5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?237

1 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 10:42:16 ID:RU0CDWoM0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた、死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・最高に怖ければジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・最高に怖ければ創作も歓迎です(創作と宣言すると興ざめてしまう方もいますのでご注意ください)

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・文での感想はOK。点数形式での採点はNG。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?236
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1264751456/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
ほんのりと怖い話スレ その62
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1255649842/

洒落コワに拘るならまとめサイトの投稿掲示板もあります
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405

2 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 11:16:11 ID:HTP6n1qc0
>>1
ダメダメな天麩羅張ってんじゃねえよカス!


3 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 12:53:59 ID:yB5njBR60
これから過剰批判は完全無視で。ついでに>>2うぜぇよ。引っ込めハナクソ。

4 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 13:11:35 ID:4UgecZ880
比較的よくありがちなスレッドの一生

1、スレッドが立つ。
2、技術のある人間がネタを提供して盛り上げる。
   感動を求めて人が集まってくる。
3、オリジナルネタを書ける人間が乗ってきてさらに盛り上げる。最盛期。

4、盛り上がりに乗じて何も書けない魯鈍と白痴が寄ってきてスポイルする。
   彼らの無駄な愛着が逆効果を及ぼし、スレッドのレベルが著しく低下。
5、飽きて大勢が去っていき、行き場の無い魯鈍と白痴が残される。
   低レベルな自慢・偏見の陳列、煽りあい、無駄な罵倒、
   いわゆる「2ちゃんねる用語」を多用したお寒いレス等々が並ぶ。
6、煽りと罵倒しか出来ない魯鈍まで魯鈍同士の空疎な煽りあいに飽きて去る。
7、何も提供できない白痴が過去の栄光の日々を夢見て空ageを繰り返す。
   脳死状態。


いま5


5 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 13:19:10 ID:qC0X/YV70
ゲイの出会い系で知り合った10歳以上年上のオジサンの家へ。
そしたら「これ着て責めて欲しい」と言われて、レンコン掘りというか、
魚河岸の人が着てるような胸まであるゴム長を着させられ、捻りハチマキをさせられた。

向こうは全裸。

まあこんなのもたまにはいいか、と愛撫してたら、オジサンが喘ぎ声の中、喋りだした。
「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…た、大漁だった?ねえ大漁だった??」
…オレは突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまった。
オジサンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうにオレに言った。

(続く)

6 :5:2010/02/21(日) 13:20:12 ID:qC0X/YV70
(続き)

プレー再開。
耳とかをなめつつ体中をさわさわと触る
「お、おにいちゃん、大漁だった?」
「ああ、大漁だったよ」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、な、なにが、、ハァハァなにが捕れたの?」
乳首を舌でやさしく舐めながらオレは答えた
「…鯛とか、、、ヒラメがいっぱい捕れたよ」
セリフを聞き、オジサンはびくんびくんと身体をひきつらせた
「はっ!はぁぁぁあんっ!イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??」
チンコをしごく
「ああ。でかいイサキが取れたよ。今年一番の大漁だ。」
「大漁っ!!イサキぃぃ!!おにいちゃんかっこいいいいぃぃぃい ぃくううううう!」

実話です。。きっと漁師の人との幼い頃の体験というか、淡い恋心とかが
あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。

(終)

7 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 13:21:22 ID:qC0X/YV70
終わりです長文スマソ。これから過剰批判は完全無視で。

8 :國母ファンクラブ ◆fKSMCqNouQ :2010/02/21(日) 13:52:27 ID:yOCZYY140
>>7

読んでないけど怖かったです^^

9 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 15:51:50 ID:R/4Aoc2s0
>>7
感動しました。このおじさんの情景描写に心を揺るがされます
これは今世紀まれに見る良レスです

10 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 16:26:51 ID:WNatFpZ30
>>7
荒らすなハナクソ
まだ前スレ終わってないだろ

11 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 17:01:45 ID:qC0X/YV70
>>10
じゃお前が前スレ埋めとけ
馬鹿でもそんぐらいできるだろ。ほれほれとっとと埋めろ

12 :國母ファンクラブ ◆fKSMCqNouQ :2010/02/21(日) 17:06:46 ID:yOCZYY140
なんかギスギスしてるよなぁウン

13 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 17:31:16 ID:Qfw6xJKn0
>>11
折角の新スレを埋めてるんじゃねえよ。
俺みたいに怖い話を投下してから言えやチンカスが!

14 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:01:52 ID:w3jZkJIE0
大岡来いや!
早く採点しろや!

15 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:04:46 ID:eG8R376T0
この前、いとこの小学生が遊びに来た時、
テストで40℃のお湯と60℃のお湯を同じ量混ぜたら100℃の
お湯になるって答えたら×になったんだけど何で?とか聞いてきやがった。

(続く)


16 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:05:36 ID:eG8R376T0
(続き)
もうアホかと思って、それならこの部屋の気温は20℃、
廊下の気温は10℃だからドア開けて空気を混ぜたら30℃になるのか?
それだと夏並に暑くなるよな?って言ってやったよ。

(続く)

17 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:06:22 ID:eG8R376T0
(続き)
そしたら、ごめんねお兄ちゃん…理奈馬鹿だから…
でも、お兄ちゃんと理奈が一つになったらきっとずっと熱くなるよね?
そう言って服をするりと

(続く)


18 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:16:31 ID:yOCZYY140
(続き)
俺はいつもそれが狙いだ。
捨てられている六尺の、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、こっそりさらって家に持ち帰る。
そして、深夜、俺一人の祭が始まる。
俺はもう一度汚れた六尺のみ身に付け、部屋中にかっさらってきた六尺をばら撒き、ウォーッと叫びながら、六尺の海の中を転げ回る。
汚れた六尺は、雄の臭いがムンムン強烈で、俺の性感を刺激する。
前袋の中のマラは、もうすでに痛いほど勃起している。
六尺の中に顔を埋める。臭ぇ。
汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。溜まんねえ。
臭ぇぜ、ワッショイ! 雄野郎ワッショイ!と叫びながら、前袋ごとマラを扱く。
嗅ぎ比べ、一番雄臭がキツイやつを主食に選ぶ。
その六尺には、我慢汁の染みまでくっきりとあり、ツーンと臭って臭って堪らない。
その六尺を締めてた奴は、祭で一番威勢が良かった、五分刈りで髭の、40代の、ガチムチ野郎だろうと、勝手に想像して、鼻と口に一番臭い部分を押し当て、思いきり嗅ぎながら、ガチムチ野郎臭ぇぜ!俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、マラをいっそう激しく扱く。
他の六尺は、ミイラのように頭や身体に巻き付け、ガチムチ野郎の六尺を口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。
そろそろ限界だ。
俺は前袋からマラを引き出し、ガチムチ野郎の六尺の中に、思いっきり種付けする。
どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。
本当にガチムチ野郎を犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。
ガチムチ野郎の六尺は、俺の雄汁でベトベトに汚される。
ガチムチ野郎、貴様はもう俺のもんだぜ!
俺の祭が済んだあと、他の六尺とまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。
また来年、祭で六尺を手に入れるまで、オカズに使う。
押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。

(終)

19 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:23:31 ID:xU84FUaG0
>>13
アンタもしかして…
オカルト板では有名な口だけ番長のマサさんかい!?

20 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 19:41:55 ID:IrVN1i5T0
>>15-17
長文はまとめて書けや!
早く続き投下しろや!

21 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 21:14:52 ID:cDy8Y1fF0
たかがコピペに熱くなるなよ

22 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 21:46:05 ID:12v1qqqw0
ここまで怖い話一切なし

23 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 22:29:01 ID:yOCZYY140
いまんとこ六尺

24 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 22:43:05 ID:ZyWDCujQ0
数年前の寒い冬の夕方でした。
腹が空いたので吉野家に入りました。
並を注文して食べてると、前の席の2人と店員の様子とがおかしいのに気付き
後ろを見るとホームレスが牛丼と玉子を食べていました。
ホームレスは一度口に含んだ玉子の白身をダラーと何回も口から出してご飯に掛けて食べていました。
「げっ」と思ったがよく見ると玉子の器が無いではないか!
そして、ホームレスからは「ズッー カッ」と音がしてから口から白身が・・・
そう、白身ではなく鼻汁をメシにかけながら食べていたのでした。
それから、牛丼は暫く食べられなかった。


25 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 22:48:14 ID:AWPdUVon0
>>24
キチガイ荒らし死ね

26 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 22:49:06 ID:K0i2+GUF0
>>24
池沼さん、満足した?

27 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 22:56:41 ID:YHP1H7p80
空気中の微生物やらウイルスやらを吸着して栄養源にする次世代人類だったんじゃない

28 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 23:09:15 ID:guQtCHeHO
誰もいない密室で気配を感じるのは誰しもが一度は経験することでしょう
その時に振り返ったりどこかのコピペを思い出して上を向いたりしませんか?
しかしそこには誰もいない、当たり前です
じゃあ幽霊なんていないのか?と聞かれると答えはNOです、彼らは存在します
そうするとあなた方はどうして気配が有るのに見えないんだ?と言われるでしょう
答えは簡単です、常人には彼らが居るだけでは気配すら感じる事が出来ないからです
ではなぜ気配を感じるのか?その答えも簡単です、後ろに気配を感じたら試しに後ろを振り返ってください

理解しましたか?後ろを振り返ったのにまた後ろに気配を感じる訳を

つまりは


そういうことです

29 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 23:21:07 ID:aTaMzFPA0
>>28
つまんねえよチビ

30 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 23:22:11 ID:5AXgx9Yq0
>>28
ケータイから乙w
頭が悪いことが露見したなwww

31 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 23:31:37 ID:yOCZYY140
>>28
糞して寝ろよハゲッカス

32 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 23:34:40 ID:RdYJwQ8A0
誰か俺のキノコしゃぶれよ

33 :本当にあった怖い名無し:2010/02/21(日) 23:36:29 ID:N1y71z+E0
>>28
あなたが美人処女の部屋の中を隠しカメラで覗ける如何わしいサイトに
接続して、美人処女の部屋を覗いてるんだなぁという事だけ分かった。

34 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 00:08:16 ID:PvRfpnjz0
>>28
ともかく、流れを変えようとしてくれてありがとう

35 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 00:29:32 ID:MV7Fg8hLO
>>33
美人だったらどんなに良かったか…

36 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 00:52:35 ID:MXDCfE1R0
他にちょうどいいスレがなかったからここに書き込ませてもらっていいかな?
なんか日記形式で主人公を取り巻く時間空間の感覚が次第にどんどんおかしくなっていく小説を探してるんだよ
母親もどんどんおかしくなってって、主人公も最後はわけわかんなくなる
ああと確か主人公の名を別の名前で呼んでくるおっさんがいた
でもそのおっさん死んで(?)腕が飛んで、主人公が自転車でその腕を踏んで…みたいな
なんか全体的にオカルト感いっぱいのやつ
なんだったっけ?教えてエロいひと!

37 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 03:13:51 ID:FeidoCYt0
>>36
絶望の世界かなんかじゃなかったか?

38 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 04:11:50 ID:UgUT8Ro/0
前スレ埋めろクソが

39 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 04:14:21 ID:WZnLTwjW0
ビッグマグナム投下するぞオラア!

40 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 04:15:41 ID:IZfms3AJ0
中学のころぐらいからデジャヴがひどい。1〜2週間に一回ぐらいあるんだが一回だけすごい不思議な経験をした。
友達と買い物に行って、ちょっとエロいものを買って帰る電車の中、デジャヴに襲われたんだよ。
そのデジャヴの記憶の中で、「こんな可愛い袋の中にあんなもん入ってるとはおもえないよねw」って隣に座ってる友達に言ってたなーというのを感じて、あえて違うことを言おうと思ったんだ。
そしたらいざ違うことを言おうとしたら声が出ない。凄い違和感と、これ以外のこと言ったらいけないんじゃないか?という恐怖感と圧迫感に苛まれて、結局デジャヴ通りのセリフを喋った。

あれはいったい何だったんだろう?

41 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 06:02:12 ID:sBwzrjGn0
デジャヴって単なる既視感だけでなく警告って意味があるとか聞いた覚えが
一種の未来予知みたいな

話は変わるが中学の頃で思い出したが、修学旅行先のテレビから思いっきり睨まれたことがあったな
「こういう旅館とかって、絵の裏とかにお札張ってたりするんだぜw」とか言いながら部屋ん中荒らしてたら
オレンジ色っつーか赤っぽい光に照らされた感じの顔が下から斜め上を見上げるようにこっちを見てた
勿論そんな場面のドラマや番組はやってなかった
タイミングばっちしだっただけにあれはビビったwww

42 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 09:52:41 ID:k2S79bNL0
赤はヤバイぞ!

43 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 10:03:52 ID:70SC9c7EO

宇宙は数百億年単位で同じ事を繰り返してるから今が何回目か分からない。

デジャヴは前回の記憶がたまたま断片的に残った現象だろう。

あえて違う事を言わなくて良かったね。

僕の知人は違う事をしてしまって取り返しのつかない事態になったよ。


44 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 11:38:04 ID:4cwUyBVb0
>>39
黒岩先生www

45 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 11:50:58 ID:ml0qIvcbO
【社会実験】

書いたら現象が発生する幻のチャットルーム。
http://m-pe.tv/u/m/bbs/read.php?uid=poe2poe2&id=4&tid=13
とりあえず、リンク張っときますね。

文例:お願いしやす

※無害です

46 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 12:20:08 ID:9lB2dJYU0
記事にされたら現象が発生するブログも貼っとけば?

47 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 16:53:53 ID:0VeJrv2L0
昨日の夢です。 場所は小学校の校舎
懐かしい気持ちいっぱいで中を散策していると、
急にチャイムの音が聞こえました。
キーンコーン カーンコーン
ふと廊下の左側にある窓ガラスに映る自分を見てみると、
女の子を肩車している。重さというか肩車をしている感じさえしない
その女の子は黄色い帽子を目深くかぶって、赤いスカートをはいている。
私はまったく恐怖心を感じずそのまま歩く。
歩くたびに窓ガラスに映る女の子が、まるでパラパラ漫画を見るように
上体を動かしていく。どんどん揺れるスピードがはやくなって高速で頭が
ぶれていく。頭がとれるんじゃなかろうかってくらいにブンブン、ブンブンと。
さすがに気持ち悪くなってきて、来た道を戻ろうと、振り返ろうとしたら
両頬をガシっと両手でつかまれ顔を動かす事ができない。
焦りだす私を尻目に  ピンポンパンポーン  校内アナウンスが流れた

「次は何町に住むAさん(私の名前)に決まりました。おめでとうございます。
 Aさんの頭がなくなるまでもう少しの辛抱ですよ。」

もう訳が分からず私は廊下を進みます。
右手にある教室に明かりがついているので中を覗き見ると子供たちが
楽しそうに大人たちの手足を切り落としているところでした。
のこぎりを引く女の子。ナイフを突き刺し、千切りとろうと悪戦苦闘する
男の子。私は声を出さないよう吐き気を我慢し走り出しました。


48 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 16:59:25 ID:YWnRbKuh0
 「Aさんの足がなくなりました。」 アナウンスが流れます。
と同時に目の前が明るくなり私は教室の中にいました。
 「次はこれだね。」
男の子が呟き私の足にのこぎりをあてます。
もう無我夢中で男の子を突き飛ばした私は教室を飛び出しました。
その途中に、いくつか教室があったのですが見る余裕もなく、
出口であろうと思われる運動場へでる扉を探しました。
必死に走っている途中廊下の窓ガラスに映る私の頭の上には女の子が
楽しそうに頭を振り続けています。
「Aさん Aさん 何何町に住むAさん。今は図工の時間ですよ。」
アナウンスが流れました。 必死走る私の10m先に扉が見えます。
片方の扉が開きかけ、外の明かりがみえました。
 たすかったぁ 安堵感がこみ上げ私は扉を開けました。
頭頭頭頭頭 子供子供子供子供子供   頭と子供
女の子が大事そうに男の頭を抱きかかえています。
もう一人の子は地面においた頭の上に逆さまになって倒立しています。
おでことおでこをくっつけている男の子もいます。
  キーンコーン カーンコーン       チャイムが鳴り響きます。

バリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリ

一斉に子供たちが頭を食べ始めました。
両肩に重さを感じた途端、頭をすごい力でつかまれました。
食われるっ!瞬間的に私は両手で振りほどきました。
両手をばたつかせ、どこをどう走ったのか覚えていません。
気がつくとベッドの上でした。上体を起こし薄暗い部屋を見渡した後、
携帯を見ると朝の5時14分でした。
「こわかったぁ」安堵のため息と共に呟きました。
「手足は邪魔ッ」女の子の声がはっきりと聞こえました。


49 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 17:00:07 ID:YWnRbKuh0
猿夢って創作?リアル?私は病院に行った方がいいのでしょうか?お寺や神社の方がいいのでしょうか?
寝るのが怖いです。

50 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 17:15:46 ID:uEs4jLGv0
猿夢は創作です。
パニック障害に近い物と思われるので病院行ったほうがよいでしょう。

51 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 19:37:46 ID:4cwUyBVb0
てst

52 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 22:35:02 ID:+GhKNoRN0
電信柱に手をついたら、そこにカメムシがいた

53 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 22:36:35 ID:SlIxvY710
確か「二本の缶コーヒー」ってタイトルだったと思うけど、
どこで読めるか知らない?
見当たらないんだよね。

54 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 23:09:48 ID:/+w3bjVj0
カメムシは流行らんって
早いとこ失敗を認めて撤退しなはれ

55 :本当にあった怖い名無し:2010/02/22(月) 23:26:13 ID:odeJ6N560
ちゅまんね〜〜〜

はいつぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

56 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 00:45:01 ID:aFaK47vi0
オラオラ!!!
さっさと怖い話を持ってこんかい!!!!

57 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 04:27:49 ID:PbX8dD9O0
/6
あれはもう三年くらい前になるかな。
俺と彼女で伊豆に泊まりで遊びに行ったときの話だ。

天気も良く西湘をドライブしながら伊豆方面へと向かった。
途中までは快適に進んだんだが、熱海を過ぎた頃からナビが
おかしくなっちまった。一応、目的地をインプットしてあったん
だが、グルグルと画面が回転している状態が続いた。

おかしいなぁ、壊れたか?
海沿いじゃなくて山越えルートにしたのは失敗だったか。
周りも何もなくひたすら1本の山道が続いているだけだった。
平日のせいか、対向車も後続車もない。

仕方が無いのでマップルを引っ張り出して、彼女にサポート
してもらう。俺も山越えルートは初めてだったんで道がよく
わからない。ゆっくり出てきたのでそろそろ夕方だ。あたりも
暗くなりつつある。

まいったな、これじゃ時間通りに宿に着かないな。
携帯を見ると思いっきり圏外だ。。。
それでもひたすら山道を進むとYの字に分かれていた。
困ったことに標識が無い。路肩に車を止め、どっちだ?と二人
で問答。ナビの現在地は八王子を指している。。。(アホナビ!)
仕方が無いので右へ進むことにした。


これがすべての間違いだった。

58 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 04:29:47 ID:PbX8dD9O0
2/6
あたりはすっかり暗くなり車のライトなしでは本当の闇だ。
当然ながら街灯もない。しばらく進むと車がガタガタと揺れ始
めた。あれ?この道って舗装してないのか?今どき?
しばらくの間、緩やかな下り坂をガタガタと進んで行くと今度
は三叉路に出た。標識というか、随分古い感じの案内板が立っ
ていたが字が消えかかっててよく見えない。。。

どうする?
どうしよう・・・戻る?
ここでもしばらく問答。と、その時、目の前を1台の車が横切
った。その車は三叉路を右から左の道へと受け流すように進ん
で行った。久しぶりに自分達以外の車に出会った嬉しさからか、
俺らも勢いで左の道へ急発進した。きっとあの車に着いて行け
ば街まで出られる!勝手にそう思い込んで、前をゆく車を見失
わないように進んだ。

しかし前の車、異常に速い。どこかの豆腐店並みだ。どんな車
なのかとよく見る。白いセダンだがどこのメーカーか不明だ。
よほど足回りをいじってあるのか?色々と考えていると彼女が
変なことを言い始めた。

ねぇ、あれって・・・どこのナンバー?
ん?ナンバー?ナンバーがどした?・・・

59 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 04:30:32 ID:PbX8dD9O0
3/6
確かにナンバープレートはあった。そして数字も書いてある。
しばらく見ていて何やら違和感を覚えた。ナンバーは問題ない
のだが、陸運局の地名?が見たこともない名前だったんだ。
何やら昔の略していない複雑な漢字3文字だ。3文字とも難し
くて読めなかった。

あんな地名あったか?九州のほうかな?
えー・・・あんな名前聞いたことないじょ・・・

(翳欝嚢 ←こんなイメージ・・・)

そんな事を考えていたせいか、気がついたら前の車が見えなく
なっていた。あれ?どこかに曲がる道でもあったのかな?
キツネにつつまれたような奇妙な感じだったが、目印となる
車がいなくなってしまい、再び不安感がこみ上げてきた。
もはや先に進んでいいのか戻ったほうがいいのか、俺達には
わからなくなっていた。ナビは所沢を指していた。。。

と、遥か先に明かりが見えた。
やった、街だ!やっぱこの道で正解だったべ?
この時ばかりはホッと安心し二人で喜んだ。そして車を進める
と、さっき見えた明かりは民宿?の灯りだったことがわかった。
俺達は道を聞くために車を止め、二人で降りて民宿の中に入った。
中には親切そうなおばちゃんがいて、抜ける道を教えてくれた。

60 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 04:51:32 ID:PbX8dD9O0
4/6
お礼を言い、車に乗り込むと何か聞こえる。
ん?何だ?どこからか音楽が聞こえね? え、あ、ホントだ・・・
よく見ると民宿の隣に建ってる家?から聞こえてきているようだ
った。あれじゃ近所迷惑だな、とか言いながら民宿を後にした。

でもさー、あの民宿、すごく臭くなかった?
え?そうだった?俺、全然気がつかなかったわ。
アンタ、蓄膿だからね・・・なんか生臭かったよー魚みたいな。
そっかー、客用の仕込み中だったのかな?

その時だった。
目の前を何かが横切った。咄嗟に急ブレーキ。
鹿か?馬か?ヘッドライトに照らされて一瞬見えたような気が
するがハッキリとわからなかった。しかし白い何かだというの
は見えた。そして冷や汗をかいてる俺に彼女が言った。

ねぇ・・・ねぇ・・・あれ見て・・・
ん?何?どした?
彼女の指差す前方をよく見た。急ブレーキで立ち込めた土煙が
引き、視界が徐々に開けてきた。

あ・・・・


61 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 04:53:01 ID:PbX8dD9O0
5/6
言葉が出なかった。
目の前には大きな岩がいくつも転がっていた。きっと落石?が
あったんだと思う。でもさっきまでそんなものは見えなかった。
山道とはいえ、ここは直線に近かったから見えないはずがない。
きっとあのまま直進していたら、岩に突っ込んで。。。

しばらく彼女と口をあけてポカーン・・・

その時、車の後ろに人の気配がした。
バックミラーを見ると一瞬、白い人影?が見えたような気がした。
こりゃいかんってことで、すぐにもと来た道を引き返した。二人
ともさすがに只事ではないということを感じていた。もうどうして
いいかのさえ分からなかった。

恐怖に引きつりながら進むと、さっきの民宿の灯りが見えた。
助かった、とりあえずあそこに逃げ込もう!あまりの恐怖で髪が
全部白くなってんじゃないかと思うくらいだった。そして民宿の
前で車を止めた。


そんな・・・あほな・・・

62 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 04:54:40 ID:PbX8dD9O0
6/6
そこは民宿じゃなくて俺達が泊まるはずのペンションだった。
よく見ると周囲には普通に民家がある。人の気配も普通にするし
車も普通に走っている。もちろん普通のナンバーの車だ。

しばらく彼女と無言でポカーンとしているとペンションの中から
従業員が出てきて誘導してくれた。当然、その夜は気持ちの整理
が着かずに二人とも楽しめなかった。


今では彼女と、あの時は狐に化かされたのかな?と言って笑い話に
なっている。

おしまい。

63 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 05:29:42 ID:bjtkAclq0
この頃、長文だから洒落怖とか創作だから洒落怖になってきてるんだろうな・・

>>57-62
面白かったけど、短くしてenigmaとか他のスレの方が良かったと思うわ

64 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 09:48:45 ID:RNNvXsZO0
自分のの身の丈が分からない人が多くなったんだよ

65 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 10:13:21 ID:bxHnaCEZ0
実体験なら多少あるが、死ぬ程と言われるとどれもそんな怖くないしなぁ・・・

66 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 11:02:53 ID:bWjuchgn0
>40
煽りじゃなくてあえて言うが統合失調の初期じゃね?

67 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 12:01:21 ID:Fk/x+8vO0
>>57-62
なんとも不可思議な体験でしたね、
対向も後続も民家も無い暗い山道走ってるとすんげぇ不安になる
(舗装されてても一車線しかなかったりところどころ傷んでたりすると怖さ倍増)

先を行った車が異空間への水先案内なのかな、とか
落石へと続く抜け道を教えてくれた民宿のおばちゃんが主で
車の前に飛び出してきたモノ(もしかしたら白い人影と同一?)が助けてくれたのかな、
とか考えながら興味深く読ませていただきました。

68 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 16:08:19 ID:8ucgrJMl0
以前、ファミコン版ゼビウスの話をみかけました。
まとめサイトを探しても、見つかりません。
どこで読めるのでしょうか。

69 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 20:02:08 ID:OKx51QMD0
>>68
それってどんな話?
都市伝説じゃないの?

70 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 20:49:27 ID:MGu4612g0
稲川の「生人形」ってそんなに怖いのか?
30年くらい前ワイドショーで稲川が生ライブやったとき
スタジオがとんでもないことになったらしいな

会社の上司が高校のときそのテレビをリアルで見てたらしく
飲み会の席でその話を断片的に聞いた

誰かもっとkwskおちえて!

71 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 21:30:40 ID:6wKB54jN0
うちの職場の事務の女の子がストーカーっぽい同僚に困ってるらしいです。
人づてに聞いただけなんでハッキリとはわからないんですがストーカーは営業課の26歳の社員らしく、昼食時に勝手に隣に座ったり、帰りに駅の改札で偶然を装って待ち伏せされたりするそうです。
それに教えてもいないのに携帯の番号やメルアドまで知られてしまったようです。
僕も心配なので相談に乗ろうとお昼ご飯を一緒に食べようとしたり、
一緒に帰るために駅の改札で待ってみたりしてるのですが、
彼女も遠慮してるのか、中々本心を語ってくれません。
直接は言いにくいのかと、人づてに電話番号やメルアドも聞いたんですが、
そっけない返事しかこないです。
本当に心配です。
何とか力になりたいんですが、どうすればいいでしょう?
(26歳 営業課平社員)


72 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 21:39:30 ID:S1B+2DaQ0
生人形って
なまにんぎょうって読むんじゃないんだな・・・

73 :塩辛:2010/02/23(火) 21:44:55 ID:1JyxS1TV0
初投稿。
ご飯のお友達、いかの塩辛。 美味しいですよね。
私も大好きでこれさえあれば何杯でもご飯食べれました。
今回書かせていただいたのはこの塩辛に纏わる話です。
実際に地名を出すわけには行きませんし風評被害を考えて
多少のブラフ入で私の聞いた怖い話を紹介します。
塩辛好きな方や長文苦手な方はスルーしてください。



とある地域ではいかの塩辛がかなりポピュラーで その地域の村人なら
誰でも作れてしまうほどでした。
塩辛は基本的にはいかを短冊切りしていかの内蔵と塩で
混ぜるだけの簡単な料理なのですが味は千差万別。
作り手次第で全く別物になってしまいます。
そんな地域の中でもダントツに美味しい塩辛の作り手がいたそうです。
仮にこの方を黄村さんとします。
この黄村さんの作った塩辛は凄く濃厚で文字通り他の塩辛とは
レベルが違うのです。ちなみに村人が作った塩辛でも市販されている
塩辛と比べ物にならない位美味だといえば
いかに黄村さんの塩辛が美味しかったかがわかってもらえると思います。

74 :塩辛:2010/02/23(火) 21:46:19 ID:1JyxS1TV0
当然評判を聞いた業者に市販製品の監修してくれ!や村長から
村起こしのために作り方を公表してくれ!という依頼が殺到しました。
それでも絶対に黄村さんは首を縦にふることはなくひたすら村人の為
だけに極少量のみ作られていた。決して村人以外には食べさせなかった
のです。
実は数年前まで黄村さんはいわゆる村の新入りで家族そろって
村八分のような扱いをうけていました。
その状況に耐え、同じ村八分の仲間内で助け合いながら頑なに
村人との接触を避けていました。
ただ数年前にとある事件で家族を失って以来、人が変わったように
村人へ媚びへつらい、関わりだすようになった。
当然村八分にされていた人間ですし最初は邪険にされていたようですが
美味しい塩辛で村人と良い関係を築いていったのです。
そんな理由から黄村さんの塩辛は村人と黄村さんを繋ぐ大事なキーであり、
製法をばらしてしまうとまた村八分になると危惧して秘密にいるのだと
皆が思っていました。
その根拠として仲良くしていた他の村八分をうけていた新入りの家族とは
表向きは仲良くしても決して塩辛は食べさせなかったのです。

75 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 21:46:39 ID:OPe9e95K0
>>70
生き人形は関係者が悉く怪現象やら不幸な目に遭ってるらしいね
確か、今は後日談もコミック化されてたハズ

76 :塩辛:2010/02/23(火) 21:47:47 ID:1JyxS1TV0
その後製法を頑なに秘密にする黄村さんを妬んだ村人が
とうとう事件を起こしてしまいます。
黄村さんの家に覆面をして押し入り包丁で脅して製法を吐かせようと
したのです。
結局最後には黄村さんは製法を皆に伝授する、ただ不公平にならぬよう
明日の夜皆を集める。
貴方の正体に興味もないし詮索しないから殺さないでくれ、
頼むから帰ってくれ、と。
確かに黄村さんが死んだ後に別の人間が同じものを作れば犯人だと

名乗るようなものですし犯人もそれならば…と思ったのでしょう、
そそくさと逃げていきました。
次の夜黄村さんの塩辛の秘密を教えてもらえると聞いて村人全員とは
言わずともたくさんの村人が集まった。
まず集まった村人にいつもの塩辛を振る舞い、楽しんでもらってから
製法を公開することになった。
黄村さんは脂汗まみれでぶるぶる震えながらずっとぼそぼそ
「嫌々…嫌々…」と呟き、体調がすごく悪いようでした。
ただ皆が塩辛を楽しんだのを見届けた黄村さんは汗まみれの蒼白な顔に
薄笑いをうかべ手際よく塩辛を作り始めた。
イカの内蔵をぐちょりギちゅぐちゃりぐちゃりぐちょりとつぶし
短冊切りにしたイカを混ぜ合わせていき最後に灰色の白子のような物を
入れ更ににちゃにちゃにちゅにちゃにちゃにちゅと混ぜ合わせました。
いたって普通の作り方でした。

77 :塩辛:2010/02/23(火) 21:48:51 ID:1JyxS1TV0
今のは白子か?と村人が聞くと黄村さんは蒼白な顔で



「それは脳です」 村人はざわつきました。

「お前らに苛め、むごたらしく殺された私の家族の脳ですあはあはあは」
実は村八分に堪えきれず娘と妻は数年前に自殺した事になっていたのですが
新入り仲間内では妻と子供は村人に偽装自殺させられていたと
噂になっていました。
詳しい死の状況はとてもきけませんでしたが妻だけでなく幼い娘にまで
今でいうレイプされたような痕跡があったそうです。
ですがろくに調べもせず「自殺」と断定されてしまっていたのです。
お葬式は新入りの仲間内で行われ、遺体も正常な状態でした。
恐らく黄村さんは殺された家族の身体を傷付けぬよう、鼻から鉄の棒を
差し入れ脳を引きずり出し、かきだし保存していたのでしょう。
その掻き出した脳を混ぜ込んだ特製の美味しい塩辛を村人に食べさせ
続けていたのです。
そして最後に黄村さんは青白い顔で
「お前らをのろう…ぃぁぃ…ぁ…は…たぁ…ぃぁぃぁはあは…」
と言いながらその場で笑いながら絶命しました。
絶命間際まで「嫌々?」とずっと呟いていたそうです。

78 :塩辛:2010/02/23(火) 21:49:44 ID:1JyxS1TV0
その後黄村さんの遺体を調べると腹に真新しい縫い傷があり、
開くと肝臓がどこにもなかったそうです。
黄村さんの家には恐らく抜き出された肝臓(半分ほど)と家族の遺体から
掻き出したと思われる脳が少量保存されていました。
残り半分の肝臓は…恐らく…。
最後の言葉から迫害され殺害された家族の脳と自らの肝臓を
村人に食べさせることで何らかの呪いをかけようとしていたと思われます。
結局呪いがどうなったのかはわかりません。
ほとんどの村人は無事でしたが(当然精神に異常をきたす村人は多数
でたそうな)、その事件の後なぜかある家族と村長の息子がお腹が

いたいいたいイタイいたイタイいたいたいたいいたいイタイイタイいたい
とのたうち回りながら血を吐いて変死しました。
彼らの遺体を解剖すると全員横隔膜から下の臓器が全て混ぜ合わせられ
ていたかのようにピンクと赤黒い肉をぐちゃぐちゃと混ぜ合わせ
どろどろになったようになっていたそうです。

それはまるで塩辛のようだったそうです。

79 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 22:15:31 ID:qAEna0Me0
いあ! いあ! はすたあ!

80 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 22:25:41 ID:Z3KvMHgC0
塩辛が食べたくなってきましたね

81 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 22:46:45 ID:8HKDbaxY0
塩辛ってなめくじに似ているよな
なめくじの塩漬けってあんな感じかな

82 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 22:46:54 ID:L3ByXj5q0
>>70
生き人形は俺が詳しいよ

83 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 23:18:45 ID:L3ByXj5q0
>>70
生き人形は俺が詳しいよ

84 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 23:22:39 ID:HIyIfLXM0
>>70
まずカメムシ獲って来い

85 :本当にあった怖い名無し:2010/02/23(火) 23:36:47 ID:L3ByXj5q0
>>70
俺が生き人形について一から十まで教えてあげるよ

86 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 00:18:10 ID:38403Ub20
イアイアハスタアのせいですぐに創作なのが分かってしまった\(^o^)/

87 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 00:53:20 ID:NAXdgYBi0
1/5
あれはもう20年くらい昔のことだったかな。
俺が小学生だった頃に田舎の婆ちゃん家に遊びに行った時の話だ。

婆ちゃん家は昔、蚕を飼っていたので古いがとても大きな家だった。
爺ちゃんは俺が生まれる前に亡くなったから、今では俺のお袋の弟
さん家族と婆ちゃんが暮らしている。婆ちゃん家は昔の家具とかが
たくさんあって、俺ら孫たちはその大きな家を探検するのがとても
好きだった。

近くには流鏑馬?で有名な神社があり、そこは昔から天狗が現れる
という伝説があった。お袋は子供の頃そこで不思議なものを何回も
見たらしい。

ちょうどお盆の時期だったと思う。真夏で暑かったのを覚えてる。
いつものように各家族の孫達が揃うとドタバタと家中を走り回り、
探検が始まる。俺が1番年上でお袋の妹の子供が1歳下。その次は
更にその下の妹の子供達2人で3〜4歳下だった。お昼ごはんを皆で
食べた後、2時間くらいドタバタと屋内外で遊んだ。

1番下の孫2人は昼寝を始めたので、俺は1歳下の従兄妹を連れて2階
の物置(元・蚕部屋)へ行った。いつものように梁の上に登ったり、
昔の家具の上に登ったりして遊んでた。窓からは午後の日差しが差
し込み、ぼんやりと2階の中を照らしていた。

子供だった俺は家具の上から大きなダンボール箱が2個積んである
上に飛び降りてみようと思い、思い切ってジャンプした。ドスンと
箱の上に着地したが、すごい埃でゲホゲホ言いながら箱から降りた。
飛び降りた勢いで2個の箱は崩れ、中身が見えていた。何だろう?
と思い中を見ると天狗のお面や団扇、お祭りの衣装?のようなもの
が入っていた。

88 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 00:55:02 ID:NAXdgYBi0
2/5
そういえば神社のお祭りの時に叔父さんがよくこの衣装を着て舞台
の上で踊っていたことを思い出した。箱の中には他にも色々と昔の
ものが入っていて興味津々だった。と、従兄妹が何か言った。

おにぃちゃん、ここに戸があるよ?

え?戸?おかしいな、婆ちゃん家は何度も探検してたがこんな所に
扉なんてあったっけ・・・確認したが確かにあった。恐らく飛び降りた
拍子にダンボール箱がズレて、隠れていた戸に気づいたんだな。
好奇心の塊だった俺は邪魔な箱をどかし、その戸を恐る恐る開けて
みた。

そこは天井裏のような空間だった。何もなかった。いや、よく見ると
1番奥の壁に何か貼ってある。何だろう?貼ってあるものが何なのか
すごく気になった俺はとりあえず中に入って見てこようと思った。
従兄妹もついてきた。しかし床がおかしい。他の部屋のように頑丈な
感じではなく、薄い板のような感じだった。仕方ないので縦横に何本
も張り巡らされた梁の上を進んでいった。

その空間は高さもあまりなく、小学生の俺でさえ立って歩くのが困難
なくらい天井が低かった。壁には窓はなかったが、外からの光が透け
て入ってきており明るさは問題なかった。ようやく1番奥へ辿り着き、
貼ってあるものを確認した。それは1枚の御札だった。但しなぜか上下
逆さまに貼ってあった。そして更に不思議なことに貼ってあったので
はなく、串で刺して固定してあった。

今思えば何であんなことをしてしまったんだろうと後悔してる。

89 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 00:56:38 ID:NAXdgYBi0
3/5
まだ子供だったんで何も考えてなかったんだろうな。俺はその串を
抜いて御札を手に取り、色々と観察してみた。かなり年季の入った物
であることがわかった。漢字で何か書いてあるが読めない。そして
串はよく見ると弓矢の矢のようだった。と、その時だった。

ドスン!・・・ドス、ドス、ドス・・・

何かの大きな音が聞こえてビックリした。従兄妹も驚いたようだ。
その音は大人が歩いているような音だった。誰か2階に上がってきたの
かな?そう思ったが何かがおかしい。よく聞くとその音は俺らが乗っ
ている床?の上を歩いている感じだった。床の下の部屋から何かで突っ
ついているのかとも思ったが、そんなものじゃなかった。明らかに歩い
ている音だった。天井を逆さまで。。。

天井を歩くって・・・なんだそりゃ???
マンガやアニメではそういうシーンは見たことある。でも聞こえてくる
音はそんな現実逃避を100%吹き飛ばすリアルなものだった。従兄妹は
怖くて泣いている。とりあえず「逃げないとヤバイ」ことだけは理解
出来た気がした。俺は剥がしてしまった御札と矢をポケットにしまい、
従兄妹の手を引いて梁づたいに入口まで戻り始めた。

出来るだけ音を立てずに進んだ。例の足音はどうやら床をあちこちを歩
き周っているようだ。まるで何かを探しているような感じで。と、その
時ポケットの中から矢が床に落ちてしまった。

カタン・・・

90 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 00:57:18 ID:y7JpsH330
ここだwww

91 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 00:58:20 ID:NAXdgYBi0
4/5
しまった!と思うのとほぼ同時にドス ドスドス!と足音が近づいてきた。
確実に俺らの真下にいる。。。ハァーッハァーッという息遣いや爪?のようなもの
で床を引っ掻く音まで聞こえてきた。恐怖の限界だった。従兄妹は怖さの
あまり目を見開いて硬直している。と、床のある1点に何かが見えた。

穴だ・・・
それは床に開いた直径3cm程度の穴だった。どうやら真下にいるやつは
そこから必死に覗こうとしているらしい。入口まではあと10m程もある。
このままでは逃げ切れないかも知れない。。。そう思った俺は床に落ちた
矢を拾うとゆっくりとその穴に近づいた。今にも心臓が破裂しそうだった。
そして恐る恐るその穴を覗いてみた。

目が合った。
ぁhf@j;あjdhふじこ!恐怖で声にならない声を上げ気がつくと
俺はその穴に矢を刺していた。

ドスン!
ギィャァァァァァァァァ!ドタバタドタバタ!

真下にいた何かが、本当の床に落ちた音がした。今しかない!俺は従兄妹
の手を引き入口まで一目散に突っ走った。そして外に出るとすぐに戸を閉め
ダンボール箱で戸を隠した。怖さで二人ともしばらく無言で固まっていた。
窓から差し込む光は夕暮れ色になっていた。ほどなくして親から夕飯だから
降りてこいとの声が聞こえて我に返った。

92 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 01:00:06 ID:NAXdgYBi0
5/5
階段を下りながらポケットに手をやると、おかしなことに御札がなくなって
いた。泣いてる従兄妹を見てお袋が「また泣かしたの?仲良く遊びなさいよ」
と言った。みんなで食べた夕飯の味もよくわからなかった。一体アレは何
だったんだろう。。。あれだけドタバタ音がしてたのに誰も気づかなかった
のかな?従兄妹の家は夕飯後に帰った。うちは遠いので何泊かしてゆく予定
だった。俺はその晩は怖くて眠れなかった。

翌朝、婆ちゃんに聞いてみた。
すると婆ちゃんは、そんな部屋は知らないと言う。叔父さんも知らないと。
そんな馬鹿なと例の2階のダンボール箱の所へ連れて行った。しかし箱を
どけても戸はなかった。俺は頭が???な状態でしばらく昨日のことを力説
したが、やがて無駄なことだと理解してあきらめた。ただ、婆ちゃんがこん
なことを言った。

この辺は昔は天狗様に連れ去られる人がおったったで。特に子供がな。んだで
神社でお祭りするようになったじゃのう。おまえもお参りしてくるといいで。
俺はお袋と神社へ行ってお参りした。お袋は俺の言ったことを信じたようで、
御札はありがたいものだから無闇にいじってはいけない、と教えてくれた。
お袋も小さい頃天狗に遭遇したが、なぜか連れ去られなかったと教えてくれた。


時が経ち、その従兄妹とは数年前に他の従兄弟の結婚式で会ったが、あの出来
事についてはすっかり忘れていたようだった。

今でもあの空間や床下にいたのは一体何だったのか・・・よくわからない。

おしまい。

93 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 01:06:53 ID:Btj4FbV2O
■喪女が語る心霊現象3…?■
[40]彼氏いない歴774年[] 2010/02/12(金) 04:00:02 ID:KQVAblhT
私もクリスマスに独りでイルミネーション見に行ったらすごい嫌な感じがした
霊感はある方じゃないんだけど何か胸が締め付けられるような感覚に襲われた
みんなに見られてるような気がして怖くてすぐにその場から逃げだした
あとで調べたらデートスポットってとこだったみたい
よく怖い番組でなんとかスポットに潜入とかやってるからその類いだと思う
周り歩いてた女の人もやっぱり怖いらしく男の人にぴったりくっついてた
何かあるんだよきっと

[41]彼氏いない歴774年[] 2010/02/12(金) 06:05:04 ID:eOMNzpvF
>>40
それは恐い
お祓い行った方がいいよ

94 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 02:40:18 ID:E9mjNXFT0
>>92
乙でした
天狗に悪戯でもされたんでしょうかね……?


95 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 02:44:19 ID:1U/JTsTiO
早く書き込みなはれやっ

96 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 03:32:03 ID:9lcD/cCQ0
<良かったね、キミにも弟が出来るんだよ。だからママは今病院なんだ。>
「嬉しいな。」
<じゃあ病院行くために綺麗な服に着替えちゃおうか。>
「ボク着替え持ってない。」
<オジサンが持ってるから、とりあえずそっちで着替えようか。人に見られると恥ずかしいでしょ?>
「うん。」
<じゃあオジサンが脱がしてあげるね。さぁ後ろ向いて。>
「うん。」


グサ グリグリグリグリ




小学生の子供を持つ姉が聞いた近所での事件らしい。
被害者は小学校低学年の男子児童。
肛門にボールペンを突き刺され、掻き回されたらしい。
上の会話は子供が親に話したその時の変質者とのやりとり(無論、こんな感じだった、という内容)
後ろを向かされ、いきなりボールペン突っ込まれて掻き回された男子児童の恐怖たるや
想像を絶するだろうな。

児童は腸管破損?だかで大手術、変質者はまだその辺にいる。

97 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 06:22:33 ID:NL5YiywT0
あー・・・
そういうのあったね。
イトーヨー○ドーのとかダ○エーでトイレに行った子供が、なかなか戻ってこなくて
トイレに行ってみたら子供が股から血を流しててって話。
中学の時かな、その都市伝説聞いたの。

98 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 06:45:47 ID:oN6VsXL10
1/5
もう、5年か6年程前の話なんだけど……
僕の家族は旅行が好きなんだ。
好きって言っても、父が仕事忙しい人だから
そんな頻繁に行ってるわけじゃないけど
毎年必ず2,3回くらい旅行してたんだ。

その年も行ってきたんだ。
東京・横浜・千葉のいろんなところを巡る旅行ね。
2泊3日で、1日目の夜は東京の親戚の家に泊まって、
2日目の夜は横浜のとあるホテルで泊まる、ってことになってた。

僕の家族は、両親と僕と妹・それからまだ幼かった弟の5人。
ホテルの部屋は2部屋取って、両親と弟が3人で、
僕は妹と一緒の部屋で一晩寝て、翌日横浜の中華街行って帰る。
そんな感じだった。
ホテルの雰囲気は悪くなかったけれど、雲行きがあまりよろしくなく
一瞬、"不気味"と何故か感じていた。

チェックインを済ませ、9階だったかの部屋までエレベーターで上り
母に部屋のキーを渡されると、両親と弟は隣の部屋に入っていった。

99 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 06:48:46 ID:oN6VsXL10
2/5
ご飯はホテル入る前に済ませたし、小腹が空いた時のためにお菓子等も
少しだが、一応買い込んである。
お風呂も済ませ、時計も10時を回った。さぁ、そろそろ寝ないと明日起きれない……

なのだが……僕は枕が変わると何故か寝つきが悪くなる。
ホテル泊まりが初めてじゃないとは言え、寝れないものは寝れないのだ。

今更だけど、当時の僕は中学生で妹は年子。
「ママ!おばけが怖いの、寝れないの!」なんて言う年頃でもない。
むしろ僕は幽霊だのお化け等を信じていない。
確かにホラー映画とかは怖いとは思うけど、あれは怖がるように作られているんだから
"怖い"と感じるのは別に普通なんだ。
決して「幽霊が怖いと思う」=「幽霊を信じている」ではないと思うんだ。

前置きがとても長くなってしまったけれど、本題に戻ると……

その日は、東京のいろんなところを見て結構疲れてた。
そのせいもあって、妹は11時頃にはとっとと夢の中だった。

何と無く、心細くてテレビをつけた。
面白いものはやってないかと思いチャンネルを回す。
すると面白そうなバラエティ番組が放送していたので、それを見ることにする。

…何故がベッドの前にある大きな鏡が気になる。
夜と鏡はあまり宜しくない組み合わせなので、鏡の自分と目を合わせぬように
恐怖心を紛らわすためにテレビに没頭する。

100 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 06:51:31 ID:oN6VsXL10
3/5
鏡のことなどすっかり忘れていた。
幸運なことに、丁度スペシャルだったみたいで1時間では終わらず結構長いこと放送していた。

気が付けば時計は1時を過ぎた。

バラエティ番組がCMに入ると、よくわからないCMが流れた。
「なんだこれ?」と、何のCMか考えていると、あるホラー映画のCMだった。
バスに乗った男女2人、女が深刻な顔で男に何か相談している。
(相談している内容はもう覚えていない。)
女がふいに窓に目をやると、追い越すトラックに女の幽霊の顔がボウッと現れ
女が悲鳴を上げる…と、まぁこんな感じのCMだった気がする。

いつもならCMくらいでビビッたりしないのに、この時ばかりは本気でビビってしまった。
「せっかく恐怖感がなくなっていたのに…」
と、思いながら再び蘇った感情を消すために再びテレビに没頭するも、
蘇った感情はなかなか消えてはくれなかった。時間だけが過ぎていく……。


――コツン、コツン……コツ……


何かが窓に当たる音がした気がした。
風か何か…小石でも飛んできたんだろう。と、訳のわからない事を自分に言い聞かせる。
風がコツコツ言うわけもないし、真夜中に9階まで小石が飛ぶわけもない。
でもこのときはこう思うしかなかったんだ。そうしないと怖かったんだ。

3、4回鳴ると音はいったん止んで一安心…と、思った時だった。

101 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 06:55:39 ID:oN6VsXL10
4/5
コツ、コツ…トントン、トントン……ドンドン…



何かが窓を叩く音がどんどん強くなってる…!!


"これは怖い!これは怖い!!"

そう思ってテレビを消した。部屋の電気はつけっぱなしだった。
布団をかぶって、若干震えながらも羊を数え自分を無理矢理寝かしつけた。



「起きなさい!あと30分したら、バイキング行くよ!」

ハッと目が覚めた時は既に朝だった。なかなか起きない僕たち姉妹を
母が起こしにきたのだった。

「ちゃんと着替えて、荷物まとめて、カーテン開けて、ゴミは捨てて
部屋を綺麗にしてから来るのよ。遅れると置いて行くよ。」

と、言うと母は部屋から出ていった。
目が覚めると夕べの出来事なんて綺麗さっぱり忘れていた。
ただ、あーっねむ。まだ寝てたいなぁ〜…と、ぼんやりしながら身体を起こす。

妹は寝つきもいいが寝起きもいい。
サッと起きるとササッと身支度を始め、部屋を出る準備をする。
遅れまいとダルイ身体を起こし、フラフラしながらカーテンを開けた。


102 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 07:02:23 ID:oN6VsXL10
5/5
見なければよかった。

本気で思った。

寝ぼけた頭が一瞬にして冷める光景だった。

窓には無数の手跡が残っていた。それも、内側ではなく外側の窓に……
このホテルにはベランダがない。ベランダどころか、足場がない。
それに窓は押すタイプというのか…45度くらいしか開かない窓で
とてもじゃないが人がそこから出ていくのは無理だった。

それだけじゃない。その手跡は何故か小さいものだった。

中学生にしては小柄の僕の手も結構小さいものだったが、それ以上に小さい。

まるで、幼稚園児か小学校低学年の子の手くらいの大きさで…
でも何故か指紋がついてない。手跡はついてるのに指紋がついてない。

どう考えても説明のしようがない出来事に、血の気がひいて寒くなった。
今思い返しても、寒いのだが…それでも幽霊は信じない。いや、信じたくない…。



……という、僕の実際にあった体験談です。釣りでも作り話でもないです。
むしろ作り話であってほしいと、逆に思うくらいです。
死ぬほど怖い、というわけじゃないからもしかしたらスレチかな……?
そうでしたらすみません。
でも、体験した僕からしたら死ぬ程洒落にならない体験でした。

猿に捕まって最後だけ遅くなりました…すみません。

103 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 07:06:40 ID:oN6VsXL10
捕まったけどすぐ解除されたってね…失礼致しました。

104 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 07:13:12 ID:ZcS8RcmX0
PRAY

105 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 07:44:50 ID:IJ1gLRKa0
怖いなふつうに

106 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 07:56:05 ID:HVx/XXzUP
>>80 ワロタww

107 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 08:04:26 ID:NL5YiywT0
俺、きっとスレ立てるよ!
決めた!

108 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 09:04:32 ID:UzqgvvOO0
【偽善】こげんたスレの似非黙祷2【荒らし】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cat/1264453078/

109 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 09:48:49 ID:MZtYithE0
ほんとアホらしい。くそ生ぬるいわ。
洒落ならん話あるで。

昔な、10年以上前同棲しとった女がおったんよ。
俺はまだ未成年、そいつは5つ上の普通のOL。
俺は高校卒業して働いとったんじゃけどなかなか続かず現場作業のバイトを転々としとった。
ちょっとクセのある女だったどそれなりに楽しく1LDKのマンションで貧乏生活送っとった。
ケンカも滅多にせんかったし、こいつと結婚するだろうな〜なんて漠然と考えとった。

110 :2:2010/02/24(水) 09:49:49 ID:MZtYithE0
夏のある晩な、パンツ一丁で寝とったんじゃけどジワーって股が生温く濡れた感触がして
「やべっおねしょしてしもうた!」って思ったんよ。
でも前の日飲み会で遅かったしマジ疲れとったから「もうええわ」ってそのまま寝ようとしたんよ。
でもなんかおかしいの〜思って起きたらそいつ俺の真上で天井の梁から首吊って死んどった。
ゲロやら糞やらわからんけど茶色い赤黒い汁で布団中びしょびしょ。

111 :3:2010/02/24(水) 09:50:38 ID:MZtYithE0
首伸びきってベロだら〜ん、目剥きだしてジローっと俺の事睨みよる。
俺は全く動けんでそのまま1日近くぼけーっとゆらゆらしよるそいつを見とった。
夜になって俺のバイト先のツレが無断欠勤した俺を心配して家に来て
そのまま警察やらなんやらの手続きを全部してくれた。

女が勤め先のおっさんと二股かけとって妊娠したみたいなんよ。
んでどっちの子かわからんもんじゃけえで俺にも秘密で堕ろしたらしい。
その事気に病んどったって後から聞いた。

112 :4:2010/02/24(水) 09:54:02 ID:MZtYithE0
その晩から眠ると女が出てくるんよ「●●くん、ごめんねごめんね」って。
そのうちに起きとっても出てくるようになった。
部屋の隅っこでジッとこっちを見とる。
エレベーターで一緒に入ってくる。
そいつが耳元で常にしゃべりかけてくるようになってきた頃
俺は鬱で入院する事になった。

わかっとるんよ、幻覚って。でも俺には見えてるんだもん本当に。

幽霊ってなに?怨念や意識が形になったものならば、
俺の目の前から消えない幻覚自体があいつの恨みや無念の塊だよね。

ちなみに浮気相手のおっさんもその後自殺した。
自責の念に堪えられなくなったんじゃろう。そいつも俺みたいに幻覚見よったんかもしれん。

俺は一生こいつから、こいつの残していった念から逃げられない。


113 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 11:10:49 ID:VPSj2xaw0
>>112
その考え方ならば、相手の事を忘れちゃえば幻覚も見えなくなるよね

114 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 11:35:03 ID:th8GB4RK0
>>36
狂気太郎の「ずれ」かな
http://madtaro.net/slippage.htm

115 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 11:50:14 ID:ywWKYyfb0
ごめんねごめんねー

116 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 11:53:34 ID:859jFOVm0
念の力で人に見させる幻覚こそが幽霊の正体かもな

117 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 11:54:33 ID:NL5YiywT0
>>113
ダイハツ・ミラココアのCMの女のようだね

118 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:10:17 ID:y7JpsH330
キムヨナ金確定

119 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:10:57 ID:wyPBf/OU0
幼稚園に行く前、家とコンクリート塀の間を通って庭に出ていた。
体を横にしたら楽に通れた。
しかし今見るとその間隔はホンノわずか。
手のひらを縦にしてギリギリ突っ込めるくらい。
子供でも通れるはずが無い。

120 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:14:42 ID:gawoso2+0
>>119
人間の子供も
太さがあるように見えて
こんなかんじで本当は細いんだよきっと

http://www.youtube.com/watch?v=b-4dF5Lsdxc

121 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:23:59 ID:15vH0uNn0
>>118
金が金とるのか

122 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:24:38 ID:6le8Kzw80
te

123 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:24:48 ID:1/ND+XR70
「カツオ!どこにいるのカツオ!」
「やべっ、赤点のテスト姉さんに見られた!」

ゴトッ
「カツオ・・・そこにいるの?」
「・・・・・・」
「カツオ・・・私は今トイレの前にいるわ・・・」
(ヒィィィィィィ)
「カツオ・・・私は今階段を上ってるわ・・・」
(ガクガクブルブル)
「カツオ・・・私は今あなたの部屋の前にいるわ・・・」
(ジョォォォォォォ)

「カツオ!」
「ごめん姉さん!」
「次赤点とったら学校に通うこと以外で外に出しません!」
「そんなぁ・・・」

124 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 13:33:09 ID:473lV9n70
昨夜って言うか今朝方?寝床に全裸のおっさんが現れた

ベッドは壁際に置いてて、その壁へ向く形で横向きに寝てたんだけど突然金縛り。
目は開いたんだが、少し明るくなってきてて壁や枕元に置いてた漫画本も普通に見えた。
ピクリとも動けないことにも驚いたんだけど、
それより驚いたのが背中に明らかに気配があること。
背中の後ろのスペース、かけ布団の上に誰か腰掛けてる。
そのせいで布団が少し引っ張られてる感覚も重量感があって、
本当に人間がいるのかと思うくらいリアルで滅茶苦茶混乱した。戸締りはきちんとしてたけど。
使ってるのは相当年季が入ったパイプベッドで、身じろぎするとすぐに音が鳴るんだが
その気配が手を付いてるらしきところから「ギッ……」っていう音もする。

というかこの時点になると、自分は壁のほうを向いてるはずなのに
なぜか後ろにいるのが全裸のおっさんだと分かったんだよ。
普通にベッドに寝てる自分と、部屋を俯瞰で見てる自分の二つの視点があったというか……
おっさんはもう、絵に描いたような小太りのハゲ親父。
チビではなくて背丈や体格は結構あるんだが、腹はメタボ気味だし
全裸だからスネ毛どころかアレとかソレとか見えてるし、もう純粋にキモイ。
それがベッドに足を閉じておネエ座りで腰掛けて、
俺の後頭部の近くに手を付いて段々顔を近づけてくる。怖い。
いや、怖くもあったんだけど、もうそれ以上にキモくて近寄るな!って気持ちのが強くて
金縛りの中なんとか振り返って怒鳴ってやろうと悪戦苦闘してたんだが
いつのまにか寝てしまったみたいで、目が覚めたらこの時間になってた。
目が覚めてもまだ金縛りのときと同じポーズのままだった。

なんかもう、幽霊として怖かったって言うより
おっさんにアッー!されるんじゃないかと思って死ぬほど怖かった話……
今晩寝るのがちょっといやだ

125 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 14:41:11 ID:IvN7kJYF0
>>93
スレ違いだけど好き

126 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 14:50:11 ID:IvN7kJYF0
>>101
>僕たち姉妹
ぼくっこだああああああああ

127 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 16:31:03 ID:lY4FgU3f0
>>112
そういえば学生時代の後輩が4つ上のOLと同棲してたんだけど強引に別れて他の女と結婚したんだ
後輩にとっては金づるだったみたいだけど、その後その女が自殺した
後輩は自殺したと聞いても俺には関係ないですよとか言って笑ってたな
ところが生まれた子供2人とも奇形で、それが原因でカミさんはノイローゼ?なって精神病院に入院
後輩は夜毎に自殺した女が俺の部屋に来るとか言い始めて結局仕事止めてニート状態
今は親が後輩と子供の面倒見てるらしい
まあこれが自殺した女の祟りなのかどうかは判らないけどな

128 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 16:33:37 ID:8ssEV1Dt0
ぼくっこ最高うー!俺の嫁決定

129 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 17:32:21 ID:Px9U3nv50
知り合いの話。

知り合いには知能障害の叔父さんがいて、知り合いが物心付いた頃から既にちょっとおかしい人だったらしい
そんな人だから、結婚も出来ず、60を過ぎても一人暮らしをしてた
で、ある日耳から変な液が出てきたってんで兄弟が病院に連れてったんだと
そしたら頭蓋ん中イッパイに膿が溜まってて、それが脳を圧迫してた
医者は親族にこう尋ねた
「昔、頭の手術をしたことありませんか?」
そういえば、彼が3歳だった頃に風呂で母親が頭を洗っていて水が耳に入り、耳が腫れたことがある。
その時手術をしたと思うが、それがどうしたのか
「恐らくその時に付いた傷が原因ですねこの膿は・・・今まで知能障害と思われていたのも、脳についた傷と膿がもたらしたものでしょう。」

先天性のものだと思っていたものが実は医療ミス
しかも3歳の頃の傷で、約60年分の人生を台無しにされてしまった
親族にしたらものすごいショックだったと言う
しかも膿の摘出手術を終えないと助からなかったが、既に本人にその体力がない状態

数日して亡くなったという
洒落にならん話だった

130 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 18:03:36 ID:859jFOVm0
>>109-112
でも、よく考えたらID:lY4FgU3f0には何の罪もないじゃん
浮気されたんだから、いわば被害者のほうだし
楽しく同棲してたようだから、怨まれるようなことも無さそうだし
なのに見えちゃうってのは、何か後ろめたいことでもあったのか

131 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 18:54:21 ID:859jFOVm0
ID間違えた
ID:MZtYithE0には罪は無い

132 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 19:23:46 ID:icy42brC0
>>130
こぴぺ

133 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 20:39:00 ID:k+ogKrRU0
>>129は後味の悪い話スレとかどうかな

134 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 22:18:35 ID:6XaNKAtSP
「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。
 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」
「ははん。ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」
 魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。
 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。
「……へへへ、そうだな。お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。
 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。何しろ、」
「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ?
 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」
「……へっへへははははは! そうだろうな。そうだろうよ。
 ……なら聞かせてくれ。お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」
「隊長なんて興味ないね。部長でいいね。」
「……部長…。英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。」
「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!!
 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね!
 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ!
 トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!!
 そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」
 「…………勝てねぇ…。……勝てねぇよ……。…こんなヤツが隊長だったんじゃ、
 …勝てるわきゃねぇやな…。へへへへはははははははは!!」

135 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 22:45:44 ID:EbiQRxs00
はい次!!!!!!!!!!!

136 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 23:41:46 ID:EbiQRxs00
次!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

137 :本当にあった怖い名無し:2010/02/24(水) 23:55:41 ID:zAtFg5un0
111111!!!!!!!!!!!次

138 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 00:06:15 ID:X/yGXYEQ0
・・・・・!

139 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 00:14:41 ID:aLmZgzNi0
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

140 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 00:22:25 ID:ygaG4BN80
次っ!!!!!!!!!!!!

141 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 00:24:33 ID:ONxG2uBK0
それなんか意味あるの?
自己満足がえられるの?

142 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 01:08:36 ID:dMZ+r9910
意味なんてない

143 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:11:53 ID:cUy9rbsV0
>>141
きみも やって みれば わかるよ

はいはい次次

144 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:12:41 ID:0/ZxkvvA0
1/7
あれは俺が小学生の頃だから、もう20年も昔の話だ。
今回は少し長いっす。

俺の出身は北関東の寒村で、周りは田んぼと山だらけだった。
だから子供の頃は田んぼで藁の束を積んで秘密基地を作ったり
河で魚を取ったりして遊んだもんだ。村の人たちも皆いいひと
ばかりで、田舎ならではの良さがある村だった。

そんなよくある田舎の村だったが、たった1度だけ、村全体が
恐怖に陥った出来事があった。今日はその事件を書いてみる。

その村には「絶対に入ってはいけない辻」というものがある。
辻とは言っても小さな丘のような所で、幅3m、奥行き10m、
高さ1mほどの大きさだった。そしてその辻の上には、小さな
石碑と半鐘?(時代劇の火事とかで登って叩く鐘)のようなもの
があり、周りは田んぼに囲まれていた。

理由はわからないが、親や婆ちゃん(父方の)からは、あそこで
遊んじゃいけねぇよ、といつも言われていた。何でもあそこを
いじったりすると血の雨が降る、という言い伝えがあるそうだ。
確かに子供の俺から見ても不気味なふいんきがビンビン感じら
れる場所だった。

それは2月の寒い日のことだった。

145 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:14:17 ID:0/ZxkvvA0
2/7
俺と友達は凧揚げをすることにした。この地域は冬はいつも
大風が吹いてるから凧揚げにはもってこいだったんだ。いつも
のように近所の田んぼで揚げていると、かなり乗りがいい。
釣竿のリールに糸を巻いて凧につないでるんだが、ぐんぐん凧
が昇っていった。

こりゃすげーや、あんなに小さくなっちまったぜ!
俺は喜んでリールを緩め、どんどん高く凧を飛ばしていった。
しかしこの日は風が強すぎた。ブチッという音と同時に凧が回転
しながら遠くへ飛んでいった。アチャー・・・まいったな・・・

俺は友達のかっちゃんと凧を探しに走った。と、ほどなくして
先を進むかっちゃんの声がした。「あったぞ〜」俺は見つかって
よかったと安心したが、それはすぐに不安へと変わった。。。

どうする?
う〜ん・・・どうしよ・・・

凧は例の辻の半鐘に引っかかっていた。風でバタバタと揺れている。
今までここは通り過ぎることはあっても、登ったりしたことはない。
しかも親達からは絶対入ってはいかんと言われている。そのことは
かっちゃん家も同じだった。太陽はまだ高かった。しばらく悩んで
いたが、かっちゃんが「長い棒で引っ掛けて取ろう」と提案した。
俺はいいアイデアだと思い早速二人で棒を探した。

146 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:15:44 ID:0/ZxkvvA0
3/7
棒は意外と早く見つかった。かっちゃんがやると言い、少し離れた
所から凧に向かって棒を伸ばした。半鐘までの高さは3m弱といった
ところか。何度か突っついたが、全然取れる様子もない。頭にきた
かっちゃんは足元の石ころを投げつけた。カーン・・・半鐘に当たった。
錆付いた半鐘からはその外見からは想像もつかない程良い音がした。

ダメだな、取れないや。
と、その時、凧が半鐘から外れ空高く飛んでいっちまった。それも
すんごい勢いで。。。さすがにあれは追っても無駄だと子供の俺で
もすぐにわかるくらいの勢いだった。高かったので悔しかった。
諦めて二人で帰ろう、ということになったが急に天気が悪くなり始
め、雨が降ってきた。幸い俺の家もかっちゃん家も近い。バイバイ
してすぐに家に着いた。と、ほぼ同時に大雨。しかも雷?まで鳴って
きた。2月に雷?ありえねーとか思いながらも、まさかさっきのが
原因じゃないよな・・・とちょっと不安だった。


何やら外が騒がしくて目が覚めた。
なんだ?こんな時間に。。。時計を見たら午前零時半だ。親はすでに
起きて外で近所の人に何事か聞いてるようだった。戻ってきた父親は
血相を変えて「おい、かっちゃんがいなくなったんだと」と言った。
俺は「えっ!?」と驚いた。騒がしかったのは村の皆でかっちゃんを
探しているからだった。何でも昼間遊びに行ったきり帰ってこなかっ
たらしいが、親父さんが夜勤で帰宅が遅かったから気がつかなかった
ようだ(母親は亡くなっている)。

おまえ、何か知らないか?
「・・・」俺は怖くて黙っていた。

147 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:17:28 ID:0/ZxkvvA0
4/7
結局その晩、かっちゃんは見つからなかった。あの時、確かに自宅の
方向へ走っていく姿を俺は見た。一体どこへ行ったのか。。。翌日、
警察と村人で捜索が始まった。俺は子供心に怖くてどうしようと悩ん
だが、このままじゃかっちゃんが本当にいなくなる気がしたので親に
言った。「バカヤロー!」俺は親父の平手で吹き飛んだ。「あそこに
は入るなといつも言ってただろう!」俺は泣きながら謝るしかなかった。

親父は早速、村の人たちにそのことを告げ相談を始めた。

しばらくして村のご意見番というか不思議なちからを持った婆さんが
きて「家の周りに小便を撒いて玄関に塩を盛るように」と言った。その
婆さんの不思議なちからは何度か見たことがあり、俺も小さい頃に疳の
虫がひどかったので、その婆さんに直してもらった記憶がある。手首に
細い紐を巻いて指先をこすられたと思ったら、爪と指の間からクネクネ
と動く正体不明の生き物?が出てきた。それが疳の虫なんだという。
婆さんはそのクネクネを引っ張って巾着袋に入れて封をした。子供なが
らに不思議な婆さんだなと思っていた。外見はナウシカに出てきた予言
の婆さんにそっくりだった。

こりゃ大変なことになっちまったね・・・死人が出なきゃいいが・・・

婆さんは村人全員に今すぐ家に帰り、今日は一歩も外へ出ないようにと
伝えた。あの辻にだけは触れちゃぁなんねぇ。昔からあそこを崩そうと
したりすると必ず死人が出たんだよ。そりゃぁすごい祟りが起こるんだ。
婆さんは俺を脅した。俺は泣きながら震えているしかなかった。
いいかい?次に祟られるのはおまえだ。今夜はずっと目を閉じているんだ。
絶対に何が起こっても目を開けちゃぁなんねぇ、いいね?婆さんはそうと
俺の髪を何本か抜き、うちの仏壇で念仏を唱え始めた。

148 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:19:22 ID:0/ZxkvvA0
5/7
俺は両親に囲まれてずっと目をつぶっていた。時間ももう遅い。寝てしま
えば楽なんだろうが、緊張でまったく眠れない。婆さんはずっと念仏を
唱えている。と、バチンという音とともに電気が消えた。親父がブレーカー
を上げるも電気がつかない。停電か?仕方ないので仏壇用のローソクに火
をつけたようだ。すると婆さんが「むっ」と言い念仏をやめた。

カーン・・・カーン・・・

何やら遠くから鐘の音が聞こえた。。。
来たね・・・婆さんはそう言うとガサゴソと何かをいじっているようだった。
俺は目をつぶっているので何が起こっているのかわからない。ただ、鐘の
音がだんだん近づいているような気がした。

カーン・・・カーン・・・

俺は怖くなった。しっかりと両親の手を握っていたが汗でぬるぬるしてい
るほどだった。両親も震えている。婆さんは相変わらずガソゴソとしてる。
と、うちの前で鐘の音が止まった気がした。ずっと目を閉じてるから聴覚
が敏感になっていたんだと思う。途端に玄関の戸がガタガタと言い始めた。
ヒィッ!俺と親は怖くて悲鳴を上げた。玄関はしばらくガタガタしていたが
じきに止んだ。と、今度は屋根の上を何かが歩いている音がした。時折、
ヒ〜ッヒヒヒヒというような不気味な声が聞こえてきた。しかも複数の声だ。

149 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:21:01 ID:0/ZxkvvA0
6/7
いいかい?目をつむったまま声も出しちゃぁダメだからね?
婆さんはそう言うと家の中央の柱に何かを打ち付けていた。と、何かの気配
がする。。。すぐ近くに何かがいる。。。両親は気がついていないようだ。
でも声を出してはいけない。うう、でも何かが俺の近くで匂いを嗅いでる
ような感じだ。気持ち悪い。とてもじゃないがこの世のものとは思えない。
両親は気づいていないようだった。俺は恐ろしさと緊張で失神寸前だった。


見 ぃ 〜 つ け た ぁ


確かに聞こえた。
と同時に俺は完全に気を失ってしまった。


翌朝、俺は外の騒がしい声で目が覚めた。
いたぞー 見つかったぞー たくさんの人がそんな感じで叫んでいた。
部屋の中を見回すと両親はいない。婆さんもいない。俺は昨夜のことを思い
出して再び怖くなった。と、視線を部屋の中央へ向けると何か違和感がある。
昨夜、婆さんが何かをやっていた場所だ。よく見ると中央の柱(大黒柱)が
真っ黒に焦げている。。。一体何があったんだろ。。。と、外にいたお袋が
家の中に入ってきて、俺に言った。ねぇ、かっちゃんが見つかったんだって!
俺はすぐに飛び起きて外へ出た。ちょうど親父が帰ってきた。俺はそこで
色々聞いた。

かっちゃんは近所の豚小屋の中でなぜか裸で寝ていたらしい。命に別状はない
が、俺とバイバイしてからの記憶がないらしい。ただ、手には火傷を負って
いたようだと言う。俺はというと、昨夜失神した直後に柱が燃え上がり、その
まま鐘の音も消え無事、朝を迎えられたと聞いた。婆さんが俺の髪を祈祷用の
人形に入れ、その柱に打ち付けたことによって、家の守り神の大黒柱が身代わ
りになって助かったんだという。

150 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:23:07 ID:0/ZxkvvA0
7/7
婆さんは?と聞くとかっちゃんの体を清めに行っているそうだ。どうやら昨日、
玄関をガタガタしたのも屋根の上で暴れたりしたのも彼なのだそうだ。きっと
取り憑かれていたんだろうということだった。その後かっちゃんは街の病院へ
運ばれたが元気になり帰ってきた。但し記憶は消えたままだそうだが・・・
この事件を通して、子供ながらに自然には立ち入ってはいけない場所があるん
だなとしみじみ痛感した。


時が経ち、今、その辻の周辺には高速のインターチェンジが出来た。北関東
自動車道という高速らしい。俺は田舎を離れて数年経つが、今でも帰省すると
あの時のことを思い出す。親の話では高速のルートもわざわざあの辻を迂回
して作られたということだった。確かにもし、工事であの辻が破壊されてたら
この高速の建設計画もどうなっていたか・・・考えると恐ろしくなる。

ちなみにこの事件の1年ほど後、前回の天狗の事件に遭遇した。

おしまい。

151 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:27:51 ID:CFQJpOvE0


152 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:35:31 ID:cUy9rbsV0

お払いをするとき返事をしてはいけないやらそっちを見てはいけないだのは知ってるけど
目も口も開けてはならんというのは初めて読むかな あと小便撒くのも

153 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:44:35 ID:0/ZxkvvA0
どうも。
うろ覚えだが、その婆さんが言うには河童とか物の怪?は人間の
小便が嫌いで、かけると怒って逃げ出すそうな・・・
俺は見たことないけどその婆さんやお袋は昔、河童も見たらしい

154 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:45:00 ID:HWfjwOcg0
>>144
シャーマンみたいな年寄りや土地の因習に無縁な環境で育ったから面白かった。
1/7の辻は辻堂のことだよな。
道や交差点のことだと思っていたから、辻の上とか今一分からなかった。
方言なのかな?


155 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 02:58:01 ID:0/ZxkvvA0
あ〜そうっすね。
うちのほうでは皆「つじ」って呼んでたんでてっきりそれが正式名称かと
思ったけど、辻は交差点ですもんね。きっと略されてたんだと思います。

156 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 04:37:34 ID:KGX7s6cNO
>>144-150
八尺様みたい

157 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 04:46:30 ID:gF7W2fLo0
あっ...八尺様ァ...

158 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 07:13:47 ID:B23P7zGvP
>>123

サザエさんのうちは平屋だったはず…
って、これ、コピペ?

159 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 07:36:49 ID:eitqPKto0
なかなか面白かった。
最初SIRENかと思った。
結局正体は不明かな。

160 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 08:31:10 ID:aLmZgzNi0
はーいーじー!!!

161 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 09:01:15 ID:rLcwJXmO0
くーらーらー

162 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 10:14:49 ID:MrP835Az0
このパターンも食傷気味ですな

163 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 11:37:21 ID:xKcJ3eNN0
食傷気味だね

164 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 11:43:31 ID:3Ktrbvx00
お約束

165 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 12:38:46 ID:QKP8O2CL0
>>129
こういうのがいちばん怖い話だよね、現実的には

166 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 13:12:54 ID:SNJ6TUmJ0
>>150
乙でした
昔から触れてはいけないという物にはそれなりの理由があるのですね…

167 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 15:30:07 ID:AlCZsn7H0
この手の話の「絶対に○○するな」と言うのは芸人のそれと同じだなw

168 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 15:46:23 ID:gF7W2fLo0
シャレコワシャレコワ

169 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 15:47:17 ID:D2T4mNRH0
いあ、面白かった
夜中に物の怪が取り殺しに来るというのはやっぱ怖いな


170 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 16:28:54 ID:b/cxRXq/0
【ハイヤーセルフ】
自分を指ししめてくれる存在…?

祖母が倒れたのは、忘れもしない1995年1月4日であった
朝、起きて一階に下りたら祖母が倒れていた
原因は脳溢血…

葬式は1月17日
明朝、親戚一同が集まってテレビをつけたら地震があったという

後の云う「阪神大震災」である

実は正月は兵庫の友人の家に泊まる予定だった
申し訳ないが、祖母が守ってくれた…と思った

それから10年後…
仕事やらで精神的にも参っていたとき夢をみた

場所は庭の縁側で故・祖父と愛犬がいた

そのとき雲の切れ目から光が舞い降りてきて天使がラッパを吹いていた

突然、声が響いた

「家庭でも、会社でも価値観は存在する…大切なのは自分の価値観を持つことだ」

2005年1月4日…

祖母が倒れた日である


171 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 16:50:17 ID:vW2F2RXK0
>>170
そんな話なのに、あなたは洒落にならないほど恐ろしいと思っているのか…
祖母がかわいそうだ…

172 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 17:05:55 ID:dtTceHaf0
このスレでは>>144-150みたいなのが人気あるんだね

173 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 17:13:47 ID:EJpc3Y4J0
長文でも読みやすい&内容がわかりやすいなら、普通に好まれるというだけの話ですよ

174 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 17:17:58 ID:WmSFJZUE0
>>127
すんげー遅レスしちゃうけど、その後輩の嫁ヤンヒーやってたんじゃない?

175 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 17:27:01 ID:Cf/3/4PW0
分かりやすいっつーかテンプレ化しててつまらない

176 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 17:32:04 ID:HWfjwOcg0
>>172
長文なのに読みやすいオカルト話はスレちがいでも好感持てるよ。
逆に下手に小説風に書こうとして、しくじってる文章は苦手だ。
本なんて読まないんだろうなと思わせるくらい比喩とか慣用句が出鱈目な話は萎えるわ。

177 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 17:32:43 ID:8jqZ9dK/0
てゆーか、怖い話なんてほとんどパターン化してるじゃん

178 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 18:13:57 ID:b/cxRXq/0
>>171
単にこういう体験をしたよってだけの話ぢゃん?
祖母はいまでも好きだよ

179 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 18:16:05 ID:WmSFJZUE0
>>178
スレタイ見てから書き込めクズ

180 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 18:20:23 ID:nzRlQ0ux0
>>178は日本語が不自由だからスレタイ読めないんだよ
ぢゃんなんて使っちゃう可哀想な子だからいじめてやるな

181 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 19:01:25 ID:iaGBk8CU0
>>178
祖母が好きで感謝もしてるなら、いい話スレに書いてやれよー

182 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 19:19:30 ID:eitqPKto0
>>178
時と場所が違ってたら自分も体験してたかもぢゃん?
あなたの背後に憑いているのは地縛霊ですたい。

183 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 20:38:39 ID:vZHEO5cT0
数年前、大学生だった俺は先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。
業務は見回り一回と電話番。あとは何をしても自由という、夢のようなバイトだった。

診療所は三階建てで、一階に受付・待合室・診察室兼処置室、二階に事務室・会議室・炊事場、
三階に宿直室があった。宿直室は和室で,襖がドア代わり。階段はひとつ。
小さいとは言っても患者のカルテやなんかは扱ってるわけで、診療所はALS●Kで警備されていた。

宿直の大まかな流れは以下の通り。
夜9時に診療所に着き、裏玄関(表玄関は7時半には完全に施錠される)の外からALS●Kの
警備モードを解除する。
入って見回りをして、三階の宿直室に入る。宿直室にもALS●Kの管理パネルがあるので、入ったら
再びALS●Kを警備モードにする。

警備のセンサーは一階、二階はほぼ隈なく網羅しているが、宿直室にはないため、宿直室内では自由に動ける。
管理パネルにはランプがついており、異常がないときは緑が点灯している。
センサーが何かを感知するとランプが赤く変わり、ALS●Kと責任者である所長に連絡がいく
ことになっている。ドアや窓が開けられると警報が鳴る。

部屋に着いて警備モードに切り替えれば、あとは電話がない限り何をしてもいい。
電話も、夜中にかかってくることなんて一年に一回あるかないかくらいだった。
だからいつもテレビ見たり勉強したり、好き勝手に過ごしていた。

184 :2/7:2010/02/25(木) 20:39:59 ID:vZHEO5cT0
ある日の夜。いつものように見回りをして部屋に入って警備モードをつけてまったりしてた。
ドラマを見て、コンビニで買ってきた弁当を食べて、本を読んで、肘を枕にうつらうつらしていた。
テレビはブロードキャスターが終わって、チューボーですよのフラッシュCMが入ったところだった。

何気なく目をやった管理パネルを見て、目を疑った。ランプが、赤い。
今まで、ランプが赤かったことなんて一度もない。
え?なんで?と思ってパネルを見てると、赤が消えて緑が点灯した。

まともに考えて、診療所の中に人がいるはずがない。
所長や医師が急用で来所するなら、まず裏玄関の外からALS●Kの警備を解除するはずだ。
また外部からの侵入者なら、窓なりドアなりが開いた瞬間に警報が鳴るはずだ。


故障だ。
俺はそう思うことにした。だいたい、もし本当に赤ランプがついたなら、所長とALS●Kに連絡がいって、
この宿直室に電話がかかってこないとおかしい。それがないということは、故障だということだ。

そう思いながらも、俺はパネルから目を離せずにいた。緑が心強く点灯している。
しかし次の瞬間、俺は再び凍りついた。また、赤が点灯した。
今度は消えない。誰かが、何かが、診療所内にいる。
俺は、わけのわからないものが次第にこの宿直室に向かっているような妄想に取りつかれた。

慌てて携帯を探して、所長に電話した。数コールで所長が出た。

185 :3/7:2010/02/25(木) 20:41:05 ID:vZHEO5cT0
所「どうした?」
俺「ランプが!赤ランプがついてます!」
所「本当か?こっちには何も連絡ないぞ」
俺「だけど、今もついてて、さっきはすぐ消えたんだけど、今回はずっとついてます!」
所「わかった。ALS●Kに確認するから、しばらく待機していてくれ。また連絡する」

所長の声を聞いて少し安心したが、相変わらず赤が点灯していて、恐怖心は拭い去れない。
2分ほどして、所長から折り返しの電話があった。

所「ALS●Kに確認したが、異常は報告されてないそうだ」
俺「そんな!だって現に赤ランプが点灯してるんですよ!どうしたらいいですか?」
所「わかった。故障なら故障で見てもらわなきゃいけないし、今から向かう。待ってろ」

何という頼りになる所長だ。俺は感激した。
赤ランプはそのままだが、特に物音が聞こえるとか気配を感じるということもないので、俺は少しずつ安心してきた。
赤ランプがついただけで所長呼び出してたら、バイトの意味ねえなwとか思って自嘲してた。

しばらくすると車の音が聞こえて、診療所の下を歩く足音が聞こえてきた。
三階の窓からは表玄関と裏玄関そのものは見えないが、表から裏に通じる壁際の道が見下ろせるようになっている。
見ると、電気を煌々とつけて所長が裏玄関に向かっている。
見えなくなるまで所長を目で追ってから数秒後、「ピーーーーーッ」という音とともにALS●Kの電源が落ちた。
所長が裏玄関の外から警備モードを解除したのだ。

俺は早く所長と合流したい一心で、襖を開けて廊下へ出た。廊下へ出た瞬間、俺は違和感を感じた。

186 :4/7:2010/02/25(木) 20:42:38 ID:vZHEO5cT0
生臭いのだ。何とも言えない、イヤな匂いがたちこめていた。
また恐怖が頭をもたげてきたが、さっき確かにこちらへ向かう所長を見たし、1階に所長が来てるのは間違いないので、
俺は廊下の電気をつけて、階段へ向かった。

診療所の階段は各階に踊り場があって、3階から見下ろすと1階の一番下まで見える構造になっている。
階段の上まで来て、1階を見降ろした。
1階はまだ電気がついておらず、俺がつけた3階の電気が1階をうす暗く照らし出している。
生臭さが強くなった。1階の電気のスイッチは裏玄関を入ってすぐのところにある。

所長は、なんで電気をつけない?早く電気をつけて、姿を見せてくれ!
さらに生臭くなった時、不意に一階の廊下の奥から音?声?が聞こえてきた。
それは無理やり文字化すれば、
「ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛」
という感じで、
唄とも、お経とも取れるような声だった。
ここに来て俺は確信した。1階にいるのは、所長じゃない。
頭が混乱して、全身から冷たい汗が噴き出してきた。しかし、1階から目が離せない。
生臭さがさらに強まり、「ん゛ん゛〜ん゛〜」という唄も大きくなってきた。
何かが、確実に階段の方へ向ってきている。

187 :5/7:2010/02/25(木) 20:43:42 ID:vZHEO5cT0
見たくない見たくない見たくない!!
頭は必死に逃げろと命令を出しているのに、体がまったく動かない。

ついに、ソイツが姿を現した。
身長は2メートル近くありそうで、全身肌色,というか白に近い。
毛がなく、手足が異常に長い、全身の関節を動かしながら,踊るようにゆっくりと動いている。

ソイツは「ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛〜」と唄いながら階段の下まで来ると、上り始めた。
こっちへ来る!!逃げなきゃいけない!逃げなきゃいけない!と思うが、体が動かない。
ソイツが1階から2階への階段の半分くらいまで来たとき、宿直室に置いてあった俺の携帯が鳴った。
俺は「まずい!!」と思ったが遅かった。ソイツは一瞬動きを止めた後、体中の関節を動かしてぐるんと全身をこちらに向けた。
まともに目が合った。濁った眼玉が目の中で動いているのがわかった。
ソイツは口を大きくゆがませて「ヒェ〜〜ヒェ〜〜〜」と音を出した。
不気味に笑っているように見えた。
次の瞬間,ソイツはこっちを見たまま、すごい勢いで階段を上りはじめた!
俺は弾かれたように動けるようになった。とは言え逃げる場所などない。
俺はとにかく宿直室に飛び込んで襖を閉めて、押さえつけた。

188 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 20:46:07 ID:dw0OuBX30
わっふる

189 :6/7:2010/02/25(木) 20:46:10 ID:vZHEO5cT0
しばらくすると階段の方から「ん゛〜〜ん゛〜う゛〜」という唄が聞こえてきて、生臭さが強烈になった。
来た!来た!来た!俺は泣きながら襖を押さえつける。頭がおかしくなりそうだった。

「ん゛〜〜ん゛〜ん゛〜〜」もう、襖の向こう側までソイツは来ていた。

「ドンッ!」

襖の上の方に何かがぶつかった。俺は、ソイツのつるつるの頭が襖にぶつかっている様子がありありと頭に浮かんだ。

「ドンッ!」

今度は俺の腰のあたり。ソイツの膝だ。

「ややややめろーーー!!!!」

俺は思い切り叫んだ。泣き叫んだと言ってもいい。
すると、ピタリと衝撃がなくなった。「ん゛〜ん゛〜」という唄も聞こえなくなった。

俺は腰を落として、襖から目を離すことなく後ずさった。
後ろの壁まで後ずさると、俺は壁を頼りに立ち上がった。窓がある。
衝撃がやみ、唄も聞こえなくなったが、俺はソイツが襖の真後ろにいるのを確信していた。
生臭さは、先ほどよりもさらに強烈になっているのだ。

俺はソイツが、次の衝撃で襖をぶち破るつもりだということが、なぜかはっきりとわかった。
俺は襖をにらみつけながら、後ろ手で窓を開けた。

190 :7/7:2010/02/25(木) 20:48:49 ID:vZHEO5cT0
「バターーン!!」

襖が破られる音とほぼ同時に俺は窓から身を躍らせた。
窓から下へ落ちる瞬間部屋の方を見ると、俺の目と鼻の先に、ソイツの大きく歪んだ口があった。


気がついたときは、病院だった。俺は両手足を骨折して、頭蓋骨にもひびが入って生死の境をさまよっていたらしい。
家族は大層喜んでくれたが、担当の看護師の態度がおかしいことに俺は気づいた。
なんというか、俺を怖がっているように見えた。
 
怪我が回復して転院(完全退院はもっと先)するとき、俺はその看護師に聞いた。
すると看護師は言った。


「だってあなた、怪我してうなされてる日が続いていたのに、深夜になると、目を開けて、口を開けて、楽しそうに唄を歌うんだから。

『ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜ん゛』て」。


191 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 21:27:51 ID:ewAEZsy/0
はい次いいいいいぃぃぃぃぃ!!!!!!

192 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 21:45:04 ID:fgVQUDe90
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

193 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 21:50:06 ID:aAZ4K9g/0
うほうほうほ

194 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 21:59:42 ID:0/ZxkvvA0
1/7
あれは俺が小学生に上がったばかりだから、もう20年以上昔の話だ。
この前の辻事件を書いてて思い出したが、俺の住んでた村には結構、
そういった怪奇スポットがいくつかあった。今回も少し長めです。

今回は夏に行われたお化け大会の時の恐怖体験ついて書いてみる。
場所は近くの神社。そこはうっそうとした林の中にあり、昼間でも
怖くて一人では近づきたくない場所だった。ルールは簡単。ひとり
ずつ本堂の奥にある祠の前に置いてある箱からゴムボールを1個持
ってくるだけだ。

しかし小さかった俺には死ぬほど怖かった。街灯は無いので真っ暗。
皆、懐中電灯を片手に震えながらボールを取ってきた。奥の方では
悲鳴が聞こえる。上級生がお化けの役になって、下級生を驚かして
いるからだ。中には怖くて途中で引き返してくる子もいた。そうい
う子には上級生が一緒に行ってあげてボールを取ってきた。

いよいよ俺の番だ。
心臓が口から飛び出るくらいバクバクしている。半ばヤケクソ状態
で先へと進んだ。本堂までは50m位だったが本当に真っ暗だった。
緊張で懐中電灯が左右にブレる。と、俺の視界左横に何かが見えた。
人魂だ。ゆらゆらと俺に付いて飛んでいる。俺はまったく気にせず
先へ進んだ。

195 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:01:22 ID:0/ZxkvvA0
2/7
前にもちょっと書いたが小さい頃の俺はそういうものが普通に見え
ていた。なので人魂程度ではたいして驚かなかった。ようやく本堂
に着いた。左の脇道から裏へ回る。と、お化けの格好(狼男?)をし
た上級生が飛び出てきた。ヒィ!あまりに突然だったので悲鳴を上
げた。人魂より人間の方が怖い。俺は先へ進んだ。

次に出てきたのは鹿のお面をかぶった鹿男だった。ヒヒーンと鳴い
ている。俺は無視するように祠へ向かうと箱からボールを取った。
と、頭上から白い服を着た人形が垂れ下がってきた。さすがに、
これには腰を抜かした。ブランブランと揺れている人形をしばらく
見ていたが、ハッと我に返り本堂の逆サイドから帰ろうとした。

あまりの怖さに泣きべそをかきながら走った。そして本堂の脇を抜
ける時、誰かが本堂の外廊下に座っているのが見えた。お化け役の
上級生かと思ったが体は俺と同じくらいの大きさだ。着物を着て、
おかっぱ頭。女の子のようだった。手には赤い毬?を持っていた。

(先に行った子かな?何でこんな所に座ってんだ?)

俺は無視してその子の前を走り抜け、そのままスタート地点まで戻
った。俺はゼェゼェ言いながら係の子にボールを渡した。

あれ?何だこれ? おい、こんなの入れてあったか?

196 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:02:54 ID:0/ZxkvvA0
3/7
俺は何のこっちゃ?と思ったが、渡したボールを見て愕然とした。
それはボールではなく、毬だった。それもあの子が持っていたのと
同じ赤い毬だった。俺は確かにあの時、箱から黄色いゴムボールを
取り出したはずだ。それがいつの間にか毬に替わっていた。。。

俺は訳がわからなかったが係の子達はまぁいいかと言って収まった。
ほどなくして全員の順番が終わり、お化け大会は終わった。もちろん
最後に集合した子供たちの中に、あのおかっぱの子はいなかった。
翌日、あの子がどうしても気になった俺は友達を誘って神社に行って
みた。

今考えれば、やめておけばよかったと後悔してる。

夕方だがまだ明るく友達もいたので全然怖くなかった。本堂の周りを
一周してみたが、これといって変わったものはなかった。付き合って
くれた友達は、ひ〜ちゃんというあだ名で彼は昨夜、ここで人魂では
なく大きなUFOが飛んでゆくのを見たそうだ。人魂もUFOも同じ
周波数帯にいるのか?俺は子どもながらに、ふ〜んと思った。

二人で神社の周りをアレコレと散策していると、ビシッ!という何か
が突っ張るような音がした。ん?何だ今の?音はひ〜ちゃんにも聞こ
えたようだった。視線を回してみるが誰もいない。俺は祠のあたりを
調べたが特に何も異常はなかった。と、本堂の正面を調べに行った
ひ〜ちゃんから俺を呼ぶ声がする。正面に行くと彼は本堂の正面の戸
から中を覗いていた。

197 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:04:50 ID:0/ZxkvvA0
4/7
どした?
シーッ・・・あれ見てみろよ。

俺も同じように格子の隙間から中を覗いた。
中には大きな神棚がありご神体祭られている(フタが閉じていたので
ご神体は見えなかったが)。と、その神棚に向かって小さい子供が座っ
ているのが見えた。咄嗟に昨日の子だ!と気がついた。しかし、どう
やって中に入ったのか、鍵は外からかけられているではないか。

何だあの子?どこんちの子だ?

何も知らないひ〜ちゃんは、あの子が近所の子だと思ったらしい。
俺は必死に昨日のことを説明しようとしたが、なぜか声が出ない。
それどころか体が思うように動かなくなっていた。つまんないから帰
ろうぜ〜と彼は言うと俺を置いてさっさと鳥居(昨日の大会の出発地点)
に向かって歩き始めた。俺は(ま、まってくれよ・・・)と心の中で叫ん
だが、まったく気づく様子もなく行ってしまった。

と、そこにビシィッ!という音が聞こえた。さっきより大きい音だ。
目線を本堂内に戻すと、あの子が両手で何かをしているようだった。
ビシィッ!それは両手で何かを引っ張った際に出る音だと気づいた。
と、その時、おかっぱの子がこっちに振り向いた。


顔がない

198 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:06:45 ID:0/ZxkvvA0
5/7
えっ!?
昨日は暗く、うつむいてたから気がつかなかったのか・・・!?俺は完全に
パニックになりかけていたが、とにかく鳥居のほうへ・・・この神社の敷地
から外に出なくては!と思い、うまく動かなくなった体を引きずるよう
に本堂の階段を降り、庭の石畳を鳥居方向へと進んだ。ひ〜ちゃんは
かなり先まで行ってしまっている。。。と、本堂の戸が開く音が聞こえた。

ギィイィィ・・・

俺は振り返らなかった。いや、恐ろしさで振り返れなかったんだと思う。
ズリッ・・・ズリッ・・・重くなった足を引きずりながら、おかぁちゃん、おか
ぁちゃん、と泣きながら叫んだ。

一緒にあそぼ・・・

確かに聞こえた。おかっぱの子が言ったんだと思う。正確には聞こえたと
いうか心に響いたというか。。。しかし恐怖でいっぱいの俺は、とにかく
逃げたい一心で先へ進んだ。いや、これも正確には進んでいなかった。。。
俺は見てしまった。自分の足元を。重いと感じていた原因を見てしまった。

俺の両足には真っ赤な糸?がフォークで絡め取ったパスタのようにぐるん
ぐるんに巻きついていた。えっ!?何これ! その糸はおかっぱの子から
伸びていて俺の足をがんじがらめにしていた。そしてさっきから聞こえてた
ビシッ!という音はその子が赤い糸を引っ張ってる音だったのだ。。。

俺は「もうダメだ・・・」と思い諦めた。明らかに小学1年生に出来る範疇を
越えていた。

ここで一緒にあそぶんだよ・・・ずっと一緒に・・・

199 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:08:26 ID:0/ZxkvvA0
6/7
そう聞こえたと同時に、ズルズルと本堂の中へ引っ張られてゆく感じがした。
俺は仰向けに倒れ、空を見ていた。フフフッ・・・フフフッ・・・というおかっぱの子の笑
い声と引きずられる音だけが響いた。まるでここだけ時間が止まっているか
のようだった。俺は諦めた。怖さより、もうこれで親や友達に会えなくなる
ことが悲しかった。そして本堂の中に体が入る瞬間、何かがひっくり返った。

バサァァァッ

ひっくり返ったのは俺だった。視線が前後上下左右に揺れまくった。一体、
何が起こっているのかわからなかった。気がつけば本堂を上から見下ろして
いる感じだった。えっ!?俺は足が軽くなったのがわかった。何だこれ!?
と思う間もなく、急降下してそのまま鳥居がある入口のほうまで一気に飛ん
でいった。あろうことかすぐ目の前には、ひ〜ちゃんの背中が見える。

俺はそのまま映画のスローモーションのようにゆっくりと地面に足をつけた。
瞬間、時間の流れが正常に流れ始めたのがわかった。俺は振り返ろうとした
が、地面の底から響いてくるようなおぞましい声が聞こえたので固まった。


おぉぉのれぇぇぇ・・・邪魔をしおってぇぇぇぇ・・・


何のことかわからなかった。俺は振り返らずそのまま鳥居の外まで出たほう
がいいと思い、ひ〜ちゃんと走った。無事、外へ出るとひ〜ちゃんはずっと
俺がそばに付いてきてると感じてたと言った。俺は起こった事を彼に話した。
彼はふ〜んと鼻くそをほじりながら聞いていたが、こんなことを言った。

じゃぁさ、それって誰かがおまえを助けてくれたのかもな。

え?誰かって誰だ?


200 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:10:20 ID:0/ZxkvvA0
7/7
日が沈みかけていた。俺は泣きべそをかきながら家に帰り、お袋に話した。
お袋は「それは天狗様が守ってくれたんだね」と言い、おかっぱの子につい
ては、あそこの神社の裏には無縁仏のお墓があるから、たぶんそこに埋まっ
とる子なんじゃないかと言っていた。翌日、俺とお袋はお菓子とおもちゃを
持って、その無縁仏のお墓にお供えした。ゴムボールも3個置いてきた。
たぶん鞠遊びがしたかったんだろうな、と思ったからだ。


それ以降、友達とその神社へはたまに遊びに行ったが、何事も起こらなかった。
ただ、たまに近所の人があそこでボールが跳ねる音がした、と言ってることが
何度かあった。

今回の事件では俺は天狗の姿を見ていない。でも俺が3歳くらいの時、じつは
自宅で天狗を見ているんだ。その時は本当に怖かった。3際の頃の記憶で覚え
ているのなんて、その天狗のことと釣堀に落っこちたことだけだ。それは機会
があったらまた書くことにする。

おしまい。

201 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:32:03 ID:8cyutrkbO
>>200
いろいろな経験してるんですね、すごい。
俺は零感だから、うらやましい。
実際、見たらかなりビビるだろうけど。

次の話、期待して待ってます。

202 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 22:34:41 ID:pkqjgSQ90
ある夜、タクシーの運転手は近道をする為に山に向かって運転していました。
そして山に入ってから30分くらいすると人気も無くなり民家も無くなり薄暗い灯りだけ。
「なんだかやだなーこわいなー」と感じつつも運転していると、その時。
ハッ
なんと、女の人が定番で道路脇に立っていました。
ちょっと嫌だなぁ。と思いつつも乗せてあげ家までおくってあげる事に。
こんな山中で無言もなんなんで運転手は怖い話を始めました。

運「この辺出るらしいですよ。」

女「・・・何がですか?」

運「幽霊ですよ〜」

女「それって・・こんな顔ですか?」

その女の顔は酷く焼け爛れて、それはそれは貞子の様な目をしていました。

運「ちゃうちゃう」

203 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 23:19:17 ID:tImx5yzH0
>>200天狗wktk

204 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 23:20:33 ID:zbvRiyKZ0
>>200
シリーズ物スレでやってくだしあ

205 :本当にあった怖い名無し:2010/02/25(木) 23:31:08 ID:aLmZgzNi0


206 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:00:08 ID:ewAEZsy/0
>>200
相変わらずつまんねえ糞だな
お前の腐った寝言は見飽きたんだよ
もう二度と書き込まなくていいから、さっさとくたばれ

207 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:00:39 ID:+fSADBsF0
ここまで怖い話一切なし。

208 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:01:39 ID:RCdfffvs0
ここ伝統あるスレなんだけど・・・

209 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:14:19 ID:RkX4I1fB0
>>202

ある夜、タクシーの運転手は近道をする為 山道を通って運転していた。
そして山に入ってから10分もすると民家も無くなり薄暗い灯りだけ。
「なんだかなーこわいがな」と感じつつも運転していると、その時。
ハッ
なんと、女の人が定番で道路脇で手を上げて立っていた。
「シャレにならんわな」と思いつつも、乗せてあげ家までおくってあげる事に。
こんな山中で無言もなんなんで運転手は怖い話を始めました。

運「この辺出るらしいですよ」
女「・・・何がですか?」
運「幽霊ですがな」
女「それって・・こんな顔ですか?」
その女の顔は酷く焼け爛れて、それはそれは貞子の様な目をしていました。
運「ちゃうちゃう こんなんや」

振り返った運転手の顔は凝縮されたような漆黒の黒に覆われていた。

210 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:23:48 ID:OIrAUlz00
>>208
ここ歴史と伝統のあるスレなんだけど

211 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:36:28 ID:33kJSiwe0
>>210
ここ歴史と伝統のあるスレなんだけど

212 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 00:46:28 ID:NrWkCxgL0
>>206
寝言を見飽きるって凄い言葉だ

213 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:03:27 ID:nOAv2uEQ0
>>209
そして、二人はフォーリンラブ

214 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:05:12 ID:x7JMgaLC0
歴史と伝統ってなんか流行ってますね^^;

215 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:06:38 ID:x7JMgaLC0
歴史と伝統ってなんか流行ってますね^^;

216 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:12:35 ID:x7JMgaLC0
歴史と伝統ってなんか流行ってますね^^;

217 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:38:57 ID:OIrAUlz00
大切にしなきゃいけないものだからね^^;

218 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:45:21 ID:Ll2nv1Q50
大切にしないと残らないようなものは伝統でも何でもないわな
残滓

219 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:52:03 ID:1j/0DvZj0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

220 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 01:52:20 ID:x7JMgaLC0
大切にしたいもの・・・
歴史と伝統のあるこのスレ^^;

221 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:11:43 ID:OIrAUlz00
^^;

222 :1/1:2010/02/26(金) 02:15:20 ID:1gqJJveb0
9:00 起床。父親と母親が仕事に行っているのを確認して1階へ降り
    フジにチャンネルを合わせ小倉を小馬鹿にしつつ新聞を読みながらbreakfast
10:00 特になし(寝る・オナニー等)
12:00 母親が一旦帰ってくるので自分の部屋に逃げる
     →いいともかスクランブルを見ながら実況スレにカキコ。
13:00 母親が仕事に行ったのを確認してから1階に下り
    ごきげんよう→おもいっきりTVを見ながら母親が作っていった昼食を食べる
14:00 ザ・ワイドと2時ピタッを見ながら勢いのある方の実況スレにカキコ。
16:00 見るTVも無く最低の時間帯。もうすぐ仕事が終わる社会人と自分を比べて卑屈になりながら
    ハロワやリクナビ等の求人系サイトで仕事を探す。
    (よさげな求人を見つけるとほくそ笑んだりそこで仕事をしている自分を妄想するが、応募はしない。)
17:00 部屋から出ると父親か母親と会う可能性があるので絶対に外に出ない。
   (トイレの場合小はペットボトルへ、大の場合のみ部屋から外に出る。)
   昼のうちに台所から拝借してきたスナックやジュースを食べながら
   ネット・TV等で夕食まで時間を潰す(*この時間帯で夜に行うオナニーの画像や動画などを集めておく)
20:00 母親が自分の部屋の前に夕食を持ってくるので食べる。
21:00 父親が自分の部屋に行くのを物音で確認してから1階に降り風呂に入る
22:00 連ドラ・バラエティ→WBS・ニュースJAPAN等
   (↑の17潤オ20時に集めた画像や動画と女子アナをシンクロさせて妄想オナニー)
0:30 眠くなるまで2ちゃんねる。
  ニュー速やVIPで適当に標的を見つけて煽り鬱憤を晴らす。
  食いついてきた相手をネットで探してきたソースなどを元に自演も含め徹底的に叩いて論破。
  相手が引いたら「逃げた」「勝った」等の最後っ屁のレスを書き込み
  後で確認した相手が真っ赤な顔をして悔しがっている顔を妄想してニヤつき充実感を得る。
3:00 就寝(*煽りの状況により5:00まで延長の場合あり)

223 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:20:13 ID:e3Fy+gpH0
○ixiでも投下した体験談だす。見たことあったらすんません。

俺が大阪で体験した話

私は当時大阪の難波付近の居酒屋でバイトをしていました。
一人暮らしをしながらバイトをして、大学に通う訳ではなくまあぷータローしてました。
その居酒屋には私の好みにはまる女がいて、私より先にそこで働いていて初めて見た時からいいな〜なんて
思いながらチャンスがあれば彼女にできんかなぁと・・・若かったですw

ある日店が暇だったので早く帰りたいやつ帰っていいぞと店長。
その日はなんとなく帰りたかったので私は店長に「俺帰っていいすか?」と申し出たところ
もちろんおkだったのですが、一緒に例の女(kとしますねw)も早上がりをするみたいでした。

私はチャンスと思い、店をでてすぐに
私「よかったら今日飲みに行かない」
k「う〜ん、そだね暇だしいいよ」
ってな流れになり心の中で狂喜乱舞!kの家の近くで飲むことに。

あ〜でもないやらこ〜でもないやら・・・・まあ他愛の無い話をしながら酔いは確実に回って行き
私「今からどーする?カラオケでもいく?」
k「んーそだねぇ」
私「んじゃあどっかで飲み直しすっかw」
k「いいよーwつよいねぇwじゃあ私の部屋でのもっかー」
!!男なら誰しも一度は聞きたい言葉「私の部屋でチョメチョメ」である

その後店を出てコンビニで酒やら菓子を買いこみkの部屋へ
酔ってはいたものの私の思いは強くその日告白をして無事おkをもらいました。

私はあまり頻繁に彼女を作るタイプではなかったので久しぶりの交際に毎日が楽しかったのを覚えています
ただ・・・・


224 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:22:15 ID:x7JMgaLC0


225 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:23:28 ID:fUh/3gi60
さっき仕事の帰り道歩いてる時、前からブツブツ言ってるオッサンが自分の方向に向かって歩いてきた。
気持ち悪いなぁ思ってちょっと避け気味に逆側に寄ったらそのオッサンいきなり

上戸彩!!フハハ!!フハハ!!

って。なんやってんあいつ

226 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:30:28 ID:e3Fy+gpH0
>>223
ただ・・・・
付き合って何週間かした後に私とkは体の関係を持つようになり、もちろん付き合っているのだから
定期的にセクロスはするわけなんだが、kの癖

噛むんですよ 

初めはそこまで気にしていなかったんですが、日に日に私の体は傷だらけになって行きました。
そう・・・・かなり容赦なく噛むんですよ

さすがにシャワーが苦痛になって来た時に私はこれは辞めてもらわないかんなと思い次kと会う時に
はっきり言おうと思っていました。

次の日にバイトが終わってkの家に行きました。
飲みながらワイワイやっていたのですがちゃんと言わなければと思い私は言いました

私「あのな、kってさ噛む癖あるよな?これすっげー痛いんだぜ。みてみこれ、シャワーも辛いよ」
k「うん」
私「だからさ、軽くならいいからもうちょいなんとかしてくれんかな?これじゃ体がもたんわw」

そのときkは少し暗い表情をしながらただ
「うん」
と言っていました。

その日は疲れと、kの部屋で飲んだこともありお泊りすることにして一緒に寝てました


227 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:40:18 ID:5k85k1EX0
それでそれで?

228 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:42:37 ID:5k85k1EX0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

229 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:43:53 ID:e3Fy+gpH0
>>226
疲れと酔いですぐに私は眠っていました
何時間位寝ていたのでしょう
腕がズキッ ズキッ とするのとなにかブツブツと声がするので目が覚めました
寝ぼけながら状況を把握しようとしていると

・・・・い・・・・ない・・・・まない・・・・・・

・・・・ない・・・・・かま・・・・・い・・・・・かまない・・・・・

噛まない?
その瞬間腕がまたズキッとしました。
めが覚めつつあったので痛みがしっかりと伝わってきました
ただ暗いのでよくわからない
痛む腕とは逆で電気のひもを引っ張りました

豆電球の薄暗い光の中に
私の腕をカッターで刻むkの姿がみえました

かまない・・・・・かまない・・・・かまない・・・・・・

完全にうつろな目をしたkに私はただならぬ恐怖を覚え「逃げろ!逃げろ!」と頭で叫んでいました
カッターでさらに私の腕を刻もうとするkを突き飛ばし、私は着のみ着のままでドアまで走りノブに手をかける

ガチャ・・・・ガチャーーーン!
チェーンがかかっている・・・・
ふと振り返ると

かまない・・・・・かまない・・・・・

カッターを手に・・・・・呟きながら・・・・・kが向かってきていました


230 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:55:55 ID:e3Fy+gpH0
>>229
私は恐怖に半ばパニックになりそうなのを必死で抑え、なんとかチェーンをはずして彼女の家から走って逃げだしました。

怖くて、何が起きたかも整理できず、ただただひたすら地下鉄で3駅ほどの距離があった自宅へ向かって走っていました。
自宅近くのコンビニの前でようやく頭が冷静さを取り戻し、少し落ち着いて一服しようと思いコンビニでタバコを買おうと
入り店員に煙草を頼むのですが・・・・・店員が明らかに怪訝な顔で私を見ていました。

そりゃTシャツで腕から血を流している男が息を乱して煙草を買う。
普通じゃないですよねw

煙草を吸いながら腕の傷を確認すると、皮一枚を刻んでいた感じで出血もおさまってきていました。
一体何だったのか・・・・・とにかく意味がわかるわけもありません。
煙草を2本、3本と吸い、とにかく家に帰る事にしました。

家(当時アパートに一人暮らしでした)へと向う道 角を曲がり アパートが見えました

階段を一人の女が上って行く・・・・・

そう・・・・・彼女は・・・・・私の家を知っていたのです。

231 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 02:57:58 ID:5k85k1EX0
通報しろよ…

232 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 03:07:31 ID:7HA1E4OS0
たーいほ

233 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 03:08:00 ID:e3Fy+gpH0
>>230
私は恐怖を抑えながら彼女をそっと影から見ていました。

カァン・・・カァン・・・カァン・・・・

階段を上り、2階の私の部屋の前へ立つk
ドアノブに手をやり、手には鍵

!!なんで!!
ポケットを探ると鍵が無い。
kの部屋に落とした・・・・・。

鍵を開け、鞄からカッターを出し、私の部屋に入るk・・・・。

私は恐怖に震えました。


結局この時点でコンビニへ戻り電話を借りて警察に通報しました。
警察に連れられて私の部屋から連れ出される虚ろな目をしたkを今でも思い出すとゾッとします。


後日、警察とkの家族と話をし、今後私と一切かかわりを持たないと一筆を交えることで私はそれ以上は
何もしませんでした。

それでもやはり毎日が不気味で恐ろしく、私は実家へと帰ることにしました。

一体kはなんだったのでしょうか。
私の今でもトラウマがのこる体験談です。

駄文長文失礼しました。

234 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 03:10:14 ID:e3Fy+gpH0
>>231

途中で推理しやがってこのやろうw

霊的なものが出てこなくてすまんかったな。
でもやっぱり人間が一番怖いな・・・・。

235 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 03:12:06 ID:5k85k1EX0
なにはともあれ生還おめでとうヾ(^v^)k

次どうぞ

236 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 03:12:51 ID:1j/0DvZj0
自分好みの女とSEX出来たんだから良しとしようや

237 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 06:11:51 ID:5kOqOGuOO
何年ぐらい前で自分がいくつぐらいの時の話?
それにしても恐ろしい

238 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 07:30:46 ID:e3Fy+gpH0
>>237
8年前ですね。
自分19でした(若い!)

239 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 10:00:11 ID:OOj2sfVF0
なんだろ、性的衝動と破壊衝動が結びついちゃってたんかな?
何にしても、怪我だけで済んで良かったね

240 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 10:34:49 ID:YPR30Xjg0
行きずりの女とSEXなんて普通に怖いわ

241 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 11:15:18 ID:x7JMgaLC0
怖いよね

242 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 11:50:33 ID:02LkSPkh0
ここで拾った客が忽然と消えて居なくなった…

そんな噂を同僚のタクシー仲間から聞いたことがある。
私は深夜にあえて、
その場所で長い髪の女の客を車に乗せた。
私は無神論者、
神も幽霊も信じない。
「客が消えて居なくなる」なんてありえない。
しばらく走り
人気の無い墓地にさしかかった辺りで、バックミラーから女の気配がフッと消えた…
「お客さん、お客さん!」
何度呼んでも返事が無い。
「女が消えた…」
私は急いで車を止め、後ろを覗き込んだ。

シートには何故か、ウンコが一本落ちていた…

243 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 12:02:37 ID:KU66MZv/O
>>239
俺、セックス中に相手をおもいっきり噛んだり(特に耳とか乳首とか)、首絞めたくなる衝動に駆られるんだが…。
理性が働くから我慢するけど、我慢出来ない人は大変だと思う。
たまに自分の腕とか噛んで気を鎮めたりしてる。


244 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 12:09:55 ID:Jd9GaEYr0
>>242
お代として黄金の延べ棒を置いていったわけですな

245 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 13:13:43 ID:Mpmw+2v80
洒落にならない怖い座敷童子です><

http://www.youtube.com/watch?v=CVXWO29BVZY

246 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 13:48:59 ID:/ihRZdG90
俺が見て怖かったのは人を呪う形相だ
自分の意思だけであんな形相になるとは信じがたい
何者かに憑かれている
そう思った

247 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 14:25:46 ID:feCrID3G0
        ∩_∩     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
       / \ /\   < 響けこの歌。halyosyです。 最近とても辛いニュースばかり耳にします…。、.   >
      |  (゚)=(゚) |  < 災害、事件…。悲しみや憤りが内側から溢れ、すっぽり僕を包んでしまいました。 >
      |  ●_●  |  < その暗闇を差し照らした光、ブラック★ロックシューター!ryoさん、hukeさん、   >
     /        ヽ < 素晴らしい作品を産んでくださって、ありがとうございます!             >
     | 〃 ------ ヾ | < 歌いながら、僕も過去の自分と対峙していました。あの頃の僕が居るから。     >
     \__二__ノ < 僕はいつでも生まれ変われる。さよならは言わない。君は僕で、僕は君だから。 >
     /        \  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
    ノ            \
  /´               ヽ          ポロロン
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )_ (⌒_(⌒)⌒)⌒))_
   |   |         YAMAHA          |
    ヽ |_________________|..

248 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 18:43:37 ID:SHxWawU80
バ ン ク ー バ ー 五 輪 日 本 金 メ ダ ル 0 個 ワ ロ タ w

249 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 19:38:19 ID:x7JMgaLC0
>>248
そうようことをいうもんじゃないよ君は
みんな一生懸命がんばったじゃないか

250 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 19:46:03 ID:jhCzCFDQ0
毛色の違う話だが、洒落にならない話題を一つ
サブプライムどころじゃない世界恐慌勃発が目前となっている、みんな備えておけよ

[大口債権国 ドイツ&フランスは顔面蒼白!]
 2010年02月23日 18時40分 AIFENCE
 http://kabu.sakiyomi.com/aifence/?EACH=577

情勢を要約しよう

「ギリシャ」って国が財政危機で、経済に絡む不祥事とかも色々あって国の信用がガタ落ちなんだ

で、ギリシャには自己解決する能力も無けりゃ、支援をしてくれる味方もいない
EUのお友達も何とか支援をしてやりたいが、苦しいのはギリシャだけじゃない
ここでギリシャを助けちまったら他の苦しい連中も支援を要請してきて、EUそのものがヤバくなっちまう
だからEUは助けたくてもギリシャを助けられない

でも、ギリシャに既に金貸してる国はギリシャが潰れりゃ大損だ

更にタチの悪い事にこの問題にはタイムリミットがある、それが今年の5月だ

ギリシャは5月までに国債の償還に160億ユーロが必要なんだが調達の見込みが薄い
あと、国を運営するのに必要な財源が530億ユーロ要るんだが、こっちも手に入りそうも無い

借金は返せないし、国を運営する金も無いし、もう最悪な状況なんだ

で、さっき言った通りギリシャが潰れりゃギリシャに金を貸してる国は大損する
一国だけの問題ではなくそこから更に色々な国が影響を受けるんだ


次のレスでは中国経済に関する地雷についてわかりやすく解説する
その次に日本の地雷、最後にアメリカとロシアで締める
とにかく今年はエライ年になるって事だけは確かだ

251 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 20:15:56 ID:jhCzCFDQ0
中国が急成長してるって話はみんなも聞いてると思う
けど中国当局の発表する経済指標に関する会計操作と、余剰生産に関する話はあまり報道されてない
それと中国の不動産関連の話、これは知ってる人は当然もう知ってる話だな
バブルと引き締めの話も周知の事と思う、知らない人にもなるべく分かりやすいように要約するから読んで欲しい

まずは成長率の話から
GDPだとか成長率とかそういう話はネットやらニュースやらで散々目にしてるハズだ
けど、この成長に実際的な中身が無い事が水面下で問題になりつつある
と、言うか少しづつ明るみに出てきて影響が出始めてるんだ

中国と言う国は役人が非常に強い力を持っていて、地方ではまさに役人が統治者だ
中国の成長率に関する集



   で、不動産を担保に融資を受けて不動産を買ってる形の取り引きが中心になってる
つまり、家そのものの価値以上の値段で売り買いされてて庶民には手の届かない状況になってるんだ
価値を転がして売りあう状況、まさに日本のバブルの頃と重なって見えると思う
これに関連して



それと金融引き締めの話、例の


ttp://ssoubakan.blog102.fc2.com/blog-entry-666.html

こからエネルギー開発に絡む一件に


ttp

252 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 20:20:37 ID:x7JMgaLC0
こわっ!

253 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 21:15:32 ID:GWSRLcoI0
>>222
俺が理想とする生活だな

あと休日版(お父さんとお母さんがいる)も教えてくれ


254 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 22:48:25 ID:TLFbrAVp0
社会情勢がヤバすぎて、お化けとか幽霊とか、そんなもん怖がるのは社会に出てない奴らだけ

255 :本当にあった怖い名無し:2010/02/26(金) 22:55:38 ID:x7JMgaLC0
お化け怖いよー><;


256 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 01:23:06 ID:edcbQCjP0
ギリシャの問題はもう解決済みだろ

257 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 01:41:25 ID:qSM6sgff0
版に社会情勢持ってくるな。
つまらない…

258 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 01:54:52 ID:bwfnw6OvO
仕事が薄くなり 貯金も底をついてきた
もう数万円しかない
なのに今日冷蔵庫が壊れた
洗濯機もお急ぎにしても全然お急ぎじゃなくなってきた
ドライヤーがバックファイヤーした
風呂の給湯器ももう18年目でいつ何があるかわからん

恐すぎる

259 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:01:38 ID:BgqnUARj0
1/7
あれは今から5年くらい前の話だ。
子供の頃の話が続いたんで今日は社会人になってからの
恐怖体験を話そうと思う。田舎には田舎の、都会には都会
の怖さってもんがある。これはその顕著な例だったと思う。

俺は某ゲーム会社で働いている。通勤にはY浜線を使って
いたが、これが結構「飛び込む」ことで有名な路線だ。
しかし俺自身は幸運にもそれらに遭遇することはなかった。
この日までは・・・


その日はいつものようにお昼前に起きて電車に乗った。俺
の会社はフレックスなので何時に出勤してもいいんだ。駅
に着くとちょうど電車がきた。時計を見るとお昼の12時40
分だった。お〜空いてる空いてる。電車には誰も乗ってい
なかった。いつものようにi-Podで音楽を聴き始める。

朝はJAZZと決めている。鼻歌まじりで外の風景を眺めてい
たが、何か違和感がある。天気は快晴。春先で穏やかな日
差しに包まれている。しかし動感がない。。。というか止
まってる1枚の写真を見ている感じだった。と、そのとき
電車が駅を通り過ぎた。

え?

260 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:02:53 ID:BgqnUARj0
2/7
この電車は各駅停車だ。なんで通り過ぎたんだ?俺の最寄
り駅は小さいので各駅停車しか止まらない。それが他の駅
を通り過ぎることなどあり得ないのだ。おかしいな、運転
手が間違えたのか?よく考えたら乗ってから車内アナウン
スもなかった気がした。俺はキョロキョロ見回したが電車
は普通に走っている。少し不安になったが、ほどなく次の
駅に電車は停まった。

プッシューーー・・・ッ バタン
コツコツコツ・・・

扉が開き後の車両に人が乗ってきた音がした。俺は思い過
ごしかと安心した。そして電車は次の駅でも停車した。結
構大きな駅だ。しかしおかしなことに扉が開いても誰も乗
ってくる気配がない。ホームには結構な数の人が並んで立
っている。ん?なんでみんな乗ってこないんだ?

おかしなことに皆、電車が来る方向を見ている。まるで早
く電車が来ないかな、といった表情だ。いやいや、来てる
じゃん。みんな早く乗ろうよ。と思っていると誰かが同じ
車両に乗ってきた。うん、そうだよね。みんなも早く乗れ
ばいいのに。しかし結局、同じ車両に乗ったのは一人だけ
で電車は動き始めた。

この駅で降りとけばよかった・・・

261 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:04:06 ID:BgqnUARj0
3/7
多少の違和感はあったが、あまり気にもせず気を取り直し
て音楽を聴いていた。しばらくぼんやりしていたが、ふと
目線を右方向に移すと視界にさっき乗ってきた人が映った。
女子高生かな?黒い制服をきた女の子だった。無言でうつ
むいている。床には大きなバッグを置いているようだった。

あんなに大きな荷物じゃ大変だな、などと思って目線を戻
し外を見ていた。

ボトッ・・・

何か音がした。ん?何の音だ?俺はキョロキョロ見回した。
特に異常はない。気のせいかと思い視線を女子高生に向け
た。あれ?心なしか彼女の荷物が大きくなっている気がし
た。おかしいな、荷物あんなに大きかったっけ。。。しば
らくボーッと見ていたが何か違和感がある。しばらくして
その理由がわかった。

瞬間、全身の毛が逆立った。

262 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:05:08 ID:BgqnUARj0
4/7
俺の人生でこの時ほどヤバイと思ったことはなかった。お
そらく前回の神社事件以上のレベルだった。彼女の大きな
荷物だと思っていたものは、血だった。よく見ると右足が
切断されていて床に転がっている。どす黒い血がじっとり
と流れ出して徐々に広がっているのだ。黒い制服というの
も元は白いらしく、血で黒く見えていたのだった。

俺は後の車両の乗客も見てみた。首がなかった。この時初
めて事態の異常さと相当な危険度を感じた。全身からいや
な汗が噴き出た。とにかく降りなければ!俺は次に停車し
てドアが開いたら即効で逃げようと思った。ほどなくして
電車は次の駅に停まった。

ん?なんだこの駅?
見たこともない駅名だった。というか目の焦点がよく合わ
ず駅名がよく見えない。しかも一向にドアが開く気配がな
い。ほどなくして電車が動き始めた。俺は咄嗟に窓から飛
び出ようと思ったが、窓がビクともしない。しかしよく考
えたら「まともではない場所」で外に出たら逆に危険な気
もした。生きて帰れなくなるからだ。

女子高生を見た。両足ともなかった。血が噴き出ている。
と、後のほうから何やら音が聞こえた。

ガラガラガラ・・・バタン!

263 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:06:47 ID:BgqnUARj0
5/7
車両連結部のドアを開け閉めしているような音だ。その音
がだんだん近づいてきているような気がした。ヤバイ、何
かが来る!言葉では言い表せないような劣悪な波動?を感
じて俺は先頭車両のほうへ移動した。女子高生の前を通り
過ぎた。視線を向けずにいたが、すでにバラバラだったの
がわかった。

そして1番先頭の車両に着いた。空気が異様に冷たい。俺
は運転席のドアを開けようとしたがビクともしない。とい
うか運転手がいない。。。と、電車がトンネルに入った。
外は真っ暗だ。え?トンネル?当然、この路線にはトンネ
ルはおろか高架すら無い。車内の電気が消え非常用の赤色
灯?になった。

バタン!

咄嗟に振り向くと連結部のドアを開け車掌?が入ってきた。
さっきからこっちへ向ってたやつだ。暗くて顔が見えない。
手には金属製の長いアイストングス(氷を挟む道具)のよ
うなものと、黒い大きな布袋を持っている。袋の中では何
かがゴソゴソと動いている。。。

ヤバイ・・・見つかった!

264 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:08:33 ID:BgqnUARj0
6/7
どんどんと車掌がこっちに近づいてくる。本能が逃げろと
言ってるが体が動かない。情けないことに失禁寸前だった。
車掌は無言で接近してくる。もうダメだと思った瞬間、俺
の体を車掌がすり抜けた。

え・・・?
と、同時に強烈な、しかも妙に懐かしい匂いがした。


「まだ早えーよ」

そう聞こえたかと思うと、車掌は運転席に入って行った。

パァァァァ・・・ン

いきなりすごい日差しが車内に入ってきた。眩しくてしば
らく目が開かなかった。

新○浜ぁ〜新○浜です。市営地下鉄をご利用の方は・・・

265 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:09:40 ID:BgqnUARj0
7/7
アナウンスで俺の降りる駅名が流れた。ほどなく駅に着き、
俺は茫然としながらもなんとか降り、ヘナヘナとホームの
ベンチへ座り込んだ。一体今のは何だったのか・・・夢だ
ったのだろうか・・・時計を見ると1時10分だった。電車に
乗ってからちょうど30分。いつも通りだ・・・

数年ぶりに起こった「あっち側の出来事」にヘトヘトになり
ながらも、あの車掌について考えた。乗客はわかる。たぶん
飛び込んだ人達だ。しかしあの車掌だけはどうしても納得が
いかなかった。あの匂い、ふいんき、あれはまさに俺自身だ
ったんだ。

どういうことだ?俺は将来、あっち側の車掌になるのか?そ
れに「まだ早い」と聞こえたが・・いつか俺が飛び込むとい
うことなのか?ふと足元の靴を見たら裏にベットリとドス黒
いものが貼りついていた。すぐに靴屋で新しい靴を買い、そ
れは捨てた。


幸い今は勤務先が変わり、Y浜線は使っていない。しかし今
でも一体あれは何だったんだろうと謎のままだ。

おしまい。

266 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:22:46 ID:y1fWqmhi0
ミッドナイト・ミート・トレイン思い出した

267 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:27:15 ID:9dyNEHiB0
乙!面白かった。叩きに負けずまた頼みます。

268 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:31:07 ID:Hq7KTA5E0
線は違うが御徒町で見つかっていない轢死体もその車掌が回収したんだろうか?

269 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:42:01 ID:qSM6sgff0
相変わらず構成がうまいな。
うちの父親もJRで、死体処理もしたことがあるらしい。。。
たまに、変なもの連れ帰ってくると最悪だよね。

270 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 02:48:21 ID:BgqnUARj0
どうも。
御徒町方面の路線は俺はあまり使わないんですけど・・・
アレにもやっぱ管轄とかあるんですかね?明らかに回収要員ぽかったけど・・・
俺も駅でJRの人が回収してるの見たことありますよ。大変なお仕事ですよね。

271 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 03:07:27 ID:qSM6sgff0
>>270
処理に若い兄ちゃんたちバイトで雇うとか本で読んだけど、ダイヤ狂ってる状態でそんな余裕なく社員自ら死体処理してるのかわからない。
偶にひいた車両に生首くっついてて、目と目が合うとか…
それと車内アナウンスでも特定の言葉を使うこともあるらしい。

俺と父は間柄悪くて母親から言づてに聞いたんだけどしばらく肉食えねっていってたね。


272 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 03:19:02 ID:Hq7KTA5E0
>>270
管轄があるとしたら、山手線や総武線にもそんな物騒な電車が走ってるということだね。

>>>270
>それと車内アナウンスでも特定の言葉を使うこともあるらしい。

俺の使ってる線が人身とホームから落っこちただけの時にアナウンス変えてるわ。
ホームから落ちた場合は、そのまんまの癖に人身の時は歯切れの悪い感じで事故って言ってる。

273 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 03:34:33 ID:BgqnUARj0
どうも。
俺も事件後しばらく肉はNGでした。それと赤や黒いものに敏感になっちゃって。
ホームから落っこちる・・・早く防護柵?を全駅につけてもらいたいっすよね。
管轄については、あるのかも知れませんね。でも、もう遭遇はごめんですね・・・

274 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 03:56:44 ID:+eyXR1gY0
いや〜面白かった! なんか前にも、後生行きの電車のはなしがあったよね、あるんだな〜そういうの。

275 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 03:58:36 ID:tuDO1YxT0
いや、夢ちゃうんか

276 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 03:58:37 ID:qSM6sgff0
パターンは違うけど猿夢に似てる?

277 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 08:20:47 ID:hv5tNzvK0
未だに意味がわからないからオチは無いんだけど、俺自身はめっちゃ恐怖した出来事って
ここに書いていいのかなぁ
駄目なら書かないから誰か教えて。

278 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 08:23:15 ID:qSM6sgff0
聞かせてくれないか?

279 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 08:25:10 ID:6y2iqgFd0
かいて

280 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 08:50:22 ID:hv5tNzvK0
聞きたい人がいるなら書くよ。
とりあえず俺がここに書こうと思った経緯からなんだけど、つい1週間程前にうちの婆さんが死んだんよ。
んで葬儀とか全部済んだんだけど、そのときに昔俺が腰抜かすほどビビった体験に関係する物が
チラホラ目についたからなんだよね。
あと、なんらかの知識持ってる人が少しでもいてくれたら俺も何かわかるかもしれないしってことで。
もう15年くらい昔の話だから、記憶整理しながら書くから待って。

281 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:15:03 ID:hv5tNzvK0
俺高校卒業してすぐ県外で就職して働いてたんだけど、お盆休みに車で実家に帰ってきたんよ。
2年目くらいだったかなぁ、たしか20歳くらいのときだったはず。
そのころの俺は星空見るのがすごく好きで、6万くらいで買ったばっかりの新品の天体望遠鏡もって
実家から30分くらい車で走ったら着く、ちょっと小高い山に21時頃行ったんだよ。
久しぶりに綺麗な夜空が見られると思って興奮してたし、何より前日に車で12時間かけて
長距離運転して帰ってきたから、まだその疲れもあって山に着いてちょっと眠くなったんだよね。
山に着いてから車の中でちょっとウトウトしちゃって眠ってしまったんだ。

282 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:26:43 ID:hv5tNzvK0
なんか外から変な声がブツブツ聞こえてきて、それで目が覚めた。
起きたときに確認したら0時20分だったから、大体3時間ちょっと寝てた計算。
あ、もうこんな時間かよ!明日友達と朝から釣りに行く約束してるから、あまり遅くまでいらんないよ
って真っ先に思ってたんだけど、起きたキッカケになったブツブツ声にふと意識がいったとき、
夜の山の中に1人でいる自分の立場に凄い鳥肌たってた。

283 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:34:16 ID:hv5tNzvK0
身を潜めて少しの間黙って聞いてたんだけど、自分の車の位置からちょっと離れた場所から聞こえてた。
怖かったんだけど、別に霊の現象とかそういうんじゃないっぽくて明らかに集団の人の声だったから
なんか人の声だってわかったとたんにちょっと安堵して、確かにまだ怖かったんだけど、だんだんと
怖さよりも興味のほうが沸いてきて、車のドアをそっとあけてコソコソと声の方向に行ってみたんだよ。
でも近づくにつれてやっぱりまた気味が悪くなってきた。それどう聞いてもお経みたいな声だったから。

284 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:36:26 ID:S0r6rvgQ0
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。

285 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:43:42 ID:qSM6sgff0
続き書いていい?

286 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:46:53 ID:4uFbfi4N0
記憶整理しながら書くんじゃなくて
記憶整理して書き上げてから投稿しましょう

287 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 09:54:10 ID:hv5tNzvK0
なるほど、一気に書いてから投稿するのがいいんですね。
それじゃ書き上げてきます。

288 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 10:01:00 ID:GKHEh7K60
逆にメモ帳とかに書かずに面白いモノ書けてるから才能は感じる
つか実話なのか?
続き期待

289 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 10:23:44 ID:qSM6sgff0
禿同。
そろそろ寝夢異。

290 :277:2010/02/27(土) 10:53:01 ID:hv5tNzvK0
ごめん俺身バレして、これ以上書くのは駄目って言われた・・・
しかも15年前(言われてわかったけど、正確には16年前だった)のことが俺だってのまで今更ながらバレた。
呼び出されたので、今からちょっと寺まで行ってきます・・・

291 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 11:00:42 ID:UXO7WijP0
・・・・・。

292 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 12:03:59 ID:v7YF8KKo0
あの程度の内容でバレるのか?

293 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 12:06:37 ID:tuDO1YxT0
ヒント
Vipperの釣堀

294 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 12:07:01 ID:EQ5PltQO0
そしてその後>>290の姿を見た者は誰も居ない…

295 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 12:07:13 ID:9fTKm+ES0
米国 「なぁ、おまえら今回金いくつ?」 
中国 「俺、4個www まあ、悪くないかなww」 
米・韓 「すげー!やるな!」 
日本 「(どうせ中国は審判がブツブツ・・・)」 
米国 「え?なんて?何言ってんのこいつ? 声小さくて聞こえねえよ。 で、韓国は?」 
韓国 「俺6個、割と調子良かったわwww」 
米・中 「マジで?やべえww」 
日本 「(韓国はノーベル賞がブツブツ・・・)」 
米国 「なに?聞こえねーよ、言いたいことあるならデカイ声で言えよ、日本」 
韓国 「アメリカはいくつなん?」
米国 「俺は金8個だわ。さすがに2ケタは届かなかったわwww」 
中国 「で、お前はいくつなんだよ、日本」
日本 「(メダルの数を競うのは発展途上国ブツブツ・・・、日本は新幹線の技術がブツブツ・・・、日本は天皇制ブツブツ・・・)」
米国 「はぁ? さっきから何いってんのお前? 意味わかんね」 
中国 「こいついつもこうだよな。都合悪いと話そらしてんのwww」 
韓国 「ちょww こいつ0個らしいぜwwww」 
米国 「マジかwwwwwwww」 
中国 「だせぇぇええwwww」
米国 「まぁいいや、二次会行って話そうぜ、日本誘わなくていいよ。テンション下がるから」 
中・韓 「だなww おけwwwww」
日本 「台湾くん一緒にかえろ・・・」 
台湾 「俺も二次会行って良いすか?」 
中国 「おう、お前も来い来いwwww」

296 :277:2010/02/27(土) 12:50:38 ID:hv5tNzvK0
ただいま戻りました。
身バレしたのは、自分がちょっと記憶あやふやな部分と確認したいことがあったので
とある人に電話して確認してみたら、その人が当事者の1人で「あれお前やったんか!!」
ってなってバレちゃったってことです。2chからバレたってわけじゃないんですよ。
死んだ婆さんの遺品のこととか、今自分が書き込んでる内容のことを「そういえばこんなことあってさ〜」
って話してたら、まさか相談した相手が当事者の1人だなんて思いもしなかった・・・田舎は狭いわ・・・

とりあえず、自分が見た内容ならネットの不特定多数に知られても問題は無いそうです。
これ以上書くなって言ったのは、見られちゃまずい部分まで見られたからだと思ったからみたいで。
そこまでは見られてなかったみたいです。

297 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 12:56:57 ID:d3q9Mcds0
うむっ!

次!!

298 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 13:03:27 ID:hv5tNzvK0
んで自分が深夜に見たのはなんだったのかというと、集団のおばさんやら婆さんが
真っ白な衣装(なんか変な文字が書かれてた)が大量の蝋燭建ててた祭壇の前で、
一心不乱にお経を唱えてた光景だったんですよ。当時深夜の山頂でこれみたときは
腰が本当に抜けたもんです。(腰抜かしながら車まで戻ってすぐ逃げましたが)
あれはなんだったのか聞いたところ、昔(といっても自分が小学生の頃ですが)
自然災害で死んだ子供達の霊を慰める為の、数年に一度の儀式だったそうです。

299 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 13:03:47 ID:fLuQj4ZB0
>>277 >>296
Vipper乙
もう来なくていいよ、マジで つ ま ら ん から
首吊って死ねや、荒らしの糞虫野郎
中途半端な手前のオナニーを見せられる者にとっては不快極まりない
オナニー全開できねえなら荒らし同然

300 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 13:05:20 ID:lJ/Ahki10
ほ〜い
ン欠いってみよ〜〜〜

301 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 13:07:55 ID:hv5tNzvK0
特にオチも何もなく、結局怖い話でもなかったんですがこんな感じでした。
なんか盛り上がりもなく話が終わっちゃいましたがこれで終わりです。
駄文失礼しました。

302 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 13:13:47 ID:rrkyX//10
スレタイが読めないやつが多いんだな

303 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 15:25:17 ID:BgqnUARj0
どうも。
今日は深夜に投下できないんで今落としておきます。

304 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 15:27:06 ID:BgqnUARj0
1/5
あれは俺が前のマンションに住んでた頃だから2年くらい前の話だ。
今日はそのマンションで起きた恐怖体験を書いてみる。今回も都会
編だ。

マンションは6階建てで俺は最上階に住んでいた。見晴らしも良く
最寄駅も近い。その日、俺はいつものように仕事から帰り、1階か
らエレベータに乗った。ちょうど3階を過ぎようとした時、目の前
の部屋の前に女性が背中を向けて立っているのが見えた(エレベ
ータのドアはガラスで内外から見える)。

あの部屋の住人の知り合いかな?
俺はたいして気にも留めず自分の部屋へと帰った。翌日、また仕事
から帰りエレベータに乗り込んだ。そして3階を過ぎようとした時、
今日もあの女性があの部屋の前で立っているのに気がついた。何だ?
今日も来てるのか?なんでずっと外で待ってるんだ?時計を見ると
深夜0時近かった。不審に思ったが自分の部屋の帰るとすぐに忘れた。

そしてその翌日。金曜なので飲んで帰りマンションに着いたのが、
午前1時過ぎだった。いつもにように1階からエレベータに乗り6階
を押そうとした。と、この時酔っていたので間違えて5階を押して
しまった。アチャ〜と思ったが、まぁ酔い覚ましに5階から階段を
歩くかと思い6階ボタンは押さなかった。

上機嫌で鼻歌を歌いながら3階に差し掛かった時、その酔いは一気
にさめた。いたのだ、あの女が。今日もあの部屋の前に立っている。
そして通り過ぎようとした瞬間、その女がゆっくりと振り返った。
ギリギリ顔は見えなかったが俺が乗っているのが向こうからも見え
てしまった。

305 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 15:29:38 ID:BgqnUARj0
2/5
なぜか本能的に危険を感じた俺は、5階でエレベータが停まると、
すぐに、足音を立てず6階へと非常階段を上って息を潜めた。エレ
ベータは下がっていったかと思うと3階で停まり、再び上階へ上が
ってくる音がした。心臓がバクバク鳴り始めた。エレベータは5階
で停まり、誰かがウロウロする足音がしている。。。

俺は音を立てずに自分の部屋に入ると、ゆっくりと鍵を締めた。

ストーカーか?異常者か?どうして俺についてエレベータを昇って
きたんだ?見られちゃまずいことでもあるのか?しばらく考えたが
結論が出ないので、しばらく様子を見ることにした。場合によって
は不動産屋に報告しなければならない。女は朝はいない。夜の何時
〜何時までいるのか不明だが、もし今度見かけたら警察に電話しよ
うかなどと真剣に考えていた。

ここで一旦整理する。
女が立っているのは3階の302号室だ。1フロアーに部屋は3つ。なの
で302は中央かつエレベータの正面に位置している。そして非常階段
はエレベータの横。なので女に気づかれず階段から3階を突破して
6階に上がるのは非常に困難だ。

しかしよく考えたら、なんで俺がコソコソと悩まなくてはならない
んだ?と思い、だんだんと腹が立ってきた。よし、今度見つけたら
文句を言ってやろうと心に決めた。女は土日には現れなかった。な
んだ、つまんねぇ、折角文句言おうと思ったのに。

306 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 15:31:11 ID:BgqnUARj0
3/5
月曜日。俺は女のことなどすっかり忘れて終電近くまで仕事をして
帰宅した。頭の中にはもう、あの女のことなど微塵もなかった。エレ
ベータが3階を通り過ぎたが、そこには誰もいなかった。その時点で
やっと女のことを思い出し、あ〜あのスト−カー女やっと諦めたか!
と、ご機嫌になった。

俺が甘かった・・・

エレベータが5階に差し掛かった時、我が目を疑った。いたのだ、あの
女が。502の前に立っているではないか。俺は硬直した。ヤバイ!女は
こっちを振り返った。またもやギリギリ顔は見えなかったが、俺が6階
に住んでることがバレてしまった。俺はパニクって6階に着くと同時に
すぐに1階のボタンと閉じるボタンを連打した。間違いなく高橋名人の
16SHOTを凌駕したかと思うほどの速さだった。そしてそのまま1階に向
かった。

エレベータが5階を過ぎた時、すでに女はなかった。予想通りというか、
きっと階段から6階に上がるだろうと思ったのが的中したようだった。
1階に着いた俺は壁に沿って外へ出て、非常階段が見える位置まで移動
した。女が6階の踊り場をうろうろしてる姿が見えた。やはりバレてい
たか。。。どうしよう。。。

あの手の異常な女には近づかないに限る。どうする、友達を呼ぶか、
警察を呼ぶか・・・しばらく思案していると女の姿が消えた。おかしいな?
どこかに隠れているのか、帰ったのか・・・しかし帰るなら玄関から出る
しかないので、必ずここから見えるはず。。。

結局30分ほどそこで待ってたが動きがないので、思い切って自分の部屋
へ向かった。非常階段で足音を立てずに上ろうと思った。ドキドキしな
がら進んだが、結局6階まで女の姿は発見できなかった。なんだ、やっぱ
りどこからか帰ったのか。よかった。

307 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 15:33:50 ID:BgqnUARj0
4/5
俺は自分の部屋に入ると、蛍光灯のヒモを引っ張り、電気をつけようと
した。その瞬間、ベランダから何かの気配がして固まった。

・・・何かが・・・いる・・・

俺は蛍光灯のヒモをゆっくり離すと、聞き耳を立てた。よく見るとカー
テン越しに人の影が見える。。。たぶんあの女だ。。。俺は考えた。ど
うやって入った・・・?そして俺は思い出した。隣の部屋が空き部屋だ
ということを。。。

何度か引っ越しをしたことがある人なら知ってるかもだが、物件が専任
ではない場合、鍵が開けっぱなしになっていたり給湯器や水道メーター
の戸の中に鍵が隠してある場合が多い。おそらくそれで中に入り、ベラ
ンダからうちのベランダへと侵入してきたのだ。

さすがにここまできては警察に電話するしかない。
俺は外に聞こえないよう注意し、警察に電話をした。俺はそのまま音を
立てずに部屋から出て、6階の踊り場でパトカーを待った。万が一、女が
出てきた場合は完全な不法侵入なので俺がとっ捕まえればいい。それだ
けの筋力はある。

ほどなく無音でパトカーが到着、お巡りさんが2人、エレベータで昇って
きた。俺は事情を説明し、1人のお巡りさんが空き部屋から、もう一人が
俺の部屋から入り、ベランダで女確保、という作戦でいくことになった。
俺はこの時ほど、お巡りさんが頼もしく思えたことはなかった。

そして作戦決行。ベランダに突入した。

308 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 15:35:21 ID:BgqnUARj0
5/5
・・・誰もいなかった。そう、ベランダには誰もいなかったのである。
そんな馬鹿な! と、俺は自分の部屋(601)と空き部屋(602)も探したが
女の姿はどこにもなかった。一応、その隣の部屋(603)も事情を説明して
お巡りさんが入って行ったが、女の気配はなかった。

おかしい。どう考えても消えるわけがない。俺は狐につままれたような
気がしたが、ふと302号室がどうなっているのか気になり、お巡りさんに
一緒に行ってもらった。

事情が事情だけに不動産屋にも来てもらった。
302号室には確かに人が入居しているという。不動産屋さんが鍵を開けよ
うとしたら、すでに鍵が空いていた。中からは異臭がした。。。ここから
先はあまり書きたくないが・・・

死後1ヵ月ほど経過していたらしい。俺は怖くて中に入らなかった。たく
さんの警官がきた。俺は警察へ呼ばれて事情聴取をされた。しかし完全に
自殺という状況だったので、俺が疑われることはなかった・・・しかし・・・


自殺していたのは男性だった。

では、あの女性はいったい。。。そういえば俺はあの女性の顔を1度も見
ていない・・・結局、それがきっかけで俺は引っ越した。なので、それ以来
あの女を見ることもなくなった。しかし今でもあの女が誰だったのか・・・
謎のままだ。

今でもエレベータに乗ると思い出す。おかげで目標階に着くまで目を閉じる
癖がついてしまった。。。


おしまい。

309 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 16:05:08 ID:0bGZs55/0
三村「結局謎のままかよ!」

310 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 16:08:26 ID:FxPnLP5q0
まとめサイト消えた?

311 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 16:08:37 ID:WWL6ZV/I0
なんでシリーズ物スレ池って言われてるのにここにこだわるの?

312 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 16:17:07 ID:Hq7KTA5E0
シリーズ物スレ行けって言ってるやつ一人だろ?
寺Tみたいなシリーズ化してないんだからいいんじゃないか?

ネタ投下が少ないのに投下されると必ずけなす奴って何なの?

313 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 16:23:48 ID:nL7sl+AF0
ネトウヨの馬鹿っぷりには反吐がでます。
リアル1000物語とリアル一万物語をしています。手伝ってください

スクープ動画
迫る危機
日本国内にあった朝鮮施設!
http://www.youtube.com/watch?v=XFdUiNBiPGA
このように動画うまいこと貼りネトウヨ(在特、幕屋、統一、日本会議)に御霊と仲良くなることを進めてあげてください。

グルメな日本とか日本最発見
とかタイトルでネトウヨほいほいを仕掛けてください。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1288319



314 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 17:20:55 ID:RuTtpxxv0
どこでも湧くサヨは東方厨とひぐらし厨とかわんねーな

315 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 17:26:23 ID:OI1P168p0
はいつまんない
つぎー


316 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 17:34:42 ID:yohvikdA0
>>310
ここ?
ttp://syarecowa.moo.jp/

317 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 18:00:32 ID:y1fWqmhi0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

318 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 18:25:06 ID:5PrzWyUB0
洒落怖の「猿夢」って話、すげービビッた。
まったく同じ夢を見たことあるわ
猿夢見たことある人、他にもたくさんいるのかな?

319 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 18:30:44 ID:jem8Wdzn0
初カキコだけど土着、土地神様関係は需要ある?一応実体験
板違いじゃなかったら投下したいと思う

320 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 19:04:14 ID:6y2iqgFd0
意味ある。ハイ次。

321 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 19:16:32 ID:FOET082UO
書いてくれ・・・
愛してるよ

322 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 19:24:57 ID:jem8Wdzn0
ほいじゃ投下。長めなので苦手な方はご注意ください。

東北某県の山奥にある実家にまだ住んでいた頃の話なんだけど

その地域では俺の一族が大地主だったらしく、
祖父に対して近所の連中がぺこぺこしてるというなんとも嫌な感じで、
正直俺は余り実家のことが好きじゃなかった。

んでそんな俺の実家には蔵がある。
家宝が云々とか言われているけど、なんのことはなく
ようは他方からの貢物を収めている。

そんな中でひときわ大切にされている玉があった。
用途は一切不明、黒ずんだ金属(何の金属かはわからん)製らしき玉で、
模様装飾その他は一切なし。
振るとカラカラ言った(子供の頃振って祖父に血を吐くほど殴られた)
なんなのかよくわからなかったけどただ
「最も大事な物、絶対に触るな」とだけ言われてきた。
絶対に触るなって言っても別に呪いがどうこうではなく、祖父曰く
「孫が入っておる。いつ生まれるかわからんから刺激はするな」とのこと。

どうやらその家の主に代々伝わる話があるらしく、それに関係しているらしい。
俺の父親は知っていたが俺はまだ知らなかったので、
気味が悪いとは思っていたが別にどうすることもなかった。

後で父親に聞いた話だと「孫」っていうのはその地域の土着神みたいなもの。
普通土着神っていうのはその地域に住んでいるものだけど、
「孫」は特別で、村が出来て人が住んでから他方の神様を持ってきたんだと。
その連れてきた人間っていうのが家の家系の1代目ってわけだ。
なんで「孫」っていうのかとか何故変な玉に入っているのか
生まれるってどういう事かとか、そういうことはわからんとのこと。

323 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 19:26:26 ID:CMw2Ldae0
投稿者は自己満足で書き込まず、オフラインでの第三者の評価を経てから
洒落怖スレに来るべき。

324 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 19:26:26 ID:jem8Wdzn0
>>322続き

そして去年の夏に心臓発作で祖父が死んだ。
俺と父親は家を出てきていたので当然家を継ぐことはなく、
つまりはこれで家主はいなくなるわけだ。で祖父の葬式のために実家に帰った。
俺はふとあの玉が気になって(言っちゃうと家を出てからずっと気になってた)
蔵に行ってみた。

そしたらあの玉が割れていた。綺麗に真っ二つ。
しかも割れてはじめてわかったんだがその玉はどうやら木製。
裏側に木目があって表面はなんかの塗料だったらしい。
当然そんな重いもんでもなく持ってみると軽い。
しかし子供の頃こっそり持ったあれは確かに金属の重さだった。
つまり「孫」には結構な重さがあったってこと。
なんだかぞっとして俺はその蔵から逃げ出した。

葬式を終えて今の家に帰ってから半年ほどして、
あの村で人死にが大量に出たと聞いた。
あっちでは呪いやら祟りやら言っていたが、俺は
なんとなくそれは違うような気がする。
だって家主が死んですぐ「孫」が生まれるなんておかしいから。
俺は「ああ、祖父で足りたんだなあ」と思った。
一体あの玉から何が生まれてしまったのかは知らない
でもまあ、もう俺はあそこには帰らないから知る必要もないかと思っている。

東北にでかけるときは何がいるかわかりませんのでご注意を。

325 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 19:28:16 ID:jem8Wdzn0
>>324
書いたら全然長くなかったね(´・ω・`)
以上です。あれ以来実家には帰ってませんし帰りたくありません。

326 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 20:43:26 ID:mz5ilHiR0
評価人は自分の評価が一般的に公正で妥当なものか考えてから書き込むべき。

327 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 20:54:48 ID:0bGZs55/0
孫を血を吐くまで殴る祖父。祖父をやったのは無意識の作者。

328 :オス!オラ孫悟空:2010/02/27(土) 21:09:21 ID:qSM6sgff0
>>324は説明不足でいいたい事が伝わってないのでは?
箇条書きっぽいし…

329 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 21:23:53 ID:aX1LUnp00
ここは、小学生の作文校正の場じゃねえ馬鹿が!

330 :324:2010/02/27(土) 21:31:46 ID:jem8Wdzn0
>>328
あーごめんなさい。余り文章書き慣れてないもんで
わかりにくかったかもしれないところを補足

>あの村で人死にが大量に出たと聞いた。
母が祖母の妹さん(実家にいる人)から電話で世間話として聞かされたそうです。

>あっちでは呪いやら祟りやら言っていたが
これは従兄弟(実家の近所に住んでいる)から電話で話している折にこっちから
「〇〇さん(近所の人)も亡くなったんだって?どうしたんだろうね?」と聞きました。
すると「なんか婆ちゃんとか父ちゃんは祟りだというとる」とのこと

>だって家主が死んですぐ「孫」が生まれるなんておかしいから。
>俺は「ああ、祖父で足りたんだなあ」と思った。
俺は「孫」は神様なんかじゃなく、
人の命を吸って成長する化け物だと思っています。根拠はないですが。
それで祖父の命を吸ったことによって生まれることが出来るくらい成長したんだなあと。

おそらく生まれた「孫」はまだあの近辺に住み着いていると思います。
まだ人死には出ているらしいので。

331 :オス!オラ空孫悟:2010/02/27(土) 21:54:20 ID:qSM6sgff0
題名が思い出せないんだけど…昔どこかの村で飢餓に苦しみ役人が取り立てにくるんだが、通りすがりの旅人に役人をも呪い殺す恐ろしいものの作り方を教わった。
籠に人の指や赤ん坊の臍の尾を入れ何年もかけて役人を呪い殺したって話があるんだが、なんだったっけなぁ…
それが、現代になって子孫の蔵で見つかって、たまたまパズルとして友達と遊んでしまったものが解き放たれ、命辛々封印したっていう話。
まだ他には見つかってはいないのもあって、年代が立つにつれて呪いの力は弱まるから処理する旅にでるという…

332 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:03:04 ID:79AVjxHp0
>>308
乙でした
その女性は亡くなった男性の知り合いか何かで、その男性の遺体を見つけてもらいたくて部屋の前に立っていたとか……まぁ、真相は藪の中ですね

333 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:07:40 ID:xtao2lD/0
>>331
コトリバコ系の話?

334 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:07:55 ID:rs+WDUHb0
頼むから改行してくれ
そんなに難しいことじゃないだろう?

335 :オス!オラ空孫悟:2010/02/27(土) 22:12:25 ID:qSM6sgff0
>>333
そうそう、それ。
あの時は読んでて怖かったなぁ…

336 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:33:10 ID:OI1P168p0
>>318
ここ見てる人はみんな見たことあるよ
ハイジ

337 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:42:59 ID:7DbuF6oA0
>>324
東北に住んでるが、特に何もないから大丈夫

338 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 00:52:01 ID:M1xb9QNx0
東北、孫、このキーワードが導き出す答えは一つ!
場所は山形県河北町
そして犯人は大泉逸郎!

339 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 04:12:09 ID:j7l9EJto0
ハイジ

340 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 09:46:05 ID:BcDz3LwO0
age

341 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 11:55:00 ID:cijvpVyb0
ここ1年の低レベルな書き手には我慢ならん!
いいものは一週間で1話程度でいいから、
くだらん投稿者は自重するべきだ!

342 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 12:00:54 ID:hWwRYyo00
じゃあお前書け

343 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 12:18:52 ID:cijvpVyb0
>>342
乞食乙w
腹を空かしても何もやらんわwww
反省しろやチビ

344 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 12:20:31 ID:1NDdCT3D0
>>341
お前も自重しろ

345 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 12:36:16 ID:j7l9EJto0
じゃ俺が怖い話書いてやろうか?

346 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 13:11:03 ID:esRbiz9p0
津波怖い

347 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 13:34:48 ID:b3HZ/3wq0
>>343
何コイツ

348 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 14:19:22 ID:PhWB+AU90
俺はとある国のエージェントだが訳あってここにきた

349 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 14:44:57 ID:TwKO+VZT0
エージェントさん、とある国の面白い話して

350 ::2010/02/28(日) 14:57:41 ID:P1EWe2PN0

昨日友人A・Bと夜遅くまで飲み歩いてて、2件ぐらい回った所でBが酔いつぶれてしまった。
俺とAも相当に酒が回っていたので、近くにある浜辺(結構有名な心霊スポット)にBを置き去り
にして帰るというくだらない悪戯を実行する事にした。
しかし、ちょうどいい場所を探すのに手間取ってウロウロしているうちにBが起きてしまった。
第一声が 「ここどこ?なんか人多くね?」
酔いも一瞬で醒めてAと一緒にBを引きずって全速力で逃げてきたよ。



351 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:00:04 ID:4yCw1IG00
俺の岩手県の某市出身なんだけど
数年前のお盆に帰省した時の話。

駅に着いたときには夜遅くなっていて、タクシーに乗ろうかなと思ったけど
どうせ歩いて15分くらいだし、久々に地元帰ってきたということもあって
実家まで歩く事にした。

途中、ちょっとした丘があって
道はそこで迂回するように曲がっているんだけど
両脇に竹藪が茂っていて、ちょっと気味悪い道なんだよね。
歩いていて気付いたけど、竹藪の奥に家の明かりが数軒ポツポツと見えて
(ああ、しばらく見ない内に、このあたりも住宅が増えてるのか)と思った。

そして実家に無事着いて翌朝、どうせする事もあまりないし
駅前の商店まで、買い物に歩いて行ったんだけど
途中の竹藪のあたり通ったら、奥に民家なんか全然ないんだよね。
ただの原っぱで、その奥は林が広がっているだけ。

あれは何だったんだろう。

352 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:07:56 ID:4aGwKPaA0
ホームレスの焚き火w

353 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:11:11 ID:yYEWOoOgP
>>350
よかったじゃない
それで友人置き去りにして、死なれでもしたら
一生後悔する所の話じゃなくなるよ。

まあ、オカ板的にはそれもありなんだろうけど
どっちにしても、友人も自分達も助けられたと思うが良いかなと

354 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:23:34 ID:Qpyk6tJx0
>>353
寝言言ってんじゃねえよ馬鹿

355 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:25:07 ID:UWDwB+fU0
またチンカスな投稿者がスレチ話でオナニーしてやがるw
迷惑だから二度と来るな。

356 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:28:19 ID:zrPOx/VA0
オナニーオナニー言いたいだけのゆとり乙。
じゃあてめえが話振れよ、ママのマンカス舐め取り係w

357 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:39:18 ID:ujW0csJX0
とりあえず酷評して「普通の怖い話じゃ怖がらない俺様SUGEEEEE!!」
って自己満足してる馬鹿共のオナニー見せられてる気分だよな、一般人は。

358 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 15:53:43 ID:jq+gUW1W0
使えん女だ

359 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 16:19:14 ID:FCfAuooQ0
一般人w
へ〜〜〜〜
一般人が2chに来ねえよwww
自分は真っ当ですと名乗るのはどうかと(失笑

360 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 16:20:43 ID:Zx+NzNXo0
ここまで頭の悪い知障の雑談のみ


はい 次 !

361 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 16:31:48 ID:KcDnFWDK0
足がかゆいから見てみたら小さいふじつぼみたいなものがびっしりついてた。
よくみると硬くなった皮膚でできた空洞にうにうに動いてる黒いものがみえる。
かゆい、かゆいとかいてると、ますます
痺れとも痛みともとれるかゆみが襲ってくる。数日たってもかゆみは酷くなるばかり
ふと見ると手の甲にも同じような固いいぼが。。。

362 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 17:07:05 ID:OgEqQX/i0
おれが小学校低学年くらいの話だから約20年くらい前の話。

おばあちゃんの家はおれの実家から大体20キロくらいでそれほど遠くないから、
日曜日とかになるとお袋の運転する車でしょっちゅう遊びに行ってたんだ。
おばあちゃんの家はお寺の目の前でよくおばあちゃんがお寺に手伝いに行ってたな〜
夏休みとかになるとおばあちゃんの家に泊まりに行ったりしたけど霊体験は一切なし。

そんな俺の経験した数少ない霊体験?の一つ

その日は家族で(親父、お袋、兄貴、俺)で夏祭りで花火大会とかを見におばあちゃんの家に行ったんだ。
行きも帰りも同じ道を通ったと思うんだけど、問題は帰りで起こった。
おれは車の後ろに兄貴と一緒に座ってたんだ。前はお袋と親父。
おれは暇だったんで外の景色をぼ〜と見てたら1キロくらい先に丸いオレンジ色の
光が見えたんだ。大体10個くらい。
おれはそれを見て速攻お袋に『あれなに?』って聞いたけど無視された。
当時の俺はオカルトに興味なかったから別に対して気にもしなかった。
たぶん屋台とか出てるんだろうと思った。おれも祭りの帰りだったから・・
その日はそのまま真っ直ぐ家に帰って寝た。

363 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 17:08:19 ID:OgEqQX/i0
それから一ヶ月後くらいにまたおばあちゃんの家に遊びに行くことになった。
あのオレンジに光を見た道と通って行くのだが今回は昼なので
あの場所に何があるのか見てやろうと思い虎視眈々と待っていた。

もうすぐだな〜なんて思いながら外を見ていた。
しばらく走ってついにあの場所に何があるのか分かった。
『墓場』だった。

今までそこに墓場があるなんて思ってなかったビビったけど
あの光を始め見たとき優しいオレンジ色だったので恐怖感はなかった。
花火大会とか祭りに参加するために降りてきたのかな?

364 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 17:40:56 ID:fdbzr0pM0
ヒント:ガス・発火

365 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 17:58:59 ID:j7l9EJto0
はいじ

366 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 18:36:18 ID:JHh9J5Wf0
>>362 誤:霊体験は一切なし                                            正:霊体験などに滅多に遭わなかった   

367 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 18:38:27 ID:PhWB+AU90
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4271807

368 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 18:49:58 ID:1K+HS7Va0
皆さんには怖くないかもしれんが、自分はかなり怖かった話です

パソコンをやる為に、いつも電話線は電話機に繋がずパソコンのモデムにつなげているのだが
つい先程、電話が鳴ったんだよ 1コールだけ
電話線確認したけど、やっぱり繋がっていなかったし・・・

電話機の故障で鳴るもんなの??

369 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 18:55:07 ID:S0JyT0v90
その程度の事なら俺も何度もある。
電話にバッテリーのようなものが付いてるんじゃないかと思ってるが。
気になるようならメーカーに聞いたらいい。
俺はどうでもいいんで放置してる。

370 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 18:55:10 ID:j7l9EJto0
ハイジ

371 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 19:06:54 ID:UpKGGwUI0
>>368
怖かったかもしれないが、
スレタイをよく見ろ盲人。
死 ぬ 程 だ ぞ
その程度で死ぬ程だったら、お前さんは1年中恐怖体験をしていることになるぞ。
不気味で怖いのと、死ぬ程の区別もつかんのか池沼が。

372 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 19:37:44 ID:S0JyT0v90
言葉は悪いが>>371の言うとおりだな。
びっくり・不気味・理解不能なことなどは怖いと思われがちだが、
その程度で死ぬほどか、大騒ぎするほどかと言えばそうではないだろう。
電話がなった程度で死ぬほど怖がる人もいるのかもしれないが、
それを大多数に話して共感を得られるか位は考えた方がいい。
皆さんには怖くないかもしれんがと断りを入れるくらいなら書くな、と言う事だ。

373 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 19:42:45 ID:j7l9EJto0
ハイジ

374 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 19:46:21 ID:+0ed4jSm0
血便が出た、すんげぇ怖かった。      






375 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 19:52:38 ID:+0ed4jSm0
夜中に小便しに起きた、
「ぷちゃ」っと何かかふんづけた。
気にせずに用足して寝た。


朝起きたらゴキちゃん煎餅ができてた、
すんげぇ怖かった。

376 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 19:58:11 ID:udU+ftHsO
>>362
他の家族は「親父、お袋、兄貴」と硬派ぶった呼び方なのに
「おばあちゃん」連呼してるのがほほえましくて憎めん

377 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 20:02:39 ID:+0ed4jSm0
戸棚に随分古い子瓶があった、
中身は黒ゴマだ。
ラーメン食べるときにかけてみた。



一粒一粒が一面に広がり
動き始めた。


ほとんど小さい虫だった。


賞味期限が4年過ぎただけなのに。

378 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 20:06:49 ID:eQAxq2d/0
>>363
泣けるはなしだな

379 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 20:32:58 ID:xZKHWon30
ここ伝統と格式高いスレなんですけど。

380 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 20:47:28 ID:j7l9EJto0
歴史と伝統と格式か・・・

381 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:01:35 ID:PhWB+AU90
俺の歴史
学校社会などに影響されず趣味を極めようと今に至る

俺の伝統
小4からの欠かさずしている皮オナ&潔白童貞

俺の格式
ネット世界では常に高尚ぶり文化人ぶり良識派ぶる

382 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:07:14 ID:Qv2Ow4cF0
はい次

383 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:25:17 ID:PQOZm9tw0
この前、家のポストに新聞を取りに行っただけなのに20分くらい時間がたってて
かなりびびった!

オレは20分も何やってたんだ?

384 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:26:12 ID:Qv2Ow4cF0
はい次

385 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:28:49 ID:b3HZ/3wq0
はい前

386 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:40:48 ID:ECka+TmPO
おちんちん

387 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 21:50:10 ID:PhWB+AU90
ちゅぱちゅぱ

388 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 22:19:27 ID:ArzNysEF0
ドピュー

389 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 22:28:57 ID:eQAxq2d/0
>>379
あっはー

390 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 22:35:59 ID:RjteXuCw0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

391 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:06:07 ID:j7l9EJto0
じゃっしわぁおらぁ!!!

392 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:18:19 ID:uyqh/R2A0
オマエなにが楽しくてここに張り付いてんの?

393 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:20:31 ID:BcDz3LwO0
>>377
に突っ込んでやれよ。

394 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:23:13 ID:PhWB+AU90
>>392
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

395 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:29:12 ID:j7l9EJto0
>>394
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

396 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:37:08 ID:JFWwelF30
すみません、少しだけ話をさせてください

小学生のころの話なんだけど
ある日 学校に行ったらクラスの女子全員から無視された
すごく仲良しの子(以下B)にまで無視されてけっこうショックだった
無視の原因は、クラスのリーダー格の女子(以下A)に言われたかららしい
理由はAが最近Bと友達になったのはいいんだけど、
Bが私ばかりと話すのや、遊ぶのが気に入らなかったみたいで
皆で私をハブろう、ということになったとのこと
しばらくして、クラス会やら何やらでイジメはやめようってことで無視は終わった

397 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:37:49 ID:JFWwelF30
ちょっとしたイジメ騒ぎのほとぼりが冷めたころ、
Bの家に遊びに行った
友達を独占したい気持ちはわかるなあーって今では思うけど、
当時はやっぱりムカついてたのね
だから、呪いのまねごとをやってみよう、と思いたったわけ
何の本か忘れたけど方法は簡単だったから覚えてる
生卵に穴を開けて、呪いたい相手の名前を書いて、土に埋める
中身が腐るころに相手に不幸が・・・という内容だったかな

398 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:38:35 ID:JFWwelF30
Bは乗り気じゃなかったけど、私は腹いせ半分、興味半分で実行した
Bの家の庭(というより田舎なので山)に埋めた
私はなんかスッキリしちゃって、次の日にはほとんど忘れてた
そしたら、一週間もしないうちにAが盲腸で入院した
その連絡を聞いてすごく怖くなった
私のせいだ!呪いが本当に効いてしまった!
ずっとずーっとごめんなさいごめんなさいって思いながら過ごした
Aが退院してからも、何かあったら・・・て心配してた

もうAも私も無事に高校を卒業したし、もう大丈夫かなと思うけどやっぱり心配
今でも罪悪感は拭いきれないし、興味半分で呪いなんてやることじゃないですね
当時は本当に怖かったです

399 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:45:10 ID:7Ckfg8UJ0
ぶぅだっけ?

400 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:47:40 ID:6j/VtntW0
子瓶ていうのはあれだな
親瓶子瓶つて

それ言うなら
親分子分だろ

いやいや子瓶なんだよ、うん

じゃ黒ゴマの入った小瓶ではないのだな?

賞味期限が4年も過ぎたのは小瓶から子瓶に変わるんだよ?

いやそうじゃない

4年も過ぎれば古瓶だよ うん

401 :本当にあった怖い名無し:2010/02/28(日) 23:57:20 ID:b3HZ/3wq0
ん゛っん゛ん゛っん゛ん゛〜〜〜〜〜ん゛っ〜〜〜〜う゛ん゛っ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

402 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 00:06:40 ID:ONbqgGcd0
>>375
俺も夜中に便所行ったとき、
スリッパを履こうとしたらスリッパの口から何か出てた。
むっちりした、毛の生えた蜘蛛の足だった。

手のひら位の大きさの蜘蛛で、殺虫剤かけたらありえない速さで俺に向かってきた。
すんげぇ怖かった。


403 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 00:43:01 ID:hOLI1vUs0
ん゛〜〜う゛て流行ってんのか?

404 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 00:44:49 ID:FbrB279z0
>>400
そこに突っ込むか・・・
しかし、藁かしてどーするw

405 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 01:16:02 ID:yN8GpFBQ0
>>401
フルコーラスついにきたか!!

406 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 01:19:36 ID:ZdTcxbkv0
>>403
ほ゛ん゛に゛ん゛は゛お゛も゛し゛ろ゛い゛と゛お゛も゛っ゛て゛や゛っ゛て゛る゛ん゛た゛ろ゛う゛よ゛

407 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 01:57:19 ID:0gMZZdZ70
まとめに載せてもらうと、やっぱちょっとうれしいね
何か基準でもあるのかな

408 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 02:38:14 ID:yN8GpFBQ0
>>403
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

409 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 05:06:58 ID:WRmzmLM20
それより、聞いたら確実に死ぬって話をしてきたっていう本人がいるんだが。
10中10人心臓発作。
まだ死にたくないので、中身は触れてないが、なんというか寒気を感じだしてきた…。
道ずれではないけど、呪いの効力を弱めるためにもどーんとこういう所に載せて弱めるべきなのではないかと思う。


410 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 05:15:14 ID:etGjzCpn0
聞くのがだめなら書けばいいんだよ!

411 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 05:32:46 ID:WRmzmLM20
書いても死ぬから保障できないと思うが…
死ぬほど、洒落にならない話の投下を心待ちにしている人だっているんじゃないか?
つか、本人にここに書いてもらって本当に死人が出たら責任問えないんだが…

412 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 06:04:56 ID:9T7XQoRJ0
呪いで人殺せるなら、小沢は既に100万回は死んでます。

413 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 06:48:04 ID:WRmzmLM20
小沢は死んでほしいな。
ただ呪いって相手にも伝わらないと意味がないのでは?

414 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:16:18 ID:5P0FeC7b0
1/12
あれは俺が社会人になりたての頃だからもう8年も前の話だ。
俺の趣味は隠れ家的なBARを探すこと。休日は落ち着く店を
探して最寄り駅周辺を歩き回る。今日はたまたま見つけて入っ
たBARでの恐怖体験を書いてみる。

某ゲーム会社にプランナーとして入社出来た俺は毎晩遅くまで
企画制作に没頭していた。休日も頭の中は企画のことばかり。
いつもノートPCを持ち歩き、面白いアイデアを見つけると即
入力していた。

その日、俺はいつものように駅前のファミレスで夕飯を済ませ
ると、いつものようにブラブラと歩き始めた。ちょうど日が暮
れきる寸前で夜の街灯が眩しく光る。ガード下の喫煙所で一服。
土曜の晩ということもあってか、街は若者でごった返している。
煙草を吸いながらしばらくボーッと夜の街を眺める。と、一人
の女性に目が行った。

季節は初夏。半袖の白いワンピースに白いサンダル。長い黒髪
で駅から繁華街に向かってゆく。パッと見、清楚な美人という
感じで、なんとなく興味を持った俺は煙草の火を消すと、彼女
がどこに向かうのか気になり同じ方向に向かって歩き始めた。

彼女はゆっくりと歩いていたようだったが、なかなか追いつけ
ない。人ごみの中を彼女を見失わないようについて歩く。段々
と裏通りのほうへ向かって進んで行った。と、一件のBARに
入っていくのが見えた。

415 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:17:40 ID:5P0FeC7b0
2/12
そこは雑居ビル。彼女が入っていった店は地下1階の店のようだ。
俺は「ふ〜ん、こんな所にBARがあったんだ」と辺りを軽く
見回し中へ入っていった。店には看板が出ていない。俺はこう
いった店が好きでwktkしてきた。重い扉を引き店の中に入る。

暗めの照明にシックな落ち着いたデザインの内装。静かに流れ
ているスタンダードJAZZ。初老のバーテンダー。どれを取
っても俺の琴線に響く感じだった。「これはいい店を見つけた」
と俺は喜んだ。目を輝かせて店内を見回しながら俺は気づいた。

あれ? そういえばさっきの女性がいないな。

オーダーを聞かれたのでジントニックを注文。ワンピースの女性
は違う店に入ったのかな?と思い、深く考えなかった。お酒が入
り気分がよくなった俺はノートPCを出し新規案件用のシナリオ
を書き始めた。驚くほど良いアイデアがバンバン出てくる。

俺は「そうだ、大人向けの推理小説的なゲーム企画を書いてみよ
う」と思い、主人公が通うBARでの出来事や事件を通して謎を
解いていく内容にすることに決めた。BARのモデルはこの店に
することにした。

しばらくの間、俺はこの店に通った。

416 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:18:49 ID:5P0FeC7b0
3/12
シナリオは進んだ。もともと文章いじりが好きだった俺は、この
企画に夢中になった。週末、彼女がうちに遊びに来た。仕事が忙
しかったので会うのは3週間ぶりだ。と、開口一番、彼女が言っ
た。「あれ?顔色悪くない?目の下にクマが出来てるよ?」

え?何言ってんだ? と俺は思ったが鏡を見てみた。確かにクマ
のようなものがあったが特に疲労は感じない。俺は仕事が忙しか
ったからかな、などと言いそのことについてはそれで終わった。
彼女はまだ大学生。久しぶりということもあってかお互い色んな
話をした。

あ、そういえばいい店見つけたんだ。

俺は例のBARの話をした。彼女が行ってみたいというので夕飯
後、連れて行くことにした。駅ビルのレストランで夕飯を済ませ
ると、腹ごなしにゲーセンで遊んだ。彼女はUFOキャッチャー
で縫いぐるみを取ってくれとせがむので頑張ってみた。取れなか
ったorz (ちなみにこの子は以前書いた伊豆事件を一緒に遭遇した
彼女だ)

小1時間ほど遊びBARへ向かうべく、ゲーセンから出て駅前の高
架に出た時、視界に何かが入ったことに気がついた。

あの時の白いワンピースの女だ。

417 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:27:20 ID:5P0FeC7b0
4/12
俺は何故かまたあの女が例のBARへ向かうと確信した。俺が何か
を見ていることに気づいた彼女は「また可愛い子にでも見とれてる
のぉ〜?」と冷やかしてきたが、俺は今日こそあの女の行き先を確
かめようと、彼女の手を引き足早に女の後を追った。

しかし途中で彼女が気持ち悪くなってきた、と言う。急いで歩いた
からか?俺は路肩でしゃがみこむ彼女を介抱しながら、完全にワン
ピースの女を見失ってしまっていた。しばらくしたが彼女の具合が
戻らないのでタクシーを拾い、自宅へ帰った。

彼女はしきりにごめんねと謝っていたが、俺は気にせず休んでいろ
と言い、氷を買いに部屋を出て近所のコンビニに向かった。レジで
支払いを済ませている最中、ふと店の外を見て俺は固まった。あの
女が店の外を通り過ぎたのだ。あのワンピースの女が。

えっ!? あの女なんでここにいるんだ??

俺は急いで買ったものを持って店外へ出たが、すでにあの女の姿は
見えなかった。と、俺は急に部屋に残してきた彼女が心配になり、
猛ダッシュで部屋に戻った。駅から俺の自宅までは歩いても30分は
かかる。あの女は確かにBARの方向に歩いて行った。俺の自宅と
は真逆の方向だ。俺は猛烈に嫌な予感がした。

部屋に戻ると彼女の姿がなかった。


418 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:27:42 ID:ZdTcxbkv0
長いんなら一気に投下しろよ 時間考えろ

419 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:30:13 ID:5P0FeC7b0
5/12
え、どこに行ったんだ?部屋中探したが見つからない。と、そこに
携帯が鳴った。彼女からだった。近くの路地にいるから迎えにきて
と言う。おおよその場所を聞き、即効で向かった。いた。彼女が道
にうずくまっている。俺は抱きかかえ部屋へと連れて行き寝かせた。

俺はどうしてあんな所にいたのか、ワケを聞くと彼女は話し始めた。
俺がコンビニに向かった後、何ともいえない嫌な感じ?がどんどん
近づいてくるのを感じたそうだ。このままでは危ないと思い部屋を
出たと言う。部屋を出た後は彼女を追ってはこなかったので、あそ
こで俺に連絡したらしい。

じつは彼女もある程度、あっち側の事がわかる人だ。但しあくまで
感じるといったレベルだが。彼女曰く、その嫌な感じは俺を狙って
いるわけでもなさそうだと言う。では一体。。。俺はその晩、彼女
を介抱しつつ考えた。

あのワンピースの女はあっち側の人なのか?それならBARで消え
たのも合点がいく。しかし何で俺に付きまとう?あのBARに行っ
たからか?ただの客なのに。。俺は色々と考えたが納得のいく回答
は得られなかった。

翌日、彼女はすっかり元気になり自宅へ帰っていった。彼女は帰り
際に「俺君が言ってたBARには行かないほうがいいみたいだよ」
と言っていた。彼女も何かを感じているらしい。俺は確かにそうか
も知れないと思ったが、折角見つけたお気に入りの店を失いたくな
いという気持ちと、あのワンピースの女の謎をどうしても知りたか
った。

その晩、気がつくと俺はあのBARの前に立っていた。

420 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:31:53 ID:5P0FeC7b0
6/12
すでに日が暮れて真っ暗だ。辺りは人影もなく夏なのに妙にひんや
りとした空気が流れている。いつものように重い扉を引き、店の中
へ入った。と、わが目を疑った。いたのだ。あの女が。カウンター
の1番奥に座っているじゃぁないか。

やっぱり人間だったのか。。。

俺は安心するといつものようにジントニックを頼んだ。きっと自宅
の近くで見たのは別人だったのだろう。俺はそう思い、ノートPC
を開け、今までの出来事を整理した。ついでだからあのワンピース
の女も今回の企画に盛り込もうと、シナリオに追加した。うん、我
ながら面白い作品に仕上がりつつあるぞ。

すっかりご機嫌になった俺はそのまま一気にシナリオを書き上げた。

ふと時計を見ると深夜2時近くなっていた。俺はヤバイ、そろそろ
帰らなきゃ明日の仕事に影響が出ちまう、と思い支払いを済ませた。
ふと目線をカウンターの奥に向けると、あのワンピースの女はまだ
そこにいた。連れもおらず、ずっとひとりで飲んでいたのか?

この時、初めて初老のバーテンダーが自分から口を開いた。

「・・・明日はいらっしゃいますか?」

え?明日?う〜ん明日は月曜で忙しいからちょっと無理かな。と言
うとそのバーテンダーは無言で背中を向け、酒瓶を拭き始めた。俺
は何か変だな、と思いながらも時間も遅いしその晩はそのまま店を
後にした。

421 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:33:39 ID:5P0FeC7b0
7/12
翌日、確かに仕事は忙しかった。しかしあの昨夜のあの初老の言葉
がどうしても気になった。俺は仕事を早々に切り上げると、あの店
に向かった。いつもの雑居ビルに着くと、地下への階段を降りて行
った。重い扉を開けようと手を伸ばした瞬間、何かが足元に見えた。

花だった。

BARの扉の脇に透明のビンに入れた花が置いてあったのだ。俺は
なんだこれ?と思いしゃがんで眺めていた。と、誰かが階段を降り
てくるのがわかった。ワンピースの女だった。しかし今日は白いワ
ンピースではなく、黒い喪服?を着ていた。

「あの・・・こちらに何か御用ですか?」

俺は話しかけられたことに驚いて、え!?あ、あの、いつもこのお
店に通ってる者ですけど・・・と言うと喪服の女は「え・・・」と怪訝そ
うな顔をしてこんなことを言った。


「あの・・・こちらは1年前から営業しておりませんよ・・・」


俺は何を言ってんだこの人、と思い「え?ここ数ヶ月、ここに通っ
てたんですけど・・・」と言った。喪服の女はしばらく黙っていたが、
話し始めた。

422 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:35:14 ID:5P0FeC7b0
8/12
この店は1年前に火事で全焼し、従業員と客が全員死亡したと言う。
その後1年経つがテナントの入居者が見つからず、扉は今も閉じら
れたままだと言う。喪服の女は、その時亡くなった客の双子の姉で
今日朝、1周忌法要の前にここに立ち寄り、花を置いたのだと言う。

俺はしばらくポカーンとしていたが、ふと喪服の女に聞いてみた。

「あの・・・その双子のお姉さんって白いワンピースを着てませんで
したか?」

喪服の女はその場で泣き崩れた。

正に火事の日、その服装で出かけたのだと言う。俺はしばらくその
場に立ちつくしていた。重い扉を引いてみた。確かに硬く閉ざされ
ていた。その後、俺は喪服の女に俺が遭遇した事件について語った。
喪服の女は、きっと姉は突然の死が理解出来ず、あの店で諭してく
れる誰かが来るのを待っていたのだろうと言った。

俺は喪服の女からお礼を言われ、彼女の家に寄らせて貰い仏壇に手を
合わせた。俺は彼女の姉と従業員(初老のバーテンダー)が成仏できる
ようにと祈った。何とも言えないモヤモヤとした気持ちに包まれた。


しかし・・・

423 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:36:36 ID:U79PvSbG0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

424 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:45:28 ID:KoE/j8HLO
9/12
この事件はこれで終わりではなかった。

翌日、俺は会社でノートPCを立ち上げた。例の企画のシナリオを
企画書に落とし込む為だ。まだ昨日の出来事で気持ちがブルーだっ
たが、気持ちを切り替えて作業を始めた。と、テキストを見ていて
何かおかしな事に気がついた。

あれ、おかしいな・・・なんか内容が変わってね?
俺が書いたシナリオでは主人公がBARで起こった殺人事件を、そ
の場で解決していくストーリーになっていた。しかしおかしい。読
んでいくと主人公が殺されることになっている。犯人も客の男だった
はずだが、後から追加したワンピースの女になっている。

おかしいな?いつ書き換えたんだっけ?
俺は頭を整理しながら、これじゃダメだよな。と思い、最後に書き
上げた時と同じように一気に書き直した。

きっと疲れてるんだ・・・昨日の今日だし。と、その時彼女からメール
が入った。「今日、帰りに寄るね♪」俺は「了解」と返信しといた。
俺はその後、違う企画の仕事をし帰宅した。家に帰るとすでに彼女が
来ていて夕飯を作ってくれている。気が滅入っていた俺にとっては
すごく救われた気がした。

ほどなくして出来上がり一緒に食べた。美味かった。料理上手な彼女
ほどいいものはない。俺は悦に入っていた。しばらくアレコレおしゃ
べりをしていたが、ふと彼女が仕事のことを聞いてきて、今作ってる
企画の話したらを聞きたいと言った。俺は例のシナリオを見せようと
思いノートPCを取り出した。



425 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:49:12 ID:KoE/j8HLO
10/12
テキストデータを開き、はいコレ。と見せてあげた。最初は楽しそう
に読んでいた彼女だったが、次第に表情が曇ってゆく。不振に思った
俺は、どした?と聞くと「何これ・・・変・・・」と言う。ん?おかしかっ
た箇所は直したのに・・・と思い、読んでみた。

え・・・なんだこれ・・・

物語の舞台はBARではなく主人公の部屋になっていた。。。主人公
が彼女と二人でいるところを暴漢が侵入、二人とも殺されてしまい、
それを白い服と黒い服の姉妹が推理解決していくという内容に変わっ
ていた。なんだこりゃ?職場の誰かが書き換えたのか?イタズラか?

ワケの分からない俺を見て彼女も不安そうだった。と、玄関のチャイ
ムが鳴った。ピンポ〜ン・・・咄嗟に俺は何かがヤバイと思い、黙って
聞き耳を立てた。彼女にも指でシーッと合図をした。何度かチャイム
が鳴った後、静かになった。俺はゆっくりと立ち上がり、各窓の鍵を
確認した。

ヤバイ・・・何かがヤバイ・・・

過去、何度か起こったあっち側の出来事がフラッシュバックする。こ
れはいったいどういう事なんだ。どうしてテキストデータのシナリオ
が勝手に書き換わってるんだ・・・しかも主人公って・・・もしかして俺か?
しばらくして今度は玄関をドンドンドン!と叩く音がした。彼女は泣き
出しそうだ。俺もパニクってどうしたらいいか分からない。



426 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:51:46 ID:KoE/j8HLO
11/12
咄嗟に俺はノートPCを抱え、2階の窓を開けた(この頃は2階建のアパ
ートに住んでた)。そして思いっきりそれを1階のコンクリートに向けて
叩きつけた。

バキャッ

ノートPCは文字通り木っ端微塵に吹き飛んだ。途端に玄関を叩く音が
止まった。俺は泣いてる彼女を奥の部屋へと連れて行き、台所から包丁
を持ってくると、恐る恐る玄関のドアを開けた。


誰もいなかった。

俺はゆっくりとドアを閉めるとヘナヘナとその場に座りこんでしまった。
奥から彼女が泣きながら出てきて抱きついてきた。俺は彼女の頭を撫で
ながら、理由はわからないが、もう大丈夫だと思った。



翌日、俺は会社を休み、例のBARの雑居ビルを管理してる不動産屋を
訪れた。そして1年前の事件について聞いてみた。すると確かに1年前に
事件は起こったという。しかしそれは火事ではなく、店にピストル強盗
が入り、店員と客を全員射殺して逃げたという内容だった。

俺はおかしいな・・・あの喪服の女と話しが違うと思い、亡くなった方の
ことを聞いてみた。



427 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 07:54:19 ID:KoE/j8HLO
12/12
「はい、そうですね・・・あのとき亡くなったのは初老の店員とお客とし
て来店されてた方2名・・・あ、この二人は姉妹ですね」

え・・・姉妹・・・?

俺はしばらくキョトンとしたが・・・理解した。
あの喪服の女も犠牲者だったのだということを・・・

俺は花屋で仏花を2つ買うと1つは例のBARに、もうひとつは喪服
の女の家の前に置いてきた。あの時俺は喪服の女の家に上がり、仏壇
に手を合わせた。しかし今日きたそこには、ただの空き家しかなかっ
た。きっと半ば強引に人生の幕を下ろされた姉妹の怨念が、今回の事
件を引き起こしたのだろう。

俺は数ヶ月間、あっち側の店に通っていたことにまったく気がつかな
かった。今思い出せば確かにおかしな点もあった。俺以外に客が来な
かったのである。俺はそれをまったく不振に思わなかった。そして、
この悲惨な事件に遭遇した人たちを事もあろうか、知らない事とはい
えゲームにしてしまおうという、アホな企画を進めていたのである。

そんな人間として未熟なところがあの姉妹の怒りに触れ、俺自身に危
険が降りかかったのだろうと思った。


あれから8年。
その後、お気に入りのBARはいくつか見つけたが・・・決してそれらの
店では仕事を持ち込むような真似はしていない。

おしまい。



428 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 08:04:02 ID:WRmzmLM20
乙で御座います。
まだその後の怪奇現象が凝縮されてそうで楽しみです。
毎日ゲームをやる立場としてプランナーの書く文章は興味深いものだし、とても読みやすいものです。
その勇気と行動力に乾杯。

429 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 08:27:53 ID:UCXuQNF80
>>427
乙様。毎度だが、面白かった。
異次元世界に踏み込んでしまう話が多いね。
今回のは横浜線の話とも違って、廃墟となってるバーに通って何を飲んでいたんだろうね。
狐狸狢に近い感じがして恐怖感より不思議な感じだった。
作ってるゲームも面白そうだね。

430 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 08:37:37 ID:hOLI1vUs0
ん゛〜〜う゛

431 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 08:51:18 ID:5P0FeC7b0
どうも。
途中で規制がかかってしまいスミマセンでした・・・
今まであんまり考えないようにしてたけど、ここに書くようになって
ホントに色んなことがあったんだなと、しみじみ思い出しましたよ。
確かに濃縮デスネ・・・そのせいか何なのか最近、体調がわるいです(苦笑
狐狸狢?言われてみればそれ系が多いカモ・・・地元の山ではよく化かされ
ましたね。でもまさかPCにまで影響が出るとは。時代の変化かな・・・

432 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 10:07:42 ID:yM4xI4I4O
テスト兼ねてカキコ。
小説書きたいんならマジで他でやってください。

433 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 10:56:47 ID:rdsVBcG00
>>432
創作OKのスレで何言ってんだおまえ?

434 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 10:57:20 ID:a6tmc4I30
>>432
え?誰に言ってるの?
もし>>431にだったら・・・
ちゃんと読めないんならマジで他に行って下さい



435 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 11:01:23 ID:QLvVVX4U0
創作でもいいけど
一人で何話も書くならシリーズスレでやってほしいかな。

436 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 11:40:22 ID:c9+rTibA0
最低限コテトリつけて欲しいわ
NGするからさ

437 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 11:41:46 ID:HKwYrTUS0
面白い話を投下してくれるんなら、別にいいじゃない

438 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 11:53:57 ID:c9+rTibA0
読み手もスレタイスレ趣旨考えてくれよ
一緒にシリーズ物スレへ行けばいいだろ

439 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 11:54:45 ID:sGqSHCdi0
そもそもお前は、ゲームプランナーなんとかになれないよ

440 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 12:21:59 ID:SQAICPEN0
UFOキャッチャーのくだりみたいな要らないエピソードが多過ぎて目が滑る…1/12ってw

441 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 12:46:57 ID:B21XKgFR0
>>438
まぁ、スレタイスレ趣旨考えたら、雑談も批評・批判も荒らしも皆スレチだよね

442 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 13:15:15 ID:x1U42FGN0
それは違うな
趣旨があって、それについてあーだこーだいうのが2ちゃん
雑談も批評・批判は2ちゃんの趣旨そのもの
おk?

443 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 13:16:33 ID:G1Zb7qKF0
>>1を読めない子がいるだけだろ
スルーで

444 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 16:17:36 ID:rYMb5HTw0
>>427
乙でした
電化製品は霊の影響が出やすいとよく聞きますが、PC内の文章を書き換えるとはスゴいですね…

445 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 16:26:57 ID:w87rfbQP0
上の方のバカどもは無視してまたよろしく!

446 :本当にあった怖い名無し:2010/03/01(月) 17:51:43 ID:U79PvSbG0
今んとこ>>186が最恐

447 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 18:42:41 ID:bf5gJz+60

こわかったです

448 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:12:10 ID:bf5gJz+60

こわかったです

449 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:17:25 ID:t+/A2xnX0
どうも。
鯖回復したみたいなのでちょっと長いけど投下します。

450 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:18:48 ID:t+/A2xnX0
1/13
あれは俺が高校生の頃だからもう10年も前の話だ。
以前も書いたが俺はたまに予知夢を見る。年を取った今では見
る頻度も少なくなってきたが、10代の頃は結構よく見ていた。

但し今回の話は予知夢ではなく正夢だ・・・というか半分、夢で
半分現実・・・と言ったほうが正しいかも知れない。うまく説明
できないが今日の話はその正夢を見てしまった時の恐怖体験を
してみようと思う。


その頃の俺は、とある「記憶法」にハマッていた。
TVで見たのがキッカケだったと思うが、ある特別なやり方で
身近なアイテムなどを100個以上、順番通りに記憶できるとい
うものだった。これを読んでる人の中にもやり方を知ってる人
もいると思うが簡単に説明しておこう。

1.まず身近な場所など(自宅等)を思い浮かべる。
2.自宅なら門→玄関→居間→キッチン→寝室→・・・など実際に
頭の中で連想しやすい順番を思い浮かべ、その連想する順番を
決める。1周で10箇所程度がいいだろう。
3.その1箇所1箇所に、覚えたいアイテムを関連付けてゆく。
例えば覚えたいアイテムの1個目がコンビニ袋だったとしたら
門にコンビニ袋が引っかかってる風景を連想する。次のアイテ
ムがミカンだったら、玄関の脇にミカンが置いてある風景を連
想する。

451 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:20:01 ID:t+/A2xnX0
2/13
1周して10個関連付けが完了し、今度は2週目。11個目のアイ
テムがホッチキスだった場合、門のコンビニ袋の中にホッチキ
スが入っている風景を連想し記憶する。といった感じに進めて
ゆく。

上記2〜3を繰り返すことによって誰でも少なくとも100個程度
は記憶出来るのではないだろうか。

俺はそのやり方で友達とどっちが多く覚えられるか、などと遊
んだものだ。そして毎日練習することにより、かなりの数を記
憶出来るようになった。関連付けや風景もよりリアルに連想出
来るようになった。

そんなある日、夢を見た。
俺は夢の中で自宅の中をゆっくりと歩いていた。あぁ、また例
の記憶法の練習かな、と夢だが完全に夢と判断できないあやふ
やな状態だった。目に見える自宅の中はリアルで、妙な空気感
で溢れていた。すると俺は居間でアイテムリストを発見した。

夢の中なのだが練習が始まった。俺はリストに書かれた通りに
アイテムを記憶していった。しかしリストには全部で40個ほど
しか書かれておらず、夢の中だが俺は物足りない感じがしてい
た。アイテムもどれも普通のものばかりだった。不思議なこと
に朝起きてからも夢の中の40個はしっかりと覚えていた。

まさか夢にまで見るとはな。。。

452 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:21:43 ID:t+/A2xnX0
3/13
俺は学校で友達にその夢のことを話した。友達はふ〜んと聞い
ていたが、こんなことを言った。

「その夢の中のリストに書かれてたものはさ、全部おまえん家
にあったものなのか?」

俺は、ん?何言ってんだこいつ?と思ったが、確かに全部家に
あるものばかりだったので、そうだと答えた。しかしこの時の
友達の質問の意味をよく考えていたら、俺はあんな目に遭わな
かったかも知れない。。。

それから数日後、また夢を見た。例の練習法の夢だ。俺はまた
か、と思いながらも夢の中で居間に向かった。予想通りリスト
が置いてあった。ゆっくりと手に取り眺める。1個目は新聞紙
だった。俺は玄関を出て門に向かった。

と、前の通りに誰かがいる。

よく見ると乳母車を押した老婆だった。腰は曲がり白髪。その
老婆がじっとこちらを見ている。誰だ? 夢の中だったが、俺の
記憶にない老婆だった。俺は無視して門に新聞紙を引っ掛けて
その場面を記憶した。

2個目はバール(釘を抜く道具)だった。面白いことに夢の中では
必要なものが即座に手の中に現れる。新聞紙やバールもすぐに
出てきた。俺はバールを玄関脇に立てかけた。3個目はバットだ
った。俺は玄関内の下駄箱の上に置いた。

453 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:23:36 ID:t+/A2xnX0
4/13
4個目を見てちょっとおかしいな、と思った。「灯油」と書かれて
いたのだ。気がつくと灯油の入ったポリタンクを持っていたので
そのまま居間に置いた。この時点で気づくべきだった。。。

5個目には「包丁」と書かれていた。

おかしい。さっきから何やら危険なものばかりじゃぁないか。。
俺は何か不安になりながらも、キッチンのテーブルの上に包丁を
置いた。6個目を見た。ガムテープだった。なんだ、やっと普通
のものが出たかと俺は安心して脱衣所の洗濯機の上に置いた。

7個目は「セメント」と書かれていた。俺は「はあ?」と思いながら
もセメントの入った袋を風呂場に置いた。やはりおかしい。この
時点でこれは完全に夢だということを理解し、どうするか考えた。
まぁ今のところ危険も無いしとりあえず1周覚えてから考えるか、
と思い次へ向かった。

次は俺の部屋だ。入ると現実と変わらない感じだった。8個目は
ロープだった。俺はベッドの上にポンと投げた。ふと目線がゴミ
箱に向かった。何やら黒い物がたんまりと入っているのが見えた。
何だ?と思い覗いてみると、長い髪の毛だった。俺は驚いてすぐ
に部屋から飛び出した。

廊下で、ハァハァ言いながらいつもと違う夢に違和感を感じていたが、
それまで夢で危険な目に遭ったことはなかったので、そのまま続
けた。8個目はマイナスドライバーだった。俺はそれをトイレの
便座蓋の上に置いた。

454 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:25:42 ID:t+/A2xnX0
5/13
9個目はガスファンヒーターだった。俺は2階の部屋の隅にそれ
を置いた。10個目を見た。ピアノ線だった。9個目まではうちに
あるものばかりだったが、さすがにこんなものはうちに無いと
思った。と、手の中にグニャッという感触があった。見るとピ
アノ線だ。え?こんなものうちにあったっけ?? 不振に思いな
がらも階段の1番下の段にそれを置いた。

よし、とりあえず1周分は記憶した。
おかしな点もあったが、夢だからだろうと思い2周目に進むこと
にした。しかしそれが大きな間違いであったことに、すぐに気が
付くことになる。。。

玄関から出て門に向かった。リストを見るとライターと書いてあ
る。と、何か音が聞こえる。

カチッ カチッ

門の向こうからだ。何だ?と思い見てみると、さっきの老婆が1
周目で門に引っ掛けた新聞紙にライターで火を点けようとしてい
るではないか。俺は慌てて老婆からライターを取り上げ、何して
んだ!?と怒鳴った。幸い火はついておらず無事だったが、俺はあ
きらかにこの夢がおかしいことに気が付いた。

老婆はしばらく黙ってこちらを見ていたが、ほどなくして姿が消
えた。俺は動揺しながらも奪い取ったライターを新聞紙にくるみ
門脇のポストの中に入れて、玄関の前でどうするか考えた。

これって・・・夢だよな?

455 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:27:43 ID:t+/A2xnX0
6/13
妙なリアルさと少し異常な進行具合に、このまま続けてもいいの
だろうかと悩んだ。今まで幾度となく不思議な体験をしてきた俺
の勘が警告を発している気がした。しかし自分では夢だとわかっ
ていたので、いざとなったら目を覚ませばいいか、と安易に考え
ていた。

リストを見た。雪道用のタイヤチェーンと書かれていた。玄関脇
にそれを置くと俺は家の中に入り再びリストを見た。人形と書い
てある。そんなもんあるわけねぇべ!と思ったがさっきのピアノ
線と同様、いつの間にか握っていた。日本人形だった。どこかで
見たことがある気もするが思い出せない。不振に思いながらも俺
はそれを下駄箱の上に置いた。

そしてリストを見て目を疑った。

次のアイテムは「火」だったのである。火?そんなものどうやって・・・
俺は嫌な予感がした。ここは居間である。1周目でここには灯油
の入ったポリタンクが置いてある。まさかこれに火を点けろって
んじゃないだろうな・・・と、その瞬間、玄関からガチャガチャとい
う音が聞こえた。

な、なんだ!?

俺は恐る恐る玄関を覗いた。外に誰かがいる。しかもそいつが、
さっき置いたチェーンを玄関のドアノブに外から巻きつけている
ようだった。

俺を・・・閉じ込める気か・・・?

456 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:29:06 ID:bf5gJz+60
よっしゃこー

457 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:30:11 ID:t+/A2xnX0
7/13
俺はヨロヨロと後ずさりをした。瞬間、足にポリタンクが当たっ
て倒れ、中の灯油が勢いよく噴き出した。や、やべぇ・・・!と思う
間もなく灯油は玄関まで流れ出て、地面を伝って玄関のドアの外
まで流れた。

カチッ カチッ

確かに聞こえた。さっき老婆が点けようとしたライターの音だ。
しまった、さっきのライターはポストの中に入れたんだった・・・
きっとそれを取り出して火を点ける気でいるんだ!見ると俺の足
元も灯油で濡れている。瞬間俺は猛ダッシュでキッチンまで逃げ
込んだ。

ボンッ!

という音と共に玄関から居間まで火の手が上がった。焦げ臭い匂
いが部屋中に充満する。おかしい・・・夢なのに熱い!俺はしばらく
キッチンで呆然としていたが、火の手は徐々に迫って来ている。
明らかに普通の夢ではなく、悪意のある意思が介入しているのを
感じてきた。

このままではここで死ぬ。夢で死ぬということは恐らく・・・俺は怖
くなり何か打開策はないかとリストを見た。その瞬間凍りついた。
リストの次のアイテムは「足首」と書かれてあった。うそだろ・・・あ
まりの事にパニック状態だったが、炎が迫ってきてるので脱衣所へ
逃げようとした。

458 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:33:20 ID:t+/A2xnX0
8/13
と、その時何かの音が聞こえた。ゴリゴリゴリ・・・ゴリゴリゴリ・・・何かを
引きずるような音だ。ふと目線を下げると、さっき下駄箱の上に置
いた日本人形が1周目で置いたバットを引きずって歩いてきてるで
はないか。。。

これはヤバイ・・・

明らかに意思を持って動いてる。夢とはいえ尋常ではない。咄嗟に
飛び越えて脱衣所へ向かおうとしたが、怖ろしいほどの速さでバッ
トが足元にHITし俺はその場に倒れた。うぐぅぅ・・・猛烈な痛さ
だった。夢なのにこんなに痛いなんて・・・激痛でのた打ち回る俺に
更なる激痛が走った。

見るとさっきの人形が1周目で置いた包丁を持っているではないか・・・

そして・・・なかった。すでになかったんだ。俺の右足首が。人形は
無表情で俺の足首を拾い、キッチンのテーブルの上に置いた。俺は、
このままでは殺されると思い、這って脱衣所まで行った。幸いさっ
き置いたガムテがあったのでそれで止血をし、頭を整理した。

間違いない、俺は攻撃されている・・・
そしてこれは完全な夢ではない・・・かと言って現実でもない・・・

このままでは死ぬと思い目をつむって起きようと思った。しかし何
度念じても起きられない。おかしい、夢ではないのか・・・しかし現実
ではないのはわかってる。一体どうしたらいいんだ・・・と、目の前に
またあの人形が現れた。俺はギョッとしたが体に力が入らない。そ
していつの間にか両手足がガムテで縛られていた。

459 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:35:50 ID:t+/A2xnX0
9/13
呆気に取られていると風呂場から ジャリ・・・ジャリ・・・と音がする。

う”・・・セ、セメントだ・・・セメントと水を混ぜて固めているような
音が聞こえてきたのだ。咄嗟に俺はリストを見た。次は「手首」と書
いてある。。。その瞬間、物凄い力で風呂場に引き込まれ、左手首
を固まりかけたセメントの中に突っ込まれた。まるで石化の呪文の
ようにピキピキピキと瞬時に固まったかと思うと、また凄い力で引き
離された。

バキャッ

俺の左手首がもげた。一瞬だったが俺にはスローモーションのよう
に感じた。見るともうセメントは消え、人形は俺の左手首を拾って
いた。感覚が麻痺してきたのか痛みを感じなくなってきていた。俺
は這って自分の部屋を目指した。窓から外に逃げようと思ったから
だ。

這いながら考えた。これは一種の呪いの結界ようなもので、その対
象範囲は恐らくこの家の敷地内のみだ。そして一体誰がこんなこと
をしているのか・・・まったく心当たりがない。だからこの結界の外
に出てしまえば、きっとこの「正夢」から出られるだろうと考えた。

グサッ

ぐおお!? トイレの前で背中を刺された。恐らくマイナスドライバー
だ。階段の前を通り過ぎて自分の部屋へ進もうとした瞬間、俺はまた
凄い力で2階へ引っ張り上げられた。2階の廊下に叩きつけられた俺
は、すぐさま異様な匂いに気が付いた。

ガスだ・・・

460 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:38:41 ID:leTgtmuz0
支援

461 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:39:32 ID:bf5gJz+60
よっしゃこー

462 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:43:44 ID:2Yx6JI//O
10/13
よく見るとファンヒーターのケーブルに傷がつけられガスが漏れ出し
ていた。すでに充満している。ここにいたらヤバイ・・・と、またあの
音がした。

カチッ カチッ

誰かがあのライターで火を点けようとしている。俺は咄嗟に階段から
転げ落ちた。ボンッ! 凄い勢いで炎が2階を埋め尽くすのが見えた。
と、同時に1階へ落ちた。

ブツン

うぎゃ!? 右耳が取れた。。。階段に置いてあったピアノ線がなぜ
か両柱に縛られ張られていた。俺の体はすでに痙攣をし始めていた。
心が負ければその時点で死んでしまう。すでに家の半分以上は炎に包
まれていた。俺は最後の力を振り絞って自分の部屋まで這って行った。

ジリジリと炎に焦がされながらも部屋の中へ入った俺は見た。

部屋の天井からさっき置いたロープが垂れていた。まるでここに首を
入れろと言わんばかりに。そしてゴミ箱の中で何かが蠢いている。俺
は無視して窓へ向かった。すりガラスだが薄っすらと外が見える。気
が付くとさっきの人形が窓枠に立ってこっちを見ている。

どうしても俺を外に出さない気か・・・



463 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:45:44 ID:2Yx6JI//O
11/13
途端に後方へ弾き飛ばされた。箪笥にぶち当たると俺は、急激に全身
から血の気が引いていくのがわかった。意識がもうろうとしてきた。
もうダメかも知れない・・・と思ったその時、ヒラヒラとリストが目の前に
落ちてきた。薄れゆく意識の中で俺はリストの最後のアイテムを見た。


鯉のぼり


俺は ハッ!となり、全てを思い出した。
その瞬間、押入れから神々しい光が溢れ出し、もの凄い勢いで炎やア
イテム、俺を襲った人形達を飲み込んでいった。そして聞いた。人形
の断末魔のような声を。。。

う"お”お”お”お”ぉ”ぉ”・・・



しばらくして目が覚めた。

俺は自分の部屋のベッドに寝ていた。起き上がり手足を見たが何とも
ない。耳も両方付いている。時計を見ると朝の7時だった。お袋が
朝食の用意をしている。俺はキッチンのテーブルに腰掛けるとカレン
ダーを見た。5月5日だった。

「どうしたの?学校休みなのに。もっと寝ててもいいのよ」
「うん・・・」


464 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:47:44 ID:2Yx6JI//O
12/13
お袋はそそくさと俺の前に朝ごはんを並べると、不振そうに俺の顔を
見た。俺はしばらく黙っていたが、さっきの夢の事、そして子供の頃、
買ってもらった五月人形について話し始めた。

俺は小さい頃、2つの五月人形を買ってもらった。1つは金太郎で、
もう1つは源義経だった。俺は金太郎人形が大きくて好きだったんだ
が、義経のほうは地味であまり好きではなかった。毎年5月になると
この2つを出してもらい、部屋に飾った。

ある日、俺はおもちゃの代わりに義経で遊んでみようと思いガラスの
ケースから取り出し、友達の怪獣の人形と戦わせたりした。遊びは次
第にエスカレートし川に流したり、ヒモでつないでぐるぐる回したり
した。そして事もあろうか、爆竹で・・・

すっかり変わり果てた姿になった義経に俺は怖くなり、そのままケー
スにしまうと押入れの奥へと閉まってしまったのだった。確かその時、
母親には邪魔だからしまった、と言った気がする。俺も翌年から丁度
中学生だったので、2体の人形はそのまま出さなくなったのだ。

お袋は黙って聞いていたが、やがてこんなことを言った。

「そっか・・・きっと義経クンは寂しかったんだね」

俺とお袋は朝食を済ますと、押入れから2体の人形を出した。じつに
数年ぶりだ。金太郎のほうは変わらないが、義経のほうは思ってた以
上に変わり果てていた。俺は痛んでいる箇所をプラカラーとパテで補
修し、鎧はお袋が1日かけてミシンできれいに直してくれた。足りな
いパーツは山のように積んであるガンプラから流用した。


465 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:50:12 ID:2Yx6JI//O
13/13
翌日、以前にも増して勇ましくなった義経人形が出来上がった。

俺は義経に向かって正座し、以前してしまったひどい行為を心から詫
び、これからは大切にすることを誓った。そして人形は5月いっぱい、
部屋に飾っておいた。

今考えるときっとあの夢は、小さい頃から守ってくれた恩も忘れ、痛
んだまま暗闇にしまわれている人形からの「気づかせ」と「戒め」だった
のだと思う。それ以降、俺はあの夢は見ていない。

しかし当時は気が付かなかったのだが、今これを書いていておかしな
点に気が付いてしまった。門の外にいたあの老婆だ。あの夢の結界は
俺の自宅の敷地内だった。しかしあの老婆は完全に門の外、つまり敷
地外および結界外にいたのだ。あれ以来、その老婆には出会っていな
いが、気が付いてしまった今、俺は何か不吉な予感がしている・・・

おしまい。


466 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:54:04 ID:0GTdaMXI0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

467 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:55:39 ID:leTgtmuz0
>>465
乙 ワクワクしたよ

>気が付いてしまった今、俺は何か不吉な予感がしている・・・
 伏線?また期待してる

468 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 19:56:07 ID:bf5gJz+60
>>466

こわかったです

469 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 20:03:48 ID:t+/A2xnX0
どうも。
途中でまたばいばいサルさんが出て困りました。
アレほんと何とかしてほしいッス。
個人的にはあの婆さんにはもう会いたくないデスガ・・・
もしどこかで見たらご報告します(`・ω・́)ゝ

ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

470 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 20:07:15 ID:6vo8PUof0
>>69
いや、投稿者本人の体験談みたいだった。

471 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 20:10:28 ID:i8Qh5xmkP
これが後に武者ガンダムとよb

472 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 20:13:10 ID:+S6eK9FW0
今日はひな祭り

473 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 20:17:12 ID:iQo3NAl80
やっと復旧したか

474 :イヤミ ◆ZoOk9x51YM :2010/03/03(水) 20:43:59 ID:prqphMM0O
たった今の出来事。
藤沢駅南口ドトール3階窓際の端の席で洒落コワまとめサイト見てた。
急に窓を叩かれた…。ここ3階なのに…。
気のせいだと無視して続き読んでた深めにらかぶってたハットが落下した…。風もないし深めにかぶってたから落ちるはずがない……。
今その席で震えてる…

475 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 20:50:30 ID:bf5gJz+60
昔出会い系で藤沢の子と会ったの思い出した


476 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 21:00:47 ID:25ecBwtC0
去年の6月頃。

エロサイト見ようと思ってネットうろついてたらPCが急激に重くなった。
5年も前のノートだからたまに重くなることはあって、いつものそれかと思って
じーっと画面見つめながら軽くなるの待っていたら突然ブラウザ(Sleipnir)が最小化。
何かと思ったら3秒ぐらいして、画面の中心がナイフで腹刺された時みたいに真っ黒にじわじわと広がって、
水滴みたいに溶け出した。世にも奇妙な物語のOPみたいな感じ。
10秒ぐらいしたらいつものデスクトップに戻った。

あの時は顔面真っ青になるくらいびっくりしたんだが、ウィルスかと思っても
常駐ソフトに特に反応も無かったし、今でもなんだったのかわからない。

477 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 21:04:49 ID:dDdHcWOP0
やっとチョンからのサイト妨害が止んだので入れました。

>>465
乙です。
いつも最後には救われますね…あのままだったらどうなってたのでしょう?
今回は読んでてほんとにあったのかな?と思いましたが夢ですね、夢。
明晰夢というか、やっぱたまに見るんすよね…自分も。
昔、隣のばあちゃんが鼻歌歌いながら棺桶入る夢見たとき数週間後に息を引き取った。
親戚とあう季節でもないのに、急に実家にきてたり。
夢でみたことを現実でみる(というか勝手に構築された)デジャヴなのかもしれないが、その通りにするのは気分が悪いです。
といっても上のレスのほうであったが、宇宙の法則は無視できないんだっけか?

まぁ、そういうわけなんで…そろそろ寝ますわ。

478 :変死1/2:2010/03/03(水) 21:25:40 ID:LXScuGT40
友人(A)が変死した

Aは就職浪人中でコンビニでバイトしていたが深夜仕事中にそのコンビニの駐車場脇(周りから死角になっている)で死亡した
原因は心拍停止だったがまた生前に心臓の病気も一切無かったため解剖したらしい
その結果、殴られた等の外傷は一切無く脳に障害も無く死に至るような薬物等も検出されなかった
過労や急激な温度変化も疑われたがそういう状況でもなかった、また自殺する理由も無い
だけど俺は、俺だけはAが死亡した原因を知っている

Aが死亡していた駐車場脇では半月ほど前の深夜に17歳の女子高生(B)が数人の少年にレイプされる事件があった
(Bと犯行グループの少年達は高校は別だが顔見知りだったらしい)
Bが暴行されている時にそのコンビニでレジを売っていたのがAだった
AはBの悲鳴を聞いて駐車場に出たが「友達が酔っ払って悪酔いしちゃったんで介抱してるんです」という少年達の言い訳を信じてそのまま放置した
事務所で休憩していたもう1人のバイトにも何も言わなかった

Bは暴行された後警察に全てを話したらしく、Aは警察やB本人からその時の状況をしつこく聞かれ特にBには激しく罵られた
Bは暴行を受ける直前にAのバイトしていたコンビニに逃げ込もうとしたが中へ入る直前に少年達に引きずり戻され腹を数発殴られ声を出せない状況だったそうだ
しかしAにしてみれば過去にBと少年達が一緒にいるところを数回見ていたので少年達の言い訳を鵜呑みにしても止むを得なかった
Bはこの暴行を苦にして数日後に自殺してしまった

(続く)

479 :変死2/2:2010/03/03(水) 21:26:34 ID:LXScuGT40
俺はAが変死する数時間前(深夜1時頃)、そのコンビニでバイト中のAと携帯で会話していた

A「今さ、店の入り口のドア越しに女が居るんだけど様子がおかしいんだよ」
俺「痴呆症の老人とかじゃないの?」
A「それがさ・・・Bにそっくりなんだよ」
俺「おいおいBは死んだんだぞ!」
A「それがおかしいんだよ、Bの声が直ぐ耳元で聞こえるんだ」
俺「ちょっと待てって、じゃあ幽霊が来たっていうのか?ノイローゼだよ、幻聴だよ」
A「それとさ、その女ドアの直ぐ近くに立ってるのにドアが開かないんだ、あそこに立ったらドアが開くはずなのに」
俺「ふうー、幻聴に幻覚かよ?この前のBの事件でノイローゼになってるんだよ、明日病院行ったほうが良いぞ」
A「幻覚でも幻聴でも無いって、もう1人のバイトが遅刻してて今俺1人なんだよ、飯奢るから今からここに来てくれないか?」
俺「今夜中の1時だぜ、勘弁してくれよ」
A「あっまたBの声が聞こえてきた、{何で助けてくれなかったの}って言ってる、絶対幻聴じゃない」
俺「じゃあ思い切ってドアの外に出て見てみろよ、絶対誰も居ないから」
A「判った、外出るから電話切らないくれ」
そして店の自動ドアの開く音とチャイムが鳴りその数秒後に
A「許してくれ、あの時は君が酔って暴れてたと思い込まされたんだよ、本当に・・・うぐぅぅぅぅ」
ここでAの声が途切れたが携帯は通話中のままだった
俺はさすがに心配になってバイクでAのコンビニに向かったが俺が着いた時にはAは既に駐車場脇で死亡していた

警察にはAとの会話の内容は世間話だったと誤魔化した
もし真実を話しても誰も信じるはずが無いから・・・

480 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 21:58:04 ID:leTgtmuz0
>>479
逆恨み・・・なのか
怨むなら暴行した相手だろう
Aさんは被害者

481 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:08:07 ID:RulT1ida0
鯖復活直後に二人とも乙


482 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:12:17 ID:cka1nTal0
>>479
乙でした
被害者にしてみれば、一番悪いのは犯人だとしても、自分を見捨てた(と思い込んでる)相手も同様に恨みの対象なんでしょうね…
それにしても、救われない話ですね

483 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:12:31 ID:r8+2lD2V0
サーバー復活いたと思ったら
ここまで駄作のみ

はい次!

484 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:35:09 ID:1tsCfHhd0
おまいら久しぶり

485 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:15:34 ID:g6FSrXzSO
お久しぶり。無駄にまとめの過去記事漁ってた

486 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:20:03 ID:vufUugxR0
昨日まで母親の実家行ってて今日帰ってきたんだが、そこでよくわからない物を見た。
ちなみに母親の実家はとある県の離島。

実家には何回も行ってるから、やることもなくて家でゴロゴロしてたんだけど。
よっぽど俺が暇そうにしてたからか、「面白い写真がある」って母親が自分のアルバムを見せてくれた。
高校時代の母親とその友達、そして二人の中年のおじさんが並んで写ってる写真。
四人の後ろには舗装されてないあぜ道があって、あぜ道から十メートルくらい向こうには崖。崖の先は海になっている。
母親と友達はスポーツウェアを着ていて、おじさん二人はジャンパーを着ていた。
ぱっと見た雰囲気、「親戚のおじさんに連れられて友達と一緒に遠出した写真」みたいな感じ。
正直、どこが「面白い写真」なのかわからなくて、
で、母親に訊いてみたら、大して驚かす風でもなく「これ、心霊写真」って言われた。
なんかあっさりと言われたからあまり怖くなかったけど。
一応、心霊写真って初めてだから、とりあえずどこかに妙なものが写ってるか確認してみた。
肩に手とか。空中に顔とか。あとは体の一部分が消えてるとか。
なのに、色々探してみたけど不審なものはない。
どこが心霊写真だ、と思って母親もそう尋ねてみたら、
「高校二年生の頃、友達と三人で島をサイクリングしてね。その時に撮った写真」
とか言われて、最初「?」って状態になったんだけど、でもすぐその意味がわかって余計に混乱した。

つまり、三人でサイクリングに行って、一人がカメラで二人を撮ったってことだけど、
それじゃあ「この二人のおじさん誰?」ってことになる。

※すみません。二分割します。




487 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:22:11 ID:1tsCfHhd0
私怨

488 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:39:56 ID:vufUugxR0
続きです。

くわしく母親に訊いてみたら、その写真を撮った場所は俺も知ってるところだった。
少し前にドラマでやってた「ドクターコトー診療所」あったの覚えてる人いるかな? あのOPの風景に近い。
海側の崖に沿うにあぜ道が長く続いてて、近くに民家はおろか、建物もない草原のような場所。
車が通るのも三時間に一台とかそのレベル。
心霊写真の科学的根拠って、大抵は光の加減や近くにいる人が反射して写ったとか、まあそんなものだよな?
でも、母親によると写した時、周りには男の人どころか見渡す限り三人以外誰もいなかったらしい。
遮蔽物になるものなんてない、見晴らしのいい場所だから、何キロメートルって範囲で誰もいなかってことだと思う。
となると、少なくても「近くに居た誰か」が写ったっていうことではない。
また、光の加減にしてはあまりにハッキリハッキリと写りすぎている。
透けてもいないし。体の一部が歪んでいるわけでもない。本当に普通の人間に見えた。
事実、俺は母親に言われるまでそれを「四人」の写真と思っていた。
テレビとかの写っているように見える心霊写真じゃなくて、本当に人物として写っている心霊写真は初めてだった。
どのように写ったかが現実的に説明できない心霊写真も。

勿論、俺の母親が嘘をついていたらという可能性はある。
四人で撮った写真を二人で撮ったと言えばいいだけなのだから。
でも、今までこの手のオカルト染みた嘘をうちの母親がしたことは一度もないし、嘘にしても内容が杜撰すぎる。
それに今思えば、気になることもあるのだ。
母親と友達は真っ直ぐカメラを見てるのに。
男二人の目はカメラを捉えておらずに、カメラより斜め上を二人揃って凝視していた。
さっきも言ったとおり、周囲はだたっ広くて、中空に見る物なんてない。
ならば男二人は何を見ていたのか?

ほんの数日前のことだが、今でもあの写真は何だったのかと思う。

489 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:43:24 ID:vufUugxR0
誤字ったorz

490 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:53:04 ID:7WkghPrLO
携帯から失礼します
今からお話しするのは自分の実体験で…
なんていうか…
まだ終わっていないというか…
とりあえずお話しします……
自分は23歳の男で,実家暮らしの介護士です
家族は父(52),母(44),弟(18)の4人家族で
弟はこの春から就職のため一人暮らしを始める予定で
その日も夕食後,居間で父,母,俺でTVを見ながら「弟の家はどこにする?」や「一人暮らしで必要は物は?」など話しており
弟は自室(弟と自分は同じ部屋)で就職に関する支度(?)をしていた
TVは確か「なんでも鑑定団」を見ていたと思う

491 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:53:55 ID:7WkghPrLO
続き

ザザ…
ザザザザ……
不意にTVにノイズが入った
すぐにおさまったので
俺は気にせずTVを見続けながら
「……んでさぁ」
と話しを進めていたんだが……
両親に目線を移すと
ある異変に気付いた…

492 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:56:11 ID:7WkghPrLO
続き
両親が口を半開きにして
何かに驚いたように目を全開に見開きTVを見ていた…
「!!……え!?…何!?なしたの!?」
自分は今まで見たことのない両親の顔に動揺しながら聞いた
「…………………」
しかし,両親は俺を無視しTVを見続けた


突然,2人の見開いた目だけが俺を見た
「!!!!え!!?」
次の瞬間,まるで今までなにもなかったように
母「うん
でもさ,弟自炊とか」父「大丈夫じゃないか?なぁ自分」
と,話し出した
「いや………
ちょっ!!ちょっと待って!!
今の何!?
今のは何!!??」
うちの両親は2人とも普段からあまり冗談とかは言わない方で
昔から「堅い」性格だった
だから冗談でもあんなことをするとは到底思えなかった……

493 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:57:58 ID:7WkghPrLO
続き
母「今のって?」
父「??」
二人共キョトンとした顔をしている
両親の性格を知っている自分は,それが誰かを騙すためのリアクションではなく
素のリアクションであることが解り
同時に違和感を覚えた……
「え………今の………って……
(両親は覚えていない………
自分があんな顔をしていたことを……)
いや……なんでも……」
自分は口ごもり,下向いた


母「ところで自分はいつ死ぬの?」


494 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:59:37 ID:7WkghPrLO
続き
「は?」
父「そうだな,その話もした方がいいな
いつにするんだ?自殺か?事故か?」
「は?」
意味がわからなかった
突然のことの連発にかなり困惑している自分は
「あ……あ?え?俺死……?え?……は?」
とかなりしどろもどろだった
しかし両親はまるで当たり前のように話を進めた
父「こっちも今まで待ってたんだ
そろそろいいだろ」
母「手伝うからね
大丈夫だから
ね」
両親はなおも淡々と話をしている
首吊りは汚いとか
睡眠薬がいいとか
飛び降りは途中で気絶すれば痛くないとか……
まるで見たことがあるように……
会話の端々ではどこが面白いのか
アハハ
と笑い声も聞こえた……

495 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:01:55 ID:7WkghPrLO
続き
「ちょっ…ちょっと!!!さっきから何変なこと言ってるんだよ!!!」
明らかにいつもと違う両親に不安と怖さを感じて,自分は大声で怒鳴った
両親が自分の方に顔を向けた
「う………!!!」
両親の目が左右逆を向いていた
父「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
母「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
「ひ!!!!!!」
目は左右逆を向いていたが顔はしっかり自分の方を「見」ながら
壊れた人形のように繰り返し「死ね」を連呼していた

自分は耐えられなくなり
弟の居る部屋に逃げ込んだ

496 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:03:32 ID:7WkghPrLO
続き
バン!!
弟「うわっ!びっくりした!!
何!?兄貴!」
弟は机に座り書類を書いていた
「あ…あのな!!父さんと母さんが!目が逆で…死ねって言って……あ!その前にTVにノイズが……!!」
弟「いや,ごめん
何言ってんのかわからん」
自分でも何を言ってるかわからなかった
今の自分に起こってることが理解出来なかった
「あのな……あの…だから……」
わけがわからなくなり頭を抱えた
「と……とにかく父さんと母さんが変なんだ………!!!!!!」




弟が口を半開き,目を目一杯見開いていた…………

497 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:04:38 ID:RulT1ida0
>>496乙面白かったぜ!

498 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:04:55 ID:7WkghPrLO
続き
「あ…………あぁ」
両親がおかしくなって,弟まで……
徐々に弟の目が左右逆を向いていくのを見て
俺は玄関に走った
(なんなんだ!!なんなんだ!!なんなんだ!!)
玄関から外に出る前

チラッと居間が目に入った


両親がこちらを向いて立っていた


やはり目は左右逆を向いていた……


499 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:06:05 ID:t23m9VNiO
続き
全速力で人が通りが多い場所まで走った
その後,少し息を整え,携帯で職場の一人暮らしの先輩に事情を話し先輩の家に行った
先輩は霊とかお化けが見える人で
普通だったら理解不能な自分の話を真剣に聞いてくれた

先輩「そうか……よし,明日知り合いの寺に行ってなんとかしてもらおう
今日はまず休め,お前ひどい顔してるぞ」

その日は先輩の家に泊まった

一睡もできなかったのは言うまでもない


次の日,先輩は夜勤,俺は休みだった

朝6時,先輩の家から車で30分くらいの寺に連れて行ってもらい
そこの住職に前夜のことを話した

500 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:06:13 ID:j+8HBa6q0
こわいじゃないか

501 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:13:30 ID:Gvzm8qnN0
wktk

502 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:15:38 ID:9HGgc0k1O
今までromってたんだが 書き込んでいいかな?

503 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:16:35 ID:K/92tiPN0
どぞ

504 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:17:16 ID:t23m9VNiO
>>497
ごめん,もうすぐ終わるから

続き
住職「わかりました……
大変だったでしょう
憔悴しきっている……」

自分の顔を見て,住職は心配そうに言って下さった

その後

そのままではいけないと言われ
先輩と住職と自分の三人で家に戻ることにした






家の中は地獄だった

505 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:17:25 ID:ZcpQmJmr0
あ、まだ続きあったんだ?

506 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:17:30 ID:bkkPI0pq0
目が左右逆はまだか。

507 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:17:40 ID:HXPJ0c+70
>>502
目が左右の人が終わってるならいいんじゃない?
誰かの途中に書き込むと下手したらレスが混ざって読みづらいよ

508 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:21:01 ID:e5ddOz2Q0
さっき雛人形が飾ってある和室の前を通ったら、薄暗い和室の奥に
お雛様とお内裏様が並んでいるのが、暗いのでほとんどシルエットだけど見えた。
それは別に怖くないけれど、よく見たらもう一体がその間にある。
間っていうか、お内裏様とお雛様の間から覗くように、その後ろにもう一体。
集合写真で前列とその後ろみたいな。シルエットからお雛様みたいで。
うちはお雛様とお内裏様しかないから、他の人形なんてないの。
途端に怖くなって部屋に戻ろうとしたら、その一体がユラユラ揺れ出して。
怖くて今、家族起こそうとしたのに誰も爆睡して揺すっても怒鳴っても起きない。
ゴトン、ゴトンって音がしているから本当にこわい。



509 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:33:32 ID:t23m9VNiO
続き
父は両腕,両足から血をダラダラ流しながら居間と廊下を歩いていた
居間の隅には血の付いた包丁が数本捨ててあった
「あと2往復したら,右足の血管を……
あと3往復したら,二の腕の血管を……」
ブツブツと独り言を言っていた

母は風呂場にいた
満タンに水のはった浴槽に自らの頭を突っ込んで,出てを繰り返していた

自らの手で頭を押しながら…

「あはは がばっ
あはは がばっ
あはは がば
死ぬ手前!!!死ぬ手前!!!死ぬ手前ぇええええええええええ!!!」
弟は机に向かって文字を書いていた
ただ…手にはカッターを持ち,机の上には鏡があった
「○○市○○町…」
自宅の住所を体に刻んでいた

俺は恐ろしさで泣いた

510 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:37:05 ID:cwoJKqgiO
ミザリーだかロザリーだかってクソコテなんとかしろ。
シベリアまで荒らしに来るなよ!

511 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:37:35 ID:t23m9VNiO
続き
ごめん,遅レス過ぎた
終わらせる


その後3人共なんとか住職さんと応援に呼んだ他の寺の方に助けてもらいました

今はなんともないです

ただ
今でも弟と父の体には傷が残っていて
温泉とか行くとかなり鬱になります


駄文,長文失礼しました

512 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:41:04 ID:HXPJ0c+70
えっ何突然おわた?

513 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:48:41 ID:cwoJKqgiO
>>493
両親の性器を知ってるに見えた(´・ω・`)

514 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:50:54 ID:t23m9VNiO
ん?
なんかダラダラ長いかなと思って
もう少し詳細書いた方がいいかな?

515 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:51:16 ID:sdGG6GaV0
>>511
え? 何が原因だったとか全然説明無し!?

516 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:52:52 ID:Gvzm8qnN0
>>511
乙です、終わり方が拍子抜けだったけど面白かったです。

517 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 00:53:34 ID:HXPJ0c+70
>>514
そうじゃない、長文ならメモ帳なり、携帯なのなら下書きメールなりに文章をあらかじめ書いて、
全部で何レスになるかを何分の何と切って、テンポよく投下してくれるなら多少長くても邪魔にならないし読むひとは読む

518 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:09:53 ID:A+Ioupt30
490さんへ
失礼?かもしれませんが大変おもしろかったです。続きというか後半の詳細(家族が変貌した原因)を是非ききたいのですが、宜しかったらまた書いて下さい。


519 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:11:26 ID:t23m9VNiO
>>517
そうですよね…
読んで下さった皆さん
すいませんでした

それでは番外編ということで少し書きます

あの後,住職さんに聞いたんですが
家族があのようになってしまった原因は先祖にあったみたいでした
時代劇とかで「末代まで呪ってやる」ってセリフありますよね?
あれのリアルバージョンだったみたいです
しかも呪い方も惨くて,ただ殺すのではなく家族が出来てから乗り移り,ゆっくりと時間を掛けて追い詰めていくやり方だと聞かされました
ただ,今回は呪う方も簡単にはいかなかったみたいで
というのも,俺の前世が高僧で,俺が生まれた時から手が出せずにおり
あの夜,しびれを切らせて
「死ね」
って家族を使って圧力(?)をかけたみたいでした
しかし,俺が逃げてしまい
「仕方ないから他の家族だけでも…」と……
ただ呪いが強すぎて住職さんでは完全にはとれず,俺以外の家族は常に御守りを持っています

まだ呪いは続いています

520 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:20:23 ID:j6Dbw8Lm0
っぱねぇ
乙でした…。

521 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:23:11 ID:yztytYER0
>>519
乙でした
投稿の手順はともかく、かなり怖い話でした
いつか呪いが解けるといいですね…

522 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:32:18 ID:5njycP0t0
>>514
是非読みたい!なかなか良作!!

523 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:32:53 ID:QbwdMgoy0
怖いのもっとチョーダイ!

524 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:34:14 ID:5njycP0t0
すまん、怖かった!

525 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:49:22 ID:RqvFYXoH0
乙。怖かったぜ!

526 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:52:37 ID:t23m9VNiO
>>521
ありがとうございます
呪いは多分解けません
でも今自分が生きてる間はなんとか大丈夫みたいなんで
まぁOKです


一応他にも自分的に怖い話があるので

時間が空いたら書いていきたいです

527 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:03:57 ID:gCQbwPs50
総叩きレベルの文なのにここまで賞賛の嵐だと逆に自演を疑うわ
乙とだけ

528 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:14:19 ID:bkkPI0pq0
死ぬ手前ぇえええええっ!!!

529 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:16:02 ID:cwoJKqgiO
>>526
うーん、漏れなら100%祓えるが、一時的に追い出すだけで多分もっと強力な怨念連れて帰って来ちゃうだろうから力にはなれんな…
高野山とかのかなり徳の高い僧に相談して見ては?

530 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:51:32 ID:iTOJyvCK0
ぶった切りすまん。只今入院中で何個か話があるので、いくつか話してもよいか?

531 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:54:08 ID:fzcw9Zug0
どうぞどうぞ

532 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:56:43 ID:5njycP0t0
>>528
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

533 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:57:52 ID:5njycP0t0
>>530
チョーダイチョーダイ!

534 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:00:11 ID:ZWk3bu/t0
うちも家系にまつわる呪詛話なんだがいいかな?多少フェイク入れてます。

うちの爺さんの家系は中国地方のとある県の古い豪族。某市がまるっとうちの領地。
爺さんがまだ子供の頃に病気で両親が相次いで亡くなってしまい
よくあることで親戚が後見人がなったわけだが、これもよくあることで財産や土地
ほぼ全てを持っていかれてしまった。
それから後見人になった親戚に不幸が続いて、自殺とか謎の事故死。そして精神病。
婆ちゃんが心配して何人かの霊媒師に見てもらったんだが
「これはすごい呪詛がかかっているのでなんともできません」と。
本来本家筋が祭ってきた何かを、幼い爺さんは両親から何も聞かされてなかったので
存在すら知らなかったため放置してたのを、親戚が持っていってしまったためだそうだ。
だけども呪詛は分家を絶やした後は本家に向かうかもしれないので用心するようにと言われた。
幸いにも爺さん婆さんともども大往生したんだけど、一昨年かな。
とうとう分家が絶えてしまった。
妹はなんとか呪詛から逃がすことができたけど、私はやばいかもしれない。
時々後ろに立ってる爺さんに「あんたがねえしっかりしてれば」と笑いあっている。
余り怖くなかった。すみません。

535 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:24:57 ID:CqcCFeYn0
うん、あまり怖くないけど、じわ〜とくるものがあるな・・・

536 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:29:29 ID:5njycP0t0
モリモリ

537 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:33:24 ID:S+eowuAn0
>>153
「邪視」って話でもあったなそういうの

538 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:42:18 ID:zFNFDG+s0
では話します。
私は飛び降り自殺未遂で、今の救急病院に運ばれました。
私と同居していた友人は霊感が強く(?)しばしば、見たり取り付かれたりは日常茶飯事です。

一つ目のお話。

色々あって鬱になり、私は飛び降りたのですが、落ちた衝撃の気絶から目が覚めた瞬間、鬱や不安は吹っ飛び、生きたい痛いという感情が溢れだしました。
足をどうやら骨折したみたいで、私は必死に助けてくれと叫びました。
だが人の通りは多少あるものの、誰も見向きもせず…這って自分の部屋にたどり着き、友人に救急車を読んでもらいました。
部屋にたどり着いた時、友人がやっぱりか…と呟いた意味は、その時はまだ分かりませんでした。むしろなんで止めんねん!と思った位です。

後日、やっぱりか、の意味を問いただした所…

私が飛び降りたその時、二度頭を殴られたような痛みを感じたそうな。
その後私が這って部屋にきたので、頭の痛みが私が飛び降りたからだと理解したそうです。
何となく、その説明はわかりましたが、なぜ二度痛みを感じたのか?

実は友人の父も、その日に倒れ、危篤状態になったそうです。
友人はそれを私が飛び降りてから一時間後、母親から聞いたとのこと。
そして、私が飛び降りたその時に、友人の父もまた、同じ時刻に倒れたのです。

友人を襲った二度の痛みの時間に。

もしかしたら何かに引き寄せられたのかもしれません。

余談としては、私が大声で叫んだのに、助けてくれなかった歩行者や、後日私が飛び降りた場所にクッションが落ちていた事の方が、人の悪意を感じて怖かったのですが…

これが一つ目のお話です。

539 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:43:28 ID:50Kunto90
フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!

540 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 03:50:19 ID:OXs/m1GM0
あからさまに創作なのは萎えるわ

541 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 04:13:26 ID:zFNFDG+s0
まあ暇なので、他にもはなしますね
2つ目の話。

これは自殺する3ヶ月前。友人と親しくなってから、私は変な現象に襲われていました。

この3ヶ月の間にお守りの数珠や時計がいきなり弾けたり、歩いていたら車線に引き寄せられそうになったり。

最初は気のせいと思っていましたが、数珠が2つ、新品の時計が3つ、計5つも3ヶ月の間に壊れ、友人がいなければ、車に引かれそうになった事がしばしばありました。

余りにも不自然なので、友人と相談した所、お前の時を止めたがっている奴がいるとのこと。
さっぱり意味が分からず、友人にどういう事?と聞いた所…

お前、男が憑いてるぞと。
まだ分からず、どんな人か聞いた所、容姿を聞いて愕然としました。

友人が会ったこともない、前の彼氏の容姿そのもの。

前々から友人は、会ったこともない祖父や友の容姿や雰囲気を当て、私を驚かせていましたが…

ではなぜ前の彼が私に取り憑いたのか?

思い出したのは、前の彼の口癖。
今の容姿の私が好きだ。時間が止まって欲しい。

そういえば良く言っていたし、自然消滅的な別れ方だったから、まだ未練があるのだろう…

友人曰く、そいつにはっきり別れを告げろとのこと。
その後はきちんと前の彼に別れを告げたら、怪現象は止みました。

ただ…今でも前の彼から連絡が来ると、お守りが壊れたり、肩やお守りが重く感じることはあります。まだ未練があるのでしょう。

これが2つ目。

542 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 04:27:11 ID:zFNFDG+s0
創作じゃなく本当に入院しているのですが(苦笑)まぁ創作に見えるのかなぁ。

余談ですが、私が住んでいたアパート周辺はパチンコ屋があり、大学生が多いからか、地元の人によれば自殺は結構あるそうです。

ギャンブルの借金を苦に、パチンコ屋の屋上から飛び降り自殺やトイレで焼身自殺。
または私の住んでいたアパートは大学の近くにある為、卒業や留年などを苦に、大学生が飛び降り自殺したり、アパート前で焼身自殺など、自殺多発地帯です。

今年は年明け早々パチンコ屋から飛び降り自殺、あとは私の飛び降り自殺未遂がありました。

ちなみに近くの高層ビルに一度うつになり飛び降りようと、行った事がありますが、最上階への扉にお札が一杯張り付けあったので、ぞっとして飛び降りずに自宅に帰りました。

土地柄なのでしょうか。

543 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 04:35:29 ID:S+eowuAn0
>>470
で、どんな話?

544 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:15:18 ID:SRJElrcSO
今の容姿が好き ねー <br> 時間が止まってほしい ねー <br> 外見見てない男と付き合ってたんだー <br> 惨め

545 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2010/03/04(木) 05:24:33 ID:30wdnV+OO
シャレコワ シャレコワ

546 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:34:46 ID:VNvkN5cU0
幼児の頃、畳屋のおじいさんが中年の息子さんと一緒に仕事に来た。
その息子さんに性的いたずらをされた。
親は警察に言ってくれなかった。
現在その老畳屋さんちは結婚も仕事もしていない中年の娘さんと息子さんがいる。
何故か娘さん、お腹が膨らんできていて
畳屋さんもその奥さんも、息子さんも同じ下半身の病気にかかっているらしい
近所のウワサだけど、怖い。

547 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:36:10 ID:gQlVGvQG0
>これは自殺する3ヶ月前。

きもぶたもいの文章は全てつまらないし下手〜ぷw
自殺したのに生き返ったの?そのまま死ねばよかったのに〜キモブタモイ。

548 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:39:41 ID:gQlVGvQG0
女性に成りすまして書き込みとかも、きもすぎて。


549 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:43:38 ID:gQlVGvQG0
悪徳警官は車内で自殺に見せかけて正義の味方に焼却処分されてしまった。
悪徳警官いっぱいいますもんね!

550 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:48:43 ID:yq7Te9/H0
暇なのでいまの病院での話。

ここは救急病院で、1ヶ月もたたぬうちに退院または転院する方ばかりで、私は例外的に2ヶ月以上入院しています。

ここは認知症の老人ばかり運ばれ、子供や私のような若い方が運ばれるのはあまりありません。

若い方や子供、一部の老人は親族の方がお見舞いにきてくれますが、このフロアの大半を占める老人は、見舞いもなく、またテレビも有料な為(20時間千円)か、一人言やお経を唱える方が結構いらっしゃいます。
そのような老人にとって、テレビも見れず、見舞いも来ないので、寝る事と、食事、あと二日に一度の風呂やリハビリ以外やることがないので、何となく気持ちは分からないでもないです。
私はというと、友人はいつのまにか恋人になり、毎日見舞いに来てくれますし、本や携帯からの2ちゃんなどで時間を潰せるし、一人言やお経は音楽を聞く事で回避するので慣れましたが。目に余る場合は看護師さんに相談し、老人の方は移動になりますが…

さて、寝たきりで見舞いもなく、テレビも見れないこの病院ではよくいる、毎日痛みをとれてくれとお経を昼夜問わず唱えるお婆さんがいました。
余りにも目に余るので部屋に移動になりましたが…

ある日、その老人が廊下を歩いていたのです。顔は怒っているような形相。

怖いし、寝たきりだったのに歩けるようになったのかと驚き、看護師さんに相談しましたが、その看護師さんは何故か釈然としない言い方しかしません。

腑に落ちないので、見舞いにきた元友人(恋人)にその話をしたら、真相を教えてくれました。

この部屋に来る途中、彼は見たのです。そのお婆さんが顔にガーゼをかけられ、ストレッチャーで一階に運ばれるのを。

ちなみにこのフロアでは五歳位の黒い子供と白い子供が、夜中廊下にてはしゃぐ姿や声が、私や看護師や患者さんなどによく目撃されたりします。
私のいるフロアは整形外科で走れる所か、子供が夜中廊下ではしゃいでたら即刻注意されるはずなのですが。
ベテラン看護師さんによれば、『よくあること。』だそうです。

551 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 05:53:36 ID:yq7Te9/H0
>>541
自殺する前、でなく自殺未遂する前、です…すみませぬ。

552 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 06:02:49 ID:OXs/m1GM0
>>542
創作に見えるのは、あなたの話じゃないよ
上のほうにいくつかある

にしても、これから自殺しようって人がお札ごときが怖いのか
どうせ死ぬんだから、何が居ようが何が起ころうが関係ない、問題ないはずだと思うのだが

553 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 06:32:46 ID:IcIthSmp0
>>552
その時はそのビルの最上階だけ空気が違う時点で怯んだ(自殺しようとするのにな、苦笑)で、どうせ自殺すんだし関係ないと思ったら屋上への入口にお札が沢山あったから、なんだろう、本能的にここではいけないと思って、そのビルからは去った。
なんか入ってはいけない気がしたし、第一ドアが開かなかったから。
その足で近くのパチンコ屋(さっき書いた自殺の多い所)に行ったら、友人がそのパチンコ屋まで追いかけて来てアパートに強制送還。
友人曰く、感でパチンコ屋だと思い屋上に行ったら、見知らぬ子供が私の居るところに案内してくれたそうだ。

今でも親から医療費などについてなじられると、飛び降りた時しくじった、と思うことは多々あるよ

まあ入院の証拠?かな
http://imepita.jp/20100304/222880

554 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 06:47:39 ID:6FfF1vTy0
本スレ、重複スレ共に荒れてるな
まぁ友人と出会ってから色々心霊系には事欠かないから、気が向いたら上の高層ビルでの話やパチンコ屋での飛び降り未遂の話なども書きにくるよ

555 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 07:07:27 ID:OXs/m1GM0
今のあんたには必要なんだろうから自殺もいいけど、生還できる程度にしとけよ
事態は刻一刻と変わっているんだ
いつまでも今のままじゃないから

あと、次はもっと荒れてないスレに投下するといいよ


556 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 09:18:34 ID:U7ZsG7kM0
>>534
末代に当たる方が真相を知るときには時既に遅しってのはたまにあることだよなー

たまにあるから怖い、うん……

557 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 10:15:40 ID:nX3H8l8X0
>>554
シリーズ物スレでやってください

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1256564668/l50

558 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 10:26:41 ID:5soCV0Hq0
>>541
なんてゆーか、その男の台詞で『ファウスト』思い出した
「時よ止まれ、お前は美しい」ってヤツ

559 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 11:04:05 ID:CIN4DMwp0
>>519
家庭崩壊ってやつか…
よく身障者で目が左右に離れてる人いるけど、あれも前世で悪いことしたからの呪いなんだろうな、かわいそうとしか思えないもん。

というか今朝起きたら愛犬が亡くなっていたorz

560 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 11:13:23 ID:QETq+sxf0
>>555
今は治療に専念してるんで多分大丈夫です(?)

>>557
誘導ありがとうございます。こっちに書き込みますね
>>558
彼はナルシシズムが強く、私の容姿が彼にとってどんぴしゃだったからでしょう。文学や映画に造形の深い人でした

561 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 14:10:29 ID:KtgjC6eZ0
新しい法則をハケーンしてしまった
一人が書き込む話の数とラノベ臭は比例関係にある!

562 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 14:16:36 ID:5njycP0t0
>>559
前世での業(カルマ)を今世で解消するために生まれてきたとは思うけどな、あんなんじゃ解消どころか罪を積んでますます落ちぶれて行くんだろう。

563 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 14:33:40 ID:CIN4DMwp0
>>562
それでも彼らは一生懸命生きてるよな。
そいうや、テリー伊藤も目が左右に・・・

564 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 14:54:56 ID:5njycP0t0
実は俺も車にはねられて目が左右になってたんだが、寄り目の練習してたら治ったぞ。今でも疲れている時とか視線の方向によっては目が左右になるが。。。

565 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 16:19:40 ID:Gg8Y2bF6O
1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950…

大体何文字くらいが見やすいですかね?

566 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 16:20:36 ID:Gg8Y2bF6O
あれ、何かおかしいな…

567 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 18:13:50 ID:IojOHIbnO
>>563
テリー伊藤は手術で斜視治してるよ

568 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 18:35:00 ID:CIN4DMwp0
>>567
うん、こないだみたら治ってたっぽいね…

569 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 19:26:50 ID:rnXgv1GJ0
今日日科学で破れない呪いはそうそうない訳だが

570 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 19:55:45 ID:cwoJKqgiO
>>569
科学如きで全てが明かせる呪いが合ったら、漏れら退魔師なんて裏家業は廃業だよなw


571 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 20:14:10 ID:p4NiFGEa0
師匠であり友人でもある方から興味深い話をきいた

媚人、死人、死国

小さい時、友人の婆さんによれば
山には孤独が
海には、死があり

という話だそうだ。詳しく聞いてみる

572 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 20:55:02 ID:LvtXdr3+0
最近投稿が増えているが、駄作ばかりで馬鹿げているな。
あまりに屑すぎてスレがもったいない。

573 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 20:59:00 ID:ShAQVItj0
>>570
京極堂的な方法でおk

574 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 21:20:56 ID:uB79crXo0
・・・失敗した 本当に失敗した まじ失敗した
ブラインドを全部おろしてなかった 俺としたことが

だからあいつは俺の前に出てきやがった

この話週末に投下する
明日は忙しいんだわ 俺

575 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 21:22:09 ID:KNoau53jO
>>572
お前の書き込みのがもったいない。黙って見てろ馬鹿。

576 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 21:41:30 ID:+31IyBCq0
勇者きてるね(´・ω・`)
ひとりかくれんぼ【198夜目】一人隠れんぼ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1266776327/

577 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 22:03:41 ID:QbwdMgoy0
ハイジ

578 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 22:38:05 ID:LvtXdr3+0
はい次!!

579 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:06:41 ID:BMabSTCoO
>>574
意味深すぎ。
つか口調が上司そっくりなのだが。

580 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:15:00 ID:t23m9VNiO
携帯ですが
書いてもいいでしょうか?

581 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:18:37 ID:6DY9W4pE0

他人の顔色を伺う時点でスレに則さないダメ話だと思われ

はい ン欠

582 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:24:02 ID:t23m9VNiO
伺わなければOKてことですね

携帯から失礼します

2年前の夏,自分が21歳の時の話
当時,今の彼女(40歳)と付き合い始めてまだ日が浅く
その日はその彼女と初めて泊まり有りでデートをしました
彼女とは遠距離恋愛で,逢うのはいつもお互いの市から車で一時間くらい掛かる,少し大きな市

日中は映画やカラオケで楽しみ
遅めの夕食を食べ,ホテルへ

彼女「あ,このホテルがいい!!」

ホテルを選んでいた時,彼女が指を差した
「(ここか…)
うん,ここにしようか」

あまり乗り気ではなかったが,ノリノリな彼女を見ると断れなかった


583 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:24:57 ID:Gvzm8qnN0
>>580
よろしくたのむ

584 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:25:23 ID:t23m9VNiO

彼女「んじゃあ……この部屋にしよ」

「!…………」

部屋に入り,少しまったりした後
一緒にお風呂に入ったり,行為をしたりして
夜中1時頃,彼女は眠りにつきましたが

俺は起きていました

(あいつ元気にしてるかなぁ…)

見慣れたホテルの内装を見ながら,ふと元カノとよくこのホテルのこの部屋に来ていたことを思い出していました

元カノはバツイチ子持ちで,自分より9歳年上でした

(それにしても,すごい偶然だなぁ
たくさんあるホテルの中からここを選ぶなんて………)

昔のことを考えているとだんだんと眠くなり,いつの間にか目を閉じていました

585 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:26:24 ID:t23m9VNiO

プーーン……プーーン……プーーン

どのくらい時間が経ったのか
頭の上で蚊の飛ぶような音が聞こえた

(うるさいなぁ……
蚊が入って来ちゃったんかなぁ……)

目を閉じながら空を手で払った

ペチャ

手に生温かい感触の手よりも大きな何かが当たった

(ん…なんだ……?)

俺は目を開けた


今思えば絶対見なければ良かったと思う

586 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:28:50 ID:frG+PMUK0
金縛りなんだけど
明け方目が覚める→金縛りに遭う→起きる→うとうとして再度金縛り→ループ
になる日が続いた
最終的には起き上がれるんだけど一日やる気無くす

587 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:28:57 ID:t23m9VNiO

元カノがいた

ただ,顔がすごかった
焼けただれた…
なんてもんじゃなかった

溶けていた

目,口,鼻があった場所は皮膚がドロドロに溶けてくっついて塞がっており
至る所から血が溢れていた

「クーーーン……ンーーーン…フーーーン」

蚊は飛んでいなかった
それは元カノの塞がってしまった口から聞こえた
元カノは顔を揺らしながら俺に向かって必死に何かを訴えようとしていた

なぜそれが元カノかわかったのかは
いまだにわからないが
俺にはわかった

588 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:30:08 ID:t23m9VNiO

俺は恐怖で体が動かなかった
怖すぎて怖すぎて……
生きてる人間がどうしたらこうなるのか……


顔を揺らしていた元カノが
突然指で口を掻きむしりしだした

グチャグチャグチャグチャグチャグチャ

生々しい音と血しぶきと共に元カノの歯が見えだし…

そして…

「この子を助けて!!
お願い!!
この子を助けて!!
ぐぇぇ!!
この子ぐぇぇぇ!!」

口から血の塊を何度も何度も吐き出しながら
助けて!助けて!と繰り返していた

589 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:31:31 ID:t23m9VNiO

元カノの傍らに何かがいた

焼けただれながら,こちらに向かっておじぎをしているように見えたその子供は

頭が体に埋まっていた
「………ひぃ……ひぃ……ひぃぃ…ひ…」
俺はだらしないが,ひ弱過ぎる声を出していた

「お願い!!お願い!!お願い!ぐぇぇ!ぇぇっ!!お願い!!お願い!!」
そう言いながら元カノはだんだんと薄くなり消えていった
(と思うんですが,俺も気絶して,はっきり覚えてません)


590 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:33:11 ID:t23m9VNiO


後日
気になったので元カノの友達に連絡してみました

やはり…というべきか
元カノは火事で死んでいました

死に方までは聞けませんでしたが……
俺にはとても苦しんで死んだのだとわかりました

元カノと子供の冥福をお祈りします

591 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:36:22 ID:gQlVGvQG0
つまんなーい
作り話はどんびき
さむーいID:t23m9VNiO

592 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:41:06 ID:E+eyctl20
>>582
既に顔色を気にしてただろうがw
日本語が通じない朝鮮人には困ったもんだよwww
しかも予想どおりの池沼で糞寒い寝言だし。
携帯から何をしてんだよwww

593 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:45:07 ID:OXs/m1GM0
夢だったということでいいじゃないか

594 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:46:42 ID:KObxVsCU0
あー阿呆らしいわ。
支那製の粗悪品を押し付けられる
身になれやカス書き手どもめ。
書き手はまとめサイトを熟読してから来いよ。

595 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 23:48:36 ID:JHtB4qcn0
次!!
駄作はスルー!!

596 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 00:34:58 ID:u05Rvpl40
>>571
師匠シリーズ帰ってきたかとwktkしたのに、、

597 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 00:43:07 ID:xNhY0fN40
死ぬ手前えぇぇぇっ

598 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 01:33:52 ID:pokAAtwa0
>>590
……熟女好き?

599 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 01:40:08 ID:tl0p4g9d0
この子ぐぇぇぇ!!

600 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 02:33:30 ID:sqvst53X0
大学一回生の夏だった。
って、この書き出しじゃ盗作か。まあそれはともかく。
付属校からエスカレーター。高校生から大学生、と肩書きは変わったものの、
大学デビューなんていう言葉とは縁遠く、変わらず地味だった当時の俺。
多くはないが普通に新たな友人(男ばかりだが)を得、女っ気が足りないのを除けば
普通の大学生活を送っていたものの、もっと派手さを大学生活、こと夏休みに望んでいた俺には
その普通さに多少物足りなさを感じていたのも普通のことだろう。
さて、そんな夏休みも中盤に差し掛かった頃、友人の一人から『ウチでサシで遊ばないか』との誘いを受けた。
そいつは上京して一人暮らし。高校時代はラグビーをしていたといい、
確かに俺より体格はいいものの顔は色白、けしてガチムチではなく、むしろピザ寄りw
体育の授業で知り合った友人の一人で、一緒にメシも食うし、カラオケにも行ったりしたが
家に行ったことは無かった。断るための予定も理由なく、部屋へついていった俺。
人より霊感があるでなく、異常な性癖を持つでなく、あくまで普通の範疇にあることを自負する、
まあこの『範疇』って字を辞書を見ないで書ける程度に漢字が得意ってぐらいしか特徴のない俺は
そこで、洒落にならない体験をすることになった。

601 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 02:35:42 ID:sqvst53X0
ワンルームの部屋の中はわりとキレイに整頓されていた。
外を流れる雨音。俺たち二人はゲームをし、DVDを観たり、雑談をしたりしていた。
幽霊話もした。部屋に嫌な雰囲気などはなかったが、
友人に感じた妙な違和感を、感じないふりをしながら。
そうこうしているうちに夜も更け、睡魔が脳を襲う時間になった。ベッドを宛がわれた俺は、
友人が床に布団を敷いて横たわるわきで、いつも自室で寝るように、仰向けになって目を閉じていた。
……どのくらい経ったのか知れない。
眠りに落ちるか落ちないか、そんな不安定なところを漂っていた俺の意識を、
不意に全身にかかる重さが無理矢理、覚醒状態に引き戻した。
まずい。動けない。嫌な予感がする。恐る恐る目を開ける。
ド近眼の目にもはっきり見えるぐらい近くに顔があって
目が合い、心臓が一度、ドキンと嫌な感じに波打つ。血走った目から視線をそらし、友人のいるはずの布団へやる。
いない。当たり前だ。俺の上にかぶさるように乗り、手足を押さえている主は、友人なのだから。とても、嫌な予感がする。
『何…だよ…』と問いかけると、返答の代わりに、今まで見たことない表情を浮かべた顔を思いっきり迫らせてきた。
辛うじて動く首の動作で避ける。枕の、俺の頭があった位置に沈む頭。戦慄する俺。そして次に、さらに戦慄した。
『(俺)、好きだよ』悪い夢か。頭を上げ、俺の顔の、唇を、執拗に狙ってきた。


602 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 02:41:16 ID:sqvst53X0
冗談じゃない。俺は普通に女が好きだし、嫌がる相手に無理矢理接吻なんて
迫るほど異常じゃないし、何よりABCのどれもしたことがない普通の童貞だ。
素直に嫌だし、遊んでいるとき警鐘を鳴らした第六感に素直にならなかったことを後悔する。
やたらべたべたしたり、腰に手を回してきたり、体をぴったりくっつけたりしてきた。
なんでこいつがガチホモだってことに、自分の危機に、気付かなかったんだろう。
結論を言うと、抵抗の限りも空しく、俺は人生初の唇を奪われた。しかしケツは全力で死守した。
そしてマウントから解放されるや当然ブチギレて部屋を飛び出し、
時間を潰して始発で帰った。以後は特に何も無くそいつとは絶縁、っていうかフェードアウト。
……ということを後日高校の友人(男。ホモじゃない)に話してみると、彼も同じような体験をしたらしい。
サークルの先輩にこれまた初キス奪われたとか。生まれて初めて先輩ブン殴ったとかw
まあ俺もその高校の友人も、それで道を踏み外すことなく普通に彼女をつくるに至ったのは僥倖かww
そんなわけで、幽霊も恐いけど、やっぱり俺は普通に人が恐いと思うな。
誰も普段は普通の顔してんのに、誰がある時不意に異常な人間に豹変するかわかんないんだぜ?
ガチホモの例で俺は充分トラウマだけど、性癖だけじゃなく、もっと恐ろしい豹変にだって出会うかもわからないのは恐すぎる。
まあそんな話。オカルトな話でなくやっつけな上内容も気持ち悪い駄文で失礼した。

603 :478:2010/03/05(金) 03:10:55 ID:yMFg5BMfP
あっそ

604 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 03:11:57 ID:yMFg5BMfP
ああすまん名前欄はミス

605 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 03:17:17 ID:rpMa8EcsO
ケツも掘られて肉奴隷にされたんでもなければ
シャレコワではないな。

606 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 03:21:44 ID:rzNI39K20
シャレコワシャレコワ

607 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 03:30:18 ID:EbdETi2oO
シャレコワアッー

608 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:28:12 ID:xfptnP3/0
1/11
あれは俺が中学生の頃だったからもう15年も前の話だ。
今夜はまた田舎での恐怖体験の話をしようと思う。

俺の田舎には山がある。平野の真ん中にポツンと出来た山だ。
大きさはまぁまぁで、そこは昔から様々な怪奇現象が起こる事
で地元では有名なスポットだった。山頂には戦国時代の城跡や
墓地があり、昼間は観光客等も来るが夜は誰も近づかない。

俺が中学に上がった頃、例のご意見番の婆さんが倒れ、山の麓
の病院に入院した。婆さんに身寄りは無い。以前は息子がいた
そうだが、若い頃に病気で亡くなったそうだ。婆さんの事を煙
たがってる村人もいたが、ウチは世話になったのでよく家族で
見舞いに行った。

見舞いに行くと婆さんは余程嬉しかったのか、皺くちゃな顔を
丸くしてニッコリと笑って喜んだ。婆さんはかりん糖が好きな
のだが総入れ歯なのでハンマーで砕いてあげては、よく食べさ
せた。そんな状態が1年ほど続いたある日、事件は起こった。

婆さんがいなくなった。元々、認知症のケがあったのだがこの
頃にはだいぶ酷くなっていた。病院や村は大騒ぎで、みんなで
手分けして捜索に当たった。ウチも俺と親父が参加した。病院
の話では、恐らく山頂へ向かったのではないかという話だった。

前にも脱走したことがあり、看護婦も手を焼いているという事
だった。俺と親父は懐中電灯を片手に後を追った。

609 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:30:33 ID:xfptnP3/0
2/11
時計を見ると午前零時だ。山の中なので、もちろん街灯などは
無い。麓で親父は俺に2つのものをくれた。1つはお札。もう
1つは赤い紙を鳥居の形に切ったもの20枚程だ。俺は何これ?
と聞いたが、親父は真剣な顔をしてこう言った。

「いいか、この山は鎧兜を身に付けた昔の亡霊が出よる。お札
は首から下げて絶対になくすな。紙の鳥居は亡霊が現れたら四
方に置き、いなくなるまでやり過ごすんだ」

親父は小さい頃からこの山で遊んでいた。いわば庭みたいなも
のだ。安全な所、危険な場所も熟知している。亡霊や物の怪に
も何度も遭遇したという。もらった鳥居はいわば魔除けのよう
なもので、親父が小さい頃にあの婆さんに教えてもらい使って
いたと言う。

俺はこんな夜中にこの山へ入るのは初めてだ。緊張しながらも
親父についてゆく。時折、夜行性の鳥の鳴き声が聞こえると、
ビクッとする。空は曇り月が隠れている。真の闇だ。俺は怖く
てしょっちゅう後を振り返った。

しばらくして親父が立ち止った。俺は何事かと思ったが、どう
やら婆さんの手拭いが捨ててあったらしい。俺は何だ手拭いか
と安心したが、親父は小さい声で「シーッ」と言うとしゃがむ
ように合図した。

シャン シャン シャン・・・

610 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:32:34 ID:xfptnP3/0
3/11
遠くから鈴の音が聞こえてくる。俺は背筋がゾクゾクし何とも
言えない嫌な感じがしてきた。親父は鳥居を出すように合図し
たので、二人を囲むように鳥居を置いて息を潜めた。と、何か
が揺らめいて見えた。

ボッ ボッ ボッ

鬼火だ。鈴の音の方向に見える。きっと親父の言っていた亡霊
に違いない。時折、鎧がきしむ音や槍がカチャカチャする音ま
で聞こえてくる。恐ろしいのは地面を這うように聞こえてくる
声とも叫びともわからない響きだ。

う"お"お"お"お"ぉ"ぉ"・・・

俺は怖くなり震えていた。明らかにこの世に怨恨を残して死ん
でいった魂達だ。俺達の30mくらい先を、麓から山頂に向けて
行軍していた。どれくらい時が経っただろう、親父が「もうい
いぞ」と言うので目を開けた。やつらはいなくなっていた。鳥
居は真っ黒になり焼け焦げていた。

俺たちは先へと進んだ。

しばらく登ると少し開けた場所に出た。古い石碑があったので、
懐中電灯で照らすと「首切り塚」と書いてある。自殺の名所だ。
俺の友達のお兄さんもここで亡くなった。昔ここで罪人の首を
斬って崖下へ投げ落としたのが名前の由来らしい。途端にゾク
ゾクしてきた。

611 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:34:48 ID:xfptnP3/0
4/11
いいか、ここじゃ何があっても振り向くなよ。何があってもだ。

その瞬間、親父が消えた。いや正確には周りの風景すべてが闇
と同化したと言うべきか。音や親父の声も聞こえない。俺はパ
ニックになりキョロキョロしたが、さっきのおやじの言葉を思
い出し、固まった。

ヒッヒッヒ・・・ヒッヒッヒ・・・

薄気味悪い声が聞こえる。と、背後から何かが近寄ってくる音
がした。

ザッ・・・ ザッ・・・ ザッ・・・ ザッ・・・ 

シャリシャリシャリ・・・

何か金属質のものを引きずりながら何かが近づいてくる。。。
親父もどこにいるのかわからない。すぐ後でハァハァと声がし、
そいつの息が首の後にかかる。俺の首を斬り落とす気か・・?
俺は恐怖で頭が真っ白になった。

振り向いてはいけない・・・振り向いては・・・

後にいるやつが刀(たぶん)を振りかぶろうとする気配がした。
瞬間、俺は耐え切れず後へジャンプした。途端に視界が戻り俺
は唖然とした。

612 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:36:53 ID:9fSooWI1O
コピーandペーストを知らないのかな

613 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:37:02 ID:xfptnP3/0
5/11
崖っぷちだ・・・

見るとギリギリ崖っぷちに立っていた。もしもさっき刀をかわ
す為に前へジャンプしてたら・・・俺は腰が抜けその場にしゃ
がみこんだ。親父も無事だったようで、すぐに俺の所へ駆けつ
けた。「あぶなかったな」と言い辺りに塩を撒き始めた。

親父の話では今のは亡霊ではなく物の怪なのだという。亡霊に
化けて人を脅かしたりイタズラをする。もっともこいつらは、
かなりタチが悪い部類らしいが・・・

俺達は少し休んで再び登り始めた。

しばらく進むと何かの鳴き声が聞こえた。聞き耳を立てると何
やら人間の赤ん坊の泣き声のようだ。

オギャー オギャー

親父はボソッと「狢(むじな)だ」と言った。道を迷わせる為に
人の赤ん坊の真似をしているのだという。泣き声のする所へ向
かっても決して辿り着くことはなく、永遠に彷徨い続けるらし
い。ほどなくして俺達は池の脇に出た。ここまで来れば山頂は
近い。

親父が小石を拾えと言うのでいくつか拾った。池を通り過ぎる
まで、水面に小石を投げ続けるのだという。俺は何でだ?と思
って聞いてみた。

614 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:39:22 ID:xfptnP3/0
6/11
「今夜は満月だからな。池に映る月を使って河童が化かしやが
るんだ。あいつらは怪しい術を使うからな」

気が付くとさっきまで雲に隠れていた月が顔を出した。俺はよ
くわからなかったが親父に言われる通り、小石を投げながら池
の脇を通り過ぎようとした。と、急激に気分が悪くなってきた。
体が熱い。目まいがする。

親父は「まずい!」と言って俺を抱え、足早に池の向こうまで
遠ざかると木の陰に隠れ、持ってきたペットボトルの水を俺の
体にかけた。俺はわけが分からず親父に尋ねると、河童に攻撃
されたのだと言う。いつの間にか親父が置いた鳥居がブスブス
と煙を上げ、みるみる焦げてゆく。

「あいつらは遠くからでも人間を殺せるんだ。人の血を沸騰させ
て殺すんだ。あいつらに近寄っちゃなんねぇ」

俺はありったけの水を飲まされると、少しして落ち着いた。そ
して親父と猛ダッシュで山頂へと走り抜けた。ここまで婆さん
の姿は無かった。他の村人達が見つけてくれていればいいが、
安否が不明なので俺達はとりあえず山頂まで行ってみることに
した。

そこは地獄だった。

615 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:41:26 ID:9fSooWI1O
カッパ怖ぇえ〜

616 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:41:52 ID:0FGMLw520
ワッフルワッフル

617 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:42:03 ID:xfptnP3/0
7/11
おびただしい数の亡霊達が蠢き、物凄い瘴気が辺りを包んでい
た。なぜこんなにたくさんいるんだ?とてもじゃないが、俺達
二人でどうにか出来るレベルを超えている。すると親父がこう
言った。

「たぶん婆さんが集めたんだ」

俺はそんな馬鹿な・・・と思ったが確かにそれしか考えられない。
元々、色々と不思議な術を使う人だった。亡霊を集めることな
ど簡単なのかも知れない。普段はそんな事はしないが、認知症
が進行して無意識にそれらのちからが暴走しているのかも・・・

「こりゃぁ無理だ・・・」

親父が諦め気味につぶやいた。俺もそう思った。幸い他の村人
はまだここには来ていない。まぁ来れる人も少ないだろうが・・・
ふと高台に目をやると、白装束の小柄な人間が動いてるのを見
つけた。婆さんだ・・・一心不乱に何かを祈っているようだった。

あの亡霊の群れを突破して婆さんに近づくことは不可能だ。し
かも婆さんは気がふれた状態なので、何をするか分からない。
俺は親父と相談して朝までここで待つことにした。日の出まで
あと1時間程度だった。

と、背後に嫌な気配がした。

618 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:43:38 ID:0FGMLw520
私怨

619 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:44:35 ID:xfptnP3/0
8/11

う"お"お"お"お"ぉ"ぉ"・・・

しまった!前にばかりいると思っていた亡霊達が後方にもいた
のだ。囲まれているぞ・・・俺と親父は青ざめた。咄嗟に鳥居
を置くが見る見る焦げてゆく。残りは12枚、つまり3回分しか
ない。とてもじゃないが夜明けまでもちそうにない。。。

婆さんは高台の祠に向かって一心不乱に祈祷をしている。誰の
目にもまともな状態ではないのが分かる。鳥居が凄まじい勢い
で火を噴出した。戦国武者の亡霊が目の前を横切ってゆく。触
れただけで魂を抜かれそうだ。。。

いよいよ最後の鳥居が燃え尽きようとしている。空は薄っすら
と明るくなってきてはいるが、とても日の出まではもたない。
親父は自分のお札を俺の首にかけると、鳥居が燃え尽きたら全
力で麓まで走るように指示し、俺の体に塩を塗りたくった。

と、いつの間にか目の前に婆さんが立っていた。

「おやおや、こんな所にも山さん(亡霊のこと)がおったがねぇ」

そう言うと婆さんは何かの印を結んだかと思うと、周囲の亡霊
達が一斉にこちらに向けて歩き出した。「婆さん、俺だよ!わ
からないのかよ!」と怒鳴ったが正気ではないからなのか俺達
を亡霊だと思っている。

620 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:47:27 ID:xfptnP3/0
9/11
そして鳥居が燃え尽きた。親父は逃げろと言ったが恐怖で足が
動かない。婆さんはヒャ〜ッヒャッヒャッヒャと笑っている。
その様は完全に人間ではなく、物の怪に取り憑かれているのが
わかる。

婆さん・・・

かつて呪いから俺を助けてくれた婆さん。その姿はもうここに
はなかった。首からかけたお札が2枚とも弾け飛んだ。俺と
親父は地面にしゃがみこんだ。もうダメだ・・・俺は死を覚悟
した。と、その瞬間ポケットから何かが転げ落ちた。

う"っ ぐっ・・・

婆さんの様子がおかしい。足元を見ると、かりん糖が転がって
いた。俺は咄嗟にそれを拾うと婆さんのクチの中へ詰め込んだ。

ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

婆さんの中から何かが飛び出した気がした。婆さんは完全に取
り憑かれていたのではなかったのだ。

お"の"れ"ぇ"・・・

621 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:48:45 ID:9fSooWI1O
かりんとう強ぇえ〜

622 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:50:17 ID:xfptnP3/0
10/11
婆さんの体から飛び出た、強い怨念の塊のようなものが叫んだ。
瞬間、物凄い突風が渦巻き状に吹いて、亡霊達を吹き飛ばした。
俺は何が起こったのか分からなかった。

怨霊の塊が婆さんのクチを借りて何か言った。

「おのれ口惜しや!こやつには・・・こやつには強いxxxが憑いて
おるから落とせん、口惜しやぁ」(xxxはよく聞こえなかった)

その瞬間、朝日が辺りを照らし始めた。断末魔のようなうねり
が周辺を包み、山頂には静寂さが戻った。俺は婆さんを抱き起
して呼びかけた。婆さん!婆さん!

婆さんはぐったりしていたが、一言だけ「すまなかったね・・・」
と言うと意識を失った。ほどなく村人達が駆け付けた。婆さん
はそのまま病院へ運ばれ集中治療室に入ったが、結局そのまま
亡くなった。

623 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:55:13 ID:iqJ3K7rjO
11/11
葬儀の日、婆さんには身寄りがいないので親父が喪主を務めた。
俺は棺の中にかりん糖をたくさん詰めてあげた。もしこのかり
ん糖がなかったら、俺と親父はどうなっていたか分からない。
ありがとう婆さん。そして助けられなくてゴメン。。。

俺はその後しばらく悲しさで呆けていたが、婆さんを守り切れ
なかった悔しさから単独で深夜の山頂踏破を数回行った。そん
な俺を見て親父が言った。

「いいか、自然ってのはな、人の味方にもなるし敵にもなる。そ
してちからってのはな、他人を守れて初めてちからなんだ。人が
自分のことを守るのは心が弱いからだ。悔しかったら強くなれ」

その言葉がその後の俺の人生の指標となった。俺は他人を守れる
強さを身につけようと心に誓った。

あっちで見ててくれよ、婆さん。

おしまい。



624 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:57:57 ID:iTLMI0QjO
後の寺生まれのTである

625 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 04:59:19 ID:lUGTKstzO
これがTさん伝説の始まりか

626 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 05:12:40 ID:JWBKtteSO
話が出来すぎだったけど乙

627 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 05:13:02 ID:0FGMLw520
これが「ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛」伝説の始まりか

628 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 05:16:44 ID:0twnjga3O
チューリップおじさんって知ってる?
最近の都市伝説なんだけど

629 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 05:51:47 ID:rR+dAKhK0
328 本当にあった怖い名無し New! 2010/03/05(金) 05:13:38 ID:0twnjga3O
チューリップおじさんって知ってる?

おじさんが
顔の下の位置で手でチューリップの形作ってそれを真似するとニターっと笑っておいかけて来るんだって。

気持ち悪いよね


630 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 07:12:15 ID:WHKiMzcS0
ほとんどコピペだな

631 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 07:45:28 ID:Rl34oFqG0
化け物多すぎだろ

632 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 08:31:09 ID:POaircCB0
創作臭いがまぁよしとしよう。

強いち○こが憑いて・・・

633 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 09:24:57 ID:JOhRYZhP0
急にラノベが増えた?

634 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 10:26:25 ID:u05Rvpl40
この人、変な改行なんとかならないのかな?

635 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 10:32:53 ID:POaircCB0
俺はいま、憤りを覚えている・・・

636 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 10:50:23 ID:POaircCB0
シャラポワ…シャラポワ…

637 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 11:07:34 ID:E5bQT47u0
>>623
思いつく話全部書きたいならシリーズ物スレでやれ。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1256564668/l50

まとめに載せたいならまとめサイトの掲示板でやれ。
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405/

特に怖くないケータイ小説をここで続けるな。

638 :1:2010/03/05(金) 11:45:08 ID:W7ZYbk7Q0
私の母方の一族にまつわる話です。私の幼少期の記憶と後に聞いた話を纏めてあるので
推測が入りますが気にしないで下さい。

私の母方の家系はA県のM神社の宮司家の分家筋に当たる家系。
分家したのは何百年も前で、分家したばかりの頃は湿地帯の干拓をやって土地を増やしていた。
おかげで、母方の一族は大地主だった。農地解放で資産の大部分を失ったとはいえ先祖伝来の
お宝や資産が多くある。宝は景徳鎮やら屏風、書画、先祖が使っていたであろう宝飾品で飾られた
簪・櫛、屋敷内にあった神社(区画整理の関係で今は隣にある)に奉納した刀、合戦に持っていく武具etcだ。
蔵に納められていたが、例外のものもあった。
そのなかに細工を凝らしまくった銅鏡があった。いつも厳重に封がされた箱に入れられて
神棚の隠し扉にいれていた。この鏡は一種の呪物らしい。

土地を干拓するときは最初に家と神社を建てる。
家は住処だから当然だが、神社は湿地帯を干拓するにあたり、
干拓を邪魔する「モノ」(「穢れ」と呼んでましたので以後そう呼びます。)
を押さえつけるために建てるのだそうだ。
ところが「穢れ」はどういうわけか神社を建てるだけでは足りなかったらしく、
干拓作業中に人が突然奇声をあげて死んだり、猟奇的な殺人をしたらしい。
そこで先祖は特殊な鏡を用いて穢れを封じたらしい。

この鏡は広範囲から「穢れ」を吸い集める性質がある。
そのため持ち主の周囲は穢れに触れることになる。
ハッキリいってありがたくない代物だが捨てるともっとヤバイので、
何人かの親戚は同じ様に鏡をもって神棚に母の一族と縁ある神様たちと祀っていた。
この鏡を勝手に捨てたりしないよう。鏡の持ち主の家と監視役の家で近親婚を繰り返してた。

私の父方は監視役の家で、鏡の持ち主に何かあった場合、
監視役の家の者が養子としてその家に入って跡を継ぐことになっている。
そして私の父はそうだったのだ。(監視役の家は比較的緩いですが鏡の持ち主の家系の近親婚は相当に酷いです。)

639 :2:2010/03/05(金) 11:48:34 ID:W7ZYbk7Q0
私の母は鏡の持ち主の家の出身だった。母には弟が2人居たが、私の叔父の一人は息子(私の従弟)が
産まれて間も無く妻である叔母と従弟を連れて失踪したのである。
理由としては鏡を受け継ぎたくなかったからなのだろう。鏡は「穢れ」を集めるため周囲を蝕む。

母や母の年の離れた弟である叔父が病弱なのはそのためだ。
だが誰かが祀らなければ土地に災いが降りかかる。
母の実家と叔父の妻の実家は親戚たちに吊るし上げられ、捜索したが行方不明。
結局、私の父が母の実家に入り、暫く母が母方の祖父母と鏡を祀る事になった。
その頃、私には弟が居て父方の魔除けを施されていた。
(父方の家系は加護だか呪いだか不明なものが憑いている)

640 :3:2010/03/05(金) 11:49:49 ID:W7ZYbk7Q0
これが影響を及ぼしたのか弟はアレルギーが酷く喘息持ちで親戚たちの中でも特に病弱だった。
両親としては藁にも縋りたい毎日だったのだろう。だがそんな日々が突然終わった。
母方の曾祖母が亡くなって一年ほど過ぎた頃である。

何者かが空き巣に入り神棚を破壊して鏡を盗んでいったのである。
母の実家だけでなく鏡を持つ家が次々と空き巣にあい鏡を盗んでいったのである。

それから間も無く行方不明の叔父夫婦が連絡を入れるようになり、
父は実家の都合で母と私達姉弟を連れて実家に帰った。
その後親戚たちに多くいた病弱な者たちは快癒に向かい
病弱だった私の弟も今ではIHに出場しているなど健康そのもので
母の実家は行方不明だった叔父が継ぐ事になっている。

だが、鏡が盗まれてから少しずつだが近隣では猟奇的な事件や不審死が起きてる。
鏡の影響が無くなったためなのかもしれない。

両親は父方の家の加護だか呪いだかわからないものが鏡を盗ませたと思っているが
今の私は叔父を疑っている。というのも叔父が現在勤めている会社は在日に乗っ取られている
企業に勤めている。叔父が彼の国のものに漏らしたのだろうと・・・

鏡の持ち主全ての家から鏡が盗まれたが、鏡の持ち主の家のなかには
私の父方の家と長らく婚姻関係が無い家もあったし、
近所の寺にあった高名な仏師が彫った仏像やその寺が預かっていた呪物が盗まれたのもその頃だった。

641 ::2010/03/05(金) 11:54:38 ID:gCLXA4Lg0
俺が高校の時ゴールデンウィークに部活の合宿に行ったときの話投下します。

毎年GWに函館近くの森っていう所の確か自然の家だかっていう
団体で泊まると安い施設に泊まって合宿の宿代を安上がりにしようとしていた。
けどそこの入館時間がとても厳しくて夜遅くまで他の高校と練習試合をしていたため
入館を拒否された。しかたなく別の宿を探すことになってコーチやら監督やらが
宿を探したがGWということもあってまったく空き室が見つからない状況だった。

最悪車内での泊まりも考えたくらいだったが民宿に電話を掛けたところ
宴会場の大広間でいいなら空きがあるということでそこに決定した。

642 ::2010/03/05(金) 11:55:27 ID:gCLXA4Lg0
民宿に到着して、おばあちゃんがわざわざ外で出迎えてくれた。
中に入ると結構ボロくてほんとにお客さんなんているのかな?っていうくらいの
ボロさだった記憶がある。自分たちの宴会場は2階にある左端と右端の大広間
だった。ここでまず間取りを説明します(うまくできるかわかんないけど)。

玄関入ってすぐ目の前に階段があって階段を上り終えたすぐ目の前にトイレ、
そして左と右に大広間だけがあるT字路みたいな感じだった。1階の間取りは
わかりません。

そして左側に生徒、右側に先生方という形になって、夜も遅かったんで
すぐに寝ろと先生方が言って自分たちは部屋に入った。雑魚寝状態で
寝ていたとき廊下でこっちに向かってくる足音が聞こえて、自分たちは
先生たちが見回りにきたと息を殺して静かにしていました。案の定自分たちの
部屋の前で立ち止まりしばらくして先生方のほうへ帰っていく足音。
しばらくしてまた見回り、見回りとだいぶしつこかった。自分たちも
話が出来る様子でもなかったので黙って寝ることにしました。


643 ::2010/03/05(金) 11:56:09 ID:gCLXA4Lg0
そして朝になって目覚めて、その民宿でごはんを食べて練習に向かいました。
そして練習場だった高校に向かうとき先生が、
「お前ら夜中俺らの部屋の前を行ったり来たりしていたけど何してた?」
っと聞かれて、寒気がした。自分たちも「先生が見回りに来ていたと思った」
と話すと見回りはしていないといいました。

あれは何だったんだろう。特に後日談は無いんだけど先生方の話では
夜中1時くらいから4時くらいまでの間ずっと行ったり来たりしていたらしい。
先生方の扉は障子張りで明らかに人だったらしい。
以上です。説明下手で特に落ちなしですが生きてて初めて本当に怖かった体験でした

644 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 11:58:14 ID:gCLXA4Lg0
すまない。638と投下がかぶってしまったOTL


645 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 11:59:17 ID:W7ZYbk7Q0
>>644
あれで終わりだから大丈夫ですよ。

646 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 12:00:30 ID:POaircCB0
ふーーーーーーーん。
誰か誘導してやれ。

647 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 12:15:56 ID:kYlL5TfoO
>>640
まとめにあるたたられ屋やごうちの話と似てる 
面白かった

648 :638:2010/03/05(金) 12:19:24 ID:W7ZYbk7Q0
幼少期の話や跡から聞かされた話から推測も含んだものだけど
もう今から20年前ぐらいにあった話。

最近すっかり忘れてたけど、韓国が2ちゃんを攻撃したおかげで思い出した。

649 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 12:24:05 ID:M27z42+C0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛
う"お"お"お"お"ぉ"ぉ"・・・

650 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 12:55:55 ID:9cDkcnupO
>>570
退魔師(笑)^^;
なんかエピソードあったら投下ヨロ

651 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 12:58:14 ID:E6IGpgok0
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)<ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U

652 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 15:28:29 ID:jdvSn5Oz0
今、近くで菅野美穂が撮影してるんだけど(窓から見えるw)
化粧が濃すぎw背はあんまり大きくないのね。

653 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 15:52:58 ID:7QJ5BnE/0
>>652
菅野さんは10年前なら可愛かった

654 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 16:34:20 ID:POaircCB0
イグアナの女だっけか?>>653

655 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 16:59:17 ID:V/nPpB5C0
娘じゃなかったっけ
なつかしいなー

656 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 17:37:24 ID:FYakuxXG0
最近、死ぬほど洒落にならない怖い話にはまり寝る前によく
モバイル板のまとめを読んでいます。

それで先日もいつものごとく携帯ポチポチしながらモバイル版の
師匠シリーズを読んでいたのですが、いい感じで眠たくなって
きたので続きは明日にしようと思い途中まで読んでいた「10円」
を読み終えてから眠ることにしました。で、また明日続きから読む
ために次の話のタイトルだけチェックしとこうと思い「次の話」
をポチッと押すとそのタイトルは「8割3分・・・」(・・・の
部分にも文字があったのですが眠かったためはっきりと覚えてい
ません。申し訳ないです。) じゃあ明日は8割何たらから読んだら
いいんだなと思いその日は眠りにつきました。

で翌日、昨日の続きを読もうと思い師匠シリーズの一覧を見てみたの
ですがどこにも「8割3分・・・」が見当たりません。しかも「10円」
の次の話は「図書館」。あれっと思い一応「10円」の話に入り「次の
話」を押してみたのですがとんだ先はやっぱり「図書館」。何だこれ
と思い何回も試してみたのですがやっぱり何回やっても「図書館」。
でもまさかいくら眠かったとはいえ「図書館」と「8割3分・・・」を
見間違えるはずはないですし・・・

見ているサイトが見ているサイトだけに何だかきつねにつままれたよう
な気分です。どなたか原因をご存知の方か同じ現象にあった方おられま
せんか? それとも単なるバグか何かでしょうか? それにしても
「8割3分・・・」の話が気になる・・・


657 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 17:48:04 ID:DGnnw80FO
さっきオフィス内の天井から生きたカニが降ってきた。
大きさ20センチぐらいなのでワタリガニだと思う。
カニは逃げ回り当然社内騒然、女子社員悲鳴。
何故か課長が「生きてるから食べる」と言って袋詰めにし、社内冷蔵庫に入れた。
さっき見たらカニが袋から消えていた。袋の結び目をほどいた形跡もなし。
また社内騒然…。
社員ほぼ全員が経験した怖い話だった。

658 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 17:48:44 ID:DGnnw80FO
さっきオフィス内の天井から生きたカニが降ってきた。
大きさ20センチぐらいなのでワタリガニだと思う。
カニは逃げ回り当然社内騒然、女子社員悲鳴。
何故か課長が「生きてるから食べる」と言って袋詰めにし、社内冷蔵庫に入れた。
さっき見たらカニが袋から消えていた。袋の結び目をほどいた形跡もなし。
また社内騒然…。
社員ほぼ全員が経験した怖い話だった。
ちなみにオフィスは品川の街中です。

659 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 17:50:25 ID:y4k1AvUs0
エスパー伊藤に食われたんだな

660 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 17:58:41 ID:Yqbaab7a0
>>658
おお、時空をワタリガニ!

661 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 18:11:56 ID:POaircCB0
ワタリガニすげーな…

662 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 18:23:37 ID:POaircCB0
カニといえば平家駕だな。

663 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 18:58:28 ID:zGZ7E47/0
>>658
荒らし行為をして満足ですか?

664 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 20:17:26 ID:Vjea1KVe0
最近番号振るだけの馬鹿が多くないか?
分割するなら○/×とかににしないと何時まで続くかわからん。




まあ、長かったら後のレスを参考に読むか決めてるけど。


665 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 20:56:21 ID:rzNI39K20
じゃぁここまで読むべき話なし

666 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 21:11:02 ID:xcfsP5XZ0
>>656

10円
ttp://syarecowa.moo.jp/156/34.html

8割3分二里の家系
ttp://syarecowa.moo.jp/156/37.html



667 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 21:39:33 ID:DGnnw80FO
>>663
もしかして同じ会社の社員?
木村の慌てぶりは凄かった、デスクの下にカニが入ったと泣いてたwww

668 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:07:21 ID:X6RHsAFB0
まとめサイト見てて思ったけど
怖い話に出てくる奴らには「リア充」が多いな。
稲川の話に出てくる奴らもそうだ。
オカルト好きは彼氏彼女がいる率が高いのか?
それともこれが普通なのか?
だったら、大学の寮で友達皆無で2ch見てる自分は
本当に悲惨だな。身長が164センチしか無いせいか?
服は新宿の有名百貨店で店員に選んでもらってて今では自分で買ってる。
髪は大学の奴も結構行ってる美容室の店長に切ってもらってる。
昔はダサいメガネをかけていたが今はコンタクトにした。
大学は一橋だからそんなに悪くない。英検1級持ってる。そんなに馬鹿だとも
思えない。女の知り合いが今までずっと皆無なのは、やはり背が低いせいか
とにかく、他の板の奴と比べて、オカルト板の奴らは案外まともな
社会生活を送っている奴が多い。ニートも少ない気がする。
オカルトという軽い話題だからか。

669 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:16:18 ID:tl0p4g9d0
>>667
カニくらいで泣くなよ木村...

670 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:18:16 ID:tl0p4g9d0
>>668
身長160台でも友達も彼女もいるやつはたくさんいる、疑うべきは性格だなw

671 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:22:29 ID:kYlL5TfoO
>>668
身長161で東大という君より少し下のスペックだけど4年間彼女できなかったよ 

オカルト的には来世にかける

672 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:24:09 ID:Q5uLpf+HO
三年前に経験した話です。

当時、私は悩みの組織に掛け金を預け、あなたを土佐湾にてファイアー!
かなり大量の指図がとつとつと振り込まれ、凹凸だったあなたが伝え言うには
「無資格の企画課が憎く、聞き方にも頭に来たから生野屋にふらりとでかけ、弱みを握られたらつくし野へ。
そしたらその夜を最後に夢千代を泣かせ金貸しに出会わせた」と。

私には、このときの彼の気持ちが痛いほどわかりました。
だって、あのとき私はかなり夜泣きしていてサハラの余熱に頭ごなしに怒ったから。
今でも母には気兼ねして、部屋にユニチカの記念を飾って夜景相手にキスしています。

673 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:27:06 ID:kYlL5TfoO
>>668
でも163以上の女の子は少ないから君は彼女できると思う 

161〜163はかなりいるから、161の俺はつらかったけど

674 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:27:41 ID:y4k1AvUs0
>>668
自虐的なふりして実は周りを見下しているってのが透けてみえるからだと思うよ
客観的に自分を見てみなよ、友人や彼女になりたいと思うか?

675 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 22:51:25 ID:3FKav4rv0
ものすごく「つまらないオーラ」が出てる
もっと言えば軽い怨みのようなものすら感じる
誰もそんなやつと一緒に居たくない

もっと単純に楽しいと思うことするといいよ

676 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 23:12:58 ID:Kdj1YttH0
>>671>>668

身長は174だが体重は三桁超えてる巨デブ
で地底医学部
まあ黙ってても女の方から寄ってくるとまでは
いかないが、普通に恋愛はしてきてるぞ
大学入ってからは女切らしてない

体型とかじゃないと思う
しかも、恐らく地方の帝大医学部より東京の
東大なり一橋なりの方が知名度もあるし女受けの
点では上だろ。
俺よりよっぽど有利だと思うんだけど。

あと女を口説く上で頭の回転早いってのは
絶対的に有利だと思うけど
これも君らレベルなら問題無いだろうに
勿体無い

677 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 23:31:46 ID:kYlL5TfoO
>>676
多分清潔感のあるデブなんだろうね 

体型とかじゃないっていうのにはある程度同意するけど、
チビとデブは将来性、男性性って観点から見ると別ものだよ 


とりあえずスレチだからもう消える




678 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 23:42:10 ID:3dy6NAKV0
>>677
この世から消えろ!
首でも吊って死ねよ日本猿メ

679 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:10:50 ID:BmKQKyAR0
>>673
私165だけど、確かに友達以上恋人未満になった同じ位の背の人に「お前のことが好きだけど自分より背の高い人とは
自分が惨めになるから付き合えない、距離を置きたい」って突然告白されたことあるわ
驚いたのと悲しかった

680 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:13:51 ID:E60x3oeoO
なにこのスレチども

681 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:17:06 ID:o5GeTxMW0
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|   あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|    『俺は洒落コワスレを開いた
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ     と思ったら自分語りスレになっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      な… 何を言っているのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ     おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ     頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    ロザリーだとか 国母だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ     もっと恐ろしい「スイーツ」の片鱗を味わったぜ…

682 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:25:21 ID:lNK34wVm0
怖い話書こうぜ

683 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:29:54 ID:lNK34wVm0
>>681
ローザリとか国母とかかわいいもんだよなwww

684 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:31:25 ID:SwCXRt/YO
なにこの臭い空気。死ねよ

685 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:40:15 ID:lNK34wVm0
お前が死ねハゲ

686 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:47:46 ID:E60x3oeoO
>>682-683
自作乙。
ていうかロザーリkwsk

687 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:48:36 ID:SwCXRt/YO
>>685 プッw歯磨きしろよwwクセエから。
死ねゴミ

688 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:49:29 ID:o5GeTxMW0
自作…?
自演じゃなくてただの連投にしか見えないけど

689 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:53:30 ID:J7IBTYqR0
>>688
自作とかわけわかめなこと書くようなバカは無視でおk

690 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:53:49 ID:lNK34wVm0
>>687
m9(^Д^)プギャー

691 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:54:32 ID:lNK34wVm0
>>689
お前が自演だろカスwwwwwwwwwww

692 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:55:45 ID:J7IBTYqR0
>>691
vip帰れよ

693 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:56:30 ID:SwCXRt/YO
>>690 マスクするか、自殺するか、どっちかにしろ

694 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:56:37 ID:lNK34wVm0
>>692
このスレが好きなんです

695 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:57:18 ID:lNK34wVm0
>>693
もううるさいよ
寝ろよ電話

696 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:57:40 ID:J7IBTYqR0
>>694
じゃあ荒らさずにマターリ怖い話待ってようぜ

697 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 00:58:56 ID:lNK34wVm0
>>696
せやな

698 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 01:32:33 ID:oSq+n7jg0
なんで日変わって一時間も経ってないのにもう真っ赤になってんだよ

699 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 01:32:52 ID:dCk6inz/0
変なの沸いてるな

700 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 01:43:48 ID:HuhjNVIy0
ああああああああああああああああああっッッッッッ!!!!みんな仲良くシテ−−−−−−−−−!!!!

701 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 03:17:46 ID:dNzPCoHlO
>>700
ヲナニしながらかくな

702 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 03:26:29 ID:/NQeubTK0
>>668
身長180超えで見た目も中堅以上はあり、友人にも恋愛にも恵まれてる

でもニートです

703 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 03:59:35 ID:Sza5LASp0
洒落怖でみんなマジになるか・・・

704 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 04:17:16 ID:CzrEiBBB0
>>637
誘導どうも。
次回からそっちでやります。

705 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 05:28:12 ID:BKtbenmxO
>>656です

>>666
ありがとうございます!「8割3分二里の家系」は師匠シリーズではなかったのですね。

それにしても何で「10円」の「次の話」から急に「8割3分二里の家系」にとんだんだろう?やっぱりバグですかね

すいません、スレチですね。もう消えます。ありがとうございました!

706 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 05:58:13 ID:ynNDr+Zs0
>>705
ttp://syarecowa.moo.jp/
ここのメニューのPart156開いてみ

707 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 06:05:10 ID:CBcQkIpx0
>>637>>704
こうして数少ない読めるものはこのスレから失くなり、糞スレ度を増していくのか。
携帯小説、ラノベね、この1年それすらクリアしてない作品の方が多いというのに残念。

708 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 09:14:29 ID:yFx8eF7tO
>>668
非リアに対しては幽霊がうらめしく思わないから出てこない。

709 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 09:18:49 ID:L3idpd880
リア充・・・リア充・・・
リア充の手前ぇええええっ!!

710 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 09:35:49 ID:poQ/gOG90
リアぁの手前ぇえええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!1

711 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 09:57:12 ID:iODYMh3eO
病院勤務なのですが。
度々何の身分証も持たない事故死体(大多数が幼児。又は事故で携帯が壊れて身分証とならない)が運ばれてくる。
結局正体が判明しないまま無縁仏に入れられる。
家族も捜索してるであろうが身分証を携帯しないが為に。
何故か怖い。

712 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 10:47:50 ID:xKQkGSrY0
ここはお前のメモ帳じゃありません

713 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 11:00:02 ID:a6NFRJQK0
自分、事故にあったときに加害者に身分証隠された。
理由は「身元不明だったら賠償金少なくて済む」
ただ、瀕死だったががっつり生き残ってしまったのと、いつも使う
通勤径路で事故にあったから、証言からすぐ自分の身元分かって結局ムダだったが。
その後、加害者の親&警察が「まだ子供のやることだから」「動転してて」で(加害者19才だった)
なあなあで済ませようとした。
断ったら、半ば脅迫になった。警察は「アンタが意地悪。意固地になりすぎ」でスルー。
そのうち、病院側からも転院してくれないかと言われた。
(毎日毎日加害者家族や警察が病室にきたから)
誰も助けてくれないわ、傷は残るわで自分きれた。

オカルト板にふさわしい結論。穴二つと言われようが、効きました。
藁人形は現物のほうがインパクトあったみたいだけど。

714 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 11:18:06 ID:JDwy6wPr0
>>713
gj
相手が呪われるに相応しくて自分に罪悪感が無かったなら、
穴は一つで済むんじゃないかな。
そして相手がどうなったか詳しく知りたい。

715 :711:2010/03/06(土) 13:31:30 ID:iODYMh3eO
>>713
ちょいショックだな…

716 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 13:47:52 ID:BHAraUcC0
たった今ちょっと気持ち悪いことがあったので投下。

キッチンに立って料理作ってたんです。
そしたら足にスリスリと感触があった。
うちではタマ(猫・仮名)を飼っているので
「お前のご飯を作ってるんじゃないよ」などと思いながら特に気にもせず
ふとリビングに目をやると、足元でスリスリしてるはずのタマが
尻尾を限界まで太くしてこっちを見てるんです。

うそだろ、、、と思って恐る恐る足元を見ると、、、タマなんです。

え??????と思ってリビングをもう一度見たら
尻尾を太くしてるタマはいませんでした。
相変わらず足元でスリスリしててゴロゴロ言ってました。
リビングで尻尾を太くしてたタマは生霊だったんでしょうか?



ちなみに、関係ないとは思いますが3日連続でほぼ徹夜状態です。

717 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 13:50:41 ID:lNK34wVm0
>>716

こわかったです

718 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:07:05 ID:5CeG3/D70
うはwwwwwwww鯖落ち後始めてきたらwwwwwスレすごい進んでたおkwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

719 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:41:33 ID:G6wzUrNr0
俺には中学のころからの付き合いの親友がいる。
大学も同じところに進学し、会社も同じところに入った。
女の取り合いをしたこともあった。
結局、会社で開かれるタイピングコンテストでいい成績をとったほうが
いい成績をとったほうが彼女に告白するということになり
彼女は親友の妻となった。
彼女の名前を京子(仮名)とする。

ある日、親友と飲みに行くと親友はある都市伝説を話し始めた。
「透明人間になる服」なるものが若者の間で流行してるらしい。
なんでも、その服(ジャケット、帽子、靴、手袋)をはめると
その人の存在自体がこの世から抹消されるらしい。
つまり、従来の姿が消えるというのとは少し違った「透明人間」というわけだ。
存在が消えるからだれも事件性には気付かないというわけだ。
馬鹿な都市伝説をつまみに酒を飲み進めたせいですっかり俺たちは
酔いが回ってしまった。
千鳥足になりながら、街灯もまばらな夜道をふらふら歩いていると
道の真ん中に手袋が落ちていた。
手袋は左手のもので薬指の部分がちぎれたのかなくなっていた。
親友はよせばいいのに「中身はいってたりして」と笑いながら
手袋をつまみあげた。
そこには…

720 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:42:41 ID:G6wzUrNr0
中身は当然、入ってなかった。
つまり普通の手袋だ。
「つまんねぇな」などとぼやきながら
親友はその手袋を手に付けた。
「おい、やめろよ。犬の糞でもついてるかも知れんぞ」と俺は
とめたが、親友は耳を貸さなかった。
「んー、ぴったりじゃん」
嬉しそうに言う親友の手袋をはめた手をみて俺は驚いた。
左手の薬指が消えていた。
「お前、指が!」と俺があわてて言うと
親友は不思議そうな顔で「指がどうした?」と聞き返してきた。
すっかり酔いがさめた俺はしどろもどろになりながら指が消滅してることを
親友に説明した。すると
「なにいってんだ?俺はもともと左手の薬指はなかったぞ」と言い放った。
「じゃあ結婚指輪はどうしたんだ?」と聞くと
「俺は独身だ」などとのたまった。
いくら冗談でも京子とのことをなかったことにする親友の不謹慎な態度に
俺は少しムッとした。だが、それ以上にさっきまで顔を赤らめて
気分良く話してた親友の顔が曇っていた。
「お前、京子ちゃんのことをそういう風に言うのはよくないぞ」と俺が言うと
「京子はお前の妻だろ!」と吐き捨てて夜道を去って行った。
俺は親友の頭がおかしくなったんじゃないかと心配になりつつそのまま帰宅した。


721 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:43:27 ID:G6wzUrNr0
家につくと、京子が中で待ち構えていた。
親友にはいつでも自宅に入れるように合鍵を渡していたのでさして驚かなかった。
それより、俺は身構えた。京子が親友の様子がおかしくなったことを
俺に問いただしに来たと思ったからだ。
「京子ちゃん実は…」
「あなた、晩御飯は冷蔵庫の中に入ってるから」
「?」
京子はそのまま寝室に寝に行こうとしていた。
俺はあわてて京子を呼び止めた。
「ちょ、ちょっとまってくれ。なにやってるんだ?」
「なにって?」
不思議がる京子に俺は親友の調子がおかしいことを話した。
「そのことで来たんじゃないのか?」
「なんで私が親友さんのことで?それに来たってどういうこと」
京子は心配そうな目でこっちを見てきた。
そして、アルバムを取り出すと俺たちが夫婦であると証明するかのように
たくさんの写真を見せた。確かにそこには俺と京子が写ってる。
だが、そんな写真に見覚えはなかった。
京子は不安がっていたが、親友の妻と一緒に寝るわけにもいかなく
俺はその日はソファーで寝ることにした。

722 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:45:02 ID:G6wzUrNr0
朝、起きると京子はいなくなっていた。
すべて夢だったと思いたかったが家具などが明らかに
一人暮らしのそれではなかった。
出社すると、親友がばつの悪そうな顔で話しかけてきた。
「ドッキリ大成功」とか「実は夫婦げんかして一芝居打った」とか
ネタばらしをしてくるものだと思っていたら
「今朝、京子ちゃんと話したんだが、お前、昨日のあれ
本気で言ってたのか?」と逆に問いただしてきた。
手袋を脱いだ今でも親友の左手の指は四本しかなかった。
親友は遠まわしに精神病院や心療内科にかかることを薦めてきた。
俺は拒否した。会社のみんなや同級生の誰に聞いても俺と京子が
結婚していることが正史になっているようだった。
精神病院にぶち込まれたくない俺は、すべて思い出したふりをして
今も京子と生活してる。一体どうしたものか…


723 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:56:41 ID:8w5xQHzw0
週刊ストーリーランドみたいな話だなw

724 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 14:57:52 ID:/NQeubTK0
>>719
存在そのものが消えるのなら元々何処から噂が広がったんだろうね
消えたものすべてが「なかった」ことになるんなら「こんなことがあった」と噂になるはずないのに

まあその一点以外は面白かったw

725 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 15:19:22 ID:mdgxKds/0
>>724 ミクシィ昨日からはじめたんだけど、招待状が必要だったときって
どういうふうに始まったのか?っていうのとおんなじだね。

まあその一点以外は面白かったw


726 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 15:30:25 ID:rjMv/13fO
719より以前に
719みたいな体験をした奴がいるとすれば

おかしい話ではないと思うけど

727 :713:2010/03/06(土) 15:45:12 ID:a6NFRJQK0
ごめん、寝おちしてた。
結論から言うと、加害者一家は加害者本人しか生き残ってない。
示談後数年して、加害者父が病気で入院。で、その見舞いに行く途中で加害者母が事故死。
父も、入院原因の病は治りかけてたものの、結局亡くなった。
こっちの訴えを無視してた警察の人間、主要な面々は四人だったんだが、
全員警察は辞め、その後一人が自殺、一人が事故死。
残る二人も病気で、通院と薬が欠かせない状態だとか。
生きてる二人からは猛烈にお詫びされたけど、別にもうどうでもいいですと言ったら泣かれた。

自分はこの事故で、片方の腕ととある臓器をやられたんだが、
死んだ人間のほとんどが必ずどちらかが原因で死んでる。
事故死した二人は、自分とまったく同じような状態で死んだと聞いた。

加害者は(自分達にまで呪われると思ったのか)実の祖父母からも親戚からも縁切りされ、
ええとこのお坊っちゃんだったのに、今はアパートでほぼニート。
この不況で仕送りも無くなり、遺産関係もほぼ無いと言ってた。
昨年暮れにばったり会った時「おまえが死んどきゃよかったんだ!」
って怒鳴られたから、反省はしてないっぽいが。


728 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 16:30:00 ID:gXE7J2lTO
>>727 意固地になりすぎとか警察がそんな事いわねーよ。本人と加害者と保険屋の話しだ。
つまんね、呪いで世界制覇しろ。

729 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 16:53:05 ID:LymlObXMO
>>728
警察はそれくらい言うよ
私も調書取るとき騙されて相手が悪いのに私が悪いことにされたし
やつらは色々忙しいから意外に大した事件じゃなきゃ適当なんだよ

730 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 16:53:55 ID:UjAwUmuE0
登山・キャンプ板より転載

18 名前:底名無し沼さん 投稿日:2010/02/10(水) 07:44:16
昔、バイクで行った秋田の山奥の有料道路(現在は無料)での事だが、
料金所で金を払おうとして止まり、係員に声かけようとしたら、
いきなり料金所の戸を勢いよく閉められたんだよw。
係員がしきりに俺の後ろを指差し「行け!行け!」ってww
みたら5m後ろに親子連れの熊w

エンストするし係員は入れてくれないしw死んだとおもったねw

731 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 16:59:29 ID:gXE7J2lTO
>>729
示談にしたんだろ?示談にするのに首突っ込むか。
警察はそう言う事言えない様になってんだよ。
例外だ、情が入って喋っただけだ。

732 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:03:43 ID:gXE7J2lTO
>>729 あんたの事故の話しじゃないからな。
あんたの事故のどっちが悪い、4対6で負けとかは保険屋が決めんだよ。

両方走ってた事故に10対0はないからな。人身は別だからな。
もう消える、さいなら。

733 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:16:47 ID:mXXbEjgZ0
>>727
警察もまとめて呪ったのですか?
というか呪ったのを加害者も警察も知ってるとか
そんな感じですが
そうなのですか?

734 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:20:34 ID:poQ/gOG90
俺通勤途中に跳ねられてそのままひき逃げされたら呪ってやるとこだった。
道路で大概突っ込んで来るのは灰色の車だから、運悪くその乗用車に引かれたときはナンバープレートを忘れないようにしてた…


735 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:21:38 ID:HRpP0cYE0
>>727
交通事故に限らず、何故か加害者より被害者が冷遇される事って多いよね…
どれだけ相手が悪くても、呪ってしまえば、死後にそのツケを払わされる……せめて、生きてる間だけは少しでも幸せになれるといいね

736 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:23:51 ID:oadt5xGl0
>>729
それ、よくわかるよ
なんか面倒を避けたいって感じで被害者をないがしろにするよな

737 :713:2010/03/06(土) 17:29:17 ID:a6NFRJQK0
別に警察は呪ってない。つーか、呪おうとも別に思ってなかった。
入院中体が動かないわ周りはうるさいわで、ただひたすらこんちくしょうと思ってただけ。
藁人形も自分が送った事になってるけど、加害者母が持ってきたのを突っ返しただけ。
でも結果こうなって、自分が呪ったと思われてる。別にどうでもいいけどね。


>728>730 同じやつだと思うけど。
じゃあ試してみよう。次はあんただ。

738 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:31:11 ID:mXXbEjgZ0
加害者母が藁人形を持ってきた?

739 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:33:09 ID:c9J5WD0q0
>>738
それぐらい言わんとしてることを理解したれw

740 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:47:09 ID:ga9N2JrTP
なんだ糖質か

741 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:48:30 ID:mXXbEjgZ0
>>739
わからないんですがね

742 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 17:57:32 ID:PObeSXol0
加害者宅に藁人形が送られてきた
→加害者の母は被害者が送ったと思い病院へ
→被害者には心当たりが無く付き返した

じゃないか?

743 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 18:10:27 ID:JDwy6wPr0
>>737
詳細サンクス
警察はちょっととばっちり…だったのかな?
とりあえず、あんたは健康でいられるといいな。

俺も憎いあの糞野郎に不幸の手紙でも送ってやろうかな

744 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 18:17:13 ID:3abGn6sM0
呪うんだったら周りに知らしめる形でやらんとね

745 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 18:35:28 ID:xxSC1ngC0
>>737
もしかしたら、その加害者は親の知らないトコで似たような事故を起こしてたか何かで他にも恨みを買ってたのかも知れないね
たまたま713の事故で加害者周辺が騒がしくなったドサクサに紛れて、その誰かが藁人形を送りつけたとか……複数の恨みを背負った藁人形なら、かなり強力かも…

746 :國母ファンクラブ ◆fKSMCqNouQ :2010/03/06(土) 18:50:34 ID:lNK34wVm0
わけわからん
みんな死ね

747 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 20:03:10 ID:kmtcnPse0
実際あった話なんだけど、今思うとちょっと怖い。

小学校高学年ぐらいのとき、クラスの仲がいいコ達で「こっくりさん」がはやった。
休み時間になるとトイレでこっそり集まっていつもこっくりさんをやってて、特に問題もなかった。
私はちょっと冷めてて、きっと誰かが動かしてるんだろうな。
ぐらいにしか思ってなかった。
けど、ある日。
「こっくりさんお帰りください」といくら言ってもずっとNOのところに止まってしまって動かなかった。
きっと怖がらせようと友達の誰かがふざけてるんだろうと思っていたけど、
休み時間が終わっても、ずっといくら言ってもNOに止まって。
そのうち、紙の上をぐるぐる回ってシ ネ 、とかコ ロ スと文字に順に止まったりして
さすがに怖くなって来た。
「どうしたら、帰ってくれますか?」と聞くと、
○○ノハカマイリニイケ
と止まった。(○○には名前が入ります、ここでは伏せさせていただきます。)
「みんなで、お参りに行くのでお帰りください。」
と言うとやっとYESに止まった。みんな手を離してその日先生にそのことを話した。
先生は、もうやっては駄目だよ。といっていた。
それでももやもやが取れなくって、
一応、近くのお寺に行ってその名前のお墓を探したら。
墓地の端のほうに、忘れられたようにその名前のお墓があった。
そこで、手を合わせてその日は帰って。それからこっくりさんはやってない。

今日、久しぶりにその時いた友達に会って、こっくりさんの話になった。
んで、「あの時10円玉を動かしてたのこっくりさんじゃなく、なにか別のモノだったんだね。」
と言われた。

鳥肌がたったし洒落にならなかったので、燃焼のためにうp。

748 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 20:09:07 ID:/NQeubTK0
>>747
きっと墓の主が寂しかっただけだよ、うん。
死人だってやっぱり人間なわけだし、誰にも思い出してもらえない誰も参りに来てくれないだと、ひねくれるのかもしれないw

749 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 23:45:01 ID:bnFgsyWt0
つまらんよ!
次!

750 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 23:48:11 ID:wasdTnho0
【社会】10年前の首吊り自殺は殺人事件?夫を自殺に見せかけて殺した妻ら5人を逮捕 保険金目的か 宮城
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267647348/l50

これの知人の話が怖い

751 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 23:49:34 ID:rjMv/13fO
>>747
乙です。楽しく読ませていただきました。

752 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 23:55:29 ID:FLzC3zLh0
書き出しに、1とかあったり
1/11
とかあるともううんざり 読む気しねー

753 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:26:57 ID:0F7qip9v0
暗号文を解いて下さい。
ヒント:孤独の数を探れ

(本文)
港の西
須磨の村の手前で
来門を夜に告げよ
鴉が啼く本殿から
祠は二度開き
詠み人をいざなう

754 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:30:45 ID:0ieHuAXG0
>>753
2!! 簡単(^_^)v

755 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:31:54 ID:WefKlyVN0
>>749
つまらんとかいうならアンタがなんか書いてみろよ!!


756 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:37:20 ID:ngvl+Wqq0
>>752
オレはワクワクするけどなー

757 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:38:16 ID:S6I5vmqy0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛♪

758 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:43:14 ID:m0u9/yvz0
つまらないなら読まなきゃいいじゃない

759 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:47:05 ID:0F7qip9v0
>>754
暗号を解いて下さい

760 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 00:48:15 ID:DcOvwf3R0
ちゅまんね〜〜〜〜〜
こ・こ・は・死ぬ程洒落にならない話を集めるスレだぜ。
>>747みたいな寝言はマジで勘弁wwww
次〜〜〜〜

761 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 01:37:21 ID:0F7qip9v0
誰かトライした?
>>753

762 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 01:38:35 ID:pfR/oskh0
スレチだからスルー

763 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 01:42:39 ID:0F7qip9v0
>>762
どこが適切?

764 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 02:11:44 ID:hSvZ2ElHP
クイズ板にでも持ってけよ。

765 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 02:12:39 ID:XWPGNO5p0
>>759
孤独の数字 文章中の数字は二だけだから>754は2と答えた。
違う答えなら、分らないようにヒントを出すとかしろよ無能。

766 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 03:08:40 ID:WefKlyVN0
スレチだからよそいけっていってんだろー

767 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 03:42:38 ID:n3LGvyW30
素数抜いてキーボード。

768 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 05:18:08 ID:BDGQUCY5O
スレチを無視して怖い話をさくさく投下することは出来ないのか…。

769 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 05:22:19 ID:LSMvVEAq0
なぁ怖くなってきたから皆で連れション逝かないか?

770 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 05:27:28 ID:BDGQUCY5O
>>769
下げろよ
それともわざと?

771 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 05:41:55 ID:IhwfNf3n0
bvv hmvmjnhbvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv


772 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 05:47:38 ID:LSMvVEAq0
>>770
わざとじゃねーよ

くそが、一人でびくびくしながら逝ってきたよ

773 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:30:01 ID:XwqLnpov0
これは自分が中学生の時に通っていた塾の先生が体験した話です。


話を聞いたの自体かなり前なのであやふやですがそこは補完しながら書きます。
その先生はよくそういう話をしてくれていたので他に聞いたことある人が
過去に書いているかもしれませんが・・・。

先生が高校3年生の受験まっしぐらな時期、受験勉強につかれたためか友達と遊ぼう
ということになり待ち合わせしたそうです。
その待ち合わせには当時(多分17,8年前)話題だった時計の前にしたそうです。
その時計はたしか東京の結構街中にあるもので1時間ごとに時報として
音楽がかかり人形が出てくるような割と在り来りなものだったそうですが、
大掛かりだったのか珍しかったようです。

774 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:30:56 ID:XwqLnpov0
待ち合わせ時間は4時だったのですが先生はその時計を物珍しさ
(3時のが派手だったのかな?)なのか3時の時報
を見るために3時前に待ち合わせ場所に行ったそうです。
当然友人はまだ出来ていませんでした。
そうして3時になり時報を人形たちが知らせるのを先生はぼーっと「あぁ面白いな」
と思いながら何の気なしに眺めていたそうです。
その時報がどれくらいの間かは知りませんがそうして眺めていて人形が引っ込んだ瞬間
「あれ?お前いつからいたの?」
いつ来たのか真横いる待ち合わせ相手の友人に話しかけられたのです。
「今来たばっかだよ、時計見に早めに来たんだけどお前も見に来たの?待ち合わせ4時だろ?」
「は?今5時だけど・・・。」

775 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:31:51 ID:XwqLnpov0
先生はそこで初めて異変に気づいたそうです。
時計を見直すとたった今3時になったと思った時計は5時を示し、
明らかに空は3時のそれとは違い夕方の物でした。
友人の話を聞くと、友人は待ち合わせ時間の4時前に到着し先生を待っていた。
その時確実に先生の姿はなかった。やがて4時の時報が終わり、時間が過ぎても先生はこない。
いつまでたっても先生はやってこず、「仕方ないから5時の時報を見て帰るか」
と思ったらいつの間にか隣に先生が来てた。
しかも30cmもない至近距離で・・・。

先生はというと、先生は絶対に時間を間違えてないという、
そもそも時報を見るために時計を見ていたので間違ようがない。
それに4時から5時のあいだに先生が友人のとなり30cmほどに来ていたとしても
そんな至近距離ならお互い確実に気づく。


つまり先生は3時から5時の2時間タイムスリップしたと、そういう事でした。
不思議なこともあるもんだと思っていたそうですが、
先生はその後事の重大さに気づき相当恐怖したそうです。

本当に死ぬほど洒落にならないと思ったのは、



「もしこの現象が入試本番に起きたら・・・」

776 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:36:58 ID:XwqLnpov0
今はその時計はもう無く、原因も当然ながら謎。
しかし本人は絶対に事実だ!と言い張っていました。
しかしその先生はやたらと面白い事や怖い事にあっているらしく
よくそういう話をしてくれたので
作り話だったのかなという気がしないでも無いです・・・。

ちなみに入試本番にそんなことは当然起こらず、
ちゃんと合格したそうです。
しかし実際入試でそんな時間が吹っ飛ぶなんてことあったら即死ものですね・・・。
以上これで終わりです。

777 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:43:18 ID:tzlxLcaxO
これは友人から聞いた、実際にあった話です。


「次に生まれて来る時は男に。女でもいいけど美人に」

バイト仲間3人で飲んでいる席で、私は何気なくそう言った。

「男はいいよー!楽だし!生理ないし!俺はまた男に生まれたいね」

私の前に座っている宮崎君が言った。年はあたしより二つ上の22才で、イケメンだ。
ジャニーズ顔で女ウケのいい顔をしている。あたしのタイプだ。てゆーか好きだ。私はこの男に恋をしている。
なにを言おうかと考えていると、隣に座っている美紗が割って入った。

「本当だよねー。でもあたしは女で良かったかな。化粧で誤魔化せるもーん(笑)」

美紗はスタイルが良く、とても綺麗な子だ。おっぱいもたわわだ。
美紗が自分でも綺麗なことを自覚しているのを私は知ってる。宮崎君がいるから謙虚ぶっているんだろう。

「えっ、なに、美紗ってすっぴんヤバいの?」

「ヤバいよ〜!宮崎君には絶対見せられない!あたし本当ヤバいよねサチ?」

私に振ってきた。悔しいけど美紗はすっぴんも綺麗だ。否定するのをわかって私に話を振ったのがバレバレだ。


778 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:44:56 ID:tzlxLcaxO
「え〜、美紗はすっぴんでも綺麗じゃん。うらやましいよぉ」

「ないない!サチだって肌超綺麗じゃん!」

「肌だけはね…」

気まずい空気が流れた。私の悪い癖だ。すぐ卑屈になりネガティブな発言をしてしまう。
早くこの嫌な空気を、話題を変えないと…。

「あの、宮崎君ってどういう子がタイプなの?」

酔いと空気のせいで思い切ったことを聞いてしまった。答えを聞くのが怖い。でも気になる。やっぱり可愛い子がいいんだろうなぁ…

「俺?う〜ん、どうだろ。まぁ見た目は全然気にしないかな。性格的には優しくて気遣いができて嘘をつかない子がいいね。サチちゃんみたいな」

え…。今サチちゃんみたいなって言った?確かにそう聞こえた。どうしよう。なんて言おう…

「サチみたいな子がいいんだってー!やったじゃん!サチも宮崎君のこと好きなんだもんね!」

美紗が悪酔いして言ってしまった。私がずっと言いたくて、ずっと言えなかったことを。


779 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:46:29 ID:tzlxLcaxO
でもこれは告白するチャンスだ。このチャンスを逃したらもう告白出来ない気がする。私は覚悟を決めて、想いを告げた。

「うん。私、宮崎君のこと初めて見た時からずっと好きだったんだよ。一目惚れだったの。宮崎君のこと知れば知る程どんどん好きになっていった。
私可愛くないし、ドジだし、バカな子だけど、宮崎君のことを想う気持ちは誰にも負けないよ。
こんな私で良ければ付き合って貰えませんか?」

あれだけずっと言えなかった想いが、素直に、自然に口に出来たことにびっくりした。


780 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:51:46 ID:1Ta/xvoA0
俺が中3のときの話
クラスにちょっと気ぃ強い感じの女子がいた
なんかちょっとその子変わっててさ、放課後いつも教室でノートになんか絵を描いてるんだよな
チラ見しようとするといつも閉じちゃうから中身を見た奴はいなかった
で、なんとなく俺は中を見たいと思って、彼女がどっか行ってる間に覗き見しちゃおうとした訳
でもいつも彼女がいなくならなかったり他のクラスメイトがいたりで失敗してた


781 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:53:02 ID:1Ta/xvoA0
それでしばらくしてから、放課後教室にいるのは俺と彼女だけってシチュになった
で、彼女がトイレかなんかで席を離した隙に見ることに成功した。
たかが落書きノートなのに、席を離すときにはしっかり机の中にしまっててさ
その時点でおかしいと思うべきだったんだよな
学級日誌に可愛い動物の絵とか載せてたから、多分そんな感じのなんだろうと思ってたよ

絶句した。


782 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:53:08 ID:tzlxLcaxO
言っちゃった。もう怖くない。振られたとしても後悔はない。

「サチちゃん…。それ、本気で言ってるの?」

「本気だよ。酔ってなんかないよ。私は本気」

「糞きめえ(笑)キモすぎるよサッちゃん!俺が好き?はん(笑)笑わせんなブス!レベル考えろっつーの!
俺と釣り合うわけねーじゃん!ねぇ、鏡見たことある?お願い鏡ガン見して!

783 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:54:01 ID:1Ta/xvoA0
最初から最後まで、女の子がひたすら虐待される絵で一杯だった。台詞は一切無し
女の子はみんな同じ子。でも見た目的に彼女ではない
猿轡されてモゴモゴ泣き叫んでる(っぽく見える)のが痛々しかった
集団レイプされたり吊り下げられたり針を何百本も身体に刺されたり…
男子中学生だった俺が見ても性欲より吐き気がこみ上げるくらい酷かった


784 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:54:07 ID:tzlxLcaxO
まぁ実際ブスではねーよ!でも可愛くもねえ!セックスならしてやるって感じ?彼女にはしたくねーな!セフレならいいけどよ!
つーか見た目気にしないとかあれ嘘だから!なに真に受けてんだよゴミ(笑)恥ずかしい女だなおい!恋するのは勝手だけど想いを口にするなっての!
お前みたいな女に好かれて誰が喜ぶよ?うぜーだけきめーだけ!てかお前恋したって無駄だぜ?
誰も本気で相手しねーって!男に好きとか言われても信じんなよ!どーせ捨てられんから!お前ごときの女は踏み台にされんのがオチ!あー腹痛え(笑)
今一度言っていい?男からすりゃセックスはしてやるけど彼女にはしたくない程度の女なの君は!
美人になったら考えてやってもいいわ!」

785 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:55:14 ID:1Ta/xvoA0
呆然としながらパラパラめくってくと、女の子がぐったりして動かなくなった絵があった
さらにめくると、女の子が包丁で解体されていくシーンが数ページ続いた
気持ち悪くなったけど、好奇心でもう一枚ページをめくってみた
バラバラの手足と、煮えたぎった鍋…
それで次にどうなるか判ったよ。慌てて彼女の机の中にノートを戻した
その直後に彼女が戻ってきた。間一髪だった


786 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:55:56 ID:1Ta/xvoA0
それからは、彼女にはあんまり近づかないようにした
別に彼女からも何も言われなかったし
わだかまりみたいなものはあったけど無事彼女とのトラブルもなく卒業した

だけど、ひとつ気になることがある
ホントにあの時、俺がノート読んだとこは見られてなかったのか?
彼女があんなにジャストタイミングで戻ってきたのはホントに偶然だったのか?

もうすぐ中学の同窓会がある。彼女に会うのが怖い

787 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 06:55:56 ID:tzlxLcaxO
私は頭が混乱した。まだ頭の整理ができないうちに美紗が言った。

「サチ…。ポジティブに考えよ?綺麗になればチャンスあるってことだよ!
あっ、でも無理か(笑)素材が悪いもんね。
どれだけ努力しても整形しても美人になれないんじゃない?
確かサチの両親の顔も腐り気味だよね?前に一度見たけど、変な顔してた。弟は完全に不細工だし。
血は争えないってこのことじゃない?サチはDNA自体がクソなんだよ。
女は素材が大事だからね。磨けば誰もが光るってことはないよ。悲しいけど女としては致命的だよね。同情するよ。


788 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 07:03:54 ID:tzlxLcaxO
この際サチの為を思って正直に言うけど、あたしから見ても2人は釣り合ってないよ。月とスッポン、ううん、ナプとタンポンって感じ。
もう宮崎君のことは諦めよ?てゆーか恋愛するのやめれば?
宮崎君の言う通りサチに本気で惚れる男はいないと思う。でも結婚はできるんじゃん。余り者の冴えない男と(笑)
やっぱ女は顔でしょー。サチもそこはわかってるんでしょ?自分が可愛くないから認めたくないかもしれないけど(笑)」

この数日後、サチは首を吊って自殺したそうです。

俺の友人である宮崎は、その時のことを後悔しているようです。

それから二年以上立ちましたが、今でも夢に、首を吊ったサチが出てくるそうです

789 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 08:38:57 ID:h3Qfh5M/0
投稿がごちゃまぜでワケワカメ

790 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 08:44:45 ID:i4hNk60D0
深夜1時頃、俺が台所で食事をしている時にピンポーンと玄関のチャイムが鳴った
その時家に居たのは両親だけで妹は友達と旅行中だった
妹が旅行を切り上げて帰ってきたのかな?
俺はインターホンで「どちら様ですか?」と問いかけたが応答が無い
泥棒か強盗の可能性も考えられるのでチェーンロックをかけたままドアを少し開けたが誰も居ない
思い切ってチェーンロックを外して外を調べたが誰も居ないし、玄関扉はしっかり錠がしてあった
もし泥棒やイタズラだったら玄関扉を開閉する音がするはずだし錠を降ろす時間は無い
気味が悪いな・・・そう思いつつも寝ることにした

ウトウトし始めたときにまた玄関のチャイムが鳴った
俺はとっさにベランダへ出て玄関に誰か居るのか確認した(ベランダからは玄関が見渡せる)が誰も居ない
虫の知らせというか何か嫌な予感がして妹の携帯にTELしてみたが妹は友達と雑談中だった

チャイムを聞いたのか親父とお袋が部屋から出てきた
親父「また来たのか」
お袋「今年も来たのね」
俺は訳が判らず誰の事なのかを聞いたが無視された
両親はそのまま居間へ行き仏壇に向かって線香に火をつけた
お袋「あの子、5年経つのにまだ自分が死んだことを理解してないのね」

仏壇には俺の写真が何枚も飾ってあった
確かに今日は俺の命日だけどチャイムを鳴らしたのは俺じゃない
誰なんだよ、俺の命日にこんなイタズラをする奴は?
来年こそは正体を暴いてやろう

791 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 08:50:29 ID:gCrDsnfH0
スレチ…か?

792 :北斗七面鳥:2010/03/07(日) 09:01:59 ID:gCrDsnfH0
お前はもぅ、死んでいる・・・

793 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 09:13:17 ID:PiiCU84s0
仏壇が西洋のリビングボード化して頭に浮かんでしまったよ

794 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 09:31:22 ID:i4hNk60D0
>>790
訂正、玄関扉→門扉

ちなみに幽霊2ちゃんへ書き込めるんだよ
どうするかって?
誰かに憑依して書き込むのさ

795 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 09:37:10 ID:0ieHuAXG0
なにこのカオスwww

796 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 09:59:01 ID:GQcTZxiY0
あれは先月の5日だったかな?俺は大学から帰ってきて夕飯を食べた。
当時リビングには俺とお母さんとおやじの3人がいた。
そしてリビングでくつろいでいたら電話が鳴ったんだ。
俺は電話をとった。そうしたら少し間をおいて「プツン」と切れたんだ。
なんだ間違い電話かとおもって受話器を元あったところに戻したんだが問題はその後
母と父がそれぞれに電話なんてなってなかったよと言うではないか。
馬鹿な、俺は今確かに電話のコール音をきいた。そう両親に言っても信じてもらえなかった。
俺だけがコール音を聞いたらしく2人には何電話なんかとってんだろうとしか映らなかったらしい。
こんな事ってあるんでしょうか?

797 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:05:54 ID:gCrDsnfH0
まぁ、よくあることだ

798 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:11:16 ID:PiiCU84s0
そうそう

799 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:13:45 ID:sQjwmc8o0
俺、福岡県民なんだが
まとめサイトの呪い系の無知ってやつに書いてあった油山観音盗難事件
当時ニュースでも見てたからどうなったのかググってみたらこの有様だよ
なんだろうなこの気持ち

油山観音・仏像窃盗事件 手配の30歳男 水死体で発見
ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/150977

800 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:16:48 ID:7gyTCBQY0
ちょっと聞いてくれよ・・・
新入社員の入社式で、これから俺の社内業務教育担当って肩書きの人が湯取(ゆどり)って名前だった
いきなりツボってしまい、今後ずっとこの人が担当なんだなと思うと絶望・・・

801 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:20:28 ID:ba0XXX6q0
ねーよw


802 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:29:04 ID:PiiCU84s0
あってんじゃん

803 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 10:47:14 ID:gCrDsnfH0
ここまで怖い話し無し

804 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 11:43:12 ID:ecR8kOIC0
>>719
手袋だけじゃなく[ジャケット、帽子、靴]が出てくる続編も読みたい

805 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 12:12:26 ID:oeEipZTa0
>>800
安心しろ、誰もが何時までも同じ役職でいられる保証はないから

806 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 12:34:56 ID:kZr2np1SO
明日には新人教育係から新人になるわけですね、わかります

807 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 13:12:38 ID:PpKIIOq0O
テスト

808 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 13:15:34 ID:PpKIIOq0O
1から見てきたらガチムチホモ話とか幼女とかの話がのってる…
俺の体験した不思議な話とかは書き込んで良いんだろうか?

809 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 13:38:05 ID:Hfgn8YyF0
大学生で一人暮らししていた頃、スートカーにあった
無言電話やドアノブにお菓子やジュースの入った袋が掛けられてたりした
ある日外出中に携帯に着信があった、登録されてないけど知ってる番号
部屋の固定電話からだった。
念のため親に確認の電話を入れ、その足で警察へ。
刑事さんに鍵を預け、部屋を見てきて貰うと
既に無人の部屋に、出来たての料理が一人分並べてあったらしい。
それまで割と冷静に、「大家さんに鍵換えて貰わなきゃ」とか考えてたのに
それ聞いて「あはは、まるで何とかマリー号事件みたい・・w」
と無理矢理明るく笑おうとして、失神した。


810 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 13:51:16 ID:WefKlyVN0
てst

811 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:03:04 ID:0ieHuAXG0
>>809
性別は

812 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:29:52 ID:ks56cGbZ0
スートカーいいやつじゃん
きっと一人暮らしでろくなもん食べてないだろうと気を使ってくれたんだよ

813 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:35:20 ID:8fcOu5B2O
いいなぁ
俺にはストーカーさえいな・・・い。

814 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:39:35 ID:gCrDsnfH0
いって後悔したろ、今↑

815 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:45:19 ID:LwGPBDFqO
お値段以上、ユトリ
(*´∀`)ノ

816 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:46:35 ID:Ntmt3iVA0
>>809
なんかほのぼのとした温かみのあるストーカーだな(^ω^)
本人にしてみたら怖い思いをしたのだから
こんなレスは良くないかもしれないが
その後どうなったのか続きも書いてほしい
鍵は交換したのかい?


817 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:49:48 ID:PiiCU84s0
家の前に送り主不明の手作りパンって話思い出した。
靴屋の妖精みたいだね・・・なんて思えるわけねーわな。

818 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:50:11 ID:yexcKyQC0
>>809
ストーカーの話きくと思うが、そこまでするなら真正面から告白すればいいのにと思うのだが

819 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:57:24 ID:PpKIIOq0O
良いみたいなんで書いてみる!携帯からなんで読みにくかったらごめん!
五年くらい前の話なんだけど、調理の仕事をしてる俺は
M県Z町の温泉旅館に就職が決まった。
寮に入ってたんだけど部屋の壁がメッチャ薄かった、隣の部屋に住んでる先輩の咳払いなんか余裕で聞こえるくらいに
んで、部屋の掃除してたらベランダに缶の灰皿を発見
俺もタバコを吸うので新しい灰皿を買ってくるまでそれを使う事にしたんだよね。
それから旅館での仕事が始まったんだけど、山奥って閉鎖的な場所のしかも調理…
午前4時には出勤して一番下っ端の俺は午後11時に退社…そんな生活してました
身体も疲れてたんだろうな…よく部屋で寝てると金縛りにあってました(泣)
でも脳が起きて身体が起きてないだけだろ?って勝手に納得してました。
ただ一つ不思議なのは金縛りにあうたびに目の前を白い、手のようなものがゆっくりと横切っていくんです…
(続く)

820 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 14:58:14 ID:WefKlyVN0
てst

821 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:06:56 ID:Ntmt3iVA0
>>817
チミの話で思い出したが
某ビジュ系ミュージシャンが
インディーズ時代に「春巻きが食べたい」とライブのときに何気なく発言ww
その数日後に手作り春巻きが
玄関先に置いてありお洒落な箱にキッチンペーパーが敷いてあり
春巻きがたくさんきちんと並べて詰められていたらしいww
もちろん美味しく食べたと雑誌の中で答えてましたww

知らない人からの手作りって食べるのは勇気いると思うし
ある意味コワイwwww

822 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:12:46 ID:gCrDsnfH0
>>821
伏せなくていいから誰か教えてくれ。

住所知られてから春日もドアノブやドアの前に京都からわざわざボックスごとお粥入れて作ってきた人がいて、全部食べたそうだ…
深夜無言でコンコン…コンコン…て叩かれたそうな。
それだけでも怖いというに。

823 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:14:38 ID:ks56cGbZ0
>>821
よくある差し入れを食べたってのは社交辞令だと思ってるけど、そこまでされたら
捨てるところまで見張られてそうで捨てるに捨てられないよな…

824 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:25:54 ID:opH7FBNm0
この流れで思い出したんだけど、東京で一人暮らしをしている時の話
住んでた部屋というかビルが特殊で、と言うか古くて、5階建てで各階一室・昇降は階段のみって構造だったのよ
で、ある夜に夜中にコンビニ(そのビルの横にある)へ買い物に行って帰ってきたら、
私の部屋の前にパック入りの餃子が置いてあったw

住んでたのは5階、つまり行き止まりなので
確信犯としか思えないんだけど、その意図も不明、身に覚えも無かったので
速攻で友達に電話して「これやべーよなww」って感じで笑い話のネタとなった

825 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:30:38 ID:PpKIIOq0O
(続き)
んでそんな生活のなか、休みの日に思い出して新しい灰皿を買ってきた!
今まで使ってた缶の灰皿はゴミ箱行きになった訳です。
この日の夜から不思議な体験をする事になります
まず気づいたのは寝てると隣の部屋から「ぁぁ〜……」とか「ぉお〜……」とかこもった声が聞こえてくるようになった
その後に ドンっドンって壁を叩く音になる…それが1時間くらい続く。この時点で俺の思っていたことは「先輩、すげぇ高度なオナニーしてんだな…」だった。
その内にその隣の部屋の先輩と飲みに行く事になったんだ
酔いもいい感じにまわってきた頃に俺は先輩に言った「ここの寮に入ってからよく金縛りにあうんですよ〜」って
したら今まで笑ってた先輩が真面目な顔で「えっ…」って返してきた
アレ!引かれたか?と思って「そういえば先輩は夜、何やってんですか?あの声と壁の音?」って話題を変えようとした
したら更に真面目な顔で黙ってしまった…
俺、何か悪い事言いましたか?と先輩に聞くと「それホントの話か?…」と返されました
俺「だって昨日の夜も音してたじゃないですか?」
先輩「俺、昨日休みで実家にいたから部屋には誰もいないよ」
今度は俺が黙ってしまう
更に先輩は続ける
先輩「それにその音は俺も聞こえてた…けど音が鳴ってんのはお前の部屋からだぞ…」
(続く)

826 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:33:05 ID:EV2X12S60
>>822
愛に気付いて下さい♪
僕が抱きしめてあ・げ・る♪

ヒットしたバンドのボーカルww
数年前に某雑誌で春巻きのことを語ってました

827 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:34:03 ID:EV2X12S60
ID変わりましたが821です

828 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:37:25 ID:gCrDsnfH0
>>826
悟ったぞ。
Ha***iか
刹那、LU●A SEAの●村さんかと思た。

829 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:38:56 ID:ks56cGbZ0
>>825
つ【メモ帳】

830 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:38:59 ID:UNswHg9RP
昔実家のポストにほうとうセット?が入れられてたことがあったな
気味悪いから捨てたけど

831 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:43:18 ID:ks56cGbZ0
◆◆◆ここはストーカーからの差し入れ報告スレになりました◆◆◆

832 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:49:20 ID:oa3eEIpR0
>>828
ピンポーン♪
大正解

 ブーン  /⌒丶
⊂二二二( ^ω^)二⊃
    |  /
     ( 丶ノ
    ノ>ノ
  三 レレ

空も飛べるはず
⊂\      /⊃
 \\ /⌒丶//
(( \( ^ω^)   ))
  /|   ヘ
 //( 丶ノ\\
⊂/ ノ>ノ  \⊃
   レレ  スイスーイ
  彡

833 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:51:30 ID:krj+TPzF0
>>825
マサルさん?

834 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:55:31 ID:PiiCU84s0
>>830
それは、あの米をつぶしたような素材も入ってるのか?
食感から形態まで届け人不明で食べれる代物じゃないなw

835 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:55:38 ID:PpKIIOq0O
(長くてごめんね続きです)
俺「先輩、もしかして何か知ってます?」
先輩「あ〜…他の人から言われてないか」
俺「いえ!何も…」先輩「お前の部屋にこの間までいた人な、山下ってくトコのカーブあるだろ?そこで事故って亡くなったんだよな〜」
俺「マジすか?」
先輩「おお…飲酒運転でな…んで俺ら、みんなであいつの部屋にいってタバコ供えてきた。送り火変わりに」
俺「もしかしてマルボロの缶の灰皿すか?」
先輩「おお!そうそう!まだ部屋にあったか?」
俺「投げちゃいました…」
先輩「!!……そうなんだ…」
二人で苦笑いでした
でも仕事はあるから怖いながらもその部屋に住んでたんですよ俺はビビりながら…
それから何週間か過ぎたころに俺は仕事を辞める決心をします…
その出来事はこんな感じ
いつものように午後10時くらいに寮に着く。ふと外から自分の部屋を見ると何か白い物体が窓のトコに立ってる…
泣きそうになりながら先輩についてきてもらう…
(次で最後です)

836 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 15:58:00 ID:k6mprhk20
>>835
>>1
>【重要ルール】
> ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
携帯でも新規メールに書き溜めてコピペできるから次回からはがんばれ

837 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:06:39 ID:UNswHg9RP
>>834
何というか食材とかが全部1つの箱の中にセットで入って売ってるやつ
紙袋に入ってるでもなくそのままボンて入ってた

838 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:08:09 ID:k6mprhk20
スレ違いを指摘されてるのに堂々と話を続けられるその神経が洒落にならないほど怖い

839 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:23:16 ID:XWPGNO5p0
>>838
とりあえず今回の締めの部分までを投稿し終えるのを待ってやれよ。
チマチマ文句挟むんじゃお前のほうが異常に見えちまうぞ。

一度ハッキリ一言注意してるんだし(>836で)
それでも繰り返しやるようならそういうキツイ言い方しろよ。

840 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:23:30 ID:b6K+rYr+0
>>553
TVに女の顔が映ってないか?

841 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:28:23 ID:XWPGNO5p0
連投すまん。
ID:PiiCU84s0 ID:UNswHg9RP ID:gCrDsnfH0 ID:EV2X12S60

とかの雑談の事なら、専ブラでNGするなりスルーなり手はあるだろうから、大人な対応しとけと言っておくわ。
確かに話の投稿してないし、スレ違いだけど、ぶっきらぼうに言ってもスルーされるだろうし、
そもそも自分達が言われてると気付いてない線もある。

842 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:46:22 ID:gCrDsnfH0
続きまだか?

日付変わったら怖いの投下すっから。

843 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:46:46 ID:cJ4KXKUL0
>>819
蔵王か

844 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:47:51 ID:k6mprhk20
>>841
>>836以降ID:PpKIIOq0Oは投稿してないんだし>>837の直後なんだから明らかに
ID:PiiCU84s0 ID:UNswHg9RP ID:gCrDsnfH0 ID:EV2X12S60のことだとわかるだろ…
単に空気読めないバンギャがうざいんだよ

845 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:50:13 ID:WefKlyVN0
ハイジ

846 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:52:16 ID:gCrDsnfH0
なんだ自分のことは棚に上げて洒落怖に投下する気がないのならお前も黙ってろよ。
つかシリーズ投稿者がいないとこのザマか…

847 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:52:38 ID:OF8/+lx00
749 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:45:01 ID:bnFgsyWt0
つまらんよ!
次!

755 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/07(日) 00:31:54 ID:WefKlyVN0
>>749
つまらんとかいうならアンタがなんか書いてみろよ!!

845 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:50:13 ID:WefKlyVN0
ハイジ


848 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 16:54:07 ID:OF8/+lx00
>>846
今投下するならまだしもID変わった次の日以降に投下するとか保身のための言い訳にしか聞こえんよ


849 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 17:05:45 ID:gCrDsnfH0
あるところに5人の大学生がいました。

彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、『今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。
だからそれまでには帰ってきてくださいね。』
… … … しかし彼らは遊びに夢中になりその約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。
20階…30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、50階でついにばててしまいました。
『オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる。1階上がる毎に交代で怖い話をして気を紛らわそう』と一人の人が言った。
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。
すると最後の一人が『いいか、俺が今から言う怖い話は…本当に怖いからな、絶対にビビルなよ』と他の4人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。

そして、彼は言った。











『一階に… … 鍵を忘れた… … … 。』

850 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 17:12:57 ID:WefKlyVN0
ハイジ

851 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 17:14:47 ID:HQiuuvzL0
スゲェ怖い話の投稿者>読者>>>>越えられない壁>>>>スレチ話投稿者(荒らし)

852 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 17:28:38 ID:b3c9ku920
>>849
コピペならコピペってわかるようにしてね

853 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 18:02:08 ID:PpKIIOq0O
(これで最後)
んで先輩と一緒に部屋にはいったんだ。電気付けても特に変わった様子なし
先輩「びびらせんなよ」
俺「すいません、でも居たんすよ。白い…」
そこまで言って俺は絶句…
振り向いた先輩も絶句…
入り口の洗面台の鏡に白い手形がびっしりついてた…

んで、仕事的にも環境的にも無理って事で仕事はやめた
荷物を運びにきてくれた親父との会話
俺「この先のカーブだよ…事故があったとこ」
親父「死亡事故発生の看板あるトコだろ?」
俺「気分悪いから通り過ぎるまで下向いてるわ」

カーブ通り過ぎてしばらく行ってから
親父「不思議な事ってあるもんだなぁ」俺「何が?」
親父「お前見なくて良かったな…看板のトコでなぁ男の人が凄い顔でこっち睨んでたぞ…」

それが何だったのか?親父が俺をびびらせるために言っただけなのかは解らないけど
俺は二度とそこには近づかないと思った。
何かスレのルールわかんなくてゴメン
スレ違だったら申し訳なかった。
ではROM専にもどります。

854 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 18:12:58 ID:HHnhuE+FO
>>853 いやいや、乙ですわどっかのストーカー話するやつらと違って。

855 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 18:16:12 ID:KZBqRJQGO
>>853
乙です。おっかねがった〜。

856 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 18:28:06 ID:xgg2DaRO0
みさお「おぃ柊さっきの映画怖かったなー」
柊「そう?あたしはそんなに怖くなかったけど?」
みさお「木から手が出てきて人を吸収するところとか怖かったろ」
柊「あんたねぇあの映画リアルさにかけて怖くはなかったでしょ?」
みさお「ひっ柊後ろ!!」
柊「そんな手に掛からないわよ……キャアアアァァァ!!!」


以後かがみの姿を見たものはいない

857 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 18:43:35 ID:pfR/oskh0
なにそれきもい

858 :1:2010/03/07(日) 18:47:38 ID:gCrDsnfH0
旅館といえば、知り合いに聞いた旅館で起こった不思議な話をひとつ・・・

仕事の都合で泊まることになった旅館。
その旅館は海沿いに面してましてね、夜の海は深い怒号を放っていました、しかし…こんな時間に誰かが泳いでいる。
遠くの方を・・・ よく目を凝らしてみると、灰色な人のような何かがもの凄い早さで横を泳いでいるんです。
クロールのような… しかしそれは2mはあろうか、人のようで人でないその出で立ちに仲間達は恐怖して館内に戻ったという。


859 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 18:49:22 ID:RBxk87Nk0
似たような体験あるな。
俺も、小さい頃から堤防あるくのが好きで、昔からよく散歩していたんだ。
んで、ブラブラと水際歩いていたら、何か黒い物が凄い速さで向かってくる。
瞬時に解った。犬だ。なんか怒ってるっぽくて、息遣いまで聞こえてくる。
しかも、真っ直ぐに俺目掛けて走ってきてるんだ。「喰われる」そう思った。
すっかりすくんでしまって動けないでいると、あっというまに俺に飛び付くんじゃないかって距離まできてた。
もう駄目だと思ったその時、咄嗟に蹴りを繰り出したら、綺麗に入ってしまって
何だか「エハッ」とか言いながら川に飛んでいって落ちてった。
「アブベレ」「アンビバレッジ」「アンビシャス」とか、声にならない声をあげて溺れてる犬。
何だか安堵と共にむしょうに悲しくなってしばらく茫然と眺めてから走って帰った中学生の頃の思い出。

860 :2:2010/03/07(日) 18:51:02 ID:gCrDsnfH0
食事を終え、風呂に入り、軽い雑談を交わし明日も仕事は早いので布団を川の時に敷き皆寝ることにした…
ふと、深夜・・ 体が動かない、金縛りだ。
頭によぎったのはさっき海岸でみたあの灰色の何かだ。
横を目で見ると仲間も金縛りあって苦しそうだった。
助けてやらなきゃ、という思いで必死だったそうだ・・・
すると ん”っ と体がより一層圧縮されたような力を感じ中に浮いていく…ゆっくりだが、分かった・・・
布団ごと海へ体が引き寄せられている。
このままではまずい、と汗だくになりながらもがいていたらまた別の方から引っ張られたそうな。
それは金縛りにあっているもう片方の人から伸びた手だった。
なにはともあれその夜は助かった・・・そしてそのまま眠ってしまった。
朝になり旅館の人に起こされた。
すると隣で寝ていた人が声をかけてきた
「○○さん!○○さん・・昨夜はありがとうございました」
「え、私なにかしました?」
「昨夜金縛りに会った時に○○さんが私の手を掴んでくれたじゃないですか!あのままだったら私は…」
いぶかしむ頭で、その時旅館の女中さんに聞いたそうな。
あの海には前に海難事故に遭った人が他の客を襲っていると。
そうか・・夜中の出来事はそのせいだったんだな。

861 :3:2010/03/07(日) 18:53:53 ID:gCrDsnfH0
後日
なにかの縁でその仲間達と会い、当時隣で寝ていた人物から一枚の写真を見せてもらったそうだ・・・
なにやらパーティでワイングラスを持っている自分の手にその人物の手が伸びてきているようにみえる写真だった。







「…この写真に写ってる手・・・○○さんの手ですよね?」

862 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:03:35 ID:gCrDsnfH0
という話しを聞いた。
洒落にならない怖い話しではなく申し訳ない。
まぁ、自分が行ったS市の旅館では夜になると落ち武者の首がさまよい歩くっつー話しがあるけど本当かどうか知らない。。。

863 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:09:52 ID:6Rlu32rh0
>>862
またかよ!!
謝るぐらいなら荒らすな!
スレチを自覚しておきながら投稿するとは悪質極まりない!!

864 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:10:35 ID:ylfpcMIA0
>>862
はあ?
さっさと死ね

865 :809:2010/03/07(日) 19:11:50 ID:Hfgn8YyF0
>>811>>816
女です。当時18でした。
親の厳命で同じ大学に通う兄と同居する事になり、引っ越しの作業も
両親と兄がしてくれたので、私は一度も部屋に戻らないままでした。
結局ストーカーが男なのか女なのか、どうやって部屋に入ったのか
私が帰って鉢合わせてたらどうするつもりだったのか、不明なままです。
後になって怖くなり、大学や外出先で誰かと目が合うたびに「もしかして、このひと!?」
と足がガクガクするようになりました。
兄は私以上に神経質になり、自分の講義の無い日も送迎してくれました。
今は、兄も卒業してまた一人暮らしですが、あれからストレス太りして
20kgは成長したのでもう大丈夫な気がしますw。
来るなら来い!踏みつぶしてやる!どすこい!


866 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:12:05 ID:8l1b6ODe0
ここまでつまらない輩のインポ話のみ

次の人どうぞ

867 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:15:42 ID:gCrDsnfH0
ひどいスレだ。
投下もせず批判ばかり・・・失望したぞ、お前等。
批判も荒らしだということを自覚しておけ。

868 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:18:47 ID:qYKsoL7MO
>>863
>>864
天罰当たるから止めなさい

869 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:19:47 ID:zMI//AcT0
>>865
どすこいフイタwww
無事で何よりです

870 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:21:44 ID:lcT+hqUQ0
>>777
視点がひどすぎるw
聞いた話なのに、なんで一人称が死んだサチなんだよw
話した友人が宮崎なのに、なんでサチの視点に立てるんだ?

あまりにもイミフすぎる。


871 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:31:05 ID:xgg2DaRO0
ここまで根暗の作り話のみ

872 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:31:11 ID:gCrDsnfH0
>>863-864
みたいな勘違いされたみたいなので…補足。
「○○さんの手ですよね?」というのはそのまんまの意味ではなく、当人自覚ないのに伸びた手を見せられて青ざめたって話しだ。
それで終わりだと思うのだが、よく読んでみるとじわじわくる系だと思う。

873 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:51:36 ID:PpKIIOq0O
>>863

勘違いだったらゴメン!
もしかして俺が、怒られてます?


874 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 19:56:22 ID:JguOnrJd0
>>865
乙でした
世の中にはデブ専と呼ばれる趣味の方々もいらっしゃるので、気をつけてくださいね

875 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 20:15:24 ID:F6fMGsmdO
>>819
M県Z町って宮城県蔵王町かいな?

876 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 20:50:03 ID:PpKIIOq0O
>>875

まぁ伏せ字になってませんもんね
宮城県柴田郡蔵王町の遠刈田温泉のけっこう有名な旅館での体験です

877 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 20:51:36 ID:gA0Z+IC70
858

これって、桜金造の話にあったよね

878 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 21:42:57 ID:jLTN51XlO
>>865
女の自分、あなたの「どすこい!」に惚れましたw

879 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:29:34 ID:qImsU/BC0
2年前の夏、岡山県の某山にキャンプへ行ったときの話。
俺を含めて男だけの5人グループで、昼間は気楽にバーベキューとかして
遊んでたんだけど、夜になって妙なことが起きた。
夜中の八時頃、外で俺たちが集まってたら、茂みから動物の唸り声みたいなのが
聞こえてきた。
はじめは熊か野犬かと思って驚いたんだけど、仲間の一人が懐中電灯当てたら、
どうも人間の顔らしき物が見えたらしい。
それを聞いた俺たちは、てっきり誰かの悪戯だと思って、「出て来い」とか
調子に乗って声をかけた。

そうしたら次の瞬間、人間の顔にカモシカみたいな胴体をした奇妙な動物が飛び出してきた。
その時の俺たちは全身タイツで、手元にあるのも、おまるとかマジックハンドとか、武器にならない
ようなものばかりだったから、ただ慌てふためいてることしかできなかった。
そうこうしてる内に、その動物は顔を奇妙に歪めながら、茂みの方に歩いてまた消えてしまった。
あの動物が何だったのか、妖怪とか未確認生物の類だったのか、今でも分からない。

880 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:32:15 ID:WrhqIdNj0
>>879
シシ神?

881 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:34:51 ID:qImsU/BC0
>>880
わからない。ただ、その動物は別に俺たちに危害を加えたわけじゃないし
妖怪の類じゃないような気がする。
未確認生物だったのかもしれない。

882 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:41:03 ID:WrhqIdNj0
>>881
そんなことより何故山中でオマルとタイツとマジックハンドwww

883 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:44:55 ID:qImsU/BC0
>>882
俺たちは普通にキャンプしてたんだよ。

884 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:48:04 ID:FOTMXt0F0
相手は5体のくねくねと判断されたのですね

885 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:51:40 ID:qImsU/BC0
>>884
俺たちは堅気のキャンパーだったんだよ。

886 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:53:31 ID:WrhqIdNj0
>>885
オマルとタイツとマジックハンドの説明が先。

887 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:57:12 ID:qImsU/BC0
>>886
俺たちは夜空を見ながら語り合うために色々な準備をしていたんだよ。

888 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 22:59:22 ID:WrhqIdNj0
>>887
だから語り合うのになんでそれらが要るんだよ。
他に持っていったものは?

889 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 23:02:07 ID:WefKlyVN0
つまらん
ハイジ

890 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 23:03:28 ID:heWHTLLe0
>>676

>>668ですが、旧帝医学部なら174センチで100キロ以上の
巨デブでも彼女を切らすことがないんですか。
勉強になりました。
一橋如きの私はまだまだだと思い知りました。
努力が足りませんでした。
これからもっと努力してみます。

891 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 23:32:41 ID:KZBqRJQGO
宮城県人多いのかここは

892 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 23:35:23 ID:R0ryTvE80
>>879
それ妖怪「件」
ttp://himeji.keizai.biz/headline/photo/65/

893 :本当にあった怖い名無し:2010/03/07(日) 23:56:51 ID:0ieHuAXG0
>>890
うぜえよ湧いて出てくんなよ春日

894 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 00:27:28 ID:O4cl6awK0
春日ェ・・

895 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 00:34:33 ID:0RXW1blaO
面白ければ良いよ。
ぐだぐだ言う方は他へどうぞ

896 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 00:52:48 ID:7T8bOiep0
うむ・・・

897 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 01:04:43 ID:LiLBMwiA0
>>892
その人の最期を予言する妖怪だっけ。


898 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 01:21:22 ID:WbOCVdaL0
件は不幸を予言する生き物だべさ

899 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 01:38:36 ID:ha110YXYO
>>889
よかった話相手見つかってよかった

900 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 02:14:31 ID:A8mIe5LmO
件には雌雄があり予言の内容が違うんじゃなかった?
良い予言もあったはずだが。

901 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 02:30:09 ID:2gV30ShV0
ぬ〜べ〜にそんな話あったなそういや

902 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 02:33:02 ID:HTzrYjFQ0
地獄先生ぬ〜べ〜によれば、雌の件が悪い予言をし、雄の件がその悪い予言を覆す為の予言をするとか…
うろ覚えだから雌雄逆かも知れない

903 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 04:21:34 ID:0RXW1bla0
批判厨のせいでスレのレベルが落ちてるのは間違いない。
何様かと。

904 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 04:26:41 ID:0RXW1bla0
>>676,890 こいつに彼女はおろか友達ができるのはまだまだ先のことのようだ。
というか、スレチだからよそでやれな。

905 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 05:37:24 ID:pZ20jCXd0
おまるとマジックハンドの謎が解明されていない!
洒落にならない怖さだ。

906 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 06:55:54 ID:YlrNpd3lO
sage>>879 日本カモシカ
人間見たいな顔してる。

907 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 08:06:20 ID:b/vOG3VB0
お前らすぐにローマ字カナ変換で『個人情報保護法』って打ってみろ



右手だけがすごく忙しいから


908 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 09:17:01 ID:Q0DmnWNo0
まーた右手が忙しい自慢が始まったー

909 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 09:23:02 ID:lzlb/gX50
この前乗ったタクシーの運転手に聞いた話ですが

深夜に新宿から大塚まで乗せた女性客に途中で道の確認を何回しても返事が無い
とりあえず止めて後部座席見たら手首から出血していて白系のスカートが真っ赤になってる
直ぐ救急車呼んで命に別状はなかったけどその女性は手首を切った覚えがないと主張
それでタクシー会社に警察来てさんざん事情聴取を受ける

そのわずか数日後に新宿から四谷まで乗せた白系のスカートの女性客がまたもやリストカット
救急病院が近くにあったのでそのまま病院へ搬送して命に別状無し
不思議な事にこの女性もリストカットしたことを否定したのでまた警察に状況説明

警察によれば2人とも精神的な障害も無く自殺する理由も無し
さらに2人とも刃物を持っていなかったのでどうやって手首を切ったのかは不明とのこと

その運転手は、半月ほど前に路上脇で倒れてる女性を発見
車を降りて見てみると手首から大量に出血していたので直ぐに救急者呼んだけど助からなかったとのこと
(この女性は遺書があったので自殺と認定)
この女性も白いスカートを履いていてそのスカートが血に染まっていたそうです

運転手は私も白いスカート履いてたので怖くなってこの話をしたとすまなそうに言ってました
きつく口止めもされましたが構わず投稿しました

910 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 11:09:51 ID:7T8bOiep0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

911 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 11:20:40 ID:y5b7fWNa0
http://journal.mycom.co.jp/photo/news/2010/03/07/007/images/024l.jpg

912 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 11:21:49 ID:y5b7fWNa0
画像が表示できない上に誤爆でした

913 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 11:36:45 ID:lzdNLPhjO
どっちもどっちだな。
批判厨もウザいし、スレの主旨やテンプレ無視なカスもウザい。
適度な感性が無い奴らの戦い。

914 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 12:12:28 ID:7T8bOiep0
う゛う゛〜゛ん゛

915 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 12:55:18 ID:11FGDulN0
わたしの体験。
朝起きたら剛毛がパイパンになっていた。


916 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 12:58:44 ID:EayxyFYE0
まさに不毛地帯だな

917 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 13:05:31 ID:Q0DmnWNo0
死ぬ手前ぇえええええっ!!!

918 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 13:06:01 ID:yWtxQm0AO
壹岐くぅ〜ん、イッちゃうよぉ〜

919 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 13:08:53 ID:Q0DmnWNo0
>>918
これは流石にスレチw

920 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 13:44:09 ID:CVE/txVx0
>>915
寝ている間に剃られただけだろ
パイパンが剛毛になってたらオカルトだが

921 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 14:05:13 ID:lwnORhUE0
>>638
畏レスですが、
最近青空で読んだ、宮澤賢治の土神ときつねの話に出てくる谷地を思い出しましたよ。

922 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 14:31:21 ID:EJLyCPsj0
テンプレ無視のカスを叩く批判は見てて楽しいぜ?
批判ばっかなのはテンプレ無視のカスばっかだからで、逆はありえんだろ

923 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 14:36:36 ID:Q0DmnWNo0
>>922
日本語で

924 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:03:13 ID:ha110YXYO
>>910

>>914

>>918

おはようございます
今日も宜しくお願いします
貴方がレスする度にレスするので宜しくお願いします

925 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:05:04 ID:ha110YXYO
>>913

>>922
仕事何しているんですか?

926 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:20:26 ID:7T8bOiep0
もう雑談はいいから怖い話もっとぶち込んでチョーダイ!!

927 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:26:52 ID:M+agyTTj0
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1036815675

これは半端なく怖いよ。

928 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:29:32 ID:EayxyFYE0
このスレは荒らしスレに変わりました

929 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:54:02 ID:mTw0Gg+80
ジョリジョリ・・・パイパンの・・・ジョリ
パイパンの手前ぇええええええっ!

930 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 15:54:25 ID:dd2MQN8h0
>>926
夢か現実か分からないような体験談でいいんだったら今度まとめてみるけど?

931 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 16:08:21 ID:Exmg88JT0
こんなスレに書くのはやめた方が良い
まったりしたスレで書くと良いよ

932 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 16:31:01 ID:yWtxQm0AO
>>919
ごめんね

933 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 16:33:24 ID:EJLyCPsj0
夢か現実か分からないような体験談の9割以上は夢
これ豆な

934 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 16:38:59 ID:dd2MQN8h0
>>931
分かった、取りあえずまとめてみてから書きやすそうなスレに書いてみる

Wiki見たら
覚醒状態においての「金縛り」というものについては科学的にはほぼ未解明であり……
って書いてあった
噓だろ……

935 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 16:41:41 ID:dd2MQN8h0
>>933
それを聞いて安心した

936 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 17:38:31 ID:Q0DmnWNo0
>>927
イヤアアアアアアァァァッァアアアアッッッッッ!!!!_φ( ̄ー ̄ )

937 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 17:39:17 ID:3nUB/lqs0
夢か現実か分からないような話を体験談として語る奴の5割以上は精神を病んでる
これも豆な

938 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 19:19:10 ID:c++xOkoT0

そういうのは豆知識とは言わないだろ

939 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 19:32:21 ID:ha110YXYO
>>926

>>928

何してるの?(相手を見つめている)

940 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 19:36:41 ID:ha110YXYO
>>929

>>936

おっちん!! (力士の声で)

941 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 20:34:19 ID:ha110YXYO
奈良健康ランド♪

942 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 21:03:58 ID:ha110YXYO
またや―!! どうなってんねん!!
またjaneのスレのタブ消えてるー!! しかもアイドル板・生活全般板落ちてるやないか!!
最悪や―!!!!
!!!

943 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 21:43:37 ID:EayxyFYE0
なんだこの雑談スレ

944 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 21:48:52 ID:RusAl9Ui0
>>942
鯖移転なので落ち着け。

945 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:00:27 ID:L5Hge5C80
友達の実話らしい詳細不明。

一人で部屋で勉強してたら、
背中に視線を感じた。

その日は、兄貴以外の家族が出かけている日で
兄貴も自分の部屋で寝てるはずだったので、怖くなって振り返った。

友達の部屋は和室で、入り口はふすまになっている。
真ん中に障子が張ってあり、上と下がガラスで外が見えるようになっている。

振り返ってみると、ふすまのしたに白い足が見えた。

兄貴が起きたのか?
起きたなら声ぐらいかけてくれればいいのに。

単純にそう思い、恐怖心はなくなっていた。
顔をあげてふすまの上をみたら、なにもなかった。


946 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:14:55 ID:ha110YXYO
>>942
分かった。
有難うな

947 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:32:48 ID:ucS7+u/o0
見えていない人は見ようとしていないひと。


家族より先に家に帰ったとき

電気のスイッチしか見ていない。


洗面所にいるとき

自分の顔しか見ていない。


ドアやふすまを閉めるとき

あなたは手元しか見ていない。


それぞれのタイミングで
少し目のやり場を変えてみてごらん


まだ暗い部屋の中


鏡に映ったすりガラス


ちょっとだけ開いてるドアの隙間・・・



948 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:38:24 ID:B2O/572L0
    lミ三三三三三彡    ̄``゙ ‐‐''-- 、、;:;:|
    lミ三三三三三彡,.      __,,,,,_  |
   .iミ三三三三三彡、    こ三三三ヲ   |
   lミ三三三三三ニ、、       ̄ ̄ ̄    |
   lミ三三三三三ゞ"                  |
   lミ三三ミミ'"                    |
 ,-'ミ三三ミミ″         _,,,,     |
. l,‐、i三三三'         ,. -"二三,、: : : : : ..|
.i l ll三三三       ´;ィ彡'",ニ、`ヾ、、 : : |
i l  !三三三      .::メ《″(::о::) ,l:ヾ、 : | |
ヽ', :l.ヾ三三       : : : ::``ーゞ='-‐'"ンソ .| 
 ヽY ヾ三ミ       : ::`ー---‐'''"´: :ノ . |
.  ','、 ゞ三;        :: : : : : :;;;;、-‐'´   .| 
   ',ヽ、_!ヾミ                      |
   ヽ `  `ミ                    _, | 
    ', '   ミ               .:/ `|
    ゝ、__,,ノ.ミ             .:/    |
          ミ                .:/  :、.ゞ |
        ミ              .:/      :|
           ミ          ノ       |
        ヾ;        /           |
         ヽ       '′     ,ィ_'_|
           ヽ         ,r‐''"イ⊥T|
            \      .:ノ⌒ヾ「T''i`; |
            \    .ノ     `゙゙゙'ー' |
              lヽ          .`ー- |
             /l、\           .|
            /::::::l l  \        |
      ,ィ-‐‐"7::::::::::l l    \       |
    _/   /::::::::::::::i i       ヽ、     :|

949 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:52:47 ID:c++xOkoT0
>>947
どういう事?

950 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:54:36 ID:c++xOkoT0
祟られ屋マサ再開してるな

951 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 22:58:18 ID:c++xOkoT0
寝る前に次スレ立てた。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1268056627/

952 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:20:23 ID:zPxEU7BNO
>>951
乙です!

953 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:20:29 ID:ha110YXYO
すいません
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛
って叫んでる方は今何歳ですか?悩みなら私が聞きますよ

954 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:23:39 ID:ha110YXYO
>>700
暇ですか?
もし暇なら僕と話しませんか?

955 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:28:59 ID:cAd7LhQR0
ここまでレス乞食の投稿者と>>954に代表される馬鹿のみ

はいつぎ〜

956 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:29:32 ID:FolZC/lp0
「きみはだれだ」
「きみこそだれだ」
「だれだというきみはだれなんだ」
「だれなんだと問うきみはだれだ」
「きみから先になのるべきだ」
「きみこそ名前をいいたまえ」
「いったいだれなんだ きみは」
「きみこそ いったいだれなんだ」
「どうどうめぐりだな」
「せんにち手とも言うな」
「だれなんだ いったい」
「きみは なにものなんだ」
「いいかげんにしてくれないか」
「きみこそいいかげんにしたまえ」
「いったいきみはなにがしたいんだ」
「きみもこんなことに時間をろうひして」
「時間というならおおいにムダだな」
「その点についてはさんせいだ」
「.........」
「.........」
「だまってても埒があかないな」
「それについてもどう意見だね」
「.........」
「.........」
「.........」
「あああああああああああ おまえはいったいだれなんだぁぁぁぁぁぁ」


「オレだよ」男はニヤリと笑った
男の狂ったような笑い顔の鏡像が歪んでいくのといっしょにオレの正気も消えうせた


957 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:33:37 ID:aK6/QfLs0
>>956
最近は小学生が洒落怖スレに来ているようですね(プ

958 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:35:17 ID:ha110YXYO
>>929おまじないでしょうか?

>>932素直じゃなくて〜

>>936それ知ってます

959 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:36:41 ID:ZDlYztXf0
創作とかいうレベルじゃねえな、こりゃw
感性がなさすぎて、むしろ哀れだよwww

960 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:39:09 ID:ha110YXYO
>>955
このスレに書いてあった一日を2ちゃんねるに全て費やししている方は何歳か分かりますか?

961 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:40:51 ID:cSjT7yBv0
ここまで雑談レベルのカスのみ

次!!

962 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:42:58 ID:jG5saRNT0
ひょいと塹壕から頭を出したら、ロケットランチャー弾が顔をかすめていった。

死ぬほど洒落にならない怖い創作話

963 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:43:01 ID:hAMdV8Pg0
>>960
いちいちageるなや能無し。
そんな事だからお前は使い捨ての役立たずなんだよ

964 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:45:23 ID:OPE8HYEG0
ロケットランチャー弾が顔をかすめたって・・・・
コイツ頭が悪すぎるぞ。
わかってんのかなw

965 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:47:15 ID:seZCjGxP0
毎年恒例の厨大量発生の季節になりましたな〜
春休みは2chより勉強しろよな
馬鹿じゃねえの

966 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:48:06 ID:jG5saRNT0
かすめるくらいスレスレじゃないと死ぬほど怖くないかなと思って。

967 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:49:06 ID:3tzxGzd60
そろそろ埋め立てしていこうか

968 :本当にあった怖い名無し:2010/03/08(月) 23:56:48 ID:ha110YXYO
>>961

>>963
他人を見下して面白いですか?

>>965
この板で限った事ではありませんか?

>>967
そうですね

969 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 00:29:40 ID:40uBmPoE0
    lミ三三三三三彡    ̄``゙ ‐‐''-- 、、;:;:|
    lミ三三三三三彡,.      __,,,,,_  |
   .iミ三三三三三彡、    こ三三三ヲ   |
   lミ三三三三三ニ、、       ̄ ̄ ̄    |
   lミ三三三三三ゞ"                  |
   lミ三三ミミ'"                    |
 ,-'ミ三三ミミ″         _,,,,     |
. l,‐、i三三三'         ,. -"二三,、: : : : : ..|
.i l ll三三三       ´;ィ彡'",ニ、`ヾ、、 : : |
i l  !三三三      .::メ《″(::о::) ,l:ヾ、 : | |
ヽ', :l.ヾ三三       : : : ::``ーゞ='-‐'"ンソ .| 
 ヽY ヾ三ミ       : ::`ー---‐'''"´: :ノ . |
.  ','、 ゞ三;        :: : : : : :;;;;、-‐'´   .| 
   ',ヽ、_!ヾミ                      |
   ヽ `  `ミ                    _, | 
    ', '   ミ               .:/ `|
    ゝ、__,,ノ.ミ             .:/    |
          ミ                .:/  :、.ゞ |
        ミ              .:/      :|
           ミ          ノ       |
        ヾ;        /           |
         ヽ       '′     ,ィ_'_|
           ヽ         ,r‐''"イ⊥T|
            \      .:ノ⌒ヾ「T''i`; |
            \    .ノ     `゙゙゙'ー' |
              lヽ          .`ー- |
             /l、\           .|
            /::::::l l  \        |
      ,ィ-‐‐"7::::::::::l l    \       |
    _/   /::::::::::::::i i       ヽ、     :|

970 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 00:43:09 ID:SCNW+G0LO
>>969
どうしたんですか?

971 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 01:10:36 ID:Pdzf3x+z0
今、窓の外を見たら、雪が積もってた…

埋め

972 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 02:36:25 ID:5yPC0w8P0
真面目に投稿考えてるならここは止めときナ、終わってるから
荒らされるだけだから新スレ立てるなよ

973 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 02:53:12 ID:8vmuBD6A0
前スレの336の意味が全くわからないのだが

974 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 03:23:59 ID:SCNW+G0LO
>>10

>>11
暇ですか?

>>20
暇ですか?

>>19
そうなんですか?

975 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 03:25:27 ID:SCNW+G0LO
>>25

>>26
暇ですか?

>>29

>>30
暇ですか?


976 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 03:27:57 ID:SCNW+G0LO
>>31

>>32

>>38

>>39
心が荒れてるなら私が悩みを聞きますよ

977 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 03:30:50 ID:1fPsiH8K0
昨日、フジテレビ板に変な奴がいて怖かった。
そいつの書き込みは、こんな感じではじまっていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんか、今、俺の家の新聞受けを開けてボソボソ言っている人がいるんだけど
もう、かれこれ3時間近くなるが未だ、帰らない。
(この書き込みが夜中の1時過ぎ)

多分、この間、断った新聞の勧誘員だと思う。
「愚の骨頂・・・制裁・・・」とか何かボソボソ言って止めない。気味が悪い。
(何人か、警察に通報すれば?と言うが通報はしない雰囲気)

五月蝿いし、気味が悪いので新聞受けをガムテープで塞いだ。

なんと!塞いだガムテープを指で押して剥がしてきやがった!
怖いというよりも、だんだん腹が立ってきたのでそいつの手の甲を
果物ナイフで刺してやった!!どうやら、家の前から居なくなったようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
微妙に書き込みの内容が違うかもしれないけどこんな感じ。
最初は心配していた人も、ナイフで刺した時点で、お前が犯罪者だろうとなったが
仕返しにくるかもしれないよ と心配している人もまだ少し居た。そんな中で、
誰かが、ポツリと、言った。 もしかしたら 1 って↓じゃないか?って

http://kokoro.squares.net/psyqa1087.html

怖かった。

978 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 04:15:46 ID:3Z/EEjCt0
マジ泣きそう><
窓の外に何かユラユラ動いてる。

マンションで寝室が玄関通路に面していて、スリ硝子になってる。
窓を開けた際の目隠しに、外には簾を取り付けてある。
二時頃に友人のメールで目が覚め、ふと窓を見たらカーテン半開きなのに気付いて・・・

通路はすごく響くので、人が通る際は足音や衣擦れの音がするくらい。
なのに何の音もなく、黒い影が動いてる。
今、寝室見てきたらまだ居る?様子。

影になるような木等はないし、玄関のレンズから覗く勇気もない。
それどころか窓にさえ近づけないんだけど。
眠くても気になって眠れないし、朝まで待つしかないのかな?
通報したくても、瞬間的に人じゃない!って察するレベルでどうしたもんか。

因みに似たような話が↑にあるけど、まったく別。
今の現状です。



979 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 04:27:20 ID:jDe8A67+0
別の部屋で休んどいて、明るくなったら確認すればいい。
戸締りだけは忘れずに。


980 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 04:46:45 ID:SCNW+G0LO
>>977
怖いですね


981 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 05:05:13 ID:HpsoQXoZ0
私は身長160cm体重43kgバスト83cmウェスト58cmヒップ82cm太もも44cmふくらはぎ29cm足首18cmで、
美人な部類に間違いなく入ると自分でも思うし、客観的に見て実際に複数の男性に
生で見て「綺麗」とか「可愛い」って言われる美人なんですけど、
関西弁のキモメンデブに、私がそのキモブタモイに好意を持っていると勝手に勘違いされていて、
ストーカー行為を未だにやめないのでキモいです。
しかも居住地が私の家と離れているので、ストーカー行為(振られた腹いせからの嫌がらせ)は
キモブタモイ自らがしないで、私の家に近い人に代理でやらせているので、
ハッキリ言って性質悪いしキモイデス。

982 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 05:10:03 ID:HpsoQXoZ0
>>977
全然怖くないけど
977のほうがキモイし怖いです

983 :シラス:2010/03/09(火) 05:17:25 ID:/UpFKBPsO
>>981
で、オチは?

984 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 05:21:41 ID:HpsoQXoZ0
>>983
これは実話であり、オチ等入らない話ですけど。
>>1に書かれてある【重要ルール】に「オチが必要である」と書いてないし、
要らないんじゃないですかぁ?

985 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 05:43:57 ID:ttFR9DHKP
>>981
海外にいる俺に言わせれば、>身長160cm って、チビ、
せいぜいロリコン向け体形 なんだが

986 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 06:03:00 ID:3Z/EEjCt0
さっきの書き込みから、しばし考え・・・
幼い子供もいる為、念を入れて通報した。
「2時ごろから、外に人が居る様で確認はとれないけど気味が悪い。子供も居るし巡回お願いします」
と。
緊急な事態か聞かれ、戸惑ったけど
「玄関通路に面した寝室で、その窓の前にいるような感じです」と説明。
「すぐに向かわせます。戸締りをしてお待ち下さい」
そんなやり取りの後、10分もかからないうちに来てくれた。
詳しい状況説明をして、異常がない報告を受けた。
自分も一応通路を確認。
でも、窓の外は50cm幅の棚があったのに今更気付いた。
中からその影を見ていた感じでは、窓開けたら鉢合わせするんじゃ?と思うほど近かったような。

何とか朝も迎えたので安心だと思うけど、得たいが知れなくて余計怖いです。



987 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 07:57:47 ID:EwfUdTW90
>>981
これってもしかして林先生コース?

988 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 09:56:22 ID:OZLGPZLc0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛ぽ

989 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 10:09:50 ID:HlPnNFcf0
きのうは金縛りひどかった。
でも真性包茎が少しむけるようになってた。(金縛りのおかげ?)
あと少しで仮性になるか?
がんばれ!俺!

990 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:08:01 ID:SCNW+G0LO
>>988
おはようございます

991 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:08:48 ID:SCNW+G0LO
>>990
頑張ってください!

992 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:13:48 ID:yQGB/83e0
992

993 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:14:39 ID:yQGB/83e0
993

994 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:15:47 ID:yQGB/83e0
994

995 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:17:51 ID:SCNW+G0LO
>>135

>>136

>>137

>>138

>>139

>>140

楽しそうですね

996 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:22:42 ID:BPmVy+1C0
996?

997 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:23:04 ID:SCNW+G0LO
>>206
他人を見下して面白いですか?

>>222
今何歳ですか?

998 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:25:00 ID:SCNW+G0LO
>>299
他人を見下して面白いですか?

999 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:26:44 ID:SCNW+G0LO
999ならん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛を叫んでいる方が次スレに降臨


1000 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 12:27:35 ID:xLQBAw9y0
ん゛ん゛〜ん゛〜〜う゛う゛う゛〜゛ん゛

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

381 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)