー゚ *ハ ( ,_ノ` ) (゚Д゚,,)(´∀` )
  ( ・∀・)  (・∀ ・ ) ( ゚゚ : ゚゚ )   !つと )   (゚゚ :゚゚ ) (つ と ) し ⊂ |( ゚゚: ゚゚ )
  | | |   ノ(゚:゚゚ )ヽ| | |   く___ゞ⌒'ーァ | | |  l  i  |   |  . || | |
  (__)_)   <  > (__)_)   し ヽ)`ー''´. ∪ ∪ (_(__) し `.J(_(__)
l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
   |  :::| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|  :::| : : :


7 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 10:10:44 発信元:74.115.6.56
補足:

   人が集まらない場合、大手の雑談所やVIP大使館に宣伝もありです。

   シベリアは基本人がいないところですが、めげずに頑張ってください
   静かにROMってる人やあとで纏めて読む人も結構います。



8 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 13:24:03 発信元:59.135.38.145
こんなスレが出来たのか!
帰宅したら投下させてもらうぜ


9 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 13:33:27 発信元:126.232.32.26
>>8
支援するぜ

10 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 20:30:28 発信元:124.146.174.3
あげ

11 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/26(月) 23:40:49 発信元:59.135.38.143
書きたいものや書かなきゃいけないものがわんさとあってどれから手をつけていいかワカンネ


12 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/27(火) 00:09:43 発信元:121.2.98.95
よろしければこちらもどうぞ!

■文学と私

「思い出の本と私」

.('A`)思い出に残ってるって言えばトルストイの「戦争と平和」だな。ガキの頃だ。

  オヤジの本棚があって、で、手の届かないところに小銭を貯めた瓶があったんだ。
  なんとかしてくすねようとして、本棚から本を取り出して重ねて台にした。

  それが「戦争と平和」だった。あれちょうど4巻ぐらいあって、重ねると高さが丁度だった。
  でも、やっぱガキのすることだな、本の並び順がバラバラで一発でバレた。
  頭の形が変わるくらいに殴られた。


  ちなみに今にいたるまで読んだことは無い。

*******

現在計画進行中のシベリア文学祭について、話し合いの場を
下記スレに設けております。
皆様からのご意見やご提案をお待ちしております。

シベリアで木を数えるスレ 3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1279177258/


13 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/27(火) 12:14:36 発信元:126.228.200.202
この前来てた美味しんぼのけいおん対決は面白かった

14 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:24:54 発信元:182.169.114.197
初歩的なことで申し訳ないのですが
SSってなんですか?

15 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:32:02 発信元:74.115.6.57
>>14
ショート・ショートもしくはショートストーリー
短編(小説)のことです
漫画やアニメのキャラによる2次創作も広義には含まれます。

16 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:47:26 発信元:210.136.161.165
age進行?sage進行?


17 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:52:17 発信元:202.253.96.244
>>16
作品を投下してる時はあげ推奨です。>>1から読み直してこい

18 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:56:57 発信元:210.153.84.109
>>17 この流れじゃ、読み直してもわからんぜ…


19 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:57:08 発信元:123.221.199.235
ただこのスレ周知のために為にたまにageるのもいいかも
というかシベリアage進行スレが増えすぎて、すぐ沈んでしまう

20 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/28(水) 23:59:44 発信元:210.153.84.11
>>19 みたいだね。結構、知ってるスレが落ちてったのを見たよ。
後は職人、神降臨を待つか。

21 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 00:29:12 発信元:202.253.96.244
流れがどうこう関係ありません

22 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 01:02:44 発信元:202.253.96.246
去年書いた二次創作のSSが出てきたw
読み返してみたら何これ死にたい
こんなのよく平気で晒せてたなぁ

自分死ぬべきもう

23 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 01:34:05 発信元:210.136.161.69
(^ω^)まとめブログの感想が書き手が痛すぎるだったお

24 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 02:54:30 発信元:120.74.54.189
コメントなしとか○○のパクリ乙ばかりの俺よかマシ

25 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:02:24 発信元:202.253.96.245
まとめブログに載ったりするんか…尚更投下しづらいな

26 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:04:44 発信元:120.74.54.189
どうせシベリアなんかチェックしてねーよ

27 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:06:38 発信元:202.253.96.246
なるほど。そうかもしれぬね。考えてみようかなぁ

28 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:35:35 発信元:202.253.96.245
投下します。
1レスのみです。感想や批評くださったら嬉しいです

29 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:37:11 発信元:202.253.96.246
「せがれや、この停電は、いつ復旧するのかね」
窓際の椅子に腰かける男が言った。
「はい、まだ復旧の見通しは立っておりませんが、近いうちには…」
彼の息子は言い、男は顔をしかめた。
「近くの発電所に隕石が落ちたからだと聞いたが、全く、電気が使えないとなると不便極まりないな。おまえ、タバコを取ってくれ」
「あなた、タバコが切れてるみたいだから買ってくるわ…」
男の妻は言い、息子に手招きをした。

リビングのドアを閉めてから、息子は言った。
「停電ということで、本当に良かったのでしょうか…」
「ええ…まさか、視力、聴力、味覚、そして体を動かす力をじゅんじゅんに奪って行き、最後には死人同然の体になってしまう病気にかかっているだなんて、あの人には言えるはずありませんもの…」

30 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:39:05 発信元:202.253.96.245
星新一が好きでかなり影響受けてます。自分は長い物語を書くよりSSのほうが向いているようです。
ありがとうございました

31 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:45:57 発信元:124.146.174.41
>>30
全俺が泣いた
乙ですた

32 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:46:03 発信元:124.146.175.137
朝になりゃお日様が出るだろ、アホか

33 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:54:00 発信元:121.111.227.80
すまん
SSってなんだ?
なんの略?

34 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:57:13 発信元:202.253.96.244
この時間は無謀だったかな

>>31
ありがとうございます

>>33
ショートショートもしくはショートストーリー
短編小説

35 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 03:58:51 発信元:120.74.54.189
ここでは、ショート・ストーリーの略
板によって意味の捉え方も変わるし、短いお話全般を指すと思えば大体合ってる


36 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:20:04 発信元:118.159.132.166
>>29
ちょっと無理がある気もしますが私は良かったと思います
乙です

37 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:23:37 発信元:121.111.231.16
投下します
多分3レスぐらい

38 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:28:00 発信元:121.111.231.100
昼間のうだるような暑さも過ぎ、今は大分過ごしやすくなった。
ふと、目が覚めた私はコーヒーを飲もうと起き上がりベッドから降りる。
最近はすっかりご無沙汰だったコーヒーメーカーにスイッチを入れ、しばし待つ。

ふと見ると、横にある電話機のボタンが点滅しているようだ。

着信は母、留守電が入っているようだった。

39 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:34:18 発信元:121.111.231.99
『もしもし、最近どうですか?』

母の声を聞くのは随分と久しぶりだった。

『最近は暑くなってきたから、熱中症には気をつけなさいね』

どうやら母は私を心配してくれているようだ。
何時までも私を子供として見ているのだ。
煩わしさもあったが、やはりうれしいものだな。


上京して三年、母の顔を見ていない。
母は、私が都会に行くと言った時寂しそうにしていた。
だが、最後には私を笑って見送ってくれた。



私は今、なにをしているのだろうか?

40 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:42:20 発信元:121.111.231.11
母を安心させたくて故郷を離れた。
仕事を覚え、今では安定した収入を得ている。
なんの不満もない、極普通の生活。

そう、普通なのだ。
夢を持って上京した。
なのに、今のこの生活に慣れてしまった。
現状に満足してしまっていた。

あの頃、望んでいたことは何も叶っていないと言うのに。

カップにコーヒーを注ぎ、口に入れる。


苦い

ほろ苦い

なぜか目から涙が溢れている。
嗚呼、そうか、私は諦めていたのだ。
外は明るくなり、1日が始まる。
何時もと同じ一日が。

今度の盆、実家に帰ろうかな。

終わり

41 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:48:53 発信元:219.53.8.80
「どうしていまさらあたしなんですか。グループははじけなかったしあたしはおちこぼれだし まだ東京にのこってる
メンバーは居るのに。」
「愚かな問いだ。あんたにひとを惹きつける力があるからだ。」
「あたし、かわいくないじゃないですか。」
「それがなんだっていうのかね。かわいくなくてもひとを惹きつけるコはいるよ。お前はそれが著しい。」

42 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 04:51:35 発信元:202.253.96.245
>>40
乙。家族の暖かさか。

>>36
ありがとうございます。確かに自分も無理があるよなあと思いながら書いてました。


43 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 05:06:27 発信元:111.86.141.137
純「ねぇ、お兄ちゃんの部屋からHなDVDが出てきたの!
皆で見ない?」

梓憂「ぇっ!?…」

純「あんた達は見たくないの?
見た事ないでしょ?」

梓「そ、そりゃ…ないけど…」

憂「わ、わたしも…ないけど」

純「じゃあ、きまりね!
次の土曜日の憂ん家でのお泊り会の時に持っていくからね!」

44 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 07:54:33 発信元:126.246.90.190
支援

45 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 07:59:15 発信元:111.86.141.131
そして土曜日の夜、食事も風呂も済み
就寝前のリラックスタイム…唯はなんかの用事でいない


憂「ねぇ純ちゃん その…持ってきたの?」

純「んー?なにを?」

漫画を読みながら返事をする純

梓「(忘れてる…)」

憂「その…えっちな…」
純「ああーっ!そうだ!忘れてた!」

梓「(なーんだ…)」

憂「そ…そう…」

純「持ってきたよ!」

46 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 10:29:56 発信元:60.62.224.132
>>33
Sストラビン
Sスキー

作曲家のことだよ

47 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 10:43:08 発信元:202.253.96.241
何言ってんだか

48 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 20:28:16 発信元:202.253.96.241
あげ

作品こい

49 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 20:32:09 発信元:210.153.84.21
版権モノ、はやっぱそれの巣の板へ行くべき?


50 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 20:38:02 発信元:221.185.9.123
>>49
>>1ですが、良識の範囲でお願いします。過度のエログロは控えていただければと思いますが・・・

51 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 20:48:44 発信元:210.136.161.98
>>50 了解した。
自分のオリジナル世界観SSって書いた事無かったので…
エログロには気をつける。

52 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 20:50:44 発信元:221.185.9.123
VIPで投下されているような2次創作のSSでも歓迎します

君の力作を待つ!!

53 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 20:54:44 発信元:202.253.96.244
モンハンの二次創作を気が向いたら書きます。

54 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:30:53 発信元:111.86.141.141
純「ちょっとバッグから持ってくるね」タタタタ…(2階に上がっていった)

梓「ど、ドキドキしてきた…ちょっとトイレ…」
憂「う、うん…」

トイレにて―――
梓「(濡れてる…)」

―――そして

純「じゃーん!持ってきました!これです!」

梓「こ、これが…そうなんだ」

憂「ところでタイトルのスカトロ…ってなに?」
純「さぁ?女優さんの芸名じゃないの?」

梓「…早く見ようよ」

純「おお!梓さん待ちきれない様子ですね!」

梓「そ、そんなんじゃ…」

55 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:44:45 発信元:202.253.96.242
けいおんの人が落ち着いたらモンハンの小説を投下します

56 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:12:10 発信元:202.253.96.245
1;30になっても静かなら投↓します。

57 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:15:12 発信元:111.86.141.141
ネタ切れなのでどうぞ

58 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:18:57 発信元:202.253.96.246
了解です。ありがとうございます。
2レスほどです。
モンハンの二次創作でテーマは「剥ぎ取り」

59 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:21:03 発信元:202.253.96.245
実力派ハンターとして名高い彼は、まだ若かった。
愛用の黒い狩猟笛を背負い、ひと息つくと、力なくうつ伏せる″盾蟹″ダイミョウザザミの剥ぎ取りにかかった。
無数の傷跡が刻まれた大きな鋏に、慎重に刃を立て滑らせる。
何万回と繰り返してきた作業なのに、いくらやっても慣れるということはない。
堅く鋭いその鋏の付け根を外し本体から引きちぎり、掌を這すと、まだ仄かに温かく、ずっしりと重い。
指先に痛みが走り、血が滴った。
落ちた血の雫は盾蟹の脚を滑り、砂漠の熱された砂に蒸発した。
 次に彼は、力なく投げ出された脚の解体に取りかかった。持つのも難しいほど重く、そして鋭い。
こめかみや首筋から汗が幾筋も伝い、蒼い飛竜由来の腕用防具を滑った。

「とれた…」

無口な彼が珍しく安堵の表情を浮かべた。
かなりの重量があるその脚を、彼は慎重にポーチにしまった。
ずさんに扱うと、また怪我をしかねないと、血のしたたる指先を舐めつつ思った。
ヤドを外し、堅い外殻を削る。たくさんはいらない。必要最小限だけあればいい。
彼は腕に力を込め、一気に引き抜いた。かぽんと間抜けな音がし、つるつるした堅殻が彼の手に収まった。
強度とは裏腹にとても軽いそれを、彼は掌で撫で、言った。

「…ありがとう」

盾蟹の亡骸に頭を下げ、彼は、拠点としている村に帰るべく、歩きだした。

60 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:23:13 発信元:202.253.96.246
以上です。1レスで済んだ。
「とれた」ですが、漢字にまよったのでひらがなにしました。獲れたか採れた がよかったでしょうか
批評などあれば

61 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:45:05 発信元:202.253.96.245
次はドスギアノスあたりで書いてみる

62 :33:2010/07/30(金) 03:08:55 発信元:121.111.227.77
>>34-35
サンクス
面白そうだな

63 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 03:42:08 発信元:124.146.175.74
妹「お兄いいい、工事現場の音がバイブ音に聞こえるよおおお///」

64 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 07:45:36 発信元:126.249.164.185
>>60
作業としての「取れた」の意味もあるので、ひらがなでいいと思う

65 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 07:49:26 発信元:111.86.141.131
俺「のど渇いた〜」

澪「(ごくごく)…飲むか?」

澪が飲んでいた烏龍茶を俺に差し出す

俺「え?でも…」

澪「遠慮するなよ 私は今飲んだから大丈夫だ」

俺「いや…そうじゃなくて、間接…」

澪「?間接…なんだ」

俺「なんでもない!…ありがとう」




男女間に疎い澪…

食べカスが浮いた烏龍茶を美味しくいただいたのであった

66 :1:2010/07/30(金) 08:09:35 発信元:126.224.25.8


始まりと終わりに、
「投下します」「以上」とか付けてくれるといいですね

67 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 08:13:30 発信元:111.86.141.134
そうゆうのは入れないほうがいい

68 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 10:45:25 発信元:202.253.96.246
>>64
なるほどなるほど。ありがとう。

また気が向いたらモンハンのSSを投下します。お題かなんかあったらください

69 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:26:43 発信元:219.53.8.80
「おれはゆるふわが好きだッ ゆるふわをたくさん描いて世の女の子をみんなゆるふわにするッ」
「そうなんだ。」

「がんばってるね。」
「うんっ わりとむずかしいが腕前はあがってきてるぞッ」

「ねえ」
「なんだッ」
「ゆるふわの女の子増やす方法、もっと簡単なのがあるのに。」
「なにッ なんだお前…風呂でも入るのかッ」

バカッ


70 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:42:43 発信元:219.53.8.80
「あれ ビキニじゃないんだね。」
「…悪い。恥ずかしいんだもん。」
「勇気が湧く方法おれ知ってんよ。」
「どうせエッチな方法でしょ。」
「ぜんぜん。ちょっとこっちこいって。」
「ほらやっぱり。」

「ちょっと目、つむれな。」「みえみえ。ンッ… 」



「ビキニじゃないの?」
「…」
「効かなかった?」
「まだ、足りないみたい。

71 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:50:01 発信元:126.245.139.188
ふむ

72 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:51:48 発信元:219.53.8.80
ふむとはなんだふむとは 失敬だなキミィ

73 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:53:14 発信元:126.245.139.188
こりゃしっけい
続きを頼むよ

74 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:54:05 発信元:219.53.8.80
続きなど ないっ

まあ今のレスは様式美のつもり

75 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 20:56:16 発信元:126.245.158.201
乙乙

76 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 21:04:49 発信元:219.53.8.80
「瀬川君、われわれは天才だね、ついにこうして惚れ薬の開発に成功した。さてさっそく実験をしたいが…」
「わたしなら辞退させていただきます、主任。」
「おっそうか 確かに助手であるきみの心を実験台とはいささか失礼かも
「そういう意味じゃなくって。主任。」

77 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 21:14:00 発信元:219.53.8.80
「なに聴いてんだよかっこいいヘッドホン!」
「わ ばかちょ おい!!」
「すっげ萌えソング!キタコレ!北沢おたくだったんだ。」
「お前言葉づかい女らしくしろよ。」
「やなこった。あたしも萌えソング聴くよ。」
「ハ??」
「今度いいのきかして。じゃな。」

集中豪雨で帰れなかった。

下校口でまたあったとき話すことがなかった。おれたちはなんとなく間をあけて並んで立ってしまった
山口律子のほうが10cmはおれより背が高い。

78 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 21:32:31 発信元:219.53.8.80
そろそろラノベはDQNネーム対策たいへんだ

79 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 22:35:25 発信元:219.53.8.80
おれは山口と話をするようになって 少しずつ山口がおたく界にも深入りすることになったいきさつを知っていった。

はじめはカレカノから入ったというじぶんと同じ高身長のキャラに感情移入をしたそうだ。高身長の女キャラって
貴重なんだぜ、と山口は言った。

その日より おれは山口律子をタッパと呼ぶことにした。山口は別段反駁はしない。

80 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 22:36:44 発信元:202.253.96.244
投下しにくい流れ

81 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 22:37:19 発信元:219.53.8.80
あ 退避します

82 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 22:40:59 発信元:202.253.96.244
すみません更新してなかった
>>81
どうぞどうぞ続けてください。終わったら私も投下します

83 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 22:43:10 発信元:219.53.8.80
んっ

ちょっとひといきいれてきますので…よろしく!

84 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 23:15:37 発信元:124.146.175.69
ちんぽこ「へい!僕ちんぽこ!一緒に遊ぼうぜ!」

姉「ん? 何これちんぽがしゃべってる!」

妹「何言ってんのお姉ちゃん……早くいくわよ」

姉「だってちんぽが!」

ちんぽこ「へい!お嬢さん!へいへい!」

姉「ちんぽが!ちんぽこが!」

妹「お姉ちゃんさぁ……頭大丈夫? どこにちんぽがいるのよ? そもそもちんぽがいるってどういう状態なのよ? ……まさか立ってるとか言うんじゃないでしょうね」

ちんぽこ「ここだよ!ここ!へい!」

妹「…………ぎゃあああああ!!!!」

85 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 23:34:27 発信元:124.146.175.70
妹「お姉ちゃん早く入って!!」

姉「もうわかったから。全くいきなり帰るなんてどうしたの?」

妹「どうしたのってこっちが聞きたいわよ! ちんぽよ! ちんぽなのよ!?ちんぽが立ってたのよ!! なんなのよあのちんぽは!! はぁはぁ……」

姉「うーん、とりあえず女の子がちんぽちんぽ言うのはちょっとやめた方が良いと思うナ!」

妹「お姉ちゃんが言いはじめたんでしょうが!! はぁはぁ……それより鍵はちゃんとしめたわね。 よし……外には誰も」

ちんぽこ「へい!」

妹「ぎゃああああああああ!!!!!」

86 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 23:48:45 発信元:126.249.124.166
ヘイぢゃねーよ

87 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 23:53:02 発信元:124.146.175.70
姉「そういえばそろそろパパが帰ってくる時間だよね」

妹「ぎゃああああああああ!!!!!」

姉「ママは同窓会で友達のとこに泊まってくるから私達が夕食を作らないとダメなんだよね」

妹「ぎゃああああああああ!!!!!!!!!」

姉「夕食の買い出し行かないの?」

妹「行けるかあああああああ!!!!!」

父「なんじゃこりゃああああああ!!!!!」

妹「あっ! パパ帰ってきたのね……!! でも玄関にはちんぽがいてああああああ!パパの方にちんぽが向かって……」

父「おいおまえ!近寄るな!そこに立ってろ!これ以上近くに来るんじゃない!来るな!!」

ちんぽこ「…………ビンっだ!」

父「よし良いぞその状態を維持しろ……ふぅ」

88 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 23:55:06 発信元:202.253.96.244
ここまで汚ならしくて最低な小説は初めて

89 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 23:55:13 発信元:126.249.124.166
なんだなんだ

90 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 00:15:30 発信元:124.146.175.69
妹「パパあああ大丈夫だった!?」

父「ああ。だが、なんであんなところにちんぽが立ってるんだ!?」

妹「わかんない。お姉ちゃんと買い物行く途中に現れたんだけど怖いからどうにかしてよ!」

姉「そんなに怖いかなぁ。か、かわ……」

父「全くあんなものをのさばらしにしておくなんて一体警察は何をやっとるんだ! 忌ま忌ましいちんぽめを取り締まれないで何が警察だ!国家権力だ!」

妹「パパ警察でしょ!」

父「わっはっはっは!パパは署長だから現場には行かないんだぞー」

妹「事件は会議室で起きてない!現場で起きてるんだから!」

父「とりあえず110番と」



なんて言ってる中。確かに、ゆっくりとだが、父のちんぽに異変が起きはじめていた。

91 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 00:35:11 発信元:124.146.175.70
父の無意識化においてちんぽはうごめきはじめていた。血流が加速し、海綿体の膨張は悠然と父の許容範囲を突破した。齢六十を刻みながらの勃起。これが世界を揺るがす戦争を勃起させることに気づくものは誰もいなかった――完。

下品過ぎ飽きたwwwまったりしたの読みたいです次の人どうぞ!

92 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 00:37:32 発信元:126.249.124.166
バカすwww
あと書きためしろい

つぎのかたどぞ

93 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 00:46:26 発信元:202.253.96.241
モンハン二次創作を投下します
たぶん

94 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 00:55:10 発信元:202.253.96.245
若葉色の飛竜を前にして、若者は窮地に立っていた。ぐっと奥歯を噛み締めると、冷たい汗が首筋を伝った。
モンスターの骨と牙由来の狩猟刀ではさすがに厳しかったかなと、若者はひとり自嘲した。
目前の飛竜にまさに今、食べられんとしているのにである。
木々に紛れる鮮やかな若草色の甲殻に身を包んだその飛竜は、鋭い目付きで若者を邪魔者として観察しているのだ。

だが…
さっきから若者は、どこかその飛竜に違和感を感じていた。 何かを庇っている…?
しきりに後ろを気にし、若者に対して執拗に牙をむくその飛竜。
もしかして、と若者が疑惑を抱いた時、手に乗る程の小さな小さな飛竜が、よたよたと危なっかしい足つきで雌火竜の足元から歩いてきた。
雌の火竜は慌てた様子で、顎で巣に押しやろうとするが、子どもの飛竜の好奇心は強く、若者の足元にじゃれつきはじめた。
ここ一帯を縄張りにし、付近を荒らしまわっている雌の火竜の討伐を頼まれた若者が、木々の生い茂るこの森にやってきたのは、今しがたのことである。
若者が雌火竜を見つけるよりも早く、雌の火竜が若者に踊りかかったのだ。
これが理由だったのか…と小さな飛竜を抱き抱えると、雌火竜がゆっくりとこちらへ歩みよってきた。
低い声でひと声、何か言うと子どもの飛竜をくわえ、巣に戻ってゆく。
一度、若者を振り返り、長く逞しい尻尾をゆらりと振った。

「……それで、貴殿は何もせず、ノコノコとこのポッケ村へと帰ってきたわけだな?」

コートを着こんだネコートが、しゃらんと鈴を鳴らして若者に言った。

「いや…あの飛竜にも家庭というものがあるんだなぁと…」

「ばかもんっ」

95 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 00:56:59 発信元:202.253.96.246
狩るだけじゃつまらぬと思って書いてみた。

96 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 08:30:40 発信元:126.231.223.53
乙乙
いい描写だと思う

ただ「ここ一帯〜踊りかかったのである」は文頭に持って行くか、いっそ削ったほうが文章に迫力が出ると思う

97 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/31(土) 11:10:08 発信元:202.253.96.244
なるほどなるほど。
批評ありがとうございます。次から意識してみます。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)