5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【今夜】百物語2009本スレ【恐怖】

1 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 20:55:23 ID:gEaTYGt40
2ちゃんねる 2009年夏 百物語ルール

百話目終了まで、このスレでの雑談はご遠慮願います。
語り部の受付・雑談は下記の専用スレをご利用下さい。
受付スレhttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1247839800/
雑談スレ

よりオカルティックな雰囲気をお求めの方へ
百物語蝋燭カウンターhttp://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/19455.zip
製作者:企画スレ>>438さん パス:oka

【全体ルール】
○気分が悪くなったり、変なものが見えた際には後述のお守りなどを利用してください。
○常時age進行です。
○語り部参加してくださる方、大歓迎。まずは後述の【語り部ルール】をご覧下さい。
○怖くてトイレに行けなくなりますので、事前に済ませておいてください。
○万一天候の悪化で雷が鳴り始めた時は、自分のPCを守ることを最優先してください。


451 :とっぴんぱらりのぷぅ ◆6u80XaUi9c :2009/08/08(土) 03:16:49 ID:sBZbMLN60
第72話【 神隠し未満 】 [ 1/3 ]

稲荷さんに行った。
午後1時頃、最寄り駅で電車を降りる直前。

「パァン!」

音がした。

左手にしていた、さざれ石のアクアマリンの数珠が弾け飛び散った。
ガラガラの車内。ほかの乗客が振り返るほどの音で。
どっかにひっかけた、って思った。
ちょっと緩めの糸周(いとまわ)りだったし。

ちょいと坂道になっている門前町を抜け、
強面(こわもて)のお狐さんの像を過ぎ、
願いの行方を占う石のある辺りを抜けて、
奉納された鳥居がずらりと並ぶところまで。

延々と続く丹塗り(にぬり)の鳥居。

見えない。
見えるのは、朱(あか)。 朱(あか)。 朱(あか)。


452 :とっぴんぱらりのぷぅ ◆6u80XaUi9c :2009/08/08(土) 03:17:29 ID:sBZbMLN60
[ 2/3 ]

立ち並ぶ鳥居の中を歩くものたち。

…足りない。

ああ。
音。
音か。

静寂(せいじゃく)が広がる。

「ここ、進んだら出られないなあ。」
「あの、二股に分かれた所。あの手前から完全に”ちがう”ところだ。」
なんてフッと思って。

途中、鳥居の隙間から左手に原っぱが見えた。
おあつらえ向きに古びたベンチまで置いてある。
急にそこに座りたくなった。
無性に懐かしくて、小さい頃に戻ったような、守られる感覚。
「座らなきゃ、座らなきゃ、座らなきゃ。」
「座ったら戻れる」って。
座ったら、妙に落ち着く。カバンの中からフルーツサンドイッチを取り出し、食べ、
ぼーっとして、山を背に流れる雲を眺めて。

気が付いたら午後4時をとうに回ってた。
3時間弱、そこに何もせず座ってたわけだ。
「ああ、もう、いいか。」そう思って、お山は登らずに引き返した。


453 :とっぴんぱらりのぷぅ ◆6u80XaUi9c :2009/08/08(土) 03:18:10 ID:sBZbMLN60
[ 3/3 ]

社務所の辺りにきた。ざわめきが広がった。
 「音」が戻った。

あたかも朝に、いきなり幸せな夢の中から、かーちゃんの
スピードの乗った踵落(かかとおと)しで
優しく蹴り起こされた時と同じ覚醒感。

 ― 弾き飛ばされたのは、数珠ではなくて、自分だったのかもしれない。―


山にこもる趣味の知人に、そう、話したら
「ああ、お前とは合わないからだろ。よかったな、持ってかれなくて。
 前日にお前の神さんにお参りしておいてよかったな。
 異界だよ、あそこは。今もな。力がある。
 話(ナシ)つけてくれた神さんにお礼言っておけ。」
と事も無げに言われた。

案外、神隠しって身近なのかもしれない。

【 了 】

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)