5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【環境/海外】環境ビジネスは米国経済の救世主になれるか

1 :ばい夫φ ★:2008/11/26(水) 16:46:21 ID:??? ?PLT(12021)
カリフォルニア州エメリービル発――「従業員数は203人だ。まだ増えている」と、代替燃料の新興企業、米Amyris
Biotechnologies社の最高経営責任者(CEO)JohnMelo氏は、最近作った豪華な設備のガラスのドアを軽快な足取りで
通過しながら話した。

エメリービルは、カリフォルニア州オークランド郊外にある産業の町で、同社は米PixarAnimationStudios社か
ら通りを少し行ったところにある。

金融市場がここ数十年で最悪の状態にあるなかで、Amyris社は大胆な計画を推し進めている。その計画とは、2011
年までに合成バイオ燃料を年間2億ガロン生産し、1ガロン[約3.8リットル]2ドルで提供するというものだ。

従業員を解雇したり、合理化を検討したりしている企業が多い中で、Amyris社は11月上旬、ささやかなパーティー
を開いた。米Google社の施設と似ているとはあまりいえない社員食堂にチーズとパン、ワインを並べ、年間の生産能
力240万ガロンとなるパイロット工場の完成を祝ったのだ。

「ついにすべてが1つになり、動きだす」と、MeloCEOは話した。「最初から最後まで、すべての過程が実用的な
ものだ」

いま、世間には暗いニュースがあふれている。11月中旬には、失業保険の申請者が50万人を超えた。これは、2001
年9月11日の米同時多発テロ直後以来のことだ。『S&P500』と『ダウ・ジョーンズ工業株価平均』は今年に入ってか
ら40%近く下落している。一方、高い評価を受けている国際エネルギー機関(EPA)は12日に『WorldEnergyOutlook2
008』(PDFファイル)を発表し、「現在のようなエネルギーの供給と消費は、明らかに持続不可能である」と断言した


そんな中で、遺伝子操作した酵母を利用し、糖の分子からディーゼル燃料やマラリアの治療薬といった価値の高い
製品を生み出そうとしているAmyris社は、とてもまぶしくグリーンだ。

BarackObama次期大統領とその陣営は、環境分野における革命が米国を景気後退から救い出してくれることを期待
している。その変革の顔、希望の灯となっているのがAmyris社なのだ。

ひとくちに言えば、Google社がメディア業界を撹乱し革新したように、Amyris社もエネルギー市場をかき乱す可能
性を秘めている。そして米国は、科学と工学で世界の1歩先を行くことによって、この20年見失っていた生活の支えと
なる仕事を取り戻し、経済を再び活性化できる可能性がある。

(続く)
http://wiredvision.jp/blog/fromwiredblogs/200811/20081126085721.html


2 :ばい夫φ ★:2008/11/26(水) 16:46:39 ID:??? ?PLT(12021)

大手ベンチャーキャピタルの米KleinerPerkinsCaufield&Byers(KPCB)社は、ローレンス・バークレー国立研究
所から独立する形で設立されたAmyris社について、環境分野の有望企業だと称え、資金を投入している。KPCB社のJo
hnDoerr氏とAlGore氏は何年も前から、クリーンエネルギーに関する演説の中でAmyris社の話をしてきた。

確かにAmyris社のオフィスは、緑豊かな中庭に面してデザイン性の高い部屋や廊下が配置された作りで、そのさわ
やかな開放感は、まさに刷新を具体的に表現しているようだ。

Amyris社は、どんな種類のものであれ、炭素を含む糖を、輸送用の液体燃料に変えてしまう強力な技術を持ってい
る。この技術を使えば、エネルギーを大量に消費する原油の精製が不要になる。

同社によると、「採掘から車両が走り出すまで」に排出する温室効果ガスを、従来のディーゼル燃料に比べて80%
削減できるという。バイオ燃料の排出量の計算は難しいことで知られ、特に、土地利用の変化による二次的な影響を
計算するのは難しい。それでもAmyris社の技術は、石油と比べれば環境志向的と言って差し支えないだろう。そして
、同社が言うように1ガロン2ドルのディーゼル燃料を本当に供給できるなら、ほぼ間違いなく市場はある。たとえ、
原油価格が1バレル[約159リットル]100ドル以下を維持してもだ。

Amyris社は、米国のパイロット工場が完成したら、ブラジルに同様の工場を建てる計画だ。ブラジルでは、同国2
位のエタノールメーカーSantalisaVale社と提携してジョイントベンチャーを設立した。SantalisaVale社は、フルサ
イズの工場向けに、200万トンのサトウキビを粉砕する能力を提供する予定だ。


Amyris社の実用化に向けた着実な歩みは、環境技術のブームでベンチャーキャピタルの投資を受けた第1世代の企
業が成熟してきたしるしでもある。ただし、シリコンバレーとワシントンの人間を喜ばせているのは、この分野の科
学的可能性だけではない。環境技術を持つ企業がさまざまな産業で競争力をつければ、工場で製品を作る仕事が大量
に創出される可能性があるのだ。

少なくとも、環境技術への投資家や目ざとい政治家は、ミシガン、ペンシルベニア、オハイオ各州の解雇された労
働者たちにそう売り込んでいる。


(続く)
http://wiredvision.jp/blog/fromwiredblogs/200811/20081126085721.html


3 :ばい夫φ ★:2008/11/26(水) 16:46:51 ID:??? ?PLT(12021)
投資家としても作家としても有名なEricJanszen氏は今年に入ってから、「環境技術の分野に出資するための協調
的な取り組みがないため、どの方面や分野が米国を景気後退から引き上げてくれるのか、まだはっきりとは分からな
い」と、ワイアードに語った(日本語版記事)。

「今後どうなりそうかというと、政治家がこの状況を調べて、『人々が仕事につけるようにするには、これからど
うしたらいいのか?』と問いかけることになるだろう。経済の1つの分野に焦点を合わせることによって、米国を景気
後退から脱出させることができる」

Obama次期大統領のエネルギー計画は、二酸化炭素の排出量が少ない代替エネルギーの分野で500万人の雇用を創出
することを目指している。米GeneralMotors社と同等の規模の会社を新たに20作って、それぞれが25万人を雇う計算
だ。

しかし、環境技術を持つ企業がいかに速く成長していると言っても、取って代わろうとしている経済の規模には遠
く及ばない。シリコンバレーの新興企業にとっては、200人の雇用でも十分に大規模だ。

Amyris社のパイロット工場も小規模なもので、ハーフコートのバスケットボールができる程度だ。Amyris社はこれ
までに1億2000万ドルを確保し、今後18カ月は成長を続けることができるというが、経済状況の変化のため、2年以内
に上場するという計画の可能性は後退している。

一方、環境への配慮という魅力があるにもかかわらず、Amyris社に対しては批判もある。一部の環境保護団体はバ
イオ燃料そのものに反対しており、例えばカナダのオタワに拠点を置くETCGroupは、合成生物学を利用する企業の手
法やビジネスモデルを標的にしている。ETCGroupは12日に発表した報告書で、まだできたばかりのこの業界は、取っ
て代わろうとしているシステムと同じくらい環境に悪影響を及ぼすと主張している。

「コンバージング・テクノロジー[収斂(しゅうれん)技術]を支持する人々は、石油からの脱却によるグリーンでク
リーンな未来を約束している。経済的に重要な合成物の生産を、化石燃料に頼らず、植物の糖が支える生物学的な生
産基盤に頼る未来だ」と、ETCGroupは書いている。「甘美で汚れがないように聞こえるかもしれない。しかし、いわ
ゆる『シュガー・エコノミー』は、1企業がすべての植物を握るきっかけにもなる。大規模な生物多様性の崩壊につな
がるのだ」


(続く)
http://wiredvision.jp/blog/fromwiredblogs/200811/20081126085721.html


4 :ばい夫φ ★:2008/11/26(水) 16:46:59 ID:??? ?PLT(12021)
ETCGroupをはじめとする複数の環境保護団体が、バイオ燃料はその種類にかかわらず、最終的に深刻な環境被害
をもたらすと主張している。土壌を蝕(むしば)み、劣化させ、生物多様性を損ない、食糧供給をますます不安定にす
る。つまり、世界のエネルギー問題を「オイルのピーク」から「ソイル(土壌)のピーク」に移すにすぎないというの
だ。

しかも、MeloCEOはAmyris社を大きくするためにBP社[英国に本拠を置く、国際石油資本のひとつ。以前の名称はB
ritishPetroleum]から招かれた人物だ。これも環境保護団体に好ましくない印象を与えている。

それでも、液体燃料は世界の輸送システムを支えている。液体燃料はそれ自体がエネルギーの貯蔵庫でもあるため
、使い勝手がいいのだ。『GreenCar』誌の編集者RonCogan氏によると、電気自動車はエネルギーを蓄える装置とし
ての電池が必要で、電池は高価だという。

「答えは何か?答えは1つではない」と、Cogan氏は言う。同氏は1990年代前半から、車の代替エネルギーの動向
を追ってきた。「どのような燃料、技術も無視できない。現在われわれはそういう状況にあると思う」

次期政権は、経済の危機と気候の危機を相互に絡まり合ったものと見ている。Obama次期大統領の政権移行チーム
を率いるJohnPodesta氏は9月、自らが代表を務める『米国の進歩のためのセンター』を通じ、1000億ドルの環境対策
の計画をまとめている。

しかし、環境技術への投資の状況は急激に悪化している。しかも、現行のエネルギー経済体制を組み替えるには、
この業界は非常に大規模な成長を遂げなければならない。

深刻な景気後退と、いつ破壊的な気候変動が起きてもおかしくない現状を考えると、融資やインセンティブといっ
た「グリーンな救援隊」は遅すぎるのかもしれない。そうなった場合、Amyris社のような企業が、ピカピカであって
も誰もいないパイロット工場を作っただけで終わってしまう可能性がある。新しいクリーンな経済を推進しようと意
気込む人々の志を支えるには、規模が足りないのだ。


http://wiredvision.jp/blog/fromwiredblogs/200811/20081126085721.html


5 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 16:48:02 ID:0eUkaHAd
今北産業

6 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 16:53:49 ID:DgwxVbNX

醸すぞ



7 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 16:53:54 ID:rPEjU9iV
環境ビジネスは金融技術のような魔法じゃない
名目だけは新しいかもしれないが、所詮は第2〜3次産業に過ぎないわけで
当然それ相応のことしかできない。
むしろビジネスというより外交戦略として使われるものだ

8 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 16:59:25 ID:zJfWI59e
【資源】米エタノール大手:破産法申請、トウモロコシ先物取引で多額の ...

9 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:01:07 ID:blq2Ankd
ISO環境ビジネス


ある意味詐欺だと思うな

10 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:02:38 ID:mHoDbaZq
んー。新しいバブルの素か? 食えるの?

11 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:02:48 ID:zJfWI59e
Vera Sunという、アメリカのバイオ・エタノール大手が連邦破産法11条の適用を申請しました。
日本で言うところの民事再生法の申請、というところです。
トウモロコシ価格は7月頃にピークとなり、1ブッシェル7ドルという状態でした。この時はさ
らなる高騰も懸念されていたため、Vera Sunはトウモロコシの先物を7ドル近辺で確保したので
すが、直後からトウモロコシ相場は大きく下落を始めました。トウモロコシの高騰に対して各国
が対策を講じたことによって需要が減退していたのですが、10月に入ると金融危機の影響で新
興国の通貨がドルに対して大きく値下がりしたために輸出量がさらに大きく減り、トウモロコシ
相場のバブルは崩壊という表現に近い状況になってきました。先物の相場予想がこれほど狂うと、
どれほどの損失が発生するかは想像に難くないでしょう。
そこに追い討ちをかけたのが、同時に進行した原油相場の下落です。エタノール混合ガソリンの
価格はガソリン価格に連動して上下するため、売上高が激減することになりました。もちろん金
融危機によって燃料の全体消費量も大きく落ち込んでいます。
さすがにVera Sunが倒産するとまでは思っていませんでしたが、これで終わりではないでしょう。
灌漑施設や耕作機械・貯蔵施設、果てはエタノール工場にまで大規模投資しているトウモロコシ
農家もかなりあると聞きますので、今後資金繰りができずに破産する農家が続出するでしょう。
アメリカのトウモロコシへの依存を軽減するために各国が対策を取った為、当分の間は(あるいは
永久に)以前のような需要は期待できません。アメリカのトウモロコシ農家の春はずいぶん短期間
で終わり、これからまた長い冬に入りそうです。自業自得といえばそれまでですが、アメリカ政府
の政策にも大きな問題があったことは間違いありません。
http://blog.goo.ne.jp/peugeot307hdi/e/68a1dac4f1d70a83d4626d26680970d5

12 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:02:52 ID:hy6IU1Ul
バイオエタノールの二番せんじかよ!
いい加減にしろよ。

13 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:03:57 ID:esUzN4UO
環境改善のニーズは日本みたいな過密環境で最も切迫して関連技術の効果も評価される。
しかし、アメリカは土地と資源が豊富である為、環境悪化が顕在化するまで時間がかかる。
その意味で、環境ビジネスの市場も供給ベースも、その主流は日本なのではないだろうか?

14 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:07:35 ID:/bk+hhHN
江戸時代が一番進んでいたと思うがな

15 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:07:55 ID:p4UY8SdO
最近になって、米のガソリンが1ガロン、2ドル切ったんだろ?

長期的には、またガソリンの価格が上がるのは間違いないが、
向こう5年は、バイオエタノールは無理だと思う。

16 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:08:34 ID:GH/5Q22y
とうもろこしやサトウキビを作るのにどれくらい、水とエネルギー使っているか?
人間がたべられるもので、代替燃料を作ってエコと称しているのは
金融工学くらい怪しい。
雑草や、穀物のわらなら納得するけど。

17 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:09:30 ID:ikh9QC6N
>>14
江戸時代は「人」が安かったしねえ。

18 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:13:51 ID:wRLm/VWc
中国と並んで最も環境問題から無縁の国ってイメージ。

そもそも環境ビジネス自体もうきな臭さが散漫してるのに。

19 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:18:32 ID:HVBv/PsQ
日本も道路を無駄に作るのを止めて
環境インフラとビジネス推進に金をつぎ込めば良いんだ
電気スタンドの増設や太陽光や地熱などの研究費やビジネス
政治家も大好きな財界との利権も出来るだろ

20 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:18:45 ID:e3WItRDI
なりません

このスレ終了

21 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 17:46:00 ID:S3+PFYHU
似非環境ビジネスが救世主になる!
環境インフラという土建もガンガンやります
二酸化炭素さえ減ればその他の環境が悪化しても許されます
環境影響が改善されれば人体に影響があっても問題ありません

22 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 18:02:37 ID:e7m2eVTn
バブルを作り上げれば救世主になる
実際には無理だな
環境ビジネスはあくまでも
本流の経済に沿っての付加価値のアレコレにしか過ぎないわけで


23 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 18:39:10 ID:rRfj5g4Q
電気か水素だろ?

24 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 18:43:05 ID:S3+PFYHU
衣食住なんてモロに環境なんだし
米国の穀物相場も環境ビジネスだろ?
環境ビジネスは金になるよ
要は生き死にの首根っこ掴まえるってことだろ
空気とかさぁ
汚染して良いモノが欲しければ、ってのが
環境ビジネスな気がする
トウモロコシで暴動起きてるのと同じことが色々起きる
今は日本だとあまり実感ないけど

25 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 18:46:57 ID:Zzi0SQF3
>>17
???
どこも安かったけど。

26 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 19:01:46 ID:VqaSsvqp
京都議定書に参加しなかった国が環境ビジネスってアホか

27 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 19:26:40 ID:esUzN4UO
一番究極的な仕事が代替エネルギーの開発ということになる。
それに成功するには、これからの日本のリーダーたちは今までより何段も上の能力とレベルが
必要だな。というか日本人全員が「戦わずして勝つ」能力が必要。

28 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 20:16:21 ID:pKKXQAAE
さすがアメ公はやることが違う

なんだかんだいって世界一の経済大国、発明大国、軍事大国だ

29 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 23:29:26 ID:CsVdIuDn
>>14
今すぐ江戸時代の人口に戻るんだ

30 :名刺は切らしておりまして:2008/11/26(水) 23:40:42 ID:rXSs3LQY
おいらの生命の燃料(メシ)の元の分野だな。
あんまバブルとかなんなんでほしいけど、仕事は面白くはなりそう。

31 :名刺は切らしておりまして:2008/11/27(木) 01:53:50 ID:mWVqniD9
>>13
政府が政策を誤らなければそうなれる。

問題は誤る可能性の高さだ

32 :名刺は切らしておりまして:2008/11/27(木) 01:55:14 ID:mWVqniD9
まぁ極端な話

経済を良くするか>>>>>>>>>>>実際に環境の改善に役立つか

であることは疑いない。

33 :名刺は切らしておりまして:2008/11/27(木) 01:59:02 ID:X1a0pD+X
省エネに関しては、日本は乾ききった雑巾を絞るくらいに難しいが、
アメリカの場合はジャブジャブの雑巾を絞って水を出すくらい簡単。


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)