5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211

1 :◆fKSMCqNouQ :2009/04/24(金) 20:29:41 ID:/fyh4m1U0
 貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰 な 自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を 遣い ましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?210
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1238859854/
○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
ほんのりと怖い話スレ その55
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1237073460/


洒落コワに拘るならまとめサイトの投稿掲示板もあります
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405/


2 :本当にあった怖い名無し:2009/04/24(金) 20:32:52 ID:tquiyvgq0
『煮解賭(にげと)』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、素麗建(すれたて)なる遊びが流行していた。

先端に話題旗をくくりつけた棒を地面に立て、合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪
い合うという、己の機敏さを誇示する遊びであった。

やがてこの遊びにも飽きた者達が、毒草を煮込んだ煮汁を飲み、その解毒剤を旗
代わりにして奪い合うという競技に発展させた。
これのせいで命を落とす者が続出したが、競走に勝利したものは現人神として賞
賛され、朝廷に仕える者を輩出するほどであった。

この、解毒剤を賭けた戦いは「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝負の場でも
最も信頼できる、決定権獲得試合として行われてきた。

己の速さを誇示できることの少なくなった現代社会においては、電子掲示板などで
「2ゲットォォ!」と、機会を変えて、現代人が機敏さを争っているのかもしれない。

(民明書房刊 「DNAに刻まれた勝負心 現代人の奇行のルーツを探る」より)



3 :本当にあった怖い名無し:2009/04/24(金) 21:22:26 ID:/fyh4m1U0
>>1
乙カレーション

4 :本当にあった怖い名無し:2009/04/24(金) 21:23:24 ID:/fyh4m1U0
>>1
荒らしの立てたスレなんて使えるかよハゲ


5 :本当にあった怖い名無し:2009/04/24(金) 21:31:15 ID:GkB13PYXO
>>4
ツンデレですね、分かります

6 :本当にあった怖い名無し:2009/04/24(金) 22:08:12 ID:gp3r6AWQ0
>>5
ツンデレというより激のワンマンショウ

でも1乙

7 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 00:55:35 ID:E+7g7Ows0
>>1
こんな荒らしがたてたスレに書き込むと思ってんのか?
誰かはやく次スレ立ててくだしあ

8 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 09:46:01 ID:+2jcoGRB0
945 +1:仕様書無しさん :sage:2009/04/25(土) 04:59:15
ちょいスレチ。

オレが新米で部長に連れられてあちこちに調査・営業に行ってたころ、
ある会社に行ったときその部長、「最近じゃ、ラットというすごい装置があって、
うんぬん…」と、やたらと「ラット」を連発してくれた。
オレの立場じゃ訂正もできず…orz

ちなみにその「ラット」って、今みんなが右手にもってるヤツ。

9 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 09:50:08 ID:y2mYORcn0
チ〇コか

10 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 10:44:05 ID:qH0p4gXJO
1乙

小学校時代の怖い話を一つ
5年の夏休み、サッカー部で茨城に二泊三日の合宿に行きました。
一日目…練習のみ、夜は監督(50代のオッサン)が大酒飲み、物凄く酔っぱらう。
二日目…試合がある日。監督は朝から大酒を飲む。午前練習後の点呼時監督が「あいつは誰だ?明日のウイングか?」とGKの俺の後ろを指差す。そこには見知らぬ少年が…。しかも5秒ご突然消える。13人中8人が見えたらしい。
ちょwww夏休みwww午前中人多いサッカーグランドで人生初心霊体験とかwwwwww
酔った監督「あいつに右ウイングやらせるつもりだった!!!」と真面目に言ってた。
で、試合中に酔った監督がいきなりフィールド内入ってきて「お前はここでパス貰えと」ボランチの奴に手取り足取り指導(もう一度言うが試合中にフィールドに入ってきた)
幽霊よか監督が怖い。


11 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 19:50:38 ID:Y1VcUdIw0
このスレって柿い話か姉い話じゃなかったのかい?

12 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 20:21:20 ID:abP2/BKB0
>>1
スレタイもテンプレもなんの不備もない・・・
荒らしなんてやめてしまえ!

13 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 20:29:36 ID:E+7g7Ows0
>>12
ご・・・ごめん・・・
俺もたまには誰かの役に立ちたいなぁと思ったんだ・・・
もぅ荒らし失格だね


14 :激死ね:2009/04/25(土) 23:06:10 ID:p6USoTHG0
本スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240668263/

15 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 23:50:32 ID:UgSTm4wl0
一話書かれてるし本スレこっちでもいいんじゃね?

16 :本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 23:54:35 ID:UXTnz/O50
>>14
今回別になにした訳でもないじゃない。なんでスレ立てるの?
茶飲んでとりあえず落ち着け(´・ω・`)つ旦

17 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 00:36:31 ID:8Z+3h77/0
いちおつ
まとめサイトのpart205にあった「不思議な村」って話の山が結構近いんでできたら明日あたり凸してみようと思うんだが誰か情報もっとらん?
自分もあの辺で訳分からん目にあったことあるし、親に聞いてみたら間違いなくなんかあるっぽいので

18 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 01:25:46 ID:eSW4lCkM0
>>14
また乱立させたいのか?せっかく落ち着いてきたのに。

19 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 02:36:40 ID:rV+jUCcL0
民主の鳩ポッポが推薦している本がヤバ過ぎる件w
本というか鳩ぽっぽの脳内がオカルト。


知られたくなかった2012創造説
民主党幹事長 鳩山由紀夫推薦本
http://antikimchi.seesaa.net/article/116137798.html

ここで鳩山氏の推薦文をお読み下さい。『宇宙のメカニズムは科学的に解明できていないことが大半です。説興味深い一冊でした。』と、
こうあります。鳩山氏のこの文からはあまり読後の感動という熱は伝わってきませんが、わたくしは正直けっこう・・・
いやかなりびっくりしてしまいました。本の内容なんですが、創造主(神様)とコンタクトが取れてしまう女性がある日、
地球滅亡が2012年に起こるって伝えられるんですね。そして、ここからが面白いのですが、唯一助かる方法も教わります。
それが世界中にちらばる「クリスタルチルドレン」と呼ばれる特殊能力をそなえた子供たち12人を探し出すことなのです。で、
実際に子供達をさがす旅にでるわけですが、その間に起きる不思議な出来事が引き込まれてしまうんです。そして、もっとびっくりしたのが、
この本はノンフィクションだっていうじゃありませんか!小説ならともかく実際に行動しているっていうからすごいことですよね。
2012年滅亡説は近頃本としてたくさんみかけますが、こうやって地球を救うということをまじめに真摯にやっている人達がいるんだって
知っただけでこの本と出会えてよかったと思います。やはり何にしたって行動ですね。


20 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 10:57:48 ID:Qs6cblLn0
>>17
報告まってる

21 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 13:43:16 ID:XCoUP5yDO
携帯からだが17です
今から逝ってくる。
初凸で実況とかできないと思う上に画像のうpの仕方とか分からん。誰か助けて
あと>>20サンクス
まさか反応があるとは思わなんだ

22 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 13:51:44 ID:Qnctbnoq0
>>21
死ぬな生きろ
写真のうp方法は、携帯で写真取っておけば後で誰かがうp方法言うから安心するんだ

23 :17:2009/04/26(日) 14:16:20 ID:XCoUP5yDO
現地につきますた
付いたらオカ板住民が現われて「お前だけにいいカッコさせられるかよ」みたいなのを想像してた俺の馬鹿ん
取り敢えず自分霊感は感じる程度、今体調が急に悪くなった…
母曰く、俺が八幡山登ったら確実に何らかの形で命落とすそうですから上れん(´・ω・`)その辺の話はまた後で
今写真取りながら周りを周ってる。誰か助けてー

24 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 14:26:15 ID:Qs6cblLn0
ご       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |



25 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 14:31:38 ID:00Qr1BNB0
>>23
怖かったり体調悪かったりしたら無理すんなー
画像超興味あるから生きて帰ってうpしてくれ

26 :17:2009/04/26(日) 14:41:16 ID:XCoUP5yDO
死んできます
分かりやすく言うと登ります
 
めっさ怖い…誰か歌を歌ってくれ

27 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 14:49:34 ID:BC30RNw0O
くるーきっと来るー…
気をつけろよ

28 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 14:50:13 ID:SdBB0SXe0
何故その歌w

29 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 15:10:53 ID:yDmoU7sTO
シネ

30 :17:2009/04/26(日) 15:19:45 ID:XCoUP5yDO
>>27
ちょwwやめれww
 
やばい甲高いババァの声が「ゥ゙ィッゥ゙ィッ」て聞こえる
録音したけど小さすぎて録音できんかった
 
降りてきた
駐輪場にはチャリがあるのに登ると誰もいないという新たな謎。
後本格的に体調崩したうえ何か視線を感じまくるのですいませんが調査を終了させて下さい。神社があったり洞窟?もあったりしたので親の話もあわせて夜辺りにまとめます。むしろ今回の凸よりそっちのが有力な情報になるかと
 
腑甲斐なくてすいません、ありがとうございました


31 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 15:29:28 ID:AhftehuK0
報告楽しみにしてるぞ

32 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 15:36:15 ID:kfp9ac6wO
>>乙!

33 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 17:16:03 ID:mf5fbq/50
>甲高いババァの声が「ゥ゙ィッゥ゙ィッ」て聞こえる

それって、ただの山にいる鳥の声だろうが

34 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 17:17:02 ID:YDHU2BBQ0
厳しい突込みが入りました

35 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 18:05:25 ID:gP27jX9w0
>>33
こらえてつかぁさい

36 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 18:10:38 ID:EZmwII32O
まとめ読みたいけど、体調悪かったらムリすんなよ

37 :17:2009/04/26(日) 18:19:32 ID:XCoUP5yDO
>>33
そうかもしんない(・ω・`)
でもいくら混乱してても人の声と鳥の声を間違えたりはしない…と信じたい
 
さて今から母親酔わせてくる。なんか聞き出せるかもしれん

38 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 18:29:50 ID:Qnctbnoq0
>>37
期待してるぜ

39 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 20:05:42 ID:IVH9t9iT0
スレチかもしれんが、どこで聞けばいいのか分からないから書き込みさせてもらいます

10年くらい前にレンタルビデオで借りた作品をさがしてます。
・邦画(映画とは言い難い)
・古い作品(70〜80年?)
・タイトルが『拷問』だったと思うが定かではない
・『殴る』のテロップの後に殴られる女性、『音』の後にヘッドホンで爆音がながれ泡をふく同じ女性、『熱』の後に熱した油をぶっかけられる、『虫』そのやけどの上に大量のウジ虫…のように2時間たんたんと拷問が繰り返されるだけのビデオ
・最後まで見ていないのでラストはわかりません

これを見たのが当時中学生くらいだったが、本当に見たのかの記憶があいまいで、最近その事が気になって仕方がない。

これを探してどうしようというわけでもないですが、本当に自分が見たのか気になるので確認したい。

スレ違いの場合、案内してくれるかたがいたら有り難いです





40 :17:2009/04/26(日) 20:37:11 ID:XCoUP5yDO
駄目だ案外口固い…取り敢えず昔あの辺で商人だった父方の先祖が関係あるのかも知れないそうだ(自分直系の長男らしい)大人になったら教えると言われたが軽く誤魔化されたのではと思う
後はお前はとにかく行くな、何が何でも行くなの繰り返しで話にならんかった…八幡山付近に住んでるひいばあちゃんも同じく
 
で、実際行ってきたまとめの方なんだが、結論から言うと特に収穫は無かった。ババァの声も幻聴だと納得する。
取り敢えず簡単にまとめようと思う
 
周囲を一週しようとするも迷う

神社を見つけて取り敢えず名前をメモる

駐輪場にチャリが6〜7台あるのを見て安心して登る

誰もいないのでビビる

もう一周しよう

寺を見つける(この辺りで幻聴)

戻ってきた辺りで頭痛と耳鳴りが限界に
 
文才なくてごめん。写真一応撮ったけどめぼしい物は写ってないしうpの仕方が未だ分からんorz

41 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 21:33:08 ID:h9AHko8h0
>>17=40
乙。
文才もオチも何もなくても気にすんなってw
実際自分なら行かないし行ってくれただけでもうれしい。
それに怖くはないけどなんか和めたもんw

42 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 21:43:08 ID:lmZF/QySP
>>17=40

怖くないけど、wktkしたよ
ありがと

何なんだろうね、
かーちゃん達気にしてる事って。
何にも写ってなくても
とりあえず写真UPしてくれ。
↓で分かるかな?

# 下記のp@imepita.jpをクリック
# 表示されたメール画面に変換したい画像を添付
# 件名に写真のタイトルを入力
# 本文にコメントを入力
※タイトルとコメントは絵文字が使用できません。
# 送信
# イメぴたからのメールを受信

受信したメールにURLがあるから
それを2chに貼り付ければOK

43 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:05:48 ID:FgngcHtb0
チャリは単に無賃駐車ってことはないのか?

俺は憑かれまくるから、日光には絶対に行くなって言われた。
色々見て回りたい所はあるのに、その助言?のせいで旅行本とかテレビの特集とかで満足するしかない…。

44 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:10:13 ID:2DX9xFVP0
>>39
こっちで聞いてみた方が早いと思う

【0,,0】 グロ総合スレ Part82 【0,,0】

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1239936125

45 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:12:28 ID:p/Dd4/YC0
まとめサイトのPart 205の鍵って話は結局どうなったんだろ?
本当の話なのかな?

46 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:27:37 ID:mkoobePp0
>>40
てめえのドライブ日記とかいらねーんだよ糞が スレタイ1000回読んで死ねや

47 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:38:44 ID:yITv7mR20
>>46
死ぬ程洒落にならない煽りもいらないぞ、と。

48 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:45:07 ID:91uHqcnLO
微妙な空気になったところで俺が一話
高校は水産高校に通ってた俺、夏休み職業見学で鮎の養殖を見に埼玉の山奥に行くことになった。
先生が「幽霊でるけど」と真面目に言う。
本気にしてない俺は同級生数人と先生と山奥の養殖場に行き、卒業生の社員の方と学校の先生(信号が頭に落ちてきたが死ななかった強者)と仕事していた。
その日の夜、夜間の仕事をする為に寮から養殖場に行く為に山奥の道を歩いていた。

すると暗闇の前方の道に男がいるのよ。
まず暗闇なのに男の顔を確認出来ることが有り得ない。
光っている訳じゃなく懐中電灯を持っている訳でもない。
僕を含め生徒3人全員が産まれて初めての金縛り。もう怖くて怖くて…。
すると懐中電灯持った先生が幽霊に向かっていき幽霊にローキック一撃!!
幽霊は倒れて「あ〜」と声をあげた。
先生が「行くぞ」と言うが依然幽霊倒れてるし僕ら金縛り。
先生が幽霊の胸に蹴り入れたら幽霊消えた。同時に金縛り解放。
先生と社員はは慣れっこらしい。
凄く怖かった(((゚゚;)))


49 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 22:47:18 ID:AhftehuK0
リアルTさんktkr

50 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:05:05 ID:IVH9t9iT0
>>44
トン

51 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:23:48 ID:4BQa/bKv0
クレイジーちゃんが重複スレ荒らしててこわいなw

52 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:30:17 ID:1uchLKGaO
>>38
とりあえず、怖いTV・番組〜スレに行くといいかも。


53 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:31:50 ID:E+EVsxtK0
     :::;;;;;;,-''''''''-;;;,;;;;;;   私は光と闇
    ;;;;;;;;;;i´    `i;;;;;::::
   ;;;;;;;;┌'      'ヘ;;:    始まりにて終わり
   ;;;;;;;;;)ュ,       ,r(;;;    
    :;;;;;;;;;>、   ,ノヾ;;;;;;;  宇宙と呼ばれる存在でありそれ以上のもの
   ;;;:,チ''゛  :`::::::':':   ゙゙Y;;;;::::    
 ::;;;;y'´   ,  真     `{;;;;;::::: ある者は神と呼びある者は悪魔と罵る 
 ::;;;.(,   ″        '(;;;::      
  ;;;;;:`,ll'-=@ 理   ll  |:::    全てを知りつつすべて忘れた者
   ::::|   ゙;,_ ,:     ゙  i;;;;,,,,,,,,,
   :::::i   ::::          .'-、;;;;;;;;;;;::::: そして私は・・・お前だ・・・
  ;;;;;;;;ハ  i:::::    ....::::''   `'<;;;;;::::  さぁ・・・通行料を貰おうか

54 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:32:53 ID:1uchLKGaO
間違えた
>>39ね。

亀レスすまんorz

55 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:33:50 ID:pcHh5z09O
>>39
たぶん、ギニアピッグ

56 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:35:24 ID:/UEknIyvO
うちの町内にある木造2階建アパートはK荘といい、既に数年前から無人で今では
入口も厳重に封鎖されている
このK荘に最後まで住んでいたのは弟の中学時代の同級生だったNという一家だった
この一家はひどく貧乏で出ていくあてがないため立ち退きを促されても住み続け
ていたのだか、ある時期から姿が見えなくなった
N一家がいつ出ていったのかは誰も知らないし近所では急に消えたと言われてた
もともとN一家は近所付き合いがほとんど無く、特に父親は数々の奇行で有名で
この一家がいなくなっても誰も気にかけはしないのだが
以来K荘の入口には鍵がかけられ、不動産屋の紙が貼られているのみだった
ところが無人になったはずのK荘から夜になると人の声がするという噂が広まった


57 :55:2009/04/26(日) 23:35:58 ID:pcHh5z09O
ごめん、ギニーピッグだた

58 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:50:50 ID:4BQa/bKv0
いょん!

59 :17:2009/04/26(日) 23:54:18 ID:XCoUP5yDO
亀レススマソ
>>41 >>42
なんか…ごめんヘタレで

>>43
なるほど、無賃駐車なら安心だ
日光は…猿にも恨みとかがある事を思い知らされるよ
>>46
本当だよバーロー恐怖体験したかったけどこれじゃただのネタにもならないよバーロー


>>42の教えに従ってやってみた。>>42サンクス
場のふいんきが伝わりそうなのを選んだつもりだが…
http://imepita.jp/20090426/845700
http://imepita.jp/20090426/848660
http://imepita.jp/20090426/850030
http://imepita.jp/20090426/851090


下らない気の迷いに付き合ってくれてありがとう、名無しに戻る前に板のみな様とついでに怖さを和らげようと聞いてた谷山浩子に大感謝

60 :本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日) 23:54:50 ID:/UEknIyvO
浮浪者でも住み着いたかと心配した町会が管理の不動産屋に調査してもらったが
不動産屋の調べでは『全て異常なく、全室の施錠を確認』と
報告してきた(当時うちにも報告が回覧板で来ていた)
しかしK荘から叫び声や笑い者がするという噂は絶えなかった
ある日、俺がこのK荘に向かって「おーい!」と叫んでみた、すると突然
中から「ウワーッハッハッハ〜」と周囲に響き渡るような哄笑が返って来た!
・・・男の声だ、明らかに中に誰かいる!?
翌日弟と一緒にまたK荘に、弟が同級生だったN家の長男の名前を喚んだら
またしても「ワーッハッハッハ〜」狂ったような男の笑い声が!!!
さすがに怖くなったが、声は二度とも一階の奥の方から聞こえたように感じた
弟が言うには一階の1番奥の部屋こそN一家がかつて住んでた部屋だという
閉鎖されてるK荘にN一家がまだ住んでいるはずがないが、一体だれの声なのか?

61 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:09:45 ID:iDgJZC300
ワライカワセミが棲みついてたんじゃね?

62 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:10:50 ID:WVh/JIFfO
その半年ほど後、K荘を管理している不動産屋の社員ががK荘の中で自殺するという
異様な事件が発生した
俺と弟はこの件を直接は知らないのだけど、結局この件は単なる自殺として
片付けられ、警察も数日で来なくなったそうだ
そのあとK荘の前にはバリケードのような物が作られて全く侵入不能になった
しかし、確かに聞いた笑い声、事件にもなぜか沈黙した町会、異常な厳重封鎖
不動産屋は詮索されたくない何かを町会に因果を含めて隠蔽したのではなかいか?
俺と弟はあの笑い声の主をK荘のヌシと呼んでいるのだが、アレが今でもK荘にいる
としたら、N一家との関係はともかく、それは人じゃないものなのかも知れない
マジでいっぺん警察に調査してほしいと思う

63 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:20:37 ID:anpv7R07O
ギニアピッグw

64 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:22:10 ID:WVh/JIFfO
>>61
なるほど、それは考えなんだわ〜

65 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:33:15 ID:B6y9FkTvO
>>19
民主の鳩ポッポは宇宙人キャラが売りだからな

66 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:37:29 ID:Al1Z5gpB0
>>35
つげくん?

67 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 00:39:24 ID:+OsIXIE20
>>59
なんたる偶然・・自分も数時間前に谷山浩子の海の時間聴いてた
最後のって洞窟?不思議な村の洞窟と同じやつってこと?

68 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 01:41:47 ID:ubR6R/pPO
さて寝ようと部屋の電気を消す瞬間に、PCのディスプレイの裏向こうに長い髪の人が上目遣いにこっちを睨んでいたのがしっかり見えた。
現在へこたれ中。

69 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 01:43:29 ID:tSrnJq8S0
>>68
それ俺

70 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 01:45:39 ID:SScuCbVQ0
>>68
ガンガレ
一発抜いて寝てしまえばよろし
おやすみ

71 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 09:27:32 ID:ia2YoHT3O
>>59
消えろ粕

72 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 09:59:14 ID:pgy+909OP
>>59
UP乙!

綺麗な所だね。
何となく、見られているとか
そういう感覚に落とされる写真だけど・・・

かーちゃん、ばーちゃんに
今回気付いたら散歩してましたwみたいな事言って
ひとしきり怒られた後、
なぜ止められるか聞いてみたら?
理由が分かれば良いんでしょう?

73 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 12:21:10 ID:0DHz8KP/O
こんにちは
嘘偽りを話すつもりはありません。
思い出したくないですが書かせて下さい。
去年の友達と夜釣りに横浜の磯○付近の福○に行きました。
夜釣りをして鰈などを釣っているとバンバン!という音が聞こえました。
何だ?と思い音の先を見てみると釣り場の隣の工場2Fの窓に人影が見えました。
?と思ったら今度は1Fの窓からバンバンと音が聞こえました。
1Fの窓を見ると真っ赤な目が二つ僕を睨んでた。
目だけで顔も体もない。真っ赤な目の中に黒目がある。
僕は気絶しました。時刻は恐らく1時頃だと記憶してます。
友達は僕が寝たと思ったようです。
4時頃友達に起こされて目が覚めた。
パトカーが二台止まっている。
警察官の話によると夜中釣り人が乗ったゴムボートが一隻沈んだということでした。
2人乗っていて1人は無事、1人は行方不明とのことでした。
無事に生還した人の証言によるとボートが沈んだ時刻は僕が目を見て気絶した時刻とほぼ一致しました。波も無かったのにいきなり転覆したらしいです。
赤い目とゴムボートが沈んだ関係があると思えません。ゴムボートは赤い色をしていたそうです。


74 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 12:49:59 ID:pDVXuF2q0
893の抗争かね?

75 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 13:47:15 ID:DvHcHj3NO
>>73
気絶は最強の自衛行動なり。

76 :73:2009/04/27(月) 14:24:03 ID:0DHz8KP/O
>>75そうですね。
夜釣り好きなので心霊現象、殺人、死体目撃には事欠かないですorz

77 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 15:39:43 ID:KGRCYMIB0
>>39
まだ見てるかな?
「ギニーピッグ 悪魔の実験」
です。

78 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 16:00:26 ID:tSrnJq8S0
http://ruru2.net/jlab-ruru/pct/s/ruru1240815366625.jpg

79 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 18:35:45 ID:FNBOdKwGO
先ほど、柿スレに間違えて書き込んでしまったので恥ずかしくて書き直すのは止めようかと思ってたんですが、妙な事が起きているので聞いて下さい
携帯からの上、文章が上手くなくてごめんなさい。


仕事中、ちょっと暇だったのでここぞとばかりにシャレ怖まとめサイトを読んでました。
一人暮らしで怖いから部屋では読めないけど会社なら周りに人だらけだし…とウキウキしながパート1から順番に読み進めました。

自分は本当にひどい怖がりで、怖いと手に汗がぶわっと出ます。(怖がりの見たがりです)
サイトを見る前に念入りに手を洗い、どれくらい汗をかくかなあなんて考えて、左手をキュッと拳にしていたんです。
もちろん、左手には何にもありませんでした。

パート1のおばちゃんの葬式の時に弟が…というところを読んだあと、左手に違和感が。
手を開くと手のなかに真っ黒の10センチばかりの髪がありました。自分は染めたばかりの焦げ茶色の髪だし、長さも違います。
気色悪くなって髪をゴミ箱に捨て、シャレ怖を見ていたブラウザも閉じようとしました。
→続く

80 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 18:42:17 ID:7YV7FDEzO
だからメモ帳使えとあれほど…!!

81 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 18:44:53 ID:FNBOdKwGO
→続き

閉じようとしているのに、右手の指先から腕の付け根までがプールの後でクタクタになった時のように妙にダルくてうまく動きません。
また、右の耳だけ
『ピィー』
と甲高い音がしはじめ、肺の底がゴボッと泡立ったような感覚のあとえも言われぬ不快感が右肩にのし掛かりました。

自分は以前からずっと、何か怖い話をしたり聞いたりしたときは必ず右肩に不快感が走ります。
それから、体は寒いのに腹の芯はカッカと熱くなるのがパターンです。

いつもの事かと気持ち悪がりながらも気にせず無理矢理ブラウザを閉じ、お手洗いに行って体から尿を絞りだし、なに食わぬ顔で仕事をしていれば段々と不快感は落ち着いて来ました。

いつもはここで終わるのに、今日は何だか変なんです。
ヒラヒラしているスプリングコートの右側が時たま『ツンツン』と引っ張られるし、右耳にまだ音がきています。
シャレ怖って本当にヤバい話も混ざってるみたいですね。

うまくまとまらなくてすみませんでした。

82 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 18:58:19 ID:yBqURz4p0
>>81
ID:FNBOdKwGO

もういいから連投やめろよ糞電話


83 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 19:02:20 ID:uR3M2ZhXO
突然どうした?生理か?

84 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 19:04:29 ID:tSrnJq8S0
整理とか言ってるやつ何なの?

85 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 19:23:06 ID:1N8nMcvk0
耳って何かあるのかね
自分も心霊っぽい目にあって高熱と同時に中耳炎になってから
定期的に耳鳴りと圧力の関係でペコペコ音がしたりするようになっちゃった
そうなる原因はわからないって言われて治ってない

86 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 19:39:21 ID:UC4K5/I+0
>>81
それはあなたが仕事中、関係ないサイトを覗いているのに気づいたシステム管理者の仕業です。
悪魔召喚プログラムにより低級霊を呼び出し、回線を通じてあなたのモニタに送り込んだのです。
あなたは既に感染されました。汚染度は警告レベルであり、除霊は困難です。
睡眠を取るごとにあなたは悪魔に魂を乗っ取られていくことでしょう。
あなたに残された行動は一つです。「悔い改めよ」。

そして、まことに残念ですが、あなたはリストラの優先候補者リストに載りました。

87 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 19:41:27 ID:yphUjtoa0
先月大学時代の友人と男3人女2人で、肝試しに行ってきた。
行き先は廃病院で、地元ではかなり出ると評判だった。
柵を越えて中に入りしばらく探索していると、不自然な中二階を発見した。
自称霊感の強いA子が「あそこは危ない」っていうもんだから、俺達は寧ろ面白がってそこに行こうとした。
中二階にあがる階段部分は崩れていてそのままでは昇り降りなどできなそうだったが、廊下の反対側に古いはしごがあったのでそれを使って上に上がった。
そこは6畳ほどの病室のようなつくりで、窓がひとつあってカーテンがヒラヒラと風に揺れているだけで、他にはなにもない殺風景な部屋だった。
霊の気配も感じられない。
俺達はガッカリして(ちょっと安心しつつ)下に降りようとしたのだが、そのときにはしごが倒れてしまった。
かなり大きな音を立てたので、女性陣だけでなく俺らもかなりビビって声が出てたw
下まで3mくらいあるので飛び降りるには勇気がいる。
これは困ったことになったと思ったが、Bが「カーテンをロープみたいにして降りよう」と言い出した。
窓のカーテンを拝借し、ねじって、何とか2m近いロープ上のものを作った。
中二階の部屋には結べるようなものもなかったので、とりあえず上で誰かが押さえて一人ずつ降りようということになった。
最初に俺(下で女子を受け止める役)、A子、B子、C、Bの順番。
下に降りて脚立の足元を見てみたが、特に安定が悪いようなこともなく、なぜ倒れたのか不思議だった。
もしかしたら霊の仕業かもしれない。
まぁ暗かったからよくわからなかっただけで、実際は足場にちょっとした段差でもあったんだろうけどw
とにかくみんな無事に帰ってこれたし、楽しかったかな。
怖くなくてゴメン。


88 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 20:52:26 ID:35yff4nxO
低レベな釣りやのw

89 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 21:15:29 ID:IpkT9Qxy0
最近つまらんのが多くて読むのが苦痛です
なんとかしてください

90 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 21:27:38 ID:wrJ3rf/30
>>89
こらえてつかぁさい

91 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 21:39:37 ID:0DHz8KP/O
ギギギ

92 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 21:50:21 ID:3XYjaRLcO
なんか昨日から携帯から変な音しててさ
さっき2ちゃん見てたら「ニャア」って鳴いたんだよ
どうなってんのこれ?

93 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 21:57:10 ID:rRFzx4mN0
勃起した
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1703.jpg

94 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:03:23 ID:tSrnJq8S0
>>93
なんだよこれ?


95 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:03:47 ID:pDVXuF2q0
まーたこんなもん貼りやがって

96 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:04:14 ID:tSrnJq8S0
今から肉マン食べていい?

97 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:18:39 ID:TBAkVS6jO
>>96
胴回りが肉まん化するぞ

98 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:21:19 ID:iW/VfWmGO
携帯からで読みづらかったらごめん
半年くらい前なんだけど、すごく鮮明で不気味というか不思議な夢の話。

私は細い川のほとりにいた。
川って言っても、近代的な護岸された川じゃなくて、河原に小石がたくさん転がった河原。
全体的に灰色の色彩で、薄暗く霧が立ち込めて視界が狭い。
河原より向こうはこちら岸からも向こう岸からも全然見えない。
普段なら不気味と思う風景なのに、不思議な心地で、そこにいるだけで穏やかにいられるような場所。
ただ黙ってそこにいたくなるような。
しばらく河原でぽけっと突っ立ってたんだけど、ふと、川に赤い橋が掛かってるのに気づいた。
平安時代の巻物にありそうな、金の飾りがついた赤い橋。
灰色の風景の中に鮮やかで、すごく綺麗で、私はそれを渡ってみた。
すると、川幅は狭くて橋自体もすごく短かったのに、さっきまでいた岸からは見えなかったものがあった。

たくさんの麻の服を着た子供達。
それから、河原から上がって土手に続く石積の階段。
私に気がついた子供達が集まって来た。
「お姉さんどうしてここにいるの?」とすごく驚いた顔で皆聞いてくる。
私子供って苦手なんだけど、この時はなぜか不快に思わなくて、「なんでだろうねえ」ってぽけっとしながら答えた。
やがて、一人の男の人が石積の階段を降りてきた。
すごく古風な陰陽師みたいな青と白の着物に、かわいい感じの顔立ちの若い男。
その男に、子供達は嬉しそうに一斉に駆け寄ったんだけど、彼はそれより私に向かって来た。
子供達同様びっくりした顔で「君、来ちゃったの?」と聞かれて、「はい」って答えたら悲しい顔をされた。
「たまにいるんだよね、そういう人。ついてきて」って言われて、訳がわからないまま彼について階段を上がった。

続きます

99 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:21:24 ID:tSrnJq8S0
>>97
わかった
あんまんにする
シンゴー!!シンゴー!!

100 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:27:35 ID:iW/VfWmGO
階段を上がってからはよく覚えてない。
いきなり遊園地のアトラクションみたいな、鏡の迷路の中にいた。
「抜けるまで絶対に振り返っちゃいけないよ」とさっきの彼の声が直接頭に響く。
分岐がすごくたくさんあって、どう考えても迷うんだけど、私には「絶対こっち」となぜかわかってた。
違う道にわざと行ったりしたら、何か黒いものに捕まる気がして、脇目も振らず振り返りもせず夢中で走った。
よく夢の中で走ると、思うように動かないんだけど、この時はいつもの(現実の)ように走れた。
たくさんたくさん走って、ようやく迷路を抜けた瞬間、「もう来ちゃダメだよ、でもいつかまた会おうね」って彼の声で言われて、光に包まれて目が覚めた。
走ったみたいに息切れして、汗だく。

あの時私はどこにいたかよくわからないけれど、なんとなく、死んだらいく場所の気がした。
それからしばらく、あの時の彼の最後の言葉が耳から離れなかった。
会ったこともない人で知らない場所だったのに、懐かしくて。
それからひと月でおじいちゃんが死んで、納棺のとき自分でも知らないうちに「彼によろしくね」って呟いてた。

特に落ちもないです。ごめん
素敵な場所だったけど、おばあちゃんになるまで行きたくないな。

101 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:34:00 ID:pDVXuF2q0
なんかちょっといい話だ

102 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:37:49 ID:Oym0MCfkO
つい先日の話
今は関西から埼玉に引っ越して来て 一人暮らし中
嘘やなくて真剣に真夜中に異変が起きた
長文になりますが書きます。
一人暮らしは暇なもんで 引っ越して来てから夜は毎日ゲームに熱中してます
夜の3時台だったと思う
そろそろ寝なあかん
って思いゲームを消す
テレビを映像&ゲームから普通のテレビ番組に切り替えた時
一瞬 無音になるやん
その時 部屋をノックする音
はっ?てなったが
友達はいない 真夜中来客など無い
ましてノック(笑)
ピンポンも鳴らさない
聞き間違いかと思って テレビに集中してたら またノックの音
うちの家は1Kで
玄関入りキッチンが有り 奥に8畳の部屋
ドアや仕切りは無く
ソファーから振り向けば玄関が見える状況
聞き間違いと 思い込んでも やはり気になるもんで テレビに集中できなく チラチラ振り向いては玄関を見る

そんな状況が10分 程度 続いてた
あっ! もしかしたら隣の人かな?
もしかしたら ゲームの音がうるさく
隣の人が文句 言いに来たのかな
怖いから そういう風に自分で考えてたんやけど
全然
ノックがやまない


103 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 22:45:21 ID:Oym0MCfkO
さすがに 怖いが
玄関まで行きました
恐る 恐る ドアの穴から 見てみると
誰も居ない
はっ?! なんやねん
風の音か?幽霊俺様にびびったんか? みたいに一瞬だけ調子に乗ってました(笑)
最近の幽霊はヘタレやわ
って罵声を出しながらソファーに戻ろうとしたら
ノックって言うよりも ドアを殴る感じで ドンドン

ビクッ!って一瞬で鳥肌が立ち
玄関の穴を覗こうとしたら
開けろ って女の聞こえました(泣)
4月24日の話です
今は 実家に帰ってきました
あまりにも怖く あの日 オール電気ON
朝一 関西帰宅(笑)
親には GWだと
言うてるけど
実は 仕事も辞めて
今は 部屋を引き払う為 不動産屋との話し合い中
埼玉の鴻巣は怖いょ

104 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 23:00:00 ID:yBqURz4p0
電話書き込み禁止にしようぜもう

105 :本当にあった怖い名無し:2009/04/27(月) 23:13:09 ID:+OsIXIE20
>>102
そんなことより所々にある半角スペースが気になる

106 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 00:47:05 ID:ag4WP3EV0
これからお話ししますのは、私が約一週間に渡って体験した出来事です。
最初に断っておきますが、種明かしのようなものも落ちに当たるものもありません。
ただ私が体験した事実のみですから、人によっては全く怖くないと思うこともあるでしょう。
しかしながら今までこの話を多くの方にお話ししてきたところ、
数名の方が「それ以上その話を続けないで下さい」と途中で遮ってしまわれました。
一体どういう理由かと尋ねてみても「もう聞きたくないのです」とおっしゃるばかりです。
よくはわかりませんが、もしかするとあまり良くない話なのかもしれません。
そういう訳ですから、人によっては全く恐ろしくもない話なのですが、
もし途中で「続きを知りたくない」と思われましたら迷わず読み飛ばしていただきたいのです。


前置きが長くなって申し訳ありません。
ここから本題に参りたいと思います。
あれは私が高校二年生の秋、十月の終わりの頃でした。
その日いつものように部活を終えて友人達と帰り支度をしていた私は、
薄暗い校庭の隅、裏門のすぐ近くに立つ人影に気が付きました。
距離はそう遠くはありませんでしたが、日もほとんど落ちかけているのに加え、
私は視力がそう良いほうではありませんでしたので、
その人物の人相などはよくわかりませんでしたが、男性であることが見てとれました。
校庭にはまだ部活中の生徒もおり、そこそこに人のあるその場所で、
なぜ彼が目に留まったのかというと、彼が制服、正しく言えば学ランを着用していたからです。

107 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 00:48:16 ID:ag4WP3EV0
申し上げるのが遅れましたが私の通っていた高校は当時では珍しい私服校で、
中には制服風の装いをする者もおりましたが
その全ては女子生徒で、それも決まってブレザー風の装いでした。
さすがに私服校でセーラー服を着用するのには勇気が要ったのでしょう。
しかし彼は男子生徒、しかもセーラー服同様に注目を集める学ランを着用していたのです。
自然目が向いてしまうのも仕方のないことです。
私は友人達に知らせるべく彼から目を離し、次に振り向いたとき、
彼の姿はもうどこにもありませんでした。
友人達は、他校の生徒がこちらの友人でも訪ねて来たのだろうと言い、
私もそれに納得しておりましたが、それから約一週間、
私は学校の至る所で『彼』の姿を見ることになるのです。

元来細かいことを気にしないたちの私ではありますが、
翌日、翌々日も見かけることになるとさすがに不気味な気持ちになって参りました。
更に友人の誰一人として『彼』の姿を確認できないというのも私の恐怖心を煽りました。
授業中に、水の抜かれた屋外プールの中に立っている
『彼』の姿を見たときには心底ぞっとしました。
救いは、『彼』は学校以外の場所に姿を見せることはないということと、
『彼』を見たからといって特に何かあるわけではないということでした。
それでも不気味なことには変わりなく、殊にそこに存在し得ない場所、
たとえば施錠された特別教室の中や封鎖されている屋上、
三階の窓の外などに『彼』の姿を見出だした際には、危うく叫び出しそうになるのを必死に堪えました。

108 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 00:49:21 ID:ag4WP3EV0
友人らに相談しようにも、皆には『彼』の姿が見えないのですから何とも説明のしようがありません。
下手をすれば私の頭がおかしくなっているのだと受け取られる可能性もあります。
恐怖心に苛まれつつも変人だとか臆病者だと思われたくないという気持ちを捨てられない、
これは若さゆえの矜持でありましょう。
あいつは得体の知れないものに取りつかれていると言って
始終怯えているなどと笑われると恥ずかしいという見栄が勝っていたのです。
ですから友人達には一切その話はしないようにして、『彼』のことを気にしないよう努めました。
何せ『彼』は危害を加えることのない上に学校でしか姿を見せないのですから、
一歩校外に出てしまえばもう恐ろしい思いをすることはありません。
元より楽天的な性格も手伝って、無理矢理にではありますが、
表面上は平穏な日々を送っておりました。

そうして一週間が過ぎた頃、ついに『彼』が学校外の場所に姿を現したのです。
それは部活を終えての帰宅途中、電車を待つホームの上でした。
ふと向かいのホームに目を遣ると、真正面に『彼』が立っているのです。
表情はわかりません。気をつけの姿勢で真っ直ぐにこちらを見ているようでした。
私もぼうっと『彼』を見ていました。
電車がホームに入って来るまでの間、お互い身じろぎもせず視線を交わしていました。
どうやって電車に乗り込んだのかは覚えていません。
いつの間にか揺れる電車の中でしっかりと吊り革を掴んでおりました。
その手が次第に汗ばみ、かたかたと震えだすのを抑えることができませんでした。
『彼』が校外に出て来てしまった。
しかも私の目の前に立ってじっと私を見つめていた。
あれは私を追い掛けて来たのだ。
きっと私は『彼』にとり殺される。
あまりの恐怖に吐き気がこみ上げてくるのを堪え、何とか無事家に辿り着いたときには
恥も外聞も無くぼろぼろと泣き崩れてしまいました。

109 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 00:50:29 ID:ag4WP3EV0
今考えてみればホームで見たのは『彼』ではなかったのかもしれません。
あの駅を最寄りにしているのは私の学校の生徒だけではありませんし、
他校の生徒を『彼』と見間違えてしまった可能性は大いにあります。
しかし私にはあれは間違いなく『彼』であったように思えるのです。
その理由として、翌日から『彼』の姿を目にすることが一切なくなったからです。

『彼』を駅で見た翌日、楽天的な私とは言えど、さすがに学校に行く気にはなりませんでした。
けれども事情を知らない母は私を学校へ送り出そうとします。
頭痛がするとか吐き気がするとかありきたりの言い訳を重ねてはみましたが、
仮病など通用するはずもなく、私はさっさと送り出されてしまいました。
いっそ学校をさぼってしまおうかなどとも考えましたが
どうせ『彼』は校外にも現れるのですから無駄なことです。
人でないもの相手に何をどうしようもないと肚をきめて、
ほとんどやけくそのような気持ちで登校したところがどこにも『彼』の姿がないのです。
それから三日ほどは私も警戒心いっぱいに過ごしていたのですが、一向に『彼』は現れません。
そうなると調子のいいもので、この一週間くらいのことは夢でも見ていた気になり、
すっかり元気を取り戻した私はまた以前のように気楽な高校生活を過ごしたのでした。

110 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 00:51:36 ID:ag4WP3EV0
『彼』の話はこれで終わりです。
長い割にさして恐ろしくもない話で申し訳ありません。
『彼』が何者であったのか、何故私の前だけに姿を現したのかはわかりません。知る術もありません。
結局私には何の実害もなかったのですから。
ただひとつだけ、関連があるかどうかはわかりませんが、
『彼』が姿を見せなくなった後に妙なことがありました。


後と言いましても二ヶ月以上も後、冬休みも過ぎて三学期始めのことです。
私のクラスメートのある男子生徒、仮に杉田君としておきましょう、その杉田君が退学したのです。
退学ごとき、とお思いでしょうがこれがどうも妙で、
ある日突然彼は学校に登校しなくなり、次の日には机が片付けられ、
杉田は退学したと一言告げられたのみで、私達にとっては
ほとんど行方不明のような形でクラスから居なくなってしまいました。
学校に来なくなる前日まで彼はいつものように明るく冗談を飛ばしておりましたし、
私自身杉田君と言葉を交わしもしましたが別段変わった様子はありませんでした。
それが突然退学し、しかも一切の連絡がつかなくなってしまったのです。

杉田君と親しい者の中には心配して彼の家を訪ねて行った者もありましたが、
家には人の居る様子はあるものの、呼び鈴を押しても何の反応も無かったということです。
暫くは嘘だとも本当だともつかない彼の噂がまことしやかに校内を飛び交っていましたが、
次第にそれも終息し、杉田君のことは皆の記憶から薄れてゆきました。
実際、何らかの事情があって突然の退学ということにならざるを得なかったのでしょうから、
いつまでも心ない噂話をするのに皆の気が咎めたのかもしれません。
しかし私にはその噂話が今でも心に引っ掛かって仕方ないのです。
噂とはこのようなものでした。

111 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 00:52:40 ID:ag4WP3EV0
杉田君の退学後、彼と親しかった友人らが家を訪ねたところが、
中からは人の声がするにも関わらず、呼び鈴を鳴らしても一向に出て来る気配が無い。
どうにも埒があかないので家の裏側に回って様子を窺うと、
窓には真っ黒いカーテンが引かれてあって中の様子がさっぱりわからない。
皆がっかりしてもう帰ろうとなったところでその中の一人がふと気付いた。
おい、あれはカーテンではなく学ランじゃないか、と。
杉田君の家の窓にはなぜか何着もの学ランがカーテンのようにかけられていた…とこういうわけです。

あくまで噂話ですから真偽の程はわかりません。
しかしその話を聞いたときの私の気持ちは言わずともおわかりでしょう。
制服の『彼』は一体何ものであったのか。
『彼』と杉田君は関係あるのか。
何故私には何もなかったのか。
私が知らなかっただけで杉田君にも『彼』が見えていたのか。
杉田君は一体どうしてしまったのか…いくら考えてみても何一つわからないままです。

私はといえばその後一度も『彼』を見ることなく現在に至ります。
しかし『彼』のことも杉田君のことも一生忘れることはないでしょう。


これで終わりです。最後までお読み下さってありがとうございました。

112 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 02:56:21 ID:AXwm2iuZO
次の方どぞー

113 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 03:01:57 ID:TNMJ11iC0
お前がしきるな

114 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 03:47:12 ID:eD6Jvbdz0
いや、>>112の気持ちは痛いほどよく判る・・・。

115 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 04:38:48 ID:cLhBJwdV0
あまり怖くはないが洒落になってない話をひとつ

朝起きるとすこぶる体調が悪くてベッドから起き上がることすらできなかった
これは今日は会社行けないな、と思いサイドチェストに置いてある携帯でどうにか上司に連絡を取り
体調不良で会社を休む旨を伝え、ついでに同期の友人に業務明けに自分の部屋に寄ってくれるように伝えてくれと頼んだ


夢だった。目が覚めたら病院のベッドの上でしたとさ

116 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 04:41:43 ID:sVEPdHs/O
キングクリムゾンだな

117 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 08:17:09 ID:1PTB4jI2O
時をすっ飛ばされたな。>>115はイタリアのコロッセオ近くに住んでたんだろ

118 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 15:12:07 ID:0lDnjd7r0
最近面白い話ないね

119 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 15:14:28 ID:YRG81Me9O
ある所に全身真っ白の犬がいてな
その犬はうわやめろなにをs

120 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 15:39:12 ID:RgZXxgTkO
よく見ると白いビニール袋だったわけだな

121 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 15:41:57 ID:l+RvxE4QP
きっと、尾も白かっうわやめろなにをs

122 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 17:46:03 ID:TNMJ11iC0
↓以下、おチンチンスレに変更になります


123 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 20:07:14 ID:dIXS77BkO
>>104
携帯より関西弁書き込み禁止が先だ
折角怖いもんも怖くなくなるわ…

124 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 20:38:16 ID:Uyql8rpn0
じゃあ、名古屋弁で書いちゃりゃー
つーても、ネタがにゃいんでなんも書かんがのー

125 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 20:50:35 ID:NyDgmy5DO
名古屋人の殆どは標準語をしゃべります

126 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 20:58:09 ID:YRG81Me9O
だが待って欲しい
名古屋弁で書くと宣言しただけで名古屋人とは宣言していないのでは無いだろうか

127 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:01:36 ID:y/qzGtBo0
中学生の頃祖父から聞いた話(話自体は祖父の父=曽祖父から祖父が聞いた話)

俺の地元の山に神主もいない古びた神社があるんだが、そこに祀られている
神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。

大半は粗末に扱うと災害が起きるとかそんな話なのだが、そのうちの一つに
こんな話があった。それは戦国時代、当時の領主の放蕩息子が祟りなど迷信だ
といって神社のご神体を持ち出し、あろうことか酔った勢いで御神体に向かって
小便をかけたらしい。

それから暫くは何事も無かったのだが、数年後から異変が起きた。
(古い話で詳しくは伝わっていないが、口伝として語り継がれているのは以下のようなもの)

・詳細は不明だがあちこちで説明の付かない怪異が多発
・村人が何人も理由不明で失踪
・領主の顔が倍近くに腫れあがる原因不明の病気にかかり、回復はしたが失明
・問題の放蕩息子以外の3人の息子達は戦で重症を負ったり病気にかかったり
・問題の放蕩息子は乱心し山に入ってそのまま帰らず
・祟りを恐れた村人達が色々と神様を鎮める試みをしたが全てうまくいかず、村人は次々と村を去り事実上の廃村に

こんなところなのだが、まあ古い話であり、文献として残っているわけでもなく、事件の結末
も解らない中途半端な話なうえに、口伝として語り継がれる程度のものだったのと、その後村
に住んでいる人たちは後になって移り住んだ人たちばかりなので、いわゆる噂程度のものだった。

そして時代は変わって祖父がまだ生まれる前、明治維新から数年後頃の話。
神社は当時から神主などはおらず、村の寄り合いで地域の有力者などが中心となって
掃除や神事などの管理し、たまに他所から神主さんを呼んで神事をしてもらっていた。
また、口伝として残されている話などから、「触らぬ神に祟り無し」ということで、御神体は
絶対に誰も触れることなくずっとそのまま存在し続けていた。

続く

128 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:01:57 ID:TNMJ11iC0
ういろうだみゃー
きしめんがうまいだにゃー

129 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:02:27 ID:y/qzGtBo0
>>127の続き

戦国時代の事件以降、ずっとそんな状態で神社も村も何ら大きな出来事も無く
続いてきたのだが、ある年ある事件が起きてしまった。
ある日村の若い人たちが集まって話をしているときに、ふと前記の祟りの話が話題に
なった。その時数人の若者がこんな事を言い出したらしい
「祟りなんてあるわけがない、日本は開国して文明国になったのだから、そういう
古い迷信に囚われるのは良くない」と。

そんなこんなで、その後どういう経緯でそうなったのかは解らないが、迷信を
取り去るためにその御神体とやらの正体を見に行こうという事になったらしい。
まあ気持ちとしては一種の肝試し的な軽い気持ちのものだったのだろうと祖父
は言っていた。

ただし、全員が全員その話に賛同したわけでは無く、やはり祟りは恐ろしいという
ことで実際に見に行ったのは10人ほどの集団で、やはり肝試し要素があったので
夜中に集まり神社へ向かった。
(神社での一連の話は一緒についていった人から曽祖父が聞いた話。)
神社の境内に入り、拝殿の扉を開け中に入るとこじんまりとした祭壇があり、
そこの台の裏に古ぼけた桐の箱が置いてあり紐で厳重に封がされていて、どうやら
御神体はその中に入っているらしかった。

みなそこまで来たところで少し怖気づいてしまい、また、何か妙な胸騒ぎが
したため箱に触れることが出来なかったらしいが、最初に「迷信だ」と言い出した
やつが意を決して箱を手に取り、箱を固定していた紐などを解くと蓋を開けた。
中には綺麗な石(どうも勾玉らしい)が3つ入っており、とくにそれだけで何事も無く、
急に緊張のほぐれたため逆に気が強くなり、御神体を元に戻しそのまま朝まで
拝殿の中で酒盛りをしたらしい。

続く

130 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:03:10 ID:y/qzGtBo0
>>129の続き

翌朝、拝殿で御神体の箱を開け、更に中で朝まで酒盛りをしていた事が
村中にばれ、若者達はこっ酷く叱られたらしいが、特にその後なにもない
ため、村人達もその事をそれ以上追求しなかった。
一応その時神社で酒盛りをした連中を連れて、村の地主が神社へ謝罪しに
行ったらしいが。

3年後、村で妙な事件がおき始めた。
村の外れに猪や鹿や猿が木に串刺しにされて放置されていたり、夜中に人とも
獣ともつかない不気味な声を聞いたという人が何人も現れたり、あちこちの
家に大量の小石が投げ込まれたり、犬が何も無い空を見上げて狂ったように
吠え出したり、これは曽祖父も深夜に便所へ行った時にみかけたらしいが、
黒い人影が何十人も深夜に列を作って歩いているのをみかけたりと、
とにかく実害のある被害者はいないが気持ちの悪い事件が多発し始めた。

こういった事件が多発したため、流石に村でも「3年前の事件が原因ではないか」
と噂になり始めたのと、治安の面から不安なので、村人は村の駐在さんと相談し、近隣の
警察署に応援を頼み警備を厳重にしてもらう事と、村で自警団を作り夜中に巡回する事、
それと同時に、3年前の事件を引き起こしたものたちでもう一度神社へ謝罪しに行く事など
が決まった。

しかし、様々な策を講じても一向に怪現象はとまらず、それどころかとうとう被害者
まで出るようになってしまった。
山に入った村人が、何かに襲われボロボロの死体で発見された事件を
かわきりに、子供が遊びに行ったまま帰らない、自警団の見回りをしていた4人が
4人とも忽然と消えてしまう、夜中に突然起き出して何か喚きながら外に飛び出し、
そのまま失踪してしまう、女の人が何かに追われているかのように必死で逃げて行き、
自宅に戻ると包丁で自分の首を掻き切って自殺してしまうなど。

続く


131 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:04:30 ID:y/qzGtBo0
>>130の続き

そういった事件が立て続けに1ヶ月ほどで起きたため、最早村人達には手に負えないと、
何か解決策は無いか話し合っていたところ、村のおじいさんが「山向こうの○○神社は、
山の神社の神事の代行を何度かおこなっていて、それなりに縁があるようなのでそちらを
尋ねてみたらどうか」との提案をした。
他に何か良い案があるわけでもなかったため、だめもとで明日○○神社へ向かう事
で話し合いは終った。

翌日、地主が3年前の事件の主犯格などを連れて○○神社へ向かい、神主さんに
取り次いでもらう事にした。
神主さんは、とにかくお互い落ち着いて話そうということとなり、社務所で一連の事件等
の事を詳しく話す事にした。
しかし、ある程度話が進むと、神主さんは「それはおかしい」と言い出した。
どうも山の神社の御神体は祭壇の上においてある平たい箱に入った銅鏡であって、
桐の箱の勾玉は違うらしい。
戦国時代の話にしても、領主の息子が粗相をしたのはその銅鏡であると○○神社に
伝わっているらしかった。
そもそも、○○神社は何代も前から山の神社の神事を代行してきた経緯があり、
自分も若い頃に一度代行した事があるが、桐の箱や勾玉の事は全く知らないらしい。
実は地主も若者達が開けたのはてっきり祭壇の上の箱の事だと思っていたらしく、その時は
かなり驚いたのと、地主も桐の箱に入った勾玉の事を今はじめて知ったようだった。

また神主さんは、これは悪霊や祟り神による祟りの類では無く、もっと異質な何か別なも
のの仕業で、とにかく一度その勾玉を見てみないことには解らないが、もしかすると山の神社
の神様はその「何か」を勾玉に封じる役割があったのではないか?とのことだった。
神主さんは、まず○○神社に残る文献を調べてみて、何か勾玉に関する情報が無いか
調べてみるとの事で、2日後に地主の家で落ち合う事になりその日は帰る事となった。

続く


132 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:04:42 ID:TNMJ11iC0
しろくろまっちゃ
あずきこーひーゆずさくら

133 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:05:30 ID:y/qzGtBo0
>>131の続き
2日後、地主と当事者の若者達が、地主の家で神主さんを待っていると村の駐在さんが
訪れ、怪現象が近隣の村や村の近くの陸軍の駐屯地でも起き始めている事、一部で
はそれに関連したと思われる失踪者も出始めており、どうも被害がこの村を中心として
あちこちに拡散しているらしい、まだこの村で起きている事が噂となっている兆候は無いが、
いずれ噂になり責任を追及されるかもしれない、早く何とかしたほうが良いらしい。

そうこうしているうちに○○神社の神主さんがやってきたため、皆でまず山の神社の
勾玉を確認しようということになった。
山道を抜け神社にたどり付くと、神主さんが自分が調べた事をまず説明し始めた。
神主さんが言うには、この辺りには大昔から何か良くないものがおり、その何かは
よく人をさらって行ったらしい。そこで土地に人々は土着の国津神にお願いし、この
良くないものを退治してくれうよう頼んだのだが、その「何か」の力があまりにも強く、
しかもさらった人々を取り込んでどんどん強くなるため、その神様でも力を封じ込める
のでやっとで、とても退治することはできなかったという。

要するに、その「何か」そのものは封じられたわけでは無くずっとこの村の周辺に
潜んでいたが、力が封じられて何も出来なかっただけであったと。
そこへ来て若者達が神様の封じていた勾玉の箱を開けてしまったため、再び力を
取り戻して人をさらったり殺したりするようになったとの事だった。

神主さんが言うには、戦国時代の話は恐らくここの神様による祟りで間違いないが、
今回の一連の事件はそれとは全く別であり、村の人たちが見た黒い人影はその
「何か」に取り込まれた人たちの姿で、最早この人たちを解放するのは無理だろう
との事だった。
また、今回の一件でその「何か」はまた更に力をつけたが、まだ神様の力を借りて
力を封じる事そのものは可能であるはずで、手に負えなくなる前に力を封じてしまわないと
いけない。そして、恐らくその「何か」は長い年月をかけて勾玉と一心同体のような
状態にあるようで、あまり勾玉から遠くに離れることが出来ず恐らくまだこの近くに潜ん
でいるはずだという。

続く

134 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:06:18 ID:y/qzGtBo0
>>133の続き

また、封を開けてしまった若者達は全員この「何か」に魅入られてしまっており、
さらわれて取り込まれる事とは別の事に利用される可能性があり、「何か」の
力を封じた後でも全く安心できない、なので神様が力を封じた後、これとは別に
御払いをし、それでもだめなら○○神社は分社であるため、本体のある明神大社
へ行って御払いをしないといけない事を伝えた。
更に、「何か」の力を封じるため神様を降ろしている間、「何か」が若者達を利用して
儀式を妨害する可能性も十分にあるので、封を開けるときに立ち会った若者は
全員ここへ集めたほうが良いとの事だった。

そして神主さんは、地主にまず普段神事を行う時の道具と、紙に書いてあるものを
早急にここへ持ってくる様に指示し、若者達はここにいない者も含め全員ここへ
集めるように伝えると、首謀者の若者達には決して何があろうと神社の外へ出ないよう
伝え、自分自身は桐の箱を開け中の勾玉の状態を確認し始めた。
勾玉を調べていた神主さんが言うには、文献にあった通り、勾玉は力を封じるための
ものだったらしく、今は何の力も感じない。ただし、これもやはり文献にあったとおり、
「何か」は勾玉と一心同体なため、「何か」の異様な気配だけは勾玉からも感じるらしい。

数時間後、地主と村のものが神事に使う道具と残りの若者達を連れて戻ってきた
ため、そのまま国津神の力を借りるための儀式が執り行われた。
神主さんが若者達を全員縄で囲った「結界?」のようなものに入れると、祝詞をよみあげ
儀式が始まった。
最初は何事も無く進んでいたが、暫くすると辺りが異様に獣臭くなり、外で何人もの人が
うろつく気配がし始めた。神社へやって来た村人は全員拝殿の中にいるし、地主が
こちらへ戻る前に、残っている村人達に「今日は何があろうと家から出ないように」と
指示していたため、誰かがやってくることもありえない。
つまり「何か」が今、神社の外にやってきているということ。

続く


135 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:07:07 ID:y/qzGtBo0
>>134の続き

神主さんが言うには、「今は神様が依代の銅鏡に降りてきているから絶対にあれは拝殿に
入れない、だからこちらから外に出なければ絶対に安全」らしく、あとどれくらいかかるか
解らないが、暫く我慢してこらえてほしいとのことだった。
それから朝まで儀式は続いたが、その間外からは獣とも人とも区別の付かない笑い声、
ざわつく大勢の人の声、何かが歩き回る音やガリガリと壁を引っ掻くような音、朝方になると
あちこちを無差別に叩いて回る音が聞こえてきていたらしい。

朝になり儀式が終ると、全員緊張から疲労困憊で、とにかく早く家に帰って眠りたかった
ので神主さんから「この後」の事を聞いた後拝殿の扉をあけた。
すると、あちこちの木が倒され、神社周辺はそこらじゅうに何十人か何百人かの人の泥だらけの
無数の足跡と、神社の壁には何か大きな生物が引っ掻いた引っ掻き傷があり、鳥や
狸などを食い荒らした残骸まであったらしい。

ちなみに、後から神主さんに聞いた話によると、この村は一度廃村になったためそれまで
の言い伝えや伝統が殆どなくなってしまい、その時に「何か」の存在の言い伝えや神社
の役割も伝える人がいなくなってしまったので、今まで神主さん自身も文献を調べるまで
儀礼的な単なる義務としての神事しか知らなかったのだという。
ただし、文献を調べて見ても「何か」の正体や○○神社と山の神社の関係などは殆ど
解らなかったらしいが。

終わり

136 :127:2009/04/28(火) 21:09:29 ID:y/qzGtBo0
最後に、なぜこんなうろ覚えのような文才の無い文章をあえてここに書いたかというと、
2年ほど前にその地元の神社が盗難事件にあい、中の祭具や御神体など一式が全て
盗まれたから。
最近多いらしいですね、この手の盗難事件。
問題はその泥棒が桐の箱も盗んだらしい事と、あと数ヶ月で3年目であること、あとは
この「何か」は勾玉周辺の人々を周囲数十キロの範囲で無差別に襲うという事実です。

祖父が言うには「今更どうにもならないし、勾玉の場所がわからなければ対策の
しようが無い」のだそうだ。

137 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:09:48 ID:fL0dXjbb0
しかしここひどいな

138 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:19:20 ID:ZwhbNZTZ0
新参者だが質問書いて良いだろうか?
私の実家の話なんだが。

私の実家はいわゆる【出る】類の家らしい。
夜に誰かが歩く音がするなんてよくあること、と言うような所だった。

大体小学生のときの話だ。
私の父が家に飾る物が欲しいと祖母の家で何か良いものは無いか、と蔵をみていた。
当時の私はそんなものはどうでもよく、お婆ちゃんの家でお菓子を食べていたのだが、
しばらくして父が
「これはなかなか良いなぁ」
と言って、一つの古い人形を持ってきた。

その人形は貴族の夫人を象った人形で黒いドレスを着ていた。
それを見た瞬間、私は何か猛烈に気持ち悪くなり、それを持って帰るのは止めよう、と父に頼んだ。
まぁ、当然父がそれを受け入れることはなく、その人形は今でも私の家に飾ってある。
その人形が何をしたか、というと何もしていない。


のだが、首が動いていたりするのって放っておいて良いのだろうか?
誰か教えてくれ、頼む。


あと海外の習慣は良く分からないが黒いドレスの人形って一般的なのか?


139 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:21:06 ID:YRG81Me9O
>>138首周りアロンアルファで固定して実況よろ

140 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:24:29 ID:TNMJ11iC0
おちんちんっ!!
おちんちんっ!!
おちんちんっ!!
おちんちんっ!!


141 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:25:10 ID:TNMJ11iC0
シンゴー!!シンゴー!!

142 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:26:39 ID:ZwhbNZTZ0
今、一人暮らし中で無理。

数日スパンで首の傾きや向く方向が変わっていたというのは覚えている。

143 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 21:40:37 ID:TNMJ11iC0
アイカゴ死んだのかよ


144 :http://an.to/?Kusanagi_Tsuyoshi:2009/04/28(火) 21:42:28 ID:TNMJ11iC0
アイちゃーん

145 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 22:12:34 ID:Uyql8rpn0
>>138

アンティークだったらよく見るよ
黒のドレスに下がレースのペチコート

首が回ることよりもそれが見ている物の方が深刻なケースあり
結構、人形って大事にされてると主人を守ろうとすることあるからね
もしも実家に帰ることがあったら、それが何を見ているのかよく見た方がいいよ

146 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 23:18:17 ID:sVEPdHs/O
へぇそうなのか
人形が見ているもの…なんか怖いな

147 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 23:32:38 ID:ddkQ0rkbO
オカンの友達の話。
その人飼い犬(フレンチブルドック)がいなくなった。
必死に探したんだけど見つからなかった。
近所でそっくりなフレンチブルドック目撃した。
30歳位のきれいな女性が散歩してた。
オカンの友達が自分が飼ってたフレンチブルドックいなくなったことその女性に話した。
そしたらその女性ダッシュで逃げた。
追った。
女性の家突き止めた。
マンションの七階に住んでる。
チャイム鳴らしてもドアノックしても出てこない。
なんか
「私の!私の!ギャアア!ギャアア!」
って発狂してた。
大家呼んだ。
「ガァァ!私のナノォォ!ガァァ!」
ってさらに発狂してた。
なんかものすごい音で「ドンッ」って音がした。
大家とオカンの友達突撃した。部屋に入ると小便漏らして
「ガ…アァ…わたし…じゃ…ガアア…」
って女性が呟きながら突っ立ってた。
部屋にフレンチブルドックはいなかった。
オカンの友達急いで一階に降りた。
フレンチブルドックグッチャグチャ。女性が七階から落としたんだって。

148 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 23:38:22 ID:6gch5i9k0
>>147
それ札幌の事件の話だろ?
何度かそのマンションの前通ったことある。
やっぱ基地外に殺されちゃったのか…

149 :本当にあった怖い名無し:2009/04/28(火) 23:44:21 ID:Ojz3tQ2l0
スレチだったらごめんです

情報求めてます
ある日ある言葉を検索していたら
検索結果画面が急にユラユラ揺れだして
ん?PC壊れたか…と思って見てみると
文字がゆっくりと現れて(画面ユラユラなのになぜかここだけはっきりした文字)
お 前 よ く も 検 索 し た な
その後、突然PC本体(ハードディスクの部分!?)が高速でカラカラっと音がしだし
あわててPCを強制終了したと言うことです

そのまま見続けたら最後はどうなるのか
そもそも検索した言葉は何だったのか
怖いけど詳しいこと知りたいので体験した人いたら詳細が欲しいです

スレチだったら正しい場所に誘導して頂けるとありがたいです
本当に情報欲しいんで(かなり探してみたけど聞ける板がわからずでした)


150 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 00:57:25 ID:XMXLYKYl0
式神 精霊 糸霊
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1236425688/l50x

151 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 00:59:06 ID:h4rHd1gw0
犬には悪いがクソワロタwww

152 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 01:06:41 ID:bwD+lZn20
>>149
バーニングじゃね?

153 :149:2009/04/29(水) 02:20:45 ID:wN+8DbZM0
>>152
バーニングは確かに色々あやしいが…

現れる文字は
よ く も お 前 検 索 し た な
かも知れません。
この情報が今現在確認できないので、不確かですみません。
一応、他の板でも探してみようと思います。

154 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 02:47:39 ID:4R0+D75Y0
いちおう病院行ったほうがいい

155 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 02:54:05 ID:shHNLNs00
vista使えねーなクソっ

156 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 03:00:26 ID:BSj4BuJbO
中学の時、部屋でオナニーしてたんだ。しかもその時に限って二次元で抜いていた。
夢中になっていると背後から
「ギッ…」
と音が。
びびって振り返ると部屋のドアがほんの少しだけ空いている…。
おかしいな…ドアはしっかり閉めたはずなのに…?
そして次の瞬間、俺は全身の血がサー…と引いていくのを感じた。

ドアがゆっくりと閉まったんだ…。

当然俺の部屋のドアには開けっ放しにすると自動で閉まるような気の利いた機能はついていない。
誰かが外側からノブを引っ張らない限り、ドアが閉まるなんてあり得ないのだ。

ドアの向こうに誰かがいる…!
でも誰が!?

確認したくても怖くてドアを開けられない…。
言い知れない絶望感が俺を襲う。
あんなにエレクトしていた俺のワルサーもすっかり精力をなくしてしまっていた。

その日の夕食時、俺のほうを見てニヤニヤしている姉貴の顔を、俺は見ることが出来なかった…。

157 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 03:04:54 ID:ckrnh5F+0
これはw

158 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 03:11:15 ID:/EBZ3pxs0
フレンチブルドッグの顔は元々クチャクチャ

159 :911:2009/04/29(水) 03:16:25 ID:shHNLNs00
おはようございます

160 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 03:18:33 ID:4R0+D75Y0
治療受けたほうが身のため

161 :911:2009/04/29(水) 03:30:47 ID:shHNLNs00
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3a.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3b.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3c.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3d.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3e.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3f.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3g.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3h.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3i.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3j.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3k.jpg
ttp://www.nozokix.com/news/images/200606/20060615-3l.jpg

162 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 09:53:02 ID:tJaye6170
>>161
おお!?って期待した俺のバカ・・・

163 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 09:59:48 ID:zHmDGzGu0
>>161
昨日の残りのカレー食べながら見た俺に土下寝しろ・・・orz

164 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 10:25:19 ID:1hvaC8SxO
>>161
快便すぎ

165 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 10:30:52 ID:9MmFXWn20
初投降な上に、心霊ネタではないんですが
個人的に洒落にならない話なので投降させていただきます

大学の友人に誘われて、某SNSに登録したんですが
そもそも特にやることもないし、最近急に出会い系関連のメール(他のユーザーさんから)が送られてくるようになって
退会しようと思ったんですが、手続きをとってから運営側が処理するまで7日間かかるとのこと、その間にサイトにアクセスしたら退会手続きは取り消しというシステムみたいなんですが

手続きをやった当日、50万で関係を持ってくれというメールが来ました
釣りだろうと思って勿論スルー、ところが今さっき運営からの問い合わせメールが

『貴方のニックネーム宛で50万円の入金がございましたが、ID入金ではなかったので不明金となっています』

釣りにしてもここまでやられるとガクブル((((;゜Д゜))))ガクブルもんです

これ、スルーしてて大丈夫ですよねえ?

166 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 10:33:32 ID:AtLAJh5oO
>>145

なるほど。

特に悪さもしないし、むしろ持ってきてから良いことが多くなってるから厄を取ってくれてたのかもしれん……

167 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 10:50:25 ID:nI/F3tWHO
ちょっとかなり長文になるし、洒落にならないって程の描写じゃないんだけど、最近体験した話を・・

俺は母方の実家で婆ちゃんと二人暮らしです。こちらに来て3年近くなります。それを踏まえた上での話になります。

一昨日従兄弟が遊びに来た。
俺の母親の弟の息子でこちらの方に住んでいて珠に遊びに来る。
彼は神奈川の海関係のテーマパークで、水族館の飼育員をしている。そして、何度か精神を病んだ事がある。
理由は分からないがなぜかその仕事をする人にはそうした事が多いらしい。

俺がこちらに来た頃、丁度彼は鬱期のピークが来て、仕事を休んでいた。
一人暮らしをしていたアパートも引き払い、彼自身の実家に戻って療養していたらしい。幸い、ほぼ回復していた為、同じ市内に住む俺の所に遊びに来る事が多かった。

基本的には明るくて行動的な奴で、久々に会った時もほぼ不自然な部分はなく、仕事にも少しずつ復帰していたようだった。

彼との一番の共通の趣味が「怪談好き」・・特に稲川淳二のファンで何度か一緒にライブにも行った事がある。
それだけではなく、心霊スポット巡りなども好きらしく県内の心霊スポットを友人と回ったりもした事があるという

168 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 10:53:04 ID:nI/F3tWHO
そして、実際に観たこともあるらしいのだ。

一頃、彼は国分寺に住んでいた。彼が住んでいたアパートには良く出ていたらしい。

更にこちらに戻って来てからも、住んでいたのは某有名お化けトンネルのすぐそばで、頻繁にそうしたモノを見たり聞いたりしていたという。そして、そこで精神を壊した。。

しかし、実家に戻った後は順調に回復し、仕事にも無事復帰したようだ。そして、家を出て新しく出来た彼女と同棲し始めたらしい。

その彼の様子がおかしいと祖母から聞いたのは二月ほど前だったろうか。

彼女が気付いて病院に連れて行き、診断をうけたらしいと、ばあちゃんが飯時に話して来た。

じゃ、まあ、ちょっと様子を伺ってみようとメールをして遊びに来るよう誘ってみた。お互いに休みがあった日に奴は来た。それが先月の事。

その時は取り立てて変わった所もなく、そうした事を直接聴くのも差し障りがあるし、普通に遊んで普通に帰っていった。で、一昨日、その彼が遊びに来た訳だ。
大体彼とはDVDを借りて見た後、夜は眠くなるまで話をするというのがお定まりだ。

先月は彼が好きだと言う「エイリアンVSプレデター」を観た。これ自体はまあまあだったのだが、彼が見終わった後「2」も見たいと言い出した、時間は午前0時30分頃。

個人的には別に見たいとは思わなかったが、余りにうるさく言うので仕方なく歩いて、片道20分くらいのビデオ屋まで行き「2」を借りて来た。結果は大味な内容。「レンタル代金+ビデオ屋に行った時間+鑑賞時間全てを返してくれ」と願いたくなるようなモノ。
しかも、それを見ている最中奴は「何でこんな映画作っちゃったんだろうな」と笑いながら言ってたが。お前が観たいっつったんだろ!しかも、こ奴は一回観てるというのだ。
全く呑気な話だと想ったがこの様子なら問題はないように見えた。

169 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 10:55:41 ID:nI/F3tWHO
そんな訳で今日も俺らはレンタルショップに赴いた訳だ。

その道行き、奴はこういいやがった
「そういえばさ。俺、幽霊観ちゃったよ。女の幽霊・・」俺はそれを聞いた時はそんなに深く考えず「そっか、じゃあ夜ゆっくり聞かせてくれよ」言って、レンタルショップに入った。

そこで、稲川淳二の怖い話を含む数本借りて家に戻った俺達は仮眠をとる事にした。
俺は夜勤明けだったし、向こうも朝早かったらしいのだ。

仮眠明けて風呂やら飯やら食ってたら20時くらいになったろうか、とりあえずDVDを見始める。

それを観終わって少しテレビを観た後、近況を話した後、次を入れてを三回くらい繰り返した。

まだ稲川淳二のが一本残っているが疲れたので小休止しようと言ってDVDを止めた。時間は深夜2時近く、何だか随分静かな晩だ。

俺がまず切り出した「で、幽霊観たってのはいつの話よ?」俺が聴くと
「ああ、つい最近だよ」話を纏めるとこうだ。

彼は夜中に一人、テレビでパソコンの動画サイトの稲川淳二の動画を観てたという。そんなもん観てるからだというツッコミはこの際置く。
その時ふとテレビの上に目を向けるとそこに青白い女の顔がぼんやりと浮かんでいたという。

あれ?と思っているとだんだんそれがはっきり見えだして来た。そしてその顔がソファに横たわってる自分のところにす〜と飛んできて、自分の顔目掛けて進んできたままズボッと「突き抜けていった」という。

しかも、それだけではなく、日を置いて又やってきたらしい。その時は顔だけではなく全身が見えたという。

そして、やはり同じように彼のそばまでやってくると体を今度は体ごとズボッと突き抜けていったらしい。

170 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 11:01:59 ID:nI/F3tWHO
「いや、その時さ。顔がめり込むような感覚がしたんだよ。そのまま顔に埋まって歯に何か当たるような感覚までしたんだ。。でも、全然怖くないんだよな。何かそういうの観ても、普通の女とか子供とかの姿だと別に怖いとは思わないんだよね。」そんな事を言う。

「本当かよ。。十分過ぎる体験だと想うぞそれ」言ってやると。
「そうかな?いや、実はさ、それだけじゃないんだよね。今住んでる所ちょっとおかしいような気がするんだよ」

彼が住んでいるマンションは一つの部屋が二つの階に跨っているタイプのモノだという。部屋の中に階段があってて上の階行き来が出来るようになっているらしいのだ。

その階段の下にはちょっとしたスペースが出来ている。そのスペースの中の奥の壁にダンボールが張ってあるというのだ。

どうも穴が開いているらしい。見栄えが悪いので大家がダンボールで塞いだという話なのだという。
「でもさ、どう考えてもダンボール張ってあった方が見栄え悪いよな。それに俺達が入る前リフォームしたらしいんだよ。入る時説明で100万かけてリフォームしましたとか言われたんだよ。何でそこだけダンボール張ったままなんだろうと思ってさ・・」確かに妙な話だ。

しかし、妙なそのはれだけじゃないという。

夜、居間でテレビなどを観ていると隣の部屋から足音が聞こえるらしいのだ。どうも子供がタッタカタッタカと軽やかに部屋中や階段を走りまっているように思える・・変だと思い覗いてみるとだれもいない。。そんな事が日常茶飯事だという。

「後さ、どうも彼女も何か感じてるらしいんだよね」ともいう。どういう事かというと、彼らは二階を寝室にしているらしい。構造上そこは隣の住人の部屋とは隣接していない。

ところが、夜ベッドで寝ていると壁の向こうを指で引っかくような音がする、更にタン、タ、タ、タタンタンと指で壁を叩くような音もするという。彼女は滅茶苦茶怖がりなので、気にしないように言っているが腑に落ちないという。

171 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 11:08:32 ID:nI/F3tWHO
「後さ、これは関係ないと思うんだけど。一階に掲示板があるんだよ。住人へのお知らせみたいのが張り出されたりしてるんだけどさ、最近そこに(夜中に上の階の人の走り回る音がうるさくて眠れません。そのせいで病気になりました)って貼り紙が張ってあるんだよ」
誰が書いたかは無記名な為分からないという。

「でもさ、普通夜中に、そんな走り回る奴なんていないしさ、病気になりましたって言い回しもおかしいじゃん。そんなに酷いなら直接抗議するのが普通だろうし気味悪いって言えば気味悪いよ」

あとは部屋の中にあるサメやイルカなどの置物が触れてないのに動いていたりという事もあるらしい。

「そんだけの事があって、怖くないのか?」俺は聞いた。
すると「だって、何かこれといってあった訳じゃないし。気のせいかなと、あまり深く考えてなかったんだよ。でも、おかしいよな・・」

奴は、そう言ったあと「あのさ、一ぺん来てみなよ。どんな感じか分かるから」こう持ちかけてきた。

「そうだな、客観的に誰か見てみた方が良いかもしれないな。来月にでも行くよ」と答えた。

「じゃ、そういう事でとりあえず寝るとするか」大分夜も更けてきたし眠くなってきた。
しかし奴はこういった。
「え?稲川淳二のDVDまだ一本残ってるじゃん。観ようよ」あんだけの話して、まだそんな事言うのかこいつは!

「嫌だよ、俺は眠いし疲れたんだ。寝るよ」

「いいじゃん。勿体ないしさ。俺まだ眠くないもん。観ようよ」とかいうのですよ、この大馬鹿者は。

まりにうるさいのでDVDは再生した。ただ、俺はほぼ夢うつつだった。


172 :だじ:2009/04/29(水) 11:24:42 ID:nI/F3tWHO
(長文本当にすみません、あとコテつけます。もう終わります)

段々腹が立ってきた。眠いのに邪魔しや段々腹が立ってきた。眠いのに邪魔しやがって。。

「お前もな、危機感無さ過ぎだよ。ああいうのが出た場合慌てちゃいけない。心を落ち着けなきゃいけないっていうのは間違いじゃない。

でもお前は端からおかしい事だと思ってないんだろ。それは良くないんだ。いわば半分憑かれてるからだよ。だから怖いと思わないだよ。でも、考えてみろ。自分が不安定になって激しい鬱が来たときとそういうのが見えだした時と比例してる筈だ。

精神的にヤバくなってる所をつけこまれるんだよ。ヤバくなってるって自覚を持たないと又危ないぞ」一気にまくし立ててやった。

すると「言われてみればそうかも」という。そうかもじゃないだろ。

「そんだけ色んな事があっておかしいと思わない方がおかしい。兎に角、少しは怖い事が起きてると認識した方が良い。
その後ゆっくり落ち着いて対処するんだ。そうすれば大抵は大丈夫だよ」
「うん・・何か段々怖くなってきた」話してると「うぅぅ」薄く女の呻き声のようなものが聞こえた。

とりあえず何とかしなきゃ。俺は隣の仏間に行くと仏壇に線香を備えた。鈴を鳴らしてお参りする。
そして、正直素人が余りやらない方が良いと聞いてはいたもののやむを得ず九字を切り、PCの動画サイトで「般若心経」を流した。それで漸く落ち着いたように思えたので、それを切った。

「明らかにおかしかったな」俺がいうと「ああ、ヤバい感じがした」奴も答える「まだ空気変だもんな、全く、こんなとこにまで出て来やがって。とりあえず今度行くよ。様子見に」「分かった」会話を交わし、暫くして落ち着いたように見えたので

「ああ、もう大丈夫か?少し和らいだ感じするもんな。いなくなったんだな。兎に角その女はヤバい気がするよ」話してると「バシッ」と半端ない怪音。

とりあえず線香に火を付けて部屋に煙をたなびかせて、日本酒を用意して二人で一口ずつ口に含んだ。

思い当たる対処方を試して、後は全然関係ない話で無理やり盛り上がり夜明けを待った。

173 :だず:2009/04/29(水) 11:28:07 ID:nI/F3tWHO
すいません。今更ながらコテつけました。一応今の所以上です。来月彼の所へいく日取りも決まりました。何かあったらまたカキコするかもしれません。m(u_u)m

174 :だず:2009/04/29(水) 11:30:26 ID:nI/F3tWHO
>>173
コテがコテになってない・・恥ずかしい。。

175 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 11:30:35 ID:p3nsi2lg0
http://blog.crooz.jp/usr/ryopurun/mitamurakun/

176 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 13:49:35 ID:LpdQLsaUO
くだらん
お前の婆ちゃんは一週間以内に死ね

177 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 13:53:01 ID:d+HoNpbwO
GWだな

178 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 14:03:33 ID:RG+oVJH80
あんまこわくないけど、和み程度に投下。
叔母の旦那さんで、顔がB系、過去の職歴が自衛隊→警備員って人がいる。
中身は滅茶苦茶和み系てか無駄に器のでかい人だったんで、顔が怖いと知ったのは、兄から「いやあのおっちゃん顔だけは怖いぞ?」と聞いた高校時代のこと。

まあいい人だったんだが、とにかく寛容な人だった。
セコムがあんまし普及してなかった頃の話なんだが、警備担当交代の引き継ぎで、伝え忘れたことがあったけどいいんかいなーみたいなことで悩んでた。
当時小学校だか中学校の警備をしてたらしく、それなりに広いから引き継ぎはきっちりしとかんと次の人が困る。
で、何を忘れてたんだって聞いたら、

「あっこなぁ、理科室の鍵、閉めても閉めてもあっきょんねんやー」


言うたれやそれ!!
実際、鍵が壊れていたわけではないらしいから‥‥。
相手が天然系おっちゃんなので怖い話にならないけど、まあ、頑張れ、次の人。

179 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 15:18:16 ID:kYavynxo0
戦時中の大阪で、陸軍の第四師団の大将が大阪府内の老人や障害者を
ナチスドイツばりに処分する計画を立ててたのは割りと知られてる話。
でも、現実はもっと凄いぞ。
同じ頃に海軍では、学徒対象のバトロワを計画していた。
このルールは映画とかで有名なバトロワとは異なり、
5人が1グループになって行動するというもの。
禁止エリアとか電波を受信する首輪とかも無し。
支給武器も全員同じ。班が1人以上残ってたら班は生きてる。
督戦隊は、島の一定の場所に展開してる。
でも何よりやばいのは、計画を極秘に進めるため
離島の住人にも秘密だった点。
一時期は、津山三十人ごろしとか杉沢村が実は海軍ロワだったとの噂も。
さすがにそれは無いと思うけどな。杉沢村なんか自体が都市伝説だし。
けれどももし硫黄島の戦況が日本側に傾いて、
当時の世界情勢からソ連側につく形で太平洋戦争が講和ENDになってたら
日本にバトロワが根付いていたかもしれんな。
陸軍もバトロワを導入してたら、山や都市でも行われてたことだろうな。
日本軍が中国大陸を北方領土みたいに占領し続けてたら、
必要数をなるべく中国でまかなって本土での被害は少なくなったかもな。

180 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 16:54:17 ID:GoYuPzIz0
>>166

逆に良いことがおこり過ぎていると、
もしそれを粗末にしたときが怖いで気をつけろよ

181 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 19:06:26 ID:JbNYYKiHO
まとめ見たばかりなんだが、ヒサルキ・ヒサユキについて進展(?)ってあったんだろうか

182 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 19:30:11 ID:Z8h79iWK0
勾玉の話はなかなか面白かった
ちゃんと構成されてる感じで
村の人にとっては厄介な物始末してもらって
却って良かったんだろうね

183 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 20:18:42 ID:ckrnh5F+0
>>161最悪だ

184 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 20:32:59 ID:mTEXScI7O
一つ目しか見ていない俺は勝ち組^^

185 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 20:36:50 ID:St+DKXlWO
>>182
後、数か月で盗まれてから3年て書いてある。
村に祟りが無いとは限らないんじゃね?

186 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 21:05:27 ID:Z8h79iWK0
>>185
盗んだ人がやばそうじゃない?
親玉は勾玉にくっついてるんじゃないっけ
でも死んだ人たちはずっと村周辺に居るのかな

187 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 21:28:25 ID:wGbUKRyu0
久しぶりにまとめ見てるとPCがやたらフリーズするんだけど・・・これで再起動5回目だよ・・・

188 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 21:29:46 ID:kn3rIMp7O
>>165
な〜にがSNSだ
SNSとか言っとけばカッコつくと思ってんじゃねーよ
そりゃただの胡散臭い出会い系サイトじゃねーか
退会処理までにアクセスしたら無効?なんじゃそらw
ちなみに個人情報を削除しますってURLにはアクセスしないように

ポイントご購入ありがとうございます!
○○様は現在○○円の後払い

みたいな意味わかんねー請求が来るからなwww
無視しとけばそのうち飽きるよ

189 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 21:30:05 ID:i3ZVMiQm0
勾玉の話面白いな
死んだ村人は取り巻きっぽいしMVPボスが
出現したら呼ばれてボスんとこいくと勝手に想像。

190 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 21:37:49 ID:3uNwLMoG0
>>39
「ギニーピッグ」じゃねーの?
一番最初のやつ。

191 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 22:00:26 ID:xyQWjINp0
>>165
つ 架空請求データベース
http://www.yumenara.com/kaku/

192 :149:2009/04/29(水) 22:22:06 ID:wN+8DbZM0
>>190
私もそう思う
たぶん1作目のギニーピッグ
爪をはがすシーンとかあったはず
ネタバレゴメンだけど、目ん玉串刺し(針刺し)が最悪にグロかった

193 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 23:06:37 ID:LhPUtwUH0
>>161は昔見たけど、その時はフェイクだって話だったけど。

194 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 23:21:05 ID:Xjq2LqxO0
350 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/04/29(水) 21:16:17 ID:cCwWa+yR0
今日起きたときの話なんだけど
マクロサイエンティックがさ
いきなりおれの脳内から湧き出したの
もう勘弁してよ、なんて思ってた矢先にさ
窓の外で猫が鳴いたの。黒い奴が

359 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/29(水) 23:08:07 ID:Xjq2LqxO0
>>350
それ安価でつくられたまったく意味のない文章だぞw
ここ見てみw
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1241006182/

195 :本当にあった怖い名無し:2009/04/29(水) 23:56:18 ID:Xjq2LqxO0
俺・・・は空き巣だった・・・
マクロサイエンティックが
ウォーズマンスタイルで
アイムスーパータフ・・・と
俺の耳元で繰り返し言うんだよ・・・
suman,sagewasuredesuta・・・イドを開放



雑談系2 [ニュー速VIP] “イミフなコピペつくってそこそこ流行らそうぜwwwwwwww
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1241006182/


196 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 00:32:52 ID:POpYUYO/0
暇だ。。
オカルトアニメって何かあるん?

197 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 00:44:38 ID:uXb3CdZj0
まあ暇つぶしにでもちょっと聞いてくれ

俺の実家愛媛県にあって当時中学生くらいだった時の話なんだけどさ。
当時バス釣りが流行ってて俺と数人の友人もご多分に漏れずハマッてた。
んで、ちょっと離れた場所にある池によく釣りにいってたのよ。あの頃は毎日が楽しかったなあ
片道自転車で4、50分はかかるくらい遠かったが当時バリバリ体育会系だった俺らにはなんてことなかった。
夏休みなんて週2、3回はいってたし台風直撃の日にだって行ってたくらいバス釣りに夢中だった。
雨が降ると近くの立ち入り禁止の展望台やお堂(?)みたいなところで雨宿りしたりでかい石碑の近くの洞穴で一晩過ごしたことだってある(今考えると不謹慎極まりないな・・・)
一度だけ人魂らしき炎を見たことあるけど(誰かが花火でもやってんだろ)くらいにしか思ってなかった。


最近ふと懐かしいなと思ってちょっとそこの地名をググッてみたのよ。
「大谷池」って

・・・絶句したよ。あそこが愛媛でも有数の心霊スポット&自殺の名所だったとは
調べれば調べるほど嫌な話ばっかり出てくる、無知とは恐ろしいもんだ

で、こんな話なんでここに書き込んだかって言うとだな
中学卒業後その時よく一緒に行ってた友人が事故で死んでるんだよなあ・・・なんていうか・・・薄情な気もするが無関係だと信じたい。

198 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 01:13:30 ID:t6aYLujnO
>>197
バス愛好家共に虐げられた生態系が、まぁつまりは地の神が怒ってんだよ。
お憑かれさん。

199 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 01:15:39 ID:3SQn1NYbO
>>197
ググったら本当にロクな噂話なくてむしろ逆に笑えたw

200 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 01:24:35 ID:uXb3CdZj0
>>198
とりあえずバスは外来種だから生態系狂わしてるのはむしろあっちだと言っておく。

>>199
ガチで3桁くらい人死んでるっぽい・・・
昔ギボアイコが撮影でやってきたけど「ここは私の手に負えない」とか言って逃げ帰ったらしいぜw・・・笑えねえ

201 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 01:31:58 ID:6Ul92amTO
小学生の頃に秋田県の川で、遊んでたら、いきなり足を引っ張られて、川底まで引きずれこまれた。
息ができなくなり、朦朧としてたら、足が軽くなり浮上できた。
その時に川底を見たらお地蔵さんがゆらゆらと見えた。
お地蔵さんが引っ張ったのか、お地蔵さんが助けてくれたのか、未だにわからない。
つまらなくてスマソ

202 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 01:43:06 ID:evGQv8ixO
>>201
千と千晴の神隠しの焼き直し駄作乙

203 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 01:51:47 ID:Sg4ONziJO
ここは突っ込むところなのか…?

204 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 02:04:35 ID:6Ul92amTO
お地蔵さんが、
白か?
ただの禿頭が日光でユラユラとしてたことしか覚えて無い。
後日にみんなと見に行ったら、
ただの平な場所で、お地蔵さんに見間違う岩も無かった。
千尋か〜いい事だったのかな。

205 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 02:21:30 ID:5EUZoB7XO
むかし漏れの小学校にある怪談があった
満月の夜には学校のプールにプールの水を飲みながら月を見上げてニタニタ笑う男がいる、というものだ
当時、消防だった漏れは家が学校のすぐ近くだったので一度この話を確認してやろうと考えた
そして夏休みのある満月の夜、親友のEと一緒に夜の9時に学校のプールまで親に内緒で出掛けた
プールの正面口でなく裏から塀をよじ登って中を覗くと・・・
誰もいない
もともと本当にいると考えてたわけでないので、失望しつつも半分ホッとした気分で中まで入った
しかしプールサイドまで行った漏れ達が見たものは、喰い裂かれた鳩の死体だった
普通に考えれば猫にでも襲われたものと思うが、その時の漏れ達は、ニタニタ男が喰ったものと思いこんでしまった
やや失望気味だった漏れ達は途端に興奮した
Eは笑いながら「うぉー」とか「キャインキャインキャインキャイン!」と走りながら喚き出す
こいつは普段から調子にのるとこういった変な行動をとるので別に狂った訳ではない
漏れも塀の上に立ってガッツポーズ(漏れは高い所に登るのが好きだっただけで狂った訳ではない)

さて、2学期になって登校したら学校では妙な怪談がうわさになっていた
満月の夜にプールの塀の上で奇声を張り上げて万歳している男がいるという・・・
いったい誰のことじゃ?
だいたい奇声を張り上げたのは漏れじゃなくてEだ
漏れとEはあの時の事はお互いに秘密にしようと約束し、その後卒業、Eは関西に引越しその後は知らない

アレから七年、いま小学校に行ってる妹が学校に伝わる七不思議として、「満月の夜にプール場の塀の上をケタケタ笑いながら走り回る男」の話を知っていた
見てしまうと塀から飛び降りて追いかけて来るらしい

お〜い、E、なんか漏れら伝説になっとるぞ!


206 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 02:26:45 ID:FwObmRHxO
生活板かどっかの武勇伝スレにも書いて来てくれw笑ったwww

207 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 03:03:44 ID:TdI0nwjgO
>>205
怪談話や伝説のうち半分くらいはこんな調子で成立したのかもね
ミイラ取りがミイラになってるところが笑える

208 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 03:28:27 ID:jq21YGOx0
>>205
EE話だなぁ〜〜〜w

209 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 03:41:04 ID:p4goI8980 ?2BP(0)
少し違うかもしれないけど、だいたいの流れと内容はあってるはず。

ある日、俺はA君の家で友達4人で飲み会をしてた。
久しぶりでもあって、話ははずんでかなり楽しかったけど
何時間か経って、用事があったんで俺だけ先にごめんと言って帰ったんだ。
だけど帰宅途中、家の鍵が入った財布をA君宅に忘れたことを思い出し急いで引きかえした。
で彼の家の前に着いて、外から見る限り部屋の電気が消えていたので「あーみんな寝たのか。」と思ったのでそのままピンポンとかせずに勝手に入らしてもらった。
部屋にはいるとやっぱり電気が消えていて、かすかにみんなの寝ている姿が見えた。
そして、電気のスイッチを探そうとしたがどこにあるかわからなかったけど
テーブルの位置がわかっていたので、その上にあった自分の財布を手にしてさっさと彼の家を出た。

で次の日、知り合いから連絡があって、その友達全員A宅で死んだらしい。
はじめ聞いたときは、悲しいというよりかは怖かった。
で、もっと怖かったのは、さらにあとで知ったんだがテーブルの上に紙がおかれていたらしく。
その紙には、「電気をつけなくてよかったな。」と書かれていたらしい。
以上

今日は9月11日
アラーは鏡の中


210 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 04:44:27 ID:evGQv8ixO
少し違うかもしれないけど、だいたいの流れと内容はあってるはず。

ある日、俺はA君の家で友達4人で飲み会をしてた。
久しぶりでもあって、話ははずんでかなり楽しかったけど
何時間か経って、用事があったんで俺だけ先にごめんと言って帰ったんだ。
だけど帰宅途中、家の鍵が入った財布をA君宅に忘れたことを思い出し急いで引きかえした。
で彼の家の前に着いて、外から見る限り部屋の電気が消えていたので「あーみんな寝たのか。」と思ったのでそのままピンポンとかせずに勝手に入らしてもらった。
部屋にはいるとやっぱり電気が消えていて、かすかにみんなの寝ている姿が見えた。
そして、電気のスイッチを探そうとしたがどこにあるかわからなかったけど
テーブルの位置がわかっていたので、その上にあった自分の財布を手にしてさっさと彼の家を出た。

で次の日、知り合いから連絡があって、その友達全員A宅で死んだらしい。
はじめ聞いたときは、悲しいというよりかは怖かった。
で、もっと怖かったのは、さらにあとで知ったんだがテーブルの上に紙がおかれていたらしく。
その紙には、「コーヒーを飲むとうんこが出るな。」と書かれていたらしい。
以上

211 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 05:35:38 ID:GCJT2bx8O
>>210
昔USOで見た。

212 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 07:30:42 ID:/MJVWvZB0
夢みたら実は死んでた

213 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 09:36:38 ID:t6aYLujnO
>>200
そもそも何で外来種がいるんですか?
愛好家や釣具屋が放流したからだろ。
地の神からしたら、お前も庭を荒らした奴の仲間だよ。

お前の寿命はせいぜい、後70年だな。

214 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 09:54:35 ID:O8jyjbs90
意外と長生き出来るんだなww

215 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 10:33:15 ID:nu0jr6z/0
>>136
その話って東北の方の事件か?
地方紙のサイトで何年か前に神社の御神体の鏡が盗難に
あったって記事を読んだような。
元記事探してみたが見付からないのであれだが。

216 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 11:26:07 ID:iLOXXqXNO
>>197
愛媛県人だったら大谷池知らないはずないだろ
アスレチックとかあって遠足とか今は全部引っこ抜いてるけど昔は桜の木があって花見とかで楽しめるけど夜になると死ぬほど怖い
怖すぎて書かないけどマジで半端ない体験したことがある
水子の霊を供養するための神社があるので降ろしたことある人は行かないように
写真を撮れば高確率で写りこみますが一つ言えることは「我が身が大事なら近付くな」
以上地元民からの警告でした

217 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 12:40:45 ID:xtTEEapr0
>>211
誰か芸人の話の焼き直しだよね
普通に考えるとまず容疑者は本人だと思うんだけど
よく疑われなかったなと思った

218 :911:2009/04/30(木) 12:45:39 ID:J3ZqVa1S0
キレそうだよ・・・

219 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 13:28:28 ID:L81bgEjF0
>>213
バスに関しては食料目的で輸入されたのが逃げて自然繁殖したせいだから釣り人は悪くない。
そして放流したのはバス釣りブームに乗ろうとした観光課の人間だから釣り人は悪くない。
つーか釣り上げたのがバスならリリースしなきゃ自然と減っていくんじゃないだろうか。ちゃんと調理すれば淡白でおいしいし。
そういや昔バス釣りしててアフリカツメガエルがつれたのには驚いたな。あれも自然繁殖してるんだろうか。

220 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 13:38:16 ID:h9DXon7gP
歩けない魚が逃げて繁殖したのか観光業者が放流したのかどっちだ?
つーか、リリースして数減らさないのは釣り人だろうに

221 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 13:40:33 ID:evGQv8ixO
>>220
は?魚は歩くんですけど。

222 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 13:42:45 ID:1H71Cv/gO
クトゥルフきたこれ

223 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 13:50:05 ID:h9DXon7gP
>>221
そうだったのか。魚屋逃げ出して池まで歩いて行って繁殖したんだな。
どうりで駆除出来ない訳だ。
網もなんも歩いて池の外行けばよけれるもんな。
ひじょーにさんこうになったよ

224 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 14:03:27 ID:L81bgEjF0
>>220
マジレスすると
バス輸入、養殖池へ>大雨で増水、養殖池の水があふれて近隣の河川へ(大抵の養殖池は付近の河川等から水を引いている)>河川までたどり着いたバスが自然繁殖

ついでに歩く魚たち紹介
http://zoome.jp/kanams21/diary/149

225 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 14:14:52 ID:xtTEEapr0
真性だね

226 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 14:15:10 ID:3SQn1NYbO
そもそも>>197の問題はそこじゃないと…

227 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 14:31:27 ID:h9DXon7gP
>>224
マジにバスが歩けるって話聞いて感動すら覚えてるんだよ。
つーか、>>219の釣り人は悪く無いってのにムカついただけ。
全部の釣り人が悪い訳じゃ無いけどな。

228 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 14:39:29 ID:t6aYLujnO
ネタがネタだけに釣られすぎだぞ。


229 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 17:36:31 ID:4dJ3CvR4O
誰がうまいこと言えと

230 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 20:10:16 ID:T5IA01m60
>>205
…その子達は気づかなかったのかもしれないが…
塀の上でガッツポーズしている子の後ろから、ケタケタ笑いながら襲い掛かろうと両腕を上に上げていた男がいた。

その子達に教えてあげようとしたら…塀から飛び降りてこっちに向かってきた。

…あれは満月の夜だったかな?

231 :本当にあった怖い名無し:2009/04/30(木) 23:56:33 ID:XzsG5S8C0
日本にも陪審制があったの知ってるか。
大正末期に施行された「陪審法」だ。
かなりアナの多い法律だったらしい。
同法は広く知られることなく戦時中に廃止されたけど、
場のノリで吊るされた奴もいる恐ろしい史実。
動物刑に近いもんがあるよ。
もう裁判員制度は始まってるけど、
どういうふうに運営されていくのか果てしなく気になる。
「陪審法」にも、一般国民の意志を考慮の外に置いて
参審制に素人のエッセンスを加えるためだけに
作られたフシはある。それは裁判員制度と同じ匂いがする。
司法権も国鉄一家もクソミソに同じノリだったわけだ。
これを、怖いと思う感性が無い奴がいるのもまた怖い。

232 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 00:04:05 ID:/MJVWvZB0
【日本終了のお知らせ】

成田空港で、日本人女性に陽性反応
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090430/bdy0904302038012-n1.htm



233 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 00:16:25 ID:LDjEBkmZ0
>>232
日本じゃ密入国者か不法滞在者以外に死者は出ないだろ


234 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 00:19:37 ID:yophLzUN0
>>219
確かにバスは普通にうまい
うちでは釣った後に3日くらいかけて泥吐かせて調理する
たまにザリガニとか飲み込んでるやついるし

リリースはほとんどした事がない
リリースをしろしろ言うてんのは、業者の陰謀に思える
バスの数が減ると関連のグッズが売れなくなるから
そういうやつがバス釣りはスポーツだからリリースが基本なんて
声高々に言っているんだと思ってた

235 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 00:24:50 ID:4wK0R1LNO
>>230
先日書き込んだ205ですが、それは本当ですか!
では、やっぱあの鳩を喰ったのもソイツでしょうか!?


あ〜ガクブルでつwww

236 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 00:39:20 ID:LDjEBkmZ0
>>234
だがバス調理は臭みがあるのでそれなりの臭み取りをしないと喰えない
時間がないからそこまでは出来ない
だから釣ったら捨てて殺してる

237 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 01:08:20 ID:yophLzUN0
捨てるのもったいない…食べたい
確かに独特の臭みはあるけど、数日かけて泥吐かせれば
それほど気にならないレベルにはなると思う

うちでは、バスの塩焼きと唐揚げを経験してる
ニジマスみたいなきれいな魚しか受け付けないって人だと
バスは無理かも知れない

鯉なんかの泥臭さも受け付けないって人だったら無理かも
でも鯉が平気な人には一度試して欲しいと思った

238 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 01:49:45 ID:LYr8mqr3O
>>233
拡がればでるだろう
普通のインフルエンザでも死ぬことはあるわけだし

239 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 08:59:16 ID:LDjEBkmZ0
>>237
鯉こくや鯉の洗いは食べるよ
親が好きで幼少時代から食してる

ニジマスがきれいだとは思ってないけどバスは無理w
あーそういえば中学校の頃、沼で釣った手長えびと雷魚を揚げて食った経験ある
今思い出したわ

240 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 11:46:32 ID:jTfsrCiCO
バスの調理と豚インフルのスレになってるwww

241 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 12:25:59 ID:GVT4MMSfO
次は鳥だと予想
鶏ハムかな

242 :198:2009/05/01(金) 14:25:08 ID:yvO+hWvdO
全て198が悪い。
責任とれよな!

243 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 14:26:18 ID:CZRa2bghO
怖い話マダー?

244 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 16:39:30 ID:nupKAOZT0
池沼スレに間違えて書きこもうとした話でも


趣味で時々釣りをしているんだ
それでその日も釣り道具と途中で食べるつもりでおにぎりを持って近くの池にいった

ところが坊主でやる気を失って、なんとなく上流を目指すことにした
整備されていない薮の中をひたすら川沿いに歩いて行くと違う池に出た
未開発ポイント発見!と意気込んで、足場を固めるとさっそく釣りをすることにした

爆釣とまではいかないが、大小あわせて4匹釣れた
まあ、小の方が多いんですが
それでそろそろ日も暮れてきたし、帰ろうかとすると右足に違和感を感じた
なんだろうとみると、紙みたいな真っ白な手が池の中から伸ばされ自分の足を掴んでいた
とたんにパニックになって逃げようと足を引くと、
そのままずるずると池の中からどこまでも「腕」だけが出てくる
肘とかもなく、ただ一本の柔らかい棒のような腕がずるずると・・・

慌てて荷物を掴んで逃げようとしたが、おいてけ堀の話を思い出して
魚の入ったバケツを池にひっくり返し、ついでにおにぎりも池に放り投げて逃げた
一度も振り返らずに元々釣りをしていた池まで逃げた後、
恐る恐る足を見るがもう手は消えていた
その代わり、真黒な手痕が足首についていた
靴下も完備だったのになぜか皮膚に付いた手痕は一週間ほど残った

それ以来上流の池にも、いつも近くに池にも行っていない

245 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 16:53:56 ID:nupKAOZT0
>いつも近くに池にも行ってない

いつもいっていた近くの池にも行ってない

誤字スマソ
大人しく釣りに逝ってきます

246 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 18:17:27 ID:dQu4AlZT0
昔、宇治茶のマスコット・キャラクターに
「ウジッサ」というのがいたけど今
検索しても出てこない。
検索しても出てこないってのが不気味だ。
何があったんだろうか。

247 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 20:09:37 ID:DmLaWoj/O
あいつかー
食べちゃった

248 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 21:44:39 ID:ZetKROOY0
やっと解除キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
スレ210の578で書き込んだ者ですノシ 何度もごめんよ。
俺バカなことしちゃったみたいで、嫁に責められて困ってる。
覚えてる方がいたら読んでやってください。

俺はオカルト好きな割に霊感ゼロなんだけど、こないだの書き込みの後、
「師匠さんとかコトリバコとか大御所さんの仲間入りできたらすごくね?」という野望が湧いてきたんだ。
というのも、俺的最恐体験が、読み返してみたらなんかほのぼのした思い出っぽく仕上がってたから。
リベンジのつもりで、自分の体験した事を詳しく調べてみることにした。
まず両親にあたってみたんだけど全然取り合ってくれないから、s
昔からいる家政婦のおばちゃん捕まえて問い詰めてみたところ、以下のこと判明。

1:Aはあの後うちの氏神様を祭ってる神社に一人でいるところを発見されたs
 (当時両親が訴訟起こしてて、逆恨みした相手方が誘拐したのかと、家人はすごく心配したらしい)
2:退院後、俺のおもちゃ箱の中に、俺が見たものとよく似た人形が見つかった(誰も買ってない)
3:それ見て大泣きする俺を、さすがに気味悪がった両親がお払いに連れてった(俺は覚えてない)t
4:人形はAが自室に持ち帰ったらしいが、その後どうしたのか不明m
5:ただ、おばちゃんがAの部屋の掃除中、クローゼットにお札張られた変な木箱を見たとか・・・

面白くなってきて、神社にも突撃した。鳥居くぐるなんて物心ついて以来。
当時対応した神主さんに会えたが、俺が名乗るとそわそわしだして、
「お帰り下さい」って強引に追い出された。

これはもうAを問い詰めるっきゃないなと思い、彼を夕飯に招いたが、なんか様子がおかしいかった。t
異常に饒舌なのに俺の質問はぐらかしたり無視してばかり。しかも話す内容が意味不明。
いつもは人見知りしない息子が、A見て引きつけ起こすくらい泣く。
嫁も唖然とするやらあきれるやらで、話し切り上げてお開きにってことになったんだ。

んで、このあたりからずっと訳分かんないことラッシュ。

249 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 21:45:34 ID:ZetKROOY0
<続き>
・仕事中のはずのAから自宅にいたずら電話?があったらしいw
 (嫁が怒りながら証言。Aは否定し、同じ職場の父もAを弁護)
・俺も在宅してた時、家のチャイムがゆっくりと1分近く連打されるが、誰もいない
 (マンションのエントランスデスクに聞いても、うちに来客はなかったとのこと)
・俺見てぎょっとして、「あれ?Aさんかと思ったのに」と言う人続出
・時々視界の端を黒人か中東系の人みたいな人が歩くe
・電話の相手がしばしば「なんか変な声が混ざって聞こえる」と言うe
・「Aさんのお宅ですか?」という間違い電話が何回も来る
・たまにどこからか変な音楽が聞こえてくる(俺と嫁が確認)f
・ポルターガイスト現象が若干

他に忘れてるのもいくつかあると思う。
嫁が神社に相談てお守りもらってきたら上の現象は収まったけど、代わりに

・俺の個人ケータイが時々勝手に着信拒否になる
・解除した途端、自分のアドレスから変な英文のメールが連続で来たことがあった
・Aや父が毎晩のように電話してきて、「家にいるか?」って聞いてくる
・Aの母さん(故人)の写真が朝起きるとリビングの床に置いてあるt
 (鍵付きの書斎に置いてるから、息子の仕業ではない)

ここ二、三日は嫁が「気味悪いからAとは距離を置きたい」と言い出す始末。
A自身は妙な事故でちょっと入院した。
最近はつかまり立ちする息子の姿があいつっぽくて怖く思えてきたよ。
これってAの生霊wのせいとかないよな?

実はただの俺の気にしすぎで、それが嫁に移ったのかもしれないから、
今度嫁に付き添ってもらってメンタルクリニックに行ってみるつもりなんだけど、
オカ板の古参住民である嫁は「まずお払い行こう」と。
お払いって、産土の神様祭ってるとこと、霊験あらたかな神宮とかのどっちがいいんだろ?
てか、俺の行動の何がスイッチをいれちゃったんだ?まじ怖いよ。

250 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 22:11:56 ID:nupKAOZT0
時々語尾についてる謎のアルファベットが一番怖い

251 :248:2009/05/01(金) 22:20:42 ID:ZetKROOY0
なにこれ俺も怖い・・・

幽霊以前にパソコン壊れたかとかいう現実的な恐怖まで来た。

252 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 22:50:36 ID:nupKAOZT0
上から順番にsstmteeftか
なにか意味があるの・・・か?

253 :248:2009/05/01(金) 22:57:29 ID:ZetKROOY0
えー・・・すいません、俺英語とかあんまり分からなくて・・・。
嫁が早くお払い行かないからだって怒った(´;ω;`)

お払い行ったらパソコンも直るのかな・・・?

254 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 23:01:01 ID:SMJNB0qS0
なんかヤバくね?
詳しくはないけどとりあえずPCの回りに塩でも盛っておけば?

255 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 23:14:47 ID:8O7jFbBW0
あーわかった
お前らちょっとした事でホラーに結び付けて怖がるだろ
車酔いと一緒だ
吐く事をすぐに連想するから気分が悪くなって吐く
稲川もすぐ吐くし

鳥肌→ヒステリー→精神崩壊
気分悪い→酔う→吐く
緊張する→滑舌悪→脱糞

256 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 23:22:03 ID:To+hFr5N0
//syarecowa.moo.jp/210/35.html
スレ210の578ってこれか。

まあAの生霊うんぬんは気にしなくて良いんじゃね?
なんか身代わりになってくれてるっぽいし。

それより黒人とかダッコちゃんとかが気になるな。
変なアルファベットも出てくるし。
外国人関連でなにか心当たりは無いのか?
それと、A自身の妙な事故って何だ?

257 :248:2009/05/01(金) 23:31:34 ID:ZetKROOY0
>>256
症状自体は大したことじゃないです。
Aを夕食に招いた日、なんか酔ってるっぽいから一人で帰すの心配で、
車を呼んだんだ。t
運転手さんが車のドア開けるため降りてきてくれたんだけど、
Aは自分で開けようとして取っ手に手をかけた。
そしたらその瞬間ドアがすごい勢いで開いて、Aが頭ぶつけて吹っ飛んだ。

すぐ立ち上がったんだけどふらふらしてたから、
「頭打ってるといけないから」って病院連れてって一泊検査入院させてきた。
脳震盪気味?みたいだけど異常はなかったから、
俺がちょっと過剰反応しただけかもしれないが・・・。

ついでに俺は外人苦手っすorz
外人とは縁がないし、したがって恨みを買う機会すらないと思うんだけどなぁ。

258 :本当にあった怖い名無し:2009/05/01(金) 23:34:47 ID:ZetKROOY0
ぎゃーーーーー

四行目tってなんだよtって!!!!

259 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 00:29:53 ID:d6dGA9mg0
神主にもっとアタックしてみて欲しいなー

260 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 01:13:05 ID:k1Du7uVd0
248さんのレスを読む限り、何かあからさまに隠されている事がありそうなんだけど、
これ以上、突っ込むのはどうなんだろ。
興味本位で調べて、取り返しがつかない事になんて・・・ないよね。

261 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 02:01:13 ID:/LXrlcX20
>>260
248がマジ怖くて突っ込めない

262 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 02:40:11 ID:Vzcmmi580
何となくAさんやお父さんは事情を知っていて、守ってくれているように感じた。
故人であるAさんのお母さんも。
昔ご両親が訴訟を起こしていたという相手に呪われたんじゃないのか?
あなたが興味を持っていなかった頃は触らぬ神に祟りなし状態だったが
ヘンに掘り返したから呪いが再発動したように思った。
一連の現象はAさんやお父さんは知っているのか?
相談して、みんなで一緒に事情を知っている神社に行ってお払いしてもらったらどうだろう?


263 :サスケ ◆kfp0TbU5UU :2009/05/02(土) 02:48:06 ID:u33nmbKE0
みんなの駄文広場
248ぜんぶ気のせいだろ
俺んちにも間違い電話かかってくるしな

264 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 02:59:08 ID:5Ov+AFyMO
>>258
とりあえずAと神主にいろいろ聞いてみろよ。わかんねえからビビんだって
現状は大して実害ないし適当にしとけばいんじゃね?ビビるほどのことじゃねーよ
幽霊とか怨霊とかなんざ目の前に出てきてから考えろよ。そんなもんクソだよクソ

世の中で一番怖いのは金がないことだよ。幽霊とか祟りなんざ塩でもぶっかけとけ

265 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 03:24:50 ID:FK8Wrx1pO
>>257タクシーって運転手がレバーひいてドア自動で開けるんざないの?


266 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 05:53:20 ID:m10RdlnLO
もしかしたらレバー引いても開かない…あれ…おかしいな……
みたいな感じで手動に切り換えたのかもしれんよ

267 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 07:53:41 ID:m6HXwLqxO
>>248は家政婦が普通にいるような金持ちだからきっと家で雇ってる運転手なんだよ。

268 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 09:55:11 ID:qVVcmepA0
自分はハイヤーなのかと思った

269 :248:2009/05/02(土) 10:57:19 ID:1CD+MdfM0
みんなありがとう。
まともに取り合ってくれるのが嫁だけで心細かったから、
どんな意見でも嬉しかったよ。

メンタルクリニックはGW中休みだったから、
今日は午後から嫁が学生時代入ってたオカルトサークルでコネのある
霊能者さんにお払いしてもらう予定。
Aと親父は株主総会前は激烈に忙しい職種なもんで、しばらく聞き込みは無理かも。
オカ板的に話題になりそうで、dion規制がなかったらまた報告に来させて下さい。

呼んだ車はハイヤーだけど、ドアって普通は開けてくれないの?
あと、うちそんな金持ちじゃないよ。休日に2chやるような男だぜ?

270 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 11:01:46 ID:qVVcmepA0
いや、普通はハイヤー呼ばないから
「車を呼んだ」って書いてあったら、「タクシーを呼んだんだな」と思うぞ

271 :248:2009/05/02(土) 11:20:25 ID:1CD+MdfM0
ハイヤー調べてみたよ!
270の言う通りだ!頼んだ会社の名前が○○ハイヤーみたいな感じだったから、
ハイヤーかと思ったけど、ハイヤーって高い!たぶんうちのはタクシーだよ!

・・・「こっぱずかしい間違いするな!」と嫁にも怒られた!
ごめんねごめんね・・・

272 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 12:39:31 ID:BIZxdK3L0
ロールスロイスの技術者は、旅客機や戦闘機の風防に向かって、
死んだ鶏を高速で発射する特殊装置を製作した。
しばしば発生する鳥の衝突事故を模して、風防の強度試験をするためだった。

この発射装置のことを耳にしたアメリカの技術者たちは、是非それを使って
最近開発した高速列車のフロントガラスを試験してみたいと考えた。
話し合いがまとまり、装置がアメリカへ送られてきた。
発射筒から鶏が撃ちだされ、破片飛散防止のフロントガラスを粉々に打ち破り、
制御盤を突き抜け、技術者がすわる椅子の背もたれを二つにぶち割り、
後部の仕切り壁に突き刺さった光景に技術者たちは慄然とした。

驚いたアメリカの技術者たちは、悲惨な実験結果を示す写真にフロントガラスの
設計図を添えてロールスロイスへ送り、イギリスの科学者たちに詳しい意見を求めた。
それに対するロールスロイスからの返事はたった一行だった。
「チキンを解凍してください。」


273 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 16:34:28 ID:r+XxgW/y0
>>271
いちいち嫁嫁って書くなよ
うざいわ


ええ、ええ、僻みです

274 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 16:59:50 ID:wwiXxbdo0
ハイヤーって掛け声をだして何かを呼んだのかとおもた

275 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 18:06:09 ID:C+oAaMcO0
>>274
ワンナウツかw!?

276 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 18:09:47 ID:4jrdkwPf0
(ܷܵܶ∀ܷܵܶ)

277 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 18:10:33 ID:cScTI+8j0
>>248
今何している?

278 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 18:22:26 ID:A3gUqNi40
きっとパソコンに塩を練りこんでいるのさ

279 :248-1:2009/05/02(土) 18:36:26 ID:1CD+MdfM0
書く度に謝ってばかりいますが、今度は本気で心の底からお詫び申し上げます。
申し訳ありません。
大事なことを最初に書いておきますと、
自分の体験談は、本当にほーんのちょっっぴりですが、「読むと来る系」の危険があったそうです。
もし俺の話を読んだ方の中で万が一俺と同じ経験をされた方がいたら、
「自分じゃない」と強く念じてください。おそらくそれで解決します。

では今日の霊能者の方との面会について報告します。
上記のとおり危険がありますし、根本的な解決には至ってないので、
興味のない方はどうぞスルーしてください。

<今日のまとめ(`・ω・´)>
前スレで書いたことを話したところ、s
俺がなんかの呪いのターゲットになっていることは間違いないと。
人形がおそらく呪いの媒体?になっていて、ブードゥー系の呪いかもと言われた。
ブードゥーと言うのは、術者の能力によって効果はピンキリだそうで、
俺を狙った人は「ちゃんと呪える」程度の力はあるそうだ。
なんかの精霊だか悪魔だか分らんが、使い魔みたいのを派遣して俺を呪ったらしい。
おそらく俺とAが見た奴だ。
だから本来なら俺はあの時死んでいたはずなのだが・・・

俺はなぜか「ありえないレベル」で「霊感がない」人間なのだとww
よく幽霊見えるかどうかをラジオにたとえて、波長が合えば見える、とか説明することあるじゃん?
あれで言うと俺は「電源がOFFどころか電池も入ってない」orz
で、発するものが何もないから、派遣されたほうも俺を認識できずに困ったのだろう。
しかもやっと俺らしい相手を見つけたと思ったら変な形でAが介入して、
Aと俺の区別がつかなくなって、結果手を下しにくいんじゃないかと。
つまり、Aと俺、どっちにしようかなー状態。

280 :248-2:2009/05/02(土) 18:37:41 ID:1CD+MdfM0
俺に関して言えば、奴の事を忘れておとなしーく刺激しない生活していれば、
最終的にはAを俺と認識する可能性が高いとか。
神社の人の態度について言えば、
「一度Aを通して事件に関わっているところに再び関わりを持てば、
 その使い魔の選択肢の中に自分が含まれる危険があるからだと思います。
 相手に目をつけられたとき、自分で呪いを跳ね返す自信がないのでしょう。」と。s

「インターネットに書いちゃったんだけど、読んだ人が選択肢に含まれる危険はありますか?」
と聞いたところ、
「・・・直接的なかかわりじゃないし、大丈夫だと思うけど・・・
 もし向こうから様子見に来られちゃっても、自分は別人アピールしておけば平気でしょう。」
だそうだ。様子見に来られた方、いらっしゃいましたらすみません。

「俺はお払いしたほうがいいですか?」の質問には、
「そうするとAさんに全部行くかも。」と言われたので、今日はお払いあきらめたよ\(^o^)/
やるなら二人揃ってやらないと危険が一方に偏るそうだ。
今は人型でも作って相手の目をごまかすくらいにしておけと、作り方だけ教えてもらった。

分からないのが、なんで今になって呪いが再発したのかという点。
家政婦のおばちゃんの証言があってるなら、人形はおそらく封印された箱の中だし、
そうでないとしてもちょっと話に上ったくらいでこの被害は不自然。
あと俺のケータイにきた英語メールを見せても、いまいち意図が不明。
それから、あいつの眼は俺よりAに向いている可能性が高いそうだ。
だから、俺は怪奇現象くらいで済んでるが、
Aはもっと現実的にひどい目に遭ってる危険がある。早く手を打てとせっつかれた。m

GW明けにはAも父も休みがあるから、その時に話してみる。
今度ははぐらかされてもあきらめない。

281 :248-ラスト:2009/05/02(土) 18:38:49 ID:1CD+MdfM0
規制来そうなんで急いで書いた。まとまりのない文で分かりにくくてごめん。
今後は万が一を考えて書き込み自粛するよ。
読んでくれた方、アドバイスくれた方、本当にありがとう。
そして巻き込んでしまった方いたら、本当にすみません。

282 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 19:13:42 ID:kSsfS7RD0
おいこれ読んでるやつら、全員無事か?

283 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 19:21:53 ID:A3gUqNi40
>>282
また牛に糞をかけられました
きっと祟りなんです
ネコにフレーメン反応されたのち、後ろ脚で砂かけるまねされました
きっと祟りなんです

もう一度シャワー浴びたらお祓い逝ってきます

284 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 19:25:16 ID:C+oAaMcO0
>>262だが、今のところヘンな現象はないよ。
けっこう当たっていたっぽいな。
オカ的には、相手の存在を意識しただけで縁が生じて繋がりが発生するとも考えられるから。
とにかくAさんと一緒に、早くお祓いに行った方がいい。

ところで「電源がOFFどころか電池も入ってない」を読んで
井戸のドールハウスの落ち武者を撃退した存在を出入りさせている女性の話を思い出した。
その人の夫と子供がまさにそのタイプだったんだよね。
今回のカキコとは関係ないだろうけど。

285 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 19:32:44 ID:BpMAvoh20
流れ読まずに投下。

今ヒッキー聞きながら熱唱してたわけなんだけど
ふと横目に何かが写った気がして見てみると
天井の隅っこに顔がギュッて収まってて、
ニヤって笑って消えてった。
あーいうの始めて見たんだけどさ、
怖さよりも聞かれた恥ずかしさが先行するんだね。

286 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 20:49:24 ID:ddXr3zpM0
>>285
多分耳の肥えた霊だったのさ。
坊さんたくさん呼んでフルコーラスの念仏でも聞かせて差し上げろ。

ついでに。

俺の部屋に女の自縛霊が住んでいるんだが、

自 縛 霊 の 縛 ら れ て い る 範 囲 を 特 定 し た ぞ !

見破ってなんもしないのも癪なんで、とりあえず裸でヒゲダンスしといたんだが、

舐めてたわ。自縛霊って根性で縛り範囲伸ばせるのね。ばっちり呪われた。

負け犬の遠吠え的に「その根性をどうして生前に活かせなかったの!」と叫んだら
なんか部屋の隅でずっと泣いているんだが、今のうちに坊さん呼んだ方がいいのだろうか。
泣き終わった後が怖いんですけど。

287 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 21:02:42 ID:SwgSMansO
ごめん
もう死んでるのに活かせって言うことほどひどいことはないよな。
で、ちょいと言い訳をさせてくれ。。
俺はさ、その領域を伸ばす根性を生きていた頃に使えっていう意味で言ったわけじゃないんだ。
…その、ほら、…別に死んでいようが生活はできるだろ?
…俺と一緒に暮らさないか?その生活の為に、根性使おうぜ。

って言いながらおっぱい揉んどけ

288 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 21:12:50 ID:WzCYFaam0
>>286
自縛霊って自分で行動範囲を狭めてるだけだろ。
いわば幽霊の引きこもり。



289 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 21:14:58 ID:ddXr3zpM0
>>288 そのアドバイスをもっと早めに聞いておきたかったorz

>>287 なんという逆転ホムーラン的な発想;;全俺が感動した;;
正直、次に彼女の領域に踏み込んだら最後な気がするが、
縛られた彼女の心を俺がほぐしてみせる!

(おっぱい的な意味で)

ただ・・その、ano、ダメだったら祟ってもいい?(´・ω・`)

290 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 22:40:25 ID:wE5xjSyG0
今からおよそ3年前のこと。

その当時、俺は大学卒業を控えて就活やら研究に追われていたのだが、
長い夏休みに入ったので気晴らしに東北各所を回ってみることにした。
車の一人旅だから気楽なもんで、気の赴くままにぶらりと適当な場所に寄ったり、
運転に疲れたら車を止めて昼寝をしたりと、基本的にはプラン白紙のフリーな旅だった。

1日目はひたすら東北を北上して、青森の国道脇にあるコンビニの駐車場で一泊した。
その翌日は市内をぶらぶら歩き、ねぶたを見たり商店街で買い物をしたりして楽しんだ。

2日目の夜。秋田県のとある道路に差し掛かったとき辺りは既に真っ暗で、
車内のデジタル時計は午後10時をまわったところだった。ラジオから流れる音声に
やたらとザーザー雑音が入り不快になったので電源を切り、かわりにカーナビを見てみた。
当然、周囲は全く知らない地名の場所。ここ一体どこよ…などと思いつつ
アオカン(青看板のこと)とカーナビを頼りに国道を南下し続けた。

しばらく進むと、左手の方向にものすごく細い山道が山の奥のほうへと続いているのが見えた。
この先には何があるのかな?と気になったので、少し怖かったけどそのまま左折して細い道に入った。
道路はすぐに砂利道となり、ゴトゴトと音を立ててヘッドライトを除く一切の光源のない道を進んでいった。
タイヤが傷むのも嫌なのでそこそこのところで引き返そうと思いながらUターン可能なスペースを探していると、
前方にオンボロの小さい小屋が見えた。家というよりは何年も放置されている物置みたいな外観で、
ところどころ木造の壁がはがれ落ちていて今にも崩れそうな感じだった。外からみた感じの広さは
せいぜい6〜7畳程度だったと思う。とにかく気味の悪い小屋だった。
幸いUターンできるくらいのスペースが脇にあったので、慎重にバックして方向転換を試みた。


291 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 22:42:16 ID:wE5xjSyG0
その時、唐突に、ボロ屋のほうから変な音が。
「ゴトン、ゴト、ゴト、ガコンッ、ガコガコッ」

何本かの木材がぶつかり合うかのような音。背筋に戦慄が走った。
立て掛けてある木材が自然に倒れる音にも似ていたが、それにしてはあまりに不自然な音で、
何かが小屋の中で動いていて、家の中のものと接触して鳴っている音にしか聞こえなかった。

辺りが真っ暗な上、何もない場所だったから余計に怖くなり、
急いで方向転換を終わらせようとハンドル操作をするも、つい小屋の前に目がいってしまった。
ちょうど、何か真っ黒いヤツが小屋の中から出てくるところだった。そいつの体は全身毛むくじゃらで、
ドス黒く長い体毛?みたいなのが全身びっしり生えていて、子供のころに児童向けの絵本で見たような
山男か雪男みたいな風貌だった。しかしそいつの身長は小学生くらいに小柄で、顔の辺りまで
真っ黒な毛で覆われているから目や鼻や口があるかすらも分からなかった。
でも、関わったら絶対にヤバイ雰囲気があった。自分でも信じられないくらい体がガチガチ震え出し、
涙が滝のように流れてた。そいつは全く喋らないけど、なんというか、悪意なんて生易しいものじゃない
禍々しいものを全身に内包しているようだった。ただ、逃げるしかないと思った。

一刻も早くその場から離れようと夢中だったから細かいことは何一つ覚えていない。
気がついたら隣県のセルフのガソリンスタンドにいた。
後はもう、どこにも寄り道せず国道をひたすら下って自分の家に帰った。
自分ちの駐車場でトランクを開けると、小さな羽虫の死骸が散らばって入っていた。
洗車用のバケツにはこげ茶色の汚い水がたっぷり入ってて、生きた羽虫が何匹かたかっていた。
水のある場所なんて一度も行ってないし、そもそも旅に出てからトランクを一度たりとも開けていない。


292 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 22:45:01 ID:wE5xjSyG0
その日からしばらく悲惨な日々が続いた。
大学の学食に行くとスープがあのバケツの茶色い水に見えて飲めなかったり、
講義で隣に座った友達の肌に小さな羽虫がびっしりついていたこともあった。
卒業研究を一時中断して精神科に通い、薬を飲んでなんとか落ち着いて、虫が見えたり
茶色い水が見えたりすることはなくなった。でも、あの小屋にいた真っ黒いヤツのことは忘れられない。
アイツは一体何だったのか?


関係あるか否かは分からないけど、この一人旅をする1ヶ月ほど前に、東北地方の中では相当危険とされる
心霊スポットに足を運んでいたのを思い出した。そこに行った時は何ともなかったのに…。
小さな道や細い道にはもう二度と入らないと誓った。
肝試しに行く際にはくれぐれもご用心を。

293 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 23:29:49 ID:xe+oMRU+O
>>292
カップルの顔に白い卵がびっしりの話思い出した。
どっかの川で触っちゃいけないもの触ったって話だっけか

294 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 23:50:48 ID:2cHA6A9H0
間違えて柿に投下してしまったので貼りなおし。
数年前にどっかのサイトで見た話。
誰か知ってる人いる?


著者が旅行である旅館に泊まったときの話。
夜、部屋を出て廊下に出たとき、昼間壁だったはずの場所になぜか下へ向かう階段がある。
「こんな所に階段あったか?」と思いつつ下ってみると踊り場に自販機がある。
自販機でビールを買いつつ階段の先を見ると、宴会場(人はいるっぽいがなぜか無音)みたいなのが見える。
不思議に思いつつ階段を上って廊下に出ると、他の部屋の客らしきおじさんにどこでビールを買ったか聞かれる。
先ほどの階段の場所を教え、部屋に戻るとき「うわっ」という声と階段を転げ落ちる音。
おじさんが階段で足を踏み外したんだと思い、様子を見に行くと階段のあった場所は壁があるだけ。
翌朝になっても初めから階段がなかったかのようにそこは壁。従業員に聞いても、階段などないと言う。
結局その旅館を出て、数年ほどたち、その旅館について忘れたころ、ある新聞記事を見かける。
あの数年前に言った旅館で改築工事が行われ、その際に壁から中年男性と思われる白骨死体が見つかった。


細部は違うかもしれんが、こんな感じの話。


295 :本当にあった怖い名無し:2009/05/02(土) 23:55:09 ID:wE5xjSyG0
>>293
今まとめサイトで確認したら、孵化って話だった。
小さい生き物が顔にびっしりという点では確かに似てるかも
思い出したら気持ち悪くなってきた…

296 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 00:09:38 ID:lvVBDkRX0
>>294
うん、確かに読んだ記憶があるよ。
怖かった。

297 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 00:37:16 ID:gWs0BYuR0
作り話です。

中学生のころ、近所に廃屋があった。
そこは心霊スポットとまではいかないが、地元では少し有名な肝試しスポットだった。

ある夏の日の昼に友達と暇つぶしにその廃屋に行ってみた。
これと言って、目立った点もない、少し荒れたただの二階建て一軒家だった。
庭に行くと大きな倉庫があった。
開けるとグチャグチャに荒らされていたものの、古びたスコップや工具なんかの使える物も盗まれずに残っていた。
俺と友人はそこにあった赤のカラースプレーで様々な場所に文字を書いて遊ぶことにした。

最初は1階にセックスとかオマンコとか馬鹿なことばかり書いていた。
そうこうしてるうちにある怖い話を思い出した。
「右をみろ、左をみろ、下をみろ、おまえのうしろにいる」みたいなやつだ。
この家にそれを仕掛けて、今度から来る肝試しの連中を脅かそう、という悪案が閃いた。

俺たちは二階のある部屋の鏡に赤のスプレーで書いた。
「右を見ろ」
そして右の壁に
「窓を見ろ」
窓に
「上を見ろ」
最後に頑張って天井にこう書いた
「今階段を上ってる」

298 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 00:38:20 ID:gWs0BYuR0
ここまで完成して俺たちはこの仕掛けにまんまとハマるやつがいるかもしれないと爆笑した。
ふと、友人が言った。
「これ見たら、帰れないよなw ベランダから飛び降りるやつとか出そうw」
そこで俺はその部屋から出れるベランダのほうを見た。
「すぐ庭だし、下に飛び降りたらもっとビックリするようになんか仕掛けようぜw」
友人は少し考えて、言った。
「落とし穴とかどうよw 絶対焦るってw」
俺はその馬鹿なトラップが同意した。

俺たちは倉庫の道具を使い、そのベランダの真下に深さ1m、幅1mほどの穴を掘った。
悪ふざけで中に工具をバラまいて小便をかけた。
さらに穴を倉庫の中のシートで覆い、上から土をかけて見事「落とし穴」を完成させたのだった。
そして、友人と「このトラップにひっかかるやついたらマジでウケるなw」とか言いながら家路についた。

そういう「遊び」も時がたつと忘れるもので、1週間ほどですっかり忘れてしまった。
そんなある日、ある同級生の女が学校を休んだ。
高校生の兄が亡くなったらしい。
なんでも、肝試し中に事故があったらしい。
俺はそれを聞いて嫌な予感がした。

299 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 00:39:01 ID:gWs0BYuR0

その後流れた噂で予感が的中してしまったことを知った。
その同級生の兄は、友達と肝試しにその廃屋に入ったらしい。
そして、俺たちの策略通りベランダから飛び降り、仕掛けた落とし穴に落ちたらしい。
だが笑えるのはここまでで、落とし穴に飛び落ちたときに中の工具で動脈を切ってしまい、
出血多量で亡くなった、だそうだ・・・
その後すぐに廃屋は取り壊された。

俺と友人は悩んだ。
警察に行くべきか。
しかし、受験を控える中学生。
特に友人は偏差値が高かったので、良い高校に行く。こんなことが公になると進学どころの騒ぎではない。
このことは二人だけの秘密、お互い墓まで持って行く。そう決めた。

だがそこからが大変だった。
人を殺した、その感情がいつも心の片隅にあった。
兄を亡くした同級生の姿を見るたびに心が痛んだ。
辛かった。
自殺も考えた。全部話そうかとも思った。
だができなかった。いえなかった。

300 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 00:39:42 ID:gWs0BYuR0
あの事件後、友人とは疎遠になった。一緒だと思い出す、当然か。
俺は受験勉強に励んだ。いや、受験勉強に逃げていただけ、だろう。
そして、元の成績からはとてもいけなかった高校に受かることができた。

すべてを忘れたかった。
新しい学生生活で、すべてがリセットされ、楽しく過ごせる。
そう思った。
入学式で彼女がいた。俺たちが殺した兄をもつ、同級生。
しかも、同じクラス。

逃げ切れない。
心が折れかけた。折れていたかもしれない。

同じ中学出身で同じ高校で同じクラス、話さない理由はない。
これまでは避けてきたが、自然に話すことになってしまった。
というより家の方向も同じせいか結構仲良くなってしまった。

301 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 00:42:02 ID:gWs0BYuR0
そんなある日彼女は言った。
「瀧本君は知ってると思うけど私のお兄ちゃん、死んじゃったの」
ああ、知ってる。殺ったのは俺だ。
「中学では結構噂になったもんね、でねここからは知らないと思うんだけど」
「お兄ちゃん、幽霊屋敷で落とし穴に落ちて死んだんだって・・・」
知ってるよ。犯人も。
「落とし穴の中に包丁がいっぱい入ってたんだ・・・」
「でもね、犯人捕まってないんだよね・・・」

静かに聞いていたがそのとき、つい言ってしまった。
「えっ!包丁!?」
彼女の顔が曇った。
沈黙が続く・・・彼女は
「用事があるから帰るね」
と言い帰ってしまった。

それから、彼女は一度も俺に話かけてこない。

後日、別の友人も彼女は兄の話をされたらしい。
彼女は最後に
「廃屋の隣のおばさんが落とし穴を掘る二人の学生」を目撃していたことを言っていたらしい。

ごめん、吉倉、墓まで持って行けなかった。

作り話です。

302 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 01:23:23 ID:0x950NpaO
本当かよw

303 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 01:31:15 ID:GX6CeeGpP
うp乙!
彼女は犯人突き止めて…そこまででよかったんだろか(゚Д゜;)

304 :294:2009/05/03(日) 01:46:40 ID:nQXl6qUj0
>>296
どこのサイトか覚えていたら教えて欲しい。
シャレ怖じゃないと思う。一通り見てみたし。。。

305 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 02:11:12 ID:C5EPSIsp0
>>296だが2chのオカ板のスレのどこかには間違いない。
自分は洒落怖だとばかり思っていたんだが…。
このスレを一番よくチェックしているし、一時期まとめスレの投票所を中心に
過去の投稿もかなりたくさん読んだから。

306 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 02:16:49 ID:C5EPSIsp0
見つけた。
これだね?

ttp://syarecowa.moo.jp/jikuu/2/26.html

307 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 02:35:09 ID:3dWM8TrD0
http://syarecowa.moo.jp/jikuu/2/26.html

308 :本当にあった怖い名無し :2009/05/03(日) 02:42:34 ID:8lJKgyiF0
お互いに必要としています
末永く幸せにいられますように

309 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 03:13:31 ID:3dWM8TrD0

■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
       ・
       ・
       ・
アンパンマン本編うpスレ [YouTube]
       ・
       ・
       ・


310 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 03:20:05 ID:4rZaXGY7O
>>309
ワロタwww

女神転生のスレ2つもあるなw
誰だメガテン厨はw

311 :294:2009/05/03(日) 03:37:55 ID:nQXl6qUj0
>>306,307
ありがとう!それだ!
洒落怖だったんだ。

312 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 04:19:01 ID:/78OVEnP0
今ずっとここ読んでてちょっとトイレに行ってきた。
トイレの帰りに、キッチンの電子レンジの中が青くポワっと光った。
本当に一瞬。
映りこむような光は周りになく、キッチンの電気も消灯している。

気のせい…かな?

313 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 11:55:26 ID:yBc23r570
霊感がある友達がまとめサイト読んでて
「これ生きてる人間の書いた話じゃないね」
みたいにいうのなんて話だっけ?

314 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 12:43:19 ID:OYuWuwZY0
>>313
デパートに関する話がそうだと聞いたことはある。(どれかは忘れた)
他にもあるそうだけど

315 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 14:48:26 ID:k/c+WL1c0
インターネットに触れてわかった
位の高い政治家は偉いとされてたけど
下らないプライドや自分の利益の為に戦争や暴力や様々な病気を増やしてる
地獄で高位な存在ほど天国では下位なように
社会では偉いけど本当は最低なのかもしれない
色んなフラッシュを見て思った

世間では卑下されてる2ちゃんねる
自らのプライドを保とうとそれを馬鹿にする人たち
オタクゴヨウタチのパソコン
他人を気にして、仮面をかぶって、馬鹿にして、優位な立場に立ってるつもりの人
僕は世間の目を気にせず、自分を貫ける強い人間になりたいと思った

卒論にしよう


316 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 16:34:00 ID:h1PGxzEW0
>>314
うおお禿げ上がるほど気になる、いろいろと。。

317 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 18:07:26 ID:DmxNmBdmO
http://sharecowa.moo.jp/210/35.html

318 :本当にあった怖い名無し:2009/05/03(日) 18:09:24 ID:DmxNmBdmO
http://syarecowa.moo.jp/210/35.html

319 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 00:18:40 ID:I38SKHsB0
アイカゴって死んだの?

320 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 00:21:10 ID:/EexoFkuO

影の無い人・・・。

見かけたことあるか。。。

321 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 00:58:49 ID:jEt33fmP0
写真ってどうやってアップすれば良いですか?

デジカメの写真整理したらちょっと不自然なのみつけちゃって。。
画像が小さいと見難いとは思うんですけど…

もしどなたか興味があれば写真の載せ方教えてもらえますか?

322 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:25:49 ID:nuJ7Q8cXO
お久しぶりです。
前回は夏の話をしたので今回は秋の話をしたいと思います。
文体で何の事か気付かれる方も居る事と思います。

それでは長くなりますがご勘弁を。

〜赤い仏像〜
ある秋の日の話をしようと思う。
その日は、図書館で見つけ出した郷土史に載っていた【赤い仏像】なる物を一目観ようと少しばかり遠出したのだった。

俺は少々オカルトな趣味が有り、変な話や不思議な物等が大好物だった。

赤い仏像との出会いは偶然だったが、出会った時から一目惚れであった。
場所を調べ上げ宿の手配も済んだ、幸か不幸か彼女や友人などと言う煩わしい人種は居ない。
準備万端である。

いざ出陣!と腰を上げたその時、携帯が泣き喚いた…出鼻を挫かれつつ画面に目をやると見慣れぬ番号が表示されていた。

怪訝な面持ちで出ると何やら唸り声のような音声が延々と流れていた。
予想はしていた。こうでなければこんな怪しい電話には応えない。
こんなタイミングで掛かって来るのは虫の知らせと相場が決まっているのだ。

そして虫の知らせならこれは幸先が良い事になる。
“何か”が起こる。予感は確信へと近付いて行く。

逸る気持ちを抑えつつ車に乗り込みエンジンを…かからない。
バッテリー切れらしい。
どうやら俺の守護霊は頼りがいのある御節介みたいだ 。

30分後俺は軽快に車を飛ばして居た。
見覚えは無くとも走り慣れた蛇行する林道を縫って行く。

323 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:27:43 ID:nuJ7Q8cXO
>>322
行きがてら、何かの遠吠えを聴き竦み上がった。
威嚇なのだろうか?それとも俺を呼んでいるのだろうか?

宿に着いたのは昼過ぎだった。
こぢんまりしているものの趣のある宿だ。
ここが今回の拠点になる。

部屋へ案内してもらい軽く言葉を交わす。
どうやらこんな田舎に独り身の若い男が来るのは珍しいらしい。

『余計なお世話かもしれませんが、何かお悩みでしたらいつでもお話下さいませ』
何か勘違いしているらしく、急に自分が滑稽に思え笑いがこみ上げた。
堪え切れず吹き出す俺を仲居さんはキョトンとして見ていた。

『いえいえ、変な気を起こすつもりはありませんよ(笑)お気遣い有難うございます』
仲居さんは紅葉色の頬で照れくさく笑った。

『それではこちらへは何の御用で?あ、作家さんですか?それならなるべく静かにするよう他の仲(ry』
彼女を遮り訳を話す。

『いえいえ、実はこの本に載っていた【赤い仏像】なるものを一目観ようと遙々駆け付けた訳です。』

『はぁ…赤い仏像…ですか…』

『御存知ですか?』

『いえ、誠に申し訳ございませんが存じておりません』

『何やら寺に保管されてるらしいんですが』

324 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:29:04 ID:nuJ7Q8cXO
>>323
『お寺ですか。お寺なら近くに○○寺という寺が在りますが』

『なるほど。でしたら其処を訪ねてみます。お寺にはどなたか居りますか?』

『あぁはい。住職様が一人』

________
仲居さんに書いて貰った寺の名前と簡単な地図が載った紙を広げ寝転がる。
脇に転がる鞄から郷土史の本を開く。

【赤い仏像】
×県△市○○村
寺院に眠るその仏像の異様さたるや筆舌に尽くし難い
曰わく“赤い仏像”曰わく“紅仏様”曰わく“血仏”
大きさは高さ一尺、幅は約三寸
容貌は赤黒く強い異臭を放っている
あまり気持ちの良い代物ではない
住職によればその仏像は時折血の涙を流すらしく、確かに目尻から何かしら垂れたような跡は確認出来た
聞くところによると、かつてはこの仏像を家から家へ回す風習が在ったらしい
更に古い話では、この仏像は元々呪詛の祭具として…

ここから下は読めない。
子供の悪戯だろうか?何やら赤いクレヨンのようなもので塗り潰されている。

この続きをどうしても確かめたくて俺はこうして此処に来たのだ。

腰を上げると早速寺を訪ねようと出掛けた。
山々には紅葉した木々が生い茂り、澄み切った川が音色を奏でる。山紫水明とはこのことだ。

325 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:31:02 ID:nuJ7Q8cXO
>>324
煩わしい日常の喧騒から離れ、穏やかに流れる時に酔いしれていたが、いかんいかんと我に戻る。

寺はホントに近くに在った。
赤い仏像を見せて欲しいと庭掃除をしていた住職に申し出た。

『赤い仏像か』
口振りからこの住職は知っているらしい事が見て取れた。

『一目観るだけで良いんです』

『あれなら、今は此処には無いんだ』
『山の方の寺に移していてね。今は其処に保管しているよ』

『なんとかなりませんかね』

『あんな仏像を見てどうするんだい?』

俺は例の本を渡し一部始終を説明した。

『ふむ、丁度赤い仏像も含め何か盗まれていないか確認しなければと思っていたところだ、私が案内しよう。支度をするから暫く待ってなさい』

ついに【赤い仏像】と御対面だ。
俺は遠距離恋愛の彼女と久々に逢うかのような気持ちの高ぶりを感じていた。


住職の運転する軽トラに乗り山の方へと走って行く。
山道を登っていると中腹辺りに開けた駐車場が在り其処に車を停めた。

『ここからは歩きだ』
50〜60代だろう住職は軽々と山道を登って行く。
対する俺はやはり日頃の運動不足からか既に息が上がっていた。

326 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:37:07 ID:nuJ7Q8cXO
途中、不意にワンワンと吠えられビクリ!とする。
犬だ。

住職によるとこの犬はここで飼われているらしく、名前は太郎。
麓の近所に住む婆さんが毎日餌をやりに来るらしい。
『番犬にもなる賢い奴さ』と笑いながら頭を撫でていた。


そうこうしている内に寺が見えて来た。
遠目でも判るようなボロ寺だ。
小さい寺だ。
目測で5〜6畳だろうか?その後ろにちょっとした物置がある感じだ。

『さてと』
住職は正面の扉の南京錠を開けた。

住職が扉を開いた。
瞬間!懐かしい耳鳴りがした。
“アタリ”だ。
やはり赤い仏像はただ者ではないらしい。
ピリピリと突き刺す空気を肌に受けながら中に入る。

『老朽化が進んでいてね。大分取り壊してしまって今では物置として此処が残ってるだけさ』

中はガランとしていた。

327 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:38:42 ID:nuJ7Q8cXO
>>325-326
住職は正面奥の戸棚を開けガサゴソやっている。

『お、有った有った』
『ほら、これが赤い仏像だよ』

住職から赤い仏像が手渡される。
ついに待ちに待ったご対面だ。

だが、2人の出逢いは予想に反して感動的な物では無かった。

『黒い』
それが正直な感想だった。
赤黒いと言うより黒いのだ。

328 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:39:59 ID:nuJ7Q8cXO
>>327
『これがホントに【赤い仏像】なんですか?』

漆塗り…とまではいかないが、それなりの鮮やかさを予想していただけに期待外れな気がした。

『あぁ、間違いない。それが正真正銘【赤い仏像】だよ』
『薄暗いせいかもしれないな。外で見て来てごらん』

言われるままに外に出てまた眺める。
なるほど。
確かに少しはマシになった。
でもまだ何か違う。
もっと禍々しくおどろおどろしい物を想像していたがあまりに“普通”なのだ。
匂いは確かに変ではあったが、ただ単にカビ臭いだけのような気もした。
改めて仏像をよくよく見ると、本にあったように涙の跡のようなモノは確かに在った。
だが、それだけだ。
変な気配も感じない、何かの声を聞く事もない、動き出す気配なんて微塵も無かった。

自慢のアンテナも不調らしい。
期待外れと言うより拍子抜けに近い感覚に肩を落としつつ赤い仏像を住職に戻した。

『どうだった?』

『どうも何も普通でした』

『だから言っただろう?あんな仏像を観てどうするのか?と』

『はぁ…』

あからさまな落胆ぶりに気を利かしてくれたのか、【赤い仏像】に詳しい婆さんを紹介してくれるらしい。

329 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:42:06 ID:nuJ7Q8cXO
>>328
また明日尋ねなさいと言われた。
有り難い話だが、正直ハズレである事を悟った俺のお熱はすっかり冷めていた。

住職のチェックが終わり。
帰路に着く。
ワンワン。
撫でる。
テクテク。
歩く。

宿に戻った俺はゴロンと寝転んだ。
湯と食事だけが疲れを癒やしてくれた。
気付いたら夜が明けていた。
どうやら爆睡してたらしい。
朝食を軽く済ませ、一息ついたところで何をしようか考える。
ふと携帯に着信あり。
またもや携帯から唸り声が響く。
唸る携帯を脇に投げ寝転がる。

しばらく天井を眺めて居たが、どうにも暇だ。
『よし!』
気合いを入れ立ち上がる。
どうせ後2日在る。
こうなれば乗り掛かった船だ、とことん付き合ってやろう赤い仏像よ。

再び住職の軽トラに揺られ昨日と同じ道を行く。
『昨日と同じ道ですね』

330 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:43:20 ID:nuJ7Q8cXO
>>329

『昨日話したろ?山で飼ってる犬に餌をやりに来る婆さんが居るって』
あの婆さんらしい。

『そのお婆さん何者なんですか?』

『昔話が大好きな変わった婆さんだよ(笑)ちょっと痴呆入ってるがね』

家に着くと『話は通して有るから。今日は用事があってね。また後で迎えに来るよ』と行ってしまった。

331 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:59:44 ID:awipTdUHO
ほんで!?

332 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:00:27 ID:5wEp4GToO
は…早く続きを…

333 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:01:00 ID:/EexoFkuO
ツヅキマダァ-?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

334 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:02:37 ID:nuJ7Q8cXO
>>330
『すいませ〜ん?どなたかいらっしゃいませんか〜?』

『はーい、いま行きます』
割烹着姿のおばさんが出て来た。

『住職に紹介されて参りました』

『あ〜はいはいおばぁちゃんに用が有るって人ね』

『はい』

『どうぞどうぞ狭い家だけど上がって上がって』
『おばぁちゃん?おばぁちゃ〜ん?お客さんよ〜』
おばさんに連れられ客間へと通された。

『はい、お茶』

『ありがとうございます』

『今おばぁちゃん呼んで来るから少し待っててちょうだいね』

『はい』
しばらくするとスーッと戸が開き、梅干しのようなしわくちゃのお婆さんが入って来た。

335 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:03:45 ID:nuJ7Q8cXO
すみません
長すぎて連投規制にひっかかっちゃうみたいです…orz

336 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:04:55 ID:nuJ7Q8cXO
>>334
『ひゃひゃひゃ…あんたかい若いの』
しわくちゃの顔をクシャクシャにして不気味に笑いかける。

『あ、はい今日はよろしくお願いします』
何か負ぶっている…赤ん坊…ではない赤ん坊の人形だ。

『この子はあたしの子だよ』
ニタリと笑った。
なるほど痴呆らしい。

『賢そうな子ですね(笑)』
俺のお世辞に気を良くした感じでほうじゃろうほうじゃろうとニタリと笑った。

『ほいであんた』

『はい』

『今日は紅仏様の話を訊きに来たんじゃろ?』

337 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:05:25 ID:5wEp4GToO
>>335
たぶん2〜3レス分くらいは一度に行けるとオモ

338 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:06:10 ID:nuJ7Q8cXO
>>336
『はい。知ってる限りで構わなのでお願いします』

『そうかいそうかい(笑)それじゃ、そうだね紅仏様が生まれた話をしようか』
お婆さんは静かに語り出した。

『昔昔の話だよ。この裏の山には集落が在ってね。100人いくかいかんかくらいの人々が寄り添って暮らしておった』
『人々は畑を耕し、猟をし、仲良う暮らしておった』
『じゃがある日余所者が来てな、集落の娘っ子を奉公に欲しいと豪商が言っとるとのことじゃった』
『元々閉鎖的な集落じゃったて、長と数名の老人とで話し合い外の世界を見てきて貰おうっちゅう話になった』
『別れの日、手を振る娘っ子を集落の人間総出で見送った』
『それからまたしばらく静かな日が過ぎて行った』

『ある日、農夫が畑を耕しとったら女がフラフラ歩いて倒れた。驚いて駆け寄り更に魂消た』
『その女はあの娘っ子じゃった。娘っ子はボロボロに疲弊しながら、帰って来おった』
『農夫は娘っ子を看病し、娘っ子はなんとか一命を取り留めた。娘っ子は身ごもっておった』
『話せるようになった娘っ子は、堰を切ったように泣き出した』
『娘っ子の口から聞かされるおぞましい余所者の悪行に集落の者全員が悪鬼の如く怒り狂った』


339 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:08:07 ID:/EexoFkuO
別のスレに書き込みして戻れば規制の目を潜れるんじゃなかったっけ
多分連投だと引っ掛かるみたい?

340 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:10:39 ID:nuJ7Q8cXO
>>337
把握しました。

>>339
なるほど。

341 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:11:32 ID:nuJ7Q8cXO
>>338
『怒り心頭に発した人々は長の元へ集った。長は伝家秘伝の巻物を取り出し、禁書とされとったそれに手を出した。禁書には魔物の呼び出し方が載っとった』
『人身御供となったのは…そう、望まれぬ娘っ子の赤子じゃった』

『人々は準備が整うと赤子を殺し、その赤子の生き血を仏像に吸わせおった』
『これが“紅仏様”じゃ』

恐らく、あの本の筆者はこの話を知っていたのだろう。
だから目の当たりにする【赤い仏像】にあれだけの禍々しさを感じていたに違いない。
自分もアレが生き血の名残かと思うと今更ながらに鳥肌が立つ。
“血仏”とは単なる形容では無かったのだ。
『それで、豪商はどうなったんですか?』

『死んだよ。何か獣のようなモノに襲われ全滅じゃった』

『それが魔物ですね』
『それで、その魔物の正体とは?』

お婆さんは下を向くと首を左右に振った。
『それより、面白い話がある』
魔物の正体が気にはなったが、話したくない・知らないと言うよりどうやら知ってはまずいらしい。

『面白い話とは?』

『昔から“紅仏様”のお側で寝れば面白いものを見せて貰えると言うことじゃ』

『面白いものとは?』

342 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:16:10 ID:QJSWwHYyi
ふひ


343 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:22:25 ID:awipTdUHO
支援!!

344 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:23:43 ID:/EexoFkuO
ふひ

345 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:23:58 ID:ZIWY4yPwO
風呂に入りたいのに、、、

346 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:35:13 ID:Sgvw7X3aO
うむ

347 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 02:35:43 ID:tfS3S+kdO
まだ?

348 :911:2009/05/04(月) 02:58:16 ID:sfFZlgzHO
切れそうだお(#゚д゚)

349 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:02:55 ID:ZIWY4yPwO
とりあえず露天風呂入ってくる

350 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:03:20 ID:tfS3S+kdO
寝ちゃいましたか?

351 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:12:36 ID:FxDCsMTJO
あったまきちゃう!

352 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:28:02 ID:BUo6LVx+0
俺もねるw

353 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:36:42 ID:I38SKHsB0
mねちゃいんやーんmn
ちゅwww

354 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:37:30 ID:g/Kqdn/TO
昨日フジテレビのスレに書いてあったんだけど これが何で怖いのか教えて→昨日姉貴が久々実家に帰ってきた。脱いだ服から落ちたメモに
1日:右へ
2日:左へ
3日:右目
4日:左目
5日:死ね
6日:ごめんね
7日:死ね

と書いてあった。
カレンダーを見て12月20日と気づいたのは3時間後だった
意味が解った瞬間、全身に鳥肌が立つと同時に血の気が引いた


これが何で怖いんでしょうか?

355 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:43:33 ID:I38SKHsB0
>>354
おちんちんやね
うんそれはおちんちん
まーちがいない!
まーちがいないっ!!!

356 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 05:29:02 ID:AFf/NO060
>>354
あーこのネタ、おれもわかんねーだわ・・・。
だれか教えてよ。

357 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 05:41:36 ID:fuCDipSl0
>>354
ナポリタンと一緒って聞いたけど…
意味がわからない

358 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 05:47:03 ID:Ab1TjcF40
>>357
そりゃ意味がないんだから分からなくて当然だ

359 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 05:56:32 ID:fuCDipSl0
>>358
やっぱりそういう事かΣ( ̄□ ̄;)
ありがとう

360 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:06:24 ID:nuJ7Q8cXO
>>341
『さぁ〜?それは寝てみないと判らんのぉ』
そう言うと、お婆さんはひゃひゃひゃと笑った。

宿に戻りお婆さんの話を要約してみる。

お婆さんの話は、あの本のあの項末尾に書かれていた塗りつぶされた部分の内容だろう。
つまり【赤い仏像】は呪具の一種で、魔物と呼ばれる何らかのモノを呼び寄せる憑り代のようなモノだ。
魔物の方がヤバそうだな…と思う。
『“面白いもの”か』



気付いた時には寺に居た。
こんな事もあろうかと簡易テントと寝袋は用意してあった。
夕暮れ時の山から眺める自然もまた良いものだ。
ふと、【赤い仏像】が気になり横壁の窓から中を覗いた。
すると住職がしまったと思われた赤い仏像が棚に飾られているのが見えた。

ゾッとした。

天窓から夕陽に照らされ赫赫と輝くソレは正に【赤い仏像】だった。
ついに姿を現した“紅仏様”にたじろぎながら、なんとも言えぬ匂いにむせかえる。
その時!“紅仏様”がこちらへ向き直った!
ビクリとして屈み隠れる。

そろーっと腰を上げながら窺うと、こちらを向いたと思われた“紅仏様”は最初に見た時と同じように正面を見据えていた。

『気のせい…か』

361 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:07:29 ID:nuJ7Q8cXO
>>360
それから“紅仏様”が動く気配は無かった。

なるべく近い場所にと寺の横にテントを張る。
秋の山は寒い。
テントに入る頃には辺りは真っ暗になっていた。
長い夜の始まりだ。

俺はテントの中で眠れずにいた。
山は静けさに包まれ、時折鳥の声や虫の音が聞こえる意外は完全に静寂と闇が支配していた。
(罰当たりとは思ったが)外で用を足していると、不意にまた遠吠えを聴き、ビクリとする。
あの犬だろうか。

テントに戻ると吊してある懐中電灯の電池を入れ替え、灯したまま横になった。
しばらく冴えていた目も次第に重くなり、深く深く沈んで行った。
酷い耳鳴りに目を覚ましたのは深夜だった。
携帯を覗くと2:15と表示されている。
ガサ…音がする。
『うっ…!!』
何だこの匂いは…。
いつの間にか辺りは濃い獣の匂いに包まれていた。
懐かしい感じもする匂いに混じって、錆びた鉄の臭いが辺りに充満している。
血の臭いだ。

グルルル…唸り声に体が強張る。
間違いない。
何か居る。
頭を過ぎったのは熊だった。
まずい事になった。
夢を見る前にこんな事になろうとは…。
あれやこれや考えたが、どうしてもこの状況を打開出来る名案は浮かばない。

362 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:08:20 ID:pgEtotfP0
コトリバコみたいな話だね

363 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:09:06 ID:nuJ7Q8cXO
>>361
こうなったらやり過ごすしかない。
俺は息を潜め熊が立ち去るのを待った。
だが、おかしい。
待てども待てども、一向に立ち去る気配はないのだ。
三十分くらい生きた心地のしない時がゆったりと流れた。
次第に恐怖心は好奇心や探究心に変わっていた。
そもそも熊なんか出るのか?ひょっとしたらあの犬かも知れない。
そう考えたら正体も判らない相手に怯えて居るのが馬鹿馬鹿しく思えてきた。
意を決するとジーッとテントを開け、懐中電灯で外を窺った。
何も居ない…?
既に立ち去ったのだろうか?先ほどまであった気配は完全に消えていた。

テントから這い出て辺りを見回す。
やはり何も居ないようだ。
疲れてたのか?
テントに戻ろうと振り向くと…それは居た。
唸り声を懐中電灯で照らす。

化け物だ。

大型犬くらいの大きさ。
熊のような太い足。
形は狛犬のそれに近い。
が、風貌はまるで違う。
顔には六つの飛び出さんばかりに突き出た目玉があり、ギョロギョロと四方八方を見回し。
口は三つ、頭の上と正面と顔面の横に付いていた。
胴体からは人の腕や足が生え不気味にユラユラと蠢いている。
俺は懐中電灯を落とした。

『ミ、ミギュアァァァァ!!』

364 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:11:20 ID:nuJ7Q8cXO
>>363
ミギャーだかオギャーだか判らないが、例えるならそう猫が喧嘩をしてる時の、赤ん坊が泣いてるような鳴き声がこだました。

咄嗟に俺は走り出した。
後ろからは赤ん坊の泣き声と足音が響く。
捕まったら喰われる。
暗い暗い森に駆け込んで行く。

こういう時、人間の力とは恐ろしく思う。
正に飛ぶように枝葉を掻き分け山を下る訳だが、明かりも無い闇の中を、まるでどこにどう木が生えているのか誰かが教えてくれているかのように、ぶつかりもせず縫うように走っていった。
いや…知っていた?
が、途中ふいに足を取られる。
倒れる刹那何かが頭を過ぎる。
全身に衝撃を受け止めながら湿気った土の感触が広がる。
と、同時に土から血なまぐさいような変な匂いも感じた。

どうやらそこだけ草木も無く、僅かに開けているようだった。
痛みをこらえ飛び起きると、再び走り出す。

後ろには赤ん坊の泣き声が迫っている。
途中ワンワン!と吠えられる。
太郎だ。
ワンワン!ワンワン!と吠えている。
グルルルと二匹の唸り声が重なった。

俺は木陰に身を隠し、対峙する獣の様子を窺った。

ギャウン!太郎の弱々しい悲鳴が森に響く。
ボリボリと音が後に続く。
喰っている。

365 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:13:33 ID:nuJ7Q8cXO
>>364
俺は踵を返すと再び走り出した。

また赤ん坊の泣き声が近付いてきた。
どんどんどんどん大きくなる。
オギャーオギャーと泣いている。
息遣いまで聴こえてくる。

次の瞬間!背中に強い衝撃を受け地面に突っ伏した。
『うぅ…』
仰向けに寝返ると、ソレは俺の腹を踏みつけ抑えつける。
もう…駄目…だ。
ギョロギョロとした目が眼前に迫り、俺は気を失った。


目を覚ますと、住職と割烹着のおばさんが俺の顔を覗き込んでいた。
どうやら生きているらしい。
『ん…ここは?』

『おぉ!目が覚めたか!』
住職とおばさんは喜び顔を合わせる。

『俺は…?』

『婆さんが日課の餌やりに行ったらお前が倒れとるのを見付けてな、助けを呼んで今に至ると言う訳だ』
なるほど、助かったらしい。
昨日のアレは…夢?

366 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:14:58 ID:nuJ7Q8cXO
>>365
『痛っ!』
痛みを感じ布団を捲り足に目をやる。
歯形だ。

『あ〜、それな。なんか咬まれてたみたいだから薬を塗っといた。なぁに傷は深くはない。剥き出しですまんが、あいにく包帯は切れとってな』
夢では無いようだ。

『ご迷惑お掛けしたみたいですみません。介抱して頂きありがとうございます』

『何か欲しいものない?』

367 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:22:23 ID:Z4xaPfVpP
>>366
『ミルキィ』

368 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:24:56 ID:QlaUf1Qw0
>>366
『ヴェルタースオリジナル』

369 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 06:43:54 ID:ED19pBrYO
>>366
『お金』

370 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:10:15 ID:Z4xaPfVpP
>>366
『オチ』

いや、マジで。お願いしますよ。ここまで引っ張っといて。

371 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:16:20 ID:Rt7YvUeGO
>>366
『果汁グミのオレンジとグレープ』

372 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:24:59 ID:nuJ7Q8cXO
>>366
『水を』と答えるとおばさんは台所へ向かった。
『しっかしお前さん、いったい何があったね?』
住職の問いに答えようとすると、またあの不気味なひゃひゃひゃという笑い声が聴こえた。

『“見た”んじゃろ?』
お婆さんはニタリと笑った。

『お婆さんはアレが何か知ってるんですね?』
『アレが例の魔物ですか?』

お婆さんは静かにだが深く頷いた。
『その足の鋸のような歯形は間違いない。ヒトアラズの仕業じゃ』

『ヒトアラズって言うとあのヒトアラズか?』
住職が口を挟む。

『ほうじゃ間違いない』

『そのヒトアラズって言うのは?』

『訊きたいか?』
ニタリと笑う。
俺はゴクリと喉を鳴らし頷いた。
婆さんは人形を寝かせた。

373 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:26:01 ID:nuJ7Q8cXO
>>372
『昔昔の話じゃ。ある日『ハイどうぞ』
間が悪い。
お婆さんが話し始めたその時におばさんが水を差し出した。

『あ、ありがとうございます』

『ごゆっくりね』
おばさんは部屋を後にした。
気を取り直し再び話を訊く。

『昔昔の話じゃ。ある日集落に不気味な牛の子が生まれた。その牛の子、なんと人の形赤子の姿をしとった』
『人々はこれは禍の前触れじゃと牛の子をバラバラにし埋めてしまった』

374 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:27:59 ID:nuJ7Q8cXO
>>373
『じゃが、それからというもの集落に全く子が出来んようなった。人々は牛の子の呪いじゃとはやし立てた』
『そこで、牛の子を供養する為に犬、猫、狸、兎、蛇、熊、梟、鴉、鷹などなどありとあらゆる獣を七匹ずつ生贄とし、生き血を墓に撒いて飲ませた』
『それから集落は子を授かり呪いは見事に破られた』
『しかし呪いを破ったは良いがこの儀式は新たな厄を呼び寄せた』
『ある集落の農夫がお供え物をしに行った時の事じゃ。シシガコミまで来るとその者はおっ魂消た』
『なんと!牛の子を埋めた場所にはぽっくりと穴が空いておるではないか!驚く農夫の耳に唸り声が届く』
『向き直るとそこには!化け物がおった!』
『走った走った、農夫は息も絶え絶え家に着くと、集落中に化け物の話をして回った』
『じゃがそんな話、だぁれも信じやせん。農夫がうなだれておると今まで聴いた事も無いおぞましい遠吠えが聞こえる』
『集落の人々はびっくらこいて皆家々を飛び出し広場に集うた』
『人々は遠目に獣を見た。魔獣じゃった。獣は己の存在を誇示すると満足したのか森に走って消えた』
『それがヒトアラズじゃ』

『お婆さんの言っていた“面白いもの”ですか?』

375 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:30:00 ID:nuJ7Q8cXO
>>374
なるほど。
人の悪い婆さんだ。
この婆さん、全て知ってて俺をあんな目に遭わせてくれやがったらしい。

『いんや、違う』
予想外です。
なら何が面白いものだったのか?
お婆さんは『紅仏様の側で寝たら面白いものが見れる』と言った。
俺はてっきり眠ったらだと解釈し、“面白いもの”とは夢を指すのだろうと思い込んでいた。
だから昨日も眠ろう眠ろうとしていた。
しかし違った。
寝ると言うのは一晩過ごすと言う意味で、その晩に俺はあの魔物“ヒトアラズ”に遭遇したのだ。
それ以外は覚えがない。

『違う?では“面白いもの”ってなんなんですか?』

『お前は逃げる時に何か見たはずじゃ、何を見たか覚えとらんのか?』
実に素っ頓狂な質問である。
何度も言うように昨日の晩に俺が見たのは“ヒトアラズ”だ。
それは婆さん自身が説明してくれたではないか。
他には何も見て…いや、待てよ。
何か忘れている。
逃げる最中に感じた既視感、俗にデジャヴュと呼ばれるそれを俺は確かに感じた。
そうか!転んだあの時だ!
確かに俺は見た。
フラッシュバックのようにそれを見た。

『思い出したかい?』

376 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:32:28 ID:nuJ7Q8cXO
>>375
『お婆さん、【赤い仏像】に使われた血は何処へ捨てるんですか?』

『牛の子にあげるんじゃよひゃひゃひゃ(笑)』
ビンゴだ。
恐らくはあの場所、俺が突っ伏した時に感じた血の匂いはそれだ。

『ヒトアラズを呼び寄せる時には、必ず人身御供が用意されますよね』

『ほうじゃほうじゃひゃひゃひゃ(笑)』

『それは集落の人間ですね』

『ほうじゃほうじゃひゃひゃひゃ(笑)』
『呪いを成就させるにはそれなりの犠牲が必要じゃ。犠牲を払ってでも遂げたい呪いが在ったとも言えるの』
俺は水をグイと飲み干した。

『お話と介抱、ホントに有難うございました』

『帰るのか?若いの?』

『はいお邪魔しました』

377 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:40:23 ID:g/Kqdn/TO
終わりじゃないよね?

378 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 07:48:23 ID:L4epRnK30
ひさびさの良作

379 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:00:12 ID:nuJ7Q8cXO
>>376
『あ、それと太郎ですが…』

『なぁに気にする事は無いよ(笑)あれはこういう時の為に作ったんじゃからひゃひゃひゃ(笑)』

『作った?』

『ほうじゃほうじゃ(笑)毎年決まった時期に線香の灰を混ぜた酒を飲ませてな』
ニヤリと笑った。

『こうなると予見してたんですか?』

『念のためじゃよ。念のため身代わりくらいは立てとかんとな』

『じゃあ、お婆さんは俺の命の恩人ですね。適わないなぁ(笑)』

『また飯でも食いに来いひゃひゃひゃ(笑)』

380 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:02:17 ID:nuJ7Q8cXO
>>379
『良いですね(笑)また今度ご馳走になります』
『あ、そういう話なら昨日の晩御飯は何だったんです?』

『昨日か、昨日は山菜ご飯とサバの煮付けに里芋のふかし、ほうれん草のお浸し…』
そこまで言うとばつが悪そうにこちらを見た。
『また、ご馳走になる日を楽しみにしてますよ』
俺は笑った。
『ひゃひゃひゃ(笑)こりゃ一本取られたわい』
痴呆の婆さんも笑った。
何の為かは知らないが面倒な事をしている婆さんだ(笑)

庭に出ると山の駐車場に置き去りな筈の俺の車が在った。
『あぁ、車はこっちに持ってきておいた。中にテントやら何やらほっぽっとったもんも入っとる』
助かった。
正直、とてもあの場所へ戻る気にはなれなかったところだ。

『重ね重ね有難うございます』

俺の肩を叩き住職は笑った。
『なぁに気にすんな(笑)お前さんが来てからというもの、こっちも面白かったよ』
『いい酒の肴も出来たしな(笑)』
生臭坊主は笑った。

見送る三人に会釈すると俺は婆さんの家を後にした。

宿に着き。
帰り支度を整え、一人考えていた。
婆さんの話の細かい部分は割愛したが、その話やこの村に来てから判った事をメモに記していた。
以下はその内容である。

381 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:06:08 ID:L4epRnK30
携帯からの連投応援保守

382 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:07:31 ID:nuJ7Q8cXO
>>380
赤い仏像
紅仏様(ベニブッサァ・ベニブツサマ)
血仏(チボトケ)

獣非(ヒトアラズ)

獅子囲み=死屍囲み(シシガコミ)

逃げる途中で何かに躓く(フラッシュバック?)
躓いたのは恐らくシシガコミの積み石

【赤い仏像】
昔山の集落で用いられた祭具
奉公に出て孕んで帰って来た娘の赤子の生き血に浸して作られた
それ以降も集落の人々の血を吸い続ける
色はドス黒い
余所者(集落以外の人間)を呪い殺す為の呪具
血の涙を流す
血の涙の跡から来たと思われるが、恐らく血に浸した仏像を取り出し、立てて乾かす際に、他の血が乾き最後に目尻に溜まった血が流れた、その跡だろう

【ヒトアラズ】
昔おぞましい牛の奇形が生まれた(人【赤ん坊】に近い形をしていた)
一節にはアルビノの人間だったというのも有る
牛の子として殺したんじゃないか?と
それを殺し使い魔化したモノ
鳴き声は猫が喧嘩してる時の様な赤ん坊のような鳴き声
風貌は極めて凶悪

383 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:08:43 ID:nuJ7Q8cXO
>>382
【シシガコミ】
獅子囲み=獣の王(この集落ではヒトアラズ)を祀る祠
死屍囲み=同上。ヒトアラズを埋め、様々な七匹の獣の生き血を飲ませた墓場(ベニブツサマを作る為に犠牲にした人身御供もここに埋められた。その際に仏像を浸した血の余りも棄てた)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
以上

『“面白いもの”か』
俺は一人呟く。
ヒトアラズから逃げたあの時、俺はあの場所を知っていた。

384 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:11:47 ID:nuJ7Q8cXO
>>383
前と同じように俺は逃げた。
シシガコミで前と同じように転んだ俺は全てを思い出した。
前の俺はまだ子供だった。
前の時も逃げてはいたが、追い掛けてくるのはヒトアラズでは無かった。
転んだ俺を押さえつけるそいつは…長だった。

寺の下に飼っている猫の世話をしに来た子供は寺の中を見ていた。
激しく言い争う二人。
長はもう一人を祭具で殴り殺した。
そして此方を向いた。
ビクリとしてかがみ込む。
『誰だ?』
長の声が聴こえる。
子供は走った走った。
だがやがて転び、追い付かれ今にいたる。
首を絞められ薄れて行く意識の中、視界には魔物が写っていた。
名をニンゲンと言う。

以上が俺が見た映像だ。
お婆さんが言うには余所者を消す為に儀式は行われ、人身御供が用意されるとの事だった。
だが前世なのか他人の体験なのか知らないが、俺が見た映像を考えるとどうやら違うらしい。
いつからか集落を守る為の儀式は、都合の悪い集落の人間を消す為の、体の良い免罪符になっていたのだ。


紅葉色の頬をした中居達と女将に見送られ宿を後にする。
車を走らせていると、どこからかまたあの遠吠えが聞こえビクリとする。

鮮やかな葉が降り注ぐ。
ある秋の日の出来事だった。

385 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:16:39 ID:APyOeU5JO
>>384
おつ
久しぶりにおもしろかった

386 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:20:23 ID:nuJ7Q8cXO
やっと終わった…orz
二年前に比べると何だかここも雁字搦めでやりにくくなりましたね。

起きていたのに待たせてしまった方すみませんでした。
>>381さん含め支援して下さった方々、有難うございます。

気付いた方が居るかは判りませんが『人型焼き』の者です。
夏秋と来たので、今度は冬を舞台にしようと今は鋭意執筆中であります。
また近い内に投下します。
その際はまた宜しく御願いします。

387 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:33:41 ID:g/Kqdn/TO
>>386
お疲れ様でした。とても面白かったです。質問いいですか?
『ほうじゃほうじゃ(笑)毎年決まった時期に線香の灰を混ぜた酒を飲ませてな』

太郎は犬ですよね?なんでお婆さんは太郎にそんな酒を飲ませていたのでしょうか?

また『昨日か、昨日は山菜ご飯とサバの煮付けに里芋のふかし、ほうれん草のお浸し…』
そこまで言うとばつが悪そうにこちらを見た。


これは 何でばつが悪そうに…なんでしょうか?また誰が誰に対してばつが悪いんでしょうか?

388 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:46:32 ID:nuJ7Q8cXO
>>387
お婆さんは山にヒトアラズが出るだろうと懸念してました。そこで同じ獣(犬)である太郎に何かあった際の身代わりになるよう育てて(作って)いたのです。

ばつが悪かったのは痴呆が演技だとバレたからです。
主人公は敢えて昨夜の献立を尋ねました。
それに乗せられついお婆さんはペラペラと晩餐の内容を語ってしまいましたが、途中ではめられたと気付いた訳です。

そこは、その後の文に今まで『婆さん』とだけ表記されていたのに急に『痴呆の婆さん』も笑った。>>と書いて判りやすいようヒントを出してあります。


389 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:49:00 ID:g/Kqdn/TO
>>388
丁寧にありがとうございます。すっきりしました次回作も期待してます。

390 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:53:48 ID:nuJ7Q8cXO
ご声援有難うございます。

391 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 08:56:17 ID:Bl3xXczGO
面白いラノベだ

392 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 09:23:53 ID:oNmzUPkTO
「ばつが悪い」のくだりは分かりにくいな

393 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 09:24:05 ID:L4epRnK30
睡魔に負けて居眠りをorz

乙!おもしろかったです!次も期待!

394 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 10:00:30 ID:g/Kqdn/TO
どなたか スレ210の578を教えて下さい 携帯のため前スレが見れません

395 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 10:05:08 ID:33jOLU0eO
ヒトアラズ→件(くだん)じゃね

396 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 10:33:40 ID:X/C5rXNF0
俺が小学生の頃、夏休みに田舎の爺ちゃんの家に従兄弟と泊りに行った
時の話。文書くの下手くそだから分かりにくかったらゴメン。

爺ちゃんの家は凄い山奥の集落みたいな所にあって、一週間くらい
俺らはそこで川に泳ぎに行ったり、セミ取りまくったりして夏休み満喫してた
わけ。
で、爺ちゃんの家滞在最後の夜の事だったかな。
いつもどおり仏間に布団しいて俺と従兄弟、合わせて3人で川の字みたいに
並んで寝てた。
暑苦しいから全然寝付けず、電気消したままゲームの話とか、それこそ
小学生特有の話で遅くまで盛り上がってたんだ。
一人の従兄弟が、いきなり喋らなくなって怯えた顔で窓の方見始めたから、
俺らもなんだろうと思って窓の方見た。

397 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 10:51:24 ID:nuJ7Q8cXO
>>395
面白いですね。

398 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 10:56:00 ID:Rl7ukVWGO
>>396の続きは?

399 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 11:07:09 ID:X/C5rXNF0
ゴメン、sageしてた方が良かったかな。
続き
窓の方見たら、窓一面にデカイ物体が、網戸越しにへばり付いてる。
最初は暗闇の中なので何なのかよく分からなかったが、目が慣れてくる
にしたがって、正体が見えてきた。恐怖というより、驚愕のせいで身動き
がとれなくなった。
巨大な顔だった。
20代くらいの男の。
髪は変な髷を結っていて、じーっと俺らの方を見てる。
その表情が段々と怒りに歪んできて、なんか変な言葉を
家が揺れるくらいの声で叫んだかと思うと、地鳴りと共に窓から
消えた。

もう俺も従兄弟もビックリして、すぐに隣の部屋で寝てる爺ちゃんの所に
駆け込んだ。
そしたら、
「おお、ヤマナリさんが来とったな。また明日**に酒とか供えに
行かないかん。」
とか落ち着いて言ってた。

次の日、顔があった窓の外見たら、窓の周り広範囲にわたって草が
なぎ倒されてた。そこに巨大な何かが置かれてたみたいに。
叔父が迎えに来た時に、「ヤマナリさんって何?」って爺ちゃんと叔父
に聞いたけど教えてくれなかった。


今も、盆とかに親戚で集まると、従兄弟とその時の話題になる。
ちなみに爺ちゃんはもう亡くなっていて、その時の事を聞けない
爺ちゃんの息子の叔父や親父も、小さい頃からヤマナリさんについては
、爺ちゃんは何も教えてくれなかったらしい。


400 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 11:11:45 ID:33jOLU0eO
>>397
「くだん」伝承は各地に残ってる
ただ、話しのヒトアラズは、「くだん」を殺しいけにえを捧げたばかりに悪霊と化したのかと…


ま、推測だがね

401 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 11:19:47 ID:pgEtotfP0
>>400
ガキの頃、件についてはFMラジオのミステリーで聞いてから興味を持って色々調べた

402 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 11:35:41 ID:oeLOIlAXO
件は江戸時代から続いたエタ非人政策での奇形児って説もありますね

あやふやですみませんが、件が現れた3日後?あたりから災厄が起きるとか謂われてるのも
栄養不足や近親姦で産まれた赤ちゃんが3日も経たず死ぬことで、今後起きる人災や悲惨な事態を予兆していたとか…

ちなみに、当方某県件のミイラ保管家見に行きました

403 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 12:18:06 ID:uUCmSvGA0
>>nuJ7Q8cXO
面白かった。けど最近の流行なのか知らんが
二つ名みたいな読ませ方はダサいラノベみたいでリアリティがない
それとバイオ5の頭の割れた犬思い出した。

404 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 12:21:04 ID:QZ/v0s0R0
物語調が既にリアリティないし

405 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 12:24:26 ID:e1+DGkL0O
物語として面白かった
これでいいだろ

406 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 12:29:51 ID:XdwIp8e90
>>388
え、そうなのか?
自分はてっきり、昨夜の献立にも身代わりにするための線香の灰が入れられていたのかと思った
犬どころか語り手も犠牲にして、あわよくば…ってことで
痴呆どころじゃない、なんて婆さんだよ、そんなもの食わせて酷い目に逢わせて
本当に大したご馳走様だったよ、で、また食わせて試すのか?…って皮肉だと思って読んだんだが

407 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 12:31:32 ID:pgEtotfP0
オレは>>363 を読んだところで興味がなくなった
以降読んでない

408 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 13:21:45 ID:N5jwyPFo0
>>17
おそいかな?

それ俺が書きこみました。
神社の長い階段上がったところの洞穴です。


ほかに何か聞きたいことがあればどうぞ

409 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 13:26:53 ID:OMjTB6lV0
そんなことよりブードゥーが気になるぞ

410 :キャンプ 1:2009/05/04(月) 13:58:15 ID:nQiIKIZt0
去年体験した話なんだが、文章あまりうまくないので見たい人だけ見てくれ。

夏休みちょっと前くらいの事、俺と友人A、Bが夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行
こうと計画を話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」
と声をかけてきた。
その2人は俺達とゼミが一緒だったのだが、特に親しく会話した事も無く、仲が良くも悪くも
なかったため。なぜ?と皆疑問に思ったが、まあ断る理由も無いためokする事にした。

当日。
今までその留学生2人(C、D)と殆ど話をした事が無かったため、この機会にと
話してみると、2人とも少しナルシストっぽいところと自己中なところはあったが、
まあ普通なやつだった、(少なくともその時の俺はそう感じた)

他愛も無い話を続けてながら電車にゆられ、途中からバスに乗り換えキャンプ場に
付いたのだが、時期が時期であったため家族連れやら俺達と同じような学生やらで
キャンプ場がごった返している

A「ここでキャンプするのか?なんか“ゆったり”とか“のんびり”とか
 全くできなさそうだぞ?」

俺「そうだな、なんかトイレや流し場なんか順番待ちの行列になりそうだな…」

すると、会話に加わらず地図とにらめっこしていたBがこんな事を言い出した

B「この先2km奥に砂防ダムがあるっぽいんだが、そこが結構開けていて
 キャンプできそうだぞ、そっち行かね?」

続く

411 :キャンプ 2:2009/05/04(月) 13:59:08 ID:nQiIKIZt0
留学生2人もここまで来てこんな混雑は嫌らしく、俺とAも同意見なので
迷わずBの意見に賛成した。
幸いキャンプ道具やBBQ用の道具は持参しているので、何も無い場所でも
問題なくキャンプは出来る。
むしろ人工的に作られたキャンプ場よりそっちのほうが良いんじゃないか
とも思えてくる。

俺達は荷物をもって山道を進んでいったのだが、山道と言う
ものを少し甘く見ていた。

当初の目的地のキャンプ場に着いたのは昼頃だったのだが、砂防ダムに
付く頃には午後3時を過ぎていて、疲れていたが早々にテントの設置と
晩飯の準備を始めないといけなかった。

俺とAはテントの設置と晩飯用のかまどなどの準備、BとC、Dは薪拾い
にと、2手に分かれて作業をする事にし、俺とAは黙々と作業をし始めた。

BとC、Dは何往復か薪をもってやってきて、次で最後かな?と
考えていたが、いくら待っても3人が戻ってこない。
時間は手際が悪かったのと遊びながらだったため予想以上にかかって
しまい、もう6時を過ぎている。

そろそろ暗くなるし早く戻ってきてくれないかな…
などと考えていると、林の中から口論のような声が聞こえてくる。
暫らく俺とAが暫らくそれに耳を傾けていると、BとC、Dが口げんかを
しながら帰ってきた。

続く

412 :キャンプ 3:2009/05/04(月) 14:00:04 ID:nQiIKIZt0
何かCと留学生2人の間に険悪な雰囲気が漂っている。

俺とAは、こんなところまで来て喧嘩をしたくないため、まあまあと
3人を宥め、ひとまず平和に晩飯を済ませ、いまだぶちぶち文句を
言っているC、Dをテントに押し込めると、俺とAはBに別のテントの中で
事情を聞いてみた。

〜以下はBの語った話〜

3回目の薪拾いをしていると、留学生の片割れのDが川の上流の岩場の
先に洞窟をみつけたらしい。
3人がその洞窟の中に入っていくと(洞窟というより人口的な洞穴っぽかったらしいが)
10mほど奥にボロい小さな祠があったらしい。

Bは何かその祠から嫌な感じがしたため、早急に立ち去りたかったらしいが、
留学生2人は大興奮していて、Bの制止を一切聞かずに祠の扉を開けて
しまった。

B「おい、やめろよ、こういう場所は意味があるんだ、余計な事するなよ」

C「別にいいだろ、誰も見て無いし」

D「ビビってるのか?」

CとDは完全にBをバカにしていたらしい。
そして、扉をあけたCが何かを見つけた。
それは半透明の茶褐色で、一見すると琥珀っぽい
石のようなものだった。

続く

413 :キャンプ 4:2009/05/04(月) 14:00:49 ID:nQiIKIZt0
Bはその石を見たときに何か言い知れない不安感を感じたらしく、
とにかくその石を置いて洞穴から出て行かないといけないと感じた
らしい。
そして口論となった

B「それはこの祠の物だろ?さっさと元に戻してもどろう」

D「俺達が見つけたんだから俺達のものだろ」

C「こんなところに無用心にあるんだから捨ててあるのと同じだろ、
 俺達が貰っても問題ないはずだ」

B「誰のものとかそうじゃなくて、それはそこに安置してあるもの
 なんだから、勝手に持ち出しちゃだめだろ!」

C、D「誰がそんな事決めたんだよ!」

B「祠があるってことは誰かがここを管理してるって事だろ!
 人のものじゃないか、さっさと戻せよ!」

C、D「大事な物なら鍵くらいするだろ、無いなら捨ててあるのと同じだ!
   だから俺達の物だ!!!!!」

Bが何を言ってもC、Dは言う事を聞かず、最後には顔を真っ赤にして激怒し始め、
そのまま口論をしながらもどって来て今に至るらしい。
俺とAがC、Dの非常識さに呆れていると、Bはこう言い出した

B「実はさ、あの祠の扉、何かお札みたいなのが張ってあったんだ…
 Cはそのお札を破いて扉を開けていた、あれは絶対何かヤバイ
 ものだって…」

続く

414 :キャンプ 5:2009/05/04(月) 14:01:31 ID:nQiIKIZt0
Bが真顔でそう話すのを聞いてしまったためか、俺は何か不気味な
視線がこちらを覗いているような気がしてきて、急に寒気がしてきた。
Aも同じように感じたらしく押し黙っている。

すると、外でCとDが騒ぐ声がする。
どうやら2人は俺達はほっといて外で酒盛りを始めたらしい。
俺達3人はそこに加わる気にもなれず、留学生2人に「もう寝るから
少しはなれたところでやってくれ」と伝えると、テントに入って
寝る事にした。
その時、CとDどちらか知らないがボソっとそいつらの国の言葉で
俺達をバカにするよな言葉を吐いたのを良く覚えている。
発音のニュアンスと表情でそれがわかった。

真夜中
俺は何かの物音で目を覚ました。

テント近くの広場を誰かが歩く音がする。
始めは誰かションベンでも行ってるのか?と思ったが、何か様子が
おかしい。
足音は2つのテントを中心に広場をぐるぐる回っているようで止まる気配が
無いうえに、それどころかどうも段々と足音の人数が増えている。
CとDが何かしているのかとも思ったが、足音から察するに人数は
少なくとも5〜6人はいる。
それと何か良く解らないが妙な違和感も感じた。

続く

415 :キャンプ 6:2009/05/04(月) 14:02:14 ID:nQiIKIZt0
俺はただ事では無いとおもい、横で寝ているAとBを起こす事にした。
AとBははじめ寝ぼけていたが、外の様子がおかしい事に気付くと
目がさえたらしく、聞き耳を立て始めた。

暫らく聞き耳を立てていると

B「何かおかしくないか?」

俺「どう考えても今の状況はおかしいだろ」

B「いや、そうじゃなくて…」

A「じゃあなんだよ…」

そこで俺は違和感の正体に気が付いた。
俺達がテントを張っている場所は開けているとはいえそこまで広く
はない、広さは畳15畳ほどだろうか。
その周囲を大回りに歩けば、普通は草のすれる音やすぐ横にある川に
入って水しぶきをあげる音がしないといけない。
でもそんな音は全くしない、ただ地面を歩く音しか聞こえない。

Aもそれに気付いたらしく、暫らく3人とも沈黙していた。

俺「…やっぱ原因はBの言ってた石のせいだよな?」

A「…だよな」

俺達は外に出て何が起きているのかを確認する勇気もなく、そのまま
寝る事も出来ずじっしとしていると、どれくらいの時間が経ったか解らない
が足音がしなくなった。

続く

416 :キャンプ 7:2009/05/04(月) 14:02:58 ID:nQiIKIZt0
暫らくの沈黙後、俺が外に出て確認しようかと2人に話している時に

「くぁwせfrtgひゅじこlp;@:」

と、隣のテントから留学生2人の物凄い悲鳴が聞こえてきた。
何と表現したら良いのか、言葉で表現できない悲鳴だった。
俺達が声に驚いてビクッとなっていると、悲鳴に続いて隣の
テントで何かが揉みあうような音と、2人が何か懇願するような声を
挙げている。

俺達は流石にまずいと思い、3人で目配せすると、勇気を振り絞って
懐中電灯を片手にテントの外に出た。
外の様子をみたとき、そこで絶句して固まってしまった。

隣のテントから2人は引きずり出されおり、2人は地面に頭を抱えてうずくまり
彼らの国言葉でなにか叫んでいる。
異様なのはその周囲で、2人の周囲にはボロボロの服を着た青白い
顔の人々が十数人群がり、無言で留学生2人の体に何か黒っぽいものを
を塗りたくっている。

暫らくそのボロボロの服を着た人たちはその行為をし続けていたが、
不意にそれを止めると一斉にこちらを振り向いた。

その後の記憶は俺達にはない、気が付いたら朝になっていて、俺と
AとBは自分達のテントに寄りかかるような形で気を失っていた。
気を失う前、CとDに群がる人たちの顔を見たはずなのだが、俺達
3人にはどんな顔をしていたのか全く思い出せなかった。

続く

417 :キャンプ 8:2009/05/04(月) 14:03:46 ID:nQiIKIZt0
留学生2人は生きていたが、その姿は異様だった。
体全体に黒い液体を塗りたくられたらしく真っ黒で、塗りたくられていた黒い物は既に
乾いていたが、生臭い臭いがしておりとても近付けないほど臭い。
とにかく2人には川で体を洗うように言うと、がたがた震えて泣きながら
体と服を洗っていた。

俺達はテントをその間にテントを片付け、2人に石はどうなったか?と聞いた。
するとCが自分のリュックを指差したため中を見てみると、タオルに包まれた石が
入っていたため、とにかくこれを返しに行き謝罪しようとBが言った。

しかし、彼らの反応は酷かった。

D「行くならお前達で行けよ」

C「お前達がここに連れてこなければこんな事にはならなかった、お前達のせいだ!」

A「ふざけんな!お前らがBの言う事聞かずに石をもってきたからこんな事になったんだろ!」

俺「そうだ、お前らが原因なんだから石を返して謝罪するのは当たり前だろ」

CとDはなおも食い下がり頑なに石を返しに行くのに同行するのを拒否し、顔を
真っ赤にして激怒しながら俺達に殴りかからんばかりに「お前達のせいだ」と叫び続けた。
するとそれを黙ってみていたBが

B「もういいよ、ならCとDは勝手にしろよ、俺達で返しに行くから」

呆れたように言うと、一人で石をもって川の上流へ向かったため、俺とAは仕方な
く口論をやめてBについていく事にした。
CとDはその間に自分達の荷物をまとめて帰ったらしい。

続く

418 :キャンプ 9:2009/05/04(月) 14:04:28 ID:nQiIKIZt0
Bについてくと洞穴があった。
確かにBの言っていたように何か雰囲気がおかしい、ここだけ空気が違うというか、言葉では
うまく言い表せないがとにかく妙な気配のする洞穴だった。
俺達は昨晩のこともあったため怖かったが、このままにしておけないため洞穴の奥に進み
石を祠に戻した。

祠の近くに破れたお札が落ちていたので、それで効果があるのかは解らなかったが、
やらないよりはマシだろうと、もってきていたガムテープでお札を可能な限り原型にもどるように
張り合わせて元あった祠の扉に貼り付け、3人で手を合わせて謝罪して帰路についた。

続く

419 :キャンプ ラスト:2009/05/04(月) 14:06:22 ID:nQiIKIZt0
後日談
俺達には直接的には何も無い。
夏休みが終わり、9月になって大学へ行くと、留学生2人がBに「お前のせいだ!」と殴りかかって
きた事と、その他諸々間接的に色々と事件が起きたが、それはまたの機会に書きます。

結論を書くと留学生2人は最終的に学校を自首退学し帰国した。
その後2人がどうなったのかは知らない。
一つだけ言えることは、「あれだけでは済まなかった」という事。
そして結局祠とその中の石が何だったのかは解らなかった。


420 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 14:15:12 ID:N5jwyPFo0
>>419
CとDは糞チョンだろ

421 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 14:17:31 ID:pgEtotfP0
K糞丸出しだなw

422 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 14:29:35 ID:XdwIp8e90
キャンプ、面白かったよ
CとDの巻き添えを食わなくて良かった良かった
いや、こういうパターンだと一緒にいたためにまとめて呪われたってことがよくあるから
その後のいろいろな事件についても、楽しみに待っています

423 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 14:35:49 ID:rxjyll2e0
C,D最悪だな。乙でした!

424 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 14:47:26 ID:3aiuXEbq0
実に爽快な話だw

425 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 14:50:04 ID:iOxgE+HjO
>>416
>ひゅじこ
この言葉にちょっとビックリしました。

キャンプさん乙でした

426 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 15:27:32 ID:aDgz3utJO
洒落怖の話しの考察スレやサイトは無いのですか?
まとめサイトの
「帝国陸軍第126号井戸」
「暴力団が生人を化物の居る井戸に捨てた」
話しについて少々気になる事があり、
個人的に調べています。

427 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 15:38:30 ID:e1+DGkL0O
>>426
考察サイト作ってよし

428 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 15:39:05 ID:qe8etw2q0
おもしろかった

429 :偶然1:2009/05/04(月) 15:40:24 ID:a4hgF4Zj0
 私の体験談です。かなり長文で読みずらいかと思いますが、興味のない人は
 スルーでお願いします。

 「偶然」
最初の事件は俺が中学卒業を控えた三月に起こった。今でも昨日の事のように覚
えてる。
三月四日、俺は友人と卒業旅行の計画を立てた。この時のメンバーは俺
を含め5人。ここでは友人A、B、C、Dにしとく。

皆いつも一緒に遊んでて、とても仲が良かった。…と言いたいが、AとCはそれほ
どでもって感じだった。

というのもAが中3の1学期、引越してきたその初日にCと取っ組み合いの喧嘩をしたからだ。理由はしょうもない事なのだが、Aを田舎者とCが馬鹿にしたかららしい。

AとCの間にわだかまりはあったが、皆、仲が良かった。

話を戻そう。
旅行計画を立てた俺らだが、金が無い事に気付く。
そこでAの提案で卒業キャンプはどうか?という事になった。
(以下会話)

俺「キャンプつたって寒くね?何処に行くよ?」
A「知らん(笑)山でいいやん。」
A「山行こうぜ!山楽しそうやん。BBQしようや!あ!俺、明日、誕生日やしケーキ頼むよ。」
C「あ!俺も丁度その二ヶ月後」
D「Cは何も関係ないやん(笑)。」
B「っつか金かかるけんケーキはイヤ(笑)」

という感じで金網、寝袋、食料、タバコを持って山の頂上でキャンプに決まった。
(続く)

430 :偶然2:2009/05/04(月) 15:42:35 ID:a4hgF4Zj0
翌日、昼の3時から登り始めたのだが、荷物の多さと疲れから10分おきに一服
休憩を取ってたら、頂上に着く頃には辺りは真っ暗になっていた。
とりあえず、山頂にある小屋で一服しながら、飯準備班をジャンケンで決める。俺とAとCは飯準備、BとDはフリータイムだ。
俺らが火を起こす間BとDは暇だったらしく、街を一望できる絶好のスポットを
探しに行った。

まぁ火を起こしながら俺、A、Cはたわいもない話をしていた。その時、俺は何
の気無しにAとCが喧嘩した時の事を聞いてみた。
A「昔の話やん(笑)」
C「うん!っつかな俺ら実は幼稚園一緒で幼なじみやったんよ(笑)」
俺「何やそれ!?何でいきなり喧嘩したんよお前ら(笑)」
A「そら田舎者って言われたら、お前もやんけって思うっしょ(笑)」
C「ゴメンって(笑)」

そんな会話をしてたら、向こうの方で声がしてきた。
BとD「お〜いスゲー綺麗なスポット発見!こっち来てみ」
俺らは立ち上がり彼らの方へ向かって行こうとした。その時、小さなボッロボロ
の神社と鳥居を見つけた。暗かった為気付かなかったのだろう。少し気味が悪か
く怖かったのだが、ビビりと思われたくもなかったので俺はスルーした。

そんなこんなで
飯の準備も出来、皆集まり食事をした。
その後とりあえず、夜景みながら青春の一服!

時間も調度イイ感じに12時を回ってた。暇になった俺らは、寒いのもあって小
屋に戻る事に…(小屋といっても灯もないちょっと広いバス停小屋み
たいな感じ)
話すネタも尽きかけた頃、Dが怖い話しをしようと言い出した。正直、ふざけん
な!怖いのヤダ!ってな感じだが、好奇心もあってDから順に一人ずつ、話しをする事になった。
今思えばここからがおかしい事の始まりだった。
(続く)

431 :偶然3:2009/05/04(月) 15:44:38 ID:a4hgF4Zj0
D、俺、C、Bが話し終えたが正直どれも似た話で皆ゲラゲラ笑ってた。
そして最後Aの番になった。
D「さぁラストはスゴイの期待しとるけん(笑)」
A「…」
俺「はやく〜」
A「…イヤや…」
B「何よそれ?話せや」
A「ん〜止めよう…」
D「は?何でもイイから」
A「…」
D「もうイイわ」

沈黙が流れた。
突然Aが
「分かった…言う」「そのかわり人に絶対言うなよ…絶対やけな!!」

Aは話し始めた。

これはAの伯父に起こった話らしい。Aが以前、に住んでいた所の話。
Aが以前住んでいた所は(仮に)T区。山を挟んで発展した地区が俺らの住む(仮)Y区だ。
T区は山の反対側という事でかなりの田舎。Y区からT区に行くには峠を越える必要があり、その近くには霊園池があった。
その霊園池は何度かテレビも来るほど、巷では有名な心霊スポットだ。
その霊園池の見える峠道のふもとの地区にAは住んおり、彼の伯父や叔母といった親族もその地区にすんでいたが、
Aは両親の離婚をきっかけに俺らの住むY区へ父と二人引越してきた。
(話はここから。)


432 :偶然4:2009/05/04(月) 15:50:13 ID:a4hgF4Zj0
ある晩、A家に伯父から遊びに行くという電話があった。
2時間後、A家に伯父が到着したのだが、明らかに様子が変だ。顔は蒼白、息を
切らしながら目が泳いでいたという。
変に思ったA父がどうしたのか伯父に聞いてみた。
伯父「…や、ヤバイ。どうしよう。え!?何よ?…何で」
A父「わけが分からん事言うな!落ちついて話さんか」
伯父「…お兄、変なもん見てもうたわ。お兄と昔、見た奴・・・」
その瞬間A父の顔付きが変わり「…言うな!おい!A!お前部屋に戻っとけ」
Aはそう言われ、部屋に戻ろうとしたが、話を盗み聞きしたらしい。
A父「・・・お前一から話せ」
伯父「…俺も昔の事で忘れちょったけど…こっち来る途中見てしまった。」
T区からY区へ来る途中の峠道。
車を走らせトンネルにさしかかった頃、信号待ちで、ふと運転席側の窓を見たらしい。
窓の外には真っ暗で静まり返った霊園池が見える。道路から10m程の崖下…
何か見える。池のほとりにある小さな井戸の所。何かいる。
伯父は窓を開け目をこらして見たらしい。
そこには髪の長い女らしき何かが井戸から水を汲み上げては頭から水を被ってい
る。時折り「ギャッギャッグァー」などと言いながら笑い声をあげている。
キチガイのように水を被っては笑うの繰り返し。
伯父が怖くなって車を走らせようとした時、突然そいつが「みーつけた!」
伯父の方を向き笑いながら何か叫びだした。

433 :偶然5:2009/05/04(月) 15:51:28 ID:a4hgF4Zj0
そいつの顔は何か何とも言えない
…目と鼻や口の位置がグチャグチャ。
「£#&おまぁぇえ!…@*&ギャッー!*&××」何と言ってるか聞きとれな
い。ただ、「たん…じ××び!…×前」
と言う言葉だけかろうじて分かったらしい。
伯父は怖くなり急いで車を走らせA家に来た。

伯父「ただのキチガイかと思ったけど…あの事思い出した途端コワーなってな」
A父「…ただのキチガイやろ(笑)気のせいや」
伯父「そうやろか…」

この時はただのキチガイな奴で話を終わらせたらしい。
それから二週間後の12月3日午後8時頃A家に一本の電話がかかってきた。


434 :偶然5:2009/05/04(月) 15:52:19 ID:a4hgF4Zj0
病院から…伯父が担ぎこまれたとの電話だった。
Aと父はすぐに病院へ行った。
Aと父は少し待たされ伯父のいる病室へ通された。
医者によると原因不明の病気とかではないらしく、ただ…神経衰弱、一種の精神
病かもしれないとのこと。
病室に残されたA、A父。
A父「…お前、前、こいつが来た時、俺らの話し聞いとったやろうが…」
A「…え?…う、うん」
A父「…何も関係ない…」「いいか!もう忘れろ」
A「…」
少し気まずい空気が流れた…
すると突然…ガバっと伯父が起き上がりベットの上に立ち上がりだした。
A父「おっ!おう、○○調子どうや」
伯父は何も答えずベットの上に立ち二人を見下ろす。
この時Aは病室にいる伯父の顔を始めて見たのだが…誰だコイツと思ったらしい

それはAが知る伯父の顔じゃなく、何かこう目や鼻が変形しグチャグチャの顔だ
った。


435 :偶然6:2009/05/04(月) 15:53:15 ID:a4hgF4Zj0
瞬間…
「ギャッギャッギャッ」伯父が笑い出した
A「…」
伯父「ギャッギャッお前…ゆるさん…ギャッギャッた…じょ×び」

Aを指し伯父は言った。
伯父「…お前か!?*&@ギャッギャッ……はお・ま・え」
次はAからA父と順に指を指して行った。そして何故か誰もいないA父の隣を指
した瞬間「…うんうん…分かっとる」
伯父はそう言うとニッコリ笑いまた布団の中にもどり横になった。
この一連の行為は30分間隔で起きたらしい。

Aが怖くなって震えているとA父は「A、今の事誰にも言うなよ。」

…っとここでAによる怖い話しは終わった。


436 :偶然7:2009/05/04(月) 15:54:21 ID:a4hgF4Zj0
(会話)
A「こんなかな俺の怖い話しは…あっ絶対ここにおるもんだけの秘密やけん(笑)」

俺「…ふざけんな…ヤバすぎるやろうが」
B「…っつか…昔の奴て誰なん?気になるし」
A「知らんでいいよ(笑)」
B「怖えけん話せや…」
A「無理やな・・・お前らには関係ないもん」
D「っつかお前よく、そんな話しすんなや」…「キショイけん止めれ」
A「はぁ?何が?(笑)」
俺「イヤ、気持ち悪いって・・・」


B「それって霊園池に関係しとん?」

するとそれまで無口だったCが小さな声で喋りだした。
C「・・・止めて」
俺らは好奇心からAを問い詰めてでも事の真相を知りたがったがそれ以上は聞
かなかった。ハッキリ言って全員、無茶苦茶びびってたからだ
夜の山というシチュエーション・・・何か怖かった。幽霊がどうとかって話じゃない。
何かイヤだった・・・


437 :偶然8:2009/05/04(月) 15:55:16 ID:a4hgF4Zj0
静まりかえった暗い小屋。俺は空気を変えようと、とりあえずタバコに火
をつけた。その火の明りで一瞬、正面に座るAの顔が見えた。
Aは小屋の外に何かを見つけたようなハッとした顔をしていた。
俺「おいA!もう怖がらせんでいいて。止めろ」
「外、見てビビらせようとすんな」
A「う、うん。別に何も見えてねぇし(笑)」
見えてないって何だよ・・・
もう誰も喋らない。喋れない。時刻は午前2時を回る。
俺はAの話が恐すぎてずっと引きづっていた。ただでさえ小心者なのに・・・話しがリアる過ぎて怖かった。小屋にはもう居たくなかった。外にも出たくなかった。
もう帰りたい。俺は変なもん見ないようにと目を閉じて考えないようにしてた……

俺はいつの間にか眠っていた。


438 :偶然9:2009/05/04(月) 15:56:08 ID:a4hgF4Zj0
(・・・キ)

(パキ・・) (バキバキ・・)


変な音が聞こえる・・・

怖くて敏感になっていた俺はすぐに目が覚めた。
(バキ…)
外から聞こえる。木の枝が折れてるような音
背筋がゾクーっとした俺は横にいるBを起こした。
俺 「おいちゃ!起きれ!」
B 「…何よ?、もう」
俺 「おい!外からバキバキ聞こえるて。起きろ」
B 「もう…びびり過ぎ」B「何も聞こえんや…ん」

(バキ)

B「!? おい、・・・今何の音?」
B「ちょいヤバイて!今の何の音よ?」
俺「分からんけど、木が折れる音じゃね?」


439 :偶然10:2009/05/04(月) 16:01:20 ID:a4hgF4Zj0
二人のやり取りにDも目が覚めていた。

D「…ちょい待て!お前ら喋んな!黙れ!」
バキバキ…
確かに音が聞こえる。静まりかえった山では、響くように…

俺の膝ガクガク。とりあえず一服して気を落ち着かせる。
その時、ある事に気づいてしまったが、あえて言わなかった。
何か怖くなったからだ。
B「ヤバイ!逃げるぞ」
D「ソッコー!逃げよ」
B「AとC起こして!」

D「え!?あっ?」

B「は?おらんやん! 何処行った!?」
そうAとCがいない事に気づいたんだ。
俺「…あいつらの仕業?」
D「何で!?何の為よ」

とりあえず俺らは外へ出て絶景スポットがある広い原っぱまで突っ走って逃げた。
俺「とりあえず、AとCどうするん?」
D「待っとこう」
俺らは一服しながら待った


440 :偶然11:2009/05/04(月) 16:02:23 ID:a4hgF4Zj0
20分後…向こうから誰か来た。Cだ。
俺「何処行ってたん!?」C「う、うん…小便」
C「小屋に戻ったら誰もおらんかったから…捜したわ」

B「おいC!Aは?」
C「一緒に小便してたよ」
D「っつかバキバキ聞こえたやろ?」
C「イヤ・・・聞いてない」
B「どんだけよお前。でAは?」

C「…」
B「?イヤ、Aは?って・・?」

C「・・・ん?」

D「は?Aじゃボケ!ふざけんな」
C「…知らん」
B「あ?意味分からんて、何処やAは?」
D「お前Aと小便しよったんやろうが」
C「…」
D「お前Aと小便しよったて言ったろうが」
C「…言ってない」
B「え?ウザイよ。オメー言ったろう?」
C「あ、あぁ…Aね、あいつは先に小屋に戻るって言ってたよ」
様子が変。何だCの意味不明な発言は?ともかく俺らは二人づつに別れてAを捜すハメになった。時刻は午前4時を回る。
俺「あのガキャ!マヂいらいらするわ!何処おるんや。気味悪りぃのに…」
C「…」
俺「っつかお前、何か知っとんかよ」
C「…知らんて」
俺「何?お前…喧嘩売っとん?」


441 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 16:02:51 ID:nuJ7Q8cXO
>>400-402
勉強になります。

>>403
有難うございます。
二つ名に関しては伝承っぽさを出そうと言うのと『血仏』は赤い姿の形容ではなくその誕生プロセスに由来した物であったという伏線の為に用いました。
あと何より検索する際の利便性を考えてます。
ありふれたワードが並ぶと、この作品を検索エンジンで検索した際に無関係なモノが複数ヒットしてしまいますので。
バイオ5面白そうですね。

442 :偶然12:2009/05/04(月) 16:03:20 ID:a4hgF4Zj0
C「…」
俺「あっ!分かった!ドッキリやろ?」
「もう。ウゼー…ビビらせようとしとんやろ」
C「…ごめん」
C「あのさ…実はさ、俺さAと小便してないんよね」
俺「は?どういう事?」「ちょ止めてや…怖いし」「キレるよ?」
C「…ごめん、全部話すわ…」
Cは話しだした。

実は小屋の中で皆眠ってた時、Aが小屋の外に出て行くのを見たらしい。
Cは気になってAの後をついていった。
Aはボロボロの鳥居をくぐり、神社の前ですぐに止まった。
すると神社前でAは何か、誰かに話しかけるように手を合わせて喋っていたらしい。
ニヤニヤと笑いながら…次にAは神社の横にある木の枝を折りだした。
手頃な棒を捜すように…折っては捨て折っては捨て。
調度いい長さの棒きれになったのだろうか…
Aは折るのを止め、次にポケットから数枚の紙切れをだし、棒に貼付けていった。


443 :偶然13:2009/05/04(月) 16:04:16 ID:a4hgF4Zj0
次の瞬間…

Aが振り向き「?!」
Cに向かって走ってきた。Cは怖くて動けなかったらしい。

A「ぉぃ!おい!おい!見た?…(笑)」
C「…」
A「…お前俺が今日何であの話ししたか分かる?(笑)」
C「…何が?」
A「お前知っとろう?」
C「知らん…」
A「お前分かっとろう?」
C「・・・」
C「知らんて!!」
A「まぁいいわ。言うなよ(笑)」
A「あ、皆に俺の事ごまかしとけよ。
そうすりゃお前は見逃しちゃるけ」
C「俺は!?」
A「そう(笑)」そういうとAは山を降りて行ったらしい。
それを聞いて俺はゾクッとした。
ってかAは普段そんな事言う奴じゃないし、そもそも「知ってる?」て何をだよ。
Cに聞いても分からないの一点張り。Cは嘘ついてるんだろうか?でも、何故?


444 :偶然14:2009/05/04(月) 16:05:32 ID:a4hgF4Zj0
ともかくB、Dと合流し俺はこの事をBとDにも話した。
ハッキリ言ってバカバカしい話しだ。でもAは何処にもいない。
もう泣きたかった。
もちろんCを問い詰めたが、嘘をついてるようにも見えない。 確かにAの荷物もなかった。

明け方、とりあえず俺らは下山しその足でAの家へ向かった。
俺、B、Dはキレ気味。Cは若干震えていた。A家に着いたが誰もでない。自己中野郎は寝てんだろうと、キレ気味なまま俺らは家に帰った。
翌日、午前10時頃
俺ん家の電話が鳴った。Bからだ。
B「…ねぇどうしよう…」
俺「何が?」
B「イヤAのこと」
俺「あぁ…後でAんとこ行こうや」
B「イヤ違うんよ…お前ん家警察から電話あった?」
俺「何で警察なん?」「何なんよ?意味不明やん」
B「Aの事で…」
俺「だけんAがどしたんかちゃ!何よ?はよ言えや」


445 :偶然15:2009/05/04(月) 16:06:34 ID:a4hgF4Zj0
B「Aが死んだ。昨日、自宅で首吊ってたって…」そう聞かされた。

俺は吐き気がした。ってか何でAが死ぬ?意味が分からなかった。嘘か?
イヤ、嘘をつく必要がない?俺の頭は混乱していた。

その後、俺の家にも警察から電話があり俺らは事情聴取を受けたが
遺書も発見されたため自殺という事になった。
警察「一応遺書も見つかって自殺って事なんだが、原因とか知らんか」
俺「…原因って?…そんなん分からんです僕にも…」
警察「A君に何か変わったこととかなかった?」
俺「…分からんですょ…」俺「あ、遺書。遺書には何て書いてたんですか?」
警察「ん〜遺書ね、そばに木の棒が落ちてて紙が貼付けてあったんだよな。」
俺「棒?」
警察「そう。おかしいんよな。その棒に遺書らしき札のような紙キレが貼付けられてた」
俺「……で紙には何て?」
警察「う〜んこういうのは言えないんだよ」
そんなやり取りを終え俺は家に帰された。


446 :偶然16:2009/05/04(月) 16:09:32 ID:a4hgF4Zj0
そして俺は遺書の事を後で知ることになった。
これはDから聞いたので本当かどうかは分からないが、
その紙にはCの名前がぎっしりと書かれ最後の行は「駆除…皆ごめん」
で閉めくくられておりまた、Aの顔は変形しグチャグチャに歪んでいたらしい。

Cの名前だけ?違和感を持った俺らはCが何か知っているに違いないとCを問い詰め、
話を聞いた。
そして、俺たちはAとCだけが知る秘密を知ることに・・・。

Aは両親の離婚で引っ越してきたと俺らは聞かされていたが実は違っていた。
Aの母は亡くなっていたらしく、理由はよく分からないが、
霊園池のほとりにある桜の木で首を吊っていたとか。その第一発見者がAとCだった。
AとCは幼馴染で仲がよく、たまたま釣りに行った霊園池で見てしまった。
発狂したAの母親が首を吊る一連の行為を・・・。Cはあまりに突然の事で傍観するだけで、
隣にいたAは発狂したかのように突然笑い出し叫びだしたという。
それから数日後、Aは学校に来なくなり、Cもトラウマになっていたらしく、
Cは胸に抱える不安を取り除くように何故かもう一度、一人でその霊園池に行った。
 
その時見た光景・・・Aが一人、木に話しかけ狂ったように叫びだし笑っていたという。その光景が目に焼きついたCは軽い精神病にかかり、引きこもりになったが、Cの両親がその出来事を察知してか、Cは俺らの地区に引っ越してきたらしい。


447 :偶然17:2009/05/04(月) 16:10:36 ID:a4hgF4Zj0
そんな話を聞いた俺らは、本当に後悔した。俺はAが大好きだった。すごくイイやつで、ひょうきん者だった。そんなAの事を一つも分かっていなかったばかりか、助けてもやれなかったからだ。

そんな事件があった数カ月後、
俺らは中学を卒業し俺とBは隣町の高校へDはY区の高校へ通っていた。


448 :偶然18:2009/05/04(月) 16:12:27 ID:a4hgF4Zj0
Cは……






Cは…もういない。
同年五月六日、自宅のマンションから飛び降りた。
原因は分からない。


449 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 16:15:17 ID:nuJ7Q8cXO
>>404
リアリティは敢えて崩しております。
折角創作も可という事ですので創作っぷりを前面に押し出してます。
自分は師匠シリーズが好きなんですが、あの作品は結局のところ何も出ないのに怖いと言う暗の表現がありますよね。
ですから自分は逆に直接的で判り易い明の恐怖を心掛けております。

>>405
そういうスタンスで読んで頂けると有り難いです。

>>406
恐ろしいですね(笑)

>>407
そこから明らかに作り話ですからね(笑)

450 :偶然 終:2009/05/04(月) 16:21:05 ID:jE5xO4o10
意味分からないですよね。俺も分からないです。Aが何故、怖い話であの話を持出したのかも分からないです。全て実話です。
これは決して幽霊がどうたらって話しじゃないんです。
そんなじゃないんです。
全て偶然。たまたま起った事です。偶然です。AもAの伯父もCも。
偶然です。




彼らの命日が誕生日である事も。


451 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 16:22:54 ID://gA7vHhO
>>450
乙。よく意味はわからんかったけど最後の一行で鳥肌立ったわ

452 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 16:23:37 ID:eH0at0KQO
・・・・・・・・・・・・あっ?

終わった?
はいはいお疲れ〜
じゃ次ね〜

453 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 16:36:12 ID:bURAhbT7P
>>450 おもしろかった。 乙


454 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 16:40:21 ID:752KRdV7O




内容は読んでないけど

455 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 17:03:07 ID:ItAt0Lce0
件って牛から生まれるんじゃなかったっけ?

456 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 17:24:05 ID:N5jwyPFo0
>>455
しゃべる人のような牛だから

人牛=件

457 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 17:48:17 ID:gFsPHjLz0
しゃべる馬エド

458 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 17:56:07 ID:BTtDW4g9O
しゃべる牛の妖怪を件(くだん)って言うんじゃなかった?

459 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 18:11:39 ID:3aiuXEbq0
喋る猫のほうが好きだ俺

460 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 18:22:12 ID:bURAhbT7P
語尾に娘と付くとなお良い。 R−18希望。

461 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 18:26:03 ID:ygV6zr9N0
私は猫だ娘
18歳未満は見ちゃダメだ娘

こうか?

462 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 18:57:05 ID:bURAhbT7P
うん、確かに語尾についてるね。でもなんか俺の思惑とはかなり違うぞ。

463 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 18:58:53 ID:33jOLU0eO
>その牛の子、なんと人の形赤子の姿をしとった』
『人々はこれは禍の前触れじゃと

件(くだん)伝承と一致するくだりだが、作者が最初から件を知っていたのかだね
ヒトアラズが件じゃないかとレスした所、面白いですねと返してきたのには、件を知らず書いたとも取れるが…
知らずに創作したとしたら、ちと怖い気がした

464 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:03:29 ID:oHbZXrWeO
10年程前の大晦日ゆく年くる年ラジオを聴きながら横になっていたら急に金縛りが来た。東海林さだこが喋ってるのもちゃんと聴こえる。
なのに体が全く動かず、急に怖くなった。
俺はその時9の字に寝ていて何が起こるかびくびくしていたら、首筋にマリかボールのようなものをあてられてる感覚が来た。
そしてそのマリは首筋から背中を伝って転がってる感じかして尻辺りに来た所で俺の両手でそのマリを掴めた瞬間金縛りが解けた。

465 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:04:16 ID:QZ/v0s0R0
知ってるだろ
つかこの板来てて件知らないとか他板なら兎も角いないでしょ

466 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:09:35 ID:oHbZXrWeO
その何週間後に、横になって寝ようとしてたら急に尿意が来た。
しかしどういう訳だか眠気が強く、心の中ではこのまま寝たら漏らしてしまう。と思った瞬間急に肩を叩かれて飛び起きた。
そのお陰でトイレに行けた。

その日は家族は出払っていて俺は一人だったのに。


恐くもなくてごめん。

467 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:17:00 ID:nuJ7Q8cXO
件は知りませんね。
初めは字形から人牛なのでそれの事を言ってるんだろうと思ってましたが、後から件という化け物の話だと知り驚きました。

牛の妖怪と言ったらミノタウロスと牛鬼くらいしか思い当たりません。

>>465
ここに来るのは一年ぶりですからね。
こんなにレスしたのも初めてで、何時もは投下したら一切覗きにも来ず、まとめに載るのを待ってるだけですから。

468 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:19:39 ID:r+PDVaEk0
>>450の話が怖すぎる件

469 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:19:50 ID:QZ/v0s0R0
>>466
いやこえーよ
なぜか繋がった現象だと確信持ってるかのような書き込みで

470 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:36:49 ID:oHbZXrWeO
>>469
確信という確信は無いんですがね。
何故か自分の中では、同じ霊?の仕業のように思えて。
肩を叩かれてと書きましたが正確にはチョンチョンとつつかれた感じといった方が正確です。
感触が成人男性というより子供みたいなのにつつかれた感じでした。
電池が入って無い時計が動いたりと色々あります。

471 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:47:31 ID:ItAt0Lce0
件って牛から生まれて予言をしてすぐに死ぬ妖怪だろ?
顔が人で身体が牛

雄と雌で言うことが違うとか
雄が災いの予言で、雌がその回避方法じゃなかったっけ?

472 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:48:34 ID:oHbZXrWeO
自分の父が工事で離島に行く事になった。
その離島は自衛隊がいるので有名。
泊まる場所を案内してくれたのも自衛官だったみたく色々な話をしながら泊まる部屋にたどり着いた。
異変は目の前にあった、部屋扉の脇に水が入ったコップが置いてあり自衛官曰く夜飲みに来る人が居ますので手をつけないで下さい。と。

親父はまさか、と思ったものの他の部屋にも水が入ったコップが幾つかある。


夜中トイレに行くにもちゃんと電気がついてるはずなのに薄暗いので一人で行かず何人かで連れションしたらしいがそれでも薄気味悪さは取れなかったとのこと。

473 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:51:53 ID:oeLOIlAXO
新耳最終夜の裏表紙にでかでかとカラー件さん居ますよ

474 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:56:58 ID:g/Kqdn/TO
>>464
9の字じゃなくて くの字じゃね?

475 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 19:58:41 ID:QZ/v0s0R0
そういう説明出来ないけど何故かそう思うって感じがまた怖いな

476 :本当にあった怖い名無し :2009/05/04(月) 20:00:02 ID:PUqBmVPz0
明日は諦めますが、いつか会えますように...

477 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 20:01:22 ID:ItAt0Lce0
>>474

確かにwww
どんな寝方だw 9の字

478 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 20:21:16 ID:I38SKHsB0
ん?
おちんちんじゃね?

479 :9の字:2009/05/04(月) 20:22:40 ID:oHbZXrWeO
言われてみれば確かに怖いですね。

自分の家の廊下に顔みたいな木目があるんですが、それを昔痴呆になった祖母が娘の名前を言いながら撫でてる事が多々あったらしく、その話を聞いて以来木目が怖くなって夜には必ず見ないようにしてた。

ある晩抜ことしてスコラ片手にグラビアを見ていた。
女性が乳白色の風呂に股を広げてる場面でやろうと思ってよくみていたら、女性の股の部分にあぶり出されるようにカビみたいなウグイス色のシミがじわじわ出てきて、止まったと同時に驚いた、そのシミは廊下にある顔みたいな木目シミ??が浮かんでた。


連投スイマセン

480 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 20:31:38 ID:z38d0sHS0
>>464
話は良いのだが、お前の9の字に寝てる姿を想像すると笑えるw

481 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 20:32:47 ID:I38SKHsB0
>>480
http://bbs4.meiwasuisan.com/bbs/humor/img/12410334580064.jpg

482 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 20:37:16 ID:QvDDWYnL0
>>477
普通に丸まって9のようなカンジで寝てると思ってたw

483 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 21:31:03 ID:gFsPHjLz0
一人フェ…いや、なんでも無い

484 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 21:31:24 ID:g/Kqdn/TO
次の方どーぞ

485 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 21:44:24 ID:fLEgibYnO
「く」の字じゃn(ry

486 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 21:58:51 ID:QZ/v0s0R0
>>479それで抜いたら次からは廊下の木目で抜けるな

487 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 22:19:29 ID:EO6sDSsvO
>>471
オスとメス、逆じゃない?
オス→回避
メス→災い

ちょっと気になって…ごめん

488 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 23:01:27 ID:+EbmcaBL0
消防の頃に、危うく友人を射殺しかけた話はここで良いのかね?

489 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 23:15:05 ID:KPwdCIOs0
ここでいいと思うよ
でも消防の頃に友人を殺しかけたことくらい誰にだってあるだろう
漏れも2回ぐらいあるし〜

490 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 23:20:49 ID:v6pPeCkbO
昔おささる恐怖ってはやってなかった?

491 :本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 23:37:38 ID:g/Kqdn/TO
>>489
ねーよ!

492 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 00:28:04 ID:kzlYMQCBO
新作カモ〜ン

493 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/05(火) 00:51:41 ID:TcpV0Io/O
>>450
こえー。
Aの遺書の駆除ってのがコワイ

494 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/05(火) 00:59:07 ID:TcpV0Io/O
こわい話もっと持ってこい!!!

495 :タイでの出来事(多分9分の1):2009/05/05(火) 01:09:32 ID:McgXl8Bm0
妻の実家があるタイの東北部、イサーン地方。
ここはのどかな田園風景がどこまでも続く平和な地方都市で、
良く言えばのんびりとくつろげる田舎町。
悪く言えば田んぼと畑しかない退屈な農村でもある。

そんな田舎町で今から約20数年前に一つの忌まわしい事件が発生した。
乳幼児を連れた若い夫婦が農作業の為に畑へ行き、
近くの木に吊るしたハンモックに子供を寝かしつけておいたのだが、
しばらくして様子を見に行くと、
そこで寝ているはずの子供が忽然と姿を消していたのだ。

慌てて付近を探し回ったものの、
乳幼児が一人で移動できると思われる範囲内では
見つけることが出来なかった。

ふと嫌な予感がして畑に隣接する深い森の入り口まで走っていき、
その森を少し入った薄暗い茂みの中まで探しに行くと、
かつて見たことも無いほどの巨大なヘビが横たわっていて、
そのヘビのお腹が不自然なほど膨らんでいることに気がついたのだ…。


496 :タイでの出来事(多分9分の2):2009/05/05(火) 01:10:43 ID:McgXl8Bm0
私は妻と妻の両親からふとしたことでこの話を聞かされた時、
そう遠くない過去に、それだけの大事件が発生し、
ヘビに飲み込まれた子供の両親の心痛はいかほどのものかと、
想像して気が滅入ったものだ。

その森も今では開拓が進み、かつて事件の発生した場所は、
ほとんどが畑や田んぼに様変わりしている。
妻の実家からは、ほんの数キロ先での出来事だったのだが、
今ではそれを連想させるものは何も残っていない。

ところで、私と妻は毎年ゴールデンウィーク前後を妻の実家で
過ごすことが恒例になっている。
今年も例年通り、この田舎町で過ごすことになったのだが、
冒頭で述べたように、日本で生まれ育った私にとって、
この村はあまりに何もなく、2〜3日滞在するにはよいものの、
それ以降は退屈してしまうのだ。


497 :タイでの出来事(多分9分の3):2009/05/05(火) 01:11:53 ID:McgXl8Bm0
そこで10年以上前に実家が購入したオンボロ2ストロークのバイクを
バイク修理の店で修理してもらい、付近の村々を散策することにした。
実家から3キロ程離れた場所には、今いる村と同じような集落があり、
そこから未舗装の農道を進んでいくと、ちょっとした山道に繋がっている。

海抜はわからないものの、周囲の土地よりも150〜200メートル程度
盛り上がった山があり、GoogleEarthで検索すると山の奥深いところまで
道が続いているようだ。

事前に記憶に刻み付けたその道を、実際にバイクで進んでいくと、
未舗装の道が徐々に細くなり、やがて獣道のような荒れた道に、
変貌していった。

7分丈のズボンを履いていたので、
クルブシからスネの辺りに擦れる雑草が不快感を助長する。

それでも突き進んでいくと、ふと開けた場所に辿り着いた。
かつて川でもあったのだろうかというような丸みを帯びた大きな岩が
ゴロゴロと無造作に転がっている奇妙な光景が目に飛び込んでくる。


498 :タイでの出来事(多分9分の4):2009/05/05(火) 01:12:46 ID:McgXl8Bm0
その先は再び草木が鬱蒼と茂る薄暗い森になっていて、
勾配もこれまでよりキツクなり、本格的な山道になりそうだ。

古いオンロードの2ストバイクでは進んでいくのが困難に思えた。
バイクを一旦止め、しばらくその先の道を凝視する。

その後、気力を奮い立たせて突き進むことに決め、再びクラッチを握り、
ギアをローに入れた瞬間、何か違和感を感じて体が硬直した。

ふと視線を前に戻す。しかし別段変わった様子もない。
そのまま視線を周囲に巡らし、今来た道にも注意を向けてみる。
だがやはり特に変わったことはなさそうだ。

だが、どうしてもその先に行きたくないのだ。
そこでギアをニュートラルに戻してから、もう一度その場に佇んだ。

『間違いない。やはりこの先にはどうしても行きたくない。』

そして2ストロークバイクに特有の不安定なエンジン音が、
突然止まるのではないかという恐怖に似た感覚に襲われた。


499 :タイでの出来事(多分9分の5):2009/05/05(火) 01:13:38 ID:McgXl8Bm0
バイクに乗っているときに『この先には行きたくない』と感じたことが
過去にも一度あった。それは学生時代、千葉県の「とあるダム」に、
深夜2時頃ドライブに出かけたときのことだ。

以前このオカルト板でも書いたことがあるのだが、
その時にもし進んでいたら、首吊り自殺の第一発見者になるところだった事が、
後日わかったというものであった。

今回もその時に感じたのと同様の凄まじい拒否反応が生じて、
昼過ぎの強い日差しが照り付ける猛暑にも関わらず、
背筋に冷たいものを感じたのである。

例えるならば、スレに貼り付けられたURLを何気なくクリックし、
予想外にグロ画像とわかって慌てて閉じようとする時のような、
「稲妻が体を突き抜ける感覚」に近い忌まわしい感覚なのだ。

そのまま行くべきか戻るべきか逡巡していると、
今来た道の方からバイクの音が近づいてくる。


500 :タイでの出来事(多分9分の6):2009/05/05(火) 01:14:24 ID:McgXl8Bm0
なんとなくホッとして、バイクの姿が見えるまでその場に留まり、
相手が現れるのを待ってみた。

そのバイクが私のいる開けた場所に入ってくると、
私の方からすかさず声を掛け、挨拶を交わす。

どうやら中年くらいの男性が運転し、
その後ろに妻と思われる女性が乗っているようだ。

私が声を掛けると、ちょっと驚いたような顔をしてから、
夫婦そろって満面に笑みを浮かべて挨拶を返してくる。

長袖に長ズボン、ヘルメットの代わりに麦わら帽子をかぶり、
バイクには鎌のようなものや、籠のようなものも取り付けてある。
後で知ったのだが、どうやら山に自生している山菜やキノコ、
木の実などを取りに時々入っていく人がいるらしい。
彼らもそうした人達なのだろう。

そのような場所に、よそ者の私がバイクでズカズカ入っていくのも
気が引けるということもあり、バイクをその場で反転させると、
元来た道を早々に引き返すことにした。


501 :タイでの出来事(多分9分の7):2009/05/05(火) 01:15:16 ID:McgXl8Bm0
翌日の早朝、家の庭先に集まった複数の人の大声で目が覚めた。
早口でガナリ立てるような話し方から察するに、どうやら何か揉め事らしい。
迷惑に感じながらノロノロと部屋を出て、妻に何があったのかを尋ねると、
昨日隣町で不幸な事件が起こったというのだ。

その話を聞いているうちに、私の目ははっきりと覚めて行き、
代わりに恐怖で身がすくんで行くのを感じた。

昨日私が進むのをためらった、ちょっとした広場で出会ったあの夫婦。
あの先の森の中へ山菜取りに入って行き、
それぞれが思い思いに山菜をとり始めたのだが、
妻が奇妙な声で小さく叫んだのを聞きつけた旦那が不審に思い、
手を止めて妻を呼んでみる。

しかし、すぐそばにいるはずの妻からは返事がなく、
じっと耳を澄ませても何も聞こえない。

そこで茂みを掻き分けて妻を捜し始めた矢先に、
目に飛び込んできたのは、信じがたい光景だったのだ。


502 :タイでの出来事(多分9分の8):2009/05/05(火) 01:16:05 ID:McgXl8Bm0
なんと大人の太ももよりも太く、7〜8メートルもの長さがある大蛇が、
妻の体にグルグルに巻きついて、ギュウギュウ締め上げているところだったのだ。

妻の表情は恐怖と、締め上げられ、全身を骨折させられながら、
徐々に窒息させられていく苦痛のため、この世のものとも思えない形相に
なっており、助けたいと思っても一人ではどうすることも出来ないような状態に
なっていたらしい。

そこで慌てて山を降り、村の男数人を集めて再び戻ったものの、
すでに妻は頭から飲み込まれ、
ヘビの口からは膝先の部分が出ているだけの状態にまでなっていた。

その口からはみ出た足が、時々有り得ないような不気味な痙攣を起こしながら、
完全に飲み込まれるのを辛うじて阻止していたらしい。

既に頭から飲み込まれた段階で全身が骨折し、窒息させられていたため、
意識は無かったものと思われる。

だが、飲み込まれてなお、最後の最後まで生体反応を見せていた
その女性の様子が、助けに来たものの目と心に深く焼きついたらしい。


503 :タイでの出来事(多分9分の9):2009/05/05(火) 01:16:57 ID:McgXl8Bm0
もしあの時、あの夫婦が訪れていなければ、
大蛇に飲み込まれていたのは私だったのかもしれない…。
タイをはじめとする東南アジアには、
広く「アミメニシキヘビ」という大蛇が生息しており、
時々人を締め上げ、稀ではあるが飲み込んでしまうらしいのだ。

その後、そのヘビは男たちの手で村まで運ばれ、解体されたらしい。
飲み込まれた女性はすぐさま助けられたものの、
残念ながら助け出されたときには既に手の施しようが無い状態で、
その後、息を引き取ったとのことだった。

東南アジアでは決して一人で山道に入ってはいけないのだ…。


504 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/05(火) 01:26:39 ID:TcpV0Io/O
流石に締め上げて食べるなんてしないんじゃね?
創作でしょ?^^>>503

505 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 01:35:42 ID:xjNn15Qk0
まず絞めて無力化しねえと飲み込めたもんじゃねえだろ。時間かかるのに

506 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 01:39:47 ID:ykV5ecUj0
でかい蛇は締め上げでから食うよ。

アミメニシキヘビ
東南アジアのアミメニシキヘビは動物園でオランウータンを呑みこんだことがあるので、人間でも呑みこめるだろう。
1995年9月、ゴムの樹液採掘者、29歳の Ee Heng Chuan がマレーシアの Segamat で
大きなアミメニシキヘビ(7m)に襲われて殺された。帰りの遅い彼を捜しに来た兄は、
ニシキヘビに巻き付かれてちょうど頭が呑みこまれているところを発見した。
ヘビを殺し、回収された死体の脚には歯形が残っており、
彼は不意に(まだヘビの存在にも気づかない時に)脚を噛まれ、絞め殺されたようだった(AP)。


1979年11月、トランスバール北部の農場でウシを追っていた13歳の少年がニシキヘビに襲われた。
一緒にいたもう一人が2人の兄を連れて戻ってきた時(20分後)、ニシキヘビは少年に巻き付いて締め付けていた。
一人がツルハシで攻撃した。しかしヘビがその柄に咬みついて引っ張っただけで男は肩を脱臼して武器を落としてしまった。
もう一人が石で攻撃した時、ニシキヘビは少年を放し逃走した。
犠牲者は既に死んでいた。2日後にニシキヘビ(5m)は生け捕られた
(Branch and Haache, 1980)。

http://big_game.at.infoseek.co.jp/constrictor/boa.html

507 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 01:46:13 ID:kzlYMQCBO
大蛇は恐いですね〜次の方どーぞ

508 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 01:47:47 ID:cEkCWcWS0
>>506
てか、南アフリカの少年スゲー

509 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 02:31:49 ID:paVy5let0
巨大蛇は死臭とかすごそうだな・・・

510 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 03:37:32 ID:kzlYMQCBO
次の方どーぞ

511 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 04:03:10 ID:j9zVdNDCO
大蛇といえども蛇はほぼ無臭
8Mの大蛇だろうが、成人男性が蛇を認識した状態で戦闘になればタイマンでもまず負けることはないと思う

あと人間が蛇に締め上げられて圧死することはあっても、全身の骨がバキバキになって死ぬこともない

アミメニシキヘビやボアコン飼ってる俺が言うんだ間違いない

512 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 04:28:32 ID:lnZFgA6N0
ちなみに東南アジアは日本と同等かそれ以上に出る
一度いったときポルターガイストになりまくりでひどい目にあった
しかも友人が連れて帰ってきて日本でもポルターガイストがしばらく続いた

513 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 05:49:26 ID:kzlYMQCBO
恐い話を募集してまーす

514 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 06:07:56 ID:QXuninr50
そうだな、外国での体験談も聞きたいニダ

515 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 06:51:51 ID:cSW12+MpO
外国じゃないけど2年前くらいに空港でドッペルゲンガーが出た時ならあるな、見たのは友人だが

俺がトイレ行って帰ってきたら友人に「さっき話してた人たち誰?」と言われて異変に気付いた
友人の話によると俺がトイレに言ってる間に別の場所で見知らぬ人たちと俺が談笑してたらしい、その時俺はうんこを我慢していたので談笑する余裕なんてあるはずもなく済ました後は一直線に帰ってきたって言うのに友人は見たと言い張る
他人の空似だろうと思ったが着ていた服もまるっきり一緒だったから間違いないと言う
極め付けは談笑してた距離が近かったのか声が聞こえそれが確実に俺の声だったという事、談笑相手も日本人で話が終わったら俺も相手もどこかへ行ってしまったらしい
会話の内容は「よくわからなかった」らしい、何がどうわからないのかと聞いても「日本語なのは確かだったけどさっぱり意味がわからなかった」と友人は言い張った

その後別に何かあった訳じゃないけど今でも不気味に思う、友人はそんな唐突に変な冗談言うような性格でもないし体も健康だし本当になんだったんだろう

516 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 09:14:15 ID:l2JuGwHc0
ドッペルゲンガーって服装も同じなのかぁ。怖いな。
もしそいつが凶悪な事件でも起したら…

517 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:01:10 ID:EMNYGzVs0
>>511無臭て>>509が言ってるのは死臭だぞw

518 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:13:00 ID:HWNK93iZ0
>>511
飼ってる蛇は全長5メートル胴回り40センチくらいはあるんですね

519 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:21:16 ID:1jnrJkcoO
胴回り40cm


520 :1/5:2009/05/05(火) 10:31:47 ID:0zDF3hC50
個人的に洒落にならなかった体験。

幼稚園から小学校2年まで同じだったA。
彼女は甘やかされて育ってきたせいか、わがままで乱暴な子だった。
みんなAを避けていたけれど、Aが中国人と日本人のハーフというのもあり、
先生が「仲良くしなきゃダメ!」と一緒に遊ばせようとしてきたり。
ハーフ云々じゃなくて、性格が問題なんですけどね。
そんなAと小学校2年、同じクラスだった時の話。

当時、私は髪をポニーテールにし、髪を束ねたゴムの上に小さい飾りをつけていた。
中でも赤地に白い花模様のリボンがお気に入りでした。

ある日、そのリボンを結んで登校した日、休み時間にAにリボンをもってかれた。
返して!と追っていったらAは校庭の池の中にそのリボンを投げ入れました。
池に着いたときはリボンは沈んだのか見当たらず、慌てて上履きと靴下を脱いで沼に入ろうとしました。
が、通りかかった先生に止められました。池は藻や水草がたくさん生えてて足を滑らすと危険だし…と。
まあ正論なので、近くにあった虫取り網ですくってみましたが、藻がひっかかるばかり。
放課後にも先生や友達と、もう一度探しましたが結局見つからず。
見つけてももうつけられないだろうし、と結局諦めて帰りました。

521 :2/5:2009/05/05(火) 10:32:33 ID:0zDF3hC50
その次の日からから私はAを無視して口をきかないでいました。
当時の私は本気で怒っていると態度で示したつもりだったけれど、
Aは伝わるどころか、逆に苛立ったようでした。
無視しだして数日後、Aに話しかけられてやはり無視を決めて席を立ったとき。
「無視しないでよ!!」ともみ合いになり、解放された時に髪が一つかみ抜かれました。
腹立たしいやら痛いやらで泣いてしまい、教室もちょっと騒ぎになっていたのは覚えてます。
私の両親もブチ切れてAの家に抗議しにいきましたが、Aは不貞腐れた顔で誤りもせずに黙ってました。
今でもそこがちょっと薄いですorz


さて、当時学校では怖い話やらおまじないやらが女子の間で流行していました。
その中で「緑の紙に赤いペンで願い事を書いて、夕方に校舎裏の木の根元に埋めると願い事が叶う」
という噂が流れていました。〜ちゃんのお姉さんもやったら本当に叶ってどうのこうのとかも言われてたなあ。
(詳細はもう覚えてません。すみません。)

522 :3/5:2009/05/05(火) 10:33:17 ID:0zDF3hC50
お察しの方もいるかもしれませんが、リボンのことや髪のことでAにムカついていた私はそれを実行しようと思ったんです。
今から考えたら根暗で陰湿な子供ですが、気が弱い私にとって最大限の仕返しでした。
家で緑の折り紙に「Aの髪が無くなりますように」と書いてそれを放課後に校舎裏に埋めました。
確か「誰かに見られたらダメ」とも言われていたので、こっそり人目を避けていたような。

翌日からAの頭皮をチェックしていましたが薄くなっているように見えず、「やっぱり嘘か」とガッカリしていた。
しかし、三日後の夜、寝ていたら夜の2時半にふと目が覚めました。
普段そんな時刻に起きるわけがなく、時間が時間なのでgkbrしていたらふとなんかいるような気配がしました。
眼には何も見えないのですが、「何か」がこちらをじっと見下ろしているような…
想像したとたん怖くなって布団をかぶって震えているうちに朝になりました。

523 :4/5:2009/05/05(火) 10:36:51 ID:0zDF3hC50
それから一か月たったある日、Aが入院することになりました。
「あのAが」とみんなで驚いていたら数日後、Aの病状について先生から説明を受けました。

白血病という病気になったということ。お見舞いにいったら
治療のための薬剤で

 髪 の 毛 が 抜 け お ち て し ま っ て い る 

ということ。
先生は「だからお見舞いに行ったときにそのことは言わないであげて(ry」とか言ってましたが、
私はただあのおまじないのせいでないよう願っていました。


その日、家に帰宅すると机の引出の中に何やら汚れた紙のようなものが。

…校舎裏に埋めてきたあの緑の紙でした。


その引き出しは鍵がかかるタイプで、鍵も筆箱に入れていたので家族が開けられると思えない。
それにその机のある部屋は姉と共同で使っていたので、友達を入れてはいないし。

524 :5/5:2009/05/05(火) 10:41:21 ID:0zDF3hC50
結局Aはそのまま夏休みまで退院せず、そのまま他の場所へ転校していってしまい、音信不通のままです。

ちなみに紙は家の庭でこっそり燃やしました。
私はその後何もありませんが、Aはどうしているやら…

あ、でも今考えたらそれ以来霊感が皆無だったのが少しある程度になったかも。
仏壇の前で亡くなった祖父や祖母を見かけるようになりましたので。




いったいなぜあの紙が戻ってきたのか、夜に部屋にいたのは何だったのか。
何もわからないままです。

オチもなにもなくてすみません。個人的に洒落にならない話でした。




525 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:44:17 ID:NCzX4CEg0
昨日体験した話
ちょっと長くなるけどいいですか?

526 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:46:10 ID:0zDF3hC50
>>525
どうぞどうぞ

527 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:46:58 ID:EMNYGzVs0
>>525どうぞどうぞ

>>520
偶然かもしれませんが呪い成功って凄いですね

528 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 10:58:00 ID:0zDF3hC50
>>527
そうなんですかねえ。
顔よりも髪を褒められることが多かったのでw余計恨めしく思ったのかもしれません。
ただ、ああいう呪いはもうやりたくないです。

529 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/05(火) 11:00:06 ID:TcpV0Io/O
>>521
髪引っこ抜かれても生えてくるでしょ?
薄いのはおかしいよ

530 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 11:04:34 ID:SsSC4j4m0
自慢の髪を抜かれて、子供心に傷ついて薄いままってのもありえるのかな?

531 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 11:05:27 ID:0zDF3hC50
>>529
勢いよくブチブチッと引っこ抜かれたのが良くなかったみたいです。
まあ、他の部分でカバーできるからいいやwと思ってます。

532 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 11:07:42 ID:0zDF3hC50
>>530
傷ついたのはありますが、それで髪が生えてこないってあるんですかね。
血が出ていたから毛根もがかなりダメージくらったようですし。

>>525さん
用意できたらいつでもどうぞ。すみません。

533 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 12:23:28 ID:kzlYMQCBO
>>520
頼むその小学校教えてw

534 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 12:37:32 ID:0zDF3hC50
>>533
東京の某小学校だと言っておきます。


535 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 12:37:34 ID:rlaBDMY5O
洒落にならんわ

昨日サイトで死に神っての読んでた。
夜中三時に目が覚めて死に神が来て怪奇現象に会うって奴
まさに今日朝三時に目が覚めて
やばいな〜って思ってたら二階に住んでるんだけど窓の傍からジビュビュみたいな怪奇音がしてきた。
その後、音がやんだあとすぐに窓をコンコンってしてきたから布団に潜ってたら寝てた・・・


初めての怪奇現象だたよ
あっ、これ見た奴のとこにも今日来るよ。
来たら明日報告よろ
まじ怖かった・・・・

536 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:04:22 ID:3AthqS2mO
昨日車に乗ろうとしたら、車の後部座席のところに、ビッチャビチャに濡れたビーサンが脱ぎ捨ててあった。

そのビーサンは勿論俺のじゃないし、ここ一週間友達を車に乗せたりしてない。

気味が悪くて昨日から触らずそのまま放置しているが、そのビーサンは今日になってもなおびしょ濡れのまま。

サイズからして女性もののようです。


因みに自宅から歩いて20分くらいのところに川があります。

なんかその川と関係ありそうな気がして怖い。

537 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:07:53 ID:6jHaQBeLO
>>535
本当に洒落になんねーよw

538 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:08:48 ID:SsSC4j4m0
>>535

ここで同日にたくさんの人が読んでも?
何人もいるもんなんだろうか

539 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:14:36 ID:BC0HKd3W0
>>535
それ結構前にまとめで元ネタ読んだけど来なかったぞ
日ごろの行いがいいから?

540 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:21:29 ID:HWNK93iZ0
学生時代、1Kのアパートに住んでたんだが、ベッドから玄関ドア丸見えなんだよな
深夜寝てていきなり外側からドアノブガチャガチャ回された時死ぬほどビビッた
オカルトでも何でもないけど住んでる時3回くらいあった
施錠忘れてたら今頃生きてないのかな

541 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:35:04 ID:xjNn15Qk0
>>511
無茶言うなよwwwそんなん100キロくらいあんだろww勝てるかwwww

542 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 13:50:46 ID:0zDF3hC50
>>536
怖いね。それどうしたんですか?


543 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 14:23:15 ID:7+DpFiUm0
あんまり怖くなかったらごめんなさいね。私は怖かった話。

とある昼下がり、こたつに入りながら昼寝してました。こたつが熱かったので電源をOFF(寝ぼけつつ)
それから、うとうとしてたら突然とっても「嫌な感じ」が私を襲いました。
恐怖を打破するために声を出そうとしても、上手に声がでない。 かすれ声がわずかに出るだけ。
胸のあたりか、足か忘れたけどぞわぞわってして恐怖が走りました。
怖くて、胸の前に手を組んで一生懸命お祈り。(助けてって思うだけ)
でも、なぜか自分の手で首をしめようとしていました。 (自分の意思で。恐怖感は全くない。)

ここからが怖かった。
目をつぶりながらも、「誰かが」はいってくる感じがしました。
初めは「お兄ちゃん?」って思ったけど、一人暮らしだしお兄ちゃんであるわけがない。じゃぁ誰?
縦長のワンルームなので、玄関から窓まで〔ギシギシ〕って歩く音が聞こえるの。あっちから、こっちへ。(二回くらい往復してたかな?)

心の中で、『やばいなー。誰か入ってきちゃった。鍵は閉めたのに。泥棒かな?殺されるか、犯されるかだ。どうしよう・・・・』
目は、あけれるのに怖くて閉じたまま。 怖くてしょうがなかった。でも、なんとかしなければ。
なぜだか分からないけど、とりあえず「う〜ん」って言いながら寝返り打ってみた。

すると、窓のほうにいたであろう「誰か」の気配がなくなりました。


恐る恐る目をあけて回りを見たけど、誰もいない。ドアも、窓もきちんと鍵がかかったまま。


なんだったのかな?
金縛りにあって、声が出ない事もアパートに引っ越してからは、たまにあるんです。
似たような「恐怖体験」してる時には決まって声がでない。 鯉みたいに、口をパクパクさせてるだけ。

当時は線路すぐ横のアパートに住んでいました。
でも、今回は霊的な恐怖でなく、生身の人間の恐怖を強く感じた。あんな思いは二度とごめんです。

544 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 14:34:19 ID:HnS1yRxL0
>>540
俺も数年前にドアノブガチャガチャやられたわwwww
ドアのちっちゃい窓から覗いたら相手も覗いてたwww
団地の最上階なんだけど、階下の家に入って玄関で立ってたとか
後で警察きて警官は不審者と話しただけで連れていかなかったよwww
結構テンション上がったわwwww

545 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 14:51:22 ID:oql44RJcO
上上下下左右左右BA

546 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 15:19:24 ID:cEkCWcWS0
きゅぴーん ふるぱわー

547 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 15:36:42 ID:HWNK93iZ0
>>544
ヘタなオカルトより遥かに怖いことを経験から知ったよwww
今迄で一番の恐怖体験

オレは覗き窓にすら近付けなかったwww

548 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 16:44:02 ID:CoOa00sGO
似たような事あった。夜中0時30分頃、ゲームやってたら玄関の扉をドンドン、ドンドンと叩く音。ビビる俺。もしかしてゲームの音がうるさいって苦情か?でもかなり音量は小さいし、両隣は
空室だし、上の階の人?

更にテレビの音量を下げて様子見してもノックは止まない。意を決して玄関に向かい返事をしてみる。『はい?』…返事がない。ノックだけが続く。名乗らずにひたすらノックが続く。怖いが、らちが明かないのでドア開けた…が、チェーンをかけてない事に気付き焦るが後の祭!

【デリです】はい?呼んだ覚えねーー!

携帯からスレチすまぬw
でもマジびびったOrz

549 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:19:13 ID:1HLGi4lh0
>>548
うるせえよ糞電話が いちいち書き込むんじゃねえよボケが

550 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/05(火) 17:29:55 ID:TcpV0Io/O
こわい話しろや^^

551 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:46:50 ID:NCzX4CEg0
>>550
うるせーよハゲ
お前が何か怖い話してみろってんだよ

552 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:53:58 ID:QHITdRyq0
>>551お前が言うなよ糞が

553 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:56:50 ID:NCzX4CEg0
>>552
お前なんだよハゲ
俺はスレ主だぞこの野郎!

554 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:57:50 ID:NCzX4CEg0
もぅあったマきたんだかんねっ!
荒らしまくってやるんだからもぅもぅもぅ・・・

555 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:58:24 ID:QHITdRyq0
>>553
お前はさっさと>>525を何とかしろ
どんだけ時間かかってんだよ無能が

556 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 17:59:57 ID:NCzX4CEg0
しんごー!!
しんごー!!


557 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:02:44 ID:NCzX4CEg0
>>555
こっち系か
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_436.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_437.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_438.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_439.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_440.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_441.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_442.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_443.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_444.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_445.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_446.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_447.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_448.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_449.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_450.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_451.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_452.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_453.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_454.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_455.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_456.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_457.jpg
ttp://mat.blogdns.com/up/img/mat_458.jpg


558 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:04:03 ID:vMe0Dzny0
>>556 呼んだ?http://www.amazon.co.jp/dp/B001H5KYA8/ref=asc_df_B001H5KYA864734/?tag=nicolive-22&creative=380333&creativeASIN=B001H5KYA8&linkCode=asn

559 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:04:40 ID:QHITdRyq0
残念ながらグロ耐性高い俺には全く無意味
飯も美味いです(*^-^*)

560 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:07:24 ID:OrcnTaW0O
>>192
それ自分も昔見たやつだ。松田聖子カットの女のやつ。生きていれたら金やるとか?だった気がする。あれ本物?最後まで見れなかった。どうなったのあの女性?衝撃的だったなあれは・・マジで。

561 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:13:09 ID:NCzX4CEg0
ギニーピック自分も好きです
もっと情報お願いします

562 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:25:35 ID:QHITdRyq0
いや、こんなの好きなのはどう見ても精神異常者だろ
病院いってカウンセリング受けてこいよ
宮崎勤なんかと同じ精神してる奴なんか死んだ方がマシだろマジでw

563 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:46:57 ID:ctCCBmJ00
ギニーピックって聞いてモルモットが初めに思い浮かんだ人が通りますよ
モルの別名:ギニアピッグ
豚肉の味がするからだってさ

564 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 18:48:31 ID:HWNK93iZ0
>>558
呼んだ?
http://plaza.rakuten.co.jp/pome5/diary/200805080001/

565 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 19:02:25 ID:6msPCUVd0
グロい話ってここはスレ違いですかね?
ネットで見つけた文章に、「一杯のかけそば」のパロディで吐き気が止まらなくなるような気持ち悪いのがあったんです
誰か見つけてください

566 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 19:13:22 ID:OrcnTaW0O
ギニーピック知ってる人結構いるんだな。あれはシリーズもんなのか?自分が見たのはもう10年くらい前だわ。知り合いに見せられたからどっから手に入れたのかは謎だけど。あんなのが好きとか・・大丈夫か頭?

567 :キャンプ (その後)1:2009/05/05(火) 19:13:50 ID:eozpO8580
昨日>>410から「キャンプ」という題名で体験談を書いた者です、
時間が出来たので後日談を書きます。

ちなみに「直接的には何も無かった」「間接的に色々あった」というのは、
実害がなかっただけで俺とA、Bにもその後怪奇現象?というか何と言うか、
恐ろしい体験はしました。
留学生2人に関しては、又聞きで色々聞いているのだけどそれも長いので
また後日にします。

キャンプからもどってから数週間、その間は特に何も無く、課題をこなしたり
レポートをしたりバイトをしたり遊びまわったりと、平和な日々が続いていた。

事件から1ヶ月くらいたった夏休みの終わり頃
(ややこしくなるので最初に説明しておくと、俺は学生専用のアパートに
 住んでいて、AとBも同じアパートの住人)
昼過ぎにBとAが俺の部屋を訪れ、ゲームをしたり漫画を読んだりとゴロゴロ
していると、下の階の住人(以下“住”)が俺の部屋へやってきた
ドアを開けると

住「何やってるのか知らないけど五月蝿いんだけど」

俺「そんなに大音量でやってるつもりなかったけどゲームの音五月蝿かった?」
 「それとも声五月蝿かった?」

住「いや、そうじゃなくて」

住「さっきからお前ら部屋の中大人数でバタバタ歩き回って何してるんだよ」

俺「別にバタバタ歩き回ったりしてないんだが…ずっとゲームやってたし…」
  「まあ気になったならすまん、静かにする」

続く

568 :キャンプ (その後)2:2009/05/05(火) 19:14:41 ID:eozpO8580
それで下の階の住人は帰ったんだが、何か変だな?とは思いながら、AとBに
は下から苦情が来たのでちょっと静かにしようと言っておいた。
30分くらいするとまた部屋のチャイムが鳴った。
出るとまた下の階の住人で、今度はかなり怒っている

住「お前らいい加減にしろよ、バタバタ歩き回ったりブツブツなんか聞こえてきて
  ウザイんだけど、こっちはレポート纏めてる最中なのに集中できないんだけど」

窓締め切ってかなり静かにしていたのにこういわれて、何か釈然としないが、
まあもめるのも嫌なのでこう返した

俺「そりゃ悪かった、注意してたつもりなんだけどまあいいや、俺達これから
 出かける事にするわ、それなら問題ないだろ?」

そもそもこのアパートは結構新しく、そんなに音が響くわけ無いし、最初に
注意されたとき以来かなり静かにしていたのに理不尽だなと思いながら、
AとBに事情を話してでかけようと切り出した。
今から考えると、今まで結構騒いでもどこからも苦情がなかったので、この時に
変だと気付くべきだったかもしれない。

時間は午後2時頃、とりあえずゲーセンとかに行って暇つぶしでもしよう
ということになり、俺達はアパートを出た。
それからゲーセン行ったり買い物したりと時間をつぶし、ファミレスで晩飯を
食っていると今度はアパートの管理会社から携帯に電話があった。

続く

569 :キャンプ (その後)3:2009/05/05(火) 19:15:36 ID:eozpO8580
不「○○を管理している○○不動産の者ですが、○○○号室の○○(俺)さんでしょうか?」

俺「そうですけど、何ですか?」

不「実はそちらの部屋が五月蝿いと苦情がありまして、お伺いしたのですが
 ご不在のようなのでお電話しました」

俺「ああ、苦情来たので昼過ぎから出かけていました、以後注意します」

「またかよ…」と思い俺がうんざりしながら答えると不動産屋が変な事を言い出した。

不「昼過ぎというと何時頃からですか?」

俺「確か2時か2時半頃だったと思うんですが」

不「それは間違いないですか?注意して欲しいと苦情の電話があったのは6時過ぎ頃
  なのですが…」

今の時間は午後8時過ぎ、あれから一度も帰っていないのでどうもおかしい。
AとBに事情を話し、不動産屋には今から帰るので部屋の前で待ち合わせする事に
なった。
アパートにつくと不動産屋(30歳くらいの女の人)が待っていて、苦情の電話
をしてきたのがやはり下の階の住人だったのでまずそこへ行く事となった。

出てきた下の階の住人はやはりかなり不機嫌で、話によるとあれから暫らくは
静かだったが、5時過ぎ頃からまた五月蝿くなり注意しても誰も出てこないので
管理会社に電話をしたらしい。

570 :キャンプ (その後)4:2009/05/05(火) 19:16:29 ID:eozpO8580
俺があの時出かけたまま帰っていないことを話すと最初は疑っていたが、買い物を
したときとファミレスで飯を食ったときのレシートの時刻を見せると流石に納得した。

不「あの…もしかして空き巣では?」

住「さっきまで五月蝿かったからまだいるかも」

A[マジかよ…○○(俺)お前鍵ちゃんとかけたか?」

俺「ちゃんと掛けたけど、お前も見てただろ」
  「つーか俺の部屋入って何盗むんだよw」

B「とりあえず部屋に行ってみて確認すればはっきりするんじゃね?」

ということで、俺とA、Bそれと不動産屋と下の階の住人で俺の部屋へ行ってみる
事となった。

俺の部屋につくと、予想通り鍵は掛かっていた。
空き巣が鍵をした可能性もなくはないので、俺が鍵をあけ、中の様子をみたが
玄関から見た範囲におかしなところはない。
全員で俺の部屋に入り、部屋の中やユニットバスの中なども調べたが矢張り
なにもない。
出て行く前に飲んだジュースのペットボトルとかもそのままで、人が入った
ような痕跡はまるで無い。

下の階の住人は何か釈然としない顔をしていたが、人がいた痕跡は全く
無いのが現実で、どこか他の部屋の音を俺の部屋の音と勘違いしたのでは?
などと話していると、玄関横のユニットバスの部屋から

571 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 19:17:06 ID:7GssyBx9O
>>532
人を呪わば穴二つって言うじゃん、
もしかしたらAにかけた呪いが返ってきて
その部分に髪が生えてこなくなったんじゃ…。

572 :キャンプ (その後)5:2009/05/05(火) 19:17:14 ID:eozpO8580
…ズズズズズ…
…ガコッ…ガコッ…

と変な音が微かに聞こえてきた。

俺「何?風呂場からだよな?」

B「さっき見たときは何も無かったけど…」

不「何か臭くないですか?」

とりあえず中を確認しようと、扉を空けた瞬間異様に生臭いというか腐臭に
近い臭いがしてきた。
鼻を押さえて中を覗き込むと、バスタブの排水溝から黒い液体がゴポゴポ
と湧き上がっている。臭いの元はそれらしく、排水溝の奥から「ガコッ…ガコッ…」
と変な音は相変わらず聞こえてくる。

あまりの臭さに顔をしかめながら窓を全開にして換気扇を回していると、
俺はある事に気が付いた。
この臭いってキャンプのときにC、D塗られた黒い液体と同じじゃないか?

俺「A、Bちょっと…この臭いって…」

A「ああ、お前もそう思ったか」

B「…偶然、だよな…」


573 :キャンプ (その後)6:2009/05/05(火) 19:17:59 ID:eozpO8580
そんな話を俺達がこそこそと話ていると、ハンカチで鼻と口を押さえながら不動産屋が

不「騒音の原因はこれかもしれませんね、明日業者に来てもらうので、○○(俺)さんは
 こちらでホテルを用意します、そちらで一泊してもらえませんか、これではここにいるのは
 無理でしょうし」

本来ならこの提案は受けるべきなんだが、俺は臭さと同時にあの時の恐怖が蘇って
いたため、とてもこれから一晩一人で過ごす勇気は無い。
不動産屋には今日はAかBの部屋にとまるのでそれは良いと言い、そそくさと全員を
部屋から出し鍵を閉めた。
とてもじゃないがあの部屋にこのままい続けるのは、臭いもあるがそれ以上に「やつら」
がきそうで恐ろしかったから。

下の階の住人は、配水管が詰まったか何かして変な音がしていたのだろうと納得し、
俺に誤解をしてすまないと軽く謝罪をすると帰って行き、不動産屋も明日の予定
を軽く説明すると帰って行った。
残された俺達はあの時恐らく真っ青な顔をしていたと思う。

俺「ただの配水管の詰まりかなにかだよな?あれは関係ないよな?」

A「俺達関係ないだろ…石持ち帰ろうとしたのはCとDだし」

B「…偶然だろ、ありえねーよ」

とにかく3人とも「偶然だ」ということで済ませたかったが、臭いが正に「そのまま」
なうえに、変な音というのも気になる、皆一人で夜を明かすのは恐ろしかったのか、
今晩はBの部屋に3人で泊る事にした。

574 :キャンプ (その後)7:2009/05/05(火) 19:18:42 ID:eozpO8580
それからBの部屋で朝まで起きているつもりだったのだが、何か妙に3人とも眠気
があったため、1時過ぎ頃寝る事にした。

深夜3時頃
俺はBに起された。
Aも起されたらしく、何で起したのか聞いてみると。
Bが言うには、窓の外から大勢の話し声が聞こえてきていて、それが徐々に
近付いてきているらしい。
聞き耳を立ててみると、確かに何か聞こえる。

A「神経質になりすぎじゃないか?誰か外で話してるだけだろ」

B「いや…でも」

俺「何だよ」

B「ここ3階だぞ、何で下じゃなくて横から声が聞こえるんだよ」

たしかに言われて見ればそうだ。
気のせいなのかもしれないが、何か気味が悪い。
ひとまずもう寝ていられないので、電気をつけてゲームの続きでもしようと、
Aが電気をつけるため天井のほうを見た。

Aがそのまま絶句して硬直している。

何事かと俺とBがAの見ているほうを見てみると…


575 :キャンプ (その後)8:2009/05/05(火) 19:19:29 ID:eozpO8580
何十人という青白い顔が、俺達のほうを無表情に凝視していた。
体は無い、顔だけが天井に何十と張り付いている。

「うああああああああああ」

俺達はもう恐怖心で恐慌状態になり、着の身着のままBの部屋を
逃げ出した。
俺とA、Bは、もう部屋に戻る気にもなれず。明るくなったらすぐ神社かお寺で
御払いをしてもらう事にして、そのまま恐怖心を紛らわすためカラオケボックス
で日が高くなるまで無理にハイテンションになって歌い続けた。


576 :キャンプ (その後)9:2009/05/05(火) 19:20:11 ID:eozpO8580
午前10時頃
俺達は携帯で2駅先に神社がある事を調べ、そこで御払いをしてもらうため
電車に乗った。
俺は電車の中である事に気が付いた。
俺達を見ていた顔、普通の人の顔ではなかった。
青白いとか死人っぽいとかそういうのではない。

おかしかったのはそいつらの目。
普通の人の目は大雑把に書くと

<◎> <◎>

だよな。
俺達が見た顔の目は
<◎>が縦になっていた。
上手く伝わるだろうか?

目が横に水平では無く、縦に平行になっていた。

/ヽ   /ヽ
◎    ◎
、ノ   、ノ

こんな感じ。
要するに人じゃない。
後から聞いてみるとAとBもそれに気付いていた。

577 :キャンプ (その後)ラスト:2009/05/05(火) 19:20:58 ID:eozpO8580
神社に着き、神主の人に事情を話すと、かなり胡散臭そうな顔をしていたが、
俺達があまりにも必死な顔で話すので一応最後まで真剣に聞いてくれて、
お払いもちゃんとやってくれた。
神主の人が言うには、その祠に二度と近付かないなら多分大丈夫だろう
とのことで、お払い後は俺達に妙な事は起きていない。
もう一つ、キャンプのとき一斉に振り向いた顔、それも同じ目をしていた
事をなぜかお払い中に不意に思い出した。


以上が俺達の体験。
留学生のCとDに関しては、又聞きが大部分だが色々あったようで、それは
最初に書いたように後日。

578 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 19:21:17 ID:ctCCBmJ00
Tさーん
誰かTさん呼んできて
怖すぎる

579 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 19:43:37 ID:lSHIofAA0
>>577
さて、もう二十日程経過しているので、続編をおねがいします。

580 :キャンプ (その後):2009/05/05(火) 20:04:24 ID:eozpO8580
書き忘れていました。

翌日不動産屋から電話があったのだが、業者に見てもらったところ
配管には何の問題もなかったらしい。
一応何かが逆流してきたのは事実なので、他の部屋や地下の配管も
調べたが結局何もなく、暫らく様子を見るという事になったとか。

その後配水菅の逆流とかは起きていない。
お払いが効果あったのだと思いたい。

ちなみに、掃除業者が入って俺の部屋のユニットバスを綺麗に掃除してくれた
のだが。暫らく臭いが取れず、臭いが消えるまで俺は不動産屋の用意してくれた
ホテルで10日ほど暮らす事になった。
何か少し得した気分だった。

581 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/05(火) 20:37:56 ID:TcpV0Io/O
超創作っぺえwwwww
嘘でしょ?^^キャンプ
ちなみにCとDはナニジンなの?

582 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 20:50:32 ID:lSHIofAA0

愚問のテンプレ

583 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 21:04:11 ID:y/vqMkrv0
キャンプ(その後)、dです!
う〜ん、やっぱり現場(?)を見てしまったのが不味かったのかな…?
とりあえずお祓いしてからは何もなかったのは良かったですね

584 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 21:07:42 ID:BC0HKd3W0
>>545
カカロット!

585 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 21:12:57 ID:GSjGLPGl0
変なの沸いてるな・・・

586 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 21:35:55 ID:QHITdRyq0
俺のログには何もないが

587 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 21:42:08 ID:wJ0Jzy4h0
件名: bleddy eejits!

本文: the light went out one by one, and the idea was to answer the questions quickly...
contestants who didn't know an answer could freeze an asthore by yelling


見ていますか?
着信拒否に設定されています。解除して電話に出て下さい。

588 :スレ208の128:2009/05/05(火) 22:23:28 ID:+2c9Ghac0
スレ208で、井戸の底のミニハウスと女友達Bに住み着いてるモノの
話を書いたものです。
まとめサイトに載せて貰った様なので、説明を省きます。

実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近わかったことがあって
話がまとまったんで、投下させて下さい。
こっちは井戸の一件同様、俺の直接体験が入って来ます。

Bの学生時代の元彼Eの話は前に書いた。
Eは俺らの遊び仲間じゃなかったんで、井戸の一件には絡んでない。
Bとは卒業直前あたりで就職のことで行き違って別れたと聞いてる。
ひょっとしたら今も、Bを出入りしてるものの存在は知らないかもしれない。

学生時代、Eから貰った指輪をBが仲間内で披露してたことがあった。
金銀組み合わせの指輪で、仲間内の女子の言では結構いいものらしかったが、
Aが凄い微妙な様子だった。
井戸の一件の後だったので、俺は後でこそっと「あの指輪なんかある?」と
Aに聞きました。
「……うん……まずいかも。でも、どうしよう。俺くん、お祓いできる人とか
 知らないよね?」
俺はAの他に「みえるひと」の本物は1人も知らなかったので、そう言うと、
Aは閉口した様子で。
Aは、自分がみえるひとだが、経験則で危ないものを避けてきただけで、
霊能者などの知り合いはいないらしいです。
「……それに、Bも貸してくれないよね……お祓いとかするところに
 B本人連れて行ったら、まずBのアレと揉めるかもしれないし……」
かと言って、指輪が霊的に危ないなどといったら、Bのことだから
それこそ面白がって肌身離さず持ち歩くのが、俺にも想像できた。
「……ま、Bはアレがいるから大丈夫なんじゃん?」
と俺は言ったが、Aは複雑な顔で「ん……ていうか……ちょっとね……」と
言い、それで会話は終わりました。

589 :スレ208の128:2009/05/05(火) 22:24:52 ID:+2c9Ghac0
次の日、大学内でAが事故って怪我した。
捨ててあった何かのガラスでサックリ切ったとかで大学の保健管理センターへ
運ばれたAは、その時一緒に居た同じ科の奴に、自分の荷物は最寄の講義室に
置いといてくれ、後で取りに行くから、と言ったらしい。
で、事故の後にそいつと俺が出くわして話した。
財布とか貴重品はさすがに放置じゃまずくないか?と言うことになり、
俺が預かっといてやるってことにした。

講義室に行くと、誰もいなくてAの鞄がぽんと椅子の上においてあった。
見覚えはあったが、他の奴のだったらまずいし、失礼して中を開けて、
何か氏名の解るものを確認しようとした。

そしたら。
財布の入ったポケットの中に、一緒に、小さなビニール袋に入った指輪が見えた。
前日、Bが皆に見せまくってたのとそっくりのが。
え、何で?これBの指輪か?どうしてAが?と思ったが、
単に同じもの買ったのかもしれないし、まあひょっとしたら、Aが思い切って
無断拝借してお祓いに持ち込むつもりだったのかもしれないとも考え、
とにかく財布の中の免許証を確認して、鞄を持って
部屋を出ようとしたら、後ろから「にゃー」って声がした。
振り向いたら、窓枠のとこに灰色っぽい猫がいた。
にゃあ、ってもう一度鳴いた猫がひょいっと窓から外へ下りてから少しして、
気がついた。

590 :スレ208の128:2009/05/05(火) 22:25:56 ID:+2c9Ghac0
……さっき居なかったよな?猫。それでここ、4階だよな?外に木の枝とかあったっけ?
慌てて鞄を置いて窓に駆け寄って見ると、窓の外には何もない。
木の枝が張り出してもいないし、建物の外側のどこにも猫はいないし、
勿論落ちて死んでたりもしない。
……4階位なら飛び降りて逃げられるモンなのか?と思いつつ戻ってAの鞄を手に持って、
仰天した。絶対さっきまでなかった派手な裂き傷が鞄についてた。
駄目押しにもう一度、足元で「にゃー」って声がするに至って、ようやく俺は、
Aがしきりに気にしてた例の指輪が俺の持ってる鞄の中にあるんだ、という事実に
気がついた。
「………」
ぞく、と背筋が寒くなったところへ、また「にゃー」さらにガリッて音が続いた。
見下ろすと、俺の靴ヒモが結び目のとこで何箇所か裂けてた。もちろん猫は居ない。
にゃー。にゃー。にゃー。
かなりの至近距離に聞こえるその声は、何だか段々と嫌な感じになってきてた。
冷や汗をかき始めた俺の周りをうろうろしてた鳴き声に、ぼそっと暗い感じの
人間の声が重なった。
『……なんか、死んじゃえ。死ねばいいのに』
エコーをかけたような変な声だった。
「……!」
硬直した俺は、咄嗟に大急ぎで携帯電話を出して、速攻で電話をかけた。
プルル、プルル、と呼び出し音が鳴る間も、足元で見えない猫が鳴いてた。
靴や鞄がカリカリ音を立てて、ちらっと見下ろすと床にも何だか、
傷が増えてきてるような気がした。
ガリッと衝撃があって足首に痛みが走ったのと同時くらいに、電話が繋がった。
『はーい、もしもしー?』
「Bか!?あのさ、俺だけど、えっとAのこと聞いた?」
有難いことに、Bは学内にいた。急いでAの怪我の件を説明し、
荷物を預かってくれと頼むと、Bは快諾した。
電話を切った俺は、Aの鞄を持ってダッシュしてBと待ち合わせた場所へ向かった。
エンドレスに足元から聞こえる猫の鳴き声に混ざって、ぽそ、ぽそ、と
『死んじゃえ』とか『死ねばいい』とか呟く女の声がし続けた。

591 :スレ208の128:2009/05/05(火) 22:27:08 ID:+2c9Ghac0
建物を出たあたりで、しゅっ、と足の間を通り抜けるような感触がして、
足がもつれて思いっきりこけて、止めてあった自転車に突っ込んだ。
「うわー俺君!?大丈夫?」
待ち合わせしてた自販機の所から、大声で言いながらBが駆け寄ってきた。
「俺君、手!それに足も血が出てんじゃん!」
Bが騒ぎながら俺に手を貸してくれ、荷物を持ってくれて、気がついたら
猫の声も変な女の声もしなくなってた。

ただ、後で確認したら、やっぱり足の傷は自転車の金具で切ったんじゃなく
爪で引っかかれた傷でした。

Aの怪我もそれほど酷くはなく、A鞄の中にあった指輪は、AがBから
借りたものでした。
同じようなのがどうしても欲しいから、お店で見せて「こう言うのが欲しい」と
言うのに見本にしたい、と言って借りたそうで。
ただ、俺が鞄をBに預けた話をすると、Aは「……あ、そう」と
言ったきりで、猫と女の声についても何も説明してくれなかった。

592 :スレ208の128:2009/05/05(火) 22:28:16 ID:+2c9Ghac0
……今になって俺がこの話を思い出したのは、最近AがB宅を訪問したときの
件があったからでした。
Bの部屋の話、白い衣装と神社の一件の話を聞き、
「Bの中にいるものは、Bを守るだけで、悪霊退治をするわけではない。
周囲の人がとばっちりを受けても祟られても、Bが無事なら何もしてくれない」
と言うことを知って急に気になったのが、この一件だった。
俺はこの後、Bと指輪の話をしたことがある。
Bはその時、Aから返却されたその指輪をはめてた。
「Aが同じようなの欲しがってたけど、見つからなかったんだよね。あれ、Eが
 親戚の子に選んで買ってきてもらったんだって」
で。
Eに指輪を選んでくれた、その女の子が、Eの在学中に亡くなってるんだ。
Eが葬儀に出たと言っていたのは、確か、この一件の少し後だった。
当時は、俺が女の声を聞いたときには生きてたわけだから無関係だと思ってた。
あの一件は、Bの手元に指輪が戻ってBには何も起こらなかった事で
片付いたつもりでいた。

でも、今考えてみるとどうしても気になって、先日、改めてAに聞いてみた。
Aは物凄く迷ってたが、やっぱり黙ってるのがしんどかったようで、
しつこく聞いたら最後には話してくれた。
クロだった。
「……その親戚の子、Eが好きだったんだと思うよ。どこで呪いの方法を
見つけたのか知らないけど、実際に猫を殺して本格的に呪いかけるくらい、
Bが憎かったんじゃないかな」
俺が聞いたのは、やっぱりその子の声らしかった。Eから指輪を貰う女に対して、
死んじゃえ、と呟いて猫を殺した時の声なんだろう、と俺は思った。

593 :スレ208の128:2009/05/05(火) 22:29:01 ID:+2c9Ghac0
そしてAが心配してたのは、Bが呪われることじゃなかった。
Bの中にいるものの性質をかなり正確に把握してたAは、動物を殺して形を整えて
行われた呪いの、「返り」を気にしてたんだった。
「……私も俺君も大怪我じゃなかったでしょ?呪い自体には、人を殺すような力は
無かったんだと思う。だけど」
Bにはアレが居たから。
Bをターゲットに真っ直ぐ飛ばされたものを、アレが真っ直ぐ打ち返したときに、
「加速がついちゃった」んだと、思う……

Aは、それ以外は何も言わなかった。
多分、当時のAは、指輪をどこか霊能者のところへ持ち込んで、
呪いを外してもらおうと考えてたんだと思う。
正直、Aと話してから、少し気持ちの整理がつかなくて、混乱してる。
俺がBを呼んでAの鞄を渡さなかったら、Eの親戚の子は死ななかったんだろうか。
BにAの鞄を預けたと言ったとき、Aが取り戻そうとしなかったのは、
もう間に合わないと思ったのか、怪我して怖くなったのか、俺は解らない。
いずれにせよ、もう何年も前の話だ。

Bは何も悪くないんだろう。普通に彼氏から貰った指輪を喜んでただけで。
少し大雑把だけどイイ子で、同じものを探すのに貸してと言ったAに
快く指輪を貸し出してくれるような奴だったわけで。
でも、俺が悪いんだとも思いたくない。
Aも俺も巻き込まれただけじゃないか、って気持ちが消えない。
同時に、猫を殺して呪いをかけた女の子は確かにゾッとするけど、
相手がBでなかったら、死人は出なかった話だったんだと思わずに居られない。
Aが複雑な顔で「何もできないんだよね」って繰り返す気持ちが初めてまともに
解った気がした。
吐き出させてもらってすまない。
以上です。

594 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 22:33:29 ID:QHITdRyq0
別に>>588を楽にするために言う訳じゃないがこれこそ穴二つの言葉通りだな…

595 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 22:47:09 ID:7Nd2DPHP0
もうブログ立ち上げて、そこで思う存分書けばいいと思うよ。

596 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 22:50:59 ID:kWbV6F6o0
うん、そうだよ
少なくともその親戚の子には呪うほどの殺意があったわけで
その殺意を返されても文句は言えない

まして周囲にその呪いの被害が及んでいる状況で
とばっちりを受けた被害者が気に病むことじゃないよ

597 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:02:54 ID:G/+MNdgJ0
長文すぎて読む気がしません、誰かあらすじを5行以内で書いてください

598 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:13:19 ID:BC0HKd3W0
師匠シリーズめざし
ブランド立ち上げ
がんばってます
あと2行おもいつきませ


599 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:19:07 ID:HWNK93iZ0
師匠ってあの銀髪ウルフか?

600 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:21:51 ID:QHITdRyq0
師匠ってはああああああ!の人だろ

601 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:23:10 ID:IGuh8fUAO
>>597
多分五行で書かれても分かんないと思うよ…

602 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:26:37 ID:VDpkZh5c0
まぁ創作だとしても面白いと思うよ。
続けるならこのスレで続けてほしい。

603 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:29:07 ID:QHITdRyq0
創作臭さがあまりないだけ全然マシだろw

604 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:39:08 ID:lQhQKTSi0
Bが散々な言われようでかわいそうだ
猫殺して呪いかけるような女じゃなく
悪いのはBって周囲から思われてるってのがな
後味悪すぎる

605 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:48:40 ID:lQhQKTSi0
つかAてラスボスだよな
いつもこいつの中途半端な行動が不可解すぎる

606 :本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 23:53:30 ID:mUV58s+70
面白いと思って読んでるけど、
どうもAが好きになれないなー
Bの中にいるものが恐ろしいのは判ったけど
Bはどう考えても何も悪くないし。
Aは関わってしまっているんだから、なんかもっと対策は出来ないんだろうか…
Bの周囲で色々障害が出ているわけだし
その辺がコトリバコと違うな。

607 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:07:27 ID:QHITdRyq0
確かに、指輪だって別に何もしなくても同じ結果になったんじゃねーのと思う

608 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:13:13 ID:p3Fcumap0
>>605
A:やっときましたね。おめでとう!このゲームを かちぬいたのは
  きみたちが はじめてです

609 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:15:41 ID:Pcv15QkR0
Bに何でそんなものがついてるのか、その辺りを
掘り下げてくれないと何とも。

610 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:22:21 ID:SNhTiL9o0
小野不由美の「魔性の子」みたいなものじゃね?
B自身は悪くないにしても周囲に被害が及ぶ
で、対策としては君子危うきに近寄らずしかないんだよね
呪いをかけた奴には同情しないが、周辺住人は気の毒だ

611 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:44:11 ID:2lA3RQ9j0
主人公?がAの言うことだけを鵜呑みにしてるのが…
寝ているBを井戸に連れて行こうと主張したのもAだしさ
夜だし何か起こるかもしれんのに、
普通は寝ている人間をつれてかないよ
ちょっとAはおかしくないか

612 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:47:43 ID:bM2IG/8MO
>>609
人柱力を封印してます

613 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:48:39 ID:2lA3RQ9j0
この話は読む気がしねえって言われてるのは
多分Aとレス主のBに対する反応に反感があるからじゃなかろーか
どっちかっつーと後味スレ向きのような気がする

ところでシリーズ名つけて欲しい

614 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:50:08 ID:a/7ewWuV0
>>611
その後の出来事はおかしくないのかwww

615 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 00:57:42 ID:2lA3RQ9j0
>>614
だって霊感のあって行くの嫌がってたAがBを井戸につれてこうとするのは
どうしても腑に落ちんのよ
霊感なぞなくても、普通は夜道歩かせるのは危ないから
見張り役の男1人と一緒に車の中に置いてかね?

616 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:01:05 ID:e7P9i8RM0
>>613
ただたんにシリーズ化しようとする意図が見え見えなとこ。
シリーズ化とか漫画みたいな展開で創作臭い。
そこまで現象があるんなら証拠のひとつも見せてほしい。
創作ならだるいだけ。漫画読んでるほうがマシ。

617 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:05:02 ID:2lA3RQ9j0
このスレは創作おkだから、そこはしょうがないんじゃね
あぼーんして漫画読め

618 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:07:19 ID:tH/LZFuD0
>>615
それしたら自分達が助からないじゃまいか

619 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:08:06 ID:tH/LZFuD0
あれ、ageちゃったスマソorz

620 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:12:02 ID:e7P9i8RM0
>>617
端から読んでねー・・

あと芋づる式に釣られる奴らも怖いわ
どっかの信者みたいで

621 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:18:32 ID:p4yDYIZ/0
先日の話

千葉県●市にて、路地裏に
→こっち
という看板を見つけた。友達と気になって見に行くことにした。
看板前で→のほうを見ると、更に壁に
→こっち
という看板を見つけ、馬鹿にしているのかと思い友達と
笑いながら、こうなったらとことん付き合ってやるという気になった。
矢印の先を見ると、路地裏に一軒の古びた店があり
ここ
って書いてあった。
横に引くドアで少し開けて中をのぞいてみたら、
中にはたくさんのエロ本とAVっぽいのがあり、カウンターに
いかにもヤクザっぽい人が座ってて一瞬目が合った。
そのままドアを閉めてダッシュで逃げました。

622 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:22:19 ID:tH/LZFuD0
アホスw

623 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:24:07 ID:kVr6nOEV0
定番の怖い話で「邪視」ってのがありますが、あれと同じ人が書いてる「叔父さんシリーズ」というのがあるらしいんです
ご存知ないですか?

624 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:30:31 ID:ik5AqBK60
>>623
http://www35.tok2.com/home/ganbanbee/series/186-696menu.html

625 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:36:14 ID:kVr6nOEV0
ああ、ありがとう

626 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 01:59:12 ID:i3211zE/0
私もギニーピッグ大好きです
朝起きて一番に見る動画
チンポ切断動画ですキャッ!

627 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 02:00:25 ID:/BpHtbfi0
もう二年くらい前の話
昼過ぎ頃自宅のベットでゴロゴロしながら
携帯のサイトでで怖い話を読んでたんだ
数はそんなないけど結構読み応えがあってそれなりに楽しめた
そんで一通り読み終わって眠くなってきたから寝ようと思ったんだけど

なんか部屋の空気がおかしい
なんかどんよりしてるというか、重たいというか
それでも眠気には勝てなくてうとうとーとし出したら
いきなり体が押え付けられた感じになって動けなくなったんだ
その時初めて金縛りってやつを体験した
あれ本当に動けないんだね
それで「ヤバイヤバイ怖い怖い」とか考えてたら

グラングランと小さい手で頭揺さぶられた
多分複数
頭揺らすと同時に「あそぼーあそぼー」
って楽しそうな声で呼びかけてくる
それに加えて部屋の中を走り回る音
あぁ・・もうダメだって思ったとき
さっきまで「あそぼー」って頭揺らしてたのがピタッて止まって
耳元で一言
「ねえ死ぬの?」

そこからまったく記憶無くて
気づいたら夜中だった
母曰く起こしても死んだように寝てて起きなかったそうです
うそみたいな本当の話


628 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 02:08:57 ID:tH/LZFuD0
金縛りはそれまで長いこと携帯サイト読んでいたから
身体は疲れてるのに意識は興奮して、と科学的には言われそうで
自分も似たようなことはあったが声までは聞いたことないなぁ・・・
触られたりとか系の感触があったくらい

>>611
それよりも前スレの写真で、
>「この少女は、強い強い山の霊に魅入られています。気の毒ですが、
>次の誕生日を迎えることはないでしょう」
これって供え物に行った神様のことだよな?中に住み着いてる方は
その霊能者には写真から感じ取れない物だったのかな
情念が無いものだとナマじゃないと感じ取れない物なんだろうか

629 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 02:11:03 ID:i3211zE/0
私もギニーピッグ大好きです
朝起きて一番に見る動画
チンポ切断動画ですキャッ!

630 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 02:26:16 ID:s55Cvivm0
最近のこのスレひどいのばっかだな…。

631 :911:2009/05/06(水) 02:38:36 ID:imbGwhOJO
マジに漏れそうだよ…
つか、漏らしたウンコ(・∀・)ノ

632 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 03:32:15 ID:kKYDGKxq0
古い墓石や建築物、石像の台座や首の部分なんかをよく調べてみると
たまーに接合部の隙間なんかから紐とか布の一部がはみ出てたりする
特に裏側とか普段影になってる部分なんかにあるから探してみな
多分何人かは見たことあると思うし触ってみた事もあるんじゃないかな?

もし運良く見つけたらそれをよく観察して見るといいと思う
多くはくすんだ茶色だったり肌色っぽい色のが多いんだけど
たまーに白だったり赤だったり黒だったり色が鮮明なのがある
もちろん中にはそこに何故布とか糸とか挟まってるのか
よく分からない事があるけどそれは些細なことなんで気にしない
重要なのはそれを引っ張ってみる事だゆっくり慎重に

多くの人は焦って引っ張ったりゴミと思って除去しようとするから
すぐにぶちって千切れてしまうんだけどそうじゃない
ゆっくりゆっくり引っ張っていくと千切れずに引っ張り続けられる
そして上手く終点まで引っ張ると多分先が湿っててちょっと生臭い
最後まで引っ張れちゃえばそれが凄く長いものである事が分かるはず
それが何であるかと聞かれても実際のところよく分からない
ただ一度その楽しさに気付くと色々なところで発見できるようになるよ

でもあまり嵌ると幻覚を見るようになるから気をつけた方がいい
どんな幻覚かと言うと、その紐や布が人の体からも見える様になってしまう


633 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:02:50 ID:4jeKFsClO
先日友人が死んだ。自殺だった。

自殺する数日前からPCにメールが毎日来ていた。運悪く海外出張で日本を離れていて携帯を確認出来ていなかったから返事が出来ずにいた。
訃報を聞いてから何気なく再度メールに目を通した。

1日目
最近夜寝付きが悪くて。そっちは仕事どうよ?

2日目
酔っ払っても眠気がこなくて参るよ。何かいい方法ないかね?w

3日目
海が見たくなったなぁ。もう何年も行ってないから。近々行こうかと思ってるんだ。

4日目
波の音とかって何か不思議だよな。聞いてると落ち着くっていうか。

5日目
来年の今頃にはどんな世の中になってるんだろうな。まぁオレには関係ないけどねw


5日目が最後のメールとなった。次の日にアイツは死んだから。
たわいない内容のメールだと思っていた。でも、これはアイツなりのメッセージだったんだ。気付いて欲しかったんだ。この5通のメールに込められた意味に気付いたオレは、メールを確認できなかった自分を激しく責めた。

さいきん〜
よっぱらっても〜
うみが〜
なみの〜
らいねんの〜

634 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:14:16 ID:i3211zE/0
おてぃんてぃん

635 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:15:06 ID:i3211zE/0
おまんこ
ちんこ
んーこ
ちんぽこ
んーこ

636 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:23:41 ID:i3211zE/0
ちんぽちんぽー

637 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:24:35 ID:i3211zE/0
キャッ!
キャッ!
キャッ!


638 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:38:30 ID:i3211zE/0
ぉ-ぃ!!


639 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:39:12 ID:i3211zE/0
私もギニーピッグ大好きです
朝起きて一番に見る動画
チンポ切断動画ですキャッ!

640 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:39:53 ID:i3211zE/0
キャッ!
キャッ!
キャッ!

641 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:45:57 ID:i3211zE/0
http://www.b0g.org/wsnm/uploads/iwantotobel8.jpg

642 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 04:56:48 ID:5TS7RIAe0
>>641
作り物っぽいね

643 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 05:14:31 ID:FHV21YlMO
キャッ!
キャッ!
キャッ!

644 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 05:45:29 ID:i3211zE/0
あー六尺嗅ぎてぇ・・・

645 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 05:46:54 ID:i3211zE/0
ttp://blog-imgs-19-origin.fc2.com/p/a/n/panthu/200954536_4.jpg
ttp://blog-imgs-19-origin.fc2.com/p/a/n/panthu/200954616-1.jpg
ttp://blog-imgs-19-origin.fc2.com/p/a/n/panthu/200954149560.jpg
ttp://blog-imgs-19-origin.fc2.com/p/a/n/panthu/2009542390c4fa.jpg
ttp://blog-imgs-19-origin.fc2.com/p/a/n/panthu/200954276524.jpg


646 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 05:50:32 ID:i3211zE/0
軽部は調子のんなよ

647 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 05:51:14 ID:i3211zE/0
バッカルコーン!!

648 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 06:07:05 ID:i3211zE/0
http://halbot.haluze.sk/images/2009-01/4706_image002.JPG

649 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 06:31:05 ID:i3211zE/0
http://bbs4.meiwasuisan.com/bbs/humor/img/12410334580087.jpg

650 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 06:38:00 ID:i3211zE/0
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/409388.jpg
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/409389.jpg
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/409390.jpg

651 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 06:55:34 ID:i3211zE/0
     /       \
    /    _,   ,_ \  
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |  
  \      `ー‐′  /             __ 
  /  ,     ,   |             . / ・ /ヽ
 (_⌒),,::: "゙゙゙" ヽ:::、||____________.. |焼 | ̄|
  l⌒ヽ    °   ヽ | |\      {}@{}@{}ー.|酎 |  |
  |  r ` (;;U;) ) ̄ ) .  \ >゚))))彡ー―'  |_ |_|
 (_ノ  ̄  / / .    \`ー―’___
        (__^)  .     | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                .      |_|

652 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 09:50:11 ID:oF/QJZFN0
>>649
ちょっとハートに響いた

653 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 10:00:38 ID:vxPyLWtr0
まだ病院行ってなかったのかよ

654 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 10:56:35 ID:C5AMNM4N0
スレ208の128さん、そろそろ叩く人が現れたようなので、まとめサイトの投稿掲示板に移動することをお勧めします
http://jbbs.livedoor.jp/study/9405/
ここなら叩く人はいないから気兼ねなく投稿できますよ

655 :ライダー ◆teNInROVEE :2009/05/06(水) 11:41:38 ID:6Gc2RsAjO
いや、むしろこいつのしつこさこそ洒落にならないほど怖い

656 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 12:04:21 ID:hqrhoO3cO
スレ208の128さんって誰だよ
叩かねーよそんな奴、知らねーもの
知らない奴叩いたりしないよ

657 :1/4:2009/05/06(水) 12:35:02 ID:39E9ZKKr0
流れを切って投下。

私の元義理の叔母にあたる人の話。(以下Aとする)
父は二人兄弟の長男。
母は「長男の嫁」ということで父方の祖母と嫁姑関係で苦労したそうだ。
それに対してAは祖母から甘やかされていた。
もともと二男の叔父を甘やかしていたのでその恋人のAも、ということだったようだ。
ブランド品やら何やらAは祖母に随分買ってもらっていたそうだ。

Aは私達や両親とそう仲良くすることもなく、、むしろ絵本とか読んでいたら
「あんたら色白すぎ」
「本とか読んでないで外で遊びなさい」
と外が雨の日に言ってとかくるような人だった。
私や姉はふーんと流していたが。
あ、あと、香水の匂いがいつも強かったなあ。

658 :2/4:2009/05/06(水) 12:36:28 ID:39E9ZKKr0
しかし、叔父は毎日不摂政を続けているうちに肝臓ガンになり、あっけなく逝った。
叔父が入院しているのにAは見舞いにもいかない。
家を空にして毎日遊び歩いていたそうだ。
祖母が叔父の好物のメロンを食べさせてくれとAに渡したら、そのメロンが家で腐っていたんだと。
祖母が「あんまりだ」と泣き崩れていたのは何となく覚えている。

叔父が死んでも、Aは遺産だけもらってそれっきり。
叔父とAには子供がいなかったのですごくあっさりしていた。
墓参りに一度も来なかった。勿論一周忌とかにも一度も来なかった。

叔父が無くなって二ヶ月後、祖母も後を追うように逝ってしまった。
最期の方はずっと母に「今までひどいことをしてごめんなさい」と何度も何度も謝っていたそうな。

「あの頑固なお義母さんが泣いて謝ったんだから、余程息子の死が応えたんだろうね」
祖母の命日が近づくと、母はポツリとつぶやいている。






659 :3/4:2009/05/06(水) 12:38:44 ID:39E9ZKKr0
そんなAの訃報が二か月前に来た。
葬式にいってきたAの親戚からAについて話してくれた。

その後、Aは叔父の葬式が終わってすぐ別の男性(B)と同居を開始、
3か月(民法で決まっている期間だったかな)が過ぎるとすぐ籍を入れた。



Aは三回妊娠したが、すぐに流産してしまい、結局は子宮を摘出する状態に。
そんな中でBが他の女性と浮気して妊娠させてしまったことが発覚、離婚。
Bは今でもその女性と子供と一緒に暮らしているそうな。

勿論Aは慰謝料を手に入れたものの、憔悴しきっていたらしい。


660 :4/4:2009/05/06(水) 12:46:33 ID:39E9ZKKr0
Aは離婚してから他人と距離を置いて過ごしていたが、ある日肝臓ガンが見つかった。

付き合いがほとんどなかったAを見舞いに行った親戚はいなかった。
Aの友人も見舞いにいってくれたのはほんの2,3人。

Aさんを担当した看護婦さんいわく
「○○さん(叔父の名前)、本当にごめんなさい。私が悪かった。」とずっと泣いていたそうな。


ああ、そうだ、今気づいたんだが、Aの命日は叔父の命日です。

霊の話とかほとんどしない父も、Aの訃報を聞いた時、
「○○(叔父)の葬式の夜、あいつ、おれの枕もとでAはどこ?って悲しそうな顔してた。
あいつはAさんにべた惚れだったもんなあ…」
と言っていました。


叔父とAの冥福を祈りつつ。

661 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 12:48:23 ID:iShTc8fI0
>>656
他スレで「一時退院で帰宅してます」ってレスがあった人だから
絡まない方がいいと思いますよ

662 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 13:10:44 ID:C5AMNM4N0
>>661
どのスレ?

663 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 13:38:29 ID:n/VCLxkGO
ご       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |



664 :30 ◆RPG8JNHiII :2009/05/06(水) 14:00:11 ID:Ck4NdrvE0
友人(仮名A)の家にこんな文章(小説)があった。
----------------------------------------------
俺の名前はA。国立大学で法律を学んでいる。
自慢じゃないが勉強はそこそこできるほうだ。
特に英語に関して言えば、高校の時にアメリカからきた
先生を感嘆させたくらい得意だ。
だが、最近調子がおかしい
最初に異変に気付いたのは簡単な英単語のスペルを頻繁に
間違えていることに気付いたときだ。
WORSTをWAST、WORDをWARDを書いちゃったりしていた。
その時は、俺は英語のほかにドイツ語も履修しているので
その影響かなと軽く考えていた。
(ドイツ語はローマ字読みで発音する)


665 :30 ◆RPG8JNHiII :2009/05/06(水) 14:01:06 ID:Ck4NdrvE0
だが、学年末テストを重ねるごとに俺の成績は
みるみる落ちていった。それに、妙にストレスがたまりやすくなっていた。
成績が落ちたことへの不満でストレスがたまっているのかな?とも思った。
そのうち、今度は漢字がどんどんわからなくなっていった。
「来る」の過去形「着た」と洋服の「着た」の違いがわからなくなっていた。
まるで…そう、麻薬でもやっているかのようだ。
そのうち、白い服の女が見えるようになってきた。厳格だとおもうが
少し不気味に思えた。
医者に行くのは少しためらわれた。何事もなかった時の
自分の間抜けさもさることながら、何かあったときのことを考えると
医者に足を運ぶ気にはなれなかった。
そうしているうちに日は経ち、「優」だらけだった俺の成績表も
「不可」が目立つようになった。友達づきあいもめっきり減ってしまった。
そうしているうちに日も経ち、「優」が多い俺の成績表も
「不可」と言う文字が目立ち始めた。
夏休みに入って以降、俺は学校に行かなくなってしまった
なぜなら、学校に行くのが嫌になってしまったのだろうか?
そんな俺でも小説を書いているときは以前の俺に戻れた気がした。
論理的な文章の構築がなされていると思う。
だから、俺は学校にも行かずに小説をかきまくった、
題材は何でもよかった。家の横で工事がうるさいので
小説は何日にも分けて書くことにした。
ある日、小説を友達に見てもらうと意味がわからないと言われた
下賤なものには俺の書く者の交渉さがわからないらしい。
俺は怒りを通り越して、なにかをするきりょくを失った。
それからとううの。まるでなにをするでもなく
dらあくした日々をスゴスていた。
もう、

------------------------------------------------------
謎の文章はここで終っていた。
Aは脳の病気で死んだ。

666 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:07:19 ID:utpOqaqvO
>>665
友人Aは実際に文中の「俺」なの?それとも創作なの?

667 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:10:41 ID:i3211zE/0
ゴクリとかもう流行ってませんから

668 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:12:47 ID:94uBw1hRO
>>660
いやいや、叔父と祖母は冥福を祈ってもAはド腐れだから祈る必要なんてないだろ
むしろ祖母もAの本性に気付かなかったんだし同情はできんわ
つかそんなド腐れAが三回流産したって時点で創作乙です。最後は死んでくれてスッキリしました

669 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:15:50 ID:skBNgkeF0
まもなくのことです。
部屋の中にはいくつかのテーブルが並んでいました。
とてもよい素材で作られていて拭き清められ手入れされています。
それぞれに、小さいがとても美しいものがいろいろ並べてありました。
1卓だけ、この部屋に不釣合いな汚れたテーブルがありその上に手箱が3つありました。
一見豪華に見える箱ですが、素材はダンボールです。
プラスチック樹脂の宝石や金メッキで飾り立てられておりますが
日当たりに色褪せ、埃が積もり、接着剤が剥がれて飾りも落ちそうです。
一つ目を開けたところ中は空っぽでしたが、内部には大変稚拙な字で
びっしりとある方々への恨みつらみが書き込まれていました。
二つ目を開けたところ中からは人の糞尿が溢れ出てきたのです。
汚物は埃と手垢で薄汚れたテーブルをさらに汚していきます。
とっさに、まだ開けていない一番小さな手箱を取り上げましたが
先に開けた空っぽの箱は、テーブルの上の汚物の海に飲まれてしまいました。
私は友達と家族を呼びました。窓を開け、皆で協力して汚れ物を運び出しますと
例の穴に投げ込みました。主の方が火種を下さったので無事に焼き払うことが
できました。汚れずに済んだ小さな手箱は主の方にお返ししました。
中に何が入っていたか、開けずじまいでしたので分かりません。
そういうことがあった。

670 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:36:22 ID:utpOqaqvO
>>669
夢の話か?
まもなくのことってなんだ

671 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:41:01 ID:MhRHsWoy0
おっつー、もう課題やった?
まあ、まだだよな、まだ手も付けてないんじゃない?
えっ?そういうおまえはって?俺は半分はおわったけど
あとは、明日はやおきしてやることにしたよ。
すごい、眠くってこういうときは集中できないし寝るにかぎるっしょ
こんなメールうってないでさっさと寝ろって?そうだよな課題もやらずメールなんて
ろくなもんじゃねえよな、そういえば話かわるけどおまえ彼女できたんだって、心配しないで俺にも教えてくれよ
しっとなんかしねーっつーの、それに俺にだって好きな奴くらいいるし。。。でもじゃあ今までみたい
に、あまりいっしょに遊べねーな、それはちょっとつもらないけど
いいんだいいんだおまえが幸せなら、友の幸せを願うのが、真のともだろ?なーんてちょっと
くさかったかな。じゃあホントに寝るは、明日早いしじゃあな(^^)/~~~

672 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:43:53 ID:9do3bsts0
>>668
祖母に関してモニョるのは同意だが、それでも最期には
お母さんに何度も詫びたということから、救いがあると思うよ

うちなんて詫びの言葉もなく、言いたい放題悪態ついて
こちらを傷つけたまま逝ってしまいましたから
その話のAよりも見舞いがなかった人だけどね

673 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 14:54:23 ID:jIhJGsZD0
おしい

674 :660:2009/05/06(水) 14:57:14 ID:39E9ZKKr0
>>668

三回流産というより三回目の妊娠中に胎児が死んでしまって、子宮ごと取るはめになったそうです。


個人的に洒落にならないのは、これが実話なことなんですよ。
叔父も祖母も見事に騙されてたというか。
実は一昨日物置を掃除してたら、祖母の遺品の中から日記が出てきまして。

…ずっとAが叔父を大事にしてくれると思ってた。
○○(叔父)がAでなければ嫌だと言っていたくらいなのに。
見合いの相手もいたけど、祝福したのに。

とか同じことが最後は延々と書いてありました。
ばあちゃん、ごめん。

でも、あの日記の中で、

Aが葬式の最中抜け出して、そっとついていったら、ばあちゃんに気付かないでか

涙を流さないであさましい笑み浮かべてた


というのは、きっとばあちゃんの見間違いだよね?


675 :669追記:2009/05/06(水) 14:58:14 ID:skBNgkeF0
後日、あれはなんだったのだろうね?と話題にのぼりました。
最初に開けた空の箱は、芯の素材は良いものでした。櫛などに使う木です。
安い塗料で木目を潰され、一見2番目の箱と同様のダンボールに見えました。
そこに例の安っぽい装飾が施されていたのでした。汚物の入っていた箱と
対になるように。
そういえば、あれだけの汚れ物を持ち運び、火にくべたりしたのに、誰一人着物を汚すことが
無かったのは不思議でした。お湯も貸して頂きましたし、むしろ来訪前より
ざっぱりとして帰路に着いた覚えがあります。
なんとなく聞くのが憚られる雰囲気でしたので、主の方にも聞けなかったのですが
後日あのお部屋に行った知人の話では、小さい手箱は一番大きなテーブルの上に
他の綺麗なものと一緒に置いてあったそうです。

676 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 15:03:11 ID:vxPyLWtr0
Aさんいろんな死に方してるなぁ

677 :660:2009/05/06(水) 15:04:17 ID:39E9ZKKr0
>>672
いろんな人がいますね。
救いがあったのかはわかりません。
母は「後ろ指差されないように生きなきゃね」とか言ってますが。

>>669さん
割り込んでしまってすみません。

678 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 15:21:33 ID:9do3bsts0
>>677
ありがとうございます
お母さんのおっしゃること、心に染みました
全くその通りだと思います

にしても、Aが叔父さんの死後6ヶ月(ですよね?)で再婚したというのは
叔父さんの生前にもその相手と付き合っていたということなのかなぁと思いました
だからこその>>674なのかと…

でもそういう不倫の末に再婚したパターンでは
嫌になるほど相手の不倫やその果ての離婚という結末が多いような
Aさんもご多分に漏れなかったわけですが
やっぱり因果応報なのかなと思います

679 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 15:25:50 ID:t8OiVkkK0
祖母&叔父が悪いよ、結局祖母に甘やかされて育ったんだろうね。
長男一家ははけ口にされて、二男夫婦は好き勝手。
Aもだけど、叔父もおかしいと思う。
旦那の見舞いに来ない嫁を叱れない時点でダメ人間。

Aは結婚する前から好き放題やっていたんだろうね。
結局似た者同士くっついているんだと思う。

長男夫婦がしっかりしているようで、何よりです。

680 :660:2009/05/06(水) 15:42:33 ID:39E9ZKKr0
何度もすみません。

>>678
今調べてみたら六か月ですね。ご指摘ありがとうございます。
Aは家を出てどこかへ行ってたとのことですし、
おそらくその時には既にBと付き合っていたんですかね。
家にずっといて、メロンが腐るのを放置というのは考えられないので…

>>679
祖母は叔父に対して過保護だったようです。
Aとはインカレサークル(他大学と交流のあるサークル)で出会ったそうで。

といっても私達兄弟(叔父の死の前に弟が生まれたので)はかわいがってもらった記憶があります


681 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 15:51:14 ID:EQS/aGxy0
祖母が一番の元凶


682 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 16:04:26 ID:t8OiVkkK0
>>680
Aが死んで周りの人は、なんとも思わなかったんだろな、と思いました。
ある意味可哀想な人生ですよね。
やっぱ自分が他人にしたことは必ず返ってくるんでしょうね。。

683 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 16:05:47 ID:QWuotAS6O
>>669 >>675

だから〜、前フリはどうした?

>まもなくのことです。 って始まりおかしいだろ

684 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 16:34:14 ID:skBNgkeF0
>>677
660さん。こちらのほうこそ御免なさい。お邪魔してしまいました。
>>583
はい、まもなくのことなのでそのように書きました。
そういうことがあったのです。
行って参ります。家人の話では少し、掛かるようです。
皆様、どうかご自愛を。

685 :660:2009/05/06(水) 16:47:10 ID:39E9ZKKr0
>>682
自業自得なんですかね。


>>684
いってらっしゃい。
どうぞお気をつけて。

686 :キャンプ(結末):2009/05/06(水) 17:04:47 ID:4ZMv95L/0
>>567からのキャンプ(その後)の続きです。
キャンプから帰った後、CとDに何が起きたのか、2人と交流のあった人たちの
話を繋ぎ合わせて書きます。
ほぼ全部が伝聞なため、どこまで正確かは解らない。
あと伝聞ばかりなためオカルトあまり関係ないかも。

※話の展開上、伝聞が多いため口語調の部分は殆どありません、少し違和感あるかも

687 :キャンプ(結末)1:2009/05/06(水) 17:05:28 ID:4ZMv95L/0
夏休みが終わり大学へ行くと、C、Dとそこそこ交流のあった友人が俺達に
話しかけてきて、変なことを言ってきた。
CとDがキャンプについて友人に話したらしいが、長いので要約すると…

 俺とA、Bと一緒にキャンプへ行った(そこまでは合っている)
 問題はそこからで、キャンプ地で洞窟を見つけたのだが、CとDは面白そうなので
 見てみたいと行ってみようとしたという。
 一緒にいたBは暗がりが怖いのか怯えていたが、独りになるのも嫌なようで着いて来た。
 洞窟の奥には小さな建物があり(祠の事だろう)、それだけだったので引き返そうとすると
 Bが建物の扉を開けて中の石を持ち出そうとしていた。
 CとDがそれに気付き、注意したが聞き入れられずそこで喧嘩になった。

そこまで聞いて俺は事実と違うと話したが、友人は何か思わせぶりに「まあ解ってるから
最後まで聞いてくれ」と先を続けた。

 その夜、石のせいで俺とAとBが幽霊に襲われ、ガタガタ震えながら泣いて謝って
 いるのをみかけたので、CとDは勇気を振り絞って飛び出し「石は返すから」と幽霊を
 説得し追い払ってあげたらしい。
 翌朝、CとDが昨夜の事は石のせいなのだから返しに行こうと俺とAとBを誘ったが、
 恐ろしくて行けないということで変わりにCとDが返しに行ってそのまま帰った。

俺はあまりのバカバカしさに怒りすら湧いてこなかった。
何であの晩の事がCとDの武勇伝みたいになってるのかと…

688 :キャンプ(結末)2:2009/05/06(水) 17:06:11 ID:4ZMv95L/0
俺は友人に、話しの内容が大きく改変されている事、大筋で俺とA、Bの位置がC、D
と入れ替わっており、しかも所々に妙な脚色まである事や、俺達が2人の巻き添えで
夏休み中酷い目にあった事を伝えると、友人は「だろうなw」と全て解っていたかの
ように笑いかけてきた。
ちなみにその友人は、自分も妙な現象を見るまで幽霊の話はネタだろうと思っていたとか。

友人が言うには、キャンプからもどってから数日後。CとDの姿を見かけると、後ろに
黒いモヤのようなものが見えたり、C、Dといっしょにいるとブツブツと囁き声のような
ものを聞いたりと怪現象が続いたので、恐らく原因を作ったのはCとDだろうと直感的
に感じていたらしい。

更にこの直感に追い討ちをかけたのが、話を聞いてから2週間後くらいから、CとDは
Cの部屋(親が金持ちらしく、そこそこ立派なマンションに住んでいた)に篭るように
なり、金を降ろすのと飯を買いに一階のコンビニへ出かける時以外殆ど外に出歩かなく
なってしまった。
そのため友人は「やはり原因を作ったのはこの2人だったか」と妙に納得したとか。

友人はこれ以上は詳しく知らないらしく、その後2人と会っていない、というか電話を
しても外に出ようとせず友人に会おうともしないうえに、篭っている事情も一切話さないため
今どうしているのかは知らないという。

689 :キャンプ(結末)3:2009/05/06(水) 17:07:00 ID:4ZMv95L/0
この話を聞いたあと、夕方近くにBから携帯に電話があった。
Bが言うには、CとDがキャンプでの話を改変してあちこちに言いまわっていたため、
Bや俺達は霊現象を別にしてもヘタレのレッテルを貼られてしまっていて、誤解を
解かないとまずいようだ。
Aにも連絡を取り、なんとか誤解を解く方法は無いかと話し合ったが、結局良い安は
浮かばず、1人1人誤解を解くしか無いという結論になった。
この後、実はある出来事を切欠に誤解はある程度解けたのだが、それは省きます。
大雑把に書くと、CとDがゼミの教授に泣き付いて来たのだが、その時話した内容が
それまでの「武勇伝(笑)」と違っていたため、それを切欠に2人の嘘はばれた。

この一件があるまで、俺とA、BはCとDも俺達がお払いした神社へ連れて行く
つもりだった。
しかし、酷いようだが、あれだけ怖い思いをした挙句に、こんなデマを流された
ので最早その気は無く、俺はA、B2人と話し合って留学生2人を放置する事
にした。

大学が始まってから2週間後
ようやくCとDが大学に現れた。
俺達はもう2人に関わる気が無かったので、2人を無視していたんだが、AとBが
学食で飯を食っていると、CとDが現れて因縁をつけてきたらしい。
俺はその時別の友達と大学の外で飯を食っていたので難を逃れた。

690 :キャンプ(結末)4:2009/05/06(水) 17:07:43 ID:4ZMv95L/0
以下2人の話。
AとBが他の友達数人と飯を食っていると、CとDが同じ留学生仲間何人かと2人と仲の良い
日本人何人かを連れて2人のところにやって来て、「お前らのせいで酷い目にあっている」と
大声で喚き散らしてきたらしい。
留学生2人の話を要約すると。
あれから毎晩のように無言電話がかかってきたり、水道の蛇口から例の臭い
液体が流れ出したり、夜中に窓を外からバンバンと激しく叩く音が聞こえてきたり、
駅のホームで電車を待っていると、後ろから突き飛ばされてホームに落ちそうに
なったり、青白い顔の例の連中に後を付回されたりと、かなり色々起きているらしい。
しかも最近はその頻度が多くなってきていて、あまり外に出る気も起きないとか。

ひとしきり話すと、CがBの胸倉を掴み「お前のせいだ、お前が原因だ!」と
殴りかかってきた。
それを見ていたAや友人達がCを取り押さえたのだが、暫らく喚いていたCと、
A達を引き剥がそうとしていたDは、窓の外を凝視して動かなくなり、暫らくすると

「あああああああああああああああ!」

と絶叫しながら逃げていった。
CとDは何かを見たらしいのだが、AやBとその友人たち、それとCとDの仲間には
何も見えなかったらしく、暫らくCとDが逃げていった先を呆然と見ていたが。
2人が逃げていってしまったためどうすることもできず、CとDの仲間もそのまま
帰って行った。

691 :キャンプ(結末)5:2009/05/06(水) 17:08:25 ID:4ZMv95L/0
俺はAとBからその話を聞いて、夏休み中のこともあって怖かったが、まあ自業自得
だろうとしか思わなかった。
ちなみに、Cを引き剥がそうとしていたAによると、微かにではあるがCから例の
生臭いというか腐臭というか、「あの臭い」がしていたらしく、多分またどこかで
塗りたくられたのではないかとも言っていた。

それから暫らく。
CとDはゼミが同じなので何度か顔はあわせたが、お互い会話する事もなく、
学食での一件のように因縁をつけられる事もなかったが、2人は会うたびに
俺達を睨みつけていた。

そんな事が暫らく続いたある日事件が起きた。
どうも2人が失踪してしまい、5日ほど全く連絡が付かないらしい。
それから更に3日後、2人は民家の庭で泥だらけで震えているところを
警察に保護されたとか。
(泥だらけと聞いたが、俺達は恐らくまたあの液体を塗られたのだろうと思った)

ちなみに、失踪前にある出来事があったため、俺達は何か大きな事件が
起きる事が想像できていた。
それは何かというと、2人が失踪する前日、俺達が大学の帰り道でCとD
を見かけたのだが、2人の後ろを十人ほどの集団が着いて行っている
ように見えた。

692 :キャンプ(結末)6:2009/05/06(水) 17:09:32 ID:4ZMv95L/0
何となくその後姿を見ていると、その集団のうち1人がこちらを振り向いた。
その時俺とA、Bは硬直した。

格好は普通のサラリーマン風だったのだが、そいつの顔についている
目は、俺達が夏休み中に見た「あの目」だった。
一瞬だったが間違いない、外が明るかったのではっきりと見てしまい
非常に気持ち悪かった。

CとDが何故数日間失踪したのか、その間何をしていたのか、その辺りは
解らない。
その事件のあと、2人は暫らく入院していたが、親が2人を連れて帰国し、
そのまま大学を自首退学したらしい。
彼ら2人の身に何が起きているのか、今後何が起きるのか、それは
考えたくも無い、どちらにしろろくな事になはらないだろう。

693 :キャンプ(結末)ラスト:2009/05/06(水) 17:10:27 ID:4ZMv95L/0
最後に私権だが
一連の事件では必ず生臭いというか腐臭のする黒い液体が関わっている。
もしかすると、あの液体が「気持ち悪い目の集団」が標的を追跡する目標
になっているのではないか?と思った。

かなり長い話になってしまいましたが、これで俺の体験は全て終わりです。
お払い以降、俺達には何も起きていないため、もう大丈夫だと思います。
長々とお付き合い有難うございました。


694 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:14:46 ID:tiAfPuM00
しつこい祟り神さまですな。
この手の話を聞いていつも思うのが、神さまって短気だなぁって事だね。

695 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:15:34 ID:CvJ0Bgvn0
キャンプ(結末)、ありがとうございます
それにしても、あらぬ噂まで流されて、本当に酷い目に遭いましたね…

>この後、実はある出来事を切欠に誤解はある程度解けたのだが、それは省きます。
できればこの辺りをもう少し詳しく補足していただければうれしいのですが

ところでCとDはどちらのお国の留学生なんでしょうか?
お隣の半島か大陸ですか?

696 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:18:21 ID:QWuotAS6O
>>684
は〜〜?

>まもなくのことです。
から始まりかよw
また、前フリ書き込んだらだけど、反映されなかったのかとおもたw

話しが見えないの俺だけか?
>行って参ります
何処へ?
さぱ〜〜りわからん

697 :キャンプ(結末):2009/05/06(水) 17:23:12 ID:4ZMv95L/0
>>695
口語調の部分が殆ど無いため、間延びしそうで省きました。
怪現象ともオカルトとも全く関係ないため。
一応説明すると。


実は、CがBに殴りかかる事件の少し前。
CとDはゼミの教授を自分達の側に引き入れようとしたのか、
如何に俺達が酷いやつだったかと言う「物語」を教授に
話していたんです。

大雑把に書くと、キャンプへ行ったところと石をBが持ち出したという
話は同じで、その後夜中に俺達が逃げ出してしまい、取り残された
CとDが酷い目にあったというような話です。

それをゼミの教授が皆の前で話してしまったため「自分達の聞いた話
と違う」と嘘がばれたわけです。

ちなみに、留学生の国籍などは、荒れるといけないので書きません。


698 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:25:17 ID:CvJ0Bgvn0
>>697
なるほど、更に話を脚色したせいでバレたということですね

国籍は…その書き方で分かりました
ありがとうございます

699 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:30:05 ID:FRZSucKaO
ガソリンスタンドでトラックのタイヤの空気を入れすぎてタイヤが爆発してバイトの姉ちゃんの頭が吹き飛ぶ話は創作と判っていても胸くそ悪いわ(´・ω・`)

700 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:34:09 ID:39E9ZKKr0
>>697
乙です。
C,D本当迷惑ですね。

>>687さんやA,Bさんに何もないといいですね。

701 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:55:27 ID:tiAfPuM00
>>699
あれ、創作だったのか…
タイヤがパンクしてじゃないが、トラックのタイヤにいたずらで穴を開けて、
吹き出してきた空気と穴あけに使ったドライバが胸に当って肋骨が折れ、
心臓に刺さって死んだって話は実話であるから、実話だと思っていたよ。

ついでに、俺が勤めていた工場で有った実話二つ。高圧空気と高圧水

@数百気圧の反応器のピンホールからガスが漏れていて、手をかざした協力会社
の下請けの人の薬指がすとんと切断…までは行かなかったが、骨まで切断した。
辛うじて骨の後ろの筋で指が繋がっていた。
A同じく数百気圧のジェット水流で反応器の内部を洗っていた社員が、操作を
誤って踵に近づけてしまった。水はそのまま長靴靴下を突き破り、踵の骨が削れた。
その痛みで思わず後ろにジェットのノズルを投げつけて、木製のボード(2ch
ぐらいの厚さ)を貫通した。圧力をもう少し上げていたら、踵も貫通していたらしい。

オカルトじゃないけど、高圧は怖いお。

702 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 17:56:55 ID:tiAfPuM00
厚さ2chって何だよ。2cmの厚さの間違い…

703 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:05:40 ID:E7gyGIgSO
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1241586398/

削除依頼代行も行ってますぅ☆

704 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:05:52 ID:Wb5NGo8Y0
>厚さ2ch

ワロタ!

705 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:21:04 ID:94uBw1hRO
CとDはお国柄もあって挑戦的だな。つーかそんな糞どもは祟り殺されればいいと思うよ
もう祟られまくってものすごい苦しんでのたうちまわって血反吐と脳漿撒き散らして死んでほしい

でも捏造、誇張が得意な糞と一緒に行った>>687も悪いね。もう今後はその国の人間と関わるなよ


706 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:24:06 ID:prHMy1U00
ごめん。書き込めるかtestさせてもらいます

707 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:26:38 ID:Xxicaj2c0
http://blog-imgs-31-origin.fc2.com/m/u/d/mudainodqnment/viploader919269.jpg

この画像見てたら、前にあったタイの蛇を思い出した
これに勝てるとか言ってるやつ誰だよ・・・

708 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:31:46 ID:1p2X+83LP
>>707
ヒイイィ何これ!!(゚Д゜;)
何飲み込んでこんなんなってんのさ!こえ〜

709 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:35:54 ID:GWklUgSG0
子牛とかかな?

710 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:49:50 ID:unXprxlR0
鼻先が剥けて痛そう

711 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 18:59:31 ID:prHMy1U00

1915年に北海道留萌苫前村で起きたヒグマによる連続大量殺人事件です。
当時は開拓民と呼ばれる人たちが村を興し農業や狩猟に従事していました。
そこへ・・・。

【11月中旬、熊出現!】
大柄な熊が現れ、農家にあるとうもろこしを食べはじめた。
見つけた村人が4人の猟師を呼び、熊に発砲して命中させる。
熊は血痕を残して逃走した。仕留めることはできなかったが、
これで熊も懲りただろうと村人は判断した。

【12月9日、熊、民家を襲う】
冬季の備えもあって男たちは農作業に精を出していた。
そこに再びとうもろこしを狙って「太田邸」に熊が現れる。
熊は家屋の壁を体当たりで突き破って内部に侵入した。
不幸にもその時太田邸にいたのは、安陪まゆという女性とまゆに
預けられていた蓮見幹雄という子供だけだった。
熊は幹雄の首を爪で切り裂き、さらに頭に噛みついて即死させた。
まゆは薪を熊に投げつけて抵抗したが結局捕まり、そのまま家の外
へひきずられていった。
太田邸には幹雄の惨い死体と飛び散った血痕が残るのみだった。

昼食をとりに太田邸に戻ってきた寄宿人、長松要吉が惨状を発見、
ただちに村人たちに報告する。
村人たちは太田邸から少し離れたところにある「明景邸」に集まり
警察への通報や熊への対策を練った。

712 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:00:26 ID:prHMy1U00
【12月10日、村の男たち、熊に出し抜かれる】

明景邸に集まっていたうちの明景安太郎と斉藤石五郎、両二名は
家長として、それぞれ警察への通報や熊を殺すための人手を
集めるために明景邸を出た。
残る男たちは行方不明となったまゆを捜すために森に入った。
そして150mほどの地点で熊と遭遇。
しかしながら遭遇と同時に熊が突っ込んできたために
即座には対応できず、また銃の手入れも万全ではなかったため、
効果的な反撃はできず散り散りにさせられるが一発だけ発砲する。
発砲にひるんだ熊が逃走したため、捜索を再開。
途中で雪に埋められかけたまゆの頭部と足を発見する。
まゆの遺体の一部が雪に埋められた理由は熊が保存食として
あとで役立てるためだと思われた。

村人たちはまゆの遺体を太田邸に運びこみ、そこで熊を待ち構えることにした。
自分の獲物を奪われたら取り戻そうとする熊の習性を考えての
作戦だった。村人たちの予想通り、夜の8時に太田邸に熊が突入
し襲いかかってきた。
予想していたにも関わらず熊の勢いに押され、現場はパニックに
なった。かろうじて銃で反撃したが弾は外れ、またも熊は逃走して姿を消す。
熊に逃げられてしまった村人たちは今から明景邸に集合して
再度策を練ろうと考えた。

だが、熊はただ逃げたのではなくそのまま明景邸に
先回りしていたのだった。

713 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:01:46 ID:prHMy1U00
【明景邸での新たな惨劇】

その時の明景邸には、太田邸での惨劇を聞いた女子供が避難していた。
長松要吉を除いた男たちは太田邸にて熊を仕留めるべく
出払ってしまっていた。

熊は窓を破って明景邸に突入、そのまま囲炉裏の大鍋に
ぶつかって明りは消え部屋は真っ暗になる。
妻の太田ヤヨは逃げようとしたが、そこに次男の勇次郎が
しがみついた。そこへ熊が襲いかかり、ヤヨが背中におんぶ
していた梅吉に噛みついた。さらにヤヨも頭を噛みつかれる。
女たちを守るべき長松要吉はそれを見て戸口に向かって逃走、
熊は、飛び出した長松要吉に注目したため、その隙にヤヨは
勇次郎と梅吉を連れて明景邸から脱出することに成功した。
長松要吉はとっさに物陰に隠れようとしたが追いつかれて、
爪の一撃を食らい負傷。
要吉の悲鳴を聞いた熊は、部屋を見渡し標的を変えた。
他にもまだ女子供がこの家にいたのだ。
熊は明景家の三男である金蔵と斉藤家の四男である春義を殴り殺し、
さらに斉藤家の三男である巌に噛みつき床に叩きつけて致命傷を与えた。
それを見た母親の斉藤タケは悲鳴を上げた。その悲鳴でタケに
気づいた熊は彼女を捕らえ上半身から食い始めた。

悲しいことにタケは熊に対して、お腹に子供がいるからやめてくれるように
頼んでいたらしい。もちろん熊に通じるはずも無かった。

714 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:04:18 ID:prHMy1U00
【遅すぎた援軍】

明景邸に帰路をとっていた男たちは、明景邸から逃げ出した
ヤヨたちと合流。明景邸で今起こっている惨状を認識する。
さらに間一髪で逃げ延びた要吉も保護し明景邸を包囲する。
だが明景邸は暗闇で突入はためらわれ、村人たちはタケのうめき声と
タケの肉を咀嚼する音を聞かされることになる。
たまらず男の一人が空砲を放つと、熊は家から出てきた。

だがその男が邪魔で村人は熊に発砲できず、熊はそのまま逃げてしまった。
たいまつを頼りに明景邸に入った村人たちは地獄を目にすることになった。

子供たちの無残な死体、タケもお腹の胎児を引きずり
出されており助からなかった。
だがタケの長男力蔵と長女ヒサノは惨劇の中でも声を出さずに
じっとしていたので熊の注意を引かず助かった。

・・・結果としてわずか二日間のうちに胎児を含めた
7人の人命が一匹の熊に奪われてしまった。
また、頭を噛みつかれた梅吉もその後遺症に苦しんだ挙句、
二年後に死亡することになる。

負傷者はさらに離れた辻邸に移され、男たちは分教場に移動した。
そして村に戻ってきて惨状を聞いた明景安太郎は熊殺しの専門家
の家に足を運び、今、村を襲っている熊の話をした。
話を聞いた熊殺しの山本兵吉はその熊の手口から、
そいつはかつて近辺で女性3名を殺害し「袈裟懸け」と
あだ名された人食い熊かもしれないと話した。

715 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:14:25 ID:prHMy1U00
【12月11日、袈裟懸け許すまじ】
自分たちの留守の間に妻や子供たちを殺された明景安太郎と
斉藤石五郎の怒りと哀しみは凄まじく自らの手による復讐を決意。
彼らは「袈裟懸け」討伐隊を組織して明景邸の屋根裏で
待ち伏せした。だが、この日、結局「袈裟懸け」は現れなかった。

【12月12日、待ち伏せ】
警察から派遣された新たな増援が明景安太郎らと合流。
「袈裟懸け」を逃がさないために村の各所を固めることになった。
また、熊をおびきよせて復讐を果たすために、明景安太郎らは、
自分の家族の遺体をおとりに使うことを決意、熊殺しの山本兵吉
をはじめとする有志6人が遺体の周囲に隠れ待ち伏せした。
狙い通り「袈裟懸け」は現れたが、殺気に感づいたのか
遺体に近寄ろうとせず、また逃げられてしまう。

【12月13日、袈裟懸け、暴走する】
増援合流の結果、手持ちの銃は合計で60丁にもなり、
袈裟懸けの運命もこれまでかと思えた。
一方、「袈裟懸け」は空腹と傷の痛みからかこれまでの
慎重さを失っており、この日は無人の民家を狙って次々と
押し入っては部屋を荒らしまわっていた。
被害にあった家は8軒。女性の枕に異常に執着する痕跡が
あったため、熊殺しの兵吉は、標的が非力な女性を狙う
「袈裟懸け」である確信を強めた。

そして橋を固めていた警官隊のところに「袈裟懸け」が出現。
しかしながら時刻は夕闇で確認しにくく、警官が誤射を防ぐために
言葉で警告した後、発砲。
だが、狙いは外れ「袈裟懸け」をまたも逃がすことになる。

716 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:22:31 ID:prHMy1U00
【12月14日、悪夢の終わり】
「袈裟懸け」の血痕と足跡を警官隊が発見、追跡に入る。
熊殺しの兵吉は、利口な「袈裟懸け」にこの動きを気取られ、
再び逃げられてしまうことを恐れていたため、単独で追跡を開始した。

そして兵吉は「袈裟懸け」をついに捕捉する。「袈裟懸け」は木につかまり
体を休めていた。意識は警官隊に向けられ兵吉には気づいていなかった。
すかさず兵吉が発砲。一発目は「袈裟懸け」の心臓を、二発目は頭部を
撃ち抜き、「袈裟懸け」は即死した。

銃声をきいた村人たちはそこに殺到し、村を恐怖のどん底に
叩き込んだ悪魔の死体を見つけた。袈裟懸けの体重は380キロ、
身長は2,7メートルもあった。胃袋からは犠牲者の残留物が確認され
人々は悲しみを新たにした。この悲惨な事件の後、六線沢の村人はひとり
またひとりと去り、最終的に集落は無人の地に帰した。

717 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:23:52 ID:Xxicaj2c0
この事件か!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E5%88%A5%E7%BE%86%E4%BA%8B%E4%BB%B6

718 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/06(水) 19:26:06 ID:ymwPUB8/O
熊は草食動物だから人間を食うなんてありえない

719 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:26:56 ID:urLcOdCk0
ロザリー;;

720 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:27:26 ID:Wb5NGo8Y0
ロザリー;;

721 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:27:54 ID:Xxicaj2c0
クマは雑食だよとマジレスw

722 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/06(水) 19:36:56 ID:ymwPUB8/O
でも進んで人間を食べたりしないだろう

723 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:40:37 ID:4Ng0DvPaO
銀(今だとウィード?)思い出したwww

724 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:41:35 ID:K0n9j2XX0
そう思うなら農家でトウモロコシ漁ってるところを
銃で撃たれたヒグマの前にいってこい

725 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:47:29 ID:H+TOFQwaO
>>723
赤カブトやマダラですねww銀牙懐かしいわw


熊に限らんが、
行き倒れた人の遺体を喰うなりしてヒトの血肉の味を覚える

人喰い化
って例は割とあるっぽいよね

726 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 19:59:43 ID:Xxicaj2c0
人はヘタな野生動物よりも襲いやすいからね
鹿は逃げるし、イノシシや犬は群れだし
だったら、銃を持っていなくてすぐに捕まえられる人を襲うらしい

一度人間の味を覚えたクマは人を襲うようになるよ
と山の怖い話住人でした

727 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:13:23 ID:39E9ZKKr0
すばしっこい動物捕まえるよりずっと楽に栄養豊富(といったらアレだけど)なエサって感じなんだろうね。



728 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:16:47 ID:vxPyLWtr0
(といったらアレだけど) を付ける位置絶対間違ってるw

729 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:19:46 ID:SBKTgb10i
すばしっこい(といったらアレだけど)動物捕まえるよりずっと楽に栄養豊富なエサって感じなんだろうね。

730 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:24:00 ID:UT70vFMiO
すばしっこい動物捕まえるよりずっと楽に栄養豊富なエサ(といったらアレだけど)って感じなんだろうね。

731 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:27:09 ID:Xxicaj2c0
すばしっこい動物つかまえるよりずっと楽に捕まえれる栄養豊富なエサ(といったらアレだけど)って感じなんだろうね

だろ常識で感じろ

732 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:28:10 ID:39E9ZKKr0
>>727ですが日本語が変だorz

ちょっと逝ってくる

733 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:28:22 ID:K0n9j2XX0
すばしっこい動物捕まえるよ(といったらアレだけど)
りずっと楽に栄養豊富なエサって感じなんだろうね。

734 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:32:30 ID:WNsoOjYvO
前にvipにスレたってたけどツキノワは99%は野菜と木の実食って
残り1%が動物性タンパク質、でも虫以外の肉は食べないらしい
ヒグマは食う

735 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:33:16 ID:vxPyLWtr0
>>732
揚げ足とってすまんかった
読んだ時にエサの方がよっぽどアレじゃねーかと吹き出して思わず書き込んじゃった

736 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:42:32 ID:xG9FFClV0
何このクマスレw

737 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:42:44 ID:iShTc8fI0
でもウンコ喰ってるチョソシナの肉は臭くて不味いんだろう


738 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:43:55 ID:qnE6leH10
>>734
つーか、ヒグマがシャケを食うのは良く知ってるじゃん。


739 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:45:11 ID:iShTc8fI0
>>734
野菜と木の実って・・・
草食動物じゃねーぞw

740 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:47:13 ID:Qiti2AitO
二年前の夏、小型UFOを捕まえた話聞きたい?

あまりに非現実的で恐ろしい体験なので今まで誰にも話さなかったんだが…

741 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:48:14 ID:A2kpOrFbO
>>740
ききたぁ〜い!!!

742 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 20:56:43 ID:iKZgNTIE0
もう一度読みたい話があるんですが、どこにあるか誰かご存知ありませんか。
どっかのまとめサイトにあるとは思うんですが。

細かい筋を忘れてしまったのですが、確か、ラストシーンで、主人公が
過去に捨てた女が幽霊になって枕元に現れて、主人公は恐怖におののくが、
女の幽霊は「あんたの子供、ほしかったな」とかなんとかいって消えてゆく

そういう話だったと思うんですが。あと、他の話とごっちゃになってる気もしますが、
捨てた女に借金があり、取立てを受けていて、その面倒から逃れるために
すてたんだったと思います。


743 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:14:00 ID:Ysv1ErqC0
>>615
Aはスゲー危ない予感がしてたから、Bを連れて行くことを強行したわけだろ?
創作なんだからあまり深く突っ込んじゃいかんよ。

744 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:17:07 ID:+pv8sgBCO
>>742
「晴美の末路」

独特の語りで飄々とした語りの中に当人の苦しみや孤独が
如実に浮き出ていて、軽い語り口とは真逆の重く切ない話がより悲しみを色濃くしている

745 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:18:37 ID:mjRx1GY40
三毛別の事件だね、去年ここ(現場)に行ったわ

746 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:20:09 ID:WNsoOjYvO
戯れるファンシーな熊の看板が洒落にならんくらい恐い

747 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:24:49 ID:DmQnIn4y0
>>740
+   +
  ∧_∧  +
  (0゚・∀・) ワクワクテカテカ
  (0゚∪ ∪ +
  と__)__)   +


マダー?

748 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:26:40 ID:unXprxlR0
キャンプの話は終わったのか

749 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:27:40 ID:mjRx1GY40
>>744
その話し、本当に後味が悪いね

750 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:37:05 ID:iKZgNTIE0
>>744
ありがとうございます。やはり名作でした

751 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:41:54 ID:+pv8sgBCO
>>749
捉え方の違いかあ・・僕は暖かくなりましたね。


>>750
名作ですね
全僕が泣いた

752 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 21:56:06 ID:RFCJ4orH0
長くて読み飛ばしたけど、全僕が泣いたくらい感動するわけ?
誰か3〜5行にまとめてくれよ。

753 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:10:06 ID:+pv8sgBCO
>>752
独りの男が女と出会うんだ。
男は「体目当てだ」とうそぶく、失う恐怖に怯えていたのだろう。

そして 女を失った・・

いや、奪われた。

男は自分よりも力で勝る彼らに
晴美がどんなに酷い仕打ちを受けるか理解した上で、引き渡した。

男はもう 開き直るしかなかったのだろう。

「鬼?鬼畜?外道?好きなようにおっしゃってください」

男はうそぶく


そうして 晴美を遠くに感じだした頃

男は知る

晴美の末路を・・

754 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:12:08 ID:iKZgNTIE0
探してもらっといて悪いんですがそのあらすじなんか自己陶酔的で痛いですね

755 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:14:56 ID:7aUixNxo0
まあ後味悪いよこりゃ

756 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:16:43 ID:+pv8sgBCO
>>754
書いてからきづいた

反省はしている、後悔もしている。


だからもう何も言わないで;

757 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:21:41 ID:5TS7RIAe0
>>754
お前のことがだいすきになったw

リアルであったらたぶん嫌いだけどw

758 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:22:30 ID:e7P9i8RM0
>>754
お前なんかひどい奴だな
ひどい奴はひどい奴に共感するってか?

759 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:33:19 ID:+QwnbvAWi
アスペルガーっぽくていいな

760 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:46:30 ID:iShTc8fI0
オナニーしながら書いたんだろう

761 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:52:04 ID:QNjuS3mP0
キャンプの話なんだが、黒っぽくて生臭くて腐臭がする
液体って血か?

いや、前にどっかで聞いたんだが、血って蒸発しないように
放置してそのまま腐らすと黒っぽくなると聞いた事があったから。

762 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 22:57:45 ID:EwGyYHtr0
まとめで思い出したんだけど
樹海脇の道バイクで走っていて警官に停められて
「このバイクで2人乗りはダメだろう!!後ろの奴はどこに隠れた?」って言われた
本人はずっと独りだったから警官に「俺一人ですよ、本当に後ろに…」って真っ青になって
何度も聞いたら警官が「いや、……見間違いかな?」って言葉を濁した。
投稿者は怖くて何度も警官に食い下がって「本当に誰かのっていたんですかぁ」って
どこら辺に載っていたっけ?

763 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:04:30 ID:Qiti2AitO
>>740です。
遅くなって済まない。

あの日は忘れもしない2007年8月5日の深夜の出来事だった。

その前日の夜から友人達と居酒屋に行き、深夜1時過ぎにタクシーで帰宅した時の事。

飲み過ぎて気持ち悪かった俺は、自宅からはまだ少し距離のあるコンビニ前でタクシーを降りた。

コンビニで酔い覚ましに飲み物を買い、少し駐車場の所で座って休んでいた。

その日は月明かりが綺麗な夜空で星も沢山見えた。

田舎に住んでるので尚更綺麗に見えた。

その時、ふと気付いたんだが、やけに他の星よりキラキラ輝いてる星があった。

『UFOか?まさかな…笑』とか考えてたその時、その“やけに明るい星”が強く輝いたかと思うと一瞬にして消えてしまった!

俺は暫く固まってたが、酔ってるから幻覚でもみたのだろうと自分に言い聞かせ、自宅に向かって歩き出した。

話の途中で悪いが、続きはまた明日します。

764 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:12:47 ID:Se+d+1ap0
>>761
血なら腐っても鉄臭い独特の臭いがする気はするんだけどなんなんだろうね

765 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:14:51 ID:5TS7RIAe0
>>764
血には鉄分が含まれているからじゃね?

766 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:20:16 ID:iShTc8fI0
その鉄分が空気に触れて瞬時に錆びるからあの味なんですね

767 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:21:11 ID:s8kSTy0q0
横からすみません。
いつもこのスレを読ませてもらってる者ですが
登場人物のAとかBってのを智子とか浩二とかに
してもらえると理解しやすくなるのではと思うのですが・・・
AとかBだと読者にイメージが与えにくいように思うのは
俺だけだったらすみません。

768 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:23:40 ID:iKZgNTIE0
先に「A、B、C、とします」、とか断っておきながら実際には
ほとんどABだけで展開したりすると確かにそういうややこしさを感じる

769 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:38:33 ID:a8t8Z/m20
登場人物をアントン、ベルタ、カエサルとします。

770 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:40:09 ID:Xxicaj2c0
>>767
かといって書き手の趣味でジョセフィンヌとアレックスにされたらさらに訳がわからなくなるぞ
長編ならともかく、ある程度の短編ならAとBでいいじゃないか?

というわけで、次はジョセフィンヌを出そう
もちろん日本舞台で

771 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:41:20 ID:nVfR9qY/0
【一寸】仕事スレ 第130休憩所【一服】
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1240457535/347

347 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/06(水) 22:48:53 ID:3wbClxS9
守り神さまはあると信じている。
誰もいないのに首根っこ引っ張られて仰け反った途端
目の前を凄い勢いで硬球が横切った事があった。

772 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:45:23 ID:s8kSTy0q0
いやぁ、AとBくらいなら俺でも整理できるんですが
Cとか

773 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:46:43 ID:s8kSTy0q0
Dとかになってくると混乱するんですよ



774 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:56:19 ID:+xyKXfgBO
じゃあ今後は金と李と朴で

775 :本当にあった怖い名無し:2009/05/06(水) 23:57:09 ID:/ju9tCpbO
一人が女で、「Cちゃん」とかならいいけど
A、B、C、Dすべて男だと確かにわかりづらい

776 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 00:01:02 ID:quHdvTji0
しかしキャンプの場合、ばればれとはいえ一応国籍隠してる
わけで、日本人名で呼ぶわけにもいかないしこの場合どうなる?

777 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 00:03:16 ID:QNjuS3mP0
あ、そうか。

AとBだけ日本人名にして、留学生2人はAとBとでもしておけばいいのか。

778 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 00:15:51 ID:iw40c8+60
男はスマップ、女は……4、5人のグループが思いつかない。

779 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 00:20:36 ID:4I2ISokY0
A田、B村、C子、D岡

これだけでも、大分判りやすくなるんじゃね?

780 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 00:27:35 ID:v/DSTff+O
こうして>>732は人知れず樹海に入っていった…後に彼の姿を見た者はいない……













そして数年後、樹海には(白目を剥いて獣のように吼えながら)元気に走り回る>>732の姿がっ!!

781 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 00:56:16 ID:+dq3G19T0
>777
K村とかK田とかで良いんじゃないか。


782 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 01:01:10 ID:iFLT/oqL0
>>778
す スピード!

783 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 01:06:22 ID:VJHdub730
スピードのメンバーの名前なんて覚えてない

784 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 01:07:05 ID:NyE2Ptrk0
初の書き込みです
オカ板ではいろんな話を聞かせていただきました。
私は霊感が少しある方なんですが、一昨日の体験を話させていただきます。

浅虫ホワイトハウスはご存じですか?
青森にある全国的にも有名なスポットらしいんですが、私は一昨日友達とそこに行ってきました。
怖がりで幽霊見えちゃうのって嫌なんですけど、怖い話とかオカルトが好きで…。

浅虫ホワイトハウスっていうのは元は自動車?かなんかの整備屋さんだったらしいんです。
人がすまなっくなってから、幽霊がでるって噂が絶えなくて各地方から見に来るくらいの心霊スポットになったらしいんですよ。
私は青森在住で一度言ってみたいと思い、地元の子を誘って行ったんですよね。

ただ、今はいろんな人が訪れたせいと幾度とない越冬で建物が半壊してとても中に入れる状態じゃなかったんですが、三階の奥の部屋がやばいということで外から三階を見上げたんですよね。
そしたらたしかに何かいるんですよ。
友達は見えない人なのでおどかすのもなんだし黙っていようと思っていたら、友達が何を思ったか中にごり押しで入ろうとするんですよね。
さすがにまずいと思い止めようとして近づこうとしたら体が動かないんですよ。
でもそれは実は体が動かないんじゃなくて、腕、掴まれてたんですよね。
私としたことが、三階に気を取られて隣に気づかなくてorz

怖くなって、でも見えてるのばれたらそれも嫌だし、友達になんにもいないし帰ろうっていって、友達を引き返そうとしたんですよ。
そしたら、隣の子(私は見える人ですがはっきり見えるわけではなく性別は認識できなかった)が

またきてね

って言って手を話してくれました。
車に早足で戻って腕見ると真っ青…。
帰りによったローソンで友達にその話と手形見せたら、あんた中途半端に力あって大変だねって言われました。
長文駄文ごめんなさい。口下手なのであまりうまく説明できなかったですが以上です。


785 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:05:32 ID:NC1Aut0s0
アメ車カスタムディーラーだっけな。ホワイトハウス。
外車絡みの業者は人物が特殊なので興亡を追いかけると
なんかあるかもしれないね。

786 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:10:30 ID:rXKb/HUW0
勇気が無くてスレから転載

144 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/04/27(月) 20:02:33 ID:WAEnOJRf0
Grizzly Man Bear Attack
http://www.liveleak.com/view?i=fc1_1216787783

映像はない、音声だけですが熊に襲われ喰われる様
断末魔の叫びに身の毛がよだちます
有名な熊の研究家(?)らしく彼女もろとも喰われて死んだそうです

146 名前: ブルーベルベット ◆Velvet..Wg [sage] 投稿日: 2009/04/27(月) 20:13:07 ID:e7me0x5F0
>>144
ご依頼か定かではありませんが・・・
説明文の通りです。
アラスカのグリズリー(ハイイログマ)保護運動家ティモシー・トレッドウェルが
グリズリーに襲われ落命した際の音声と言われるものです。
出来れば回避推奨、PC無害。

787 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:11:41 ID:iFLT/oqL0
>>784
口下手と言うより>友達を引き返そうとした
とか日本語勉強しなおしたほうがよくね?

しかし一昨日のことだったら痣まだ残ってるのかな…

788 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:12:39 ID:rXKb/HUW0
遅レスゴメ。更新してなかたorz

789 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:15:30 ID:oawLyOcn0
>>786
そのテープはフェイクという話があったような

その馬鹿な熊オタクの実録映画ならニコニコにあるよ

790 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:15:46 ID:VJHdub730
>>786
保護運動家か。 やっぱ最後にはこのド畜生とか叫びながら死んだのかな

791 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:21:06 ID:7Sq9pB90O
>>784
あの建物はただ単に打ち捨てられているだけで、
何の曰わくも因縁もありませんよ。
元の住人も普通に市内にお住まいです。
何故あの建物があの状態であのまま放置されているのか、
その経緯を知らない人にとっては不気味な心霊スポットに
見えてしまうんでしょうねw
実際に女性の霊が目撃されるのはその建物ではなく、建物近くのある場所です。
こちらの曰わく・因縁は有名です。新聞にも載った事件でしたから。

それにしても思い込みとは凄いものですね。
何の因果も無い所に霊を出現させてしまうんですからw

792 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:21:18 ID:VJHdub730
http://d.hatena.ne.jp/johnfante/20060624
それによれば、最初にグリズリーに襲われたのはティモシーの方だった。
 彼を助けようと、恋人のエイミーはフライパンでグリズリーを叩いたりして、
無駄な努力をするのだが、ティモシーは熊に食われながらエイミーに「逃げろ!」と叫んでいる。
「彼女は日頃から熊を怖がっていたのに、最後まで逃げないで彼を見捨てなかったんだ。
 それから、彼女の叫び声が、やがてものすごい悲鳴に変わる」

コエエエー

793 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 02:33:35 ID:IEdQatf70
幽霊そのものをみたことはないが、
俺はリア厨の頃不思議な体験をしたことがある。
だいたい夏休みともなると、その年頃でも
いつしか昼夜が逆転してくるものだが、ある日
日も跨がないうちに睡魔に襲われた。
 
…それからどれくらいの時間が経ったか。
「これはヤバイ!!」という意味不明の感覚に飛び起き、
なにも考えず、ただすぐに部屋の明かりをつけ、
怖いという感情だけが全身鳥肌という証拠を残し、
あるだけだった。

ゾォ…っとしながら時計をふと見ると
午前3時ちょうどをほんの少しだけまわっていた。
このまま寝るのはなぜか嫌だったので、飲み残しの
午後ティー(ミルク)で心を鎮め、
寧ろ寝ないで朝まで起きていようと決心。
既にちょっと睡眠も十分だったのでゲームをはじめた。

794 :793:2009/05/07(木) 02:34:37 ID:IEdQatf70
夏と言う事もあり、程なく夜が明け、徐々に恐怖も溶け、
カビ臭い座椅子に屁をぶちかます余裕も出た。大分明るくなったので
ふら〜っと居間へ行くと、姉と母は既に起きていた。
朝の6時なのに?とも思ったが、どうも顔が暗く空気も重い…。
…隙を突き俺は夜中の不思議な感覚があったことを話し始めた。
居間は夏だというのにひんやりとしていた。すると、
姉からとんでもない言葉が出てきた。
「ラジオ聞いてたら壁から顔の形が迫ってきた」と。

…目を丸くして「えっ!?」というと
母が続けて「布団の上から誰かに這われた」と言う。いつもなら
アホなこといいなさんな!と一蹴するが、二人の
辛らつな顔と、自分自身の感覚が嘘ではないことを証明していた。

…じゃああの時間に感じたのは…そうだ、姉が夜中聞くラジオ、
オールナイトニッポンしかない。時刻的にもみんなほぼ同時だ。
きっと俺は見たり触れられたりで感じずに別の感覚で感じ取り、
キミの悪い恐怖を直感的に感じていたのかもしれない…。何かが
来ていたのは確実なのか、と思うと再び全身総毛立った…。

ふいに電話がなった。母と離婚した父の、すぐ上の姉からだった。
「マサちゃん(母)、連絡しようか迷ったけど昨日、Y男(父)死んだの」
…スーッと涙が流れた。

795 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 03:13:17 ID:yyszU5nlO
>>791
よかったらそっちの事件を教えてください

796 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 03:37:51 ID:HiEia5Q00
熊の研究家のやつ、テレビで最近見たようなきがする
彼女がすごい怖がって(当たり前だけど)、無理やり男のほうが頼みこんでクマになりきれつって…
あれ違う番組かな…彼氏も彼女も体格よかった

797 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 03:42:18 ID:mzC7yTkd0
>>796
それって狼の?
狼と一緒に暮らすだかの人が奥さんになる人にも
狼との生活が出来るように、甘噛みさせるとかどうとかの

798 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 03:49:53 ID:HiEia5Q00
>>797
そうだ!!それだ、オオカミだった、確か…勘違いゴメン(´・ω・`)

799 :ウニ:2009/05/07(木) 03:50:44 ID:xt8oZwxv0
師匠は生きてました


800 :イクラ:2009/05/07(木) 04:41:15 ID:v/DSTff+O
俺の師匠も生きてたよ。ワカメの先輩はまだ行方不明らしいね。ホタテさんはもう多分…

801 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 06:09:48 ID:i7pG2+Rm0
>>797
指をガブリと食われた日本のプロ雀師がいたなw
ムツなんとかっていう名前の

802 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 07:01:59 ID:5qkgZqjj0
>>786
事件は実際にあったし、断末魔を録音したテープは存在している。
でも、これはフェイクだよ。


803 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 07:33:24 ID:juzM7v010
現在のテープ所有者が一度も他人に公開してないようだから
フェイクの可能性が高いわな。

804 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 09:46:45 ID:Qqtq0ZyD0
お前さんより liveleak.com の方がずっと信用出来ると思います

805 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 13:29:56 ID:QnMX2Vjq0
動物と言えばカラスや黒猫って怖いのん?

806 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 13:50:44 ID:XfKp6MpL0
外人が日本人を特別視してるってのは、自分の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上そのただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回して
ガチで戦争して、世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、
オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。
考えられない。敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらに
インフラまで全部叩き潰されて、多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能に
しといた極貧衰弱国家で、今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年は
ウザイ顔見ないで済むと思ってたら、直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で
世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。金融とかでまだ全然進出してないし
車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。もうキチガイの域。
伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。何気に世界最長寿国とかなってる。
んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。
エンペラーに代表される歴史。普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。



807 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 16:06:17 ID:8rfUgxll0
>>806
世界一怪や神様が多い国でもあるなwww

808 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 16:41:19 ID:1crysI330
>>806
多少大げさだけど、それでも客観的に見たらすごい事なんだよな
そんな事情を知って知らずか「日本オワタ」とか言って見切りつけてる自称勝ち組なんなの?って思うね うん

809 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 17:34:33 ID:Eor0bFxj0
>>808
日本オワタと言ってるのは中華思想と在日チョソに操られてる奴だけだろ

810 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 17:50:00 ID:Ea9mZT0e0
>>408
八幡山の件をまとめサイトで見ました
自分も同じような体験をしていますが、>>408さんと少し違う点が。
私は神社の「長い」階段上の洞穴ではなく、
神社の横の小さな階段を上がって少し横に行ったところの石垣の近くの縦穴っぽいところだった。
長いほうの階段の上にも洞穴があるけどこの縦穴は人工っぽく、それが印象に残ってるので間違いない。


でもまさか同じ体験をしている人がいるとは思いませんですたww

811 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 17:53:59 ID:jFSDqK0+0
八幡山って、どこの八幡山なんだろうか?
全国各地にあるみたいなんだが。

812 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 17:56:22 ID:Ea9mZT0e0
>>811
自分が体験したのは静岡です。

813 :810:2009/05/07(木) 18:04:21 ID:Ea9mZT0e0
あ、ちなみに地底湖はありませんでした。
もう一度まとめサイトを見たら、自分の記憶と違うことがかなりありました^^;

814 :17:2009/05/07(木) 19:59:26 ID:xeQ10fxmO
>>408 >>810
そんな所にあったのか…そこは怖くて行けなかった
大きな階段ってのは八幡三柱と言う神様達を祭っている方で、横の小さな階段ってのの入り口には色んな神社の名前が書いてあった。
一応メモった。
 
 
後、母が隠してた事なんだが、普通に身内の話だった。
ただソレ聞いたら二度と1人で行く気が起こらなくなった。
 
一応書いた方がいいんだろうか。

815 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 20:25:47 ID:iWfePo330
うん

816 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 20:36:26 ID:vKqrAiufO
>>806
それコピペだろ?
前も見た

817 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 20:56:54 ID:Tg8ZNssUO
今、このスレのまとめサイト見てたらブンッと音と共に羽虫が右耳に直撃した
俺の部屋窓もドアも締め切ってるし、羽虫なんかまだ季節じゃないからどこにも居ないのに…

818 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 20:59:14 ID:TQpstKqd0
>>817
・・・G?

819 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:01:46 ID:82hO2baj0
>>817
一年間冬眠してたんじゃね?

820 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:03:39 ID:Tg8ZNssUO
>>818
止めてくれ、関東に住みながら人生で一度としてGと接触した事がないのが俺の自慢なんだから



今、羽虫発見した(´・ω・`)ドコカラ部屋ニ入ッタノヨオチビサン

821 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:09:28 ID:adMxrxceO
白蟻?

822 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:13:10 ID:Tg8ZNssUO
1mmにも満たないホントにちいちゃく丸くて真っ黒な羽虫、即潰したからナニモノか判らん
本当、どこから入ったんだろ…

823 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:19:01 ID:2IeS91Np0
>>822
テレビの裏を見るとその小さな虫や幼虫が何百匹も…

824 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:21:40 ID:Eor0bFxj0
>>822
顔の毛穴にも顔ダニがたくさん住み着いていますよ

825 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:34:15 ID:TLt1KtafO


826 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:37:02 ID:kYHpmyVG0
 江西省撫州市臨川区唱凱鎮唱凱村の40歳の男性が村の公衆便所でこれまでに経験した
ことのない出来事にあったとのこと。

 男性は便意をもよおしたので公衆便所に入り、大便をしようとしゃがみこんだ瞬間、突如大
きな鼠が出現、糞便まみれる肥溜め内に積みあがった糞をかけあがり、そして飛び跳ね男性
の性器を噛んでいったとのことです。

 しばらく痛みに堪えていた男性は性器が血まみれになっていたのに気づき急いでズボンを
履いて近くの診療所に行きました。
 
 医者に状況を説明し見てもらったところ、性器には明らかな鼠の歯型が残っていました。
医者は傷口を洗浄したあと、狂犬病のワクチンを接種するように提案しました。

 記者はこの公衆便所を観察してみましたが外観ことわりときれいですが便所内の衛生環境
はよくありませんでした。


http://news.sina.com.cn/s/2009-04-24/025317675763.shtml


827 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:37:11 ID:TLt1KtafO
ごめん
書こうとしておしちゃったorz
マジレスすると、それ油虫の成虫

828 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:40:19 ID:AbpOFTe70
ゴキブリが飛ぶのは気温が何度以上って話があったけど、
何度だったか忘れた。


829 :17:2009/05/07(木) 21:44:37 ID:xeQ10fxmO
>>815
じゃ乱文だが投下。

俺の父方の祖父には兄がいたらしいが、それがまた893系な方だったらしく、金を借り歩いて暮らしてたそうな。
で、俺が生まれて少しした頃にそいつが家に来たらしい。当然父も母も追い返したんだが、俺を見て「お前はいいよな、幸せで」と言い残して行ったそうだ。
その時に霊感のある母はいやな予感がしたそうだが、そのオッサンは八幡山で死体になって見つかった。
で、母よりもっと霊感が強かった(今は知らん)母方の祖母曰く、その人はまだこの辺をうろついてて、逆恨みでウチの家系の人間を狙ってるんだと。
何で教えてくれなかったかは分からなかった。


…書き起こしてみると有りがちな話だがこっちとしては相当怖いんだぜ…
後あの山は昔丑の刻参りの後がよく見つかったそうな、今はどうだか知らんが

830 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 21:53:12 ID:3xoHr7qw0
>>817耳の中に住んでるよそれ

831 :本当にあった怖い名無し :2009/05/07(木) 21:55:46 ID:1AwG/lT+0
>51
そうですね!メスが血を吸うんですよね。
血を吸いすぎて重たくなって動けなくなってる蚊を発見して殺して、
自分の血がたっぷり吸われてたんだな!確認するのが好きです☆

832 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 22:05:27 ID:g1f0Vg1I0
>>817
シロアリじゃね
1匹部屋にいたら既に柱が食い尽くされてスカスカになっている可能性高し
近所に最近駆除した家がないか調べてみ
1軒にシロアリがいたら、周辺の家にも必ずいる

833 :810:2009/05/07(木) 22:21:58 ID:Ea9mZT0e0
>>829
お前の家計限定かよww

ちなみに大きな階段の上にある洞穴は、ちっちゃい崖みたいな上にあるやつだよな?
あそこはまだ入ったことないんだけど、中はどうなっているのだろうか。
まとめサイトの人の言うとおり、あの集落につながってるんかな。

834 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 22:26:15 ID:03Vuqv4iO
虫といえばウチの玄関前に大量の羽アリが突然沸いたことがあったわ。
数えてないけど30匹はいたと思う。
玄関のドアにビシバシ当たる音がすげえ気持ち悪かった。
でも翌朝おそるおそるドア開けてみたら何故か一匹もいなくてさ。
廊下はなんも無かったみたいに普通にきれいだった。なんだったんだあれ…

835 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 22:33:05 ID:+NSbMg7e0
>>822
コバエかな?
どこかにナマモノ忘れたりしてない?

836 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 22:52:44 ID:jFSDqK0+0
>>822
シバンムシとかかな。
畳とか衣類に食いつく全国的に居る害虫。

837 :本当にあった怖い名無し:2009/05/07(木) 23:54:14 ID:uRvY53WIO
>>822
開封後、輪ゴムで止めてた全粒粉小麦粉にわいてたことがある。
小麦粉に黒い層ができていたから粒が分離したのかと思ったら、沢山の羽虫だった。死んでるのから蠢いているのから、袋から這い出そうとしているのから…orz

838 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:07:57 ID:srsaOaNdO
>>837
嫌いなヤツの家のポストん中に突っ込んどけよ

839 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:12:54 ID:A/P1QNUi0
秋にドングリ拾って帰って部屋に放置しといたら
小さな甲虫類がわいたことがある

840 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:16:16 ID:ENEhWmwIP
まつぼっくりも危険だよ
熱湯消毒しないとね

841 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:19:44 ID:krgD8Ex1O
>>834
それはただ一匹の女王蟻をめぐる雄の羽蟻達の壮絶なバトルだったんだよ。
勝ち残った雄蟻が女王蟻と結ばれ、他の羽蟻達はいなくなったんだ。

842 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:28:09 ID:SKfdAU/n0
オカ的じゃなく虫的に嫌な話になってるな

843 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:36:57 ID:g6ExB2dfO
うちはサワガニが1匹階段の所で死んでたな 誰も川なんて行ってないと言うし川は五百メートルは離れてるし そもそも玄関上がってわざわざ階段の所に来る意味が判らないよ

844 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:44:18 ID:VhrTDYMM0
サワガニの行動力はあなどれない
雨の日だったんじゃないか

845 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 00:52:00 ID:krgD8Ex1O
>>842
虫の存在自体がオカルトだぞ!
地球上で一番生息数が多い種族じゃないか??
しかも羽虫なんかなんのために存在しているのかわからないのにさ。
要するに、
虫大嫌い!

846 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 01:02:58 ID:g6ExB2dfO
>>844
覚えてないけど 川から家までに何件も家があるのに?

847 :アパート(1/6):2009/05/08(金) 01:08:50 ID:f5FSz8hc0
ちょっと流れを切って投下しますね。
彼女との同棲を始めることにしたので、不動産屋に紹介してもらい、
千葉県船橋市にある木造2階建てのアパートの1階部分の端っこの部屋に
入居することを決めた時の話です。

築15年の家だったのでそれほど状態は良くなかったものの、
付近の相場よりも家賃が1万円近く安かったし、
JRの駅から歩いて15分程度の場所ということもあり、
一目見て気に入って、特に説明も聞かずに契約してしまったんです。

ところが住み始めて2〜3日経ったある晩に、
隣の部屋の住人がとてもうるさいことに気がつきました。
深夜1時頃になると突然複数の人間のボソボソとした話し声が始まって、
深夜3時頃までずっと続くんです。
最初はあまり気にならなかったんだけど、時々ドカッという大きな音がするので、
それがきっかけで目が覚めて、その後は話し声が気になって気になって。

話し声の感じからすると3〜4人くらいはいるようなんだけど、
声は聞こえるのに言葉はまったく理解できないんです。
それで外国人かなぁと漠然と思い始めていたわけ。
男性の声の他に、時々女性の声も混じっているんだけど、
すごく陰鬱な雰囲気のボソボソした声で、
こんな時間に女性まで混じって何の話をしているんだろうという
好奇心を掻き立てられるんです。


848 :アパート(2/6):2009/05/08(金) 01:09:38 ID:f5FSz8hc0
ただ、不思議なことに必ず深夜1時頃から話し声が始まるのに、
入り口のドアを開けたり、鍵を開け閉めしたり、シャワーの音や、
室内の引き戸をずらす音がまったく聞こえず、
時間になると唐突に話し声が始まり、3時頃に唐突に静かになるんです。

これ以外の時間帯は生活感がまったく感じられないので、
「こいつら、いったいどこから沸いて出てくるんだろうね?」と
彼女と冗談で話したこともありました。

そんな生活が1ヶ月くらい続いていたんだけど、
さすがに寝不足になってきてイライラし始めたので、
不動産屋に注意してもらうことにしたんです。

翌朝、早速職場から不動産屋へ電話を掛けると、
部屋を案内してくれた女性社長が出ました。
この女性社長は声がアニメ声というか、ちょっと特徴のある声なので、
一度聞いたら聞き間違えようのない印象的な声なんです。
それで『あぁ、社長が出たんだな』とすぐにわかったんですね。


849 :アパート(3/6):2009/05/08(金) 01:12:54 ID:f5FSz8hc0
早速、深夜に大勢で話すのを止めて欲しいという件と、
ドカッという物音を立てるのを止めて欲しいという話を伝えたのですが、
「あぁ、そ、そうでしたか…。やっぱり気になりましたか…。」というような、
どうにも歯切れの悪い返事が返ってくるのです。
『やっぱりってどういうことだよ』と思いつつ、少し不愉快になりながらも、
とりあえず伝えたいことだけはきちんと伝えておくかと思い直しました。

それで「多分外国人の方だと思うんだけど、夜間はうるさくしないように、
伝えてもらえますか?」と話すと、取って付けた様に「そ、そうなんですよ。
なんだか外国からの留学生ということなんですけどね。
どうも日本のマナーとかが、まだわかっていないようで…。」という返事をもらい、
続けて「きちんと伝えておきますので…」ということだったので、
納得して電話を切ったんです。

その後、1週間程度は深夜になっても話し声が聞こえず、
奇妙な物音もしなくなったので平和になったなぁと喜んでいたんだけど、
2週間目に入った頃から再び話し声が始まって、
やはりドカッという物音で目が覚めたりするようになったんです。


850 :アパート(4/6):2009/05/08(金) 01:14:20 ID:f5FSz8hc0
それでも1ヶ月くらいは我慢していたんだけど、
気にしないようにすればするほど気になってしまうんですよね。
さらに良く聞いてみると話し声の人数が以前よりも増えているようなので、
ひょっとしたら不法滞在の外国人が隣の部屋に集まっているのかなと
思ったわけです。

そこで翌日の朝、職場からまた電話をかけたんです。
例の女性社長が対応に出てくれたんだけど、
「あぁ、また駄目でしたか…。それではこの後もう一度話をしてみますので…。」
ということだったので、「なんだか以前よりも人数が増えてるようなんだけど、
ひょっとして不法滞在の外国人が集まってるんじゃないですか?」と伝えて、
調べてもらうように話してから電話を切ったんです。

この日はたまたま彼女が体調不良で仕事を休み、
アパートで寝込んでいたんだけど、
午後3時頃になって唐突に隣の部屋の鍵をガチャっと開ける音がした後、
例の女性社長の声、それから少し小さめの声だったものの、
辛うじて男性とわかる声が聞こえたらしいんです。
何せ木造建築の家なので声や物音がある程度筒抜けになるんですよね。


851 :アパート(5/6):2009/05/08(金) 01:15:52 ID:f5FSz8hc0
彼女も最初から耳を澄ませていたわけではないようなんだけど、
インターフォンを押したり、ノックする音がまったく聞こえず、
いきなり外から女性社長を含めた二人の人間が隣の部屋へ入って来たようなので、
「あれ?」と気になったため、壁に耳を付けてその後の会話をついつい、
盗み聞きをしてしまったとのことでした。

社長:先日やっていただいた方法では、どうも1週間しか持たなかったようです。
男性:う〜ん、困ったな。これほどしぶとく出てこられてしまうとね…。
社長:隣の方も不審に思われてるようなので、なんとかなりませんかね。
男性:でもこれ以上貼ってもあまり効果がねぇ。
社長:これって隣の住人とかに影響が出ないんですかね?
   以前よりも増えてるみたいなんですが。
男性:多分大丈夫だと思いますよ。こちら側にはガッチリ貼ってありますから。
   だけど完璧かどうかと言われるとね…。何せ相手が相手だからね…。

そこまで聞いて「効果?」「貼る?」という会話や、
「相手が相手」というにフレーズに嫌な予感がしたそうですが、
この後、読経が始まってしまって確信したそうです。
隣の部屋はヤバイということに…。


852 :アパート(6/6):2009/05/08(金) 01:18:06 ID:f5FSz8hc0
彼女から即効で電話がかかってきて、
いきなり「荷物をまとめているから」と切羽詰った声で伝えられました。
あまりにおかしな雰囲気だったものの理由を話してくれないので、
心配になり会社を早退して帰宅。
事情を聞いて死ぬほど恐ろしくなり、
とりあえず一旦双方の自宅に重要な荷物を運んでから、
その日の夜はそれぞれの実家に退避。

引越し屋に依頼して、翌日完全に引っ越しましたよ。
結局なんだったのかよくわからなかったんだけど、
隣の部屋のどこかから、何か「この世の者ならざる者」が深夜になると
溢れ出てきている場所だったようです。


853 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 02:14:02 ID:ouhVoHiq0
私は13才の中学生
三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し
一つしかないベッドを私に譲ってくれる優しいお姉ちゃん
今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に就寝
私はベッド、お姉ちゃんは床にしいた布団
わたしは30分も経たないうちに眠りについた。

何時間経ったあとのことだったのだろうか
「ねぇ、起きて」 寝ぼけ半分で目をあけるとおねえちゃんが小声で囁いている。
どうやら寝付けないらしく、一緒に散歩に行かないかと言っている。
私は眠かったのもあり「一人で行ってきなよ」と冷たく押し返したが、
やけにしつこいお姉ちゃん。
終いには乗り気でない私に郷を煮やしたのか私の手を掴み靴も履かず外に引っ張り出された。
「イタイ!」
私の叫びも耳に入らないのか私の手を強く掴んだまま何も言わずただ引っ張る。
「ねぇ!どうしたの?!」
お姉ちゃんは黙っている。よく見ると手は小刻みに震えていた。
家からしばらく離れたところでお姉ちゃんも少し落ち着いてきたのか、掴んだ手が少し緩んだのを感じ
もう一度問いただしてみた。
「何があったの??」
お姉ちゃんは唇を震わせ言った
「やっぱりあんた気づいてなかったのね…」
私は、ふるえながらおねえちゃんに聞いた。
「私は、何に気が付いてないの?」
お姉ちゃんは、恐ろしい形相で、私を見つめ、しばらくの間の後、はき捨てる様に言った。
「あんたのベッドの下。こげた臭いがしてた。またお父さんが来てたんだ」

854 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 02:18:46 ID:awproLc20
焼け死んだおとっつあんですか?

855 :911:2009/05/08(金) 02:33:37 ID:FioNmp1WO
>>853
そんなJCな貴方と合体したい…
はち切れそうだよ。

856 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 03:34:24 ID:krgD8Ex1O
>>855
キモオタだろJK

857 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 04:39:47 ID:g6ExB2dfO
>>855
お父さんがどうした?

858 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 05:02:31 ID:F1xjmbG10
小学校低学年の時、カギッ子だったのでアパートの郵便受けで郵便物を回収→部屋へ、が日課だった。
ある日、いつものように郵便受けで手紙等を回収。
で、振り向いたらチンコ丸出しの高校生が立っていた!
「舐めて、犯してあげる」と言いながらじりじりと迫ってきたんだが、あまりのパニックに頭真っ白。
声すら出ずに壁際に追い詰められてしまった。もうどうしようもないと思った時、
アパートの前を通行人が通った。

薄暗いアパートだったし、通行人はこちらに気づいてなかったみたいなんだが、
私が助けを求めると思ったのか高校生は猛ダッシュで逃げていった。
子供心に「これは大人、特に母には言ったら大事になる」と思って怖くなり言えなかった。
恐ろしい事に数年後、恐らく同一人物である男に全く同じ状況で襲われかけた。
その頃は小学校3、4年生くらいになってたので、何とか知恵も回り叫んだら男は逃げた。

幸い、対人恐怖症や男性不信にならずにすんだけど、最初に襲われかけた時
「あの時、通行人が通らなかったら・・・」と思うと洒落にならない。

859 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 06:18:27 ID:9+/KlkMo0
次会ったらかみちぎってやれ

860 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 06:34:37 ID:ZlknJJnb0
エイズが怖いよ

861 :ロザリー ◆PiGJDrhfQc :2009/05/08(金) 06:36:25 ID:4gIIK7eeO
>>858
オカルト(超常現象)のこと以外書くなクズ

862 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 06:44:50 ID:ENEhWmwIP
>>859
銜えたくないだろ!!。゚(゚´Д`゚)゜。

露出狂は相手のリアクションが愉しくてやってるから
冷静に「…ハッ」と鼻で嘲笑してやるのがいい撃退法と聞いたことあるけど…
心身ともに小学生には無理だよなぁ…ご愁傷様でした(´・ω・`)

863 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 06:57:17 ID:g6ExB2dfO
昨日の深夜ここを読みながら運転してて知らぬ間に川崎インター近くの殺人現場だか死体遺棄現場の前に着いてたラお巡りに、ここは事件現場だから気をつけてね と言われたよ 呼ばれたのか?

864 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 08:19:15 ID:krgD8Ex1O
>>863
脇見運転危ないじゃないか。
注意しないと次は自分がそこで事故を起こすよ。

865 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 09:22:07 ID:giFHgeX6O
>>861
スレタイ読め、くそコテが

866 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 09:28:39 ID:SWToaaEO0
>>862
実際に「素チン」と言って冷笑して撃退した人を知ってます。

867 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 11:19:59 ID:RKJgA4rkO
>>450 怖い…

868 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 11:27:20 ID:M6ur4Qxr0
オカルト以外の怖い話だろうと本人が恐怖を感じる出来事ならば
書いたっていいと思う

869 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 11:30:20 ID:wCS23bgh0
>>866を見て思い出したが
露出狂に対して
「あ〜ら、可愛いチンチンね〜」と言ったらその変質者は逃げてしまったらしい

体験者:友達のバイト先のパートのおばさん

870 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 12:32:45 ID:FivXNcC6O
>>858
通行人が幽霊だとしたらオカルト

871 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 12:42:30 ID:kH6kRiG10
>>869
その手が一番効果的かとかなり同意
露出狂がバッと出した時に
プッ…くすくす…と笑って撃退したやつを知っている

でもこれやられた男の方は洒落にならない

872 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 13:01:12 ID:ZKkU4EdSO
>>863
川崎インターの近くってアレか?
痴話喧嘩のもつれで女の人が殺された場所か?
尻手黒川道の近くの。

873 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 14:08:18 ID:ZxuZjdSJ0
>>862
やってみたかったなぁ
露出狂がいたらしいんだが夜道で目が悪くてツレとの話に夢中で
通り過ぎてから「あれ露出狂だったよw」と言われてえ!?っとなったことがある…

874 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 14:28:49 ID:krgD8Ex1O
そういや、朝9時頃にデブの白人男の露出狂に会ったことあるなあ。

875 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 14:54:33 ID:ZxuZjdSJ0
それ皇居のお堀に入ってたやつ?

876 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 15:02:46 ID:xpRSDnLy0
マジレスするよ
本当に怖い思いをさせられたのは幽霊でなく人間だった
俺の元彼女は二重人格だったのしったのは付き合って間もない頃だった
俺の惚れた人格をA、そして問題の人格をBとする
どうやら彼女の人格スイッチは極端な感情の変化で変わるらしい
AとBはまったくの別人でBには俺の好きなAの面影は何も残ってなかった
Bと過ごす時間はあまりにもきつかった。だから変化しないように気も使いまくった
しかし限界にきてBに対し別れ話を切り出すと突然Aが出てきて「別れないで」
次の日はずっとBのままだった。その次の日もBで、その次に日もB
Aが出てこない、Aを出してくれるように頼むが本人はわかってない様子だった
別れ話を切り出すと1週間ぶりにAが出てきた、「別れないで」
俺はこんな事でしかAと話せないのかと思ったら涙が出てきた
繰り返される毎日が俺の精神をズタズタにしていった
結局俺は別れた。Aの願いを無視して。
彼女は精神病院に通っていたので別れた後こっそり覗きに行ったら彼女の母親と遭遇
話しを聞くと俺と別れた事が原因で新たな人格が出来てしまいAは隠れきってしまったらしい
すごく悲しかった、でも安心した気持ちも持ってた
そう、本当に怖いのは俺自身。自分の事しか考えてなかった俺自身なんだ

877 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 15:06:13 ID:zeSBdUqFP
ふむふむ 続きは?

878 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 15:15:47 ID:vsO5H3/h0
二重人格とか多重人格って、単なる演技らしいね。
演技している間に、それを事実みたいに感じるようになるらしい。
Aが亡くなったんじゃなくって、Aになるのが面倒になったんじゃないか?

879 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 15:23:25 ID:m1sgXimHO
昨日、携帯からこのURL踏んだら
サイトへ→サイトの画像反転→携帯に着信アリ(キモ画像付き)→着歴ナシ
だったんだけど 今の流行りすか?
http://caba-ch.com/omoshiro/top.swf

880 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 15:25:52 ID:X0+hEgs3O
空想狂言者…

881 :名無しさん:2009/05/08(金) 15:28:09 ID:giapzxuY0
事件当日、「WTCで働いていた4000人のユダヤ人全員が仕事を休んでいた」とされる噂がある。
同様の指摘を元NHK解説委員の長谷川浩が番組内で行っているが、
長谷川氏はその5日後に不審な転落死を遂げている。


当時長谷川氏は世界貿易センターで犠牲になった人々を国籍別に調べる過程で
米国とイスラエルの二重国籍を持つユダヤ人が死亡していない事に気付いたのだという。


みなさん、YOUTUBEにこのことをコメント投稿してください。


882 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 16:01:54 ID:MKn+JmIgO
深夜、ビルの中を一人巡回してたら、四階男子トイレの前で中から水の流れる音が聞こえたのよ。
中に入ると同時に音が止まって、どうやら小便器の一つが流れていたみたい。
何日か後に、また同じ事が起きたわけ。
「定期洗浄みたいな機能あるのかな」
と思って、その次にドア前で水の流れる音聞いた時に、ドア前で音が止まるのジーっと待ってみたの。
でも止まらないのよね。
軽く一分は流れっぱなし。
「壊れた?」
とか思いつつドア開けたら、ピタッと・・・・


883 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 16:05:44 ID:JDWUfSUX0
>>881
あほか!自分でやれよw
あと書き込むなら自分で裏くらいとれ、バカww

884 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 17:03:10 ID:X0+hEgs3O
バカは言い過ぎだろ。死ねくらいで止めとけ

885 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 17:45:39 ID:H7N86wwf0
こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく


886 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 18:15:52 ID:uJs87TWT0
>>744

洒落怖で泣くとは思わなかった

887 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 18:21:09 ID:giFHgeX6O
>>885 読めた
これは興味深い・・

888 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 18:32:54 ID:I4Q7IwdU0
>>885
すげえなんの違和感もなく読めた
ほんとばらばらなんだなこれ

889 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 18:41:56 ID:2yI21YHq0
>>885
すげぇ…ちゃんと読めた…

890 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 18:49:49 ID:q6I/4SpK0
885は普通に読めてしまうから困るw

891 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:07:06 ID:yyiCbv9J0
>>885
おおー……

892 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:35:23 ID:p8nTW5gc0
>>885

ここは おろしもい イッターンネト ですね

893 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:40:41 ID:JLTjg8v0O
>>885は読めた。>>892はちょっと無理がある

894 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:49:47 ID:rhGxfpeM0
ケンブリッジってこんな程度の研究してるのかよ

895 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:54:03 ID:zeSBdUqFP
このコピペはうんざりです

896 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 20:04:43 ID:EwZMHoZ30
>>885
遅い、遅いよ。

【トレビアン】何故か読めてしまうコピペ文章が2ちゃんで話題に!
http://news.livedoor.com/article/detail/4143419/



897 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 20:46:56 ID:GX0MuI6K0
>>885
普通に嫁る

898 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 21:45:49 ID:g6ExB2dfO
これは読める?http://mbup.net/d/81700.jpg

899 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 21:48:26 ID:XXPjqU+5P
おっぱいすげー

900 :本当にあった怖い名無し :2009/05/08(金) 21:48:58 ID:FN9t1iDs0
>885
おもしろーい!!読める!!

901 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 21:56:56 ID:0kYKCXOQ0
マジレスすると、人間は五感の全てが、ある程度の予測からその後を認識している。
だから例え単語がメチャクチャでも、過去に読んだことのある類似する単語を予測して文章を構成していく。
全体はなるべく単調な方が良く、ひらがなとカタカナが混じるようになると、予測ではなく正しく認識しようとするから読めなくなってしまう。
漢字が入る場合は、誤字(誤変換も含む)や当て字であっても、なんとなく読んでしまうのが不思議なところ。

902 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 22:06:31 ID:a6xusl/B0
駅の酉口で侍ってるね☆ みたいなもんか

903 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 22:28:05 ID:QRLo6aA10
http://adbbs.ath.cx/suka/deziboard.php?mode=watch&id=498

これも読んでみて

904 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 22:40:41 ID:Do930Gr6O
>>812
もしかして、駿河区?
だったら、すっごい地元なんだけど。

905 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 22:51:15 ID:3AMqVNhN0
>>901
死ぬ程洒落にならない柿い話を・・・

ですね

906 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 00:41:39 ID:QH/cfdoCO
次の方どーぞ

907 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 00:56:12 ID:/CCzl854O
おっぱいすげー

908 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 00:56:16 ID:7/vZD3aAO
死ぬ程ではないんだが、見たり聞いたりしたら何らかの形で影響がある。って話が投下されてるから気になって見ちゃうんだけど、たまに前触れ無しでガチでヤバいのがあるよね?

909 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 00:59:20 ID:w68a5Oji0
>>907
おっぱい?どこどこ?

910 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:03:48 ID:QH/cfdoCO
>>907
898だよ

911 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:10:46 ID:2HmTB8V6O
>>903
お前なぁ
奥さんの大量便大とか貼るなよもーw

912 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:10:51 ID:T1CJq0pDO
にしこり

913 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:13:18 ID:xPG340Mr0
・・・一生の不覚!

おっぱいすげー

914 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:17:45 ID:QH/cfdoCO
>>913
俺も同じ気持ちだ

915 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:19:30 ID:zOec4l0N0
おっぱいすげー

916 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:26:20 ID:w68a5Oji0
最近質が落ちたな

917 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:26:52 ID:FImg3Rm30
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん




918 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:30:31 ID:pcihYkE4O
こゆりちゃん、あそびましょ
いろおにであそびましょ
ひがしのもーりであそびましょ
みつけてちょーだいこゆりちゃん
さがしてやれないあのこたち
ここにもいるし、そこにもいるよ
みーつけたー!

919 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:37:29 ID:0SPi7Fbw0
ちゃん、
おに

ちょーだい ち ん



920 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:38:56 ID:w68a5Oji0
キモスwww

921 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:39:36 ID:FImg3Rm30
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん
オーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさんオーエヌさん




922 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:39:51 ID:0SPi7Fbw0
    ちゃん、
   おに
       ー
     ちょーだい    ち ん
              こ


923 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:45:43 ID:w68a5Oji0
きーもす
きーもす

924 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:46:40 ID:w68a5Oji0
今からオナニーするからお前ら俺がシコってるとこ想像してオナニーしろよ

925 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:47:40 ID:0SPi7Fbw0
>>924
うほっ
アナルにゆびつっこんでいるところ想像してもいいすか兄貴ぃ!もう我慢できないっす!!!

926 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:55:18 ID:QH/cfdoCO
>>924
支援
http://mbup.net/d/81725.jpg

927 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:56:06 ID:FImg3Rm30
371 名前:本当にあった怖い名無し :2009/05/09(土) 01:32:55 ID:1ZqPbGT6O
私に付きまとう蛆が死にますように




928 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 01:56:27 ID:0SPi7Fbw0
>>926
サイレントヒル3にでてくるピザ思い出したw

男か女かさえわかりゃしねぇwwww

929 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 02:14:13 ID:PFFC91+G0
>450 怖すぎる。リアルな話でしょうか?

930 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 02:14:43 ID:FImg3Rm30
オーエヌさん

931 :お人形の話:2009/05/09(土) 02:18:01 ID:Z1VNYdy+0
1日目
川辺の道を行くうちに、川上から小さな舟が流れてきた。
緩やかな流れとともに来る無数の舟にはお雛様が乗っている。
「もうそんな季節なんだな」
街境の橋のたもとまで来ると、街側の川岸や橋の上では大勢の人々が
賑やかな笛や太鼓の音とともにお雛様を見送っていた。
一方、境の橋を渡った向こう岸の河原は人影疎らである。
立ち上る焔のそばに友人を見つけたのでそちらに行ってみる。
水の清めだけでは手の施しようがない者達をここで荼毘に付すのだという。
彼らは灰となってようやく、この川を下ることを許されるのだった。
「ブサイクなお雛様はここで焼くんだよ」…見た目で差別するのはどうか?と
問えば「心の有り様を形に表すものだから、この分別法が一番確実」という。
木箱の中を覗き見て、彼の論に同意することとなった。
私とて早々に退散したいところであったのだが、
怖気づいて逃げ出した助手の変わりに手伝う羽目になってしまった。
黙々と、箱から取り出した怪雛を彼に手渡し続けた。
焔の中に投じられていくそれらと目が合わぬよう、川向こうの賑わいに視線を送る。
作業は順調に進んだ。最後は仏壇のような大きな箱。貼られた金箔が剥がれて無残な様だ。
桐に金を貼るなんて…観音開きの扉を開けてみると、中は雛壇になっているではないか。
…目が合ってしまった。お雛様達がすでに鎮座していたから。

932 :お人形の話:2009/05/09(土) 02:18:54 ID:Z1VNYdy+0
その段飾りの、本来お内裏様とお雛様があるべき所には、人相の悪い爺さんと婆さんがいた。
高砂といわれる人形のカップルだ。それにしても意地悪そうだ。
3人官女は2人しか居ない。そっくりな顔の2人は背中合わせに寄り添っている。
あとで手にとって見たら完全にくっついていて離せなかった。まるでシャム双生児のようだ。
5人囃子と大臣と武官の姿はない。彼らが居たであろう場所には蝉の抜け殻のように着物だけがあった。
官女より下にお雛様がいる。豪華な衣装はため息が出そうだが、その上に乗っている頭は狒々のものだ。
人を馬鹿にしたような様子で鼻の下を伸ばしている。
サル面の女主人の両脇には狛犬の置物が置いてある。だがその一方は首がない。
そして、本来頂点にあるべきお内裏様はお道具よりも下、最下段に置かれていた。
御髪が禿げているので冠もずれてしまっている。その顔はブクブクと膨れ上がりまるで水死体だ。
衣装は翁よりも悪そうな生地。なぜか立ち雛状態なのだが、沓の高さが身長の3割を占めているように見える。
「これ作った人は病気だろう」
「作られた当初は、ごく普通の綺麗なものだった。でも持ち主の心を写してこうなった」
不快な一群を供養し終わる頃には、日も傾き西の空は赤々と染まっていた。
友に別れを告げ、一足先に家路についた。その日は夕食をとる気にもなれずそのまま寝てしまった。

933 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 02:22:15 ID:w68a5Oji0
>>926
残念
抜き終わりました

934 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 02:56:25 ID:0SPi7Fbw0
>>933
つまんないレスばっかスンナ死ねヴぉけ

935 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 03:06:47 ID:w68a5Oji0
>>934
ごめんなさい

936 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 03:09:34 ID:w68a5Oji0
ラーメン喰いてぇ

937 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 03:15:28 ID:QpGgUPzh0
実話恐怖体験談20スレでかなり怖い書き込みがあったよ。読んでみて。

938 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 03:16:49 ID:2QUHdZHBO
洋画「エミリーローズ」の裏話
背筋がゾッとした!
http://mblog.excite.co.jp/user/emilyrose/

939 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 03:25:04 ID:aWB7yA87O
>>931
面白い!

940 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 04:05:26 ID:bfoMTdKb0
>>934
なんかゆとりって産業廃棄物よりタチが悪いよね 無駄に人権があるから

941 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 05:06:52 ID:0SPi7Fbw0
>>940
禿同>>935は産業廃棄物よりタチが悪い

942 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 09:09:31 ID:t2aL0zRW0
おっぱいすげー


943 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 10:35:59 ID:LDqMGcD8O
おっぱいすげー



ちくしょう(;_;)

944 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 12:20:30 ID:Gb2dZ1It0
おっぱいすげー

945 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 13:13:16 ID:MUcPPr3h0
こゆりちゃん、あそびましょ
いろおにであそびましょ
ひがしのもーりであそびましょ
みつけてちょーだいこゆりちゃん
さがしてやれないあのこたち
ここにもいるし、そこにもいるよ
みーつけた!

946 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 13:15:21 ID:0SPi7Fbw0
    ちゃん、
   おに
       ー
     ちょーだい    ち ん
              こ


947 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 13:32:45 ID:w68a5Oji0
>>946
おにんにんちょーだいっ!!!
おにんにんちょーだいっ!!!
おにんにんちょーだいっ!!!


948 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 14:27:18 ID:QH/cfdoCO
http://mbup.net/p.php?p=81699.jpg

949 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 14:34:45 ID:AaUaZgKL0
おっぱいすげー

950 :30 ◆RPG8JNHiII :2009/05/09(土) 15:06:15 ID:vNzfpgJ00
>>908
夜中にひとりで酒のつまみに洒落怖のまとめサイト呼んでたりするんだが
ヤバイ奴は読むと部屋の空気が変わるね
もしかしたら、何かがやばいんじゃなくて
怖い話を読み連ねることでそういう霊気がたまるのかもしれないけどね

まぁ、特に霊障とかはないからいいけどね

951 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 15:16:35 ID:AgbEQ8Nl0
昨日コトリバコ読んでたら学校行ってた娘から


制服洗える?
ガーゼある?

ってメールきてビビった。
たいした事なかったけどね。

なんでもチャリでカーブ曲がる時ノーブレーキで突っ込んで滑ったらしい。

952 :お人形の話:2009/05/09(土) 15:25:19 ID:Z1VNYdy+0
2日目
3日後、私は再び先日の道を辿っていた。祭りも終わり、川辺の道は静かだった。
橋のたもとで向こう岸をみると、未だ焔が立っている。只ならぬ様子を感じた私は足を速めた。
焚き火の前で友人が頭を抱えてしゃがみこんでいた。
「どうした」と問うた声に振り向いた顔はやつれて青白い。
「もえん」「なんだ?萌…」「燃えんのじゃ」
3日間寝ずに火を起こし続けたがどうしても灰にならないという…たしかにその人形は赤々と燃える火の中に
無傷で立っていた。よくある市松人形のようだが、異常に長い髪がその足元にどんよりとトグロを巻いている。
ぐったりしている彼に、背負い籠から昼食用の握り飯を取り出して与える。5個の握り飯はあっという間に消えた。
火掻き棒で真っ赤に熾った炭の山から人形を引き出してみる。先日燃やした人形と比べれば随分普通の顔立ちだ。
「なんだ別嬪さんじゃないか」「ぜんぜん別嬪じゃない。とにかくキモいんだ」
先日、最後に供養した雛の入っていた仏壇。その箱と雛壇も焚こうと解体したところ、壇の裏側に括り付けられていたという。
そのまま流すか、灰にしてから流すかの基準は彼に一任されているようだ。
「それじゃ、燃やしたことにして、このまま舟に乗せて流しておいたら」
「まだ祓えてない。昔、似たようなことをやって川下や海の人から末代まで呪われた人を知ってる」
『陸に住む身なのに蝦や水母みたいにされたことは許せない』そう呪われたそうだ。私は始めて聞いた。
私は軽はずみな提案をしてしまったことを彼と水に詫びた。
不安がる彼を励まし、お人形を抱き上げて調べていると彼のケータイがなった。
その場に正座して電話に出ている。誰か分からないが偉い人かららしい。
「…元の持ち主に返すまで帰って来るなって」

953 :お人形の話:2009/05/09(土) 15:28:24 ID:Z1VNYdy+0
その日の午後、私たちは駅に居た。人形の持ち主が住む大きな街までは、夜行列車でしか行けないのだ。
友人は、リードで繋いだ黒猫を連れていた。普通の猫の倍ほどの体格がある。ヤマネコかなにかだろうか?
私の背負っている籠の中には、綿に包んだ例の人形が入っている。友人はそれを持つことが出来ないためだ。
いや、正確には私以外の人間が持ち上げようとすると鉛の塊のように重くなるというのだ。
お人形は何故か私を気に入ったらしかった。こうして、私は旅にも同行する羽目になってしまったわけだ。
私たちのために2両目中ほどの席が用意されていた。4人掛の向かい合わせの席である。
友人は進行方向に向かった窓辺、私はその反対側に座った。背負っていた籠を傍らの通路側の席に下ろす。
猫は友人の隣に丸まり、頭を主の膝に乗せてゴロゴロいっていた。
通路を挟んで隣の席には幼児を連れた若い夫婦が座った。
駅を出てしばらくすると、隣の席の子どもが愚図りはじめた。泣き声は次第に大きくなる。
夫婦は懸命に諭しあやしたが子どもは泣き止まない。心配した近くの席の老婦人が飴玉を握らせてやっていたが
まだグズグズいっていた。
友人が「何とかならんのか」と視線を送ってくる。猫はというと、不審そうに子どもと私の籠を代わる代わる見つめていた。
人形の入っているその籠を窓側の席に押しやり、自分が通路側に移ってみると、子どもはピタリと泣き止んだ。
今度は向かいの席に籠を置かれた友人の方が泣きそうな顔をしていたが、見なかったことにした。

954 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 15:31:50 ID:fcHZUB/60
>>885
「いりぎす」だけ「いりぎす」のままだったけど、ひらがなのせいだろう。何でカタカナじゃないんだ?

955 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 15:33:57 ID:fcHZUB/60
しかしGW終わった途端荒らしが出てきたね。実にわかりやすい。一人でがんばってw

956 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 15:36:02 ID:3rfEtNLD0
>>951お大事にぃ

957 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 15:38:27 ID:ZQsewCPlO
女は憎んでいた。自分を捨てた男を。
女は考えていた。自分を捨てた男への復讐を。
「最後に一度だけ…」
二人は服を脱いだ。
「最後に一度だけ…」










958 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 16:23:19 ID:/gOlZtGn0
ここまで怖い話無し

959 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 16:52:50 ID:PVRJ4wbbO
おっぱいすげー…

960 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 17:58:15 ID:NVjK+XX20
258 :856 ◆07JTC/I2HM [sage] :2008/04/20(日) 15:55:08 ID: yqFGSadf0
長いと叱られましたorz

小和田優美子(2)

これは書いて良いのか悩みましたが…水俣への懺悔は持ち合わせておりません。
過去の事。この方の記憶にほとんど残っていません。
そんな出来事もそういえばありましたねと、他人事です。
手を合わせるなどもなく、心のどこかに置く事もなく、
過去に起きた何らかの事件であって、自身に関わってる意識が欠片もみえません。
この方の右足から背中にかけて細い腕が数本伸びていますが、
直接障りを与える事は無理だとわかっている手があります。
水俣病が問題になり、怨を恐れて行った護りが今もこの方を守っているので、
多少の影響はあっても大きな何かはないでしょう。
ただそれは、恐れた身内がこの方に内緒で行ったので、
最も血が濃い人物から効果があるものですが、一つ下がる毎に薄れるのと、
継続して祈りを行っていないないので、切れるのも時間の問題です。


961 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 18:14:55 ID:NVjK+XX20
727 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/05/09(土) 05:57:39 ID:4/YbyF620

キシュツでしょうが
マサコや愛子より、ナルのだだ崩れの顔と体型がオカルト
一枚皮膚はがしたら中身がどろどろと出てきそうです

http://www.hellomagazine.com/royalty/2009/05/05/masako-naruhito-dog/imgs/masako-a.jpg


732 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/05/09(土) 09:09:47 ID:shgoB33N0

>>727
うわ・・・

ナルの右手が妙に長い
雅子の右手が妙にでかい
愛子の右腕が写ってない

もうなんなのよこの一家・・・


962 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 18:15:21 ID:xuNl5I11O
おっぱいすげー

963 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 18:52:25 ID:BaucDPEa0
おっぱいすげー

964 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 19:00:17 ID:vNzfpgJ00
皇室を呼び捨てにすんなwwwwwwwww

965 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 19:19:47 ID:6ERck//L0
>>904
yes

966 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 19:24:10 ID:dWYk+WEn0
オカ板的には、こんだけ大量の人間からこんな気を送られてたら
そりゃ変になんじゃねーのかと思う

967 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 19:41:22 ID:0SPi7Fbw0
>>961
>ナルの右手が妙に長い

そうか?

>雅子の右手が妙にでかい

普通じゃね?

>愛子の右腕が写ってない

そりゃ体がこっち向いてないからだろw

ぜんぜん変な写真じゃないし

968 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 19:49:52 ID:M2rMsGLuO
>愛子の右腕が写ってない
見たが書き込みした奴大丈夫かよ…

969 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 19:58:01 ID:E8nMvBue0
徳仁親王の右腕は確かにぱっとみ長くみえる。

970 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 20:25:08 ID:3rfEtNLD0
>>968
最近の皇室スレこんなばっかだよなw

971 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 20:40:42 ID:dWYk+WEn0
>>970
それはホントに洒落にならない怖さw
つか本当に大丈夫か

972 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 20:45:55 ID:+KNVoPZj0
あたしは皇太子様の左手が気になるんですが。
何か、後ろから引っ張られているような感じをうけるんです。

973 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 20:48:35 ID:/gOlZtGn0
遂に2ちゃんにも天皇潰しの工作員が!

974 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 20:49:13 ID:w68a5Oji0
おっぱいでけー

975 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:00:41 ID:zOec4l0N0
>>953
続きマダー?


976 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:25:02 ID:gB8l4M4P0
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240572581/885

977 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:25:56 ID:meX1K6KR0
>>953
続きお待ちしております。

ぬるぽ

978 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:27:17 ID:uiuNH8WH0
続きなぞ無いわあ〜!

979 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:29:26 ID:ls69FmAc0
>>952 (´−` )。oO 何日目まで続くんだろう

980 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:36:14 ID:V+ymyfDuP
>>977 ガッ!

981 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 21:48:16 ID:sTX2CkSK0
>>970
ほら、最近朝日新聞社員が2ちゃんで基地外じみた
工作書き込みしてて規制されたじゃないか。
「そういう事」だよw

982 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 22:37:15 ID:/BE1ctAC0
おっばいなげー

983 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 22:43:53 ID:/BE1ctAC0
885です。
怖い話を書いたときはあまりレスがなく、コピペを貼ったらこんなにレスが・・・。
・・・・洒落にならない。

984 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 22:57:17 ID:3yr1xZ29O
古い人形の話。
なぜかでかい雛人形みたいなのが俺の部屋の奥で保管されてた。そんで大掃除したときに「これはいらないな」って話になって焼却ろに捨てたわけだ。
その時まだ小学生だったし、怖かったってのもあると思う。
 
で、ここからが問題。超やばい。
その日の夜、2時ぐらいだったかな。急に「トンギシ・・・」みたいな人が階段登るときの音が聞こえたのよ。小学生っつってもそれぐらいから俺は4時とかに寝てたから。

985 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 22:58:28 ID:AgbEQ8Nl0
ドキドキ

986 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 23:04:56 ID:3yr1xZ29O
続き
たったの一回だったからその夜は何とも思わなかったよ。でもなその次の夜も次の夜も次の夜も2時ぐらいに「トンギシ・・・」って鳴るんだ。
さすがに小学生ながらヤバいって思ったし、気がついた。これは一日に一段づつ登ってきてるなって。
実際、音が心持ち大きくもなってきてたんだ。
俺んちは15段。でも規則性みたいなのに気がついたのは10日経ってからだた。
一日目より確実に酷くなってた。
「トンギシ・・・」が普通に「ドン ミシ・・・」になってた。
しかも強烈な目眩があった。俺は翌日から両親のベッドにかけこんだよ。

987 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 23:18:59 ID:X1lOFe0+0
>>981
朝日新聞の存在自体が洒落にならない
2ちゃんの大半の荒らしや捏造が朝日社員だとは夢にも思わなかった

988 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 23:34:41 ID:BrPQhtCt0
昔から一部の人たちがそう警告してるのに、言うとすぐ「ネトウヨ乙」で封殺されてきたからな
面白がって言う奴も居ただろうけど、今の日本が反日極左工作員だらけなのは「事実」です

989 :本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 23:51:05 ID:PNEcmQ2w0
君が代歌わないのがカコイイって風潮だしもうチョン工作は巧く行き過ぎててとっくに日本オワタ

990 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 00:07:39 ID:lHzFfnEV0
>>989
そんな事ないよ。ハン板出来てすぐ、韓国の実態を説明しても誰も信じてくれ
なくって、翻訳サイト経由や自力翻訳でソースを付けていた時期に比べたら、
非常に多くの人が知ってくれていて、非常に有りがたい。
まあハン板で幾ら頑張っても、WC一発の100分の1の影響も与えられな
かったけどねorz…

991 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 00:18:50 ID:4Wna6bNc0
嫌韓と反マスコミは減ることなくずっと増えていく。
なぜなら「嫌う理由」は一切なくなっていないので、
一度嫌ったら絶対に元に戻らないから。
早くオーバーフローしてくれないかなw

992 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 00:21:35 ID:nAkjmlRB0
マスゴミとかはいくら報道の自由があるとはいえもっとリスクを背負うべきだな
適当情報で報道して誤報でもとぅいまてぇーんで済んじゃうのはどうだよ

993 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 00:28:42 ID:4Wna6bNc0
ところで次スレは?

994 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 00:34:51 ID:uBqNHYNfO
こっちでいいか

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?211
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240668263/


995 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 00:58:39 ID:xmnepeKs0
>>986
それでどうなったんだよ

996 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:34:54 ID:UFH0HTeB0
俺の大学時代の友達にもいたよ。何かって言うと愛国心とか国益とか言うキモイ奴。
外見はガリガリで分厚い牛乳瓶メガネをかけた、一見して分かるヲタルック。
当然友達もいない。彼女もいない。2ちゃんをやってるらしいことは、
時折奴の口から出るキモイ2ちゃん語で分かった。
俺は2ちゃん語を現実社会で使うなんて、そんな恥ずかしいことできなかったが。

あるとき奴は、ゼミの飲み会でみんなで楽しく飲んでるとき、在日の犯罪がどうのとか喋りだした。
周囲は楽しく盛り上がってるのに、TPOをわきまえず、レイプがどうのとか。
当然ゼミの女の子達はドン引き。

しかし奴は、それが俺達が真剣になって聞いてくれているものと勘違いし、
白木屋で大声で在日のレイプや著作権侵害や剣道について熱く語りだした。

そのとき思ったね。ああ、こいつは現実世界では友達もいなく、負け組だからこそ、
ネットで愛国者として熱心に活動することが人生の目的みたいになってるんだな、と。

ちなみにそいつは大学卒業して、今はネトウヨニートやってるとか聞いた。
「愛国者のニートかよ」とその時は思ったが、今になって思うと、
自分の部屋に引き篭もって愛国活動してるのって、きっと幸せなんだろうなって思う。


まあネトウヨ=全員ニートは流石に言い過ぎだろうけど・・・。

997 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:38:34 ID:Fq+2GXvvO
おれ極右だけどお仕事ばっちり過ぎて笑い止まらない

998 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:44:33 ID:fHN8TnzL0
右翼で自民党員で公務員ですがなにか

999 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:46:20 ID:4GYQKmie0
         l;;llllll||lll从从WWWl||ll,,ツ从ツツノlイノ'彡ヽ
         イ从、从从从从从ll|| |リ从////ノノ彡;j
        jl从从从从;;;;;;;;;;;;从;;;;;/;;;;;;;;;、、、;;-ー、イ彡:}
       (ミミ;;ッ''"゙ ̄ '、::::゙`゙''ー、/"´:::  :::: |;;;;;彡|
        }ミミ;;;} :::  {:: ゙:::::、:::    :::ィ ,,:::: };;;;イ;;l
        jミミ;;;;} :::  ヽ::::ミヽ::  |  ノ  W::  |;;;;彡:|
          }ミ;;;;;;} ::: ヾ {:::::ミ ヽ j イ|从 ":::: };;;;;;彡{
         iミ゙;;;ノ::::::  \'、 }}: l||イ /,ィ;;、、-ーーヾ'ァ;;イ、
        {;;;;リ:レ彡"三三ミヽ,,リ{{,,ノ;;;;ィ≦==ミ'" |;;〉l.|
        l"';;;l ゙'''<<~(::) >>::)-ら::ィ'ー゙-゙,,彡゙  .:|;l"lリ
          |l ';;', ::: ー` ̄:::::::ミ}゙'~}彡ィ""´   .:::lリノ/
         l'、〈;', :::    :::::::t、,j iノ:::、::..    ..::::lー'/
   ,、,,,/|  ヽヽ,,', ::.、    :::::(゙゙(  ),、)、ヽ::.  イ ::::l_ノ
)ヽ"´   ''''"レl_ヽ,,,', ヾ'ー、:::;r'"`' ゙'';;""  ゙l|  ::j ::: |: l,,,,
    >>996 ゙''(,l ', l| リ {" ィr''''' ーー''ijツヽ  l| :" l  |',`ヽ,
   き 利    (l '、 `',. 'l| |;;゙゙゙゙"""´ー、;;| ノ:  / /リヽ \
.    く  い    :::ヽ '、 ゙'t;ヽ  ` ´ ノ;;リ   ,r' //  |
   な. た     >;:::ヽ  ::ヽミニニニ彡'"  , '::::://  |
   ┃ ふ     フヽ :\ : ミー―― "ノ , ':::: //:   |
   ┃ う      }ヽヽ ::::\::( ̄ ̄ ̄ /:::://:    |
   ┃ な     }| ヽヽ ::::`'-、竺;;ニィ'::://    |    l
   // 口    (: |  ヽ ヽ :::: ::::::...  :://     |    |
)  ・・.  を    (  |  ヽ ヽ::  ::::::... //      リ.    |
つ、       r、{  |   ヽ ヽ   //      /     |
  ヽ      '´    |   ヽ  ヽ //      /     |


1000 :本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:50:42 ID:p9y1C/mCO
てす

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

404 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)