5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

崖の上のポニョ 47

1 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 01:01:09 ID:DL2YQwAm
公式サイト
http://www.ghibli.jp/ponyo/
スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/
ジブリをいっぱい−崖の上のポニョ
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ponyo.htm
ジブリチャンネル
http://www.dai2ntv.jp/ghibli/
鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
http://www.tfm.co.jp/asemamire/
Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%96%E3%81%AE%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%A7

2 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 01:02:04 ID:DL2YQwAm
前スレ
崖の上のポニョ 46
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1257485128/

過去ログ
【1】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1174296043/
【2】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1175036717/
【3】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1175436425/
【4】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1180966298/
【5】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1200050560/
【6】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1207649377/
【7】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1209743364/
【8】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1212917586/
【9】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1214934854/
【10】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1215697510/
【11】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216254885/
【12】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216450291/
【13】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216480750/
【14】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216538151/
【15】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216576669/
【16】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216648492/
【17】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216734148/
【18】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216824133/
【19】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1216949911/
【20】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217061817/
【21】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217171614/

3 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 01:02:45 ID:DL2YQwAm
過去ログ
【22】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217173410/
【23】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217460789/
【24】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217572788/
【25】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217665395/
【26】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217775615/
【27】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217946419/
【28】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218034780/
【29】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218034812/
【30】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218378774/
【31】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218602397/
【32】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218799204/
【33】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1219144161/
【34】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1219500477/
【35】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1220003837/
【36】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1220403650/
【37】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1220707392/
【38】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221066649/
【39】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1221710472/
【40】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1222710096/
【41】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1223965987/
【42】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1227259601/
【43】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1232922699/
【44】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1246818941/
【45】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1248591228/

4 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 02:01:46 ID:3QZGvxPm
30%いかなかったな
あれだけもったいぶったのに

5 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 05:35:11 ID:o8J+KZea
チキンラーメンの促販アニメ

6 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 06:01:59 ID:2CEIFm/o
ポニョはなんでフジモトのことを「悪い魔法使い」呼ばわり
しているのでしょうかしらね?
フジモト、いい人スよね。
ビジュアルもジブリ作品と思えないぐらいイカしてますし。

7 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 07:28:18 ID:zPT52T5Q
最初の設定(頭の中?)では悪い魔法使いだったんだよ。

ラストで善人ばかりになるのは良くあること。

8 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 07:35:32 ID:JP32tyji
>>6 お勉強しなさいお行儀良くしなさいって親は
我侭ガキにとっては悪い魔法使いなんだよ

9 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 12:44:19 ID:OMQDsfF3
オレンジ色の髪のおっさんは今の人間をなくしてリセットしてからぽにょで新しい人間を作ろうとしてて
汚い海や人間を見せて学習させるためにぽにょを連れてきた。
ぽにょは逃げ出したんだっけ?よく覚えてないけど、とにかく外に出てそうすけに助けられる。
ここでぽにょは人間の汚い部分ではなく人間の愛を知ることになる。
おっさんはそれをみて慌てる。よりによって滅ぼそうと思ってた人間になりたいなんて。と。
これではリセットしてもまた同じことを繰り返してしまうのではないか?いままでのこと無意味になるじゃん。
ってことでぽにょを封印する。封印失敗でぽにょが勝手にリセットのボタンを押してしまう。

津波(リセット)が起きてから時間は過去に逆流。
全てが生命が誕生した海に飲み込まれてしまう。

電気、電波、ラーメン、船、ロウソクとかいろいろあったけど思い出すの疲れた。

トンネルの向こうは生物が生まれる前の過去。
トンネルを抜けるにつれてぽにょは人間から鳥、魚にもどってしまう。
月が落ちてきたのも月と地球が一つだった時代に戻る。
海ができる前。生物が居なかった時代になる。最終的に全てがなくなってしまう。

人間も、他の動物も元はひとつの生物で愛し合い繁殖しそして枝分かれして今の形になった。
そうすけが自分の母親を呼び捨てにするのはそうすけにとっても本当の母はぽにょ(最初の生物)を生み出した
観音様みたいな人だから。
魚のぽにょも半漁人のぽにょも愛せますか?そうすけが「いいえ」と言えば全ての生物は存在しないことになり
ぽにょもそうすけも泡になって消えてしまい未来の世界もなかったことになってしまう。
だが、そうすけが「はい」と言ったことで過去と未来の全ての動物が愛でひとつになって未来が消えることもなくなった。
未来ではそれぞれ違う形だけどみんなで愛し合おうよっていうか、そうだったってことを忘れるなって話ではないのかな?

10 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 16:31:41 ID:AqpBrk00
妄想はもうよそう

11 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 16:55:37 ID:7kityKLB
糞映画age

12 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 17:01:32 ID:OtCksXXc
水の中の人はみんな死んでるとか、さんざん怖い話を読んでからテレビ放送見たら、
なんだ普通のファンタジーじゃん。あれのどこが死んでるよw
おまいら大したもんだな。

13 : [―{}@{}@{}-] 名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 17:29:30 ID:kOiXEWwO
アンチとマンセーの両方のスレがこれだけ長期生き延びた珍しい映画。
しかもアニメなのに映画スレで。この根本原因と継続エネルギーの
源泉を考える事こそが、本質理解への道となる。即ち、予め用意された
二律背反。

14 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 18:36:11 ID:EN0MTNBt
【崖の上のポニョとは】

日本が世界に誇るアニメ界の大巨匠であり、日本映画界最大のヒットメーカー宮崎駿がおくる最新作

この作品を観たネット者たちは
我も我もと、映像と台詞から散見される僅かな情報から
人生やら死後の世界やらの暗喩だと解釈し、必死でその意味を解読しようと試みるが、
単に「ポニョ、そうすけすきー」というセリフだけで説明できる映画。

15 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 18:44:24 ID:x10Aq1eK
>>13さん
思想家?それとも哲学者でつね・・・
ハトやんにもこのスレを見て欲しいでつ。
(替え歌ってもうあるのかしらん?)
http://www.youtube.com/watch?v=r07eRLwuxDo&feature=related

16 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 18:59:03 ID:1MakAXIw
糞アニメすぎ

17 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 19:46:18 ID:oYQ9Jc3m
こんなオカルト妄想映画をアニメの仲間にしてほしくない

18 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 20:01:58 ID:guuaiK5p
むしろ映画の仲間にして欲しくないぜ

19 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 20:23:44 ID:TSbgn1BM
パヤオアニメに飽きた貴方には「生徒会の一存」がお勧め


20 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 20:44:29 ID:b/sb22w1
宮崎駿が次に何をつくるのか、その一点においてポニョは興味深かった
でもそれだけだな
アリエッティは個人的には期待してる
監督が宮崎駿じゃないという点が期待できる


21 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:14:26 ID:LtHLiGCC
どんな考察を読んでも
山の光とリサの車内に葉っぱが積ってた理由が分からない
浦島状態で時間が経過してたってこと?

22 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:28:53 ID:EN0MTNBt
>>20
アリエッティは企画も脚本も宮崎駿なので、ほとんど宮崎駿作品みたいなものですよ。

23 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:37:05 ID:eGGhivDK
『崖の上のポニョ』地上波初登場も30%割れで日本テレビ局内は真っ青!?
ttp://www.excite.co.jp/News/entertainment/20100209/Cyzo_201002_post_3823.html

24 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:41:35 ID:b/sb22w1
>>22
でも若手に任せる時点で肩の力抜いて作れるだろ
意外とそういうのが良かったりするからさ

25 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:43:30 ID:1yEYf7dA
>>23
そりゃこれだけ駄作を連発してたらブランド力も落ちるわ。
さてDR録画しておいた剣客商売でも見るか。


26 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:43:37 ID:DjymCpF7
>21
ハエとか集ってたからおそらくは・・・

27 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:43:52 ID:AqpBrk00
>>23
ポニョって興行収入では最近のジブリ作品の中では下のほうでしょ?
それを考えれば順当な結果だよな。

28 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 21:46:44 ID:EN0MTNBt
ポニョがハウルより下だった事にショックを受けたハヤオが
もう一本作ると意欲を燃やしてるってWIKか何かに書いてたな。

29 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:04:34 ID:DjymCpF7
いままでパヤオ以外がダメ過ぎなんだろ。

30 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:06:21 ID:Y/9F8dAZ
音痴は最悪最低、センスを疑う。
アカデミー賞の審査員なら誰でもそう思うはず。

ボクシングの国際試合のオープニングに
君が代を音痴のバリトンが歌うようなもんだ。

31 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:06:25 ID:1MakAXIw
>>29
おめーが一番ダメだべww

32 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:13:49 ID:/KuJrelV
>29
金ローしかアニメを知らない人

33 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:20:52 ID:DjymCpF7
>32
おまえはアニメとしてみてたかもしれんが
俺は邦画として観てたぜ。

34 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:25:00 ID:/rw3+mcR
ジブリ厨は
アニメは見ない、ジブリはアニメじゃない、と平然と言い放つ連中。

35 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:25:57 ID:P3/RF5Fy
フジモトは人間だった時は、もっとイケメンだったと脳内補完

36 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:33:06 ID:cXsdSH8n
>>28
え? これが一般受けするとでも思ってたの?
それはモーロクし(ry

37 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:42:12 ID:i8dC51+U
ポーニョwwwwポニョwwwポニョwww

38 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:43:17 ID:TueSDUeh
ポーニョwwwwポニョwwwポニョwww

39 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:44:54 ID:W3wQc2Zj
>>20
http://www.nippon-soda.co.jp/nougyo/seihin/arietti.html

40 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:46:55 ID:TSbgn1BM
って言うか普段アニメを見ない一般はこんな国民的アニメ見てないで
深夜アニメでも一回見てからアニメの事を語れ。
大の大人がこんなアニメを見て真剣に語ってのがキモイんです。


41 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 22:56:23 ID:MrR2v8s0
【パワハラDQN政権】 民主党 "地方は陳情を小沢氏に通せ。そのとき民主党に選挙協力するか書け"→OKなら凍結の公共事業も復活…個所付け実態★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1265700694/l50

42 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:10:13 ID:x10Aq1eK
前スレ(46)も神がかっていたが・・・
このスレも芳ばしくしてやりたいw

『46』って事に引っかかって
検索したらこんなん見つけた・・・
実はこれも元ネタだったかしらん?
キーワード『46億年物語』

http://www.3gpdb.com/videoy.php?b=bCH4TLrumU1&ce-

43 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:10:23 ID:cXsdSH8n
>>40
深夜アニメを見るなんて、それだけでキモイ。
まともな社会人はそんなもの見ないし、見る時間もないのですよ。

44 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:10:25 ID:W3wQc2Zj
>>40
そういう語りじゃなくて
駄作すぎて本気で意味不明だから誰かわかる奴いる?って意味で語りあってるんだから
おまいもなんか思いついたんだったら教えれ

45 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:13:39 ID:x10Aq1eK
ウィキの方が判りやすいし
早いかも?
http://ja.wikipedia.org/wiki/46%E5%84%84%E5%B9%B4%E7%89%A9%E8%AA%9E
しかし、このゲームひたすら
めんどくさそうだw

主人公が『 魚 』ってwww

46 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:20:26 ID:x10Aq1eK
BGM代わりになるかな・・・
『46億年物語』動画その1
http://www.youtube.com/watch?v=1HzheYG4UPo&feature=related

47 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:24:51 ID:rtxNxAOI
こんな駄作見せられて
『なお、深夜アニメがキモイ。
まともな社会人はそんなもの見ない』
なんて言う奴が居るんだな

逆転する日も近いのにな

48 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:27:51 ID:Uwbc1jPD
>>47
基地外は相手にしないこと

49 :名無シネマ@上映中:2010/02/09(火) 23:28:23 ID:jPVjyhmA
深夜アニメだけど○○は別格、って言う奴等が出てくるだけだよ。
宮崎アニメだってメカ美少女で釣れたんでしょ。
オタになるのが怖い小心者の
『国民的アニメ』だけ見るのがオタではないという免罪符。

50 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 00:21:32 ID:/Wi+/TfT
ヲタク=アニメ=秋葉=・・・というステレオタイプはいい加減改めて欲しい。
俺みたいに分類的にはヲタクだけどアニメはほとんど見ない人もいる。
だからポニョポニョ言ってる人が深夜アニメを小バカにしててもなんとも思わ
ないし、何に対抗心燃やしてんだよっていう感じ。それは既存アニメをやたら
毛嫌いしてるパヤオに対しても思う、お前のアニメも海外いけばジャパニメーション
で人くくりにされてんだよと。

51 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 00:35:41 ID:z/P8mhwW
アニメヲタクのことだろ
アホですか。

52 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 00:42:51 ID:Ul6yQn+r
ジブリは別格、と思ってるのは日本人だけだよ
海外に行けば
大嫌いな深夜アニメと一括りにされてるんだよ

53 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 00:51:17 ID:/Wi+/TfT
そそ、だからはたから見るといい大人のみっともない内輪もめにしか
みえないんだよね
それでいてパヤオってディズニーとかも嫌いなんでしょ?
でいきついた先がこのオカルト映画かよと。
いったいなにがしたいんだパヤオは

54 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 00:59:16 ID:z/P8mhwW
つか日本人じゃなくても
映画用とテレビ用の違いぐらいわかると思うが
それすら区別できない人、ってどういうレベル?

55 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:07:47 ID:66vYY40O
ジブリ以外のアニメ映画もオタク用だと一括りにスルーするくせに。


56 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:07:56 ID:nNNUqGIN
パヤオがモーロクしてまともな作品が作れなくなった、てことでしょ?

ていうか大御所って実験的な映画とか変なもの作る人たまにいるけど
だったら無料で公開してほしい。お金払って見に行く子供もいるんだからさ。可哀想だ。

57 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:10:16 ID:FHmjTwOf

ボケ老人の作ったものを無理矢理持ち上げるマスコミ

30半ばのアイドルを無理矢理持ち上げるジャニーズと一緒

58 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:10:44 ID:/fQhsFR/
俺もそう思う。
こんなもの見せられる子供が可哀想だよな。

59 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:16:12 ID:BR4cPFW3
何をするから/しないから大人だ/子供だ、という議論が下らんわ。
>>52も「海外」という括りで言うところが海外コンプレックスだと思うが。
日本だろうが、海外だろうが、ジブリ含めて「アニメなんて」と思う層はあるし、
「ジブリはいわゆる'anime'じゃない」という向きもある。

何で根拠もなく自身タップリに結論の出んことを断定したがる連中が多いのか。

60 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:17:29 ID:/Wi+/TfT
結論がでてるのにお前みたいなのが出てきてひっくりかえすからだろうが

なんかいこの映画がつまらないといえばいいんだよ

61 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:17:58 ID:BR4cPFW3
>>58
それ程下らんと思っとる映画にこだわっとる自分が可哀想だと思わんのか。

62 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:20:04 ID:BR4cPFW3
>>60
俺は面白いと思うという結論は出とるよ。
何でそれをおまえさんがひっくり返して、「全員に」つまらんと
結論を出させようと必死になるのかがわからん。

63 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:21:11 ID:/Wi+/TfT
>>62
だったらその結論で満足してろ。

他人の結論に口出ししないで。

64 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:23:19 ID:BR4cPFW3
>>63
そっくりそのまま返すわ。
てか、面白いと思う人間がそれについて話したい、と思うのは当然だが、
何で「つまらん」と思う人間がそこへわざわざ出張してきて「黙れ」と
言うためだけに頑張ってるのかが全く理解できん。
しかもアンチスレは他にあるのに、だ。

65 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:24:07 ID:ItDPu/5t
どうして「ジブリはアニメじゃない」なんて平気で言えるんだろう。

その辺のTVアニメやオタ向けアニメと一緒にするな、ってこと?

自分はアニメを見てるんじゃない、ジブリを見てるんだ、ってかwww

66 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:24:24 ID:ZAatCshp
>>21
単純に風が強かったからじゃないの。
ドア開けたときに中にも吹き込んだだけだろ。
なんで車から出たのかは謎だけど。

>>26
今録画しておいたの見直したが、ハエなんかいないぞ。

67 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:28:35 ID:BR4cPFW3
>>65
理由なんか俺も知らんが、そういう向きはある。ごく真面目な意見としてだ。
だいたい海外で'anime'というと'animation'という一般名詞じゃなくて、
漠然と日本のロボットアニメを意味することが多い。そういうものとは
「志向性が違う」と言ってるんで、別にそれはその通りで良い話だろ。

68 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:30:32 ID:s2Ubrg6C
色んなポニョスレ読んでみたけど
宮崎作品に都市伝説が付いてまわる理由がなんとなく解った。
ゲド戦記は別として、他のジブリ作品にはあまり見られない現象だよねえ。

69 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:31:59 ID:nNNUqGIN
>>59
だね。こんな糞映画をさも名作のような嘘宣伝に乗せられて
うっかり見に逝っちゃった大人も子供も両方とも可哀想なんだよ!
見た人全員が可哀想。

70 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:33:09 ID:nNNUqGIN
>>64
黙れと言ってるのはアンタだけだよw

マンセー評価しか認めないなんてどこの半島出身者なのかと思うわ

71 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:34:40 ID:z/P8mhwW
ポニョ とかけっこうグロいアニメだと思うんだが
ある意味、日本人が全体的にマインドコントロールされてるのは間違いない
少数の人間が面白いという趣味のレベルの映画だと思うんだが

72 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:34:48 ID:BT6V4dP1
ただの子供向けアニメが不可解なくらい宣伝して
不可解なくらいの興行収入
どこか歪んでるんだよ

73 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:36:00 ID:YpJ4cNwS
かわうそはかわいいwww

74 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:36:39 ID:ZAatCshp
多分、このアニメって駿自身の半生記だろ。

宗介  宮崎駿本人

ポニョ  日本アニメの象徴

リサ  名前で呼んでるあたりからして、駿の妻

耕一  リサのダンナとしてのもう一人の駿、もしくは船は会社の象徴だろうから、
一族が経営する宮崎航空興学に勤めてたらそうなったであろう役員の姿。
もしくは駿の父。

フジモト  手塚治虫。画の雰囲気が手塚アニメっぽいし、日本のアニメ(=ポニョ)の生みの親

グランマンマーレ ディズニー。絵柄がディズニーそのものだし、手塚が憧れたといえば、やっぱこれ。

トキ  駿の母親。トキにだけ船の折り紙をあげたのは、多分母からはアニメ業界入りを反対されてた。

他の老人  宮崎アニメのスポンサー。金魚(=アニメ)の折り紙を与えてる。



 

75 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:37:15 ID:/Wi+/TfT
既存のアニメを否定することで一段上に立った気になってるんでしょうな、
パヤオもパヤオシンパも。
でもそれって結局アニメというものを踏み台にしてるだけなんだよね。
同族嫌悪なんだろうけど、はたからみるとそういう奴って信用できない。

76 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:39:35 ID:s2Ubrg6C
車に葉っぱが入ってたのは
ラピュタでシータが短髪に=ハウルでソフィーが短髪に
みたいなネタの使いまわしかと思ってた。
千尋のラストで車が葉っぱだらけのとこ。


77 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:39:45 ID:BR4cPFW3
>>69
趣旨を理解してもらってないようだが、面白いと思った人間はそれなりに
満足してるわけだよ。それをどういう理由だか知らんが、幻滅させようと
頑張って、自分自身つまらんと思ってる映画について延々貶し続けてる人間が
「可哀想」だって話だが。それが楽しいってんなら止めはせんが、
満足してる人間まで巻き込まんで欲しいね。

>>70
マンセーしか認めなくはないよ。ただ君等の話自体が作品と比べて明らかにつまらんわけ。
「つまらんと思わんものは信者」ということ以上は何も言ってないでしょ。
君等のような話を続けてて面白いと思うなら、それについて聞かせてもらいたいが。

78 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:41:56 ID:o/fk4RBP
どんだけジブリ絶賛して深夜アニメを嫌ってても
スタッフは深夜アニメにも参加するしジブリを出て行くんだからなw


79 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:43:10 ID:ZAatCshp
手塚が作った日本アニメに対して、自分が血と肉(ハム)を与えて、それを完成させたという主張そのもの。

多分、ポンポン船は、あんなおもちゃみたいなもので海に出るあたりからして、テレビアニメ業界でメシを
食ってたときの印象ではないかと。ロウソクがきえてバイバイって言うのは、もうテレビアニメへの情熱を
なくしてて(ロウソクがなくなって)、他から進められてももうやる気がなくて(新しいロウソクは使えず)、
そのぎょうかいからの「バイバイ」ではないかと。

途中で出てくる大正夫婦は古い映画業界の象徴。そうちゃんって呼ばれて怒るのは古い業界の人から
「所詮アニメ」とでも言われて軽く扱われていた記憶でもあるんじゃないかと。子供(=若手監督)に対して
アニメが影響をあたえたという主張ではないかね。

80 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:44:48 ID:aUkDPUHp
スタッフなんか知らんパヤオだけいればいい、って奴も居そうだな
パヤオ一人の仕事なんてどの程度のものか知らないくせにな。

81 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:47:04 ID:z/P8mhwW
>>75
既存ていうか宮崎のやってるラインは昔からいっしょ

まあ、いわゆる既存のアニメが衰退したのは
最近はCGやらでいくらでも実写をアニメみたいにできるから

で、アニメでしかできないこと
ガンダムみたいな昔からの継続、萌えアニメ、あとは宮崎アニメに分化した。

82 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:47:12 ID:NPlPu55E
不毛だから止めよう なんも優劣なんて無いよ
互いに窮屈な立場に追い込もうとしてる 
つまらない偏見や枠組みを自分達で作ろうとしてる
頼まれてもない競争して潰し合いしてんの
趣向の違いは当たり前だから
好きな作品を観たらいいんだよ



83 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:49:12 ID:aUkDPUHp
まずジブリ信者がジブリ以外のアニメを貶すのを止めればな

84 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:49:35 ID:s2Ubrg6C
ちゅうか業界の話はアニメ漫画業界板でやってけれ
アンチでも信者でも、作品について語るスレだろここ。

85 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:50:13 ID:rAeEeQFi
>>74
ポニョ=パヤオ
宗介=鈴木敏夫
グランマンマーレ=高畑勲
フジモト=押井守
だろ

86 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:50:35 ID:+Idm0UZw
煽るわけじゃないけど、萌えアニメって何がいいんだ?

87 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:51:01 ID:ZAatCshp
アニメの神から愛されたのは俺だっていう話だから、押井が「老人の妄想」っていう言い方をしたのは、
そのあたりがカンに触ったんじゃないかね。

あと、ドアにあった1907 は、1908年に作られた世界初のアニメといわれる『ファンタスマゴリー』のことか、
それに影響を与えた1907年の『幽霊ホテル』のことじゃないかなぁ。つまり、アニメの始まりで、だから
パンゲアって書いてあった。瓶にもRGBが多かったあたりからして、あの船は手塚のアニメスタジオそのもの。

蟹がどうとか言ってたのは、蟹はカットするから、映画の象徴じゃないかとも思う。

88 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:51:38 ID:7QFq3GIm
>>68さん
>>宮崎作品に都市伝説が
付いてまわる理由がなんとなく解った

あなたは気がついてしまったんですね。。。
そんなあなたにはこの動画をお勧めします
全く、今更かもしれませんが。。。

『世界で最も怖ろしい絵〜Slowly』

ttp://www.youtube.com/watch?v=VO-05_mH8_w&feature=related

89 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:51:58 ID:afJKWJpt
スタッフなんか気にしないパヤオだけしか興味がないところが
いかにもジブリ信者らしいわ

90 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:52:21 ID:ZAatCshp
>>85
パヤオの親というか創造主がオシイなワケないだろ。

91 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:53:46 ID:s2Ubrg6C
>>88
うん、もうリンク紫っすよw

92 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:54:58 ID:ZAatCshp
個人的にはポニョは神話的なもので色々と見えにくくはしてあるけど、駿のホンモノのオナニを
劇場で公開したわけで、かなりアレな作品だと思う。

今までの宮崎アニメとは背景が全然違うというか、ある種の遺言。

93 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:55:20 ID:BR4cPFW3
>>82
全く同感だね。
ただ、何故か自分の「嫌いな作品」を必死になって追っ掛けてる
奇妙な連中が多いから、それを言ってるだけで。

たかがアニメでされどアニメ。たかが映画でされど映画。
宮崎の作品で良いのは、「何がダメか」ってことについては全然触れないからだ。
本人が何を言おうが、作品から伝わってくるのは「何が好きか」ってことだけだ。
その点だけでも見てて楽しい気分にさせてくれる。

94 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:55:41 ID:KxOrhofc
すぐ他の監督を貶すのがジブリ信者


95 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:57:15 ID:/Wi+/TfT
だれかがパヤオに、「おまえの書くシナリオもうつまんねーんだよ」って
言ってやらなきゃいけないんだけど誰もいえないんだろ、いまだに。
いくら才能があっても”お山の大将”気取りでなんでも自分が自分がでやってると
こうなっちゃうという悪いお手本やな。
やっぱりある程度以上の規模になったらそれこそピクサーやディズニーみたいな
ちゃんとした組織を作ってマネージメントしないと、中小企業のワンマン社長じゃ
ねーんだから

96 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:57:28 ID:Pg4j7zU1
ダメなところが見えないってとんだ狂信者だな。
監督だってこんなファンいらねーよ

97 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 01:58:59 ID:LDZpnmYq
作品も酷いが
これに限っては持ち上げるマスコミや広告代理店が酷いと思うよ
踊らされるファンも哀れ

98 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:03:43 ID:ZAatCshp
>>95
もう作らないと思う。
繰り返しになるけど、ポニョは遺言みたいなもんだから。

ストーリーがワケわかんないのは、本当にストーリーなんかどうでもよかったからでしょ。

99 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:04:16 ID:BR4cPFW3
>>94
じゃあジブリを貶すこと「のみ」に血道を開けてるのは、何者なんだ、って話だが。

>>95
その「言ってやる」人間の言質がつまらんから、もうちょっと工夫しろって言ってんだが。
そりゃ具体的に「どういうものが良いのか」というビジョンを示せない人間が
「あれがダメ、これがダメ」と言ったって説得力はない。
もし宮崎に思い知らせたいなら、君が良いと思うものを広めるようにするのが一番効果的だ。
世の中がそれを認めれば、自然とウェイトもそっちに傾く。
ヤジばっかり飛ばしてる人間が根拠のない使命感を表明したって誰も聞かんわ。

100 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:10:10 ID:nNNUqGIN
>>77
おもしろいかどうかは、あんたが自分で見つけなさいよ
なんであんたなんかに示してやらにゃならんのww

こっちこそパヤオの糞アニメのどのへんが面白いのか教えてほしいくらいだよwwww
つまんないと思う奴らが集まってあーでもないこーでもないと
どこかしら面白い部分を見つけようと努力してやってるんだから
感謝されこそすれお前なんかに荒らされるスジアイないわwwwwwwwwww

101 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:10:37 ID:LDZpnmYq
ジブリ信者のその態度がムカつく

102 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:11:44 ID:ZAatCshp
ただ、リサがむりやり車で出て行ったり、車から抜け出したりってのはかなり唐突で、よくわからん。

自分が言ってる、リサが駿の妻説が正しいとして、あの食料とか色々と持ち出したのは、
別居だか離婚でもされたことがあるんじゃないかな?そのあたり実際はどうなのか知らんけど。

103 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:14:09 ID:EImC3Szo
つまらないものを昔の威光で無理矢理持ち上げようと必死

もう終わってるよ。これからどんどん視聴率は下がり没落してくよ

104 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:16:49 ID:BR4cPFW3
>>100
別に教えてもらわんでも、俺は宮崎の考え方が面白いと思ってるわけだが。
で、それに反論を加えてるのは君でしょ。
何で君の反論の根拠を俺が考えなきゃならんわけ?

> どこかしら面白い部分を見つけようと努力してやってるんだから
そんなオタメゴカシは良いよ。俺は感謝するつもりもないから
サッサと見切りを付けてアンチスレに行きゃいいのに。
何で「努力してやってる」の? 君を含めてだーれも望んでないのに。

105 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:19:25 ID:Y35UPcwg
沈む泥船に必死で擁護して哀れだなぁ

106 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:19:25 ID:s2Ubrg6C
>>102
その考察は面白くて好きだw
リサが出て行く=妻が子供を産んで女から母になり
家庭を顧みない夫と心の距離が離れた・・・とか?

色んな考察が当てはまるこれって、某聖書に似通ってるな。
ある意味神話を作った作品ではあるわなw

107 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:25:16 ID:VzyseDv9
大人の男女ならともかく
幼児同士で結ばれるとかこの監督は狂ってるわ。
成長しない幼女や少女。こいつの作品は全部そうだ。

108 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:26:07 ID:ZAatCshp
>>106
もともとファンタジーだし神話的なものは単なる味付けでしょ。
神話は色んなシンボルが混ざってるから、生死とか性とか結び付けやすいわな。

ただ、もっと根源は手塚治虫と母親と自分を中心とした、ドロドロとした回顧録だと思う。
そんな気持ち悪いものでも「あったかい話」に見せてしまうと言うのは、恐ろしい力量とも思うが。

109 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:26:46 ID:/fQhsFR/
ざっと読んだがジブリ信者の精神的な幼稚さが目に付く。
他の作品を見下して優越感に浸らないと生きてゆけないような脆弱な精神構造は滑稽だよ。

ある程度相手に妥協する意思がないと議論なんか不可能なのに、
なんだか他の映画ファンに自分と同じように感じることを強制してるんだよ。
ある意味共産思想的なんだが、端で見てると薄気味悪くて仕方ない。

感じ方は人によって違うというコミュニケーションの基本を理解してもらわないと、
単なる揚げ足取りだけの不毛な議論になってしまうんだよな。
自分の母親にクソババアと言って噛みついてるヒッキーと精神構造が類似してる。

110 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:27:20 ID:1BrBE1O9
フジモトが手塚、グランマがディズニーなら、
ポニョは鳥山で、リサは庵野だろ。

111 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:29:30 ID:ZAatCshp
>>110
パヤオは鳥山を愛してたのか。そうなのか。

112 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:35:03 ID:1BrBE1O9
>>111
いや、物語上の配置とかはあんま考えてないw
それぞれのアニメに出てきそうなキャラって思っただけw

113 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:36:46 ID:oG1x5550
>102
>リサがむりやり車で出て行ったり、車から抜け出したりってのはかなり唐突で、よくわからん。

むりやりだろうがなんだろうが、そうでないとポニョと宗介の二人っきりの畳畳にならんだろ?

きみは畳畳の意味を知らんのか?

114 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:42:22 ID:ZAatCshp
>>113
パヤオなら、それなりに合理性を持ったストーリーにすることは出来たと思う。

ポニョは実際にあったことをなぞってる様な気がしてならない。
というか、それを優先したからストーリーはワケがわからなくなったんじゃないかと。

押井が言う「老人の妄想」ってのも、そのあたりを指してるんじゃないかなぁ。
ドラマが破綻しているだけなら妄想って言い方はしないだろうし。

115 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:47:38 ID:nNNUqGIN
>>104
支離滅裂じゃん
オネショせんよーにトイレ逝ってとっとと寝れ

あんたの話はパヤオよりつまらん

116 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 02:55:40 ID:BR4cPFW3
>>106
> 「王さまが病気になった。お医者さまたちがやって来てこう言った、「お聞きください、
> 陛下、ご快癒をおのぞみでございましたら、鬼の羽を召しあがらなければなりません
> ……<中略>……
> 彼は道を教わった。「山の上に七つの洞穴がある、その一つに鬼が住んでいる」……」
>
> 王さまがどんな病気にかかったのか、いったいどうして鬼に羽があるのか、その洞穴
> というのがどんな具合になっているのか、ということは何も語られません。しかしこう
> して名ざされたものはみな、物語の筋に必要な機能をもっているのです。
カルヴィーノはこれを物語の「速さ」の例として持ち出し、この機能の重要性を言ってる。

しかし、それに一定の同意を与えるエーコは、自分の小説の中で登場人物にこうも言わせてる。
> 「ホメロスには秘密なんてひとっかけらもない。逆にあなたたちの計画が秘密だらけな
> のは、計画そのものが矛盾だらけだからよ。……<中略>……何もかも捨ててしまうこ
> とね、ホメロスは思わせ振りはしなかったわ。……」
何もかも自分で説明してしまう物語よりも、一定の「速さ」を保ちつつ、観客に入る余地
を与えておくことは有効な手段だけれど、それは反面パラノイアの入り込む余地でもある。
解釈はあって良いけれど、実際に描かれた以上のことを類推し過ぎるのは、物語の毒気に
当てられてる、ということだと思うけれど。
聖書は良くも悪くもその「毒」を最も発揮した書物だろうし。

>>109
「信者」を「アンチ」、「他の作品/映画」を「ジブリの映画」に置き変えても全く矛盾
はないけどね。

>>104
どこが? 結局、宮崎を貶すことが主眼で、自分が何を好きなのか、何を良いと思ってるのか
何一つ具体的なことは言えん、てことでしょ。

117 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:06:08 ID:s2Ubrg6C
面白いつまんない論争はそろそろ飽きたんだぜ。
ポニョは一部楽しめる要素もあるが
駄作、失敗作と呼ばれる部類でFAじゃないの。
それを神話やら都市伝説やら人物構図に置き換えて
色々考えるのが好きな人達が残ってるだけさー
まったりいこうよまったり。

>>116
うむ、その聖書の毒気と同じかなと思うのだけど。
読み手、観客、全員が同じ解釈を持たないというか、持てない。
漠然としたビジュアルに意味付けしてくれる存在が現れたときに
腑に落ちた反動で妄信しちゃう怖い罠みたいなw

118 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:11:25 ID:JtuxF8kU
>103
>これからどんどん視聴率は下がり没落してくよ

いやそうは思わないぞ。映画崖ポニョは、スイカや、かき氷を食いながらの季節の方が合う作品だから。
次回そういう季節に再放送したら初回目の記録更新しそう。
今回2月に放送したのは、2の友への感謝で、2月2日放送にしようとしたら金曜でなかったので
2を裏返した5が金曜だったんで、2月5日放送に拘ったんだろ?五輪の前だし。

119 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:16:33 ID:1BrBE1O9
無意識なものも含めて、色んなメタファーが入ってるのは事実だと思うけど、
でも表のストーリーにこれだけ整合性がないんだから、裏のストーリーにだって
整合性なんかあるわきゃないさ。
結局、意識下/無意識下にあるオッサンの脳内イメージを羅列して、かろうじて
ストーリーっぽいものにしただけだと思う。
細切れのメタファーをそれぞれ解釈するのは面白いかも知れないけどね。

120 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:18:33 ID:GppM5EKE
>>118
2の友への感謝???
アカデミー賞にノミネートされると踏んだだけだと思う。

121 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:22:56 ID:BR4cPFW3
>>117
> 腑に落ちた反動で妄信しちゃう怖い罠みたいなw
そうそう、思い切って単純にすればまさにそういうことだよ、エーコが小説で言わんとしたのは。
キオスクの小屋の寸法から、テンプル騎士団の秘密を読み取るような連中の仲間入りを
したくなければ、自分が「類推してるだけだ」ということを常に反省してないといけない。
ただ、物語の質というのは、そういう解釈を許す「筋」によって客観的に決まるんじゃなくて、
断片的に与えられるイメージによって、個人に訴える種類のものだと思うけどな。

嵐の中の椰子の木が、フッと緩んだかと思うと、また何かに叩かれたように揺れるさまや、
エントランスの庇から出たとたんにフロントガラスに打ちつける雨とか、
腹を上にして浮いてるポニョを見たときの宗介の反応とか
(あの一瞬血の気が引くようなショックは良くわかる)。
個人的にそういう描写は、かなり琴線に触れるものがあったんだけどな。

122 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:27:25 ID:6nQXFm9k
おまいら映画を面白くし過ぎ。
テレビで見たら普通の凡作じゃん。

123 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:29:42 ID:NPlPu55E
このポニョアニメは
童話をモチーフにアニメ化しました。というよりも
アニメだけど読み物の様な楽しみ方が
できる映画を作りたかった、という作品なのかなと思う。
母親が子どもに読んで聞かせたり、
活字を自分で追いかけて想像して読み解く様な。
そうな感じで観てみると映画で描かれたもの、
観客の目に見えてる情報、奇妙な光景や現象は
どこまでが作品中の現実的な描写、事象と把握してよいのか?
とか、もしかしてアニメのお約束的なデフォルメ表現なのか?
とか、宗助やリサには観客と同じものは見えてない?とか・・・
いやそもそも監督が遊んでるだけで意味は無い?とか
疑問が湧いてきて、まー混乱してくるw
いろんな人の考察読んだり、ポニョ関連リンクに飛んだり
自分が好きな答え拾ってたらツギハギだらけになったぜ!
でも縫ってみると悪くない気もする?他人には見せれないけどね。


124 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:38:20 ID:JtuxF8kU
>120
美術館の階段のとこで藤岡藤巻と大橋のぞみちゃんを歌わせて、観客は母親たちとその子どもたち限定で、
歌い終えると美術館の屋根へカメラを振って、西洋風の鐘が鳴って、そのまま映画本編へ入るのが理想、
って、かいた、きおくが、こわれたあたまに、のこってんだが偶然かあ?

125 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:41:57 ID:BR4cPFW3
>>119
それを言うなら「整合性」じゃなくて、「必然性」じゃない?
整合性はあるよ。ただ、「何故か」という質問に答えが与えられてないことが
あまりに多いだけで。「それで良い」とは言わないけど、「だから悪い」とい
うのも、上で言ってるように物語の「筋」に対する偏重のように思う。

> 母親が子どもに読んで聞かせたり、
> 活字を自分で追いかけて想像して読み解く様な。
それも良いよね。つまり映画は忘れられても良いわけさ。
子供が親に「なんで?」って聞く機会を与えられ、親がそれに上手く答えれば、
物語を「きっかけ」に豊かな世界が広がることはある。結果、映画が消えて
断片的なイメージが残るってのが理想といえば理想。ポニョが実際理想的かど
うかはわからんが、その説明とか会話を広げるためのフックとして、それぞれ
の描写は実に観察が行き届いてると思ったよ。
そこで親が「意味なんてない、映画がつまらなかっただけ」と答えることの方
が余程味気ないでしょ。

126 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 03:51:43 ID:1BrBE1O9
>>125
必然性もないけど、整合性も十分ないだろ。
物語に必ずしも答えが必要だとは思ってないけど、今回の場合は、
想像の余地を残すってレベルじゃなくて、全部投げっぱなしだ。

127 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:07:02 ID:BR4cPFW3
> 整合性も十分ないだろ
例えば?
人間支配に対する自然の復権を企てるフジモトを裏切って、ポニョが人間に走ったために
全世界が危機に陥いる。この危機を回避するためには、ポニョと人間の和解が必要で、
その和解は成った。どこかおかしい?

「何故」ポニョが裏切ったのか、「何故」世界は危機に陥いるのか、「何故」ポニョと
人間の和解が世界を救うのか。こういうことに答えは与えられていないけれど、筋の論理
自体は明解だと思うけどね。それは、「何故」王さまが病気になったのか、「何故」鬼の
羽が病気を快癒させるのか、「何故」鬼は七つの洞窟に住んでいるのか、ということに
答えが与えられていないのと同じことと言えば、同じことだ。
筋に拘りはないかも知れんが、描写には一切妥協がない。俺はそれで充分だと思うけどね。

128 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:16:56 ID:6d+9Nz6F
>126
>投げっぱなしだ。

あなたのいう投げっぱなしとは、どういうとこだね?

129 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:18:59 ID:1BrBE1O9
>>127
まあ、例えば。色々あると思うけどパッと思いついたとこね。

ポニョは自分の母親のことをソウスケに聞かれ「大好き!とっても怖いよ」と言った。
これは、ポニョとグランマの間に母子の愛情関係があることを示すセリフだ。
ところが、別の場面でフジモトは「あの人が来てくれた」という発言をする。
つまりグランマは重要なときだけ登場するあまり会えない人物と受け取れるわけ。
ならばフジモトの元に監禁に近い形で管理されていたポニョは、一体いつグランマと
愛情あふれる母子関係を築いたのか?
整合性のない矛盾したセリフだと思うわけだがどうかね。

130 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:24:31 ID:NPlPu55E
>>125
ドモ!前スレ981にも似た駄文書いたけど
すぐに沈んだものでw ではまたー



131 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:38:35 ID:BR4cPFW3
>>129
類推で説明しようと思えば、「ポニョの年齢はわからない」ということでいく
らでも説明できるけどね。けど、その疑問も、それに対する俺の説明もつまらないかな。

結局この問題も「何故」という質問に帰するでしょう。「何故」ポニョ
は、離れた母親のことをこうも知っているのか、という。しかし論理としては
「ポニョは母親の方が好きだから」で説明は付く。だから空間的、時間的隔た
りなど、さして問題ではないのだ、と。何故「お医者さまたち」は「鬼の羽で
王さまが快癒する」と知っていたと思う?

重要なのは、ポニョがフジモトよりもグランマンマーレにより多くの畏怖と、
好意、庇護を感じてるっていう「イメージ」だ。それは例え頻繁に会っていな
くても明確に感じる種類のもので、逆にフジモトはポニョに対しても、
グランマンマーレに対しても、直接的な接触がなければ不安を抱いてしまう
種類の人間だという風に描かれてることが、キーになっていると思うけど。

>>130
おやすみなさい。探して見とくんで、またね。

132 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:40:18 ID:ynlsuB0Y
>129
グランマ=ディズニー、フジモト=手塚、
ポニョと妹たち=全国から集まってきたマンガ家志望やアニメーター志願者。
だから、直接会ったことなくても映画やテレビや本を見て、大好き!とか
愛情あふれる母子関係は築けるでしょ?一体いつって、そういう触れかたよ。

133 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:40:56 ID:1BrBE1O9
>>128
伏線らしき描写はあるのに、なんだったのかわからんのがいくつもあるじゃん。
船の墓場とかさ。大正時代の夫婦とかさ。リサカーの枯れ葉とかさ。
そういうのに対して、それぞれこれだけの脳内ストーリーが続出する、つまり、
そこまでしないと補完できない箇所が多いってのは、想像の余地というのはちょっとね〜。

134 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:44:40 ID:1BrBE1O9
>>131
つまり、なんとなーく受け取ってくれってことか?
それともよくわからんとこは各自最大限に拡大解釈して理解するようにってか?
それはいくらなんでも無責任だと思うがね。

135 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 04:46:34 ID:1BrBE1O9
>>132
解釈は好きにしていいけど、そんな深読みしないと説明つかないってどうなのと。
ストーリー上ではどういうこっちゃ、ってことの解決にはなってない。

136 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:00:22 ID:ynlsuB0Y
>135
>そんな深読みしないと

深読みじゃないぞ、初見でそう感じただけ

>ストーリー上ではどういうこっちゃ、ってことの解決にはなってない。

その、どういうこっちゃを、くわしく

137 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:02:46 ID:1BrBE1O9
>>136
君にとっては深読みじゃないのか知らんけど、万人が受け取れるもんじゃないだろ。
どういうこっちゃは>>129だよ。

138 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:21:14 ID:BR4cPFW3
>>134
だから言ってるじゃないか、筋に偏重し過ぎだって。

そもそもそういう「解釈」を強要なんかしてないと思うぞ。
どんな物語だって「なんとなーく」という部分は多かれ少なかれ存在する。
別の物語では、背景がイイカゲンに描かれてたり、また別の話では物理的に
ありえない運動があったり、主要人物以外の人間が全く登場しなかったり。
それを「無責任」と言うならそうだろうが、それはどんな話でも起こることだ。
そして、それは、作品が面白いか面白くないかを決める決定的な要因とは限らない。
君はそれにも説明を求めたり、解釈しようとしたりするか?

何度も言うけど、「筋」でそれが起こることに敏感に過ぎる、と。
「筋」について「のみ」、何故という疑問を虱潰しにしようという傾向が強すぎる。

気に入らなければしょうがないと思うが、この話は「筋」の「説明」に対
して大らかであっても、別の部分から充分に取り戻せるだけの労が払われてる
と思う、って話だ。あくまで「筋」が全てだ、というならそれはしょうがない
が、本来人間はそれ程「筋」にこだわらなくても楽しめるもんなんだよ。
昔ばなしが今でも「読める」ってのは、そういうことなんだと思うけどね。

139 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:23:57 ID:XzsZImNc
>137
一体いつがそんなにきになりますかね?
ポニョや妹たちが裸で生まれてからあの同じ服を着るまでの期間は、
万人がグランマが世話してたと受け取るだろ?

140 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:32:51 ID:/pm9JLyk
矢追純一レベルのこじ付け妄想だな。
アホらしい。

141 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:34:31 ID:1BrBE1O9
>>138
偏重してるとは思わんね。最低限のラインを下回ってると思うということだ。
ちなみに、面白くないとは一言も言っとらんぞ。ある意味では面白いよ。
ただ、映画としてはブツ切りの脳内イメージ繋ぎ合わせにしか見えないというだけさ。
おそらく駿も説明できない箇所がいっぱいあるだろうと。

ってことで。
これ以上説得されても納得する気はしないんで、意見の違いと思ってくれよ。

142 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:39:05 ID:1BrBE1O9
>>139
裸で産まれたのか、服を来てるのか、どうやって産まれたのか、何もわからんが。
君がそうやって脳内補完して想像するのは別にいいと思うよ。
でも、映画として、そのへんは勝手に想像してね、が多すぎるんだよ。

143 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:42:41 ID:rAeEeQFi
ポニョ=パヤオ
宗助=パヤオ
グランマンマーレ=パヤオ
フジモト=パヤオ
じゃね?

144 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:44:19 ID:yo7c+PHA
>120
「千と千尋の神隠し」03年1月放送
「もののけ姫」99年1月放送
「ハウルの動く城」06年7月放送
いつもアカデミー賞ノミネートの頃に照準合わせてないやん。
それでも2にこだわったのは・・・あれだな

145 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:50:47 ID:yo7c+PHA
>140
矢追純一が突然出てくる回路のほうが、この映画よりも変だけど・・・

146 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:52:03 ID:1q0MZiHK
ポニョが、米国アカデミー賞のノミネートから外れたのは、
このスレでは話題に上がった?
アメリカで日本作品としては広く公開されたポニョが外れるのは、
ちょっと意外と思ったんだけど・・・。

> Coraline/コララインとボタンの魔女 3D
> Fantastic Mr. Fox
> The Princess and the Frog/プリンセスと魔法のキス
> The Secret of Kells/ブレンダンとケルズの秘密
> Up/カールじいさんの空飛ぶ家
http://www.dondetch.com/movie/academy.html

上がノミネートらしいけど、カールじいさんしか知らないぞ。

147 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:52:35 ID:Xq9YxoVP
録画したの見てたら
最後の方フジモトが宗助に玩具の船渡すところで録画切れてた
誰か続きを教えてくれ!

148 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 05:59:46 ID:yo7c+PHA
>142
例えば映画の中では親父が土産に金魚買ってきても、これは卵から魚になって、
最初は黒っぽい色してるんだが、だんだん赤く色がついてくるんだよ
と、いちいち説明を入れろと言うのかい?
ポニョも妹たちも色ついてるから生まれてから相当な時間が経過してるのは理解の上
ご覧下さいだろ?

149 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 06:04:14 ID:1BrBE1O9
>>148
そりゃ金魚ならね。

あんな元人間とかいう得体の知れない人と、海の女神みたいな人の間に産まれた
顔のついた魚が、どんな風に産まれて育てられるかなんて常識の範囲で想像しろと
いうには無理がある。

150 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 06:07:50 ID:yo7c+PHA
>149

おまアニメをばかにしてるだろ?
何でも叩けばいいとオナニー状態だおま。

151 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 06:20:55 ID:1BrBE1O9
>>150
別にバカにしてないよw
主に納得がいってないのは、ストーリーテリングの部分だよ。
そこはアニメだからとか実写だからとか関係ないだろ。

152 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 09:25:16 ID:GppM5EKE
>>147
その後、宗助とフジモトが握手。
宗助のパパの船が現れる「おーい」
宗助とリサ、手を振る(ポニョ忘れられる)
泡の中のポニョが勝手にジャンプして宗助にキス→ポニョ人間化。
EDポーニョポニョ♪

153 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 09:35:07 ID:mjxEMJ8W
>>74
>フジモト  手塚治虫。画の雰囲気が手塚アニメっぽいし、日本のアニメ(=ポニョ)の生みの親

>グランマンマーレ ディズニー。絵柄がディズニーそのものだし、手塚が憧れたといえば、やっぱこれ。

絵柄の説明になっとく!

154 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 09:38:55 ID:mjxEMJ8W
難解だと言われてるが、普通のジブリアニメだろう

空物、山物は何回かやったので、今度は海がテーマ・・
あいかわらずの、ニュルニュルしたものが沢山でてきて、女の子がスカートからパンツ
はみでてて

155 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 10:38:30 ID:qOC9kN7a
イチイチ細かい設定が言葉的に説明臭かったな
「ポニョの服は濡れてないのねー」
あのさ、濡れてようが濡れてまいがどうでもいい
そんなことイチイチ瑣末にセリフで説明臭く実況されても
なんの面白味でもない脱線の極み

映像なんだから、まず見た目で、おっ、服は濡れてないんだな!って受け手が直感でわかるようにしろ
って思うわんこ

156 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 11:52:56 ID:s2Ubrg6C
>>154
だと思うよ、そのジブリのアニメテイストだけで楽しめるなら良かったんだろうけど
色気出して色んな要素混ぜちゃったもんで
裏設定というストーリーが、色んな観客の考察を含みながら一人歩きし始めた。
だから皆底知れぬ不安を感じ取り、払拭する為に自分の持論を語る。
そしてそれを含んでまた・・・
カオナシみたいな作品だとおもう。

157 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 14:30:16 ID:/Wi+/TfT
おまえらのレス読んでると失笑に次ぐ失笑だわw
いや、これどっかにコピペしたほうがいいぜ、痛いなんてもんじゃないぞこのスレ

158 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 15:30:29 ID:s2Ubrg6C
2chに何求めてんのw
dでもな事気楽に書けるからここでやってるだけだというのにw

159 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 16:13:37 ID:LZ8cH1qV
結局さ、ミスリード、って言葉で全て済んでしまうと思うんだ。
プロットをちゃんと作らず感覚だけで作り始めてからずっとそう。
長年に渡って作られてきた型をないがしろにした結果。

160 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 18:23:02 ID:ZAatCshp
>>155
ポニョがアニメそのものの象徴だと仮定して、あれは多分、駿が「アニメはリアルじゃないからダメだ」とか
実写系の人間から言われたことがあって、それに反発心をずっと持ってたとか、そういう話じゃないかなぁ。

「ポニョは金魚だから」ってのは、アニメわかってないやつは黙ってろっていう主張なんじゃないかと。

161 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 18:26:03 ID:ZAatCshp
もしくは、リアルなCGアニメに対する反発かも。
主張としては同じことだけど。

162 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 18:32:09 ID:GBvAEqpW
>>160
そのくせ海水魚のポニョのバケツに水道水をバシャバシャ入れちゃうとことか無神経なんだよな。

実際に生き物飼ったことのある子供の観客の方が違和感覚えると思う。
恐竜図鑑を暗記しちゃうような知的好奇心のあるタイプの子供ならなおさら。

163 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 18:51:45 ID:W+SrI44Q
>>159
元々パヤオが今までの型を捨てたって言ってるんだから、(ポニョのWiki参照)
それは音楽で言う従来のAメロ→Bメロ→サビのようなものではなく
ミニマル・ミュージックのようにしたかったんでしょう。
感覚的に作っていくという。。。
で、ミニマル・ミュージックが好きな人もいれば、こんなの何が楽しいの?
って人もいるわけで。ちなみに従来のAメロ→Bメロ→サビ形式はカリ城〜
ラピュタ辺りかな。それが魔女宅のラスト辺りでムリが出てきたのを自覚して
その後、もののけ辺りから型を崩してきたんだと思う。

164 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 18:56:30 ID:fUxjZ1fe
パヤオは魚をちゃんと飼ったことないんじゃないの。
飼ったことある人なら少なからず抵抗を感じるだろ。
猫にタマネギ食わせるようなもんだし。

165 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 19:02:12 ID:41fgPUs4
つーか、人面魚や魔法が登場する世界で、淡水か海水かってリアリティ
の話を持ち込んでもしょうがないだろw
他によく言われるので、リサが暴風雨の中を無理に家へ帰ったのは不自然
だって議論にしたって、たとえば千と千尋で両親が店に入って、店員も
いないのに勝手に料理を食い始めたのだって、考えてみればかなり強引な
展開だったわな。

166 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 19:25:07 ID:7QFq3GIm
>>162さん
5歳ぐらいの子供がやること
感じることだから、色々可笑しくても
仕方がない。しょうがない。寧ろその方が良い。
誰も子供向けの映画で水没し、息が出来なくて
苦しみ悶えつつ@んでゆく人々の姿なんか
見せた日にゃあ、それこそ映倫が黙っていない。

後、↓はチラシの裏&グロ注意ね・・・

おいも、がきんちょの頃そりゃあ
色々と悪さをしたもんさ。
自分で埋めた『ザリガニ』の墓を
掘り返してとんでもない
現場を見た時もあったし
(晩御飯&夜食が麺類の人達・・・ごめんなさいね☆)


167 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 19:26:38 ID:7QFq3GIm
最初は洗ってやるつもりでいた
ホースの水を二十日鼠に
ぶっかけていくうち、ちいさな籠の中で
慌てふためくそのネズミの姿に
だんだんと嗜虐的な感覚がわきおこり
結局、殺してしまったりとか・・・orz

問題の宗介君の関心というのは
動物とか金魚とかを飼うことや捕まえたりする事じゃなくて
(だって、汚れているとは言え、海の近くで
自然がいっぱいの所に住んでいるから・・・)
寧ろ、普段会えない父親との会話=モールス信号を覚える方に
注意力が向いていたんじゃないか?あの年頃の子供が感じる
父親というのは母親よりも優しかったり甘かったりするもんだよ。
例え、同性であってもね。
水道水(雨水タンクの?)が毒だったなんて
あの年頃では理解不能で当然かもよん?


168 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 22:10:48 ID:1VpFA37I
トンネルは産道

生まれ変わるのが怖いと

169 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 22:15:42 ID:sPUDSY0A
>>162
水道水入れたバケツに入れた時は家族全員で「死んじゃうじゃうってー!」ってびっくりしたな。
海辺で育った子ならそこらへん一番良く分かってそうなもんだけど。

小さい頃恐竜図鑑とか生物の進化の本見て名前覚えるの楽しかったな。
古代魚だけの映像だったら楽しめたよ。

170 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 22:15:50 ID:NMyXJD4G
ここのトンデモ解釈がみんなトンデモなのはいいとして、
トンネルだけが判らん。あれは何だ。

171 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 23:39:13 ID:7QFq3GIm
>>170さん
釣りだと思うけどチラシの裏ね。。。。

あくまでも子供向けの映画って事を思い出して欲しい。
子供にとって『怖いもの』『恐ろしいもの』とはなんだろうか?
小難しく考えなくても、ごく単純に押入れとかいった
『暗いところ』『何も見えないところ』なんじゃないかなぁ・・・

散々言われている『胎内回帰』とか『通過儀礼』って事を
一発でイメージさせる事もあるだろうし。

また逆に、あの場面で『トンネル』以外のもの
例えば『歩道橋』とか『エスカレーター&エレベーター』だったら
階段を一段一段手で描くのも大変だし、その分お金も時間も
かかちゃうんじゃないか?
『エレベーター』云々に至っては
確実に過疎気味な田舎に近代的な構造物?が出てきたら
いくら子供でもそりゃないwってなるっしょ?

栞用☆脳内BGM♪
http://www.youtube.com/watch?v=v8DuhVuExuI&feature=related

172 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:08:38 ID:GKQ3UdsN
こっちのBGMの方が相応しいか。。。
http://www.youtube.com/watch?v=FZkfZFpXfm4&feature=related

173 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:09:30 ID:NNiukO+q
>>154
は? だれが難解だなんて言ってるんだって?

174 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:11:56 ID:GKQ3UdsN
台詞付の方がいいなやっぱ。(削除対象かも・・・ランテ@ス)
http://www.youtube.com/watch?v=dDPuMXM9Fis&feature=related

175 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:14:49 ID:cPHlQTi6
>水道水
あれは「桃太郎」でいう所の
「犬や雉がキビ団子を欲しがる世界なんですよ」
「今からそういう世界でお話が展開しますよ」という転機ではあるよね
(だから、「あえて」「わざと」やってるに、自分は一票かな)

176 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:17:14 ID:NNiukO+q
>>165
ドアホ!
嘘八百の話だからリアリティが必要なんだよ。
全体の大嘘を細部のリアリティが支えるのがファンタジーやSF。
それが出来ていないのはスカスカのまがいもの。

177 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:19:14 ID:WTHYEUjU
ポニョが波の上を走るシーンをみると
なぜか涙が出てきてしまいます・・
理由は自分でもよく判らないのですが、、、なんででしょうかね?
とても胸に迫るのです。
同じように感じる人、ほかにもいらっしゃいませんか?



178 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:21:06 ID:SCUdDyGL
それはブランドの威光や宣伝に刷り込まれ過ぎたからじゃないの?


179 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:21:54 ID:mh7tVzai
洗脳って怖いねー

180 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:22:20 ID:NNiukO+q
>>175
ならない。
それならいっそのこと魚を地面に放置して、ぴんぴん跳びはねているような絵にすべき。
そこまで(観る者の常識を)ズラすのならば認める。

181 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:24:48 ID:ic4PPhOw
ダメさや下手さを辻褄合わせして
自分が信じた傑作にしようと頑張ってる作業がまだまだ続きます

182 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:26:32 ID:Y1ejbjDz
「最初見たときはつまらなかったのに
ネットでいろんな深読みを読んでから見たら
大傑作だった」
なんて映画は、ダメだと思う。

183 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:26:35 ID:dJeNbONd
作品 1 : 妄想 9 
こりゃ埋め合わせが大変だねw

184 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:31:25 ID:8T9g7bam
 

変に奇を衒いすぎた


これに尽きる

185 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:32:10 ID:TxqN01He
宗介がプロパンだとかなんだとか言ってたことに誰も注目してないのな
あの子はガスや水がどこから来てるか分かってるし、あの世界では海水と水道水がキッチリ分けられてると示唆したシーンでもある
海と人間の世界の対比の暗喩はこの映画には至る所にちりばめられてるが
件の水道水もそのうちの一つ。人間の水でも生きていけるという表現
ちなみに宮崎が無知だったというのはナシな。コンテで出したらスタッフが誰も突っ込まなかったって前に話してるから
水道水だけじゃなくなんの理由付けもなしに進んでいくのがこの映画

186 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:34:21 ID:8T9g7bam
理由付けもなしに進んでいくんです 理由付けもなしに進んでいくんです

って言う

奇を衒った理由を付けすぎちゃって歪になった作品

187 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:34:22 ID:vb4Dpv0S
魚の映画を撮るのに魚を飼わない観察しない無知の極みだろ

188 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 00:37:24 ID:8T9g7bam
「いちいち理由を付けない」と言うのは
確かに手法としては有りだが

「ぜんぶに理由を付けない、意地でも付けない」
と言うまで極端にやってしまうのは
逆効果で不自然になってしまう

189 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:03:28 ID:YjMIpdOi
真水で大丈夫な理由なんて、「ポニュは魔法の魚だから大丈夫なんですよ」
の一言で片付いちゃうじゃんw。作り手の都合からしたら、海水じゃないと
ダメな設定にしたら、ソウスケがバケツに水を入れる描写をする時に、必ず
海がそばにないといけなくなるから、それを嫌ったんだろう。

190 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:07:23 ID:NZVpD4gA
>>175
わざとと言うのは同感。
何を主張してるのかはワカランが。

海は手塚が支配する世界だとすれば、水道水はそれとは別の世界の意味で
はないかとは思う。ただ、すぐに海に連れ戻されちゃうんで、その試みは失敗
したんだろうな。


191 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:11:42 ID:ZflzhD3n
>177
>同じように感じる人、ほかにもいらっしゃいませんか?


ハーイ!いますよ!

理由は、あなたが未来少年コナン世代だからでは?だと思いますよ。

『ポニョが波の上を走るシーン』のポニョの顔をコナンにすれば、

まさに、『元祖コナン走り』だからです。


以下補足
オープニングテーマ「愛をもう一度」(作詞・作曲:谷山浩子、歌:研ナオコ)
エンディングテーマ「なつかしい朝」(作詞・作曲:谷山浩子、歌:研ナオコ)
創価会員の名前ばっかしだけど、まあ、しょうがないや。

宗介を追いかけてくるポニョを、リサカーのリア・ウインドーからのぞきこむときの、
3回目で宗介の顔がアップになるとこの、宗介の顔をニヤッとした顔にして欲しかった。

192 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:16:48 ID:NZVpD4gA
個人的にポニョで一番不気味だったのは、海面を楽しそうに走ってくるシーンで、
背景が全然明るくないこと。波は明らかにリサカーを飲み込もうとしてたし。

自分の想像では宮崎は一度アニメを諦めようと思ったんじゃないかな。
それでも、諦め切れなくて、その抗いがたい魅力が、あの波のイメージなんだと思う。
それは好きだっていうだけの単純なものじゃなくて、もっとドロドロした渇望という感じで。

あと、停電になった家で、ポニョが非常ライト持つのは、映画館のイメージだと思う。
つまり、ポニョがライトに照らされているのは、劇場版アニメの印象じゃないかと。

>>177
あのシーンには、諦めたつもりでも諦めきれない、情念が詰め込まれてる気がする。
後ろ髪引かれる感じというか。

193 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:17:25 ID:htS2qFUa
http://best-nabi.com/diet-esute/11es/index.htm

194 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:30:07 ID:bWC27nMK
裏にどんな意味や狙いや思い入れがあったとしても、
そのシーンを入れたがために観客が混乱することになるなら
それは失敗だと思う。

195 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:36:01 ID:NNiukO+q
>>182
激しく同意。

196 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:46:39 ID:4aKhvQjy
>>176
おれは寧ろ宗介の大雑把さにリアルさを感じるけどね。
昔、小学校2,3年くらいのときに、ヘビを捕まえたことがあって、
その時俺はヘビが水生生物だと思い込んでた。
それで水を一杯に満たした一升瓶の中にヘビをいれて一日置いてたわけさ。
今思えば、何て残酷なことをと思うが、そういうこと平気で子供はやる。
それは、古代生物の名前の知識とは全く別のことだ。

ただ、ポニョが陸に上がっても平気なような生物だから、
たまたま死ななかっただけだと思うがな。
一瞬死んで浮いたように見せたのが、そういうことでしょ。
「……と見せかけて、ポニョだから死にません!」っていう。

197 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:49:21 ID:zZIaTB16
>>177
同じ思いした、いいよね。



198 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 01:56:25 ID:TxqN01He
>>188
昔は豊富な知識で理由付けや説得力を持たせる天才だっただけにね
ポニョは宮崎における雪の女王の再現なんだと思う。実際制作中に雪の女王についてインタビューを受けてるし
ゲルダを自分勝手だと思う観客について「そういうのが居るのは当然。それはつまらない人間が見てるだけ」と言い切ってる
つまりそういう境地に達しちゃったんだよ。理由付けとかスペクタクルとか昔散々やったからもういいやって
親を呼び捨てとか水道水とかが気になる奴はつまらない人間だから見なくていいと思ってんだよ。鈴木に「今回は成功させない」と言ったらしいし
そんな映画が150億も稼ぐ日本は確実に歪んでるwみんな映画を見てないんだもの。クレジットの「宮崎駿」の名前見て喜んでるだけ
俺はポニョは傑作だと思うけど否定意見も全然アリだな。だって宮崎が意図的にそういう層が生まれるような作劇法を取ってるんだからw
むしろこの映画は批判されてナンボの作品。その方が作品価値が際立つわ

199 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 02:46:36 ID:k6ziauA9
この映画ってGIDにむけてるわけじゃないよな。

200 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 03:00:54 ID:N/+SZS7K
今録画してたポニョ初めて見たが俺には結構楽しめたよ
全く期待してなかったから、−スタートだったてのもあるかもしれないが

ただ物語の山場ってのが無いというか弱くて盛り上がりに欠ける気もした
あれ?これで終わり?って感じ

まぁ自分に子供いたら見せてやりたいとは思う


201 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 04:11:09 ID:FFlTNfTy
>>177>>197
自分はあられちゃんの「キーーーン!!」に見えてしまうw

202 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 04:19:59 ID:FFlTNfTy
やっぱ似てるなw

あられ
http://ararechan123.up.seesaa.net/image/41i1PAdiERL._SS500_.jpg
ポニョ
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/jigsawclub/cabinet/shohin_0031/am108-259.jpg

203 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 04:35:47 ID:F1/65o90
>>200
俺も同じく期待してなかった分、結構楽しめた。

ただ最後の方の
ぽにょが人間になる=世界が救われる
の所が見ていてピンとこなかった。

藤本が溜めていたエネルギー=人類のエゴが生み出す悪いエネルギー
これは月と地球の公転に影響を与えるもので、完全に溜めきって開放されてたら
地球は月の重力の影響を大きく受けてしまい、海水面の上昇で陸地が全て沈んで
しまうというようなもの。

完全体で開放されなかったので、街の全てが水に飲み込まれる事はなかったが、
それでも徐々に月と地球の距離がが近づいてきていた状況の中で、
魚でも半魚でも人間でも変わらずに慈しむ宗助の心が、最終的に藤本が溜めていた
エネルギーを抑えこみ人類の滅亡を防いだ。

まあ環境破壊とエコがテーマなのかなと思うけど、
ぽにょが人間になるところの意味ってどういう事なんだ。




204 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 04:39:13 ID:xGSC+o++
>>182
まぁアレだ。良いとされる俳句も、解説を聞いたうえでもう一度詠むと
良く感じたりすること多くない?

205 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 05:00:28 ID:+cKepi0Z
>>196

だから、そんな瑣末な「奇を衒った」のは

「こども楽しい!映画に」

いちいち必要なのか?

いちいち描かなければダメか?

206 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 06:31:21 ID:sMB+wU3d
「ちょうだい」と言って助手席の宗助が体の真ん中に握り締めているモノに口を近づけ、
その先端からドロドロした白いものをペロリと舐め取り、ゴックンと飲み込むリサ。

「ポニョ、これ大きくして」と言いながら硬くて太い棒状のモノを握り締め、
その先端を幼女に向かって差し出す宗助。

これはそういう変体ドスケベアニメである!(キリッ) なーにがポーニョポニョだ!

207 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 07:01:38 ID:GKQ3UdsN
>>206さん
朝っぱらからw
お元気ですな・・・若いって羨ましいでつ
本当に・・・(´・ω・`)

貴女に指摘されるまで
全くと良いほどノーマークでした。
何処かでこのネタを使わせていただきまつ☆

目覚まし用BGM♪
http://www.youtube.com/watch?v=EYwiGjGelDQ&feature=related

208 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 08:05:27 ID:jtQmty8+
>>177
え、あれは気持ち悪いシーンだったよ。
津波起こして町壊してニコニコ追いかけてくるし、魚の目が不気味だし。

それよりもまず、アラレちゃんに似てる! と思った。

209 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 08:21:10 ID:Y1/w0l8A
でもアラレちゃんほどの痛快さはないんだよな
あのシーンは

210 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 08:57:50 ID:YjMIpdOi
好奇心旺盛な人魚姫・ポニョが王子様・宗介に恋をして、魔法の力の助けで
人間に変身して、父・フジモトの手を振り切って宗介に会いに行く。しかし、
魔法の力が開放された事で世界に異変が起き、フジモトとマンマーレは
ポニョから魔法の力を奪う事で破滅を回避しようとする。そして宗介の
ポニョに対する思いの力の助けを得て、ポニョは人間になる事ができ、
同時に魔力も失って破局を回避し、めでたしめでたし。

本来的には難しくもなんともない、単純明快な人魚姫のお話なんだな。ただ、
その本筋の印象があまりに薄く、舞台が地味だから、細部の説明不足な
点が際だって、そっちに観客の意識が向いちゃうだけで。

211 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 10:25:02 ID:4aKhvQjy
>>205
言ってることが矛盾してるよ。
> 全体の大嘘を細部のリアリティが支えるのがファンタジーやSF。
って>>176が言ってるから、「こっちの方が"リアル"じゃない?」って
言えば、「瑣末だ」って……。

実際にその描写が良いか悪いかは別にして、批判するなら、それなり
に説得力のあることを言ってもらいたい。
あそこは明らかに故意に水道水を入れさせてるんだ。妙に大人びたとこ
ろと、底抜けの無知の共存が子供のリアリティだよ。
「ぼく良いものもってるか?」みたいなナゾナゾにならないナゾナゾを
出す非論理性と、大人顔負けのこまごまとした知識や分別(臭さ)の
コントラストは、見てて面白いと思うけどね。

212 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:13:05 ID:sMB+wU3d
>>211
誤「ぼく良いものもってるか?」
正「ぼく良いモノもってるか?」

213 :177:2010/02/11(木) 11:17:55 ID:WTHYEUjU
>>177です。
皆様コメントありがとうございます。

同じように感じる方がいて嬉しかったです。しかし逆に
不吉で不気味なシーンと捉えいているかたもいて
様々だな,と思いました。
私は全然、怖い、情念、とか思いつかなくて・・・
ひたすらそうすけを追い求めるポニョの必死な姿が
一途でとてもいじらしくみえました。。まぁ、洪水を起こして迷惑な話ですが。
周りの波が怖い目をした魚に見えますが、実際子どもの頃に
あんな風に波がみえませんでしたか?

未来少年コナンは残念ながら見たことないのですが
アラレちゃんのキー――ンはまさに小学生のころ再放送でみてたので
知らず知らずにうちに自分の中で場面を重ねてしまっていたのかも?しれませんね。
確かに似てますw


214 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:21:50 ID:dJeNbONd
実際は不吉とかキモイとか怖いとかイミフとか言う人はここの何十倍もいると
思うけどそういう人はもうこのスレに来ない。
この映画が面白いと思っている奇特な方方が集まって粘着質に屁理屈をこねくり
まわしてるだけだし。

215 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:22:06 ID:53l2F7HA
ざっと読んだがジブリアンチの精神的な幼稚さが目に付く。 
ジブリの作品を見下して優越感に浸らないと生きてゆけないような脆弱な精神構造は滑稽だよ。 

ある程度相手に妥協する意思がないと議論なんか不可能なのに、 
なんだかジブリファンに自分と同じように感じることを強制してるんだよ。 
ある意味共産思想的なんだが、端で見てると薄気味悪くて仕方ない。 

感じ方は人によって違うというコミュニケーションの基本を理解してもらわないと、 
単なる揚げ足取りだけの不毛な議論になってしまうんだよな。 
自分の母親にクソババアと言って噛みついてるヒッキーと精神構造が類似してる。 

216 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:25:33 ID:dJeNbONd
>>215
うん、ぜんぜん的外れ。
つまらないものをつまらないといっているだけ。
ところが正直につまらないと言うとおまえらがそうやって「精神的な幼稚」とか
「ジブリの作品を見下して優越感に浸ってる」とか「揚げ足取り」とか、
そうやってレッテル貼りして貶したりバカにしたりするんだよねー。

もうちょっとコミュニケーションの基本を理解してもらわないと。

217 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:26:12 ID:Ilby3WUa
っていうか作ってるほうが頭でっかちだと支持する方も頭でっかちなんだな。
まるで聖書研究家のようだ。

218 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:31:36 ID:dJeNbONd
どんなにたくさんのメッセージを詰め込んだつもりになっていても
見てる人たちに伝わらなかったら何の中身もないものと同じ。

映画における「観客とのコミュニケーションの基本」だね。

219 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 11:47:13 ID:McuWIsdx
まぁ、あれだよ、パラパラ漫画だって、綺麗に描いたら「凄いね」って誉められるんだ。

220 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 12:32:27 ID:4aKhvQjy
>>214
来てるじゃん、君が。何故「いると思う」という憶測で補強したがる。
そんなこと言ったら「好きという人間は何十倍もいると思う」とだって言えるけど。

何度も言われてることだけど、好きな人間が拘るのはわかるとして、
嫌いな君が「粘着質に屁理屈をこねくりまわ」したがる理由は何だ、と。

>>216
>>109見てみ。

221 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 13:30:32 ID:bWC27nMK
なんかもう宮崎は人間に興味がないのかなと思った。
ハウルのときにもちょっと感じたけど。

222 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 13:38:15 ID:YjUZSWD7
相変わらず幼女には興味あるけどね。
ゴローの子供が女児でないことを祈るばかりだ。

223 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 13:39:40 ID:pSDCaZla
ロリコンアニメなのに
ブランド好きの女が群がる

ロリコンアニメなのに
深夜アニメは嫌う

そんなジブリ信者。

224 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 13:46:37 ID:G4/gI8Xv
話が破綻しているんじゃない。宮崎が破綻しているんだ。

225 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:01:57 ID:YjUZSWD7
>>223
ジブリ信者は他作品を見下し優越感に浸ることで
安心感を得ようとするのがあさましい。
キモオタなる階層まで設定して優越を誇示しようとする始末。

>>224
絵を描くのは職人技だから老いの影響は少ないけど、
話を作るのはダイレクトに老いが影響してしまうね。

226 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:02:29 ID:NZVpD4gA
>>208
リサ視点とソウスケ視点で全く別物だから、それで良いんじゃないの。

リサはソウスケを守ろうとしているが、ソウスケ自身はあの波の中に呑まれても構わない的な。
ソウスケが風に飛ばされたときも、リサは必死なのに、ソウスケはそういう感じじゃないし。

ソウスケはもちろんハヤオなんだろうが、ソウスケ以外の視点も迫力をもって描けるというのは、
やっぱ凄いと思う。そのせいでピントがぶれてる様な感じはうけるが。

227 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:06:56 ID:NZVpD4gA
崖の上の一軒屋ってのは、何のメタファーなんだろ。
タイトルの一部にもなってるから、相当思い入れが深い何か・何処かだと思うが。

ハヤオの原点かある何かなんだろうな、多分。

228 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:09:33 ID:TxqN01He
>>227
漱石の小説が元ネタだよ。宗介って名前も

229 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:19:06 ID:NZVpD4gA
>>228
元ネタではあるかも知れんが、原作でもないんだろ?
隠された意味は当然あると思うが。

230 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:29:20 ID:bWC27nMK
>>227
社員旅行で行った場所が気に入ってしばらく籠ってたとか何とか。
そこがモデルらしいけど、それ以上の意味があるのかどうかは知らない。

231 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:35:44 ID:YjMIpdOi
その宗助は「崖の下の家」に住んでいるというのです。
こうしてみると、字は違いますが、ポニョの主人公“宗介”
のもとになったことは明らかです。

公式サイトより。
なんでもかんでもメタファーだの思い入れだの、
隠された深い意味があるかのごとく考え始めたら、
もはや病気だなw

232 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:42:21 ID:NZVpD4gA
>>231
他の宮崎アニメは単純に娯楽作品だけど、ポニョは明らかに異質だぞ。
ストーリー性を壊してでも色々詰め込んでる。

233 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 14:53:05 ID:NZVpD4gA
特に凄いと思うのは、ポニョはキモカワイイんじゃなくて、カワキモイんだよな。
多分、ハヤオのアニメ観にも繋がってる。

234 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:00:21 ID:YjMIpdOi
>>232
その異質だという見方自体が勘違いである可能性を考えたほうがいいんでないかい?
210にも書いたが、本来的にはポニョのあらすじはごく単純明快でわかりやすい。
一方でテンポを重視したか、観客の想像力に委ねたのか知らないが、説明なしで
うっちゃったままの部分があるのは事実だけど、それはたとえば千と千尋でも同じだよ。
千尋の両親が勝手に料理を食い始めた理由、苦団子や髪止めといったアイテムの
正体、千尋が豚の群れの中に両親がいないのになぜ気付いたか等々、説明の
ない事柄は山ほどある。
でも千と千尋はアカデミー賞を獲れたし、今回もそれで二匹目のどじょうを
狙えると思ったんだろうよw

235 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:03:56 ID:NZVpD4gA
>>234
それらはストーリーの中の謎かけでしょ。
ポニョは現実とのリンクが多すぎる。明らかに意図してる。

236 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:05:30 ID:bWC27nMK
>>234
むしろテンポは悪いと思うんだけど。
テンポ悪くて余計と思われるシーンはあるのに説明は足りてない。
単純ではあるけど、明快ではない。

237 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:17:46 ID:YjMIpdOi
>>235
>現実とのリンクが多すぎる
どういう意味で書いてるのか知らないけど、もちろん隠された意味っていうのは
色々あるだろうさ。ただ、そういう裏の意味に気を取られすぎて、本来の
表の作品のテーマ、誰にどういうメッセージを伝えようとしているかを見失っちゃダメ
よって事。裏はあくまで裏なんだからさ。フジモトはあるいは手塚治虫なのかも
しらんが、それから演繹して全体を解読しようとすると、見方を誤るよw

238 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:23:48 ID:uDFgx+FL
コンテ描き流しで作画作業を進めるから途中ストーリーをぐずぐず悩んで2時間の長編になる。
ポニョ程度の内容なら一度コンテを完成させてばっさばっさ切ればパンダコパンダ並みの中編(30〜40分)になるはず。
コンテを完成させるまで宮崎を軟禁してコンテ完成以降は高畑に編集権を与えろ。
併映は高畑と宮崎のガチバトルメイキング2時間だ。

http://www.ghibli-museum.jp/panda/note/

239 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:25:26 ID:bWC27nMK
>>237
表のテーマを見失わせるような作りになってるのが問題だ。

240 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:29:04 ID:YjMIpdOi
千と千尋との共通点をさらに語るなら、千と千尋って単純な娯楽作品かい?
娯楽作品に徹するんだったら、上にあげたような謎は邪魔だし、もっとわかり
やすい作品にいくらでもできたはず。
後半に銭婆の元へ向かうが、娯楽作品だったらあそこにいくらでも冒険
を盛り込めたはずだが、幻のような列車に乗って、たどりついた銭婆は
すごくいい人で波乱なし。そして最後は両親当てクイズでエンディングだが、
カオナシが暴れる前半からの動と静のコントラストは、ポニョが波に乗ってやって
くる動の前半から、ポンポン船で静かな海を進み、グランマーレの問答へと続く
後半の描き方と、かなり似たものがあるな。

241 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:35:00 ID:+cKepi0Z
>>211

映画に「リアル」はいらない

リアルな子供は現実の子供以外ありえない

映画的リアリティと"リアル"は別物

無理やり気張って、「子供の"リアル"」を頭でっかちに入れようとすると

「瑣末な」奇を衒った 「こども!楽しい!映画」にはまーったく不必要な くだらない要素にしかなら無い

242 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:36:38 ID:YjMIpdOi
>>239
その点にはおおいに同意するけどね。思うにロリコン宮崎が本当に描きたかったのは
ポニョなんだけど、ソウスケという男の子の主人公を出したために、物語の核が
ぼやけてしまったのと、舞台が地味な分、ストーリーも地味系で、そのせいで説明
不足が目立ってしまったのが敗因かな。

243 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:37:43 ID:TxqN01He
宮崎や高畑といった連中が多大な影響を受けたやぶにらみの暴君や雪の女王を見れば隠された意図があるのは明らか
そもそもアニメってのは実写と違って作者が意図したものしか画面に出ないから
必然的に作者の内面が投影された暗喩じみた作品になりがちなんだよ。押井や庵野とかもそうでしょ
ラピュタだけがいやに娯楽に徹してて大衆娯楽作家のように見えるけど
宮崎は間違いなく暗喩を込めた作りをするタイプの作家だよ。千尋以降は特にそれが顕著
ハウルは「ちょっと難しくしたらわからないと言われて困った」と言ってたし
もう観客に分からせる気がないのは明らか。ポニョは表面的に子供向けを装ってるけど
どう見ても色々込めてる。つーか深読みをバカにするのって逆に作家に失礼だよ
頭カラッポにして見る、なんてただ消費するだけの映画の見方は宮崎が一番嫌う見方だから
あんまり深読みしすぎてがんじがらめになるのは良くないってのはその通りだけど

244 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:41:23 ID:mK6DoQft
ソウスケは宮崎自身がモデルなんだから、ポニョとかリサとか女に振り回されて
一緒に暮らして生きたいってキモイ話がよくこんなに騙されてヒットしたよ
敗因も何もひどく個人的な物語で宮崎は勝ちにいってない

245 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 15:41:43 ID:j3h8cm/H
[ロンドンロンドン愉快なロンドン楽しいロンドン10日ロイター]
英メディカル・リサーチ・ティンポシル(MRT)は10日、
知能指数(IQ)が低いことが喫煙に次いで、ジブリアニメ疾患のリスクが
高いことを示す指標になるという研究結果を発表した。
60歳以下の男女2222人を20年間追跡調査したこの研究では、
喫煙、IQの低さ、低所得、ロリコン、運動不足が、ジブリ疾患の
リスクの高さを示す指標のトップ5に入ったという。
デビッド・パロッティ氏の率いる研究チームは、
IQが低いことがなぜジブリ疾患のリスクに結びつくのか、
「もっともらしいメカニズムは数多く考えられる」と説明。
心身の発達にロリコンアニメが与える危険性や、
アニメ三昧生活と運動不足などを無視したり理解していない場合、
リスクは高くなる可能性があると指摘している。

246 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 16:13:20 ID:4aKhvQjy
>>241
逆に「海の生き物を水道水に入れてるのはおかしい」ってのは
「頭でっかち」じゃないのか、と。

その「映画的リアリティ」とは具体的にどういうものなんだ?
あの場面で宗介が賢明にも海水にポニョを入れてりゃ「映画的リアリティ」は
達成されるの? 単に引っ掛りのない、ごく当り前な描写になるだけだと思うが。
とにかく「映画的リアリティ」の具体例を挙げてほしい。

247 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 16:25:08 ID:bWC27nMK
>>234
>千尋の両親が勝手に料理を食い始めた理由

これについてだけど、確かに説明はないが、千尋が止めようとしたり、
結果豚になってしまうことで、あれはやっちゃダメな行為であるという
観客の認識とずれることはない。

ポニョにおいても「それはやっちゃダメだろ」という描写がいくつもあるが、
こっちには止める人や悪い結果が何もない。やり放題のやりっぱなしだ。
よって、観客は自分の認識とずれた登場人物に不信感を抱いてしまうことになる。

ただ説明がないとかそういう問題ではないんだよね。

248 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 16:40:16 ID:TxqN01He
>>247
篩にかけてるんだからその反応は当然
ゲルダを自分勝手という人間に「それは見てる奴がつまらない人間なだけ」と言うジイさんだし
一生懸命な女の子は完全に正義で、そこにつまらない注釈はいらないと思ってるのが本来の宮崎駿
人間になったポニョをなんの説明もなしに「ポニョ」と言い当てる宗介に疑問を感じる観客は、つまり宮崎のいう「つまらない人間」なわけだ
今まで以上に生きることや想いをつらぬくことを強烈にやった映画だから
この映画が大ヒットしたのは日本が不健全な状態だという証でもある。大半はついてこれてないんだから
ブランドに弱い日本らしい珍現象だね。映画の枠を越えて観客にメッセージを問いかけてる前代未聞の作品
同業者や業界人には評判良かったのも納得。ラピュタみたいなのは教科書通りやれば作れるけどこんな作品はそうそう作れない

249 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 17:01:21 ID:YjMIpdOi
>>247
ごめん、それでもって何を言いたいのかよくわかんないけど、やっちゃいけない
行為をした人が報いを受けないと気がすまないんだったら、どっかの新興宗教
のPR映画くらいしか観るものはなくなっちゃうと思うよw

ちなみにポニョのバケツに水道水の件。大体普通のサカナじゃないんだし、水道
水くらいで死ぬようだったら、手足が生えて、地上を歩くなんて芸当とてもできない
だろうな。
子供から聞かれたら?「魔法の魚だから大丈夫なんだよ」でいいんじゃないの?

それと宗介くんのために弁護するなら、彼は海で泳いでる魚をつかまえたんじゃ
なくて、ビンの中につまった「金魚」を拾ったんだよ。彼はずっと金魚と呼んでたよな。
金魚だから真水じゃないとまずいと思ったのかもしれないし、いきなり水道水は
あまりよくないが、そこまでの知識はなかったってことでいいんじゃないの?

250 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 17:13:49 ID:Llq01sqn
糞ビッチの長文ワロスw

251 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 17:30:26 ID:15aM/dl5
前すれにいい解釈があったからそれでいいや

252 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 17:54:02 ID:NZVpD4gA
>>247
やっちゃダメというか、気づいて欲しいんだと思う。
娯楽作品として、それをやって良いかという善悪は別にして。

>>248
それだけならソウスケが海水汲めばよかっただけだろ。
無意味に不合理な行動とらせる必要も無い。それだけじゃ内面描写にも繋がってないし。
ふるいにかけてるんじゃなくて、ハヤオには必然があったはず。

自分の想像では、海はグランマそのものだから、つまりディズニーやアメリカ的なもので、
ハヤオは日本のアニメから、そうした匂いを取り除きたかったんじゃないかと。


253 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 17:55:58 ID:jtQmty8+
>>249
親もなーんにも注意しないしな。

うちの親は動物買うとき、金魚でも何でもしつこいくらいうるさく注意したもんだから
あのあっけなさには驚いた。 子供のやることあまり関心ないみたいだ。
5歳だとかなり色んな事分かるし、覚えられる年齢だけど、あの親じゃしょうがないか。

254 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:04:27 ID:bWC27nMK
>>249
報いを受けるとかそういうことじゃないよw

水道水の件について、解釈は正直どうでもいい。
ただここで観客に引っかかりを持たせることに意味があるのか?という点で疑問。
海水を汲みに行かせて、観客がすんなりと見れた方がよかったんじゃないのか?と。
とくに意味のないシーンなら尚更。

リサが強引に帰ろうとするシーンや、子供を置いて出て行ってしまうシーンなんかは、
物語上の必然性もないしその結果も伴わない。そこを描いた意味が全く分からない。
多くの観客の倫理観に反するようなことでありながら、やりっぱなしのまま。
観客は、不快な気分や不信感を抱きながら見続けなくてはいけなくなる。
次の展開を都合よく進めたいんだろう作者の都合だけが透けて見えて興醒めもする。
本来大事なシーンにつなげるはずの場面なのに、これじゃ台無しだと思うんだよね。

255 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:09:28 ID:NZVpD4gA
>>237
現実のリンクは、フジモトは手塚、グランマはディズニー、トキさんは母親、ソウスケはハヤオってあたり。
それを核にして見ていけば、ポニョは日本アニメそのもの。

今までも宮崎アニメは色んなものからインスピレーションを受けて作ってたとは思うが、対応がつくのは
せいぜい神話的な生死とか性とか色んな感情とか世の不条理みたいな曖昧なものだったと思うが、
ポニョはものすごく具体的に出来てる。

256 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:11:24 ID:NZVpD4gA
>>254
単純に作品としては同感。

257 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:17:48 ID:bWC27nMK
>>252
気づいて欲しいって、そりゃ普通に気づくだろ。
結果がついてきたって気づくし、場合によっちゃ結果があった方がより気づくんじゃないか?
それをやりっぱなしにしてしまうことで、ただ気が散るだけだと思うんだよね。

258 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:26:50 ID:NZVpD4gA
>>257
それは「違和感を感じた」だけでしょ。
「気づく」のは、その意図も含めてと言うことで。

ただ、それは本来監督が観客に求めることかと言えばかなり疑問だが、
それをやっちゃったと言うのが自分の認識。

259 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:26:58 ID:SuZ+MRjm
ルパン紅豚で失敗してるからゲド作った吾郎に
ナイスミドルが主要キャラのアニメをやるなってメッセージなんだろ

260 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:40:19 ID:bWC27nMK
>>258
そういうことは、あからさまに目につくような描写でやることじゃないと思うわ。
気づくより前に、気がそれる方が先に決まってる。

261 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:46:57 ID:YjMIpdOi
>>254
つーか、そもそも234の主張と話が完全にずれてるんだけど、
要約すると、宮崎監督は魔女の宅急便や紅の豚辺りを境に、
誰でも頭をカラッポにして楽しめる単純な娯楽作品は作らなく
なった、ポニョもその後の作品の一つであって、これ1作だけが
異質なのではなく、千と千尋やもののけなどとの共通点が
いくらでも指摘できるし、水道水やリサの行動がひっかかって
仕方がないってんだったら、ああそうですかと答えるしかないな。

262 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:53:27 ID:NZVpD4gA
>>260
だから、作品に対する感想としては同感。それについては何も反論してない。

ただ、それでも言いたかったことがあるんだろう。あの爺には。
で、それに対して押井は「老人の妄想」と言ったんじゃないかと。

263 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 18:54:59 ID:bWC27nMK
>>261
異質だと書いたのは自分じゃないので、論点はそこじゃなくてごめんよ。
千尋とポニョの共通点として、説明がないということに言及していたから、
説明がないことが問題なのではない、という話をしたの。

264 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 19:01:51 ID:bWC27nMK
>>262
言いたかったことねぇ。
意図通りに受け取れた人はどれほどいるのかな、あの演出で。
個々の描写の解釈ともかく、全体としてはどう見ても描きたい絵面を詰め込むこと優先の
行き当たりばったりの結果に見えちゃう。
押井が妄想と言ってたのはむしろ、あまりにも脈略がないことを指摘したんではと
自分には受け取れたけどね。

265 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 19:16:10 ID:P4MJHGee
自分で行動できなくなって、5歳だか6歳だかの幼児に世界を委ねること自体が、
老人の妄想でしょう。だって本人がその幼児になってんだぜ?不気味だ。

266 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 19:22:32 ID:edYfWnJu
大の男が赤ちゃんになりたい、
赤ちゃんプレイをそのままアニメにしたのがこれ。

267 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 19:25:55 ID:bWC27nMK
>>265
幼児に世界を委ねてるかと思いきや、そこに誘導するのは親同士の打ち合わせっていう。

268 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 19:52:00 ID:uDFgx+FL
すべてはジブリ美術館に集う吉祥寺マダムの悪影響。
醜男パヤオの目はチヤホヤしてくれるヤンママにしか向いていない。
人生はじめてのモテ期。

269 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 19:58:00 ID:MvO8dNY7
妄想を共有できるという幻想で作られた映画だな。
テーマとか、難解かシンプルかとか、そんなものは重要ではないと思う。
ただの勘違い映画。


270 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:05:00 ID:NZVpD4gA
>>264
作品がつまらんぐらいで人格攻撃までするかってのが、ちょっと疑問。

ポニョは多分ハヤオが、「今の日本のアニメを作ったのは俺だ、オレだけがアニメの神に愛されてる」って
言ってる話だと理解してるんだが、そんな勝手な昔話を見て「僕の作品は多少未来があります」に
つながるのかなぁと。

妄想って言ってるのは、ストーリーが破綻気味なことじゃなくて、ハヤオの勝手な昔話ってニュアンスの方が
しっくりくるかなと。


271 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:14:35 ID:+cKepi0Z
そういや
千尋で両親が美味い料理を食っちゃうシーンを
断罪的に描いているのがサッパリわけわからんかったな

美味い料理があったら食うだろ人間、むしろ食えよ、うまそうな料理に失礼だろ
賢しらに「謙虚をもって、食べない」と言うのを選ぶほうが頭でっかちだ

272 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:18:00 ID:+cKepi0Z
パヤオの好きな子供なんて、つまみ食いの小悪魔だぞ??
つまみ食いしてつまみ食いするのが子供だ
匂いつき消しゴムすら美味そうに思ったら食っちゃうんだぞ??
それくらい「食べる」と言うのは本能的で、それこそ「受容」しなきゃいけないものなのに
なんで千尋ではそれを「みっともない罪」のように描いているんだ?
と思ったわ
そう言う筋の通ってないわけのわからなさがあるんだよね

273 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:25:57 ID:NZVpD4gA
>>271
微妙ではあるんだけど、千尋が罪滅ぼしをしたから、帰ってこれたわけでもないよな。
ブタにされたのは、罪のせいではないんだろ。

むしろ祟りに近いというか。
基本的に祟りって、向こう側には理屈があっても、こっち側からみると不条理だし。

途中でむやみにメシを食わなかったから助かるっていうシーンもないし、それを悪いこととは
してないと思う。

274 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:26:28 ID:TxqN01He
千尋のスレで言え。ついでにいうとあんな得体の知れない店の怪しい材料で作られたであろう飯を食って無事なわけがない
トンネルを潜った時点である種の罠にかかってて、それを決定づけるのがあの店
「食」という文化について断罪してるわけじゃないのはおにぎりのシーンを見ればわかること。生きるためには食わなきゃいけない
盗み食いをしたから対価を払えと言われただけ

275 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:31:46 ID:bWC27nMK
>>270
押井が駿の人格攻撃してたの?それは知らんわ。
鈴木のポッドキャストで妄想の羅列、映画になってない、と言ってたのは聞いた。
そのときの文脈だと、映画の構成について言ってると取れたよ。

正直、正確なところの解釈は自分にはわからんし、正解があるのかにすら疑問がある。
メッセージよりもイメージ優先とも思える。なんつーか右脳直撃を狙ったような。

276 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:38:20 ID:NZVpD4gA
>>275
老人の妄想って表現は十分人格攻撃かなぁと。
聞いたとき、そこまで言うかと思った記憶が。

277 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:46:15 ID:bWC27nMK
>>271
美味そうな料理を見て食いたいと思った観客は多いだろう。
ちょっとぐらいいいじゃない、あとでお金払えば、っていう大人の猾さがそこにあって、
ダメだよって言う子供の正論との比較がある。普段大人は子供にそう躾てるはずだからね。
そこで両親が豚になることで、ちょっとドキッとした大人は結構いたんじゃないかな。
食うのが罪ということではなくて、あそこは恥を感じる場面だと思った。

278 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:50:57 ID:bWC27nMK
>>276
ポッドキャストでは老人の妄想じゃなくて、老人の世界、妄想の羅列、と別々に言ってたな。
でも妄想って言葉自体は、ある意味で褒め言葉とも取れたよ。
ちょっと狂った絵の表現力という意味で。

279 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:54:35 ID:NZVpD4gA
>>278
そうでしたか。活字メディアだけじゃダメですね。
どうもありがとう。

280 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 20:55:02 ID:TxqN01He
押井はツンデレだからわからないかもしれないけど
あのポッドキャストでは褒めてるよ。ただ全肯定はしないだけ
「ナオニー映画でしょあれ」とも言ってたなw
宮崎や押井は口が物凄く悪いから勘違いされやすいんだよ

281 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:01:00 ID:25U3wJvu
>>280
オナニー映画は言い得てると思うけど、押井に言われたくないなw

282 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:06:42 ID:6NwtrDBM
>宮崎や押井は口が物凄く悪いから勘違いされやすいんだよ

多弁だけど言葉に対するデリカシーに欠ける面がある。
他人が脚本を書いたコナンと後の宮崎作品では前者のほうが個人的に好き。
作画はともかく、言葉に対する感性では富野のほうが優れているよ。

283 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:10:00 ID:e+LbJnjN
明らかに宮崎の方が上なのに
やたら信者って押井を敵視するね

284 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:15:33 ID:MvO8dNY7
あれが褒めてるのか。
凄い妄想力だ。

285 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:40:45 ID:TxqN01He
>>284
わかんねえだろうなぁあのオッサンの語り口はw
基本的に否定しつつもりポロッと褒めるところに慣れてない人は気付かない
宮崎も辛辣な言葉を言った後にニヤッと笑ってイメージを変えようとする癖がある
この二人は結局似たもの同士なんだよw
押井は宮崎の作品の大半は嫌いだし認めない。特にジブリの作品は
ポニョは「映画の構造をなしてない」とは言いつつ「それでも見れるのは」と言ってるんだよ。見れることを認めてる
宮崎の作品を褒めること自体が珍しい中で「素晴らしい妄想の描き手」なんて言う事自体が最大の賛辞
庵野も同様な。もののけ姫みたいないかにも高尚ぶったのは評価しないけど
ナウシカの最終巻やポニョみたいな真っ裸になった作品は評価してる

286 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:42:55 ID:beGXaexO
神話のもじりはいいから
で、ポニョのメッセージはどう理解した?

287 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:49:23 ID:GKQ3UdsN
いっその事、宮崎さんと押井さんとで
何か創ってもらうってのはどうだろうか?
それこそ『冒険でしょでしょ?』みたいな・・・
お二方が来世に旅立たれる前に
一度は観て見たい物だ。

ここでも何か新しい企画になるような
独創的な意見にそろそろ出会いたい。
そういうの得意な人達が一杯いるんじゃないか?
そんなに恥ずかしがらなくてもいいじゃないか?

などと勝手なことを言ってみるテスト☆


288 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 21:51:15 ID:NB6gWqgl
国民アニメのジブリがなんで
キモオタB級監督ごときになに恐れてるんだよ

289 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:01:58 ID:zNCZCdSp
押井と宮崎とで・・・って、同等に並べるか?ふつう
ま、2ちゃんだからなんでもありと言っちまえばそれまでだが・・・・
この作品(ポニョ)がいいか悪いかは別として、な

290 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:02:21 ID:MvO8dNY7
>>285
君らは映画以外もそんな感じなんだね。

291 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:04:13 ID:TcSHQOlE
押井みたいな低レベルな監督を宮崎と並べるなよ

292 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:10:07 ID:TxqN01He
>>289
社会的地位にしろ作品の評価にしろ同等かは知らないが、関係性があるのは事実だし
昨今は押井叩いとけばカッコいいみたいな風潮だけど、BDとP2(演出ノート)の与えた影響っていうのは、アニメ業界の歴史の中では相当重要なもの
主に作り手側の話だから一般視聴者にはあまり分からない感覚かもしれないけど
攻殻の押井だと思ってるならそれは間違い。あんなのは道楽

293 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:11:00 ID:GKQ3UdsN
>>289さん
>>押井と宮崎とで・・・って、同等に並べるか?ふつう
それは知らない者の強みっていうか
天然的な無謀さって事で許してよ・・・てへっ☆

>>2ちゃんだからなんでもあり
電車男みたいな奇跡?ってのはもう
おきないのかなぁ・・・う〜ん。。。残念だっぺ

脳内栞用BGM♪
http://www.youtube.com/watch?v=bivhZfMQf0s&feature=related

294 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:16:38 ID:+cKepi0Z
>盗み食いをしたから対価を払えと言われただけ

どんなカタチであれ、「食う」ということ自体が「他の命を盗む」ことだというのは気づかないんだ

対価ってなんだw 誰に対しての、何の対価だw

そう言う意味での「食べ物」は誰のものだ?作ったヤツのものなのか?

それこそ安っぽい常識にとらわれた常識的過ぎる馬鹿発想だろ

マジで馬鹿か

295 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:18:15 ID:KSpRektU
押井の話してもキモオタが寄ってくるだけ。
宮崎と並べるなんて100年早いよ。いや一生無理だから。

296 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:18:29 ID:+cKepi0Z
そう言う意味での「食べ物」は誰のものだ?作ったヤツのものなのか?食材を所有しているもののモノなのか?

「食」に「対価」など必要ない

他の命を奪っても「食し」生きるということは、そう言うことだ

「対価」を払っているわけじゃないんだよ、 他の命を貪って奪って生きてるんだよ

297 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:22:25 ID:+cKepi0Z
子供が叱っても叱ってもつまみ食いをするのがその証拠だ

「食」はどんな美化しようが、対価を払ってるつもりのなっていようが、命を盗み奪い貪ることだ

その「食う」こと「食うことで生きること」を「浅ましい」などと描くことこそ浅ましい頭でっかちなんだよ

もっとこう生々しいものなんだよ

ポニョが「ハムを貪り食う」のに何の対価も払って無い それでもいいんだろ?いいんだよ

なんで千尋では「罪」に描いたんだって話だわな

298 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:29:20 ID:TxqN01He
>>294
お前の暴走じみた妄想を振りまくのは勝手だけど全然見当違いだなw
千尋の世界は「他の命を盗む」なんて原始的な価値観の世界じゃない
「職業」や「仕事」といったものが人間の業、生きる力として定められてる世界
仕事をすることで一人前の人間になっていく話
だからなにもしないで消費する奴は用無しだし豚にされるだけ
お前の言うような価値観の映画なら千尋が森に帰って獣と生きる話になってるはず
宮崎はそこまでロマンチストじゃないからサンは人間に近付いたけどなw
お前は自分勝手な「食」に対する価値観で映画を見過ぎ
最初でつまづいて内容が全く見えてないよ

299 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:30:55 ID:bWC27nMK
>>297
あのシーンを見て、食うことそのものを罪と受け取るやつは珍しいよ。
人間は生き物ではあるが、社会の中にいるんだよ。
てゆーか、そろそろ千尋スレに行けよ。

300 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:32:04 ID:MvO8dNY7
やっぱり権威に弱いやつらの集まりだね。
自分が宮崎駿にでもなったかのような口振りだw

301 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:40:44 ID:beGXaexO
だれ一人理解してる奴なんていないんだな


302 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:55:39 ID:4aKhvQjy
千尋のあれは、食ったこと自体が罪なんじゃなくて、
「何かに対する怖れ」ってものを持たなかったからだろ。

「カミ」というのは理不尽なんだよ。人間の道徳なぞ関わりなく、
自分の地所に「オソレ」ないものに容赦ない。とにかく
気紛れに人間を巻き込む、得体の知れんものなわけで。

メッセージなどという口幅ったいものは、あの話には一切含まれてないと思うが、
強いて言うなら、
「コワい場所、モノを、充分怖れなさい。それを見逃さないよう、目を凝らしなさい」
という風なことだと思うぞ。

>>301
理解できないから、あれこれ言うんだよ。
「隅から隅まで理解できる」ものについて、しゃべることなんかなにもないだろ。
換言すれば、そういう「なにもかも一意に説明できる」話が一番つまらん、ってことだ。
どうもそういう話を求めとる人が結構いるようだが。

303 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 22:56:24 ID:5p8ISOVy

>のんちゃんのマンコに極太バイブを突っ込んで振動させてみたい

映画のポニョと宗介が、ポンポン船で出かけて
宗介がバタ足で泳いでポンポン船を押す少し前の場面で、
宗介「ポニョ、ロウソクをかえなきゃ。」「平気だよ、さっき貰ったのがあるから。」「あちっ。まだ熱いやぁ。」
ポニョ「バイブ、バァーィブ」
のとこですね?
ロウソク=バイブ
でも宗介はポニョの尻にぶち込みませんでした。
手を出さないのが真のロリコンだそうです。
宗介は息子吾朗です。父の漁船小金井丸から判るように、耕一はもともと宮崎駿の設定です。
つまり宗介の名を借りて宮崎駿監督は、自分が『真のロリコン』をアピールしてるのです。

補足
「ポニョ、これ大きくできる?」と宗介が言った以降は、ロウソク=肉棒の意味に変わります。




304 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:01:28 ID:jTxpeOIL
「総統」と「相当」を掛けた駄洒落の
「総統も相当冗談がお好きなようで〜」と笑って言った太った部下は彼の手で即刻処刑された。
デスラーはその部下を処刑した後に
「ガミラスに下品な男は不要だ」と言った。

305 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:07:46 ID:jTxpeOIL
「バイ、バーイ」と「バイブ、バァーィブ」を掛けた駄洒落の
「宮崎駿も相当冗談がお好きなようで〜」と笑って言った太った部下は彼の手で即刻処刑された。
デスラーはその部下を処刑した後に
「我がガミラスに下品な男は不要だ」と言った。

306 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:13:13 ID:beGXaexO
>>302
そういうこと言ってんじゃないんだわ
あのシーンの意味するところとか、
あのセリフの意味とか、そんなんじゃなくて
理解してないって言ってんのは映画を通して本当に
伝えたかったことは何かってこと
検討違いなところにばかり目を向けてああでもない
こうでもないって言ってんのが笑止


307 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:14:57 ID:TxqN01He
>>302
宮崎は昔から「大量消費文明」に対して警鐘を鳴らしてる
映画もアニメも数が多すぎてちゃんと作品が見られてないとね。DVDを繰り返し見るなんて愚の骨頂
千尋の豚両親は「ああいうのバブルのあと実際増えたでしょ、レアモノ豚とかブランド豚とか」と言ってる
ちなみに「食」に関しては「狂牛病が流行っても『食うのをやめよう』と言い出す奴がいなくてガッカリした」
豚を処分してる映像を見て「こういうことをする人は滅びるしかない」と言ってる
あのシーンは明らかに「過剰すぎる消費への警告」
どっかの誰かさんは食は罪じゃないとか言ってたけど作者が「多すぎる消費」を問題視してるんだわ

308 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:35:13 ID:4aKhvQjy
>>306
それこそ見当違いだと思うが。
そもそも2時間続く映画について、「本当に伝えたかったこと」を考えるなんてのは、
宣伝用のキャッチコピー作る人間のやることだ。
しかも、「強いて言うとすれば」って言ってるじゃない。
そういうことだよ、ポニョも。「怖れて敬意を持ちなさい。よく観察しなさい」という
ことだ。
大事なものが何かは、各自がそうやって世界を見たときに気紛れに見付けられるもんなんだ。
それは一人の女の子かも知れないし、交通ルールかも知れないし、
自然を大事にすることかも知れない。食べ物を大事にすることかも知れない。
けど基本的に何かを「好き」になりなさい、そうでないとあなたにとって「正しい」選択が
できなくなりますよ、っていうことだ。

個人的にはそう理解してるが、そんなことを抽象的に言うより、
映画の細部を見た方が、もっと具体的に伝わってくる「感触」みたいな
ものがあるんだよ。

>>307
それも一つだろうよ。けどそんなこと「だけ」言ってんじゃないと思うぞ。
「多すぎる消費」というが、別に「多く食べた」ことが豚になる原因になってないじゃない。
現金とクレジットカードの威を借りて「どこで何をしても、金さえ払えばいい」という
ある種の「傲慢さ」を見せるところに強意が置かれている場面だと思うけどな。

309 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:39:44 ID:+cKepi0Z
>>298 バカはお前

310 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:43:08 ID:+cKepi0Z
>>308
アホか!

生きてること自体が傲慢なんだよ

お前は自分は傲慢じゃねぇって言うなら

生きる最低限の栄養素しか摂取しないで 2chもやめ ネットも解約して

本気で謙虚に生きろや

いますぐやれ 傲慢な生(真の生)を生きて無い、自分は傲慢じゃねぇつもりのお前みたいなのが一番の傲慢のゴミだ

311 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:45:17 ID:beGXaexO
>>308
それは作り手の意図しないところだと思うが
視聴者が勝手にそう捉えたと
別に間違いじゃないし、何かの意味を見出して自分なりに理解することは
受け手の自由だと思うから否定はしない
それより作り手側が送ってきてる信号は何だと思う?
って聞きたい
例えばポニョは何の暗喩と思う?

312 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:54:12 ID:+cKepi0Z
「食う」ってのはそれくらい生々しいんだよ
自分は謙虚なつもりでも自分自身こそが金の力で美味いものを食べて
嗜好品を食べて、他人に偉そうに「傲慢」なんて言える立場じゃねぇ
みんな意地汚く貪ってんだよ 賢しらにご大層でご立派なこと言っても 一皮むきゃ しょせんそこいらの犬と同じだ

そんなの言える立場にいるのは
ジャガイモと不味い菜っ葉と豆くらいだけを食べて
ギリギリで生きてる本気の修道士ぐらいなもんだ

薄っぺらく教条だけ獲得して、さも自分がモノわかってる偉い存在になったつもりなんてそれこそ馬鹿かと思うわ
馬鹿だよバカ

313 :名無シネマ@上映中:2010/02/11(木) 23:56:01 ID:KSpRektU
子供向けアニメだと言ってるのに
大人の信者は物足りなくて暗喩を求めるw
暗喩が分かれば子供向けアニメを熱心に見てる自分が肯定されるんだwww

314 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:03:22 ID:IY3NSoZD
おとうさんの船のエンジンを止めたのはマンマーレ?

315 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:05:12 ID:gsZqgCXz
>>202
同じだwww

316 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:22:18 ID:svq++ggl
>>310
「ある種の」って書いてるだろ。
しかも、「俺がそうじゃない」とは一言も言っとらん。
「生きてること自体が傲慢」ってのはその通りだが、それを知ってるからと言って、
ありとあらゆる瞬間に謙虚であることができる人間なんていないだろ。
今の君がそうであるように。
だから、千尋の両親は特に「悪いこと」をしたわけでもないのに、理不尽に豚に
されるんだ。皆傲慢で、つまり皆が災厄に見舞われる可能性がある。
だから、基本的に世界を「怖れなさい」ということになる。
>>312
君は自分が「傲慢だ」と知ってて、底無しの自己卑下をすることを単に「知ってる」から、
開き直って他人に「馬鹿」という「傲慢」も許されると思ってるのか?
それとも断食でもしてるわけ?
「モノがわかって」ない者同士、まったりやろうや。

>>311
物語要素が必ず何かの「比喩」である、という考え方がかなり偏狭だと思うぞ。
「解釈」なんて考え方はごく一部の考え方で、この世界に存在する多くの
物語はおよそ、「解釈」されることを「意図して」作られてない。
「猿カニ合戦」に出てくる「ウス」が何かの比喩だと考えるのはパラノイアだぜ。
聖書を書いた仲良し4人組が、キリストの復活や、癩病を何かの「比喩」として
書いてると「断定」して読むのはオカルトの入口だしね。
もしかしたらそういうものがあるのかも知れんが、君が俺の推測を
「それは作り手の意図しないところだ」と断ずる根拠もないだろ。

俺は作り手の「意図」なるものがあるとすれば>>308のようなことだと思ってるよ。
というのも、宮崎のジレンマは「子供達に映画を作れば、映画を見て現実を
見なくなる」というものだからで、それを解決するためには「映画を通して、
映画以外のものを見るように促す」というアクロバットをやってのけねばならない。
そこで、映画の中だけで解決させず、必ず人的、物的なリファレンスを
「外」に求めなければならないような「きっかけ」を各所に配してると思うわけ。
それが成功しているかどうかはともかくね。

317 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:25:09 ID:ScNIlIm4
>314
昔の日テレ。
おとうさんの企画を一時没にした。

318 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:46:46 ID:rqa6Gxy1
>>313
こんなしょーもないレスにレスするのもアレだが2chにはこういう輩が多いのであえて言っておくが
お前みたいなのこそ大量消費社会が生み出した権化
アニメや映画がホイホイ作られるのが当たり前だから有り難みを忘れちゃってる
アニメ映画っていうのは、沢山の人間が何年も月日をかけて作るものだからいい加減な話を作ることなんてない
特に共産主義に抑圧された時代、様々な暗喩をアニメ映画に込めてメッセージを送り出したアタマーノフやグリモーの影響を受けた高畑宮崎はそれが顕著
そんな歴史も知らないでしたり顔で「たかが子供向けアニメ」と大人ぶってるガキンチョが増えたこと増えたこと
こういうのを映画の中で豚にしたり、こういうのが住んでる街を水没させたりするのが最近の宮崎駿
また映画の中の豚が自分達を指してるとも知らずに見に行って喜んでるのが今の日本w
「インディや指輪物語で白人が敵を殺してるのを、殺されてるのが自分達だと気付かず喜んでる日本人」と公言してる宮崎駿は、確実にこういう暗喩を込めてますw

319 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:49:45 ID:X8Ij5SIO
暗喩あってもジブリ以外の他のアニメは見下すくせに。

320 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:52:58 ID:L0Yw3cfC
>318
結局ジブリだけで通用する話だろ
他のアニメだったらつまらん説教臭いオタ臭いで片付けるのにね

321 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:58:45 ID:FYPygNbI
リサカーの上に落ち葉がついてるのは、リサが降りてから時間が経過してるということ

322 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 00:59:43 ID:n+k8yq1Q
深夜アニメですら暗喩を使った作品はたくさんあるのに
そういうのは無視してるんだよな

323 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 01:02:42 ID:rqa6Gxy1
>>319-320
どうしても「ジブリ信者」ってカテゴリに収めたいんだなwフツーに映画ファンだし
面白いアニメ映画はちゃんと評価しますが?
スチームボーイは傑作だったしイノセンスも面白かったな。時かけとかは全然面白くなかったけど。エヴァ破も面白かった
さすがにハルヒなのはFateとかいう系列のやつは見てないがw
アニメ映画ってのはハリウッドの娯楽路線とは明らかに異質な世界だからな。まあハリウッド映画も当然見るが

324 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 01:06:58 ID:ToVQBLnH
>323
お前は特殊だろうがジブリしか見ない
他のアニメはとにかく貶すジブリ信者は多い

325 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 01:16:56 ID:HEkxCt7e
>>321
車内にも吹き込んだらしき葉っぱがあったから、単純に風が強かったんじゃないかと思ってたんだが、
一応風は凪いでるんだよな。

どういう意図なんだろうね。

326 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 01:19:54 ID:HEkxCt7e
>>322
完成度が高くないと、意図してなのかどうか分かりにくいからじゃないの。
ロコツに出してるやつは、暗喩というより既に表の話なんだろうし。

押井なんかはすぐに聖書とか口にだして読ませちゃうから、明示的なストーリーの一部だな。

327 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 01:21:12 ID:rqa6Gxy1
>>324
俺の知る限りではアニメの信者っていうのは、どいつもそういう気質を持ってるけど
映画板はアニメ板と違って本スレとアンチスレが作品毎にいちいち律義に両立してる作品はあまりないし、アニオタってそういうもんでしょ
ジブリ信者は確かに興行成績や社会的地位を盾にして天狗になってる奴が多いかもしれないけど
ジブリ作品しか見ないとかいう映画の見方はジブリは推奨してないし(副業で過去の名作を配給してる)
そういう奴は映画の内容は見えてない。作ってる人間がかなりの勉強家なんだから理解するにはそれなりに知識教養がいるし

328 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 02:06:49 ID:xhQl8bMC
>327
>(副業で過去の名作を配給してる)
売ってあげるから堂々とパクらせてねっ、
ていう意図がみえるんだが。
炎の動き方とかいろいろ

329 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 02:30:18 ID:RL7NoCH7
>325
>どういう意図なんだろうね

テレビアニメではやらない差別化ってことだな。
降りるとき強風で車内に葉っぱが入り込みました、
なんてテレビアニメの仕事では描かないし。

330 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 02:35:10 ID:HEkxCt7e
>>329
劇場版とかDVD版にはそういうシーンがあるの?

331 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 06:18:15 ID:31xw/WEf
いろんな過去作品のオマージュなのかな?と思った
リサカーの車内の葉っぱは千と千尋、リサカーが夜中に山道を行くときの車のライトは
トトロの猫バス、船に乗ってた夫婦と赤ちゃんはカルピス劇場

332 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 06:21:07 ID:31xw/WEf
>>202
自分も、ポニョのはた迷惑なハチャメチャさがあられちゃんを思い出させたw

333 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 08:08:30 ID:4QwL7vqM
直前まで豪雨だったのに葉っぱなんかそんな飛ばないと思うんだけどね。
カラッカラに乾燥した枯れ葉だったら風で舞うだろうけどさ。
濡れた葉っぱが外側に貼り付いてるとかならわかるんだけど、外側の葉っぱも、
中の葉っぱも、もっと言うと道に落ちてる葉っぱも、濡れてなさそうだし。

334 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 09:26:30 ID:hrHkuVHH
>>332
あられちゃんつーか、宮崎氏は保育園作ってスタッフの子供とかを
通わせてるだろ?以前の特番でポニョのモデルだってゆースタッフの
子供が出ていたし、そういう幼女達の時にはちゃめちゃな行動や
言動がかわいくてしかたなくて、それを作品にしたかったんだよw

335 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 11:01:06 ID:4QwL7vqM
あと、思ったんだけど、重力のバランスがおかしくなって人工衛星とか月とかが
落っこちてくるぐらいだったら、人間も普段通りには動けなくなるよな?

336 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 11:23:30 ID:588bAn3N
幼稚園児が「ぞうとらいおんまる」でくじらとりに行くような話だと思え
月が落ちてきそうでも結局はああ面白かったで終わる話だと

337 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 11:44:02 ID:4QwL7vqM
いや、中途半端に重力がどうのと科学的な説明を入れるあたりが気になったんだ。
どうせ整合性が取れないなら全部魔法ですって言ってくれた方がいいのに。

338 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 11:57:03 ID:dNy+SdhL
質量が変わらないのに重力が変わるわけねーだろ。
全然科学的じゃないから安心しろ。

339 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:07:04 ID:4QwL7vqM
全然科学的じゃないのはわかってるよw
でもなんであそこでわざわざ重力だのってワードを使ったのかなってさ。
魔法の力のせいで月が落っこちてきた!でいいじゃねぇかと。

340 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:07:13 ID:HEkxCt7e
人工衛星はかなり唐突感があったが、何らかのシステムの崩壊を意味してるんだろ。
多分映画産業あたりではないかと思うが。

ストーリー上は何の意味もない感じ。

341 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:14:47 ID:HEkxCt7e
>>339
むしろ重力が変わったというコトを言いたかったんだろ。
重力は作品が持つ引力で、魔法(=アニメの技法)によって、それが変化したと。

繰り返しになるが、ストーリー上はあんまり意味ないと思うが。

342 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:15:59 ID:c7gzvz/C
>>339
全部を魔法の力で片付けちゃうと世界観にリアリティが生まれないだろ
ファンタジーでも最低限のリアリティは必要なんだし

343 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:30:03 ID:4QwL7vqM
何とかのメタファーとか、そういう解釈はもうお腹いっぱいだょ。
駿に聞いてもそういう答えしか返ってこないのかね。だとしたらアウトだろって気がする。

344 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:33:13 ID:4QwL7vqM
>>342
世界観のリアリティなんかそもそもないじゃんか。
重力がどうとか中途半端に言うよりも、フジモト自身の説明をしてくれた方が
よっぽど世界観の構築につながるわ。

345 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:48:13 ID:b4dfrsbh
>333
だから、時間の経過も表現してるねっ、こんな細かいことテレビ番組用のアニメでは面倒くさいからやらないのにねっ、て書いてあるじゃん

346 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 12:54:57 ID:b4dfrsbh
>332
あられちゃんは、ポンポン船で出かける所の奈良柚莉愛の声のせいが全てだと思う

347 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 13:04:53 ID:pjA59bEf
>>344さん
そこで・・・マヤ文明『2012』の予言なんですよッ!!
↓キバヤシAA

348 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 13:31:29 ID:HEkxCt7e
>>345
時間が経ってる描写なら、なんで車の中にまで葉っぱが入ってるんだよ。

349 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 16:12:24 ID:QTuo58gd
トトロは子供目線だったけど、この映画はずっと「おじいちゃん目線」だよね。
これで子供が喜ぶわけない。喜ぶとしたらおじいちゃん。

350 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 18:24:09 ID:DCEVVT47
おじいちゃん=パヤオ

351 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 19:18:13 ID:G0Xi45AB



ジブリ信者が田舎モノ丸出しで





352 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 19:40:20 ID:jOaEtESE
>>349
孫が可愛くてしょうがない、って感じのじいちゃん的作品だね。
なんかずれてる感じ。

353 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 21:16:39 ID:0waCL98f
ν即からきますた
規制で向こう書けん

素直に見たら話の脈絡がなさすぎて気持ちが悪かった
よく童話や神話と比較する奴がいるけど、どう見てもそれらの方がしっかりとした筋がある

で、ネット見たら深読みしてる奴らがいるわけだが、どうも
「作品中の謎を、材料を積み重ねて読み解く」というよりは
「意味不明なので適当な解釈を考えてそれに嵌めてみた」って感じで同意できなかった
エヴァと同じだな

で、そういう意見に対して「深読みへのアンチテーゼ的意味があるんだよ」ってのもあったが
もしそうだったら、それはそれで気持ち悪い心根で制作されている事に他ならないと思った
嫌がらせのためだけにわざと脈絡ない映画作るなんてキチガイでしょ

よって、どこからどう見ても気持ちが悪いと思った
絵だけ追ってれば楽しい、なんて大した意味があるとは思えんし
本当にそれだけなら「絵だけ綺麗な糞映画」という評価が妥当になってしまう

354 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 21:29:08 ID:N8yQ/mL4
>>353
神話とか深読みしなくても言いたいことは簡単だと思うが
要するにポニョは被差別者たちの象徴で
そういう人たちに「人間になりたい」と思わせているこの
社会に対する痛烈な批判だととったけど


355 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 22:10:17 ID:hrHkuVHH
>>353
脈絡?ただの現代版・日本版の人魚姫だよw

356 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 22:13:49 ID:Df/WOhta
幼児が恋愛しあっても気持ち悪いだけだよ。

357 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 22:16:38 ID:X59xVpwt
>348
宗介とポニョが着たときには凪だったけど、リサがドアを開けるときに葉っぱが入った演出じゃん。
強風のとき八ヶ岳周辺だとカラマツの葉が入らないように気をつけるもん。

358 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 22:36:50 ID:k9dqNncb
ポニョ=押井守の「天使のたまご」+電脳コイル「沈没!大黒市」

以上

359 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 22:55:51 ID:N8yQ/mL4
だからもう神話がどうこうとかウダウダ言うのはやめましょうや
意味ないから


360 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 23:22:28 ID:53NINw6i
>>357
リサがドア開けたのは豪雨がやんですぐぐらいのはずだろ。
いくら強風でもびっちょびちょに濡れてる葉っぱがドアから入るほど飛んだりしない。

361 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 23:32:26 ID:DCEVVT47
どーーでもいいですよw

362 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 23:35:12 ID:D2RV3Jyj
>>353
ポニョは幼稚園児むけの映画なんだから大人が観ても???で当然だよ
過去ログ読めば大人はつまらんと言ってるが幼稚園児以下の子供にはうけてるレスがある
リアルで「ポニョ面白くなかった」なんて言ったら
幼稚園児むけのアニメ観てる時点でこいつバカだと思われるぞ
子供に付き合って観たとかアニメ関係の仕事か学校いってるとかならわかるけど

363 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 23:46:59 ID:SuttC1bA
ジブリは大人が見ても恥ずかしくなく
おもしろいからきっと裏があるのだろうと
一生懸命に意味を探してるんだよ

ジブリは大人が見ても恥ずかしくない、って
レッテルを付けた奴等の功罪だよ

364 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 23:50:02 ID:u+EUcpph
ポニョはラピュタやトトロを期待してた人たちのがっかり感がすごいんだね
パヤオはエンターテイナーからアーティストに変わりつつあるのかもしれない

ベルヴィル・ランデブーって映画知ってますか?
まさにここの人たちが「つまんない!」って言いそうなアニメ映画。
主人公らしき少年はほとんどセリフがなく、活躍もしない。
でもアカデミーにノミネートされた
そのDVDの特典映像でショメ監督と高畑が対談してた。
ショメ監督は観客の予想しない方に話をもっていきたいって言ってた。
(クリエイターなら少なからずそういう考えはあるでしょう)
高畑は商業主義的な日本のアニメ産業に危機を感じてましたね。

ま、それはいいとして、パヤオを一人のアーティストとして考えると(画家でも作家でもいい)
今までが安定し過ぎてたんじゃないかな。
今回はただただ描きたいシーンをつなぎあわせたような。そんな感じがしました。


365 :364:2010/02/12(金) 23:58:03 ID:u+EUcpph
あとポニョをみた感想
いろんな解釈とか深読みとかあるけど、そんなの無しで、そこそこ楽しめる。
てか普通に見て、後半が死後の世界には見えないな。リアルにみえる。
ただ、途中の魔法の海水で満たされたとき、船に乗った赤ちゃんと夫婦、大漁旗の船の
人たちは亡くなった方かな、と思った。

なによりポニョがかわいかった!鳥足バージョンのポニョが好き!

366 :名無シネマ@上映中:2010/02/12(金) 23:58:14 ID:DPmPOdZ/
そうすけに妹が出来たのかな、と思った。
もしくは、戻ってきたって。
だから何、どういう事?と尋ねられても
わからない、それならいいなと感じただけ。
ポニョ出現から始まった時間と空間の歪み、
過去や未来がごちゃごちゃになって
、それがまた元来た場所に帰った。
太古の海やマンマーレやフジモトの記憶は人々の頭から消える、
だけど不思議な魔法の加護を受けた人たちは以前より
元気になったみたい。そのくらいでいい



367 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 00:00:30 ID:PCI2TXcl
>>363
功罪?

それはともかく、第一次的には子供向けでも絵本の名作は、大人が見てもうな
るものはあるけどな。そういうのは残念ながら日本の作家のは少ないけど。俺
が読んだ限り。

>>364
ベルヴィルはDVD持ってる。が、正直ピンと来なかった。スタイリッシュではあ
るけど。


368 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 00:07:12 ID:mIFePvT4
今の日本男児が草食系すぎるから、いけないんだぞっ!!!
肉食系ポニョに食われちまえっ!!!

369 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 00:09:19 ID:mIFePvT4
 \______ _____________/
           |/
        ∧_∧ 
        (・ω・ `)
  (○)  (つ旦と)
  ヽ|〃    と_)_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

370 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 00:11:37 ID:mIFePvT4
ってパヤオが暴走した結果、素敵な絵本が生まれました。

371 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 00:45:59 ID:V0fsRWfz
>>367
ポニョは大人もうならせようとか小賢しいことせず
ターゲットを幼児にしぼってるとこが潔い

372 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 01:12:00 ID:lTihqtHe
>360
>いくら強風でもびっちょびちょに濡れてる葉っぱがドアから入るほど飛んだりしない。

はあ?庭持ってないからだろ?台風のとき、庭のイチョウの葉6割方落ちたし、柿の樹の葉も8割落ちて実が1個飛んでった

373 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 01:46:30 ID:N9ifXdOS
>>372
その落ちた葉っぱが濡れた状態のまま、車のドアを開けた瞬間に吹き込んで内部まで入り込むのか、
っていう話をしてるんだよ。

374 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 02:11:51 ID:wF/PX0i8
またその話か。
あの縦縞のオッサンが母親を海へ引き込んだに決まっとろうが。
放置された自動車や車椅子を見りゃわかるだろうに。
維持を張って生みに入らなかったのが、あの刈り上げの青い婆さん。

375 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 02:22:52 ID:VbxkWeGZ
久石譲さんが言ってるやん。死後の世界だって。

「死後の世界、輪廻(りんね)、魂の不滅など哲学的なテーマを投げかけている。
でも、子供の目からは、冒険物語の一部として、自然に受け入れられる。
この二重構造をどう音楽で表現するか。そこからが大変でした」
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ponyo_20080731a.htm

376 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 02:49:37 ID:mIFePvT4
水と空気との境目 重視しない
http://www.youtube.com/watch?v=bg3kkLeHlYk

377 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 02:59:22 ID:mIFePvT4
で、ポニョのデルモ。トキさんがおったまげるのも頷けるw
http://www.youtube.com/watch?v=CS6Rnwth_Pc

378 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 05:02:40 ID:33rh3ZRm
>>362
子供には受けなかったって話も聞くけど。
俺にはそっちの方が信じられるんだが…

そもそも大人でも、良く分からんが面白く見てる人とそうでない人がいる。
大人が、子供が、って言う括りで考える事自体に無理があるんじゃないか?

まさか「受けてる人だけは子供の感性を持ってるんだ」なんて
めちゃくちゃを言うわけでもないだろ?
批判意見は全部「ひねくれてるから」なんて信者理論にもほどがあるし。


ちなみに俺が5歳とかの時に見ていたら、確実に拒否反応を示す。
なぜって確実にポニョがウザイから。
妹が居る関係か、この手の「わがまま幼女」は大嫌いだったからな。
今はそうでもないけど、あの頃だったら他の要素なんて消し飛ぶ。

トトロでもメイは嫌いだったけど、主人公でもなんでもないから前半は救われた。
後半は今でも好きになれないが…
ポニョってこのトトロ後半が、メイ=トトロになってしまってずっと続くようなとこあるだろ?
そりゃもう絶対に嫌だわ。

…ま、この辺はあくまで俺個人の話であって、一般性は全くないけど
"幼児"の中の一人にはこういう奴もいるだろうって話。

379 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 05:31:08 ID:OXAIRSZu
>>364さん
まさか、ここで『ベルヴィル』が出てくるとは・・・
なんちゃって自転車乗りのおいは、件の映画も
『茄子シリーズ』も大好きだっぺ!!

審美眼&センスもかなり上のお洒落さんと
見受けられますが?しかも、おいより注意力もある。
『亡くなった人』と知ったのは、ぶっちゃけ
前スレで『裏設定』を知ってからだし告白しますが
あのシーンは単純に『古代魚』に見とれてた・・・orz

鳥足は正直『?』だけど、運動しないと
あんな足になってしまう?
ビリー隊長、すみません(´・ω・`)

運動不足解消用☆BGM♪
http://www.youtube.com/watch?v=pMzoNO3wdY4
http://www.youtube.com/watch?v=iutLPmrsQZU&feature=related

380 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 07:10:15 ID:xL10q+nq
>>379
どもども。
あの船に乗ってた夫婦は服装があきらかにおかしかったんで、あれ?って
思った。その後の大漁旗の人たちは正直分からないけど、「山の上のホテル」に
行くって言ってたよね?
そうすけ達がその人たちと別れてすぐに、山の上のホテルの看板が沈んでるんだよね。
なんか意味深。。。

あとみんなが気にしてる山のライトと車の葉っぱだけど、ライトはひまわりの人たちが
避難してるときのライトだと思ったよ。丘のうえにいくつかの車いすが置いてあったから
一回はひまわりを出て、丘の高いところに避難したんだと思う。
葉っぱは、、たぶんリサカーは津波に飲み込まれたんじゃないかな?もちろん普通の津波
なら車も倒れてるだろうけど、そうじゃないからたぶんフジモトのスライムかな?
で、車からリサだけ連れ去った。
たぶんポニョを人間にする、ふるーーい魔法はポニョとそうすけの二人だけで成し遂げ
なければいけなかったんじゃないかな


381 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 07:12:36 ID:0avJWtPo
>>364
ベルヴィルは婆ちゃんが主人公だろ。
しかも普通に面白かったぞ。美術的にも構成もしっかりしてたし。
アカデミー賞にノミネートされる要素は腐るほどあったけど。

382 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 08:55:47 ID:PCI2TXcl
>>379
> 『亡くなった人』と知ったのは、ぶっちゃけ
> 前スレで『裏設定』を知ってからだし告白しますが
「実は亡くなった人たちなんだ」ということじゃないと思うよ?素直に見れば
別に死んでいない。しかし、死後の世界、死と再生を暗示している、そのイメー
ジを看取できるっつーことで。


383 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 09:25:57 ID:MswKrFE+
作品にどういう隠喩が込められてたとしても
いいけど、それありきで語るのはどうかと思うよ。
自分はこう感じた、貴方はどう?くらいが適切じゃないかな。
解釈は人それぞれ個人の裁量だし、自由であるべき。
宗教の教義受けてる訳じゃないから、娯楽作品と
して楽しめばいいじゃん、見方を限定するのナシね。


384 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 09:28:56 ID:xgt9voJd
「隠喩が絶対あるんだ
なければこんな幼稚なアニメ見てる俺が馬鹿じゃないか
大人向けの暗喩が分かるから楽しめる俺カッコいい」

って感じなんだろ?

385 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 11:02:13 ID:dfY2Rdq9
>>378
主題歌はヒットしたけど、映画自体の入りは最近のジブリ作品としては
不出来、結局それが子供も含めた、この作品の世間一般の評価じゃないの?
仮に子供にジブリ作品の人気投票をやってもらうにして、これがトトロ辺り
の昔の作品に勝てるとはとても思えん。

386 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 11:20:16 ID:vzy6rXdw
ポニョにも飽きたのでなんとなく敬遠してたハウルを初めて見てみました。
あの、お城の本体っていうのはソフィーの実家に引っ越す前はどこにあったの?
まとめサイトに港町って書いてあるのは見たけど、突撃された時にカラッポだったので…。
ハウルスレは人いなそうなので…詳しい人いたら教えて

387 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 11:28:09 ID:wGN0nhKN
ジブリ以外のアニメ見ろよ
出来のいい奴はたくさんあるぜ
なぜジブリにしがみつく?未知のアニメ見るのが怖いのか?

388 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 11:55:11 ID:vzy6rXdw
酔っぱらいのおっさんの絡み方

389 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 12:09:00 ID:K2+OD87G
実際、ジブリは安心してみることができるって連中は
他のアニメは見るのが怖い、ってことだろ。

390 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 12:09:58 ID:sRKKKjYV
>364

なんだ、こいつも最後の一行で近藤勝也批判か。
近藤勝也自殺しぬ。

391 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 12:23:57 ID:zIIVryRu
股の下のポニョ

392 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 12:28:28 ID:DCIwiVv2
>387
綺麗なんだもん。いい話を作って欲しいんだよ。
ヒネたじいさんはもう既に邪魔な存在だ。

393 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 12:32:04 ID:dfY2Rdq9
宮崎じいさんが死ぬまでに、1本でいいから初心に戻って、
ラピュタやトトロの頃の、誰でも頭をカラッポにして楽しめる
正統的な娯楽作品を作ってほしいね。

394 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 12:54:13 ID:vGoWp0tx
こんなのより高畑が演出を担当してるキリクと魔女の方が面白いよ

395 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:11:22 ID:OXAIRSZu
今、まさにバンクーバー五輪の
開会式を観てるんだけど・・・
長い。。。長すぎる。。。

創ってる人、演じてる人は
楽しいかも知れんけど。。。

次回作に希望・・・>>393さんに
おいも賛成っす。
ポニョはポニョでいい所はあるんだけどね
歌とか古代魚とか前スレの>>881さんの解釈とかね

396 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:22:38 ID:NohZhcGD
>>393
ラピュタをもう一度とか勘弁してくれ。
ラピュタナウシカは大人が見るもんじゃない。
普通なら中学で卒業するジャンルのアニメだろ。
少年漫画誌と同レベル。

大きなお友達以外の教養ある大人にとっちゃトトロやポニョの方が
映画作品として100倍面白いって。

397 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:28:24 ID:OXAIRSZu
校長先生の話も長い・・・
そして教頭も・・・orz

あんま説教臭い話はナシって事で
っても無理だろうなぁ。。。やっぱ。。。。


398 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:32:55 ID:BeGU9QoM
ぽにょのママとそうすけのママは何の話をしていたの?

399 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:38:13 ID:B44zkW/V
教養ある大人(笑)

トトロやポニョ(笑)

映画作品として100倍面白い(笑)


『隠喩があるから素晴らしい
無ければこんな幼稚なアニメを必死に見てる俺が馬鹿じゃないか
大人向けの暗喩が分かるから楽しめる俺ってカッコイイ!』

400 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:39:15 ID:bRv5MHL1
>>395
創ってる人、演じてる人が楽しいってのは現代音楽もそうだな。
やってると楽しいけど、聴いてる人は訳分からんってのが殆どだ。
自分が演奏してる時は色々解釈考えて無茶苦茶楽しいけど、知らない曲は???って聴いてるw

401 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:39:44 ID:dfY2Rdq9
>>396
かわいそうな大人でつねw
最上級のフランス料理と、最上級の一杯のラーメン、料理として
どっちが上だ下だという発想自体がナンセンスだという事が
おわかりでないようで。
ちなみに、ジブリ初期の典型的な作品として例示しただけで、オレ
個人が別にラピュタとトトロを評価している訳ではないので念のため。

402 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:40:07 ID:CPkUfs5B
勝手に考察して
勝手に深く感じて
勝手に粋がってる

403 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:46:16 ID:emHV/AWy
パヤオはろくに設定のことなんか考えてないのに、
死後の世界がどうのと後付け的に解説してくれる
狂信的なファンがいて良かったね。

俺はとてもじゃないけど生理的に受け付けないので無理ですw
宗教みたい。こんな狂った連中になりたくないね。

404 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 13:55:17 ID:MArALY4j
考察しないと気が済まないんだよ
いい大人がデタラメ幼児アニメを有り難がって
真剣に見た現実に耐えられないんだよ

405 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 14:02:11 ID:V0fsRWfz
>>378
全ての幼児にうけるなんて無理だとは思うよ
監督の孫にはうけなかったみたい
どれだけの子供に不評だとか知らないけど幼稚園では大人気という所もある
いずれにしろ対象を幼児にしぼってるのは間違いないと思う
鈴木敏夫が大人の視点で解釈してるのを監督がそれは賢しらだと否定してるし

ぽーにょ♪ぽにょ♪ぽにょ♪ のお遊戯みたいな歌聴いておいて
自分を楽しませてくれるのを期待して映画を観る大人はどーかしてる
裏設定なんかあるわけない

406 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 14:04:57 ID:/X0wOfyl
ラピュタやトトロの焼き直しを作っても一定以上の評価はされるのに
そういうことはしなかったという姿勢だけは評価したい。
取り巻く環境やら色々込みで、ある意味面白い作品ではあると思うが、
映画としてはかなり微妙。

407 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 14:10:38 ID:OXAIRSZu
開会式やっと終わった・・・orz
なんだろうな・・・この3時間の疲れは・・・
映画に例えるなら・・・そう・・・

『ス@ーム・ボーイ』を観た後の感じに似てるな。。。
まんまラピュタの焼き直しだったよなぁ。。。アレ。。。
発想的?にはあっちの方が先だったかもしれんけど
(よー判らん)

408 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 14:13:39 ID:guWKWZIQ
>396
うわ。なんか凄いものを見ちゃった…
意外に恐いなこのスレ。

409 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 14:21:40 ID:viDLtA7m
>398
マジレスすると
こども手当ての親権について

410 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 14:57:45 ID:jP+1hG3f
もともとナウシカやラピュタもこんな駄作だろ?
子供の頃見たジブリ映画を勝手に信者が神格化しただけのこと
大してレベルは違わないよ

411 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 15:06:24 ID:gdfjI5Mj
お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな

412 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 15:18:58 ID:tmQp/TsW
>>411
お前みたいに幼児向けアニメに必死なやつは何やってもダメなんだろうな

413 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 21:05:34 ID:D/DqJ39z
金曜ロードショーではじめて観たけど、気持ち悪い怖い話だなと思った。(散々既出だが)
謎解きとか読んだけど、これはじめから終りまで全部死後の世界のような気もする
あと、母親が宗助残して家出て行くのはあそこで母親の命が無くなったサインだと思う
それとポニョが眠くなるのはこれから誰かが死にますよってサイン、これは自信ある。

主題歌につられてさぞ明るいトトロみたいな話だろうと思って観てしまった…
いきなり幼児に笑いながら刺し殺された気分になったよ、油断してたからどのホラー映画よりも怖い
映画館に子供といっしょに観に行った親はあまりの衝撃に泣きそうになっただろうな

414 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 21:36:39 ID:ZhlrxTdW
7歳、3歳の姪っ子と一緒に見たが、7歳の子はポニョ可愛いと大喜びだった
3歳の方は姉の真似してる頃だから、姉と一緒の所で喜んで、飽きてくると自分と遊びたがった
宮崎アニメは親子で見る作品で、オタクには関係ないものだと再認識

415 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 21:47:29 ID:MOGjoUvb
子供が喜べば許されると思ってんのか
喜んだ子供でも一部の子供だろ。
アニメは結局大人も楽しめないとダメなんだよ

416 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 21:50:10 ID:NTm2p2U9
子供だけで映画館は行かねーよな。結局大人が選んでるんだろ。

417 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 22:10:30 ID:PCI2TXcl
>>413
> それとポニョが眠くなるのはこれから誰かが死にますよってサイン、これは自信ある。
えー、そう?既出だと思うが、トンネルは産道、ドームは子宮っつーことで、
眠くなってサカナもどきに戻ってしまうのは胎児への退行のイメージに過ぎな
いと思うけど。


418 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 22:12:23 ID:/et+s7O1
大人の入場料のほうが高いしなw

419 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 22:23:24 ID:dL8gW/g5
>413
子供のアニメにそんな考察が必要?
信者が自分で首締めているんだよ

420 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 22:55:07 ID:N95doPEy
ペータペタ ピョーンピョン
足っていいな かけちゃお!
ニーギニギ ブーンブン
おててはいいな つないじゃお!

こんなエロい歌8歳の幼女に歌わせてニヤニヤして!
パヤオエロ爺ぃ!!!

421 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 23:07:01 ID:/et+s7O1
幼女への倒錯した性愛でしか作品を作れないクソジジイ。

422 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 23:14:17 ID:4Q7l7qT/
それをありがたく楽しむ信者。
特に女親が>421のように感じられず、
ブランドと数字だけで
子供に無防備に与えてるのが異常。

423 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 23:57:56 ID:OXAIRSZu
みんな『ツンデレ』だなw
(チッ、うっせーよ・・・ですかな?)

おいもブランドに目が眩んでた
『はんせいしてまーす。。。』

やっぱ地雷を踏まない生き方ってば
難しいなぁ・・・orz

☆眠気覚まし用かるた☆
http://www.youtube.com/watch?v=g_zICwIbtjQ&feature=related

424 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:25:28 ID:ofxojfrH
HDDからDVDに焼くついでに二周目見た。個人的に新発見・再確認だったのは

月の接近≒重力変動で海水位が局地的に上昇していたため
リサ家から船の明かりが全く見えなかった(水平線の向こう側だった)
また小金井丸からは海の壁ができているように見えた(壁の先は水位が高いまま)

山の上からの光は山の上公園駐車場に止めてあったバンのヘッドライト
船団の人達も「ひまわりの人達は公園に行った」と言ってたし

家の結界はポニョによるもの(接触に反応して妖怪アンテナ立ってた)

船の夫婦が1920年代の人とすれば服装や荷物に違和感はなくなるし
赤ちゃん=トキさん説(80才前後)と計算があう
トキさんが顔面でポニョを受け止めたり津波に怯えたりするのに意味が出る

あと大漁旗を掲げた船団と別れた後で、波の化物(仮称)らしき影がちらっと2度映るけど
これフジモトに二人が向かってきてることを知らせたのか。こまかすぎるwww

425 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:25:56 ID:M/Jzn/gE
>>381
別にベルヴィルを批判するわけじゃないけど、仮にあの映画を同じようにテレビで放送
したら、やっぱり実況はポニョのときと同じように「きもい」とか「つまんない」って意見が
多いと思うよ。
私はポニョもベルヴィルも同じくらい「そこそこ面白かった」

個人的な意見だけど、どうしてもアニメ映画には「感動」を求めてしまう。
心を揺さぶられるようなね。
海つながりで一つ。昔「シリウスの伝説」って映画があって、ポニョと同じで海に棲む者と、
それに相対する火の精の恋愛(?)のお話。この話はハッピーエンドにはならないし
主要な登場人物もたくさん死んでしまうんだけど、、すごい感動するんだな〜

ポニョの感動できない原因のひとつに主人公の年齢があるんじゃないかな?
5歳じゃ・・・ポニョ、ソウスケが10代、20代で見たいかも。
そしたら普通の恋愛映画になっちゃうかな?w

426 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:27:02 ID:ofxojfrH
そして相変わらずわからないことは
・電波(通信)が通らない理由
・人工衛星の落下軌道が変(途中で曲がったり、蛇行してたり)
・リサカーの車内に葉っぱ。でも積荷に水没のあとはない
・トキと宗介が水中に入ってからしばらくの間、二人以外も泡を吹いてる
・コウイチの船がやたら汚れてる気がする件

あと嵐の翌朝、ポンポン船で移動→公園で全員集合→世界修復→ヘリや飛行機や船のいる最後のシーン
の流れは一日なのか? 劇中いつまでも日が高い気がする。
もしかして世界が修復されるまでは時間が経ってないの?(´・ω・`)
嵐の夜時点から経過が止まってるとすれば電波の通らない理由に説明がつくけど
そうするとどこが境目だったのかわからない……

エンドロールのイラストはばーさん達がリサ宅前で立ってるからたぶん後日談なんだろうけど
港が見えてて水位が正常になってるっぽい?
それとも絵巻物的に右に時系列が流れていく絵なのか?



それにしてもフジモトが魚に戻ったポニョと宗介を誘う文句がまるっきり不審者で笑ったw
あれであと「おやつあげるから」を付け足せば完璧だろwwwトキが頭から疑うのもしかたないわwww

427 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:37:23 ID:5ykgS4fs
駄 作 ! !

428 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:37:50 ID:EEwMDBs8
>>402
自分で言うのもなんだけど私がまさしくそんな感じ。
映画館で観た後、裏設定なるものをネットで漁った記憶がある
裏設定があって欲しい気持ちで。
でもこんなことって宮崎駿は期待してないんだよね
ただ純粋に子供に喜んで貰える映画が作りたかっただけなんだろうと今は思う。

429 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 00:47:26 ID:3hsEFPTF
>>428
作者の意図とかべつにどうでもいいじゃん

430 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 01:19:08 ID:sbKfDlHC
一部の子どもには受けてるって話も聞くけど、それって5〜7歳くらいの、ただきれいな絵が
くるくる動いてるの見るだけで面白いと思える幼児だけの感想だと思う 
ストーリーを面白いと言ってるわけではないだろう
子どもさえ楽しめればストーリーはどうでもいいという意見もあるかもしれないが、名作にはなりえないと思う
だって世にある名作といわれる子供向けの童話なんかは、どれもストーリーはしっかりしてるもの




431 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 02:09:43 ID:lbWZR2+7
ここでグチグチ言ってる人には向いてない映画、それは間違いない。

432 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 02:20:02 ID:PO4bhXBJ
>>430
名作=ポピュラー ということならその通りかも知れんけど……。

例えば「遠野物語」なんかがポピュラーに数えられるなら
「ストーリーはしっかりしてる」とは言えん。
いずれにしろ、自分の認識の範囲内に、物語なりアニメーションの許容範囲を
限定しようというなら、それに見合った範囲を自分がカバーしてるか反省してみても
良いと思うぞ。

色々言ってるけど、どれだけ映画なり物語(narrative)なりの備蓄があるのか
疑わしい意見が多いように思う。

433 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 02:20:18 ID:wEYR4MQt
さっぱり分からんって言う人の事は理解できるんだけど。
コレを面白いって奴は自分より劣ってる人間だって結論に
無理矢理持っていくのが笑えるやら痛々しいやら…。

434 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 03:27:50 ID:AQqOwx4c
ストーリーの妙は機械的に研究しつくされてて
演出家の宮崎にそれを強いてたのは高畑や鈴木
創作者はいずれこの構造的な袋小路にぶち当たる
宮崎はポニョ制作中に創作の究極は「誰が作ったか分からない神話的構造」だと言ってる
ポニョは宮崎が多大な影響を受けた「王と鳥」「雪の女王」の再現。単純な人物配置、メタファー等を仕掛け
感性迸る映像でそれを表現するという、通俗的な物語の構造を意図的に破壊した映画
上記の作品を見たことがあれば、ポニョへの深読みが決して邪推でないことがわかるはず
ゲドの件で鈴木と険悪になったのを利用して一人で突っ走ったのがポニョ
押井も「あんた(鈴木)がなにもしなかったってのがよくわかった」と言ってる
作家としては確実に進化した作品だけど
大衆娯楽作家と広く認知されてた宮崎が急にこんなことをやったので、昔の作品を好む層に
「子供向け」「老いた」「駄作」とか言われてるのが現状
混乱した観客が大量発生したのも無理はないと思う


435 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 03:52:36 ID:m6Gt8Us8
メタファーが仕掛けられてることを否定する人はいないと思うよ。
問題は、メタファーの役割しかしてなさそうなものが頻発する点だと思うが。
メタファーてのはあくまで表でちゃんと表の役割を果たしてるものだからこそ
その裏の意味に考えさせられるものがあるわけで、表はなくて裏だけですって
なんだそりゃっつー話なわけよ。

436 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 05:37:19 ID:yrdreSYp
カリ城、ナウシカ、ラピュタ→七人の侍 隠し砦の三悪人 用心棒
トトロ、魔女卓→天国と地獄 赤ひげ どですかでん
豚 もののけ→影武者、乱
千尋→夢
ハウル、ポニョ→八月の狂騒曲 まあだだよ

437 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 08:52:56 ID:X5t53sEW
>>435
> メタファーが仕掛けられてることを否定する人はいないと思うよ。
このスレ観てるとそうでも無い。

> 問題は、メタファーの役割しかしてなさそうなものが頻発する点だと思うが。
これはある程度同意。裏構造が物語として昇華しきれているかは別問題。ポニョ
はちょっと観念的すぎる嫌いがある。千と千尋は物語として成立していたと思
うけど。


438 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 10:20:12 ID:m6Gt8Us8
だから裏構造が物語として昇華してないのは、表の物語が成立してないからだよ。
表をきっちり成立させてこそ裏構造にも説得力が出るんだよ。
この映画はそれが出来てない。だからどんな解釈もこじつけ臭く感じるわけ。
あれはメタファーなんだよキリッ って感じに見えちゃうわけさ。

439 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 11:36:46 ID:2bUV+LI3
その「表構造」がちゃんとしてたのは千と千尋だろうね
あれは表面的にストーリーだけ追っても楽しめるものだったし
ハウルも若返ったりする描写の意味は
年頃の娘なのに恋をしようとせず暗い部屋で仕事ばかりやってるという、ソフィーの物語における構造的立ち位置を把握してれば
特定の心境の時に老いたり若返ったりしてるってのは簡単に理解出来ることなのに
公開当時は訳がわからないと散々批判された。宮崎も「ちょっと難しくしたらわからないと言われて困った」と言ってたし
城=魔法(科学)で固められた醜い家
ハウル=引きこもり
城を壊す=醜悪な家を壊して引きこもりを出す
って意味合いを持つ終盤の展開も未だに大半の人が理解出来てないように思えるし
ただその「表構造」ってのは、通俗映画の基準であって
雪の女王とか王と鳥にも表構造があるかと言われれば、答えはNOに近い
アニメ映画の中にはそういう作品があると知ってれば受け取り方も違うと思うんだけども

440 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 11:51:33 ID:e+de1e1B
要はパヤオの実力不足。

仮に、故意に難解な作風を狙ったとしても、謎を解き明かした読者に自分で謎を解いたという満足感を与えるに過ぎない。
そうした満足感を与えたいなら、読者に気付かれないように上手に解答に誘導すれば良いのであって、
何がヒントなのかさえ分からないほど難解な作りにする必要は全くない。
自力で難解な謎を解いたと自覚すれば大きな満足感を得られるのだろうが、
難解にすればするほど得られる満足感も大きくなるというわけではあるまい。
むしろ、必要以上に難解にすれば、解答に辿り着けなかった人に多大な不満を与えるだけに終わる。
それで失敗するくらいなら、素直に、解答に誘導して、読者が自分で解いたように思い込ませた方が良い。
そして、その上手な誘導こそが、作者の腕の見せ所である。
それは、ミスディレクションやレッドヘリングの初歩的テクニックの応用であり、
プロの物書きなら、出来て当然のことである。
ろくにヒントも用意しないのは、そうした上手な誘導が出来ない実力不足を誤摩化すためと言われても仕方ないだろう。
もし、作品の描写だけで解答を導くことは不可能であって、足りない部分を想像で補完する必要があるとしたら、
もはや、プロ失格である。
それは、本来、作者がやるべき仕事を読者まかせにしてしまったのであり、
プロの物書きとして最低限必要な仕事をしていないことになる。
それでも解答を導けたのなら、それは、読者の功績であって、作者は何もしていないに等しい。



441 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 12:22:05 ID:gGC8zVKV
ポニョが波に乗って走ってるシーンはかなり好きなんだよな
個人的にジブリの中でも上位に入るくらい良かった
そっから後の展開が急に分かりにくくなるのがなぁ〜・・・もっと言えば急につまらなくなってる
やっぱ物語に起承転結は必要だわ

442 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 12:50:30 ID:idH07Nn2
あのシーン青い空だったら画面が明るくなってもっと良かったな
津波なんだから悪天候じゃなくていいのに

443 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 13:03:54 ID:m6Gt8Us8
>>439
雪の女王は未見だけど、王と鳥は単なる逃亡劇として見ても成立してただろ。

444 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 13:20:50 ID:OrcLtXYV
裏設定のせいで表のストーリーがダレダレじゃん。
だからダメなんだよ。

445 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 14:21:06 ID:X5t53sEW
>>439
大方同意。没入できる閉じた完結した世界観(設定が細かければ細かいほど称
賛される、表面的な必然性にこだわる)のみを尺度として評価するマニアが多
いという状況は、悪い意味のヲタ的弊害と思う。



446 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 16:22:06 ID:R0bxW6En
型から逃げてるようじゃ3流だね

447 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 17:03:27 ID:m6Gt8Us8
>>444
いや、表のストーリーがダレダレなのが裏設定のせいなのかすら判然としない有様。

448 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 17:08:41 ID:sbKfDlHC
最初の20分くらい観ててすでに飽きてきたもんなあ
素晴らしい裏設定があるのかもしれないが、やっぱ表設定も面白くしてくれないとな

449 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 17:41:03 ID:oqm7UuO8
>>445
馬鹿が書き込むなボケ

450 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 18:35:29 ID:AanILYoc
あの観音様見てオウムが作った麻原のアニメ思い出した

451 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 20:23:40 ID:C9v27eUM
あの観音様を満足させるたぁ、やるなフジモト

452 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 21:04:30 ID:5+CmkFKF
観音様といってもヨーロッパ風なんだよな宮崎がやると

453 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 21:49:33 ID:EqLdf7Vu
観音様って、グランマンマーレのこと?
あれはミレイのオフィーリアがモデルだから、そりゃヨーロッパ風だよ
イギリスのテートに行かなきゃ見れない名画だよ。パヤオはポニョ作る前に見に行った
あれの実物を見ると、そりゃ背景美術に凝ってたのは馬鹿らしくなる


454 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 23:30:53 ID:X5t53sEW
>>453
> あれはミレイのオフィーリアがモデルだから、そりゃヨーロッパ風だよ
そうなのか。何となくクリムトっぽいなあと思ってた。

455 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 23:32:40 ID:x95WJoHa
ミレイのオフィーリア、昨年九州に来てたから本物見たよw

456 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 23:49:31 ID:AWfMaF5+
ミレイ俺も九州に来た時見たwオフィーリアもそうだけど14ぐらいで描いた絵とか
あれ見たら愕然とするよ 本当の天才ってのがどんなものかわかる
本当に絵が上手い奴は最初から上手いんだってことが


457 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 00:27:39 ID:yI7xQj+a
つ『 世 襲 』

ゲドの監督にも期待する。

458 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 00:28:03 ID:IPaJg+gN
まあカッコつけたけど当然ボクも九州のですわw東京にも来たはずだけど
グランマンマーレはオフィーリアと同じく背泳ぎで現れるでしょ。オフィは流されてるだけだけど
ちゃんとミレイ展のチラシの裏にポニョのエピソード書いてあるよ
漱石の小説にオフィの描写があって見なきゃいけないと思って見に行ったと
油絵は、実物目の当たりにすると光の辺り具合で色んな表情をするからどうしても敵わない
自分達はこの人達がやってたことを下手くそにやってたんだと思ったって
だからそれまでの緻密な背景を廃して単純な線に回帰して動きを重視した

459 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 02:17:46 ID:ee+KiwwJ
フジモトの声、最初は違和感ありまくりだったけど、
ポニョを思い通りに出来ない不器用な父親観が、
あの棒読みに合ってるような気してきた。まあこれもアリかな?

460 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 02:59:53 ID:4sviMu81
>>459
ごめんww鼻で笑ったww

461 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 03:45:20 ID:OTlIuMP9
オフェリアだとすると、やっぱ死んでるん?

462 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 07:13:51 ID:yI7xQj+a
永遠の命=死んでるも同然
例えるならば『 造 花 』の美しさ
記憶が確かならば、この間TVでやっていた
映画『ト ロ イ 』でもアキレス(ブラピ)が
似たような事を言ってた・・・

☆お目覚めBGM・箴言☆
http://www.youtube.com/watch?v=q6XN00Oops8&feature=related

463 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 08:02:37 ID:SXNIIZ/f
>>458
あののっぺりとしたセル画で、ミレーの油絵からインスピレーションと言われてもねw
そもそもアニメのセル画と油絵では素材も技法も異なるのに、それはいかがかと
しかも油絵って古い画材なんだよね、当時はそれしか画材が無かったから仕方なく描いてただけであって
そんな礼讚するもんでもないと思う
もしミレーが現代にいたら、CGバリバリのアニメとか作ってたりしてw

464 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 11:54:45 ID:Cu73FQ49
ポニョ、ソースケと、やるー!

フジモト大慌て。トキさん興味津々。

465 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 19:05:34 ID:GMIx57t9
説話のプロットや決まりごとを踏んだ作りになってるけど
それを裏設定とか言って調べてっていう楽しみもわかるし
(でもそれがわからない奴バカっていう悦入は嫌い)
それが表の筋に生きてないって批判もわかるんだけど
個人的にはポニョのそういう作り込みと放棄の具合が
むしろ好ましいと思うんだよね。


466 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 21:29:00 ID:MJytJHtk
考察サイト見たけど千尋を境に普通に見たらわかりにくい映画を作るようにしたのかな

467 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 22:05:08 ID:saza/1y0
>>465
賛成。
ポニョ自体が成功してるかどうかはともかく、こういう「方向性」は良いと思う。
各要素の役割がメインプロットから説明できない、登場人物の行動が
合理的でない「から」駄目だ、駄作だ、というのはちょっと的外れな気がする。

それぞれの要素が、綿密なメインプロットを成立させる「ために」決められるのではなく、
ごくシンプルなメインプロットの「周囲」で、登場人物達がそれぞれの行動原理に従い、
それぞれ「生きる」というのが良い。
プロットの歯車として登場人物を演繹するんじゃなくて、あるプロットの中に人格を持った
人間が放り込まれたら、その条件の中でこの人物はどう行動するか、っていう。

そういう意味では、遠心的な話になっていて、ひとつのテーマ、メッセージに収束する
プロット、それを構成する各要素の「意味」を問い正しても、
得るところは少ないのじゃなかろうか。

468 :名無シネマ@上映中:2010/02/15(月) 22:43:27 ID:pcvynWe/
セオリー通りのプロットがなくても成功する映画はあると思うよ。
宮崎がそれを目指したんだとしてもそれも別にいいと思う。
というか、どっちかっていうともともとそういうタイプだろう。
頭の中で登場人物を動かしてるうちに収拾がつかなくなるっていう。
でもな、ポニョは失敗だ。

469 :6:2010/02/16(火) 00:32:28 ID:RWsMCvXW
>>7サソ >>8サソ
ありがとうございます、そんなに深い理由は無かったのですね。

作品の評判はあまり良くないみたいですが、そこそこ楽しめた私は勝ち組。

470 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 00:36:33 ID:NGiXqRzC
楽しめたから勝ち組ってバカみたい。

471 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 00:47:18 ID:z4sG5nB5
ここのエライ人が、交代しちゃったんだよね、ポニョんとき。
前回日本ディズニーを仕切ってた人。
そーかそーか。

472 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 00:51:21 ID:jAXv9ma6
ここで信者と非難されてるゴキブリはまず学会会員だと思って間違いない。


473 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 01:20:28 ID:Ajw9JOp2
>>467 そうそう。上手く言えなかった。ドモ

>>468
セオリーやプロットは必要かなあ。
どうしたって何らかのメッセージは込めたい人なんだろうし
なしでやるなら、今の宮崎氏なら全く物語にすらならないものを作りそう。
(それはまた動画絵のキチガイに到達かな?)

今の時代に説話なんて発表しても
謎解きくらいにしか受け取られないんだな、という意味で
確かにポニョは成功してないのが残念。

474 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 09:35:16 ID:FrUhoL2h
この映画を絵画に例えると
抽象画と写実画の両方をやってるんだよな

例えば
人物と建物は精密に描きました、まるで写真のようにリアルです
でも、太陽が黄色いor赤い、って誰が決めたんですか?
青くちゃダメですか?青い太陽が好きなんです、だから太陽は青く塗りました
空は青いって誰が決めたんですか?紫色じゃダメなんですか?
紫色が好きなんですだから空は紫に塗りました

こう言う事をやったわけ
抽象画にしたいのか?精密画をしたいのか?両方をやりたい?
いやどっちかに統一しろよ、と

475 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 09:40:07 ID:FrUhoL2h
構成を取っ払って崩したい、と言う狙いはわかる
だが、それなら全体でもやれよと
瑣末に細かくいちいち構成的に描写してる部分はあるくせに
プロットを見せて、王道のセオリー通りに描写してる部分はあるくせに
でも構成を取っ払って崩したい、と言うのはあまりにダメな矛盾過ぎる
構成を取っ払いたいなら全体で統一してやれよ、と
中途半端なんだよね

476 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 09:49:43 ID:FrUhoL2h
細かい瑣末のプロットはあるくせに
全体のプロットだけはないのがダメなわけ
瑣末のプロットを残ってるのに気づかないで
全体のプロットを潰したから、ポスト=プロットの作品じゃ
と主張するのはダメなんだよ

セオリーのプロットを否定したいなら
細かいプロットからも消すべきなのだ

細かいプロットの例
リサは波に飲まれそうな崖の道をm波から逃れるために
プロレーサー顔負けのドライブテクニックで突き抜けて行く
そのドライブテクニックを
リアルな描写のアクセル・クラッチさばきによって演出する

ここはもう王道なセオリーどおりのプロット構成なわけね
プロットを崩したいなら、ここも崩さなきゃダメなんだよ

477 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 10:01:18 ID:OomMAp0R
まあ、両方やったとしても、ちゃんと上手く融合してるとか、
絶妙なバランスで成り立ってるとかならよかったんだろうけどね。
残念ながらそうは見えないから、破綻だなんだとつつかれる。

宮崎自身の頭の中から構成を取っ払いきれなかったのか、
あるいはどこかで商業映画であるということを意識してしまったのか、
そういう中途半端さは感じるね。

478 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 10:20:00 ID:OomMAp0R
>>476
どっちかっていうと逆に感じるなぁ。
A場面とB場面をつなぐためのプロットは崩しているのに、
それを全体のプロットに押し込めようとしているような。

479 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 11:15:32 ID:fvi6/Cw9
もうスレの会話もマニアックすぎて
一般人には訳が判んないよ・・・orz

そろそろ他の中継ポイントに移るべきか・・・(´・ω・`)


480 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 11:51:27 ID:g0UlwNUN
ここは映画板だから本格的に語る人が多いよ
アニメ映画板のスレのほうに行ってみたら?

481 :465:2010/02/16(火) 13:04:56 ID:Ajw9JOp2
あ、そか映画板だからなのか。
説話風作品なんだってところで自分は納得してるので
475さんらの話がわかんないなと思ってた。
でもアニメ映画とも民俗学・神話学でもちょと違うんだよね。
自分の知識のなさだろうけどw

482 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 14:59:38 ID:g0UlwNUN
宮崎駿って人間は、世間に対しての憤りを常に抱えて生きてる人間で
作品も完全に意義主張が一つに定まってるから
イーストウッド作品のような、観客が色んな解釈を出来るというような懐深さはない
だからこそ「作品より本人のほうが面白い」と言われるし
ジブリ作品しか見ない「ジブリファン」とは別に、宮崎本人の言動を追っかけするコアなファンが居る
ポニョ関連のスレは、どうも前者のような盲目信者を叩こうと大して理解もないのに興味本位で特攻しにくる人が多いけど
2chの特定のスレには後者のタイプの人のほうが多いから、無知と言われて反撃にあうんだよ
この手の争いは国民的知名度のある作品のスレでは名物みたいなもん
宮崎本人の追っかけなんて、当人が長年の経験と深い造詣があるぶん、その辺の最近のアニメファンより遥かに濃い面子だから
集まってくると普通の人はついていけなくなる
2chでは本人の内面を色濃く反映したもののけ以降の作品のスレは、こうした傾向がある

483 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 18:04:35 ID:KjsBv3Qr
型通りの話を作っても、いいものを作る人はいるんだよ。
それが出来ないからって逃げてるのはみっともないだけ。

484 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 18:49:02 ID:oHX7eC2y
金曜ロードショーの録画で初めて見たんだけど
なんで宗助は両親を呼び捨てなの?

この映画は何を伝えたい映画なの?
単純に説明するとどうなるわけ?ラブストーリってことでいいの?

485 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 20:32:13 ID:SoU5u/3X
表向きは幼児のラブストーリー。
裏向きは老人の生への憧れ。

486 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 21:16:51 ID:pWZCrpYx
>>484
過去のスレから読み直してくれば?

487 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 22:20:06 ID:Y0mFnDRS
北野武の「菊次郎の夏」なんかは
型どおりではあっても名作に仕上がっていたな。

488 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 22:56:36 ID:oHX7eC2y
>>485
まあ、そんなとこかw

>>486
めんどくせーからキモオタのお前らカスに聞いてんだよwww

489 :名無シネマ@上映中:2010/02/16(火) 23:40:49 ID:lOEnkAaT
>>474-476
そういうのは後付けな考え方の気がするね。
それこそ絵画の例で言えば、抽象絵画の草分けの一人であるセザンヌが
サント・ヴィクトワール山をあんな風に描いたのは、別に「輪郭を壊そう」とか
「従来の型から離れよう」と思ったからじゃない。自分が「見た通りに」描いたら
ああなったんだ。
形式の問題じゃないでしょう。ただ描きたいものが一番描けるやり方をしたら
ああなった、っていうだけで。別に何も難しいことはない。
『人魚姫』をああいう人物達にやらせたらどうなるか、っていうだけの話で。
人魚姫が我儘で怖いもの知らずになったら、自分から王子樣にキスするようになるんだ。
王子樣が、単なる好奇心の強い男の子になったら、何の屈託もなく「ポニョだ!」って
言い当てられるようになるんだ。それも別に確信があったわけでもなんでもなくて、
単に自分でそういう連想遊びをやって物語を「作ってる」だけなわけさ。
ちょっとキズを舐められて直ったと思ったら、「魔法が使えるんだよ」と言い、
一度ハムを食べたら「ハムが好きなんだよ」と言う。どんどん自分の中でポニョの話を
「作ってる」わけだ。で、何となくそれらしい女の子が来たから「ポニョが人間になって
ぼくん家に来た」と信じてしまう。
そういう人物達が「彼ら」の思うままに動いたら、こうなったっていうことであって、
別にプロットやセオリーを「否定しよう」っていうんじゃないと思うが。

いわんや「型から逃げた」なんてのはとんでもない話で、それこそナイーブな考え方だ。
数を重ねるにつれて漸次そういう作り方に傾いてて、それこそハイジの頃から「型」なんて
ものはなかったよ。だからこそ逆に「型をはずれよう」なんて意識は生まれようもない
と思うが。

490 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 00:33:57 ID:HqfT1KmU
>>489
全面同意。2chのどのスレ見ててもやっぱ「そりゃ違う」って言いたくなるレスが多いけど
宮崎駿のものの考え方がよく分かってるなぁ
中盤のクライマックスのあと、ポニョの名前を脈絡なしに言い当てるところでこの映画の方向性は決まっちゃってるんだよね
あそこまではフツーに見てて楽しめるんだけど、あそこ以降は分かれると思う
「自分からキスしにいく」ってラストの描写をちゃんと分かってる人って少ないんだよね。なんか唐突に終わったとか、そんな感想ばかり
あれが分からないんじゃ映画の内容なんてなんにも掴めてないのと同じ。ただ無茶苦茶な子供向け映画にしか見えないと思う
構造を意図的に壊したというか、演繹的な作り方をいよいよ極めたかんじ
成功したか否かは別としてね

491 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 03:35:16 ID:b8qublhQ
日本語がちゃんと書けるようになってから感想文を書こうね。

492 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 04:59:22 ID:L3kLwC58
>>489
人物達が「彼ら」の思うままに動く?
いやいや、むしろ作者のご都合主義で動いてるだろ。

493 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 16:41:44 ID:UvhUpI+i
>>490
駿は女に甘いからなあw

494 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 17:41:04 ID:cx2WwCTd
X甘い
○甘えたい

495 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 20:11:30 ID:MghewAY6
>>1-494
散香Dの痛機まだー?

496 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 20:12:22 ID:MghewAY6
散香Dの擬人化は常盤台中学の制服を着る

497 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 20:13:08 ID:MghewAY6
染赤改は常盤台中学+ジャッジメント

498 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 20:15:21 ID:MghewAY6
スカイリィJ2は

499 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 21:02:29 ID:MghewAY6
禁書の痛戦闘機まだ―?

500 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 21:03:09 ID:MghewAY6
エースコンバット7で実現しろ

501 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 21:03:50 ID:MghewAY6
禁書の痛戦闘機はエースコンバット7で

502 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 21:04:42 ID:MghewAY6
これは実現しなければいけないことだ

503 :名無シネマ@上映中:2010/02/17(水) 21:09:39 ID:9NwAup5E
一向に育たない後継者候補に
「なぜこのアニメは面白くないのか?」を考えさせる為のアニメ

504 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 01:33:30 ID:skB67OKC
>>474
>抽象画にしたいのか?精密画をしたいのか?両方をやりたい?

コラージュってことでどう?

505 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 06:11:20 ID:o6zr2RBm
>>503-504
黒子の痛機はF−16だろJK

506 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 06:40:57 ID:o6zr2RBm
エアリーズは素晴らしい
大空軍2に出せ

507 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 18:15:09 ID:o6zr2RBm
エアリーズ万歳

508 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 18:15:56 ID:o6zr2RBm
大空軍2にエアリーズを出せ

509 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 18:16:36 ID:o6zr2RBm
零戦記にエアリーズを

510 :名無シネマ@上映中:2010/02/18(木) 18:17:17 ID:o6zr2RBm
零戦記にエアリーズ出せや

511 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 17:21:54 ID:zX+3fp/y
スーパーX3に対処しろ

512 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 18:16:33 ID:5F03rZae
俺は、映画を見る前に解説とか読むのが嫌いなんで、前知識ゼロで一昨日のオンエアをみた。
「なにこれ、起承転結まるでなし、なんでこれが大ヒット?頭おかしいだろ」 という感想だった。

本当に 全く 意味がわからなかった。俺だけではないはずと、実況板(日本テレビ)を開いてみた。
そこの住人も、ほとんどがこれに等しい感想だった。みんな「3時間無駄にした、死ね」といって散った。

しかし、俺はどうしても気になり、そのあと、この作品の真意を調べてみた。
出るわ出るわ・・・なるほど、あそこでなぜ、ばあさんたちが複数出るのか、
なぜ作品中に、老人のじいさんが1人も出ないのか・・・

この解説が一番わかりやすかった
http://darumagiku.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300319688-1
http://darumagiku.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2da/darumagiku/po3-3a048.jpg

そして、3時間も録画しておいた駄作映画を、今もういちど再び見直してみた。
すべてのストーリーが、繋がった。意味の無いシーンなんて、全く無かった。
最初にみたときに全く理解できなかった自分の想像力の無さに愕然とした。

直接的な表現を一切使うことなく、生命の物語を表現している。こんな作品は、
駿以外の凡人じゃ絶対に製作できんわ。考え方も思いつかないし、たとえ似たようなことを
思いついたとしても資金力も人望も使い放題の立場にある駿にしかできない。

なにいってんだアホかと思った人は、とにかく上のブログなりを斜め読みしてみるといい。
ポニョに対する視点が変わるはず。
一昨日に駄作と決定付けた俺の今の感想は、ポニョは、ほんとに凄い作品だと思う。


513 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 18:23:24 ID:F8Cl4RVm
コピペ?

514 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 18:39:23 ID:zX+3fp/y
>>512-513
超ゴジラVS宇宙飛行可能轟天

515 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 18:40:03 ID:zX+3fp/y
海底軍艦が宇宙飛行できるようになったとき、超ゴジラ同士の戦いが始まる

516 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 18:40:45 ID:zX+3fp/y
海底軍艦が宇宙飛行できたら最高です
これでどこへでも行ける
超ゴジラ同士の戦いが始まるが

517 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 18:41:26 ID:zX+3fp/y
これは最早危険である

518 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 19:39:21 ID:zX+3fp/y
海底軍艦

519 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 19:40:17 ID:zX+3fp/y
ふがくの存在が実在兵器・乗り物を鎧モスラにさせる
そして、ふがく自身をも鎧モスラ殺しにさせる

520 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 19:40:57 ID:zX+3fp/y
そもそも鎧モスラが消滅したのは、ふがく、お前のせいだ

521 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 19:43:10 ID:zX+3fp/y
ふがく、貴方はハンセン病患者とハンセン病学会を最萌厨と認定することでした
しかし、あなたは最萌アンチに詐欺を働いた
今から架空戦闘機が、あなたの超絶チートを終わらせます

522 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 20:11:10 ID:3Aku+GoX
>512
この崖の上のポニョの映画の底辺には、

宮崎駿監督が聖教新聞を皮肉って性教育新聞仕立てにした映画だろう?

あたしも何を言ってるか抽象的でわからんが。


523 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 21:26:33 ID:zX+3fp/y
>>522
ハンセン病患者、ハンセン病学会の手先に成り下がった萌え萌え2次大戦

524 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 21:27:18 ID:zX+3fp/y
エースコンバット7
ゼロパイロットの次回作
メタルギアソリッドライジング2
これらは危険だ

525 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 21:28:04 ID:zX+3fp/y
サイドワインダー
ゼロパイロット
MGS3
MGSR

526 :名無シネマ@上映中:2010/02/19(金) 21:28:44 ID:zX+3fp/y
MGS1
エースコンバット3
これらの対処は必要だ・・・
この4種類だな・・・

527 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 00:12:01 ID:GmHChs6s
股の下がモニョ

528 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 01:38:01 ID:lGoHbPs/
そりゃ寂しいねw

529 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 01:52:17 ID:LVPPFGCF















まんこ

530 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 11:27:53 ID:RUmXpooD
だめだな
最後はポニョゆるさ〜んとばかりに
巨大化したフジモトと大決戦でもやらなきゃ

531 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 11:46:15 ID:64Y7Qz7r
婆さん達は街を沈めたのがポニョであると知ってて許したんだろうか。
男の子のことをろくに知りもしないで、なぜフジモトは二人を許したんだろうか。
普通はこれらが障害になって愛を試される試練があるわけだが、
そこんところが省略されているので、尻切れトンボな印象だな。

532 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 12:42:37 ID:jCDOXbCB
>>527-531
萌え萌え2次大戦はミリタリーゲームではない

533 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 12:43:18 ID:jCDOXbCB
萌え萌え2次大戦はミリタリーゲームとして買った奴は愚か者
あれはなんだ?
ブライガーのゲーム版
ブライガーはゲーム化した!

534 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 12:44:14 ID:jCDOXbCB
萌え萌え2次大戦はブライガーのゲーム版である

535 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 12:44:54 ID:jCDOXbCB
ブライガーはゲーム化した

536 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 14:19:59 ID:ZH+6GL/s
>531
>街を沈めたのがポニョ

街を沈めたのはフジモトだろ?原因を作ったのはポニョだが、決裁者がフジモトだから。



537 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 16:31:18 ID:jCDOXbCB
>>536
お前のようなやつがいるから
ハンセン病学会乙

538 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 16:32:10 ID:jCDOXbCB
狼炎か・・・

539 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 16:32:50 ID:jCDOXbCB
今は、楽しみだ・・・

540 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 16:33:37 ID:jCDOXbCB
最後の戦いである

541 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 19:13:16 ID:jCDOXbCB
偉大

542 :名無シネマ@上映中:2010/02/20(土) 22:14:39 ID:jCDOXbCB
ノスフェラト完成(嘘)

543 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 00:06:23 ID:jCDOXbCB
2070年にジオペリア完成予定

544 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 00:55:04 ID:9dyVNmdf
ジェットインパルスでもやってればいい

545 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 00:55:52 ID:9dyVNmdf
宇宙大戦争、ジェットインパルスは傑作

546 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 00:56:33 ID:9dyVNmdf
ジェットインパルスのHELL2は高性能爆弾

547 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 01:18:08 ID:9dyVNmdf
ジェットインパルスは良質

548 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 01:18:49 ID:9dyVNmdf
超電磁砲ではYZX09がビックバイパーに落とされたな

549 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 01:19:38 ID:9dyVNmdf
超電磁砲2クール目ではビックバイパーがスーパーシルフを撃墜する

550 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 06:05:58 ID:oxPw+lx8
「ポニョ」が意味不明な本当の理由

1.鈴木敏夫が自分が考えたと称し「金魚姫の銀魚姫なココロ」をそのまま宮崎駿にを提案
2.宮崎はパクリとしらず制作を開始
3.制作が進んでしまった時点でパクリだとわかり宮崎が大激怒
4.しかしすでに億の金が動いちゃってるので中止にできず困り果てる
 (ここで制作遅延を発表)
5.ぱくったストーリーは全部修正
6.パクリをごまかすため「人魚姫」や「ワルキューレの騎行」などをあざとく印象付けて「金魚姫の銀魚姫なココロ」から目をそらす作戦に
7.企画当初のストーリーは壊滅状態、んでもって訳のわからないストーリーとなる
7.んでもって完成後、鈴木敏夫は社長クビ


551 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 07:47:20 ID:9dyVNmdf
>>550
hannsennbyougakkaiotu

552 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 07:48:05 ID:9dyVNmdf
禁書の痛戦闘機まだー?

553 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 07:49:12 ID:9dyVNmdf
禁書の痛戦闘機はエースコンバット7に出るべき
ガバラヲタしかいないし

554 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 07:49:55 ID:9dyVNmdf
ガバラヲタ向けの痛戦闘機
禁書カラーwwwwwwwwwwww

555 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 10:19:54 ID:9dyVNmdf
禁書カラーの戦闘機まだ―?

556 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 10:20:34 ID:9dyVNmdf
禁書カラーの戦闘機まだですか?

557 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 10:21:16 ID:9dyVNmdf
冥龍はエアリーズがモデル

558 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 10:22:14 ID:9dyVNmdf
冥龍は1946年に開発開始、1948年完成となっている
1949年運用開始

559 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 16:17:49 ID:9dyVNmdf
イラン最悪

560 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 16:18:30 ID:9dyVNmdf
イラン最低

561 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 16:19:11 ID:9dyVNmdf
イラン鬼畜

562 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 16:19:52 ID:9dyVNmdf
イラン最悪すぎる

563 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 18:33:50 ID:9dyVNmdf
いらんって最悪

564 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 18:34:39 ID:9dyVNmdf
イランは鬼畜

565 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 18:35:20 ID:9dyVNmdf
イラン鬼畜すぎる

566 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 18:36:01 ID:9dyVNmdf
イランはマジで鬼畜過ぎる
本当の鬼畜だ

567 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 21:29:52 ID:9dyVNmdf
禁書の痛機

568 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 21:30:32 ID:9dyVNmdf
超電磁砲の痛戦闘機

569 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 21:31:33 ID:9dyVNmdf
超電磁砲の痛戦闘機を出せ

570 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 21:32:20 ID:9dyVNmdf
禁書の痛戦闘機を出せ

571 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 23:06:47 ID:ga85DQZ0
映画の面白さよりも
ハムがすきっていうのがどうしても理解できないんだけどな
どんなうまいハム食ってんだよ

572 :名無シネマ@上映中:2010/02/22(月) 00:24:02 ID:wB8/wLmb
連投荒らしと同じくら意味不明だわ。
ほめる奴って狂ってるの?

573 :名無シネマ@上映中:2010/02/22(月) 18:34:54 ID:cdfYn5f3
ハムの前に血をなめてるし、あれはポニョの血と肉はソウスケが与えたって意味なんだろ。
逆に言えば、フジモトはポニョの血にも肉にもなっていないと。

574 :名無シネマ@上映中:2010/02/23(火) 10:24:34 ID:xvuNmfiI
ID:9dyVNmdfこいつぐらい頭のイカれたやつが出る映画だと思った
精子と卵子と言いきってるやつぐらい意味不明。これは生命誕生じゃなく死後の世界っぽい描写だらけだろ

575 :名無シネマ@上映中:2010/02/23(火) 12:57:28 ID:Y1unQteH
死後の世界というより、ファンタジー世界の印象。

ポニョは普通のファンタジー物と違って、ファンタジー世界が先にあって、その上に
現実によく似せたモノを再構築してる気がする。

だから現実世界も何か夢のような記憶のような危うさがある。

576 :名無シネマ@上映中:2010/02/23(火) 15:28:05 ID:Zc8BJZer
暗喩がちりばめられているのは間違いないんじゃないかと思うが、
それら全ての意味が繋がっている物かどうかは判らないな。
ただひたすら怖いイメージを積み重ねているようにも思える。

子供が見たらハッピーエンドだから安心できるけど、なんだか怖かった話として印象に残るんじゃないかな?

577 :名無シネマ@上映中:2010/02/25(木) 07:42:04 ID:z2IHwC3B
この度2月23日に発売いたしました「機動戦士ガンダム00スペシャルエディションIII リターン・ザ・ワールド」
(BCBA-3656 DVD/BCXA-0214 BD/BCUA-0179 UMD)におきまして、各ジャケット表4の監督表記に
誤りがあることが判明いたしました。


【内容】誤)「監督:角田一樹」→正)「監督:長崎健司」


収録内容やその他の表記に誤りはなく、ご鑑賞については問題ございませんが、ご購入のお客様に
おかれましては、修正いたしましたジャケットと交換させていただきます。

http://www.gundam.info/topic/3761


578 :名無シネマ@上映中:2010/02/25(木) 10:14:59 ID:l6C/TWv5
これ、キャラの行動原理がわからないからつまらないんだよ。
それぞれが何をしたいのか、どんな立場なのかを明確にしないまま
話が進んでいくからわけがわからないしつまらない。

リサや婆どもがたいした客観的説明もないのに
状況を素直に受け入れていたりする所も納得いかない。
視聴してる側ですら状況が理解できないのに
更に情報の少ないはずの登場人物どもが
知った風に不可解な状況に馴染んでるのが不自然過ぎる。

最低でも最初の段階で、フジモトの目的やポニョの存在の意味などを
ハッキリと明確に説明するべきだった。多少ベタになろうとも
その程度の説明的セリフはあって然るべき。
あれほどわけのわからんキティガイワールドなのに
意味深でわかりづらいセリフだけで「察してもらう」というのは酷過ぎる。

「察してもらう」んじゃなくて、目的や行動原理だけでも
ハッキリと明確にしないと見てる側はつまらないし疲れてしまう。


同じ理由でハウルもスッキリしない。
行動原理がわからないままストーリーが進行していくから。
逆に面白い作品はキャラたちの目的や行動原理がハッキリしている。
だから素直に楽しめる。

キャラの目的や行動原理を「察してもらう」だけで済ませようとするのは傲慢。
妄想世界にのめり込み過ぎて客観性が著しく損なわれてるという印象。

579 :名無シネマ@上映中:2010/02/26(金) 12:31:06 ID:ff0LJn+X
>>578
そうだね。物語としてのアニメの作り方が崩壊しているからそうなっているのだと思う。
声優が素人揃いであることも大きく影響している。リサとか宗介は操り人形みたいに見える。
あの世界のキャラクターは生きていない。

580 :名無シネマ@上映中:2010/02/26(金) 12:59:19 ID:RXIstr4L
一見尤もらしいことを言えるのに使う脳みその部分って
論理的なことを考えるのに使う脳みその部分とは違うところだよな
正常な人間は両方発達しているが前者のみ活発な人間の意見に弱い
良くも悪くも空気を読んじゃうというのか
後者がかろうじて生き残った人間は前者のみの人間が引っかかり過ぎて

一緒に実験台になろうや

581 :名無シネマ@上映中:2010/02/26(金) 15:05:06 ID:MTA0lrRv
前にフジモト=手塚、グランマ=ディズニー、ポニョ=和製アニメ説を唱えたが、
あんまりウケがよくなかったな。自分的には鉄板だと思ってるんだが。

582 :名無シネマ@上映中:2010/02/26(金) 17:53:46 ID:7FnRnsmz
じゃ俺はフジモト=デスラー、グランマンマーレ=サーシャ、ぽにょ=古代説を

583 :名無シネマ@上映中:2010/02/26(金) 18:00:29 ID:ff0LJn+X
「フジモト=手塚、グランマ=ディズニー」これは見たまんまにそうだね
ただ、これは見た目とか演出の話でしかないけど、そういう面ではこれは同意できる
グランマはディズニー臭すぎて受け付けられない

584 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 01:00:14 ID:t4mmFYRf
>>583
いや、演出と言うより、ハヤオの主張と言うか、本音そのものの中核じゃないかと。

手塚はディズニーの影響をうけて、和製アニメを生み出したが、それをちゃんと育てようともせず、
成長を封じ込めていたのを、自分が血(指のケガ)と肉(ハム)を与えて、まともなものにしたと。

宮崎アニメって、なんか主張がありそうに見えて、色々な要素を含ませてはあるけど、基本的には
ただのエンターテイメントで、主張らしきものはなかったと思うが、ポニョはロコツに「オレは凄いんだ」って
言うのを、裏側のストーリーとして組み込んでるのが珍しい。まぁ、最後だし、はっちゃけたんだと思うが。

585 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 03:11:51 ID:L/UiROuH
>>584
それはあなたの解釈でしょ。筋が通っているところもあるからから否定はしないけど。
>>583は、フジモトのキャラデザやグランマンマーレのキャラデザや登場シーンを含む
だいたいの人が印象を受けそうなものとして、手塚とディズニーというキーワードは合っていると思うということ。
でも、それが駿の真意だと、とか作品の中核だとは俺は思わない。
フジモトとグランマンマーレの前提は筋が通っていると思うけど
ポニョというキャラクターが「まとも」というのは理解できない。

例えば『もののけ姫』は、クライマックスに限っていえば「人間と自然の共存」というテーマが見えてくる。
『魔女の宅急便』であれば、思春期からの成長を踏まえて、子供から大人にならなければならないという
不可避の成長とか。
『ポニョ』に限らず、受け手が感じ得る主張はほとんどの作品に含まれている。
「宮崎駿の主張」しか「主張」といわないのならば俺は知らないけど。

586 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 10:06:19 ID:t4mmFYRf
スレチになるんであんまり深くは突っ込まんが、もののけは自然との共存とかあんまり
考えてないだろ。自然保護をして里山にしても神様消えちゃうんだし。

単純に、古来の神々と人間の戦いってだけの話。

宮崎アニメって現実の問題と対応がほとんどないのに、ポニョは唐突に自分語りしてる。
まぁ遺言とおもって見とけば良いと思うけど。

587 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 12:27:23 ID:L/UiROuH
>>586
日本の場合、神は神話から生まれたりするけど、神話というのは自然との共存そのものだ
アシタカの葛藤は人類の悩みでもある
『ナウシカ』にも『トトロ』にもそういうところはある
これは作品の主張であって、駿の主張だとは考えていないが

588 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 13:55:29 ID:7LHNnsoE
>550

「小田急ロマンスカー」が意味不明な本当の理由

1.生方良雄が自分が考えたと称し「1961年6月デビューの名鉄パノラマカー7000系」をそのまま小田急社長に提案
2.小田急はパクリとしらず制作を開始
3.制作が進んでしまった時点でパクリだとわかり小田急社長が大激怒
4.しかしすでに17億の金が動いちゃってるので中止にできず困り果てる
  (ここで制作2年遅延を発表)
5.ぱくった前面展望車は全部SE連接車両に修正
6.パクリをごまかすため「60000形MSE」や「30000形EXE」などをあざとく印象付けて
  「前面展望車」から目をそらす作戦に
7.鉄道用語の当初のロマンスカーの定義は壊滅状態、んでもって訳のわからないロマンスカー物語の本を出す
8.んでもって完成後、生方良雄は退社し、家賃不要バス・トイレ完備の経堂生活



589 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 14:54:51 ID:eAhhqmYg
>>586
> 単純に、古来の神々と人間の戦いってだけの話。
うーん。そうかね?トトロ的な安易に共感できる「素敵な自然」に対するカウ
ンターのように感じたな。ウケたのは良いけれど、それだけと思ってもらっちゃ
困る、みたいな。自然は命を育むが同時に奪いもする。タタラを踏まずにはい
られない人間が簡単にコントロールすることはできない。あと、やっぱり死と
再生。

> 宮崎アニメって現実の問題と対応がほとんどないのに、ポニョは唐突に自分語りしてる。
これもそんなことは無いと思う。千と千尋以降顕著。


590 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 17:12:18 ID:zxKFlZnG
トイストーリー3にとなりのトトロが登場
http://www.momocafe.oheya.jp/blog/archives/2010_2_19_762.html

591 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 19:58:03 ID:tRdOWA3w
崖の上でUNO

592 :名無シネマ@上映中:2010/02/27(土) 20:51:54 ID:+qCwnOR0
>571
>ハムがすきっていうのがどうしても理解できない

日本で1番売れてるハムが日本ハムだろ?
映画制作中の日ハムは日本シリーズ出てたろ?
鈴木敏夫はドラゴンズフアンクラブ名誉会員だから、
ハム食って「中日・日本一目指せーオーッ!」が込められてると思う。


593 :名無シネマ@上映中:2010/02/28(日) 00:47:23 ID:DkER7eAn
でもって中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一になって、お祝いのことばが『赤福』になってた

594 :名無シネマ@上映中:2010/02/28(日) 13:12:19 ID:KV6xMjBL


津波最新情報


津波第一波は、アリエッティの身長と同じ高さ



595 :名無シネマ@上映中:2010/02/28(日) 14:58:54 ID:0JAcrUxP
ポニョが来るのか。ついに。

596 :名無シネマ@上映中:2010/02/28(日) 17:42:39 ID:pfiNMrDU
たぶんチリの地震もこれからくる津波も宮崎にいわせればポニョと宗助の愛なのだよで済ますんだろうね

597 :名無シネマ@上映中:2010/02/28(日) 19:45:54 ID:99gBHtm7
ポニョの愛欲のせいというのは、神話的に考えれば妥当だろう

598 :名無シネマ@上映中:2010/03/01(月) 11:20:49 ID:vKDIbuBj
パヤの射精みたいな津波だった

599 :名無シネマ@上映中:2010/03/03(水) 19:27:31 ID:Fvbu8LWX
ww

600 :名無シネマ@上映中:2010/03/04(木) 17:33:03 ID:H8eDSCAp
リサ25歳かよ…若いなあ、32くらいにしとけばまだ
でもポニョが人間になって宗介が身元引受人ていうのは一般大衆とのズレを感じた
夢があるで終わらせて良い話じゃないよね
あれは完全に人間にはできないけど、たまに遊びにいくくらいならいいですよっていう
ラストにすればよかったんじゃ…あとそのときはちゃんと津波も起きない仕様にしてもらって


601 :名無シネマ@上映中:2010/03/04(木) 21:55:49 ID:YLG/iQYq

この『崖の上のポニョ』の映画の『底辺』にあるものとは、

宮崎駿監督が、

社長に勧められた日本最大の固定読者がある『聖教新聞』の韻を踏んだ『ダジャレのオヤジギャグ』で、

『性教育新聞』に仕立てにした映画ということ。

そう見ると、物語もエンディングも見えないものも見えてくる。

抽象的で宮崎駿もわからんかもしれんが・・・。




602 :名無シネマ@上映中:2010/03/05(金) 12:56:06 ID:Ss0vRbux
それから宗介の家には毎年シーズンになると、ポニョの養育費代わりとして、
立派なクロマグロが1本届いたのであった。 おわり

603 :名無シネマ@上映中:2010/03/05(金) 22:01:12 ID:Io/LZMTN
元お魚で、たまに半魚で、魔法が使えて、魔法で故障も治して
船のおもちゃを大きくしたり、そんな不思議な女の子だから
大好きなポニョだったんだと引き受けた宗介が気づいてしまう話が作れそうだなあ
そしてポニョは1年後くらいにやっぱ海に戻るみたいな
ネガティブかね

604 :名無シネマ@上映中:2010/03/19(金) 21:55:25 ID:dZa4Chwa
なんで映画と同じ桃色のポニョは売ってないの?
歌詞のポニョは、まっかっかなのに、なんで映画の中のポニョは桃色なの?

605 :名無シネマ@上映中:2010/03/20(土) 03:37:06 ID:sq4GXfx9
ポ、ポニョ、こ、これも大きく、はぁはぁ

606 :道徳 ◆0M5mKYppic :2010/03/20(土) 13:01:25 ID:YxQv9jfy


リサ〜は、元気〜♪



607 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 10:26:58 ID:yTv+03i+
>605
なにしろポニョとチンポの合計画数は同じだからね。米国人には永遠にわからん謎だろうが。「うっしし」の宮崎駿

608 :名無シネマ@上映中:2010/03/21(日) 12:03:28 ID:NBkvsR5X
うしししししって笑うよな。下品すぎ。鼻の穴の開き方が東南アジア人風。ガバッと開いてる

609 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 00:56:51 ID:13Gk8PCg
東南アジア人風って言うたって、
ポニョの声やってた奈良柚莉愛ちゃんだってジムシィだし、笑い声いっしししだし、
ジブリ汗まみれの気持ち悪い声の伊平容子いっひーは、笑い声いっひひひだし下品だよね

610 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 13:06:30 ID:M+IcSeo3
ポニョが洪水を起こして地球の陸地は全て海面に没して人間は全て死に絶えたみたいに解釈している
意見も少なくないのですが、そうなった場合宇宙の国際宇宙ステーションに長期滞在している宇宙飛行士
達は死ななかったのでしょうか?

611 :名無シネマ@上映中:2010/03/23(火) 16:27:08 ID:19tr4xWp
>>610
洪水で、宇宙にいる人間は死にません。人工衛星といっしょに宇宙ステーション
も地上に落下したのなら話は別ですが。
さて、人類はさまざまな場所に暮らしています。海抜数千メートルの高地に
生きる民族もいます。もし、彼らも水死させようと思ったら、物語の舞台に
なった海沿いの地域は、完全に水面下に没していないとおかしい訳ですが。

612 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 02:28:23 ID:JTa8vvoW
長野県内の殆どの市街地は標高400m以上なので恐竜が絶滅したと言われる300m級の津波が来ても大丈夫なのです






613 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 11:48:28 ID:2D5W7qi0
でも2012では1500メートル級の津波が押し寄せたんだぜ

614 :名無シネマ@上映中:2010/03/25(木) 22:39:01 ID:thvft6ME
でもビーナス・ラインは1600メートル級の標高を約38km続くから1500m級の津波が押し寄せても大丈夫

615 :名無シネマ@上映中:2010/03/26(金) 01:20:39 ID:8q+RfVEh
気象庁は25日午前、九州西岸を中心に24日午後10時ごろから
「ポニョ」と呼ばれる周期的な海面体の上下運動が続いており、
港湾の船舶などに被害が生じる恐れがあると発表した。
長崎市では周期35分で、海面の山から谷の高さが最大約10メートル、
鹿児島県枕崎市では周期13分で、同約70センチという。
日本列島の南海不動産上に前線があり、この影響で気圧が短時間で急に上下していることが、
ポニョにつながっている可能性があるという。
沖縄地方では、前線の通過に伴い、強い風が吹き、
海上は波が高くなっており、同庁は注意を呼び掛けた。 


616 :道徳 ◆0M5mKYppic :2010/03/26(金) 11:41:33 ID:79St7t4j
リサの声は山山口智子がやっているけど、あんな声だったっけ?

617 :名無シネマ@上映中:2010/03/26(金) 21:38:56 ID:hz/TOMlq

リサといえば、

ポニョがラーメン食ってポニョ寝かせたあとに、

「動いてる誰かあそこにいるんだわ」「ヨシエさんたちかな」と宗介と一緒に出窓を覘く時、

リサの股間の高さが、

床下から出窓の出っ張りの高さと丁度同じなので、

標準的な出窓の高さが分かれば、

リサの身長の正確な高さが当研究所の股間方程式によって導き出せる。



618 :名無シネマ@上映中:2010/04/09(金) 15:23:34 ID:HJlE7RHG
もうジブリ(というかハヤオ作品)に興味持てなかったけど、
こないだ家族が借りてきたのでやっと見たw

まあ大人が見たら突っ込んでしまうけど、子供にはいいんじゃない?
ていうのが見終わって最初の感想。


619 :名無シネマ@上映中:2010/04/11(日) 12:32:19 ID:bR/4c108
見ながらいっつも同じような所で寝てしまう
結局最後まで見れねー


620 :名無シネマ@上映中:2010/04/14(水) 23:28:44 ID:Jn9h9RPx
最後まで見れないよな。退屈になる。

621 :名無シネマ@上映中:2010/04/15(木) 14:26:05 ID:1uZmsmp1
まー、子供向け作品だから。
でも完成試写で当のポニョ声優と主題歌のぞみが映画に集中してなかった
のでパヤオさんは不安になったそうだが・・・

622 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 22:25:57 ID:wU4zlTa3
監督に起承転結というのを教えてあげたい

623 :名無シネマ@上映中:2010/04/16(金) 23:34:48 ID:ezrDQKFb
いま初めて観た。
そうすけの寝癖を治してあげなかったり、ちゃんと保育園まで送ってあげなかったり
虐待・・・というかそれに近い教育をしているんじゃないかって心配になってしまった。
母より女なのかな。

624 :名無シネマ@上映中:2010/04/21(水) 18:13:28 ID:O8HDfVig
ふーん…
>>623が心配だわ

625 :名無シネマ@上映中:2010/04/23(金) 11:44:23 ID:+PhnDw5j
>>623
童貞おつ

626 :名無シネマ@上映中:2010/04/24(土) 15:50:53 ID:j/s9zg95
ポニョはこうして生まれた見ると
コンテのラストの方で
「あと手間考えると、あんまり凄いことできないな」って言ってたな

627 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 05:06:13 ID:1dlc6qAu
>>623
多分「母より女」みたいな描き方はわざと入れてる。
ただそれを否定も肯定もしないようにしながら。

最近はそういうのはダメだと力説したところで、結局子供達にとってのリアルは
そういうもんなんだからって、達観だか諦念だかもってるみたい。

628 :名無シネマ@上映中:2010/04/26(月) 14:32:24 ID:mizFGuyd
友達からDVD借りたんだが、
何か音が妙に聞き取りづらいなあと思ってたら、
突然、画面の前を実写の人間が横切った
これって例のヤツかw

629 :名無シネマ@上映中:2010/04/28(水) 13:16:59 ID:dRkKJZ9m
「ポニョはこうして生まれた」を観てわかった。

ポニョが海の上を元気に駆け回る、ただそれだけがしたかった映画なのだ。

630 :超高次元神 ◆j.Ypl7DW.o :2010/04/29(木) 02:09:53 ID:nRXli8bZ
崖の上のポニョは映画の頂点だぞディズニーを軽く凌駕してるし。

631 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 04:18:47 ID:HLnEVPI3
だって、妖怪金魚が少年と出合って、人間に化けて人間になる映画だからね。
ピノキオのパクリだな。

632 :名無シネマ@上映中:2010/04/29(木) 11:06:50 ID:1VBwF5u1
>>629
個人的にはポニョけっこう気に入ったんだが、
あれがなんなのかというと、萌えアニメだったんだなぁって思う。
らきすたとか、あずまきよひこの漫画とかみたいな、
キャラが動いて喋ってあ〜かわいい、で、おしまい。っていう。

633 :神デジモン ◆j.Ypl7DW.o :2010/04/30(金) 12:17:33 ID:o+aoDYoU
妖怪人間べムのパクリ。

634 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 00:52:22 ID:JSkTUnAE
こんな映画にマジになっちゃってどうすんの

635 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 14:41:51 ID:3i+Hthq0
>>632
乏しい感性で可哀そう

636 :名無シネマ@上映中:2010/05/01(土) 18:20:22 ID:GPAm5Q4j
ポニョマンコかゆいの

637 :名無シネマ@上映中:2010/05/02(日) 14:03:20 ID:bu1d/SPU
アニメでこれだけ出来るんだってだけの映画でしかないとは思う。

638 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 02:39:35 ID:KG2PAbcZ
めくら乙

639 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 14:27:35 ID:4X3rIqK4
そういう言い方をするから建設的な議論に発展しない

640 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 22:44:31 ID:8Cr/xil0
うん
めくらにめくらと言ってやるのは建設的だ

641 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 02:52:55 ID:zgf3new3
いや、単純につまらないだろ、これ
俺はこれからも叩き続けるよ
つまらんものはつまらんと言わないと教祖も信者も増長するからな

642 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 03:21:44 ID:i8s6N8Jh
>>640みたいなカスは放っておけ
教祖のものなら排泄物でも喜んで食べるほど洗脳されとる

643 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 05:03:46 ID:i8s6N8Jh



























>>640

644 :名無シネマ@上映中:2010/05/05(水) 02:34:09 ID:f0I6DQXb
つかそもそも「しょうがない」って時代感覚もってないと無理やね。

ただむしろ驚くのはこんだけいっぱい「しょうがない」って感覚を持ってないで
のんきにここまで生きてこられた奴がいるって現実。

はるかに本質的な問題をガン無視して、子が親を名前で呼ぶのがどうだとか
クソどうでもいい事であーだこーだ言ってられるくらい危機感皆無だってのは
まぁある種の強さだけどw

645 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 02:56:35 ID:f20jjfZv
>>641
ストーリーを追わなければ、十分楽しい。
その意味で、アニメでこれだけのことが出来るんだと見せ付けてくれたと思う。

646 :名無シネマ@上映中:2010/05/06(木) 23:02:53 ID:6S6FPTCs
そうそう。
ストーリーよくわかんないのになんでこんなに気に入ったのかなー
って考えると、ポニョが生き生きと笑ったり走ったりしてるのがひたすら楽しい。
ひとつひとつの動きがすごく細かく描かれてる。
632で例に出した「よつばと!」にストーリーがないのに何度も何度も読み返しちゃうのは
なんでもないやりとりや表情のひとつひとつが絶妙だからであって
萌えっていうと安易に聞こえるかもしんないけど、
「ああ、かわいいな、いとしいな」ってじんわりくる気持ちになる何かを
丁寧に丁寧に描いてるからポニョってあんなに可愛いんだなぁと思う

ある考察を読む機会があって、いろいろ深読みできるように出来てて
意外とすごい映画だったのかも、とも思うけど

何も考えずただみてるだけでたのしい、
笑顔につられて笑って、泣き顔につられて涙がでそうになる
何気ないのに生き生きしてる、っていう描写力がはんぱないとは思う。

647 :名無シネマ@上映中:2010/05/07(金) 07:23:32 ID:8qpLx5qS
親を名前で呼ばせるなよ

648 :名無シネマ@上映中:2010/05/07(金) 08:23:07 ID:ptT6o/wQ
>>647
DTの癖に

649 :名無シネマ@上映中:2010/05/07(金) 08:58:39 ID:C3/L+UAD
646の言ってる事は良くわかるよ。そもそもこの映画そこにしか価値は無い。
ストーリーは「無い」んじゃんくて「ひどい」と思う。
だからストーリーの存在は無視するしかない。滅茶苦茶だから。
ポニョが起こした大津波で水没した町は被害総額どれくらいになるかわからん。
母親はそれを叱りもせず人間に預ける。ポニョってこれから何処に住むの?
養育費は誰が払うの?子供手当ては出るの?水没した町の人はどう思うの?

考えたら負け。ストーリーは無視するしかない。

650 :名無シネマ@上映中:2010/05/07(金) 17:52:41 ID:s7gU9GxO
つまらなかったな
ストーリーも途中から意味不明だし

651 :名無シネマ@上映中:2010/05/09(日) 15:46:47 ID:9edwWogs
多分、あのストーリーを本当に理解できるのはハヤオだけなんだよ。

前にも書いたが、ソウスケ=ハヤオ、グランマ=ディズニー、フジモト=手塚治虫で、
ハヤオには分かるストーリーが中にあるんだと思う。老人の回顧録だね。

観客は置いてきぼりだから、映像だけみるしかないわな。

652 :名無シネマ@上映中:2010/05/09(日) 16:21:35 ID:Ztk9L6yI
テスト

653 :名無シネマ@上映中:2010/05/13(木) 04:39:27 ID:29bS96SP
>>651
いや普通に過去の作品を能動的に観て、時代性とかまで含めて理解してれば
普通に「あぁ、やっぱそこに行き着くしか選択肢はないよね。」って納得できるじゃん。

ポニョが初めてだとしたら少しハードルが高くなるだろうが、
それでもちゃんと時代を捉えて生きてりゃやっぱそうかと納得するでしょ。

だって真剣に考えたらああいうシンプルなごり押しに行くしかないじゃん。

ちょっとでも他所見すりゃ俺やお前らのような、生きてても死んでても変わらない
ゴミどもの中に埋没するだけだし。

まぁちと厳しいのは、幸か不幸か現代の日本に生きてない人くらいだな。

654 :超高次元神 ◆j.Ypl7DW.o :2010/05/14(金) 01:22:34 ID:gGimU2Z4
崖の上のポニョに六百六十六本の矢を刺せ。

655 :名無シネマ@上映中:2010/05/14(金) 19:26:58 ID:Ilf9xI4C
>>653
「そこ」ってどこだよ。

656 :名無シネマ@上映中:2010/05/15(土) 06:50:18 ID:A0qtd/l1
>653
理詰めで行き着いてる感じがいかにもで嫌だな。
コミュニストの演説聞いてるみたいだ。

657 :名無シネマ@上映中:2010/05/15(土) 08:35:34 ID:cTg+8T5y
>>653
理解は出来るけど納得はできないね。
行き着いた「そこ」があそこじゃどん詰まりだろ。

658 :名無シネマ@上映中:2010/06/21(月) 00:42:46 ID:oZKU9/k6
今日初めて見た

ストーリーや設定は空っぽで糞だと思ったけど、
登場人物全員が好きになれた
なんか愛しいというか

あと絵も、落書きみたいなタッチだけど
いちいち細かい

金魚ポニョが居なくなったとき、
車でソフトクリーム舐めてるソウスケの泣き腫らした目とか

659 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 08:06:05 ID:cMq6Hms4
この映画でハヤオが言いたかったことは
フジモトのセリフに集約されている。

「いつまでも幼く無垢であればいいものを」

660 :名無シネマ@上映中:2010/07/04(日) 21:53:40 ID:Myi+/aMQ
>>659
しかしそうならずに成長していくってラストが
「これが現実」って吐き捨てている感があるよね

661 :名無シネマ@上映中:2010/07/07(水) 13:55:16 ID:Uqom2phK
そうそう、まさにオレたちのチンコを象徴している作品だよな

662 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 23:07:55 ID:LcANahuN
でもこの作品でアリエッティの監督さんが注目されたんだから
存在意義はあったよね

663 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 21:20:37 ID:Is92Qxaz


664 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 21:22:20 ID:Is92Qxaz
遅刻しちゃう〜!と大急ぎのリサカーと曲がり角で正面衝突してリサと知り合いになりたい

665 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 23:02:08 ID:GH66aHWU
しめしめ

666 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 23:18:05 ID:KfX4HwEL
「しめた!」とか今時の子供言わないしw
突っ込んだらキリがないんだけど、いちいち古臭い

667 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 04:45:49 ID:VQh8EQ5u
ぶっちゃけ、パヤオ専用脳内萌えアニメ以外の何でもないこんなもん作っておいて、
よくまぁ他のものをオナニーだの何だの扱き下ろせるよな
同族嫌悪か

668 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 23:22:38 ID:wNiXT/bj
しめしめとかじょうじょうって
なんか絵本だとかの気に入った
口語りをそのまま
口にしてるんじゃないだろうか。
そういう年頃だよ

うちの子は幼稚園だが怒るときは
堪忍袋の緒が切れました!!
とか言うんだぜ

669 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 22:19:58 ID:VF02UjlB
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000562-san-ent
「子供とポニョを…」アンジェリーナ・ジョリーが会見 映画「ソルト」PR

やっぱ子供には人気だなポニョ

670 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 23:38:17 ID:tQgJutsG
そう感じた。
とくに「上々だねえ」ってのはテレビとかで聞いた言葉を
気に入って口にしている感じがして、
それはまた子供っぽくて好感が持てる。

212 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)