5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太平洋戦争中の不思議な・怖い話2

1 :本当にあった怖い名無し:2008/07/14(月) 19:14:29 ID:ypctViYO0
前スレ
太平洋戦争中の不思議な・怖い話@オカルト板
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1185538278/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/07/14(月) 19:20:24 ID:wHJZ5ueoO
せんそうするなんてふしぎだねにんげんて

3 :本当にあった怖い名無し:2008/07/14(月) 21:51:26 ID:/CX7w23h0
市の博物館に空襲予告のビラが展示されていたを昨日見てきたよ
古い文体で黄ばんだ紙に書かれた
いくつかの都市名の中に我が町があった
広島・長崎・東京はなかった


結論
幽霊より生きてる人間の方が恐い

4 :本当にあった怖い名無し:2008/07/17(木) 05:33:35 ID:NhlfNMYZ0
硫黄島ってもっとジャングルかと思ったら見通しもよさそうなほんと何もない島なのね
あんな島で大勢戦死ってただごとじゃないぜ

5 :本当にあった怖い名無し:2008/07/17(木) 06:03:19 ID:p+aR/TEM0
松谷みよ子が戦時中の怪談話を出してるね
いつの時代もかわらないものがあるんだなと、すごく泣けた

6 :本当にあった怖い名無し:2008/07/17(木) 09:39:55 ID:o68rS3fb0
>>4
何も無い島だからこそあんな状況になった
食料調達先になる原住民もいないし、部隊が壊滅しても逃げ込む森もないし
今でも硫黄島に派遣される自衛隊員は、いろいろと体験するらしいな

7 :本当にあった怖い名無し:2008/07/17(木) 13:25:48 ID:jGynLkX8O
>>6
kwskおねがいします

8 :本当にあった怖い名無し:2008/07/18(金) 03:09:59 ID:TvGdYONL0
原爆投下で吹っ飛ばなかった
家のネタってマジなの??



9 :本当にあった怖い名無し:2008/07/18(金) 03:12:50 ID:PXzDaWBE0
>>8
ああマジだ・・・
ソースはない
VIPからきますたけどなにか?

10 :本当にあった怖い名無し:2008/07/19(土) 22:06:34 ID:Rf+hfSZI0
ガ島で玉砕したはずの一木支隊が兵舎に帰ってきたりとか、そういう話はよく聞く

もっと現実的に怖いのは、ビルマで日本軍の一個小隊が一夜にしてワニに食われて全滅したとかそういう話かな

不思議なことといえば、頭部に機銃弾食らった瀕死の状態でラバウルに帰還した坂井三郎や舩坂弘の存在そのものかも知れん

11 :本当にあった怖い名無し:2008/07/20(日) 07:32:44 ID:C0yiuo5N0
俺の先輩二人は仕事で硫黄島に行っていた。島のことはあまりかたりたがらな
かったが、常識ではないことが普通に起こると言っていた。二人とも帰ってから
40代で病死した。

12 :本当にあった怖い名無し:2008/07/20(日) 21:49:59 ID:J8v9+AHO0
南の島でのほのぼのしたでも悲しい話どこにあったっけ
戦死した部下がその辺ふらふらしてたら
上官に一喝されて成仏した、みたいな


13 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 04:56:49 ID:g3FrIAmh0
このスレ復活したんだね。

>>11読んで、ふと思い出した。
うちの地元は田舎だけど太平洋に面していて、太平洋戦争末期には米艦載機が飛来したそうだ。
ちょうどそのころ、予科練の生徒の方達が軍事施設整備のために船舶で海上を移動中に
航空攻撃を受けて多くの犠牲者を出した。

戦後になり地元に慰霊碑と小さな資料館が建てられたが、
いつの頃からか、そこは地元で有名な心霊スポットとして様々な噂が語られるようになった。
噂については省略するけど、俺の弟が霊感もち2人とそこを訪れた時に
2人とも「門のところに霊がいる」とのこと。弟がどんな様子なのか聞いたところ
揃ってその2人が同時に気をつけ(不動の姿勢)のポーズをとったそうだ。

資料館はその後移転し、そのような話も聞かなくなった。

14 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 15:58:51 ID:5aOx/Rrj0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さ あ 、 公 開 処 刑 の 始 ま り だ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おいお前ら!このままじゃモーオタ(笑)が2ch代表の板になっちまうぜ!

今日は シベリア vs 狼 だ
お前らも忘れてないよな、VIPの敗北
VIPを潰すためシベリアを利用し、うちに止めを刺した狼
モーオタ泣かせてやる!

ここにアクセスして→http://d233195.ppp.asahi-net.or.jp/
こちらをクリック
PCは10分、携帯はすぐにコード発行!

待ってる間はhttp://cos5.orz.hm/~krkm/fla/tor.html
http://jp.youtube.com/watch?v=cwngpIBpiTkでも見て待っててくれ

発行されたコードと<<シベリア>>を貼り付けてこのスレに書き込んでくれ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/vote/1216601889/

-【例】----------------
[[2ch**-********-**]]
<<シベリア>>
From ニュース速報(VIP)
---------------------
本部は↓分からなかったらなんでも聞いてくれ(落ちてたら●で板内検索)
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1216618493/ ←PC本部
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1216565004/ ←携帯はこっち

15 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 16:13:09 ID:iov2/EPlO
この季節になると、冷房の下でマッタリしてるこんな時も、俺たちのお祖父ちゃん世代は凄いことをやってのけていたんだとつくづく思う

チラ裏スマソ

16 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 16:15:37 ID:zexpGMqYO
このスレ待ってました!
こういう系の話、すごく興味がある。
前スレも不思議な話たくさんあったなあー

17 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 16:44:44 ID:0xvlDWtw0
572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/24(火) 04:25:57.67 ID:RJVd9yx30
もはやオカルトでもないんだけど、特攻隊員の辞世の句に大和魂を見たので貼っとく。
「死するとも なほ死するとも 我が魂よ 永久にとどまり 御国まもらせ」

18 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 16:56:38 ID:0xvlDWtw0
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/23(月) 20:05:41.41 [夜] ID:5dIUvcgS0 (PC)
昭和天皇が崩御したとき、防衛大学の講堂から万歳三唱が聞こえてきた
無数の白い手袋が万歳をしていたらしい

19 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 16:57:23 ID:0xvlDWtw0
>>18に絡む話。防衛大での宿直者の証言。

104 :本当にあった怖い名無し :2006/07/08(土) 01:30:20 ID:aTafrnVbO
>>102
8人部屋で二段ベッドの二階のやつが全員頭またがれたりな。
声聞いたりな。。
班長も当直巡察嫌がったりな。。
捨てたはずの名札が机の上に降ってきたりな。。

ちなみに>>18は当時の当直の日誌にも記されている

20 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 17:02:21 ID:0xvlDWtw0
実際に報道されたオカルト話。
2003年だか2004年だかに、読売新聞・朝刊の国際面の片隅に掲載された怪事件。
南シナ海で海賊船団に襲撃されていた大型貨物船の船員の証言によると、
全速で逃げようとする貨物船と、機銃を発砲しながら追いすがる海賊船団の間に突如駆逐艦が現れた。
船員曰く、「日本定刻海軍旗を掲げた、太平洋戦争時のような駆逐艦だった」とか。
予期せぬ重武装軍艦の出現に海賊船団は慌てて逃げ去ったため、貨物船は助かった。
なお、駆逐艦はいつの間にか霧の中に消えてしまったと言う。

21 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 17:03:29 ID:0xvlDWtw0
これは実際一昨年の頭くらいにあった話で、ニュー速でもスレが立ってた話。
ある日、ベルリン市街地で上空からいきなり戦闘機の風防が降ってきた。
警察が調べた所、なんと第二次大戦時の米国製P−51ムスタング戦闘機のものと判明。
ベルリン空港の片隅で風防が吹っ飛んだP−51戦闘機が駐機しているのが発見された。
なおパイロットの情報、及びなぜ風防がふっとんだのかなどは一切報道されなかった

22 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 17:03:59 ID:0xvlDWtw0
第二次大戦の北アフリカ戦線にて、孤立したドイツ兵達が1人の老人と出会い、古い地図を譲り受けた。
そこには水や食料の貯蔵庫が記されていた。 それでどうにか助かったドイツ兵達は
「どこでこの地図を手に入れたのか」と老人にたずねたところ、老人は
「ナポレオン公から援軍が到着するまで死守するようにと命令を受けました」
と言って姿を消した。ドイツの軍事記録に残ってるらしい話。

23 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 18:57:10 ID:RSKE136tO
瀕死の重症を負った坂井三郎が誰かに誘導されるように帰還できた話はすごい。激戦の連続の中、いつも九死に一生を得る。誰かに護られていたとしか思えないです…。

24 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 19:32:31 ID:vLUYvoXbO
>>18
軍の習慣や考え方はよくわからんが
天皇陛下が崩御したのに万歳三唱はありなのか?

25 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 23:33:28 ID:Uu37m0G0O
確か皇室は神式じゃなかったっけ?
亡くなられたという事は神様になったという事なのかな?
兵士の出征を祝って万歳三唱するくらいだから、よくわからんけどな

26 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 23:45:57 ID:8453p6Ld0
戦時中は大本営発表が戦果報告としてラジオで
ニュースになってたらしいけど、ニュースの前に曲が
かかるんだって。勝った時には軍艦マーチで負けた時は
海ゆかばだったらしいよ。だからリアルタイムで聞いてたら
だんだん負けてるって分かってたらしいよ。それが誰の配慮
なのかまでは知らないけどね。

27 :本当にあった怖い名無し:2008/07/21(月) 23:46:00 ID:fzSeaLDm0
>>24
万歳するのは単に崩御して喜んでいるのではなく、
天皇の御世を振り返って、とか皇室の繁栄を祈念してとかそんな感じだった気がする。
>>18のレスに続く解釈によると。

28 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:02:23 ID:kgE6fCvR0
>>21
マね。
マスタング。

29 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:17:30 ID:g0vN/w0x0
マでもムでも問題ない
そもそも英語をカタカナ表記すること自体に無理があるんだから

>>21の話か忘れたけど第二次大戦期の航空機の中から白骨死体が出てきたっていうのがあったようななかったような

30 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:22:07 ID:x+kTNQgS0
これかな?
903 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/24(火) 17:14:11.87 ID:RJVd9yx30
SF的オカルトの話。
今から25年程前に、どこかの山中にて
墜落機の残骸と、パイロットの物と思われる骨が発見される事件があった。
後の調べで、墜落機は旧日本軍爆撃機「銀河」であることがわかった。
これだけでも驚きだが、さらに驚くことがある。
なんと、遺骨は「人間の物ではない可能性がある」と発表されたのだ。
遺骨を研究してた学者が言うには、
「これがもし人骨ならば身長は150cm以下140cm以上であり、
頭は我々人間のおよそ倍ぐらいの大きさを持つ。」との事。
いったい何が、なぜこの時代に銀河に乗っていたのだろうか

31 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:25:05 ID:x+kTNQgS0
回天の話。
回天とは、あまり知られていないが人間魚雷である。
中に人が乗り込んで操縦し、敵艦に体当たりする魚雷である。
ある夜中、潜水艦のドックにて人の気配がした。年輩の整備兵が「誰だ?」と誰何すると、
そこには回天で特攻したはずの少年兵がいた。
驚く警備兵に対し、「今度は見事敵艦に体当たりしてみせます」と告げる彼に、整備兵が
「もういいんだ。二度も死ぬ必用はない」と答えると、姿を消してしまったらしい。

なお、回天はその構造と米軍のレーダー技術の発展から、120本程が実践投入されるも
戦果は撃沈4隻撃破5隻と非常に少なかったという。

32 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:27:13 ID:x+kTNQgS0
東南アジアの田舎にいった日本人の客が
地元の子供達が、大声で叫びながらお化けの真似をして遊んでいるのを見た。
その叫び声が気になった客が宿の主人に聞いてみると
「ああ、この近くの森の奥では、ああ叫ぶお化けが出るんですよ」とのこと。
もちろん皆日本語などまったく分からない。

タオルやぼろ布を被り、子供達は「グンソウドノー!!」と叫んでいた。

33 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:27:43 ID:x+kTNQgS0
戦争が終わって日本も復興、経済大国になった頃、
南方の原住民調査のためにかつての激戦地ニューギニアの山中に入った。
そこで原住民と仲良くなって、一緒に生活しているうちに、
日没後は彼らが山の中に決して入ろうとしないことに、西丸氏は気づいた。
「なぜ、夜は山に入らない? 危険な野獣とかいるのか?」との問いに、
原住民は「野獣はともかく、とにかく気味が悪い。
姿は見えないけど、あちこちから意味不明の人の言葉が聞こえる。
でも、人の姿はやっぱり見えない。
白骨はいっぱいあるから、あれはその白骨の精霊だと思う。
夜の山は生きた人が入る場所ではない」との応え。
「意味不明の言葉ってどんな?」と西丸氏が問うたところ、原住民の応えは
「『ガヌバレ』『シカリシロ』と聞こえる。私たちの言葉ではない」……だったそうだ。
西丸氏は「さもありなん」と感じ入ったそうな。

34 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 10:28:13 ID:kgE6fCvR0
>>29
じゃあどっちよw
教えてもらえるまで、マで統一。

マかムかと言われれば、
マと答えるしか無い。

35 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 16:09:28 ID:WpIiLhefO
>>6
> 今でも硫黄島に派遣される自衛隊員は、いろいろと体験するらしいな
しないよ。
俺去年の9月までいたけどなんも無かった。
最初は興味津々で先輩に聞いて回ったけど誰一人不思議体験無し。

手当ては厚いし暇だしで超楽しかった。
また行きたい。

36 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 17:18:28 ID:RPW9/kww0
>>35
kwsk
元自衛隊員か?

37 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 18:07:45 ID:dw6okrAV0
硫黄島は天皇陛下が訪問して連れて帰って来たか
神上がりしたんでしょ?

38 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 19:04:54 ID:NLblysQz0
私の祖父は殆ど戦争体験について話してくれる事はありませんでしたが、
一度だけ幼い私にお菓子を食べさせながら、話してくれた事がありました。
祖父はビルマで戦っていたそうで、食べる物が無くて本当に辛い思いをしたそうです。
敵のイギリス軍は飛行機を用い、上空から陣地内へ落下傘で食料を落としていたのが見えたそうです。
ある時、その落下傘が敵と味方の陣地の中間点に落ち、
祖父は戦友3〜4名と共に決死の覚悟で奪いに行き、その食料を貪り食べたそうです。
祖父は中にあったキャンディをなめ、自分は特別な存在だと思ったと
しみじみ語っていたのを覚えています。
その時なめてたキャンディーはもちろんヴェルタースオリジナル。
なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。

39 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 19:20:07 ID:0QXeKXGv0
既出だが、キスカ撤退作戦も神掛かってるよな

うまい具合に霧が発生したり、米軍のレーダーに存在しない艦隊が映ったり、無人のはずのアッツ島から万歳三唱が聞こえてきたり

40 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 19:33:44 ID:g0vN/w0x0
>>30
う〜んこれかな?
わざわざ探してくれてサンクス
それにしても不思議な話だ

>>34
両方の表記が存在するんだから間違いもなにもない
年代によっても書物の中で表記が異なるみたい
年配者はムスタング、若者はマスタングと呼ぶ傾向にあるみたいだが

41 :本当にあった怖い名無し:2008/07/22(火) 22:51:56 ID:rGcWP5mN0
家族で車で買い物中ガソリンスタンドで給油しようとして入ったらクラスのヤツが働いててものすごく気まずがった

42 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 00:47:52 ID:ClLzlw3S0
硫黄島は天皇陛下が慰霊してから霊現象がなくなったと聞いたが。
それが平成6年のこと。
それ以前はたくさんあったんじゃない?

43 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 01:05:50 ID:JTmnB6q6O
>>36
自衛隊の戦争関連オカルト話?

江田島の海自幹部候補生学校の正面ホール、入って右手に大きな鏡がある。
そこは旧海軍時代には元々鏡は無かったが、敗戦、軍解体、米軍占領を経て海上警備部(現海自)の
手に渡ったとき、壁一面に手跡がついていた。拭いてもとれない。ペンキで塗りつぶしても次から次に浮き出てくる。
仕方ないので鏡を付けてごまかした、との事。
通説では「お国の為と学校で朝から晩まで必死にしごきに耐えて、神国日本、必ず勝てる、頑張れよ!
と煽てられて行った先は神もへったくれもない泥沼化した戦場で現実を思い知り、無念の戦氏を
遂げた霊が家に帰らず『騙したな!!』と幹候に戻ってきて恨んでいる」ためで、手形はその一環。
ホントかどうかは判らぬ。俺は幹部じゃないし。ただ、鏡は確かにある。

あと、自衛隊のオカルト関連話は戦争ネタよりも自殺や殺人、UFO(「識別不明の航空機」)ネタの方が圧倒的に多い。
都市伝説級なら更にある。

>>40
ムスタング。
旧海軍が敵機判別に使っていた機影一覧表に「ア51ムスタング戦斗木キ」(「斗」=「闘」、「木キ」=「機」)と書いてあった。
モノは海自二術校に保管してある。

44 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 01:33:56 ID:/9RX6tPm0
>>43
>UFO(「識別不明の航空機」)ネタの方が圧倒的に多い。
都市伝説級なら更にある。

kwsk教えてください

45 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 08:22:24 ID:NOZMX+i20
>>26
勝ち戦の場合は「艦艇式行進曲」な
末期は負けっぱなしで玉砕のニュースでも
艦艇式行進曲ばかりだったらしいがw

46 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 09:16:39 ID:6adTN7xqO
>>41
空気嫁

47 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 09:20:39 ID:6adTN7xqO
>>17

> 572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/24(火) 04:25:57.67 ID:RJVd9yx30
> もはやオカルトでもないんだけど、特攻隊員の辞世の句に大和魂を見たので貼っとく。
> 「死するとも なほ死するとも 我が魂よ 永久にとどまり 御国まもらせ」

そういう教育を受けたんだろうが…なんとも言えないなぁ(ノд;)

48 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 09:27:20 ID:hzAL+WKK0
教育以前の割と当然の心情じゃないか?

49 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 10:05:46 ID:fmg2YET0O
>>48
国に残した家族を思えば家族の為に国を護りたいじゃないのか?


50 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 10:14:22 ID:y8MsPlAI0
特攻隊生還者の回顧録も読んであげてください

51 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 10:19:23 ID:uLbidR2cO
家族と国がリンクしていると言うのは至極当然の話なんだけど、
反日教育で分断されちゃいましたからね。

52 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 15:13:33 ID:Kc+1HIauO
そういや小学校の運動場の隅に慰霊碑があったな

53 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 17:31:00 ID:rvLP/AnH0
>>47
そう思える価値のある国なんだよ、本来は。
残念なのは価値を知る人々が多く散華して生き残らなかった事だ。

54 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 22:08:48 ID:w2c9k18g0
船には「舟魂(ふなだま)」という物が憑いていると信じられている。
その為、旧海軍では木をくりぬいて作った舟型の中に、ふなだまをかたどった紙の人形と、
五穣をはじ め供物を詰めて密封し、船室に祀っていた。
このふなだまは、船が沈没する前日に船から離れていくと言われている。
トラック諸島で日本海軍が壊滅的打撃を受けた後、
「そういえば、ゆうべ白い着物を着た女が船から出て行くのを見た」
と証言する乗組員が、あちこちの船で続出した。
ちなみに、この慣わしは今も続いていて、自衛隊の護衛艦にも神棚があり、なかにふなだまが
祀られている。見学などの際には、最新式の護衛艦の中に神棚があるアンバランスな光景を見れるとか

55 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 22:16:28 ID:1iqh7eXw0
>>54
瀬戸内海で爆発事故を起こした戦艦「陸奥」でも、沈没の数日前から着物を着た女が
艦内で目撃されていたと言う話を聞いたことがある

56 :本当にあった怖い名無し:2008/07/23(水) 23:50:17 ID:ds6EOleM0
ふなだまは女性に決まってるのか。

57 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:00:00 ID:l58FAnEd0
>>55
そういう話って多いみたいだね

>>56
英語でも舟は女性名詞だから、代名詞はsheになるよ

58 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:17:03 ID:RyCf6aMr0
船が女性だから、女性は船に乗っちゃいけないんだっていうよね。
でも実際は女性が乗ると、男性だらけの船乗りの輪が乱れるからなんだけどね。

59 :本当にあった怖い名無し:2008/07/24(木) 00:32:13 ID:MeFzQj2C0
>>58
女が乗ると船魂が嫉妬してしまうからだとか


もうひとつ船魂に関する話を(何年か前に2chのどっかの板で聞いた話)

太平洋戦争中、日本海軍の海防艦2隻が台湾海峡付近を航行していた。ある晩、片方の海防艦の乗組員が
僚艦の甲板の上を松明を持った巫女さんが走り回っているのを目撃した。しばらくすると、その巫女さんは海の中に飛び込むようにして姿を消した。
目撃した乗組員は「何かの見間違いだろう」ということで僚艦へは連絡をしなかった。

夜が明けると、昨晩巫女さんが走り回っていた海防艦の姿が見えなくなっていた。
無線で呼びかけても応答がなく、夜のうちに何らかの原因で沈没したのだろうと言うことになった。


これも船魂なのだろうか

60 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 04:54:43 ID:LQTlFxnI0
>>42
遅レスだがそうでもない。
二、三年前に防衛庁長官が幕僚長と一緒に硫黄島に視察に行って一泊したが
長官が朝起きて幕僚長に会うと「昨夜は部屋に英霊が訪ねてきて
そのおかげでよく眠れませんでした」と笑いながら言われたそうだ。
ちなみにこれは当時の毎日新聞に載っていた長官のインタビュー記事。

61 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 13:14:34 ID:r4tyaqaQO
三年前、終戦記念日に靖国神社に行ったんだけど、お賽銭する所ら辺に、軍服着た英霊の姿があり、こっちに敬礼してた

62 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 13:45:27 ID:0aB1l1DM0
毎年この時期になると一種独特な気分になるな
戦争物のテレビや映画なんかみたりして

63 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 16:47:10 ID:MwAQQApH0
>>60
幕僚長冷静だなw

64 :本当にあった怖い名無し:2008/07/25(金) 17:00:10 ID:0dNjs0i3O
>>56
護衛艦「あしがら」の神様は足柄山の金太郎。
艦が沈む前日、甲板を熊に跨った金太郎が走り回る事間違いナシ。

65 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 20:12:14 ID:GgnXUpPLO
この空気どうすんだよ

66 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 20:36:27 ID:oDf+2Sa60
64で大笑いして65で笑い死んだwww

67 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 21:19:41 ID:x+UgFQAE0
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/07/23(月) 20:23:58.56 [夜] ID:b64UCylH0 (PC)
護衛艦クルーは硫黄島に上陸したがらないらしい
乗るとたくさん乗り込んできて本土に帰りたがるから

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/23(月) 20:26:18.02 [夜] ID:5dIUvcgS0 (PC)
>>15
今は硫黄島は自衛隊の基地があるため、時々訓練に利用するらしい。
が、隊員達の間で「硫黄島からは小石一つも持ち帰ってはいけない」って戒厳令がしかれてるらしい。
そのため、離島の際は小箒を使ってまで丹念に砂やほこりを落とすそうだ。

68 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 21:25:00 ID:x+UgFQAE0
自衛隊の怪談。
苫小牧駐屯地のある便所では、個室に入ると
「俺の帽子はどこだ?いっしょにさがしてくれー」って声がするらしい。
これは旧軍時代、うんこ中に帽子を ひったくられた新兵がいて、 班に帰ると班長にリンチを受けて
「員数付てこい」 と追い出された。
その新兵は優しかったので、自分が員数付ると、こんどはそいつが殴られる。
そんなことは、とてもできないって思い悩んだあげく 便所で首をつったらしい。
それ以来、その便所では、そいつの声が聞こえるようになったとか。

69 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 21:25:50 ID:x+UgFQAE0
105 名前:コピペ[] 投稿日:2007/07/23(月) 21:57:00.93 [夜] ID:BMSS/hk10 (PC)
私が、色々と相談をしている寺の住職は、グアムやサイパン等の太平洋戦争の
激戦地の戦場跡を慰霊のために幾度も訪れています。
その時のエピソードをひとつ・・・・。
グアム島・・・某ホテル・・・深夜・・・
住職が、寝室で休んでいるとき、廊下の向こうから、多数の兵隊が行進してくる軍靴の音が・・・。
そして、その行進は、住職の部屋の前で止まり、部屋の中に入ってきたそうです。
「自分は、福島県出身の〇〇一等兵であります。
この度は、戦友一同共に祖国日本への帰還を願いに参りました」  
・・・・と、
隊列の中から一人が前へ出て住職に向かって言ったそうです。
そこで、住職が般若心教境を唱えると、彼らは、その般若心教に乗って日本へ帰還したとのこと。
同じように、戦死したアメリカ兵も住職の元へ現れて、
住職の唱える日本語の般若心境に乗ってアメリカへ帰還していったとのことです。
宗教、宗派は違っても、宗教は全ての人・霊の幸福のために存在することをこのことは示しているような気がします。

70 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 21:26:30 ID:x+UgFQAE0
113 名前:コピペ[sage] 投稿日:2007/07/23(月) 22:03:58.24 ID:BMSS/hk10
サイパンというと、太平洋戦争の大激戦地で、日米両軍で数万の犠牲者が出た所。
このマ○○○○島は、その最前線にあって、サイパン本島からの救援もなく、脱出も出来ず、
最後には弾薬も尽きて、全将兵が刀を持って突撃して、全滅したといわれてます。
この話は、サイパンの現地係員の経験のある先輩の体験談です。
夕方、某ビーチを歩いていると、海岸線後方の木々の茂みの中から、
「突撃ィー!」
という声が聞こえたかと思うと、何百人もの旧日本兵が・・・、
「うわぁーー」と、海岸線に向かって突撃してきたそうです。
次の瞬間、
ダダダダダダダァ、
トガァーン!
機銃や大砲の音が鳴り響き、兵士達は次々と倒れていき、
あっという間に、先輩の周りは兵士の死体で埋め尽くされたそうです。
しばらくすると、機銃や大砲の音も止んで、あたりが静かになると
倒れていた日本兵達はスゥーと消え・・・、

次の瞬間、再び、
「突撃ィー!」
という声が聞こえたかと思うと、何百人もの旧日本兵が、
「うわぁーー」と、
海岸線に向かって・・・・・・。

その時、ビーチには、日本からの観光客も沢山いたそうですが、
ほとんどの人は、何も見えていないのか、そのまま遊んでたそうです。

ただ、先輩も含めて、幾つかのグループは、真っ青な顔をして、ビーチから逃げ出したそうです。

71 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 21:27:42 ID:x+UgFQAE0
116 名前:コピペ[] 投稿日:2007/07/23(月) 22:05:30.77 ID:BMSS/hk10
私は、私が手配した団体旅行の出迎えのために国際空港にいました。

私が、到着ロビーで待っていると・・・、
たくさんの10代後半〜20代位の女の子たちが、ワイワイ騒ぎながら出てきます。
話の様子ではサイパンに行ってみたい。
その彼女たちが、私の真横を通った、その瞬間、急に背筋が、凍りつくような悪寒を感じて振り向きました。
彼女たちを見ると、背中に、血だらけの旧日本軍の兵士を一人ずつ背負っているんです。

「あの子達、マ○○○○島で・・・・・・・。」

そのまま、呆然として、彼女たちの背中の日本兵を見ていると、1人の日本兵が振り向いたんです。
満ち足りたような笑顔を見せて・・・・・・・。

「あー、兵隊さん達、日本に帰りたかったんだ。」

彼女たちには悪いけど、遠い島で亡くなった日本兵が、帰国できたのは良かったのかも・・・・。
少し切ない気持ちになりました。

72 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 21:30:18 ID:x+UgFQAE0
17 名前:眠い人 ◆ikaJHtf2 [sage] 投稿日:02/02/09 21:57
弾薬ネタと言えば、愛知県伊良子岬にあった旧陸軍の射場の話。
其処には連絡用のトロッコが敷設され、射爆場の監的壕と要塞砲の連絡を行っていた。
ある日のこと、一トン爆弾用の新型爆薬のテストが行われることになり、板橋から火工長
がやってきた。
指揮所にて最終確認を受け、監的壕の前に設置された爆弾に向けて火工長以下5名の
作業員がトロッコに乗って出発した。
火工長は軍服を着ており、残りは作業服に麦わら帽という出で立ちだった。
遅れて、見学者を乗せたトロッコが出発した。
そのトロッコが走っていたとき、突然レールに稲妻のような閃光が走り、試験用の爆弾が
爆発した。
勿論、先に出発した火工長と作業員は粉微塵になって吹っ飛んだ。
しかし、作業員の遺体の一部は其処此処にあるのに、火工長の遺体だけが存在しない。
捜索隊は必死になって探した。
ふとコンクリートの壁に目をやると、人間の形をした影が浮き上がってきている。
コンクリートの合わせ目に、軍服の生地のような糸屑が霜降りの如く細く一面に挟まり込
んでいた。
火工長は、爆風で吹き飛ばされた拍子に肉体と軍服を壁に圧入されてしまったのだ。
その肉体に込められた脂血が時間の経過と共に化学変化を起こし、浸みだしてきていた
のである。
事故処理班が軍服のなれの果ての糸屑をピンセットで取り出し、人型を拭い去った。
しかし、翌日早朝、事故処理班が現場に行くと、また人型が浸みだしている。
このままでは士気に影響すると考えた処理班長は、壁を擦り続けた。
それでも、人型は怨念のように翌日には現れている。
逆上した処理班長は自らセメントを塗りたくった。
ところが、また人型が滲み出ていたと言う。
ついにたまりかね、タガネでコンクリートを片端から削り取り、分厚くセメントを
塗ることで漸く人型は滲み出なくなったという。

73 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 22:46:44 ID:eFPbImH90
>肉体と軍服を壁に圧入されてしまったのだ。
(大藁

74 :本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 10:11:19 ID:6aifu5mt0
>>43
それ昔からある新入りを冷やかすためのヨタ話だ

75 :本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 15:11:32 ID:r75xfpLtO
マラカユイ島?

76 :本当にあった怖い名無し:2008/07/30(水) 01:46:50 ID:M9VQxlBe0
>>68なんかもそうだな。
俺が所属していた隊では「銃くれの松」ってハナシだったが。

ついでに若い女が部隊で勤務する恋人に面会で来て、警衛所だか衛兵詰所だかで
「相手との関係は?」と質問されてうっかり「3回です…」などと答えてしまったというネタも
旧軍時代から伝わってるな。

77 :本当にあった怖い名無し:2008/07/30(水) 13:22:29 ID:iKqfvKfI0
相当亀だがこれか?

211 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2001/07/29(日) 04:54

ガキの時分に、鍼灸師のジジイから聞いた話。ちょっと変わった幽霊談です。

ニューギニアのあたりのある戦場でのこと。
大規模な戦闘をした部隊があって、その後、その部隊の前線基地に、
夜な夜な、死んだ兵隊たちが現われるようになったそうです。
彼らはいずれも、足がちゃんとあり、懐かしそうに
「よお!」とか言いながら、現われるのだそうです。
いずれも確かに戦死した連中ばかり。
神主の息子の兵士がまじないをやったり、お経をよめる兵士がお経を詠んだりしても、まったく効き目無し。
そのうち、ズカズカ上がり込んできて、貴重な飯をバクバク食う始末。
しかも、いきなり手がスルスルっと伸びて、木の実を取ったりして、明らかに化け物化している様子。
怖いやら迷惑やらで困っていたのですが、なんとも手の施しようが無い。
見るに見かねた中尉だか大尉だかの隊長さんが、幽霊たちが集まっているところへ、
ツカツカと歩いていって、いきなり大声で、
「全員、整列!」
と言うと、素直に整列したそう。そして、
「貴様らは、全員戦死した兵隊である。よってこの世にいてはならん。
全員あの世へ行って成仏するように。これは命令である!」
隊長が涙を流しながら言うと、幽霊たちは、しばらく呆然とした顔で佇んでいたが、
そのうち全員が泣き始め、やがてボロボロと土人形のように崩れていったそう。
あとにはその土だけが残り、彼らは二度と現われることはなかった。
兵隊たちはその土の大部分は現地に埋め、残りを少しづつ日本に持って帰って、供養したそうです。

「へんな幽霊だね」と僕が言うと、ジジイは、
「日本人の幽霊でも、死んだ場所が変わると、ちょいと変わるんじゃい」
と言っておりました。


78 :本当にあった怖い名無し:2008/07/30(水) 13:23:28 ID:iKqfvKfI0
ごめん安価忘れた。

>>12ね。

79 :本当にあった怖い名無し:2008/08/02(土) 08:31:33 ID:djHCJFGU0
ほのぼのしますた。

80 :本当にあった怖い名無し:2008/08/02(土) 23:29:55 ID:9YUKtfW4O
>>58
非戦闘艦には女が乗っているが、実際女が艦に乗ると風紀が乱れるどころの騒ぎじゃない。
基本的に総員穴兄弟。
ある訓練支援艦で女性乗員が妊娠した。
相手は判らないが、艦の乗員以外とセックルした事はない、というので、男性乗員の中で心当たりのある
者は名乗り出よ、と命が下ったところ、男性乗員全員が名乗り出た。
まさにオカルト。

81 :本当にあった怖い名無し:2008/08/03(日) 01:35:43 ID:y8Fc++sI0
怖い話ではないんだけれど・・・わしの親父が小学生だった時の話。
親父が学校で天皇陛下はうんこするの?って先生に聞いて、警察沙汰になったって言ってた。
親と一緒に警察まで行って、警官とうんこする、しないで大揉めだったらしい。

82 :本当にあった怖い名無し:2008/08/03(日) 01:58:03 ID:Yo7oi/ov0
お父さん、今何歳?

83 :本当にあった怖い名無し:2008/08/03(日) 02:14:50 ID:ZRt8ttzx0
俺もー30過ぎのおっさんだし、うちの親も年とってから俺を作った(笑)
から親父ももーいい年なんだけど、
戦争中親父の兄貴が特攻隊に召集されて行っちゃって、小学生の親父が田舎
の畑で土いじって遊んでたら兄貴が「ひょっこり」帰ってきて、絶対お化け
だと思ってびびって逃げた、って言ってたよ、再会を喜んでやれよ、みたいな、、w
乗る戦闘機が無くなっちゃって、帰ってきたんだってさ。

84 :本当にあった怖い名無し:2008/08/03(日) 02:47:29 ID:Yo7oi/ov0
いや、君が今何歳だとか煽り目的じゃなくて、
昭和何年位前まで、天皇制に対してそういうノリだったんだろうと思って。
敗戦からすぐに天皇陛下=人間ってことになったでしょう?

85 :本当にあった怖い名無し:2008/08/03(日) 12:46:04 ID:LL6uPnhn0
>>84
お前誰相手に話してんの?

86 :本当にあった怖い名無し:2008/08/03(日) 14:29:43 ID:qEQL0d9Q0
こええええええええ

87 :本当にあった怖い名無し:2008/08/05(火) 18:54:21 ID:1f8tLQYZ0
イッセー尾形が昭和天皇の役をやったあの映画、
日本で公開される前にチラシの発送を任された若者が
「この大きさに折ると顔に折り目がついちゃうんですけど…」
と躊躇したらしいな。

88 :本当にあった怖い名無し:2008/08/05(火) 22:08:37 ID:LZIw6glK0
それは普通の感覚でそ

89 :83:2008/08/06(水) 00:05:32 ID:OIWhnRRH0
>>84
俺のこと81と思った?
ここに書き込んだの83がはじめてだよっ、と。

90 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 02:51:48 ID:0b5U8tg/0
子供たちがどこかの沼だか池に遊びに行くと、若い日本兵の霊が現れた。
「今、日本は平和かい?」と尋ねられ「うん」と子供が答えると
「・・・良かった、我々の死は無駄ではなかった」
そう笑顔で返した彼の後ろ、池の上にたくさんの兵士の姿があった。

91 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 07:31:34 ID:vuqWLgvZO
なんて良い話(泣)福田に聞かせてやりたいよ

92 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 07:42:41 ID:hDlJd4xZ0
あんたいい人だなw

93 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 10:28:38 ID:ZdyZ98n10
平和は平和だけどこんな世の中じゃ兵隊さんたちも報われないな

94 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/08/06(水) 11:26:34 ID:qZ+3qZZ20
本当に平和かどうかは疑問だが。
戦死した者の心情を顧る事は、未来につながる。
>>93も「あんたいい人だなw」

95 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 21:50:42 ID:7pgrDiwD0
あるサイトからのコピペ

●ひと玉を見ました
昭和十八年十二月十八日朝、女子軍属の宿舎の庭で行われた点呼の時でした。点呼も終わり婦長の訓示の其の時でした。
整列している私達の前方の空を人魂がふわりふわりと時間にすれば何秒かの時間でしたが、目の前を横切って行きました。

私は無神論者で神仏には関心を持つ方ではありません。ましてや霊とか人魂など信じる事などしない人種です。
でも其処に整列していた全員が目撃者なのです。其の時を境に人魂の存在を未だ半信半疑ですが認める事にしました。
薄い青と紫を混ぜた様な何とも言えない色で、大きさは私の頭程、玉の部分と同じ色の一メートル程の尾を引いていました。

「十二月十七日、年こそ変われ此の日は南京城入場式を日本軍に依って行われた日でした。十二月十日頃から日本軍は光華門、
和光門、中華門付近で大激戦の末、南京城を陥落させました。従って数多くの将兵が名誉の戦死をされました。其の英霊が私達に
会いに来た。」ざーと此の様な話を婦長が静かにお話になった事を強烈な出来事として記憶に残っています。

96 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 21:59:00 ID:7pgrDiwD0

「・・・基地を出てから一ヶ月余り、昭和18年11月14日の夜半の事です。
 ちょうどキスカとアッツの間で、アッツ島寄りを哨戒していたところ、
 その夜は珍しく海上は平穏で、さざ波一つないんです。空には月さえ出ていました。
 こういう夜の襲撃は理想的なんだがな、と思ったりしたもんです。アッツ島が
 墨絵のように浮き出ていました。しかし、相当な寒さで防寒外套を着ていても、
 寒さが骨身にしみましたね。

  その時です。突然アッツ島のほぼ中央と思われる所から、青白い炎のような塊が
 上空に舞い上がったんです。何だろうと目を見張っているうちに、炎の塊は次第に
 膨らんでくる。それが橙色に変わりながら、相当なスピードでこちらに飛んで来るんですよ。
 その不気味さは言いようがありませんね。冷水を浴びたように、ゾッとしました。
 何やらわからんが、とにかく、「両舷停止、潜航急げ」を下令して、大急ぎで潜航したんですがね。

 潜入後しばらくして、航海長と信号兵が、「艦長、あれはアッツ島の英霊です。それに間違いありません」と、
 異口同音に言っとったですがね。あの火の玉が砲弾とか信号弾でなかった事は確かです。
 爆発音はしませんでしたしね。オーロラとかも考えたのですが、火の玉となって飛んできますかねえ、
 オーロラが・・・。何であったかは今なおわからない。とにかく不思議なものでしたなあ・・・。」

 「伊二潜」艦長(当時) 板倉光馬少佐の証言

  佐藤和正著 「艦長たちの太平洋戦争」より

97 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 22:03:23 ID:7pgrDiwD0
フランスは第二次世界大戦中ファシズムと戦った「対独レジスタンスの国」として戦後長い間信じられてきた。確かに「ヴィシー政権

キスカ島で昭和17年10月3日に大空襲があり、呂号第65潜水艦が急速潜航を試みたが間に合わず撃沈された
艦尾は海中にあり、艦首は海上に突き出ていた
大発2隻で救助作業をし、46名を救助したが19名が戦死した

12月頃ののある夜間作業の際海上を見ていると、潜水艦の場所にボーッと火が出て海上を走ってくる
大発かと思ったがエンジン音が聞こえない 不思議に思って火の行き先を見ていたが、
海岸近くの高台の墓地のあるあたりで消えた
戦没者の霊魂だったのだろう

「現代民話考 軍隊」より

98 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 22:15:19 ID:7pgrDiwD0
昔、聞いた話で嘘かほんとかは知らんが、

ぺリリュー島周辺で島民が船で航行してると、突然得体の知れない光の塊が追いかけて来る
島民の一人は追い掛け回された挙句、暗礁に突っ込んで負傷

日本兵の怨念が、米軍の上陸用舟艇と勘違いして船を追い掛け回すらしい
ほんとかね、これ?

99 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 22:21:05 ID:7pgrDiwD0
有名なコピペ

 第2次大戦中の1945年2月、ベンガル湾のラムリー島のマングローブが生い茂る沼地にイギリス軍が
1,000人を超える日本軍をおびき寄せていた。19日の夜から20日の未明にかけて恐ろしい叫び声が続いた。
負傷者の血の匂いに刺激された無数のイリエワニがこの沼地に集まり、動きのとれなくなっていた日本兵に
襲いかかったのだった。沼地の外側にいたイギリス軍は一晩中すさまじい悲鳴を聞かされた。
そして夜が明けてから彼らが発見した生存者はわずか20名だった。

100 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 22:22:13 ID:XNghoaVG0
ペリリュー島といえば普通は群れないロウニンアジが群れるというな。
日本兵の霊が乗り移って軍の規律を守っているとかいないとか。

101 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 22:29:03 ID:e5EpSQS6O
広島原爆追悼につき黙祷

102 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 22:59:07 ID:/Z7oDV0r0
このスレ読んで、未だ遠い異国の地で、自分の死を知らずに戦っている英霊がいるのでは
ないかという思いになった
潜水艦に乗って、若くして遠い海の底に沈められた祖父の兄弟は、成仏できてるのだろうか


103 :本当にあった怖い名無し:2008/08/07(木) 10:35:12 ID:vziuqcQO0
>>98
秘話パラオ戦記 〜玉砕戦の孤島に大義はなかった〜
光人社NF文庫 著者: 船坂弘

たぶん、この本に載ってる話ですね。
夜間漁に出ると人魂が現れて接近してくるという現地民の体験談。
確認しようとしたら本が見つからなかったorz

104 :本当にあった怖い名無し:2008/08/07(木) 20:12:19 ID:O8fZQ3Jb0
>77-78
12ですが、これです!ありがとうございました

105 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:12:45 ID:UylTdeMH0
三重県の海岸で水泳の授業をしていた女子中学生が次々と波にのまれて、
十数人が溺れ死んでしまった話をやっとた。しかし、生き残った子の話によるとその
時、防空頭巾をかぶった人たちが脚を掴んで次々と引きずり込んでいったらしい。
なんでも昔空襲で死んだ人たちの遺体をその海岸で焼いて埋葬したらしい。
しかも、その事件が起きた日と空襲のあった日は同じ日だったんだと。

今ではその海岸は遊泳禁止らしい・・・。

106 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:19:53 ID:F17z8GZp0
>>105
夏厨か?
夏休みで怖い話仕入れて得意げに書き込んだんだろうが、
散々即出だ。

107 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:20:54 ID:UylTdeMH0
ついでにもう一つ投下。
「知ってるつもり」で紹介されてた話だけど。
特攻基地の近くに特攻隊員御用達の食堂があったんだって。で、その食堂の女主人
は特攻隊員から母親のように慕われていたんだと。
その女主人に、とある特攻隊員が、出撃直前にこんなことを言った。「ボクが特攻
するのは、明日の夕方です。死んだら蛍になって戻って来るんで、お店の扉を開けて
いて下さい」・・・。
果たして、次の日の夜、お店に1匹の蛍が入って来た。女主人が「これは今日、特
攻した誰々だよ」とその場にいた他の特攻隊員に告げると「それはないよ」との返事。
けど、みんな自然に肩を組み合って合唱し始めたとか。
その女主人だけど、90歳近くまで長生きしたらしいよ。特攻隊員に「おばちゃん、
ボクは明日死ぬから、残りの命を上げるよ。その分、長生きしてね」と言われてたん
だってさ。何か悲しい話だよね。
ちなみに、その女主人の葬式のとき、どこからともなく1匹の蛍がやって来たとか。
その特攻隊員が迎えに来たのかな?

108 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:43:14 ID:gSXuylAc0
英霊たちよ、安らかにねむりたまえ

109 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:59:06 ID:dDY29j+Q0
>>107
これも有名だな
"特攻の母"鳥濱トメの話

110 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 03:31:26 ID:SItQafyr0
知覧の蛍の話、有名ですよね。
高倉健が主演の関連映画もあるし。

父が特攻隊の生き残りなので、
遅くに生まれた長女の私にも戦争の話をよくしてくれた。
もう80近い父は、自分で特攻や軍隊の本買ったり図書館行っては関連本借りてる。
そんな父が一番のお気に入りは、私が仕事で行った知覧特攻記念館で買った数冊の本。
ある日見ると、お気に入りのところに斜線がいくつも引いてあった・・・・

一度知覧に連れて行くのが夢だったけど、もう心臓も足腰も悪くなって
幻で終わりそうで切ないな・・・・・

111 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 03:31:49 ID:RLR/K/Oy0
>>31
ちょっとホロッとした。いい話だな。



112 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 04:30:37 ID:FErV5ipF0

パラオのロウニンアジ食べると腹こわすんだって。
食い物なくてデンデンムシばかり食ったって聞いた。

113 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 01:47:26 ID:2GIaKnxw0
もうすぐ敗戦記念日だね。英霊たちに黙祷しよう。

114 :コピペ:2008/08/11(月) 10:40:50 ID:FrWjj/s+0
56 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:04/08/23(月) 22:33 ID:9tWS1ChF
高校生の時に「どうせいつかは死ぬんだから、今死んでも一緒だよなぁ」と言った私に祖父が語ってくれた話です。
戦時中祖父の乗っていた船が撃沈され、祖父は陸まで何とか泳ぎ生き延びたそうですが殆どの仲間が他界されたそうです。
戦後亡くなった友人達の遺族の方に挨拶回りをし、全て回り終わった祖父は自決しようとしたそうです。
素晴らしい人達が沢山死に自分だけ生き残った事を悔やんだ祖父は、遺書を書き軍服に着替え切腹しようとしました。
「皆に寂しい思いをさせてすまん、自分ももうすぐそっちに行く」と言い、短刀で腹を切ろうとした時「まだ来るな」と言う仲間の声がはっきり聞こえたそうです。
祖父は泣き、生きたくても生きられない仲間の為にも生きる事を決心したそうです。

怖い話ではありませんが、身内に起こった話ですのでここに書かせてもらいました。

115 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 12:45:24 ID:+Ynuj7KR0
戦死やあわれ
兵隊の死ぬるや あわれ
遠い他国で ひょんと死ぬるや
だまって だれもいないところで
ひょんと死ぬるや
ふるさとの風や
こいびとの眼や
ひょんと消ゆるや
国のため
大君のため
死んでしまうや
その心や

白い箱にて 故国をながめる
音もなく なんにもなく
帰っては きましたけれど
故国の人のよそよそしさや
自分の事務や女のみだしなみが大切で
骨は骨 骨を愛する人もなし
骨は骨として 勲章をもらい
高く崇められ ほまれは高し
なれど 骨はききたかった
絶大な愛情のひびきをききたかった
がらがらどんどんと事務と常識が流れ
故国は発展にいそがしかった
女は 化粧にいそがしかった



116 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 12:49:21 ID:+Ynuj7KR0
ああ 戦死やあわれ
兵隊の死ぬるや あわれ
こらえきれないさびしさや
国のため
大君のため
死んでしまうや
その心や 「骨のうたう」 竹内浩三 「愚の旗」 成星出版 より

昭和20年4月に戦死した詩人。未来がみえていたようなこの詩に軽いショックをうけた
別の詩、「日本がみえない」も、戦後の日本を予知してたようでかるく身震いする



117 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 20:03:05 ID:lgY3gZW90
>>113
いや別に間違ってないんだけど
なんか引っかかるな敗戦記念日w
終戦記念日って言おーぜ

118 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 22:06:59 ID:3c4ssT6F0
>>117
俺も同じ事思った。小うるさい事を言うつもりはないが
用語の取り扱いは慎重にすべきだね

119 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 22:24:10 ID:bnwtwG0v0
なんだそんなことでいちいち。
夏厨ばっかだな。

120 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 22:41:53 ID:lgY3gZW90
どっちが夏厨なのかと・・・

121 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 22:51:33 ID:2iitCRVM0
本当の大人ならいちいち夏厨のこと叩かないと思うのだが。

122 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 23:07:30 ID:lgY3gZW90
>>121
このレベルを叩くとか言うか??

123 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 23:42:23 ID:QIs/ePMC0
>>119
普通に教育を受けていれば
敗戦と終戦の違いがどんなものなのか分かると思うが…

124 :119:2008/08/13(水) 00:09:23 ID:n65KL/6W0
>>123
そんなことで拘るのがバカだと言ってるんだよ。
スレ違いなんだ。
俺は勿論「終戦記念日」と言うがね。

125 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 00:25:53 ID:KVnTvRRh0
こういうスレって、軍ヲタが張り切るから困るんだよな。
もうちょっと、オカ板としての空気を読めと。

と、言いつつも、実録の戦記モノや、戦争映画でマジ泣きする人間なんですが。
ついでにオカルト的なネタを投下しておくと、毎年、終戦記念日の前後に必ず、
自分が太平洋戦争時の兵卒になって、99式らしき銃を持って戦っている夢を見る。


126 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 01:37:42 ID:lul7Q9wL0
終戦か敗戦か?こんなこといちいち気にする軍オタなんていねぇよw
どっちかっていうと政治板向けの話だ

>>125
前世が軍人
霊が寝ている間に憑依して何かを訴えかけてる

どっちがオカ板らしい?

127 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 20:33:07 ID:TpNzPUFK0
几帳面にいちいち噛み付いてる>>124が怖い

128 :125:2008/08/14(木) 04:23:19 ID:D7xRZe0b0
>>126
前世だろうなー。100%直感だけど。

その夢の中ではいつも、「無駄死にはしたくない」と思いつつ、
仕事はちゃんとしようって感覚で、まじめに戦ってる。
ぜんぜん確証はないんだが、舞台は中国の一都市だと認識している。

母方の祖母の実家が明治時代から職業軍人を出してきたんで
血縁関係がらみで生まれ変わる、という転生説をとるなら、
それもありかもなー、と思ってる。ま、歴史ロマンだなw

129 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 08:19:30 ID:vTmpD4Nn0
>>128
お前の前世はインパール作戦で「犬死した」、牛だよ。

130 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 09:29:02 ID:mDDuqP930
生まれ変わりとか、
人間は50年は人間に生まれ変われないと聞いたよ。




131 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 12:07:00 ID:uap0yCV50
でも死んですぐに生まれ変わった人間の話も聞いた事あるよ。
何かあんまり関係ないんじゃないかな?
魂の話は理論じゃ解決できないよ

132 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 13:03:19 ID:BumGdAJo0
なんか仏教じゃ死ぬと輪廻転生で生まれ変わるか、成仏して消滅するかの二種類しかないから、
「冥福を祈る」ってのは道を外れた冥土をさまようってことたから、よくないんだってね。
とすれ違い豆知識な。

133 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 17:58:58 ID:vTmpD4Nn0
>>130-132
宗派によって違います。
因みに>>128の前世は本当に牛です。
他に占って欲しい方がいらっしゃればオカルト板にお越し下さい。

134 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 18:47:13 ID:YjSboCscO
戦艦長門、駆逐艦雪風、あと宗谷の艦歴を見ると、
何か神がかり的な幸運さだよな

135 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 18:55:54 ID:gQ8PmAyz0
な? やっぱり携帯からだろ?

136 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 21:11:24 ID:8dm3aA7qO
個人的に
生まれかわっても、前世の記憶はないとおもう
記憶は脳細胞によるものだから、次に引き継がれると考えにくい
生きている状態ってただの現象にすぎないって、最近考える
例えるならロウソクの炎
消してからまた付けても、それは同じ火じゃない
同じ記憶をもったクローンが自分とは違うのと同様に

突っ込みどころが満載なんで、お願いします

137 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 22:11:00 ID:dqOV51uz0
まぁ 実際に死んでみなきゃわからんわな

高校の時、死後の世界が知りたいとか遺書残して自殺したやつがいたけどな

138 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 01:12:22 ID:ALGymEEw0
>>134
雪風の末路はカナシスが、長門は最後まで帝國の意地を見せてくれたな!
最近は、長門=ハルヒな構図で報われない・・・

139 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 06:54:40 ID:AawqbAXOO
>>138
南極観測船宗谷は、魚雷くらいながらも相手の潜水艦を撃沈しているんだぜ

元帝国海軍所属の船で、現在残ってるのは三つだけのはず(三笠、宗谷、氷川丸)

140 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 07:01:52 ID:Szpe5DDY0
で、不思議な話はないの?

141 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 11:38:15 ID:xlPmTDSJO
おまいら、終戦の日だぞ!

142 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 12:57:58 ID:8UxN5veF0
地元の護国神社に参拝してきたぞ
終戦記念日だというのに閑散としてた

143 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 13:30:07 ID:IEGJfKpj0
日本人の「終戦の日」意識こそオカルト。
ソ連兵と戦った北方領土守備隊は、これからが地獄。

144 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 14:38:30 ID:B68IfQ6P0
今日は終戦記念日です。過去の過ちを繰り返さないように彼らの言葉を胸に刻みましょう。

「不思議なことだ、いつの時代においても悪人は自分の下劣な行為に、
宗教や道徳や愛国心のために奉仕したのだという仮面を着せようとつとめている」
byハイネ
「愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな!」
byジミ・ヘンドリックス(“伝説”のギタリスト)
「愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ」
byバートランド・ラッセル(哲学者、ノーベル文学賞受賞)
「恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じく悪い」
byヘンリー・ミラー
「愛国心と言う卵から、戦争が孵化する」
byモーパッサン
「愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である」
byサミュエル・ジョンソン(イギリスの文豪)
「ナショナリズムは小児病である。それは国家の麻疹(はしか)である」
by アルベルト・アインシュタイン(物理学者、ノーベル物理学賞受賞)
「人類から愛国心を叩き出してしまわないかぎり、あなたがたは決して平穏な世界を持たないだろう」
byバーナード・ショウ(戯曲家、劇作家、ノーベル文学賞受賞)
「愛国心なんて今すぐ廃語にすべき言葉です」
by藤原正彦(「国家の品格」の著者、お茶の水女子大教授)
「今日の大きな悪魔は愛国心、愛国心が大戦をもたらすのだ」
byチャールズ・スペンサー・チャップリン(喜劇王、俳優・映画監督)


145 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 15:51:47 ID:i1h+7nGd0
だからって今みたいに売国奴ばかりがデカイ面してやがんのも
どうかと思うがな

146 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 20:20:06 ID:PqoA5AkoO
そういや最新の自衛隊の輸送機?が神式でお祓いされてるニュースこの前見たわ

147 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 21:40:00 ID:+FSKY5x20
>>146
別にいんでないかい?
それで乗員が安心するなら、神だろうが仏だろうが大作だろうとw

怖ろしいのはそれを見て違憲だ!と騒ぐ馬鹿だな
この手の馬鹿はこういう些末な話題にはうるさいくせに
恍冥党については何も言わないからムカツク

148 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 23:27:33 ID:80YWWUoY0
今日は8月15日です。
日本人だけでなく、世界の人々にとって大事な日です。
戦争はいけません。
戦争は悲劇を生み、また更なる悲劇を生みます。
戦争反対。
平和主義ニッポン。
世界に訴えていかなければいけません。
二度と、ヒロシマ、ナガサキ、のような悲劇を生んではならないのです。
戦没者に対して、また罪も無い子供や女性の死の冥福を祈って、
合唱…………


149 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/08/15(金) 23:32:26 ID:Syh9SMak0
>>148
誤字だよな
ギャグだったら不謹慎だぞ!

150 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 23:34:29 ID:80YWWUoY0
今日は8月15日です。
日本人だけでなく、世界の人々にとって大事な日です。
戦争はいけません。
戦争は悲劇を生み、また更なる悲劇を生みます。
戦争反対。
平和主義ニッポン。
世界に訴えていかなければいけません。
二度と、ヒロシマ、ナガサキ、のような悲劇を生んではならないのです。
戦没者に対して、また罪も無い子供や女性の死の冥福を祈って、
合掌…………


151 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/08/15(金) 23:45:20 ID:ei12lZ+vO
衛星放送の日本映画チャンネルで「沖縄決戦」やってたな。久々に見たけどやっぱ良かった…。
あれが地上波で放送できる日を願って、大日本帝国万歳。
数年ぐらい前にやってた沖縄戦を描いた(らしい)ドラマ映画、
「戦場のナイチンゲール」はそのハチャメチャっぷりがオカルト。

152 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 00:08:03 ID:LldLdxFq0
>>151
いい加減さ、「〜はオカルト」とか言うのやめろよ。
オカルト板じゃあるまいし。

153 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 00:09:19 ID:8hPOeMTF0
>>152
つ、釣られないぞ!

154 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 00:22:26 ID:9SJxdbliO
日本兵を助ける、日本の神様や霊、たぬきの話が聞きたいなあ

155 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 01:09:12 ID:vqJExp2m0
16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/23(月) 20:23:59.95 ID:5dIUvcgS0
日露戦争時の話。
戦争後、ロシア兵捕虜が何人も『白い服を着た日本兵はいくら撃っても倒れなかった』と証言した。
しかし、当時の軍服はグレーであり、白い服を着た日本兵など存在しなかった。
これは遠野物語という本にも載っている。

156 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 01:11:31 ID:vqJExp2m0
98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/23(月) 21:49:09.85 [夜] ID:b2Dotx9UO (携帯)
四国のなんとか狸は人に化けて日露戦争に参加したらしい
赤い軍服を着た決して倒れない兵士はロシアの兵隊をかなりビビらせたとか

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/07/24(火) 00:45:46.91 [深夜] ID:f7oQ0iQq0 (PC)
>>98あたりで既に既出だけど再掲
軍隊狸
ttp://home4.highway.ne.jp/deadsoul/ka/guntaitanuki.html
【軍隊狸】

○戦場に赴き、日本軍を影で支えた狸たちのこと。

○当時の日本軍、道理で強いわけです。なんというか、メンタル面で。

事例1 愛媛県周桑郡壬生川町 松谷みよ子氏の話
 伊予の喜左衛門狸は日露戦争に出征した。小豆に化けて大陸を渡り、上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと全軍に散り、赤い服を着て戦った。
敵将クロパトキンの手記には「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現れて、この兵隊はいくら射撃してもいっこう平気で進んでくる。
この兵隊を撃つと目がくらむという。赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた」と書かれている。

事例2 香川県高松市 室津源太郎氏の話
 日露戦争の時、高松のじょうがん寺の狸の総指揮の元、狸たちが出征した。兵隊に化けて山を作り、
ロシア兵が登るなり山をひっくり返したりした。凱旋の時には狸までが提灯行列をしたという。

事例3 中国上海中支派遣軍八一〇一部隊 松谷みよ子氏の話
 昭和十五年冬。柳橋という場所で友軍の一個小隊が敵軍に包囲されて全滅に瀕しているという報告が入り、K氏所属の一個小隊は待機を命じられた。
その後Kさんと戦友三名が偵察の命を受けた。小高い丘で動き回っている敵軍を発見し、報告に引き返そうとした途端に銃撃を受け、
気がついた時には大陸の広野の果てしない暗闇の中に震えていた。その時、一人の戦友が「あっ提灯」と叫んだ。
Kさんが振り向くと、目の前には懐かしい大三島神社の定紋入りの提灯の明かりがあった。
「五六だぬきや、五六さんが氏神さんの提灯持って迎えにきてくれたか」そういって提灯の後をついて走り、無事に帰りつくことができた。

○いずれも『現代民話考(松谷みよ子 立風書房)』より

157 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 01:49:50 ID:J5PNVP5K0
日本の兵隊さんが自分の馬に鉄兜かぶせてみた、って写真があったなぁ。
なんか、ほのぼのした写真だった。

158 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 05:43:17 ID:LHzzVE0VO
環七タンクローリー事故起こした老人の経歴

はみ出してきた乗用車の運転者が報道されました。
東京都世田谷区代田3、法政大学教授、市村宗武さん(69)
同署は市村さんの車が対向車線にはみ出し、それを避けるためにタンクローリーが横転したとみて調べている。

元東京大学副学長のようです。
大物のため実名報道されないのでしょう。
69歳とのこと、運転能力のないドライバーは免許を返上すべきと思います。

http://cis.k.hosei.ac.jp/info/faculty/digital/ichimura.html

159 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 06:11:28 ID:FhzdNVDk0
こわいはなし
祖母(当時11歳)が話してくれた空襲
「ここは危ないからあっちへ逃げなさい」と誘導してくれた
若い兵隊さんが、朝戻ってみたら亡くなっていた
曾祖父は町内会長としてやはり誘導やらしてて逃げ遅れ亡くなった
地方都市の空襲で亡くなった兵隊さんは若い人が多かった
偉い上官さんは安全な所にいたんだろう

終戦の数日前再び避難先の隣町で小さな空襲があって、逃げていたら
「逃げてるんじゃないよ非国民!」と知らないおばさんにののしられ
親が死んでるんだよ!うちも燃えちゃったんだ!!
と怒鳴りつけたら黙ったって

若い頃はけして自分から語らなかった戦争の話を、年老いたせいか
孫の俺らに少しずつ話してくれるようなった
後者の話が恐い。終戦間際、もう限界で一般市民もどっかおかしくなってたのか





160 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 06:34:57 ID:b4Ucjx/9O
大日本帝國狸
狸にも、アジア解放とかナショナリズムがあった時代か・・・

161 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 07:48:59 ID:+TBsGbgT0
>>159
おばさんは、もしかすると婦人防空団とかの人だったかも。
隣組単位で消火活動とかする決まりになってるから、逃げた=非国民という思考だったのかも
ね。まぁそういう意味ではおかしいのかも知れないけど。
当時、軍属とかの人が幅を利かせてたから・・・。

162 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 07:53:45 ID:DcqdRO180
個人の自由を侵害するなんて日本はとんでもない糞国家だったんだよな
今の北朝鮮と同じようなもんだ
俺たちは原爆開放してくれたアメリカに感謝しないといけないな


163 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 08:07:54 ID:9SJxdbliO
たぬきの話、白服の兵士の話、感動しました。ありがとう…!

164 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 13:36:08 ID:lMoiFQP60
ここにもネットキムチ共>>162が出没してるのかw

165 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 16:07:26 ID:lhsiV2iT0
彼らはどこの板にもいるからある意味感心するよ。

166 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 16:44:24 ID:pUadG+Cn0
>>162
うちの親父(戦時中小学生だった)によると、
確かにインフラ整備とか、多少のいいことはしてあげたけど、大部分の
一般的な日本人や、下級の兵隊さんたちは
「おいこらちょん」やら「しなちく野郎」とか見下し威張りくさって
棒で日本語出来ない中国人、朝鮮人をこづきまわしてたりしてた、と。

まぁどんなに良く言ったとしても「相手の国を武力で脅して、占領した」
って事実は変わらないからねぇ。当時はそれが当たり前の世界だったとしても

しかし昨日のNHKのフィリピンの戦時中の話、はむごかったOTZ

167 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 17:41:42 ID:TJpaEkYp0
いまどき気色の悪いナショナリズム煽って何したいのかねぇ、KKKやナチス党でもつくるんかねキティガイ共が

168 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 17:58:57 ID:l1DLD37F0
いつの時代も武器商人の手先が、少しずつ火種をおこしていって…

169 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 18:57:38 ID:qV6Afx9d0
キモイネットウヨは戦争始まったら、真っ先に招集されるといいよ

170 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:25:36 ID:+TBsGbgT0
>>166
日本からほとんど持ち出しで国内不景気になったことを「多少のいいこと」程度で済ますとは。
南洋諸島の老人に言ってごらん、逆に怒られるから。しかも朝鮮人は、内地と同じ一党国民
扱いだったんだよ(ちなみに台湾は二等国民)。

>まぁどんなに良く言ったとしても「相手の国を武力で脅して、占領した」
>って事実は変わらないからねぇ。当時はそれが当たり前の世界だったとしても

 もう少し歴史を勉強したほうがいい。

171 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:41:31 ID:DHanq5970
持ち出しだろうが何だろうがかんけえねえ
他国を武力で侵略し強姦し略奪し尽くした罪は消えねえよ

172 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:44:31 ID:QUsySffk0
>>171 かんけえねえ←説得力全くなし。

173 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:45:16 ID:DzsbSCQk0
>>171
武力で対抗できなかったお国を恨むんだな

174 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:54:21 ID:ajay9mnR0
ホロン部の予感!

175 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 20:11:56 ID:DC3u59qD0
かんけえねえ
韓ケエ姐さん    なんだ チョゴリきた酌婦&踊り子&ありらんとかいう歌手&売春婦のことか。

176 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 20:12:59 ID:DjLzSOo/O
酷い馬鹿が湧いてると聞いて飛んできました。

177 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 20:18:15 ID:4CPgBd3s0
>>171
何年日本で生活したら句読点の使い方を覚えるわけ?
民族学校や朝鮮学校では日本語教えてくれないの?


178 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:06:05 ID:glv9Eu8S0
恐慌で失敗こいた中世起源のへぼ貴族の末裔が、下手こいて
至急戦争を用意しただけでしょ。そのため国内でも、派閥内で
戦争賛成論が躍起になって、結局、戦争反対者が魔女狩りにあった。

179 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:08:36 ID:fq6enb/oO
予想通りの展開ですね、おまえら

180 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:09:24 ID:FILEbD4X0
三光作戦最悪。
日本人が戦地で人格が変わったのは周知。
内地に帰って家族が苦労したそうだよ。
戦争に行くとみんなそうなっちまう。
本当に戦争って人間をぶち壊すよな。



181 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:14:40 ID:RZd0hS2q0
旭川の市内にある基地では、全滅した部隊が隊列をなして戻ってきたという話を聞いた

182 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:17:02 ID:ajay9mnR0
何かと話題になる靖国神社は怪談話とかないのかね。

183 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:25:29 ID:LldLdxFq0
>>170
氏ねよ非国民。
今上天皇でさえその罪は罪として認めていらっしゃるんだ。

184 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:39:48 ID:ssMWO9WR0
日本を戦争に導いた人の事が書かれています。

日本の大臣と大使の計2名と軍属の1名が、アメリカの武器商社から
超大金をスイス銀行に貰う見返りに、日本を戦争へ導くよう
に誘導した事を教えられました。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/14f8cfe7ac5ee7ad3e3ea7d96fffd355

185 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:47:36 ID:+TBsGbgT0
>>183
非国民と罵る前近代的思想の持ち主、乙。
そういえば、右翼のほとんどは在日朝鮮人なんだって?

186 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:52:38 ID:FhN0hpgvO
チョンは半島に帰れ。に全てが帰結。


187 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:02:52 ID:vU2viDi40
過去に間違った事をしてたり未だに憎まれていたり現在も色々欠点があるのを
全て認めた上でそれでもこの国が好きだと言えるのが愛国心だと思うけど。

自分の愛するものは何一つ間違っていない完璧じゃないと気が済まないというのは童貞臭いというか
結局、対象をあまり実人生で恵まれていない自分のうぬぼれ鏡としてしか見られないんでしょうな。

188 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:04:47 ID:ty3mn0zD0
それに尽きるな。
誰も止めてないのにいつまで日本にいるつもりなんだ。

189 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:43:01 ID:LldLdxFq0
>>185
ちょww右翼はお前だろwww

190 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 23:31:24 ID:0YCJHxHR0
街中で育った母は花火大会がこわいらしい、空襲をおもいだすから。
焼夷弾でにげた川には死体がたくさんあり、よく人魂を目撃したそうだ、
田舎で育った姑は花火大会が大好き!子供のようにはしゃいでこの夏も
3ヵ所運転手でいかされた。ある意味花火大会が私は嫌いになった。


191 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 23:35:56 ID:gcwUbwz+O
なんかで読んだんだけど、靖国神社にお参りした特攻隊員の生き残りが境内で真昼に蛍が舞っているのを見たとか、南洋の遺骨収拾団が持ち帰った遺骨が靖国境内か千鳥ケ淵かで、風も振動も無いのに音を起てたりした…なんてのを読んだことがある。

192 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/08/16(土) 23:58:00 ID:MIEzp55PO
A級戦犯の処刑を担当した軍人(ウォルトンウォーカー)はA級戦犯が処刑されたのと
同じ日づけ、同じ時刻に、同じ人数(七人)、謎の自動車事故で死んだ。

193 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/08/17(日) 00:16:36 ID:pfMn9qSDO
南方の食料不足で飢えに苦しんだ戦友の話はよく聞くが、
死んでしまった戦友の人肉を食ったという話も、たまに聞くことではあるが
戦友を「殺して」まで、その肉を食っていた連中(脱走兵)が居たという。
怖い。
まあでも、ウサギが自らの肉を焼き旅の老人に与えて、それをもてなしとした、
という逸話もあることだし。いい話かもしれないね。


194 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/08/17(日) 00:21:47 ID:pfMn9qSDO
死ぬ直前は、それまで大量に這っていた「虱」がすっかり居なくなる。
それで「ああ、おまい、もう長くないな…」と判る。虱ってすごい不思議な奴だ。

195 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/08/17(日) 00:33:11 ID:pfMn9qSDO
支那では死体に阿片を詰めて密取引をおこなう。死体は検閲されないからです。死体カバンですね。

196 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 00:45:41 ID:o2awbkSyO
おどれ!アメ公め
しごうしたるけえのう

197 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/08/17(日) 00:47:38 ID:pfMn9qSDO
水木しげるが戦争でぬりかべに出会ったという話は有名だが、
水木しげるの太平洋戦争マンガの長勇のルビが「ながいさむ」になっていたのが
気になってしかたがない。「ちょういさむ」デショ?

198 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 02:19:21 ID:/s5vFGWT0
>>166
実際はそういう雰囲気だったろうな。
立場の強い人間が威張りくさることは、今でもよくあること。

中国がそれを外交カードとして使い始めてから、
国民感情の温度もおかしなことになってしまった。

199 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:28:40 ID:EznXzh0k0
>>170
>>日本からほとんど持ち出しで国内不景気になったことを「多少のいいこと」程度で済ますとは
それが事実だったら、そこまでしてた、ってのは認識してなかった
すまんかった。
ただ言えることは「うちの親父世代は北京でオリンピックとか、あほらしくて
見にいきたくもない、って差別は自分の中でも残ってる」
みたいなこと言ってたな。

なんかヨーロッパとかは、EUとかで国を超えて共同体作ろう、って時代に
こんなに近い国で近親憎悪で憎みあってるのって醜いよなぁ、
嫌中嫌韓派は、みたいには思います、まーそれ以上に向こうにも反日派みたい
のはいるんでしょうけど、
もーちょっと感情的でなく冷静に過去の歴史見たらいいじゃん、って思う。

200 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:33:48 ID:EznXzh0k0
続けてごめんね
>>198
>立場の強い人間が威張りくさることは、今でもよくあること。
ほんとですね、同じ日本人でもありますよね
そーゆーのが一番醜いと思います、

って言っても自分も「中国の共産党」とかって独善的で間違ってるよなぁ
とか思うんですけどね、戦前の日本みたいで

201 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:37:31 ID:gwQtt3Gv0
>>199

父ちゃんは戦後に変な教育受けたことに自覚がないだけだろ。

>北京でオリンピックとか、あほらしくて見にいきたくもない、って差別は自分の中でも残ってる
その文章のおかしさに気づけ
「あほらしくて見に行きたくもない」と「差別」は
繋がらない。

202 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:41:04 ID:707Hmoc90
疑問なんだけど、
1980年代から中国の残留孤児が続々と日本に
来たでしょ。戦争してた相手の国の子供をちゃんと育ててたよね。
でも、韓国や北朝鮮で残留孤児がいたって話しは聞いた事がないんだけど。
何で中国にしか残留孤児が居なかったのかな?
もしかして、最初は居たけど・・・


203 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:43:50 ID:gwQtt3Gv0
>>202
移動距離が違いすぎるから、子連れの負担の大きさも違いすぎるだろう。
朝鮮半島組は皆子供は連れ帰った。
勿論朝鮮人を信用していないことは大前提でだけどな。

204 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 09:03:22 ID:rmJvB4rm0
韓国や朝鮮の民族性から言って
孤児を育てると言うよりは、重労働をかして殺しちゃったんだろうな。

と思う。




205 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 09:33:25 ID:me1hFa+aO
>>199
べつにネトウヨ的な考え方じゃないんだが…。
中国の特に漢族の共産党員に蔓延する中華思想が払拭されないかぎり無理だろう。

あれが民族紛争やナショナリズムの根源のように感じる。


206 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 11:20:08 ID:tzxaqFGP0
三光作戦って日本人が考えた言葉じゃないな。
大陸や半島の人達が好む漢字だろう。「光」とかは。
収奪や殺人の意味で光という言葉を使うのは中国人じゃなかったっけ?


207 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 13:38:20 ID:jpNc+hrX0
>>202
朝鮮半島じゃ終戦の混乱期に雇い主だった日本人の財産を奪った例が多々あるよ。
残留孤児が居ないのもわかるよね。ちょっと調べればわかるけど、韓国は戦後ものすごい数の
国民を虐殺してるし、反日で社会を成り立たせているから・・・。
日本国内でも「勝ち組み」を標榜して暴れまわったのは有名。だから、結構な年代の人たちは
朝鮮人に対して一定の嫌悪感を持っている。
朝鮮に対して謝罪を、という人はその下の年代なんだよね。

208 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 13:57:50 ID:z4eVuDIQ0
この前夜中にコソーリて感じで中国残留孤児のその後
ってのをやってたけど、日本人の子ってわかってても
両親は大切に育ててくれた、っていう人が多かった。

中国の京劇の大スターの夫婦で、奥さんが残留孤児と
わかって、京劇を続けられなくなった時、大スターの旦那
さんが日本に一緒に帰国してきて、それを孤児の奥さんが
今でも「すまない」と泣いて謝ってて、旦那は「いや、全然
いいんだよ。人生なんて苦労して当たり前」と京劇が大好き
なのにそう言ってて、私は中国人って素晴らしい(変な話
見方が変わった)と思いました。
なんであの番組昼間やらないんだろう、とっても良い番組で
映画一本作れそうな内容でした。

209 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 14:21:54 ID:Fo4AzHJY0
>>208
うん、怖いね

210 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 21:24:40 ID:EgCsu8LD0
>>208
そりゃテレビだから
良い話しかしないよ

工作員に見えて仕方がない

211 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 23:56:33 ID:7hd4rkoO0
いい中国人や朝鮮人だって居るのは当たり前。
そこを持ってしてあれこれ言うにはもう遅すぎるんだよね。
あいつらはやりすぎた。ただそれだけ。

212 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 09:12:14 ID:QfeHeILx0
>>159
空襲警報が鳴っているのに防空壕に入らなくて家ごと焼死した人に対して
「この怠け者が!」と死体を足蹴にした人達がいたと聞きます。

>>202
中国人は伝統的に子供でも労働力として必要としているからね。
日本の農村でも昔は子供のする仕事ってたくさんあったし。
朝鮮半島の農村文化は、伝わってこないから知らない。

213 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 10:08:23 ID:XB0NHyY30
中国残留孤児も替え玉多いって聞くしなあ

214 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 12:23:06 ID:XKrZTpqP0
>>212
「朝鮮紀行」によると、朝鮮では大人でも畑作業は午前中だけ。 しかもサボりまくりらしい。



215 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 14:40:46 ID:WLhXo6z0O
>>208
ドラえもんは実在するよ。
だってテレビでやってたもん。

とか言い出しそうだなそのうち

216 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 16:33:24 ID:eCUBTzo+0
暑い夏の終わり、
大阪空襲のとき 高射砲陣地のそばにいた 我が祖父の話やけど
・・・聞きたい?
B29めがけて どーーん   どーーん ばぁーんてな具合にうつわけよ
でも これが当たらないわけ  当然、耳がキーンてな具合、(みみがへん?)
..........
ツクツクホウシの鳴き声が聞こえる?・・・・・・・ん?・・・・・・・・エェェッ?・・なに?
津・・着く・・・・・つくつく・・・・・ん?・・・・・・・・・
耳お澄まして聞くと?
つ・・・
つく・・・

ツクツクホウシの鳴き声が___



「突く突く奉仕!突く突く奉仕!とっても良いよぉ!とっても良いよぉ!あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!」
って聞こえる






「突く突く奉仕!突く突く奉仕!とっても良いよぉ!とっても良いよぉ!あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!」
って聞こえる。
何か必死で怖い。
 

217 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 18:41:53 ID:aqQ5ov0w0
今日、例年になく存外に涼しいので窓を開けていると
今まで閉め切った窓とエアコンの音で聞こえなかった
秋の虫の音が鳴り響いているのに気付きました。

さて、来週のサザエさんは

218 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 19:12:17 ID:jrL2bV5WO
頼むから話題をオカルト話にそろそろ戻してくれないか。

219 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 20:38:39 ID:bv0ILnNi0
>>218
夏休みが終わるまで、あと少々おまちください

220 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 21:18:54 ID:qE7xU2ms0
中国戦線で、新兵数名が所属部隊まで下士官1名に引率され
夜間行軍していると前方に複数の人影がある。
どうも敵らしいので、下士官は着剣を全員に命j

>>219
あ、了解

221 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 21:59:10 ID:4h7dL9Ch0
スレチだがガチガチの共産主義者はこのての話は信じないんだろな。
けどもし彼らが体験したらどう思うんだろ?

222 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 23:19:26 ID:iq1NrvBx0
>>221
幽霊になってまで戦争の苦しみや悲しみを云々
やはり戦争はイクナイ云々
だな。日本の左翼は。

223 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 23:23:04 ID:iq1NrvBx0
しかしフルシチョフあたりに語らせると面白いだろうな、幽霊ww

224 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/08/18(月) 23:45:24 ID:OSzPDguK0
ここまで世界を
単純な図式でラベリング出来る思考回路。
それは
あくなき現実逃避。
あるいは、甘やかされた無知。

225 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 01:20:35 ID:U18j8yLg0
>>224
糞コテは全てから逃避、そして無知な
夏しか生きられないかわいそうな陽炎・・・。

226 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 02:35:22 ID:OzQ68srN0
これは米海軍の潜水艦乗りの話なんだけど、
太平洋のど真ん中で日本の巡洋艦が停止してるのを見つけたんだって。
で、艦長はこりゃーしめたと思って魚雷を発射したんだそうな。
そしたらその日本艦、魚雷に気付いたみたいで突然エンジン始動さ。
でもね、遅すぎるって。今頃エンジン動かしたって、間に合うわけねーだろと
タカをくくってみてたら、スルスルスルーーーっすべるように日本艦が動いた。
びっくりしたって。
驚いたのはそれだけじゃない。日本艦は空中になにかを発射したんだよ。
それが落下傘を開いて海に落ちたと思ったら、
探信音を出してこっちに向かってくる!
そんなバカな!ソナーはアメリカ海軍が秘密裏に開発中の最新兵器だし、
そもそも魚雷が空を飛んで探信音出して襲ってくるなんてありえない!
もうガクブルで観念してたら、なんと魚雷が自爆・・・。
命からがら真珠湾に帰等したって。
この不思議な話を報告しても誰も信じてくれなかったらしいんだけど・・・
バンデクリフト少将が同じ目に合うまではね・・・。




227 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 02:48:36 ID:HSCcu5A90
>>226
ジパングはいいから

228 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 02:55:23 ID:U18j8yLg0
>>226
かわぐちさん何やってんすか?

229 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 03:13:11 ID:XXm4egGjO
・太平洋戦争中に消えた日本軍一個大隊

1943年にニューギニア戦線で、
米軍を上陸時に迎撃するため作戦行動中の日本軍
(結構な人数。1000人以上なのは確実)
が忽然と消えてしまった。
未だに遺品の一つも出て来ない。


・広島に原爆を落としたB−29を観察していた謎の物体

8月6日、前1時27分、Mk-1核爆弾リトルボーイを搭載した
エノラ・ゲイがタキシングを開始し、1時45分にA滑走路の端から離陸した。
午前6時30分、四国上空においてエノラ・ゲイのレーダー迎撃士官
ジェイコブ・ビーザー陸軍中尉がレーダースコープに正体不明の輝点を発見。
通信士リチャード・ネルソン陸軍上等兵はこのブリップが敵味方識別装置に
応答しないと報告した。
エノラ・ゲイは回避行動をとり、高度2,000m前後の低空飛行から急上昇し、
午前7時30分に8,700mまで高度を上げた。

230 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 04:10:15 ID:OzQ68srN0
中国残留孤児の残留濃度って基準値?


231 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 04:13:22 ID:2YxRzrnv0
そんなこと書きこんでると中国人に笑われちゃうぞ

232 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 04:26:58 ID:GGca+qf50
>>229
> ・太平洋戦争中に消えた日本軍一個大隊
現代にトリップしていたら萌える。

233 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 04:45:56 ID:evN1SYbpO
家のじいちゃんがいた部隊の話なんだが

日本で訓練してたときに、近所の墓で火の玉がでるって話になって、なぜか火の玉は水で消えるか?っていう話になったそうな

で結局中隊みんなでバケツに水をくんで墓にいったらしい

でその墓にはガチで火の玉がいたらしく、みんなでバケツの水をぶっかけてやったらじゅ…て音がして消えたらしい

火の玉の数は一個や二個じゃなかったからしまいには小便までかけて消して回ったとか

じいちゃん曰く

チンコ燃やされる覚悟でかけろ

だって

234 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 05:11:50 ID:AnB+c2is0
今年97になったうちのじいさん、何事にも動じない
頑固で無口なヒトだが、あの眼で戦時中に何を見たのか
時々不思議になる。(徴兵されて終戦はセレベス島で迎えた)

まるで何か脅迫観念があるかのように信心深い(特定の宗教に
のめり込んでいるとかじゃなく、毎晩家の各部屋でお祈りをする
(各部屋にいる何かと交信している?)とか)から、昔何かあった
のか、元々何か見える体質なのか・・・。
もうボケて何の話も出来ないが、ボケる前もかなり無口で、
戦中にセレベス島で蛇を食べた話位しか聞きだせなかった。

235 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 10:14:06 ID:s/v7FFkvO
日露戦争に出征したタヌキたちは
さすがに太平洋戦争の火力では活躍できなかったのかな...



太平洋戦争末期、アメリカ大統領を呪殺する目的で、陰陽師部隊が集められた

「我々が東条を呪殺してれば...」と言う後悔の念から、参加者はあまり語りたがらない

236 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 12:05:18 ID:zbv9B+sY0
当時の大統領ルーズベルトが終戦前に死んだのは我々が呪殺に成功したのだ、
と後に語るのもいたらしいけどw

237 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 12:54:59 ID:3bk6IXlY0
ルーズベルト呪殺しちゃったせいで、原爆落とされたんだから、そりゃ後悔するだろ>陰陽師
ルーズベルトは基本的に原爆を日本に投下する意思はなかったようだから。

238 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 13:27:00 ID:uLNf8vuj0
原爆が落とされようが落とされまいが、日本人が大勢死んだであろうことは変わらない

239 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:58:58 ID:s/v7FFkvO
「餅は餅屋」というが

戦争関係のオカルト話は、オカ板より軍板の方が遥かに詳しい


そういった話を集めたまとめサイトがあるから
「信じられないが、本当だ」で検索してみる事をお勧めする

240 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 15:11:20 ID:Ozaivy2p0
第二次世界大戦中の話じゃないんだが、オカルトちっくなので投下
家の祖父はシンガポール沖で海の藻屑と消えた。
で、10〜11年前の秋に姉夫妻がマレーシアに赴任してシンガポールで
出産したので、祖母・両親・俺で会いに行くことになった。

高齢の祖母を連れていくのは難しいと両親は考えたが、祖母のたっての
希望で準備を進めた。
当日、祖母が祖父の遺書と形見を小さな巾着の中に入れていて、俺は生れて
初めて祖父の筆跡を見た。

家はお盆の時は墓と靖国神社に行く。祖父が遺書に「死んだら靖国に行く。もし、○○(祖父の幼馴染で戦友)
が亡くなっていたら○○は一人者だから○○の分まで弔うように」と最後らへんに書いてあった。(意訳)
だから、○○さんの分も家の墓地に墓石がある。
で、シンガポールで日本人慰霊碑に参拝して姉夫妻と子供と会って食事をしてホテルに戻った
時、父親がおかしい。
何度も俺に「はっきり言え、何を言ってんだ?」と俺に聞いて、「何も言ってないよ」と返していた。
そうこうしてるうちに、初孫の嬉しさでしこたま酒を飲んだ父親は寝てしまった。
俺はリッチな海外旅行に浮かれて、ルームサビースでシンガポールスリング等を取って、
ベランダで「赤ちゃんに乾杯」とかやってふざけていた。一人で遊ぶのも疲れてきたのでベットでテレビを
見てた時、ケタタマシイいびきとともに父親が「親父!俺の背中に乗れ!俺が連れて帰る!
恥ずかしくないおぶってやる!」


241 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 15:16:13 ID:Ozaivy2p0
と、大きな声でハッキリしゃべったからびっくりした。
その後、声が小さくなり「父さん、父さん、僕の父さん」と泣きながら呟いて又眠った。
びっくりする出来事だったが、感慨深いものがあった。父が生まれる前に祖父は戦死したので、
抱かれた事もなければ、無論話を交わした事すらない。写真の中と祖母が話す祖父しか知らない。
父親は父がいなくても頑張ったんだなと思うと泣けてきた。
朝になって、寝言の事が気になったが黙っていた。別部屋で寝てた母と祖母と合流して
、朝食を食べてる時にばあちゃんが「昨日ね祖父さんと○○さん(祖父の戦友)がね迎えに来てくれて
ありがとうって出てきてくれたのよ。祖父さんがね、足が悪いからって、俺の父親さんがおぶってくれたの。
○○さんが横で泣いててね。私は一緒に帰れますねって言ったのよ」と言い出した。
正直、小便ちびりそうだった。父親を見ると目を真っ赤にして泣きそうだったので、俺が夜、見聞きした事を
その場で話した。
一同黙っていたが、祖母が「はーやっぱり来てよかったわ。私の人生の悔いがなくなったし、俺の父親さん
の姿を見て、私と一時を共にして良かったと思ってらっしゃるでしょう。幸せな方よね祖父はw」
と笑顔で言った。それを聞いた父親は「よかったな」って笑顔に戻ったのが印象的だった。
幽霊とかそんな話じゃないけど、まだ帰れない人もいるんだなと思った。

余談
祖母が亡くなる前に、祖母が母親に「あの時、私の顔がおばあちゃんになってるから、
祖父さんもびっくりしたでしょうね。でもお婆さんになった顔を一度見てるから、
迎えに来る時はまっすぐ来てくれるわね安心、安心」
と言ってたそうだ。祖母は最後すこし呆けて、祖父と出会った頃に戻って母親にノロケてたらしい。
祖母の葬式の時、火葬場で母親が「おばあちゃん、やっとおじいちゃんに会えたね」って笑顔で
泣いていたのが印象的だった。

※祖母は、父や祖父の名前をさん付で呼ぶ。

駄文・長文重ね重ねすいません。


242 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 15:33:33 ID:dWPnXwKF0
いい話でした

243 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 16:58:27 ID:mWuGL5ck0
ええ話や・・・。

>>235
秦都彦の本に「神風は実は吹いていた」って話があった。
実際に台風で米軍の駆逐艦が2隻ほど大破したらしい。
でもやっぱ鉄の船相手だと元寇のときのようにはいかない。

あとどっかでみたけど、戦争末期の憲兵隊の巷間の噂に関する調査資料で、
軍服姿で出征したけど血だらけになって帰って来た某神社の神様の話が噂として流布していたようだ。。

日本の神様は全知全能ではなく、限界があるっていうのが面白い。

244 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 21:50:16 ID:DNdt+UfX0
>>213
帰る気のなくなった残留孤児が、
自分の身分を他人に売った場合が結構ある。
実際それで、成りすまして日本に来た支那人が何人か送り返されてる。

245 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:27:56 ID:QvwQThj70
>>240-241
すごく泣けた。

何年か前にうちの爺さんの兄弟が亡くなったときバーチャンに挨拶しにきたらしいんだが、
そのとき爺さんも一緒に来てたらしい。ちょっと似てたので実感がわきました。

246 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 20:39:48 ID:JJP78JrCO
ホシュ―┌(_A_┌)┐―!!

247 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 22:00:43 ID:qCMwglEr0
戦争中に夢で何かを報せるっていう話、何度か本で読んだことあるよ。
弟の夢に上級将校の兄が官用車みたいなので乗りつけ、後席から出てきて
「世話になったのう…」と伝えた。後日調べてみるとやはりその日に戦死していたとか。

インパール作戦に参加した兵士が夢で祖母の死を悟った話。
同じくインパールで別の兵士がアメーバ赤痢だったかで生死の境のときに
先に亡くなっていた戦友が夢に現れ、しきりに何か伝えようとしている。
なぜかその後に竹炭を食べることが頭をよぎり、そのおかげで生き延びた話、など。

寝ている時のほうが霊魂と交信しやすいのかもしれないね。

248 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 22:15:49 ID:qCMwglEr0
で、書いてて思い出したんだけど
陸自いってたころ富士で野営して天幕で寝てる俺のそばに
何か夜中に来てたって、陸曹が不思議そうに言ってて気持ち悪かったな。

時期は違うけど富士ではよその中隊が宿営中に、
寝ている人のおなかの上あたりに、誰かが胡坐をかいて浮かんでたという話もあった。
そして演習後の帰り途中、その中隊の車両が軽い事故を起こしたそうだ。

249 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 23:53:15 ID:sk4upaZp0
グアム島から故横井庄一さんが帰還される前日、戦友の幽霊がやってきて、
俺たちをおいていくのかっていったんだってね。
南の島にはまだまだ帰れない英霊がたくさん眠っているんだろうね。



250 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 07:11:15 ID:oAZ1OG1J0
略奪と強姦を繰り返した野蛮人も異国の地で死ねば英霊か(笑)

251 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 07:24:29 ID:gxXCL1ZZ0
>>250
非国民のええ例ですな

252 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 09:23:55 ID:L1nhlwFY0
全部が全部略奪や強姦を繰り返した訳ではないと思うがな
TVの見すぎで自分を神様か何かと勘違いしちゃったのかな?
そうゆう勘違いしたキモいのって非常事態のときとか
自分が死んだら人類の損失だみたいな訳の分かんない事言いながら
人を押しのけてでも助かろうとするんだよね

253 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 10:36:08 ID:89pyQo/t0
白丁のために書いておく。
略奪や強姦はどこの国の軍隊でもあたりまえに起こる、それが戦争というものだ。
人道的と自称する米軍でさえ、現在もなお行く先々でそれを止めることができないし
ドイツ降伏時の連合国側による強姦被害者は、幼児から老人まで及び
民間人はもちろん聖職者までもが娼婦以下の扱いを受けた。
ここで書けないような悲劇は山ほどある。

戦時の軍隊でもないのに犯罪行為を繰り返す在日は、それ以下であることも覚えておくといい。

254 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 11:14:24 ID:gb66Zk4C0
ほんと感心するんだけど
ひょっとして白丁って、2chの全ての板にいるの?
それってものすごく気持ち悪くない?

255 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 14:30:36 ID:vGKhkU2C0
日本人にそんな犯罪者いません
戦地で何かやったのは朝鮮人、ベトナム戦争がいい例

256 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 20:12:53 ID:aly04JNk0
>>254
まるで映画に出てくる地球に潜入した宇宙人みたいに
どこにでも出てくるよ。

257 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 21:15:16 ID:gb66Zk4C0
>>256

あ、これw

 \\ \    ./\      /\   ////
 丶.\\   __/ ..:::::..ヽ__/ ..::::...ヽ_ //
       /::::.               ヽ    
     /::::.  、、   ヽ) ( ノ       ヽ.   
    /:::::   て○ )` ソ' 、/~○ノ    .::|.    
   /⌒ヽ..┏━━━━━━━━━━┓|
  /  ト、 ヽ ∧_∧  ┣┫ ∧_∧ ┃| 
/    ヽ  )<ヽ`∀´> .┃┃<ヽ`∀´>.┃| 
    ヽノ""┗━━━━┛┗━━━━┛|
............ヽノ  ::::..:     | :|!!.||.ll||.!!| |.     ..:/
::::::::::::ノ   \::::... .. .| |.!.||.ll||.!!| l  ......::::/   \\
   //        l |.!   !| l        丶\\\
   //         `ー-―.'ノ

258 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 21:21:17 ID:HHhE0s+E0
They Live !

259 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 22:10:01 ID:KJvnzxkR0
つーか日本の存在自体がオカルトだよな
あんだけボロボロにされても
俺らがこうやってPCいじれるまで復興したっていう

260 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/08/24(日) 23:11:05 ID:fdlbqF3D0
>>250
ニューギニア戦線からの帰還兵を取材した人の話によると
80歳代後半も過ぎると、死期が近づいたと思うのか
自分の行った略奪や人肉食を涙ながらに
寝たきりのベットの上から打ち明ける人が増えるという。
64年間も悔やみ続けた人を私は野蛮人とは呼べない。

261 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/08/24(日) 23:51:34 ID:fdlbqF3D0
米軍が人道的な軍隊を自称?嘘だろ。
入隊した兵士はまず自国民以外は「殺せ」という事を叩き込まれる。
訓練では「殺せ」という言葉を連呼させられる。
だから、在日米軍兵士の日本人に対する殺人や強姦は、在日米海軍司令部の
高官によって「在日米軍のイメージアップには失敗した。だが、
優秀な米軍兵士の育成には成功した。」と称される。
この高官の発言はオフレコだが、実際に発せられた言葉だとは信じ難い。

262 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 00:56:42 ID:WSJ1cH2p0
アメ公なんて所詮野蛮人

263 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 03:14:36 ID:BVWBFTgv0
>>260
略奪は擁護できるわけじゃないが、補給線が確保できなかった末期の戦線では生きるための
略奪が行われていたのは仕方ない。極限状態にあってそういう行為になるのは人間の生存本
能だしな。

アメリカ軍は、日本が南洋諸島に与えたインフラや学校、畑などを全て奪い、破壊し、軍事基地
へと作り変えたという。食料を自給できなくなった島民たちは、アメリカから輸入した食糧に頼ら
なければならず、産業も興すことができず、独立した今もその影響下のために現在も貧しい暮らし
を強いられている。

また、韓国軍は金のためにベトナム戦争に従軍し、現地で破壊、略奪、レイプなどを行った。
敵地でもないのに村々を襲い、住民を虐殺し、村に火を放ち、略奪の限りをつくした。
ベトナムでは現在も子供が悪いことをすると「韓国軍が来るよ!」と言うという。

264 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 04:31:02 ID:LTrHSKVl0
これだけ世界に忌み嫌われてるのにウリナラマンセーな韓国が
太平洋戦争後の不思議な・怖い話だよなw

265 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 04:39:20 ID:Nh0RKL8AO
>>262
そのアメのポチになったのが小泉=日本国民総勢ポチの餌 無念

266 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 06:46:14 ID:a8sVcbgHO
今更純ちゃんの名前出しても仕方ないと思うが

267 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 07:09:12 ID:Ta7BZSc90
頭ん中が2年前のままなんだろう

268 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 10:00:03 ID:qBUouBNkO
六十年以上前の失敗を糾弾し続ける人間にとって
二年前の事なんか、つい最近なんだろ

269 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 13:36:19 ID:NdCypReA0
当時の日本軍は世界でも最高水準な統制の取れた軍隊だった
指揮統制の面だけで比べたら米陸軍なんて日本軍に比べたら格下もいいところだった
これは日本人に染み付いてる上意下達の民族性のおかげでもあるんだがね
だから略奪強姦なんて他軍に比べれば驚異的なぐらいなかった
まぁ指揮官の性格や補給が無いとか慰安婦がついてるとか諸所の要件で変わるが
それでも米軍に比べたら日本軍兵士はかなりどころかもの凄く我慢強かった

そもそも略奪強姦という事態が起こるのは負け戦で敗走中というような
補給も無く士気が落ちて兵の統制が利かなくなり暴走した状態でないと起きない
ソビエト軍みたいなウォトカと勝利後の略奪強姦が無かったら兵の士気が保てない軍もあったがねw

270 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:56:54 ID:GMPrUWVI0
スレチで申し訳ないが、長々と日本軍の強さを皮肉を込めて書き上げ、最後に
そんな日本軍が戦争に負けたのがオカルト、で〆るコピペください。

271 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 18:31:10 ID:0VX8+I3N0
あれか?
宇宙空間ではボールペンが使えないことを発見したアメリカが巨額の費用を費やして、
いかなる空間でも使えるボールペンを開発したのに対しロシアは鉛筆を使ったみたいな、そんな感じのか?

272 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:11:52 ID:MvpcTpZN0
変な方向にいってるな

空襲で親が亡くなった祖父(当時国民学校)のはなし
終戦の2日前くらい?夢に亡くなった父親(自分には曾祖父)が出てきて
「○○(祖父の弟)の咳が気になる、医者に診せなさい」と言って消えた

医者に行ったら結核の初期だった。発見が早かったので助かったとか
死んでも子どもの事が心配だったんだな、と祖父が話してくれた。

その大叔父は昨年亡くなったけど、どんなに遠くに越しても
父親の墓参りは絶対に欠かさなかったと聞いてる。


273 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 20:12:11 ID:fjSyR8gX0
。・゚・(ノД`)・゚・。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 01:17:29 ID:RSehNRrg0
これか?長すぎてコピペできん。2ちゃん用に短くしたのがどこかにあると思うけど。

http://bu-nyan.m.to/tokua/mystery.txt


275 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 02:22:39 ID:QaaPJcRW0
ジャンプの漫画家たちもビックリな超人ぶりだなw

276 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 07:15:08 ID:7AHtXGm5O
とりあえず、ギバちゃんの旧陸軍の軍服の似合いっぷりは異常

277 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 13:42:41 ID:he3jnaeN0
広島と長崎で原爆投下後の夜に多数の青い火の玉が出現。
凄惨な現場を写した写真集にも載ってる。
瞬時に消えた無念か?死がわからなかったのか?
答えは人間が炭になってリンが出ていたオチ。だけど泣ける。゚(゚´Д`゚)゜。

278 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:52:13 ID:WO+BZt9yO
明日のその時歴史が動いたは…謎の原爆模擬…爆弾パンプキン

279 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 17:34:34 ID:MLNb9rcUO
お兄さんが戦死したと思われる直後に、実家にお別れの挨拶に帰って来たと言う話しを婆ちゃんから聞いた時は泣いたな…
姿と声を聞いた訳ではなかったそうだが、誰もいないはずの廊下から内履きのスリッパの音がしたらしい
慌てて廊下へ出て見ると、玄関へあったはずのスリッパがなぜか居間の前に並んでいた。不思議に感じながらスリッパを見つめていると、突然片方が玄関の方へ向けて滑っていたんだって
その直後、何か大事な者を失ったと感じて婆ちゃんは涙が溢れて止まらなかったと言っていた

戦争は駄目よ

280 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:41:42 ID:4Lp8Z78y0
米軍捕虜食肉事件

昭和19年7月、米軍の特殊部隊はサイパン島を攻略し日本守備隊を玉砕した。
米軍は、このサイパンを最前線基地として連日東京への空爆を行った。
大本営は米軍の次の目標は硫黄島とみて、父島(小笠原諸島)に
約15000人からなる部隊を配置したのだった。
同年8月31日から9月2日にかけて、いよいよ父島に対する空爆が始まった。
米空母からアベンジャー爆撃機が次々に父島に向かって出撃していった。
一方、父島守備隊は高射砲や機関砲で応戦し5機の米軍機を撃ち落した。
この内の1機が後の第41代米国大統領となるジョージ・ブッシュ中尉だった。
ブッシュは、からくもコックピットから脱出してパラシュートで離脱。
その後、味方の潜水艦に救助されたが、同乗していた2人の乗組み員は
行方不明となった。

昭和20年8月15日終戦。9月2日に父島に米艦が到着し、立花陸軍中将を正使、
森海軍中将を副使として降状手続きを行った。この時、米軍側は開口一番、
「パラシュートで脱出した米軍パイロットは何名いたか。その後、どうなっているか知りたい」
との質問に日本軍側は、「防空壕で全員爆死した」と回答。これに対して米軍側は露骨に
不機嫌な態度になった。その後、日本兵の復員は順調に進んだが、何故か的場陸軍少佐の大隊だけは
復員が許可されなかった。この時、米軍側は的場大隊以外の部隊から様々な情報を収集していた。
証拠固めができた昭和21年2月になって米軍側は、「捕虜になった米軍パイロット達は、
残虐行為の末に殺害され人食された。この事件の主犯は陸軍では立花中将と的場少佐、海軍では、
森中将と吉井大佐である」としてグアムの軍事裁判に起訴した。立花ら4人は大筋を認めて、
小笠原事件に関与したとする軍人ら25人が逮捕された。

281 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:42:28 ID:4Lp8Z78y0
一体、どのような経緯で捕虜の人食に至ったのか。その後のBC級裁判で恐ろしい真実が明らかにされた。

昭和20年3月に前任の師団長が自決。その後、副官の立場にあった立花と森が
中将に昇格。全体の指揮権は立花が握ることになった。立花中将の副官的存在が
的場少佐であった。的場は、気が荒く酒乱の傾向があり、気に入らないことがあると部下を
半殺しの暴行を加えて周囲を恐れさせていた。実際に柔道、剣道など合わせて
10段以上の腕前と大きな体躯は周りを恐れさすには十分であった。

さて、ここで陸軍と海軍の高級将校達の酒盛りが連日行われた。終戦末期の物不足の中、
貴重品である酒を連日酌み交わした。だが、゛つまみ゛が無い。そこで、立花らは米軍捕虜の
肉を食べて戦意高揚を図ろうと軍医に捕虜の解体を命じた。針金で大木に縛りつけた
米軍捕虜に立花が、「日本刀の凄みを披露する絶好の機会じゃ」と言って、
試し切りの希望者を募って殺害。その後、遺体を解体させて大宴会の゛つまみ゛にした。
後の日本兵の証言によると、米兵の手足の肉や内臓を立花が食べると、
「これは美味い。お代わりだ」とはしゃいでいたという。

282 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:43:37 ID:4Lp8Z78y0
参謀だった堀江芳孝少佐は立花らの素行にかねてから不安を感じており、
捕虜のホール中尉 を、自分の英語教師として身近に置くことで守っていたが、
外出後に戻るとすでに喰われた後だった。

的場少佐の部下の供述調書によると、この時に的場少佐が発した命令は次の通り。

一、大隊は米人飛行家ホール中尉の肉を食したし
二、冠中尉は此の肉の配給を取り計らうべし
三、坂部軍医は処刑に立会い、肝臓、胆嚢を取り除くべし
1945年3月9日 午前9時 大隊長 陸軍少佐的場末男

発令方法…冠中尉並に坂部を面前に呼び口頭命令、報告は立花旅団長へ、通告は堀江参謀へ

283 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:45:07 ID:4Lp8Z78y0
結局、8人の米軍捕虜を殺害し人食したこの行為で、立花、的場、吉井ら5人が
絞首刑となった(森は終身刑だったが、後のオランダ軍の裁判で死刑)。吉井は軍事裁判で、
「無差別爆撃する米空軍が悪い。パイロットは処刑されて当然。人肉は戦意高揚のため食した」と供述。
更に、「日本軍の戦陣訓である、゛生きて陵辱の辱めを受けず゛・・・という教えがあり、
捕虜に対する行為は何をおいても許される」と主張した。ジョージブッシュは、昭和天皇の崩御で
「大喪の礼」に参列した後、「初めて日本人を許す気になった」と語ったという。
それほどまでに、ブッシュはこの事件を「戦時中に経験した最悪の時」として自伝に書き込んでいる。
もしあの時、ブッシュが米潜水艦に救助されていなかったら、
米国大統領になっていなかった可能性が大きい。何故なら日本軍に食べられていただろうから。

284 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 23:03:14 ID:1lq3nfte0
絶海の孤島に数千人もいれば食糧不足になる。
米軍から視点では「アジア系民族は総じて野蛮」ってことになるが
上の長文を読むと、敵の肉を喰らい血をすすってでも徹底抗戦しようって意志を感じる。

大西洋無着陸横断飛行のリンドバーグの日記によると、アメリカ側は人肉こそ食べたりしないが
ネイティブアメリカンの兵士に日本兵の遺骨を材料にペーパーナイフを作らせて記念品にする者や
嫌悪感や嫌がらせ目的、或いは好奇心などから戦利品の日本刀で日本兵の遺体の首を切断したり
爆弾で開いた穴に多数の日本軍兵士の遺体を投げ込み、その上から自分たちの残飯をぶちまけたという。
(この日本軍守備隊の生き残り数名が降伏したが、米軍はそれを拒否した記述もある)


285 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 23:06:27 ID:1lq3nfte0
また、テニアンで捕虜になったパイロットの手記によれば
収容所近くの米兵が居住するテントの入り口には、日本兵の髑髏が2つ
木の柱にそれぞれ掲げられ飾られていたという。
出典は忘れたが、日本兵の髑髏を戦場みやげにするため手間を惜しまない記載も見受けられた。
(米本土の収容所では日本兵の扱いはかなり良好だったそうだが)


286 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 23:09:36 ID:1lq3nfte0
航空機による攻撃では、日本軍はフィリピンのクラークフィールド攻撃後ラジオ放送局を爆撃する準備として
まず隣の病院から患者を非難させるよう米軍に対して伝えたという。
いっぽう、米英のパイロットの場合は好んで一般家屋や無抵抗な民間人を銃撃したり
教会や学校でも関係なく爆撃するなど、まるでハンティングでもするかのように大量虐殺を行っている。
つまり戦勝国だから好き放題言えるだけで、戦争は狂った世界で双方異常であることに変わりはないのだ。


287 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 13:54:01 ID:DDTnJCC70
日本兵の骸骨を前に微笑む少女の写真を見た事あるな。
「お土産をありがとう」と戦地に手紙を書いてるところ・・
日本兵は珍獣扱いだったのか?


288 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 16:13:34 ID:FzNqEde9O
司令官が
「サルのバーベキューに行って来るぜ!w」とか言ってた国ですから...

289 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 16:46:35 ID:QDirtk2W0
どこの魔族だよ(´・ω・`)

290 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 20:26:30 ID:cgL3P26+0
1942年のマーシャル諸島ペリリューでは、日本軍の戦死一万人・捕虜22人という数字は
異常すぎるといわれている。玉砕があいつだサイパン戦ですら2千人ちかい捕虜が発生したのにだ。

アメリカ海兵隊は「皆殺し作戦」をおこなった可能性が高いと言われている





291 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 09:46:16 ID:vABBq8R7O
太平洋戦争では無いのだが...

1904年、日露戦争勃発
ロシア正教会は国を挙げて、日本に天変地異が起こる事を祈祷

...が、何事もなくロシア敗戦

1923年、関東大震災発生


以上から、ロシアの某高名な物理学者が導きだした結論

「神は、我々のいる場所から少なくとも9光年以内におられる」

292 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 12:11:02 ID:OTuE3sw+O
>>291
wwww

293 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 12:54:29 ID:uhVfI3lG0
全知全能の神も光速は超えられないんですな。

294 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 21:45:53 ID:q15e2PnPO
ネ申はママチャリでやってくる

295 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 23:52:02 ID:/ISN8cXoO
栗田さんに艦隊任せたこと

296 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 10:21:51 ID:2b4KaGVa0
>>291
キリスト狂って大変だな・・・

297 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 10:50:04 ID:8ZKy8/Wb0
スタートレック5の、銀河の中心にいる神(自称)とカーク船長の問答を思い出す。

神「さあ、私をエンタープライズに乗せてここから出発するのだ」
カーク「あのー、どうして神が宇宙船を必要とするのですか?」

298 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 14:00:18 ID:BQTpTH3M0
>>296
それに比べて日本の祈祷はすげーなw

299 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 15:45:01 ID:LtSxbYLt0
硫黄島玉砕後の話。米の帰還兵を乗せた輸送機がいよいよ出発する時、なぜかいつまでたっても
離陸しない。どうしたんだと上官が兵士に聞くと、「日本の兵隊さんがタラップにいっぱいしがみ
ついていて離陸できません」と涙ながらに答えたという。


300 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 16:04:07 ID:B7aviFzN0
生き残りがいっぱいいてたってことか!!

301 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 16:08:50 ID:ailIR3u/O
>>300
生きてる人じゃないとオモ。

302 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 16:17:03 ID:b1zayl4D0
>>301
マジレスか!!

303 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 17:56:11 ID:jLZ8v6gJ0
>>290
硫黄島も同じことが言われている
作戦、つーか、前線の異常な敵愾心と残存数が把握
できない日本兵に対する恐怖感からだとされているが

304 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 22:43:38 ID:iBnbJEg80
>>288
「サルの惑星」の原作者はたしか、オーストラリアで日本軍の捕虜になった
時の経験を書いたんだよね

305 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 23:25:59 ID:vV/Jr+b60

ちなみに「家畜人ヤプ〜」の作者の沼さんは太平洋戦争時に捕虜収容所で、金髪の女性兵士に虐待された事で変態として目覚めてしまったということだ。

306 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 12:55:27 ID:r2t1fTuG0
沖縄ひめゆりの塔に行った時の話。学徒隊生き残りのおばあさんが語り部だった
んだけど、すさまじい悪臭の漂う野戦病院(といっても壕の中にバラックのベッド
を打ち付けただけのもの)の中、夜になると「ザクッザクッ」と音がしてきたそうだ。
音のする方をよく見ると、腐乱死体を無数の蛆がむさぼり食う音だったそうだ。
大きくなると人間の親指ほどになるらしいからな。

307 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 15:58:12 ID:p0dgCRQW0
俺はウージーよりKG-9のほうが好きだなぁ。

308 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 17:59:48 ID:e2d9yi8N0
>>305
なんていう本かは忘れたけど、やっぱり日本人で英国の捕虜になった人が
書いた本で「英国の女性兵士は、白人男性の前では恥じらいで着替えたり
してないんだけど、日本人捕虜の前では平気で着替えたりして、もー
まるで人間扱いされてなかった」みたいこと書いてたな

時代もまた違うんだろうけど、うちの親父は「ヨーロッパでもイギリスやら
フランスの伝統的な国の黄色人種への差別は凄い」って言ってたね
結構ドイツの人とかって、親日的、てか偏見無い人が多い気がする、
つーか自分の狭い交友関係ん中じゃw
まーその人個人個人にもよるんだろうけどね

309 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:23:14 ID:GoUQxWJ30
会田雄次のアーロン収容所やね。

310 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:32:17 ID:e2d9yi8N0
>>309
それだ!サンクス!
「題名なんだっけ、、」って本棚探しちゃってましたw

311 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:47:44 ID:3de98neE0
>>308
フランス人にとっては近年、
金城武の存在が、随分東洋人のイメージを変えたようだよ。

312 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 19:02:44 ID:r2t1fTuG0
>>308
ヨーロッパでも、というかヨーロッパの方がアメリカなんかよりはるかに人種
差別は激しいらしいね。やっぱ戦時中植民地を保有していた国がほとんどだか
らか、有色人種を人間扱いしない風潮が今でも残ってるんじゃない?ヨーロッパ
人の植民地での地元住民への扱いはそれは酷いものだったそうだから。旧日本軍
もアジアではそれなりに酷い事はしているだろうが、それは補給路も断たれて
敗走している時に軍の統制もとれなくなってめちゃくちゃになっている時の話が
ほとんどで、通常は暴行・略奪は禁止されていた。ソ連軍なんか勝ったら酒と強姦
は兵士へのごほうびだったらしいからなw現にインドは旧日本軍がインドに進軍
してくれた(インパール作戦?結果的に失敗したが)おかげでインド全土に反英
運動の機運が盛り上がり、ついに英国の圧政から独立できたと靖国神社に感謝状
を送ったくらいだ。

313 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 00:37:03 ID:GFgDAgTJ0
そうなんだよなぁ

ガンジーの無抵抗無服従はあくまでスローガンで、実はインドは武力闘争で独立を勝ち取ってるんだよな。


314 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 01:16:47 ID:EtJFtO6O0
ヨーロッパ列強国の人間は黄色人種を同じ人間としてみてなかったからね
お前らだってペットの前で着替えたりするだろ、それと同じ感覚なんだよ

315 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 06:09:10 ID:grxnTy8x0
スレチだが親日国の話はこのサイトが詳しい

2ちゃんマスコミ板「反日マスコミが伝えない親日の話」まとめサイト

http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/menu00.htm

316 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 09:51:44 ID:kceEkxoD0
俺は731も南京大虐殺も否定するつもりはないが、日本がアジアの、特に
朝鮮半島の近代化を進めたことは認めるよ。併合される前の半島の写真を見た
が、あれじゃ同じ人間と思われなくても仕方ないかなと思えるほど酷い生活
状態だった(苦笑)南大門の周辺は藁葺きの家がひしめき合い、下水道も素掘り
で垂れ流し。併合後は近代的なビルが立ち並び路面電車は走っているし、カフェ
でセレブな女達がお茶してるような変り様。当時の朝鮮は腐敗しきった両班政治
が幅を利かし、国際情勢にはまるで無関心で外敵の侵略に備えて何の手も打って
いなかった。宗主国と頼む清国は欧州列強とソ連に領土を虫食い状態にさていた。
仮に日本が植民地化しなくても、間違いなくどこかの国に占領されていたよ。
312でも書いているが、ヨーロッパ人のアジア人種に対する扱いはそれは酷いもの
だった。オランダのゴム農園では雇い主は高床住居に寝起きし、労働者は土間で
寝起きした。病気になると数平方メートルの狭い鉄格子の部屋に男女数人で入れら
れ、悪臭が漂い、便所もなく排泄物は土をかけて壁の隙間から外に押し出していた。
水は一日一食の食事と交換に手に入れ、病気を治すというより病気になるために入る
ようなものだった。オランダ領では標準言語の習得は禁止され、各部族語を話させた。
また一切の集会も禁止された。日本が敗戦した後、すぐにイギリスやオランダはアジア
に手を伸ばし、再び植民地支配を始めたことはあまり知られていない。

長々とスレチすまん

317 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 10:37:55 ID:p63EVsKy0
子供たちがどこかの沼だか池に遊びに行くと、若いアメリカ兵の霊が現れた。
「今、アメリカは平和かい?」と尋ねられ「じじいが先頭切ってドンパチやってるよ」と子供が答えると
「・・・オーマイガッ!」


318 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 12:08:22 ID:QG/4N5zRO
>>313
なるほど、だから銃爺(ガンジー)って呼ばれてるんだな
ありがとう。また一つ賢くなった気がする

319 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 13:56:55 ID:UapVV/hX0
>>317
ワロタ

320 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 20:47:43 ID:5c7OYgEB0
>>313
ガンジーってインドじゃあんまり有りがたく思われてないって話を読んだ気がする。
インドに渡った日本人の話だったと思うけど
その日本人が、ガンジーを尊敬して写真を飾っておくんだけど、次の日にはインド人が片付ける。
それの繰り返し。
ガンジーのやった事はただのパフォーマンスだ、みたいな話。


321 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 23:26:37 ID:0luDJViD0
METALLICA

322 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 23:28:45 ID:0luDJViD0
誤爆スマソ

323 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 23:37:34 ID:QKc3JHnM0
以前、サイパンにダイビングに行った時に、人気の少ない海岸にあったトーチカに入ろうと
した俺に「出るから入らない方が良いよ!」って言う日本人のインストラクターがいた・・・

もうね!「お前らは本当に日本人か?」って言いたくなった。
日本のために亡くなった人がもし出てきたら、感謝しながら俺が日本につれて帰ってやるよ!

324 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 23:39:13 ID:sbi7oYAS0
思わずメタリカとガンジーの関係について思いを馳せてしまったw

325 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 03:13:33 ID:HNuDo4L60
ガンジーは呂利だった。
これガチ

326 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 09:10:45 ID:Jk/8cQlT0
じゃあ俺もガンジーみたいになれるって事だな

327 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 09:13:56 ID:Hj9cScjc0
ぉ ぅ ょ

328 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 17:41:13 ID:4LB8GzAc0
ガンジーはカーストの最上位に近い家のでだろ?

329 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 18:05:42 ID:CFGm2nCV0
>>323
おまい良い奴だな(´;ω;`)
でも、あっちの人も何か考えあってのことかもしれん
面白半分に覗かれると怒る人もいるからな。
亡くなった人に悪気が無くても、体調崩したなんてよくある話。
一緒に帰りたくても動けないって場合もあるから
そのときできる範囲で行動すればいいと思うよ。

330 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 19:54:40 ID:0DrjbVPs0
子供の頃、ガンジーの家には時計が有りませんでした。

331 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 20:03:58 ID:FMP1gRhk0
いまガンジー?

332 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 20:06:35 ID:0DrjbVPs0
だから小学校に遅刻していたらしい。

333 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 20:45:26 ID:3vCZYGmzO
>>330-332
現代の寒い話はいいから…

334 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 20:58:36 ID:0DrjbVPs0
ガンジーの家に時計がないために小学校に遅刻したのは有名な逸話です。
カーストの上下はいざ知らず。決して裕福ではなかったという事らしいですよ。

335 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 00:26:12 ID:LZGRZoRm0
ガチで聖神中央教会事件みたいな事やってたんだよ >ガンジー
インドの人がガンジーの肖像片付けるのも頷けるよ。

336 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 00:36:11 ID:Q/hlvhEc0
当時のインドで時計を持っていない家庭はあたりまえだった思うが。
遅刻の言い訳にはならないな

337 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 11:30:34 ID:+IUdx8ue0
別スレであったかもしれないが、戦時中東北で軍艦が沈没したことがあったらしい。
助かったのは将校達ばかりで、一般の兵士はほとんど溺死して海岸に打ち上げられた
そうだ。地元の漁師達が遺体をかたずけていると、手首や腕のない遺体がたくさん
あった。おそらく救命ボートに必死でしがみつこうとしたのを日本刀で・・・

タイタニックの時も同じことがあったんじゃないか?

338 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 11:45:24 ID:VMrKleAM0
タイタニックの乗員は刀持ってないと思うよ。

339 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 12:25:25 ID:+IUdx8ue0
いや、刀とかそういう問題じゃなくて・・・

察してちょうだいよ(涙)

340 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 12:31:49 ID:VMrKleAM0
ちょっといじわるしてみたかったんだよ。
捕まってくる手を振り払ったんじゃないかって事だろ。
泣くなよ。

341 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 12:42:21 ID:+IUdx8ue0
いじわるにさえなってない

342 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 12:46:09 ID:nHMr2C3BO
>>339
察してちょうだいよってトコが俺は好き

343 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 13:41:27 ID:eF+Mxw3WO
俺は…全部好きだな……ポッ

344 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 15:02:47 ID:TTHo0ZA50
///

345 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 15:03:48 ID:MRcIY7vD0
亡くなった祖母から聞いたことがあるけど
水死体は太刀魚がむさぼり喰うのだそうな

それ聞いて以来、太刀魚食べたくない…

346 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 15:29:43 ID:kuXlGjvI0
よく海難事故の現場でその何年か後に大漁になるっていうけど…((;゚Д゚)

347 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 15:45:12 ID:ef5C0x7hO
海で泳いでたら小魚とかにお腹をつつかれるけどあれって…

348 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 15:58:01 ID:yaBksPIA0
先の大戦では海戦も多かったし、さぞや…
と思うと…(´;ω;`)

349 :テリ造 ◆KwIZ/qMLog :2008/09/03(水) 16:37:23 ID:BXo6F/2E0
なにもかも機銃掃射する米軍機(カラー映像)
http://jp.youtube.com/watch?v=tzVTmeHhd9o

350 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 16:40:58 ID:51eJ05qzO
>>345

エビ、カニ、シャコなんかもそうだや

351 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 17:50:09 ID:+IUdx8ue0
アナゴなんか水死体にはたいがいもぐり込んでるらしいね。いつも回転鮨
では手を出してしまうが・・・

352 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 18:38:25 ID:8yurmnK/O
食物連鎖なんだから当たり前なんだけどね

353 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 19:28:39 ID:yFAl5Zxe0
よく無人島に打ち上げられたひとが「蟹さん、いたいよぉ。。」と泣きながら目を覚ますのは良く知られた話ですね。

354 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 19:42:52 ID:wg1HsYZQ0
>>337
その話は脚色されてるね。
実際はその後地元漁場に水揚げされたタコの体から
人の毛髪が黒い塊になって出てきた。
半年くらい毛髪入りのタコが沢山捕れたらしい。

355 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 19:50:21 ID:yFAl5Zxe0
タイタニックのときは女性、子供が優先的にボートに乗れたってきくけど。。

356 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 19:54:45 ID:yFAl5Zxe0
前にテレビでやってたけど海ぞいの村ではあがってきたタコが畑を荒らしにくるんだってね。

357 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:01:21 ID:Sd+epLBN0
>>349
前半映画っぽい編集だけど途中からガンカメラが映す本土の映像が生々しい。
浜辺で逃げ惑う人々をみると、ものすごい低空飛行だね。
当時地元に米軍機が飛来したとき、じーさんがパイロットの顔が見えたと言ってたの思い出したよ。
Cal.50で非戦闘員を射撃する米軍の冷酷さと、飛行場にすら対空機銃を置かない日本軍の無防備さがよくわかる。
(警報が出されておらず、味方機と思ったのかもしれないが)

358 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:24:13 ID:ILIiClqaO
>>355
そんなの白人が作った綺麗話さ、実際は…

359 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:30:56 ID:s+sIzEEX0
もう25年以上前の話。
戦時中、将校だった爺さんが死んで、遺品の整理をしてたら
本に挟んであった白黒の写真を見つけた。

その写真は驚く無かれ、生首が50個(数えた)が地面の上に
並べてあり、中央に軍服姿の爺さんが刀持って椅子に
座ってるのがあった。
当時、俺はガキで怖いと言うより、
漫画みたいで、おかしくて弟と一緒に笑った覚えがある。

関東大空襲と思われる写真もあった。
真っ黒に焼け焦げた死体は手足がまっすぐに
色んな方向に伸びたり曲がったりしてて
不思議なオブジェだった。

360 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:32:01 ID:dbEp7Axf0
>>358
あの時代はまだ決闘しちゃうようなダンディズムとかがジェントルマンに色濃く残ってたから
本当に女子供優先で自分達は男らしく死ねればカッコイイという気風だったらしい。
細野晴臣のおじいさんが「自分一人だけ生き残りやがって」といわれの無いバッシングを受けたそうな。

361 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:55:20 ID:yFAl5Zxe0
ヨーロッパのレディーファーストというのも男尊女卑の裏返しだっていうよねぇ

362 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 21:00:09 ID:FkXhLuty0
タイタニックからの避難時には女子供が優先されたとはいえ、実はまだ何人か乗れる余地があるボートも当初は
存在したんだけど、あの状況で甲板に残された男性陣としては他の乗客をさておいて自分が乗る=紳士として格好悪い、
というプライドが働いたのか、みすみす空席あるまま海面に着水させるのを見送ってしまったという事もあったらしい。
そうかと思えば、女装して女性客に紛れてまで真っ先に乗り込もうとした男性客もいたというから、
極限状態での人間性は本当に人それぞれ。

363 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 21:01:56 ID:Hmpe1cz20
在る部屋から在る部屋に移動する時に
女子供を先に入れるなんぞ
何時敵に襲われるやもしれん侍では考えられんわ。
男が入って安全を確認してから女子供を入れる
これ武士の当然の心構えよ。

364 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 21:03:35 ID:9T1xvaSwO
はあ?w

365 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 21:04:30 ID:Sd+epLBN0
>>359
白黒写真だとグロでも割と平気だよな。
生首写真は中国で捕虜処刑後に交代で一人づつ撮影した予感。
だからといって他人に見せたらダメだぞw

戦争被害者の写真は然るべき機関に資料として提出してみては?

366 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 21:55:40 ID:hSt6S+ky0
ちょっと前にガンジーの話題が出てるけど、インドでは断然チャンドラ・ボースの方が
人気がある。ちなみのこの人のお墓は日本にある。一度お参りしてみては?

367 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 22:22:44 ID:R8+82Km1O
なぜ?

368 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 22:27:41 ID:5ZUk8wuEO
ガンジーは偽善者

369 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:33:43 ID:Sa1liu2+0
>>349
あいつ等、弾丸持って帰投するのイヤだからって
その辺の物を適当に撃って、弾丸捨ててたらしいからな。
12.5o x 6門とかひどすぐる

370 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 00:09:30 ID:A54X+q5a0
>>366
おおざっぱに言っちゃえば
ガンジーは「本当」に何もしなかったんだよ「争いで独立はしない派」
ボースは日本で開かれた大東亜会議ていうのにでてきて
最後はインド国民軍を指揮して飛行機事故でなくなった
今でもインドの国会議事堂にはガンジーとボースともう一人の肖像画が飾られてるてお話

371 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:20:56 ID:SFf5oy0IO
>>337と同じ本読んだ

372 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 04:07:19 ID:1Tl3S1rF0
>>366
チャンドラ・ボース氏は、終戦直後、日本統治下の台湾で飛行機事故に遭い亡くなります。
ご遺骨が日本のお寺にあるのは、インドで「死亡したのは替え玉。本人は生存」説が根強く、引取りを拒否されたため。

373 :372:2008/09/04(木) 04:15:11 ID:1Tl3S1rF0
>>372訂正

×>>366→○>>367
アンカーの番号が、1つずれていました。
>>366さん、失礼致しました。

374 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 05:28:11 ID:k/vLhbv40
>>348
地元が漁村(太平洋側)戦後すぐは近海の漁でも、獲れる獲れるおもしろいほど
大漁で獲物で船が沈みそうだったそうだ。
話してくれた伯父(昨年死去)は『戦争中はろくに漁ができなかったから・・・。』
と理由づけたが、カニ・シャコ・アナゴの悪食を知ってたオレは「ああ」とう
なずきながら(ホントは大量死体に魚が群がって・・)と思ってる小賢しい小
僧だった。
でも漁師だった伯父はたぶん本当のことを知ってたんだろうな。
親類の子供に話す内容じゃないと思ったんだろう。

375 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 08:53:40 ID:qaaZrEOp0
航空戦というのは地上戦と違って直接相手を見ないですむからな。機銃でぼろ
雑巾のように打ち抜かれる操縦士、焼夷弾で無残に焼き殺される住民なんか想像
してたら作戦行動なんかできないわな。エノラ・ゲイのパイロットなんかちゃんと
朝食をとってから広島にむかったらしいからwまあ原子爆弾の破壊力や被害を
知ってたら朝食どころか作戦に参加することすら躊躇しただろうが。

いや、そんなもんしないかw

376 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 12:02:45 ID:/DBjx3uY0
子供の頃に屋外を歩いていて機銃掃射を受けたって体験をした人の話を聞くと
子供相手でも躊躇なく狙ってきたケースとわざと外してくれたケースがあるみたいねぇ。

377 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:36:59 ID:SFf5oy0IO
日本軍は真珠湾攻撃の時に、故意に民間人を攻撃するような事はしなかった。
しかし、それからしばらくして東京を爆撃したドゥーリットル隊は
ほうきで掃除をしていた少年を撃ち殺し、物珍しさで手を振って走って来た子供達にも容赦無く銃撃を加えた。


378 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:44:12 ID:zFVHGCzD0
Japが第二次大戦で虐殺した民間人は5億人とも10億人とも言われている

379 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 15:05:42 ID:SFf5oy0IO
と、國賊が申している。

380 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 15:07:00 ID:ENnfXkyoO
>>378
てめぇ、支那狗か朝鮮狗どっちだ?

381 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 15:08:46 ID:C+Xc4lTK0
>>377
>>378

それが戦争

382 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 15:12:50 ID:DTRpu+K0O
厳しい国際社会じゃ、腕力があるか声がデカいかで全てが決まる。
どちらも無い日本は、白人には黄色猿扱いされるし、特亞には犬畜生扱いされる。

383 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 15:19:33 ID:E8R6ZRJp0
>>58
輪が切れちゃうよね

384 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 16:12:21 ID:Rm1LRvZQ0
当時の日本そのものが恐い。



385 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 16:23:55 ID:/DBjx3uY0
当時の日本の写真見たら街の風景も人間もみんな白黒だもんな。
色が無いモノクロの世界怖い。

386 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 17:24:42 ID:9xwkD5sr0
>385
そりゃ、カラーフィルムが高価で一般に普及してなかったからね。
何年か前のNHK番組で、戦前の日本の写真や動画(8ミリとか)を特集してたけど、
東北のどこかの写真館の人が、肉親の出征前の記念という事で
当時としては貴重なカラーフィルムで街並みや近所の商店街を撮影していて、
殆ど風俗としては昭和30年代の田舎の商店街と変わらない感じだった。

戦中の、それも物資が民間でも不足しはじめて精神論でどうにかするしかなくなった時期が酷かっただけで、
日本や日本人の気質は戦前も戦後もあまり変わらないんじゃないかとその番組見てて思ったよ。
アメリカと開戦するまでは、結構都会の若者もアメリカにかぶれて映画俳優のスタイル真似しつつ
カップルで銀座歩いたりしてたみたいだし。
要するに「流行り物に弱くて乗せられやすいミーハー」な国民性なんだよ。


387 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 19:41:39 ID:ioz92rdBO
うちのじっちゃんがボルネオ島で土人に囲まれたって言ってた(^^;
しかもそん時銃を持ってなかった、なんという危機的状況…
でもじっちゃんは考えた、口でバーンバーンと銃の真似をしながら全速力で逃げた。
土人はポカーンとしていたそうだ(^^;

388 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:31:27 ID:Rm1LRvZQ0
>>387
もぉ、じっちゃんたらどじんなんだからぁ   














………… 寒っ …………。

389 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:34:00 ID:Rm1LRvZQ0
>>384 とまったくの別人なんだけどなんで ID 同じになるんだ?








??????

390 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:51:30 ID:SFf5oy0IO
仲が良すぎるから

391 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:54:23 ID:CRhcQ5wb0
自演だから

392 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:54:47 ID:X7n+HAYh0
>>389
ドッペルゲンガーだな
気の毒に・・・

393 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:05:55 ID:9xwkD5sr0
>389
お前が一人暮らしなら、押入れをチェックしてみろ。

394 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:08:43 ID:Rm1LRvZQ0
>>391
自演ではないのですよ
パソコンを切るごとに毎回IDが変更される接続なので、
同じプロバイダーで割り当て番号が俺の数時間前にあてられた方なのかと思っていますが

>>384 さんのご回答をお願いします


で、甚だしくスレチになってしましましたので小話を2つ

俺のじいちゃんは満州からシベリアに抑留されて帰国したんだけど
あそこでは、便所で尿をするときに気をつけないと尿をした瞬間尿が凍結して先っぽまで凍ってしまうらしい
それでその先っぽナイフで切断して難をのがれた人が結構いたらしい

395 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:17:00 ID:Rm1LRvZQ0
あと、アメリカのB29の大編隊に勇敢にも突撃していった方々は多いが、
その逆で、少し機体に着弾したくらいで墜落するふりをして海面へ落ちていき、
そこから泳いで本土に帰還した人もそこそこいるらしい
でも、帰還すると貴重な飛行機を損失させたことによりボコボコになぐられたらしい

396 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:17:51 ID:AyL6skjy0
THE ENDAKARA

397 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/04(木) 21:17:57 ID:QVyKmi050
レスの内容から推測すると
>>384はおまえのじいちゃんが、おまえのパソコンで書き込んだのでは…?

398 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:21:21 ID:Rm1LRvZQ0
>>384
いつからPC覚えたんだろw

あと考えられるのは同じマンションの住人かなw

399 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:46:08 ID:YJ1n8Pe60
>>384
「小便が空中で棒状に凍る」「ちんぽから出た瞬間に凍る」は法螺。
正しくは地面に着地した瞬間に凍るので、正確に狙いを集中すると盛り上がった氷になる。
日本でも真冬の山岳地帯で経験出来る。

他にも「濡れタオルを数回振り回すと棒状に固まる」とか、
「飛び散った水しぶきを浴びても水玉状の氷が付着するだけで服が濡れない」
「金物を素手で触ると皮膚の水分が凍って接着してしまう」とか色々面白い現象が起きる。

400 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:48:04 ID:/DBjx3uY0
凍った「おはよう」や「こんにちは」が春になると溶けてうるさいって

401 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:53:14 ID:SFf5oy0IO
>>398
わりと多い事だからキニシナーイ

402 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:01:13 ID:9xwkD5sr0
>399
親父が少年時代に満州に居て、銭湯の帰りに友達と凍った手ぬぐいでチャンバラやった話を良く聞いたなあ。

403 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:02:36 ID:Rm1LRvZQ0
>>399
法螺かw じいちゃんめw 冗談だったのかぁw

>>401
びっくりしたんでつい書き込みしてしまいました。ごめんなさい!

404 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:21:24 ID:vOa8Pg0z0
>>360
東洋人風の男が他の人を押しのけて救命ボートに乗り込んだっていう
眉唾な噂(と言うより完全な与太)が立って、それが細野さんだってことに
されちゃったんだよね。
細野さんはそれこそ、当時の気骨ある誇り高い人だったから
女性や子供も大勢亡くなった中「生き残ってしまった」ことを恥じていたようで、
生前その悪意ある噂に一言もいい訳しなかった。
タイタニック号の悲劇に関わった人々は
死ぬも生きるも地獄となった。

405 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:33:06 ID:EkaATSlD0
でもそれがゆかりとなって
アニメ「銀河鉄道の夜」の音楽を細野さんがやるようになったんだっけ?

世の中いろいろだね

406 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:36:22 ID:U8tcGgqb0

人は誰でも〜 幸せ探す〜 旅人のようなものぉ〜

407 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:44:10 ID:UCTFxwkg0
>>406
それ999

408 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:49:41 ID:U8tcGgqb0
しってる。でも書きたかったんだぁ〜

409 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:52:14 ID:U8tcGgqb0
カンパネラが花の名前ということをこの間初めて知った私。

410 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:34:14 ID:evoNzifnO
さらば〜地球よ〜


411 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:39:56 ID:pr7ElcJGO
>>410
はいはい、黒猫クロネコ。

412 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:50:46 ID:EKoLl70TO
宇宙の海は〜 俺の海〜

413 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:05:26 ID:y7Ll36gJO
我〜は海の子ぉ〜
さすらいのぉ〜

414 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:23:14 ID:2KTtiR4J0

我は〜海の子〜 し〜らないの〜?

415 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:23:57 ID:WKjhmpQDO
>>404
ちなみに搭乗していた日本人は、アジア人と言うだけの理由で誰一人救命ボートに乗せてもらえなかった。


タイタニックとか映画で泣ける奴がいたみたいだが、歴史的事実も知らずに恥知らずとはこの事。

416 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 02:02:30 ID:RNse3aeYO
ID被るのは稀にある。
自演を否定してもみんな信じてくれない。

417 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 02:28:03 ID:wYkCTN4WO
ケツ毛はオカルト、ってスレ立ててくんない?

418 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 02:36:57 ID:wNWqUoEd0
>>405
それがゆかりとはなってなかったような。
映画製作当時頃になんかで読んだ話では、
映画制作側は何も知らずに細野さんに曲依頼してたってことだった。

419 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 03:41:30 ID:fPt1iuTu0
>>404
以前テレビで放送してたけど、
救命ボートに無理やり乗り込んだ東洋人は三人の中国人だったらしいよ。
乗客の西洋人の召使いでタイタニックに乗ってたんだって。
西洋人から見たら中国人も日本人も見分けがつかなかったんだろうね。
しかも船が沈没するパニック状態だったんだから。
最近、乗客の日記が発見されて細野さんではなかったと証明されたらしいよ。


420 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 18:42:33 ID:MSVsVJF30
おれのおじいちゃんは「タイタニックの生き残り」だよ。

 そんなことをいえる細野家の皆さんはすごいね。


421 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 18:57:57 ID:MSVsVJF30
あのタイタニックの処女航海なんかに乗れるのはあの時代のセレブ中のセレブ(および召使い、船員)
なわけだから、当然、みっともない行動はできなかったろうね、、。



422 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 22:05:31 ID:X6H3n5KP0
>>377
 真珠湾内ではやっていないが、民間小型船は海上で撃ったらしい。
 豪州への空襲では民間の建造物に銃撃していたことがわかっている。
 その時々なんだろう。

423 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 22:09:21 ID:vRnRoqgK0
第二次世界大戦中ではありえない戦闘機とか
未来の戦闘機が戦っていたって話ない?

なんかジパングネタみたいでスマン

424 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:20:24 ID:UmepVP+T0
>>360 460
昔読んだ記録本?で、次のような記述がありました。
『漂流している東洋人を発見。まだ息があるようなのでボートに引きずりあげた。
○○(船員だったかな?ちと失念)は、東洋人を助けるくらいなら云々・・・と文句を
いったが、その東洋人は意識が戻ると、すぐに疲れた人を押しのけて(ボートの)
オールを握り懸命に漕ぎ出した。先に彼を非難した○○はそれを見て恥じ入った』

生存者の中で東洋人は紺野氏だけだったと記憶しています。
故人の名誉回復になればと思い、書き込みました。駄文失礼。

425 :霧番:2008/09/05(金) 23:25:32 ID:iItLhBRe0
>>423
関係あるかどうか分からないが真珠湾攻撃の前日に
太平洋艦隊司令部に当時はただの提督でしかない
ニミッツ(当時少将)の名前が付いた空母から無線を発信(でいいのか?良くわからんが?)
したとかいう話があるそうだ

426 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:35:32 ID:icciPbTn0
空母に名前を付けるルールに違反してるって事かな?
どう違反してるのかできたら教えて欲しいな

427 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:36:49 ID:FG0nxVu9O
>>423
フーファイターじゃないか、その話し?



428 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:42:59 ID:UmepVP+T0
ファイナルカウントダウン・・・・

429 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:44:46 ID:XobATak10
ヨーロッパ

430 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:57:47 ID:icciPbTn0
マドンナたちのララバイ

431 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 00:05:31 ID:FG0nxVu9O
マジレスしたのに良からぬ流れだから詳しく書くw

ロックバンドのフーファイターズの名前もここからとってるんだ
太平洋戦争時代、アメリカ軍である飛行機の目撃が報告された

とても従来の飛行機とは思えないほど不思議で機敏な動きをする円盤状の物体

アメリカは日本かドイツが作った新型だと思って結構ビビってた
でも当時はまだ今で言うUFOみたいな目撃は一切なくて、存在すら認識されてなかったんだよ

その謎の飛行機をアメリカは『フーファイター』と呼んだってわけだ

432 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 00:19:10 ID:0uNmjcOr0
フーファイターはヨーロッパ戦線でも多く目撃されていますよ。

425のは、映画ファイナルカウントダウンでタイムスリップした
空母ニミッツが真珠湾攻撃寸前のハワイ海域にて活躍する、って
お話です。そのときのワンシーンで425が書いた場面があって
笑いを取っておりました。

フーファイターと太平洋戦線をからめた面白い漫画もありますね。

シテレイシマシ なんてね。

433 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 03:29:30 ID:2woTG5YP0
マジレスしていいんだよなここ。

訳の分からない物が空を飛んでいれば当然ちゃんと調べる。
米軍の公式報告書が残っている。証言を集めて目撃日時・座標等の統計を取ったんだそうだ。
するとフーファイターは一定範囲の時刻に出現し、同じ方位に存在するという明確な傾向を示した。
これは早い話が金星だったのだ。

もちろん例外ケースも存在する。誤認要因は沢山ある。雲に反射したサーチライトの光は円形に見える。
重力も慣性も関係無く自在に超高速移動し、突然直角に曲がりも反転もする。
太平洋戦域と違って欧州上空は夜間戦闘機の跋扈する修羅場だった。排気炎暗闇で明るく光り、
目には残像が焼き付く。バンクを取ったり位置関係が変われば突然見えなくなり、突然現れる。

ドイツ軍は多種多様なロケット兵器を開発し、一部は実戦運用や実用試験を行った。
ベトナム戦争で米軍パイロットの貴重な証言がある。撃墜されながら生還した彼は、
激しい衝撃を感じて操縦不能に陥る一瞬前、自機めがけて猛スピードで接近してくる
「オレンジ色に光るドーナツ型の物体」を目撃した。「オレンジ色の光」はロケットモーターの噴射炎、
「ドーナツの穴」はミサイル本体のシルエット。今まさに自機に命中しようとする地対空ミサイルを
正面から見て生還した珍しいケースだったのだ。あるいはフーファイターのいくつかも類似の例かも知れない。

いつものごとくUFOビリーバーはこれら全てを「米軍上層部による隠蔽工作」と否定する。

434 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 06:32:55 ID:2fdLde+T0
>でも当時はまだ今で言うUFOみたいな目撃は一切なくて、存在すら認識されてなかったんだよ

いやあの、目撃された正体不明の飛行物体のことを「未確認飛行物体」UFOと言うんだけど・・・

435 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 08:46:40 ID:OQ95sFGCO
フーファイターに類似してる現代の戦闘機ってあるの?

436 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:15:37 ID:BI93+IUl0
フーファイターってホットドック早食いの小林か?

437 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:37:03 ID:94lBHQ090
それは ドッグファイトだろ?

438 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:58:59 ID:GPY3QrdY0
ぬるいボケに頓珍漢なツッコミか。


439 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:16:51 ID:rvJqGgYN0
フーファイターのフーファって何?

440 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:22:03 ID:94lBHQ090
フーファイでググるべきじゃね?

441 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:24:00 ID:rvJqGgYN0
なん・・・だと・・・
ttp://www.fujistaff.com/fufa/entry/index.html

442 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:28:23 ID:Kud+6bdR0
AFでは真水が不足している

443 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:35:00 ID:OGAU/eLy0
>>426
は釣り認定でよろしいでしょうか。

444 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:49:55 ID:wc14YJ9PO
ニューギニアに終戦まで5年くらい行かされていた曾祖父が二人いました。
両方とも人のお肉を食べないと生きて帰れないと帰還して言ってたみたい。
太股が美味しいとか。

片方の曾祖父がいつも一緒に行動してた仲良しの人は少し生意気な人らしく上官から嫌われてた。
曾祖父は上官からその人と一緒に寝るなと言われた夜〜翌朝の間にその人は行方不明。
上官に食べられたみたい。
帰還してその人の家族が安否確認をしに曾祖父を訪ねた時にその事を伝えたらしい。
家で今でも語り継がれてる話。

445 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 12:15:48 ID:+BmBKjhu0
滝沢聖峰のフーファイターの話はおもしろかったなあ
ヨーロッパだとフランスのメリーゴーランドとか有名だね

446 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 12:52:02 ID:CDKnk4p/0
大岡昇平の野火でも人肉食のはなしはでてる。

447 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 13:39:32 ID:MuEPlMps0
船にも魂が宿っているのかもしれないというのは駆逐艦涼月の話だな。

大和の沖縄特攻に参加した涼月は船体前部を爆弾でやられて、更には艦隊から
はぐれてしまい行方不明となったが後進(バック)で何とか佐世保まで帰ってきて
そこのドックに入った瞬間に沈没したそうだ。
あとでドックの水を抜いて艦内を調べてみたら浸水した区画に丸太を使って
浸水を止めていたらしい三人の死体が見つかったそうだが、帰還した瞬間に
安堵して沈んでしまうという船も凄いと思う。

448 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 13:50:33 ID:LOFyl96S0
戦死した兵士のグロ画像見たいんだが
専門サイト教えれ。

449 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:01:37 ID:CDKnk4p/0
そんなもの見ない方がいい。

450 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:05:11 ID:8L2wWVWzO
>>447
艦内に丸太があるのが不思議なんだが、何故?

451 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:11:35 ID:88ktaQHrO
>>450
ダメコン時には必要なものだと思うよ
詳しくは軍板で聞いてみては?

452 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:15:17 ID:8L2wWVWzO
サンクス。そうする。
考えてみりゃ木製甲板もあったしなー。


453 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:16:41 ID:aFsV26a50
>>450
ある程度の大きさの船なら常時積んでる。普通は丸太でなく角材だが。
破損箇所に蓋をあてがい、構造材との間に木材を打ち込んで突っ張る事で浸水を止める。
商船学校でも海上自衛隊でもこの訓練は必修科目。

454 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:18:35 ID:CDKnk4p/0
ふつうにあるんだろ。

 まえに海底二万マイルという映画をみてたら、ノーチラス号のネモ船長が

  おーい丸太もってこーい!!と叫んでたぞ。

455 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:22:44 ID:88ktaQHrO
丸太、丸太と言うから、彼岸島のあの人を思い出した

456 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:25:41 ID:CDKnk4p/0
石井部隊?

457 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:28:04 ID:88ktaQHrO
>>456
いやいや。
ヤンマガ好評連載中の漫画。
人間vs吸血鬼のバイオレンスアクション風ギャグ漫画の事

458 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:31:09 ID:nznxWlmnO
>>447
く(-ω-)

459 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:40:10 ID:/9/AnP8C0
>帰還した瞬間に 安堵して沈んでしまうという船も凄いと思う。

ハウルの動く城でもそんなシーンがあったけど、泳いで陸にたどり着けそうな距離まで来たら
それまで必死に浸水箇所を押えてたりポンプ漕いで排水していたダメコン要員が
一斉にワッと逃げ出しちゃうからじゃないのかなぁ。

460 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 17:00:10 ID:cS4U1Z8S0
>>459
帝国海軍の軍人のプライド的に流石にそれはなくね?

461 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 03:37:33 ID:PcFUGTex0
>>376
ウチの祖母さんも(当時20歳前ぐらいかな?)、田んぼの真ん中で機銃に狙われたらしい。
用水路に伏せて逃れたとか。

462 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 12:45:18 ID:rxwlMG6J0
口をガー開けて
餓死しとるんですわ

463 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:33:46 ID:sCMqgM8oO
>>421
しかし、そのセレブの中で最も見苦しい振る舞いをしたのは船の所有会社の社長だか会長だったらしい。
女装してまで救命ボートに乗り込もうとしてばれてしまい気違いを演じて逃げ延びた…って聞いた。

464 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:52:47 ID:QHIpKv+G0
パイパニック

465 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 17:24:10 ID:be/9sd9e0
あなたの股間もデカプリオ

466 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:45:19 ID:OPWfaPFl0
現代の空母がタイムスリップしても
通信方法が違う気もするが

467 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:09:13 ID:rqer41kz0
最近買ったお寺の怪談という本に載ってた
「大阪、一心寺にて」という話怖かったな
終戦間際の大阪の話なんだけど空襲の焼夷弾で
黒焦げになった遺体を回収して夜に焼却するまで
見張りをさせられてたら遺体の周りに十数人の
黒い影がうごめいていて遺体から貴金属を剥ぎ取っている…




468 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:44:12 ID:7D9LA3iX0
>464
「スケパン刑事」を思い出した。

469 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:54:57 ID:yqNysqVr0
右翼って度が過ぎた愛国者だろ?

470 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:18:12 ID:Gt5tEHHB0
うちのじいさんもいろんな体験したのかな…
亡くなる前に話を聞いておけばよかったな。仲良かったけど戦争中の話は最後まで聞かなかったよ…

471 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:59:02 ID:VNODL5Qa0
うちのじいさんは、戦争中に何かで表彰されたらしいが
何をして貰ったのかは教えてもらえなかったなぁ・・・。



472 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:11:24 ID:3D7rLSWp0
うちのじいさんは徴兵されることもなく毎日釣りをしていたとの事だ。

473 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:27:41 ID:I8L65o4t0
>>461
うちのばあさんも女学校の生徒の時、
アメリカの艦載機に機銃掃射されて逃げ惑ったそうな。
静岡県浜松市ではアメリカの艦載機が小学校を攻撃して、
下校中の小学生を射殺した。その現場には慰霊碑が建ってます。
アメリカは小学生だろうがなんだろうが低空飛行してしっかり確認してから
大笑いしながら機銃掃射して逃げ惑う小学生達を射殺した。

474 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:29:30 ID:tBLeqFgs0
まさに鬼畜米英

475 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:56:41 ID:L3tc50W6O
確か民間人満載の列車にも機銃掃射した奴もいたな
50人くらい亡くなられたとか

476 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:22:20 ID:S4u9Uz+Q0
八王子だったかな

477 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 02:33:09 ID:oOwq23ze0
>>473
>低空飛行してしっかり確認してから
>大笑いしながら機銃掃射して

高度何mまで降りれば小学生と兵隊の見分けが付くかな?
空中に飛び上がって笑い顔でも見たのかな?
エンジンの爆音と機銃の轟音の中で笑い声を聞き分けたのかな?
なるほど「太平洋戦争中の不思議な話」だ。

あんまり感情に走ると南京大虐殺プロパガンダと区別が付かなくなる気がするんだが。

478 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 04:29:01 ID:xPRMrQupO
満州行った爺ちゃん談
「中国の人はいい人だ、これを言うと食べ物を分けてくれた」
何やら中国語のフレーズ
調べてみたら「食べ物出さねえと八つ裂きにすっぞ」て意味だった…
爺ちゃん、墓まで意味知らないまま行ってくれ…


479 :テリ造 ◆KwIZ/qMLog :2008/09/08(月) 05:02:35 ID:6r6fj4BA0
http://jp.youtube.com/watch?v=O8rPuYLa3GQ
http://jp.youtube.com/watch?v=wdbAzHhJUzY&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=UR_9s-aFnIs&feature=related


480 :テリ造 ◆KwIZ/qMLog :2008/09/08(月) 05:14:09 ID:6r6fj4BA0
http://jp.youtube.com/watch?v=jiKS6jrx67Q

481 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 06:51:54 ID:1NMizLwv0
>>43
あのキの敢闘ぶりには燃えた

482 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 06:52:44 ID:1NMizLwv0
>>476
yes
いまでもスポットだというよね

483 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 07:18:04 ID:GPymiIg3O
俺の祖父は元海軍将校、白い詰襟を着てサーベルを持った写真がある 当時はモテモテだったらしい

484 :テリ造 ◆KwIZ/qMLog :2008/09/08(月) 08:57:15 ID:6r6fj4BA0
http://uk.youtube.com/watch?v=bmyq2OJOVDw&feature=related

485 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 10:03:35 ID:1ZSUMO7T0
>>477
>高度何mまで降りれば小学生と兵隊の見分けが付くかな?

アメリカの艦載機は曳馬小学校を直撃したのさ。
あんた、素人さんだね。
艦載機がどれほど低空で飛ぶか、
調べなさい。勉強が足りないな。

>空中に飛び上がって笑い顔でも見たのかな?

艦載機のパイロットが操縦席から下を見下ろすんだよ。
低空飛行をして子供を追い回しながらね。
顔を出してさ。ゴーグルをつけてニヤニヤ笑う顔までが
はっきり見えたとさ。あんた、素人さんだね。
静岡県西部地方は、アメリカの原爆模擬爆弾投下の実験場になった。
アメリカは何度も模擬爆弾を投下して実験し、
その後、広島と長崎に本物を投下した。
原爆の模擬爆弾の投下被害で多数の一般人死者が出ている。
サヨ教科書が教えない歴史の現実だ。

486 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 10:09:03 ID:1ZSUMO7T0
>>477
>高度何mまで降りれば小学生と兵隊の見分けが付くかな?

アメリカが爆撃や攻撃したのは戦場じゃないんだぜw
一般人が住む市街地だ。
学校を攻撃するんだよ、学校をw
グーグルの航空写真を観てみろよ。
あんた、ゆとりか?



487 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 10:43:48 ID:xLXZgTtz0
通常(制空権が確保できている状態)機銃掃射の際は失速速度近くまで減速する。
下手すると200km/h切る。じゃなきゃ静止してるに等しい地上目標に当たらん。
そして「掃射」の文字通り、目標の前後一帯をなぎ払うように攻撃するため
可能な限り高度を下げて、対地進入角が緩くなるようにしなければならない。
最高でも高度100メートル程度からの緩降下となる。
さらに今と違って高層建築もまばら。下手したら50メートル程度まで降りるだろう。

ま、パイロット側から識別しようと思えば大人と子供の区別くらいはできるな。

488 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 10:49:17 ID:+HinHjcVO
人を殺す瞬間を何度も何度も見るってどんな感じなんだろ
しかも笑いながら
当日の人達ってどんな人達だったんだろ
あー怖い

489 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 10:58:50 ID:FSIxghbwO
>>483

海軍さん、って独特な呼ばれ方があるよね
確かに白い軍服はカコエエw

怖い話といえば731部隊
悪魔の飽食には脚色部分もあるそうだけど

490 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 11:35:37 ID:hmD/LdQvO
私の伯父さん(75歳位?)も機銃掃射されて生き残ったって話を伯母づてに聞きました。
伯父さんは茂みに隠れていたから助かったみたいだけど、米兵が赤いスカーフをヒラヒラさせて撃ちまくっているいるのが見えたって。
逃げまどっていた同級生はその時に撃たれて亡くなったそうです。なんだか悲しいね。
昔の栃木県でのお話です。
スレチだったらごめんなさい。。

491 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 11:36:05 ID:BtofCHQS0
>>488
普通の人だと思うよ
人間なんてそんな上等なもんじゃないからね
絶対的な力を持ってそれが犯罪にならなければやっちゃうでしょ
平時に自分は平和主義だみたいな事アピってる奴は特にね

492 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:07:57 ID:BdIEavxR0
一方、撃墜されつつも不時着して生き残った米兵パイロットは
「恨み晴らさでおくべきか」
とばかり日本国民から壮絶な暴行を受け、死んでいった

(はだしのゲン、だっけか)

どこまで真実なのか、どんな思いで従軍していたのか、敵国兵を殺したのか
伝聞・過去の記録に頼るしかないが
どっちがどう野蛮だった、というか戦争は基本、殺し合いだからね

真珠湾を攻撃した日本のパイロットは民間人には
発砲しなかった、という話もあるようだが
果たして日本が圧倒的優位に制空権を持っていたとしたらどうだったか

歴史に聞いても答えは返ってこないな

493 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:23:46 ID:We+kLetP0
真珠湾の時は、機銃掃射は滑走路上の飛行機に対してじゃないか?
ま、その時兵士なり民間人がいれば撃たれただろうが。

最大の海軍基地だから、あまりにも目標が多すぎて、わざわざ民間人のいるところを狙うことは無いと思う。

494 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:26:30 ID:LjWWzlwX0
憶測で話さないでくれ。

495 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:43:40 ID:TCjByL8/0
>>492
米国船籍の民間船舶もだいぶカミカゼ含む日本の攻撃にやられてるね。

民間人殺しは対日戦線の米軍に限った事じゃない。ドイツの空襲被害は日本の10倍だ。
広島や長崎以上の壊滅的被害を受けたハンブルクは工業地帯ではない。
市街地を攻撃するのも敵国の経済機能や交通網や物資の破壊を狙う戦略行動と言えば言える。
攻撃側の損害を避けようとすれば工業施設と民家を区別出来ない絨毯爆撃にならざるを得ない事情もある。

496 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 13:28:52 ID:ePvdhXWp0
>>495
神風が非戦闘員の子供や女性を目標にして殺害したのかね?
そうじゃないだろ。米国籍の一般船籍といったって、物資の運送船だろ。
海上だったら狙うに決まってるだろ。論点をずらすなよ。
アメリカは非戦闘員の女、子供も平気で殺したんだよ。
それも初めから予定して小学校など学校を狙うんだよ。

497 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 13:46:04 ID:GnHIRBXV0
>>455
師匠www

498 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/08(月) 13:59:34 ID:M13kp3Ol0
アウシュヴィッツ強制収容所では被収容者の効率的な殺害を是としたため
平均以下の処理数だと「ノルマを達成出来なかった車のセールスマンとか、
赤点取った学生」の如くに担当者は嘆き悲しんだと言う。
戦時に平気で人を殺せるヤツってのは
平時に平和主義をアピールしてるヤツってよりは
正義とか、真実を信じ込む真面目なヤツだぜ。

499 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 14:11:08 ID:c+a0G3+zO
そういう経緯から、戦後に「権威主義」の研究が進んだ。

500 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 14:23:08 ID:BdIEavxR0
戦地で一服してたら
「あっちの方角が日本かな」という声が聞こえた

「さあどうかな」などと返事をしていたら
上官の「貴様、誰と話をしているんだ」という声が。

え、と思って今まで声のしていた方を見たら
そこには味方の死体があるだけだった

みたいな話が書き込まれてたスレがあって
けっこう面白かったんだけど
スレタイ忘れてしまった


501 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 14:29:10 ID:We+kLetP0
青山繁春が硫黄島に行ったとき、そこの自衛隊員から海岸を歩いていると、誰もいないのに話し声がするんですよ、って言われたらしい。

502 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 14:57:53 ID:pRa9iT7cO
どっかの国の軍隊が雲の中に消えていった話ってマジかね?

503 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 16:35:15 ID:xe+Pb5+aO
>>502
イギリス軍

504 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 16:58:15 ID:y5uPIQ8m0
機銃掃射された話が出てきているけど、アメ公のパイロットが笑いながら、
女、子ども相手に機銃掃射する話はむごいな。うちの実家にある、戦争
シリーズの漫画(名前忘れた。)のあとがきで、作者が横須賀にいた時に、
アメ公が笑いながら機銃掃射してきたとあったな。
俺がもしスティンガーやRPGを持っていたなら、遠慮なくぶっぱなしただろうが。


505 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:04:07 ID:xe+Pb5+aO
住民にリンチされてる米軍パイロットを助け出そうとした警官と教師が、
逆切れした住民に殺された事件もあったくらいだからね。


506 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:25:22 ID:Qrjn3+o40
>>504
むごいけどそれが戦争でしょ
自分のことは棚に上げて人間の獣性を批判するのはおかしいよ。
あなたも極限状態になったら人肉食うかもしれないし
少女をレイプするかもしれないし
爆弾巻いた子供が自爆テロ仕掛けてきて吹っ飛ばされるかもしれないし

507 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:31:23 ID:pOWjyQZF0
晒されているのが自分や大切な人達の命だとしたら
綺麗事なんて言ってられないよな

俺?もちろんそういう状況になったら躊躇せずに、殺すよ

508 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:35:22 ID:ojQRGNJJ0
>>501
硫黄島の話は空自でも有名ですね。
空自の体験談を聞くと、幽霊って本当にいるのかな?って
思っちゃいます。遺体はそのままにして米軍が
滑走路を作っちゃったんだもんね。
硫黄島で戦死した英霊だけではなく全ての英霊に感謝!

509 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:38:07 ID:ojQRGNJJ0
空自の話しでは、特攻隊の遺書の展示物の前で
帰りを待っている女性の幽霊の話は泣けました。
恋人の帰りを今も待っているのでしょうか。

510 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:50:31 ID:Qrjn3+o40
>>508
英霊には感謝するけど犬死のような気もする
東條の糞ハゲがさっさと白旗揚げりゃあんなにひどい死に方せずに済んだんじゃないの?
それとも最後原爆2発落とされるまで必死で粘ってなんかいいことあったのかな?

いまだに成仏できずにさまよってる兵隊さんをおもうと泣けてくる。

511 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:01:30 ID:xe+Pb5+aO
>>510
原爆落とされんでも戦争は8月15日に終わる筈だったんだよ。
それをアメ公の奴が…

512 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:26:03 ID:Qrjn3+o40
>>511
ていうか8月といわずにもう一年位前から負けるって分かってたんじゃないの?
普通の思考能力ならwww
どんだけひっぱってどんだけ殺してんだよwww大本営www

513 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:38:12 ID:aBR7wwDD0
ヒトラーなんかもそうだけど、軍本部の地下要塞にいると最前線で血みどろの
戦いを続けてる兵士のことなんかこれっぽっちもわからないんだよな。でいよいよ
てめえのいる場所に火がついて初めて「こりゃえべえんじゃねえか」って気付くん
だろうよ。いつの時代も糞馬鹿たれな指導者に引き連れられた国民ほど憐れなもの
はない。

514 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:38:40 ID:xe+Pb5+aO
>>512
一年前も何も最初から負けるって分かってたんだけどねw
>大本営
まあ、日本から戦争仕掛けなくても、アメリカの方から秘密爆撃の形で戦争ふっかけて来た(ルーズベルトはこの手の計画に積極的にゴーサインを出していた)んだろうけど。

515 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 19:40:43 ID:XFmpWgLZ0
対米戦争は、長期戦になると負けると分かってたはず。
軍(特に海軍)は知米派が多いので、緒戦に大打撃を与えて
米の国内の反戦意識を高めて講和に持ち込めれば良しだった。
けど、逆に真珠湾攻撃がだまし討ちとの批判を浴びてしまい
反日意識を高めてしまったので、講和どころか原爆まで落とされてしまった。
逆にうまくいったのが日露戦争で、緒戦に陸海軍が勝って米が間に入って
講和に持ち込んで日本の勝ちだった。
これが、フランスやドイツみたいにモスクワまで進撃したら日本は負けてたよ。



516 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:09:03 ID:d7Na863N0

かくすれば かくなることとは 知りながら
 
                 やむにやまれぬ 大和魂

517 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:11:07 ID:IoeS6HSC0
>504
ようつべに機銃掃射の動画があったよ。

【貴重】カラーフィルム・昭和の戦争と平和 (4/6)・・・一番終わりの部分
http://jp.youtube.com/watch?v=z-i_BsDLl8g

【貴重】カラーフィルム・昭和の戦争と平和 (5/6)・・・冒頭部分にかけて写ってる
http://jp.youtube.com/watch?v=VlpUFPW7WNw

アメリカ軍が戦争末期、都市への無差別爆撃をやってた頃、
爆撃機の護衛で飛んできた戦闘機が、動くものなら何でもいいと銃撃してた。

518 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:20:02 ID:lzOJSJxe0
>>504
ヨーロッパ戦線でも米軍は同じ事をしていたよ。

P47サンダーボルトに乗って撃墜王だった米陸軍航空隊のカブレスキー大尉が
撃墜されて捕虜になり、監視兵付きで普通列車に乗って収容所まで移送されるときに
米軍戦闘機に襲われて、向かいの席に座っていたドイツ人少女の頭に12.7ミリ機銃弾が
命中して、その少女の脳味噌が座っていたカブレスキーの膝に砕け散ったそうだ。
そのときにカブレスキーがどう思ったのかは自伝には書かれていないらしい。

519 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:28:11 ID:Qrjn3+o40
>>518
その監視兵はすぐ米兵の頭を撃ち抜けばよかったのにねw

520 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/08(月) 20:44:29 ID:M13kp3Ol0
在日米軍による低空飛行訓練が日本中で行われている。
同盟国だから仕方無いだろうと半ば諦めていたら、
低空飛行訓練は安全上、自国や同盟国では行わないのが世界の常識らしい。
おっと太平洋戦争中の話じゃないぞって指摘は受け付けないぜ。
今でも占領国扱いじゃ太平洋戦争が続いてるのと似たようなもんだからな。

521 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:47:10 ID:We+kLetP0
ラプタンいいから、YF-23ください。

522 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 21:24:59 ID:LoXs3BQ/0
>>512
大本営が引っ張ったんじゃなくて
アメがわざと長引かせたの。
原爆投下する前に戦争が終わったらアメが困る。
大本営は戦争終結の裏工作を盛んにやってたんだよ。

523 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 21:28:59 ID:LoXs3BQ/0
>>514
そうそう。
アメはいつも同じ。
アメがイラクを攻めた時も
既成事実を作ってからやった。
ロシアのグルジア侵攻もそう。

524 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/08(月) 21:40:51 ID:M13kp3Ol0
>>521
けなげなので買ってあげたいと探しました。
今、素性は明かせないけど200億円っていう見積書が届きました。
てめー、2chでねだるもんじゃねーだろ!

525 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 01:47:06 ID:vxQLS19/O
>>485は何かの玄人さんなの?

526 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 01:59:56 ID:qOhoKMiD0
>>502
亀だけどこれだな。

消えたノーフォーク大隊事件
ttp://page.freett.com/Umania/norf.html

このスレだったかも知れんが日本の大隊だかが南太平洋で消えたって話もあったよな。

527 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 07:38:33 ID:kdiSOghe0
「夏の葬列」
短編小説だけど、これ、かなりこわい
中学の国語の教科書にものったらしいけど

528 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 07:48:14 ID:KcX9eJAC0
そういう意味じゃ北朝は大したもんだよな。アメ相手にあれだけの駆け引き
がやれてるんだから。日本も少しは見習うべきだ。

まあそれでも大嫌いな国だがw

529 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 08:24:46 ID:XQe3SLWh0
>>527
俺も「機銃掃射」で夏の葬列が頭に浮かんでいたよ。 
作品発表時の時代背景もあるから、類似作品は多いが、なんだか物悲しくなる話だよな。

530 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 08:43:13 ID:X6Ddbi1W0
「機銃掃射の弾が当たると胴体がちぎれて無くなって手足頭しか残らん」
と伯父さん(当時7歳)に聞いたが子供だった俺にはどんな状況か見当が付かなかった。
て言うか7歳でそんな状況を見る事すら想像できない。

531 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 12:58:38 ID:iu/4zYHTO
>>206
花札の
三光や五光の役はどうなり?

532 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 14:40:13 ID:+XUIR1RI0
>>530
学校で年配教諭が同じような話してたよ。
壁に、撃たれた人の内臓が飛び散ってはりついたって。
人を射殺するのにHMGは強力すぎなんだよね、だから惨いんだ。
ただ対物の場合、パイロットって撃った後どうなってるかわからない(理解してたら撃てない)
なので物に対して射撃したという感覚がほとんどだろう。

民間人、それも子供と知りながら射撃したパイロットは悪魔だね。
たとえ敵国であっても子供に罪なんてないのだから。

戦略と殺戮、命令と個人の判断、戦場心理と醜悪な行動を区別することは
実は簡単なんだよね。

533 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 15:22:44 ID:7bzcqGTg0
不時着して生き残った敵パイロットをリンチにかけた心情は充分理解できる。
圧倒的に優位な立場で非武装の一般人を虐殺した米軍パイロットは
日本のA級戦犯となんら変わりない。
戦争ってのは負けるもんじゃねぇな。
勝った側にどんな理不尽・不条理なことをされても文句が言えねぇ。

せめてもの救いは占領国が米英だったことか。
露助とかシナ畜だったらどんな目に遭っていたか。

534 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 15:26:03 ID:hM7sgzTf0
まったくだ。
軍人が出征してほとんど民間人しかいない街に、無差別爆撃や原爆を落した連中が英雄なんだから。

535 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 15:41:24 ID:LO/4AGLC0
俺は白人の子供に機銃掃射は出来ないけど、
朝鮮人、支那人ならばためらいなく出来るわ。

536 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 16:14:03 ID:U+arygC10
不謹慎だけど、自分達より劣ると思える人種・民族には
あまり抵抗がないと思う。戦争になったら。

実際、中国の田舎とか行くと動物とあんまり変わらない人間いるし。
密林や島に居る色黒人とかも・・・・・

悲しいけど、これが人間の本性・・・・・

537 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 16:20:42 ID:sYF+FKOLO
この前実家の物置をあさってたら、満州を行軍中の写真が出てきた。

538 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 16:34:46 ID:udlZXjFF0
>>517
交通機関(列車)を破壊するのは戦略上理解できる(疎開先へ向かう民間人が
乗っていたりするのだろうけど…)だけど普通の平屋の民家や逃げまどう民間人
まで掃射しているじゃん。

むごいもんだ。

539 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 17:04:21 ID:GWc3Ta7u0
当時は人種差別がまかり通っていたからな。
欧米人にとって、有色人種は『人』じゃなかったから
民間人だろうが女子供だろうが平気で掃射できたんだろう。

当時も戦時国際法があって民間人への攻撃は禁止されていたけれど、
強国ほど無視する傾向があったし、弱い国は植民地にされて当然だった。
それが帝国主義というものだ。

たった60年前の話なんだよな。


540 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 17:17:08 ID:gS3184l7O
>>536
教養のある人間からは聞けない台詞だ。
かわいそうに。

541 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 17:21:12 ID:gS3184l7O
>>513
ヒトラーだって国民の支持を得てトップに立ったんだよ?


542 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 17:33:29 ID:jAEClluYO
>>539
掃射するパイロットはきっとハンティングに似た感覚でやっているんだろうね。

543 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 17:35:14 ID:DqXvHnW70
>>533
Aじゃなくて、BかC級戦犯だね。

544 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 20:02:20 ID:M+YMjgpo0
>>542
当時はゲームそのものがないが、現実感がなくてゲームやってる気分に近いのかもしれない。
画像なら射撃しても、別に罪悪感はないから。

目の前のリアルな画像が、血の通った人間だと認識するかどうかじゃないかな。
もちろん、承知の上で射撃する人外の存在も居たと思うけど。

545 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 21:03:55 ID:X3qfvUJj0
で、太平洋戦争中の不思議な・怖い話は?

546 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 21:08:06 ID:AZ7FyEhuO
やっぱ栗田だろ
奴に艦隊まかせたり謎の反転したりしたこと

547 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 23:20:45 ID:Bnk5OH3N0
下の上でヒラメがシャッキリポンと踊るわ

548 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 11:32:27 ID:kT9Ieto30
英軍はインド人をトーチカに鎖でつないで銃撃させていたらしいな。糞尿も
垂れ流し。まさに家畜扱いだ。

549 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 14:53:34 ID:BI1yTeqw0
盆前後に放映された太平洋戦史物を見て思ったのは
虫けらみたいに死んでいったのは本当に純朴な一般市民上がりの兵士ばかり

上の人間は極一部を除いて安全な場所に引き篭もってのうのうと生き延びた
何人かは戦犯として駆除されたが、殆どがその後も日本の中枢に居る


550 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 15:19:36 ID:GhenifOgO
いくらなんでも指示出す人間が
真っ先に前線に行って先に死んだら
目も当てられないだろ。
階級高ければ無双ができるわけじゃあるまいし。

551 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 15:41:50 ID:pTpbL1sg0
指揮官は指揮するのが仕事。
兵士は前線で戦うのが仕事。
指揮官が前線に出て真っ先に死んだりしたら隊が混乱して
戦うどころじゃなくなるだろJK

つか犬エッチケーあたりの特番なんて信じてるようじゃ(ry

552 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/10(水) 16:45:51 ID:Y9Onv1xI0
>>549は戦時中の行動じゃなくて、戦後のけじめの事を言っていると思う。


553 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 16:53:36 ID:HuDyQuNN0
>>545
当時フランスかドイツだったか、ある一人の修道僧には予知能力があったそうだ。
第二次世界大戦の勃発や国内のインフレなど、ことごとく的中させていたが
戦争終結以前に病没してしまった。
しかし、彼が残した予言によるとWWII後すぐに第三次世界大戦がヨーロッパで始まり
それまでの戦争とは比べ物にならないような災禍が訪れる、という内容だった。

それを生前に聞いていた者が、終戦後になっても戦々恐々と暮していたが
ついに戦争は起こらなかった、という話を読んだことがあるのだが
もし修道僧の予言が本物ならば、どこかで歴史が変わったことになる。

そう仮定してみると、それは太平洋戦域の推移によるのではないだろうか?
例えハワイ作戦において真珠湾の燃料タンクを破壊し、ミッドウェーでの惨状もなく
レイテで栗田艦隊が反転せずにマッカーサーもろとも輸送船団を壊滅させていたとしても
日本が最終的に連合国に勝利することはなかっただろう。
それどころか北と南から侵攻され、米ソによる分割統治が行われていた可能性もある。

だが広島と長崎に原爆が投下されたことで日本は無条件降伏を受諾した。
それは言い方を変えれば、玉砕戦術と神風をはじめとする特別攻撃による遅滞作戦で
本土決戦の準備を整える構えが、米国に原爆投下の口実と決断を与えたことになる。

つまり、日本国民の徹底抗戦の決意と犠牲によって世界は変わり
人類は全面核戦争から救われた。

ってのはどう?無理やり戦史とオカルト混ぜたら長いなw
修道僧の話はうろ覚え、ソ連の先制核攻撃による欧州進攻は実際に計画案まであった。

554 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 16:58:18 ID:y2GDyl7e0
10年前に死んだおれの叔父は子どもの頃、駅で列車を待っていたらその駅を破壊するためにやってきた
艦載機(F6F?)の機銃掃射を受けたと言っていたぞ。陽気な叔父だったが真面目な顔で「頭を抱えて
伏せていたんだが…怖かった…」と。あと機銃掃射と言うとあたり一面を銃弾でなぎ払うイメージが
おれはあったんだが線路のポイントとか機関車の機関部とかピンポイントで正確に撃ってくると言っていた。


555 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 17:19:53 ID:uZZ70DjH0
ところが、旧日本軍の将校の死傷率は
米英独と比べて、圧倒的に少ない。
英軍なんて、皇族でも最前線に出す伝統がある。
国民性なんだろうが。

556 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 18:03:41 ID:wbSnHfZUO
原爆関連の不思議な話
8月6日の夜から7日の晩ぐらいに中島本町周辺に家族を探しに向かったり避難途中の人が焼け跡で
真っ白なニワトリが一羽生きているのを見たと複数の書籍にあるがどうなんだろ?
被曝した人間以外の動物の話もあんまり聞かないね
長崎か広島で被曝した馬の写真はみた覚えがあるが、動物自体少なかったのか気にかける余裕がなかったのか…

557 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 21:51:13 ID:7I9mT8Mk0
俺の親戚にも機銃掃射受けたのが居る。
赤ん坊連れて畑仕事してたら、突然山を越えて低空で艦載機がやってきたそうだ。
畑仕事中なので赤ん坊はその辺に転がしておいたんだけど、わざわざその赤ん坊を狙って撃ったって。
運良く両射線の中に入って助かったんだけど、山から距離があって照準する時間が取れたら死んでただろうな。

558 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 22:51:16 ID:ebGRZVBU0
東洋人のことなんて人間だと思ってなかったんだよ。
今も大差ないだろうけど

559 :本当にあった怖い名無し:2008/09/10(水) 23:44:14 ID:kT9Ieto30
558
激同。人種差別が当たり前の時代だからな。白人以外は全部ブラックだった。

560 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 00:32:16 ID:paFGg1Du0
  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     雑談は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 雑談   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛

561 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 00:35:23 ID:MOeuvpOZ0

         ハ,,ハ  
        ('(゚∀゚∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | .モツ煮..|/
        ̄ ̄ ̄
現在の所持品:たばこ・ライター・コーヒー・ブラックブラック・枕・ケータイ電話
睡眠薬・聖教新聞 ・ダッチワイフ・外付けSCSI340MHDD・ネットランナー4月号
TYG02・小嶋進社長・ゲルトモ・ディプスファンタジア・抵抗1kΩ(黄紫橙金)・媚薬
バーボン・リップクリーム・セガサターン・バールのような物・バイブ・50インチ液晶TV
ボンカレー(甘口)・ジローラモ・エースヘルム・MAR全巻セット・切断済みの亀頭
東京タワーのミニチュアキーホルダー ・無償の愛・おっぱいプリン・イオナ・電話代の請求書・ウナコーワ
NHKの請求書・かりんとう(黒糖)・新庄・コロッケそば・『森の生活』・ベルディ君・(`〜´)
飯島 寿久 ・//  //←ニート・さぼてんのカツサンド・事故米

562 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 01:02:05 ID:jY/gmjbt0
>>554
目的によって機銃掃射の仕方は違う
事前に作戦があって、特定の目標を狙う場合は当然

563 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 01:12:12 ID:jY/gmjbt0
ミス

続き

ピンポイントで射撃する

しかし、それ以外にも当初の目標が発見できなかった、あるいは当初の
目的を達した後も燃料弾薬に余裕がある場合なんかは、適当にそれっ
ぽいものに掃射して使い切ってから帰投する場合がある
一般に、民間人を狙った攻撃が行われるのはこちらのケースで、やり方も
いい加減になる傾向が強い

こういった対人攻撃のやり方は、連合国側に有色人種への偏見があったからと
非難の対象にされるが、別に太平洋戦線に限ったとではなく、欧州戦線でも
同様の行為は多々報告されている
極端な例では避難民の車列を攻撃した例があり、これは戦後、訴訟も起こされて
いる(棄却されているが)
この手の話の原因は人種差別云々じゃなくて、敵国人は誰であろうと人間じゃない
ってことだな

564 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 01:18:12 ID:To3Aj+byO
笑えるからコピペに貼れよ

565 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 05:45:10 ID:qWMti3JwO
>>116-126
全員間違いも甚だしい。
8月15日は停戦発効の日に過ぎなくて、正式に終戦(敗戦)したのは9月に入ってから。


で、丘板らしい事を書いておくと

WW1に於いて沈没したHMSウォースパイトの船幽霊が大西洋に出現する・・・と、言う記事を随分昔「マヤ」で見かけた。
しかし、ウォースパイトはWW1どころかWW2も生き抜いている。
ここで言う、ウォースパイトなる艦が何処の所属なのか実にオカルトであり、信じられないが本当だ。

566 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 06:10:34 ID:EjGr71he0
正直、民間人に機銃掃射なんかどうでもいいから
スレタイどおりの話をクレ

567 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 07:42:16 ID:bFzRuP8EO
あげ

568 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 09:49:04 ID:+1eugcrjO
ハゲ

569 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 10:13:07 ID:7ZdlKPVP0
>566
暗いと文句を言う前に、進んで灯りを点けましょう

民間人を狙った機銃掃射は、
西洋人の非西洋人感に対する意識を思えば不思議な話ではないが怖い話ではある
(ベトナムでも中東でも散々やらかしてるし)

570 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 10:15:07 ID:MmNOleyDO
スレタイ違いかもしれんが…
うちのじいちゃんは戦前まで神戸にいた。神戸空襲が起こる一週間ちょい前、ばあちゃんが神戸が空襲で燃え盛る有様を夢で見たらしい。
炎の竜巻があちらこちらの民家に襲い掛かるって凄い内容だったという。
これを聞いたじいちゃんはビビッて営んでた写真館をたたみ、土地をすぐ売り飛ばして実家のある田舎へ逃げ帰る資金にして慌てて一家総出で里へ疎開した。
一週間後、神戸は空襲で丸焼けになった。
神戸に居残ったばあちゃんの友達はばあちゃんが言った通りの燃え方をしたので、恐ろしかったと戦後に逢ってから言ってたという。
だけどこれにはオチがある。
じいちゃんの写真館があった町内は、丸々空襲の被害を受けず、写真館も全く燃えなかったんだ。周りの町は燃えたけど。
里へ逃げ帰って殆どの資金も使い果たし、その上実家の近所に写真の師匠(戦前は写真技術は徒弟制度で伝授されてるのが殆ど)が
写真館を開いてたので写真館も出来ず戦後ド貧乏暮らしをする羽目になり
ばあちゃんはボケてしまうまで「あんな夢見て逃げ帰るんじゃなかった、失敗した」とこの話をする度にボヤいていたよ。     

後は大学の教授が航空隊の副隊長であった時に、ある瀕死の兵に逢い
その兵の部隊がアメリカ軍に捕まった挙句、道路整備のローラーでスルメイカにされて処刑されたって話位。

571 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 10:18:58 ID:4jBgfsXuO
>>478
恐らくはニコニコしながら言ってたんだろう……
向こうからすりゃへらへら笑いながら脅しをかけてくる鬼畜に見えただろうな……

572 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 10:35:49 ID:0R7I8AqRO
人肉食べた話を昭和一桁の親が聞いたことあるって言っていた。
酸っぱいらしい。

573 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 10:52:20 ID:gfCLZuwSO
>>572
単に臭ってたんじゃね?
親戚のおばは戦時中に食った肉入りカレーの味が忘れられないらしい
ただでさえ食えない日があったのに、久し振りに手に入ったお肉
豪勢にもカレーを作り、食べたらお肉に甘味がありとても美味しかったと

しかし、肉屋の裏手には墜落した米軍のB-・・・

肉屋、拾って来て解体して売っちゃったんだと

戦争終わってから様々な肉を食べたが、あのカレーの肉に勝るものは無いって、カレーを振る舞ってくれながら熱く語ってくれたなぁ


574 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 10:57:20 ID:MmNOleyDO
そうか、ア(略)肉は旨い、とメモメモφ(.. )

575 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 11:11:57 ID:5dpqRay20
民間人の子供だって親を殺されれば恨みを抱く。
そうなれば何年か後には今度はその子供が兵隊になって自分や
自分の大切な人を殺しに来る。
アラブ辺りが常にきな臭いのはそんな所も有るんではないだろうか。
民間人だ兵隊だなんて話はその一瞬を切り取った話で
敵国の人間は全て敵として殺さなくては平穏な時間は訪れない
と考えても不思議じゃない。
日本は停戦というあやふやな形でなく敗戦としてアメリカの属国として
感情や考え方まで変えられたのは平和という部分では
正解だったのかもしれない。素人考えかも知れんけど。


576 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 11:47:26 ID:c+equQam0
ガキの頃UFOとかに夢中だった俺に話した母親の話ね。

母『そーいえば、じーさんが戦時中に日本も空飛ぶ円盤の研究してたっていってた』

って聞いた。

母親も子供の頃聞いたことだし、UFOとか、宇宙人はあんまり信じてない人だったから
詳しくは聞かなかったそうだ。

改めて確かめたいけど、祖父はもちろん母も他界してるんで、イタコでも呼ばない限り確認できないw





577 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 12:14:56 ID:1T1o1JUG0
>555
そらまぁ欧州では貴族は常に先頭を往かねばならん、という伝統的美意識があるからして。
パイロットなんて全員士官だし。兵卒に飛行機操縦させてたのは日本くらい。
必然的に戦死率も高くなる。
というか、旺盛な戦意とか高度な戦闘技術の習得とかは平民には期待できない、と認識していたんだろう。
国民の教育レベルが低い、というか偏向しすぎてたせいで。
田舎の農村から出てきたばっかの二等兵でも普通に字が読めるという日本が異常w

578 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 12:24:20 ID:eWArLsFa0
そういえば、アメリカの戦闘機が帰路に残弾を減らす為に掃射した
銃弾が当たったため、チェーンソーも歯が立たないぐらい
金属まみれになった木があるそうだな

579 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 19:00:13 ID:xzWXwN7e0
>>491
見て来たかのような言い草だね

580 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 19:15:34 ID:ZASjX1zN0
なにかの心霊の本で山梨のおいらん淵の記事があったんだけど
戦時中おいらん淵の付近で米軍の艦載機が機銃掃射をしてた
らしいんだけどあの付近てなにか軍事施設があったんだろうか

581 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 21:49:41 ID:pTVrJaqw0
>>576
日本は秋水だかそんな名前でドイツのコメートを丸パクリしたんだから、
同じくドイツのハウニヴもパクろうとしていたのかも知れない。

582 :本当にあった怖い名無し:2008/09/11(木) 23:05:15 ID:tv9wa2P20
>>539
亀だが、
まさに弱肉強食の世界だったのに、専門家ぶった奴が日本の戦争犯罪がどうこうとか言ってると蹴っ飛ばしてやりたくなる。
じゃあ、お前あの時代に生れたらどうするんだよって。

583 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 06:21:06 ID:W78Ea5l2O
>>580 プレデター


584 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 07:22:55 ID:gMjqLLBU0
>583
プレデターってこいつだろ?
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/1/4/146c3ffa.jpg

585 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 08:51:20 ID:D30QpmN10
>>578
写真とかあったらぜひ見てみたいが
数十年前のものだからないだろうな・・・

586 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 11:20:15 ID:sQKdO8mh0
>>572
人肉食は主に南方戦線で補給路を断たれた部隊では、かなりあったみたいだな。
というか基本的に陸軍て物資は現地調達だろ?だから海軍なんかはかなりいいもん
食ってたみたいだな。

しかし、死ぬか仲間の肉を食うか選択を迫られた時の気持ちは・・・

587 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 11:50:03 ID:JJzcQ+qH0
自分の腹を割って、引きずり出した腸を食べようとした話もあるな
川で洗っている最中に死んだということらしいが、
その川でなにか生き物は獲れなかったのだろうか

588 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 12:57:07 ID:uIF9C7dn0
旭川に住む母親は、戦時中子供だったんだけど、ある日知り合いの
お兄ちゃんが家に挨拶に来て「これからアッツ島に行きます」と
言ってたのを覚えてるそうだ。
「きれいな顔をしたお兄ちゃんだったけど、死んじゃったんだねえ」と
時々思い出して言ってる。かなり苦しい思いをして亡くなったのかと思うと
切ないな。

589 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 15:37:48 ID:2pgc0O4xO
太平洋戦争中のある島で虐待される事も無く、充分な食料も与えられて終戦まで友好的な扱いをされた米軍捕虜がいた。
実話だが、これこそオカルト。

590 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 15:50:51 ID:kSObtuxBO
うちのおじいちゃんは、ボルネオ島で戦死してる。
30代手前の戦死。戦地からの手紙が遺ってて
『赤ん坊は元気か?』とか、まだ生後間もない父親の
心配をしてる様子が、メチャクチャ哀しい。
もちろん、うちの父親は、おじいちゃん(父親)に
抱かれた事なく、父子であっても実際は逢う事もなく
親の顔は写真で見ただけ…

先に居た子供や、生後間もない赤ん坊を残して
死んでゆく…無念すぎるくらい、無念だよね。

スレタイに合ってなくて、ごめん。


591 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 18:59:22 ID:xodkI75t0
>>588

うちはキスカ!

・・・でもその後ニューギニア  OTL

592 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 19:18:23 ID:08gLJZP40
>>589
欧米の映画じゃ、日本軍は捕虜を結構ひどい扱いしてるように描かれてるじゃん?
食料もたいして与えず、強制労働させて、みたいな
実際そうだったのかな...

593 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 19:22:51 ID:aq8P6ihX0
>>585
場所は房総のどこかで、まだ生えていると思う・・・
でも今探してもそのページ出てこないや

594 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 19:43:48 ID:uIF9C7dn0
>>592
年末に歌われる「第9」は、米軍捕虜が歌ったのが始まりだというし
いい扱いを受けた人もいれば、問答無用で処刑された人もいたんだろうな。

595 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 19:46:08 ID:89MBvFMK0
>>592
場所や部隊長によっても違うよね。
逆に捕虜には兵隊よりも良いものを食べさせてたんだけど、
後になってそれが捕虜虐待という事になった例も有るし。
ちなみに食べさせたのはゴボウ。

596 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 19:56:57 ID:uIF9C7dn0
体にいいからとゴボウを食べさせたのに「木の根っこを食べさせられた」と
恨まれたという話があったね。

597 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 20:19:35 ID:2pgc0O4xO
>>592
時と場所による。
待遇は決して善くは無かったし、虐待もしただろうが捕虜を取るだけ連合軍よりはマシ。

よく言われる「バターン死の行進」でも、大本営名義で辻の出した捕虜処刑命令を実行した部隊もあれば、自分達の貴重な食料を捕虜に与えたり、
捕虜の手当てをしてやった部隊もある。
捕虜に大量の死者を出したこの行進で、日本軍人にも多くの死者を出した。
米軍は戦後、フィリピンで投降した日本軍にバターン死の行進の報復として
件の行進とほぼ同じ距離を捕虜となった日本軍に歩かせたが、日本兵達はかつての米軍捕虜と違って落伍した兵を見捨てず
少ない死者を出して目的地に着いた。

598 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 20:19:48 ID:9Zq3ydpx0
>>592
>>595が言うとおりだと思うけども、
それは連合軍側にも言える事なんだよね。

599 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 20:29:41 ID:2pgc0O4xO
インドネシアの民間人収容所(主にオランダ人を収容)では一人の刑死者も出さなかった例もある。
戦後、インドネシアに進駐して来たオランダ軍は、この収容所の所長を戦犯として捕らえて
裁判を行ったが、件の所長を救ったのはかつて捕らえられていたオランダ人達だった。

ちなみに香港やベトナムで捕虜となった日本軍憲兵達は凄まじい虐待を受けた。

600 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 20:50:40 ID:uIF9C7dn0
戦時中、中国に不時着した米軍兵士は中国軍による虐待を恐れて
見つかる前に銃で自殺したとか。
あそこの残虐ぶりは世界一だからなーー

601 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 21:14:25 ID:ncVlnyz70
共和党のマケイン氏がリアルスキナー校長(シンプソンズのキャラクター。ベトナム戦争のトラウマが持ちギャグ)だったのは笑った。

602 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 21:26:02 ID:soglIL+e0
>>600
加えて山間に住む部族の中に”人身売買”を生業にしてる民族が居て、そいつ等に
見つかると奴隷として売られてしまう事も有ったとか・・・。


603 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 22:28:05 ID:v2NBsbdj0
>593
第九の持ちこみは、
WW2の捕虜になった米軍じゃなくて、
WW1で捕虜になった帝政ドイツ軍

604 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 22:31:08 ID:REdO30s4O
>>594
それ松山収容所で第一次大戦のドイツ軍捕虜。日清・日露、第一次大戦とほとんどの場合日本は捕虜に人道的。太平洋戦争の一時期一部がおかしかっただけ


605 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 22:44:12 ID:2pgc0O4xO
>>601
開放されただけでも運がいい。
ベトナム戦争中捕虜にされたアメリカ軍兵士達の多くは、ベトナムが市場開放するまで抑留され
その後処刑された。
ラオスもベトナム戦争終了後に米軍捕虜を処刑した。
また、北ベトナム軍の捕虜になった者の中(主に特殊部隊の隊員)には、ソ連や北朝鮮に連行された者もいた。
北ベトナム軍は捕らえた韓国軍兵士に対し、北朝鮮への亡命を積極的に奨めたりもしたようだ。
ベトナム戦争終戦から一ヶ月後に、カンボジアのコータン島で起きた、
カンボジア軍守備隊とアメリカ海兵隊との戦闘では
米軍がヘリで島から撤収する際に、脱出する味方を援護する為にヘリの発着場の森の両側に二名の海兵隊が陣取って戦った。
そして、この二名の兵士を迎えに来るヘリは無かった。
カンボジア軍守備隊はこの二名の兵士を捕らえて、悪名高いトゥールスレン刑務所に送って処刑した。

606 :372:2008/09/12(金) 22:59:19 ID:KBgpcAwr0
>>600
第二次大戦では、中国軍は友軍のはずですが・・・?
中国軍の中でも、共産軍(八路軍・新四軍)は、資本主義の手先の米兵を虐待していた、ということなのでしょうか。
あるいは、朝鮮戦争のときの話でしょうか。

>>604
同感です。
第一次大戦までは、一刻も早く先進国の仲間入りをしようと、実にけなげに国際法を守っていたようですからね。
ちなみに、日本の国際法学会は1897年に創立されていますが、これは、国内的なレベルでの国際法学会としては、ベルギーに次いで世界で2番目に古いものです。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 23:32:14 ID:ZmlBH3wp0
この流れなら聞けるかもしれない

ジェフリー・アーチャーの「十二の意外な結末」にある、
「ブルフロッグ大佐」での日本人将校が後に就業した企業ってどこ?
ブルフロッグ大佐が主教を務めた教会ってどこだろう?
物語とはいえ、元ネタが気になる・・・・

608 :本当にあった怖い名無し:2008/09/12(金) 23:48:48 ID:kSObtuxBO
>>593
推測でしかないんで、申し訳ないが 房総と聞いて
浮かんだのが、外房だった。
太東の海岸の方には、砲台も遺ってたりするけど
海岸は、砂鉄が混ざり黒っぽい砂浜なんだよね。

なんか、そっちの方なんじゃないか?って気がして
ならないんだけど‥
しつこいようだが、あくまでも推測ね。

スマソ。


609 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 00:22:28 ID:Xj1SnRaw0
>>607
あれは俺はソニーだと推測する
井深、森田のコンビ

610 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 14:30:58 ID:n3P8eewk0
  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     雑談は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 雑談   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛

611 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 17:54:16 ID:CwunxAA00
>>595
>>596
>>598
なるほどサンクスです、ごぼう=木の根っこ食わされたかぁ、
笑っちゃいましたw

逆に日本人捕虜は結構人道的に扱われてた、みたいに描かれてるじゃない
ですか?イラク人には米軍虐待してたりして、あんな酷いことはなかったのかな

612 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 18:17:05 ID:SThHNhH60
>>611
米が日本兵捕虜を人道的に扱ったのは、多分宣伝のため。
サイパン島では、投降して来た日本兵をもっと戦えと追い返して
全滅させたりして、捕虜にしようとしなかったらしい。
豪は、捕虜を後方に護送するフリをして、輸送機に乗せて
上空からパラシュートなしで飛び降りさせたそうな。


613 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 18:55:15 ID:X4FIxew+O
負傷した日本兵を戦車の前に一列に並べて轢き殺したりとダイナミックな処刑をやってのけた米軍。
沖縄では村人達を一カ所に集めて、その周りにガソリンを撒いて焼き殺したりもしたし、もとより人間として見てなかったんだろうね?
ロシアと共に北朝鮮に進駐して来た朝鮮人部隊の捕虜になった日本兵達も悲惨で、進駐前に韓国系(朝鮮出身)の日本兵が日本兵達を韓国側まで道案内
してくれた例もある。


614 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 19:31:17 ID:SThHNhH60
硫黄島の戦いで、西中佐(バロン西)を助けようとして、
投降を促したりしたのも米軍の宣伝だろうね。
ロス五輪の金メダリストだから、世界中に名前が知れ渡っているし
これ以上の宣伝効果はないよ。
米軍はいかに人道的に戦っているかを宣伝出来るよ。
これ以外の硫黄島の戦いでは、洞窟に篭って投降しない日本兵に対して
海水とガソリンを大量に流しこんで火あぶりにしたとか、戦死した兵士の死体に
隠れていた日本兵を死体ごと戦車で轢き殺したとか悲惨な事ばかりだよ。


615 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 22:17:40 ID:CjFwlM2e0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%AB%B9%E4%B8%80#.E6.8A.95.E9.99.8D.E5.8B.A7.E5.91.8A.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

↑これだね

616 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 22:37:41 ID:UawcGXV40
>>609
なるほど、アリガd

617 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 23:04:03 ID:hCbgYmeY0
主観や史実を語りたいなら、軍板か近代史板でやれよ

618 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 23:16:09 ID:aojfxYqD0
>>604
松山じゃなくて坂東じゃないの?
「バルトの楽園」になったトコでしょ?


619 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 23:29:52 ID:t1Go7eiJ0
>>614
戦車で蹂躙すれば逃げ出すと思ったんじゃないの?
戦場の死体処分は、どの国でも味方以外にはブルドーザーで押しのけたりするし
洞窟に火炎放射とか黄燐発煙弾使用も、降伏しないなら仕方ないと思う。
日本兵数人で夜襲かけて小島の守備隊追い払ったりとか
たった一人の日本兵が小銃と手榴弾で百名以上を死傷させたりするから放置できないし。

米国の捕虜に対する扱いは、他のどの国と比べても良かったんじゃないかな?
ハワイ収容所の責任者も優しかったそうだし、本国の収容所司令官は
日本のレコードを買ってきて捕虜たちに贈ってくれたりと大事にしてくれたそうだ。

それに負傷した多くの日本兵の命を救ったのも米軍くらいだと思う。
なかには玉砕が決まった日本軍の野戦病院で
軍医がひとりづつピストルで患者を撃ち殺してまわっていたが自分の番のときに
弾切れとなったので毒を飲まされたが、意識を失って気がついたら米軍施設だったという人もいたそうだよ。

620 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 23:47:03 ID:ZUJnV+ZK0
既女板のオカスレと同じで
1度話が脱線すると修正は不可能らしいw

621 :本当にあった怖い名無し:2008/09/13(土) 23:47:16 ID:3lmKX42Y0
30 名前: ななしのいるせいかつ 投稿日: 2007/11/28(水) 17:55:28
祖母から聞いた話。

太平洋戦争最後の年、畑で勤労奉仕の仕事をしていたら、白いモンシロチョウが、婆ちゃんの周りをしばらく飛び回り、どこまでも後を付いて来たので不思議に思ったそうだ。

「この蝶々さん、私の事が好きなのかしら?」
と友達と冗談を言って笑顔を見せたら、満足したかのように青空へ飛び去ったという。

後から知ったそうだが、
その日、祖母の幼なじみで初恋の相手だった男性が、神風特攻隊員として出撃し、沖縄にて戦死した日だったそうだ。

622 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 01:21:26 ID:0nhrZLijO
>>619
捕虜になるまでが難しいがなw
病院船も何隻沈められたやらw


623 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 02:07:49 ID:iOIkIUo00
日本軍にはこんなエピソードが有るんだが
http://jp.youtube.com/watch?v=wRcOmYgdp4E
http://jp.youtube.com/watch?v=QByCyliKXcI
http://jp.youtube.com/watch?v=Q_SbowJUWV4


624 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 10:43:57 ID:RdMsT3VI0
日本人も中国人もアメリカ人も結局人間であることに変りはないということ
だな。神仏にも勝る慈悲をそなえた者もいれば、鬼悪魔に匹敵する残虐非道な
人間もいるということだ。

625 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 15:09:11 ID:PwnugzvX0
組織全体を一個の人格としてみるからおかしくなる。

626 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 15:13:49 ID:YKs20Gs70
>>623
これすげーな。全員助かったかどうかは不明だが、歴史に残る美談だな

627 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 15:40:04 ID:QsXiz84l0
原爆投下後、広島、長崎がすぐに復興したのが怖い。残留放射能に汚染されたら、数百年は人が住めない状態になる筈なのに、何故なのか?

628 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 15:43:13 ID:ymv0wU7bO
今でも長崎とか広島の地面はガイガーカウンターが反応するし、
野菜は微量ながらも汚染されてるから買わない方が良いとは聞くな。

629 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 15:52:47 ID:bxA/7wO+0
>>623
まだ日本が優勢だった頃の話だしなぁ・・・
たしかに工藤中佐が偉いことには変わりないけど。

630 :アメリカ人:2008/09/14(日) 18:40:40 ID:/jESeki5O
日本中国朝鮮がいがみ合うのは我が国の政策です(^_^)
東アジアが結束したら面倒ですからねw
モンゴロイドのみなさんを洗脳するのは簡単ですプッ

631 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 18:53:00 ID:WV5ZaVXo0
>>630
出たな、6大勢力のボス、円卓会議の連中め!
爬虫類人レプティリアン!!
貴方達の人口削減、世界統一共産主義国家の野望は、日本とアルザル統合を実現して、阻止させていただきます!

632 :本当にあった怖い名無し:2008/09/14(日) 21:34:42 ID:iOIkIUo00
強制労働?なのに待遇が良いな。
一日白米7合は食べきれないよ。
http://jp.youtube.com/watch?v=WAJodmlzvXc&feature=related




633 :本当にあった怖い名無し:2008/09/15(月) 21:58:42 ID:kPQPu+ahO
>>627
戦後の調査(たしか45年の9月や10月だったはず)でも予想より量が少なかったから不思議がられたが、その年の台風で汚染物質が流されたり飛ばされたから
という結論になってたはず


634 :本当にあった怖い名無し:2008/09/16(火) 09:28:30 ID:3xPxM9S60
>>606
>>600の話は本当か知らないが、中国人に米兵が襲われることは珍しくなかった。
弱っている白人=金持ちに対する追剥みたいなもの。
だから、日中戦争時の米兵パイロットの着ていた革ジャンに
「この人は味方だから、襲わずに助けてあげて」みたいな中国語が背中に書かれていた。
実は日中戦争当初、米国は日本に宣戦布告をしてない。
米兵は義勇兵と言い訳をして、軍で整備した機体&部隊単位の参戦であった。
これは立派な国際法違反。



635 :本当にあった怖い名無し:2008/09/16(火) 09:54:28 ID:Jz7cYjoGO
米軍は人道的な軍隊だねw
サイパン戦で生き残った田中徳裕・元陸軍大尉(独立混成第47旅団)の証言
・「米軍は虐待しません」の呼びかけを信じて洞窟から出てきた婦女子全員が素っ裸にされ、数台のトラックに積み込まれた。「殺して!」「殺して!」の絶叫を残してトラックは走り去った。
・次には滑走路に集まった老人と子供の周りにガソリンがまかれ、火が付けられた。
たちまち阿鼻叫喚の巷と化した滑走路。我慢ならず我が兵が小銃射撃をしたが、米軍は全く無頓着に蛮行を続ける。
・火から逃れようとする老人や子供を、米軍はゲラゲラ笑いながら火の中へ蹴り飛ばしたり、銃で突き飛ばして火の中へ投げ入れる。
2人の米兵は草むらの中で泣いていた赤ん坊を見つけると、両足を持って真っ二つに引き裂いて火中に投げ込んだ。
「ギャッ!」という悲鳴を残して蛙のように股裂きにされた日本の赤ん坊とそれを見て笑う鬼畜の米兵ども。
・こんなに優勢な戦闘状況にも拘らず、米軍は毒ガス弾(赤筒弾)攻撃まで仕掛けてきた。
・マッピ岬にたどり着いた田中大尉は、岩の間に一本の青竹を渡し、それに串刺しにされた婦人を見た。
さらに自分と同じ洞窟に居た兵士や住民が五体をバラバラに切り刻まれて倒れているのを眼前に見た。
田中徳裕著『我ら降伏せずサイパン玉砕戦の狂気と真実』



636 :本当にあった怖い名無し:2008/09/16(火) 20:48:48 ID:QA+4jEuB0
降伏したくてもできないな
アメリカ兵の一人ぐらい殺さないと
死んでも死にきれん
成仏しろって言われても成仏できないわ

637 :本当にあった怖い名無し:2008/09/16(火) 21:02:05 ID:P88Icqpc0
これだというのに「さとうきび畑の唄」や「最後のナイチンゲール」ときたら…

あんな作品が日本で作られることこそオカルトレベルの信じられない出来事だ。

638 :本当にあった怖い名無し:2008/09/16(火) 23:06:33 ID:pVXycfTA0
…玉砕した方は、少なくとも自分の命を自分の意志で絶つことが出来たんだな……

639 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 00:04:55 ID:m8gbAFwB0
>>635
戦陣訓は至極もっともだ

640 :372:2008/09/17(水) 00:58:44 ID:M/tHajVc0
>>634
なるほど、追いはぎ化した中国の一般住民が不時着した米軍のパイロットを襲う、ということならあったでしょうね。

ちなみに、日本と中国との間には、真珠湾攻撃まで戦争状態が成立していませんでした。
日本側が、国際連盟規約や不戦条約で禁止されている戦争に該当しない、「合法的な、戦争に至らない武力行使である」と主張して、宣戦布告をせず、中国側もまた、宣戦布告をしなかったからです。
中国側が宣戦布告をしなかったのは、へたに戦争状態が成立すると、第三国に中立義務が生じ、米英からの軍事援助が受けられなくなるため。

641 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 02:47:05 ID:oOZp8nHfO
女子供が鬼畜な米兵にこんな惨たらしい殺されかたをしたのに、パンスケどもの行動は凄いねw
売国奴なんてレベル超えてるわw



642 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 03:07:18 ID:a/bLBoXcO
さすがオカ板レベルが低いわ

643 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 03:11:48 ID:qwnlgAfYO
>>642がそれを物語っている

644 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 10:13:50 ID:dJD7aCRZ0
パンスケのなれの果てが、あの野球監督の悪妻か。
黒人演歌歌手のばあちゃんも、アメリカで幸せに暮して・・と美談ぽく
語られるけど、何か聞くたびに複雑な心境になる。

645 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 11:41:40 ID:PC77LEOx0
>>641
マジレスは如何と思うが。
>女子供が鬼畜な米兵にこんな惨たらしい殺されかたをしたのに、パンスケどもの行動は凄いねw
って。戦地にいた民間人がどんな殺され方したかなんて、今だから解る
事だろ。んでもって、金がない、食い物がない、仕事もない。
なら、生きる為にはどんな事でもしなきゃならんのが戦後だろ。
その行為を売国奴と言えるお前さんはwww

でも個人的には>>642に賛成だ。


646 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 11:53:45 ID:jXFtJvgn0
愛国者の大好きなニッポンが国策として米兵相手のポン引きしてたのも知らんの。
RAAというんだが。

647 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 12:17:03 ID:0sEV52LK0
日景忠男氏は台湾で兵隊さんに悪戯されてああなってしまったらしい。

648 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 13:38:07 ID:oOZp8nHfO
>>645 内地なら何も知らないという根拠は? 生きてく為なら敵にマンコを開くのが素晴らしいとかどこの朝鮮だよ



649 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 13:49:12 ID:G8WOT0dgO
映像見るまで何とも思わなかったけど
米兵にニコニコしてついてる映像みたら何とも言えない(´・ω・`)こんな感じになった

650 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 15:28:37 ID:dJD7aCRZ0
「はだしのゲン」でもあったよ。両親を亡くした姉妹の姉のほうが
米兵にレイプされて「こうなったら金をしぼりとってやる!」とパンパンに
なる話。妹は米兵とキスする姉に石をぶつけるが、姉の本音を聞いて謝罪、
姉が「こんな女に誰がした」と泣きながら歌う。
最初は金目的でも、結婚までいく日米カップルもかなりいたのかな?

651 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 16:43:47 ID:Cll5VZ3p0
>>650
あのコンビーフの話か

652 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 17:33:06 ID:ZL2KrCmDO
2chは四十代おやじが多数のはずだがオカ板は違うのか

653 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 17:54:50 ID:gGq4R4PS0
駐留期限が切れる日に、一斉に日本人女性との結婚届けを出す
「オンリーさん」と呼ばれる米兵の姿をニュース映像で見た
駐留兵隊は基本的に田舎の若者だから、のぼせ上がるのも早い

まさかそれから四十年かそこらで日本が米国より金持ちになり
欧州あたりで日本人娘が大モテになろうとは夢にも思わなかっただろう

654 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 18:38:36 ID:xswgmTh0O
>>648
誰も素晴らしいとは言ってない訳だが…
生きるためには仕方ない面もあったよなってことだろ
実際そうやって泥すすってでも生き延びた人がいるから今があるわけで
誰と闘ってるの?

655 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 19:16:29 ID:qwnlgAfYO
ベトナムで戦後、ベトミン軍に加わってフランス軍相手に戦った日本兵もオカルト。
ベトナム人を率いてフランス軍の兵舎に斬り込む前に、全員でバンザイを叫んだだけでフランス軍は逃げ出してて兵舎はもぬけの殻だったそうな…
仏印処理の時なんかたった四人の日本兵に八百人のフランス兵が武装解除されたりした。
ちなみにベトミン軍の士官学校の初代校長は元日本軍人

656 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 19:38:37 ID:dJD7aCRZ0
日本人て特攻までやらかしたし、やるときゃやる国、
今でも油断ならない国だと思われてるのかな。
隣国のヒステリックな反応見てると、何ビクついてんのかなーと
笑ってしまう。いくらなんでも「ケロロ軍曹」見て軍国主義復活?とか
ありえんイチャモン付けてたし・・

657 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 20:15:47 ID:rRCQeUodO
体中撃たれて、米軍に死亡認定された三日後に復活して、捕虜になってからも度々大暴れやらかすとか、もはや人間ってレベルじゃねえよな

658 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 20:28:21 ID:dJD7aCRZ0
中国では、人口より多く殺したという奇跡も起こしてるし。

659 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 20:49:41 ID:qwnlgAfYO
1937年の南京では、中国人三十万人が整理券と番号札と的を持って日本軍の機銃の前に整列した。


660 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 20:50:14 ID:2Lo3aY+n0
>>655
そこまでくると異様なほどだな
「日本軍の幽霊がでた!」と思ってびびったんじゃなかろうか

661 :本当にあった怖い名無し:2008/09/17(水) 23:57:02 ID:vyJC1PCn0
>659
南京事件があった(とされる)のは12月から1月にかけてなんだけど、
30万人の亡き骸を埋葬するに、何万人必要だったんだろう。
(冬の凍結した地面を掘るだけでも一苦労するんだが)

宗教団体のボランティアがやったと聞くが、そのスタッフが食べる食料は?
当然、二三日で終わるはずもないのに、埋葬作業の期間、
動員されたスタッフたちは何処で寝泊りしたのか?
トイレはどうしたのか?

・・・いろいろ突っ込みたいけど、今日はこの辺にしようw
(ま、中共宣伝部とアメリカの情報機関OSSが誇大に喧伝したんだろうけどな)

662 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 00:17:15 ID:UbzH7e9U0
ここまで読んで思ったこと

もし俺がその当時の日本軍の敵国のいち兵士、将校だったら
絶対逃げる。たとえ捕まったら軍法会議で重罰になろうとも
日本人だけとは戦いたくないーーー!!
恐怖におびえて地の果てまで逃げる

663 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 02:43:55 ID:1FQxBbI80
中国や南/北朝鮮がなぜ日本に対してヒステリックになるか?
中国は、WW2では日本に勝ったとの認識が無いでしょ。
どの戦いでも攻撃されては逃げ回っているだけなんで、
中国人自体もアメリカが勝たしてくれたくらいの認識ではないかな。
朝鮮は日本の一地方だったし、敗戦後に勝手に戦勝国と
言い出したけど、日本軍とは戦ってないよ。
結局まともに戦って負けたのはアメリカだけなんで、
中国も朝鮮も本当は未だに勝った認識がないんだよ。
まともに戦って勝てない国が隣にあると、
物凄く怖いんで、やたら反日になったんだろうね。


664 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 10:35:53 ID:alKM4cOE0
うちの母親は終戦時に子供だったせいか、マッカーサーのおかげで日本は
良くなったと、見事に刷り込まれてる。
隣国に関しては、すごい見下してる。三流国だと言い切ってる。

665 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 13:59:09 ID:QatetQDj0
>>664
まあ、中韓が三流なのは事実だしな。

アメリカからすれば、当時ソ連に対する防波堤として日本を強化
してただけだけどな。
アフガンでタリバンを支援していたのと同じように、アジアで日本を
支援しただけ。

666 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 15:25:20 ID:3kC8XWpf0
戦後に『まっかーさー元帥』を讃えた絵本があったように、戦前には『ひっとらー総統』を讃える
幼児向け絵本が存在したという。(どちらも日本の話)
終戦のその時から、「鬼畜米英」→「民主主義万歳」にいきなり主義転換した大人連中を目の当たりに
見た当時の子供達の内心の衝撃もスゴかっただろうなあ・・・



667 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 17:08:20 ID:1qEwLDFz0
多くの外国は日本人がこんなヘタレだとは知らない。
歴史の多くを戦士階級が支配し、ちょんまげ結ってた時代から
幾年も経たない内に大国と対等以上に戦い、
あまつさえ全世界相手に戦争して連合国を悩ませたのはつい六十数年前。
今の日本の優柔不断な弱腰外交を見ても、ひょっとしたら策略だと勝手に
思ってるのかも。

でも実は底からヘタレ。
バレたらやばいぞ。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 17:28:33 ID:s955xu4T0
ハリウッド映画にサムライとニンジャとカタナが出てる間はまだ大丈夫。

どーでもいーけどなんであいつらフィクションで
北海道に重工業の超一流企業や世界的コングロマリットを置きたがるんだ?
雪印とハドソンしかないだろ。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/09/18(木) 23:32:38 ID:XjsOKEWB0
>>667
李登輝、あんなに頻繁に日本に来てるのに
なぜそれに気づかず、相変わらず古きよき日本への幻想を抱き続けてくれるのか
さっぱりわからない。
そんなに愛してもらえる程、今の日本は立派じゃないよって
すごく申し訳ないし、本当に悔しいし・・・。

>>663
ベトナム旅行してるアメリカ人に、なんかもやもやした感情が・・・
ベトナムについて話すときに「とても美しい」って言うんだよ。
その響きの空々しさがもう。

うまく説明できないんだけど、アメリカにとって屈辱的な敗北をきした戦争の相手で、
しかもそれは、腹の底から見下してる黄色い豚どもなわけで。
勝手にあがりこんで大暴れして、ボコボコにやられて尻尾巻いて逃げて、
なんか「戦争はよくない」とか勝手に喚き散らして、
(ベトナムにとっては「いったいなんなんだよ、おめーらはよ」って感じ)
でも、黄色い豚にボロ負けたことを本音の本音では
「そんな馬鹿なことがあるものか」
とか思ってるくせに「私たちは酷い戦争をし合った相手の国へ観光に行って、
過去のことなど忘れてこんなに紳士的にふるまうんです」みたいな顔してて

すいません、どなたか私の言いたいことを簡潔な言葉にしてください。
もう長いこともやもやし続けてるんだけど、この感情が的確な言葉にならない。

670 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 01:04:05 ID:wg1Ch2Nw0
米国の日本ヘタレ化&愚民化政策は大成功に終わった。

問題は米国自体も…

671 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 01:59:43 ID:vbi+CnKxO
人の痛みの解る国は強い。
次は負けんぞ!

672 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 04:12:50 ID:8YMN93z10
>>670
だよなぁ・・・誰も事故米でデモとかしないしな・・・
お隣の国はBSEのことで1200回だかデモが起きたって言われてるのにw

673 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 05:47:24 ID:OojlFc/c0
>>672
その程度のことでデモなんてするようでは、シナチョンと同じレベルだろ。
俺たち日本人は民度が高いんだ。
少々政治に不満があろうとも、粛々として整然と指示に従う。
それが日本人としての美徳であり、大和民族の誇りってもんじゃないか?

シナチョンと日本人を同一視するのは冗談でもやめてくれ。

674 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 08:39:33 ID:tTF+irau0
そりゃあこんなにも平和な時代ですから

明治維新、敗戦、既存の支配体制が崩れるくらいの衝撃がないと回天は不可能

675 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 09:17:41 ID:d59y39ke0
事故米騒いでても普通に食卓には白い米のご飯が上るもんなぁ。
米が手に入らなくなればいつぞやのようにすぐにおとなしい日本人も大騒ぎするよ。

676 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 09:31:01 ID:f12X9BzM0
>>673
だから下族東洋人の中で一番だめなんだよな。イエローモンキー

677 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 09:54:58 ID:acCOFx6v0
>>676
日本人は、一般的に言われる「黄色人種」ではないよ。
黄色人種(イエロー)とは韓国人や中国人のことを指す言葉であって、
日本人はむしろ白人の仲間と欧米では考えられている。

678 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 10:40:57 ID:AvrTzdrm0
>>677
そんなわけないやろ〜

679 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 10:42:20 ID:med63Bgy0
断言するならソースを示してくれ。

680 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 10:47:04 ID:vbi+CnKxO
>>677
それ白人至上主義団体の奴らが言ってた言葉じゃなかったけ?
「ただ、日本人は例外的に我々サイドのなんとかかんとか…」とか言ってた

681 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 10:52:08 ID:Il8khDe+0
戦争中は、英米の人達は日本人を、
「サブヒューマン;半分人間」「イエローモンキー:黄色い猿」
と本気で思ってたから、捕虜虐待も平気で出来たんだろう。
まあ日本人も英米を鬼畜と言ってたからお互いかも知れんが。
南アフリカでは、日本人は名誉白人とか言われているらしいが、
向こうが勝手に付けた名称なので、喜ぶのも何だかな。

682 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 10:59:59 ID:JRbfHdGQO
こんな小さい島国が米や露、及び国連軍相手に戦い抜いてきた事がオカルト

今の日本じゃ姦国だけと戦争しても負けそうだわな



683 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 12:59:23 ID:vbi+CnKxO
韓国どころか、モナコだけと戦争しても(ry

684 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 16:19:26 ID:49lXrpP+0
日本人の民度だって高いとは言えないと思うがねぇ

685 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 16:42:49 ID:PKjJwsVLO
>>682
国連軍てなんだよw
お前には軍板で訓練を受けてくることを勧める

686 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 20:03:25 ID:rgDfbuw20
訓練以前の問題だろ。小学校の社会からやり直すべきだ。

687 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 20:10:12 ID:JRbfHdGQO
軍板で修行完了
連合国軍と国連軍の間違いなw



688 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 21:42:22 ID:vbi+CnKxO
気楽にいきましょやw

689 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 22:15:25 ID:rgDfbuw20
>>687
うん、殊勝な行いだ。オマイの謙虚さに乾杯。

690 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 22:31:31 ID:acCOFx6v0
>>687
実は、連合国も国際連合も、英語でいうと"United Nation"だから同じ組織だけどね。
実際中国語では、今の国連も「聯合国」だ。
かつての敵国陣営に加わるというのをごまかすために、意図的に日本語の訳を変えたわけ。
これを踏まえると、なぜ現在の国連に敵国条項があって、いまだに日本が名指しされてる
意味が理解できると思う。

691 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 23:28:17 ID:huryvpur0
で、不思議な話や怖い話はどこにあるんだ?カスども

692 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 23:33:20 ID:vbi+CnKxO
↑てめーで調べろカス頭

693 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 23:38:17 ID:huryvpur0
>>692
671 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 01:59:43 ID:vbi+CnKxO
人の痛みの解る国は強い。
次は負けんぞ!

こんな頭悪そうなこと書いてる人に言われても・・・

694 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 23:43:09 ID:wg1Ch2Nw0
>691
危険海域を航行する、自国船籍のタンカーの護衛を他国に任せ
自分たちだけの安全を確保しようと主張する党首が
堂々と幅を効かす国家が
かつては、世界中を敵に回して
勝てる見込みの無い戦いを仕掛けた事実。

695 :本当にあった怖い名無し:2008/09/19(金) 23:47:51 ID:huryvpur0
>>694
面白くないから
あとアメリカに戦いを仕掛けたのはそうせざるを得なかっただけだろ
ハリマンの提案を拒否した時からこうなることは決まっていた

696 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 00:27:45 ID:fLZuSQSY0
今年、オーストラリアのちょっと田舎に行ったら、おもいっきり差別された。
飛行機も黒人やアラブ系と一緒に、一番後ろのほう。機内食は白人から選んで
いって、私達は選びようのない残りだった。一番のカルチャーショックだったよ。

697 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 00:41:42 ID:BCn5GhZfO
>>693

テメーが一番レベル低い

698 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 00:44:28 ID:oENQdfEP0
世界は広いんだから差別が根強く残ってる地域は多いだろうな。

699 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 12:00:42 ID:3Wd12lEA0
>>677
それって典型的な「同じ東洋人を見下し」「欧米人を模写する」
古い”日本人の”自己満足的な考え方だよねw

>>696
そーゆーリアルな体験って普段島国に住んでて、差別とか無縁の生活してる
とびっくりするよね、南米とかの人も、東洋人とか内心見下してる感じが
した、あとドイツ系の人って結構親日っぽい人が多いんだよなぁ、
たまたまかもしれないけどorz

700 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 12:15:09 ID:zHofijC90
まー、キムチだチャンコロ言ってる俺らと同じだろw
差別だとしても墜落したとき助かりやすいとか
白人たちが先に毒見してくれたって思えばいいじゃん。

でも冷遇されたときの疎外感って、やるせないよなー。

701 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 22:15:55 ID:MUG/FrfU0
キムチ、チャンコロ言いながら
本気で差別してる奴なんて2chにいるのか?
差別心から言ってるんじゃなくて、
腹が立つから、別に言いたいわけでもない言葉を
敢えて使ってるんだと思うんだが?

702 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/20(土) 23:30:43 ID:1ebCYYol0
>>701
そうだったのか。教育の足りないヤツの未来を憂いでいた。
すこし安心した。

703 :本当にあった怖い名無し:2008/09/20(土) 23:31:11 ID:ttq9OJ8TO
やっとこ軍板で修行積んだのに…次は人権板で修行せにゃついてけない話題だがw
取り敢えず、白人による有色人種差別みたいな、日本人によるあからさまな在日朝鮮人に対する差別は現実には無いんじゃないか?
寧ろ俺達国民の方が虐げられてる気がする。



704 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 02:34:14 ID:2nLUll670
>>699
親戚が長めの貧乏アメリカ旅行で、ユースホステルみたいな安い宿利用してたらしいんだけど、
いろんな国の旅人と知り合って、そこで仲良くなって一緒に行動したりするのは、
決まってドイツ人、イタリア人って言ってた事あったよ。不思議と日独伊で固まるんだそうだw
なんかあるんだろうね・・・。

705 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 02:58:13 ID:WthGiEze0
>>704
それたまたまじゃねえの?w

外国に留学してる人の話をいろいろ聞くと、やっぱりアジア人はアジア人同士、
黒人は黒人同士が仲良くなるみたいよ。
日本人であっても、韓国人や中国人と固まることが多いって。

2ちゃんでこんなこと書くと、猛烈に反発受けるだろうけどw

706 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 07:44:47 ID:gzJFa9yw0
てか、ここいったい何のスレだよw


707 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 07:52:41 ID:rtCc+09h0
>705
アメリカで豆腐を売ってる会社の社長が書いてたけど、
アメリカでは黄色人種がマイナーゆえに、日系・中国系が互いにシンパシーを持つと言ってたな。

あと、日系だということで社員に採用したら、社長にハラスメントされたとオーバーに騒ぎ立てられ、
訴訟沙汰になり、それに懲りて普通のアメリカ人を採用したとか。


708 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 09:59:56 ID:2nLUll670
>>705
貧乏バックパッカーの類だからだと思うけどね。まぁ聞いた話だからw
海外旅行で中国人がアメリカに行くのに貧乏な人っていない気がする。
韓国人はどうかしらないけど、安宿に泊まるような人はあまりいないイメージだしさ。
仮にいても、なんとなくチャイナタウンやコリアンタウンに行くんじゃないかと予想。
確かに留学生の場合はそういう話は聞くね。アジアで固まるのは多いらしい。

怖い話関係ないねwwwスレチゴメソwwww

709 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 11:15:14 ID:DsFoH2Xo0
オーストラリアに留学してた奴が言ってたけど、オーストラリアはまだ日本人に対する差別はマシな方らしい

俺の経験では、ドイツ人は親日っぽいイメージがあったけど、見下されてる気がした

>>708
逆に考えると、こっちに留学に来る外国人はやっぱり外国人同士固まる傾向にある気がする
同じく中国人は中国人同士、白人は白人同士といった具合に

710 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 14:11:26 ID:NZk+xosi0



ここは


太 平 洋 戦 争 中 の 不 思 議 な ・ 怖 い 話 を す る ス レ で す

711 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 22:57:59 ID:qY4nnSiB0
どこで読んだのかあるいは人に聞いたのかは覚えてないんだけど
そして実話か伝説かもわからないんだけど
とある日本の一部隊が敵に囲まれてあわや皆殺し、という時に
その部隊の隊長が
「部隊の皆を並ばせてからはじめに自分の首を斬ってくれ。
 そうしたら自分は走ってみせるから、自分が走った距離までの
 隊員は助けてくれ。」と言って首を斬られた、そして走った。
そして首のない隊長は部隊員全員が助かる位置まで走って倒れたという。

712 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 23:14:01 ID:kH2os+KJ0
ここでいいのかな
お盆の頃、実家に帰ったら娘が「庭にしろい制服の人がいるよ」
帽子もかぶって、敬礼みたいなことしてたとか言った
時々変なこという子だけど、
そっち方面にばかり気をとられてもまずい
とか聞いてたので(霊感の強い子供を持つ親へのアドバイスだったかな)
適当にスルーしてたら今日TVでやってた映画「男達の大和」見てたら
将校さん指さして、この服だよ!おばあちゃんちでみたの、といってた。
海軍将校の白い制服なんて、親の私も知らなかった。ぞっとなった
海軍の偉い人?なんでうちの田舎に・・・?
確か、ひいじいちゃんは日露戦争で亡くなってるんだけど・・・
子供は寝かせた。あまり触れないことにする

とりあえず、お彼岸にお墓参りに行ってきます

713 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 23:30:47 ID:1XXGM82Z0
今「男達の大和」をテレビで放映してるけど、
実際の沖縄特攻の時に、46cm主砲は打ったのかな?
本は何冊か昔読んだんだけど、雲が低くて敵機が見えなかったので
一発も打たなかったという話と、三式弾を打ちまくったという話の両方を
読んだ記憶があるんだけど、どっちなんだろう?
あと、大和が最後まで対空砲火で敵機をバタバタ撃墜したという話と、
一機も落とせなかったという話の両方を読んだ記憶があるんだけど、
このあたり詳しい人いたら教えて。


714 :本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 23:54:20 ID:eZRDgEAc0
今の日本があるのは彼のおかげなんだから変な風に
考えず、実家を守っていると考えたほうが自然。
霊になっても大和魂は健在のはずだから
悪霊からきっと守ってくれるよ。

715 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 00:00:31 ID:9kQqMCmP0
711
sugeeeeee!!!!

716 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 00:14:29 ID:Id/iPGz6O
>>713
あの映画は全く参考にはならないからねえ
とにかく朝日新聞がスポンサーって時点で
 糸冬 わ り

717 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 00:27:43 ID:A7PoD8Zv0
あんな泣けない戦争映画もそうはない。

718 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 00:33:25 ID:XMfLJllpO
沖縄特攻の連合軍側作戦機の損失は
13機(空母帰還後破棄も含む)

719 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 00:34:16 ID:efP2uAAj0
>>712
沖縄特攻では、斉射三回で計27発の三式弾を発射していたと思う
航空機相手だと、照準が合わせられなくなるほど接近されると主砲の撃ちようがないから、打ちまくるということは基本的に不可能
また、自艦の防空能力に干渉するので好ましいことでもない
例を挙げると、シブヤン海では武蔵が退避警報を出さずに主砲を発射したもんだから機銃員が大変悲惨なことになった
(菊水作戦の時の大和では一応対策はされていたけど)

720 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 00:38:05 ID:XMfLJllpO
ジャイロなしの対空砲

721 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 01:32:22 ID:uqkmi8da0
>>719
>シブヤン海では武蔵が退避警報を出さずに主砲を発射したもんだから機銃員が大変悲惨なことになった

kwsk!


722 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 01:50:51 ID:efP2uAAj0
>>721
諸説あるんだけど、主砲の爆風で機銃員がふっ飛ばされたという話
大岡昇平氏の「レイテ戦記」から引用してみる

「対空戦闘のため主砲も三式弾という対空焼夷弾を発射する。
合図のブザーが鳴ると共に甲板上に増設された高角機関銃の射手たちは、適当な遮蔽物を見付けて避難しなければならないのだが、
戦闘中でブザーの音が聞こえなかったり、実際鳴らなかったりするから、多くの者が海上に吹き飛ばされた。」

この本けっこうエグい表現が出てくるんだよね
「空から降って来る人間の四肢、壁に張りついた肉片、階段から滝のように流れ落ちる血、艦底における出口のない死、
などなど、地上戦闘では見られない悲惨な情景が生れる。」とか^^;

723 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 02:52:31 ID:LrK/fzZi0
>>711
それは外国の軍隊でも同じパターンの怪談があるね。

724 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 06:42:03 ID:8kUay+ab0
>>718
たった13機しか落とせなかったの?w

なんとも・・・いや情けないなぁ・・・
どっかで艦艇に穴でもあけて沈めたほうが良かったんじゃないの?

英霊を馬鹿にするきは無いけどマジ犬死だよ。

725 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 11:38:56 ID:JUnCtqW90
『男大和』観たけど、ほんと特攻って意味ねえよな。その根底には「必ず
我々の姿を見て神風は吹く」とかいう妄想があるんだろうけど。

みんな「お母さ〜ん」と叫んで突っ込んでいったんだと思う。

726 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 11:48:20 ID:DOZSZZpp0
>>712
柳田國男の遠野物語にも「白い服の日本兵」の話があったと思う。
日露戦争の。

727 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 12:58:39 ID:czo9Ax3rO
今は亡きじじいが中尉だったんだけど、やっぱりそれ位では大したことないの?

728 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 13:53:20 ID:+b7ajsOXO
誰かが死んだと同時に昇任するから状況中に軍曹って命ぜられても意味なし


階級なんて意味ないよ

729 :本当にあった怖い名無し:2008/09/22(月) 18:19:40 ID:gH9cqfiS0
>>713
間違いなく主砲をバカバカ撃ちまくったってことはない。
>>719>>722の言うとおり主砲斉射は発射時の爆風でとんでもないことになるから、大抵高角砲の有効射程圏内に
入る前に1、2回三式弾ぶっ放して終わり。あとは高角砲、機銃の出番になる。
日本は最後まで近接信管の実用化はできなかったし、25o機銃の威力も米軍機に対しては威力不足だったから
撃墜数も少なくて当たり前。

なのに男たちの大和はこれでもかというくらい機銃無双が繰り広げられている…
たしか去年だか一昨年のTV放送時に軍板で、劇中で大和が8機も叩き落としてたとか言ってたかな。

>>727
終戦時に特進した軍人も多いから、最終階級はあまり関係ないと思う。

そもそも階級なんて名ばかりで階級の低い人らがばんばん活躍してたりするから、
大したことないにしても、あくまで「階級的には大したことない」だと思う。
でも尉官になれるくらいなら十分じゃね?
たしかうちの曾祖父ちゃん、陸軍伍長だったと思ったな。

730 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 23:54:39 ID:uqkmi8da0
>>722
d。

消防の時、武蔵沈没時の乗組員の体験記(小学校の図書館で借りた本)を読んだ
が、直撃弾を食った隣の機銃座の跡は赤い粘土を細かくちぎってばらまいたよう
だった、って書かれてたのを思い出した。

731 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 05:32:49 ID:juGTRNIU0
司馬だったか小説読んだときに日本海海戦の前
船の中に消毒液をぶっ掛けまくるシーンがでてきてすごいなと思った。

732 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 06:30:39 ID:M5Al8w6+0
http://jp.youtube.com/watch?v=nsNlmiLJGIw&feature=related

40cm砲でこれだから46cm砲はさらにすごいのか。

733 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 19:35:48 ID:tWlXeJgw0
現実はその46センチ砲以上の破壊力のある爆弾を、飛行機がはるか遠くまで運んで爆撃出切るようになった事。


734 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 20:31:44 ID:EZ8DeHX10
さらに現実はその46センチ砲以上の破壊力のある爆弾を、ミサイルがボタン一つではるか遠くまで飛んでけるようになった事。

735 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 20:41:35 ID:8AGpGjnn0
それでもイージス艦「みらい」のトマホークでは大和に勝てないと言い張る事。

736 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 21:02:52 ID:tWlXeJgw0
大和の欠点はレーダーが、ニュージャージ級に比べて貧弱だったところ。

737 :本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火) 21:59:06 ID:8/Jea75KO
家の爺も内勤で中尉だったけど随分待遇良かったらしいぞ
婆さん弁当届けに行ったら敬礼されてちやほやされてお土産貰ったりしてたらしい
小学生のおれが、他の兵隊さんが大変なときにおめえはなにやってたんだ と怒ったら
北海道でUFOの研究してたとか言うんだけど
20年前の事だから俺も忘れちまったなあ、生きてるうちにしっかりと聞いとけば

738 :金太:2008/09/24(水) 04:17:23 ID:2I1vturh0
>>737
すると君のジーさんはいわゆる「技術将校」というものか。
エリートですな。
しかし北海道でというのがどーも気になる。
確かに北海道にも陸軍の研究所があったはずだが、
君がUFOと表現したものの正体は何か。
ドイツでも研究されていた円盤型戦闘機か、
はたまた誘導兵器かあるいは風船爆弾みたいなものか。
マンガにあるみたいに「実は旧軍は宇宙人のテクノロジーを
兵器へ転用しようとしていた」なんて展開になったら
それこそオカルトだが。
お土産も気になるなーw
僕の知っている技術部の人は
角砂糖なんか家族に持ち帰ってたけど。
お父上は何かご存知かも知れないな。

739 :本当にあった怖い名無し:2008/09/24(水) 12:51:42 ID:a4FqpieRO
俺のじーさま
医師国試受けた直後に召集されて
新兵訓練中に合格通知来て

5階級だか6階級だか特進して軍医になったらしい



740 :本当にあった怖い名無し:2008/09/24(水) 13:42:48 ID:LG9ZVB2pO
怖くないかも知れんが、俺のじいちゃんの話。

爺は電気かなんかの職業訓練校を出て、海軍に入隊したらしい。
大体42年とかそんくらいだったと思う。(手記はあるが実家orz)

ほんで大和乗り組み、いきなしミッドウェーへ。
爺の持ち場は修理工場みたいなとこで、高角砲塔やらのフューズが切れた場合の取り替えやってたと。
そして扱きも厳しく、精神注入棒で毎夜毎夜ばっこんばっこん。こんなんしてて戦争に勝てんか、と悲しかったらすー。
結局大和は途中潜水艦(誤認?)に高角砲ぶっぱなした以外は交戦もなく、引き返した。
でもその帰りに新兵が一人居なくなっている事が解ったという。
恐らく耐えきれず夜の内に飛び込んだのだろう、と。

741 :テリ造 ◆KwIZ/qMLog :2008/09/24(水) 15:25:56 ID:dJVS1nsA0
機銃掃射動画
http://jp.youtube.com/watch?v=53LGJhjYICM&feature=related

742 :テリ造 ◆KwIZ/qMLog :2008/09/24(水) 16:25:18 ID:dJVS1nsA0
太平洋戦争時の航空機登載機銃や艦船登載機銃はこんな感じ。(1945年米軍撮影/カラー写真)
http://www.navweaps.com/Weapons/WNUS_4cm-56_mk12_Alaska_pic.jpg

743 :骨ポッキン:2008/09/24(水) 23:36:47 ID:/NJ4NyTQ0
20年ほど前東京での学生してた頃に、バイクで転がって足を複雑骨折した。
ちょうど夏休みに入る頃で、手術を受けるために九州へ帰郷する事に。
羽田空港でJALの用意してくれた車椅子に乗って待ってたら、ジー様バー様
のツアー軍団に囲まれた。
そん時の会話。
バイクで転がって骨折と言うと、ワシも昔船付き陸王乗っとったと。
船付き、つまりサイドカー。
自転車に乗れると言うだけで、命令一つ隊長御付のサイドカー運転手に。
で、その隊長つーのが絵に描いたような人道無視の極悪卑劣なクソ野朗。
アル中・ポン中の気分次第で、思いつきの無茶な命令出しては部下犬死。
退却(部下置き去り)の途中に谷底へバイクごと落としてやった、とニヤリ。
ジー様は仲間と共に無事生還。
基地の外な命令で無駄死にした親友の仇討ってやったと。

744 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 00:06:58 ID:8+oJc1vt0
すげえ爺さんだなwwwバイクごと谷底へ突き落すとは…

745 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 01:33:36 ID:iQuVDZxF0
漢だ……!

746 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 17:56:01 ID:FNJlNMLq0
>>743
自慢げに語ってるところがまた怖いし面白いなw

職場で知り合った人の爺さんも終戦時に部下置き去りにして
さっさと一人だけ日本に帰ってきたと聞いた。
そんなに偉くもなく、海軍だったそうなので無茶なことはやってないと思うが
その人が子供のころ、爺さんが持ち帰っていた94式拳銃と実弾を見つけて
オモチャにして遊んでたら発砲してしまい、警察に没収されたそうだ。

747 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 18:47:16 ID:WLj/SZwqO
その爺さんは漢でもなんでもない
ただのヘタレだろ

748 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 19:31:35 ID:NjseBoWQ0
米国が唯一敗戦(撤退)したってベトナムってなんかオカルトだよな。

皮肉にも敗戦した旧日本軍が関与していたって事が凄いって思う。


749 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 19:54:41 ID:VXvlrkex0
>>741
前に上がってた動画と同じシーンもいくつかあるけど
BGMがやけにウザいな…。

増槽つけたままの零戦が撃墜されてるのが2回もあって驚いた。
回避行動してないところからすると、増槽ではなく神風攻撃隊で爆弾だったのか?

750 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 21:15:09 ID:r1M0qxYhO
太平洋戦争中の不思議な話をしてください。

751 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 21:56:10 ID:r1M0qxYhO
私の知り合いで歴史好きな人がいるんだけど、その人2・26事件の青年将校達に批判的な意見の持ち主だったのですが‥‥。

その人、数年前の2月26日に交通事故にあって、両手両足骨折の大怪我を負ったんですよね……。

マジの話

752 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 22:15:27 ID:GlgogsT30
>>711
筋肉を動かす命令を出す脳がないんだから走れない。混じれ酢スマソ

753 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 22:22:53 ID:8+oJc1vt0
>>752
ここはオカルト板なんだからそもそもありえない話があって当たり前だろ。

754 :呑呑 ◆2X9IMiA40A :2008/09/25(木) 22:51:07 ID:Ta+OCkNw0
>>753
あり得るだろ
少なくとも首を刎ねられたニワトリは走り回る


755 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 23:21:11 ID:HGUznVdpO
じいさんが戦友から聞いた沖縄戦での話

夜に日本軍の偵察隊がパトロールしていると道に迷って見慣れない場所に出てしまった
位置を確認しようと隊員が集まって地図を見ていたら前方から数人の兵士が歩いて来た
暗くて良く分からないがシルエットから米軍兵士だとわかった
偵察隊とは言え物資不足で武器は錆びた軍刀と小銃だけである
相手はトンプソンやガーランドライフルなど高性能の武器でとても太刀打ちできるわけがない
偵察隊は何も出来ずじっとしていると何故か米軍兵士も何もせず近付いてきた
お互い敵同士だと分かっており顔は強張って偵察隊を睨んでいる
しかし結局何ごともなくお互いに顔を見合わせたまま通りすぎていった
しゃがんでいた隊長の尻に米軍兵士の足が当たった時、相手は
「ソーリー、サー」とまで言ったという

似たような話が西部戦線でもあり、後方に空挺降下した米軍部隊がドイツ軍と出くわした時、
お互いに全く戦う事なく道を譲り合ってしまったという話や
戦闘中逃げ込んだ穴に敵兵士が入っていて無言のまま何時間も過ごした話などがある

大きな戦争で徴兵された人間は普段から戦闘に慣れておらず
特に初めて戦場に立つ時など過度の緊張のあまりこういう事が起きるらしい
「自分が動けば相手も動く=殺される(良くて相打ち)」という心理か


756 :本当にあった怖い名無し:2008/09/25(木) 23:29:57 ID:8+oJc1vt0
>>754
そこは>>752に安価してほしかったな。

>>755
似たような話聞いたことあるな。お互い気付かないふりをしたって。
俺が聞いたのはマレーで英軍との話だったが。
圧倒的にどちらかが有利というならまだしも、互いに5,6人とかじゃ戦闘になればお互い死人が出るとわかってるからな。
そんな小規模戦闘で死人を出すのは嫌なんだろ。

757 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 00:14:25 ID:ZxB7ykMw0
>>752
脊椎があるから、身体が動くことはあると思う。
走るほど高度な処理が出来るかは不明だが。

ただ、サッカーの死合いで延髄にシュートされた選手の動きを見る限り
単純な跳躍なら出来そうな希ガス。

758 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 01:16:15 ID:Dm17Wg2S0
>>754
ないないw元ネタがニワトリなんだろう。最初見たときそう思った

>>757
自らの首を切り、泥中に首を埋めてその上に倒れ伏したっていう武将の話は
葉隠聞書にあったけど名前忘れた。

759 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 01:17:07 ID:Dm17Wg2S0
>>755
斥候は班長が攻撃をさせない場合もあるが、夜間だと気づくのが遅れて
見つけた瞬間ギョッとなって思考が停止したまま足は歩くのをやめない状態だろうね。

似たような状況で中国戦線の話、
下士官が新兵数名を伴って夜間行動中に敵を発見したので、班長は着剣を命じて
間合いに入ると突撃を開始した。
最後方にいた新兵は、命令のまま暗闇の中を銃剣を突き刺した。と同時に
激しい衝撃を受けて気絶したらしく、気がついたときには夜が明けていた。

あたりを見回すと敵兵数人が味方と刺し違えて死んでいる。
そして自分の銃剣は同期兵の後ろから肩のあたりに深々と刺さって戦友は息絶えていた。
すこし離れた場所では命令した班長がピストルで自決しており、
ただ一人生き残った新兵だけが部隊に戻って来た。
しかし、その新兵が暗い場所などに行くたびに自分が刺殺した戦友の霊が現れたという。
苦悩した挙句その人は戦後、出家の道を選んだそうだ。

かなり昔に読んだ話なので、間違いがあるかも。

760 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 03:43:54 ID:4R1e07ciO
>644
アメリカ人で見た目が白人でも祖母が日本人だったり、日本人で祖父がアメリカ人ってのがたまにいるから戦争がきっかけで出会った国際結婚カップルがいるんだと思った

761 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 05:29:17 ID:Ts7G3bciO
婆ちゃんがアメリカ人だからそうなのかな?

日本語あまり解らないらしいので、話したことはあまりないが

762 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 05:29:48 ID:nNh4YGp2O
>>3
亀だが何処が書いてあったんだ

763 :本当にあった怖い名無し:2008/09/26(金) 05:35:34 ID:tCdJn+220
tes

764 :3:2008/09/26(金) 08:20:07 ID:QrlKQQNb0
>762
検索してみた。これだと思う。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Firebombing_leaflet.jpg

765 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 00:21:41 ID:xeHgayBq0
>>748
いや米軍は確か第一次大戦より前だけど・・・

パナマ紛争でスペインにボロ負けしてたような気がww

766 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 00:36:43 ID:xeHgayBq0
>>756

マレー戦だと、こんな話も・・・

前線を偵察していた日本軍の斥候5名が、その帰り道に英軍兵士3名とバッタ
リ鉢合わせしてしまったそうな。
しかも相手は全員ステンMkUやブレン軽機を構え引鉄に指を掛けた状態だった
のに対し、こちら日本軍の方は持っていたのは全員小銃のみ・・・しかも肩に
担いでいた為すぐには応戦できる状態ではなかったとか。
そんな状態にで暫く睨み合った後、日本側の隊長が「ゴルァ!!」っと一括し
た途端!有利な状態だったにもかかわらず英軍兵は全員持っていた武器を捨て
手を上げて降伏したんだとか。

767 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 02:08:20 ID:ItFCKlOr0
>765
モルモン教相手の内乱でも正規軍が負けてた筈
(戦略機動で引いたと同時にモルモン側が一夫多妻性を放棄して終了)

768 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 11:40:47 ID:dnoTeiX/0
1940年のバトルオブブリテンで撃墜されたドイツ軍パイロットの話。

落下傘で田園地帯に降りたところを現地人に通報されてしまい
警官に逮捕される。
そしてその連れて行かれた先の警察署で朝食を食わせて貰う。

しかし敵兵なので軍のほうがいいだろうとすぐに地元の陸軍基地に
移送されてしまう。
パイロットがそこに着くと腹減ってるだろと二度目の朝飯を食わせて
もらうが、こいつは空軍兵なので空軍に引き渡そうという事になり
すぐに英空軍基地に移送される。

パイロットがそこに着くと応対に出てきた将校がパイロットに向かって
こう言ったらしい。
「まったく陸軍は野蛮で困ります、貴官は何か乱暴されませんでしたか?
お腹が空いているでしょう、すぐに朝食を持ってきます」

769 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 12:45:49 ID:JzECFaApO
何スか、その日光強飯式wwww

770 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 17:36:50 ID:e4s1Ulpi0
イングリッシュブレックファーストで胃もたれだろw

771 :本当にあった怖い名無し:2008/09/27(土) 22:04:58 ID:ZoHgidiR0
アメリカ大統領のうち、
軍隊時代に日本軍に撃墜/撃沈された大統領が二人いるけど、
何か日本軍にやられると運が付くのかな?

ケネディ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBF%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%83%87%E3%82%A3
ブッシュ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BBH%E3%83%BBW%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5



772 :本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 11:46:36 ID:4HOQnWCI0
>>768
のほほんとしてて良い話だなwww

773 :本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 13:30:12 ID:W9xipKw70
>>510

>東條の糞ハゲがさっさと白旗揚げりゃあんなにひどい死に方せずに済んだんじゃないの?
>それとも最後原爆2発落とされるまで必死で粘ってなんかいいことあったのかな?

東條はそもそも軍部の主戦派を押さえ込めるための「雇われ社長」だからな。
東條がハンパなところで独断で白旗を揚げたら、
それこそ、主戦派がクーデターおこして天皇拉致して政権奪取、
さらに抑制の効かない状態で継戦。
それこそ本土決戦まで行ってたんじゃないかな?

原爆投下という前代未聞の残虐非道があったからこそ
負けを受け入れる大義ができて、
主戦派もようやく終戦に同意(それでも実際クーデター未遂までいってるが)。
なんとか終戦にこぎつけたというのが事の次第でしょ。

スレ違いスマソ

774 :本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 16:18:45 ID:jE7MmtPL0
>>772
横だけど、どっかの戦で、多数の敵に包囲された米兵が
「俺はジェームスカーク中尉だ」
と名乗ったら、いきなり敵が友好的になったと言う話があったような(たしかとっ捕まったが)

戦争は緊張の連続だが、その緊張が途切れると、怖い人から普通の人に戻っちゃうんだろうな。

775 :本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 20:19:52 ID:gMwYr8vM0
ボス戦じゃねーかw

776 :本当にあった怖い名無し:2008/09/28(日) 20:28:32 ID:veJ7iZgE0
ハッパ〜!!

777 :本当にあった怖い名無し:2008/09/29(月) 10:33:48 ID:+tMHcObG0
>>774
おおっ!カーク船長!

778 :本当にあった怖い名無し:2008/09/30(火) 13:00:26 ID:H2YZX2qK0
普通の名前の人でも、名乗った途端に敵の態度が軟化するとかがあるらしい。
敵兵士は殺してもいいと言う、刷り込まれた考えが揺らぐのかな。

779 :本当にあった怖い名無し:2008/09/30(火) 14:20:15 ID:Qn2nEnJdO
名前を知ることで、ただの敵国兵士から一個人に見方が変わるからなのかな
そんな簡単なことも忘れさせてしまうんだな、戦争って

780 :本当にあった怖い名無し:2008/09/30(火) 16:46:22 ID:H2YZX2qK0
長野聖火にて、トゲつき棍棒もった不審人物発見→実はドリアン持った江頭
発見当初、おまわりさんは職業意識で対処しようとした。
なんだ江頭じゃん、変な事するなよ!じゃなノシで解放。

関係ないけど、どっかにてるかも。

781 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 07:17:50 ID:bHeBHhdXO
戦後生まれの母から聞いた話。
祖父は海軍の下っぱ(炊事担当)で硫黄島に出征。戦争末期のある日
上官(地元出身の中尉だったか少尉)に呼ばれ、「この島は明日には
アメリカの艦砲射撃を受ける。お前達まで無駄死にすることはない。
後のために本土に戻って女房にこども生ませろ」と夜中に船に乗せられ
島を離れたそうです。
しかし祖母はそんな事情は知らず、祖父は硫黄島で艦砲射撃を受け戦死。
と、官報と見舞いの毛布を受け取って、夫の命が毛布一枚と呆然としたとか。
終戦翌年祖父は復員しましたが、母がこどもの頃はまだ毛布はあったそうです。
硫黄島に残った他の人達の事を思うと、祖父達は上官に恵まれたんですね。
長文スマン。

782 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 10:07:27 ID:ZVbPH4v/0
硫黄島周辺の米軍はどこに目をつけていたんだ・・・?

783 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 19:53:11 ID:mLStQVa40
>>782
わざわざ島を包囲隊形で攻めてこないだろう?
大型艦船は飛行機で索敵してるだろうし
小船だったら潜水艦ですら見逃すだろ?

軍板から誰か出張してこないかなぁ・・・・

784 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 19:56:05 ID:mLStQVa40
>>781
ていうかなんで終戦翌年復員なのか不思議だな
復員するまで死んだと思ってたってこと?

785 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 20:29:28 ID:f5RxtM710
>>784
付近の島に逃げ込んだが、米軍にとっ捕まって翌年釈放でわ?

786 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 20:49:01 ID:v9/gR+RP0
戦死なのに、復員?

787 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 21:06:31 ID:6R3SRP3xO
>>783
なんというか、上陸前の艦砲射撃は思いっきり包囲した上で行われた
各艦に区画を割り振った上で四方八方から徹底的に叩くわけ

>>781の話は艦隊集結前の話なんだろうが、聞いたことはない

788 :本当にあった怖い名無し:2008/10/01(水) 21:15:52 ID:bHeBHhdXO
781です。
祖父が乗ったのは余り大きな船ではなかったそうです(同行は数十人?)。
祖父の親友は存命ですがもう話を聞ける状態ではありません。
翌年復員した理由は母も知らず、祖母が話したところによると
攻撃直前に姿を消した手前すぐに帰れなかったのでは?と言うことでした。
米軍の捕虜になってたのかも知れませんね。
祖父の上官はちょっと変わってて、この以前にも突然祖父(当時三十代後半)
を捕まえ、上官「貴様、こどもはいるか?」
祖父「娘一人ですが死にました」
上官「じゃあ一週間休暇やるから女房のトコ帰ってこどもつくってこい」
と、家に帰したこともあったと、祖母が母に話したそうです。
今年は祖父が存命なら百歳になるので、聞いた話を残しておきたいと、
スレチっぽいとは思いながら書きました。
硫黄島に残った方々のことを思うと胸が痛みますね。
ではROMに戻ります。

789 :本当にあった怖い名無し:2008/10/02(木) 01:37:57 ID:6LN8XWGt0
>>786
「公式には」硫黄島(に配属されたまま)にて戦死。
と言う事だろう。

790 :本当にあった怖い名無し:2008/10/02(木) 09:02:47 ID:VVBWu9CG0
戦争終わってすぐ帰れるって事はないだろう。
場所によれば、復員船が来るまでまたなければならない。

791 :本当にあった怖い名無し:2008/10/02(木) 10:06:06 ID:dbYxy0b30
知り合いおじいさんは終戦当時20歳だった
最近昔のことをやたら語りたがる

アル中で認知症はいってて本当かどうか分からないが
終戦3日前の夜にラジオから日本は負けて戦争は終わるから
今すぐ自決せよ、と流れてその後1時間ほどラジオが全く聞こえなくなったそうだ

そんな話しは誰に聞いてもネットで探してもないから
夢かボケ老人のたわごとだと思うんだけど
なんかこわいな

792 :本当にあった怖い名無し:2008/10/02(木) 15:49:41 ID:pfm+vvUk0
>>791
それと同一の話は聞いたことがないが、類似するエピソードは結構あるな
ラジオ以外でも、天皇の使者がどこそこに現れて敗戦を告げたとか、
日本軍自体が戦争の終了が近いことを予告するビラをまいたとか、
枚挙に暇がない
また、逆の話として、「神風」に類似する奇跡によって、逆転勝利が
確約されたという話がまことしやかなソース(当時としては)付きで、市中に
流れたなんてのもある

大半はただの噂なんだろうが、一部には国の中枢、あるいは内地の有力
部隊からの意図的な情報流出、操作が疑われるケースも存在するらしい

793 :本当にあった怖い名無し:2008/10/02(木) 16:40:26 ID:VVBWu9CG0
水木しげる先生は、ぬりかべのおかげで助かったそうです。

794 :本当にあった怖い名無し:2008/10/02(木) 17:48:27 ID:7raOBSLWO
昔、北海道の帯広駐屯地に配属されていた時の話です。

私たちは夜間訓練をしていました、たまたま霊感の強い同期がおり彼が「あそこに何かいる」と言い出しました。

私には何も見えませんでしたが、彼曰くその霊は軍服を着ており
同じ場所で何度も何度も倒れては立ち上がり
倒れては立ち上がりを繰り返していたそうです。

彼は銃に撃たれて死んだ人なもかもね
と言ってました…
戦争に関係あるかはわかりませんが、投稿です

795 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 02:41:41 ID:FEekDYat0
霊もそこまでパフォーマンスしないだろ。
>>794は陸自経験者なのに警衛で鍛えられなかったのか?

796 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 13:01:23 ID:P1Y6RX8zO
>>795
前述のサイパンの話しはもっとすごくね

797 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 16:53:22 ID:+Ei1TquPO
海軍出身の曾祖父の話し
寝ていた時に従兵に起こされた『あれ〜この声は以前、従兵していた〇〇じゃないか?』と
不審思いながらドアを開けると、やっぱり〇〇が敬礼して立っている
『自分が亡くなったことと、従兵している時に世話になったこと』を話し終えるとスーと消えていったそうです
後で従兵の消息を調べてたら、訪問した時間は、従兵が乗っていた艦の沈没した時間とほぼ一致
戦中戦後、死者の訪問を受けたことは何度もあって
一番堪えたと語ってました


798 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 16:59:30 ID:rGe1HXkKO
島で玉砕したはずの一木支隊が兵舎に帰ってきたりとか、そういう話はよく聞く
もっと現実的に怖いのは、ビルマで日本軍の一個小隊が一夜にしてワニに食われて全滅したとかそういう話かな
おれは昔鎮魂歌を歌ったんだ
カフェ難民の奴ら毎日抱いてやるんだ
たから筍を多宝塔に並べてみてGood luck!な気分転換で見ろと
一緒でイをちんこからチキンやシーフォートが流されてきて おしりからChina
マンゴー買ったら題名がない
特にわたくしが行かないことに決め込むわけですな
あぁせんげん台から電車でチューリッヒまで行き
大江戸温泉物語でひとっ走りするのが日程でもないとくに沈黙できますよ
あっという間にアッキになるから僕はカラオケでちんこをすうから気持ちいいけどね君達は行かないこと
女の子になるために1番は行かないこと
さらば泣く泣くせんげん台に帰ったのである


799 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 17:01:48 ID:iMHgVolE0
↑自動文章生成ツール?

800 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 18:24:16 ID:5BMticmm0
俺は昔・・・以下はどこかからのコピペだね。
今日から他板でも見る事がある。

801 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 18:39:06 ID:dPxpDifv0
>>788
オレのイメージするバロン西にそっくりな上官だな

802 :本当にあった怖い名無し:2008/10/03(金) 19:28:27 ID:UgDXNMab0
オレが戦争時の話で一番怖かったのは、小池荘彦の「心霊写真」の載ってる”写らない兵士の悲劇”の話。

集合写真に透けて写った兵士が、ノイローゼで自殺する。そののち上官が死んだはずのその兵士の名前を病院船の名簿で発見するが、すでに船は出てしまい確認できず。
ベツの戦地で、そこの部隊の伍長にその死んだ兵士が今ここにいると言われ、見に行くとおらず、一緒にいた兵が確かに今までいたのですが・・・と戸惑う話。

東京荒川に住んでいた人の分隊長の体験談らしい。




803 :本当にあった怖い名無し:2008/10/04(土) 18:10:01 ID:nzpyYsajO
昔、ガキ向けのA6サイズの分厚い心霊写真本に
ひめゆりの塔か摩文仁での終戦慰霊祭をニュースで中継したら、周囲の木陰から「写っていては困る」方々の姿が写ってしまった。
っていう話が載ってたな。
それと、今は亡きマヤに載ってた記事に
「第二次大戦中に沈没したイギリスの戦艦ウォースパイトが大西洋に現れて航行している船舶を震え上がらせている・・・云々」
なんて話が載っていた。






HMSウォースパイトは、天寿を全うしてなかったか?

804 :本当にあった怖い名無し:2008/10/04(土) 19:07:57 ID:NUfnyh1i0
確かに、終戦まで生き残ったな

805 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 13:03:21 ID:BRzdRjCQ0
前の職場の上司が話してたが、親戚の伯父さんが南方の激戦地に慰霊にいった
そうだ。で兵隊さんがたくさん死んだ場所で皆で集合写真撮って現像したら
皆の横に水筒下げた兵隊さんがぼーっと写ってたそうだ。

806 :金太:2008/10/05(日) 13:26:17 ID:UrYRrIW+0
テスト

807 :金太:2008/10/05(日) 13:38:46 ID:UrYRrIW+0
失礼、アク禁を食らっていたもので。

>>788
公式な記録に残らないエピソードはいくらでもあるね。
小船が一隻逃げ出したくらい、米軍も気にしないか。
硫黄島の作戦は、玉砕すら許されない「徹底抗戦」だからね。
玉砕なら突進して撃たれてお終いだけど、徹底抗戦だと
ひたすら踏みとどまって抵抗せよと。
しかし炊事兵って、あの状況で一体ナニを調理していたのだろう。
残して死なせるよりも、脱出させて明日の日本に備えさせたのか。

ちょっといい話。
終戦まもなくのニュース映画から。
戦死通知を受け取っておいおいと泣く遺族。
二通目の戦死通知が届いたw
三通目で遺族もいい加減にしろよとww
四度目に本人が帰ってきたwww
ニュース映像は、本人が笑顔で自分の卒塔婆を引き抜くものだった。

808 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 18:47:31 ID:qRjL/8oFO
>>100
>>200
>>300
>>400
>>500
>>600
>>700
>>800
>>900
しおり

809 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 22:00:06 ID:qRjL/8oFO
>>478
うちのじいちゃんも中国にいたけど、太って帰ってきたみたい 
頭良かったから事務?系の仕事してたらしいけど、食い物は他の兵隊よりいっぱい持ってて、戦後『〇〇ちゃんはいっぱい食べ物持ってたなあw』 
って戦友と話してた 
戦争に持っていった日本刀ずっと狙ったけどとうとう貰えなかったなー 
去年亡くなっちゃったけど遺品は素晴らしい物ばかりだった 
頭が良すぎて戦後地元で愚連隊(やくざ?)の頭やってて、今日本でも有名な親分とかじいちゃんの子分らしい

810 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 22:02:48 ID:ZgvKZRJ/0
>>807のニュース映像は想像すると和むわ

811 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 23:05:03 ID:7QT7DozE0
亡くなったけど、吉村昭が家の物干し台で凧揚げをしていたら、ドウリトル爆撃隊が上空を飛行していった話は印象に残ってるな。
レーダーに映らないために、超低空飛行していたので、コクピットの隊長のオレンジ色のマフラーがはっきり見えたらしい。

812 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 23:24:25 ID:qNwQLwfpO
不思議でも怖くもないけど…

死んだじいちゃんは戦争の話を誇らしげに語ってばかりいた。

実家には軍刀と銃弾?があるのでじいちゃんが従軍していたのは間違いない。
満州にいたらしいけど、小学生の夏休みに散々戦争はイクナイ教育を受けつづけた自分としては、怖くてきもちわるかった。
実家の軍刀も怖くてたまらんorz

813 :本当にあった怖い名無し:2008/10/05(日) 23:24:32 ID:AKMq2loC0
>>809
自慢になってねえよ

814 :本当にあった怖い名無し:2008/10/06(月) 00:14:49 ID:gSNNV0Nq0
>>807
そこまで念を押された挙句に誤報ですかw

815 :本当にあった怖い名無し:2008/10/06(月) 07:07:40 ID:AqbZDHFO0
>812
うちの昭和3年生まれのじいちゃん(故人)に似てる

「おかあさんのいなかにいきました
よるおじいちゃんが、てれびのせんそうえいがをみながら
せんそうってかっこいいんだよ、といいました
でも、ぼくはこわかったです」

小1のときの俺の夏休み絵日記。
先生が評価に困ったらしく
「おじいちゃんは何をつたえたかったのでしょうね?」
とだけかかれていた

816 :本当にあった怖い名無し:2008/10/06(月) 23:36:39 ID:rYkT6QAd0
>>815
今までの話で一番怖い。

817 :本当にあった怖い名無し:2008/10/06(月) 23:53:52 ID:qMK2ZOoe0
戦争経験者が言うと重みが違うな

818 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 10:35:44 ID:+atwnYya0
私は戦争が好きだ!
って奴か?

819 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 11:56:36 ID:ttu5cIOr0
>>809
やくざなのを自慢するって恥ずかしくないのか

820 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 12:06:54 ID:xnN71zwd0
>>815
ネタか?

821 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 12:45:50 ID:oaJxLIlHO
>>818
少佐乙

822 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 13:05:44 ID:2EftTWX/O
>>819
バカだなぁ、ヤクザじゃなくてうちのじいちゃんは芸能人を呼んだりプロレスを呼んだりしてたんだよ
今の芸能界の裏やプロレスの興業は全部ヤクザだろ? 
それをいち早くやってただけ、それを見て育った世代がちょい前の親分衆。 
今でもよくうちの地元は田舎だけどプロレスとか芸能人がよく来るもんな。 
その後手が器用だったじいちゃんは自宅を工房にし看板屋をやっていたとさ。
当時は変わった仕事してたってだけで、本人はヤクザと言う概念はなかっただろうな

今それをやってるのがヤクザで、その時使ってた連中が勝手にヤクザとして伸し上がっただけで 

はいスレ違い

823 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 14:06:43 ID:JmWXiadX0
>>822
部落民乙

824 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 14:37:02 ID:+atwnYya0
>>822
つまりヤクザじゃんw

825 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 16:06:32 ID:Y/mVgsXlO
>>822
はいはいおもしろいおもしろい

826 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 16:43:05 ID:vEYV+KVW0
>>822のために晒し上げ

827 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 20:15:24 ID:2EftTWX/O
スレ違いを責めずに楽しんでくれてよかったw
書いたかいがあったよ>>809も。 
よかったなネットだけじゃ知れない事知れて。 
ヤクザとかネットでバカにしてるくせに、その部落やらなんやらに目すら合わせられないキモオタちゃん達だもんねw
一生下向いて歩いてろよ避妊どもwwwwwww


828 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 20:25:14 ID:xWu4kfpg0






829 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 20:33:01 ID:q1d5hjnZ0
何そのオーガニック的なロボアニメに出てくる的セリフっぽい縦読み。

まあ昔はカタギの仕事をしているけどそういう裏社会にも強くて交渉ごとに当たる人がどこのご町内にいたもんです。
「町内の顔役」と呼んでいました。

830 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 21:01:25 ID:5Gw+fVBIO
山師や手配師は昔からいたよ
いまではプロモーターと呼ぶが、それをヤクザと決めつけるのはおかしい

831 :本当にあった怖い名無し:2008/10/07(火) 21:54:59 ID:+T8L1Py60
戦争末期のビルマで、二等兵が将校の制服盗み
物資をだまし取って大儲けしたという話あったな。
当時での噂レベルだが。

捕虜収容所ではチェンジマスターと呼ばれ
職人経験ある兵に彫刻させたりして監視兵から嗜好品などを得て
それを捕虜の支給品と交換するを繰り返し儲けた人もいた。

後方の補給所では普通に物資を横流しして私腹を肥やした連中が多く
こういう輩は上級者に対しても態度がデカく、制服どころか派手な格好にサングラスだったらしい。

前線で戦った人の手記には、これらの物資が正常に補給されていれば
戦局も大きく変化したであろうと記されていたよ。

832 :本当にあった怖い名無し:2008/10/08(水) 07:29:14 ID:ZEl1rZ4J0
>>809
じいちゃん、きっとめちゃくちゃ要領がよかったんだろうね。

員数合わせもうまかったりすると上官から可愛がられたり
するという話も聞いたから、そういうタイプと見た。

833 :本当にあった怖い名無し:2008/10/08(水) 13:03:40 ID:b0Q7ZnGQ0
>>809
じいちゃん、きっとめちゃくちゃ狡賢いエタの子孫だったんだろうね。

834 :本当にあった怖い名無し:2008/10/09(木) 14:53:50 ID:LRBsjO5W0
まさに兵隊ヤクザ

835 :本当にあった怖い名無し:2008/10/12(日) 03:36:36 ID:Gfd3k05E0


昭和19年4月22日,米軍は東部ニューギニア,アイタペおよび ホルランジャに上陸した.
その地域は当時無防備状態.
日本軍は,ウェワク周辺にいた陸軍航空部隊・海軍部隊・その他
後方要員,数千を,数個梯団に編成し,ホルランジャへ出発させた.

そしてそのまま,この日本陸海軍統合大部隊は、
 現在も行方不明のままである.
手がかりさえないそうだ.

「陸軍中野学校の東部ニューギニア遊撃戦」(田中俊男遺著, 戦史刊行会)より.


836 :本当にあった怖い名無し:2008/10/12(日) 06:43:03 ID:yZ/7l3e6O
うちの父の会社の社長が神風特攻隊に選出されてたそうなんだ。
5年前に亡くなったから詳しい話は聞けないけど、選ばれた時は本気で名誉な事なんだと誇りに思っていたんだと
でも神風特攻隊のパイロットが集まって生活している所(名前忘れた)で過ごす内に段々、死ぬのが怖くなってきたらしい

出撃する日が決まったパイロットは夜中、泣きながら家族への手紙を書いてたり、毎日のように誰かのすすり泣く声が聞こたり
でも一番怖かったのは出撃する日が近づいていくごとにおかしくなっていく戦友達だったと。
社長が入った当初は国の為に頑張ろうと励まし合ってたのに、出撃まで5日切った頃から夜中に突然大声出したり、死にたくないと叫んだりし始めてしょっちゅう何かの注射を射たれてたみたい(腕に痕があったから分かっただけで実際射たれてる所は見たことないと)
そんな事があって社長は死ぬのが怖く感じてきた時、社長も出撃日が決まったんだって。それが8月19日
もう少し終戦が遅ければ、自分も突っ込んでいくはずだったんだと話してくれた
今でもおかしくなった奴らや、先に突っ込んでいった奴らの夢を見ると言っていたけど、ちゃんと向こうで戦友に会えただろうか


837 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 05:52:36 ID:s7DF4HylO
>>836
突入直前にモールス信号で上官・上層部への罵詈雑言を送ったなんて話が有るけど、そういう人は例外なんだろうね。

838 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 11:12:37 ID:lQqKFy7ZO
>>836
死んだ叔父も当時チランで働いていた
頭が良かったためかわからないんが、パイロットではなく事務などらしいが
詳しいことを聞いても堅くなに口をつぐんで一切話をしなかった
奥さんや子供にすらチランに居たことを隠していた
消したい過去なのかとても話せる内容ではないかはわからないが、
終戦後、着の身着のままに何もないにも関わらず埼玉に戻ってこれたことがオカルト

839 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 17:16:38 ID:Gr3/u/JOO
うちの叔父も
赤札で戦場にかりだされた
勉強は得意だったらしくて、そろばん得意なものはいるか?って聞かれたので手をあげたら
勉強する部隊にいれられてずっと勉強してたらしい


840 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 17:53:12 ID:SmIzBO870
赤札じゃなく赤紙な

841 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 21:28:22 ID:o896CE8J0
うちの祖父ちゃんは、体が弱くて最後の最後で徴収されて、すぐに戦争が終わったらしい。
大伯父はバレー海峡で戦死して、お墓の中には骨は入ってない。

842 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 21:49:02 ID:lRU4Qrz3O
>>840
ばっちゃ世代が赤札って言う@盛岡

843 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 21:53:45 ID:Gr3/u/JOO
ちなみにうちのばーちゃんもも赤札って言うから
ついそのまま書いてしまった

844 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 22:16:24 ID:SmIzBO870
そか。赤札という地域もあるんだな。スマソ。
>>841
バシ−海峡ではなかろうか?
うちのじいさんは19年9月に、海南島東方で潜水艦攻撃によって8時間泳いでいたというけど
その後は本土防衛のために穴掘りしてたらしい。

845 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 23:42:20 ID:bNf85pxd0
>赤札
そんな言い方があるのに赤札堂なんて名前の店があるのがオカルト

846 :本当にあった怖い名無し:2008/10/13(月) 23:47:45 ID:lQqKFy7ZO
戦争で人間とは逸脱した悲惨な体験をしてきても尚、
なかったかのように人間として当たり前に長生きすること自体もオカルト

847 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 01:50:41 ID:nYnPeEHC0
うちのじじーは殺した数を最後まで自慢してるようなのだったな
聞くたびに増えてるんでボケと妄想がだいぶはいってたみたいだが

848 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 06:12:48 ID:FlNCslMtO
>>847
あるあるw

849 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 08:55:52 ID:rSv/G0x00
>>847
南京大虐殺の犠牲者もどんどん増えてるよww

850 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 21:05:03 ID:XxVdMNeD0
友達の婆ちゃんから聞いた話なんだけど
原爆は函館にも落とれる予定だったらしい

ガセだよな?

851 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 21:13:49 ID:QDoSfZHV0
>>850
本当は○○にも落とされる計画があった、はよく聞く話だ。

852 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 21:57:52 ID:CiqwR/qz0
小倉は確実だった。

853 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:14:49 ID:QoR5B1+YO
その通り!長崎ではなく、小倉だった。しかし天候悪く、小倉には落とされなかった

854 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:20:30 ID:ZCE2kW3y0
実は候補地の本命は京都だった
文化遺産が多い古都だからアメリカが空襲をさけたなんて
真っ赤な嘘

855 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:29:19 ID:QoR5B1+YO
違うよ!それは本当!京都に落とせば、連合国からの非難も浴びるし、米国にとっては諸刃の剣だったのです

856 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:32:01 ID:CiqwR/qz0
京都を避けたのは、のちの日本統治及び後世にアメリカに悪評がたつのを懸念したから。
まぁ、考えればまだアメリカには文化を理解出来たということだろう。
もし、中国やロシアなら間違いなく落してる。

857 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:39:05 ID:GV0SH2EB0
>>386-838
北海道で免許取りあげになったのにライトプレーンを操縦して
タイーホされた元特攻隊の爺さんがいたけど、
それでも飛びたくなるもんなんだねぇ

858 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:40:14 ID:QoR5B1+YO
米国は太平洋戦争していたのでわかるが、どうしようもないのは、ソ連。
敗戦確実の8月に日ソ不可侵条約を一方的に破棄して樺太に攻めてくるなんて狂気の沙汰。少しでも米国から領土ぶんどろうとした愚劣な行為である。

859 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:48:51 ID:CiqwR/qz0
ソ連は、ロシアになっても変わらん。こないだのグルジアでも略奪・暴行をやって引き上げやがった。


860 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 22:51:56 ID:QoR5B1+YO
貴公とは話が合いますな。ロシアー中国ー北朝鮮
このラインは危険である

861 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:02:37 ID:CiqwR/qz0
ところがだな、今、日本と中国・ロシアが手を組めば。ドル経済を崩壊させる事ができるのよ。
日本の技術・中国の安い生産力・ロシアの資源。
でも、こいつら信用できないからダメだな。
日本もうまい具合振りだけでもして外交をやれば、テロ解除なんて勝手なことやらせなかったのに。
スレ違いスマソ。。。



862 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:09:39 ID:1H/DKasD0
すべてはチンパンの役立たずが(ry

スレチだな。

863 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:14:19 ID:QoR5B1+YO
確かにロシアの資源は世界一だからな。
この先、米国になんとかがんばってもらって抱っこちゃんしてもらうしか日本の未来が見えないことがオカルト

864 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:15:40 ID:OQGCZZLH0
>862

役立たずはオマエだろ。

865 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:42:29 ID:QoR5B1+YO
戦艦大和はレイテ湾に突っ込み艦砲射撃する予定だったがなぜが、戦線を離脱した

866 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:45:55 ID:HIjSj3XiO
ひとまず
>>864
ゲスなので氏ね

867 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:52:08 ID:xQmtrA98O
>>865
下手して大破・沈没なんてしちまったらヤバイからだろ

868 :本当にあった怖い名無し:2008/10/14(火) 23:54:58 ID:CiqwR/qz0
おかげで、小沢・西村両艦隊は悲惨な目にあいますた。

869 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 00:15:28 ID:+AEF4NJdO
違いますよ☆陸に乗り上げての艦砲射撃です。始めから沈没する予定やったのですよ。

870 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 01:13:33 ID:Zzhid87G0
そりはレイテ沖海戦じゃないとオモ

871 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 01:15:07 ID:x69A5fU80
それが後によく言われる栗田艦隊、謎の反転ですよ

872 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 02:09:09 ID:QW0kBxHyO
ルーデルや船坂軍曹は存在自体が怖いな。

873 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 05:24:43 ID:u5uo7WnAO
>>871
東郷ターンに始まり、栗田ターンに終わったんだね。

874 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 05:54:39 ID:kgdiXURS0
まだ終わっちゃいない!

875 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 06:47:10 ID:gLPmxmLH0
ロシア人は肌が白くて背が高く、瞳も青いけど、中身は朝鮮人・土人と変わらない低級民族

876 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 11:09:10 ID:+AEF4NJdO
負け続けてるのにアホの陸・海軍の助言どおりに戦争を続けたKYなTENNOUがオカルト

877 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 12:06:21 ID:vBwUgpsB0
当時の天皇制を知らない876がオカルト

878 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 12:21:35 ID:T/G3y1dKO
じいちゃんは大戦中、パガン島という東南アジアの島で整備士やって
毎日果物入りカレー食ってたよって笑いながら言ってたが
最近パガン島について調べたら結構色々あった島らしくそんな平和では無い気がしてきた
まだ元気だから聞き出さねば

近所の爺さんは戦場で怪我をしたと言って一部肉が削げた尻を見せてきたが
前線で戦ってた経験って以外と自慢なんかな〜と思ったよ

879 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 13:04:17 ID:kgdiXURS0
未だに日教組に染まった>>876がオカルト

880 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 13:38:00 ID:+AEF4NJdO
ばかばっかりのやつがオカルト

881 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 14:17:35 ID:G1hxCGML0
亡くなったじいちゃんがマレーシアにいたんだけど(いつごろの話か分かんない、終戦間もない頃?)
イギリスの将校さんの付き人みたいなことをしてたらしい。
靴磨きだとか、身の回りのお世話をする仕事だったそう。
選ばれた理由が、見た目が良かったからだとかw
確かに若い頃の写真を見ると彫りも深いし鼻筋が通っていてカコイイ。
おかげで他の方に比べたら待遇は良かったそうな。

じいちゃんは「ドリアンはな、初めはアレだけど慣れるともう、うまかったなあ〜」なんて昔話してた。
が、現地でとれるウナギだけは嫌いだったらしい。
ばあちゃんが理由を聞いても「あれは食べられたもんじゃない…」と濁して答えてくれなかったって。
理由が知りたいし、もっといろんな話を聞きたかった。

今、仕事のためマレーシアに赴任しているんだが、なんだか不思議だ。

882 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 14:21:33 ID:iSads2iG0
ウナギは悪食だからな

883 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 14:43:44 ID:POENy0MzQ
>>875
ロシアと言っても広いですよ。

884 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 15:11:39 ID:MGZTUgSsO
不思議な話

俺、38℃とか高熱出して寝込むと
三回に一回くらい、毎回同じ光景
状況の軍人になってる夢を見る。
あんまり草も生えてない広野の果てに
大きなハゲ山があってかなりの煙が出てる。
何度か双眼鏡を覗いては、『もう持ちません!このままでは味方が
全滅してしまいます!早く援軍を!』
って叫んでるの。しまいには泣きながら
訴えるんだけど、偉そうな人はシカト。
自分は肩から紐みたいなの吊してたから
参謀なんだろうけど、

885 :機会的同性愛:2008/10/15(水) 15:14:57 ID:RIGHwJUqO
>>881
夜のお世話もさせられた爺様が不憫だ。・゚・(ノД`)・゚・。

886 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 15:16:45 ID:MGZTUgSsO
不思議な話

俺、小さい頃から38℃とか高熱出して寝込むと
三回に一回くらい、毎回同じ光景、状況の軍人になってる夢を見る。
あんまり草も生えてない広野の果てに
大きなハゲ山が連なって、かなりの煙が出てる。
何度も双眼鏡を覗いては、『もう持ちません!このままでは味方が
全滅してしまいます!早く援軍を!
命令下さい!』って叫んでるの。
しまいには泣きながら訴えるんだけど
偉そうな人は腕組んでシカト。
自分は肩から紐みたいなの吊してたから
参謀なんだろうけど、気味悪いくらい
全く同じ夢。俺の前世は軍人なんだろうか。。
プラス、味方を見捨てたんだろうか…。


887 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 15:46:21 ID:G1hxCGML0
>>885
アッー!それは考えてなかった!
イケメンジイチャンが選ばれたのはそのためだったのpか!?

だからばあちゃんにもあんまり語らなかったんだろうか…

888 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 16:12:04 ID:Uxn+IvwSO
うちの父親の叔父が役人で一家で満州に行ってたらしいが当時のことを聞いても誰も口を開かない
ていうか聞くのはタブーみたいになってる
終戦で叔父が満州で自殺したことぐらいしか知らないが、残された家族は死ぬ思いで引き上げてきたんだろうなあ

889 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 16:34:32 ID:ySaM3onb0
>>886
え?お前の前世は朝鮮人だけど・・・

890 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 16:41:09 ID:WrNrIh4X0
>>886
『もう持ちません!このままでは味方が全滅してしまいます!
早く援軍を!命令下さい!』ナニコレw

帝國陸軍の参謀が、なんで現代の民間人みたいな
話し方してんの?ゆとりの妄想は聞くに堪えんw

891 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 17:05:17 ID:lmGKQmWU0
>>890
恐山のイタコを知らないのか。
イタコによって出てくる霊は、
どこの地方人だろうが外人だろうが
ズーズー弁で出てくるぞ。
それを思えば886なんて・・・w

892 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 17:51:16 ID:ySaM3onb0
>>891
夢の話とイタコは違うだろ。
イタコは言ってみれば夢の内容を媒介して伝えるんだから。

893 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 19:49:59 ID:PTo/KBY20
あまり叩いてやるなよ
オカルト話だし、戦死者を馬鹿にするようなネタ話とも違うからいいじゃん。

894 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 20:01:24 ID:3n5M34HJ0
イタコをなめるなよ
生きてる人間すら呼び寄せるほどだぞ
言葉の問題なんてたいしたことじゃないだろ

895 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 20:56:33 ID:TjdvJMx90
>886
こっちでどうだろう?

自分の前世の記憶あるやつちょっと来て語れ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216535622/

896 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 22:30:15 ID:rTH8B2usO
うちのじいちゃん、腕に5発とほっぺたに一発撃たれ後あるんだけどそれをどっかの板の軍事スレで言ったら思っきり否定されたなw
腕が無くなるとか撃たれらどうなるか知ってるのか?とかw

いやじいちゃん撃たれてるしw
ほっぺたの銃弾を指でほじくって出したしw
まるで自分が戦争してるような言い方でワロタ
それともうちのじいちゃんの体がオカルトなんか? 
交通事故で死んじゃったけど、戦場で死ぬよりよかったのかな

897 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 22:44:20 ID:lZFzPXqe0
銃弾の威力は、発射されてからの距離によるから、当たって弾が止まるとか有ってもおかしくはない

898 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 22:45:07 ID:+AEF4NJdO
オカルト

899 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 22:50:52 ID:xy6fiBK30
当時の銃の威力は知らんが距離とか離れてれば止まるんじゃね?
それに当時の銃じゃ近距離とかじゃないと腕吹っ飛ぶとかないだろw

900 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 22:55:53 ID:aaTDGvC50
プライベート・ライアンの冒頭のシーンなんかが脳裏に焼き付いてる厨房なんかは
腕がちぎれるとか顔がなくなるとか信じて疑わないんじゃね?

901 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:10:41 ID:xJ4JaCEa0
戦死者の怨念は無謀な戦争を始めた軍部に向けられなかったのだろうか?

はたまた、鬼畜米英を呪ったりしなかったのだろうか?

ただ家族や故郷のことだけを考えていたのだろうか?

902 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:10:55 ID:jr/94+siO
>>896
交通事故も苦しまずに即死だったらある意味まだ良かったのかもね
それにしても、じいちゃんはタフで波乱万丈だったんだねえ・・



903 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:34:08 ID:qLWVflPh0
山本五十六が
アメリカと通じてたっていう話があるらしいのだが
やっぱりそうなのかな

台湾かどこかで死んだってのも
うそだったりして

904 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:36:06 ID:e2J9ux400
無能な上官敵より怖い

905 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:48:05 ID:nFCBBhYX0
>>904
おっと、牟田口中将の悪口はそこまでだ。

906 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:57:19 ID:4qiOFxvjO
>>899
当時のアメリカ軍の銃は現用の銃よりはるかに威力あるよ。
彼のじいちゃんの負傷は多分、砲弾かなんかの破片を遠距離で受けたのではないかな。

907 :本当にあった怖い名無し:2008/10/15(水) 23:58:56 ID:S50mgYed0
>>903
山本が台湾で死んだっていうのは初耳

908 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 00:02:20 ID:JJqPEQobO
山本五十六は米国に通じていたのではなく、米国に行ったことがあるから、国力の差を戦争前から痛感していたのである。だから初めから戦争には反対だった。硫黄島を指揮した栗林氏もそう。

909 :903:2008/10/16(木) 00:03:27 ID:BMFe/S6I0
ブーゲンビル島でしたw
失礼


910 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 02:45:02 ID:rG2di2320
海軍で見識広く、国際社会を理解し柔軟な思考をしていたので有名なのは
井上・米光・山本の三将軍


911 :910:2008/10/16(木) 02:46:51 ID:rG2di2320
訂正
米光→米内
米内光政が縮まってしまったw

912 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 08:59:28 ID:+cfhu/WlO
シベリア抑留から生還した爺ちゃんが最近ボケだしたんだが…
孫とかが食ってる飯を黙って奪って袋に入れて、
隠れて一人で食うんだよ。
シベリアで爺ちゃんがどうやって生き残ったのか想像すると鬱


913 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 09:35:16 ID:X1fJCow90
>>910
海軍は提督だろ、とスレの空気読まずにカキコ

914 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 12:51:31 ID:AvaSf49NO
東京大空襲のとき、警報が解除されて防空壕から出てみると、玄関の屋根を突き破って不発の焼夷弾が転がっていたそうだ。
危うく一家全滅するところだった。

さらにそれが俺の親の遊び道具として昭和30年代まで家にあったことがオカルト。

915 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 17:40:02 ID:63ms3WZl0
怖くはないけど。
友達のじいちゃんの話。
特攻隊は表上は、
「お国のために行ってまいります」とか
「靖国で会おう」とか
かっこよく語られているが、

実際は、前日、泣きまくったり、
逃げ出そうとしたり、
「行きたくねーよ」とかグチこぼしたり、
人間性溢れる言動・行動がほとんどだったらしい。

そりゃそうだよなーと思う。

916 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 18:37:27 ID:kwgZNu6M0
>>912


917 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 19:42:32 ID:MuDgfwkS0
そういやシベリア抑留の人らは
あんまり話にあがらないな

918 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 20:09:04 ID:Gxr3AJHK0
>917
帰ってこれなかったから

919 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 22:05:08 ID:wz27lSMG0
>>914
abuneeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!

920 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 22:05:24 ID:63ms3WZl0
怖くはないけど。
友達のじいちゃんの話。

特攻隊のかっこいい遺書が残っているが、
本音を書くと検問に引っかかるため、
本音が書かれた遺書は残っていない。
文章を書くのが上手な奴に書かせたりしていた。

後、映画などである、
飛び立つ直前に飛行機のトラブルっていうのは、
ほとんどが、ワザと。

でも、そんな中で命を捨てて行った若者たちは、
国のためよりも、家族のためが多かったみたい。
「ここで逃げたら家族みんながいじめられる」とか
「もしかすると、これで妻や子供は助かるかも・・」とか

そんな時代が日本であったことがオカルト。
60年前だと思えない。

921 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 22:07:27 ID:DLrdD4VMO
>>917
俺の死んだじーさまが抑留されてたが
軍医だったので待遇がマシで、生きて帰ってきた


922 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 22:14:44 ID:LzVuBgG3O
うちの爺さんは脳梗塞になって日本に送り返された模様。因みに満州で警察官やってたそうだ。
確か5分の1しか生きて帰れなかったんだっけ?

923 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 22:19:40 ID:D3ZOWKN3O
>>920
生き残った特攻隊員の証言をテレビで見たことあるけど、やはり『母親をアメリカから守るために死ににいく』と覚悟を決めて出撃した、とおっしゃってたな。

924 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 22:22:06 ID:+Fi4LLfrO
大和ってすげぇのに同じスペックの武蔵ってソッコーだったよな

925 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:01:16 ID:wz27lSMG0
それは就役してから沈むまでのことを言っているのか?

926 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:05:38 ID:65H2T9mz0
特攻隊で死にたくないやつは、
出撃の時に、わざと前方から飛行機に近寄って、プロペラで自分の
片腕を切断して出撃出来なくして助かったと聞いた事があるよ。
あと、醤油を大量に飲んで熱を出して助かったと言う話も聞いた事があるよ。




927 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:20:58 ID:63ms3WZl0
>>926
理由なしで、逃げたりすると、
家族が差別やいじめにあってたみたい。
当時のスカンは異常。

928 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:23:21 ID:/6rRoNmn0
特攻隊で死にぞこなった兵士を収容する施設が九州某所にあった
じいちゃんが話してたのを話半分に聞いてたら実在してたとしって怖くなった



929 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:39:09 ID:I8ShLy8l0
>>924
だからそれは、違うんだって!!
レイテ沖海戦で大和も武蔵と同じ任務=レイテ湾に突っ込んでの艦砲射撃するはずだったの。
(いわゆる特攻)でもなぜか、大和は反転し日本に逃げ帰ったわけ。

それがいまだにオカルトなの。

930 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:41:47 ID:h8d5cBAbO
>>917
うちのじーさまは経験者だよ。
目の前で戦友が亡くなってったって…

迷彩柄の服着てると戦争の話始めるので、じーさまに会うときは着てかない。

931 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:49:09 ID:63ms3WZl0
>>928
kwsk

932 :本当にあった怖い名無し:2008/10/16(木) 23:59:12 ID:Q5WdVwp+0
振武寮かな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%AF%E6%AD%A6%E5%AF%AE

933 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 00:20:07 ID:gihrFEUAO
あったみたいね☆
特攻は序盤は成果あったみたいだけど、いよいよ本土決戦が近くなったときは、ほとんど体当たりする前に撃沈されてたみたいだよ

934 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 00:42:24 ID:ZEwhXlTh0
>>932
GJ。これは初耳。それにおもしろい。
半分くらい帰ってきてるみたいね。
友達のじいちゃんの話きいてると分かる気がする。
日本は戦争を美化しすぎ。
教科書に載せるべき。

935 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 00:48:22 ID:lWtf3weS0
>>924
武蔵は軍艦史上最多とも言われる雷撃と爆弾を受けながら最後の最後まで艦水平を保ちながら沈んでいったという
上甲板が水没し主砲が水面に浮いている状態でも水平を保っていた、これは熟練の乗組員の根性のなせる業である
これをソッコーとはゆとりにもほどがある

936 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 00:52:27 ID:jHz1lwHM0
おまえら、もし当時、特攻隊員になってたら
大本営に突っ込んだろ。
俺ならやってたな。でも2chないか...

937 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 00:56:16 ID:TyXkg4Gk0
>>853
天候っていうか、その前日の八幡大空襲の煙で見えなくて落されなかったらしい。

938 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 01:04:14 ID:f9MCTVRR0
昔、特攻隊の本を読んで、特攻攻撃の成功率は約16%だったと書いてあったよ。
初期には20%以上成功してたけど、終戦間近には8%だったと思う。
100機出撃して、たった8機しか成功してないなんて、悲しすぎる。


939 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 01:30:16 ID:xN4pa1Cv0
>>936
お前、大本営って場所があったと思ってるのか?

940 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 01:46:53 ID:ZEwhXlTh0
眠気覚ましにタブー視されてきた、
親戚のじいちゃんの話。

サイパンかフィリピンかどっかの島の生き残り兵で、
当時、何よりの恐怖は、敵の銃弾や病気でもなく、
飢餓による苦しみだったらしい・・。
食べられる物は何でも食ったらしく、
最後の最後には、味方の死肉を・・。
食わなければ死ぬ極限状態だったみたく、
島からの生き残りのほとんどは、
味方の死肉を食ってたみたいよ。

「味は?」と問うと
「そりゃ、うまかったよ」と
僕の頬を軽く触った。

その他、いろいろ聞きたかったが、
(罪悪感、心境など)
それ以上は聞けなかった・・・。

941 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 02:01:02 ID:Bjjc6Hf3O
てっきり
なぜから彼もまた特別な存在〜
みたいに終わるかと思ったらマジの体験談だったw

942 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 02:03:23 ID:LpH3s0zyO
眠れない秋の夜長なわけですが、
何年か前に下宿していた80近い大家さん夫妻の話なんだけど、
戦争を語らないのは余りにも現代と乖離しすぎてて語る術を持たないんだろうなぁって思ったよ。
あれは人間の行くところじゃないって酔った赤い顔で何度も教えてくれたよ。僕忘れないよ。みんなも忘れちゃいけないよ。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 02:12:37 ID:5Pn20GvbO
うちのばあちゃんが従軍看護婦で、戦後〇〇周年とかに
従軍看護婦仲間だけに配られた、彼女らの戦争体験記本があるんだけど
それがかなり怖い、全てがリアルで生々しい
みんなの家にはそういう市販本以外の体験記ない?
戦争経験者って、隊ごとに〇〇隊桜会みたいなのつくって人多そうやん

944 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 02:45:31 ID:/tFJdcMKO
大叔父が戦艦榛名でフィリピンに乗り上げて玉砕したらしい。
いつか榛名のプラモデルを作ろうと思う。

945 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 02:58:37 ID:e8oP1dEZ0
>>942
戦争で南方から帰ってこなかった親族がいたりするもので、
参考でここのスレはたまに覗くんだけど、
(>940さんのお話には今物凄い衝撃を受けてるところですがw)
いろいろなレスをみるたび、本当忘れちゃいけない事なんだなと思う。

946 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 03:06:18 ID:LF3dsQbc0
>>930
でも御存命中しか話聞けないのだから
たくさん聞いてあげてください

947 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 03:15:21 ID:LF3dsQbc0
>>938
GHQの洗脳ってのは戦後60余年たっても凄いんだな

実際は56パーセントほどだということが最近公開されたアメリカ公文書館の資料で明らかになっている
http://www.heiwaboke.net/html/2006/11/15-02.dat.html

948 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 03:32:40 ID:NYDmZOVJO
もう10年以上前に聞いた話です。特に怖い話ではないのですが。
自分は飛行機が好きで厚木のウイングス(航空ショー)に良く行った物でした。
展示していたF‐15の方から聞いた話です。(百里基地だったかな)
別の基地に移動する際に厚木基地の近くで雷電に追い抜かれたそうです。
濃緑色でずんぐりしていて、胴体に日の丸がハッキリ見えたと!
自機や僚機はもちろん地上のレーダーにも反応しなかったそうです。
移動後、記録(飛行日誌?)に何と書くか悩まれたそうです。
正直に上官に言うと「たまにある。」とか?

本当かね?自分は未だに信じられない。

949 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 06:11:51 ID:MycrffprO
なんかどさくさに紛れて広い意味で左寄りの臭いを撒き散らしてる奴がいますね。 
しかも大体あげてる

950 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 07:36:48 ID:5o8/lTOm0
>>944
榛名の最後は昭和20年7月28日瀬戸内海(燃料なくて動けないところを艦載機の攻撃くらった)。
>>947
その「真実」は下手に扱うと、今の日本人の価値観や常識を悪い方向に捻じ曲げるような気がする漏れがいる。

951 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 08:22:51 ID:xN4pa1Cv0
>>947
それ、米艦に到達した機数から算出した成功率。
米艦を見失って特攻も帰投も出来なかった機や、米艦到達前に撃墜された機は含まれてない。
出撃した機数から出た数字じゃないから、実際より数字が大きくなってるのよ。

実際の所は、硫黄島ぐらいまでが27%くらいで、末期になるともっと落ちてくる。
GHQじゃなく、日本人が出した数値な。

>>950
今の時代、対空攻撃力の向上で、特攻はまず成功しなくなったから安心しとけ。
戦時中に50%成功だったとしても、現代で通用しないんじゃ誰もやりゃしないから。

952 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 11:45:19 ID:Wt4IOANxO
>>935

で、武蔵への攻撃で学んだ米軍は、大和攻撃の際には片側に魚雷を集中させると言う作戦をとった

...武蔵は転覆せず、前のめりにゆっくり沈んだため、今だにレイテ沖海中を航行中という伝説がある 

沈没地点が確定してないんだよね?

953 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 14:03:49 ID:ANaRfIXb0
そろそろ「日本史」か「近代史」スレでやってねw

954 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 20:02:59 ID:Yl9TpGEp0
散々既出だろうが、戦場になった島でテレビ撮影中に、何やら映ったとかなかったっけ?
某国の揚陸艦の名前になった島だったか

と、空気を読まずに無理やりオカルト話に戻してみるてすつ

955 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 20:16:44 ID:6Gt7flKoO
>>881
鰻が死体に群がるところを、目撃してしまったんじゃないか?

956 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 22:18:49 ID:gHfznTVE0
戦争はいかん、争えば腹が減る

水木しげる氏の名言。
南方の戦場から生還した人の言葉には重みがある
自伝的な著作をいろいろ読んでみると、
かなり恐怖だけどね



957 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 22:46:45 ID:R7Gk+x3K0
そんな水木先生が南方から復員する際に乗ってきた艦が・・・

かの「雪風」だったというのは、ある意味オカルト

958 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 23:25:10 ID:yCJW1AM90
神風も可哀想だけど、一番の恐怖は特殊潜航艇だろう。
あんな、水深わずかの艇にトロトロと進撃させたのは恐ろしい。
何かの本に、ハッチを閉めた時から、乗組員の死は決まっていたとあった。

959 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 23:32:21 ID:kPWDy1DE0
>>956

氏の漫画の中で「喧嘩はやめろ、腹が減るぞ」
と言うせりふがあったね。

960 :本当にあった怖い名無し:2008/10/17(金) 23:50:13 ID:2CmfXAIT0
>>958 だわな。

あれは自分で蓋を開けられんから。
ぶつかって爆破しなければ生きながら棺桶に入れられて土に埋められるのと同じ。
まあしかし、言いたいことを言って思う存分泣けるだけ幸いかも知れん。
やがては酸欠で思い出の夢を見つつ昇天。
神様ご先祖様に祈る程度の時間はたっぷりあるしな。
どうせ生きては帰れんのだから。

961 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 01:38:05 ID:+zGjNP8h0
>>960 適当なこと言うな。

真珠湾に突入した5隻の特殊潜航艇の乗組員が、どうして九軍神と
呼ばれていたのかわかるか?

962 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 02:28:37 ID:is9/fRXt0
>>961
…遺った方がどんな気持ちだったのかは
計り知れないな。

963 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 03:43:08 ID:5HaimO1v0
なんで特攻で亡くなった人たちが犬死だみたいな言い方ができるのか理解できない。
幹部の作戦の批判はいいとしても、実際に特攻した人たちの多くは
本当に国の行く末を憂慮し、アジア・国民の安泰を願って散ったわけだぞ。
馬鹿にした言い方は許せない。
>>951
米艦に見つかる前に撃墜されたとしたら、それは特攻という作戦のせいじゃないよな。
特攻の成功率といったら、見つかってからぶつかるまでじゃないか普通。
米艦を見失ったり、途上で撃墜されたならそれは特攻作戦として失敗なのではなく
普通に護衛などが不十分だったとかそういう話だと思うが。
それと、戦後のGHQの検閲を考えれば、日本軍部の成果を強調してはまずいから
都合のいいデータを喧伝したってのは有名な話じゃないか?


964 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 04:32:20 ID:uBNSNlhBO
951は別に英霊を馬鹿にしてるわけではないのでは…しかし、ともかく今の我々の安穏な暮らしは、かつて南冥の海原に、極寒の荒野に、酷暑のジャングルに、命を散らされた先達方あってのものであることを決して忘れてはならない。  
海行かば水漬くかばね  山行かば草蒸すかばね  空行かば雲染むかばね  

  英霊の御霊安かれ

965 :963:2008/10/18(土) 04:34:07 ID:5HaimO1v0
誤解を招く書き方ですみません。

前半は>>951に書いたものではないです。

966 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 04:34:38 ID:7P18HWQB0
>>963
ここはオカルト板だ。お前の信条など知らんし、しょうもない陰謀論も知った事か。
そのレスはそのまま持って帰って、軍板あたりで死にたくなるくらいに馬鹿にされてこい。


967 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 06:23:17 ID:IGzQX1di0
>>948
意外と旧軍機を飛行中に見たという目撃例はあるよ。

昭和40年代くらいにパンナムだったかアメリカの旅客機のパイロットが
富士山の近くで夜間飛行中に夜間戦闘機月光を目撃している。
この人は大戦中に米軍パイロットだった人で月光に絶対間違いないと
言っているそうだ。
'80年代の終わり頃には日本人カメラマンが小笠原?近くの太平洋を
軽飛行機で昼間飛行中に零戦が飛んで行くのを目撃したそうだ。
確かエニグマスレでも過去ログに旧軍機が地上スレスレを飛んで行くのを
見たというのがあったと思う。

アメリカではこれとは逆に1920年代の飛行場の格納庫でプロペラの無い
全金属製の不思議な飛行機を見たが数十年後にその飛行機がジェット機だった
というのが分かったなんて話もあるそうだ。

968 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 08:46:26 ID:5HaimO1v0
>>966
自分の信条なんか書いてないが、どこにある?

969 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 08:48:31 ID:5HaimO1v0
>>966
あとどのへんが陰謀なのか教えてくれないか?

970 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 09:30:50 ID:mGqM/Qba0
>>969
とりあえずスレ違い。

971 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 09:31:20 ID:2SZmD9qo0
>>969
横レスだが、俺はあなたの考え方に賛同できるよ。
ただ、やはり軍版ですべきような議論はそちらに移動してほしい。またはハン版とかに
いくべき話題もあるように思う。

もちろんあなただけに出て行けなどと行っているのではなく、日本叩きの論陣を張っている
人も該当スレで続けていただきたい。

972 :いかせ屋ケンちゃん:2008/10/18(土) 09:57:00 ID:vxM5vRGu0
さすらいの、いかせ屋ケンちゃん参上
故スレ、故故レス、故故スレ、故スレ
故スッて、一気に逝かせて上げて

973 :いかせ屋ケンちゃん:2008/10/18(土) 09:58:09 ID:vxM5vRGu0
弟子共集まれ、故のスレ故スレ

974 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 10:11:35 ID:VpBlrcto0
どこかで桜花っていう名前の女の子を見かけたよ
読みは最初の一文字の読みらすぃけど
幸せに向かって特攻できるといいよね

975 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 10:25:50 ID:IpEjpe0PO
↑死んじゃうじゃん。

976 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 11:02:11 ID:slgRlGdx0
我等が敵は、一にマラリア、二に飢餓地獄、三に牟田口、四が英軍。

悲しすぎます、本当に。このような状況で、祖国のために散っていった英霊に最敬礼。

同時に、責任者出て来い。マジで!!

977 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 11:37:28 ID:P/acHFMJ0
>同時に、責任者出て来い。マジで!!


い        や        だ        ね

978 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 11:59:52 ID:qEhR34DUO
自虐歴史意識の奴は日本人としてどうかしてる

979 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 12:07:04 ID:MKfHuyv90
指導層のリーダーとしてのレベルを評価するために史実を検証すると自動的に自虐なってしまう国の不思議。

現在だって100年以上前の政治家の子孫とカルトが内閣の中心を構成して民主主義ごっこしてるんですもの。

980 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 12:21:16 ID:kG0KwBelO
自虐も何も事実だから仕方ない

981 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 12:38:51 ID:KzZJVNGN0
牟田口
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9F%E7%94%B0%E5%8F%A3%E5%BB%89%E4%B9%9F
富永
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E6%B0%B8%E6%81%AD%E6%AC%A1
大西
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E7%80%A7%E6%B2%BB%E9%83%8E
宇垣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%9E%A3%E7%BA%92

敗軍の将4人の責任の取り方を見て欲しい。
卑怯なやつほど戦後ものうのうと生き残っているのがオカルト。


982 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 12:57:51 ID:J+rK2j8g0
現代に零戦が飛んでたって話はきくけど
その零戦が攻撃してきたって話は聞かないよな

983 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 13:00:01 ID:N+pVYC46O
ミカドロイド

984 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 13:02:07 ID:11EoCP+y0
↑2人はほとんどギャグだな
こんなやつらの下について死んでいったと思うとやりきれないな

985 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 13:07:16 ID:Fm/2CFB/O
>>983

> ミカドロイド

ビデオレンタル中古品を何年か前に買ったよ。
ナカナカ壮大な物語だったよw

986 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 15:50:19 ID:qEhR34DUO
>>980
何がどの根拠で事実だから言ってみな、ちなみに証言はソースにならないからな

987 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 16:54:59 ID:MKfHuyv90
愛国者の割に変な日本語でおかしな因縁をつける>>986と同じ国の国民で本当にスミマセン。

988 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 17:11:06 ID:uc8Wak5C0
いえいえ、かまいませんよ

989 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 17:12:36 ID:kG0KwBelO
>>986
ごめん、何を言ってるのかわからないんだけど?
まぁ、牟田口の所業を知らないというのなら浅学にも程があるからまずは軍板で訓練を受けて来ることを勧める

>証言はソースにならない
この発言の根拠は何?
準公刊戦史である戦史叢書とかにも個人の証言が史料として記述されたりしてるわけだが

990 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 18:06:51 ID:XqEs+uvbO
結構収集されたのに乗る飛行機が無くて帰って来た人多いみたいだね。
うちのひいおじいちゃんも航空隊に入ってて特攻隊かわからんけど呼ばれて行ったんだけど。
戦闘機が無くて整備士に任命されたけど仕事が一切できなくて帰されたんだって。
ひいばあちゃんも冗談で千人針を縫った手間賃返せとか言ったとか。

991 :いかせ屋けんちゃん:2008/10/18(土) 19:05:17 ID:XtJ9f9Ct0
いよいよきました、あと、9つ

992 :いかせ屋けんちゃん:2008/10/18(土) 19:06:01 ID:XtJ9f9Ct0
故スレ、故故スレ、
逝かせてあげよう

993 :いかせ屋けんちゃん:2008/10/18(土) 19:07:02 ID:XtJ9f9Ct0
誰が、最後を看取ってあげる?

994 :いかせ屋けんちゃん:2008/10/18(土) 19:07:56 ID:XtJ9f9Ct0
あと、6つ

995 :いかせ屋けんちゃん:2008/10/18(土) 19:08:33 ID:XtJ9f9Ct0
あと、五つ

996 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 19:22:19 ID:typbLTi7O
人間 疲れてくると有り得ない物が見えたりするよ
>零戦


997 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 19:27:11 ID:bupNru3/0
1000


998 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 19:27:38 ID:bupNru3/0
今度こそ1000

999 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 19:27:55 ID:bupNru3/0
いや、今度こそ1000


1000 :本当にあった怖い名無し:2008/10/18(土) 19:28:10 ID:bupNru3/0
いやいや、今度こそ1000


1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)