5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文芸】第141回芥川賞・直木賞候補作を発表…芥川賞候補にイラン出身のシリン・ネザマフィさん、直木賞候補に映画監督の西川美和さんら

1 :すてきな夜空φ ★:2009/07/02(木) 05:43:51 ID:???0
日本文学振興会は2日、第141回芥川賞・直木賞(平成21年度上半期)の候補作を発表した。
芥川賞候補に選ばれたのはイラン・テヘラン出身のシリン・ネザマフィさんら6名、
直木賞候補は『ゆれる』、『ディア・ドクター』などを手がけた映画監督の西川美和さんら6名。
選考会は15日午後5時より都内で行われ、同日に受賞者が発表される。

昭和10年に制定された芥川賞と直木賞は、各新聞・雑誌に発表された作品のなかから
(直木賞は単行本も含む)、芥川賞では純文学短編作品、直木賞では短編および長編の
大衆文芸作品の優秀作を選定。2009年1月15日に発表された第140回芥川賞・直木賞
(平成20年度下半期)では、芥川賞を津村記久子さん『ポトスライムの舟』、直木賞を
天童荒太さん『悼む人』、山本兼一さん『利休にたずねよ』が受賞している。

候補作品は以下のとおり。

●第141回芥川龍之介賞 候補作品
磯崎憲一郎『終の住処』 新潮6月号
戌井昭人『まずいスープ』 新潮3月号
シリン・ネザマフィ『白い紙』 文学界6月号
藤野可織『いけにえ』 すばる3月号
松波太郎『よもぎ学園高等学校蹴球部』 文学界5月号
本谷有希子『あの子の考えることは変』 群像6月号

●第141回直木三十五賞 候補作品
北村薫『鷺と雪』 文藝春秋
西川美和『きのうの神さま』 ポプラ社
貫井徳郎『乱反射』 朝日新聞出版
葉室麟『秋月記』 角川書店
万城目学『プリンセス・トヨトミ』 文藝春秋
道尾秀介『鬼の跫音』 角川書店

ソースはhttp://career.oricon.co.jp/news/67133/full/

2 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 05:44:44 ID:X4XGxgvp0
また女外人

3 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 05:48:50 ID:kzJvgy9E0
また北村薫を落とす作業が始まるお

乱反射はちょっと無理がある気がするからダメだな

4 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 05:49:45 ID:LEkiQgEr0
北村薫いいかげん獲ったほういいだろ

5 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 05:54:38 ID:Rv7sOjt60
北村は直木賞なんてどうでもいいからミステリ史に残る本格書けよ

6 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 05:56:21 ID:XnM2VE/l0
北村さん何回落としてるんだよ!
選考委員はいい加減にしろよ!

7 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 05:57:21 ID:cZtyfKO60
そろそろ北村、本谷でいいだろう

8 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:00:06 ID:6D7CJGJS0
もっちんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!
でも有名にならないでw

9 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:07:56 ID:7cguw26n0
道尾は龍神の雨だろ常識的に考えて……

10 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:10:31 ID:Iq17Iqh+0
昨年の外人の作品
立ち読みしたらなんじゃこりゃ?って出来だったからなあ。

また話題性で駄作選ぶんでしょどうせ。

11 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:18:43 ID:0YTWXh+U0
もうこの賞ってそんなにありがたみないよね?

12 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:20:39 ID:Rp7AA/jM0
この事件の被害者が西川美和じゃないかと言われていたけど本当はどうなんだろう

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
集団強姦「財務省ノンキャリ」逮捕までなぜ「8カ月」?

 逮捕されたのは我が国の財政を支える省庁の、しかも花形部局の職員だった。
10月26日、警視庁捜査1課は、財務省主計局の係長・近藤智明(34)と同局財務事務官の広瀬佑樹(28)を、
共に官舎から出勤する際に逮捕した。2人の容疑は“集団強姦”である。
「事件の発生は今年の2月23日でした」(捜査関係者)
 東京・中野区に住む映画監督の女性・Aさん(34)は当時、帰宅する途中だった。
「その日の午前1時頃、AさんはJR中野駅南口で近藤、広瀬を含む5人の財務省職員に声を掛けられます。
近藤は気を引く為にわざとグレープフルーツを転がし、Aさんがそれを拾うと“ありがとう。ところでこの時間
でも飲めるお店はありませんか”と切り出した。Aさんは誘われるまま居酒屋に付いて行った」(同)
 その後、6人は午前4時過ぎまで居酒屋で同席する。
「飲み会がお開きとなると近藤はAさんに、“始発の時間まで休憩させて欲しい”と切り出した。結局、3人が
Aさんの自宅マンションに上がり込みます」(同)
 部屋には近藤と広瀬以外にもう1人同僚がいたが、近藤から「隣の部屋で寝ていろ」と命じられている。
「近藤と広瀬はAさんの腕を押さえつけ、無理やり服を脱がせ、暴行に及びました。その後、Aさんは隙を
見て部屋から脱出。近所のコンビニに助けを求め、110番通報しました」(同)
 恐怖から逃れたい一心で部屋を飛び出したAさんはコンビニに駆け込んだ際、全裸に近い状態だった。

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/tachiyomi/20071031_1.html

13 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:37:56 ID:YbRhIASQ0
何だか意外性と言うか、話題性だけになったみたい。

14 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:41:43 ID:LEkiQgEr0
もう一年に一回でいいんじゃないの
この国の文芸の層も脆弱すぎるわ
外にも出ずに本ばかり読んでるから
題材が日常の些細なことばかりで「それがどうした」といいたくなる題材ばかりだ

15 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:41:56 ID:w4oDPYk0O
何やったって大して売れないんだから、もう話題性じゃなくちゃんと作品の質で選んでくれよ

16 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:42:00 ID:5VDEbj8M0

ここ四十年ぐらい新人賞とって出てくる新人作家ってほぼ帰化か在日の朝鮮系だよ。
チョンじゃないと文学賞の最終にすら残れない。

すでに日本の文学賞はチョンのデキレースになったんだよ。

なぜかって? 朝日や毎日みたいに戦後GHQの保護下で朝鮮人に乗っ取られたからだよ。
出版社も完全に朝鮮人に乗っ取られている。
アカヒだ変態毎日だって叩くネラーもなぜか出版社だけはクリーンだと勘違いしてる。

醜い朝鮮人が日本人に受賞させるとでも? 受賞者なんて日本人のふりしたチョンだよ。


17 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:43:41 ID:edYODMVg0
北村薫はそろそろ直木賞審査員が次々に変死を遂げる小説を書いていい

18 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:46:47 ID:FpNvAkTU0
>>14
最近は毎回受賞作品あるけど
昔はよく受賞作品無しの回があったのにな

19 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 06:55:40 ID:k93NVTSQ0
本売るための祭りでしか無いからな。受賞作って肩書きで一定売れるから、それだけのイベントでしか無いのは事実。

20 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:00:52 ID:WsunP+Ef0
その昔、やたら犯罪者を持ち上げて文学界は今の衰退を招いた。
今度、外国人を持ち上げる先にあるのは文学界の死だろう。

21 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:04:40 ID:pyHfdhmXO
北村さん、北村さんはまた落ちるの?

22 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:05:51 ID:vcIne1eAO
北村さんは落ちますよ


23 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:15:28 ID:G4+gTeksO
あの本谷有希子が候補かよw
芥川賞はどこまで落ちぶれれば気が済むんだか

24 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:16:04 ID:z/ce79JM0
北村もいいかげんイサカったほうがいいんじゃね?

25 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:18:13 ID:FESnD+yt0
話題にならなくてもちゃんと選べばいいのに

26 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:18:39 ID:V6g+QMcy0
俺の嫁のシリン・ネザマフィたんが当選するとみた


27 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:21:20 ID:tLsRXUMXO
前候補に入ったか賞取ったかした痛い中国人どこ行ったの

28 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:22:09 ID:FESnD+yt0
10代だのガイジンだのってw

29 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:23:51 ID:+NQ4Bme60
人材の枯渇
今の時代才能のある人は小説なんて書かないか

30 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:24:48 ID:oCgDvHJa0
本谷有希子のオールナイトニッポンでメール読まれた俺は勝ち組

31 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:25:07 ID:7cguw26n0
>>23
俺本谷は好きじゃないけど今回のは結構いいぞ

32 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:27:45 ID:kq/iHnHdO
もっちんは芥川賞よりオールナイトニッポン復活してくれ。
月火水のオールナイトニッポンがつまらないからさ

33 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:29:16 ID:2I0inhC7O
自称本好きで小説家志望の特徴

●どういう表現をしたいより芥川賞や印税の妄想をする
●自己愛が強く自分の身の丈より自己評価が高い
●そのため相手に厳しい。プロ作家の批判(自称議論)も大好き
●たいした事ないのに自己評価が高いため恋人が出来にくい
→相手にスペックの高さを求めるが自分はたいした事ないため実際にスペック高い異性には相手にされない。
しかし相手にされないレベル違う女(男)の尻ばかり追う
●恋人持ちでも自分の中では妥協してる(つもりだ)から、上目線で相手をみるため結果的に妥協してる相手にさえも振られる

34 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:33:16 ID:4sK5S/ClO
直木賞は受賞作チェックしてないが
芥川賞の方はチョクチョク見てる
川上映未子(だっけ?)さんのチチランはマジ凄いと思った
後は印象が薄い。つか、一山いくらの作品じゃなかろうかと
まあ、新人の賞だから多くを求めるべき物でも無いのかもね

35 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:34:14 ID:u8a4VGfZ0
ファイナルファンタジー3のプログラマーのナーシャ・ジベリといい
イラン出身で日本で活躍する人って意外と多い気がする

おめでとう

36 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:34:17 ID:Rp7AA/jM0
>>33
自己紹介乙

37 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:36:33 ID:Dfhqe9hh0
イラン強いなあ。やっぱりイランは詩人の国だけあって、外国でも猛威を
ふるってるね。アメリカは余計なちょっかい出すなよ。

38 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:37:24 ID:moheRwlI0
芥川は今までの傾向からイラン人当確として
万城目はよくここまで這い上がって来たなと思う

39 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:37:34 ID:vcIne1eAO
もう、イラン人でいいよ


40 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 07:44:36 ID:rrscOsKu0
ポピュリズムに走ってるな
ペンも出版業低迷には勝てないかw

41 :富田派:2009/07/02(木) 08:25:46 ID:uWO/g1Y0P
松尾とか本谷が芥川賞取ったら腹切る

42 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 08:27:27 ID:hkCxwmCA0
マキメしか読んでないがあれが取れるとは到底思えない

43 :富田派:2009/07/02(木) 08:33:09 ID:uWO/g1Y0P
万城目と道尾はなんていうかにわか層にも一応アピールしとかなきゃ枠って感じ

44 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 08:33:09 ID:eV6wZ7Ev0
イランが出来レースで国内紛争おこしてるってのに
芥川もなの?

45 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 08:37:05 ID:DrHcbsbJ0
小説書く映画監督の映画はねぇ

46 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 08:40:34 ID:7PQbb8J60
>>33
作家なんて、自己顕示欲のかたまりで、とても醜い存在。

BY 山田詠美

47 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 08:51:07 ID:80DnKk4oO
実力通りにいけば直木賞は道尾
でも道尾以下のクソ選考員にケチョンケチョンに酷評されるはず

48 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 08:57:36 ID:E9i4nM7r0
結局どんな分野でも小粒しか出ないというのは、ある意味その国が穏和で平和
だということで、いいんでないかい? セルバンテスだのドストエフスキーだ
のマルローだのヘミングウェーみたいなのがごろごろ出るような社会じゃ困る
よ。村上春樹みたいなのがノーベル賞取って、日本人全員が万歳三唱するくら
いの社会のほうが、全員が抜けきっていていいんだろう。

49 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:01:13 ID:+vhfa+BdO
直木賞はともかく芥川賞は知ってる作家が一人もいない。
こんなの取るよりブログで人気になる方が難しいんじゃね

50 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:05:10 ID:I2u897bZ0
「あの子の考える事は変」ってのはとりあえずタイトルだけで読んでみたくなる

51 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:09:31 ID:7IVMtDZI0
直木賞はともかく芥川賞は有名な奴が選ばれるのはどうかと。
まあ直木賞もおかしくなってるんだけど。

52 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:14:21 ID:35RXgNt40
>>35
『一本いっとく?』の人もイラン人だったなw


とうとう恩田陸も…

53 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:20:23 ID:D9US7VSxO
タイトルだけで判断するのはあれだが、よもぎ学園www
芥川賞候補なのに、ラノベにしか思えねぇよ。

54 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:48:09 ID:AceynHzLP
韓国だ 中国だ イランだ

極左勢力のオナニーショーになってしまったな

文学賞じゃねーよw

55 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 09:49:04 ID:diiNofyQO
タレントのサヘル・ローズって
イラン・イラク戦争で四歳の頃に家族すべて失って、孤児院にいたところを
当時女子大生だった養母に育てられたらしいな
そういう国に育った子が、日本語ペラで文章かけるなら
単一民族の典型ともいえる日本人の思考が勝てるわけない

56 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:01:41 ID:Dfhqe9hh0
イランは普通の人でも当り前のように詩を作るらしいね。
サイクリストなんていうアフガン労働者がぐるぐる自転車鯉で
耐久ショーやる映画がメガヒット飛ばすし、文化レベルが日本より
はるかに高いんだろ。ペルシャ絨毯で視覚センスは研ぎ澄まされるしな。
サイレンスとか無茶苦茶綺麗だった。

57 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:08:10 ID:7OH/tTYm0
>>55
文学の思考っていうのはそんな単純なモンじゃない。
受験生?

58 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:12:50 ID:W304EGv0O
もう次から北村が選考委員入りでいいよ…

万城目のは賞を意識したような内容だったな。無理だろうけど。

59 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:13:00 ID:7PQbb8J60
>>57
単純じゃないからこそ、
バックボーンでしょ。

60 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:19:30 ID:4kQhOoJd0
今回は北村か万城目だよ。北村薫今更取ってもしゃーない気はするが。

61 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:44:41 ID:NQ4pRjv00
北村さん、また公開レイプか・・・
それでも選考辞退しないところを見ると、やはり直木賞が欲しいのか。

62 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 10:47:58 ID:SJEejGxS0
今度こそ北村だろ。

63 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:10:38 ID:5VDEbj8M0
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

↑に詳しく載っているが、芥川賞や直木賞を主催する出版社の新人賞である文學界
の受賞者と最終に残った人間が三期連続、京都の小さな出版社に勤める人間だった。
いっておくが応募総数は一回だけで1900だ、連続する確立は天文学的に低い。

評論家の証言を載せておこう。

10月17日、105回文学界新人賞発表直前のmixiでの大森望さん発言が波紋を呼ぶ。
「会場に入ったら、前々回文學界新人賞受賞者(「いやしい鳥」)藤野可織さんにいきなり声をかけられる。
京フェスで話し込んだ前回文學界新人賞受賞者・谷崎由依さんの友だちというか会社(京都の某専門出版社)の同僚だそうで、京都でも藤野さんの話が出てたので、文學界方面の話題をいろいろ。
同じ会社でバイトしてるもうひとりの友だちが今回の文學界新人賞の最終選考に残ってるんだそうで、もしか

64 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:29:41 ID:m+6w5f5s0
シリンさんの作品、なんか太平洋戦争ぽかった
日本人にもすんなりわかる

65 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:30:21 ID:FESnD+yt0
>55 人生経験ってあまり関係ないんだよね
夕日が落ちて泣ける感受性のが大事

66 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:38:38 ID:33JH2FzG0
シリンさん綺麗

67 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:40:49 ID:oZRtQeylO
アマルフィ

68 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:46:41 ID:riz2V6+WO
絵都がとった地点で、賞の価格が下がった。
絵都のバカ。

69 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:47:58 ID:fpmoePAT0
芥川賞は外人女、同系列の業界人、ZやBなどの逆差別枠、特殊ネタか

70 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:48:34 ID:diiNofyQO
>>65
それは万人が見て万人が情緒に浸る風景
そんな感受性じゃ、素人でも書ける
目からうろこじゃないけど、思いもしない視点から書かれたストーリーだからこそ
読みたいと思わない?

71 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:49:34 ID:fpmoePAT0
>京都の某専門出版社
これは童話枠

72 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:50:25 ID:LxioYq6y0
今年も落選してしまった・・・

73 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:53:52 ID:LtSPmIcAO
イランは女は優秀な人が多い

74 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:55:32 ID:zYk0A9Of0
芥川賞は本谷で、直木賞は受賞作なしになりそうなメンツだなw


75 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:56:01 ID:PfzBfyDlO
一人ドリカムみたいな名前の監督

76 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 11:58:25 ID:6SdT95pQ0
直木賞は東野圭吾とか京極夏彦とか
すでに超売れっ子作家に後付けで代表作でもない作品に送る意味の無い賞になったな
しかも候補に挙げてわざと落とすという失礼な事を何度もしたうえで

77 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:00:33 ID:5VDEbj8M0
>>71
童話枠じゃない、と純粋な日本人の関西人が明言しておこう


  どう考えても朝鮮人枠



78 :日本人はこの中に一人もいない:2009/07/02(木) 12:01:54 ID:5VDEbj8M0
磯崎憲一郎『終の住処』 新潮6月号
戌井昭人『まずいスープ』 新潮3月号
シリン・ネザマフィ『白い紙』 文学界6月号
藤野可織『いけにえ』 すばる3月号
松波太郎『よもぎ学園高等学校蹴球部』 文学界5月号
本谷有希子『あの子の考えることは変』 群像6月号

北村薫『鷺と雪』 文藝春秋
西川美和『きのうの神さま』 ポプラ社
貫井徳郎『乱反射』 朝日新聞出版
葉室麟『秋月記』 角川書店
万城目学『プリンセス・トヨトミ』 文藝春秋
道尾秀介『鬼の跫音』 角川書店

79 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:01:55 ID:HcrIY5RR0
外人にやるくらいならケータイ小説にやれよ


80 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:03:27 ID:5VDEbj8M0
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

↑に詳しく載っているが、芥川賞や直木賞を主催する出版社の新人賞である文學界
の受賞者と最終に残った人間が三期連続、京都の小さな出版社に勤める人間だった。
いっておくが応募総数は一回だけで1900だ、連続する確立は天文学的に低い。

評論家の証言を載せておこう。

10月17日、105回文学界新人賞発表直前のmixiでの大森望さん発言が波紋を呼ぶ。
「会場に入ったら、前々回文學界新人賞受賞者(「いやしい鳥」)藤野可織さんにいきなり声をかけられる。
京フェスで話し込んだ前回文學界新人賞受賞者・谷崎由依さんの友だちというか会社(京都の某専門出版社)の同僚だそうで、京都でも藤野さんの話が出てたので、文學界方面の話題をいろいろ。
同じ会社でバイトしてるもうひとりの友だちが今回の文學界新人賞の最終選考に残ってるんだそうで、もしかすると三期連続制覇かも。文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも」

81 :評論家はこう語る:2009/07/02(木) 12:05:14 ID:5VDEbj8M0
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも
文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも

82 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:06:05 ID:uSmA7uiJ0
>>76
渡辺淳一みたいなのがいるからな
中島らもは受賞せずに死んじまった

83 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:06:58 ID:QTJY8ggD0
柳美里や花村萬月が受賞しちゃうような賞

84 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:12:53 ID:7cguw26n0
>5VDEbj8M0
なんだこの電波……

>>76
東野は白夜行で受賞すべきではあったけど、結果的に基盤である本格ミステリで受賞は良かったんじゃね?
京極はな……嗤う伊右衛門でやってれば……

85 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:18:31 ID:1r13VUiSO
>>72あのなwwwwww
今の世の中

買って読む人の人口<<<<<<<何年も何年も小説書いてる大人子供の人口
なんだぞ?

売れないんだよ
一部の勝ち組を除いてそんでその勝ち組は、既に頂点にいる奴らが永く君臨してるだけか
極端にオタ受けしそうなルックス持ってるかであり
作品そのものはどうでもいいんだよ
だって利益が出ないんだよwm
いったい何人の直木賞、芥川賞者が売れずに消えていった?
無名から脚光浴びた奴ら全滅じゃねーか
そんなに読まれたきゃブログにでも連載しろよ


だけど嫌なんだろ?

ちゃんとマスコミに取り上げられて自己健次して

お前を馬鹿にしてた奴らを見返したいんだろwwwwww?
時代錯誤な話だ
今お前みたいな大人子供がいっぱいいるよ

俺の大学(早大)でも25歳以上のキモメンが
勘違いして大学に残ったりする。
そいつらの行く末は
30前で日雇い労働者だよwwwww
つまり実質的終わり
こんや奴らが増えつつある今の日本
文科省功労省は何とかしないと、こいつら死ぬしか道ないぞ

86 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:21:12 ID:w9OKoih0O
最近の芥川賞は話題作りに必死だからな

87 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:24:03 ID:t4LnImkCO
芥川賞と直木賞の違いは何?

88 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:26:13 ID:zSPcOq6z0
審査員が各自で「これが面白い!」ってヤツを持ち寄って、みんなで回し読みをして賞を決めれば、
毎回もめなくて済むのに。

89 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:26:27 ID:PX+c4Csb0
正直、最近の芥川・直木賞の楽しみは賞レースよりも「メッタ斬り」の井戸端雑談。


90 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:26:37 ID:RQm+Efm3O
道尾はかつての東野に近いミステリー叩き枠になってるから
当分は無理だろうな

91 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:28:36 ID:X+Udr5dt0
落とすなら北村を候補に入れるなよ・・・

92 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:29:35 ID:HQA979JjO
>>76

山本周五郎賞のほうが、いい時期にいい作品に賞をあげてるよね。


93 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:30:11 ID:1tg5hdpg0
まあもういわば一次元表現が売れる時代でもないよな。


94 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:31:05 ID:gPUSya7X0
北村薫ってゲイなのかと思ってたら、娘がいるんだな。

95 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:32:13 ID:K80r7q430
あの太宰ですらゲットできなかった賞なのに・・

96 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:33:07 ID:t4LnImkCO
芥川賞と直木賞の違いを教えてください。

97 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:34:10 ID:OPtNQbmv0
太宰は今いても落とされそうだけどなw
会社力と審査員への政治力を味方に付けられず三島賞って感じw

98 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:35:29 ID:n76huEruO
全く興味ナシ
レコード大賞みたいなもんでしょ

99 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:36:40 ID:S8eT0vGh0
貫井がやっと評価される時代が来たか

100 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:36:58 ID:yRzp59ed0
>>87
芥川賞は文芸誌に発表された短編
直木賞は書籍として出版された長編が対象

101 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:37:16 ID:K80r7q430
>>96
ウィキナントカってところに書いてあるかも

102 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:37:22 ID:KnxVJPZf0
>>84
電波も何も有名な話で実話だから始末が悪い


103 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:39:05 ID:q724CHXpO
伊坂がないってどういうことだよ

104 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:39:22 ID:72nPelUw0
綿矢と金原のダブル受賞辺りから芥川賞ってすごいと思わなくなった
特に綿矢はその後の作品が微妙すぎる
受賞作は目新しさはあったかもしれないけどね

105 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:39:42 ID:yRzp59ed0
舞城ってもう消えた?

106 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:41:11 ID:yRzp59ed0
>>104
綿矢のどこが目新しかったんだよw
あれだったら平野やモブ・ノリオの方が何か新しいことをやろうとしている気はするだろう

107 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:41:22 ID:1tg5hdpg0
>>104
あれはマズかったな。元々うさんくさい賞だけど、それが一般の人にもバレてしまった。

108 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:48:49 ID:3/XXpj1k0
慟哭がブックオフの100円コーナーに何冊もある貫井さんですね

109 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:49:34 ID:B3RGRlztP
今回はもっちんで決まりだろ!(*´д`*)ハァハァ

110 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:51:40 ID:W7dyOirWO
赤朽葉家でも読書クラブでもなく私の男で桜庭に取らせたときは
うぬら幼女とセックスしたいだけだろと言いたくなった
特に渡辺淳一

111 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:52:30 ID:eG1vfbyUO
>>104
爆笑問題の太田がラジオで批判してなかった?

112 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:53:23 ID:4bqf3VX+0
本谷は石原慎太郎がかつて推してたが
だいたい彼の意向は通らない傾向がある

113 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:53:23 ID:W7dyOirWO
>>105
半死状態でぬるく生きてる西尾と違って定期的に生き返る

114 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:54:48 ID:S5tr1IpS0
金原は蜷川が初メガホンで映画化っていうのでまだ生きてたなって気がするが
綿矢は本当に過去の人だな

115 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:55:32 ID:W7dyOirWO
金原は三年は持ったんだが

116 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 12:57:55 ID:zYk0A9Of0
>110
渡辺淳一は選評で「私の男」ボロカスにけなしてた。赤朽葉家もけなしてたはず。
自分も読書クラブのほうが好きだけど、たぶん選考委員にはあの面白さが分からないだろう。


117 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:00:48 ID:W7dyOirWO
>>116
淳一ボロカスだったのか
あの人、穴に棒が刺さってれば無条件でうっほうっほ叫ぶボノボだと思ってたから意外だ

118 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:04:09 ID:Ivy4FAVi0
話題になるかどうかだけで決めてんだろこんなの。

119 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:10:47 ID:a1oxEaZs0
イラン人文學界なのか
だったらイラン人が獲るんじゃねーの

120 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:13:34 ID:MwSjntnK0
おや、北村薫が候補に入ってる

121 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:18:50 ID:zYk0A9Of0
>117
渡辺淳一は他人のエロにはめちゃくちゃ厳しい。
あとミステリの作家が大嫌いなので、ミステリ出身の作家は評価されない傾向がある。
東野圭吾の時もボロカスでした。


122 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:19:27 ID:OopJQ5/o0
>>118
全く
そのうち
小学生がとるだろう
宇宙人もあるかも

123 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:23:11 ID:W7dyOirWO
>>122
ブンガクの行き着く先は幼児を経て卵子か

124 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:28:14 ID:wU6/ZAiK0

芥川賞も直木賞も完全に色物の世界になっちゃったよなぁ

腹も立たなくなったから、どうでもいいちゃいいけどさぁ

125 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:30:32 ID:wiE56e9d0
他人の作品にケチ付けてる暇あったら、マシなもん書けや。
ねえ、審査委員の先生方w

126 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:30:38 ID:fpmoePAT0
どうせ新刊で買って読まないからなんでもいいよ

127 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:30:53 ID:lLrZTNsg0
「テヘランでロリータを読む」っていう本面白かったな


128 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:32:33 ID:6Ce9BCYI0
金原ひとみは担当編集者と出来てママになって
すっかり過去の人になってしまった
同棲していた男はどうなった?

129 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:34:33 ID:NDraTLFwO
もとやがんばれ

130 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:35:17 ID:8Fajj+U5O
中東の文学大国イラン舐め過ぎ

131 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:37:41 ID:5CzW6/la0
多分、受賞するんじゃないかな。
今回がダメでも近いうちに。
若くて女で外国人という、
最近の芥川賞の傾向からするともう無敵のw

132 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:39:28 ID:Q6HCkX6r0
過去の受賞作ってやっぱり春秋の率が高いんだっけ
角川とかポプラ社みたいなとこはその時点できつい?

133 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:40:41 ID:iGUGxdF20
ネザマフィテレビ

134 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:41:10 ID:1Z02gBBtO
文学界じゃなく出版社が商売の為にやってるだけにしか見えなくなってきた…

135 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:43:12 ID:rqKXY1gt0
審査員はおかざりじゃないか。審査する前に決まっているような
印象。


136 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:52:02 ID:m+6w5f5s0
他の候補作の多くに致命的に欠けているのは、
この自己を突き放し、笑い、相対化する視線だった。

小さく狭い世界の中心に鎮座した主人公が、
自分の問題をだいじそうにかかえ、
基本的に受け身の姿勢で周囲を見回しているだけで、

時に他人の起こす事件に巻き込まれても、
痛い目に遭うわけでもなければ、
自分の問題に対する新しい視点を得るわけでもなく、

あまりにも主人公も小説も動かないので、
切実な問題をかかえていようとも結局、

曖昧な自己肯定の気分がずるずると
垂れ流されているだけのように見える。

松浦理英子 文學界2009年6月号


今の文学ってみんなこんな雰囲気だわな

137 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:53:59 ID:DwVO5ilAO
>>131
だなw

日本の文学界は腐ってる
大江健三郎もノーベル賞に韓国の作家を推薦したって言ってるし
そういうのが進歩的(笑)っていうのかね〜 ヘッ

138 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:56:16 ID:zXGAz2px0
数年前のかわいい子はいまだに執筆活動してるのだろうか

139 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 13:59:42 ID:XnM2VE/l0
芥川賞は発表済みのいわゆる純文学作品に与えられる新人賞。

直木賞は新人賞ではなく、実力のある中堅作家に与えられる賞と化している。
(作品自体の出来で選んでいるとは到底思えない)


140 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:02:24 ID:5CgWAYms0
中国人にイラン人次は朝鮮人かな

141 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:03:40 ID:zSPcOq6z0
宇宙人、未来人、超能力者

142 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:03:49 ID:YxAHyqv4O
話題ばっかり

143 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:05:09 ID:fpmoePAT0
平凡な日本人&二十歳過ぎで本気で作家めざしてる男はただの無知な廃人

144 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:06:13 ID:vdpPVCPDO
〜両賞終了のお知らせ〜

145 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:07:48 ID:wL5/41w4O
>>138
綿谷りさの事ならYES。ぼちぼちだけど。

146 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:08:17 ID:jXOVd0XD0
>>143
それでええんでない?
この世には二種類の人間しかいないんだ。
リアリストか、ドリーマーかのちちらかなんだよ。

ちなみに俺はオナニストだけど。

147 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:09:38 ID:RVB67gZx0
どんだけ天才なんだこのイラン人。
日本語が母国語のクセにおまいらときたら…。

148 : :2009/07/02(木) 14:09:41 ID:vEpesUpw0
もう日本の出版社に日本の文化を作るっていう矜持は完全に無くなった
あるのは自分たちの1千数百万の給料を死守するためなら
どこまでも堕ちていいという開き直り。これだけだ
もはやネットを徹底的に巡回していい作品を探す以外に文学の楽しみは無い

149 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:11:27 ID:5pr25aYi0
北村薫の、何のいわれもない罰ゲームまたハジマタ

150 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:11:51 ID:XBAF9TWC0
若年で話題を呼べなくなったら今度は外国人かい
文学界も大変だな。

そんなうわべの話題なんか気にしないでいいと思った作品を選んでくれよ
大衆もそこまで馬鹿じゃないんだからいいものには素直に食い付くっての。


151 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:14:24 ID:zXGAz2px0
>>145
それっす
同じ年にもう一人女の子が受賞してたと思うんだけど
二人とも顔見ないな

152 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:15:15 ID:kq/iHnHdO
空気的に本谷さんが選ばれそうな気がする。

153 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:16:54 ID:XBAF9TWC0
>>148
えっらそーな事言ってるけど探す手段がネットなあたりたかが知れてるわ
どうせタダで読めるインディーズものばっかあさってんだろ
読む側に「コイツになら金を出してもいい」みたいな感情が消えてる
そっちの方が問題だ
そのうち有料ってだけで「あ、こいつダメだ」とか決めつけて読もうとしなくなるんじゃね?

154 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:19:08 ID:2KVvxgVh0
どう考えても
北村薫
は審査員だろ

155 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:23:02 ID:C4qW8zIj0
>>150
俺はそこまで今の大衆を信じられないけどな
村上春樹に群がるのに、普段は石田イラ、みたいなやつばっかだろ
自分から面白いものを探す努力も、感覚もなくなってると思う
それでも出版界はそういう作品を探していく義務はあるとは思うが

156 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:25:13 ID:RVB67gZx0
情けないやつが多いね。人の功績を讃えることもできず穿った見方ばかり。しみったれてるよね。
文学界とか出版業界が終わってるんじゃなくて受け手の方終わってるんじゃないの。
すっかり荒廃したね日本人の精神世界も。

157 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:29:19 ID:/iFx5TmjO
チャンコロの女、未成年の女、歌手活動してる勘違い女、ライトノベル作家の女

内容よりキャラクターの話題で勝負が決まるんだな
総じてエログロのつまんないカスばっかだし
もういらねえよ

158 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:30:28 ID:VCyuABIxO
ノミネート常連だしそろそろ本谷ゆきこきていいだろう

159 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:33:14 ID:W7dyOirWO
>>158
今回の作品なら文句なしだな
腑抜けども、悲しみの愛を見せろのインパクトはないけど

160 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:34:38 ID:ruNPX55g0
>>89
ほんとそうだよな
あまりに酷い選考を見てると
もう笑って忘れるくらいしかないもんな

北村なんてマジギレして審査員を全滅させても
文句言えないレベルだ
本当に気の毒

賞なくても売れてるだろうしいいけど
あまりに失礼

とりあえず、石原慎太郎とポルノ以下しか書けない渡辺淳一は
今すぐ死ぬべき

161 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:36:43 ID:XnM2VE/l0
芥川賞の選考委員

黒井千次、石原慎太郎、池澤夏樹、宮本輝、村上龍、高樹のぶ子、山田詠美、川上弘美、小川洋子

直木賞の選考委員

浅田次郎、阿刀田高、五木寛之、井上ひさし、北方謙三、林真理子、平岩弓枝、宮城谷昌光、宮部みゆき、渡辺淳一

(Wikiより)

老害がチラホラと見られるよな。


162 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:38:40 ID:W7dyOirWO
はいはい何選んでも文句言うそんなおまいらのために三島賞が通りますよ
と直木賞芥川賞との住み分けは出来てるんだから別に良いじゃん

163 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:42:43 ID:shzwjzx80
アメリカは10年前にインド系のジュンパ・ラヒリが華々しくデビューしてるし
ブッカー賞もイギリス人が取れなくてインド人がデビュー作で受賞したりしてるし
フランスドイツも似たような状況
ポスコロが文学の世界で大流行で日本もその流れから逃れられないってだけ
ま、流行に惑わされて畑違いのもの読んで終わったと、したり顔で言うより
好きなもん読んてたが幸せとおもう

164 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:51:11 ID:S6YKsOBf0
>万城目学『プリンセス・トヨトミ』

プリンセス・ヨシトミに見えたw

165 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:53:12 ID:Vv9xyKzg0
何か最近この賞の価値が無くなった気がするよ
話題性とかインパクトとかそんなんばっか

166 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:55:16 ID:a8aPePri0
北村は、見出した東京創元社か、編集者の粘りで北村までたどり着いて本書かせた
角川で直木賞あげろよ。


167 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:57:42 ID:HqqugfZ20
直木賞は中島らもが受賞してない時点で終ってる

168 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:57:48 ID:sSd3URZO0
>>1
プリンセス・トヨトミはないわ。
鹿男かホルモーならわかるけど。

169 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 14:59:08 ID:EZUU9r4E0
候補者無し、受賞者無しで良いじゃん。
何で無理に候補者、受賞者を出すんだろう。
賞の価値が下がり続けるだけだ。

170 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:00:02 ID:zYk0A9Of0
>168
鹿男は候補作にはなったけど落ちた。

171 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:00:06 ID:W7dyOirWO
>>168
ホルモーだったら余裕でトヨトミだろ

172 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:01:20 ID:5VDEbj8MO
最近は一発屋すら製造出来てないありさま

173 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:02:11 ID:zYk0A9Of0
>169
文藝春秋とオール読物は受賞作掲載される号が一番売れる。
本屋も受賞作を景気よく売り出したいので受賞作なしだと売れ行きに関わる。

要は受賞作なしだと出版社と本屋が困る。

174 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:04:34 ID:G57S2QQOO
ただの傑作に興味はありません
美少女、外国人、有力者の子弟の小説があったら賞を与えます

175 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:07:46 ID:OS76pJfAO
北村のノミネートは公開レイプ

176 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:16:33 ID:pYjky5DP0
>>163
英語と日本語では世界における話者数が段違いだろ。
ペルシャ人がペルシャ語ではなく日本語でイラン・イラク戦争の時代の話を書く。それに
どれぐらいの意義があるというのか。努力賞はやりたいけどな。
文藝春秋は本当に堕ちたなあ。そうとしか言いようが無い。もうどっかのテレビ局みたいに
不動産で食えよ。

177 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:17:07 ID:gPUSya7X0
>>163
ジュンパ・ラヒリって大したことなくないか?
インド系美人だから得してるような…

178 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:18:55 ID:6SdT95pQ0
芥川賞と直木賞じゃバロンドールとJリーグMVPぐらいの差があるな

179 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:19:24 ID:sIGknfGU0
1年後にはブックオフで100円で買えるからわざわざ今1000円出して読まなくていいか。
そう思って買うのを控えるが、話題性も無くなった1年後にはとうに読む気は失せている芥川賞受賞作。

180 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:32:00 ID:W7dyOirWO
桜庭や川上みたいに受賞を背景に巧いことやってる人もいれば
阿部みたいに受賞後に急に失速した人もいる

181 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:37:14 ID:Q6HCkX6r0
候補作を選定する日本文学振興会ってどうなん?
選考委員ばかり表に出るからあんまり話されないけど

182 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:41:41 ID:6bCiuh990
この中で読んでるのはプリンセストヨトミくらいだな。
でも鹿男のほうがよかったように思うし、
第一、まだ若いからムリだろうな。
そんな気がする。
中島らもの「ガダラの豚」が受賞できなかったのは理解できない。
おもしろかったのに。
えらい古い話やけど、まあこないだ図書館で借りて読んだものでね。

183 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:43:03 ID:H98RVQen0
話題性と、売れそうな本が、
この手の賞を獲得できると相場が決まっております。

184 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:44:33 ID:4n92BQdd0
もうそろそろ北村薫は勘弁してやって・・・

でも、ここで獲っても、もっと早くやっとくべきだったのにの大合唱にはなるけどな
ベッキーさんシリーズは好きだったけど、正直大きな賞を獲るような作品じゃない気がする

185 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:46:51 ID:hTGyz4fS0
>176
テナント収入あるよ。民放連が入ってるのは文春が所有してるビル。

>181
日本文学振興会は文春本社に事務所があって、候補作選ぶ実務作業するのは文春の社員。

186 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 15:58:10 ID:OS76pJfAO
直木は葉室だな。芥川は読めん…

187 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 16:08:14 ID:NknZaeaPO
「半落ち」に言い掛かりをつけた時点で直木賞は確実に地に落ちた。
男たちの熱き物語「半落ち」は皮肉な事に売れ続け、難癖つけた選考委員は赤っ恥。
インチキ霊能者江原を持ち上げまくる林真理子は「半落ち」読者を嘲笑しまくり。

渡辺淳一は選考委員を去るだけじゃなく、さっさと死ね。
他人の長編は読まない、そう公言して編集から粗筋を聞き小説を評価したフリをする老害。

銀座で働く自分のお気に入り女と東野が仲良くしていると知り、歳がいもなく嫉妬。
東野を毎回頑なに否定し続けた理由を編集に暴露された哀しき老害。

188 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 16:31:06 ID:w5dkuA/aO
森見いないのか

189 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 16:54:07 ID:shzwjzx80
>>176
英語圏だけじゃなくフランスドイツでもって書いてるのに勝手に限定するなよ
当時のことを小説にできる日本語の書き手がでてきて
そんな小説を読めるようになったって十分意義あるんじゃね?
中国人を例に取るが、ヤンイーだけじゃなくて
イーユンリーやルルワン、ダイシージエなんて作家らが
文革や毛沢東について書いた小説を英語やフラ語で書いて賞取ってるぞ
別にそれでよくないか?
島国根性だして閉鎖的になるって人があちこち飛び交う時代では致命的だろ
まあ、白い紙読んだけど芥川賞取れるような力ある作品と思えなかったけどな

>>177
たいしたことなかったら
ピューリッツァー賞、O・ヘンリー賞、フランク・オコナー賞
取れないし、作品が映画化されないと思うけどな

190 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 17:14:22 ID:hTGyz4fS0
>187
>銀座で働く自分のお気に入り女と東野が仲良くしていると知り、歳がいもなく嫉妬。
>東野を毎回頑なに否定し続けた理由を編集に暴露された哀しき老害。

寝取られたんだっけ?編集が暴露してたのかw
新進気鋭の作家に女を寝取られて、嫉妬と復讐に燃える老作家って言うだけで
小説一本できそうだけどな。渡辺じゃ無理かw


191 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 17:30:01 ID:BFeb2TFp0
>>189
当時のことってこの人はイラン・イラク戦争の時には年端も行かない子供だったわけだが。
殆んど記憶もないんじゃないの?そういう出来事を資料とか当たりながら小説にしたのは
偉いといえば偉いけど、自分が殆んど憶えてもいないような出来事をネタとしてウケがいいだろうと
小説にしたのはあざといといえばあざといけどな。



192 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 18:06:41 ID:QzyUhkmp0
「直木賞のすべて」見てきづいたけど、葉室の『秋月記』は山本賞候補作なんだな
で山本賞の選考委員を北村さんがやっている

自分の作品と自分が選考した作品が並べられるってどうなんかな

193 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 18:16:55 ID:NY74J5ETO
新聞で見たけど、このイラン人すっごい美人だぞ

194 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 18:18:18 ID:tScVcl4ZO
>>178
芥川賞と直木賞は比べるものではないだろ
それに最近(というか綿矢がとってからか?)馬鹿にされがちだが
昔の受賞者にはまともな作家が沢山いる

195 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 18:27:49 ID:1e7HSJj30
>>193
ラモスを女装させて美人にした感じだった

196 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 18:38:43 ID:nmDr9Dmq0
>>195
いやまて、それは美人だろ

197 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 18:42:12 ID:PY7BqlgZO
森泉かw

198 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:02:13 ID:2Na+lQzD0
才能があれば誰がとってもいいんだろうけど
注目度上げる為にマイノリティの人を選んでるようにしか見えないんだけど…
作品読んでないんで何とも言えないわ。
この作品やここ最近の芥川賞をちゃんと読んでる人の評価が聞きたいわ。


このイラン人の人は何も悪くないけど仮に話題優先で選んでいるなら来年は黒人あたりか?
外人で未成年の女の子とかだったら話題性バッチリだね!

199 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:15:04 ID:6SdT95pQ0
なんでアンタが直木賞?歴代No1は車谷長吉だな

200 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:24:12 ID:InBbxS2u0
貫井徳郎がプッシュされる日がやってくるとは・・・

201 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:37:28 ID:PZ/1E3od0
いや、野坂昭如の蛍と墓がNoワンだな。

202 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:37:42 ID:5VDEbj8M0
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

↑に詳しく載っているが、芥川賞や直木賞を主催する出版社の新人賞である文學界
の受賞者と最終に残った人間が三期連続、京都の小さな出版社に勤める人間だった。
いっておくが応募総数は一回だけで1900だ、連続する確立は天文学的に低い。

評論家の証言を載せておこう。

10月17日、105回文学界新人賞発表直前のmixiでの大森望さん発言が波紋を呼ぶ。
「会場に入ったら、前々回文學界新人賞受賞者(「いやしい鳥」)藤野可織さんにいきなり声をかけられる。
京フェスで話し込んだ前回文學界新人賞受賞者・谷崎由依さんの友だちというか会社(京都の某専門出版社)の同僚だそうで、京都でも藤野さんの話が出てたので、文學界方面の話題をいろいろ。
同じ会社でバイトしてるもうひとりの友だちが今回の文學界新人賞の最終選考に残ってるんだそうで、もしかすると三期連続制覇かも。文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも」


203 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:39:03 ID:PZ/1E3od0
>>198
>来年は黒人あたりか?

直木賞ならもういるけどね。
山田詠美。

204 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:39:21 ID:2llvtJSz0
>>199
ありゃ芥川の間違いかと思たよw

205 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:42:33 ID:ylFzo/Xq0
北村も伊坂みたいに賞を辞退したら格好いいのに

206 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:44:33 ID:26zk5ZUW0
伊坂は直木賞拒絶 今さら貰えるかって感じだろ


207 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:46:47 ID:ylFzo/Xq0
>>198
1950年代の受賞者が凄かっただけで、芥川賞なんて昔からこんなもんじゃん
残った作家より一発屋で消えていった作家の方が断然多い
それなのに最近の芥川賞はなんていってる人がいるのが不思議

208 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:49:44 ID:w5dkuA/aO
>>206
kwsk

209 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:50:38 ID:Bn3VpAe70
>>202
>↑

あ、それしってる。
でもこっちはカラーで見やすくしてるね。
大森望はブサイクで定評のある豊崎由美と「文学賞メッタ斬り!」とかいう本を出したり、
編集者にタカった安酒で喉を焼き、義理で引き受けたチンピラ小説を絶賛するうち刀が
ナマクラになった人でしょ?

210 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:51:20 ID:Bn3VpAe70
>>203
>>>198
>>来年は黒人あたりか?
>
>直木賞ならもういるけどね。
>山田詠美。


山田詠美ってクロンボウだったの?

211 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:56:19 ID:mNGtCQONO
>>151
そのもう一人の金谷ひとみは結構コンスタントに書いてるしポスト村上龍としてそれなりに評価されてる
綿谷も一応書いてるがいまいちぱっとしなくてもうオワタ作家って感じだな

212 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:57:22 ID:KaAq998AO
>>208
確か「ゴールデンスランバー」で執筆に専念したいって理由で直木賞候補を辞退したような気がする

213 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 19:59:46 ID:Y/jcA83x0
綿谷は蹴りたい背中以降長編なんて一本しか書いてない
読んでないけど20万部くらいは売れたんだよな確か

214 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 20:13:04 ID:aQZ2hxf10
>>213
>綿谷は蹴りたい背中以降長編なんて一本しか書いてない

その「蹴りたい背中」も別の人が書いたってウワサだよね。
ということは、綿矢りさは一本も書かないで有名になり、消えていったことになるな。
珍しいね。
そういえば川上未映子も二人三脚作家で、表(マスコミ)に登場するときは川上で、
実際に執筆してるのは放送コードすれすれの不細工だって……そんなウワサ知らない?
まぁ文学界なんてプロレスみたいなもんだからね。
実際のプロレスは、ときとして悲劇的な事故に見舞われたりして危険な競技だけど、
文学界は死と隣り合わせいるわけではないからズルい奴の悪行が底なしなんだよね。
でもそうした京都系の人たち、いつか必ず地獄に落ちると思うね。

215 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 20:13:55 ID:M2crsDJG0
>>1
素朴な疑問だがこの手の賞って主催者側が、
作者側の意向など無視して勝手に候補作品を選定してるの?

216 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 20:22:37 ID:FpNvAkTU0
大して文学に興味無い人が北村薫って見たら
「あれ、この前死んだんじゃ?」とか思うんだろうな

217 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 20:45:17 ID:mP3X1fRL0
平成マシンガンズの子はどうなった?高校生か?

218 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 20:53:11 ID:2rq50Brs0
シリンさんのファンになりました
ブックオフで105円コーナーに並んだら必ず買おうと思います

219 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:01:02 ID:SJEejGxS0
で、今年の茶川賞は?

220 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:04:13 ID:tScVcl4ZO
>>214
さすがに別人はないだろ
あと、京都系?ってのに綿矢や川上は関係なくね?
京都系って出版社関係の人で文學界新人賞とった人たちのことだろ

>>217
もう大学生の年齢なはず
文藝賞とった後は書いてないのかな?

221 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:18:42 ID:SjgSTIrC0
>>136
親指ペニスの修業時代の人か・・・。
ヒロインの足の親指が男性器化して
最後に盲目の年下の彼が頭を打って視力を回復する話だな。最高だったわ。

222 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:27:11 ID:tScVcl4ZO
>>221
松浦ってもっと評価されるべきというか、もっと知られるべき人間だよな
あんなに才能あるのなかなかいない

223 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:28:08 ID:1HLxA2m80
道尾はこれじゃ無理だorz

224 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:28:46 ID:3D0oltFB0
>>219
イランに革命が起これば絶世の美女のシリン・ネザマフィさんに1000ペリカ。
昨年は北京オリンピックがあったので、中国人のヤン・イーさんが芥川賞を受賞したし。

225 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:31:34 ID:7J1mu35U0
村上春樹を受賞させなかったのは失敗だったね

226 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:38:12 ID:8/UdQk7v0
>>220
>あと、京都系?ってのに綿矢や川上は関係なくね?

その連中を牛耳ってるのが京都系なんだ。つまり朝鮮系だ。
最近はシリンとかヤンとか政治亡命してきたようなのばっかだね。
日本国内で優秀なのはほとんどゲームやアニメに流出しちゃったし。
あとは女子供しか残ってないのです。その方が金になるし。
ネタにつまったらおっぱい出せばいいんだ。
ところで、びっくり王国の中国だけど、最近はコレでしょう。

中国 地震でないのに、建設中マンション倒壊
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090627/chn0906272250005-n1.htm

五輪開催目前に発生した四川大地震でも手抜き工事が被害を拡大させたといわれた。
中央政府は頬被りして逃げるつもりだね。ほんと汚い国だ。

227 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:39:01 ID:LL1sl4BW0
けりたい背中とかで完全に威信は失墜した

228 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:42:12 ID:Orw8+S+d0
>>224

革命をおこすためにイラン人に芥川賞を与えて話題づくりなんじゃね?
サヘル・ローズがしたように、イランの民主化に日本の皆さん協力
してくださいって訴えるのかも。CIAか。

229 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:45:24 ID:Tbat4oZIO
貫井さんは、あの死にたくなる位、暗い作品ばかり書く人ですか?
だとしたら大好きです 。

230 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:46:47 ID:bkuWSu+40
綿矢似のAV女優おしえれ

231 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:48:44 ID:7+2dR2byO
なんか最近外人ばっかだな。

232 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:48:51 ID:9mu5pXPs0
目新しさや利権や人脈を追い求める芥川賞にもう昔ほどの価値はない。
誰もがあらゆる視点で書く最近の作品に、優劣がつくのも変な話だw
最近では、本が売れず文学利権も終焉を迎えようとしている。さようなら芥川…

233 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:56:48 ID:SQZ+zEVIO
遊文学wwwwwwwwww

234 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 21:58:29 ID:eqtPuWOj0
ぜひ貫井に取って欲しいな。「追憶のかけら」とか「〜症候群」シリーズとか好きだ。

235 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 23:03:25 ID:kGSqWlZW0
また豊崎が渡辺淳一選考委員の糞選評に文句付けるんだな

236 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 23:12:11 ID:7cguw26n0
>>90
むしろ道尾は前回好評でかなり惜しかった。今のとこ最も直木賞に近い男

237 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 23:45:33 ID:8/UdQk7v0
>>230
>綿矢似のAV女優おしえれ

絲山秋子似のAV女優なら知ってるけどね。
面白いのは映像を見てるうち勃たないで萎むんだ。
って、なんだこの「ID」ってのは。文学板じゃこんなのでないぞ?
気持ちよく自演できないな。
落ち着かない。

238 :名無しさん@恐縮です:2009/07/02(木) 23:51:42 ID:8NaevAkd0
>>235
>また豊崎が渡辺淳一選考委員の糞選評に

実際、豊崎は計算してるよ。このジーサンなら斬っても血がでないし、社会的賛同を得られると。
だが、その渡辺は相変わらずプレイボーイのつもりでいるのか知らんが今年76歳のくたばりぞこないだからな、
あまりやってると老人迫害で訴えられるぞ。

239 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 01:35:55 ID:NH7QDtCh0
前回は顔で選ばなかったので今回は本谷と西川だな

240 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 01:56:19 ID:g6akNEDg0
ちなみに、芥川賞と直木賞の審査員に一度なれば、
本人が辞退するか死亡するかしなければ、
ずっと審査員を続けるしくみなんだよね。

241 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 02:54:16 ID:Wf/C8O7m0
貫井の乱反射はかなりの出来だから受賞してほしいなあ

242 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 02:55:17 ID:fx/9FSRC0
ネザマフィって一時帰国してるらしいけど
民主化運動に参加してるの?

243 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 05:40:25 ID:RZ3Txm7W0
直木賞候補作は全部読んだが
どれもこれも人間が描けていないね

244 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 06:56:20 ID:QvzhSFuN0
>215
突然日本文学振興会から「あんたの作品を芥川賞/直木賞の候補に選びました」つって封書で送ってくる。
式典参加できて受賞会見できるのが条件だったりするので、受賞したくない場合は辞退できる。
舞城王太郎は受賞してれば初の顔出しになったはず。

245 :キングジョー:2009/07/03(金) 07:49:30 ID:wkaQkiPW0
>>244
>舞城王太郎

マイジョーも放送コードすれすれだったのか。

候補作家の群像
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/kogun/kogun131MO.htm

コレを見れば選考委員のうち山田詠美と池澤夏樹の二匹が出版社に買収された人みたいなことを言っており、かなりぁ ゃι ぃ。
また、顔出しできないくせにノミネートは受けるというマイジョー本人の態度もぁ ゃι ぃ。
以上を鑑み、私はあるひとつの仮説を組み立てた。それは、この世に舞城王太郎なる作家は存在しない、ということだ。
こうした考えが行き過ぎだというなら、別作家が覆面して「舞城王太郎」に化けているのに違いない。
いよいよ文学界もプロレス化してきたようだ。

246 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 08:06:44 ID:Wf/C8O7m0
>>245
舞城は一応高校時代の写真だけ週刊誌に暴露されたぞ

247 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 08:33:45 ID:pPosgjAY0
シリンさんと西川で決まり。
ビジュアル優先で決めると思うよ。

248 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 08:36:49 ID:wkaQkiPW0
>>246
それ、神戸の酒鬼薔薇じゃなかった?

249 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 08:40:06 ID:nelS17DWO
もう話題性だけの賞レースなんてみたくない。

最低限オリジナルの文体がある人を選んでくれ。

250 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 08:48:40 ID:Rn4LB1570
>>243
じゃあお前が描いてくれ

251 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 08:54:21 ID:QlDnpXuL0
日本語、日本文学へのペルシャ人の貢献なんて
千数百年も前からやってたことだよ

252 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 09:11:46 ID:20x5l1SQO
ゆれるはぶっちゃけ映画より小説の方が面白かったな

253 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 09:31:45 ID:1ZOEHsUh0
直木賞は受賞するより連続落選の方が作家として遥かに箔が付くだろJK

254 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 09:36:34 ID:80rvb5aT0
直木賞にノミネートされながら受賞できなかった作家が、
現在選考委員をやってる皮肉。

255 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 10:33:09 ID:pOmKZ7DE0
おまえら知ってるか、慎太郎は作品で評価するんだぜ。
村上龍や町田と、最初に対談したのも慎太郎。

審査員の村上龍は「マイノリティーにあげたい」
なんて言ってる。

256 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 10:42:22 ID:j2Ljcfz2O
宮部みゆきあたりが強力に推せば北村もあり得るが…
やっぱり公開レイプだと思う。
芥川はイラン人はない。今回は顔見せ。次で取らせる。
本谷かなぁ…

257 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 10:42:36 ID:9Tw1rH+G0
http://blog.livedoor.jp/bunnngaku/

↑に詳しく載っているが、芥川賞や直木賞を主催する出版社の新人賞である文學界
の受賞者と最終に残った人間が三期連続、京都の小さな出版社に勤める人間だった。
いっておくが応募総数は一回だけで1900だ、連続する確立は天文学的に低い。

評論家の証言を載せておこう。

10月17日、105回文学界新人賞発表直前のmixiでの大森望さん発言が波紋を呼ぶ。
「会場に入ったら、前々回文學界新人賞受賞者(「いやしい鳥」)藤野可織さんにいきなり声をかけられる。
京フェスで話し込んだ前回文學界新人賞受賞者・谷崎由依さんの友だちというか会社(京都の某専門出版社)の同僚だそうで、京都でも藤野さんの話が出てたので、文學界方面の話題をいろいろ。
同じ会社でバイトしてるもうひとりの友だちが今回の文學界新人賞の最終選考に残ってるんだそうで、もしかすると三期連続制覇かも。文學界新人賞最短の道はその会社に入ることかも」

258 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 10:47:53 ID:a4vKZ4910
つかもう五年くらい中止して年一回にしろ。
もう価値も箔も何も無くなってるだろ

259 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 11:12:15 ID:fT8bOzk8O
西川美和てここの文学好きな方々にとってどうなの?

260 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 11:15:08 ID:hicnSy4OO
監督の西川さん、エロシーン撮るのうまい気がする

261 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 11:15:28 ID:j2Ljcfz2O
お客さん。町田みたいに文学プロパーにはならんだろう。

262 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 11:17:50 ID:+5rrl+V40

過去の芥川賞・直木賞受賞作品で、オススメを教えろ(´・ω・`)

263 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 11:22:34 ID:olSXV3rf0
>>245

いや、いるよwww

264 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 11:52:20 ID:AFftfCGtO
>>255
石原が綿矢金原の受賞に反対だったという点に関しては評価している
どちらも推さないがどちらか選ぶなら金原って言ってたな

265 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 12:09:47 ID:1ZOEHsUh0
>>258
5年も中止したら、こんなもの何の価値もないし必要無しってことに
皆気づいちゃうから無理ですw

266 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 13:16:07 ID:A58Nv/dy0
>258
選考委員の皆様のお小遣い稼ぎができなくなるので無理。
文春側からすると審査1回につき100万払ってしかも新喜楽で宴会やらせてやるんだから
出版社の意向を汲んで貰わないと、ということになる。


267 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 13:31:12 ID:XpxAmkHqO
>>262
池澤夏樹「スティル・ライフ」


268 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 13:34:44 ID:fexvYuFo0
北村薫って、直木賞とってなかったのか。


269 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 13:42:03 ID:uzKVS/cYO
>>259
美人たがら俺は好き。
林真理子みたい顔面が不自由な人のは読みたくない。

270 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 13:53:19 ID:Yc3y6Ug5O
>>262
忍ぶ川

271 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 13:58:40 ID:A58Nv/dy0
>262
芥川賞なら43回「夜と霧の隅で」直木賞なら42回「梟の城」かな。

しかし43回直木賞の海音寺潮五郎の評言酷すぎるw


272 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 14:05:43 ID:DPSaK1g20
芥川賞と直木賞に差がつきすぎだろ・・・

芥川賞=普通の新人賞に成り下がりすぎだ。

273 :富田派:2009/07/03(金) 14:09:52 ID:Tp1y0kf7P
本谷有希子は新人じゃないと思います

274 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 14:10:42 ID:AFftfCGtO
>>272
直木賞もそんなにすごくないだろ

てか元々普通の賞だろ
知名度が高いから勝手に持ち上げられてるだけ

275 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 14:13:46 ID:j2Ljcfz2O
>>262 芥川なら「夏の流れ」


276 :富田派:2009/07/03(金) 14:15:35 ID:Tp1y0kf7P
>>274
でも直木賞はなんかそれなりに実力者?というか売れてる人が取ってる感じするよ

277 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 14:20:59 ID:j2Ljcfz2O
>>262 直木なら「赤目四十八滝心中未遂」

278 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 14:23:40 ID:mtUlYbNS0
にゃー。

279 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 14:31:01 ID:AFftfCGtO
>>276
売れてる=実力があるってわけではないじゃん
ここ何年かの見てると直木賞もたいしたことないだろ


こういうスレでいつも直木賞だけ持ち上げてる人見ると普段エンタメしか読まないんじゃね?って言いたくなる

280 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 15:08:36 ID:DPv8KK1k0
受賞してから「こんな賞イラネ」なんて言う
強者作家さんはいないかな?

281 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 15:13:48 ID:AFftfCGtO
>>280
それはただの失礼な人じゃん
こんな賞イラネっていう人は候補になりかけた時点で辞退できるのに

282 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 15:15:26 ID:j2Ljcfz2O
>>280
それをしないことがノミネートの条件だから不可能。

飯嶋和一はノミネートされてから辞退したんだっけか?

283 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 15:28:56 ID:+TJEygSU0
>>279
直木賞作品ですらつらい連中が
本屋大賞を持ち上げてたりする

284 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 16:09:03 ID:8l/CN7DF0
>>280
山本周五郎はそれをやったけど、今は無理

285 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 16:11:56 ID:UtoWp57r0
選考員の嫉妬と出版社の思惑できまる賞かあwwwww


286 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 16:16:24 ID:sr7PwMbAO
北村が入ってるじゃん。そろそろか?

芥川は相変わらずだな。日食を書いたヤツは何してんだ?

287 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 16:31:37 ID:x2quivCl0
万城目小説既刊4作のうちすでに2作ノミネートか
鴨川ホルモーとホルモー六景を1シリーズと考えれば3作に2作
万年候補の逸材かもしれない

288 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 17:05:28 ID:j2Ljcfz2O
でも取るなら森見じゃなく万城目だと思う。
森見のワンパターンはもう飽きた。

289 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 17:15:40 ID:XpxAmkHqO
>>286
モデルさんだかと結婚し
『葬送』の評価がイマイチだったり、一部からエッセイに若さが感じられないと言われたりしたものの
文壇の一部からはポスト大江健三郎と呼ばれ
大江との対談で「裏声で歌え君が代ですね」みたいなことを言ってみたり
元気でやっております

290 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 17:30:42 ID:JZ4+ts93O
西加奈子は?

291 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 17:46:11 ID:pvkgQxyv0
>>282
いいや、飯島さんは候補打診の段階で辞退。

292 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 19:03:26 ID:f6wzG9TO0
>>262
>過去の芥川賞・直木賞受賞作品で、オススメを教えろ(´・ω・`)

直木賞→半村良「雨やどり」
芥川賞→開高健 「裸の王様」

293 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 19:17:56 ID:fzkbUNO20
>>262
芥川賞
中上健次「岬」
直木賞
山口瞳「江分利満氏の優雅な生活」

294 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 19:18:33 ID:4crXcAoZ0
森見はファンタジーだから直木賞は無理

山周賞とったしね


295 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 19:22:54 ID:ybFy7VZzO
直木賞の顔ぶれが凄いな。

296 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 19:45:27 ID:7oSxEHnJ0
山本周五郎の受賞辞退も凄い。

297 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 20:30:02 ID:u/iGr2QM0
やはり「限りなく透明に近いブルー」は衝撃的だったな


298 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 20:34:22 ID:7oSxEHnJ0
時代とマッチしたんだね。
そういうのも才能だから。

299 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 20:38:01 ID:6yU2FBmBO
あれ森見なんかでノミネートされてなかったっけ

俺は万城目よりモリミの方が好きだからいつかはとってほしい
ていうかこの二人は作風被りすぎなのを早くなんとかすべきじゃないのか

300 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 20:41:05 ID:u/iGr2QM0
押しも押されぬ人気作家になってからも、直木賞を取れなかったことを
恨んでいた筒井先生は作家の鑑だと思う(笑)。


301 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 20:43:18 ID:Vx9KgGzZ0
>山本兼一さん『利休にたずねよ』

これ、トンデモ電波本だったよね・・・それもとびっきりのチョン電波。

302 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 21:15:04 ID:yXxU+zwmO
イケメンの俺もいずれは受賞するんだろうな。

303 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 21:37:17 ID:aGy8saU40
西川美和さんかわいい

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000016-eiga-movi

304 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:03:06 ID:dPlcNrw+0
本当に西川監督に直木賞とっていただきたい 切に

305 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:17:41 ID:olSXV3rf0
芳本みっちょんに似てね?

306 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:33:04 ID:wgNTa0pq0
磯崎は辞退したそうだな

307 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:33:46 ID:TEiumRXD0
北村薫には賞を与えるきっかけが無くなったって感じだな。
まぁ賞向きな作風では無いとは思うがスキップ、ターン、ひとがた流しで落選して
鷺と雪で受賞ってのもどうだろう。

308 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:43:46 ID:IMs3FHhZ0
芥川賞 募集要項
・変なプロフィールをお持ちの方
・キャラクター的にちょっと痛い方
・課題「現代の若者の性」で提出してください。

直木賞 募集要項
・それなりに売り上げのある中堅作家の方
・応募作は見送り、数作後の微妙な作品が受賞対象になります。

309 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:45:27 ID:o3n7mbsWO
>>306
無知なら書き込むな

310 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 22:52:10 ID:OWKdT7rf0
イラン人は超絶美人が多いからな

311 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:00:35 ID:fxxxW9qT0
>>301
そう。「世界ふしぎ発見」で利休は朝鮮の女性に恋をしたかもしれない。いや、そうに違いないと断言しててひっくり返りそうになったよw
しかもチョンの通例どおり根拠はなにもなし
写楽が朝鮮人だとかチョンの妄想力はいつもながらすさまじい

312 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:09:03 ID:j2Ljcfz2O
>>307
宮部が「この人に取っていただかないと直木賞の瑕瑾になります」
とか言って推せば取れるんだよ。

313 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:14:54 ID:u/iGr2QM0
浅田次郎が選考委員になってるんだな。「蒼穹の昴」で直木賞を逃した時の
エッセイが涙をさそったものだが。


314 :悪い太郎(中卒) ◆HnQxHEMZknZi :2009/07/03(金) 23:19:52 ID:Ea9ZOPxf0
>>309
>無知なら書き込むな

磯崎テメェこの野郎!
どの面下げて出てきたんだ、このバカ!
オマエは早稲田ラインか、それとも朝鮮つながりか?
答えろコラ!
ポン。ポンポン、ポポン。


315 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:26:25 ID:9WcRbIR10
直木賞、早稲田がとりやすいと石田衣良がテレビで言ってっけ。
西川だったら引くな。

316 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:28:21 ID:booIUa74O
>>308
禿同。
最近のイラン人プッシュどうにかしてくれ。
ガキに性描写させて喜ぶ選考委員と出版社アホ。
賞の価値自体がもうない。変に権威ぶって適格者の旬を逃したり、話題性を創出することだけに血道を上げて自分たちの首を絞めたり。短絡的に過ぎる。

317 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:32:07 ID:Dw2uxIWO0
もう廃止しろ

318 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:43:58 ID:Lhes6Nsn0
元声優の勝ち組・本谷キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

319 :名無しさん@恐縮です:2009/07/03(金) 23:58:09 ID:Ea9ZOPxf0
>>314
こういう人、なんか苦手。

320 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 01:02:04 ID:ruzQzMsg0
確かに西川美和ってそそるね

西川美和監督が意外なバイト経験を告白。「ディア・ドクター」サイン会
http://eiga.com/buzz/20090529/4


321 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 01:11:22 ID:hhd8NLX+O
最近の作家は直木賞落とされたからと言って特にアクション起こしたりはしないよな。
選考委員皆殺しにする小説書いたり、選考委員の「(取れなかった人は)運が悪かった」発言を掴まえて
「運の善し悪しで決められてたまるか」とエッセイで毒づいたり、落ちたことを根に持ちながらも
「直木賞を貰っていたら作家としての成長が止まっていただろうから、これはこれで良かった」と強がってみせたりする作家がいないのは
ちょっと寂しいとも言えるし、文学賞そのものに有り難みが失せてきたのかな、という気もする。

322 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 01:57:11 ID:cdwCcM8i0
直木賞なんて、ステイタスでも何でもないからね。
だいたい直木三十五よりいまとなっては山本周五郎のほうが有名だし。

323 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 02:00:01 ID:ruzQzMsg0
>>322
それはない。
歴史的評価が違う。

あなたが言ってるのは西村京太郎>江戸川乱歩と力説するのと同じだ。

324 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 02:11:41 ID:cdwCcM8i0
いま、直木三十五なんて誰も知らないです。
でも、直木賞なら誰でも知ってます。
この奇妙なねじれ現象が政治力なのです。
文学賞を上手にメンテナンスしてきた文藝春秋の勝利です。



325 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 02:21:52 ID:3yTJbT3L0
>>321
それ全部筒井康隆じゃねーかw

326 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 02:24:21 ID:3t12mWlQ0
北村薫は馬鹿にされてるよなあ

定着してるから、いまさら賞をとっても話題にならないという
出版社側の思惑?

327 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 02:44:15 ID:HEaU8UxO0
早すぎる「芥川」・遅すぎる「直木」
・・・とか俗に言うそうですが、それはともかく

今回の芥川は本谷が本命かなぁ・・・
直木はよくわからん
西川監督には頑張って欲しいけど厳しそうだしな
北村が取ったら「今さらwww」とか言われそうだけど、取らせてあげたい

328 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 08:16:50 ID:6FYD5qaM0
>>322

本屋大賞>>直木賞=山本周五郎賞

329 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 08:27:46 ID:8x2LDxJv0
芥川賞直木賞より三島賞山本周五郎賞の方が選考まともとか聞いたことがある

330 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 12:46:21 ID:ThPACBP/O
直木賞は三浦の受賞で落ち
桜庭の受賞で終わった

三島賞は筒井(笑)が選考委員から外れてようやくまともになった

331 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 14:22:21 ID:l/YkSc/g0
>>330
またキチガイか

332 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 15:34:59 ID:E9AZGjtX0
西川美和
http://www.nhk.or.jp/tr/2009album/090619.html
まあ美人の範疇でいいのか?

333 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 16:43:39 ID:awYDkdLLO
美人じゃん
高岡さきっぽい

334 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 16:55:01 ID:GPVMhQ0B0
あれ?
太陽の法
は?

335 :名無しさん@恐縮です:2009/07/04(土) 20:09:13 ID:ThPACBP/O
>>331
桜庭信者だか筒井信者だか知らんが必死だな

336 :名無しさん@恐縮です:2009/07/05(日) 16:19:42 ID:s0WKTY+90
>>300
そこで還暦を迎えても
芥川賞をうらんでる村上春樹先生ですよ

337 :名無しさん@恐縮です:2009/07/05(日) 22:04:56 ID:+pmfLa9L0
候補作品を全部読んだわけじゃないけど北村さんまた落ちそうな予感

338 :名無しさん@恐縮です:2009/07/05(日) 23:16:23 ID:dT9CAY+DO
話題と華が無いから北村単独はない
よって北村&西川と予想

芥川賞はなし

339 :名無しさん@恐縮です:2009/07/05(日) 23:21:48 ID:pu5iEwfr0
イラン人だろうな
そこそこ美人だし、報道されたら大きな話題になるだろう
その影に隠れて、こっそり北村にあげれば、うまい隠れ蓑になるしなw

340 :名無しさん@恐縮です:2009/07/05(日) 23:31:47 ID:xbFFO1OkO
ネザマフィさん、可愛いよなあ。

341 :名無しさん@恐縮です:2009/07/05(日) 23:38:15 ID:XRVKSQOq0
オダギリも、西川監督とどうこうなってれば
念願のオサレ系サブカル俳優として箔つけられたのに

342 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 03:56:50 ID:XsYJFyQqO
>>339
隠れ蓑ってw
しかし北村さん気の毒すぎる。今回も無理だろうけど

343 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 07:21:04 ID:xkCgMwmg0
ネザマフィさんって、もしかして中東のロマなのかな?
見た目がかなりヨーロッパっぽいけど

344 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 07:55:44 ID:b0Ks5uq+0
そりゃイラン人だしな。サヘルはクルディスタンらしいが。

345 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 16:32:53 ID:lyWjTIIQ0
ネザマフィも西川も美人だな

346 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 16:41:51 ID:lyWjTIIQ0
ネザマフィ笑顔がいいわ
すごく柔和
優しそう

347 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 16:45:40 ID:5ruG8N04O
日本文学をぐちゃぐちゃにしたい輩が工作しまくり。

348 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 16:49:03 ID:RZ6qd6xSP
ただの日本人じゃ宣伝にならないから外人で話題を集めたいだけ

ぶっちゃけ近年の芥川・直木って出版屋がお祭り騒ぎしたいための単なる名目

349 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 16:54:50 ID:lyWjTIIQ0
>>348
テーマも文体も行き詰まって
新しいものが生まれにくいから
「外から見た発想」に期待するんじゃないかな

350 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 17:37:55 ID:nU/z30zF0
>>321
筒井康隆おもしろいなw

351 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 17:46:43 ID:2CI/jUdq0
ネザマフィ?
文学界新人賞で不正受賞を果たした勢いで芥川賞にノミネートされたイラン人の女だな?
本国に帰れば石投げの刑がまっているだろう。

352 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 18:02:35 ID:2bPm9bJN0
>>351
イランってとっても民主的な国らしいよ

353 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 18:04:45 ID:2bPm9bJN0
41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/24(木) 00:04:10 ID:8jwT/XcS
宗教指導者も止められない!?イランの「女子大生」パワー
http://courrier.hitomedia.jp/contents/2008/04/post_281.html

宗教指導者が国の実権を握るイランでは、意外にも女性たちの活躍が目に付く。テヘラン
には病院や新聞社を運営する女性もいれば、建築現場で技師として働く女性もいる。
 こうした女性解放の動きは、97年からハタミ前政権下で始まった自由化政策にあった。
司法分野への女性の進出が認められ、未婚女性も外国に留学することができるようにな
った。服装に対する最近の厳格化の動きにもかかわらず、女性たちのスカートは短くなる
ばかりで、パンツもタイトになっている。そしてなにより、ここ数年イランの大学では女子学
生の数が増え続けている。現在では全学生の65%を女性が占めているのだ。
 保守派が医療現場における男女別の徹底を近年主張していることが、こうした分野への
女性の社会進出を後押しすることになり、医師、歯科医、薬剤師になる女性も急増してい
る。
 このことに危機感を抱いた体制側は、男子学生を増やすため、新たな制度を導入するこ
とを決めた。今年夏の受験から各学部の定員に、「男性枠」と「女性枠」を30%ずつ設ける
のだ。大学入試機構の長官は、この制度改革について、 「たしかに、女性が多かった自然
科学系の学部には、男性が入りやすくなります。しかし女性だって、工学系や人文科学系
といった従来男性が多かった学部には、入りやすくなります」
 と、主張しているのだが……。

レプブリカ(イタリア)より



354 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 18:07:02 ID:2bPm9bJN0
40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 12:19:08 ID:???
>>37
イラン人は雨が降っても政府のせいにする国民性で有名。
交通事故を起こしても「政府がルールを教えてくれないのが悪い」と開き直り、
その上交通違反で罰金を払う位なら刑務所に入るほうを誰もが選択するという人たち。

女性の抑圧という割りに国外脱出するのは男ばかりで研究者の大半は女という国。


355 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 18:07:14 ID:XkUmFfIi0
北村、本谷で決まりの気がする。
芥川直木はつまらないから読まないけどね。


356 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 18:43:51 ID:2z2KsjU0i
>>355
読んでもない癖に偉そうにw

357 :LEE×20(中卒):2009/07/06(月) 19:17:25 ID:IwRVzV4F0
>>352
>イランってとっても民主的な国らしいよ

絶対的な唯一神にひれ伏す民主ってなんのことだ?


358 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 19:19:50 ID:IwRVzV4F0
六本木で麻薬の密売やってるイラン人こそヒューマンだよね。

359 :鼠先輩引退:2009/07/06(月) 19:21:04 ID:IwRVzV4F0
IDでてるのに自演するこの勇気。
演劇的ともいえる。

360 :名無しさん@恐縮です:2009/07/06(月) 19:56:06 ID:0ZFW865o0
こんなものをみつけたわけだが


748 名前:LEE×20(中卒) 投稿日:2009/07/06(月) 18:56:59
>>746
>中央の出版社主催のものよりも可能性は高いと思いますよ。

村興し的なものがほとんどだ。
時代に対して挑戦しちゃうような作品ではダメだな。
ジャニーズ主演でドラマにできるようなやつなら歓迎される。
つまり、読んでも読まなくてもどうでもいい小説だ。


361 :名無しさん@恐縮です:2009/07/07(火) 00:17:49 ID:ZnD3TTcx0
>>357
選挙もあるし、識字率も95パーセント、高等学校進学率75パーセント
大学生の65パーセントは女性だそうだし、伝え聞くイランと
統計でみるイランとは大違い。坊さんがとりしきってはいるが
民主的な国では?大統領も世俗派らしいし。


80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)