5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?200

1 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 10:59:34 ID:ShIneq0s0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/

※荒らしやスレが乱立した時の避難所↓
死ぬ程洒落にならない怖い話スレ乱立対策本部
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214038228/


前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?199
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1223815890/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:01:00 ID:y8TGb8biO
1001 1001 Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

3 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:09:13 ID:QWREeWDYO


4 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:14:11 ID:t56B235CO


5 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:15:34 ID:zilLHcUu0
立て直しちゃったか。また乱立だと言われるぞ
それはともかく、今度からほんのりスレじゃなくて、まとめサイトの投稿掲示板への誘導にした方が良いんじゃないか?

6 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:17:54 ID:E1lYwTfvO
>>1大儀である

7 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:22:21 ID:lL9IXlaI0
立て直しならもっと早くやらないと。>>1

8 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:32:49 ID:ShIneq0s0
>>7
知るか
向こうの>>1に言えよ

9 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:49:43 ID:aQAAxbB/O
知るか だって
ゲームのキャラみたいでかっこいいすねwww

10 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 11:50:07 ID:iapz6Q+tO
細か過ぎる>>1
立て直しするまでもないだろ(´・ω・`)
向こう埋まってからここ使おう


11 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 12:22:49 ID:SZZicnOz0
>>1
重複です
死んでねw

12 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 12:27:01 ID:S0xxtmbeO
>>1
お前なにしちゃってんの?w
バカなの?w
脳ミソ腐ってんじゃね?

13 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 12:52:53 ID:CtltlOqwO
>>1のIDが死ね

14 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 13:02:30 ID:S0xxtmbeO
>>13
死ぬなら良かったのにね〜
惜しかったよね〜
言うよね〜言わせたな〜
よろしくピース、松浦あやで〜〜〜す

15 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 13:11:06 ID:7hWT9YH2O
休日は小中学生が大量に涌いてきますなぁ

16 :希空えもん調査局ヽ(`Д´)ノ ◆6pBC7rqAM2 :2008/10/25(土) 14:10:00 ID:pnDnnAkp0
      ,一-、
     / ̄ l |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■■-っ <  し わ し わ し わ 〜 ..
    ´∀`/    \__________
   __/|Y/\.
 Ё|__ | /  |
     | У..  |

17 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 14:37:11 ID:lL9IXlaI0
わざとスレを汚したい奴らがいるんだな。
向こうはもっと酷いことになってる

18 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 15:26:42 ID:SZZicnOz0
あれ?だれもいなくなったぞ

19 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 16:28:21 ID:AEkBuToU0
もう、18歳未満は2ch書き込み禁止でいいよ

20 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 16:32:56 ID:SZZicnOz0
俺もそう思う

21 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 16:37:03 ID:MJ6I+Yah0
紫の鏡

22 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 17:50:25 ID:S0xxtmbeO
ってか10代で2ちゃんねるしてる時点で終わってると思う
そんな俺は22歳で2ちゃんねるしはじめた

23 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 17:54:31 ID:wezhbhPtO
もうお母さん恥ずかしいわぁー

24 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 17:59:01 ID:SZZicnOz0
>>22
ばっかじゃんw

25 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:00:04 ID:xdwxqUX80
俺35歳wwww

26 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:11:31 ID:xdwxqUX80
そもそも、本スレをキチンと立てない馬鹿が一番悪い。
建て直しとか荒れる原因作ってる大元はそいつ。

27 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:16:44 ID:PXQP3wno0
レス番>>22で22歳で2ちゃん始めたってどんだけぞろ目マニアよ
氏ね

28 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:24:01 ID:S0xxtmbeO
>>27
ごめんね

29 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:24:31 ID:SZZicnOz0
>>22
ほんとだ
ぞろ目カッコヨス

30 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:33:16 ID:S0xxtmbeO
>>29
オレカッコイイカ?(//////////)

31 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 18:37:31 ID:SZZicnOz0
>>30
じぶんまっかやで
かわぃぃのぉ・・・

32 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 19:06:31 ID:wezhbhPtO
なんだろうこの流れ。。。

33 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 19:47:45 ID:lL9IXlaI0
ウザイのは、NG設定であぼ〜んすれば見えないよ

34 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 20:10:03 ID:fDwsbqB3O
馬鹿がまたスレ立てやがった。

35 :本当にあった怖い名無し:2008/10/25(土) 23:16:37 ID:SZZicnOz0


36 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 00:16:56 ID:LCGzvCQA0
ご希望の商品が見つかりませんか?
楽天スーパーエージェントを使ってみよう
あなたの代わりにお探しします。
>>キーワード「コトリバコ」を含む商品が登録(入荷)されたら通知します
ぜひご活用ください!

37 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 09:22:55 ID:6zo79jpK0
数年ぶりに覗いたら…なんだこれ?
洒落怖も地に墜ちたな

38 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 10:43:13 ID:cAoFZ8Ux0
>>37
「久しぶりに来たら・・・」というレス多いよな。良くタイミング良く荒れてる時に来るよなあw
分かりやすい工作してんじゃねーよ

39 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 11:31:19 ID:6zo79jpK0
>>38
工作?何のために?
タイミング良く?知るかボケ

>良くタイミング良く

国語のお勉強してから書き込めクソガキ

40 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 12:55:00 ID:Stx3FL4eO
最近ボブサップ見ないなぁ

41 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 13:16:24 ID:3j0ElgqL0
>>37
お前激とかいうやつだろ
シネヨ

42 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 13:40:57 ID:jtlmRGlsO
まぁまぁこっちが本スレなんだからさ、荒らしはスルーすればいいだけだし

43 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 15:29:39 ID:TkerhCX8O
そういえばつい最近、
夜中にチャリこいで帰宅してたら洒落んならんくらいヤバイことが起こったなぁ‥。

44 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 16:53:03 ID:jtlmRGlsO
>>43
俺もあったよ

45 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 16:53:31 ID:fVF68kf90
>>43
そうか。それは危なかったな。

46 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:00:11 ID:jhTAQwZq0
しばらくぶりにオカ板きたけど、コトリバコ以降になんかおもしろいことあった?

47 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:03:56 ID:jtlmRGlsO
>>45
コブラ、サイコガンは心で撃つものよ!

48 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:09:58 ID:3j0ElgqL0
忘れてもらっちゃ困る
俺は不死身のコブラだ!

49 :コピペ:2008/10/26(日) 17:14:22 ID:ZE9KwHdhO
俺の住んでる町で、話題というか噂になってたことがあった。
それは、この町のどこかをずっと全裸でトボトボと歩き続けている女がいるというものだった。
靴も履かず、もちろん下着もつけず、ひたすら歩き続けているというものだった。

夜に現れるとかじゃなくて、昼間。しかも平日。
平日の昼間にその全裸女が目撃されていたのである。
俺は高校に通っているので、平日の昼間は学校に居るためその女を見ることは不可能ということになる。

しかし、なんとか全裸の女を見たい俺とその友達は、毎日、昼休みに学校の外に出て
なんとか学校の近くを歩いている全裸女と出くわさないか探していた。しかし全然見つからない。
俺の兄貴も全裸女の後姿を見ていた。
目撃者の数からして、そこらの都市伝説とは違い、ちゃんとした事実だということも分かっていた。


そんで、この間の金曜日。
学校をズル休みして一日中、友達と2人で全裸女を探すことにした。


午後の2時くらい。
小さな道路のあるところで、道路沿いにはドブ川が流れている場所。
そこの川沿いを全裸の女がトボトボを歩いていたのだ。
居たーっ!と思って前に回ってその女の顔を見たら
全裸以前に顔がグッチャグチャだった。

結構な噂になってるから栃木の奴は知ってるかもしれん。ちなみに少女が歩いてるのは栃木県宇都宮市にあるTSUTAYAの裏の道。

50 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:18:07 ID:3j0ElgqL0
>>49
それ警察に行った方がいいだろ・・・

51 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:26:59 ID:lhYqT96l0
ちょっと相談に乗ってくれないかな。
毎月一回、必ず携帯に非通知の履歴が入ってんの。
気づいたのは1年ちょっと前。
非通知の履歴だけ並べると、日にち、曜日、時間バラバラだけど、必ず月一回。
2年前に携帯変えて、それ以前はワン切りが多かったから
まとめて削除してたから、気づかなかった。
変なの、と思ってたけど、去年の夏ごろ
たまたま電話に出たら、「もしもし、○○ちゃん(私)?」って。
あっ!と思ってすぐ切った。
もう9年くらい前、バイト先で一緒だった25歳くらい年上の店長なの。
いい人だな、と思って(恋愛感情なし)何度か食事に連れて行ってもらった人なんだけど
ホテルに連れ込まれそうになって、縁を切った人。
もう9年も経ってるのに、毎月一回ワン切りで履歴を残していく。
これ、どうしたらいいと思う?


52 :51:2008/10/26(日) 17:31:11 ID:lhYqT96l0
あ、ごめん。オカルトじゃないよね。
どこかもっと内容にあう所で相談してみる…
ごめんないさい。

53 :51:2008/10/26(日) 17:33:49 ID:lhYqT96l0
ごめんなさい、でした。
ほんとに失礼いたしました。

54 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:34:36 ID:lveOKoUTO
きっと自分から電話かけて電話代かさむのが嫌だったから
ワン切りでかけなおして欲しかったんだよ

55 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:38:16 ID:jtlmRGlsO
>>49
おいおい俺宇都宮だけど聞いたことないぞ
簗瀬のTSUTAYA?駅近くのTSUTAYA?
作新の近くのTSUTAYA?

56 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:39:10 ID:jtlmRGlsO
>>54
あるある、俺そういうときぜってーかけなおさねー

57 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:45:23 ID:QdLTONFkO
気持ち悪かったら番号変えた方がいいよ
絶対ヤバい事になるから

58 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:47:47 ID:ZE9KwHdhO
>>55
うたんふ?の近くらしいよ

59 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 17:58:28 ID:jtlmRGlsO
>>58
ってことは作新の裏のとこかな?
まぁ最近そっちまでいかないからわからんな
毒男の宇都宮スレでそんな話でないし全然しらなかったわ
その女性って捕まらんのかね〜

60 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 18:05:50 ID:ZE9KwHdhO
>>59
いや、俺はVIPに立ったスレのをコピペしてきただけだから
詳しいことは現行スレで
ttp://c.2ch.net/test/-/news4vip/1225000630/i

61 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 18:12:35 ID:pO68w8WvO
これから書く事を黙って聞きな。
途中、少しでも横槍入れたらもう話さない。
自分で処理する。

62 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 18:15:41 ID:jtlmRGlsO
>>60
サンクス

63 :本当にあった怖い名無し:2008/10/26(日) 18:25:32 ID:jtlmRGlsO
>>60
ってこりゃ釣りだね完璧

64 :名無し:2008/10/26(日) 19:21:51 ID:+3iZGsg20
「川田亜子真相究明まとめサイト」は…?

東京都済生会中央病院で2007年5月28日死亡した、看護師高橋愛依さんの
過労死が17日、認定された。

モーニング娘。の高橋愛と漢字違いの同じ名前か?
2007年5月28日と言えば、松岡農林水産大臣が議員宿舎で自殺し、慶応大学
病院に運ばれ死亡した日だな。前日にZARDの坂井泉水も同じ病院で
死んでいる。何か関連があるかもね。まあ<たかはし あい>って日本に
一番いそうな名前だが・・・・

高橋愛の所属しているハロプロは、吉澤の弟の交通事故、後藤の弟の逮捕、
恋愛スキャンダル等が連発している。それだけに、もしかして関連がと思っ
ちゃうんだよな。

真実+韓国の自殺がまだあったな。うっかりしてた。

崔真実(チェ・ジンシル) 10月2日(名前が真実)
チャン・チェウォン    10月3日(真実ゲーム+オカマ)
キム・ジフ        10月6日(真実ゲーム+オカマ)

これに加勢大周と巨人と覚せい剤が絡んでくるから複雑だな。

加勢大周
昼ドラの主役の名前が真実、加勢の役も真二も発音が真実っぽい。覚せい剤
で逮捕。

巨人  
チェ・ジンシルの元夫が巨人で活躍した趙 成a。
巨人軍イ・スンヨプ選手の 代理人を務めていたキム・キ ジュ被告が 覚せい
剤取締法違反の疑いで逮捕。

65 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 01:02:13 ID:TXOCKXuk0
一時期いろんな板に貼られまくってたコピペなんだけど
色々なバージョンがあって毎回内容が違うんだけど
解読すると昭和に実験がどうのとか助けてみたいなわけわからん事が書いてある奴しらないですかね
情報がまったく無いんで内容の説明が全然できないんですが

66 :師匠コピペ1:2008/10/27(月) 10:14:47 ID:SNTEH34B0


267 怪物  起承転「結」上   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 01:44:23 ID:ScuN9+/G0
その日の放課後、私は3年生の教室へ向かった。
ポルターガイスト現象の本を貸してくれた先輩に会うためだ。廊下で名前を出して
聞いてみるとすぐに教室は分かった。
先輩は私の顔を見るなりオッ、という顔をして手招きをしたが、席まで行くとすぐ
に両手を顔の前で合わせて謝る。
「ゴメン。今日はこれから部活なんだ」
剣道は止めたんじゃなかったんですか、と聞くと「文科け〜い」と言ってトランペ
ットを吹く真似をする。吹奏楽部かなにからしい。
「一つだけ教えてください」
そう言う私に、「ま、座りなさい」と近くの席から椅子を引っ張ってくる。その周
りでは帰り支度をする生徒たちが私を物珍しそうに横目で見ている。
多少は時間をとってくれるようなので、順序立てて聞くことにする。
「先輩の家で起こったポルターガイスト現象は、イタズラでしたか?」
先輩は目を丸くしてから笑う。
「いきなりだな。でも違うよ。私だって驚いてた。ホントに目の前で花が宙に浮か
 んだりしたんだ」
「じゃあ原因はなんですか?」
「……あの本もう読んだんだ? 私に聞くってことは」
頷く。
「まあ、知ってると思うけど、あたしの家って両親が仲良くないワケよ。今も別居
 してるし。そんで小学4年生のころって、一番バチバチやりあってた時期なのよ。
 家の中でも顔あわせれば喧嘩ばっかり。子どもの目の前で酷い口論してたんだか
 ら。まるであたしがそこに居ないみたいに」
私のイメージの中で、シルエットの男と女がいがみ合っている。そしてその傍らに
は10歳くらいの少女が怯えた表情で身体を縮ませている。
「超能力だか心霊現象だか知らないけど、たぶん原因はあたしなんだろうと思う。
 今となっては、だけど」
「じゃあ。どうやってそれが収まったんですか」


67 :師匠コピペ2:2008/10/27(月) 10:15:19 ID:SNTEH34B0
268 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 01:46:43 ID:ScuN9+/G0
「昨日言わなかったっけ? 祈祷師が来たの。家に。そんで、ウンジャラナンジ
 ャラ、エイヤーってやったわけよ。そしたら変なことはほとんどなくなったな」
「祈祷師がポルターガイストを鎮めたんですか」
「……なんかいじわるになったね、あなた。分かってるクセに。たぶん、満足した
 んだと思うよ。あたしが。『親がここまでやってくれた』って。今でも覚えてる
 もん。両親が二人とも、祈祷師の後ろで必死になって手を合わせて拝んでんの。
 それで、お祈りが終わった後にあたしの頭を抱いて『これで大丈夫だ』って二人
 して言うの。それであたしもなんだかホッとして、ああこれで大丈夫なんだ、っ
 て思った。最初は二人ともラップ音とか、お皿が割れたりしたこととか、なんで
 もないことみたいに無視してたのよ。気味が悪いもんだから、気のせいだ、見て
 ない、聞いてないってね。それをきっとそのころのあたしは、自分を無視された
 みたいに感じてたのね。だから余計に酷くなっていったんだと思う」
結局、思春期の子どもが起こすイタズラと同じなのだ、と私は思った。
自分を見て欲しくて、構って欲しくて、とんでもないことをしでかすのだ。それで
怒られることが分かっていながら、しないではいられない。それはアイデンティテ
ィの芽生えと深く関係している部分だからなのだろう。自分が自分であるために、
身近な他者の視線が必要なのだ。
「どうしてこんなことが気になるの」
先輩の目が私の目に向いている。
先輩もこの街を騒がせている怪現象の噂くらい聞いているだろう。それが、たった
一人の人間が焦点となっているポルターガイスト現象なのだと聞かされたら、笑う
だろうか。
私はそれに答えないまま、別のことを言った。
「先輩が見たっていう怖い夢は、もしかしてお母さんを殺す夢ですか」
空気が変わった。おっとりとして優しげだった目元が険しくなる。
「どうして知ってるの」
その迫力に呑まれそうになりながら、私は言葉を繋ぐ。
「先輩が言っていた、『ありえない夢』って、別居していていないはずのお母さん
 を、家の玄関で刺し殺す夢だったんでしょう」


68 :師匠コピペ3:2008/10/27(月) 10:16:04 ID:SNTEH34B0

ガタン、と椅子が鳴って先輩が立ち上がる。
「あなた、占いが好きとか言ってたわね。そんなこと、勝手に占ったの?」
しまった。怒らせた。
ポルターガイスト現象の焦点となったことのある人間に、あの夢はどう映ったのか。
それを聞いてみたかっただけなのだ。そこになにかヒントが隠されていると思って。
けれど先輩は私の言葉を完全に誤解し、修正が効きそうにない雰囲気だ。
いや、誤解ではないのだろう。他人に触れられたくない部分を土足で踏みにじった
のは事実なのだから。
「ごめんなさい」
私は深々と頭を下げる。
「もういいでしょう。部活、行くから」
先輩のその言葉に私は引き下がらざるを得なかった。
知らない人ばかりの3年生の教室の廊下を俯いて帰る。足が重い。(今度、ちゃん
と謝らなきゃ)と思う。そういえば占いなんて暫くしていないことに気がつく。
間崎京子はどうやって真相に近づいたのだろう。またタロット占いでもしたのだろ
うか? それとも私のように目と耳を使って情報を集め、推理を重ねていったのか。
5時間目の休み時間に教室を覗いてみたが、あいつは席にいなかった。朝、廊下で
すれ違ったので多分また早退だろう。
そういえばすれ違い様に「母親を殺す夢を見たか」と問い掛けたとき、あいつは
「見てない」と言った。遅刻しそうだったので、去っていく後姿を引き止めはしな
かったが、あれは本当だったのだろうか。確かにあいつの家は地図上のオレンジの
円の端の方にあり、まだ見た夢を思い出せない人たちを表す緑色の点が存在するエ
リアの中なのではあったが、この不思議な現象が単に距離によるアンテナの精度だ
けに依存している訳ではないのは明らかだ。
1年生のフロアに戻った私は、まだ帰宅せず残っている他のクラスの生徒たちから
出来るだけの情報を得る。そして地図を蛍光ペンで埋めていった。
やはりだ。赤、青、緑という夢に関する3つの色はバームクーヘンのようにはっき
りエリアで別れているけれど、中にはオレンジの円の外周にあたる緑のエリアの中
にぽつりと青い点があったり、青のエリアに赤い点があったりしている。そういう
子に追加取材を試みるといずれも霊的な体験をよくするという言質が取れた。

69 :師匠コピペ4:2008/10/27(月) 10:19:15 ID:SNTEH34B0
270 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 01:54:27 ID:ScuN9+/G0
この私自身、木曜日に初めて見た夢を覚えていたのに、住んでいる家は金曜日を表
す青い点のある半径エリアにあるのだ。おそらく、直観だか、霊感だかのイレギュ
ラー的な個人の能力もここには影響している。
それを踏まえて、考える。あの間崎京子がまだ夢を思い出せない緑の点のひとつな
どで収まっているものだろうか。
分からない。あの女独特の、"得体の知れない感じ"のバックボーンがなんなのか、
私にはまだ分からないのだから。
廊下や教室に人影もまばらになったころ、私はようやく蛍光ペンを置いた。
結局、高野志穂の他に、木曜日以前から夢を覚えていた人はいなかった。高野志穂
の家の近所に住んでいる子は居たが、その子は怖い夢を見ていることさえ気づいて
いなかった。
まあ、いい。出来る限りの精度は上げた。
地図に落とされたボールペンの丸をもう一度見つめる。
急ごう。
地図を鞄に仕舞い、私は校舎を後にする。
早足で歩き、一度家に帰って自転車を手に入れる。サドルに跨りながら空を見上げ
るとまだ陽は落ちていなかった。さあ、行こう。そう呟いてペダルを漕ぎ出す。
途中、思いついて公衆電話に寄ろうとした。
しかしちょうど通り道にあった公衆電話は例の「お化けの電話」だ。なんとなく嫌
だったので、少し遠回りして別の公衆電話へ向かう。
ほどなくして電話ボックスにたどり着き、自転車を脇に止めて、中に入って受話器
を上げる。
テレホンカードを入れて、覚えている番号をプッシュする。
コール音が数回鳴ってから相手が出た。いないだろうと思って、留守番電話に入れ
るつもりだったのに。
仕方がないので、忙しいから今日は会えないということを伝える。



70 :師匠コピペ5:2008/10/27(月) 10:20:03 ID:SNTEH34B0
271 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 01:58:10 ID:ScuN9+/G0
案の定、ケンカになった。毎週金曜日に会う約束をしていたのに、これで2週連続
私からドタキャンしてしまった。だからと言って別に浮気をしているワケではない。
止むに止まれぬ事情があるのだから。逆に私へのあてつけのように、今夜は女を買
うなどと口にしたことの方がよほど許せない。
「死ね」と言って電話を切った。
電話ボックスを出たときは頭に血が上り冷静さを欠いていたが、しばらく自転車を
漕いでいると次第に我に返ってくる。
いけない。方向が違う。
自転車のカゴから地図を取り出して確認する。この辺りはまだ青のエリアだ。ハン
ドルを切って方向を修正した。
立ち漕ぎで先を急ぐ。
景色がヒュンヒュンと過ぎ去っていく。
その中へ溶けていくように、涙がひと筋だけ流れて消えていった。
ホントに、私はなにをやっているのだろう。
駄目だ。このところ、心と身体のバランスを崩している。ちょっとしたことで落ち
込んだり、悩んだり。今もこんな訳の分からないことでいつの間にか必死になって
いる。いったい私はどうしてしまったのか。
『あなた、ちょっと変わったね』と昨日の夜先輩は言った。高校に入ってから私は
変わり始めてしまったらしい。何故なのだろう。
剣道部を続けていた方が良かったかも知れない。
そう思いながら自転車を漕ぎ続ける。
気がつくと私は赤のエリアに入っていた。そしてその最深部までは目と鼻の先だっ
た。
ただのありふれた住宅街だ。今はなんの不吉な印象も受けない。なのに緊張してし
まうのは頭で考えてしまうからなのだろう。
三差路の角を曲がったとき、私は心臓が止まるほど驚いた。
コンクリート塀に電信柱が無造作に立てかけられている。元あったと思しき場所に
は穴が開いていて、そこからまるで力任せに引き抜かれたかのような痕跡が地面の
ひび割れとなって現れていた。電線の角度が変わって片方はピンと張り、もう片方
はたわんでブラブラと揺れている。


71 :師匠コピペ6:2008/10/27(月) 10:23:17 ID:SNTEH34B0


273 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:01:27 ID:ScuN9+/G0
まるで子どもがおもちゃの箱庭で遊んでいるような現実離れした光景だった。
目に見えない巨大な手が空から降ってくるような錯覚を覚えて私は思わず身体を仰
け反らせる。
聞き集めた怪現象の中にこんなものがあったはずだ。でもこれは多分別件だろう。
全く誰もこの異変に気づいた様子はない。誰かにここでこうしているのを見られた
らと思うと煩わしくなり、すぐに自転車を発進させた。
高野志穂の家はそこから5分と掛からなかった。
わりと新しい住宅が並んでいる一角の、青い屋根が印象的なこじんまりとした家だ
った。
家の前に自転車をとめて私は腕時計を見る。
彼女はバレー部の練習に行くと言っていたので、まだ部活から帰っていない時間の
はずだ。
深呼吸をしてから呼び鈴を押す。
インターフォンから「はあい」という声がして、暫し待つと玄関のドアが開いた。
高野志穂に良く似た小柄な女性が顔を覗かせる。母親らしい。
「あら。どなた」
そう言いながらドアを開け放ち、こちらに歩み寄ってくる。
内側にチェーンは…………ない。
目線の動きを悟られないように素早く確認した後、私は出来る限りのよそいきの声
を出した。
「志穂さんはいらっしゃいますか」
「あら、お友だち? 珍しいわねぇ。でもゴメンなさい。まだ帰ってないのよ。
 ……どうしましょう。ウチに上がって待ってくださる? 散らかってるけど」
「いえ、いいんです。ちょっと近く来たので寄っただけですから。また来ます」
そう言って私は頭を下げ、申し訳なさそうな母親にヘタクソな笑顔を向けて自転車
に跨った。
「さようなら」
家を辞する挨拶として、適当だったのか分からない。ああいうときはなんと言うの
だろう。お休みなさい、かな。でも少し時間帯が早いか。

72 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 10:24:30 ID:ZLqoi7tQ0
こっち重複ですよ(プ

73 :師匠コピペ7:2008/10/27(月) 10:24:44 ID:SNTEH34B0


274 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:06:29 ID:ScuN9+/G0
そんなことを考えながら角を曲がるまで背中に高野志穂の母親の視線を感じていた。
あの家は、違う。
チェーンのこともそうだが、エキドナの気配はない。根拠のない自信だが、エキド
ナの母親であればたぶん一度顔を見れば分かるはずだ。
さあこれからどうしよう。
地図をもう一度取り出して眺めると、ボールペンで丸をつけた部分は一見小さく見
えるが、現実にその場に立ってみるとかなり広いことに気づく。
住宅街であり、そこに建っている家だけでも二桁ではきかない。もう少し範囲を絞
れないだろうかと考えて頭をフル回転させるが、いかんせんあまり性能が良くない。
やむを得ず、カンでぶつかってみることにした。
それっぽい家(なにがそれっぽいのか基準が自分でも良く分からないが)の呼び鈴
を鳴らして回った。
表札に出ている子どもの名前を使おうかと考えたが、本人が居た場合話がややこし
くなると考え、「志穂さんはいますか?」と言って訪ねてみた。
するとたいていの家では母親が出て来て「志穂さんって、ひょっとして高野さんの
所のお嬢さんじゃないかしら」と言いながら、高野家の場所を口頭で教えてくれる。
そして私は「家を間違えてしまって済みません」と言いながら立ち去る。
なんの問題もない。
スムーズ過ぎて、なんの引っ掛かりもないことが逆に問題だった。
ドアにチェーンのある家も中にはあったが、エキドナがいるような気配は全く感じ
なかった。応対してくれる主婦もごくありふれた普通のおばさんばかりだ。
もっと突っ込んで、家の中でポルターガイスト現象が起こっていないかとか、家庭
内で子どもとなにか問題が起きていないかなどと聞いた方が良いのだろうか、と考
えたがどうしてもそれは出来そうになかった。クラスメートならともかく、初対面
の人間にそんな変なことを聞いて回るだけの図太い神経を私は持ち合わせていない
のだった。
日が暮れたころ、私は疲れ果ててコンクリート塀に背中をもたれさせていた。


74 :師匠コピペ:2008/10/27(月) 10:25:46 ID:SNTEH34B0
いや、重複だからあえてここに投下してる。
なんせ超長文なんでね・・・・本スレだと迷惑でしょう

75 :師匠コピペ8:2008/10/27(月) 10:34:27 ID:SNTEH34B0


276 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:10:23 ID:ScuN9+/G0
駄目だ。なんの手掛かりも得られなかった。範囲が広すぎてどこまで回っていいの
かも分からない。慣れないことをしているせいか、身体が少し熱っぽくなってる気
もする。
「もう帰ろ」
そう呟いてヨロヨロと立ち上がる。
自転車のハンドルを握りながら、なにか別のアプローチを考えないといけないと思
う。どんな方法があるのか全く名案が浮かばないままで疲れた足を叱咤しながらペ
ダルを漕ぐ。
帰り道、日の落ちた住宅街にパトカーの赤い光が見えた。引き抜かれた電信柱のあ
る辺りだ。
ふと、この数日の間街で起こったおかしな出来事を警察は把握しているのだろうか
と考えた。
電信柱や並木が引き抜かれた事件は明らかに器物損壊だろう。当然犯人を捜してい
るはずだ。
もし私が、自分の知っている情報をすべて警察に伝えたらどうなるだろう。聞き込
みのプロである彼らが人海戦術であの円の中心の住宅街を回ったならば、恐らく半
日とかからずにエキドナを見つけ出せるはずだ。母親に殺意を抱く少女を。
でも駄目だ。警察はこんなことを信じない。取り合わない。それだけははっきりと
分かる。
私だって信じられないのだから。
街中のすべての怪現象が、たった一人の少女によって引き起こされているなんて。
パトカーの赤色灯と野次馬たちのざわめきを尻目に私はその道を避けて少し遠回り
しながら帰路に着いた。

家に着くと、母親が「ご飯は?」と聞いてきた。
心身ともに疲れているせいか食欲が湧かず、制服を脱ぎながら「あとで」と返事を
する。
なにか小言を言われたが、適当に聞き流した。まともに応対したくない気分だった。


76 :師匠コピペ9:2008/10/27(月) 10:36:04 ID:SNTEH34B0
277 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:14:20 ID:ScuN9+/G0
些細な口喧嘩でもそれがエスカレートすることを恐れていたのかも知れない。
自分の部屋を見回しながらクッションに腰を下ろし溜息をつく。
小さなテーブルの上には水曜日に買った『世界の怪奇現象ファイル』が伏せられて
いる。その周囲には昨日先輩に借りたポルターガイスト現象に関連するオカルト雑
誌の類が乱雑に転がっている。そしてその横の本棚には中学時代に買い集めた占い
に関する本が所狭しと並んでいた。勉強している形跡のない勉強机の上には怪しげ
な石ころ……
なんて部屋だ。
我ながら顔を手で覆いたくなる。
今時の女子高生の部屋としては「惨状」とも言うべき有様を複雑な気持ちで眺めて
いると、ふいにテーブルの下に落ちている物に気がついた。
紙袋だ。デパートの包装がしてある。
なんだっけ、と思いながらなんの気なしにそれを手に取り、封をしているシールを
剥がす。
中からは鋏が出て来た。
緑色の、ありふれた鋏。
私はそれを見た瞬間、氷で身体を締め付けられるようなジワジワとした不安感に襲
われた。
なんだこれは?
鋏だ。ただの鋏。いつ買った? そう、あれは石の雨が降った水曜日。デパートで
『世界の怪奇現象ファイル』を手に入れたときに一緒に買った物だ。
待て、おかしいぞ。思い出せ。そもそも私はデパートにその本を買いに行ったので
はない。鋏を買いに行ったのだ。石の雨の現場を見た後、その近くの商店街の雑貨
店で売り切れていたので、わざわざ足を伸ばして……
ドキンドキンと心臓が脈打つ。
"鋏を買わないといけない気がしていた"
そのときは。確かに。
何故?
思い出せない。
その鋏を買って帰った日、私はそんな物を買ったことも忘れてこうして放り出して
いる。

77 :師匠コピペ10:2008/10/27(月) 10:37:11 ID:SNTEH34B0
278 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:16:07 ID:ScuN9+/G0
要らない物をどうして買ったんだろう?
急に頭の中に夢の記憶がフラッシュバックし始めた。
  
  夢の中で私は足音を聞く。そして玄関に向かい、背伸びをしてドアのチェーン
  を外す。顔を出した母親の首筋に刃物を走らせる……

吐き気がして、口元を押さえる。
刃物だ。あの夢の中で自分が持っている刃物はなんだ? 
もやもやして、握っている感覚が思い出せない。ただキラリと輝いた瞬間だけが脳
裏に焼きついている。
あれが、鋏だったんじゃないのか。
最悪の想像が頭の中を駆け巡る。
夢の中で少女になった私は鋏で母親に切りつけた。その"思い出せなかった"記憶
が潜在意識の奥底で私の行動を縛り付け、半ば無意識のうちに新しい鋏を購入させ
たのだろうか。
だとしたら……
私は立ち上がり、鋏を手に部屋を飛び出して「ちょっと外、行く」と居間の方に一
声叫んでから玄関を出た。
自転車に乗って駆け出す。
途中通り過ぎたゴミ捨て場に鋏を投げ捨てる。
「ちくしょう」
自分のバカさ加減に心底腹を立てていた。
外は暗い。何時だ? まだ店は開いている時間か? 気が逸ってペダルを踏み外し
そうになる。
人気の少ない近くの商店街にはまだポツリポツリと明かりが灯っていた。
自転車をとめ、子どものころからよく来ていた雑貨屋に飛び込む。



78 :師匠コピペ11:2008/10/27(月) 10:38:03 ID:SNTEH34B0
279 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:18:50 ID:ScuN9+/G0
息を切らしてやって来た私に驚いた顔で、店のおばちゃんが近寄って来る。
「なにが要るの?」
その言葉に、息を整えながらようやく私は「はさみ」と言う。
するとおばちゃんは申し訳なさそうな顔になって、「ごめんねぇ。ちょうど売り切
れてるのよ」と言った。
想像していたこととは言え、ゾクリと鳥肌が立つ感覚に襲われる。
「誰か、大口で買ってったの?」
「ううん。今週はぽつぽつ売れてて昨日在庫がなくなっちゃったから、注文したと
 こ。明日には入ると思うけど……」
どんな人が買っていったのかと聞いてみたが、若者もいれば年配の人もいたそうだ。
「どうする? 明日来るなら取っとくけど」と聞くおばちゃんに、「いい。急ぎだ
から他を探してみる」と言って店を出る。
少し足を伸ばし、私は鋏を置いてそうな店を片っ端から見て回った。店仕舞いをし
た後の店もあったが、閉じかけたシャッターから強引に潜り込み、「鋏を探してる
んですが」と言った。
そのすべての店で同じ答えが返って来た。
『売れ切れ』と。
最後に私は一昨日の水曜日に鋏と本を買ったデパートに向かった。
閉店時間まぎわでまばらになった客の中を走り、まだ開いている雑貨コーナーに飛
び込む。
中ほどにあった日用品の棚には異様な光景が広がっていた。
ありとあらゆる日用雑貨が立ち並ぶなか、格子状のラックの一部だけがすっぽりと
抜け落ちている。
カッターも、鉛筆も、定規も、消しゴムも、修正液も、ステープルも、コンパスで
さえ複数品目が取り揃えられているのに。
鋏だけがなかった。ただのひとつも。
私はその棚の前に立ち尽し、生唾を飲み込んでいた。
鋏が街から消えている!
いや、消えているのではない。その懐の奥深くに隠されて、使われるときをじっと
待っているのだ。

79 :師匠コピペ12:2008/10/27(月) 10:39:02 ID:SNTEH34B0


282 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:22:53 ID:ScuN9+/G0
それは今日かも知れないし、明日かも知れない。
夢を見ている少女が母親を殺すことを決めた日に、私たちはその殺意に囚われて己
の母親にその刃を向けることになるのかも知れない。
どうしたらいい? どうすればいいんだ?
自らに繰り返し問い掛けながら私は家に帰った。するべきことが見つからない。け
れど今動かなかったら取り返しのつかないことになるかも知れない。どうすればい
いのか。するべきことが見つからない。巡る思考を持て余して、どういう道順で帰
ったのかも定かではない。
兎にも角にも帰り着き、玄関からコソコソと入ると母親に見つかった。
「どこ行ってたの。もう知らないから、勝手に食べなさい」
台所にはラップで包まれた料理が置かれている。
食欲は無かったが、無理やりにでもお腹に詰め込んだ。体力こそが気力の源だ。あ
まり良くない頭にも栄養を少しだけでも回さないといけない。
食べ終わってお風呂に入る。
今日は学校が終わってから休む暇がないほど駆け回っていた。それも夏日のうだる
ような暑さの中を。
それでも湯船に浸かることはせず、ほとんど行水で汗だけを流して早々に上がる。
次に入る妹と脱衣場ですれ違ったとき、「お姉ちゃん、お風呂出るの早っ。乙女じ
ゃな〜い」とからかわれた。一発頭をどついてから自分の部屋に戻る。
ドアを閉め、机の引き出しに入れてあった愛用のタロットカードを取り出す。
それを手にしたままじっと考える。
時計の音がチッチッチッ、と部屋に響く。濡れた髪がピタリと頬にくっつく。
駄目だな。
私ごときの占いが通用する状況ではない。もっと早い段階ならば、この事態に至る
までにするべきことの指針にはなったかも知れないけれど。
今必要なのは、エキドナを、母親に殺意を抱く少女を探し出すための具体的な方法だ。
あるいは、探し出さずともこの事態を解決するだけの"力"だ。



80 :師匠コピペ13:2008/10/27(月) 10:45:26 ID:SNTEH34B0


283 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:25:49 ID:ScuN9+/G0
私は机の上に放り投げた鞄から同級生の住所録を取り出す。今日の昼間、カラフル
な地図を完成させるのに活躍した資料だ。
パラパラと頁を捲り、間崎京子の連絡先を探し当てる。そこに書いてある電話番号
をメモしてから部屋を出て、階段を降りてから1階の廊下に置いてある電話に向かう。
良かった。誰もいない。居間の方からはテレビの音が漏れてきている。
メモに書かれた番号を押して、コール音を数える。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ……
「はい」
ななつめか、やっつめで相手が出た。聞き覚えのある声だ。ホッとする。良かった。
家族が出たらどうしようかと思っていた。それどころか、使用人のような人が電話
口に出ることさえ想定して緊張していたのだ。彼女の妙に気どった喋り方などから、
前近代的なお屋敷のような家を想像していた。そんな家にはきっと彼女のことを
「お嬢様」などと呼ぶ使用人がいるに違いないのだ。
だがひとまずその想像は脇に置くことにする。
「あの、私、ヤマナカだけど。同じ学年の」
少しどもりながら、あまり親しくもないのにいきなり電話してしまったことを詫び
る。
電話口の向こうの間崎京子は平然とした声で、気にしなくて良い、電話してくれて
嬉しいという旨の言葉を綺麗な発音で告げる。
どう切り出そうか迷っていると、彼女はこう言った。
「エキドナを探したいのね」
ドキッとする。
私のイメージの中で間崎京子は何度もその単語を口にしていたが、現実に耳にする
のは初めてだった。ギリシャ神話の怪物たちの名前を挙げて共通点を探せと言った
彼女の謎掛けが、本当にこの街に起こりつつある怪現象を理解した上でそれを端的
に表現したものだったのだと、私は改めて確信する。
いったいこの女は、なにをどこまで掴んでいるのか。


81 :師匠コピペ14:2008/10/27(月) 10:47:42 ID:SNTEH34B0


284 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:27:07 ID:ScuN9+/G0
母親を殺す夢を見ていないというその彼女が何故あんなに早い時点で、街を騒がせ
ている怪現象がたった一人の人間によって起こされているのだと推理出来たのか。
私のようにあちこちを駆けずり回っている様子もないのに、怪現象の正体を恐ろし
く強大なポルターガイスト現象だと見抜いた上で、『ファフロツキーズ』という言
葉に振り回されるな、などという忠告を私にしている。どうしてこんなにまで事態
を把握できているのだろう。
「……そうだ。これからなにが起こるのか、おまえなら知っているだろう。それを
 止めたい。力を貸してくれ」
「なにが起こるの?」
間崎京子は澄ました声でそう問い掛けてくる。
私は儀式的なものと割り切って、今日一日で私がしたこと、そして知ったことを話
して聞かせた。
「そんなことがあったの」
面白そうにそう言った後、彼女の呼吸音が急に乱れる。
受話器から口を離した気配がして、そのすぐ後にコン、コン、と咳き込む微かな音
が聞こえた。
「どうした」
私の呼び掛けに、少しして「大丈夫。ちょっとね」という返事が返って来る。
今更ながら彼女が病欠や早退の多い生徒だったことを思い出す。彼女は私よりも背
が高いけれど、線が細く、透き通るようなその白い肌も含め、一見して病弱そうな
イメージを抱かせるような容姿をしている。
そう言えば今日も早引けをしていたな。
そう思ったとき、つい先ほどの「駆けずり回っている様子もないのに、どうしてこ
んなに事態の真相を掴んでいるのか」という疑問がもう一度浮き上がってくる。
もし。もし、だ。もし彼女の病欠や体調が悪いからという理由の早退がすべて嘘だ
としたならば。
彼女には、十分な時間がある。

82 :師匠コピペ15:2008/10/27(月) 10:49:32 ID:SNTEH34B0
286 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 02:30:16 ID:ScuN9+/G0

水曜日に昼前からエスケープした以外は、真面目に授業に出ていた私(授業を受け
る態度はともかくとして)以上に、彼女にはこの街で起こりつつあることを調べる
時間があったのかも知れないのだ。
もしそうだとしたならば、今の、まるで同情を誘うような咳は逆に私の中に猜疑心
を芽生えさせただけだ。
だが分からない。すべては憶測だ。けれど少なくとも、この女に気を許してはいけ
ない、ということだけはもう一度肝に銘じることが出来た。
「エキドナを探したい。知っていることをすべて話してくれ」
単刀直入に懇願した。だがこれも駆け引きの一部だ。彼女の一見意味不明な言動は
聞く者を戸惑わせるが、その実、真理の、ある側面を語っているということがある。
短い付き合いだが、それは良く分かっているつもりだ。彼女は無意味な嘘をつかな
い。嘘をつくとしても、それは真実の裏地に沿って出る言葉なのだ。意味は必ずあ
る。それを逃さないように聞き取れば良いのだ。
「……探してどうするの」
止めたい。
電話の冒頭で口にしたその言葉をもう一度繰り返そうとして、本当にそうだろうか
と自分に問い掛け、そして胸の内側から現れた別の言葉を紡ぐ。
「見つけたい」
「それは探すことと同義ではないの」
「言葉遊びのつもりはない。ただ、本当にそう思っただけだ」
「面白いわね、あなた」
それから僅かな沈黙。
電話のある静かな廊下とは対照的に、居間の方からは相変わらずテレビの音が流れ
て来ている。
「正直に言って、あなたの鋏の話は驚いたわ。人を殺す夢を見ても、それが現実の
 人間の行動に影響を与えるなんて思ってもみなかった」
考えろ。これは嘘か、真か。
押し黙る私を尻目に彼女は続ける。
「わたしも夢の中で握っているはずの刃物の感触が思い出せない。あれが鋏だとす
 るなら、確かにすべての辻褄が合うわね」

83 :師匠コピペ16:2008/10/27(月) 10:51:47 ID:SNTEH34B0


294 怪物  ◆oJUBn2VTGE ウニ あと少しなのにさるさん… 2008/08/03(日) 03:00:44 ID:ScuN9+/G0
嘘だ!
これは嘘だ。
間崎京子は、そんな夢を見ていないと言ったはずだ。それとも今朝私にそう言って
から、この夜までの間に彼女は眠り、エキドナが見る夢とシンクロして母親殺しを
追体験したというのか。
クス、クス、クス……
コン、コン、コン……
忍び笑いと、咳の音が交互に聞こえる。
「わたしは、嘘なんてついてないわ。ただあなたが『母親を殺す夢を見たか』と聞
 くから『見てない』と言っただけよ」
「それのどこが嘘じゃないって言うんだ。おまえも刃物で切りつける夢を見ている
 じゃないか」
声を荒げかける私に、淡々とした声が諌めるように降って来る。
「わたしが見ていた夢は、『知らない女を殺す夢』よ」
なに?
予想外の答えに私は一瞬思考停止状態に陥る。
「月曜日だったかしら、それとも火曜日だったかな? チェーンを外して、ドアか
 ら首を出す見覚えのない女の首筋に刃物で切りつける夢を見たのよ。一度見てか
 らは毎日。他のみんなはそれが母親の顔だと思っているみたいね」
どういうことだ? 間崎京子だけは、夢の中で殺した相手が母親ではないと言うの
か? 何故だ。
「おかしいと思わない? 夢に出てくるチェーンのついたドアだとか、それに手を
 伸ばして背伸びをする感覚は、みんな実際の自分のものではない、言うならば個
 を超越した共通言語として出て来るのに、殺した相手の顔だけは現実の自分の母
 親の顔だなんて」
待て。それについては考えたことがある。私はこう思ったのだ。


84 :師匠コピペ17:2008/10/27(月) 10:53:15 ID:SNTEH34B0


296 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 03:03:27 ID:ScuN9+/G0
『……それは"母親"というイメージそのものを知覚し、朝起きてからそれを思い出
 そうとしたときに自分の中の母親の視覚情報を当てはめて、記憶の中で再構築が
 行われているということなのかも知れない』と。
「チェーンのついたドア」や「届かない手」という記号が、そのままの姿でもその
本質を見失われないのに対し、「母親」という記号が、もし仮に別の知らない女の
顔で現れたとしたならば、それは本質を喪失し私たちにその意味を理解させること
さえ出来ないに違いない。
「母親」であるために、母親の仮面を被っていたのだ。
では、間崎京子の見た「知らない女」とは……
「わたしに、母親を殺す夢なんて見られるわけがないわ。だって、わたしはママの
 顔、知らないんですもの」
静かに、彼女はそう言った。
「ママはわたしが生まれる時に死んだわ。家には写真も残っていない」
受話器から淡々と陶器が鳴るような声が聞こえて来る。
「見たことはなくても、あんな醜い顔の女が、わたしのママではないことくらい分
 かるわ」
自分の美貌のことを暗に言いながら、それを鼻にかけるような嫌味さを全く感じさ
せない自然な口調だった。
間崎京子のケースは、母親と別居しているというポルターガイスト現象の経験者で
もあった先輩とは、明らかにその背景が異なっている。
先輩は家にいないはずの母親を殺す夢を、『ありえない夢』と称したけれど、殺す
相手の顔は「母親」の顔として認識している。
今現実に母親がいなくとも、その顔を知ってさえいれば良いのだ。
間崎京子はその顔すら知らず、「知らない女」が「母親」という意味を持つための
仮面を被せることが出来なかったのだ。
ならば、間崎京子の夢に現れた女こそ、エキドナに殺意を抱かせた母親そのものな
のではないのか。「母親」という仮面の下の、素顔だ。
「そう。その女が、怪物たちの母親の母親。罪深いガイアね」


85 :師匠コピペ18:2008/10/27(月) 10:55:09 ID:SNTEH34B0


299 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 03:05:39 ID:ScuN9+/G0
捕まえた。
ついに捕まえた。間崎京子にさえ協力してもらえれば、エキドナは見つけられる。
あるいは、今日訪ねて回った家々の主婦たちの中の誰かがその母親だったのかも知
れない。
「その女の顔は、まだはっきり覚えているか」
拝むような私の問い掛けに、彼女は優しい口調で答えた。
「覚えているわ。似顔絵を描きましょうか。わたし、絵は得意なのよ」
良し。良し!
私は思わず受話器にキスしそうになる。案外いいヤツじゃないか。間崎京子は。
そんなことを頭の中で叫んでいた。後にして思うと、我ながら単純だったと思う。
「どっちにしても明日ね。こんな夜には探せないわ。明日、絵を描いていくから」
またコン、コン、という咳が漏れる。
「ああ、ありがとう。無理しなくてもいから。身体に気をつけて」
じゃあ、明日学校で。
そう言って私は受話器を置いた。
明日だ。
明日には見つけられる。目を閉じて、それをイメージする。
「ムリしなくてもいいから。カラダに気をつけてぇ」
声に振り向くと、妹が廊下でくねくねと身体を揺らしながら私の物真似をしていた。
オトコとの電話だと邪推しているようだ。エキドナだとか母親殺しだとかの怪しげ
な部分は聞かれていないらしい。
「もう寝ろ、ガキ」
「自分だってまだ子どもじゃん」
「キャミソール返せ」
「あ、やだ、もうちょい貸して」
そんなくだらないやりとりをしたあと、私は部屋に戻った。
疲れた。
ばたりとベッドに倒れ込む。


86 :師匠コピペ19:2008/10/27(月) 10:57:03 ID:SNTEH34B0


302 怪物 「結」上 ラスト  ◆oJUBn2VTGE ウニ では今夜また  2008/08/03(日) 03:08:43 ID:ScuN9+/G0
転がって仰向けに姿勢を変えてから、今日あったことを順番に思い出してみる。
2度目の『母親を殺す夢』。学校での情報収集。円形の地図の完成。先輩を怒らせ
たこと。中心地の聞き込み。無駄足。買ったままの鋏。鋏の消えた街。間崎京子と
の電話……
(そういえば、先輩の部屋にも鋏があったな)
先輩がサイ・ババの真似をしていたときに手に持っていた鋏。テーブルの上に無造
作に置かれていたものだったけれど、手のひらから(私には服の裾からにしか見え
なかったが)宝石や灰を出してみせるという奇蹟の再現をするのに、隠しにくい鋏
は適切な物だっただろうか。消しゴムやなんかの方が、よほど上手く出来るだろう。
(新品に見えたけど、あの鋏もなんとなく買ったのかな)
何故それが要るのか、深く考えもしないで……
ふと、電話で注意した方がいいだろうか、と思った。
いや、駄目だな。夕方に怒らせたばかりだし、こんなに遅い時間に電話してまた変
な話をしたのでは、きっとまともに聞いてくれないだろう。
あれ? そう言えば、私もまだ持ってたな、鋏。
机の引き出しのどこかに、昔から使ってるやつがあるはずだ。
あれも捨てて来た方が良かったかも。
あ……でも眠いや……
明日にしよう……
明日に……

眠りに落ちた。


87 :師匠コピペ20:2008/10/27(月) 10:59:20 ID:SNTEH34B0
324 怪物 起承転「結」下  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:31:29 ID:ScuN9+/G0

  暗い。暗い気分。泥の底に沈んでいく感じ。
  私は、やけに暗い部屋に一人でいる。
  散らかった壁際に、じっと座ってなにかを待っている。
  やがて外から足音が聞こえて私は動き出す。玄関に立ち、ドアに耳をつけて息
  を殺す。
  暗い気持ち。殺したい気持ち。  
  足音が下から登ってくる。
  私はその足音が、母親のだと知っている。
  やがてその音がドアの前で止まる。ドンドンドンというドアを叩く振動。
  背伸びをして、チェーンを外す。
  そしてロックをカチリと捻る。
  手には硬い物。私の手に合う、小さな刃物。  
  ドアが開けられ、ぬうっと、青白い顔が覗く。
  母親の顔。見たことのない表情。見たくない表情。
  ドアの向こう、母親の背中越しに月。真っ黒いビルのシルエットに半分隠れて
  いる。
  どこかから空気が漏れているような音がする。それは私の息なのだろうか。
  いや、私の身体にはきっとどこかに知らない穴が開いていて、そこから隙間風
  が吹いているんだろう。  
  私は入り込んでくる顔に、話しかけることも、笑いかけることも、耳を傾ける
  こともしなかった。
  ただ手の中にある硬い物を握り締め、暗い気持ちをもっと暗くして。

「……ッ」
悲鳴が聞こえた。
それは私が上げたのだと気づく。
動悸がする。息が苦しい。
夢だ。夢を見ていた。
身体を起こす。ベッドの上。
天井から降り注ぐ光が眩しい。明かりがついたままだ。

88 :師匠コピペ21:2008/10/27(月) 11:01:25 ID:SNTEH34B0


325 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:34:33 ID:ScuN9+/G0
時計を見る。夜中の1時半。服を着たままいつの間にか寝てしまっていた。手には
じっとりと汗をかいている。まだなにか握っているような感覚がある。何度か手の
ひらを開いたり閉じたりしてみる。
辺りを見回すが、特に異変はない。粟立つような寒気だけが身体を覆っている。
そのとき、床に置いたラジオから奇妙な声が聞こえてきた。
ひどく間延びした音で、笑っているような感じ。
夜の家は静まり返っている。カーテンを閉めた2階の窓の向こうからもなんの音も
聞こえない。
ただラジオだけが、間延びした笑い声を響かせている。
私は思わずコンセントに走り寄り、コードを引き抜いた。
ぶつりとラジオは黙る。
つけてない。私は眠る前に、ラジオなんてつけてない。
なんなのだ、これは。
家電製品の異常。まるでポルターガイスト現象だ。
私は机の引き出しを恐る恐る開け、乱雑に詰め込まれた文房具の中から鋏を探し出
した。
中学時代から使っている小ぶりな鋏。手に持ってみたが、特におかしな所はない。
ひとまずホッとして引き出しを閉める。
どういうことだろう。
今までの夢は明け方、目覚める直前に見る明晰な夢だった。他の人たちの体験談も
一様に同じだ。しかし今のは1回目か2回目のレム睡眠時の夢だ。今までだって本
当はこの、眠りについてあまり経っていない時間帯にも同じ夢を見ていたのかも知
れない。ただ忘れてしまっているだけで。
でもさっきのリアルさはなんだ? 明らかに今までの夢とは違う。鋏を握る感触も
はっきり残っている。
私は左手で自分の顔を触った。そしてこう思う。
(こっちが夢なんてことはないよな)


89 :師匠コピペ22:2008/10/27(月) 11:04:21 ID:SNTEH34B0
326 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:38:47 ID:ScuN9+/G0
母親に鋏を突き立てようとしている少女こそが本当の私で、今こうして考えている
私の方が彼女の見ている夢なんていうことは……
なんだっけ、こういうの。漢文の授業で聞いたな。胡蝶の夢、だったか。
ありえない、と首を振る。
だが少なくとも、今までの夢とは緊迫感が違った。恐怖心のあまり途中で目覚めて
しまったのだから。
(夢……だよな)
私は恐ろしい想像をし始めていた。真夏の夜の部屋の中が冷たくなって来たような
錯覚を覚える。
これまでのは、焦点となっているその少女の見ていた殺意に満ちた夢が夜の街に漏
れ出したもので。今見たのは、現実のドス黒い殺意がリアルタイムで私の頭に干渉
していたのではないか、という想像を。
だとしたら、さっきの光景の続きは?
もし夢を見ながら彼女の殺意に同調していた街中の人間たちが、私のようにあのタ
イミングで目覚めていなかったとしたら?
私は居ても立ってもいられなくなり、部屋の中をぐるぐると回った。
油断なのか。もう明日にも手が届くと思ってだらしなく寝てしまった私のせいなの
か。
でもなにが出来たって言うんだ。あんな遅くに間崎京子の家まで行って似顔絵を描
かせ、それを手にまたあの住宅街を聞き込みすれば良かったのか?
せめて家の場所が特定できれば……
そう考えたとき、私は視線を斜め下に向けた。
待て。
ドアの向こうの景色。月が半分隠れていたビルのシルエット。夢の中の視線。
あのビルは知っているぞ。
市内に住む人間ならきっと誰でも知っている。一番高いビルなのだから。
ビルの位置と、月の位置。それが分かるなら、場所が、それらが玄関の中からドア
越しに見えている家が、ほぼ特定出来るかも知れない!


90 :師匠コピペ23:2008/10/27(月) 11:07:37 ID:SNTEH34B0


327 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:42:10 ID:ScuN9+/G0
私は部屋を飛び出した。
そして階段を降りながら、眠っている家族を起こさないようにその勢いを緩める。
家の中は静まり返っていて、父親のいびきだけが微かに聞こえてくる。
私は玄関に向かおうとした足を止め、客間の方を覗いてみた。
いつもは2階で寝ている母親だが、最近は寝苦しいからと言って風通しの良い客間
で寝ているのだ。
襖をそっと開け、豆電球の下で掛け布団が規則正しく上下しているのを確認する。
良かった。何事もなくて。
そして踵を返そうとしたとき、暗がりの中、鈍く光るものに気がついた。
それは私の右手に握られている。さっきから右手が妙に不自由な感じがしていた。
なのに、何故かそれに気づかず、目に入らず、あるいは目を逸らし、気づかないふ
りをして、ずっとここまで持って来ていた。
鋏だ。
机の引き出しを閉めながら、鋏は仕舞わなかったのだ。右手に持ったままで。
逆再生のようにその記憶が蘇る。
全身の毛が逆立つような寒気が走り、ついで、目の前が暗くなるような眩暈がして、
私は鋏をその場に落っことした。鋏は畳の上に小さな音を立てて転がり、私は後も
見ずに玄関の方へ駆け出す。叫びたい衝動を必死で堪える。
ギィ、というやけに大きな音とともにドアが開き、湿り気を含んだ生暖かい夜気が
頬を撫でた。
外は暗い。
玄関口に据え置きの懐中電灯を手にして、駐車場へ向かう。そして自転車のカゴに
それを放り込んで、サドルを跨ぐ。
始めはゆっくり、そしてすぐに力を込めて、ぐん、と加速する。
(鋏を持ってた! 無意識に!)
混乱する頭を風にぶつける。いや、風がぶつかって来るのか。
私は今、自分がしていることが、すべて自分自身の意思によるものなのか分からな
くなっていた。


91 :師匠コピペ24:2008/10/27(月) 11:10:00 ID:SNTEH34B0


330 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:45:12 ID:ScuN9+/G0
もうたくさんだ。こんなこと。もうたくさんだ。
寝静まる夜の街並みを突っ切って自転車を漕ぎ続ける。空は晴れていて、遥か高い
所にあるわずかな雲が月の光に映えている。この同じ空の下に、目に見えない殺意
の手が、無数の枝を伸ばすように今も蠢いているのか。
それに触られないように、身を捩りながら、前へ前へと漕ぎ進む。
と――――
耳の奥に、風の音とは違うなにかが聞こえて来た。
聞き覚えのあるような、ないような、音。人を不安な気持ちにさせる音。
夜の、電話の音だ。
自転車のスピードを落とす私の目の前に、暗い街灯がぽつんとあるその向こう、公
衆電話のボックスが現れた。
音はそのボックスから漏れている。DiLiLiLiLiLiLi……DiLiLiLiLiLiLi……と、息
継ぎをするようにその音は続く。
ばっく、ばっく、と心臓が脈打つ。
お化けの電話だ。
そんな言葉が頭のどこかで聞こえる。
誰もいない、夜の電話ボックス。
私は自転車を脇に止め、なにかに魅入られたようにフラフラとそれに近づいていく
自分を、どこか現実ではないような気持ちで、まるで他人ごとのように眺めていた。
擦れるような音を立てて内側に折れるドア。中に入ると自然にドアは閉まり、緑色
の電話機が天井の蛍光灯に照らされながら、不快な音を発している。
私はそろそろと右手を伸ばし、受話器を握り締める。
フックの上る音がして、Lin、という余韻を最後に呼び出し音は途絶える。
この受話器の向こうにいるのは誰だろう?
そんなぼんやりした思考とは別に、心臓は高速で動き続けている。
「もしもし」
声が掠れた。もう一度言う。
「もしもし」
受話器の向こうで、笑うような気配があった。

92 :師匠コピペ25:2008/10/27(月) 11:12:44 ID:SNTEH34B0
331 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:48:13 ID:ScuN9+/G0

「……行ってはいけない」
この声は。
そう思った瞬間、脳の機能が再起動を始める。
間崎京子だ。この向こうにいるのは。
「鉱物の中で眠り、植物の中で目覚め、動物の中で歩いたものが、ヒトの中でなに
 をしたか、わかって?」
冷え冷えとした声が、ノイズとともに響いてくる。
「何故だ。どうやってここに掛けた」
沈黙。
「お前も見たのか。あの夢を。行くなとはどういうことだ」
コン、コン、コン、とせせら笑うような咳が聞こえる。
「……その電話機の左下を見て」
言われた通り視線を落とす。そこには銀色のシールが張ってあり、電話番号が記さ
れている。この電話機の番号だろうか。
「みんな案外知らないのね。公衆電話にだって、外から掛けられるわ」
その言葉を聞きながら、私は頭がクラクラし始めた。思考のバランスが崩れるよう
な感覚。この電話の向こうにいるのは、生身の人間なのか? それとも、人の世界
には属さないなにかなのか。
「夢を見て、あなたがそこへ向かうことはすぐに分かったのよ。そしたら、その電
 話ボックスの前を通るでしょう。一言だけ、注意したくて、掛けたの」
「どうして番号を知っていた」
「あなたのことなら、なんでも知ってるわ」
あらかじめ調べておいたということか。いつ役に立つとも知れないこんな公衆電話
の番号まで。
「行ってはいけない。わたしも、少し甘く見ていた」
「なにをだ」
再び沈黙。微かな呼吸音。
「でもだめね。あなたは行く。だから、わたしは祈っているわ。無事でありますよ
 うにと」
通話が切れた。

93 :師匠コピペ26:2008/10/27(月) 11:13:56 ID:SNTEH34B0


334 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:53:57 ID:ScuN9+/G0
ツー、ツー、という音が右耳にリフレインする。
私は最後に、言おうとしていた。電話を切られる前に、急いで言おうとしていた。
そのことに愕然とする。
いっしょにきて。
そう言おうとしていたのだ。
頼るもののないこの夜の闇の中を、共に歩く誰かの肩が、欲しかった。
受話器をフックに戻し、電話ボックスを出る。
少し離れた所にある街灯が、瞬きをし始める。消えかけているのか。私は自転車の
ハンドルを握る。
行こう。一人でも、夢の続きを知るために。
自転車は加速する。耳の形に沿って風がくるくると回り、複雑な音の中に私を閉じ
込める。
振り向いても電話ボックスはもう見えなくなった。離れて行くに従って、さっきの
電話が本当にあった出来事なのか分からなくなる。
何度目かの角を曲がり、しばらく進むと道路の真ん中になにかが置かれていること
に気がついた。
速度を緩めて目を凝らすと、それはコーンだった。工事現場によくある、あの円錐
形をしたもの。パイロン、というのだったか。
道路の両側には民家のコンクリート塀が並んでいる。ずっと遠くまで。アスファル
トの上に、ただ場違いに派手な黄色と黒のコーンがひとつ、ぽつんと置かれている
だけだ。当然、向こうには工事の痕跡すらない。誰かのイタズラだろうか。
その横をすり抜けて、さらに進む。
500メートルほど行くとまた道路の真ん中に三角のシルエットが現れた。またコ
ーンだ。
避けて突っ切ると、今度は10秒ほどで次のコーンが出現する。通り過ぎると、ま
たすぐに次のコーンが……
それは奇妙な光景だった。


94 :師匠コピペ27:2008/10/27(月) 11:16:18 ID:SNTEH34B0
337 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 22:57:27 ID:ScuN9+/G0

人影もなく、誰も通らない深夜の住宅街に、何らかの危険があることを示す物が整
然と並んでいるのだ。だが行けども行けどもなにもない。ただコーンだけが道に無
造作に置かれている。
段々と薄気味悪くなって来た。あまり考えないようにして、ホイールの回転だけに
意識を集中しようとする。
だが、その背の高いシルエットを見たときには心構えがなかった分、全身に衝撃が
走った。
今度はコーンではない。細くて長く、頭の部分が丸い。道でよく見るものだが、
それが真夜中の道路の真ん中にある光景は、まるでこの世のものではないような違
和感があった。
『進入禁止』を表す道路標識が、そのコンクリートの土台ごと引っこ抜かれて道路
の上に置かれているのだ。
周囲を見回しても元あったと思しき穴は見つからない。いったい誰が、そしてどこ
から運んで来たというのか。
ゾクゾクする肩を押さえながら、『進入禁止』されているその向こう側へ通り抜ける。
これもポルターガイスト現象なのか?
しかしこれまでに起きた怪現象たちとは、明らかにその性質が異なっている気がす
る。石の雨や、電信柱や並木が引き抜かれた事件、中身をぶちまけられる本棚やビ
ルの奇妙な停電などは、"意図"のようなものを感じさせない、ある意味純粋なイタ
ズラのような印象を受けたが、この道に置かれたコーンや道路標識は、その統一さ
れた意味といい、執拗さといい、何者かの"意図"がほの見えるのである。
く・る・な。
その3音を、私は頭の中で再生する。
ポルターガイスト現象の現れ方が変わった。それが何故なのか分からない。現れ方
が変わったと言うよりも、「ステージが上った」と言うべきなのか。これでは、R
SPK、反復性偶発性念力などという代物ではない。もっと恐ろしいなにか……
私は吐く息に力を込める。目は前方を強く見据える。怖気づいてはいけない。
ビュンビュンと景色は過ぎ去り、放課後に訪れたオレンジの円の中心地である住宅
街へ到着する。結局、道路標識はあれ以降出現しなかった。言わば最後の警告だっ
た訳か。

95 :師匠コピペ28:2008/10/27(月) 11:18:24 ID:SNTEH34B0


340 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:01:58 ID:ScuN9+/G0
私は夜空を仰ぎ、月の光に照らされたビルの影を探す。
この街で一番高い影だ。
そして月がそのビルに半分隠れるような視点を求めて、息を殺しながら自転車をゆ
っくりと進める。
動くものは誰もいない。ほとんどの家が寝静まって明かりも漏れていない。様々な
形の屋根が、黒々とした威容を四方に広げている。
やがて私は背の低い垣根の前に行き着いた。街にぽっかりと開いた穴のような空間。
向こうには銀色の街灯が見える。遮蔽物のない場所を選んで通るのか、風が強くな
った気がする。
公園だ。
私は胸の中に渦巻き始めた言いようのない予感とともに、自転車を入り口にとめ、
スタンドを下ろしてから公園の中に足を踏み入れた。
靴を柔らかく押し返す土の感触。銀色の光に暗く浮かび上がる遊具たち。見上げて
も月はビルに隠れていない。ここではない。けれど今、私の視線の先には、街灯の
下に立つ二つの人影があるのだ。
ごくり、と口の中のわずかな水分を飲み込む。
人影たちも近づいて行く私に明らかに気づいていた。こちらを見つめている複数の
視線を確かに感じる。
風が耳元に唸りを上げて通り過ぎた。
「また来たよ」影の一つが口を開いた。「どうなってるんだ」
ようやくその姿形が見えて来た。眼鏡を掛けた男だ。白いシャツにスラックス。ネ
クタイこそしていないが、サラリーマンのような風貌だった。神経質そうなその顔
は、30歳くらいだろうか。
「こんな時間に、こんな場所に来るんだから、私たちと同じなんでしょうね」
声は若いが、外見は50過ぎのおばさんだった。地味なカーキ色の上着に、スカー
ト。小太りの体型は、不思議と私の心を和ませた。
「あの、あなたたちは、なにを……」
そこまで言って、言葉に詰まる。


96 :師匠コピペ29:2008/10/27(月) 11:20:17 ID:SNTEH34B0


342 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:05:41 ID:ScuN9+/G0
「だから、言ってるでしょ。同じだって。あんたも見たんだろ、アノ夢を」
真横から聞こえたその声に驚いて顔をそちらに向ける。
小さな鉄柵の向こうにブランコがひとつだけあり、そこにもう一人の人物が腰掛け
ていた。キィキィと鎖を軋ませながら足で身体を前後に揺すっている。
「あんた、高校生?」
馬鹿にしたような言葉がその口から発せられる。目深にキャップを被っているが、
若い女性であることは、声と服装で分かる。太腿が出たホットパンツにTシャツと
いう、涼しげな格好。あまり上品なようには見えない。
「ま、ここまでたどり着いたってことはタダモノじゃない訳だ」
意味深に笑う。
私の体内の血液が徐々に加熱されていく。
同じなのだ。この人たちは。私と。
彼らは街で起こった怪奇現象と母親殺しの夢の秘密を解いて、ここに集った人間た
ちなのだ。
得体の知れない不吉さと不安感に駆られて動き回った数日間が、絶対的に個人的な
体験だったはずの数日間が、並行する複数の人間の体験と重なっていたということ
に、歓喜と寒気と、そして昂揚を覚えていた。
「あなた、さっきの夢は、どこまで?」
おばさんがこちらを向いて聞いてきた。私はありのままに話す。
「やっぱり」少し残念そう。「みんな同じ所までで目が覚めてるのね」
「も、もういいよ。ここでいつまでも話してたってしょうがないだろ」
眼鏡の男が手を広げて大げさに振った。
「でもねぇ、これ以上はどうやっても探せないのよね」おばさんが頬に手のひらを
当てる。「あんな、月とビルの位置だけじゃ、ある程度にしか場所を絞れないし、
時間経っちゃったから、余計に分かんないのよね」
「こうしてたって、余計分かんなくなるだけじゃないか」
「そうよねえ。取り合えず、近くまで行けばなにか分かるんじゃないかと思ったん
 だけど……」


97 :師匠コピペ30:2008/10/27(月) 11:22:05 ID:SNTEH34B0


345 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:09:57 ID:ScuN9+/G0
そんな言い合いを聞きながら、私の脳裏には先週の漢文の授業で先生が教えてくれ
た「シップウにケイソウを知る」という言葉が浮かび上がっていた。確か、強い風
が吹いて初めて風に負けない強い草が見分けられるように、世が乱れて初めて能力
のある人間が頭角を現すというような意味だったはずだ。
昼間には無数の人々が行き来するこの街で、誰もかれも自分たちのささやかな常識
の中で呼吸をしながら暮らしている。それが例え、日陰を選んで歩く犯罪者であっ
たとしても。けれど、そんな街でもこうして夜になれば、常識の殻を破り、この世
のことわりの裏側をすり抜ける奇妙な人間たちが蠢き出す。普段は、お互いに道で
すれ違っても気づかない。それぞれがそれぞれの個人的な世界を生きている。
それが今はこうして、同じ秘密を求めてここにいるのだ。のっぺりとした匿名の仮
面を外して。
私はそのことに言い知れない胸の高鳴りを覚えていた。
「4人もいたら、なにか良い知恵が浮かんできそうなものなのにね」
おばさんがため息をつく。
キャップ女が鼻で笑うように「4人だって? 5人だろ」と指をさした。
みんながそちらを見る。大きな銀杏の木がひとつだけ街灯のそばに立ってる。その
木の幹の裏に隠れるように、白い小さな顔がこちらを覗いていた。
私はそれが生きている人間に思えなくて、髪の毛が逆立つようなショックがあった。
けれどその顔が、驚きの表情を浮かべ、恥ずかしそうに木の裏に隠れたのを見て、
おや? と思う。
「え? あら。女の子?」
おばさんが甲高い声を上げる。
「お、おいおい。いつからいたんだ。全然気づかなかったぞ」と眼鏡の男が呟いて、
額の汗をハンカチで拭う。
「ねぇ、あなた近所の子? こんな遅くに外に出て、だめじゃないの」
おばさんが優しい声で呼び掛けると、顔を半分だけ出した。10歳くらいだろうか。
「あら、この子、外人さんの子どもかしら」
言われて良く見ると、眼球が青く光っている。街灯の光の加減ではないようだ。


98 :師匠コピペ32:2008/10/27(月) 11:34:19 ID:IsGl4y7f0
346 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:13:44 ID:ScuN9+/G0
「帰った方がいい。ここは危ない」
眼鏡の男が早口でそう言い、近寄ろうとする。女の子はまた木の裏側に隠れた。男
が腕を前に伸ばしながら、回り込もうとする。すると、その子はその動きに沿って
ぐるぐると反対側に回る。
「あれ、なんだこいつ。なに逃げてんだよ、おい」
眼鏡の男が苛立った声を上げるのを、ブランコに揺られながらキャップ女がせせら
笑う。
「あんたロリコン?」
「うるさい」
「ちょっと、やめなさいよ。怯えてるじゃないの」
おばさんが男をなだめる。
「大したものだな。この子、この歳であたしたちと同じモノ見てるんだよ」
キャップ女の口の端が上る。
そんなバカな。こんな小さな子どもが、私と同じことを考えてここまでやって来た
というのだろうか。
そう思ったとき、私の耳がある異変をとらえた。
「し」と誰かが短く言う。
息を呑む私たちの耳に、鳥の鳴き声のようなものが聞こえて来た。
ギャアギャアギャア……
カラスだ。
私はとっさにそう思った。公園の中じゃない。
全員が身構える。
鳴き声は次第に小さくなり、やがて聞こえなくなった。
ブランコが錆びた音を立ててキャップ女が降りて来る。
「なんて言ったと思う?」誰にともなく、そう問い掛ける。
「警戒せよ、だ」
彼女は私の顔を見てそう言った。なぜかデジャヴのようなものを感じた。
足音を殺して、全員が公園の出口に向かう。行動に転じるのが早い。躊躇わない。



99 :師匠コピペ33:2008/10/27(月) 11:35:38 ID:IsGl4y7f0


351 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:19:15 ID:ScuN9+/G0
私も深呼吸をしてからそれに続く。
公園の敷地を出てから、すぐにアスファルトを擦る靴の音がやけに大きく響くこと
に気づく。眼鏡の男の革靴だ。みんな足音を殺しているのに。
複数の睨むような視線に気づきもしない様子で、彼は先頭を切って公園に面した道
路を右方向へと進む。月の光に照らされる誰もいない夜の道を、5つの影が走り抜
ける。5つ? 振り向くと、小さな少女が厚手の服をヒラヒラさせながら、少し離
れてついて来ている。
青い眼が月光に濡れたように妖しく輝いて見える。
あれも肉体を持った人間なのだろうか。なんだかこの夜の街ではすべてが戯画のよ
うに思える。そしてこれから、なにかもっと恐ろしいものを見てしまうような気が
して足を止めたくなる。それは、昼と地続きの夜を生きる人にはけっして見えない
もの。引き抜かれた道路標識などとはまた違う、自分の中の良識を一部、そして確
実に訂正しなくてはならないような、そんなものを。
私はいつのまにか現実と瓜二つの異界に紛れ込んでいるのではないだろうか。慎重
に足を動かしながらそんなことを考える。
細長い緑地が住宅地の区画を分けていて、その一段高い舗装レンガの歩道の上に大
きな木が枝を四方に張っていた。生い茂る葉が月を覆い隠し、その真下に出来た闇
に紛れるように小動物の蠢く影が見えた。
立ち止まる私たちの目の前でギャアギャアという不快な声を上げ、その影がふたつ
飛び立った。
カラスだ。2羽は鈍重な翼を振り乱して、あっというまに夜の空へ消えて行く。
私たちは息を潜めてカラスたちがいた場所を覗き込む。暗がりに、それはいる。
ああ。やはりこちらが夢なのかも知れない。私の知っている世界では、こんなこと
は起きない。
「エエエエエエエ……」
弱弱しい声を搾り出すようにして、身を捩じらせる。それは、まるで巣から落ちて
しまったカラスの雛のように見えた。さっきの2羽が心配して覗き込んでいた両親
だろう。けれどあの悲鳴のような鳴き声は、我が子を案じる親のそれではなかった。


100 :師匠コピペ34:2008/10/27(月) 11:37:06 ID:IsGl4y7f0


354 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:21:38 ID:ScuN9+/G0
警戒せよ。警戒せよ。この異物を、警戒せよ。
そう言っていたような気がする。
「エエエエエエエ……」
そんな力ない呻きが、ありえないほど小さな人間の顔から漏れる。赤ん坊のような
その顔の下には、薄汚れた羽毛に包まれたカラスの雛の胴体がくっ付いている。
それは生きていること自体が耐えられない苦痛であるかのように小さな身体をくね
らせて、レンガの上を這いずっている。
それを見下ろしている誰もが息を呑み、動けないでいた。
掠れながら呻き声は続く。私の知るそれより、はるかに小さい赤ん坊の顔は、閉じ
られた目から涙を流しながらクシャクシャと歪んで小刻みに震えている。
やがてその呻き声が少しずつ変調し、聞こえる部分と聞こえない部分が生まれ始める。
「こ、これは、おい、なんだ、これは……」
眼鏡の男が口を押さえて震えている。
「黙りなさい」
その隣でおばさんが短く、しかし強い口調で言う。
風が吹いて頭上の葉がざわめいた。声が聞こえなくなり、私たちは自然と顔を近づ
ける。
「…………か…………い…………に……………」
赤ん坊の頭部を持つそれは、呻きながら同じ言葉を繰り返し始めた。
なんと言っている? 耳を澄ますけれど、目に見えない誰かの手がその耳を塞ごう
としている。いや、その手は私の中の危険を察知する敏感な部分から、伸びている
のかも知れない。
でももう遅い。聞こえる。
か・わ・い・そ・う・に。
そう言っているのが、聞こえる。
涙を流し、苦痛に身を悶えさせながらそれは、かわいそうに、かわいそうに、とい
う言葉を繰り返しているのだ。
「くだん、だ」
眼鏡の男が呆然として呟いた。

101 :師匠コピペ35:2008/10/27(月) 11:39:29 ID:IsGl4y7f0


357 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:25:32 ID:ScuN9+/G0
くだん? くだんというのは確か、人の顔と牛の身体を持つ化け物のことだ。生ま
れてすぐに災いに関する予言を残して死んでしまうという話を聞いたことがある。
人の頭部と、動物の胴体を持っている部分だけしか合っていない。そう言えば最近、
身体が2種類以上の動物で構成された化け物のことを考えたことがあるな。あれは
なんのことだったか。はるか昔のことのように思える。そうだ。あれは間崎京子の
謎掛けだ。共通点はなに? 化け物を生んだのは誰?
思考がぐるぐると回る。
「なにか来る!」
キャップ女の鋭い声に振り向くと、黒い塊がこちらに向かって飛び込んで来た。
一番後ろで屈んでいた青い眼の少女が弾けるようにそれを避け、勢い余って尻餅を
つく。
私を含む他の4人も瞬時に身体を反転させて、その体当たりから身をかわす。
黒い塊は荒い息遣いを撒き散らしながら、歯茎を見せて私たちを威嚇するように唸
り声を上げる。
犬だ。首輪もしていない。野犬だ。
目は血走って、焦点が合っていないように見える。
地面に手をついていた私はすぐに立ち上がり、犬から離れる。他の人たちも後ずさ
りしながら木の下から遠ざかる。おばさんが尻餅をついてまま動けないでいる少女
を抱き起こしながら慌てて逃げ出す。
犬は、離れていく人間には興味を示さずに、舌を垂らしながら木の根元の暗がりへ
首を伸ばした。
そして、ぐるるるる、という唸り声と、肉が咀嚼される気持ちの悪い音が聞こえて
来る。
「く、喰ってる」
10メートル以上離れた場所から、腰の引けた状態の眼鏡の男が絶句する。
もうその木の下からは人の声は聞こえない。ただ肉と骨が噛み砕かれる音だけが夜
陰に篭ったように響いているだけだ。
私はどうしようもなく気分が悪くなり、そちらを正視できないほどの悪寒に全身が
震え始めた。

102 :師匠コピペ36:2008/10/27(月) 11:40:39 ID:IsGl4y7f0


361 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:29:06 ID:ScuN9+/G0
遠巻きにそれを眺めることしか出来ない私たちが動きを止めているその前で、徐々
に犬の立てる物音が小さくなり、やがて湿り気のある呼吸音だけになる。
空腹を収めることが出来たのか、犬は始めとは全く違う緩慢な動きで舌を這わせ、
口の周りを舐め始める。見えた訳ではない。犬は向こうを向いたままだ。ただそう
いうイメージを抱かせる音がピチャピチャと聞こえている。
そしてひとしきり肉食の余韻を味わった後、犬は一声鳴いて木の幹を回り込むよう
にして闇に消えていった。
その最後に鳴いた声は気味の悪い声色で、耳にこびり付いたようにいつまでも離れ
ない。
かわいそうに。
と、私の耳には確かにそう聞こえた。
犬の影が見えなくなると住宅街の中の緑地は静けさを取り戻す。
「なんだったの」おばさんが少女の手を取ったまま声を絞り出し、眼鏡の男が恐る
恐る木の根元に近づいていく。
「喰われてる」
そんな言葉に私も首を伸ばすが、そこには黒い血の染みと散らばった羽毛しか残っ
てはいなかった。
「畸形、だったのか?」自問するように眼鏡の男が口走る。それを受けて、キャッ
プ女が「なわけないだろ」と嘲る。
私もそう思う。畸形だろうがなんだろうが、自然界があんな冒涜的な存在を許すと
は思えなかった。ならば……
「幻覚?」
私の言葉に全員の視線が集まる。
「でも、みんな同じものを見たんだろ。その……くだんみたいなやつを」
「ちょっと待て。あんただけ牛を見たのかよ」キャップ女が突っかかる。
「ち、違う。じゃあなんて言うんだよ、ああいう人間の顔したやつを」
「そう言えば、人面犬ってのが昔いたねぇ」とおばさんが少しずれたことを言う。



103 :師匠コピペ37:2008/10/27(月) 11:42:21 ID:IsGl4y7f0


364 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:32:13 ID:ScuN9+/G0
「くだんなら、予言をするんだろ。戦争とか、疫病とかを」キャップ女が両手を広
げてみせる。
「言ってたじゃないか」
「かわいそうに、が予言か?。いったい誰がかわいそうだっていうんだ」
その言葉に、言った本人も含め、全員が緊張するのが分かった。
ざわざわと葉が揺れる。
そうだ。かわいそうなのは、誰だ?
脳裏に、何度も夢で見た光景が圧縮されて早回しのように再生される。この場所に
来た理由を忘れるところだった。
とっさに空を見る。
月は、雲に隠れることもなく輝いている。
月の位置。そして一番背の高いビルの位置。
近い。と思う。
「月はどっちからどっちへ動く?」と眼鏡の男が周囲に投げ掛ける。
「太陽と同じだろ。あっちからこっちだ」とキャップ女が指でアーチを作る。「あ、
でも1時間に何度動くんだっけ? 忘れたな。あんた、現役だろ?」
いきなり振られて動揺したが、「たぶん、15度」と答える。
「1時間、ちょい過ぎくらいか、今」そう言いながら眼鏡の男が指で輪ッかを作っ
 て月を覗き込む。
「15度って、どんくらいだ」
輪ッかを目に当てたまま呟くが、誰も返事をしなかった。
「でもたぶん、近いわね」とおばさんが真剣な表情で言う。
「手分けして、虱潰しに探すか」眼鏡の男の提案に、賛同の声は上がらなかった。
やがて「こんな時間に一般人を叩き起こして回ったら、警察呼ばれるな」と自己解
決したように溜息をつく。
暫し気分的にも空間的にも停滞の時間が訪れた。
キャップ女とおばさんが、小声でなにかを話し合っている。眼鏡の男はぶつぶつと
独りごとを言っていたが、木の幹に隠れるように寄り添っていた青い眼の少女に向
かって「おまえもなんか言えよ」と投げ掛けた。

104 :師匠コピペ38:2008/10/27(月) 11:43:15 ID:IsGl4y7f0


367 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:37:52 ID:ScuN9+/G0
少女は、身構えたようにじっとしたまま瞼をぱちぱちとしている。
私はさっきのフラッシュバックに引っ掛かるものを感じてもう一度夢の光景を思い
出そうとする。それは些細なことのようで、また同時にとても重要な意味を持って
いるような気がする。
どこだ? 揺らめく記憶の海に顔を漬ける。
刃物の感触? 違う。ロックが外れる音。チェーンを外すための背伸び。叩かれる
ドア。違う。まだ、その前だ。足音。その足音を、母親のものだと知っている。足
音は、下から登ってくる……
ハッと顔を上げた。
確かに、足音は下の方から聞こえて来た。何故それをもっと深く考えなかったのか。
2階以上だ。2階以上の場所に玄関があるということは、集合住宅。マンションか、
アパートか。
私は夜の中へ駆け出した。他の人たちの驚いた顔を背中に残して。
考えろ。フラットな場所の足音ではない。登ってくる音だった。マンションなら、
部屋の中から通路の端の階段を登ってくる足音が聞こえるだろうか。端部屋なら、
可能性はある。でも、例えば、階段が部屋の玄関のすぐ前に配置されているような
アパートなら、もっと……
私の視線の先に、それは現れた。
比較的古い家が並んでいる一角に、木造の小さな2階建てのアパートがひっそりと
佇んでいる。
1階に3部屋、2階にも3部屋。玄関側が道に面している。ささやかな手すりの向
こうにドアが6つ、平面に並んで見える。1階から2階へ上がる階段は、1階の
右端のドアの前から2階の左端のドアの前へ伸びている。赤い錆が浮いた安っぽい
鉄製の階段だ。登れば、カン、カン、とさぞ騒々しい音を立てることだろう。
立ち尽くす私に、ようやく他の人たちが追いついて来た。
「なんなのよ」「待て、そうか、足音か」「このアパートがそうなのか」「……」
アパートに敷地に入り込み、階段のそばについた黄色い電灯の明かりを頼りに、
駐輪場のそばの郵便受けを覗き込む。


105 :師匠コピペ39:2008/10/27(月) 11:44:27 ID:IsGl4y7f0


369 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:39:31 ID:ScuN9+/G0
上下に3つずつ並んだ銀色の箱には、101から203の数字が殴り書きされてい
る。名前は書かれていない。そして101と、201、そして203の箱にはチラ
シの類が溢れんばかりに詰め込まれている。綺麗に片付けられた番号の部屋には、
現在まともに住んでいる入居者がいるということだろう。
2階で綺麗なのは202だけだ。
道理で、母親の足音だと分かったはずだ。階段を登ってくるものは、他にいないの
だろう。
同じようにその意味を理解したらしい人たちの息を呑む気配が伝わって来る。
階段を見上げながらそちらに歩こうとすると、いきなり猫の鳴き声が響いた。
見ると、青い眼の少女の前から1匹の汚らしい猫が逃げて行くところだった。敷地
の隅に設置されたゴミ置き場らしきスペースだ。黒いビニール袋やダンボールが重
ねられている。
青い眼の少女は猫の去ったゴミ置き場から目を逸らさずにじっとしていた。
その異様な気配に気づいた私もそちらに足を向ける。
じっとりと汗が滲み始める。さっき走ったせいばかりではない。暗い予感に空間が
グニャグニャと歪む。私の鼻は微かな臭気を感知していた。肉の匂い。腐っていく
匂い。
ゴミ置き場が近くなったり、遠ざかったりする。雑草が足に絡まって、前に進まな
い。どこからともなく荒い息遣い。そしてその中に混じって、かわいそうに、かわ
いそうに、という声が聞こえる。
幻聴だ。雑草も丈が短い。ゴミ置き場も動いたりなんかしない。
理性が、障害をひとつ、ひとつと追い払っていく。
けれど臭気だけは依然としてあった。
ひときわ中身の詰まった黒いゴミ袋が、スペースの真ん中に捨てられている。
2重、いや3重にでもされているのか、やけにごわごわしている。
誰も息を殺してそれを見つめている。肩が触れないギリギリの距離で、皆が並んで
いる。
胸に杭が断続的に打ち込まれているような感じ。手をそこに当てる。見たくない。

106 :師匠コピペ40:2008/10/27(月) 11:45:43 ID:IsGl4y7f0


371 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:42:37 ID:ScuN9+/G0
でも目を逸らせない。
眼鏡の男が、腰の引けたままゴミ袋の上部に出来た破れ目に指をかける。さっきの
猫の仕業だろうか。
ガサガサという音とともに、中身が月の光の下に現れる。
土気色の肌。
目を閉じたまま、口を半開きにした幼い女の子の顔が、ゴミ袋の破れ目から覗いて
いる。生きている人間の顔ではなかった。
それを見た瞬間、全身の血が沸騰した。
足が土を蹴り、無意識に階段の方へ駆け出す。
けれど次の瞬間、前に回りこんだ何者かの手に肩を押さえられる。遠慮のない力だ
った。目の前に顔が現れる。目深に被ったキャップの下の険しい表情。
「落ち着け」
その言葉が私に投げ掛けられるすぐ横を、眼鏡の男がなにか喚きながら駆け抜けよ
うとする。
キャップ女は間髪要れずに右足を引っ掛け、眼鏡の男はその場に転倒した。
「なにするのよ」とおばさんが叫んで、私の背中を押す。その力は私の前進しよう
とする力と併わさり、じりじりとキャップ女は後退を始める。
「落ち着け。なにをする気だ」
なにをする気? 決まってる。報復をしなければいけない。同じ目に遭わせてやる。
子どもをゴミ同然に捨てながら、202号室のドアの向こうにのうのうと生きてい
るあの母親を。
「どきなさいよ」とおばさんが上ずった声でキャップ女を怒鳴りつける。
すぐ横では眼鏡の男が立ちあがろうとする。
「クソッ」と呻きながら、キャップ女が右足を跳ね上げ、男の顔面を蹴った。ジャ
ストミートはしなかったが、眼鏡が弾けるように宙に飛んで草むらに消えた。
「うわっ」と、眼鏡の男は両手で顔を押さえる。
足を上げたせいでバランスを崩したキャップ女が体勢を立て直す前に、私は掴まれ
た肩を振りほどきながら一気に突進した。

107 :師匠コピペ41:2008/10/27(月) 11:47:01 ID:IsGl4y7f0


373 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:44:55 ID:ScuN9+/G0
一瞬、押し返されるような強い反動があったが、堰が切れるようにその壁が崩れる。
3人が絡み合うようにひっくり返り、勢いあまったキャップ女の側頭部が階段の基
部のコンクリートに叩きつけられるのが目に入った。
私も地面に肘を強く打っていた。痛みに顔を顰めるが、すぐに立ちあがろうとする。
でもなにかが太腿の裏に乗っている。邪魔だ。おばさんの胴体か。「アイタタタタ」
じゃない。すぐに部屋に行かないと。この頭を掻き回すざわめきが、どこかに去っ
ていってしまう気がして。
いきなり服を引っ張られた。後ろからだ。首を廻すと、青い眼の少女が震えながら
私の上着を両手で掴んでいる。頭を振って、なんらかの否定の意を表現しようとし
ている。
「離せ」
そう口にした瞬間、なにか蛇のようなものが首の根元に絡みついた。ついで、ぴた
りとその本体が私のうなじのあたりに接着する。
「悪いね」
そんな言葉が耳元で囁かれ、絡みついたものが私の首を締め上げる。狙いは気道で
はない。頚動脈だ。
とっさに腕を背後に回そうとするが、もっと力の強い別のなにかが私の胴体ごと腕
を挟み込む。
意識が遠のいていく。夜空には月が冷え冷えと輝いている。星はあまり見えない。
暗い。月も暗くなっていく。苦しいけれど、少し心地よい。
そこで世界はぶつりと途絶えた。


目が覚めたとき、私はベンチで横になっていた。額の上に水で濡れたハンカチが乗
っている。指で摘みながら身体を起こすと、銀色の光が目に入った。
公園だ。辺りは暗い。街灯に照らされた大きな銀杏の木の影がこちらに伸びて来て
いる。キィキィとブランコが揺れる音がする。
「起きたな」


108 :師匠コピペ44:2008/10/27(月) 12:30:42 ID:sjwohlYO0


377 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:47:21 ID:ScuN9+/G0
ブランコが止まり、そちらからいくつかの影が歩み寄ってくる。
「良かった。なかなか気がつかないからどうしようかと思ったのよ」おばさんがホ
ッとしたような顔で言った。
「だから言ったろ。寝てるだけだって」
キャップ女が疲れたような動きで右手を広げる。
じわじわと記憶が蘇って来た。そうだ。私は、裸締めで落とされたのだ。彼女に。
私は目を閉じ、ドス黒い感情が身体の中に残っていないのを確認する。あれほど目
標を破壊したかった衝動がすべて体外に流れ出してしまったかのように、すっきり
とした気分だった。
「ぼ、僕たちはあの子の思念に同調しすぎたんだ」と眼鏡の男が言った。「あ、あ
やうく、人殺しをさせられるところだった」
「ほんと勘弁して欲しいよ。3対1だったんだから。おっと、あの青い眼のお嬢ち
 ゃんも入れて3対2か。まあ手荒な真似して悪かったな」
力なく笑うキャップ女に眼鏡の男が頭を下げる。「いや、おかげで助かった。あり
がとう」その眼鏡のフレームは少し歪んでしまっている。
私はそのとき、キャップ女の頬を伝う黒い筋に気がついた。こめかみから伸びる乾
いた血の跡だ。転倒したときに階段の基部で打った部分か。
「ああ、これか。カスリ傷だ」
「痕にならないといいけど」とおばさんが心配げに言う。
「他にもいっぱいあるし、いいよ別に」
そんなやり取りを聞きながら、私は肝心なことを思い出した。
「あの子は、どうなったんですか」
一瞬、風が冷たくなる。
キャップ女がゆっくりと口を開く。
「現場維持のまま、撤退して来た。……おい、ここでまたキレんなよ。とにかく、
 ここから先は警察の仕事だ。わたしたちが動いていい段階は終わったんだ」
あの子を、あの子の死体を、ゴミ袋に入れられた状態のまま放置したのか。
思わずカッとしかける。

109 :師匠コピペ45:2008/10/27(月) 12:33:08 ID:sjwohlYO0


379 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:50:04 ID:ScuN9+/G0
「あの子は、母親を殺さなかった。殺す夢を見ても、殺さなかった。最後まで、殺
 されるまで、殺さなかった。ギリギリのところで、そんな選択をした。わたした
 ちが、この街の人たちが、こうして静かな夜の中にいられるのもそのおかげだ」
目に映る住宅街の明かりはほとんどなく、目に映るすべてが夏の夜の底に眠って
いる。
「ここに来るべきじゃなかった。そんな警告すら、あの子はしていたような気がす
 る。もう終わったことだ。招かれざる侵入者は。目を閉じて去るべきだ」
キャップの下の真剣な目がそっと伏せられた。
警告。そうか、あのコーンや道路標識はそのためなのか。
ではあの、カラスとヒトがくっついたような不気味な生き物は?
誰もその答えは持っていなかった。分からない。分からないことだらけだ。私は自
分の住む世界のすぐそばで、目を凝らしても見えない奇妙なものたちが蠢いている
ことを認めざるを得ないのだろうか。
子どものころから占いは好きだったけれど、心のどこかではこんなもの当たるわけ
ないと思っていた。それでも続けたのは、予感のようなものがあったからなのかも
知れない。100回否定されても、101回目が真実の相貌を覗かせれば、私たち
の世界のあり方は反転する。そんな期待を持っていたのかも知れない。
『変わってる途中、みたいな』
そうだ。私は変わりつつある。何故だか、身体が武者震いのようなざわめきに包ま
れる。
その瞬間、背筋に誰かの視線を感じた。それも強烈に。誰もいないはずの背後の空
間から。
キャップ女の身体が目にもとまらないスピードで動き、私の座るベンチの端に足を
掛けたかと思うと、全身のバネを使って虚空に跳躍した。
そして闇の一部をもぎ取るようにその右手が宙を引き裂く。
一瞬空気が弾けるような感覚があり、耳鳴りが頭の中で荒れ狂い、そしてすぐに消
え去る。


110 :師匠コピペ46:2008/10/27(月) 12:37:48 ID:sjwohlYO0


383 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:53:39 ID:ScuN9+/G0
キャップ女の身体が落ちて来る。そして土の上で受身を取る。
「逃がした」
起き上がりながら指を鳴らす。
なにが起こったのか分からず、みんな唖然としていた。
「今、空中に眼球が浮かんでたろ?」
誰も見ていない。頭を振るみんなに構わず彼女は続ける。
「あれは、今回の件とは別だな。個人的なもの。あんたについてたんだ。心当たり、
 あるか」
名指しされて私は混乱する。誰かに見られているような感覚は確かにあった。先輩
の家でポルターガイスト現象の話を聞いた夜。いや、その感覚はその前から知って
いる。なんだ? 視線。冷たい視線。笑っているような視線。表情を変えずに、微
笑が嘲笑に変わって行くような……
私の中にある女の顔が浮かぶ。その女は、私のことはなんでも知っていると言った。
そして私が駆けずり回って調べたようなことを、まるで先回りでもするようにすべ
て知っていた。はっきりとは言わないが、間違いなく。
「気に入らないな。ああいう、顕微鏡覗いてマスかいてるような輩は」
キャップ女は口の端を上げて犬歯を覗かせた。
「迷惑なやつなら、シメてやろうか」
強い意志を秘めた炎が瞳の中で揺らめいている。私はそれにひとときの間、見とれ
てしまった。
「ま、困ったことになったら言えよ。私はいつでも――」
夜をうろついているから。
彼女はそう言って、ずれてしまったキャップを深く被り直し、私たちに背を向けて
歩き始めた。
「そういやさ」
思いついたように急に立ち止まって振り向く。
「こんくらいの背の、若いニイちゃん、誰か見なかった?」
私たちのようにこの住宅街までたどり着いた人間という意味だろうか?
全員が首を横に振る。

111 :師匠コピペ47:2008/10/27(月) 12:40:28 ID:sjwohlYO0
390 怪物   ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/03(日) 23:56:44 ID:ScuN9+/G0

「あの、ボケェ」キャップ女はそう吐き捨てる。「じゃあこ〜んな眉毛の、ゴツイ
奴は?」
またみんなの首だけが左右に振られる。
「アンニャロー」
そう言っておかしげに笑い、「じゃあね」とまた踵を返して歩き出す。
「あ、そうそう。ケーサツ、電話しとくから。逃げといた方がいいよ。わたしたち
 みたいな連中はこんなことに関わると、めんどくさいだろ。いろいろと」
前を向いたまま、高く上げた右手を振って見せた。
その影が公園の出口へ消えて行くのを見届けたあとで、残された私たちは顔を見合
わせた。
「ぼ、僕も帰る。明日は朝から会議なんだ。じゃ、じゃあね」
眼鏡の男が踵を返そうとする。その回転がピタリと止まって、もう一度その顔がこ
ちらに向いた。
「僕は、変なものを、よく見るんだけど、お化けとか、そんなの、だけじゃなくて、
 なんていうかな。その、もう一人のキミが、いるよね」
ドキッとした。秘密を覗かれた気がして。
「それ、きっと悪いものじゃないから。気にしないでいいと思うよ」
じゃあ、と言って彼は去って行った。
「あら、そう言えばあの外人さんの子どもは?」おばさんがキョロキョロと辺りを
見回す。
銀杏の木の影に二つの光が見えた。次の瞬間、太い幹の裏側にスッと隠れる。
「ちょっと。おうちまで送ってあげるから、わたしと一緒に帰りましょう」
おばさんが木の幹に沿って、裏側に回り込む。まるで眼鏡の男が始めにしたような
光景だ。
しかし見つめる私の目の前で、おばさんだけが反対側から出て来る。
女の子の姿はない。
「あら? いない」
狐につままれたような顔で木の裏側を見ようとおばさんが再び回り込もうとする。
女の子が上手に逃げている訳ではない。私の目にもおばさんだけがグルグルと木の
周りを回っているようにしか見えない。

112 :師匠コピペ48:2008/10/27(月) 12:43:58 ID:sjwohlYO0


396 怪物 「結」下 ラスト  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/04(月) 00:00:35 ID:/ZE8/Gio0
女の子は忽然と消えていた。
「なんだったのかしら」おばさんは立ち止まり首を捻っていたが、気を取り直した
ように私の方を見た。
「わたし、市内で占い師をしてるから、今度会ったららタダで占ってあげるわよ」
そう言ってウインクをしたあと、痛そうに腰をさすりながら公園の出口へ歩いて行
った。
一人残された私は、今までにあった様々な出来事が頭の中に渦を巻いて、軽い混乱
状態に陥っていた。
蛾が、街灯にぶつかって嫌な音を立てる。
色々な言葉が脳裏を駆け巡り、目が回りそうだ。その中でも、ある言葉が重いコン
トラストで視界に覆い被さってくる。
「救えなかった」
それを口にしてみると、ゴミ袋から覗く土気色の顔がフラッシュバックする。そし
て暗い気持ちが、段々と心の奥底に浸透し始める。ゴミ置き場に無造作に捨てるな
んて、死体を隠そうという意思が感じられない。まるで本当のゴミを捨てるような
あっけなさだ。どんな家庭で、どんな母親だったのか知らないけれど、精神鑑定と
やらでひょっとすると罪に問われなくなるのかも知れない。子どもを殺したのに。
いや、直接手を下したのかどうかは分からない。だけど彼女はしかるべき罪に問わ
れるべきだ。
ふつふつとドス黒い感情が胸の内に湧き始める。
いけない。
顔を上げて、深呼吸をする。呼吸の数だけ、視界がクリアになっていく気がする。
また同じ過ちに身を委ねるところだった。
しっかりしないと。もう自分しかいないのだから。
ゆっくりと土を踏みしめ、公園の出口に向かう。そして車止めのそばにとめてあっ
た自転車に跨る。
終わったんだ。全部。
そう呟いて、夜の道を、帰るべき家に向かってハンドルを切った。
雲に隠れたのか、月はもう見えなかった。

113 :師匠コピペ49:2008/10/27(月) 12:49:48 ID:sjwohlYO0


408 怪物  幕のあとで  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/04(月) 00:09:14 ID:/ZE8/Gio0
疲れ果て、最後の気力を振り絞って自転車を漕いでいた私は、家まであと少しとい
う場所まで来ていた。すべてが終わったという安心感と、なにもできなかったとい
う無力感で、力が抜けそうになる足を叱咤してどうにか前に進んでいた。
両側に家が立ち並ぶ住宅地だったが、街灯の数が足らないのか、いつも夜に通ると
少し心細くなる一角だった。
その暗い夜道の向こうに、緑色の光が見える。
公衆電話のボックスだ。子どものころの経験から、お化けの電話と呼んでいる例の
箱。
今、その電話ボックスからヒトを不安にさせるような音が漏れて来ている。
DiLiLiLiLiLiLi……DiLiLiLiLiLiLi……と、息継ぎをするように。
それに気づいたとき、一瞬ドキッとしたがすぐにその正体に思い当たる。
またあの女だ。
私が帰る時間を見計らって、ずっと鳴らしていたのだろうか。それとも今も、私の
行く先をどこかで覗き見ているのだろうか。
どっちにしろ、近所迷惑だ。こんな夜中に。
無視したいのは山々だったが、溜息をついて自転車を降りる。
内側に折れるドアを抜け、箱の中に滑り込む。ベルの音が大きくなった。
緑色の鈍重そうなそのフォルムを一瞥したあと、受話器をフックから外す。
そして耳と顎をくっつける。
「もしもし」
私の呼び掛けに、受話器の向こう側で誰かの呼吸音が微かに聞こえた。
「もしもし?」
もう一度繰り返す。耳を澄まして少し待つ。
ようやく、受話器から声が聞こえて来た。
「あなたはだあれ?」
間崎京子じゃない。
一気に緊張した。爪先から頭まで、電流が走り抜ける。
「あなたは誰なのかな。若い子ね。同い年くらいかな」
聞いたことのない声だ。けれど相手は若い女性であることだけは分かる。

114 :師匠コピペ50:2008/10/27(月) 12:55:20 ID:sjwohlYO0


412 怪物  幕のあとで  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/04(月) 00:13:04 ID:/ZE8/Gio0
「まあいいわ。言うべきことを言うね。……あなたは今、すべてが終わったと思っ
 ているわね。でもだめ。終わってないの」
淡々と語る口調は、いったいこの世のものなのだろうか。私の脳が生み出した幻覚
ではないという保障は? なんという名前だったか、あの近所の男の子。お化け電
話から声が聞こえると言って怯えて逃げ出した子。私の耳には聞こえなかった。誰
か、今すぐここへ来て、私の代わりに受話器に耳をあててくれないか。
「あなたは死体の顔を見たわね。すっかり血が抜けたみたいに土気色をしていた。
 いったいどれくらい前に死んだのかしら。6時間? 半日? 一日? どちらに
 しても、きっとあなたが駆けつける前からとっくに死んでいたわね。そう、死臭
 も嗅いだはずよ」
なんだ? なにを言ってる? 
なにを、言ってるんだ?
「あなたの、あなたがたの最後に見た夢は、いったい誰の見た光景なんでしょうね」
爪先から頭まで電流の走り抜けた場所に、今度は冷たい金属を流し込まれたような
悪寒が発生する。
「終わってないのよ。途絶えたはずの意識に、続きがあった。そのかわいそうな子
 どもの魂は、肉体の檻から解き放たれて、今は夜の闇を彷徨っているわ。そして
 少しずつ、とっても恐ろしいものに生まれ変わろうとしている。それは檻の中に
 あっても街中に手が届くような力を持っていた。名前はまだない。怪物に、名前
 をつけてはいけない。きっと取り返しのつかないことになるから」
ねえ、聞いてる?
受話器の向こうで誰かが首を傾げる。
「あなたはもう一度それに遭うことになる。そして病いにも似た刻印を押され、真
 綿で締められるような苦しみの中に身を置くことになる。忘れないで。今夜出会
 った人たちがきっと助けになるでしょう。顔をよく覚えておくことね。あ、でも
 だめ。一人はいなくなる。『代が替わる』のね」
なにを言ってるんだ、いったい。


115 :師匠コピペ51:2008/10/27(月) 12:58:02 ID:sjwohlYO0


416 怪物  幕のあとで  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/04(月) 00:16:07 ID:/ZE8/Gio0
「わたしにも分からないのよ。ただこんな電話を掛けたという記憶があるだけ。夢
 の中でわたしが話してるのね。それを再現してるのよ。運命が変えられるかどう
 かは分からない。でも心構えをするってことが、大事になることだってあるでし
 ょう」
クラノキ、と彼女は名乗った。
「顔も知らない人の夢を見るなんて珍しいな。きっといつかあなたとわたしは友だ
 ちになるのかも知れないね。そのころのわたしは、今夜の電話のことなんて忘れ
 てしまってるでしょうけど」
じゃあ、お休みなさい。
そう言って電話は切られた。
混乱する頭を抱えて、私は電話ボックスを出る。
夢。まるで夢の中だ。なにが現実なんだろう。ポルターガイスト現象の焦点だった
少女が、エキドナが、怪物たちのマリアが、最期に恐ろしい怪物を産み落としたと
いうのか。それがやがて私に苦しみをもたらすと? なんなのだ。どこからどこま
でが現実なんだ。目を閉じて、一秒数えよう。目を開けたら、他愛もなくありふ
れた土曜日の朝でありますように。
そのときだ。
目を閉じた私の中に、説明しがたい奇妙な感覚が生まれた。
それは言うならば、どこか分からない場所で、なんだか分からないものが、急に大
きくなっていくような感覚。
私の五感とは全く関係なく、それが分かるのである。
私は辺りを見回す。離れたところにあったはずの街灯がもう消えてしまって、見え
ない。
大きくなってる。まだ大きくなってる。
熱を出したときに、布団の中で感じたことのあるような感覚だ。
象くらい? クジラくらい? もっとだ。もっと大きい。ビルくらい? ピラミッ
ドくらい? 
もっと。もっと、大きい。


116 :師匠コピペ52:2008/10/27(月) 13:06:43 ID:sjwohlYO0


427 怪物  幕のあとで ラスト  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2008/08/04(月) 00:29:23 ID:/ZE8/Gio0
私は訳もなく涙が出そうな感情に襲われた。それは恐怖だろうか。哀しみだろうか。
道の真ん中で空を見上げた。
月が見えない。
大きい。とてつもなく大きい。山よりも。天体よりも。どんなものよりも大きい。
夜に、鱗が生えたような。
呆然と立ち尽くす私の遥か上空を、にび色の魚鱗のようなものが閃いて、音もなく
闇の彼方へと消えていった。


……
薄っすらと目を開けて、シーツの白さにまた目を閉じる。土曜日の朝。カーテンか
ら射し込み、ベッドの上に折り畳まれる、優しい光。
窓の外からスズメの鳴き声が聞こえる。
いったい、スズメはなんのために囀っているのだろう。
ベッドの上に身体を起こす。
この私は昨日までの私だろうか。
あくびをひとつする。髪の毛の中に指を入れる。気分はそんなに悪くない。朝が来
たのなら。
『運命が変えられるかどうかは分からない』という言葉が昨日の記憶から蘇り、
羽根が生えたように周囲を飛び回り始めた。
もう一度寝そべって、シーツに指で文字を書く。
fate
暫くそれを眺めたあとで、手前にもう一つ文字をくっつけた。
no
それから、私は久しぶりに笑った。
怖い夢は、見なかった気がする。


117 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 13:34:02 ID:hfDJExst0
師匠シリーズはスレあるんだからわざわざ貼らんでも良い。
つーか俺は邪魔。いい迷惑。うぜぇw

118 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 14:11:08 ID:3lYxZIrF0
何で貼るの?
貼る意味がわからん

119 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 14:57:32 ID:ZLqoi7tQ0
スレ伸ばしてこっちが本スレだって思わせたいんだろ

120 :名無し:2008/10/27(月) 19:45:51 ID:1teAifIu0
「川田亜子真相究明まとめサイト」は…?

東京都済生会中央病院で2007年5月28日死亡した、看護師高橋愛依さんの
過労死が17日、認定された。

モーニング娘。の高橋愛と漢字違いの同じ名前か?
2007年5月28日と言えば、松岡農林水産大臣が議員宿舎で自殺し、慶応大学
病院に運ばれ死亡した日だな。前日にZARDの坂井泉水も同じ病院で
死んでいる。何か関連があるかもね。まあ<たかはし あい>って日本に
一番いそうな名前だが・・・・

高橋愛の所属しているハロプロは、吉澤の弟の交通事故、後藤の弟の逮捕、
恋愛スキャンダル等が連発している。それだけに、もしかして関連がと思っ
ちゃうんだよな。

真実+韓国の自殺がまだあったな。うっかりしてた。

崔真実(チェ・ジンシル) 10月2日(名前が真実)
チャン・チェウォン    10月3日(真実ゲーム+オカマ)
キム・ジフ        10月6日(真実ゲーム+オカマ)

これに加勢大周と巨人と覚せい剤が絡んでくるから複雑だな。

加勢大周
昼ドラの主役の名前が真実、加勢の役も真二も発音が真実っぽい。覚せい剤
で逮捕。

巨人  
チェ・ジンシルの元夫が巨人で活躍した趙 成a。
巨人軍イ・スンヨプ選手の 代理人を務めていたキム・キ ジュ被告が 覚せい
剤取締法違反の疑いで逮捕。


121 :名無し:2008/10/27(月) 20:01:21 ID:1teAifIu0
「川田亜子真相究明まとめサイト」は…?

ZARDの坂井泉水の一周忌に自殺してるよな。亜子はZARDのファンって
ことないか?(26日慶応病院の一階スロープから落下。27日15時10分?死亡)

病院の一階スロープから自殺なんて考えられないし、そもそも病院は弱っている
人を相手にしてるんだからスロープから落ちる確率は限りなく0だろ。これ
だって相当怪しい。松岡農林水産大臣も27日か28日に自殺してるし。
意味ない同時攻撃である個人に圧力かけるなんてこと考えられないか?
以前ハロプロの安倍なつみが交通事故起こしたほぼ同時刻?にライダーの
阿部ノリックが事故死したし、その数ヶ月前に吉沢の弟が謎の事故死が
あった。後藤まきの弟も捕まったり(盗みをする環境を作り、最後は本人
にやらせる。もちろん逮捕、報道されることを前提として?)したり、
他にも名前を売るためかもしれないが、数多くのスキャンダル。
悪魔になったってフレーズがあるが、仕事をもらう変わりに、闇組織から
何かやらされたってことはないか?

テレビと闇組織って、つながりがあるからな。吉沢の弟が死んだ後、吉沢に
意味を持たせてテレビ出演を多くする。墓みたいな死や事故を連想させる
クイズなんかがまた<偶然>出題されるとか。そう言えば、事故後吉沢が
新幹線物語(2時間3部構成?)みたいなのに出てたが、彼女が出てないドラマ
に彼女の弟の名前、こうた?って名前のキャラクターが出てきた。これなんて
テレビ局は分かってるんだから名前くらい変更できるだろ。
公共の電波って威力あるからな。ひとつの出来事で多くの人に圧力をかける
ことができる。もちろん<偶然>って逃げれるレベルで。
それは素人の考え。殺人事件だと警察が本腰を入れてくる。つまりリスクが
高まるわけだ。自殺にしとけば、警察は対して人数を避けてこない。証拠が
なければ、そんなもんだ。偶然とかあいまいにするのがプロの世界。


122 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 20:13:29 ID:ZLqoi7tQ0
>>121
http://media1.muchosucko.com//asset/thumb/049/445/pugfugly.jpg

123 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:14:07 ID:mcZMLcncO
>>122
てめー何してくれてんだよボケ

124 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:16:27 ID:VtnONICr0
無粋なコピペもある意味荒らしだな

125 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:27:48 ID:JZYqI1VK0
>>122
これ、おっさんの顔に体が隠れて片足だけ見えてるだけだろ
一本足なのが気にかかるが生身の人間
それより画面右の毒毒モンスターの方がよっぽど気になる

126 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:31:27 ID:VtnONICr0
モンスター?彼の目だけ見ればわかるが、普通の人より澄んだまなざしをしてるよ

127 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:45:03 ID:/XPsN61j0
スレやら動画やら怖いのを見ててふと思う
例えば今、自分の部屋のガラスの窓に血まみれの人間がへばりついていたら
驚きもするし確かに怖いがそれよりもまず窓を開けて「大丈夫か!?」って声かけると思う
2Fだし足場も無いから普通ありえないんだけど、実際そんな状況になったら
とっさの脳内情報としてはまずヤバそうな人(生命的な意味で)がこっちを見ている!
的な認識で行動するんじゃないかな…

128 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:48:19 ID:JZYqI1VK0
>>126
何故マジレスするかね
何故・・・・orz

129 :本当にあった怖い名無し:2008/10/27(月) 23:51:01 ID:mcZMLcncO
http://media1.muchosucko.com//asset/thumb/049/445/pugfugly.jpg
↑これ貼った奴市ね

130 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 00:04:52 ID:Qmi+DreH0
>>128
スマン。エレファントマン画像注意と書くべきだった。
しかし、隣のお父さんの温かくも悲しいまなざしを見ていると、
外見だけでは判断できない人もいると思った。
これ以降クリック注意!

131 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 00:17:09 ID:y1qaPbj10
>>130
 違うんだよ
そんなことは分ってる
>>126の言うことも

しかし洒落の分らんヤツ等ばっかりなの?orz


132 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 00:29:40 ID:N2cQlG+C0
師匠シリーズの起承転結がある怪物って話さ、どうしても読めない。
いや、途中までは読めるんだよ。だけど、文章が今までと違いすぎてしつこくて
つまらなすぎて「起」の途中で読むのがかったるくなる。
2度ほど頑張ってみたんだか、いつまで経ってもつらない文章で、イライラ。

誰か読む価値はあるのか、どこから面白くなるのか、それよりあらすじ教えてくれ。

133 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 01:12:02 ID:Qmi+DreH0
>>131
スマン。きっとお前さんは赤い帽子の子供が地縛霊だと言いたいんだな?

悪かったよ。オルゾ。

134 :131:2008/10/28(火) 02:27:48 ID:y1qaPbj10
>>133
そう、そうだよ
ワカッテモラエテ涙出る

135 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 03:21:36 ID:EyuKrRMW0
>>1アンカー付くかな?

136 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 04:12:32 ID:c18FSJxYO
>>127自分は逆かな。
そんなのになったら、事故かなんかで普通に血みどろになった人だとしても
動転して助けらんないよ。

137 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 07:42:47 ID:Y1emVIhzO
遺伝子異常が原因で二次性徴の来ていない成人女性と知り合った
生命の神秘の恐ろしさよ

138 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 08:00:39 ID:DCJ43v95O
キモい流れだな
画像は語らず心で笑うのがデフォだろ

139 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 08:58:43 ID:UWH5BWUE0
田舎の畑では大根を主に作ってる畑でした
祖父が腰を痛めてから畑は荒れ放題

そんなある日
夜中に誰かが畑にいる気配がしたんだって
痛い腰を抑えながら様子を見に行く祖父
なんと!二年前に亡くなった祖母が  
荒れた畑で残されてた大根を懸命に抜いてた光景が
でも
隣の畑を中心に抜いてた為に祖父は複雑な心境だったとか 

140 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 09:45:05 ID:TuoyV5hX0
>>132
自分もそうだ。師匠シリーズは好きだったけど、これは面白くない。というより読んでて苦痛を感じた。
番外編って感じで、これを読んでから師匠シリーズが創作だと思え始めて、本体の師匠シリーズへの興味も失ったよ。

141 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 10:15:41 ID:59hETjrn0
>>140
今までのは大体が読んでて入り込めた。けど、コレは読むのが苦痛ってよくわかる。
シリーズの作者が違うんだと思ってたが、本人だったら田舎の後編も期待できないな。

142 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 11:10:19 ID:DCJ43v95O
そもそも師匠って誰だよ、物語としてはいいかもしれないけどコワバナとしてはどうかと思う

143 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 13:25:16 ID:DCJ43v95O
もなかたち
http://imepita.jp/20081027/058970

144 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 14:24:13 ID:9tyc0bOeO
(師匠シリーズとか言って殿堂入りしてるのも謎だと常々…
何にカブレてるかバレバレの素人文章、話もどこが怖いのかサッパリ…
書いてる本人が盛り上がってるだけでサムイ…)

145 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 14:41:20 ID:OgCHlCZoO
だいたい師匠スレ別であるんだからこっちに貼るなよどスケベっ!

146 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 14:50:56 ID:jvIYohwI0
>>142
確かに怖い話の書き方じゃないな。
けど自分に起こったと考えれば怖いものばかりか。
師匠と師匠の女師匠の話はなかなか怖かった。

>>144
自分でどっかいって師匠シリーズより怖い内容体験してきて、このスレに体験談書いてみろチンカス。

147 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 14:52:24 ID:DCJ43v95O
なんつったの?

148 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 15:22:33 ID:YL0OBEO20
>>132
同意。せめて半分ぐらいにまとめてくれんかねえ

149 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 15:39:51 ID:OgCHlCZoO
なんつったのとか意味わからん

150 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 15:45:01 ID:A5k8Q7yV0
怖く無い話が数集まって洒落怖無双とかマジありえんし。
あそこの管理人はキチガイか。

151 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 16:10:58 ID:DCJ43v95O
>>149
ちゅーかお前さーw
いつまで居座るきなん?w

152 :790:2008/10/28(火) 16:14:17 ID:UWH5BWUE0
師匠シリーズって怖くもなければ面白くもない
何がしたくて書いてんだと思う

153 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 16:15:55 ID:UWH5BWUE0
>>141
いや作者はとっくに変わってるだろw
オリジナルも偽もつまらん事に変わりないがな

154 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 16:52:32 ID:YL0OBEO20
いや変わる前は良かったよ。味わい深い文体だったし。
偽物はやたらと心理描写やら状況描写やら哲学っぽい描写やらでむちゃくちゃだがなw
あれで臆面もなく「ずっと変わってませんし、実話です」と言い張るんだからすげえよ。

155 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 19:09:52 ID:UWH5BWUE0
でも全然怖くないんだよな
師匠ってのただのよくいる見えるちゃんだし

156 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 19:23:46 ID:krhIMyKd0
>>154
それ!その描写が押し付けがましくてうざいんだな。
もっとこっちで考えさせてくれても良いのに、ねちっこいんだよ。
きっと最初の作者で面白いって思った奴が、求めてるのと違うんだよな。
あっさりが好きだったのに脂っこくなってさ。
作者見てたらそこ気をつけろ!


157 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 20:35:42 ID:Om7qjOeo0
ケータイ小説とやらに感化されたんだろw

158 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 20:41:39 ID:mSKVdfCJO
科学では解明できない心霊写真実況
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1225193375/

159 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 21:28:15 ID:rC143lLl0
ウニとかいうやつがこっちのスレに書くのはまだあれだがこっちに貼り直すやつってなんなの?
専用スレあんだからそっちでやれよクズ

160 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 21:42:50 ID:TeNq5AsW0
重複スレなんだから、むしろ褒めるべき。早く埋めようぜこのスレ

161 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 21:54:53 ID:rC143lLl0
もったいないよ
201にしようよ

162 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 23:38:33 ID:DCJ43v95O
糞うにの悪口言ってるやつらは自分らで話投下したことあんのか?

163 :本当にあった怖い名無し:2008/10/28(火) 23:58:06 ID:rC143lLl0
>>162
お前はあんのかよバカヤロウ

164 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 00:02:30 ID:DCJ43v95O
>>163
あるよ!

165 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 00:13:27 ID:0G77yXuD0
>>162
俺もあるよ

166 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 16:36:40 ID:qbBvPgvyO
ここに来ればかわいい犬の写真が見れるって聞いたのですが。


167 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 17:20:36 ID:CLyRdsKkO
>>166
http://imepita.jp/20081029/424670
http://imepita.jp/20081029/424940

あと一応スレチな

168 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 19:09:27 ID:rfiUWite0
>>167
近すぎちゃってどうしよう

169 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 20:11:09 ID:P0QA8CGz0
>>168
その前に犬じゃねーしw

170 :名無し:2008/10/29(水) 20:33:39 ID:fKjB1QTE0
「川田亜子真相究明まとめサイト」は…?

泰葉が小朝との喧嘩ネタでワイドショーを盛り上がらせてるな。分かれた
後は、もう関わりあいたくないと思うはずだが、この濃密さ。テレビ攻撃に
利用されてなければいいのだが。
仲が悪くなった夫婦、家族を険悪な状態にするやり方があるらしいがどう
なんだろ?泰葉、小朝も経験してたりして。

闇組織が家に、アンプ、震動波?等を仕掛けることによる細かく、どうでも
よく、ムカついた理由を説明すると、逆にお前がオカシイと言われる攻撃。
(ここのスレだから都市伝説レベル)

・ドアやふすまを閉める音が異常に大きく聞こえる。
・階段、段差、上の部屋を歩く時、異常に大きい音がする。
・この大きい音がする時、ターゲットの体に波動(共振)?を当てて、不快感
 を増大させる。(都市伝説)
・落ちている硬く小さいゴミを波動によって、ターゲットが踏みそうな所に
 移動させ、踏ませる。(都市伝説)
・波動を使い物を壊す。買ってくる物も不良品が多くなる傾向。(噂)
・互いに攻撃的になり、自分自身でこれらの細かい攻撃をやってくれるよう
 になると、ほぼ完成。
・一度やりだすと、ティッシュを取ろうとしたら、光るライターなんか置い
 てあり、ピカッとマブシイ攻撃とか、ビン等が妙に足に当たる攻撃、相手
 がトイレに入ると、上の階にあるトイレの水を流す等、意味ない、どうでも
 いい攻撃など自主的に思いつくようになる。

171 :名無し:2008/10/29(水) 20:34:11 ID:fKjB1QTE0
「川田亜子真相究明まとめサイト」は…?

・ターゲットが野村證券に勤めていて、1500億の赤字。みたいな報道が
 されると、晩御飯にイチゴ(15)みたいな駄洒落攻撃をする。またイチゴ
 に意味付けするようになり、相手の誕生日等にイチゴ柄の服を着たりする
 ようになる。
・相手が文句を言ってくると、加害者なのに被害者ずらする。
・細かい、どうでもいいことなので、相談しても逆に相談したほうが、<そん
 な細かいこと気にするな。一緒に生活していれば、それくらいあるよ。>
 非難される。
・加害者なのに被害者のフリしてる方は逆に、<こんな細かいことで喧嘩に
 なってるんだ。>みたいに、相談しても温かく迎えてもらえる。
・最終的には、部屋を波動拳でラップ音のようにピチパチ鳴らす。精神的に
 も追い詰めていく。(都市伝説)
・ターゲットの友達や同僚の夫、奥さん等にもラップ音を聞かせ、精神病院に
 通わせ、ターゲットの家族、友人がターゲットの相談を受けても、そういう
 病気、あるよ。何々さんも。同じ症状よ。みたいに、家族、友人にターゲ
 ットは精神的におかしくなっていると認識させる。
・外でも奴隷店員に何かちょっとしたことをやらしたりして、疑心暗鬼に
 させる。逆に店員もアレルギー状態にして、ターゲットに対し疑心暗鬼
 状態にさせたりもする。
・食べ物が噛み切れない。骨が刺さる攻撃等もある。
・薬、波動による不快感、家族との喧嘩、ちょっとしたことで何か言ってくる
 から試してみて攻撃等でターゲットが爆発したら、作戦完了。
・基地外患者の出来上がり。後は何を言っても基地外扱い。

172 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 20:38:35 ID:CLyRdsKkO
なんか気持ち悪いやつがいるな

173 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 21:15:15 ID:+tnY9iiW0
>>172
おまえじゃwwwww

174 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 21:17:04 ID:Cb74UgI1O
今日、やばい

175 :本当にあった怖い名無し:2008/10/29(水) 21:18:28 ID:CLyRdsKkO
>>173
俺っすwwww

176 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 17:03:52 ID:XuBTM4fEO
ここに来れば泰葉と同じお薬処方してもらえるって聞いたのですが

177 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 17:14:07 ID:tldg+1KUO
衝撃の真実なんだが、くりぃむ上田は宇宙人である。まったく同じ個体がもう一人活動している。

178 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 17:18:39 ID:tuGJnqA7O
>>177
それを言うならみのもんたは何体居ると…

179 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 17:37:05 ID:VexGcq9Q0
  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     雑談は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 雑談   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛


では、死ぬ程洒落にならない怖い話をお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

180 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 18:09:13 ID:JCqWJiCcO
学生の頃某有名ボーリング場チェーンの中のゲセンでバイトしてた時のこと。

プリクラのシールが切れたので補充するってことになって機械のバックに入ってシール入れる所をみたらそこの上に白い紙みたいなのが置いてあった
ティッシュ?それかプリクラの台紙?
そう思いながら近づいてみてみるとどうやら懐紙っぽい
(茶道部の幽霊部員だったのでなんとなくわかった)
変なのーって思いながら取り上げたら中からさらっと何か落ちたので「アレ?」って思い
折りたたんであった懐紙を開くと15cm程の髪の毛の束があった。

げ、気持ち悪いって思ったんだけど今は何より補充が先って思ったので
プリクラの台紙の補充した後でその髪は気持ち悪いし懐紙ごとぐしゃぐしゃまとめてゴミ箱へポーイした。


181 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 18:10:05 ID:JCqWJiCcO
別にその晩も何もなかったんだが翌日そこの支配人に訳の分からない事でドヤされた。
内容は接客態度がなってないだのもっとシフト入れろだのありがちな内容で
いつもは温和な人がなんで急にと思ってビックリしつつも適当に謝って従業員室を退室しようとした際に


「何で棄てたんだ」



って呟かれたのが忘れられない。
その日を堺に支配人及びホール担当の社員が急に態度が変わったのでそれから一月程でそのバイトは辞めました

冷静に考えたらプリクラのバックなんて鍵がないと絶対入れないし内部の仕業なんだよね…
自分は零感で見た事は今までないけどそれが一番怖い実体験でした。

182 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 18:37:42 ID:XuBTM4fEO
なんで棄てたんだ!!!



183 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 18:58:42 ID:LK4/Eg6wO
なにかの呪術かねぇ・・・
プリクラを通して伝播する呪い…

184 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 19:13:32 ID:GeSHP5z90
>>181
その後、お店そのものになんか影響あったんなら、やっとかないとダメなタイプの呪術だったと思われるね。
商売繁盛神頼み系とか悪霊抑えるとか。
そうじゃないなら、個人的なものだろうな。呪いかけるとか恋愛成就とかw

185 :本当にあった怖い名無し:2008/10/30(木) 19:56:50 ID:WzvWc8Ec0
不特定多数の若い女のパンツが見える呪い

186 :名無し:2008/10/30(木) 21:07:03 ID:HRAfMmSl0
「川田亜子真相究明まとめサイト」は…?

泰葉が爆発してるな。話聞いていると彼女って典型的な<ボマー>だな。
(刺激を与え、追い詰めるととんでもない爆発をする。悪党はその爆発力を
本人も気がつかないよう、環境を整えて利用する。)

11月13日のイベント
・07年11月13日に泰葉と小朝の離婚会見があった。
・セコムのCMに出演している木村拓哉の誕生日。
・川田亜子の友人、マット・テイラーの裁判 期日:平成20年11月13日(木)

気になるのが、この時期にセコムに出ているキムタクの家に泥棒が入ったな。
ホームセキュリティーのCMに出ると不幸が訪れるという伝説があるがどう
なんだろ?
長嶋監督はセコムのCMやってるのに、住居侵入されてるし、ペ・ヨンジュン
は大河ドラマで負傷し、撮影現場では事故多発。アルソックの井上康生は
東原亜希伝説を始め、兄が死亡。悪党にとってホームセキュリティー
ってのは厄介な相手。CMタレントを攻撃することにより、その手の会社
に頼んでも無駄と勝手に思わせる攻撃なんてのもあるかも?

でも今回は被害がない。そこが逆に<違和感>を感じるんだよね。11月13日
に意味持たせた何なしらの攻撃が始まってたりして?

187 :本当にあった怖い名無し:2008/10/31(金) 20:42:44 ID:f+EfTlrlO
>>186
何日も何日もきめーレスしやがるぜこのハゲ坊主

188 :本当にあった怖い名無し:2008/10/31(金) 21:52:24 ID:XhLUo0ch0
でも亜子ちゃんのこと一日一回思い出すのはいい供養になるよね


189 :本当にあった怖い名無し:2008/10/31(金) 22:54:26 ID:f+EfTlrlO
>>188
ちみ川田穴のファンじゃないやん

190 :本当にあった怖い名無し:2008/10/31(金) 23:37:01 ID:XhLUo0ch0
あーこーあーこーあーこーtyん\(~o~)/

191 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 00:01:02 ID:C6KkZmp60
>>180
店側がそれを入れたのなら普通はバイト君に注意しておくとかするはずだよね。
言えない事情ならば、補充は社員だけがやるようにするとか。
よって、店側は>>180を辞めさせたくてちょっとした工作をして怖がらせた。
イジメというわけではないから問題はないし、自ら辞めてくれて大成功(*゚▽゚)


192 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 00:07:45 ID:gDTjr9mz0
>>191
エクステじゃないのエクステエクステ!

193 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 00:10:15 ID:mQeKqFLZO
エクステンションなんちゃら〜って宇多田の歌あったよな

194 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 04:18:09 ID:gDTjr9mz0
同じスレが3つあるよね

195 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 16:08:52 ID:mQeKqFLZO
>>194
てめーはすっこんでやがれ!

196 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 17:44:03 ID:gDTjr9mz0
>>195
はい

197 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 17:44:53 ID:mQeKqFLZO
>>196
おかえりー(^o^)/

198 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 18:27:37 ID:gDTjr9mz0
ただいまんこ(^O^)/

199 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 18:36:09 ID:mQeKqFLZO
まんこ\(゚▽゚)/

200 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 18:44:44 ID:yjqb+OG30
洒落にならない怖い話
俺のウエスト58cm

201 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 18:45:54 ID:mQeKqFLZO
>>200
羨ましいなこの野郎

202 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 18:46:12 ID:gDTjr9mz0
>>199
エッチな言葉キライです><;

203 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 18:55:39 ID:mQeKqFLZO
>>202
うんこ!うんこ!
北川景子のうんこっこ!
北川景子のうんこっこ!
チチチチチチチチ

204 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 19:15:26 ID:gDTjr9mz0
ガッキーの二番煎じの人のポッキーCM新しくなったな

205 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 19:18:00 ID:gDTjr9mz0
'`,、('∀`) '`,、

206 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 19:56:14 ID:mQeKqFLZO
>>204
品川のやつ?
今度見てみるわ

207 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 23:12:34 ID:mQeKqFLZO
CM今見たぜ!
この娘もなかなかおぼこいな

208 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 23:27:30 ID:gDTjr9mz0
>>207
俺も好きなんだけどCMのつくりが前のと一緒でかわいそうだな。
ガラッと変えればよかったのに。

209 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 23:39:29 ID:mQeKqFLZO
>>208
確かにガッキーの時とかわらんね
時期的に冬仕立てにしたほうがよかったな
去年の今頃だったか白いなっちゃんのホマキのCMは良かった

210 :本当にあった怖い名無し:2008/11/01(土) 23:55:11 ID:gDTjr9mz0
おやすま

211 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 00:13:18 ID:axEdBA6XO
>>210
もうこのスレに来るなハゲバッカス

212 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 01:20:19 ID:0CoLbqbT0
やりすぎはじまっぞ

213 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 01:27:08 ID:axEdBA6XO
>>212
アリケンは結構好きよ

214 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 01:27:46 ID:0CoLbqbT0
猫男爵出るよ

215 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 01:31:02 ID:axEdBA6XO
>>214
猫男爵ってなに?有吉?

216 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 01:34:12 ID:0CoLbqbT0
ママおしっこー

217 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 01:36:29 ID:axEdBA6XO
ママーちんこから生クリームがでるぞー


218 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 02:07:29 ID:0CoLbqbT0
それ精子ですから

219 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 02:09:22 ID:axEdBA6XO
>>218
生クリームって精子じゃないよ

220 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 03:07:23 ID:v/ZQ+hSwO
>>219
違う違う、それは[やすこ]と読むんだよ。うん。




多分。

221 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 11:58:31 ID:axEdBA6XO
やすしーこうじーごはんよー

222 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 12:22:47 ID:0CoLbqbT0
だれだよ・・・・

223 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 13:15:24 ID:T7uzKjwb0
怪談すれ

224 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 16:25:49 ID:0CoLbqbT0
↓アホのアイカゴ

225 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 16:26:10 ID:axEdBA6XO
昨日録画しといたアリケン見たわ
オモローだったな、ヤリスギよりこの番組好きだわオレッチ

226 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 17:08:19 ID:0CoLbqbT0
>>225
有吉のおかげだな

227 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 17:17:06 ID:axEdBA6XO
>>224
あれこのレスあったっけー???あれれーーー???

>>226
ミマタのおかげだろ

228 :本当にあった怖い名無し:2008/11/02(日) 20:56:46 ID:0CoLbqbT0
てst

229 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 10:33:11 ID:vkH3cTUP0
怖い話を考えました


230 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 16:47:22 ID:/vylsZPBO
あのね、考えるだけなら赤ちゃんでも出来るんだよ
FMに栗山千明

231 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 19:28:31 ID:cSbi/3if0
>>230
考えるだけで赤ちゃんが出来るとな!!

232 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 19:36:40 ID:/vylsZPBO
>>231
ちょw何考えてるのよw

233 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 19:42:49 ID:vkH3cTUP0
エロ杉

234 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 20:26:44 ID:Z671dNhu0
なんかご飯にかけると怖いほどうまいもんある?

235 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 20:36:53 ID:kU++LOOGO
あつあつのご飯にバター&醤油
もしくはあつあつのご飯にマヨネーズ、白胡麻、醤油を少々。
やってみてくれ。

236 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 20:40:53 ID:nH3JK4oE0
>>234 ごましお

237 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 20:56:00 ID:vkH3cTUP0
>>234
かつおぶしとしょうゆ

238 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 21:07:05 ID:g2FmCCpg0
>>234

マヨネズ

239 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 21:08:15 ID:cSbi/3if0
>>234


240 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 21:30:11 ID:2OXznzgwO
>>234
カレー

241 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 21:35:37 ID:/vylsZPBO
>>237
マジレス?

242 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 22:37:43 ID:g2FmCCpg0
>>241

うまいぞ

243 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 22:41:26 ID:/vylsZPBO
>>242
いやいや

244 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 22:45:22 ID:cSbi/3if0
そんなことより、銀河鉄道999のTV主題歌のイントロと、
電車(新幹線とか特急)の出発時とシンクロさせて聴くと、やばいぞ!
ブルブルしちゃうぞ!!

245 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 22:53:53 ID:/vylsZPBO
>>244
教えてくれーーーーーーー
なんなんだよ
はっ!ナポリタン系か!?

246 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 22:59:07 ID:nH3JK4oE0
>>243
普通だぜ
マヨなんかよりよっぽど
なっ!>>242

247 :本当にあった怖い名無し:2008/11/03(月) 23:08:22 ID:cSbi/3if0
>>245
http://kineko.dyndns.org/~touhou/up/source/up1159.zip

248 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 00:30:11 ID:I5EF2NNR0
師匠のコピペありがとう!
まとめに載らないから、まだ書かれてないのかと思ってました!
文体が違ったのは、主人公(視点)がいつもと違ったからかな?

専スレあるんだ・・・でもウニさんって、そこには書いてなかったような???
兎に角、ありがとう!読めてさっぱりした。
田舎の続き〜ナムナム

249 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 00:38:56 ID:0+d/a4lBO
>>247
十何年ぶりにきいてちんこ立った

250 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 02:51:11 ID:9N1LaAhu0
知ってる?まとめサイトの噂
新しくできた199の話の項目欄の横に四角いマークが並んでるよね
そこクリックできる場所があるらしいよ?

251 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 03:33:00 ID:QWqznpfn0
>>250
今検証してみた。
祟られ屋マサさんのシリーズにリンクしてるね。

3つあった。

252 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 03:37:06 ID:QWqznpfn0
     ____
   /__.))ノヽ  
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ     >>247
  .しi   r、_) |   わしがモデルになったやもしれんな。
    |  `ニニ' /      松本(零)がぱくったんや!   
   ノ `ー―i´     訴えて白黒つけんといかんな!

253 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 20:52:45 ID:6OGfad74O
このスレはわしが育てた

254 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 20:56:41 ID:ID2/RtHu0
きのうタクシーに乗ってため息ひとつついたら、
運転手さんが
「幸せが逃げちゃいますよ」と4つ葉のクローバーをくれたのでした。
やさしい気持ちになりました。
運転手さんありがとう。

255 :タクシー運転手:2008/11/04(火) 21:12:42 ID:Oqj24/bN0
礼言うのは金払ってからにしていただけますか さびしい気持ちでいっぱいです

256 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 21:28:11 ID:ID2/RtHu0
お金がないからため息ついてたんですけどー

257 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 22:11:13 ID:42qEcV3s0
さっきコンビニで立ち読みしてたら、トラックの運ちゃんがダッシュで駆け込んできた。
脂汗かきながら店員に「ちょ!トイレ、借りッス!!」って叫んでトイレにダッシュ。
ベルトをカチャカチャと外しながらドアノブに手をかけるも使用中。
「だぁぁっらっしゃーーーコラァァアァアアアアア!!!」って叫ぶやいなや
バッバブッビビビビ!と轟音を立てる運ちゃんの肛門。立ち込める悪臭。
トイレの前で達観した顔で仁王立ちする運ちゃん。
とりあえずトイレの中の友達に「メッチャやばいから今夜はトイレから出るな!」と
メールして俺は帰途についた。

258 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 23:15:41 ID:cAAlhCbn0
>>257
ドライバー(特に長距離)の人は、(成人用)オムツしてると思ってた。
自分がその仕事につくなら、念のためにするけどな。
どうなんでしょう?

259 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 23:19:35 ID:42qEcV3s0
激しく漏らしながら達観した顔で仁王立ちする漢はオムツなどしない。

260 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 23:46:50 ID:qvH8RvcF0
オムツより携帯トイレだろ

261 :本当にあった怖い名無し:2008/11/04(火) 23:56:50 ID:ID2/RtHu0
>>257
そのあとどうなっとよ?

262 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 00:06:25 ID:rxK3P+LKO
>>261
ヒント:コピペ

263 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 00:50:05 ID:g7Idhmy+0
>>261
帰途についたからわかんねーんじゃね?
でもツレ、トイレから出てビビリまくりーの
ウンコ踏みーの嫁ぎーの

264 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 00:59:06 ID:WaY/hAJD0
>>259
男だね〜。うんちだだもらしで仁王立ち。男の中の漢だね〜。

265 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 02:08:06 ID:KOfgXFhj0
練る

266 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 04:55:13 ID:WOdakN5D0
だぁぁっらっしゃーーーコラァァアァアアアアア!!!

267 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 11:40:44 ID:X+Y9iGk70
>>257

コピペ乙
車板の住人か?

268 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 12:01:32 ID:GdE03qZX0
>254
その運転手は宇宙人です。貴重な遭遇をしましたね。


269 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 13:21:13 ID:IRnR30aAO
>>268
何星人だよボケー

270 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 13:36:44 ID:GdE03qZX0
ボケー星人だよボケー

271 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 13:48:58 ID:hnnBtyJeO
アヌスばーんちょー!

272 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 15:06:58 ID:UYGPQoBa0
大学の友人A.B子.C子、Dと突如肝試しに行く事になった。
場所は大学から車で一時間の俺の家の隣町
ネットで書いてあった廃病院らしい。
隣町の地理はよく知っているが、その廃病院とやらは俺は知らなかっので、
俺は好奇心で快諾した。大学からついでに車で帰れるのも魅力だった。
談笑しながら目的地につく。そこは意外にも見知った道のちょっと奥だった。
細い道を少し進んでいくと、暗闇の中に突然、4階建の大きな廃墟が出現した。
20年間も近くに住んでいて、こんな大きな知らない廃墟があったとは正直驚いた。
お調子者のAはノリノリ、B子もテンションが高い。C子はちょっと怯えていた。
Aと俺が懐中電灯を持ち、入り口を開けて中に入った。意外と簡単に進入できた。
Aがいろいろな方向に懐中電灯を向ける。B子はわけのわからないハイテンション。
C子は俺の後ろにピタっとついていた。
中は古い、昭和時代を思わせるような壁とロビー。
ふと俺はここである事に気がついた。
この場所は回りはなにもない畑が広がっているはずで、
こんな大きな建物がある事に20年間気がつかなかったはずがないのだ。
また、この場所はショッピングセンターからそれほど離れていないはずだが、
そんな明りは近くにはどこにもなかった。
そんな事を考えているうちに、突然B子が笑いながら明りもない暗闇の中の階段を上りだした。
俺もAもC子も唖然とした。
この暗闇の中B子1人で行かせるわけにはいかないので、俺たちは直ぐに追いかけた。
C子は悲鳴に近い形でB子戻ってと叫んだ。
内心、来るんじゃなかったと後悔しながら、暗闇の中、B子の笑い声だけを頼りに追いかけた。
息を切らしながら階段を上っていく。全員かなり必死だった。
ふと、暗闇に5階血液系病棟という文字が目に飛び込んできた。
二人も気がついたようで、足を止めお互いに目を見合わせた。
この建物は外から見た限りでは、4階建だったはずだ。
なのに今いる場所は既に5階とはどういう事だ?
B子の声はさらに数階上の階から聞こえているように感じる。

273 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 15:07:44 ID:UYGPQoBa0
俺たちは迷った。このままB子を追いかけるか、一旦戻って、車でB子を待つか。
外部との連絡を試みようとも考えたが、携帯は全員圏外。
やはりこの建物はおかしい。市街地からすぐ近くなのに圏外のはずがない。
俺たちは思い切ってB子を追いかける事にした。
5階から6階循環器系病棟、7階呼吸器系病棟、8階感染症病棟・・・
お互いになにも言わなくなった。明らかにありえないからだ。
9階、不気味に光る非常口の文字。屋上らしい。
電気が来ているはずがないのに、非常口の文字は不気味に光っていた。
非常口から屋上に出る。扉は意外とあっさりと開いた。
このまま建物の中に閉じこまれるのではないかと恐怖から、
とりあえず外気の触れる所に出れたことに少し安心した。
しかし、その安心は束の間だった。
そこは星も月もない。ただ暗闇が広がっているだけだった。
ショッピングセンターや住宅地の明りどころか、地上を見下ろしてもただ、暗闇が広がっているだけだ。
B子は見当たらない。途方に暮れる。
突然全員の携帯がなった。着信は全てB子からだ。
皆直ぐには出ない。さっきまで圏外だった上に、
ビジネスホンでもないのに、同じ電話番号から複数に発信できるはずがないのだ。
恐る恐る携帯に出る。B子だ。俺は「今どこにいる?」と聞いた。
B子は4階にいると答えた。
「4階のどこか?」「ナースステーション」と短い返事が来た。
「今からいくからそこ動くなよ?」と言い切る前に電話が切れた。
携帯を見るとやはり圏外だ。
AとC子に4階のナースステーションでB子を拾って車に戻るとういう方針を伝えた。
二人とも異存はなかった。非常口に戻り暗闇の階段を下りる。
非常口の文字は不気味に光ったままだ。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 15:44:24 ID:UYGPQoBa0
8階感染症病棟、7階呼吸器系病棟、6階循環器系病棟、5階血液系病棟
いままで上った階段が逆に下る。
4階についた。そこは小児科だった。
フロアには、入院していた子供が作ったらしい、
人形やプラモデルが飾ってあった。
ナースステーションのカウンターに懐中電灯を向ける。
B子がうずくまっている。俺とAでB子を抱え込む。
目の焦点が合っていない。
B子を抱えて4階、3階、2階、1階と降りていく。
そしてロビーに出て外へ。屋上に出た時はなかったショッピングセンターの明りが見える。
心底ほっとした。
無事車に辿り着き、お互いの顔を確認。そこで俺の記憶はぷっつり切れた。

気がついたのは病院のベッドの上だった。
携帯の日付は、廃墟探検した日から3日間意識がなかった事を示していた。
俺は直ぐに病院からAとBとCに連絡を取り無事を確認した。
お互いの話を突き合わせると、
Aの記憶はほぼ俺と同じだった。
B子は4階までいった後、5階に上る階段などなかったそうだ。
なぜ突然上っていったのかは、自分でも分からないそうだ。
C子はAと俺が上にいってしまい、心細かったと本気で怒っていた。
とりあえずは、みんな無事だった事が確認できた。
いったい、誰が俺を病院に運んだのかを聞かなかった。
退院してから聞けばよいと考えた。


275 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 15:51:11 ID:UYGPQoBa0
そして、退院予定日も迫ってきた中、俺はリハビリもかねて病院の中の探検を始めた。
俺が入院しているのは5階血液系病棟だった。
一つ階段を上ってみると、6階は循環器系病棟らしい。
この病院は昭和テイストの古ぼけた病院であることに気がついた。
階段をもう一つ上ると7階呼吸器系の表示板が見えた。
そういえば、まだこの病院の外の様子を見ていなかった。
そして、8階は感染症病棟。
さらに階段を上ると、非常口の文字が見える。
ふと携帯の時計を見ると、日付が廃墟探検をした日時だ。
屋上のドアを開ける。
そこは星も月もない。ただ暗闇が広がっているだけだった。

276 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 16:23:08 ID:X+Y9iGk70
>>272

ねえねえ。
血液系病棟ってなあに?
循環器とどう違うの?
おしえてよお〜〜〜wwwwwww

277 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 17:25:30 ID:IRnR30aAO
コリン星が爆発したってほんとー???

278 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 18:14:30 ID:gM+JUyZw0
>>276
循環器系は血管、つまり水道設備(役所で言う土木課)であり、
一方血液系はその中を流れる水質を管理するところ。(役所で言う水道課)
具体的には献血したり、その御礼のジュースを貰ったりするところだ

279 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 18:56:39 ID:IRnR30aAO
次スレここにしないか?
もう乱立はこりごりだよ

280 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:05:13 ID:IRnR30aAO
高校3年生です。彼女(処女です)にも親にもバレないように、だけど受験を控えた彼女に
性欲をぶちまけないためにも、興奮するレイプシーンを収集して密かに処理している者です。
 たしかに『悪魔のえじき』でカミール・キートンがズタズタになるまでレイプされるシーン
は最高に興奮しますし、『ありがとう』で透き通るぐらい白い肌の夏生ゆうなが集団レイプの
ターゲットにされているシーンには何回でも興奮します。もちろん、『青い体験』でラウラ・
アントネッリがアレッサンドロ・モモ少年をからかいながら逆レイプするシーンも刺激的です。
 だけど、レイプ・シーンを収集しすぎたためか、最近では普通のレイプ・シーンぐらいでは
興奮しなくなってきました。最近、はまっているのは、肌の色が違う男女の凄まじいレイプ・
シーンです。たとえば、『さよならミスワイコフ』で白人のワイコフ先生が体も性器も大きい
であろう黒人にレイプされるシーン、またフランス人である『エマニエル夫人』ことシルビア
・クリステルが麻薬を吸わされ、タイ人の男たちに服を引き剥がされ、両手両足を押さえつけ
られて集団レイプされるシーン、『ジャングル・ラッツ』

281 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:11:17 ID:KOfgXFhj0
よし
スレいったん統合しようぜ
統合スレたててくるわ

282 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:15:42 ID:IRnR30aAO
>>281
やめろよやりにくくなる

283 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:18:20 ID:X+Y9iGk70
>>281

富江並に増殖いたしますね。

284 :911:2008/11/05(水) 19:19:34 ID:Cg2qPvleO
本スレはここですか?

285 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:27:06 ID:Cg2qPvleO
どうなってるの?

286 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:34:21 ID:djzjPX6/O
このスレ3つもあるじゃんか

287 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:38:34 ID:Cg2qPvleO
誘導始めました
ご協力お願いします
ここが本スレッドになります

288 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 19:48:29 ID:KOfgXFhj0
>>282
な・・なにがやりにくなるの???

289 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:13:35 ID:X+Y9iGk70
>>287

全然誘導になっていない件について。
おまえコミュニケーション弱者だろ?

290 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:27:40 ID:aN03XoclO
>>289
なんだと!しね!

291 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:31:54 ID:Cg2qPvleO
自治スレッドには報告済みです
http://c.2ch.net/test/-/occult/1207529348/i#b

292 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:36:20 ID:VYZMX2rh0
>>291
回答が来てたね。

640 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/11/05(水) 20:08:41 ID:ncpzVsp70
>>638
>>171-174あたり参照
避難所できめるなり先に立ったものを順番に使うが普通


先に立ったのはこっちなんで、こっちが正式に新スレで決定だな。

293 :911:2008/11/05(水) 20:45:31 ID:Cg2qPvleO
昨夜のつづきを書いていきますね
よろしくお願い申し上げます

294 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:47:13 ID:IRnR30aAO
>>293
いや、いいから

295 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:49:06 ID:aN03XoclO
>>293
いらね!しね!

296 :911:2008/11/05(水) 20:50:58 ID:Cg2qPvleO
前スレッドの911です

297 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 20:54:20 ID:aN03XoclO
>>296
どうでもいい!しね!

298 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:00:30 ID:VYZMX2rh0
本日のNG推奨再周知
ID:Cg2qPvleO
ID:HQgj1eu+O
ID:IRnR30aAO
ID:5s2zgtkLO
ID:aN03XoclO

299 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:16:33 ID:KOfgXFhj0
日テレ見ろ
強烈に怖いぞ

300 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:24:43 ID:X+Y9iGk70
>>299

来てるな。
何を注入しタン?

301 :911:2008/11/05(水) 21:24:53 ID:Cg2qPvleO
僕がなんで怒っているか分かるか?

302 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:28:30 ID:KOfgXFhj0
現在の姿
http://001.pinknotora.net/jyukujyo/src/136-1.jpg

303 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:29:13 ID:gM+JUyZw0
僕はプライドが高いから?

304 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:32:12 ID:X+Y9iGk70
>>301

肛門拡張したけど駄々漏れだから

305 :911:2008/11/05(水) 21:34:33 ID:Cg2qPvleO
態度が悪い

306 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:35:00 ID:aN03XoclO
>>301
しらね!しね!

307 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:36:54 ID:cuq2ikpp0
>>301 オマエノナ

308 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:37:13 ID:X+Y9iGk70
>>305

おまえ何さまだよw
ヨン様?

309 :911:2008/11/05(水) 21:41:13 ID:Cg2qPvleO
あやまってくれ

310 :時空孔雀:2008/11/05(水) 21:43:25 ID:J+dqmoq2O
>>309
嵐、は、猿!この、お猿版中、がwww

311 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:51:07 ID:aN03XoclO
>>309
ごめん!しね!

312 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 21:57:53 ID:KOfgXFhj0
荒れすぎだよ
これじゃアイカゴがどれかわからんだろ・・・

313 :911:2008/11/05(水) 21:58:01 ID:Cg2qPvleO
削除依頼出しておけよ

314 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:03:48 ID:IRnR30aAO
>>309
ごめんなさい

315 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:05:44 ID:IRnR30aAO
本当にすいませんでした
もう二度と乱暴な口の聞き方致しません

316 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:10:50 ID:IRnR30aAO
ごめんちゃい

317 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:12:42 ID:aN03XoclO
>>312
わかる!しね!

318 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:14:45 ID:IRnR30aAO
>>317
どれ?

319 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:18:26 ID:KOfgXFhj0
>>318
鳥居は泰葉にポジション奪われたな


320 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:19:13 ID:X+Y9iGk70
>>309

うるせーばか

321 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:22:45 ID:IRnR30aAO
>>319
鳥居は芸、泰葉は?

322 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:23:22 ID:VYZMX2rh0
NG推奨追加
ID:X+Y9iGk70

323 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:26:45 ID:X+Y9iGk70
NG推奨追加
ID:VYZMX2rh0

324 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:29:31 ID:+2AORlAI0
[影]ω ̄)ジーーー

なにこのスレ、NG大賞会場?

325 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:32:03 ID:IRnR30aAO
>>324
ほう、そうなのけ

326 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:41:20 ID:J8FQP7Xb0


327 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:43:19 ID:kpGLovdXO
しょうがない…

どうしても…と謝るなら特別に>309に続きを書かせてやってもよいぞ!!










読まないけど………



328 :911:2008/11/05(水) 22:47:31 ID:Cg2qPvleO
様子見てたけどぜんぜん反省してないね
絶対ゆるさん

329 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:48:51 ID:iQGItXnz0
このスレはまだ夏が終わってないんだな・・・

330 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:56:20 ID:/81lQY/BO
>>328
じゃあ、許してあげるから書いてイイよ。
NGワードにしとくわ

331 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 22:59:55 ID:IRnR30aAO
>>328
ん?

332 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:00:07 ID:JeMxdsN20
書きたいなら書けば良いじゃん。
ってか、誰かに許可貰わなければいけないなんてことはない。
あとで文句言われるのが嫌なの?書いてって言われましたから書いたって
人のせいにするため?
そんな小者ならロムってれば良いのに・・

333 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:01:40 ID:KOfgXFhj0


334 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:02:35 ID:yEaHTgHh0
>>328
だまれこのまんころ

お前の両親がお前より先に死ぬよう呪っておいた

335 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:03:53 ID:VYZMX2rh0
>>334
>お前の両親がお前より先に死ぬ
それは本来当たり前の事じゃないのか

336 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:04:55 ID:yEaHTgHh0
>>335
シーーーーーーッ!!!!

337 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:05:50 ID:kpGLovdXO
ちょっとちょっと!!


みんなそろそろ>328を許してあげようよ…


と言うことで続きをどうぞよろしく(^O^)/








つ チラシの裏



338 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:07:30 ID:sudrJulQO
じゃあ続きを。

だんなとコンビニで会計してる時に買う新聞を読んでいたら
店員が私の顔を怖い顔して睨みつけてきた。
会計中に読んでたのが腹たったらしいが買うんだからもういいでしょ。

むかついたから本部に電話してクレームいれておいた

339 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:09:05 ID:yEaHTgHh0
      <━━━━━━━━>

     >━━━━━━━━━━<

こうすると下の棒の方が一見長く見えます。これが目の錯覚です。

340 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:12:13 ID:kpGLovdXO
こすると下の棒がおっきくなりますだって!?



341 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:13:33 ID:cuq2ikpp0
>>339
ほんとだっ!怖っえぇぇぇ

342 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:13:45 ID:KIsBeugOO
>339へえ

343 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:14:10 ID:IRnR30aAO
もういいだろ、怖い話を黙って待とうぜ

344 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:15:29 ID:yEaHTgHh0
    

345 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:16:03 ID:aN03XoclO


346 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:17:37 ID:KOfgXFhj0
こりゃひどいな
別館でも立てるか?

347 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:19:00 ID:yEaHTgHh0
>>346
しゃべるな
黙ってないと

348 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:28:06 ID:KOfgXFhj0
おれそういうの嫌い

349 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:30:22 ID:aN03XoclO
>>348
すき!しね!

350 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:31:30 ID:IRnR30aAO
>>348
お前わがまま言うなよ

351 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:34:42 ID:PMCSQH0pO
>>339

当たり前なんじゃね

352 :時空孔雀:2008/11/05(水) 23:40:34 ID:J+dqmoq2O
じゃあね僕から怖い離しん透過するゃ
あれは…
〔蜜柑〕

353 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:46:03 ID:aN03XoclO
>>352
こわい!しね!

354 :時空孔雀:2008/11/05(水) 23:47:49 ID:J+dqmoq2O
>>353
まりが、て、う(^O^)
しゃ、る險の、圓に寝、るかな?

355 :本当にあった怖い名無し:2008/11/05(水) 23:53:25 ID:KOfgXFhj0
久しぶりに来てみたらなんだこの流れ・・・

356 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:01:14 ID:IRnR30aAO
>>355
俺も久しぶりに来たけどどうしちまったんだろうな

357 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:02:34 ID:podf/bNPO
んじゃスレ立てよーぜ!

358 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:05:32 ID:JsWoJKExO
>>357
たて!しね!

359 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:24:54 ID:F3FImv4D0
ひどい荒れようだな

360 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:38:25 ID:TB4L90agO
>>356
オカ板全体に厨が増えたからね。

洒落怖の場合は嵐がスレを乱立させたりする物だから
余計始末が悪い。

361 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:39:36 ID:evtpnnUC0
うわっ
なんかすごい荒れてるな

362 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:48:34 ID:8lWoOo67O
                                    カカギ

363 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:53:45 ID:TqR4xPAm0
>>360
「荒れてるな」だけ書く奴も荒らしだから
なっ

364 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 00:57:34 ID:evtpnnUC0
http://tv.dee.cc/jlab-maru/s/maru1225887837944.jpg

365 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 01:26:04 ID:JfQyindMO
>>364
これを見てどうしろと
ネタのつもりなら最低だな面白いけど

366 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 01:29:27 ID:iuH/FgS80
親に猫飼っちゃいけないと言われたから生き埋めにして
始めは泣いてたけどすぐにケロッとして「お腹すいたから帰ろう」みたいなこと言って
その態度を見た母親のほうがショック

みたいな感じの話どっかで読んだんですが知りませんか?

367 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 01:48:07 ID:FbOFgzk50
死ねなんて言葉を使うんじゃありません。

368 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 02:17:49 ID:JfQyindMO
激くーん

369 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 02:35:21 ID:evtpnnUC0
もぅねなさぃ

370 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 02:37:46 ID:JfQyindMO
はーぃ

371 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 02:45:48 ID:/PuNqJAp0
うちの家族は、子供の頃と最近になってからの2回も違法な聞き込み捜査の
被害に遭っている。
この種の中傷は危険。


372 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 03:05:57 ID:KWx2bGgQO
私とツレで好奇心故に無断で軍艦島に探索に行った。
私は当時のまま時が止まっている軍艦島に感動した。
存分に探索した後、昼間のうちに帰ることになった。
ボートに向かっている間、ツレが何度も後ろを確認している様子だった。
「いや、何かいるような気がして」
とんでもない、来ているのは私達だけなのだ。
ボートまであと少しという時に私は携帯が無いことに気づいた。
さっき転んだ時落としてしまったのだと思い、ツレをここで待たせ取りに行くことにした。
幸い50mほど戻った所で携帯はすぐ見つかった。
ツレの所に戻る間、ふと何かの視線を感じたが意識しないようにした。
その日無事私達は家に帰った。2日後私は写真の現像した写真を見て驚愕した。
それは心霊写真と言えるのか、なぜなら中年の汚ない男がハッキリと写っていたのだから。
ビルの影に隠れながらじっと私達を見ている、心霊と違いぼやけず写っている事が不気味だ。私は何か思い当たる節があり、軍艦島関係の記事をネットでみてみた。
膨大な量に諦めかけていた時、それはあった。
30年も前の記事。
[少年五人軍艦島に行き一人行方不明]
[少年の捜索難航いまだ見つからず]
まさかと思いながらも写真を破り捨てた。
30年間もあんな孤島で生きていけるはずがない。
一体何者なのだろうか。

373 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 05:29:45 ID:P1VZJw6H0
コラー!何だって破り捨てたんだ。ここに張って検証するのがスジってもんだろが

374 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 06:39:09 ID:5oUKz2bx0
>>373
お前このスレは初めてか?もっと肩の力抜いてリラックスしろよ

375 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 08:02:05 ID:eR7uuFyb0
>>366

”親”と”猫”を入れ替えるとすごく怖いw

376 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 08:43:31 ID:JsWoJKExO
>>372
五人が六神合体して、その一人になったっていうこと?

377 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 09:03:18 ID:J/i2BVgqO
おはようござまんこ

378 :911:2008/11/06(木) 10:15:39 ID:fxXm0auIO
僕が怒っている理由は感謝の言葉がないからだよ
感謝するどころか誹謗中傷を浴びせてくる無神経さに憤慨している
残念です

379 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 10:23:40 ID:3V7PMnVF0
本日のNG認定
ID:fxXm0auIO

380 :911:2008/11/06(木) 10:32:07 ID:fxXm0auIO
気付くのが遅くてもそこからはじめていけばいいだろ
素直にあやまれ

381 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 10:44:27 ID:J/i2BVgqO
ごめんなさい…

382 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 10:48:36 ID:SpmdK/Vy0
>>366
ぐぐったら後味スレだった。
http://blog.livedoor.jp/tyokowai2ch/archives/54350781.html
上からよんでくとすぐ出て来るやつだよね?

383 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 10:51:13 ID:J/i2BVgqO
恐くないかもしれないですが書いてもいいですね

384 :911:2008/11/06(木) 10:59:05 ID:fxXm0auIO
お願いします

385 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 12:09:15 ID:nmCgjSWPO
>>384


バカ?





誤爆った!!




こんな感じで誤ればいい?



386 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 12:27:32 ID:fxXm0auIO
クソガキめ

387 ::2008/11/06(木) 12:31:00 ID:ICjw33Vm0
オカ板の「!」から転載
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1225269334/l50

以下の文

388 ::2008/11/06(木) 12:34:39 ID:ICjw33Vm0
79 :tobira2:2008/11/05(水) 22:21:02 ID:Pna5uYNW0
カーテンの隙間から、先ほど霊らしきものが立っていたあたりを、ちら、と盗み見た。
まだ、いた。
さっきと同じように白い人影はずっとこちらの方を見つめるようにして立っていたのだ。
あ......、やべえ。M君がそう思った瞬間だった。白い人影がすーっと速いスピードでスライドするようにM君のマンション側に向かってきた!依然と顔はこちらに向けたままである。
M君は驚き、半ば叫ぶように再び祝詞を唱え続けた。
白い人影がクモのようにマンションの壁を這い登る所を想像し、ゾッと鳥肌が立った。
やばい、どっかに逃げよう。M君はそう思い、カーテンの方を見ないようにして財布を捜した。ネットカフェに逃げ込もうと考えたのだ。
だが家を出る時、不運な事にM君の視界にカーテンの所が入ってしまった。
カーテンの隙間から、白い人影が見えた。

「大変だったね」話を聞いてM君を慰めた。
だが、M君の話によると、起こった事はこれだけではないという。

しばらくは恐ろしくて自宅マンションには帰れなかった。なのでM君は4日間程ネットカフェと友達の家で寝泊まりしていたが、やはり自宅には帰らなければならない。
そこで神社からお札と御守りを買ってから自宅に帰った。
マンションの部屋に入ると、部屋を出た時となんら変わりもなく、ほっとした。
M君はベランダの入り口に買ってきた御守りを置き、四隅に盛り塩をした。
それからというもの怪異は起きず、今まで通りの生活になった。
盛り塩はほったらかしになり、カチコチに固まってしまっていたという。
そして、心霊現象が起きた事などすっかり忘れたある日の事だった。
M君は飲み会で夜中の3時に帰宅した。
M君は特に変わった事をするでもなく、ふらふらしながら自転車を止め、郵便物を確かめて、エレベーターでいつも通りに我が家の玄関の扉の前に辿り着いた。
そして鍵を取り出して、玄関の鍵を開ける。
ここまでは、いつも通りであった。
M君は玄関の扉を開けた。その瞬間、なぜかM君は気を失ってしまったのである。気がつけば、朝になっていた。

389 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 12:35:03 ID:mplFTn2+0
なにこのスレ
間違えてVIPにでも来たのかと思ったわ。

390 ::2008/11/06(木) 12:35:32 ID:ICjw33Vm0
80 :tobira3:2008/11/05(水) 22:22:40 ID:Pna5uYNW0
「一体なにがあったの?」
M君に聞くと「それがさっぱりわからん」とあっけらかんに答えた。
ただ、その後部屋に入ると、明らかな異変が起きていたとM君は語った。
ほったらかしにして置いた盛り塩が、器の小皿だけ残して跡形もなく消え去っていた。そして、ベランダ側に置いていた厚い御札が、真ん中から折れ曲がっていたという。
そしてM君は最近まで、「玄関の扉を開ける」夢を見ていたそうだ。
酔っ払って帰り、玄関の扉を開けると、暗いすぐその先に誰かが立っている。
裸で、全身真っ白な肌をした男。その男の顔は、目と口の辺りに、ただ丸く黒い穴が開いただけの奇妙な顔だ。鼻や眉毛などのパーツは一切ない。

                  

                  


その後、なぜかケガがやたら多くなり、不運な事も立て続けに起きたので、そのマンションから引っ越したそうだ。
「引っ越したとこ、マジ快適だよ(笑)」M君はそう言って笑った。




81 :tobira4:2008/11/05(水) 22:23:25 ID:Pna5uYNW0
(おわり)


391 ::2008/11/06(木) 12:36:45 ID:ICjw33Vm0
82 :    ! .:2008/11/05(水) 22:27:30 ID:Pna5uYNW0
この話を読んでしまったあなた。

もしかして呪われたかもしんない。

アリの話が載ってたサイトからの転載した話だから。

かわいそうに。かわいSONY。

この話読んだ後、部屋にHUKITUな気配を感じました。まあフィーリングだけどね☆

392 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 12:38:10 ID:F3FImv4D0
まぁまぁ楽しかった。

393 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 12:44:34 ID:SU29DQp+0
>>386
いつまでも引きずってスルーも出来ないお前が一番ガキだよ

394 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 13:23:26 ID:J/i2BVgqO
ほんとだよ
いつまでも引きずってんじゃねーよ汁男

395 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 13:45:38 ID:JsWoJKExO
ていうか駄作魔人

396 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:26:47 ID:TB4L90agO
>>378
ありがたがれって何様だよ、その上粘着って最悪だなお前。

いいからもう消えろよ構ってちゃん。

397 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:28:33 ID:/LyoHl+u0
vip規制されてるたからオカ板に粘着しててます

398 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:30:38 ID:rEOwYI2NO
オマエラよ
かーちゃんがどんな気持ちで弁当作ってくれてたか考えてみろよ


399 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:32:19 ID:QCiRU+c20
レス読んできたけど、911って文章下手だね。それに性格悪いし。
性格直したがいいよ。あんた友達できないよ。そんな態度じゃ就職も出来ないよ。

ところで「!」の話が怖いよ。

400 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:33:11 ID:eR7uuFyb0
>>386

”まともな”大人で10時から書き込んでいる人間がいたら
そっちの方が怖いわw
どうせニートなんだろ?おまえ。
よっ!ニート

401 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:35:08 ID:+4n7zUqZ0
ID:eR7uuFyb0

頭悪い子ですね。

402 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:38:28 ID:TB4L90agO
>>400
前半は例の粘着の事書いてるのに、何故後半俺に矛先が向く?
お前の思考がオカルトだ。

403 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:42:20 ID:QCiRU+c20
>>402

本当のこと言われて怒る典型 顔真っ赤ですよ。

404 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:46:13 ID:eR7uuFyb0
>>402

おまえニーとなのかw
面白い奴だな。ニート。

405 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:46:39 ID:J/i2BVgqO
ちゅりーす(^o^)/ちゅりーす(^o^)/ちゅりーす(^o^)/

406 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 15:46:53 ID:3V7PMnVF0
>>402
…その突っ込みは何処かおかしい

407 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 16:33:50 ID:MlNtdLCn0
明日新潟駅で人を

408 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 16:35:52 ID:JfQyindMO
>>405
失せろ

409 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 16:52:53 ID:cS2mTQ99O
>>405
゛自分はラッキーだ゛っとでもお思いかな?

‖壁‖▼_▼)y-~~

410 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 17:02:49 ID:J/i2BVgqO
>>409
ぼっ!僕がですかっ!?

411 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 18:14:52 ID:JfQyindMO
スタンド使いwwwww

412 :911:2008/11/06(木) 18:17:53 ID:fxXm0auIO
僕の怖い話はほかのスレッドで公開することにしました
さようなら

413 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 18:30:55 ID:JfQyindMO
>>412
さよならっきょ!

414 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:01:08 ID:dtBRn9FY0
>>412
後悔したら教えてくれ。
ドンだけ糞くだらねえ話なのか確認したいw

415 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:05:12 ID:J/i2BVgqO
ポイシナイデクダサイ
アハン…アハン…アハンアハン

416 :911:2008/11/06(木) 19:21:21 ID:fxXm0auIO
ここにいると無神経なクソガキばかりでイライラしてくる・・・

417 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:40:22 ID:JsWoJKExO
>>416
なんかベジータぽくて素敵

418 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:44:57 ID:GpeQ+IVf0
のほほんとオカ板のスレでも見ようと思ったら・・・
ろむって居ようか迷ったけど
いい加減にしてよ!
がっかりだ・・・
えっ?
しかたがない魔法の言葉、ピッケモンバック!

419 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:52:19 ID:evtpnnUC0
のどちんこ
ろり
いんもう
がまんじる
えなりかずき
しっこ

420 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 19:58:33 ID:t+7ngA2K0
>>419
ほんとに呪われそうな単語だな

421 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:21:27 ID:eR7uuFyb0
>>416

よう!ニート!
元気か?

422 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:41:38 ID:Ofs8Dh2l0
>>421

もう911を相手にスンナ。 どんなレスでも欲しい、かまって野郎だから。

423 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:45:41 ID:JsWoJKExO
リメンバー911

424 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:51:43 ID:evtpnnUC0
怖い話書いてもいいですか?

425 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:52:41 ID:J4rKS7tCO
>>424
どうでもいいです

426 :kanoke1:2008/11/06(木) 20:57:55 ID:Ofs8Dh2l0
友達のN君は小学生の時、祖父を亡くした。
N君の祖父は永らく老人ホームに入っていた為、祖父
と会うのはお正月くらいであり、祖父が死んだ時もそ
う悲しくはなかったと話した。
つまらないお葬式で、唯一面白かったのは日常では見
かけない遺体があるという位で、暇になったら祖父の
死顔を観察しに行ったという。
祖父は棺桶に入れられて直接触る事は出来ないが、覗
き窓から死顔を覗く事は出来た。
真っ白な死装飾を着て、菊の花が顔の周りに添えられ
て、白い布が胸元まで掛けられているのだ。
通夜の時、大人達の会話がつまらなくなったので、
じーさんの死顔でも見に行こうと思って見に行った。
少し怖かったが、「所詮じーさん。化けて出ても怖く
ない」と自分に言い聞かせ、一人肝試し気分になって
いた。
わいわいと騒ぐ大人達を背に、棺桶の覘き窓から覘く



427 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:58:03 ID:evtpnnUC0
じゃーもぅかかなぃわょっ!!
プンプン!

428 :kanoke1:2008/11/06(木) 20:58:36 ID:Ofs8Dh2l0
そこには先ほど述べた光景があるだけであり、そう楽
しくはなく、面白いのはじーさんの鼻の綿だけだ。
ぼんやり眺めていたら、唐突に異変が起きたという。
祖父に掛けられている白い布が、もこもこ、と動い
た。
びっくりしたが、見間違いかと思ってよく見直した。
布はしばらく動かなかったが、また、もこもこと生き
物が下で這っているかのように動いたのだ。
驚きはしたものの、N君はなぜか無言で見続けた。
そして、さらに怪奇な事が起こった。
異様に細長く、白い指。
それが布の下から胸元にかけて一本、にゅ、と突き出
した。
指はどんどん伸びて祖父の頬に赤い引っかき傷を作
り、また布の下に戻ったという。
「大騒ぎになったよ」とN君は言った。
葬式の業者が遺体に傷をつけたと遺族一同カンカンに
なったそうだ。
なんでその事親とかに言わなかったのと、N君に聞い
た。
N君曰く、人に喋ったら絶対ヤバイ事が起きそうと本
能的に思った。だそうだ。
この話を書くあたり、N君に一応断ってから書こうと
思ったが、N君の携帯にメールも電話も繋がらず、N
君の実家の固定電話さえ繋がらない。
なので無断で書かせて貰うことにする。
N君には昔小説のアイディアをパクられたので、これ
でおあいこだろう。

<おわり>


429 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 20:59:32 ID:JfQyindMO
>>427
俺は待ってるぜ

430 :kanoke1:2008/11/06(木) 21:01:28 ID:Ofs8Dh2l0
転載先
ttp://ip.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?Pid=5582805&BookId=8&PageId=284347&PN1=0&PN2=0&PN3=0&TP=1&SPA=210&SSL=


431 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:22:27 ID:ivItADph0
こんなクソスレに怖い話なんて書き込むなよ
他池他

432 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:26:49 ID:JfQyindMO
じゃあもう寝る!

433 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:31:06 ID:evtpnnUC0
>>432
あっ・・・・

434 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:31:56 ID:TqR4xPAm0
>>427
だからなんで許可を求めるんだっつーの
書きたきゃ書けよ、誰の許可が必要なんだよah

435 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:35:38 ID:evtpnnUC0
>>434
ほっとけよ構ってちゃんなんだから

436 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:40:00 ID:Didie8GQ0
仏「」

437 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:40:25 ID:Didie8GQ0
うお!IDがdieだ!超コワス!

438 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:52:10 ID:rPMeUDt50
微妙にDaigo

439 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 21:58:17 ID:JfQyindMO
インド!

440 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:02:02 ID:evtpnnUC0
>>439
うん

441 :911:2008/11/06(木) 22:09:23 ID:fxXm0auIO
切れそうだよ

442 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:10:03 ID:sETvFI1H0
暇なの?

443 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:35:08 ID:xvWDqKxd0
痔が?

444 :911:2008/11/06(木) 22:44:34 ID:fxXm0auIO
削除依頼だしとけよ

445 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:48:47 ID:ZJqVX/4u0
911をシックスセンスで透視してみた。

まず、出っ歯。目が小さい。潰れた鼻。太っている。眼鏡。臭い。毛深い。
い母親がスーパーから買ってきた服を着ている。母親と父親はすごく頭が不自由。
貧乏 常にいじめられている。 2ちゃんねらー キモイという愛称がある。 
部屋がめちゃくちゃ散らかっている。 切れやすい(色んな意味で) かまってちゃん
うざがられている 自分は才能あると思っている 勉強ができない スポーツもできない
嫌われている ニート

446 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:49:58 ID:evtpnnUC0
よーし俺も透視しちゃうぞー

447 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:51:18 ID:JfQyindMO
>>446
ぃゃん・・・・・・

448 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:54:11 ID:Zj0juFkH0
911の母ちゃん出べそ!
911の父ちゃん包茎!

449 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 22:55:19 ID:J4rKS7tCO
>>441
肛門?
リンゴでも突っ込んだか?

450 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:03:05 ID:evtpnnUC0
>>447
ぃがぃとぁれだな・・・フフフ・・・・

451 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:03:42 ID:P1VZJw6H0
まあまあ、911そうとんがるなよ、これでも見てヌキな。
http://www.postimage.org/image.php?v=Pq2cUITA


452 :911:2008/11/06(木) 23:07:21 ID:fxXm0auIO
完全に切れたよ

453 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:15:49 ID:JfQyindMO
>>452
あ?

454 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:21:07 ID:U7EMo5Az0
ID:fxXm0auIO
↑こいつそろそろ規制依頼かけたいんだけど、どうすればいいんだ?

455 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:22:57 ID:jR95clNc0
>>452
切れてろよ文盲
お前が切れたってどうせたかが知れてるだろ?
結局他のスレにも自分の駄文載せてねえし、口だけじょんいるだな

456 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/06(木) 23:24:06 ID:KE+FuakV0
で、911は何か書く気があるのか?
それとも、書く能力がないのか?
どっちだ。
くっくっく。

457 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:25:31 ID:JfQyindMO
        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄

458 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:26:55 ID:jR95clNc0
ほうらどうした
駄文かいてみさらせよ
お兄ちゃんたちが優しく遊んであげるよ?wwwwwwwwwwww←タンポポ草

459 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:28:27 ID:P1VZJw6H0
911 ここに書けよ↓
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1225970957

アッ、ミスターくっくっく発見、どこ行ってたんだよ。

460 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:29:02 ID:evtpnnUC0
タンポンとか下ネタはやめて

461 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:29:36 ID:eR7uuFyb0
>>452

切れてないですよ

462 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:34:47 ID:JfQyindMO
俺も切れたし

463 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:37:32 ID:jR95clNc0
ID:fxXm0auIOはもう恥ずかしくなって0時越えで新しい自分に生まれ変わるつもりです。
0時を過ぎたら今度は僕が911やるお!

464 :本当にあった怖い名無し:2008/11/06(木) 23:58:49 ID:TqR4xPAm0
くっくっくと意見が合うこともあるんだなぁ

465 :911:2008/11/07(金) 00:00:06 ID:evtpnnUC0
完全に切れ痔

466 :911:2008/11/07(金) 00:01:47 ID:TqR4xPAm0
院金に切れた

467 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 00:02:43 ID:1P60gvr/0
>>465
やっぱりボラギノールは手放せないですか?

468 :911:2008/11/07(金) 00:08:02 ID:+QUSDf7P0
もうお前ら知らんぞ
みていろ、呪ってやり

469 :911:2008/11/07(金) 00:14:17 ID:6bhnAGz60
僕が本物だ
切れた、呪って槍

470 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 00:17:26 ID:Ey92MnZkO
げびた奴らめ

471 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 00:20:38 ID:pjOvHC7v0
なんだよこの糞スレwww
こんなスレあげるな馬鹿wwwwwww

472 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 00:21:15 ID:BP7qWjDwO
>>457
最近のズコーは携帯で見ると右目が切れて下にずっこけてます
楽しみにしてるのでもっと左に寄せてズコーしてくだしあ

473 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 00:25:52 ID:1P60gvr/0
>>471

うるせーばか

474 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 00:55:11 ID:vowBwgn9O
このスレから怨念を感じる

475 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 01:21:35 ID:vowBwgn9O
んじゃ投下


私は最近よく外を見ている。
見慣れた通りを眺めるのも良いものだ。
家のガラス戸から眺めているのだが、半分下は曇っているガラスなので立たなければ外は見えない。
まあ、最近体重が落ちたのかずっと立っている事は屁でもないさ。
でも嫌な事だってある。
なんで我が家を通り過ぎる人は皆驚いていくのだろう。
走って通り過ぎる人もいるくらいだ。こっちも嫌になるわ。
ああ、なんだか最近首が痒いなあ。
窓ガラスに写った私の顔は青ざめている。何かの病気かな。
現在は私、空から町を見ているんですよ。
それはもう最高の贅沢ですよ。でも私の住んでた家が壊されちゃいましてね。困りますよ。

476 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 01:33:16 ID:Ey92MnZkO
まんこ、まんこから子供の頭が!
出産!!!!!!!

477 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 01:48:11 ID:M8aGCS0p0
こんばんは。
わりと最近の話です。
いつものように、タラオで抜いていたら、突然、フネが出てきてイッちゃいました。
はなから、女キャラなんか相手にしてないので残念です。
なぁ〜んちゃって。
しょーもな。

478 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 01:58:11 ID:KQ95yD8c0
辟ヲ闌カ繝吶・繧ケ縺ァ縺励g

479 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 02:03:35 ID:EzJi5MSs0
幽霊の出る部屋

中央の椅子のところにいるらしいけど動画が荒くてみにくいからよーく注意してみてみて

http://jp.youtube.com/watch?v=QfZItov1BUo

480 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 05:32:25 ID:Mn9ljNhaO
>>479
どんなのか分かっていても怖い物は怖いな

481 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 05:55:02 ID:KQ95yD8c0
男の人って不潔!
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1226003600/

482 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 06:42:34 ID:1P60gvr/0
>>479
>>よーく注意してみてみて

この一文でどう言うのか解ったw

483 :911:2008/11/07(金) 08:32:31 ID:4fvuerCyO
長旅で疲れたのでお爺さんに運転を代わってほしいと伝えるとわかりましたと言ってくれました。
安心したので助手席で本家に着くまで仮眠をとることにしました。すると後部座席からこっちだよという声が聞こえました。確認するとだれもいなかったので安心です。
本家までまだだいぶ時間がかかるのでとりあえず本家に電話することにしました。
電話をすると父親が出ました。宴会をやっているからおまえは来ないほうがいいと言われたのでわけがわからないのでお爺さんに電話を代わってくれないか頼むとお爺さんは笑いながらわかりましたと言ってくれました。
するとお爺さんは車を停めて出ていきました。空も真っ暗になっていましたし足下も悪そうだったので心配になりました。
30分後お爺さんが戻ってきたのですいませんでしたと言うとお爺さんは笑いながら会釈をしてくれました。どうでした?と聞くとお爺さんも疲れていたのです。目を閉じて寝ているように見えました。
その時にです電話がかかってきました。

484 :911:2008/11/07(金) 08:47:38 ID:Ey92MnZkO
>>483
私のふりをして勝手に話しを作るな下郎

485 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 08:55:54 ID:7Clxaj5xO
ちゃんちゃーい!!

486 :911:2008/11/07(金) 09:03:52 ID:1P60gvr/0
>>483の続き
おじいさんは寝ているように見えたのですが、その電話の呼び出しを聞くと、
まるでウサギが飛ぶように跳ね上がって受話器を取りました。
おじいさんの話ともれてくる電話の声が聞こえてきます。
電話の相手は”おれおれ!おれだよ!おれ!”といっているようです。
私はおじいさんに”オレオレサギですよ”と話したにも関わらず全く聞く耳を持ちません。

487 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 09:45:17 ID:0/nU+r9BO
911

488 :911:2008/11/07(金) 09:54:48 ID:0/nU+r9BO
おじいさんは、時折足をさする仕草を見せます。
ポツリポツリと道の指示をする以外は口をつぐむので、私は話を向けてみました。
本家の辺りは密集していない民家の地域です。確か近い商店にも15分位はかかります。
「あちらは買い物に行くにもちょっと大変ですね」
「……」
おじいさんはまた「…右」と言ったきり黙りました。
気を悪くしたのか、具合でも悪いのか、おじいさんは下を向き表情が見えないだけに私も黙って運転をするしかありませんでした。

489 :911:2008/11/07(金) 10:06:25 ID:0/nU+r9BO
>>488
私が以前来た時は車ではありませんでした。
なのでここら辺が道中のどの位置にあたるのかはあまり分かりません。
道路の標識とおじいさんの時折の言葉を頼りに向かっているのです。
本家が近くなれば見知った地名を目にするかとも思ったのですが、元々市名さえ知名度の無いような位置にある村です。
一度しか行った事のない私には隣村にさしかかっても分かりません。
県道から市道へ、更におじいさんの指示に沿うと、山々に囲まれた木々の多い地域になってきました。

490 :911:2008/11/07(金) 10:13:33 ID:0/nU+r9BO
ああ、こんな雰囲気の場所だったなぁ…と記憶と重ねてみましたが、田舎とはどこも似たような景色だし、とも思いました。
私がぼんやりしていると、
「…電話がかけたい」おじいさんがボソボソと喋りました。
一瞬、人が一緒な事を忘れていた私はその声にハッとしました。
「あ、すみません。電話ですか?電話お貸ししましょうか?」
ルームミラー越しに話しかけました。
しかしおじいさんはスッと人差し指を出し、前方の何かを指差しました。

491 :911:2008/11/07(金) 10:21:46 ID:0/nU+r9BO
その先にあるのは道路脇にある公衆電話のボックスでした。
何故わざわざ?とは思いましたが、とりあえず近くに車を止めておじいさんの動きを待ちました。
ドアを開けるおじいさんをルームミラーから伺いながら、後どの位で着くかな、と考える自分を見透かしたかのように
「…後少し」
そう言いながら電話に向かいました。
慣れない長距離運転に疲れていた私は安堵し、おじいさんを見送りました。

492 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 10:31:52 ID:80/x4V5BO
続きまだー?
(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

493 :911:2008/11/07(金) 10:34:39 ID:0/nU+r9BO
おじいさんは斜め前に位置するボックスに入ると、受話器を取りました。
ぼんやり眺めていたのですが、何か変だなと思いました。
私の左斜め前に位置する電話ボックス。
おじいさんは私に左半身を見せる形に立っています。
おじいさんは微動だにせず電話をしているのです。
ともすれば電話をかけずにただ受話器を左手に持ちただ立っているかのようです。
口元は受話器で見えません。
どこか気味の悪さのような物を感じ、何とはなしに自分も電話しようかと思いバッグに手を伸ばし携帯を探しました。
しかし携帯がないのです。


494 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 10:36:04 ID:8pX+gs4F0
どのタイミングで6尺がくるかwktk

495 :911:2008/11/07(金) 10:46:04 ID:0/nU+r9BO
あれ?さっきはあったはず…
独り言を言いながらバッグを隅々探しましたがありません。
その時持参したのは肩掛けタイプのビジネスバッグ位の物です。
手前のポケットに入れたはずでした。
ふとおじいさんに目をやると、電話ボックスの中で先程のような姿勢のまま私をジッと見ていました。
しかも口元は動かさず。
私もおじいさんから目を離せません。
何秒経ったでしょう、しかしばつの悪さから私から目を逸らしました。
また携帯探しに戻り、車中を探し始めました。
するとおじいさんが戻ってきました。
静かにドアを閉めると、また俯いて出発を促すかのように見えました。


496 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 10:51:53 ID:JSYp/dIRO
>>494
え?6尺のペニス?

497 :911:2008/11/07(金) 10:57:56 ID:0/nU+r9BO
無言のプレッシャーのようにも感じ、出発させようかとも思いましたが、携帯が不明な事も釈然とせず、公衆電話からかけて車中の所在を確認しようと考えました。
「すみません、電話がちょっと見当たらなくて…多分車にあるはずなので公衆電話からかけて確認させてください」
おじいさんは声になるかならないか位の声で、頷きながら何かを言いました。
私は財布を持つと電話ボックスへと向かいました。
テレホンカードあったかな?
財布のカード入れから見つけ、電話に差し込もうとしたのですが入りません。吸い込まれていかないのです。
受話器を置いたりと何度やっても。
私は財布から10円玉を数枚取り出し、入れようとしましたがそれも入りません。
ふと見ると公衆電話の赤いランプが点いていません。

498 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 11:05:17 ID:IeMwgNeV0
ttp://leo0819.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/11/post_c2b8.html
この話って、どこの電話BOXだろう
正丸峠のかな

499 :911:2008/11/07(金) 11:08:03 ID:0/nU+r9BO
確か使用可能な時に点いているランプだったと思います。
ほんの前まで使用されていた筈なのに?
何気なく車中のおじいさんを見ると、またも私をジッと見ていました。
時刻は夕方になりつつあり、どんよりした様子が余計私を奇妙な気分にさせました。
私は素知らぬ振りで車に戻り、「お待たせしました。何だか電話壊れちゃった様です」程度に触れ、先を急ぎました。
何となく、暗くなる前に着きたいと思いました。
おじいさんはまた俯き加減の姿勢で、要所で指示を出しはじめました。

500 :911:2008/11/07(金) 11:12:59 ID:0/nU+r9BO
勝手ですみません。続きは後ほどに投下させてください。

501 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 11:17:47 ID:3AyesEMxO
普通 おもろい

502 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 11:32:35 ID:IeMwgNeV0
>>500
話の途中でごめん・・・
続き待ってます

503 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 12:06:49 ID:8pX+gs4F0
普通につまらんし・・・本気なのか釣りなのか悩むな。


504 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 12:10:23 ID:950vXK6XO
助長だよなあ

505 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 12:15:38 ID:OQa9oLam0
>>504
誰が何を助長してるのかはっきりしてくれ

506 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 12:26:43 ID:BP7qWjDwO
冗長

507 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/07(金) 13:14:53 ID:0RMZTHuv0
なんだ、911も書けば書けるではないか。

で、・・・・

>>484
> >>483
> 私のふりをして勝手に話しを作るな下郎

・・・・は、削除依頼好きな偽911か。
無脳なやつは、あわれなものだな。
くっくっく。


508 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/07(金) 13:16:58 ID:0RMZTHuv0
>>459
>>464

小生意気な偽911は、儂が懲らしめてやろう。
くっくっく。

509 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:21:18 ID:DdxAV0IO0
>>472
携帯厨乙。PCで見るか黙ってろボケ。

510 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:22:23 ID:7Clxaj5xO
カーッカッカッ

511 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:25:37 ID:XCTIPtN20
アシュラマン

512 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:26:55 ID:oYdy2N5IO
投下してオケ?

513 :911:2008/11/07(金) 13:27:06 ID:4fvuerCyO
いい加減にしろ!

514 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:31:39 ID:/rPw732D0
おk

515 :911:2008/11/07(金) 13:32:44 ID:4fvuerCyO
このままだと僕自ら削除依頼要請を行う
覚悟しておけよ!

516 :512:2008/11/07(金) 13:35:53 ID:oYdy2N5IO
これは三年前の話なんだけど、昔ある宗教団体に入ってた。
その時の話をしようと思う。

一時期話題になった駅前で手相みて、それを糸口に勧誘するってのあるじゃん?あれをさ、その時やってたの。
今思うとあんなの怪しすぎるだろーって思うが、俺も洗脳されててね…まあそん時は普通にやってたわけ。
で、その日もかわらず駅の近くでそれやってたんだよ。冬だったからわりと暗かったんだ、人通りはまばらだった、まぁいつもみたいに声かけたんだよ。
相手は所謂地味系のおにゃのこ。声をかけたら最初はちょっと俺を気にしつつシカト、でも俺ねばる、ねばる、ねばる。
おにゃのこ観念して俺に手のひらを見せる。そしたらさ、その手のひらなんかおかしいの、暗いからよくわからんが尋常じゃないくらいボコボコしてる。
目も慣れてきて段々わかってきたら、それ、顔なの。俺が触ってたそれは、鼻だった。
その子の手を持ちながら呆然としてたら、俺の手の妙な感触とともに「邪魔だ、離せよ」と低い声がした。その手のひらのやつと目が合う。
状況がまったく理解できなかった俺は笑いながらおにゃのこに「すごいマジックですね」とかいってた。
それに対する女の子の答えは「ほんものなんですよ」って、しかもかなり嬉しそうな満面の笑み。固まる俺。
手にナメクジの這うような感触
条件反射で手をみる俺。考えなくても分かるが…手のひらのそいつが俺の指の付け根を舐めていた。
嫌悪感と恐怖と驚愕がないまぜになって吹き出た
「ぎゃーー!!!!!!!!」

叫びながら、足をがくがくさせながら、顔を蒼白にしながら一目散に逃げた。
すごく怖くて自分の手も穢らわしくて、もしかしたら手のひらのあいつに舐められた事によって
あいつが生えてくるんじゃないかと本当皮が剥けるまで手を洗った。
本当に嫌で嫌でいっそ手を切ろうとか考えたりした、そこの宗教に頼ろうとしたけどやっぱり効果らしい効果も感じなくて、それが原因でそこを脱会した。

そいつに舐められた時の感触とかいまだに時々思い出してゾッとする。
でもそれ以上に怖いのは、朝起きた時に「よう」ってあいつが手に生えてくるかもしれない事。三年前と比べたら全然ましだけど今でも怖い。
俺的には最凶に恐かったし今でも怖いんだけどな…文書にすると微妙だな、スマソ

517 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:42:01 ID:01uAKlVh0
本当ならこわいね。女の子はどんな感じの子?

518 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 13:58:47 ID:OQa9oLam0
>>515
こっちも911を名乗る奴には迷惑してたから、マジでお願いするよ。

519 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 14:14:03 ID:3GAcMpJt0
ピエロがダメなんだよ俺。

幼稚園の頃路上で風船配ってたピエロが突然突っ込んできた車に
はねられたんだが
吹っ飛ばされてすぐ正面の塀にぶつかって・・・頭が半分割れてた

即死だったんだろうな

無言なのに脊髄反射かなにかでのたうち回ってた

血まみれの顔にうっすらと残る笑顔のメイク

笑顔でのたうちまわるピエロ

その姿が滑稽に見えたのかその場にへたり込んで笑ってたらしい

520 :911:2008/11/07(金) 14:14:54 ID:7Clxaj5xO
俺からもお願いするよ!!

521 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 14:17:44 ID:4EIZ0uS/0
>>519
それはトラウマになる…

522 :911 ◆NHN1mf8Scw :2008/11/07(金) 14:24:20 ID:eG2CitZmO
ポルポルちゃん

523 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 14:41:36 ID:2K4o+tbP0
dat落ちした洒落コワ200のスレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1224864816/

524 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 14:59:05 ID:C6dblj/4O
>>520
お前ポルポルちゃんだろ

525 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 15:53:07 ID:7Clxaj5xO
ボルホルちゃんてダレー?

526 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 16:08:42 ID:C6dblj/4O
>>525
ポルナレフのことだろ
ジョジョ見てないとかw
mjで話しにならないしwwwwpーーーーー

527 :911:2008/11/07(金) 17:10:45 ID:1P60gvr/0
>>519

人間の腕って方とかから切り落とすと
トカゲの尻尾みたいにのた打ち回るのよな。

528 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 17:10:49 ID:7Clxaj5xO
ごめんなさい…

529 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 17:13:11 ID:0/7amWzHO
>>527
何言ってるかさっぱりわからん。

530 :911:2008/11/07(金) 17:22:36 ID:1P60gvr/0
>>527

ゴメン。
×方
○肩

531 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 17:22:38 ID:Mn9ljNhaO
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごぬんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなちい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさりごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい


532 :119:2008/11/07(金) 17:30:25 ID:BzwHqYYAO
> 515

本家の方に聞いたらおじいちゃんも削除依頼出したら安心です。



533 :911:2008/11/07(金) 17:35:31 ID:1P60gvr/0
>>532

おばあちゃんが言ってた。

534 :119:2008/11/07(金) 17:47:49 ID:BzwHqYYAO
>>533

僕は急いで本家に電話をして確認しました。
おばあちゃんはそんなことは言っていないと安心です。



535 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 17:59:26 ID:7Clxaj5xO
うちのおばあちゃんも言ってたよ

536 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 18:00:44 ID:C6dblj/4O
>>535
お前おばあちゃん死んだじゃん

537 :911:2008/11/07(金) 18:09:35 ID:1P60gvr/0
>>536

むしろおまえがおばあちゃんじゃん

538 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 18:29:13 ID:C6dblj/4O
筑紫

539 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 18:37:22 ID:7Clxaj5xO
僕のおばあちやん

540 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 18:37:49 ID:C6dblj/4O
>>539
            _|_
           /_\
  ヒュン        ̄|U ̄  
  /⌒ヽ 三⌒ヽ /ミヽ、  シッシッ
((( ^ω^)三ω^)ノ ヽ  `~゚ ))
  (_っっ= _っっ゚   ゚ 
   ヽ   ノ ヒュン
   ( / ̄∪

541 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 18:54:51 ID:7xkoOFcG0
そして、皆、居なくなる

542 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 18:59:43 ID:T9gwPhWrO
お前ら荒らすなよ

543 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 19:21:18 ID:EbGS22+b0
ID:4fvuerCyO 削除依頼の理由は?
てかお前自身が削除の対象だろう。
まっそんな事より、代筆してくれたID:0/nU+r9BOに感謝をするのが義務ではないのか?

544 :911:2008/11/07(金) 19:24:24 ID:1P60gvr/0
認めたくないものだな……自分自身の、若さ故の過ちというものを

545 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 19:24:49 ID:D2VGSKEl0
>>543
>てかお前自身が削除の対象だろう。

つか、あいつは>>515
「このままだと僕自らを削除依頼要請するつもりだ。覚悟しておけよ!」
とか言ってなかったっけ?


546 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 19:25:27 ID:ncBabrSh0
代筆かどうかはともかく、ID:0/nU+r9BOの話の続きがマジで気になる

547 :543:2008/11/07(金) 19:33:30 ID:EbGS22+b0
>>545
ワロタ
>>546
ワシもじゃ

548 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 19:36:29 ID:C6dblj/4O
ぉヵぁ「ヵッォ ぉゃっ ょ-」 ヵッォ「…ぉゃっ ぃぃ…」 ぉヵぁ「ぉぃιぃ ぉゅ ょ-」
ヵッォ「…ぁι゙ ゎ?」 ぉヵぁ「ιぉぁι゙ ょ-」 ヵッォ「ゎぁぃゎぁぃ」 ゎぃ ゎ ヵッォ   ヵョゎぃ ヵッォ
ぁゃゃ ゎ ぉヵュ  ぉゃι゙ ゎ ぉι゙ゃ ぁぁ… ぉヵァ ぃゃ ゃゎ… 「ヵッォ ぉゃっ ょ-」 …ぉゃっ ぃぃ…
「ぇぇ- ぉぃιぃ ぉヵヵ ょ?」 ぉヵヵ? …ぁゃιぃ ゎぁ… ぃゃゃゎぁ… ぉヵヵ ぉぃιぃ… ιょぅゅぁι゙ ぃぃゎぁ…
「ヵッォ ぉヵヵ ぉぃιぃ?」ぉぃιぃ ょ- 「… ヵッォ ぁι ゎ?」 ぁι?  ぇ?  …ぅゎぁぁぁぁ! ゎぃ ぁι ヵ゙! ぁι ヵ゙ぁぁ!!
「ヶヶヶ… ぉぃιぃ ぉヵヵ ゎ ぉぃιぃ ヵッォ  ヶヶヶ」 ぃゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

549 :911:2008/11/07(金) 19:45:19 ID:4fvuerCyO
本家から電話です。僕が電話に出るといきなり切れました。電池がなくなっていたのです。
お爺ちゃんに電池がなくなったことを伝えると急いだほうがいいと言ってくれました。わかりましたと軽く会釈をするとお爺ちゃんも会釈をしてくれました。
夜道の上土地勘もないので困りました。回りには民家もなくあるのは不気味な暗闇だけです。お爺さんにを見ると時計を見ていました。
すいません道がわかりませんと言うとお爺さんはもうすぐと言ってくれたので安心です。
道なりに走っていくことにしました。
しばらく走ると前方に古びたガソリンスタンドが見えてきました。ガソリンもこころぼそかったので立ち寄ることにしました。
車を停めると僕は煙草を吸いました。お爺さんにもだいぶ疲れましたね煙草どうですか?と言うとお爺さんは寝てました。
起こさないように静かにドアを閉めて車を出ました。田舎なので星がよくみえました。
煙草がなくなったので車に戻ることにしました。しかし車がないのです。車はどこにあるのか気になったので店長に聞くことにしました。

550 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/07(金) 20:01:21 ID:0RMZTHuv0
偽911が消えて、本物が現れたようだな。
偽者も恥ずかしくて出て来れんだろう。
くっくっく。

551 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 20:25:57 ID:ouOwnqoC0
>>516
人面疽ってやつ?どんな顔だった?

552 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 20:31:06 ID:pjOvHC7v0
>>548
いま読み終えましたw
すっげーおもしろかったです。
小さい字でここまでかけるんですねwww
ちょっと感動してる自分がいるwwwwwwwww


553 :時空孔雀911:2008/11/07(金) 20:51:56 ID:pbS1nBCZO
僕、が、本、物ね9111だ?
策、女以、来だ、すたや

554 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:05:18 ID:C6dblj/4O
>>552
これコピペだけどな

まぁ激ならもっと面白いレス出来ると思うぜ

555 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:09:19 ID:pjOvHC7v0
>>554
あちゃwwwやっちゃいましたwww
激さんって人にはかなわないですwwwwww

556 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:16:37 ID:C6dblj/4O
>>555
にゃあああああwwwww
。*゜(PД`q゜)゜*。

557 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:42:43 ID:pjOvHC7v0
今から風呂入るかどうか迷ってる
明日休みだから入らなくてもいいけど美容院行くから朝入ろうかな(´・ω・`)

558 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:49:40 ID:Mn9ljNhaO
お風呂に入って頭を洗っている時、「だる
まさんがころんだ」のフレーズを口にしてはいけません。頭の中で考
えることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を閉じて頭
を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える
のに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ
ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に
いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが
ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。青じ
ろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば
しった目でじっとみつめていることに.....。さて、あな
たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、
いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。

559 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:52:51 ID:1N0KMKAI0
もうみんな分かってると思うけど、
本日のNG推奨
ID:C6dblj/4O
ID:pjOvHC7v0

560 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:53:21 ID:pjOvHC7v0
俺自身手足のない達磨だからたいして怖くないや

561 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:53:54 ID:pjOvHC7v0
>>559
またぐなよハゲ

562 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:54:41 ID:CJr4LD1+0
11歳少女が中国高官にレイプされる 映像がネットに流出(>>106に動画有り)
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1225720555/l50

レイプする奴も酷いけど
動画見て喜んでる奴らも最低だよな

563 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:55:12 ID:pjOvHC7v0
筑紫死んだのかよ!!!
今知った

564 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:56:18 ID:pjOvHC7v0
>>538の馬鹿はなに書いてんだ?と思ったらそういうことか
ご冥福をお祈りします。

565 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:57:40 ID:pjOvHC7v0
筑紫哲也・・・
小室哲哉・・・・
ハッ!!

566 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:58:36 ID:pjOvHC7v0
↓アホのアイカゴ

567 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 21:58:38 ID:C6dblj/4O
48手すべて覚えたら高級チョコレート買ってよ

568 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:05:31 ID:j278sIpd0
>>480

ゾンビにやられたヤツはこうしてゾンビになるんだなw

569 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:06:21 ID:6bhnAGz60
>>508
うわぁ 懲らしめられたぁ〜

911よ「、」を使ってくれ

570 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:15:57 ID:pjOvHC7v0
風呂やめた
明日起きてから入ることにした(´・ω・`)

571 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:31:52 ID:pjOvHC7v0
俺もう寝ちゃうよ

572 :911:2008/11/07(金) 22:34:14 ID:4fvuerCyO
僕はプライドが高い

573 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/07(金) 22:42:08 ID:0RMZTHuv0
どうでも良いが,話はあれで終わりか?
くっくっく。

574 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:43:49 ID:pjOvHC7v0
カーッカッカッ!

575 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:48:30 ID:X55y23+J0
ところでID:0/nU+r9BOはどうしたんだ?
冗談抜きで続きが気になるんだが…。

576 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 22:50:58 ID:pjOvHC7v0
>>575
俺がかわりに書こうか?

577 :911:2008/11/07(金) 23:32:41 ID:0/nU+r9BO
遅くなりました、続きを。

578 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 23:32:58 ID:kMHnzfOJ0
なんか話が不足してるっぽいから俺が話すわ
とりあえず話を創作してるヤツは心して聞いてほしい。

言霊ってわかるよな?言葉には命が吹き込まれている。
それと同じで文章にも命は吹き込まれているんだわ。
1つの文字は単語といういわば小さな命をつくり、小さな命が集まって文という形がはっきりした命が生まれ
る。
その文を集めたのが大きな命の集合体の物語。
人間みたいなもんだと考えてくれればいい。

んでそのことをふまえて話をしていく。


579 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 23:34:12 ID:kMHnzfOJ0
物語の創作というのは命を生み出す行為だ。
無闇に創るのは良くない…とは言わない。
ただ気を付けてほしい。
負の物語にはそれ相応の命と念がこもる。
念というのは作者の想い、つまり生霊、またはその文章を読んで何かを感じた浮
遊霊。
当然それらは負の感情を含んでいるわけだ。
そして物語は強い念の込められた命が入ったとき、なんらかのアクションを起こ
す。
作者またはその身内に悪影響を及ぼしたり、読者またはその身内に悪影響を及ぼ
したり、その地域に悪影響を及ぼしたりなどである。
もちろん逆にプラスの念がこもってる話は人を幸せにしたり穏やかにする力もも
っている。まぁそんなの気休め程度の力だし、その念が込められる物語自体少な
いがな。
逆に負の念が込められる話なんてたくさん溢れてる。そして強い力をもったもの
もたくさんある。
人間の憎しみの力は善の念なんかより生み出しやすいし、想いの力は遥かに負の
ほうが大きいからな。

580 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 23:35:07 ID:kMHnzfOJ0
よく創作の話だったのにまさかホントに出るなんて…って話聞くだろ。
それはこういうことが関係してくるわけだ。まぁその話さえ創作の場合もあるが

だから呪い系の話を創る場合、地域や物系の話を創る場合はホントに気を付けろ

特に呪い系に至っては創った自分が1番にその物語を読むんだから、1番影響出や
すいんだからな。
創って自分に影響なんて出たらそれこそ洒落にならんだろw

581 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 23:39:47 ID:kMHnzfOJ0
駄文の長文で申し訳ない。
だがもう少し続けさせてくれ。
なぜこんな話をしようかと思ったか、なんだが、実は友人が1人先週死んだんだ。
友人と俺はオカルト好きってことで仲がよかった。
その友人が教えてくれたんだわこの話。
だから少し違う点があったりするかもしれないが、俺が理解した内容を書き込んでる。
んで死ぬ1日前に別の友人に「私死ぬかも」って話したらしい。
んでその理由が「『畜生話』の話の念をモロに受けてすごいヤバい〜」だとさ。
あの話が真か偽かは分からないが、相当ヤバい想いがこもってると思う。
それこそいくら呪っても力が全然弱まらないくらいに。
俺も初めて読んだときは背筋がぞーっとしたしな。
だからああいう話をもう生み出さないでほしいって願いを込めて話した。
友人も同じこと考えてるんじゃないかな。
といっても誰かが生み出さなきゃオカルト好きとしてはつまらんがw
とりあえずここで終わりにします。
長文に付き合ってくれてありがと。
物語には気を付けろよ



582 :911:2008/11/07(金) 23:47:02 ID:0/nU+r9BO
おじいさんは、時折眠っているかのような様子で、話しかける事は躊躇われました。
しかし一連の、雑談すらせず・指示方向以外には答えず・公衆電話での姿、に私は不可思議さを抱き始めていました。
『でも、親戚のおじいさんだし』と打ち消しながら、道なりに進んで行くうち
『……でも、この人は誰なんだろう?』というモヤモヤとした疑問が私の頭に這い上がってきました。
私はこの人を連絡を受けた本家の人間だと迎えました。
もちろん、駅でのやりとりを踏まえた上です。
しかし私は、おじいさんが本家とどの関係に当たりこの人が何故出迎えに来てくれたのかすら分かりません。


583 :本当にあった怖い名無し:2008/11/07(金) 23:58:04 ID:m70Y0DeQO
>>578ー581
なんか興味深い話だな

584 :911:2008/11/08(土) 00:02:02 ID:0/nU+r9BO
指示もなく道なりに山あいを進んでいる身には、一抹の不安すら頭の中に渦巻きます。
そういえばこの人の素性すら知らない…
後ろで俯き黙って座っているおじいさんが、何故か未知の存在のように思えてきた折り…
「…この先は舗装されてない場所が多い」といきなり話しだしました。
「あ、はい…気をつけます」
そこは、おじいさんの指示を受けて村に入った辺りに続く、長年の轍で村へ続く為の広い道が出来たような場所でした。
「孫がな…」
「えっ?」

585 :911:2008/11/08(土) 00:17:35 ID:DfygYwtKO
先程まで眠っていたかのようなおじいさんが、ぽつりとではありますが話しかけてきたのです。
「…その先にいる」
前日は雨が降ったのでしょうか、多少道悪だったせいもあり、一呼吸おくまではおじいさんの言葉を把握出来ませんでした。
私が聞き直す前に
「そこだっ」突然おじいさんが運転席にかぶりつく如くの一瞬、右手前方の茂みの前に両手を揃えて立っている娘さんがいました。
私もおじいさんのいきなりの迫力に怯んだ一瞬でしたのでとっさにブレーキを踏みました。



586 :911:2008/11/08(土) 00:44:25 ID:DfygYwtKO
何よりおじいさんの態度というか変化に驚きブレーキを踏んだ私でしたが、目前右手に立つ女性(少女?)はたじろぐ様子もなく、ニコニコとした表情で私に会釈をしてみせました。
若い子に見える、年の頃なら…10代なのだろうか?
しかしその時私はその子よりおじいさんに注意が向き
「す、すみません、急ブレーキを…」
「ネコだ」
振り向きざまに口走られ何の事かと面食らい、前を見据えたままのおじいさんの目線を追う。
やはり少女が笑顔を向けたまま立っていました。
「えっと、お孫さん…ですか?」
「乗せなさい」
言われるままに、少女に一通りの挨拶をしつつ車に乗せました。

587 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 00:53:42 ID:HYsiwrmX0
俺お風呂で髪の毛を洗う時って立って洗うのだけどな。
シャワーだから。
だったらだるまさんの事、考えても良いよな。

588 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 00:55:11 ID:skMPgn7i0
>>578-583
下郎はすべての事を祝福か呪いかで分ける。
戦士はすべてあらゆる事を自分への挑戦と受け取る。
それだけの違いだ。
お前の生涯に於いて作り話を妄想したのもお前なら
妄想通りの幻覚を味わったのもお前。
全部おまえであり、宇宙は他人ではなくお前に挑戦している。

下郎はすべての事を祝福か呪いかで分ける。
戦士はすべてあらゆる事を自分への挑戦と受け取る。
それだけの違いだ。
だが長いスパンで見れば戦士の優位性に誰でも気が付く。

589 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 01:12:09 ID:DfygYwtKO
>>586
少女(印象ですが)は、髪が肩以上に長いふんわりした雰囲気のニコニコした可愛らしい印象でした。
おじいさんは後部座席の中央辺りにいましたので、少女は助手席に案内しました。
少女は特に何を話すでもなく、おじいさんに対してすら車内に入る時に軽い会釈をする感じでした。
彼女は黙って座ってニコニコしているだけ。私はシートベルトの着用をお願いして出発しました。
おじいさんはまた何も無かったように黙って俯いてるように見えました。
もう道はどこかに迷うような感じには見えません。
本家への道はこんな道だったっけ…
しかし土地勘もない私には判断しようもないのでした。

590 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 01:27:30 ID:l5QvpeHFO
このスレと関係ないかもしれないけど一番怖いモビルスーツってガズアルだよな?

591 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 01:30:12 ID:UqlWwOa40
>>590
いいえ、スケキヨです

592 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 01:30:42 ID:UqlWwOa40
       「\       .「\
       〉 .>      〉 〉
       / /      / /
      /  |        /  |  
      /  /      /  /
     (  〈 .    /  /.
      \ `\   |ヽ |
       \  \ /  |
         ヽ  `´  ノ
         |    /__
        [二二二二二]
        ‖||| | |‖
        ||||||‖
          ||| | |||
         |||||||
          `ー――´

593 :911:2008/11/08(土) 01:58:03 ID:DfygYwtKO
途中から舗装のされてない轍で踏みならされた道とはいえ、そこは車がすれ違うには充分な幅があり、あきらかに生活道路に見えました。
何だか私の心細さにほのかに火が灯るような感覚でした。
そのまま多少のぬかるみをハンドルに感じつつ進むと、かなり先ではありますが、明らかに開けた場所が前方に見えました。
正体の知れない不安は、車内の一体感ない空気のせいか、私の疲れなのかは分かりません。
<♪ピラリララリ♪>
突如 聞き覚えのあるメロディーがくぐもった音で響いて聞こえました。
ハッとしたのは、私の携帯電話の音と気付いたからです。
「す、すみません!」そこが車道というより私道に近いせいもありましたが、心もち車を左側に寄せて止め、すぐに音の出どころを探しました。
音を頼りに所在を探していると、先程助手席に置いていて少女の席を空ける為に後部の端に移したバッグの辺りから定期的に音が聞こえてきます。
私は思い巡らす前に後ろのドアを空け、携帯の音を探りました。
バッグに急いで手を突っ込と、意外な位早く手応えがありました。

594 :時空孔雀:2008/11/08(土) 02:08:49 ID:wNRcJkCZO
>>590
奈、に一、転の、か…
一、番怖、い、モビール、ロボはメ、ガロザ、マックだよ?

595 :911:2008/11/08(土) 02:28:26 ID:DfygYwtKO
事によると一泊では帰れないかもしれないと思い、一晩程度の着替えは持ってきていました。そのバッグの中にありました。
先程あんなに探したと思っていたのに…
着信を確かめる余裕もなく
「はい!?」と急いで出ると「…ザワ…ガー…サー…」
「あの、どなたですか…?」
物音か機械音か、返答にならない音のみが聞こえます。
「サーー…プツッ」
回線は切れたようでした。
着信履歴を見ましたが、非通知が3件…私が今音を聞いたのは最後の1件です。
今までの色々な事が頭によぎり、整理がつかなくなっていました。

596 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 02:32:31 ID:A2d+I1D/O
>>581なんか宗教勧誘とかに騙されそうな奴だなお前
客観的に見てみろ

597 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 02:36:57 ID:l5QvpeHFO
ゴムゴムのスキン!!!

598 :時空孔雀:2008/11/08(土) 02:40:51 ID:wNRcJkCZO
何、故、階段、何か書、き、込む馬鹿、が要、るんだ?
こ、のレ、スは、死ぬ殆どお、猿版中ルスな、のに…
嵐、病ろ!


599 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 03:11:26 ID:l5QvpeHFO
>>598
頭OK(笑)

600 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 03:44:42 ID:5XjQY83p0
>>588
ID:4fvuerCyO = ID:skMPgn7i0
自身が誇り高き戦士だと言いたい訳だな。自分をどう高く評価しようが勝手だが、横から見てると
脳と海綿体の血管が完全に切れて崩壊しつつあるようにしか見えん。精神科のお世話になるのはそ
う遠く無い事と思われ・・・・

601 :アイカゴ ◆Bmlvv888e2 :2008/11/08(土) 03:45:11 ID:l5QvpeHFO
☆☆☆600!!☆☆☆

602 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 03:46:18 ID:l5QvpeHFO
>>600
!?

603 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 04:20:31 ID:cxKsGS4dO
>>601
むしろ漢らしい

604 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 07:38:36 ID:Ty+UaYt2O
>>590
何で?
単なるガルバルディβの色違いじゃん。

605 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 08:34:25 ID:YROYdGiq0
見た目が似てるだけで性能全然違うんだが。

606 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 08:43:48 ID:lg09WHUO0
>>600
違うなww
それすらも宇宙から世界からの挑戦なんだよ。
だいたい日本には明治の初期からユニバーシティ/カレッジ≒大学が
一つも無く、Fランクを除けば裏口入学の汚い白痴の巣だ。
誰も何も出来ないし、何もやっていない。
欧米が作っている、さも彼のように思える腐ったシステムが有るだけだ。
毒入りで食い物すらまともにないこの猿島を地獄と言う。
それだけ宇宙の挑戦がハイレベルなのだよ。
キチガイの愚かな悪党どもだけが永遠に気が付かないだけでな。
小泉が窃盗を自白しても自白から3年経っても誰も起訴事実を突き付けない
ように、お前達は重度の精神病患者で最悪の悪人だから、この隔離された精神病棟
であり監獄島である日本列島に幽閉されている。
日本向けのニュースに何が流れていようが、人類的にはそれは紛れも無い事実だ。
あと3年後にお前達のその身で分かる。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 08:50:53 ID:lg09WHUO0
お前達は全員人類史の中では、知的障害を患った患者であり地上一罪深い罪人
なのだ。
キチガイが余りにも酷く罪状が余りにも重罪だから、この丸分かりの虚構のセット
の島で実験の供されて来たのだ。
そして後3年後が、病院取り壊しと入院料請求だよ。

608 :911:2008/11/08(土) 10:43:58 ID:3yUj7qdx0
>>607

おまえスレ違いだぞ
等質を装ってレスするスレってあったはずだからそっちにいけよ

609 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 10:51:22 ID:wHFYK0oZ0
ほんとだよ
すれ違いはよそ行ってくれよ・・・

610 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 10:51:48 ID:wHFYK0oZ0
ほんとだよ
すれ違いはよそ行ってくれよ・・・

611 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 11:25:36 ID:WwXjLtyoO
>>607

半島人の火病についてはスレ違いなので、エンコリあたりでやって下さいm(_ _)m



612 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 11:44:30 ID:wHFYK0oZ0
円コリってどこ?

613 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 13:22:06 ID:lg09WHUO0
すぐに分かる。
自分たちが蛆のように無力で、知能が全く無いキチガイで、地球上一の間抜け悪党どもだったとな。
それが証拠に何も反証出来ない。
オバマは最後だから黒人を米国大統領にしてやった。
有色人種虐殺の歴史を持つ白人どもは、一番惨めな黄色人種のお前達などチヤホヤする筈も無いw

614 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 13:55:16 ID:l5QvpeHFO
ちぇっちぇっこり〜ちぇっこり〜な〜
二酸化マンガンらんらら〜ら♪

615 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 13:58:32 ID:VlVqNd8fO
ホーマンチェチェ

616 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 14:03:43 ID:l5QvpeHFO
>>615
バタンwwwww

617 :911:2008/11/08(土) 14:29:58 ID:3yUj7qdx0
>>614

それってなんだったっけ?

618 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 14:33:46 ID:NwR64cO4O
プロデューさんの作った歌

619 :時空孔雀:2008/11/08(土) 14:34:12 ID:wNRcJkCZO
や、と死、ぬ殆、どお、猿版、中レ、スになつた
牧、のお、家具だ、な(^_^)v

620 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 14:41:14 ID:l5QvpeHFO
>>619
せやね、ありがとう

621 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 15:14:29 ID:HsI5yKjy0
911のレスだけ抽出して見ると結構ホラーな件
長文で書いてたネタは怖くないけど911のレスがこええw

622 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 15:49:24 ID:5XjQY83p0
>>606 607 613
↓こいつを思い出してしようがないのだが
http://syarecowa.moo.jp/16/035.htm
まあ、移住でもして下さい。wwwwwww

623 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 16:03:24 ID:UvjcDP/EO
髪の毛切りすぎたかも
え・ん

624 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 16:13:24 ID:T4pNxiKzO
911のお話の続きが聞きたいお(´・ω・`)

625 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:02:08 ID:cAicdbz70
規制解除記念 ぬるぽ

626 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:26:41 ID:wHFYK0oZ0
>>625
おめっこさん

627 :911:2008/11/08(土) 17:28:25 ID:3yUj7qdx0
>>625

ガッ!

628 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:29:39 ID:QwjAW5uS0
なぁ、畜生箱ってなんだ?
誰かやさしい人教えてくれ

629 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:31:41 ID:soXBymxY0
あれじゃん。大阪の人間すりおろしの道路。
跡がずっと残っているところを誰でも走れるのがゾッとする。
あの跡は消えないんですか?まじで。

630 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:32:13 ID:wHFYK0oZ0
アイカゴは倖田梨紗が逮捕されたから落ち込んでんのか?

631 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:57:12 ID:wHFYK0oZ0
倖田梨紗画像
http://sankei.jp.msn.com/photos/affairs/crime/081108/crm0811081146010-p1.jpg

632 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 17:58:21 ID:wHFYK0oZ0
倖田梨紗画像
http://sorimati.s3.x-beat.com/upload/source/up0414.jpg


633 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 18:05:30 ID:jJh7p2OQ0
駄文ですまん。

小5くらいの時に、家に電話がかかってきて
「●●さんですか?(私の名前)」
って言われて、そうですけどって答えたんだけど
相手はなんかセールスっぽい人だった。でもなんかエイズとか感染症とかに
ついての話で、気持ち悪いし切ろうと思ったけどタイミングつかめなくてただ聞いてた。
そしたらいきなり

「で、あなたにその感染の疑いがあるのでお聞きしたいんですが、
 いままでだれかと性行為をもったことはありますか?」

とか言ってきた。まあ意味はわかったけどそんなのあるわけねーだろ!と思ったし
気持ち悪いので いや あの…って詰まってたら「大事なことなので答えてください」とか
言ってきて、よくわからないので母親に代わります。って言ったら
「いえ、 あなたに 聞いてるんです」
とか言ってきて やばい と思ったからちょうど二階から降りてきた母親に
代わったらそこで切れた。

そのあとそいつからもう電話はかかってこなかったけどほんとに怖かった。

634 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 18:07:47 ID:wHFYK0oZ0
ソレハコワイナ

635 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 18:08:07 ID:l5QvpeHFO
>>633
それ家にもかかってきたこたあるかも
婆ちゃんが怒って説教ましてたわw

636 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 18:18:44 ID:k5msZ/MqO
>>635

婆ちゃん強ぇwGJw

637 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 18:25:50 ID:wHFYK0oZ0
>>635
お前のばあちゃん去年しんだじゃbん

638 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 18:39:47 ID:l5QvpeHFO
そうだね去年死んじゃったね
悲しいね悲しいね
凄い悲しいね

639 :911:2008/11/08(土) 18:49:22 ID:3yUj7qdx0
おばあちゃんがいってた

640 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 19:15:11 ID:wHFYK0oZ0
>>614
それしttる
なんて歌?
てかお風呂行ってくる

641 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 20:58:27 ID:s3JpEVP20
アク禁って何ヶ月で解除されるの?
一回アク禁になったらブラックリストに載るって聞いたけど、また通報されたら永久アク禁とかになるの?
誰か通報してくれ

642 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 21:03:05 ID:l5QvpeHFO
>>641
http://imepita.jp/20081108/757190

643 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 21:03:24 ID:fcoyhn+U0
>>641 ggrks

644 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 21:10:34 ID:wHFYK0oZ0
>>641
お前が通報とかしたらええんちゃうんwww

645 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 21:53:23 ID:7ugIDnrS0
これは洒落にならん

http://jp.youtube.com/watch?v=QfZItov1BUo

646 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 21:56:12 ID:wHFYK0oZ0
>>645
最後にビックリさせる系ね
つまんね(’Д’)y─┛~~

647 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 22:15:22 ID:piTGUbKC0
じゃあ俺も一つ、数少ない怖い体験を披露しようと思う。

俺のうちは昔、超貧乏で欲しいものなんか何一つ買ってもらえなかった。
着てる服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。
そんな俺でも義務教育だけはちゃんと受けさせてもらっていた。
ただし、勉強道具はすべてお下がりだった。生まれてからずっと
お下がりばかりだったから、別になにも不満はなかったんだけど、
ひとつだけ嫌なことがあった。それはお下がりでもらった学習机だった。
その学習机はお下がりなのにまだ新品の光沢を保っていて、
ひきだしをあけると木材のかぐわしい香りが楽しめた。
俺はその学習机をひどく気に入って、暇な時間は柄にもなく机の上で
本なんかを読んでみたりした。

学習机がきて一週間くらい経った頃、妙な体験をした。
いつものように椅子に腰掛けて机の上で本を読んでいると、
右足にひんやりとしたものが触れた。本を読んでいる最中だったので
足に触れたもののことなど気にしなかった。足をひんやりとしたものに
当たらないように少しずらす。しばらくすると、またひんやりしたものが
足に触れた。気持ち悪かったので右足でひんやりとしたものを
奥に蹴り込んだ。すると足の先にぐにゃっとした変な感触があった。
視線は机上の本にありながら、意識は机下の足先に集中した。
俺は右足をそっと動かしながら、そのぐにゃっとしたものの表面を
確かめた。ぐにゃっとしたものは、凹凸があり、所々に穴があいていた。
やわらかいかと思うと、かたい所もあったりして何なのかさっぱりわからない。
足先はなめるようにぐにゃっとしたもの表面に触れていき、最後に上部に達した。
そこで細い糸のようなものが沢山ある感覚を感じた瞬間、自分の足が
触れているものが何かわかった。俺はそっと体を曲げて机の下を覗いた。
そこには青白い男の子がいた。俺の足先は男の子の頭に触れていたんだ。
俺はびっくりして椅子ごと背後に倒れた。でも顔は常に机の下の男の子を向いていた。
男の子も微動だにせず俺を見ていた。

648 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 22:16:11 ID:piTGUbKC0
立ち上がることもできず、ハイハイ歩きで部屋を出た。
すぐにオヤジの所にいき体験したことを泣きながら話した。
でもオヤジは全然信用してくれなかった。もし信用してくれたとしても
うちには新しい机を買うお金なんてないので買い換えることはできない。
結局俺は、小学校時代ずっとその机を使い続けた。
机で勉強していると、足にひんやりとしたものが触れることが
度々あったけど、机下を覗かないようにした。
またあの男の子がいたら怖いからだ。いるのは確実なんだけど
見ないことでやり過ごそうとした。

中学になってそれとなく母ちゃんに聞いてみた。
俺の使っている机は誰からもらってきたのかと。すると母ちゃんは
少し困ったような顔をしてから、あの机は近所のワタルくんの家から
もらってきたんだよと教えてくれた。
ワタル君は俺と同い年で幼稚園が一緒だった。小学校に入学する
数日前にワタルくんは川に落ちて死んだ。
頭がよかったワタルくんは、入学する前から勉強を始めていたらしい。
俺が使っている机で勉強しながら、これから始まる学園生活に
ワクワクしていたんじゃないだろうか。
事情を知った俺は、机下にいるワタルくんのことを怖がらなくなった。
ワタルくんのぶんまで勉強しようと思った。それからもワタルくんは
俺の足に触れることがあった。俺はワタルくんが足に触れるときは
勉強頑張れって励ましてくれていると考えた。ワタルくんの励ましが
支えになって、俺は結構勉強ができるようになった。

649 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 22:17:17 ID:piTGUbKC0
少しして、中学校で野球がはやった。俺も参加したかったんだけど
バットやグローブを買うお金がなくて困った。俺はいつものように
オヤジを頼った。するとオヤジはちょっとまってろと言った。
数ヵ月後、オヤジはバットとグローブを俺にくれた。
またしてもお下がりだったけど、気にしなかった。これで野球ができる。
俺は野球のメンバーに混ぜてもらい、思う存分楽しんだ。
だけどある日、友達の一人が俺のグローブを見て言った。
「それ、ヨシロウのグローブじゃねぇか」
ヨシロウというのは、中学で野球部に所属していた同級生だ。
野球の才能があって中一の頃からレギュラー入りを果たしていた。
だけどヨシロウは、つい最近死んだのだ。
帰宅途中に川に落ちて溺れてしまったらしい。
自分が使っていたグローブがヨシロウの物だったことを知り、俺は思った。
ヨシロウのぶんまで野球を楽しんでやろうと。
そのとき、ふと思った。

ヨシロウとワタルくんって、何か似てるなぁと。
二人はどちらも若くして亡くなっており、死因も死んだ場所も同じだ。
そして二人の形見を俺がもらっている。
こんな偶然ってあるのだろうか?
数ヵ月後、再び俺はオヤジに頼みごとをした。
今度はテレビゲームが欲しいと。するとオヤジはいつものように
ちょっと待ってろといった。二週間後、オヤジはテレビゲームをくれた。
またしてもお下がりだった。オヤジからテレビゲームをもらうちょっと前に
新聞に載っていた記事を思い出した。近くの川で近所の中学生が
溺れて死んだらしい。体全体に寒気が走った。
その日の夜、いつものように自室で勉強をしていると足先に何かが触れた。
何年もの間、その何かを、死んだワタルくんが俺を励ましているものだと
思っていた。本当は違ったんだ。その何かは、必死に訴えかけていたのだ。
俺は今も机下を覗くことができないでいる。

650 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 22:42:03 ID:l5QvpeHFO
  ┏━┓ ┏┓┏┓      ┏┓      ┏━┓    ┏━━━━━┓    ┏━┓    ┏━━━━━┓┏━┓  ┏━┓
┏┛  ┗ ┃┃┃┃┏━━┛┃  ┏━┛  ┗━┓┃          ┃┏━┛  ┗━┓┃          ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃       ┗┛┗┛┗┓  ┏┛  ┃          ┃┗━┓  ┏━┛┗━┓  ┏━┛┗━━━┓  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┗┓  ┏┓  ┃ ┏━┛  ┗━┓┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃┃  ┃ ┗━┓  ┏━┛┏┓┃  ┃┏┓┃          ┃┗━┓  ┏━┛        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
  ┃  ┃┃  ┃     ┃  ┃    ┃┃┃  ┃┃┃┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┗━┛  ┃  ┃
  ┃  ┃┃  ┃   ┏┛  ┃    ┃┃┃  ┃┃┃    ┃  ┗━┓┃   ━ ┏━┛    ┏━┛  ┃    ┏━┛  ┃
  ┗━┛┗━┛   ┗━━┛    ┗┛┗━┛┗┛    ┗━━━┛┗━━━┛        ┗━━━┛    ┗━━━┛

651 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 22:48:54 ID:7q4LnSoo0
すんごい今更だけど>>49について、そのスレリアルタイムで見てた
というか、俺そもそも登下校に使ってるwww
その女性がいるかどうかは知らないがw

こんどそこ付近の高校の友達に聞いてみるかなw

652 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 22:54:25 ID:iBPIcuYuO
test

653 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 23:01:36 ID:z7lxIyj8O
アパートの一階角部屋に住んでるんだがいつも小さい奴が部屋を覗いてるんだよ。

654 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 23:27:02 ID:Ty+UaYt2O
>>653
くやしく

655 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 23:37:19 ID:2BJ6zhOrO
>>647-649
クソつまらん話題作を二時間近く視るより
はるかに有意義な数分でした

656 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 00:14:41 ID:W387G9yOO
まとめサイトにある。「後悔」を自己責任系と知らずに読んでしまったのですが、
呪いを払う方法を教えてください。
やはり、地道に読経をするしかないのでしょうか。

657 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 00:34:32 ID:6+F63JFP0
早寝早起き

658 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:24:25 ID:xaq0SoHA0
最近ギター弾いてねえな
ベースも買ったのにあんま弾いてない(´・ω・`)
てかアリケンはじまるよ

659 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:27:27 ID:U42XeP3SO
おはよー音痴\(^ω^)

660 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:29:42 ID:xaq0SoHA0
うるせーうんこ

661 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:30:32 ID:xaq0SoHA0
おれはそろそろ寝る

662 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:32:39 ID:U42XeP3SO
>>661
なんだよ!つれねーな

663 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:36:46 ID:xaq0SoHA0
あほ稲改めダークエンペラーのブログ
http://5846876210.blog17.fc2.com/


664 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:38:33 ID:U42XeP3SO
>>663
激のブログか?

665 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:43:05 ID:U42XeP3SO
河本足みじけーな
ジーパン合わないし

666 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:45:43 ID:xaq0SoHA0
俺あほ稲じゃねーし・・・

667 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:48:26 ID:U42XeP3SO
ズルいよww

668 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:49:54 ID:U42XeP3SO
>>666
ん?ってかそのブログを貼ったこころは?

俺はハンバーグ美味しそうだとしか・・・

669 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:50:18 ID:xaq0SoHA0
あほ稲面白くない?
俺結構好きだな

670 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:51:54 ID:xaq0SoHA0
メタリカ最高

671 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:52:40 ID:xaq0SoHA0
ぉゃすみなさぃ

672 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:53:04 ID:U42XeP3SO
スゲー儲けてるな、羨ましいぜったくよっ

673 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:55:34 ID:xaq0SoHA0
損した分は載せてないけどなプ

674 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:56:56 ID:U42XeP3SO
メタリカよく聞くのか?

ってかお前ギャンブル嫌いじゃなかったっけ?
そのブログほとんどの記事がギャンブルじゃんか

675 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:57:04 ID:xaq0SoHA0
新日つまらなくなったなぁ・・・

676 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:58:03 ID:U42XeP3SO
なるほどな
ごめん、そのブログどこが面白いのかわからんわ

677 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 01:58:44 ID:U42XeP3SO
ムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタムタ!!!!!!

678 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 02:11:02 ID:xaq0SoHA0
てst

679 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 08:22:49 ID:iomYB+vd0
647-649
これどういうこと?
実は死んだ原因はお父さんにあるってこと?

680 :911:2008/11/09(日) 08:40:04 ID:D9rDx+JB0
>>679

過去ログ読めはげ

681 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 08:40:19 ID:qxcHwaKR0
皆分かってると思うけど、本日のNG推奨
ID:U42XeP3SO
ID:xaq0SoHA0

682 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 08:51:45 ID:iomYB+vd0
>>680
過去ログ読んでも書いてなかった。
>>647-649は久々にまともな怖い話だったから
気になるんだけど。

683 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 09:15:20 ID:S/LEXBdJO
そろそろ起きていい?

684 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/09(日) 09:42:00 ID:4OgGRUm10
911の続きはどうなったんだ。
くっくっく。

685 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 10:04:05 ID:bUp84AL9O
>>647-649
もう机の下のぞけない

686 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 10:08:41 ID:U42XeP3SO
    。。
   ゚●゜

         。。
        ゚●゜

687 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 10:31:13 ID:QDvQhCxO0
>>682
親父が殺してたんだろ

688 :911:2008/11/09(日) 10:33:49 ID:D9rDx+JB0
>>683

だめ

689 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 10:38:41 ID:iomYB+vd0
>>687
えーやっぱり?お父さん怖いわ…

690 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 11:54:26 ID:xaq0SoHA0
おはよー

691 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 11:56:47 ID:e7+apN8ZO
なんだよ

692 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 12:08:54 ID:U42XeP3SO
なんだちみはってかwww

693 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 12:14:34 ID:xaq0SoHA0
ごめん

694 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 12:18:09 ID:e7+apN8ZO
みんな>>693君を許してやろうぜ!

695 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 12:37:44 ID:xaq0SoHA0
みんなでアッこにおまかせみようっぜ!

696 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 12:41:57 ID:U42XeP3SO
リキエル

697 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 12:44:15 ID:RQeMjcet0
>>647-649
ひさびさに怖かった
乙!!

698 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 13:25:24 ID:6FnLoTCI0
>>687
親父が神に祈る→神「ブツが渡る代わりに別の子が死にますがいいですか?(A:はい B:いいえ)」→はい→ドボン→親父ありがとう^−^

699 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 13:27:40 ID:U42XeP3SO
宮崎あおいってかつぜつめちゃくちゃ悪いな

700 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 13:32:15 ID:WCP7cC9WO
700

701 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 13:41:50 ID:U42XeP3SO
orz

702 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 13:49:45 ID:REb7brwfO
>>696リキエル王子の
開始直後の正拳は洒落怖

703 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 13:59:40 ID:XtDPo0+RO
>>672
あまり儲かってないんじゃない?
日付的に勝った時しか載せてないよwww

704 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 14:09:53 ID:7p+qwJggO
怖い話マダー

705 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 14:18:44 ID:xaq0SoHA0
パチンコなんてだいたいプラマイゼロでしょ
あんまやったことないけど

706 :911:2008/11/09(日) 14:54:45 ID:D9rDx+JB0
>>705

テポドンになって帰ってくるんだから
払った人にとってはプラスかもなw

707 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 14:54:48 ID:Vexs0rF60
ずっと前ゲーム無くした。またやりたくなって中古買った。

セーブデータが残っていた。ちなみにこのデータの主人公達の名前
「おじさん」「すけて!」「れる!た」「にころさ」
おじさん すけて? w
まぁいいや。さっさとこのデータ消して遊ぼう。やりこみが楽しい。


コピペで流行らせようぜ

708 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:02:53 ID:U42XeP3SO
>>707
なんで?

709 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:03:01 ID:buOH2ZRM0
>>647の親父さんが困っちゃうような希望を考えてみようぜ!


710 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:39:21 ID:X4TU23n9P
>>707 馬鹿か?お前

711 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:44:36 ID:rpM1HXa3O
俺も先週初めて怖い体験したので書きますね。

先週、一人カラオケに行ったんですよ。近所のマンションの1、2階がカラオケになってる店。
で、「機種はDAMで…」って店員の若い姉ちゃんに言ったが、時間が4時くらいだったせいか
空いてないのかしばらく黙ってしまってから一旦奥に行ってしまった。
そしたら、男の上司みたいな人と相談してるのが聞こえた。
そしてしばらくしたら帰ってきて普通にDAMの部屋に案内してくれた。
「何かありましたらフロントまでお越しください」って今まで言われた事ないこと言われた以外は。

712 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:45:52 ID:rpM1HXa3O
二階の一番奥の28号室。
入ったらちょっと違和感があった。無駄に広いんだが、大きな窓がある。
俺の知る限り他の部屋に窓なんか無くて、特別な部屋かな〜と得した気分で歌い始めた。
でも5時を過ぎたあたりで異変。それまで歌えてたリモコンが曲を送信しても全く入らなくなる。
リモコンって機械までに障害物があると操作出来ないけど、そのときは何も無いのに反応無し。
しょうがないので機械に直接手押しすることにした。
でまあ、また歌いながら外を見ると夕方で、田舎だから凄く綺麗に見えたの。
ちょっと感動して、歌いながら窓際で外を眺めてた。その窓から見えるのは田んぼと山くらいで夕焼けで光ってて綺麗だった。
でも、しばらく歌ってたら歌詞忘れてるところあって後ろの画面を振り返った。
そしたらさ、画面の目の前に女が後ろ向きで立ってた。
突然過ぎて固まった。ああいうときって何も出来なくなるんだな。
とりあえずこっち振り向かれたらヤバいと思って、立ち尽くしてた。逃げようにも出口はテレビの横。
窓俺 女 出口 みたいな位置関係。

713 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:47:13 ID:rpM1HXa3O
何も出来ずにしばらくしたら曲も終わっちゃって静かになるしで、もう駄目だと思った。
そのときちょうど、終了10分前の電話。驚いたけど、その音を弾みに死ぬ気で駆け出した。
女を見ないように部屋を出て走って逃げた。
部屋を出て離れてから、一瞬振り返ったら、普通横顔が見える筈なんだけど女はまた後ろ向いてた。

フロントに行ったら店員はもう分かってた感じで、凄く謝られた上にタダにしてくれた。
「あの部屋には入れないのでまたお越しください」って言われたけどもう絶対行かない。
帰りながら気付いたけど、あの窓から見えるの田んぼの他に大きな墓地もあったよ。
本気で怖かった。

714 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:52:07 ID:0KuAZzSe0
創作つまんね

715 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 15:59:07 ID:X4TU23n9P
まあまあおもろかった

716 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 16:36:05 ID:xaq0SoHA0
やばくねーとかいわないのー

717 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 18:05:53 ID:U42XeP3SO
>>716
ねー誰の真似ー?誰の真似よーそれー?

718 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 18:45:54 ID:xaq0SoHA0
>>717
昨日の本番のキャバ嬢

719 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 18:56:49 ID:qLjKClpj0
これは、私が小学生の頃の話です。学校からの帰り道、真っ黒な髪を腰まで
のばした女の子が、公衆電話の前に立っていました。その子が振り向いて
話かけて来た時に、その目が白く濁っていた事から、私は彼女が盲目である事
を知ったのです。その子は透き通った声で言いました「美加ちゃん、お葬式の
最中に悪いんだけど、私の代わりに電話をかけてくれる?」わたしは(何か
誤解されてるな)と思い乍らも、そこは突っ込まずに、それよりも彼女が何故
まよう事なく私の名前を言い当てたのか、知りたいと思いました。「どこか
で、会ったかしら?」すると彼女はクスクスと可笑しそうに笑い、本を
読むように饒舌に語り始めたのです。「クラスが違うから、知らなくても
無理はないけど、アナタの同級生よ。貴方は一組で私は六組。廊下の端
と端ですものね。でも私は、ずっと前からアナタを知っていた…。
目の悪い人間ほど、声には敏感なものよ。アナタはとても綺麗な声で、クラス
の人望も厚くて、よく皆の話題になってた・・・。だってアナタは優等生の
見本のような人ですものね。きっと私の頼みを聞いてくれると思ったの。
エゴイスティックな他の人たちとは大違い……」
なにかが狂ってるような気がしました。それでも私は、その少女の
いう通りに、ダイヤルを回し(当時はまだダイヤル式の公衆電話でした)、
少女のいう通りに、受話器を渡したのです。

女の子は、電話の向こうの誰かと声を潜めて話しては、時々こちらを見て、
にっこりと笑いました。その電話が終り、少女が去った直後でした。私が、
途方も無くおそろしいものに取り憑かれていた事に気付いたのは。

理由を詳しく説明する事はできません。私の
つまらない文章の意味を理解した者だけが、とり
かれる。そ
れが、この少女の呪いの
ルールなのですから。



720 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:03:17 ID:U42XeP3SO
エゴイスティック?

721 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:03:50 ID:qLjKClpj0
一ヶ月に一回開かれる「MARCH会議」にて

立教「法政、お前はクビだ」
法政「は?」
明治「お前如きが俺等といつまでも肩並べられると思ってるのかよ!」
法政「おいおい、待ってくれよ…」
青学「悪いですね、そういうことです」 法政「じゃあ、俺の代わりはどうすんだよ!!」
立教「彼に入ってもらうことになった」
学習院「よろしく、学習院です。趣味はバイオリンです」
法政「そ、そんな…」
中央「今日から俺たちは“MARCG”として生まれ変わる」
法政「どう読むんだよ!」
明治「うるせぇ!さっさと出て行け!!」
法政「覚えてやがれ、必ず復讐してやる!」

一年後―――
立教「MARCGは絶好調だな」
明治「ああ、人気は鰻登りだぜ」
青学「少し法政は可哀想でしたがね」 中央「まあいいさ、あいつはあいつで上手くやってるだろ」
学習院「趣味はバイオリンです」
そこへ、法政と謎の男が現れた!!
法政「よう…」
明治「うわ、法政!今更何の用だ!?」
法政「こいつが俺の新パートナーだ」
慶應「なんだね、この小物共は」
青学「け…慶應!?」
法政「俺たちは今日から“法慶”として生まれ変わる」
MARC「“法慶”!?…ま、負けた…完敗だ…」
学習院「趣味はバイオリンです」


722 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:15:06 ID:qLjKClpj0
俺は人類最強の男というコピーに引かれ
人類最強になるためにはどうすればよいのか考えた
人類最強なのだからどんなこともできる
手始めに全裸で姉の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けブラジャーを腰に巻きパンティーを頭にかぶる
姉が呆然としながら見てくるが人類最強なので気にしない
姉のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫
姉は無言で部屋から立ち去る
だがまだ最強には不十分
次は妹の部屋にムッシュムッシュと叫びながら飛び込む
妹は着がえをしている最中だったが人類最強なので無視
半裸で逆立ちをしながら
「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散
確実に人類最強に近づく
開脚後転でトイレに飛び込み便座を外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら母の部屋に突撃
タンスを開けると一枚の写真発見
死んだ親父が俺を抱いている写真発見
俺は泣いた

723 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:17:08 ID:D9rDx+JB0
>>719

最後が強引でしたね。

724 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:18:25 ID:qLjKClpj0
なんかいかにも就職活動中って感じの女子大生が真昼間の
オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さいいいいいいいhbヴぉえjのf4えpmぇdぱふじこlp;@


725 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:19:37 ID:U42XeP3SO
どういうこと?

726 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:22:16 ID:qLjKClpj0
俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。


727 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:27:32 ID:U42XeP3SO
でもよくみたらその壁には何もかいていなくて結局自分のみまちがいでさた

728 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:29:35 ID:qLjKClpj0
ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
 家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
 彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
 でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
 家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
 あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
 そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。
息子には腕と足が・・・・・・・・・・・・・・・

729 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:32:41 ID:h0SzY0wE0
おまいら、「死ぬ程洒落にならない怖い話」のスレタイ読んでるか?
「死ぬ程洒落にならない怖い話」だぞ

730 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:40:47 ID:U42XeP3SO
>>729
頭OK?

731 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:43:02 ID:D9rDx+JB0
>>729

どういうこと?

732 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:45:53 ID:e7+apN8ZO
ぜんぜん眠れないよ
怖すぎてよ・・・

733 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:47:38 ID:qLjKClpj0
アメリカ同時多発テロ事件で崩壊したニューヨーク貿易センタービルの住所はニューヨーク・クイーンズ通り・33番地だそうです。
略すとQ33NYとなります。
次のことを試してみてください。
かなり衝撃的です。

1.ワードを開く
2.半角大文字で「Q33NY」と打つ
3.打った文字を選択してサイズを最大の72にする
4.打った文字のフォントの設定をWingdings(一番下にあるもの)に変える



734 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:50:50 ID:qLjKClpj0
ある昼下がり。
小鳥のさえずる森の中を、一人の少女が走っていた。
「お母さん!どこにいるの?」
叫ぶ少女。だが答えは無い。
そのうち少女は、とある家の前に辿り着いた。
「ここね!ここにいるのね!」
そう言って少女は扉を開けた。
だがそこにあったのは、たった一つの日記帳。
何も無い家の中心にポツリと置かれている。
少女はそっと手に取り、読み始めた。
5月16日
明日は楽しい楽しいクリスマス。
プレゼントがいっぱい。とっても楽しみ。
5月17日
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
サンタさんがこない。
5月18日
昨日はとっても楽しかった。
サンタさんにいっぱいプレゼントもらっちゃった。
でもおかしいなぁ。そのプレゼントどこに置いたんだろう?
9月33日
時計の針がね、ゆっくりゆっくり私に近づいてくるの。
12月65日
今日ね、お外に出てみたの。
そしたら人がいっぱいいたんだよ。
いっぱいいっぱいいたんだよ。
でもみんな変な色だった。
なんでかな?
少女は突然、日記帳を閉じた。少女は気付いてしまったのだ。
そう。少女は、気付いてしまったのだ…。


735 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 19:52:24 ID:qLjKClpj0
ある学校の授業でのことだ。
当日は、予報を大きくはずして快晴だった。
あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…
理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。
後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。
それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…そう、教室にいた分だけの白骨死体と、余り物が完成するわけである。

生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、歯形から確認できる限り全員分の身元を確認することが出来た。
何人かは顔が残っていたので問題はなかった。
ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。
生徒は39人で、教師が一人。
遺体は全部で41体、子供が40で大人が一。
子供が一人多い…
近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。
「なんだ、数が合っているじゃないか!」
翌日は、予報どおりの雨であった。

もしもこの検察官の閃きと叫びを疑問に思うのならばこれを解決するのに少しばかりの閃きと知恵が必要となる。


736 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 20:15:21 ID:Zm+fKbT1O
金田一少年で似たような話あったな

737 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 20:21:50 ID:D9rDx+JB0
>>734

わかった!縦読みだ!

738 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 20:41:00 ID:0vs7BqF20
>>719
つまらない文章の意味を理解した者だけが、とり
かれる?

739 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 20:52:44 ID:7p+qwJggO
>>719
元ネタなに?
VIPのブーン小説でもそのネタあったな




























740 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 20:55:14 ID:evj3azJE0
>>719縦読みやるならもっと上手くやってよ

741 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 20:57:47 ID:xaq0SoHA0
ワキガかっつーの

742 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:11:16 ID:0nUAX3gIO
>>733
それはデマ
まず住所じたいが違ったはず

743 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:11:49 ID:7p+qwJggO
02年10月10日には既にあったネタか
当時とまったく同じ文

744 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:16:47 ID:U42XeP3SO
巨人負けてまえ!!!

745 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:18:44 ID:+/VgpxGyO
まとめにある話のコピペばっかだな。

ついでに「ごうち」と「臨時放送」貼ってくれ。

746 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:22:18 ID:xaq0SoHA0
>>744
巨人とこのスレと何の関係があるのですか・

747 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:29:09 ID:D9rDx+JB0
>>745

わかった!縦読みだ!

748 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:34:46 ID:+/VgpxGyO
>>747
違う!
それは私のおいなりさんだ。

749 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:36:03 ID:D9rDx+JB0
>>748

わかった!縦読みだ!

750 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:37:54 ID:vdsJI/r/O
ジャイアンツ負けてやんの…
バカで〜www


751 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:40:26 ID:AnBRje3kO
誰か寺生まれのTさんコピペ張ってくれ

752 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 21:46:16 ID:kl25XoDvO
>>719めちゃ懐かしいコピペなんだけど

753 :西武ファン:2008/11/09(日) 21:49:31 ID:U42XeP3SO
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
西武ファンのみんなおめでとーーーーー!!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

754 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:09:15 ID:isYmaUtr0
このままじゃ「死ぬ程洒落にならない後味悪い話」だな

755 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:13:36 ID:U42XeP3SO
>>754
どういうこと?

756 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:33:39 ID:xaq0SoHA0
カーッ、カッカッ

757 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:41:46 ID:U42XeP3SO
カツブシマンキター

758 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:46:55 ID:S/LEXBdJO
>>730
おれのあたまはきみのうしろにあるからおっけいよ

759 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:47:15 ID:isYmaUtr0
なんだこれ。いつの間にこのスレageage雑談ボーイズに占拠されてんの?

760 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:47:18 ID:xaq0SoHA0
ガキ使まだかよkの野郎
伸介なんかみたないっちゅーねん

761 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:48:04 ID:xaq0SoHA0
>>759
でたなsagesage猥談ボーイズ

762 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:53:15 ID:U42XeP3SO
今日のガキはキスおばちゃんのドキュメントらしいぜwkwk

763 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 22:54:57 ID:S/LEXBdJO
>>735
分かった!!

764 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:22:42 ID:+/VgpxGyO
>>756
アシュラマンのつもりなら
「カーカカカ」が正解だハゲッカス!


今からキン肉マン全冊読み直せ(二世含む)

765 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:25:36 ID:U42XeP3SO
>>756
言われてんぞ激

766 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:27:36 ID:xaq0SoHA0
ほんとだ
誰だよこいつ

767 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:28:35 ID:xaq0SoHA0
タカトシの真似する阿修羅マンなんだけどな・・・
てかはやくガキつかやれよ

768 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:30:59 ID:xaq0SoHA0
このつまんねードラマなんだよ

769 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:33:56 ID:U42XeP3SO
24:51〜
きき納豆らしいぜ

770 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:34:46 ID:U42XeP3SO
>>767
阿修羅マンってアンパンマンに出てくるやつだろ?

771 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:35:14 ID:xaq0SoHA0
時間遅いな・・・
おばちゃん特集じゃねーの?

772 :本当にあった怖い名無し:2008/11/09(日) 23:38:07 ID:U42XeP3SO
>>771
よくわからんw
実況から見つけたから

773 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 00:04:15 ID:9oLpEHkqO


774 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 00:42:52 ID:ldn+BENz0
一週間ぶりに来たらひどいなここwww

775 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 11:08:42 ID:stzw0vRGO
             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /           :::::::::::::::\
  | |       //       \  :::::::::::::::|
  | |       |  ●      ●    ::::::::::::::| 何ここ・・・
  | |      .|             :::::::::::::|
  | |       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|

776 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 14:00:57 ID:ghgcrhCrO
ぱいおつパーティーじゃああああああああwwwwwwwwwwwwww
どっこいしょーどっこいしょーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

777 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 14:13:28 ID:ldn+BENz0
>>776
なんだお前?頭大丈夫か?

778 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 14:16:20 ID:ldn+BENz0
おっぱいから湯気出るってどんだけ〜

779 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 15:56:46 ID:ldn+BENz0
ん?どったの?

780 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 16:17:07 ID:ghgcrhCrO
>>777
ごめん

781 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 16:24:55 ID:0wi4xmfgO
>>776
あまりの 唐突さに うけたwww

782 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 16:42:56 ID:Dti4pOnq0
>>780

だめ

783 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 16:49:04 ID:ldn+BENz0
>>782
ごめん

784 :バーソロミューくま ◆Bmlvv888e2 :2008/11/10(月) 16:55:04 ID:ghgcrhCrO
ちょwh8jan0x0tagjmumjagtslfnw6zmjgtcg

785 :911:2008/11/10(月) 17:16:25 ID:lKC1T5qqO
切れたよ

786 :911:2008/11/10(月) 17:17:45 ID:lKC1T5qqO
マジで切れたよ

787 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:21:59 ID:ghgcrhCrO
来年本当に松ちゃん休業するんかね

788 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:39:23 ID:ldn+BENz0
でも一年休んだら終わりだよね
引退覚悟かもね
欽なんて全盛期に数カ月休んだらブーム終わっちゃったしな

789 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:40:55 ID:ghgcrhCrO
>>788
そう言われてるよね
前になんかで40代には引退してるなんて言ってたけど
まぁいい引き際かもね

790 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:42:55 ID:ldn+BENz0
セミリタイアだな
うらやましいな
俺も金あれば40代半ばぐらいで仕事やめたいな

791 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:44:26 ID:Dti4pOnq0
>>790

IDがベンツ

792 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:44:50 ID:lKC1T5qqO
ダウンタウンのどこがおもしろいの
人をバカにしてるだけじゃん


793 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:45:35 ID:ldn+BENz0
今日なんかおもしろい芸能ニュースあった?

794 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:49:10 ID:ghgcrhCrO
>>793
加山が小室をバカにしてたよ

795 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:52:15 ID:ldn+BENz0
あーその程度か
上沼もなんかいってたな

796 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 17:53:27 ID:lKC1T5qqO
加山っていつもみるたびに思うんだが頭悪そう

797 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:04:21 ID:ghgcrhCrO
サンクスの一口チョコうまー

798 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:08:13 ID:RXOFWReWO
メ木几又す
メ木几又す
メ木几又す
メ木几又す
メ木几又す

799 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:09:44 ID:RXOFWReWO
タヒね
タヒねタヒね
タヒねタヒねタヒね

800 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:14:20 ID:uLzXowYB0
なあんだ。
このスレ、もう癌で死んでたのか。

いいスレだったのになぁ

801 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:14:50 ID:ldn+BENz0
荒らすなよハゲ

802 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:43:32 ID:0Aeavrnv0
>>595
つづきはー?

803 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:43:43 ID:Dti4pOnq0
>>800

荒らすなよはげ

804 :911:2008/11/10(月) 18:50:14 ID:lKC1T5qqO
新作できました
読みたい人は申し出てください
自信作です

805 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 18:58:53 ID:4Jkgf79e0
これはヤバイ

http://jp.youtube.com/watch?v=QfZItov1BUo

806 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 19:47:01 ID:ldn+BENz0
>>805
最後ビックリした
>>804
おねがいしますハゲ

807 :911:2008/11/10(月) 20:03:22 ID:lKC1T5qqO
お断りします
他のスレッドで公開する予定です

808 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 20:23:41 ID:+BJs/K8ZO
読みた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い?



809 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 20:26:02 ID:Dti4pOnq0
>>804

面白かったです。
だから書き込まなくていいぞハゲ

810 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 20:31:31 ID:wnSf/s470
なあ、アイカゴよ、このスレも荒らし・・もとい雑談してくれないか?

シリーズ物総合スレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1223829762/

なかなか純粋な住人ばかり揃ってる素敵なスレだぜ?まるで7,8年前の2ちゃんを見てるかのような錯覚を覚えるw

811 :911:2008/11/10(月) 20:41:11 ID:lKC1T5qqO
僕はペライドが高い

812 :911:2008/11/10(月) 20:46:42 ID:lKC1T5qqO
僕はプライドが高い

813 :911:2008/11/10(月) 20:51:58 ID:lKC1T5qqO
まあいいんじゃないのかな
僕はこのスレッドで新作を公開するつもりはない

814 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 20:58:38 ID:ldn+BENz0
>>813
おねがします
ここで新作を公開してくjださい!!!


815 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 20:59:18 ID:ldn+BENz0
読まないけど;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォ!!

816 :911:2008/11/10(月) 20:59:37 ID:lKC1T5qqO
なぜだい

817 :911:2008/11/10(月) 21:00:20 ID:lKC1T5qqO
クソガキめ

818 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:00:49 ID:Dti4pOnq0
>>812

プライドって知っているか?
基本的に持っていると地獄に落ちるものだぞw
日本でいうところの”誇り”と同義に考えているとしたら低学歴野郎

819 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:03:34 ID:ldn+BENz0
またやりすぎ見るの忘れかけてた
明和の山中ファミリーの糞スレ見て思い出したwww

820 :911:2008/11/10(月) 21:03:38 ID:lKC1T5qqO
まあいいんじゃないの
新作は他のスレッドで公開するし

821 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:46:27 ID:Dti4pOnq0
>>820

馬鹿は馬鹿らしく便所の中で篭ってろ

822 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:48:29 ID:dpYEoilz0
なんで勝手に書かないの?カスなの?

823 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:48:51 ID:IgaVDW6n0
>>821
便所を馬鹿にするな馬鹿

824 :911:2008/11/10(月) 21:50:55 ID:lKC1T5qqO
マジで切れそうだよ

825 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:57:39 ID:ldn+BENz0
荒らすなよ

826 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 21:58:35 ID:ghgcrhCrO
アク金にしちゃえよ911ってやつw

827 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:01:49 ID:ldn+BENz0
>>826
アク禁ってどうやってやるんだ?

828 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:04:16 ID:dpYEoilz0
>>827
まず服を脱ぎます

829 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:07:21 ID:ldn+BENz0
>>828
パンツも?

830 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:08:46 ID:5TOoYabc0
>>827
多分↓に通報すればいいと思う。
報告の手順があるんで、それを調べてからね。

occult:オカルト[レス削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1164191881/

831 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:39:05 ID:klJuMMjq0
ここんとこ洒落怖スレあぼーんだらけで正直ウザい。
ID: ldn+BENz0
ID: lKC1T5qqO
ID: lKC1T5qqO
このあたりまとめてそろそろ依頼するかな…。

832 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:40:04 ID:+BJs/K8ZO
>>824
マ痔切れちゃって下さい。

833 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:41:11 ID:5TOoYabc0
>>831
そのレスなんかおかしい

834 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:42:26 ID:ldn+BENz0
>>831
お願いします

835 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:50:25 ID:klJuMMjq0
>>833
あ、ごめんなんかミスってたw
3つ目はID: ghgcrhCrOだった
気が向いたらやるわ

836 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 22:51:08 ID:hdLh+m730
部活で合宿に行った時の体験。

私の学校は女子校で山奥に寮を持っていて夏休みになると殆どの部活が
入れ替わりで3泊4日くらいの合宿をする。
私の入っていた部活は天文部だったので夜遅くまで起きて
星を眺めつつ買ってきたカップラーメンを食べたりしていた。

けど夜は特に何が出たというわけでも無かった。
問題はお昼頃だった、食堂の人も大変だから食事の時
だけは来ている部活の人すべてが食堂に集まる。
その日のお昼は親子丼で、寮には私が卵アレルギーだったことは伝えて
あったはずだったけど伝わってなかったようでそのまま出てきてしまった。

しょうがないので夜食のカップラーメンを取りに行くことにした
んだけどその食堂から使っている部室?までの距離はかなりあって
建物の端から端って感じだ、外は山奥でいかにも出そうな薄暗い感じで
(廊下は学校みたいにガラス窓がある)
階段もあるし、くねった長い廊下で昼間でも1人で歩くのは結構怖かった。
全員食堂に居る所為で勿論建物内には誰も居なかった・・・。

無事カップラーメンを回収して戻る途中、二階の窓から見てしまった。

一階の部屋のガラス戸からトレーナーを着た少年が建物に入って行くのを。
最初に書いた通り、女子校なんです。男の子なんて居るはずがない。
しかもその部屋は、どの部活も使っていない、大体皆食堂で親子丼食べてる筈なんだ・・・

その後も歩いてる時に友達が「ねぇ、足音一個多くないっ!?(゚Д゚;≡;゚Д゚)」
とか言い出したり。


自分的に洒落になりませんでした。文才無くてすいません。

837 :本当にあった怖い名無し:2008/11/10(月) 23:04:17 ID:71e8I2SQO
まとめサイト誰か教えてーな。

838 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 00:41:40 ID:Kf5dSaS9O
山形県の、米沢牛で有名な米○市に住んでる者だが、数年前の小学生時代の話します。

霊現象はなかったけど、今まで心霊スポット行った中で、一番怖かった瞬間の話します。

暇な人のみ呼んで下さい。

地元で有名な幽霊マンションっつーのがある。

最近知った事だが、八幡○工業団地で働く人達が住んでたマンションだ。

米沢市は東北の中では工業都市に分類されるほど工業都市だ。

これも最近知った。

夏休み。

あの頃はエアガンが流行ってた。

最初はジュースの缶、プラモデルなど撃って満足してたんだが、洋画のクラスオブ1999を友達と見たら、戦争ごっこ?が、やりたくて我慢できなかった。

最近はチャリで暑い中、河川敷、山などで撃ち合ったりしてた。

徐々にリアルを追求するようになり、ルール決めたり、チーム作ったり、作戦練ったり、ゴーグル、ヘルメットなど防具を用意してた。


839 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 00:43:56 ID:Kf5dSaS9O
とある日、友達が幽霊マンションでやろうと言い出した。

幽霊マンションはいろんな噂があり、近寄りがたい存在だったが、周りに民家とかないし戦争ごっこにはもってこいだ。

昼は暑いし見つかったら怒られるから深夜、開催する事になった。

いつものメンバーに声をかけ、大体の奴は来る事になった。

オレンジ色の安いBB弾、エアーガン2丁、ガスガンのベレッタ93R?、多分、もう一丁あったが思い出せない。あと食料をバックに入れ、準備してた。

深夜、ドキドキしながら部屋の窓から抜け出す。
音をたてないようにチャリに乗り、忍者のように待ち合わせ場所に向かう。

待ち合わせの公園についた。
トイレに行くと二人(AとB)がいた。
一応6人くるはずなんで静かに待つ。

Cが来た。

待ち合わせ時間20分過ぎたんで、来れなかったDとEは無理だと思い幽霊マンションに向かう。

チャリを草むらに隠し敷地内に入る。
さすがに深夜は不気味だ。
入り口は封鎖されてたが、各部屋の窓が割れてて入れる状態だ。
中に入る前にいろいろルールを決めたり、万が一に備えていろいろ話し合ってた。
俺はAとチームを組み、BとCがチーム組む。

840 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 00:45:26 ID:Kf5dSaS9O
マンションは6階建ての学校みたいな作りだ

   「入口]
 □□□ □□□
階段=====階段
 □□□□□□□

こんな感じ。

全員入るのは初めてた。

4人でバルコニーを登り窓から中に入った。

部屋の中は変な臭いで、ひどく荒れてる。

昭和時代っぽい雰囲気で、布団は敷いたままなのが怖かった。
当時の記憶だから忘れたと思うが、昭和51年のカレンダーを見つけた時が最高に怖かったと思う。

部屋を出て通路に出る。

通路は月の光が入らないから真っ暗だった。

戦争ごっこから探検ごっこに変わった。

図工の時間に作った手づくりライトを片手に各部屋のドアが開くか確かめた。

大体の部屋は鍵が閉まってない状態だ。
と言うよりも半数以上は扉がない。

壁はスプレーでヤンキーが好きそうな文字が書いてあったり、床にはゴミが散乱してる。


841 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 00:47:31 ID:EdCQisxw0
シエン

842 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 00:47:44 ID:Kf5dSaS9O
俺達は恐れながらも、とある部屋に入った

玄関にはまだ靴があったり生活感のある部屋だった。

玄関を入るとキッチン、奥に畳の部屋が二つ。多分4畳と6畳。

小さい部屋はテレビとテーブル、小さい冷蔵庫のシンプルな部屋だ。
隣は比較的綺麗で何もない部屋だ。

とりあえず休憩する事になった。

いろいろ話をしてるうちに、幽霊マンションに伝わる話の話題に。

ここが幽霊マンションと呼ばれる前は、ある工場の社員寮で家族で住んでる人が多かった。

しかし不幸が続いてる。

子供が屋上から転落して死んで、それで家族が裏手の林で首吊ったり、工場が倒産してからは、一家心中が相次いで2件起きた事など。
その前にマンションが建つ前に古い井戸を強引に埋めた事が関係してるのか?
米沢市では池とか井戸を埋める時は変な供養?するらしい。

Aが怖い事を言い出した。

843 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 00:51:14 ID:Kf5dSaS9O
4階にある一家心中した部屋に行こうと言い出した。
4階には一家が焼身自殺した部屋がある。

噂が本当か確かめるために俺らは恐怖しながら行く事を決めた。

部屋を出てゴミゴミした階段を登る。

2階、3階、そして4階に…

すき間風が人のうめき声に聞こえてきた。

ライトを照らしながら前に進んだ。

俺ら4人は同時に通路に立ち止まる。

正面の部屋には扉がない

別に今まで見た部屋の半数以上は扉がないが
その部屋は違和感を感じた。

4人でライトを照らすと、部屋の形状がわからないくらい焼け焦げてる部屋だ

俺らは無言で固まる。

逃げ出したかったが金縛りにあったようだった。

噂は本当だった



844 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:08:56 ID:Kf5dSaS9O
>>841
支援アリガト

845 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:09:56 ID:EdCQisxw0
もひとついるなら更にシエン

846 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:11:15 ID:p4TP7MlF0
シエンってなんだ?

847 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:17:08 ID:wJ9Qg8YH0
つい数時間前の話なんだが・・・

夕方、部屋でだらだらしながらここのまとめサイト読んでたんだよ。
そしたら、ピンポーンてインターホンが鳴ったのね。
時間的に新聞の集金か宅配便かなんかだろうと思ったんだよ。
まあリビングに妹が居るし、台所には母親が居るからどっちか出るだろーなって放っておいたんだ。
でも出ない。もう一回ピンポーンって鳴らされた。
やっぱり二人とも出ない。
母親は夕飯作ってるから良いとして、妹はゲームやってんだからさっさと出ろよw
とか思ってる内に、右隣の家のインターホンの音が聞こえた。
だから(ああ、勧誘か何かか。出なくて良かったな)って思ったのな。隣ん家別の新聞だから。
で、気になってちょっと耳澄ましてたんだけど、隣家も誰も対応してねーの。
そこん家はいつも帰りが遅いから別段不思議に思わなかったんだけど、更に隣の家も同じ反応なのに気付いて、少し不気味に思った。

ちょっと立地の説明させてくれ。まず我が家は公道からポコッと引っ込んだ道の突き当たり。
で、その道に向かって左右に四、五軒ずつズラーっと一軒家が建ってるんだ
要するに、細長い半円っつーか長方形の短い一辺が無い感じ。
だからウチから見れば他の家の玄関が全部見える。住宅街なんで音も響く。

そんで話を戻すけど、ちょっと気味悪くなった俺は、固まったまま耳を澄ましてた訳。
更に隣の家でピンポーン、また隣の家でピンポーン・・・。
勧誘やら販売やらにしても一軒一軒廻るとどんだけしつこいんだ怖えーよwとか思った。
いや一番怖いのはどの家も出ないって事だったんだけど。
そんでもウチから段々離れて行って、一番公道に近い家から音が聞こえたから、
(よっしゃ、もうアイツ帰るだろ)って期待してたのな。
のに、

848 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:18:19 ID:wJ9Qg8YH0
ピンポーン

てその向かいの家から聞えてきたんだ。
んで、今度は段々近付いてくる。
普通こんな立地だったら道路に近い端の家から周るだろうに、俺の家が起点にでもなってたのか、それとも二週目なのか。
やっぱりどの家も出ないし、流石に訳の解らん異常事態にちょっとパニクった。
基本的にビビリなんで、もう蒲団ひっかぶってウチに来んな!って念じてた。
が、願い虚しく直ぐ外でピンポーン・・・。
でもどうせ誰も出ないからこのまま去ってくれ!って念じてたら妹が動く気配がして

妹「はーい」
俺(!!?うわ馬鹿取るなアホくぁwせdrftgyふじこpl!!!)
妹「お母さーん、○○さん(母の友人)だってー」
俺「・・・・・・はい?」

どうも妹が取り次いだのは生身の人間らしく。
一気に脱力した俺は蒲団かぶったそのまま寝た。
ただ俺も○○さんは知ってるんだが、こんな変なことする人じゃないし
十軒ほど鳴らされたインターホンに誰一人出なかったってのはやっぱり不気味だ。
正直○○さんは関係なくて、変なモンが訪問して廻ってたんじゃないかなと思う。

・・・・・・で、ついさっき母親に確認取ったら変な後日談が出来た。
母「○○さん?ああ夕方の電話ね」
・・・電話ですかママン?
俺には電話の音は一切聞こえませんでした・・・OTL てっき母の友人が来たもんだと。
本当に何だったんだろう。やっぱりまとめサイト読んでたのがいけなかったのかな。

洒落怖は洒落にならんつー話です。

849 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:27:21 ID:Kf5dSaS9O
>>843
一応、これで終わりです。

別に何も見たとか霊障とかないんですが、半信半疑の噂がガチだったのが怖かった

個人的にはラップ音とか白い煙り、友達が憑依された時よりも恐怖でした。

うわああああああああって逃げ出したかったが、俺、俺以外も何していいか身動きとれなかった。

850 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:40:19 ID:lYBZvi5V0
すげぇ小心者だなお前…
びびりすぎだろ常考

851 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:50:57 ID:Kf5dSaS9O
>>850
片手にエアーガン持ってるだけで強くなった気がしてた年代だったし、ゆるしてくれ。
でも、まとめサイト読んでる最中は天井とか見れないし、小心者かもしれん

852 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 01:54:03 ID:vSL4XJKi0
ぶっちゃけ「焼けた部屋がある」というだけで心中云々は別問題なわけだがw
噂は本当だったってwwww

853 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 02:01:41 ID:wJ9Qg8YH0
あ、割り込んでたか!
>>838さん、スマソ

854 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 07:15:51 ID:v4lDEzdRO
>>853
行き着くとこまでいくとさ、お前さん人殺しそうだよNE
すれ違う人みんなにビビっちゃってさ
生身の人間なのか幽霊なのか確かめてやるって感じで
怖いねぇ…

855 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 09:02:59 ID:vaBUKXUXO
おはようございます(^o^)/

856 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/11(火) 09:08:58 ID:F+VrSbsi0
最近は、偽911しかおらんな。
本物は、書くことが出来るが、偽者は書く書くという掛け声だけで
実際には何も書けんからすぐわかる。
くっくっく。

857 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 09:46:07 ID:gIV44K1d0
>>846
死怨

858 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 12:03:25 ID:Frfk80CD0
ライオンズって族にいたカップルが仲間と峠走ってる時2ケツで事故って死んだ。

それからしばらくして、仲間の家で彼らの為に追悼会が開かれ彼らの思い出話などをしていたが、夜も晩くなって皆寝はじめ、
一人残った男もそろそろ寝ようと思い皆が寝ている部屋へ行くが、皆、物凄い形相で死んでいる。

恐怖で恐ろしくなり、腰を抜かしていると死んだはずのカップルが現われ「おまえは誰だ」と問う。
訳が分からなくなっている男は「ライオンズだ!!」というと、「これからも、がんばってくれよ・・・」と言い残し、二人は去った。

そんなかんじの怖い話??(全然怖くもない)を、昔お昼のワイドショーが夏の怪談特集みたいなので取り上げたんだけど
その後数日かしてから、そのテレビ局にすごい電話が殺到したらしい。

「彼らが来ました!!!」「どうしてくれるんだ!!」って皆口々に言うらしいの。
「雨の日、公園で特攻服着た血だらけのカップルがずぶ濡れでこっち見てた」とか
「一緒にこの番組見た祖父がこいつらが来たって言って原因不明の熱出してる」とか。

私は、中学の時担任がみんなの前でこの話を話したのを一緒に聞いてたんだけど、「出た!!」っていう子が結構いた。
私は何もなかったから、嘘だと思ってたんだけど高校入って友達とドライブしてた時、車止めて怖い話になって私がこの話をしたら、
急にすぐ隣でガーン!!ガーン!!って、コンクリートにメット打ち付ける音がし始めて、超怖くなってみんなで逃げた。
マジ怖かった(`Д´)

859 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 14:35:38 ID:cmSjETIU0
まぁ確かにDQNは粘着質だし死んでも人様に迷惑かけそうな気はするが

860 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 15:26:56 ID:vaBUKXUXO
あまんこ

861 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 16:11:49 ID:vhIKPjKvO
石橋貴明(とんねるず)の娘
http://uproda.2ch-library.com/src/lib069183.jpg
関根勤の娘
http://www.asaikikaku.co.jp/blog/sekine_mari/diary/data/2007_01/0109.jpg
所ジョージの娘
http://sega.jp/corp/release/2004/0716/images/040716_1.jpg

862 :911:2008/11/11(火) 16:14:15 ID:Xinr2UHh0
>>856

本物だYo!

863 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 17:56:06 ID:vaBUKXUXO
今日はもりあがってないね
どったの?
スレ不足?

864 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 18:41:59 ID:vhIKPjKvO
>>835

865 :911:2008/11/11(火) 18:53:25 ID:r9jKHR2WO
僕はプライドが高い

866 :911:2008/11/11(火) 18:56:10 ID:Xinr2UHh0
僕は肛門が高い

867 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 19:08:11 ID:o9YckqwBO
僕は背が高い

868 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 19:54:55 ID:p4TP7MlF0
>>863
idなんかかっこいいね

869 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 20:50:38 ID:+W053rgyO
僕はチンチンがカタi…


870 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 20:51:55 ID:Frfk80CD0
--------------------------------------------------------------------------------
奇形児を見たことはありますか? これは北海道の網走市であった話です。
古塚美枝さん(当時23) は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。
しかしその夫は働こうとせず、酒に溺れる毎日、そして酔うと必ず美枝さんに暴力を振るいました。
83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。原因は妊娠によるつわりなどでした。
売春婦であった美枝さんは、まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事を確信し、
早く報告しようと急いで帰りました。しかし夫は自分の子とは信じず、中絶を命じました。
それから5ケ月。結局美枝さんは中絶を拒み、生むことを決意しましたが、
夫は従わなかった事を不満に思い、さらに暴力を振っていました。

--------------------------------------------------------------------------------


871 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 20:52:49 ID:Frfk80CD0
そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。
する と、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました
そして美枝さんは崩れ落ち、声にもならない 様なうめき声で唸りながら ........流産でした。
夫は慌てて家を飛び出して行きました。何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。目はあべこべに付き、片方の目は眉毛の上に付いていました。鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、しかも耳のつけねか%を拒み、
生むことを決意しましたが、夫は従わなかった事を不満に思い、さらに暴力を振っていました。 そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。する と、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。そして美枝さんは崩れ落ち、
声にもならない 様なうめき声で唸りながら ........流産でした。夫は慌てて家を飛び出して行きました。
何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。目はあべこべに付き、片方の目は眉毛の上に付いていました。鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。動きもせず、ただこちらを眺めていました。
それからどうなったかは分かりません。ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。
うしろで何か気を感じても振り向いて いけません。それはあの子があなたを眺めているから。 10分以内にこれを掲示板の5箇所に貼らなければそのままあの子は離れて行きません。お気を付けて。



872 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 21:31:04 ID:p4TP7MlF0
>>871
なんかコピペが二重になってて気持ち悪いよ・・・>>271


873 :872:2008/11/11(火) 21:31:44 ID:p4TP7MlF0
安価間違ったorz

874 :911:2008/11/11(火) 21:42:05 ID:r9jKHR2WO
クソガキめ

875 :911:2008/11/11(火) 21:47:23 ID:Uw/SVOR70
ほんとクソガキめ

876 :911:2008/11/11(火) 21:48:03 ID:p4TP7MlF0
糞がきめぇwww

877 :911:2008/11/11(火) 21:50:39 ID:Uw/SVOR70
絶対誰か書くと思った
キレそうだよ

878 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/11(火) 21:56:50 ID:VA6SIAmy0
やはり、偽911は、何も書けんな。
くっくっく。

879 :911:2008/11/11(火) 22:00:43 ID:Xinr2UHh0
>>878

そう書くと思ったよ。
クソガキめ

880 :おしゃれ番長 ◆nAzTCE/GFM :2008/11/11(火) 22:02:01 ID:p4TP7MlF0
とっととかけよ糞野郎

881 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:14:18 ID:vhIKPjKvO
>>880
http://bbs4.meiwasuisan.com/bbs/bin/i/humor/12264072250001.jpg

882 :911:2008/11/11(火) 22:17:31 ID:r9jKHR2WO
切れそうだよ

883 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:23:37 ID:FAPL1xaEO
>>878

あなたキモいです><;

884 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/11(火) 22:31:02 ID:VA6SIAmy0
>>883
何のためにいちいち、くっくっくと入れていると思っておるのだ、たわけ。

885 :911:2008/11/11(火) 22:31:49 ID:r9jKHR2WO
><;

886 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:32:26 ID:p4TP7MlF0
カーッカッカッ

887 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:42:44 ID:vhIKPjKvO
キャッキャ

888 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:44:03 ID:p4TP7MlF0
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ

889 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:44:26 ID:p4TP7MlF0
アハンアハン・・・

890 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 22:47:47 ID:vhIKPjKvO
ハマダわろたww舌だしw

891 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:01:38 ID:p4TP7MlF0
メタリカ最高!!!

892 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:03:12 ID:vhIKPjKvO
ジョジョの読みすぎだろ

893 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:03:54 ID:p4TP7MlF0
通り魔殺人とか怖いよな
やっぱ一番怖いのは人間ってことで・・・テヘッ!

894 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:04:42 ID:p4TP7MlF0
>>892
それはお前じゃ〜!!
ジョジョ読みすぎはお前じゃ〜!!
発作か〜!!爆笑じゃ〜!!!

895 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:11:03 ID:vhIKPjKvO
>>894
今はワンピースにはまってまーすv(^K^)

896 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:12:36 ID:p4TP7MlF0
ビール1リットル飲みました


897 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:13:28 ID:vhIKPjKvO
酒の美味さがわからん

898 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:14:12 ID:p4TP7MlF0
>>897
ビールとコンビーフウマーとか言ってなかった?

899 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:15:06 ID:+W053rgyO
911は実はものすごく気が長いんじゃなかろうか?……

もう数日来『キレそう…』と言いつつキレたためしがない…(´・ω・`)






それとも…

『痔』の話???




900 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:17:06 ID:vhIKPjKvO
>>898
ごめんあれ嘘、無理にちゃんぽんしてあるちゅうになってから酒うけつけなくなってん
ペプシネックスと焼き鳥うまー

901 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:18:23 ID:p4TP7MlF0
>>900
サイアクダヨムケチンヤロウ

902 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:20:13 ID:vhIKPjKvO
>>901
ティヒ

903 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:24:08 ID:OIgnZ6s0O
>>884

うるせーはげ

904 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:25:36 ID:OIgnZ6s0O
>>899

や、むしろ尿道ファック

905 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:26:47 ID:p4TP7MlF0
最近荒らしが増えてなんだかやりきれないよ・・・

906 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:32:47 ID:p4TP7MlF0
1000取ってきちゃったテヘッ!
巨大な物が怖いというpart27
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1211018578/

1000 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/11/11(火) 23:31:47 ID:p4TP7MlF0
1000げっとー!!!!!


907 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:35:25 ID:p4TP7MlF0
あした7時起きだからねるわ

908 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:41:18 ID:ACm2a3LG0
やりすぎコージでFujiwara原西の子供の頃の話が怖い。
今まで聞いた中で一番怖いかも…

原西が中学校の頃の話らしい。
原西は幼馴染のA君 B君と仲がよくて家も近かったらしい。
B君は坂の下の住宅地に住んでて、A君と原西は坂の上に住んでたんだって…

それで坂の中間地点に小さな公園があって、そこでいつも夜に3人で会って
学校の話とか 好きな子の話で盛り上がってたらしい

ある日原西たちが その公園で夜に花火やる約束して B君と分かれて
後で落ち合う約束して 夜の10時位に原西とA君が会って 坂の公園に
向かってたんだって…

そしたら、そんな夜遅いのに 公園のブランコのところに 真っ赤なワンピース
着て 全身傷だらけの髪がボサボサの女の人が 寂しそうに下向いて
ブランコ乗ってたんだって

原西とA君はトッサにヤバイと思って すぐに引き返したらしい。
でもB君は何も知らないから B君が危険だと思って勇気だして
また公園に行こうとしたら すでにB君が公園通りすぎて 原西の家の方に歩いて
来てて 「B君今 公園に赤い服の女の人いなかった?」って聞いたら
「うん、いたよ」って普通に答えたから 更に突っ込んで
「いや、お前あれ 幽霊だぞ 下向いて寂しそうな顔してたやん!」
って言ったら B君が

「ちがうやん、こっち向いて手招きしてただけやん」って言ったらしい。
次の日 B君 その公園のブランコの所で首吊って死んでたらしい…



909 :本当にあった怖い名無し:2008/11/11(火) 23:56:13 ID:+W053rgyO
>>884
>>883
> 何のためにいちいち、くっくっくと入れていると思っておるのだ、たわけ。



私の青い鳥?

クッククック〜クッククック〜♪



910 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 03:59:42 ID:kjveyTHu0
>>908
悪皿っぽい。
でもシンプルに恐かった

911 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 08:39:37 ID:G7/4gt1vO
911げと

912 :911:2008/11/12(水) 08:46:17 ID:tOzb+SEHO
クソガキめ

913 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 09:34:32 ID:Iodbp2mo0
昔の話でうろ覚えだから間違ってるかもしれないけど・・・
一家心中があった家があり今でも存在はしてるらしい
そこの住所をカーナビに設定して走ると・・・
どのカーナビも必ず同じ墓に案内するらしい

914 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 09:40:14 ID:cpafRirW0
つまらん、次

915 :911:2008/11/12(水) 09:46:47 ID:tOzb+SEHO
マジで切れそうだよ

916 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 10:24:20 ID:VFmdt4PO0
オレの曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。
と言っても曾爺ちゃんはオレが物心付く前に死んでしまったので爺ちゃんに聞いた話なのだけれど、
更にそれを思い出しながら書くので辻褄合わせとかで多少脚色もするし長文なので、色んな事をごかんべん。

オレの曾爺ちゃんは坊主だったらしい。
というか曾爺ちゃんの代まで坊主の家系だったそうだ。

そんでもって曾爺ちゃんは霊感(坊主だと法力か?)があったらしく、
除霊やら鎮魂やら何かと有名だったらしいが、
ありがたい崇高な霊力者とかって感じではなく、
変な能力は有るけれども普通の多少目端の利く人だったようだ。

そんな曾爺ちゃんには、人づてで何かとオカルトチックな依頼が来るらしく、
旅に出て家を空けることが多く、爺ちゃんも寂しい思いをしていたようで、
いつも曾爺ちゃんが旅から帰ってきたら土産話を要求するのだが、
曾爺ちゃんは大抵当たり障りのない話ばかりをしていたそうだ。

まぁ、怨念やらの絡みになると色恋沙汰や依頼者の恥部となる話になるのだから口は堅かったのだろう。


917 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 10:27:01 ID:N6ib4FwC0
芋の箱詰め作業バイトでの話

社長の家の敷地に倉庫があり、そこから芋を引っ張りだして箱詰めする仕事。
この会社は社長のワンマンで、在庫がないのに注文受けちゃって、在庫がないというと
「てめーらの根性がないから在庫が無いんだよ!ばかやろう!」と恫喝し、
ダンボールを蹴り飛ばし、ドアも蹴るなどすごかった。

パートのほうは、運転手22歳のガキとパートのおばちゃん39歳家庭持ちが付き合いはじめて
子供ができてしまう。しかも運転手はもともとつきあってた女も身ごもらせていた。
運転手はあせって、二人を階段から突き落として流産させた。

その他誰が誰と付き合いはじめたり、社長の恫喝でパートの女の子がみんな泣き出したり
給料払わなかったりと最悪な仕事だった。
トラックの運転免許ないのに俺に社長が「運転しろ!テメーしかいねえんだよ!」
と言ってきてその場で辞めた。


918 :916:2008/11/12(水) 10:28:40 ID:VFmdt4PO0
挟んじまった。

前置き長かったけど、数少ない旅の話の中から坊主を辞めた原因になった時の話。

そんな曾爺ちゃんに、ある日どっかの地方から羽織袴の名士っぽい人が訪ねてきた。

曾爺ちゃんは見た目で「祟られている」って判ったらしいが、
そんな事はおくびにも出さずに、応接間に通して何事かと聞いてみたらしい。

その人は、某県の何処其処で何々をしています誰々です〜みたいな話を丁寧にはじめ、
話し口から名主っていうか纏め役みたいな家系って曾爺ちゃんは感じ、
その時曾爺ちゃんにお願いしたのは、不幸な死に方をした女性の供養って位だったそうだ。

曾爺ちゃんは、この人は隠し事が多いな〜等と思いながら、多少身の危険を感じたらしい。

霊的な危険って言うより、殺しとかにこの人の家の者や知り合いが関わったのが原因じゃないかと感じたそうだ。

それだと、場合によっちゃ自分の身も危険だし。

取り敢えずその人には多少準備がかかるし疲れたでしょって言って2・3日家に泊めて、
その間にその地方の議員さんやら親分・警察署長あたりの名前を調べ、
知人に紹介して貰って実際に電話したりして繋ぎをつくったりしたそうだ。

なかなか世俗チックな曾爺ちゃんだと思う。


919 :916:2008/11/12(水) 10:29:39 ID:VFmdt4PO0
そんな対人の下準備の後は、今度はそれなりにも準備をして、
「じゃあ行きましょうか」って事でその人の案内で地方に向かったそうだ。

地方に着いたら「そう言えば●●先生はここに居られるそうだから挨拶したい」とか何とか言って、
先に手を回しておいた議員やら署長やら親分に挨拶に行き、
自分に変に手を出したら後々厄介ですよ〜って臭わせておいてから、
その人の家に行くことにしたそうだ。

その人の家は街から外れて幾つか山を越えた山間の村で、
村に近づくにつれて嫌な感じが強くなってきたので、
「これは村ごと祟られているな、女一人を供養して済むのかね?」って思ったらしい。

村に入ると出会う人がどいつもこいつも祟りの影響を受けている。

流石に曾爺ちゃんも村ぐるみの事件っぽい臭いがしてきて嫌になってきたが、
こんな辺鄙な場所から逃げ出すのも大変だと思い、
一応その人の家で詳しい事情を聞いてみることにした。

その人の家は結構大きかったらしく屋敷って感じで、
曾爺ちゃんの村の纏め役っぽいって予想は当たっていたらしい。

庄屋の家系の当代ってところ。

屋敷は門に入る前から恨まれている感じが臭いまくっており、
かなり業の深いことをしてしまった家系だと思いながら家に入ったそうだ。


920 :916:2008/11/12(水) 10:30:54 ID:VFmdt4PO0
部屋に案内されて、改めて話を聞くと供養して欲しい女性は3名。

曾爺ちゃんは屋敷の人間がその3名の死因に関わっていると思ったので、
その辺は深くは聞かずに村に何か起こっているのか聞いてみた。

どうやら村では殺人が連続して起こっているらしい。

しかも、事件や犯人を警察に届けていなくて、
犯人は土蔵に閉じこめたり納屋に縛ってあったり、
死因も事故死・病死って事にして医者に見せずに土葬にするなどかなりヤバイ感じの処置をしていた。

現代なら(多分当時でも)死体遺棄&不法逮捕監禁で引っ張られるようなやり方をするからには、
村人を外に出したくない理由があると思えること。

曾爺ちゃんは突っ込み所が多すぎるのをグッと我慢(自分の身の為)して、
まずは犯人の一人会って見ることにした。

多分この屋敷にも居るのだろうが、
当代に案内されたのは屋敷から少し離れた農家の納屋だった。

納屋の中はジメっとして糞尿の臭いが酷く、
中には怯えた感じで縮こまっている女性が一人柱に縛られていて、
曾爺ちゃんは憑かれていたなって思ったらしい。

曾爺ちゃんはこの女性はもう危険じゃないことを教え、
暫く安静にしていたら今より良くは成るだろうって言いはしたが、
殺したのは多分旦那か子供だなと感じて可愛そうに思ったそうだ。

この人への祟りはもう終わっているが、多分完全に治ることは無いだろうって思えたらしい。

921 :916:2008/11/12(水) 10:31:55 ID:VFmdt4PO0
曾爺ちゃんは「供養はするが、あなた方は供養でどうにかなると思っているのかね?」って話したらしいが、
他に当たっても祟りがあってからは供養さえ怖がってしてくれないからお鉢が回ってきたらしく、
どうしても供養はして欲しいって事で曾爺ちゃんは供養することにした。

お墓の位置は村外れの山道を進んで行った山にあるらしく、
昔はそこに寺が有ったが、廃寺となった後はそのまま村の墓地として利用しているとのこと。
案内されてそこに近づくにつれて悪寒がしてくるし、
案内していた当代はどんどん顔色が悪くなってくる。

これは半端じゃないって思い、
とりあえず墓の方向に向かって経をあげて様子を見たが、
どうにもならない感じなのである程度の道筋を聞いて当代を帰したそうだ。

当代に活を入れて返した後、暫く進むと何かにすれ違った。

曾爺ちゃんには姿は見えなかったが、多分彼女らの誰かだろう。

その気配は当代を追うわけでもなく、また、自分を追う様にも感じなかったので、
気を落ち着けながら先へ進むことにした。

山の斜面を這うように進む山道を歩いていくと開けた場所があり、
斜面にそって卒塔婆や墓石が並んでいるのでここがその墓地だろうと感じて中に入っていくと、
多くの盛り土の墓の内にこの墓がそうと判るくらいの存在感がある墓が3つあったらしい。

曾爺ちゃんはそこで経をあげて供養を試みたが、
ずっと空気が重く、どっからか視線をずっと感じる。

「無理だな〜業が深い」と思って屋敷まで引き上げたる事にした。

922 :916:2008/11/12(水) 10:32:56 ID:VFmdt4PO0
屋敷まで戻った曾爺ちゃんは、
当代に供養試みたがこのままでは祟りは収まらないことを言った。

そして、
「あなた方は業が深いので言えないことも多いと思う。
三人を死なせたのにも関わっているだろう。
しかし、祟りが無かったものが何故祟る様になったのか何でも話せる事があれば言いなさい」
と言ってみたそうだ。

当代も言い辛かっただろうが、話した内容はこうだった。


父にあたる先代は乱暴で狡猾な人物だったそうで、若い頃から問題ばかり起こしていたそうだ。

それでも先々代が存命の内はまだマシな方で、先々代が亡くなると素行に歯止めが効かなくなった。

多くの村人を巧妙に利害で巻き込みながら悪事を繰り返し、
村では誰も逆らうことが出来なくなってしまったそうだ。

祟っている3名の死にも先代は関わっているらしい。

それから先代は三年前に実の妹に殺害された。

多分これが最初の祟りじゃないかとのこと。

そして、祟りで死ぬ前にあの3名の女性と関わりのある男に罪を着せて殺している。

もちろん私刑だ。

それ以来、村では身内や血縁者を殺してしまう事件が時々起こるようになった。

923 :916:2008/11/12(水) 10:34:46 ID:VFmdt4PO0
曾爺ちゃんはこの話を聞いて、
その殺された男をまず供養しないとこの祟りは収まらないと思ったらしく墓の場所を訪ねた。

当代の答えは、「墓はない、埋めただけになっている」と話、
埋めた場所に次の日に行くことになった。

曾爺ちゃんは、その晩は屋敷には泊まらなかった。

明日の事を考えたらここで気力を消耗したくないって気持ちになったらしい。

次の日、当代と村の男数名に案内されてその男の埋まっている場所に出かけると、
そこは村はずれの藪の中だった。

ジメジメと腐った枯れ草が覆い被さり、
枯れ草の隙間から育ちが悪い感じの雑草が生えている高さの余りない盛り土があり、
近くには申し訳程度の供え物が朽ちていた。

曾爺ちゃんはちゃんと埋葬し直して供養しなといけないと当代に言って掘り返させた。

大して掘り返さないうちに死体は現れ、
出てきた死体はやはり普通の状態ではなく無惨に切り刻まれていて、
五体ばらばらどころか肉片がいくつも出てきたらしい。

ただ、不思議な事に三年前に死んだはずの死体は腐敗せずに湿り気を帯びていたそうで、
曾爺ちゃんは「呪物になっているな」と感じたそうだ。

924 :916:2008/11/12(水) 10:35:35 ID:VFmdt4PO0
この辺の詳しい理屈は爺ちゃんには判らないらしいが、
多分殺された男は3名の女性を弔っていた者で、
そのことで3名の霊的な干渉良くも悪くも受けていたが、
殺された後は本人の無念も重なって、
3名の祟りの呪物化したのではないかって感じの話をしていた。

とにかく、
曾爺ちゃんは男の遺体から頭髪の一部を切り取った後は全てカメに詰めて埋め直した後に経をあげて供養した。

供養といっても成仏させた訳ではないらしいが、
成仏させるわけにもいかなかったので、その地で安息できるように色々したようだ。

頭髪の一部を切り取ったのは、
業が深すぎる件なので、関わった自分への祟りも有ると思い、
この男を自分も供養しないと危ないと思ったかららしい。

曾爺ちゃんは当代にこんな注意をして別れたそうだ。

・あなたの直系は、子々孫々まで男の命日の供養を欠かさないこと。
・3名の墓を除いた墓地にある他の墓を村の近くに移すこと。
・墓を移したら誰も3名の墓に近づかないこと。
・祟りや3名の霊が現れることがあったら男の墓に供物を捧げ助命の願をかけること。

925 :916:2008/11/12(水) 10:37:12 ID:VFmdt4PO0
曾爺ちゃんは村にはあまり長居したくなかったそうで、
旅費位にしかならない報酬を貰った後は、
来たときと同じように地元の議員さんやら有力者に挨拶をすましてから一人で家に帰った。

そして、家族に男の髪が入った箱をみせてこの話をしたそうだ。

もし自分が祟りで倒れた場合に、この髪の供養を続けて貰わなければならないから。

この件で曾爺ちゃんが坊主を辞めなくてはならなかった理由は、
曾爺ちゃんがやった方法は呪い返しに近い方法であって、
それがお偉いさんにしれた時に世話になった上司?の立場をかなり悪くしてしまったからだそうだ。

何か歴史物ではお偉い坊さんが権力者に頼まれて呪ったりする話が有ったりするが、
下端の坊主が何かすると厳しいのかな?

まぁ大体こんな感じの話。文章が稚拙ですまない。

そして
>917 挟んで悪かった。

926 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 10:56:00 ID:4qbcqgPl0
>>916
ありがとう!
こんな複雑な話、なかなかこんなうまくはまとまらないと思う。
久々に読みごたえあるのが来てゾクゾクしたよ。
今おうちは大丈夫なの?
なんか影響とかなければいいんだけど。

927 :911:2008/11/12(水) 10:59:24 ID:tOzb+SEHO
うむ

928 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 11:30:10 ID:YLLZP8Ai0
>>916
いつもは長い話はスルーしてるけどすごく興味深く、惹き込まれて読んでしまった。
あと読みやすかったよ。
その髪の毛、今はどうしてるの?

929 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 11:34:35 ID:OKebdCUT0
>>916 お疲れです。すごく面白かった。
その後男性の呪いは曾爺ちゃんに向かなかったのでしょうか?
頭髪はおじいちゃんも見たことがあるのかな?
他にも話があるなら是非読んでみたいです。

930 :916:2008/11/12(水) 11:52:13 ID:VFmdt4PO0
あう、こんなに反応があるとは。何だか申し訳ない。
>>926,928,929 
うちの家系には祟りのようなのは無いっぽいです。
髪の毛は結局話に出たカメに入れて埋めたらしい。
話に書いた当代がその男の人の墓を盛り土じゃなくて墓石やら置いて綺麗に作り直した時に、
当代の家系が供養をちゃんとやってるから、
それなら呪物化した物をあまり家に置くのは良くないって事で曾爺ちゃんが戻したらしい。
犬神とかの話からすると呪物を祀ってると地獄行きらしいですからね。

931 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 11:53:42 ID:1XkWpLVBO
>>916

久しぶりに洒落恐らしい話で読み応えありました。

みんな911の『キレキレ詐欺』でげんなりしていたので、救われましたm(_ _)m



932 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 12:04:35 ID:+ipNBR9wO
洒落が怖い

933 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 12:38:59 ID:kFVBDbYJ0
どなたか、この話の意味分かる方居ますか・・・?

↓↓
あれは去年の冬でした・・・僕は寝ていたんですが寒気がしたので起きてしまいました。
すると、その日の昼間に拾って翌日届けようと思った筆箱がどうしても気になって仕方なかったんです。
震えが止まらない中、勇気を持って開けてみると


なんと中には鉛筆が入っていたのです・・・・・・
(なんのことだかわかりますよね?)


今思い出しても怖くてたまりません。

934 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 13:04:15 ID:s+Y5/mjUO
洒落怖まとめサイト200で閉幕だって…
理由は今荒れ過ぎてるから丁度きりが良いからだって…
残念。

935 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 13:20:11 ID:iZKp3e2j0
残念だけど仕方ないねぇ
ほんとにここ最近あぼーんばっかりだもん
とりあえず削除整理依頼の準備は途中までしてあるけど

936 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 13:37:10 ID:xvFbWImv0
>>930
なるほど坊主のくせに成仏させるのを諦めて
崇り神として祀ったって感じか
そりゃ坊主辞めなきゃいけないかもな

だけどどっかで聞いたことあるな
3人の女性の墓とそれを供養していた男が殺される話

937 :916:2008/11/12(水) 13:42:16 ID:VFmdt4PO0
>>936
Ω高い
創作(盗作?)です。

まとめサイトが終わると気付いてくれる人も少なくなるんだな〜。
寂しい限り・・・・

ってか、まとめサイトで閉鎖の話って何処にでてるの?

938 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 13:50:35 ID:wWNu4ivUO
オカ板全体でマナーの低下、荒らし、厨が増加してるからなあ…。

洒落怖好きなんで馬鹿共に荒らされてるのを見ると、哀しくなってくるな。


そんな中で>>916面白くて怖い話をありがとう。

939 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 13:50:35 ID:cpafRirW0
パクリ創作をいかにも自分が体験したみたいに書くんじゃねぇよ


940 :916:2008/11/12(水) 13:54:40 ID:VFmdt4PO0
>>939
怖い話の枕に「これは実際に有った話」みたいなのは演出的には普通なんで勘弁してちょうだいorz

んなわけで、まとめサイトが閉鎖しないことを期待しつつ外勤に行ってきます。

941 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 14:13:36 ID:YLLZP8Ai0
Σ(゚д゚
創作だったの!

942 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 15:45:47 ID:whVYt1Ei0
>>916乙でした。ありがとう。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 16:27:22 ID:Mg0n0B280
>>916
久々におもしろかったよ

>>934
あちこちマルチしてるけど、それどこ情報?
管理人のコメントがあるならどこか教えてくれないか

944 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 16:37:04 ID:JJW9/Vj5O
>>916
久々に面白かった。
「ヤマキの墓」と「3体のモノ」のブレンドでOKかな?


>>934
Σ(゚д゚
創作だったの?

945 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 17:50:40 ID:jhJNMw4l0
2ちゃんでパクリ創作はすぐばれるってw

946 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 18:07:32 ID:JqjAc7TMO
>>916
面白かった
パクリって言葉はイヤだな、このデキなら
元ネタありの創作なんて世の中に溢れているじゃないか
小泉八雲だってそうだろ?

947 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/12(水) 18:22:40 ID:M6sYqErg0
ご苦労であった。
>>916 は優秀だ。
偽911より、よほどまともだ。
卓越している。
冠絶する人材だな。
くっくっく。

948 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 18:52:00 ID:HmG+WMbY0
何から目線だこのバカ

949 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 18:55:48 ID:JtPBidmU0
>>916の話、面白かった。
読みながらなんか感じて聞きたいことがあったような気がするんだが、
読み終わったら忘れてしまった・・・なんか重要なことを尋ねたかったんだけど。
まあいいや。

950 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 19:04:55 ID:cU9xRXix0
ある家族のブログ
http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html


951 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 19:07:30 ID:cU9xRXix0
僕は道を歩いていて、ときどきクスッと笑うことがある。
「ああ、自分は慶応義塾大学の塾生なんだ」と思うと、嬉しさがこみ上げてくる。
超難関・高倍率の入試で合格を勝ち取ってから1年。
慶応義塾大学に合格したときのあの喜びがいまだに続いている。
「慶応義塾大学・・・」
その言葉を聞くと、僕は自然と身が引き締まります。
慶応義塾大学卒の先輩方に恥じない自分であっただろうか・・・・。
しかし、先輩方は僕に語りかけます。
「いいかい?伝統というのは自分で作り上げていく物なのだよ」と。
僕は感動に打ち震えます「そして君は慶応義塾大学の人間なのだ。慶応が君に何をしてくれるかを
問うてはならない。君が慶応に何をなしうるかを問いたまえ」
僕は使命感に胸が熱くなり、武者震いを禁じえませんでした。
留年率も高く厳しい日々が続く毎日。
でもそれは将来日本の各界をになう最高のエリート予備軍である僕たちを鍛えるための
天の配剤なのでしょう。
慶応義塾大学を作りあげてきた先達の深い知恵なのでしょう。
この大学で学んだことにより、僕たち慶応義塾大学の塾生は伝統

を創って行くことが神から与えられた天命…否使命なのでしょう。

嗚呼、なんという素晴らしき学びや哉

慶応義塾大学に入れてよかった
慶応義塾大学の塾生でよかった



952 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 19:14:50 ID:cvUp7yxd0
次スレ立てた 201
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1226484468/

けど、建てた後にスレタイとスレ番がおかしいスレと、テンプレがないスレがあるのを発見・・・済みませんでした・・・乱立厨じゃないですよ。念のため



953 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 19:16:07 ID:JvjD+f1R0
>>908
原型はこれな
http://souldout.exblog.jp/9496051/

話が変わってるのがオモロいなw

954 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 19:16:16 ID:ONtACwR80
>>952
ここが本流だし次スレでどこ使うって指定もないからおk。

955 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 19:16:56 ID:cU9xRXix0
僕は道を歩いていて、ときどきクスッと笑うことがある。
「ああ、自分は慶応義塾大学の塾生なんだ」と思うと、嬉しさがこみ上げてくる。
超難関・高倍率の入試で合格を勝ち取ってから1年。
慶応義塾大学に合格したときのあの喜びがいまだに続いている。
「慶応義塾大学・・・」
その言葉を聞くと、僕は自然と身が引き締まります。
慶応義塾大学卒の先輩方に恥じない自分であっただろうか・・・・。
しかし、先輩方は僕に語りかけます。
「いいかい?伝統というのは自分で作り上げていく物なのだよ」と。
僕は感動に打ち震えます「そして君は慶応義塾大学の人間なのだ。慶応が君に何をしてくれるかを
問うてはならない。君が慶応に何をなしうるかを問いたまえ」
僕は使命感に胸が熱くなり、武者震いを禁じえませんでした。
留年率も高く厳しい日々が続く毎日。
でもそれは将来日本の各界をになう最高のエリート予備軍である僕たちを鍛えるための
天の配剤なのでしょう。
慶応義塾大学を作りあげてきた先達の深い知恵なのでしょう。
この大学で学んだことにより、僕たち慶応義塾大学の塾生は伝統

を創って行くことが神から与えられた天命…否使命なのでしょう。

嗚呼、なんという素晴らしき学びや哉

慶応義塾大学に入れてよかった
慶応義塾大学の塾生でよかった



956 :953:2008/11/12(水) 19:19:54 ID:JvjD+f1R0
http://jp.youtube.com/watch?v=5bOGHIRuxIg

957 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 20:04:42 ID:PBDb2Khg0
荒れてるからまとめないなんて
なんのためのまとめなんだか分からん
ひらがな大杉wwwwww

958 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 20:59:19 ID:zdXj53A6O
>>948
走召 糸色 丈寸 糸申

は宇宙創造以前より存在し、この地球を創りたもうた万物の祖にして我らが王、偉大なる御方である。頭が高いぞ!!





つまり中二病(重症)なんだ。10年後には枕に顔をうずめてのたうちまわっているから御容赦のほどをお願いしたいw

959 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 21:03:03 ID:zdXj53A6O
あ、漢字間違えた。

×糸申
○ネ申

我らが神よ、お許しをwww

960 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 21:16:43 ID:HmG+WMbY0
なんだそのバカ設定。

961 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/12(水) 21:17:25 ID:M6sYqErg0
>>959
何だ、お前は感じもわからん小二病(重度)か。
くっくっく。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 21:17:37 ID:whVYt1Ei0
荒らさないで下さい

963 :911:2008/11/12(水) 21:20:34 ID:IRoY2a7A0
>>961

漢字もわからない朝鮮人よ。
とっとと帰れ。

>>962
荒らさないでください><

964 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 21:43:01 ID:oaflHAjRO
朝鮮人差別すんなよボケ

965 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 21:52:07 ID:UtgetOSY0
>>964
朝鮮人はボケ!
クソして寝ろ!

966 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 21:59:44 ID:wWNu4ivUO
>>957
今のスレ内容は馬鹿のどうでもいい雑談、荒らしの書く電波文が大半じゃん
その中からいちいちマトモな話探す気にもならないだろ。

しかも流れや利用率とか何にも考えず乱立スレに投稿する奴もいるから
余計にマトモな話広い集めるの骨だろうし。

967 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:00:00 ID:3umjUd3+O
>>965
お前面白いんだよボケ!
クソして寝ろ!

968 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:02:09 ID:bIM9w7oMO
>>966

つ【鏡】

969 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/11/12(水) 22:17:59 ID:M6sYqErg0
>>963名前:911 投稿日:2008/11/12(水) 21:20:34 ID:IRoY2a7A0

偽911は、何やら必死だな。
勧告では幹事を辞めて、学生が場蚊になったと言う話ではないか。
あ、お前にこんな難しいことを言ってもわからんか。
で、話を書く気はあるのかね。
くっくっく。

970 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:25:33 ID:oaflHAjRO
970

971 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:32:30 ID:wd19zBnD0
>>958,959
漢字よりも重症の使い方間違ってる

いいか、中二病なんてそれっぽい対象を馬鹿にする造語だろ
重症って事は失命の危機にさらされた状態だろ
中二病(重症)って事は命にかかわる程の中二病ってこった
いやいいよ、ここまではいい。かなりひどい中二病患者って表現なんだろ?
しかしお前は10年後には〜とか言ってる
生きてるwwwwwwwwww
普通に10年後生きてるよwwwwwwwwwww
それはさ、つまりは重度だろ。重度の中二病なんだろ
いやさ、重症だから必ず死ぬとか言ってんじゃないの。生きてるかもよ、ああ、生きてて欲しいさ
でもさ、その時点では不安なの。10年後は生きてないだろうな・・・、そうなの、不安なの。
実際に10年後がやってきて初めて思うの。良かったって、生きてて良かったって。
なのに何でwwwwwwwww
お前は何で知ってんのwwwwwwwww
彼に10年後があるって知ってんのwwwwwwwwwww



972 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:40:31 ID:HmG+WMbY0
長い

973 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:58:20 ID:UtgetOSY0
ぁぅーぁぅー

974 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 22:59:11 ID:UtgetOSY0
ちゅりーす!

975 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 23:02:23 ID:UtgetOSY0
やっぱ特捜最前線は吉野とおやじがいる時までだな


976 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 23:20:46 ID:cvUp7yxd0
>>966
つーか、まとめ閉鎖ってソース無いんだが?
まとめサイトのどこにも明記されてないし。なんで信じてるの?

977 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 23:25:25 ID:UtgetOSY0
うそでよかったキャハ!

978 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 23:27:34 ID:wWNu4ivUO
>>976
閉鎖って俺が言いだした訳じゃないんだが。

今の洒落怖の状況じゃそう言う流れになってもおかしくないんじゃないか?
って言ってるだけなんだかな。


閉鎖云々の事は俺がレスした人に聞いてくれ。

979 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 23:42:32 ID:oaflHAjRO
バナナ!

980 :本当にあった怖い名無し:2008/11/12(水) 23:43:07 ID:UtgetOSY0
>>979
バナナといったらチソポ!バナナといったらチソポ!

981 :911:2008/11/12(水) 23:53:14 ID:IRoY2a7A0
>>980

バナナチョコレイトウコニイレテコオラストオイシイヨ

982 :時空孔雀:2008/11/13(木) 00:10:13 ID:3xXybVYqO
父、い、ざはミジ!お、猿版、中、スルな、のに、けワ、イ話、すば、かり、寝せる、からだwww


983 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:17:09 ID:OvID285n0
埋めついでにオカルトじゃない自分的洒落怖体験
ある日ネズミがカーテンレールの上を走っていた
ギャァ〜!!ってなって(動物全般好きだけどネズミはバイキン怖いし)
親に言われるままネズミ捕りマット購入設置
ホントね、何も考えてなかった私バカス
翌朝見たらハツカネズミみたいのがくっ付いてましたよ
生きてるよ死んでないよチューチュー泣いてるよ。゚(゚´Д`゚)゚。
檻タイプ買って遠くに放せばよかったと激しく後悔するも時既に遅し
どうしたら良いかワカランくてパニクって、とりあえず会社に避難
仕事終わって帰って見てみたら、まだ生きてる・・・
しかも暴れたせいで手とか足とか千切れかけてて、腹も裂けて内臓みたいのも見える
もう助からないんだからトドメ刺して楽にしてやろうと思ったけど出来ない(´;ω;`)
こりゃダメだと、別の場所に設置しといたヤツを回収しようと思ったらソッチにもいるし〜〜。゚(゚*ω⊂ グスン
彼氏呼んで撤去してもらって、ゴメンナサイして
数日後・・・・
冷蔵庫の陰から親指サイズの子ネズミが数匹ヨロヨロと這い出してきました(´;ω;`)
まだ乳飲み子だったんだろうね
弱ってたからティッシュで捕えたけど、全然逃げようともしなかった
離れたトコにある畑に置いてきた
以来、ネズミの苦しそうな声と最後の姿と子ネズミの姿が目に焼きついて離れません
もうネズミは出ない
怖くない人多いかもしれんけど動物好きにゃトラウマですよ


984 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:17:40 ID:QvvhkeHlO
>>981
俺もやってるぜジップロックにいれて
一口サイズにするよな

985 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:17:40 ID:lZwmzBNnO
>>971
命にかかわるのは、重体だろ

986 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:18:41 ID:zmWz5MuP0
まとめサイトで使えそうなのほとんどないもんな
こりゃ終りになるわ

987 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:20:30 ID:QvvhkeHlO
>>983
あんたいい人だな
感動したよ、ありがとう

988 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:24:16 ID:DczlOAHpO
もう酔って電車乗らない、普通しか止まんない駅で一人電車待ってたら、通過電車とマイクが入った、足元フラフラしてたから下がって、ポスターとか貼ってる掲示板にもたれて、寒ョなぁなんて思ってたら先頭車両入って来た、

989 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:35:03 ID:gVXBXm/yO
実体験の話なんだけど、俺の友達のSって奴がいたの
専門学校で同じクラスになってから俺とSとW(友達)は昼休みも千円だけのスロット(なぜか良く当たったw)とか帰る時とかも一緒にスロット打ちに行ってたのよ
んで仲良く遊んでて学校卒業した後も一緒に徹夜で並んでスロット打ちに行ってりしてたんだけど、数ヶ月してSに彼女が出来たんだ
んで、その彼女ってのがバツイチで子供も二人いたの(中学生の女の子と小学生の男の子)
その彼女の家の側のヤ○ダってパチンコ屋がイベントやるって情報をSが仕入れて、徹夜で並ぶの辛いから彼女の家に俺とSとWで泊まって朝早くに出発する事になったんだ

990 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:38:39 ID:DczlOAHpO
足元フラフラしてるから、下がってポスターとか貼ってる所にもたれて、寒いよー何て思いながら、トンネルから近づく電車のライトを見てました、チラッとポスターとの間にある鏡に目が行っちゃって、先頭車両入って来ました

991 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:42:26 ID:FyMq9t2w0
トンネルの中のらいとでしばらくは目がクラクラしちゃったんですが、慣れると鏡の中に人影があること肉付きました。それは僕の友達のSでした。しかも実験体でした、

992 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:44:00 ID:DczlOAHpO
先頭車両の硝子が、真っ赤に見えて、顔やら何か判らないグチャっとした感じの物、うわぁと思って振り向いて目で追うと、普通の夜の空いてる電車、うぅん何て思いながら見送ってました

993 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:44:40 ID:gVXBXm/yO
「ちぃーっす」って彼女の家に三人で入ったら「いらっしゃーい」って女の人が迎えてくれたの
(ああ、この人がSの彼女か)って、まぁ普通の女の子だった
ちょうどお風呂から出てきた娘と息子にも挨拶して、眠る前になんかゲームでもするかーって、ふと周りを見回したら壁という壁に「浮気は死刑」とか
「一つ、携帯電話を隠さない
一つ、嘘をつかない
一つ、会う度にキス
一つ、浮気は死刑
一つ、逃げても呪い殺す」
みたいな貼り紙が沢山貼ってあんの
俺が(゜Д゜ )こんな顔してたらSが
「旦那に浮気されて逃げられたから、俺に逃げられないようにって貼り紙してんだとw」って笑いながら言ってくれた
正直、子供を育てるとか、その苦労がわからなかった俺達は「ふーん、まぁ愛されてるってことかw」って一緒に笑いながらゲームして、夜中に寝て次の日パチンコに行ったんだ

994 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:47:16 ID:xM9x0MK80
>983の鼠の人。
俺、外道だから追い討ち掛けるが、その子鼠全滅してると思う。
恐らくカラスなどに食われるか、飢えるか、
農家にとって鼠は害獣なので見つけ次第惨殺されてるだろう。

995 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:49:12 ID:DczlOAHpO
ドン尻の車両を見送ると、車掌が暗い中後ろ向きに立ってやがって、目があった時に何だか判らないニャァァーって顔、こっちは背筋がゾゾゾォージャジャっときた、夜中電車乗らねえ。

996 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:53:19 ID:gVXBXm/yO
それから数ヶ月してWから連絡が来たんだ
その頃の俺は職にもついてたし、SともWとも連絡取ってなかったんで久しぶりの連絡で嬉しくなって色々話したんだ
用件は大したことじゃなかったんだけど、話してる内にSの話題になって
「そういやSって彼女と別れたんだってよ」
「マジでw殺されるんじゃないのw」
「彼女から借金とかあって、「別れるなら全額返せ!」みたいなことになって親も巻き込んでかなり大変だったらしいよw」
「うはw修羅場だなw」
「んじゃまたなw」「おうw」
ってWとの会話が終わったあと、野次馬野郎の俺はSに電話w
「彼女と別れたんだって?w」
みたいな感じで話を聞いたらかなり大変だったらしい
実際に新しい彼女とのデートの時に娘と息子連れて邪魔しに来たり、親に土下座させて借金全部支払うよう要求したり
額は聞かなかったけどかなりの金額だったみたい

997 :死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?213:2008/11/13(木) 00:56:07 ID:a+cAypDc0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/

※荒らしやスレが乱立した時の避難所↓
死ぬ程洒落にならない怖い話スレ乱立対策本部
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214038228/


前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?200
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1224899974/

追伸 筑紫哲也は地獄に落ちろ

998 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:57:49 ID:wRHF/cVyO
>>996
自業自得じゃん…それだけ?

999 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:58:56 ID:YcK7fZl/O
うめ?

1000 :本当にあった怖い名無し:2008/11/13(木) 00:59:02 ID:qt9plELK0
1000とったら彼女ができる

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)