5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

花のあと

1 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 13:46:12 ID:ICY1HJzq
2010年3月13日(土)公開
公式サイト
http://www.hananoato.com/

出演
北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、相築あきこ、佐藤めぐみ、市川亀治郎、
藤村志保(語り)、伊藤歩、柄本明、國村隼

原作:藤沢周平「花のあと」(文春文庫刊)
監督:中西健二


121 :【大吉】【1250円 】:2010/03/26(金) 23:37:14 ID:GMHL8maN
>>120
原作読んでないけど、「花」との対比なんでしょう「犬の死骸」
浪漫や理想=「花」のあとには、そのくらいの思いっきりのリアリズムの世界がある

それを、いい家柄の武家の娘と通じて発散しようとした勘解由のようなニヒリズムに陥らずに
きちんと乗り越えらて、正妻の間に七人の子をつくり、家老にまで成り上がった才助って、傑物なんだろうな

122 :【大吉】【1250円 】:2010/03/26(金) 23:42:09 ID:GMHL8maN
映画の冒頭、なんで若い娘が、母親じゃなくて女中と一緒に花見なんだろうって思ったけど
娘はまだ浪漫の世界に生きていられるけど、母親はリアルな世界に身を投じていなきゃならない
そういうもろもろのことが「花のあと」ってタイトルにあらわされてるんだろうなあ、って思った

123 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 07:21:38 ID:3XHD9D1i
ずいぶんストーリーがシンプルだなあって思って
帰りに本屋で原作見たら短けーの

124 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 08:45:57 ID:59s1mk3C
>>123
藤沢周平の原作はほとんどが短編。

125 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 13:41:06 ID:UTx+q1hC
>>112
>孫四郎が棒読み? 剣術使いだからしょうがない。

最大級のバカ発見。
北川とか宮尾とか、演技というよりセリフがダメ。現代劇ならなんとかなるだろうが、時代劇では致命的。
以登と友だちの会話なんて、今どきの若い女性のそれとたいして変わらない。

126 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 22:02:54 ID:CqZbBY75
一般の北川の演技評価って、いいものでも
「思ったよりよかった」って感じが多いなー
よっぽど演技力ないと思われてる。
次の瞬ってやつは、泣ける映画らしいよ。

127 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 22:50:05 ID:kGoGapoE
どうして北側が台詞をはなした後、
すぐにシーンを切り替えないんだろう。
無言の時の顔が明らかに耐えられないくらい
何も考えてないんだもん。
準さんと見比べるとなおさら。

128 :【大吉】【1250円 】:2010/03/27(土) 23:07:42 ID:Z6E5Q8/z
>>127
若い女子ってのは、基本、何も考えないものだから
それは江戸時代も現代も同じであろう



129 :名無シネマ@上映中:2010/03/27(土) 23:19:58 ID:zemPNQhK
なんか御作法教室か何かの静かな室内での陰口は、まる聞こえじゃないかなと心配した

130 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 15:12:32 ID:G/HmT2Rl
>>87
めちゃ亀レスですが同意

折角押さえたトーンで上質な物語が紡がれてきての一青はマヂきつかったw
いきなりチープな印象
あそこはインストで淡々と映像を流しナレーション
スタッフスクロールで一青なら落としどころとして最高だし落ち着いたのに残念至極

原作に忠実で制作側が藤沢ワールドを大切に描ききっていただけに激しく萎えましたw

131 :112:2010/03/28(日) 16:43:06 ID:gE4fOs9f
>>125
北川景子を腐す書き込みがあるが、漏れの3回目の鑑賞の足しに、
どのへんのどのシーンが良くないと思われるのか、また逆に、誰をうまいと
思われるのか、書いていただけると次回の鑑賞がさらに楽しくなりそうです。

台詞が少なく、うまくないけど強い武士の例

七人の侍  久蔵(宮口精二)

132 :名無シネマ@上映中:2010/03/28(日) 18:22:06 ID:H166Vmk6
北川さんの演技についてだが、表現の仕方は配慮がいるが批判される方に納得できる。
自分は演技は下手、心に伝わるものがないと感じた。ただそれだけです。




133 :名無シネマ@上映中:2010/03/29(月) 17:03:36 ID:bMvh/QWp
おばあちゃんがただ券もらって来たけど行かないと言うから観て来た
編集が駄目なんじゃないの


134 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 16:44:10 ID:e1jbPKSN
>>102
初登場9位、その後ランク外
ヲタしか見てません

135 :名無シネマ@上映中:2010/03/30(火) 17:45:00 ID:Y8tjbux3
やたら他人の評価に厳しい陰口娘が、自分は平凡なお相手と縁組してケロリとしてるのはリアルだったw

136 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 10:07:03 ID:+5BHhS9t
>>135
津勢=佐藤さんはちょっと痛かった
着物を着て歩く所作がもう少しどうにかならなかったのかな?
お稽古帰りの様子は帯とヅラでガクガクしてたしw
花より男子で良い存在感だったから今後も時代劇に出るならお作法がんがってね
応援してます

137 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 11:51:42 ID:hsqWsfwM
>>126
自分は北川の演技で号泣したことあるし
別に下手だと思ったことは無い
花のあともう一度見に行こうと思ってる

138 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 15:09:21 ID:34N/ZtUH
北川は演技の幅が狭い。

139 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 16:00:49 ID:Z1U31d/d
温泉のシーンで、後ろに現代の小便器の様なものが
みえたが見間違いか?

140 :【大吉】【1250円 】:2010/04/01(木) 17:41:13 ID:Q4Aj6pwJ
>>139
見間違いですね

141 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 22:03:43 ID:wrN788/d
>>138
その範囲で充分。

142 :名無シネマ@上映中:2010/04/03(土) 05:15:07 ID:8ViIff47
モデル上がりで、ろくに演技の勉強もしてないんだから下手なのは当たり前。
日本の芸能界なんざ、下手でも顔だけで女優気取れるレベルの低い世界だから北川でも存在できる。

143 :名無シネマ@上映中:2010/04/10(土) 23:59:09 ID:HL0fUPQC
結局大ゴケしたのかこの映画

144 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 01:33:09 ID:KcChvjlg
大コケと呼べるほど金がかかった邦画なんて、
年に10本くらいじゃない。

145 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 17:31:35 ID:wpu5k1bC
>>143
TOEIα系だから多分金掛かってない。
これが東映本線だったら大変なことだが。

146 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 22:39:40 ID:GqMRo+ja
野暮なこと言うとあの時代にはソメイヨシノはなかったろうな

147 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 23:28:50 ID:SceOXDzn
みんな、もっと深読みして欲しいなあ。。。

148 :名無シネマ@上映中:2010/04/12(月) 23:42:33 ID:SceOXDzn
この映画の黒幕中の黒幕は、いとの父寺井甚左衛門だよ。
彼が海坂藩に生じた癌、御用人藤井勘解由を倒すために
あらゆる布石を打って、最後にわが娘いとの剣によって、
勘解由をついに倒したんだよ。そのために孫四郎の自決も
織り込みずみであり、さらにいとの命さえ賭けた、とすれば
それはまさに、非情な戦略であったかも知れないけど、
奸智に満ちた強敵、勘解由を倒すにはそれしか手がなかった
んだよ。いとの父は、伊達に友人の医者相手に囲碁ばかり
打ってる訳じゃない。あのシーンはすべてを象徴しているんだ。
まさに超人的な「蜘蛛の戦略」なのさ。



149 :名無シネマ@上映中:2010/04/13(火) 01:08:00 ID:OEHpxxZq
↑補足すると、
孫四郎が不在の日に行った試合で以登がひとり勝ちするのは、
女と見くびった門弟相手なら当然のことだった。
逆に言うと、まともにやり合えば以登に勝ち目はないわけで、
現に孫四郎には歯が立たなかった。
しかし勘解由の性格なら油断の隙を点くことで以登に勝機ありと、
甚左衛門は考えた。
そのために、孫四郎との立ち会いで自分の実力(女であることも含めて)を自覚させ、
懐剣も与えた。
まったくもって恐ろしい男である。

150 :148:2010/04/13(火) 19:58:37 ID:8q8zXP2H
さらに補足すると、いとのいいなずけに才助を選んだのも、見かけによらぬ
才助のするどさがゆくゆくは役に立ってくれるはず、と読んでいたから。
はるか昔から、この計画は始まっていたんだな。そして、一流の剣士孫四郎が
こともあろうに、勘解由の女の家に婿入りが決まったと知ったとき、具体的に
計画がスタートした訳だ。

151 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 19:06:31 ID:wvcPXWUT
歌舞伎役者の演技ってあんなもんなの?

152 :名無シネマ@上映中:2010/04/20(火) 17:05:21 ID:MwRA2WBV
この作品すごくいいのに
北川のおかげで名作が迷作になった。

共演者はみんなよかった。
頑張って撮影に臨んだからね。

153 :148:2010/04/21(水) 21:39:00 ID:nDmcCYST
北川も良かったと思うけどな。殺陣もけっして悪くなかった。
それから、亀治郎の悪役顔は最高でしょ?



154 :名無シネマ@上映中:2010/04/22(木) 03:59:41 ID:byr4q1pe
テレビ局員「北川景子がくわえタバコで両手に荷物持って歩いてました」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1271817035/

155 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 01:21:46 ID:WFAzEWv8
北川景子を堪能できますか?

156 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 21:30:43 ID:ZotQxzxw

本日八王子に観に行った。

片桐才助は姦雄だな。
以登の純粋な初恋を利用して
将来の自分の最大の政敵になるであろう藤井勘解由を葬った。
才助恐るべし。

以登が果し合いをしている最中、助太刀せず黙って見ていたのも、
一人の剣士として以登を認めていたからではなく、
仮に以登が負けたときに、その責任のすべてを以登に被せるため。
以登が負けたらそのまま何事もなかったかように帰っていただろう。

以登との祝言を長引かせ、なかなか正式な夫婦になろうとしなかったのも、
以登による勘解由暗殺が失敗したときに
自分に累が及ぶのを避けるため。
他人同士ならばいくらでも申し開きはできる。

才助は以登の人格を認め、
彼女を大きな愛で包み込んだと見るのは甘い見方だと思う。

いや、この作品を素直に見たとき、
才助の内に潜む恐ろしい何かを感じない人はいないであろう。

才助は全くもって油断ならない男。
笑顔の裏に潜む冷徹な計算。
あの笑顔でさえも相手を油断させる手段として用いているのであろう。

まさに片桐才助は姦雄というべき人物である。


157 :148:2010/05/08(土) 00:03:51 ID:DGPm2pmz
才助が勘解由を将来の自分の政敵とみなせる訳がないじゃない。
そんな実力はあの時点ではない。すべてをコントロールし得る立場に
あったのは、やはり甚左衛門しかいないよ。才助といとの縁組だって
才助の江戸行きだって、すべて甚左衛門の意思が働いている。
甚左衛門は「政敵を倒す」などといった私心で動いている人間ではない。
真に海坂藩の将来を憂慮し、御用人勘解由を「居てはならぬ者」と確信
するがゆえに動いているのだ。才助が主席家老になれたのだとすれば、
それはひとえに、真の黒幕甚左衛門のうしろだてがあっての事に過ぎない。


158 :148:2010/05/08(土) 00:17:28 ID:DGPm2pmz
それに才助が決闘の際、最後まで手出ししなかったのは当然だ。
これはいと個人の仇討ちであって(いとの主観にとっては・・
彼女は父が黒幕だとは勿論、知らないから)才助が出る幕ではない
のだから。いとが敗れたら才助も死ぬ覚悟だろう・・・そのことが
わかっているから、いともただ見守ってくれた才助の存在を認める
のだ。自分の恋した相手に対する仇討ちにいいなづけが加勢して
どうする?それは筋が違うのだ。

159 :名無シネマ@上映中:2010/05/10(月) 20:20:29 ID:xctGmqRK
北川景子きれいだったけど・・・なんか表情が単調な気がした。
今回悪役で出てた伊藤歩がいとの役だったら・・・ってちょっと思った。

160 :名無シネマ@上映中:2010/05/11(火) 21:51:11 ID:9z1WVpIK
スレが160程度って、、、それがこの映画の評価を物語ってるよね。
周平人気に乗っかって1本作ってみましたというレベルだもの。
そんなに悪くはないけどそれ以上のものではない。

個人的にはもの足りない感が大きかった。
いっそ劇画チックにチャンバラ映画にしてほしかった。対決シーンは15分位かけて
大立ち回りで以登がありえないくらい強いとかさ。
逆に以登が返り討ちにあって一足遅れた才助が仇討ちして涙涙のエンディングとかさ。

周平ファンが怒るのは百も承知。あのぬるいラストは勘弁して。


161 :名無シネマ@上映中:2010/05/11(火) 22:55:43 ID:kFkDuBjb
むしろ周平ファンにとっては「憎めない」映画だと思うけどな。

過去の藤沢原作映像化作品と比べて原作への忠実度は高い。
(悪く言えば「ただなぞっただけ」と言えるが)

見ている最中は退屈で、見終わった感想は「どうしようもない凡作」だが、
でも、なんか憎めない。そんな映画。

クライマックスの殺陣は、敵が4人に増えてたが
木立の中に入って敵の刃数を減らし人数の不利を補う、
片手で刀を長く握ってリーチと打撃力の不足を補う、
(現実にやれば威力を補う以前に自分の腕が上がらなくなるだろうが、そこは“映画”。)
刀の峰に手を添える事で鍔迫り合いで男の腕力に押し負けないようにする、かつ、そのまま刀身を滑らせて敵を突く
など、非力な女性が戦う上での工夫が凝らされた、良い殺陣だった。

現実には殺陣を演じたのは北川景子本人ではない吹き替え役者なのかもしれないが
(女性ですらないかも知れない)
それでも、とにかく、よかった。

162 :148:2010/05/12(水) 19:13:27 ID:JPrf+TUl
助太刀に出て行けない才助の心情をおもんばかれば、感激するところ
だと思うのだが。才助の気持ちになってみようよ・・・。
自分の恋する女は、他の男に心奪われて、死を賭して復讐しようとして
いるんだよ。その女が死の危険にさらされていても、自分は出て行く筋合い
にはない。ただ、いとの剣士としての才に賭けるしかなかったんだよ。
・・もっとも才助の恋といっても、いとの父が(引退しているようにみえるが)
それでも海坂藩の大実力者であるに違いなく、この縁組が明らかに才助の将来に
非常に利する・・という計算があったことも疑い得ないところではあるが。

163 :名無シネマ@上映中:2010/05/12(水) 23:16:08 ID:DbtqlZKo
>>161
いや、その通りなんだよ。周平ワールドに忠実であろうとしたことが最大の弱点
になったとゆうか。
四季の変化を丁寧に描写していたけどあれはどーでも良かった。
原作は設定くらいにしておいてさ、黒澤ぽくしてほしかったと言うのが本音。

言いたいことは分かるよ。所作とか東北の四季とか、体裁は保ってるんだよね。
でも残念な部分が多かった。


164 :名無シネマ@上映中:2010/05/18(火) 16:42:56 ID:xaFhcAzd
>>161
確かに悪い殺陣ではないと俺も思う。
ただ、やはり女が片手で大刀を振るのは如何せん無理があるなぁ、と思ったよ。
刀の重さを知ってるから余計そう思うのかもしれんが。
ただ、映画だと思えば・・・・まぁ、ありかもしれん

165 :名無シネマ@上映中:2010/05/19(水) 20:27:50 ID:01vRuv6F
うー。いいかげん、めんどくさくなってきたな。

「花のあと」の「花」とは、桜花、すなわち武士道そのものを指す。
いとが、勝ち目のないだろう闘いに身を投じようと決意したとき、
いとは女の身でありながら、真の武士となったのだ。
それはいとにとって「満開に咲き誇る桜花」のときでもあったろう。

天運が味方して、いとは生き延び、長い長い人生を歩みつづけ、
やがては、多くの孫たちに囲まれて昔話をする老女となった。

それは、いとにとっての「花のあと」であった。


166 :名無シネマ@上映中:2010/05/19(水) 20:39:58 ID:01vRuv6F
この決断は「狂気の決断」である。そして「狂気の決断」なしに
真の武士道など成立しない、とこの映画はかたるのだ。


167 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 21:13:34 ID:TeGQCGcm
地味だな・・・話題にもならないし。
北川景子の入浴シーンとか、セミヌードがあれば
もう少し反響があった?

168 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 14:25:35 ID:uS/6Pxyt
9/24 DVD発売!

169 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 13:09:11 ID:KOedrXtV
コレってコケ扱いなの?
例の若手興行表でまあまあラインになってるけど

170 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 20:39:36 ID:TjgqirIK
一応幅広い年齢層をカバーしてたからな

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)