5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【コラム】「日本国債への評価」が国内外で雲泥の差:外国人が無視する日本の事情 [10/03/27]

1 :本多工務店φ ★:2010/03/28(日) 00:01:01 ID:???
世界中の国で財政赤字の拡大が議論され、「ソブリン」リスクが議論されています。
財政赤字の拡大が続いている日本は、外国人の目から見ると破綻する可能性のある国に見えるようです。

外国からの評価が低い日本国債

日本に対する格付を見てみると、なぜか外国からの日本に対する評価が低いことに気付きます。
日本国内に本社を置く格付会社のR社やJ社では、日本の格付が最も高い「AAA」なのに対し、
米国が本社の会社では「AAA」「AA+」に次いでランクが低い「AA」となっています。

ランクの差は高々2つですが、意味合いはまったく違います。
「AAA」とは、1年以内に破綻する確率は限りなくゼロなのに対し。「AA」では1年以内に破綻する可能性があるという判断です。
そして実際に「AA」の企業が1年以内に破綻した実績が過去にはあります。この差は一体どこから来るのでしょうか?

外国からの評価が低い理由

外国の格付機関が「AAA」から「AA」に2段階差をつけるのには、大きくわけて2つ理由があると考えています。

理由その1 「日本の将来性」

1つ目の理由は、日本の将来性に関する複合要因です。
日本の財政の悪化はもちろんですが、財政が悪化している理由、
高齢化、少子化、潜在成長率の低下、政治のリーダーシップ不全などなど、すべて複雑に絡み合った理由です。
バブル崩壊以降、「失われた10年」といわれたのが、最近ではいつの間にか「失われた20年」という言葉を聞くようになりました。
将来に希望が見えません。国債の残高/GDP比率などさまざまな数字も確かに先進国の中で突出した悪さです。
格付会社としては、「AAA」はつけにくいのが本音なのでしょう。

理由その2 「日本を知らない」

2つ目の理由は、自国バイアスです。一言でいうと外国人の日本に対する知識不足です。
外国の格付会社は、日本のことを知っているようで知らない可能性があります。
次のような事例があります。
実は、国債のみならず一般の事業会社の格付も、日本の格付会社と米国の格付会社で常に異なります。
日本の格付会社は、会社と金融機関との密接な関係などを考慮して格付を付与するのに対し、
米国の格付会社は、基本的に純粋に財務諸表などを比較して格付を行います。
理由は極めて単純で、米国ではメインバンクという存在が希薄なため、
米国の格付アナリストが「金融機関との関係の重要さ」を判断できないからです。

米国の格付会社が日本関連の格付を決定する際、米国本社と日本支社で電話会議を行うことが多いと聞いています。
その電話会議では、日本にいる1人の格付アナリストが、電話の向こうにいる複数の米国格付アナリストを説得するという形式になります。
日本側のアナリストの立場から見ると、米国流、しかも話の通じにくい電話会議の場で
「金融機関との厚い信頼関係」を取り上げても理解してもらえないことは想像に難くありませんし、
たとえ理解してもらえたとしても、他国に同様な例が少ないため評価が出来ないというのが実情でしょう。

一方、日本の格付会社は日本の事情を良く理解しています。
なぜ誰が日本国債を買うか、企業同士の付き合いがどうなっているか良く知っています。

>>2に続く

ソース:MONEYzine 日本経済に生じている問題にフォーカス!課長 今調査役
http://moneyzine.jp/article/detail/183964

2 :本多工務店φ ★:2010/03/28(日) 00:01:23 ID:???
>>1の続き

2003年以降「日本政府はメガバンクを潰さない」という見方が広がった時、米国格付機関はこの見方に懐疑的だった一方、
日本の格付会社はこの見方を格付に取り入れました。
どちらが正しかったか判断は難しいですが、結果として日本のメガバンクは今でも存続しています。

米国の格付会社が日本を正しく評価できないように、日本人である我々が米国を正しく評価できているかどうかという点について、
我々も振り返ってみる必要があるのかもしれません。

結局日本国債は危ないのか

さて前置きが長くなりましたが、結局日本国債は危ないのかどうか、の本題に入りましょう。

ソブリンリスクでいろいろ騒がれている日本国債ですが、
私は結局のところ100%安全であり、100円の日本国債は100円で返ってくると考えています。
日本は外国からお金を借りていません。
逆に外国にお金を貸しており、米ドルも100兆円単位で持っています。
外国からお金を借りていないということは、国債はほぼ全部円建てです。
円建てである以上、自分が通貨の発行権を持っているので確実に償還が可能です。

何かがあれば通貨が調整

「通貨取引を制限していない先進国の国債はデフォルトしない」、
これは知り合いのU証券のAエコノミストの意見なのですが、私もまったく同意見です。
最近の韓国、イギリス、米国も何か問題発生した場合、まず通貨が調整しました。
過去破綻した国の例を見てみると、通貨をペッグしたり取引制限をしたり、
通貨取引に何らかの制限をかけていたことが状況を悪化させました。

前回40回でも書きましたが、本当に日本が危ない場合、大幅な円安になります。
輸入物価が上がるため国内はインフレになります。
金利が上がりますが、インフレで税収が増えるため財政赤字のGDP比は減る可能性が高いです。
円が安くなるため輸出産業の競争力が増加します。
いいことばかりではありません。
円が安くなってしまうので、世界で見れば日本人の資産は減少します。
ドル建てで測定されるGDPの世界順位も額実に低下します。
国内ではインフレのため、年金生活者や低所得者の生活が圧迫されます。
確実に国民の生活は悪化します。

ただどんな状況になっても円建ての日本国債は100%償還されます。
実質価値はインフレや円安などで世界的に見れば大きく毀損することになると思いますが、
100円で発行された国債は100円で返ってきます。
繰り返しになりますが、円建てであるため、返ってこない理由がないからです。

日本国債の安全性への正しい理解を求む

日本国債市場に何らかの異変が生じた場合には、確実に円は暴落し国民生活は疲弊します。
第37回で書いたように「国債の利払い費」の増加がそのトリガーになる可能性が高いと思っています。

ただ、それらの混乱と日本国債の償還可能性はまったく別の議論です。
米ドル建てで取引されている日本のソブリンCDSは、通貨の変動を折り込んでいくので大きく動く可能性が高いです。
ただこれも円建て日本国債の償還可能性とどれだけ関係があるの全く分かりません。

市場には間違った情報が氾濫し、格付会社でさえ大きな誤解を修正できずにいる可能性があります。
市場ではそれら正誤不明の情報を元に取引が行なわれ、ニュースを騒がしています。
残念ながらそれが悲しい現実です。
正しい情報を正しく理解する努力が常に求められています。

3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:03:40 ID:0654CqRX
>>1
いつも、日本の国債は国内で消化されてるから他の国のように心配しなくていいと言ってるのに、
何で外国人の評価を気にする必要があるのか?w

4 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:04:57 ID:KUX73VNd
>>1
つまらない記事

5 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:06:39 ID:hjBrobb0
日本人はバカなので、正しい情報を伝達できない。いつもそう。

6 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:07:18 ID:zZtayLNj
 _______                               _____
(_____  )            /⌒/  l⌒l O          (___  ___)        l⌒l
      / /  ______   /  /   |  |  ______    ___| |___    l⌒l_|  |_l⌒l
    /  <  (______) /  /   |  | (______)  (___  ___)    └─┐ ┌─‐┘
  / /\ \          /  /    |  |            ____| |__0    l⌒l_|  |_l⌒l
 (__ノ   \__)        (__ノ     (___)           (_______)  |________|




7 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:07:23 ID:YEcD4vgR
ゆうちょ限度額増やして、大赤字国債買支え

8 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:07:45 ID:xOn43Nai
大学生のテストの答案みたな文章だなw

9 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:08:15 ID:bJF8zXxk

>>2
なんでこんなウソ記事を書くの?
ていうか、国債を買う機関投資家の人間が、こんな記事で騙されるわけが無い。
つまりは、国民を安心させるため?
・・・ひょっとして、個人向け国債を売りさばくため?www


10 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:09:37 ID:vKgvyi+Q
「円が暴落する可能性はあるが、円建国債は必ず償還される」
…これって外国人投資家にとっては意味ないと思うのだが。
外国人投資家にとっては、円の暴落=投資元本の毀損を意味する…。

11 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:09:52 ID:e9yaWfiY
ぶっちゃけ、先進国(日本だけでなく欧米含む)は借金返済なんてもう絶対無理なんだから
堂々と借金しろw
本当ににっちもさっちもいかなくなったら日欧米で一斉に徳政令やって
世界ごと道連れにすればいい

12 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:11:30 ID:trcGNahP
適度な円安は日本の為になる筈だけど
過ぎたるは及ばざるが如しってあるし、行き過ぎは良くないわな。

日本の国債はほとんど日本で捌くから、安定してるって聞いた。

13 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:12:35 ID:/SinOL4N
国債は5年後くらいに国内で消化できなくなるって
大蔵省か日銀のトップをやった榊原氏と、
何処かの経済学者が言ってたぞ。

14 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:12:44 ID:yOwplxQ+
じゃあもう税金はゼロにして、内国債で国を運用しようぜ!

15 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:15:15 ID:i5wxizju
>>1
なんだこの糞記事
こんなのを撒き散らすなよ

16 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:15:29 ID:xam5XSaD
日本は800兆の借金をしているが、700兆円の資産を持っていることは
なぜか全く取り上げられない

17 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:15:52 ID:avyObDR1
>>13
だったらそれをハトポッポに言ってこい>榊原

18 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:16:27 ID:0654CqRX
>>13
そんなこと、もう2年前からジップラ上でも頻繁に言われているよ。

19 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:16:46 ID:e9yaWfiY
>>13
この前ブックオフに行ったら
「2003年日本は破産する!」みたいな本があったお

ぶっちゃけ何が本当なのかもう全然わからん
「20XX年に世界が滅びる」みたいな話と大して変わらん気がするが・・・

20 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:18:05 ID:OdvtQmR9
国際より、宝くじを世界中に売りさばいたらええがな
一枚1000円ぐらいで、1等賞金10億円とか
世界のどこからでもネットで買えるようにしたらええ

21 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:20:32 ID:OlV5k+kD
むかーしリーマンブラザーズという会社が有りました
その会社は優秀とされ格付け会社は高い評価をしました
しかし何という事でしょう世界大恐慌により大赤字になってしまいました
結果格付け会社は舌の根も乾かぬうちに十段階も評価を下げましたとさ


22 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:21:23 ID:UUohL/X3
>>1は勘違いしている
アメリカ人の知っている有名な日本企業は、アメリカ人にとってアメリカの会社なんだ

23 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:21:54 ID:gjtkwtNL
>>10
だから日本人は外国人のいうことに反応する必要がないということ。
日本国債は日本人だけのもの。すべてが日本国内で完結してるので
円が暴落しても100円は100円で戻ってくる。ドルやユーロで
日本国債を買う人はいないわけでしょ?

24 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:22:16 ID:6/pkXuif
長期金利上昇、インフレ、円安になっても、デフォルトは今後10年100%ない
これは常識だろww
破綻とかデフォルトなんて妄想してる馬鹿はシネw

25 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:23:20 ID:7Wib4M8c
安定しすぎてるからつまらないんじゃね

26 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:23:59 ID:8d3sxbeg
あーマトモな記事はツマラン。

ゲンダイのようにトんだ記事じゃないと面白くないという体質になりつつある。
ヤバいな本気で。


27 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:24:33 ID:6/pkXuif
>>21
保有資産に300倍もレバかけて運用したらそんな事になっても不思議はない

28 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:24:37 ID:Kd5Lg7GD
評価が高かろうが
どうせ外人は日本国債なんて買う気なんてないんだろ

この記事全く意味なしw

29 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:24:41 ID:/nDRLiVu
直接金融で素早くリスクマネー供給受けるのがデフォな世界の競合相手に、
担保欲しがる動きの鈍いメインバンク頼りの商売やってる事自体が、
リスク要素だと思われてるだけじゃなかろうか。

日本の企業が銀行説得してる間に、他所の国の企業は社債発行して金集めて、
既に事業始めちゃってるくらいの差がある。

30 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:25:14 ID:p5rJ/uJ+
こんな利息の低い国債じゃ外国人は買わないだろ

国内で裁くしかないよ


31 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:26:41 ID:lRbMOke4
日本は絶対デフォルトしないよ
マスゴミのネガキャンにだまされるな

32 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:27:20 ID:yNssCv7N
>日本政府はメガバンクを潰さない
債務超過になってもいない。
計算方法を変更すると、自己資本比率8%を維持できるかどうかという程度。
実際、債権の評価が変わって公的資金はすべて返済。
多分、公的資金は必要なかっただろう。

33 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:27:43 ID:6/pkXuif
破綻するって信じこませて増税させるのが財務省のお仕事。

34 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:29:33 ID:0654CqRX
>>1
ま、ただハッキリ言えることは、
過去の歴史を見ても、
「暴落するぞ、暴落するぞ」と言われ続けているものは、
時期がズレても結局は必ず暴落するってことだ。

先ほどのアメリカのサブプライム破綻だって、
アメリカ住宅価格が暴落すると言われ続けて10年後にヤッパリ暴落したからなw

35 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:30:34 ID:1p2fNqXb
>>26
ビジ板には居れないなw
+に池

36 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:31:54 ID:i5wxizju
ただ債務残高GDP比の改善は必須

37 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:33:09 ID:trcGNahP
国内で捌ける内は良いんだよね。
民主党が財政規律と言う言葉を無視し続けたら危険かも知れないけど
政権自体が長く続かないだろうし

38 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:33:46 ID:6D9JOyey
大量退職する団塊の世代が年金をもらい、非正規らが年金を払わないと、国債を買い支えている年金積立金が底をつく。

39 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:34:17 ID:66J4VPHw
国内で国債を吸収できるのも、あと数年じゃねえの。よう知らんけど。

40 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:35:31 ID:NeAtQGVL
>>14
銀行を全て国営にした上で、収入や消費に応じて決められた額を
強制的に預金させるんですね。

今とあまりかわらんな。

41 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:35:51 ID:w5sz2gBq
あと数年もつだろうか?

個人向け国債を全額売ろうかと考えている。まぁ、少ししか持ってないけどね。


42 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:39:57 ID:wF2OWZ3S
>>1はバカ。

英独が日本の投資家に国債かってくれと、説明会とかやりだした。
あいつらはどピンチ。
イギリス国債は金利が高くて、利払いはすでに日本を超えているw


43 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:42:14 ID:W3GSLqPC
>>1
簡単な算数しまちょうか〜?

米国際 4%
日本国債 1.3%

俺でもイラねーよ

44 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:43:44 ID:SQYPYiQU
個人資産の他に企業の資金もあるから
まだまだ国内で吸収できるんじゃねえの?
景気が回復して良い投資先があれば国債は売れなくなると思うけど

45 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:45:19 ID:mfb1sq11
俺が格付け会社の責任者だったら
今回の子供手当法案が穴だらけのまま
通ってしまった時点でD-まで叩き落とす。

46 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:47:23 ID:vKgvyi+Q
国債残高のうち日銀が110兆円程度を実質保有している状態。
このままの状況が続けば、いわゆる「銀行券ルール」の見直しも
いずれ必要になるだろう。そうなると「日銀による実質国債引受」
がいよいよ現実味を帯びるわけだが、そのときマーケットが叛乱を
起こさないと言い切れるだろうか…

47 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:47:23 ID:WJlhGzkS
日本国債は国内で信頼されているというのは大嘘
買い手がないから同じ政府機関の日銀に無理やり買わせているわけだろ
もはや財政規律も何もあったもんじゃない

48 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:47:56 ID:+wJAiubU
税収40兆円しかないのに800兆も借金があって、さらに毎年40兆の追加借金して、
利子だけで毎年20兆円払ってるから、事実上返済不能だけどなwww

49 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:48:22 ID:MNXdcRZB
亀が郵政マネーでフィニッシュです

50 :BIZARREWORLD:2010/03/28(日) 00:48:22 ID:Td+Qtb5p
日本は外国に5700兆円貸して5400兆円借りてる

差し引き300兆円の世界一金持ちの國だ

世界中が破綻した後に日本は破綻するだろう!

ところで・・・

日の丸!
Z旗!

自家用車に貼ってみた!
http://29.pro.tok2.com/~bizarreworld/BIZARREWORLD/0902.html

声なき名もなき草莽が吠え始める!
今吠えずに何時吠えるのだ!
日本中にこんな車があふれた時!
真日本人の覚醒の時だ!!!
みんなも車に付けてくれ!
1枚300円でネットで買える!
反日民主党、反日特亜、反日左翼、反日マスゴミに
やられっぱなしではいないぞ!と意思表示しよう!

51 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:48:55 ID:LSqgHWml
うん、国債!

52 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:48:58 ID:HZD6i2MA
単に利率が低いからではないの?

教えてエロイ人

53 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:49:47 ID:WJlhGzkS
外人は日本国債を買ってないから日本国債が返済不可能になろうが為替には影響ない
損するのは日本国民であって外人ではない

54 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:49:47 ID:5+HzIuRK
アメリカの格付け会社はリーマンショックを起こした主犯である。
世界的なバブルの発生と崩壊に必ず格付け会社は加担している。
米国金融市場が儲かる為の舵が格付け会社というわけだ。
米国債、基軸通貨ドルに次ぐ世界経済の癌だ。
しかしそれとは関係なしに
日本国債は終わってる。なぜならコントロール不能の状態だから。
財政再建の道筋なんてもはや誰に聞いても分からない状態である。
そして政府に対する不安だけではなく、日本経済の発展的な将来性について良い材料がほとんどない。
長期金利の上昇という警報が頭の悪い民主連立政権の目を覚ましてくれることを願うばかりだ。

55 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:51:15 ID:1TuNqJgd
確かに国債は間違いなく帰ってくるだろう。

でも、その時ハイパーインフレが起こっていたらどうだろう?
日本銀行券が紙くずになっていたら意味ないよね?

56 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:53:43 ID:I9GB+L98
>>55
日本政府の虎の子の雨国債があるじゃんWW


57 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:55:02 ID:EwUSG8eI
>>53
国債が返済不可能になったら中国辺りがタダ同然で買い集めるだろうな。
「日本への借金を取り戻す」という理由で中国は色々な事が出来るようになるだろうwwwww


58 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:55:13 ID:e9yaWfiY
>>55
インフレになったら
借金返せるじゃん
別に問題なくね?

59 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:55:33 ID:pFkLZ8ez
民主党は日本史上初の国民を敵視した朝鮮人政党。
日本を破綻させる気満々だぞ

60 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:55:53 ID:UlW/xiqB
>>58
でも新しく借りるの大変だよ

61 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:56:40 ID:nTOUQFK2
そりゃ、日本国債への評価が悪いのは、金にならんからだろ。アメリカ、EU、イギリス、スイス、
オーストラリア、ニュージーランドの中で見ても一番金利が安い。日本は、外貨を獲得する必要が
ないから。
よくも悪くも日本国内から借金しているだけだから、いざというときの海外への波及は多くはない
んだろうよ。

62 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:59:12 ID:5+HzIuRK
>>59
だが、自民党を選べば韓国人政党がおまけについてくる。
つうか参院選は入れるとこないわ。
みんなの党とか地方の小選挙区に来ないしな・・・。

63 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 00:59:25 ID:NeAtQGVL
>>47
↓の8ページによると日銀の保有率はむしろ下がっているようだが。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/policy/heisei22/keikaku211225_5.pdf

同ページの注釈によると19年度末から郵貯の保有率を単独で示すのを
止めたみたいだけど、民営化との絡みかな。

64 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:01:38 ID:C7i8LJW4
円安になると外国人保有の国債の価値は棄損するわけじゃん

この格付けには国債信用低下で円安に振れるリスクも勘案されて
いるのかね?勘案されているのなら結構まともな格付けなんじゃね?

単に財務諸表ベースの格付けなら低過ぎるのかもしれんが。

65 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:05:17 ID:lXtYsnLQ
>>1
本当のこと言うな 馬鹿


アメの格付け会社を有り難がってる馬鹿連中からカネを巻き上げることができなくなるだろが

66 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:05:45 ID:Afi4QalV
> 米ドルも100兆円単位で持っています。

まるで外貨準備が純資産であるかのような書き方だなw

67 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:05:52 ID:UlW/xiqB
国を企業と同じように言うことはできんが
日本は財務諸表で評価したら債務超過だろ

68 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:05:53 ID:C7i8LJW4
>>61
日本国債の格付けは、信用度の評価。
つまり借りたものを返せるかどうか?の評価であって利率は関係ない。

日本国債の利率が低いのは、国内に成長著しい投資対象が無いので
利率が低くても買い手が付く面が大きい気がする。

69 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:16:13 ID:vKgvyi+Q
>>63
日銀のオペがレポにシフトしているだけ。
レポは国債担保の資金供給オペであり短期国債の買いと実質同じ。
→日銀の実質的な国債保有残高は増加している。レポを合わせると
110兆円規模。

なお、郵貯は民営化で「ゆうちょ銀行」すなわち銀行になった。

70 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:24:26 ID:739GsnZV
最近、長文ソーススレ多いな
めんどくせんだよ

71 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:27:30 ID:3C7C8mTa
こんな状況でも買われ続けるドルのほうが凄いわ
http://research.stlouisfed.org/fred2/graph/?s[1][id]=AMBNS

72 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:42:22 ID:l7h/FcMR
>財政赤字の拡大が続いている日本は、外国人の目から見ると破綻する可能性のある国に見えるようです。

何で円高なんだよwww

73 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:43:48 ID:g13d2sjn
破綻する前に大量のドル売りが・・・

74 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:45:59 ID:8SACBy0Y
日本人の目から見ても破たんする可能性があると思えるよ

75 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:49:15 ID:W65+2PCy
曾お爺さんはお国の為にと戦時国債をどっさり買ってえらい目にあったと
御婆ちゃんが話してくれた。

76 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:53:28 ID:wm++5Oj6
>>74
1年以内に?さすがに結構難しいと思うぞ。

77 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:55:03 ID:Kd5Lg7GD
お金が足りなかったら
まず米国債を全部売ればいいじゃない

中国が売り逃げし始める前に

78 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 01:58:03 ID:IK8IxYH4
まず円を大量供給してからね
単に米国債だけ売るならそれこそ破綻

79 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:00:22 ID:IK8IxYH4
>>47
デフレである限りそれの何処が問題なんだか
むしろもっと長期国債買ってしかるべきだろ

80 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:03:15 ID:W65+2PCy
やっとインフレになったから国債買うの止めようね。

って言ったら高橋是清はぬっこされて、国債増発4倍になりましたとさ。

81 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:05:44 ID:QCT9FwW1
長期的に円高傾向が進むと考えれば、日本国債に人気が集まるのは当然だと思うが。
米国がゼロ金利政策の今は、利回りもそんなに悪いとは思わない。10年ものなら税引き後で1.0%はあるからな。

逆に日本人が外国の利率の高い国債に目がくらんで、それに手を出したりすると悲惨だよね。
利率より為替差損のほうが大きいのが普通。そもそも為替レートは国債利率差を中和する方向に動くから。

82 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:06:36 ID:IK8IxYH4
自衛隊がクーデターでも起こすのかよw

83 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:08:04 ID:6/pkXuif
財務省の破綻論には裏がある
高橋洋一(政策工房会長)
http://voiceplus-php.jp/archive/detail.jsp?id=282


84 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:10:01 ID:oHksWWk1
合理的な文章だな。

でも、極度のインフレと破綻って同じ事だよね。

85 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:11:51 ID:IK8IxYH4
今の日本じゃ100兆長期国債買い切っても極度なインフレにならないだろ

86 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:14:35 ID:6/pkXuif
最悪10%のインフレを考えていれば十分すぎる。
5〜6%のインフレなら余裕っしょw

87 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:15:28 ID:W65+2PCy
>>82
国債の増発がなくなると困る業界が政治的圧力をかけるだろ。

土建関係とか、

88 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:17:43 ID:EJspqy+J
よく聞く説明だけど、債務を次世代に先送りしているわけだし、
成長過程の国でもないのだから、収支が合う税制に変更すべき。

89 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:18:44 ID:Z63Q8XtR
外国人も買わない日本国債を買い続ける日本人

90 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:18:48 ID:IK8IxYH4
>>87
増発と買い切り増額は別問題だろ
日銀はそもそも世界最強の独立性を持ってるわけだし

91 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:19:52 ID:6/pkXuif
G7のインフレ率の推移
http://ecodb.net/group/XB/imf_pcpie.html
デフレに慣れすぎw・皆もっともっと安くなると思うから金を使わない。
適度なインフレで推移するのが適切な国家運営。

92 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:22:06 ID:UlW/xiqB
最強の独立性、て
政府は金融政策に干渉してるも同然だ
米国では政府関係者は金融政策がどうあるべきかなんてコメントすらしない

>>88
その通りだな

93 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:22:20 ID:LcHJbJ6J
つーか格付け会社って欧州に対してだって容赦ない
ましてや黄色人種ごときに・・・って思ってそう

英米には激甘だがw

94 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:24:54 ID:W65+2PCy
>>90
タイムマシンで戻って近衛内閣に言ってください。w

95 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:26:24 ID:IK8IxYH4
>>92
干渉してても10兆、20兆の3ヶ月物で済む話だろうが(EUですら1年物)
コアが2%前後を保ちつづけているFRBとコアがずっとマイナスの日銀じゃ全然違うだろうが

96 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:27:57 ID:6/pkXuif
多くの国で政府は中央銀行にインフレ率のコントロールを指示している。
http://f.hatena.ne.jp/nyanko-wonderful/20091122173207
中央銀行におまかせなんてバカな国はドンダケ〜〜ww


97 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:28:12 ID:IK8IxYH4
>>94
だから戦前と戦後を同じにするって馬鹿かよ…
当時は実際に独立性すら明記されてないのに

98 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:30:19 ID:UlW/xiqB
独立性の話していたんですが
それにデフレは設備投資の過剰が齎しているもの
日銀はアンチシクリカルな措置を取る必要があるが
企業活動と消費行動の結果、下落している物価を上昇させるのは、その役割ではない

99 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:33:31 ID:6/pkXuif
景気問題に対処するには、金融政策と財政政策しかない
金融=日銀の仕事
財政=政府の仕事
金融政策の方がより重要な分けで、政府は日銀に指示するか十分協議して政策決定すべき。
日銀がデフレになっても涼しい顔しているのを見るをムカツク・・マジで馬鹿

100 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:34:12 ID:UlW/xiqB
物価上昇率の誘導目標を設定している国は、
中銀による物価安定が上手く言っていなかったところが多い
先進国ではスウェーデン、英国、韓国が物価上昇に悩まされて目標設定した代表例だ
目標が他の先進国と比べて高めになっているのが分かる
ECBとスイスがやっている中長期的な物価安定の定義は日銀も行っている

101 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:34:14 ID:IK8IxYH4
独立性があるのと口出ししないのは全然違うと思うんだが…

>それにデフレは設備投資の過剰が齎しているもの

これを日銀以外に誰が解消出来るんだよ
竹中みたいに終わりのない設備投資、不良債権削減しろとでも言ってるのか

102 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:35:28 ID:FVw16oIH
ポッポがデノミしたら破たんする


103 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:36:47 ID:IK8IxYH4
>>100
何故か日銀は単なるCPIでしか判断してないけど、彼らの数値をターゲット内に置くと意味での指標はコアCPIね

104 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:37:47 ID:UlW/xiqB
>>99
景気が回復するには民間の生産・消費が回復するのを待つしかないよ
財政政策・金融政策はパニックを回避出来れば良い、という程度のもの
日本は明らかに濫用されている
その結果財政政策も金融政策も、大胆なことをする余地は失われた
日本を直撃するような経済危機に見舞われたら、
財政の信用・物価の安定を維持できるのか疑わしい

105 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:38:29 ID:6/pkXuif
デフレを放置し続ける日本銀行は、もういらない
http://column.onbiz.yahoo.co.jp/ny?c=bi_l&a=017-1256710553

日銀に対して批判しないマスコミも腰抜け。
日本をデフレ不況から脱却させる為には日銀法を改正しないとダメだな。
最大の被害者は国民

106 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:38:47 ID:IK8IxYH4


>ECBとスイスがやっている中長期的な物価安定の定義は日銀も行っている
確かに日銀は長期的(短期でもだが)にコアCPIを−1%+−1%をターゲットにしてます

107 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:40:34 ID:IK8IxYH4
>>104
>財政政策・金融政策はパニックを回避出来れば良い、という程度のもの
日本は明らかに濫用されている

本当にそうならとっくに過度の円安になってますから

108 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:42:32 ID:UlW/xiqB
>>101
日銀がどうやって設備投資の過剰や不良債権を処理するんだ
物価が安定していれば将来の予想がつきやすくそれらの解消が促進されるだろう
不安定になれば、それも難しくなる

>>103
ECBとイングランド銀行は総合指数重視だぞ
日本も生鮮食品を除く消費者物価指数を重視してる
ていうかコアの物価指数の定義自体いくつかある(エネルギーと食料品除くのが一般的か)

109 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:44:59 ID:UlW/xiqB
>>106
上で別の人が引っ張ってきてるURL見ると他の国も大体CPI総合が誘導目標じゃん
日本もCPI総合で0を割り込まない1±1%だな

110 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:46:22 ID:wF2OWZ3S
ところで国債よりいい投資物件あるの?

AAA格付け評価で破綻のリーマンとかw
ドバイとか兌換性の無いおもちゃ銀行券以下の人民元投資とか博打じゃなくてさ。


111 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:47:31 ID:vhSxlPp5
>>110
劣後債かな?

112 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:47:50 ID:6/pkXuif
昭和恐慌期の財政政策と金融政策はどちらが重要だったか?
http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis180/e_dis176_01.pdf
高橋と言えば財政出動と思われがちだか、実は金融政策で昭和恐慌から脱した。


113 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:49:30 ID:IK8IxYH4
>>108
>日銀がどうやって設備投資の過剰や不良債権を処理するんだ

いやそもそも日銀さんの政策による円高が「設備投資の過剰」を生み出しませんでしたっけ

>ECBとイングランド銀行は総合指数重視だぞ
日本も生鮮食品を除く消費者物価指数を重視してる

重視はわかりますけどBOEやECBが数値として出してる2+−1や2近辺は欧米型コアCPIがその通りの動きにしているわけで
後日銀は何故か(確か変動が少ないとか理由だったこ)日本型コア(生鮮だけ除く)を重視して欧米型コア(日本型コアコア、生鮮とエネルギー除く)は重視してないんだよね

114 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:49:47 ID:1L4klOK8
国債よりも将来負担になる年金債務

2000年10月から、公的年金を含む国のバランスシートが公表されているが、公的年金を
プラン・ターミネーション基準(今ただちに公的年金を廃止したとき、それまで約束した
年金給付債務額(現在価値)から、そのときに保有している積立金を差し引いた数字である。
いわば「輪切り」の数字で、将来予定されている保険料収入は含まれていない)
で見たとしても、欠損額の大半は公的年金の積立不足額であることがわかる(2001年3月末において、
この場合の欠損額は832兆円であったが、厚生年金で552兆円、国民年金で73兆円になっていた)。
つまり、国の借金という観点では、よく問題視される国債より、年金のほうがはるかに重大である。

なお、財政不均衡の中で年金が重要であることや、その観点で見ると日本が先進国中で最悪な状況である
という事実は、別の研究でも明らかにされている。コトリコフらが開発してきた世代会計は、
年金などの政府の将来債務を資産との対比で世代ごとに明らかにしようとする試みであり、
年金などでの将来世代へのつけ回しは、世代会計の不均衡として示される。彼らの研究による主要国比較でも、
日本の財政状況は世界最悪のグループに属している。そして、世代会計の不均衡を是正するためには、
歳出の26%カットか歳入の16%引上げが必要だとしている。(高橋洋一『財投改革の経済学』2007年、p147-148)

115 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:51:20 ID:1L4klOK8
歴史的に見ると、国債残高の対GDP比が200%とか300%という高水準レベルを長期間にわたって続けた国はない。
日本の歴史では、対GDP比がいちばん高かったのは終戦直後で200%を超えたが、ごく短期間であった。
この意味で、そういう未知の領域に入ったときはどうマネジメントしていいかわからなくなるだろう。
例えば200%が未知の領域だとすると、現在の国債残高の対GDP比は150%程度なので、残りは50%程度しかない。
かりに今のように国債残高がネットで毎年40兆円ずつ増えていくと、6年程度で到達してしまうことになる。
なお、ホーム・カントリー・バイアスというのがあって、日本人は合理的に説明できないほど日本の資産が
好きなので、国債残高の対GDP比が200%以上になっても日本は持ちこたえられるという楽観論もある。
ただし、これはある日突然変わる可能性もある。(高橋洋一『財投改革の経済学』2007年、p205)

116 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:54:45 ID:UlW/xiqB
昭和恐慌時は大幅な生産の減少とかデフレを伴ってる
年間変動率はピークで−18.7%、米国もピーク時は10%近辺の下落幅を記録してる
今の日本の状況とは比べられんほどに急な減少
また近年の方が過去に生じたデフレより下落期間が短い
そのような状況下で大規模な金融緩和が継続されている
充分すぎる対応だ

117 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:55:57 ID:PueZP/+c
爺どもの郵便局の金が預金枠の増加で増えれば国債は倍ふやしても大丈夫。
亀仙人がいってた。


118 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:56:44 ID:UlW/xiqB
>>113
円高で損益分岐点が上がったら投資控えてコスト圧縮するだろjk

英国や欧州の物価変動が誘導目標の設定によるものとする実証研究は無い
また、イングランド銀行やECBの取っている政策手段は日銀のものと基本的に変わる所はない

119 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:57:06 ID:6/pkXuif
スイスのデフレ克服 ・・・有能な中央銀行ならこんな行動ww
http://www.asahi.com/business/topics/column/TKY201003250559.html

 スイスは、昨年3月から10月にかけて1%程度のデフレにあった。
東欧諸国向けなどスイスフラン建て貸し出しのリファイナンスのための資金需要が強く、
スイスフランの実質実効レートは、グローバルな金融逼迫(ひっぱく)が発生して以来、10%も上昇している。
欧州中央銀行(ECB)が金融拡大策を実施するたびに、ユーロからスイスフランへの資金乗り換えとスイスフラン高が発生した。

 スイス中央銀行は、ECBを通じてポーランドなど東欧の中央銀行との間でスワップ協定を結び、
一時は600億スイスフランにも上る資金供給を行った。

 スイスでは、金融政策運営手段として、外国為替市場で介入する権限が中央銀行に与えられている。
デフレ圧力を回避し、国際競争力を強化するため、昨年3月以降、為替市場で大規模な介入政策が実施された。
事実上のゼロ金利、しかも銀行準備に関する目標もないので、介入資金を回収する必要がなく、基礎貨幣は倍近く増加した。

 名目GDP比率でみたスイスの介入規模は、2003年春から04年春にかけての
日本通貨当局による「大介入政策」を上回っている。
30兆円を上回る「大介入政策」の時期に、日本銀行が当座預金残高目標を引き上げたこともあり、介入資金の3分の1程度が市場に残った。

 昨年末にスイスの物価上昇率はプラスに転じ、今年は1%程度になる見込みである。
国の規模を上回る資産を保有する巨大金融機関のバランスシート問題が残る中で、
強力な介入政策の実施によって、スイスはデフレ克服に成功を収めた。
教訓は、市場から介入資金を回収しない介入政策は、デフレ克服に有効だということである。


120 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 02:57:21 ID:IK8IxYH4
大規模って少なくとも他の先進国よりはかなり引き締め気味ですけど…

121 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:00:03 ID:UlW/xiqB
>>119
日銀は財務当局から委託されて為替介入の事務を執行するだけだ
判断するのは政府

122 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:00:25 ID:IK8IxYH4
>>118
だからそれがデフレの原因なんでしょ…

>英国や欧州の物価変動が誘導目標の設定によるものとする実証研究は無い
また、イングランド銀行やECBの取っている政策手段は日銀のものと基本的に変わる所はない


ちなみに俺はインタゲ自体の設定に効果はあると思ってないから
日銀がインフレにする気があるかどうかだけの問題ですから

123 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:01:23 ID:BTz3hSdF
借金を侮る脱税王が政権の座にいるかぎり、格付けは下がり続けるだろう。

124 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:03:16 ID:UlW/xiqB
>>120
ドルは流動性がほぼ枯渇してたからな
日本では金融システムの動揺は比較的小さかった
CP買取の応札状況とか見りゃ分かるだろ
それに金利の誘導目標にしても変更の余地元々そうあるわけじゃないし
これから先なにがあるのかも分からん、銀行間市場は比較的静穏
これで米欧より大胆な手に出る要請がなぜ生じるのか

125 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:04:22 ID:6/pkXuif
リーマンショックで世界がガンガンに資金供給していた時に日銀は?
http://f.hatena.ne.jp/nyanko-wonderful/20091125125312

日銀ってマジで日本を潰し気だろ?ww

126 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:06:50 ID:UlW/xiqB
>>122
過剰な設備投資が放置されてもデフレの原因になる
景気悪化はこれまで砂上の楼閣をせっせと築いてきたことの反動でもある
それを受け止めず、政策でごまかせると思うのは虫が良すぎる

インフレになることはあるとしても、中銀がインフレにすることはあるべきでない

127 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:08:20 ID:6/pkXuif
インフレとデフレについての考察
http://www.asyura.com/2002/hasan16/msg/397.html
人々はなぜデフレを好むか:人々は一般に、デフレ時には「得をした」、
そしてインフレ時には「損をした」という錯覚に陥りがちである。
もう一つの問題は、「デフレが進む中では失業は増える以外にはなく、
実質所得は減る以外にはない」という、ごく単純なマクロ経済学的真実が、
一般にはほとんど理解されていないという点である。

思えば、『毎日』、『朝日』の両新聞は、戦前の金解禁論争においても、
「旧平価による金解禁=金本位制への復帰」を求める一大キャンペーンを行い、
浜口雄幸内閣における蔵相・井上準之助の旧平価金解禁に道を拓き、
日本経済を昭和恐慌へと導いた4)

朝日・毎日新聞=デフレ万歳=物価下落で国民生活は豊かになる=バカ新聞


128 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:08:44 ID:IK8IxYH4
>>124
リーマンショック時の流動性対策と2009年11月くらいからのデフレ対策くらい分けろよ
基本的に流動性対策は短期の大量の資金をぶち込む政策。デフレ対策は主に長期資産や劣化資産の買い切り。デフレが一番厳しい日本が大胆な政策を取らない意味が不明

129 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:10:08 ID:UlW/xiqB
旧平価での復帰は戦前は通説みたいなもんだっただろ
新聞が煽る前に学者も財界もほとんどそれ一色
というか物価が乱高下しすぎてて、安定させることしか頭に無かったんだろうが
なんにしろ新聞のせいみたいに言うのはちょっと的外れ
というか、コピペ規制させろよ

130 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:13:35 ID:IK8IxYH4
訂正2008年

>>126
放置されようが即座に処理しようがその存在自体がデフレを生むんだけど(バルト3国なんて日本とは比べ物にならないほど迅速に設備処理、GDP縮小、物価下落をしていますから)
>景気悪化はこれまで砂上の楼閣をせっせと築いてきたことの反動でもある
それを受け止めず、政策でごまかせると思うのは虫が良すぎる

経済学的に言ってくれないと意味がわかりません。

131 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:14:51 ID:UlW/xiqB
>>128
日米銀行間金利の逆転が解消されたのなんてつい最近だろ
米国の地銀はまだまだ破綻続きだし流動性対策がまだ必要とされてるのは明白
ECBは南欧の危機がなきゃ利上げに踏み切ってた可能性も高いし、
欧州銀行の不良債権問題は日米より深刻だとする懸念もないではない
流動性危機に直面しているでもないのに、非伝統的資産購入までする理由は無い

132 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:18:34 ID:UlW/xiqB
>>130
放置されようが即座に処理しようが物価が下落するなら即座に処理するべきだ

133 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:19:40 ID:6/pkXuif
日銀なんて屁理屈だけを言ってるのが仕事。ww
行動できなければ、尻を叩くか、法改正しかないわな

134 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:21:08 ID:IK8IxYH4
>>131
>日米銀行間金利の逆転が解消されたのなんてつい最近だろ
米国の地銀はまだまだ破綻続きだし流動性対策がまだ必要とされてるのは明白
ECBは南欧の危機がなきゃ利上げに踏み切ってた可能性も高いし、
欧州銀行の不良債権問題は日米より深刻だとする懸念もないではない

何を言ってるんだwこれ全部デフレ圧力だろうが
流動性がなくなりライボーの対FFレートや銀行間金利が政策金利に比べて高騰するのが流動性危機であり

>日米銀行間金利の逆転が解消されたのなんてつい最近だろ

これは単なる金融政策の緩和度の違いだろ

135 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:25:09 ID:6/pkXuif
リーマンショックの時、世界の中央銀行が一斉に利下げに踏み切ったのに
日銀だけ行動しなかった。
何もしない日銀を見て日経が売り浴びせられた。日銀って本当にカスだよな。

株価を半分にしてやるって言った基地外総裁 三重野もいたしなww

136 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:25:14 ID:eW2cBolh
日本のGDP22倍の国と戦争して、勝つと見込んで戦時国債を買いまくってた日本の金融機関の評価なんて
てんであてにならない。


137 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:25:41 ID:IK8IxYH4
>>132
日本のGDPを4分の3、失業率を今の5倍にしろって事ですか(日本と違って成長率ですらまだまだ底は見えません)
国による合法的な大量殺戮だろうがw
ちなみにこれは日銀の日銀ルール同様ユーロペッグで金融政策を制限している以外の何物でもありませんから

138 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:29:03 ID:BOGyJ7od
札割れ起こしてる国に言う資格は無いな

139 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:36:09 ID:95dkTGrS
子供手当て年31万円分の金利を得る為には幾らぐらいの個人向け国債を買い込む必要がある?

140 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 03:54:43 ID:RzlZXuU5
国債のランクが低いならそれに比例して円も叩き売れよww
外人はなんで円ばっか買ってんだよww

141 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 04:09:16 ID:o6ZE/SfX
借金多すぎてインフレにできないというのが正解では?

142 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 04:26:35 ID:aIVxQdyn
>>1
>見えるようです。
>本音なのでしょう。
>聞いています。
>実情でしょう。
>可能性が高いと思っています。

霞ヶ関文学よりひどいwwww


143 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 04:27:09 ID:3mRzxXI/
つーか国債の金利安すぎだから売れないんだろ。
海外の投資家が購入しないどころか国内でも金融機関くらいしか買ってない。

ところでGM社債買った人いる?
一時期利回り100%超えてたらしいけど

144 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 05:00:58 ID:3hFjmm0V
ギリシャ国債マジオススメ

145 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 05:05:20 ID:shkRtBaf
>日本は外国からお金を借りていません。
>繰り返しになりますが、円建てであるため、返ってこない理由がないからです。

こいつバカ?

それは今までのことだろが。
確かにこれまでも、今後もしばらくは、その理屈で日本国債デフォルトのような可能性は皆無だろう。

だが、最近叫ばれてる日本国債のリスクは、まさにその日本にも、ついに新規発行国債の引き受け手が国内にいなくなる日
(外国人に国債を買ってもらわねばならない日)がやってくる、ということを言ってるんだ。

すでに国内の民間銀行では、預金に占める日本国債での運用比率は限界値に達しつつある。
これ以上、低利での運用比率を増やせば、もう経営が立ちいかなくなってしまうからだ(銀行のゆうちょ化)。

しかも銀行の預金はこれから、国民一人当たり所得と人口の減の両面から減ってくる。
国際収支はたとえ黒字でも、その大半は企業経済が生み出したもので、企業はもうけた金を大半銀行に預けて
低利の預金金利で運用なんてバカなことはしないからだ。

今後、運用比率の限界化と運用元本の減少により、国内の国債引き受け手は確実に減ってくるだろう。
その現実があっての日本国債危機論なのに、こいつは何も分かってない。

>正しい情報を正しく理解する努力が常に求められています。

だと?
激ワロす。


146 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 05:30:48 ID:jENBJCQA
この手の話はこれまで何度も出てて全部潰れてるんだよなー
今は海外も不景気だから外国に逃げる可能性も激減したしね。
家計貯蓄率は下がったが、国全体の貯蓄率は今でも圧倒的な黒字。

FX業者の使い以外で本気でどうしても気になるって奴は外貨建て資産買えばいいんじゃね?

147 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 06:04:16 ID:xyBMx7Th
外国人は日本のことを格付け会社もエコノミスト、学者も
ほとんど知らない。
国債の発行高だけを見て危ないと言ってるわけだ。
日本の国債はボツワナ以下と評価した格付け会社はどこだ?
ま、国内でもこんな格付け会社の評価を真に受けて大変だ、
大変だと騒いでる政治家や役人がいるけどね。
今、日本がやるべきことは最低限、デフレギャップの30兆円
国債を発行することなんだ。


148 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 06:26:19 ID:dL38Jzch
日本には通貨発行権があるとか言っている時点でもうダメ。
それは大丈夫とは言わないからだ。そんなので大丈夫とか思えるのは
ニートの自称経済通くらい。もっとも、親の現金預貯金や年金、保険
が毀損されるのだから、ニートの生活が最も脅かされるのだけどね。
価値が著しく低下したお金で償還し、それで安全でしょなんて詭弁に
過ぎない。

だから俺は海外投資しをしている。
海外の株式・不動産・債権にコツコツ投資して備えている。
いよいよ長期金利が上昇して、危ない兆候が出てきたら、海外の
銀行に外貨預金もしておこうと計画している。



149 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 06:28:16 ID:wy48W0N3
その程度で国家権力による「接収」から逃がれられると思うのは甘いな
本気でやるなら国外脱出までしないと

150 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 06:29:55 ID:ayl5XzKi
日本のCDSプロテクションを売りたい!
保険料ずっともらい続けられてウマー。

151 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 06:33:10 ID:dL38Jzch
>>149

戦前の日本みたいなことは確率的には相当低い。
あのロシアでさえ、海外資産を保有してた連中は資産を保全している。
海外の金融機関に預けている、もしくは海外で運用している資産を
差し押さえるのは難しいのさ。まして日本では相当厳しいだろうな。
戦後のどさくさでさえ、農地以外の土地持ちは不動産は奪われていない。
農地解放はGHQの命令だ。

152 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:06:16 ID:j59ySPFq
ロシアの場合は、国内の貸し金庫はダメだったらしい。
海外の金融機関が絡む場合は、よほどの正当性と社会主義革命の両方でもないと、国家権力による摂取は現実的ではない。
海外投資や海外系の銀行に外貨建預金を持つのは有効だろう。
現実にはインフレによる政府債務の圧縮で解決を図る可能性が濃厚。
政治家達が日銀の引受やらデノミを考えるのもそのため。

そういう場合は、預貯金のみ人、その日暮らしの人はインフレで生活が困窮するだろう。
円安で経済が回復するのは、インフレと預貯金毀損の混乱が終息してから。
まあ、短くても数年間は厳しいだろう。金融機関が打撃受けるからね。

153 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:12:11 ID:sknZe3WQ
>>152
金融機関ってか郵貯だけが手ひどい打撃受けるだろうから、
そんな酷い混乱は無いと思う。
民間銀行全ての国債保有高は郵貯1行以下だからね。


154 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:19:06 ID:j6MDI2Mt
海外逃亡するにしても、送金停止・口座封鎖とかもあるから、かなりの部分を金の延べ棒とかでもってないとな。
国内にとどまるにしても、やっぱ金とかレアメタルとかが有力かね?

155 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:21:04 ID:j59ySPFq
ただ、インフレになれば現金の価値は毀損する。
日本円の価値もかなり低下。
残念ながら金融機関も、倒産は免れても、打撃はかなりなものだよ。
金利もかなりたかくなり、中小企業は相当打撃を受けるだろう。融資が難しくなるから。

円安で日本経済が復活しても、それまでの犠牲は相当なもの。
預貯金や年金を毀損された老齢世代の面倒は、若い世代がやることになる。
ま、あんまり明るい未来は描けないな。

156 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:28:06 ID:j59ySPFq
ことが発生してから行動してたのでは何でも厳しくなる。

考えられるパターンは、
ハイパーインフレ→デノミ
のパターンでは?


157 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:30:12 ID:cIW3WL2j
40兆の収入で50兆の借り入れ。
40は減少傾向、50は増加傾向。
これでまともな訳がない。

158 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:30:37 ID:PfVFbLFt
まあ、正しい理解より多くの人間がどう理解するのかが重要だし
どっちにしろ爆弾抱えてることに変わりないだろ

159 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:33:19 ID:jENBJCQA
>>155
お前近隣諸国で日本より通貨安になってるとこ挙げてみろwみんな日本より景気良いぞw

160 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:38:09 ID:j59ySPFq
円安による景気回復は、国内経済の混乱が終息してからだよ。
預貯金が毀損され、多くの人が困窮する。
すぐに日本経済が回復はしないだろう。
おまけに、財産を失った老齢世代への金銭的負担も出てくる。
インフレと共に老齢世代がいなくなる訳ではない。

161 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:40:14 ID:Y/zW5F4n
金利が低いからだろ
結構な話じゃんwww

162 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:41:06 ID:jENBJCQA
>>160
妄想はいいから質問に答えろw

163 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:42:18 ID:Zj377B0d
>> 100%安全
主旨は理解できるが、100%とか言ってる時点で信頼性はゼロ

164 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:50:54 ID:jENBJCQA
つかインフレは円保有者≒国内での所得移転を起こすに過ぎん。

だからインフレで預貯金が減れば、銀行の預金者への負債が減るし、
同時にインフレで銀行の貸出債権も減るが、今度は中小企業の借金負担も減る。
インフレで金利が高くなっても、逆向きに考えれば預金者はそれだけ多くの金利を受け取る。

165 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:50:58 ID:sknZe3WQ
>>160
預貯金が毀損されるってことは見方を変えれば、
日本株にも金が流れるってことも考えられるよ。
インフレや円安に強い資産は外貨建ての金融資産と日本株
あとは土地と金くらいだから。

そのうち個人の金が流れやすいのは外貨建てと日本株。
だけど外債は難しいからねぇ。
ユーロは数年は手を出さない方がいいし、
中国はいつバブルが崩壊するか分らない。
頼みの綱のアメリカはダウやナスダックも相当上がってるから、
これ以上の大幅な上昇は見込めない。
結局、日本株に金が流れるだけかと。

166 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 07:56:48 ID:wfbPutTb
10年は大丈夫だろう。それ以降は知らねw

167 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:03:16 ID:j59ySPFq
日本株は輸出企業くらいだな。
内需関連はかなり厳しいだろう

168 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:05:39 ID:j59ySPFq
普通の通貨安と、財政破綻懸念の通貨安は同じではない。
同じと思ってる時点で話しにならん。
信用不安がどんなに恐ろしいかは経験済みだろ?

169 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:05:50 ID:Ge0jlQIT
新規発行額の伸びをどこかで抑えんとなあ
まあ景気が良くなれば解決するだろうよ

170 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:09:06 ID:NywxgOMH
国債を買う時に、日本人と外国人では求めてるものが違うということもあるだろ。
金利の低い日本国債を買うメリットが、外国人にはないだけじゃん。

171 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:11:53 ID:GfQXIFPi
>>151

多分新円切替みたいな荒業ですべての国民から財産巻き上げて借金清算すると思うよ。
通常の税収で借金減らすなんてどう考えたって不可能なんだから。
財政再建路線なんて問題の先送りでしかないしな。

農地改革にしたところで日本の官僚は戦前から準備までやっていて、戦時下のどさくさで
やろうとしたのが戦後になっただけ。幸いGHQって後ろ盾も付いた。

172 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:13:57 ID:ndKnR/ZI
>>170
DQNな日銀をシメれないかぎり、円高にもっとなる可能性がある。
金利より為替リスクのほうが大きい。
円安になると読んでれば、空売りかけて儲けていくのがハゲタカ。

173 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:16:45 ID:GYppOXwo
>>172
今 へたに円安になったらマジでやばくなるけどね


174 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:19:30 ID:jENBJCQA
>>168
その前に破綻の蓋然性を明らかにすべきだろうなあw

175 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:20:13 ID:tBZNXxQh
国にとっては自己破産すなわち徳政令しか残された道はすでに無い。


176 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:24:02 ID:ndKnR/ZI
>>175
内債なのでお金刷って国債償還してインフレでチャラ。
参院選後にやるかどうかが見所。

177 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:26:27 ID:1L4klOK8
財政赤字を解決(対GDP比での公債残高を減少)しようとした場合、
消費税増税もインフレも、物価上昇という意味では同じ。

逃げ道がないけど平等で、
せいぜい1〜2割で済む物価上昇(消費税増税)か、

実物資産を買ったり逃げ道はあるけど不平等で、
倍以上もありうる物価上昇(インフレ)か、

この選択を迫られるだけ。

経済成長=自然増収という「中和剤」は、
多いに越したことはないがあまり期待できない。

178 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:26:49 ID:WUHh2ijR
日本の国債がやばくなると大量に買い込んでいる米国債を・・・

179 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:27:14 ID:sknZe3WQ
>>168
信用不安が発生するのは郵貯だけじゃないか?
民間の銀行はバカじゃないからアメ債を購入したりと
リスクヘッジしてるよ。


180 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:34:49 ID:GfQXIFPi
>>177
だから消費税増税で財政再建なんて幻想なんだって。
何しろ増税の効果で税収は減るんだから。どうやって赤字を減らせと。

人為的なインフレと新円切替で国民の有り金片っ端から巻き上げるしかない。
こうなったのは国民の責任なんだから、誰も責められない。

増税財政再建路線は問題を先送りにするだけで何の意味も無いし、
後の世代の負担を増やすだけの愚劣で無責任な選択だよ。

181 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:34:49 ID:jENBJCQA
>>177
家計からすれば消費税もインフレも同じだぞ。
消費税は政府に全部持って行かれるが、インフレなら家計のローンも減る。
その違いぐらいだ。

182 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:42:14 ID:j3iYi2rX
核付け会社に払った金で決まる。
金融会社のもうけは格付けと実際のデータの乖離があるほどおいしい。

183 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:42:57 ID:coL8baEw
単純に利回りに魅力が無いってだけの話だろw

184 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:45:53 ID:1L4klOK8
>>180-181
インフレ(=一律税率の金融資産課税)で
損をする人は大勢いるが得する人もいる。

消費税増税では誰もが平等に損をする。
だがインフレ下での損に比べれば小さい。

どっちにしても基本的にタダ飯はない。
例外は生産性向上や付加価値創造を伴う経済成長だけ。
ただしこれもインフレや消費税増税の必要幅を抑える程度で、
これだけで全面的に解決するのは無理。

185 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:51:49 ID:1L4klOK8
もちろん歳出削減(特に年金等の社会保障)も有力な手段だが、
これは増税と裏表の、財政上の帳尻合わせに過ぎない。
しかも増税同様に政治的ハードルが高い(言わば「不利益の箇所付け」)
そして何もできない果てに、金融的手段による増税=インフレが
不可避的にやってくる、というのが一番可能性としては高い気がする。

186 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:54:19 ID:GfQXIFPi
>>184
あなた個人は消費税で財政再建って言説にリアリティーあると思ってる?

この手の論者はプライマリーバランスを均衡させる程度のプランは持っていても
(実際にはそれすらも怪しいと思うが)そっから先はどうにもあやふやなんだよ。
経済成長頼みってんならインフレ論と大差ないでしょ。
単なる財政均衡じゃ金利の支払いに追われて元本減っていかないだろ。


187 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:56:05 ID:k1gc7+2n
はぁ?国内は国債を買うしかないんだよ。

つってもまだまだ日本の通貨は過大評価されすぎ。
もう終わるよ。

188 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 08:56:10 ID:GOQdaH7k
国債残高が増えつづける=公務員の所得が増えつづける。
これが破綻しない訳が無い。

189 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:03:41 ID:aJ8VJIC7
三橋貴明先生の御著書を読めば日米の国債は安泰だということがよく理解できるよ

190 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:07:49 ID:jENBJCQA
>>184
違う、消費税でもインフレでも同じ1万円で買える商品の数は減る。
だから家計の影響は一緒。名目額が固定された預貯金や国債の実質価値下落も一緒。

タダ飯がないというのは所得移転だから当たり前。
消費税とインフレが同じでないという方がフリーランチ的な発想だぞw

191 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:08:10 ID:r2a08cDd
だから、日本国債をアブナイと騒いでるのは、外資の手先。で、その手先をやったのが
自公政権。その自公政権をよいしょしてるのが三橋〜・・・ンなんか変!?

192 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:09:33 ID:UXz6TmkA
で格付け会社はアリコの惨状を予測していたのですか?

恐喝集団と格付け会社、
何が違うのですか?

193 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:09:35 ID:sknZe3WQ
>>187
その国内で国債を買う原資が枯渇しそうなんだけどね。
郵貯の限度額が引き上げられなければ、
債券トレーダーの失望を買って今年中に長期金利2%の大台逝きそう。

194 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:10:19 ID:3CRNF0aH
日本の常識が世界の非常識という奴だね

195 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:11:20 ID:WOuzHDj2
理財局が発行利率に神経を尖らせている現状を知らない書生さんは
自分達が社会の中堅になった時り塗炭の苦しみを味わえばいいよ

196 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:11:34 ID:wfbPutTb
消費税を増税した所で、経済が崩壊して
税収がもっと落ち込むだけだけだから
消費税で財政再建するのは無理だよ。

国力以上の財政は、結局どうしたって組めないってこった。

197 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:14:39 ID:jENBJCQA
>>193
いや、日本は今でも貯蓄超過。
家計貯蓄率より企業の貯蓄率が高い。
つか、企業の貯蓄率の高さが家計の所得低下=貯蓄率低下を招いてるんだが。

198 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:15:11 ID:1L4klOK8
>>186
消費税増税はどんなに上げても税率25%が限界。
でもそれだけで財政再建するというなら、それでも足りない。

インフレをメインに、どれだけ増税・歳出削減と
経済成長(GDP増大と自然増収)を混ぜ込むか、になる。

結局何もできなければインフレだけで解決することになるが。

199 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:20:24 ID:HSdVDqJD
逆に外国にお金を貸しており、米ドルも100兆円単位で持っています。

持っていても何の役にも立たない。
自国の経済に跳ね返ってくるから、処分できない。

200 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:20:25 ID:wfbPutTb
消費税増税での財政再建は、橋本内閣で大失敗して
大不況を招いて退陣に追い込まれているのだけど。

結局税収増は消費税を上げた、その年だけ。
その後の年は税収減という、散々な結果に終わっている。

歴史を知らないというのは、怖いね。

201 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:20:30 ID:LcHJbJ6J
日本は貯蓄過剰で消費不足なのだから消費税ではなく資産課税を導入するべき。

一人で稼ぎ過ぎ・溜め込み過ぎる人がいると、誰かの稼ぎを奪ってしまうので、
国が借金して社会保障や公共事業などで、失業者などパイから溢れた人を救済する必要が出てきて、国の財政が悪化する。

資本主義は、小資本より大資本により多くのお金が集まるので、資産家に滞留しているお金を何らかの方法で小資本家にばら撒かないと富が偏在しすぎて経済が回らなくなる。

近年は、累進緩和・法人税減税する一方、資産家・法人に滞留しているお金を国が借金して公共事業などで強制的に小資本家へばら撒いてきた。
国が借金にて小資本家にばら撒けないのであれば、資産課税・所得の累進課税強化にて小資本家にばら撒く必要がある。

資産課税で課税されたくない人は、物やサービスを消費して自己投資すればよい。
資産を増やしたい人は、資産税率以上の運用利回りを確保すれば資産を増やすことが可能です。
資産を安全に管理したい人は、資産税を資産の安全な管理料として納得し、銀行預金などをすればよい。

毎年1%の資産課税をするだけで、毎年十数兆円の税収が得られる。
近年の過度な所得累進緩和・庶民負担増等で生じた世代内格差や世代間格差を資産課税で緩和できる。
資産課税は担税力を考慮している上、景気の影響を受けにくく、安定的な税収が得られる。

景気回復後も消費税増税ではなく、毎年数%の資産課税を導入するべき。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1225001122/

202 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:22:32 ID:dxGM8TC2
国債が発散してもIMFは出てこないだろうけど
それが破綻じゃないかって言われたらどうかんがえてもNOだろ

203 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:22:49 ID:1L4klOK8
>>190
預貯金や国債はともかく、実物資産はインフレヘッジになる。
金持ちは全財産を預貯金や国債で持っている必要もなく、
分散投資の選択肢がある。そういう余裕のない庶民が損する。

「インフレはカネの価値が下がるから、金持ちが損して庶民は得する」
わけではない。

204 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:22:51 ID:sknZe3WQ
>>197
国債を始めとした政府債務を国内で消化出来るのは1060兆円のM3と
あとはCDを合わせた額までだよ。


205 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:24:07 ID:jENBJCQA
>>204
貯蓄超過=毎年マネーストックが増える

206 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:25:30 ID:7As2+X18
日本国債は国内で捌くという戦略でやってるのにこの記事書いた奴はバカなのか?

207 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:27:26 ID:wfbPutTb
>>201
それはそれで、金持ちが逃げちゃうだろうし。
すると彼らの預貯金で、現在の国債を支えている日本が一気に困る事に。
日本の技術屋さんですら、あっさり海外の企業に根こそぎとられて
ものづくり日本は、国家存亡の危機に陥っている時代だからなあ。
困ったものだね。

208 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:29:01 ID:jENBJCQA
>>203
インフレヘッジなら貧乏人も銀行で外貨預金すればいいだろ。
わざわざ土地や株を買う必要はない。
消費税なら政府だけが儲かるから土地や株じゃヘッジできないが、
その場合でも金持ちも一緒に外貨預金するだけだろうな。

で、日本の金融資産は高齢層に偏在している。インフレで損を被るのは高齢者。
この連中は年金や社会保障に関して、受益に見合う負担を全くしていない。
インフレや消費税による高齢層から若年層への所得移転は、日本の世代間不平等を是正する。

209 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:29:59 ID:xIZrs3sg
太陽黒点周期は11年周期だったのが、直近では12年7カ月だったと朝日新聞。
https://aspara.asahi.com/blog/science/date/20100319 ←朝日新聞2010年3月19日。太陽がまもなく『冬眠』
http://www.youtube.com/watch?v=N8fQpAhCUw0&feature=related ←TV東京の報道(動画)宮原ひろ子氏
http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf ←東京大学宇宙線研究所特任助教宮原ひろ子様の講演資料日時;2009年2月7日
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/1ry/Kagaku200912.pdf ←2009年12月号「科学」 太陽活動の謎と発見 宮原ひろ子
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~hmiya/ ←宇宙線研究所

11世紀オーアト極小期(40年間)、13世紀のウォルフ極小期(60年間)、
15世紀のシュペーラー極小期(110年間)、 17世紀のマウンダー極小期(70年間)、
19世紀のダルトン極小期(30年間)。200年に1度の割合で極小期。

世界の人口、200年前10億人、今68億人。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Data/Popular/01-08.htm

寒冷化すれば、世界の暖房用原油の消費量増大へ。国内ガソリンは200円代へ。
温暖化は、原油価格のインパクトは少ない。
寒冷化は世界経済秩序の変革をせまる。

210 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:30:28 ID:UXz6TmkA
>>193

今流行のネット銀行も運用の基本は日本国債だから
郵貯云々は関係ないよ。

例えば、長期金利2%になるとネットバンクの利率も年間1.5%程度になる。
預金が殺到すると思う。
外国債や新興国向けの投資信託に向かっていた
資金が日本国債に向かう。

211 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:36:05 ID:rkuzzyPi
地元のえったが、かなわないとみえて東京にあつまりはじめたか
野中め、相変わらず北無い

212 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:36:07 ID:sknZe3WQ
>>206
M3の伸び率はここ数年は1桁台だよ。
数年後には国債を消化できなくなるのは明白。

>>210
長期金利2%なんて事態になれば預金が殺到するどころか、
預金が逃げ出すと思うんだが・・・
特に郵貯は国債漬けだから財務体質は相当悪化するんじゃないか?

213 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:41:56 ID:1L4klOK8
>>208
確かに消費税増税よりインフレのほうが個人の選択肢は広い。
とは言え日本で生活する以上、一定金額は円の現預金で持たざるを得ず、
その比率は貧乏人ほど高くならざるを得ない。
1998年以前のように、外貨預金等が規制される可能性もある。

インフレや消費税増税は、これまでの社会保障(年金等)給付分に
ついては世代間格差縮小効果があるが、今後の給付分については
政治的妥協によって物価スライド(消費税率スライド含む)が付加され、
効果が全くなくなる可能性もありうる。世代間格差縮小は必要だが、
政治的には老老格差縮小(国民年金と厚生年金の格差縮小、
基礎年金=最低保障機能の強化と引き換えの厚生年金給付率の大幅削減)
がセットでないと難しいだろう。

214 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:44:03 ID:LcHJbJ6J
国債は、公的部門(日銀、年金など)、個人、銀行、保険会社などに保有されていて、毎年10兆円近い利子負担がある。
国民の為に使うべき公金から、個人、銀行、保険会社などへ利子負担する事は、直接・間接的に小資本家から大資本家への富の移転になっている。

国の借金が増加すると利子負担も増加して、国の財政が硬直化していく。
また、国の1つの役割である富の再分配機能が弱体化する。

毎年1%の資産課税をするだけで、毎年十数兆円の税収が得られる。
資産課税での税収を社会保障、社会資本の整備、国債の償還などに充当すればよい。
例えば、
資産課税で資産の多くを所有する高齢者から主に回収した税収を高齢者の介護・医療・年金などに使用すれば、
高齢者は安定的な福祉サービスを受けられる上、若年者は介護・医療などでの雇用が増える。
高齢者から若年者への富の移転がされるので、若年者の消費による内需も期待できる。

近年の過度な所得累進緩和・庶民負担増等で生じた世代内格差や世代間格差を資産課税で緩和できる。
資産課税は担税力を考慮している上、景気の影響を受けにくく、安定的な税収が得られる。

資産課税なら株や外貨建て資産などインフレに比較的強い資産にも
現預金や債券などインフレに比較的弱い資産にも中立的に課税できる。

景気回復後も消費税増税ではなく、毎年数%の資産課税を導入するべき。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1225001122/

215 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:44:53 ID:B017JA7M
国債を評価しないということは、その国の通貨を信用しないということと同義語なはずなんだよな。

外人が日本国債に投資する価値は、利率が低いからほとんどないと思うけど。

216 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:46:26 ID:rkuzzyPi
株式会社電通国際情報サービス、うんこくさいつううしん
なんて洒落があるくらいで

電通は、ご存じのように、国内での情報統制はとれるけど、海外では一切通用しない
それだけの話しなんです、格付けって



217 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:51:39 ID:7As2+X18
>>212
そろそろ限界なのは私も感じていますが、国際情勢に発言権の無い日本が
国債を外に出したら舵取りを外資に乗っ取られてしまいますよ?

218 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:55:10 ID:1L4klOK8
個人金融資産が1400兆、住宅ローン等借入金と相殺した純資産では1100兆。
これを突破しても「内国債だから」という言い訳は効くんだろうか?
あと、年金欠損金まで債務に含めると、金融資産を引いた純債務で見ても
そこまで近いところまで来ている。

219 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:57:34 ID:sB/GuIwV
ゆうちょ限度額増やせば先延ばしは出来るだろうけど
それをすれば10年後にあるだろうと言われているゆうちょ破たんのときのダメージが物凄くなる
行くも地獄退くも地獄ってやつだな

220 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 09:58:52 ID:rkuzzyPi
ロリコン中国人の傾向は、イスラム教徒に似ています

これたぶんね、国債って財務省だよね?
もうイスラムにクビつかまれてんだよね
テロがあっても甘受しろって世界なんだよ
実際に、報道が正しければだけど、官僚が殺されたよね、それも玄関で
オーム真理教どころではないよ
公安でも対応できかねる事態が、そこまできているんだよ
マイケル・クライトンの小説はだいたい当たってたのさ




221 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:00:08 ID:kFh8b2+C
連中には連中の独自の価値観や要素がある。
基本になる通貨が減価していっても金利が付いて名目上リターンがある方を選ぶんだよ。
通貨の減価スピードに金利が追いつかなくても構わないのさ。

222 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:08:32 ID:hDExllFF
>>219
海外資産か貴金属を持つ必要があるような

223 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:13:16 ID:1L4klOK8
インフレヘッジとしては、豪ドル預金・中国株・金地金など?

224 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:14:30 ID:VvschOu8
>日本国債市場に何らかの異変が生じた場合には、確実に円は暴落し国民生活は疲弊します。

結局、ダメなんじゃん

225 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:18:11 ID:GfQXIFPi
>>219
郵貯なんて戦時国債買ってるのと同じだからな。

日本はもう一度敗戦を経験するわけだ。
まあ生産手段もインフラも破壊されてないし対外債権も山ほどあるから
あのときよりマシだろうが。

226 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:21:13 ID:sknZe3WQ
>>223
中国株はやめといた方がいいんじゃない?
人民元切り上げも、アメリカの制裁関税もどちらも
バブルを崩壊させる要因になり得るから。
結局はドル建ての資産か、日本株がインフレヘッジとしては
手段は無いかと・・・

227 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:25:46 ID:GyhMptv5
知らなくて結構
知ったら金が集まって円高になる
それは避けなければならない
いつも死に体詐欺で円安を演出しないとやっていけない
イギリスじゃないんだからいいんだよ

228 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:41:42 ID:j59ySPFq
いまや、預貯金から海外資産や貴金属に資産移動するだけで、
国債の売り圧力になってしまうほどの飽和状態。
円安と国債暴落がセットになる可能性がたかい。
危機を切り抜けるには、国債売り圧力と円安を切り離す必要がある。

財政再建と円安政策を同時にやるしかない。
財政再建すれば、国債の売り圧力を緩和できる。
円安は輸出企業にプラスになり、効果的な景気刺激策になる。


229 :亀井:2010/03/28(日) 10:49:55 ID:qVpgYGVS

亀井が選挙前に言っていたことなんだけど、知っている?
今、ゆう貯と簡保の限度額を2倍にしたがっているけどさ

政権与党になったら米国債大量購入〜亀井氏 < 2009年5月15日 2:31 >
ttp://www.news24.jp/articles/2009/05/15/04135329.html
 亀井氏は、ホワイトハウス高官らとの会談で、次の総選挙の後には民主党と国民新党、
社民党の3党による新たな連立政権が誕生する可能性について、「500%ある」
などと説明し、「新政権ではアメリカ国債をダイナミックに買っていく」と述べ、
オバマ政権を財政面で支えていく考えを伝えた。

230 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:01:39 ID:cXopzkGf
当たり前の事を書いてるだけ。
その当たり前の事を理解できないのが破綻厨w

231 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:03:00 ID:iBgxANcQ
>>229
「500%ある」なんて発言する数字に弱い人間を金融にかかわらせちゃダメじゃん!

232 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:06:16 ID:dsTNYeMb
そんなに危ないなら円売れよな

233 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:16:48 ID:cXopzkGf
>>229
そんな金あるなら国内でばら撒けよ。
米国債を買うって事はアメリカの財政出動を助けてるのと同じだ。

234 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:20:10 ID:7x8Yh9/y
アメの格付け会社って
はめ込み詐欺の連中だろ?

235 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:22:46 ID:cXopzkGf
そうそうサブプライムもリーマンも格付が高いから安心とか騙していたw


236 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:25:35 ID:8VPq7N2q
えー 外国からの信頼あついから円が高いんじゃないの???

日本人としては、どうみても日本はあと10年くらいで破綻するとしか思えないんだけど、
EUもPIIGSとかで国家破綻が起きる寸前だし、アメリカも爆弾沢山抱えてるらしいし、
隣の庭がよく見える心理が働いてるだけか?と思ってたのに、

外人からみても、やっぱり日本は破綻する国に見えるんだ・・・

237 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:29:19 ID:rkuzzyPi
デジャブでしか無いんだけどね
10年まえも中国人が必死に日本はおわった!って言っててさ
IBMの人もさ、インテルがR&Dうつしちまったよ、そうだよなって
しかし、現在、ベトナムにインテルいったから、中国が終わってしまってさ
相対的に日本がなんとかなってしまう堂々巡りなんだよ、たぶん

問題がイスラムだな、ユダヤはそれなりに筋あるけど、あっちは無いもん
まれに筋たてるイスラムは居るけど少なすぎる


238 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:30:27 ID:8VPq7N2q
そりゃ、100円の国債は100円で絶対償還出来るかもしれないけど、
償還時に、現在の一ドル90円前後の価値があるわけないって思われてるんじゃないの?
もし円が暴落して一ドル200円とかユーロとかでも暴落するのが見え見えなら、
誰も日本国債なんて買わないだろ。

今の超円高じゃ、誰も日本国債なんて外国人は欲しがらないわな。



239 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:31:43 ID:Io4c63g3
破綻する可能性がある国の通貨を買い漁るおかしな外国人たち

240 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:32:58 ID:8VPq7N2q
>>16
でも、もう国家予算の半分を借金してまかなうってのがこの10年で常態化したから、
「じゃ、国債発行を即日止められるのかよw」って言われたら、絶対に出来ないの
見透かされてるんだよ。

国債無しで予算組んだら、どのみち日本のほとんどの制度は破綻するし。


241 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:33:04 ID:wfbPutTb
>>229
これで日本株も上がるじゃん。普通に考えて。

民主政権って、わけがわからんな。
選挙前に言ってた事と、全然違うしw

242 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:34:31 ID:8VPq7N2q
>>239
通貨はいつでも売って逃げられるじゃない? 国債はその国の通貨価値でこれから
5〜10年固定で持たされるわけだから、やっぱり円を買うのと日本国債買うのじゃ
全然意味合い違うんだろうな。



243 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:36:34 ID:sknZe3WQ
>>238 >>239
国債は買わんが株価は興味しんしんだろうな。
仮に直受けが始まって1ドル110円まで円安が進んでも、
株価が円安を好感して1万5千円まで躍進したら円を投げ売る理由はないから。



244 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:39:30 ID:Ijlzblq8
>>1
>実質価値はインフレや円安などで世界的に見れば大きく毀損することになると思いますが

そういう可能性があるから、格付けを低くされるんじゃないのか
円の価値を1/10や/100にして償還したら、実質的なデフォルトでしょう

245 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:39:56 ID:yR9an2m4
郵貯と簡保の限度額を上げたら民間→郵政に移るだけ。
国内資金が増えるわけではない。それどころか民間金融機関の資金が減ることで
特に中小企業への資金供給が減る。
具体的には新規融資の停止や貸し剥がしが増えるだろ。
民主及び亀井は郵貯と簡保の貯蓄資金を国債で食い潰して時間稼ぎをするつもりだろうけど、
数年しかもたないし終わる頃には日本の金融市場が壊死してるだろう。

246 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:40:07 ID:8VPq7N2q
日本を会社にたとえるなら、円は株、国債は社債ってところ?

向こう数ヶ月や1年程度なら、株を買いたいけど、5〜10年先は破綻(倒産)の
リスクが大きいからとても買えませんって感じかなぁ。

この円高、やっぱりあと1年くらいで下がり始めるね。 FXやってみるかな。 
どうみても下がる。

247 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:40:40 ID:vYLu1+Vv
どこかが破綻すると連鎖的に一気にきそうだけどな

248 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:43:39 ID:nvhdwqh2
>>242

国債もいつでも売れるよw

249 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:45:53 ID:8VPq7N2q
個人的には2050年に5人に1人から2.5人に1人が65歳になるっていう時点で
この国は終わると思ってんだけどなぁ。

内需は今の半分以下になるってことだろ? 内需で食ってる企業は倒産の連鎖。

輸出でなんとかバランス保ってた企業も、この10年で日本の得意分野って
ほとんど消失してるよね。 絶対、シェアを中韓に取られて、輸出で稼ぐことも
ままならないと思うんだけど。

この少子高齢化問題はもう確定しちゃったことだから、これからの
政治や経済の舵取りでどうにかなるわけじゃない。

俺は日本は破綻すると思うよ。 あと10年以内に。

250 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:48:28 ID:j59ySPFq
インフレで価値を毀損し、それで償還しても、
そいつは安全とは言わない。
そいつは最も危険だ。

大丈夫とか言ってる連中は、すべてこのレベル。
こういう人は、本当に社会人なのかな?

251 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:50:14 ID:8VPq7N2q
>>248
売れるとして、100円で始まる基準値が、「やっぱり怪しいから償還前に売ります」っていって
100円で売れるの? 償還前に市場で売ったら償還予定の利息分も鑑みて100円戻ってこないんじゃないの?

252 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:50:40 ID:2P/NEmov


国の成長を4%上昇させれば、増税は必要ないと

言ってたよ。 この20年 まったく成長させない
政治が悪い。 その政治を選んだのは、国民。



253 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:51:34 ID:dvGjUmlg
>>244
まあそうだよね。

今1億円で国債買って、一億一千万で帰ってきたけど、
そのときには缶ジュース一本1万円ですとかになってたら
大損してるのと同じだし。


254 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:53:18 ID:dvGjUmlg
>>250
あたりまえだよね。

なんつうか、>>1を読んでじゃあ国債は安全なのか!と納得
する奴はいるのだろうか。

むしろ国債の危険性を説いてるようにも見えるのだが。

255 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:56:46 ID:z+fqBbdn
>>254
安全危険なんて政治しだいじゃね?


256 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 11:58:57 ID:8VPq7N2q
いよいよ個人向け国債あたりがダブついてきたから、こういう記事書かされたんじゃないの?

ほんとにヤバい話は日本は必ず隠蔽されるから、ある日突然「日本は2ヶ月前に実質破綻情態でした」
みたいな「政府緊急会見」みたいなのが放送されて、同時に国家非常事態宣言発令ってオチじゃないのかな。

で、取り付け騒ぎから大暴動に移行。 外国人が率先して略奪開始で日本はカオスに。

そういうことが起きてもふしぎじゃないだろ。 

257 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:04:33 ID:dvGjUmlg
>>256
>いよいよ個人向け国債あたりがダブついてきたから、こういう記事書かされたんじゃないの? 

ならこの記事逆効果じゃないの?あるいは書いた人が良心的で、
危険性もちゃんと指摘してくれたのか。

258 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:10:06 ID:dgaoRaMy
外国って白人社会だろう
特に気にすることはないな

259 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:10:39 ID:kD3kGILR
>>1
>ただどんな状況になっても円建ての日本国債は100%償還されます。
>実質価値はインフレや円安などで世界的に見れば大きく毀損することになると思いますが、
>100円で発行された国債は100円で返ってきます。
>繰り返しになりますが、円建てであるため、返ってこない理由がないからです。

著者は馬鹿じゃないのか? これじゃあ意味ないじゃん!

実質価値は大きく低下するかも知れませんが、額面では全額で戻ってきます?
まるで言葉遊びをやっているようだ。私ならこれ以上国債を買うことは止めて、
長期的には外貨預金や金を投資することを進めるわ。

260 :肉棒さん@お口いっぱい ◆/7UDmaPUeY :2010/03/28(日) 12:11:39 ID:kkWceLhx
そりゃ「日本嫌い」の現地妻に
日本のネガティブ情報ばっか
ベットで聞かされてりゃなぁ。
黒髪だけの日本嫌いの帰国子女ブスが
アル・ゴアの著書片手に
NYTの記事に注釈つけて
大喜びで日本叩きだもん。

261 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:16:33 ID:j59ySPFq
言い方はなんだが、毎度海外投資がどうとか言ってる人も良心的かもな。
かなり前から国債の危険性を指摘してた。

通貨発行権があるから大丈夫とか得意げに言ってた奴がたくさんいた。
インフレによる債務圧縮の欺瞞も指摘してた。
国士気取りで、日本国債は大丈夫とかいう人は何考えてるのだろ?

262 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:16:43 ID:rkuzzyPi
>>260
2本のちんぽで犯されるのが 正当 なんて日本を好きになるわけないだろ、そら
おまえのIDが一本で二本分って話しならともかく


263 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:28:36 ID:Ycoi+eSu
私は結局のところ100%安全であり、100円の日本国債は100円で返ってくると考えています。
日本は外国からお金を借りていません。
逆に外国にお金を貸しており、米ドルも100兆円単位で持っています。
外国からお金を借りていないということは、国債はほぼ全部円建てです。
円建てである以上、自分が通貨の発行権を持っているので確実に償還が可能です。


バカなの?変動相場制で無条件に刷るわけないじゃん固定相場じゃないんだからさあ

264 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:29:14 ID:kVK3oNO+
こういう風な記事でファンドマネージャーを洗脳して
日本人の資産の数%でも海外に移転させられれば
外国としては大儲けなわけだよw


265 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:31:32 ID:xKYisgyP
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1253938266/101-200

266 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:35:36 ID:z+fqBbdn
外国は日本の資産が欲しいから、あの手この手で揺さぶってくるねえ。
何が真実なのかは自分で考えないとな。
(偉い人が言ってるからが一番胡散臭いw)

267 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:36:04 ID:7bm2WP3j
この記事、国内で買われているよりも、積極的に外国人に購入してほしいなってわけ?

268 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:37:33 ID:LJOIK5h+
インチキ臭い 格付けなんで
政府系に100兆財政出動で 即改修
他国の様に 見かけのGDPだけ成長させたら

269 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 12:58:52 ID:tyZY0EEi
お前ら、観点が間違ってるよ。
国債なんて自国で消費しているうちが良いんであって、
米国債の様に、日本と中国に支えられてる方が異常なの。
それに、そんなに儲かるなら、そもそも国債なんて発行しないw

要するに、この記事が言いたいのは、
格付け機関の評価は内外で差がありますよと、
だ・か・ら
日本の株価は不当に評価低いので、
インチキな国内格付け機関の格付けが正しいんで、
もっと日本の株を買いなさいって、宣伝広告だよ。
マンションの今が底記事と同じ。
国債の話なんて関係ない。

270 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:01:40 ID:JWHX2alQ
>>264
フランス野郎の話しか?



271 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:01:49 ID:8LMoPARY
格付け(笑)
相撲の番付の次位には信用してるか?

272 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:02:37 ID:JWHX2alQ
そう、どんなベルトをするかやん
問題は
イタリアでええのか、ええんのか、やばくないか

273 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:10:44 ID:6/pkXuif
>>264
1400兆円のうち220兆円も海外投資に向かっているからなww

274 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:13:43 ID:dF8Ox+6D
>>16
この手の資産って暴落すると並行して目減りするからな


275 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:14:58 ID:j59ySPFq
普通に考えれば日本の財政はヤバイだろう。
大丈夫とか言う話しは、詭弁レベルの話しばかり。
ま、海外資産や貴金属をもとうという選択は自然な話しだ。
ただ、円資産との比率は自分で考えないといけない。

財政問題がなくとも、日本はあんまり魅力的な投資先ではない。
高齢化で内需関連は先行き暗い。


276 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:19:31 ID:ewfusK+j
破綻はねーよw

全部円建てだからイザとなったら日本銀行券発行して償還するだけ。
            ↓
するとガクンと円安になる(破綻厨はここで日本は終わると思っている)
            ↓
アーラ不思議!国際競争力がついて日本製品バカ売れ。
            ↓
サムスン、ヒュンダイは没落。日本は超絶スーパー貿易黒字国へ!
            ↓
結局、円安から適正なレートに落ち着く。

つまり、ソニーやトヨタ、キャノンなど国際競争力が高い企業が日本に居る内は大丈夫。
これらの企業に「日本から出ていっていいよ」とか言う奴は真性のバカ。そんなことになったら日本は正に終了する。

277 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:26:00 ID:6/pkXuif
スウェーデンは財政破綻の危機から金融危機になった。
国内の大手生保が国債購入しないと宣言してパニックになった。

結果として為替が3割下落した、円なら1ドル120円だな
輸出企業が儲けまくりてで経済が好調になるよな。w

インフレ率だって金融危機の1年目だけ10%になったが、2年目から5%程度に
落ち着き、先進国の平均的なレベルになった。

日本が国債の危機になってもこの程度なんだよ
金融機関にとっては、イヤな事だろうけど、国民性生活は余裕っすww

278 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:28:08 ID:JpyEra7U
>>276
いつまでも、国際競争力とやらが残ってるといいけどね
破綻って別に今年来年じゃなくて10年後20年後の話だからな
果たしてそれまで、高技術・高技能の生産設備・労働力が残っているやら…

ガチの底辺国として、繊維の輸出から再開するってわけじゃあるまいしw

279 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:30:44 ID:vhSxlPp5
>>276

>日本は超絶スーパー貿易黒字国

摩擦再燃じゃない?

280 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:32:54 ID:ewfusK+j
>>277
だよな?円安になったら、間違いなく日本は輸出国として再生する。
損するのが鳩山のような日本円を大量に持っている資産家(プラスたいてい権力者)だから
実行することができないだけ。

281 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:36:48 ID:ewfusK+j
>>279
だから〜プラザ合意みたいなことがなされて結局円高になるって事。
破綻しません。

282 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:39:07 ID:TGk3LQRx
単純にGDPに対する借金が高いんだもの。AAは妥当。
他の先進国ほど成長する見込みも無いし。

283 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:39:19 ID:TqrKc8Lf
他の国の企業はいろいろいいかげんな会計・企業データなんだが
日本はきっちり出しすぎてる。
格付け会社も「日本だってどーせいいかげんなんだろ?」てな目線で
出してる。

284 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:39:21 ID:ewfusK+j
>>278
だから残ってる内に円安政策すべきだろ。

285 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:40:29 ID:vhSxlPp5
>>281
じゃあ、長期的に見て通貨を右左にすれば大金持ちになれるじゃん!

中国みたく為替介入しなければだけどorz

286 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:42:39 ID:BTwppS/g
何この不自然な記事

287 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:46:16 ID:6/pkXuif
http://livedoor.2.blogimg.jp/positivegamma/imgs/3/6/36609d9d.jpg

破綻してインフレになるならマイナスで推移しねーよ(満期10年もの↑)
市場を見ろww
インフレが心配なら人気のねー物価連動債を買えww

288 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:46:45 ID:cuRDHuPd
経済財政諮問会議の「日本21世紀ビジョン」によると、
2030年度の日本は、貿易収支は赤字になる
http://r25.jp/magazine/ranking_review/10005000/1112007032206.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/dr/20060613md01.htm

289 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:50:54 ID:cuRDHuPd
経済財政諮問会議がまとめた「日本21世紀ビジョン」は、
2030年度の日本経済は、貿易・サービス収支が 『赤字』 になるが、中国などへの投資による所得黒字が拡大して経常黒字は保つ「投資立国」の姿を描いている。
ただ、「高齢化が進んだ21世紀半ばには、所得黒字では貿易・サービス赤字が賄えなくなる」
http://sakamotoryu.blog34.fc2.com/blog-entry-801.html

・・・投資国家しか道は無い。

290 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 13:58:58 ID:heN+l1h1
現総理が金融大国を否定してるからどうにもならない

291 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 14:05:44 ID:Qa1IRdO0
いつ暴落するのか答えられないと儲けられない罠w
本当に新聞とか馬鹿丸出しだと思うよw

292 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 14:33:39 ID:8VPq7N2q
>>289
最近の「日本の経済ヤバイ!」ってニュースの的中率はきわめて高いからな。

逆に、ネトウヨとかが言ってた楽観論はほとんど外れ。

正直、国債が大丈夫とか信じる方がどうかしてる。 普通に考えて、あと10年以内で
きわめて深刻な事態に陥るのが容易に想像出来るわ。

293 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 14:37:18 ID:/nDRLiVu
日本は円安になっても、中韓との競争が多少楽になるだけで、
コンペティター不在だった昔のレベルにもどるのは、もう無理だし、
オーバーカンパニー放置してる時点で、勝ち目無し。

それどころか、円が下がれば冗談抜きに、日本の使えそうな会社、
残らずサムソンLGヒュンダイ、下手すりゃハイアールにまで買収されるんじゃねーかな。

294 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 14:39:26 ID:vhSxlPp5
>>293
外資入ってくるとヤバイの?

295 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 14:44:26 ID:j59ySPFq
ネトウヨと呼ばれてる人達は、国債をでだけ発行し、それで現金持ちを没落させれば、
自分達と同じ立場に引きずり降ろせるという暗い発想があるのかも。
海外投資とか貴金属とか購入されると、格差がなくなるどころか、
かえって格差が開く危険性があ。
だから、かなり無理がある楽観論を展開する。


296 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 15:40:19 ID:XhpYLXKs
メディアが借金借金と騒げば騒ぐほど怖くなって日本国債を買わなくなる
そういうマスゴミの報道に洗脳されやすいアホな人種だと思わ
れてんだよ日本人は

297 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 15:42:44 ID:NVB4V3ce
>>293
円高で日本企業が外国に工場作って日本の雇用がなくなるより、
円安で外資が日本に来て雇用作るほうがずっとまし。

今の為替水準は明らかに円高すぎ。失われた20年とかいわれて
いるのに、何で20年前より円高なんだよ。

中国は元相場固定しているし、スイスは為替介入している。
現政権も国民の生活が第一というなら、他国と軋轢があっても
円安誘導すべきだろ。普天間で頑張るよりすることは
もっとあるぞ。

298 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 15:44:28 ID:ewfusK+j
>>293
輸出企業の株価は為替に強く影響されるから、円安になれば即買収みたいにはならないと思う。
むしろ企業価値が上がって株価は高くなるでしょ?
このまま円高容認して倒産株みたいにしてしまってる今がよっぽど買収されそうだが?

>>292
ネトウヨの楽観論とやらは具体的に何?

>>295
しかし民主の外需放置で内需拡大だから円高容認とかよっぽど無理がある感じだが?
そんなことしたら製造業派遣の人はますます仕事が無くなって困る。いまさら正社員で雇われるわけねーし。
円高にしたら新しい雇用生まれますか?減る一方でしょう?
何も金持ちをいじめたい訳じゃなくて、純粋に日本の製造業を心配してるだけです。少なくとも私は。


299 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 15:53:00 ID:xIZrs3sg
太陽黒点周期は11年周期だったのが、直近では12年7カ月だったと朝日新聞。
https://aspara.asahi.com/blog/science/date/20100319 ←朝日新聞2010年3月19日。太陽、まもなく『冬眠』
http://www.youtube.com/watch?v=N8fQpAhCUw0&feature=related ←TV東京の報道(動画)宮原ひろ子氏
http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf ←東京大学宇宙線研究所特任助教宮原ひろ子様の講演資料日時;2009年2月7日
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/1ry/Kagaku200912.pdf ←2009年12月号「科学」 太陽活動の謎と発見 宮原ひろ子
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~hmiya/ ←宇宙線研究所

11世紀オーアト極小期(40年間)、13世紀のウォルフ極小期(60年間)、
15世紀のシュペーラー極小期(110年間)、 17世紀のマウンダー極小期(70年間)、
19世紀のダルトン極小期(30年間)。200年に1度の割合で極小期。

世界の人口、200年前10億人、今68億人。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Data/Popular/01-08.htm

寒冷化すれば、世界の暖房用原油の消費量増大へ。国内ガソリンは200円代へ。食料もコストアップ。
200年前と違い、食料の安定的獲得に原油は欠かせない。
漁獲は動力漁船が支えている。食料を大型貨物船が世界中から運んでくれる。
温暖化は、原油価格のインパクトは少ない。
寒冷化は世界経済秩序の危機を孕んでいる。
(リーマンショック前に、食料価格高騰で、世界中でデモが起きた。漁民も抗議デモ)

300 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 16:02:33 ID:sB/GuIwV
円安誘導させたいのなら日銀による国債の直接引き受けをさせればいいんだよ
一応亀井がゆうちょ限度額増額と並行に日銀の国債引き受けをアピールしているが
かなりgdgdになっちゃってるから実行されない可能性の方が高い
民主側から日銀の国債引き受けを言い出す人間が出てきてくれれば良いのだけれども

301 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 16:07:22 ID:Zdzia+U0
頭の悪いチョンが沸いてるスレだな。
N速や東亜から締め出されたチョンは
ここくらいしか入れないんか?

302 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 17:03:43 ID:zEcdJ/s2
>>1は楽観論でもなんでもないので心配しなくていいよ >必死人

303 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 17:25:33 ID:p5S/G/Dk
外貨建てじゃないからな
極端な話、一枚1000兆円政府紙幣を発行すればすむ

304 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 17:32:32 ID:iVPMRpIV
インフレにして通貨の価値を日々目減りさせていけば貯蓄する人も減って
消費にまわるようになるのにね。
なんでそうしないのか不思議だよ。
デフレになればなるほど貯蓄が有利になるからみんな貯金したがるわけで。

305 : ◆4cp1Q31iN6 :2010/03/28(日) 17:33:57 ID:n8Q4YFs/



306 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 17:49:25 ID:ClbhnpHT
成長かインフレによる目減りを期待しないで赤字国債を発行してること自体が
財政そのものをぶっこわしてるんだけどなw

そこには誰も触れないふしぎ。緊縮財政?やればいいよ。本当に赤字を0にする気があるなら
解決は可能だ。だけどそれができない上に緊縮なんて中途半端なことをすれば、問題は悪化するだけなのは
あたりまえ。

307 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 17:52:18 ID:j59ySPFq
一番必死なのはネトウヨでは?
ある意味、冷静に日本国債の危険性を見抜いてる人は、
それなりに行動している。外貨建資産購入したり、貴金属購入したりと。
ま、それがどこまで有効かは俺にはわからんがな。

大丈夫とか言ってる連中は、実質財政破綻状態でも、円安でなんとかなるとか無理なこと言っている。
円安効果が出るのは、財政悪化の経済混乱、特に金融危機が終息してからの話しだよ。
90年代末の不良債権問題による金融危機で円安になった。
しかし、すぐには円安効果で経済は回復などしていない。
経済上向きになったのは、不良債権問題がそれなりに解決した03年以降。
円安効果が景気回復にも寄与した。
こうした事例を見れば、金融機関、特に預貯金や年金に大きな打撃を与える財政問題が軽く済む訳がない。
円安効果で経済が回復するのは、経済の混乱が終息した後の話しさ。
経済混乱が終息するのに何年もかかれば、それだけ犠牲者が増える。
その犠牲者にならない自信があるかだよ。

政府紙幣とか日銀の新規国債引受は、結局は資産逃避を助長させるだけ。
だれも座してインフレによる財産の毀損を受け入れたりしない。

財産再建と円安誘導を同時にする政策を考えなくてはいけない。
財政再建にめどが建てば、国債の売り圧力は相当に弱まる。
円安は最も効率的な景気刺激策。雇用増加で税収にも寄与する。
こういう政策を考える議論なら意味がある。


308 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 17:55:59 ID:7bm2WP3j
円安になったらなったで、資源や材料の購買力が弱まるでしょ。

309 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:04:47 ID:eTKwICdO
>>1
円がジンバブエ化したら円建て国債なんか紙屑だろ

310 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:07:40 ID:sknZe3WQ
>>308
今は製品に占める原材料費の割合はそんなに高くないよ。
むしろ人件費の方が圧倒的に高い。
つまり円安の方が圧倒的に国際競争力の面では有利。

311 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:12:22 ID:ASRiuopz
国債を外国人に売るとかマイナス要素にしかならないだろ
日本の銀行、郵貯の無能担当者は黙って国債を買ってりゃいいんだよ
つかそのおかげで米のクズ債券を買わなくて済んだんだし結果オーライ

312 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:29:22 ID:vBNvexeb
格付けなんてインチキがバレバレだろ。
サププライムローンだってAAAにしていて、インチキ格付けが問題になっているし、
破綻して8兆円もの税金を投入したAIGだって、
直前まではAAAだったんだぜ。

そういや日本でもAAAをセールストークにしていたAIG系の生保あったな。


313 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:36:16 ID:faRWPI3D
100円が100で返ってくるならその100円財布の中に入れておいた方が良くね?

314 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:36:23 ID:ClbhnpHT
格付け会社を国有化するだけでもましになりそうなんだよな。
もしくは完全自由化するとかw
なんてったって自由競争がいいんだからね!

315 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:51:40 ID:j59ySPFq
格付会社をけなして何を安心したいのだ?
日本が膨大政府債務があり、その膨張のスピードが尋常ではなく、
税収以上の新規国債発行、税収の25%にもなる国債利払いと、
財産が最悪な状況であることは変わらない。
むしろ、格付会社は日本を過大評価し過ぎだ。
本来なら日本国債はジャンク債。

316 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:54:11 ID:bvlkm38F
アメリカ国債だって遠慮なく格下げできるならとっくに下がってるわw

317 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 18:58:19 ID:I6aNxScg
ガラパゴス国債

318 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:03:16 ID:OXxRAU/V
>>315
格付け会社がまともな業務をしていれば、金融危機なんて起こらなかったんだよw

いい加減な信用の無い仕事してるのにどこを信用しろと言うのか?



319 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:06:37 ID:GYppOXwo
>>318

己を信じろ


320 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:07:24 ID:IK8IxYH4
>>315
銀行は格付けが高いから国債を買ってるわけじゃないからね

321 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:08:15 ID:o7JpPwyn
買ってるのは日本なんだからいいんだよ
むしろ外国に売れ出す方が危険

322 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:08:24 ID:vhSxlPp5
>>320
??利回りも悪いじゃん???

323 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:08:37 ID:j59ySPFq
だから、格付会社をけなしたところで、
なんら日本の財政は心配無いという根拠にはならん。

324 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:11:11 ID:stmN9CCX
土建屋と公務員が日本を潰す!

325 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:12:42 ID:bQZxRs2Y
単に利回りの問題だろ

326 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:16:41 ID:ewfusK+j
>>315 
格付けは一定の要素で機械的に上がったり下がったりすればよい。
問題は恣意的な格付けをしている事では?
それから日本国債はあらゆる懸念を織り込んで今の金利があるわけだから
ジャンク債はいいすぎ。償還は可能なんだからw

327 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:17:07 ID:8HUzUdqM
>>(インフレで)確実に国民の生活は悪化します。
それが最大の問題なんだろ
どういうわけだかB層はインフレで暮らしがよくなるってホルホルしてるみたいだけど

328 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:20:52 ID:gfL0Chn5
それでも円高になります

329 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:21:35 ID:lkGwbbiC
もうあれだろ。
政府がこれまで以上に国債発行したところで、よっぽどのこと無ければ問題ないのはデフォだろ。
財務官僚のデマを記者クラブが書かされて、財政破綻論が一人歩きしてるだけだろ。
国民が財政破綻論で上手く洗脳されているな。

330 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:22:20 ID:CnRsksaS
>>327
全世界(除日本)で悪化しているわけだ 高度経済成長時も高インフレだから
国民の生活は悪化しつづけたわけだ。インフレがダメというのなら

通貨破綻時のインフレと、2%程度の世界の中央銀行が
目標としているインフレ水準を同一視するな

331 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:23:24 ID:GYppOXwo
>>329

ITでいうデフォ? 金融で言うデフォ? ww


332 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:24:41 ID:GYppOXwo
>>330

インフレになっても、おまいらの給料が上がるという保障はないわけだがww


333 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:25:19 ID:vhSxlPp5
>>331
デフォって言ったらデフォだ!
最近の若者は・・・

334 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:31:01 ID:j59ySPFq
経済成長でインフレになるならよいが、
不景気でのインフレでは意味がない。
日本の財政問題は確実に金融機関に打撃を与える。
こいつは経済成長なんてもたらさないし、信用不安を引き起こす。
信用不安と資産逃避によるインフレは、なんらよい影響はもたらさない。
日銀の新規国債の引受とか、政府紙幣なんてものは、
信用不安の引き金にしかならない。

インフレだから好景気ではない。

335 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:31:28 ID:e96YfdlK
つうか経済学でデフレ自体が歓迎されることはないんだけどw

インフレなき経済成長なら歓迎されるがね。
そうでなきゃわずかなインフレが経済成長の前提なんですよ。

336 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:32:50 ID:GYppOXwo
日本国債がデフォになったら、インフレになるよw


337 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:33:06 ID:16U6TJ2D

生活保護費を何も考えないで大量に出している

低脳左巻福祉公務員を削減しろ

338 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:37:06 ID:IK8IxYH4
>>322
デフレで実質金利が高いのもあるけど、銀行という業務上流動性が高い商品を置くのは当然でしょ

339 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:39:12 ID:g7Y2W3oP
日本では10年間もの間に、異常な低金利で発行された債券が積みあがってるから、
少しの長期金利の上昇でも債券売りのスパイラルを呼ぶ可能性がある。
健全な経済成長かつ適切な物価上昇率が維持されてきた先進国と、長年
ゼロ金利を続けていた日本を比較して、インタゲやれってのは無責任でしょ。

340 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:39:35 ID:Yy1XqH8Z
>>1
一見マトモそうに見える記事でも
アナリスト署名の論説でない時点で嘘臭いと思わないといけない。

投資は自己責任。


341 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:41:31 ID:IK8IxYH4
>>334
インフレ率は実質金利を変動させるのが意味あるわけで…

>経済成長でインフレになるならよいが、
不景気でのインフレでは意味がない。

これは意味不明です。

342 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:42:25 ID:NVB4V3ce
>>337
でも世界的には日本の生活保護は、人口に対する支給対象人数比は少ないらしいぞ。
一人あたりの支給額は「際立って」高いらしいが。
老人になってもらう国民年金より、生活保護の方が多いってどう考えても変。


343 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:45:06 ID:j59ySPFq
日本の財政問題は、マイルドインフレなんかにはならない。
ここがわかってない人がいる。
マイルドインフレを否定してるのではなく、政府債務圧縮を目的とした悪性インフレを警戒してるのだ。
硬直した頭では、インフレはみな同じに思ってるようだが、警戒すべきは悪性インフレなんだよ。
デフレを肯定はしないが、国債の売り圧力を抑えている側面もある。
だから、財政問題が噴出する前に、円安誘導しておく必要がある。
円安誘導が上手くいけば、結果的にマイルドインフレになるし、
景気回復で雇用の改善になる。
財政赤字の膨張の加速は悪性インフレの危険性を増大させる。

344 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:46:32 ID:lkGwbbiC
財政破綻と言えば、知的に見られると思い込んでるB層が騒いでるだけ。

345 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:53:26 ID:6/pkXuif
>>307
>財政再建にめどが建てば、国債の売り圧力は相当に弱まる。
今売り圧力があるみたいな書き方だなww

90年は金融危機であって国の財政危機ではないから
国債はドンドン買い進められ長期金利は低下していった。
オマイサンの認識は間違ってる。
財政危機は30年以上前から言われていたがなww

346 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:53:55 ID:8VPq7N2q
>>342
そして、「生活保護やセーフティネットなんて無くせ!」っていう直情的な国民感情を逆手にとって
社会保障制度を整えてこなかったんだよ。

社会保障還元率
http://tym-hok.cool.ne.jp/gurafu/gurahu-p53.html

生活保護をあえて批判が集まるようないびつな制度のまま放置したのも
社会保障に税金使いたく無かったから。



347 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 19:59:40 ID:6/pkXuif
>>343
オマイさんの想定している悪性インフレって何%以上の話?
悪性インフレ=ハイパーインフレだろ? ww


348 :Antithesis ◆U9ssvMBoBY :2010/03/28(日) 20:01:04 ID:wotIGBJh
>理由その1 「日本の将来性」
>理由その2 「日本を知らない」

結局、日本のマスコミの日本悲観論がまずいんじゃないの?
日本はもう駄目です!を繰り返せばそうなる罠。

349 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:01:08 ID:I8Krmj7H
失われた10年とか20年とかじゃなくて衰退途上ってことじゃないかね

350 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:04:54 ID:j59ySPFq
残念ながら、国債国内消の化限界を意識する観測が金融機関系統のアナリストから出はじめている。
これは今までなかった現象だ。今までの財政への懸念は、国債を購入している金融機関系統のアナリストからは出てなかった。
こいつは金融機関が明らかに国債の購入を渋り始めた証拠と見てよい。
それと同時に郵貯の限度額引き上げは、国債消化をなんとかしようという動き。
既に国債の国内消化の限界を意識した動きが活発化している。
これは今までなかとた。
それだけ事態が切迫してきたのだろう。

危機の兆候なんて、ハッキリ解った時には手遅れ。
断片的に出てくる情報の破片を繋ぎ合わせないと見えてこない。
今の段階は、危機の輪郭が既に見えてきた。

351 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:13:25 ID:hQOKP2U7
>>13
なんでだろう・・・
5年以内にインフレになることはないと考えているから?


352 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:15:39 ID:8VPq7N2q
平成2年まではほんと、非の打ち所のない国だったのになぁ。

壊れる時はあっという間だったな 日本。

貯金とか資産とかでこれからやってくる大不況と貧困に備えるよりも、
貧困でも楽しく暮らせる価値観への転換が必要だと思う。

じゃないと、ロシアみたいに自殺がさらに増えたりしてもっと
悲惨な社会になる。

353 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:17:11 ID:6/pkXuif
財務省の破綻論には裏がある/高橋洋一
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100319-00000003-voice-pol
端的に結論をいえば、「現時点で日本の国債は、少し心配ではあるが、
心配しすぎる必要はない。まともな政策さえしていけば大丈夫なレベルである

国には総計で500兆円ほどの資産がある。そのうち、150兆円ほどは容易には
売れない実物資産だといわれるが、少なくとも残りの350兆円は売却可能なものである

なぜ日本政府はかくも巨大な資産を抱え込んでいるのか。それは公務員の老後を守るためでしかない。


354 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:22:51 ID:j59ySPFq
資産といっても、道路やら空港みたいな売却みたいなものが多く含まれている。
そいつらは、帳簿では資産にカウントされているが、そいつらは売却不可能。
しかも、その資産の維持には莫大な費用が必要。
なんら安心すべきことではない。

355 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:24:39 ID:j59ySPFq
しかも、毎年50兆円ものペースで国債残高が増加すれば、あっという間に売却可能な資産も食い尽くす。

356 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:26:56 ID:6/pkXuif
破綻する国の国債が下落しないんだ?ww

破綻する国の通貨が世界最強なんだ?ww

破綻・破綻・詐欺?ww

357 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:31:11 ID:v6lkKxqn
>>356
知ってるかい?
バブル崩壊前日まで、バブルだったんだよ。

358 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:33:51 ID:iVPMRpIV
破綻論は消費税増税の布石でしょ。
増税やむなしって国民を言いくるめやすくするための。

359 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:35:06 ID:6/pkXuif
>>357
オマイの考えるバブル崩壊後の金利は? 為替は? インフレ率は?
ザックリでいいから答えてくれよ 破綻だけ唱えるバカしかいないからww

360 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:35:26 ID:qPV8CRsP
>>357
ゆとりは知らんかも知れんが、ある日突然変わったってもんでも無かったんだけどな。

361 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:36:59 ID:dzkdA2VV
金利がめちゃくちゃ低いんで、いつ上がるのか分からんように見える
金利高騰こそ国債の抱えるリスク


しかしこれでも、デフレ解消を目指すにはまだ高い

362 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:38:18 ID:lkGwbbiC
>>357
知ってるかい?
財政破綻論に騙されていたと気付くまで、日本は破綻寸前国家だったんだよ。

363 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:41:29 ID:6/pkXuif
株の値段を半分にしてやると日銀の三重野総裁が言い放ってたよな。
日銀のバカ政策でバブル崩壊して株価半額以下になった。ww

国債が暴落して物価が3倍にでもなるの?ww>崩壊だけしか言わないおバカさん!!

364 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:46:36 ID:GYppOXwo
>>363
3倍程度ですめば超ラッキーじゃね?ww 

365 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:53:09 ID:6/pkXuif
バカはハイパーインフレになる条件でも調べてくるんだなw

366 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:55:32 ID:ppJzaI4b
ぶっちゃけこんな利率で
こんなヤバいものかう奴らの気がしれん


367 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 20:58:07 ID:zWryTp/1
ハイパーインフレの条件なんて習ってないから分からん(´・ω・`)

巨額の財政赤字を、シニョリッジで埋めようとして、市場が「政府アホすwwww」って思う
であってるんだろうか(;´Д`)

368 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:05:00 ID:8VPq7N2q
日本国債がヤバいもの扱いか・・・ 数年前までは夢にも思わなかったな。

親方日の丸は最高の「寄らば大樹」だと思ってたのに、それすら危ういなら
日本の大企業の信頼なんてのも無いに等しいな。 

実際、無くなってるんだけどさ。



369 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:05:39 ID:sknZe3WQ
>>362
知ってるかい?
国債を消化する原資は1060兆円までしかないんだよ。

370 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:13:01 ID:OXxRAU/V
>>369
>国債を消化する原資は1060兆円までしかないんだよ。

ウケルw
もっとkwsk

371 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:14:32 ID:LpmyEVZH
【ドリフ級のバカ内閣】

亀「ちょっおまッ!?言ったじゃんヨォ!!」 管「知らねーヨ!!バーカバーカ!!ww」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1269777663/l50

372 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:19:53 ID:h4RyjZsM
海外でこんなに不安視されてるんなら
実際は平気だとしても借金減らす努力すべき
国の財産で相殺したり政府系機関の保有する国債
残念なお知らせで棒引きするとかやれることやれよ

わざと利払いするために放置してるとしか見えない

373 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:20:10 ID:j59ySPFq
金融資産が1400兆円といっても、
それが全て国債購入に充てることはできない。
おおざっぱに言うと、国債残高が1000兆円を越えると、
いよいよ国債の国内消化が厳しくなる。

そうなると、海外への国債販売も必要になる。
それは金利高騰は必至になり、国債の利払いで財政が破滅する危険性が出てくる。
債務は元本以上に利息が恐ろしい。

374 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:23:00 ID:sknZe3WQ
>>370
長期国債や短期国債あと政府短期証券は基本的に
国内の預貯金の合計であるM3で消化してる。
で当然の話だけどM3の限界に近付けば、
金融機関はもう消化できなくなる。

375 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:35:09 ID:lkGwbbiC
国が借金すればするほど国債購入の原資が増える不思議

376 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:38:04 ID:LsERCHPy
ttp://www.youtube.com/watch?v=tS0hWl84VDg&NR=1

     _____  
  ..  /      \     /)
   /   ::::\:::/::\   ( i ) )) 
 ../    <●>:::::<●>..\ / /  後にこれがあの惨劇を招くことになろうとは、
.. |       (__人__)   | /   このとき、誰も知るよしもなかった。
 /        ` ⌒  /     
/  _         /´       
(___) 

377 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:41:37 ID:M/NOjY2A
円安リスクよりも利率が低ければ
外国人に買うメリットが全くない。

国内で消化できなくなったら
やっと、外国人にも買ってもらえるだけの
利率を設定する必要が出てくる。

もうそれも近いと思うが。

それとも、それもできずに崩壊するか。

378 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:47:05 ID:l0j0gBdU
利率4なら買いたくて仕方ない需要が1000兆円分はある

379 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 21:57:20 ID:ppJzaI4b
まぁ格付け会社なんてのも信用リスク高いけどな
エンロン債とかエンロン株が超暴落し始めるまで
高格付けだっただろうし


380 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:16:22 ID:j59ySPFq
金利が上がると、こんどは日本政府が利払いで破綻するんだな。
こんだけの低金利でも、税収の25%は国債利払い。
金利が1%でも上がると、借換債と新規国債の利払いで負担が凄いことになる。
政府が長期金利を気にしてるのはそのため。

381 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:20:03 ID:vPZ13utz
>金利が上がると、こんどは日本政府が利払いで破綻するんだな。

金利収入に80%の課税を行いますが何か_?
by 小沢

382 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:20:43 ID:3wH++58s
>>381
労働なき富とはそのことか

383 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:24:32 ID:OXxRAU/V
>>374
「借金は誰かの資産」ということを良く考えて見たら?

借金がそれ単体で存在するハズはないし、それに借金するのは
支出する為なのだし。

あとストックばかり注目してるが、大事なのはフローだろ?
国には、フローを生み出す手段なんていくらでもあるんだぜ?

それをしないでただ傍観して破綻するなんて有り得ない想定だけどw

384 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:26:58 ID:Aqv718Ux
破綻厨と話をしても時間を無駄にするだけ。




385 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:27:39 ID:j59ySPFq
金利収入に80%も税金かけたら、国債が投げ売りになる。

386 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:29:52 ID:vKgvyi+Q
>>374
日銀が国債買切を増加させれば消化しきれる。
ただ、現行ルールでは日銀券発行残高が上限にはなる。

387 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:33:41 ID:j59ySPFq
債権は償還されるという信用があれば資産だが、
信用がなければ資産にはならんのさ。
信用がなくなると、金の流れるもとまる。

多重債務者の借金を、誰かの資産とは言わないだろ?
債権は信用がなければ資産にはならんのさ。
ジンバブエの国債持ってても、そいつは資産にならん。

388 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:37:00 ID:Gb88EpjY
民間が決める国債価値が国の信用?
だったら円安にならない理由はなんなんだよ。

389 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:37:34 ID:ead+Khwv
>>372
無茶苦茶な増税をするか、大量に札刷るか。
財政引締めの小さな政府はもう懲りたよな?
どれをやっても恨まれる。

390 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:38:54 ID:Z32Dte5T
民主党がやっているのは
日本を早期につぶして、潰す前に金を持ち逃げする算段を整えているだけだからな。
もちろん、逃げ先は中国か朝鮮。

こんなのにAが付いていること自体異常だわ

391 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:42:32 ID:KGE3GKXm
破綻しそうだから
はやく円安にしてよ

392 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:51:33 ID:j59ySPFq
為替は数年先のことなど考えて取引されないんだな。
株式でも、せいぜい半年から一年くらい先しか見ていない。
現在円高だから将来大丈夫なんてことはない。
中には数年先まで考えて取引してる人もいるが、
それは圧倒的に少数派。

そりゃあ半年や一年では、財政問題が顕在化する確率は低い。
だから現在の円高は不思議ではない。
ただ、そいつは数年先まで日本は大丈夫と、市場が評価してる訳ではない。
あくまでも今は大丈夫なのだ。

393 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 22:54:51 ID:ewfusK+j
>>387
だから国債は償還されるって・・・君みたいな人を「大変屋」っつんだよw
仮に君が言う日本終了みたいな状況がきたら世界終わってますから。
外債?そんなもん買っても逃げにならないよ。日本が米国債100兆円ぶん投げますから。
貴金属?イザとなったら国は接収でもなんでもする。北斗の拳みたいに。

日本だけ終了みたいな事はありえねーから考えるだけ無駄。

394 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:06:05 ID:VTiewZ2k
よく日本がやばいって記事出るから
相対的に上位なら優良だろ

395 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:07:15 ID:654v8bLC
なんで国債なんて買って日本の省庁とか救ってやんなきゃいけねーんだよw

396 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:18:41 ID:n9FuN1VB
1.政府が10兆円の国債発行
2.当然政府は10兆円支出する
3.政府以外の誰か(民間)の預金が10兆円増える

個人資産が何兆円だからあと何兆円政府負債が増えたら限界が来る(キリッ
とか行ってる奴はなんなんだ?

397 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:21:08 ID:OdG+BPb5
ここで、YAMAHAをぶっこむと、さてどうなるか


398 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:34:37 ID:0FJUL7mz
>396
自分で言ってておかしいと思わないのか?
のんべの商売じゃないんだから。本当に錬金術だと思ってるの?


結局国債といっても税金を取ってるのと同じなのよ。永遠に増税が続けられると思ってるのか。

399 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:37:03 ID:j59ySPFq
本当は不安なんだろ?
危機に対処できない自分が。
だから珍論を繰り広げて安心しようとする。


400 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:42:33 ID:n9FuN1VB
>>398

ごめん、どこがおかしいのか具体的に言ってくれ

401 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:44:42 ID:7Uv+R60K
自国通貨の国債だから
アメリカも日本も破綻しないよ

402 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:51:15 ID:LF48BlOS
ぶっちゃけ英米仏独あたりの連中からすれば日本なんて
サルの惑星なんだから国債云々なんかどーでもいいワケよ。

403 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 23:51:38 ID:khzx79UH
そんな言葉遊びで論破できた気になるのは2chだけだな
実際に金を出す顧客は騙せない

ましてや冷静な金勘定ができて、国際社会を熟知してる外国人相手
日本が没落しないとかいう発想を頑なに持ち続ける日本人が異常ということもあろう
アジアには発展途上国なんて腐るほどあるのに

404 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:03:59 ID:ZBKlzJmi
>>399
君がどんな対応してるか興味あるな。書ける?

405 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:17:32 ID:BOIdwbu7
>>393
で、本当にいざどうしようもなくなった時の、日本以外の国特に米中なんかの
政治的軍事的行動なんかについては何も考えなんか及ばないの?日本の場合
その2つは米中なんかからすりゃ恐ろしい迄に欠落してるからな…

406 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:21:47 ID:BOIdwbu7
>>393
それとね、金を政府が没収するにしたって、全ての国民の家庭を一軒一軒回って
取り立てるなんて事がまさか物理的に可能だなんて思ってんのか?

407 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:26:54 ID:ikYH7v/e
大丈夫って人は、本気で収入の2倍も支出しているこの状況が続けられると思ってるんだろうか?
そりゃ、今は大丈夫かもしれないが、いつかは辻褄を合わせなきゃならない時がくる訳で・・・

408 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:27:50 ID:EFgrUCfv
>>402
おまえアホだろw
いま英米独が国債発行しすぎて、必死になって日本に売りに来ている。

だいたい平時の市場が機能している時ならともかく、ピンチになった時の
流動性を考えたら、日米国債以外に安全資産はないだろ。



409 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:32:28 ID:Ju+lOEoY
ハイパーインフレの条件
1:国民一人当たり100万円配ってもならない
  国民一人あたり10億円なら確実にハイパーインフレになる
  つまり、紙幣をありえないほど刷った場合になる。

2:戦争などによって日本の産業がメチャメチャに破壊された場合になる。
  終戦後の日本・ドイツのインフレはまさにコレ

今の日本は1,2の条件にあてはまらないのでハイパーインフレにはならない。

410 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:33:48 ID:bos4DG2N
国債を借金といいながら
認識しないで際限なく使いまくっている政府を見れば
今後4年間寒い時代が続くのは必須
マジで国債=国家の借金って事を認識しない前政権、現政権は異常だよ
良識ある奴はいないの?

411 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:36:27 ID:RL7+53Kz
今日の米ドル円の寄り付き見ていろ。

すでに円は紙くずになってるんだぞ。

412 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:42:10 ID:TQLWfVJA
1ドル92円で、円が紙くず?

413 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:44:09 ID:5GK0jLqy
ドルが紙くずになるんなら円も一蓮托生だろJK
日本がアメのパシリなんてのは世界の常識。

414 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 00:44:23 ID:Ju+lOEoY
紙くずなら俺が100億円分を1万円で買ってやるよ!!ww

415 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 01:01:14 ID:+UwL5j80
じゃあ何?破綻する前に貯金なんかせずに借金しまくって遊べばいいの?

416 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 01:22:28 ID:nhfhyYKL
ぶっちゃけ閉鎖系でも耐えれる国は破綻してもOK
鉱業資源と食料が最低限自給出来るなら究極は配給制にすれば耐えれる。
つまりアメリカ、EU、ロシア、中国は対外的に破綻しても
それなりの工業や経済レベルを保ったまま国家は維持できる。という信用がある。
まあ北朝鮮でも出来るのだからというのなら日本でも可能は可能。
ただ1億2千万人も人口を抱えて輸入が止まると相当餓死者出ることは覚悟した方が良い。
アメリカやEU、英より日本の方がマシじゃんでもなんで日本の方が評価低いのって話はここにある。
あと、核保有国は例え餓死者が出るほど経済が破綻しても他国の侵略を受けることはない。ここも重要。
日米同盟に期待してる奴には一つ教えておく。アメリカは人の不幸をお金に換えるのが世界で一番得意だ。

417 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 01:37:55 ID:QYgHelUp
亀さんの言うとおりに郵政や日銀に国債を引き受けさせて
行けばいいんだよ。
個人が国債を買うわけがない

418 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 01:45:49 ID:ZBKlzJmi
>>405
正直393は勢いで書いたから。おれにはすでに状況が想定外だから考えはもう及ばん。敗戦国になって昭和からやり直しかねえ?

>>406
金の没収は実際にどっかの国であった。一軒一軒やったかは知らん。人民解放軍とか隣組とか導入すればできんこともなかろう。

国が破綻するとはこういうことだろ。


419 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 01:50:14 ID:5GK0jLqy
>>418
意外に知られてないが、JFKは個人の金保有を禁止した。
一国の首脳が取る政策としては前代未聞。家の金庫には紙切れ
だけを入れとけとのお達しがあったわけだ。

420 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 01:57:04 ID:ZBKlzJmi


421 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 02:38:14 ID:DVkzoYiA
うちから見ても数年以内に結構やばいんじゃねっておもうんだが・・・

422 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 03:03:13 ID:wZleXwoJ
中卒には無理

423 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 03:37:10 ID:p3+Ul46H
現実には預貯金くらいしか差し押さえなんてできない。
土地の私有だって廃止はできた事例が少ない。
外国で運用してる資金を没収なんて、現実には無理。
だからハイパーインフレなんだよ。
なんか勝手に頭でテキトーな設定してる人がいるが、
政府債務が解決不能なほどになったら、デフォルトかハイパーインフレくらいしかない。
私有財産をねこそぎ差し押さえできるのは、革命やクーデターでも発生しないと不可能。
預金封鎖とかも、海外系統の金融機関とかには無理。
株式や不動産、海外債権とかまでは差し押さえは現実的ではない。

ようは、日本円の現金預金しか持たない人と、全く金が無い人が酷いことになる。

424 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 04:53:37 ID:GQXskiZI
だって政治家と官僚がバカだもの みつお

425 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 05:45:14 ID:+UwL5j80
じゃあいくら外貨預金してるだけでもいいのかな?

426 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 08:09:37 ID:p3+Ul46H
外貨建預金は預けた金融機関が無事なのが前提だろう。
海外系の銀行のほうがよいのでは?

投資信託は販売金融機関が倒産しても、ファンド自体が健全なら資産は保全される。
株や不動産も、金融機関が潰れても権利はなくならない。

変な妄想して何も分散しないのが一番危険。


427 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 08:11:38 ID:YD0AmtIg
中国が相場固定して一人勝ちしてるから悪い。
景気回復のため頑張って各国が財政出動しても、中国の財布に
収まるようでは先進国どこも財政赤字が膨らむだけで税収は
増えない。

先進国のうちどこか一ヶ国が破綻懸念に陥ったら
連鎖的に先進国全体がヤバくなる。

もう中国を海上封鎖しろよ。
そうしたら、財政出動や金融緩和の効果が先進国に
波及し始める。

まぁ、「窮鼠猫を噛む」ということわざがある。
いくら中国が核兵器を持ってようと、各国がここまで
追い込まれると、何が起きても知らないからな。

428 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 08:46:28 ID:OKDfbUkn
>ソブリンリスクでいろいろ騒がれている日本国債ですが、 
>私は結局のところ100%安全であり、100円の日本国債は100円で返ってくると考えています。 

まあ、そうなんだが、、、

>日本は外国からお金を借りていません。 
>逆に外国にお金を貸しており、米ドルも100兆円単位で持っています。 

なんで、どいつもこいつも、内債であるから安全であるかのような間違った主張と混同す
るんだ?

>外国からお金を借りていないということは、国債はほぼ全部円建てです。 

外国から借りたかどうかと、円建てかどうかとは、全然別の話。

>円建てである以上、自分が通貨の発行権を持っているので確実に償還が可能です。 

それだけの話なのになー。

429 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 08:49:09 ID:p3+Ul46H
アホは価値を毀損して償還することが安全と思えるらしい。
内債だから安全は詭弁。

430 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 09:22:02 ID:NGJ0MSKX
日本国際は確かにほとんどが日本国内で購入されているが、
だから破綻しないというのは単純すぎ、海外で先物として投機対象になっている事になぜ触れないのか?

また、日本の金融資産が約1000兆円で、金融期間は預かっている預金を国債に変えているわけだが、既に国債総額が1000兆円になろうとしている。

さて、その先はどうなるか…

431 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 09:40:06 ID:p3+Ul46H
大丈夫と言ってる連中は、
資産逃避させない為のポジショントークか、
または自分が安心したいだけでしょう。
破綻必至とは言わないが、危険水域にはなってきている。
何もしないで赤字を垂れ流すと大変なことになる。
勘違いしてはいけないのは、政府紙幣とか新規国債の日銀引受とかは愚作。
市場の国債売りを煽るだけ。
めり張りつけた予算で、財政債権と経済拡大を図るしかない。
いままでの予算総額だけ大きいのは命取り。

432 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 09:41:46 ID:6MoZtFpX
>海外で先物として投機対象になっている事になぜ触れないのか?

逆に先進国の中で国債の先物がシカゴやシンガポールにない国を是非教えてほしい。

433 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 11:28:04 ID:Ju+lOEoY
破綻確実ってヤツで破綻した場合どのような状況になるか
具体的に書いているヤツが皆無なのが笑える。
少なくとも為替やインフレ率&長期金利くらい想定しろよ。ww

434 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 11:38:40 ID:TdKQfDhJ
これは女子高生株塾のパクリ記事か?

435 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 12:18:17 ID:p3+Ul46H
破綻した場合どうなるか?
国債を購入してるのが特に多いのは、郵貯・簡保・年金基金。
これら壊滅的打撃だろうね。
親の収入に寄生してるニートは生活破綻する可能性が高い。
預貯金や年金を毀損され、経済力が極度に衰えた親の面倒を見ることになる。
まさか自分は預貯金無いから無傷なんて考えてないよな?

金利変動型のローンなんて組んでた人は、ローン金利で生活破綻するかもな。
しかも物価高で生活は困窮。
国債を保有している金融機関は経営危機。融資がままならないので、倒産企業が続出。
失業者が町にあふれ、それらを救済することもできない。

被害を最小限に押さえるのは、優良海外資産や貴金属、優良不動産保有者。
これらが新富裕層となる。


ま、これは破綻した場合の話し。そうならないようにしなくてはいけない。

436 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 12:39:08 ID:wDFMiYSC
通貨発行権を持ってるので破綻とかありえねえ。

というのは正しい。
ただし円安インフレについての見解は間違ってる。

>確実に国民の生活は悪化します。

普通通貨安でデフレ脱却できたら国民生活は好転するだろ。

437 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 12:42:26 ID:wDFMiYSC
日本国債の破綻を信じてる人は
通貨としての円の破綻、即ち日本の経済インフラの全てが
一度崩壊することを予期してるわけだから
さっさと資産の全てと職の舞台を海外に移せばいいと思うよw

438 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 13:13:15 ID:Ju+lOEoY
>>435
郵貯は預け入れ金額が1000万で預金保護が1000万だから全額保護だねw。

金利の上昇を心配しているけど、長期金利は何%になると想像しているわけ?
現在1,38%(10年国債)
10年国債金利=インフレ率+経済成長率+リスクに分解できる。


439 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 14:34:49 ID:mTsb397I
なぜサブプライムが優良債権だったのか?と各付け会社の人が聞かれて

危ないのは分かっていたが各付けしたその時点で問題は無かった

って平気で答えてたw

所詮、金融屋なんてこんなもん

440 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 15:13:07 ID:p3+Ul46H
国債の国内消化が限界になれば、最低でも、金利は同じ格付けくらいのソブリン債と同じくらいにはなるだろう。
国債残高より、そいつのほうが大問題になる。
この低金利でも税収の25%くらいは利払い。
数%利払いが増えるだけで、借換と新規の国債の利払いが凄いことになる。
政府がやたら長期金利を気にするのはそのため。

頭だけで考えたらたいしたことないみたいだが、
実際に支払う立場になると大変さがよくわかるよ。
多重債務に陥る人は、利息の支払いを借金でしようとするので多重債務になってしまう。
国債残高が話題になるが、まず問題になるのは利息の支払い。
一回でも利払いできなければ、市場はデフォルトとみなす。

441 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 15:36:26 ID:IaQ14Ir0
個人向け国債なんての買ってくれるのは
情弱のジジババだけだからな

442 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 15:37:25 ID:P2Et2hLY
みんな長期金利あがるのキライなんだなw

443 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 15:40:58 ID:JVO7or/D
そりゃ庶民はいやでしょ 普通に考えて


444 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 16:39:58 ID:Ju+lOEoY
日本の公債は危機レベルに達しているのであろうか
http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/12375/1/38_1_001_020.pdf

国債残高推移
http://f.hatena.ne.jp/nyanko-wonderful/20100118175227

デフォルトとか破産とか皆好きだけど、簡単に破産出来るもんじゃねーよw

445 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 17:49:02 ID:p3+Ul46H
簡単にはデフォルトはできないのは同意。
ただ、政府債務が国民生活を相当圧迫するのは間違いない。
増税だったり、社会保障のカット、金利の上昇なのでね。
デフォルトしないから大丈夫ではないだろう。
企業によっては金利上昇で経営危機のとこも出るだろう。


446 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 17:56:50 ID:p3+Ul46H
ちなみに、今の円高もサブプライムの格付と同じ論理。
いまは安全通貨、だから円高にすぎない。
数年先の日本は有望と市場が評価している訳ではない。

447 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 18:15:52 ID:Ju+lOEoY
名目4%は成長の黄金率である」増税なしの財政再建は可能だ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/255?page=3
インフレ目標2%が成功のための条件、「センターピン」になる。
今の新成長戦略でも実質成長は2%なので、名目成長は4%になる。
こうなると、成長率のほうが金利より高くなる傾向がある。すると、
成長による税収が多くなる一方で、金利負担はそれほどでもないので、
借金はどんどん目減りしていく。結局、インフレ目標を2%にすると、
実質金利が下がり、設備投資も出てくる。


448 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:06:39 ID:UiWe6Cuu
http://www.asahi.com/business/topics/fujimaki/TKY201003220158.html

藤巻氏も外貨建分散投資を勧めているようです。

私も外貨建分散投資で財政問題備えています。


449 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:14:58 ID:R67s/YAu
>>439
おそろしや・・・

450 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:22:41 ID:Ju+lOEoY
日本の破綻は金融危機につながる=ペイオフで守られない商品に手を出すべきではない。

外貨預金などはペイオフ対象外だよなww意味不明な行動じゃね?w

451 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:47:55 ID:UiWe6Cuu
本当に財政破綻したら、ペイオフなんてものが機能するわけない。
問題になるのは、外貨建預金をどの金融機関でするか。国債を大量に
保有してるところはパスした方がよい気がする。

452 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:50:46 ID:i/Qtz2q/
>>450
今時、銀行の外貨預金なんてやってる奴いるのか?

453 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:53:48 ID:Ju+lOEoY
>>450 日本の破綻は金融危機につながる
    ↓
正確には)国債の暴落で金融機関が大損害を受け倒産する。

倒産の順番 中小の金融機関→メガバンク→日本国債デフォルト

454 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:55:21 ID:NNIvj9IA
日銀が円を刷らないから、日本国債より円のプレミアムの信用がはるかに高い
日銀が円を刷って日本国債買えば国債のプレミアムが上がって買い手がつくようになる
それだけの事

455 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:58:44 ID:Ju+lOEoY
投資信託などのファンドの98%は顧客が損をする。
世界中の投資信託でも結果は同じ。w
手数料の高さが原因で顧客が損をしている。

456 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:59:11 ID:2aKQoj4L
満国債



457 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 20:59:37 ID:2aKQoj4L
珍国債



458 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:00:30 ID:UiWe6Cuu
財政破綻は別にしても、
円資産のみに偏っているのはバランスが良くない。
少子高齢化で、財政問題が無くても、日本経済は衰退して
いくのは明らかなんだし。円高のうちに海外資産を購入
しておくというのは、穏当な考えだと思うけどね。

全体の三分の一くらいは外貨建金融資産でもよいと思う。
財政問題次第では半分以上でもよい。日本の国際競争力なんて、
90年には世界一だったのに、今では22位にまで転落している。
昔は電子立国なんて言われたけど、今ではサムソンに圧倒されっぱ
なし。競争力低下と財政問題が同時に発生している。今の為替と現実
のギャップは利用すべきと思っている。

459 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:06:53 ID:Ju+lOEoY
自称経済通の人が、外貨預金等の分散投資で含み損なのが笑える。
まだまだ円高になるかもしれないのに・・

世界中の国が自国の通貨を安くして経済復興をはかっている。
日本は餌食になっている=円高

460 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:11:05 ID:d0Xy96Fq
>>458
前半の意見は賛成。余裕資産で海外にも分散投資するべき。
後半部分は、かなりの長期投資スタイルの人以外は、まだ日本を見捨てる
べきではないと考える。儲けの源泉が経済の歪みにあるとするなら、今の日本における
デフレギャップというマクロな需給の歪みにこそ、大チャンスが潜んでいる。
投資でも儲かる、経済も良くなって人々の生活も良くなる、日本も発展する、そのためには
デフレギャップを埋める政策を行わなければならない。

461 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:16:17 ID:g0AaGUFN
こんな政治で日本の国債の信用を得れる方が不思議だろう


【政治】 「コドモテアテ!子ども手当!子供いればお金もらえると聞いた!お金ください!」 中国人ら、自治体窓口に連日殺到で大混乱
ttp://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1269864296/


462 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:25:55 ID:UiWe6Cuu
デフレ、デフレというけど、
物価の低下は安い輸入品が流れ込んできているという側面が強い。
安い輸入品に国産品が負ければ意味ないのさ。まあ、小売業はどうでも
よいかもしれないけどね。かといって箱物沢山作っても、今日の空港や
道路みたく、結局は維持費で苦しむことになる。どんなに需要を作っても、
買われるのが海外製品では意味がない。

それよりは円安誘導の方が効果的だよ。
口先介入なんかもバンバンやってね。別に需要なんて国内だろうが、海外
だろうがどっちでもよいのさ。雇用を回復させ、海外製品との競争力を
上げるのには円安誘導だ。需給ギャップを埋める為に財政出動なんて話は、
土建政治家の利益誘導の方便だよ。少子高齢化していくのに、国内需要が
人為的に大きくなるのには無理がある。雇用が改善しれくれば、内需も自然
に上向く。いきなり内需からなんて、バブル崩壊後20年もやっても効果がなか
った。いい加減現実を見たほうがよい。

463 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:30:30 ID:d0Xy96Fq
デフレなんだから金融政策主体でいいよ。円安にもなるし。
アメリカやイギリスと同じようにやらないと。

464 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:34:43 ID:UiWe6Cuu
>>459

目先のことしか考えられない人に資産運用なんて無理だよ。

それと、資産の分散は全ての投資で勝つことではない。
あくまでもリスクの分散。分散投資は全滅を避けるための手段。
自分も円資産と外貨建資産を両方持ってバランスとリスクの分散
を図っている。こいつは賭け事ではない。財政問題が顕在化しそう
なので、外貨建にウエイトをかけ始めているところ。

465 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:37:28 ID:JGIRV+Tt
>>464
>財政問題が顕在化しそう
>なので、外貨建にウエイトをかけ始めているところ。

ここが笑いどころか。
アメリカやEUなんて日本以上に危ないだろうに。
その他の国は言わずもがなだし。

日本人は金融危機を過小評価し過ぎだよ。

466 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:45:36 ID:UiWe6Cuu
>>465

海外資産なんて安いうちに買った方がよじゃん。
何で高くなってから買う必要がある?

なんで、わざわざ皆が強きになってから買う必要があるの?
逆に日本の株や不動産なんて、財政問題が爆発して、ボロボロになってから
よさそうなものを物色すればよい。優勝劣敗もはっきりしてくるし。

467 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:46:17 ID:JVO7or/D
アメリカやEUなんて日本以上に危ないだろうに???

ここが笑いどころか。

468 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:51:02 ID:rxpg1Y84
そもそも円安によるインフレを招いたら国債買うバカはいない
インフレなのに100円で買ったモノが100円で売れたらそれは損失ですw
インフレを総裁できるほどの国債利率を日本の政府が打ち出せるとは思えない
結果、国債の借り換えができず破綻する

基本的に国内で国債を積めば積むほど市場に流れる金が減少する。
外貨を稼いで国内で流転させたいがその前に円安インフレ地獄を味わう必要があるw
やはり現世代の国民が苦しむことは決定路線だろうなあ

469 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:52:22 ID:J8/T1c7Q
>>1
バカかこいつ。
日本の国債はすべて円建てでそのうち害人が買ってるのはたった6%じゃねーか。
政府はいざとなったら諭吉刷って返しゃいいだけ。
インフレになる?飴はリーマンショック以降でドルを倍以上刷ったが物価倍になってるか?

他に政府保証債で外貨建ての分はあるにはあるが、総発行額で数十億しかねーだろ。
格付け屋は何故かいっしょくたにして2種類格付け出してるが、
政治で下げると脅してきたら、ああそうですかと買い取って早期償還してドル投げつけてやればいい。

コイツは飴か押収からゼニ貰って日本のアフォな個人に為替リスクの説明も何もしないで表面利率だけは高い外債掴ませたいだけ。

470 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:54:34 ID:p3+Ul46H
日本よりアメリカが危ないと思ってるのさネトウヨくらいだ。

円高を利用して海外資産を安く買い、財政問題で経済混乱したら、外貨で円資産を買う。
計画通りにいけば、かなり儲かるかも。
ただ、長期の勝負ができる金額でないとな。
本当に余裕資金でないと難しい。

471 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:56:01 ID:JGIRV+Tt
>>466
更に安くなるというか円高で安く買えると思うぜ。

>>467
金融危機での不良債権額を考えてみろって。

>>468
>基本的に国内で国債を積めば積むほど市場に流れる金が減少する。

国は国債で金集めて貯金でもしてるのか?
アフォも休み休み言え。

472 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:58:01 ID:JVO7or/D
>>471
国債のGDP比率は?

473 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 21:58:59 ID:Ju+lOEoY
自称、経済痛の人が含み損をリスクの分散とか言ってるのが笑える
損失を自覚すべきww

ユーロの混乱や米国の衰退を見ると投資先には注意が必要だわな。
ドイツ人はドイツが発行したユーロしか信用していないようだし・・w

474 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:14:07 ID:d0Xy96Fq
投資スタイルとして国内海外への分散投資は普通のことだが、
日本が破綻する、だから海外投資するっていうのは、ちょっと偏った考え方だわな。

475 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:14:09 ID:p3+Ul46H
ニートは座して破滅を待つのみ。
円高でも、財政破綻でも、どっちでも同じジャン。

476 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:16:38 ID:YYjFl6ip
これだけレバレッジを膨らませてしまうと、いつかの時点で円の信用危機が起こることは間違いない
いつかはわからないが

477 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:18:16 ID:JGIRV+Tt
>>472
外貨建てで無ければ全然問題ない。
つーか、アメリカもEUも中国も最近は日本以上のスピードで積み上げてる
状況だっつーの。

しかも預貯金という裏付けも無しにな。
つまり輪転機をフルスピードで回して中央銀行に引き取らせてるだけ。
但し、EUはこの方法が使えないから苦しんでるけどな。(イギリスを除く)

各国が通貨供給量を増やしまくってるから円高なんだよ。

478 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:20:42 ID:Ju+lOEoY
財務省の破綻論には裏がある
高橋洋一
http://voiceplus-php.jp/archive/detail.jsp?id=282&nif=false&pageStart=0
現時点で日本の国債は、少し心配ではあるが、心配しすぎる必要はない。
まともな政策さえしていけば大丈夫なレベルである。だが、現在の民主党の
ような政策をあと10年もやられたら、それはアウトになるかもしれない

高橋もネトウヨなのか?ww10年もあるから今焦る必要なしだな。

479 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:22:00 ID:pUbsEybP
>>474
資産運用の基本は円安とインフレによる
資産の毀損を防ぐことだよ。
そういう意味で言えば海外投資は基本。


480 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 22:31:31 ID:Ju+lOEoY
日米英の市場から見たインフレ率(10年もの)
アメリカ2%程度のインフレ予想↓
http://livedoor.2.blogimg.jp/positivegamma/imgs/d/b/dbc1f9b9.jpg

イギリスはキナ臭いぞw3%程度のインフレ予想↓
http://livedoor.2.blogimg.jp/positivegamma/imgs/4/f/4f8361b9.jpg

日本。完全にデフレだよマイナス0,86%↓
http://livedoor.2.blogimg.jp/positivegamma/imgs/3/6/36609d9d.jpg

インフレ心配して海外に投資ってトンデモな行為かもね(爆笑)

481 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 23:27:07 ID:b3rx5tNq
>>31
マスコミじゃねぇよ、財務省だ。

食料自給率とか財政危機とか、国にかんするクライシス報道はすべて官僚発信だ。

482 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 23:49:12 ID:eKP55DGT
円建てでやってるんだから、インフレしても国内の金融機関は実質大損にはなるけど
倒産はしないよ。(海外資産を持ってれば逆に財政が健全になる)

戦後の大インフレで銀行が潰れたか?
デフレで持ってる金の価値が上がっても貸出先が無かったら銀行も儲けれないだろ。

金刷っても帳簿上プラス成長をする事が大事なんだよ。


483 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 23:55:36 ID:6Awa0fbz
元々財政破たん論は消費税導入、増税の方便のための論だったのに
今じゃそれがマスコミの力を借りてとんでも無い方向に独り歩きしている感じが否めない

484 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 00:05:30 ID:EUyGw18r
鉱物エネルギー資源も食料も核兵器を含む軍事力も自力で用意できるアメリカ・EUと日本の
国家としての信用が同じなわけないだろ。
中国も最低限自活できるし、今では沿岸部(生産)と内陸部(資源)でブロック経済も出来なくもない。
日本と比べてアメリカ・EU・中国はゲタはいてるんだよ。
分からん奴は義務教育からやり直せ。

485 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 00:13:37 ID:uspWhdA1
>>480
円キャリーの巻き戻しの最中とデフレ下で
外貨建ての金融資産を購入するのは愚の骨頂。


486 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 03:08:44 ID:xzz7Q5Hq
なんか、海外投資してない人の嫉妬と焦燥は凄い。

487 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 03:42:02 ID:hGxzxHtA
>>437

日本国債の破綻はないんだよ、ただ信用がなくなり価値が大幅に低下するだけだよ。

これは日本の庶民の将来の状況を考えると直ぐにわかることだよ。

488 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 06:02:46 ID:E8mqrcgL
米国債7700億ドル持ってるのに破壊的な円安が来るのかね?
円の暴落派の人は債権の存在について触れてねーな。

489 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 06:13:17 ID:wLcQNo9q
素人が見ても、この借金でAAAはありえん。

490 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 06:39:12 ID:T9Xju/H6
>>487

それが問題なんだろ。
大幅に価値が下がると、投げ売りで値段付かなくなる。
結局は破綻とさして変わらない。違いを論じても意味は
ない。

>>488

何だかんだ現金化していつの間にか無くなっているだろうね。
ネトウヨは一気に放出して米国債権暴落を夢想しているようだが、
日本国債が価値を大幅に毀損されるなら、日本国内だけでも米国債の
需要はかなりあるよ。日本円から資産が逃避先としてドル資産は最大
の受け皿になる。円暴落の緩和には効果はあるが、円資産の逃避先と
して吸収されてしまうのでは?

491 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 06:57:22 ID:E8mqrcgL
>何だかんだ現金化していつの間にか無くなっているだろうね。

適当なこと言うなw

492 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 07:03:33 ID:T9Xju/H6
>>491

または大量に日本国債を保有する年金基金とかの救済の為に米国債は
活用されることも考えられる。円暴落があまり酷ければ、為替介入とかも
するだろうし。円から逃避との綱引きで消耗していくと思うよ。

493 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 07:07:57 ID:xzz7Q5Hq
どうも、分散投資してる人に嫉妬してる人がいるようだ。
まさか、日本国債の価値低下で、格差が解消されかもとか妄想してる?
たぶん無理だと思う。もっと格差広がるから。

494 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 07:24:34 ID:T9Xju/H6
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=ay92KdrdQx5o

この榊原氏のコメントは驚きだな。
インフレ・デフレの話は別にして、
「今後、5,6年は国債発行は可能」というくだりは恐ろしい。
つまり、限界は遅くともそれくらいにはやってくということ。
あと5,6年くらいしか国債発行できない・・・・・
下手をすれば、もっと早く限界がやってくるということ。

どうも海外投資を今からやっている人は正解では?
円高のうちに海外資産購入と、昨日熱心に主張してた人が
いたが、すぐにお金を使うことなければ、その考えは正しい
かも。

495 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 08:00:03 ID:E8mqrcgL
>>493
この円高の状態ではいないでしょ。
それにFXや外貨預金なら庶民でも簡単にできるのに分散投資自体に嫉妬とか意味わかんね。
あなたが資産をそこそこ持ってるのは分かるけど、さっきから自意識過剰じゃねーの?

496 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 08:44:20 ID:CfDmHtA2
日本の債務懸念は行き過ぎ 英フィナンシャル・タイムズ 2010/2/9 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2750

米S&Pは膨れ上がる債務水準と低成長を懸念し、日本の信用格付けを引き下げる可能性があると警告した。
だが、巨大な日本国債バブル―ましてやデフォルト―に関する議論は、荒唐無稽だ。確かに、
日本の財政はいたって健全とは言えない。政府は経済が回り続けるよう、支出を重ねてきた。膨らむ支出は税収減と相まって、
日本の債務総額をGDP比200%近くに押し上げた。
人口の高齢化が進む中、この憂慮すべき数字は今後、一段と悪化しかねない。そう考えると、現在1.3%前後で推移している
10年物日本国債の利回りは低く見える。市場は一体、自分たちが何を知っていると思っているのか?
日本は他国と異なる。第1に、債務総額の水準はミスリーディングだ。国が持つ資産を差し引いた日本の債務は、GDPの100%に満たない。
第2に、国債の元利払いのコストは低く、GDPの1.3%程度だ。米国はGDPの1.8%、英国は2.3%、イタリアは5.3%に上っている。
第3に、日本の財政には手を尽くす余地がある。何しろ、消費税率はたったの5%だ。第4に、日本国債の95%は国内投資家が保有しており、気紛れな外国人投資家には影響力がほとんどない。
実際、今もって日本の問題は過剰貯蓄なのだ。銀行は膨大な預金を抱えており、どこかに投資する必要がある。当面の間、
政府は日本国債の買い手の確保に苦労することはないだろう。日本の債務問題は、家族の中で解決されていくのである。
要するに、日本は今のところ、まだ財政のブレーキを踏む必要はないということだ。むしろ、もう少しの間、
緩和型の財政政策を通じて景気回復を確かなものにした方がいい。ただし、ある一点において、日本は慢心しすぎている。
デフレとの戦いがそれだ。
物価の下落について、日銀ほどのんびり構えている中央銀行はほかにない。日本のデフレは下降スパイラルには至っていないものの、
ある悪影響をもたらした。日本では、現金を溜め込むことが賢明な投資となっているのだ。
日銀はもっと対策を講じる必要がある。日本国債の買い入れを増やし、一部の債務をマネタイズ(貨幣化)してもいいだろう。
日本の財政状況は見た目ほどには悪くないとはいえ、名目GDPが多少なりとも成長すればずっと見栄えがよくなるはずだ。

497 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 08:45:10 ID:CfDmHtA2
日銀と景気 政策が一貫していない 中日新聞社説 2010/3/22
http://megalodon.jp/2010-0322-2236-47/www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2010032202000054.html

 日銀が追加の金融緩和をした。昨秋来の金融政策は引き締めから一転、緩和に動いて首尾一貫していない。
肝心の景気認識がぐらぐらしているからだ。景気は依然、厳しい。それが出発点である。
まず金融政策の流れをみよう。 それは昨年十月末にさかのぼる。日銀は当時の金融政策決定会合で企業の
資金繰り支援で始めた社債とコマーシャルペーパー買い取りを昨年末で終了し、別の資金供給手段にしていた
企業金融支援特別オペもこの三月末で打ち切りを決めた。
ところがデフレは止まらないどころか、逆に加速してしまう。政府がデフレ宣言に踏み切ると、日銀も対応を迫られ、
十二月に新型オペを導入した。わずか一カ月で右に左に揺れ動いた形である。
今回の追加緩和もその延長線上にある。新型オペによる資金供給枠を従来の十兆円から二十兆円に拡大して、
企業の資金繰りに不安がないようにした格好だ。
ところが、政策の前提になる景気の現状について、どうみているのかといえば、日銀は相変わらず楽観的だ。
「民間需要の自律的回復力は弱いものの、景気は持ち直している」という判断である。
景気が持ち直していると考えているなら、なぜ追加の金融緩和をするのか、という素朴な疑問さえ起きる。
そうではなく、景気は厳しい。デフレは依然、止まる気配が見えない。
昨年十〜十二月期のGDPデフレーターでみれば、前年同期比マイナス2・8%と前四半期のマイナス0・6%から加速した。
景気が厳しい状況にあるという認識がしっかりしていないから、日銀の方向感覚がぶれるのだ。
そのために、政府の顔色をうかがいながら、小出しに追加緩和する結果になっている。

日本だけが長年デフレに苦しんでいる現状をみれば、今回決めた資金供給枠拡大のような小手先の手段では足りない。
思い切って、国債買い切りを増額しニューマネーを市場に投入するような抜本策が必要ではないか。
日銀はまず第一に物価安定に責任を負っている。「デフレは日銀の責任ではない」といった言い訳に終始するようでは、
なんのために日銀があるのかさえ分からなくなる。しっかりしてほしい。


498 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 08:50:08 ID:LD8X3G1b
そりゃ足りない税収を国債で無尽蔵に埋め合わせするんだからな

499 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 08:58:56 ID:Ys1DndsI
筆頭株主無視してデイトレーダに最大限の配慮みたいな馬鹿な話

500 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 09:28:35 ID:uspWhdA1
株価1万1千円超えたな・・・
今週の長期金利が楽しみだww

501 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 10:07:50 ID:xzz7Q5Hq
道路やら空港は資産でも現金にはできない。
資産が何で構成されてるかを考えないと意味がない。
それと、フィナンシャルタイムの記事も、結局は損をするのは日本人と言ってるだけ。


502 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 10:11:24 ID:luoMn2Ro
景気の回復→長期金利の上昇→国債金利の上昇→国債利払いが厳しくなる

503 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 10:53:21 ID:lgPsvmT7
>>502

なぜ税収の増加を無視するw

504 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 11:12:09 ID:GiKisWPX

【国民抗議】抗議活動に並行してゆうちょから資金を引き上げよう!

 どうせ日本が潰れれば貯金残高は保護されません。さっさと退避させましょう。

売国行為を繰り返す『朝鮮民主党』に最早これ以上国民の大事な財産を預けてはおけない!!!

亀井の謀反に異常に寛容な小沢の態度はゆうちょをアメリカへ袖の下として渡す重要なサインか?

郵政公社副社長に金融ヤクザが居る訳はこれ。http://watch2ch.2chblog.jp/archives/1906988.html

国民はゆうちょの全ての資金を引き上げるべき、 今すぐやれば2ヵ月後には大きな声になる。

結果、小沢は亀井を使った米国債購入カードを切れなくなる。 すぐ出来る事から始めよう!!

どんどん広めて下さい。2ch(1000万人+家族友人知人)全員が引き上げるだけでも効果あります。


505 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 11:35:52 ID:JaDfQmi1
>>495
毎度中身のない同じような文章は連投しているキチガイだからほっといてた方がいいよ
キーワードは海外投資、ニート、円高を利用、国債の危険性(一体いつ具体化したのか知らんが…)

506 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 11:37:42 ID:JaDfQmi1
>>501
残念な事にここで言われているのは、いわゆる金融資産の事で不動産等は含まれてませんから

507 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 15:04:51 ID:T9Xju/H6
http://events.nikkeibp.co.jp/invest/tips/hama101.html

とうとう、日本国債を「盗人に追銭」と言う人まで出てきた。
普通の感覚ならこう思うよな。

508 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 15:15:40 ID:xzz7Q5Hq
だから私は海外投資をしている。

509 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 15:27:10 ID:bzj3Q6X2
>>507
読んだけど時間の無駄だった。。。

510 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 15:35:20 ID:Y/0L0BgC
キチガイ浜先生か('A`)

511 :名刺は切らしておりまして:2010/03/30(火) 19:13:58 ID:rdRnXT86
>>502
一般的に金利の上昇より税収増加の方が先にやってくる。
財政ボーナスとして大いに利用すればいい。


512 :名刺は切らしておりまして:2010/03/31(水) 06:26:19 ID:V8f79MEv
>>507

本当にそうですね。
大丈夫という理由が、全然大丈夫ではない。

やっぱ外貨建預金とか持ってた方が良いのか?
自分はまだ日本円の預金しかない。
なんか、国債発行は5,6年は大丈夫とか言う意見もあるけど、
あと5,6年で終わりということジャン。

株なんかだと、どんな銘柄がよいですか?

513 :名刺は切らしておりまして:2010/03/31(水) 07:21:03 ID:HiAgE4xf
最近は内債だから問題無しという人が激減してる。
こいつは民主党への期待消滅がある。
政権交代すれば、自民党のバラマキは消滅し、財政問題も好転するという期待があった。
現実には自民党以上の放漫財政だった。アナリストやマスコミも、こいつは本当にヤバイかもしれないと思い始めた。
楽観的な考え方の人達は、こんなに債務膨張が歯止めがかからないとは思ってなかった。
近いうちに景気回復で税収もアップ、財政再建も上手く行くと信じていた。
言葉を代えると、政治家の実力とモラルを過大評価してた。悲観論者は政治家をはなから信用していない。
だから財政問題は破滅的になると考える。
楽観派と悲観派の違いは、政治家への信頼の有無でもあった。
現実の経済は悲観派の考えに近い方向で推移していくだろう。
それは政治家があの調子で、政権交代も改善にはならないからだ。

514 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 00:15:37 ID:r/bmVjGY
円安になってきたな。
2〜3月に外貨建資産購入か預金した人はラッキーかも。
円高利用して云々という理屈はわかる。
しかし、それを実行するのには度胸がいる。
俺には難しいな。小心者だから。


515 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 04:27:50 ID:YSr7pSMZ
>>513
メディアの民主党叩きは、記者クラブ開放に対する抵抗以外の何ものでもないがな。

516 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 04:32:10 ID:IEjilQam
>理由その2 「日本を知らない」
関係無いから。売ってる物に魅力があれば相応の値段が付きます。
市場とはそういうもの。

517 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 09:33:02 ID:r/bmVjGY
個人向け国債なんか買う価値無しという感じ。
あれだったら定期預金のほうが良い感じ。
あれでは外国人は買わないと思う。
せめて定期預金が1%くらいの利息がついてくれたらなあ。

518 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 09:53:48 ID:9XNqU60r
さて新年度株価はどう動くかな。

519 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 17:58:37 ID:r/bmVjGY
良い感じで株が上がってる。
ギリシャ問題でごたごたしてるのに、なんか欧州株も堅調に上昇している。
日本・米国も結構堅調だ。

2〜3月の円高・株安で買いを入れた人は凄い。これだけで結構儲けてるはず。
俺にはまねできない。


日本国債はこの調子だと5年以内には大事になるのでは?

520 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 19:09:14 ID:7NbsZtuj
>>519
せめてIMFが言ってる2019年までは持って欲しい・・・orz

521 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 19:23:22 ID:fqGGdU/J
95%は日本人が円立てで買っているから大丈夫って言う人がいるけど
増える一方はまずい。これから成長する新興国じゃないんだし。

522 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 19:38:03 ID:Qcl99Ga4
>>31
官僚の宣伝機関となっているマスコミ

523 :ばーちゃる2ちゃんねらー裕子:2010/04/01(木) 19:39:07 ID:qd1seQn3
               / ̄\     _ -- - _
、            /___    l   ,.:: ":::::::::::::::::::::::` 、
 \ , -‐、/ ̄`Y  ̄ _/| / ::::::::::::::::::::::::::\,:::::\
.   'ノ  .′ .:l" ̄ ̄ ゙r、|i:::::::::::/ :::::::::::::/ノ:ヽ::::::ヽ
\  |   |    | 医    |::| | |::::::::/ ::::::::::::: ;/ 八从、:::::ハ
  `、ヘ.  |   .|  師   |::| | |::::::::{:::::///   /_゙V:::::ト、
   l l , -vー 、|     |::|||:::::.::∨:::Z≠-   イ"i 〉ハ::::| |!
  | |l_j|_} ゝ=,-─ 、」 ヽ-、_::::∨'l,。 }`   ゚-’ |:::::リ '
.   l `ー''ー一’ |  ,_人ー" |:、 \::\`` _`,  ,!:::/  わたくしが どこにいるか当ててみなさい
    ヽ       /!    ` Λi.  ト、:::::ヽ '、_`ノ /::;ハ_  http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Urology/sutaff06.html
    ヽ    /   \     / ! |` |\::::〉ー-イゝ、:::\` 、
     \   {    ` / / /   |  .l、:::\ー,ソヘ\ハ}  \
.        `ーヽ、_ ,. 彡/У  /  / \ハ}:::\ |:::/ |     ` ,
           \::::\__//  /  /   \:::::`il//r-=ィ" /
          `ー==-"::::::::::"::::::;/:::::..     `ーミy" |/ 丶/
           `ー──''" ゙̄、\  `    〔_]  |"   /
                    |:::i \      /\\!   /
                      !:::i  \   '   \\‐'
.                    〉:i:、       .:ム 〉
                    /::/ヽ        .::{ ∨
                    /{ノ          /|
                /:/::\`丶---- ‐ "/∧


524 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 19:45:42 ID:WEOhIN/P
>>520

現政権みたいな、経済成長無視の放漫財政を続ければ、
2019年までもたないでしょう。遅くとも5年後くらいには
抜き差しならぬ状況になると予想してます。

最悪な場合は、藤巻氏が言うように、今年中もしくは来年には
まずい事態も十分考えられる。長期金利と国債の入札はよく見ておいた
方がよい。

525 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 20:33:42 ID:ynk9fD/e
デフレで経済成長というのがまず無茶な話なんだよな
ここ10年ぐらいの成長率を見ても
ただ5年後くらいには限界が来るには同意
M3がここ数年一桁しか伸びてないのに国債発行は増加してるという無茶な状態なんだから
近い将来民主には日銀動かす覚悟をしてもらないと

526 :名刺は切らしておりまして:2010/04/01(木) 21:14:07 ID:WEOhIN/P
デフレ、デフレというが、
こんだけの国債を発行できたのはデフレのお陰。
そこら辺は政治家も財務官僚も十分知っていると思うよ。
たぶん、もうまともな経済に戻すには政府債務が大きくなりすぎた
と思う。とにかく国債を発行しないことには、政治家はばらまきを
できない。国債を大量消化するには、他の投資に金が回るなんて
とんでもない話だったのさ。ここ十年くらいは如何に国債を消化する
かを第一に考えた経済政策だったのさ。普通に戻そうとしたのは小泉
内閣の時だけ。

政府・日銀がデフレ退治を本気でしようと考える時は、
それは政府債務をインフレで圧縮しょうと意図した時になると思います。
このところ閣僚から漏れ聞こえる日銀の新規国債引受やデノミなんて話は、
政府債務を如何にチャラにするかという考えが根底にある。

勘違いしてはいけないのは、政府はマイルドインフレを目指してはいない。
こんだけの放漫財政だと、マイルドインフレにしてしまうと、国債を順調に
消化できない。消化するにはデフレが都合がよい。それがインフレを言い出し
のは、債務の圧縮の検討を始めたということさ。

527 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 06:11:20 ID:/NJQaong
私の海外投資が輝き始めています。

528 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 07:14:22 ID:CZP2146Y
有り得ない予算とか言ってる大臣もいるみたい。
結局は無駄を省くどころか、予算が膨れ上がる結果。

529 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 12:07:39 ID:OhiA4P06
内外電機が不渡り出したみたいだけど
だれか下請けに連絡してあげろ

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/industry/1267714006/506

530 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 12:27:28 ID:tx8bw6U2
恐慌時に財政規律考えてるバカは日本人だけ。

531 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 13:44:35 ID:CZP2146Y
今のは単なる不景気。
恐慌とは言わない。まずは言葉の意味を調べよう。

532 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 14:13:52 ID:6wQm0uZ6
100年に一度の経済危機と言われるほどの事態を単なる不景気で流されるのは
釈然としないものがあるな

533 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 14:32:22 ID:CZP2146Y
100年に一度なんてのはグリーンスパンが言っただけ。
言葉が一人あるきしたにすぎない。
100年に一度の危機が、こんな短期間で回復してくる訳がない。

1929年の恐慌とは危機の度合いが全く違う。

534 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 14:37:00 ID:zSqpIZws
1929の恐慌も金本位制から脱っしたら、かなりの短期間で回復したけどね

535 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 14:44:57 ID:ONraMiiZ
どうあがいても返せない金額だしな。でもどこの国でも似たようなもんだろ
アメが徳政令発布で世界が右へ習えしてめでたしめでたしかな

536 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 15:07:35 ID:tx8bw6U2
>>533
それは、バーナンキが前回の恐慌を研究して大量にお金を刷った効果。


537 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 16:01:13 ID:rIuSVNvO
こんな外国人へのばら撒きやってたら、国債暴落も近いな。


子ども手当ての窓口に ネパール人、韓国人、中国人… 2010/4/ 2 13:23
http://www.j-cast.com/tv/2010/04/02063679.html?p=all

年間62万4000円の子供手当てを受け取るネパール人
http://long.2chan.tv/jlab-long/s/long1270168601986.jpg

日本から子供手当て貰えて嬉しいニダ
http://niceboat.org/10/s/10ko173817.jpg
http://niceboat.org/10/s/10ko173818.jpg
(画像が重い場合)
http://i40.tinypic.com/2ds2rsn.jpg
http://i42.tinypic.com/9kv7zd.jpg

538 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 16:06:39 ID:vl64b+E5
現在の中国の資本の裏付けは何なの?
資源なの?
刷ったドルで買占めされるの?

539 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 16:08:45 ID:rHpX5MEm
子供手当よりも、給食費無料化すれば、安上がりだったのに。
給食費の徴収で頭を痛めている教師の負担も減らせたのにね。
国債発行してまですることじゃないだろう。

児童手当よりもインパクトのある数字を出して人気取りたかっただけというのがミエミエ。
子供がいない人世帯は所得税が高くなるだけでいい迷惑だよね。

540 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 16:41:50 ID:qgZ0fpVs
こうなる。
慶長小判(慶長6年(1601年)頃、14,727,055両(推定値)、4.76匁、 84.3%→86.8%)
万延小判(万延元年(1860年)2月、666,700両、0.88匁、56.8%)
1 匁 = 3.75 グラム

541 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 17:08:42 ID:vl64b+E5
>>539
給食費の徴収に優先されると聞いたが
自治体が天引きするんだろ

542 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 17:12:10 ID:vl64b+E5
日本語がおかしいか
給食費の徴収が優先される…
かな

543 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 17:27:16 ID:iRaKduCY
教育問題は
マスゴミがいい加減な教師叩きで駄目にしたのが原因

そもそも
少子化で生徒数減少してるのに教師負担増とかあり得ない話
マスゴミが関わり歪んだ

544 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 17:31:50 ID:iRaKduCY
ぶっちゃけ
医療制度もマスゴミのせいで歪みつつある

医師不足とかいい加減な話が多い
その典型が
「不審妊婦のタライ回し報道」だ    マスゴミ死ね
アホのマスゴミが事実を歪めているのに
マスゴミ鵜呑みで政策作るな

545 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 17:33:32 ID:6W/hV2Yk
>>540
金の含有率の高い改鋳前の古い小判は額面以上で取り引きされたのかな?



546 :名刺は切らしておりまして:2010/04/02(金) 17:37:53 ID:iRaKduCY
マスゴミ程いい加減な情報は無い

例えば
コンビニ店長の36時間勤務とかな

あれは暇な時間に睡眠取ってるから(勤務時間に寝てます)
勤務医も然り 

ちゃんと休憩取らんと仕事できませんよ
アホでもできるマスゴミと違いますから

そんなこと知らないアホなマスゴミばかり

547 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 00:28:07 ID:BMsOiSof
>>546
睡眠も勤務に入るよ。例えば鉄道会社とか。その例も。

548 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 00:52:43 ID:cYOMUN30
正直、海外からの評価が低いのは有り難いかも…?

海外からの借金は出来るだけして欲しくないし。

549 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 06:21:45 ID:aakpwXgw
債務は借り入れ先が国内か、国外かなんて関係ない。
利払いと償還ができるかが問題。
国内だから利払いや償還しなくてよいという訳ではない。
これを勘違いして内債だから大丈夫とか言い出す奴がいる。
それで金融の知識がどうとか得意げに言う。
通貨発行権があるから大丈夫という話しも呆れ返る。
そいつは大丈夫ではない。

私は日本は今後決定的な衰退を加速すると予測している。
財政問題がその大きな要因になるだろう。
だから私は海外投資をしている。
もっと円高が続いて欲しかった。
できるだけ安く海外資産を買いたいからだ。
せめてあと一年は、市場が日本を過大評価していて欲しい。


550 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 07:01:56 ID:6xEl8lYU
>>549
>国内だから利払いや償還しなくてよいという訳ではない

別にこの国の通貨は金や貴金属に兌換を保証してる訳じゃないからね
お金の価値と発行量は日銀、ひいては日本政府が決める
外国の通貨との価値の相対比較を市場が決めるからあまり無茶苦茶すると問題になるだけ

アンタ、現代の金融とか考え過ぎて、お金ってモノがシンプルに考えられなくなってるでしょ?

いいんだよ…この国は円安爆下げで昭和40年代の経済水準に戻るのも…

551 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 07:12:58 ID:E7z06ebz
>>549
>債務は借り入れ先が国内か、国外かなんて関係ない。 
>利払いと償還ができるかが問題。 

そのとおり。

>国内だから利払いや償還しなくてよいという訳ではない。 

うんうん。

>これを勘違いして内債だから大丈夫とか言い出す奴がいる。 

何考えてるんだろうね。

>通貨発行権があるから大丈夫という話しも呆れ返る。 

まったくだ。

大丈夫なのは、通貨発行権があって、その通貨建てで国債を発行してるからだよな。

>だから私は海外投資をしている。 
>もっと円高が続いて欲しかった。 
>できるだけ安く海外資産を買いたいからだ。 

海外資産を担保に円建てで借金してどんどん投資しろよ。www

552 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 07:53:41 ID:YWOjG6rw
現状で問題無いのを問題有るように見せて崩したい奴が居るのなんて前から解ってるだろ
何だってそうだ
ずっと同じ手でやられまくってる

553 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 08:05:25 ID:aakpwXgw
現状で問題が無いのではない、まだ問題が表面化してないだけ。
GMが昨年破綻したが、ヤバイのはその三年前くらいからわかってたよ。
既に債務超過が、日本円で2兆円近い債務超過だということは俺でも知ってた。
なにもリーマンショックで急に経営悪化したわけではない。
ただ、問題が表面化するまで時間がかかっただけ。

日本の財政も同じ。
すでに国債の国内消化が危ぶまれる程に政府債務が膨張。
いつ問題が表面化するかが問題なだけ。

554 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 08:21:09 ID:5eGXipHy
円が360円になったらバラ色な気がするなぁ。
資源が高くなるが、仕事は戻ってきそうだ。


観光客も増えるだろ。

555 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 08:34:46 ID:YWOjG6rw
>>553
問題の切り分けが出来ていないんじゃないか?
>すでに国債の国内消化が危ぶまれる程に政府債務が膨張。
これは別の問題だろう

556 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 08:36:29 ID:7rlfHYZR
2010年度 税収40兆 国債44兆
2011年度 税収38兆 国債57兆
2012年度 税収35兆 国債60兆
2013年度 税収32兆 国債64兆 このへんでパニック

557 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 08:38:12 ID:aakpwXgw
円安効果は財政問題に起因する、一連の金融危機が終息した後の話し。
猛烈な資産逃避が発生し、国内の預貯金が毀損される。
いきなり円安効果なんてことはない。

ま、円安効果が発生するまで持ちこたえられる企業や個人でないと、
金融危機の煽りで地獄を見ることになる。

558 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 09:02:34 ID:fNrWckuE
もともとホームバイアスが強い国なんだし早く資産逃避とやらが起きるといいね
韓国みたいな貯蓄不足の国は円安で急回復をしているし、日本の企業の対外純債権の額は異常なほどあるしね
個別の企業はそうでも超円安は起き対外債権のない企業は死ぬたいな、経済学を勉強した事すらないような意味不明な論理展開をする輩もいるけどね

559 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 09:14:10 ID:9gymE987
文句言ってないで、既発債一回取引してみれば?
おもしろいよ
米国債の利率笑えるw

560 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 09:37:13 ID:XiL/alLC
民主党もデフレ脱却議連ができた。3年後の日銀総裁はこのままだと金融緩和論者が選ばれるだろう。
日銀券ルールも廃止されて国債買い入れ額も増額されることになると思われる。
金融緩和してもハイパーインフレなんて起こらないが、マネー増加による資産バブル発生は懸念するな。

561 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 15:58:10 ID:8y0WySXR
>>554
労働市場という意味では凄く強くなるが、近年日本製品ですら価格がドル立てな訳だから、
日本人が日本製品を買うのもバカ高くなる。
これでは景気はよくならんと思うぞ。

今の円が高すぎる事は確かだが、購買力平価以上の円安もまた悪影響あるよ。

562 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 19:52:51 ID:aakpwXgw
国内の金融機関は国債購入に腰が引け始めている。
金融機関系統のアナリストが日本国債に批判的な発言をするようになったのはそのためだ。
ここらへんは飼い主の意向をしっかり反映している。

そうした空気を真っ先に感じとったのは金融大臣。
郵貯の一連の動きは、国債札割れ阻止、暴落の抑止を狙ったものだ。
もっとも、自分が政治家の間にバラマキをしたいだけ、
本当の意味で日本の将来は考えてないだろうがな。

私がGMの話しを出したのは、事が周知された頃には手遅れだと言いたいだけだ。
破綻の数年前には、数値的にも破綻状態だったからだ。

日本の国債残高は、既に国民の金融資産を食いつぶす寸前であり、
利払いも、これだけの低金利でも税収の25%近い。
これを見れば危険な状態なのは明らかだ。
今大丈夫だから平気なんて話しは、過去の事例からも相当な確率で破滅する。

私も今日、明日どうにかなるとは言わない。
ただ、もう数年先にはかなり追い込まれる可能性が高い。
最大の理由は政治が機能してないからだ。いまの政治家に危機を回避する手腕は期待できない。
日本企業の中にはたくましく生き残る企業はあるだろう。
ただ、犠牲になる企業はそれ以上に大きい。
自分がどっちに属するかが問題だ。
金融危機が企業活動にどれだけ打撃を与えるかは歴史が示す通り。
すぐには円安効果で経済回復とはならない。
日本人の多くが資産を毀損するからだ。

563 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 20:01:22 ID:xJmo0ZAY
郵貯を国債引き受け機関に決定したあたりから焦げ臭くなってきたな。
最後の手段、日銀の直接買い取りマダー?

564 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 20:14:52 ID:XBky3Na7
常識的に考えて、毎年毎年収入より支出のほうが圧倒的に多いのに
破綻しないほうがおかしな話だろ。小学生でもわかるわ。
「永遠に借金し放題」なんて、そんな上手い話が成立するなら誰も生きるのに苦労しない。


565 :名刺は切らしておりまして:2010/04/03(土) 22:07:33 ID:aakpwXgw
デフレの痛みを騒ぐ割に、財政問題による痛みは考えようとしない。
これらは典型的な目先のことしか考えられない人だろう。
デフレがよいとは言わないが、財政問題が引き起こすと予想される痛みには無関心。
痛みは現在の痛みの数倍になるのにだ。

やっと日経を始めとしたマスコミが目を向け始めた。遅すぎた感じは否めないがな。
政治家はなんら有効な対策を立てられず状況を悪化させるだろう。
そして、いずれは新規国債の引受などの、市場を失望させる政策に手を染めることになる。


566 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 00:36:46 ID:mF57QZ4R
昨日、ドライブしてきた。ガソリン上がってきたね。明日から、もっと上がるんじゃない?
デフレは収まります。原材料高からのインフレが始まるよ。
ハイパーにはならんだろうが。

円安は日米の金利差が主因だからね。しばらく続く。って言うか。
アホ民主政権が続く限り、続くね。国債デフォルトで
ハイパーインフレが起きうる。
日本の主要企業は外国に移る。
ブラジル当たりかね?
俺は、資産逃避でオフショア銀行探している。

567 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 00:39:59 ID:mF57QZ4R
ちなみに国債ばかり話題になるけど、地方自治体が発行している債券も巨大。
第3セクターなどの借入金まで含めたら、天文学的数字になる。

俺、地方公務員だけど、わが地方自治体は税収が半減してる去年、普段通りの予算組んだ。
何考えてんだろうね。

568 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 00:41:36 ID:mF57QZ4R
ちなみに、わが地方自治体も民主です。
皆さん、今度の参院選はみんなの党に入れましょう。

569 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 00:45:48 ID:SGpSDoJT
>>566
消費の活性化でおこるインフレと違って、ガソリン高が原因の場合は
スタグフレーションになるのじゃないか


570 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 01:09:21 ID:gQAdU1AV
>>569
厳密に言えば資源高はどっかの国の景気回復につられて上昇するから(資源国や中国、今回の場合アメリカかな)、金融緩和の程度が少なく海外の景気回復につられての、円安、景気回復である日本(EUの一部はさらに遅いだろうけど)は恩恵は受けるけど、
一般のインフレ率とコアコアの乖離が大きくなりやすく日銀が引き締めに入るような事をすればスタグフレーションにはなりやすいだろうね
この場合すべきなのはさらなる金融緩和なんだけど、今までの日銀を見る限り…

571 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 01:12:20 ID:gQAdU1AV
>>568
デフレ、日銀の問題点を1番理解している政党だからね
渡辺さんの言うように銀行の貸出債権の日銀買い切りは是非実行してほしい

572 :名刺は切らしておりまして:2010/04/04(日) 06:56:35 ID:C3PRkDNy
現実には財政破綻を回避する為のインフレ政策しかないだろう。
ハイパーになるかはわからんが、スタグフレーションにはなるだろう。
資産逃避がどの程度かだ。
無理無い程度に金融資産や貴金属は保有しておくのは一策ではある。

独裁政権でも成立しない限り、現実的には、預貯金以外の資産は毀損されることはないだろう。


有効な対策は株式、不動産、貴金属に資産を振り向ける。
ただし、内需株や一等地以外の不動産は有効ではないかもしれない。
国内株は海外展開している企業が有効と思われる。
ファンドが存続するという前提なら、投資信託も有効。
ただ、途中で清算されるファンドも多く、純資産をチェックして購入する必要がある。
外貨建預金は、日本国債を大量保有してない銀行でないといけない。
海外の銀行が有効と思われる。

結論を言うと、資産は分散して保有するしか対策はない。そこには日本円も当然含まれる。
どうなるかわからない、だから分散させるしかない。

573 :名刺は切らしておりまして:2010/04/05(月) 09:04:10 ID:TcCvLDWo
やっぱ海外投資は必要ですか?

投信とかは1万から買えると聞いたけど、なんか銀行なんかの窓口では、
イマイチよくわからない。
個別銘柄なんてもっとわからない。
日本の財政が悲惨で、三流国家転落の可能性がたかい。
なんとか円高のうちにどうにか資産を保全したい。
でも、どうしてよいかわからない。

574 :名刺は切らしておりまして:2010/04/05(月) 10:20:51 ID:uBofWQUy
そんな低レベルな話がしたいなら、市況板行けよ。

575 :名刺は切らしておりまして:2010/04/05(月) 12:31:36 ID:cEh92LNp
政府通貨5000兆円電子発行しかないねw

576 :名刺は切らしておりまして:2010/04/05(月) 23:50:47 ID:TcCvLDWo
皆さんは国債問題への対策はしてないのですか?

577 :名刺は切らしておりまして:2010/04/05(月) 23:51:42 ID:29QfMhgW
むしろ景気悪いのに評価高かったらそのほうが不気味だ

578 :名刺は切らしておりまして:2010/04/06(火) 04:29:39 ID:NkE0sEes
「国債だけは買っちゃいけない」

戦争で全てチャラにされたばーちゃんの遺言を貼ってやろうw

579 :名刺は切らしておりまして:2010/04/06(火) 10:55:29 ID:fIO12jlP
 1500兆円と言われている金融資産、財務省のリリースしている
統計では1410兆円。 金融機関 保険証券会社は預かり金の
30-40%を止む無く日本国債へ振り向ける。 09年12月末で
国と地方自治体の債務1000兆に達した。 残り410兆円

 甘く見積もって40%を国債にあてても、今年度みたいに
赤字国債40兆超えを毎年やっていれば4年が限界だが・・?

580 :名刺は切らしておりまして:2010/04/06(火) 11:05:33 ID:iUZ9yT8T
郵貯の限度額上げることで少しは延命出来たのだろうけど
何時かは日銀の国債買い取りをさせないとならなくなるだろうな
日銀動かすのはタブーに近いものがあるから選挙受けは悪くなるだろうけど仕方ない

581 :名刺は切らしておりまして:2010/04/06(火) 12:35:31 ID:zMjyfYwx
この先の日本は、ますます縮小経済だろうね。
パイが小さくなるところに新規も参入。泥沼の三十年となるだろう。

582 :名刺は切らしておりまして:2010/04/06(火) 15:59:51 ID:K262p0fA
俺は院を修了するまでに死ぬほど借金をしておくよ
利息が極端に低いしもし仮にインフレが起これば大もうけだ

583 :名刺は切らしておりまして:2010/04/06(火) 17:48:25 ID:z/Dsoza3
だから海外投資なんだよ。
円高のうちに外貨建資産に変えておくことが、
生活を守る糧となる。


584 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 03:06:58 ID:0khsAfxM
内債だから問題無しとか言ってた連中は、流石に最近はいなくなった。

勝負は今年と来年だろう。
だけど政治家はバラマキと離合集散しかやってないし、
マスコミも政界再編なんて話しばかり追いかける。
危機が迫る財政には感心が薄い。



585 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 03:39:25 ID:BXxNjAnN
15年近くつづいた、歳出拡大とそのための国債発行止めたら、
その時点で日本社会ってクラッシュするだろ。 

国家予算の半分を借金でまかなってる現状で、
どうやって歳出削減するんだろうね。 全方位で予算半減なんて出来ないみたいだし。

やっぱりデノミかな。 



586 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 03:41:42 ID:2xtrx9d0
クラッシュなんてないから安心しろ
少なくともおまえが生きてる間は今まで通りだよ
今回の100年に一度の金融危機も蓋を開けてみたら
100年に一度の買い相場だっただろ

587 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 06:34:47 ID:0khsAfxM
そう思いたいのは解らんではない。
なにも対処できなければ、大丈夫と自分に言い聞かせるしかない。
自分も似たようなものだ。

海外投資とかできる人が羨ましい。
彼らは資産を残すのだろう。
格差は更に広がると思うと暗い気持ちになる。
でも、自分は現実を直視していこうと思う。

588 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 07:45:55 ID:kC+WxYt3
>>578
郵便貯金もするなよ、その金で国債大量に買ってるから

589 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 11:51:25 ID:NTKSfhey
>>587
日本円の現金、預金も持つなよ
国債が暴落すれば円の価値なんてなくなるんだし


まぁ今時日本が破綻wとか思ってなくても海外資産持つのは当然だけどな

590 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 11:54:57 ID:f3AD8ozO
実際、国債の主な購入資金なんて、銀行とゆうちょの預金なわけで。
国債発行を減らすってことは、国民がみんな預金を下ろさないと無理なんだよ。


591 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 13:57:35 ID:+4khaZLQ
国債の残高が積みあがっていくのは
日本人の貯蓄性向が高すぎるからだろ。
老人どもが持っている死蔵貯金こそ、
日本の真の埋蔵金。

このままだと、日本は国民の貯蓄しすぎ、使わな過ぎで滅びる。
無理にでも使わせる政策を取った方がいい。

592 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 14:34:12 ID:lORNoHN0
デフレである以上使うよりも貯めている方が得になるんだから
そりゃ貯蓄過剰にもなるさ
だから国民が使わない分国が代わりに使ってお金の流れを動かさないといけないわけだけど
それをやろうとするとマスコミから無駄云々とお叱りを受けて結局動かすことが出来ないという結果に
どうすりゃいいんだか

593 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 16:22:17 ID:0khsAfxM
お金を使わないからいけないという話しは、少しおかしいと思います。
なぜなら、20年も散々国債発行してお金を使っても、
ほとんど何も効果が無かった。それどころか残ったのは膨大な国債残高。
お金を使えば万事上手く行くなら、とっくに良くなってるはずです。
日本人の金融資産をほぼ食い尽くすほどお金を使っているのですから。

私は実力より過大な価値をもった円に問題があると思います。
バブル時代より確実に経済衰退しているのに、円高になるのは明らかにおかしい。
経済衰退してるのに円高になるから、国内の産業は空洞化し、消費も安い輸入品に奪われる結果になったと思います。
デフレと言われている現象も、経済の実力に見合わない為替が原因だと思います。


594 :名刺は切らしておりまして:2010/04/07(水) 17:57:50 ID:3d3CHGdj
国民が全員貯金をおろすってのは不可能。
そもそも日本で流通しているすべての紙幣を合計しても80兆円ちょっとしかない。
しかし、貯金は700兆円。
つまり、貯金は大半の人がおろさないし、おろしても代わりに貯金する人が出てくる、って
前提で成り立っている。
それに、50兆円でも貯金をおろそうとしたら、銀行や郵貯は超大量の国債を売らないと支払いが
できない。
国債を売るには代わりに買ってくれる人を見つけてこないといけないわけだが、個人が貯金を
おとすとしたら、外人に買ってもらうしかない。
でも、外人は金利が低すぎて買わない。
外人に買ってもらうためには、高金利=国債の値引きをするしかなくなる。

595 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 07:16:25 ID:PYLriUal
ジャパンショックはコンセンサスなの?

596 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 08:06:38 ID:efUUsBdi
日本の国債って、老人の蓄えで買っているんだろう
郵貯もそうだし、銀行も年寄りに売りつけているしね

597 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 11:42:42 ID:PYLriUal
もし、貯金がある人が、全員貯金を使い果たすほど散財したら、
国債が大暴落するんだよな。
どっちみち日本は終わりだろう。

598 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 12:02:31 ID:UUNDrJYQ
国が借金を返すには二通りしかない。
増税して返すか、インフレにしてチャラにするか。

小泉改革は構造改革で返そうとしたが、民主は増税した上でハイパーインフレにもしようとしてる。

599 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 12:13:37 ID:gIc5iFxj
格付けなんてあんまあてにしてもなぁ
格付け会社の評価があてにならんのは近年の不況の際によくわかったじゃないか

600 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 13:09:26 ID:PcCSSj6Z
>>594
よくわからんが、信用創造システムなんて廃止できないのか。
この制度があるかぎり、マクロで借金がなくなると金がなくなる。
無限借金システムが限界に達して恐慌でリセットされる繰り返しじゃないか。
何千兆円か政府通貨を発行したら、信用創造システムなんて不要になるぞ。

601 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 13:11:20 ID:PcCSSj6Z
  空しく失われたGDP6000兆円。

デフレ・ギャップの発生・累増という形で空しく失われてきた潜在GDP額は、
平成不況が発生してからの十数年だけの合計でも5000兆円に達している
(1990年価格評価の実質値)。
過去四半世紀での合計では6000兆円に達している。
総需要さえ適切に確保されていれば、このような大惨害は起こらなかったはずだ。

  by丹羽春喜



もはや、政府通貨6000兆円電子発行しかないねw

602 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 13:41:12 ID:tUygcasK
信用創造は民間金融機関最大のアドバンテージなんだから
これを無くすことは郵貯引き上げなんて目じゃないぐらいに民業圧迫と批判されそうだ

603 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 14:04:03 ID:PYLriUal
確かに日本国債は過大評価だ。
格付会社は怠慢だ。本来なら日本国債はジャンク債級。

604 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 14:08:17 ID:Sd0EPBwr
>>603
そもそも格付、評価していることがおかしい
誰も外人に買って欲しいなんて一言も言っていないのだから

605 :名刺は切らしておりまして:2010/04/08(木) 14:15:14 ID:2MxcSVwl
別に格付け機関がジャンク債と評価しようが何も変化が起きようがないだろ

606 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 00:39:59 ID:KITxqISn
>>597
もし、貯金がある人が、全員貯金を使い果たすほど散財したら、
国債が大暴落するんだよな・・・・・

 それがいつなのか? が重要で難しい問題。 本来は何年も前に
入札割れになるべき。 でも有形無形の圧力によりゆうちょと銀行団が
買ってしまうし・・。 少しずつ資産家が外国に円を流出させないと
顕在化しないよね。

607 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 02:54:50 ID:TPDqFhjW
>>597
別に散財しなくても全員が10%ずつ貯金をry

608 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 02:56:45 ID:XEZXRLiS
>>606
国債なくても預貯金出された時点で銀行が潰れるからどこの金持ち国家でも大混乱だぞ。

609 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 09:37:55 ID:HNzAD53S
ギリシャの銀行から預貯金が流出しているらしい。
近い将来の日本の姿だ。
俺は既に徐々に預貯金から海外投資に資金を振り向けている。
やっば日本の現状を冷静に検証すれば、外貨建資産は必要不可欠だと思う。

610 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 18:21:01 ID:6zrxD91j
>>609

日本近代史史上、最後の円高状態かもしれんしね。

611 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 21:14:25 ID:bH+QpX/o
このところ、新聞等にも定期預金や郵貯・簡保が国債購入の原資、
国債がクラッシュすれば、預貯金がパーになること書かれるようになった。
何かのきっかけに資産逃避が始まる可能性はあるな。

612 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 22:54:40 ID:fBHxceYl
日本人が売れば中国人が買う

613 :名刺は切らしておりまして:2010/04/09(金) 22:59:42 ID:tYYl9rAB
どんなキチガイ新聞読んでんだよw

614 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 01:48:23 ID:XVPcMN+r
逃避先になる資産は何?
ギリシャとかは単に国外の金融機関に預金を移してるだけかな?

ギリシャは国外の金融機関にお金を移せば大丈夫そうなんだけど。同じユーロだし・・・・・・・
日本の場合は金とか株も買ったほうがよいの?

615 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 01:50:55 ID:Qq8021ys

国家破綻研究ブログ 各国政府のソブリンリスク 機関投資家の逃避行動 自らの足元を売り崩す合理的行動
http://gijutsu.exb●log.jp/9861973/

ソブリン債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数は、昨年9月のボトムから、
2倍近くに上昇しています。9月から1月末の時点での上昇幅の大きい順に、

・ギリシャ  △250%+
・ポルトガル △217%
・フランス  △122%
・スペイン  △111%
・アメリカ  △100%
・日本    △ 95%

となっています

『機関投資家が、各国の国債を、実際にリスクあるものとして捉え始めた』ことを意味します。
まさに、壮大なババヌキ・椅子取りゲームが「すでに」始まっているのだと思います。


616 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 02:15:00 ID:OQFXsPba
日本人の目から見ても破綻する可能性のある国に見えます


617 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 06:34:46 ID:CYCQErV0
http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/

藤巻氏のこういう意見を読むと、
日本国債はいよいよ最終局面なのかなと思う。



618 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 06:54:13 ID:NPqGr+6G
>>614
円安とインフレ対策としては日本株も悪くはないかと。
個別銘柄を選ぶのが難しいなら投信も有りだね。
金はお勧めしない。
破綻時に世界経済が好調なら値下がりしてる可能性が高いから。


619 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 07:12:36 ID:RolFluxh
>>617
最近の株価上昇は日本国債からの
キャピタルフライトな気もする。

620 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 07:16:05 ID:XVPcMN+r
内需関連株はどうなんだろ?
経済混乱と人口減少でヤバイ気がする。

金はお勧めではないですか・・・・・・・
確かに今は凄い値上がり。買うタイミングを逃してしまった。

621 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 07:24:18 ID:CYCQErV0
>>619

今の株価上昇は直接的にはキャピタルフライトとあんまり関係が無いと思う。
中にはそうした意図を持って取引している人はいるかもしれないが、まだまだ
極少数派だろう。

ただ、経済が上向きになり、株などのリスク選好が活発化すると、国債へ回る
資金が細り、国債暴落の引き金になる可能性はあるな。銀行とか保険会社は国債
購入を渋り始めてきているし。そうした金融機関の動きを察知して、郵貯の上限
問題が出てきたのさ。これ以上民間金融機関での国債吸収は限界があるので、郵貯、
簡保で引受ようという算段だ。

622 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 07:25:29 ID:wVnt7Z0J
まじレスすると
ブラジル株買っとけってこった
先進国の株はこれから上がってもせいぜい30〜40%がいいとこ
ブラジル株はオリンピックまでに今の3〜4倍騰がる

623 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 07:34:03 ID:CYCQErV0
新興国ものは売りたいとき売れないかもしれないというリスクは
あるんだよね。全力買いは危険では?

資産の一部として持つのはよいかもしれない。
目的が資産の逃避・保全なのか、リスク選好でもうけを出そうと
するかによって選ぶものが違う。

624 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 07:48:59 ID:NPqGr+6G
>>620
内需はどんな動きか読みきれないよなぁ。
とりあえず破綻に備えて輸出関連の銘柄か
投信に資金を移動しとくのが無難だと思う。
電機や自動車関連の投信を少し前に買っておいたら、
ここ1ヶ月の円安で笑えるくらい爆上げした。


625 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 08:37:02 ID:kLitdB6u
みんなが煽るからそうなってるんだとか
言ってる奴がいるけど、もうそんな段階はとうの昔に過ぎてるんだと
言いたい・・・orz

626 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 08:42:31 ID:l/KKglRQ
ハイパーインフレから資産を守る方法を考えるスレ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1261923909/

投資の話はここで書け。

627 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 08:49:27 ID:XVPcMN+r
外貨建預金はシティバンクとかのほうがよいの?

628 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 09:00:21 ID:CYCQErV0
もう財政問題はまともな政策では解決不能だろ?
政府紙幣とか、新規国債の日銀引受とか末期症状の政策ばかりしか
議論に出てこない。後はもう各個人がおのおの備えるしかないよ。
だから資産保全の話は重要。

後はどこで限界点がやってくるかだな。
こんな税収以上の新規国債発行を続けていたら、
遠くない将来限界はやってくる。

629 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 09:33:02 ID:OQFXsPba
>>628
それは既に破綻状態とも言う。

630 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 12:00:49 ID:CYCQErV0
>>629

最近はいなくなったけど、
それは破綻ではないと言い張っている奴もいたよ。
通貨発行権があるから云々とか言ってね。
実質破綻は破綻ではないという現実離れした珍論を展開してた。

631 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 13:52:48 ID:GXhvn3Wi
>>628
似たような話はデフレ寸前の先進国ではどこだってしてただろ
わざわざ引き受けしなくても輪番拡大で同じ効果な訳だし
金融政策がわからない馬鹿には理解出来ないだろうが

632 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 13:58:38 ID:dk4GGJsv
>>622
オリンピックやったギリシャはご覧の有様だよ。

ブラジルはまだ伸び代があるとは思うけど、長期投資
は危なそうだ。

633 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 14:54:40 ID:W7I0vv0S
兵力の逐次投入は最も忌むべきところ。
政府紙幣、6000兆円電子発行で息を吹き返すよ。

634 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:07:27 ID:XVPcMN+r
ニート・フリーターが金融語ってもな・・・・・・・
ニート・フリーターではないが、俺は自分のことで精一杯。

635 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:09:39 ID:WpHOze4q
ニート・フリーターこそ金融を語るべき・・

ザラ場に張り付くことが可能なんだから

ウラヤマシス


636 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:22:26 ID:uhzoULLK

ギリシャの次は
日本がターゲットになっているからね。

それなりの痛手は食らうのは必至だが
これから起こる他の国の痛手に比べれば。



637 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:27:43 ID:WpHOze4q
>>636
その程度の円安ならたいしたことないからなぁ・・日本の場合ww たぶんほとんど痛手にもならないんじゃね? 前回もたいしたことなかったでしょ?

庶民にとっては、FXでぼろもうけだから、むしろ景気は上向くしww

638 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:28:34 ID:e2M76UOf
日本経済は国民一般の頭の弱さに比すると異常に堅牢ではあるな

639 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:34:42 ID:dk4GGJsv
>>636
ぶっちゃけ国債破綻で円安になると製造業が急回復だからな。

自国通貨安を放置しまいと買い支えに回ると余計悲惨なことになる。

サムスンもウォン安のおかげで急成長だ。

640 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:38:46 ID:WpHOze4q
たぶんファンドに債権売りをやる度胸はないと思うよ?

GDPをはるかに超える額を発行されてるにもかかわらず、
10年ものを変動とはいえ1%未満でガンガン買ってるような国民がいる
国債だぞ?




641 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:51:06 ID:nb7mmgv3
まぁ触らぬ神に祟り無しが現状だろ‥

日本をターゲットにした瞬間から日本が持つ債権の売却を迫られるが‥

その日本が保有する世界中の膨大な債権を放出すると噂が流れただけで世界中がパニックになるしな。

642 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 15:56:15 ID:ZY7JR7K3
兵力の逐次投入は指揮官の最も忌むべきところ。
政府紙幣、6000兆円電子発行で日本は息を吹き返すよ。

643 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:00:44 ID:GTwXBnH8
>>630
出たよ。池田信夫信者。
100年戦争時のイギリスだかフランスが、今の日本なみに財政赤字だったんだけど、
どっちかでも破綻していますか〜??

対案として三橋貴明ってのもいるから、そっちもちゃんと読んでくれ。


644 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:16:07 ID:NPqGr+6G
>>641
国債から株式へのキャピタルフライトはあり得る。
その際40兆円以上の国債が放出されるわけだが、
問題はどこが吸収するかだな。


645 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:24:32 ID:zSYdz5Bs
>>644

日銀でもきんゆう機関でも買うだろ。

個人が貯金をおろして株式を買うところを見てみたいわ。
年寄りどもが株を買いに走るなんてあるかしらん。

646 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:34:33 ID:yoZpyShw
3598.日本国債で衰退加速
ttp://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/220410.htm

647 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:35:31 ID:XUm+EsCA
国債の格付けがあと数ノッチ下がると銀行は国債買えなくなるからな
猶予期間は限られているし、その間に道筋をつけざるをえない

http://diamond.jp/articles/-/1151


648 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:36:36 ID:XVPcMN+r
日本が保有する債権というのがくせ者。
民間が保有する海外の株式や債権は手放されない。
かえって民間は日本円を海外資産に変えようという動きに出ると思う。
海外市場もショックを与えても、やっぱり一番損をするのは日本人。

年金や預貯金がパーになれば、日本経済は麻痺するよ。
訳の解らぬこと言って安心したいの?

649 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:39:38 ID:GTwXBnH8
>>648
そんな寝言は、日本国債の利率が米国債並に上昇してからいってくれ。

650 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:41:20 ID:CYCQErV0
>>649

そこまで行ったら、日本の財政は即死だと思う。
もう借換と新規国債の利払いが毎年凄い勢いで増えていく。


651 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:41:51 ID:GXhvn3Wi
>>647
それ自国の国債は格付け関係なかったはずだけど…

652 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:43:39 ID:F+SMAR89
米国債並みとはいかなくても金利上昇は既定路線だろ
最後の切り札的なゆうちょ引き上げもやってしまったことだし
これが上手くいかなければ後は外国に買い取ってもらうしかない

653 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:49:00 ID:XVPcMN+r
メガバンクは世界的な取引だから、自国は別という発想が意味がない。
海外のメガバンクなんて、不都合なら本社を他国に変えることだって平気だってさ。

藤巻氏が勤めてた銀行は、在職中本気でアメリカから英国に本社移転を検討してたんだって。
国際基準に従わないと、どこからも相手にされなくなるから、海外取引してる金融機関は必ず国際基準に従う。

654 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:52:37 ID:CYCQErV0
>>652

米国債並では海外には売れないよ。
もっと高い利払いでないと。日本国債の信用は現段階でも高くはない。
いずれにしろ、長期金利を見ながら現金預金をどうするかを考えた
方がよさそうだ。

655 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:53:47 ID:GTwXBnH8
>>650
世界には、日本より遥かに利率が上の国債しかないんだが。

656 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 16:57:43 ID:GXhvn3Wi
>>653
海外進出してるとか関係なくて、会計基準上本社を置いてる自国通過建て国債は格付けによる自己資本除外は受けませんから

後大量の「円建て」預金を受け入れてるメガバンクが海外に本社移転ってw
実質借金がないようなトヨタとかとは全く違うからね

657 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:01:40 ID:CYCQErV0
>>655

今の超低金利でも税収の25%程が国債利払い。
例え1%でも負担が増えたら、もの凄い負担になるのは確実。
それが同格付並の利払いなったら凄いことになる。
おそらく消費税大幅アップは避けられないと思う。
消費税大幅アップが出来なければ、本当にデフォルトか人為的な
ハイパーインフレしかなくなってしまう。

658 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:05:53 ID:WpHOze4q
でも安心ww 1%どころか0.5%もあがらないからwww

659 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:09:55 ID:XVPcMN+r
将来が不安で頭に血が上った人がいるようだ。
海外のメガバンクと書いてるのにね。
それと、危ない債権を大量保有してることが明らかなら、
世界の市場がどう動くかはリーマンショックで学習済みだよね?
日本の会計基準がしかじかだから、それで問題無しとは考えない。
そして大量の円預金がどう考えられるか?

660 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:13:20 ID:GXhvn3Wi
>>659
よく見たら商業銀行と投資銀行の違いがわからない馬鹿だったのか…
危ない債権って円建て債務に対して日本国債以上にリスクが少ない資産は現金、日銀預金以外存在しないからかね
ALMって概念が理解出来てないんだろうけど

661 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:14:01 ID:Q6zOCAsS
>>9
まず海外向けに日本国債を売ってるか?

662 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:15:04 ID:7QQ8iN1V
>>657
その金利を全部税金として徴収&海外投資禁止って法律作るとしよう。
外国の投資は全部引き上げられるが国内の金融機関は泣くしか無い。

超円安にはなるが破錠にはならない。
貿易黒字国の内債ってのそういうこと。

663 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:19:14 ID:gkdVyke9
>>43
あの〜。
利率の低さは、国債の人気の高さなんですけど…。

イラネーのはアメリカ国債の方だよね?

664 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:20:50 ID:CYCQErV0
>>662

それって世界経済から相手にされないという意味に聞こえるけど・・・・
そういうのを実質破綻というのでは?

665 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:37:12 ID:7QQ8iN1V
>>664

海外からの投資が必要なら破錠だけど、国内資金で回せるなら破錠じゃない。
円で買えるもので海外の人が欲しいものがあるかぎり円の信任は揺るがない。

666 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:51:54 ID:GTwXBnH8
>>664
おまえ、少しは日経みたいなマスゴミ発表から離れたほうがいいぞ。


667 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 17:59:42 ID:Qq8021ys

国家破綻研究ブログ 各国政府のソブリンリスク 機関投資家の逃避行動 自らの足元を売り崩す合理的行動
http://gijutsu.exb●log.jp/9861973/

ソブリン債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数は、昨年9月のボトムから、
2倍近くに上昇しています。9月から1月末の時点での上昇幅の大きい順に、

・ギリシャ  △250%+
・ポルトガル △217%
・フランス  △122%
・スペイン  △111%
・アメリカ  △100%
・日本    △ 95%

となっています

『機関投資家が、各国の国債を、実際にリスクあるものとして捉え始めた』ことを意味します。
まさに、壮大なババヌキ・椅子取りゲームが「すでに」始まっているのだと思います。


668 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 18:29:22 ID:WpHOze4q
>>666
どう見てもおまえのほうが電波ww


669 :名無しさん:2010/04/10(土) 19:30:16 ID:2+Ozs+dL
この記事書いたの誰?
ただのバカ?

670 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 19:45:13 ID:8MtrpokO
単に、その日本の特殊な事情自体がリスクファクター扱いになってるだけの話でしょ。
他所から見りゃ、そんな事情でやってたら、先がねえなと思われるだけだし。

671 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 20:44:30 ID:RolFluxh
>>657
ハイパーインフレは有り得ないからww
そんなことになったら主力産業が農業と漁業しかない
北海道と青森県と秋田県が勝ち組になってしまう。

672 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 21:31:12 ID:cDbfOPjK
ハイパーインフレとかなるかよ あほらしい

673 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 21:37:54 ID:Qq8021ys

>>671
ある貸し金屋の創業者は、日本の破綻を見越して、所有株を売却して農業に参入しました。
いつの時代も、勝つのは金持ち。w


674 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 21:50:21 ID:WpHOze4q
>>673

参入しただけで勝てるかどうかは、わからんじゃんww


675 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 21:56:00 ID:kLitdB6u
>>674
ただその辺の成金とは違って、当たるか当たらんかは別として
見てる方向性としては間違っていない気もするが

676 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 22:00:41 ID:WpHOze4q
金持ち投資家が金持ちの理由は、方向性が常に正しいからというわけではない

はっきり言って、普通のやつとかわらん

普通のやつと違うのは撤退の見極め

それでも、ドジをふんで、再起不能になることもある

677 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 22:04:54 ID:kLitdB6u
>>676
ご尤も 福田和子もちょいと方向性が変わってりゃ
けっこうな金持ちになれたかもな 

678 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 22:11:42 ID:7QQ8iN1V
金持ちは、逆張りできるだけ。
逆張りが当たれば大儲け、負けても損切り。


679 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 22:12:09 ID:l/KKglRQ
ここは基地外破綻厨の日記帳兼隔離スレなんだから、餌をやってスレ消化を早めないでくれ。
相手にしたって時間を無駄にするだけだぞ。

680 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 22:16:28 ID:RolFluxh
今から逆張りするとしたら日本株。
新聞や雑誌が外貨を進めているからこそ、
あえて日本株式に投資するのが男の道。

681 :名刺は切らしておりまして:2010/04/10(土) 22:34:29 ID:WpHOze4q
今から逆張りって・・・  今から日本株を買うなら、おもいっきり順張りじゃんよ


682 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 06:27:03 ID:Y/6s8r+q
また海外投資もできない連中が、
不安に駆られてピーピー騒いでるのかよ。
金持ちでなくても、海外に分散投資なんて基本だよ。

>>678

余裕がある連中は待てるのが強み。
目先の値動きを無視できる。数年後に財政問題が大問題になるとの
予想に自信があれば、あとは長期戦略に沿って投資ができる。

バフェットなんか見ればわかるよ。
昨年の2,3月の底値付近で株をしっかり買っている。多少の値の上下
なんか気にせずにだ。シティの株買ったどこかの王族もいたよ。一年たった
ら大儲だった。2ちゃんねるではバカにしてた奴が多かったけどね。
ニートの知識なんてその程度さ。所詮は言葉尻を捕まえて得意になってる
輩でしかない。実際に金を動かし、資産を動かしている連中には適わない。


財政問題だって普通に考えれば答えはでる。
こんな税収以上の予算を毎年組めばどうなるか、既に1000兆円近い国債残高、
こんだけの低金利なのに、税収の25%もの国債利払い、少子高齢化による国力
低下。都合の良い屁理屈考えて大丈夫なんて言っている時点で現実とのズレが
ある。



683 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 07:58:46 ID:zUB2jrzn
>>671>>672
そんな風に言ってりゃハイパーインフレなんか絶対に起こらない、て思ってんだ?w
かつての、平和平和って唱えてりゃ戦争なんか起こらない、なんて信じ込んでたお花畑サヨを思い出すねw


684 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 08:27:44 ID:6tXOcbtm
ハイパーインフレってどういうものか知らない人 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!


685 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 08:52:16 ID:SkDsTsGg
あのエリカさんの旦那のことですよね?

686 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 08:56:17 ID:AEKdErEX
つーか春休み終わったのに程度低いな。
海外の連中がヤイのヤイのいうのは村上ファンドみたいに もっと金利高くしろといってるだけ。こんだけ残高あるのに信じられない低金利だからな。
逆にいえば海外に対する日本の体力の指針。
これが海外の声を無視できず 金利上げはじめたら 海外頼りになり 国富が段々流れていく。

大体本当に評価低いなら一時期の韓国の海外向け国債みたいに信じられない高金利にしても未達になるよ。入札

687 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 08:57:30 ID:SkDsTsGg
ヤイのヤイが気になって仕方ない・・・

688 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:01:11 ID:Brulg1/N
通貨は、つきつめれば稀少金属。
高額紙幣の精巧印刷の向上で、19世紀ごろから、銀に代わって金本位制がひろがりました。

1929年、米国の株大暴落から世界大恐慌へ。
大銀行の破たんといえば、1931年5月ロスチャイルドが設立したオーストリアの大銀行クレジットアンシュタルトの破たん。
米国発から1年7月後の、この大銀行の破たんで、世界的大恐慌にひろがった。
そして、1931年9月、大英帝国が、その象徴だった約1世紀続いていたポンド紙幣の金本位制を放棄。
1937年までには、すべての国が金本位制をやめました。
第二次世界大戦後、金本位制が再認識され、米国によって再登場しました。米ドルが基軸通貨になりました。
1971年、米国の対外債務は100億ドルを超え、米国金保有量の3倍に。(1オンス35ドル)。
この年、金本位制は、地上から姿を消しました。稀少金属の裏付けのない通貨・紙幣が40年近く続いています。
1971年以降のドル為替本位制のもとでは世界経済の拡大は無理だったのですが、なぜか拡大し続けて来ました。
ドルの供給量の増大は、ドル価値の希薄化です。

689 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:03:08 ID:SkDsTsGg
ユダヤ人が紙幣なんてもんを作り出してからというもの
ろくなことが無いな

690 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:16:01 ID:7FOQL6BY
日本国内の金融機関が、信じられない低金利でもどんどん国債を買ってくれますから。
ゆうちょの上限も2000万円に買い取り能力アップ!
自転車操業は続くよ、ど〜こまでも〜♪

691 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:50:49 ID:dzfwkl3y
これだけの円高で、日本国債の海外の評価が低いっていわれてもピンとこないな。
適当な自虐記事書いてんじゃねぇよ。


692 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:57:16 ID:5qSMXlTq
>>682
財政破綻とか有り得ないけど、海外に投資は普通だろ
今時家計に海外資産がないとこの方が珍しいわ
しかも財政破綻だから投資wって自分で馬鹿だから投資スキルありませんって自白して何がしたいの

693 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:58:09 ID:FAW1yvDS
>>692
毎年50兆円の国債発行が続いたらやばいんじゃないの?


694 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:58:14 ID:6tXOcbtm
てゆーか、日本国債の海外の評価が低いってあたりまえじゃん

あの金利で評価が高かったら、なにかがおかしいだろww
ちょっと考えりゃすぐわかるww 為替リスクとりながら、自国より低金利に入れる理由があるかないかww


695 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 09:58:24 ID:9aSf3vdd
株式が上昇してきたので、こんどは海外債権中心に投資するか。
また株価下がってきたら海外株に投資しようと思う。
それまで日本財政と円高が続いてくれ。
計画達成まで割安に購入したい。


696 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:03:47 ID:5qSMXlTq
>>693
別に50兆が問題じゃなくて(そもそも純増額分が問題だし)、名目GDP比純債務が増えるのが問題な訳だし
でどっちにしても圧倒的な対外純資産、経常黒字があるからそう短期間には問題になるような自体になりえない
日銀さえまともな政策すれば純債務なんて簡単に消えるのは国全体のバランスシート見たら明らかでしょ

697 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:06:51 ID:JfmG6PZm
個人金融資産  1,400兆円
個人の金融負債   400兆円

国と地方の金融債務 900兆円

あと、100兆円で日本は終わる

698 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:09:33 ID:JsnZLDOW
>>696
またバランスシートかよw
なんで家計貯蓄まで含めて計算したがる脳足りんが湧くのかねえ。
家計と国庫は全くの別物という概念がないのかよ。

699 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:14:58 ID:5qSMXlTq
>>698
>なんで家計貯蓄まで含めて計算したがる脳足りんが湧くのかねえ。

経済学も勉強した事ない馬鹿は黙っとけよ
じゃあ財政が優秀なアイスランドや韓国、インドネシアが破綻して、財政最悪の日本が世界一の低金利を保ち円高になってる経済学的論理でもいえるのか?
そもそも俺が言うバランスシートってのは単に政府、企業、家計全て多額の対外資産を保有って意味なのに、なんで上の毎度の馬鹿みたいなレスがなるわけ
いい加減馬鹿は馬鹿なり黙るかまともに勉強しとけ

700 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:16:31 ID:6tXOcbtm
>なんで家計貯蓄まで含めて計算したがるのか

踏み倒しが前提だからwww



701 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:17:04 ID:5qSMXlTq
>>698
まさか国、家計、企業全てが黒字主体になればいいと思ってるの?

702 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:20:03 ID:JsnZLDOW
>>699
それじゃ、今回ギリシャが財政破綻したが、ギリシャ国民は一人残らず
自己破産したとでも言うのか?

お前が実際に起こっている現実も知らない馬鹿だから脳足りんって言うんだよw
家計と財政は全くの別物だから、国全体の統計とか意味ないからw

703 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:24:17 ID:/yHIl9cs
>>702
どこかの国では国民から金銀巻き上げたような

704 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:25:14 ID:5qSMXlTq
>今回ギリシャが財政破綻したが

一体いつ破綻したんだよw利払いは滞ってないし、IMFもEUもまだ金貸ししてないだけど…
どんなメディアから情報得てるんだよw

後破綻すると起きるのは家計が自己破産じゃなくてその国の通貨が下落、インフレによる実質ベースの資産減少を家計が被るって馬鹿でもわかる一般常識だろ

705 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:26:18 ID:9aSf3vdd
個人資産を国のものと勘違いしてるバカがいるから預貯金だけだと危ない。
郵貯の上限引き上げなんてその典型。

だから海外投資が必要なんだよな。
俺だってリスクおかして海外投資なんてしたくない。
個人資産や年金積立なんかを当てにして国債発行なんてアホがウヨウヨいるから海外投資している。

706 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:30:35 ID:JsnZLDOW
>>704
今のギリシャが財政破綻じゃないというアホなら、話が通じるわけもなしw
真性脳足りんを認定いたします>ID:5qSMXlTq

707 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:33:24 ID:oOgTvzF3
中から見ても破綻可能性が高いだろwww

708 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:34:25 ID:5qSMXlTq
>>706
EU首脳が何度もギリシャは破綻させないって言ってたり、FTがギリシャは今年は破綻しないが近い将来破綻するって言う事言ってるのはみんな真性脳足りんwなんでしょうね


709 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:37:05 ID:x+REtdKo
>>1
理由は金融ユダ公が反日だからだろ

710 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:38:43 ID:5qSMXlTq
そういや格付け機関が

ギリシャの格付けをBBB-

ってまだ破綻してないって昨日の夜中言ってたね

711 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:40:01 ID:OwGjta/X
日本国債を外人が大量に買うようになったら逆にヤバイだろ

712 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:44:21 ID:5qSMXlTq
>それじゃ、今回ギリシャが財政破綻したが、ギリシャ国民は一人残らず
自己破産したとでも言うのか?


>今のギリシャが財政破綻じゃないというアホなら、話が通じるわけもなしw
真性脳足りんを認定いたします>ID:5qSMXlTq

713 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:44:56 ID:JfmG6PZm
日本国債は外国人は数パーセントしか保有してないし、これからも外国人は買わない。

日本は、勝手にバラ蒔いて無駄遣いして、外国から稼いだカネを買ってに浪費して
勝手に沈没。

知ったことではない。隙にしろ、日本人はアホ。

まあ、外国人から見たらこんなところだろう。

714 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 10:53:10 ID:5qSMXlTq
>>713
まるであんたが外国人みたいだねw
海外の経済学者で日銀が悪いって話は死ぬほど読んだことあるけど、無駄使いが悪いってのはトンデモな奴以外読んだ事ないな

715 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:03:24 ID:4ie6AwBD
>>714
日銀が悪いと海外が叩いてるって、どこの記事だよ?
確かに、三重野はバブルを発生させたから批判されたけど、今の日銀が金融政策を間違ってる
とは思えんけどな。

海外から見た日本は
優秀な物作り職人の国民+低金利依存症の浪費癖政府=どうでもいい国w
という評価がほとんどだろ。

716 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:12:50 ID:5qSMXlTq
>>715
FTに書いてたけど
JBPressにも翻訳されてたし
海外の経済学者はいくらでも批判してるし

そもそもアメリカやイギリスの長国(多分約8〜9年)及び社債やMBSの買い切り、ECBが1年物の限度なしの供給、
SNBが為替介入と言った政策取ってるのに、デフレ圧力が1番強い日本が長国買い切りの増額(確か月ベース9000億増額、実質の長国は半分以下)と3ヶ月物の20兆供給じゃ明らか足りないでしょ

717 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:15:33 ID:aYgkJfAx
>>705
日本国内であるかぎり、個人資産とか意味ないんだよ。
日本政府に日本国民の財産を全部没収出来る能力がある。
それを前提に日本政府と日本銀行の信用がある。

718 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:33:54 ID:4ie6AwBD
>>716
足りないんじゃなくて、日銀のバランスシートが元々巨大すぎるから
膨張させられないという事情がある。
http://www.dir.co.jp/souken/research/report/capital-mkt/mktview/09121601mktview.pdf
3ページの「総資産額のGDP比」参照

日銀のバランスシートをもっと巨大にしろ なんて海外の記事に書いてないだろ。

719 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:41:29 ID:5qSMXlTq
>>718
日銀のバランスシートが巨大なのは日銀特有(最近イギリスやスイス、アメリカも導入し出したけど)売り手があるからのもあるでしょ
そもそも量的緩和があまり意味なかったという様に規模だけが重要なわけじゃないし
規模が増えるのが嫌なら新オペ+数十兆を全て長期国債(償還まで長い)に変えればいいだけ


FTが言ってたのさらなる緩和しろしか言ってないけど、大体言いたいのは上みたいな事だろ

720 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:43:28 ID:DTh95UAN
ま〜た、馬鹿がこのネタかw
特に真顔で日本国債論じている経済学馬鹿は救いようが無いなww

あのな、そもそもこの記事は、
国民の皆さんがご存知の、「あの」国債でさえ、海外から評価されません。
              ↓
実は、海外と国内で格付けが全然違うのです。
              ↓
だ・か・ら、国内の株価も、不当に低く評価されます。
              ↓
つーことで、国内株は評価低すぎなので、安心して買いましょう。

って言う、株屋のトンでもPR記事なんだよ。
マンションは今が底って言う不動産屋の記事と同じなの。
だ・か・ら、3月決算前のこの時期に記事にしてるんでしょww
分かれ、そのくらい。

それから、日銀買い切りとか、政府紙幣発行とか、夢を見るなw
そんなもんは机上の空論だ。
公務員の年金を厚生年金と同じにするか、1万人ほど首にすれば、3日で景気は回復する。
働いていない奴が沢山金を独占しているから経済がおかしくなるんだよww

それと、ギリシアの件は、マスが小さすぎて、大勢に影響ないから気にすんな。
問題はアメリカと中国だ。
間もなくどっちかが飛ぶ。
そうすりゃ、もう一方も飛ぶ。
それが二番底だよ。

721 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 11:52:36 ID:aYgkJfAx
>>720
途中までよかったけど、公務員1万人失業で景気回復とか嘘まぜてるので0点。

722 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 12:00:15 ID:016PG5xz
とりあえず、海外の奴らはいかに日本人の貯蓄を吐き出させようかだけを
一生懸命に考えてるからなw

723 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 12:20:25 ID:9foh17UO
>>23
その時、円の価値は暴落してるんだから日本国内の日本人国債保有者にとっても大損だろ。
インフレの程度によっては100円は100円なんて言ってられない。銀行みたいな大口保有者だと、
100円は100円なんて言われても死ねって感じじゃないか。

724 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 12:25:20 ID:bfpmxith
まぁ欧米の連中はドルかユーロ建てでないと買わないんかね。
今のところ、そこまでする必要はないとも思うが。

すべきは円の国際化だよな。
具体的な方法まではよくわからんが。

725 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 12:26:42 ID:5qSMXlTq
>>723
別に銀行の債務(預金)も100円は100円なんだけど


726 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 12:32:41 ID:C6A34F6K

銀行預金や、ゆうちょの貯金、年金積立金などなど、ほとんどすべてが既に国債に化けている。
ところが、膨大な借換え債が、これから毎年発生し、さらにキャッシュが必要な状態。
しかも都合が悪いことに、団塊世代が大量に退職して、預貯金を切り崩し始める。
ゆうちょの満期の集中も、来年にかけて発生する。

つまり、「黒字倒産」の状態なんですよ。

だから、菅さんが増税の話を始めたり、海外に国債を売りに行ったり、亀井さんが日銀による国債引受を容認する発言をしたり、
ゆうちょの限度額を上げてキャッシュを集めようとしたり、年金を遡って払えるようにしてキャッシュを集めようとしたり、
政府資産(東京メトロ株)を売り出そうとしたり、貸金の総量規制をしたり。
借換え債を売りさばくために、あの手この手で官製不況を起こしている訳です。

ちなみに、銀行の国債保有高は、128兆円で過去最高を更新したそうです。w

【金融】銀行の国債保有、2月末で128兆円=過去最高更新−日銀集計[10/03/31]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1270228041/l50


727 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 12:36:03 ID:C6A34F6K

国家破綻研究ブログ 各国政府のソブリンリスク 機関投資家の逃避行動 自らの足元を売り崩す合理的行動
http://gijutsu.exb●log.jp/9861973/

ソブリン債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数は、昨年9月のボトムから、
2倍近くに上昇しています。9月から1月末の時点での上昇幅の大きい順に、

・ギリシャ  △250%+
・ポルトガル △217%
・フランス  △122%
・スペイン  △111%
・アメリカ  △100%
・日本    △ 95%

となっています

『機関投資家が、各国の国債を、実際にリスクあるものとして捉え始めた』ことを意味します。
まさに、壮大なババヌキ・椅子取りゲームが「すでに」始まっているのだと思います。


728 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 14:27:21 ID:9aSf3vdd
屁理屈こねて自分を安心させるのは大変だな。


729 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 15:02:35 ID:C0syVQRH
愛国心の強いネットでは日本に楽観的な予想に走りがちですよね。

730 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 15:35:53 ID:6tXOcbtm
日本の某経済ジャーナリストがヨーロッパの経済アナリストに、ギリシアは大変ですねえ。。これからはポルトガル、スペインもあるしって言ったら、

いやどう考えても、おまえのところのほうがヤバイだろ・・他人事かよ!って言い返されたらしいwww


731 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:19:04 ID:NasfPAnK
「44兆円の歳入に対し、92兆円の歳出。不足の44兆円を国債発行で賄う」と頭の中で
考えていても国債が完売出来なければ「子供手当」も国家公務員の給料も払えない。
入札結果発表で「国債未達」のニュースが流れた瞬間に、日本のマーケットはThe「END」だ。
債券先物、株先物市場は連日のストップ安、$/¥は200円の世界であろう。
10年国債の入札は毎月あるわけだが、そのたびに市場がドキドキする日が今後、数年続く。
その瞬間にも政治家は「のほほん」と「ばらまく」ことだけを考えているのだろう。
これで日本は大丈夫か?
http://www.fujimaki-japan.com/takeshi/

732 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:23:15 ID:lmQn4QOf
>>731

馬鹿の限界(あるいは詐欺師の典型)という文章だよな・・。

>入札結果発表で「国債未達」のニュースが流れた瞬間に、日本のマーケットはThe「END」だ。
>債券先物、株先物市場は連日のストップ安、$/¥は200円の世界であろう。

ここが何でかを一切書いてない。

733 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:26:01 ID:6tXOcbtm
>>732
ドル円が200円になったら、株先物は即効で下げ止まると思うんだよね  いやまじで


734 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:30:18 ID:jyYkvT4b
>>733
君さ外債への投資とかしたことないでしょ?
1ドル200円といったって1日や2日でなるわけじゃないからね。
経常黒字国の場合は必ず実需売りって壁が立ちはだかるんだよ。

735 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:32:23 ID:FAW1yvDS
むしろデフォルトして大幅に円安になったら企業業績はすさまじくアップ。
それこそ高度成長もう一度って感じになるかもね。

海外から見た日本製品の問題点はコストが高いということに
集約されるわけだし。

そういう意味では国債破綻は早い方がいいかもしれん。

輸入材料の値段が高くなるから不利に見えるかもしれんが、そんな
ことはまったくない。同じように材料や部品を輸入でまかなう韓国が
ウォン安でどれだけ息を吹き返したかを見ればね。

三橋なんちゃらさんはウォン安で韓国崩壊とか面白い発言をしてたが、
中がやばいのは円高になった日本だし。
製造業の国では自国通貨安は最高のカンフル剤。
通貨高になっていいことは何も無いといい切っていいだろう。




736 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:34:44 ID:7OrdnhBk
C で、いいです。

737 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:38:02 ID:jyYkvT4b
>>735
高度成長は起きないでしょ。
代わりに起こるのは日本株のバブルだろうね。


738 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:41:35 ID:7OrdnhBk
バブル、ですか。日本株は、安すぎる、と思いますけどね。

739 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:42:36 ID:7OrdnhBk
買う人がいないから、上がるわけがありません。

740 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:50:19 ID:Orq0iBgH
直接引き受け → 円安とインフレ → 株価上昇 →
預金の引き出し → 株価上昇 → 更なる直接引き受け
以下ループ。


741 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 16:51:04 ID:7OrdnhBk
でも、現実には、下がるばかりじゃありませんかね。

742 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 17:04:57 ID:aYgkJfAx
韓国は「サムソン栄えて国民貧する」。
なのは確かなんだけど、これを破錠というかどうかは難しいね・・。

日本の場合技術を持ってる中小企業が命なんで、こいつが死ぬ前に
円安にしたほうがいいと思う。

ただ円安にしすぎると、この中小企業が外資に買われるのが問題。

743 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 17:42:22 ID:6tXOcbtm
>>734
それでも止まるねw  あたりまえのお話ww


744 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 17:50:40 ID:5qSMXlTq
>>731
馬鹿には関係ないだろうが、先物ってストップなんて概念ないんじゃなかったっけ…
サーキットブレーカーがあるだけなんだけど

745 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 18:08:26 ID:jyYkvT4b
>>743
1ドル200円の道は長く険しいぞ。
日本の様な経常黒字国は想定レートから
ちょっと円安になっただけで猛烈なドル売りが掛かる。


746 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 18:22:23 ID:FAW1yvDS
>>745
だなあ。国債引き受けてありません状態にでもならん限りは
そんな円安にはいかないだろう。

国内でものづくりを頑張りすぎるのが悪い。
せっかく出た利益が日本の税金にとられてしまうし、事業コストの
高い国内でやるからもともとの利益も低くなる。

工場をさっさと全部国外に出せばいいのに。

747 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 18:26:57 ID:flAKUY76
>>745
日本は資本収支赤字国なんだから、その赤字を少し増額するだけで
円売りドル買いになるけど?
外国との金融資産のやり取りは、経常収支だけじゃないから。

748 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 18:37:32 ID:jyYkvT4b
>>747
国債の引き受け先がなくなって、
日銀に直受けさせたら資本収支の大幅な赤字になって
円安が加速するだろうね。
そこから先は経常収支の黒字と資本収支の赤字が綱引きをしつつ
ゆっくりと円安に向かっていくんだろうな。

749 :名刺は切らしておりまして:2010/04/11(日) 18:41:17 ID:IRBmv3w2
>>724
アメリカが睨み効かせているけどね。日本政府と日本銀行にその気があるなら、
アイスランドや東欧、ギリシャの国債をマネタリーベース分まで購入して、円を
使わせれば良い。対価は円安になるけど、円高の今は丁度良いんじゃない?

750 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 14:21:24 ID:Cv1NxgrE
>>730
確かにw


751 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 14:29:34 ID:WlaxRJ0n

>>748
ゆっくりと円安に向かうことは無い。
日本は、軍事力を持っていないし、政府がアメリカから独立しようとしているから、
ヘッジファンドなどにやられたい放題になって、乱高下で揺さぶられて、日本の富を全部持っていかれる。

札割れが起こった時点で、死亡ですよ。


752 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 15:14:46 ID:yycNwKms
すでに日本の富は国債で無くなってるよ。
ヘッジファンドは単に最後の一撃与えるだけ。
日本経済崩壊のほとんどの原因は日本自身にある。

完全に健全な企業や財政・経済の国を相手に、ヘッジファンドが国債や通貨の売りを仕掛けても成功しない。
ヘッジファンドは死に体の国や企業相手に売り浴びせするだけ。
ヘッジファンドがなにもしなくても運命は同じ。

753 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 15:17:43 ID:e3Qd7COP
アイスランドとか日本が羨む程の健全な財政状態だったろw
昔の韓国やインドネシアも財政とかもかなり健全なのに破綻しちゃったね


754 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 17:53:58 ID:yycNwKms
そいつはちと違う。
何も無い状態から突如売り浴びせを喰らった訳ではない。
小国・途上国は経済に厚みがないから、突然売り浴びせを食らったように思いがちだが、
実際は状況がどうにもならん状況になってからヘッジは動く。
ただ状況悪化のスピードが、先進国より早いだけ。
日本が今まで大丈夫だったのは、それだけ経済に厚みがあるから。
ただ、その厚みに頼れない程に政府債務が膨張し始めた。
だからマズイ。

755 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 18:12:42 ID:RDCQ559+
だが厚みがあると言う事は投機の攻撃が成就する前に事態が改善する
余地もあると言う事。まぁ、早い話が政治の領域になる。だが日本の
政治に国際的な手腕が無いのは常識。だから問題になる。結局は
今のように破綻を煽りながら放蕩すると言う矛盾した政策こそが正解という
奇妙な結論に辿り着く。

756 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 19:15:25 ID:e3Qd7COP
つまりISバランス、対外資産、負債がどの通貨建て等、経済学的な概念は全くわからず、政治評論家が経済を語りましたって話ですね
経済がわからないならニュー速に帰って下さい
あそこなら政治的視点による経済語りが主流だろうし

757 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 19:54:27 ID:9lS2DcCS
>>756

藤巻氏によると、円建ての国債というのは「最悪中の最悪よりまし」という
程度のものだって。国民の金融資産やら対外資産というのも、民間のものは民間
のもの、それを政府の資産と一緒くたに考えるのは詭弁だってさ。財政出動で食い
つなぐことを考えている寄生虫には都合がよい考え方なんだろうけどね。

758 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 20:11:44 ID:e3Qd7COP
>それを政府の資産と一緒くたに考えるのは詭弁だってさ

毎度不勉強過ぎてつまんないよ。それがどうであれ、マーケットは政府対外純資産(これでも世界2位だが)で見るんじゃなくて、国の対外純資産で見て為替等が動くんだし
ちゃんと勉強した事もマーケットに触れた事もないあんたみたいな人間には理解出来ないだろうが


759 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 20:36:57 ID:O2BjQon5
>>758
為替が「国の対外純資産」で動くとか、どこのそんな事実があるんだよw
国の対外純資産が秒単位で動く為替の材料になんかなるわけね〜だろw
ドアホw

760 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 21:44:01 ID:yycNwKms
本当なら日本はヘッジファンドの標的になんてならん国だったはず。
それがここまで落ちぶれた。
一部の高い付加価値の製品以外は、脱製造業が正解だったんだ。
製造業にこだわると、必然的に生活水準を下げ方向に力が働く。
労働コストで考えたら、中国や東南アジア並の賃金で労働しないと絶対に日本は負ける。
だからパートやらフリーターが増えた。
高付加価値の製品には頭脳労働者と高いスキルのある労働者しかいらない。
多くの人は製造業からあぶれるしかない。

海外に投資し、利息や配当を上手く利用すべきだった。円高を抑制する効果もあるし。
日本はバブル崩壊後はなんら産業政策のビジョンはなかった。
ただ政治家は土建利権に散財しただけ。官僚もそれに便乗した。
そして国富を使い果たし、ヘッジの標的にされるまで落ちぶれた。

761 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 21:56:15 ID:wQMdK18v
>>760
でも国債の価格を下げるわけにはいかないから、
長期金利が1.8%とかになれば日銀に直受けさせるよ。
となれば円安とインフレ期待で株価は上昇し、
預金が引き下ろされるわけだから更に直受けは進む。

直受け → 円安・インフレ → 株価上昇 → 預金引き出し →
国債の放出 → 更なる直受け → 円安・インフレ → 株価上昇
以下ループ。

財政破綻で何が起こるかと言えばバブルだよ。
今の現状が続けばそれでよし。
バブルが発生するなら尚良し。
日本そのものが終了なんてことは無いよ。

762 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:13:13 ID:O2BjQon5
>>761
そんな芸当ができるなら、何で第二次大戦後に日銀がそれをやらなかったの?
というか、そんな旨い話が実際に起こったことがあるなら、例をあげろよ。

763 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:17:38 ID:wQMdK18v
>>762
第二次大戦後は生産設備がないに等しい状況だったんですけど・・・
そんな状況とデフレギャップが問題視されてる
今を比べて何の意味がある?


764 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:22:21 ID:O2BjQon5
>>763
>直受け → 円安・インフレ → 株価上昇 → 預金引き出し →
>国債の放出 → 更なる直受け → 円安・インフレ → 株価上昇
>以下ループ。

この中に、生産設備なんて言葉は一度も使われてないが?w
いきなり前提条件変えたら、話にならんだろw

765 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:23:21 ID:Je23sYHy
まぁPBを均衡させるだけでも30兆円の増税が必要だからね。
消費税で言えば15%以上を上乗せしなきゃならん。
そんなことは現実的には無理だから、
円安とインフレでバブルを引き起こすしか残された手段はない。


766 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:25:23 ID:O2BjQon5
>>763
そもそも、世界の歴史の中で>>761みたいな有り得ない好循環なんて
一度も発生したことないだろが。
例を挙げろといってんのに、勝手に前提条件付け加えて誤魔化すんじゃね〜よカスw

767 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:31:18 ID:wQMdK18v
>>766
お前こそ生産設備が過剰な現代と戦後を
一緒にすることが間違いだって何故分らない?


768 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:34:24 ID:llVt0tBM
外国での評価が低いということは国債が国内で消化できなくなったら
どうなるんだ。やばいな。

769 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:35:18 ID:O2BjQon5
>>767
で、結局、そんな例は一度も無かったということで終了〜w

770 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:41:23 ID:wQMdK18v
>>768
国内で消化出来る限界はM3(現状で1060兆円)までだから、
それ以降は日銀に直受けさせるしか消化方法は無い。
日銀に直受けさせたら円安・インフレでバブルが発生するんで、
それに乗じて増税するんだろうね。

771 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:48:10 ID:BcLaoQxc
>>770
>国内で消化出来る限界はM3(現状で1060兆円)までだから、

そんなんとっくに過ぎてるぞw
国と地方合わせりゃ1000兆円なんて楽に超えてるだろ?

でも金利は依然として低いまま。
どうしてだかよーく考えよう?

772 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 22:53:10 ID:Ir3fR7gF
>>766,769

とはいえ、バブル後の日本みたいな状況(恒常的なデフレギャップの存在、低成長、通貨高)は
これまでの近現代の世界史では見られない。

773 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:04:29 ID:wQMdK18v
>>771
まだ超えてはいないよ。
地方債の額は200兆円だし政府債務900兆円のうち
70兆円は日銀が抱えて、40兆円は外国人が持ってるからね。
単純に考えて1060兆円ー110兆円=『950兆円』が日本の債務。
つまり国債と地方債を消化する原資は、
残り150兆円近くある。

774 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:04:38 ID:FatNDzex
>>771
金利なんて先進国最高水準なんだが
あ、ギリシアは除くがw
まさか名目で高い低い論じるアホもいるまい

775 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:15:14 ID:e3Qd7COP
>>759
秒単位ならそもそも金融政策もインフレ率も経常収支も借金wも関係ないだろうが
リーマンの様な急激なリスク回避の時には基本的に対外純資産が多い国ほど暴騰してるけど(アメリカは対外債務がドル建てだったり、ユーロダラーの存在があるから別だけど)
レスから見る限り、本当に勉強した事もマーケットに触れた事もないんだね

776 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:16:42 ID:BcLaoQxc
>>774
償還は実質金利じゃないだろ?



777 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:19:07 ID:BWlZX8/A
>>773 残り150兆円近くある

  じゃなく「残り・・・しか無い」と世間や市場が不安になってるのでは?

778 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:21:08 ID:e3Qd7COP
そもそも政府純債務は500兆超だろ
なんで粗債務で計算してるんだよ

779 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:38:01 ID:Je23sYHy
経常黒字国の政府が発行する国債が市中消化出来なくなる
異常事態なんて人類史に残る偉業だ。
日銀の罪は重すぎる。


780 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:39:32 ID:p+ib4XYp
日銀が国債引き受ければ十中八九インフレになるからな
インフレになったら日本破滅だよ

781 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:46:01 ID:Je23sYHy
1ドル200円までなれば俺が所有してる外貨預金が、
凄いことになるな。早く財政破綻してもらいたいよ。


782 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:48:19 ID:4p1Rz+K5

海外の信用がないということだろうな。早く円安にしろ。

783 :名刺は切らしておりまして:2010/04/12(月) 23:48:33 ID:3vZbnC8s
このスレの元の記事に立ち帰れば、
そもそも外国人の評価が低いのはハッピーなんじゃないかね。
外国人保有者が増えるのを防げるし、現在は未達に陥ってないわけで。

784 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 03:47:02 ID:xj7pXgrv
債権なんて売りから入ることだってできる。
日本国債を外国人が保有してないから安心なんて幻想。
それと、本当に日本国債がデフォルトなり、ハイパーインフレで債務圧縮をしようとしたら、
日本人だから許してくれるなんてことはない。


785 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 04:22:21 ID:x1y2y5BC
>>761
>直受け → 円安・インフレ → 株価上昇 → 預金引き出し → 

円安で外資が逃げるから、株価は下がるんじゃね?

外資比率が下がり持ち合いが増えると、経団連企業も日本経済のことを長い目で考える
ようになり、景気にははかりしれないプラスだけど。

786 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 05:36:07 ID:xj7pXgrv
外貨建預金でも、日本国債を大量保有している金融機関の預金だとマズイのでは?



787 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 06:34:20 ID:PvM5zQJ8
>>785
1ドル150円になっても株価が2万円以上になれば、
円は売られないでしょ。
国債は投げ売られるだろうがね。

788 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 06:57:50 ID:uG8IqaZI
こういうのはどう?通貨発行しまくってインフレにして円安しまくりのところ
米国債うって円高圧力も加えるの。

789 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 07:05:42 ID:x1y2y5BC
>>787
>1ドル150円になっても株価が2万円以上になれば、 

株価が1万円になるんじゃないのって話なんだけど?外資比率にもよるけど、いまだと
下がるんじゃないかな。

それと、インフレが財政出動によるものならいいけど、円安によるコストプッシュインフ
レだと、バブルどころかスタグフだよね。

>国債は投げ売られるだろうがね。 

円建ての価格はあまり下がらないだろ。そのための直受け。



790 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 07:31:21 ID:7O5zTkHY
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20100405/zsp1004051020002-n1.htm

ギリシャよりやばい「ジャパンショック」が来る?



791 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 07:44:40 ID:xj7pXgrv
俺の海外投資が輝きを増す時がまもなく到来する。
円高のうちにせっせと投資しょっと。
余ったお金は少しでも海外投資することにしている。

792 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 08:41:58 ID:Q2jf5gwa
>>789
よう、超汚染人昌孝

793 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 12:34:53 ID:x4p89MFe
>>790
記事書いたヤツは間違いなく低能だな。記事のソースとなった学者先生方はともかく。

794 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:00:23 ID:xj7pXgrv
いくら喚いても危機の進行は止まらない。
備えをしていた者が勝者になる。

795 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:02:26 ID:AAJgpWRb
C でも、Z でも、いいです。

796 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:03:45 ID:+5hbmA7R
神経衰弱にするのは勝手だが

相手が悪いな

797 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:04:02 ID:AAJgpWRb
各国がいっせいに、財政赤字をチャラにして、0にしちゃいましょう。宇宙人は、無視して。

798 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:05:48 ID:+5hbmA7R
ガンダムの洒落かね

だブルーおー



799 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:50:20 ID:L+Hz6ulH
海外投資しても、アメリカがバブルになるだけ。
そして、バブルがはじけて、また大損する。

800 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 13:58:34 ID:2mO/FypU
金利急上昇ハイパーインフレなんて夢の又夢

801 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 14:46:38 ID:7OJPqCub
バブルが来たらどうのと言ってるがバブルで金儲けなんて無理だから。
株価を考えてみろ。それがバブルの領域にあると言う事は国民の多数が
リスクを取ってる状態。仕事しないで毎日パチンコやってるようなもん。

802 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 20:54:56 ID:YN5bLZxI
>>801
誰が言ってるの?


803 :名刺は切らしておりまして:2010/04/13(火) 22:41:54 ID:PYosznn/
民主党は日本の評価を下げるのが目的ですから無問題ですよね

804 :名刺は切らしておりまして:2010/04/15(木) 05:22:19 ID:IXVJez3a
ネトウヨ連呼してた間抜けは消えたか?

805 :名刺は切らしておりまして:2010/04/15(木) 18:25:37 ID:Y99lzjdw
>>804
ありゃ職業だから もう少し立つとまた増えてくるよ
民主の雇用対策なんだろw

806 :名刺は切らしておりまして:2010/04/17(土) 21:00:08 ID:q2wtR3zt
【愛媛】外国人参政権反対国民大会 「国籍のバーゲンセールやめて」国内外から切実な声
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271501730/

【政治】「拒否権発動する」亀井氏、外国人参政権反対集会で表明
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271502107/

NHK-報道 在日外国人参政権は日本を滅ぼす
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1271493091/

807 :名刺は切らしておりまして:2010/04/18(日) 04:50:56 ID:OX7IJjy4
http://nvmol.nikkei.co.jp/wallcity/index.aspx?id=MSGR1601D%2016042010

これが近未来の日本の姿ですね。
私は先んじて海外投資をしてます。

808 :名刺は切らしておりまして:2010/04/18(日) 06:01:41 ID:stjOcSt+
それは良い考え方だ。

809 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 06:22:04 ID:nVrBXOP8
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100413/213962/?P=1

藤巻氏が衝撃的な記事書いてるな。
国債未達も近いか?

おれは海外投資をするぜ!!

810 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 06:55:23 ID:50vb+m0F
国債未達になったらどうなるだろ?
いままでの反動が凄そうだ。


811 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 06:56:22 ID:0oJ9HB9n
多くの日本人は国債を発行できるのは、
個人金融資産1400兆円から300兆円の家計負債を引いた
1100兆円と考えてるから2011年度にXデーが来ると思う。

2009年度末の政府債務は900兆円。
2010年度末の政府債務は970兆円の見通し。
2011年度中に政府債務が1000兆円の大台を突破するのは確実だろう。

多くの預金者が引き出しに走り、
取り付け騒ぎが発生し預金封鎖が実施される日は近いと思われ。

812 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 07:06:42 ID:50vb+m0F
ギリシャでも預金封鎖とかはないよね。
他の国が支援するのもあるけど・・・・・・・・

国際決済が麻痺する預金封鎖は困難では?
なんかハイパーのほうが可能性高くない?

813 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 07:17:02 ID:3jyQOy23
test

814 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 12:39:04 ID:QmoIWq/U
>>812
今のところ問題はないけど国債の消化に陰りが見え始めたら、
預金引き出しと他の資産へ金をシフトさせる動きが活発になるよ。
となれば預金封鎖もあり得る。


815 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 12:45:15 ID:GzZNa3qr
ギリシャ不安でリスク回避の円高・・・・?
日本が不安になるとどこの通貨が回避先になるの?

816 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 14:11:17 ID:50vb+m0F
教科書通りなら、インフレヘッジは株や不動産、コモディティ。
ただ、日本の内需関連の株は有効なのかな?


817 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 15:08:32 ID:QmoIWq/U
何がいいか分かったら苦労はしないよ。
俺はとりあえず政府債務が1000兆円って報道が流れたら、
幅広く投信に移しそうかなと思ってる。


818 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 15:12:49 ID:w5AIKlph
>>815


819 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 15:33:36 ID:/uA8nYTc
中国に買われたら、日本終わるよ
アメリカ終わっとるし

820 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:08:31 ID:pxuAvf4Z
なあ、必ずハイパーインフレの話が出て日本オワタ論があるが、韓国なんか見ても
日本より食料自給率が低くエネルギー効率も酷いのにウォン大暴落でも経済絶好調になってる
実際日本でも120円で全然問題なく景気良かったし180円くらいまでならプラスなんじゃねーの?
莫大な貿易黒字出して、株価急上昇、外貨建て資産も500兆円くらいに爆増なる。
300円とか400円とかやばいことにはならないんじゃ?




821 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:18:08 ID:50vb+m0F
外貨建資産といっても、民間の資産は政府の資産ではない。
外貨建資産をもってる個人や企業は有利になるけど、全くお金が無い人や、円建資産しかない人は終わるよ。
自分がどっちに属する人間かだよね。
自分に潤沢な外貨建資産がないなら大丈夫ではないよね?

日本が財政破綻やハイパーインフレになると、円建預貯金が圧倒的に多い日本人は、もろに資産がなくなる。
悪い言い方をすると、外国人に被害を押し付けられない。


822 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:19:39 ID:cvycc7Gz
>>809 キャピタル・フライトしないとやばいな。

823 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:19:50 ID:u1dFYz3f
外人から見ると、破綻可能性うんぬんよりも、利回りの低さで萎えるんだろう。
それは、同感だw

824 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:24:04 ID:irRxw3y7
国債購入資金である国内の郵貯、銀行預金がそろそろ枯渇する。
昨年度の時点で130兆円しかない。

自民党政権の時でさえ、末期には新規国債30兆円枠を
守ろうとしても、そう簡単にはいかないくらいの
自転車操業だった。

民主党政権になって、新規国債発行額は54兆円と
ほぼ倍増した。

4年を待たずに、国債資金は枯渇する。
あとは紙幣発行か、国債デフォルトしかない。

どちらも貯蓄や保険年金基金を毀損する行為。

老人のため込んだ貯金や年金基金が毀損するわけで
期待できるかも知れない。

825 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:51:27 ID:50vb+m0F
またまた勘違いしてる人がいる。
預貯金や年金基金を毀損しても、若年層は何の恩恵はない。
年金や預貯金を毀損された老齢世代の面倒を若年層がみるんだぜ。何を期待してるかしらんが、愚か過ぎるだろう。
ニートなんてものは存在できなくなるな。
預貯金や年金が毀損されるということは、金融機関は相当な打撃になる。
相当な不景気がくるよ。
国に助ける力はないだろうしね。
ただ金が消えて無くなるだけ。
助かる自信があるなかな?

826 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 16:56:41 ID:cvycc7Gz
「現政権のばらまき施策では3年以内に日本は破綻する」  中田宏前横浜市長ら
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004180029/



827 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 17:28:35 ID:pxuAvf4Z
てか、いろいろ見てるとどう転んでも数年後は円安としか思えん・・
預金のほとんど外貨に変えといたほうがいいかな

828 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 17:37:37 ID:bYOlVvOj
アホの鳩山みてたら誰だって日本やばいって気づくだろ
何か得体の知れない大変な事態になってることを

829 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 17:41:56 ID:fIh/6cFB
>>828
気づいてねぇよ この国の中の人ほど
自分の国に無関心な人たちもすくね
虫の息だってのにギリシャなんかを心配してるんだものw
欧州の経済学者らに馬鹿にされてるよ

830 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 17:44:57 ID:bYOlVvOj
>>829
外人が気づくって意味な

831 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 18:02:12 ID:cvycc7Gz
海外の投資家を中心に日本の財政破綻の可能性を材料にした投機的な取引が進んでいる。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100415/mca1004150502002-n1.htm

藤巻の言うとうり喰いついているな。

832 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 18:15:13 ID:d3oU74ni
土建屋と公務員が日本を潰す!

833 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 18:47:46 ID:50vb+m0F
ま、今円高なのは幸運かもな。
少なくとも、今は割安で海外資産とな金とかを購入できる。私の予想では、ジワジワ悪くなるのでわなく、ストンと奈落の底に落ちるみたいな急激な悪化だと思う。
海外投資するかはともかく、政府・政治家と役所は信用できない。


834 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 18:51:58 ID:CLUG3Wsw
日本の銀行経由で外貨持ってってもしょうがないんだよな
結局は外国の銀行に直接預金できる人間が生き残る
これってどこの北朝鮮?

835 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 18:57:15 ID:SM0/T2my
結局最終的には実質踏み倒しみたいなこともできるから大丈夫と
言ってるようなもんだろこれは。こちらとしたらそれがすでに大問題
なんだよ。全然大丈夫じゃないんだよ。。。
120円国債買って、120円戻ってくるころには1億円ないと
缶ジュース1本買えないってことになってたら意味ないんだよ。

836 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 19:06:45 ID:CPV70EWY
米国債を持っていたって踏み倒されたら終わり

837 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 19:17:25 ID:ItHhqPf2
対外債務多かったら碌なことないなw
ジンバブエになってもアイスランドにはならない。

838 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 20:21:15 ID:j1yDkJnV
知り合いの資産家も円資産の比率を1割以下にするっていってたな。
やばいな日本。

839 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 20:53:26 ID:0oJ9HB9n
>>837
逆。ジンバブエよりはアイスランドになる可能性が高い。
政府債務が個人金融資産1400兆円まで迫ったら
お前だって預金は引き出すだろ?
誰だってそうする。俺だってそうする。

840 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 20:59:11 ID:Zg/c9zfl
>>839
お前の頭の中では、経済主体は政府と個人金融資産しか存在しないのかよ?
冷静に考えてみろって。

841 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 21:16:23 ID:0oJ9HB9n
>>840
世間一般では政府債務は個人金融資産1400兆円までしか
積み上げられないって意見が主流だからね。
なかにはそのうちの300兆円は家計の負債だから、
実際には1100兆円が限界って唱えてる人もいるしね。

誰がどう考えても今のペースで政府債務を増やしていったら
いずれ取り付け騒ぎで預金封鎖が起こると思うだろ。

842 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 21:34:02 ID:y0VURRly
良いじゃないか
その時こそ老人天下の時代が終わる

843 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 22:25:34 ID:50vb+m0F
当座預金とかは国債購入の資金にはならない。
個人の金融資産といっても、株式やら投資信託やらもある。
もう国債を国内消化の余力はかなり少ない。

844 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 22:44:59 ID:Zg/c9zfl
>>841
そもそも国債が売れなくなる=国債以上に魅力的な投資案件が
国内にあるってことだぞ?
つまりそれは、過剰貯蓄が解消されて好景気ということだぜ?

今はデフレだから消費より貯蓄にインセンティブが働いてるわけだけど、
国債売れない=貯蓄しないということは、貯蓄より消費にインセンティブが
働く経済状況=好景気ということ。

好景気=自然税収増でなんも問題無いだろ。

>>843
貯蓄から投資へ!(笑)
そんなスローガンもありましたなあ…(遠い目)
ちっともそんな風潮には成らなかったけどw

845 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 22:48:00 ID:9oWjm73Z
>>840
機関投資家の持ってる債権なんかも元は国民の預貯金だったりするから、
日本国内の全金融資産が5000兆あるからって
3000兆円とかまで国債発行増やすのは無理っぽい気がする。
1400兆で破綻、ってことはないまでもさ。

846 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:05:46 ID:0oJ9HB9n
>>844
国債が売れなくなる=長期金利の上昇。なんだが・・・
邦銀はアメ債持ってるからいいけど、
日本最大の金融機関『郵貯』は長期金利2%超えたら終わる。

>>845
1400兆円が限界ってのは財政や経済に興味がある人なら、
一度は聞いたことがある説だよ。
債権ってのは信用で成り立ってるんで、
みんながヤバいと思えば一気に暴落する代物。
でヤバいと感じたら何が起こるかと言えば
預金の引き出しと取り付け騒ぎと預金封鎖。


847 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:08:06 ID:fIh/6cFB
殆どが保険だzo 実際はもっと低いはず

848 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:20:19 ID:Zg/c9zfl
>>846
>国債が売れなくなる=長期金利の上昇。なんだが・・・

そりゃ当たり前だろ。
市場に資金需要があるから金利上昇=好景気ってことなんだから。

>1400兆円が限界ってのは

まあ、100兆円を超えたら、500兆円を超えたら、
GDPを超えたら、1000兆円を超えたら、と言い続けてきた歴史があるわけだな。

1400兆円を超えた時の次の煽り文句が楽しみではある。

849 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:25:01 ID:50vb+m0F
国債依存体質がなんら改善してないのに国債が売れないと、予算が執行できないかもな。
法人税収入は必ずしも景気回復と同時に増えるとは限らない。
また、長期金利が上昇すると、毎年発生する新規・借換債で利払い負担が凄いことになる。
日本は毎年100兆円以上もの新規国債・借換債があるので、
1%でも金利上昇すると、毎年兆単位の負担が増える。
国債残高がここまで多いと、僅かな金利上昇で致命的な打撃となる。

850 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:32:03 ID:0oJ9HB9n
>>848
1400兆円が限界ってのは古くから言われてる説だよ。
それ以上、政府債務を増やすとなれば、
外人に購入してもらわないとならないからね。
外人に買ってもらう為には表面金利を少なくとも4%にしなきゃならんが、
そんな事をしたら郵貯が現在保有してる国債が暴落してしまう。
今回がヤバいって言われてるのは、いよいよ原資の底が見えてきたからだよ。

851 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:36:48 ID:w5AIKlph
1400兆ならまだ2倍以上余裕あるじゃん
家計資産を一定にして考えているのはある意味日本らしいが

852 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:43:42 ID:9oWjm73Z
>>850
昔、米国の新聞社は古くから言われている説を元にロケットが真空の宇宙を通って
月に行けない事を証明し記事にして数十年経ってから訂正記事を載せたことがあった。
古くから言われている説を無批判に信じるのはバカげているとしか言えない。

とはいえ、国債を無際限に増やせるとは思っていないが。

853 :名刺は切らしておりまして:2010/04/19(月) 23:57:01 ID:LyFu1mjk
日本にある1400兆円の個人資産
700兆円の預金をはじめとする日本の個人金融資産は、既に多くが、銀行預金や郵便貯金を経由して国債・財政投融資・地方債に形を変えています。
そして、残りが民間企業への貸付や住宅ローンに向けられているのです。
日本全体での国公債購入余力は、200兆円(2005年)とする指摘もあります。
http://f47.aaa.livedoor.jp/~gijutsu/1.html

テレビでやっていたけど、今の国公債購入余力は、150兆円くらいとか。
だから、あと3・4年で破綻という声が出ている。



854 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 03:11:29 ID:FDbOmOLY
>>853
>19世紀のイギリスは、政府債務をGDPの290%に積み上げましたが

どうしてそこまでいけたんだ?

855 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 03:22:13 ID:B8XvKo8v
たぶん植民地があったから。


856 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:05:48 ID:zvOP6W8j

1ドル150円以上の円安にならないと内需の回復は難しいだろう。政府は借金を
重ねるのが仕事かな?

857 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:09:25 ID:zvOP6W8j
>>853

内需破壊のデフレ、生活苦の状況で増税して返すなんて不可能だろう。内需を破壊
した時点で自滅したんだよ。後は]ディ待ちなだけだよ。

858 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:15:09 ID:zvOP6W8j
>>855

イギリスは金持ちは金融資産で食いつないだが生活破綻の貧乏人はアメリカ・カナダ
オーストラリア・南アなどの植民地へ移住して成功した。
貧乏になった生活苦の日本人は何処にも行けない。政府の財政に寄りかかるだけです。
従ってやがて公的債務と金融資産は相殺される運命です。


859 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:27:02 ID:L4My7IJG
>>858
アメリカはもうとっくに独立してただろって。更にアジアやアフリカの
植民地に行けば現地人を奴隷にして本国よりもいい暮らしが出来ただろうからな。
日本の場合も80年前に満州でそれを実現させようとしたんだがな…。

860 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:36:04 ID:zvOP6W8j
>>859

>>日本の場合も80年前に満州でそれを実現させようとしたんだがな…。

暗示するよい事を言うね。

最後は満州植民地維持(現在の金融資産)のため軍閥大暴走(現在の官僚)で無条件
降伏の破滅(経済破綻)・・・・・信用破綻ハイパーインフレでご破算の戦後。

歴史は繰り返すかな?現在の財政状況は将来を暗示しているね?
公的債務(戦費債務)と国民資産は相殺された。
対外債務などなくても破滅すると言うことです。

861 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:42:01 ID:FOCgbOu3
戦前は対外債務国だろ…
インフレが加速したのも植民地(≒対外資産≒生産力)を失ってからだし


862 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:47:47 ID:zvOP6W8j
>>861

海外の金融資産(債権)なんかドルの紙切れですがな!

863 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 04:52:31 ID:FOCgbOu3
>>862
国内債務も円の紙切れですけど…
日銀は海外の金融資産を目減りさせて、国内の債務を実質ベースで増加させるのが目標みたいだけどね

864 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:00:36 ID:zvOP6W8j
>>863

金融資産と錯覚している紙切れの信用がなくなるのは時間の問題です。

865 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:00:47 ID:8L/kX082
世界一お金を貸しまくってる国が破綻してくれたらラッキーだよな、そりゃ

日本人ってお金貸したら感謝されると勘違いしてるけど

世界(悪魔)の常識的には、お金を貸すと恨まれるんだよ。

世界中が真っ先に日本を責めにくるよ。
借金帳消しという共有の利害をもとに一致団結して。。。

866 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:07:53 ID:FOCgbOu3
>>864
日銀は実質実効レートの下落を許容する気がなくデフレによる実質レートの下落を名目為替レートの上昇で補なっていくんだから、確かに時間の問題だろうね


867 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:09:04 ID:L4My7IJG
>>865
特にアメもシナも、日本からの借金なんて如何にしてチャラにするかを
米中合作で真剣に考えてそうだな。

868 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:10:02 ID:8L/kX082
>>859-860
タイに行ってみるといいよ。

日本人ってやっぱ特殊だよ。

白人は、まさに奴隷のように現地人を扱ってるのに
日本人は、逆に、お人好しであるところをつつかれて、現地人に騙されてる
光景によく出くわす。

奴隷愛人のようにペットのように扱うことができずに、
結局、人間扱いして、そして、ご主人様になれないから、
飼い犬に噛まれるように、馬鹿にされて、逆に奴隷になってる。

日本でプチリタイアしたような親父が沢山タイに移住してるけど
金もってても、白人のように遊べないし、現地人を家畜のように扱えない。
あくまで人間として、対等に相対してしまうから、
あんたらの洞察は浅いと思う。日本人のメンタリティをわかってない。

869 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:19:12 ID:G3Bwfxmx
>>867
別に?
アメにとっては、日本は米国債を償還しても、そのカネでまた米国債を買ってくれる訳だし…
実質上の米国債ってよりアメリカ国株式を購入しているのとカワラン構図だしな…
中国はもっとシンプル、経済成長をし続ければ相対的に円借款なぞゴミみたいな金額になる訳よ…

870 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:34:09 ID:zvOP6W8j
>>866

実質円安にする気はないということはデフレ維持財政破綻先送り・・・

871 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:37:41 ID:8L/kX082
どのような経済においても、資金の循環は必要不可欠なのです。

それを政府が赤字国債を発行して、わざわざ裕福者層に利息をはらって借りて
取り繕っているのが現在の日本経済の状態なのです。

全需要の2/3を占める一般消費者に課税をかけて、消費の能力をうばい、
金持ちを優遇して、金持ちの貯蓄を増やし、さらに一般消費者が消費でき
なくなったがゆえに大きくなってしまった需給ギャップを穴埋めするために
政府が赤字国債を発行して、かわりに消費し、ご丁寧にもその赤字国債を
金持ちに買ってもらうことにより、金持ちに対して国が利息もはらってい
るというのが現実なのです。

これが金持ち優遇税制つまり逆進税をした結果なのです。
こんな不健全な経済がいつまでも持つと思いますか?

いいですか、もういちど繰り返します。貧困者はわずかな所得しかしないた
めに、すべての所得を使い切ります。

また、中間所得層は、所得のごく一部を貯蓄し、高額所得者はそれよりも
はるかに多くの金額を貯蓄に回します。

したがって、高額所得者の貯蓄が銀行に預金されたままであったり、
例えそれが使われたとしても、国債などの金融投機を対象としていたならば、
資金の循環が止まってしまうのです。

生産者はいくら豊富に資金の出し手があっても、需要がなければ投資をしないからです。

一般の消費者に資金がゆかなければ需要は伸びません。この資金循環の停止
こそが、不況や大恐慌の原因になるのです。

872 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:42:44 ID:zvOP6W8j

日本は景気が好転すると長期金利上昇で財政破綻が先に現実のものになるから
デフレ維持なのだろう。しかし、信用破綻は時間の問題。

873 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 05:49:39 ID:7S1ICscv
国は返せないんだから徳政令しかない。
こんな簡単なこと猫でもわかってる。

874 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 06:08:29 ID:52pCy3uF
頭の良い財務官僚はもう破綻処理の計画作成済みだろうけどね。
別に頭が良くなくても出来るがw
紙幣刷って借金棒引きにするしか無いわな。
結果はハイパーインフレだけど。はい練炭w

875 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 07:02:57 ID:y1tt4Srd
>>872
大事なのは信用がいつ無くなるかだからね。
今の時点では多くの日本人が一度は聞いたことがある
個人金融資産1400兆円の前なのはほぼ確実。

君だって政府債務が1400兆円にまで迫ったら、
預金は解約するだろ?誰だってそうする。俺だってそうする。
歴史や海外を見ても預金ほど政府の横暴の前には
無力な存在は無い。

876 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 08:45:28 ID:B8XvKo8v
札割れ、ドッカーン型で崩れていくのが一番怖い。
長期金利がジワジワ上がるのなら、対処時間があるんだけどな。
ドッカーン型だと資金を動かすタイミングが難しい。

今年一杯くらいは持ちこたえてほしい。

877 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 08:48:19 ID:rSQIWhE+
>>875
>個人金融資産1400兆円の前なのはほぼ確実。 

それ、日銀ルールと同じで、自分の頭で考えられない馬鹿が、何か制約がないと不安
だから、根拠もなく適当な数字を組み合わせてるだけ。

878 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 08:51:11 ID:g65pKdF3
>>873
それでも公務員の給料は年700万で福利厚生激厚ですよ


借金作って、見返り天下り先せしめて、借金は国民に押し付けて、尚且つ常に高給維持

879 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 08:54:32 ID:mzDMMNp7
>>876 1回札割れしたけど、小説のようにはならなかった。


880 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 09:35:20 ID:B8XvKo8v
そん時には日本自体にまだ余裕があったからね。
こんどは助からんだろう。
国債残高が注目されるが、国債利払いの金額を見れば深刻さがよくわかる。
こんだけの低金利でも税収の25%は利払い。
借換と新規国債でどんだけ利払いが増えるか、金利が1%上がるとどうなるかを計算してみるとよい。
そろそろ限界なことがわかるよ。
ま、消費税アップは回避できないだろう。


881 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 09:37:19 ID:1w2qWLIG
日本ヤヴァ過ぎですね。。

882 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 10:44:01 ID:PiZ5ljxs
そもそも金利が上がるのを日銀が許すのかね?
独立性が歌われてはいるが、国の機関だし、
国債発行残が積み上がってれば低金利政策打ち続けるだろう。
ゼロ金利はやらないだろうが。

883 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:02:44 ID:BTc6syw/
利回りって考えるとなw

884 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:12:20 ID:B/2ZN6db
おいおい・・・・個人金融資産1400兆円を満額国債に廻せると思ってるのか?

新聞くらい読め
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/02/12/4876078

885 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:15:19 ID:B8XvKo8v
買い手が少なくなれば金利は上がる。
日銀がコントロールしきれないだろうな。
アホは何でも日銀の責任にしてるが、今まで日銀と財務省が必死に低金利に抑えていたんだよ。
そうでないと、莫大な利払いで財政が破綻するから。
日銀や財務省の味方はしないが、こんだけの国債残高で、この低金利に抑えたのは奇跡と言える。
ただ、その代償は相当に大きかったけどね。

本当は日銀や財務省が低金利に抑えているうちに財政再建をしなくてはいけなかった。
しかし、政治家はいくらでも国債で資金調達できるので、更なるバラマキをやった。
国民も財政問題の深刻さを直視しない。
働きもしないで、ネットで日本は大丈夫なんて喚いてる奴なんかも登場している程危機感がない。
政治家も国民も真剣に考えない。後は破滅があるのみ。

886 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:18:51 ID:sMUXHMTR
既にほとんどの奴がやってくる破綻を見越して話し始めたな
ちょっと前まではあれだけいた内積厨がパタッと姿を見せなくなった・・・
なんつうか反省会を開いてるみたいだ 寂しいのw

887 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:23:25 ID:Q8p1nBXq
>>886
もう十分議論して、破錠厨は海外投資をさせたい奴のポジショントークだって
わかって無視モード。
民主党が1ドル120円&日銀批判もやってるからあえて騒ぐ必要もないだけ。

888 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:33:39 ID:zY4ujidr
全て円資産
円資産が一番安全。

外債を買って、ひどい目に合うった(泣。。。 二度とだまされるか!

889 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 12:40:01 ID:BTc6syw/
>>888
金だよ金、キムの国に全額投資、為替ヘッジ無し。これが漢の生きる道〜〜

890 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 14:38:29 ID:cJYn9pCK
>>885
デフレで経済成長もほぼないので税収が増える事も無く
実質長期金利も高止まりな上おまけに国債を刷って返済にあてる
これでいくら長期金利を低く抑えたって何の意味も無いだろw
更にこんな事を10年以上も続けて未だにデフレ政策をしているのが全く信じられないよ
本来ならインフレにして経済成長して相対的に減らしていくしかないのに

891 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 15:15:34 ID:B8XvKo8v
インフレと好景気は同じではない。
いまだに同じだと思ってる奴がいる。

日本は途上国との賃金格差が起こっている。
経済発展で途上国の賃金が上昇し、労働コストの関係で、日本は途上国の賃金に近い方向になっていく。
世界的な格差是正の動きが、日本ではデフレとよばれる現象になる。
日本は途上国型の経済モデルから脱皮しないから、もろにその影響が出る。
賛否はあるが、欧米は金融やサービス業にある程度シフトしているから影響が少ない。アメリカではIT産業も発展した。
日本は為替政策を放棄し、無駄に土建業界にお金を大量投入、サービスや金融業も育成できなかった。
インフレにしたところで、不景気の物価高にしかならない。

892 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 15:17:37 ID:XCOHKjSt
はいはい

893 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 15:30:59 ID:rQurVfJN
日本て世界中におカネかしてるから
借りてる方は破産してくれた方がいいのかな?
世界からたかれて破産する日本て ひでぇなこりゃwwwwww

894 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 15:47:06 ID:B8XvKo8v
貸手は政府だけではない。
投資信託みたく間接的に債権を保有してる場合もある。
日本政府が破綻しても、個人の権利は無くならない。
だから海外投資でリスクヘッジしようとする人がいる。


895 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 16:33:26 ID:+lRf+J7x
世界中で円がダブつかない状況までは日銀が国債を買える
円で買えるモノが無くなった時はじめて破綻といえるんじゃねえかな

896 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 16:44:45 ID:1WEvGsju
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ
パチンコの売上に100%課税して、25兆円の税収アップをすることしかないよ


897 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 18:29:35 ID:52pCy3uF
早くハイパー来ないかな。
ちみらのかわいいお子様も
4体に。
まあそうなったら亀井でも
恨もう。

898 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 20:21:24 ID:P561Ktfb
新規国債と借換債で130兆円くらいだろ?
現在の金利が1.3%くらいで計算すると、
利払いは1.69兆円。これが金利3%くらいになると、
利払いは3.9兆円。毎年2.21兆円利払いが増えていくこと
になる。

今の税収が38兆円くらい。国債利払いが約税収の25%だから、
国債利払いが9.5兆円。いくら景気回復しても、税収が10兆円
アップは厳しい。おそらく、日本国債の同格のソブリン債の
利払い程度の金利だと3%では収まらない。とても景気回復して
少々税収が増えた程度では破滅は回避できないことがわかる。

残念ながら、増大する国債利払いの為に消費税アップは避けられ
ないだろう。同時に歳出を大幅に削減する必要が出てくる。

借金というものは、元本よりも利息の方が恐ろしいというのは
本当だね。実際に数字だして計算すると恐ろしさがよくわかる。

899 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:10:45 ID:zvOP6W8j
>>898

利払いのための増税では正規公務員や金融資産家の贅沢を守るための庶民が増税
犠牲になる。誰もこんな増税を受け入れるわけがない!!!デフレ増税も狂気の
沙汰。信用破綻は時間の問題です。
景気回復は長期金利に上昇により財政窮地が先に来るためにデフレ維持なだけだ
よ。内需が破壊された時点で自滅したのです。Xディは2012年〜2017年の間に必
ずくる。

900 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:16:23 ID:GSwkYuTt
>>597
それ、莫大な税収が見込める事になるんだが。

901 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:28:23 ID:P561Ktfb
仮の数字だが、実際に数字を当てはめてみると、
民主党政権が消費税アップを言い出したり、郵貯の上限引き上げ、金融大臣が
日銀の新規国債の引受への言及、閣僚から長期金利を気にするコメントが出るの
がわかるだろ?

金融大臣なんて、最初は財源なんて幾らでもあると豪語してたんだぜ。
それが禁じ手まで口に出すようになった。アホな大臣でも数字を当てはめれば大変
な事態だと理解できるから。しかし、それでもバラマキをやり続けようようという
考えは、自分が政治家の間だけ好き勝手にやればよいと考えているのだろう。

902 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:39:21 ID:y1tt4Srd
>>894
1400兆円まで政府債務が膨張すれば、
当然取り付け騒ぎは発生するだろうからね。
となれば預金封鎖が行われ最悪の場合は、
預金が政府に略奪される。
株券や投信ならそういう心配も少ないと言える。


903 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:41:23 ID:B8XvKo8v
このところ、金融機関系統のアナリストが、日本の財政を問題にし始めている。
たぶん、飼い主の金融機関の意向によるものだろう。
つまり、国債を引受を増やすのには限界があるとシグナルを出している訳だ。
それに連動して郵貯の上限問題も出てきている。
いままで、金融機関系統のアナリストは財政問題には悲観的なことは言わなかった。
判で押したように、国民の金融資産があるから大丈夫といっていた。
それが最近違うことを言い出した。
流石に、ここまで政府債務が膨張し、放漫財政の暴走が止まらないとは想定してなかったようだ。

904 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:47:04 ID:FOCgbOu3
もっと適切に言えば政府資産と債務のデュレーションが同一と仮定すると純債務は債務の約半分だから1年で75兆円くらい?
現在の金利が1.3%くらいで計算すると、
利払いは0.845兆円。これが金利3%くらいになると、
利払いは1.95兆円。毎年1.105兆円利払いが増えていくこと
になる。

今の税収が38兆円くらい。国債利払いが約税収の25%だから、
純ベースの国債利払いが4.75兆円。利回りが3%越えだからどう考えても、コアコアCPIは緩やかなプラスは確実ので税収が5兆円アップは余裕。政府資産の景気回復における敏感な上昇も考えると名目GDP比純資産の減少なんて簡単じゃん
(あくまで日銀がまとも動いた場合の話だが)



905 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:47:28 ID:wPFN8JMe
海外の投資家を中心に日本の財政破綻の可能性を材料にした投機的な取引が進んでいる。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100415/mca1004150502002-n1.htm

日本の破綻リスクは新しい投資のテーマ
(誰がどう見たって破綻するから)

906 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:50:43 ID:FOCgbOu3
景気が回復≒長期金利が上昇するからCDSも上がるのなんて馬鹿でもわかるじゃん

907 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:51:43 ID:z8q9i6Ey
アホか既発債見てみろ
買われ過ぎで、利回り低すぎだろ

まあ破綻すると思うなら国債カラ売れないい
やばくなったとき大儲けできるよw

908 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:54:16 ID:y1tt4Srd
破綻しないと思うんなら
個人金融資産1400兆円まで迫っても
預金を引き出さなければいいよ。
現状は900兆円の政府債務と200兆円の地方債合わせて1100兆円だから、
あと3〜4年程度しかもたないから。

909 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 21:57:02 ID:k4V7qMbB
自民民主共にインタゲなんて言い出したことが既に異常事態だからな
今まで良いデフレ論を前提にしていた自民は特に

910 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:00:02 ID:FOCgbOu3
>>908
普通は個人純金融資産と政府純金融資産を比べないか?

911 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:02:54 ID:rSQIWhE+
>>905
>日本の破綻リスクは新しい投資のテーマ 
>(誰がどう見たって破綻するから) 

なら、日本国債の利率は年10%どころか、月100%はいってるはずだね。ハイパーインフレ
を織り込まないといけないから。

で?

実際の利率はいくらだっけか?

912 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:05:34 ID:0NM6ldsV
p

913 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:08:56 ID:y1tt4Srd
>>910
普通ねぇ。この手の話題が好きな人以外は
純金融資産なんて普通は知らないよ。
知ってても大抵は国債って1400兆円までしか
『消化できないんでしょ』くらいだよ。


914 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:15:33 ID:5JHOxRk2
>>908
>あと3〜4年程度しかもたないから。

2015年になっても破綻してなかったら、謝罪レスをしてくれw
あと予想通りに成らなかった説明もな。

円建て債務など輪転機回せば返せるのにさ。
デフレに苦しむ日本にはセイニアーリッジが有効だと考えられるし。

915 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:18:22 ID:z8q9i6Ey
>>911

国債は価格が変動するから利率じゃなくて
利回りで見るんだよ

破綻厨は今の利回り見てないんだろ

916 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:18:57 ID:0NM6ldsV
銀行や銀行に貯金している奴、今のうちに一定の割合、外国株や外貨に移しとけよ。国債の札割れが起こり物価がすこしづつ
上がってきてから動かしたんじゃ遅いぞ。その時にはもう高値掴みだぞ。日本にある大量の金融資産が円からの
離脱を始めれば円の暴落は加速するぞ。

917 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:23:17 ID:xhdYYTVT
>実質価値はインフレや円安などで世界的に見れば大きく毀損することになると思いますが

ジンバブエも、ハイパーインフレになりましたが
日本もそういう風になる可能性があるという事ですね
それは、デフォルト云々を言う前の詭弁というのでは・・・

918 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:23:30 ID:FOCgbOu3
日銀の資金循環統計だと民間が1086兆の純資産、企業が342兆の純債務、一般政府が526兆純債務、海外純債権が258兆みたいだね


919 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:26:55 ID:z8q9i6Ey
>>917

また、ハイパーインフレ馬鹿か
じゃあ、今の円は何と兌換性があるか説明してくれる?

920 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:29:19 ID:ym70SmPC
>>907
それ海外のヘッジファンドが意気盛んだった数年前ころ
散々仕掛けた挙句財務省にフルボッコにされて、ほうほうの体で
逃げ出したはずだが

921 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:30:16 ID:y1tt4Srd
>>917
ジンバブエにはならんがアイスランドのように
預金封鎖が起こる可能性は高い。
政府債務と地方債を合わせた額が個人金融資産1400兆円に迫ったら
お前だって預金は引き出すだろう?
誰だってそうする。俺だってそうする。


922 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:31:22 ID:0NM6ldsV
国債なんて信用があるうちは1%以下の金利でも喜んで買う奴がいっぱい居るが
いったん信用が無くなると5%〜6%の金利でも買う奴が全く居なくなる。その潮目の
変化はゆっくり来るんじゃ無くって、一気に来る。


923 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:31:53 ID:rSQIWhE+
>>915
>国債は価格が変動するから利率じゃなくて 
>利回りで見るんだよ 

見達厨がうざいので、新規発行国債の利率を念頭においてた。

結果は同じだけど。

>破綻厨は今の利回り見てないんだろ 

そういうごくごく基本的な市場との対話もできずに、何の根拠もない日銀ルールを振りかざ
すんだよな。

924 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:32:05 ID:sMUXHMTR
まだやってんのかw 騒いだところで
もうなるようにしかならん 
破綻すんのかしないのか んなもん時期がくれば
嫌でもわかる

925 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:32:19 ID:jBbQav16
日本国債の評価が低くてかえって良かったのかもしれん。
外国人投資家が日本国債を大量に保有するようになると、
連中の意にそぐわない政策を採る政府に対して良い脅迫の材料になるからだ。
国債の売り浴びせ。 アルゼンチンはそうして破綻したわけだが、
これは逆に言えば外国人投資家の国債売りによって破綻に追い込まれたと
言うこともできよう。
これからも外国人には出来るだけ日本国債を保有させないようにすべきだろう。



926 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:33:06 ID:rSQIWhE+
>>921
>政府債務と地方債を合わせた額が個人金融資産1400兆円に迫ったら 

>>877
>それ、日銀ルールと同じで、自分の頭で考えられない馬鹿が、何か制約がないと不安 
>だから、根拠もなく適当な数字を組み合わせてるだけ。  



927 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:33:41 ID:FOCgbOu3
>>921
アイスランドは政府が純資産を保有してましたけどね?
政府が借金まみれの日本と比べられても…

928 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:38:00 ID:rSQIWhE+
>>925
>国債の売り浴びせ。 アルゼンチンはそうして破綻したわけだが、 

ドル建てのアルゼンチン国債の売り浴びせされたら、アルゼンチンはより少ないドルで国債
償却できるんだけど、それでアルゼンチンがどう破綻するの?

929 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:38:14 ID:z8q9i6Ey
>>922

アホかならんよ

>>920

の言うとおり財務省にフルボッコされるのがオチ
まあ他にも幾らでもフルボッコする手段あるからね

いいよ暴落するんだろ
空売りしろよ、大儲けできるから


930 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:40:48 ID:y1tt4Srd
>>926
でも個人金融資産1400兆円が限界って説を信じてる日本人は多いよ。
そして大衆心理の前に理屈は通じない。

>>927
大事なのは取り付け騒ぎが発生するか否かだよ。
それまでの過程はどうでもいい。


931 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:42:41 ID:5JHOxRk2
>>921
>お前だって預金は引き出すだろう?
>誰だってそうする。俺だってそうする

俺はしないけどw
他に預ける先も運用するあても無いからね。
盗難や火災で失うリスクもあるわけだし。

そもそもそんな預金封鎖とかになれば円札自体が無価値になるのに
紙くず抱え込んでも無駄だろw

932 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:45:17 ID:rSQIWhE+
>>930
>でも個人金融資産1400兆円が限界って説を信じてる日本人は多いよ。 
>そして大衆心理の前に理屈は通じない。 

おいおい、理屈では個人金融資産は限界じゃないって認めちゃったのかよ。

そもそも、個人金融資産を気にする層は大衆じゃなくてプロだから、ピクリとも反応
しないって。実際してないだろ。

933 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:46:20 ID:FOCgbOu3
>>930
取り付け騒ぎが起きて政府や日銀が対処出来るかどうかだろ…
アイスランドの場合政府外貨準備や国内対外債権を大幅に越える対外からの預金を引き受けてたんだから破綻して当然
日本の場合取り付け騒ぎが起きても日銀が当然大量の金をだすから破綻しようがありません…
海外通貨建て債務もないし経常収支も黒字なのに

934 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:48:21 ID:z8q9i6Ey
>>933

真性の馬鹿だったのか.......
日本には預金保険機構があるだろ
EUには無いのだよ

935 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:52:22 ID:FOCgbOu3
>>934
そういう問題じゃないだろ
日本でも取り付けは起きたんだし
ペイオフも解禁されたんだし
そもそもそれじゃアイスランドだけ破綻した説明には全くなってない

936 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:52:25 ID:f3MF1kXX
>>19
昔、1995年合衆国破産、という本を見かけた記憶がある

937 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:54:03 ID:rSQIWhE+
>>934
国別にはあって、アイスランドも自国民には補償しなかったっけ?

アイスランドはユーロ圏じゃないので、ユーロ建ての補償とか言われても相手にできない
だろうけど。

938 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:55:54 ID:vYC9yzoL
>>933
なぜ将来のことを語るのに、現在の条件を前提とするんだろうか…
(おまいだけじゃないけど)
誰も2,3年で破綻するなんて考えてないでしょ

このまま無策で債務膨張、人口・産業は縮小均衡
→外貨債務に頼らざるを得なくなる、経常赤字転落
→破綻か??
だろ

939 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:57:05 ID:ADwfpGmu
キチガイ破綻厨隔離スレなんだから、スレ消化早めないでくれよ。
他のとこに出張ってこられたら困るだろ。
頭が病気なんだから相手したって本当に時間の無駄なんだよ。
ほっといてオナニー書き込み続けさせてやれよ。

940 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:57:53 ID:FU6jnjRW
郵便貯金から切り崩して使っている
間接的に国債買ってるのがバカらしいから
日本破綻する前に貯金は使ってしまうつもり

941 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 22:59:24 ID:y1tt4Srd
>>931
価値は下がるだろうが紙屑にはならんだろww
だったら価値が下がる前に運用しておこうと思うのが人情だよ。

>>932
>>おいおい、理屈では個人金融資産は限界じゃないって認めちゃったのかよ。

銀行の貸出額は450兆円。
地方債務は200兆円。
政府債務は900兆円。
個人金融資産の額はとっくに超えてるからね。
俺が言いたいのは公債は1400兆円までしか消化できないという
世間一般の常識を前提に話をすれば、
その額に迫れば取り付け騒ぎと預金封鎖が起こるだろって言いたいだけ。

942 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:00:06 ID:FOCgbOu3
>>938

>>908……

そもそもそれなら誰も否定しないだろ
既に破綻とか、2、3年で破綻とか、今すぐに歳出削減、消費税20%とか言うおかしい人がこのスレに沢山いますよ

943 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:03:30 ID:z8q9i6Ey
>>935
>>937

取り付け騒ぎの話へのレスだろw
1000万以内に抑えて、複数の銀行に預ければ
個人はなんの損もないですよって話をしてあげただけだろw

別に破綻しても外貨なり、土地買ったりすればいいだろ
海外に逃げればいいだろ

破綻すると思うなら、幾らでも選択肢あるだろ
2chで騒いでも政治家は別にやり方変えないんだから
何ができるかって話をずってしてあげてるじゃん

破綻しても、幾らでも資産守る方法あるから



944 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:04:48 ID:rSQIWhE+
>>938
>なぜ将来のことを語るのに、現在の条件を前提とするんだろうか… 

将来のことを語るなら、現在の時点での「市場の将来予測」を前提にしないと、話になら
んだろ。

>誰も2,3年で破綻するなんて考えてないでしょ 

10年先の破綻確率は、新規の10年物国債の利率に織り込まれてるんだけど?

945 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:08:11 ID:rSQIWhE+
>>943
>取り付け騒ぎの話へのレスだろw 
>1000万以内に抑えて、複数の銀行に預ければ 
>個人はなんの損もないですよって話をしてあげただけだろw 

円建てならね。

アイスランドでも、クローナ建てでペイオフ以下の額なら、同じだって。


946 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:16:45 ID:wOlW+I01
>>945
日本と違って、アイスランドの銀行は3行しかないのに、
クローナ建てでペイオフ以下の額にすれば資産家は救われるということ?

947 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:38:54 ID:vYC9yzoL
>>944
なにが「だけど?」なのさ
当然でしょw
日本の長期金利は先進国じゃかなり高いよ
財政赤字さえまともなら、こんなクソデフレ国家の金利が1.5%もあるわけがないw
(まさか1.5が低いとか思ってないよな)

948 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:48:12 ID:rSQIWhE+
>>946
>日本と違って、アイスランドの銀行は3行しかないのに、 

ペイオフの額も違うし、一行ごとなのか三行まとめてなのかも知らんから「クローナ建て
でペイオフ以下の額なら、同じ」と書いたわけだけど、、、

>クローナ建てでペイオフ以下の額にすれば資産家は救われるということ? 

「救われる」の定義にもよるけど、普通は、クローナ建ての額面が同じでも、クローナの
購買力が落ちてれば、救われてないって。

預金封鎖よりはましだけど。


949 :名刺は切らしておりまして:2010/04/20(火) 23:54:28 ID:wOlW+I01
>>948
じゃあ、日本と比べて銀行の数が圧倒的に少ないのだから、ペイオフの額を別としたら
日本より救われないってことだね。
>普通は、クローナ建ての額面が同じでも、クローナの購買力が落ちてれば、救われてないって。
それは日本でも同じことがいえるから、そういう意味では聞いてない。

950 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 00:02:18 ID:wOlW+I01
 EUは2008年10月、金融危機を受け、1口座の預金保護額を2万ユーロ(約 246万円)
から5万ユーロ(約 615万円)に引き上げた。英国やオランダはアイスランド政府に対し、
各口座の預金を5万ユーロまで保護し、 5.5%の金利をつけるよう求めたが、「外国を
優遇するのか」とアイスランド国民が猛反発。アイスランドが1944年に共和国に移行して
初めてとなる国民投票が実施された。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/366063/

と書いてあるから、おそらく5万ユーロ(約 615万円)までは現状では保護されてないということかな。
日本のペイオフ額と比べると、たとえクローナ建てでペイオフ以下の額でも同じじゃないね。


951 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 00:03:02 ID:rSQIWhE+
>>949
>>943ではペイオフの額がでてるのに、それを別としたら話にならないって。


952 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 00:03:42 ID:dA00S8IA
経常黒字である限りまったく問題ない。
政府の赤字は民間(個人+企業)の黒字です。
しかも日本は海外からも稼ぎまくっています。
破綻するわけないし、どうやったら破綻するかみたい。

953 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 00:04:46 ID:re/zegun
>>951
>>950

954 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 00:27:12 ID:t7n13at5
経済で極論はあり得ないだろうけど、、
とりあえず10人に一人が、貯金を全額、貴金属等に変えると日本が破綻するわけよな?
で、貴金属を持つ一人が勝ち組で、残りの9人がほぼ無一文になるわけよな

955 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 01:39:46 ID:dcO8HVgF
どう考えても破綻しないけど…
経済で極論とか以前に経済を一から勉強した方がいいんじゃない?

956 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 05:06:53 ID:yw9Vza6t
>>954
そういうことだね。

>>955
債券市場を勉強した方がいいよ。
>>954のいうように日本人の10人に一人が預貯金を引き出したり、
別の金融資産に移転すればそれが破綻のキッカケになる。


957 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 05:34:23 ID:Knjl7Gx1
破綻しないと言い張ってるやつらバカじゃね?
このままじゃ詰むのは自明だろ?という人の意見はその通りだと思う。
でも正直、テレビや新聞で10年以上叫んでる破綻破綻の合唱は
状況改善に何の役にも立ってないと思うんだが…

あとこのままじゃ詰むって言う奴らは、結局日本はもう10年後には破綻だから脱出しろ
もうどうにもならないあきらめろって言いたいの?
破綻しないと言い張るのも違うだろうけど、
金買えと国を脱出というだけで
具体的にどうしたら改善できると思うかの意見すらないのかよ

借金をこれ以上増やすなって言うけど、民間が金使わないんだったら
借金増やして政府が金を使うしかないだろ
大して効果がないのは分かってても、やらないよりマシだったろ
借金はここまで膨らまなくても民間の資産が減ったらよかったってことかよ
金利下げて金貸すって言えば、人や企業は金を借りるものっていう前提でやってきたらちがったんだろ

少子化が問題なんじゃないだろ、今の時点ではバランスだろ
国土的に人口が減ってるのはいいことじゃないか
制度を人口と税収に合わせて、今の社会福祉制度がなくても
幸せだと思う人間を増やす教育でもやった方が経済対策より確実なんじゃねーの?
江戸時代の町人文化の良い部分をまねできるような教育を庶民には教え込むとか

958 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:19:11 ID:ZXpq2avR
>>955

外国人投資家が日本の公社債を手放しているそうだ。
今日のモーサタで解説してたけど、日本のソブリンリスクが
理由だろうだって。解説のアナリストが、日本の政府債務はギリシャ
なんて心配してる場合ではないって。大丈夫だと思ってるの君くらい・・・・・

>>954

アホみたく、日本の対外資産があるから大丈夫と言ってる人がいるが、
政府の対外資産と民間の対外資産を分けて考えなくてはいけない。対外資産
を持っている企業や個人は助かるが、持ってない人は破滅する。隣の家が資産
があるから自分の生活は大丈夫と必死に言ってるのと同じだろう。恵んでくれる
とでも思っているのだろうか?


959 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:21:52 ID:nvVCcA15
>>957
正解。永遠のデフレッチw+増大する赤字財政
なんだよ。生殖=殺人w
SF、オカルト映画みたいw

960 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:24:48 ID:ZXpq2avR
>>957

どうすればよいか?
地道に財政再建するしかない。
消費税アップも受け入れるしかない。
どちらも拒否すれば、その先には破滅しかない。
魔法の解決策なんて無いんだよ。

ただ、政府は破滅を早める政策を矢継ぎ早に実施している。
国民も危機意識が希薄。こうなると、自分の資産をできるだけ
守り、新たな時代に備えるしかない。

961 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:32:17 ID:dcO8HVgF
>>956
まともな銀行ならまず1番先にコール市場で資金調達するし、金融システムの安全を日銀が資金を供給するし、少なくともロンバート貸出でお金を借りれますけどね
最低限の金融システム、金融政策とか勉強した方がいいんじゃない?

962 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:38:24 ID:dcO8HVgF
>>958
対外債権を抱えているかつ少なくとも限られた主体でない以上、破産しないのを、いつまのにか個別間の問題にするなんて相当馬鹿なんですね


963 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:43:27 ID:yw9Vza6t
>>957
そろそろヤバいかなと思い始めたら、
投信辺りに資産を退避させておいた方がいいかもね。
個人の預貯金は政府によって差し押さえられるリスクは高いけど、
ファンドの資産を差し押さえるような真似はしないだろうから。

964 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:51:18 ID:dcO8HVgF
>>963
日銀いわく資金需要がないから、金融政策に意味ないので馬鹿は馬鹿なりに破綻回避のために資金を海外に移転してデフレ脱却に貢献してくれ
たいした額じゃないだろうが

965 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 06:58:36 ID:Te5Sbp1i
政府はとりあえず100兆円の財政出動を行え。
内国債は無限に刷っていい。
そのためには、俺らの力で三橋先生を大臣にするしかない。

966 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:01:14 ID:Te5Sbp1i
政府はとりあえず100兆円の財政出動を行え。
内国債は無限に刷っていい。
そのためには、俺らの力で三橋先生を大臣にするしかない。


967 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:02:14 ID:EP480a+W
日本規模の国の財政破綻でも、銀行がコール市場から資金調達できるのか?
だいたい、日本の通貨の信用不安なのに、日銀が資金を供給したくらいで危機が終息するか?

なんか教科書の上辺の知識でしか無いような気がする。
リーマンショックでさえもあの騒ぎだったのに、
日本国債がいよいよヤバイ、金融機関は国債を大量保有してる状況で、
コール市場から資金調達とか日銀の資金供給で対処できるの?

968 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:06:27 ID:L8lTLmkt
きっと外国資産100%課税+ばらまき施策による共産化が来ると思うw

969 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:10:07 ID:dcO8HVgF
>>967
さっきの例から言うと預貯金約800兆だから80兆の引き出しなので、80兆くらいはコールレートに出さないと政策金利は維持出来ないから当然出すけど(もともと他の国と違って資金の需給の変化が大きいし)

>だいたい、日本の通貨の信用不安なのに、日銀が資金を供給したくらいで危機が終息するか?

なんで勝手に論点を変えているんだ。
リーマンショックと言えば世界中で1番日本国債が買われたしね
まずは日銀のホームページに言って日銀が普段何をし、リーマンショックの時に何をしたかくらいは勉強してきた方がいいんじゃない?

970 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:14:26 ID:EP480a+W
こんどは日本国債がヤバイという話しだよ。
リーマンの時に日本国債買われたから大丈夫とは意味不明。

971 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:16:21 ID:yw9Vza6t
>>969
それはまだ日本国債が限界だと
判断されてないだけに過ぎないよ。
当たり前の話だけど国債ってのは
無限に発行できるわけじゃない。
必ず限界ってものがあるから。


972 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:17:26 ID:dcO8HVgF
一体いつ長期金利が急上昇したんだ?トリブル売りさえ起きないなら全然上昇してくれた方がいいけど?
危ないと言ってるのは一部の頭のおかしい人でマーケットが反応してる様子なんて全くないけど?

973 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:20:21 ID:EP480a+W
それと、日本国債がヤハイとなれば、本格的な資産逃避が始まる。
そっくり預貯金を海外資産や外資系銀行に預金を移そうとする。
そんな事態で80兆円程度の資金調達で対処できる?

974 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:21:22 ID:dcO8HVgF
>>971
そんなのイギリスも日本もギリシャもどの国も同じだけど(ギリシャは今の国債水準+為替水準なら本来余裕で破綻だか)
日本はまだ日銀さえまともに動けば済む話の状態を、まるでギリシャかの様に言ってるから叩いてるだけじゃない?

975 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:24:02 ID:dcO8HVgF
まあ日銀はいくらでも出せるけど、というか海外流出で1ドル200円になれば既に他の先進国と変わらない純債務水準になるけどね
500円なれば純債務自体なくなるし
民間は有り得ない程の儲けが出るし

976 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:31:32 ID:1KXbhXO2
3〜4年で破たんするとは思わないけど、毎年国家予算の収支の埋め合わせをするために
30兆40兆の国債を発行し続ける事が永遠に可能か?と言えばそれは無理でしょ。
国債の買い手がいつまで維持できるかの予想も重要だが、今まで日本国債を
間接的に保有していた人間が国債の札割れ、政府紙幣の発行、日銀の国債買い取りの
法改正をニュースで聞いて「そろそろかな」とキャピタルフライトを実行し始める
可能性はある。

977 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:35:06 ID:dcO8HVgF
というか早くキャピタルフライトしないと経済、財政が維持出来ないからね
それさえ起きれば日銀がまともに動かなくても、デフレから脱却出来るのに日本の資産はホームバイアスが強いからなかなか難しいね

978 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:41:43 ID:1KXbhXO2
>>975
民間で利益が出ることと、国債の信用や財政破綻を同じ土俵で考える事に無理がある。
1ドル200円になればガソリン価格は2倍になるし、物価は急騰する。今なら財政出動して
補正予算を措置しようなんて事が出来るが、政府が出す債権が内外ともに信用を失った国で
どっからその財源を持ってくる?

979 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:46:59 ID:dcO8HVgF
>1ドル200円になればガソリン価格は2倍になるし

なんかのギャグか?ガソリンなんて大半が人件費と税金だぞ。
対ドルに対して半分になった韓国とかがインフレ率が全然上昇しなかったの見ても明らかと思うが


980 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 07:56:58 ID:roP6Usxm
>>976
それはそうだが、その前に英国や米国がクラッシュする方が先だから
過剰に心配しても意味がない

981 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:05:47 ID:H31sLEQi
ID:dcO8HVgF

そもそもお前、一体何の為にそんなにも必死になんなきゃなんないんだ?

982 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:12:02 ID:1KXbhXO2
>>979
人件費なんてそんなに掛かって無いよ。ガソリンスタンドが仕入れる価格と実際に販売する価格の差は
3〜5円程度。確かに税金は53円ほど掛かっているが、今のガソリン価格リッター135円として輸送費、もろもろの諸費を必要経費としても
今の原油の原価はリッター60円はある。今の相場WTI1バレル80ドルのまま永遠に推移したとしても1ドルが90円から200円に上がれば
原価は120円〜130円には上がる。で税金は廃止すると息巻いていた民主党も結局は廃止できなかった。
普通に考えてもリッター180円にはなるでそ。景気回復の途上で1バレル80ドルと言う事を
考えても100ドルを超える事は別にアホな話じゃない。

983 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:12:48 ID:dcO8HVgF
>>981
単に頭おかしい人いっぱい、いたから叩いただけだけど(ストレスが溜まってたのもあるが)

というか俺なんかより>>958の方がよっぽど必死だと思うけど…
国債スレになると必ず出て反論も出来ないくせに同じようなレスを連投し続ける有名な馬鹿じゃん

984 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:20:37 ID:dcO8HVgF
>>982
金融政策上資源価格が急落するような時期と同時に緩和するのが1番いいけど、経済上が企業にも家計にも円高<円安(デフレ、ディスインフレ下限定)だから、いくら資源価格が高騰しようがコアコアが上がらないなら円安の方が望ましい
そもそも200円て単なる例を出した訳で本来なら150円で経済、財政的に十分やっていける状態だし

985 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:21:44 ID:9mroBJij
大公開、林産業、集合後の有毒なリサイクル原料を新原料をまぜって、自分でも
使わない製品を製造、 なぜ、自分金のためだ、有毒リサイクル原料、有毒添加剤
の使用、体に 有害、法律無視、社会公徳無視、みんな、このような製品が使える
勇気がある?、どこで もわからない会社だ、、、当社会長梅原三知代は二回大戦
旧軍隊の人員、慰安婦トイレ、けっこう陰毒、嘘つき、狂言が好きなもの、70歳
まだ子供生んだ、種は当社社長、息子だ、元気か、性欲が強いかどっちか、トップ
ニュースだね、息子:今の社長小沼佳史は麻薬を吸食、、女かざりがこのみ、覗き
変態が興味、たいへん心理変態なやつ、、下記この会社のページ、 みんなご存知
なさい。http://hayashi-sangyo.co.jp/


986 :982:2010/04/21(水) 08:24:30 ID:1KXbhXO2
>>983
いや、別に必死だとは思わないがソブリンリスクは単に事実を言っているだけだし、
政府の対外資産と民間の対外資産を分けて考えるのは非常に常識的。個人の金融資産が
国の資産だなんてそれは違うでしょ?郵貯や銀行にある預貯金を出して金や外貨、外国株を
みんなが買いだせば国は困るわけでしょ。選択は個人や民間が握っている訳よ。
ちっとも国が自由に使える資産じゃ無いわけ。


987 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:30:33 ID:roP6Usxm
日本国債は暴落するという人に、じゃあなんて利回りは低位安定してんの?
と聞いても誰もまともに答えてくれない

ついでに、じゃあプットオプション買えよと言っても絶対に買わないwww

988 :982:2010/04/21(水) 08:31:20 ID:1KXbhXO2
ただ、150円位だと財政規律になにがしらのルールを作らないとまた
元の黙阿弥だぞ。結局インフレターゲットを目指すにせよ。1ドル150円の世界で
また財政が悪化する事になる。そして200円が現実味を帯びて来て・・・


989 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:31:36 ID:EP480a+W
たぶん、日本が破綻しなければ、いざとなれば生活保護してもらえると思ってるんだろ。
だから大丈夫と思いたいのだろう。
だから個人の資産と国の資産を意図的に区別しない。


990 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:31:56 ID:dcO8HVgF
>>986
外貨準備が沢山あっても破綻や破綻寸前の国は沢山あるし、外貨準備がほとんどなくても破綻しない国もいくらでもあるし
早い話民間に対外純資産(本来なら自国通貨建て対外債務は無視していいが)があって経常収支が黒字なら破綻しようがないじゃん
政府単独で海外に支払いがあるわけでもないのに(一応国連分担金とかはあるだろうが)

991 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 08:36:43 ID:dcO8HVgF
>>989
対外純資産じゃなくて、政府の外貨準備だけ参考にしている格付け機関とか聞いた事ないけどね

992 :982:2010/04/21(水) 08:52:52 ID:1KXbhXO2
消費税が30%になると言うと「生きていけない!」「死ねと言うのか!」と大騒ぎになる国で
1ドルが150円、200円になると言う事がどういう事なのかもう少し想像力を働かしてください。
インフレとはそう言う事なのです>>987が言う日本の国債が低位安定しているのも、せっせと日本国民が
郵便局や銀行で間接的に日本国債を買ってくれているのと最悪、増税・インフレと言う
過酷な選択があると言う事で一応は解決策は用意できていると言う事だからでしょうか?

993 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:08:34 ID:XoRP4meT
無知ですまんが、なぜ日本より食料自給率もエネルギー効率も悪い韓国が
対ドルで半分、円で言えば約200円まで大暴落したのに、ほとんどインフレにならなかったんだ?
経済絶好調になったじゃん

994 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:11:05 ID:dcO8HVgF
>>993
リーマンショックによる資源価格の急落も含めた相当なデフレ圧力があったから


995 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:15:48 ID:vpXtMwdo
デフレだから長期金利が低いだけ、だろ?

996 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:17:34 ID:ZauvpVOh
>>957
>>987

997 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:19:04 ID:dcO8HVgF
アイルランドもバルト3国もスペインもデフレだけど(アイルランド、ラトビアは日本以上)、長期金利はドイツとかよりもよっぽど高いけどね

998 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:22:10 ID:1GTqvaSe
外国からの評価が低い日本国債

日本国内でも、低いじゃん。
個人向け国債など予定した数が全然売れてないし。

銀行が渋々引き受けてるだけじゃん。


何を言ってるんだか。ヤレヤレ

999 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:23:34 ID:1GTqvaSe
国債の利息が1%でも増えたら、日本破綻に直結だろ。

ヤレヤレ。

1000 :名刺は切らしておりまして:2010/04/21(水) 09:36:32 ID:ZauvpVOh
>>1000

1000なら破綻厨が破綻する

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

321 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)