5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【IT/企業会計】「複数会計基準への対応を簡素化」、日本オラクルがIFRS関連でシステムフロンティアと協業 [01/08]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/08(金) 17:02:32 ID:???
日本オラクルは2010年1月7日、ソフト開発会社のシステムフロンティアとIFRS(国際
会計基準)関連製品の販売で協業すると発表した。「日本の会計基準とIFRS」など
複数の会計基準に基づいて、取引データを仕訳できるソフトを販売していく。

日本オラクルのERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Oracle E-Business Suite
(EBS) R12」の会計モジュールと、システムフロンティアが開発した仕訳のパターンを
設定するソフト「LASAI Booster」を組み合わせて販売する。

LASAI Boosterは、(1)日本の会計基準を利用している企業がIFRSを利用した場合に
発生する仕訳パターンの設定支援機能、(2)設定した仕訳パターンを実現するために
必要なデータ項目を自動生成する機能、(3)設定した仕訳パターンをOracle EBSの
設定に反映する機能、を備える。

(1)は事前にシステムフロンティアが、一般事業会社で利用する800種類の代表的な
仕訳パターンを用意した。「約束手形を受け取った」「車両を減価償却する」といった
実務の手続きを想定し、日本の会計基準に基づく場合の仕訳とIFRSに基づく場合の
仕訳例を提示する。利用企業は例を見ながら、自社の会計処理方針に合った仕訳を
パターンとして設定していく。

仕訳パターンは、公認会計士の資格を持ち事業会社の実務経験がある中京大学経営
学部の吉田康英教授の監修を受けて作成した。システムフロンティアの山田雄久
執行役員/第六事業部長は「一般企業は約2000の仕訳パターンを持つ。ただし主要な
パターンは800種類でカバーできるとみている。これをベースに、 IFRS対応の担当者が
議論しながら自社に合った仕訳パターンを決めて利用すれば、日本の会計基準から
IFRSに組み替える際の工数を抑えられる」と話す。

(2)は、(1)で決定した仕訳パターンの実行に必要なデータ項目をExcelの一覧表として
作成する。作成したデータ項目はOracle EBS以外のシステムでも利用できる。一覧表を
システム部門に渡して、システム部門が既存システムから必要なデータを取得できるか
を確認する、といった使い方を想定している。

(3)は、LASAI Boosterで決定した仕訳パターンを「Oracle Sub Ledger Accounting
(SLA)」の設定に反映して利用できるようにする機能だ。Oracle SLAはOracle EBS
R12の会計モジュールが持つソフトで、一つの取引データから複数の仕訳を自動生成する
機能を持つ。

LASAI Boosterは1月末から出荷する。LASAI Boosterの価格は最小構成で3000万円から。
価格は子会社数や社員数に応じて決まる。Oracle EBSの会計モジュールの価格は262万
1850円(利用者数5人の場合)から。

◎日本オラクル/Oracle Japan
http://www.oracle.com/lang/jp/index.html

◎ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100107/342999/

◎最近の関連スレ
【企業会計】上場企業決算書に『包括利益』開示義務付けへ--2011年3月期決算から [12/21]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1261399560/

【企業会計】金融庁、IFRS連結財務諸表のサンプルを公表--製造業をモデルに開示例示す [12/18]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1261143162/

2 :名刺は切らしておりまして:2010/01/09(土) 20:05:27 ID:auMELP7+
<丶`∀´> 2ダ!

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)