5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【金融】危機からの教訓:規制なき市場経済ない、超大型の財政出動を…ノーベル賞・クルーグマン教授 [09/01/03]

1 :明鏡止水φ ★:2009/01/03(土) 07:45:50 ID:???
 激動のうちに2009年は明けた。国際社会は、金融危機の拡大と世界不況に苦しみ、
新自由主義と米国一極集中に限界が見え始めている。国内では、政治の混迷が続き、
未曽有の経済苦境から抜け出せない。この危機にどう立ち向かい、未来を切り開くか。
内外の識者に現状認識と打開策を語ってもらった。

 ◆危機からの教訓…P・クルーグマン(米・プリンストン大教授)◆

 世界金融危機は、市場経済は自由放任にしておけばうまくいくという信仰を打ち砕いた。
1930年代の大恐慌後に採られた適度な規制を是とする哲学に回帰すべきだ。

 市場経済そのものが悪いのではない。市場経済はいまだに最善のシステムだが、金融には
問題があった。

 引き金を引いたのは、米国の住宅バブルの崩壊である。元凶は、規制もされずに野放しと
なっていた米証券会社やヘッジファンドなどによる「影の銀行システム」だ。

 大恐慌を教訓に、銀行への規制や金融の安全網が整えられた。だが、現代の金融の大半を
支配する「影の銀行システム」は、実質的には銀行なのに、銀行のような規制を受けて
来なかった。住宅ローンを証券化した金融商品などで、借入金を元手に自己資本の何十倍も
投資するレバレッジ(てこ)取引を行い、バブルを膨らませた。

 タイタニック号の乗客が沈没するのを知らずに、別の乗客から保険を買ったようなものだ。
金融工学を駆使した金融商品は安全だと信じ込んで、皆がバブルでリスクの膨らんだ
金融商品を持ち合っていた。

 だから、いったんバブルがはじけると、今度はてこが逆に作用し、負の影響が直ちに
世界中に伝わった。米国の住宅バブルと関係のない様々な国々にも、危機は異常なほどの
伝染力で広がっていった。

 ◆超大型の財政出動を◆

 私たちは個々の融資を丹念に審査しなくても、金融工学でリスクを管理できると思い込んで
いた。市場に自浄作用があるとも信じていた。しかし、結局、それは間違いだった。

 今はまず、政府・中央銀行による救済策が必要だ。大規模な財政出動や慣例にとらわれない
金融政策などの対策を打たなければ、不況はこの先何年も続くだろう。新興市場にも深刻な
ダメージを及ぼし、金融システムに深い傷を残す。一時的な巨額の赤字をためらうべきではない。

 80年代のレーガン政権のスローガンは「政府は問題を解決しない。政府こそが問題だ」だったが、
今必要なのは「政府こそが問題を解決する」なのである。

 世界経済には、もはや覇権国家は存在しない。米国主導の時代が完全に終わったのではないが、
米国の信用と権威は落ちた。米国は経済政策について多くの国に口出しをして来たが、今や
それは難しい。

 「米国が父親役で、子供たちに何をすべきか諭す世界」でなく、将来の世界経済は、米国と
欧州連合(EU)、中国、インドの4大勢力など大国間の駆け引きで動くことになるだろう。
日本は、2番手集団の先頭といったところだ。

>>2-3に続く


▽News Source YOMIURI ONLINE(2009年1月3日05時33分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090103-OYT1T00071.htm
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20090103-551094-1-N.jpg
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20090103-551101-1-N.jpg
著書を手にするクルーグマン氏(12月22日、米ニュージャージー州のプリンストン大で)=小西太郎撮影


309 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 10:42:35 ID:m1lturU9
近い将来の予言をしてそれが当たったことを誉めるんだったらまだしも
環境が変わった時点で前の発言を持ち出して馬鹿げた話だっていうの反則だろ

310 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 10:50:33 ID:0cfuF3f0
>>224
経常(所得)収支は黒も黒真っ黒黒なんだから、そろそろ少しは
貿易赤字になっても良いんじゃねえかな、いい加減日本はw
ある意味この富の偏在(日本真っ黒黒黒黒黒黒)も恐慌の下地になってる気もするなあ

311 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 10:54:01 ID:+DmmrPjD
ノーベル経済学賞の肩書きはあまりアテにしないほうがいいかもな。2度も失敗してる奴がいる。

ノーベル経済学賞受賞のショールズ氏のヘッジファンドが解約停止を発表、LTCMに続く2度目の失敗
http://www.toyokeizai.net/money/markett2/detail/AC/50029165f480d264bbff21a2ac78ec2f/

312 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:06:55 ID:m1lturU9
ノーベル賞で失敗した部門って経済学賞を作ったことだろ
その次に平和賞

常識じゃん

313 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:07:20 ID:5wp+PqFE
>>303
デフレ下の実質成長率なんて無意味
名目成長率を下回ってる時点で逆鞘

314 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:42:06 ID:xQxRYzEY
>>313
名目成長率が世界一高いのはジンバブエ。
ここ15年で製品の価格低下に成功した日本企業の実力はたいしたもんだ。
インフレなんていくらでも起こせるんだから。

315 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:47:58 ID:Yo8UbT0f
>>303
日本って、先進国の中で唯一、ここ7年、戦後最長最大の好景気だったし、
経常収支も所得収支も貿易収支も大黒字だったからね。
成長性の問題で、日本が疑問視される理由はないよ。

ドイツなんて、5年前でもマイナス成長だったしな。EUは悲惨w

316 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:50:45 ID:LPq9ezqf
>>308
○必要な場所に道路を作る→役に立つ公共投資
×必要ない場所に道路を作る→ただの浪費

この単純な話が何故か理解されない。全否定か万能論ばっかり

317 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:52:28 ID:wI0q4R4P
>>311

いかにも低学歴クズニートらしい意見ですね。



318 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:53:50 ID:wI0q4R4P
>>316
だってこの板にいるのバカばっかりだもん。
二元論でしか物事を理解できない低学歴クズニート

319 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 11:54:20 ID:xQxRYzEY
>>316
日本の公共事業は道路建設だけじゃないんだけど。

320 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 12:18:19 ID:PXvNLJ6K
クルーグマンを巧く動かして外堀を埋めてるな・・・

オバマではなくルービンのシナリオだろうけどww

321 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 12:25:21 ID:7pwenqqs
>達成できると、国民に信じてもらうのは難しいが、
>現在の米国で実際に効果を発揮させるには
> 「向こう10年間、物価を年4%ずつ上昇させる」
>くらいのインフレ目標が必要だ。
最近の中銀てインフレ率0〜2%くらいに拘ってるよなあ。
日銀は0%くらいに・・・w

322 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 12:25:25 ID:ooVaqj6g
>>316
必要か必要でないかで評価するから問題なのであって
儲かるか儲からないかではないのか。

お金ないんだし。
必要な公共事業はお金を稼いでからにしようよ。

323 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 12:26:52 ID:xQxRYzEY
アメリカはこれから何をやっても今後10年間は効果があらわれずに
迷走する。
急進的な人間ばかりだから短期的に政策が功を奏しないとすぐに
別の政策に移って失敗する。

324 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 12:36:46 ID:7pwenqqs
>>323
深夜ぶっ通しのアメリカコンプは
何やっても失敗するw
http://mimizun.com/search/perl/idsearch.pl?board=bizplus&id=xQxRYzEY
2 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 01:45:44 ID:xQxRYzEY
>>604
アメリカには金がない。供給力がない。
需要がない日本とは違う。
22 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 04:00:55 ID:xQxRYzEY
>>776
日本は世界一のブロードバンド先進国。
30 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 05:07:47 ID:xQxRYzEY
日本製コンテンツは世界中で人気だっての。
インターネットを見ればわかる。
世界中がコスプレしてるよ。

325 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 12:55:30 ID:JXPe4Tqb
>>300
> 正社員減らし=氷河期不正規の雇用となる訳がない。
この点には全く同意だが、
実際早期退職を募ってその分で新卒枠を埋めるようになってきたよ。
氷河期で世代の空白の弊害がつとに認識されるようになってきたからね。
社内の人口ピラミッドを崩さないよう努めている会社が多い。
故に氷河期非正規は雇用されないけどね。

326 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 13:04:30 ID:ooVaqj6g
>>325
いまだにピラミッドを維持しようとする努力は報われるのだろうか。
当事者はやらざるを得ないのだろうが。

年功賃金って不景気なときは逆ザヤになるよなあ。

327 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 13:06:41 ID:xQxRYzEY
>>324
アメリカコンプじゃなくて日本がアメリカよりよっぽど進んだ、強い国だといいたいだけだ。

328 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 13:46:35 ID:JXPe4Tqb
>>326
単純に事業を維持するのに、社内で得られる固有の経験・技術蓄積がモノをいったりするのよ。
そこに穴が開くと結構面倒だというのはおおむねどこの企業も感じていると思う。

また、そうであるが故に、OJTを積めなかった氷河期非正規は「実力勝負」で負けてしまうのよね。

329 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 13:55:17 ID:omQrS2cu
オバマの経済政策はサマーズが練っているはず。半分は日本を
どう利用するかで占められてるだろう。

330 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 13:56:15 ID:kSrG/pXL
>>328
氷河期は正社員なら、そろそろ責任のある仕事もこなしてる
時期だろうだし。となると、権限を持って、人や金を配分
するような立場にもある。
チームをまとめなきゃならないから、やる気の出させ方、
あしらい方とかも必然的に覚えていき、それが実力に
なっていく。

非正規はそういう経験を一切つめない。
年を取れば取るほど、差が開いていく一方。

331 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 14:08:18 ID:06OxgEOu
>>317
なんかイヤなことでもあった?w

332 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 14:21:21 ID:FEUEftD+
>>329
サマーズって超エリート意識の塊で
人種・性差別主義者だよねw
頭はいいのに人格に問題ありという、新自由主義・ネオコンを代表する人物
たぶんこの人は舌禍でオバマ政権の安定を脅かすw

333 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 14:29:18 ID:omQrS2cu
>>332
サマーズに謙そんを求めるのは、マドンナに貞操を期待するようなもの

334 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 14:54:31 ID:mEfnaKyf
金融政策などの経済政策が経済指標に影響を及ぼすのには半年から2年程度のタイムラグが
ある、従い、今から2年前の経済政策を見れば、今の不況の原因が見えてくるのである。
2006年と2007年には、サラリーマン減税として1999年から実施された定額減税
が廃止され実質的増税が実施された。所得税の20%減税が廃止され、今まで4万円だった
所得税が5万円に増税されたのと同じ消費低迷効果となったのだ。今まで自由に使えた1万
円がなくなったのだ。同様に、デフレ脱却が完了していないのに利上げを実施し、景気にブ
レーキをかけた。2006年3月、7月、2007年2月に0.25%づつ合計0.75%
の利上げを行った。この利上げ政策はインフレ退治を目的にしたものだったが、デフレ脱却
前に利上げをしたことにより、デフレ継続による不況誘導となり、消費は低迷している。
こんなバカな経済政策をしているのは「財政再建至上主義カルト」である財務省である。
財務省は増税による財政再建のみに興味があり、景気など無関心だ。だからこそ、100年
に1度と言われる経済大不況が始まると言われる今の時期に「消費税増税予定」を閣議決定
するという経済常識と180度違うバカなことをやっているのだ。派遣社員を救うためには
増税による財政再建に固執する「財政再建至上主義カルト」である財務省の方針を変えさせ
ることが必要なのだ。不況の本当の原因は「増税による財政再建策」にあるのだ。

335 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 15:00:19 ID:xQxRYzEY
俺も消費税減税すべきだと思う。
財政再建は量的緩和(公開市場操作)による日銀の国債購入・償還によって
なされるべきだと思う。デフレ脱却と減税、財政再建が同時にできる。

336 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 15:05:15 ID:sVDSX0Jg
日本はここまで先延ばししちゃったから、アメリカの結果を見てからでも遅くはないかも。

インフレを起こせるのか?
インフレを制御できるのか?

337 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 15:13:26 ID:Qs8A6gzM
霞が関とアメリカはまず謝れ!
話はそれからだ。

338 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 15:20:51 ID:yl3fYdlG
>>325
企業は人口ピラミッドを崩さないように努力するとして、
日本社会の人口ピラミッドを正常範囲に保つ努力も必要なのでは?

老人の数そのものが減少すれば、その富は自然に若年層に移行する。
(あるいは国庫に入ってくる)
若年層に金が入って生活のゆとりができれば、子供を作る気にもなるだろう。
(ピラミッドの底辺部分が増加する)

339 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 15:37:35 ID:9CyS1/Pi
 「米国が父親役で、子供たちに何をすべきか諭す世界」でなく、将来の世界経済は、米国と
欧州連合(EU)、中国、インドの4大勢力など大国間の駆け引きで動くことになるだろう。
日本は、2番手集団の先頭といったところだ。




日本が2番手集団の先頭とか意味わからねえ
アメリカ超えそうな勢いなのに


新興国バブルは崩壊してるってのがコイツには分かってないようだな
民度が低い国は農業くらいしかできないんだよ
いくら金突っ込んでもな
中国なんかその農業ですら毒が入ってる始末
欧州も能力の限界に近づいてきてる
今能力の底が見えずに新しいものを造り出してるのは
米国と日本だけ
しかも日本がやや優勢

340 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 18:58:11 ID:vKQ4192g
>>339
元の発言した人は、日本の姿が見えていないんだと思うよ。
だからあんなおかしな考えが間違っていないと思ってしまう。

たとえ中国やインドやロシアやブラジルの人口の1割――大都市に済む人間が、
東京や大阪や名古屋に完全に並ぶ所得水準になって、国全体で日本のGDPを越えていっても、
日本の平均所得は世界の上位15%の中に収まる。これを不満と嘆くなら、なんて贅沢なんだ。

日本は世界にとって超が付く富裕層で、新興国が追い上げる前に生産し蓄積した膨大な富は、
世界が生み出す資産へ投資されて更なる富の所有へと繋がる。

341 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 21:27:08 ID:Yo8UbT0f
>>339
中国は論外w としても、欧州はドルと円の借金で膨れて大きくなったように「見せかけてた」だけだしな。

今、その借金を一部回収されただけで、どんだけインチキだったんだってくらい縮小してるし、
GDP比の対外債務(ドイツやイギリスでもアメリカの数倍あるんだよW)の返済は、これからだし(てか、不可能だろうなW)、

まぁ、これからも、日本とアメリカの二頭体制だろ。

今、それがハッキリしただけだし、金融や経済は日本の一人勝ち状態だしなW

もう、どうしようもないな。

342 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 23:22:11 ID:MzErCzSR

クルーグマンをタダで読みたい人はココ↓

http://blog.goo.ne.jp/kkt_2008

アフェリエイトか広告クリックをよろしく。

343 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 23:23:59 ID:EFfUMZYi
>>1
物流停止はかわらんよ。

344 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 23:51:42 ID:AVTbA66A
いつ国債の借金を返すの?
借金で拡大した経済が崩壊するとわかったばかりなのにまた借金を膨らませて
次の大崩壊はサブプライム問題じゃなくて大国破綻問題になるだけでしょ
これは先送りにすぎず本格的なスーパーデフレの原因になる

345 :名刺は切らしておりまして:2009/01/04(日) 23:57:59 ID:axuhfRIX
金融だけじゃ食えないけど
金融がこけると無敵のトヨタも一発で
こけるってのは勉強になったよ

346 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 00:42:51 ID:CWfXi4lK
お前ら本当に貨幣制度の事がわかってないんだな
世界中のほとんどの国の政府は通貨発行権を持っていない
中央銀行という謎の民間組織が通貨(銀行券)を発行している
だから政府は国債を発行して通貨を手に入れるしかできない
麻生がやっているのは政府にできる精一杯の景気対策で
これに抵抗する渡辺の背後にいる組織は何か? ということになる

政府が通貨発行権を持っている国はロシア、イラン、ベネズエラなどごく少数
当然米国から睨まれている


347 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 01:19:39 ID:y3Gtdj1k
カメラの原価50円の時代ですよ。ブッシュは盗聴盗撮をしていて、
弾劾裁判可決されてますよね?パスワードも盗聴盗撮の対象になります。

大きな穴のあいたバケツに、いくら水をそそいでも、財政という水は
そのバケツにはたまることはないんじゃないですか?

348 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 01:21:20 ID:y3Gtdj1k
CDSは、電子システムです。オペレーションにかかる各種盗聴が行われると、
すべてゴミになります。

財政出動しても、無駄ではありませんか?

349 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 01:22:59 ID:uWZMOveZ
>>344
最終的には実質踏み倒してハイパーインフレでしょ

350 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 01:26:17 ID:y3Gtdj1k
>>1
株式取引買わせ取引システムは、すべて、電子取引です。
ストリートビュー技術をさらに進めることで、動画から
パスワード文字入力が可能になりますね。ソナー技術の
転用でも同様ですね。

ヤラセをふくめた盗聴盗難を許すことで、財政出動になんの意味があるのでしょうか?


351 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 03:46:38 ID:o9pmMly8
>>345
トヨタはこけてない。
トヨタは実際には赤字になってない。

352 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 08:18:36 ID:h7I++r8Y
>>1
まあ,この手の連中の「予測」とやらはまったくあてにならんことを
散々勉強させてもらいましたからw

353 :名刺は切らしておりまして:2009/01/05(月) 17:01:21 ID:QO13NGcf
>>352

また低学歴クズニートがバカ丸出しの経済学者批判か。


354 :名刺は切らしておりまして:2009/01/06(火) 09:11:18 ID:53smv87i
2chだと気象庁の予報は当たらんから気象庁自体が税金の無駄って言う様な人もいるからちかたない。

355 :名刺は切らしておりまして:2009/01/06(火) 09:37:42 ID:7Zj+rTJQ
2ちゃんねらーは批判の専門家集団だもんな。
批判だけして評論家気分を満喫したい連中の溜まり場だ。

356 :名刺は切らしておりまして:2009/01/06(火) 09:52:30 ID:EHXyYIho
あの髭はなんかもったいぶって見える、髭そり面倒なのかな。

357 :名刺は切らしておりまして:2009/01/06(火) 09:54:18 ID:uIluynGI
>>355
素晴らしい!!!

批判してる人を批判する、あなたが2chを代表する。
批判の専門家ですw

358 :名刺は切らしておりまして:2009/01/06(火) 10:18:11 ID:ufNP7HJi
占星術レベル(笑)

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)