5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【インタビュー】シナリオ通りの「医療崩壊」(堤晴彦:埼玉医大高度救命救急センター長) [09/02/28]

1 :本多工務店φ ★:2009/03/01(日) 01:07:25 ID:???
長文のため、前半部(以下の項目)省略させていただきましたので、詳細はソースをご参照ください。
■医師の志気が低下
■「不作為の医療行為」を追及、救急医療が崩壊へ


■「政・官・財」が考えるシナリオ

―「医療崩壊」は、厚労省の政策ミスが原因でしょうか。

「医療は30兆円産業」といわれます。
32兆−33兆円の市場が目の前にある。
今は、その利益を医師が独占している。
財界が食指を伸ばさないわけがないと思いませんか? 
医療崩壊は、厚労省の政策の失敗の結果なのでしょうか? 
わたし自身も、数年前までは厚労省が悪いと思っていたのですが、実際に厚労省の人たちと会って話をしているうちに、
「ひょっとして大きな勘違いをしていたのでは」と思うようになりました。
彼らは、現場で起きていることを非常によく知っています。
実は、医療崩壊の裏で進行している“本当のシナリオ”があるのではないでしょうか。
わたしは、現在の医療崩壊は、「政・官・財」のごく一部が考えている大きなシナリオ通りに進行していると読んでいます。
以下の話は、全くの管見です。
何のエビデンスもありません。
わたしの想像、妄想の話として聞いてください。
ただ、このように考えると、今、医療の現場で起きていることがうまく説明できるのです。

―どのようなシナリオでしょうか。

病院の経営を悪化させ、赤字にするのです。
赤字にして、多くの病院を銀行や株式会社の管理下に置き、これに大手商社や生命保険会社などが参入するというシナリオです。
つまり、「病院の再編」です。
例えば、ある商事会社は医療ファンドを設立し、国民から集めた資金を元に病院の経営に参入しようとしています。
その商事会社は医療(ヘルスケア)部門をつくっており、商社故、高額な医療機器も輸入しています。
彼らのターゲットになるのは、公立病院や公的病院でしょう。
銀行や商社が設立した各種ファンドが買収したいと思うのは、医療機器が整備された立地条件の良い、比較的大きくて新しい病院です。
実際に、四国地方のある公立病院は、PFI(private financial Initiative、民間資金の活用による公共サービス)が導入され、
有名な流通業界の会社が運営に参加しています。
社会保険庁が解体される時には、全国の社会保険系列の病院も、これらの買収の対象となるのではないでしょうか。
さらに、都心で立地条件の良い病院もターゲットになります。
最悪の場合は、マンションに建て替えればいいのですから。
ただ、昨年の秋以降の不況の下では、この話は成り立ちませんが。
一方、小さい個人病院や老朽化した病院は見捨てられる可能性が高いでしょう。
ではその時、患者さんはどこに行くのでしょうか。
考えられるのは、介護施設の新設や介護施設への業界の参入です。
財界は、“雇われ院長“を置き、経営の実権を握るのです。
介護保険は、今後さらに大きな市場が見込まれており、費用対効果が病院よりはるかに良いからです。
何と言っても、介護施設は、医療機器の整備などの設備投資が必要ありませんから。
来年度は、介護関連の報酬が引き上げられるようです。

>>2に続く

ソース:CBニュース
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/20818.html

2 :本多工務店φ ★:2009/03/01(日) 01:07:41 ID:???
>>1の続き

―「政・官・財」で、医療や介護を“食い物”にしようということでしょうか。

そうです。
病院の買収が終わり、医療機関の再編が行われた時には、流通業界が参入してくるでしょう。
物資を安価で大量に仕入れて流通させ、コストを削減するのです。
現在、個人病院は病院ごとに購入していますが、コンビニなど流通業界では、段ボールの処理など“銭”単位の商売をしています。
そのような流通業界の実績からすれば、十分なうまみがあると考えていると思います。
また、次には生保が参入するでしょう。
混合診療に賛成している医師は少なくありませんから。
つまり、民間の健康保険の導入です。
通常の健康保険で受けられる医療はここまで、それ以上の良い医療を受けたかったら民間の健康保険を使うように、という流れです。
確かに、憲法で保障しているのは「健康で文化的な最低限度の生活」ですから、誤りではないでしょう。
ちなみに、自動車事故などを扱う損害保険会社は、既に相当の利益を上げているようです。
特に、「官界」は財務省主導ですから、われわれがターゲットにすべきは、厚労省ではなく財務省であり、財界です。
そして、それらをつなぐ一部の政治家です。
さらに、日本市場への参入をたくらむ米国の外資系企業です。
しかし、日本医師会が反対すれば、このシナリオが思い通りに動きませんから、
当面は、病院の保険診療点数を抑制する一方で、診療所やクリニックなどの「開業医」の保険診療点数を温存するようにしているのです。
開業医(診療所)の利益を保障しておけば、病院の医療費を抑制しても、日医は最終的に反対できないと計算している。
病院の経営はどんどん悪化し、銀行などの支配下に入るというわけです。

■医療再編で、診療所の経営が悪化

―最近、日医は内部的にいろいろとあり、「分裂するのではないか」との声もあります。

確かに、開業医と勤務医の集団に分裂する可能性もあります。
しかし、もし分裂するようであれば、「政・官・財」の思うつぼです。
彼らにとっては、分裂してくれた方が医療の再編がやりやすいと踏んでいる節があります。
分裂すれば、笑いながら高みの見物をするでしょう。
では、病院の経営権が銀行や商社に移った後はどうなるでしょう。
つまり、医療機関の再編が行われ、病院の系列化がほぼ終了した時点で、次に打つ手は何でしょうか? 
それは、病院の保険診療点数を高くする一方で、開業医の診療費を極端に下げてくるでしょう。
そうしないと、自らが支配し、管理している病院の経営が成り立たなくなるからです。
PFIが導入された四国の公立病院の例を見れば分かるように、いくら“経営のプロ”が運営に参加したとしても、
現在の医療制度の下では、経営がうまくいくはずがありません。
そろそろ契約解除という話もあるくらいです。
従って、彼らの利潤追求のために、開業医の診療費を極端に下げてくるはずです。
この段階になったら、日医が反対しようが、「政・官・財」はびくともしない。
大手マスコミを通じて日医をたたけばいいのです。
マスコミの大きな収入源は広告収入ですから、財界の言いなりです。

>>3に続く

3 :本多工務店φ ★:2009/03/01(日) 01:08:00 ID:???
>>2の続き

―中小病院がつぶれて日医が分裂した後、つまり医療界が再編されたら勤務医の待遇が改善されますか。

若干、改善する可能性があります。
ただし、だまされてはいけません。
診療所の経営は、急激に悪化する危険性があります。
現在の歯科医並みになることも予想されます。
ですから、現在開業を考えている人は、もう一度考え直した方がよいかもしれません。
では、病院が銀行系列になった時、次に必要なものは何でしょうか? 
それは、労働者です。
すなわち、医師と看護師の確保が必要になります。ですから、 2004年にスタートした「新医師臨床研修制度」も、実はシナリオ通りです。
これまで、大学の医局が医師の人事権を持っていました。
しかし、これでは財界が病院の経営権を握った後、医師を集められません。
つまり、臨床研修制度は、大学から人事権を奪い、医師集めを容易にするためのものなのです。
医療界には、「臨床研修制度は失敗だった」と考えている人が多いと思います。
そして、「早く制度の変更をしてほしい」と願っているでしょう。
しかし、「政・官・財」のシナリオ通りに進行しており、財界は失敗とは考えていないでしょう。
病院の再編が終わるまでは、現在の臨床研修制度を大きく変更する気はないと思います。

―商社や銀行が病院の経営権を握っても、勤務医の待遇は改善されないと。

臨床研修制度を導入する際、厚労省の提案に財務省が素直に従ったとは到底思えません。
当時の国の財政状況から考えますと、財務省が臨床研修制度にそんなにお金を付けるはずはありませんから。
臨床研修制度は、財務省と厚労省の思惑がたまたま一致した結果でしょう。
「同床異夢」です。
さらに、文部科学省にも圧力が掛かっていると考えます。
少子化で「大学全入時代」といわれ、倒産する大学も出ていますが、
看護系・医療系の大学や短大、学部の新設だけは、どんどん認可されています。
これは、どう考えても、非常に不自然です。
結局、病院経営に必要な労働者を確保するためのシナリオが進行しているのです。
そして、再編が行われた後に病院経営の実権を握るのは、医療従事者ではなく病院の事務職員です。
われわれ医師は単に、彼らに雇用された労働者であり、使い捨ての労働者のままでしょう。

■「文系学部」対「医学部」の闘い

―財界が病院の実権を握った時、医療は良くなるでしょうか。

営利企業ですから、当然のことながら、利潤追求型の経営になります。
利益率の悪い分野は切り捨てられます。
つまり、“お金にならない患者”は、確実に見捨てられるでしょう。
埼玉県の調査によると、特に重症とされる三次救急で“たらい回し”にされた病態のうち、
最も頻度が高かったのは精神科的な問題がある救急患者でした。
2位は高齢者の吐血や下血などの消化器疾患、3位は意識障害の患者でした。
これらの患者さんは、手間がかかる割に収益が少なく、時にトラブルや訴訟に発展するリスクがあるからです。
「診れない」のではなく、「診たくない」から断っているのです。
経営効率ばかりを重視した利益追求型の医療になると、
このような精神疾患の患者、脳卒中の患者、高齢者、重度の障害を持つ患者、血液疾患の患者などが切り捨てられます。

>>4に続く

4 :本多工務店φ ★:2009/03/01(日) 01:08:20 ID:???
>>3の続き

―現在よりも深刻な事態になりそうです。

現状を見る限り、医療側に勝ち目はありません。
負けることは確実です。
「医師や患者を見捨てるようなことはしないだろう」と考える人もいると思いますが、「政・官・財」は、そんなに甘くありません。
太平洋戦争を思い出してください。
若者が何万人死のうが、国民がどれだけ貧困に苦しもうが、そんなことにお構いなく、戦争に突入した国ではないですか。
最近の農業政策を見ても同じです。
幻想は捨てて、現実に戻りましょう。
今、医師がストライキを断行したところで、何も改善しません。
一般市民も医療側をサポートすることはないでしょう。
マスコミが医療側を支持する記事を書くと思いますか? 
そのようなキャンペーンをしますか? 
医療事故で、あれほどまでに医療界をたたいたじゃありませんか。
広告収入を大きな財源とするマスコミは財界の言いなりですから、医療側に立った記事を書くはずがないのです。

―解決策はありますか。

これからは医療訴訟もますます増えるでしょう。
司法試験制度改革でロースクールができて、弁護士が増加しています。
医療訴訟は大きな収入になります。
民事訴訟は、訴えられた側は多大な負担を強いられた上、勝っても何のメリットもありませんが、
弁護士にとっては、負けてもそれなりの収入が確保されます。
わたしは、医療事故の原因を調査する公的な機関ができたら、刑事告訴の増加よりも民事訴訟が増加することを危惧(きぐ)します。
弁護士は、調査委員会の報告書を訴訟に利用しようと待ち構えているのです。
このような調査委員会の創設は、法曹界(法学部)のシナリオ通りでしょう。
結局、うがった見方かもしれませんが、これは法学部や経済学部など「文系学部」対「医学部」の闘いと言えるでしょう。
文系の医系に対する「ねたみ」「ひがみ」「やっかみ」という精神的な要素も多分にあるのではないでしょうか。
彼らは、天下り先の確保など、自らの権限を拡大するために、ありとあらゆる手を尽くしています。
医療機関や国民のことなどは、これっぽっちも考慮していないことは明らかです。
このような崩壊へのシナリオに、果たして国民はいつになったら気が付くのでしょうか。
このことに医療界は既に気が付いている。
防衛医療、萎縮医療に向かっている。
医療崩壊が行き着くところまで行かないと、国民は気が付かないのかもしれません。
わたしは、今の日本に必要なことは、“物を作る”ところを大事にする文化であろうと思っています。
すなわち、農業をはじめ漁業、林業、町工場、中小企業など、あるいは芸術分野なども含まれますが、
“物を作る”ところを大事に育てるような社会構造の変革が必要です。
マネーゲームでもうける職種、すなわち、人から集めたお金を横に流すだけで
莫大(ばくだい)な利益が得られるような社会構造を変えていかなければ、日本の再生はないと考えています。

5 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:09:22 ID:D0Iw6oz5
マスゴミがモラルハザードを助長したのが原因ってことか

6 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:11:28 ID:O1YL0j0K
     /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::. :::::::::::::::::::::::::::::: ..::i
     j::::::::::::::::::::: : ::i....:::::::::::|
      }::::::/以/|;i:/Yゞト::::::j
     fヾ',,, __'iir'___ ,,レ〈
     \i`{:!;:゙-丐{ヾ::'j/レ'、 <だがそのシナリオも崩壊させるシナリオがある
    _,/::;ミ///7,.、 ̄'fミj::::\<すべて シナリオ通り。
 -::''´:::::::::|/ / / /-/j/ミ/::::::::::::`:-.、_
::::::::::::::::::::/ ' / ///;:'゙/:::::::::::::::::::::::::::`
:::::::::::::::::::fi i  ´ /''"  ヽ:::::::::::::::::::::::::::

7 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:15:13 ID:eduUYLUt
さんざん今まで殿様商売してて何様のつもりだ。

8 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:16:10 ID:2w31cxTQ
医師会が
医者の数を減らせ
って国に圧力をかけた結果じゃん

9 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:16:10 ID:ZjasK2X4
どうでもいいけど記事が長いな

10 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:16:48 ID:yBf+tiuP
陰謀論の証拠さえ出ればって所か。

マスゴミがくたばるのが早いか、日本がくたばるのが早いか。



11 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:17:57 ID:t74IPYir
公権を私益のために使うのが一番儲かるからな

12 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:19:53 ID:Dj3bCiO4
官僚に友達がいるとおもわれ。この人は。
まあ、規制緩和の手が入るんでしょうな。医療業界にも。
力があるぶん遅れてただけか。
タクシーに始まり、中小小売店、運送、法曹、大学までもが規制緩和で業界がめちゃくちゃになった。
確かに、質は向上したが現場の人は疲弊している。裏で、儲かっている人種もいる。
次にくるのは、製薬含めた医療業界、近いうちに農業は確実にくる。
一連の流れで誰が得したのか。

13 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:21:25 ID:rHQAh48z
>>7-8
その程度の知識の方は、ν速にお戻りください。

14 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:22:32 ID:5/Z5dLT2
>>9
この程度で長いってアホなの?

15 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:23:16 ID:z3RnaBP5
>>7-8

マスコミ様の思う壺さん達ですね

16 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:24:36 ID:oUbgvrJR
もうこの陰謀は頓挫しただろ。

17 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:25:33 ID:ZjasK2X4
>>14

糞みたいな内容のくせに長いだろ
こんなもの三行で十分


18 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:28:08 ID:/+qiUyOc
文系が腹黒いのはわかった

19 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:30:06 ID:y2jWaSk6
つか、法曹の規制緩和は悲惨な状況だしな

もうこれ以上規制緩和はいらんわ
だいたい裁判員制度なんてだれが希望したんだよボケが
全然国民から支持されてねーじゃん

医療も制度改革以降ロクな話を聞かん
もう全部元に戻しちまえよ


20 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:30:34 ID:ScCMJRsd
的外れ。

まず年間数十兆円の医療費を払い続ける体力が政府になくなってきてること。
また高齢化で増大し続ける医療費がどうしようもなくなってきてること。

>>公的医療が崩壊>>健康保険制度が崩壊>>公立病院閉鎖
>>民間経営に、医療の市場化 お金払える患者だけを診る状態に

であって、食い物にしたいから医療が市場化になるんじゃない。結果的にそうなるってだけ、目的ではない。
順序が全然違う。

21 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:31:24 ID:t74IPYir
医師会出身の議員が医師数増員に反対しまくってたのはそうだろ

22 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:34:15 ID:/yHVx6TD
「陰謀」とは思わんが、手持ちのカードを使ってなんとかサステーナブルに
しようとすると必然的に経営の論理を導入してゆかざるを得ないんじゃないの。

政府のやることは全部「悪」なの?

23 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:35:09 ID:v9qYW3VU
門下省が医学部支配に成功したのは確かだな。

24 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:38:16 ID:t74IPYir
庶民にとっては利益を吸い上げるのが上層の医師になるか、
上層の財界人になるかだけの違いでしかないな

25 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:38:22 ID:tiRji/s1
まあマスゴミと財界がゴミなのだけは同意

26 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:38:53 ID:IISxEB9Y
>22
もちろんですとも!!!

27 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:44:19 ID:+u85gv7H
数年前から言われてた事が今更記事に・・・
多くの国民は保険料を徴収されるが、病院に受診すらできなくなるだけだろう。

医療を食い物にする文系もどうかと思うが、
その前に日本が潰れるのが早いんじゃね?

28 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:44:20 ID:rTuEjTmo
誰か億打のAA適当にセリフ作って貼っといて

29 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:44:39 ID:ScCMJRsd
>>24
全然違うんだが、医者は患者を治すことしか考えていないが、
財界の目指す病院は、盲腸手術1件100万円の民間医療保険。<<アメリカ見てみろ

庶民にとってどっちがいいか言うまでもない。

30 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:45:35 ID:kK0lHtFK
調査委員会作れ、というのは医師会側の要請じゃなかった?

31 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:46:50 ID:v9qYW3VU
国民新党の自見先生にしらせてあげて(´・ω・`)

32 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:46:51 ID:tGe5ReYm
崩壊は止められないって事なのか?民間人でもできることがあったら言ってほしいよ(`・ω・´)>>1

33 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:48:44 ID:v9qYW3VU
>>32
マスコミを監視するのがオレ達にかせられた使命だな。

34 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:49:22 ID:+u85gv7H
>>32
国と経団連に対してクーデター。
マスコミは強いほうにつくだけだから。

これ以外に医療崩壊は止められない。

35 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:49:49 ID:dgihvoOw
>>1
さすが公務員寝ぼけた事言ってるわw

病院の民間資本での再編、なんて大都市では完了しつつある、っつうの。
その民間資本やファンドが支えきれなくなって倒産がここ数年出てきてるだろ。

開業医が儲からないのも、老人医療の定率給付が始まって以来常識。
今から開業しようなんて物好きは大都市にはいないよ。



36 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:54:06 ID:mVjNLL04
富の移転をマクロ的なトレンドで見ると、寡占や集約のような偏在への傾きと
ユニバーサルサービス・平準な分配への傾きがある程度周期的に交代・変動する
これは自然な集団心理要因もあろうし、人為的な政策の効果・逆効果もあろうが
ともかく現在の課題は前者が制御不能なほど突出したために失われたバランスの回復である

ただしこういう時こそ、単なる利益誘導(現状を招いたものの”裏返し”)はもちろん
危機という機会に乗じ、過剰に反動的な心情を利用した理念倒れのエリート独裁が跋扈する事態
を避けることが肝心で、冷静な現実的判断によって、恐怖や脅えからくる思考停止を免れねばならない

37 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:54:34 ID:t74IPYir
>>29
>医者は患者を治すことしか考えていないが
ご冗談をwwww

38 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:55:23 ID:m/Ff4axP
マスコミは電通のいいなりだから
政府、霞ヶ関、財界→電通→マスコミのルートで世論操作が
行われるからマスコミを叩いてどうにかなる問題じゃない

39 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:56:04 ID:gNuO9kT6
オリッ○スが潰れたら状況は変わるのかな

40 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:56:10 ID:dgihvoOw
すまん私学だったのね>埼玉医大

ならもっと酷いじゃん、ボケっぷりw

41 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:56:22 ID:+u85gv7H
>>37
勤務医ってことじゃね?

42 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:57:03 ID:z3RnaBP5
>>19
>だいたい裁判員制度なんてだれが希望したんだよボケが

重要事件の判決のたび、「裁判官と庶民の感覚のズレが指摘されます」って報道してた人たち。


43 :カミヤママスオは押し紙のネ申:2009/03/01(日) 01:57:14 ID:hO/MOPtT
医師増員に反対云々いってるが、これまで『医師養成減員』されたことはない事実について
爺医は死んで漸増してるがね、そのことを理解してるかね?


44 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:58:40 ID:7P2zoHId
>>34
簡単な方法で抑制できる「一律で3割窓口負担」するだけ
実際、健康保険で守られるべきは@3割負担 A高度医療費負担(免責20万)のふたつ

現在使ってる人間が負担しない仕組みになってるから、この受益負担を改善すればいい
高くなったと騒ぐ連中はそれまで他人から搾取していただけ(取合う必要はない)

45 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:58:44 ID:t74IPYir
>>41
勤務医は開業するだけの金、コネ、腕がない医者だろ
もちろん、中には金なんてたいして興味のない立派なお医者さんもいるだろうけどな

46 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:59:22 ID:uCXJl29s
>つまり、“お金にならない患者”は、確実に見捨てられるでしょう。

弱いこと=罪だから当たり前の話だ。
命は弱さを許さない。
日本はこれからどんどん生まれ変わって老人や弱者のいない強国の時代を迎える訳だ。


47 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 01:59:51 ID:bbgMcjf5
勤務医に比べ、開業医は楽して儲け過ぎてるんだから潰れてもいいよ

48 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:01:57 ID:/3WyOS45
何なら、悪いことのように書かれているが
これまで医療業界が良かったとでも言うのか?

お前ら10年前のことも覚えてないのか?

49 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:02:03 ID:+u85gv7H
>>45
勤務医の方が圧倒的に腕はいいぞ。
お前の言うとおり、金は全然持ってないがな。

50 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:03:15 ID:z3RnaBP5
ID:t74IPYir

誰かこの中2病患者をなんとかしてやれ。

51 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:03:32 ID:QnbLFXxU
長いってよりも妄想が間違ってる。
キャリアブレインはソースとして適さない。


52 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:08:37 ID:YqsP+w+J
オリックスはどうなったんだ?

53 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:09:59 ID:qCoMU/uf
最低レベルの埼玉医大が偉そうに医療全体をかたってんじゃねえ!!
帝京と同等じゃねえかw

54 :sage:2009/03/01(日) 02:10:51 ID:EjJsh1Tq
>>39

高知医療センターのPFIはオリックスが絡んでるらしい。

55 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:11:28 ID:dgihvoOw
>>45
根本的な間違い
・開業医で可能な医療<<<病院で行う医療
時代とともにこの差が大きくなっている。
理由は診断及び治療に要する医療機器の比重が高くなり開業医では十分な設備を揃えられないから。

つまり開業医と病院を診療内容で比べるのは無意味と言うこと。

>>47
開業医と勤務医の損得は時代の変遷とともに何度も揺れている。
現状は開業医の方がリスク面で有利。休めない開業医が楽かどうかは判断に困る。
儲けてるかどうかも開業医の場合差が激しいので、一般論ではなんとも。

56 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:13:56 ID:XEVIVIcd
儲かることだけやるのがサラ金。
サラ金屋が医療をやると、どうなるかぐらい、小学生でもわかるよ。

57 :sage:2009/03/01(日) 02:14:27 ID:EjJsh1Tq
ttp://chuohjournal.jp/2007/10/post_1650.html

すでに贈収賄事件が起こってるのね。

58 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:15:07 ID:t74IPYir
>>55
高度な機械を使っていれば、たしかに高度な医療には違いなかろうが、腕がいいというのはどうか?
それは開業医を馬鹿にしているんじゃないの?
最低限の設備で高度な診断を行うのが開業医の仕事だろ

59 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:19:15 ID:dgihvoOw
>サラ金屋が医療
大阪にはあるよ。
パチ屋や893がオーナーつうのも複数ある。
そのほか変わったところでは、材木屋、飲食店チェーン、食肉業者、○会議員、etc



60 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:20:08 ID:LAdXAMWS
いずれにせよ
いまから借金して開業する医師は馬鹿


61 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:25:06 ID:wGg0wQzr
>>32
まず優先度をつけてほしい
スウェーデンみたいなのが良い、というのであれば北欧のように
「自力で物を食べられなくなったら点滴などせずに枯死させる」
ぐらい割り切って医療費を福祉など他の方面に回すのか国民で決めてほしい。
自分でなにも決めようとしないのに、結果に文句を言うのは卑怯だろ?
慎重にとか様子見とか言う言葉で次世代に先送りする時間はないんだよ。

死ぬ寸前がお金とICU資源を浪費しているのは確か
今の日本だと意識がない人を延命を中止するには「家族全員の承諾」
が必要になる。(看護婦はキーパースンを想定してはいるけれどね)
結婚程度でも身内の成人2+4人の意見をまとめるのが大変なのに
治療方針について、急にわらわらわいてきた「自称親戚」の
意見がそうそう一致するわけ無いだろ。
まして自分が日頃親に尽くしてなかった後ろめたさを
医者に投影して「できる限りのことを」とか
「xxが到着するまでどうにか延命させてくれ」
とか、無茶言わないでほしい。
あと、DQNを院内からつまみ出す権限を病院に与えるだけで
だいぶん病院は改善される。 
患者が病院を追い出されないよう、ビクビクするのは望まないけれどね。

とまあ所詮グチだ。 
患者と家族のグチを聞くのも当然お仕事なんだが
医者のグチは誰に言えばいいんだろうな・・・・

62 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:25:43 ID:+u85gv7H
>>58
既に高度医療は一般開業医に手が出せないレベルになってるよ(知識も技術も)。
開業医をバカにしている訳ではなく、医療の進歩が異常なほど早くなってるから
仕方がない事だとは思うが。

63 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:26:29 ID:EjJsh1Tq
そういえばプルデンシャルが大和生命を買い取るとか…。

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1235837245/-100

オリックスの失敗もあるけど、やはりシナリオ通りなのだろうか。

64 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:28:23 ID:khlwWGAW
>>15
低学歴のゴミってほんと記憶力が悪いんだな
日本医師会の副会長の宮崎が医者の数を抑制しろと繰り返し叫んできたのをもう忘れたの?














65 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:28:26 ID:t74IPYir
>>62
正直部外者だからじ内部のことなんて知りようもないが、ニュースで見る限り
勤務医って・・・・・・マゾじゃね?

66 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:28:30 ID:z3RnaBP5
>>58
>最低限の設備で高度な診断を行うのが開業医の仕事だろ

念力治療かw

67 :某記者:2009/03/01(日) 02:28:32 ID:adK1nxHt
このおっさんは医療は公的セクターであるという認識がない。
社会主義でやるべきなんだよ医療は

68 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:30:18 ID:dgihvoOw
>>58
>最低限の設備で高度な診断を行うのが開業医の仕事
昭和末期からの医学生教育はそのようにされていないや。
診断は数値若しくは診断医の判断で。治療は最新の設備で。これが今の医師の常識。
これを捨てることが出来る一部の診療科、一部の無茶が出来る(貴方が言うところの腕が良い)医師が開業を志向してる。
>開業医を馬鹿にしてる
医療は日々進歩してるのに開業すると取り残される。これは確か。
馬鹿にしてると言うより、根性あるわ、が感想だわ。
経験によると開業医の賞味期限はどんどん短くなっていると思う。
昔は10年程度あったのが、今では数年だろう。
企業としての開業医はその倍程度は持つだろうが資金回収は年々難しくなってる。

69 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:37:13 ID:geQU+70A
陰謀が本当かはわからないが、アメリカの悪い部分の後追いしてる感じはする
とは言っても、現状改善しないと未来は無いもんな
良いほうに向いてくれれば

70 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:37:39 ID:t74IPYir
>>68
ちょ、開業医にかかるの怖くなってきたwww

71 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:39:11 ID:QnbLFXxU
>>67
何で社会主義でやるべきなんだよ、勝手に決めるな。
健康保険料と税金と自己負担で成り立っている。

で、この記事が問題なのは、高度救命救急センターという、
救急医療の世界で中枢からはずされようとしているところに、医療崩壊の話を聞きにいったことだ。
記者が馬鹿。
単独インタビューだけで、ここまで言い切った記事を書くなボケ。
じほうだったら、最初からやり直しって怒鳴られてゴミ箱に捨てられるレベル。


72 :某記者:2009/03/01(日) 02:41:32 ID:adK1nxHt
>>71
昨日の朝まで生テレビ見なかったの?
消防・救急・警察が計画配置されていてサービスが提供されているのに
なぜ医療は地域格差がおきるの?
それは正しいことなの?
よく考えてみろ

一医療者に仕組みの事を聞くのは馬鹿としか言いようがない。
厚生労働省は悪くないんだよ っていうガス抜きだろ
そのあたりも考えてみろ

73 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:41:35 ID:+u85gv7H
>>70
病気のレベルによるから、大変な病気でなければ大丈夫。
風邪なんか、ほとんど医師は興味ないし(最先端医療でもない)・・・
勤務医の負担を減らすために開業医受診の方が良いかも?

74 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:44:27 ID:QnbLFXxU
>>72
あまりにレベルが低くて途中で見るのが嫌になった<朝まで
医療に格差が出るのは当然、人口が多い東京に一番、医療資源が集中するから。
正しいかどうかは問題じゃない。
それを補正するのが政府や地方自治体の仕事。

厚生労働省は悪くはないよ。
相当、まじめにやってる。



75 :某記者:2009/03/01(日) 02:44:48 ID:adK1nxHt
勤務医平均年収 1500万
開業医平均年収 2500万


この格差の是正を。

開業医には一律100万の医療基金への支払い強制を。その基金を過疎医療へ

76 :某記者:2009/03/01(日) 02:46:20 ID:adK1nxHt
>>74
厚生労働省はまじめにやってるからC型肝炎のリストを放置したり
エイズ薬害を起こしたりしてるんだ。
なるほど

おい答えてみろよ
まじめに犯罪やってるんだろ。

77 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:47:01 ID:QnbLFXxU
>>75
何で、そうやって勝手に医療基金に支払い強制とか言い出すのかね。
どんだけ頭の悪い人なんでしょうか。


78 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:48:47 ID:b38p9qQG
>>75
マスコミが絶対に報道しない格差

NHK                【平均年収】非公開
TBS                .【平均年収】15,490千円
フジ・メディア・ホールディングス 【平均年収】15,340千円
日本テレビ放送網        .【平均年収】14,040千円
テレビ朝日              .【平均年収】13,220千円
テレビ東京              .【平均年収】12,250千円
----------------------------------------------
電通                 【平均年収】13,560千円
----------------------------------------------
日本電信電話           【平均年収】 8,760千円
パナソニック.           .【平均年収】 8,460千円
トヨタ自動車             【平均年収】 8,290千円
楽天                 【平均年収】 6,030千円
不二家               【平均年収】 5,270千円

79 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:49:44 ID:t74IPYir
>>73
2chでは中二病ですが
実社会では勤務医様の負担を減らすべく良識的な行動を心がけておりますww

80 :某記者:2009/03/01(日) 02:49:55 ID:adK1nxHt
>>77
じゃあ聞きたいが、なぜ開業医は平均年収が2500万なのですか?
実営業時間は大規模病院の数分の一
医師一人当たりの労働時間も数分の一

がんがん処方箋だけだしまくってるバイアグラ医師とか
へたくそな整形やってる医者とか
あぶないシーれっく手術やってるカスとか
合わないコンタクトにめくら判がんがんおしてる内科出身の眼科医とか
笑えますね


81 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:50:34 ID:wGg0wQzr
>>75
開業医って多数を雇用している自営業者だよね
雇用されている勤務医と年収を比べるときは
その点を考慮した数字じゃないと意味無いよ

記者というのならその数字の元ネタを書くべきだ
日本の新聞やテレビならたしかに脳内資料でもOKなんだろうけれど

82 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:50:41 ID:QnbLFXxU
>>76
エイズの薬害っていうけど、昭和の時代に非加熱製剤でエイズウィルスに感染するかどうかなんてわかってなかったんだよ。
肝炎も同じこと。
日本の科学、薬学のレベルが低かった。
アメリカに教えられて初めてわかった。
もちろん、結果責任はあると思うけどな。

君は不勉強すぎるよ。
日比谷クラブなら追い出されちゃうレベルだし、医学書院ならクビになる。
記者として三流。



83 :某記者:2009/03/01(日) 02:53:39 ID:adK1nxHt
>>82
肝炎で厚生労働省の当時の人間が処分を受けているんですが、
それでもあなたは厚生労働省がまともなことをやっているとでも?
じゃあなぜ処分を受けたり、当時のエイズでは課長が逮捕されているのかい?
お前が勉強してないだろう。クラブに入ってる屑だからね。
厚生労働省が記者クラブを廃止して(民主党政権で実現)
原則全情報あらゆるメディアに公開になったら、終わりだねw


84 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:55:10 ID:dgihvoOw
>>70
・ルックスが評判の開業医
・患者に優しいと評判の開業医
・「大丈夫ですよ」と簡単に言う〃
・「暫く様子をみましょう」と簡単に言う〃

オレなら別のところへ行くわ。

確かに開業医でも凄い技術や患者への思いを持ってる人も居る。
病院のオペ室を借りてスタッフも自前で高度な手術をする開業医(全く儲けにならない)とかね。
でも一般人がそんな開業医を見つけるのは至難の業。業界内でのネットワークでしか無理でしょう。
一般人の評判なんてネットも含めて当てにならないし。
出版物も同様。「医師にアンケート」なんて本もどうかと思うところが出てることが良くある。
だからどうしたろ良いのか?と聞かれても困るんだけどね。

ある意味”運”だよ、医者選びは。

85 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:56:49 ID:KoBatpqw
>>80
開業医はねそこから借金とか経費とか出すわけ。
2億円借金して20年間で返すには毎年1千万円返さないといけない。
年収2500万あろうと1500万がいいとこ。

86 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:57:04 ID:iyX4z6bx
朝生ちらっと見たけど
医者側の人の主張を実現するにはどれだけ労働力とお金を
投入しても足りないと思った。たぶん、他の分野に影響が出るし
若い人たちが負担に耐えられないと思う。

87 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:59:23 ID:z3RnaBP5
>>86
ヒント:「医者側」を選出してるのも放送局

88 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 02:59:36 ID:QnbLFXxU
>>83
後の進んだ薬学で裁いたら過失があった。
しかし、当時の日本の薬学レベルではわからなかった。
これが事実。
G教授(課長)が何もしゃべらなかったのは、そういう背景があるからだと思う。

それから、厚生労働or日比谷の記者じゃないんだったら、どうでもいいや。




89 :某記者:2009/03/01(日) 03:00:37 ID:adK1nxHt
まじめな厚生労働省の人たちw 

その1

松村明仁さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9D%91%E6%98%8E%E4%BB%81

もちろん起訴事案になったのは2件だけで、ほかに多くの被害者がいる。
オウム真理教で麻原が膨大な被害者の一部の被害者の起訴にとどまっているのと
同じ理由。パンツを300人から盗んでも起訴は2人で余罪が数百件あるとおいう
のと一緒。

90 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:01:23 ID:wGg0wQzr
>>82
調べずに煽るだけの毎日新聞奈良支局が
新聞記者の賞をもらったんだから、たぶん
「日本の記者としては」優秀

ゲスとして一流ということだけれど
>>80
実営業時間が数分の1
医師一人あたりの労働時間も数分の1
っていうのも面白いから根拠教えて

>>83
>厚生労働省が記者クラブを廃止して(民主党政権で実現)
原則全情報あらゆるメディアに公開になったら

自称記者のお花畑と同類になるというのは・・・
民主党支持者になるには勇気がいるな・・・・

91 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:02:22 ID:dgihvoOw
>厚生労働省が記者クラブを廃止して(民主党政権で実現)
>原則全情報あらゆるメディアに公開になったら、終わりだね
今日最高の発言だよw


ああ、ビジ板にも痛いミンス儲が来る時代になったんだなあシミジミ

92 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:04:30 ID:tE2pVFJt
溝口みたいな開業医が増えているね。
勤務医失格者が多すぎるよ、免許返上が社会のためだよ。

東京のブランド病院といったてふつうは主治医は若い、
けど病院力が彼を支え育てている。
田舎の大病院は設備こそ一流でも病院力がないよな。



93 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:06:19 ID:QnbLFXxU
>>90
あれは新聞労連の賞ね。
そういや福島のギネの先生は和解したんだよね。


で、話を戻すと、
高度救命救急センターなんて採算合わなくて当然なのよ。
わざわざ業界紙呼んで、こんなくだらない妄想を書くな。
CBなんか誰も見てないからいいけど、2chは閲読率が高いんだから、もうちょっと考えた記事を書け。


94 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:10:00 ID:/jvPzjYP
埼玉医大(笑)

95 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:10:39 ID:mVjNLL04
医療機関別、職能別人件費の総額・平均・分布
同診療科別の診療報酬総額・診察1件平均・分布
上記の地域、経営規模・形態、官民などの別に応じた評価

こういう統計なり生DBって厚労省は公表してるのかな?
土建屋の経営事項審査のもう少し詳細な医療施設・法人版みたいなのがあれば
その辺がクリアになるのかなと思うけど

で類型から抽出したサンプルの経費>固定費>設備償却、税控除、公的補助とか示して
第三者が会計的に評価できるような素地があれば議論のしようもあると思うが
いくら危機的状況だからってパニックを煽ってばっかりじゃ話になんないし

96 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:10:53 ID:z3RnaBP5
wikiソースの記者って・・・これがかの「市民記者」って奴?

97 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:22:07 ID:dgihvoOw
>勤務医平均年収 1500万
>開業医平均年収 2500万
>この格差の是正を。

「医師の年収」でぐぐれば、一番上にこんなん出てくるんですけど。
ttp://nensyu-labo.com/sikaku_isya.htm

>小規模の診療所やクリニックの開業医の場合、ピンキリですが軌道に
>乗れば平均で年商2,000〜3,000万円位になります。しかし、この額が
>医者の収入としてそのまま懐に入るわけではありません。ゼロから開
>業するとなると膨大な資金が必要になります。

「年商」って書いてありますね。

ああっうましかうましかw

98 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:27:36 ID:QnbLFXxU
これがわかりやすいかも。

ttp://www.docbj.com/iryohi/kaigyoui.html

>個人立診療所という事業所の黒字ですから、開業医という個人の給与だけでなく、
>土地や建物などのイニシャルコスト(借金)の返済額、建物・設備の改善や修理に備えるための内部資金など数十万円分の金額も、
>その中に含まれています。従って、単純に、勤務医の給与とは比較できません。


医業収入=売り上げ

です。

間違った知識の上に間違った知識がどんどん積み重なるから、
最終的に出てくる結論は間違いでしかありえない。


99 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:36:20 ID:ei667dSo
しかし規制緩和って何を考えてるんだろう
極端な例を考えれば、無試験・無トレーニングで医者になれれば究極の規制緩和だが
医者になる人数を増やすということはそういうことだ
今でも医者に不信感を持っている人が多いのにバカ医者をさらに増やしてどうする気だ

ああ、マスゴミの飯の種になるからいいのか

100 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:39:23 ID:YXW/sRfS
要するに、灘高やラサール涙目wwwwwってこと?

101 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:43:12 ID:BEV9UNgs
最近はCSIの影響か知らんけど、職場でもマスコミでもエビデンスを多用するようになってきたな
証拠や根拠がない と言うより エビデンスがない と言う方がうやむや感が倍増だ

102 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:50:44 ID:VgFcvpJd
民間にやらしたほうがサービスよくなるし
経営能力と医者としての能力はべつだろ


103 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:51:44 ID:kNEOXetT
これは良い記事だ

104 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:53:12 ID:YXW/sRfS
医者だって金持ち集団なんだから政界にいくらでも圧力かけれたろうに
何やってるんだ?

105 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:57:58 ID:f8KxeqWO
これは興味深い。
特に
>>病院の経営を悪化させ、赤字にするのです。
赤字にして、多くの病院を銀行や株式会社の管理下に置き、これに大手商社や生命保険会社などが参入するというシナリオです。


いかにも新自由主義的手法。竹中と外資金融が考えそうなビジネスモデルだ。


106 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:58:53 ID:YPpu/aEP
こんな鋭い洞察を理路整然と答えられる超人なんているのかよと思ったら
理III出身の医師だった、なんか妙に納得

あとインタビュアーがちゃんと専門知識を持ってる記事は気持ちいいな
経済や社会面の記者とかゴミすぎる

107 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 03:59:53 ID:pc5TNS3v
風邪ひいたくらいで、いちいち病院行く若者がへれば解決する話なんじゃないの?

よわっちいったら、ありゃしない。

108 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:02:31 ID:PcPKq537
キャリアブレインの工作員が自画自賛に来たようですね。
どうして、そんなに分かりやすいのw

109 :きちえもん:2009/03/01(日) 04:03:03 ID:yCzn0RDb
小児科や産婦人科が減るのも、アホな判決を出す裁判官やマスコミの頭悪い
報道のせいだよな。

医療上の過失は、どんなに頑張ってもゼロには出来ない。
失敗をしない人間はいない。

裁いたり、糾弾されるべきは「悪意や怠慢」であって過失自体ではないと思う
のだがどうよ?
ミスがあっても「普段からミスを減らす努力をしている」、「発覚したミスを
速やかに説明・陳謝し、最善の対応を検討実行する(タダで)」等の行動で
許してやるべきだと思うがな。

それでダメだって言うのなら、最高裁で判決を翻された地裁の裁判官はくびだろ。

110 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:04:43 ID:enIdlVTw
>46
つまりお前が真っ先に切り捨てられるんですねわかります

111 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:04:49 ID:m/Ff4axP
政官財暴の悪の4軸が日本を滅ぼす

112 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:05:33 ID:24VkKv4a
>>1
>マネーゲームでもうける職種、すなわち、人から集めたお金を横に流すだけで
>莫大(ばくだい)な利益が得られるような社会構造を変えていかなければ、日本の再生はないと考えています。

医療自体、超高給の金の亡者が、国民から金をふんだくるマネーゲームみたいなもんだろ

113 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:07:15 ID:DzdKX3Dh
最近この板にも政府の工作員が増えてきたな

114 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:08:11 ID:nY99N19e
>>1はバカか
赤字病院は、人件費が収支の6割以上を占めている。それが異常なことぐらい気付くべき。破綻して当然なの。こんなバカが病院経営に口を出すから失敗するんだよ。
■民間企業なら、「売上高に対する人件費比率」が50%に上れば、そもそも企業活動が成り立たない。
 製造業の場合、「人件費の対売上高比率」が20%になれば、経営の危機ラインとされる。


115 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:16:54 ID:nY99N19e
>>114
★「医療費対GDP」比較は意味がない。
 こういうのを見てみよう。
◆アメリカの医療費 http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/america.html
 「医療費対GDP」で比較することに意味がないことがよくわかる。
 よく医師会が「医療費対GDP」の比較を持ち出して、「自分たちの診療報酬を上げろ」と言っているよね。彼らは自民党の道路族より金に執着した悪党。騙されないように。

◆自分たちだけ税引き後の金額を示して「実質所得は高くない」ということはフェアなのだろうか http://benli.coc●olog-ni●fty.com/la_causette/2008/11/post-ea1c.html
■日本医師会総合政策研究機構の前田由美子氏の「『医療経済実態調査結果速報−平成17 年6 月実施−』に関する分析」には,次のような記述があります。
 このように『計算上控除可能なものを差し引いた』だけであるが、その結果、有床診療所では年間の収支差が2,849 万円(月額237 万円)【16 頁】といっても、
開業医の年収相当額は1,022 万円以下、無床診療所では年間の収支差が2,728 万円(月額227万円)【16 頁】といっても開業医の年収相当額は1,121 万円以下と計算された。
 なお、キャッシュフローという意味では減価償却費を加えたものが手元に残っているが、キャッシュフローの中から設備投資および設備投資のための積み立ても行っていかなければならない。
 平均的な開業医の可処分所得は最終的には1,000 万円を切ることは明らかである。
■しかし,これは明らかにまやかしの議論ですね。
 『一般に,年収に関する統計処理を行う場合には,そこでいう「年収」は税込みの「年収」を用いるわけです。何で開業医の「年収相当額」だけ,税引き後の数字を用いるのでしょうか』
(まさか,開業医以外は所得税や住民税を支払っていないと思っていないですよね>前田さん)。


116 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:18:38 ID:0EJ9LwoG
日本の不況で政治暴動は起きるのか 2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1232116208/
暴動1つ起こセナイ,誰かがヤルダロウ精神の日本はもうダメ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1178286257/

今再び宅間が甦る
そして第二の官僚キラー小泉と共に

117 :きちえもん:2009/03/01(日) 04:19:12 ID:yCzn0RDb
>>112
日本の医療で患者が請求される金額は安いほうだと思われ。
上のほうのレスでもあるが、例えばハワイで盲腸になったらいくら取られると?
100万くらいっすよ?w まあ、保険制度の違いもあるが。

>>114
落ち着いてくれ。「人件費の占める割合が○%超えたら〜」というボーダー
を他業種に当てはめられない、っていうのがあなたの発言中の数値から
読み取れるぞよ。

118 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:24:18 ID:24VkKv4a
>>117
医者が超高給なのは、健康保険税というからくりがあるだろ
おれなんてここ十年くらい医者にかかってないが健康保険税を通して医者にいくら払ったか
計算するととんでもない額になるわ

119 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:29:33 ID:nY99N19e
>>117
??
おかしくないのだが…。最大で40%台に保つのは、業種に関係ない。

テレ東の報道でもあったが、九州のとある病院は、民間に事業譲渡したら、先ず最初に人件費の収支に占める割合を40%台にした。ある看護師は給与が半分になった。
この医療法人が運営する民間病院では、収支の40%台に保つのは当たり前の賃金体系。


因みに、国が金を出して医療を支えろと言う人が医療界には多いが、この考え自体が異常。
赤字国債出して財政支出して何かを支える仕組み自体がおかしいわけ。ペーパーマネーでもないし。今回の金融危機で、この借金して何かを支える仕組みが異常だとして壊れたわけ。
リミットは4月のG20。
G20で新しい仕組みを提示できなければ、09年夏から秋に米国債だけでなく各国の国債がデフォルトを起こす。


120 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:31:19 ID:f8KxeqWO
>>118
ということは、健康保険を廃止して、民間保険で代用すればいいんですね♪
健康なら保険に入らなければいいんですよね♪

121 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:32:40 ID:o/FuJ2hr
>>42
裁判官というより法にズレが生じてきてるじゃなかろうか・・

122 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:32:57 ID:24VkKv4a
>>120
何言ってんだ
税だから支払い義務があるんだよ
督促状がくるだろ

123 :きちえもん:2009/03/01(日) 04:34:43 ID:yCzn0RDb
>>118
そうは言うが、じゃあいくらなら良いのかな?
派遣と同じくらいでいいの?馬鹿しかやらなくなるよ?

俺はそんな奴に診てもらいたくないぞ。
俺らが優秀な人にやって欲しい、と思う業種には残念ながら今の世の中高い報酬で優秀な
人材を釣るしかない;;

昔なら薄給でも崇高な志しでやってくれた人は多かったとは思うけどね(教師とか)。
モチロン、君らが言うように金の亡者的なのもいるネ。
俺が知っているのは歯科医での話しだが、裏で保険の点数が一人あたり何点で、一人何分で
廻して、とか言っているとこはやめとき〜(普通聞こえないけどね)。

124 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:37:14 ID:o/FuJ2hr
誰かが儲けるとすれば、保険会社が儲けるより医者に儲けて欲しいんだがw

保険屋金融屋が儲けてもなぁ

125 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:38:59 ID:24VkKv4a
>>123
競争原理が働けば
優秀な医者はもっと稼げるんじゃないの
藪医者は廃業するが

126 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:40:50 ID:nY99N19e
先ずね。病院の数が多過ぎ。
■バブルはおかしく、高度成長は奇跡だったのだから、
『それによって得られたモノもおかしい』と、なぜ考えられないのか。
 ▽低い税率、低い窓口負担、年金保険や医療保険での低い保険料率などの優遇措置。高度成長期やバブル時代の老人医療費無料化
 ▽多過ぎる総合病院や救急病院数(高度成長期に行われた、救急病院の分散+市ごとの総合病院で、医療資源が集約できず分散により、一人当たりの負担が大きい、シフト体制が組めない)
 ▽日本伝統と言いながら、近年、高度成長期に確立した雇用体系(終身雇用、年功序列、正社員のみの雇用保障、新卒採用主義で一生が決まる大学学歴社会、給与はホワイトカラーの方が多い)

■昔は当たり前だった、医師の往診
 生活の場で行われていた医療が、病院へと移り始めたのは高度成長期から。
 地域ごとに総合病院が作られた昭和40年代、患者は病院へと集中。さらに、老人医療費の無料化が拍車をかけた。
 こうした病院頼みの風潮は、人の死に場所を変えた。
 昭和20年代ほとんどが自宅だった看取り(S27:自宅…8割 病院など…1割 その他…1割)は、昭和51年に逆転。今、看取りの8割を医療機関が支えている(07年:病院など…8割 自宅…1割 その他…1割)。
 進む高齢化、増大する医療費、国は診療報酬の見直しなどをはかり、在宅医療を進めている。
◆07年の死亡者数…100万人 → 2040年の死亡者数…170万人
 この数の8割を病院で看取るのは、実際問題として不可能。
 従って、「病院−施設−在宅介護−在宅医療」この4つが連携して包括ケアを実現していく。カギを握るのが在宅医療。
■自分が痛みを感じる末期患者となったら…[厚生労働省 03年度アンケート調査]
 59%…“自宅で”療養したい(「最後まで」+「入院が必要になるまで」)
 33%…なるべく早く“入院”(「行きつけの病院に」+「緩和ケア病棟に」)


127 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:42:28 ID:nY99N19e
>>126
★『「政府介入という安定化政策」をとることは、かえって経済を不安定にする』という歴史の教訓に学ぶべきだ。
▼「政府介入」とは…
 実質破綻企業の救済「国有化」、「規制強化」、「所得控除の拡充(ローン支払い利子など)」、「非課税扱い優遇策(売却益など)」、
解雇規制や労組権力の強化により「実質賃金上昇の保護」(実質賃金が25%も上昇し逆に実質GDPが低下した、1935年ワグナー法のようなストライキや賃金カルテルの合法化)
▼『自由放任どころか、「政府が政策的に介入して(住宅取引などを)過度に優遇し過ぎた」ことが、金融危機を引き起こした』
 20世紀の世界各国の大不況の原因は、「需要不足」ではなく、「経済システムの混乱による潜在成長率の低下」で、「需要刺激策などの景気対策」は不況を長期化させた。
▼各国政府は、長期的な成長率を高める政策に集中すべき。
 それは金融システムを再建するとともに、競争力を失った企業を退場させるなどの改革であり、財政刺激は長期的にも短期的にも効果がない。


128 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:48:10 ID:nY99N19e
>>127
★『国民全員が既得権益者』になり、《損失の再配分機能》に対する抵抗勢力になった
 《規制緩和の“遅れ”の犠牲者》…「規制緩和が不徹底である」ことが、市場原理が機能しない理由
■国民全員が既得権益者になった
 バブルはおかしく、高度成長は新興国から先進国になる一過性の奇跡だったのだから、『それによって得られたモノもおかしい』と、なぜ考えられないのか。
 国民は、バブルの税収を基にした社会システムによる、既得権益を手放さなければいけない。
 そして、適性な税収、つまりバブル時の半分の税収に基づく、社会システムにしなければいけない。
 そりゃあ医療も社会保障システムが問題になるのは当たり前。だって、バブル期の税収が前提だったんだから。
■《損失の再配分機能》
 「政治はながらく冨の再配分機能だとされてきたが、財政が極度に悪化し、少子高齢化によって国勢が衰えていく日本において、今後求められるのは“損失の再配分機能”」である。
 損失の再配分とは、国民に冨ではなく痛みを分かち合ってもらうことである。
■『規制緩和の不徹底(中途半端な規制緩和)』が問題を生じてさせている
 「規制改革によって成長を促進する」という認識を持たないと話は進まない。
 規制改革を進めて民間有効需要を創造していくことが消費者の利益であり、勤労者の利益である。
 そうなっていないということは、中途半端な規制が残っているということ。それがタクシー規制の教訓である。
■タクシー規制の教訓…「規制緩和の“遅れ”の犠牲者」
 台数は自由化にしたが、業界の反対が強く、運賃や営業方法の規制を自由化せず、歩合制を残した。
 その結果、市場原理が機能せず、供給過剰・過当競争・運転手の収入減となった。
 『業界規制の緩和が不徹底だったことが全て』なのである。
◆タクシー再規制―緩和の本旨に立ち戻れ[朝日新聞 2008/07/04] http://www.asahi.com/business/topics/TKY200807030523.html
≫「運賃やサービスの内容をもっと自由にすべきだ。02年の規制緩和で台数は自由にしたが、運賃や営業方法の自由化には業界の反対が強く、規制を残した。
業界規制の緩和が不徹底だったことが、ゆがんだ増車競争を生むことにもなっている」


129 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 04:50:26 ID:nY99N19e
>>128
★「悲惨でも不快でもない選択肢」=「今日や昨日を求む選択肢」などはない。選べるのは「不快な選択肢」=「明日を求む選択肢」だけ。
◆「政治は可能性の芸術ではない。“悲惨なこと”と、“不快なこと”の、どちらを選ぶかという苦肉の選択である」 by 経済学者のガルブレイス
 どうして『悲惨でも不快でもない現実的選択肢』を示せなどと言うのでしょうか。
 ガルブレイス氏の言うように、示せるのは「悲惨な選択肢」か「不快な選択肢」しか有り得ません。
 日本にとって「悲惨な選択肢」とは、現状の医療や介護、年金を緩やかに崩壊させていく事です。「不快な選択肢」とは、今以上の税金か保険料の負担を受け入れる事です。
 日本人は、どちらかを選ばなければなりません。『「悲惨でも不快でもない現実的選択肢」などという空想に浸っている事は、実は「悲惨な選択肢」を選んでいる事になるのです。』


★《損失の再配分機能》…もはや、バラマキは、理念も規範も無視される、シニシズム(冷笑主義)
■「政治はながらく冨の再配分機能だとされてきたが、財政が極度に悪化し、少子高齢化によって国勢が衰えていく日本において、今後求められるのは“損失の再配分機能”」である。
 損失の再配分とは、国民に冨ではなく痛みを分かち合ってもらうことである。
 そのために、政治にとって最も重要なのは言葉であり、より誠実で、丁寧で、合理性のある説明責任である。それが果たされなければ、国民は受け入れるはずがない。
 政権維持あるいは政権奪取という目的がすべての手段を正当化する、といわんばかりの今のバラマキ主張の民主党が担うには、あまりに重い機能である。
■今、民主党は、政権奪取ただ一点を何事にも優先させる、という空気に染まっている。
大きな問題であろうが小さい問題であろうが、身内に摩擦が起ころうが起こるまいが、まじめに議論すべきは議論せよ、と主張しても、相手にされない。
冷笑されるだけだ。理念も規範も無視される。もはや、シニシズム(冷笑主義)と言ってもいい。
http://diamond.jp/series/tsujihiro/10043/?page=3


130 :きちえもん:2009/03/01(日) 04:51:34 ID:yCzn0RDb
>>124 いいこと言った。
やってる仕事の貢献度に見合った高給であれば、おれらは許すべきと思う。
保険屋とか(いくらかは助かることもあるけど)、商社とかマスゴミとか芸能人とか、
銀行員とかファンドのみたいに金を弄って何も生み出さない連中とか、
こういう奴らこそもっと薄給でいいんだよ!

政治家とか教師とか農家とか、消防士や警官なんかは高給でもいいかな。
当然しかるべき志に根ざしてちゃんと仕事をしてもらわなくちゃいけない。
不祥事に対する罰則はきつめにしたいところ。
ただ金につられてなるのはかなり違うと思うけど・・・。

>>125 
そうなるには2chでもいいけど、正当な評価を皆が見れる場が必要なんだよね。
実際、歯科医はヤブのほうが儲けがいい(技術的にあまりにアレだと廃業だがw)。
普通の人はどこ見て評価したらいいか分からないから藪も淘汰されないみたい。

131 :きちえもん:2009/03/01(日) 05:02:40 ID:yCzn0RDb
>>119
う〜ん、そういうものなのか?
人の技術が勝負となる業種ではほとんど人件費となる場合もありえるとも思うんだけど。
そんな単純な指標がすべての業種に当てはまる、というのは少し納得しかねるな。
人件費以外にどんな経費がかかるか、なんてまちまちジャン。
精神科の病院でも同じことが成り立つかい?



132 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:12:45 ID:dgihvoOw
>>126
色々と認識がおかしい。

まずバブル期と病院数(病床数)は関係ない。
病床の総量規制が行われたのは地域によって違うと思うが、昭和56〜8年の頃。病院数はその直前に激増。駆け込み開業だね。

>低い窓口負担、医療保険での低い保険料率などの優遇措置。
>高度成長期やバブル時代の老人医療費無料化
これらのサービスは全てバブル期の10年以上前に完成。バブル期は逆に医療機関の採算性が悪化し、民間譲渡が相次いだ。

>多過ぎる総合病院や救急病院数(高度成長期に行われた、救急病院の分散+市ごと>の総合病院で、医療資源が集約できず分散により、一人当たりの負担が大きい、シ>フト体制が組めない)
救急病院が整備されたのは、上記駆け込み開業の病院が増えたときであって、そのとき以降救急病院の数の減少は続いている。理由としては必要な患者数を確保したら儲からない救急などやってられるか!と言うもの。
貴方が書く頃は救急病院での当直勤務は今と比べてとっても楽だった。

>先ずね。病院の数が多過ぎ。
社会福祉の一貫として入院してる患者を受け入れる施設、や住宅が整備されない限り、追い出せない。

病院の数が多いと言うより福祉施設、介護事業が充実しないと入院患者は減らせない。
病院の数も同様。

133 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:17:38 ID:oEWwWqIq
>>131 あたまでかっちの子ばかりだから相手にしても無駄だよ。
自分の結論を押し通すだけの頭の中がゆとりっ子。
相手にするだけ無駄。

134 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:19:46 ID:ciRF5Pzo
>>118
逆だよ。保険制度が無くなって自由診療になったら
間違いなく医師の収入は倍増するよ。

米国とか参考にしたら簡単に理解できる。


日本の医師の所得があまりに低くて、中国から来た医師がびっくりして
こんな所て働いてられないとすぐに帰国したくらいだ。

135 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:22:35 ID:dgihvoOw
>>119
とある病院では判らない。

開業後数十年経ってる”単独の”公立病院の場合、古参看護師や事務職の年収が中堅の勤務医より高い場合がある。(弱1000万程度)
更に悪いことにこいつらは仕事が出来ない上、転職先が無い。
そのような病院を自治体が自力で経営改善するのは労使協定が邪魔して殆ど無理だから、民間売却が選択枝になりうる。
それなら人件費の大幅削減は現実に可能。
だが、人件費の相対的に安い単なる民間病院では無理だよ。賃下げと同時に職員がどんどん逃げて運営不能になる。
労働流動性の高い職種だからね医療技術者は。

病院の種別を明らかにしないと為するだけの無意味な記事だよ。

136 :きちえもん:2009/03/01(日) 05:28:28 ID:yCzn0RDb
>>133
そうか〜、ゆとりっ子かー、ってw
決め付けちゃうと怒られちゃうよぉ〜w
まあ、ゆっくり考えてもらうさ。

しかし、126〜129のレス、どこかに元ねたがあるのかな?
自分で纏めてるんならすごいスピードだが。


137 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:36:41 ID:dgihvoOw
>>135
に訂正補足
民間に譲渡と書いてあるから公的病院だったのだろう。
その場合は>>135の通り人件費抑制は可能

でもそれをもって、民営化=人件費抑制を普遍化するのは無理。

上の方で書いたけど大都市の民間病院の医療外資本支配は進んでいます。
その構造が破綻しかけてるのが今の病院を取り巻く危機の本質だろ。
もう国が医療費総枠を増加(つまり金を出す)以外解決法は無いよ。

予言します。
医療外資本の民間病院は医療資本系病院より早く多くバタバタと倒れると思います。
病院倒産の記事に良く注目してて下さい。



138 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:40:11 ID:nY99N19e
>>135
ハイハイw
その病院では看護師も職員も逃げていませんから、心配無用ですよ
看護師らが、それなら辞めると言ったら、民間からの理事が「民間の給与水準ではこれが当たり前。どこに行っても同じですから」の一言で、民間でそうなら慣れ親しんだこの地域この病院でやっていこうとなり、残りました。
少しは検索したら?


139 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:41:12 ID:nY99N19e
>>132
社会的入院を社会福祉とは言わないように


140 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:44:08 ID:DuyDJFgu
>>1
>四国地方のある公立病院は、PFI(private financial Initiative、民間資金の活用による公共サービス)が導入され、
>有名な流通業界の会社が運営に参加しています。
これって高知の話?

141 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 05:54:47 ID:dgihvoOw
>>138
ババア看護師に逃げるスキルが無いから逃げれないだけじゃん。

それを一般化しようとするから、訳がわからんレスになる。

>>139
社会的入院者には福祉が担うべき患者が多く存在する。それを簡単に書いたため。
ex独歩困難で独居の自宅では生活できない者、軽度の知的障害者、精神障害者等。
福祉施設を充実させればその患者たちは病院から出ることが出来る。

現状は入院期間制限があるので病院同士のネットワークで患者を半年から3ヶ月で廻してる病院が多い。
こうすると比較的高い点数が維持できる。
病院社会的入院を続けさせる(廻させる)を選ぶか、福祉施設を充実するか、社会全体での費用は検討しないと判らないが後者の方が安くなるようはに思う。

142 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 06:02:31 ID:dgihvoOw
>>138
テレ東の報道を真に受けてる時点で相当痛い。
WBSでも信じて新たな事業ネタとかに投資してれば

143 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 06:03:44 ID:mp7SLYBr
開業医と一括りにするのも問題あるだろ。
近所に小児科開業したが、週休1日で勤務時間も長くて、さらに看護士やら雇ったり経営も考えて、訴訟リスクも抱えて……

医療界内部の格差を是正というか、逆に正しい方向に格差をつけるべきだと思うわ



144 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 06:15:51 ID:DfMK1dMQ
医療に市場原理主義持ち込んだらいかんだろ
介護はどうなったよ 介護ビジネス()笑

145 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 07:01:10 ID:ZVufh8Ur
>>118
今の健康保険がお高いと?
国民皆保険制度を崩壊させて、民間健康保険を導入すれば
負担が軽くなるとでも思ってるのかね?

> ここ十年くらい医者にかかってない
って言うくらいだから、10歳よりは年を取ってるようだ。
本くらいは読めるよね?もうちょっとお勉強しなさいよ。

146 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 07:04:13 ID:FwZWoCsr
誰枯れなく高度医療を受けれるとか凄いl国だと思うんだが。

ヤクザ商売的な金融部門より、医者・医療部門が潤うほうがいいじゃん。

高額高性能な医療機材をどんどん導入してくれた方がよっぽどいいわ。

147 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 07:13:24 ID:nh6SiyVi
わけわからんおっさんの妄想ソースでスレ立てんなwww

148 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 07:30:58 ID:OsdLvGr7
今の医療制度は最悪だよ

・一ヶ月で病院転院を強要される(一ヶ月を超えると診療報酬が大幅に引き下げられる為)
 環境が変わるためそれがストレスとなり患者に悪影響
・転院先の病院で検査(CTや胃カメラ等)を強要される(つまり1年間で12回)
 待合室で長時間待たされた上に検査漬けで体力を根こそぎ奪われる

入院してるのに不健康になっていくってどういうことだよ

 

149 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 07:50:48 ID:vmE6jJOb
>>1
ロックフェラー、ロスチャイルドのやり方そのものだ。


150 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:12:04 ID:mEcL2sSB
>>20
体力がないというのも、シナリオのうちだよ。

151 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:19:48 ID:WMtG6YiR
知識が豊富で腕の良い医師なら患者はいくらでも支持する
それだけの事なんだけどなぁ・・・

152 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:35:19 ID:wGg0wQzr
>>151
「支持する」というのは
お金をよけいに払いますということ?
医療維持のための法案を通してくれるの?
それとも 心の中でなんか思うだけ?

153 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:40:36 ID:SF4yBSqm
医者に頼らず、自分の健康は自分で守るのが基本。

154 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:42:48 ID:EMzRiWm8
おまえら都会の健康な奴ばっかりなの?
田舎の医療マジでやばいことになってんだよ。

155 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:48:51 ID:iFo6oJ5W
そもそもだれが「医者は儲かる商売」だなんて言ったんだよw
医者や弁護士、教師なんてのは「志」あっての仕事。
そこに価値を見出すことによって、充足感を得る仕事。
だからこそ「先生」と呼ばれる。
「名誉」と「尊敬」を得られる仕事なんだよ。
それを忘れてるというか、まあ
戦後のこの社会体制や教育ってものが
価値基準の中心となるべきものを放棄されたままだということに
問題は収斂するわけですな。

先生ともあろうおかたが、そういったことを無視して
「医者たる自身」の目線から「医療」を語っても説得力がございませんw

156 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 08:52:45 ID:dewPoHuj
トヨタが好調だったらつぎに狙うのは大型医療だろう といわれといたけどね

157 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 09:00:02 ID:8sfry7+K
医療ファンドとかいかにも巨悪オリックスや竹中が考えるネタだね。
次の選挙で自民をやっつけてこのような傾向を正さないと。

158 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 09:04:46 ID:44YtURmt
「医師はストレスフルな職種」-日医委員会が1万人大調査
「今の“医療崩壊”で象徴的なのは、医師たちが職場を辞める動き。
心身の病気に陥り、そして病院を辞める。そうなる前に健康管理をすることが重要 」
こう語るのは、日本医師会「勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会」の委員長を務める、
東海大学医学附属東京病院教授(精神科) の保坂隆氏。
保坂氏は、以下のように語っています。
「医師には肥満、高脂血症が多く、肝機能が悪い人も少なくない。
飲酒などでストレス発散をしている実態がうかがえる。
その一方で、 心身の病気になっても、『あいつはダメだ』『昇進に響く』 などの思い、
そしてプライドもあり、なかなか言い出せない状況がある。
医師はストレス・マネジメントが困難な職種であるため、
これまで正面から取り上げてこなかったのではないか。

159 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 09:07:18 ID:wXBXRYg9
広告を出さない形態の業界をどんどん叩いて
その結果、莫大な広告を出す業態に変えさせる。

それがマスコミの戦略。



160 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 09:47:38 ID:Mq/KF6Rg

ほんとマスコミは国民の敵だな

161 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:20:57 ID:M2Cgp8X6
>>157
そーいえばオリックスの社長がいってたな〜
「医療崩壊を防ぐために保険を開放して病院経営を誰でも出来るようにしろ」とか
やっぱ金儲けが目当てだったのかな

162 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:22:19 ID:WMsMMR3a
マスゴミ最悪だな。

広告が規制されてる業界を叩く

業界団体が広告規制の緩和を要望

マスゴミウマーか

163 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:22:49 ID:0EvSfsnC
>>83
お前さあ、結果責任で重罪を課す日本が異常とは思わんのかよ。
アメリカもドイツも、さらにイギリスフランスも薬害エイズで日本以上の患者が出たが
役人や実際の臨床医を処分したのは日本だけ

アメリカでほとんど患者が出ず、日本で多数の患者が出たサリドマイドとはまったく性格が違うんだよ
医療現場にて対応可能だったとは思えん、血友病は睡眠薬と違って、製剤がないとへたすりゃ死亡するからな。

164 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:23:16 ID:LjrNu424
とりあえず医療費控除と高額療養費を廃止しろよ。
人件費かかるし、健康保険と医療保険だけで充分。

165 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:29:02 ID:R7gXxxG9
マスゴミ関係者とその家族の
診療はしないと心に誓い日々実践してる

この前も息子が読○新聞の記者だと名刺を
持ってきた感じの悪い肺癌のババアがいたが

うちの施設ではお望みの診療は出来かねますと
宛先なしの紹介状を渡して追い返した

166 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:30:34 ID:M2Cgp8X6
>>165
普通の病院じゃ
大手メディアの名刺を渡せば待遇良くなるもんなのか?
ならすげぇ

167 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:35:11 ID:BId0l44W
>>164
大賛成。
税関係の仕事してるが、医療費控除は廃止して欲しい。

戻りが出るから病院行ったほうが得と思いこんで
必要以上に病院に通う年寄りが少なからずいる。
(誤解が原因だとしても、)医療費の無駄遣いを推進する制度はいらん。

168 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:38:06 ID:R7gXxxG9
>>167
お前、今の健康保険制度のありがたみを理解してない
白痴だな

アリコ・アメホなんぞの民間医療保険なんかに入ってない
貧乏人、一般庶民にむちゃくちゃやさしい
高額医療費制度や医療費控除が廃止されたら
親が癌になったり、脳梗塞になったら破産して死ねるぞ

169 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:42:33 ID:R7gXxxG9
アリコ・アメホの民間医療保険に入ってても
どうで雀の涙程度の給付金しか
もらえないしな

癌になって手術したり、抗癌剤したり、放射線したり
再発して、モルヒネ飲んだり、在宅酸素したり
してると月額何十万円も医療費がかかるのはザラ
(それでも日本は激安。アメリカなら数百万単位)
高額医療費制度がなければ
長期生存すれば、確実に破産できる

今の公的医療制度を改変したら、家族が病気になったら
頼むからすぐ死んでくれと思うようになる

170 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:44:49 ID:I12qJoVX
そろそろ人間の寿命は短くなっていっていいんじゃないかと思う。

171 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:45:11 ID:zQDbYoII
結局金ズラ
この手のやり方は民主の小沢が流通業でやったよね。
地域社会は壊滅して銀行と一部の人間が太りました。


172 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:45:39 ID:HiEE1vEG
そう思うならまず真っ先に死んでくれんとなあ(笑)

173 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:52:53 ID:I12qJoVX
>>172
生きてりゃいずれ死ぬさ

174 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 10:57:41 ID:BId0l44W
>>168
3行以上の文章を読めないクズか。

医療費控除目当てで、必要以上に病院通いをしてる年寄りがいるからそこを問題視してるだけだが。
ちなみに、高所得者ほど医療費控除の恩恵が受けやすい。
医療費控除でういた分を高額療養にまわしたほうがよっぽど低所得者には優しいぞ。
わかるか低脳。

175 :エラ通信 ◆0/aze39TU2 :2009/03/01(日) 10:58:33 ID:gyjustIn
保存した。


176 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:02:13 ID:5/Z5dLT2
いろいろ考えさせられる記事だな。
「政官財による確信犯的医療崩壊ではないのか?」と疑っている医師って多いの?

177 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:02:45 ID:R7gXxxG9
>>174
お前の国語力のなさにあきれる
ゆとりか?
お前が賛成した164は高額療養費と医療費控除を廃止を訴え
お前は大賛成してる

高血圧のジジババが外来に頻繁に通っても
医療費はしれてる。たった年間数万レベルだろう

お前のような窓口業務しかできん底辺には理解できんのだろうが

178 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:07:30 ID:OgDjXjMK
ttp://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1209654405/
ttp://aruconsultant.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/pfi_dd2e.html
ttp://kurokawashigeru.air-nifty.com/blog/2008/01/post.html

金融屋が命を人質に金をむしろうと計画してるんだよ。

179 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:12:49 ID:4xF7JaRj
アメリカ見たくする為にわざという説はある。
だから人とか金がとかばかり見るべきじゃない。

最近だと裁判員制度がどう考えてもわざとしか思えないほど穴があり。

180 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:27:13 ID:z3RnaBP5
>>167
お前、現行の日本の高額医療費制度がどんだけ貧乏人に優しいものか知りもしないだろう。

181 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:31:36 ID:8zJLw8wa
年次改革要望書 ACCJ

182 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:31:50 ID:mDz6zQv1
マスゴミに報道っぷりからして
これも正しいんだろな
今なら救急、産婦人科とにかく不安を煽って改革!改革!と連呼すれば
なぜか主旨とは違う方向に利権が動く
もう自民党はダメなんかもね

183 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:37:44 ID:Iee4KzFk
テレビ版、医龍の第二部がこんな話だったよね

184 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:40:17 ID:8zJLw8wa
今政府がやってる方向は交通事故で脳挫傷>気管切開>人工呼吸>チューブ流動食
こんな24時間の介護医療を必用とされる患者も在宅にほうりだした。

長期療養病床を廃止。

185 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:49:15 ID:kpHjOz88
あーあ 簡単に情報操作されるんだな お前らって www
>>1-3全部的外れ


186 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:52:28 ID:zPfbn9nd
ただコレ、「社会」という名の「システム」を「クラッキング」して
利益を得てると言うことなんだよな

そういう利益追求手法は
極一部の人間がやる分には良いのかもしれないが
我も我もとやりはじめたら、システムは崩壊する

つい最近、「金融」という「システム」でそれを実践して
皆して決して安くない代償を支払ってる最中だと思ったんだが

救いがたい


187 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:55:54 ID:zPfbn9nd
>>185
>>>1-3全部的外れ

「間違い」と言い切れないのが悔しいよね

188 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:55:58 ID:KO7tEha4
海堂なにがしの小説でも読んで影響受けたのかw

189 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 11:58:38 ID:3EewzKF5
医療崩壊はマスゴミの責任。

190 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:01:01 ID:zqj73MJQ
>>182
むしろ代議士制がダメ

191 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:10:32 ID:at45zjdz
>「医師や患者を見捨てるようなことはしないだろう」と考える人もいると思いますが、
>「政・官・財」は、そんなに甘くありません。
>太平洋戦争を思い出してください。
>若者が何万人死のうが、国民がどれだけ貧困に苦しもうが、
>そんなことにお構いなく、戦争に突入した国ではないですか。
>最近の農業政策を見ても同じです

こいつらがどういう思想の持ち主かこれでわかったよ
全ての事象を日本の陰謀で語ろうとする連中
いわゆる”反日勢力”というやつだ
普通のヤツはこんなことで太平洋戦争なんて持ち出してこないからな

192 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:14:24 ID:C41xTJEa
医者って、自分たちのことしか見えていないんだなあ。

どう考えたって、「医療」が崩壊しているんじゃなくて、
その根元の「経済」が崩壊してるの。

国民全体で「経済」のあり方を考えないとだめ。


193 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:15:06 ID:VTWLVw0u
>>20
同意。
確かに財界の一部には「医療・福祉は未開の沃地」なんて幻想があるけど
それはまさに蜃気楼。

「医療・福祉」というのは公的資金と無償の家族労働力を投入しなければ成り立たない分野。
まともに値段をつけて対価を払える消費者なんてほとんどいない。
公的医療保険や介護保険がない場合、医療・福祉が産業として成立しないのは
火を見るよりあきらか。

つーか今だって自由診療をやろうと思えばできるんだから
富裕層向けの自由診療クリニックとかもっと出来てもいいのにその動きが
ないことがすべてを物語っている。

ま、規制緩和で財界が儲けるチャンスがあるとすれば、医療崩壊のどさくさ
まぎれにニッチな収益をあげるだけ。
とても産業として永続できるようなものではない。

194 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:19:06 ID:s0DskAcU
赤字にしたくないなら自由診療しかない。保険診療でまともな医療をやろうと
思ったら、どっかは赤字になる。それを国家が背負うか、病院が背負うか、
労働者が背負うかの違い。国家が背負えば、財政破綻。病院が背負えば倒産。
今は国家から病院へ赤字がシフトした状態。将来は労働者にしわ寄せが
くる。そうなった場合、フィリピン並みに医師は海外に流出するだろうな。
ますます医療は空洞化。将来は薔薇色だねw

195 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:22:50 ID:AYQTW7om
老人牧場か。
世代間所得移転にはいいのかも知れんな。

196 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:23:37 ID:VTWLVw0u
つーか「医療崩壊のどさくさ まぎれにニッチな収益をあげる」のも
もう去年には時代遅れなんだよな。

病院再生ファンドとかの類はほとんど失敗しているし、
リーマンブラザーズが丸紅の元社員の詐欺にひっかっかて数百億ぱくられたのが
話題になったくらい(w。

197 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:25:27 ID:6Z01jE0r
>>191
珍しいな。この板にもネットウヨがいるとは。

198 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:34:01 ID:at45zjdz
シナリオなんかじゃねーんだよ

医療費が増えたから医者減らした
医者が足りなくなったから医学部定員増やした
計画性もクソもねーだろが

ただの風見鶏的、場当たり行政
見て、わからんか?

199 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:39:00 ID:l/IjgTr0
既得権益に手を入れずに改革しようとしたからだろ

開業医に高額の税金かけろよ

200 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:40:12 ID:flRclKZR
>>75
開業資金って知ってますかw

201 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:46:39 ID:kfJEpOog
>>39
オリックスは毎日新聞に煽動させて奈良の産科を潰した実績があるからな
オリックスじゃなくて外資保険かもしれんが、一緒だろ

202 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:50:11 ID:BRO+rmCM
開業医志向を強めると儲かるのは、
開業資金を調達するローン会社、医療機器メーカー、不動産なわけで、
これを全部繋げてやってるのが外資のGEだったりするからくりだからな。

203 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:51:28 ID:cJOVffwq
>>187
いやいや
さすがに完全な妄想でしょ

確かに国は企業参入を促そうとしているが
あんなのは生贄にすぎない

介護でグッドウィルが喰らった様に
参入させるだけさせて嵌めるつもりでしょ

204 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 12:59:36 ID:flRclKZR
国の予算の中でどれくらい医療費を使ってるか、よその国からしたら、
日本はショボイ予算で切りつめてるしわ寄せが現場に多い。
だから赤字になるのであって、・・・。
公立でも赤字にならないように、ちゃんと支払う事から始めないとね

205 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:02:58 ID:kfJEpOog
>>192
お前はアホだな

現在の医療システムのルーツは
2度の世界大戦で構築された戦時戦傷救急制度なんだって何度言ったら判るんだよ

昔は患者の自宅に出向くのが医者の仕事だった
今は大規模施設に待機するのが医者だ

アメリカなんかは自国が戦場にならなかったのでこのシステムの構築が出来なかった
先進国で唯一非効率な医療運営をやっている国、金持ちが医療を支えている国、だ!

206 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:04:06 ID:VTWLVw0u
>>204
国民多数の本音は

普通のかぜとか→適当に安い薬でいいよ
老人の終末期→適当に切りあげてくれ

なんだよ。
で、実際現場の医師はそういう国民の本音に以心伝心で応えている。
去年だかおととしだかに読売新聞のそういう調査があったように。
そういう「現場の以心伝心」をどうやって制度化するかなんだな。
これからの課題は。

207 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:09:40 ID:fmy9+SqN
大企業が参入したら、多額の賠償金を請求できるな

208 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:11:31 ID:kfJEpOog
>>207
だからアメリカでは他の国に比べて医療訴訟が異様に多いのだよ
デカイ企業特有の尊大な態度ってやつはどこでも同じ

209 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:22:35 ID:TZSWR8Ln
日本の医療制度は相当に未だ良い方だぞ? エゲレスとかの医療崩壊を考えれば、どれだけ頑張ってるか。
あと、救急医療のたらい回しとか問題になったけど、爺婆の軽傷での救急車利用率とかスゲー問題であり、
実際、救急車が必要なケースなんざ相当少なくなるらしいじゃん。
そして肝心のベットも占拠してしまうと。

爺婆がちょっとした事で直ぐ大病院に駆け込むもんだから、肝心の重篤患者や医者にしわ寄せが来ている
って状態。 どこぞの町みたく、掛かりつけの町医者にて普段診て貰い、手に負えなくなりそうだったら
初めて大病院の高度医療を受けるという市民の自覚を醸成すれば、途端に医療現場の負担が減って
医者も辞める人が減ったなんてケースもある。

先ずは一般国民のモラルハザードに関してもメスを入れるべきだろ? JK

210 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:22:48 ID:7P2zoHId
このままでは勤務医が疲弊し救急医療体制が維持できなくなるのは明白

まづ窓口での3割負担を徹底して、不要受診を抑制する

そして、開業医には月1回、交代で地域の拠点病院での当直を義務づけ地域医療を守る必要がある



211 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:29:29 ID:IfofraE1
>>209
んな事したら選挙で負けますがな

212 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:30:25 ID:7P2zoHId
そして、健康保険加入条件として終末医療の選択を本人に義務付ける

@どんなに苦しんでも医療活動を継続する
A痛みを取除く尊厳治療に切り替える
B終末期と判断された場合には学会の倫理規定に基づき主治医に方針を一任する

この位やらないと駄目

213 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:33:41 ID:viLy0tzF
>>1-4
結論が文系学部vs医学部で幻滅した
そういや>>1で、エビデンスはない、と断ってたな。

妄想w妄想www




214 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 13:41:07 ID:XqV1/pl+
彼らは、天下り先の確保など、自らの権限を拡大するために、ありとあらゆる手を尽くしています。
医療機関や国民のことなどは、これっぽっちも考慮していないことは明らかです

215 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 14:48:11 ID:IE1UHA7g
>>192
世界経済がバブルに踊りくるっている頃から医療崩壊は始まっていた。
バブルが経済崩壊の初動段階と解釈すれば言い得ていないことも無いかもしてないが。

216 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 15:21:48 ID:64fzw9HD
医療費亡国論(笑)

217 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 16:07:49 ID:lH8F6F7u
一部の株式会社の介護狙いの話と、
外資系の銀行と生保が不動産的な意味合いで医療業界を狙ってたのはマジだな。
ただ、小泉竹中路線は否定されたから今後はわからんが。

218 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:04:21 ID:dewPoHuj
みんなタバコを吸わなくなったから 長生きするんだよ
禁煙者から健康税とれや

219 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:08:28 ID:JFYosr/R
安楽死法案を通せばよし。
一気に解決する。

220 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:22:39 ID:LjrNu424
医療費控除の廃止は絶対必要。無駄なのにレシート集めに医者に行くアホが後を絶たない。
高額療養費廃止は今の医療保険では確かにマズイのかも分からんけど、行政をスリム化したいなら我慢すべき部分。
健康保険を単純で最低限度の統一的な制度にし、民間の医療保険で人生で医療に大きな負担と保障を考えているならそれなりの保険に入るようにしたら良い。

221 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:25:51 ID:kbUU6iTr
アメの年次改革横暴書に医療改革のことって載ってるんかね

222 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:37:19 ID:5QPDpnkB
看護士実務3年で医師免許受験資格を与えればよか。
それで人件費下がる。
そろそろ6年制になるっちゅうし。

223 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:38:11 ID:wkXbLUFF
国民皆保険が崩壊すれば、アメリカみたいになることだけは確か。

224 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:40:00 ID:ibWHIuHT
無能文系脳(実際は体育会脳)が他分野を食い尽くす
っていうのは同意なんだけどね



225 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:48:50 ID:IfofraE1
>>223
それを止めようとする者が居ないから大丈夫だよ

226 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 17:49:22 ID:mVjNLL04
国民皆保険の日本で純然たる民間病院と呼べるのは
包茎、美容整形、レーシックみたいな保険外診療専門のとこだけだろう
この状況で保険診療を行う一般的な民間病院が「収益性」を高めるということは
基本的に納税者・財政の支出増大への圧力になるという大前提を強調する必要がある

地域医療や救急医療を担わない医師・病院がそのように「収益性」を高め
医師を高給でかき集めれば「財源逼迫」と「医師偏在」により医療が崩壊するのは自明の理

地域医療や救急医療を負担しない医師と病院経営者の報酬に対しては
強制的なシーリングによる強力な抑制策がなければ、公的支出を背景にした利益相反ないし
”人為的な高給リクルート競争”による医師偏在と財源逼迫は解消できない

とは言え下方修正圧力に下限を設けなければなり手がなくなるので
偏在解消に伴う過重労働の大幅改善や最低給与の団体交渉、国立大の専攻や
医師免許の診療科別振り分けなどとバランスを取ることが当然必要

227 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 18:08:53 ID:pK9yMktp
エビデンスがないってのは、ソースはたぶん2ちゃんだろうな
医療崩壊が進み過ぎて、今は陰謀論は下火になってるんだけど

228 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 18:11:48 ID:Aodpp4AN
この人の反体制妄想頭も相当なものだと思う。

229 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 18:12:14 ID:mVjNLL04
>>221
混合診療自由化や民間保険参入はかなり主要テーマだった気がする

230 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 18:18:31 ID:OiVKK5F+
>>209
つうか、日本は英米を手本にしてるんだろ。
厚生省は80年代末からしきりに英国視察を繰り返していたぞ。

231 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 18:55:16 ID:hn7uFSVU
大事な前提が外れてる

タバコスパスパ、酒ガブガブでも80年生きる奴が確かに存在する一方
生まれながらの難病
もいる

つまり皆に必要なものじゃないけど必要な人には絶対必要
こういうものをどうやっって営むか

富が極端に偏在している社会では保険はありえないけど
革命防止装置として必要な最低限の医療が必要になる・・・まあ昔の廃兵院とかね

富があまり偏在してない場合
「オマエラ病気になったら困るだろ」という洗脳をして保険に入らせるしかない
しかしこの場合 供給される医療という富の分配には著しい不公平が生じるんだな

ちょっと違う視点で言うとこの先生が珍走のバイク事故とかを治す費用で
アフリカの子供に食い物送るべきじゃないか、というのも一つの正論だということよ

232 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 19:55:09 ID:pEVlhXOC
興味深い内容
これはフルで読むべき

233 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 20:23:16 ID:aqY2Q3OV
悪知恵を働かすやつってのが居るんだねー
患者だけじゃなくて医者さえも食い物か・・
金儲け主義のおぞましさよ

234 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 20:44:34 ID:7J6vVZbE
この仮説が本物だとしても、恐慌の大津波に飲み込まれ消えてゆく・・・
100年に一度どころか資本主義始まって以来の経済崩壊がくるみたいだからww

235 :名刺は切らしておりまして:2009/03/01(日) 23:41:19 ID:TZSWR8Ln
>>230
エゲレスの一体何処を真似る利点があるんだよ? 反面教師として同じ轍を踏まないように
する為に視察に行ったんなら兎も角なw
あと米国も一緒。 医療負担で自己破産する人間が山ほど出ていたりする出鱈目な自己責任な
国でな。

236 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 01:38:30 ID:WibtHsS5
医療制度を真似るならキューバだろJK

237 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 01:45:06 ID:3LTpRTni
典型的なアホ医者の被害妄想だなw 自分たちの欠点には目をつぶりっぱなし。

238 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 01:52:03 ID:dWsG2iN9
>今は、その利益を医師が独占している。

そうなのか
儲けてるのは製薬会社とか
医療機器会社だと思ってたよ

239 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 01:53:06 ID:zxxvxgp2
>>226

それに近いのが米系製薬会社と結託しているといわれる精神科(心療内科)だろう。
薬を出して、なおかつ薬価基準を高めにすればボロ儲け。

あとは保険業界(オリックスの宮内が国民健康保険の適用範囲を狭めるように規制しようと
していたことは露骨すぎた)の圧力だろうな。

でもAIGは破綻までもう少しw。

240 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 01:58:01 ID:WJ8KaSdW
医師会てき

な臭い結社だな

241 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 02:00:53 ID:BzevYLJN
アメリカも皆保険やるんだろ

242 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 02:05:17 ID:hhPvvLJc
>>239
白衣の麻薬ディーラーだね

243 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 03:00:58 ID:mv0KVQTL
ちょっとまって。
みんなは年次改革要望書は知ってるよね?
それにそって医療改革してるのも知ってるよね?
それで議論してるんだよね?
アメリカの保険業界と日本の守銭奴が金儲けのために改革してるのはわかってるんだよね?


244 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 03:23:08 ID:mv0KVQTL
結構前に、アメリカの保険業界が日本でビジネスしたいから規制緩和してくれって要望を受けて、保険ビジネスの緩和があって入ってきた。
アフラックなんかがTVCMはじめたころだよ。
でもその時は儲からなかった。アメリカの保険は安かろう悪かろうで、日本人は敬遠したんだよ。
だからもう一回要望を送ってきた。
それが今の要望書にある改革。
皆保険制度が良すぎるから、それを廃止して民間保険でまかなうように制度変更を求めてきた。
それで医療改革始まったんだよ。
今はその途中だよ。
みなさんはお医者様みたいだからその辺はわかってるんだよね?
もし知らなかったら、これから自分がどうなっちゃうのか知っておかないとヤバいですよ。
年次改革要望書は政府のHPで見れるからぐぐってね。

245 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 03:30:26 ID:41rMZ545
なにこれ
言葉の使い方が共産党まる出しだわ。
世代からすると反日共系新左翼かもしれんな。
「文系学部」対「医学部」の闘い、とか、
2ちゃんねるの「文系」対「理系」の妄想に似てるのは何なんだろう。


246 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 04:12:53 ID:8pB1Pr6Y
メタボなんて自己節制が出来てない証拠。セルフケアの精神で病気にならないようにするのが一番だよ。

247 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 04:34:45 ID:Dnh9E8bk
医者のサラリーマン化でファンドが医療費を美味しくいただく。小泉竹中改悪の成果ですね!!わかります!

248 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 04:51:50 ID:K7bAkztA
誰も何とも思わない様だが、やはり、
国民に官僚を首にする権利を持つことと、
不特定多数の株主による民主主義的な権力構造の経済組織のみ
存在を許すシステムとかが
必要と思うのだが。


249 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 04:59:43 ID:R10pZaYQ
経団連のぼんぼんや企業家=国民ではない
まして保険屋株主なんて民間であっても国民の代表ではない
政治家と同じく全ての国益に関る部門に関る人間が国民の投票や審判制度を受けるべき
或いは公的な資金を不当に利権化した場合はちゃんと罪に問われるべきだな
そういうシステムが無いから今みたいな腐敗が巣食ってしまうんだろうさ

250 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 05:02:05 ID:eY53+SM5
>>249
何言ってるのか全然わかんない

251 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 05:25:04 ID:C3Z6ucW0
>>1
3行で頼む

252 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 05:26:35 ID:pqvRHVxl
アメリカを儲けさせるために
医療崩壊させられたお
やばいお

253 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 06:05:06 ID:sp1xmDLc
年次改革要望書をうけとる、与党=売国

254 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 06:11:26 ID:6Q+EVi4I
他人の陰謀論言う前に、自分の所の前時代的な徒弟制度を
なんとかせーよ、無給医とかお礼奉公とか教授回診の大名行列とか


255 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 07:07:48 ID:Yyq+Uv+K
いや医療関係に競争させるのは正しい事だ…
ただし条件はいくつかある。
@製薬会社に医者、個人あるいは組織として過大に儲けさせてはならない。
また賄賂をもらうのも禁止。
A保険屋に儲けさせてはならない。条件は@だがこの場合は保険屋に
無駄な情報を提供してはならない。
B医療の質を低下させてはならない。なおいわゆる医療ミスはこの範疇に無い。
C患者が死んだときに原則として病理解剖を行うと法律で定める事。遺族側が
頑なに拒んだ場合は医者、病院を訴訟する事はできない。
D開業医は原則12時間以上営業する事。
E救急外来患者の受け入れを正当な理由なく拒んだ病院、医師に対して
罰則を規定することを法律で定める事。
なお、腕のいい医師にはボーナスを出す事やあまりにも質の悪い医師
に関して給与を削るなど、何らかの措置を国が定める、特定の個人や団体
の利益に関与しない第三者委員会がそのすべてを決める権利を持たせる。

256 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 07:17:10 ID:KQiaze4g
全てアメリカ様の陰謀ですw

257 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 08:49:45 ID:FxsRAJua
>>232
いや読む価値はないな
とくに最後の、学部の闘いとか文系の医系に対するひがみや妬みの要素が…とか酷いギャグだろw
ある種の選民意識が露骨に見えて面白いけど。

全体の印象としては、一お医者様の視野ってこの程度のものかという感じだなあ。
今頃になって「改革は実は外資や財界に食わせるためのもの」と叫ぶ様は、
とても日本で最高峰の教育を受けたはずのエリートの姿に見えない。
そして財界はそう考えたとしても、
しかし厚労省官僚の頭の中は>>20の方が近いだろう。
この人の考えは経済的思考や財政の考慮がすっぽり抜け落ちていて、
それがためか、それぞれの立場の思考ロジックを無視して「政財官」でひとまとめに論じたために、事の本質を見誤っているように見える。

付け加えれば、ロースクールと司法試験合格者数増加の話を一緒くたにしていることから、
司法制度改革についても無知同然だと分かる。

258 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 09:38:00 ID:JO9p0Zq3
貧乏人は病院から締め出されるんですね

259 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 14:06:07 ID:QYnqp4VH
>>259
価値は自分で決める
最後のとこは同意

260 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 18:08:37 ID:nVCIgWGb
>>100
今、医学部行ってる人間がみんな東大文一に行くだけの話



261 :フッ素入りのハミガキで歯質強化虫歯予防:2009/03/02(月) 18:23:07 ID:fxiaiBHi

生保と老人の自己負担率を3割にしたらいいよ。
とりあえずやってみろ。

今のままでもつわけなかろう。

262 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 18:36:27 ID:YTaJOvOi
2ちゃんでよく見る陰謀論だけどね
顔さらしてこれ言ったら痛すぎる

263 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 18:45:59 ID:eJcYgEJd
>>20
そうは言うが特別会計200兆円の議論をせず予算が足らないと言うのもふざけた話


264 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 18:58:30 ID:39XlP9eq
老人の思い通りにはさせんよ。

265 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 19:06:02 ID:T1JGioo7
>>1
> 「医療は30兆円産業」といわれます。

パチンコって30兆円産業じゃなかった?

266 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 21:05:53 ID:jxCzLkty
これ、素人は黙って俺らの言うことを聞けって話?

それはそれで財政破綻へまっしぐら

267 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 21:19:48 ID:dsBbDB7q
>>265
「おくりびと」で人気沸騰の
葬儀屋は10兆円産業です

もっくんみたいな素敵なひとは妄想の中にしかいませんが
気が動転してるアホをだまして
ぼったくってくれる商売上手な人ならいっぱいいます

268 :名刺は切らしておりまして:2009/03/02(月) 23:42:08 ID:mKEC2Cpe
ソースに対してアンチな書込みは、ほとんど単発IDですかw

269 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 00:04:04 ID:moFY5Uj2
医療スレって色んな人間のコンプレックスが顕わになるよな。

270 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 00:10:55 ID:vXe/OTpK
>>269
典型的なのが医師批判・医療批判は単なる下層民の妬みだ、という被害妄想と自己合理化な

271 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 00:15:17 ID:Xjglg/lg

 「医者は、常識に欠ける」

272 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 00:16:19 ID:wAKTY0WF
AIGがアメリカ国有化
アリコの詐欺医療保険にだまされて入った連中は
笑える

273 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 00:26:59 ID:ztiRPUgy
この記事かなり当たっている。
どうあがいても30兆円でこの国の医療消費をまかなうなんて無理であることは自明。
30兆円から医者も患者もはみ出すわけで。
保険外治療が本当の治療になるのは当然。
今の保険なんて自動車の強制保険みたいに有名無実になって、それで(医者が)食ってゆくことも
(患者が)保障をもめる事も到底むり。
共産主義で闇市が主流になるのと似ている。
厚労省さん、偉いよあんた。
何もかも知りながら。
患者もメディアも医療叩きをしているけど、結局患者だけ助ける
事なんて出来ない訳だし、ばっさりやってちょうだい。

274 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 00:36:10 ID:ztiRPUgy
>>257 食い物にしたいから自由化になるは私も違うと思う。
そう言った安価な縛りのつく強制保険医療は食い物にはならない。
そこは「政府の最低限の保障」(この人も言っている)になる。
それ以外で利を食う治療・病院・民間が主流になるって事。
レーシックが儲かるように医者もそう言う所の医者が儲かり、腕の良い医者が集まる。
で、金のない患者はさいてラインの医療を最低の医者に受ける。

275 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 01:59:12 ID:vjPIk19n
儲かる医者が腕の良い医者のはずがない。
腕がよければ、簡単な治療で患者がすぐに治ってしまったり
病気になる前に防いでしまうから、
いまの保険制度ではまるで評価されないのだ

そして今、「レーシックで年収5000万」などという医者は
永遠に本物の医者にはなりえない

人を癒すことができないからだ
かならず偽者は淘汰される

276 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 02:22:08 ID:ztiRPUgy
儲かる医者が腕の良い医者のはずがない>>今の保険制度。
で、30兆円の皆保険義務保険と100兆円の自由(混合)診療枠が出来たらどうだろうか。
それをこの著者が言っている。
で、唯一この筆者が間違っているのは30兆円に民間・保険会社が群がるのではなく、
当然100兆円に群がるのです。でそう言った文系事務系が高給で医者を雇う姿を言って
いるのです。
つまり事務職が高給を貰ってゆき、医者は所詮叩き買われる。ただ、今よりはましと。

277 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 02:29:42 ID:vjPIk19n
出来高払いの自由診療など破綻するに決まっている
「高い材料を使って高い手術をできるだけ多くやる」
ということ自体が壮大なムダだからだ

しかも、いくら金をつまれてもボケは治らないし、心筋梗塞も元に戻ることはない
そういう意味で、自由診療と保険診療で、
どうがんばっても
歯科ほどの差がつけられないのだ


278 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 02:35:13 ID:ztiRPUgy
>>277
その前に皆保険保険診療(30兆)が経済破綻すると言っているのですが・・・。
それを厚労省が見越していると著者が言っていると言う趣旨です。


279 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 02:49:53 ID:ztiRPUgy
>>出来高払いの自由診療など破綻するに決まっている
じゃあ、皆保険医療(医療社会主義)の日本が崩壊して、自由診療のアメリカが
崩壊していない理由をどうぞ。
皆保険がもう経済的に面倒見切れない以上、混合診療が出てくるわけで、
日本はその中道を行き、今後はそのパイの上澄み部分を保険会社と病院企業が
利を食うと想定される。勤務医は少しは良くなる。開業医は辛い。それを言っているのさ。
患者は買わなければ細った公的配給は来ない。少なくも今以上に貧困。
社会主義の配給と同じ。供給(30兆)細れば闇市(自由診療)が流行る。
配給が少ないと医療を叩いているうちに、本当の「患者側の」貧困が来ることが
厚労省のシナリオ通りといっているのですよ。

280 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:00:28 ID:0KvK2wfb
>>279
30兆円の負担ですら困難なのに
100兆円払ってくれる金持ちがどこにいるのかね?

まあ、白い巨塔の昔から、大学教授に特診料払う金持ちはいたし
今でも引退教授とかの金持ち専用クリニックとかあるみたいだけど
(俺は貧乏人だから噂でしか知らん)所詮「金持ちの道楽」レベルなんだよ。
「産業」として成り立つようなものじゃないんだよ。

茶道の名物とか掛け軸に金持ちが大金かけるからといって
「茶道が次の時代のビジネスチャンス。よーし裏千家にTBOかけるぞぉ」
なんて経済人がいたらただのウマシカだろう(w



281 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:21:25 ID:ztiRPUgy
>>280
君は何もわかっとらんね。
>>「産業」として成り立つようなものじゃないんだよ。
公的保険が細々と有る中で、堂々医療産業がアメリカで有るじゃないですか。
資本増強が無い限りメディケアやなんとかに日本の皆保険がなるのですよ。
アメリカの国民が喜んでGDPのナンパーセントも出している訳じゃない。

じゃあ、私から自由診療が破綻しない理由を言いましょう。
それは自動車の保険と一緒。年金の2階部分と一緒。
必要な物は金を出して買うのが人間の常です。
皆保険が潰れたからと言って医療の要らない人なんて居ない。
>>30兆円の負担ですら困難なのに
その通り。
だからこれ以上は各個人で買い物をしてくださいとしか政府には言えないのですよ。
最低限では物足らない人は、お金を出してでも医療を買う。
今でもすでに民間の医療保険有るじゃないですか。
>>金持ちクリニック
何も分かっちゃ居ないね。そう言う人が医療を壊すのですよ。
金持ち向けのクリニックが出来るのでは無く、風邪じゃ保険効きませんとか
市販薬である物は保険効きませんとか、「混合してくる」って事。
回転寿司で言えば100円の皿だけ買えて、200円以上はお好きにどうぞ。
で、貧乏は卵しか食べられない。
逆に言えばそれだけしか税金で回収できない。
いまはどれ食べても100円なので好き放題贅沢する。
その結果回転台にすしが無い状態。供給が細るってそう言うこと。

282 :257:2009/03/03(火) 03:40:51 ID:0m3yGfqK
>>274
医療の棲み分けも保険も病院経営のこともあなたの言うとおりでしょう。
そして実際にそれは以前から進行していますね。

だからこそ、このインタビュー記事には、
・は?業界内の人間なのに今頃現状の意味に気づいたの?
・しかもその目的がただ外資に食わせるため?馬鹿?
と思わされたわけです。

社会の動向に対する洞察力って医者に要求してはならない資質なんでしょうか。
これを持たない医者は間違いなくこれから先「食われる」と思うんですが。

283 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:44:57 ID:0KvK2wfb
>>281
混合診療導入しても現状程度の保険適用があれば
「保険の範囲でお願いします」だし
混合診療で儲けるために保険適用の範囲を思い切って絞れば
(まあ政治的に不可能に近いとは思うが(w)、
「医者にかかると金がかかるからぎりぎりまで医者にかからないようにしよう」
という強烈な受診抑制要因になるよ。
昭和30年代までがそうだった。

まあ俺はその方がいいけど。
俺の立場は基本的に厚生省や財務省に近い。
「日本はこれから縮小経済なんだから医者も国民も貧乏を分かち合おう」
という立場。

284 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:47:35 ID:Upps2sZ1
国の財政がやばいってことへの意識が低すぎる
もう外資でもなんでもいいから投資を呼びこまないと医療だって産業だって成り立たないってのに
こんなくだらん妄想で対立仕掛ける神経がわかんね

患者にだっていつでも日本捨てる気になれば捨てられる層はいるんだぞ

285 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:50:24 ID:ztiRPUgy
>>282
医者も多くは気づいているのですよ。この記事にも書かれてる。
しかし、(日本人)高齢化・医療経済の破綻という大きな波には逆らえないと考える。
しかし、馬鹿なのは誰でしょうか。
これで損をするのは国民と開業医であって、勤務医は中程度・民間病院は
患者を食い物にパイ(医療資本)が増えてゆく。
私からして、それを知らず医療を責め立てる国民が滑稽ですが。如何でしょうか。
食われるのは患者ですよ。金のソースなんですから。
それをすべて厚労省が承知している所がおもしろいわ。

286 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:54:05 ID:ztiRPUgy
>>283
>>保険の範囲でお願いします
それ海外では当然の事となっています。
>>我慢しよう
多くの国では我慢しています。当然。
>>まあ政治的に不可能に近いとは思うが
いや経済的に絞らない方が不可能です。無尽蔵に納税しない限り。

それを「厚労省は甘くはない」と論じているのですよ。

287 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 03:55:33 ID:0KvK2wfb
>>286
そんなら「混合診療で100兆円」なんて無理じゃん(w
あんたの論理は破たんしているよ

288 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 04:04:40 ID:Upps2sZ1
>>285
なんで国民が損するの?
医療が破綻したら全員あぼんじゃん

289 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 04:09:08 ID:0m3yGfqK
>>285
「医療を責め立てる国民」というのが具体的に何をいうのか分かりません。


290 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 04:40:13 ID:z/Tj6HnV
>>5
マスコミは道具だよ
土地を手に入れたいときヤクザを使って嫌がらせをするのと同じレベル


291 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 04:44:42 ID:z/Tj6HnV
ネット情報で乗せられる奴て国が第一なんだよなw
強い奴に尻尾振ってる・・・オマイら食い物にされてるのに気が付いてないなんて・・・


34 名刺は切らしておりまして New! 2009/03/01(日) 01:49:22 ID:+u85gv7H
>>32
国と経団連に対してクーデター。
マスコミは強いほうにつくだけだから。

これ以外に医療崩壊は止められない。



292 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 04:46:43 ID:z/Tj6HnV
>>46
赤ん坊もや子供も弱いから見捨てるのかw
オマイの姿だと最低の国になりそうだw

293 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 05:06:56 ID:ztiRPUgy
>>287
どうして?意味分からんわ。「無理」って何が?
皆保険が無理と分かれば自由部分が積み上がるわけで。
自由にしてGDP比で14%に行くアメリカがあって、
皆保険で7%カバーとして、2倍の30-40兆混合で上乗せなら「需要」の範囲でしょ。
>>288
これもおかしい。医者は困らんよ。書かれているじゃないかここにも。
医者は混合診療を望んでいるって。パイが増えて医者が困る??
あぼんは患者と開業医でしょ。
まあ開業医も自由診療を取り入れる凄腕は儲かるだろうが少ないわな。

294 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 07:59:51 ID:1zywJ5TV
これが政財界の理想の世界。

将来こうなるという医療未来小説

菊花病院
http://ncode.syosetu.com/n6668d/
地中海病院
http://ncode.syosetu.com/n0204e/

295 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 08:19:24 ID:eJpolQex
>>294
アメリカの映画シッコも面白いかもな〜

40 名無しさん@八周年 sage New! 2007/08/26(日) 10:37:04 ID:hgqARW7v0
>>32
アメリカでERに担ぎ込まれたらレクサスが新車で買える位の医療費を請求されるそうな

293 名無しさん@八周年 New! 2007/08/26(日) 23:56:51 ID:wwpPikgT0
>>40
いままさに死にそうな人に全財産をかけてレクサスが欲しいかそれとも命が欲しいか
と尋ねたら間違いなく全員が命と答えるだろう。
そういう意味では妥当な値段。

178 名無しさん@八周年 New! 2007/08/26(日) 18:35:01 ID:Kjw4dbrf0
アメリカでやむを得ず数日入院させられて数百万請求されたとかあったよな
下手に海外旅行なんか行きたくないわ

193 名無しさん@八周年 New! 2007/08/26(日) 19:36:13 ID:ikiTBS0Z0
米国で120ドルする呼吸器の薬が、キューバでは5セントらしいな。
恐るべし、米国流 弱肉強食資本主義。

207 名無しさん@八周年 New! 2007/08/26(日) 19:58:20 ID:xvZsq/qP0
>>193
キューバの平均寿命は76歳で、先進国並みって話。
アメリカだと、金持ち以外の平均寿命はどのくらいなんだろね。



296 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 09:22:19 ID:EYnG41Q9
>>20
医療費の国庫負担は7兆円ですがww

297 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 09:31:54 ID:yV1Q+Azu
アメリカからの対日構造改革要求のまま
ってことですね。

298 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 12:11:54 ID:qQyye+22

×医師不足
○医療費不足

医師「別に給料はいまのままでいいから人数を増やしてくれ!看護師みたいに
3交代にしろとまでは言わないから夜勤の翌日午後くらいは休ませてくれ…」

病院・厚労省「医師の数を2倍3倍に増やすしかないぢゃんw医師の人件費が
2倍3倍になるってことぢゃんwwwアホスwwwwwムリwwwwwww」

マスコミ「医師が給料を2倍3倍にしろと言っています!いま医師のモラルが(以下略)」

医師「…もう限界だ……申し訳ないが退職させてもらう…死にたくない……」

僻地民「医者が逃げてしまった!たんまり貰ってるくせに!なんという守銭奴!」

299 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 13:54:16 ID:wvRnR+dG
この規制緩和シナリオから『外資』を隠した説明だな。
「外資系病院」や「外資系ローファーム」の設立をしつこく要求してるからな。
薬剤師や弁護士の増員もそのための布石ですよ。

アメリカ⇒政財界⇒官 僚⇒電通⇒(マスゴミ)

■『年次改革要望書』 =米国の指令をそのまま政策化!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8

1997年 独占禁止法改正・持株会社の解禁
1998年 大規模小売店舗法廃止、大規模小売店舗立地法成立(平成12年(2000年)施行)、建築基準法改正
1999年 労働者派遣法の改正、人材派遣の自由化(以後、ワーキングプアが激増する。)
2002年 健康保険において本人3割負担を導入 ●
2003年 郵政事業庁廃止、日本郵政公社成立
2004年 法科大学院の設置と司法試験制度変更 ●
2005年 日本道路公団解散、分割民営化、新会社法成立
2007年 新会社法の中の三角合併制度が施行

年次改革要望書(フジTV サキヨミLIVE) Part1
http://jp.youtube.com/watch?v=lUqZIo3IEqY
年次改革要望書(フジTV サキヨミLIVE) Part2
http://jp.youtube.com/watch?v=4epePc5YksA

2ch検索 [年次改革要望書]
http://find.2ch.net/?STR=%C7%AF%BC%A1%B2%FE%B3%D7%CD%D7%CB%BE%BD%F1&COUNT=50&TYPE=TITLE&BBS=ALL

300 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 16:04:28 ID:finftM2T
ただ、幸か不幸かアメリカ本国がサブプライムで大火事になっているからな。
これに乗じて、麻生が押しつけられた郵政民営化や規制緩和を、何とか
見直そうとしている(米国債引き受けの条件にしたりして)のだが、売国
マスゴミたちは、未だ広告費目当ての「なんでも民営化」で固まっているから…
邪魔者を排除しようと必死だ罠。

301 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 16:14:39 ID:Y15LJUyw
医者不足なのではない。勤務医が不足なだけ。
保険にアグラかいて丸儲けな開業医はうなるほどいる。


302 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 16:31:56 ID:Ro+qsdU/
国会都道府県市区町村議員とその家族、支援者とその家族が救急車でたらいまわしにされたという話を聞かない

救急医療はまだまだ安泰

303 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 16:33:37 ID:zwFX4HMI
>301
医師総数自体が少ない。
本来なら1.5倍に増やすべきだが、人口減少に合わせて現状維持で縮小均衡を狙っている。
今増やすと、20年後は医師過剰時代が到来する。

304 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 17:00:50 ID:wvRnR+dG
まあ、OECD平均数に達している歯科医はワープアだからね。

305 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 18:37:58 ID:bLpwF0FS
>>1
>「医療は30兆円産業」といわれます。
>32兆−33兆円の市場が目の前にある。
>今は、その利益を医師が独占している。

ダウト!
製薬会社が独占している、が正しい。


306 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 21:12:33 ID:Y7niXb6+
製薬会社というか、厚生官僚天下りが、だろうな

307 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 21:27:07 ID:dX6Hmp9G
>>283
麻生

308 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 23:04:58 ID:ztiRPUgy
>>303 絶対数不足
確かに絶対数も不足しているさ。
これだけの医療消費国なのにアメよりも少ない。
しかしもっと不足しているのは医療財政。
医者を雇えていない事実をどうみるのか。
医者増えても雇えなければ市場には出回らない。
え?給料安くすれば?すでに公務員の給料はすでに均一。事務より安くは設定できない。
今非常勤をあさって医者不足と嘆いているのが現状。
職員枠を増やす自治体・市議会なんて無いのよ。
この点に関しても厚労省が良く把握していると関心する。

309 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 23:08:25 ID:VbCfBpM+
>>305
もし製薬会社が独占しているのであれば、外国の製薬会社と外国の医療器械商社がかなりの比率を占めるな。

310 :名刺は切らしておりまして:2009/03/03(火) 23:56:01 ID:jwGZF8f7
フランクフルト シューレの仕業?

311 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 00:17:21 ID:1MnoOr0E
官僚も民営化論者も医師会も
火事場泥棒・焼け太り狙いの機会主義者であることに大差はない
好意的に受け取っても逃げ切り狙いの既得権層でしかない
まず現状についての基礎的な情報開示すらしないで
崩壊崩壊わめいてる奴らはすべて無視してよし
>>226にあるような
「現有リソースの最適配分」という視点が含まれていないなら
その言説は明らかに詐欺

312 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 00:46:07 ID:ET0pTU5M
>>311
有限って皆保険の30兆円の事ですよね。

313 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 01:06:02 ID:ET0pTU5M
30兆円をどう最適に配分しても良いけれど(そうやって給付を押さえ込んできた)
、そんなチープマネージャもう医療のダンピングが出来なくなっているのですよ。
押さえ込むのに保険税を40-50兆と増やして行くのか、それ以上は混合診療に任せる
のかの選択と思いますよ。
保険税拡大なら官僚や開業医がうまーで混合なら民間保険・民間病院に流れる。
いっそ全部の病院を国営化する方が統制が効くが、財政的に無理であり(つまり皆保険
では到底抑えられない)国はその方向では無い。
研修医だって公務員に出来なかった(人事を逃した)歴史が有りますよ。
よって混合の方向であることは自明。
筆者の言うとおりに進んでいます。

314 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 01:10:09 ID:EKAzT44o
>>311
税金を投入すれば解決。
ニューヨーク州では肥満税が検討されているが、
日本も肥満税を導入して税収を医療費にあてるべき。
糖尿も激増してるから、ガソリン税も引き上げて医療費にまわす。

315 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 01:18:03 ID:1MnoOr0E
まず厚労省は>>95にあるように医療法人理事と医師の所得分布を
ヒストグラムで出してごらんよ

316 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 01:32:11 ID:gwJMQn5p
女性の社会進出も税金欲しさ、家庭の崩壊が狙いって説もあるし。
>>1は当たってそうだな。


317 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 02:19:48 ID:Wo0+TNSu
日本の医療制度は崩壊

  しないよ派─┬─医者が騒いでるだけだよ派
           ├─代わりはいくらでもいるよ派
           ├─足りなくなったら海外から呼べば大丈夫だよ派
           ├─俺が崩壊させないよ派(純情派、絶滅?)
           ├─俺は逃散したけど馬鹿が死ぬまで頑張るよ派(他力派)
           └─三千万出せばいくらでもdでくるよ派(尾鷲派)

  するよ派─┬─このままでは崩壊するよ派(警鐘派、2003年頃までの主流)
           │    ├─事故調と刑事免責が必要だよ派
           │    ├─予算の拡充が必要だよ派
           │    ├─医者の給料を減らせば解決だよ派
           │    ├─医学部の定員を増やせば大丈夫だよ派(厚労省派)
           │    └─医者を強制的に働かせるべきだよ派
           │
           ├─もう手遅れだよ派(諦念派、現在の主流)
           │    ├─崩壊の後に再生があるんだよ派─┬─アメリカ式になるよ派
           │    ├─再生なんてないよ派(太公望派)   └─イギリス式になるよ派
           │    │    └崩壊を生暖かい目で見守るよ派
           │    └─崩壊ではなく静かに溶けていくよ派
           │
           └─むしろ早く崩壊したほうがいいよ派(推進派)
              ├─早く崩壊した方が再生は容易だよ派
              ├─自由化して市場に任せるべきだよ派(市場原理主義者)
              ├─医者がいなくなれば医療事故も0になるんだよ派(委員会派)
              ├─金持ち相手に荒稼ぎしてやんよ派(BJ派)
              ├─事業拡大のチャンスだよ派(経団連派)
              └─日本ごと崩壊したほうがいいよ派(毎日派)


318 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 02:28:02 ID:1MnoOr0E
>>317
勝手なレッテル貼り&カテゴライズの前に
議論の前提生データをそっくり出せよタコ役人どもが!派

319 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 02:46:03 ID:wjOJ80oa
保険外の室差個室ばかりが増えてしまうなあ。
今でもそうだけど・・・・・。

320 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 03:28:14 ID:ET0pTU5M
>>318
保険診療部分だけの給料を出すのは無理でしょ。
そんなに皆保険で統制を望むなら整合性を高めるには社会主義の徹底が良いのではないか?
イギリス・北欧の様に。患者の利用自由(フリーアクセス)を無くして。
一方でだだ漏れでは医者の給料も統制も無いでしょ。
で、医者をすべて国家公務員にして病院を国営にすれば良いじゃん。
国公立は独法されているし、まるっきり方向違うけどね。

321 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 03:44:29 ID:IPUGmU79
>>316
ウーマンリブは税収を倍にするためだったらしいね。いままでは男しか働いてなかったから。



322 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 03:52:54 ID:1MnoOr0E
>>320
統制とか社会主義とか国営とかそんな難しいことの遥か以前に
医師の待遇が悪いから医師が逃げるってのが言い分なら
楽して補助や診療報酬受けて左うちわの医師・病院がもう一方に存在する
なんてことはありません、というデータを出せよってだけのものすごーく単純な話

逆に地域医療・救急医療を負担しない利害関係者への不当なインセンティブが
もし働いているなら、リソース偏在スパイラルは絶対に解消されないし
財源がいくらあっても足りるわけない

323 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 04:19:49 ID:ET0pTU5M
>> 322
>> 楽して補助や診療報酬受けて左うちわの医師・病院がもう一方に存在する
>> なんてことはありません、というデータを出せよってだけのものすごーく単純な話
だれが何の為に?
そう言うのって体勢維持を望む利益享受者が体勢の健全性を主張するために言うもんじゃ無いのでしょうか。
維持を望むのは開業医と国民か、厚労省も怪しい(とこの著者も言っている)。
あと、不当ってなんなんだ。ダンピングしておいて不当はないでしょ。
不当請求なら不当だが。

324 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 04:30:36 ID:ET0pTU5M
>>322
貴方の頭はまさに社会主義の徹底ですよ(それはそれでOK)。
だから医者全員の給料基準を一致させると納得なんでしょ?
国営化そのものじゃないですか。

325 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 05:13:28 ID:1MnoOr0E
地域医療・救急医療の負担をするところにインセンティブを厚くしよう
負担しないところへの税支出は減らそうっていう簡単な話ですよ

公的責任を負担せず、保険点数の高い医薬品処方や手術・治療法で
患者単価・診療単価を上げ”収益性”(税を財源とする診療報酬をどれだけブン捕るか)を高め
にも拘らず公的補助も受けているような医療機関が、それによって高給で医師を集めたら
益々、公的責任を負担する病院は医師不足になり、より高給を払わなければならない
というスパイラルから抜け出せないね、という話

326 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 05:43:49 ID:ET0pTU5M
>>325
コンセプトは分かりますよ。今でもそう言った工夫は多々行われているしね。
そう言う末路的、体勢が社会主義で、資本主義へのつじつま合わせ。
あと、「公的補助も受けているような医療機関」って公立の病院でしょ?
公立なら公務員基準給料で透明性高いじゃん。
医者不足と言いつつ常勤公募しない公的病院。
赤字財政で市議会が了承しない。
私立なら収益以上に高給なんて払うわけないし。
私立病院がチープマネー(皆保険)をあさっていると?
なら全部公的に買い取れば解決する。
てか、違う違う、この筆者も言っているが、もう手遅れで国は公的病院でさえ
放しにかかっている。いくらでも閉鎖しているでしょ。
「甘くはない」ってそう言うことだよ。
利益享受者は国民と開業医しかないんだよ。
そこに「おい高給取りの勤務医。まずおまえ達がダイエットしろ」は周回遅れなんだよ。

327 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 06:05:14 ID:ET0pTU5M
この人の解説になるが、公的病院を自治体(=市民)がどんどん離しているがそれじゃ困る。
銚子なんとか病院も民間を探したが買い手もつかない。で閉鎖。
そりゃそうさ。期待値赤字じゃ無理。それじゃ困るでしょ?
だから混合診療を出してきて儲ける方法を残すのさ。
そうすれば自治体がダメ(下手)でも民間が上澄みのパイをうまく切り開く。
いずれ30兆円が見劣りして、国民が一流の医療を受けるには保険外のパイの
上澄みを迫られる。
例えば再生医療なんて全く皆保険(30兆)じゃ買い占め(ダンピング)に行けないでしょ。
そのストリームからはずれる開業医が経済成長から置いてきぼり。
パイは民間企業・保険会社・一部は腕の良い医者に流れ、医療水準は次の時代に
引き継がれる。
なんとも出来たストーリーじゃ無いですか。
そしてそれでも現場の勤務医は承知で頑張っているんだよ。
誰のため?よく考えて欲しいね。
大筋この人の話に同意だね。
もう30兆円は30兆円の補助でしか無い時代が来るのです。
以上、この辺で終わりにします。

328 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 06:38:48 ID:34aN4we3
形骸化しつつあるとはいえ、
医師個人の信念によってはまだ「医は仁術」って言葉がかろうじて力を持つ状況から、
有無を言わさず「医は錬金術」に変わっちゃうってこったな。

329 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 07:08:22 ID:wSBOxFdL
>>325
それが功労賞の言うところの「経営努力」って奴なんだろ。
それに寄りかかってきたからダンピング価格の保険で今まで医療を何とか支え切れたわけで。
それを否定するならはじめからアクセス制限するかダンピング価格をやめるか全部公営化して全て計画経済でやるしかないんじゃない?

330 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 07:18:20 ID:5LC4u1/5


他人の苦しみを見ようとしない国民が増えたから
今のような状態になったと思う
もう、嫉妬と怒りの塊になってるから。
医療は崩壊していいよ

自分の身内の若者や子どもがバタバタ死なないと
他人の苦しみは理解できないのだから。
いきつくとこまでいって、国民が賢くなるのなら医療崩壊させてよいです。

331 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 15:04:25 ID:EKAzT44o
日本社会の基本は「ねたみ、そねみ、ひがみ」。

332 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 16:47:24 ID:z+sLkvqT
日本は中露の官僚が皮肉るほど成功した社会主義国家。護送船団、政官財癒着。
国民皆保険なんてのは戦後左翼の理想的到達点といえるんじゃないか。

社会主義体制では上から下まで、ギスギスした相互監視的ムラ共同体になる。
組織や長の巨悪には目を瞑るくせに下の失敗をやたら厳しく締め上げ排除するw
そのキーワードが 揚げ足取り 嫉妬 自己責任 甘え 自業自得 
       空気読め 失礼 非常識 社会人なら ・・・の癖に

これは日本人本来の百姓体質のみならず、浄土真宗的平等思想、
宗教意識と癒着しちゃってるのでなおさら始末が悪いんだよね。
(後から来たのに追い越され、泣くのが嫌ならさあ歩け〜♪)っていう
水戸黄門の主題歌は仏教的受苦思想だしな。

333 :名刺は切らしておりまして:2009/03/04(水) 21:04:20 ID:6IzHCDBx
上手くいってりゃそれでもいいんだけどね

334 :名刺は切らしておりまして:2009/03/05(木) 02:12:49 ID:JmvMr9oX
>>国民が賢くなるのなら医療崩壊させてよいです
保険を悪用しすぎたんだよ。
保険って日常の財布や割引券では無く、まさかの時の交互扶助。
乳母捨て山とか風邪の救急の為に有る訳じゃない。
数パーセントの必要に消えてゆく95%の無駄遣い。
それに乗じて厚労省も買い占めダンピングを加速させただけ。
しかしバブルはいつかはじける。
30兆は30兆と言う事実。

335 :名刺は切らしておりまして:2009/03/05(木) 05:58:51 ID:fbbLpqHG
来週のガイアみれば医者が経営者だと
どうゆう経営になるかがよくわかるだろ
プライド高すぎて経営下手みとめられないだけにしかおもえんな

336 :名刺は切らしておりまして:2009/03/05(木) 06:17:31 ID:pcSl57Lw
>>335
未だにそんなこといってる奴がいたとは・・・

337 :名刺は切らしておりまして:2009/03/05(木) 15:15:07 ID:NBW0vgHo
>>334
比較なしで「30兆は30兆円」とか、君、バカでしょw

338 :名刺は切らしておりまして:2009/03/05(木) 22:58:29 ID:JmvMr9oX
>>337
ダンピングの効果はちゃんと診療費の安さで歴然ですよ。
費用比較のコピペよく見かけるので如何に安いか比べてみたら?
>>335
で、当然民間の経営感覚で改革・不採算患者を切ってゆこうと言う
コンセプトですよ。楽しみです。

339 :名刺は切らしておりまして:2009/03/06(金) 04:21:29 ID:fPbMsijK
映画『シッコ SiCKO』アメリカの医療制度問題のドキュメンタリー
見たことのない人におすすめ。医療崩壊というものが良くわかります。
日本にやたら進出したアメリカの保険会社の狙いもこの映画から伺えます。

340 :名刺は切らしておりまして:2009/03/06(金) 06:50:05 ID:N3IjUiYX
これ、改正建築基準法をマスゴミが圧倒的にミスリードして、
馬渕を長妻にすげ替えて国の責任論にしていたのとも通じるんだわ。

ついでにこのシナリオ、私も考えていたのと一致するんだわ。

341 :名刺は切らしておりまして:2009/03/06(金) 06:52:53 ID:N3IjUiYX
医療崩壊、立ち去り型サボタージュ、どれもおかしいとは思っていたんだよ。

342 :名刺は切らしておりまして:2009/03/06(金) 23:46:47 ID:WGKeQyvD
>>341
あれは現場サイドの悲鳴を理論化したものと思ってたけど、フェイク?


343 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 17:53:01 ID:yo9gQ9/n
開業するとみんな変わるけど、
大学病院の医者や公立病院の勤務医って、管理職でもない限り医療経済のことにはほんとに無頓着。
自分の行った医療行為の保険点数すらろくに把握してないやつがゴロゴロいる。
もちろん、おしなべてプライドは高いし、俺らは高給貰って当然、と思ってはいるけど、
どのような金回りで自分達が食っているのかは全く関心がないし、
やりたい治療をやりたいようにすることだけを考えて来た人間の集まり。
究極に世間知らずだが、ある意味世の中で一番こすっからくない人種。
これからは変わっていくんだろうね。
国民にとって良いことかどうかは知らないけど。



344 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 19:16:16 ID:rRvPs7IQ
>>334
>保険を悪用?
下位80%の患者が医療費の25%を消費している。
(上位20%が医療費の75%を消費)
だから、軽医療を抑制しても医療費は減らない。

345 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 19:26:50 ID:2wYmwZCi
> 政府の経済財政諮問会議の民間議員は4日の会合で、
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
> 現行の医療保険制度のままだと2025年に名目国内総生産(GDP)の

> 8%強に達する医療費を3割抑制の5.6%にするよう求めることが明らかになった
          ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
> (日経新聞 2005/10/4)。

ちなみに2005年時点の日本の医療費対GDP比は8.0%ジャストなので、
このまま放ってほいても国民生活への影響はほとんどないはず。
フランスは11.1%、ドイツは10.7%、自民党の理想郷アメリカは15.3%
(図録OECD諸国の医療費対GDP比率より)。


高齢化とともに高まる医療費(各国比較)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1900.html

高齢化の進み具合を考えれば、日本の医療費は、驚異的に安い。

現在の日本の医師数は先進国で最下位
人口1000人当たりの医師数は、OECD平均の3.0人を下回る2.0人
2020年には韓国、トルコに追い越されOECD最下位に転落

http://www.cabrain.net/news/article.do;jsessionid=B43DAAFB7EC94970DA17DF5E6F966197?newsId=11245
http://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=10483

財務省、厚労省、経済諮問委員会は、 新聞等のマスコミを使って、
国民医療費のデタラメ捏造将来推計額をプロパガンダ宣伝↓

[解説]医療費の将来推計
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070118ik07.htm


346 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 19:28:16 ID:2wYmwZCi
【「医師の需給に関する検討会」報告書】  by 厚生(労働)省

(何年かおきに開かれて報告書が出されています)

・1986年 2025年には医師の1割が過剰になる。
      1995年を目途に医師の新規参入(医学部定員)を10%削減すべきだ。

・1994年 1998年から遅くとも2015年には、供給医師数が必要医師数を上回る。
      医学部定員の10%削減のために、関係者は最大限の努力をすべきだ。

・1998年 2017年頃から供給医師数が必要医師数を上回り、2020年には約6千人、
      2025年には薬1万4千人の医師が過剰になる。
      引き続き医学部定員削減に努力すべきだ。

・2006年 勤務時間を週48時間と仮定すれば、現状では9千人程度の医師が不足しているが、
      2022年には必要医師数が満たされる。 ←●これ、死ぬ間際の100歳の医者まで含めてるw

言うまでもなく、まず結論ありきの大本営発表ですね。
こんな嘘つき官庁に、医療行政をやらせて良いのでしょうか?
経団連、財政諮問会議、ネオリベ政治家の手下に過ぎない厚労省に。

[解説]医療費の将来推計
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070118ik07.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 八四年に設置された「医師需給の検討会」は「将来の医師数過剰を防ぐために医師の新規参入削減が必要」
とする意見をまとめ、九五年には定員が約七千七百人まで減少した。政府は九七年六月の閣議決定で、
医学部定員の削減方針を確認、その後も定員は約七千七百人で推移している。
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=441064033

ところで、97年6月の厚生大臣は?  → 小泉純一郎 (第2次橋本内閣) ヤッパリw

347 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 22:09:15 ID:k47jHFac
ところでね、開業医であれ勤務医であれ医者が非常に厳しい状況に
置かれているなんてことは、べつに今年になって急にそうなった
わけではなくて、90年代の半ばからずっと同じことなわけだよ。
どんどん酷くなってきているけどね。
そんな状況なのに、医学部の人気は非常に高くて偏差値も高止まり。
80年代に比べて現在は工学部や経済学部は落ちてきているが医学部は
その頃に比べてずっと難易度が高いといえる。
東大の理1や理2より入試難易度が高い医学部は今や30以上あるだろ。
医者になりたいやつはゴマンといる証拠だ。
だから入試難易度が非常に高くなる。

これはどうしてか分かるか? 
高校生だから医者の実態を全く知らんなんてことはないぜ。
現在20代や30代前半の医者や医学部生は、こんな状況なことを百も承知で医学部を選らんだのだろ?
東大理1でも京大理学部でも入れる学力を持っていて、それでも医学部を選んだのだろ?
俺は東大文1に行きたかったのに国家からの命令で東大理3を受験させられた
なんてやつは唯の一人たりともいないだろ?

激務だの医療訴訟だのなんだの言っても、それでも文系学部出て
サラリーマンになって米搗きバッタのように上司や得意先にペコペコする人生より
ずっとマシだと思ってたんだろ。それが正解。医学部進学は非常に賢い選択だ。
つまりそういうことだ。医者の待遇は文系の宮仕えよりはるかにマシで恵まれてる。

348 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 22:12:31 ID:k47jHFac
長くなったので結論だけ言えば、
医者は昭和の時代ほど諸環境に恵まれまくりってわけではないが、
それでも工学部だの法学部だの経済学部だの出て医者以外の職につくより
はるかに良い状況であることは昔から変わってない。いや昔以上にそうだ。

349 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 22:28:46 ID:82F4NHBg
>>348
来年は頑張って下さいね。

350 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 22:51:08 ID:MNd/rur5
>>347
うん。わかった。

 そ れ で ?

それと医療が政治・司法・マスコミ・国民の総叩きにあって崩壊しつつあることと一体どういう関係があるの?
今の環境が妥当かそうでないかを判断するのは結局労働者自身。
これは憲法で保障されているわけですが?

351 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 22:52:50 ID:82F4NHBg
>>350
見下してる相手に質問して恥ずかしくないか?

352 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 23:10:07 ID:yo9gQ9/n
勤務医が労働時間の割に時給が安いなんてことは昔から一緒。
金のことだけ考えたらそんなにおいしい仕事じゃない。
それでも医者が魅力ある商売だったのは、医局の掟さえ守ってれば、常識知らずの専門バカで一生過ごすことができたから。
勉強好きな小学生がそのまま大きくなっただけでやってられた。
世の中も単なる専門バカをお医者様とあえて呼ぶことで、医者もいい意味での勘違いをしてくれて、残業代も請求せずに昼夜問わず休みも取らず、割の悪い仕事をホイホイ引き受けてくれてたんだよな。
上手く回ってたと思う。





353 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 23:24:22 ID:ksEJQ76E
>>343
大学病院なんて無給とか雀の涙の給料で働かされているので
病院を儲けさせようなんて微塵も思っていない人が多いであろう。
せいぜい夜中などに来るDQN患者に対してなるべく余計に点数を取ってやろうする程度では。

354 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 23:35:07 ID:yo9gQ9/n
>>353
面倒臭いと紹介状代すら請求しない。
宛先のない紹介状だと手続きが煩雑だから。
「事務がうるさいから鞄の中に隠して持って帰って下さいね」と言って渡している。
当然その分病院は損するわけだけど、大学外来で無給のお礼奉公をしている身からすると、そもそも経営がどうなろうと知ったことじゃない。

355 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 23:37:33 ID:ubZvk2Sa
>>347
医者以外の仕事もどんどん環境が悪化しているので
相対的に医者がましになったんだよ。

今の高校生も馬鹿ではないし、医者が報われがたい仕事であることは
ちゃんとわかっている。

それでも理学部にいってオーバードクターになったり工学部にいって
リストラにおびえて働くよりはましだと思っている。

356 :名刺は切らしておりまして:2009/03/07(土) 23:41:12 ID:ubZvk2Sa
それから東京以外では、医者以外に「ある程度の高収入と社会的地位」
を得られる仕事が激減しているのも多い。

昔は関西圏だと大企業の本社機能がかなり残っていて医学部だけが人生じゃない
って言えたけど、今は関西圏では医者以外高学歴のまともな職業がない。

しかも少子化で長男・長女が多い。

だからどんなに医師の仕事が悲惨でも医学部一極集中は収まらない。

357 :名刺は切らしておりまして:2009/03/08(日) 00:28:46 ID:W6LAjsJI
>>343
いつの時代の話してんだよ?
みんなコスト意識高いよ。保険で切られると持ち出しで大損だし。
平均在院日数、マルメと採算考えないでやれる時代は終わってる。
いまどき3年目でも今の自分の治療で返戻の有無、保険病名
療養型での薬剤費、退院日時、位頭に入れて自分の売り上げ考えてやってる。
そう見せるとエグイからしらない振りしてるだけ。

358 :名刺は切らしておりまして:2009/03/08(日) 00:52:50 ID:43fI7yq2
>>356
東京の基準で言う「高学歴者」が地元に残ろう、戻ろうとすると医者くらいしかないよな。
県庁の上級職なんて所詮地元駅弁が受かる程度だし。

359 :名刺は切らしておりまして:2009/03/08(日) 05:39:49 ID:m8SIpxpV
>>1の堤晴彦氏は日本救急医学会の理事でもあるわけか。
たしか埼玉医大や帝京大医学部って上のほうは東大一色のはず。
この人も東大医学部卒なのか、ね?
別に学歴によって記事の信憑性が 変わるとまでは言わないけど。

360 :名刺は切らしておりまして:2009/03/08(日) 09:02:00 ID:7vxWnf9r
こんなシナリオについて今さら議論?
みんな既に知ってるシナリオだと思ってたw

361 :名刺は切らしておりまして:2009/03/09(月) 16:10:19 ID:Z7dEo4+6
あげ

362 :名刺は切らしておりまして:2009/03/09(月) 19:36:01 ID:/2f6B/L1
>>359
確か東大理三出身ですよ。
同期きっての切れ者って噂聞いた事あるけど、こんな(裏の)事情を軽々しく表に出すようじゃどうなんだろうね。
あえてこの時期に出したとすれば何か深い考えがあるのかな。

363 :名刺は切らしておりまして:2009/03/09(月) 19:36:45 ID:RNSgONX3
また厚生省の天下り役人をこのまえみたいに虐殺しまくってくれ

364 :名刺は切らしておりまして:2009/03/10(火) 01:50:37 ID:/Qc4BPPX
断片的にはなんとなくそんな気がしてた点が、堤氏の説ですべて繋がって線になった気がする こりゃやっぱ本当のことなのかな 命が狙われなければよいが

365 :名刺は切らしておりまして:2009/03/11(水) 09:50:08 ID:7ILX0h/V
>>299の年次改革要望書の流れと
その解説本『拒否できない日本』(2005年、関岡英之)と
超党派の混合診療推進政策等を考え合わせると自然な結論。
情報通のビジネスマンからすると、医療業界いまさらかよ、って話。

このインタビューは内容そのものが新しいのではなくて、
教授だのセンター長だの然るべき地位の人間の口から
メディアを通して世間に出たという点が重要なんでしょう。
世情に疎い学生〜末端医師が共通認識を手にするわけだから。
その点は「立ち去り型サボタージュ」と同じですよ。

366 :名刺は切らしておりまして:2009/03/11(水) 16:11:49 ID:zZF1oRVe
口入れ屋のキャリアブレインに釣られ杉

367 :名刺は切らしておりまして:2009/03/11(水) 16:42:08 ID:k9Hbv2zp
開業医は黒字経営できるのに、公立病院はできない。
病院は医者一人当たり、開業医よりも多くの患者が来て、高い検査も
ハードル無くできるのに、なぜか。
報酬制度の違い云々よりももっと大きな要素がある。

開業医というのは実質アクセス制限なんだよ。

昨日の愛媛地裁の判決では、来るかもどうかわかんない疾病のための
器具を備えていなかったから病院が悪い、という判決になった。
だれでもかれでも受け入れるなら、期限切れで産業廃棄物になる可能性が高い
ものも用意しなきゃならない。
四六時中誰でも彼でも受け入れるならば、その医者以外にかかる人件費も馬鹿に
ならん。
開業医ってのはアクセス制限だから、そんなコストを大幅に削減できるから商売として成立する。

そんなわけで開業医の報酬を大幅に下げても、経営努力が十分に効く。
一方、公立病院の報酬を大幅に上げても、アクセス制限が無く、無限大の医療とその
結果を求め続けるならば、いくら経営努力をしても赤字になり、医者は報酬がいくら
高くなっても逃散する。
それでもなお、開業への逃げ道を完全に閉ざそうと、タダのような診療報酬に下げたら、
公立病院に医者が居つくか?
そんなことはない。優秀な人材に医者のなり手がなくなるよ。
藪医者がはびこるだけ。

368 :名刺は切らしておりまして:2009/03/11(水) 16:46:07 ID:8uu7At8p
白い巨塔があのタイミングで放送されたことについて
医局制度を悪者にしていたような気がする
スポンサーもたくさんついていたし・・・

369 :名刺は切らしておりまして:2009/03/12(木) 10:41:09 ID:Y4XfTTj8
看護婦でさえお礼奉公無いのに、医者だけ地位木枠というお礼奉公推進.
沖縄では予算がつきたから医者には夜勤手当出さないっていう県立病院.

勤務医を奴隷かなにかと勘違いしてる.
それは逃げますはな.

370 :名刺は切らしておりまして:2009/03/12(木) 13:20:44 ID:XX0J7YdM
説得力あるよね

371 :名刺は切らしておりまして:2009/03/14(土) 15:28:01 ID:riEfwf8r
あげないと

372 :名刺は切らしておりまして:2009/03/14(土) 15:34:06 ID:VdGmi4qY
何で老人が1割しか負担しないんだよ 金のある奴はキッチリ3割取れよ

373 :名刺は切らしておりまして:2009/03/14(土) 15:41:44 ID:C/0VOjS1
こればかりは頭の良い官僚様に任せるしかねえだろ

374 :名刺は切らしておりまして:2009/03/14(土) 16:08:49 ID:mnSowzeP
CBニュースは医療ニュースとしては断然よいな。

375 :名刺は切らしておりまして:2009/03/14(土) 21:05:53 ID:H3AeYxt2
>>1
小泉政権以来、国民の生活を食い潰す緩和ばかりだな

376 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 00:26:28 ID:YyVBwb3h
>>372
最近は3割とるようになったよ。

377 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 03:10:29 ID:oCiD8L8J
高齢者が増えたら医療も介護も破綻するのは必然。
シナリオ通りというか、論理的に当たり前のことがおきてるだけ。

施設に入れて長生きするようになったら、施設不足も必然。
口から食えなくなったら、安らかに安楽死させるとかやらない限り
だめだろうな。

378 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 03:19:24 ID:Mbx17vsq
>>374
じほうを100とすると、5くらいの価値しかない。
臨床知識があまりに乏しく、こいつ何もわかんないで書いてるんだろうなと思うことしばしば。
医事新報を読んでたほうが、役に立つ。

379 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 13:54:17 ID:vdW9vb5v
まぁ、自分が高齢者になる将来を考えたとき、安らかに安楽死なんて軽々しく書けないよな

少子高齢化が続いた場合の、自分の将来を考えると、医療も介護も破綻させない方法考えたほうが
自分の為だよな。

現役引退してから騒いでも、老害が五月蝿いって言われちゃったらお終いだよな


380 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 14:00:45 ID:JMfKqghD
>>368
ブラックジャックがあの時期アニメ化されたことも
医療を批判というか夢物語にする手立ての一つだぜ
なにごともブラックジャックのようにはいかないしな
患者の不満を煽る筋


法科や医師が出てくるドラマが極端に増えたのもそのせい

381 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 14:01:52 ID:yL06JLF+
>>379
最近の若者は無頓着だから
たぶん日本の未来は恐ろしいことになると思う。

382 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 14:03:30 ID:oCiD8L8J
>>379
俺は自分が高齢者になったときのことを考えて、
安楽死制度を導入してほしいと言ってるよ。

苦しい苦しいで生きるのは嫌じゃないか?
もちろんそれでも生きていたい人は勝手にすればいいから。

まあ冷静に考えてみてよ。
安楽死とまでは言わないが、意識もボケボケで、寝たきりになりながら
点滴だけで生きるような人もどこまでも世話するリソースが今後あるの?
そういうのはどっかで終わりにするような国民的な合意を作らなきゃ
いけないと思うよ。
今の倫理観は、そういう状態で長々と生きることはできない時代に
形成されたものだから、明らかに対応できてないんだよ。

383 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 14:09:48 ID:oCiD8L8J
>>380
弁護士や医師はドラマが作りやすいからだろう。
医師は臨床なら科による差はあるが、人間相手にしてるということでは
まあまあ同じといっていいだろう。弁護士もまあ同じ。
おまけに、一般市民もその仕事の内容が大体想像できる。

逆に、技術者を主役にしたドラマは非常に作りにくい。
プラント技術者と半導体の設計技術者では、おたがいに異次元だから。
どういう風に仕事してるのか部外者にはまったく理解できない。
それゆえに、プロジェクトXみたいなノンフィクションには向いてる。
仕事振りを説明するだけで、1時間は持つから。

384 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 14:14:29 ID:te+tVcXf
堤晴彦

この人はTBSのドラマで医療監修してる人ですね
ジェネラル・ルージュの凱旋も


385 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 15:07:45 ID:JMfKqghD
>>383
ドラマだけじゃなくてそれらを取り上げたドキュメンタリーも同時期から激増した
しかもそれら番組についたスポンサーの傾向を全部記録して並べて眺めていると
ある一定の企業群が、非常にしつこく似た筋の話を立て続けに視聴者に刷り込んでいるのも見抜けると思うぜ

386 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 15:29:28 ID:PzQnuboX
それでも医者は恵まれてるから既得権益が壊れるだけで自然の流れじゃね。
医者も一般人と同じく銀行の支配下に置かれるってだけ。
でも銀行やファンドが金の力で地味に何か作ったりサービスしてる人から
搾取して支配するのは間違ってる

387 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 15:46:46 ID:JMfKqghD
>>386
姉歯は金回りが良かったぜ、貧乏人の出のくせに
つまり裏にいる違法建築屋には都合がよかった存在
今、医者の金回りが悪くなるってことは
裏でどういうことが起きているのか想像つかないわけないだろ
このまま放置すると医者が姉歯の位置に追いやられるだけなんだがな

388 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 17:56:35 ID:8kUmKfRw
年次改革要望書>>299の影響下で外資を呼び込むように政財界が画策し、
官僚がそれにたいして抵抗・計算・修正を加えている構図のわけだ。

政・官・財が一枚岩の陰謀論であるかのように論じる>>1もどうかと思うが、
すべて合理的帰結・論理的必然であるかのような意見も違うでしょ。

389 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 17:58:13 ID:tIO/DG/B
開業医で年収3000万以上とか明らかにおかしいだろ?

医者が儲け過ぎているのは動かしがたい事実だろ?

390 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 18:15:20 ID:oCiD8L8J
自営業の一種ととらえればさほどおかしくないのでは?
うちも自営業だったけど収入は5000万くらいあったよ。
収入はな。仕入れ、銀行への返済、従業員の給与とかを
ひいてくとまあまあ標準程度に落ち着いてたが。

391 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 20:38:19 ID:8kUmKfRw
関岡英之氏の小泉純一郎氏への批評の一部

   一方、医療に関しては在任中に徹底して公的医療費を削減したが
  それもまた財政均衡原理主義に凝り固まった旧大蔵省の主張そのものだった。
   小泉氏は自民党の同僚議員を「道路族」や「郵政族」と痛罵したが
  自分自身は大蔵族だったのだ。マスコミが大蔵族を叩く事はない。
  だから大蔵族が最強の族議員だという事を国民は知らない。
  
   米国保険業界はクリントン政権に圧力をかけて「日米保険協議」を仕掛け
  日本の保険業法を改正させた。その結果9社の中小生命保険会社が
  経営破綻・経営悪化となり、すべて外資に買収された。
   次のターゲットが簡保であった。郵政公社を分社化・民営化
  つまり政府の持ち株を上場させ、
  外資による簡保の買収を可能にしたのが郵政民営化の本質である。
   米国が次に目をつけたのが医療保険だった。日本は国民皆保険といって、
  すべての国民が公的保険に守られているが、米国は先進国で唯一そうした制度が無い。
  このため米国では医療保険は民間保険会社の一大ビジネスとなっている。
   医療保険を「民」にやらせるとどうなるか。
  米国の保険業界がいかに強大な政治力を誇っているか。
  それを知りたければ、マイケル・ムーア監督の映画「シッコ」は必見である。

392 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 20:45:24 ID:l/S3L9Dn
貧乏老人はある程度間引きした方がいいだろ。
国が持たない。

393 :名刺は切らしておりまして:2009/03/15(日) 20:58:45 ID:3fqONESd
>>392
そう思うなら
お前がやれ、自己責任で

394 :名刺は切らしておりまして:2009/03/17(火) 17:30:15 ID:K7MK2zDx
アメリカ⇒政財界⇒官 僚⇒電通⇒(マスゴミ)

■『年次改革要望書』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8

1997年 独占禁止法改正・持株会社の解禁
1998年 大規模小売店舗法廃止、大規模小売店舗立地法成立(平成12年(2000年)施行)、建築基準法改正
1999年 労働者派遣法の改正、人材派遣の自由化(以後、ワーキングプアが激増する。)
2002年 健康保険において本人3割負担を導入
2003年 郵政事業庁廃止、日本郵政公社成立
2004年 法科大学院の設置と司法試験制度変更
2005年 日本道路公団解散、分割民営化、新会社法成立
2007年 新会社法の中の三角合併制度が施行

年次改革要望書(フジTV サキヨミLIVE) Part1  →削除されたね
http://jp.youtube.com/watch?v=lUqZIo3IEqY
年次改革要望書(フジTV サキヨミLIVE) Part2
http://jp.youtube.com/watch?v=4epePc5YksA

2ch検索 [年次改革要望書]
http://find.2ch.net/?STR=%C7%AF%BC%A1%B2%FE%B3%D7%CD%D7%CB%BE%BD%F1&COUNT=50&TYPE=TITLE&BBS=ALL

395 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 00:34:50 ID:2M+hYaxD
看護師臨床研修必修化推進検討委員会 !!!!
https://www.nurse.or.jp/home/publication/pdf/2007/rinshou-18.pdf#search='臨床研修制度,%20看護'

(1)看護師臨床研修実施病院(仮称)
本委員会では現在独自のに基づき新人看護師の育成
に取り組んでいる多くの施設を看護師臨床研修実施病院仮称とし
たそして看護師臨床研修の質の確保と研修指導体制及び内容等の
均質化を図るために看護師臨床研修実施病院仮称において一
定基準に基づく研修を実施するための方策を提案したい
この看護師臨床研修実施病院仮称では本委員会で整理した
看護師臨床研修の基本的なあり方”に基づいて研修の理念を整え
研修指導体制及び研修計画・を見直す等の一定基準に基づく
研修の整備が求められるまた既に取り組んできた研修との整合性を
図りつつ自施設における新人看護師すべてを対象とした原則1 年以内
の研修計画を策定し研修指導体制については実施指導者
研修担当者研修責任者の三者を配置することが求められる
これらの条件を満たした看護師臨床研修実施病院仮称において
全国一律に看護師臨床研修を行うことは施設間でばらつきのあった研
修の質を一定にし一定水準の看護実践能力を有する看護師を育成する
ことにつながるといえる

396 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 07:39:20 ID:ijiP6rDG
>>394
オバマとオザワ?で今後どーなるかって感じだけど、
GHQによる占領政策に根っこがあるんだろうね。

war guilt information programっていう洗脳プログラムによって
GHQは 日本vsアメリカ を 日本軍部(悪)vs日本国民(善) という図式にすり替えた。

ここ十年の医療業界の議論は 財務・厚労省(悪)vs日本国民or医療従事者(善)
それどころか、日本国民(善)vs医療従事者(悪)のように描かれてきたね。
メディアの報道操作によって対立と分断を煽る情報工作が簡単にできるわけだ。

GHQ→CIAが読売新聞主幹の正力松太郎、岸信介、児玉誉士夫などに資金提供して
日本の世論を操作し続けた。(米公文書館の資料で証明されている)
自虐意識を植え込み続けた。それを利用して丸山真男の思想→東大法→官僚、
中国共産党・朝鮮人・左翼が大暴れしたから歪んだ構造が完全に定着した。

397 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 07:45:55 ID:rnUN7uNC
 そこで愛国者である>>396が立ち上がるわけですね。

 陰謀厨って楽しそうだな。

398 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 08:48:03 ID:ijiP6rDG
ちなみに年次改革要望書>>394を論じているのは保守の関岡氏だが、
元ブントで京大名誉教授も同じ趣旨で著作を出している。
徹底的に事実を突き詰めていけば、右も左もありはしない。
陰謀論と揶揄されている論の「一部は」確かに正しい。
また主要メディアが噴飯物であることを強力に証明するソースは必要。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

正力松太郎と渡辺恒雄がCIA工作員として読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍を創立し
その経営資金がCIAから出ている事実は、米国政府の心理戦争局の内部文書 Records Relating
to the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53 に明記されている。 
正力松太郎はCIAのスパイ。元共産党員の渡辺恒雄は正力の部下。
読売はCIAから資金提供を受けて世論誘導をしてきた。
http://plaza.rakuten.co.jp/kannon/diary/200711090000/

日本テレビとCIA―発掘された「正力ファイル」
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031786957&Action_id=121&Sza_id=A0
書評 『日本テレビとCIA』 (ソースに注目)
http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5253-4.html

399 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 09:00:24 ID:8OKbOiNH
さあオッサン・オバサンが医学部に入学して
医療崩壊を防ぐんだ




400 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 17:02:52 ID:q69bpLt8
正力や岸が担ぎ出されたのは
日本がマジで赤化革命とか起こりそうだったからだよ
野坂参三が全国で遊説行脚してて、それが新聞の一面で大々的に報道されてたくらい
この野坂参三も中国の長征に随行してたときにCIAの支援受けてたんだけどね

初めはGHQ側も戦前の日本政府への批判運動くらいに考えていたんだけど
調べたら共産主義者がわんさか
それでGHQもびっくりした
いわゆる砕氷船理論がマジで日本で行われているってのがわかったから

そのときには既に朝日が完全に乗っ取られ、読売もあわやのところだった
そこに正力が乗り込んで押し戻したってのは有名

あの当時は右も左もどっちも色んなところから支援受けてたんだよ
むしろ真っ白な人間なんか誰もいないって

401 :名刺は切らしておりまして:2009/03/20(金) 17:04:47 ID:TY7Owc/S
>>392
貧乏人ができる仕組みがあると、
いくら間引いても貧乏人は減らない。

402 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 00:23:11 ID:bd0AjEip
医療崩壊の原因は女が医学部に入りだした事。
あいつら、途中でやめるから、男の医者の半分も役に立たない。
女は看護婦で十分。

あと、医者は独占業務を少し手放せ。
散々業務独占しておいて「忙しい、割に合わないから金出せ」は通じないよ。

403 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 01:05:31 ID:l98ivNtZ
>医者は独占業務を少し手放せ。

具体的に。それであなたの立場が知れるw

404 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 01:37:00 ID:/v0JNBGo
>>403
402ではないけど、診療行為かな。長年勤めた看護師が
簡単な病気なら開業で診断できるようにするというのは、
破壊的イノベーションだな。
山奥で医師が誰も行かないようなとこなら十分だろう。

405 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 07:48:29 ID:ifdb9HFY
責任取って何かが起きたときの対応もできるならそれでいいよ
あ、医者に丸投げってのはなしね。

406 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 07:59:10 ID:VJfqzwfn
診断権の移譲はアリだろ。

407 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 09:31:17 ID:l3beveTy
そういう話を看護師にふると「医師の方がずっと深く勉強してるわけですから」
という反応になるよ。婦長クラスですらそうだったんだけど。

408 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 12:07:43 ID:cj2Aq0LM
看護師をバカにしてるわけではないが
看護師は、医師ほどの知識も、決断も最終責任も求められなければ
そのようになれるような教育やトレーニングも受けない

むしろ、責任は全て丸投げすべきとの教育をされるわけだから
現状の看護師の中から医師の代わりにはなるような人物は育ちにくいだろうな

409 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 12:19:30 ID:cj2Aq0LM
破壊的イノベーションかなぁ?>>404

アメリカで言うNurse practitionerだな
結局、民衆が、能力の低い医師もどきを受け入れられるかどうかって問題だと思う

日本で言えば助産師と産婦人科医みたいな関係になると思うが…

410 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 12:27:26 ID:aRQbUb1c
つーか、医師の待遇を引き下げると同時に数を看護師並に増やせばいい。
つまり医師の看護師化ってわけだな。

下を引き上げるのは難しいけど、上を引き下げるのは容易い。
ゆくゆくは医師が看護業務もするようになって、看護師は廃業するってことだな。

411 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 13:29:10 ID:VJfqzwfn
医療技術は進んでるし、医師に診断権を独占させる必然性はかなり以前から、あまり無くなっている。
能力のあるナース、PT、OTあたりに診断-保険請求権を部分的に移譲するのは、理に適ってる。
なんなら新たな付与資格制度でも作って、やる気にあるナースは研鑽させればいい。

412 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 13:37:27 ID:tSHvOTyg
ヤブ医者を潰してくれるんなら悪くないな

ハゲタカと経団連の金の亡者どもが儲かるのは
しゃくだが

413 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 14:02:26 ID:XhPIqKCR
>>1
私は医者です。永遠の中2病の医者です。
まで読んでみた。

414 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 14:09:02 ID:9wJIhkKB
「医療崩壊」神話のお陰で得したのは医師も同じじゃないかな。
定員増を勝ち取ったでしょ?
まあ>>1がどの辺に向けたポジション・トークなのかにもよるけど。
医師側は勤務医vs開業医とか、医療vs看護とか、分断政策にもやられたよね。

415 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 14:14:53 ID:/v0JNBGo
>>411
既得権がちょっとでも奪われるのを嫌がる医師会は
診療権の移譲なんか猛反対するよ。
それこそ目の色変えて騒ぐ。

416 :名刺は切らしておりまして:2009/03/21(土) 17:15:53 ID:G08t9roN
医師の看護士化?馬鹿か?

なら医療機関にかからずナースステーションのみのところにでもいってろよ。

傍観者どもは好き放題に書くが現場で働いてみてから偉そうな事をいってみろ。

417 :名刺は切らしておりまして:2009/03/23(月) 01:03:26 ID:EM1rptKa
国家資格の柔道整復師は保険適用だから、整形外科は患者をすでに譲ってることになる。
民間資格にすぎない整体師とカイロプラクターが混在してる整骨院が
保険診療をするのは違法。かなり放置されてるときくがなぜなんだ?



418 :名刺は切らしておりまして:2009/03/23(月) 01:59:46 ID:PaRX2Um/
民間資格で保険診療ってそれ詐欺じゃん。
そんなことができるのか。

419 :名刺は切らしておりまして:2009/03/23(月) 03:01:57 ID:EM1rptKa
柔道整復師(国家資格)の開業する接骨院・整骨院が
整体師・整体士(民間資格)を雇い保険診療する違法行為が
けっこう放置されているらしい。

私がいいたいのは、診断行為や保険請求権を積極的に開放したら、
違法行為 保険料の増大 各資格の利害対立などの不測の事態を来たすってこと。
整形外科開業医vs柔道整復師、精神科医vs臨床心理士、産科医vs助産師など。

これらは既に協調してない。むしろ利害的・感情的に対立してるし、
手術や投薬の必要な患者を抱え込むような不利益すら生じてるでしょ。

420 :名刺は切らしておりまして:2009/03/23(月) 03:15:52 ID:ZcsvM3BK
そうして医師はますます孤立化し、
厚労省の思うがままに弱体化を強いられるのでした。



421 :名刺は切らしておりまして:2009/03/23(月) 10:32:24 ID:t32L9epK
日本国民なんて、イギリスやアメリカみたいになってから悔やめばいいニダ
盲腸を、日帰り手術で治療されて300万円かかるとか
進行癌の手術の予約が3ヵ月後とかw

422 :名刺は切らしておりまして:2009/03/23(月) 19:17:14 ID:yKCzUBPM
>>417
一般人は疑問に思わん方がいいw

423 :名刺は切らしておりまして:2009/03/24(火) 19:58:14 ID:01fTXctz
医療費云々は別問題として、人員が足りない以上は、PAは導入せざるをえんだろう。
女子志願者数にあわせて定員増をしなかったつけだから、そんなにすぐに
解消できるわけでもなし。

424 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 09:21:41 ID:y0r3Hm3v
あげ

425 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 09:48:03 ID:UQ32IS4T
【不正請求】しんきゅう院、うその申請書で医療費約620万円詐取。経営者告訴
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1238113278/1

1 名前:しいたけ@おじいちゃんのコーヒーφ ★[sage] 投稿日:2009/03/27(金) 09:21:18 ID:???0

偽造した患者28人分の署名や印鑑を使って作成したうその申請書で
療養費約620万円を愛知県の医療広域連合からだまし取ったとして、
豊川市でしんきゅう院を経営していた男が、偽造有印私文書行使と
詐欺の疑いで告訴されました。広域連合によりますと、男は容疑を認めていて、
経営していたしんきゅう院は、去年12月末に閉院しているということです。

http://www2.nagoyatv.com/LanDB/jsp/NewsH0200/NewsH0200.jsp



426 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 10:50:27 ID:NfQp/mNf
戦後の混乱期、臨時医専卒が大量に医者になり、地方の医療を支えた事実がある。
なんと、病院長が京大臨時医専卒だった病院も有ったりする。

大したトラブルは無かったようだから、それも有りなんじゃないかともおもうw

427 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 10:54:01 ID:WmbbnPpc
要するにアメリカ化だろ
窓口で払う医療費は増えて民間医療保険加入必須
保険レベルで医療の差別が起こる

向こうじゃ家族が長期闘病すると財政なくなることもあるし
よく米国映画にあるみたいに家族の医療費のために
犯罪とかも現実になりそう

428 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 11:03:59 ID:amNeM846
>>1
ほぼあたりだろ。

そして、医者も医師会もどんなに抵抗しても悪役にされて終わり。

常に医師会を悪とする書き込みがどんな医療系スレにも書き込まれる(当然このスレにも)。
工作員とは思えず、それだけの国民が
「医師会は悪、医師会を叩くやつは正義」と思ってるわけだ。

つまり、もうどうにも医療崩壊止めようがない。
小さい病院はどんなに真面目にがんばっても潰れる。
大きい病院は買収される。

この流れは絶対に変わらない。




429 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 11:18:38 ID:8UEBF3mx
まぁ根本はなんといっても少子高齢化だよ。

人口減る

健康保険税高くなる

病院効率化しろ。薬安くしろ

過剰労働で死にそうな医師

やーめた。

まぁ他にもいろいろあるんだろうけど、
やっぱり少子高齢化は大きいとおもうよ、ほんとに。

430 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 11:43:43 ID:+jzUV9KZ
少子高齢化で、若い労働力、特に3K職場の人手不足は深刻だ
いまこそ、フィリピンなどからの移民を積極的に受け入れて
労働者不足を解消すべきだ

善良な市民であって納税してくれるのなら
日本にとって国益でしかない

431 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 14:48:41 ID:NfQp/mNf
>429
少子高齢化が問題なのではない。
人口構成が計画に添わなかった事が問題なのである。
計画に合わせる為に、人口構成を変えてしまう事がもっとも簡単な解決法だろう。

すなわち、単純労働者の移民受け入れ。
先ずはチャンコロを1000万ほど受け入れてみたらどうだ?

432 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 22:09:17 ID:mv7h/xlF
>>431

春休みだものな。



433 :名刺は切らしておりまして:2009/03/27(金) 22:47:17 ID:BYRqybMG
金の無い者が家族の医療費のために犯罪を犯すか…
流星の絆ってそんなドラマだったっけか?
見事に先読みしたドラマだったのかな?

434 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 05:06:54 ID:RoyZCRGq
医療が商業化された米国はほんとうに悲惨だ
患者は一度おおきな病気に罹ると治療費で経済的に転落してしまう
医師は年間18万ドルも医療訴訟対策の保険費用を自己負担しなければならない
医師さえもワープア状態になる可能性がある

いったい誰が儲けているのか?
民間の保険と製薬会社、弁護士だろう

医療の米国化は断じて避けなければならない

435 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 05:24:52 ID:PY9eGmaa
もうここまできたら逆転の発想でいこうぜ!
つまり患者が医者を診るってことだ。
たとえば白衣きて病院行くってのはどうだ?
受付で精神科に誘導されそうになったら
「おれは日本の医療崩壊を防ぎたいだけなんだ」って
狂ったように叫べばいいだろ?

436 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 07:13:03 ID:h7vmr3Kb
hope for the best
plan for the worst

437 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 13:01:28 ID:PcOQU2qg
選択肢は4つしかない 要はリスクを誰がどういう形で負うかの問題

1 アクセス制限      予約してから受診まで3ヶ月かかります、手術の予約は1年後です
                救急車で病院に着いてから24時間待たされます

2 クオリティ制限     最先端医療を保険でやると赤字になるので、そのうちどこもやらなくなりました
                今まで国内でできてた難しい病気の人も自費で海外へ 行けない人は腹さすって死を待つ

3 コスト患者負担     高いです 時々破産します

4 患者の訴権制限    安くて多くの場合は普通に治りますが、ヤブに当たって死ぬ場合があります
                 もちろん泣き寝入りです

十数年前まで実質4だったのが、訴訟社会になって揺らいできたので他の終着地に移動しようとしてるのが現在の状態
この4つ以外の選択肢はないので、どれか早く選ばないといけない
早くしないと3になるよ 経団連が3にしたがってるからね

438 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 21:34:29 ID:474xry0h
>>419
>整形外科開業医vs柔道整復師、精神科医vs臨床心理士、産科医vs助産師など。

どうだろう、実際に戦わせてみては

439 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 22:32:35 ID:mh81l6xT
>>437
いや、アメリカが破産しかけて経団連の力弱まっている今、
トンデモ裁判の連続・若手意志の育生迷走のおかげで2に帰結しつつある

440 :名刺は切らしておりまして:2009/03/28(土) 22:53:56 ID:rAcndnY4
医は仁術

441 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 00:36:26 ID:0ByUyQp8
医は忍法

442 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 08:42:31 ID:hNVz+Gae
保険屋とか金融屋に命は預けられない
いまんとこ医者は選べるが医療はどんどん疲弊している

んで国民はどうすりゃええの?

443 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 08:57:41 ID:1mPWmyH1
財務−厚労省の希望と医師会の圧力と政治家・経団連の意向が
どのように噛み合っているのかを詳細に分析して発表した人はいない。
米国の圧力を追い風に利用しただけで、言いなりになった結果とは限らない。
まして宗主国は火の車、オバマ政権は医療保険改革に着手するわけだ。
日本の医療を米国並に市場経済化する理はすでに失われている。

三体問題、四体問題を明快に読み解くのは難しいが、この国の得意技が
折衷論であるという前提に立てば、高度医療は混合診療を取り入れ株式病院へ、
他の一般的な客層は待機時間の長〜い地域中核病院へ、というイギリス風に。
開業医はアクセス制限に寄与しているものの今後は診療報酬を削られる。
儲けたいなら自由診療にてどうぞ?・・・という方向だと予想する。

444 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 09:15:48 ID:2e2YUDZM
病院がトヨタ孫請けみたいになるってことですね

445 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 09:31:15 ID:a9ssiA9w
>>443
混合診療の導入は避けられないだろうね。
高度医療はほんの一握りの人だけが受けられるもになるだろう。
診療所も自由診療の分野を多少もってないと生き残れないだろうな。
一番割を食うのが中核病院で、今までの医療体系の建前上、自由診療を入れるわけにも行かない。
ここにイギリス化が顕著に表れるんじゃないか

どちらにせよ高度医療が衰退するのは確か。

446 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 10:19:09 ID:kGXkJjfU
まー、貧乏人にはそれなりの医療ってことだな。
アメリカみたいに大病したら家を売らないと医療費払えなくなるだろ。
誰でも同じ医療が受けられるって日本が変なのかも知れないが。

447 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 10:25:27 ID:h26rCoVR
>>446
>大病したら家を売らないと医療費払えなくなるだろ
それを言ったのが、経団連の重鎮で、
PFIで公立病院の経営にも参入してるオリックスの宮内ってのが
未来を物語ってるね。

>週刊東洋経済/2002.1.26号の記事
>金持ち優遇だと批判されますが、金持ちでなくとも、高度医療を受けたければ、
>家を売ってでも受けるという選択をする人もいるでしょう。
>それを医師会が止めるというのはおかしいのです。
>医療サービス、病院経営には民間人の知恵を入れるべきでしょう。
>企業が病院を経営してもよい。利潤動機の株式会社に、人の命を預かる
>医療を担わせるとは何事かと言われるわけですが(笑)。



448 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 12:06:23 ID:M93fUEjZ
【要約】

先進国の仕事が新興国に移る

先進国は安い商品を輸入

仕事がない先進国は安くても物を買えなくなる

先進国市場が崩壊して新興国は作っても輸出できない ←今ここ

先進国と新興国が同時にあぼ〜ん

449 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 12:39:28 ID:BRYvjiSJ
確かに説得力はある
ただ国民にとってどっちがよいかはまた別問題だな

450 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 13:02:10 ID:PR+QfLbd
裁判を制限できたら、それ関係のコストが大幅に削減できるから今まで通りでも続けられたかもしれないのにね
憲法上、裁判を受ける権利は制限できないから、みんな暗黙の了解で手をつけなかったのに
訴訟社会はほんと罪深いな

451 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 13:07:46 ID:MH6QsRqA
>>430
移民である必要ないじゃん
半年契約くらいで出稼ぎに来てもらえばいい
納税してもらえる上に不要になったら国に帰ってもらえばいいし
フィリピン人看護婦もさらに良い職場があれば他の国にいけばいいし

452 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 16:51:24 ID:YD1IY49a
>>449
2004年頃の医師板や医療系ブログで書かれていた内容だよ。
それの要約と行ったらいいか、今となっては古い。
医療従事者で、日本の医療が改善するなんて思っている人はもういない。
現状維持すらできるなんておめでたい考えの人もいない。
いかに逃げ切るかが勝負で、その方法論が中心となってる。

453 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 20:10:05 ID:DvklYQ72

クルーグマン:「自己責任化」によって健康保険問題が解決しない理由

http://macska.org/article/122

454 :名刺は切らしておりまして:2009/03/29(日) 20:58:09 ID:aR2ykq9N
初診料ボってるうちは何言っても無駄だな

>財界は、“雇われ院長“を置き、経営の実権を握るのです。

いや、今もたいして変わらんでしょ
医師が日替わりであちこち回ってるんだし。

455 :名刺は切らしておりまして:2009/03/31(火) 22:59:27 ID:WhOI+fk2
こうして「なんちゃってクリニック」に勤務医は逃げるのであった・・・おしまい

175 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)