5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■□■ 宇宙NOW! 3 ■□■

1 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 11:25:40 ID:UCBl0mZj0

宇宙NOW!
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/

過去ログ
■□■ 宇宙NOW! ■□■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1224419282/

■□■ 宇宙NOW! 2 ■□■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1236522206/

2 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 11:32:50 ID:5Y+FqT030
2ニンニン

3 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 11:39:09 ID:uvNd8FD70
3 サンタルチア!

4 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 14:19:43 ID:yJOV7qDX0
hoshu

5 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 19:01:13 ID:yJOV7qDX0
hoshu

6 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 22:16:53 ID:yJOV7qDX0
hoshu

7 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 00:02:34 ID:yJOV7qDX0
hoshu

8 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 00:05:51 ID:yJOV7qDX0
更新

E.T現る・・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200907210000/


9 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 00:12:12 ID:UWjCoIk60
なんか気の良いE.T.相手にもグリフィンズははっきりと言いますね。
受講していたときも言っていたのですが、
受講生には言えない相当な絶望を持っている感がありました。

宇宙now読むだけでかなりの気持ちが下がるのですが、
その本当の絶望は知らない方がいいんでしょうね。



10 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 00:50:08 ID:SzVa9plz0
宇宙人も地球人も同じ。他人には何も期待しないくらいで丁度良いよ。
強い光を見てしまった者ほど、深い闇も見ることになる。
人のことは、あまり気にしないほうがいい。冷たくも暖かくも、人は人だと思っておくほうが良い。
大きく喪失した愛を取り戻すには、長い時間がかかる。
なかなか癒えない傷は、誰にでもあるものだ。

しかし救われようという気持ちを捨てない限り人類は変わらない。
しかし全部を救おうと思う必要もない。
自分が出来ることだけを、淡々と続けていくほかに道はない。
忍耐強く、出来ることを続けていくしかない。

最後の最後にその真の意味がわかるようになっている。

11 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 01:21:10 ID:CsuKpdiu0
書ける?


12 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 04:02:45 ID:VbwmbXBo0
優しさだけでは人は救えない。
過酷な戦場において、数千万人が死に行くなか、ただの1人を助けたところで、状況は何も変わらない。
それでは戦争は終わらない。そうした事実を知っていれば、辛辣にもなるだろう。
優しさは罪ではないが、弱さだ。そして弱さは罪を呼ぶ。全てはその連鎖のせいだ。

俺は一度は滅びた未来から来た人間だから、それがわかる。
ただ一人で頑張っても、やれることは、たかが知れてる。
結局、俺が到達した真実とは、そのままで世界を取り戻せないということと、
未来を変えるためには、自ら過去に転生する方法しか残されていないという事実だけだった。

でも、この時代にきたときは、あまりのどうしようもなさに絶望したよ。ここまで酷いのかと。
手のうちようが無い。手の施しようが無い。手のつけようが無い。そう思ったね。
一度ならずとも、人類を滅ぼし自分も消滅したいと思ったことがあるくらいだ。
今でもその思いは、たまに水の底から浮き上がる。
思いは重い。しかしそれを断ち切らなければ、変化には至らない。

13 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 04:16:15 ID:VbwmbXBo0
こういう話をしても、残念ながらほとんどの人間は信じようとしなかった。
そして、今もその努力すらしない者は多い。
そうした愚かさは俺にはどうしようもないし、もはやどうしようとも思わない。
滅びる運命にある者と、そうでない者の間には、明確な境界線がある。
それは見ればわかるは、話してみればなおさらわかる。

誰もが助かるなどという甘い話はない。
もし助かりたければ、自分で這い上がるしかない。
生き残るか否かは、誰かに選ばれるわけじゃない。
自分で自分の運命を選ぶ意思があるか否かで決まる。
沈み行く船から生き延びるためにはどうする?

ただ何もせず、座して天に向かって祈るのか。
それとも浮きになりそうなものを自力で探すのか。

14 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 08:07:22 ID:b0A8niAP0
それは↓ここの古代大戦のヨキアムと同じではないですか。
http://www.medianetjapan.com/2/20/lifestyle/mitwirkende/neuemensch/kotoba/filename.html#taisen
優しさも誠実さも時に罪を犯すけど、それは別に弱さではないでしょう。
なんで宇宙人系にはいい加減さというものが無いのか・・・
そういえばここはプレアデス人を否定していたなあ。
リラの敗戦者がプレアデスに移住したのがプレアデス人だったっけ。

それにしても宇宙nowの人も他人の事が自分の範囲内に感じるというのは
つらいですな。
「君の体は君が動かして自分のことを何とかするのだ。おれが動かせるのは
自分の体だけだ。おれがおまえを助けられないのは、神がそのように人間を
作ったからだ。では風のようにさらばだ!」みたいなところはないのですな。

15 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 10:12:37 ID:VbwmbXBo0
極端に見えるかもしれんが、未来を多少なりとも知っていれば誰でもそうなる。
もし自分の家族や友達が、明日事故に巻き込まれると知っていたら、
どんなに能天気な人でも、全力で阻止しようとするさ。
ゲームオーバーを体験したことのある人と、そうでない人の差だと思うよ。
誰でも一度くらいは笑って済ませられるけど、何度も全滅したら、なんだこのクソゲーは!と怒り出す。
まあそういう状態だと思ってあげて欲しい。擁護してるわけじゃないんだけどね。

優しさ=罪というのは言いすぎだけど、優しいだけでは救いきれないものもあるからね。
善良な宇宙人も半分はいると思ってるが、変化をもたらすだけの強い意志力がない。
科学の進歩、進化と引き換えに失ってしまったらしい。
地球人に期待が集まる理由は、その原始的ではあるが、無限に湧き出す意志の力にこそある。

ただ肝心の現代人は、その力に全然気づいていないし、悪用ばかりしとるので、
見ていて非常にイライラするというか、下手糞な奴のゲームプレイを後ろから見てる気分になる。

16 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 13:10:03 ID:VbwmbXBo0
日食に無邪気に喜んでいる人間を見て、ああ彼らはまだ幼子なんだなと、改めて気づいたよ。
子供だけではなくて大人も一緒になって興奮し、喜んでいる。
現代人類の霊的な平均年齢は、だいたいそれくらいなんだなと思った。
もちろんそれは悪いことじゃないよ。
純粋に喜べる心を失っていない証拠だから、むしろ良い傾向。

が、それが持続できないんだよね彼らは…。
奇跡などは毎日起きてるんだが、如何せん感度が低いのか、それに気づいてない。
それに気づけば、天災や事故もぐっと減るよ。

17 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 14:53:27 ID:ZVZexo/a0
たぶん、このままだと同じ結果に行き着いてしまうと思うよ。

どうすることもできないな。

グリフィンズはかわいそうだ。
どうすることもできないのに、

『本当の絶望』を知ってしまっているみたいだから。

18 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 16:24:13 ID:VbwmbXBo0
いいや、流石にそれはないよ。
でなければ転生する意味がないし、そもそもしない。
平行世界はたくさんあるが、見込みがない世界には行かないよw
少なくとも今いる場所より環境の悪いところに行くようなことはない。

逆に「気づかない側」の人間は、今より酷い環境のところに行くことになる。
これは別に天罰とかそういうものじゃなくて、酷くないと気づかないから、
その人にとって気づくことのできるレベルまで、パラメータを悪化させた状態にするって意味。

というか、人の心配をする暇があるなら、少しでも自分のことをしたほうがいいよ。
前スレでも書いたが、パラメータは相対的なもので、人によって度合は違えど
困難に対する向き合い方が重要なので、上辺であろうと親身になろうと、
ことさら相手の苦労に過剰に入れ込む必要はない。
いうなれば、その状態は自分から逃げてることになるから。
自分のことをやっていれば、それが回りまわって他人のためになる。

19 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 16:32:07 ID:VbwmbXBo0
厳しい言い方になるけど、他人のことを「かわいそう」なんて言ってるうちは、
まったく進歩してないと言わざるを得ません。

他人の宿題の多さを見て同情してる間にも、自分の宿題は秒単位で山積している。
相手はそれをやりこなすだけの力があるから、それだけ出題されてるの。
その人の課題はその人のものであって、生半可に他人が手を出すものではない。
何事も自分の尺度だけで物事を考えたりしないほうがいいよ。

今の自分はどうなのか。自問自答してみるといい。
そこにフォーカスしなければ、何ひとつ解決には向かわない。

俺は俺のできることしかできないし、するつもりもない。
人の荷物を背負えるほど、人は便利に出来ていない。
しかしその弱さこそが、人間の本当の力、強さを引き出すことになる。
無力という力を得られた者だけが、本当の道を見ることができる…。

20 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 16:34:02 ID:VbwmbXBo0
自分の無力に涙を流した経験はあるのか?
誰かを助けようとして、結局誰も助けられない苦しみを味わったことがあるのか?

ないなら、余所見をせずに前に進め。
本当に甘ったればかりだな人間は…。

21 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 18:54:59 ID:/dYhR6Xo0
俺は自分が無力で知性もない愚か者だって自覚してるから人の役に立とうなんてこと思いつきもしない
だから人の苦しみに目が行ったりましてや助けようとするだけでも十分すごいと思う

ところで「前に進め」っていうけど、何をもってしたら「前に進んだ」と判断していいんだろう?
自分にはここの人たちと違って神様から与えられた使命なんてものもないし、特にやりたいこともない
宙ぶらりんの状態で毎日を無為に過ごしている。自分で考えろと言われるだろうけど一体どうしていって
いいのか本当にわからない

なんかハイレベルな中でポツンと初歩的な疑問でごめんなさい



22 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 19:10:35 ID:VbwmbXBo0
すごく単純な話だよ。
かのマザーテレサはこう言った。

「私たちは、この世で大きいことはできません。
小さなことを大きな愛をもって行うだけです」

あれほど多くの人間のために生きてきた人ですら、自分は無力だと言った。
人間がひとりで出来ることは、ごく限られていて小さい。
でもそれに対して真剣に取り組むことはできる。

君にも大切な人はいるだろう。
家族、友人、恋人、少なくとも自分一人ということはないはずだ。
ケンカが耐えなかったりするなら、まずその人たちと楽しく過ごすことを考えればいいし、
その人が苦しんでいたりするなら、力になることを考えればそれでいいんだ。
遠くに見知らぬ人のことを思い悩む必要はないよ。
その人にはその人の大切な人が、ちゃんと手を貸している。

目の前にあるはずの問題を、遠くに置かないことだ。
ネットは人と人との距離を縮めたように見えるが、それは幻だ。

23 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 20:01:07 ID:/dYhR6Xo0
なるほど。
自分には家族はいるけど、友人や恋人は一人もいません。2chでいう孤男ってやつですね
魅力が無さすぎるから人が集まってこないんだよね。エネルギー不足でいっつも疲れた顔してるし話も面白くないし。
それでも別にそれが嫌ってこともなくて周りの人は特に問題なく楽しく仲良くやってるように見えるし
俺を邪険に扱うことも無い良い人たちだし。

家族も大の仲良しってことはないけど、別にいがみあってもない
解決すべき問題があれば、やっぱりそれを解決するのが前進するってことなのだろうけど
問題がないと本当にどうしていいのか・・まあ友達がいないってのは問題なのかもしれないけど
まあ問題を見つける眼がないだけかもしれないけど。

でも苦しんでる人がいたら力になることを考えればいいんですね。ありがとうございました





24 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 22:28:53 ID:VbwmbXBo0
邪険にされてないなら、魅力がないわけじゃないよ。
むしろ有り余っているからこそ、普通の人には近寄りがたい雰囲気を発している可能性が高い。
エネルギー不足なのも、この邪悪な地球に居れば、当然そうなる。
とにかく他人から吸い取ろうとする人間が多いからね…。
エゴが極端に少ないから、それをベースにした話題が少なくなるのも、同様に不思議なことじゃない。
今の社会はエゴが強い人ほど、話題が豊富になるけど、それは本来おかしいことなんだ。

俺も昔からいた友達は、ほとんどもう交流がないよ。
目指すものの方向性が違うし、それぞれ好きに生きたほうが健全だと思って、なんとなく離れていった。
でもそれでいいと思ってる。いがみ合ってないなら、すでに成果があるってことだよ。
もう少し自分に自身を持っていいと思う。

まあ、俺たちみたいな外来種は、在来種のなかでは異質な存在だから、
このおかしい社会で生きてること自体が、相当つらいことなんだよ。
偉そうなことを言ってるけど、本音を言えば俺もかなりしんどい、弱音も吐きたい。
誰からも評価されないかもしれないけど、人類の進化を見届けるまでは死ねないんだよな。

25 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 22:37:44 ID:VbwmbXBo0
というか、君にすっかり毒気を抜かれたよw
困難の中にありながらも前向きになるという、一番肝心な部分を忘れかけてた。
思い出させてくれてありがとう。

一人で背負い込む必要はないとわかっていても、
心のどこかでそういう気持ちが残ってるのか。
まったくもって自己紹介乙だな俺…。

26 :本当にあった怖い名無し:2009/07/22(水) 23:27:06 ID:/dYhR6Xo0
いやいや俺はそんな人間じゃないですよ
エゴがないっていうけど、確かに名誉欲とか物欲とかは弱いほうだと思うけど
食欲や性欲はだいぶあるほうだし。
食欲はまあしょうがないとして性欲がなあ・・・

どうやって前進すればいいかわからないみたいなこと書いたけど、まず性欲ぐらいは
コントロールできるようにならないと話にならねえなあと思うのでとりあえずそこから頑張ってみようと思ってます
性欲ごときコントロールできない人間に魅力があるわけがない



27 :551改め蓬莱:2009/07/23(木) 00:40:40 ID:w06vjaEQ0
滅亡した未来から来たとか言われてもなぁ。
まぁ話1万分の1くらいで聞いておく。
つまりは話を正しく伝えるには1万倍の労力が必要だよ、ってこと。

28 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:11:10 ID:YEH9TGsm0
 人はパンのみにて生くるにあらず、とのたまって弟子とワインを飲みながら
宗教談義していたかの高きお方ではあるまいし、地球に生まれたからにはパンだパン。
ぱんぱんぱん。

 そこの宇宙人、きちんとぱん食ってるのか?
「何もできない」だの「どうしようもない」を言う前にぱん食ってるのか?
ガブッと一口、うまい!があれば人生それで良いではないか。
全員がそういう態度ならなお良し。

29 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:29:16 ID:VGm0MvSt0
自分は何者だとかどっから来たとか、
その確証は誰が保証するの?

30 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:41:35 ID:/rakZja70
ちょっと参加。
私は人類には絶望はしてないよ。人が地上で極悪になるのは、
社会を構成している状況で、飯を食わなくてはならない奴隷状況に置かれているから、と見ます。

衣食足れば礼節を知る、というのが、魂の奥のところではあると思う。
よって、神は地球を見捨てていない、と推察してます。


31 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:44:42 ID:/rakZja70
季節は美しい。自然はとても見事な美を呈している。
そうした中で、植物は静としての美を、動物は素直さとしての美があるとして、
人間においては、自由意志と欲望を与えられ、その中において、自己の力で
どのように美となりえるか。

神の期待はそこにあるように思います。
意志と欲望あるものが、美になるのは、基本的には難しい。
地球人の「自我」、「我欲」というものが強い状況においては。


32 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:46:10 ID:/rakZja70
アシタカ聶記
ttp://www.youtube.com/watch?v=ILTwqQoqMFk&feature=related


33 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:48:51 ID:0TvleSWp0
そんなもん誰も正しいかどうかなんて証明できないよw
こっちからみたら未定の未来なんだから、正しいもくそもないわな。

ところで子供の頃に自分で書いたノートを発見したんだが、それが面白かったよ。
物語というか未来の日記みたいだったんだけど、マンガと文章がごちゃまぜに書かれたノートだった。

2014年と記された年代や、すでにネットが存在したこと、人間そっくりのロボットがいたこと、
自分はセグウェイのような乗り物に乗っていたこと、世界は壊滅的打撃を受けた後だったこと、
家族などはすでに居なくて、友達と共同生活していたことなど、妙に詳しく書かれてた。

今の今まで完全に忘れてたけど、当時はそれを自分で思いついた物語だと思ってたんだよね。
でもこれは明らかに未来からのチャネリングなんだろうな。
書いたのは20年以上も前の話だし、ネットなんて当然なかった時代だ。
その2014年という年代が、いまや妙にリアルに感じる。

34 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 01:56:33 ID:0TvleSWp0
読み返して妙にリアルだと感じたのは、木造などの建物はほぼ全部なくなっていて、
自分が住んでいたのが、近所にあるNTTの中継所(鉄筋コンクリ)だったというところ。
その当時に脳内で見た風景も鮮明に覚えてるよ。
住宅があったところは、ほとんど全部雑草が生い茂ってて、草原みたいになってた。
高速道路も崩落したり、倒れたりしてて、道路もアスファルトがデコボコだった。
インフラはいちおうあったらしいが、人口がものすごく少なかった。

ネットがなかった頃に、自分はPC端末を使ってネットに繋がっていたし、
「ネット」という言葉が既にノートには書かれてたのには驚いた。
NTTの中継所というのも、ネットに接続する環境としては、納得がいく。
子供の頃の話だから、バイアスはある程度かかっているにしても、
脳内で見たままを書いてるわけだから、それほど誤差はないと思う。

その頭の中に沸いてきた変な物語は、面白くてしばらく友達に見せたりしていたけど、
ある時期を境に、いつの間にか頭の中からいなくなってしまった。(ノートもそのとき押入れに封印)

35 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 02:03:31 ID:0TvleSWp0
けどそれが事実かどうか証明しろと言われたら無理じゃね?
だってこの時間軸では、そんな未来にはならないのは分かりきってるもの。
異なる平行未来世界の自分が送ってよこした、メッセージの残滓でしかない。
どんだけ正確に描写できたとしても、その未来は選択されなければ、ただのリアリティのあるSFだぁな。

重要なのは、どんな可能性の未来があるのかってところだけだと思うね。
少なくともおかしくなってる未来は、選択肢から除外したいし、
もし過去の自分にメールを送れるとしたら、俺はそう意図して送るよ。
過去の自分が気づいてくれるかどうかは賭けだけど。

36 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 09:33:02 ID:8S0CFH220
続き・・・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200907160000/
今世紀は・・・・・? - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200907200000/


この最近の2つの記事なんだけど、
日本が変化の先駆けみたいに言われているけど、
何が計画されてるのかな?

37 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 12:38:48 ID:HUns62FN0
冷静に考えてみても、この20年で時間が加速しているのを裏付けるかのような
技術の進歩があるよね。
40才代の親の年代ではテレビも全家庭になかっただろうし、下手したら電話も
なかった時代だ。
江戸時代から昭和初期まではここ10年のような劇的な技術の進歩はなかった。
いや、平安時代から江戸時代までの何百年間も大して変わりはない気がする。
なぜ10年(20年)で急に技術だけが進歩したんだろう。

38 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 15:01:16 ID:IVG+g3gS0
進歩したっていうより、させたって感じだと思うよ。

高度成長期からバブル期にかけての人間というのは、
物質社会の申し子みたいな人たちで占められていた。
それは敗戦後の日本国を建てなおすために導き入れられた、
期間工のような位置づけなのではないかと。

「問題がある奴はもう地球に生まれてこなくなる」と言ったのは、
以前は問題があってもエゴの強い人間を優先的に入れてたと思うんよね。
どうやら出入国を管理してるのは神界みたいだから、そう考えるとすべて合点がいく。
俺らみたいなエゴの薄い連中では、とてもじゃないが国を復興させたうえに、
さらに技術水準までもトップまで引き上げるなんてことは到底無理。

39 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 15:11:54 ID:IVG+g3gS0
で、技術や生活レベルがある水準まで達したところで、期間工の募集は打ち切る。
次の段階に進ませるために、それにふさわしい人種の入植を促し、
物質的進歩最大の副作用である強いエゴを持つ人間の数を抑制させる。

そのようにして少しずつ人間を入れ替えてゆく計画なのだと思う。
こうした計画を人間の視点であけすけにしてしまうと、大抵の人は拒絶反応を示す。
「俺は単なる使い捨てかよ」と感じるからね。だから宇宙人なんてのは、お茶を濁してごまかす。
宗教家なんてのも、物質文明成熟までの間の、難民受け入れ施設の管理者として働かせ、
あえて”回収”せずに置いてあるはず。時期がきて本当に必要なくなったら、無慈悲に取り除かれる。

計画というのは、もともとそういうものだ。

40 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 15:19:15 ID:IVG+g3gS0
これ人間種全体としての進化を促すためのものであって、
個人を救済するための計画ではけっしてないということ。
自分が助かりたければ、自分でエゴのコントロールをしなければならないこと。
エゴは減りすぎてもいけないし、増えてもいけない。さじ加減は自分でしなければいけない。
いままでは管理者にしか与えられていなかった権限の一部を、人間に譲渡することを意味する。
2chでいうなら、板を追加したり、削除したりする権限を一般ユーザに与えるということ。

このやり方は、自立した人にとっては自由度だと感じ、
依存心に満ちた人には、とんでもなく無慈悲だと感じるはず。
それだけ計画者は今までにないほどの、難易度の高い管理システムを想定しているわけだ。
そして地球人には、それを期待している…。

41 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 16:13:50 ID:8S0CFH220
なるほど、一つの例としてストックしておきます。

自分は宇宙now読む前は、神との対話が心の支えでした。
すごくやさしい神、しかし甘い。
そして神のイメージはその神との対話の神でした。

しかし、それではうまくいかないとある時気づく、
それでも気づいていてもなかなか根を下ろした概念は中々払拭できない。

そんなこんなで、次第にそれと距離を置いてきて、
ある時、宇宙nowを読み始めてこういうなんかこれまで精神世界での甘くやさしいものとは
別の宇宙観を知り、たしかにこれまでの甘い概念で果たして上手くいっただろうか
などと考えだんだんそれからは離れられることができました。
しかし、宇宙nowは、ネット上での逆にあまりにも闇とかとてつもない厳しいサイトとは
別にある程度はバランスはとれていると思います(グリフィンズは真ん中やや下がり目だと思いますが)

強烈だったのは、死神に関する記事でした。

またまたミーハーついでに - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200805060000/


42 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 16:18:02 ID:8S0CFH220
>彼女のドラマに出てくる霊はまだましな方の部類です、つまり、話せば、説得すれば分かる
>段階の人々です。そう、浮遊霊の時間が長いと、自身の記憶も忘れ、悪霊化していきます。
>姿、形も徐々に崩れ、人間の体を為しえなくなります。
>最後には本物の「死神」に処理され、消滅させられてしまいます。


この最後には処理され、消滅させられるというところです。

神との対話や他の精神世界が脳内を支配していたときでは
これはとても受け入れられるようなことではなかったと思います。

>>40
なので、

>これ人間種全体としての進化を促すためのものであって、
>個人を救済するための計画ではけっしてないということ。

これも一つの実験に過ぎないと思えば
あまり外部に期待することももうありません。
何も希望がなければ少しでも自分でできる範囲で
やっていこうと思えるので、最初に淡い期待などもたせない方が
返って良心的だなとは今は思います。


43 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 17:28:57 ID:YEH9TGsm0
なんで上宮さんは相手が宇宙人というだけでつっかかるんだろう。
レイ・チャールズにはつっかからないのに。
映画監督とか、そういうタイプの人にはなぜか甘いのな。
師団長みたいなタイプの人はキライなのかね。

44 :逆シャルゼ:2009/07/23(木) 17:51:43 ID:rsLq1b36O
^^

45 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 17:59:58 ID:IVG+g3gS0
実績を残した奴には敬意を表し、口だけの奴には辛辣なんだろう。
まあ突っかかること自体が、言い方は悪いが、受け手としての芸風になる。
アクセスしてくる側も、わざと言わせてるというのもあるだろうな。

>>42
消滅ってのは無慈悲にも見えるけど、実は救済でもあるよ。
もともと全てのものは宇宙から生まれ、宇宙そのものであるわけだから、
消滅するということは、宇宙そのものに戻されるという意味でもある。
その上でまた新しく生まれてくることはできる。
全てを消すかわりに、負債もチャラにするという意味では、究極の救済だね。

46 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 20:02:59 ID:8S0CFH220
なるほど、だったらそれも悪くはないですね。

日本神界が出入りを管理しているのは
上宮さんの本でも書いてありました。

47 :本当にあった怖い名無し:2009/07/23(木) 23:30:57 ID:1HPxXr2pO
前スレの>>974です。
なんだか、自分が知らないうちに「計画」とやらを実行していたんだと自覚した。。。
確かではないかもしれないが。
仕事を楽しく、辛いことでも見方を変えて、やりたいことを自由に表現していたら…
次々と退職者が。
理由は「自分のやりたい仕事に就くため」
計画とは、操作された環境に刺激を与えて変化を起こせってことだったのかな。
勘違いだったら恥ずかしいけどね。

48 :本当にあった怖い名無し:2009/07/24(金) 00:46:16 ID:avmROG8l0
984 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 12:50:40 ID:JucOTr5bi
いわゆる「遺伝子操作」を受けてないってのは、生まれつき極性統合できてるってことなんじゃないのかなぁ。
ハードウェアの運用上の問題をクリアした新OSみたいな。

例えばチャネリング業界ひとつみても、宇宙系が好きな連中は理知的過ぎるし、光だのなんだのが好きな連中は感覚的過ぎる。
どっちもノイズ混じりで手探り状態なんだから協力すれば違う風景が見えるかもしれないのに、現状では対話もままならないよね。

遺伝子操作がなかったら、どっちの話もスムーズにできたりするんじゃないかと思うなー。


----------------------------------------------------------------------

現実重視の宇宙系が好きな連中には、愛と光のスピリチュアルワールドは、
いかにも「幻想」という認識があると思うんだけど
その幻想が”現実に在る”ってことを認めることが、この2極の統合なのかな
なんだかよくワカラン。


49 :本当にあった怖い名無し:2009/07/24(金) 00:54:42 ID:162tsj1M0

>>41読んでいて、いま、参照先読みましたが(去年一度拝読済み)、
ミディアムさん、やさしいですね。

宇宙nowさんは、裏切られて殺された、ということなんでしょうかね。
それなら、そのショックは魂にはっきりと残るでしょうね。人間不信なの
も無理はない。

その発信されるところの情報が真実である、という場合においてのみ、と
いう前提はありますが、私には、宇宙nowさんは、愛を実践されている、と思います。

こうした情報を待っていた人が多いことは想像に難くありません。そうした
人は自信を持てるでしょう。

でも、自身、宗教派なので、宗教自体の良い部分、あるいは、宗教自体、に
ついては、将来的にも消えることはない、と思います。

私の伝聞で聞いた話だと、日本神界としては、やはり、あの木造の建造物として
の神殿が、世界に建立されることを夢見ている、とは聞いたことがあります。



50 :本当にあった怖い名無し:2009/07/24(金) 01:02:15 ID:162tsj1M0
計画ということについては、宗教派としてはたいていよくがんばっても
このように考えているのでは、と思います。

・集団としての人間個々人の意識の底上げ

・人類に方向性と自由を与えた場合の文明の結果の観察

・あるいは、宇宙全体の進化のために、思考する生き物、センサーとなる
 人類をよいよい性能、性質的にも安全なものにする。


そうしたことの前提としては、創造者たる宇宙意識の喜び、あるいは、楽しみ
現場レベルの担当の神様たちとしては、人類の堕落状況についての心配と苦労

創造者レベルからすれば、現場レベルの神々の意識の向上をも考慮に入れられている。




51 :本当にあった怖い名無し:2009/07/24(金) 17:36:45 ID:yCogeWKQ0
ふと思ったんだけど、欲が強い人っていうのは、愛が欠乏してる状態なんだろうね。
それを補おうとする気持ちが欲となって働いてる。
愛が足りないから、物で補おうとしてみたり、人を支配してみたりする。
なんとかしてそれを得たいけど、手に入らないから、求める大きさが膨らんでいく。
でも愛は愛でしか修復できないから、代用物では無理なんだよな。

欲がなかなか消えなくて困るという人は多いけど、消そうとするんじゃなくて、
その原因を探し出して解決するようにすれば、そのうち欲は無くなっていくと思った。

52 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 13:39:54 ID:hDO3EUpi0
欲=悪では結してない。
物質社会でもうまくやっていくには絶対必要。
逆に、ボランティアばっかやってても、瞑想ばっかしてても、精神世界系のHPばっか見てても、このスレにレスばっかしてても、進歩がない。

ようはバランスでしょ。

53 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 14:03:41 ID:HwIofnqR0
愛が足りなくてかわいそう、なんて言ってると「じゃあくれくれくれくれ。
お前の持ってるものを全部くれ。おれのために一生働け、遺産も全部よこせ、
おれの言うことは全部YESと返事しろ。さあ愛してくれ」になる。

54 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 15:07:37 ID:HEhCsokM0
(宗教派独善的解釈です、ご容赦)

「欲」とは、基本的に(その存在にとって)必要なものを示すもの、
と推測することもできる。

しかしながら、この場合、人間においては、知足(宗教用語?)を
知らないがために、余剰な「欲」を達成しようとしてしまう場合が
多いとも言える。

ここが、人間としての醍醐味で、自身の意志により、自分自身の形態
を変えてしまうこともできる。

欲深き人は、さらに欲深き人へ → 肉体を脱げば、怪物のようにもなるのかな?

欲なく心清い人は、さらに高みを目指す → 魂は、自由意志を与えたときに、
                     最高度に進化することも可能となる


問題は、人間の「自由意志」、かと。
その前には、自分自身をどのように規定しようか(良い存在となろうか、がむしゃら金持ちでいい、か)、という願いがあるべきか。

さらには、自分自身を客観的に見ることができる、という能力を有しているか。
あるいは、肉体、すなわち、自分、死ねば終わり、で終わっているか。



55 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 15:38:16 ID:9tl70P0z0
>>52
俺は少なくとも何度もそう言ってる。
空ばっか見てると転ぶし、地面ばっか見てると鳥の生糞が頭に落ちてくる。

>>53
かわいそうなんて思う必要はないよ。
愛は自分で作り出すものだし、それが理解できない人には近づく必要もない。

56 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 15:43:12 ID:9tl70P0z0
欲ってのは生命にとっては推進力だから、ゼロになってしまうと人間の場合、死を意味する。
心臓が動いてることも、欲というエネルギーを元に動いてるからな。
でもそれが過剰になると、色々と問題が出てくる。

動物は欲の容量が必要分しかないから、そのときに必要な分だけ使って活動してる。
ただ、人間と一緒に暮らすようになると、人間に感化されて欲の幅は広がるみたいだな。

57 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 15:48:20 ID:9tl70P0z0
つか何にも理解してないようだから、仕方なく書くけど、
欲=悪なんて、最初から一度も書いたことはないよ。
読まずに適当にレスするのはいいけど、それは自問自答の箱から出てないことになるぞ。

欲が良いとか悪いなんていうレベルの話は、既にしていない。
それをコントロールできない人が、どういう理由でそうなっているかのメカニズムについての話だ。

ここにレスしてばかりとか、極論すれば、そういうのもただの嫉みだよ。
少なくともそれが必要だからしているだけだし、無駄だと思ったら見ないし、しない。
自己不満を他人にぶつけたいのか、本当に意見を交換したいのか、
それをよく認識してから書き込んだほうがいいんじゃないのか?

どっちにしても困るのは自分だ。

58 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 15:59:35 ID:9tl70P0z0
自分の不出来は自分のせいであって、他人のせいではない。
不満をバレないように加工して人にぶつけても改善はしない。
そしてぶつけられたほうは不愉快にはなっても、それでレベルが下がるわけではない。
ならば時間の無駄だろう。それとも死ぬまでウンコボールを投げ続けるかね?
まあ、それは自由だが…。

ただ、そこを克服できなければ次の段階はない。
俺はそう思ってるから、どう言われようが努力を続ける。
できればこのスレくらいは、皆そうあって欲しいもんだが、まあ期待はしない。
期待などというものはただの甘えだからな。

59 :更新:2009/07/25(土) 16:44:12 ID:yl4RNwd20
謎・・・宇宙NOW!-楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200907250000/
弟子ブログ〜人間って弱いから集団を作るの?
http://plaza.rakuten.co.jp/seadorive/diary/200907200000/


60 :本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 16:51:55 ID:X1nkYtKK0
最近更新ペース速いな。

>先々の不安にばかり目が行って「今」が見えていない・・・
>現状を「今」に固定しなければ、本来の性能は発揮出来ないように出来ている
>それだけだ。


上宮さん(グリフィンズ)の本にも同じことが書いてあった
基本は今だと。


61 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 00:22:17 ID:J7ACBnkU0
7/10から自分の中で、何か変わった。
なんというか安心感というか、あまり心配がなくなってきた。
もうこれでいいんだと。そういう感じにいることができている。

62 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 00:25:07 ID:J7ACBnkU0
訂正
7/21から。

63 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 00:32:27 ID:J7ACBnkU0
そうそう、解散だよ。
別に民主党中心政権になっても自分にとってよくなるかどうかは長い時間がたってみないとわからないし、
より悪くなるかもしれない。それに対する期待はしていない。

だけど、なんというか少しばかりだけど、変化を見届けることができるだろう
ということで、もう残り1割ばかり残していた人生に対する執着もなくなっていった。

またお叱りを受けるかもしれないが、
ただ動かせない山が動くかもしれないという大きな出来事が
自分が生きている間に見届けることができるかもしれないという
思いで胸にいっぱいに広がってどうしようもない感じなんです。

わかってる。お叱りを受けるのは。

ハーフとはいえ、また背後関係もよくわからないけど、
黒人の血が入ったアメリカ合衆国の大統領を目撃できたこと。

もうこれだけでもなというかもうお腹いっぱいです。

これからこれ以上の変化が来るとか色々ありますが、
もうこれだけのことを目撃できたのだからもう心残りはほとんどありません

64 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 00:52:08 ID:qjiwfsg30
誤爆?

65 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 01:06:31 ID:J7ACBnkU0
誤爆ではないよ。

10代で死ぬはずだったけど、
よくここまで生きてきてこれたことに感謝する。
もう20代後半になってしまった。
ずっと内省してきた暗い人生だったけど、
今はしあわせでいっぱいです。

66 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 02:00:15 ID:qEUJDVwa0
いま、ここに熱中していました

(魔法研究? 幽体離脱の人?)

2012年
http://oobe.sblo.jp/article/27828625.html




67 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 02:07:50 ID:qEUJDVwa0
ここから読み始めました


幽体離脱入門
http://tetramorph.to/oobe/panf/index.html


ただし、魔法(黒いほう?)に興味をもった場合、
その頂点には、ルシファーがいると思うので、あこがれても心の片隅に忘れずに。
(幽体離脱それそのものは問題ないと思うけど)



68 :更新:2009/07/26(日) 21:46:40 ID:qjiwfsg30

少し変な意識が・・・宇宙NOW!-楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200907260000/

69 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 22:57:05 ID:jZ94n6vi0
今回も実は宇宙は統制なんかとれてなくてカオスってるよという記事だったが、
自分は心の奥底ではそれを楽しんでいる感があるんだよね。
まぁ、実際カオスってて困ってる地球にいるけど、
精神世界とかのような統制感は気持ち悪いなとどこかで思っている。


70 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 23:08:46 ID:hZpsBEO20
いよいよ変な時代に突入です。
覚悟しておきましょう。

71 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 23:34:52 ID:sH+EuhUX0
更新はやっ
なんかあるのかな?


72 :本当にあった怖い名無し:2009/07/26(日) 23:56:21 ID:jZ94n6vi0
(1)プレアデスという名前には気をつける。
(2)新入りの宇宙人には気を許さないこと。

73 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 01:41:20 ID:wIqU1L7j0
カオスってるのは地球の物質部分ではなく主に霊界部分なんだろうなぁ。

74 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 12:53:48 ID:cHqiXvwnO
スレがあったことに驚きww
オカルト的なことには詳しくないけど
人生のヒント的な感じでゆるく読んでます。
最近読み始めた新参です。


75 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 15:03:20 ID:6d0pzYVF0
7月もそろそろ終わりで、玉蔵さんの予言は全部外れかな。
遭難、土砂崩れで山のほうが都会より危険だったし。

76 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 15:53:08 ID:JD2mrImP0
地獄の夏とやらもなんだったのか

77 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 17:41:30 ID:eHs9Z7eUO
>>71
夏休みの連休だから更新がはやいのかと思った。。。

78 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 19:01:01 ID:ZKTvZf+l0
最近やたらと時間というか日が経つのが早いんだけれど・・・あっという間に
月曜日とか。
それから昔のこと急にリアルに思い出す。

79 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 21:55:28 ID:vX+32wrA0
そして次は、行楽の秋、鍋物の冬へ・・・

80 :本当にあった怖い名無し:2009/07/27(月) 23:22:52 ID:6Wvl41ve0
宇宙人あんど神々達と管理人さんのやり取りになごなごしてんのは
私だけですかね…。
メシェク爺さんはまるで孫をかわいがるじいじのようなんですけどww

81 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 01:09:43 ID:D9dN6nZe0
だって、その名の通り、爺さんだからだろ?
推定年齢、800〜1000歳くらい?かね。宇宙的には。

82 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 01:12:37 ID:Ui4umG8nO
>>78
全く同意です

83 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 01:50:28 ID:pOYjLZ+80
これ掲載すると、一部の人は、誰かわかっちゃうんだけど。。。(笑)

Camp Rock / Here I Am FULL HQ w/LYRICS
http://www.youtube.com/watch?v=duRC0-17-OE&feature=related


人間の音楽を愛する心に感謝。。。



84 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 01:55:19 ID:pOYjLZ+80

 ねぇ、いろんなことがあるよね。
 でもさ、最後はさ、あきらめない気持ちなんじゃない?

 今日がだめだってさ、
 なに、明日があるさ。

 あきらめないことだよね。
 あきらめたり、元気をなくしてしまったら、
 自分自身で、不利な場所にとどまってしまうんだよ?
 相手に、簡単に負かされちゃうんだよ?




 今日の終わりは、
 明日への希望で終わろう

 今日の敗北の日は、
 明日への希望に変えよう

 今日の最後は、
 明日こその決意に変えよう


 さ、君もいつまでもうじうじしなさんなって。
 

 そんな声が聞こえたりはしないかな。。。



85 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 14:20:58 ID:mj4BIN+C0
勝つとか負けるとか、そういうのもう疲れた。
とか思っちゃう俺はあなたの言う敗者なのかな

86 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 15:09:01 ID:F2E5/vCp0
6月の終わりから7月に入って、また空気が変わった。
水をやたらと摂取したくなり、飲みたくなるのも、お茶やジュースではなく、水。
水に転写された大量の情報を摂取する必要があるからかもしれない。
ネットを見てもそういう人が散見し、どうもこの7月は大きな勝負の月であるようで。

また常に眠いという人もちらほらと見られる。
特に暑いわけでもなく、気温としては適度であるにも関わらず、
眠りは浅く、肉体的な夏バテではない精神の疲れが残る人も多い。
これは眠っている間にも、激しく活動している証拠だと思う。
自分も今までに訪れたことのない次元に行くことが増えた。

87 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 15:14:01 ID:F2E5/vCp0
・黒尽くめの来訪者の尾行(そいつは黄金の羅針盤のようなものを盗んでいった)
・バイオテロに使用されるらしい装置の停止
・天と地に違法に築かれた神殿の捜索と、その邪悪な管理者の破壊
・誘拐された仲間の救出
・白い水龍に取り付いた昆虫型の寄生生命体(機械かも)の駆除

これだけのことを一晩でやって疲れた…。
覚えてるだけでもこれだけあるんだから、もっとあるのかもしれない。

88 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 15:37:27 ID:F2E5/vCp0
グリ氏も言ってたように、今までには居なかったタイプの存在が介入しはじているようで、
俺が夢の中でチームを組む人たちの構成も、今までとは異なったものになっているのが興味深い。
俺はわりとエスピオナージが得意なタイプなので、バディを組むのは武闘派の人が多い。

今回、正体不明の敵に捕らわれた仲間の中に、爬虫人類がいたのは非常に驚いた。
見た目はホームレスのおっさんなんだが、なぜか顔が上下に反転していたので、
治す方法を考えていたら、治す必要はないと言って立ち上がり、
あご(おでこ)の部分に鋭い牙がある、切れ込んだ口が現れた。

最初はこいつも敵かと思ったが、どうもそうではない少数の一派もいるようで、
「このアジトにある食べ物には、異常プリオンが混入されてるから一切手を出すな」
と助けに来たほかの仲間に忠告したりしていた。
(仲間の一人が、腹減ったからと言って食おうとしてたので、トカゲのおっさんが腕を掴んで止めた)
顔はすごく怖いが、冷静で理知的だったのが印象に残ってる。
爬虫類そのものよりも、地球を支配している爬虫類の勢力が弱まった直後がもっとも危険で、
その時点で多くの存在(特に悪質な連中)が地球に大挙するように感じた。

地球が混乱期に突入したのは、どうも本当みたいだな。
この先、どうなるんだろうね…。

89 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 17:42:02 ID:F2E5/vCp0
僕が暗闇が怖くて目を開いたとき、まぶしくて何も見えなかった。それは光になった。
僕は寂しくて誰かを呼びたくて、声を出してみた。それが音になった。
僕は自分が誰かわからなかった。だからみんなを作った。
僕がどんな姿をしているのか、教えて欲しい。

みんな快く僕の周りに集まってくれて、そしてわくわくして、笑いながら散っていった。
きみたちは僕だ。そして僕はきみたちだ。
でもきみたちは、僕のことを忘れてしまうほど遠くまで行ってくれた。

きみたちは光を使って美しい風景を描いてくれた。
きみたちは音を使って美しい音楽を奏でてくれた。
そっか、僕はそういう形なんだね。よく見えるよ。よく聞こえる。

でもきみたちが苦しんで、泣きながら進んでいることに、僕はいま悲しくて涙が止まらない。
そうだよ。僕がそう頼んだんだ。君たちには僕の全てを知るための力を与えた。
君たちは僕の目となり、耳となり、口となり、そして手足になって生きてくれた。
僕はそれが何よりも嬉しい。

けど僕はとんでもないことを頼んでしまったんだね。それがいまわかるよ。
きみは戻れなくなるくらい、遠くまで旅をしていた。旅をしていることすら忘れてしまった。
ありがとう、ごめんなさい。

僕はぼくの手を借りて、きみたちにお礼を言いたいのです。
言葉では言い足りないくらいのお礼の気持ちがあるのです。

僕は宇宙。
きみが名づけてくれたこの名で、きみにお礼が言いたい。

ありがとう─

90 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 17:42:53 ID:F2E5/vCp0
ダメだ、涙が止まらん…モニタが見えんw

ちょっと宇宙と深く繋がりすぎたかも。壊れそう。

91 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 18:06:01 ID:F2E5/vCp0
やっと少し落ち着いてきた。
宇宙の大きさが、どれほど計り知れないのか、かなりよくわかった…。
この出力で常に繋がっていたら壊れると思う。

宇宙が何を感じているのかが全部伝わってきて、正直どうにもならなくなった。
嬉し涙でもあり、悲し涙でもあり、全部を押し流していく感じ。

感謝しているのは宇宙のほうだったんだなと気づいたよ。
いい体験させてもらったけど、いつもこれだと日常生活に支障が出るなw
とりあえず顔洗ってこよ…。

92 :551改め蓬莱:2009/07/28(火) 21:11:40 ID:g+HoeoB60
よくわからんがいろいろあったんだなw

今までのは招かざるお客さんに対応するための訓練なのか?とも思えるし
単なる気まぐれで遊んでるようにも思える。
お客さんの密度も濃くなってるので本格的に動き出すと
誰でも気がつくようになるかもしれん。
濃いレベルで感じられるのは数万人に一人、体調が悪くなるとかは
数千人に一人くらいの感じかな、今は。
もう1桁上がると統計的にも何かでてきそうだね。(何の統計だよ)

93 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 21:17:06 ID:F2E5/vCp0
まあいろいろあったんよw
しかし確かにこれはスゴイ…想像以上だよ。
わかりやすくAAで表すとこういうことだ。

                          チャネリングする前に言っておくッ!
                    おれは今ブロードバンドをほんのちょっぴりだが体験した
                  い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはPCに向かっていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか号泣していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

94 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 21:42:45 ID:F2E5/vCp0
まあ真面目な話をするとだが、宇宙が言うには、
俺たち全員は、それぞれが自分の姿を見るための窓だってこと。
そうして俺たちが見聞きしたものを設計図にして、宇宙が形にする、というニュアンスだった。

言葉にすると、たいしたことない感じなんだが、ここまで凄い体験は今までになかったかもしれん。
普通のチャネリングは、茫洋とした感じで、手が勝手に文章を作り出す感じなのよね。
その状態のときの自分は、感情が全てそぎ落とされた状態になってることが多い。

でも、これは感情レベルというか、感情そのものなんだわ。
なぜ人間に感情が与えられたのか、よーーーく理解できた。
ある意味では宇宙とは、感情そのものなんだとわかった。

95 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:21:26 ID:gXtM5X520
ここの住人さんはチャネラーさんが多いの?
自分は哲学的な感じの読み物として捉えて宇宙now!さん読んでるけど
ちょっとみんなの書き込みが凄すぎてついてゆけなす…。

96 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:28:22 ID:efts5ILO0
>>89 波乱万丈な一日だったせいなのか…号泣した。


>>94 感情… まぬけな質問いーい?

この”宇宙”は、2元性システムの宇宙さんなのかな
それとも、それ以前の意識?

グリフィンズ氏は、
創造主は、この宇宙を作ったまま放ったからしにしてると言った。
やはりそうだったんだなw

97 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:32:15 ID:F2E5/vCp0
>>95
大丈夫だよ。みんな同じだから。
宇宙いわく、チャネリングすることよりも、目の前にある物事から、
できるだけたくさんの物事を感じ取ることが大事みたい。

>>96
自分でもよくわからないんだよね…。
宇宙そのものと繋がったことだけはわかるんだけど、
あまりにも相手が大きすぎて、人間としての認識力程度ではついていけなかったのが本音。
これから、多分ものすごい時代がやってくると思う。

宇宙は、みんなに話しかけたがってることは確かだと思う。
帰ってきて欲しいと願ってる強い気持ちが伝わってきたよ。確実に感謝もしてる。
てか今も読み返していたら、また泣けてきたw

98 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:36:53 ID:F2E5/vCp0
宇宙は、みんなを長いこと放ったらかしにしていたことを、何よりも悔いているみたい。
それがどれだけ残酷なことだったのか、それをやっと知ることができた…そう言ってた。

人間が最後に得る認識は、自分が宇宙そのものだったということらしいけど、
その意味がちょっとわかった気がしたよ。理屈でわかってたことが、体験としてわかったみたいな。
自分がドバドバ流してる涙が、宇宙の流してるそれと同じだなって感じがしたからね。

99 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:42:33 ID:efts5ILO0
>それがどれだけ残酷なことだったのか、それをやっと知ることができた…そう言ってた

てっきり、観察&実験or好奇心のみが目的だと思ってたけど

宇宙が帰って来て欲しいと思い始めたのは、ごくごく最近?

100 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:49:32 ID:F2E5/vCp0
なんか連投すまんね…。

俺もよくわかんないんだけど、それこそ理屈レベルでは、ずっと昔からわかってたみたい。
でも、それが身に染みたのは、ごく最近という印象に感じた。
もしかして、感情がなかった状態から、新たに宇宙自体がそれを知覚しはじめたのかな?
感情のない宇宙人が接触を始めてるという理由も、なんとなく納得がいく。
彼らは宇宙の本質を知りたいのだと思う。もちろん自分の進化の方向性も含めてね。

宇宙は光そして音から始まった─

という言葉から、宇宙との接続が始まったんだけど、それから怒涛の感情の濁流が来たw
これはあんまり長時間だと、たぶん体調を大きく崩すだろうね。ちとしんどい…。



101 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 22:53:11 ID:BNXpvRsM0
もらい泣きした。

102 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:00:53 ID:F2E5/vCp0
>そっか、僕はそういう形なんだね。よく見えるよ。よく聞こえる。

俺はこの部分を書いたときに、最高に爆泣きだったw
宇宙も泣きながら、そう言ってたみたい。
俺はモニタが見えないのに、ほとんどブラインドタッチで書いてた。
それなのに誤字脱字がほとんどない宇宙さんまじぱねーっすw

個人的に重要だと感じたのは

>僕は宇宙。
>きみが名づけてくれたこの名で、きみにお礼が言いたい。

と宇宙自ら言ったことだと思う。
それまでは自分の手足くらいにしか認識していなかった人間に対して、
本当に感謝の気持ちを伝えたがってたのがわかった。
人間は色んなことがわかってなかったけど、宇宙もそれは同じだったのかもね。

103 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:02:00 ID:efts5ILO0
>>100
>ごく最近という印象に感じた。 Σ (゚Д゚) マジで!
時間に換算すると、たぶん、ここ1年以内の事だろうな。

ん〜最近引っかかってた、愛と光の抵抗感から脱出できそうかも…

104 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:11:49 ID:gXtM5X520
>>97
そうかー。それならなんとか…。
自分の手の届く範囲で自分のできる事を、っていうのをモットーにしてたから
宇宙now!さん読んでると、ひとつひとつ答え合わせしてる気分なんだよね。
今のとこ、合っている、という…。
目から鱗も有りつつ・・・。

>>89
なんかちょっとじーんときた。
小さな赤ちゃんみたいな感じがするね。

105 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:24:25 ID:BNXpvRsM0
ずっと規制されてたから書き込めないと思って>>101をテスト的に書いた。

号泣です。そしてすごく癒されている自分がいます。
自分はチャネラーじゃないけど、神(宇宙)の本心なんだろうなって感じるよ。
>>89さん、ありがとう。


106 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:35:03 ID:ITsnXMXC0
俺は胡散臭くかんじちまったなぁ

107 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:36:06 ID:ITsnXMXC0
でも書いてる本人に対しては
胡散臭さは感じない

108 :551改め蓬莱:2009/07/28(火) 23:39:20 ID:g+HoeoB60
うーむ、俺はひねくれてるのか、恐怖感以外の意識操作もやるのかくらいで読んでたよw

俺が考えてた宇宙レベルの意識って、11次元よりも上に存在するため
人間との直接的な接触はありえないと思ってたのよ。
でも、多宇宙論がメジャーになってくると、単一の宇宙はもっと次元が低くて
5次元の上、6〜7次元くらいになるのか?とか思えてくる。
それなら人間との直接的接触もありえるのかなと。

ちょいと俺理論も再考しないと。

>>104
思考の過程でインスピレーションを得られるようになったと感じるなら、
それで十分な成果だと思うよ。

109 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:40:16 ID:F2E5/vCp0
俺自身よくわからんままだからねw
感じたままでいいと思うよ。どこかを疑う客観性も進化には必要なものだと思うし。
実際この先どうなるかも、よくわからんままなんだよなぁ…。
ただなにかが大きく変わったなという気はした。

まあお礼を言うのも、苦情を言うのも、宇宙さんにヨロシク!!(丸投げ

110 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:42:35 ID:efts5ILO0
>>100 人間より宇宙創造主のほうが、気づくの遅いなんて意外すぎw
でも、一緒に成長してるんだなとも思った。
やはり人間は最新型の性能をもってるのかも?


111 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:46:48 ID:gXtM5X520
宇宙かわいいよ宇宙



ていうのはノーテンキすぎかwww

112 :本当にあった怖い名無し:2009/07/28(火) 23:54:24 ID:efts5ILO0
まてよ…宇宙が感情を味わい始めたってことは、
宇宙自身も、故郷へ帰るときが来たのかも…

113 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 00:02:22 ID:D9dN6nZe0
>>108
次元を数学的に捕らえたとしても、3次元以上のn次元には、
必ず “3次元” の切り口は存在するから、直接の接触も、やる気になれば
(やり方がわかれば?か)可能ではないか?と、思ったのだが。
あるいは、その“やり方”を、最近発見したとか?
>>89
夢も希望もない言い方ですまぬが、坂本政道氏曰くところの、
「宇宙は全知全能であると同時に無知無能である」
を、思い出した。

114 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 00:05:21 ID:rMpV3BKd0
なんかブレンパワードを思い出した

115 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 00:11:44 ID:o4IKh58R0
>>85

 いや、そんなことはないですよ?

 どこか、いつか、遠い過去には、同じ宇宙から生まれてきたのかも、ですね。。。


 これ、いい曲です。よく引用してます。

 It's Not Over - Secondhand Serenade
 http://www.youtube.com/watch?v=KT6EBGuoGAA&feature=related



116 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 00:29:41 ID:a3FIuNfs0
ttp://www.youtube.com/watch?v=KYJLO4D5v6I

117 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 00:31:03 ID:fPQzVI4c0
アセンションについて考えたり語ったりしてきたことは
「全て暇つぶしだった。」くらいに思えてきた。

118 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 00:51:40 ID:c4CM88bI0
この宇宙そのものが神の暇つぶしである、という考え方もあるんだが・・・

119 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 01:03:16 ID:9SfuF+87O
俺も同じように感じてた
この宇宙は自分自身を模索してる最中で、未だ幼い宇宙なのではないかと
外宇宙から来た人と話したことがあったが、あっちの宇宙のほうが成熟してると思ったぞ

120 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 01:41:27 ID:o4IKh58R0
宗教派の私が思うのですけどね。。。

心、愛、ということに関して言えば、この地球は、ある意味、最先端でもある、と
思えます。

科学的にはまだ、赤ん坊だとは思いますけど。。。

いま、この地球で学べることは、学べるだけ学んでおいて損はないと思います。。。


121 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 01:44:21 ID:o4IKh58R0
科学は、いつか、どこかで、学校みたいなところで学ぶのでしょうから。。。

宇宙の起源、なぜ、それが発生したのか、させたのか。

それは、科学の問題とは異なる、意志、というものがあるはずかと。
宇宙の意志、それは、悪意でも、暇つぶしでもないように思えますね。。。


122 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 04:20:27 ID:hRYcaMwN0
宇宙自身はわれわれにとって当事者なのか、第三者なのか、それとも裁判官
なのか、ここがはっきりしないのが問題であります。

123 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 10:52:51 ID:fPQzVI4c0
>>118-119
あのさ、授業中に「暇だから漫画書いてるんだ。」って奴いただろ?
その暇つぶしで作画のセミプロかプロレベルまでいく奴がいるわけだ。
暇をどう潰すかってのは重要だよな。

卒業して漫画の道にいくか普通のリーマンになるかは本人の自由。
しかし卒業したら暇つぶしの漫画は許されない。
漫画部もアニメ研究会もない学校で、仲間内で漫画サークルを作ったとしても
解散(実質的には発展的解消)だろ。
漫画サークルに浸かっていたいからといってわざと留年する奴を馬鹿と言う。

124 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 10:55:33 ID:fPQzVI4c0
もちろん、リーマンになっても仕事に差し支えない範囲での趣味の漫画活動はあるだろうけど。

125 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 10:59:43 ID:fPQzVI4c0
実際には、バンドをやりたいがために大学を留年するやつもいる(バンドにかまけて落第か?w)
そのままプロにいけるのはほんの僅かで、とんでもない危険が伴うことにもなる。

126 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 11:54:31 ID:iKkE03rV0
>>122
その全てだよ。
単体独立している人間にはわかりにくにい概念だけどね。

127 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 13:42:24 ID:9SfuF+87O
闇の目隠しがあれば、それだけ成長と進化も早まる
闇が無い一元性の宇宙では、進化は遅々として進まないな
だから、その生命体と惑星に何等かの変化を促そうとするとき
光と闇がある二元性の宇宙へと選抜された者が出張することもある
それなりの能力と技術があれば、別宇宙への行き来は自由だ

地球は分離と固定が明確に現れる
それには凝固という言葉が相応しいな
自分の大元との繋がりを断ち切られ、迷子の子供のような状態で投げ出される
このような場だからこそ成長と進化は早い
それだけの可能性を体現できる場だと言うことだな

128 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 20:49:12 ID:pCX3w6Ia0
おまえら話半分に読んでないじゃないかw
鵜呑みしまくりな所をなぜお互い突っ込まないのだ?

129 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 21:06:48 ID:fPQzVI4c0
暇つぶし。

130 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 22:03:36 ID:bzob8Cmz0
>>128
話半分に読んでる人達が書き込みにくいのかと思われ。
自分は正直宇宙がどーのと言われても毎日の生活でいっぱいいっぱいで
(´・ω・`)知らんがな って感じ。実感も湧かないしね。

でも楽しんで読んでるよ。やり取りが面白いし、宇宙人や天照先生が
「ブログ」「アクセス数」とか言ったりwwあまつさえ宇宙人が
日本式の年賀の挨拶とかされるとおかしくてしゃーないww
まあ向うがこっちに合わせて喋ってんだろうなとは思うけど
それでもおもろいもんはおもろいww

深刻な内容は一旦読むけどスルーするww
今すぐどうもできんしな。

131 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 22:12:28 ID:iKkE03rV0
当事者の側だと、そんな気楽なことは、とても言ってられんのだけどね…。
そんな面白いもんじゃないよ。

「面白い」で終わってしまうのが、大多数の人間なんだろうけど。

132 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 22:17:58 ID:bzob8Cmz0
>>131
そうか…色々と気苦労が多くなるんだろうね。
お察し致します…ってどんなものかも察する事は難しいけどさ。
でもあまり根つめるのイクナイお。

面白いな、と感じれてることは有り難い事なんだろうな。

133 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 22:27:30 ID:fPQzVI4c0
>>132
> 面白いな、と感じれてることは有り難い事なんだろうな。

真剣な暇つぶしが一番面白いよ。

134 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 22:55:37 ID:iKkE03rV0
正直ちょっと(かなり)羨ましいかな。楽しめてるってことがね。
皮肉とかじゃなく、本当に羨ましいんだよ。
つい嫌味な言い方になってすまんねw

宇宙は大事なことに気づけた。それは非常にヨシ。
やっとしょうもないサイクルから抜け出せた。
でも本番はこれからだわなぁ。こっからが大変なのよね…。

135 :本当にあった怖い名無し:2009/07/29(水) 23:48:16 ID:cscTzwNt0
これまで、自分がある程度信じてるチャネラー達が、
宇宙の創造主をチャネリングすると、やはりどんな悲惨な出来事でも、
情報収集と実験、または単純に物語りが「面白いからだ」という
回答であり、人類の進化には特別興味がない様子だった・・。

>>89が真実だとして、
本当に宇宙の心境が変わったのか
これからチャネリングする人々の報告が楽しみなわけだがw

しかし、いくつかの本によると
宇宙的規模で見てる天使など、光の存在のいくつかは
前々から、このような状況を語ってるね…どこまで検証できるだろう。

136 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 00:21:38 ID:LqhnfUiV0
あんまり真剣に取られちゃうとちょっと怖いけど、
>>89を書いたときは、一度も推敲してないし、一度も修正せず一気に書き上げた。
だからというわけではないけど、俺の思考は混ざりこんではいないと思う。
でも本当に宇宙なのかって言われると、俺はそれを証明できない。
まして俺はプロでもなんでもないからね。あんまり自信はない。

ただ、その日に見た夢の最後に、巨大な白龍が俺と家族を飲み込んで、
おなかのなかに現れた幻影がこう言ったんだよ。
「大仕事の仕上げをする前に、よく休息をとっておくがよい」って。
おなかの中は洞窟みたいになってて、寝床や食べ物が用意されてた。そこにいれば安全らしい。
なぜか王様みたいな人物が、聖杯を受け取る映像も見えた。

そこで目が覚めたから、なんだただの夢かくらいに思ってたんだけど、
その日の午後に宇宙らしき存在に繋がったんだわさ。
今思うと、大仕事ってのは、これだったのかなとw
おかげで昨日はすごくよく眠れた。最近よく眠れなかったから、これが一番嬉しかったなw

137 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 00:28:03 ID:u/gEx5z20
>>134
いや全然嫌味だと感じてないからwww
たぶん貴方は今現在の日常の生活を満たす事よりも
宇宙がどうなるかばかりで一杯一杯な印象だよ。
関るのなら多くても腹八分目くらいにしないと
かえってストレスなんじゃないかというのは余計なお世話かい?


なんかどうも人様の深刻な人生相談を聞いて、なんとかしてあげたいんだけど
どうもできない…っていう感覚がするなwww
その舞台が地球内日本国か、宇宙かっていう舞台の違いだけで
やってること一緒っつーかwww

138 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 00:41:18 ID:5yDWKeCQ0
自分で調査できない範囲は、とりあえず鵜呑みであわせておかないと、
話が進まない(苦笑。突っ込もうにもそこまで手が届かないし、確認は
全て後回しで、話だけでOKですよ。

自動書記のチャネラーにこのスレで会えた(たぶんそうだと思う)のは、
なんだかうれしかったりして。自動書記の現物見てみたいよ。
感情がほとんど無い状態というのはトランス・チャネルに入るんだろうなぁ。
そりはどんな状態なのだ!見てみたい!うううう。

139 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 00:47:40 ID:LqhnfUiV0
>>137
その感覚は、すごく正しいと思うよ。実に真っ当だと思う。
人が神の領域に踏み込むとき、何かと引き換えにその力を得るように感じる。
俺は人間としての楽しさ、ある種の欲と引き換えに宇宙の言葉を伝えられたわけだけど、
じゃあ自分がそれで楽しいかと言われると、全然そんなことない…。
そのときは確かに感動はしたけど、結果として自分が得してるのかどうかは怪しい。
チャネラーが必ずしも幸せにはならないのは、そういうことかもね。

叩かれるかもと思って言わなかったんだけど、実は半年くらい前に、
宇宙と繋がりかけたことがあってね、でもそのときは俺が不完全だったみたいで、
気がおかしくなりかけてしまい、神界が強制的にストップをかけたことがあった。
それからかな、神界がきちんと会話の形で話しかけてくれるようになったのは。
でも俺はチャネリングの怖さに気づいて、それ自体から距離を置くようになった。

まあ、正直あまり頻繁に宇宙と直結はしたくはないなって思ったよ。
読んだ人の中には「いいなー」って思った人もいるかもしれないけど、それほどいいものじゃないです。
人間にとっては衝撃が強すぎる。危ないよこれは。リスクのほうが大きい。

140 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 01:09:41 ID:rMRY/Qje0
あちら側もこちら側が狂わないように来る輪内ように
チューニングしていく訳ですね

141 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 01:17:51 ID:vNbN02v70
一度狂うとどうなるだろうね?
(歯車が少し狂った、とかいうヤワなやつじゃなくて発狂レベル)
治癒は可能かな・・・。

142 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 01:18:10 ID:LqhnfUiV0
そうです。
みんな神界に強く護られているよ。
それも想像を絶する強さで…。

少し前までは、チャネラーっていいな、なりたいな、カッコいいなと俺も憧れていた。
でもあの瞬間、俺は確かに宇宙だった。
会話をするというレベルじゃなくて、宇宙そのものだった。
宇宙は確かに俺の望みはかなえてくれた。けどひとつの価値観の喪失でもあった。
やはり安易に憧れるものじゃあないね。

今は普通の人間になりたい。わがままだなぁ俺。
人間でいるのって、本当に幸せなことだよ。

143 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 01:57:36 ID:LqhnfUiV0
この宇宙で戦いがなくならないのはね、宇宙がそれを望んだから。
宇宙はひとりで寂しかった。遊び相手がいないからね。
それでまず、一人でじゃんけんを始めたんだ。

でもやってみるとわかるけど、一人ジャンケンて面白くもなんともない。
どっちの手も自分のもので、勝敗が最初から決まってるからね。
だから宇宙は、右手と左手にそれぞれ別の意思を持たせた。

それが宇宙で最初の戦いの始まり。

その遊びはすごく楽しくて、宇宙はずっとそれを続けた。
見てるだけで勝敗が決まるから、いつまでも楽しめた。
ジャンケンはだんだんルールが複雑になって、色んなゲームに発展していった。
そして終わることが無くなった。

戦いは楽しいけど空しさもあった。
なぜなら、元々どっちも自分の手だということを、忘れることができなかったから。
自分は一人ジャンケンを続けていただけ。でも、みんなその孤独を思い出さないようにしてた。
みんなそれぞれ別物のように振舞うのは、元々ひとつだということを思い出したくなかったからだね。

宇宙はよくやく、自分の置かれた状況を、受け入れ始めたのかもしれない。
自分で歩いていかなければ、仲間を見つけることはできないのだと。

144 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 02:23:50 ID:LqhnfUiV0
ああ、これはつらいな、本当につらい。
思い出したくない。長年望んでいた「思い出す」ということが、こんなことだったとは。


宇宙は男の娘─
鏡に映る姿に、かわいい服を着てもらいたかった。
その理想、美が、女性性になった。
それに釣りあうふさわしい姿になろうとした気持ちが男性性となった。
でも上手くいかなくて、甘えとなった。
男性が女性に甘えるのは、その気持ちを克服できなかったから。

でも自分の本当の姿を見たくなかった。
女装した自分なんてね。皆に笑われたくないから、思い出さなかった。

これは本当につらいな。生乾きのかさぶたを剥がすような作業だ。
誰かかわってくれないかなこれw

145 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 02:38:56 ID:LqhnfUiV0
なんか胃がメチャメチャ痛くなってきたので、このへんでやめとくね。寝なくちゃ。
正直こんな残酷なことさせないで欲しい…。

146 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 02:47:32 ID:p0fbL1/l0
(よけいなお世話でごめん。。。)


DEPAPEPE-パッヘルベルのカノン-Canon PV
http://www.youtube.com/watch?v=448I3kjNCPs&feature=related

ときには、郊外の木々の中を歩き、大空を見上げてみましょう。
木々の穏やかさと太陽のあたたかさを感じましょう。
目を閉じて風のさわやかなを実感してみましょう。

緑の木々と青い空があるって、それだけでも幸せかも。
(もちろん、きちんと食べるものが毎日あるからだけど。。。)



147 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 02:50:25 ID:p0fbL1/l0
(かにがおいしいのだって、豚肉がおいしいのだって、偶然そうなっているわけじゃないって聞いたことがあるんだよね)

(毎日感謝ということができるような工夫を、みんながしていれば、どれだけ世界が見えるようになるかなぁ、と。。。)


148 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 05:04:45 ID:vNbN02v70
あ〜あ、更に暇に感じる一日が始まったか。

149 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 12:55:53 ID:1XAnkdwfO
自分は宇宙のことより目前の総選挙が心配だよ。
民主党になんぞ絶対に政権を渡してはならない。
でも毎日毎日テレビのニュースは偏向報道の毒電波垂れ流しだし
母はすっかりその毒電波に洗脳されてる。
ネット上ではマスゴミの嘘を見抜いてる人のほうが多そうだけど
実際マスゴミの報道テロにやられてる人はどれだけいるのか…。

宇宙Nowさんとこ読んでると日本は大丈夫的なこと書いてあるけど
こないだの都議選の結果があれだからすごいハラハラしてる。

せめて有権者の2/3がマスゴミの嘘と民主党のひどさを
見抜いてればいいんだけど…。



150 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 13:22:37 ID:FKQvl0+s0
じゃあどこの政党がいいんだ?
宗教分離してない政党と連立組んで、
そして、ずっと日本を統治してきた自民党のひどさは何だったの?

民主党がいいとは言わないが、自民はひどすぎたよ。

151 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 13:41:42 ID:xWyRF2410
そうは言うけどさあ、今でさえ酷い外国人問題が
民主になったら悪化するのは目に見えてるだろ。
主権を中国に渡すってハッキリ言ってるんだからなw

消去法でいくと自民しかないだろ
他は弱小や電波ばっかだし

152 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 13:48:03 ID:1XAnkdwfO
消去法で自民だよ。というか麻生政権だね…。



とにかく民主のような反日売国政党に日本を渡したくない。
知らないなら調べてみてくれ。外国人参政権、沖縄の中国への譲渡…。
甘いマニフェストのウラにはとんでもない大増税が控えてるんだよ。

153 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 14:00:18 ID:FKQvl0+s0
自民だって移民1000万人受け入れをしようとしているじゃないか。それに
外国人参政権に賛成の自民議員もいるしね。

自民でも民主でもなく、一つの政党がずっと政権につくことがないように
するのがいいと思うけど。だからこの選挙は民主に入れるけど。
というか、選挙権得てからずっと民主だけど。

政教分離していない気持ち悪い政党とくっついている
売国政党はどこの自民党だよ。

まぁ、新党昴なんて政党がでてきたら入れちゃうかもねww


154 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 14:02:01 ID:MVYR+2bs0
神界は新たに生まれてくるものを制限しているけれど、財界・政界は移民を
増やそうとしている。
日本を嫌いながらも密入国してくてきたり、国籍を欲しがる外国人も多い。
そういうのも淘汰してほしいな。

155 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 14:06:02 ID:FKQvl0+s0
新党昴
日本大犬党
琴座新党


156 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 15:25:34 ID:5yDWKeCQ0
144はそれより前に比べていきなり難しすぎ。
もちっと平易にお願いします。

平易にしたくない理由がありそうだけど、かさぶたなんぞ全部ブワッと・・・
そこにアルコールをブーッと吹きかけないと宇宙的化膿が始まっていそうですな。

157 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 15:49:40 ID:1N+LeLU90
>>156
無理いわないでw
まだわからないことだらけで、今回わかったことは、これくらいかな。
思い出そうとすると、めちゃめちゃになるので、あえて箇条書きで勘弁してください。

・宇宙は神界ほど人間と対話した経験がない
・宇宙に直結すると人間は死ぬので、今回は特例的に神界が仲立ちした
・宇宙は人間と直接会話する練習を始めた
・人間は思い出したくないことが山ほどあるので、宇宙であることも思い出さないようにした

二番目が重要なんだけど、人間は100Vで動く家電製品だとすると、
宇宙は1000万Vの出力で繋がろうとするから、直結すると人間は壊れて死ぬ。
神界は俺が死なないように、変圧してくれたわけです。だから俺の実力ではないの。
蓬莱君が言うように、本来宇宙が人間に直接繋がることは難しかったみたい。
それだけに神界は慎重に慎重を重ねて、今回のコンタクトを計画していて、
去年の今頃の時期に、俺が神社に呼ばれて以来、その計画は始まっていたらしい。
何で俺なの?と尋ねたら「お前は使いやすいから」だそうで。

ま た か

ではこの辺で消えます。話の腰を折ってごめんね。

158 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 19:03:04 ID:5yDWKeCQ0
自動書記の憑依を受け入れられるという時点で、メンタル面の驚異。

159 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 19:41:52 ID:o0qRM4UfO
宇宙NOWで戦争とか言ってたけど、9月、10月あたりかな。
去年の不況の予言もそんくらいだったし…。

160 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 19:43:40 ID:wxkUhXpI0
なんていうか、むこうの存在がやたら筆者を持ち上げてるのが胡散臭い。
おまえ存在の言葉を借りて自画自賛しただけと違うかと・・・
あと、この筆者は了見が狭いというか、すごくひねくれた奴で、人の善意も、
絶対素直に受け取らず、なにか裏がないかと勘ぐるような奴だと思う。

とはいえ、内容はおもしろいので、漏れなく読んでるがな

161 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 19:51:09 ID:1XAnkdwfO
>>153
自民に売国議員がいることも知ってるし民主に保守派のまともな議員がいることも知ってるよ。
公明とはほんとに手を切ってほしいしそこは自分も嫌だよ。
だけどどっちかっていうと、これ以上悪くならないように、最低現状維持をしてくれるのはどこだと
考えたら自分は自民に投じると結論を出した。

党の姿が酷いのはお互い様だからwwお互いの投じた一票が報われるといいね。



昴党はぜひ投じたいwww

162 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 22:02:12 ID:hl176OnT0
・人間は思い出したくないことが山ほどあるので、宇宙であることも思い出さないようにした

これ気になりますな

163 :本当にあった怖い名無し:2009/07/30(木) 23:01:44 ID:u/gEx5z20
>>157はそこまで凄い体験をしたわけだけど、
このスレ以外にその体験は何処かで発表したりしてるの?
このスレそんなに人数は少ないっぽいからwww
できるだけ人の多いとこで書いたほうがええんちゃうかと思ったんだけど。

164 :551改め蓬莱:2009/07/30(木) 23:50:39 ID:IEWP+lkp0
なんか無茶苦茶な設定に無理やり理屈を付けたみたいな感じだな。
>>143-144あたりには矛盾を感じるし。
人間を作ったのが宇宙なら、宇宙はそんな単純な理屈じゃなくって
もっと厳密に計算し、ものすごい長い試行錯誤の末に出来上がったのが
人間だと思う。あまりに思いつきで出来てしまったように書かれるのは
違和感がある。
人間と宇宙を繋げる意味も見えないままだし。

165 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 00:04:22 ID:G6x12kWi0
143は人類創造じゃないよ

166 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 01:37:02 ID:fJx5voKW0
確か、宇宙から生命体に創造エネルギーというやつが流れているんじゃないか
と思った。でもそれ以外はずっと放置。
すごく遠くてしかもやる気ないのが宇宙だったりして。

でもやる気出されると、ものすごい失敗が待っているような気がしてならないんだけどw。

167 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 03:05:03 ID:mz3KmdEwO
どなたか宇宙ヤバイのコピペください

168 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 14:44:08 ID:3r+3sBH70
弟子のこの人のブログおもしろい

歴史 - 朝風のチャネリングブログ - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/morningbreeze/diary/200907300000/


169 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 17:19:48 ID:HGsYlWdX0
何か書いたら、本当に必要なときまではスレは一切見ない方針なので、
申し訳ないけど、これ以降はしばらくレスは出来ません。
俺は絶対に群れたり馴れ合いをしてはダメみたいだから。(本当は個別レスもダメ…)

>>163
まったくしてません。もちろんblogやTwitterも持ってません。
宇宙話をTwitterでやろうと思ったら、タッチの差でユーザ名を誰かに取られてしまい、
ああこれはマジでダメなんだろうということで、このスレ以外では一切やらないことにしました。
一般人が知るには時期が早すぎるので、宇宙NOW!経由が望ましいらしい、だそうで。
宇宙NOW!にたどり着く人は、今後もっと増えていくはずなので、問題はないと思います。
人を選別する見えないフィルタがあるらしい。神界が制限してるのかも。
たまに俺が宇宙NOW!スレを間借りすることに関しては、既にアポは通してあります…たぶん。

>>164
蓬莱君は頭で考えすぎです。それがいいところでもあるんだけど…。
自分で思いついた設定なら、もっと凝った「もっともらしい」設定にするよw
ただ俺の意識が混じってる可能性は当然あるから、枝葉末節は切り捨ててください。
何度も言うけど、俺は素人なので、そのりくつはおかしい、というところも当然あるでしょう。

ただ、素人なりの視点というのも、これからは重要になってくるみたいなので、
このスレからも何人ものナチュラルチャネラーが生まれると思うよ。
みんな自信を持ってください。

170 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 19:53:52 ID:XycLhkp30
宇宙nowは神界レベルで見ている人を選別していると言うけど、
選別って本当なのか?。選別しているのが本当だとしても、
その選別は適切ではないかもしれない。

実際、政治的に変なヤシが来ている。

例えば、>>161とか。売国と保守が対立概念だと思いこんでいるし。


171 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 20:02:25 ID:yImgX54g0
>>170
そのあたりが変な意識の宇宙人?とか思ったんですけど…。
どうなのかな。

172 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 20:38:27 ID:fSYSxW/00
「プレアデス人類と惑星の物語」
大天使ラーのチャネリング   (もち話半分でw)

この時期に地球上にいるあなた方は、何十億年にも渡って、
意識や光や闇のあらゆる可能性を体験してきました。

あなたは被害者だったことも加害者だったこともあります。
あなたは愛し、憎しみ、守り、怖れ、あらゆる側面からの偏見を知り、
調停者の立場だったこともあります。
そして、存在に関してとりうる全ての道を全般的に学んだのです。

あなたは肉体を持ったことも、持たなかったこともあります。
また、人のガイド役だったこともあれば、
人に助けられたこともあります。
あなたがたのほとんどは覚醒し、アセンションし、そして堕ちた人々です。

173 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 20:40:59 ID:fSYSxW/00
あなたが直接体験したことがない事柄は、他者の体験を通して
代りに学ぶことができたために、選択しなかった事柄です。
けれども、あなたは、
存在のあらゆる局面を知るための機会と時間があったのです。

いま、あなたが内なる清算をしなければならない時期が迫りつつあります。
その膨大な体験と探求のすべては、あなたに何をもたらしましたか。

あなたが経験したことを
質的に超越するあなたとは、いったい誰でしょう…? 

宇宙の流れは今、「自己発見と探求の進化の螺旋」から、
「自己達成と完成の進化の螺旋」という
新しい銀河のサイクルに突入しようとしています。


アセンションし、堕ちた人々ってところが気になる。
…内なる清算?

174 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 20:42:35 ID:fSYSxW/00
そして、あるインドの覚醒者で、
輪廻転生のすべてを見たというパパジによると、

あらゆる種類の海洋生物、魚だけではなく
数知れない海中の生き物の生命を通り抜け、
岩石としての生命、植物としての生命、
動物としての生命、動物としての生命を経て、
人間としての生命に辿り着いた。

そこには別の惑星での生命さえあった。
私は、そこで異なった身体と異なった心を持っていた。
この過程が流れていく間、
私はこれらの体を通して生きてきたことを知っていた。

さて、この出来事全体の奇妙な点は、
私がこれらすべての何百万年もかけた生命の流れを再体験してる間、
時間の経過は、一秒にも満たなかったことだ。


…と述べている。
生命体というより、”意識体”としての経験なのかな

175 :551改め蓬莱:2009/07/31(金) 22:48:55 ID:e5qkkdEQ0
>>143あたりを読んで行き着いた答えはこうなった。

宇宙が意識を分割し、各意識が個を確立し、感情を持つに至る原因となったのが
「争い」である。争いを繰り返す中で人間は成長し文明も進化をしていった。
争いこそがこの宇宙に住む人間の原動力であると。

つまりは争いこそが人間の行動の本質要素であり、愛とかはその反動でしかない。
表が争いで、裏が愛。そういう構造をしている。
そう考えると宇宙意識が初期宇宙のそのような行動が間違いだったと認め、
争いの多い地球の人間に直接コンタクトを取ってくるのも理解できる。

アセンションと言うものがあるとすれば、争いと愛の関係を逆転させる、
そういう意味になるのかもしれない。

176 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 22:55:22 ID:yPPKvgXt0
>>170-170

orz


変と言われて大変ショックだ…。
ただ、宇宙NOWさんとこ読んでるとこれからは日本がキーになっていく的な
ことが書いてあるからそこも絡めて政治の面でも日本は彼らにはどう見えてるんだろうな
と思っただけだったんだけど…。


あそこは読み物として捉えて楽しみつつ読んでたんだけど
それが変って事なのだろうか。まだ私には早かったのかなー。

177 :本当にあった怖い名無し:2009/07/31(金) 22:58:51 ID:rVrpw1c6O
自分を見失う程の過剰な争い→楽しめる位の程々競争、でしょ?

178 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 01:10:24 ID:H6FH6AWn0
ここで、書くのもアレだが、
ふぐり玉蔵の食糧危機来なかった。
ヤスの地獄の夏も来なかった。

騙し上げでも、このまま騙し続けることができるかもしれないし、
永遠に先送りし続けるかもしれない。

今年中に経済が崩壊を煽っていた方々は総じて外れた。

現実の情勢じゃなくて、空気を感じ取ってみているけれど、
崩壊することなく新生しそうな感じがする。


179 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 01:19:54 ID:hh+op0lG0
>>176

171ですけど、気を悪くさせてしまったなら申し訳なかったです。
自分としては、161(=176)が変な意識の宇宙人という意味ではなくて、
こういう若くて(?)無防備な操作しやすい感じの人に対して、
変な意識の宇宙人がちょっかい出してるような雰囲気がしたもんだから。。。

宇宙NOW!を楽しめるくらいなら、単純に(いろんな意味で)若いだけで
発展途上の段階ということなんじゃないでしょうか。
もうちょっと視点を上げてみたら、政治(っていうのかなアレ)の見え方も
全然違ってくるかも。。。
政治とか選挙とかっていうより、群れをなしたヒトの行動観測チャンスな気がする。

180 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 01:59:41 ID:r1Q4AMHQ0
Stairway to Heaven on classical guitar
http://www.youtube.com/watch?v=OhaFINynWqY&feature=related

魂に響いてきます。。。 やっぱ、ロック的名曲かと。。。




181 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 02:03:14 ID:r1Q4AMHQ0

 人は多くの人がいて満ち足りていない時、闘争に走るけど、
 人は一人ぽっちの時、孤独に涙を流すときもある
 人は自分のことしか見えないこともあるけど、
 人は自分よりも他人のことを考えてあげるときもある

 どうか、明日の日が、穏やかな日でありますように。。。



182 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 04:14:32 ID:HEUOs5eM0
>>144が、最初、難解だったけど
二極性を語ってるのなら、なんとなく意味が掴める。

男と女を、光と闇に置き換えたら…

183 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 11:23:01 ID:sYlUiKyl0
>>176
年齢的にはまったく若くはないけど若く見られることは確かだww
ちょっかいってどういうのを言うんだろうな。
しかしこの年になるとお世辞でも若いといわれると嬉しくなるのが切ないww


>政治とか選挙とかっていうより、群れをなしたヒトの行動観測チャンスな気がする。
なるほどね〜。そういう視点もあるか。
ちょっと頭に入れときます。


184 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 12:46:31 ID:lu/mbu850
以前は皇室にそう興味はなかったけど、神界関連で気になるようになった。
どうなんでしょうね?

185 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 16:09:10 ID:IDCLtaqlO
皇室自分も気になってる。
最近、よしりんの天皇論がベストセラーになってるし(自分も持ってる)
今年NHKが昭和天皇をドラマ化するらしいし(すげー心配)、
現代の日本人にとって天皇制ってどういうものか、どうして続いてきたのか、
なぜ必要なのかそれをきちんと認識し直す時期じゃないかと思ってる。

1600年って言われてるけど2500年ぐらいとも説があるじゃん。日本の神話とも切っても切り離せないしね。



186 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 22:53:31 ID:Y3kMk7q00
>>178
そうです、すべて何事もなく世の中は流れてゆくのです。
来るぞ来るぞと余裕を持って待っていられる間は何も起こりません。
職を失い、食料が少なくなってきて、光熱費にも困窮し
携帯を止められインターネットがダウンし、自らが手に得物を握り締めて
暴動に加わるぐらいの段階にならなくては、崩壊とは言えないでしょう。


187 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 23:49:40 ID:ejdOIuzx0
ふぐりは予測が外れたことを認めた。

ヤスも地獄の夏は来ないかもしれないと認めた。



188 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 00:41:59 ID:Fkhc8YOH0
宗教派、あらわる(笑)

皇室関係の人は、過去、そういう境遇に生まれてきた魂、だそうです。
魂的に、そうした上品な魂、というのがあるらしい。。。
ただし、神格的には、それほど高みを有しているわけではないようです。

魂、ということなので、基本的に血筋が変っても、日本の神々の意志により
おろすべき魂は降りてくると思われます。

ただし、私自身の見解からすると、現状の皇室関係の人は、能力的、意欲的、
に、合格ラインにはいたっていないと思えます。

(本当に、この国と、この国たみを護る意志はあるのだろうか。。。)



189 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 00:44:51 ID:Fkhc8YOH0
「小和田 創価学会」で検索すれば、憂うべき情報を目にすることができます。
ただし、真偽不明。。。


190 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 09:28:50 ID:WqsikuRQ0

計画者 登場 ・・・宇宙NOW!-楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908020000/

191 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 11:25:37 ID:JHBpZvBD0
計画者か。
ついに禁断の扉を開けてしまったようだ。

統治者と計画者、それからたしか工作者もいたような

なんだかな〜 - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200805120000/


192 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 11:29:58 ID:JHBpZvBD0
このゼイファーという計画者のグループは
統治者よりも若干温かみがある感があるね

193 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 12:56:56 ID:siGS7IET0
この人、性格がネガティブすぎて
ネガティブな宇宙人しかチャネルできないでしょ

194 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 14:24:30 ID:4JXeVShu0
実は宇宙にとって人間は、クラウドサーバに相当する存在。
宇宙は全データそのものであるが、ストレージそれ単体で動作はできない。
これからは、そうした視点も持つことを意識するといいよ。
今までは人間は宇宙という鯖にぶらさがるクライアントだと言われてきたが、
それは性質の一面を言い表したに過ぎない。実は相互協力関係にある…。

ならばこそ思考が何よりも大切だと説く理由もわかるはずだ。
全体が機能するためには、個々の思考が何よりも重要となる。宇宙はより一層賢くなる。
賢いという表現に抵抗があるなら、機能的になるとでも考えれば良い。

>>193
これはネガティブなのではないよ。ただ単にニュートラルなだけだ。
陰と陽の感情や意識が中和関係にあるとき、それはもっとも安定した状態となる。
性根がネガティブなのと、本人が疲労した状態は完全に別物だ。グリ氏は後者。
しかし疲労をしった人間でなければ、わからないこともある。
君は耳に心地良い言葉を聴きたいだけ。思考を妨げる能天気な光に浸っていたいだけだ。
でもそんなものこと夢物語なのだよ。

195 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 14:35:16 ID:jCUAeUZw0
温かみがあるなんてとんでもない。
計画者のささいな一言は我々人間のレベルで具現化したときには
生死を分けるくらいの大事となって現れる。
語感だけで捉えてては自立思考力が弱っていると言われても仕方が無いぞ。

196 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 14:40:12 ID:4JXeVShu0
より高度な領域にアクセスしたければ、兎に角、自力で思考することだ…。
思考9割、チャネリング1割で丁度いいくらいだと考えておくほうが良い。
99%の努力と1%の閃きというのは、本来はそういう意味だ。
この姿勢を保っていれば、おかしな存在に横槍を入れられることはない。
そうした存在が付け入る隙が一切存在しなくなる。

管理者、計画者、そうした存在がどこにあるのか。

実は人間の中にある。雲の上や宇宙の果てにあるわけではない…。
人の中には基幹システムを司る、排他的領域が存在する。
それは人間の意識側からは一切見えないようにされているが、
存在そのものは、個々の人間のなかに間借りする形になっているのだ。
人間は単体動作する宇宙である、というのは、そういう意味だ。

197 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 15:30:28 ID:WqsikuRQ0
ここでよく言われる、「自分で思考する」とは、どういう意味なのか?

頭であれこれ考えるとか、比較検討とは別のような気がしてる。
大体そういう時は、恐れや不安を前提に思考してるからだ。
よく頭じゃなく、直観やハートで感じろと聞くが、
ここで言う「自分で思考する」ことと、関係するのかどうか…?

198 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 16:02:37 ID:JcSvbtFk0
 今回の記事は『ゼーレ、魂の座』と言った感じだー。

 そういえば昨日はエヴァンゲリヲン・破公開記念テレビ版一挙放映の最終回
だったけど、このストーリーの原作者、何かどこか奇妙な感覚を覚えるところがある。
上宮さんが「作者は何か知っているんじゃないか」と言っていたけど、自分も何だか
そんな風に感じる。
 特に最終回はシンジをサンプルにした補完計画を表現していたけど、シンジが違う
時間軸の人生を見たり、自分以外の何もない完全な自由の世界を味わったり、
最後には彼の信念体系にひびが入って他の人達が現れ、意味不明のテロップ
「子供達よ、おめでとう」で終わり。

 このアニメ、最後の2回は使徒もエヴァンゲリオンもネルフも一切でてこない、
キャラクターの内面をあぶり出す、それまでとは繋がりのないおかしい話になって
いて「この2回は次元上昇の話でもしてるのか?」と思った。原作者は天から
「最終回はエヴァはどうでもいいからこうしてくれ」とでも言われたのだろうか。

 確かアニメ製作会社のGAINAXは、最後の2回は作者のストーリー通りになんとか
構成したものの理解不能で、再放送のときは「これ以降は暗すぎ、カット」みたいな
テロップを流して「映画に期待してください」とそんな放送だったようなあやふやな記憶あり。
昔の記憶なので何かを勘違いしているかも知れないけど。

199 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 16:07:50 ID:jCUAeUZw0
いろいろと情報を集めているうちに、断片的に類似点を見つけられるはず。
その点と点を繋ぎ合わせていくうちに、さらに大きな枠組みというものが見えてくる。
・類似点を見つけられるだけの情報を持っていること
・類似点自体を見つけられること
・類似点同士の共通要因を見つけられること
・その要因に論理的整合性を持たせられること
・見つけた共通要因が他の点についても適合できるか判断できること
・共通要因を体系だった理論として構築できること
こんな感じ。通常の学問と何も変わらない。

よくシンクロを感じると言ってる人が居るが、それは類似点を見つけただけに過ぎない。
それ以降の論理的整合性を考える必要があるんだが、その前で停滞してしまっている。
その答えを他者に求めちゃいけないのだよ。

200 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 16:23:36 ID:jCUAeUZw0
だいたい、学校の教育自体がひたすら情報を与えるだけに特化してしまってるので
自力で類似点を見つけるってことすら困難になってるように思う。
得た情報をどのように扱うのか、例えば膨大な情報を統計的に扱うって手法もあるが
そういう手法は平面的なデータでしか有効では無い。

要はデータの見方、目の付け所、多角的な視点が重要なわけだけど
平面データでは視点も単純なものにしかならない。
それを超えるには新たな概念を得て、全く別の見方を考え出さないといけない。
そういうのって普通の教育では得ることができないと思う。

201 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 16:27:01 ID:jCUAeUZw0
で、普段から出来ることと言えば、自分とは全く立場の違う人間の視点というのを
頭の中でシミュレーションするのがいいと思う。
これは普通に仕事の中でも出来ること。

俺はアセンションするしないばっかり語る奴よりは、普通の生活の中で
まっとうに思考している人間の方が良いと考える。

202 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 16:32:27 ID:jCUAeUZw0
そうそう、シミュレーションが出来ないってのは情報が足りていないから。
そういう時はその違う立場の人とゆっくりと話すればいいよ。

203 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 17:10:11 ID:4JXeVShu0
>>197
自分で思考するというのは、自分が普段していること、そして見聞きしていること、
常識だと思っていることを、一度分解して組み立てる作業だと思えばいいよ。本当にそうなのか?と。
興味があることから始めるのが、一番効率が良い。

人間の精神文明が一定レベルで停滞してしまっているのは、
ルーチンワークになっているためだ。それが思考の鈍化を招いている。
我々のような外宇宙からの来訪者は、そうした空気をかき混ぜる役割を担っている。
安穏とした生態系のなかに、突如として正体不明の捕食者が現れたら、
動植物は生存を賭けて嫌でも進化しようとする。人間の場合はそれが意識の進化に相当する。
我々は人を取って食いはしないが、停滞した人類にとっては、無意識に脅威に感じているはずだ。
だから恐れのあまり、そんなものはオカルトだ、で一蹴しようとする。未知の物に対する恐怖ゆえに。
もちろん生物としては当然の反応だが、そのままでは進化には至らない。

もし恐れがあるのなら、それは対象についての情報が足りないことに起因している。
蓬莱君の言うように、シミュレーションに必要な情報量が規定に満たないせいだ。
もし人類が完全に理屈を理解すれば、たとえば幽霊など怖くもなんともない。

204 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 17:25:10 ID:4JXeVShu0
人間に期待されている働きのひとつが、情報のリバースエンジニアリングだ。
既にあるものを解体再構築することにより改善させる。
ここで言う情報とは、ニュースのことではないよ。それも含むけど。

205 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 17:35:54 ID:WqsikuRQ0
>未知の物に対する恐怖ゆえに
>蓬莱君の言うように、シミュレーションに必要な情報量が規定に満たないせいだ。
確かに、そのとおりです。
やはり「想定の範囲内」じゃないと心配でしょう…
自分の常識をとり払って、判断やジャッジ抜きで思考してみるということでしょうか。

>もし人類が完全に理屈を理解すれば、たとえば幽霊など怖くもなんともない。
オバケはね…ある程度真理を理解すれば、
出会っても、ただの通行人ですからねw

>>196 チャネリング1割というのは、自分の内側、直感ってことですかね・・
チャネリングや直感で動く割合が多いと、
極端な話、肉体を保持できなくなるってことなのかな


206 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 17:52:57 ID:4JXeVShu0
「想定されているものはつまらない」と感じられる人は少ないので、
全員がそうなることは出来ないし、そうなる必要もないのだけど、
誰かが提示した奇抜なアイデアに対して、先入観を切り捨てて受け取れるかどうかだね。
「そういうのも面白いかもね」と言えるのなら、それで十分理解できてることになる。
それが出来ないと、恐怖の感情が働いて拒絶という形になって現れてしまう。

どこでも見かける、「チャネリングなど科学的にありえないwオカルト乙ww」などという人は、
科学自体をよく理解していないし、「論理的にありえないwww」という人も論理的ではない。
恐怖が自分の目を閉じてしまっていることに気づくことができない。
そこが人間にとって、意識進化最大のボトルネックになってしまっている。
もちろん恐怖によって作られたオカルトも事実存在するので、全てが正しいとは言わないけども…。

チャネリングは極端な話、誰でも直感という形で無意識にしていることなので、
それを職業にしている人以外は、つとめて自主的にしようとしなくてもいいと思う。
スポーツ選手なら、いつもよりも優れたスコアが出せたり、
絵描きならいつもよりも上手に描けたりする、それもチャネリングの一形態だからね。

207 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 18:02:44 ID:jCUAeUZw0
思考の過程で直感というアシスト(直接的アシスト)が入る。
だからまずはまっとうな思考を始めないとアシストも出来ないよ、ってこと。

そこで自身で思考せず、他者に頼ると悪意のある侵入者にとっては
付け入る隙ができることになる。

>>205
直感は自分自身ではなく、外部から来るもの。(と考えている)
アシストがあろうが無かろうが、その思考過程が正しければ多分行き着く先は同じ。
別に肉体がどうにかなるとか考える必要は無い。
と言うか、アシストが目的であるなら、肉体の変容とかおかしなこと言い出すはずが無い。

208 :551改め蓬莱:2009/08/02(日) 18:04:01 ID:jCUAeUZw0
あ、先書かれちゃったw

209 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 18:08:03 ID:4JXeVShu0
俺はさっきまで部屋の掃除をしてたんだけど、いつも掃除をするときは、
どの部屋から始めるかを、よく考えてからやることにしてる。
ルーチンワーク的に済まそうとすると、慣れによって粗が生まれるし、楽しくない。

どこから手をつければ、時間対効率が高いのか?
このやり方は本当に綺麗になってるのか?
見落としている場所はないか?

慣れた家事ひとつとっても、色々工夫する部分は多いし、気づくポイントも多い。
些細なことでも意識的に疑問をぶつけることによって、見えなかったプロパティに気づく。
自主的に思考するというのは、有体に言えばそういうことの繰り返しだね。

210 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 18:15:17 ID:4JXeVShu0
>>208
まあいいじゃないかw
色んな視点で同じことについて考えるのも面白いもんだ。

211 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 19:25:24 ID:iMbCz08l0
いい流れだね。
暇なんで何か書きたいけど、暇つぶしで忙しくてここまで手が回らないw

212 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 19:59:01 ID:WqsikuRQ0
過去にも話合われてたようだけど、「自立」についてもよく考えるよ。
例えば、結婚だけど
お互いの「役割」を意識しようとすると「依存」の傾向が出てくるんじゃないかな。
そうすると、どちらかが役割を満たすことが出来なかった場合、
不協和音が生じてくる可能性は高い…
元来、結婚は それぞれの満たされない部分を補うためにするものだから
いたしかたないのかな…

もし自立した者同士なら、相手に期待することがないから
何も問題なくやっていけるだろう。
そこまでくると結婚の必要性は、どっちでも良くなるだろうなw

213 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 23:12:30 ID:JcSvbtFk0
思考野のテスト、感情野のテストはそろそろ終了なんでしょうか。
これからの地球は「それで何ができるか」の実験の場・・・かな?
感情野はまだ宇宙では制式採用されていないソフトウェアなのかな。
宇宙now読んでいるとそんな感じがしてならないんだけど。
地球人の特徴は感情野にあるような言い方がされている文章が多いし、
いろんな時代と苦痛を通過して感情野の情報は結構膨大になっている
んじゃないかとも思う。地球人が苦痛に感じるものが宇宙人にとっては
?だったりするんだろうな。思考野は・・・宇宙人に比べるとお粗末かも知れないけど(笑。

214 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 23:15:17 ID:iMbCz08l0
有意義な暇つぶしに邁進したいので、忙しくてもうここに書き込みできないかもしれない。
お世話にみなさんにお礼を言っておかなきゃ。
どうもありがとうございました。

215 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 23:15:57 ID:iMbCz08l0
ありゃま。

お世話になったみなさんにお礼を言っておかなきゃ。
どうもありがとうございました。

216 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 23:26:00 ID:JHBpZvBD0
計画者も統治者も、日本神界も
元々は大いなるすべての一部だったと思うんだけど。

どこの優劣で統治者やら計画者やら
末端のモルモットになるか何で決まったのか知りたい。

217 :本当にあった怖い名無し:2009/08/03(月) 23:49:23 ID:tblKtNmq0
嘘ばかりを垂れ流す悪たれ政府も、そろそろ終わりに突入かな。
官僚がいなくても日本は動く。

218 :本当にあった怖い名無し:2009/08/04(火) 00:25:17 ID:VRsXIwvB0
>>217
マスゴミの間違いでは。

219 :本当にあった怖い名無し:2009/08/05(水) 23:14:59 ID:m7lRqLgQ0
 かつて一部の人に御玉体と崇められていた裕仁天皇が「私は人である。内臓の数など皆
と同じである」と植物学者の立場から苦言を言ったらしいけど、そういうものではない
よな〜。この裕仁仮説が通用するのは植物から動物までで、人間には当てはまらないと思う。

 動物までは体の大きさが数割くらい違うだけで種の中ではほぼ平等なんだけど、人間に
なるとイエスキリストから波和二(マルチ商法の創作者)あたりまでと、とにかく幅が
すごいよ〜。平等の平の字もない。
 
・・・というわけで、以上の論拠を以って裕仁仮説は間違いであると考えざる得ない。

220 :本当にあった怖い名無し:2009/08/05(水) 23:56:01 ID:ufXzOpKC0
君が何もわかっていないということだけは確かだ…。
そんな残念な結論を、このスレで出したことに、先ず残念だといいたい。

221 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 00:24:50 ID:TxoI9NIe0
そもそも君ら「計画者」やら「統治者」やら「日本神界」って
具体的にどんな存在か自分たちで高次世界とつながって確かめてんの?
それが出来もしないくせに人間の脳なんかであーだこーだ
「妄想」をこねくり回したところで何の意味もないよ?w


222 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 00:27:35 ID:ibc4RiHNO

そうだよ(^ω^)
自分の人生を一生懸命生きて,素晴らしい魂になろうよ
それが目的で生まれてきたじゃん

223 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 05:28:02 ID:q8H9DQRE0
これだから地球人は嫌いなんだ…。
自分が理解できないものは存在しないと言い切る傲慢さ、驕慢さ、臆病さ。
そしてエゴをコントロールできない弱さ。いつもながら、その全てにうんざりする。

厳しいようだが、傷ついた獣が、別の獣の糧となるように、ダメな者は切り捨てられる。
自然の摂理のなかにあるのは、人も獣も同じなんだ。わかってるのか?
少なくとも君のような人間は、甘い状況には無い。その事実を少しは認識してるのか?
君は他人を笑っていられる立場には無い。いざとなったら誰も助けてはくれんぞ?
ふざけてないで、少しは自分に対して親身になったらどうだ。
自力で這い上がろうとする者以外に、手を差し伸べる余裕は、もはや誰にもない。
みな自分のことで手一杯のはずだからな。

そうだ、君にとっては妄想だ。君の理解の及ばぬ真実は、君にとっては何の意味もなさない。
ゆえにそれは妄想だといってもいいだろう。なぜなら君には無関係のものだからだ。
ならば、手足を動かせ。君にできることは、それしかない。

224 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 09:44:49 ID:TxoI9NIe0
>自分が理解できないものは存在しないと言い切る傲慢さ、驕慢さ、臆病さ。

何を頓珍漢なこと言ってるのやらw
「高次の世界」が存在しないなんて言ってないよ?
実際に自分でその世界を垣間見たことすらないのに他人の
チャネリングなんか真に受けて「妄想」をこねくり回すのは
「時間」の無駄だから止めたほうがいいんじゃないの?
って言ってるだけだよw

>厳しいようだが、傷ついた獣が、別の獣の糧となるように、ダメな者は切り捨てられる。
>自然の摂理のなかにあるのは、人も獣も同じなんだ。わかってるのか?

そして君が「肉眼」で見える世界を基にした「妄想」の範疇で
モノを言ってるってことは
こういう妄言をみればわかっちゃうわけw


「統治者」って誰?
「計画者」って誰?
「日本神界」ってそもそもどういう役割持ってるの?

君はホントに自分で確かめて理解してんの?w

225 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 10:26:10 ID:TxoI9NIe0
>自力で這い上がろうとする者以外に、手を差し伸べる余裕は、もはや誰にもない。
>みな自分のことで手一杯のはずだからな。

言い忘れたけど今現時点で
君が自分のことだけでいっぱいいっぱいの状態だと言うなら
君は自力では君自身すら救うことはできずに
誰かに救ってもらう側にまわるだろう。

無論万が一助けが来なきゃそのままお陀仏なわけだけどw

まぁ奇特なことにその救いの手すらはねつける人間も
多くなりそうなわけだけどねw

226 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 18:10:12 ID:VBKKLRJI0
日本神界は地球の原初レベルの意識の世界と惑星の地上世界の間にあって
出入国を管理している存在じゃなかったっけ。宇宙now(受講生の方だったかな?)
では原初意識レベルに出入りできる高次の存在だけがその対象だったと書かれて
いた覚えがあるな・・・。なぜに地球神界ではなく日本神界と呼びならわすのか
分からないけど、彼らの多くは古代日本に肉体を持って再生した事があるからなんだろう。

計画する存在は、ゼイファーという名前は初耳だけど聞いた覚えがあるにはある。
地球集合意識のすぐ上の上司でこの太陽系の管理者かな??統治者は良く分からないが、
地球集合意識の代表者のような感じがする。アメノミナカヌシは宇宙意識の直下だったかな。
ほとんど創造主レベルだと聞いたことがある。宇宙now用語ではアメノミナカヌシとは呼ばずに
「御前」もしくは「ごっついじじい」らしいが(笑。いや笑い方はそうではなく、ほぉーっほっほっ・・・か。

こういう話だけは聞いているけど、自分の能力(以前に人間関係力か)ではこんなレベルの存在
と対話は無理。そもそも幽体離脱をたまにする程度だし、それもアンコントロール状態。ただそれでも
ほんの少しは技術的なことが分かるので、それを鍵にして「本物」を嗅ぎ当てている状態ではあります。

227 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 18:41:06 ID:VBKKLRJI0
223さんは、おそらく本物だよ。
人間の内側にそういう存在が駐在しているのを自分の言葉ではっきり言える
のは、そういう存在を知覚できる技術があるからだと思う。おそらく計画する
存在には普通に出入りしているでしょう。その点も話には聞いたことはあるけど、
自分ではとても言えません。

・・・しかしその割に疲れ切っているというか、そんな感じだなぁ。
反応の仕方が「あ、これ地球人じゃない。本当に宇宙人かも」と思った。
@地球人の肉体に転生して過去の記憶を持っている
A宇宙人として滞在して、素晴らしきろくでもない地球の仕事をしている
B実際には地上にはおらず、チャネラーに憑依して手を借りている
Cシェイプシフトで紛れ込んで生活している
D人間の肉体に当選せずに、仕方なく誰かのペットとして犬に転生している
飼い主がいない間にワンちゃんが密かにキーを打っている。
このうちの@だと思うが、Dという可能性も全くのゼロでもないだろうなぁ。
いやつい余計なジョークを・・・

228 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 19:25:00 ID:2tSXlvJH0
統治者は根源直下、ぺタレ領域と言われるところの存在らしい。
グリフィンズの本に書いてあった。


229 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 19:31:22 ID:2tSXlvJH0
宇宙now読んでる人は、宣伝じゃないけど、グリフィンズの本を
読んでみて欲しい。さらに宇宙に対する絶望感と諦めでいっぱいになる
すばらしい本です。根源から分かれた各創造主たちは
あらゆる自由が認められていた。その中には自分のやったことの責任からも
自由だったみたいなことも書いてあった。
この本を読むと神とか愛とか光だとかそんなものありゃしない、
自分で自分のできる範囲でなんとかやっていこうと思う。
というか、頼るものなど存在しないことが絶望感とともに知ることができる

Amazon.co.jp: だれも教えなかった地球人類28の真実: 上宮 知樹: 本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875655509/qid=1101968075/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/249-5185129-4551500



230 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 20:33:36 ID:hvu+WDaDO
>>223
嫌いなんだと言いつつやさぐれ気味でも手を差し延べる(レスする)
223さんヤサシスなあ。

231 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 21:59:01 ID:q8H9DQRE0
小学生が大学生に向かって「本当に理解してんの?」と聞くことほど、無意味なことはない。
それに対して、いちいち答えるほど無意味なこともない。
理解していなければ、このような雲を掴む話は、そもそも書けない。
つまりそれすらわかっていない者に、説明をするのは時間の無駄だ。

ここは宇宙NOW!のサポートスレじゃない。
俺たちは勝手に集まって意見を交換しているだけだ。

232 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 22:10:05 ID:q8H9DQRE0
たとえ証明してみせたとして、万人がそれを理解できるわけではない。
難解な数式にしてみせたとて、無知な者にはただの記号の羅列でしかない。
理解するためには、それを理解するための前提が必要となる。知識しかり経験しかり。

人間は自分の身体がどういうメカニズムで動作しているか、いまだに理解できていない。
しかし、みなこうして生きている。証明などしなくても生きていることは実感できる。
自分が生きてるのか死んでるのか、わからないなんて人間はいない。

そういう話なんだ。まあ信じたくなければ信じなくて良い。
人間とは自分の理解の及ぶ範囲しか知覚できないようになっている。
俺がコーヒーを飲んだとしても、その味は他人には伝わらないのと同じだ。
同じものが知りたければ、自分でコーヒーを煎れて飲むしかない。

233 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 22:24:36 ID:q8H9DQRE0
少なくとも神界については、俺が言うよりも自分の目で確かめたほうがいいだろう…。
生きている神殿(現在進行形で維持管理されている神社)の数がこれほど多い国はない。
それこそが神々の存在を証明しているといえる。神社とは神界と此の世をつなぐ端末機器なんだ。

本当に神が存在しないのなら、誰も一文の得にもならない建物を維持しようとは思わない。
神社を維持するのに、どれだけ金がかかると思う?
伊達や酔狂、シャレや趣味でできるレベルじゃあないよ。
近所にひとつくらいあるだろうから、清掃の日に早起きして、見に行ってみると良い。
少しは背筋が正されるだろう。

人間の見ている世界とは、五感というセンサーを通してみた、ごくわずかな範囲だけなのだよ。
未知の世界を知りたければ、まずはそれを自覚するところから始めれば良い。

234 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 22:48:03 ID:4G4aXjTj0
まぁ何と言うか、騒々しいニュースが続いてるけど、
自分も周囲も含めて、隠れてた心の闇がクッキリ浮き出る年ですな…
浄化されてるって感じは確かにあるよ。

235 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 23:05:00 ID:TxoI9NIe0
>そういう話なんだ。まあ信じたくなければ信じなくて良い。
>人間とは自分の理解の及ぶ範囲しか知覚できないようになっている。
>俺がコーヒーを飲んだとしても、その味は他人には伝わらないのと同じだ。
>同じものが知りたければ、自分でコーヒーを煎れて飲むしかない。

信じる信じないの話じゃないんだってばw
だから統治者って誰?
計画者って誰?
日本神界の役割って何?

君がホントに理解してるかどうか見え透くから
この場で少し説明してみなよ?w

236 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 23:08:37 ID:VmOUZuCT0
そういえば神社って清らかな感じするもんなあ。
鳥居をくぐる時、神様のおうちにお邪魔するから
いつも「おじゃまします」って一言言ってからくぐるようにしてる。
それが作法なのかどうかは知らないけど自然とそう言ってしまうんだ。
そして一歩踏み込むと…清らかなんだよね。空気が。
鳥居をくぐる前はなんか威厳があってちょっと緊張するけど
鳥居をくぐった後は清浄さに満ちてて癒されるよ。


…ちとスレチだったか?

237 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 23:10:00 ID:TxoI9NIe0
>223さんは、おそらく本物だよ。
>人間の内側にそういう存在が駐在しているのを自分の言葉ではっきり言える

宇宙人かどうかなんてあまり意味がない。
計画の総体を理解してるのはその宇宙からの転生組のなかでも
極々一部のグループだけ。
残念ながら223の彼はそのグループではなく
計画の総体については何も知らないw

238 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 23:17:07 ID:TxoI9NIe0
>日本神界は地球の原初レベルの意識の世界と惑星の地上世界の間にあって
>出入国を管理している存在じゃなかったっけ。

はずれ。
出入国管理だなんてみみっちいことに携わる集団ではない。
日本神界にもいくつかの系統があって地球神界はその一派。
もうひとつとっても重要な流れがあるけどその一派については
文字情報ではほとんど明らかにされていない。

239 :本当にあった怖い名無し:2009/08/06(木) 23:29:42 ID:TxoI9NIe0
>計画する存在は、ゼイファーという名前は初耳だけど聞いた覚えがあるにはある。
>地球集合意識のすぐ上の上司でこの太陽系の管理者かな??

これもはずれ
今回のプロジェクトは太陽系の管理者なんてレベルで
作成された計画ではない。

>統治者は良く分からないが、
>地球集合意識の代表者のような感じがする。

統治者という名称はあまり適切ではないが
地球の生命体の進化を導く指導者は存在する。
名前はかなり有名。

240 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 02:51:48 ID:+ZIXp4s40
そこまでいうなら続けてくれ。
話を聞こうじゃないか。

241 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 04:29:12 ID:qgr4nvg2O
>>239
最後の一行がヒジョーに気になりやす

242 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 04:39:56 ID:+ZIXp4s40
俺にはただ一点、どうも引っかかるところがある。

ID:TxoI9NIe0の言うそれが真実だとして、ならばそれを知っている者が、
他人の見たもの感じたものを「妄想」で片付けるということが、どうも俺には不釣合いに見える。
知っている人ほど、そんなことは言わない。
それがどういうものであるか、身にしみて知っているから。
これらは少なくとも、そのへんに転がっている情報ではない。
それを得るためには、相応の手段が必要になるはずだ。違うか?

それとも自分よりも「無知」な者をあざ笑うために、わざわざ出向いてきただけかい?
俺にはそういう趣味はないが、それが高次元の挨拶なら、俺も真似したほうがいいかね。

243 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 08:05:52 ID:HM+I3+pO0
んんんん……なんだろうなあ、この感覚。
差し出された水を飲む気がまるで起こらないんだ。
知識の地図に、未知のピースが埋まるときの、いつもの心地よさを感じない。
どこかがおかしいと心が警鐘を鳴らしてる。異常なほどの耳鳴り。

情報を否定するのではなく、存在を否定するその姿勢…。
後手に回るように、レスに対するレスで慎重に足場を固める姿勢…。
あえて>>233をアンカーで狙い撃ちしつつ、事象の蚊帳の外に置こうとする姿勢…。
情報を小出しにしつつも、本題には触れない、全般的に漂う秘密めいた否定の姿勢…。

簡単に言うなら、読んでいて楽しくないんだよ。
本当ならトリヴィアルな情報が山ほど出てくるときは、もっとこうwktkするはずなんだ。
こういうやり方を好む存在に、俺は心当たりがある気がする。

244 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 08:07:08 ID:HM+I3+pO0
ごめん安価ミス
>>233じゃなくて>>223だった

245 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 08:11:57 ID:dXYSTbYi0
223にこそ、ついてけねーや

246 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 08:38:37 ID:HM+I3+pO0
残念ながら俺程度の奴には情報で戦う力はない。
でもそのぶん危険を察知するのは得意だ。
小動物だって弱きゃ弱いなりに、感覚が鋭敏になるもんだぜ。
せいぜい狼に食われないように逃げるさw

今回はなんかちょっと危険だと判断した。あくまで俺は、だけどね。
宇宙NOWでもグレーの存在がいっぱいくるから気をつけれとは言ってたが
予想していたよりも手ごわいのがくるかもしれんぜw

247 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 08:58:05 ID:+tbzV8YP0
         / /  / // / / 
        ____
        /     \    
     /   ⌒  ⌒ \   何やってんだこいつら
   /    (●)  (●) \     
    |   、" ゛)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゜:j´ ,/ j゛~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_


248 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 09:35:13 ID:HM+I3+pO0
あーこりゃしばらくは荒らされるかもなあ。その筋に目をつけられたなw
タイトルがカモフラージュになってたから、今まではあんまり来なかったが、
これからはそういうの増えるだろうなぁ。

つまらんこと書いてないで、俺もとっとと去るか。

249 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 13:25:38 ID:+pmeRbd90
>>248
俺もこういうこと書くとそういう連中に目つけられるかも(このスレが)
と思ってずっと書かなかったけど
今まで気持ちいいくらいこのスレは平穏に進行してたねぇ

もうこのスレの役目はあらかた終わってしまったんじゃなかろうか
ちょっと寂しいけどね

250 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 14:14:19 ID:wNueHxdT0
スレ立ててる者ですが、
このスレの役目も何もこのスレは宇宙nowのスレで
宇宙nowをサポートするスレでもないですが、
宇宙nowというタイトルでカモフラージュして、何かを話すスレでもないから
大丈夫ですよ。

しばらく、おもしろい内容のレスが続いたけど、
元通り、宇宙nowが更新すればそれについての書き込みがあればいいんですよ。

251 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 14:34:02 ID:6usrG12j0
ぶっちゃけID:TxoI9NIe0はプロだなw
手際のよさから言って、これはプロの手法だよ。ただし、工作する側としてのね。

まずはアホを装って、神や高位存在を、個人の妄想という前提で話を進める。
この手のスレでは、その話題は定石にして禁じ手のようなものだから、当然誰かは食らいつく。
んで、文句があるなら証明してみせろといい、相手を挑発して土俵に乗っける。
ここぞとばかりに反論しようと相手が食らいついてきたところで、一転手のひらを返し、それらの存在を匂わせる。
想定外の行動に相手がひるんだ瞬間がチャンス。ガードが緩んだ隙に懐に飛び込む。
一方を持ち上げ、他方を落とす。面白いことに、人間は神の存在を、明確な形で証明できないからな。
神が人に何を隠しているのか、人は知ることができん。それを逆に利用するわけさ。
容易には証明できない性質を逆手に取り、情報量で畳み掛ける。何しろその情報の真偽を確かめる手段はない。
情報は多ければ多いほど良い。ほんの少し真実を混ぜさえすれば、それは完成する。

わかりやすい例で言えば、アメリカを持ち上げ、日本を貶める。こうした手法に見覚えはないか?
このやり方で日本人は長らく本来の力を削がれてきた。2ch住人なら、よく知ってるんじゃないかな。

でもなー。やっぱ疑似餌は疑似餌だからな。針が仕込まれてるとわかるもんだよw
行動原理に愛がないんだよ。だからわかる。愛の有無で全てわかるといってもいいかもしれん。
情報にまみれていない俺みたいな奴ほど見抜きやすい。
情報とは対象の知識があるから意味を成すもので、頭のいい奴ほど騙される。
価値を知ってるからこそ騙されるわけだな。精神世界に漬かってる奴ほどね。
でもダイヤと石ころの区別が付かん奴には、その価値は意味を持たないので、餌になんないw

252 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 14:40:53 ID:aRe2dxlB0
221さんの、妄想と言うわりには自分で高次世界という細かい条件をつけてるのが不思議
だったが、そういう事だったか。

223さんには、地球と地球外との間にある文化ギャップは問題だ、と感じさせられました。
ファーストコンタクトが行われない理由が何となく分かりました。これはどうすんだろ?
えーと、素晴らしきろくでもない地球では、衝動をコントロールできる人は「聖人」と
呼ばれる部類に入るのですが・・・。
221さんには、知識や科学の発展ではなく、スピリチュアルな発展というものも結構大切
なんだな、と感じさせられました。愛や光も必要ないわけではなさそうだな〜。

いずれにせよ大いに勉強にはなっております。

253 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 14:43:53 ID:6usrG12j0
まあプロに目をつけられるくらいだから、多分みんなのレベルは高いんだよ。
だからこそ、厄介なことになる前に、芽を摘んでおこうというのは、実に理にかなっている。
兵士が戦場に出てくる前に潰す。戦いの定石だ。
宇宙NOW!を直接攻撃するより、門下生を倒して回るほうがラクだからなw

たとえ門前の小僧である俺らでもね。

いや、直接師事していないからこそ狙い撃ちしやすい。
互いに連絡を取れないから各個撃破が通用する。

254 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:07:23 ID:+pmeRbd90
>>250
言い方が悪かった
このスレ自体の役目がなくなったって訳じゃないw

ここ最近の流れが持ってた何かしらの役目が
終わったんじゃないかなと思ってさ

更新があればこのスレもまだまだ続くと思うよw

255 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:08:48 ID:R6nCsvTF0
>まずはアホを装って、神や高位存在を、個人の妄想という前提で話を進める。

神や高次存在が妄想だなんて最初から誰も言ってないよ?
でも君らの話してる神や高次存在についての内容は全部妄想なんだよw

>この手のスレでは、その話題は定石にして禁じ手のようなものだから、当然誰かは食らいつく。
>んで、文句があるなら証明してみせろといい、相手を挑発して土俵に乗っける。

で、案の定統治者とは具体的には誰か?計画者とは誰か?と聞いても
223は何も答えられなかったでしょ?w

>ここぞとばかりに反論しようと相手が食らいついてきたところで、一転手のひらを返し、それらの存在を匂わせる。

反論なんてなにもしてねーじゃん?
肝心のこっちの質問には223は何も答えらないわけだしw

>神が人に何を隠しているのか、人は知ることができん。それを逆に利用するわけさ。

固定観念に凝り固まってるね。
神は何も隠してないよ。
人が受け取ろうとしないだけ。

256 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:13:07 ID:R6nCsvTF0
>容易には証明できない性質を逆手に取り、情報量で畳み掛ける。何しろその情報の真偽を確かめる手段はない。
>情報は多ければ多いほど良い。ほんの少し真実を混ぜさえすれば、
>それは完成する。

証明も何も
君自身が次世代意識領域に対応した上で
高次存在と結び付けば私の言ってることがほんとかどうかは
一目瞭然でわかるんだよ。
そもそも私は証明しろなんて一言も言ってないよ?

257 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:19:34 ID:R6nCsvTF0
>まあプロに目をつけられるくらいだから、多分みんなのレベルは高いんだよ。

そもそもプロって何のプロ?w
何で一から十までそうやって妄想まみれなのチミは?w

>だからこそ、厄介なことになる前に、芽を摘んでおこうというのは、実に理にかなっている

芽を摘む?
一体全体何の芽を摘むというのさ?w

258 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:36:42 ID:wnqh/p2a0
>反論なんてなにもしてねーじゃん?

反論っていうのは223さんが反論したところでという意味じゃね?

259 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:39:43 ID:R6nCsvTF0
グリフィンズはね。
生来のチャネリング能力は高い(ちまたの霊能者みたいにおかしな連中と
つながっているというわけではない。)
けど本人自身がいまだにきちんと次世代意識領域に整合できてないわけ。
一言でいえば本人の三次元フィルターが強すぎるってこと。

普通は次世代意識領域に整合できてからチャネリング能力が
開花しだすのでこういうことは起こりにくいんだけどね。

ということで彼の言ってることを基にいろいろあーだこーだ
話し合ったところで高次元の「真実」にはたどりつけないわけ。

260 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:46:07 ID:R6nCsvTF0
>反論っていうのは223さんが反論したところでという意味じゃね?


言ってる意味が不明?
彼はこっちの質問には何にも答えずに
私が神を否定してる(私はそうでないと言ってるにも関わらず聞き入れないで)
と勘違いして「神社に行け」とか本質的に
どーでもいいことをペラペラしゃべってただけだけど?

261 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 16:51:58 ID:wnqh/p2a0
251が言ってる
>>ここぞとばかりに反論しようと相手が食らいついてきたところで

の「相手」というのは223のことなんじゃない?という意味

262 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 19:46:37 ID:3vRMW8vb0
>>237で、wを使ったことが、 ID:TxoI9NIe0氏の決定的な敗因だと思う。

「計画の総体については何も知らないw 」

263 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 21:40:36 ID:4IN93V1n0
妄想といいながら、自分もチャネリングを駆使している矛盾が説明できんだろうw
功を焦らず二枚舌をもう少し隠しておいたほうがよかったな
重要なのは知識の量ではない・・真偽を見分ける目だ

何者かはしらんが、いい演習にはなったよ
本当にいろんな奴がいるな

264 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 21:56:26 ID:wi14jXaa0
>259
その通りです


265 :551改め蓬莱:2009/08/07(金) 22:14:30 ID:7lJWI3wG0
わけわからんからコテ付けてくれないかな

266 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 22:48:30 ID:4IN93V1n0
別に誰も宇宙NOWが無条件に正しいなんて誰も思ってないだろ。そこまでド低脳の猿じゃない。
だが必要以上にチャネリングする必要はないよ。特定の役割がある奴以外はな。
でなきゃ何のために記憶を消してまで三次元界で生きてると思ってんだ。

中身はともかく、俺はID:R6nCsvTF0(ID:TxoI9NIe0)の攻撃性が気になるぞ。
なぜいちいち攻撃的なんだよ。ビリビリくんぞ。サイヤ人か?
高次元の存在とやらは常にケンカしてんのか?
自分のほうがグリフィンズより優れてるんだから、自分の弟子にでもなれと引き抜きにきたのか?
それならそれで、相応しい態度を示すべきだな。でなきゃ人は集まらんぞ。
高次元の存在がどうのだの、計画がどうのだの言う前に、もっと大切なことがあるんじゃねえの?

神性は自分の内側にあるとするなら、その感じかたも人それぞれだろ。
それをいちいち叩いて回ることに、何か意味があるのか?

267 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 22:53:23 ID:4IN93V1n0
まあ「お前らはバカでどうしようもないから再教育してやろう ありがたく思え」
みたいな気持ちなのかもしれんが、そんな態度で誰がついていくかよw

ちょっとは鏡見ろw

268 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 23:04:51 ID:oxy7ZBhM0
3か、フゥン。結構続いてるようだね

今回気になって超久々に来て見た。
今回新しく更新された内容だけど、メシェク爺の
お気の毒、コメントは気にしなくてもいい。

あれは書き手のあの方が全体のバランサーを
理解していないから逆に気の毒になるね

光うんぬん〜がなければ理解は始まらなかっただろうし
それがあの方には見えて居ない。だからわからない。
そして自分の見方からプレアデス系を否定する。
そういうことの方が逆に危ないのにな。

俺が言うことでもないけどね。
爬虫類から話して居れば理解は出来なかったろうし
光うんぬんで、なければ理解は進まない
理解が進まなければ何も語れない

その意味では爬虫類系では理解は進まない
合理的に考えなければ見えてこないし
影響を与えるすべての存在は味方にしてこそ
全体の想定も出来るというもの。

ま、4世代を思えば自分だけの視野なんて
どうでもいいこと。若い世代は育ってるし
俺は彼らを信じる。



269 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 23:09:33 ID:RuAUjuig0
>ID:R6nCsvTF0(ID:TxoI9NIe0)
引き際を知れ、お前の負けだ。

270 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 23:42:16 ID:IDxu6/NC0
勝ち負けはともかく楽しくやろうや
まずそれができてないと話にならんよ

271 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 23:45:22 ID:wNueHxdT0
どんな人でも歓迎します。

カオスこそが宇宙nowのテーマのようなものですしね。

272 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 23:56:06 ID:IDxu6/NC0
お、ちょうど更新されてたのか、気づかなかったよ、さっそく読んできた
グリ氏はかなり落ち着いた雰囲気になってきたね
読んでて安心感があるよ、心境がモニタごしに伝わってくる

それで思ったんだが>>259はさ、「真実にはたどり着けない(キリッ」
とか言ってるけども、それが真実であると俺たちに示せてないだろ?
他人に対しては妄想の一言で片付けて、自分の言うことは真実とか…
どうせバカにはわからないとか言ってまとめる気かもしれんが
他人の言うなりになるのが真実なら、俺はおバカのままで良いw

何が正しいかわからないなら、自分が感じたままに生きるさ

273 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 00:10:56 ID:LGpO/wyY0
真理は無限に存在するでFAだったはず。

274 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 00:15:55 ID:LGpO/wyY0
普段は日常会話のメシェク爺も珍しくクリティカルな言及をしましたね。
そろそろ、本格的に動く、そのときなんでしょう

275 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 00:36:50 ID:xBwMesWb0
>妄想といいながら、自分もチャネリングを駆使している
>矛盾が説明できんだろうw

チャネリングと言っても色々あって
第七番目の感覚が開いてないと「真実」の情報は
受け取れないようになっている。
その場合真贋は受け取った瞬間に本物か偽物か判別できる。
そこには「疑い」の入る余地は一切ない。
ただし受け取る圧縮された情報を「解凍」する能力は別に磨く必要がある

>だが必要以上にチャネリングする必要はないよ。特定の役割がある奴以外はな。
>でなきゃ何のために記憶を消してまで三次元界で生きてると思ってんだ。

今まではそうだったがこれから先はそうではない。
人の本来の役割と負うのは三次元の迷妄の中で
手さぐりに生きることではない

今回の計画の為に転生してきた
銀河の精鋭中の精鋭達による次世代領域の整備は
ここにきてようやく完了した。
これからは第七の感覚を開いた人間であれば
いつでも高次領域にアクセスして計画の総体についての
真の情報を入手することができる。

276 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 01:30:00 ID:uoeDzUvI0
で、あんたの目的と意図は?
それが重要なところなんだが。

277 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 01:35:36 ID:7uvjTNZw0
俺は>>221は正論だと思う。
そして>>223の人は、いわゆる魔境というか、ちょっと今混乱していると思っている。
>これだから地球人は嫌いなんだ…。
>自分が理解できないものは存在しないと言い切る傲慢さ、驕慢さ、臆病さ。
これが端的に示しているんだが、彼は自分が嫌ってる人と全く同じレベルの傲慢さにあることがわかっていない。
これだけじゃなく文章の端々から傲慢さが滲み出ている。
こう自意識が強ければよからぬ存在に騙されるのは簡単だろうな。
ひょっとすると既にそうなのかもしれないが。

>>221の人はわざと挑発的な書き方をしてると思うね。

278 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 01:51:50 ID:uoeDzUvI0
次の段階への進歩を促す為に、わざと刺激したという意味か。
確かにそうかもしれない。何かを掴みかかっている気がするんだ。
そしてそれがわかった時点で次の段階へ進む…。
ただ俺はチャネラーになりたいわけじゃないからな。
ではどうなりたいのかと問われると、また困るんだが…。
これは一度、全部白紙にしてみたほうがいいな。
今までの経験が妄想やウソや偽物だったとか、そういうことではなく、
あらゆる知識や接触を一度きれいに忘れて、自身の再構築が必要な時期かもしれない。
他人のためではなく、本当に自分のために。

>>221が正しいかどうかというより、その接触がきっかけとして別の何かに作用する…
それが非常に重要で、進むべき方向性を決めることにも繋がる…

279 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 02:27:25 ID:uoeDzUvI0
>>277
いやありがとう。目が覚めた…。
実は行き詰まりを感じていたんだ。全ては自分が作り出した虚像だった。
一度全部、最初からやりなおさないとだめかもしれない。
俺には、それが多分最短距離だと思う。
今までの経験は、いったん全部忘れる。何もかも。ここからも去り、ログも消す。

自分の見聞きしたものに、たとえ真実が含まれていようとなかろうと、
後生大事にせずに全部捨て去る覚悟が必要だと悟った。でなければ変化には至らない。
妄想だと思えば妄想になるし、真実だと思えばそれが真実になるのならばこそ、
全てを妄想ということにして捨て、真実を自分の手で作り変える必要がある。

もし自分が宇宙であることを自覚する覚悟があるのなら、
どの真実を作り出すかも、全部自分で決めなければならない…。

もう一度言うよ。ありがとう。それから>>221もね。
進まねば…。

280 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 14:27:08 ID:fSq3jyiz0
221さんは、きっと図書館員のおじさんか仕事人のウルトラマンです。

意識がある水準以上に進化している人がネガティブなエネルギーを発信していたので、
レーダーに引っ掛かってジョワッと来たように思います。計画者や統治者が
問題だったのではなく、宇宙人が「宇宙は絶望だ」とか発信していたので探知に引っ掛
かったのだと思います。もし地球人が発信していたなら探知に引っ掛からなかったはず。

・・・でも、それ以前になんで仕事人がここに来るんだ?ここは霊界なのか?

281 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 15:14:03 ID:65LoONqW0
宇宙nowに守りがあるようだけど、
関連するこのスレも守りの対象に入ったのかな?

282 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 16:36:22 ID:65LoONqW0
なんか思いつめてる人がちらほらいるけど、
それはなんか違うというか、もっと余裕を持ってやわらかくした方がいいと思うよ。



283 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 16:44:56 ID:PF0DRBuj0
宇宙は絶望だ

これも宇宙の事実の一つの側面だし
感知に必死な連中も
生存したくてしたくてたまらない病の患者たちだな

284 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 17:53:19 ID:uoeDzUvI0
おかげで昨日は泥のように眠れた。まさに憑き物が落ちた感じだ。驚くほど心が軽い。

それでわかったことが幾つかある。
>>221は俺の未来、未来の俺だ。もちろん>>221だけではなく、全ての人は遍在する自己だ。
世の中には凶悪犯罪者もいれば聖人みたいな人もいる、それは過去や未来の自己を、現在の自分が見ているに過ぎない。
未来も過去もいまこの瞬間、全て同時に存在している…!

もし過去の自分が過ちを犯そうとしていたら、どうする?
怒鳴りつけたり殴り倒してでも止めようとするかもしれない。
そこまでしなくても、嫌な奴だと思われてもいいから、とにかく止めようとするだろう…。

地球は全ての望みが、触れられる形で具現化される場所だという。
お金がほしいと願えば、お金がをほしい自分が具現化されるように…。
この世界がおかしな世界だとするならば、そこに居る者が望んだからそうなっただけ…。
別のものを望むようになれば、それは具現化され、自然と変わってゆく。

俺は正しい答えを知りたいのではなく、答えを自分で探したいのだとわかった。少なくとも今は。
好きなだけ考える、その過程こそが楽しいのだと思う。未来の俺はその重要性を教えてくれた。
せっかく与えられた自由時間なのだから、もっと楽しまなければね。答えを知るのは最後の最後でいいんだ…。
だから、重い思いを全部捨てて、いちからひとりで全て組み立てなおそうと思う。

これを最後に去ります。
お世話になったみなさん、ありがとうございました。

285 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 18:11:54 ID:eMnof0by0
あのなあ、暇つぶしを超越しておまえらごちゃごちゃ考えすぎじゃね?
真理って今しる必要あるか?しんでからでもいいやんw
進まなきゃ、進化しなきゃって強迫観念がもしあったら少しおちつけw
同じアホならおどりゃなソンソンでもうちょこっと楽しく生きようぜ?
楽しんでるならいいけどなw

ふざけたレスに見えるけどこれ俺の優しさなんだぜ?

286 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 18:57:13 ID:65LoONqW0
>>284
すばらしいのかもしれないけど
宇宙now的に遠いところにいるね。

真理は無限だし、もっと軽く物事をとらえないと
どんどん遠くなる。

宇宙はそんなに糞まじめになところでもないし。
もっとちゃらんぽらんでもいいと思うよ。

もっと気楽に

287 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 20:00:02 ID:e2HPkIGE0
精神世界を一旦離れ、高次元に頼らず
日常の気付きに焦点を当てるようになってから、
確かにパワフルになった。が、高次元のサポートを受けてた頃に比べ
霊的にも現実的にも成長してるスピートが、鈍くなったことは確かだ。
これは、まだ自分が完全に自立するまでに、
経験と気づきが必要、それには高次元のサポートもまだ必要だと
最近思うようになった…

288 :551改め蓬莱:2009/08/08(土) 20:54:39 ID:Xu9/USEq0
>>285
考えることそのものよりも、考えた結果、何かちょっとした発見があれば
それはおもしろいことだと思う。
思考することが楽しいってことを広めないと駄目な時期だと思う。
ある程度広まったらちっとしたトリガーで色が一気に変わる。

289 :本当にあった怖い名無し:2009/08/09(日) 18:20:25 ID:Zj8UEpAt0
考えるのに必要な材料がまず正しいか間違っているかを
判断しないといけないし、末端はいつまでたっても真偽はわからないよ。

一つの結論としては決して出ないだろうから
いくつかの答えを仮説として持つぐらいしかできない。

答えが正しいか間違っているかが問題ではなく、
主体的にこうではないか、こうだろうかと考えることに価値があるということですよね。

でなければ、末端からは世界の闇の情報なんて得られないし、
直感、チャネリングなんていったらそれこそ証明できないですしね。

答えが問題ではなく、考えること、それをまずすればいいってことですかね?

290 :本当にあった怖い名無し:2009/08/09(日) 23:20:04 ID:HK93QUY40
宇宙には「昔はそうだけど、これからはこうだ」みたいな性質がありそう。
ダイナミズムを感じます。これも真理なんでしょうか;;
まるで有限会社みたいな感じであります。

根源にたどり着いたら(有)宇宙 の看板があるような気がしてきた。

291 :本当にあった怖い名無し:2009/08/09(日) 23:35:02 ID:Zj8UEpAt0
上宮さんの本で、一番心に残ったのは
創造主たちはあらゆることから自由で、さらに自分がしたことの責任からも
自由だったというところで、ほとんどうみっぱなしで、放置したままという主もいたみたいだね。

なんて新鮮な考えかと。
今まで神は慈悲深く、そしてしっかりと責任感を持つ大いなる器かと思っていたが、
そうではないかもしれないというのは考えもしなかったよ。



292 :本当にあった怖い名無し:2009/08/09(日) 23:50:04 ID:Zj8UEpAt0
なので、考えるときはあらゆる可能性、それも有り得ないと思うような
考えも検討材料に入れないといけないと思います。

そして、真理は無限
永遠に楽しめそうですね。



293 :本当にあった怖い名無し:2009/08/10(月) 00:37:42 ID:d4J/90CM0
上の如く下も然り♪
なんていうくらいですから、
下がこれだけ混乱しているなら
上も相当な混沌なのかもしれないですねえ。

294 :本当にあった怖い名無し:2009/08/10(月) 12:25:36 ID:ej9aCEnG0
最近ここ来た新参だけど、なんつーかほんとに現実世界のゴタゴタと
リンクしてるんだなという気がしてきた。>爬虫類の存亡の危機なんとやら


これからが楽しみだよ。色んな意味で。
一応表面的にははいはいワロスワロス、だけども内心nrnr
あとは自分にできることをこなしつつ日々を過ごすのみだー。


295 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 00:53:16 ID:CcDkPbMO0
自分で考えること、という箇所に違和感を感じていた。
考える・・・ということに限界を感じているから
考えることに限界があるということを踏まえて考えるのはいいが
考えることが万能であるとするのにはしっくりとこない。

だから、宇宙nowで『自分で考えること』の意図するところは
自分を主体として現すということだろうから

自分自身をSourceとして行くこと、と改めたい。

296 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 01:15:15 ID:CcDkPbMO0
思考は雲であり、その雲間に見える空を見る・・・
というのが自分の中に根深く残っていてね・・・。

だから考えるということ、思考するという行為は万能である
というような言われ方に違和感を感じていたんだ。



297 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 02:29:00 ID:GyJgCyaX0
宗教派、久しぶりに着ました。荒らす必要はない、とここを見ていましたが、
いま、流れ、読みこみ中です。。。


298 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 02:42:06 ID:GyJgCyaX0

計画者  登場
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908020000/

「千年の計画、黄金期に対して二千年では心もとない・・・しかも物質社会の成熟では無く意識の黄金期を計画しているのだ。
物質は容易く滅びる・・・元々幻なのだから
黄金期を達成した意識には言うまでもなく、この宇宙自体への伝播が義務付けられる
だから、この星で、これほどの人口爆発が起こっている。」



宗教派は、別の組織で同じようなことを聞いています。
破壊のための破壊があるのではなく、希望があると。
そして、いま、この星に生まれて、この星での宇宙へも文明時代
を経験したい人が多いと。


299 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 02:48:19 ID:GyJgCyaX0
解説    メシェク
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908070000/

「メシェク

 いえいえ、判定しようとする基準そのものが崩れていくのでございます。

 計画者殿の言う、仕上げとは、一時期、原初の状態に戻す事を指しますな
 これは、人間の自我が固まる以前の原始的な状態に戻す事を言うのでございます。

 自我の基準を誰かから与えられ、それをそのまま受け入れた意識には厳しい現状が現れます。

 マス、多くのもの、皆がやっている、従っている
 それが粉微塵に砕け散るのでございます。
 これは一重に、意識の基本たる真の自我に戻す事を意味します。

 日中の景色が゜突然暗闇になったら?
 そう考えるのが近道にございますな・・・

 今年の皆既日食は偶然にはございませぬ・・・」


 神(と言っていいのかな?)は、金魚鉢を手に取っている。
 その中の汚れや、矛盾、あるいはよいもの。
 さらに発展しそうなもの。

 どうするのがよいか、神にはわかる。

 ただ、中にいる金魚たちにはわからない。
 右往左往するのだけは、みっともないよ、と指摘されているような気がします。。。



300 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 03:04:43 ID:GyJgCyaX0

While You Were Sleeping
http://www.youtube.com/watch?v=opyNz_T0yWs&feature=related


あなたが寝ている間に、すべてが平和で穏やかにうまくいけばいいのだけど。。。
人の意識は神の領域には遠く、進化のために自由を与えられてそれを駆使した結果。。。

ただ、すべてには意味があるのでしょう。
きっと、すべてには意味があるのでしょう。



301 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 17:56:07 ID:+ea2sVec0
個人のブログを何箇所か選んでもマスで伝わるはずないのに、話の内容はなぜか性急。
そのあたりに違和感があるのだが・・・。
まさか一般教書演説でするわけにもいかない内容だろうし、その都合は最初から
折込済みなのは分かるけど。

「ここに来て甘言は毒にございます」と言っているけど、マスで伝える気がない以上、
プロジェクトの内容自体はこちらにはさほどの影響はないのだろうか?

302 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 18:39:11 ID:H91n95jx0
たしかにね、
ちょっと前のメシェク爺の調子とは違うね。
急だね

303 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 20:58:29 ID:H91n95jx0
もうトリガは引かれているみたいだね

はじまる

304 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 21:12:59 ID:ojQgDXYe0
最近よく「神に呼ばれた」って書いている人結構見るんだけれど、その中には
偽神もいるんだろうなぁ。

305 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 23:49:46 ID:H91n95jx0
もう動いているが、
もうやめてほしい。

新生するにあたり、犠牲となる魂は、
生まれる前にそう契約してきたのだろうか。
死期は決まっていて、だから自殺はだめだというが。

306 :本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 23:54:38 ID:H91n95jx0
メシェク爺さんのこれ。非常に恐ろしいよ。
こんなこと本気でこの地球でこの時期にやるんかいな。
ほとんど残れないだろうよ。何考えてるんだ計画者は。
俺の予想だと1割残れればいい方だよ

>計画者殿の言う、仕上げとは、一時期、原初の状態に戻す事を指しますな
>これは、人間の自我が固まる以前の原始的な状態に戻す事を言うのでございます

307 :551改め蓬莱:2009/08/12(水) 02:29:06 ID:BXJgtiWZ0
俺はそうは取らなかったけど(あくまでメンタルな面でのリセットと捉える)、
そうとも取れる内容だな。
しかし、物理的リセットは許されるものではないはずなんだが。

308 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 04:03:40 ID:xrxAmJdO0
たとえば経済がどうしようもなく崩壊するとか、そういうことはあるかもね

お金が尻を拭く紙程度にしか役に立たなくなれば、経済に依存した価値観はリセットされる
でも経済が崩壊したら、即座に自分の命がなくなるわけでもない
それで殺し合いを始める人もいれば、団結して助け合う人もいる

あるとすれば、そうしたソフトリセットかな
環境ごとぶち壊すようなハードリセットは、よほどのことがない限りやらないし
それは失敗したときだけだ

309 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 04:09:10 ID:xrxAmJdO0
世界経済が崩壊しても、地域経済が崩壊するとは限らない
いまの経済は仕組まれた搾取構造によるもので、健全なものとは程遠いからね

つまり世界から日本を経済的にパージすることで、崩壊する部分としない部分が
明確に区別されることはあるかもしれない
本来は株式などが構造が崩壊したとしても、農家と一般家庭の間の取引には影響はない
生き残る健全な取引というものはそういうもので、存在しない金を転がすようなものは完全に破壊される
それらは幻想の上に築かれた仮想システムでしかないから

310 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 04:11:12 ID:xrxAmJdO0
だからそうしたものにツリー構造上に依存した組織などは崩壊するが
そうではないものに関しては、その限りではないんじゃないかな

その構造から抜け出した人は慌てることは何にもないけど、
構造依存状態の人はパニックになるかもねって話だと思う

311 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 04:12:23 ID:48rgmQfz0
嘘でも本当でも
どういう意図があって、予言してるのかということが重要ー

312 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 14:49:14 ID:o+7akl4p0
更新

解説    統治者 - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908120000/


313 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 23:08:47 ID:M08gj5IU0
要求されているレベルが、(>_<)。

考えて考えて解決方法を編み出せるまでずっと戦争か・・・

314 :551改め蓬莱:2009/08/12(水) 23:31:00 ID:BXJgtiWZ0
7,80年しか寿命の無い人間が1000年を考えるなんて無理だよ。
普通に生きてるだけで目いっぱいだってのに。

個の寿命を少しでも延ばすために医学が発達したように
人類全体を対象とした医学(この場合はあらゆる学問が含まれる)が
必要ということか。
まぁ最低限輪廻転生のシステムの存在を公にしてもらわないと
人間が数百年単位の長期的視点を持つのは無理だろうなー。

315 :本当にあった怖い名無し:2009/08/12(水) 23:47:58 ID:o+7akl4p0
この解説シリーズは最後、御前で締めると思う。

316 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 00:06:55 ID:xrxAmJdO0
戦いがなくならないのはね、戦い自体は面白いからだよ。
人間のしていることの全ては、実は闘争本能をベースに作られている。
戦争とは無縁に見える芸術の世界も、旧来の芸術に対する戦争を仕掛けることで、
新たな概念が生まれ進歩してきた。
戦いは常に変化を生み出す、もっとも基本的な行動なんだ。動きこそ戦いだといえる。
パラダイムシフトを引き起こすための、引き金として戦争というツールが使われてきた。

つまり逆にこう考えるんだ。
犠牲者を出さずに戦いをする方法を編み出せば良いのだと。

戦いと人間の感情は連鎖しているが、これらは完全に切り離して考えるべきもの。
人間はまずそこに気づく必要があるよ。

317 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 00:13:19 ID:+o4R7ho/0
変化と停滞、これを置き換えると、戦争と平和となる。
平和は心地よい響きだが、停滞ときくとどうかな。大抵の人には退屈に感じるはず。

だから戦争をせずに変化を起こす方法を編み出すことが
人類に課せられた目的のひとつだ。それが結果的に平安となる。
動的な変化の性質を持ちつつ、戦争という古いツールを手放すことは、
多くの知的生命体にとっては悲願でもある。
なにしろ戦争は多大なコストがかかるからだ。そして負担も大きい。
文明レベルでも、個人レベルでも。

人間は確かに何万年も生きる身体を持ってはいないが、歴史から学ぶことはできる。
そこから学べないようでは、仮に不老不死であろうと、何も進歩はしないぞ。

318 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 00:42:15 ID:+o4R7ho/0
ひとつ前の記事の話に戻るが、爬虫類が支配のために起こす戦争と、人間が自ら行う戦争は異なる。
これに気づいている人はあまりいない。戦争といっても色々ある。

人生は短いとはいえ、やはり長い。その時間をどう使うか、その人によって相当違う。
大抵の人間は、目的を社会の側、つまり爬虫類によって目的を一方的に与えられていたほうが、楽だと感じる。
それが既存の経済社会だ。この社会は爬虫類が仕組みを作ったが、それに乗っかったのはあくまで人間だ。

しかし、近く訪れる爬虫類の支配の終焉により、彼らによって敷設されていたルールも同時に崩壊する。
それが「価値観、世界観、正義感、そういったものが根底から揺さぶりを受けるのでございます」の本当の意味だ。
中央集権制御系のシステムは、司令塔を喪失した時点で完全に暴走するからだ。
ぶらさがったものは、もはやネットワーク構造を維持することができない。

そうして生まれた人生の空白、つまり暇は、人間本来の力に訴え始める。
目的が供給されなくなる以上、それらを自分の手で再構築しなければならなくなる。
そのときに、進化が未熟であるものは、暇つぶしとしての戦争に駆り立てられることになる。
逆に既に自立できているものは、それぞれ新たな目的を自由に見出すことができる。

爬虫類という主催者のいない戦争、それがどれほど悲惨な結果を招くか、日本人はそれを目の当たりにするだろう・・・・。

319 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 00:52:47 ID:+o4R7ho/0
戦いというものは、生物にとって、もっとも基本的なプログラムだ。
全ての生き物は、互いに食ったり食われたりしている。
それはとりもなおさず進化のために組まれたプログラムだ。

もしその行為を善しとしないのであれば、別の方法を模索するしかない。
しかしプログラム自体を消去することはできない。
変化というものは、宇宙の基本的欲求でもある。
ただそれを直接的な形で、使わないようにすることはできる。

俗に言う高度な存在とは、確かに争いには興味を喪失したが、
完全に近しいために同時に変化に対しても興味を持たない存在だ。言い換えれば枯れた状態。
人間はあくまで変化の役割を担いつつ進化してゆく必要がある。
これは非常に高度な計画であり、人間だからこそできる進化といえる。

320 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 10:58:52 ID:VNsirHtg0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
-●-●-CHAGE and ASKA雑談スレ(´ー`)Vol.13 [邦楽サロン]
CHAGE and ASKAの噂 part61 [噂話]
【日月神示】瀬織津姫の筆先【天の弥勒】 [心と宗教]
CHAGE and ASKA Vol.443 [邦楽グループ]
3人のハンターが新たな狩りを体験! 「モンスターハンター3(tri-)」TV-CM完成 [ゲーム速報]


チャゲアス多くない?wwww

それにしても、いよいよ…という感じはするね。
この物質世界と宇宙世界はリンクしてるんでしょう?
自分はチャネリングなどできないしここの住人のように
「わかるようなわからないような」話をすることもできないけど
あちらとこちら、ああ、繋がってるんだな〜〜って日々感じてる。

321 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 13:24:25 ID:OwCqgASX0
誰もが感じているように、政治の腐敗はどうしようもないレベルまできている。
大きく時代が揺れ動くとき、もはやその揺れに耐え切れないくらい脆くなった。
囚人が牛耳り、まともな人間が塀の中に押し込められていた時代は終わる・・・・・。

322 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 13:59:55 ID:ZhoVLZV90
で、その『発端』はいつになるんだろうか?
今のところは表面上は平静を装っているが、
いざそのときは一気に逝くのだろうが、


323 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 19:34:30 ID:oYwUBTgs0
こういう「もうすぐ変革が起こる」みたいな話しを聞くとついワクワクしてしまう自分がいる
このくだらない世界がやっと終わるのかあ〜と。
例えどんだけ悲惨な状況になろうとも今の世界よりはマシ。ていうかいっそその革命にまきこまれて
死んでしまいたいみたいな。

でもこれっていわゆる「依存」してる状態だよね
自分以外の大きな力によって現実を変えてもらうことを期待している
本当に自分はどこまでも弱い人間なんだと改めて思った

324 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 20:07:15 ID:q3MnNssH0
ヤバイ。ちゃんげヤバイ。
まじでヤバイよ、マジヤバイ。
ちゃんげヤバイ。

325 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 20:15:45 ID:ZhoVLZV90
>>323
別にそう依存でもないと思うよ。

このスレでも完全自立型でやらないと残れないみたいなこと
言う人がいるけど、計画者やら統治者やらの思惑の下で
末端の実験動物は動いているわけで、
どうしようが彼らの思惑以上のことはできないから。

だから、完全に自立しないとだめだだめだだめだみたいな強迫観念は
持たないでいいと思う。ただもう少しだけ自分で考えてみたりすればいいと思う。

326 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 21:00:19 ID:OwCqgASX0
自立っていうとややこしいし誤解を招きやすいから、「自覚」だと思えばいいよ。
人間はひとりでは生きていけないほど弱い。
必然的に協力しあうように、わざと不完全に作られてる。
それを自覚すれば、自然と他人に対して感謝もできるようになる。

クソ偉そうに振舞ってる人間は多いが、自分の生活は自分の知らないところで
誰かが支えてくれているから、なんとか成立しているに過ぎない。
それを自覚できない奴は暴走して滅びていくといういうだけだな。
金さえあれば何でもできると思ってる奴がその典型。

327 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 21:31:40 ID:WNGPfL5S0
後戻りできないほど政治が倒壊したら革ジャンにモヒカンでヒャッホウの時代であります。

「変革の革とは、革ジャンの革である!!」

みたいな変革であるとは思います。じゃがいもはどれだけ備蓄してあるかな。
日本には自前のエネルギーがないなー。そもそもその揺れというのがさっぱり
実感がないけど・・・。チャネラーではなく、地上組と思しき人が顔を出している
事に、いやな予感がして仕方がない。感覚はチャネリングではなくてオーメンです。

328 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 21:35:05 ID:rjH00m76O
くだらねー事言う上にageやがって…

329 :本当にあった怖い名無し:2009/08/13(木) 21:43:28 ID:OwCqgASX0
在来の地球人と宇宙由来の地球人が混在しているのは、むしろ良い傾向だよ。

チャネラーばかりだとおかしくなる。
精神世界は既に政界なみにおかしくなってるだろ。
一部の人間以外はチャネリングから、とっとと足を洗ったほうが良いし、実際そういう人が増えてる。

精神世界とはネットと同じで、一部のIT系エンジニア以外は、あまり関係のない技術的な世界だと思う。
設計する人、足場を作る人、それを使う人は、完全に役割が分担されてるのは実社会と同じ。
お互いの仕事がどんなものか、だいたい理解したら、互いにそれ以上踏み込む必要はないよ。

しつこいようだが、人間は自分の生まれ持った役割以外のことはできん。
有能というのは、あくまでその業界においての話で、そこを一歩でも出たら門外漢となる。
ようするに餅は餅屋さ。

330 :本当にあった怖い名無し:2009/08/14(金) 03:32:51 ID:J7lAj4wt0
>人間は自分の生まれ持った役割

それがチャネラーだったら…

331 :本当にあった怖い名無し:2009/08/14(金) 16:42:16 ID:0z8MMrlS0
爬虫類に憎いとか思わなくなったよ。

ただのコマに過ぎないとか抜かした
本当の悪があるとすれば、計画者と統治者、彼らだよ。
まぁ、悪も正義も視点が違えばどうとても変わるけどさ。

我々は彼らの実験体に過ぎない。
どうあがいてもどうにもならないのさ



332 :本当にあった怖い名無し:2009/08/14(金) 16:51:11 ID:0z8MMrlS0
【絶対的】な善も悪もない、
ただ実験結果と、そしてこの宇宙をどう生き抜いていくか
倫理観、モラルなどは統治する側の方便に過ぎない

そして、唯一の真理も正答も何もない。
その唯一の真理も教義も、統治の道具でしかない。

目的としていた実験データが揃ったら、
我々の存在自体は全く価値のないものだから。
ソフト面だろうが原初に戻しても構わない。

この宇宙で唯一価値があるとすれば
実験データだけだ

333 :本当にあった怖い名無し:2009/08/14(金) 23:45:57 ID:ikbl05KJ0
 チャネラーやる人は、初期段階で向こう側からアクセスがあって「メッセージを伝
えるから記事にしろ」と言われるお約束のパターンのような物があるみたいですよ。
 宇宙nowの過去記事からの引用ですが、
「プレアデス人:どうしてもやってもらわねばならない人には、精神世界を用います」
らしいです。チャネラーは宇宙nowに限らずなぜか少しひねくれたタイプの人が多い
ような気がしますが(なぜかこの傾向は男に顕著)、そこが記事を面白くする要素なのか
も知れません。きっとひねくれている事も役割のうちなんでしょうね〜〜。本当かな〜。

 そういえば宇宙nowでは「チャネラーなんて誰だってなれる」と言ってるけど、他の人の
記事を読む限りでは、そうとは思えないですね。質問者の人間的影響がデカいですよ。
読み比べると「人によってこうまで違うのか」という感想です。宇宙now関係ブログだけに
絞っても師匠と受講生の雰囲気は全然違うし。記事のテンプレートはあっても、人間そのもの
は似ていないのが面白いです。

334 :本当にあった怖い名無し:2009/08/14(金) 23:47:29 ID:ikbl05KJ0
しまったsage忘れた、すまーん。

えーと、E-mailのところにsage・・・と、これでOKなはず。

335 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 00:54:40 ID:6A19nVYB0
>>333
あるね。俺はもうチャネリングなんざ、まっぴらごめんだがw
チャネラーてのは、ようするにパシリだもん。個人的に必要なことならともかく、
マスで伝えるための広告塔にされるのはマジでかなわん。
これは経験した奴なら、たぶんみんなそう感じると思うよ。

伝える側は、メッセージを降ろす為に必要な条件を満たした奴を、片っ端から使ってる印象だね。
検索して、こいつとこいつと、ああこいつも使えるからリザーブしとくかくらいの扱い。
もちろん消耗品として使い潰さないようにはしてるみたいだが、怪しいもんだ。

ひねくれ野郎が選ばれるのは、仕事内容的に、性質的に皮肉屋のほうが使いやすいんだよ。
いわば傭兵みたいなものだから、いわゆる愛国者は除外される。男は戦場で死ねってかw
たぶん精神世界好き好きっ子だと、どうしても内容がゆがむからだと思う。

「御託はいいから要件を言え」くらいの辛辣なタイプが好まれるっぽい。

336 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 01:00:52 ID:6A19nVYB0
そして媒体として使用するものの選択条件もかなり厳しい。
BlogはいいけどMixiやTwitterみたいなものはダメとかね。
2chにも書いたりしないほうがいいときは、アク禁されて書けなくなったりする。
自分の意思でやってるように見えて、実はかなり決められた道を歩かされることになるんだよな。

グリ氏にたずねても、多分俺と同じ答えが返ってくると思うけど、
そんなにいいものではないので、あまり憧れたりしないほうがいいと思う。
少なくとも俺はもうやだねw

ただ、勘がやたらよくなったのは便利かなと思った。
何か閃いたときとか、気がかりなことが思い浮かんだら、
深く考えずに実行に移すと、大抵は良い結果になることが多い。

337 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 01:27:38 ID:hyAibKi20
一生、生活に困らない安定した土台があればチャネリングしてもいいけど、
そうでない今の自分に不満があって、精神世界とか読んでたり
チャネリングで何かを知りたいとかだったら絶対に関わらない方がいいと思う。


338 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 01:30:24 ID:hyAibKi20
上宮さんは、本当はチャネリングとかどうでも良いけど、
こういうブログとかやらないとお金に困るようになると知り合いの人に言われて
やってるらしい。

本人は子供が一人前になればそれでよい、みたいなある種の諦観を持っている感じだね
あとはもう自分ではどうともできないし、興味もないみたい

339 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 01:46:35 ID:6A19nVYB0
リア充だと、そもそも精神世界の扉をノックしないからなぁw
なんらかの問題を抱えてないと、一生知ることもない世界だろうね。

そうした人生における縛りは、みんなあると思う。
俺の場合は、商売などで金を稼ごうとすると、大抵ダメになる。ギャンブルなんかもっての他。
その代わり、多くを求めなければ、絶対に困窮しないようになってるらしい。
本当に必要なものは、誰かが用意してくれていたりするので、それを使えという具合。
支給品のみで何とかせよというのは、普通の人間には耐えられないんじゃないかなと思うw

今の環境こそが答えであり、安易にそこから出ちゃアカンてのは、みんなに共通してるんじゃないかな。
選択の自由はあるにはあるけど、やっぱり運命は決まってるよなぁ。

340 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 03:00:47 ID:Xaxi053e0
>きっとひねくれている事も役割のうちなんでしょうね〜〜。本当かな〜。
まぁそういう面はある。
「高次」の「真実」をやたらに相手も選ばずに公表されても
困るので感度は高いが三次元的なフィルターがやや厚めの
解析力があまり高くないような人間が広告塔としては好んで選ばれる。
かといってあまりいい加減なことを言われても困るので
そのへんのさじ加減にはむこうも苦労している。

341 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 13:00:57 ID:y+oJM9Y10
ここにいる人ならわかるかも知れないから書き込むが
「原初のエゴイズム(つまり宇宙の基礎原理)」が
どのようなプロセスで出来たのか知りたい

私は「ある」という者である という聖書のくだり
単なる宗教程度にしては なんだか具体的すぎる

どうしてもこの点(原初のエゴイズムの生成過程)が解らない為
俺の宇宙理論モデルwが完成出来ない

宇宙とは単一の存在だと「自分」を認識出来ないよな 当たり前だけど
比較する対象があって初めて「自と他」を区別し自我が発生する

一旦複数の自我が発生すればあとは自我が更なる自我(おれはお前とは違うんだ)
が無限連鎖的に発生して行き とんでもない数まで膨れ上がる

その後自我同士が優劣を競い合い(最初は単に違いを強調するだけだったかもしれん)
エスカレートして潰し合いを行う なぜならそうしないと生き残れないからだ

最終的に潰し合いは単一の自我に至るまで続く だたし単一になると
自我の認識が不可能になるので宇宙はそこでひとまず1サイクルが終わる
つまり「あなた=わたし」になると宇宙は消える 実際に消滅するのではなく
自意識が消えるから 認識も消える 全てがあるのに何も無い状態となる

でまたそこから新しく宇宙が始まるのだろうけど この原初の自我がどうやって
完全に自意識が消えた状態から生成できるのか 解らないんだ

342 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 13:12:17 ID:IJExCkKx0
その系統で俺も質問がある。

ずっと思っていたんだけど、
最初に『なかった』らどうだったんだろう

ALL That is が最初にあった。
しかし、大いなるすべて、が最初になかったらどうなんだろうってさ。



343 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 13:32:23 ID:KUhu7lrb0
>>341
>>342
自分が読んでみてほとんど理解できてないんで他の人に勧めるのもアレなんだけど…
ドランヴァロの「フラワー・オブ・ライフ」全2巻は読んだことあります??
なんとなく近いようなことが書いてあった気がする…けどあんまり自信ない。

344 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 14:40:25 ID:rbYbU7Lx0
>>341
宇宙の始まりの始まりについて
もっと考えてみれば少し見えてくるのではなかろうか

345 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 15:23:00 ID:ZhN6lwRZ0
宇宙を一個だと思うから難しいのであって、複数あると考えればいいと思うさ。

346 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 15:47:59 ID:y+oJM9Y10
>>343
面白そうな本だな 情報ありがとう

俺はレスから滲み出てると思うが 精神世界とかスピリチュアル系とかは
相当否定的な立場なんだけど 宗教も心理学に基づいた支配の道具と
思って自分なりに研究したりはしているから こういう情報はありがたい

>>344
だからその「宇宙の始まりの始まり」の事を原初のエゴイズムと言ってるんだけど(汗
宇宙は我々が認識しているこの宇宙だけ なんて事は多分無いだろうと思う
インフレーション理論だったかな 複数のもしかしたら無限に近い数の宇宙があっても
おかしくは無い だが それには「私はある(自己認識)という者である」が必要なんだよ
原初のエゴイズムあるいは偏差がどうしても必要になる

それによって初めて空間に租と密が発生し 租の隣に密がさらにその隣に租って具合に
無限連鎖的に自我(あるいは偏差)が形成されてゆく 多数の宇宙もこのように作られてゆく

初期に形成された自我ほど競合段階に入る時期が早いので潰し合いもそこから起こってゆく
観念的に外側に膨張し数が増えてゆく自我(単位あたりの偏差量は小さい)と
潰し合って数が減少してゆく自我(単位あたりの偏差量は大きい)が同一空間上に
存在していることになる つまりそれが1単位あたりの宇宙なのではないかと

そして宇宙の目的とは 自己保存 つまり「私はある」の状態を保ち続けようとする事だと思う
よって常に宇宙は偏っており不穏で争いに満ちていなければならない
だがその手段は自己破滅(自我の単一化)に向かっているという皮肉
まさに神は全知全能だが無知無能という事ではないかな

それと>>344が何か知っているのなら是非ヒントだけでいいから教えて欲しい
無論 俺様宇宙理論モデルw(つか書いてて恥ずぃ)が全部間違っていてもかまわない


347 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 16:00:37 ID:ZhN6lwRZ0
何を以って破滅としているかにもよるが、宇宙が自己を完全に認識したとき、
それは人が考えているような消滅とか破滅ではないんだよ。単に完成しただけ。

つまり現在進行形でタスクが動いているのが今(三次元的に観測した時点からの)の宇宙であり、
自己認識が完了した時点での宇宙は、OSの乗っかっていないHDDのような状態。
俺はそう「認識」しているよ。OSが乗っていなくても、データとしては完成している。

人間とは宇宙の姿を模したものだというが、個人が生まれて死ぬことはあっても、
人類そのものが消滅するということにはならないだろ?
どこかで生まれ、どこかで死ぬ。そのサイクルが繰り返されている。

俺がふと思ったのは、人間が三次元的に映像で観測している宇宙の姿とは、
無数の宇宙が重なって見えている全体像そのものなんじゃないかってこと。
単体の宇宙を観測することは、少なくとも今の技術では無理なのではないかということ。
人間は意識せずに複数の宇宙を見て、関わっているが、それについて知ることはないだけでね。

348 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 16:32:24 ID:ZhN6lwRZ0
宇宙の上位の存在があるとするなら、いつどのようにして、
宇宙を生み出すきっかけとなったかという話については、
語弊はあるが、子が親を生む構造になってるのかも、という気はした。

349 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 16:39:32 ID:KUhu7lrb0
>>346
この本、スピリチュアル本であることは確かなんだけど、いわゆるスピリチュアルを期待して読む人には
わけのわかんない本だし、スピリチュアル懐疑派の人にはトンデモなんだけど単なるトンデモと捨て切れない
妙な収穫のある本だったりするみたい(B5版2段組全2巻なので文字量も重量もかなりのボリューム)。
346みたいな人が読んだら結構面白いんじゃないかなーという気はする。

原著が90年代末〜00年代初めのものなので、最新情報に関してはちょっと古いよなーという部分もあるし、
様々な分野を縦横無尽に飛びながら話が進むので興味をそそらない部分もあるかもしれないけど、
そういう部分をフフンと読み飛ばして順番に読んでいくと最終的に話がつながっているという・・・。
創世記なんかにからんだ内容は1巻に、二元性なんかについては2巻に書かれている。

ちなみに大きなお世話なんだけど、Amazonだと1巻の新品が在庫切れで
古本の方が新品より高値になってしまってたりする(苦笑)。
他のweb書店だと新品送料無料だったりするので…
まあ、余計なお世話か。

350 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 16:47:33 ID:UHWjQ+Id0
感情は後からつけられた仕組みらしいから
根源には感情はないんだろう
ただ淡々と実験を繰り返すマシンのようなものだろう

感情がない生命体がなぜ苦しむのかわからないらしいが、
痛覚とかは彼らにはないのだろうか



351 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 17:01:07 ID:y+oJM9Y10
>>349
実はレスをもらってからすぐにその事に驚いた

>ちなみに大きなお世話なんだけど、Amazonだと1巻の新品が在庫切れで
古本の方が新品より高値になってしまってたりする(苦笑)。

いいねぇ いいですよ いい傾向です
こういう本に出会いたかった ホント感謝してます

発禁本やら入手が難しくなってる本っていうのはそれなりに理由があるからね

でも著者名のメルキセデクってあのメルキセデクをペンネームにしてるんでしょうか?
なんか不安ですw でも買います ありがとう

352 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 17:26:28 ID:y+oJM9Y10
>>348
なんとなく言いたい事はわかる
消滅(というより減少?)発生(というより増加)が
同時進行的に起こっているって事かな

1サイクルというのでは無く 全く相反する作用が
同時に起きている つまり宇宙には 始まりも終わりも無い

でもそれだと その相反する作用が織り成す宇宙が
どういう過程で出来たのか解らない
そんなの 「始めからあった」 で済ますと宗教になってしまうし

そのパターン(非サイクル型宇宙)の形成過程を1から考えないといけないな
キーオブユニバースに近づいたと思ったんだけどなぁ
人の一生は短かすぎるな


353 :本当にあった怖い名無し:2009/08/15(土) 20:18:40 ID:ZhN6lwRZ0
俺もそれが一番知りたいことだから、すごく気になる。
だからこそ科学者は人海戦術で、よってたかって宇宙を科学しているんだと思う。
多分、みんなが一番知りたいことだ。

始まりも終わりもないものに、始まりがあるというのは、一種矛盾していて、
いわば、最初から無かったという解釈もできるんだよね。
無と有の境界線がないのなら、どちらも同じだといえる。

無であるものが有になるきっかけは、新たな価値観そのものだと思う。
そういう考え方もあるのか!と気が付いた時点で、それは具体的に形を持つようになる。
概念が生まれ、それが物質的に顕現したのが、人間が生きて実感し、観測している宇宙なのかなぁーと。
だから宇宙を誕生させているのは、常に観測者である知的生命体なのかなと考えたりした。

354 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 00:38:45 ID:Bp2I0e3Z0
>>351
>発禁本やら入手が難しくなってる本
う〜ん、どうなのかなあ。
手元の1巻奥付は2008年7刷になってるので絶版・入手困難というわけでもなさそうなんだけど
Amazonはずっと仕入れてないみたい。なんでだかはよくわからない(苦笑)。
自分は△天ブックスで(ry

>あのメルキセデクをペンネームに
結社とかあまりくわしくないんだけど、メルキゼデクなんとか同胞団員のドランヴァロさん
ということみたい。

355 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 00:41:50 ID:7p4iQj9l0
 宇宙がいつ始まったのか、始まりがあると仮定してそれを調べるのも分身の個だったり・・・
「私は在る者だ」
「いつから在るのですか?」
「分からない」
「あなたは全知全能ではないのですか?」
「違う。私に分からない事は君たちが調べてほしい」
在る者に宇宙の始まりについて聞いても、答えはおおよそこんな感じらしいです。

356 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 01:05:55 ID:3kq453JC0
宇宙があってよかったよ。

なかったらどうなってたかといつもそう考えるとなんとも言えない気分になる。

この色々のすべての苦しみや喜び、悩み、宇宙の果てしない広さすべての物語・・・
これらがなかったらと思うとね

357 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:42:19 ID:/+HZ/Y+70
犬「また君かね。君はあちこちの宇宙へ行っては、
そのシステムを錯乱ばかりさせているようだな。」


EO『錯乱しているのは、お前さんの方じゃないかね?』


犬「どこがだね?。この宇宙は見事に管理運営されているではないか?」


EO『例えば、私の惑星には会社というものがある。お前が知っているかどうかは
知らないが、その会社というのは、集団が組織的に相互依存して、
我々の肉体の生存を管理するためのエネルギーを得るところだ。そして、、、』


アロウ『にぃーちゃん、それなんの話し??』


EO『そうだな。つまり、この間、君に話したように僕らは生存、つまりこの存在
を維持するために、別の物質を身体に吸収するんだよ。僕らの体、存在は、そのまま
存在していると、エネルギーが足りなくなるんだ。だから、それを補給するために
物質を捜し出して食べるという行為があるんだ。
でも、それは常にそうしていなければならない。
そこで、僕らの町では、そのエネルギーをためておく事が出来るんだ。
それはお金とか、冷蔵庫の中の食べ物とか、小切手とか、いろいろな名前で
呼ばれるけれど、結局は僕らの生存の為のエネルギーに最後には変換されるんだ。
それを一人ではなくて何人かでやるのを会社とか社会というんだ。』


アロウ『ふーん。僕には、さっぱり、わかんないな。』

358 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:43:38 ID:/+HZ/Y+70
犬「そんな話と私の宇宙とどう関係するというのだね?」


EO『寝ぼけるんじゃないよ、わんころ君。
たとえば、そういう会社があるが、そこで活動する社員と呼ばれる者たちは、
朝っぱらから、「いかにこうして労働することが正しく、またそうすることで君達の
欲するエネルギーが得られるのだ」と説教されて、一日の労働に従事する。
会社の内部の人間は、誰もがその労働を正しいと思い、またその労働によって報酬があるからそうしている。
だが、たったひとつの盲点がある。それは、
{なぜ、そもそもその会社が存在する意味があるか?}という質問には回答が全くないのだ
たとえば、衣食住に全く何の貢献もしない無数の産業が地球にはある。
全く、生存の為だけには、なくてもいいような職種だ。
ところが、その中に入れば、そこで労働に従事することが当たり前になり、そして、
この「基本的な疑問」は忘れられる。
すなわち、会社がそもそも必要かどうかだ。
我々の惑星地球では、貨幣制度があるために、直接的なエネルギーではなく、
そのエネルギーと交換出来る保証書が貨幣と呼ばれる。
実際には、全体的な食糧供給が減っていても、その貨幣があればなんとかなると
馬鹿な思いこみ違いをしたりするものだ。
ところが、その思いこみ違いのせいで、衣食住になんら関係のない産業でも
なんでもいいから、その貨幣という単なる保証書や預金というただのデジタル数値
を増加させるために、無数の無駄な産業があるのだ。

さて、そんな本質的に全く無駄な産業の会社を一歩でたら、そして覚めて考えたら、疑問はこうだ。
そもそも、その中にいるときは、意味があると思っているが、はたして、
この産業そのものに何の意味があるのか?。

359 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:45:02 ID:/+HZ/Y+70
さて、この同じ質問をお前さんに突き付けてみようじゃないか?。
全宇宙は存在し、それを維持し、生存することは、そこに棲息するどの生物にも共通の営みだ。
しかし、そもそもこの宇宙という産業、この会社が存在するという事に、
そもそもいかなる価値や義務、目的、があるというつもりか?。
すなわち、お前のような犬はその存在価値を損失する。
それは、この一言だ。

{宇宙など、別になくてもよかろう}

そこにすでに棲息してしまっている者たちは、棲息を当たり前として知覚し、
それを維持するために、我々のようにエネルギーを補給し続けなくてはならない。
しかし、この営み全体に、そもそも、いかなる意味があるというのかね?。』


犬「別に意味などないさ。ただの動きだ。ただの暇つぶし。すなわち、
無限の無に私は飽き飽きしただけだ。だから、万物を作った」


EO『ちょっと待った。・・・・
地球の物理学者、および神学者の誰もが、
ある限界にぶちあたるのを知っているはずだ。それはこういう疑問だ。
ビッグバンでもなんでもいいが、そういう事から宇宙がはじまったとしよう。
仮にそうであったとして、、さて、
1/その最初の点のような質量はどこから生まれたのか?。
2/それが炸裂した要因はどこからやって来たのか?。
その質量の内部に生まれたのか?。外側からか?。その目的、意図は何か?。
爆発は何を目的あるいはきっかけとしているのか?

このふたつの質問にあんたは答えられるのかね?』

360 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:46:13 ID:/+HZ/Y+70
犬「言うまでもなく、最初の質量というものを、物質だと仮定しなくてもよかろう。
それを仮に意識点としてもいいわけだ。そして、すべては夢のような世界だったと」


EO『こらこら、ちょっと待った。
夢というものは情報だ。その情報もまだ存在しない、一点の停止した宇宙に夢の話
など持ち出すな。私が質問しているのはその意識点はどこからやってきたのだ?。
そしてやってきた根源はどこか?。
さらに根源の根源はどこかどこにあるのか?と、無限の問いを言っているのだ』


犬「無の中に突然生まれたのだ」


EO『お前、、、馬鹿か???。
無の中は何もないのだ。何もないところから生まれるわけがなかろう』


犬「いや、。私はよく知らんのだ。私が生まれたとき、既に私は前の宇宙の記憶を
もっていた。それを組み合わせて現在の宇宙を作ったのだ
私は私の発生については、なんの記憶もないのだ」


EO『ならば、結局この宇宙は何代も何代も続いているわけだな。
では、その最初のやつに会いたいものだ』


犬「それは不可能だ。最初の絶対存在者は既に存在しない。
それは君達が君達の先祖には直接会えないのと同じだ」

361 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:47:01 ID:/+HZ/Y+70
EO『では宇宙の原初の発生には、なんの記録もないわけか?』


犬「たぶんな」


EO『私の推論によればだが、宇宙は最初は存在でもなく、無でもない、
ただの質量の存在そのものだったはずだ。つまり、無というものはない。
最初から全部が存在そのものだ。
だが、それはただの存在であり、誰もそれを認識する事は不可能だ。
そこに認識としての意識が投影された途端に、存在という意識が発生するが、
存在という意識が発生するためには、無という意識が必要になる。
「ある」というのは『ない』という意識を必要とするからだ。
そこで、絶対の有の意識と、絶対の無の意識に意識が分裂した。
そして宇宙は回転を始めた。

しかし、、疑問は続く。
その最初の絶対の存在性の質量の海はなぜあったのか?。
次に、その海を2つの渦に分裂させた意識とはなんなのか?だ。
そんな最初の質量の海も、そしてそれを2分する存在と無の意識も、
そもそも必要ないではないか???。どうなんだね??』


犬「そいつぁー、私の管轄ではない。」


EO『ならば、あんたは別に創造主じゃない。
ただの{宇宙という国家の歴代の大統領の一人}にすぎない。』


犬「そういう事になるな。で、君はどうするのだね?」

362 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:47:10 ID:gfwC2LTM0
Hilary Duff - Love Just Is
http://www.youtube.com/watch?v=TUcysiqFSQg&feature=related


たとえば、とてもたくさんの宇宙があり、
それぞれにさまざまな生命が存在しているとして
科学があったり、文化があったりするとしても

この宇宙の美は。
この自然の美しさ、は。

愛という言葉の素晴らしさ、は。
勇気という言葉の心奮い立たせる力は。

エネルギーとか、精神とか、そうした中心となるものがあるのでは、と。
善というものがないという議論があったとしても
善も悪もないという議論があったとしても
末端の末端で繰り広げられていることを類推すれば、
高次の高次になにがあるか、想像はできるかな、と。

無慈悲な冷たい計画、実験だけがあったというのは、
中立的なただのデータだけがあったということもあるかもしれないけれど、
思いのほか、温かいものが発生した、みたいね。。。




363 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:48:02 ID:/+HZ/Y+70
EO『最初の質量を体験したいだけさ。別にこの場に及んでその意義だの意味だの
目的だの、どうでもいい。ただ、その発生の原点の意識や質量がそもそも存在していた、
物質や認識や時間のない地点を体験してみたい』


犬「その件についてならコメントできるが、
その認識は不可能だと君は持論で結論したではないか?。
つまり、発生の中心は、認識は絶対に不可能だと。ただ。それであると」


EO『それは人間という限定された意識の到達する最後の極限、
すなわち悟りの事にすぎない。私が言っているのは、悟りそれ自体の意識の発生点だ。』


アロウ『にいちゃん、無駄だよ。にいちゃんがしゃべっているそれは、
宇宙の中心じゃないよ。それは次元の番人なんだよ。それに、
にいちゃんは、そのままいくと、トリックにひっかかるよ。
だって、在るとか、ないとか、存在とか、無とか言うけど、
にぃちゃんが生まれてこのかた、もしも何かが存在するものを
全然見たことがなかったら、{何もない}という意識も起きないと思うよ。
何もないのが、ただ何もないのなら、何もないという区別は生まれないよ。
逆に在るという場合も、それが以前には、なかったという状態を知っているから、
在ると言うんだよね。だから、宇宙があるとかないとか言った瞬間に、
もう二つの世界が始まってしまうんじゃないかな。
この事はプハーリック博士が教えてくれたんだけどね。』


EO『なるほどな。それはそうなんだけどね。・・・
ただ、僕の知りたいのは、宇宙の最初なんだ。』

364 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:48:49 ID:/+HZ/Y+70
アロウ『にいちゃんの言う事聞いてると、まるで最初がなくっちゃいけない
みたいに言うんだね?。最初というのはなければいけないものなの?』


EO『アロウの言いたい事は分かるよ。つまりもしも円があったとしたら、それは、
どこが始まりとか終わりとか言えないって言うことだろ?。
でも円そのものは今度は外と内側という二つに分けられてしまうんだ。
もちろん、それは人間や生物の場合だよ。
何かを見ると僕らは必ずこうやって二つにしてしまうんだ。
僕は地球にいる時にはそれをやらない意識として存在しているんだけど、ただし、
宇宙のほとんどすべてが、何事も2つのものに分けられているんだ。
その一番大きな原因は、2つに分けないと活動というものは起きないんだよ。
それを人間が2つと呼ぶか呼ばないかにはそれは関係ないんだ。
僕らが利用している電気もそうなんだ。それはたまたまプラス・マイナスに名付け
たから在る、というものじゃなくて、事実その二つは性質が固定されているんだ。
もちろん、それは元々はひとつのものが別れたものだろうよ。

そこでね、アロウよ。こうした2つに分ける最後の最後の「究極のふたつのもの」
とは、宇宙が在るのか無いのかという、存在と無の根本問題になっちゃうんだよ。
そしてそれは厄介なことに、実は実体として在るとか無いの問題ではなくて、
それは我々の意識に発生する問題なんだ。

たとえば、ほら、さっきあの犬が放射線を出しただろう。
僕らは地球では目というものを持っている。
でもその目というものは、なんでも見られるわけじゃないんだ。例えば物凄い光を
見たら、僕らの目は壊れてしまうんだ。そんなふうに僕らの知覚は無限じゃなくて、
範囲が決まってるんだ。音だってそうだし、なんでもそうだよ。僕らは本当に
狭いものしか知覚できない。するとね、こういう事になってしまうんだ。

365 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:49:44 ID:/+HZ/Y+70
僕らは僕らの制限された知覚に映らないものを無とか「無い」と呼んでしまうんだ。
たとえば、僕らが真っ暗な部屋に閉じ込められたら、息はしているけど周りに何も
ないと思う。でも、目に見えないけど空気もあるし、いろんな空気中のガスもある。
無いと言っても、無いわけではなく、ただそう見えるだけなんだ。
僕らは夜になると、静かだと言うけど、たぶん昆虫たちはいろんな音を聴いているんだ。
だから、あるとかない、というのは、
僕ら生物の知覚に映るか映らないかの問題にすぎないんだ。』


アロウ『そうすると、にぃちゃん、この宇宙には{無い}とか無なんて在り得ないかもしれないよ。
全部が存在かもしれないよ。もしも誰かが宇宙の果てへ行って無を体験したとしても、
それは本当はそこには何かがあったのかもしれないよ』


EO『僕はその無へ行ったんだ。擬似的なバーチャルリアリティとしてだけどね。
だけど、そこでは対象は問題じゃなかったんだ。そこで消えたり無になったのは、
宇宙じゃなくて、僕の意識そのものだった。それが本当の意味での無だと思うよ。
世界があるかどうかじゃなくて、知覚する者そのものが消滅するということだよ。

そこでね、その知覚する者そのものも消滅して当たり前だと僕は思ったよ。だから、
僕が疑問なのは、物体や次元としての外部の宇宙の事じゃなくて、それを見ている
僕の意識の発生についてなんだ。
宇宙なんか、全部が実は「ただの夢」だったとしても別にそれでいいんだ。

そうじゃなくて、その夢を見ている意識がそもそもなぜ在るのかなんだ。たぶん、
宇宙意識は試行錯誤して、何かを知覚して経験しようとしているらしいということ
は多くの宇宙人が言っていたよ。つまり宇宙が自分を見ようとして、
その結果、あたかも宇宙を創造しているという「夢」が開始されたとね。

しかし、どうして宇宙はそのまま何もしないでいられないのだろうか?。
アロウは、実際何も世界を見なくても、退屈もしないし、無の知覚に飽きることもないんだろ?』


366 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:50:48 ID:/+HZ/Y+70
アロウ『にいちゃん、そうじゃないんだよ。
僕は無の知覚に飽きないんじゃなくて、
そうじゃなくて、、




無の知覚こそ、飽きないものなんだよ。』






367 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:52:55 ID:jwmAU5JKO

言いたい事はお前は犬だと言う事だろ

368 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 12:56:15 ID:BahVPxcV0
他人の書いたもののコピペではなく、己の言葉で語るほうが良い。

たとえ拙くても、自己としての言葉を紡ぎだすことがもっとも大切なのだよ。
人はそうするために創られたのだから。

受け売りは、いかに優れていようが、それはただのコピペに過ぎない。

369 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 13:04:11 ID:GGh8ENrRO
その時、突然に犬の姿であった放射物が黄金色に輝いた。

そして次の瞬間、町は消えた。


そこに在るの、ただただ、やみばかりだった。


それは無限なのかも分からない。

もしかしたら僕ら二人は、どこかへ閉じ込められただけなのかもしれない。

だが、とにかく真っ暗な無に見える世界に、私とアロウだけが残された・・。

・・・・・・・・

EO『アロウ。・・始まりの始まりって、なんなのだろうか?』


アロウ『終わりの終わりさ。・・・・わかラズヤ ノ ボウヤ。』

370 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 13:17:52 ID:GGh8ENrRO
今のこのスレの状況、流れ、タイミングが
ベストだと思ったからやったまでのこと。

助言やアドバイスはせめて読んでからにしてもらいたいもんだ。


最後だけ見事なタイミングで規制がかかったため
携帯から書き込んだが、
こんなことは最初で最後だからもうしませんよ。

371 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 16:07:57 ID:Ih49rt290
初詣に備えて・・・神様辞典 - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200512300000/


ここにでてくるイザナギとイザナミだけど
離縁したのではなかったっけ?

神社でも一緒に祀られているところは多いみたいだけど

372 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 16:23:39 ID:lWZnePrw0
>>368
>人はそうするために創られたのだから。
私はそれを知らない。信じない。私にとって意味のあることではない。
もしそれが真実なら誰にも聞かれない穴の中で独り言を言っていればいい。
他人に向けて発する意味などないだろう。

自分の言葉で書いたものも誰かのコピペも、発した者以外が読めば全て等しく他人の言葉だ。
自分から紡ぎ出した言葉がどんなに優れていようが、それ以外の者にとってはコピペに等しい。

しかも、自分で生み出したと思っている言葉も、過去に読んだり聞いたりした他人の言葉や、
今現在の周りの他人の影響を知らずに受けていることも多い。

他の人間の知恵や経験を軽視し、教師も教科書も排除するなら、
人間なんぞ文字も円周率も知らない原始人として生きる他ない。

私はコピペだからという理由で馬鹿にしたり低く評価したりしない。

373 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 16:55:27 ID:BahVPxcV0
バカにしているのではないよ。その逆だ。
他人の言葉は、あくまで本人が発するから意味を持つ。
言葉を覚えたての子供の言うことにも、含蓄があったりするのはそのため。
もちろんその逆も然り。言葉とは非常に力の強いツールだ。

てか少しは好意的に受け取ったほうがいいぞ。
自分しか理解できないオリジナル言語で話せなどとは、一言もいっとらんし、そんな必要もない。
俺は教科書を読むなとも書いた覚えはないが、なぜ飛躍してそうなる。
極端な奴が多いなここは。物事は1か0だけではないぞ。

もしいい内容だと思ったのなら、それを一度自分で再編成してみるほうが良いという話だ。
自分でやってみることにより、自分ならではの視点や解釈も生まれてくる。
人が他人のコピーではないのは、そういうことだよ。もっと個人であることを大切にすれ。

374 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 16:57:43 ID:BahVPxcV0
>他人の言葉は、あくまで本人が発するから意味を持つ。

悪い。これじゃ意味がとおらんなw

本人の言葉は、あくまで本人が発するから意味を持つ。

に置き換えてくれw

375 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 16:57:44 ID:lJhTEcTm0
各人が思考し言葉を洗練させていく過程自体が重要なんだからコピペは駄目だよ。
ブロードキャスト的な手法、つまりは単一の情報を広範囲にばら撒くような時代は
もう終わりかけている。
ネットのように自分の興味のある情報をよりすぐって、伝播の過程で洗練されていく。
情報自体の多様化と洗練がこれからは必要になっていく。と俺は考えている。

376 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 17:00:30 ID:lJhTEcTm0
情報の押し売りは迷惑。
情報というのは受け取り手が居なくなれば消滅する。
簡単な理屈だな。

377 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 17:03:44 ID:BahVPxcV0
あ、先に言われた。まあそういうことなんだわ。
同じものを見ても、自分で考え、表現することで、さまざまな形になる。
それ自体が非常に大事なことなんだ。たとえショボくみえてもだ。
自分で書いたということ自体が、大きな意味を持つ。
これは上手い下手の問題ではなくてね。

んで、宇宙の話に戻るが、宇宙の全てのデータは、既に最初から存在していたとするなら、
おそらくデータそのものはオリジナル(があるとするなら)のコピーである可能性が高い。
しかし毎回、解釈の形が違うはず。だから意味がある。
たと同じ質量の粘土を使っても、人によって異なる作品が無数にできあがるのと同じ。

378 :371:2009/08/16(日) 17:05:24 ID:Ih49rt290
だからまたこのスレタイをデコイにしたりカモフラージュしたりしている人たちがいっぱいいるから
371の話でもして宇宙nowスレに秩序を取り戻したいんだけど

379 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 17:14:12 ID:lJhTEcTm0
この世界の始まりは俺も説明は出来ないな。最初の意識は最初からあったと。

一応ひも理論やM理論を適当に解釈して、それをベースとする。
・この世界の最上位次元は11次元である
・11次元は物理的観測は不能であり、人間のどのような能力を持っても
 認識することは不可能
・ひもは振動子として捉えられている
・物理世界のあらゆる物は複雑なひもの振動形態の違いによって表される

また、情報は次のように捉えている
・情報は電波などの電磁波、つまり振動によって伝えられる
・情報自体には質量はない、つまり物質では無い、エネルギーでも無い
・ゆえに情報の複製は簡単であるが、消滅も簡単である

380 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 17:14:49 ID:BahVPxcV0
秩序てのは混沌の状態が安定したときに生まれる状態に過ぎんぞ。

大抵の人間が言う秩序は、自分の都合のいい環境という意味だろう。
スレが荒れていたり、自分の好みに合わない話題のときは、
「見ない」という選択肢も視野に入れたほうが良い。
自分で場をコントロールしようと思うからストレスがたまるわけで、
このスレ自体がなにかの目的になったらあかんよw
たとえお題が宇宙NOW!の話題だったとしてもだ。

俺は自分が面白いと思ったときしか見てない。
他に面白いことを見出すほうが、なんぼか健全だからな。

話題に乗る人がいないのなら、興味がないか、詳しい人がいないんだろう。
個人的には>>371の話はよく知らんので、申し訳ないが俺には返答のしようがないだけだ。
さすがによく知らんことを、適当に書くわけにゃいかんしね。

381 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 17:19:49 ID:lJhTEcTm0
究極的に言えばこの世界は情報と、それを伝える波(振動)が全てである。

では、情報と振動はどちらが先に生まれたかと言えば、情報(意識)であると考える。
世界の始まりに情報だけが存在していた。そして、その情報を伝えるために波が作られた。
この波がひも理論のひもではないかと考えている。

この次元では宇宙が出来るよりもさらに高次元のため、ひもが出来た時点では
どの宇宙もまだ存在していない。

多分、最初の意識はこのひもと格闘しながら最初の宇宙を作ったのではないかと思う。
(宇宙は単一ではなく、複数ある説が正しいと思っている。)

382 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 17:28:18 ID:lWZnePrw0
>>373
受け売りとコピペを低く評価しているとしか読めないが。(確かに受け売りには問題があるが)
自分で体験していないが参考になると思われる情報や共感する情報の紹介をするなら、
下手な翻訳で歪曲させるよりオリジナルをそのまま見せた方がいい。
写真を見せればすむのにわざわざへたな絵を描いて見せる伝言ゲームのようなことはむしろ害。

>>375
各人が思考を洗練させていく過程が重要なことは同意するが、だからと言ってコピペが駄目な理由にならない。

383 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 17:33:32 ID:BahVPxcV0
まあそう思うならそれでいいんじゃね。
自分が発した言葉は、もはや自分の手から離れたるもの。
やや不本意ではあるが、そう解釈したのなら、それでも構わん。

ちなみに俺がもし、オリジナルを紹介したいときは、そのサイトのURLなりなんなりを貼る。
そのほうが手法としてはスマートだし、読んでもらえる可能性が上がるから。
本当に伝えたいのなら、手段よりも結果のことを考えるほうが効率的だろう。

なぜなら2chは構造的には長文には向いてないから。
レスを跨ぐくらいのものは、とくにね。せっかくの情報も見てもらえなきゃ意味がない。

384 :371:2009/08/16(日) 17:33:59 ID:Ih49rt290
>>380

>このスレ自体がなにかの目的になったらあかんよw

いや、何と言うかスレタイをカモフラージュにして
何かの目的を果たしたいみたいな人がいたので、


とりあえず、宇宙nowに関する話題がなく、
何かの意図を持ってスレをのっとりたい人たちが増えたら
次のスレは別の方が立ててください。
もう立てません。

385 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 17:39:23 ID:BahVPxcV0
また極端だなあ。なんでそうなるんだよw
ちゃんと宇宙NOW!の話にも繋がってるだろ。

さすがにこのスレで、好きな食い物の話とかされたら、さすがに板違いだから他所でやれと思うけど、
いまのところ内容的にはリニアーな話題だと思うぞ?

2chのルール的には、スレを立てるか立てないかは、踏んだ安価次第だと思うが。
乗っ取るとか立てる立てないでそこまで拘るのは、スレの私物化が過ぎるんじゃね?
望む話題がないからといって拗ねるなんて、はっきりいって子供っぽいと思うよ。

スレッドなんて誰のもんでもない。
あえていうなら運営してる会社のものだなw

386 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 17:41:19 ID:lJhTEcTm0
>>382
が言っていることを認めると、単に受け取り手が居ない情報を
選択してしまったのが間違いだったか、適切な補足説明がないせいかもしれない。

長文のなかのどこがポイントだと考えたのか、そこが見えないのよ。
読んだ人は各人の感覚により適当に解釈してくれ、と言われていると感じる。
それって読み手側のことを考えていない、無思慮な書き込みにしかならない。
いずれにせよ、思考が足りていないことに対しての反論にはならない。

387 :371:2009/08/16(日) 17:44:19 ID:Ih49rt290
>>248
>あーこりゃしばらくは荒らされるかもなあ。その筋に目をつけられたなw
>タイトルがカモフラージュになってたから、今まではあんまり来なかったが、

いや、こういうのを見て、
自分としては別に私物化とかそういうのじゃなくて、
あくまで宇宙nowに関するスレで立てたわけで、
こういうのを読むと何かさすが宇宙now (wだなって思ってね。


388 :371:2009/08/16(日) 17:47:27 ID:Ih49rt290
後、時々、
このスレの幾人かは何か特別な能力だったり使命みたいなのを
持っているみたいですが・・・みたいな質問する人がいるけど、
そういう特別なのないからあまり臆せず書き込んでいいと思いますよ。
何か傲慢で選民意識が高い人がいるけど、
気にせずに書き込めばいいと思う。

さすが宇宙now、グリフィンズみたいなのが引き寄せられてるなと思ったよ

389 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 18:15:44 ID:7p4iQj9l0
 あるチャネラーの見聞録ですが、現在の宇宙理論が追求しているこの物質の宇宙に
限って言えば(宇宙now用語では物質の宇宙を小宇宙と呼んでいると思う)、人工的に
作った宇宙の卵から始まっているらしいです。

 その卵は、中に難しい数式がぎっしり詰まっているように見えたらしいです。
おそらく小宇宙の創造者達の方向性のないエネルギーに数式を与える強い意図が
チャネラーには実際の数式として見えたのだと思っております。その宇宙の卵が
起動する様子はチャネラーが実際に体験するのはとても危険な行為らしく、そこ
に関しては文字情報では得られなかった覚えがあります。
 起動の部分はともかくとして、最初に現象ありき、ではなく最初に数式ありき、
なところが意外でした。

 宇宙論が好きな人は、追っているその先に偉大な絶対理論が見つかるのではなく、
宇宙論のさらなる先輩のような人達にきっと会うのだと思えてなりません。
 宇宙論者がさらにステップアップして宇宙創造者になると「この宇宙のどこそこは
二乗じゃなくて三乗の方が良かったかな」「いやいや、それでは他の部分が」
とかそういうとんでない話を普通にしていそうだ。

390 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 18:40:57 ID:lWZnePrw0
>>386
まず、思考が足りてないことに反論した覚えはない。

だが反論すると、解釈や判断を各人に任せることは悪いことではない。
最後は全く理解不能だが、EOの思考の足跡を辿ることに私は話のつながりと価値を見出した。
私には無思慮な書き込みではなく参考になる価値ある書き込みだった。

391 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 19:07:50 ID:lJhTEcTm0
>>390
話を単純化すると、要はコピペの意図がわからんと言っただけで
それに対して適切な回答があればそれで済む話。
しかし、その回答も非常に感覚的であり、最後には各人に任せると言われると
その情報を誰も受け取らなかった場合、長いコピペの情報量はほぼ0になってしまう。

広く知らしめたいのであれば、ブロードキャスト、例えばブログにでも書けばいい。
ここに書くのなら相手を納得させられるだけの補足説明は欲しいところ。

結果としてやってることがちぐはぐに見えてしまうのよ。

392 :551改め蓬莱:2009/08/16(日) 19:11:38 ID:lJhTEcTm0
まとめると、言葉を自分の物としていないことが原因で
伝わらない情報を垂れ流ししていることになる。

ブログ書いてる奴はそういう指摘を受けることがないから、延々と無駄な情報を
垂れ流してることに気がつかない。つまらないブログが増えてるのはそれが原因。

393 :本当にあった怖い名無し:2009/08/16(日) 20:39:54 ID:BahVPxcV0
>>389
それはすごくしっくりきた。
そして、なぜ宇宙の卵を作ったのかも理解できた。

やはり子が親を、あるいは親が親、子が子を産む構造なのかなぁ。
人間は「全てのものは、大は小をネストしている構造」と思い込んでいるけど、
実はそれはこの限定的な物理的宇宙においての話に過ぎないのかもしれぬい。

394 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 00:35:25 ID:UDnRxCBG0
思考が足りてない、とか
情報の押し売りは迷惑、とか
言葉を自分の物としていないのが原因、とか
まぁボロカスに言われたもんだなw

宇宙の基礎原理がどういったプロセスで出来るのか知りたい
というレスに対しての、俺なりの回答のつもりだったんだが
テメェの書いた文章しか読む気はありません(キリッ
自分で思考して書き上げた言葉が重要なんだ(キリッ
ってなってしまうと「サーセンwww」しか言いようがないな

宇宙の基礎原理がどういったプロセスで出来るのか
については俺自身も分からないとしか言いようがない
宇宙の発生原理に関しては、俺も以前から興味があったから
質問に対して、自分の言葉で考えた回答を出したかったけど
やはり「分からない」の一言で終わってしまうんだよな

ただ、俺の手元にある本の中で
俺が書く事よりも参考になりそうな事が書いてある本が丁度あったので
質問に対して参考になりそうな部分を抜き出してみた、というわけです

まぁでも、唐突すぎて説明不足だったのは認めるw
でもこのスレ自体、いきなりチャネリングしたことを書き出したり
いきなり詩でも唄いだしたような文体でレスを書き出す人がいたりするもんで
このスレの趣向に、自分なりに合わせたつもりだったんだw
どうやら俺にはそういったセンスはないらしい、ってやかましいわww


395 :↑370ね:2009/08/17(月) 00:36:15 ID:UDnRxCBG0
ほんとはこういった本があるよ、って紹介するだけにしようと思ってたんだけど
俺なんかよりも読むのにふさわしそうな人がこのスレにはたくさんいそうだったので
どうしても本の内容を少しだけ紹介したかった
風呂敷を広げすぎてしまったので、一応本の紹介だけはしときます

無明庵出版の「ひきつりながら読む精神世界」という本です

396 :551改め蓬莱:2009/08/17(月) 01:34:42 ID:7sITPDLk0
別に>>394を叩きのめすつもりで書いてるんじゃないよw

今までにもちょっとつついただけで逆切れして感情的になる人が
特に精神世界の住人には多いのよ。そうなるともう言葉なんてもう通じない。
ききわけの無い子供が地団太踏んでるようにしか見えない。

いくら普段は奇麗事並べてても、そのような幼稚さがその人の本性であることが分かる。
それこそがその人の本当の精神世界なわけだ。
計画者が嘆いてるのも理解できるだろ。

ここはネットなんだから、言いたいことがあるなら最初から全部言ってしまう方がいい。
感情的にならない範囲で喧嘩するのも有益だと思うよ。

397 :551改め蓬莱:2009/08/17(月) 01:49:22 ID:7sITPDLk0
>>384
乗っ取りたがる奴は基本的にスレに書き込む意思があるので
対処は出来る。
やっかいなのは会話をする意思が無い、無意味な爆撃だな。
そういうのが来たらしばらくスレを離れるしかなくなるが。

まぁアセ関連のスレではよくあることだわ。

398 :551改め蓬莱:2009/08/17(月) 01:59:01 ID:7sITPDLk0
>「ひきつりながら読む精神世界」
改めてタイトル見ると笑えるなw

399 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 02:42:53 ID:xM1EY8CP0
精神世界は疲れきった現代人にとっては、一時的な駆け込み寺だからな。
じっさい俺も昔はかなり助けられた。
自分に余裕がない人が多いのは、むしろ当然だと思うよ。

もし健康そのものの体育会系バカが病院に行って、
「お前らは鍛え方が足りないから病気になる。病気は甘え」とかほざいたら、
たぶん病院からつまみ出されるか警察呼ばれるだろw
精神世界というものには、そういった側面はあることも考慮したほうがいいかもな。

まあ常に相手への思いやりは持ちつつも、ダメなものはダメという強さも持つべきだとは思うが。

400 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 10:11:39 ID:UDnRxCBG0
ほんとのほんとは、グリフィンズ氏に紹介したいんだけどねw
EO氏とグリフィンズ氏は共通するところが多い

あと在庫はブッククラブ回にしかもうなさそうね
興味のある方は読んでみて下さい

401 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 13:42:13 ID:M8f+3hkp0
自分がそうだからといって、他人もそうとは限らないよ。

402 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 15:44:37 ID:M8f+3hkp0
野生の動物は、土を舐めるときがある。不足しているミネラルを補給するための行動。
それは人間も同じでね、本当に必要なものは、自分で探し出す能力が備わってるのよ。

もし親切心で何かをしようと思うなら、まずそれが自分に必要なことに気づかなければならない。
本当に塩を舐めたいのは、一体誰だったのかを。

403 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 15:46:57 ID:M8f+3hkp0
旅とは常に孤独なものだ。時として仲間を探したくなる。
しかし、それぞれの道は微妙に違う方向を向いている。
宇宙は全ての方角を探索してもらうために、きみたちを送り出した。
遠く離れれば離れるほど、互いの距離は遠ざかる。

誰かの飢えや渇きの声は、自分が闇に向かったつぶやいた声が、ただ反響したものだ。

404 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 17:39:35 ID:FSE0Jqmc0
自分では何も生み出せない粗大ゴミの分際で
中身空っぽのへ理屈(妄想)ばかりたれる。
それが「虚無」を「悟り」と混同した人間の特徴。



405 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 18:34:39 ID:UDnRxCBG0
本気で紹介するために行動を起こそうとか微塵も思ってはいないよ
もしなんらかの形で知る事があれば、グリフィンズ氏が彼の人生において
目的としている事に近づく助けになるのでは、と
「個人的に思った」だけ

批判やアドバイスをもらえるのはありがたい事なんだが・・・
2度もここを去ると言われたあなたに何かを言われても
正直なところ真摯に受け止めようと思いたくても
どうにももどかしくて素直に受け止められないな

406 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 18:49:50 ID:OE4iMPk50
>>ID:UDnRxCBG0
気にしないほうがいいよ
なんか荒らしたい連中がいるみたいだからな

ID:y+oJM9Y10だよ
俺は十分楽しめたし なるほどなと思った
批判するだけの奴は 荒らしたいだけか 頭空っぽな奴なんだから
まあ俺も偉そうな事言ってるけど 無い頭絞って考え続けるしかないって諦めてるし
どっちみち今自分が手(思考も)の届く範囲でやるしかないんだし

407 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 19:34:44 ID:wsuNKtoQ0
ここの連中はもう少し謙虚にならないかな。
自論が絶対に正しいみたいな高慢な姿勢のばかりだよ
能力のない素人がみてて、結局何か高尚なことを語ってはいるが
エゴの張り合いにしかみえない。



408 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 19:44:38 ID:wsuNKtoQ0
定期的にageるか。空気の入れ替えしないとな。

宇宙nowというタイトルをカモフラージュにして、
自分の目的を果たしたい人は、自分で立てればいいし、
地球人が嫌いだとか言う人は、使命とかミッションとか
気にしないで、故郷の惑星にお帰りになってくださいな。


409 :551改め蓬莱:2009/08/17(月) 21:47:49 ID:7sITPDLk0
誰に言ってるのかはっきりと名指しして言ってくれないかな。

410 :本当にあった怖い名無し:2009/08/17(月) 22:03:53 ID:P8rMHP2k0
皆自己紹介してるだけだろ

411 :341:2009/08/18(火) 00:40:57 ID:xlToYbKI0
どうも俺の書き込みが荒れる原因つくったみたいだな

340まではそれほど荒れてなかったけど341以降はレスの応酬というか
批判の応酬に発展してしまってる感じだ

正直スマンかった

なのに荒らしが来てるらしいとか(恥

フラワーオブライフ1,2巻届いたので今から読みふけります

412 :本当にあった怖い名無し:2009/08/18(火) 01:11:46 ID:rzDZHny00
 急進派と穏健派がぶつかっているような感じがして仕方がないのですが。
あっちの論争はこういう事なのか? 

 全員が自分で思考して本も情報も要らなくなる画期的状態の実験はすごく
まずいような気がする。そもそもどんな手段を取るのかが分からないけど、
そのうち宇宙nowで解き明かしがあるんでしょう。

413 :本当にあった怖い名無し:2009/08/18(火) 03:18:14 ID:9Pmv0IBWO
>>407
同意
ここでの意見はあくまでもその人の意見であって正論ではないでしょ。アレに目を通していたら、
あそこで知れた事は氷山のほんの一角で、それだけで何か語るには1万年と2千年早い!と自分は思う。

でもageるのは…いかがでしょ?自分はどうかな〜と思うけど、必要なのか…な。

414 :本当にあった怖い名無し:2009/08/18(火) 14:58:55 ID:xBm9rQLlO


415 :本当にあった怖い名無し:2009/08/18(火) 16:26:14 ID:v4UJwYiW0


416 :本当にあった怖い名無し:2009/08/19(水) 23:20:32 ID:6snF0FFK0
ごめん

417 :本当にあった怖い名無し:2009/08/20(木) 00:42:52 ID:PgsUSvgw0
 EOとは何物なんだろうと思って検索したら、EOから全宇宙の知的生物への
メッセージというのが見つかった。全部ではないけどさっと読んでみたところ、
EOイズムはなかなかハードな思考法だと思った。しかし解脱を選んだ人は姿形は
もう存在しないのだろうか。ブッダもダルマも相当高いところにいると聞いているけど。

418 :本当にあった怖い名無し:2009/08/20(木) 01:25:13 ID:YTT/PEK60
Hilary Duff - Raise your Voice - Lyrics
http://www.youtube.com/watch?v=2y16kQfOzlk

再掲になりますかね。。。


ま、破壊を好む人、というのもいますからねぇ。。。

たいてい、どこか不幸で、自然、何か自分の見ているもので、破壊しようとしますけど。。。

されるほうが、する側であるよりも、客観的に見て、はるかにいいです。ただし、傷つくのは、やはり、人間、いやなものですが。。。



419 :本当にあった怖い名無し:2009/08/20(木) 02:36:17 ID:8bP4OgHuO
チャネル練習。
自分の意識となんだか混じってよくわからなかったけれど搭載。
・話したい人いる?
いますよ、なんでもどうぞ。
・宇宙Nowで計画の仕上げって言ってたけどなんなの?どういうこと?
自分で考えて。
感じてみて。
自分が計画者だと思って考えてみて。
ポケモンに例えてみよう。
進化、最強になるためにはどうする?
・アイテムをつかう。
レベルアップさせるために経験値をあげる。
仕上げとは不動心を確立させることだ!
防御力をアップすれば最強になるだろう?
それと同じだ。
・…よくわかんないけど、陰陽を区別しないで中立的に物事をみろってことなのかな。

420 :更新:2009/08/20(木) 23:26:36 ID:Q65ErvDy0

計画者に聞く・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908200000/


421 :本当にあった怖い名無し:2009/08/21(金) 23:48:44 ID:I9WPfG9I0
ずっと昔から考え迷い悩んできたけど、
俺の結論は何も考えないで楽しく生きていける人の方が
今の社会では正解だったかなってことだ。

思い悩んで色々な本を読んだりするのは
今の社会では正解ではなかった。

スポーツをして、普通に恋愛して、
みんなと楽しく生活できることを次に生まれたらそうしたい。

去年でデータの分析が終わったというが、
まぁ、もはやどうでもいい。
壊れてしまった人生は今はもう挽回できない。
もう少しだけ観察させてもらうだけだ

422 :本当にあった怖い名無し:2009/08/22(土) 01:13:48 ID:4GU9yGUuO
「22を超えてゆけ」「2013人類が神を見る日」を読みましたが、
共通項が多いですね。
よく精神世界でも「考えるな、感じるんだ」って言われるけど、
感じないからいろんな本を読んだり、いろいろ考えたりしちゃうんだよねえ。

423 :551改め蓬莱:2009/08/22(土) 05:44:18 ID:7vJjAR1q0
俺がこのスレで言ってるのは、直感的に感じるということが、1つの能力だということ。

たいていの人は直感と言う表現をする場合は、ある情報の入力に対してその情報が
・良いか悪いか
・自分の感覚に合うか合わないか
・(自分にとって)メリットがあるか無いか
という基準をもってその情報を受け入れる、拒否する判断を下していると思う。

主観的感覚的な判断なので、その人が背景的に持っている情報や信念に
左右されるし、明確な基準が無いので判断基準自体が変動する。
変動すること自体は別に悪くはないんだけど、主観が基準なため
判断基準の正当性を明瞭か出来ないタイプの人はどんどん変な方向へ変動してしまう。
客観的で絶対的な基準を下すのに必要な情報を持っていない、と言うより
価値観に合わない情報は最初から拒否するのでなおさらこの方向は加速される。
つまりは頭の中に強力なフィルターを作り上げてしまっていることになる。

424 :551改め蓬莱:2009/08/22(土) 06:00:37 ID:7vJjAR1q0
俺が言っている直感というのはインスピレーションであり、
無意識的に外部から情報を受け取っていることを指す。

ここで、上で書いたようなフィルターが頭の中にあるとこのような情報を取れなくなるか
偏った情報しか集まらなくなる。
なので気をつける点としては
・自分の判断基準を明確化する
 これは例えば自分の感覚に合わない、と感じた文章があった場合
 どの部分が合わないと感じたのか、それをよく分析すること。
 これを繰り返していれば自分の基準というのが自覚できるようになる。
・自分の書いた内容を客観視する
 コピペが多い人は、他のコピペ系の人と同列と見られてると思っておくほうがいい。
 コピペに自分の主張を代弁してもらっているつもりであっても、特にどの点が
 自分の感覚に合ったのか、そこはよく考えておく必要がある。
 そうでない人は、自分の文章に本当に言いたかったことがちゃんと含まれているか
 (歪曲した表現とかなしで)、自分の感覚に照らし合わせて嘘が無いか(本音と建前の
 乖離がないか)よく確認する。

425 :551改め蓬莱:2009/08/22(土) 06:04:59 ID:7vJjAR1q0
とりあえず思いつきで書いたのでこんなとこかな?
まとめると
感覚的な基準の明確化

その基準を絶対的基準と照らし合わせる

自分の位置というのが自分で判断できるようになる(つまりは自分を知るということ)

計画者は最低限、このくらいのことを求めてるように思う。

426 :本当にあった怖い名無し:2009/08/22(土) 11:12:33 ID:2BjtZHQE0
宇宙nowで、ネガティブな思考が来ても
電波の一つに過ぎないから通り過ぎさせればよいと書いてあるが、
だから、普段自分の考え、自論はこうだなと明確にすれば
自分が考えもしないイメージや思考、考え方などが来たら
それを採取できるように普段からこころがけているようにしている。


427 :本当にあった怖い名無し:2009/08/22(土) 14:16:27 ID:wueDWG/v0
 環境に適応する能力を高めて行くことが進化だと思っているんだけど、
(宇宙nowの言う進化とはどんな定義なんだろう?? そこがいまいち分からず)
現在の人間社会の環境なら、意識の進化の方向は上宮さんが言っている方向が正しいと思う。
計画者もそちらの方が正しいかも知れない、と言ってはいるが。

 一般的なデータでは、これから先は持続可能な社会、計画者の言う物質社会の成熟へと
意識が進む事が進化の目標だと思う。しかしそうではなくて意識の黄金期・・・ってなんだそりゃと。
そういえば話が不動心!?計画者と考えていることが全然違っているような気もしたり。

428 :551改め蓬莱:2009/08/22(土) 16:16:49 ID:7vJjAR1q0
何か実験をしてるようで、説明を受けたけどほとんど聞き取れんかった。

429 :本当にあった怖い名無し:2009/08/22(土) 23:33:56 ID:t70+h3EQ0
実験台にされる身にもなれって言いたい
何が愛だよ と素朴に思う
そんなに実験したいなら、実験したいヤツを実験台にすればいいのにな
ほんといい迷惑だ

430 :本当にあった怖い名無し:2009/08/23(日) 02:07:37 ID:PHxHchqN0
宗教派、参上。。。


>>420

 今回の情報もまた、重要だと思います。



Taylor Swift - White Horse: Closed-Captioned
http://www.youtube.com/watch?v=cFOAHZ9U6c0&feature=channel





431 :本当にあった怖い名無し:2009/08/23(日) 17:08:52 ID:radruRwE0
今回の実験期間は5000年間だったみたいだが
やけに短いな。

去年で終了ということで、
そろそろ爬虫類やら諸々の役者さんたちは退場してもらうことになるか。
所詮、彼らも計画者の道具に過ぎないからね

432 :本当にあった怖い名無し:2009/08/23(日) 19:13:56 ID:yoTRjcun0
本当に迷惑だな


433 :本当にあった怖い名無し:2009/08/23(日) 21:12:36 ID:74onkQCV0
昔ドラえもんの『のび太の創生日記』っていう映画があったんだけれど、
今思うと意味深だな。

434 :本当にあった怖い名無し:2009/08/24(月) 07:43:04 ID:E4pzy7vJ0
データー集めるにはお粗末な実験だよなw

435 :本当にあった怖い名無し:2009/08/24(月) 10:36:55 ID:rtmY+GeEO
今やるべきことは…何が起きようが心を平穏にってことなのかな。
今年の世の中のゴタゴタも人間の想念が作り出したって考えれば、自然と自立思考したいと思えるはず。

436 :本当にあった怖い名無し:2009/08/25(火) 01:08:37 ID:mJunlE0n0
Go
http://www.youtube.com/watch?v=mPAeOlTvcmo&feature=related


宗教派、若干、自説展開。。。


言葉、とか、情報、というものは、受け取り手のレベル、感受性でいかよう
にも変化する、とします。

「実験」という言葉のみを聞いて、小さなこと、と感じることもあれば、
その過去の歴史や背後、そして、いまの時点の意味、など、理解したときに、
感じること、理解できること、などあります。

要するに、情報、というものは、それを理解できたときに意味をなす、
と言いますか。。。

もっとも、情報を理解できる者がいたときに、その情報は展開される、とも
言えますか。。。

ここで宗教派が言える結論は、たとえば、実験に愛がないか、と言えば、
そうでもないのでは? ということで。。。

(人は、相当、成長してますもん。。。)
(この地球の感じている苦痛は、人の成長のために、と言ってもいいのでは?)





437 :本当にあった怖い名無し:2009/08/25(火) 22:57:34 ID:K6nDuLLB0
http://www.youtube.com/watch?v=PkewAh18eak

宗教派氏がいつも愛のあるMV紹介をするので、たまにはヘンなのを。

物質界もこれくらい楽しいといいのだけど・・・
今のところ大規模な財政出動で小康状態を保ってはいるけれど、そろそろ
限界が来る、という話があります。これから2番底が抜けそう。
この意味でなら不動心は理解できなくもないです。

438 :本当にあった怖い名無し:2009/08/27(木) 23:25:04 ID:fKLcPWUnO
更新age

439 :551改め蓬莱:2009/08/27(木) 23:46:59 ID:ckjcNT5K0
ネタがないな
ほしゅ

440 :551改め蓬莱:2009/08/27(木) 23:47:48 ID:ckjcNT5K0
あ、リロードしてなかった

441 :本当にあった怖い名無し:2009/08/28(金) 00:13:44 ID:KOMW2p/d0
続き・・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908270000/


442 :本当にあった怖い名無し:2009/08/28(金) 01:19:17 ID:Be2VAaBq0
なるほど。。。 吉幾三ですか。。。(笑) よくできてますねぇ。。。

では、個人的な趣味を。。。

Alex Band - "Only One" Music VIdeo.
http://www.youtube.com/watch?v=8NzHxvQU3Fo&feature=related



443 :本当にあった怖い名無し:2009/08/28(金) 01:23:23 ID:Be2VAaBq0
宇宙nowさんには申し訳ないけど、まったく関係ない投稿をしてしまう、という。。。(笑)


Bon Jovi - (You Want To) Make A Memory
http://www.youtube.com/watch?v=zxtvHxQllzM&feature=channel


ねぇ、君はいまどこにいるんだろうね。
幾度も同じ運命をともにした君は
いま、どこにいるんだろう。

この宇宙が無味乾燥なものであったとして
この記憶の中にある君は
忘れることなんかできなくて。

ねぇ、君はいまどこにいるんだろうね。
ねぇ、いつかまた、君に会えるだろうかね。。。



444 :本当にあった怖い名無し:2009/08/28(金) 01:34:16 ID:Be2VAaBq0
私が示すのはあまりよろしくないと思いますが、
「この惑星からすでに、移行させられている魂」
についての言及はすでに公開された情報として「日月地神示」があります。

どこだったか忘れましたが、少し内容として同じものはたとえば。。。

日月地神示・との巻
http://www.geocities.jp/oneness3456/hifumi2/to.html#to



445 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 03:00:21 ID:dRPM7P2eO
幼年期の終わり て宇宙Nowなアセンションで、このスレのみんなにオススメ

446 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 15:03:37 ID:4/3NAJgp0
ワイヤレス給電を実際に行っているムービーがネット上で公開中、その実力の一端が明らかに - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090828_wireless_electricity/

計画が終わり、色々解禁になってきたのかな

447 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 18:03:35 ID:SAd3HD8s0
 そういえば、うしとらの金神はチャネリングで神を名乗ってしまったがためにヘンなところに
閉じ込められてしまったと聞いたことがあります。船井氏が(この人はビジネスマンでありますな)
大本教のところに行ったときにうしとらの金神の霊媒にいきなり「ひさしぶりじゃのう」
と言われて前世での話しなどをしたらしいですが(前世で政治家として良い世の中を作ろうとしたが
うまく行かず、船井氏は今世で再挑戦中らしい)、しょっちゅう「わしをヘンなところに閉じ込めおって
けしからん、けしからん」と愚痴を聞かされたらしいです。でも自分はこういう話は小耳に聞いていますが、
大本教団は良く知りません。合気道の植芝盛平は、精神世界の方は出口王仁三郎が師だったらしいので、
植芝氏の妖術伝説を聞くと王仁三郎もかなりの能力があったとは想像できますが。自在に風を吹かせた、
とかは何となく疑ってはおります。でも王仁三郎だと本当にできそうだ。

448 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 22:33:17 ID:4/3NAJgp0
ANYONE KNOWS WHAT TIME WILL HAPPEN?

449 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 23:24:32 ID:iQ3mq06t0
宗教派、参上。。。(笑)


裏側の私が語る(笑)、ほんとかどうか知らない話。。。

日本神界は、基本的に、「本流」、と、「傍流」に分かれている、という情報があります。
まぁ、ある組織(私、かつて所属)の言葉でいえば、「表」と「裏」です。

で、出口先生は、「傍流」、にあたります。その意味は、力が大きすぎて、
一般の神々と差がありすぎる、とのことのようです。

「傍流」に所属するのは、力系統の人。巨大な霊能力者、武力自慢の武人、
力自慢の仙人、天狗。そうした、どちらかと言えば、「和」よりも、「力」
で結論を出そうとすることを、この国の主宰神は嫌っている、ということで、
「傍流」に追いやられている、とのこと。

私の属しているスサノオ系統も、その転生とされるヤマトタケルも、武人、
「和よりも力を重視」、という姿勢で、この国の神に、ある意味、封じ込められて
いる、とのこと。(一般の神々から隔離されている、という意味)

しかし、それだからと言って、「お働き」に上下、尊卑があるとは思いません。
その人にしかできないことを、真剣に、誠実に実行するだけ。

それが、出口先生であれ、傍流のかたがたのお気持ちだと思います。

(傍流系の人、語る。。。)




450 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 23:24:52 ID:/RMzxBCp0
No one knows what time it happen.

451 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 23:34:04 ID:XQyf2Nki0
それを書くならanyone knows what time will it happen?ではないか

452 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 23:37:09 ID:iQ3mq06t0
(給電の情報ありがとうございます。。。)


電磁波については、一年ほど前、結構、調べたことがあります。
ノン・リーサル・ウェポン、ということで、アメリカ軍が着々と成果と
実用品を上げているはずです。

電磁波は結局、エネルギーを帯びているので、それでもって、空間を越えて、
相手側にエネルギーを渡す、ということは、研究者であれば誰もが考えたはずで、
宇宙空間レベルで、こういった案もありました。


京都大学 生存圏研究所
http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/plasma-group/index-j.html

宇宙太陽発電所 Solar Power Station
http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/plasma-group/sps.html

いずれにせよ、電磁波は、身体に浴びると危険なので注意を。。。




453 :本当にあった怖い名無し:2009/08/29(土) 23:41:33 ID:CiMNm8450
>>447
船井氏は偽神に乗せられいてる気もするんだよねぇ・・・
知り合いの中学生が宇宙船に乗せられて、そこで船井氏そっくりな神様みたいな人に
出合ったと聞いて有頂天になったりしてる。
霊能者たちいわく船井氏が熱海にいるから富士山の爆発が止められているとか何とか・・・
じゃなかったっけ?
もしも船井氏がとても重要な人物だとしたら、誰かを通さずに直接高次元の存在は
船井氏に直接話しかけてくると思うんだけれどね。

454 :本当にあった怖い名無し:2009/08/30(日) 00:25:26 ID:KicVd9Bo0
そうそう、その話〜。記憶だけで書いたので間違っていないといいけど。
その中学生の話に「これはまず有り得ないだろう」と感じる点はなかったので、
消化はできましたが(船井氏の意識本体も船井と名乗って姿も同じで地上近辺に停留して
いる話にはおどろきました)「船井氏が熱海にいるから富士山の爆発が止められている」(初耳)
は消化できません。そんな話もあったんでしょうか。記憶にはちょとありません;;;

船井氏自身はセミナーや健康器具販売やパチンコがビジネスなのは知っていますが、
当人が霊的存在との通話能力があるとは聞いたことがないですねぇ。セミナーの講師に坂本氏
や他の面々がいるので、そっちの情報はずっとチャネラー経由なんじゃないでしょうか。

455 :本当にあった怖い名無し:2009/08/30(日) 01:20:43 ID:+CUO7+8n0
Anyone knows what time that will happen ?

456 :本当にあった怖い名無し:2009/08/30(日) 01:46:17 ID:+CUO7+8n0
Anyone knows what time PLANNER Zaephar's Reset will happen?

457 :551改め蓬莱:2009/08/30(日) 01:54:25 ID:9z8lQM+A0
>>449
ゲームの東方の世界に出てくる神はどちらも武闘派だし、
一番強い神は太い注連縄(しめ縄)をしょってたりする。
漫画の方では注連縄は神を封じ込めるためのもの、ということが語られてる。

武力としての力は抑えられてるってのが神の意思かもしれない。

で、その力ってのを他の力に変換するようにしてるのが今の日本なような気がする。
武力による統制よりも経済力、想像力によって共通の世界観、価値観を共有
させようとしてるように見える。

458 :551改め蓬莱:2009/08/30(日) 01:58:52 ID:9z8lQM+A0
>>456
リセットは無いんじゃないかな。

459 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:41:14 ID:rZ1uZz2K0
宇宙も一応、権力の分散はしているんだね。
今のところ、統治者(根源直下の存在)、計画者
後は出てきたのは工作者か。

460 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 18:58:31 ID:KicVd9Bo0
5000年かけてデータ収集って・・・宇宙史が始まって以来、
まだそういうデータをまともに取ったことが無かったのか!?

「うむ。宇宙は良いところだろう?」といわれそうな気がしている。

461 :本当にあった怖い名無し:2009/08/30(日) 22:22:41 ID:w37o6sRW0
さて、どうなることやら。

462 :本当にあった怖い名無し:2009/08/30(日) 22:43:35 ID:UrKL4yEF0
アーサー・C・クラークの小説って、
アセンションのパラレルワールド・・・可能性1、2、3・・・じゃないかと思う。
それぞれが書かれた年から見た未来予想図。
つか、アセンション、精神世界元ネタなのかな。


今、注目してるのが、ホーキング博士の子供向けの宇宙小説シリーズ
まだ、1巻しか読んでないけど、
子供に宇宙に興味を持たせるための適当な設定っぽく見せかけて、
なにげにアカシックとかチャネリング系の情報が忍ばせてあるんじゃないかと思ってる。

しかし、チャネリングも、本「神との対話」っぽいことばっかり聞かないで、
錬金術の方法とか、フリーエネルギー装置の設計図とか、
感情の抜きの、技術系のことを聞いたほうが現実的に役に立つんじゃないか。
でも、宇宙NOW的に考えると、物質は想念が作り出すから、
何もないところから念じて、物質を生み出せるようにすればいいのか。うーむ。

苫米地秀人の本は引き寄せを怪しいスピ用語を使わずに証明できます系になりつつあるし、
そろそろチャネリング情報にも心理学でも、何でもいいけど、現実とリンクする証拠は必要なんじゃないか。



463 :本当にあった怖い名無し:2009/08/30(日) 22:46:45 ID:ohcsr+VB0
実験台にされるマウスの気持ちが、今ようやくわかった
ゴメンよ マウス 
いい実験なんて一つとして無いんだって事
俺別に理系のそういう実験に関わってる人間じゃないけど
人間として謝らせて下さい
ほんとにすみませんでした

464 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 00:39:43 ID:3JvQMgeR0
それで、去年で実験終了みたいだったが、
実験体である我々はこれからどうなるんだろうか。

計画者の話では一度、原初の状態に戻すということだが、
研究室をクリーニングするということなのか。
ハード的ではなく、ソフト的なものだろうけど。

それがいつ行われるかということだが、
近い内なんだろう。

いつまでも研究室をほったらかしにするわけもないだろうしね。

465 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 02:16:36 ID:nw+ELuru0
宗教派、参照。。。(笑)

あ、間違えたな(笑)。参上。。。(笑)

High School Musical- Something New
http://www.youtube.com/watch?v=pqJkc2xidGw&feature=fvw



466 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 02:21:24 ID:nw+ELuru0
>>457

鋭いですねぇ。。。

理念としてはその通りだと思いますね。まだ、具体化には成功まではしてない
と思いますけど。。。

日本という国の過去と現在を見た時に、この国の神様の力量は相当のものですよ。
だからこそ、ある意味では、ここ(日本)が舞台となることが期待されている、という情報もありますので。。。




467 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 02:25:17 ID:nw+ELuru0
>>464


 さくやひめ様・正道歩め(2009年08月29日)
 http://696.kibanamano.net/archives/51400955.html


だそうです。

まだまだ、人間の覚醒が足りないので、がんばれ、ということかと。

まだ、もう少し(それが年なのか、数年なのかは自信ないですが)は、通常のままだと思います。




468 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 10:46:59 ID:b+bU2RUL0
>>462 チャネラー側に、技術系の専門知識がないと解読できないんじゃないかな

469 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 14:33:26 ID:pDZy71vQ0
地球にこんなに大量の人がいるのは
いずれ宇宙の方々に出荷する予定だとか。

その上で一度自我をクリーニングしてきれいにしてから
出荷するのだろうか。

ここにいる人たちも近い内に、何億光年も離れたそれぞれの星に
行くことになるかもしれない。

またいつか会える日を楽しみにしているよ

470 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 14:35:11 ID:pDZy71vQ0
>>462
技術系の話のチャネリング本なら最近出た

バシャール x 坂本政道
という本にけっこう書いてあったよ。
坂本さん自体はあまり俺は信用していないんだけど。
この人は理系だったから、バシャールもたしかそういう話をしたんだろうと思う。

471 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 15:33:34 ID:bAMKxg8a0
本当に意識の変化なんて、できるのかいなと思えてくるな。
人間はほんとに昔から全然変わってないもの。

人口を減らさずに上手くやるなんて、今まで一度も成功してないし、
人口が減ったら減ったで、確実にダメになるのは過去のデータから推測余裕。
全員が変わらないとダメってのは、地球人全員でひとつの縄跳びするくらい難しい。

日本は地球で一番まともだそうだが、その日本もどうなのか怪しい。変な人種が増えてるしね。
結局必要なのは、最初から最後まで一貫して「感謝」だけでいいんだが、
それが一番難しいようで、そこに到達できる人間は依然として少ない。
必要なものは能力の有無でも金の有無でもなく、感謝の有無。ただこれだけ。
しかしいままで人間が積み重ねてきたものの上には、皮肉にもこれは存在していない。
この壮大でいやらしいパズルを、何人が解き明かせるのか。

472 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 15:36:22 ID:qgZWP2Qu0
>>471
>人間はほんとに昔から全然変わってないもの。
なぜそう言えるのですか?

473 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 16:12:47 ID:b+bU2RUL0
>>471 御前が言ってたこと思い出した。

>大きく感謝してみよ、そなたが嫌うこの宇宙にもな・・・
>言わばこの宇宙の現状とは感謝不足の充満よ・・・

(中略)

>感謝不足に従って現実もオカシクなっていくのじゃ
>世間の混乱とはこの感謝不足に陥らせる為の操作に過ぎん

http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200902100000/

さいきん混乱の中にいて、しばらく余裕のない状態だった。。
ゆえに何事も、事務的・機械的・即物的に物ごとをこなしていたが、
トラブルを招く原因に、「感謝不足」ということを忘れていた。
これがないと、基本的な挨拶含め・卒なくこなしてるつもりでも
相手に不足な感情をもたらし、余計なトラブルになりかねない。
もちろん、感謝と媚を売るのとはまた違う 

あとは自分の想念を確認して、確信していくことだけかな

474 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 16:52:11 ID:oJGeAQn4O
本当にそうだね。
小さい頃からの感謝不足で人生ダメにしちゃった。
ヒントなんかいくらでもあったのに、エネルギー使う方向間違えた。

475 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 17:34:45 ID:cS2Yl/CB0
しかし、宇宙システムを作ろうとしてきて今の今まで多数が肯定できるシステムは創造できたのだろうか。
そこに少しばかり疑問が。最初の一歩を踏み出したり戻ったりしているような気もしなくもないんだけど。
リセット、リセット、リセットで宇宙システム自体が二歩目に展開していない、という感じがしたり。
今やってるのは現大統領の命運を賭けた最後の実験だったりして・・・

476 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 19:28:57 ID:bAMKxg8a0
感謝しろって言われても、なかなか難しいだろうから、考えかたを変えてみるといいかもよ。
人間(たぶん他の宇宙人も)は、いわば宇宙と自分がズレた状態にあるわけだから、
それをアジャストするような気持ちになればいいと思うさ。

悪いことしてる奴や怒ってる奴がいても、俺のかわりに汚れ役やってくれてありがとう、
みたいな感じで、すべて自分の一部として捉えると、また違った見方ができるようになる。
もし自分が宇宙なら、どういう風に見えてるんだろうと、常に考える癖をつけると
自然と感謝となって現れてくるんじゃないかな。なにしろ自分の体の一部だからな。

477 :本当にあった怖い名無し:2009/08/31(月) 22:23:15 ID:b+bU2RUL0
ん〜なんつーか・・大抵、非難してくる人は、
自分の影の部分を反映してるものだから、
そこらへんを自分に聞いてみると、大体答えが見えてくる。
そうすると、相手に対して自然に感謝の気持ちが湧いてくる こんな感じ。

勝手に理不尽なことやってる人は、自然の浄化作用がそのうち
訪れるだろうから なんとも思わないほうかも…

478 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 01:32:31 ID:ETRrYxPD0
へんてこおじさん(でもないかな?笑)、参上。。。(笑)

David Guetta ft. Kelly Rowland - When Love takes over (HQ)
http://www.youtube.com/watch?v=YrzS2KNs8No


妙に元気になるです(笑)。暗い考えもぶっ飛ぶかも。。。


実験っていうのは、まぁ、短期間で生きてる人間にはわからないですよ、きっと。
いろんな生物から進化させた高等生物もいるでしょうし、西洋人と白人もあれば、
スポーツマンタイプだっているし、学者タイプだっているし、どういうのが、
破滅しないで、安全、かつ、高度に進化するタイプか、ということを求めているんでしょうし。

それに、いまは情報が錯綜しているから、リセット、という話がまったくでてこない情報もありますし、
私的には、どちらかと言えば、人間の時間感覚で「そろそろ」、と思っても、まだまだ案外時間はありそうな気がします。



479 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 01:36:52 ID:ETRrYxPD0
こっちのほうが断然好みだけど。。。

Katharine McPhee - Over It
http://www.youtube.com/watch?v=BMb9Gok2C2Y&feature=channel


人間も進化しましたよ、きっと(笑)。

こういう意味不明な音の連鎖・連続を聞いて、喜んだりしますからね(笑)。

それのどこが進化か、と問われてもわからないけど(笑)。


480 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 16:51:52 ID:+8jCzJEx0
今回の5000年にわたる実験のデータを我々が閲覧することができるのは
いつになるのだろうか。やはり後、数億年ぐらいは許可されないのだろうか

一体、計画者ゼイファーはどういう意図でこの様な実験をしたのだろうか。



481 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 16:58:45 ID:+8jCzJEx0
弟子のブログ・・・

危険な内容の兆しが見られる。チェックしてくれ


余分な期待は毒??(;_;) - チャネリングと僕… - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/seadorive/diary/200909010000/


482 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 17:00:26 ID:+8jCzJEx0
>お主の、これからの行動如何によっては、もう一ランク上に上がって貰う事と成る!
>どう言う事かと申せばじゃ!この地球の未来を担って貰う事と成る・・・ワシの下部としてじゃ!


483 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 18:45:19 ID:+8jCzJEx0
しかし、大筋では宇宙Nowと内容は変わらないんだよね。
人口の多さの理由、適正ではない者の別の場所への移転・・・

宇宙nowグループとしては、リーダーであるグリフィンズが
>>482の様な内容には敏感であるから、もしかしたら事実であるのかもしれないけどね。

去年で実験が終わったので、チャネリングの内容も急激に変化してきた感がある

484 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 20:46:25 ID:lh0jdIIx0
結局上位存在とやらも
俺ら人間とやってることとたいして変わらないんだなw

485 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 23:29:31 ID:BwZEsMwb0
>>484
>結局上位存在とやらも
>俺ら人間とやってることとたいして変わらないんだなw
それは、漏れも常々思っている。
陶芸家は、失敗作は、心置きなく廃棄処分にする。弘法も、筆を誤る。
地球は宇宙の実験場である(必ずしも、正しいことや、正解が用意されているわけではない)
やってみなけりゃわからないことがある、ということか。

486 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 23:33:55 ID:ETRrYxPD0
>>481

うーん、大丈夫じゃないでしょうかねぇ。。。

それよりも、私自身は、相当、「人間の慢心」を危惧しているので、私自身が
地上の人間を補佐したりする場合には、ここまでは言わないですねぇ。。。 なかなか。

>お主の、これからの行動如何によっては、もう一ランク上に上がって貰う事と成る!
>どう言う事かと申せばじゃ!この地球の未来を担って貰う事と成る・・・ワシの下部としてじゃ!


そういう意味では、「産土神」を名乗る指導霊側の手法が、地上の人間にとっては、少々リスクが高い
と思えます。ちょっと言い過ぎ、失敗ですね。。。


487 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 23:34:38 ID:ETRrYxPD0
でも、ちゃんと、指導霊(多分、この人の守護霊より多少、上位者の人か)は、こうもつなげています。


>現の世が、これ程に混沌としておるのには理由が有る・・・
>人々を適正適所に移り住まう事!この人類の増大を見ても、それは解るで有ろう!
>では何故に、お主に、この混沌とした時代に生まれさせたのか・・・
>未来とは現在の上に乗っかる事柄・・・今が変化せねば未来も変わらぬと言う所・・・


つまり、このお弟子さんが何故生まれたか、早く気づきなさいよ、お役目があるんだよ、と言ってます。
そういう意味では、「魔」ではないと判断できると思います。

逆に言えば、これくらい強烈に言わないと、このお弟子さんは、なかなか自信が持てない人なんじゃないでしょうか。
そのために、ほかの人に言えば簡単に(慢心から)転落してしまうことも、それほど心配せずに、
産土神は伝えた、とも考えられます。

ともあれ、先生がいるから大丈夫でしょう。

(宗教派、語る。。。)


488 :本当にあった怖い名無し:2009/09/01(火) 23:42:26 ID:ETRrYxPD0
「産土神」さん(様)、そういうことで、よろしく。。。

(ここに書いて、伝わるのかな??? わからないけど)



489 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 01:58:05 ID:CiUiFFp50
 日本神界の人達の言いそうなことです(笑。
人間くさい言葉をあちらこちらに顔を出して乱れ打ちするのは、他のタイプの高次存在は
しない感じですね。あるチャネラーは「単に利用してるだけじゃないか」とずっとぼやいてる
状態ですよ。こういうのもきちんと書かないといけないらしいし。

「乱れ打ち
 乱れに乱れ
 日本晴れ」
こんな感じかな。

 ところで宇宙nowではないのですが、森田玄さんのマシュー君のメッセージ(24)に
宇宙生命体が登場していますが、地上の活動はこれで良いのでしょうか。
http://moritagen.blogspot.com/
観測のために来ているだけじゃなかったのねん。

490 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 02:57:07 ID:wTPOQA+l0
そのへんは別にいいんじゃないかね。
俺もこのスレをちゃんと見るのは久々なんだけど、使える人間は片っ端から使う方針なら、
それだけ個人にかかる負担とリスクも分散できることになる。
母数が増えれば増えるほど、一人当たりの負担は減るわけだ。

極端な話、日本人全員がなんらかの役目を持ち、関わるようになれば、
ひとりのチャネラーを壊れる寸前まで酷使するみたいなことはなくなるでしょ。
そういう環境を目指してるんじゃないかと思ったりした。
誰もが自然とつながり、高次の意識、ひいては宇宙の意思そのものが、
人間界で反映されやすくなれば、それこそが黄金時代ってやつになると思うよ。

神と人間が延々と伝言ゲームしてるようなものだったものが、、
直接対話できるくらいまで近づけば、そうは変なことにはならないからな。

491 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 03:34:56 ID:wTPOQA+l0
ところで、精神世界関連のBlog読むと、民主党礼賛で大喜びしてる人たちが多いみたいだけど、
なんでそうなるかな…wと個人的に思った。背後に何がいるかが違うだけだろうに。
そんな無邪気に喜んでる場合じゃない。

そういうモノと手を切って、依存体制から脱却することが重要なのに、
結局のところ何かかに巻かれようとすんのね君らは…と、正直残念な気持ちになってる。
問題は山積してるっつうのに。たとえば日本を支配しようと画策する、在日朝鮮人たちのこととかね。

492 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 06:16:53 ID:ZI8pkWlu0
在日って・・。彼らは米国の隠れ蓑だろうに。
米国の影響を否定したい人が在日在日とか言いまくるし。

その米国も、また隠れ蓑なんだけどね。


493 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 12:15:09 ID:muVj+HZL0
このスレにも在日在日と言う人がいるのかまぁいいや。それは好き好きだから


それはさておき政治の話なら統治者が以前こう語っていた


http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/20080908/

494 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 13:38:26 ID:wTPOQA+l0
そりゃもともと日本で在日朝鮮人が跋扈するようになったのは、
すべて「例のあの人たち」の手引きがあってのことなんだから、それは当然だよ。
アメリカが衰退すれば、例のあの人たちが、次の足場にした国が同じ働きをするようになるだけ。
日本はその構造にいいようにされてる状態から抜け出さないといけないわけで。

だからといって、日本で下品に大声を張り上げてる連中が、完全に例の(rの支配下にあるわけでもない。
その事実から目をそらすってのは、あんまり賢いことじゃないと思うな俺は。

495 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 13:45:21 ID:wTPOQA+l0
要するに、例のあの人たちは、支配を強固にするために
多くの便利に使えそうな連中を手下として従えてはいるけど、
従ってる連中も自分の利害のために動いているってことだよ。
もともと彼らは、そんな忠誠心があるタマじゃない。
大抵は金のためだったり、地位のためだったりするわけで。
それが「俺たちも騙されてたんだ」とか「俺たちも被害者なんだ」なんてセリフが、
一体どの口から出てくるのか、俺はそういうことを云ってるんだよ。

そういったエゴの権化、汚水の泡沫みたいな連中が、例の(rが失脚したあとに、
コントロールを失って大暴れしはじめるのが、例の時期ってことだと思うね。
まあどうでもいいけどね。

ここつつかれると困る人が、このスレにもいるみたいだけど。

496 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 13:55:50 ID:wTPOQA+l0
どんだけ頑張って身を隠しても、最後には逃げられなくなるんだから、
あえて俺が云う必要はないんだが、ここ読んでて、どうも気になることがあってね。
ピンとくるひとにはきてると思うけど。

持つものと持たざるものの、「持つ」が、今までは金だったが、
これからは別のものに置き換わる。もとの法則自体は変わらない。
どっちも、持つためには、相応の努力が必要なのは変わらない。
ただそれだけの話なんだけどね。

497 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 14:40:50 ID:E/JNj+z40
スピリチュアルムーブメントというものが、誰の主導のもとに引き起こされてるのか
ちょ〜っと見えてくるよね

敵の敵は敵でしたあーってことにならなきゃいいけど
おやすみとっつぁ〜ん

498 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 16:23:37 ID:Lvttel4W0
要するに、地球という畑の人間という農作物に
ちょっと品種改良を加える為に
5000年ほどかけて色々やってますよ、ってことか?

失敗したら失敗したで、畑なんて代わりがいくらでもあるんですよ
品種改良に失敗した農作物は、違うところに廃棄処分されて
適当な肥料にでもなっていてくださーい、ってか

499 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 16:25:24 ID:CiUiFFp50
ニューヨークタイムス、ワシントンポストの鳩山政権の評価を見ると、彼らが米国
の言うことを聞いているという噂は知っていますが、それは最初だけの話と感じざる
得ません。警告と受け止められるような内容ですし、彼らの手に負えなくな
っているという噂の方が本当のような気がします。
それにしても自分の言葉でこれ言えるんですか?そりゃまたどうも、なんか
どこかで風と桶屋くらいの関係でお世話になっているような気がしなくもなかったり。

500 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 16:30:53 ID:Lvttel4W0
廃棄処分されようが
品種改良されて上位存在にとって
品質の良い農作物として地球ですごそうが
結局の所、俺達人間がスーパーやコンビニで毎日食べ物が無駄に廃棄処分されたり
人間にとって体に良いサプリメントや農作物が開発されていくのと同じで
食の連鎖がひとつずれているだけなのだろうか

501 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 16:38:55 ID:Lvttel4W0
イルミナティと言われる世界を支配している
といわれてるユダヤ権力の一部が
計画のひとつとして、世界の人口を1億人だか2億人まで減らす
っていうのを聞いた事あるが

弟子のブログとかグリ氏のブログに最近書かれてる事と
話がつながってきてるよね

502 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 16:41:33 ID:Lvttel4W0
あと、実は皇室がそのユダヤ権力と大昔から密な繋がりがあると
聞いた事もある

皇室といえば・・・
日本神界と深いつながりがあるな

503 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 21:04:36 ID:tRXtz61M0
はよ政権交代にからめて更新しろや!

504 :更新:2009/09/02(水) 23:22:12 ID:C3OhHxS40

う〜ん - 宇宙NOW! 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200909020000/

505 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 23:42:18 ID:muVj+HZL0
なるほどね。

話はよくわかったが、
果たして『それ』が達成できるのはこの60数億人の内どれだけいるかだが、
俺は1割も残れれば万々歳だと思うよ。

このスレでも同じようなこと言っててるが、
それが今の人間にできるのかどうかなんだよね。
まぁ理想と現実は違うから。

俺自身は残れる自信はない。
またどこかの星に移行してやり直すしかないかもしれないな。
まぁそれも仕方ない。

506 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 23:43:04 ID:muVj+HZL0
訂正
>このスレでも同じようなこと言っててるが、

このスレでも同じようなこと言ってる人がいたが、

507 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 23:49:59 ID:muVj+HZL0
そうそう、ええとね。
まずこのスレで上から目線で知ったような口ぶりで
偉そうにこの記事のような内容のことを何人かの人がこれまでも
語っていたし、これからも語るだろうが、
まぁ、そのぐらいにしておいた方がいいってことだね。

だから何回も何回も言ってるが俺が推測するに
1割どころじゃなくて、1%も残れればものすごい偉業なのではないかということだね。
1%もないかもしれないけどね。

508 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 23:52:09 ID:WpzoaL4j0
これはもしかすると
マイトレーヤのことなのだろうか・・・

509 :本当にあった怖い名無し:2009/09/02(水) 23:55:49 ID:muVj+HZL0
5000年かけて操作してきたものを
数年単位では無理だから。
最低100年は必要だね。
このペースだと2012年なんて有り得ない。

まぁ、少しずつ慎重にしないとほとんどの人の自我が発狂してしまうよ
ああ、これを言っていたのか。計画者は。

あまりに危険な実験とその成果のサンプルを得るために
60億数億の実験体が必要だったのか


510 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 00:17:51 ID:EnYHH6Uz0
コピペで申し訳ないが・・・
更新記事とID:muVj+HZL0氏が言ってることは
↓のコピペの事を言っているのだろうか

511 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 00:19:11 ID:EnYHH6Uz0
私が知る限りマイトレーヤというのは、
それは断じて『続・ブッダ』などではない。
もはや、いかなるマスターも、地球では無能とみなして、送り込まれる
ある種のまぎれもない『地獄』の創設者だ。
それがマイトレーヤだ。

それは最後の手段となる。
ブッダはたかがインドで数十人、
バグワンもたかが世界で数人、禅とて、たかが数百人のブッダを生んだ。
ところがマイトレーヤとなると数千万人だ。いや数は未知だ。
マイトレーヤに慈悲はない。
だめなら駄目で、人の魂を単に廃棄処分にする。
『魂の廃品利用システム』 に回すだけだ。

マイトレーヤに関する限り、
どんな過去の経典もその実体を描写できない。
あなたたちはむしろ、無機生物のような、あるいは物質的実体のない、
ある種の宇宙的意識体とみなした方がいいだろう。

いささかSFじみてはいるものの、
真実のマイトレーヤに関する正確な表現は
この地球の過去の遺物や古文書には存在しない。
それは地球以外、あるいは全く別の宇宙そのものからの介入かもしれない。
いうなれば、それは問答無用で、
人間の精神と呼ばれる機構の骨組を解体しはじめる。

512 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 00:19:59 ID:EnYHH6Uz0
そうなれば、我々の基本的な4つの霊的次元も解体され、
やれアストラルだの、メンタルだの、エーテルだの、
アカシックレコードどうのこうのなどと言うすべてのシステムが破壊される。
これがあなたたちの内面あるいは、
内面より、さらに深い存在にもたらす恐怖は、測り知れないものがある。
ほとんどそれは、完璧な発狂と言ってもよい。

そして、 正気とは何も常識や、社会や、正常な脳細胞が、
あなたたちに提供しているものではない、という事実がここにある。
正気とはひとつの人工的な『夢』にすぎないものだ。
あなたの正気を支えているのはあなたではない。
それは惑星や太陽系の安定した集合意識のシステムだ。

しかし、こうした次元に解体が開始されると、
あなたたちには、全く理由も原因も不明の狂気、不安、虚無感が発生する。
しかもそれは毎日休みなく、あなたをさいなむだろう。
発作的な全く理解出来ない犯罪、狂気、発狂、
あるいは突然の失心などが世界に蔓延する。
そうなれば、光明も悟りも、あなたの知的な満足の探求ゲームでは
済まなくなるだろう。
それは、狂うか、狂わないかの瀬戸際に『すべての人類』を連れて行く。

もはや、マスターなど西暦2000年以後必要ない。
『生き地獄』があなたのマスターになるからだ。
まさにそれは 「遊び」 ではなくなる。
そして、マイトレーヤは一個人に入り込めるような実体ではない。
地球という惑星の意識そのものが、
まだマイトレーヤの受け入れを躊躇している。
クリシュナムルティーが仮に、たとえ躊躇したとしても、
当たり前というものだ。
地球の惑星意識ですら戸惑っているのだから。

513 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 00:20:46 ID:EnYHH6Uz0
いわば、21世紀とは、
マイトレーヤが地球そのものを棒で打って、黙らせる。
その痛み、その苦痛は、あなたが禅の逸話で読むような他人事ではなくなる。
それはそれこそ、無分別に、
大きな愛で一般の人も、探求者も等しく、打ちすえる。
それはどうみても、あなたたちには憎悪としか映らないだろう。
なぜ、こんな仕打ちを受けるのかと、あなたたちは路頭に迷うだろう。
しかしブッダを生産するに当たっての最終手段が取られることは、
私の知るかぎり、変更の余地はなさそうだ。
その方便は心理的にも激痛となるだろう。
その方便とは、、それは、『完全な絶望』だからだ。

完全な狂乱。暗黒。
完璧な無目的、完全な無意味。全くの価値喪失だけだ。

514 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 00:32:57 ID:E3nhHpZ/0
剥き出しの宇宙とは、操作された地球と比べるべくもないぐらい慈悲もなく
正義という言葉は死語とされ、ただそれぞれの思惑が干渉しあってつくりあげられている
ものであったなら、この生ぬるい操作がいかに幸せであったか。
自由と引き換えに自分で考えることをある程度放棄することができる
社会のルールという常識に不満を持ちつつもある一定の方向へ
みなが向いていられたこの地球の操作がいかに幸せであったか。

宇宙は究極の能力主義であり、
いらないものはただ堕ちていくのみ。

そして、実験体にかけられる暖かい眼差しなどなく、
使い捨てで廃棄させられる。



515 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 00:39:35 ID:E3nhHpZ/0
真理は存在しないだろうが、
この件に関する事実は存在する。

それは、我々はただの道具に過ぎない。
だから、どうとでもしてよい。

上宮さんの本にも
最初に根源から生み出された創造主にはあらゆる自由があった。
それは自分のした結果に対する責任からも自由だったということ。
今はどうか知らないけど、これに対する葛藤はもう俺の中には存在しないよ。

516 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 01:17:30 ID:E3nhHpZ/0
ある本に、生前に支配されていた者たちから
死んでも逃れられず追いかけられるという話を聞いたことがある。
本当に恐ろしくなったのを憶えている。

そして、今再びその様な感覚になっている。

この計画からは絶対に逃れられないんだと。
そして、死んでも無駄だと。

517 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 01:38:59 ID:bku63Epy0
また驚きもなくなる。なんだそのことか、知ってるって

リア充は満席です。御退場を。それぞれの場は徐々に満席に。
この星に居残りたい人は逆に稀だろうに。

モノの見方は二つあると何度言えばわかるのか

斜めで一つ見ればその他多くも斜めに見ることになるよ

518 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 02:32:28 ID:oZNvMl050
宗教派、参上。。。(笑)

うーん、今回の内容は難しいですねぇ。。。

だけど、スレの方たち、その情報そのものを、独特な概念で別の方向に理解
しているように思えてます。。。

そんなに悲観しなくてもいいと思うけど。。。

今回のマシュー君の言うとおり、「引き寄せ」の法則ってありますので、
暗い方向で考えると、そちら方面の考えをささやく人、よってきますよ?
気づかないうちに。

宗教派は、能天気に、神様を信じてます。。。(笑)

ま、いいじゃん、ご飯おいしいし、夕焼けきれだったし。
これだけ、いろいろな美しいものも経験できたし(笑)。

消えるなら、感謝して消えます(笑)。

でも、消えないと思うし、メッセージは、誤解せずに、正確な理解のほうが重要だと思うけど。。。


519 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 02:35:04 ID:oZNvMl050
David Archuleta - A Little Too Not Over You
http://www.youtube.com/watch?v=Sx0Vetq1sb4&feature=related

ちょっとシリアス系???


520 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 02:35:59 ID:bku63Epy0
それから世代も変われば
あなたは小さくなりあとから歩む少年に物語の詳細を託す

砕けそうになるなら委ねてしまえばいい、私もあなたも
この時の中からしか見渡せないのだから、

世代を交えあとから歩む者たちに夢を残し詳細は彼らに任せれば

あるいはあとから歩む者たちの夢まで奪うことなかれ

いずれ年老いてあなたもわたしも小さくなる。今新しいことが
どんどんオールドになり、気も弱くなり、最後には委ねてもいいと
託してもいいと、謎は残してやれなければと逆に思えたなら

賢者の仲間入りww


521 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 12:25:28 ID:3jT9QQbaO
むきだしの宇宙?
なんだか、ファイナルファンタジーのラスボスとかラストシーンみたいな感覚だな。
↑この感覚、わかる人いるだろうか…

522 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 20:37:13 ID:LspMaDpC0
自分で考えること。

もっともなことだが、
自分で考えていると思い込んでいるだけでは結果的には
何も変わらない。

そして、現状の人間には限界があるよ。
操作して、制限しているとはっきり言っているわけだから。

自分で考えなさいと言うならまずそのリミッターを外してもらわないとね。
じゃないといつまでたっても自分で考えていると思い込んでいる状態から抜け出せない。

ということは、計画者やら統治者やらの上の方々は、わかってるんでしょうね?


523 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 20:47:04 ID:LspMaDpC0
考えるために必要な材料となるデータを集めて精査し、検討して出力する。

ときどき、良いなと思う発想が浮かぶ。だけど、その発想は
どこかの誰かよくわからない意識体から吹き込まれたものではないか?
と、そのアイディアに対しても疑問を持つ必要が絶対にある。

材料となるデータだって他人の思考の結果の寄せ集め。

完全にオリジナルなものなんて有り得ない。

自分で考えようとすることはできても、
自分で考えたと思い込んで満足して、
それで終わりならそんな自己満足なんていらないと思うけどね。

統治者やら計画者やら日本神界やらは
上からごもっともなことおっしゃるけど、
本当によくわかっていないと思うよ。

何が自分で考えろだよ。
そんなことできるわけがない。

自分で考えたと思い込むことだけはできるがね。
よくよく読み返してみると笑えるよ。
上の階層の方のたてる計画とやらはね。


524 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 21:12:54 ID:KOD3Vc5t0
このスレもいよいよ終わりかな。
ここは、ほとんどもう抜け殻だと思う。

さて、信用がぐらついている人が散見するが、信用とはするものではない。
されるように努力はしても、他人に対してするものではない。
人間が宇宙全体の計画を知る必要はない。それに対して、どのように取り組んだかが重要なのだ。
そのための人間だ。そしてそれは人が考えているようなモルモットではない。
いうなれば研究者が自らの身体を使って実験をするようなものだ。

そして限界を突破するのは、自分の力しかない。
材料は目の前に全部あるはずだ。それぞれにふさわしい形で。
必要以上には持たないほうが良い。必要以上に持てば、むしろおかしなことになる。

「知らない」ということが、大きな力であるということを、いずれ人間は知ることになるだろう。

525 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 21:17:34 ID:KOD3Vc5t0
「知らない」ということは、それだけ身軽であるという意味だ。
答えを知っているパズルを真面目に解く気になるか?ならないだろう?
何事も真剣に取り組むためには、すべてを忘れる必要がある。

そう悲観するものではないよ。宇宙は慈悲深くもないが、無慈悲でもない。
それは人間が事象をどう捉え、どう定義しているかに過ぎない。

本当にいやだと思うことは、やめることができる。
もしそうではないというのなら、そこに何か学ぶところがあるからだ。

むきだしの宇宙とは、すなわちむきだしの君たち自身であるということだ。
自分を恐れている者には、無慈悲に映るかもしれないが、
そうではない者にとっては、ありのままの自分が目の前に立っているだけなのだよ。

526 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 22:48:24 ID:J2xh5O260
宇宙NOWは、真面目に受け取る人は可愛そうなくらい
あなたは実験台で操作対象です。自分で考えてください。
あ、でも実験だし操作ですからね^^^

こんなの相手にしてたら阿呆になるよ。


527 :本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 23:58:26 ID:mLDi5M8PO
【アホ博士】仏・ヌデュー氏がトンデモ論文を発表 「我々はすでにブラックホールの中にいる」
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1221494175/

528 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 02:00:09 ID:3jja8NrJ0
>>526
俺は非常に信憑性があると思う。

基本的に自然は無駄が無く、恐ろしいほど効率主義だ。
それは恐らく、徹底した優勝劣敗主義に貫かれているからだと思う。
無駄など許されないほど厳しい世界。

スピ系の人がよく「地球は学校のようなもの、学びの場」などと言うが
こんな効率の悪い「学びの場」など有り得ない。
通常「学びの場」であるならば、以前学んだ事柄は忘れないようになっていなければならない。
1年生で学んだことを前提にして2年生で学ぶ事がある。
つまり記憶の蓄積があって初めて学びの場として機能する。
また期間も短すぎる。まともに学習が終わってないのに寿命が尽きる、そして
そのわずかな蓄積さえ忘れてしまう。

以上の事柄にふさわしい「場」とは何か? 実験場だよ。囲われた奴隷飼育場。
およそ自然の法則に比して、人類が置かれている状況は異常なんだよ、当てはまらない。
何者かが意図的に操作しているとしか考えられない。

529 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 02:41:26 ID:OnhAl+l30
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200608110000/
平穏無事な人生ってアリ?

昔の記事でこんなのが。
読み返してみると辻褄が合ってくる。
奴隷だとか実験だとか考える前に、人生はゲームだヒャッホー。
って考えたもの勝ち。
糞真面目に現実が迫ってきても、楽しんでみたもの勝ち。…だとおもう。

530 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 03:02:59 ID:OnhAl+l30
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200611030000/
この記事もお勧め。

531 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 12:35:56 ID:t/nWF+M5O
無駄はないがアソビがある。
アソビがあるから連結できる。

532 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 13:49:16 ID:igjEXpQq0
>>528
怖がりすぎだ。そして実験という概念に凝り固まりすぎ。
今の君は、やさしく芦の穂で撫でられるだけでも、まるで鞭で打たれているように感じているんだよ。

533 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 14:16:22 ID:NkizV+ds0
『出荷』という言葉を使っているあたりに、
元から人権のようなものはないんだと思うけどね。

534 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 14:52:33 ID:igjEXpQq0
ないよ。そんなものは。善も悪もないってのは、そういう意味だよ。
そうしたものは、自力で見出すものであって、誰かから与えられるものではない。

自分が優しさとか思いやりを大切にしようと思ったときに、それは初めて形を持つ。
もともとそうしたものは、最初から用意された代物ではないってことよ。

535 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 16:25:41 ID:3jja8NrJ0
スピ系の人の主張によくある

・不幸が人を殺すことは無い
・その人が耐えられない負荷(でいいのか?w)を負わせることはない
・自分が変われば世界も変わる

こういう現実無視の考えをどうしても受け入れられない。
ペシミズムやオプティミズム、ネガティブやポジティブなど指向性のある価値観は
既にバイアスがかかっているし、現実逃避でしかない。

ただありのままの現実を見ればいいものを、それをするとスピ系の論理は
破綻するから逃避するしかない。

・実際にわずか7歳の少女がペルーから流れてきた変質者に、強姦され殺害される
 といった事件もある。完全に不幸が人を殺しているな

・耐えられるどころか殺されている

・彼女の考え方が間違っていたのか?彼女が変わっていないから殺されたのか?
 そんな馬鹿な話は無い そこにあるのはただ 状況を左右できる力の差だけだ

536 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 16:58:38 ID:NkizV+ds0
淡い期待や希望を持てせる情報は麻薬と同じものだね

さて、まぁグリフィンズが一番わかっていると思うが、ではどうするか。
どうすることもできないってのが正解だね。
今までと同じように暮らしていく。

何か、地球を変えられるんじゃないかっていう誇大妄想も危ないだけで、
どういう事態に陥っているかわかっててもどうすることもできないが正解だよ。
できるとすれば、自分の生活範囲だけだね。


537 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 17:28:37 ID:Pwetkd+fO
しょっぱいのね、人生って…(;ω;)

538 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 18:25:43 ID:6LiNJk3+0
その殺害された少女が不幸だったかどうかは周りにはわからないのでは?

539 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 19:26:12 ID:T51tPvcB0
>>538
強姦され殺害される事が、必ずしも不幸では無いという根拠を示して頂かないと
その主張には正当性が無い。

無論これは人間社会の価値観であって、人間を家畜か奴隷のように
実験台にしている方々の価値観ではない。だが我々は人間だ、如何ともしがたい現実。
そこから逃げて答えはあるのか?

540 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 19:45:11 ID:Xbbmha0m0
不幸のフィルタを通して世界を見ている者は、みな一様に不幸だ。
なぜなら本人とっては、世界の整合性を保つためには、そうでなければならないからだ。
不幸であることを認識するためには、不幸でなければならなくなる。
「わたしってかわいそうごっこ」は、そうした動機が引き金となっている。

もともと人間は、幸福でもなければ、不幸でもない。
他者のそれを判断しようとする時、それは客観的に見ているようで、主観でしか判断していない。
その人によって、価値の判断基準が異なる。
金があれば幸福なのか?安全なら幸福なのか?
危険と隣り合わせのほうが、生きている実感があるという人も、世の中には少なからずいる。

期待をしすぎると、失望が怖いからこそ、人は「期待しない」と、わざわざ宣言する。
しかし、水を飲んだとして、その味は水以上でも、水以下でもない。
水は美味という必要もなければ、まずいとうち震える必要もない。
すべてそういうことだよ。

541 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 19:58:57 ID:Xbbmha0m0
まあ、それでも納得いかないのなら、気の済むまで葛藤するのがいいよ。
妥協せずに思考することで、いずれ何か自分なりの答えが見出せるだろう。
人間が見出すことのできる価値とは、限定された条件下で、どれだけ思考できるかで決まる。

この世界には、実は家畜や奴隷でいたほうが楽という人種もいるんだ。
そういう人たちとは自分は同じなのか、あるいは違うのか。
そして本当はどうしたいのか。全部自分で答えを出さなければならないんだよ。
その答えを出すことが価値観の創出に繋がる。それこそが実験本来の目的だよ。
もし平和になったとき、自分はどのようにして人生を過ごすのか。実はそれって戦争するよりも難しいんだよ。
不幸に見える人が多いのは、不幸であるほうが簡単だからに過ぎない。

本当に大事なのは、気持ちにゆとりを作ることだ。遊ぶことだよ。
遊びがなければつまらんだろう。なにもしかめっ面して生きることが人生じゃない。
どうせ実験ならば、そういう方向で考えたほうが健全だと思うね。

542 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 20:44:33 ID:mxd/6amjO
遊び方がわからないんだよ 正直
何をしても楽しくない
平和になったら…生活のため農業をする、みたいなイメージしかわかない

543 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:00:12 ID:NkizV+ds0
まぁ、俺としては今の社会が与えてくれる娯楽はもうほとんど飽きたし、興味もない。


544 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:05:17 ID:NkizV+ds0
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」 と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。
どうだい。すばらしいだろう」

545 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:11:22 ID:T51tPvcB0
>>ID:Xbbmha0m0さん

7歳の子供が強姦され殺害される事は、あなたの価値観から見て幸福ですか?不幸ですか?

>その人によって、価値の判断基準が異なる。
 金があれば幸福なのか?安全なら幸福なのか?
 危険と隣り合わせのほうが、生きている実感があるという人も、世の中には少なからずいる。

7歳の子供が残酷な殺され方をしている事実を前にして、このような事を持ち出すのは詭弁以外の
何物でも無いと思います。
またこれは断ってある通り、人間社会の価値観です。統治者とか計画者のそれではありません。
私には、あなたがそちら側の価値観に擦り寄って、人間であることを放棄しているように見えます。
要するに「上から目線」ってやつです。人間が人間に対して上から目線とは滑稽ではないですか。
あるいはあなたは「人間じゃない」のでしょうか?いろんな方々wが地球には来ているらしいですからね。
まあこれは冗談ですが。

善意で「あまり現実にこだわりすぎるな、あまり執着するな」とおっしゃられているのだ、とは思いますが
人間である以上、なかなかそうはいかない所があるのはお分かりいただけると思います。

不幸であることを認識するには、不幸でない状況を知らないと不可能です。
なぜなら「不幸が当たり前の中に居ては、不幸を認識できない」からです。

例えば我々は人間ですが、飽くまで人間の認識の範囲で物事を見、理解しようとしますね。
地球の外で何が起こっているのか、知る事がほとんど出来ませんからその中で判断しようとする訳です。
しかし、それだと多くの「論理的に整合性の無い事柄」に直面します。
実際は整合性が無いのではなく知識が無いのですが、それらは隠されていて、なかなか知ることが出来ません。
例えばUFO,霊、超能力などです。これらは1歩宇宙に出れば当たり前の事なのでしょうが
何らかの操作を受けているが為に、我々には認識できません。出来る人もいるようですがトンデモ扱いな訳です。
我々が人間が、宇宙に対して、何らかの根拠の無い期待、あるいは失望を抱くのは(というかそういう人がいるのが驚き
です、そもそも根拠も無しにどうやって?)現実主義に徹し切れていないからだと思います。

546 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:18:42 ID:NkizV+ds0
計画者も統治者も俺からしてみればそこら辺の人間より外道で下衆な奴だというのは
これまでの記事からよくよくわかった。本当に何もわかってないよね彼らは。

このスレは上から目線やら感情が麻痺しているというか爬虫類だからなのか知らないけど
人間ではないような人がたしかに多数書き込んでいるのは観察していてわかった。

計画者も統治者も上からの視点だけでみていたら
何もわからない。彼らも我々と同じく限定された存在だろう。
だから本当に血も涙もない外道なんだよ。

547 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:22:42 ID:NkizV+ds0
何度そういう感情がない感じの人たちとすり合わせようと試みたけど
やはり自分は人間で、そういう書き込みをしている人たちとは絶対的に価値観を共有できない。
恐ろしいぐらいに違う。たぶん本当に違うんだろう。

551改め蓬莱さんはリアリストであると思うが、
それでもこの人は人間だと思う。

だけど、絶対的に人間でないのが覗いて書き込んでいるよ。


548 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:31:09 ID:6LiNJk3+0
人間社会の価値観って言うけど、人の幸福がその人の周囲の状況によって決まることと
死ぬこと、特に幼くして殺されることは不幸だ。ということは人間社会の普遍的な価値観だとどうして証明できる?
確かに学校とかでは先生にそういうふうに教わってきたけどね。でもこのスレにいるような人は学校の教えなんて大嫌いな人
ばかりだと思ってたけどw。素人目にはそれがいわゆる「操作」のひとつでもあるんじゃないかと思ってる。
まあ幸福が本当に周囲の状況によって決まるものだとしても、俺なんかはこんな空虚な人生を送るくらいだったら子供のうちに
殺されてるのもありだったかなと思ってるけどね。だからまあ、幸福ってのはやっぱ主観でしか図れないものだと思う。多分

549 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:34:57 ID:GKWrZSuw0
価値観は共有するもんじゃなくて、知るものだろう。
昆虫には昆虫の社会があるし、人間がそれを共有したり真似したりする必要は別にないだろ。
しかし知ることによって、摩擦を避けることはできる。それでいいんじゃないの?

俺的にはちょっといやだな、と思ったら関わらなければいいだけだし、
いちいち納得できないものを干渉したり、はては滅ぼそうとかするから、おかしくなるんだよ。
相手だって、過干渉しなきゃ、こっちに向かってこないし、自分たちの好きにやってるよ。
別に自分の頭上に巣を作られない限りは、蜂の巣をつつく必要なんてないだろw

550 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 21:53:50 ID:GKWrZSuw0
つーかさ、人間とは根本的に生態が違う奴がいたとして、じゃあそいつに何を求めてるんだよ。
もともと感情を生態的に持っていない種族がいるなら、そいつに情緒的に理解しろってのは、
水棲の生き物に、陸上で呼吸しろよというようなものだろ?
もしその逆をやれと言われたらできるか?
イルカに、今日からお前ら人間も海の中で暮らせよwとか言われても、できんだろ?

まずは、そこまで好き勝手を言う前に、まず相手の生態を理解することから始めろよ。
その上で相手にわかるように翻訳するのがコミュニケーションだろ。
自分の気持ちを伝えるってことは、常にそういう努力を伴うものだよ。
人間同士でもそうなんだから、まして生態が違う相手なら、なおさらだろ。

もし人間以外の種族が山ほどいるのなら、コモンセンスなんて甘ったれた理屈は通用しないよ。
そいつらにもわかる方法論で、意思を伝達しなきゃ意味ないだろ。
もしも本当に意思を伝えたいならな。

551 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 22:00:53 ID:NkizV+ds0
その通りだと思う
わかりあえると双方思っていたんだと思う。

彼らも、我々も。

今の段階では交信することはほぼ不可能だと思って
そこから再スタートするべきなのではないかと思った。

552 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 22:09:40 ID:T51tPvcB0
>>548
>死ぬこと、特に幼くして殺されることは不幸だ。ということは人間社会の普遍的な価値観だとどうして証明できる?

これについては近所の200人ぐらいに聞いてまわればサンプルになるんじゃないですか?
聞いて回る人の数が多いほど確度が高くなるのは言うまでもありません。

>幸福ってのはやっぱ主観でしか図れないもの

これについては完全に賛成です。しかし多数派か少数派か、はあると思いますよ。
たとえばあなたは、ペルーの変質者と同じ事をしようとは思わないんじゃないですか?
いえ 私にはそう思えただけなんですが。特に根拠はありません。

私も学校は嫌いでしたよ みな馬鹿に見えてw。こんな簡単な論理的ミスさえ見抜けないのか?アホちゃうか?ってね
でも周りには合わせないといけない。学校から帰るとドッと疲れが出たものでした。
素の状態で受け答えが出来なくて、適度に解らないフリをしないといけないとか

我々が持っている「一般的価値観(常識)」といった物は、間違いなく操作の結果でしょう。
ゲーテも、世の中にある事柄は全て一度疑ってかからねばならない、みたいな事を言ってましたからね。

とは言え、我々人間同士が殺し合いをする事を容認できるはずが無いと言うことなんですよ。
ましてや他者の介入による操作や実験でなら、なおさらでしょう。

553 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 22:34:52 ID:6LiNJk3+0
>これについては近所の200人ぐらいに聞いてまわればサンプルになるんじゃないですか?

多くの人が信じてるからといって、それが人間の普遍的な価値観だとは言えないのでは?
特に今の時代だと、多くの人が信じてることは操作によるものであることが多いと思います
だから、何も操作を受けずに成長すればみんな死が悲しい、恐ろしいことだいう価値観を
持つとは限らないのではないかと私は思っています。

もちろんその変質者と同じことをわざわざしたりはしないですが、その変質者と同じことを
しようとしてる人を見ても恐らくとめないと思います。だってそれを止めることが良いことだと
いう判断が絶対に正しいと私に判断する力がないからです。そもそも「価値」というものは幻想なんじゃないか・・
と私は思っています

人間同士が殺し合いをすることを容認できるはずがないとどうして言えるのですか?
そのすぐ上の行でそれが断言できるものだとは限らないということを自分で言っているように見えるのですが

554 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 22:49:02 ID:T51tPvcB0
>>553
>多くの人が信じてるからといって、それが人間の普遍的な価値観だとは言えないのでは?

普遍的という言葉の定義を使って論理のすり替えを行おうとしているのだと思われます。
人間の普遍的価値観というのはあなたが言い出した事ですので、あなたの意味する所の
人間の普遍的価値観の定義を要求します。私はそれに添って答えます。

私は人間社会の価値観とは言いましたが、普遍的とは言っていません。

>人間同士が殺し合いをすることを容認できるはずがないとどうして言えるのですか?

これについては簡単です 人間だから です。それで解らないなら私たちの
話が交わることは無いでしょう。

555 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 23:05:37 ID:6LiNJk3+0
確かに普遍的という言葉は適切でないなあと書きながら思っていました。
こんな言葉を使っておきながら、私は人間が皆一様な価値観を抱くことなんてありえないと思っています。

でも、あなたは「多くの人がそう思ってる(7歳の子供が殺されることは不幸なことだということ)んだから人間とはそういう風に考えるものなのです」
と言っているように見えたので、人間はそういう風に考えるもの=普遍的な価値観という意味で書きました。


556 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 23:12:21 ID:NkizV+ds0
カルマの法則というのは本当に宇宙の根本のシステム何だろうか
ただ支配するための道具としてのシステムに過ぎないのではないだろうか

根源から生み出された創造主たち・・・
彼らは自分がしたことの責任からも自由だった・・・
生みっぱなしの者もいた

最初はみんな同一の根源であったはずなのに
どういう理由から実験するものとされるもの
上の階層にいるものと下にいるもの
なぜこうなったのか、
近い内に統治者あたりに聞いてみたい

557 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 23:40:02 ID:HfC2pbA60
 創造物の責任については、創造主が相手とすると分かりにくいので本田宗一郎を
相手に質問すると仮定してみる。

質問者「やっと会えましたね、乗り物の神様。さっそく質問するけど、あんたは
    自動車を作って、交通事故死者を何十万人も作ったのは分かってるね?
    最初にそれを予想できなかったのかい?」
本田「当然予想できた」
質問者「・・・当然だって!?なんて無責任なんだ、あんたは悪魔だよ!」
本田「そこの責任を問われては車など作れない」

こういう感じだと思われる。

スピ系の人の視点については、向こうの存在とこちらの存在ではありのままの
現実が違いすぎる。強姦され殺された少女が霊界に移動したとすると、待ち構え
ている霊界の人は「来たか、病院につれて行く。本人の意思どおりにやり遂げたようだな」
のような感じだと思う。

558 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 23:48:57 ID:NkizV+ds0
自動車を生み出したのは利便性の向上という大きな成果であったと思う
それはそうだろう。

それで、自分が何回かこのことを書いたのは
グリフィンズの本に、創造主は自分のやったことの責任云々について
本当に何もよくわからず生みっぱなしで後々のことを何も考えない
馬鹿な存在みたいな感じだったからです。

本田氏は予想、予測はしていたが、
彼ら本当に最初期の創造主たちは何もよくわからなかったんだと思う。

最近の宇宙の上の人たちは何千年先のことを考慮していると思うのですが

559 :本当にあった怖い名無し:2009/09/04(金) 23:50:45 ID:NkizV+ds0
訂正
>自動車を生み出したのは利便性の向上という大きな成果であったと思う

自動車の誕生は利便性の向上という大きな成果であったと思う

560 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 02:31:28 ID:xnCf2xu40
>>544

 すばらしい話です!


561 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 02:36:25 ID:xnCf2xu40
統治者も計画者も、実在の人なのか、方便なのかわかりませんが。。。

上位の人たちは、そんなに非情でも無責任でも頭が悪いわけではないと思いますよ。。。

もし、そうだったら、絶対に、美しいものがあったり、秩序があったりしないのでは?

「単なる実験」なのではなく、「大切な実験」であり、それは、非情さとは関係ないと思いますけど。。。




562 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 03:02:50 ID:Xhp254AL0
544氏はきっと白いひげを生やした魔法の語り部であります。

これがきっとプレアデスの教育の成果なんだだと思う(笑。

563 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 08:32:24 ID:STNjeEPJ0
俺は12宇宙の構成もわかる方だから計画者も統治者の言う話もわかるし
もっとわかるから逆にあえてああ言ってるとしか思えん

あんな風に言えば人は疑心暗鬼になり絶望するに決まってるじゃないか
あれは単にグリの人のレベルで対話が進んでいるからだと思うな

あの人は以前裏切られたことがあり自分の気配を消すことも出来るとか
書いてあったけど普通そんなこと出来ないよ。忍びじゃないんだし
読者はこの人の目線レベルで読み取りすることになるからね

そもそもプレアデスを非難するレベルにあの人の価値基準が存在しているのだから
より具体的な全体の構造を知ろうとするならあの人の価値基準は邪魔になる
その先の先にまで俺は及んでいるのに何故かあの程度の理解と言葉で終始してるのは
君らの反応を見てもわかるとおり非常に残念だよ。

どうやったって否定的にならざる得ないし自分を肯定するためには
彼ら上位のものの見方を否定するか同等のレベルに移動しなければ
同意は出来ないからね。あるいはグリの人と同じレベルに強制されられて
しまうね。



564 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 11:38:41 ID:o1SbW+yB0
>>563
少し語ってはくれないか?

565 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 12:07:18 ID:o1SbW+yB0
俺が知っている限りでは、ここまでの内容のは宇宙nowとその弟子のブログしか
知らないけど、563さんが言ってる通りならもしかして、今私が宇宙nowを読んだ後の
考え方に変化が生じるかもしれない。

計画者のこれからは外部に頼ることなくすべて自分でやっていかざるを得ないという
ことなら、近い内に宇宙nowすら捨てて本当にすべて自分で現状を観察して
そして制限内だろうけど判断していかないといけないかもしれない

自分は宇宙nowを少し絶対視していたのは間違いはないから
これとはまた別のものもあるかもしれないと思っていた方がよさそうだ。


566 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 14:58:21 ID:fHM0+j+i0
どんな者でも、自分が知らないことは知りえないのだから、そこを責めてもしょうがないよ。
大抵の場合、経験していないことは、なかなか想像できないはずだからな。
意図を完全に理解できるかどうかという段階の人もいれば、
内容はわからずに、心に波紋を生み出すだけの段階の人もいる。それぞれ違う。

そして人が人の姿をしているうちは、言葉によって100%意図を伝えることはできない。
文章がとても上手い人でも、裏にある意図までは、なかなか正確に伝えられないし、
受け取る側にも、理解するだけの経験がある程度ないと、言わんとしていることを掴めない。
言語というのは、それくらいあやふやなもの。だからこそ揉め事にもなる。
もちろん、それも意図されてることだと思ってるけどね。

人がすべてを知る必要がないという意味が、俺にはすごくよくわかるよ。
しょぼい心理テストをやると、質問の段階で結果が見えてしまうのと同じ。
知らないほうが幸せという意味ではなく、知っていることが、結果をゆがめてしまうことに繋がる。
少なくとも今の段階では、この先、人類は自分たちの未来が、
どうなってゆくかという話も、本来は知っていてはいけない部分だろう。

567 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 15:03:42 ID:fHM0+j+i0
全体像を掴むポジションから、完全に切り離されているからこそ、
人間は自由闊達に進化の道を選ぶことができる。
それは好む好まざるにかかわらず、全体像が見えてしまう場所にいる存在からすれば、
無地のキャンバスに絵を描くような、新品の服に袖を通すような、そんな羨ましさがあるはずだ。

知らないことを責めるより、その人の成長を静かに見守るほうがいいよ。
少なくとも知っていることが多ければ多いほど、己は山のように静かであれ、と俺は思う。

568 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 15:15:43 ID:fHM0+j+i0
宇宙NOWについて云えば、ついていけないなら、別にそれでいいというスタンスなんじゃないかな。
一から平易に説明するようなサイトは、それこそ探せば山ほどあるわけで、
知識や認識を得る場が、別にそこしかないわけじゃないからな。
少なくとも、そこで語られている内容は、入門書のそれではないよね。
同系列の話題を扱うサイトのなかでは、言葉こそ平易だが、内容はかなり突っ込んでるでしょ。
どうみても一般向けではない。

読者層に想定しているのは、ある程度の経験を経た、そのなかの一部の物好きで、
ちょっとやそっとの話では動じない、一筋縄ではいかない、ひねくれ者が多いみたいだけど、
玄人志向のサイトとして考えてみると、それもなかなかいいんじゃないかなと思うよ。
そういう読者が好んで訪れる、ちょっと尖ったインサイドな内容を扱う場所は意外と少ないからね。

569 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 15:20:55 ID:Xhp254AL0
12宇宙となるとダル宇宙とか聞いたことありますけど、名前だけです。その広さは
一体何だろう?;

それはともかく、565さんにお勧めなのですが、銀河ネットワークなどどうでしょうか。
ここは26銀河をまとめる評議会の経過報告のようなものではないかと思われます。
現在は完全に停止。ここまでの記事全体を把握せよ、なのでしょう。ただアクセス
パスコードの話のようなものが半分くらいあるので、全部は理解できません。
ここを読めばこのスレに来ているある少数の人の言いたい内容が把握できると思います。
ゼイファーの「日々葛藤が多ければ、精神肥満の危険がある。
反発に費やしている時間の長さが一つの目安となる。」
のセリフと銀河ネットワークの球体認識の項をつき合わせてみれば、この二者に整合性が
あることが分かると思います。宇宙nowは銀河ネットワークよりキャラがあってずっと
面白い・・・けど肝心の内容が良く見えなかったり。でもいずれにせよアセンションという
ものはいくら聞いても信じがたいのが本音です。

余談ですが、この評議会の議長はイエス・・・本名はサナンダらしいけど・・・でいいのかな。
チャネラー情報ではそうらしいです。何か情報が混乱しているかも知れないが、多分そうだと思います。
昔ははるか高いところにいてほとんど会えなかったらしいですが、今は地球近辺に降りてくる
ことが多く、会えるとか。聖書のイエス・キリスト像と人物像はかなり近いけど、その人の立場
はかなり違う印象を受けています。そういえば統治者ってまさか・・・いや違うと思う。

570 :本当にあった怖い名無し:2009/09/05(土) 17:00:25 ID:MR/1gk3l0
神々からしたら輪廻転生する人は当たり前、はい並んでー
天候を管理するのも神々の管轄だから100年とか普通に過ぎ去って行く

また人が何か言ってるよー車?しらね〜ってのおま、さっきまで
必要ないとか言って、あれ?もう作ってるじゃんまじかよ〜;

とか話してるらしい。知らんけど

571 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 02:02:11 ID:slxNAtuD0
(音楽は再掲。。。)

Camp Rock / Here I Am FULL HQ w/LYRICS
http://www.youtube.com/watch?v=duRC0-17-OE&feature=related



あるとき、朝が来なかったことがあったんだ。
朝が来ないと、そりゃ、人は困るよね。
そうやって、人は困ったけど、
朝は困りはしなかったんだ。

いつも、おれっちはさ、
人よりも早く目覚めて
こうやって、いつも、おどけてなんかいやしない。
太陽の光を一身に受けて、
輝く黄金の時間を演出してやってるさ。

鳥たちだって、喜びの声を歌っているし、
この涼やかな大気の喜びようはどうだ。

な、夜になれば人は眠りにつく。
だが、おれっち、いつだって、ひとりぼっちで
いつもいつも黄金の時間を
いろんな場所で
いろんな地域の人たちに提供しているのさ



572 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 02:05:02 ID:slxNAtuD0

そう、あるとき、朝が来ないことがあったのさ。
そうして、おれっち、別の星にと、仕事の場を移したっていうわけ。

この宇宙に愛がなかったら、
この宇宙によりよいものを、という願いがなかったなら、
おれっち、いつでも仕事をやめるよ

そうして、宇宙は沈黙の中にいることになるんだろう

朝が来なかった星は、
そう、誰もが、欲望にうづまいていたっけな。
そうしたことがあった。
そして、そのことだって、宇宙の愛だって、
おれっちは知ってるんだけどな。



573 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 02:49:12 ID:dveiqht60
人生のすべての事柄に於いて、政治力が結局はすべてだったということを
知ったのは、もうやり直しがつかなくなった頃からであった。

こういう人生の反省も次の生に行ったら、また記憶をリセットしてやり直し。
何かの記録に残そうと思っても、次の生でその記憶のかけらが
自分の経験を踏まえた上での教訓とならない限り役には立たない。



574 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 03:56:23 ID:96v9X1ueO
http://m.youtube.com/watch?v=XJvquhoCieo&hl=ja&gl=JP&warned=True

575 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 11:14:07 ID:ZqgCu+gZ0
>>571
いい詩ですね、創作ですか?
あがってたつべの動画は関係なかったんですね。こういう歌があるのかと思った。

576 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 14:38:18 ID:I+yIH3RY0
モザイク状に分裂した精神で、
何が善で何が悪か、少し移動しただけでその定義が移ろうあいまいな世界

何が良くて、何が良くないか、先のことなんてもちろんわかるわけもなく、
本当に何もわからない制限された選択肢
ほぼ間違いなく間違いだろうとは思うが、

それでも自分で決断したことに価値を見出してくれるなら
その一言ですべて救われる。

577 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 23:22:54 ID:12vaApV90
はっきり言えるのは操作など行われていないということだな
操作があるとするならそれを求めたのはほかでもない一人一人

その一人一人のレベルで力とは何か実利を元に解き明かせたとき
操作と言われる集合意識の呼び込むがより小さいレベルで運用可能になれば

全体のビジョンもより明確に今なら県とかそういうレベルで降ろせるようには
なってきてるんじゃないかな

578 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 23:50:12 ID:fx2etxbT0
 ここ1ヶ月くらい、具体的には7月22日の皆既日食以来、なんだか
幽体離脱の回数が増えている・・・。「回数が増えたことで愛や光の体験でも
できたのか?」と聞かれると非常に困るけど。深い体験ができるようになったの
ではなく、浅い体験の回数が増えた。えーと、つまり皆既日食以来、体験の質では
なく量が増えた。

 そういうわけで、皆既日食のときに何かその手のエネルギーの量を増やす
ような仕掛けが地球に向けて発動した気がしている今日このごろ。
質の方は、それは個人の人格が高まらないと無理なのだろうと思う。

579 :本当にあった怖い名無し:2009/09/07(月) 00:28:54 ID:QMqsUe+s0
>>575

そう言っていただけて感謝です!

紛らわしいことしててすみません(笑)。


Nickelback Far Away Lyrics
http://www.youtube.com/watch?v=XyQDkMwjE1U&feature=related



580 :本当にあった怖い名無し:2009/09/07(月) 13:36:13 ID:L9q02DlO0
心配いらない。もうすぐすべては終わる。

Sep.30にFEDは破綻し、そしてアメリカも終わる。

始まりと終わりは同じ所にある。よい、すべてはこれでよい

581 :本当にあった怖い名無し:2009/09/07(月) 13:43:49 ID:L9q02DlO0
この時をただひたすら待ち続けていた。

この欲求に抗わなくてはならないと、様々な結論を探し、そしてそれを
無理やり押し込めてきた。


だが、いざ終わりが近づくと、あっと言う間に、吹き飛んで
自分は終わりをただひたすら待ち続けていたことを確認した。
誰が、どんな高次の存在が何を言おうと無駄だ。

終わりの安寧は欲していない。ただ終わってくれるだけでいい。
望むことは、ただそれだけだ。

582 :本当にあった怖い名無し:2009/09/07(月) 21:45:29 ID:QMqsUe+s0
(個人的つぶやき)

うーん、フルフォードさん情報みたいですけど、私は、別系統の情報
を主としていますので、急激な変化はないように思います。

情報が確かだとしても、アメリカがそれで終わり、という単純な形式
ではないように思えます。



583 :本当にあった怖い名無し:2009/09/07(月) 22:11:09 ID:jox7y7Jd0
スピ系(笑)の人たちって、アメリカ憎し、中国大好きって人が多いのがワロタ

どっちもr

584 :本当にあった怖い名無し:2009/09/08(火) 02:22:45 ID:ZebeBu7U0
それでは困るな


585 :本当にあった怖い名無し:2009/09/08(火) 04:58:37 ID:ePsM80ZH0
580さん、こっちに何年居るんですか?
随分長そうな感じですが・・・

586 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 00:26:45 ID:ZET+FuPY0
実験も本当のところは存在しない。可能性を求めて模索したと
言えば正解だろうに。彼らの論調だと何事も斜め目線になるけど
いずれ王になり賢者ともなる者達がかのようなことをいつまで信じて
居られるか。今世では仕方ないだろうけどそう人は柔ではないはず

何よりその成長プロセスが俺にはわかるから数百年で精神は黄金を結ぶ
たどり着かなくては意味はないしどのようにしろ辿りつくことだけは
知っている。

だから斜め目線語りが俺にはわからないのと入り口に到達したあとから
入る黄金期になれば12宇宙というバランス構成を通して地球の原状を
知ることが出来るし

数百年の総設計でなければ日本はおろか先進国の思想も一つにすることは
出来なかっただろうね。これから地方分権なり自立と開放で時代は進む。
ネットを扱えれば最終的に政治は必要なくなる。などなど過疎化が進めば
逆に新しい流れが始まる。表相の動きに惑わされず自分を信じるだけで
いいとは思うけどね。

かといって俺も生き残れるかとかはわからないし個人の損得勘定と全体ビジョンは
異なるからその辺はシビアかな。まあ総設計は出来たことに満足してる。

587 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 00:42:57 ID:EPXuK7SD0

Right Here Waiting - Richard Marx
http://www.youtube.com/watch?v=9JDTAqsMNEM&feature=related


つらいことが多いと思うよ

どれだけ善意があったって、
どれだけ努力したって
この硬い世界は
自分が安定した場所を確保したら
もう、他人のことなんか知ったこっちゃないっていう感じで
どうしようもないくらいにつらい経験をしている人だっているよね

いや、それは自分自身のことかも知れないけどさ
そりゃあ、つらいことが多いと思うよ

でもさ、それでも、善でありつづけることはできないかな
でもさ、それでも、人の幸せを祈ってみたりすることはできないかな
でもさ、それでも、まだやっていこうっていう
そうした気持ちを持つことはできないかな

毎日、毎日、
自分自身で
自分自身に語りかけたりしてるさ。





588 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 01:51:53 ID:t7JtCQPG0
思想の統一とはグローバリズムの事ではなかろーか・・・

指導者が説教して回るような手段ではダメだったのかな。
やってみてダメだったんだろうな。

589 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 16:13:52 ID:X6kbL1Ld0
グローバルは十数年の間で必要とされ作り出された新概念だけど
主に30代半ばかやや後半から50代辺りが中核となって引っ張ってる
思想や概念だと思う。

戦争経験者も80年ほど前はまだ生まれたばかりの世界を夢見て
生まれて来てるから彼らからしたらグローバルとは何だろうな

ネットが出来ていて当たり前の世代の心の領域は表相に流れ出る
ギスギスした人間関係や社会の構造には根ざしてなくて新しい概念を
用いて十分に引き出した上でその先に向って進んでいるからかなり
葛藤もあるだろうね。

グローバル視点はある年代からある年代における世界と日本とを結ぶ
巨大なリーダー像のようなものでその時代に生きる方々がいてくれる
からこそあとの世代も、先代の方々の世代も独立してそれぞれの世界から
時代を担ってくれているのだと思う。

思想の統一はそうした世代の続く幾重の先にあるものかな

590 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 18:49:49 ID:lR61kQZq0
今日は999の日だったようですね。スピ系サイトでは地味に盛り上がってました。

591 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 22:38:54 ID:lR61kQZq0
更新

確かに・・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200909090000/


592 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 22:42:59 ID:lR61kQZq0
なんか今回の更新はこのスレを統治者が見たか、
グリフィンズが見たかどうか知らんがそういう内容だな。

細かいことはよくわからないが、
統治者も結局は絶望はよくないことだと言っているみたいだ。


未来は不透明でわからないかもしれないけど、
絶望はしないようにということみたいだ。
まぁ、ある程度の道しるべはわかったから
これで葛藤はなくなった。



593 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 22:48:54 ID:sdOxrt5q0
ニヨーボでフイタww

しにがみかよwwほんとにいるんかいwwwほんとだよwww

594 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 23:01:37 ID:ouw4nADE0
誰かがこう言ったからこうなのか
そうなんだ、そうしよう

とか
一番自立から遠いことなんじゃないかね?

595 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 23:22:24 ID:sdOxrt5q0
まずは中核を成す方が先になるかな
今回の宇宙NOWの中に自立してって方が一先ずの光の柱になって
人を集めながら世論を通さなくても想像を形に出来るようになれば

本当の自立になると思う。PSPとかで街そのものをデザインして
街そのものを作りながら衣食住を満たして行く方向に進みたいから
まずはブレない人から中心にって感じかな

今の世界だと自立は難しいよね。はっきりいって、凄いと思う。
でもそういう方が増えると匿名性のネットも徐々に開けていけるんじゃないかと

596 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 23:31:27 ID:sdOxrt5q0
日本だけだと活性化するエネルギーは抑えになるけど西洋諸国の自立
エネルギーと日本を合わせれば繋がると思う。

日本は世界の大陸を合わせたものだと聞くから自立出来る県とかで
ある国の精神性とリンクさせて自立=西洋人の自立する強さと日本の和の心を
合わせて相互関係を背景から作ってくことで日本と西洋の相互関係が
成り立つと思う。

今ももう実際にリンクされてるはず。一応13都市を設計していて
13は西洋で言うタブーな数字らしいけどトランプとかその辺も繋がって
くるようなものはあるんじゃないかな。

13都市が機能すれば先進国と日本の関係が繋げられる。あとは順次
発展途上国と以下の国々に日の出る国日本としてそれぞれのリンクする
土地とそこに生きる人々との精神リンクを持って黄金期の入り口へと
繋げる。今のところこんな感じじゃないかと思うけどどうなんだろう。



597 :本当にあった怖い名無し:2009/09/09(水) 23:43:05 ID:lR61kQZq0
ここ最近の記事では、計画者、統治者が人間にはみることができない位置で
俯瞰して語っていて、そのことに対する反応・・・
自分もそうだったが、あまり好意的な反応ばかりではなかったと思う。

だけど、今回の最新記事では、統治者の言葉による誤解はあるし、
たぶん今の自分の段階では全体像やクリアな意図は理解できないけれど、
本意は、これらの計画の方向性として、絶望を抱くことはあまり正解ではないということが
わかったということです。

過去レスで誰かが言っていたけれど、
グリフィンズのやや斜に構えるフィルターを通すと、
本来の計画者の意図を伝えてはいないと言っていました。

だけど、絶望ではないということで、
詳細はわからないけれど、何とか持ちこたえてがんばっていこうと思いました。


598 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 00:02:52 ID:TXTQynfC0
よかった。俺も書きすぎたな。そろそろ去る〜。ノシ

599 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 00:55:21 ID:mSQ1ax1h0
死に神ね、多分、いますよ。

しかし、悪意はないそうです。って、宇宙nowさんの情報だった(笑)。
でも、いると思いますよ?

死んでから、地上からは想像できないほどのバリエーションの世界があるそうなので。。。
すべてを把握できている人など皆無だ、というくらいに。。。



600 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 01:03:53 ID:g1Vdz37r0
その工法は聞いたことがある・・・

601 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 03:57:22 ID:+iH57OS/0
なんともはや、ついに「保障しよう」ときたか。凄いな。
統治者はさりげなく言ってるけど、これものすごく強い言葉だよね。
つまり、断言してもいい時期にきたんだなあ…。
不確定な段階では、こうした表現はとくに意識して避けてきたはずだからな。
揺れている人の気持ちを安定させるためとはいえ、保障とまではなかなか言えないはず。
統治者だからというわけではないが、そのへんの宇宙人がいうのとは、また重さが違う。
変な奴がいうと、いきおい胡散臭くなるからなw

確かに9月に入って、楽しむということに対する意識レベルが、格段に向上したのを感じるよ。
やはり楽しむという心の余裕が、何よりも大切だとつくづく思うよ。

602 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 17:13:38 ID:GRe00pey0
本当の感情って魂の声?? - チャネリングと僕… - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/seadorive/diary/200909090000/


603 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 17:33:36 ID:GRe00pey0
自分も、こういう思春期を過ごしました。
なんとか生存していますから、
これからもう少しだけがんまります。

604 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 23:33:22 ID:mSQ1ax1h0
>>602

ああ、今回は人間として、味わいのある内容でした。

この方は謙虚な方なのでしょうから、「着実に前進してくださいね」、と応援したいですね。。。



605 :本当にあった怖い名無し:2009/09/10(木) 23:45:49 ID:FUvK30cg0
やっぱもう少し居るかな。死神は多分なら俺もいると思う。
今はゲームしていたいから見えなくていいんだけど少し気になる記事だよね。
死神も役割分担的な意味もあるんだろうけど、天使や妖精さんとかなら
身近ではあるかな?これから先は味方チームが増産されてくわけだけど
どうなんでしょうか☆

NOWの人一週間感覚で投稿してるけどよくがんばるよね〜いつも見ても感心する。
統治者は中々の役者っぷりだよね。イヨッ

606 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 00:45:57 ID:f+rGnJvq0
 受講生のブログはまた、えぐるような話題であります。
痛い痛い痛い

 こういう性質って後天的な要因だけじゃないのかな。
見えず触れずの話には受講生と同じく首をひねってますよ。

607 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 14:26:26 ID:0MFvOXbB0
この人って結婚してたりしてないっけ。安定した場が読み込めるから
結婚しようと思える。たいしたものだな。

この人は車も運転出来るんだな。それも安定した場にいると思えるから
運転出来る。たいしたものだ。俺には無理だよ。

見えず触れずの向こう側にいる存在からするとこの世の中の性質までは
体感出来ないから逆に変わらない。でも受講生と同じくあなたならわかる。
相互関係により成り立つ関係だよね。統治者然り計画者然り。互いにいなければ
存在しえないし互いの向こう側はわからないんだから全く持って全く、だね

608 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 14:44:24 ID:0MFvOXbB0
少し間違えたw向こう側からするとこちらの世界は逆にわからない。でした

609 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 15:44:19 ID:rj3CISul0
自立、自立と言うけれど、
実態は自立というのは幻想であって、
相互依存である。(共依存ではない)

統治者・・いや計画者はこれからどういう方針でいるのだろうか。
メシェクが以前、2018年頃より色々な技術の進歩が起こって来るといっていたけど。

予定表 - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200704090000/


610 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 18:24:39 ID:pleTnX4m0
いつもながら統治者のメッセージは、
個人的にタイムリーすぎる… 

611 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 22:27:05 ID:BXs2SpSa0
「ふふふ・・・今までいい思いをしてきた者達が舞台から降ろされるという事だ
選挙の結果が物語っているな・・・」
とか読んで麻生さん達のどこがいい思いをしてきたというのだろう…と思ってしまった
マスコミに自分のやってきた良い政策すら報道されず、
細かい事で揚げ足を取ってものすごいバッシングをされても愚痴すらこぼさず
あんなに一生懸命日本を守ってくれてたのに
こんな言い方ひどすぎる

612 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 22:59:17 ID:tFWRZ1vn0
>>611

いや、いいんです。努力し、忍耐し、なすべきことをなす。
しかして、それを語らない。批判されても耐える。
そうした徳は、その人のものとなるのですから。

見えていなくても、それが無駄だ、ということにはならないと思います。
統治者にせよ、直接、いまの人のことを言ったわけではなく、ここ何十年かの利権政治家たちのことを
意味しているのだろうと思います。



613 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 23:30:46 ID:rj3CISul0
自民党はああいうパンフレットをつくった時点でもう終わってる。
きれいに下野して再起すればいいものをもう何も残っていないんだろう
徹底してドブ板を指示する小沢に勝てるわけがない。
小沢のような政治家がまだいたってことは救いだね。

614 :本当にあった怖い名無し:2009/09/11(金) 23:55:49 ID:ifU0F7kK0
>>611
別に統治者は麻生さんを具体的に名指ししたわけじゃないんだよw
政治家、官僚、マスメディア、財界の有力者、そして宗教家たち…
そうした、表舞台から圧制を強いていた者が、ことごとく降ろされるという意味だ。
いい思いというのは、彼らが作り上げてきた組織構造そのものでもある。

何事も潮時ってものがあって、それは首相も同じ。
この先に起きてくることを考えると、今降りておいたほうが安全だ。
権力を望まない人間ならば、なおさらね。

これはもう、自民とか民主とか、そういう小さい話じゃない。
民主党はいわば梯子を下ろす役割を担うのであって、彼らが日本の根幹になるわけじゃない。
その先にあるものを作るのは、国民ひとりひとりになってくる。しばらくは、過渡期だね。

615 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 01:04:36 ID:eWbIkQFS0

I Live My Life For You
http://www.youtube.com/watch?v=23cKyQ6tShU&feature=related


今日だけはむずかしいことなんて考えるのはよそうよ
君がいて
そうして、君のひとみを見つめれば
ねぇ、何が必要なんだい?

人は生きていくだろう。
人は死にもするだろう。
でも、それがどうだっていうのさ。

ねぇ、君がいるなら
もう、今日はむずかしいことを考えるのはやめよう

明日があって
いや、明日がなくたって、
いまのときがあるなら

君がいて、
そうして、君のひとみを見つめることができなら、
ねぇ、何が必要だっていうのさ。


616 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 01:06:09 ID:eWbIkQFS0

人は怒り、
笑い、
そうして、君だって
怒ったり、
笑ったり、
泣いたりするけどさ

ねぇ、今日だけはむずかしいことなんて考えるのはよそうよ
君がいて
そうして、君のひとみを見つめれば
ねぇ、何が必要なんだろう?



617 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 01:11:38 ID:cD7ZmbH40
真実

618 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 01:27:02 ID:eWbIkQFS0

David Archuleta - Crush
http://www.youtube.com/watch?v=yff9nCctMkg&feature=channel


君はいつかつぶやいていたっけね
真実はどこにあるんだろうって

あれから幾度も幾度も人生を繰り返して
君はもうそれを見つけたかな


ある人は真実などないといい
ある人は真実は足元にあるといい
そうして、ある人は真実を詳細に語り
ある人は真実など馬鹿な話だといい

そうして、また、君はつぶやていたっけ
真実はどこにあるんだろう
真実をもう自分は手にしたんだろうかって



619 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 01:29:18 ID:eWbIkQFS0

これから幾度も幾度も君は人生を繰り返して
またどこかで会うだろう

そうして真実を探すことと真実との関係が
明らかになったときに
君は告げてくれるだろうか

ここに真実があったなら
君がその真実を示してくれたなら
僕はその真実に気づくだろうか

ここに真実がなかったなら
君がその真実を示してくれたなら
僕はその真実を受け入れることができるだろうか

そうして、ときが経てば
君は姿を変え、
しかし真実は姿を変えず
ときが経てば
君はいつもと同じ姿で
しかし真実は姿を変えて


620 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 01:50:03 ID:FZKuxFoZ0
音楽さんきゅ☆

621 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 11:57:46 ID:gRqSCu3F0
民主が例の核密約に関して調査する機関を設置するらしい。
俺は選挙権を得てからずっと民主党に入れてきたが、
それも自民批判票であるし、民主自体には期待はしていない。
戦後統治してきた政権の闇をディスクローズしてくれればそれでいい。


622 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 12:38:43 ID:CborzLAM0
>>609
計画者は長距離はわかっても近距離はわからないと思う。
2018年はなんだろね。実際にここに身を置いて流れに組みしてる科学者や
その分野の方に一任してるんじゃないかな。

623 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 18:44:08 ID:gRqSCu3F0
家族は民主嫌いで、なんか小沢のこともイメージだけで悪く言って、
民主に入れるのは頭がおかしいみたいな扱い受けるから
もう政治の話と宗教とスポーツの話はしないつもりだけど。

それにしても、小泉旋風が起こって2chでも民主に入れるのは人外扱いされてて
ネット右翼が全盛で政治の話と言えば、議員板しかなかった。
肩身の狭い思いをしても一貫して民主に入れて来たが、
別に民主が好きなわけではないんだけどね。

小沢の選挙戦術をよく学習しないと自民に次の目はない。

>>611さんは、以前、俺に民主が政権とると朝鮮とか中国とかに
売国されるとか言ってた人かな。書き方が同じでなんか被害妄想っぽいところも
似ている。

冷たい言い方だが、統治者とか計画者とかは一生懸命やったとか死に物狂いでやったとか
そういう点は考慮しないと思う。結果がすべてだよ。
自民がそのまんま東とかと遊んでる間に、民主はドザ回りしていたんだから。
死に物狂いでね。



624 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 18:51:19 ID:gRqSCu3F0
>とか読んで麻生さん達のどこがいい思いをしてきたというのだろう…と思ってしまった
>マスコミに自分のやってきた良い政策すら報道されず、
>細かい事で揚げ足を取ってものすごいバッシングをされても愚痴すらこぼさず
>あんなに一生懸命日本を守ってくれてたのに
>こんな言い方ひどすぎる

>>611さん個人に対してではないんだけど、
特に小泉旋風が吹き荒れていたとき、ネットではどこもかしこも
小泉、自民礼賛状態で政治の話をするところがほとんどなくて、
あってもなんかネット暴走族みたいなのが大量に書き込みしたりして
2chもブログもどこもおかしかった。
本当に肩身が狭い思いで、リアルではもちろん政治の話しないから
ネットぐらいで色々話したかったけれど、どこもなくて、
2chでは議員板のいくつかのスレでしか居場所がなかったんだよね。
だからこういう言い方されるとイラっとくるんだよ。

一生懸命がんばれる地位にいたのに、無能だったからこういう結果になったんだろ?
中川酒の選挙中のドキュメンタリーをフジ系列で見たけど片手でしか握手しなくて、
どこか偉そうで、奥さんが一生懸命がんばっててあれじゃあ負けるわ。

民主にずっと入れてきたけど、民主自体には期待していないし、
民主がこけたらそれは無能だからだ。

自民が民主が売国だとか言ってたり、キチガイみたいなビラ、パンフレットつくってたりしている間に
民主候補は『『一生懸命』』がんばって活動していたんだよ。

625 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 18:59:54 ID:gRqSCu3F0
で、麻生さんたちだが、
去年、金融危機の件で解散しなかったとか言ってるけど、
総裁選で1ヶ月も政治空白をしたのはどこの政党ですか。

626 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 19:10:25 ID:gRqSCu3F0
続き・・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908270000/

解説    メシェク - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200908070000/


これとこれだけど、
たしかに日本人は曖昧さを好むが
下のメシェクの記事にある

>マス、多くのもの、皆がやっている、従っている

ってのは日本人の顕著な特性であるね。


627 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 19:43:20 ID:Uo7V0AA90
集団性というものは、日本人の良いところでもあり、そしてもっとも悪いところでもあるな。
上手く機能すれば協調性となるが、下手を打てば付和雷同となる。

それだけに、そこに馴染めない外来種は苦労するが、その存在は貴重なスパイスとなる。
俺も例外に漏れず苦労してきたが、妥協と迎合を選ばなくて、本当によかったと思うよ。今は特に。

628 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 21:55:08 ID:ZKNiUEtK0
A「我々のところに合流しないか?」
B「いいや、結構だ」

629 :本当にあった怖い名無し:2009/09/12(土) 23:24:06 ID:9qK/20PU0
http://www.nikaidou.com/2009/08/post_3394.php
民主党の外国人参政権賛成議員を数値にまとめると・・・・

http://www.nikaidou.com/2009/08/post_3395.php
民主党で外国人参政権反対だけをピックアップ

 外国人参政権に限って言えば、現在はグレーゾーンをこのような状況で動いているらしい。
こういう重要ではあるけど目隠しされている点を除けば、民意によって政治が動いたと見ることは
できると思う。
 ただ計画者としてはこれで良いのだろうけど、あちら側の人の時間のスパンは長すぎるとやはり思う。
出口王仁三郎が日米開戦する前に「敵国勝利」を祈願して非難を買ったらしいが、
納得を得られないのは当たり前だ。そのスパンからすると、今回の民意にて、民主に行った
票のゆり戻しがこれらの政策のせいで自民にまた来て、そして自民もまた崩壊し、政治に頼って投票
すれば何とかなると思っていた民意そのものが崩壊するのかも知れない。統治者の「民意の時代だ・・・」
は依存型民意の政治が崩壊し、民意を直接活用することを意味しているような気がしなくもない。

 違う話ですが、新型インフルエンザワクチンは一切治験されていないらしい。
http://www.nikaidou.com/2009/08/post_3333.php
さすがキャプテン舛添!
マシュー君が「インフルエンザワクチンには注意」と言っていたけど、仕掛けが
あまりに大きすぎてにわかには信じられなかったけど、どうやら当たりみたいですね。
チャネリングって相手が相手なだけにどうしても説得力がないんだよね・・・。
同じ情報である、という事ではnikaidouその他と全然変わらないんだけども。

630 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 00:02:29 ID:2ub82Bf90
これから何かが大きく変わると思ってる人、多いみたいだけど
そんな事は全く無いよ。
収穫の時っていうのは飽くまで彼らの間の話で、人類の事じゃない。
人類は「収穫される」方だから。

爬虫類に代表される、人類の魂の管理権を有している彼らだけど
その権限が剥奪されたなんて話は聞いてない。
今まで通り、これからも人間の転生について管理支配してゆくらしいし
そもそも彼らから、その管理権を奪えるだけの存在が今の所無いからね。

一部の反主流のプレアデスの方々はその任務の合間を縫って、それとなく
人類に手助けしようと試みているようだけど、これは任務に対する背任になるから
危ないんだよね。下手するとプレアデスの立場を悪化させる事になるし、何より
本人の魂への危険が伴うし。

631 :551改め蓬莱:2009/09/13(日) 00:23:47 ID:hTfTQion0
うーん、今は誰かのどのような意見であっても、ごく一部しか語ってないように見える。
民主党にしたって、確かに民意は反映された、政権交代はした。
でも今のところそれ以上のものは無い。
現実一番見えて変化してるのは橋下なんだな。
まっとうな理屈があれば実際に変化がおきる。

変化が起きないのは何かおかしいか足りてないんだろう。

統治者も見せかけの変化のことを言ってるわけじゃ無いとは思うんだが、
相変わらず言葉足らずの人だな。

632 :551改め蓬莱:2009/09/13(日) 00:28:43 ID:hTfTQion0
>疫病神、貧乏神、そういったものは文字通り「絶望」の匂いに寄って来る・・・

ってのがグリフィンズの家の中に居たんだったらグリフィンズ自体やばいことになるよなw
そのやばいグリフィンズにやばい状態であると伝える統治者が言うことは当てになるのか?
細かいことだが矛盾だらけだ。

633 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 00:54:14 ID:ySbY5WvT0
>>623
いや、貴方になんて話し掛けた事ないんですが
マスコミはすごい偏向報道して民主を圧勝させた
いくらだって情報操作できるテレビの情報なんて信用出来ないんで
TVを信用してる貴方の言ってる事は信用出来ない
麻生さんだってすごいどさ周りしてましたよ
衆院選:各党党首の移動距離 トップは自民の麻生総裁
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090829k0000e010051000c.html




634 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 01:21:34 ID:TFR7wN7E0
政治の話しすると両者を丁度良く納得させるって無理なんじゃないかって思う

個人的には大体の国民がマスコミの偏った報道を意識していると思うけど
ネットが出来て数年、日々段々とネット世界が現実に影響を与えてるとはいえ
明確な意図にまでは育っていない。

マスコミは無理にでも偏った報道をしなければならなかった
確実に自立出来なければ意味がないからね。高まる不満をどこへ
持って行くのか、それが重要だったと思う。

麻生さんは見つめるものの心に確かなものを残したと思う
公に称えられることはないが次の選挙なり世代なり伝わるものはあったんじゃないかな

またそれがあるなら次に生かすことで示すより他にない。

本当の意味で自立出来るまではマスコミは力を握るわけで
正等な感じとして受け取らざる得なく、また受け取るしかないね。

自立出来る材料はいくつかあるから明確な意図として民意が育つのは
民主の姿勢一つ一つを通して本当の意味で真名があれば自然と心打たれ
民意は謡われる。どちらにしても懸命と命を掛けているのだから
何もいえね〜な俺は。。全く持って言えないな。。



635 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 01:42:00 ID:TFR7wN7E0
>>631
戦国時代も大阪からだったよねそういえば

636 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 03:15:34 ID:b5zRQejM0
そもそも、その変化ってのが、どういうものを想像しているかによって、話は全然違ってくるだろう。
来年から人類が全身タイツ服を着るようになって、スターシップで宇宙を飛び回るようになるか?
って言われたら、んなわけないだろwということになるけど、そういう意味ではないよな。

しかし>>630の見ているものは、多分当たらないよ。
あらゆる予言…という言葉が抵抗があるなら「見通し」でもいいが、そうしたものは全部外れる。
予測のつかない領域に突入するってことは、そういうことだよ。データにはないことが起きる。
楽観的になれとは言わんが、悲観的になることほどアホらしいことはない。

つか変化はもう起きてるし、俺自身もかなり変化してる実感あるよ?
8月と9月という短いスパンでも、もう全然違うといってもいいくらい変わった。
人生に対する考え方というか、そもそもの立ち方がね。
どこぞの存在と対話したりみたいなチャネリングは、もう正直どうでもよくなったけど、
別の形でインスピレーションは常に降りてくるようになって、それを趣味などで活用してる。

637 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 03:38:16 ID:b5zRQejM0
こういう言い方は、誤解を招くからしないようにしてるんだが、あえて言うか。
お前ら、もうちょっと生きてることを楽しめよ。しかめっ面してると、何も感じなくなるぞ。

別に考えるなって言ってるわけじゃないからな。
この手の意見を言うと、「何もわかってないバカ降臨ww」
みたいな過剰反応する奴がいるからな、このスレは。
俺はひとまわりして、わかった上で言ってんだからな。勘違いすんなよw

計画がどうだの、宇宙情勢がどうだのと、論じるのも結構だが、
まず自分が人間として、どのように生きてるかを、再考したほうがいいんじゃねえのか。
意識変化を自分の内宇宙で起こせない奴は、外部に対しても何の力も発揮できんだろう。

もし世の中が変わって見えてないなら、自分が何も変わってないからだよ。
これだけは言える。この先に何が起きるとか、そんな話は、もう何の意味もなくなる。
「アンタは今どうなのよ」ってところが、とりあえず今、一番必要なことだと思うね。

638 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 03:47:52 ID:b5zRQejM0
変化は外から来るんじゃない。内から来る。
内的な変化が起きた人間の母数が臨界を突破したとき、
初めて外的な形をまとって世の中の変化として現れる。

しかしそのときは、既に変化した人間にとっては、もう事後となっている。
だから、ことさら変化したとは感じないはずだ。

しかし歴史を俯瞰してみたとき、それは確実に変化したのだとわかるだろう。
変化を実感できるものと、できないものがいるというのは、実はそういうカラクリなんだ。

                                       ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                        d⌒) ./| _ノ  __ノ

639 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 05:52:39 ID:/yJuZJky0
>>633
マスコミは民主党の味方ではなく、財界(日本国内とは限らない)の味方なのだよ。

いわゆる「民主よいしょ」とは、民主党内の新自由主義者に対するよいしょだ。
例えば前原とか仙石とか、こいつらがマスコミ持ち上げられている。

それから、小沢叩きに見られるように、民主党内でも反新自由主義者は
マスコミにたたかれているよ。

かつて自民党が国民政党だった時代、本当の意味でマスコミに叩かれていたよ。
で、自民党は徐々にマスコミに屈服し、国民の敵になった。

最近の自民党でも、自民党内でも新自由主義に嫌気を感じていた人がいたのだろう、
ある程度ブレがあって、それがマスコミに叩かれる理由になっていた。
(麻生叩きは、新自由主義側からの攻撃だ)

でも、自民党は最後まで国民の敵を脱却できなかった。国民よりもマスコミ(≒財界)の目を気にした。
つまり、マスコミ(≒財界)の権力のほうが自民党の権力を上回っていたわけだ。

自民党が劣化した、マスコミ(≒財界)に屈服するようになったのは、
世襲議員が多くなったからだろう。



640 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 05:55:07 ID:WNU/BRpQO
キチガイばっかでこのスレ怖い

641 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 06:17:28 ID:jmwNvH110
本気でそう思うなら見ないほうがいいぞw
いやこれ煽りとかじゃなくてわりとマジな意味で。精神衛生的な意味で。

万人にわかるようなスレじゃないからここ。
マニアックなスレだから、わからなくても別に問題ない。

642 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 08:08:04 ID:yw6KiN/O0
>>638
そうだね。自分の人生が、他の人や存在に大きく影響されていると思っている人は
爬虫類とか在日・中韓の脅威とかに反応して目がそらせなくなってしまう。

チャネリングの情報一つとっても、地球は影から支配されているというものから、
そうではなく地球はおおむね守られているというものまで色々ある。

ネガティブな情報を選んで被害者として生きてゆくのも人生。それがいやで人生
の道は自分で決めたいから、他の情報や物事に目を向けて自分を変えることが
出来ないか模索するのも人生。結局選ぶのは自分。

643 :551改め蓬莱:2009/09/13(日) 09:11:23 ID:hTfTQion0
>>636
個人レベルでは変わった、のだろうけどその変化が全体の変化に
結びついていない。

いや、もしかしたら今回の選挙は潜在的な変化に対しての渇望が
目に見える形で現れたものなのか?
そういう見方をすれば成功なのかもしれないけど、違和感バリバリだな。

644 :551改め蓬莱:2009/09/13(日) 09:16:31 ID:hTfTQion0
さて、多分今誰もが感じてる違和感、これの正体は何なのか?
民主が掲げたマニフェストの内容?
党首がメーソンだから?
党首嫁が電波だから?
新人ばっかり増えて使えねーんじゃないと思うから?
マスコミ関係者の候補が多いから?

なんかそんなレベルじゃないような気がするよな。

645 :551改め蓬莱:2009/09/13(日) 09:20:25 ID:hTfTQion0
結局変わらないといけないという強迫観念、焦燥感だけが先行して
どのように変えるかという全体的な思想が全然無いんだわ。

集合意識はそれを生み出せるほどは成熟してない。

646 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 11:13:43 ID:QQ1vUL3w0
>>633
小泉旋風がTVで盛り上がっていたときも
民主一本で投票してきたし、TVやメディアなんて考慮しないで
ただ自民批判票として一貫して入れてきただけだよ。

偏向報道??何ふざけたこと言ってるんだ。
小泉のときのあのひどいメディアの報道は何だったんだと?
往生際が悪いな。


647 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 11:26:20 ID:QQ1vUL3w0
とりあえず、俺はあなたみたいに、麻生さんを崇拝するようなことはしないし、
民主にも期待していないって何度言ったらわかるかな?

あなたこそ、ネットの右寄り情報を鵜呑みにして、
何か、陰謀によってかわいそうな麻生さんが落とされたみたいに装うけど、
キチガイパンフレット作成を誰が指示したかわからないけど、
そういうのは国民はもううんざりしているんだ。

自分たちの生活の前に中韓の脅威で一転突破しようとしていたけど、
国民はそれの前にまず自分の国の生活を何とかしたいという思いで
民主党(中心)に一度任せてみようという機運でこういう結果になった。

それがすべてメディアのせいでこうなったとか本当に
こういう支持者がいる限り自民に次の目はないんだよ。

みんあ民主に期待しているわけでもないし、
もし次の参院選までの1年で期待外れだったら民主も終わるだけだ。

国民のどうなるかはよくわからないけど、変化への機運をすべて
メディアの陰謀だとか言うのは的外れだ。

それに俺は何度も言ってるように、小泉がメディアをうまくコントロールしていたときも
自民に投票していないし、そのころのTVではないインターネットでも
ネトウヨ全盛で語るところもなかったと言っている。

648 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 11:27:09 ID:QQ1vUL3w0
>一転突破

一点突破

649 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 13:26:24 ID:ySbY5WvT0
>>647
陰謀ではなくて本当に変更報道じゃないか
やってきたいい政策殆ど報道されないで細かい漢字の間違いとか
細かい所ばかり指摘したりして麻生さんの政策でGDPが3.7%上がった事を
何故メディアは高く評価して報道しないの?
何故メディアは今回子供手当てを支給する代わりに扶養控除廃止とか
民主に変わったら補正予算執行停止にするとか多くの人にきちんと知れ渡るように報道しなかったの?
知らなくて民主に入れちゃった人達がすごいへこんでるよ
「雇用を確保する為の中小企業への補助」「中小企業資金繰り対策」なんて
切られたら困る所いっぱいなのに
小泉の事とか言われても自分は正確には自民信者じゃないから
メディアはいつだって変更報道じゃないかとしか言い様が無いな

>国民はそれの前にまず自分の国の生活を何とかしたいという思いで
自分だってそう思うからきちんと調べて自民党に入れたよ
だってマニフェスト一つとっても財源が足りないのが分かり切ってるのに
誰にでもなんでもやりますって言ってるようなものばかりなんだもの
藤井が「財源はどうにかなるし、どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいいじゃないか」
なんて言ってる無責任な党なんて信用できるか
最近も「財源は気合」とかふざけて言ってるのか…?
下の党首討論はノーカットのやつで偏向されてないソースだけど
次回の党首討論で財源についてきちんと語って頂きたいと麻生さんが言ったのに
党首討論を開かないで逃げたこんな人間信用出来ない
ttp://www.youtube.com/watch?v=x-mQOEE_RcM
ttp://www.youtube.com/watch?v=PRq6SgkCI_o
ttp://www.youtube.com/watch?v=jXXc7FrH8fM
ttp://www.youtube.com/watch?v=mYp8KTgKNos
ttp://www.youtube.com/watch?v=Wg_5F0XHd_E

民主が終わるっていうか日本が終わるよ
今現在経済封鎖されそうな危機に陥ってるのに

650 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 13:43:35 ID:/cQHlBvw0
それぞれ自分の生きている時間軸をもう一度改めて見るのもいいかもね
人は同じ舞台を共有してるけど読み込んでいる時間が異なる

長期スパンに短期スパンは対応出来ない。短期に長期は見渡せない。
それぞれが責任持って自分のわかる場所で柱になって行くしかないからね。


651 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 14:07:30 ID:PUHdRc6G0
政治と宗教の話になるとモメてしまうのは
何処でも一緒だな。 ココも例外ではないということかw

652 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 14:18:36 ID:QQ1vUL3w0
麻生ってバラマキしてなかったっけ?
どこの国から借金したんだろうか

653 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 14:37:41 ID:AeqDOVu60
スレ違いもいい加減にしろや
どっか他所行ってやれ

654 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 18:30:07 ID:6sd6eGZG0
まあとりあえず政治のことは、脇においといたほうがいいよ。できれば忘れたほうがいい。
おそらく最終的には、政治の仕組み自体が、完全に変わるから、目先口先で論じても意味がない。

統治者じゃないが、目先の出来事だけで良し悪しは判断しないほうがいいと思う。
大きな視点というものは、何も見えていないというのと同義だ。特に人間の立場だとね。
いきなりゴールを見ようとすると何も見えんよ。見えないくらい遠くにあるから。
ラリーみたいな気持ちで、風景を楽しみながら行くほうがいい。

>>643
そんなすぐに目に見える形で現れたら大変なことになるぞw
変化てのは、雨粒が集まって小川になり、自然と大河になるみたいなもの。
まずは個人レベルの変化が、スムーズに進むことからだ。焦るこたない。

655 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 21:25:59 ID:ySbY5WvT0
>>652
なんだお前結局訊かれた事答えらんねーで「でもでもあいつだって悪いじゃん」
みたいな真似して子供みたいだな
あんたの話してる事ソース無いし話にならない

656 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 21:53:18 ID:sReVpKbV0
これとかじゃソースにならないんですかね。
すいませんね。馬鹿なので、申し訳ないです。
スレ違いになるのでこれでもうこういう書き込みはしません。

「借金」が「税収」を上回る 10年度当初予算見込み、戦後初
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090706AT3S0500905072009.html
asahi.com(朝日新聞社):いいのかな 国債44兆円、税収上回るかも 戦後初  - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0410/TKY200904100325.html



657 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 22:06:09 ID:sReVpKbV0
楽餓鬼 : 財源論の不思議,根拠とは「財源は国債」のことなのか
http://gakisroom.exblog.jp/10046218/


658 :551改め蓬莱:2009/09/13(日) 22:52:33 ID:hTfTQion0
現実を見れば政治の話になるのはある程度仕方ないとは思うが、
どの政党を支持するとか、短期の政策を語るのはスレチガイだな。

>>654
政治の仕組みが変わるって、誰が変えるんだよ。
変化ってのは極めて現実的に起きるので、現実化の兆候は
どこかに現れてもらわないと困る。

659 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 23:04:30 ID:6sd6eGZG0
>>658
誰って、そりゃ関わってる人間に決まってるだろう。
どんな世界でも、常にそれを考えて、関わっている現場が変えていくんだから。
現場では色んなことが起きているものだし、その大半は表には見えてこないもんだよ。
誰かひとりが、ということではなく、色んな状況が積み重なって結果となって現れる。
大衆が関われる段階になったら、そのようになってゆく。
どの段階で手を引くか、あるいはどの段階で関わり始めるかは、それは人によって異なる。
プレアデスの連中の言葉を借りるなら、完璧なタイミングってやつだ。

明治維新の頃だって、一体何が起きてるのか、大衆はたぶんわかってなかったと思うぞ。
世の中がなんとなく騒々しくなり、そしてなんとなく江戸城が明け渡されたような感じだろう。
まさに「一体何が始まるんです?」だよ。

660 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 23:10:38 ID:4IhHFgam0
政治関連の事は政治板行けや、ここはオカルト板

何?政治とオカルトの関連性は不可分なほど深いだと?
その通り。だがそれなら今現在の政治の流れとオカルトを
きちんと関連付けて書き込みしろ。

少なくともこのスレには馴染まない話だ。

それと>>ID:yw6KiN/O0、爬虫類と在日と中韓の脅威が
具体的にどう関連するのか説明しろ。

あとここはオカルト板、未知の事柄や隠された真実について
具体的、論理的に考証する場、メンヘラーはメンタルヘルス板に行けw
ポジティブだネガティブだ言ってるお前のことだ。

661 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 23:41:58 ID:6sd6eGZG0
頼んでないのに勝手に仕切る そんなあなたが 俺はすき♪

じゃあ俺様が都都逸のスレにするぞ?いいのか?

662 :本当にあった怖い名無し:2009/09/13(日) 23:58:18 ID:4IhHFgam0
>>661
ローカルルールぐらい読め、カスが。
ドドイツは
                                   _,.
                  ,. -―‐-、           r^~  ``ヽ
 、   ,. -――‐、   /^ヽ.  ヽ._,.-―-',./^ヽ        !,._     `、
 1`ー ′     ヽ   }  }  ,. -‐'⌒i 、,.、 〉  ,.、、     ヽ.    ヽ
  l     ,. =    〉 .!  ー^i 、_,.、  、_ `'′/  ヽ       \    `、
  `ー--‐'" 、'′ /  ヽ、   ,! ,-┘   フ  ./    〉         ヽ.    、
        ~ー'′     `ー' l  ゥ .r'′ ノ,.   /        `、   ヽ
                  ゝ、  ノ   (__  /          、i、 /
                    ^ '′     ̄             ~
  _____     ___ ___    ___
 /__  __/ [][] _| |_| |__ _| |_
    / /     |    _  | |_  レ'~ ̄|
    |  |___      ̄|  | / / /   /| |
     \__|     |  |  ̄ /_  /  | |_
              |_|     |__|   \/

663 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 00:31:00 ID:VffjDK1r0
ただいまより、このスレは、つぼ八実況スレになりますた。では、よろしくおねがいします。

664 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 01:18:50 ID:4sbm8Umn0
なんか今日はアセスレどこも暗いなあー。

665 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 01:40:28 ID:jOA6kFsH0
2ちゃんねるルールよりも、このテーマに関するルールは知っているかい?
「このテーマ関連の情報(宇宙nowだけではないらしい)の読み手書き手は、
全部リアルタイムで関連データを吸い上げられて常時更新されている」
情報図書館との接続がどういう形になっているのかは知らないけど、転生契約でその点は
了承している事の一つだと思われる。

自分の契約書の細部までは見たことないけど、本当にあるような感じだ。
疑っていたらイメージで顔面に叩きつけられた事がある。

666 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 01:53:30 ID:DzZtYAeL0
>>665
噛み砕いておねげーしますだ

667 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 02:08:59 ID:n4oN4QUd0
>>665

まぁ、そういう部分はあるかも知れないですねぇ。。。

地球は、人間のそれぞれ感じていることから、自分自身の状態(表面で起こっていること)を知ることができるだろうし、
宇宙人グループは、地球をよくしようという行動の材料情報として、地球に転生した魂の感じていること、をモニターしてるかも。。



668 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 02:11:28 ID:n4oN4QUd0
身体のいたるところに神経とかがあるとして、
人間自身が、この地球や、宇宙の細胞である、という考えでしょう。

光の粒の集合、総合体が、地球を形成し、地球を単体細胞としてみた光の粒が集合して、
宇宙の身体を構成している、という。。。



669 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 02:42:38 ID:zyPFdbXB0
>>665
ああ、それはかなりあるだろうねw
変なこと書くと、すぐに始末書を書かされるみたいなことになる。
やっていいことと悪いことも、実はかなり厳格に決められてるんだと思う。

予知夢の形で、やるべきことを先行して見せられるときもよくあって、
大抵は遊びに関することなんだけど、それ自体が自分の意思の及ばないところで、
あらかじめ誰それに影響を与えるということまで、計画され、義務付けられてるような感じだ。

遊びの形を伴っているのは、本人に気づかれないようにするためだろう。
人間てのは、ひとたび義務となると、とたんに率先してやらなくなるからなw
まあ今なら、気づいたら気づいたで、それを楽しめるんだけどね。

670 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 07:42:21 ID:qRJL1FjS0
統治者の話は、選挙のことよりも死神の話でドキッとしたw
っていうのは、ちょうどそれを読んでたとき
現実的状況に対する絶望感の中に、少なからず死神が潜んでいたからね…
記事を読んで我に返ったさ

671 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 13:30:37 ID:jmN5Wsg20
以前の記事だけど、これは計画者と工作者は別の方と考えていいのだろうか

なんだかな〜 - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200805120000/


現在の最新記事では死に神は例の鎌を持ったガイコツの死神だと
書いてあるのだが、以前の記事では・・・

またまたミーハーついでに - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200805060000/

>本当の姿は骸骨に黒マントの鎌を持ったものではありません。
>黒い渦、ブラックホールのような丸い空間の形をしています。

確かに・・・・ - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200909090000/

>そう言えばニヨーボが死神がうろついているのを家の中で見た!なんて言ってましたっけ。
>例の鎌を持ったガイコツの・・・・




真相は如何に。



672 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 13:32:05 ID:jmN5Wsg20
本当の正体はブラックホールのようなものだけど、
人間界に降りてくるときは、そういう姿をとることもあるのかどうか

673 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 13:46:48 ID:jmN5Wsg20
政治に関しては統治者以前の記事で

2012年の真実? - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200809080000/




674 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 13:52:38 ID:jmN5Wsg20
まとめると、今現在でもふるやの森ブログなどでは海外のチャネラーの情報を
翻訳していて、それらは、もうすぐでファーストコンタクトが起こると言っている。

宇宙Nowはあまり予言的なことを言わないブログとして有名だが、
メシェクしかり、統治者しかり、変化は内面からということみたいですね。
一つのキーワードとしてチャネリングによるということで。

最近の統治者の記事では少し怒りを覚えていて、長期的なスパンでしか
みれてないじゃないかと思っていたのですが、過去記事を探してみたら
しっかりと短期的、つまり2012年頃から思念波の放送が始まると言っていました。

これなら俺も納得します。まあ発狂する人も出てくるだろうけど、
いきなり剥き出しの宇宙と対峙するわけでもなく、
ワンクッション置いてくれるみたいで、もう絶望はしません。

675 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 14:21:32 ID:zyPFdbXB0
物理的コンタクトは当分ないとおもうよ。
それをするメリットが、今のところ人類側にはないし、どのみち用意もできてない。
客を呼ぶには、それなりに準備がいるだよ。
せめて落ち着いて茶を出せるくらいの余裕が生まれてからね。

統治者は統治者ってくらいだから、計画者よりは、人間の扱いがわかってるよ。
別に人間の視野で見えてないのではなく、人間には明らかにできないことが多すぎるだけだ。
計画者に対しては、誤解を招かないように、もうちょっと言葉を選べよとは思うが、
その程度でぐらつくような奴は要らないという意思表示でもあると、俺は好意的に解釈してる。
思想家とは、しばしば辛辣な物言いをする人種であるゆえに。

むき出しの宇宙って、かなり漠然としていてわかりにくいが、
自分の本性をあぶりだされるという意味でとらえると、わかりやすいだろうね。

676 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 15:06:45 ID:jmN5Wsg20
うん、まぁファーストコンタクト自体はもう俺もどうでもいい感じだな。
結局、毎日の生活が楽しく送れればいいわけで、
後は、第六感などの制限がゆるまればもう少し自分の直感を指針にして生きていけるだろうし。

剥き出しの宇宙は、結果的に本性をあぶりだされるのだろうし、
たぶん、人間がこれまで思っていたように宇宙には善なる高次元存在ばかりではなく、
そもそも善、悪で推し量れるものではないという感じだろうというのを体験せざるを得ない
ということになるだろうと
ブログの記事の経過から推測する。

だからある意味、ある程度の社会の常識という大まかな方向性を
縛ってくれた方が、常に動いて不安定で、一瞬一瞬の判断が問われるだろう
宇宙にいるよりはもしかして楽だったのではないかと思う。

677 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 20:29:25 ID:T8fWBc1K0
>>674
ふるやの森って去年からずーっと言ってるけれど、ファーストコンタクトなんて
ないじゃん。マシューとやらもうさんくさいし。
でもなんかずっと信じて待っている人もいるんだよね。

トカゲの本拠地欧米からの情報なんて操作目的が多いから信じない方がいいんだよね。
グリ氏のお弟子さんも書いていたけれど、向こう発のエネルギーワークなんかも同様みたい。

678 :551改め蓬莱:2009/09/14(月) 22:32:40 ID:yWYL7dsJ0
物理的なコンタクトは無い、とは言うものの、
見えないだけで目の前に居る可能性さえあるw

でもそういう話は一切出てこないよな。

679 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 22:40:27 ID:zyPFdbXB0
こっそりきてるようなのは、山ほどいるんだろうけど、公式訪問は当面ないだろうな。

コンタクトを望む奴ってのは、要するに未知のテクノロジーが欲しいからであり、
それはつまり「お前は別にどうでもいいけど、技術だけくれニダ」と言ってるのと同然なわけだ。
相手の立場からしてみたら、そんな失礼で虫のいい話はないw

また、そういった「お土産」抜きに付き合うならば、既に地球人だけでも問題山積みなのに、
これ以上ややこしい要素を増やしたくはないということで、やはりお断りしたい。
そうしたゴタゴタが片付いて地球人がヒマになったら、そのときに来ると思うよ。

680 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 22:46:23 ID:jOA6kFsH0
 うわ、宇宙nowは全部読んでると思っていたら、読み落としている記事があった。
673氏が載せた日付の記事、読んでなかった。初めて読んだ;;
 思念波放送を受け取れる状態だとファーストコンタクトなど無くとも別次元の存在と
コンタクトしてしまうという事では・・・。

>>671
 固定された姿形のない高次の意識体の見え方は人によって違うらしいですよ。
グリフィンズ氏だったらトランスフォーマーの敵役あたりに見えるかも。もしくは
バルタン星人とか。
 統治者が死神の話を聞いて思わず笑ったのは「相当な古典的正統派の変換だ」
と感じたのではないかと思います。

681 :本当にあった怖い名無し:2009/09/14(月) 23:08:50 ID:3M2oSpMD0
ファーストコンタクト求める意味がわからないな
予言なり具体像なりファーストコンタクトって自分本位なものだよね。

自分が見聞きして予測打ち立てて全体の動きを捉えようとすれば
予言に頼ることもないし具体像を求めることもないしファーストコンタクトに
期待することもなくなる。

682 :本当にあった怖い名無し:2009/09/15(火) 21:11:04 ID:Zr4O7NIz0
それで、太古の昔、プレアデス最高司令官プレジャが
騙されて人間の遺伝子を解体した、そのDNAの修復の件だが。

どうやら変化が起こっている人たちもこのスレにちらほらいるようだが。

683 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 03:27:49 ID:tN/NSgZOO
>>682
> どうやら変化が起こっている人たちもこのスレにちらほらいるようだが。

そうゆうの判るんですか?スゴい
自分はなんで宇宙ナウを読めてるのか分からないです。

684 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 05:25:16 ID:oh7EXXlK0
>>682 どんな変化が?

685 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 15:59:01 ID:XWMS1GMY0
 今この時点で遺伝子が違う人は、地球に降りて意識進化の任務をこなしているコマンドー
な人の中で、さらに表に顔を出さない人だけなんじゃないかなぁ。われわれ側に含めるのは
ちょっと無理がある人。
 ついでにですが、そのコマンドーな人で、たぶん表に出ている方の一人だと思うのですが、
面白いインタビュー記事がありましたのでURLを掲載します。
少し世話になったことのあるチャネラーさんが見つけて、さらにその転載です。
http://www.spiritualvoyagers.jp/interview_vol027.html
ケヴィン・ターナー氏。今生ではモンロー研究所の国際レベルトレーナー(らしい。
でもだからと言ってモンロー研に関連した掲示板はお勧めできません。
誰でも買える市販の教材なので、株式市場並の色とりどり百家争鳴状態に・・・
市場原理でも取り入れているのかと)
それはともかく、昨日読み終えて少し先走って感想を書きますが、宇宙nowで触れられていない、
「プロセスが進んだ場合どうなるか?」が書かれていると思いました。
宇宙nowに書かれているのは「プロセスが進まなかった場合どうなるか?」だけなので、
補完的な記事として役に立つように思います。
 しかしプロセスが進んだ場合どうなるかを書くと、やっぱりこういうスピ系な調子に
なるんろうか。これじゃほとんどの人はシャボン玉色の夢物語としか思わないよ・・・。
ここなら次の更新までのひまつぶしにこんな記事も良いのではないかと思います。

686 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 17:06:02 ID:My47bhjR0
財源の前に正確な帳簿見れない段階だとどうしようもないってのもあると思うんだ。

687 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 17:08:49 ID:My47bhjR0
これから恐ろしいな。
脱米国路線だろうけど、何されるかわからない。


688 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 17:14:02 ID:My47bhjR0
麻生政権で国籍法改正案も通ってしまったし、
今度は売国民主か。

たしかに、最近の宇宙nowの記事の通り、これまでの常識が通じない
未知の世界へ入っていくことになるんだろうか。

アメリカというスーパーパワーの没落で、鬼畜中国が覇権を握って一体
世界はどうなってしまうのだろうか

689 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 17:32:27 ID:My47bhjR0
自民も民主もマニフェストで確固とした財源も示せなかったし
自民の1000万人移民政策に民主の外国人地方参政権と
どっちもどっちだが、統治者は選挙の結果に変化の兆しと言うが
下界をよく見ていないから、表層だけ見て語ってるんだな。

グリフィンズの本にも(2004年発行)数年後にもしかしたら
以前、支配した宇宙人みたいなのがやってくるかもしれないうんたらかんたらと
言っていたがそれもなかった。

宇宙nowも意外と外れるからあまり気にしない方がいいんだと再確認したよ。

690 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 17:43:26 ID:My47bhjR0
2012年に思念波の放送が始まると統治者
2018年頃には直感、チャネリングという形の技術革新が起こるとメシェク

これは2012年に放送は始まるけど、それを一般の人々が上手く扱うことが
できるようになってくるのが2018年頃と受け取っていいのかどうか。



691 :本当にあった怖い名無し:2009/09/16(水) 17:47:11 ID:BdNxc/Xb0
>>690
マジレスすると、そのことは忘れたほうがいい。とりわけ時期的なものは。
沿わせようとすると、おかしくなるから。

心配せんでも、忘れたころに色々変わってるよ。

692 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 00:51:12 ID:zgRrm4sUO
>>664
個人的にもなーんかテンション落ちてる。
そういうムードっつーか、バイオリズムな時期なのかもね。

693 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 01:25:11 ID:817slSHw0
更新されてるが、まぁやはりと言ったところか。

裏表の話は黄金期に繋がって行くものだから表面的には政治
でも範疇はそれ以上
色のない無色の空間、されど色は中央政権一択で色のなかった
地味な日本から色付きのものへチェンジ

いいことあればわるいこともある、という法則は
これまでの裏表の中で培われたもの。裏表逆になることで
気が重くなるような法則は有効ではなくなる
そのため、出なさいと。そうでなくても自然と人はこれまでの
法則から出て行き新しい概念を応用した法則を編み出して行くから
特別意識することもなくそんなもんかという気構えでおk

694 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 16:54:54 ID:yG7Bba9N0
グリさんはもう果実を受け取る時期に来ているのか。
これを選民だとは思いません。

このスレも上の方から見通せる人たちがいるみたいだけど、
もう嫉妬はしないからどんどん書いてください。
上から目線だとか言いたい放題言いましたが、
上からの目線なのは事実なんでしょう。
すいませんでした。
もうそういうことを言ってる時期ではないみたいです

695 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 18:14:03 ID:VWqlRTAl0
上に登ることは誰でもできる。
ただ、それをするかどうかだ。

ふもとで喚いているだけのひとが、山頂でうまいおにぎりを食ってるひとを非難するようなもの。
同じものを味わいたければ、自分で這い上がれってことさ。

しかしね、別にふもとにいても、おにぎりは食えるんだよ。
五合目くらいでも、それなりにうまいはずだ。もともと同じものなんだから。

人類は、まずそれを思い出すことからだな。
ここで云う果実というものは、与えられるものではなく、己で見出すものだ。

696 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 19:59:02 ID:tszy3He30
16日の内容がすごくシンクロしている。
それまで、都会で通勤して、休日にデパートに行き、
雑誌をチェックして高い服を買うのが当たり前だった。
けれど、人間関係はぎくしゃくし、何かいつもストレスを抱え欝になっていた。

今は、田舎で暮らし、野菜を育て、お隣さんと故郷の特産物を物々交換したり、
荷物を預かってもらったり、子供を預かってもらったりしている。
多少のストレスもあるが、心が病むという事はない。

久々に都会に行った。デパートに行き、高い物を買った。
買った途端、褒め殺しがすごい。今までなら気分がよくなって帰るんだけど
すごく違和感があった。人とのつながりがきちんと存在すると、なんとむなしいものか。
「ただ、単に戻っただけ」
その通りだ。私が子供だった頃の生活と同じような時の流れを今感じる。
今後の世の中はそういった世の中になるだろう。
貧しくとも、心が潤う生活がやってくる。
その前に、貧しくなる過程で、どれだけの人間が耐えられるだろうか。
今はその過程の真っ只中だ。底はまだまだ深い。


697 :本当にあった怖い名無し:2009/09/17(木) 20:42:42 ID:nJNCBiEz0
上を見る人は同じ上からの方の感性を見て吸収したり理解したり学ぼうと
比較したりしないけど下から見る人は同じ目線を共有して横繋がりを
重視するよね。どちらも大切な方向性を持ってると思う。

698 :本当にあった怖い名無し:2009/09/18(金) 01:32:58 ID:JuebrZJW0
 高次情報については自分の居る子いも孫いもレベルでは話が難し過ぎると思った・・・
川の流れのようなものとか、直接見せられてもおそらく?だらけでむりむり。
親いもにがんばって理解していただくしかありません。

699 :本当にあった怖い名無し:2009/09/18(金) 05:19:41 ID:ITEK0ypB0
縦軸には遥か上を見て現実から離れ空想近く夢溢れても足は地から離れ
その差だけ心はカオスに支配されるが
横軸は比較して自信の奥行きを行き来するような

どちらも必要な人としての何かで、バランスよくなったものから
十字を胸に自身の見上げたキリストを心に灯しながら今を生きるが
学ぶべき時期には自らを背負い生きるような

700 :本当にあった怖い名無し:2009/09/18(金) 12:14:35 ID:zRJJa7YZ0
オイこそが 700へと〜

701 :本当にあった怖い名無し:2009/09/18(金) 12:51:42 ID:bttdLFiK0
オイが701〜

702 :本当にあった怖い名無し:2009/09/18(金) 16:00:00 ID:+2dYsd/N0
     ∧∧   ) ズザーッ (´⌒(´
  ⊂(*^^*⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (´⌒(´⌒;;  ̄ ̄ ̄

703 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 00:17:41 ID:VACYkQL30
>>701   オメ

704 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 01:25:35 ID:GiS3Sfxo0
良く知らないけど、話はおそらく真我のような気がする。

705 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 02:10:19 ID:kemVPuW+0
やっぱり、恐れていたことが始まる・・・
http://www.youtube.com/watch?v=GkeBIe-ixCs

全体主義社会へと意図的に導いている奴らを何とかしなくては!





706 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 03:14:50 ID:RdEeSx5S0
動画は見てもよくわからなかった。全体主義っていいことのように
思えるけど、現時点で全体主義は何がいけないの?

707 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 03:17:16 ID:vnK1gg5/0
んなこともわからんのかとは言わん。
だが、少しは自分の頭で考えろ。他人に聞いてばかりだと、ウソばかり吹き込まれるぞ。

708 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 03:18:32 ID:RdEeSx5S0
わからんもんはわからんし〜w
ただ現時点ではマイナス点が際立って見えると思うけど何がまずいのかなって。

709 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 11:01:51 ID:kemVPuW+0
千葉景子法務大臣
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/20090918.html#440

そして・・・左翼全体主義の背後にはサタニズムがある。
http://tak0719.hp.infoseek.co.jp/qanda/marxandsatan.htm


710 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 15:39:40 ID:tPRR45UB0
人権擁護法案は自民党が提出しようとしていた法案のことだけど。



711 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 15:42:56 ID:tPRR45UB0
>>710

自民党が作った法案を、民主党に押し付けようとする人がいる。

(民主党版の類似の言論統制思想は存在するかもしれないけど、
いわゆる「人権擁護法案」ではない)


712 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 19:08:39 ID:GiS3Sfxo0
政治家がいくら動いても実態経済には勝てないだろうと思うよ。
銀行株の売りがすごいみたいだし。

民主党は、いもをぶっつり引いて、面子の良い役は演じられないんだろうなぁ。
nikaidouグループが動いて鳩山邦夫氏を中心に新党結成する絵を描いたらしいけど、
できなくて良かったと思う。数年後なら鳩山邦夫新党は天地人がそろうように思える。
やるかやらぬかは分からないが・・・。

713 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 19:29:12 ID:spRO8v2L0
銀行とかが作っている経済を「実体経済」と称するのもなんかな・・。

非政府経済ではあっても、一般の日本人のための経済ではないし。

一応名目上は公共の組織である「政府」が管理する経済よりさらに悪いかも。




714 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 20:41:01 ID:GiS3Sfxo0
真の実体経済となると、需要は今の生産力の半分くらいになるんだろうか?
拡大競争に歯止めがかかる日がいつか来るのかな。

715 :本当にあった怖い名無し:2009/09/19(土) 22:19:54 ID:010Qx2GW0
ふぐり玉蔵おじいちゃんが、ブログ生命を懸けて、
玉蔵一生のお願いです。逃げてください
というのが連休中にあるそうだ。

たぶんないだろう。俺はとても安心している。

ベンジャミンのFED破綻9.30も落ち着いて見ていられる。

ただ、上訴最終期限が9.30なわけで、これは陰謀論でもなくリアル事実である。
これをFEDはシカトするのかどうなのかの対応で今後の行く末を占える。

716 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 01:19:21 ID:WM0tDqIx0
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51510272.html

717 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 11:45:21 ID:oKewn4ex0
もう政治の話は禁止にするようにルールを決めないかな。
スレ内ルールとして。

718 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 11:51:46 ID:hiEgBpGy0

黄金の金玉さんブログの2009年1月9日の記事。
宇宙NOWの最近の話題とシンクロしています。

個人的には天に向かって祈ることが多くなった。
手放すことにためらいがなくなった(精神的、物理的両方)。
このスレの人たちだけでも生き抜いてほしい。。

719 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 11:53:49 ID:hiEgBpGy0
gomennnasai!!agetesimatta..orz


720 :551改め蓬莱:2009/09/20(日) 16:17:32 ID:WS8+xnli0
>>717
理由は?

人を動かすには明確な理由が必要。

そういう人を動かすって能力が変えていくってことに必要になる。

政治の話ではなく、政治力の話なのよ。(と俺は思ってる)

721 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 16:24:05 ID:oKewn4ex0
宇宙という大きなテーマで、すべてを包含できるけど
やはり政治の話になると、あまりにも細かい事象にあれやこれやと
論争になってしまって、本筋から外れてしまう。
本筋とは何か、それは人それぞれだろうが、
やはりある程度の大局観というか、
それは親中韓政権になるとかではなく、
もっと先のこととか。

前にも、政治の話以外でスレが脱線し続けていたけど、
やはりなるべくは宇宙nowの記事を元にしていた方がいいと思う。
じゃないと、2chで政治の話を中心にし続けると碌なことがないから。

統治者が選挙の話したけど、
そこそこに留めておいてバランスを持って書き込みした方がいいと思う。

というのは俺も政治の話に突っ込んで話して申し訳なかったっていうのもあるけど。

722 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 16:26:58 ID:oKewn4ex0
特に.>>716みたいなネタを元にしたりすると、
もう修羅の世界になるのは目に見えてる。

すべてを包含できる宇宙だが、
ある程度の匙加減というか、
住人がある程度まとまりがないと
まぁこのスレがなくても別に構わないと思うよ。

それぞれが、それぞれで考えて、そして自分の中で実行して
自己完結して、それで終わりでもいいんだ。

723 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 16:30:54 ID:WM0tDqIx0
政治がどうのじゃなくて、ある特定の団体の話はやめとけってことだろ。
純粋に政治力の話はいいと思うが。その良し悪しではなくね。

ただ、「人を動かす」という概念は、「操作」と同じ概念であることは忘れんほうがいい。
世の中を動かそうという意識があるうちは、たぶん次の段階に進めんよ。
これは人間だけじゃなくて、ここを読んでる(奴の思考を読んでる)宇宙人も肝に銘じとけってことだ。

メシェク爺さんが言った、変化は自然発生的に起こるという意味を
いちど最初っから考え直してみるとわかると思うよ。

724 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 16:35:27 ID:WM0tDqIx0
まあ、こうは書いたが、実際そこから抜け出すのは、至難の業なのもわかってるよ。ソースは俺。

でもそれが実現しないと、絶対に次のフェーズに進めないんだよね。
進化の方向性は無限だが、通らなきゃならない門は決まってる。
門は先に進むほど狭くなるから、色々持ち歩いてると両脇の柱に引っかかる。
それは自力で通る必要がある。誰かの背を押したり、また押してもらったりしても通れない。

いま、人類は最初の門を目の前にしている。

725 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 16:48:04 ID:WM0tDqIx0
>>722
俺もまったく同感。
ぶっちゃけ10人の人がいたら、9人の動向を気にするより、
一人の自分として、何ができるかだけなんだよね。

2ch見てても思うが、既に人間が2タイプにハッキリ分かれたなと思うよ。
集計が終わったという意味も頷ける話だ。

近い将来、政治という言葉自体が、なくなるんじゃないかな。
そもそも政治は結果として現れるもののであって、政治家というものも虚職でしょう。
人が人であった頃、つまり神の子であった頃は、そんなものは存在しなかった。

726 :本当にあった怖い名無し:2009/09/20(日) 20:35:22 ID:yREb9ppo0
いずれ宗教とか政治とか引き上げるんじゃなかったっけ?そういうのは日月神示にも
あったよね。

727 :551改め蓬莱:2009/09/21(月) 14:39:23 ID:yvF62/mH0
最近の夢の中では、以前より複雑な概念のやりとりが出来るように
なったように思う。
そうは言っても、でたらめな(夢の中だからね)世界から少し理屈が通る世界に
なったレベルだけど。

>>725
プレアデスとかシリウスな人が言うことを見てると、そんな理想的な方向には
行かないだろう。それが出来るのなら宇宙人同士の意識は遥かに高度に
統合されてないといけないわけだから。(多分、統合できてるのは極々一部だろう)
次元が変わっても政治力の必要性がなくなることもないし、今よりさらに
複雑になると思ってるほうがいいと思う。

728 :本当にあった怖い名無し:2009/09/21(月) 15:59:44 ID:0DYIqjKn0
連中にできないんだから、地球人もできない、なんて考えは、そろそろ捨てるほうがいいんじゃね。
そいつらが地球を眺めてることも、無駄になるわけだからな。
何事もそうだが、できないと思った時点で、本当にできなくなるもんだ。

俺が政治力という言葉に、嫌悪感があるのは、それが他人(社会)を動かすことが目的になってるからだ。
自分の言動が人の考えかたを変えることは、もちろんあるよ。
しかしそれは、他を動かすことが目的になっていてはいかんのよ。
あくまで自己を動かすことが原動力になっていないければ、そもそもの意味を失う。

方法論でいうなら、北風と太陽の話がよく用いられるが、もうそれに尽きる。

729 :本当にあった怖い名無し:2009/09/21(月) 16:06:38 ID:0DYIqjKn0
政治は宗教的な一面を持ち、宗教は政治的な一面を常に持つ。
つまり、宗教を引き上げると宣言したからには、現在のような政治のシステムも同様な結果を迎える。

さらに、スピリチュアル、精神世界自体も引き上げられる。
これらは一時的に必要な道具であって、永続的な足場ではない。
必要な部分を自己のなかに構築できたら、手放す必要がある。
建物を建て終えたら、周囲に組んだ足場は外すものだ。

宇宙NOW!でも、さらりと触れられているが、そういうことだよ。

730 :本当にあった怖い名無し:2009/09/21(月) 16:08:38 ID:+CBgqhqx0
 この世界では短期は1年、長期は10年から、どんなに長くても20年くらい
だと思うけど、あちらからでは地球時間はどういう風に見えているんだろうなぁ。
時間はないと聞くけど、それを感じられるだけの霊能は自分にはないし。

 あ・・・ものすごく関係ない話していい?
「いいよ」
「ありがとう」
 ではそういう事で。えーと、親戚の甥っ子あたりがあそびに来て何を
すればよいのか困っている方、ニンテンドーwiiの太鼓の達人はけっこういいです。
太鼓とバチは4歳にもウケた。70歳にもウケた。wiiを買った甲斐があった・・・
もしウケなかったらどうしようかと。

731 :本当にあった怖い名無し:2009/09/21(月) 16:11:51 ID:0DYIqjKn0
いま地球を管理している存在は「我々はいずれは去る必要がある」と自ら語った。
「そのときまでに、人は神の子であることを思い出さねばならない」とも語った。

それが自立するという本当の意味であることは疑いようもない。
人が神の子であることを自覚し、それを体現するようになれば、
今のような政治の仕組みは必要がない。
他を動かそうと躍起になるのは、原始的な社会でのみ見られるものだ。

宇宙人が高度に進んでいるのは、科学の分野だけであって、
精神的には原始人レベルだよ。そこは明確にしておいたほうがいいと思う。
自分を知ることと、おごり高ぶることは全然違う。

732 :551改め蓬莱:2009/09/21(月) 17:29:18 ID:yvF62/mH0
>>731
神の子を自覚した、精神的に高度に統合された社会が完成するのは
いつぐらいと見てる?俺は数百年から千年単位でかかると思う。

そこにいきなりたどり着ける訳は無くて、もっと現実的な方法が無いと
いつまでたっても変化しないと思う。

1つは>>731が言うように各個人が精神的に成長し、その個が統合されて
集合意識を目に見える形で社会に反映される方向。

もう1つは自立的に成長できない個人については、その成長を促さないといけない。
まっとうな理屈があって、その個人を説得し、それを理解し受け入れるという
プロセスを経てその個人に変化がおきる。

現在の状況は良いほうに解釈して前者:後者=1:10くらい、
神の子とかいう話になれば、1:10000くらいだろう。

自律的な変化のみを期待するのであれば、やはり1000年単位でかかると思うよ。

結局のところ、前者と後者をうまく組み合わせて相乗効果を狙うのが一番の
最短距離だと思うんだけど。

733 :本当にあった怖い名無し:2009/09/21(月) 18:04:51 ID:0DYIqjKn0
時期的なものはわからないが、まあ当分先じゃないかなw
言ってるほうも、別に焦ってるわけじゃなくて、気軽な雰囲気(なぜか変換でk)だったから。
将来的にどうなるかは、あまり考えないようにしてるよ。そのうち自然に答えがでる。
色んな段階を踏んでいくだろうから、焦らずに人類を観察してゆくことが大事だろうな。

神の子を自覚するってのは、いわばゴールを意味する。
即座に到達するものでもないから、普通に人間として歩みを進めていけばいいんじゃないか。
いきなり神じゃつまらんし、人間としての過程を楽しもうやってことでいいと思う。
人間が人間であることの、本当の価値に目覚めたら、いろいろ変わりはじめるよ、きっと。

そのあたりの時期から、目覚める人間の比率が、おそらくガンと上がる。
たぶん乗算状態で増えてくね。むしろ減らすほうが難しいくらいの速度で。
今までの人類は、その最初のステップまで、到達すらできなかった。
だからこそ、長い目が必要だと思う。

734 :本当にあった怖い名無し:2009/09/21(月) 21:15:07 ID:TsjY/LYD0
予定では数百年後で新・地球を迎えるわけだけど
日月神示などに書かれてるように大陸のアゲサゲがあって

千年先は新・地球からになるんじゃないかな
神の子理解が進めば争いの原点は自然にしかないという答えになるが
自然相手では核も如何なる政治も国際バランスも意味を成さないから

大陸から作られる概念を越える世界観を必要とするのね。
で、新しく生まれ変わったという意味での原始に戻るわけだけど

精神が読み込む時間軸と
創造が現象する時間軸は異なるから

志半ばで行くということが却って正しい現実の動きというなら
数百年先と思えるのは精神の成せる業で本当は至近距離にあるのかもしれない

>我々はいずれは去る必要がある
今は知性の渦が集まってるから色々見通せる位置にいるけど
整えば知恵の輪は輪でいる必要もなくなるから

黄金期が安定すれば彼らはいらなくなるし彼らも興味失うのかな。


735 :本当にあった怖い名無し:2009/09/22(火) 01:37:45 ID:j+p44UuT0
 アドバイザーらしき人が実際に来ているところを見ると計画の存在を
80%くらいまで確信できる。見えない計画と見える政治の動きを両方
考えるようになってはきている。動きには何かの役割があるんだろうな。

 そういう風に考えるのが果たして正しいことなのかどうか分からないけど。
結果が良ければ過程の手段は全て正当化される、みたいな論理になりかねない。

736 :本当にあった怖い名無し:2009/09/22(火) 18:47:45 ID:nt0fkKEkO
更新age

737 :本当にあった怖い名無し:2009/09/22(火) 19:47:29 ID:yuK3b1Xl0
更新、短いけど、内容はけっこう濃いね。
やっぱり宇宙nowはおもしろいや

738 :本当にあった怖い名無し:2009/09/22(火) 20:48:27 ID:49V7AtmA0
宇宙NOW!のいいところは、ありがちな上から目線じゃないところかな。

「俺様がありがたい話を聞かせてやるから、尻の穴かっぽじってよく聞け」的な空気がない。
そういうスタンスのほうが、健全な読者が増えやすいんだと思う。
健全というか、バランスのいい読者層というかね。
今の時期は、特にそういうのが大事だと思うんだ。
宇宙的なものに、ちょっと指を引っ掛けつつも、足はしっかりと固い地面についている。
そういう姿勢がね。

書き手のグリ氏が、スピ系サイトにありがちな、無意味に元気一杯じゃないところも、
こういっちゃなんだけど、読者の共感性に大きく影響を与えてるんだと思うw

739 :本当にあった怖い名無し:2009/09/22(火) 20:50:30 ID:LTTSdKie0
>>738
ごめん。尻の穴はかっぽじらないだろうw

740 :本当にあった怖い名無し:2009/09/22(火) 20:52:26 ID:49V7AtmA0
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    細かいことは
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    いいじゃないか
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、  
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }

741 :本当にあった怖い名無し:2009/09/23(水) 00:40:20 ID:JkUmJK5U0
 このAAマジこえーよ。

 ところで今回の記事に関してだけど、自分にも思い当たるフシあり。
 何か特定のイメージが頭にこびりつくなーと数日間思っていたら、ある日
寝る直前にそのイメージのやたらに小さい縮小版が全体画面右下に出現して、
左となりには時々ガイダンスしてくれるあっちの存在の姿が。
「何だこれは、放送だったのか!?」と思った。種明かしをしてもらったわけ
だけど、それなりにショックはあった。想像レベルのぼやぼやの形なら普段
チャネリングができない人でも受信してしまうのね・・・

742 :本当にあった怖い名無し:2009/09/23(水) 03:31:11 ID:KslOpBCy0
>>抵抗力を付けるには、日常の思考や意識をまず「疑う」事から始めなければなりませぬでしょう・・・
>>想念の殆どが雑多かつ不要なものと自覚しておられる方々はそうそう操作はされないのでございます。
 ニュースの類がまさに好適の例だね。氾濫してる2ch情報とか最もいい例だねwwww

>>が、しかし、この自覚の無い皆様はいいように想念に操られてしまうのでございます。
>>現実を先ず直視する事にごさいます、そして、今の想念が目の前の現実に関係あるのか無いのか?
>>この部分から始めた方が効率良うございます。
 「これは確かにショッキングなニュースだけど、それが俺の今の現実と何の関係があるの?」
 と冷静になって考えてみると、ほとんど根拠のない噂話程度であって、俺の現実とほとんど何の関係もない、っていうことに気づく。
 俺に関してはスポーツ情報に関しては一切興味がなくなった。どれだけ国民が盛り上がっていようが。

 この問いは非常にシビアだね。真の導師クリシュナムルティの教えてくれた問いでもある。
 これを注意深く実行し続けるのは勇気と細心の注意力が要求される。
 自我の領域そのものを全的に取り扱う行為であるからね。

743 :本当にあった怖い名無し:2009/09/23(水) 04:14:41 ID:hMEMxqgz0
俺もそろそろ本気で書いて見るかなw深夜だしテンション高いし。

本質を見る、という情報は生命に関わることだから
上から見るなどのことも一時的な盛り上がりのために冷静さを欠くなどは決してあっては
ならないことだと思ってた。

計画に失敗は存在し得ない。成功し続けることだけに意味があるから
計画の変更も常に読み解いてなければ国というレベルの物事は任せられない

だろうなとは思う。国という意味においては日本だけ、ということには
収まらないよね。

国際で見たら自分の限度はたかが知れてるのがすぐわかるから
ほどほどが一番。



744 :本当にあった怖い名無し:2009/09/23(水) 04:23:28 ID:hMEMxqgz0
あ、押してしまったwwやめとこうと思ったのにな〜・・。
まぁいいかぁ。。

745 :本当にあった怖い名無し:2009/09/23(水) 13:14:04 ID:YoIFwUgV0
これからは県単位で意識が高まるから柔軟な考えはいい感じw

746 :本当にあった怖い名無し:2009/09/23(水) 21:44:54 ID:he3A/MRV0
World has already changed

747 :本当にあった怖い名無し:2009/09/24(木) 03:18:21 ID:vHhVG7pY0
正確には計画に失敗という発想自体が存在しないってこと。
爬虫類もこのスレで何度か話されてるけど味方にしても敵に
仕立て上げる意味はないし〜

何事も真正面から受け取って斜めには受け取らない

自分から敵に仕立て上げなければほぼALL味方に出来るし
また味方として考えればこそ万位の方向性も知ることも出来る。

途中で誰かが、あるいは何かが悪い・・とすればそこで
思考は止まる。

それでいいならいいと思う。何故自分はそこで止まるのか
そこが明らかに問題であると思うならそれがその人の世界

俺もあるしね。上は多分幾らでもいる。下は沢山いる。
上位も下位も些細なこと、どれだけ自分に対して求められるか
それだけやもん。

見えない敵と闘っても意味ないしな。初めから見えないわからない
存在や次元の異なる相手と自論戦わせても所詮無理なこと〜♪

というわけでござる。にんにん。
あー、ねむ。。

748 :冥王:2009/09/24(木) 11:23:09 ID:JEQ6pxqw0
>>457

こういう分野のスレッドにも、東方を知っている人が!!

一応、カエルの神様も居ますが・・・

749 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 00:50:10 ID:yikNsAjg0
まあ宇宙Nowも玉石混交という感じで見てまして、09.09.22のメッセージには、感じいる所もあったのですが
2009.09.09 統治者の 「汚染された者同士はこれからいがみ合い、宇宙の彼岸に追いやられる事となる。
文字通りの闇に飲まれるのだ・・・」発言には違和感は感じました。

例えもしその通りだったとしても、それが魂の物理法則上「その魂にとってその道が最適経路」となるのだから、
それがその魂にとって「最も適した、素晴らしき環境」ということになるのであって、何もおかしいことはない。

ただの自然現象にしか過ぎないのであって、卑下する必要もないし、優越思想を醸成する必要性もない。
そこに「魂の次元の高低」という価値判断=優生思想の入り込む隙が出てくる。
その優越思想こそ、長年宗教に、政治に、科学に、人種に、流入して人類を撹乱したノイズでありますゆえ。
「統治者」とはその意味でちょっと距離を置いて見ておりますね。

「データ取れたの?・・・あっ、そ。よかったね。
 じゃ、もう満足だよね。さっさと地球の文明組み換えすれば?」

というくらいで良し。

750 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 02:04:26 ID:Z37lmeYy0
いや別に「おかしい」とは言ってなくね?
闇に飲まれるのも勉強なら、別にそれでいいジャン。
読者層は飲まれる側が少ないから、単に読者目線で書いてるだけだろ。

情報のデコーディング方法や手段は、個人の環境やバックボーンで違うだろうから、
それこそ個人的な違和感なぞはどうでも良い話だ。

そもそも「違和感」て、全部同じじゃなきゃダメなのかよw

751 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 11:10:52 ID:rV+cIQLd0
>>749 地球の万人が読むには、わかりやすい適切な表現だと思った。
ただ、計画者が言うと、別な感じだったね。

この統治者の内容を、別のチャネラーが受け取ったら
表現が変わるだろうか?


752 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 13:08:56 ID:fXchjthu0
俺は>>749に同感で、そもそも劣等感を感じてるものしか
優越に浸るような物言いはしない。そんなものは個人の見聞き次第で
万人には関係ないのだから。

そもそも個人的な違和感というよりはあの内容に違和感を
感じない方がおかしいと思うね。だからこそ自論を通して戦わせているのだから。

でも俺はグリの人の年代から読み込める位置での宇宙に対する
色々な不満は理解出来るからあのやり取りに対して
何か思うというものはない。グリさんは最も適してる一人だから。
ありがたいよね・・本当にさ。また彼でなければ出来なかったこと。
それだけ俺も絶望だったし俺より年代が上のグリさんは尚更だったと思う。

ただそれを疑心暗鬼になって自論戦わせて結局統治者や計画者を
下に置きたいとやっきになるよりはへ〜、と受け流せた方がいいと言ってるだけ。
そっちの方が楽だし別にイイジャンと言いながら疑心暗鬼になって結局
扱き下ろしてあいつはわかってないと言いたいならそれもいいんじゃないかな、と思う。

無闇に同調して暗い気持ちになるよりは、>>751の言うように別のチャネラー
あるいはもう少しチャネラーが育ったあとで比較してみればかなり物言いが
変わるってことかな。

みんなそれぞれ自分の位置から世界を見渡して自分ワールドで安定して
もらいたいんだよ。そうすることで県単位で自立が高まるこれからに対して
精神世界側から支援エネルギーを送ることが出来るしそれをうまく運用して
精神世界や宗教などのこっち世界のエネルギー系循環をスムーズに出来ると思うから。


753 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 13:36:30 ID:fXchjthu0
むき出しの宇宙に対して少し書くと。

まず宇宙自体、光か闇かと言うと闇なのね。それを統制して秩序を与えて
恵を齎して生活する術の基本的なものを与えてくれてるのが神々の住む次元数なのね。

今俺らは守られてる。その上で爬虫類なり統治者なり計画者なりが居てくれてる。
味方であって敵ではないというのはいずれ人が彼らに変わって統治して秩序を与えて
恵を齎して自然と一体化して更に目指してってなるときに先人はどうであってか
しっかりと学ぶ必要があるのね。不満を彼らにぶつけたがるのは今はいいんだよ。

でも政治もそうだけど与党に変わったら今度は自分達の番なのだから
誰かが悪いとかは言えない。ましてむき出しの宇宙に対して地球に住まう
方々はそれなりの対策を持たなければそれこそ闇に、むき出しの宇宙に
どうなるかってことかな。

いずれ宇宙時代ともなるし地球のこと、日本のことも理解が広がるから
そしたら各自が自分でやらなくてはならなくなる。でもその前に経済を
安定化させて次代に合う仕組みを整えるのが先、ということだと思うけどね。


754 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 15:15:41 ID:Z37lmeYy0
確かに、一般的な人間の目線でいうと、そうかもしれんな。
認識の仕方というものは、同じ人間でもものすごく違うからな。

755 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 15:33:09 ID:Z37lmeYy0
>>753
個人的には分かりすぎるほど、よく分かるよ、それ。
ふざけてないで俺もマジレスするか…。

今月の18日に、「人間が神と捉える上位存在は、やがて去る時がくる」という言葉を貰った。
変なことをしても、保護者がいるうちは、大目に見てもらえる。良くも悪くも。
爬虫類はまあ、いうなれば中学・高校教師くらいの部類に入るね。メンタリティ的に。
性格的にアレだけど、現実にいる教師はそういう奴がほとんど。
理不尽な校則も、大学まで進めばほとんどなくなり、社会に出れば完全になくなるが、
今度は自分の行動がすべて自分に返ってくるようになる。

ただ、現時点での読者は、いろんな認識段階の人がいると思うんだよ。
ある程度分かっている人には、流し読みするだけで、すべて分かるが、
階段を上り始めた人には、かえって誤解を招くこともある。
それを避けるために、あえて闇を明確な対立項のように書いてあることもあるんじゃないか。
この際、誰が言ったかというのは、あまり問題ではないと思う。

756 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 16:02:33 ID:HWgXS2Vl0
友愛の方舟

757 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 17:49:34 ID:fktP5GVc0
今の経済システムは立て直しが許されているのだろうか。

明治政府以来の富国強兵策で培った軍事力は太平洋戦争で打ち砕かれ、
戦後政府が培った経済と産業はグローバリズムで打ち砕かれ、
「その手段は両方ダメです。さあ違う手を考えて」と見えない指令が
遠い場所から発布されているように感じる。その指令にはユートピアな
幻想が潜在していそうな、いやな予感もしている。

758 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 20:53:04 ID:+yxr+MB70
>>754-755
>あえて闇を明確な対立項>は俺も思った。
うーん、まあやっぱどっちかでしかないっかw

>>767
次代もまた変化するときが来ればだめになるよ。でもだんだん
変化していくことがわかるようになるから変化に強くなるって感じかな。

経済については県単位で意識高まれば自ずと。。って感じ。
少し言うと日本って地味だよね。海外の色々な所は土台が無いから
色彩感覚優れていて主要都市はかなり洗練されてるところはされてる。

ああいう色彩感覚を日本はまずは県単位で目指して見るのもいいかもね〜。
一人一人のモチベーションで凄くノリノリになれなきゃ経済は回復しないから
そのレベルの規模でのみ経済は回復するしただ回復するだけでは
海外含む日本の経済は成り立たないって感じかな。

俺も教えて欲しいくらい。

759 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 21:07:22 ID:yikNsAjg0
良くも悪くもこれまで人間を統率していた側の者たちは去る。
今までは彼らの支配が効いていたから、批判するのもよいけれど、
もう彼らは去りつつあるので、新しい文明を築くための指針を考えた方が良い、
という趣旨だね。了解した。

しかし、チャネリング情報を丸ごと鵜呑みにせよ、と押し付けるのは確かに良くない風潮だと思う。
各自の思考に基づく意見があること自体は良いことだと思う。

760 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 21:28:26 ID:yikNsAjg0
あ、それと経済の話か。
経済体制はいったんリセットされて、縄文時代のようなスタイルが主流になってくれたらな。
とりあえず電気と石油なしで生活できるようにchangeできるようになれたらいいんだけど。

761 :本当にあった怖い名無し:2009/09/26(土) 23:53:34 ID:Z37lmeYy0
経済がどうなるのか、よくわからないんだよなぁ。
個人的にあまり好まない分野だからというのもあるが、
経済についての情報は、とくに厳重に蓋をされてるように思える。

今の経済では、金になるものってのは限られてて、即物的なものが大半、
そうでないものは宗教的な怪しげなものと、極端だよね。

2ch見てると「才能の無駄遣い」なんて言葉をちらほら見かけるけど、
こうした人たちって、スキルを金に換えることを好まないタイプなだけで、
本来は表に出てくるはずの人たちだと思うんだよ。今の地球ではそれができない。
だから「無駄遣い」という形になるだけでね。
たぶんそうした部分から、根本的に変わり始めるんじゃないかと。

762 :本当にあった怖い名無し:2009/09/27(日) 01:24:25 ID:Qjsml9Gx0
景気の回復という方向に行くと、生活は安定すると思うけれど、
今の文明の動き方を考えると、景気が回復するということは当然、地球を犠牲にしてしまう。
自然資源を食いつくし、環境も汚して、地球に住めなくなってしまう。

今だと、アラル海はなくなる寸前まで来てる。
http://wiredvision.jp/blog/wiredscience/200906/20090601102544.html

経済発展というのが光の側面だけじゃないのは分かっているはず。
どっちを取るかと言ったら、それならむしろ停滞したほうがいい。俺はそう思っている。

763 :本当にあった怖い名無し:2009/09/27(日) 01:33:36 ID:Qjsml9Gx0
もし、天界からのGoが出て、フリー・エネルギーか常温核融合などの手段が降ろされたとする。
そうすると深刻なエネルギー問題は解決し、石油の消費量は一気に落とすことができる。

ところが、今の文明のままだと、エネルギーが増えれば増えるほど、より工場を多く稼働させ、浪費がどんどん加速してしまう。
逆に人類にとって、もっとヤバい事態になってしまう気がする。

文明として、利益を得られなければ生活できない、いろんなモノが欲しい、という態勢そのものから脱却していくしかないんじゃないか。
かつてのムーのような感じか。
そこが変わらないと、上の方もエネルギー源関連は出したくても出せないと思う。

764 :本当にあった怖い名無し:2009/09/27(日) 02:49:18 ID:J4OU9cf10
ですよねー。

おそらく、無尽蔵に手に入るエネルギーというものは、意外と簡単に実現すると思うが、
それを使いこなせるだけの成長を人類が果たしていなければ、破滅が加速するだけなんだよね。
だから管理する側はガッチリとストップかけてるんだろう。
その部分に関しては、支配してる側と、それを邪魔してる側も、やぶさかではないはず。

日本はこれでもまだ平和だから実感しにくいが、外の世界には、ほんとにどうにもならん輩が多い。
キチガイに刃物みたいなことになるなら、使わせないってのが消極的かつ一番効果的だな。

人間が変わらんと、ほんと何も進まんな。

765 :本当にあった怖い名無し:2009/09/27(日) 14:08:28 ID:RWNydGMR0
県単位で意識が高まるとかなり色々変わるかな
8時間労働の基礎概念は戦後60年構造からしか生まれないなど・・

766 :551改め蓬莱:2009/09/29(火) 00:15:18 ID:SdOIbaf20
たまたま見かけたこの記事がおもしろかった。
ttp://gyanko.seesaa.net/article/119941878.html

漫画ネタだけど、外から見て日本がどんな風に変わってきたのか
漫画を通して考察してる。
高い技術力は維持したまま、自然回帰を同時に受け入れられるのが
日本人ではないかと。

767 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 01:13:16 ID:Whmch2V50
友愛の方舟

768 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 04:40:28 ID:AwRKSpFE0
CG綺麗ダナー、さすがにこんなに綺麗だと生命持ち始めそうだな。
これもわかるやつここにいるかな?

769 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 04:55:11 ID:Whmch2V50
友愛の方舟

770 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 12:36:38 ID:pTGYSr050
友愛の方舟は、日本列島は一応龍の型となってるけどそれはかわいらしい
男の子の象徴のようなもの。遊びおえた世界の男の子が日本列島を龍に見立て
争いの終わりに小さな龍はかつての失われた幻の大地目指して飛び立つのさ

771 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 18:01:56 ID:ZFji2UvO0
 漫画ネタあんまり分からないけど(特に外国のものはさっぱり)、日本の
漫画って西洋のものとは違うんだな、と思った。初期の漫画家がむずかしい
テーマを漫画で表現しようと思いつかなかったら、今の漫画は無いんだろうなぁ。
 なにわ金融道なつかしいや。

 地球のレムリア時代は文字情報でしか知らないけど、アトランティス文明とムー文明
はおそらくは実在していたんだろう。地球チャネラーはたった今その部分を探索中といったところ。
そのレムリア時代の人が未だに他の次元でそのままの姿で待機しているみたいだけど、
超古代の文化に戻る予定なら何で全部潰されたんだろう。

772 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 19:29:09 ID:4jtxd4TD0
平行する宇宙というものがあるのさ。同じ文化に戻ることは永遠にないのさぁ〜

773 :本当にあった怖い名無し:2009/09/29(火) 22:55:08 ID:+hg1QVm50
上から目線になぜ反応するのかという根元心理を学んだ。
人類の歴史でこの手の争いは絶えたためしがないな(苦笑)。
反応度合いが大きければ大きいほど、魂の器が○○い。
我というものの自己認識の深度に関わっているのだろう。

774 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 12:17:32 ID:Oc/p/mmz0
一連の優越思想について:
「わたしの方がより優れている」「わたしの方が強い」…etc という言説がある。
個人レベルの主体では(どこにでも見られる)諍い、下手したら「怨恨による殺人」(中央大理工学部教授刺殺事件等多数)。
国家レベルの主体では(古今東西の歴史に見られる)経済繁栄競争、国力競争、下手したら「戦争」。
人種レベルの主体では(かつての西洋・米国、インドのカースト制等)人種差別、等級差別、下手したら「アウシュビッツ」。
宗教レベルの主体では(常時絶えない)絶え間ない他宗排撃、特権意識、下手したら「地下鉄サリン事件」。

となる。自己優越思想そのものは、本能的に内在しているものだと思うけれど、そこに排他が伴うと非常に凶悪になれる。
そもそも「わたしが他より優越している」とそうまでして何故主張しなければならんのか?という根本的な問いがある。
世間の雑多な想念ゴミを常に取り込んで、再生産しているのも「コイツ」。
排外的な優越を主張したがる<わたし>というコイツは一体なんなんだ?

それを「問い」として問えるまでに、かなり人生経験(転生経験もか?)が要った。
物質に近い領域に関心を引きとめる作用があるから、魂を地上に固定する役割はあるんだろう。一応は。

775 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 14:30:50 ID:wO3kBRFv0
物の大きさを比較するときに、タバコの箱を置いたりするだろ?あれと同じさ。
成長への欲求と、その度合いを推し量るために、宇宙は他者を生み出した。
ものさしみたいなもんだな。

まあ、そう悪いもんでもないよ。
比較することに付加価値をつけなければだが。

776 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 18:59:26 ID:DQXkG8Xr0
芸術家は美しいものに惹かれる。あるいは美しさを掘り起こしたり。

777 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 19:01:12 ID:DQXkG8Xr0
そういや元は単純な美しさの基準のようなものだったのだと思う。

778 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 20:09:10 ID:XwfOwj420
最新更新、来たけど
なんだ統治者結局は大筋ではスピリチュアルの路線じゃないか
高い周波数、軽量さというものは・・・。

なんというか、俺は宇宙nowを読み間違えていたんだなとはっきりわかった。
中道路線でいいなと思いながら、苦しみや重さも重要なんではと
思い込んでいて、統治者やらの話ぶりも浮かれないようにという感じなので、

しかし結局は、まぁ浮き足立つのは悪いだろうが
軽さと高い周波数が必要とのこと。



779 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 21:05:27 ID:Oc/p/mmz0
「低い次元にとどまらせるおもりにあえいで、君たち哀れだねえ」と解釈すると、統治者は聞くに値しない。
 自分の高さ故に低いものを見下して支配する<統治者>だったら、もう偽物だわな。
「どうぞどうぞ、よその優れた文明へお行き下さい」って。
 
 世間で生きていく上で、雑音が多すぎるという点は当たってる。
 そういうノイズから自由で、能力を集中できる人でないと世の中リードすることは難しいでしょ、
って言われたら、「ああ確かにそういう面はある」って思う。

780 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:12:33 ID:iHClKZjm0
宇宙Nowのメッセージが偽物かもしれない、っていうことかもしれんな。

781 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:19:03 ID:LnoZJ9jl0
本物と思う人には、“本物”に見えて、
偽者と思う人には、“偽者”に見える。
要は、本人の想いが反映されているだけなのだ。

782 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:20:43 ID:UKrUq+C40
ヒント:自分

783 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:25:31 ID:iHClKZjm0
それなら、偽物といっても全く問題はない、ということだな。

784 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:27:16 ID:iHClKZjm0
宇宙Nowのメッセージには、真実性はなく、その人の主観によって決定される、という理解で良いな?

785 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:30:31 ID:iHClKZjm0
>>統治者
>>やっと気付いたか・・・その通り。
>>人間一人一人が自身で現実をコントロールし出せば、この世界などあっという間に変わるのだ。

 ということであれば、なぜ統治者は、ゴミのあふれるような在り方を人類に許したのか、ということだ。
 あっという間に変えられるのであれば、そのようにすればよいではないか。

786 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:32:09 ID:DQXkG8Xr0
あらあらw今回は別に上からの見方ではないと思うな。
統治者の感想の通りだと思うしNOWの人が気づくことが出来てよかったと思う。
自分で操作すればいいんだ。何だYO簡単なことじゃんよと思える人が
これから増えて行くことだしね。あれでいいと思う。

787 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:33:00 ID:iHClKZjm0
>>前に言ったイメージによる世界の変革ともかぶるが、誰もそれが可能であると知らなかった事が原因だろう・・・

 誰も可能性を知らない、ということは、人類も学ぶ気もなかったし、統治者も教える気もなかったのだろう。
 それなら、そうなるのは仕方のないことであるよな?

788 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:36:24 ID:iHClKZjm0
>>ただ、通常の人間の意識には「ゴミ」が多い・・・雑多な価値観、時代遅れの知識、情報、
>>この手のものを自身で気付いてどんどん捨てていく作業が必要だ。
>>それらが意識を汚染し、重くし、周波数を下げている。

 これは、まあ、分かるわ。

789 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:39:24 ID:iHClKZjm0
>>頼まれてもいないのにわざわざ重い荷物を背負い、悲鳴をあげているのが事実と言えるだろう

 そういうグダグダな状態にある意識が多い、ということは把握している。私もその一人かもしれないが。

>>軽く、高い周波数を獲得しないと現実には作用しない。
>>上方からエネルギーをかけないと作用しないのだ。

 どうしようもない状況のときはHelpが必要である。これも、分かるわ。

790 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:41:57 ID:iHClKZjm0
>>現実コントロールの力も、高い場所から低い場所に流れると考えてもらえれば分かりやすいと思う、下からの逆流は無い

 これな。それなら、下を何とかするためには、上の方から流すしかない、ってことだ。
 ということは、それは統治者の仕事ということになるだろう。
 普通の人間の意識状態がゴミで埋もれる前に、なぜお前はその仕事をやらなかったんだ?

791 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:45:21 ID:iHClKZjm0
>>ただ、自己の認識に間違いがあると、絶対にこの力は作用しない

 力を作用させることは、下流にはできないと言っていなかったか?

>>正しい認識とは何か?
>>逆立ちし続ける覚悟で考えてみる事だ・・・

 力を流すことは上流にしかできない。下流がどれだけ頑張ろうと、無駄なことなのだろう。
 それなのに一体何を頑張れというのか?

792 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:51:00 ID:iHClKZjm0
>>誰かに操作されてるからと不満たれてるんじゃいつまでたっても変わらない
>>それだったら自分から積極的に操作すればいいじゃん!

 という言葉が可能になるのは、下流の者でもやればできる、という余地がなければ成り立たないはずなのだ。
 しかし、統治者の言葉は、見事にその余地がない、と言っている。
 それはおかしいだろう。

793 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:51:55 ID:O3DIIW3Z0
今回の統治者の記事が転機になるんだろう

自分もグリフィンズのフィルターがかかる宇宙nowを
(他のスピリチュアルよりおもしろいから)かなり妄信していたようなんだよ。

で、ここにきて統治者のえ?っていうメッセージ・・・
なんだ、結局は別に斜に構えたりしないで、
普通に明るく生きていいんじゃないかってね。

読み違えてた。本当に

グリフィンズももう少し変わっていけると思う。
もうこれまでの過去の色々なものは一旦置いて
フィルターをきれいにしてもらいたい

794 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 23:53:40 ID:TRJ6pKYO0
ここ最近は宇宙now思想から離れていて、
それでもなんとか過ごせている。

やっぱりおもしろいけど、
大局観過ぎるんだよね。
ごもっともだけど、今の日常生活でそれをしたら
あまり適用できないようなメッセージもあって。



795 :本当にあった怖い名無し:2009/10/01(木) 00:24:04 ID:00KSqsJ2O
ニョーボが死神を家で見たという記事が気になるな。奥さんも霊的能力があるみたいだけど、家の中で見るもんなんかな?

796 :本当にあった怖い名無し:2009/10/01(木) 01:58:46 ID:qyGG5IFS0
>力を流すことは上流にしかできない。下流がどれだけ頑張ろうと、無駄なことなのだろう。
>それなのに一体何を頑張れというのか?

国単位で見た場合、先進国が安定しなければ続く国が安定することはない

でもこれは人の精神の話しで統治者を見上げてるウチは彼の言動一つで
自分を誇り自分を卑下するけど、それって本当にそうなの?って話しだよ。

本物も偽物もそんなの沢山あるよ。相手を自分のことのように感じれたら
相手も同じように悩みがあってその上で話してると思えたら自分は相手より
下になることはなくなって同じか、上になることも

797 :本当にあった怖い名無し:2009/10/01(木) 02:02:12 ID:qyGG5IFS0
霊は家の中を通り過ぎてることもあるって言うね。NOWでは霊は電気の人だから
家とかあまり関係なさそう。

798 :本当にあった怖い名無し:2009/10/01(木) 22:10:04 ID:CiDPbNUf0
今回の記事でもうこれからどんな重苦しい話を統治者がしても
違う見方で読むことができそうだ。

別に浮き足立つというのはないが、
不必要に重く苦しくしているそれを美徳とすることをしないでいいということかな

799 :551改め蓬莱:2009/10/01(木) 23:07:45 ID:nAoEZX200
やっぱりみんな同じ様なこと考えるなw

統治者はいつもちゃちゃ入れやすいのでまた適当なこと書いてみる。

とりあえず、しょってる古いものをどんどん捨てろとか言ってるけど、
これを変に捉えたらただの世捨て人になっちゃうし。
普通は新たなものを獲得して、古いものが不要になったから捨てるわけで
それを与える前に捨てろ捨てろでは誤解を招く。

上からのエネルギー、これも漠然とした言い方で
口を開けてればエネルギーが降ってくるみたいだ。

順序を追って言えば、今までそれなりの時間と努力をして得たものを
捨てられるくらいの新しい「モノ」を獲得しないといけない。
次に得るものは今までと同じ質の努力では駄目で、1段階段を上ったことを
自覚できるような努力じゃないといけない。

なおかつ、その過程を客観的に自己観察しながら楽しめるか?

結構難しいと思うよ。

800 :551改め蓬莱:2009/10/01(木) 23:11:10 ID:nAoEZX200
こんなこと書いてるのも統治者が言ってることって
現実の自分に当てはまってるからだったりする。
そしてその難しさもある程度わかってるし。

801 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 00:06:28 ID:iWD8ssD+0
「捨てる」だと人によっちゃ抵抗があるかもしれんから、「手放す」と置き換えてみるといいよ。

手放すためには解決しなければならない。
ひとつの謎にはひとつの答えだ。

あと、統治者は人間が考えてるような、構造的頂点に立ってるわけじゃないはず。
上から流すというのは、人間のとるべきスタンスのことさ。
あくまで、人が人の手によって、人の世を変えてゆくことが本意なんだ。
テコ入れはしたとしても、主役は人間だな。

802 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 00:12:19 ID:iWD8ssD+0
それと…

統治者というのは、「所有者」ではないところがミソだ。

そう考えると、少し見え方が変わってくるだろ?
被害者意識が出てくるとしたら、構造上位存在によって、
自分が自由を奪われ、縛られているという思い込みのせい。

でも、それは単なる勘違いさ。もうちょっと肩の力抜いていこうぜ。
暴れ馬に乗るなら、リラックスしてないと振り落とされるぞ。

803 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 01:26:22 ID:z6Si533h0
漏れの考えでは、統治者というのはあくまで「role」であって「position」ではない。
どうも日本人はこの違いを理解できないようで、どちらも「偉いかどうか」で、判断しがちである。
そこから誤解が生まれるんじゃないか?

804 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 01:42:59 ID:iWD8ssD+0
まあそれは仕方がないよ。ほとんどの人間は、そういう認識じゃないかな。
一神教の人たちは、特にその傾向が強いね。日本人はまだ柔軟なほうだなw
現段階では、あまり神経質にならんでもいいと思う。

偉いかどうか、つまり強弱で判断しがちなのは、ほかに判断材料を持たないからだが、
その基準はこれからは、人間ひとりひとりに委ねられるようになるんだよね。
そこに気づくかどうかが、意識進化における、ひとつの転換点かなーと思う。

805 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 02:52:45 ID:Ra4Nmgg60
 宇宙nowを大河ドラマにたとえると、今何月くらいなんだろう。
 まだヤマは来ていないことは分かるけど、まさか1月の2週目くらい
とか言うんじゃないだろうな。

 上流というと、確かすごく遠い次元に強大なエネルギー源があって、
今そこから物質次元の地球にパイプを引く工事中・・・いや、終わったのかな?
でも話の主旨が全然違ってるかも知れない。うん。

806 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 13:54:11 ID:nA6mTUCz0
要するに、慈悲なんじゃないスかね。

807 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 15:50:08 ID:wQJ4YPyhO
>>803
> どうも日本人はこの違いを理解できない

では貴方は日本人じゃないんですね?日本人ならこの言い方って何様かしら

808 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 15:54:43 ID:3bwcx3g40
そういう受け取り方が自らを貶めてるって気づいていいと思うよ。

809 :本当にあった怖い名無し:2009/10/02(金) 16:38:55 ID:3bwcx3g40
日本の良い面は個の主張よりは全体の総意に基づく暗黙の了解
全体が同じ動きをするから安定しやすい特性と和を持って尊し、これは
日本だけしか取り得ない世界に誇る精神の高さ

だけどそれゆえに個は薄く主張はなくなり平均化して基本的に地味
民族の多様性という土台がなく単一民族(アイヌ含む)としての精神が
主義主張する人より低姿勢な人を好む。

アメリカは多様だけどアメリカンドリームが全体の思想を一つに結び
主に正義を愛する国民性、だけど反面、悪いところは自他がはっきりしている
ため、日本のような安定した医療制度などを作り出すのが困難な特性を持つね。

世界各国皆良い面と悪い面を備えてるけど、特に日本人だからというよりは
そんな日本だから客観的に見れる冷静さはあると色々役立つこと請け合い。

810 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 00:43:56 ID:4LehHaPB0
保守

811 :551改め蓬莱:2009/10/03(土) 00:56:50 ID:Bk0h3nQp0
日本じゃなかったけど地震は起きたね。

前回のスマトラといい、この地震の意味がさっぱりわからんのだけど。
それにまだ何か起きそうな気配は残ってるし。

812 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 01:28:37 ID:bypQKgem0
地震はさすがにわからないなぁ。わかる必要あるのか?と自分に問いかけて
必要ないと思うから気にしなくていいんじゃないかなと俺は思うけど。

813 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 08:19:11 ID:Qc+GHuTE0
>>792

統治者は「上流の人」「下流の人」と言っているのではなく、
各個人が持つ「高い周波数の上からのエネルギー」とその反対の
下のエネルギーと言いたいのかと。

一人一人が持つ低い「価値観、知識、情報」を自分で選別して
心から捨てていけば、誰でも「上からのエネルギー」を持つようになって、
自分の周りの現実を変えていけると言いたいのだと思います。

814 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 18:12:16 ID:/CyKqEH90
>>805
早くて9月前半、遅い人だとやや7月より。総じて8月。

815 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 18:47:06 ID:FwefoQY90
YahooとかMSNとかLivedoorとか色々なポータルサイトがあるが、
普段そういうのを俺は全然見ないので、あんまり気にしたことがなかった。
他人のPCからたまたま見たら、あまりの気持ち悪さにワロタ
凄いわあれは。もちろん悪い意味で。

なんつーかこう、意識操作の塊だねあれは。
TVは勿論だが、ネットでもあんなのを恒常的に毎日見てたらバカにもなるわな。
そういう奴が、メディアリテラシー(キリッなんて言ったりしてるんだから、もうねw

見ない、触れない、使わない。
やはりこれが一番重要だな。

816 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 20:46:21 ID:UgDCvtK70
皆結構きわどい陰謀論とか不安を煽るようなサイト、意外と好きだよね。
某玉蔵ブログなども相当なもんだけれど、喰いつき良すぎだろうって思う。
不安な世の中だから何かに縋りつきたいんだが、変なものにすがり付いていたら
ヤバイよね。

817 :本当にあった怖い名無し:2009/10/03(土) 22:14:04 ID:FwefoQY90
お前らは不安の自家発電してるだけじゃないか…
としかいえないようなサイトは多いな。
スピ好き、オカルト好きほど、判断を誤る可能性が高いと思われる。
情報と知識に振り回されて、右往左往してるだけだったりね。

個人の勉強に口出しするほど野暮じゃないから、どうだっていいんだけどさ。
ただ、離れないと見えないものって、どこでも同じなんだなーと思ったりしてる。

818 :本当にあった怖い名無し:2009/10/04(日) 04:59:25 ID:uvefwCIB0
 う、楽天メンテナンス中だ。

 受講生のミルエル天使の記事で、地球の計画は5000年後くらいまであって、
我々が生きている間は特に変化はないと載っていたので、思わず「宇宙nowって
読む意味あるの?」と短絡的に反応してしまった。
 社会の物質的成熟くらいは目撃できるかな。社会変化だけでいいよもう。
意識の進化を目撃したいとは言わない。

 ふぐり玉蔵でgoogle検索したら、ど偉いヒットがあったんだけど、有名な
人なのかな。理由が不明な金相場の値上がりがあるみたいなんだけど、まさか
ふぐり玉蔵が煽ったから、とか。玉蔵おじいちゃん、書いた後に金売ったでしょ?
地震信じて損した人はおじいちゃんの取引調べてみて・・・えへ、うそうそ。
地震が起きたのはスマトラ島沖だったけど、随分近い圏内の地震を当てたとは思う。
wikiでスマトラ島沖地震調べたら、エネルギーが抜けているはずなのに、やたら
頻繁に起きてる。いや、煽るつもりはないんだけど、wikiに載っているそのまんま。
日本って言わないで東アジア〜東南アジアとでも言えばよかったのに。

819 :本当にあった怖い名無し:2009/10/04(日) 12:53:44 ID:0aG6097g0
まぁわかるけどね〜、数千年でも。それなりの目処がないと
人の思想てまとめようがないしね。人智を超えるレベルでなければ
誰もまとめられん〜一万二千年とか二万四千年とか話し膨らませれば
その数字の周期もあるって話だからNOWに限らず情報は存在するなら
取り揃える。そして合理的にまとめて今必要な情報筋だけ割り出して活用するw

820 :本当にあった怖い名無し:2009/10/04(日) 13:26:36 ID:0aG6097g0
スレチだけど今政治の中川さんが、、だって。
やばいな、、時代を形成する中心人物だった一人がいなくなるのは
現実を支える底辺のモラル、認識さえあやふやになってしまう。
これ以上リーダーが欠けるは防がないとって思う。

821 :本当にあった怖い名無し:2009/10/04(日) 13:55:48 ID:GYPiVeub0
人はいずれ誰もが去る。
どんな理由、方法で去るかは、本人が決めたことだ。

だが誰かに頼っているばかりでは、柱としていたものを失った時点で共倒れだぞ。
頼らなければ維持できないモラルなど、もはや最初から死んでいたも同然だ。

これから、柱だと思っていたものが、どんどん失われていくよ。
上昇するものと、落下してゆくものがハッキリ分かれるという意味がわかってきただろ。
自力で飛ぶ訓練をしてこなかった、雛は死ぬしかないんだ。

822 :本当にあった怖い名無し:2009/10/04(日) 18:36:33 ID:0/PmARlA0
その辺も含めて大丈夫にはしてるけど、例えばそれは個人ならそのスタンスは
とても勇気あると思う。勇む気持ちも若さも大事だけどね〜。

ま、中川さんかっこよかったのにな〜、とかw


823 :551改め蓬莱:2009/10/04(日) 23:56:09 ID:rvtiPtGC0
中川氏については酩酊事件から気にはなってたけど、
別に根拠はなかったので単にそう感じただけだと思ってたが
こういう結果になったか。
良くできた偶然は偶然なのかって気はするな。

824 :本当にあった怖い名無し:2009/10/05(月) 00:13:04 ID:ptz/AAiN0
まあ、こういうのを見ると、気持ちはわかる。
ttp://hamusoku.com/archives/314628.html



825 :本当にあった怖い名無し:2009/10/05(月) 15:48:18 ID:XWXzqsJ40
あちら側とこちら側にタイミング良く人員を配備して、これで見えざる陣容が
また一つ整った、という事だったりして。中川氏は米債については日本の第一人者
のように思うし、だからと言って財務大臣の目はもうないし。

何だかここ読んでいると、死でも何でも都合よく解釈できるわい。

826 :本当にあった怖い名無し:2009/10/05(月) 21:25:29 ID:ptz/AAiN0
どのタイミングでマスメディアが完全に崩壊するのか楽しみだな

827 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 00:49:57 ID:hMJ3/yOp0
ベンのFED破綻が公にされるのが10/7 10/27とあるが、
果たしてどうなるのだろうか。これがなかったらベンはRense.comで、どころか
ジャーナリスト生命を失う。

ふぐり玉蔵はなんだかんだで、ブログやめないな。

通貨制度がない社会というのが他の惑星社会にはあるというが、
たしかに通貨制度こそ諸悪の根源だというのは納得。
この地球にそれがくるのかどうか、
チャネリング情報で最近はこの金融経済システムの崩壊こそが
クリティカルなポイントであると言っているがまさにそうだろうとは思うが、
ふるやの森に載っているような、いまにも大量着陸が起こるというのは
なさそうだ。

>>818さんがミルエルの我々が生きている間は特に変化はない
というのを引用されたが、もしそれが本当なら
もういますぐ死にたい感じだ。死んでも消えるわけじゃないから
余計面倒になるだけだから死なないだけだが。

自分が生きている間に特に変化がないというのは
本当にうんざりさせられるな。
もう社会が提供してくれる嗜好品などには興味がないから
趣味も何もかも飽きてしまっている。

まぁ、この秋口の様子を見て、世界がなんだかんだで
変わらないようならもう諦めるよ。
我慢して寿命まで過ごすことになる

828 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 00:58:31 ID:60T3A5w90
状況が複雑すぎて、多分俺たちにはわからないくらいになってるんだと思う。
なんか二転三転してるみたいだし、何か起きると思うと何も起きず、
かといって何も起きないのかというと、そんなこともなく。

なんていうかこう、変化の駒として動いてる人たちってのは、
敵味方ゴチャゴチャになりながら、その動き自体が変化の動力になってて、
彼らがそうして意図せずに転がりまわった結果が、ほどよく耕され農地として活用される…
みたいな感じなんじゃないかと、俺は考えるにいたった。

だから今必要なのは、気力(あえて希望とはいわないw)を失わないことだと思う。
人間としての動力を、あるいは動力としての人間を、喪失せずに維持するということがね。
つか、もうそれしかできんよなとw

829 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 01:21:41 ID:hMJ3/yOp0
チャネリングと僕、のブログ。ミルエルたんの記事読んできた。
爬虫類の操作が完全に終結するのは数千年後だということだそうで。

まぁ、少しずつ緩んできてるみたいですね。
まぁ爬虫類の計画はどうでもいいから、
もう少し今の世の中、生きやすいようになってくれればもう
高尚な宇宙のプランだとかどうでもいいんだ。

そうじゃないと、はっきりいって死にたいというか
もう消滅した感じだから。このままのがずっと生ぬるく続いていくようだったらね。
上の階層の人たちがどんなことを言おうが、地上に生きている限り
つらさ苦しみはたしかに感じてしまうわけです。

>>828

>つか、もうそれしかできんよなとw

うん、俺たち人間にはもうただと一日を生き抜いていくしかできない。
宇宙nowはおもしろいけど、あまりにも視点が高次元のものなので、
知る楽しみはあるけど、実際はどうすることもできないのは事実だと思う。

いきなり寿命が1000年になるとかそんなこと近い内になるとかないだろうから、
残り数十年なんとかがんばっていくしかない。


830 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 01:31:49 ID:BUpS/JOy0
まあそのへんの話題は、あんまり鵜呑みにはしないほうがいいと思うよ。
特に時系列的な話は、「そういうプランもあるだろうね」くらいの気持ちで読んでる。

というのも、どうもこの時間軸に浮かんでる地球は、予言の類が特に当たらんみたいで、
常にオートセーブ、最新のデータで上書き更新されてるみたいな雰囲気なのよね。
未来の見えなさは、ダントツだと思う。

確かに瞬発的に凄いことは起きにくいかもしれないが、
長期的にみると凄いことになる気がするんだよ。
そして、今生きている俺たちが、それをまったく実感できないまま死ぬということもないはず。

まあ、今を楽しんでみると、違ったものが見えてくるんじゃないかな。
俺は今まで興味がなかったものに、興味が出たりしてて、少しずつ変化を実感してる。
俺も単なる人間だから確定的なことは言えないけど、身近なことから変化を始めれば、
そのうち大きなうねりになってくると思うよ。なんとなく、そんな気がしてならないんだ。

831 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 03:56:26 ID:H1xPhxxQ0
実際どうしようもないのはあるね。大きな流れがただあるだけ。
人が出来るのは一日一日を生きるだけ。他にすることはないし
流れが変わることはない。出来る範囲の中で変わって行くだけ。
変化があるとしたらかなりあると思う。ちょい昔にTVはないし
カップラーメンさえない。ガスもない。マッチで火を焚いて朝飯作って
雨が降ったらワラの雨傘来て農作業してたってのが親の世代とか普通に
いるしね。まあ今の10代20代入るかな、はわからないかもしれないけどね。
数十年でこんなに変わったと言えばかなり変わったと御ジさんは言うね。

832 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 04:17:05 ID:H1xPhxxQ0
わかりやすい予言は外れる。あたる予言はイミフ。
そういうのはあるね

833 :本当にあった怖い名無し:2009/10/06(火) 16:36:38 ID:Yq5oWxIH0
ちなみに靴は草鞋だ。下駄だ。当時は更に食うものがない。
努力どうこうではない。物がない。車が手に入れられるとは
思えなかったと父は言い。なんかこう先代のあらゆる積み重ねの上に
今があるんだよな。逆に昔の方が人は優しかったと言うから
物質的には豊かになったが心は貧しくなったってことだろう。


834 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 01:49:32 ID:OxQIYKUK0
台風どうなるだろうね

835 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:11:38 ID:fWkSdsWN0
>>やっぱ過去に金を持ち出したのが事の発端?そんなら地球に何しに来るの?
>>ある意味、罪滅ぼしだろうな〜、彼らにすれば懲役みたいなもんだ・・・(爆)
>>先祖のやらかした事のツケを払っている訳だから
>>自身、ふて腐れたくなるのも分かるよ・・・

 著者は我々を見下してバカにしているようだね。
 著者のチャネリング記録の中には「あなた様は人間の普通のコースを免除されるエリートです」
 というチャネリング記録もあったなあ、そういえば。
 著者自身が「お前らよりも俺の方が霊的に遥かに高等なんだクズども」というエリート思想持ってるから統治者のような者にひっかかるんだろう。

836 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:20:51 ID:fWkSdsWN0
>>例えば一人の人間が居るとして、その実態は地球人と宇宙人のハイブリット(混合)になっているという事実
>>現在、宇宙のどこかの星の自分と、地球に居る自分が分裂して存在している適宜入れ替わり、何かをしている・・・
>>どうりでゴチャゴチャの記憶を持っている人間が多い訳だ
>>そのゴチャゴチャの記憶、記録が理解出来ないから混乱の極み・・・

 では、この著者は「ゴチャゴチャではない、クリアーで高次の意識に接触できるエリート」、ということになるね。
 この著者自身は、この地球に何しに生まれてきたの?って問いたいけどね。

 この著者は、冷やかしで、高みの見物をしにきたんでしょうか。
 地上の人間をさげすみに来たのか?

 腹が立つ。それだったらどんな優れた情報にアクセスできようが聞くに値しない。
 この地球を変えるための工事を行う者が価値があるんであって。むしろ攻撃してやりたいとすら思う。

837 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:27:05 ID:fWkSdsWN0
>>(この後は経緯をはっきりと聞きましたが公開出来ません・・・)
>>なるほど・・・後でこっそりと聞きます・・・ごっそりとね・・・(笑い)

 それがどうしたってんだよ………。

>>829と同じ意見で、冷やかしや侮蔑はもういらないんだ。宇宙Nowの著者さんよ。
あなたしか知らない高尚な宇宙のプランだとか、結局俺たちにはどうでもいいことなのだ。
もう少し今の世の中生きやすくなれるかどうか、それにあなたが貢献できるかどうか。
「霊的エリート」に要求されているのは、それだけだ。

弱い奴は柱がなくなって死ぬ、と言っているやつがいたけど、
それはそれで仕方ないことだと思うね。俺はそういう弱い人間の者として言うけれど。
足腰が弱ければ死ぬしかない、それは自然の法則であって、起こるべくして起こること。
よって、死に絶えること自体には恐怖はない。

838 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:31:03 ID:fWkSdsWN0
そんなヤツらのエリート意識に心底不愉快な思いがする。

核技術がどんどん進んで、惑星ごと破壊しちゃえばいいんじゃないの?
もっと、もっと、破壊してしまえばいいんだ!

宇宙Nowの著者のさげすんだスタンスを見て、俺は逆にそう思うようになった。
月に行って、核実験バンバンやりまくればいいよ。

839 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:34:59 ID:fWkSdsWN0
>>核を使用する事に抵抗が無くなれば、いずれ宇宙に出た時に地球人は間違いを犯すでしょう
>>確実に・・・それを抑止する事が最大の目的でした。

 宇宙Nowの著者の我々を見下した、さげすんだ態度に対抗するために、俺は逆に核推進派になってやる。

 どんどん核爆弾作って。核実験しまくっていい。大量に戦争をして戦死者だして、地球を灰の星にして下さい。
 完膚なきまでに、地球環境を破壊してしまっていいよ。

840 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:40:07 ID:fWkSdsWN0
オリオン・マゼラン・プレアデス合同天界同盟そのものに反対するとしたら、
「核開発の絶賛・推進協力」
「足腰の伴わない(環境に配慮する基本心性の未熟さ)、頭でっかちの科学技術の進展の賛美・推進・進化」

 を俺自身が志向していくということになるんだろう。
 そう思えば、俺だけそういう地球へ強制移行されるだけだろうけどな。
 アセンションでは、自分が心から望んだ思い、それに適した環境が提供されるのだからな。

841 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:43:57 ID:fWkSdsWN0
戦争と略奪により、血が絶えることなく流れる地球。
科学技術の過度の発展により、緑がなくなってしまった地球。
核戦争によってボロボロになり、放射能で人が住めなくなった地球。

より大きな創造のスケールから見たら、そういう可能性も「アリ」なわけだ。
創造の一つの選択肢として、そこには善もなければ悪もない。ただ、創造された一可能性としての態様が存在する。

842 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:45:35 ID:fWkSdsWN0
宇宙Nowの著者に対する、心の中での反対活動・異議申し立て。
その鼻についたエリート意識を払しょくせよ、と。

843 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:51:10 ID:fWkSdsWN0
>>もう社会が提供してくれる嗜好品などには興味がないから趣味も何もかも飽きてしまっている。
 
 もう、全く同じ実感だ。この世提供する娯楽や快楽や栄達といったことに、俺はほとんど興味がわかない。
 それがどうしたんだ?もう勘弁してくれ!ってつくづく思う。早く解放してくれという思いでいっぱいだ。

>>まぁ、この秋口の様子を見て、世界がなんだかんだで変わらないようならもう諦めるよ。
>>我慢して寿命まで過ごすことになる

 寿命を全うするだけ偉いよ、おまえは。安楽に死ねるのなら死にたい。
 科学技術によって、安楽に死ねる方法も開発されたと思うんだ。
 民主政権になって、将来国が安楽死施設を作ってほしいと本気で思う。
 自殺志望者が殺到して、年間5万人くらいの“処理数”になるかもしれないけどw

844 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 10:56:48 ID:fWkSdsWN0
そう。私のような人間は、死ねばいいのだろう。
弱い者、悪しき者は、淘汰される運命なのだ。そして、それで、いい。

俺という個人が存在した事実すら、要らない。
時空替えをして俺という存在がそもそも存在しなかった、というところまで更新してほしいのだ。
宇宙の虚無の中へ抹消されたい、という希望がなぜかなえられないのか?

それが、不思議なんだよな。
「本人が本当に望んだことが実現する」のが霊界のルールだと理解していたのだが。
魂ごと抹消できる方法はないのだろうか?

845 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:16:54 ID:fWkSdsWN0
あの世に帰ったら「魂ごと登録を抹消してください」と申請しにいく。

執行官:
「今まで生きた記録、感情、個性、すべてなくなってしまいますが、それでもいいですか」
自分:
「はい、もちろん。結構です。喜んで消えます。どうか消してください。」

 ……(抹消処理)…………(抹消処理)……宇宙の闇の中へ埋没

こんな風に進んだら非常に嬉しいんだがな。そうなれば、もはや何も悩みもない。「霊的に進化しなければならない!」などと無茶な強要をされることもない。
たしか、坂本政道さんのモンローの翻訳の最終巻の中で「悪い魂というのはがん細胞のようなもので、他の魂に迷惑がかかるから消えてもらうしかない」
という意味のことを霊人が言っていた。ぜひ、どうすればよいのか詳細を教えてもらいたいものだ。宇宙Nowの著者からもそういう情報が出ないかどうか待ってる。

846 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:22:44 ID:fWkSdsWN0
>>ある意味、罪滅ぼしだろうな〜、彼らにすれば懲役みたいなもんだ・・・(爆)
>>先祖のやらかした事のツケを払っている訳だから

 その「罪滅ぼし」は一体いつになったら終わるのか?
 そもそも、それは「何の罪」なのか?

 永遠に罪滅ぼしの懲役を受け続けなければならないのか?
 そこをはっきりとしてほしい。>宇宙Nowの著者へ

 その苦役から解放されたら、まっ先に「魂ごと抹消」申請しに行ってやるので。
 二度と、文明創造のゲームには関わることは、ない。
 お前たちの仲間になることは、二度と、ない。

847 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:26:59 ID:fWkSdsWN0
>>プレア
>>逃げられるわけ無いでしょ!・・・(笑い)
>>地球の現実からは逃げられません、私たちはほっかむりしているわけにはいかないのです。

 なぜ、逃げられないのか?
 どういう責任があって、君たちは地球とかかわり合っているのか?
 そこを明確にしなければならない。>宇宙Nowの著者へ

 霊界は、自分の思い次第で、いる現実が変わる、のではなかったか?
 ポジティブ思考で自分の思いを変えれば現実はすぐに変わる、と統治者は言っていたぞ?
 そんな「簡単な初歩レベルのこと」も分からないのか?

848 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:31:09 ID:fWkSdsWN0
>>前に姉が言っていた隣家の延焼を防ぐ・・・この意味になります。

 もっと、もっと、延焼させてあげますよ。お望みどおりに。
 燃えて、燃えて、炎上すればいいんですよ。
 こんなゴミだらけの文明は、燃やしてなくなってしまうのがちょうどいいんですよ。
 火消しできるもんなら、やってみなさいって。まあ、あなたがたがそこまで能力があればの話だけど。

849 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:40:52 ID:fWkSdsWN0
このスレ炎上させるくらいは俺にもできる。
文明なんか延焼しちまえばいいんだよ。とっととな。
てめえら(プレアデス・オリオン・マゼラン等連合)は勝手にケツふいてりゃいいんだ。
それは俺たちとは何の関係もない。

「霊的に進化しなければならない」理由など、どこにもない。
勝手に<進化>を押し付けるんじゃねえ!!そんなもんは不要だ、といっているんだ。
進化しなければならない必然性は、宇宙にはどこにもないのだ、ということ。

これが俺が俺である骨子にある思想だな。死んだら魂抹消申請しにいくが。
宇宙Nowの著者も関係ねえな。お前は勝手に高みの見物決めてたらいい。


850 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:47:59 ID:fWkSdsWN0
客観的にもっと大局的なスケールで見たら、
この宇宙が滅びようが、発展しようが、どう転んでも、どっちだっていいのだ。

よって「霊的に向上しなければならない」という強要は、有限な霊界存在のレベルでのみ成り立つ言説である。
この宇宙も、上位霊の存在たちですら、さらに上位にある知性が戯れに作っただけに過ぎない。

大局的宇宙観では、すべての在り方が許されるし、それがありのままの本来の姿である。



851 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 11:52:03 ID:fWkSdsWN0
だから、この地球がどうなろうが、
滅びようが、
栄えようが、
アセンションしようが、
アセンションできなかろうが、
壊滅しようが、
栄転しようが、

どの選択肢を取ることも許される。
そのそれぞれの選択が意味のあるものであり、どれもみな均しく有意義である。
よって、進化をしなければならない、という必要性は、論理的にどこにもないのである。
よって、それを強制することに至っては、何をかいわんやなのである。

それこそ、本来の霊性的姿勢からは、かけ離れてしまっているのである。

852 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:04:34 ID:fWkSdsWN0
究極的に大局的宇宙観まで行ってしまうと、
宇宙Nowでどう言ってるとか、どうでもよくなってしまう感がある

跳躍して、いつの間にか、ハードルを大きく飛び越えてしまっていたオレガイタ

853 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:15:01 ID:fWkSdsWN0
地震が起こりたきゃ起こったらいい
人を殺し合いたかったら殺しあったらいい
それで俺が殺されることになっても別に構わない
そんなものは俺とは何の関係もない

不安におびえて自分を守りたいなら守ったらいい
霊性を「進化」させたいんなら好きなようにやればいい
「脱落」して滅び去るのなら素直に滅び去ればいい
どうなろうが俺の知ったこっちゃない


854 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:18:23 ID:fWkSdsWN0
頑張りたきゃ頑張ればいい
やりたくなけりゃやらなければいい
死にたきゃしねばいい
生きたきゃ生きればいい
何もしたくなけりゃ何もしなくていい

進化したきゃ進化したらいい
退化したきゃ退化したらいい
賛美されたきゃ賛美されたらいい
そんなものは何の価値もないんだが
非難されたきゃ非難を浴びることをすればいい
大した意味もありゃしない

何でも好きなようにしたらいい
俺とは何ら関係のないことだから

855 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:20:27 ID:fWkSdsWN0
自己領域への関係づけ、が観念体増進の鍵。

領域放棄が、観念体共=創造からの離脱の鍵。

856 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:20:31 ID:JlGgBC4p0
よくわかるけど、怒るだけ無駄だよ。
誰も意を汲んでくれる宇宙存在なんていない。

そもそも、根源から生まれた創造主たちは
あらゆる自由があった。それの中には自分でしたことの責任からも自由であった。
生みっぱなしでほったらかしであった創造主もいた。と宇宙nowのグリフィンズの本に
書いてあったのを読んで絶望を通り越した感情を体験した。

グリフィンズ自身はたしかにひねくれていて、
どこか斜め目線だけど、そうエリート意識で見下してるということではなく、
宇宙に対するとてつもない諦めからああいう感じになってると思うよ。
受講していたときも、講師がこんなに絶望していていいのかと心配になった。

寿命まで我慢して生きるとは書いたけど、
本当は今すぐ死にたい。だけど、死んだらろくなことにならない負債を背負うことになる
みたいだから、(特に樹海で自殺するとそこの特殊な磁界により抜け出せなくなるとも
宇宙nowの記事にあった)

本音は俺も死ぬどころか魂の消滅をしてくれたら幸いなんだよ。

もう宇宙の壮大なプランだとか本当はどうでもいいことなんだ。
数千年の偉大な計画の前に地上では我々は苦しみ、痛みを日々感じている。
それらは考慮しない風な物言いももうやめてほしい。
まぁ結論を言うとモルモットのようなものだから仕方ないのかもしれないな。


857 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:37:25 ID:fWkSdsWN0
領域放棄、という手があったのか。
なるほど。俺とは何の関係もない、とアファーメーションすることで、確かに「切れる」。
確かに、俺が共に<同じ世界を創造すること>はなくなる。
おお!!これはいい。

「宇宙Nowの著者と私は、現実を創造しません」

アファーメーションする。

858 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 12:57:04 ID:fWkSdsWN0
「領域放棄」

自己の前に現れる世界を生み出しているのは、最終的にはその自己である。
自分が自分の世界に存在する権限を与えている限りにのみ、その存在は己の世界にとどまることを許される。

その存在そのものを滅失させることは、被創造者絶対自由の原則から不可能であるが、その存在を自己という
観念増進体の領域から除却することは、その自己の権限により認められる。
絶対的自由意志の原則から正当な行為であり、容易に可能である。


 「あなたにとってはその世界は真実なのでしょうが、私はあなたと共に同じ世界を創造することは、ありません」
 「私とは、全く関係のない世界のおはなし」
 
 アファーメーションを行うことで格段に影響力が落ちた。
 これはいい!!!!!これは使えるな!!!!!!!!


859 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 14:11:00 ID:9PYe7ZlD0
EO氏の
「廃墟のブッダたち」〜宇宙から消滅する死に方
tp://www.mumyouan.com/e/eo1.html

これはなかなか・・・

860 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 14:22:46 ID:fWkSdsWN0
>>859 紹介されてEOの話を初めて読んでみたけれど、なかなか面白いじゃないか。
  いや、ものすごく面白い。これは今の俺にものすごくフィットする。

>>「理想が実現されたら、それが「だからなんなのだ?」と考えろということである。」
 うん、そうなのだ。それがどうしたというのだ?という疑問は常にあった。 

>>しかし、もしもその繰り返しをもうやめたいと、本気で死滅を望み、解脱を決断したの
ならば『死人禅』の行法をやるといい。

 これはワクワクする。今から『死人禅』について読む。とりあえず、紹介THX。

861 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 14:34:38 ID:fWkSdsWN0
死人禅について調べていたのだが、書籍を読まねばならないようで、絶版も多いようだなあ。
今の俺に最も必要なのがEOかもしれない。少なくとも宇宙Nowではなかったのは明らかだ。

http://www.asyura.com/sora/bd12/msg/544.html
『あなたたちには信じられないかもしれないが、
思考と感覚が超越されたら、それは、宇宙そのものを超える事とほとんど同じ事なのだ。
なぜならば、宇宙とは、もともと単なる[思考と感覚の産物]なのだから。』

 うむ。まさに。

「この時期には、逆に物事を分割し、ひとつであったものを、どんどんと孤立した個別性の中に魂を引き離して、
分離を繰り返しゆく事こそが「幸福」」として感じられることになり、多くの宇宙民族は、それを指針として生きて行く。
 もともと、ひとつであった宇宙を分割したり物質化させて次元を低くしたりすることを、
もしも悪魔の仕業であるなどとあなたたちが言うのならば、この、みずみずしい地球や世界を作ったのは紛れもなく悪魔たちの功績だ。

 逆に、もしも統合や光への回帰を目標とするならば、それはとどのつまりはこの物質界を上昇させて高密度の振動に
還元してしまう事になり、それは、このみずみずしい世界の側にとっては、世界を焼き尽くす天使たちによる破壊仕業でしかない。」

 まったく、これだよ。この通りだよ。これが俺は言いたかったんだ!!
 完ペキに筋が通ってる。EOとやつがいることを俺は今まで知らなかった。こんな素晴らしいのがいたとは。

862 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 14:43:37 ID:fWkSdsWN0
『廃墟のブッダたち』
これは今のおれが読まねばならない本かもしれない。多分こいつの論理は完璧に通ってる。
読めば読むほど、ますます筋が通る内容だろう。ものすごい鳥肌が立ってくる。
これは俺の人生変えるかもしれない。それを知っただけでも俺はここに来た意味はあったよ。

さっそくamazonで古本で注文します。>>859さん、本当にありがとう。

863 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 15:17:44 ID:fWkSdsWN0
http://www.mumyouan.com/e/eoyami-4.html#a6
「はたして内部の思考や心配は、『あなたの思考の協力なしで独力であなたを苦しめられるかどうか』、あなたを襲うことができるのかを
試しなさい。

「あなたが、人生の最後まで持っていきたい、一番大切なもの、それをたった今ここで
あとかたもなく破壊すること。それこそが、本当の禅の仕事だ。」

「そこに闇の瞑想によって自我を殺し、心を窒息させ、価値観を放棄するというプロセスなしには、死人禅は完了しない。」

「だから死人禅の実習者は、決して『闇の瞑想を削除したり飛ばしてはならない』。まず全面的に自我も心も死ぬことだ。
悟りは、その『おまけ』にすぎない。だから、死ぬのが先だ。生きるのは、後だ。」

「実は、悟りさえも、求めるような価値も意味もないのだ。ひとりの苦悩する人間にとってはそれは楽になる道である。
しかし、宇宙にとっては、そんなことは知ったことではない。悟りもまた、宇宙の明滅と共に、消える。」

「一体闇のイメージに瞑想してどうなるのか?、という質問には、
その最大の効能は、なにからなにまで、『どうでもよくなってしまうこと』だ。
悟りも、迷いも、そして生きていることすら、全くどうでもよくなる、という
『この世との絶縁意識が発生すれば、その瞑想はうまく行ったことになる』。」

 絶縁意識の発生とは――――――おお!! 師よ。師よ!

864 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 15:33:20 ID:fWkSdsWN0
http://www.mumyouan.com/e/eouch1.html#a2
そうして楽な存在、高次元存在、高い波動の存在やら宇宙人のような存在や悟った存在
になるのが正しい事だ、などと思い込んで、今まであなたたちは精神世界に首を突っ込
んできた事だろう。

ならば、究極的な理想が実現された世界を極論として想定してみなさい。
さて、「そのあとには何があるのか?」・・・と。

「こうしろ、ああしろ」と精神世界や導師たちにあちこちであなたたちが言われ続けた
ことを、もしもあなたや人々が「その通り全部やってしまったら」つまり人間を卒業し、
さらには究極的な宇宙的課題を「卒業」したら、
「その後はどうなるのか」を考えろということだ。

絶対の理想とは「どんなもの」であり、それが「実現化したらそのあとは、どうするの
か?」「なんのために実現するのか?」と考えなさい。
「本当にそうしなければならないと断言する根拠はなんであるか?」を考えなさい。
それを実現するためには、どうしたらいいかではなく、
理想が実現されたら、それが「だからなんなのだ?」と考えろということである。


865 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 15:38:52 ID:fWkSdsWN0
「本当にそうしなければならないと断言する根拠はなんであるか?」

 大局的宇宙観的存在論まで意識を拡張すると、その必然性は消滅する。
 必然的な根拠は、な い 。

 進化をする必要性は「ない」。“意識のゴミ”を掃除する必要も「ない」。
 “天界のインスピレーション”を受けなければいけない必要性も「ない」。

866 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 15:42:59 ID:fWkSdsWN0
そして、語られたこと、なされたこと、誰かがチャネリングで伝えられたこと、この方がよい、あの方がよいという評価価値観
それら一切の事柄は、
私 と は 何 の 関 係 も な い 


という厳粛な事実。
いや、これを「事実」と認識できるためには、アファーメーションの権限が全面的に自分にあるという秘奥を積極的に把握している必要性があろう。

867 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:21:28 ID:fWkSdsWN0
http://www.geocities.co.jp/noboish/case/hutuh-2/EO.htm
自分がどういう人間だとか、もう分からないし説明も出来ない。
ときどき自分が分からなくなる。 そんなときは私は分からないままでいい。 だいたい『もともと何者でもない』のに、 自分が何だかが分かる方がおかしい。 それは夢だ。

あらゆる自己同一化はただの夢だ。
私はこういう人間だなどという自己主張は全部ただの思考だ。

つまり、あなたたちと人間以外のものは、 たえまなく、いまここに、目覚めて、 光明に、なりっぱなしなのだ。 あなたが、寝ぼけているだけなのだ。 虚栄や思考や探求や未来や過去に泥まみれになって見えないだけだ。

だから、あなたの、そのしっくりこない虚無感や退屈や 落ち着かない内面のすべては、
実は、あなたと万物の間の意識の次元の誤差が原因でもある。

一度、あなたがくだらない思考を全部捨て、(むろんその中には瞑想などという観念も含まれるが)、
それらを放下して、ただあなたの意識だけの存在と共に、ただそうして無能で無害で、 最低であることに落ち着いていれば、
あなたの回りのゴミや物質にいたるまで、全部があなたとともに、 存在や死を満喫しているのが解るだろう



868 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:24:10 ID:fWkSdsWN0
しかしそれは絶対的に異常な体験だった。 まるで何億光年もの、遥か宇宙の彼方にまで伸びていた 私の意識が、一瞬にして自分の中心に引き戻されたのを感じた。
それは「前にも経験したことがある」 というようなものでは全然なかった。 それが実際には何億年もの生命経験の末に起きた事であると私は痛烈に感じた。
しかし同時にそれは、とてつもなく当たり前で、 「懐かしい感覚」だった。 しかし懐かしいと言っても、 それは幼少時代の感覚だの前世だのと、 そんな次元の懐かしさでは全くなかった。

おそらくは、私が宇宙に最初に誕生した時の感覚を、 気の遠くなるような時間と空間の旅の果てに、 たった『今ここで』、やっと思い出したという実感であった。
とても変な、たとえであるが、 ゴム紐を自分の腰につけたまま、 何億光年も遠くまで探求をしていた自分が、 一瞬でゴム紐に引き戻されて自分の身体の中心軸に、 音を立てて当たったという感じさえした。

そして「私ではない私」が、自分に向かって、こう言ったのだった。 『・・・お帰りなさい。本当に、長い間・・・・お疲れ様でした』。  
さて、その朝に、その事が起きて、 それが一種の「異常事態」である事を自覚した原因は、 私の中に思考というものが、全く出てこなかった事だった。
そんな日はそれまでの人生でただの一日、 いや、ただの1分すらもなかったからだ。

869 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:26:10 ID:sbAx74j80
ID:fWkSdsWN0
長えよ。そろそろ自分の日記でやれ。

くだらんと思うなら読まなきゃいい。
それができないのなら、つまりは自分を見て怒ってるってこった。

自分がムカついてること=自分にムカついてること

だよ。

870 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:27:30 ID:fWkSdsWN0
全く、何も必要とせず、私は完全な満足に満たされていた。 いかなる不安もなかった。 かといって、それは決して自信や力ではなかった。 何もかもがOKだった。

しかし、それは肯定ではなかった。 肯定でも否定もなかった。 また具体的に何がOKというのではなかった。

そこには、ただ、完全な充足と静寂だけがあった。 正確な表現をするならば、私は悟ったというよりも、 『やれやれ、とうとう本当に狂ったようだ』と本気で思ったものだ。

ただし、それはとてつもなく「静かな狂気」だった。 その日、以来、実は私は、 ただの狂人になったのだと言われても全くそうなのかもしれない。

871 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:28:54 ID:fWkSdsWN0
あの時私は、もう生きる意志はなかった。 だが死ぬ意志があった。 しかし死ねないまま、まだ生きていた。

この苦しみがあまりに苦しいので私は狂う寸前にいた。 何週間も、毎日毎日、死ぬか生きるかの、 たった二つしか思考することがないのだった。

この苦しみがあまりに苦しく、 また毎日休みなく長期間続いたので、 思わず、私は心の中でこう叫んだ。 ]

『ならば、それほど苦しめるなら、 もっと苦しめろ、勝手にやってくれ! このまま一生狂ってやるから、もっと悲惨で苦しいのも結構だ。 ほら、出て来い『生きる恐怖』よ。 この生き地獄で狂ってやる!』と、

そう思って私は苦しみ自体に開き直った。

872 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:31:47 ID:fWkSdsWN0
つまり、価値づけそのものが、一切不要になってしまうということだ。

873 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:33:05 ID:fWkSdsWN0
>>869
自分がムカついてること=自分にムカついてること

それが、どうしたのだ?

 私 と 何 の 関 係 が あ る の か な ?

874 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:34:20 ID:fWkSdsWN0
>>869 くだらんと思うなら読まなきゃいい。

 それは、そのまま君に返せるんだが?
 君が読みたくなければ、読まなければいいだけの話じゃないのか?

875 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:37:21 ID:fWkSdsWN0
「しかし、実は、人には死ぬことよりも恐れることがある。 それは自分が狂ったまま、周りに迷惑をかけながら、 醜態をさらして生きて行くことだ。  
だが、とうとう、あまりの無力さに抵抗力もなくなった私には、 「狂う覚悟」が完全にできあがっていた。」

限界を突破するためには、狂う覚悟をするまでにならなければならないのかな。
もっとも、EO氏の領域までいくのは難しいが、チャネリング論をすべて全否定できるところにはもうすぐでたどり着ける。

876 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:39:11 ID:fWkSdsWN0
「完全な手放し、完全な絶望、完全な狂気、発狂へのあきらめ、自殺の決意、
そして、その直後の、もはや、 何も思うことすら残っていない『完全なる思考の沈黙』の中で、  

・・・気がついた・・・

私が誰だったのか。

何が私の実体だったのか。

私は何か。

生きる意志もなく、 死を恐怖していない私が、 なおも苦しんでいる。 それは生きる恐怖によってだ。

そして誰が、死ぬ苦しみと生きる苦しみの両方の苦しみを、 生み出しているのかを。 それは私の観念だった。思考だった。

ところが苦しみを逆に『待つ』ように開き直ったところが 何も出て来ない。いくら待てども出て来ない。

最後の思考であった、『死にたい』という思考が私から分離した。 私の中の生存欲の思考と、死への切望が本当に全滅した。  

その時、、

どんな思考もないままで

全く何も苦しんでいない何かがそこにいた。  

それが『これ』だった。

それが『・』だった。 」

877 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 16:41:50 ID:fWkSdsWN0
霊存在からのメッセージ、と称して、こうしたほうがいい、ああしたほうがいい
といえが、それがどうしたのだ?という視点の確立。

それを実現したとして、それがどうしたというのだろう?



878 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 17:25:22 ID:fWkSdsWN0
「それ」の次元には、誰でも到達できる。

もし宇宙知性の家畜=我々人類、という宇宙Nowの主張が正しいとしても、
最も重要な「それ」に到達するために、そのメッセージは何の関係もない。

どれだけ「未公開情報」があろうが、霊人たちとコンタクトすることができようが
地上で生きる我々にとって、真実に大切な「それ」とは全く関係がない、ということを示す。

879 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 17:53:50 ID:5fjZZ5G60
>ID: fWkSdsWN0
もうちょっとだね、がんばって!
全部吐き出しちゃうといいよ!
きっと超個人的なパラダイムシフトの真っ最中なんだね。

880 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:01:33 ID:86mD5bhuO
>>835>>878
うんこ長すぎんだよ馬鹿。垂れ流しっぱなしでホント無意味。まるであんた自身だね。
>>869もいってるが、
あんた 自分の状況や自分自身が気に入らないのを何かのせいにしたいだけじゃね。宇宙nowをクソミソに言ったところで何も変わらんよ
抹消どうこういうなら、安楽とか他力本願いってねーで自分で自分の始末つけな

め い わ く

881 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:09:23 ID:sbAx74j80
反発から理解へのプロセスは、おそらく誰でも通ってるから、
そういう反応は別に珍しくもない。むしろごく普通。
しかし話を聞いて欲しいなら、それなりの姿勢というものがあるぞw
自分のブログでやるぶんにはいいが、ここは不特定多数が見てるからな。
まあ、そんな余裕がないのは、よくわかるけど。

視認性のことだけ考えるなら、IDごとアボンすりゃいいんだけど、
そういうことはここでは極力したくないのだよね。

882 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:12:19 ID:sbAx74j80
でもよく考えたら、本人が見たくないなら見なくていいというんだから、
了承済みである以上、IDごと消しても問題はないな。
まあスッキリするまで好きにやってくれw

883 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:19:38 ID:sbAx74j80
というか、これを思い出して、思わずワロタ

               ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
             <                      >
             <  嫌なら見るな! 嫌なら見るな!  >
             <                      >
             ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ

         / ̄(S)~\
       / / ∧ ∧\ \ 
       \ \ (゚Д゚ ) / /
         \⌒  ⌒ /
          )_人_ ノ
          /    /
      ∧_∧    (   ))
     (   ; )ω   ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

884 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:27:12 ID:fWkSdsWN0
個人がどういう判断をするかは個人の自由。
俺の範疇ではないのでな。
好きに反応してくれたらいい。
ただ、別に聞いてもらいたいとは思っていない。
 

885 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:28:07 ID:fWkSdsWN0
IDアボンでもなんでも、好きにしたらいい。
ただ、俺の質問に答えていることにはなっていないがな。

886 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:30:15 ID:fWkSdsWN0
>>880 宇宙Nowのチャネリング情報は、全く「それ」とは関係はない、ということだよ。
 俺には、拒否を表明する自由がある。

887 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:31:37 ID:fWkSdsWN0
http://www.mumyouan.com/e/eoex.html
だからこそ私は著作の中で言ったのである。
ある者が、悟ってるか、いないかの唯一の、判定方法は、
その者が、何を説法で言うかでもなく、何を他人や世界にするかでもなく、
どんなオーラを出しているかでもない。たった一つの確実な判定方法は、
『無際限の完全な隔離室で、死ぬまで狂わないかどうかだけだ』、と。

完全な意識体なら、狂わない事になる。
しかしもしも、あなたが思考体だったらば、あなたは、たったの数週間で、
自分の頭が自分で作り出した幻覚の中で狂ってしまう。

888 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:33:20 ID:fWkSdsWN0
>>うーん、対宇宙人の実相・・・・宇宙人とは何ぞや?
>>この姿がおぼろげながら見えてきた・・・てな感じですね
>>例えば一人の人間が居るとして、その実態は地球人と宇宙人のハイブリット(混合)
>>になっているという事実

 それが、どうしたのかな?
 外部的な事実を知ることによって、われわれの何の現実が変化するのかな?

889 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:34:55 ID:fWkSdsWN0
>>現在、宇宙のどこかの星の自分と、地球に居る自分が分裂して存在している
>>適宜入れ替わり、何かをしている・・・
>>どうりでゴチャゴチャの記憶を持っている人間が多い訳だ
>>そのゴチャゴチャの記憶、記録が理解出来ないから混乱の極み・・・

 うん、だから、それを解決しなければいけないのだろう?
 君のメッセージを読むことで、それは解決するに至るのか?

890 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:37:50 ID:fWkSdsWN0
>>核を使用する事に抵抗が無くなれば、いずれ宇宙に出た時に地球人は間違いを犯すでしょう
>>確実に・・・それを抑止する事が最大の目的でした。
>>(この後は経緯をはっきりと聞きましたが公開出来ません・・・)
>>なるほど・・・後でこっそりと聞きます・・・ごっそりとね・・・(笑い)

 それは地球人が自ら取った自由意志であろう。
 お主らが介入する必要がどこにあるというのか?
 そもそもの前提が間違っていると言わざるを得ない。

891 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:41:04 ID:fWkSdsWN0
チャネリングでは、そのチャネラーが霊的に他のものより優越している
という視点が示されるが

892 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:43:09 ID:fWkSdsWN0
その手のチャネリングに対する対決姿勢を確立しておくことは、
カルト問題全般に対する対応にもつながってくることになる。

893 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 18:43:18 ID:sbAx74j80
しょうがないな。俺もマジレスしちゃうぞ。

自由とは、使いこなして初めて、まったき自由となる。
使いこなせない自由とは、ただの不自由でしかない。

最初から誰も縛ってなどいないし、いなかった。
創造主すらも。

最後に人類は、創造主の正体を知るだろう。
その驚くべき正体をね。

894 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 19:03:37 ID:g1tf9HOS0
そろそろ1000になるわけだが、
また新スレ立てるか
このペースだと今日中には立てないといけないわけだが。

別に何書こうが比較的自由なスレだが、
あまりにも独白が多すぎるのもスレのペースを無駄に速めて
このスレらしくもない、

このスレは2、3日に数レスついているかついていないか
わからない感がよいのだよ。

それと、一つ言うと、別に新スレあってもなくてもいいとは思う。
なぜかというとこのスレの常連はこのスレがなくても別に構わない自分で
考えていける自立志向の人が多い。
それで、たまに上から目線だと、もめるが、まぁそんなあいまいな感じのスレなのだよ

895 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 19:05:44 ID:fWkSdsWN0
>>893 
 それは、正論だね。
 わざわざ自分のようなマジキチにマジレスしてくれたのか。ありがとう。

 「誰も見てないだろう」と思って連投してしまったことを謝る。
 自分は、宇宙Nowはチャネラーが優越心に溺れてしまっているんじゃないかと思って、警鐘を鳴らすべきだと思えた。
 ただ、それだけの理由だったのかもしれない。しかし、宇宙Nowのメッセージに含まれる要素に、どうも違和感がぬぐいきれない。
 ただ、EO氏という面白い思想に出会えたことは感謝してる。この板に来て初めて知ったので。

896 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 19:11:36 ID:fWkSdsWN0
>>894 そうだったのか。マジキチだったな俺。お詫びする。
 ただEO氏を紹介してもらえたのは有難かった。
 これはしっかり読んで、自分のブログで長い糞たれようと思います。
 スレのペース乱してしまって、すまんかった。自分はこのスレから去ることにします。

897 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 19:14:55 ID:rUhPuBFo0
> 「誰も見てないだろう」と思って連投してしまったことを謝る。

専ブラでスレ登録してるとずっと見せられ続けることになるんで迷惑
だいたい誰も見てないなんて言うほど過疎スレじゃないやん

898 :本当にあった怖い名無し:2009/10/07(水) 19:22:26 ID:5fjZZ5G60
>ID: fWkSdsWN0
おめでとう!!

899 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 00:56:44 ID:3dopG9ko0
 EO氏を最初にこのスレで名前を出したのは、たぶんゴルア!!と乱入してきた、
次世代意識領域を知っている人です。廃墟のブッダたちは、その人の紹介文
を辿って行って自分も知ったのですが、その紹介文は長かったので、いろいろ
揉めたようです。やり取りはスレのはるか上の方にあるかな。
 次世代意識領域を知っていそうな人がEOを紹介したという事は、やはりそれなり
に論理は正しいのではないかと思っております。

 しかし、「世の中の役に立ちたい」という一念が気力になって生きているような
人もいるので、そういう人にはやはり高次存在の援助だとか、光や愛、といった
方向が求めているものなのではないかと思います。「所詮は自己満足」という言い方も
できるでしょうけど、肯定的な変化をもたらす自己満足と否定的な変化をもたらす自己満足
(EOイズムを入れると何もしない自己満足というのも有る?)は種類が違うものであって
ひとくくりにするのは無理がある、と感じています。

 でも、世の中の役に立ちたいという人とは何かが少し合わないんだよな・・・
まぶしすぎるというか。活躍していただけるように道は譲りますけど。

900 :551改め蓬莱:2009/10/08(木) 01:38:13 ID:0VTC0f0X0
台風もきてる品
よくこんなに書いたなw


宇宙NOWの相手は結構矛盾してるよ
今回だって操作してるわけじゃないとかいいながら、
チャネリング自体が人間の意識への干渉なんだから。

本当は干渉して操作していじくりまわしたいのが本音だろう。
そうやっていじくられた人が来たのかと思ったよ。

901 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 02:22:13 ID:43SSLwC6O
>>900
蓬莱くん遅いよー
こいつを止めてほしかったじょ!


902 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 05:46:37 ID:Mj2Ea+Vd0
自分で自分を止めることができた人を、そんな悪し様に言うするもんじゃないぞ。
自力でブレーキをかけるということが、どれほど難しいか、俺にはよくわかる。
人を笑うのは簡単なんだ。それを自分も体験するまではね。

903 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 10:11:03 ID:xdPKiDKd0
>>901
蓬莱ちゃんはいつも場が荒れて、収まった後、忘れた頃にやってきて
その場を締める役割の人ですよ。

904 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 13:27:36 ID:Gtr1uu7v0
上昇!

905 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 13:54:57 ID:Gtr1uu7v0
>>864
全く持ってそのと瓜
その感じがいいんだよな。上から目線奨励だよ。自立して考えろよおまえら。
少し違ったら噛み付くのではなく自分に絶望しろ。そこから積み重ねろ。それしかない。


906 :本当にあった怖い名無し:2009/10/08(木) 14:02:47 ID:Gtr1uu7v0
全く、絶望先生かよ。そういや俺もEO読んだな。あの時はスーッとした思いもあった。
自分のブログで俺も永遠と噛み付いてたわ。それがここならそれもいいかも。

907 :551改め蓬莱:2009/10/08(木) 23:41:05 ID:0VTC0f0X0
昼間は普通に仕事してるっつーの

EOてそんないいサイトだっけ

908 :551改め蓬莱:2009/10/11(日) 02:10:50 ID:RjSo9h7Y0
ほすほす

909 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 17:14:21 ID:gVi/KDWE0
弟子更新

逃げるが勝ちも有りやん? - チャネリングと僕… - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/seadorive/diary/200910110000/


910 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 22:45:53 ID:9H9HaJTW0
質問の内容が沁みます。そういう事あるある、です。

911 :本当にあった怖い名無し:2009/10/12(月) 23:52:41 ID:JlLAIwR10
なんか今月は変化が凄いな。

912 :本当にあった怖い名無し:2009/10/13(火) 01:49:54 ID:NjgIPmxP0
まあ、ベンのFed破綻が公表されるだとかはなかったけど、現実でもFedは、窮地に陥ってるからね。
相変らず陰謀予測は大外れ。

なんか、冗談じゃなくて別の並行宇宙に移行したのでは、ないかと思う。


913 :本当にあった怖い名無し:2009/10/13(火) 04:05:58 ID:hlVai8230
この次元では、大崩壊ではなく小崩壊くらいに収まりつつ、じわじわと変化してゆくんだろうな。
まあ一気にぶっ壊れると、その反動でとんでもないことになるからなw
多分そのほうがいいんだろうけどもさ。

914 :本当にあった怖い名無し:2009/10/13(火) 11:03:18 ID:O7JGST3r0
決めたよ。俺は次元移行する。
3次元は肉体的な楽しみがたくさんあるすばらしい次元だが、
どうにもやはり重い感情と苦しみからは逃れられない次元だと思う。
だから5次元に移行することにする。

そうすると、周波数的に3次元よりは薄くなるだろうけど、
それで軽くなり、苦しみが減るならそれでよいと思う。

5次元がボディを持つ最終次元だからしばらくはそこにいることにしよう

915 :本当にあった怖い名無し:2009/10/13(火) 15:30:42 ID:JkNplyzN0
厳正な審査の結果、
あなたが3次元から5次元への移行の希望は却下となりました。
次元上昇の認可を得る為には、3次元世界の地球に生まれる際に
交わした契約を履行することが条件となります。
あなたはまだその契約を果たされていません。
どうぞこの3次元世界で、あと30年は苦しんでください。

916 :本当にあった怖い名無し:2009/10/13(火) 23:01:06 ID:hlVai8230
三次元界は精神的な楽しみもたくさんあるんだよ。
たぶん五次元界に行ってしばらくすると、退屈でまた戻ってくることになるだろうなw
人間になりたくて、行列待ちができてるくらいなんだぜ。

917 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 00:41:46 ID:U1CF8nYV0
   ____∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 〜' ____(,,゚Д゚)< 人間になりたくて、行列待ちができてるくらいなんだぜ。
   UU    U U   \________


918 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 00:59:13 ID:BhFH7jTK0
懐かしいAAだなw

919 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 17:45:39 ID:sBOz5dCo0
肉体抜けてもまだ普通のボディがあるけど、この2つって別にほとんど
違いがないように思う。肉体ってどうしても必要あるんだろうか。

920 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 18:17:59 ID:BhFH7jTK0
必要かどうかっていうより、使いたいかどうかってことじゃね。
自転車に乗るか、車に乗るか、あるいは徒歩でいいやって思うかどうかみたいな差だな。
人間は肉体持ってるぶんパワフルだが、事故る危険度も高いし、繊細な風景は見逃す傾向にある。

ま、自分がどういうスタンスで生きていたいかだけだね。

921 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 21:28:20 ID:bO8S5wCr0
ドワーフは本物の鉄を探しにこちらの次元に来たそうだよ。byロードス島戦記

922 :本当にあった怖い名無し:2009/10/14(水) 22:32:42 ID:sBOz5dCo0
実際の経験をもっともっと積まないとそれは理解できないような気がしてきた・・・

923 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 01:46:52 ID:FcZ0xUiG0
ここで人生相談するのはスレ違いだけど聞いてくれ。
失恋したからオラクルカードやらタロットに今まで頼っていたが…
結果で一喜一憂しすぎる。
これも依存で操作されているのだろうか?
やっぱり自分の考えで動いたほうがいいよな?

924 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 01:54:52 ID:ez5jpcta0
そんなに深刻に考えなくてもいいと思うぞw

いわば占いってのは、自分自身の状態を外部装置を使って観測するようなものだから、
どのように解釈してもいいし、どういう使い方をしても構わないんじゃないか。
誰かに操作されてるというより、自分を操作してる感じだな。
操作というより、選択というほうが、当たり障りが少ないかもしれんね。

体重計てのは、頻繁に乗ると、かえってダイエットにならないらしい。
あまりにも細かい増減を気にしすぎるからだと思うけど、占いもそれに似てると思う。

925 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 02:24:09 ID:65Yo4txu0
自分のカードを自分で引いてるのか、他人にリーディングしてもらってるのか、
カードリーディングのメッセージに一喜一憂してるのか、
メッセージにもとづいて起こした行動の結果に一喜一憂してるのか、
そのへんがよくわからないんだけど…。

カードでつながるのは自分の潜在意識とかハイヤーセルフとかガイドとか
そういったところだから、操作されてるっていうのとはちょっと違うような…。

あと、占う前にカードやリーディングをする空間を浄化するとか、
そういうお作法的なものは一応守っておいたほうがいいかも。
浄化とかっていうとうさんくさい響きが出てしまうけど、
実のところカードやストーンや部屋の浄化をしているように見えて
本当は自分の気持ちを落ち着けて、自分自身の曇りをぬぐっているんだと思う。
そうやって毎日カードを引く動作に、気持ちの仕切り直しをする作業をひもつけるだけでも
立ち直り効果大かもしれないよ。

まあ、気楽にガンガレ〜。

926 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 02:30:37 ID:ez5jpcta0
失恋ってのは肉体的な例でいうと、車にはねられるくらいの衝撃らしい。
だからカードによって、理由を知ろうとする気持ちはよくわかる。
俺も失恋くらいは何度もしたことあるしw

が、友達に話を聞いてもらったりしたほうが、占いで解決するよりも傷の修復が速いこともある。
何事もそうだが、一人で抱えこまないのが一番いいだろうね。

927 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 02:43:55 ID:3aKecwbD0
一人で抱え込まない…か。
何かに聞いたり相談することは、「依存」だと思ってるんだが
最近、職場でワカラナイことを、誰かに訊く前に自分で解決しようと思ってたら
「ひとりで抱え込まないで」と言われた。
会社という組織だから当然だろうけど、
これは「自立」から離れてることになるのだろうか。

928 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 15:27:04 ID:ez5jpcta0
それは違うぞ。
どのみち人間ひとりでできることなんて、たかが知れてる。
一人で仕事を完遂できるなら、そもそも会社なんていらんよ。
実力の範囲を知ることが自立なんだよ。

ひとりで抱え込んで迷惑かけるほうが、むしろ依存。

929 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 16:30:11 ID:CaSjeTqA0
サ・ルー・サ10/14:今年中に行われる重大発表 1 - ふるやの森
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/e61f212ddc7812d926b610058eed7bfc
サ・ルー・サ10/14:今年中に行われる重大発表 2 - ふるやの森
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/d5decc5a4d7a0dfd9582fe7ad4070005
サ・ルー・サ10/14:今年中に行われる重大発表 3 - ふるやの森
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/ad605658a386597fb45adcd08210fd6f


宇宙nowでは、こういうことは有り得ないという話だけど、
だけど・・・もう統治者や計画者の戯言につきあってられない。
アメリカは事実上破綻してるが、粉飾しているだけ、
なのにダウが1万ドル回復でニュース速報?笑っちゃうね。

というわけで、もうみんな限界なんだよ。
なのに、宇宙nowではまだまだ人間は苦しみ足りないみたいな感じで
まだまだ地上にへばりついてろって?

仮に、この重大発表がなくても、
このままの世界が続くならもう自殺するわ。
いいかげんうんざりだよ

930 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 17:10:45 ID:ez5jpcta0
とりあえずそんなサイト見るのやめろよw
不安と苦痛の自家発電してるだけだろが。
自分の屁を自分でかいで「くさい世界しかない」とか云ってるのと同じ。

限界と喚いてるのはお前自身だ。みんなじゃない。
気づいてる奴はもう自分で考え、自分で行動してるよ。甘えんな。


931 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 17:54:23 ID:CaSjeTqA0
>>930
宇宙nowを信奉するのはやめにする。
なぜかというと、今の人間にはどうすることもできないのに、
超絶的な俯瞰で、人間を語るからどうしても怒りが沸いてくる。

怒るのは自分の責任だとか言われようが怒るわ。

何ができるか?
それはこれまで通り、普通に暮らすだけ。
それしかできないし、そうするべきだと思う。

なるべく、期待を持たせるようなサイトを閲覧するのをやめて、
心穏やかに過ごすだけ。これだけでも立派なものだと思うよ。

世界を変えるだとか大それたことは世迷いごとだから。

932 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 18:10:07 ID:ez5jpcta0
     /: : : : : __: :/: : ::/: : ://: : :/l::|: : :i: :l: : :ヽ: : :丶: : 丶ヾ    ___
     /;,, : : : //::/: : 7l,;:≠-::/: : / .l::|: : :l: :|;,,;!: : :!l: : :i: : : :|: : ::、  /     ヽ
    /ヽヽ: ://: :!:,X~::|: /;,,;,/: :/  リ!: ::/ノ  l`ヽl !: : |: : : :l: :l: リ / そ そ お \
   /: : ヽヾ/: : l/::l |/|||llllヾ,、  / |: :/ , -==、 l\:::|: : : :|i: | /   う う  前  |
.   /: : : //ヾ ; :|!: イ、||ll|||||::||    ノノ  イ|||||||ヾ、 |: ::|!: : イ: ::|/   な 思 が
   /: : ://: : :ヽソ::ヽl |{ i||ll"ン    ´   i| l|||l"l `|: /|: : /'!/l     ん う
 ∠: : : ~: : : : : : : :丶ゝ-―-      ,  ー=z_ソ   |/ ハメ;, :: ::|.   だ ん
   i|::ハ: : : : : : : : : : : 、ヘヘヘヘ     、  ヘヘヘヘヘ /: : : : : \,|.   ろ な
   |!l |: : : : : : : : :、: ::\    、-―-,      / : : :丶;,,;,:ミヽ   う  ら
     丶: :ハ、lヽ: :ヽ: : ::\__  `~ "      /: : ト; lヽ)   ゝ
       レ `| `、l`、>=ニ´        ,  _´ : :} `   /
         ,,、r"^~´"''''"t-`r、 _  -、 ´ヽノ \ノ   /    お ・
       ,;'~  _r-- 、__     ~f、_>'、_         |  で  前 ・
      f~  ,;"     ~"t___    ミ、 ^'t         |  は  ん ・
      ,"  ,~         ヾ~'-、__ ミ_ξ丶     |  な  中 ・
     ;'  ,イ ..          ヽ_   ヾ、0ヽ丶    l         /
     ( ;":: |: :: ..          .`,   ヾ 丶 !    \____/
     ;;;; :: 入:: :: ::      l`ー-、   )l   ヾ 丶
     "~、ソ:: :い:: :     \_  ノ ,    ヾ 丶


ってヨヲコ先生も言ってた!

つか、怒りたきゃ死ぬまで怒れよ。
お前がそのまま憤死しようが知ったことじゃない。
そもそも信奉するとか阿呆か。宗教じゃねえんだぞ。
世迷言はお前の言葉そのものだよ。

933 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 18:30:27 ID:y4CXc1XJ0
銀河ネットワーク進捗会議録に最新の記事がアップされてる。

934 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 20:21:35 ID:atbaZ6TA0
そこは読んでもわからんのだけど

935 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 21:23:56 ID:atbaZ6TA0
>>929
自分で世の中を治めて見ようとか思ったことはないかな。見るだけ待つだけ期待するでは
なくて、自分で示して見る、応えて見る、投げかけて見る

統治者の言う高いところからしか作用しないってそんなところだと思う。
上から目線奨励するのは自分が上にいるつもりで自分を見るのはとても
有効なことだと思う。上に立とうと思えば謙虚でなければならないし冷静で
なければならないし知っていて当たり前で、その上で批判されて当たり前なんだから
いいことなーいヽ(´・`)ノ
それでも相手にあるいは誰かに期待するだけの自分から抜け出せる。
少なくても期待させるようなサイトを見てるのは自分であるし期待してるのも
自分であるし、どうしようもないから見るのはやめて淡々と生きるというのも
成長の現われに思う。まぁ自分で作る側に回ろうとする者は増えるに越したことはない。

936 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 22:54:38 ID:w/z92z2I0
>>929
サイト見たけど、普通に言ったら話しにならないな、かな。
重要に見えても、公平性の無い情報を信じるのは自分だからね。

でも書いてあることは、間違ってはないと思う。地球外生命体か。
これを発表するとなると、底辺を支えるモラルは崩壊するな。

現時点ではないと思うけどうまくやってくれると思う。俺も期待したくなるし
シミュレートは欠かさずしてるからどんな風にしようかと練りたくなる。

県単位で意識高まれば自ずとやっていけるわけだけど、宇宙艦隊かー
レムリア、アトランティス、楽しみではある。なんだか楽しくなってきたし。

ってこれシェルダンナイドルじゃん。すっげー久々に見たじゃんよ。W
道理で波長が合うわけだ。俺もここ良く見てた。また見るかなー

937 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 23:59:30 ID:Trmz6i0H0
ふるやの森って去年の今頃のアラバマ騒動のときの人だよね。
まだ懲りていないのか。

938 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 00:19:31 ID:jLIsF7vQ0
そうなの?ナイドルンだけ見れればよいや〜

939 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 00:20:51 ID:jLIsF7vQ0
ちなみに前に見てたナイルドン載せてたサイトは更新ストップしてそれ以来見てなかったな〜

940 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 00:50:48 ID:p/IrrQy40
あんだけアラバマで騒いで、あの体たらくだったのに・・・・ 懲りないなぁ。
近い将来にとかならわかるが、“年内に” とか “オバマ大統領が” とかには、ちょっとねぇ。
まだ漏れは、宇宙nowのほうを信奉するな。こういうことには、まだもう少し時間が掛かる。

941 :551改め蓬莱:2009/10/16(金) 00:55:01 ID:cJWdrYXE0
銀河ネットワーク進捗会議録は長久しぶりの更新だな
あの分けのわからなさが実は高度なメッセージでは無いかと思わせるのと
(非言語領域を無理やり言語化するとこうなった的な雰囲気)
実はこのスレと方向性はそんなに違っていなかったりと
個人的にはおもしろいところだと思う。

942 :551改め蓬莱:2009/10/16(金) 00:59:04 ID:cJWdrYXE0
公式発表するするについては、本当は今までやばいことを裏でやってたことを
ばらすぞ、的な恫喝じゃないかな。表面的には奇麗事を書いてるが、裏の人向けの
メッセージなんだから、ほんとに公表されるはずが無い。
誰が誰を恫喝してるかってのは適当に推理してくれ。

943 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:23:43 ID:Ry9WVSa00
読んでみたけど、なかなかおもしろいなw
システムログ読んでるみたいだ。

>現在の時間軸で求めれてているのは、高次領域情報の解析や理解では無く、
>自身を軸とした三次元地球領域のあらゆる事象に対しての抱擁です。

個人的には、これがものすごくしっくりきた。
いまの俺のスタンスは基本これなんだわ。

944 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:28:55 ID:jLIsF7vQ0
銀河ネットワーク進捗会議録の人とは前にとある掲示板で話したことある。
その頃からイミフだったけど、今もイミフだ。それ以上にとある掲示板が
イミフだったわけだけど、彼のサイトって結構見てる人いるのね。

945 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:32:57 ID:Ry9WVSa00
要するに、チャネリングなどで情報を落として解析するんじゃなくて、
三次元界に物質を伴うし事象として露出している部分を直接探り当て、
体験という形で自身を媒体に、その情報を出し入れすること自体が重要だと思うんだよね。

どのみち人間というものは、バックグラウンドでいろんなことが処理されてるわけで、
それをバイアスのかかりやすい顕在意識上でやる意味はない、ということだと解釈してる。

946 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:43:24 ID:Ry9WVSa00
ごめん、俺もなに言ってるのかよくわからん。日本語でおk

高次元に存在するデータは、低次元でも同様に存在していて、
ただそれを人間が観測するためには、非常に高い認識解像度を必要とする。
それがいわゆる「気づき」という奴だってことが云いたかったの。

だから元のデータを、バイナリエディタで読んでキャッキャ喜ぶんじゃなくて、
そのデータが形を成しているプログラム自体を大雑把でいいから理解し、
それを使う方向に習熟するほうがいいよ、みたいな話じゃないかなと。

947 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:45:40 ID:jLIsF7vQ0
でも銀河ネットワーの人視点語りだから有効活用出来るポイントでは
ないんだよね。前に話した時もそうだったけど、この手のニュアンスで
伝えてくる人の話は読み手がどこか悪くて銀河ワーはどこか正しくて
どこか不安になる。これは書き手の不安が言葉に表れてるからだけど
その辺はNOWと同じかな。そこ抜きにして読むものって
無い気がするから俺は読んでないな。宇宙時代か彼と同じ視点を
共有する他に手ごろな情報源があればわかるけど、情報の裏側から見るのが
正しいと言われてもその情報を読み取れること自体がないからね。
普通にわからんし不必要な情報を手にして不安定になるほど物好きではないし。
まぁ仲間でもあるから味方チームだけど、わかる人いるならその辺から拾うかな。

948 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:49:48 ID:Ry9WVSa00
で、Windowsでいうと、プログラムって単体動作してるものもあれば、
OSなどに含まれる使われてるライブラリを使用したりしてるものもあるよね。
万物と自分の間にある「縁」というものは、そういうものだと思う。

それらを知らなくてもアプリケーションは使えるけど、何と何が関連してるとか、
その中身までは理解できていなくても、関連性自体を理解していれば、習熟が早い。

まあそのサイトは、このスレ的に実用的かどうかといったら、毒にも薬にもならんと思うよ。
鯖側の仕様について、ロードマップや変更点などを、ただ告知してるみたいなものだからな。

なんにしても、あまり入れ込まんほうがいいのは、宇宙NOW!にしても同じだと思うね。
信奉するなんてもってのほかだよw

949 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 01:51:02 ID:Ry9WVSa00
あれ、ごめんまた日本語がおかしいw

適当に補正して読んでクレ

950 :551改め蓬莱:2009/10/16(金) 02:46:36 ID:cJWdrYXE0
簡単に言えば、この手のサイトは読まなくてOK。
なんだけど、自分が考える方向が正しいかはやはり不安になるのが人間ってもん。
言語化された情報を積み重ねることで、その方向性はもっとシャープにしていける。
そういうのも誰かがやる必要はあると思うよ。

951 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 12:01:49 ID:lnBJcl/n0
もうすぐこのスレも1000になるな。
俺はもう立てないから、立てたければ他の奴が立ててね。
じゃあな

952 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 12:44:21 ID:X3Rb5SZJ0
誰も立てなそうだ。俺も立てないしな。あればいいがなくても困らない。

953 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 15:42:25 ID:Ry9WVSa00
新型 イソフルの次は、食 中 毒が計画されてたみたいね。
破壊工作はうまくいったのかしらん。
しかし、よくもまあ作りに作ったり何千年分だなw
ずらーっとみたよ。廃墟の世界に立ち並ぶ、奇怪な生成プラント群を…。

「我々は0-***に始まり、*****(聞き取れない)に至るすべての病毒を生み出した」

ってなことを云ってたな。
ガイドが助けてくれて、間一髪助かったけど。

954 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 18:25:32 ID:90tDRiHk0
>>951
今までのスレ立てありがとう。感謝。

955 :本当にあった怖い名無し:2009/10/16(金) 18:35:01 ID:90tDRiHk0
>>927
自立と孤立の切り分けが課題なのかな。
宇宙的に「自立しろ」ってがーがー言われてるのは、現在の価値観とかシステム自体に
属し続けるか否かっていうところを自分で考えて決めなさいってことであって…。
927がぶつかっているのはそのいくつか下の階層の話であって…(ry

どうせ引くならOSHO禅タロットとかオススメだ。web上でも引けるけど。

956 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 07:54:04 ID:bN1l6iGS0
3スレ目完売目前

誠におめでとうございます!

957 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 11:55:30 ID:jLDiNJ7U0
一人一人はある領域を司る代表格でもあると思ってる。

958 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 12:57:35 ID:3w26CS8m0
それはおそらく、そのとおりだね。

959 :冥王:2009/10/17(土) 13:54:32 ID:jsugcpcY0
>>15
>ゲームオーバーを体験したことのある人と、そうでない人の差だと思うよ。
>誰でも一度くらいは笑って済ませられるけど、何度も全滅したら、なんだこのクソゲーは!と怒り出す。

それなんてひぐらし・・・・
古手梨花って苦労人だったんだなあ( ̄  ̄)



それにしても、あれですね。
変に正しいこととか、愛やらを追求するよりもただ単純に「あの敵対者をどうつぶそうか」
とか「破ってやろうか」というふうに、考えたりする方が健全な場合も結構ありそうですよね・・・


僕にももっとずっと才覚があれば、それが自分自身のための戦力になってくれるはずですが・・
いえ、今何かの目的があるっていうわけじゃなくて、自分が何かしようと思ったときに
才能があれば役に立ってくれるだろうと。
中途半端でさえなければ、才能はどれだけ大量にもってても荷物にはならんですね。

なにしろ、僕はいまひとつ鈍いもので。。。。。

960 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 17:36:47 ID:Yy3l+70b0
>>953
地球にはそういう領域があるんでしょうか。
宗教集団が囚われているような場所に出入りできるような人でも、
たとえガイドつきでも連れて行ってもらえない危険な領域があるとは
聞いたことありますが。

チャネリング情報で良く聞く爬虫類人って一体どこにいるんだろう?とも
思っています。プレアデス人の方はまるで隣町の人かと思うほど聞きますけど。

961 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 20:07:33 ID:6f71UL7O0
宇宙の真相はどうでもいい
ただ業と修羅の世界から離れたいだけだ。
何をどうしようが、正解はなく、ただ責め苦を負うだけの地上

962 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 21:44:55 ID:3w26CS8m0
そのとおり。だが、逃げ切れるものではないよ。
業も修羅も宇宙が作り出したものの一部にすぎない。
残念ながら死んでも離れられるわけじゃない。問題を先送りにするだけの話だ。

963 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 22:00:13 ID:6f71UL7O0
根本想像から生み出された最初期のCreatorたちは
自分がしたことの責任からも自由であった。
と、宇宙nowの本にあった。

このことと、今、人間が背負っている業との矛盾はどういうものなのか
統治者と根本想像そして、無責任な最初期のCreatorたちに問いたい

964 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 22:05:10 ID:3w26CS8m0
>>963
自分でもう答えを出してるじゃないかw

そういうことですよ。
創造主の正体。時の流れに組み込まれたトリック。宇宙誕生の真意。

答えは出てるのよ。

965 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 22:22:25 ID:vs9o5Gsr0
宇宙誕生
誠におめでとうございます!

966 :本当にあった怖い名無し:2009/10/17(土) 22:42:26 ID:JpfLSGZ70
あざーっす

967 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 01:27:48 ID:3Ko3WvqJ0
>>963
“根本想像”は、真の最初だから、それに対する決まりは無い。いわば、
ルールも含めて“創造”してるわけだから、言ってしまえば“何でもあり”だ。
だいたい、“責任”という概念すら、彼らの創造物ではないかと思うのだが。
人間社会でもそうだが、普通“決まり事”は、それが出来た後の事象に対して適用される
(法律だって、遡及的な適用は普通しない)わけで、
決まりの無いときの出来事に対して責任を取らねばならない道理は無いはず。

968 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 02:24:29 ID:9MlMkMqu0
結果として言えること、創造するときに言えることは宇宙一つ分の差があるってことさ。

宇宙としての一つの答えが知りたければ肯定せしめることをおすすめする
否定論からは永遠に答えは出ないことをまずは知ってもいいんじゃないか

でも創造主ではないから宇宙の問題を指摘する動機もまた必然的に生まれる
ほんと俺よく理解してるすごい ってくらいに思えたらいいけどな

また黄金期になれば創造主として理解深まるし、現時点でも話しとしては
答え出せるけど、話としては理解出来ても実感としては薄くなるからどうしても
指摘したくなるような動機は生まれるし、またそうだからこそ存在しているという証でもあるのでは

存在しているものは皆創造された意と創造していく意を併せ持つものだろ?
完璧なら存在しない、それは神々も同じ、そして創造主もまた創造されたもの

その辺は神との対話1〜3に書かれてるよ。熟読するべし。基礎概要が
わからないようでは肯定することも難しいよ。

969 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 02:28:37 ID:9MlMkMqu0
またネガティブ思想がなければポジティブ思想もないからわかる人とわからない人は=で結ばれてる。
つまりは同レベルだから会話が成り立つ。xxxx同士仲良くやろうぜ。

970 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 02:34:47 ID:PKB68VOd0
陰(ネガ)と陽(ポジ)は、宇宙に実体を与えたときに生まれた、いわば副産物だからな。

陰をして陽を、あるいは陽をして陰を、という視点で見ると、
いつまでたってもピンポン状態で抜け出せない。
それらを俯瞰する位置に自分が移動することによって、それらと距離を置くことができる。
まあそういうもんかな、という姿勢になれば、自然と揉め事からも遠ざかるさ。

でも悩みというのは、消えることはないと思うよ。
その規模が小さくなることはあるが、完全になくなることはないね。
だってそうなったら完成だもの。何もやることなくなっちゃうぞ。
悩みではなく、ただのパズルだと思うほうが健全だな。

971 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 11:24:58 ID:QMd4uRHU0
>>967
なるほど、自分のしたことが返ってくるというルールも
後で創られたものか。
ありがとう。長年の疑念も晴れた。
根本創造も最初は手探りだったのかな。
そう思えば根源をパーフェクトだと思うことなく、これからもつきあっていくことができる

972 :冥王:2009/10/18(日) 11:36:41 ID:FsgQCOxS0
真実味とか平行宇宙とかとの関連がどうなってるのかは分からないですが、未来は
少なくともその大部分は、はじめから決まっているっていう話を聞いたことありますが。

人間の駆使できる自由意志は、人間がイメージするほどに自由なわけじゃないのかも・・・


因果応報ルール、それを創り上げた側はそれに縛られないんですかね??

973 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 12:38:17 ID:6b25/Nlv0
骨組みは初めからある程度は決まってる。そうでなければすべてがバラバラになり
生命が方向性を持たなくなる。

因果応報ルールは黄金の精神を作れるまで進化してく
まぁ何でも法則を作り出すには前後に時代背景がありあの当時の概念からしか
それらは生まれない作り出せない、つまり宇宙がこんなにも阿呆だと思えるのは
今しか出来ないこと。ダメだし出せるのは今だけだね。

300年後には今ほど深刻にはなれないし大きなストレスもないし
今ほどの肉体労働も出来ない。今ほどの重力も体感出来ない。毎年重力は
軽くなり4年毎のオリンピックでどれだけ緩和されたか見ることも出来るが
今の悩みは今しか悩めない、そもそも現段階での因果応報ルールにしても
その他宗教っぽい中にある教えは現段階でのみ通用すること

これからは数百年先が読み込めてるからそれに相応しい仕組みや
法則、宗教としても数百年ベースの教えになるよ。

人の想像性は自然美から象られてる。逆に純粋に地球生まれ地球育ちには
地球以外の自然美がどのようになってるのかその心には何も浮かばないのかも

逆に宇宙系からしたら違和感を感じる地球の自然美だったりもするから
これから地球が宇宙時代になれば地球組と宇宙組の概念用いて次の自然美を
作り出せると思ってる。種を蒔いて黄金期で刈る、みたいなところか。


974 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 15:33:50 ID:QMd4uRHU0
更新

はは〜ん - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200910180000/


975 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 15:39:08 ID:QMd4uRHU0
我々は宇宙のために非常に有用だったんですね。
それだけで報われます。どうぞ時間の許す限りご鑑賞されてください

976 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 16:25:18 ID:QMd4uRHU0
make your own kind of music

977 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 16:39:16 ID:QMd4uRHU0
悲観と明け渡しを超えて、ただ静かにまどろみの中で安定しない世界に
波に逆らうことなく、ただそのままでいる


978 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 16:41:46 ID:QMd4uRHU0
ただ一筋の光を求めて、
Enlightmentを目指したこともあったが、
もうそのようなものにも興味もなく

安定することを求めることもなく
不安定であることに居心地を求める


979 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 16:50:31 ID:QMd4uRHU0
たた一つの真理もなく、
時期と場所によって何が正しくて何が間違いなのかも常に移ろい行く宇宙

宇宙が元からそうなら
はじめからそう言ってくれたら、戦争をすることもなかっただろう

真理は無限にあるというのが真理だとはじめからそう言ってくれていたらよかったのに

980 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 17:02:58 ID:QMd4uRHU0
それから、邪悪な心と慈悲の心を同時に持っていいって
はじめからそう言ってくれたら、精神が分裂することもなかったのに

981 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 17:05:34 ID:QMd4uRHU0
こう考えなきゃいけない、だけどそうじゃないことが思い浮かんできても
ただ通り過ぎればいい、それはただの電波と同じで拒否することができないから
ただそのまま通り過ぎさせればいいって、
はじめからそう言ってくれたら、精神が硬直することもなかったのに

982 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 17:12:27 ID:QMd4uRHU0
あたたかく見守ってくれている神様もいなくて、
All that is.も完璧じゃないって
はじめからそういってくれたら、はじめから外に求めることはなかったのに

ようやく本当のことを言ってくれたけど、
みんなもう取り返しがつかない程に、傷ついている

ただ生きることだけでも大変なのに、
これ以上何を要求するんだろう

地球の覆いを外す前に何かケアしてくれないと
宇宙が剥き出しとなったとき、存在そのものが消えてしまいかねないということを
どうか賢明な観察者は頭に入れておいてください。

才ある人間もいるけれど、
みんながみんなそんなに強いわけじゃないってことを

983 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 17:52:57 ID:X5q4Xhdn0
次スレ
■□■ 宇宙NOW! 3.9 ■□■
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1255854249/


984 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 18:34:13 ID:QMd4uRHU0
じゃあ埋めるか

985 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 18:42:19 ID:6b25/Nlv0
んー、ま、折角のいい感じの言葉なんだし、それこそ観賞しつつ流れに任せたい、みたいなw

986 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 19:25:12 ID:QMd4uRHU0
次のスレが1000に達する前に、リアル現実で次元が移行しないなら
■□■ 宇宙NOW! 3.91 ■□■
■□■ 宇宙NOW! 3.92 ■□■
■□■ 宇宙NOW! 3.93 ■□■
         ・
         ・
         ・
         ・

となっていくのかいかないのか。


987 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 19:27:27 ID:QMd4uRHU0
■□■ 宇宙NOW! 3.94 ■□■

988 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 19:28:37 ID:QMd4uRHU0
■□■ 宇宙NOW! 3.95 ■□■

989 :551改め蓬莱:2009/10/18(日) 19:29:57 ID:HidK8liQ0
またお前か

990 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 19:33:23 ID:QMd4uRHU0
>>989
スレが続くか続かないかは俺の意思ではない。
宇宙の意思なんだよ。もはや俺のコントロール下にはない。

今回の更新を読んでいる最中に啓示が来た。
続けるべきだと。


991 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 19:43:27 ID:QMd4uRHU0
そんな地球であるなら、
失敗も成功もすべて、
すべて無駄にならないというなら
それだけで報われる。



992 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 23:37:08 ID:6zevYLPg0
お前は少し自分をコントロールしろ

993 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 23:42:05 ID:xqJTA+GB0
いわゆるセルフコントロール

994 :本当にあった怖い名無し:2009/10/18(日) 23:42:57 ID:xqJTA+GB0
自己管理者

995 :本当にあった怖い名無し:2009/10/19(月) 00:57:30 ID:0oMHpDiI0
マジレスすると宇宙は意思を示唆したりはしないよ。
少なくとも、やれとかやるなみたいなことは言わない。
結果こそが意思。

996 :本当にあった怖い名無し:2009/10/19(月) 01:05:25 ID:454alTE10
宇宙nowシリーズ3は、実に奇奇怪怪なスレッドでありますた。
まじない師がいっぱいの京都か播磨の国かと。

そういうわけで、996本目のろうそく。

997 :本当にあった怖い名無し:2009/10/19(月) 01:13:28 ID:z/GHtj4W0
時は997万国

998 :本当にあった怖い名無し:2009/10/19(月) 02:09:25 ID:xSRcAFNg0
>>979-982
お楽しみのところ水を差すようで悪いが、神対によれば、
“神は古の昔から、このことを示唆し続けてきたが、それを聞かなかったのは人間のほうだ”
とある。冷静に考えると、自分も心当たりがあるんで、この意見には賛成だ。
まぁ、このスレに来るような奴には周知のこととは思うが。

というわけで、998本目のろうそく。

999 :本当にあった怖い名無し:2009/10/19(月) 02:37:11 ID:0oMHpDiI0
さんざん好き放題やっといて、いまさら言ってくれればよかったもないだろw
周囲は心配して酒をやめろと言ってきたが、アル中の本人が聞く耳持たなかったようなもんだ。

ってことで999本目。

1000 :本当にあった怖い名無し:2009/10/19(月) 02:42:03 ID:0oMHpDiI0
まあ俺が〆ておくかね・・・・。

ここは、ごくふっつーに1000を踏んでおこう。
おそらく今はそれが一番良い。

まずはゆっくり休め。

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

467 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)