5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【貿易】北方四島・択捉に日本製のイクラ分離装置、技術者も訪問--日本外務省が問題視 [07/27]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/07/27(火) 23:40:36 ID:???
北方四島の択捉島にあるロシアの水産加工会社ギドロストロイに、北海道のメーカーが
製造したイクラ分離装置が日本の商社経由で納入され、加工場で使われてきたことが
27日、分かった。同メーカーの技術者ら日本人2人が装置の整備のため、ロシアの
査証を取得して24〜26日に択捉島を訪問しており、日本外務省は「ロシアの管轄権を
認めることにつながりかねない」と問題視している。

日本政府は日本人がロシアのビザを取得して北方四島を訪れたり、北方四島でロシアの
法に従って経済活動を行うことは、ロシアの実効支配を認めることにつながるとして
自粛を要請してきたが、実際には日本や第三国の国民による入域が絶えない。
今回、新たに日本人の訪問や装置納入が判明したことで、原則がなし崩しになるとの
懸念がさらに強まりそうだ。

外務省ロシア課は「ロシア側の枠組みに従って四島に渡航するのは問題。個別の状況を
見て指導するかどうか決める」としている。

ギドロストロイは北方四島の基幹企業で、豊富な水産資源を基盤に急成長。同社によると、
択捉島を管轄するクリール地区の税収の約8割を納めている。

◎ソース
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072701000867.html

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)