5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ムー大陸は四国15近海からの呼び声

1 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 00:23:08 ID:/jXrzAoJ0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了フリーメーソンとも関係あるらしいよ
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i前スレ
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268926608/
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/友好スレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1262841973/

2 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 00:49:23 ID:sZKY+fWR0
おーーーーw

3 :グレン KoE:2010/05/01(土) 01:02:37 ID:iIv4ocHN0
★過去スレ
ムー大陸は四国
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1212942539/
ムー大陸は四国2 悪霊の神々
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1219503516/
ムー大陸は四国3 そして伝説へ・・・
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1229007644/
ムー大陸は四国4 導かれし者たち
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1231080429/
ムー大陸は四国5 天空の花嫁
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1231690920/
ムー大陸は四国6 幻の大地
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1233851557/
ムー大陸は四国7 エデンの戦士たち
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1239722538/
ムー大陸は四国8 空と海と大地と呪われし姫君
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1246880569/
ムー大陸は四国9 星空の守り人
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1251375216/
ムー大陸は四国10 星を継ぐもの
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1256650736/
ムー大陸は四国11 ファントム・メナス
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1260538713/
ムー大陸は四国12 深遠からの呼び声
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1263021360/
ムー大陸は四国12 深遠からの呼び声☆3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1266063689
ムー大陸は四国14 近海からの呼び声
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268926608/

4 :グレン KoE:2010/05/01(土) 01:03:50 ID:iIv4ocHN0
関連サイト

Lady メリーの物語 都市伝説〜私メリーさん
http://blogs.yahoo.co.jp/amekazelionmaru
メリーさんは世界中の神話や伝承を集めてそれを元に物語をつくり
古代世界を探求しようとしてる人です。

無料学習ゲームサービスソレ★スタ
http://soresuta.com/
こちらは、このスレで歴史といったらこの人!
トリッピーさんのサイトです。
ソレ★スタでは遊びながら学校の各種教科、受験勉強内容、または各種資格試験問題を学べるゲームまたは、一般の方でも楽しめるゲームを無料でご提供するサイトです。
どのゲームも、初めての方でも簡単に遊べるゲームばかりです。
基本ルールはシンプルなゲームばかりですので、遊び方はすぐわかります。
という事なので年頃のお子さんがいらっしゃる方はひとついかがでしょうか?
もちろん大人でも楽しめますよ〜。

5 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 01:09:19 ID:UDtPTGsA0
勤勉カメムシ乙〜w

しかし友好スレのリンクはそれでいいのか?ww


6 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 01:15:58 ID:/jXrzAoJ0
ごめん、テンプレwawawa-waすれてた
有効スレは前スレにあったからつけただけ(悩んだけど)

7 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 01:22:18 ID:ss4bSRIk0
>>6
カメムシかわいいよカメムシw

8 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 01:30:54 ID:UDtPTGsA0
>>6
了解〜 改めて乙でしたw おやすみなさい。。。

9 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 07:54:29 ID:O9xDyLjf0
新スレ乙!
カメムシ乙!

10 :グレン KoE:2010/05/01(土) 13:50:58 ID:JNrwrr0i0
カメムシさんありがと〜。

11 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 17:37:29 ID:fOP785wv0
ピラミッドに三つの十字架って何のシンボルでしたっけ?

12 :グレン KoE:2010/05/01(土) 20:33:14 ID:JNrwrr0i0
ん〜わかんない。

13 :本当にあった怖い名無し:2010/05/01(土) 21:29:30 ID:NRdBJ4H40
囿囿囿圄圄圄圉圉圉圀圀囮囮ろん

14 :グレン KoE:2010/05/01(土) 21:43:20 ID:JNrwrr0i0










15 :グレン KoE:2010/05/01(土) 22:04:10 ID:JNrwrr0i0
ん〜新スレだし何か書こうと思うんだけどね。
何を書くかねぇ。
ユングとかフロイトを書いてもおもしろくないだろうし。。。

16 :本当にあった怖い名無し:2010/05/02(日) 10:16:17 ID:KeHRAZ6o0
しかし、全部が熱で気化してしまった状態が「空」なら、
その「空」の中にいる私たちはメッチャ熱いはずだと思うけど、別に熱くないんだよナー

17 :こおろぎ:2010/05/02(日) 10:17:11 ID:KeHRAZ6o0
名前入れ忘れのこおろぎでした。


スレ立て乙!
カメムシさん乙!
(2回目)

18 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 10:23:40 ID:37FN+N770
20世紀には「無意識」の発見と同時に「心象」の発見があった。「心象」というのは自分を外部から
見たイメージのようなものだと思うが、人間とはしょせん、自分の望む「既成の枠」に納まりたい
だけなのではないかとも言われた。自分の望む枠は他人からみるとその人の人間観が分かる。
フロイト・ユングというと格好がいいが、「無意識」に関しては、ヤスパースが「普通は気づかれないもの」
であるとフロイトの業績を認めながらも、何かの因果関係の説明としては科学性のない「かのごとき了解」
であると批判した。結局、フロイトの「無意識」の科学性論争は100年にわたって展開されたのだ。
フロイトは「私は何かを証明しようとしているのではなく、治療行為をしている」と言った。


19 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 10:31:09 ID:37FN+N770
フロイトとヤスパースの「因果関係」論争に、社会学の見地から、マックス・ウェーバーが加わった。
マックス・ウェーバーは社会学の見地から、ヤスパースは精神病理学の見地から「出来事の規則」(因果)
を説明しようとした。研究対象を異にしていたのだ。マックス・ウェーバーは「社会学は、社会的行為を解釈
によって理解するという方法で社会的行為の過程および結果を因果的に説明しようとする科学である」とした。
この際の「行為者」は「他者の考えていることと関係を持ち、その過程がそれに左右される」ことを前提としている。
ウェーバー、フロイト、ヤスパースは「因果関係」をめぐって議論を戦わせたのだ。


20 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 10:41:09 ID:37FN+N770
オモテはウラを守りつつ、ウラを表現し続ける。様々なイメージを繰り出して煙幕を張るなら、
その結果は暖かみと親しみの喪失である。人間の主体性はその人の歴史を背負って生きることにあるが、
イメージの世界に生きる人には生命との生き生きとした接触はない。生命的存在感のない、切実な自己がない、
そうした人々が自己の存在根拠をしばしば自己決定やプライバシーに求めると同時に、そうした一つの人間観が、
その人間観通りの人間を作り出す。
閉ざされた皇室は「煙幕」を張ることにより、暖かみ・親しみの喪失をもたらす。


21 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 10:50:06 ID:37FN+N770
長谷部恭男は、カントを引用し「天皇は、目的とすれば権威がつき、手段とすれば値段がつく」
と言っていた。「ただいるだけ」なら「権威」となり、政治利用すれば「価値」が問われると言う意味だろう。
長谷部は天皇は「ただいるだけ」の方が望ましい、と考えているようだ。
石川健治や、高橋和之とは別の説明をしている。


22 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 11:41:42 ID:37FN+N770
椎名林檎の「あおぞら」という曲で、俺は「あなたはちいさなモンテスキュー」と絶賛されたことがあるが、
実際のモンテスキューは、どのようなものだっただろうか?
モンテスキューが求めたのは政治的自由の確保であり、人民は自分自身でなしえないことを代表者を
通じて行うと理解する。代表者の独立性を求め、「国民の気まぐれ」によって代表者の意思決定が阻止
されないような仕組みが好ましいとした。彼は「アテネのような直接民主制」を理想とする言説を否定したのだ。
モンテスキューにおいては「民主制」的要素はきわめて希薄なものとなった。一方、ルソーは
「人民の最後の一人までを救済することを目指した民主的な国家」を主張した。人民の代議士は人民の代表者
ではなく使用人であるとする。主権は譲り渡せないし、一般意思なるものも代表不可能であるとするのだ。
モンテスキューの系譜に連なる革命家がシエーエスであり、1791年憲法に結実している。
一方、ルソーに連なる革命家がロベスピエールであり、モンターニュ派の指導のもと、1793年憲法を
作っている。


23 :本当にあった怖い名無し:2010/05/02(日) 13:11:45 ID:UdEOJ2lf0
糖質の投稿は、立派なことを言ってると思うけど、
どこから見てもコピペ臭いから、心にとどかないと感じるのは、
オレだけだろうか。

24 :グレン KoE:2010/05/02(日) 13:54:14 ID:lFDrLz5m0
>>16
いや、気体だから熱いというものでもないんだよ。
密度の問題とかもあるの。
例えば100度のサウナだったら、まあ10分くらいは耐えられるけど
100度の水だったら入った瞬間に全身火傷。
蛍光灯内部の温度は発光時には1万度に達するけど周りのガラスが溶ける
事はないよね。
まあ色々あるの。
蛍光灯
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%8D%E5%85%89%E7%81%AF

25 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 13:55:06 ID:On4/3E+S0
コピペと言っても、法律雑誌を参考にしているんだよ。なかなかネット上には無料では
出てこない情報なんだ。


26 :こおろぎ:2010/05/02(日) 16:05:15 ID:KeHRAZ6o0
>>24
ウィキよりコピペ

発光時の内部温度は1万度に達するが、
気圧が非常に低い為にガラス管が溶けるような事はない
(80度のお湯と80度のサウナを例に考えればわかりやすい)

びっくりです!

高地では、ご飯とか炊けないんだっけね。
沸騰しても温度が低いから芯が残ったご飯になると聞いたような。
真空(宇宙空間)では、沸騰するんじゃなくて凍るんじゃなかったっけ。
まぁ、温度が高いようで低くても、どっちにしろそんな気圧低いところでは死ぬけどね!



27 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 17:17:32 ID:On4/3E+S0
人間は「精神」と「身体」という二つの要素からなり、いずれとの関係においても「脳」は本質的な臓器だ。
精神作用は大脳によって営まれ、意識・思考・感情はそこに本拠をもつ。一方、脳幹は呼吸とか消化とか
血液の循環を統合する役割を担い、人の生命作用をつかさどっている。脳死の状態では、脳の血液循環
が停止して、脳細胞の崩壊が始まる。このことから、脳死は蘇生不可能点(ポイント・オブ・ノーリターン)
とも呼ばれる。
俺はボクシングをやっていた頃、スパーリングのあとに「吐き気がする」と言ってしゃがみこんだことがある。
その時に、金子ジムの金子繁会長が、俺の瞳孔反応を見たのだ。これは「脳幹反応」を見たのだろう。
「ああ、大丈夫!」と言った。瞳孔反応の消失というのは、瞳孔が「4ミリ以上」に固定することを言うそうだ。


28 :グレン KoE:2010/05/02(日) 19:44:13 ID:lFDrLz5m0
>>26
ん〜気圧の問題というより密度の問題なんだけどね。
水は密度が高いくて空気は密度が少ないって感じの。




29 :グレン KoE:2010/05/02(日) 19:51:18 ID:lFDrLz5m0
人間の欲望にはキリがなく常に不足を感じ続け
いつまでたっても満足しない。
なんだろうねこれはと考える時に。
まあ、人間は究極の満足を知っているからこそ常に不足を感じるんだと思う。

30 :グレン KoE:2010/05/02(日) 20:01:19 ID:lFDrLz5m0
究極の満足というの、まあオギャーと生まれてきて
母親のおっぱいにしゃぶりついている状態。
欲しいと思って吸えばいくらでも母乳がでてきて
飽きたらやめればいいし、寝たくなったら寝ればいい。
世界にはそれしかなく、まあ言って見れば宇宙を支配しているようなもの。
まあ人間そんな状態を記憶の中で知っているもの。


31 :グレン KoE:2010/05/02(日) 20:10:00 ID:lFDrLz5m0
もっと言うと胎内にいるときは吸う必要すらなく
暖かい胎内で眠っているんだか起きているんだかよくわからないような
夢ごこち。
大人も眠っているような起きているような状態の時が一番
きもちよかったりします。
人間が本来いるべき場所とか帰るべき場所とか、よく言いますが
それは、こういった深い記憶の底を思い出して言ってるのかも知れませんね。
まあ、そんな状態を一度味わっていて、そんな状態にはもう
なれないものだから常に不満を感じていたりするわけです。

32 :グレン KoE:2010/05/02(日) 20:20:33 ID:lFDrLz5m0
まあ、それからオギャアと泣いても、すぐに母親が来てくれなかったり
不満みたいなものを感じてくるわけです。
自分とは宇宙そのもで
宇宙はおっぱいと自分だけだったのが、まあどうやらおっぱいと自分は
別のもので母親はどうやら自分とは別の存在らしいという事を知るのです。
初めての他人は母親とかそんなんですね。

33 :グレン KoE:2010/05/02(日) 20:35:52 ID:lFDrLz5m0
まあ、そうしたフレストレーションとか葛藤とかが心の中で
心に澱を作り「隠された意図」とか「投影」とかの原因になるわけです。
トラウマとかそんなん。
仏教では苦しみの原因を執着にあるとしますが
まあ、執着の原因になるものの一つであったりします。
母親から物理的に放され世界が自分とは別になるというのは
おそらく物凄いトラウマになるので、もうそんな体験はしたくないと
いう事であらゆる事柄への執着が生まれるのかも知れません。

34 :グレン KoE:2010/05/02(日) 20:50:59 ID:lFDrLz5m0
んで、まあそういう心の澱みたいなもんに光を当ててやると
トラウマが解消されると言われています。
しかし、それらで全てが解決できるかと言われると
そうでもなくて、以前書いた季節の変わり目になると人間は落ち着かなくなる
とか本能に根ざした部分もあるので中々難しいわけであります。
ちなみに人間の意識は意識と前意識と無意識に分類されると言われます。
意識と無意識はわかると思いますので省略しますが
前意識というのは
「通常は意識に昇らないが、努力すれば意識化できる記憶等が、
貯蔵されていると考えられる無意識の領域」
まあ、催眠や自己催眠で思い出せる範囲です。

35 :グレン KoE:2010/05/02(日) 20:57:33 ID:lFDrLz5m0
まあ、無意識はそういった事を思い出せないところまで沈んでしまった
意識と言えます。
思い出したら前意識認定されるので、ちょっとずるい感じもしますが
まあそんな感じです。
また無意識とは当然の事ながら言語化されないので
そういう所まで潜る為には深い瞑想状態にならないとダメなわけです。
あ、夢診断とかで無意識がわかるといいますが、無意識は言語化されない為
夢という形でしか現れてこないわけですね。
まあ、夢解きをしてそれをトラウマの解消に役立てるなんてのもありますね。

36 :グレン KoE:2010/05/02(日) 21:04:10 ID:lFDrLz5m0
あっ違う。
俺違う事書こうと思ってたんだった。。。

37 :グレン KoE:2010/05/02(日) 21:04:56 ID:lFDrLz5m0
というわけで、この話はここまで。

38 :ツェーレム:2010/05/02(日) 21:57:25 ID:eRnGmq3T0
蒸し返し悪いけど
深層意識領域の記憶は、喜怒哀楽の感情共通言語で構成されるよ
無意識は更に深い所で、他者との垣根すらない共通無意識領域の事を指すのかな
人にはそういうのがあるから、意外とそういう部分で時空を超えて逢ってたりするよ

39 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:09:50 ID:eRnGmq3T0
勿論、片方でも、逢いたい気持ちを強く持って寝た時
呼ばれた事がある、後で確認したら、夢の記憶が一致するんだよね

実は寝ていなくても、同じ様に出来る方法もある
降霊術で、生霊を呼び出して、秘密を聞き出してしまう
察しの良い人はこのヒントだけで、解かっちゃうかも知れない
悪用されると困るから、これ以上明かせないけど、
後で確認すると、本当にビックリされるよ


40 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 22:10:26 ID:Qwomk+uk0
ちょっとニュアンスは違うかも知れないけど「無意識と言語の構造は似ている」と言われる。
無意識の中からどのように言語が発生するかはわからないが、「構造が似ている」のだ。
言語表現をしきれないことがあると、その葛藤は「神経に影響を与える」と言われる。
幼児などは「閉鎖的空間に大勢を入れると他の幼児に噛み付く」とされ、保育行政でも
空間の確保は国が標準を作っている。


41 :グレン KoE:2010/05/02(日) 22:16:57 ID:lFDrLz5m0
ん〜ちと前提が違う。
上に書いた話はフロイトの・意識・前意識・無意識の三層構造になるという
話。共通無意識領域とかはユングになると思うんだけど
ユングとフロイトは決別しているので、まあ、とりあえずこの話ではふれてないです。

42 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 22:17:03 ID:Qwomk+uk0
降霊術に関してだが、恐山には現在4人しかイタコは残っていないそうだ。増えることももう
ないらしい。英字新聞で読んだのだが、最後のイタコは40代の日向井さんという人で、
最後のイタコだとされている。火山のふもとに死者の霊が集まるとされていることから、
恐山が神霊の場となったのだ。戦前は、夏に300人ぐらいで踊りあかしたこともあるそうだが、
今は英字新聞でも「社会的に差別された存在」とまで言われていた。
今は3千円で十分程度の「儀式」をやるだけとなっている。


43 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:17:57 ID:eRnGmq3T0
>眠っているような起きているような状態の時が一番きもちよかったりします。

催眠時のトランス状態ってのは、こういう状態ですよ

44 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:20:51 ID:eRnGmq3T0
>>41
すまなかったね
自分は「顕在意識」「深層意識」「共通無意識」の三領域でもの考えてた

45 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 22:24:07 ID:Qwomk+uk0
地方自治体レベルでも、「同調行動」という現象が見られた。住基ネットを国が国策で広めようと
したのだが、法定自治事務として市町村にどのように広まるかを分析したところ、市町村が
「同調行動」をとったことが明らかになり、国家が地方自治体に「国策」を広めるメカニズムの
研究となったのだ。


46 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:24:09 ID:eRnGmq3T0
恐山のイタコはチャネラーと考えれば、
現在日本に四人だけと言う事もないのだろうと思う

47 :グレン KoE:2010/05/02(日) 22:24:40 ID:lFDrLz5m0
>>44
いえいえ〜すまないなんて事はないですよ〜。


48 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:34:26 ID:eRnGmq3T0
お言葉に甘えまして

催眠時のトランス状態って、深層意識がむき出しになってる状態で、
ゆっくりと抑揚をつけて話すんだ
深層意識は子供と一緒だから、自然とそういう話し方になる
改めて見てみれば、催眠術師ってそういう話し方してるでしょ

49 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 22:38:24 ID:Qwomk+uk0
深層心理の読み方は、俺は思考盗聴スレでいろいろ勉強したが、血液検査で「肝細胞の損傷」
が確認されたことから、「薬物」によるものであることは確実だと思っている。
どのように「言語化」するかはその人の力量だと思う。ちょっとスレチですが。


50 :グレン KoE:2010/05/02(日) 22:41:10 ID:lFDrLz5m0
>>48
確かに催眠術師って子供にわかりやすく説明するような話し方をしているね。

51 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 22:41:51 ID:Qwomk+uk0
肝細胞の損傷は、血液検査の「GOT」「GPT」で確認できる。この二つは「酵素」なのだが、
医者はこの指標で肝細胞のダメージを見ているそうだ。
「ALP」「γ-GDP」では「胆汁の流れ」がどうなっているかが分かるそうだ。


52 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:50:57 ID:eRnGmq3T0
糖質さん、「肝細胞の損傷」と「深層心理の読み方」と「酵素」の関連性がわからないんだけど

53 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 22:54:36 ID:Qwomk+uk0
健康な人でも、アルコール・薬物・脂肪の摂り過ぎで肝臓がダメージを負うのですよ。
肝臓は「化学物質の工場」とも言われるのですが、ダメージを負うと、血液中に肝臓の中の
酵素が流れ込むのです。それを医者が血液検査で見ているそうです。
深層心理の話はちょっとスレ違いになってしまうのです。


54 :ツェーレム:2010/05/02(日) 22:57:40 ID:eRnGmq3T0
ああ、なるほど、スレチの話ね
納得です

55 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 23:12:28 ID:Qwomk+uk0
薬品開発には膨大な資金がまず必要だ。その上でさらに膨大な「基礎研究」「臨床試験」を
行わなければならない。しかし、治験審査委員会の許可が必要だし、さらに社会的批判を
浴びると「研究費」を断たれることになる。このことから、俺は「思考盗聴」は「宮内庁病院開発説」
を現時点では有力視している。


56 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 23:21:12 ID:Qwomk+uk0
ジャンプロープ(なわとび)の技術というのがあり、最近では公開映像で世界トップレベルの
ボクサーのなわとび技術が見れるようになっている。そこで思い出したのだが、40年ほど前の
シュガー・レイ・ロビンソンに関する話で、元同僚が「そこいらのスパーリングを見ているより、
ロビンソンのジャンプロープを見ているほうが楽しかった」という発言があるのだ。
よっぽどオーラのある人なんだなあと思ったが、縄文時代からある「縄」のなわとび技術なんて
40年前も、今と同じだったんじゃないかと最近思うようになった。


57 :超高次元神 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/02(日) 23:22:58 ID:WaGjJYHA0
フリーメソシスト教会。

58 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/02(日) 23:29:46 ID:Qwomk+uk0
イランの核開発は国際社会は断固として容認しないが、もし日本が核保有を宣言しても
国際社会は容認するといわれている。日本という国はそういう国なのだ。
核を二発喰らったことの意味なのか、それとも国際環境のためかは分からないが、
「イランは日本を目指している」と言われている。


59 :こおろぎ:2010/05/02(日) 23:40:24 ID:KeHRAZ6o0
>>57
ええっ
次元さん?

お久しぶり??

60 :こおろぎ:2010/05/02(日) 23:52:53 ID:KeHRAZ6o0
あぁ、トリップ違うから別人かなw



61 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/03(月) 00:01:54 ID:Bht1ZfF+0
国際法というのは「海」から始まっているが、「海峡」「内海」とかは国際法用語なのだ。
瀬戸内海というのは当然日本の領海だろうと思うだろうが、教科書では「国際社会の
合意で領海とされた」とあった。どうも「海」は難しいね。


62 :本当にあった怖い名無し:2010/05/03(月) 00:03:54 ID:kQzFDB5u0
樹木希林が売っぱらった悠木千帆って名前は結局どーなった?

63 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/03(月) 00:04:24 ID:Bht1ZfF+0
「国際海峡」というのも、昔は、潜水艦も「浮上して敬礼して通過しろ」なんて議論があったが、
今では「戦術的な陣形さえとらなければいい」とされているようだ。


64 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/03(月) 00:06:53 ID:Bht1ZfF+0
>>62
名前というのは「同一性保持権」という著作者人格権だと思う。松任谷由美も「呉田軽穂」「荒井由美」
の表記にいまだにこだわっている。
著作権として売ることは可能だろうが、「吸引力」があるか、あるいは、「その名前を育てるための
投資をしたか」が問われるよ。


65 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/03(月) 00:10:51 ID:Bht1ZfF+0
著作権の面白い話を書いておいた。「フェアユース」にも触れている。
http://hougakukyoushitu.cocolog-nifty.com/thirdroundthriller/2010/04/post-a751.html


66 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/03(月) 00:23:52 ID:Bht1ZfF+0
1996年に、日本は国際海洋法条約に基づいて、基線を引きなおしたところ、周辺諸国から
まったく異論が出されず、世界で6番目に大きな管轄海域を持つ国になっている。
国が疲れ始めた頃に、ようやく自分たちの力に気がついたって感じなのかね。


67 :グレン KoE:2010/05/03(月) 19:42:19 ID:7kkgeWgO0
今日はちょっと切り口を変えてのお話。
・古い霊王(蛇=竜)
・太陽から来た新しい神々(角を持った動物)
・天の神(全てのすべて)
というのは何度か話にあがっているので覚えている人も多いと思います。


68 :グレン KoE:2010/05/03(月) 19:52:26 ID:7kkgeWgO0
んやっぱり変えよう。
・古い霊王(蛇=竜)
・太陽から来た新しい神々(角を持った牛とかの動物)
・天の神(自分に似せて人間を作ったので人間タイプ)
まあ、生物の進化というものを考えた時に
爬虫類→哺乳類→人類
といった感じになります。
地球の地上の歴史を見ても恐竜の時代→哺乳類の時代→人間の時代
といった感じになるかと思います。

69 :グレン KoE:2010/05/03(月) 19:57:28 ID:7kkgeWgO0
次に人間の脳の三階層モデルで考えてみると
・爬虫類脳
・旧哺乳類脳
・新哺乳類
となります。
旧哺乳類脳というのはハムスターとかから牛や馬までで新哺乳類脳は類人猿からに
なります。

70 :グレン KoE:2010/05/03(月) 20:11:25 ID:7kkgeWgO0
ここで久しぶりにゆみちゃんのコピペ。

589 :ゆみ KoD :2010/05/02(日) 16:20:14 ID:lej3p97N0
さいしょの心構えは、
やはり自分にカベをつくらないで、
素直なきもちでいろんな人に接したほうがいいと思います。

キリストは人の心の中にいると言いますから、
そのキリストに出会いにいくのです。
ここでの勉強は一人でするんじゃなくて、
出会った人たちからも学んでいったり、
元気をもらったりです。

あとは自分から出て行くことが大切だと思います。
カトリックの人は一見冷淡に思えるほど、
人づきあいにおいてサラッとしているとよく言われるし、
じっさいそう耳にします。
でも求められれば、
とても親切に教えてくれる方ばかりだと思います。

シスターもけっこう天然の人が多いので、
必要な伝達事項とかをいい忘れていたりします。
だからどんどん分からないことを聞いていかないと、
とり残されてしまいます。

シスターに対して、
かゆいところに手が届く心配りとか、
お膳立てとかはまったく期待してはダメです。
なんでも自分から食いついていかないと。


71 :グレン KoE:2010/05/03(月) 20:14:57 ID:7kkgeWgO0
>キリストは人の心の中にいると言いますから、
>そのキリストに出会いにいくのです。

脳の三階層モデルで考えてみると
・古い霊王(蛇=竜)
・太陽から来た新しい神々(角を持った牛とかの動物)
・天の神(自分に似せて人間を作ったので人間タイプ)
も全部自分の中にいるという事ができると思います。

72 :グレン KoE:2010/05/03(月) 20:24:16 ID:7kkgeWgO0
神道の御神体が鏡という理由も、見てみろ全ての神は自分の中に
いるぞって事なのかもしれません。
んでもって新哺乳類脳だけが良いものであって他がいらないかと言えば
そんな事はなく・爬虫類脳・旧哺乳類脳がなければ新哺乳類脳は活動できず
人間は生きていく事もできないのです。

73 :グレン KoE:2010/05/03(月) 20:28:12 ID:7kkgeWgO0
というわけで脳の三階層モデルについて貼っておきます。

1.爬虫類脳(reptilian brain)
進化の時間的過程において最も古い年代に発生した脳器官であり、自律神経系の中枢である
脳幹と大脳基底核より成り立つ。
心拍、呼吸、血圧、体温などを調整する基本的な生命維持の機能を担い、爬虫類に特徴的な
自分のテリトリー(縄張り)の防衛意識などを発生させる。
種の保存というよりも自己保全の目的の為に機能する脳の構造部位である。

2.旧哺乳類脳(paleomammalian brain)
爬虫類脳に次いで進化した脳器官で、海馬、帯状回、扁桃体といった
“大脳辺縁系(limbic system)”から成り立つ。
個体の生存維持と種の保存に役立つ快・不快の刺激と結びついた本能的情動や感情、
行動につながる動機を生起させる機能を担い、危険や脅威から逃避する反応、
外敵を攻撃する反応を取る原始的な防衛本能を司る脳の構造部位である。
大脳辺縁系は、本能的に遂行される“種の保存の目的=生殖活動”を司る部位であり、
自己の遺伝子を継承する為の情動的評価に基づく社会的活動や集団行動を行い、
無力な子の育児や保護を行う母性的な欲動・本能の源泉でもあるとされる。

3.新哺乳類脳(neomam-malian brain)
最も新しい年代に発生した脳器官であり、大脳新皮質の両半球(右脳・左脳)から成り立つ。
言語機能と記憶・学習能力、創造的思考能力、空間把握機能などを中軸とする高次脳機能の中枢であり、
ヒトと高等哺乳類において特に発達した知性・知能の源泉でもある。
マクリーンの仮説では、新哺乳類脳は、最も高次の階層構造として最も高度で複雑な情報処理を行う部位である
とされるが、大脳新皮質単独では高度な情報処理を行うことはできず、大脳辺縁系や脳幹、小脳などと相補的に
協調し連動しながら高次な精神機能を実現していると考えられる。

http://charm.at.webry.info/200506/article_5.html

74 :グレン KoE:2010/05/03(月) 20:42:17 ID:7kkgeWgO0
まあ、こんなところです。

75 :本当にあった怖い名無し:2010/05/03(月) 22:28:27 ID:qciofxpv0
おお、長いこと見んかったら、新スレが立っている。
カメムシ殿おつです。

76 :グレン KoE:2010/05/03(月) 22:29:23 ID:7kkgeWgO0
と思ったら中々興味深いものを発見したので貼っておく。
http://questionbox.jp.msn.com/qa2548467.html?order=DESC&by=datetime
ここら辺が牛って感じになるのかねぇ。

77 :グレン KoE:2010/05/03(月) 22:32:15 ID:7kkgeWgO0
>>75
トリッピーさんかな?
ワタシも含めて色々とおかしな事になっていますがよろしくお願いします。

78 :グレン KoE:2010/05/03(月) 22:56:53 ID:7kkgeWgO0
それにしても火山は爆発するし
原油どーすんだよとか思う。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1272886806/

79 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:14:49 ID:7kkgeWgO0
まあ、ホピの予言
(1)白い肌の人間が大陸に来て雷で敵を撃つ。
(2)声で満ちる糸車が押し寄せる。
(3)バッファローに似た角の長い獣が現われる。
(4)鉄の蛇が大平原を失踪する。
(5)巨大な雲の巣が大陸を覆い尽くす。
(6)大陸中に石の川が現われ、交差していく。
(7)海洋が黒く変色し、多くの生物が死滅する。
(8)大勢の長髪の若者が支持に加わり、ネイティブ・アメリカンの古代記録を知る。
(9)天の住居が定まった後、青い星が出現する。

80 :トリッピー:2010/05/03(月) 23:17:17 ID:99Gmi4bX0
あれ、名前が変わってた?

グレンさんも頑張ってカキコ続けているみたいですな。(^^)

81 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:19:50 ID:7kkgeWgO0
(6)までは成就していると色んな所で言われてるけど
今回の原油騒動で(7)まで行くかな。
復旧の見通しもないみたいだし、そうするとあと2つになっちゃうね。
(9)の天の住居が国際宇宙ステーションだとすると
国際宇宙ステーションの完成予定が2010年秋
まあ、つまり今年の秋の予定だ。

82 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:23:33 ID:7kkgeWgO0
>>80
うん、名無しになってたよ〜。
頑張りすぎて変な方向へ行ってましたw
人間放っておくと暴走するというか偏るもんだね。

83 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:24:17 ID:7kkgeWgO0
「第二の天使がラッパを吹いた。
すると、火で燃えている大きな山のようなものが、
海に投げ入れられた。海の三分の一が血に変わり、
また、被造物で海に住む生き物の三分の一は死に、
船という船の三分の一が壊された」
(「ヨハネの黙示録」第8章8背節〜9節)

84 :トリッピー:2010/05/03(月) 23:26:21 ID:99Gmi4bX0
まあ、カウンターバランスがあって、何事も落ち着くもんですからね。(笑)


85 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:28:30 ID:7kkgeWgO0
まあ、火山の噴火が原油漏れに関わっているわけではないけど
なんとなく不気味。
海に住む生き物の三分の一が死ぬとも思えないけどね。

86 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:31:16 ID:7kkgeWgO0
>>84
うん。

87 :グレン KoE:2010/05/03(月) 23:44:06 ID:7kkgeWgO0
まあホピの予言や黙示録が実現しない為にも早いところ原油の流出を
止めてもらいたいものです。

88 :本当にあった怖い名無し:2010/05/04(火) 05:13:23 ID:bNz3UHrl0
釈尊から見て衆生は苦しみのた打ち回っていて、
放っておいたら永遠に苦から逃れられないだろうと思って、
さっさと入滅するのをやめて説法の旅に出られたのかもしれません。

戒によって気ままに思いのままに生きてしまっている現実に気付かせ、
定によって心の安定とその素晴らしさを知らしめ、
それらによって知慧を養う、といった風に。

89 :トリッピー:2010/05/04(火) 21:38:12 ID:uOVHW2Ul0
グレンさん、昨日せっかく来たのに、あまりカキコせずにすいませんねぇ。

たまにはカキコしなきゃということで、以下久しぶりに...。

そろそろ世界(人間)のプログラムもゆっくりと最後のターンに入りだした
ということで、以下わかる人はわかるかもの好き勝手カキコ、
信じるも信じないも〜。

・黙示録で言われている666の獣も42ヶ月(人目)の後からは変化すると
いわれているとおり、変化しだしたかも? っていうより、9.11がある事の最後のチャンス
だったが、あんまり回りが乗ってくれず、結局は失敗と...。
世界(特に日本←ここが重要)があまりにも冷静だったんで、人柱が確保
できず、ついに諦めが入ったのかも?)

90 :トリッピー:2010/05/04(火) 21:45:48 ID:uOVHW2Ul0
・その後、深みから上がってくる古い竜(ず〜っと昔に話したとおり)
は現在絶好調!(まあ、60年代〜70年代の日本と同じパターンなんだけ
どね) ただし、結局は深みに戻ると、この竜が一時期でも上昇する
のはよりよいバランスが取れた世界を完成させる
ために重要な意味があるのかも...。 結局はそれを許す
創造主(世界のシナリオライター)の意図とは(^^)


91 :トリッピー:2010/05/04(火) 21:47:22 ID:uOVHW2Ul0

まあ、どちらにしても、いつまでも、世界の一部だけがよくて、
残り大半が隷属するような歪な世界は持ちませんよね...。

日本を変えるためには、世界も変わる必要がある、世界が変わる
ためには日本も変わる必要もある。
日本が世界のために何ができるか...、そしてその結果として
何を享受させてもらうか...。
残念ながら、日本も地球という生態系の一部、独立しては存在でき
ないんですね...。(特に日本は...。)

気が向いたときに、こんな支離滅裂なタワ言を好き勝手書かせてくれる、
このスレに感謝! ということでおやすみなさい〜。

92 :こおろぎ:2010/05/05(水) 11:31:34 ID:xsZ3gQBQ0
(8)の長髪の若者って限定されてるのは何なんだろうなー
長髪禁止の国で長髪が解禁になるとか。
ネイティブアメリカンが出てきているという事は、私のようなヒッキーなネットをしている若者?というオチだろうか





93 :グレン KoE:2010/05/05(水) 15:50:56 ID:PBeZ5wra0
>>92
ん〜70年代ヒッピームーブメントかもしくヒッキーなネットをしている
人という感じがするが、もうひとつ、昨今の世界的なスピリチュアルブーム。
ステレオタイプのスピリチュアルな人というのは男性も女性も長髪な
人が多い気がする。


94 :グレン KoE:2010/05/05(水) 16:06:18 ID:PBeZ5wra0
>>83

>火で燃えている大きな山のようなものが、
>海に投げ入れられた。
を火山だと思ったけど「大きな山のようなもの」なので山ではないな。
爆発して海に沈んでしまったのを考えると非常にそれっぽい。
http://img4.cache.netease.com/photo/0001/2010-04-30/65GSU0SI00AO0001.jpg
相変わらず原油噴出は止まりそうにないし石油の起源には諸説あるが
生物由来説だとすると血ともいえるしね。



95 :こおろぎ:2010/05/05(水) 16:38:12 ID:xsZ3gQBQ0
70年代の若者だと(7)と順番が逆だなぁと思ってた。
じゃぁ、(8)はまだ起こってないんだね。



96 :グレン KoE:2010/05/05(水) 17:05:33 ID:PBeZ5wra0
うん、まあ順番どおりでもないみたいなんだけど
支持に加わりってのがよくわからんよね。
まあしかし、ホ・本(ホン)ピ・日(ヒ・ピ)
でホピは本日となり裏日本をあらわす。
太平洋を挟んだ反対側がアメリカだから、まあ逆にいうと裏ホピが日本。
アメリカが大脳、日本が小脳という話と絡んでくる。

97 :グレン KoE:2010/05/05(水) 17:38:07 ID:PBeZ5wra0
http://sankei.jp.msn.com/topics/world/1732/wld1732-t.htm

まあ、ニューヨークでテロ未遂があったわけですが
なんというか、油田の爆発もテロか自作自演テロっぽい。
これでアメリカが戦争を仕掛けても変な環境保護団体の支持も受けられる
かもしれんしね。
石油はダメだという事になれば原子力が推進されて原発メーソンにも都合がいい。

98 :ツェーレム:2010/05/05(水) 17:47:18 ID:DCX1gyO30
アセンションの話の出所は原発メーソンらしいね

99 :ツェーレム:2010/05/05(水) 17:49:35 ID:DCX1gyO30
エネルギーメジャー主権交代でも狙ってるのかな
世界で原発施設建設できる企業は4つ、内3つは日本企業だとか

100 :グレン KoE:2010/05/05(水) 17:51:22 ID:PBeZ5wra0
まあ韓国の哨戒艦も沈んで北朝鮮の魚雷っぽいし、
ラストハルマゲドンの準備完了ってところです。

101 :グレン KoE:2010/05/05(水) 17:53:15 ID:PBeZ5wra0
>>98
ほむほむ、それでアセンションと地球環境というかエコ思想みたいなのが
セットになってるわけか。

102 :グレン KoE:2010/05/05(水) 18:03:25 ID:PBeZ5wra0
>>99
んじゃないかな。
オバマが原子力発電政策を積極的にやろうとしてるところを見ると
裏にいるのは原発メーソンなのは明らかだしね。
大統領選の対立候補だったマケインが石油系なのは「マケイン 石油」
でググるといくらでもでてくるので省略。
オバマが核軍縮を進めようとしてるのも他国の核技術の進歩を止める為。
最近はそうでもなくなったけど、やはり兵器の開発が一番技術促進を進める
からね。

103 :ツェーレム:2010/05/05(水) 18:05:58 ID:DCX1gyO30
原発って最先端テクノロジーのイメージ持ってる人いるのかな
核燃料って何のことは無く、石炭で水沸かして、沸騰した蒸気でタービン回して発電する
石炭の役割を核燃料の発熱で行ってるんだよね
少々興醒めというか、どうせなら電磁誘導での発電なら・・・と思ってしまうんだけどね
煙が出ないだけクリーンだと言いながら放射能管理が追いついていないんだよね

104 :ツェーレム:2010/05/05(水) 18:11:32 ID:DCX1gyO30
浜岡原発って桜ヶ池の近くにあって
桜ヶ池に行くと怖いんだよね
桜ヶ池の竜神が原発に怒りをもって対峙している

105 :グレン KoE:2010/05/05(水) 18:13:27 ID:PBeZ5wra0
まあ、湯を沸かしてるだけっちゃそうなんだけど
炉の方の管理がとんでもなく大変だからね。


106 :グレン KoE:2010/05/05(水) 18:20:30 ID:PBeZ5wra0
>>104
浜岡原発は東海地震がらみで危険らしいねぇ
まあ原発メーソンによる実験でしょ。

107 :ツェーレム:2010/05/05(水) 18:22:44 ID:DCX1gyO30
被爆圏内だから困るやぁ

108 :グレン KoE:2010/05/05(水) 18:28:14 ID:PBeZ5wra0
ふむう、うちの方はとりあえず大丈夫そうだけど。
まあどうなるかはわからんね。
それにして4号機で2010年までにプルサーマルを実施する予定とは
ホントに浜岡原発はメーソンの実験原発なんだな。

109 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 18:58:40 ID:pbttmk1j0
日本では1999年のJCO臨界事故というのが、最大規模の原発関連の事故らしいね。
原子力安全委員会というのが内閣府審議会にある。


110 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 19:11:20 ID:pbttmk1j0
飛行機が安全になったのにも歴史があるよ。1971年に全日本空輸機と自衛隊機が岩手県
雫石町上空で接触して墜落し、162名が死んでいる。同じ月に東亜国内航空機が函館北方
横津岳に墜落している。航空事故調査委員会ができた理由だ。
1991年に信楽鉄道事故があって、2000年には営団地下鉄日比谷線事故があった。
ここで、航空と鉄道の安全委員会が合流している。
海上の安全に関しては、きっかけになる事故というのは特になく、国際条約を2010年に結んだ
ことから、航空・鉄道・海上の事故の再発防止のために国土交通省の外局として
運輸安全委員会が設けられている。
いろんな事故から学ぶのが大事だ。被害者の存在は、言葉は悪いが「国民の共有財産」とされ、
再発防止に生かす政策がいちばん姿勢として正しいのだ。



111 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 19:21:26 ID:pbttmk1j0
飛行機に乗るのが怖くないのは運輸安全委員会があるからだ。
原発陰謀論は原子力安全委員会という制度を論じなければならなくなる。


112 :グレン KoE:2010/05/05(水) 21:11:17 ID:PBeZ5wra0
>>88
うんお釈迦様は限りなく優しい人だったんだと思う。

113 :グレン KoE:2010/05/05(水) 21:39:09 ID:PBeZ5wra0
>>89
いえいえ〜、好きな時に好きなだけ書けばいいと思いますよ。
そうですね、そろそろ最後のターンだと思います。
イスラムでもムハンマドが
「ラクダに乗る遊牧民ベドウィンが高い建物を造るとき、終わりが始まる」
と預言しているそうです。
ベドウィンとはアラビア語で"砂漠の住人"を意味し、"アラブ人"のことを指しているそうです。
ドバイタワーが思いうかびますね。

114 :グレン KoE:2010/05/05(水) 22:03:26 ID:PBeZ5wra0
え〜と>>89のトリッピーさんの話をちょっと補足しておきます。
・黙示録で言われている666の獣=アメリカ
・42ヶ月(人目)の後からは変化=第42代アメリカ大統領ビル・クリントン
任期 1993年1月20日- 2001年1月20日
んで第43代アメリカ大統領はご存知パパブッシュ
そして2001年9月11日に911テロが起きています。
911を境にアメリカが変わったというのは、まあよく言われている通りです。

115 :本当にあった怖い名無し:2010/05/05(水) 22:11:57 ID:6qXuxUcj0
グレンさんは今の酋長騒動をどう考えていますか?

116 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:14:05 ID:IBuCDH9U0
香川のアホ。悪い頭でマシな文章書いてるなw 原子力の安全に関しては今週末あたり
まとめておくよ。このスレには必要らしい。


117 :トリッピー:2010/05/05(水) 22:17:04 ID:i29kCIdu0
グレンさん、今晩も絶好調ですね。(^^)

すいませんが、寝る前に一つ...。
くりきんとんは残念ながら、42人目(ヨハネで言う42カ月)では
無いんですね〜たぶん。
実はアメぽんの歴史では同じ人が別の期にまたがって大統領になった
ことが1度ある(グロバー・クリーブランド)ので、厳密に言うと、
前ブッシュたんが42人目なんですよ。

ということで本日はおやすみで〜す。

118 :グレン KoE:2010/05/05(水) 22:17:18 ID:PBeZ5wra0
>>115
将門公の祟りだと考えています。

119 :グレン KoE:2010/05/05(水) 22:18:45 ID:PBeZ5wra0
>>116
アホはお前だ。
必要ないから書かんでよろしい。

120 :グレン KoE:2010/05/05(水) 22:21:18 ID:PBeZ5wra0
>>117 トリッピーさん
こんばんわ〜、なるほど〜。
これは深い考察ありがとうございます。
やはり911及びアフガン戦争がターニングポイントになったわけですね。

121 :本当にあった怖い名無し:2010/05/05(水) 22:24:50 ID:9Ks7c+SG0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了>>116恥をかけ!
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

122 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:24:55 ID:IBuCDH9U0
クリーブランドという発音をするということは、日本語媒体が情報源だな。
英文をソースにすると「クレバーランド」とか読んでしまうことがある。
高校時代の俺。


123 :グレン KoE:2010/05/05(水) 22:28:03 ID:PBeZ5wra0
んでもってバチカンでは戦後最大のスキャンダルに見舞われているわけですが
ローマ教皇は「何者かの陰謀だ」とコメントしています。
陰謀だとしたら、世界最終戦争を起こす為にバチカンの影響力を落としておきたい
何者かの陰謀って話になりますね。


124 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:28:59 ID:IBuCDH9U0
お前ら、よく考えろよ? 二期目を迎えたら大統領の「代」も一つ増えるだろ?


125 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:35:36 ID:IBuCDH9U0
増えるのは日本の首相だった。アメリカは「二期目」というらしい。代は増えない。


126 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:41:36 ID:IBuCDH9U0
日本の首相の「第一次内閣」「第一次改造内閣」「第二次内閣」などの「次数」について考えたことが
ある。一番分かりやすいのが「解散を打った」で区別するのだろうが、必ずしもそうではない。
「本質が変わった」「解散を打った」などいろいろ考えて、雰囲気でやっているらしい。


127 :本当にあった怖い名無し:2010/05/05(水) 22:47:05 ID:9Ks7c+SG0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了らしい、だろう、といった話だ
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i等と言う、憶測で話を進める者は信じては駄目だ
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !ミスリードと誤解の元だ、所謂トラブルメーカー
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

128 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:50:06 ID:IBuCDH9U0
問題は「天皇に任命された」が「次数」「代」が変わるということだ。
しかし、いつやるかが問題だからな。


129 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 22:52:30 ID:IBuCDH9U0
極端な話、「大命が下った」ってことになっているのが、「旧憲法が完全廃止になっていない」
といわれるゆえんだ。


130 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 23:06:16 ID:IBuCDH9U0
内閣総理大臣の「首のすげかえ写真」を作って遊んだのは今の天皇だろう?
あとのことも考えろってんだよな。


131 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/05(水) 23:44:16 ID:IBuCDH9U0
小沢民主党幹事長が「参議院二人区で二人の候補者」を擁立する方針を固めたのも
ジュリストの研究を俺が報告したからだ。
1989年の参院選で、土井ブームのおかげで、自民党は一人区で「3勝23敗」と大敗した。
その勢いのまま、1990年の総選挙に突入して行ったのだ。しかし、政権交代は起こらなかった。
理由は簡単だ。衆議院選挙の社会党の候補者そのものが149人しかいなかったのだ。
全員当選しても政権交代など起こるわけがない。
原因は「中選挙区制」にあった。
自民党は派閥があるために同一選挙区に複数の候補者を立てられたが、社会党はそうではない。
3人区では「自民2・社会1」
4人区では「自民2・社会1・公明1」
5人区では「自民2・社会1・公明1・民社または共産」
という具合に、社会党が勝手に「棲み分け」を行っていたことから、「中選挙区制では政権交代は
起こらない」というのは必然だった。
そのような意味で「前回の民主党はパワーがあった」と俺が小沢に言ったところ、小沢は非常に
機嫌を良くして、「二人区に複数候補を立てる」という方針を打ち出したのだ。


132 :グレン KoE:2010/05/05(水) 23:46:59 ID:PBeZ5wra0
ああ、オバマが鳩山を相手にしてないのは
メーソンの中でも鳩山が下っぱすぎるからというのもあるけど
鳩山がタイヤ屋で石油系統だから。
まあしかし、これから自動車がガソリンから
電気自動車に移行するとなるとあんまり関係なくなる。


133 :グレン KoE:2010/05/06(木) 00:03:35 ID:PBeZ5wra0
まあラストハルマゲドンなんだけどイランはやる気が満々みたいです。

イラン革命防衛隊は25日、石油の重要輸送路のペルシャ湾・ホルムズ海峡で4日間にわたり
行っていた軍事演習を終えた。 イランは核問題で対立する米国などの攻撃を想定し
高速艇を使った作戦や、兵士が潜水して機雷を仕掛ける訓練を実施。有事の際は
海軍力で勝る相手に“ゲリラ戦”で対抗する構えを見せた。
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100426/mds1004260028000-n1.htm

同海軍は「イランの力を見せつけることが目標だ」としている。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100505/mds1005051836001-n1.htm

134 :グレン KoE:2010/05/06(木) 00:10:26 ID:5NwkONNR0
ウラン濃縮、制裁で止められない…イラン大統領

 【ニューヨーク支局】 ロイター通信によると、核拡散防止条約(NPT)再検討会議出席のため
ニューヨークを訪れているイランのアフマディネジャド大統領は4日、記者会見を開き、「制裁が
イランを止めることは出来ない」と述べ、国連安全保障理事会による追加制裁が実施されても
ウラン濃縮を継続する考えであることを示した。

 一方で「北朝鮮のようにNPTを脱退することはない」とも述べた。
(2010年5月5日13時31分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100505-OYT1T00403.htm

135 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/06(木) 19:12:46 ID:WwAXiwnC0
イランもトルコも「アラブ国家」ではないけど、アラブ諸国は、対イスラエル・アメリカも見据えて
イラン・トルコを「味方につけておいたほうがいい」と考えているようだ。
あの地域に関する情報は英字新聞が詳しいね。


136 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/06(木) 19:31:09 ID:WwAXiwnC0
昨年の英字新聞で、アフガニスタン大統領選挙の話があったが、カルザイ陣営が公然と選挙違反を
行い、対抗勢力の「腕に紫色の刺青のある奴」を木に吊るしたりしたそうだ。刺青の意味は、アメリカの
特派員も「意味は分からない」と言っていた。


137 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/06(木) 19:36:54 ID:WwAXiwnC0
「グリーンゾーン」という映画があるらしいが、英字新聞の読者にはなじみのある言葉だ。
イラクの「王宮跡地」のことを、バグダッドの戦略上重要な場所として、アメリカが「グリーンゾーン」
と呼んでいたのだ。昨年、アメリカがグリーンゾーンをイラク軍に返還している。


138 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/06(木) 21:03:39 ID:WwAXiwnC0
運輸安全委員会に関する論文を読んだ。シカゴ条約というのがあり、ボイスレコーダー・
フライトレコーダーなどから得られた情報を刑事手続きに利用してはならないという決まりが
あるのだが、行政調査で得られた情報を刑事手続きに利用していいかという問題がある。
刑事手続きに用いるのなら黙秘権が憲法問題となってしまうのだ。
これに関しては、2008年に警察庁長官と国土交通省事務次官の覚書がある。
刑事手続きで、鑑定嘱託がなされ、それに対して事故調査報告書の公表をもって嘱託に応える、
とされたのだ。これがシカゴ条約に反することから、日本政府は外交ルートで、条約のこの条項
には従わないという「相違通告」というのを行っている。


139 :グレン KoE:2010/05/06(木) 22:24:35 ID:5NwkONNR0
米韓もラストハルマゲドンやる気満々みたいですね。
しかしこれ本当に北朝鮮の仕業なのかねぇ
やつらは瀬戸際外交はやるけど、軍艦沈めて大量の死者を出したら
瀬戸際じゃなくなる。
なんかアメリカの陰謀を感じる。。。

北朝鮮の魚雷攻撃と米韓が判断 哨戒艦沈没で韓国紙報道
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100506/kor1005060904001-n1.htm

140 :本当にあった怖い名無し:2010/05/06(木) 22:29:20 ID:3i+nspdh0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了わるい、それカメムシのシナリオなんだわ
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/


141 :グレン KoE:2010/05/06(木) 22:43:44 ID:5NwkONNR0
カメム神のシナリオですね!

142 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/06(木) 23:19:56 ID:B18/zWeI0
もともと、米韓合同軍事演習(チームスピリット)というものを、北朝鮮が、ソ連崩壊前に
「北朝鮮への核戦争のリハーサルである」と位置づけていたんだよ。
ソ連崩壊で、朝鮮半島非核化宣言というのがなされている。


143 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/06(木) 23:36:34 ID:B18/zWeI0
俺のブログでまとめておいた。北朝鮮と「核」の歴史。
http://hogakukyoushitu.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-f3db.html


144 :グレン KoE:2010/05/07(金) 19:05:30 ID:zRuinSe80
まあスピリットの語源
spirit
(息→)、命、精神

【語根】
spir-, spirat-
【語根の基のラテン語(L.)・ギリシア語(Gk.)】
L.spirare = to breathe(息をする、呼吸する)

http://home.alc.co.jp/db/owa/etm_sch?unum=7677&rnum=503&stg=2

145 :グレン KoE:2010/05/07(金) 19:15:13 ID:zRuinSe80
侍スピリッツとかあるように魂という意味でも使いますね。
まあ精神とか魂の元々の意味は息とか呼吸という意味なんです。
真言やお経を唱えるのが大切というのも、
聖書や祈りの言葉を唱えるのが大切というのも
祝詞を唱えるのが大切というのも
みんな呼吸法というか呼吸の大切さからきています。
唱えるという事は呼吸そのものでもありますので。

146 :グレン KoE:2010/05/07(金) 19:49:07 ID:zRuinSe80
○○真言を1万回唱えるとご利益があるとかいいます。
虚空蔵求聞持法とか有名ですね。
まあ、同じリズムで呼吸を繰り返すという呼吸法です。
あとお経を唱えているお坊さんの脳波を調べると
アルファー波だかシータ波だかが出ててリラックス状態にあるなんて
実験がありますが。
お経を唱えるのは深呼吸を繰り返すようなものなので、当然リラックス
するもんです。

147 :グレン KoE:2010/05/07(金) 20:40:11 ID:zRuinSe80
ああ前のスレで書いたアリストテレスの梯子の話なんですが
キリスト教ではこんな感じになります。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/36/StJohnClimacus.jpg

148 :グレン KoE:2010/05/07(金) 20:48:49 ID:zRuinSe80
んで、人間の自由意志というものについてなんですが
これって、いつからあるもんなんでしょうね。
生まれてオギャーと泣いた時にはあるのか?
1才の子供の時にはあるのか?
3歳は?
まあ、何歳でもいいんですが。
考えてみると面白いかもしれませんよ。

149 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/07(金) 21:28:41 ID:94Sk7Sws0
面白いよ。子供の不法行為「親の責任」俺のブログから。
http://hogakukyoushitu.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-af34.html


150 :グレン KoE:2010/05/07(金) 22:37:06 ID:zRuinSe80
ああ、そうだ。
般若心経を唱えるとオバケがピューっといなくなるというのも
恐怖心とか興奮状態とかそういうものが幻覚を見せているという事があるので
まあ般若心経を唱える事により深呼吸で脳を落ち着かせるとかそういうのもあります。
つーわけで寝る。
おやすみなさい。
ノシ

151 :トリッピー:2010/05/08(土) 02:32:17 ID:n+xB8mAK0
>>150 おお、グレンさん、いいこと言うね。(^^)
全ての外なる危害は、内なるものから生じる、内憂外患とね。
まずは無理なくコントロールできる内側から落ち着かせるようにすると。

全然関係ないけど、すぎやまこういち先生のカンタータ・オービスを
久しぶりに聞いて、その歌詞の内容に震えた、ああ、久しぶりに
魂の洗濯をした気分(^^) というわけでおやすみ。


152 :トリッピー:2010/05/08(土) 13:13:17 ID:fCOb4DEN0
カンタータ・オルビスだった。

153 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:01:42 ID:Pmat18WV0
わーいトリッピーさんに褒められた〜。
ありがとう〜。
国家についても外患だけで滅びる国家はないとよく言うしね。


154 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:03:15 ID:Pmat18WV0
カンタータ・オルビス
http://www.youtube.com/watch?v=pVoUIvE1Y6s

155 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:10:58 ID:Pmat18WV0
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で−関係筋

中国海軍の駆逐艦が今月中旬、東シナ海で哨戒飛行中の海上自衛隊のP3C哨戒機に対し、速射砲の照準を合わせ、いつでも撃墜が可能かのように威嚇する行動を取っていたことが20日、日中関係筋への取材で分かった。
こうした行動は冷戦時代の旧ソ連も、自衛隊機や自衛艦に対して取ったことがないといい、政府は外交ルートを通じ、中国に対し事実関係の確認を申し入れている。
関係筋によると、中国海軍の駆逐艦が海自のP3C哨戒機に速射砲の照準を向けたのは、13日午後3時半ごろ。2種類の速射砲の照準を向け、いつでも撃墜できることを示した。
P3Cは国際法にのっとった通常の哨戒飛行を行っていた。
これに先立ち、中国海軍の潜水艦2隻を含む部隊が10日夜、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し、太平洋の硫黄島方面に進行。8日には、艦隊の艦載機とみられるヘリコプターが東シナ海で、護衛艦に対して水平距離90メートルを切るような近接飛行を行っている。
関係筋は「冷戦時代の旧ソ連さえやらなかったような行動を行っている」と分析。「中国海軍が太平洋や日本近海で何をしようとしているか、慎重に見極めなければならない」としている。 

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010042000046

156 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:29:06 ID:Pmat18WV0
間違ってか間違ってなくてか撃たれたら日本はどうするんだろうねぇ。
アメリカ軍が攻撃すんのかな。

157 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:32:45 ID:Pmat18WV0
968 :こおろぎ :2010/04/29(木) 22:26:27 ID:ZJXMPXh00
>>960
昔は文章やら形やらで残さないとか、残すべきでないとか言う考えがあったのだろうか
日本の雅楽も、口頭で教えられるものであって、楽譜は残されてないらしいよ。
てか、「越天楽」という曲についてはそうだと、東儀秀樹が言っていた。
ここでも「天」が出てきたので一応書いてみましたー

>>961
宇宙を漂う隕石も、星の一部になりたがっている と言えばありえそうなきもするけど、
それにしては突っ込んでくる強さが強すぎますねw
重力に従って落ちる石と人間の生き死にを一緒に考えたアリストテレス、すげーよ・・

158 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:35:33 ID:Pmat18WV0
637 :ゆみ KoD :2010/05/08(土) 15:39:25 ID:xJ96Kz2Z0
>>634
つい戦前まで、
カトリックにおいては、
聖書というものは「聴く」ものだったのです。
はぁ、という感じかもしれませんが、
つまりこういうことです。

カトリックでは聖書を個人的に読むことは、
あまり好ましいこととはされず、
一般の信者たちが聖書の言葉に接するのは、
ミサのときの朗読や、
日曜学校など信者のつどいのときだけに限定されていました。
それが古代からの伝統でした。

そういうカトリック教会のありかたは、
近代の合理主義者や、プロテスタントに、
かっこうの非難の材料をあたえる結果となりました。

カトリックの聖職者が聖書の知識を独占して、
信者を無知のままにおくのはけしからん、
カトリックのドグマに反抗する人間があらわれないようにするため、
信者に知識をあたえないようにしているのだろう、
云々といった批判がおこり、
つい最近になって一般の信者も聖書を所有してよいことになりました。

現代の自由な感覚にとって、
たしかに違和感をおぼえるようなカトリックの姿勢は、
つい最近までつづいていたんです。
聖書というものは会衆の中において「聴く」ものだったんです。

159 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:36:39 ID:Pmat18WV0
638 :ゆみ KoD :2010/05/08(土) 15:53:26 ID:xJ96Kz2Z0
だからプロテスタントの信者のほうが、
聖書の文句についてはずっとずっと詳しかったんです。
聖書を何回読んだかというようなことを競ったり、
文句を暗誦することを誇ったり、
そういうのがプロテスタントの伝統でした。

そして現代の合理的な考えにとっては、
そういうことの方が、
カトリックの姿勢よりもずっと健全で、
いいことのように思われます。
それは無理からぬことだと思います。

中世の神秘主義者たちは、
「活字の中に悪魔がいる」といいました。
また、聖なる物事というのは、
人間の生きた言葉、口から発する言葉によってのみ、
伝えられなくてはならない、
そのように信じられていました。

それはたんなる秘密保持のために、
重要なことは文書に残してはならない、
という意味ではありません。
そんな理由ではなくて、
人間が発する生きた言葉の響きこそ、
聖なる事柄を伝えるもっともふさわしい手段だという感覚があったからです。

160 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:39:36 ID:Pmat18WV0
639 :ゆみ KoD :2010/05/08(土) 16:17:21 ID:xJ96Kz2Z0
しかしそういう感覚はとうに失われました。
古代、中世の人々の「活字」に対する嫌悪感は、
現代人には理解されなくなりました。
活字に接してもよいのは、
神から特別な使命と責任を与えられた司祭だけでした。
一般の信者は、
「活字の悪魔」から守られなくてはならなかったからです。
しかしそういう理由など、
現代ではたわごととしか受け止められないでしょう。

口から発する言葉の力への、
鋭敏な感受性もとうになくなりました。
言葉はたんなる「音」でしかなくなりました。
言葉の力に人間は感動しなくなりました。
古代人が非常に熱心に詩をつくり、それを好んだのは、
声にだして読まれるものだったからです。

「言霊」などというのではなくて、
言葉の響きそのものが、
人間の感情をゆりうごかしたり、
意志をつよく刺激したのだそうです。
だから人々は、それを聴くことに熱中しました。
それゆえに古代や中世では、
詩人が非常に高い尊敬を得ていたんです。

人々のなかで、
言葉の響きへの感受性が消えかかっていたから、
つよい言葉の力をもった詩人たちが尊敬されました。
しかし現代人には、
古代人への詩への熱狂と、
詩人への崇拝はまったく理解できないものです。

161 :グレン KoE:2010/05/08(土) 20:52:01 ID:Pmat18WV0
前スレのこおとぎさんの疑問に素晴らしい回答を見つけたので貼っておきました。

162 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/09(日) 00:43:58 ID:VrGgVQJ50
中国が海軍の基本戦術を明らかにしている。基本は公海に出るのに「8つのルート」があるとしながら、
主に利用するのは3つか4つで、日本・アメリカ・インドなどの海軍とにらみ合っているとしている。
貴重な動画だよ。
http://japan.people.com.cn/95921/6966326.html


163 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/09(日) 00:58:45 ID:VrGgVQJ50
日本が引いた戦術的な図面上の「第一のライン(島の鎖)」を突破した。とかいてあるぞ。
なんか物騒だなw


164 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/09(日) 01:25:04 ID:VrGgVQJ50
>>155
お互いに敵意を持って監視しあっている以上、そういうことも起きるだろう、という中国側の
公開映像のようだ。


165 :本当にあった怖い名無し:2010/05/09(日) 20:49:17 ID:jNpaiY6r0
あげとくぞ!!

誰だか知らんがありがとう!!

166 :本当にあった怖い名無し:2010/05/09(日) 21:18:10 ID:Q9duz2P00

10ちゃんねる 教育テレビで 300という映画をしています

是非見るように〜

167 :本当にあった怖い名無し:2010/05/09(日) 21:57:56 ID:Q9duz2P00

 ごめんなさい。 教育テレビじゃなく

テレビ朝日です

168 :グレン KoE:2010/05/09(日) 23:38:30 ID:uGnGA6Ra0
>>166>>167代筆ありがとう。

ふむ、誰も300を見なかったか。
見た人いたらアレコレ書こうと思ってたんだけど、まあいいです。


169 :トリッピー:2010/05/10(月) 00:47:07 ID:6JQBOez+0
おお、300か、大洲のマイカル・ワーナーで見たのが懐かしいね。
けど、この映画ペルシャ軍を変態さんに描きすぎなのがワロタ

あと、グレンさん、カンタータ・オルビスへのリンクどうも。
歌詞がいいんですよ、歌詞が(ラテン語だけどね)

一神教・多神教・神・輪廻全てが一つの考えとなったまさしく
日本ならではの和洋折衷の歌詞! 素晴らしすぎる。 ということで、あまりに
感動がすごかったので、勝手に歌詞を晴らさしていただきま〜す。

170 :トリッピー:2010/05/10(月) 00:50:05 ID:6JQBOez+0
(Mortem) Quam Pulchra est Vita
(死よ)生とはなんと美しい
(Deus) Quam Pulchra est Vita
(神よ)生とはなんと美しい
(Mortem) Quam Grandis Gratia est Vita
(死よ)生とはなんと偉大なる恵み

Amor (Amor)
愛よ(愛よ)
deus deus Messiah Messiah Animus Dominus
神よ 神よ メシアよ メシアよ 神の霊よ


171 :トリッピー:2010/05/10(月) 00:54:26 ID:6JQBOez+0
Diem Natalem Gratulari Natalem Vitalis Felicito
誕生の日、感謝する、幸福なる生の誕生に
Quam Pulchra est Vita
生とはなんと美しい
Quam Pulchra est Vita
生とはなんと美しい美しいことか
Diem Natalem Gratulari Natalem Vitalis Felicito
誕生の日、感謝する、幸福なる生の誕生に
Quam Pulchra est Vita
生とはなんと美しい
Quam Pulchra est Vita
生とはなんと美しい美しいことか

Quam Grandis est Dominus est Vitalis Vis
神はなんと偉大であることか、神は生命の力
Quam Grandis est Dominus est Vitalis Vis
神はなんと偉大であることか、神は生命の力

Animus
霊よ
Mortem
死よ
Vitas
生よ
Orbis
輪廻よ


172 :トリッピー:2010/05/10(月) 00:58:19 ID:6JQBOez+0

Diem Natalem Gratulari
誕生の日、感謝する、
Vitalis Gratulari
感謝する、生に
Natalem Vitalis Felicito
幸福なる生の誕生に

Deus
神よ
Vitas Ortus
生の誕生

Orbis est Vita Atque Mors Orbis est Vita Atque Mors
輪廻は生、そして死の輪廻、それは生と死
Orbis est Vita Atque Mors Orbis est Vita Atque Mors
輪廻は生と、そして死の輪廻、それは生と死

Quam Pulchra est Vita
生とはなんと美しい
Diem Natalem Gratulari
誕生の日、感謝する
Quam Pulchra est
なんと美しいことか
Vita
生は


173 :トリッピー:2010/05/10(月) 01:02:17 ID:6JQBOez+0
おやすみなさ〜い。

174 :こおろぎ:2010/05/10(月) 20:15:43 ID:m6RN1QR60
>>161
ありがとう。こおとぎさん嬉しいです。

文章に限らす、絵でも直筆の文でも、コピーのものとは何かが違いますもんね
充分そっくりのコピーでも、肉筆の物とはどうしても違う。
直に見る、聞くというのは生きたまま伝えると言う意味で大事なことなんだろうと思います。
見えるものだけでもそうなのだから、ゆみさんが言うように「音」として発せられる声や言葉というのは、形に残らない分
結構強烈なものが出てるのかもしれませんね。

私個人の意見だし、言霊とはだいぶずれるのですが、
私の場合は、高尚な絵を見るより、そこらにあふれていても自分の好む曲を聞く方が、感動の度合いが高い気がします。
というか、たぶん感動というよりも紙に形として残すものと、聞くものとでは感動する場所が違うんではないでしょうか

本来、聞いて感じるところを、見てから解釈して感じようというわけだから、どこか欠けるか増えるかしてしまうのはよくありそうですね。

175 :グレン KoE:2010/05/10(月) 20:27:26 ID:wO4YLQ390
>>169 トリッピーさん
こんばんわ〜。
ペルシャ軍が変態なのは、まあイランと見立てての事かもしれません。
自由とマッチョの国アメリカVS変態狂信者の国イラン
てな感じに作れとか
自由は力によって守らなければならない的なメッセージを入れろ
とまあ、スポンサー側からこんな要求があったのかもしれませんが
監督的にはそういうのを含めてチャカしているように感じました。
本当のところはわかりませんが。

176 :グレン KoE:2010/05/10(月) 20:40:38 ID:wO4YLQ390
>>174
文言一致運動によって書く言葉としゃべる言葉が近くなったと
言ってもまだまだ違った感じなんだと思います。
しゃべってる言葉をそのまま文章に書くと、とても幼稚な感じになります。
逆に文章をそのまま読むととても堅苦しい感じになります。
ニュース系の板で政治家の発言をそのまま文章にしたもの何かを見ると
やはり映像でみたのと違う感じになります。

177 :グレン KoE:2010/05/10(月) 20:47:26 ID:wO4YLQ390
挨拶を忘れてしまった。
こおろぎさんおかえり〜!

まあ、普通にネットでは文章だけだから誤解されやすいとか、よく言われますし。
「バカなの」
の一言でも言い方で色んな使い方ができますが文章だと読む方に委ねられる部分が大きい。
あと、文章だと書いてる人の年齢性別がわからなかったり、ヒトラーの演説も文章にしてみると
意外と普通の事を言ってたりとかまあ色々あります。

178 :グレン KoE:2010/05/10(月) 21:05:37 ID:wO4YLQ390
あと司祭によってというのが結構ポイントかもと思うんです。
同じ文章でも読む人によって印象が変わる。
どうでもいいけど、ここで「走れメロスの」クライマックス聞けます。
http://www.monogatari-theater.com/service/list/list01.html
お経とか真言とか師匠のものをマネます。
話す言葉というのには、しゃべる早さ、声質、音量、他色々
人柄が出ると思います。
落ち着きのある人は落ち着きのある話し方をしますし
落ち着きのない人は落ち着きの無い話方をすると思います。
この前ラジオでモノマネをする人がモノマネをするとその人が入ってくる
みたいな話をしていました。

179 :グレン KoE:2010/05/10(月) 21:08:41 ID:wO4YLQ390
まあ、よくわかんないのですが。
人格者の話し方のマネをする事でその人に近くなるというか
人格が磨かれると言うかそういうのも無い話ではないのかなと思います。
なので特別に訓練されたというか、坊さんは師匠のマネでお経を唱えて
司祭さんはよくわからないですがやはり偉い人に読み方を教えて
もらったりするのではないかと思います。

180 :グレン KoE:2010/05/10(月) 21:15:16 ID:wO4YLQ390
神父さんがみんな同じ感じで聖書を読むのも
坊さんがお経をみんな同じ感じに読むのも
神主が祝詞をみんな同じ感じに読むのも
なんかうまく説明できんけど、そんなんがあるんじゃないかなぁと思います。

181 :グレン KoE:2010/05/10(月) 21:18:47 ID:wO4YLQ390
ああそうだ、日本人はというか日本人に限らないかもしれないけど
電話に出るとき声が一段高くなる人が多いと思います。
しかし銀行とか役所とかだと電話にでる時は声を一段低くしろと指導されます。
低い声で話す事で相手に安心感を与えるんだそうです。

182 :グレン KoE:2010/05/10(月) 21:24:41 ID:wO4YLQ390
>>11
ピラミッドに三つの十字架じゃないけど
「3つの十字架の丘」なら見つけました。

ヴィリニュス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%B9
http://d.hatena.ne.jp/nubonba/20070705

183 :こおろぎ:2010/05/11(火) 15:35:53 ID:x+4xAhIk0
>>176
そうだよねぇ
今の若い人たちも同じ感覚なのだろうか。
私が子供の時に読んだ本は、丁寧語で書かれてるものが結構あったけど今は少ないよね。
どんどん文章は変わってくけど、さすがに話し言葉そのままの本というのは読みにくいだろうなぁ
というか、読みにくい。
この前関西弁で書いてある本読んだけど、読みにくかった。
私、関西弁だけど

>>177
ただいま!
まぁ私も、よく「怒ってるの?」と昔は聞かれましたw
私の文は怒ってるみたいな文なのでしょうか
あと、みーこさんからはしばらく男だと思われてたみたい。
しかも、実際話した人からはまずこう言われます
「声がイメージと違う!というか、すべてが違う!」

同じ文でも読み方一つで印象違うし、
読む人によって強調されて感じる単語が違いますからねぇ
同じ世界にいて同じものを見てないというのの分かりやすい例ですね

まぁ、直に話すのが一番間違いが少ないんだと思います。
そうすれば読み手の解釈100パーセントにはなりませんからね

逆に小説は読み手の解釈100パーセントでもいいのかもしれません。





184 :こおろぎ:2010/05/11(火) 15:47:28 ID:x+4xAhIk0
>>178
感動したんですけどTT
しかし、私はもっと淡々と読んだほうが好きかもなぁ

>>179
形から入った方がやる気になる人もいるわけだし。
その気になってるうちに、そうなるということも結構ありそう
お経は前にグレンさんが言ってた呼吸法のほうが関係あると思う

なぜか知らないけど「人格者」のイメージはゆっくりしゃべって声が低い。
まぁ確かに、アニメ声の人格者とかだと凄いこと言ってても軽んじられそう

185 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:04:05 ID:yYyvAjxE0
>>183
おれも、こおろぎさんと会った時にそんなような事を言ったかもw
まあしかし、一回会ったからもう読みながらこおろぎさんの声とか
姿が再生される感じだけど。
「声がイメージと違う!というか、すべてが違う!」
これは、原作のあるマンガがアニメになった時によく言われるよねw
銀河英雄伝説という小説があってのちにアニメ化されたんだけど
俺のヤン提督はこんなにかっこよくない!と思ったもんですw

186 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:16:01 ID:yYyvAjxE0
>>184
んだね。
まあ、学ぶは真似るとかよく言うし
昔の寺子屋なんかでは自分でなんかするというより先生の真似をしたもんです。
先生「子曰く、吾十有五にして学に志す。」
生徒「子曰く、吾十有五にして学に志す。」
という感じに。
「人格者」のイメージはユングの言うところの老賢者(オールドワイズマン)
で人類が持っている普遍的なものなのかもしれんね。
古代は平均年齢が短く老賢者の経験を踏まえた知恵というのがものすごく重要で
いう事を聞くかどうかで生存率にも大きく影響しただろうから。
古代というのは長く生き延びるという事が大変だったからというか
長く生き延びる為にはそれだけ知恵と力が必要だったから。

187 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:25:28 ID:yYyvAjxE0
【イエス】愛と平和お祈りスレ【キリスト】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1263649535/

このスレで、自然と神とイデアについてとても興味深い事が書いてあって
ワタシも参加しようかと思ったけれども、ゆみちゃんの足を引っ張る事に
なりそうなので、ここに適当な事を書いておきます。

188 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:35:10 ID:yYyvAjxE0
最近口蹄疫の話が話題になっているので、まずは牛さんがなんでミルクを
いっぱいだすのか?の話から。
まあ、こおろぎさんが乳牛を3頭飼っていたとする。
しかし、エサは2頭分しかない。
どうするかというと、まあ1頭は潰して食っちまう。
どういう基準で選ぶかというと一番ミルクがでない牛を選ぶ。
そして2頭残るわけだけど、そのうち1頭を交配させる事にした。
どういう基準で選ぶかというと普通に考えてミルクを沢山出す方を選ぶ。
まあ、そんな風な事を人間は数千年間繰り返してきたわけだね。
そして現代の牛はミルクを沢山出すようになったわけだ。

189 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:41:15 ID:yYyvAjxE0
まあ昔はニワトリが必ずしも毎日タマゴを生むわけではなかったし
羊もあんなにモサモサしたのばかりでもなかったわけだ。
馬だって頑丈で速いヤツばかりでもなかったでしょう。
まあ、動物の話をしたけど植物もそう。
畑に限りがある場合
カメムシさんが、いいジャガイモの苗と悪いジャガイモの苗を手に入れたら
悪い苗は植えないし実の入ってない麦を刈り取るなんて無駄な事もしない。
まあ、自然というのはとてつもないバリエーションにとんでいて
一つとして同じ種はないです。
スマップもそんなような事を歌っていました。
あちらは種ではなく花でしたが。

190 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:46:29 ID:yYyvAjxE0
まあ人間の介入の話をしましたが、自然にもこれと同じ仕組みが
働いているんです。
誤解を招きやすそうな書き方をしますが
どの個体が生き残るという事を自然が選択していると言えるのです。
そういう仕組みが長い時間の中で新しい動植物の種を作り出すのです。

191 :グレン KoE:2010/05/11(火) 20:54:20 ID:yYyvAjxE0
避雷針の発明者であるフランクリン・ベンジャミンは
「自然界に繁殖を限定する要素がなかったら、一種類の動植物が
地上のいたるところにある。現実は様々な動植物の種があって
互いにバランスをとっている」
と言っています。
まあ、進化は環境にもっとも適応したものが生き残り、種を残すものは
生存競争の勝者だという事ができるのです。

192 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:01:16 ID:yYyvAjxE0
象の繁殖スピードはあらゆる動物の中でもっとも遅く
30才で繁殖をはじめ90才で終えますがその間に6頭の子供を産んで
もしもすべての子供が生き残るとしたら、50年後には一つがいの
象から1900万頭が生まれる事になります。
鱈なんかは一度の産卵で何千個もの卵を産むので、それこそ大変な
事になりますね。

193 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:13:05 ID:yYyvAjxE0
生存競争というのはもっとも近い種の間でもっとも激しく行われます。
同じエサを求めて戦う為です。
なのでライバルが少ない深海などでは古代からあんまり姿を変えていない
生物というのが少なくありません。
まあ生存競争が激しいというのは、ごく小さな違い。
こうしてもっとも適したものが生き残りそうでないものが死に絶える事に
なるわけです。

194 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:24:33 ID:yYyvAjxE0
ようするにエサが少なければ少ないほど、腹の子供が多ければ多いほど
進化は早いです。
しかし問題はエサだけではなく他の生き物のえじきにならない事も重要です。
例えば保護色であったり足が早い事であったり天敵を覚える能力であったり
時には味がマズイという事も武器になります。
味がマズイのを極めると毒になりますね。
まあ、そんなわけでサボテンには毒のあるものが多いです。
砂漠にはサボテンくらいしかはえていないので特に草食動物に狙われやすいので。
長い目で見るとある特定の環境、ある特定の生態系にもっとも適したものが
生き残ります。

195 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:29:02 ID:yYyvAjxE0
しかしながら、ある環境では有利なものが他の環境では役に立たないという
事が多々あります。
鳥は空を飛ぶ事で優位性を発揮しますが飛べない鳥と言うのも存在します。
地面にエサがあって肉食の動物がいない場所では飛ぶ事はそんなに重要ではないんです。
自然環境には色んな生態系があるので時の流れにつれて色んな生き物が
進化したんです。

196 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:36:45 ID:yYyvAjxE0
人間は一種類しかいませんが人間は様々な環境条件に生活をあわせる能力を
持っているからでしょう。
まあ、それでも黒人とか白人とかいます。
赤道地帯の人の肌が黒いのは黒い方が太陽の光をガードしてくれるからです。
逆に北の方では白い肌の方が有利です。
白い肌は太陽の光を吸収して体内でビタミンを作るのを助けてくれるので
あまり陽のささないところでは重要です。
まあ現代人は食べ物からビタミンをたっぷりとる事ができるので現代では
それほど重要ではなかったりしますが。
間違っても神様が悪い事をした罰として黒人の肌を黒くしたわけではありません。

197 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:42:30 ID:yYyvAjxE0
961 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:28:47 ID:5/qk59AL0
まあ、アリストテレスは石が落下する理由を
地上に石の本来いるべき故郷とも呼べる場所があって、
そこに向かって行くから落下する
石が本来帰るべき場所に至ったとき、石は初めて本来の石になる。
と、まあこんな風に考えた。

962 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:37:38 ID:5/qk59AL0
人間についても同じで、人間にも本来いるべき故郷とも呼べる場所があって
人間もそこにひたすら向かっていると考えた。
その故郷は天で今でも天に帰るとかいうやね。
まあ、その考えはキリスト教にも影響を与えた。
梯子(スカラ)を登っていくという表現なんだけど
まあこの梯子(スカラ)は時間と考えて問題ないと思う。
問題あるかもしれないけど。知らん。

963 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:47:55 ID:5/qk59AL0
まあ、この梯子には登っていく段階で色んなものに変質していく。
植物→動物→人間→天使→神
と、こんな感じ。まあ進化だね。
進化については同時代のアナクシマンドロスが生命は海の中で
発展して後に地上に移住したというような事を書いていて
それって進化論じゃね?的な事を書いているんですが
この手の話を書き続けるとキリがなくなるんでやめときますが
古代ギリシャは半端ないです。

198 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:48:13 ID:yYyvAjxE0
964 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:58:47 ID:5/qk59AL0
まあ、今の我々が住んでいる世界と天との間には
梯子(時間)がかかっていて、その梯子を一段のぼる事に
人間は変化すると考えたのです。
梯子の最終地点には神がいて、そこまで登ると人間も神と同じになる。
ちなみに神は梯子の一番上なので神は変化しない。
神が永遠不変なのは最終地点にいるから。
この考えもキリスト教に影響を与えてキリスト教の神の概念になった。
それまでの神というのは非常に人間臭かったり変化したりしたからね。

965 :グレン KoE :2010/04/29(木) 20:14:39 ID:5/qk59AL0
んでもってイデア論の発展として
アリストテレスは梯子の上にいるものは形相(エイドス)で
下にいるものはその質料(ヒュレー)と考える。
エイドスが物事の本質でヒュレーは物事を作っている材料ね。
エイドスが刻印でヒュレーは押された刻印とか説明される。
エイドスが魂でヒューレが肉体。
人間は3ヶ月だったかで細胞が全部入れ替わると言われているけど
入れ替わっても人間は人間のままだよね。
それはエイドスが本質でありヒュレーは本質ではないから。

199 :グレン KoE:2010/05/11(火) 21:55:56 ID:yYyvAjxE0
まあ、ようするにですね。
神はやがて進化する可能性も組み込んだ上で生き物を創造したのです。
上にいるものは下にいるものを内包しているというのは
人間が胎内で生物の進化を体験しているという事も興味深いです。


200 :グレン KoE:2010/05/11(火) 22:27:47 ID:yYyvAjxE0
まあ、そしてビックバンとビッククランチ。
世界はビックバンによって膨張し続けていると言われているが
重力はその逆方向に働いている。
ビックバンの力が弱まってくると重力によって天体がぎゅっとまとまる方向に働く。
すると今度は逆の爆発が起こる。収縮というか爆縮。
まあ最終的に宇宙が均一の状態になるかビッククランチが起こるるか何が起こるかは
よくわかってないんだけどね。
宇宙に存在する物質の量によって決まるなんて事も聞いたけど本当のところ
よくわかりません。
というか最近では遠くに新しくて大きな銀河が発見されてビックバン理論も危うく
なってるらしいしね。


201 :グレン KoE:2010/05/11(火) 22:31:36 ID:yYyvAjxE0
まあしかし、インドには中々おもしろい話があって。
それによると宇宙はどんどん広がっていって、それから縮まるなんて
伝説がある。
ブラフマンの昼と呼ばれるものとブラフマンの夜と呼ばれるものが交代
するという話。
宇宙は脈を打つ心臓みたいにイメージされるらしい。

202 :グレン KoE:2010/05/11(火) 22:38:28 ID:yYyvAjxE0
まあビックバンが創造とするならばビッククランチは反創造。
重力が地に引く力ならエーテルは天を目指す力。
ビックバンの広がる力がエーテルとも解釈できるわけだ。
そして重力は縮まる力ね。
あっそうそう、ビッククランチによって縮まると最終的にどうなるかって
言うと、まあ想像通りまたビックバンが起こるわけだ。
その繰り返し。まあ東洋のクルクルまわる時間の観念に近い。
ビッククランチが起こらないとすると時間は一方通行で西洋的な
時間の観念に近くなる。

203 :本当にあった怖い名無し:2010/05/11(火) 22:55:22 ID:YaDdOobZ0
「まあ」が多すぎ

204 :グレン KoE:2010/05/11(火) 23:02:32 ID:yYyvAjxE0
>>203
うるせーw
口癖なんだよw

205 :本当にあった怖い名無し:2010/05/12(水) 02:22:48 ID:boEflo2b0
>>204
まあまあ。

206 :本当にあった怖い名無し:2010/05/12(水) 03:35:33 ID:qmRKXtpf0
>>205
まあまあと書こうと思ったらすでに書かれていた。

207 :グレン KoE:2010/05/12(水) 21:57:49 ID:tQfHRDjB0
ふむ

208 :こおろぎ:2010/05/13(木) 23:50:23 ID:7VEd4ynE0
>>188
超納得した。
家畜は飼われているうちに結果として品種改良になってたわけだね。

自然界では乳を出すのが良い というわけではなくて、鳥などは尻尾の長いものや派手なものが子孫を残したりするわけで、
人間が介入しなければ牛や羊はもっと違う部分が強調された生き物になってたかもしれないですね。


209 :こおろぎ:2010/05/13(木) 23:52:53 ID:7VEd4ynE0
>>196
今でこそ同じような大きさの人間ばかりだけど、
小型の人類も居たようだし、巨人伝説もあるし、案外昔はいろんな人型が居たのかもと思ってみたり。
犬だってカエルだって大きいの小さいのいるからねぇ


210 :グレン KoE:2010/05/14(金) 12:44:44 ID:hq9iJWdY0
>>208 こおろぎさん
そう品種改良。
品種改良は人間だけの専売特許ではなくて自然自体も行うのです。
まあ、そうだろうね。
あんなにミルクばっかり作ったり毛をモサモサさせてたんじゃ
効率が悪くてしょうがないだろうからね。
豚なんかはイノシシを家畜化したものだけど
野生に返すと先祖返りしてイノシシになるらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%BF
乳牛も野生に返せば何世代かそれとも何十世代か後には
バッファローに見たいなかっこいい牛に変身するかもね。

211 :こおろぎ:2010/05/14(金) 12:49:15 ID:R2Dtj4Me0
生き残れれば何世代か後には違うかんじになってるかもなぁ

212 :こおろぎ:2010/05/14(金) 12:52:11 ID:R2Dtj4Me0
日本で野生化した家畜は生き残れそうな気もするが(天敵があんまり居ないから)
外国ではあんまり生き残れなさそうな気がする。
とはいえ、結構生き残ってるんだよね。



213 :グレン KoE:2010/05/14(金) 12:55:36 ID:hq9iJWdY0
>>209
んだねぇ。
いろんな人型いたんじゃないかな。
犬とカエルは中々いい例えだと思いました。
ああ、あと近親交配の話。
近親交配だと天才とか奇形が生まれやすいって話ね。
まあ、基本的に動物は近親交配を避けるメカニズムを持っているので
充分な個体数があれば近親交配というのは起こりにくい。

214 :グレン KoE:2010/05/14(金) 12:57:14 ID:hq9iJWdY0
>>211
んだね、人間も野生で放っておけば、そのうち角でも生えてくるかも
しれんよね。

215 :グレン KoE:2010/05/14(金) 12:59:32 ID:hq9iJWdY0
>>212
海外から持ち込んだザリガニやら魚やらが日本で我が物顔で泳いで
たりするもんね。
むかし、近所に色んな所から逃げ出したと思われるインコが群れを作っておったよ。
今はどうなったか知らん。

216 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:08:02 ID:hq9iJWdY0
>>213
んでもって、それにも関わらず近親交配が起こるというのは
群れにとって危機的状況な場合が多いと言える。
危機的状況を回避するには進化をしなければならないわけで
とりあえず、進化しようとする。
しかしながら前の方で書いたように有利な形というのは生態系によって
違うので、とりあえず今とは別の形というか変化した状態のものを生み出す。
それが天才というかその状況にとって有利なのか不利なのかは
ある意味、運次第といえる。
危機的状況による変化が近親交配による優秀な個体もしくは奇形が生まれる
メカニズムなのかもしれない。

217 :こおろぎ:2010/05/14(金) 13:08:20 ID:R2Dtj4Me0
>>213
近親相姦を避ける話。

話がずれるけど、近親相姦を本能的に避けるのは、匂いが鍵だとテレビでやってた。
近親者からの異性の匂いは不快らしいね。
だから、年頃の娘さんからお父さんは「臭い」と嫌われるわけです

動物の話はそのテレビではやってなかったけど、きっち似たようなもんなのかもしれん



218 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:12:05 ID:hq9iJWdY0
>>217
なるほどね〜。
お父さんかわいそうだのぅ。

219 :こおろぎ:2010/05/14(金) 13:12:31 ID:R2Dtj4Me0
>>215
そう。なんだか知らないけど、外国の種類は日本のより「大きくて強い」というイメージがあるよ。
日本の自然環境は生き物にとってそんなに厳しくない・・わけでもないと思う。
四季がはっきりしてる分、生きにくい気がするんだけどそうでもないのかなw

私が住んでた鹿児島では、温泉が湧き放題。
用水路からも湯気が立ってた。
その用水路ではいっぱいグッピーが泳いでたよw

グッピーだよ!
すごくない?

220 :こおろぎ:2010/05/14(金) 13:21:06 ID:R2Dtj4Me0
最初は奇形でも、何代も続いてるうちに普通になってしまう物もあるかもねぇ

うまい具合に優秀な子孫が続いて生まれるグループと、不運にも奇形ばかりが生まれるグループがあったとして、
その何代か後には、二つのグループは全く別の生活の形態をしてるかもしれないねぇ


221 :こおろぎ:2010/05/14(金) 13:21:52 ID:R2Dtj4Me0
グレンさん昼休みだったのかなw

乙ー

222 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:26:14 ID:hq9iJWdY0
>>219
日本の生き物が小さいのは昆虫に関してはやはり四季があるからだろうね。
特に冬は寒いからのう。
動物に関しては山ばっかで広い草原やらサバンナがないからだろうね。
関東平野が広いつったって昔は森だったわけだし。
まあ、日本にも昔は象とかもいたんだけど、多分原始人が全部食べちゃった。
グッピーすげえ。名物になりそうな勢いだね。


223 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:29:04 ID:hq9iJWdY0
>>220
んだねぇ。
奇形とは違うけどイモばっか食ってても栄養失調にならん民族とかも
あるみたいだしね。
>>221
いや、休みじゃw


224 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:30:07 ID:hq9iJWdY0
461 :ゆみ KoD :2010/03/14(日) 16:27:57 ID:ljdy3DK20
グレンさんが運についての文章をアップしていたので、
わたしも書いてみようと思います。

まず「運」とは地上の主がつかさどっているものです。
運というのは地上でのみ生起する事象であって、
霊魂の世界には「必然」のみがあります。
そこに運などはありません。
運というのは地上の世界だけにあります。
だから運がよい人というのは「地上の主」の目にとまった人のことです。
神の意思にかなう人は、
運とかツキからは見放されてしまいますが、
そのかわりにもっといいものを、
聖霊の助けを与えられます。

とつぜんふってわいたようにお金や名声を手に入れることは、
地上の主からの悪しき恩寵であって、
よろこぶべきことではありません。
幸運をよぶための方法・法則を教えているたくさんの本があるけれども、
どれもみないかがわしく邪悪なものばかりだと思います。

そういう理由から、
運の介入を利用していろいろなことをきめるのは、
人間にとってあまりいいことじゃありません。
たとえばスポーツなどは運の要素が決定的に作用しますし、
投機的なビジネスだってそうです。

どんなに苦しくても、
必然的結果だけをよろこんで受け入れ、
それをさいごまで耐え忍ぶのが、
地上における人間の、
最善な身の処し方だと思います。

225 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:36:41 ID:hq9iJWdY0
>幸運をよぶための方法・法則を教えているたくさんの本があるけれども、
>どれもみないかがわしく邪悪なものばかりだと思います。

この事について少し考察。
法則と書いてあるから引き寄せの法則とかそれに伴うアファーメーションの
事だと思います。

226 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:45:31 ID:hq9iJWdY0
アファーメーションでよく言われるのが
「○○になる。」と言うのではなく「○○である。」という表現を使えというヤツ。
例としては「私は魅力的な人間だ」とか「私は神一厘の発動者だ」
とかそんなんを100回言えばその通りになるとか、そんなん。
その時に感情を込めて言わなきゃダメだよとか。

227 :グレン KoE:2010/05/14(金) 13:54:34 ID:hq9iJWdY0
まあ、こういう事を書いてある本はスピリチュアルな装飾や言い回しが
してあったりして一見すると「いかがわしく邪悪なもの」には見えない。
そしてユングの共有的無意識と絡めて書いてあったりして
非常にもっともらしく書いてある。
神社でもお願いではなく、もう叶ったものとしてそのお礼を言いなさい。
なんて事を書いてあるブログなんかもある。

228 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:01:05 ID:hq9iJWdY0
新月のソウルメイキングなんかもそうだね。
完了形で書けと書いてある。
そういうものをゆみちゃんが
何故「いかがわしく邪悪なもの」と捉えるのかと言うと。
それはルシファー的であるからだと思います。
まあ、何を言ってるんだこいつはとか思う人もいると思いますが
続きを書きます。

229 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:26:43 ID:hq9iJWdY0
ルシファーは天使たちのリーダーで最も美しくもっと能力があった為に
「自分は美しい」「自分には力がある」「自分は神になれる」と
思い込み天界から追放されて堕天使となり地獄の王になったわけです。
まあ簡単にいうと傲慢の罪で地獄に落とされましたって話です。
キリスト教の考えでは悪魔たちは常に人間を堕落させ自分達の勢力に取り込もうと
しています。ルシファーに対応するのは傲慢です。

230 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:33:14 ID:hq9iJWdY0
つまりですね。
アファーメーションで
「私は魅力的な人間だ」「私は神一厘の発動者だ」「私は天才だ」
とか唱えるというのはルシファーそのものなのです。
悪魔というのは人間の心の中に潜んでいます。
ルシファーも然り。
こういう事を推奨する
「幸運をよぶための方法・法則を教えているたくさんの本」
というのは、ゆみちゃんをはじめとするキリスト者にとっては
「いかがわしく邪悪なもの」以外何者でもないわけです。

231 :こおろぎ:2010/05/14(金) 14:40:41 ID:R2Dtj4Me0
実力もないのに「私は素敵だ」と思いこみすぎるのは危険、もしくは病気の入り口になると
そういう簡単な解釈ではないのですね。
そうですねw



232 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:47:28 ID:hq9iJWdY0
>>231
んだね、聖書というのは基本的に寓話とかを元にした神の教えなんです。
実力もないのに「私は素敵だ」と思いこむ事によって傲慢になるのが危険なんです。
またルシファーが神に反乱を起こした理由の一つに人間に対する嫉妬があるよね。
実力もないのに「私は素敵だ」と思いこむ事によって嫉妬心をおこす危険もあるのです。
まあ、どんなに成功した人でも傲慢になったり嫉妬したらいかんよねって話。
ここらへんについてはトリッピーさんもよく書いてる話題。


233 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:51:44 ID:hq9iJWdY0
セルフイメージが高いとか高い志を持つという事は大切なんだけど
高すぎると自分が「神」になり宇宙が自分中心にまわっていると考える
ようになってしまうのです。
そうするともはや周りは見えない。
成功者が破滅するパターンですな。
歴史の話をすると信長も自分が「神」だとか言い出してからおかしくなった。

234 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:55:34 ID:hq9iJWdY0
確かに神は自分の中にいてゆみちゃんもキリストは自分の心の中の
キリストに会いに行くと言ってるんだけど
だからと言って自分=神ではないし自分=神になってはいけないのです。

235 :グレン KoE:2010/05/14(金) 14:57:09 ID:hq9iJWdY0
>>233
成功者と書いたけれど成功者だけとは限らないです。
誰でも陥りえるルシファーのワナです。

236 :グレン KoE:2010/05/14(金) 15:01:39 ID:hq9iJWdY0
>>193
>生存競争というのはもっとも近い種の間でもっとも激しく行われます。
と書いたけど人間に近いのはオラウータンとかチンパンジーの類人猿。
類人猿のほとんどが絶滅の危機と言われているけど
人間がこれだけのさばる世界では大型の類人猿が生きていける場所なんて
ないんです。

237 :グレン KoE:2010/05/14(金) 15:13:15 ID:hq9iJWdY0
んじゃ落ちます。
夜にまたくるかも。
ノシ

238 :グレン KoE:2010/05/14(金) 22:44:55 ID:hq9iJWdY0
というわけで夜になったから来てみたわけだけど
「幸運をよぶための方法・法則を教えているたくさんの本」というのは
ルシファーの教えと言えるといった感じの事を書いたんだけど
そう考えると
>だから運がよい人というのは「地上の主」の目にとまった人のことです。
というのがとても興味深く見えます。
「地上の主」というのは悪魔の事ですので、ルシファーの教えを実践する事に
より「地上の主」の目にとめてもらう。
よって運がよくなるというのは理にかなっていますね。

239 :グレン KoE:2010/05/14(金) 22:57:14 ID:hq9iJWdY0
まあしかし、潜在意識を利用するというのは悪くないです。
ゆみちゃん曰く
>神の意思にかなう人は、
>運とかツキからは見放されてしまいますが、
>そのかわりにもっといいものを、
>聖霊の助けを与えられます。
ですから。
まあここでいう聖霊というのは天使と考えていいです。
堕天使であるルシファーが心の中にいるのならば
神や天使やキリストも心の中にいるのですから。
潜在意識を利用して「地上の主」の目にとめてもらう事ができるのならば
潜在意識を利用して神の意思にかない聖霊の助けを与える事もできるわけです。

240 :こおろぎ:2010/05/14(金) 22:59:37 ID:7+9EcZQ70
ばんわーす

ごちゃごちゃ書いてみたが考えがまとまらず没に

241 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:00:53 ID:7+9EcZQ70
書いてるうちにどんどん話が関係無い方に
というか、もともとの論点がずれてることしか思い浮かばないんで、困ったものだと思いつつうろうろしていたrグレンさんが来ていたw

242 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:03:18 ID:hq9iJWdY0
>>240 こおろぎさん
こんばんわ〜。
まあ、適当に思いついた事をポンポン書けばいいと思うよ。
ワタシもまとめようなんて思って書いてないし
思いついた事を適当に書いてるだけです。

243 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:16:07 ID:7+9EcZQ70
うーーむ

消してしまった

ので、もう一回考えてるw

244 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:18:44 ID:7+9EcZQ70
そう言えば、なるみさんは今も宗教板で気張っているのでしょうか

245 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:23:56 ID:hq9iJWdY0
まあ、潜在意識を利用して神の意思にかない聖霊の助けをえる方法は
いずれ書いていくとして。
引き寄せの法則やらアファーメーションが流行っているというのは
悪いユダヤ人、シオニストたちの陰謀です。
成功哲学で有名なジョセフ・マーフィーはプロテスタントの牧師だし、
ナポレオン・ヒルやカーネギーはユダヤ人ですので。
ハムスターさん風にいうと騙されたらアカンといった感じです。
やつらの目的は、みんなが幸せになる事なんかではなく
世界を征服する事なのですから。

246 :ツェーレム:2010/05/14(金) 23:26:52 ID:3xpc4HP10
のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか

247 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:32:19 ID:hq9iJWdY0
>>244
見てきたらあんまり書いてなかったけど今も頑張っているいるみたい。

248 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:33:25 ID:7+9EcZQ70
>>245
ほう・・

>>246
それはなぁに?

249 :本当にあった怖い名無し:2010/05/14(金) 23:34:13 ID:iGrG3/bS0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了寝る前に
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /iペプシネックスゼロ一気飲みしてしまった
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !腹が張って寝れなくなった
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、ピラミッドパワーで直して欲しいよ
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

250 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:34:32 ID:7+9EcZQ70
そうですか、ガンバッテいるいるですか

ぐれんさんも頑張っているいると思いながら見てました

251 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:35:31 ID:7+9EcZQ70
>>249
背中をバンバン叩いてゲップを出すんだ


252 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:36:00 ID:hq9iJWdY0
>>246 ツェーレムさん
こんばんわ〜。
虚空蔵菩薩真言だね〜。


253 :本当にあった怖い名無し:2010/05/14(金) 23:36:50 ID:iGrG3/bS0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了>>251
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i了解した少佐
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !今からオペレーション・ゲップを実行する
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

254 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:39:13 ID:hq9iJWdY0
>>248
まあ、ニューエイジやら最近のスピリチュアルはユダヤという話を
以前したけど、こういうのもラストハルマゲドンに向けた戦いの
一環という話なのです。

255 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:39:53 ID:7+9EcZQ70
上の方のレスを読んで書いてるんで、かなり亀レスなんだけど

>>229
自信がありすぎるのも良くないけど、自信が無さ過ぎるのも良くないわけで、
自信過剰は悪魔の罠であるなら、謙遜が過ぎて身動きとれない人には「私は素敵だ」と思ってもらう方がいいんじゃないだろうか。
というか、素敵とか劣っているとか言う事を、あんまり突き詰めて考え過ぎては良くないのかもです。
長所は短所、短所は長所と言うぐらいだし、何を持って素敵なのかは千差万別

歌の歌詞にもあるじゃん
「ドブネズミみたいに美しくなりたい」


256 :ツェーレム:2010/05/14(金) 23:40:22 ID:3xpc4HP10
空海が100万回唱えて天才になった真言だよね

257 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:40:25 ID:hq9iJWdY0
>>249
ふむ、奇遇だ。
俺も何ヶ月かぶりにコーラを飲んでいるところだ。

258 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:40:39 ID:7+9EcZQ70
>>253
カメゴン、逆噴射は今だ

259 :ツェーレム:2010/05/14(金) 23:41:28 ID:3xpc4HP10
今日、仮面サイダー飲んだ

260 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:43:08 ID:7+9EcZQ70
自分の許容範囲以上の変化を「運」で手に入れてしまう事は、確かに手に入れた人の負担になってしまいそう。
傍目から見て「良い」運だったとして、本人たちも「良い運」で目を回したとしても、
運を自分の物にするためには何らかの努力をしないわけにいかなくなると思うんですよ

ゆみさんの話を読んで思うに、
降ってわいたような富を手に入ってしまったことをただ喜んでしまうのが問題なのであって、
それに対応しようと努力や、努力に伴う苦しみを耐え忍ぶのは、むしろ神の喜ぶところなのではないでしょうか?
浮かれてしまえば運に飲まれるかもしれないけど、「邪悪」だとまでは思えないです


261 :本当にあった怖い名無し:2010/05/14(金) 23:45:01 ID:iGrG3/bS0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了>>257やはりカロリーゼロだよねー
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i>>258少佐、苦戦している・・・ゴクリ
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !>>259座布団がいつも以上に回っております
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

262 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:45:38 ID:hq9iJWdY0
>>250
うん、がんばっておる。
まあネタがある時は何か書くようにはしとる。

263 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:46:18 ID:7+9EcZQ70
ええと、私にはおかまいなくゲップ出してきて。3人そろってね
といいつつ、続きを貼る。
えぇ、もうこの辺から潜在意識の話関係なくなってます。

なんか長々と書いてしまったけど、運で大金を得ようと言う場合。
ありあまるほどのお金を手に入れてしまったなら、それを使って遊ぶのを目的と思わず、
そのお金を使いこなせるようになることを目的にしないといけないなぁと思ったという話です。
そうなると、お金で遊びたいと言う娯楽を求めていたはずが、精神的な葛藤を克服するのが目的にすりかわってるというわけで、
ものすごく自制心が必要になりそうですねw
自制がなかなか出きないからお金がもっと欲しいと思う人が多いだろうに、中途半端にお金を得ると帰って自制しないといけないと言うことですかね。
お金が無いなら、自制もクソも無いですもんね。無いんですから。

なんかよくわからなくなってきた。
運よく手に入れた分ならそれを肝に銘じながら必要分を買い、使い終わったら忘れてしまえばいいんじゃないかな。


264 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:47:00 ID:7+9EcZQ70
>>261
ゴクリじゃない、出すのです。
吐け! 吐け!!

265 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:47:29 ID:hq9iJWdY0
>>256
んだね。
しかし実はあれは天才になったのではなくアカシックレコードにアクセス
できるようになったのではないかなとか思う。

266 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:49:07 ID:7+9EcZQ70
今結論が出ました キラキラ

お金あったら使ってしまえ!
はっはー

潜在意識の話のはずだったけど、お金あったら使おうぜ!
ワシ車買い替えたいん

267 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:50:04 ID:7+9EcZQ70
グレンさんの車はいつまで車検通るのだろう

私の車はいつまで車検通るのだろう



268 :ツェーレム:2010/05/14(金) 23:51:08 ID:3xpc4HP10
虚空蔵=アカシックレコード ってのはアリだと思う
金剛指帰の中にある覚醒時の描写は、正にクンダリニー覚醒によく似てるしね

269 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:51:12 ID:7+9EcZQ70
はぁ。
金要るなぁ

270 :ツェーレム:2010/05/14(金) 23:52:33 ID:3xpc4HP10
こおろぎさん、グレンさんは車何乗ってるの?

271 :こおろぎ:2010/05/14(金) 23:57:20 ID:7+9EcZQ70
車の種類なんか私に分かるもんか

軽に乗ってた
うん。


272 :グレン KoE:2010/05/14(金) 23:58:01 ID:hq9iJWdY0
>>255
うん、そうだね。
実は「私は素敵だ」という例は例としてはあまりよろしくなかったかもと思って
いるんだけど。
まあ、そこはおいて置くとして。
長所は長所でいいんですよー。持っているものだから。
持っていないものを練習によって身につけたり訓練するのもいい。
持ってもいないものを持っているように思い込むのがマズいのです。
とこの話も置いておいて、まあいつも通りバランスという話になってしまうんですが
シュタイナーによると人間の中にはルシファーとアーリマンがいるという
まあ、この話は前にもしてるんだけど
シュタイナーはキリスト意識というのも想定していて
シュタイナーによるとキリスト意識はルシファーとアーリマンとう両端の
丁度真ん中にあると言っているのです。


273 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:01:02 ID:qwrRBFmG0
>>271
あれ、話してなかったっけ?
車検を通そうとしたら、あまりにも高いんで1月に車買ったんですよ。
なので今は軽じゃなくて普通車です。
今はスズキのスイフトという車に乗っております。

274 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:01:07 ID:7+9EcZQ70
>持ってもいないものを持っているように思い込むのがマズいのです。

それは全くもってそうですね
なんでそんな方法が良しとされた本が出てくるんだろうと思うぐらい同意


275 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:02:08 ID:7+9EcZQ70
>>273
知らなかったw

私は年末に車検でして
それまでに別の車探さないと。

276 :ツェーレム:2010/05/15(土) 00:06:53 ID:3xpc4HP10
スイフトですか
自分も10月には車検だな・・・・改造されたロードスター乗ってるです
稼がなければ・・・

277 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:07:10 ID:hq9iJWdY0
>>260
ああ、そうか。
ただ喜んでしまうのが問題なんだね。
それを、どうするかが問題だ。
ようは実力じゃないんだから浮かれてないで一層努力精進せよって話かな。
ホントかどうかはわからんけど、たまに宝くじが当たって全額寄付する人とか
いるけど、まあマネは出来んな。。。

278 :ツェーレム:2010/05/15(土) 00:09:41 ID:JUuDQ/k90
>「私は素敵だ」という例は例としてはあまりよろしくなかったかも

自分的にはネガティブに思い込む人には必要かと

279 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:12:06 ID:XQkAL/8Z0
私も真似できない。
全部かどうかはわからんが自分で使うw
全額寄付はありえないw

280 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:12:38 ID:qwrRBFmG0
>>263
なるほど、それを考えると、運で手に入れたお金というのは
ある意味、悪魔の誘惑で試練と言えるのかも知れん。
それを考えると喜ぶべきではないという意味もわかるなぁ。
バクチに溺れる人ってのは勝ったときの快感が忘れられないというからなぁ。
最近のニュースだけど時に子供を殺してしまうくらいに強い誘惑が
あるみたいだしなぁ。

281 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:14:29 ID:qwrRBFmG0
>>268
ふむグレンさんには金剛指帰がわからないですよ。。。

282 :ツェーレム:2010/05/15(土) 00:17:09 ID:JUuDQ/k90
ああ、ゴメン 「三教指帰」だった

283 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:17:20 ID:qwrRBFmG0
>>266
使ってしまうというのはいいかもね。
ダラダラと変な贅沢を繰り返したらクセになりそうだけど
車やら不動産やら買って使ってしまえば、そうもいかんもんね。

284 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:19:21 ID:XQkAL/8Z0
>>280
ゆみさんの言ってた「悪魔の白羽の矢が立った」かどうかは分からないよ。
だって、試練を受けるべく神から選ばれたともいえないかな

285 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:19:23 ID:qwrRBFmG0
>>269
今月末までに車の税金払わなきゃならないですもんね。
普通車の税金にびっくりですよ。
まったく。。。

286 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:21:08 ID:qwrRBFmG0
>>276
ロードスターかぁ。
いいなぁ。

287 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:22:56 ID:XQkAL/8Z0
普通車になったらもっと税金高くなるよ

288 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:23:17 ID:qwrRBFmG0
>>284
なるほど、確かにそうとも捉えられるね。
頑張っ考えたから、ゆみちゃんの模範解答が欲しいねw

289 :ツェーレム:2010/05/15(土) 00:23:19 ID:JUuDQ/k90
アフラー マツダの古い型の改造車ね

290 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:26:31 ID:XQkAL/8Z0
>>288
名無しで書いてみたら、遠慮のない意見がもらえるかもなぁ

コテつけてても普通に叩いてくれるかな?

291 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:27:00 ID:qwrRBFmG0
>>282
そういやぁ空海って真言を100万回唱え終わった
明け方に金星を飲み込んでいるんだよね。
明けの金星かぁと思ってしまう。。。

292 :ツェーレム:2010/05/15(土) 00:32:34 ID:JUuDQ/k90
「明けの明星口に入り 谷響き鳴り止まず」の件ね
クンダリニー覚醒時にそうなるらしい
自分も挑戦してみたら、途中で立ち消えちゃった
後にはメンタルエマージェンシーが来て、しばらくしんどかった
マイミクに覚醒者が二人居るよ

293 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:33:06 ID:qwrRBFmG0
test

294 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:34:22 ID:XQkAL/8Z0
もうサル解除?

はや!
どういう基準になってるのだ

295 :ツェーレム:2010/05/15(土) 00:41:13 ID:JUuDQ/k90
グレンさんは、もう寝てしまったようだ
自分も寝ますか。おやすみー

296 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:44:43 ID:XQkAL/8Z0
うん、おやすみー

297 :グレン KoE:2010/05/15(土) 00:45:06 ID:qwrRBFmG0
>>261
よくコカコーラ ゼロフリーを飲んでるのわかったなぁ。
これ中々うまい。

おやすみ〜
ノシ

298 :こおろぎ:2010/05/15(土) 00:48:37 ID:XQkAL/8Z0
ゲップをね・・

299 :グレン KoE:2010/05/15(土) 19:32:33 ID:qwrRBFmG0
>>292
100万回唱えたの?

300 :グレン KoE:2010/05/15(土) 19:34:31 ID:qwrRBFmG0
>>290
コテでも遠慮のない意見もらえるんじゃないかな。

301 :ツェーレム:2010/05/15(土) 20:10:03 ID:qmpQt06K0
>>299
してない、してない
禁欲と瞑想だけ
知人の場合も瞑想の人と、自転車の人だった

302 :ツェーレム:2010/05/15(土) 21:17:34 ID:TmGCZT6L0
ゲップを100万回!
そうなったら、もう病気だよね

303 :本当にあった怖い名無し:2010/05/15(土) 21:19:04 ID:hkRCQicO0
                ,
                  /
               /
                 /
  ̄``ヽ、       /
      ``‐、     i
        `ヽィ'⌒ヽ.,_
             ト_,__,..>'``ーァ‐''´了>>302やめて!!ゲップ小魔王が死んじゃう!
          ノ:;,.,r-‐'´ ̄_r'´ /i
     ー、r‐ァ‐'-‐'´__,..、‐_,.、-‐イ/ !
       そ‐、二_、-‐'´    .! ト、
          >、 ヽ、     |  i. i_
          ,.r'/!ヽ  `ヽ、   !  〉.トミ
       iィ´  /、ヽ、  ヽ、 j-<  ! i!
       !i   /∧ ヽ`ー'´!`‐' `ヽ.ノ. !i
      _.」> !.i  ヽ、  ./ 〈ヽヽ.ー.i! !i
     r'´   i.!   `ヽィ.く ヽヾ、`ノ !i
           !i     `‐-、.,_/.  tゝ
          !i
          i !
          〉!
           t/

304 :グレン KoE:2010/05/15(土) 22:31:58 ID:qwrRBFmG0
>>301
自転車の人ってのは競輪選手かなんかですか?

305 :ツェーレム:2010/05/15(土) 22:37:47 ID:TmGCZT6L0
普通の主婦の人だったけど、自転車乗ってたら
クンダリニー覚醒しちゃったんだって

306 :グレン KoE:2010/05/16(日) 18:37:22 ID:XvO0c9Wc0
731 :ゆみ KoD :2010/05/15(土) 22:47:44 ID:PqF3qY6P0
>>730
おつかれさま〜
ちょっと読んでみましたが、
試練を与えるのは悪魔であって、
それを克服するように促すのが神です。

神が試練を与えずとも、
悪魔の誘惑と試練とで、
世の中は充分に満ちあふれていますから。

正しい人が苦労するというのは、
神が試練を与えているのではなくて、
この世的な繁栄と幸福の主である「悪魔」が、
その人から手を引いたからです。

そもそも神が与える幸福とは、
この世の苦労とは別のところにあると思います。
苦労しているから不幸、
苦労が無いから幸福、
というわけじゃありませんから。

307 :グレン KoE:2010/05/16(日) 18:38:56 ID:XvO0c9Wc0
732 :ゆみ KoD :2010/05/15(土) 22:59:25 ID:PqF3qY6P0
宝くじで高額当選した、
というのは悪魔からの贈り物です。
それを自分のために使えば、
その人は悪魔にたくさんの借りをつくります。

神がその人に、
あなたならお金をどう使うか、
お金を管理して正しく使いなさいと言って、
高額なお金をポンと渡し、ひとつの試練を与える、
などということは無いはずです。
そのようなことは考えられないと思います。

神がなぜわざわざそのような危険な橋を、
人間に渡らせようとなさるでしょうか。
そうでなくとも、
人間は悪魔からの誘惑と攻撃とに、
日夜さらされているというのに。

308 :グレン KoE:2010/05/16(日) 18:42:09 ID:XvO0c9Wc0
733 :ゆみ KoD :2010/05/15(土) 23:08:12 ID:PqF3qY6P0
しかし、
自分がより謙虚な人間になれるように、
より慈しみぶかく他人の苦しみに共感できるように、
わざわざ神さまにむかって、
「苦しみ」をたまわるようにお願いする人もおられます。
聖人はみなそのような方ばかりです。

そのような場合には、
その人が神さまの御心にかなっている分に応じて、
その願いを聞き届け、
「聖なる苦しみ」を賜われます。
そのようなことはあります。

しかし俗人にとつぜん高額なお金が舞い込む、
などというようなことを、
神さまはけっしてなさらないはずです。
それは悪魔からの恩寵であって、
神からの試練ではありません。

309 :グレン KoE:2010/05/16(日) 18:51:14 ID:XvO0c9Wc0
734 :ゆみ KoD :2010/05/15(土) 23:21:31 ID:PqF3qY6P0
悪魔にたいして借りをつくりますと、
死後のある一定の期間を、
悪魔のしもべとして働くことになるそうです。
借りは必ず返さなくてはならないからです。

悪魔がこの世にもたらしているさまざまな誘惑や危機、
さまざまな犯罪や事故、難病や奇病、
あらゆる堕落と享楽、
そういうものの運び手となって、
自分自身もまた恐怖と苦しみにおののきながら、
恐ろしい霊的存在の下僕として働かなくてはなりません。

そういう経験は、
自分の次の転生を準備する上で、
大きなハンデキャップになってしまい、
今生よりもより不本意な来世をすごさなければならなくなります。
これは神秘学の見解です。

310 :グレン KoE:2010/05/16(日) 19:00:47 ID:XvO0c9Wc0
735 :ゆみ KoD :2010/05/15(土) 23:38:38 ID:PqF3qY6P0
しかし宝くじで高額当選があたったとしたら、
ほとんど誰もその誘惑に勝つことはできないでしょうね。
その試練に打ち勝つ人は、
世界のすべてに打ち勝つ人でしょう。
邪竜を踏みつける大天使ミカエルのような人。
そのような人はほとんどいない。
宝くじは買わないほうがいいと思います。

高額のお金をつかんだら、
人生が狂ってしまうとかしまわないとか、
そんなことが問題じゃないんです。

霊の世界には必然だけがあります。
霊になったときに、
その必然を、
つまり自分のつくった借りを、
悪魔に返さなくてはならないんです。
でもこういう話はおそらくまったく理解されないということは、
よく分かっています。

お金のために生まれ、
お金のために働き、
お金のために死ぬような人ばかりですから。
そういうとわたしは違う、
そうじゃないって誰もが言うでしょうけれど。

311 :こおろぎ:2010/05/17(月) 21:41:05 ID:PVz+gJO10
>>306
>そもそも神が与える幸福とは、
>この世の苦労とは別のところにあると思います。

なるほど〜と思いました。


312 :こおろぎ:2010/05/17(月) 21:43:31 ID:PVz+gJO10
読むばかりでなかなかいい返事も返せないけど、ゆみさん色々教えてくれてありがとうございます。
それから、貼ってくれたグレンさんもありがとう。

313 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 21:52:25 ID:XUcdRwiT0
この板には哲学者大杉w

314 :グレン KoE:2010/05/17(月) 22:22:33 ID:lWc5J2rR0
まあ、オカルト板だからね。

オカルト〜ウイキペディアより。
オカルト(occult)とは元来は「隠されたもの」という意味のラテン語に由来する表現であり、
目で見たり、触れて感じたりすることのできないことである。
そのような知識の探求とそれによって得られた知識体系は「オカルティズム」と呼ばれている。
ただし何をもって「オカルト」とするのかについては時代や論者の立場等により見解が異なる。

315 :グレン KoE:2010/05/17(月) 22:31:03 ID:lWc5J2rR0
まあ、この考えでいくと哲学もオカルトって事になるんだ。
マーフィーの法則やら引き寄せの法則なんかも哲学に近いってか
ああいうのは成功哲学と呼ぶらしい。


316 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 22:36:42 ID:iQ1/KLat0
オカルトとは心霊現象、UFO、UMA、超科学、神秘学、超心理、古代文明などのことです。「怖い」「恐怖」「オカルト」だけではオカルトではありませんよ。。。( ̄ー ̄)ニヤリ

317 :グレン KoE:2010/05/17(月) 22:42:00 ID:lWc5J2rR0
まあオカルトやスピリチュアルでよく取り上げられる「松果体」
なんだけれど、これは元々は哲学で取り上げられていた。
古代ギリシャのヘロフィロスは松果体を「思考の括約筋」と言っているし
デカルトは松果体を「魂の座」と呼んだ。
オカルト本の元ネタってのは哲学も多いのよ。

318 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 22:42:56 ID:gIDAFQwI0
意味不

319 :グレン KoE:2010/05/17(月) 22:43:37 ID:lWc5J2rR0
>>316
このスレは板違いで何度か削除依頼も出されてるけど
何故か削除されんのよ。

320 :グレン KoE:2010/05/17(月) 22:53:31 ID:lWc5J2rR0
>>318
まあ、万人にわかるようになんて書いてないからね。
オカルトなんてのはわかる人だけわかればよろしい。

321 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 23:04:57 ID:NmF0Lyj90
なるほろ
だからいつまても、オカルト板なんだろうな。
もっと具体的に、ムー大陸四国説を語る場と思ったのだが、どうやら板違いのようだ。潔く去る。さらば。

322 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:11:08 ID:lWc5J2rR0
>>311
まあ、苦労といっても人によって感じ方が違うしね。
こおろぎさんの好きな編み物にしても人によっては
とてつもない苦行になると思う。

323 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:12:11 ID:lWc5J2rR0
>>321
さらば〜!

324 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 23:16:41 ID:V+1ZXI0d0
頭に来たので今から俺の知り得た限りの、この世にリークされていない情報を暴露する。

まず、UFOと宇宙人についてだが、あんな物はみんなまやかしだ。

宇宙人なんぞ、とうの昔っから人類とコンタクトしている。
というより、一般人の抱いている宇宙人のイメージは、目玉の大きなグレイタイプの
灰色の外見だと思うが、あいつらは皆、テクノロジーによって生み出された、機械的な
生命体である。
本当の宇宙人は、とっくの昔に透明化、もしくは極小化、もしくはデータ化している。
とりあえず、目には見えない。人類の体の中、頭の中にも既に自由に入り込んでいる。

UFOも同じく、くだらない代物で、一般人の目を引き付けておくおもちゃにすぎない。

テレビで流しているUFOや宇宙人に関しての情報は大衆の目をごまかすための、何者かによる
情報操作の一環にすぎない。

本当にやばいのは、人類の上層部の奴等と、その宇宙人共が、共謀していること。
矢追純一が眉毛を剃り上げてるのもそういうことだと思う。
知りすぎた人間にはそれなりの脅しがあるということだろう。
つまり、世の中には知らないほうが幸せなことが結構ある。

325 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 23:17:34 ID:V+1ZXI0d0
それから、上場企業やら上層部の人間どもが結託して、ある種の暗殺集団を雇ってるのも
一般人はあまり知らないと思う。それを知った人間は皆消されるからだ。

そいつら上層部の奴等にとって都合の悪いことをした様な人間は、ブラックリストに載り、
ターゲットにされ始末される。
やつらは、ターゲットの逮捕とかそういったことはあまり目標になく、ターゲットを不幸に陥れ、
家族を含め命を奪うまで違法行為、執拗な迷惑行為を繰り返す。

どんなことをしてるかというと、盗聴、盗撮に始まり、水道水等への毒物混入、パソコンへの浸入
、ありとあらゆる違法行為、殺人行為、なんでも犯している。

もっと言えば、ここはかなり俺の推測が入るが、ポルターガイスト、幽霊、お化け、呪い、たたり、
そういったオカルト系の現象も、奴等が引き起こしていると思われる。

一般人を撹乱し、真実から目を背けさせようという、世界を掌握する連中の悪巧みだ。

太古の昔から、地球外の生命体との共謀で、全ては計算され、コントロールされきっている。


326 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:18:39 ID:lWc5J2rR0
ふむ、最近読んだ人はわからないだろうから書いておく。
このスレの元々の発祥はグレン団という単なる雑談のコテスレ。
色々あって削除避けに「ムー大陸は四国」という偽装スレタイを
付けているだけであって本来はオカルトでもなんでもないスレ。
まじめなスレと勘違いしないように!
まともなオカルトを論じたい人は、こないように。

327 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 23:18:50 ID:V+1ZXI0d0
==========================================================================================
それから、ここが最重要なんだが、一般人にはほとんど知られていない情報として、奴等はマインド
リーディングが使える。人の思念が遠隔的に読めるのだ。
テレパシーとか、マインドコントロールとかそういった技術だ。

にわかには信じがたいと思う。だが、よく考えてみて欲しい。
十数年前に携帯電話がこんなにも一般的な技術になろうとは誰も思っていなかったと思う。一般人は。

マインドリーディングは実在する。

こういうことを言っている人間は、精神病患者と同じ扱いを受け、精神病院に入れられ、そこで、
脳内を書き換えられたりしてしまう。もしくは薬等で廃人化させられる。

もちろん、精神病の治療が本当に必要な人も大勢いると思うことを先に断っておく。


精神病院の初診時、紙面での質問に答えるのだが、そのチェックシートの質問に次の様なものがある。

1・「テレパシーは存在すると思う。他人から、頭の中の考えを覗かれているような感覚がある。」

2・「思考のスピードが速くなり過ぎ、自分でもついていけなくなる。」

1番目の質問は、明らかに、テレパシーの存在に気づいた人物を検閲するための質問である。
この質問にイエスと答えた日には、家族にも「精神病だからすぐに入院したほうがいい」、と薦め、
数人の男性看護士に囲まれ、暴れれば注射を刺され、強制的に入院させられる。
独房の様な場所で目が覚めるが、それまでに何をされたか本人にも家族にも一切わからない。

328 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 23:19:59 ID:V+1ZXI0d0
場合によっては、電気治療という名目で、脳内の記憶を消去されたりもする。
現に私の知り合いもその様な被害に遭っている。
非常に頭の良い人にも関わらず、電気治療によって記憶に関しての障害が残っているのだ。

2番目の質問も、頭の回転の良すぎる人間が、良からぬ事を考え付かない様に規制するための質問
である。
頭の回転の良い人間を、うつ病だの、統合失調症だの偽って、思い込ませ、家族含めだまし、
高額な薬やら治療費やらで苦しめるのが彼らのやり口なのである。

何よりも、精神病患者ということになれば、誰もその人の話を信じる人はいなくなるのである。
家族であってもなかなか患者の話は簡単には信じなくなる。

そこが上層部の人間の狙いだ。彼らにとって不都合な情報をリークする様な人間は根絶させられる
のである。

だからこそ、この情報は一般にはほとんど上がって来ない。
だから、危険を冒しても敢えて今日暴露する。

一般人に公開されていない技術が他にもわんさかあるはずだ。
残念ながら俺にはここまでしかわからなかった。

取り敢えず、今目に見えている世界が全てだと思ってはいけない。
闇の技術、公表されない情報、そういうものは間違いなく存在し、一部の者達に悪用されている。

==========================================================================================


329 :本当にあった怖い名無し:2010/05/17(月) 23:21:03 ID:V+1ZXI0d0
取り敢えず、俺も消されるかもしれないが、この情報を死ぬ前にリークし、奴等に一矢報いてやる。
たのむから、このコピペをガンガン広めて、方々の掲示板に貼り付けてくれ。
メールで友人に送ってもらってもいい。P2Pで流してくれたらありがたい。

奴等の好きにさせてはいけない。
皆コントロールされすぎている。
取り敢えず、テレビは、広告と、不安と、役に立たない情報と、くだらない芸能人と、
あほくさい他愛もないニュースなんかにあふれかえっている。
マスゴミに乗せられ過ぎな奴が多すぎる。
もっと目を見開けば、簡単に見えてくる。
一般人は上層部の人間に飼いならされ過ぎだ。我々は誰もが奴等悪党共の所有物だということを
認識しなければならない。
搾取されているのに黙っている必要はない。
世界はもっと公平であるべきだ。

この文章を読んで、都合の悪さを感じている輩に警告する。
今すぐ俺へのマーキングを解除し、手出しをやめろ。
あのアパートから撤退しろ。4部屋共だ。
カラスや鶏を操って、鳴かせる幼稚な事もやめろ。
それが終わるまでは、毎日繰り返し情報をアップデートし、ばら撒いてやる。

330 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:31:48 ID:lWc5J2rR0
徒然草 第三十八段 名利

名利に使はれて、閑かなる暇なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。
財多ければ、身を守るにまどし。害を賈ひ、累を招く媒なり。
身の後には、金をして北斗を拄ふとも、人のためにぞわづらはるべき。
愚かなる人の目をよろこばしむる楽しみ、またあぢきなし。
大きなる車、肥えたる馬、金玉の飾りも、心あらん人は、うたて、愚かなりとぞ見るべき。
金は山に棄て、玉は淵に投ぐべし。利に惑ふは、すぐれて愚かなる人なり。
埋もれぬ名を長き世に残さんこそ、あらまほしかるべけれ、位高く、やんごとなきをしも、
すぐれたる人とやはいふべき。愚かにつたなき人も、家に生れ、時に逢へば、高き位に昇り、
奢を極むるもあり。いみじかりし賢人・聖人、みづから賤しき位に居り、時に逢はずしてやみぬる、また多し。
偏に高き官・位を望むも、次に愚かなり。
智恵と心とこそ、世にすぐれたる誉も残さまほしきを、つらつら思へば、誉を愛するは、
人の聞きをよろこぶなり。誉むる人、毀る人、共に世に止まらず。伝へ聞かん人、
またまたすみやかに去るべし。誰をか恥ぢ、誰にか知られん事を願はん。
誉はまた毀りの本なり。身の後の名、残りて、さらに益なし。
これを願ふも、次に愚かなり。
但し、強ひて智を求め、賢を願ふ人のために言はば、智恵出でては偽りあり。
才能は煩悩の増長せるなり。伝へて聞き、学びて知るは、まことの智にあらず。
いかなるをか智といふべき。可・不可は一条なり。いかなるをか善といふ。
まことの人は、智もなく、徳もなく、功もなく、名もなし。誰か知り、誰か伝へん。
これ、徳を隠し、愚を守るにはあらず。本より、賢愚・得失の境にをらざればなり。
迷ひの心をもちて名利の要を求むるに、かくの如し。万事は皆非なり。言ふに足らず、願ふに足らず。

331 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:34:02 ID:lWc5J2rR0
<意訳>
名誉や利益に追われて、心をしずかにする間もなく一生を苦しむのは愚かだ。

財産が多いほど敵も多くなり、身を守るのが難しくなる。わざわざ害を買い、災いをまねくなかだちとなる。自分の死んだ後に、金を天に届くまで積み上げようとも残された人々に災いを残すだけだ。
虚栄心を満たす為に買いそろえた大きな車や宝石も、心ある人なら、うたかたの愚かな物と見るはずだ。金は山に捨てて、宝は沼に投げ捨てろ。
金に、惑わされるのは一番に愚かな人だ。

けっして消えない名前を後世まで残すのも望みだろう。
高い位に立派な家柄。しかし、こんなものは優れている証拠だろうか。愚かで思慮が足りない人でも、それなりの家に生まれ、時流にのれば、奢り栄える事もある。
逆に、過去の偉大な賢者や聖人は、自ら低い地位に甘んじてそのまま世を去る事も多い。
名誉や官位を望むのも、次に愚かである。

誰よりも優れた知恵や心こそ残したいものだ。
だが、良く考えると、それは、他人の評判を聞いて喜ぶこと。誉める人もけなす人もいずれみんな死ぬ。伝え聞く人もすみやかに死ぬはずなのに、誰を恥じて誰に知られたい。誰よりも賢いという評判は反感を生むもとで、死後に名が残ってもとくに益はない。
これを願うのも、その次に愚かである。

ただし、本気で知を求め、賢を求める人のために言えば、知恵があるから偽りが生まれ、才能は煩悩の増長したものにすぎない。
習い聞き、読み覚えた知識は、真の知ではない。
なら、なにが知か。
可も不可も、同じ流れである。
なにが正しいのか。
まことの賢者には、智もなく、徳もなく、功もなく、名もない。
こんなこと誰が知り、誰が伝えよう。
これは賢さを隠して馬鹿を装うことではない。もとより、まことの賢者は、賢さも愚かさも、損得すら問題にしていない。

迷いのうちで、名や金を求めるなら、こんなものだ。
すべてはみな無益で、語る必要も、願う必要もない。

332 :あかりん:2010/05/17(月) 23:44:14 ID:L5MU1/rz0
こんばんわ〜

333 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:45:47 ID:lWc5J2rR0
あかりんこんばんわ〜^^

334 :あかりん:2010/05/17(月) 23:46:19 ID:L5MU1/rz0
>>324

>矢追純一が眉毛を剃り上げてるのもそういうことだと思う。

どういうことだよw

335 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:46:52 ID:lWc5J2rR0
www

336 :グレン KoE:2010/05/17(月) 23:49:28 ID:lWc5J2rR0
記念に矢追純一の動画を貼っておこう。
http://maid-in.jp/read.php?id=441

337 :グレン KoE:2010/05/18(火) 00:03:07 ID:lWc5J2rR0
まあしかし、矢追純一の名前が出てくるあたり同世代なのかなと思いつつ
ステルス機
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%A9%9F
1957年、ソビエト連邦の科学者ピョートル・ウフィムツェフによって、
ステルス機開発での重要論文が発表された。
とあり
ロッキード社のスカンクワークスが開発したステルス実験機「ハブ・ブルー」をもとに、1981年に世界初の本格実用ステルス機、F-117が開発された。
とあるから矢追純一の番組をやってた頃は一生懸命開発やってて色々と飛んでたんじゃないかなと
思う。そういうのがUFOとされたのではと思ったりもする。
日本でも心神を開発してるから、まあどっかで飛んでるかもしれんね。

338 :あかりん:2010/05/18(火) 00:15:30 ID:RDEjM1dh0
心神って面白い名前だね
http://www.youtube.com/watch?v=jRPlnT-PD0A

339 :あかりん:2010/05/18(火) 00:16:30 ID:RDEjM1dh0
おやすみ〜

340 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/18(火) 00:16:40 ID:D83bLrun0
俺はアメリカのオレゴン州上空で「円筒形の飛行物体」が回転しながら飛んでいるのを見たんだよ。
日常の風景なんだ。近くに空軍基地もあった。


341 :グレン KoE:2010/05/18(火) 00:18:47 ID:8y8Kqd4m0
>>339
おやすみ〜

342 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/18(火) 00:21:46 ID:D83bLrun0
オレゴンの「クラマスフォールズ」という町なんだが、米ソ冷戦期に、夜中に上空にサーチライト
で照らしていた。夜景の演出なのか軍事目的なのか分からないよ。


343 :こおろぎ:2010/05/18(火) 00:33:16 ID:V5TfJ5so0
>>327
読まれても問題なし
自分は、人より特別な思考ができるとも思えない。
良からぬことを考えていたとしても、それは自分だけ特別なわけでもなさそう。
みんな大なり小なりあるはず。

みれてしまったとしても、相手に対する感想はこう
「あんたも好きねぇ」

覗かれても気にしすぎ無い方がいいのではないだろうか。
覗いた人が、「覗いた」と騒げるはずもなく、「俺が心を覗いたらヤツはこんなことを考えてるんだ」などと騒ぐ人が居たら、
それこそ病人だと思うのだけど、どうだろう?


344 :こおろぎ:2010/05/18(火) 00:34:42 ID:V5TfJ5so0
>>331
徒然草いいねぇ
古文は、大人になってから読んだ方が感動すると思う

345 :こおろぎ:2010/05/18(火) 00:35:32 ID:V5TfJ5so0
おやすみ〜

346 :本当にあった怖い名無し:2010/05/18(火) 01:37:29 ID:vt0xhNM00
哲学者たちよ!ここはニッポンである!
ニッポンには白夜はない!夜は暗いのだ!
よって眠るのだ!
明けない夜はない!
それが日いづる国ニッポンだ!

347 :本当にあった怖い名無し:2010/05/18(火) 05:45:29 ID:OowjrErV0
あげ

348 :本当にあった怖い名無し:2010/05/18(火) 17:33:25 ID:R9xrQTV40
哲学者大杉

349 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 17:53:37 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
おーい、こおろぎさーん。
ネタ切れだけど、なんとか新作をつくってみたところだよ。
また感想くれると嬉しいなあ。
よろしくお願いします。m(__)m
「無我夢中物語」
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1274074577/
またアクが強いので、お覚悟を。

350 :こおろぎ:2010/05/18(火) 18:10:05 ID:F0J5fZ9e0
>>349
あいよーー

すまんがこれからまた出かけないといけないんだ。
明日か深夜か。それくらいに読んだら感想書きまーす

351 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 18:13:56 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
>>350
よろしくねー。
原稿用紙15枚だから。

352 :こおろぎ:2010/05/18(火) 18:38:51 ID:F0J5fZ9e0
というか、お出かけ前に読めたので感想書きました。

良い点
文章はすっきりしていると思う。
内容自体は分かります。
大変意外な方向に話が進みます。もう、予想の斜め上を行っています。

悪い点
この話しは、ググの壊れっぷりを楽しめばいいのだろうか。
この話しの世界自体が壊れているのでw、「えええええええ!」と言う話しを読んでみたいときにはお勧めかもしれません。
ええと、登場人物は人間でよろしいよね?
個人的な好みで言うと、ラサを刺した後のググと群衆の対峙はあまり誇張しないほうがいいと思います。
あと、ラサを刺した槍は、いつの間に出てきたのですか><

一言
「えええええええええ!!」



353 :こおろぎ:2010/05/18(火) 18:39:34 ID:F0J5fZ9e0
ええと、いつもながらこんな感想ですんません

354 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 18:41:21 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
>>352
ありがとうございます。m(__)m
ひとことでいって、面白いでしょうか、つまらないでしょうか。
他人におすすめできますか?

355 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 18:54:43 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
お出かけしちゃったかな……

356 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/18(火) 19:03:04 ID:fQye5/Vf0
記憶さん。虎の門事件というのがあって、自動車に乗っている昭和天皇をステッキ銃で
狙撃した難波大助は、群集にボコボコにされています。むしろ警察官が、安全な公園に
連れて行ったそうだ。車の窓ガラスが割れただけで済んだらしい。


357 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 19:06:53 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
>>356
昭和天皇暗殺未遂かね。初めて聞いたよ、そんな話。本当かな?

ところで、糖質ですが氏も、おれの新作小説「無我夢中物語」に感想をおくれ。
というか、糖質ですが氏は、おれの小説のどれが好きだい?

358 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 20:01:19 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
グレーン、グレーン、グレン。
グレンもおれの新作に感想くれよお。
なんかしてないと欝になる。
せめて、新作の構想を練るのだあ。

359 :こおろぎ:2010/05/18(火) 21:23:56 ID:F0J5fZ9e0
>>354
この話は面白いとかつまらないとかそういうのと別次元

どっちともいえないけど、選べと言われたら
・・ツマラナイ です

360 :記憶喪失した男:2010/05/18(火) 21:34:04 ID:vXkeRUNw0 ?2BP(51)
(;^_^) <うへえ!

>>359
ありがとうございました。

361 :モンテカルロ:2010/05/19(水) 06:49:57 ID:RgTfGmj20
YOU!やっちゃいなよ!

362 :ノラブーン:2010/05/19(水) 08:34:25 ID:hxobIJNf0
>>361
阿呆

363 :本当にあった怖い名無し:2010/05/19(水) 11:25:12 ID:DeqBpqJC0
あげ

364 :本当にあった怖い名無し:2010/05/20(木) 08:51:36 ID:g+ieFL7h0
私たちの祖は、私たちの子孫とともにある。
ムー大陸は、先祖が宿り。
私たちの、生活する崇高なる場所。
さあ崇めるのです。
さあ尊むのです。
この地に生まれた自らを・・・幸せなる日々を・・・

365 :本当にあった怖い名無し:2010/05/20(木) 15:30:00 ID:fN7SXlFb0
キチガイもここまで濃密化すると立派だw
流石にオカルト板だw強烈w

366 :グレン KoE:2010/05/20(木) 21:40:51 ID:hLUSOfsR0
>>365
オマエモナー

367 :グレン KoE:2010/05/20(木) 21:52:13 ID:hLUSOfsR0
【韓国哨戒艦沈没】

−−韓国の哨戒艦沈没事件に関し、北朝鮮の攻撃が原因だと断定したことを受けて、
 韓国は国連安全保障理事会で制裁決議案を提起する方針だ。その場合は日本も
 協調する考えか。また、6カ国協議の見通しについてはどのように考えるか

「はい。きょうご案内の通り、韓国の政府が調査の結果を報告をしました。その結果に
よれば、北朝鮮の魚雷による沈没であるということでありました。大変これは遺憾なことで
強く北朝鮮に対して非難をいたします。当然のことだと思います。そして韓国の政府に
対して、あるいは韓国の国民に対して、哀悼の意を改めて申し上げるとともに、私どもと
すれば、これは韓国の立場を支持をする。すなわち、もし韓国が安保理に決議を求めると
いうことであれば、ある意味で日本として、先頭を切って走るべきだと、そのように考えて
おりまして、強くその方向で努力をしたいと思います」
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100520/plc1005202013014-n1.htm

368 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:03:49 ID:hLUSOfsR0
ふむ、北朝鮮に対する宣戦布告みたいなもんだな。
今回の哨戒艦沈没は北朝鮮の休戦協定破りであって
日本が朝鮮戦争に首をツッコム事になる。

369 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:05:27 ID:hLUSOfsR0
韓国・哨戒艦沈没事件調査結果発表 岡田外相「われわれは韓国政府と共にある」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00177626.html

外務大臣もやる気マンマンだしどうなってんだかねぇ。。。

370 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:21:21 ID:hLUSOfsR0
ちなみに鳩山のじいさんの鳩山一郎は

>GHQから「軍部の台頭に協力した軍国主義者」として追及され、公職追放の一因となった

男でまあ血筋なのかねぇと思います。

371 :あかりん:2010/05/20(木) 22:27:43 ID:Cs3Fh8Py0
http://www.youtube.com/watch?v=Jjh9OwNSaHo&feature=related

372 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:31:25 ID:hLUSOfsR0
ちなみに北朝鮮の言い分。

北朝鮮声明「制裁なら全面戦争含む強硬措置」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000541-yom-int

日本が先頭を切ったらもちろん狙われるのは日本です。
友愛総理はラストアルマゲドンの口火を切りたいかねぇ
これだからフリーメーソンは困る。

ちなみに日月神示でも世界最終戦争の予言があります。
日月神示 艮(とどめ)の戦―正神v.s.イシヤ・イルミナティの世界最終戦争

373 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:32:39 ID:hLUSOfsR0
>>371
あかりんこんばんわ〜。
コレすごいねw

374 :あかりん:2010/05/20(木) 22:33:19 ID:Cs3Fh8Py0
ぐれんさんこんばんわ〜^^


375 :あかりん:2010/05/20(木) 22:37:45 ID:Cs3Fh8Py0
沈没した潜水艦は核ミサイル積んだアメリカの原潜もあったて噂されてますね


376 :あかりん:2010/05/20(木) 22:42:44 ID:Cs3Fh8Py0
ぬるっぽ

377 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:43:45 ID:hLUSOfsR0
>>375
んだね、同時刻に沈んだとかいう話。
どうなんだろう。

378 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:45:40 ID:hLUSOfsR0
沈んだんじゃないや。
いたって話だね。

379 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:48:03 ID:hLUSOfsR0
そういやぁオカ板って軍事板と同じサーバーだったな。
戦争はじまったらオカ板も飛ぶのか。。。

380 :ツェーレム:2010/05/20(木) 22:49:11 ID:1dLKH9OI0
ちゃーす

381 :本当にあった怖い名無し:2010/05/20(木) 22:49:43 ID:ovUICMy50
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1274359997

【高知】土佐の海が真っ赤に染まる
大岐の浜に赤波¥P来


サーファーに人気の土佐清水市の大岐の浜が、1カ月以上前から赤く染まっている。
変色させた正体は海藻で、県は「人体や魚介類に直接的な悪影響はない」としているが、
サーファーらは「ちょっと気持ち悪い…」とブツブツ。


【ソース】=高知新聞=http://203.139.202.230/?&nwSrl=259441&nwIW=1&nwVt=knd

【参考画像】
http://203.139.202.230/NewsImages?&ss=&nwSrl=259441&nwIF=1
http://203.139.202.230/NewsImages?&ss=&nwSrl=259441&nwIF=2


382 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:55:35 ID:hLUSOfsR0
>>380 ツェーレムさん
こんばんわ。

383 :グレン KoE:2010/05/20(木) 22:56:23 ID:hLUSOfsR0
>>381
こりゃ赤い。

384 :ツェーレム:2010/05/20(木) 23:10:00 ID:1dLKH9OI0
http://2chart.fc2web.com/2chart/pic/nullpo.jpg

385 :グレン KoE:2010/05/20(木) 23:29:05 ID:hLUSOfsR0
神の印つけた悪くるぞ。
まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ。
                                  日月神示

386 :ツェーレム:2010/05/20(木) 23:39:48 ID:1dLKH9OI0
聖☆おにいさん
http://a06.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_ed4/a06/saint01.jpg

387 :グレン KoE:2010/05/20(木) 23:40:27 ID:hLUSOfsR0
引き寄せの法則がルシファーの教え的な話を前に書きましたが。
ルシファーってのは神に似ているもので、神の地位に最も近かったものなんです。
引き寄せの法則の中で神学者やキリスト教関係者が何人か出てきますが
「神」という言葉は一切使わず「宇宙」と呼んでいました。

388 :グレン KoE:2010/05/20(木) 23:44:31 ID:hLUSOfsR0
最近のスピリチュアルでも「神」という表現を使わないのが流行っています。
グレートスピリッツだったり宇宙の法則であったりグレンさんがよく使う
「大いなる源」だったり。
なんとか大神だったり丑寅の金神だったり。
まあ、呼び方は何でもいいんですが、とにかく「神」という言葉を避けて
「神」以外の何かだったりします。

389 :グレン KoE:2010/05/20(木) 23:52:09 ID:hLUSOfsR0
神に似ている神以外の何か。。。
まあ、ルシファーです。

390 :本当にあった怖い名無し:2010/05/21(金) 00:41:37 ID:PDtpIGvh0
アーメン南無阿弥陀仏

391 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/21(金) 00:59:57 ID:lqiFKMsG0
北朝鮮はカネが欲しくて人を殺したんだよ。でもこんなに大騒ぎになってしまったんだ。
中国は「韓国人犠牲者に哀悼の意を表すとともに、各国に冷静な対応を求める」という
見解を表明している。事態は鎮静化に向かうよ。


392 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/21(金) 01:21:13 ID:lqiFKMsG0
ワシントンポスト紙では、韓国・アメリカ・英国・オーストラリアなどの調査団が分析したところ、
韓国の戦艦沈没の原因は北朝鮮の潜水艦から発射された魚雷以外に考えられない、とし、
イ・ミョンバク大統領は、何らかの対抗手段をとる。国際社会とも連携する。と言っている。
しかし、評論家は、イ・ミョンバクが政権をとってから下降線をたどった「南北の通商」をさらに
抑えることと、北朝鮮の国際的孤立化、という対応が現実的だとしている。
北朝鮮は、各国調査団の調査結果に怒っているのである。「すべて捏造であり、汚い手で
我々を名指しするのなら全面戦争だ」と言っている。こんなことがアメリカで報じられている
んだから、アメリカもこんな国に興味を持たないのは当然だろう。
今週末に出る正式な調査結果を経たのちに、米・韓・日で、国連安保理での制裁を求める
方向だ。アメリカも「容認できない国際法違反」としている。
米・韓・日は、「運が悪かった」というにとどまる中国を説得して、国際的な経済制裁を行わな
ければ効果がないとも言われる。中国は北朝鮮の最大の貿易パートナーなのだ。
今は韓国国民が中国へ向けての最大限の怒りをもっているのが現状なのだ。


393 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/21(金) 01:43:08 ID:lqiFKMsG0
北朝鮮の魚雷が「夜間でも使用可能」であることを証明すれば魚雷が売れる。
実際に調査団は、外国に出回っている北朝鮮製の魚雷との一致、を確認して証拠としている。


394 :本当にあった怖い名無し:2010/05/21(金) 04:27:53 ID:kgOLJHIH0
き・ち・が・い

395 :本当にあった怖い名無し:2010/05/21(金) 07:58:28 ID:kM4/oABT0
四国とムー大陸のオカルトスレにイミフだな

396 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/05/21(金) 14:21:15 ID:qnIdolV/0
どうも俺の発言を受けて、国防関連の記者クラブが情報を出してきた。
北朝鮮の魚雷はあまりにも性能がよく、最初はアメリカ政府も「人間魚雷」を疑ったそうだ。
「V字型」をえがくように海底から船を突き上げたので、韓国の哨戒艦はまっぶたつに割れた
そうだ。これの日米が衝撃を受けたのが真相なのだ。


397 :グレン KoE:2010/05/21(金) 22:40:22 ID:YHk13/fd0
>>395
ふむ、では四国の話を少しするか。
ネタがないので>>381の話から。
まあ、子供の頃は赤潮のニュースをよく聞いたもんですが
最近では海が綺麗になったせいかあまり聞かなくなりました。
日本海側は越前クラゲとかすごいみたいですが。

398 :グレン KoE:2010/05/21(金) 22:53:41 ID:YHk13/fd0
聖書の出エジプト記に
モーゼがアロンの杖でナイル川の水を打つと
川の水はことごとく血に変わり川の魚は死に川は悪臭を放ち
エジプト人はナイル川の水を飲めなくなった。
というのがあります。
まあ、これは赤潮の事でしょうね。
ナイル川みたいなところで赤潮が発生すると魚が死んで悪臭を放ちます。

399 :グレン KoE:2010/05/21(金) 22:59:15 ID:YHk13/fd0
この話は単なる旧約聖書の話で四国に繋がりそうにないから失敗。
明石海峡大橋とかのネタも考えたけど単なるダジャレなのでこれもヤメ。
どうすっかなぁ。。。

400 :グレン KoE:2010/05/21(金) 23:45:05 ID:YHk13/fd0
四国の話も思い浮かばないので幣立神宮の話でもするか。
幣立神宮は山都町というところにあってグレンさんも1月に行ってきたんですが
山都町というのは市町村合併の時からの名前で元々の地名は蘇陽町です。
別に地名なんてどうでもいいじゃんと思われるかもしれませんが
地名と言うのは大切。
その土地の属性をあらわしたりしますから。

401 :グレン KoE:2010/05/21(金) 23:50:43 ID:YHk13/fd0
蘇陽って何をあらわすのかねぇと考えて見ると
蘇(よみが)える陽(ひ)です。
太陽復活ってところでしょうか。
太陽復活といえば岩戸開きですが天岩戸神社は高千穂で別の場所です。
とするとアマテラスが引きこもってアメノウズメが踊った時の
岩戸開きではないです。

402 :グレン KoE:2010/05/22(土) 00:11:12 ID:UKS/wB0Z0
まあ前回の岩戸開きではないねって話です。
そうするとどうなるかというと今回の岩戸開きです。
まあ太陽の黒点についてのスレ何ですが何の事かさっぱりわかりません。
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sky/1262686170/
まあ、太陽がやばいって事が雰囲気でわかる程度です。


403 :グレン KoE:2010/05/22(土) 00:17:09 ID:UKS/wB0Z0
太陽、まもなく「冬眠」
http://aspara.asahi.com/blog/science/date/20100319
だそうです。
まあ、太陽が冬眠して復活するのが蘇陽。
2012のカギは幣立神宮が握っています。
その前に2011に何かあるけど秘密。。。

404 :本当にあった怖い名無し:2010/05/22(土) 01:12:56 ID:KBDQNYLw0
四国=ムー大陸って時点でスレタイにも無理がある

405 :本当にあった怖い名無し:2010/05/22(土) 14:32:11 ID:/kdjyXSk0
スピリチュアルww
基地外の集まりスレw

406 :ゆみ KoD:2010/05/22(土) 20:15:57 ID:Ialu6yA40
赤潮が話題になっていますね。
プランクトンの異常な増殖が原因らしいですね。
おなじようにプランクトンが原因でも、
「海の花」というのはご存知ですか?
わたしは見たことありませんが、
とても美しいものだとか。

白い泡のような分泌物をだす小さな生き物がいて、
それらが増殖すると白い泡で海がおおわれるんだそうです。
そういう現象を海の花というそうです。

ジャンヌ・ダルクが火刑にされ、
彼女の遺灰がセーヌ河の河口にまかれたとき、
その翌朝セーヌ河は、
とっても美しい青と白の海の花でおおいつくされたそうです。

それはまるで、
青地に白いユリの花をちらした、
フランス王家の紋章のようだったとか。

それはあたかもジャンヌ・ダルクが、
イングランドに征服されていたフランス人にむかって、
祖国への誇りをわすれないで下さいと、
死んでもなお訴えかけるメッセージのように思われ、
心ある人々は、
みなこの奇跡の海の花をみて泣いたそうです。
そういう伝説を思い出しました。

407 :本当にあった怖い名無し:2010/05/22(土) 20:49:47 ID:XkrnY9Rc0
 今から約1万2000年以上前、太平洋に現代文明をはるかに凌ぐ超古代文明が存在した。その名は「ムー」。この超古代文明のあった大陸はムー大陸と呼ばれている。

大陸の大きさは、東西8000キロ、南北5000キロ。人口は6400万人を数え、異なる10種類の民族が住み、宇宙創造神の地上代理人である帝王 「ラ・ムー」が大陸を統治。
国民は極めて高度なな学問と文化を持ち、特に建築と航海の術にすぐれていた。そして太陽の象徴を旗印に、世界をその勢力下に置いた大帝国ムーの繁栄は揺るぎなく、国民は幸福に酔いしれていた。

ところが今から約1万2000年前、地下のガス・ベルトの爆発により、この超古代文明は突然、一夜で海中に没してしまったのである。

408 :ゆみ KoD:2010/05/22(土) 21:00:57 ID:Ialu6yA40
>>407
それチャーチワード?
かれはイギリス軍人としてインドにおもむいたとき、
ムー大陸のことが書かれた本を見つけたと主張し、
それをもとにムー大陸について書きました。

でもじっさいのところ、
チャーチワードはインドには行っておらず、
イギリス軍にも所属していなかったそうです。
つまりあんまり信用できない人です。

409 :ゆみ KoD:2010/05/22(土) 21:08:29 ID:Ialu6yA40
神智学者もいろいろムー(レムリア)について書いているけれど、
シュタイナーの「アカシャ年代記より」「神智学概論」の記述のほうが、
もっともらしくていちばん信用できると思います。

410 :本当にあった怖い名無し:2010/05/22(土) 21:22:39 ID:ZxFyorEH0
今から3万年の昔、地球には文明の発達した二つの大陸があった。
アトランティスとムーである。ムーは平和を愛する海の民であり、白鯨をシンボルとした。
太陽は燦々と降り注ぎ、人々は平和に暮らしていた。一方、アトランティスはコンドルをシンボルとする山の民であり、
戦いを好んだ。科学を高度に発達させるオリハルコンを持つアトランティスの帝王ザルゴンは、その力をもって一段と強力な軍事国家を造り上げていった。
ムーの指導者ラ・ムーはアトランティスとムーの力の対決が地球を滅ぼすことを案じ、自らの力と引き換えにアトランティスを異次元へと飛ばした。
一方、ムーも海面下に没した。

現代に蘇ったアトランティスは失われた力の源・オリハルコンを求めて地球へ侵攻を開始する。
一方、あらかじめこのことを予期していたラ・ムーは自らの脳を白鯨に移し、3万年の時を超えて蘇った。
イースター島に集められたムー戦士の生まれ変わりの少年少女たちは白鯨のもと、
ラ・ムーの娘マドーラとともにアトランティス帝国に立ち向かう。

411 :ゆみ KoD:2010/05/22(土) 21:49:04 ID:Ialu6yA40
へえ、そうだったのねえ。

412 :本当にあった怖い名無し:2010/05/22(土) 23:51:38 ID:PtxZOLnG0
>>410
なつかしアニメだ! 白鯨が空に泳ぐ姿が美しかったな。
禅話観たはずなのに、マドーラがサイボーグ?だったのが発覚した辺りまでしか思い出せない


413 :ゆみ KoD:2010/05/23(日) 01:49:19 ID:aHsmmkGv0
ルカーとかいう白いイルカがかわいかった。
トリトンとピピもかわいかった。
あとは何も思い出せない。

414 :本当にあった怖い名無し:2010/05/23(日) 19:38:34 ID:PLzvBfNE0
老漁師一平に岬で拾われた緑の髪の赤子は、トリトンと名づけられ育てられるが不吉な髪の色として疎外される。
ある日一頭の白いイルカ、ルカーに出会う。
ルカーは、トリトンが人ではなく、海棲人類トリトン族の最後の生き残りであること、
トリトン族は七つの海を支配し暴虐の限りを尽くすポセイドン族と戦う運命にあることを告げる。
イルカの言葉が判ること自体に狼狽し、それを信じようとしないトリトンであったが、
一平がトリトンと一緒に拾ったトリトン族の衣装と宝物「オリハルコンの短剣」を発見し、
ルカーのいうことが真実だと知る。そのとき、トリトンを発見したポセイドン族の尖兵が漁村を襲い、
トリトンは村を救うため、海への旅立ちを決意する。
トリトン族の他の生き残りを探すため、父母の仇、村の仇であるポセイドン族を倒すために。

苦難の旅の果て、ポセイドン族の本拠地へのりこんだトリトンは衝撃の真実を知る。
ポセイドン族はアトランティス人によってポセイドンの神像の人身御供として捧げられた人々の生き残りであり、
トリトン族は彼らに滅ぼされたアトランティス人がポセイドン族に復讐するために生み出した新人種であった。
ポセイドン族は安心して地上で暮らすためにトリトン族を虐殺してきたのである。

415 :グレン KoE:2010/05/24(月) 22:40:58 ID:vv0346OA0
>>404
昔のテンプレ

日本は世界の縮図

日本列島は世界の雛形であり、日本人は超人類に最も近い旧人類なのです。
日本一の富士山と世界一のチョモランマが、伊豆とインドの移動で生まれたのは偶然の一致でしょうか?
北海道はアメリカ大陸。東北はロシア、千葉は朝鮮、伊豆はインド、紀伊はアラビア半島、ヨーロッパは中国地方、ムー大陸は四国、アフリカ大陸は九州。
そして世界的な火種のインドパキスタンの中間点のカシミールは静岡・・・・。
浜岡と伊豆は、海を隔てて睨みあっていませんか?
そして、原発一機でも日本列島が壊滅する事は可能です。
日本列島と世界の陸地の同調性は疑いの無い事実です。
地形の波動が、少なからず旧人類の行動にも影響しているのです。
旧人類流に言えば風水の様なものでしょう。
地図をご覧になられて下さい。
地形が似ているのは偶然の一致でしょうか。
人口の集中している中国と東京。
古代文明の発祥地シュメールと奈良。
これ以外の一致も数多くあります。
貴方にも見つけられる事でしょう。

416 :本当にあった怖い名無し:2010/05/24(月) 22:49:28 ID:8P5+6S6N0
スピリチュアル〜

417 :グレン KoE:2010/05/24(月) 22:56:44 ID:vv0346OA0
スレタイにも無理があるというかね。
もう15スレ目にもなると竹内文書やら五色人やらプレートテクトニクスやら
剣や山やら四国八十八箇所やら語り尽くしちゃった感があるのよ。
1スレで1000レス。14スレで14000レス。
このスレでは900超えたからと言って埋めとかで水増しみたいな事しないし結構密度も濃いのよ。
過去スレを見ると結構ムー大陸と四国の話してるしスピード感があって面白いよ。
まあ初期のスレのが面白いってのはどんなスレでも同じような感じかな。
あと、このスレを読み返してみるとワタシの思想的な精神性の変遷みたいなのが見れる。
最初は精霊崇拝だったグレンさんが多神教になっていまでは一神教みたいな
考え方になっていく過程が宗教の歴史みたいな感じ。
まあごくごく個人的なもんだけど。

418 :グレン KoE:2010/05/24(月) 22:58:29 ID:vv0346OA0
>>405
まあその通りだから君みたいな一般人は近づかん方がいいよ。

419 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:05:16 ID:vv0346OA0
>>406
それはさぞかし美しかったと思います。
メッセージというのは時としてそういう形で送られるものだと思います。


420 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:09:19 ID:vv0346OA0
>>409
シュタイナー先生もレムリアについて書いていたのね。
ブラバツキー夫人がレムリア大好きだったのは知ってたけど。
シュタイナー先生も書いてるとは思わなかった〜。

421 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:15:32 ID:vv0346OA0
>>413
ムーの白鯨見たことないんだよね。。。

422 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:19:28 ID:vv0346OA0
>>416
このスレにももっとスピリチュアル好きな女子が沢山集まって欲しいと
思っているんだけど、何故かくるのはキチガイのおっさんばかり。。。
なんとかしてくれ。。。

423 :本当にあった怖い名無し:2010/05/24(月) 23:21:57 ID:JmdeNnTP0
シュタイナーの人智学では何かを盲信することをやめるように言っている
世の中は何事もバランスを欠いてはならないのだ
宗教にせよ政治にせよ思想が偏るのはよくない

424 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:39:33 ID:vv0346OA0
>>423
そんなヤツばかりだから日本は政治も宗教も成熟しないんじゃねーの?

425 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:48:02 ID:vv0346OA0
世の中、勝ったものが正しいのか正しいものが勝つのか。
まあ、両方そうなんだと思います。
一時的に正しくないものが勝ったとしても歴史の流れの中では正しいものが
勝つんだと思います。
奴隷解放にしても当時は奴隷を使用する事は正しいと考えていた人も大勢いるわけで
君主制とか封建制もそうだね。
あと選挙権がお金持ちにしかなかった時代もあったし男性にしかない時代もあった。
こういうものが消えていった時というのは常に両者に言い分があり戦いがあった。

426 :グレン KoE:2010/05/24(月) 23:54:35 ID:vv0346OA0
奴隷がいなくなって支配者(王)がいなくなって
貧富の差に関わらず男女平等に選挙権が行使できるようになった。
まあ、こういう事は正しいものが勝ったと言えるのではないかなと
思います。
んで在日に対する選挙権の問題なんだけど、ワタシは絶対に反対なんだけど
将来的には、日本に住む外国人に選挙権が無いのは悪であったと言われる日が
来てもおかしくはないと思います。

427 :グレン KoE:2010/05/25(火) 00:02:51 ID:vv0346OA0
もしも、自分が外国人に当たり前に選挙権がある時代に生まれていたら
昔は同じ国に住んでいるのに選挙権が無いなんてひどい時代があったんだよね
なんて話をしているかもしれません。
そういう事を考えるのがバランスなのかも知れませんが
ワタシは後世の人から差別主義者だと言われようとも
思想が偏っていたと言われようとも
在日に対する選挙権を与えるべきだとは思いません。

428 :ツェーレム:2010/05/25(火) 00:26:48 ID:oqhlTkoK0
同感

国政に影響力を行使できるのはは国民の権利だから
外国人参政権・選挙権というのは、他国による内政干渉に他ならない
そんな門戸を開こうなど、売国行為でしょう

429 :ツェーレム:2010/05/25(火) 00:29:56 ID:oqhlTkoK0
実際、国民でもない者に選挙権与えてる国なんて何処にあるのか
そんなの韓国にだって存在してないのだから

430 :本当にあった怖い名無し:2010/05/25(火) 00:31:49 ID:lKho6lVP0
キチガイスレ

431 :本当にあった怖い名無し:2010/05/25(火) 15:41:51 ID:XAA7l6QY0
ここに書く奴ら皆売国奴

432 :ゆみ KoD:2010/05/25(火) 17:03:07 ID:48m2vFiZ0
>>423
バランス感覚をもつというのは、
自分とは異なるものの意見にも胸をひらき、
よいところがあれば取り入れる、
ということです。
あなたがいうような意味ではありません。

自分が信じているものと、
信じていないものとに対して、
公平で理性的な検討をくわえることができ、
そのことによって獲得した判断を、
はばからず表明できること。
こういう態度がバランスだと思います。

あなたがいうように、
政治的、宗教的な信念を持たず、
判断を回避しつづける、
ということがバランス感覚ではありません。
シュタイナーもそういうことは書いていないはずです。

盲信してはならないが、
人間はなにかを信じることなくしては、
有意義な思考内容をつくりだすことができないんです。

たいせつなのは、
信じているものにも、
信じていないものにも、
どちらにも公平で理性的な感覚でアプローチできることです。

なにも信じるな、
両方をバランスよく誉め、バランスよく貶めろ、
そんなことがバランスではありません。

433 :本当にあった怖い名無し:2010/05/25(火) 17:05:54 ID:y5FVrrhK0
新しい宗教家?

南無阿弥陀仏。。

434 :ゆみ KoD:2010/05/25(火) 17:10:00 ID:48m2vFiZ0
いや、これは哲学です。
理そのもの。

435 :ゆみ KoD:2010/05/25(火) 18:25:29 ID:48m2vFiZ0
さいきん江原啓之さんがシュタイナーの支持者だと知った。
あのひとはイギリスで学んだ経験がある、
筋金入りの神霊科学協会員のはず。
つまりスピリチュアリズムの本家本元。

シュタイナーは神霊科学協会をさんざんけなして、
カトリックをもちあげているのに、
なぜ江原さんはシュタイナーの支持者になったんだろう。
なんちゃってなのだろうか。

自分の思想とかみあわなくても、
いいところをつまみ食い的に取り入れたいのだろうか。
節操のない人なのか、
それとも宗旨をガラッと変えたのだろうか。

436 :グレン KoE:2010/05/25(火) 21:48:30 ID:K6O4OWtE0
>>428
んだね。

437 :本当にあった怖い名無し:2010/05/25(火) 21:54:56 ID:r8cUxHJX0
スレタイ読めない盲目スレチ大スグル

438 :グレン KoE:2010/05/26(水) 23:25:07 ID:KEwzoDAe0
>>435
江原は神道、仏教、キリスト教ゴチャマゼの節操のない人だよ。

439 :グレン KoE:2010/05/26(水) 23:30:06 ID:KEwzoDAe0
>>437
ムー大陸は四国1の頃から言ってる事だが、このスレタイは
単なる削除避けの偽装スレタイ。

440 :グレン KoE:2010/05/26(水) 23:36:34 ID:KEwzoDAe0
図書館で奇跡のりんごを読んできたけど読みやすくて中々面白い本だった。

441 :グレン KoE:2010/05/27(木) 00:16:04 ID:D3ofQQF30
ギリシャの古典哲学の最後の巨人といわれる人にプロティノスという人がいました。


442 :グレン KoE:2010/05/27(木) 00:23:46 ID:D3ofQQF30
間違えて書き込みボタンを押してしまった。。。

まあプラトンが死んでから500年くらいあとの人なんだけど
新プラトン主義の開祖とも言える人です。
この人の思想はプラトンのイデアを「一なるもの」として
「一なるもの」に精神、霊魂を加えた三つの階層から世界は成り立っている。
という思想です。

443 :グレン KoE:2010/05/27(木) 00:27:29 ID:D3ofQQF30
どういう事かというと
「一なるもの」が根源であり、それが自ら放射あるいは流出することによって
「精神」が、さらに「精神」が流出することによって「霊魂」が生まれる。
我々が現実に生きる世界は、この「霊魂」が自ら流出することによって
形成されているって感じです。


444 :グレン KoE:2010/05/27(木) 00:28:32 ID:D3ofQQF30
寝る

445 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 00:28:11 ID:4XivOugD0
ttp://www.documentingreality.com/forum/attachments/f10/167081d1273995449-mexican-lawyer-killed-042910-mexican-lawyer-stabbed-zetas.jpg
ttp://www.documentingreality.com/forum/attachments/f10/167071d1273994020-4-beheaded-mexico-image_1-5.jpg
ttp://www.documentingreality.com/forum/attachments/f10/167070d1273994002-4-beheaded-mexico-image_1-4.jpg
ttp://www.documentingreality.com/forum/attachments/f10/166023d1273783098-narco-dismemberment-mexgore1.jpg
ttp://www.documentingreality.com/forum/attachments/f10/166024d1273783127-narco-dismemberment-mexgore2.jpg

446 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 00:37:08 ID:4e0g/jV+0
グロ禁止

447 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:19:07 ID:7WdUOH420
ふむグロ画像か。
グロ画像と呼ばれるものを貼る事はは死者への冒涜になるので
やらないように。

448 :こおろぎ:2010/05/29(土) 20:20:46 ID:VC8+Ifq60
後ろの英語のメッセージも分からない。


449 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:26:24 ID:7WdUOH420
こおろぎさんこんばんわ。

450 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:29:18 ID:7WdUOH420
まあ宇宙最大の発見というスレを見てなんじゃこれは?
と思ってサイトまで見てしまったんだが
なんて事はない、ただのイデア論とかタオの劣化コピーだった。。。

451 :こおろぎ:2010/05/29(土) 20:35:38 ID:VC8+Ifq60
こんばんはー

そのスレまだあったんだね。
最初の最初の時だけは読んでた。

サイトまであったのかー

452 :こおろぎ:2010/05/29(土) 20:37:54 ID:VC8+Ifq60
ウィキより

イデア論の概要 [編集]

イデアとは最高度に抽象的な完全不滅の実であり、感覚的事物はその影であるとする。
イデアが存在しているのがイデア界(本質界)で、その陰が投影されているのがわれわれ人間の住む現実界となる。

例えば、現実の世界に、円形をした物はたくさん存在するが、いずれも完全な円ではないし円そのものでもない。
しかし、これらの円の背後には永遠不変で、完璧、かつ抽象的な円のひな型であるイデアがあるとする。また、人間が花を見て美しいと感じるのは「美」というイデアが実在しており、
個別の花に「美」のイデアが分有されているからである。
ソクラテスとアリストテレスは違う存在であるが、共に「人間」のイデアを分有している。

人間の持つ感覚は不完全であるため、五感によってイデアを捉えることは出来ない。
プラトンは、理性で認識することによってのみ、イデアに至ることが出来ると考えた。
イデアが実在する、と考える点で観念論 (idealism) 、実念論(実在論) (realism) の系譜に属する。


453 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:41:20 ID:7WdUOH420
しかしまあ、セールストークというか煽りが自己啓発セミナーそっくりだね。
とイデアと道(タオ)を並べたのでアレ?と思う人もいるかもしれませんが
イデアと道(タオ)というのは非常に相性がいいというか似てるというか
同じものを東洋から見た見方と西洋から見た見方と言っていいくらいなもんだと
ワタシは考えます。
イデアの方はプラトン提唱したの元々のイデアというよりもネオプラトニズム
からキリスト教哲学の方までで考えないといかんけどね。

454 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:45:26 ID:7WdUOH420
>>452
こおろぎさんありがと〜。
まあ、そのイデア論なんだけど、それだけだと説明不足というか
ちょっと捉えていない感じがする。

455 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:51:07 ID:7WdUOH420
たとえば、小説を書くときなんかに小説が先にあるなんて事はない。
頭の中に妄想やら世界やらがあって、それを文章にして小説が
完成する。
こういう掲示板だとあらかじめ書くことを考えていなくて
勝手に書いてるなぁと思う事もあるけどそれでも思考が先。
指を動かしてるのは脳だからね。

456 :こおろぎ:2010/05/29(土) 20:53:46 ID:VC8+Ifq60
2,3回読んでみたがボヤーっとしか分からないっすよ

主婦解釈ではこうなる。

原則というか本能というか、「種の持っている特徴」は不変。
不完全さは個性。しかして、種という物が持っている「イデア」とやらからは外れることができない。
そして、不完全な我らは完全なイデアをとらえることはできない。
感覚ではとらえるの無理だから、考えてみて。

と、こう読んでみた。

しかし、感覚無くしては理性も働かない気もするけど、まぁよくわからないけど


457 :グレン KoE:2010/05/29(土) 20:54:14 ID:7WdUOH420
彫刻家が彫刻を彫る前にはどういう風に彫ろうかというイメージが
先にある。
人間が胎児から成長するのにも先にDNAの設計図というイメージがある。
まあ、何かができるという時には先にイデアができるんだ。

458 :こおろぎ:2010/05/29(土) 20:54:33 ID:VC8+Ifq60
>>455
ほうほう



459 :こおろぎ:2010/05/29(土) 20:56:57 ID:VC8+Ifq60
>>457
ほうほう

設計図=イデアなのね

エホバの証人なら、イデアを創ったのはエホバだとか言いそうな感じやね

460 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 20:58:42 ID:ERYqGJM10
スレタイもレスする奴らも気味悪いwwww
友達は居ますか???

461 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:00:05 ID:7WdUOH420
>>456
そういう事です!
さすがこおろぎさん。
原則というか本能というかそういうものはイデア(原型)という事になります。
そして万物はイデアを目指すと言うのがイデア論になります。
前に話したアリストテレスの梯子とかそんなんね。

462 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:02:14 ID:VC8+Ifq60
>>460
いません!

>>461
おー了解です

463 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:03:00 ID:VC8+Ifq60
>>460
そしてもちろん職場でも気色悪がられています

464 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:03:52 ID:7WdUOH420
686 :ゆみ KoD :2010/05/10(月) 22:21:29 ID:a9WyuJsH0
大自然は神ではありません。
その大自然を支配する法則も神ではありません。
それらはつくられたもの、被造物です。

つくられたものというのは、
種をまかれ、芽をだして、成長し、成熟し、
一定の完成状態を迎えたのちに滅び、べつの姿に変化します。
なんでもそうです。

このように移り変わるのがつくられたものの定めです。
なぜ移り変わるのかというと、
完全ではないからです。
完全性にむかって進化・成長していく発展の途上にあるから、
変化して移り変わるのです。
欠陥や不均衡があるから、
それを克服するために、変化が生じます。

465 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:05:44 ID:7WdUOH420
687 :ゆみ KoD :2010/05/10(月) 22:22:38 ID:a9WyuJsH0
変化するゆえに、成長するゆえ、
大自然は神ではあり得ないのです。
なぜなら完全ではないということそのこと自体が、
より上位にあるイデアの存在を示唆しているからです。

こう考えた結果、
上位の変化しない永遠なるイデアと、
その下位にあって変化しながら発展し、
上位のイデアと等しいものになるまで変化することを止めない世界とがあるなら、
「神」と呼ぶにふさわしいのは、
変化しない永遠のイデアであって自然そのものではないでしょう。

自然の変化には目的などない、
そういうふうにとりあえず考えてみる立場も可能でしょうが、
自然、大宇宙そのものが無目的なものであれば、
小宇宙である人間そのもの、
人生そのものも無目的でよいということになるのは当然の帰結であって、
そういう考えからは荒廃した価値観しか生まれてこないでしょう

466 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:07:25 ID:ERYqGJM10
スレが友達かwそうかそうかwそりゃあ悪いこと聞いたなw
>>462
>>463

467 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:11:14 ID:7WdUOH420
>>459
エホバならいうかもしれんねぇ。
しかしカトリックでは>>442に書いた一なるものが神なのです。
そして、ここからは時間の捉え方の問題になるんだけど
時間は過去から流れているか未来から流れているか。

468 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:13:04 ID:VC8+Ifq60
>>461

ほうほう、でも、それは
哲学云々関係なくて、小難しい言葉を使わなくても、年の功を経ればなんとなく感じるものだと思うんだ。

ただし、なんとなく感じるのは、我ら人間がは「こういう感じの生き物である」というところまで。
自分たち人間が、根本の根本は似たようなものだった気がするのだから、他の生き物だってそうだろうと思う。
例えば、壊れておかしくなった人がいたとしても、
それも人間としての原則を持っていたからこそ壊れることができたわけであり、結果として破天荒な人になったとしても、原則からは結局逃げ切れていないという、



469 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:13:53 ID:VC8+Ifq60
>>466
じゃぁ、グレンさんが友達という事で

470 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:15:35 ID:7WdUOH420
過去の積み重ねが未来をつくるというと過去から流れているという事に
なるんだけど、それだといかんせん過去に縛られる事になる。
しかし実は逆で時間は未来から流れて来て現在の自分を通って過去に流れて
いるのです。

471 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:17:36 ID:7WdUOH420
>>469
キャプテン翼のボールは友達。
って一見かっこいいけど友達はボールって言い直すと途端に悲しくなるよねw

友達だよねー。

472 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:18:47 ID:ERYqGJM10
こっちまで狂いそう
スレ脱出!!

473 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:23:01 ID:VC8+Ifq60
ごめんw 電話かかってきてた

>>470
ほうほう
ま、それはその通りだよね。
自分を通り抜けて、過去へと流れていくわけですね

>>471
だよねー
とりあえず、アンパンマンのように「愛と勇気」という友達はいないという事は自覚があるわ

474 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:23:12 ID:7WdUOH420
>>468
んだね。
人間はそんなに変わらないものだもんね。
マイケルジャクソンがいくら偉大だといっても結局は人間の枠からは抜け出せない
のだと思います。

475 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:24:31 ID:ERYqGJM10
アンパンマン
マイケルジャクソン


き、ち、が、い

476 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:25:07 ID:nGgfc1VP0
普通はマー大変って言ってムーは沈まんで舌
開かん辺ー

477 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:27:25 ID:7WdUOH420
>>472
うざいよボナンザ


478 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:27:53 ID:+kCVBwT10
EZTO LE VA ?PASAR
ATODOZ AQUELLOZ QUE
LE FALTEN AL REZPETO
Y PONGAN EL DEDO ALA
COMPANIA "ATTE"

       Z



EZTOルメーカー?パサー
そのAQUELLOZ ATODOZ
REZPETOから表示されない
ALAのと指を置く
会社"重なりあっ"

       Z

479 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:28:39 ID:+kCVBwT10
Unknown female Mexican
lawyer killed by Mexican drug
cartel Zetas for
"pointing finger" at them.



女性メキシコ人弁護士(未詳)は
メキシコの麻薬カルテルZetas(ゼタ)の
「pointing finger(指弾?)」によって殺された

480 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:29:49 ID:+kCVBwT10
3枚目、車

ULTIMA LETRA 
CARTURA Y
EJECUTA AASESINS
DEBAD?ES ??Z??

 Z  Z  Z  Z
     Z



ラストポイント
そしてカルトゥーラ
AASESINSラン
DEBAD?ESの?】@

 Z  Z  Z  Z
     Z

481 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:29:49 ID:VC8+Ifq60
ごめん電話かかってきてたパート2

んーマイケルのように良い例を出されると、マイケルは特別だった気がするから不思議
私はさっきのグロ画像を見て、実行する人も当然人間の枠という意味で書いてた。

テロとは別に、シリアルキラーはやっぱり壊れた人間だと思うけど、何してもどんな環境でも壊れない人がいたら、
それもやっぱり人間じゃないと思ったもので。

482 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:31:01 ID:7WdUOH420
>>473
自分を通り抜けて、過去へと流れていくなら
未来を考えるのが大切。
テレビもケータイも、こんなんあったらいいなぁという所から
実際に作られてきているからね。

483 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:32:20 ID:7WdUOH420
>>481
たしかにマイケルだけは特別かもしれん。。。
例が悪かった。

484 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:35:53 ID:VC8+Ifq60
>>478->>480
訳してくれてた。ありがとう

弁護士が殺されたのの復讐に、麻薬カルテルの組員の首を切ったという事だと予想したけど、あってんのかな

>>483
なぜ謝るw
でも、マイケルの喋り方とか聞いてると、やっぱりアレな感じだよね

485 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:41:32 ID:7WdUOH420
>>484
マイケルは天使なので特別です。

引き寄せの法則なんかも未来を主観において行動するという意味では正しいです。
ああ、あと畑に種を撒いて収穫するというのも未来に収穫する為に種を撒くんだよね。
聖書では撒いたねを刈り取らねばならないと言われていて仏教では因果応報
だから未来の為にどんな種を撒くのかどんな行動をするのかが大切になる。
過去にこんな事をしたからこうしようではなく未来にこんな事をするから
こうしようという。

486 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:42:04 ID:VC8+Ifq60
>>482
テレビも携帯も「こんなんあったらいいな」と思ったのは過去だよね
別に未来で見てきて、「アレが欲しい」と思ったわけじゃないよね?

未来のことを考えるというのは、目標を据えると言う意味か、期待を持つというような意味で良いのでしょうか?

487 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 21:42:16 ID:+kCVBwT10
全部麻薬組織がやったんじゃあないかなあ
3枚目もZ(Zetasの頭文字?)が書いてあるし

488 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:45:48 ID:7WdUOH420
しかし引き寄せの法則では、すでに現実のものとなっているが如く行動する
という。
これは、梅干を想像した時に唾液がでるのと似ている。
あと、メシを食ったつもりとかでもいいや。
そうすると、どうなるか。
もうメシを食ったからいいやって事になってしまう。。。

489 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:46:44 ID:VC8+Ifq60
弁護士は麻薬組織の弁護してたのかなぁ
でも弁護士がその麻薬組織に殺されたからと言って、麻薬組織が首を切る相手は誰だろ

てか、きっと麻薬組織同士で喧嘩してるか、内輪もめしてるんだ。
そういうことにしておこう

490 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:47:49 ID:VC8+Ifq60
>>488
ならぬ

食ったつもりになって治まるのならダイエットで時間を食ったりはしない!

491 :こおろぎ:2010/05/29(土) 21:48:52 ID:VC8+Ifq60
宴もたけなわなのですが、風呂入ってきます><


492 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:51:03 ID:7WdUOH420
>>486
うん、目標を据えるとか期待を持つって事でいいよ。
それが大切。
そして、人間は上位のイデアを目指すのです。
プラトンのいうところの真・善・美

493 :グレン KoE:2010/05/29(土) 21:56:59 ID:7WdUOH420
>>491
ほーい、良いお湯を〜。

まあ人間、自分自身の気に入らない事もあるでしょうが
それを見つけた時にどう対応するか。
いらないものとして消し去るか、他のものに変化させるか
長所として良い使い方を考えるか。
まあ、その3つくらいになると思うんだけど
長所として良い使い方を考えるのが一番労力がかからなくて楽だと
思います。

494 :こおろぎ:2010/05/29(土) 22:31:43 ID:VC8+Ifq60
>>492
ワタクシ、目的なし、愛なし、期待なし、希望なし
それでも心は平和という方向に行きたいのですが・・

出来ることなら、ストレスも苦もあんまり感じないという方向で。

しかも最低限の日常生活を営み、キチンと死ぬ時まで生きると言う方向で

>>493
消そうと思ってもそう簡単には消えないからねぇ
かといって、長所にもならないから短所なわけだからねぇ

グレンさんだと、どういうところを長所に変えてみました?

495 :本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 22:39:59 ID:r3sDFeiw0
だめだ
こいつら日本人というより地球人じゃねえヤツばっか

言語が通じないみたいだ

496 :グレン KoE:2010/05/29(土) 23:02:58 ID:7WdUOH420
>>494
厚かましいという短所を利用して
神社や寺でお坊さんや宮司さんに話しかけるか
普段公開されていないものを見せて〜とか頼むような方向にもって行きました。

497 :こおろぎ:2010/05/29(土) 23:19:56 ID:VC8+Ifq60
すばらしい!

ダメモト!
ダメモトの根性!

これが日本人には足りない!

498 :グレン KoE:2010/05/29(土) 23:24:50 ID:7WdUOH420
まあ地球人じゃないみたいなんでw
つーわけで寝ます。
おやすみ〜。
ノシ

499 :こおろぎ:2010/05/29(土) 23:32:40 ID:VC8+Ifq60
あーい
おやすみーー

500 :あかりん:2010/05/30(日) 00:41:30 ID:e+IGoEps0
こんばんわ〜

501 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 00:45:09 ID:81Ei0o0o0
俺にはもう奇跡は起こせない
みんなで 奇跡をたのむいやマジで

502 :あかりん:2010/05/30(日) 00:48:45 ID:e+IGoEps0
あれ〜
firefoxから書き込めなくなった

503 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 00:54:51 ID:81Ei0o0o0
最近の下った出来事
ヒカルドオブダークネスが変な永元遙に見えた事
ヒカルドサブミッションが本当にさぶく見えた事
町に出ると異臭がただよっている事

・・・
ヤカン持ってこい・・・
俺がしゃべってんのにじゃまをするな!!!おめえは!!!

504 :あかりん:2010/05/30(日) 00:57:18 ID:e+IGoEps0
>>503
紙に3けたの数字を記入下さい.ただし、同じ数字は この場合使いません。(222など) 

  

505 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 00:57:21 ID:81Ei0o0o0
やらねえと全身に焼鉄の烙印を押される事になるぜ
それでもやらねえかよ 

えーデスマスク 俺は本気だぞ 調子こくのはまだちーとはえーんじゃねえのかおい

506 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 00:58:30 ID:81Ei0o0o0
もうおせーんだよー
おまえらも腹くくれや 
負けたらはらわたぶちまけてくたばることになるぜ

507 :あかりん:2010/05/30(日) 00:58:48 ID:e+IGoEps0
その数字を逆に並べます。(123ならば321)

 

508 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 00:59:35 ID:81Ei0o0o0
ばけものやろー
あんま調子にのってんじゃねえぞーおまえら
ぽっとでのもやしやろー

509 :あかりん:2010/05/30(日) 01:00:08 ID:e+IGoEps0
大きな数から小さな数を引いて下さい。

  


510 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 01:01:15 ID:81Ei0o0o0
カカカ
その数字を
TVに流しまス

カカカ
ばけものやろー
くだらねー

511 :あかりん:2010/05/30(日) 01:03:28 ID:e+IGoEps0
出た答えの数字を1つずつ加えて下さい。

512 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 01:04:38 ID:81Ei0o0o0
なにかもわからねえデマ数字なんかより
会話がさだまらねえ放送回数の方がよっぽどおそろしいわ〜
あほー でくのぼー

513 :あかりん:2010/05/30(日) 01:05:57 ID:e+IGoEps0
あなたの答えは「18」です

514 :あかりん:2010/05/30(日) 01:08:47 ID:e+IGoEps0
これぞ奇跡だろ
愛花ちゃん

515 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 01:09:50 ID:81Ei0o0o0
なに言っとるのかぜんぜん分からんっ
分からなくしてるんだよ
暗号にすりゃあいいじゃねえかなあいっそのことなんでこんなわけわかめになっとるんだ
精神を病んでるからだろ

上が

516 :あかりん:2010/05/30(日) 01:11:03 ID:e+IGoEps0
いいからコテつけろ愛花ちん

517 :あかりん:2010/05/30(日) 01:23:20 ID:e+IGoEps0
あいか〜ねるな〜ああああ

518 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 01:31:37 ID:xwLwFO2T0
本当に愛花だとしてもなんで無理繰り名乗らせようとするん?

519 :あかりん:2010/05/30(日) 01:36:42 ID:e+IGoEps0
奇跡を求めていたからという理由かな(キラン

520 :あかりん:2010/05/30(日) 01:39:29 ID:e+IGoEps0
>>518
貴方のコテも当ててみましょうか?

521 :あかりん:2010/05/30(日) 01:50:50 ID:e+IGoEps0
おい乱人、愛花に暴力ふるうなよ。

522 :こおろぎ:2010/05/30(日) 01:53:51 ID:FdnP5S6s0
あっしはコオロギとななちかと思ったw

おやすみーw

523 :あかりん:2010/05/30(日) 15:47:36 ID:e+IGoEps0
おい乱ちき
愛花に2chくらい自由にやらせてやんなよ。

524 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 18:40:22 ID:SspfSWOR0
白痴イケ沼基地外オカルト

525 :グレン KoE:2010/05/30(日) 21:19:32 ID:S1VoUoAV0
あかりんこんばんわ〜

526 :グレン KoE:2010/05/30(日) 21:21:36 ID:S1VoUoAV0
あいかちんも来てたのか、あいかちんお疲れ様。

527 :グレン KoE:2010/05/30(日) 21:27:06 ID:S1VoUoAV0
乱人は愛花にひどい事するな!

528 :グレン KoE:2010/05/30(日) 21:33:59 ID:S1VoUoAV0
一昨日から昨日にかけて書き込みも多く軽く荒れていたが
まあ満月からだったからだな。
俺も落ち着かない感じだったからアレなんだけど
あんまりそういうものに引きづられるのもよろしくないなぁ
と思う今日このごろ。

529 :記憶喪失した男 ◆xCGV.szDkfSh :2010/05/30(日) 21:47:43 ID:D/LyQaIK0 ?2BP(791)
おかしなのが沸いているので、やってきたでござる。
>>524
オカルト板でオカルト語ってて、何が悪いんだ。
おまいが板ちがいだ。うせろや、とっとと。

530 :ツェーレム:2010/05/30(日) 22:03:49 ID:+TpQ7GMl0
ちゃす!

531 :グレン KoE:2010/05/30(日) 22:12:11 ID:S1VoUoAV0
>>529 記憶
ちょっと見直した。

532 :グレン KoE:2010/05/30(日) 22:15:08 ID:S1VoUoAV0
>>530
ちゃす!

それにしてもメキシコ湾の原油流出すごいなぁ。

533 :ツェーレム:2010/05/30(日) 22:17:57 ID:+TpQ7GMl0
勿体無いこと、この上なし

534 :グレン KoE:2010/05/30(日) 22:25:28 ID:S1VoUoAV0
んだねぇ。

535 :ツェーレム:2010/05/30(日) 22:27:10 ID:+TpQ7GMl0
そろそろエネルギーメジャーの交代時期なんかね

536 :グレン KoE:2010/05/30(日) 22:35:09 ID:S1VoUoAV0
かもしれんねぇ。
しかし原料としての石油はなくならんだろうし
電気自動車にしても電池の材料のレアメタルが圧倒的に足りないんだよなぁ。。。

537 :グレン KoE:2010/05/30(日) 22:39:21 ID:S1VoUoAV0
野菜作るのにだって肥料が必要で石油から肥料をつくったりしてるし。
江戸時代の暮らしに戻るには人口多すぎるし。

538 :ツェーレム:2010/05/30(日) 22:41:36 ID:+TpQ7GMl0
埋蔵化石燃料の石油は掘り起こし尽くせば、いずれは無くなるでしょ
取り敢えず当面は無くならないというだけ
石油の有用性は発見から数十年だけど、消費量が半端じゃなかった
何にせよ、電気を超えた時期代替エネルギーも必要でしょう

539 :ツェーレム:2010/05/30(日) 22:47:19 ID:+TpQ7GMl0
変な言い方すれば、最新鋭のジェット戦闘機といえども、油燃やして飛んでいる
原発だって最新技術と言いながら、核燃料で湯を沸かして蒸気タービンを回して発電してる
そういう実態って一昔のイメージなんだよね

540 :グレン KoE:2010/05/30(日) 22:56:36 ID:S1VoUoAV0
まあ、そうだね。

541 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:01:33 ID:+TpQ7GMl0
住んでいる家にしても、壁がペラペラで紙工作のような気もする
そうじゃない世界は行った事無いはずで、実際に知らないけど

何だろね、この妙な違和感は

542 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:06:31 ID:S1VoUoAV0
>>541
確かに家とか建物って頑丈そうに見えてそうでもないよね。
力のかかる部分なんてのは考えて作ってるんだろうけど。

543 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:07:58 ID:S1VoUoAV0
まあ地球の歴史の中で少なくとも5回の大量絶滅があったと
言われています。

544 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:16:33 ID:+TpQ7GMl0
地球にある「酸素」の存在はかつての環境大破壊の痕跡なんだけどね
それが第一回目なんだろうか

545 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:20:11 ID:+TpQ7GMl0
誰の話だったか忘れたけど
大昔、遥か太古の人?達は皆逆立ちで生きていたという記憶が
植物って正に人間とは逆の体構造だよね

546 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:22:21 ID:S1VoUoAV0
んだね最初の大絶滅が酸素の誕生の時。
それまでは硫化水素みたいなので呼吸してたはず。

547 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:24:10 ID:S1VoUoAV0
大量絶滅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%B5%B6%E6%BB%85

548 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:25:18 ID:S1VoUoAV0
>>545
んにゃ、もうちょっと説明してくれるとありがたい。

549 :こおろぎ:2010/05/30(日) 23:32:15 ID:FdnP5S6s0
激しくデジャウを感じるレスを二つも見てしまったw


550 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:32:20 ID:+TpQ7GMl0
人間は上に口があり、栄養を摂取している
生殖に関する器官は下にあると考えれば、
植物の場合、地中の根から栄養を摂取し、花の中にある生殖器官は上方にある
正に逆立ちと言っても差し支えないのかも

551 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:35:04 ID:S1VoUoAV0
>1998年のアメリカ自然史博物館による調査によると、70%の生物学者は、現在、大量絶滅が起こっていると見ている。

大量絶滅と進化というのは関わりが深いです。
というか進化のきっかけというのは大量絶滅にあると言ってもいいかも
しれません。

大量絶滅 大噴火が哺乳類を生んだ
http://www.kami-douga.com/inside/shock/1416040900.html

552 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:35:14 ID:+TpQ7GMl0
>>549 こおろぎさん
何処にデジャヴ感じたの?

553 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:41:22 ID:+TpQ7GMl0
日月神示だったか
「皆さん一度死んで下されよ、その後後の世界で暮らせる体に作り変えられ目を覚ます」
というようなくだりが符合してるような気が

禅の逸話にも
「死ぬるなら、死ぬが良けれ」というのがある

554 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:41:29 ID:S1VoUoAV0
>>550
なるほど、納得です。
そこから思い浮かんだのが
植物は基本的に無機から有機を作り出すけど
人間は有機からしか栄養がとれないと事実。
逆だなぁと思った。

555 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:43:54 ID:S1VoUoAV0
>>549
こおろぎさんこんばんわ。

556 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:53:17 ID:S1VoUoAV0
まあ、何が言いたかったかというと現在、大量絶滅が起こっていると
するのなら人類も進化の時なのです。
太陽はおかしいし地球の地殻活動もおかしいしね。
2012にも出てきたイエローストーンも最近なんか異変がおきてるみたいだし
まあアセンションションです。
2011くらいからはじまると思う。
あと半年です。


557 :本当にあった怖い名無し:2010/05/30(日) 23:54:25 ID:vnHOLvhS0
これから日本海の中沈んで浮上するらしいぞ 冗談やけど

558 :グレン KoE:2010/05/30(日) 23:54:46 ID:S1VoUoAV0
ワタシがこのスレで書いてきたジェダイ化ね。
トリッピーさんのいうところのツインドライブ化。

559 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:58:04 ID:+TpQ7GMl0
まあ、何でも良いけど。。。。
少なくとも、まだ半年もあるのか

560 :ツェーレム:2010/05/30(日) 23:59:54 ID:+TpQ7GMl0
夜明けの前が一番暗い時だとか
今世相が一番暗くなってる
夜明け前なら良いね

561 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:02:06 ID:MFPdQvdE0
>>557
冗談じゃないでしょ?

562 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:04:21 ID:FdnP5S6s0
デジャウは>>541>>545>>550
別のスレで私は>>541と同じようなことを書き、そのスレで>>545と同じようなことを言う人が居たw



563 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:06:05 ID:S1VoUoAV0
>>560
んだね。
色んなものが崩壊しているしね。
ある意味歴史の年表の区切りみたいな所にいるのかもしれないね。

564 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:06:20 ID:r1PmAboN0
おやまあ、同じ様な違和感感じてたんだね

565 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:09:25 ID:r1PmAboN0
>>563 今の時代モラルや人間性も崩壊しているような

566 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:09:47 ID:MFPdQvdE0
あれだシンクロ。

567 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:12:41 ID:NY9phL7a0
>>564
家が紙細工だと思ったのは、星空を長々と眺めた後の話だよw
普段から感じてるわけではないんよw

家の中で守られている気はするけれど、床下の土から自分が寝ているベットの背中までは1mぐらいしかないんだなぁとか、
この薄っぺらい屋根のすぐ上は星空(宇宙)だったんだなぁとか、
そういうのをシミジミ感じた時期があったんですよ。



568 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:13:51 ID:NY9phL7a0
>>566
細かーいシンクロなら、今でもたまにあるけど、
そういうのって面白いよね。

569 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:17:41 ID:r1PmAboN0
自分は家々を見てて薄っぺらさがホームレスのダンボールの家と大差無い感じを受けた
鉄筋コンクリートの建物ですら、壁が厚いと感じないんだよね

570 :本当にあった怖い名無し:2010/05/31(月) 00:18:10 ID:wW2FazPY0
おマイらの脳内が破裂してるよ
社会と触れ合えよオカルト廚どもが

571 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:21:33 ID:MFPdQvdE0
>>567
なるほどね。
ワタシは2012を見たときそういう風に感じた。
あの映像はそういう風に意図して作っているんだろうけど
なんかペナペナだなぁって思った。

572 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:22:34 ID:NY9phL7a0
>>570
誰がこんな脳内破裂の相手してくれると言うのだ。
そこのところをよく考えてから言いなさいよ><

573 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:23:47 ID:MFPdQvdE0
まだ満月の影響あるんだなぁ。。。

574 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:25:19 ID:NY9phL7a0
2012年は、「あれだけ地球が割れたら海の水位低くなりそう」とか思ってしまった。
大災害が終わった後は、全部海底がならされて、どこもかしこも均等に足がつくようになったりして




575 :あかりん:2010/05/31(月) 00:25:26 ID:mAbS7M9Y0
こんばんわ〜

576 :あかりん:2010/05/31(月) 00:26:56 ID:mAbS7M9Y0
地球ってのは大きくなったり小さくなったりしてるんだよ

577 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:29:16 ID:r1PmAboN0
社会と触れ合えと言われるなら、毎日毎日誰よりも多く触れ合ってるよ
たまの休みは孤独を満喫したい

脳内破裂とは何を言ってるか判らないが
「常識」とか「認識」の範疇の外に興味がある
五感のリミッターを外すのも面白いだろうね
むしろ「真理」はそこに在るんじゃないだろか

578 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:31:31 ID:NY9phL7a0
>>576
うん! 私もそう思う!!
どっか、グレンさんのブログにそう書いたことあるよ!!

イエ〜イ

579 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:32:33 ID:r1PmAboN0
>>575 あかりん
こんばんわ

580 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:34:39 ID:MFPdQvdE0
>>574
んだよね。水が全部落ちて行ってしまうよね。
あと蒸発してしまってしばらく雨が降ってそう。

581 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:35:23 ID:MFPdQvdE0
>>575
あかりんこんばんわ^^

582 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:35:51 ID:r1PmAboN0
坐禅ってのは、自己の思い込みからの開放ってのがあるんだよね

583 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:37:01 ID:MFPdQvdE0
>>576
ん〜膨らんだり萎んだりって事?


584 :あかりん:2010/05/31(月) 00:38:25 ID:mAbS7M9Y0
>>578
グレンさんのブログ教えて〜

地球が大きくなれば自転が遅くなって重力が大きくなって
生物は小さくなる?

地球が小さくなれば自転が早くなって重力が弱くなって
生物は大きくなる?

585 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:40:50 ID:NY9phL7a0
ミクシーのグレンさんのブログのどっかに書いたんだけど、何を読んでそう思ったのか忘れちゃった><

586 :あかりん:2010/05/31(月) 00:41:07 ID:mAbS7M9Y0
>>583
詳しくは分からないけどあのアインシュタインも認めた説なんだよ〜



587 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:41:42 ID:MFPdQvdE0
>>578
ふむ、最近はブログにレスが少なくて悲しい。
まあしかし足跡は付いてるから毎回読んでくれてる人はいるみたいなので
よい。
イエ〜イ

588 :あかりん:2010/05/31(月) 00:45:18 ID:mAbS7M9Y0
疑問なのですが恐竜さんが生きてた頃って火山とかばんばん噴火してた
イメージあるけど火山灰が成層圏に達して寒くならなかったのでしょうか?

589 :あかりん:2010/05/31(月) 00:47:00 ID:mAbS7M9Y0
>>579 ツェーレムさんこんばんわ〜

590 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:49:19 ID:MFPdQvdE0
>>582
そうだね。
大体脳ってヤツはニューロンが勝手に結びついたり回路が勝手に作動したり
していて、そういうのが思い込みや妄想を生むのだと思う。
座禅というのはそういう暴走気味の脳を落ち着かせるもんだと思う。

591 :こおろぎ:2010/05/31(月) 00:49:22 ID:NY9phL7a0
>>588
桜島はバンバン噴火してるけど、鹿児島は暑かった

いやきっと、そんなにバンバンは噴火してなかったのかも知んないね

592 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:52:08 ID:MFPdQvdE0
>>584
ミクシィの事だよ。

なるほど、昔の生物は大きかったもんねぇ。
でっかいゴキブリがいる世界とかとても耐えられそうにないけどw

593 :ツェーレム:2010/05/31(月) 00:52:39 ID:r1PmAboN0
>>588
あくまでもイメージかな
その頃も火山はあっただろうし
恐竜のいた頃は今より二酸化炭素量は多くて暖かかったらしい
大気密度も濃かったんだろうね
だからプテラノドンのような翼竜が飛べたとか

メキシコ湾のあたりに落ちた巨大隕石により
地球寒冷化が起こって恐竜は絶滅した

594 :グレン KoE:2010/05/31(月) 00:57:33 ID:MFPdQvdE0
>>591
いや、鹿児島はそんなに暖かくなかった気がする。
っていうか九州自体南国だと思っていたのに雪が降っててびびった記憶がある。

595 :トリッピー:2010/05/31(月) 00:59:47 ID:Ct4cQyHf0
相変わらず賑やかだな〜。 (^^)

596 :こおろぎ:2010/05/31(月) 01:00:10 ID:NY9phL7a0
あーそりゃぁ冬は寒いよ。
私の感覚だと、三重より2週間早く春が来て、2週間遅く冬が来る といった感じかな。
ちゃんと冬は来るのですw
しかし、夏の太陽はマジでジリジリきます。日差しが違う。



597 :ツェーレム:2010/05/31(月) 01:01:47 ID:r1PmAboN0
自分とこは雪降った事が無いよ

598 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:02:20 ID:MFPdQvdE0
>>595
トリッピ〜さんこんばんわ〜
昨日は満月だったので踊り足りない阿呆なタヌキどもが
宴会をしているのですよw

599 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:03:49 ID:MFPdQvdE0
>>596
なるほど、千葉も南国だと思われがちだけど全然そんな事ないよ。

600 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:04:30 ID:MFPdQvdE0
しかし雪はほとんど降らないので千葉はやはり暖かいのかもしれない。。。

601 :こおろぎ:2010/05/31(月) 01:06:54 ID:NY9phL7a0
まぁ、2,3日はね
踊らないとね

チバが南国だとは知らなかったw
大分も南国ではないからねw

602 :トリッピー:2010/05/31(月) 01:07:38 ID:Ct4cQyHf0
>>598
どうもグレンさん、ご丁寧に〜。

楽しく踊れれば、それでOK〜。

603 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:08:48 ID:MFPdQvdE0
>>601
特に知事の脳内が南国なのです。
ちなみに知事は森田健作ね。

トリッピ〜さんの書くネタは植物と人間は逆?というネタと見た。

604 :トリッピー:2010/05/31(月) 01:10:07 ID:Ct4cQyHf0
>>602
いやいや、そこまで深い意味は無いですよ。

本日は気分のみのカキコっす。 (^^)

605 :あかりん:2010/05/31(月) 01:12:53 ID:mAbS7M9Y0
千葉は黒潮がかすめているから風土的には南国なんだよ
典型は長島茂雄ですw

606 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:13:59 ID:MFPdQvdE0
>>604
残念。
でも植物と人間というのは中々興味深いネタだと思います。
根本的に静と動だし呼吸も逆。
探求して行くと面白いかもね〜って思います。

607 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:15:40 ID:MFPdQvdE0
>>605
なるほどね〜。

608 :トリッピー:2010/05/31(月) 01:16:44 ID:Ct4cQyHf0
>>606
それは失礼。(ニャリッ)
まあ、例によって、私の勝手な解釈では、一応植物と
動物の違いも意味があることにはなっているんですが。

まあ、与太話なので、やめて皆さんの話を傾聴し続けま〜す。


609 :ツェーレム:2010/05/31(月) 01:17:01 ID:r1PmAboN0
太古、人間の寿命は1000年あったって
まるで植物の寿命だよね

610 :グレン KoE:2010/05/31(月) 01:19:44 ID:MFPdQvdE0
>>608
今度気が向いたら聞かせてください。
というわけで、そろそろ時間も時間なので寝ます〜。
おやすみなさい〜。
ノシ

611 :トリッピー:2010/05/31(月) 01:20:50 ID:Ct4cQyHf0
あら、グレンさん、おやすみなさ〜い。
よい夢を〜。

612 :ツェーレム:2010/05/31(月) 01:21:29 ID:r1PmAboN0
グレンさん、おやすみー

613 :こおろぎ:2010/05/31(月) 01:24:28 ID:NY9phL7a0
おお、ひと廻りしていたらトリさんが来ていた。
おひさしぶりー

そしてグレンさんお休みー

>>609
聖書にはそういう話が出てたよねぇ
しかし、聖書が正しいという事は、人間はどんどん完全から遠ざかるばかりで、このまま行ってもあんまりいいことないような気がしてくるんだよねぇ
それこそ、ハルマゲドンの後にならないと、良くならないみたいな



614 :こおろぎ:2010/05/31(月) 01:25:09 ID:NY9phL7a0
そして私も寝るです
おやすみー

615 :トリッピー:2010/05/31(月) 01:28:23 ID:Ct4cQyHf0
あらあら、こおろぎさんも寝ちゃった。
とか思っていたら、そんな時間か〜。

じゃあ、私も仕事が待ってるから寝ます〜。
おやすみ〜。

ツインドライブ同調率 90%を推移。
鶴と亀がす〜べった〜、ほれ、懐かしの後ろの正面のあの子はだ〜れ。


616 :ツェーレム:2010/05/31(月) 01:30:53 ID:r1PmAboN0
植物から進化して動物に、そして人間になったという進化論なのかも
善悪は単に人間様の勝手な都合の規定でしかないと思うよ
何にせよ今現在が完全であることは確かだよね

617 :ツェーレム:2010/05/31(月) 01:32:48 ID:r1PmAboN0
どうやら、後ろの正面のあの子はおいらのようで
おやすみー

618 :トリッピー:2010/06/01(火) 00:40:26 ID:ydjojDzM0
>>617
おぉ、ツェーレム殿、おやすみの書き込みわざわざありがとうございます。


619 :本当にあった怖い名無し:2010/06/01(火) 00:46:01 ID:vVzQJnUE0
ムー大陸は、太平洋の真ん中にある事にしといて
火山の噴火でもうそろそろ出現するようにしよ〜!

620 :向日葵:2010/06/02(水) 19:54:01 ID:gxUIkfVaO
Happy Birthday, Dear my friend

&解除記念ー^^ノ


621 :グレン KoE:2010/06/02(水) 20:08:37 ID:bHnGALc/0
>>619
いいよ〜。
太平洋の真ん中って事はハワイか。
天皇海山列とかの話になっていくのかな。

622 :グレン KoE:2010/06/02(水) 20:13:04 ID:bHnGALc/0
>>620
向日葵さんありがと〜!
規制解除おめでとう〜!

623 :グレン KoE:2010/06/02(水) 20:15:19 ID:bHnGALc/0
それかシャッキー海台の話か。
シャッキー海台浮上の方がそれっぽいかな。


624 :グレン KoE:2010/06/03(木) 21:46:09 ID:iasVBRpi0
バチカンに天文台があるって事も知らなかったんだけど
宇宙人ってどういう事だ。。。

>バチカン天文台長であるGabriel Funes神父はバチカン新聞に
>「宇宙人は我が兄弟である(Aliens Are My Brother)」と題された記事を寄せ、
>地球に様々な形態の生命があるように、宇宙にも神が創られた知的生命体がいる
>かもしれないという考えを述べています(本家記事・BBC記事)。
>さらに、宇宙人の中には原罪を負っていない存在さえあるかもしれない
>との推測も明らかにしています。地球外生命体も神が創られたものであるため、
>地球外生命体の探求と神への信仰とは矛盾しないとのことです。

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/05/16/0533220

625 :グレン KoE:2010/06/03(木) 21:48:28 ID:iasVBRpi0
しかも原罪を負っていないってなんだ。
天使か。
鳩ぽっぽは宇宙人だから原罪がないとでもいいたいのか。。。

626 :ツェーレム:2010/06/03(木) 21:48:44 ID:w/Bxflld0
まあ、オラは仏教徒だから原罪など背負ってないが

627 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 21:51:37 ID:G2yIHyBm0
>>626
仏教徒はカルマ=原罪です。

628 :あかりん:2010/06/03(木) 21:55:45 ID:GTy4AbTN0
かんぶりあ〜

629 :ツェーレム:2010/06/03(木) 21:58:23 ID:w/Bxflld0
カルマ=原罪 なんて初めて聞いたなぁ

カルマの語源は行いの事
罪は人の都合で張ったレッテルの事
まるで違うでしょ

630 :グレン KoE:2010/06/03(木) 22:13:10 ID:iasVBRpi0
ん〜原罪という考えは仏教的に考えても結構納得いくと思うんだけどなぁ
我々は苦界に生まれた迷える衆生なわけだし。

631 :グレン KoE:2010/06/03(木) 22:14:42 ID:iasVBRpi0
>>628 あかりん
かんぶりあ!

632 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:17:10 ID:w/Bxflld0
「蛇にそそのかされて、神が禁じた知恵の木の実を食べて楽園を追放された」
どうしてこんな御伽噺を信じられるんだろね
たとえ聖書に書かれていると言われても、誰が確認出来るのだろうね
神話はフィクションだと断じますです

633 :あかりん:2010/06/03(木) 22:21:32 ID:GTy4AbTN0
http://www.youtube.com/watch?v=FWt_JS-H3TY&feature=related

634 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:22:17 ID:w/Bxflld0
>>630
いんにゃ
「一切皆苦」という一節があるけど、この場合の「苦」とは、思うように行かない事を指している
苦しむという心の働きは、自らが作り出している現象だよ
迷いは真理を見失うから起こる事

635 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:23:00 ID:w/Bxflld0
>>628 あかりん
かんぶりあ!


636 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:25:09 ID:w/Bxflld0
UFOか。。。。この間見たかもしれない

637 :グレン KoE:2010/06/03(木) 22:33:51 ID:iasVBRpi0
>>632
御伽噺ってか象徴なんだよ。


638 :グレン KoE:2010/06/03(木) 22:34:50 ID:iasVBRpi0
>>633
ふむ英語がわからんがバチカンの上空にあらわれたUFOなのかな。

639 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:36:27 ID:w/Bxflld0
象徴ですか
自分には理解不能だな

640 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 22:39:15 ID:4afOdCJb0
オカルト!

641 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 22:41:10 ID:ax3ppeGJ0
知久

642 :グレン KoE:2010/06/03(木) 22:43:22 ID:iasVBRpi0
バチカン天文台長はあかりんのUFOを見て宇宙人いるかもって
思ったのかな。
それとも何か知ってるのかな。
まあ、寝ます。
おやすみなさい。
ノシ

643 :あかりん:2010/06/03(木) 22:43:47 ID:GTy4AbTN0
ヘビさんはあれだチャクラの通り道
とか思いつきましたw

644 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 22:44:38 ID:ax3ppeGJ0
伸臣

645 :あかりん:2010/06/03(木) 22:44:49 ID:GTy4AbTN0
>>642
ぐれんさんおやすみ〜

646 :トリッピー:2010/06/03(木) 22:45:53 ID:n9X1LqA70
あれ、来たら、既にグレンさん寝ちゃってた。
おやすみなさいませませ。

647 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 22:46:16 ID:ax3ppeGJ0
酋長

648 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:50:24 ID:w/Bxflld0
ヘルメスの杖の蛇ね

イダー・ピンガラ・スシュムナーの三管を表してるって言うね
間違いはチャクラの通り道じゃなくて、クンダリニーの上昇経路
チャレンジしたことあるけど、確かにグルグルと上がるけど、それほど重要事項じゃないと思った

649 :ツェーレム:2010/06/03(木) 22:51:15 ID:w/Bxflld0
>>642
ぐれんさんおやすみ〜

650 :あかりん:2010/06/03(木) 22:56:24 ID:GTy4AbTN0
>>648
いやー
思いつきで書いただけなので><
へびって脊椎動物の象徴っぽい?

651 :あかりん:2010/06/03(木) 22:58:12 ID:GTy4AbTN0
皆さんおやすみなさい〜

652 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 22:59:03 ID:G2yIHyBm0
バチカン天文台の新しい光学天文望遠鏡の名前が「ルシファー」

http://oka-jp.seesaa.net/article/147952431.html


653 :ツェーレム:2010/06/03(木) 23:00:12 ID:w/Bxflld0
どちらかと言えば、蓄財の象徴かなww

654 :ツェーレム:2010/06/03(木) 23:01:02 ID:w/Bxflld0
おやすみー

655 :本当にあった怖い名無し:2010/06/03(木) 23:26:09 ID:tdjTtNVz0
イルミナティ
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/iluminaty.htm

656 :グレン KoE:2010/06/04(金) 20:41:26 ID:xXzfFAMf0
>>643
ふむ、ヘビさんはチャクラの通り道か。。。
まあ尾てい骨のところに一番下のチャクラがあり
ヘビさんが眠っていると言われている。
チャクラは全部で七つあると言われていて、その最下層にヘビさんが
住んでるという感じになるね。

657 :グレン KoE:2010/06/04(金) 20:48:49 ID:xXzfFAMf0
んでもって、7つのチャクラについて全部説明するのは
面倒くさいし、あまり意味があるとも思えないので省略。

21 :なるみ KoL :2009/12/12(土) 05:01:20 ID:wF/RzovW0
黙示録の7教会は7チャクラ
封印が解けるはチャクラの解放
7ラッパは神経からくる指令
真っ赤な竜神はクンダリニ

解脱まで3年半かかります☆

22 :なるみ KoL :2009/12/12(土) 05:02:55 ID:wF/RzovW0
ヨハネは最短3年半で最終解脱したー

658 :グレン KoE:2010/06/04(金) 20:56:34 ID:xXzfFAMf0
13 :なるみ KoL :2009/12/12(土) 01:12:38 ID:X85y6YhD0
天の岩戸開きはサハスラーラチャクラが開くことだと思います
岩戸が開くと神様がお出ましになって光が満ちます
イエス様が再臨するときも同じ
天が真っ二つに裂けて御降臨。オリーブ山が真っ二つになります。
これって天の岩戸開きですね☆
オリーブ山はサハスラーラチャクラです☆
日月の騎士は神示を読み誤ってるねー
瞑想重ねないとわかりませんよー

65 :なるみ KoL :2009/12/12(土) 22:37:39 ID:aDM9QX8S0
キリスト再臨は第7チャクラの覚醒

どうですか?

74 :なるみ KoL :2009/12/12(土) 22:54:24 ID:aDM9QX8S0
>>65は第8チャクラの間違いでした
再臨はきっと8日目

659 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:03:38 ID:xXzfFAMf0
まあ、ここらへんを踏まえて。
トリッピーさんもよく言っているように
人間のチャクラはハートチャクラを中心に上下対応するようになっていてる。
そして、まあこのスレにでてくる人間の身体は世界のフラクタル理論で言うと
一番上のチャクラは、まあ涅槃だとか天界だとか天国とかそんなん。
そうすると一番下のチャクラは地獄とかそんなんになる。
創世記にでてくる古いヘビはルシファー。
なんで一番下のチャクラに眠っているか、なんとなく見えてきますね。

660 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:12:15 ID:xXzfFAMf0
んで、ここでどのように話を持っていくか非常に悩むところではあるんですが
英語で地獄の事はhell(ヘル)と言います。
これは北欧神話の女神ヘルから来ています。
まあ女神ヘルはロキの娘で冥界の女王。
日本ではイザナミみたいな役どころ。
こういう神話の共通点はメリーさんが詳しいのです
軽く解説でもして欲しいところではあるのですが
最近こないので、ここを見てるかどうかもわかりません。
結婚でもしたんでしょうか。

661 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:19:35 ID:xXzfFAMf0
そしてキリスト教に目をうつすとイエスの死と再生の場面には必ずマリアがいました。
これが意味するところは。
そういえばインド神話での死と再生の神も女神カーリーですね。


662 :トリッピー:2010/06/04(金) 21:24:44 ID:nY5VUE+10
グレンさん、本日も書き込み乙で〜す。 (^^)

663 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:27:13 ID:xXzfFAMf0
んで、ルシファーなんですがルシファーは堕天使です。

イザヤ書 14章12節
暁の子、明けの明星よ。どうしてあなたは天から落ちたのか。国々を打ち破った者よ。

ルシファーは神様に罰を受けたのではなく地に堕ちたのです。

664 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:28:36 ID:xXzfFAMf0
>>662 トリッピーさん
こんばんわ〜。
ありがとうです。
って今、どんな感じに話をしようか迷っているところですw

665 :トリッピー:2010/06/04(金) 21:31:06 ID:nY5VUE+10
まあまあ、このスレは自由なキャンバスなんですから、思いつく
まま気楽にグレンさんの頭に浮かんだことを書けばいいじゃないですか。

特にグレンさんは一番このスレを引っ張っている人なんだから。

666 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:37:57 ID:xXzfFAMf0
>>665
んですねw
という事で、連想ゲームのようにヘビで頭に浮かんだのか
メドゥーサなので、その事について書きます。
まあ、メドゥーサは元々はとても美しい妖精でポセイドンの嫁でした。
知っての通りポセイドンは海の王様です。海王ですね。
ここらへんも、ヒルコや出雲の竜蛇神との絡みで面白いけど専門はメリーさんです。

667 :本当にあった怖い名無し:2010/06/04(金) 21:39:02 ID:Dt1OJhsv0
糞スレシネ

668 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:44:33 ID:xXzfFAMf0
メドゥーサに睨まれると石になってしまいます。
石になってしまうというのは中々興味深く
このスレでも石と蛇や竜脈のエネルギーについては多く話題になっています。
そして、メドゥーサの最後は鏡で自分の姿を見たら自分が石になっちゃったよー
って感じです。

669 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:51:53 ID:xXzfFAMf0
縄文人の信仰は蛇で銅鐸です。
弥生人の方はというと鳥で鏡です。
つまり鏡によって蛇を打ち破ったのです。
しかし蛇は不死であるので鳥居によって蛇の力を封じたのです。
竜脈というのはいわば地球のエネルギーなので殺すには地球を
壊すとかしないとできません。

670 :グレン KoE:2010/06/04(金) 21:56:40 ID:xXzfFAMf0
ミカエルも竜を殺すのではなく踏みつけるのです。
ちなみに縄文人の変な髷は一説によると蛇とも言われていて
まさにメドゥーサとなるのです。
これは、明治の断髪令の時まで続きました。
今でも本当はお相撲さんしか髷を結ってはいけないそうです。
明治政府がなんでチョンマゲを禁止したのか、中々に興味深いです。

671 :本当にあった怖い名無し:2010/06/04(金) 22:02:34 ID:shQIEL6x0
うるせーよばか

672 :グレン KoE:2010/06/04(金) 22:05:17 ID:xXzfFAMf0
髷というのは一番下のチャクラで眠っている蛇を引き上げようという
意図で結ったものなのかもしれませんね。
そしてアセンションというのはルシファーの天への帰還です。
地に落とされてしまい分裂してしまったミカエルとルシフェルの融合です。
まあアセンションが次元上昇と言われるように、ようは上の次元との融合という
事なので。
当然の事ながら次元上昇によって
5次元の存在として四国にあるムーや九州にあるアトランティスが姿を現すのです。
もっともムーやアトランティスが浮上するのではなく、こちらの次元が浮上するわけなのですが。
おしまい。

673 :本当にあった怖い名無し:2010/06/04(金) 22:06:13 ID:shQIEL6x0
うるせーよばか

674 :グレン KoE:2010/06/04(金) 22:16:26 ID:xXzfFAMf0
気が早い感じもしますが忘れそうなので次スレのスレタイ貼っておきます。

スレタイ:ムー大陸は四国16 ヴァルハラでまってろ!

本文:
フリーメーソンとも関係あるらしいよ

前スレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1272640988/

675 :通りすがり:2010/06/04(金) 22:28:16 ID:gtNz2EGaO
グレーンっていう人、頭大丈夫かな−?

ほなサイナラ!

676 :本当にあった怖い名無し:2010/06/04(金) 23:00:10 ID:jxWezjru0
>>674
しねよマジ

677 :本当にあった怖い名無し:2010/06/04(金) 23:22:22 ID:fW68KX+R0
おまいらもちつけ

678 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 00:18:05 ID:kki39IMtO
ボナンザ君、そんなに暇ならブログの更新をしたまえよ。

更新しようにもボナンザ君の知識とネタはもう全て書き尽くしたのだというのなら仕方ないがw

679 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:19:28 ID:dqVKlhvo0
721 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/07/28(月) 23:11:36 ID:Z2O22tiZO ID:
チャクラと次元の対応とかの話ききたいなー。

728 :グレン:2008/07/29(火) 12:29:34 ID:09Z+zXKH0 ID:
>>721
よしわかった。
チャクラは7つ、次元も7つ。
そんでもって、7つの次元というのがどこかに無いかと探してみると
仏教にある。六道プラス1の世界が。
六道プラス1の世界はそれぞれ階層になっていて7つの次元といえる。

739 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/07/29(火) 19:45:26 ID:0BZelMkRO ID:
グレンさん乙です〜。
まえのカード占いのやつでチャクラに興味がわいたのでちょっと調べた。
六道は昔しらべたところによると、六道の上に三つぐらい界があったような。

740 :グレン:2008/07/29(火) 22:23:42 ID:09Z+zXKH0 ID:
>>739
チャクラの数も場所も諸説あってインドでは7つだけど
チベットでは4つだったり9つだったり。。。
数百個あると言ってる人もいる。
六道の上には声門・縁覚・菩薩・佛という四聖があって
全部で十法界というのだが
四聖は浄土として纏める。というかとりあえずのワタシたちに
関係している次元という事でまとめてもあんまり問題ないの。
7つ目のチャクラだけはワタシたちの肉体の外にあるしね。

680 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:21:48 ID:dqVKlhvo0
41 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/07/29(火) 22:42:38 ID:0BZelMkRO ID:
ああ、そうだ。10界だ10界だ。
七つめは体の外か。だから六道輪廻か。なるほど〜。


742 :グレン:2008/07/29(火) 22:57:53 ID:09Z+zXKH0 ID:
そそそ、肉体から自由になるんだよ。
そんで六道は上と下に分けられる。
下の三つが、地獄、餓鬼、畜生の世界。
上の三つが、人間、阿修羅、天の世界。
んでもってチャクラも上部と下部に分けて考えられているんだ。


743 :グレン:2008/07/29(火) 23:03:06 ID:09Z+zXKH0 ID:
チベット体操では一つの儀式を21回行います。
7回を3セットね。
7は7つのチャクラ3は仏教では永遠をあらわす。
だから真言を唱えるときは3回なんだ。

744 :グレン:2008/07/29(火) 23:04:10 ID:09Z+zXKH0 ID:
あ、チベットでは4つだったり9つだったりって書いたけど
もちろんチベットでも7つという考えもあります。

681 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:23:42 ID:dqVKlhvo0
762 :グレン:2008/08/01(金) 23:09:02 ID:Wg87iSj10 ID:
天道(てんどう、天上道、天界道)アージュニャー(Ajna)・チャクラ:眉間。インド人は、ここにビンディをつける。
人間道(にんげんどう)     ヴィシュダ(Vishuddhi)・チャクラ:喉
修羅道(しゅらどう)      アナーハタ(Anahata)・チャクラ:胸
畜生道(ちくしょうどう)    マニプーラ(Manipura)・チャクラ:腹部
餓鬼道(がきどう)       スヴァーディシュターナ(Swadhisthana)・チャクラ:陰部
地獄道(じごくどう)      ムーラーダーラ(Mooladhara)・チャクラ:会陰


763 :グレン:2008/08/01(金) 23:15:42 ID:Wg87iSj10 ID:
ふむう 対応しているようなしていないような。。。
餓鬼はいつも腹減ってるから腹部のような気がするな。
んで性欲があんまり強いと獣なので陰部が畜生
ハートが荒れると争いばっかりになるから修羅と胸はいいと
言葉を話すからこそ人間と考えれば人間と喉はいいか
天道もそれっぽいからいいかな。
ハムスターさんがどっかで六道は人間の中にある的な事を言ってたから
こんな感じで。。。

682 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:31:14 ID:dqVKlhvo0
そういえば昔似たような事を書いた事あった気がすると思い
探してきたんだけど、似てるような似てないような話だね。
まあ、何かというとだね。
アリストテレスの梯子です。

683 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:34:39 ID:dqVKlhvo0
アリストテレスの梯子も前スレなのでちょっとおさらい。

961 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:28:47 ID:5/qk59AL0
まあ、アリストテレスは石が落下する理由を
地上に石の本来いるべき故郷とも呼べる場所があって、
そこに向かって行くから落下する
石が本来帰るべき場所に至ったとき、石は初めて本来の石になる。
と、まあこんな風に考えた。

962 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:37:38 ID:5/qk59AL0
人間についても同じで、人間にも本来いるべき故郷とも呼べる場所があって
人間もそこにひたすら向かっていると考えた。
その故郷は天で今でも天に帰るとかいうやね。
まあ、その考えはキリスト教にも影響を与えた。
梯子(スカラ)を登っていくという表現なんだけど
まあこの梯子(スカラ)は時間と考えて問題ないと思う。
問題あるかもしれないけど。知らん。

684 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:35:40 ID:dqVKlhvo0
963 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:47:55 ID:5/qk59AL0
まあ、この梯子には登っていく段階で色んなものに変質していく。
植物→動物→人間→天使→神
と、こんな感じ。まあ進化だね。
進化については同時代のアナクシマンドロスが生命は海の中で
発展して後に地上に移住したというような事を書いていて
それって進化論じゃね?的な事を書いているんですが
この手の話を書き続けるとキリがなくなるんでやめときますが
古代ギリシャは半端ないです。

964 :グレン KoE :2010/04/29(木) 19:58:47 ID:5/qk59AL0
まあ、今の我々が住んでいる世界と天との間には
梯子(時間)がかかっていて、その梯子を一段のぼる事に
人間は変化すると考えたのです。
梯子の最終地点には神がいて、そこまで登ると人間も神と同じになる。
ちなみに神は梯子の一番上なので神は変化しない。
神が永遠不変なのは最終地点にいるから。
この考えもキリスト教に影響を与えてキリスト教の神の概念になった。
それまでの神というのは非常に人間臭かったり変化したりしたからね。

685 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:35:41 ID:p0/REchH0
レンヌ・ル・シャトーの謎
http://www.voynich.com/rennes/

686 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:37:57 ID:dqVKlhvo0
>>685
何が書いてあるとか、中に書いてある事をまとめなさい。
あとどういう意図でそれを貼ったとかも書く事。

687 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:40:40 ID:p0/REchH0
シオン修道会だ

オメーたちも一度ぐらい耳にしたことあるだろう?

興味深いぜ

688 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:48:25 ID:dqVKlhvo0
まあ、一般的にチャクラは下から開いていく方がいいとか
下から順にしか開かないとか言われています。
ワタシの感覚だと下からしか開かないって事はないんですが。
一番下のチャクラにいる蛇さんは下から順番に登っていきますね。
これはアリストテレスの梯子なんです。
そして上まで昇りつめた時こそが
>>658でナルミさんが言ってる天の岩戸開きでありイエス様の再臨なのです。
つまりキリスト再臨は第8チャクラの覚醒なのです。

689 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:52:07 ID:p0/REchH0
 イグナチオ・デ・ロヨラによって創立された修道会、イエズス会は、ときおり謀略結社、陰謀を企む秘密結社のように言われることがあった。
 もちろんその多くは、フリーメーソン、イルミナティ、ユダヤ陰謀説同様、まともな根拠の無いヨタ話の類ではあるが、実は全く根拠がないというわけでもない。
 イエズス会は、いわゆる対抗宗教改革の重要な担い手であった。
彼らはルターらの宗教改革による大分裂の最中、プロテスタントと戦うことも重要な活動としていたからだ。
プロテスタントになった信者たちを、カソリックに復帰させたり、プロテスタントの勢力の拡大を阻止しようとした。
 さらにアフリカ、アジア、新大陸からも新たなカソリック信徒を補給するために宣教師を文字通り世界中に派遣した。
 こうした活動には、どうしても政治権力との駆け引きが必要になってくる。
 そして、それに諜報活動は欠かせない。イエズス会は、こうした諜報活動を行い、プロテスタントに成りすましたスパイを各国に送り込んでいた。
 こうした意味での暗躍、陰謀は確かに行っていたのである。

690 :グレン KoE:2010/06/05(土) 19:53:01 ID:dqVKlhvo0
>>687
シオン修道会か。
そういやぁダヴィンチコードにでてきたね。

691 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:53:26 ID:p0/REchH0
 イエズス会は、こうした陰謀・謀略活動の一環として薔薇十字団の黒幕なのではないかという臆測が流れたことがある。
 基本的にこれはありえない。
薔薇十字運動の思想は、ルターらの宗教改革の思想を強く受けていることは明白であり、そもそもこの薔薇十字章自体がルターの強い影響下にあると言われている。
ルターの紋章は白薔薇と十字架を組み合わせたものである。ルターはこの紋章の象意について「シュペンクラーへの手紙」で解説しており、それを読む限りは薔薇十字思想と直接結びつけるのは無理がある。
 ルターの紋章では「信仰による喜びと慰めと平和」を象徴する「白薔薇」(世俗の喜びを象徴する赤薔薇とは異なる)の内に、心・魂を象徴する「心臓」を置き、その上に十字架を描くことによって、キリストへの信仰を象徴する。
この十字架は「黒」であり、これは死を象徴し、真の信仰は痛みを伴うものだということを象徴するのだという。
 このように薔薇十字の思想とは直接関係ないが、これが少なくとも薔薇十字章のモデルないしヒントとなった可能性は大きい。形が非常に似ているからである。
 実際、初期の薔薇十字運動はプロテスタントの国で勢力が大きく、フランス等のカソリック圏内では迫害すら受けた。
 また、かのアタナシウス・キルヒャーが薔薇十字主義者にならなかったのも、ひとえに彼がカソリックであったからだとも言われる。
しかし、彼がイエズス会修道士であったということは、何か奇妙な附合のようなものを感じる。

692 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:54:27 ID:p0/REchH0
 ともあれ、薔薇十字運動はプロテスタントの影響下にあった。にもかかわらず、薔薇十字運動はカソリックのイエズス会とと結び付けられたのである。
 
 先にも書いた通り、イエズス会は政治的な諜報活動をも行っていた。そこから、フリーメーソン等の秘密結社が、プロテスタントを混乱させるための陽動作戦なのではないか、という噂が流れた。
 ここで重要になってくるのがジャコバイト運動である。
 これはイギリスの名誉革命において、追放されフランスへ亡命したスチャート王朝の国王ジェームズ2世の子孫をイギリス国王に復帰させようという運動である。
 ジャコバイト派はフリーメーソンの会員が多く、フリーメーソンの組織を利用して資金集めすら行っていた。
 必然的に、これは秘教的な解釈をほどこされるようになる。メーソンにおけるヒラム・アビブ伝説やテンプル騎士団のジャック・ド・モレーの復讐が、スチャート王朝の復活の象徴であるとさえ考えられた。
 さらに、スチャート家がスコットランドやアイルランドとも縁故があることから、ケルト復興運動とも結びついたのである。
 GDのマグレガー・メイザースが、この政治運動に夢中になったのも、こうした背景があったのである。

693 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:55:22 ID:p0/REchH0
 ともあれ、このジャコバイト運動には、カソリック信者が多かった。
 そこから、イエズス会がイギリスを再びカソリックの国に戻すために、ジャコバイト運動を盛り立てているという臆測が生まれた。
 ここから、カソリックのイエズス会、ジャコバイト運動、フリーメーソンの三者が結び付けられてしまったのである。
 さらにややこしいことにイエズス会とフリーメーソンとの間には交流があった可能性は否定できず、フリーメーソンの上位位階やイニシエーションにイエズス会からの影響が見られるとの指摘もあるのである。
 もともと、フリーメーソンと薔薇十字運動は結びついていたし、ジャコバイト運動にオカルティックな部分もあったことから、「イエズス会→ジャコバイト運動→フリーメーソン」が、「イエズス会→ジャコバイト運動→薔薇十字団」へと摩り替わってしまった。

 (ややこしい話しはまだある。イエズス会は諜報活動の一環として、薔薇十字の象徴を借用し、両者が同一であるかのように見せかけるようなこともあったらしい。)

694 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:56:27 ID:p0/REchH0
 一方、イエズス会はイエズス会で、確かにオカルティズムの影響をも受けていた。実際、F・イエイツ等の研究者もカソリックの中で最も薔薇十字団に近いのは、このイエズス会だとさえ言う。
 というのも、イエズス会の神学の形成に関わった硬学の修道士たちが、ルネサンス期のヘルメス哲学の影響を受けていたからである。その極端な例が、カバラや錬金術に夢中になったのが、先にも挙げたアタナシウス・キルヒャーであろう。
 さらに、イエズス会は学問に対する考え方も極めて進歩的で、革新的であった。
 彼らは科学、技術の研究を合間をぬって行っていたし、ガリレオが木星の衛星を発見した時に、即座に望遠鏡を使ってそれを確認し、地動説に同調的な見解を示した修道士もいたくらいである。
 こうした科学、技術への進歩的な思想は薔薇十字運動のそれとも合致する。
 さらに、イエズス会は学問の啓蒙、教育活動にも強い関心を持ち、これも薔薇十字運動と合致する。

695 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 19:57:45 ID:p0/REchH0
 とはいうものの、薔薇十字の「名声」は、多くの学者によって宗教改革支持、反カソリック、特に反イエズス会的であると指摘されてきたし、私もその通りだと思う。
 薔薇十字主義者たちは、イエズス会とハプスブルグ家の同盟関係をさして、「これこそ黙示録の予言したアンチ・キリストに他ならない」と攻撃した。
 両者は近親憎悪の敵同士の関係にあったと見るのが妥当である。
 しかし、この事実は後世の臆測の前にはたいした防波堤にはならなかった。

 また、薔薇十字系の団を組織した人々は、イエズス会を嫌いながらも、組織作りにイエズス会のそれを参考にすることも少なくなかった。

 こうしたややこしい状況がいくつも絡み、本当は犬猿の仲であり、不倶戴天の敵どうしの関係にあったはずの薔薇十字運動とイエズス会は、いつしか結び付けられてしまったのである。
 19世紀末にサール・ペラダンがカソリック薔薇十字聖杯神殿教団を創設した頃には、それに違和感を感じない人間も多くなっていたのである。

696 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:00:34 ID:p0/REchH0
 イエス キリストには3つの謎がある。第1に、なぜあれほどの歴史力を持つことができたのか?しかも、及ぶエリアは世界全域である。
  現代そして未来においても、シーザーやナポレオンが原因で戦争が起こることはないだろう。彼らの歴史力は、時間軸において大きく制限されている。
だが、イエス キリストの歴史に及ぼす射程距離は長大だ。死して1000年後の十字軍の戦争の原因となり、現代にも大きな影響を及ぼしている。地球上に現れた者の中では、これほどの存在はない。

697 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:01:37 ID:p0/REchH0
 第2の謎は、イエス キリストの奇跡。簡単に『ウソ』と切り捨てられない事情がある。ユダヤ教側までもが、イエス キリストの奇跡を目撃し、それに対する敵対行動をとっているからだ。
ユダヤ教側にしてみれば、イエス キリストの奇跡はメシアを暗示させるものであり、認めたくない事実である。認めたくない事実を認めるというのは、信憑性が高いと言わざるをえない。

  後に述べるデナリウス銀貨のエピソードからしても、イエス キリストは並はずれた知能の持ち主であった。人の目をくらます、なにかマジックでも使ったのかもしれない。
しかし、手品で死人を蘇生させることはできない。SF世界のアナロジーで、DNAの突然変異が生み出した新生人類ホモ エクセレンス?という可能性もあるかもしれない。
原人から見れば、われわれ現生人類が生み出す科学は奇跡そのものだが、それと同じことである。それとも、本当に神の力を使ったのだろうか?どれだけ考えても、この謎は闇の中だ。

698 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:02:38 ID:p0/REchH0
 第3に、ユダとイエス キリストの関係。最後の晩餐で、イエス キリストは12人の使徒たちの前でユダが裏切ることを宣言した。
しかし、なぜそれが、最後の晩餐、つまり、イエス キリストの死の前日であったのか?イエス キリストが、以前からユダの裏切りを知っていたことは、ほぼ間違いない。
それを、死の前日までユダをそばにおいたのは、なぜか?さらに、ユダはイエス キリストを銀貨30枚で裏切ったあと、その銀貨を返し、首を吊って自殺している。たった1日で、これほどの心境の変化が起こった理由はなにか?

699 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:03:24 ID:p0/REchH0
 これらの謎を解く鍵は、イエス キリストの受難から始まり、最後の10日間に凝縮される。受難がはじまるまでのイエス キリストの布教は、順風満帆であった。それまでにない概念である『愛』をとき、その比類なき寛大さがゆえに、信者も順調に増えていた。
ローマ帝国の弾圧はあったものの、限られたものであり、ユダヤ教との摩擦はあったが、さし迫ったものではなかった。
 ところが、状況は一変する。その後、ユダヤ教の大祭司カヤパ、ローマ総督ポンテオ ピラト、ガリラヤ領主ヘロデ、イエス キリスト12人の使徒、裏切り者のユダ、そしてイエス キリスト、そうそうたる役者が総動員され、壮大なクライマックスへと急転回するのである。


700 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:04:37 ID:p0/REchH0
イエス キリストの状況を一変させたのは、イエス キリストが吐いた「自分は神に等しい」の一言であった。その一言で、イエス キリストの受難がはじまったのである。
イエス キリストは、ユダヤ教側の弾圧により、追われるように、故郷のナザレに帰る。しかし、そこにも安住の地はなかった。イエス キリストが、未婚の母マリアから生まれたことを皆知っていたのである。
 今度は、マリアの子、つまり私生児としての汚名がのしかかる。イエス キリストは背教者であり、背教の説教者は、ユダヤの法律では石打ちの刑と決まっていた。
石打ちの刑とは、崖から突き落とす刑のことである。イエス キリストは、命からがら故郷を去る。


701 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:05:38 ID:p0/REchH0
 追跡者はさらに増える。ガリラヤの領主ヘロデ アンティパス王までが、イエス キリストの追求に手をかしたのである。
アンティパスは、イエス キリストがヨハネの再来ではないかと怖れていた。ヨハネは、イエス キリストの先駆者であり師でもあった人物だ。
そのヨハネは、アンティパスの命により投獄されていた。アンティパスが、兄弟のヘロデから妻ヘロディアを奪って自分の妻としたが、それをヨハネに非難されたからである。
 だが、ヨハネには投獄を超える悲劇が待ちうけていた。アンティパスの誕生日を祝う宴会で、事件は起こった。
アンティパスの王女サロメは、王と客の前で踊りを披露したが、それはみごとなものであった。
アンティパスは上機嫌で、サロメに欲しいものを何でも与えると約束する。するとサロメは、母ヘロディアにうながされ、ヨハネの首が欲しいとねだる。
王は、ヨハネを処刑し、その首を盆にのせ、サロメに与えた。このおぞましい事件により、ヘロデ アンティパスは、歴史年表にその悪名を刻んだ。


702 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:06:24 ID:p0/REchH0
 このアンティパスにまで狙われ、イエス キリストは四面楚歌となった。ところが、ここで、イエス キリストの行動は一変する。逃避行をやめ、一転、エルサレムの神殿に堂々と現れたのである。そして、神殿の中でイエス キリストは宣言する。
「わたしこそ、世の光である。わたしを信じることは、どうすることか。わたしがそれであることを信じることだ。わたしと父はひとつである。ゆえに、わたしは神の子である」
 ユダヤ最高議会へのあからさまな挑発であり、ユダヤ世界の神を冒涜するものだった。イエス キリストを取り巻く環境は、最悪の状態となる。
これはどう考えても、命惜しさに逃亡する者の行動ではない。イエス キリストは、自分の命を引き替えにするほどの重要なミッションを自覚していたに違いない。

703 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:07:26 ID:p0/REchH0

 イエス キリストの奇跡は、さらに大胆になっていく。エルサレムの東方にベタニアという村があった。
そこに、マルタとマリアという姉妹と弟ラザロの一家が住んでいた。のちに、マリアはガリラヤのマグダラの町の売春宿の遊女となる。このように軽蔑の対象になっていたマリアに、イエス キリストは
「あなたの罪は許された」
と言った。決して許されるはずのない罪人に、なんの迷いもなくイエス キリストは宣言したのである。マリアは、ユダヤの律法を超越し、神に等しい権威をそこに見た。
マグダラのマリアは、その後売春宿を去り、イエス キリストとともに、故郷のベタニア村にもどる。そして、姉のマルタと弟のラザロも、イエス キリストを信じるようになった。


704 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:08:14 ID:p0/REchH0
 ある日、そのラザロが危篤になった。イエス キリストがかけつけた時には、すでに死後4日も経過していた。ユダヤ人の墓は洞穴の中にある。イエス キリストは、入口の大きな石をどけさせて言った。
「ラザロよ、出てきなさい」
ラザロは自ら歩いて出てきた。死から蘇ったのである。この事件は多くの目撃者があり、その評判を聞きつけ、ベタニア村には多くの見物人が集まった。もはや、隠しようもない奇跡であった。
 当然、ユダヤ教大司祭カヤパにも、その奇跡は伝えられた。だが、それは今までの奇跡とは次元が違う。死者を生き返らせたのである。しかも、山のような目撃者がいる。断じてイエス キリストがメシアであってはならない。
カヤパは最高議会を招集し、ついにイエス キリストの死刑を決断する。西暦32年2月、イエス キリストに対する正式の逮捕状が出たのである。

705 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:11:52 ID:tL+L2FBQ0
 その直後、イエス キリストは姿をくらます。それは、死期との間合いをとるかのようだった。イエス キリストは、自分の死ぬ日を自覚していたに違いない。神から授かったか、自分で決めたかは分からないが、それは確信に満ちていた。
その証拠に、死期の間合いをとったイエス キリストは、3月に入り、公然とエルサレムに向かう。信者たちは、イエス キリストがエルサレムでメシア王の戴冠をするのだと喜ぶが、イエス キリストは否定する。
「わたしがエルサレムに向かうのは、最高議会から死刑の宣告を受け、ローマ人により殺されるためである」
イエス キリスト計画の歯車は音を立て回り出した。

706 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:13:16 ID:tL+L2FBQ0
 エルサレムにのぼったイエス キリストは積極的に説教を行った。神殿では、パリサイ人や律法学者が、イエス キリストに次々と論争をいどんだ。
やがて、彼らはある必勝の論争を思いつく。それは
「カエサル(ローマ皇帝)に税金を納めることはよいことか?」
である。もし、イエス キリストが税金を納めてはならないと答えれば、反逆者としてローマにひきわたす。
逆に、税金を納めるべきだと答えれば、ユダヤの民を救うメシアがそんなことを言うはずがない。つまり、イエス キリストはメシアではないことになる。
だが、イエス キリストの答えは驚くべきものであった。イエス キリストは尋ねた。
「デナリウス銀貨の肖像はだれか?」
銀貨にはカエサルの肖像が彫られていた。イエス キリストはつづける。
「カエサルのものはカエサルに返しなさい。神のものは神に」
完全無欠の答えだった。


707 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:14:49 ID:tL+L2FBQ0

 そして、最後の晩餐がやってくる。レオナルド ダ ビンチの壁画にもなった歴史上もっとも有名な晩餐である。
イエス キリストは12人の使徒に囲まれていた。12使徒は、イエス キリストが選んだ弟子たちであり、イスカリオテ出身のユダをはぶいて、すべてガリラヤ人であった。イエス キリストは言う。
「このなかに、わたしを裏切る者がいる。わたしがこの一切れをひたして与える人がそれである」
そして、それをユダに与えた。ここではじめて、ユダの裏切りが明らかにされたのである。ユダは、1人黙って部屋をでていく。
イエス キリストは、11人の使徒に、種なしパンとブドウ酒を与え、それがイエス キリストの肉体であり、血であると教える。

708 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:17:03 ID:tL+L2FBQ0
さらに、過越の祭りにみたて
「子羊は神殿で屠られた子羊ではなく、明日刑死するわたしの肉体である」
と宣言する。
この歴史的台詞のために、最後の晩餐は、過越の祭り当日または、前夜である必要があったのだ(2つの説がある)。つまり、すべては、この日を基準に計画されていたのである。イエス キリストはつづける。
「わたしは、明日刑死する。しかし、かならず生きてあなたがたの前に現れる」

 その頃、もう1人の主役ユダは、イエス キリストの追手にイエス キリストの居場所を教えていた。そしてユダに先導された群衆は、イエス キリストとその使徒を発見する。ユダは、イエス キリストを見るなり口づけをした。イエス キリストは言う。
「ユダよ、あなたは、口づけをして私を裏切るのか?」

709 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:17:53 ID:tL+L2FBQ0
口づけは、それがイエス キリストだという合図だったのだ。イエス キリストはついに捕らえられた。翌日、イエス キリストは十字架を背負わされ、ゴルゴダの丘まで歩き、そこで十字架にかけられた。手と足にクギを打ちつけられながら、イエス キリストは有名な言葉を吐く。
「父よ、かれらをお許しください。かれらは何をしているのかわからないのです」
最後におよんでも、自分を処刑する者たちのために祈ったのである。
 そして、イエス キリストが死んで3日めの日曜の朝、母マリアとマグダラのマリアがイエス キリストの墓参りにいくと、墓の入口の石がどけてあり、あるはずの死体が紛失していた。
その後、イエス キリストが弟子たちの前に現れたと言うイエス キリスト復活伝説、生きて故郷に帰り暮らしたという説、さまざまな説がある。しかし、真相は謎のままだ。

710 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:18:45 ID:tL+L2FBQ0
 こうして、イエス キリスト最後の10日間は、分単位で作成された歴史年表のごとく、正確に刻まれていった。
すべての登場人物は、イエス キリスト計画の歯車として、完全な調和と同期を保ちながら、回り続けたのである。巧みに織り込まれた因果の連鎖、象徴的なイベント、印象的な台詞、すべてが鮮烈だ。
偶然の産物にしては、あまりにもできすぎている。チンパンジーがデタラメにキーボードを叩いたら、偶然シェークスピアの戯曲ができた、などということはありえないのだ。
 おそらく、はじめにシナリオがあったのだ。主導権を握って行動したのはイエス キリストであり、少なくともイエス キリストは真相を知っていたはずだ。
イエス キリストが自分で思いついたのか、神からの啓示かはわからないが、シナリオはまさに神がかり的だった。
そのシナリオによって演じられた歴史が、あまりにも鮮烈であったため、時を越えて人々の心に刻印され、強大な歴史力を保持しているのである。

711 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:19:35 ID:tL+L2FBQ0
 心理学者ユングは、人間の心にもっとも強く作用するのは『心象』であると言った。中心となる心の核をあらわすシンボルと言ってもいい。キリスト教では、それが十字架なのだ。
あの象徴的なシンボルは、キリスト教の根源をあらわし、人々の心象となり、人々の心を揺り動かしている。この十字架のシンボルが、どれほど強烈かを示す歴史的事件がある。
 イエス キリストの時代よりさらに300年ほど未来にそれは起こる。後に、ローマ皇帝となるコンスタンティヌスは、ローマを統一すべく、ライバルたちと覇権を争っていた。そして312年、ライバルのマクセンティウスとの戦いに望む。
その戦闘で、太陽に十字架が重なり、この十字によりその勝利を約束する文字が現れるのを、コンスタンティヌスは見たのである。コンスタンティヌスは、その神の啓示に奮い立ち、戦いに勝利する。

712 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 20:21:26 ID:tL+L2FBQ0
 この後、コンスタンティヌスはキリスト教を信じるようになった。この伝承の真相はともかく、コンスタンティヌスがキリスト教を保護したことは歴史的事実である。その戦いの翌年、有名なミラノ勅令を公布するからである。
歴史の授業にも登場するこの有名な事件により、キリスト教は正式に公認されたのである。さらに、迫害のさ中、キリスト教会がうけた損害の賠償まで認められた。
 先の伝承が真実だとすれば、まさに十字架のシンボルが歴史を創ったことになる。こうして、イエス キリストの伝説は十字架というシンボルにパッケージ化され、効率よく人々の心に刻印されたのである。


713 :グレン KoE:2010/06/05(土) 20:39:11 ID:dqVKlhvo0
ふむ。。。

714 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 21:04:48 ID:gBLt5oSa0
そして、最後の謎、ユダ。イエス キリストを銀貨30枚で売り渡しながら、その後、銀貨をたたきかえし、首を吊った人物。この大変心の原因は一体何か?
ユダは、イエス キリストの有罪を知り、銀貨をかえし、自殺したとされる。イエス キリストが有罪になったことを悔いての自殺だろうか?
 だが、イエス キリストはエルサレムにのぼる前から、自分は刑死するためにエルサレムに向かうのだと公言していた。
さらに、ユダヤ最高議会の血相を変えた追跡、ローマ総督への死刑の呼びかけを見れば、裏切りがただちに刑死にむすびつくことは分かっていたはずだ。


715 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 21:06:08 ID:gBLt5oSa0
 それに一度裏切った相手に、自殺するほどの哀れみを感じることがあるだろうか?もらった銀貨をすべて返し、自分で首を吊るほどの大後悔の説明にはならないのだ。

それでは、ユダの自殺の原因は何か?ユダは、想像を絶するほどの真相を知ったからではないか。
つまり、イエス キリスト計画のシナリオと、自分の役回りである。
  ユダの役回りは、まさに銀貨をたたき返し、首を吊るほど衝撃的なものだった。神の子イエス キリストが2000年も輝きつづけるための引き立て役、つまり、サタンの化身とされたのである。
それも、人々をそそのかし、悪事を働かせる小者の悪魔ではない。たった銀貨30枚で、神の子を殺すほどの恐ろしい大役である。

716 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 21:06:59 ID:gBLt5oSa0
 それが、どれほど恐ろしい役であったかは、その後の歴史を見れば明らかだ。
ユダは、2000年たった今も、呪われ続けているからだ。「あいつはユダだ」は、その人物が裏切り者であることを意味するが、世界中で通用する。これが、ユダの呪いの証明である。
 そして、ユダのその哀しい役回りを、イエス キリストは知っていたはずだ。
だからこそ、裏切り者と知りながら、最後の瞬間まで手元においたのだろう。小賢しい裏切り者として、早々にイエス キリストの元を去っては困るからだ。
そして、イエス キリストを十字架刑にまで追い込んだユダヤ教徒たち。ユダ同様、ユダヤ人も2000年にもおよぶ迫害をうけることになる。

717 :あかりん:2010/06/05(土) 21:07:14 ID:qnJ4MFCU0
銀河の歴史がまた1ページ

718 :本当にあった怖い名無し:2010/06/05(土) 21:08:17 ID:gBLt5oSa0
イエス キリストの教えは素晴らしいものだった。当時、世界で類を見ない概念、『愛』を説いたのである。それも、比類なき絶対愛。『愛』の歴史は新しい。
ヨーロッパ世界で『家族愛』が生まれるのは産業革命以降、人々の暮らしに余裕が出たあとだ。その愛を、2000年も前に説いたのである。

 もし、イエス キリストに、あのような大異変が起こらなかったとしたら、村人たちの生活にとけ込み、愛をとき、穏やかな説法をつづけていたなら、彼の宗教は別なものになっていただろう。
そして、その力は精神世界にとどまり、政治や戦争には無縁だったに違いない。

 ユダヤ教とも穏便な関係をたもちながら、民衆に溶け込み、世俗的な世界のなかで、ともに祝い、ともに喜び、比類のない愛を説いていくイエス。
わずかの信者に囲まれながら、緩やかに晩年をむかえ、静かに生涯を終えるイエス。そんなもう一つのイエス キリストの歴史を想うのである。

719 :グレン KoE:2010/06/05(土) 21:15:58 ID:dqVKlhvo0
>>717 あかり姫
こんばんわ^^

720 :あかりん:2010/06/05(土) 21:17:01 ID:qnJ4MFCU0
こんばんわ〜

721 :グレン KoE:2010/06/05(土) 21:18:50 ID:dqVKlhvo0
>>720
遅いじゃないか、ミッターマイヤー

722 :あかりん:2010/06/05(土) 21:19:46 ID:qnJ4MFCU0
>>721
酔っているのか、ロイエンタール

723 :トリッピー:2010/06/05(土) 21:20:08 ID:Ii5vkgY+0
お疲れ様。(まだ続くかもしれませんが。)
そして、最後の締めは大変面白く、真理の一つですな。

世俗と隔絶した、極端な力は常に大きな危険性をはらむと...。
一つの存在と世界がシンクロしないと常に一つの存在は最終的に
世界によって排除される。 この世界を貫く真理ですな。(^^)

724 :グレン KoE:2010/06/05(土) 21:21:40 ID:dqVKlhvo0
>>723 トリッピーさん
こんばんわ〜

725 :トリッピー:2010/06/05(土) 21:22:40 ID:Ii5vkgY+0
>>724 グレンさん、名無しさん、あかりんさん
こんばんわんこです。(^^)

726 :あかりん:2010/06/05(土) 21:23:42 ID:qnJ4MFCU0
トリッピーさんこんばんわ〜


727 :トリッピー:2010/06/05(土) 21:26:44 ID:Ii5vkgY+0
みなさん、どもども〜

名無しさんの書いていることは、ほんと身につまされるわ〜。
ほんと、この方針て常にデンジャラスナなんですな。
人間界の常ですな。

以前書いた映画"最後の誘惑"もこれに微妙に重なるんですな〜。

728 :あかりん:2010/06/05(土) 21:31:15 ID:qnJ4MFCU0
名無しさんはイエスの受難は自作自演で
後世の歴史にいろいろな禍根を残すだめだったと言ってるのかな?

729 :トリッピー:2010/06/05(土) 21:31:25 ID:Ii5vkgY+0
というわけで、名無しさんもまだ続きがあるかもしれませんので、
ちょっくらお風呂に入ってきます〜。
髭をそりたくてしょうがないwww。

730 :あかりん:2010/06/05(土) 21:32:10 ID:qnJ4MFCU0
いってら〜

731 :グレン KoE:2010/06/05(土) 21:34:27 ID:dqVKlhvo0
>>727
え〜と、世界と反発する形での変革って事?

732 :ツェーレム:2010/06/05(土) 21:37:55 ID:H8P+lXEp0
チャス!

733 :グレン KoE:2010/06/05(土) 21:38:54 ID:dqVKlhvo0
>>732 ツェーレムさん
こんばんわ〜。

734 :あかりん:2010/06/05(土) 21:42:04 ID:qnJ4MFCU0
ツーレムさんこんばんわ〜

735 :あかりん:2010/06/05(土) 21:46:37 ID:qnJ4MFCU0
ゆみちゃん出番だぞ

736 :グレン KoE:2010/06/05(土) 21:52:31 ID:dqVKlhvo0
んだ、ゆみちゃん出番だ。
ここで華麗に舞ってカトリックの歴史は戦いの歴史だという事を
異端者どもに思い知らせてやるのだ。

737 :トリッピー:2010/06/05(土) 21:57:30 ID:Ii5vkgY+0
たらいまれす。
ツェーレムさん、こんばんわんこです。(^^)

738 :あかりん:2010/06/05(土) 22:00:44 ID:qnJ4MFCU0
おかえりれす

739 :トリッピー:2010/06/05(土) 22:02:27 ID:Ii5vkgY+0
およ〜、名無しさんの書き込みは終わりなのかな?

740 :ツェーレム:2010/06/05(土) 22:04:02 ID:H8P+lXEp0
最新50レス見たら、何か凄い長文が。。。。。
疲れてる時にはきつすぎるなー

トリさん、オカイリー

741 :トリッピー:2010/06/05(土) 22:06:13 ID:Ii5vkgY+0
おう、すいませんすいません。
ツェーレムさん、あかりんさん
ただいまでございですます。 m(_ _)m

742 :グレン KoE:2010/06/05(土) 22:06:57 ID:dqVKlhvo0
>>740
今日は俺のコピペ長文もあるし疲れてるときついねー。

743 :ツェーレム:2010/06/05(土) 22:19:21 ID:H8P+lXEp0
メタボで腹回りもきついっす

メタボは冗談だけど

744 :トリッピー:2010/06/05(土) 22:23:09 ID:Ii5vkgY+0
おつかれさまです。

以前のレスから想像するに、営業関係さんですかな?

745 :ツェーレム:2010/06/05(土) 22:28:52 ID:H8P+lXEp0
あたり!
他の顔も持ってたりして

746 :トリッピー:2010/06/05(土) 22:30:34 ID:Ii5vkgY+0
やはりそうですか。 (^^)

もしかしたら、コンサルすぁんも兼ねているのかな〜。

747 :ツェーレム:2010/06/05(土) 22:32:39 ID:H8P+lXEp0
そこら辺は謎の人にしときましょww

748 :トリッピー:2010/06/05(土) 22:34:08 ID:Ii5vkgY+0
そうですな。 スレの主旨とも違うので、ここらへんで
やめときましょう。 (^^)

749 :トリッピー:2010/06/05(土) 22:38:09 ID:Ii5vkgY+0
どうでもいいけど、急に静かになりましたな〜。

750 :ツェーレム:2010/06/05(土) 22:39:43 ID:H8P+lXEp0
ゆみちゃん いつ来るん?

751 :ツェーレム:2010/06/05(土) 22:50:47 ID:H8P+lXEp0
何か、自分が来ると静かになる気がする
何か悪いことしてるかな?

752 :あかりん:2010/06/05(土) 22:53:27 ID:qnJ4MFCU0
ネタが無くなっただけだと思うよw

753 :あかりん:2010/06/05(土) 23:02:20 ID:qnJ4MFCU0
だれもいなくなった・・・

754 :トリッピー:2010/06/05(土) 23:03:50 ID:7MMLKt0l0
いえいえ、ツェーレムさんのせいじゃないと思いますよん。

あかりんさんが言うとおり。 ネタが無くなっただけですな。

755 :トリッピー:2010/06/05(土) 23:07:43 ID:7MMLKt0l0
あと、ツェーレムさん、この前のあの子がツェーレムさんですと
いったところワロタwwww。

まあ、本当のところ、本当に地球の後ろの正面の女性なんですがね。

756 :ゆみ KoD:2010/06/05(土) 23:34:29 ID:QehvJyVl0
>>736
そういうのは、
なるみさんの仕事ですんで。

757 :トリッピー:2010/06/05(土) 23:39:16 ID:7MMLKt0l0
ゆみさん始めまして&こんばんは。

本格的に今晩はお通夜になっちゃいましたね〜。

758 :ゆみ KoD:2010/06/05(土) 23:47:44 ID:QehvJyVl0
あ、どうも ^^
よろしくお願いしまーす。

759 :ツェーレム:2010/06/05(土) 23:53:54 ID:H8P+lXEp0
うとうとしてしまった

ゆみさん、はじめまして

760 :ゆみ KoD:2010/06/05(土) 23:54:45 ID:QehvJyVl0
え、はじめてじゃないでしょ。

761 :ツェーレム:2010/06/05(土) 23:57:12 ID:H8P+lXEp0
あり? そうだったっけ?

762 :ゆみ KoD:2010/06/05(土) 23:59:36 ID:QehvJyVl0
名無しさんの長文を、
すなおに読んで受け入れると、
イエス・キリストはただのペテン師、
詐欺師にしか思えなくなってきますね。

763 :トリッピー:2010/06/06(日) 00:04:24 ID:7MMLKt0l0
私は名無しさんの長文を読むと、イエスは時代を超えた思想を持ち、
謎に包まれた神秘の人過ぎて、結局周りの世界から受け入れられずに
無くなった人と思われました。

世界を置き去りにしたまま、真理に近づこうとした人間が毎度出会う
お決まりのパターンですな。 
アポロンの悲劇と勝手に呼んどりますがwww。

764 :トリッピー:2010/06/06(日) 00:29:34 ID:KAGIuF450
まあ、人によってとりかたはいろいろ違いますしね。 (^^)
ということで私は寝ま〜す。

皆さんお休みなさいませ〜。


765 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 00:42:27 ID:s6nzhBqN0
名無しさんは、
「キリストの教えは素晴らしい」と言っています。

だったらなぜ、
キリストの言葉をすべて信じようとしないで、
まるで自作自演のペテン師か、
自分の名声を何千年にもわたって保ち続けるため、
人を陥れた野心家みたいに言うんだろう。

そんな存在だとしたら、
「素晴らしい教え」など説くことが可能だろうか。
ここは信じる、信じられる。
しかしここは信じない、信じたくない。
そういう態度よりも、
キリストのすべてを否定するか、
すべてを受け入れるか、
そういうほうがいい。
筋がとおってます。

「素晴らしい教え」などというところからして、
わたしに言わせれば何もわかっちゃいない人間の言い草ということになる。
キリストは教えを残したのではなくて、
道であり、生き方であり、罪のあがない、死に打ち勝つ生命です。
そういうものを霊として人間に与えた。

与えたんです、タダで。
教えたんじゃない、そんなケチじゃない。

わたしはそう思う。
そう思えないんだったら「キリストの教えは素晴らしい」などと言わないで欲しい。
そんな薄っぺらで安っぽい賛辞なんか不要、
ジャマ、耳障り。

766 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 00:49:12 ID:cW43w65q0
信仰者と研究者の違いではないでしょうか・・・

767 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 00:53:14 ID:s6nzhBqN0
霊や神を認知するかしないかの問題です。
名無しさんはそういうものを認知しない立場の研究者であり、
わたしはもちろん認知するがわに立っています。

768 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 00:58:47 ID:s6nzhBqN0
研究者ならば研究者らしく、
「キリストの教えは素晴らしい」などと軽々しく言うべきじゃないです。
それこそ信仰者のセリフじゃないですか。
なにがどう素晴らしいのか、
信仰もないのになぜ素晴らしいと思えるのか。

769 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 01:01:40 ID:cYB9N2rz0
>>767
それを信仰といい、現在では哲学の範囲に入らない。
神学は権威だけででアカデミーに押しつけている。

>>768
"キリストの教えは素晴らしい"というのは
人文的な価値を持つという以上の意味ではない。

770 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:18:13 ID:s6nzhBqN0
信仰と理性は調和するというのがカトリックの考えですが、
そうではないとするのがプロテスタントや、近代哲学、
アカデミックを自認している人間の考えですね。

771 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:19:23 ID:s6nzhBqN0
素晴らしいなどという言葉は軽々しい。

772 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 01:23:40 ID:cYB9N2rz0
>>771
まさに軽々しい意味で使っただけなのでは?
何かを期待していたのですか。

または皮肉も読み取れないで
ぬか喜びしたから却って傷ついたのですか。

773 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:30:32 ID:s6nzhBqN0
ぬか喜びですか?
いえいえまさかそんなこと ^^
よくあるようなステレオタイプだなぁというのが感想ですよ。
定期的にみかけますよ、ああいう陳腐なのはね ^^

774 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:32:13 ID:s6nzhBqN0
ダビンチコード以来、
ああいう知ったかぶりはようく見かけますね。

775 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 01:35:18 ID:cYB9N2rz0
その辺は書き込んだ本人に聞かないとわからないことですね。

まあ文体からして何かの抜粋なのでしょうが、私から見ても
ゆみさんの多くの書き込みと同様の陳腐さを覚えたというのが正直なところですね。

776 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:36:16 ID:s6nzhBqN0
あ、失礼しました。
言葉がすぎましたね、ごめんなさい。
ではおやすみなさい ^^

777 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:38:18 ID:s6nzhBqN0
>>775
陳腐でしたか w
率直ですね、お互いさまか w
面白いことが書けるようがんばります!
じゃばいばい。

778 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 01:40:36 ID:cYB9N2rz0
はい、おやすみなさい。
またそのうち。

779 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 01:44:44 ID:fo6tKmGj0
子供の頃に、テレビで見た予知夢のじいさんの話では
そろそろ、ハワイまでつながった巨石文明の大陸が浮上して
理由は分からないけど、日本の領土(影響下)になるはずだったけど、まだこないな…

780 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:44:50 ID:s6nzhBqN0
アカデミズム、くたばれ。

781 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 01:46:44 ID:s6nzhBqN0
>>779
米軍基地の移設先ができていいのにね。
大陸浮上せい。

782 :グレン KoE:2010/06/06(日) 17:49:10 ID:HlTh6WsO0
>>775
ゆみちゃんの書き込みが陳腐だと。
そんな事をいうヤツはこのスレくんな!

783 :本当にあった怖い名無し:2010/06/06(日) 17:49:56 ID:82CHyUPR0
何スレだ?これ?

784 :グレン KoE:2010/06/06(日) 17:53:46 ID:HlTh6WsO0
プラトンのエロスはイエスのアガペーによって完成された。
プラトンはアトランティスについて言及した人物で
アトランティスの叡智の完成こそイエスであり
カトリックこそアトランティスの叡智を継ぐもの。

785 :グレン KoE:2010/06/06(日) 18:17:17 ID:HlTh6WsO0
>>779
ハワイから日本までは天皇海山列というのが海底にあるってつながってるよ。

786 :グレン KoE:2010/06/06(日) 18:18:28 ID:HlTh6WsO0
>>781
え〜ムー大陸に米軍基地つくるの〜。
まあ、いいか。

787 :ゆみ KoD:2010/06/06(日) 19:14:08 ID:s6nzhBqN0
じゃあ竹島とか尖閣諸島につくりましょう。

788 :グレン KoE:2010/06/06(日) 19:19:02 ID:HlTh6WsO0
いいね!
竹島と尖閣諸島に作ろう!
ムー大陸には教会を立てるよ。

789 :グレン KoE:2010/06/06(日) 19:21:24 ID:HlTh6WsO0
鳥居をくぐると何があるでしょうか?
神社!と言いたいところなのですが参道です。
参道は産道です。
えーと、山の上にある神社を想像してみてください。
鳥居をくぐり狭い産道を通って神社にたどりつくわけです。
そうすると鳥居は女性器?となるわけです。
まあ、胎内に入って行くわけです。
これは、何を意味しているのか。
神社つまり神域というのは胎内にあるというかですね。
人間のそれぞれ一人一人の深い部分にあるという事をあらわしているわけなんです。
人間そのものが門を開くとでもいいましょうか。
鳥居は女性器で参道は産道と書きましたが、別に女性限定というわけではなく
自分自身の奥底というわけなんです。
鳥居をくぐり参道を通り神社に辿りついてそこにあるのは鏡で自分が写っていた。
となるわけなんです。
その前に賽銭箱と上から吊るされる(たつ)鈴と鈴緒がありましたね。
賽銭箱はお金をいれるところなんでおいておくとして
(たつ)鈴と鈴緒なんですが
>鈴と読むは音の涼しきより名来るべし。(略)神慮をすずしめるの意なり。
>麻緒という紐(布をなって作っているものもあります)3本を『螺旋』状にない、縄状態にしたものが多いようです。
「緒」という言葉には、「魂をつなぐもの・いのち・玉の緒」という意味があり、
そして「へその緒」「魂をつなぐもの」という言葉も思い起こします。
まあ、神社の構造は
・女性器(鳥居)
・産道(参道)
・子宮(本殿)
・へその緒(鈴緒)
という構造になっていて胎内回帰を意味する的な話なんですが。
鳥居をくぐり参道を進み本殿の前で鈴緒を持ち鈴を鳴らす事により
神とつながり一体になると言えますね。

790 :グレン KoE:2010/06/06(日) 19:25:06 ID:HlTh6WsO0
むかしワタシが書いたものとさへいちゃんが書いた内容をまとめたものです。
まあ、ワタシたちの内に神がいるって話です。

791 :グレン KoE:2010/06/06(日) 19:30:55 ID:HlTh6WsO0
違う間違い。
今日はこの話と違う話を書くんだった。。。

えーと、
・女性器(鳥居)
・産道(参道)
・子宮(本殿)
・へその緒(鈴緒)

という神社の構造なんだけど、なんでこのような構造になっているんでしょう。
キリスト教では人間は神様から離れてしまったので苦しい(原罪)と言われています。
仏教では本来は人間には仏性があるのに煩悩によって隠れているみたいな
事をいいます。

792 :グレン KoE:2010/06/06(日) 19:52:59 ID:HlTh6WsO0
ん〜どうしようかなぁ。
エデンの園でアダムがリンゴを食べた時に神様はアダムに
「どこにいるのか」と問いかけています。
アダムは自分から隠れたんです。
ルシファーが天から落ちたのもルシファーが神を呪う事により自分が呪われたんです。
神は全てのすべてなので神を呪う事は自分を呪う事と同じなのです。

793 :グレン KoE:2010/06/06(日) 20:02:51 ID:HlTh6WsO0
キリスト教でも神は人間の中にもいるとされます。
全てもすべてだからね。
しかし、それは隠されています。
グルジェフは「ベルゼバブの孫への話」の中で
人間が地球上に存在する目的を知られることがないように安全装置として
クンダリニーを取り付けたと語っています。

794 :グレン KoE:2010/06/06(日) 20:17:01 ID:HlTh6WsO0
まあ、人間には神性とか仏性みたいなものが本来あって
超人力とか神人力みたいなものが隠されているんです。
しかし、ずっと座っていたり修行したり正しい行いをしたりしないと
そういうものは発現せずに凡人のままだと多くの宗教では教えています。
それは何故かというと悪用されない為にです。
超人力や神人力はとてもすごいものなので悪用されると困る事になります。
だから神様は普通の人には発現しないように隠したのです。
また普通の人が発現するとおかしくなったりするので、そういう意味では
安全装置という言い方も正しいかと思われます。

795 :グレン KoE:2010/06/06(日) 20:32:24 ID:HlTh6WsO0
んで、なんで神社の構造が人間の胎内かというと
自分達自身の中に神性が宿っているという事をあらわした
暗号なんです。
やはり悪用されると困るので昔の神官は暗号として残したのです。

って何か書こう思っていた事と少しずれている気がしますがこんなもんです。
不完全なイデアとしか書けないんです。
イデアというのはアイデアの語源でアイデアは考えとか発想とか着想と訳されます。
まあ、頭の中を完全に言語化や視覚化できる人はいないでしょう。
そんな事ができる人がいれば、その人は人間界ではなくイデア界にいると言えるでしょう。

796 :グレン KoE:2010/06/06(日) 21:11:41 ID:HlTh6WsO0
脳の三層構造

新哺乳類脳
・天道(てんどう、天上道、天界道)アージュニャー(Ajna)・チャクラ:眉間。インド人は、ここにビンディをつける。
・人間道(にんげんどう)     ヴィシュダ(Vishuddhi)・チャクラ:喉
哺乳類脳
・修羅道(しゅらどう)      アナーハタ(Anahata)・チャクラ:胸
・畜生道(ちくしょうどう)    マニプーラ(Manipura)・チャクラ:腹部
爬虫類脳
・餓鬼道(がきどう)       スヴァーディシュターナ(Swadhisthana)・チャクラ:陰部
・地獄道(じごくどう)      ムーラーダーラ(Mooladhara)・チャクラ:会陰


797 :グレン KoE:2010/06/06(日) 21:48:13 ID:HlTh6WsO0
>>615でトリッピーさんが言ってる
>鶴と亀がす〜べった〜、ほれ、懐かしの後ろの正面のあの子はだ〜れ。
の話です。
え〜と、まずは地磁気の話からです。
まあ詳しい話は置いておいて地球はでっかい磁石です。
んでその磁石が磁力線というのが出ていてこれがバリアーになって
宇宙から降り注ぐ悪い宇宙線とか太陽風から僕達の地球を守ってくれています。

798 :グレン KoE:2010/06/06(日) 21:57:22 ID:HlTh6WsO0
地磁気がなくなると地球が電磁波を直接受けて丸こげになるとか
恐竜も実はそのせいで絶滅したなんて話もあります。
そして現在地磁気がもの凄い勢いで減っているらしいんです。
2000年前には4ガウスだったのが500年前から減りだして2001年から急激に減って
現在では2000年前の10分の1の0.4ガウスだそうです。
これが、0.1ガウスを切ると地磁気が反転する可能性が高くなるそうです。
みんなが大好きポールシフトですね。

799 :グレン KoE:2010/06/06(日) 22:08:30 ID:HlTh6WsO0
んで、このペースでいくと地磁気がなくなるかもと色んな学者が言ってて
なくなる年数は学者によってまちまち、興味がある人は調べてみるのもいいかもです。
んで、鶴と亀がす〜べった〜の前には夜明けの晩にという言葉が来ますが
夜明けにも晩にもある星があります。
金星です。夜明けの金星は明けの明星と呼ばれ晩の金星は宵の明星と
呼ばれます。
明けの明星はルシファーで宵の明星はミカエルだね。

800 :グレン KoE:2010/06/06(日) 22:23:03 ID:HlTh6WsO0
んで鶴と亀はミカエルとルシファーという事にしておこう。
鶴とは羽根を持った存在で天使ミカエル亀とは甲羅を持った爬虫類で
ルシファーだからとか適当な理由ですよ。ええはい。。。
すべるとは地磁気逆転。
逆転すると東西南北が逆になっちゃうからね。

801 :グレン KoE:2010/06/06(日) 22:33:11 ID:HlTh6WsO0
んで、キリスト教の暗黒の3日間とかが起こる。
なんでアセンション前に大変な事が起こるかと言うと
進化の為には必要だから。
人間が安全装置を外すには極限状態にならないといけないんです。
肉体が極限状態にならないと霊的な力も解放されないんです。
なので受難を受けている時に奇跡が起こるんですね。
受難中の奇跡についてはゆみちゃんが他スレで書いています。
あと極限状態になると人間って素がでてくるもんですよね。
いくら普段取り繕っていようと極限状態でまでとりつくえるもんでは
ありません。

802 :グレン KoE:2010/06/06(日) 22:43:42 ID:HlTh6WsO0
なんで、まあそのうち暗黒の3日間が起こって
電磁波ビリビリで遺伝子が進化して超人や神人になる人がでてくるんですね。
萌えちゃんの言うところのバイオイベントです。
ヨハネの黙示録の題六章には
>地上の王、高官、千人隊長、富める者、力のある者、また、奴隷も自由な身分の者もことごとく、洞穴や山の岩間に隠れ、山と岩に向かって、「わたしたちの上に覆い被さって、王座に座っておられる方の顔と小羊の怒りから、わたしたちをかくまってくれ」と言った。
>神と小羊の怒りの大いなる日が来たからである。だれがそれに耐えられるであろうか。
という一節があります。
これは、宇宙から電磁波が降ってくるのでみんな岩に隠れているんですね。
まあ、そんなところで今日は終わり。

803 :五十鈴:2010/06/06(日) 23:07:51 ID:lrD4yOuZO
はじめまして。
何かに導かれるようにこちらのスレに辿り着きました。
よろしくお願いします。

先週、呼ばれるような吸い寄せられるような形でお参りをさせていただいた神社があります。
お参りの後で、謂れの書かれた看板で鬼の名のつく珍しい神社で驚きました。
鬼といえば角ですが、ここで取り上げられている牛系の神様なんでしょうか?

あと、アメリカがハープHAARPを使って世界中に自然災害を装って被害を起こして
いることをそこの神様はとてもお怒りになっておられました。

小浜さんが核がいらないと宣言したのは、気象操作兵器がカトリーナ以降ほぼ思う通りに
稼働させられるようになったからだと思います。

もうそろそろ朝鮮半島に地震か竜巻かの自然災害を装った攻撃が行われると思われます。


804 :グレン KoE:2010/06/07(月) 19:19:20 ID:8BSKoM9S0
>>803 五十鈴さん
はじめまして。
何かに導かれるようにという、あなたの感覚は間違ってはいません。
このスレに来る者たちは皆、青き女神に導かれてくるのです。
歓迎します。
ムー大陸は四国へようこそ。

805 :グレン KoE:2010/06/07(月) 19:24:27 ID:8BSKoM9S0
>>803
ん〜具体的にどこの神社かわからないと何ともいえないなぁ
牛系の神様の話をしてたのを知ってるとこを見ると
前から結構スレは見てくれてたけど書き込まなかった感じなのかな?
ところで五十鈴さんは男性ですか?女性ですか?

806 :グレン KoE:2010/06/08(火) 21:25:24 ID:tF7cMx1S0
まあ>>800
>鶴とは羽根を持った存在で天使ミカエル亀とは甲羅を持った爬虫類で
>ルシファー
と軽く書いたんだけど。
そこらへんと繋がりそうな話を少々。

807 :グレン KoE:2010/06/08(火) 21:31:55 ID:tF7cMx1S0
まずはピグミーの話。
いつも通りまずはウィキペディアからね。
ピュグマイオイ (Pygmaioi〈希〉) はギリシア神話中に現れる小人族。
その名前は "pygmê" (肘から先の長さ=約35cm)に由来する。
英語では「ピグミー」。イーリアスの記述では、
ピュグマイオイは冬季になると「オケアノス」(大地を取り巻くといわれた海流)南岸に渡っていくツルと闘争を繰り広げているという。

ピュグマイオイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A4

808 :グレン KoE:2010/06/08(火) 21:35:19 ID:tF7cMx1S0
鶴と闘争を繰り広げているってちょっと面白いんですが。
闘争のはじまりはこんな感じらしいです。

>ツルとの争いには起源があるといい、とある話では美貌を誇った
>女神ヘラを怒らせてしまったピュグマイオイの女王ゲラーナ (Gerana)
> がその姿をツルに変えられてしまったことが発端だという。

809 :グレン KoE:2010/06/08(火) 21:40:15 ID:tF7cMx1S0
ギリシャの伝説ではピグミーは身長約68.5pの種族で、
インドで(北方から渡ってくる)ツルと死闘を繰り広げたと記されている。
「遥か遠くの山岳地方を越え、3スパン(約27センチ)のピグミー族について述べる。
彼らは3スパンほどの身長もなく、北方は山脈によって守られており、
気候は温暖で常に春の陽気だ。ホメロスはこの種族がツルと敵対関係に
あると記録している。春になると3ヶ月もかけて、羊肉と雌山羊の肉を背負い、
弓矢で武装して海まで下り、ツルの卵や鶏を捕らえるとホメロスは記録している。
そうしなければピグミー族はツルの群れから彼ら自身を守ることが出来ないのだ。
彼らの家は泥と羽毛と卵の殻で建てられているという。
アリストテレスはピグミーが洞穴に住んでいると述べているが、
それ以外の記述はおおむね他の記述家と一致した見解を述べている」
−−プリニウスの博物誌,7.23−30

810 :グレン KoE:2010/06/08(火) 21:45:05 ID:tF7cMx1S0
誰もこないから終わり。

811 :あかりん:2010/06/08(火) 22:06:26 ID:GkXF4i9B0
こんばんわ〜

812 :グレン KoE:2010/06/08(火) 22:28:35 ID:tF7cMx1S0
あかりんこんばんわ^^

813 :五十鈴:2010/06/10(木) 17:23:45 ID:ONfkslKyO
プロバイダがずっと規制中なので、携帯から失礼します。
ご歓迎いただき、ありがとうございます!
神社の名前は、博識なグレンさんならご存知なんじゃないかな?とおもったのと
まだ神様にお伺いを立てていなかったので、あえて書きませんでした。
目星はなんとなくついておられるように感じますが如何ですか?
このスレはカキコする前日に偶然見つけて、過去スレをざっと一気に読んだだけの
新参者で昔からROMっていたわけではありません。
地球元来の力の六角形(昆虫系や12進法)と外からもしくは外へ向かう力の五角形
(哺乳類系や10進法)の均衡がとれて世界は全で一なんだと啓示されるのですが、
それがいつの間にか対抗になってしまって世界が乱れていることに危惧感を
感じています。
こちらで述べられている竜蛇系と牛系は自分の感じる六角形と五角形のことに
置換されるのではないかと思い、神話的な方向からのアプローチも加えて考えると
マクロ的な捉え方になりそうだなと直感的に感じてカキコしました。
お邪魔でなければ、不定期にカキコしたりもするかもしれませんが、
皆さん、どうぞよろしくお願いします。

814 :グレン KoE:2010/06/10(木) 19:36:13 ID:AKzEkHrvP
シベリアからです。
PC、ケータイともに規制になってしまったので
お返事は規制解除になるまで待ってくださいね。

815 :本当にあった怖い名無し:2010/06/10(木) 22:50:35 ID:/lP0fSYI0
某所に手のつけられない荒くれの死刑囚がいて看守達もほとほと手を焼いていた。
そこで神父様が呼ばれた。
その神父様なかなか良く出来た人で彼と独房で会う時に聖書の中に小さな紙切れをしのばせていた。
最初は
「声を出すな。
お前を救う作戦がたっている」
とか言う感じで。
彼はそれを見て神父はグルだと思い自分のボスが助けてくれると確信していた。
会う度にメモが増えていった。
「作戦は順調」とか「もうすぐだ」とか。
 
そして最後の日に渡されたメモにはこう書いてあった。
「作戦決行は最後の瞬間」
 彼にとってこの世で最後の日。
最後の夕食を食べ神父に最後の祈りを聞いてもらい看守に引き連れられて電気椅子に向かい最後に顔の前にカバーがかけられる瞬間まで彼は笑顔だった。
彼の死後、一体荒くれだった彼をどうやって大人しくさせたのかと問われた神父はその看守に答えました。
 
「私は彼に『希望』を与えたんです。」


816 :ぐれん:2010/06/11(金) 22:42:38 ID:+H44pzdnO
五十鈴さん
返事ありがと〜
ケータイなので短めになりますが
五角形は「火」
六角形は「水」
と対応すると思うんですよ。
それぞれの頂点を結ぶとそうなるでしょ。
そして七角形が「光」になるの。
これは五ぼう星なんかの星型にしても同じ。

817 :ぐれん:2010/06/11(金) 22:54:47 ID:+H44pzdnO
水というか氷の結晶は六角形だし亀のウロコも六角形。
海蛇のウロコも六角形という事で出雲系の神社は六角形の紋を使っているところ
多いんですよ。

818 :ぐれん:2010/06/11(金) 23:02:03 ID:+H44pzdnO
牛系はというと
太陽からきた新しい神々なので火そのものです。
昆虫は火に飛び込みますが動物はそんな事しません。
あと不動明王の形態の話とかもあるんですがその話はPCが解除になった時にでも貼ります。

819 :ぐれん:2010/06/11(金) 23:07:28 ID:+H44pzdnO
ケータイはやっぱきつい。
なんで、今日は取りあえずこんな感じで。

820 :ぐれん:2010/06/11(金) 23:24:32 ID:+H44pzdnO
五十鈴さんは神と交信してるんですか?
できたらどんな感じなのか教えてください。
巫女タイプなのかな?

821 :ぐれん:2010/06/11(金) 23:47:08 ID:+H44pzdnO
ああそういえばカゴメの歌のカゴメは籠目紋という話があったね。
籠という字に龍がはいってる通り籠目紋は竜なんです。
ちなみに籠目紋は六ぼう星ね。
籠の中の鳥とはカルラ!
かな。。。
まあ寝ます。
おやすみなさい
ノシ

822 :グレン KoE:2010/06/12(土) 19:46:29 ID:Qrzq88fS0
ふむ、一日で解除になったか。

823 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:01:10 ID:Qrzq88fS0
というわけで不動明王の形体について書くか。

「火」という漢字の各頂点を結ぶと五芒星になります。
http://tbn1.google.com/images?q=tbn:AK1Z9x3EKltvxM
「水」という漢字の各頂点を結ぶと六芒星になります。
http://tbn2.google.com/images?q=tbn:OnoqXRmhFGUc4M:http://renzan.org/2008/11/20/519px-Hexagram.svg.png
「光」という漢字の各頂点を結ぶと七芒星になります。
http://homepage2.nifty.com/Mithra/HP_Mithraism_Tarot_Chaldean_Oracle.files/image007.jpg

んでまあ、火と水は密教でいう不動明王。
不動明王とミカエルは同一って話はしました。
なので5の火と6の水はいいとして。
7の光だね。
密教の最高仏である大日如来。
大日如来の真言が光明真言と言って光そのものなんだ。
大日如来はその光明が遍く照らすところから遍照、または大日という。
というのはウィキペディアにも書いてあるね。
まあ、7の光は大日如来という事になるの。
んでもって不動明王というのは大日如来の化身なの。
キリスト教の方で光というと。。。
元々の天使長であり「光を帯びたもの」とか「輝く者」と呼ばれる
ルシフェルになるの。
不動明王が大日如来の化身ならミカエルとルシフェルの関係は?って事になる。
えーとね、ミカエルとルシフェルは双子と言われています。
でも肉の交わりで生まれたわけでもないのに双子ってどういうことよ?
って話ですね。
これはつまり不動明王と大日如来の関係と同じと考えられるわけです。
つまり化身。

824 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:02:03 ID:Qrzq88fS0
では、なぜルシフェルの方は地獄の悪魔王にされてしまったかって話です。
不動明王は忿怒尊と言って、とてもおっかない顔をしております。
その上、どぶ色と言って醜い青黒い色で表現されます。
これは煩悩の泥に浸かってまでみんなを救おうとしているという事で
とてもありがたい事ではあるのですが。
過去のキリスト教の幻視者がその姿を見たら、地獄で泥に浸かっている悪魔王だと
勘違いしてもおかしくないと思うんです。
その上、倶利伽羅竜王という西洋では邪悪とされるドラゴンに変身したり
するわけですから。。。
しかし、ミカエルと同じエネルギーを感じる。
これは困った。どうするもんかと考えて出した結論が
ミカエルとルシフェルは同一にも関わらず、実は双子の別人という事だったんだと
思います。
ルシフェルは「明けの明星」って呼ばれ方で有名ですが
明けの明星ってなんでしょう。明星というのは金星のことで「明け」は明け方
つまり朝方の金星になるんですね。
んでもって夕方の金星もあります。
宵の明星と呼ばれるものですね。
ちょっとまとめてみるとですね。

5は五芒星で「火」キリスト教では人間をあらわします。
火に象徴される普通の不動明王でちょっとメタボ気味でパンチパーマで
牙が生えていたりしますが人型をしています。

6は六芒星で「水」キリスト教では悪魔をあらわします。
水に象徴される戦闘形態の不動明王で倶利伽羅不動明王
剣を飲み込もうとしている竜の姿であらわされます。
そしてキリスト教ではドラゴンは悪魔の象徴。

7は七芒星で「光」キリスト教では神をあらわします。
光に象徴される不動明王の真の姿で大日如来
一応人型でもあらわされたりしますがその姿というか存在は宇宙そのものといわれます。

825 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:03:16 ID:Qrzq88fS0
ちなみに「光あれ」は太陽をさしていると思う人もいますが違います。
神が太陽を創ったのは4日目の出来事で、「光あれ」は最初の日です。
この時に昼と夜ができています。
大日如来も太陽だと思われがちですが違います。
大日如来は宇宙の根源で世界を遍く照らすものであって太陽とは違います。
アマテラスと同一視される事もありますが、これは明確に間違いだといえます。

826 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:31:43 ID:Qrzq88fS0
>>821
>籠の中の鳥とはカルラ!
と書いたけど、あまりに適当すぎるので他の事を書いてみよう。
籠の中をどう解釈するかなんだけど、ここでは籠目紋つまり六芒星という
事にしておきます。六芒星の中心ね。
六芒星の中心になんて何もねーよって声が聞こえそうですが
そうでもないんです。

827 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:35:38 ID:Qrzq88fS0
世の中には六芒星数というものがあって
まあ点にすることで中心があらわれるんです。

六芒星数
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E8%8A%92%E6%98%9F%E6%95%B0

828 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:42:19 ID:Qrzq88fS0
そして真ん中にあらわれるものとは「13」。
キリスト教でいうところのユダの数字です。
つまり籠の中の鳥とはユダ。
そして仏教というか真言宗でいうところの十三仏。

十三仏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%89%E4%BB%8F

829 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:48:03 ID:Qrzq88fS0
ウィキペディアの十三仏を読むとわかるとおり
十三仏は死んだあとの裁判官みたいなもんです。
なので死後担当で、まあこの三次元世界とは基本関係ないです。
つまり、冥界にいるようなもんで言ってみればこの世界と関係のない
籠の中にいるようなもんです。
それが、でてくるとはどういう事でしょうか。

830 :グレン KoE:2010/06/12(土) 20:51:47 ID:Qrzq88fS0
まあ輪廻の消滅なのかなぁとか思ったり思わなかったりするんだけど
よくわかりません。
まあ、あれです。
鶴と亀がすべるポールシフトでユダが復活して十三仏がでてきて
ラストハルマゲドン勃発。
世界はアセンションを迎えてめでたしめでたしです。

831 :グレン KoE:2010/06/13(日) 22:27:14 ID:jP97+OCp0
ローマ教皇が部屋から放った鳩が戻ってきてしまったというニュースです。

飛び立たずに部屋に戻る「平和の象徴」、法王もびっくり?
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2689869/5260289

832 :グレン KoE:2010/06/16(水) 21:42:55 ID:Rxbzjhjl0
鳩が平和の象徴だというのはノアの箱舟が起源だと言われていますが
ノアは鳩を三回放しています。
1回目はすぐ帰ってきて2回目はオリーブの葉っぱを咥えて戻ってきて
3回目は戻ってきませんでした。
ってこの話を考えると平和の象徴というより死と再生の象徴だと感じます。
鳩が戻ってきたってのは、まだ洪水は終わってないよって事。

833 :次元 ◆neko6PFwEM :2010/06/16(水) 22:42:32 ID:f30m3t4U0
ぽこっち!!

834 :グレン KoE:2010/06/16(水) 22:43:44 ID:Rxbzjhjl0
じげさんひさしぶり〜!

835 :ぱらけるすす ◆PARA//N9SM :2010/06/16(水) 23:00:31 ID:qSRO9ugSO
ガンガレ

836 :グレン KoE:2010/06/16(水) 23:02:19 ID:Rxbzjhjl0
ぱらさんありがと〜。
ここ読んでてくれてたのね。
なんかお恥ずかしいですw

837 ::2010/06/16(水) 23:35:30 ID:ZdLHYzpI0
グレンさんのお話 いつ見ても興味深いです。
携帯からだけど よく見てますよ〜〜。
応援してます 皆さんいきなり来てごめんなさいね。おやすみなさい。

838 :こおろぎ:2010/06/16(水) 23:57:11 ID:xhP3yG4X0
六芒星は水を表すとして、雪の結晶も6角形だった


839 :次元 ◆neko6PFwEM :2010/06/17(木) 00:17:41 ID:rX3d3Mf00
ぽっこちーん!!

840 :グレン KoE:2010/06/17(木) 20:32:35 ID:U5nU9Bvx0
>>837 絵ちゃん
ありがと〜。
携帯からだとリンク先が見れなかったり大変でしょ。
よくわかんないところとかあったら質問してください。

841 :グレン KoE:2010/06/17(木) 20:38:46 ID:U5nU9Bvx0
>>838
いいところ気がついた!
そして水晶も六角形なのだ。

842 :グレン KoE:2010/06/17(木) 20:49:29 ID:U5nU9Bvx0
>>839
下ネタ禁止!

843 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:10:00 ID:U5nU9Bvx0
幣立神宮ニュース
幣立神宮がムー別冊 本当は怖いパワースポットに掲載されました。
そんだけ。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A0%E3%83%BC%E5%88%A5%E5%86%8A-%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AF%E6%80%96%E3%81%84%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88-2010%E5%B9%B4-07%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B003PC2VPW

844 :次元さん ◆sk2nIScYLs :2010/06/17(木) 22:16:34 ID:rX3d3Mf00
小説とか文庫まとか安いよ
古本とかなら100円まんとかで売ってるしね
学生のときに読もうと思っててなんまんこやかんや読めなかった本をそういうときに
読むのは有意義な時間の使いち方だと思う
たとえば太宰作品とか新刊が毎年刷られるがあんなもん内容は一緒なちんので古本で十ちんこ分


845 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:29:09 ID:U5nU9Bvx0
ワタシはもっぱら図書館。
一回しか読まない本が多すぎるので買うのアホらしくなった。
オカルト本少ないけど。。。
気になる文はノートに書き写しとけばいいし。
最近は退職した団塊おやじばっかりでウザいけど。

846 :次元さん ◆sk2nIScYLs :2010/06/17(木) 22:32:32 ID:rX3d3Mf00
グレンさんは週何回くらいせっくすするん?

847 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:35:30 ID:U5nU9Bvx0
まあタダだしクーラーも効いてるし
大型本とか図鑑とかも読めるので中々いい。
子供向けの図鑑とか金だして買いたくないし。

848 :こおろぎ:2010/06/17(木) 22:37:42 ID:knDrVPlO0
この場合、幣立神社は
「パワースポット」ででてるのか、「いまさら聞けない神社ってなぁに」ででてるのかどっちなんでしょう

849 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:38:30 ID:U5nU9Bvx0
>>846
童貞だからセックスしないよ。

850 :次元さん ◆sk2nIScYLs :2010/06/17(木) 22:41:07 ID:rX3d3Mf00
>>849
下ネタ禁止!


851 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:43:29 ID:U5nU9Bvx0
>>848
伝説の樹っていうところに出ているのです。


852 :こおろぎ:2010/06/17(木) 22:46:46 ID:knDrVPlO0
画像だと字が小さくてよく見えないが、「なんたらの樹ガイド」ってとこかいな

さすがはムー。
ネタを見逃さないですねw

853 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:46:59 ID:U5nU9Bvx0
>>850
やられたw

854 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:50:26 ID:U5nU9Bvx0
>>852
んだね。
しかし最近のムーはオカ板見ながら適当につくってるよw

855 :こおろぎ:2010/06/17(木) 22:51:25 ID:knDrVPlO0
ここはきっと見られてる?

オーイ
応答せよ!

856 :グレン KoE:2010/06/17(木) 22:52:18 ID:U5nU9Bvx0
ちなみにアレは祟りの樹と聖なる樹ガイドと書いておる。

857 :こおろぎ:2010/06/17(木) 22:56:34 ID:knDrVPlO0
聖なる樹は読めたけど、祟りの方が読みとれなかったw

幣立てには
天皇家とシンクロしてる気がする樹と、大木のとあったけど、どっちが取り上げられているの?



858 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:01:04 ID:U5nU9Bvx0
>>855
ここは多分見られとるよ。
>>857
あの燃えた木と瘤が鏡とか呼ばれとる木が乗っておいた。


859 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:07:58 ID:knDrVPlO0
・・瘤が鏡。
全く覚えてねぇ!

燃えた樹が天皇家とシンクロしてる(かもしれない)樹だよ。
瘤の樹って、下の方にあった大木だっけ?

860 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:11:59 ID:U5nU9Bvx0
>>859
ああ、そうか。本には天皇家とのシンクロについては書かれてなかった。
瘤の木は社の脇だったかな。

861 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:16:15 ID:knDrVPlO0
瘤の樹、忘れてしまった!
見たら思いだすかも!

行ったことある場所が本に載るってなんだか嬉しいよね。
ここでムーの話いっぱいしてたら、そのうちグレンさんところに記事書いてって話来るかもよ。



862 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:18:10 ID:U5nU9Bvx0
天皇といえば天皇が死刑にならなかった理由は
失われた十支族のユダ王家の末裔で三種の神器を持っていたからだよ。
アメリカ国内の世論も国際世論も天皇を裁判にかけろって声が圧倒的だった
からね。


863 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:20:31 ID:knDrVPlO0
三種の神器ってフリーメーソンと何か関係はありますか?><

864 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:21:17 ID:U5nU9Bvx0
>>861
俺も実はあんまり覚えていないw
くるかな?くるといいやね〜。


865 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:26:00 ID:U5nU9Bvx0
>863
三種の神器をしまった箱こそが失われたアークで剣山にあって
フリーメーソンはそれを狙っているのです。


866 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:28:10 ID:U5nU9Bvx0
>>804に出てくる青き女神ですが
こおろぎさんがツッコムかな?と思ったけど突っ込まなかったので書いおきます。
あれをかいた数日前にアバターって映画を見たんですよ。
そんだけ。

867 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:30:16 ID:knDrVPlO0
・・・私、アバター見てないですからねぇ。
みいちゃんは見たって言ってたけどねぇ

ぐれんさんとこの女神、青かったん・・

868 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:35:59 ID:U5nU9Bvx0
いや、青くないんだけどアバターを見てヒロインの青い女性?
が素敵だったので書いてみたのです。

869 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:38:49 ID:knDrVPlO0
そうだったのかー
ぐれんさんの好みから察するに、勝気な感じで物知り、チャキチャキ話を進めていくような役どころだったのかな?その青い女性。

アバター見た感想を二人から聞いたけど、二人とも「疲れた・・」と言ってたよ。

3Dで見ると疲れるみたいねw

870 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:43:04 ID:U5nU9Bvx0
>>869
あは、まさにそんな感じだよ。
戦う強いヒロインなのです。
ワタシはDVDで見たから疲れなかったw


871 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:48:32 ID:knDrVPlO0
その女性、性格はシュレックの姫とも通じますね。
肌緑色だし。

872 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:53:36 ID:U5nU9Bvx0
>>871
中々そういう女性は現実にはいないやね。


873 :こおろぎ:2010/06/17(木) 23:55:33 ID:knDrVPlO0
・・肌の色の話ではないですよね?

案外いるかもよ?
元気なおばちゃん達ってそういう人多いですよ?

874 :グレン KoE:2010/06/17(木) 23:56:28 ID:U5nU9Bvx0
なるほど、確かにそうだね。

875 :こおろぎ:2010/06/18(金) 00:00:23 ID:knDrVPlO0
特にスポーツ系クラブの人や、法事での炊き出し組のおばちゃんたちね。
・・すごいよ

あぁ、肌の色が肌色だったので、目がいかなかったのですね

876 :次元さん ◆sk2nIScYLs :2010/06/18(金) 00:01:30 ID:rX3d3Mf00
ぐれんさんがこおろぎをくんに

877 :こおろぎ:2010/06/18(金) 00:03:47 ID:T3ttVgyI0
きんにくん に見えた。
お久しぶりです。次元さん。

878 :次元さん ◆neko6PFwEM :2010/06/18(金) 00:06:29 ID:Cg+POmiB0
しもねたすまん

879 :グレン KoE:2010/06/18(金) 00:08:41 ID:vzWI106e0
んだ、そういう人は肌の色を変えてくれるとわかりやすいやね〜。
肌の色が違うって事は血の色が赤くないのかな。
赤いのは鉄分のせいで赤いんだけど、これが実は結構やっかいで
人間は基本電気信号で動いているので血液に鉄分があると干渉したりして
本当はあんまりよろしくない。
なので脳の血液は鉄分がなく透明。
SFなんかで出てくる人工血液も白とか透明が多い。
エイリアン2とか。

880 :こおろぎ:2010/06/18(金) 00:09:18 ID:T3ttVgyI0
なんでもどうぞ

881 :グレン KoE:2010/06/18(金) 00:10:07 ID:vzWI106e0
じげさんにさんがついとる。

882 :グレン KoE:2010/06/18(金) 00:13:32 ID:vzWI106e0
まあ、昆虫の血とかは赤くないやね。
魚とかは赤いな。
本来は血液に鉄分が入っていなくて赤くない方が効率がいいと言われている。
人間の血に鉄分が入っていて赤いのは地磁気とか電磁波とかそういうのの
影響をあえて受ける為かもしれんねと妄想。

883 :こおろぎ:2010/06/18(金) 00:15:47 ID:T3ttVgyI0
マジ!
脳の血液は透明!?
脳の周りの液の話じゃないの??

赤血球が赤いんだよね?
赤血球は酸素を運ぶんだよね?
鉄分って酸素と結び付いたら錆びるじゃない。

何がどうなって赤いのやら。

884 :こおろぎ:2010/06/18(金) 00:23:52 ID:T3ttVgyI0
>地磁気とか電磁波とかそういうのの影響をあえて受ける為かもしれんねと妄想。

じゃぁ、血が赤くない生物は、地磁気や電磁波が必要無いか、他の器官で感じるかかなぁ。

鳥や魚は赤い血だけど、渡り鳥もしるし、川から海へ出て戻ってくる魚もいるぐらいだから、魚も地磁気が必要そう。


885 :こおろぎ:2010/06/18(金) 00:24:58 ID:T3ttVgyI0
ところでグレンさん、そろそろ寝るですよ。

おやすみーー

886 :グレン KoE:2010/06/18(金) 00:26:21 ID:vzWI106e0
脳の血液の色調べておきます。
おやすみ〜。
ノシ

887 :グレン KoE:2010/06/22(火) 23:39:11 ID:d6vD0UCG0
むー脳の血液が透明というのはどうやらグレンさんのガセネタだったようです。。
すまぬ。。。

888 :グレン KoE:2010/06/22(火) 23:45:03 ID:d6vD0UCG0
まあ、血液が赤い理由というのはヘモグロビン中の鉄分が酸素を運ぶために
酸化されたために、赤くなっているみたいです。
まあ魚、カエル、鳥、は虫類、ほ乳類などの脊椎動物はほとんどが
ヘモグロビンを持っていて血が赤いみたいです。
カニとか海老とか昆虫とかイカとかは
酸素を「ヘモシアニン」という銅で運ぶ為に酸化銅になる為血が青いそうです。

889 :グレン KoE:2010/06/22(火) 23:57:34 ID:d6vD0UCG0
まあ血液というのはあの赤い色でわかるようにほとんどが鉄分なので
電磁波の影響くらい受けるのでしょう。
脳も電気信号で動いているので誤作動したりもするんじゃね?
って事でなつかしの
特命リサーチ200X
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20020526/f0511.html

890 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:07:59 ID:b184ZBf00
まあ心霊現象は電磁波のせいなんて書いてありますね。
サーバールームなんかで幽霊の目撃例がやたら多いのを考えると
そうなのかもなぁとか思います。
あと、心霊番組でお約束にカメラのシャッターが押せないとか
機械の誤作動がありますが、これはワタシも経験があって
とある心霊スポットで友人がシャッター押せないとか大騒ぎして爆笑した覚えが
あります。

891 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:16:56 ID:b184ZBf00
電磁波がすごい勢いで存在する場所なら機械の誤作動ってのも納得がいきます。
また、電磁波を感じるってか影響を受けやすいとか受けにくいとか
も体質というか人によって違うものなのでテレビにでてくる霊能力者って連中は
そういうのの影響を受けやすい人なんじゃないかなって思います。
ワタシの知り合いで役に立たない地震予知をできる人がいるんですが
その人も霊感あります。

892 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:24:48 ID:b184ZBf00
その人は地震の前兆というか地震の前にあらわれる電磁波を感じているのでは
ないかと思います。
どうでもいいんですが酔っ払うと裸になるなかなか面白い人です。

893 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:29:30 ID:b184ZBf00
むむむ、デビルちゃんのスレが無くなっているのだが
どうしたのだ。
落ちて新スレ立ててないのかな。
もし、そうなら、よかったら代行してみますのでテンプレとか
貼ってください。

894 :本当にあった怖い名無し:2010/06/23(水) 00:30:10 ID:j7aP5U1w0
カブトガニの血液は青いそうだよ
何かの薬になるとか

895 :本当にあった怖い名無し:2010/06/23(水) 00:33:59 ID:Vp0StBap0
>>893
前スレの終わり近くからちょっとあっぱっぱーな事になってたから
新スレ立ては様子見してるんじゃないのかな?

896 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:51:56 ID:b184ZBf00
>>894
カブトガニの血も銅が酸化した色なんじゃねかな。
あと緑の血も何かあったけど忘れた。。。

897 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:53:14 ID:b184ZBf00
>>895
なるほど、ありがとう。


898 :グレン KoE:2010/06/23(水) 00:57:15 ID:b184ZBf00
2012年12月21日に何が起こるのか?―マヤエンドタイムwithクリスタル・スカル
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/419862562X.html

899 :グレン KoE:2010/06/23(水) 01:01:43 ID:b184ZBf00
この本が図書館にあったので読んでいて、まだちょっとしか読んで
いないんだけど2010年から地球の火山活動が活発になるとか
書いてあって「おーっ」と思った。
ちなみに恥ずかしいので借りてはいない。
勝手にしおりを挟んできたのでまた図書館で続きを読む。
ワタシが読み終わるまで誰も借りないように!

900 :こおろぎ:2010/06/24(木) 00:17:26 ID:TCkYdzVo0
脳の血も赤くて良かった。
赤くなかったら、脳に酸素いかないところだった。

青い血って神秘的だけど、青い血があふれてるところと言うのは見たことが無いなぁ。
なんか、イメージ的に、血が青い生物は、血の量が少なそう。
もしかしたら、鉄より良い効率で酸素を運べるのかもなぁ(根拠なし)




901 :グレン KoE:2010/06/24(木) 11:00:11 ID:MDrOgpNp0
>>900
いや、逆に鉄の方が酸素の運搬効率全然いいみたいだよ。
血が青い生物は冷血生物だったりするのでそんなに酸素いらないんじゃ
ねかな?
人間みたいに体温を36度にするのってそれだけで
すごい酸素が必要そうだし。
あと青い血の生物は身体が小さい。
酸素運ぶ効率があまりよろしくないと大きくなれないんじゃないかな
と思ったけど大王イカとかでかいね。。。

902 :グレン KoE:2010/06/24(木) 11:05:43 ID:MDrOgpNp0
お祈りスレでゆみちゃんの書いてた
「日月・聖書ちゃんぽん界」というのがとても気に入ったので
ムー大陸スレも「日月・聖書ちゃんぽん界」に参入しようと思います。

903 :グレン KoE:2010/06/24(木) 20:59:07 ID:MDrOgpNp0
>>899で誰も借りないようにって書いたのに借りた人は誰ですか。
まったくもう。。。
しかし、あの本は図書館であまり見ないので、よく借りられる人気の本なの
かもしれんね。


904 :グレン KoE:2010/06/24(木) 21:02:58 ID:MDrOgpNp0
まあ、日月神示と聖書をちゃんぽんして何か書こうと思ったんだけど
気がのらないのでそのうちにって事で。
というか俺、日月神示はそんなに好きじゃなかった。
そういやあ丑寅の金神だけど、もう寅年も半年過ぎたやね。


905 :グレン KoE:2010/06/24(木) 21:14:37 ID:MDrOgpNp0
という事で漢字シリーズの第二回です。
前回は闇という漢字は音が門に閉じ込められて闇となり
アマテラスや竜宮城の乙姫(音秘)と関係があるという話をしましたが
今回は(暗)という字についてお話します。

906 :グレン KoE:2010/06/24(木) 21:25:08 ID:MDrOgpNp0
その前に音という字を考えていきますか。
cという字があります。
三国志の程cのcの字ですね。
太陽をあらわす字らしいです。

907 :グレン KoE:2010/06/24(木) 22:10:46 ID:MDrOgpNp0
まあcの話はどうでもいいです。
音です音。
音は「日」の上に「立」がきています。
つまり、日の上に立つ存在です。
創世記では光あれと神様が言って世界が始まっています。
ヨハネの福音書でも

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。
成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

と出てきます。

908 :グレン KoE:2010/06/24(木) 22:29:00 ID:MDrOgpNp0
あ、その前に銅鐸信仰から鏡信仰への移り変わりか。
えーと縄文時代の祭器というのは銅鐸でした。
まあ銅鐸を色んな事をして音を鳴らしていた「音」の信仰。
これが渡来人が渡ってきて弥生時代になると「鏡」の信仰になる。
銅鐸は渡来人によってぶっ壊されて鏡を祭る事になる。
これは竜蛇神VS太陽から来た有角神の霊的な代理戦争でもある。
天で起こる事は地でも再現されるものでありますので。

909 :グレン KoE:2010/06/24(木) 22:29:53 ID:MDrOgpNp0
飽きた。

910 :こおろぎ:2010/06/25(金) 00:01:17 ID:HABD8Sg60
>>901
そうかー
調べてみたらイカやタコの血も青いんだね。
でも、血の量が少ないよね?さばいても血みどろにならないし?
十円玉の錆は緑っぽいけど、ああいう色なのかね。青い血。

緑色の血のカエルが発見されたらしい。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51324338.html



911 :こおろぎ:2010/06/25(金) 00:05:33 ID:HABD8Sg60
丸い鏡が太陽信仰なのはなんとんなくわかるけど、銅鐸が竜神信仰なのはなぜ!


912 :グレン KoE:2010/06/25(金) 19:13:40 ID:fUvr7Jk80
音を鳴らすからじゃ。
夏になると雷が鳴って雨が降ってくるじゃろ。
古代の人でも大抵の音がなる原因というのはわかる。
しかし雷の音というのはいまいち掴めない。
雷が光るのと同時に音が鳴ったり少したってから鳴ったりとかあるからね。
まあ竜の鳴き声と考え竜の本質は音と考えた。

913 :グレン KoE:2010/06/25(金) 19:19:28 ID:fUvr7Jk80
あと五行の関係で言うと金属には水滴がつくからという理由で
金生水と言って相生というよい相性になる。
金属と雷の関係は世界中の神話で言われている。
北欧神話のトールハンマーとか。
金属に雷が落ちやすかったり金属同士叩くと火花が出たことから
そう思われたんだろうね。

914 :グレン KoE:2010/06/25(金) 19:41:14 ID:fUvr7Jk80
それから忘れてはいけないのがエーテルエネルギー。
エーテルは金属の多い地層を通って上ってくる。
つまり竜穴というかエネルギースポットを探すのには
そういう鉱脈を探すのが手っ取り早い。
銅鐸を鳴らす事により地下の鉱脈が共振もしくは共鳴している場所を
探す。
無論現代人にはそんな音は聞けないが縄文人は超耳が良かったので聞けた。
まあ、そんなとこかな。
弥生人はエーテルを理解できなかったので銅鐸の意味がわからずに
壊したり潰して鏡を作ったりした。

915 :グレン KoE:2010/06/25(金) 21:15:09 ID:fUvr7Jk80
数珠の話
まあ数珠は仏教徒のシンボルみたいなもので
空海も法然も日蓮もみんな持っていました。
数珠にはすごいパワーがあります。
どんだけ凄いかは[もくげんじ経]に載っていますので
興味ある人は調べてみると面白いかもです。
とにかく数珠は凄いんです。


916 :グレン KoE:2010/06/25(金) 21:18:57 ID:fUvr7Jk80
数珠というか数珠のようはものはお釈迦様が生まれる前から存在するもので
バラモン教起源とか言われていますね。
聖徳太子は蜻蛉玉で作った数珠を持っていたそうで、かっこいいなぁとか思います。
キリスト教だとロザリオですね。
聖母マリアが聖ドミニスクの前に現れて霊的な武器として使う事を教えたと
伝えられています。

917 :グレン KoE:2010/06/25(金) 21:42:32 ID:fUvr7Jk80
あ〜銅鐸のところで一つ書くの忘れてた。。。
銅鐸を鳴らすのに鹿の角が使われたと言われております。
竜の角というのは鹿の角でありますので銅鐸が蛇の胴体だとすれば
角で音を鳴らす事により竜に完成であります。
っと、んで数珠の話ね。
お葬式の時に手持ちぶたさに数珠などをたぐっておりますと落ち着くもんです。
あとクルミ健康法なるものがあってクルミを手でクルクルやってると健康になるとか
実は数珠の効果にもこれがあるのかも。
心と身体は密接な関係があって数珠をコネコネしていると身体が健康になって
心も健全になると。
だからこそ、仏教、キリスト教、イスラム教、マニ教色んな宗教に数珠が
あるのかも知れませんね。
修験道とかマニ教とかイタコとかがゴツゴツした数珠を使うのは
なんか大変そうだからより刺激の強いのを使うと。
ストレスの多い現代人にはこんなのもあるみたいです。
http://lipro-shop.jp/shopdetail/019000000001/order/

918 :グレン KoE:2010/06/26(土) 22:20:11 ID:s97mltYQ0
七夕の竹を見てたら、そういえばイザナギイザナミの神生みの時って
何か柱の周りをクルクル回ってたなぁと思い浮かびました。
あの柱ってなんだっけと思いちょっと調べたら
イザナギとイザナミが自分たちで立てた柱で
『天の御柱』というらしい。

919 :グレン KoE:2010/06/26(土) 22:47:50 ID:s97mltYQ0
つまり天の御柱というのは生命の木なのではないだろうか。
そしてだね。
東京スカイツリーって何か天の御柱みたいな名前だ。
そして2011年完成予定で高さは634m
2012を前に現代の天の御柱(生命の木)を立てようとしている。
生命の木というとユダヤ人が大好きなカバラなのでユダヤの陰謀。
何か今日はキレがないね。。。

920 :本当にあった怖い名無し:2010/06/26(土) 23:51:48 ID:r8mWtpI50
なんで最近グレン(とコオロギさん)しかいないの?

921 :グレン KoE:2010/06/27(日) 00:09:51 ID:xJaEge3r0
俺があまりにもカトリックの事ばかりヒイキするようになったからなのと
みんながグレンさんは適当な事ばっかり書いているけど実は凄い事を
書いてるのかも?
と思っていたのが本当に適当な事しか書いてないって
気がついたからだよ。

922 :本当にあった怖い名無し:2010/06/27(日) 00:10:11 ID:+mmHIacM0
他の人たちは皆、アセンションしちゃったのだ

923 :グレン KoE:2010/06/27(日) 00:10:53 ID:xJaEge3r0
なので別にオフで何かあったとかメールとかブログで喧嘩したとか
そういうのではない。

924 :グレン KoE:2010/06/27(日) 00:13:50 ID:xJaEge3r0
>>922
それだ!

925 :トリッピー:2010/06/27(日) 21:55:45 ID:ymNEbTi50
いやいや、グレンさんはスレ主だから、色々書く必要があるし、
皆さんも聞いていると思いますよ。

私は、これからは起こることを確認する状態なので、特に書くことは
無くなってきたんで...、申し訳ない。 m (_ _) m

本スレの応援は続けますよ!!

ツインドライブ同調率 94%♪

926 :グレン KoE:2010/06/28(月) 18:43:28 ID:t1ijCv/s0
>>925 トリッピーさん
ありがとうございます〜。
しかし書き込んでくれる人が少ないのは、やはりワタシの不徳の致すところと
思います。
ツインドライブ同調率もいよいよ90%を超えましたか!
楽しみですね!

927 :グレン KoE:2010/06/28(月) 21:38:20 ID:t1ijCv/s0
天皇って何で死刑にならなかったの?スレでちょっと天皇について
書いたので、その続きというか元号について書いてみます。
今の元号は平成ですね。
ウィキペディアで平成の由来などを見てみますと。
>「平成」の名前の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、
>『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「内外、天地とも平和が達成される」という意味。
とあります。

928 :グレン KoE:2010/06/28(月) 21:50:13 ID:t1ijCv/s0
なんで中国の歴史書からやねんっと思いますが
まあ、そこら辺はどうでもいいです。
が気になるのは「地平天成」です。
地が平らになって天が成る?
これってまさにアセンションの事と読めます。
それとウィキペディアにこんな事が書いてありました。
>平治以来「平」で始まる元号がないのは、平治が戦役によって混乱した時代であったためであり、
>「平」で始まる元号はこれを避けるのが故実である。
>また、「平」「成」の文字の中に「干(=楯)」「戈(=鉾)」があり「干戈(戦争を意味する)」に通じる。
確かに平成になったら急に自衛隊が海外に行きだして、その関係の法律も
どんどん作られました。

自衛隊海外派遣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%B4%BE%E9%81%A3

929 :グレン KoE:2010/06/28(月) 21:58:08 ID:t1ijCv/s0
ちなみに今年は平成22年なので2012は平成24年で平成元年から十二支が
2週目になる年になります。
なんで2週なんだ1週でいいじゃんという声が聞こえてきますが
1週ではダメです。物事には陰と陽というものがあり一周では片手落ちなのです。

930 :グレン KoE:2010/06/28(月) 22:00:52 ID:t1ijCv/s0
というわけで、2012年はハルマゲドン勃発でアセンション。

931 :グレン KoE:2010/06/28(月) 22:29:48 ID:t1ijCv/s0
まあ、カトリックの祈り、神社での祈願、お寺での拝み。
ほとんどの宗教では神と対峙する時に目をつぶります。
禅宗の半眼はちょっと置いとく。
日本人が神様!って何の神様に祈るかよくわからない時も
手を合わせて目をつぶって祈ります。

932 :グレン KoE:2010/06/28(月) 22:37:03 ID:t1ijCv/s0
これはほとんど無意識だと思うんですよ。
つまり、人間は神を意識する時に外側ではなく内側に意識を向ける
無意識というかほとんど本能みたいな感じで内側に意識を向ける。
人間は本来自分のうちに神がある事を知っているのではないだろうか。
パワースポットにでも行ったときに少し目を閉じて感じて見てください
あなたの中の女神様が目覚めるかもしれませんよ。

933 :トリッピー:2010/06/29(火) 01:31:26 ID:nCnFSj9o0
>>932
>>つまり、人間は神を意識する時に外側ではなく内側に意識を向ける
>>無意識というかほとんど本能みたいな感じで内側に意識を向ける。
>>人間は本来自分のうちに神がある事を知っているのではないだろうか。

そうですね、この世界が個々の人の心を映し出す鏡だとしたら、まさに
それぞれの現実を作り出しているのは、個々の人の中の心にいる”神”
ですからね♪
外にある何かを”神”としてみるのもいいですが、その外にあるものを
見せている内なる”神”とゆっくり、落ち着いて対話するのも、
これまた楽し♪


934 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 01:58:59 ID:W/zp9ZJU0
あ あれ思い出した。紙を額に当てて文字書くの。

例えば「あいうえお」・・・内側から外に向けて思考をしている。
その書いた紙を見ればあ〜ら不思議 逆文字が簡単に書けている。
さてこれが意味するものとは・・・。

935 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 02:03:07 ID:W/zp9ZJU0
・・・でもなかには居るんだろなっ?
もう一人の自分が外から本来の自分の額に「あいうえお」を書く人・・プルプル><

936 :グレン KoE:2010/06/29(火) 20:48:11 ID:g1+CEpJ40
>>933
うんうん、神秘学の観点からいうと、もはや外側を通して
神とつながる道は閉ざされているからね。


937 :グレン KoE:2010/06/29(火) 20:55:50 ID:g1+CEpJ40
>>934
ふむ、やってみたら確かに書けるね。
これが意味するものは。。。
内なる世界、内なる神とは実は鏡の世界という事!

938 ::2010/06/29(火) 21:02:43 ID:Oc8wRneQ0
グレンさん スレの皆さんおひさです〜!
トリッピーさんお初です、興味深いお話ですね〜
自分と向き合うと、混乱招く事多々あるのでゆったり・・神秘学かぁ
内なる世界、再度色々本読んでみたくなりました。

939 :グレン KoE:2010/06/29(火) 21:03:12 ID:g1+CEpJ40
例えばこの世が物質なのに比べてあの世はエーテル。
こちらの世界での死は向こうの世界での誕生。
こちらの世界が実数の世界ならば向こうの世界は虚数世界。
虚数の存在こそが向こうの世界を予言している。
神社の御神体が鏡だというもう一つの理由はこれです。
水面に写る月こそが真の月なのです。

940 :グレン KoE:2010/06/29(火) 21:04:01 ID:g1+CEpJ40
>>938 絵ちゃん
こんばんわ〜^^

941 ::2010/06/29(火) 21:09:29 ID:Oc8wRneQ0
こんばんは〜 午前は真剣なって書き込みしてたとこあるんだけど
何だかな〜・・
グレンさんスレ 何だかホッとします。
スェーデンブルグとか色々どっかあったなぁ最近全体色々総合して考えるんだけど
何かね フラッシュバック的に色々見るんですよ。
再度 全体的に自分なりに納得いく答え欲しくて。


942 :グレン KoE:2010/06/29(火) 21:13:25 ID:g1+CEpJ40
>>935
ふむ、史上最強の天才であるレオナルド・ダ・ヴィンチは鏡文字を書いていたそうです。
彼の思考は400〜500年進んでいたと言われています。
ヴィンチの頭脳はこの次元だけではなく5次元世界へともつながっていたのです。
5歳6歳ぐらいのこどもは鏡文字を書く事が多いと言われていますが
これもまだ魂が強く5次元世界ともつながっているからです。

943 :グレン KoE:2010/06/29(火) 21:20:32 ID:g1+CEpJ40
>>941
んにゃ、午前は真剣なってなんだっけ?
ん〜どんなものを見るの?


944 :グレン KoE:2010/06/29(火) 21:21:32 ID:g1+CEpJ40
そんなわけでレオナルド・ダ・ヴィンチは
ダ・ヴィンチコードを残せたわけです。

945 :◆3apsZowCfA :2010/06/29(火) 21:30:38 ID:Oc8wRneQ0
うん 午前は自分は天使だとか神から選ばれたって人のスレで
真剣なって書き込んだりしてましたよ。
でも家事でドタバタ〜ゆったり少し映画見ましたけどね。
子供に鏡文字書かせてみたいな・・。


946 :グレン KoE:2010/06/29(火) 22:07:17 ID:g1+CEpJ40
なるほど。


947 :グレン KoE:2010/06/29(火) 22:12:42 ID:g1+CEpJ40
ふむ、申さんからメアドを聞かれたので
メールくるかなぁと思っていたんだけど来ないなぁ。。。

948 :グレン KoE:2010/06/29(火) 22:57:53 ID:g1+CEpJ40
それにしても自分は天使だとか神から選ばれたって人かぁ。
オカ板でもたまに見るがロクなヤツいなかったなぁ。

949 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:25:50 ID:El/PCwk20
どうもどうも、グレンさんも調子が戻ってきたみたいですね。

>>933 絵さん、初めまして。

本スレを応援するといった手前、私も久かたぶりにグレンさんの
後方支援で何かカキコしましょうかね。


950 :グレン KoE:2010/06/29(火) 23:30:19 ID:g1+CEpJ40
>>949 トリッピーさん
どうもです〜。
はい、調子戻ってきたみたいですw
>>933のトリッピーさんの
>そうですね、この世界が個々の人の心を映し出す鏡だとしたら、まさに
>それぞれの現実を作り出しているのは、個々の人の中の心にいる”神”
>ですからね♪
>>934さんの
>あ あれ思い出した。紙を額に当てて文字書くの。

>例えば「あいうえお」・・・内側から外に向けて思考をしている。
>その書いた紙を見ればあ〜ら不思議 逆文字が簡単に書けている。
を組み合わせて考えてみると。

951 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:33:15 ID:El/PCwk20
私自身は、非常にドライで、ある意味、物理・幾何学数学的な視点で
世界や、俗に言うオカルト(現在の知識では分からないこと)を
見てしまう傾向にあるのですが、だからこそ、グレンさんと前話して
いたように歴史とかも好きなんですよ、だって科学と同じで、実際
起こったことなんで、で、その物差しで図っても、間違いなくこの
世界は鏡面体の世界と思える訳なんですね。

952 :グレン KoE:2010/06/29(火) 23:37:46 ID:g1+CEpJ40
紙を額に当てて文字書くというのは自分に向かって書くということなので
鏡の中に書くので鏡文字になる。
外に向けて書くときは世界は鏡なので当然、その逆という事になるわけです。
世界と心はお互いが鏡の関係になるのでそういう事が起こります。
ダヴィンチのような天才とか子供は世界と自分が完全に一致した存在であるので
鏡文字を書くという事があります。

953 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:38:28 ID:El/PCwk20
例えば、私が好きなシンプルな現象で考えても、いろいろヒントは
ありますよね。
1・物理世界ではあたりまえですが、何か物を押すと、同じ力が押したものに帰ってきます。
2・人に対して悪口を言ったり、厭な事をすれば、まあ、十中八九当たり前ですが、相手も
自分を嫌いますわな。
3・ある家の人が武器を持てば、普通の隣人も怖くて武器を持つはずですし。
4・北半球と南半球では、季節が逆で、渦巻き等も逆ですね。
以前書いたけど、北半球と、南半球では、陸地と海の配置が好対照に
なっていますし。

954 :グレン KoE:2010/06/29(火) 23:41:38 ID:g1+CEpJ40
>>951
ふむふむ。
そこらへんはワタシとトリッピーさんはある意味似てるかもです。
トリッピーさんも最近ありががちな何とか星人がとかUFOについて
触れないですもんね。
鏡面世界興味深いです。

955 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:42:59 ID:El/PCwk20
だから、アメリカぽんがDQN全盛期のころには、それとバランスを取る
かのように、ソ連・中国がDQN丸出しで台頭し、北極を鏡として、
お互い向き合ったわけですな。

第二次大戦の頃の日本・ドイツ・アメぽん・ソ連もまた然り、
大きいサイズでも面白いように鏡のバランスができているのが、
この世界です。

956 :グレン KoE:2010/06/29(火) 23:43:09 ID:g1+CEpJ40
>>953
あ〜なるほど!
すごく納得がいきます。

957 :グレン KoE:2010/06/29(火) 23:46:27 ID:g1+CEpJ40
>>955
ふむふむ。

958 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:46:45 ID:El/PCwk20
じゃあ、一体、何が答えなのかというとこで、考えてみると
ですね、そうですね〜、鏡に向かって手を差し出すというのは
どうでしょうか、鏡の向こうにいる真逆・しかし間違いなく
対等の自分を認め、握手をするのですよ...。

それはある意味、欠けている自分を埋めるということであり、
神との邂逅とも言えるかもしれません。

959 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:50:24 ID:El/PCwk20
少々厨臭く言うと、これが”人類補完計画”(笑)なるわけですね、
で、完全に私個人の願望では鏡の向こうにいるのはぷりちぃ〜な
おねえちゃんならベストだべと。
手えだけじゃなくて、全身で抱きしめちゃるということで、
おあとがよろしいようで (^^)。


960 :トリッピー:2010/06/29(火) 23:51:05 ID:El/PCwk20
というわけで、今日は寝ます〜。 グレンさん頑張ってね〜。

961 :グレン KoE:2010/06/29(火) 23:53:21 ID:g1+CEpJ40
>>959
うんうん、こうにいるのはぷりちぃ〜な
おねえちゃんならベストだねw
>>960
トリッピーさんおやすみなさい。
ワタシもワールドカップ見ずに寝ます。
見ないけど日本勝ってるといいなぁ。
ノシ

962 :グレン KoE:2010/06/30(水) 20:35:44 ID:8T5i5vii0
まあ日本人は正月になると「おとそ」というものを飲みます。
お屠蘇と書き「屠」は屠殺の屠で屠(ほうふ)るという字で
「蘇」は蘇る幣立神宮の蘇で蘇(よみがえ)るという字
まったく縁起がいいんだか悪いんだかわからない名前の物を飲んでいます。

963 :グレン KoE:2010/06/30(水) 20:48:25 ID:8T5i5vii0
縁起がいいんだか悪いんだかわからないと書きましたが
実際には縁起物なので縁起いいです。
まあ屠蘇というのは今風に言うと死と再生ですからね。
酒を飲んで死と再生ねぇと考えると思いつくものがあります。
カトリックの聖体拝領です。
ミサの時にワインを飲んでパンを食べるアレです。
ミサに参加しても洗礼を受けていない人は貰えません。

964 :グレン KoE:2010/06/30(水) 20:53:21 ID:8T5i5vii0
しかしよく考えて見ると聖体拝領の意味をグレンさんはよく知らなかった
ので続きが書けません。
まあしかしミサでワインをキリストの血だよと言って
飲むのとお屠蘇はなんか関係あります。
ゆみちゃんかナルミさんに聖体拝領の意味を解説してもらいたいなぁ
と思った次第であります。

965 :グレン KoE:2010/06/30(水) 20:59:42 ID:8T5i5vii0
まあしかし漢字の「十」が十字架と同じ形だというのは中々に興味深い
事だと思いました。
ローマ数字だとXだね。

966 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:10:07 ID:q8Tja7M40
>ミサでワインをキリストの血だよと言って飲む

盃を分けた兄弟分という解釈でないとグロテスクな感じになるね

>お屠蘇

お屠蘇は単なるお酒ではなく、元来「屠蘇酸」を入れなくてはならない
「屠蘇酸」は一部の薬局で買う事が出来るよ
歴とした漢方薬の混合物だ
お酒のアルコールで漢方薬を溶出したものが「お屠蘇」になる
健康を目的とした薬酒なんだね

それぞれの意味合いを考えると関係はなさそうに思う

967 :グレン KoE:2010/06/30(水) 22:48:20 ID:8T5i5vii0
>>966
ふむ、盃を分けた兄弟分だとキリストの血だよって意味がなくなっちゃうじゃん。
キリストは三位一体なのでその三位一体パワーを身体に取り込む。
血というのはパワーの象徴。
お屠蘇は飲む際には三口に分けて飲むようにする。
そして、大中小の三つ重ねの杯を使って、それぞれの杯に注がれたお屠蘇を一人で飲み干すのが本来の形。
三つの杯とか父と子と精霊の聖杯。
つまり三位一体パワーを身体に取り込むのだ。

968 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 22:57:11 ID:q8Tja7M40
そもそも「三位一体」自体が意味不明な創作ではないだろか

969 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:00:21 ID:8T5i5vii0
そしてキリスト教の聖遺物は3つ
・ロンギヌスの槍
・聖杯
・聖骸布
これは三種の神器に対応する。
・アメノムラクモノツルギ 
・ヤサカニのマガタマ
・ヤタノカガミ
ヤリとツルギは武器つながり、聖杯とマガタマは知らん、聖骸布とカガミは写すもの。
なぜ2つづつなのかと言うとそれは陰と陽の2つが必要だから。
神道とキリスト教は陰と陽の関係になり2つで1つなのだ。

970 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:03:12 ID:8T5i5vii0
>>968
意味不明などではない。
それについてはゆみちゃんが素晴らしい事を書いているので貼っておく。

158 :ゆみ KoD:2010/06/27(日) 14:46:03 ID:aJiv7Oad0
スウェーデンボルグ、ニューチャーチですか。
そんなの日本にもいるんですね。
霊界にいったり、
べつの星にいったりして、
スピリチュアリズムとかニューエイジにも多大な影響をのこしたみたいだし。

わたしも読んでみましたけど、
ほかの星について書かれたところとか、
三位一体の否定とか、
まったく信じるに値しないものだと思いました。
プロテスタントが生み出した異端です。

とくに聖パウロが地獄におられ、
使徒たちのなかでもっとも偉大なものとなるために、
悪魔と手を組んでいると書いてあったことは、
でたらめと知りながらもショックをうけました。

これほど悪意ある言葉が、
よりによって聖パウロにむけられていることに、
ひどく動揺してしまった記憶があります。

こういうものに影響をうけた人は、
ほんとうにかわいそうだと思います。
だって聖書を色眼鏡でしか読めなくなってしまうでしょうから。

971 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:04:02 ID:8T5i5vii0
159 :ゆみ KoD:2010/06/27(日) 15:17:09 ID:aJiv7Oad0
万物のなかにみとめられる三重性が、
三位一体を証左しています。
すべてのものは、
三つのことなる力の調和によって、
なりたっています。

あらゆるものは、
三つの要素、三つの働き、三つの力、
三重性からなりたっています。
その根源の力の発生源をたどると、
いやでも三位一体の思想にたどりつきます。

たとえば人間は、
霊・魂・肉体という三要素からなり、
そのそれぞれの要素もまた、
さらに三つに分割していることが認められます。

霊は真・美・善から成ると考え、
魂は思考・感情・意志から成り、
そして肉体は、
働きの上では頭部(神経、感覚系)・腹部(代謝、循環系)・四肢(律動、筋肉系)、
構成している物質的にはたんぱく・脂質・炭水化物、
というふうに三分されます。

鉱物のようなものでも、
石英・長石・雲母という三要素から構成されていて、
人間も万物もすべてが、
神の三重性を反映しているわけです。

972 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:04:56 ID:8T5i5vii0
160 :ゆみ KoD:2010/06/27(日) 15:49:42 ID:aJiv7Oad0
このような三重性は、
国家権力では、
立法権・司法権・行政権に分けられるし、
経済では、
自然・労働・資本が価格を形成します。

色の三原色(赤・青・黄)とか、
音の三要素(振動幅・周波数・倍音含有率)とか、
物質の三態変化(固体・液体・気体)とか、
あらゆるものの中に見られるように思われます。

だから神そのものも、
そのような三重性を有していると考えるのは、
こじつけでもなんでもなく、
とても自然で理にかなっています。

三位一体の思想を否定することに、
いったいなんの意味があるんでしょうか。
スウェーデンボルグ派のような、
愚か者の考えることは本当によくわかりません。

973 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:10:00 ID:R2H82SBy0
なんだ、グレン。このざまは。エホバの証人の方がよっぽど気合い入ってんぞ。
マイケル・ジャクソンは、80年代後半までエホバの証人の活動を行っていて、変装して
各家庭を訪問したそうだ。「汚い言葉を使わない」というマイケルの信念はエホバの証人の
教えを忠実に守ったからだとされる。
英字新聞に書いてあった。


974 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:15:07 ID:R2H82SBy0
民事訴訟においては「教義の証明」は、「教団の多数派を形成すべき」であるという見解がある。
そういういみでは、グレンやゆみよりもエホバの方が基盤が固いだろう。


975 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:18:38 ID:q8Tja7M40
うむ、残念ながら>>970-972の引用は何一つ実在も関連性も言い当ててはいないではないか
例えているものは全部ピンボケだし
問題の根源は「規定」ではないだろか
「規定」する故、真実から遠ざかる

976 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:18:53 ID:R2H82SBy0
宗教団体の生命線は「大衆に訴えかけるために教義を洗練する」努力をすることだ。
国家に守られた連中ほど「弱い」ものはないのだ。


977 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:20:34 ID:8T5i5vii0
そして三位一体について語ろうとすると
プラトンの神性のロゴス、魂、精神からなる
三重性から語らなくてはならなくなる。
そしてそれはとても面倒くさい上に
ここを読んでる人も退屈なのでしない。

978 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:24:34 ID:8T5i5vii0
>>975
ゆみちゃんを侮辱するなど残念なのはお前の頭だ。


979 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:28:13 ID:q8Tja7M40
キリスト教好きには申し訳ないが、
「キリスト教」「聖書」ほど欺瞞に満ちた悪書は、歴史上例を見ないと思う
なぜそうなったのか、それこそが歴史の垢というもの、人の改竄の歴史ではないか
ナザレのイエスを知るために、当時の社会環境や思想を調べ、垢をそぎ落とさねば、正しい物は闇の中だろう

980 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:31:12 ID:q8Tja7M40
ロマンを語るゆみちゃんを侮辱などする気はない
ロマンと真理は根本から違うんだ

981 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:31:21 ID:R2H82SBy0
歴史学としてはそうだろうけどね。史料学や記録管理学などがある。
歴史研究は何らかの「史観」にもとづくのは当然としても、都合の悪い部分に目をつぶったり、
歪曲してはならないとされる。しかし、信仰となると、当時の社会環境や思想の研究が必要
であるかは分からないな。


982 :次元ちゃん ◆neko6PFwEM :2010/06/30(水) 23:32:23 ID:Qks+xj1x0
おまんこ

983 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:35:06 ID:8T5i5vii0
>>979
このスレはムー大陸は四国というスレタイからして舐めていて
ふざけたスレなので、そういう真面目な話は他所でやってくださいね。

984 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:35:58 ID:R2H82SBy0
じげさん。詩篇第一章っていいですよ。「裁きの場に立ちおおせるのは俺だ」という確信がある奴は
詩篇第一章だけ読めば聖書は終わるよ。


985 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:38:53 ID:8T5i5vii0
>>980
ふむ、ゆみちゃんを侮辱などする気はないならこのスレで語ってもいいよ。



986 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:41:19 ID:R2H82SBy0
解釈とは「一義的な解の探求」か「多義的なものの中から選択する」ものかの議論があったが、
「選択する」(実践説)が通説だ。


987 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:41:31 ID:8T5i5vii0
>>982 じげさん
こんばんわ。
昔コテで御万越 泰造を名乗っていたのを思い出しました。
まあ捨てコテだったけど。

988 :次元ちゃん ◆neko6PFwEM :2010/06/30(水) 23:42:37 ID:Qks+xj1x0
おまえらおまんこ好きか?
おまんこに免じてマターリしようぜ

989 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:44:39 ID:8T5i5vii0
>>988
下ネタ禁止です。
理由は下ネタをすると女性コテが来なくなるからです。

990 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:45:56 ID:R2H82SBy0
じげさん。定額給付金は「特別会計からの補助金への組み入れ」という法律を組んでいたね。


991 :次元ちゃん ◆neko6PFwEM :2010/06/30(水) 23:46:03 ID:Qks+xj1x0
えーーーー

992 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:47:01 ID:35MW+jXv0
「聖書、日月神示、イエスの再臨、すべて解説していきます」

終末世界と預言と新しい体と主の真理の解説の決定版!

大天使ザフキエルの魂名を持つ殉教覚悟の宣教師・ボナンザ先生のブログ



    【 日月の騎士による福音書 】

     http://hihumikisi.exblog.jp



   ★ ★ ★ 着々更新中 ★ ★ ★

993 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:47:34 ID:R2H82SBy0
参院の首相問責決議が「総理の首を飛ばす可能性がある」のは学習済みでしょうw


994 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:52:31 ID:8T5i5vii0
>>991
だってこのスレはグレンさんが女の子たちと仲良くガールズトークを
するスレなんですよ。
スピリチュアルな話で女の子を釣る為にやってのに下ネタなんかしたら
台無しでしょ!

995 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/06/30(水) 23:55:40 ID:R2H82SBy0
俺のブログを読んでみて下さい。俺は中国の「実践科学」という言葉に共感をおぼえ、社会科学
を背景にした紛争の解決を政治力に転化しようと思っている。
「糖質のブログ」
http://hogakukyoushitu.cocolog-nifty.com/
「糖質〜趣味のブログ」
http://hougakukyoushitu.cocolog-nifty.com/thirdroundthriller/



996 :次元ちゃん ◆neko6PFwEM :2010/06/30(水) 23:57:03 ID:Qks+xj1x0
下ねたのない次元さんなんて次元さんじゃなーい
しんじゃうーー

997 :グレン KoE:2010/06/30(水) 23:57:34 ID:8T5i5vii0
>>996
じゃあ下ネタしてもいいよ。

998 :次元ちゃん ◆neko6PFwEM :2010/07/01(木) 00:02:59 ID:GTm7cMJE0
ここは今からグレンさんと糖質が愛し合うスレになりました
それ以外の方の書き込みはご遠慮ください
ありがとうございました

999 :糖質ですが ◆/dRpTBnZTC3y :2010/07/01(木) 00:03:28 ID:R2H82SBy0
じげさん。女性の「謎の媚薬」は、薬品名「フリバンセリン」というのです。俺がワシントンポスト
からこの情報をつかみ、趣味のブログに書いています。


1000 :本当にあった怖い名無し:2010/07/01(木) 00:05:05 ID:2+am+kpf0
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

325 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)