5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【行政】横浜市病院協会 委託費7000万円流用 実務せず関係病院に配分

1 : ◆CRIME8u.mE @よろしく哀愁φ ★:2009/04/25(土) 09:57:19 ID:???0
横浜市病院協会 委託費7000万円流用 実務せず、関係病院に配分

横浜市安全管理局は24日、救命指導医の派遣を委託した市病院協会が、
本来は協会が行うべき派遣元病院との連絡調整の実務を同局救急課職員
にさせていたと発表した。

同協会は、委託料のほとんどを、委託業務とは関係ない指導医の飲食費など
に充てており、目的外使用の総額は昨年度までの16年間で約7000万円に
上るとみられている。

同協会の不適切な対応を救急課は当初から了承していたといい、市は全容
解明を進め、関係者の処分を検討する。

発表によると、市病院協会は1993年度から、指導医を派遣している市内12病院
との間で派遣日程を調整したり、病院側から要望や意見を集めて報告したりする
ことを市から委託された。

委託料は年間450〜470万円で昨年度まで支払われた。ところが、業務は当初
から救急課員が担当していたという。

同協会は、昨年度の委託料470万円のうち300万円を、必要はないのに、医師を
派遣した8病院に事務費などとして支払っていた。そのほか、「救命指導医の会基金」
名目で開設された市救急救命士養成所長(当時)名義の口座に140万円を振り込ん
でいた。

80万円が指導医の飲食費に充てられ、残りの使途は不明という。口座には600万円
の残金がある。

問題を受けて同局は今年度、病院協会への委託をやめた。同局の樋高雄治次長は
「不適切な扱いで深くおわびします」と陳謝した。

横浜市救急救命士養成所を巡り、講習費用や教員給与で不明朗な支出があることを、
市安全管理局は24日、明らかにした。(続く)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20090424-OYT8T00131.htm

2 : ◆CRIME8u.mE @よろしく哀愁φ ★:2009/04/25(土) 09:57:43 ID:???0
>>1の続き

同局の発表によると、講習で、各病院から派遣を受けた講師の医師の講師料は、同局
から市医師会を経由して医師に払われる。医師会は横浜市立大の付属2病院の医師に
限り、1時間あたりの講師料を4000〜6000円引き下げ、その金額を同大OBの養成所長
の口座に振り込んでいた。この中から、養成所のアルバイト事務員に給与が支払われて
いたという。

さらに、養成所長と専任教員には勤務実績に応じて給与が支払われるはずだったのに、
同局は勤務実態を確認しないまま月額32万円の給与を支払っていた。2人の出勤日数
は年間15〜30日程度だったという。

養成所長は、横浜市立大付属市民総合医療センター(横浜市南区)で架空の物品発注を
繰り返し、業者の口座に「預け金」をプールさせていた前病院長が3月末まで務めていた。
市安全管理局は、1月に外部の指摘を受けて調査していた。(以上)

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)