5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大局将棋を指しましょう5{第2局第2譜}

1 :名無し名人:2006/11/09(木) 09:59:15 ID:/5Lvgamm
大局将棋は、盤面36×36の1296マス、片方の駒で209種(成りを含めると302種)402枚、
両方合わせて804枚という超巨大将棋。
この大局将棋について語り、対局を行うスレです。

大局将棋を指しましょう
http://game.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1044848739/
大局将棋を指しましょう2《第1局第2譜》
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1073993361/
大局将棋を指しましょう3〔第1局第3譜〕
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1091531463/
大局将棋を指しましょう4{第2局第1譜}
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1103953665/
大局将棋(対局板、駒配置と駒の動きFLASH)
http://taikyokushogi.hp.infoseek.co.jp/index.html
大局将棋ソフト(パスはbgame)
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime1569.zip.html
大局将棋など(駒の動き、成りを省スペースで解説)
http://www15.plala.or.jp/chocomint0718/furu-shogi.html

・よくある質問
Q.なんで2ch以外に無料スペース借りてテンプレサイトを作らないの?
A.2ch専用ブラウザ使うと、駒の動き参照のレスがポップアップして便利だから。

2 :名無し名人:2006/11/09(木) 09:59:49 ID:/5Lvgamm
|▽香車|▽白虎|▽走兎|▽鯨鯢|▽火鬼|▽山鷲|▽天狗|▽獣曹|▽走馬|▽奔鬼|▽地龍|▽鳩槃|
|▽反車|▽香象|▽山鳩|▽飛燕|▽禽吏|▽雨龍|▽森鬼|▽山鹿|▽走狗|▽走蛇|▽横蛇|▽大鳩|
|▽金車|▽横龍|▽走鹿|▽走狼|▽角将|▽飛将|▽右虎|▽右龍|▽獣吏|▽風龍|▽奔狗|▽行鳥|
|▽銀車|▽竪熊|▽桂馬|▽豚将|▽鶏将|▽狗将|▽馬将|▽牛将|▽中旗|▽横猪|▽銀兎|▽金鹿|
|▽石車|▽雲鷲|▽角行|▽飛車|▽横狼|▽飛猫|▽山鷹|▽竪虎|▽兵士|▽小旗|▽雲龍|▽銅車|
|▽木車|▽白駒|▽奇犬|▽横行|▽踊鹿|▽水牛|▽猛豹|▽猛鷲|▽飛龍|▽毒蛇|▽鳫飛|▽烏行|
|▽瓦車|▽竪狼|▽横牛|▽驢馬|▽馬麟|▽猛熊|▽嗔猪|▽悪狼|▽風馬|▽鶏飛|▽古猿|▽准鶏|
|▽土車|▽朱雀|▽変狸|▽騎兵|▽鴟行|▽登猿|▽猫刀|▽燕羽|▽盲猿|▽盲虎|▽牛車|▽横飛|
|▽車兵|▽横兵|▽竪兵|▽風将|▽川将|▽山将|▽前旗|▽馬兵|▽木将|▽牛兵|▽土将|▽猪兵|
|▽右車|▽横猿|▽竪行|▽飛牛|▽弩兵|▽竪狗|▽竪馬|▽炮兵|▽龍馬|▽龍王|▽刀兵|▽角鷹|
|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|
|___|___|___|___|___|▽犬_|___|___|___|___|▽仲人|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|

3 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:00:20 ID:/5Lvgamm
|▽奔獏|▽奔王|▽後旗|▽右将|▽金将|▽太子|▽玉将|▽金将|▽左将|▽後旗|▽奔王|▽奔獏|
|▽走虎|▽走熊|▽夜刄|▽金剛|▽銀将|▽酔象|▽近王|▽銀将|▽力士|▽羅刹|▽走熊|▽走虎|
|▽古鵄|▽孔雀|▽水龍|▽火龍|▽銅将|▽鳳師|▽麟師|▽銅将|▽火龍|▽水龍|▽孔雀|▽古鵄|
|▽獅子|▽禽曹|▽大鹿|▽猛龍|▽林鬼|▽副将|▽大将|▽林鬼|▽猛龍|▽大鹿|▽禽曹|▽獅子|
|▽走車|▽羊兵|▽猛牛|▽大龍|▽金翅|▽無明|▽提婆|▽金翅|▽大龍|▽猛牛|▽羊兵|▽走車|
|▽盲犬|▽水将|▽火将|▽鳳凰|▽鉤行|▽小亀|▽大亀|▽摩羯|▽麒麟|▽火将|▽水将|▽盲犬|
|▽北狄|▽南蛮|▽猛鹿|▽猛狼|▽隠狐|▽中師|▽鵬師|▽隠狐|▽猛狼|▽猛鹿|▽東夷|▽西戎|
|▽盲熊|▽老鼠|▽方行|▽蟠蛇|▽臥龍|▽奔鷲|▽獅鷹|▽臥龍|▽蟠蛇|▽方行|▽老鼠|▽盲熊|
|▽石将|▽豹兵|▽瓦将|▽熊兵|▽鉄将|▽大旗|▽大師|▽鉄将|▽熊兵|▽瓦将|▽豹兵|▽石将|
|▽飛鷲|▽鎗兵|▽竪豹|▽猛虎|▽弓兵|▽吼犬|▽狛犬|▽弓兵|▽猛虎|▽竪豹|▽鎗兵|▽飛鷲|
|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|
|___|___|▽犬_|___|___|___|___|___|___|▽犬_|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|

4 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:00:51 ID:/5Lvgamm
|▽鳩盤|▽地龍|▽奔鬼|▽走馬|▽獣曹|▽天狗|▽山鷲|▽火鬼|▽鯨鯢|▽走兎|▽玄武|▽香車|
|▽大鳩|▽横蛇|▽走蛇|▽走狗|▽山鹿|▽森鬼|▽雨龍|▽禽吏|▽飛燕|▽山鳩|▽白象|▽反車|
|▽行鳥|▽奔狗|▽風龍|▽獣吏|▽左龍|▽左虎|▽飛将|▽角将|▽走狼|▽走鹿|▽横龍|▽金車|
|▽金鹿|▽銀兎|▽横猪|▽中旗|▽牛将|▽馬将|▽狗将|▽鶏将|▽豚将|▽桂馬|▽竪熊|▽銀車|
|▽銅車|▽雲龍|▽小旗|▽兵士|▽竪虎|▽山鷹|▽飛猫|▽横狼|▽飛車|▽角行|▽雲鷲|▽石車|
|▽烏行|▽鳫飛|▽毒蛇|▽飛龍|▽猛鷲|▽猛豹|▽水牛|▽踊鹿|▽横行|▽奇犬|▽白駒|▽木車|
|▽准鶏|▽古猿|▽鶏飛|▽風馬|▽悪狼|▽嗔猪|▽猛熊|▽馬麟|▽驢馬|▽横牛|▽竪狼|▽瓦車|
|▽横飛|▽牛車|▽盲虎|▽盲猿|▽燕羽|▽猫刀|▽登猿|▽鴟行|▽騎兵|▽変狸|▽龍青|▽土車|
|▽猪兵|▽土将|▽牛兵|▽木将|▽馬兵|▽前旗|▽山将|▽川将|▽風将|▽竪兵|▽横兵|▽車兵|
|▽角鷹|▽刀兵|▽龍王|▽龍馬|▽炮兵|▽竪馬|▽竪狗|▽弩兵|▽飛牛|▽竪行|▽横猿|▽左車|
|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|
|___|▽仲人|___|___|___|___|▽犬_|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|

5 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:01:22 ID:/5Lvgamm
>>2の下

|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|▲犬_|___|___|___|___|▲仲人|___|
|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|
|▲左車|▲横猿|▲竪行|▲飛牛|▲弩兵|▲竪狗|▲竪馬|▲炮兵|▲龍馬|▲龍王|▲刀兵|▲角鷹|
|▲車兵|▲横兵|▲竪兵|▲風将|▲川将|▲山将|▲前旗|▲馬兵|▲木将|▲牛兵|▲土将|▲猪兵|
|▲土車|▲青龍|▲変狸|▲騎兵|▲鴟行|▲登猿|▲猫刀|▲燕羽|▲盲猿|▲盲虎|▲牛車|▲横飛|
|▲瓦車|▲竪狼|▲横牛|▲驢馬|▲馬麟|▲猛熊|▲嗔猪|▲悪狼|▲風馬|▲鶏飛|▲古猿|▲准鶏|
|▲木車|▲白駒|▲奇犬|▲横行|▲踊鹿|▲水牛|▲猛豹|▲猛鷲|▲飛龍|▲毒蛇|▲鳫飛|▲烏行|
|▲石車|▲雲鷲|▲角行|▲飛車|▲横狼|▲飛猫|▲山鷹|▲竪虎|▲兵士|▲小旗|▲雲龍|▲銅車|
|▲銀車|▲竪熊|▲桂馬|▲豚将|▲鶏将|▲狗将|▲馬将|▲牛将|▲中旗|▲横猪|▲銀兎|▲金鹿|
|▲金車|▲横龍|▲走鹿|▲走狼|▲角将|▲飛将|▲左虎|▲左龍|▲獣吏|▲風龍|▲奔狗|▲行鳥|
|▲反車|▲白象|▲山鳩|▲飛燕|▲禽吏|▲雨龍|▲森鬼|▲山鹿|▲走狗|▲走蛇|▲横蛇|▲大鳩|
|▲香車|▲玄武|▲走兎|▲鯨鯢|▲火鬼|▲山鷲|▲天狗|▲獣曹|▲走馬|▲奔鬼|▲地龍|▲鳩盤|

6 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:01:52 ID:/5Lvgamm
>>3の下

|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|▲犬_|___|___|___|___|___|___|▲犬_|___|___|
|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|
|▲飛鷲|▲鎗兵|▲竪豹|▲猛虎|▲弓兵|▲狛犬|▲吼犬|▲弓兵|▲猛虎|▲竪豹|▲鎗兵|▲飛鷲|
|▲石将|▲豹兵|▲瓦将|▲熊兵|▲鉄将|▲大師|▲大旗|▲鉄将|▲熊兵|▲瓦将|▲豹兵|▲石将|
|▲盲熊|▲老鼠|▲方行|▲蟠蛇|▲臥龍|▲獅鷹|▲奔鷲|▲臥龍|▲蟠蛇|▲方行|▲老鼠|▲盲熊|
|▲西戎|▲東夷|▲猛鹿|▲猛狼|▲隠狐|▲鵬師|▲中師|▲隠狐|▲猛狼|▲猛鹿|▲南蛮|▲北狄|
|▲盲犬|▲水将|▲火将|▲麒麟|▲摩羯|▲大亀|▲小亀|▲鉤行|▲鳳凰|▲火将|▲水将|▲盲犬|
|▲走車|▲羊兵|▲猛牛|▲大龍|▲金翅|▲提婆|▲無明|▲金翅|▲大龍|▲猛牛|▲羊兵|▲走車|
|▲獅子|▲禽曹|▲大鹿|▲猛龍|▲林鬼|▲大将|▲副将|▲林鬼|▲猛龍|▲大鹿|▲禽曹|▲獅子|
|▲古鵄|▲孔雀|▲水龍|▲火龍|▲銅将|▲麟師|▲鳳師|▲銅将|▲火龍|▲水龍|▲孔雀|▲古鵄|
|▲走虎|▲走熊|▲羅刹|▲力士|▲銀将|▲近王|▲酔象|▲銀将|▲金剛|▲夜刄|▲走熊|▲走虎|
|▲奔獏|▲奔王|▲後旗|▲左将|▲金将|▲玉将|▲太子|▲金将|▲右将|▲後旗|▲奔王|▲奔獏|

7 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:25:08 ID:Vi4xg0NB
>>4の下

|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|▲仲人|___|___|___|___|▲犬_|___|___|___|___|___|
|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|
|▲角鷹|▲刀兵|▲龍王|▲龍馬|▲炮兵|▲竪馬|▲竪狗|▲弩兵|▲飛牛|▲竪行|▲横猿|▲右車|
|▲猪兵|▲土将|▲牛兵|▲木将|▲馬兵|▲前旗|▲山将|▲川将|▲風将|▲竪兵|▲横兵|▲車兵|
|▲横飛|▲牛車|▲盲虎|▲盲猿|▲燕羽|▲猫刀|▲登猿|▲鴟行|▲騎兵|▲変狸|▲朱雀|▲土車|
|▲准鶏|▲古猿|▲鶏飛|▲風馬|▲悪狼|▲嗔猪|▲猛熊|▲馬麟|▲驢馬|▲横牛|▲竪狼|▲瓦車|
|▲烏行|▲鳫飛|▲毒蛇|▲飛龍|▲猛鷲|▲猛豹|▲水牛|▲踊鹿|▲横行|▲奇犬|▲白駒|▲木車|
|▲銅車|▲雲龍|▲小旗|▲兵士|▲竪虎|▲山鷹|▲飛猫|▲横狼|▲飛車|▲角行|▲雲鷲|▲石車|
|▲金鹿|▲銀兎|▲横猪|▲中旗|▲牛将|▲馬将|▲狗将|▲鶏将|▲豚将|▲桂馬|▲竪熊|▲銀車|
|▲行鳥|▲奔狗|▲風龍|▲獣吏|▲右龍|▲右虎|▲飛将|▲角将|▲走狼|▲走鹿|▲横龍|▲金車|
|▲大鳩|▲横蛇|▲走蛇|▲走狗|▲山鹿|▲森鬼|▲雨龍|▲禽吏|▲飛燕|▲山鳩|▲香象|▲反車|
|▲鳩槃|▲地龍|▲奔鬼|▲走馬|▲獣曹|▲天狗|▲山鷲|▲火鬼|▲鯨鯢|▲走兎|▲白虎|▲香車|

8 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:26:58 ID:Vi4xg0NB
駒の配置

合わせ方
┌──┬──┬──┐
│ >2 │ >3 │ >4 │
├──┼──┼──┤
│ >5 │ >6 │ >7 │
└──┴──┴──┘

9 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:28:03 ID:Vi4xg0NB
【ルール】
・自陣は11段目まで。敵陣に入ると成る。

・駒はチェスのように取り捨て。再利用しない。

※の走りについて
大将、副将、飛将、角将、猛龍、飛鰐は
自分より格の低い駒のみ幾つでも、
飛び越して自分のものを含む全てを捕獲することが出来る。
(この解釈については現在議論中です。詳しくは後述。)

駒の格は次の通り。
玉将・太子>大将>副将>角将・飛将・猛龍・飛鰐>他全部

10 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:30:14 ID:Vi4xg0NB
現在スレにて議論されている※の走りのルール
飛び越す場合の着地点について
Aルール(仮):空いたマス限定
Bルール(仮):格下の敵駒のみ取れる(自分の駒は取れない)
Cルール(仮):格の上下に関わらず敵駒なら取れる(自分の駒は取れない)
Dルール(仮):格下なら敵味方に関わらず駒を取れる
Eルール(仮):格の上下、敵味方に関わらずあらゆる駒を取れる
Fルール(仮):格の上下に関わらず敵駒を取れ、さらに格下なら自分の駒も取れる(同格・格上の自分の駒は取れない)

11 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:24:50 ID:/5Lvgamm
自陣一番下の列の駒

3○:その方向に3歩まで進めるが、間の駒を飛び越えてはいけない
×:そのマスまで飛び越えて行ける
/:その方向にいくらでも進める(走る)

  玉将

○  ○  ○普通の将棋の玉将と動きが違うので注意
  ○○○
○○▲○○⇒×(成らず)
  ○○○
○  ○  ○

  太子      王将

            ○  ○  ○ 太子は玉将と同格。敵の全ての玉将と太子を取った時点で勝利となる。
  ○○○      ○○○  (王が取られても太子が残ってれば負けにならない)
  ○▲○  ⇒○○▲○○
  ○○○      ○○○
            ○  ○  ○

  金将      飛車      右将      右軍
                │                          /
  ○○○        │        ○○○      ○○/
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲──
    ○          │        ○○○      ○○\
                │                          \

12 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:25:20 ID:/5Lvgamm
  左将      左軍      後旗      中旗
            \          ○  │  ○  ○  │  ○
  ○○○      \○○      ○│○      3 │3
  ○▲○  ⇒──▲○    ──▲──⇒──▲──
  ○○○      /○○      ○│○      3 │3
            /          ○  │  ○  ○  │  ○


  奔獏      奔王      奔王      大将
\  │  /  \  │  /  \  │  /  \  │  /
  \│/      \│/      \│/      ※※※
○5 ▲5 ○⇒──▲──  ──▲──⇒─※▲※─
  /│\      /│\      /│\      ※※※
/  │  \  /  │  \  /  │  \  /  │  \

※の走りについては>9-10

鳩槃

2o              2o斜めには
  ×          ×  1)普通に走る2)3マス目に飛び越えて行ったあと1歩か2歩進む
    \  ○  /    (3マス目の駒を飛び越えて4マス目、5マス目には行けない)
      \○/      のどちらかの動きが出来る
    ○○▲○○    ⇒×
      /○\
    /  ○  \
  ×          ×
2o              2o

13 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:25:51 ID:/5Lvgamm
  地龍      雨龍      鳩盤
        ○              \  ○  /
  ○○○      ○○○      \○/
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒×
  /○\      /│\      /○\
/      \  /  │  \  /  ○  \

  奔鬼      奔王      走馬      奔鬼
\  ○  /  \  │  /  \  │  /  \  ○  /
  \5 /      \│/      \│/      \5 /
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒──▲──
  /5 \      /│\        ○        /5 \
/  ○  \  /  │  \  ×      ×  /  ○  \

  獣曹      獣吏      山鷲(右)   飛鷲
○  ○  ○  ○  ○  ○  \  │  ×  ×  │  ×中将棋などの飛鷲とは
  ○○○      3 3 3       \│/      \│/    動きが違う?
○○▲○○⇒○○▲○○  ──▲──⇒──▲──
  ○  ○      3   3       ○│\      /│\
○      ○  ○      ○  ○  │  ×  /  │  \

  天狗
\      / 角の動きを2回出来る。
  \  /  \  /  ただし2回の動きで駒を2個取る事は出来ない。
    ×     ×  駒を取ったらそこで止まる。
  /  \  /  \
        ▲          ⇒×
  \  /  \  /
    ×      ×
  /  \  /  \
/      \

14 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:26:21 ID:/5Lvgamm
  山鷲(左)

×  │  / 山鷲は同じ駒でも右のものと左のもので動きが異なる。
  \│/  成りはどちらも飛鷲>25。
──▲──
  /│○
×  │  ○

  火鬼      奔火      鯨鯢      大鯨
\  ○  /  \  ○  /      │      \  │  /
  \○/      \5 /        │        \│/
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒    ▲
  /○\      /5 \      /│\      /│\
/  ○  \  /  ○  \  /  │  \  /  │  \

  走兎      隠狐      白虎      神虎
\  │  /  \  │  /  \  ○      \  │
  \│/      \│/      \○        \│
    ▲    ⇒    ▲      ──▲──⇒──▲──
  ○○○      /│\        ○          ○
            /  │  \      ○          ○

  玄武      神亀      香車      白駒
        /          /      │      \  │  /
  ○○/      ○○/        │        \│/
  ○▲○  ⇒  ○▲○        ▲    ⇒    ▲
  /○○      /○\                    │
/          /      \                  │

※1段目ここまで

15 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:26:52 ID:/5Lvgamm
2段目

  近王      前旗      酔象      太子
            ○  │  ○
  ○○○      3 │3       ○○○      ○○○
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲○
  ○  ○      3 │3       ○  ○      ○○○
            ○  │  ○

  銀将      竪行      金剛      四天
                │          ○      ○  ○  ○
  ○○○        │          3         4 4 4
    ▲    ⇒  ○▲○    ○3 ▲3 ○⇒○4 ▲4 ○
  ○  ○        │          3         4 4 4
                │          ○      ○  ○  ○

  力士      四天      夜刄      四天
○      ○  ○  ○  ○              ○  ○  ○
  3   3       4 4 4       ○  ○      4 4 4
    ▲    ⇒○4 ▲4 ○  ○3 ▲3 ○⇒○4 ▲4 ○
  3   3       4 4 4         ○        4 4 4
○      ○  ○  ○  ○              ○  ○  ○

  羅刹      四天      走熊      奔熊
○      ○  ○  ○  ○      │      \  │  /
  3   3       4 4 4         │        \│/
  ○▲○  ⇒○4 ▲4 ○  ○○▲○○⇒    ▲
    ○        4 4 4         │        /│\
            ○  ○  ○      │      /  │  \

16 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:12:39 ID:Vi4xg0NB
  走虎      奔虎      大鳩      鳩槃
    │      \      /  \  ○  /
    │        \  /      \3 /
○○▲○○⇒──▲──  ○3 ▲3 ○⇒>12参照
    │        /│\      /3 \
    │      /  │  \  /  ○  \

  横蛇      大鱗      走蛇      奔蛇
    ○      ○  │  ○      │          │
    3         5 │5         │          │
──▲──⇒──▲──    ○▲○  ⇒    ▲
    ○        ○│○        │        /│\
            ○  │  ○      │      /  │  \

  走狗      奔豹      山鹿      大鹿
    │      \  │  /  ○      ○  ×  │  ×
    │        \│/      3 ○3         │
  ○▲○  ⇒    ▲      ○○▲○○⇒──▲──
    │        /│\        4         ○│○
    │      /  │  \      ○      ○  │  ○

  森鬼      雷走      雨龍      大龍
\  ○  /  \  │  /              \  ○  /
  \3 /      \│/      ○○○      \3 /
○3 ▲3 ○⇒○4 ▲4 ○  ──▲──⇒    ▲
    │          4         /│\      /3 \
    │          ○      /  │  \  /  ○  \

17 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:13:22 ID:Vi4xg0NB
  禽吏      禽鳥      飛燕      飛車
○  ○  ○  \  │  /  \      /      │
  3 ○3       \│/      \  /        │
○○▲○○⇒○3 ▲3 ○      ▲    ⇒──▲──
  3   3       /○\        ○          │
○      ○  /  ○  \                  │

  山鳩      大鳩      白象      象王
○      ○  \  ○  /  ○  ○  ○  \  ○  /
  5   5       \3 /      ○○○      \○/
  ○▲○  ⇒○3 ▲3 ○  ○○▲○○⇒○○▲○○
    ○        /3 \      ○○○      /○\
            /  ○  \  ○  ○  ○  /  ○  \

  香象      象王      反車      鯨鯢
○  ○  ○  \  ○  /      │          │
  ○○○      \○/        │          │
○○▲○○⇒○○▲○○      ▲    ⇒    ▲
  ○○○      /○\        │        /│\
○  ○  ○  /  ○  \      │      /  │  \

※2段目ここまで

18 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:13:58 ID:Vi4xg0NB
3段目
  鳳師
×    │    ×斜め前には走るor2マス飛び越えて3マス目へ行く
  \  │  /
    \│/
○○○▲○○○⇒×
    /│\
  /  │  \
/    │    \

  麟師
\    ×    /前後には走るor2マス飛び越えて3マス目へ行く
  \  │  /
    \│/
○○○▲○○○⇒×
    /│\
  /  │  \
/    ×    \

  銅将      横行      火龍      麟師
                        ○  │  ○
  ○○○        ○        4 │4
    ▲    ⇒──▲──  ──▲──⇒同レス内参照
    ○          ○        ○│○
                        ○  │  ○

  水龍      鳳師
○  │  ○
  ○│○
──▲──⇒同レス内参照
  4 │4
○  │  ○

19 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:14:34 ID:Vi4xg0NB
  孔雀               天狗
\      /      /孔雀の斜め前へは天狗と同じ
  \  /  \  /          \  /  \  /天狗については>13参照
    ×      ×              ×      ×
  /  \  /  \          /  \  /  \
        ▲            ⇒       ▲
      ○  ○              \  /  \  /
    ○      ○              ×      ×
                          /  \  /  \

  古鵄      天狗
            \      /天狗については>13参照
              \  /  \  /
○      ○      ×      ×
  ○  ○      /  \  /  \
  ○▲○  ⇒        ▲
  ○  ○      \  /  \  /
○      ○      ×      ×
              /  \  /  \
            /      \

  行鳥      奔鬼      奔狗      奔犬
    ○      \  ○  /  \  │  /  \  │  /
  ○○○      \5 /      \│/      \│/
  ○▲○  ⇒──▲──  ○○▲○○⇒○○▲○○
  ○  ○      /5 \      ○│○      ○│○
            /  ○  \      │      ○  │  ○

20 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:15:10 ID:Vi4xg0NB
  風龍      奔龍      獣吏      獣鳥
\      /  \      /  ○  ○  ○  \  │  /
  \  /      \  /      3 3 3       \│/
──▲──⇒──▲──  ○○▲○○⇒○3 ▲3 ○
  ○  \      /│\      3   3       /○\
        \  /  │  \  ○      ○  /  ○  \

  右龍      青龍      左龍      朱雀
\              │  /          /  \
  \            │/          /      \○○
──▲○○⇒○○▲○○  ○○▲──⇒  ○▲○
  /            │            \      ○○\
/              │              \          \

  右虎      白虎      左虎      玄武
\          \  ○              /          /
  \  ○      \○        ○  /      ○○/
──▲    ⇒──▲──      ▲──⇒  ○▲○
  /  ○        ○        ○  \      /○○
/              ○              \  /

  飛将      飛鰐      角将      霖鬼
    │      ○  │  ○  \      /  \  ○  /
    ※        3 ※3       ※  ※      ☆3 ☆
─※▲※─⇒─※▲※─      ▲    ⇒○○▲○○
    ※        ○※○      ※  ※      ○│○
    │      ○  │  ○  /      \  ○  │  ○
※の走りについては>9-10
霖鬼は斜め前方には駒をいくらでも飛び越えて走ることができる

21 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:03:28 ID:Vi4xg0NB
  走狼      奔狼      走鹿      奔鹿
\      /  \  │  /  \      /  \  │  /
  \○/      \│/      \  /      \│/
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
                            ○        /│\
                            ○      /  │  \

  横龍      走龍      金車      遊母(母は正しくは「母鳥」という漢字)
    │      \  │  /      │      ○  │  ○
    │        \│/      ○│○      3 │3
──▲──⇒──▲──  ○○▲○○⇒○5 ▲5 ○
              /5 \      ○│○      ○│○
            /  ○  \      │      ○  │  ○

※3段目ここまで

22 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:04:31 ID:Vi4xg0NB
4段目

  副将      大将      大将
\  ×  /  \  │  /  \  │  /
  ※  ※      ※※※      ※※※
×  ▲  ×⇒─※▲※─  ─※▲※─⇒×
  ※  ※      ※※※      ※※※
/  ×  \  /  │  \  /  │  \
※の走りについては>9-10

  林鬼      右G      猛龍      大龍
\  │  /  \      /  \  ○  /  \  ○  /※の走りについては>9-10
  \│/      \  /      ※○※      \3 /
○○▲○○⇒○5 ▲5 ○  ○○▲○○⇒    ▲
  ○│○      /  \      ※○※      /3 \
○  │  ○  /      \  /  ○  \  /  ○  \

  大鹿      奔鹿      禽曹      禽吏
×  │  ×  \  │  /  ○  ○  ○  ○  ○  ○
    │        \│/      3 3 3       3 ○3
──▲──⇒──▲──  ○3 ▲3 ○⇒○○▲○○
  ○│○      /│\      3   3       3   3
○  │  ○  /  │  \  ○      ○  ○      ○

  獅子      奮迅
□□□□□  ○  ○  ○獅子は中将棋のものと同じ。
□□□□□    3 3 3     奮迅は図の動きに加えて獅子の動きもできる。
□□▲□□⇒○3 ▲3 ○
□□□□□    3 3 3
□□□□□  ○  ○  ○

23 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:05:32 ID:Vi4xg0NB
  金鹿      白駒      銀兎      鯨鯢
\      /  \  │  /  ○      ○      │
  \  /      \│/      ○  ○        │
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
  ○  ○        │        /  \      /│\
○      ○      │      /      \  /  │  \

  横猪      奔猪      中旗      前旗
            \  │  /  ○  │  ○  ○  │  ○
  ○○○      \│/      3 │3       3 │3
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
  ○○○        ○        3 │3       3 │3
                        ○  │  ○  ○  │  ○

  牛将      奔牛      馬将      奔馬
    ○      \  │  /      ○      \  │  /
  ○3 ○      \│/      ○3 ○      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒○○▲○○
    ○        ○│○        ○        ○│○
                │                      │
  狗将      奔狗      鶏将      奔鶏
    ○      \  │  /      ○      \  │  /
    4         \│/        4         \│/
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒○○▲○○
  ○  ○      ○│○      ○  ○      ○│○
                │                  ○  │  ○

24 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:06:04 ID:Vi4xg0NB
  豚将      奔豚      桂馬      横兵
○      ○  \  │  /    ×  ×        ○
  4   4       \│/                    ○
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒──▲──
    ○        ○│○                    ○
    ○          │

  竪熊      奔熊      銀車      鴻翼
    │      \  │  /  ○  │  ○      │
    │        \│/      ○│○      ○│○
○○▲○○⇒    ▲          ▲    ⇒○3 ▲3 ○
    ○        /│\      ○│○      ○│○
            /  │  \      │          │


※4段目ここまで

25 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:07:04 ID:Vi4xg0NB
5段目

  無明      法性
            \  │  /法性は図の動きに加えて獅子の動きもできる。
    ○○      \│/
  ○▲○  ⇒──▲──
  ○○○      /│\
            /  │  \

  提婆      教王
            \  │  /教王は全ての方向に駒を3個まで飛び越えて走れる。
  ○○        ###    以下の#記号も同様。
  ○▲○  ⇒─#▲#─
  ○○○      ###
            /  │  \

  金翅      奔翅      大龍      元龍
\  │  /  \  │  /  \  ○  /  \  │  /
  #│#      #│#      \3 /      \#/
○3 ▲3 ○⇒──▲──      ▲    ⇒    ▲
  3 │3       3 │3       /3 \      /#\
○  │  ○  ○  │  ○  /  ○  \  /  │  \

  猛牛      飛牛      羊兵      虎兵
\      /  \  │  /  \      /  \  ○  /
  \○/      \│/      \  /      \○/
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        /│\        ○          ○
            /  │  \

26 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:16:44 ID:Vi4xg0NB
  走車      炮車      銅車      銅象
    │      \  │  /  ○  │  ○      │
    │        \│/      3 │3       ○│○
──▲──⇒  ○▲○        ▲    ⇒  ○▲○
    │          │          │        ○│○
    │          │          │          │

  小旗      後旗      兵士      騎士
○  │  ○  ○  │  ○      │      \  │  /
  ○│○      ○│○        │        \│/
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
  ○│○      ○│○        │          │
    │      ○  │  ○      │          │

  竪虎      奔虎      山鷹      角鷹
    │      \      /  \  ×  /  \  ×  /
    │        \  /      \│/      \│/
    ▲    ⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
    ○        /│\      ○│○      /│\
    ○      /  │  \  ○  │  ○  /  │  \

    飛猫       飛車      横狼      奔狼
×    ×    ×
                    │                  \  │  /
                    │        ○          \│/
×    ▲    ×⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
    ○○○          │            ○
                    │

27 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:17:27 ID:Vi4xg0NB
  飛車      龍王      角行      龍馬
    │          │      \      /  \      /
    │        ○│○      \  /      \○/
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒  ○▲○
    │        ○│○      /  \      /○\
    │          │      /      \  /      \
                                         振
  雲鷲      勁鷲      石車      歩振(振は正しくは 鳥 という漢字)
○  │  ○  \  │  /      │      ○  │  ○
  3 │3       \│/      ○│○      ○│○
  ○▲○  ⇒──▲──  ○○▲○○⇒○○▲○○
    │        /│\        │          │
    │      /  │  \      │          │

  雲龍      大龍
\      /  \  ○  /
  \○/      \3 /
  ○▲○  ⇒    ▲
  /│\      /3 \
/  │  \  /  ○  \

※5段目ここまで

28 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:25:08 ID:Vi4xg0NB
6段目

    大亀         霊亀
\    ×    /  \    ×    /
  \  │  /      \  │  /
    \│/          \│/
○○○▲○○○⇒×──▲──×
    /│\          /│\
  /  │  \      /  │  \
/    ×    \  /    ×    \

  小亀      宝亀      鉤行
\  ×  /  \  ×  /    ─┼─
  \│/      \│/    │  │  │
○○▲○○⇒×─▲─×  ┼─▲─┼⇒×
  /│\      /│\    │  │  │
/  ×  \  /  ×  \    ─┼─

鉤行は飛車の動きを2回出来るただし2回の動きで駒を2個取る事は出来ない。
駒を取ったらそこで止まる。

     摩羯        鉤行
\      /    摩羯は天狗(>13)と同じ
  \  /  \  /
    ×      ×      ─┼─
  /  \  /  \  │  │  │
        ▲      ⇒┼─▲─┼
  \  /  \  /  │  │  │
    ×      ×      ─┼─
  /  \  /  \
/      \

29 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:25:40 ID:Vi4xg0NB
  鳳凰      金翅      麒麟      金翅
×      ×  \  │  /              \  │  /
    ○        #│#      ○○○      #│#
  ○▲○  ⇒○3 ▲3 ○  ×  ▲  ×⇒○3 ▲3 ○
    ○        3 │3       ○○○      3 │3
×      ×  ○  │  ○              ○  │  ○

  火将      大将      水将      副将
    ○      \  │  /  ○      ○  \  ×  /
  ○3 ○      ※※※      3 ○3       ※  ※
    ▲    ⇒─※▲※─      ▲    ⇒×  ▲  ×
    3         ※※※        ○        ※  ※
    ○      /  │  \              /  ×  \

  盲犬      猛鹿      烏行      飛鷹
                                    \      /
  ○  ○      ○○○        ○        \○/
  ○▲○  ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        ○  ○      ○  ○      /  \
                                    /      \

  鳫飛      燕羽      毒蛇      鉤行
                            ○        ─┼─  鉤行については>28参照
  ○○○        ○        ○○○    │  │  │
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒┼─▲─┼
    ○          ○          ○      │  │  │
                                      ─┼─

30 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:26:20 ID:Vi4xg0NB
  飛龍      龍王      猛鷲      飛鷲
×      ×      │      ○      ○  ×  │  ×
              ○│○      ○○○      \│/
    ▲    ⇒──▲──    ○▲○  ⇒──▲──
              ○│○      ○  ○      /│\
×      ×      │      ○      ○  /  │  \

  猛豹      角行      水牛       大獏
            \      /  \  ○  /    \  │  /
  ○○○      \  /      \○/        \│/
    ▲    ⇒    ▲      ──▲──⇒×──▲──×
  ○○○      /  \      /○\        /│\
            /      \  /  ○  \    /  │  \

  踊鹿      方行      横行      奔猪
                │                  \  │  /
  ○○○        │          ○        \│/
○○▲○○⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
    ○          │          ○          ○
                │

  奇犬(右)   右犬      奇犬(左)   左犬
(奇は正しくは「ロ奇」という字)
    │          │          │          │
    │          │          │          │
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        /○          ○          ○\
            /                              \
奇犬は左右で成りが違う。

31 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:26:58 ID:Vi4xg0NB
  白駒      大駒      木車      風鼈
\  │  /  \  │  /      │      ○  │  ○
  \│/      \│/      ○│        ○│○
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒    ▲
    │          │          │○        │
    │          │          │          │

32 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:28:29 ID:Vi4xg0NB
7段目

   鵬師
×    │    ×
  \  │  /
    \│/
○○5 ▲5 ○○⇒×
    5 │5
  ○  │  ○
○    │    ○

  中師
×  ×  ×
  \│/
○3 ▲3 ○⇒×
  3 │3
○  ×  ○

  隠狐      山鶻      猛狼      熊眼
\  │  /  \  │  /
  \│/      \│/      ○○○      ○○○
    ▲    ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲○
  /│\      /│\        ○        ○○○
/  │  \  /  │  \

  猛鹿      行猪      東夷      獅子
                            ○      □□□□□
  ○○○      ○○○      ○○○    □□□□□
    ▲    ⇒  ○▲○      ○▲○  ⇒□□▲□□
  ○  ○      ○  ○        ○      □□□□□
                            ○      □□□□□

33 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:36:32 ID:Vi4xg0NB
  南蛮      金翅      北狄      鳩槃
            \  │  /    ○○○
  ○○○      #│#    ○○▲○○⇒>12参照
○○▲○○⇒○3 ▲3 ○      ○
    ○        3 │3
            ○  │  ○
                                             而
  西戎        狛犬      准鶏      仙鷦(鷦は正しくは 鷦 という漢字)
            ×    ×    ×
    ○        \  │  /              \      /
  ○○○        \│/      ○  ○      \  /
  ○▲○  ⇒×──▲──×  ○▲○  ⇒──▲──
    ○          /│\        ○          │
    ○        /  │  \                  │
            ×    ×    ×

  古猿      山母      鶏飛      延鷹
            \      /                  │
  ○  ○      \  /      ○  ○      ○│○
    ▲    ⇒    ▲        ○▲○  ⇒  ○▲○
  ○○○      /│\
            /  │  \

  風馬      天馬      悪狼      毒狼
    │        ×│×
  ○│○        │        ○○○      ○○○
    ▲    ⇒    ▲        ○▲○  ⇒  ○▲○
    ○                                ○○○
    ○        ×  ×

34 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:37:03 ID:Vi4xg0NB
  嗔猪      奔猪      猛熊      大熊
            \  │  /  ○      ○  \  │  /
  ○  ○      \│/      ○○○      \│/
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲○
  ○  ○        ○                      ○

  馬麟      奔王      驢馬      鳩盤
○      ○  \  │  /      ○      \  ○  /
  ○  ○      \│/        ○        \○/
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒○○▲○○
  ○  ○      /│\        ○        /○\
○      ○  /  │  \      ○      /  ○  \

  横牛      飛牛      竪狼      走狼
            \  │  /      │      \      /
      ○      \│/        │        \○/
──▲──⇒    ▲        ○▲○  ⇒──▲──
  ○          /│\        3
            /  │  \      ○

  瓦車      走瓦
    │          │
    │○        │
    ▲    ⇒○○▲○○
  ○│          │
    │          │

※7段目ここまで

35 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:38:06 ID:Vi4xg0NB
8段目

  奔鷲は八方に
\        │        /1)普通に走る2)甲に行って戻る(甲の駒を居喰いできる)
  丁      │      丁  3)間の駒を飛び越えて乙or丙(or丁)に行く4)間の敵駒を
    丙    丙    丙     全て取りながら乙or丙(or丁)に進む
      乙  乙  乙      (例えば甲乙丙に敵駒があれば、全て取って丙に進める)
        甲甲甲        のいずれかの動きが出来る。
──丙乙甲▲甲乙丙──⇒×
        甲甲甲
      乙  乙  乙
    丙    丙    丙
  /      │      \
/        │        \

  獅鷹
\      /獅鷹は図の動きに加えて獅子の動きもできる
  \  /
    ▲    ⇒×
  /  \
/      \

  臥龍      大龍      蟠蛇      蟠龍
            \  ○  /                  │
    ○        \3 /        ○          │
  ○▲○  ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        /3 \      ○○○      /│\
            /  ○  \              /  │  \

36 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:39:34 ID:Vi4xg0NB
  方行      強車      老鼠      古時鳥(古は正しくは「古寺」という漢字)
    │      \  │  /              \  │  /
    │        \│/        ○        \│/
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒    ▲
    │          │        ○  ○        │
    │          │                      │

  盲熊      飛鹿      横飛      横龍
                │                      │
  ○  ○      ○│○      ○  ○        │
  ○▲○  ⇒  ○▲○    ──▲──⇒──▲──
  ○  ○      ○│○      ○  ○
                │
                                            止
  盲虎      飛鹿      牛車      舟牛(舟は正しくは 舟 という字)
                │          │          │
  ○  ○      ○│○        │        ○│○
  ○▲○  ⇒  ○▲○        ▲    ⇒    ▲
  ○○○      ○│○                  ○│○
                │                      │

  盲猿      飛鹿      燕羽      燕行
                │                      │
  ○  ○      ○│○        ○          │
  ○▲○  ⇒  ○▲○    ──▲──⇒──▲──
  ○  ○      ○│○        ○          │
                │                      │

37 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:40:52 ID:Vi4xg0NB
  猫刄      龍馬      登猿      猛鹿
            \      /
  ○  ○      \○/      ○○○      ○○○
    ▲    ⇒  ○▲○        ▲    ⇒    ▲
  ○  ○      /○\        ○        ○  ○
            /      \

  鴟行      雲鷲      騎兵      騎士
            ○  │  ○  \  │  /  \  │  /
    ○        3 │3       \│/      \│/
    ▲    ⇒  ○▲○    ○○▲○○⇒──▲──
  ○  ○        │          │          │
                │          │          │

  変狸      鳩盤      青龍      神龍
    ○      \  ○  /      │  /      │  /
    ○        \○/        │/        │/
○○▲○○⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒○○▲──
    ○        /○\        │          │
    ○      /  ○  \     │          │

  朱雀      神雀      土車      芦鳥(芦は正しくは草かんむりに尺の字)
\          \              │          │
  \○○      \○○        │          │
  ○▲○  ⇒  ○▲○      ○▲○  ⇒○○▲○○
  ○○\      /○\        │        ○│○
        \  /      \      │      ○  │  ○

※8段目ここまで

38 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:52:56 ID:Vi4xg0NB
9段目

  大師
×    ×    ×
  \  │  /
    \│/
○○5 ▲5 ○○⇒×
    5 │5
  ○  │  ○
○    │    ○

  大旗
\  │  /
  \│/
──▲──⇒×
  3 │3
○  │  ○

  鉄将      白象      熊兵      強熊
            ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
  ○○○      ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒──▲──
              ○○○        ○        /○\
            ○  ○  ○              /  ○  \

39 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:53:30 ID:Vi4xg0NB
  瓦将      白象      豹兵      走豹
            ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
  ○  ○      ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒──▲──
    ○        ○○○        ○
            ○  ○  ○

  石将      白象      猪兵      走猪
            ○  ○  ○  \  │  /      │
  ○  ○      ○○○      \│/        │
    ▲    ⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒  ○▲○
              ○○○        ○          │
            ○  ○  ○                  │

  土将      白象      牛兵      走牛
            ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
    ○        ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○3 ▲3 ○⇒──▲──
    ○        ○○○        ○          ○
            ○  ○  ○                  ○

  木将      白象      馬兵      走馬
○      ○  ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
  ○  ○      ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○3 ▲3 ○⇒    ▲
              ○○○        ○          ○
            ○  ○  ○              ×      ×

40 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:55:13 ID:Vi4xg0NB
  前旗      大旗      山将      泰山
○  │  ○  \  │  /  ○      ○  \  ○  /
  3 │3       \│/      3 ○3       \5 /
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒○5 ▲5 ○
  3 │3       3 │3         ○        /  \
○  │  ○  ○  │  ○              /      \

  川将      准川      風将      暴風
    ○      \      /      ○      \  │  /
  ○3 ○      \○/      ○3 ○      \│/
    ▲    ⇒──▲──      ▲    ⇒  ○▲○
    ○        /○\        ○        /│\
            /      \              /  │  \

  竪兵      車兵      横兵      水牛
    │      \  │  /      ○      \  ○  /
    │        \│/        ○        \○/
○○▲○○⇒○○▲○○  ──▲──⇒──▲──
    ○        /│\        ○        /○\
            /  │  \              /  ○  \

  車兵      四天王
\  │  /  \  │  /
  \│/      ☆☆☆
○○▲○○⇒─☆▲☆─
  /│\      ☆☆☆
/  │  \  /  │  \

※9段目ここまで

41 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:57:15 ID:Vi4xg0NB
10段目

    狛犬       大象
×    ×    ×
  \  │  /    ○  │  ○
    \│/        3 #3
×──▲──×⇒─#▲#─
    /│\        ###
  /  │  \    /  │  \
×    ×    ×

    吼犬         狛犬
×    ×    ×  ×    ×    ×
  \  │  /      \  │  /
    \│/          \│/
×──▲──×⇒×──▲──×
    ○│○          /│\
  ○  │  ○      /  │  \
○    ×    ○  ×    ×    ×

  弓兵      弓将      猛虎      大虎
○  ○  ○  ○  │  ○      │
  3 5 3       5 │5         │          ○
○3 ▲3 ○⇒○3 ▲3 ○      ▲    ⇒──▲──
    ○          ○                      │
                ○                      │

42 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:58:12 ID:Vi4xg0NB
  竪豹      大豹      鎗兵      鎗将
    │      ○  │  ○      │          │
  ○│○      3 │3         │          │
  ○▲○  ⇒○○▲○○    ○▲○  ⇒○3 ▲3 ○
    ○          ○          ○          ○
                                        ○

  飛鷲      大鷲      角鷹      大鷹
×  │  ×  \  │  /  \  ×  /  \  │  /
  \│/      ☆│☆      \│/      \☆/
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
  /│\      /│\      /│\      /│\
/  │  \  /  │  \  /  │  \  /  │  \

  刀兵      刀将      龍王      飛鷲
            ○  ○  ○      │      ×  │  ×
  ○  ○      3 3 3       ○│○      \│/
    ▲    ⇒    ▲      ──▲──⇒──▲──
    ○          ○        ○│○      /│\
                            │      /  │  \

  龍馬      角鷹      炮兵      炮将
\      /  \  ×  /  ○  ○  ○  \  │  /
  \○/      \│/      5 7 5       \│/
  ○▲○  ⇒──▲──  ○3 ▲3 ○⇒○3 ▲3 ○
  /○\      /│\        ○          ○
/      \  /  │  \                  ○

43 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:20:49 ID:IlWfpJGe
自陣一番下の列の駒

3○:その方向に3歩まで進めるが、間の駒を飛び越えてはいけない
×:そのマスまで飛び越えて行ける
/:その方向にいくらでも進める(走る)

  玉将

○  ○  ○普通の将棋の玉将と動きが違うので注意
  ○○○
○○▲○○⇒×(成らず)
  ○○○
○  ○  ○

  太子      王将

            ○  ○  ○ 太子は玉将と同格。敵の全ての玉将と太子を取った時点で勝利となる。
  ○○○      ○○○  (王が取られても太子が残ってれば負けにならない)
  ○▲○  ⇒○○▲○○
  ○○○      ○○○
            ○  ○  ○

  金将      飛車      右将      右軍
                │                          /
  ○○○        │        ○○○      ○○/
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲──
    ○          │        ○○○      ○○\
                │                          \



44 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:24:19 ID:IlWfpJGe
ちょ、間違えたw責任もってあとは俺がやります

  竪馬      龍馬      竪狗      豹王
    │      \      /      │      ○  ○  ○
  ○│○      \○/        │        5 5 5
    ▲    ⇒  ○▲○        ▲    ⇒○5 ▲5 ○
    ○        /○\      ○○○      5 5 5
            /      \              ○  ○  ○

  弩兵      弩将      飛牛      火牛
○  │  ○  \  │  /  \  │  /  \  │  /
  5 │5       \│/      \│/      \│/
○○▲○○⇒○5 ▲5 ○      ▲    ⇒  ○▲○
    ○          │        /│\      /│\
                │      /  │  \  /  │  \

  竪行      飛牛      横猿      横兵
    │      \  │  /                  ○
    │        \│/      ○  ○        ○
  ○▲○  ⇒    ▲      ──▲──⇒──▲──
    │        /│\        ○          ○
    │      /  │  \

  右車      右鉄車     左車     左鉄車
\  │      \              │  /          /
  \│        \            │/          /
    ▲○  ⇒    ▲○      ○▲    ⇒  ○▲
      \      /  \      /          /  \
        \  /      \  /          /      \

※10段目ここまで

45 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:25:36 ID:IlWfpJGe
11段目以降

   犬       雜将      仲人      酔象
            \  │  /
  ○○○      \│/        ○        ○○○
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒  ○▲○
                │          ○        ○  ○
                │

  歩兵      と金

    ○        ○○○
    ▲    ⇒  ○▲○
                ○

【インデックス】
自陣から向かって
11段目以降>45
10段目>41
9段目>38
8段目>35
7段目>32
6段目>28
5段目>25
4段目>22
3段目>18
2段目>15
1段目>11


46 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:27:02 ID:IlWfpJGe
大局将棋の主な駒たち

【玉将】>11
□□□□□□□□□ お馴染みの一番偉い駒。取られたら負け。
□□□□□□□□□ 大局将棋ではすばしっこく強化されてるが、
□□□□□□□□□ さらに凶悪な駒たちがわんさかいるので大変。
□□□□■□□□□ でも今回王様は一人ではないので状況次第では生け贄に出されることも?

【太子】>11
□□□□□□□□□ もう一人の王様。玉将が死んでもこいつが残ってればまだ負けない。
□□□□□□□□□ 機能は玉将より弱いが、成れば玉と同じ性能を得ることが出来る。
□□□□□□□□□ 成るのは至難の業だけど。
□□□□■□□□□

【酔象】>15
□□□□□□□□□ そのままではヘボいただの駒だが、成ると太子になる。3人目の王様。
□□□□□□□□□ ただ、やっぱり動きがヘボいので成るのはキツい。
□□□□□□□□□
□□□□■□□□□

【鉤行】>28
□□□□□□□□□ ヤバイ。超ヤバイ。敵の玉の周りに何もなければ
□□□□□□□□□ その辺にポンと置いただけでいきなり詰んじゃうほどヤバイ。
□□□□■□□□□ とにかくハンパじゃないその移動力は圧巻。
□□□□□□□□□ まさに最強の超兵器なので大事に使おう。

【天狗】>13
□□□□□□□□□ 鉤行ほどじゃないがヤバイ。
□□□□□□□□□ そして動きが斜めなだけあって、場合によっては鉤行より厄介。十分ヤバイ。
□□□□□□□□□ しかも2枚ある。超怖い。
□■□□□□□■□

47 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:27:33 ID:IlWfpJGe
【摩羯】>28
□□□□□□□□□ 天狗と同じだけど、鉤行に成れる分天狗より優秀。
□□□□□□□□□
□□□□■□□□□
□□□□□□□□□

【大将】>22
□□□□□□□□□ 破壊力抜群のスーパーブルドーザー。
□□□□□□□□□ 自分より弱い者は敵だろうと味方だろうと根こそぎなぎ倒す化け物。
□□□□■□□□□ 通ったあとにはペンペン草も生えない。
□□□□□□□□□ しかし王様には逆らえない罠。大将も上官には勝てなかった。

【副将・飛将・角将・猛龍】>22>20>20>22
□□□□□□□□□ 大将と同じくブルドーザー機能を持つが、やっぱり上官には逆らえませんでした。
□□□□□□□□□ @ 飛将・角将
□□□BAB□□□ A 副将
□@□□□□□@□ B 猛龍

【車兵】>40
□□□□□□□□□ 生でもなかなか強い駒だが、本当の力は四天王に成ると発揮される。
■□□□□□□□■ こいつに狙われたらその線上では一切の防御が不可能。
□□□□□□□□□ 味方に囲まれてて動けなかったら即死。
□□□□□□□□□ 恐怖の大陸間弾道ミサイルであり、絶対に成らせてはならない駒である。

【奔鷲】>35
□□□□□□□□□ 全方向走りに加えて凶悪な居喰い能力を持つ。
□□□□■□□□□ 居喰いができる駒は大局将棋でも貴重なので重宝する。
□□□□□□□□□ 敵に素早く近づいて敵を喰い殺す姿は、まさしく獰猛な鷲に相応しい。
□□□□□□□□□


48 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:42:50 ID:IlWfpJGe
【奔王】>12
□□□□□□□□□ 中将棋では最強の駒。
□□□□□□□□□ 大局将棋でも8方全部に走れる駒はそんなに多くないので結構活躍できる。
□□□□□□□□□ しかも成ると大将だし、大事にして損はない。
□□□■□■□□□ 底の方にあるので取り出しにくいのが欠点かも。

【獅子】>22
□□□□□□□□□ 同じく中将棋では最強の駒だったが、
□□□□□□□□□ 走れないのが災いして対照的にあんまり役に立たなくなる。
□□□■□■□□□ 広大な大局将棋盤では2歩など牛歩同然、自分から敵に近づきにくいので
□□□□□□□□□ 居喰い能力を生かせる場面も少ない。中将棋での脅威は見る影もない。

【無明】>25
□□□□□□□□□ 成って法性になると奔王の機動力と獅子の接近戦能力を併せ持つ
□□□□□□□□□ 凄まじい駒になるんだが、
□□□□■□□□□ いかんせん生状態がヘボすぎて成るのは難しい。
□□□□□□□□□ 秘めた力を発揮することなく死んでいくであろう悲しい奴。

【提婆】>25
□□□□□□□□□ 無明の相方Bやはり成って教王になると強力だが、
□□□□□□□□□ 四天王の下位互換だしそれほど凄くもないので
□□□□■□□□□ 成らせてみたいともあんまり思ってもらえない不憫な奴。
□□□□□□□□□

【奇犬】>30
□□□□□□□□□ 右と左で成りが違うという変わった駒。
□□□□□□□□□ そしていつも「奇の字は本当は(口奇)ですよ」という但し書きが付くので、
■□□□□□□□■ 大して強くもないのに妙に目立つ。
□□□□□□□□□


49 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:43:38 ID:IlWfpJGe
【山鷲】>13>13
□□□□□□□□□ 何とこの駒、同じ駒でも初期配置の右と左で動きが違う。
□□□□□□□□□ しかも成ると同じになるので、見た目では区別が付かない。
□□□□□□□□□ 局面がごちゃごちゃして左右入れ替わったりしたら頭が痛くなること必至。
□■□□□□□■□

【中旗】>23
□□□□□□□□□ 成っても性能が全く変わらない。ただ名前が変わるだけであり、
□□□□□□□□□ 一体何のために成るのか意味不明である。
□□■□□□■□□
□□□□□□□□□

【禽曹】>22
□□□□□□□□□ 成ると弱くなってしまうという珍現象が起こる。
□□□□□□□□□ 成りの意味を根底から覆す問題児。
□□□■□■□□□
□□□□□□□□□

【犬】>44
□■□■□■□■□ 自陣の外にポツポツと配されてる番犬。
□□□□□□□□□ 歩と大して変わらない駒だが、目立つ位置と名前のインパクトで妙な人気がある。
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□

【飛猫】>26
□□□□□□□□□ ぴょんぴょんと飛び跳ねる感じの駒。
□□□□□□□□□ 大して強くはないが、ひょうきんな動きが一部で秘かに人気。
□■□□□□□■□
□□□□□□□□□


50 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:44:09 ID:IlWfpJGe
【豚将】>24
□□□□□□□□□ 大局将棋では豚まで戦う。動物園と言われる所以である。
□□□□□□□□□ ちなみに豚と言ってもそれほど鈍いわけでもない。
■□□□□□□□■
□□□□□□□□□

【大亀・小亀】>28
□□□□□□□□□ 亀の分際でビュンビュン走ったり飛んだりする。
□□□□□□□□□ 一体どんな基準で名前を付けてたのか作った香具師を小一時間問い詰めたい。
□□□□■□□□□
□□□□□□□□□

【飛車・角行】>27
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。本将棋では最強を誇ったが、
□□□□□□□□□ 5方6方に走る駒が珍しくない大局将棋では単なる雑魚。
■□□□□□□□■ ヘボ大局将棋でも王よりかわいがってくれる人は誰もいない。
□□□□□□□□□

【金将・銀将】>11>15
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。大局将棋でも王様のお供であるが、
□□□□□□□□□ 王様の方がすばしっこくなってしまったので
□□□□□□□□□ お供としてはあんまり役に立ちそうもない。成るのも無理だろうし。
□□□□■←それぞれx2

【桂馬】>24
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。実は大局将棋でもこの動きが出来る駒は結構珍しいのだが、
□□□□□□□□□ 他に猛者がわんさかいる大局将棋の中では弱すぎて活躍の機会はない。
■□□□□□□□■
□□□□□□□□□

51 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:44:40 ID:IlWfpJGe
【香車】>14
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。本将棋でも影薄めの駒だが、
□□□□□□□□□ 大局将棋では持ち駒にできないし
□□□□□□□□□ 場所も隅っこで機能もヘボいとますます影が薄くなった。
■□□□□□□□■ はたしてこいつが何かの役に立つ局面が存在するのか甚だ疑問である。

【歩兵】>44
■■■■■■■■■ お馴染みの駒。陣地のフタをしてるのは相変わらずで、
□□□□□□□□□ そのヘナチョコっぷりもやはり相変わらず。
□□□□□□□□□ 普通の将棋に出て来る駒はほとんど大局将棋スケールでは弱すぎてだめぽ。
□□□□□□□□□(36枚)

【力士】>15
□□□□□□□□□ 場所的に終盤の防衛戦で使われそうだが、
□□□□□□□□□ 役に立つかどうか疑問である。
□□□□□□□□□ 力士というイメージから想像できないが斜めにしか動けない。
□□□■□□□□□

【横牛】>34
□□□□□□□□□ 横に飛ぶだけの存在価値であると言える駒。
■□□□□□□□■ 序盤の敵の侵入に対し効果を発揮しそう。
□□□□□□□□□ 成る事はあきらめよう。特に右の駒なんてどうしようもない…。
□□□□□□□□□

【羊兵】>25
□□□□□□□□□ どんな姿なのか想像もつかない羊兵。
□□□□□□□□□ 斜めに走れるので名前のわりには威力があるようで
□□□■□■□□□ その軌跡はさながら羊の角のようだ。
□□□□□□□□□

52 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:45:17 ID:IlWfpJGe
【反車】>17
□□□□□□□□□ 後ろの香車とは違い引く事を知っているよくできた駒。
□□□□□□□□□ ただ駒がバタバタ倒れていく大局将棋では後ろに下がる機能は
□□□□□□□□□ あまり必要ないのかもしれない。
■□□□□□□□■ 成るとさらに逃げる気マンマンの鯨鯢になる。

【雲鷲】>27
□□□□□□□□□ 斜めと横に申し訳程度に動ける反車。
□□□□□□□□□ それよりも成った後の勁鷲が魅力的。
■□□□□□□□■ 大事に育てたいところである。
□□□□□□□□□

【風馬】>33
□□□□□□□□□ 中程の位置にいるおかげで捨て身の特攻に使われがち。
□□■□□□■□□ 天馬になるとおもしろい動きをみせるのだが
□□□□□□□□□ その姿を見ることはあまりなさそう。
□□□□□□□□□

【地龍】>13
□□□□□□□□□ 斜め後ろに走れる地龍。
□□□□□□□□□ ただそれがどうしたといわんばかりに一番後ろに居座る駒。
□□□□□□□□□ 彼の能力を活かす局面は果たして訪れるのであろうか。
□□■□□□■□□ 

【土将】>39
□□□□□□□□□ ……弱い。仲人>44と同じ能力。
□□■□□□■□□ なのに仲人と同じラインに配置してある。
□□□□□□□□□ 前から仲人>44、歩兵>44、刀兵>42、そして土将…。
□□□□□□□□□ なんだこのどうしようもない壁は。

53 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:55:13 ID:IlWfpJGe
【牛車】>36
□□□□□□□□□ そのどうしようもない壁のすぐ後ろにいる。
□□■□□□■□□ 一応壁の強化に一役買ってるようだ。
□□□□□□□□□ ただ前に走れるのに仲間が邪魔なせいで
□□□□□□□□□ 前線に行けないもどかしさがある。

【老鼠】>36
□□□□□□□□□ 以外にも「老」の漢字を使う唯一の駒。
□□□■□■□□□ 「古」や「盲」がつく駒は実は前に進めないのだが
□□□□□□□□□ こいつは大丈夫だ。老いながらも前に進めるぞ。
□□□□□□□□□ でもまあ、やはり弱いのだが。

【鶏将】>23
□□□□□□□□□ 駒の能力は見るべくもないが位置がやや重要である。
□□□□□□□□□ 角将>20のすぐ前に陣取っているのである。
□■□□□□□■□ 前に進めないその将を守る壁として大いに働いて欲しいところである。
□□□□□□□□□

【狗将】>23
□□□□□□□□□ 隣りにいる鶏将のライバルかもしれない。
□□□□□□□□□ 動きが全く同じで、成ってもほとんど同じ。ただ場所が悪すぎる。
□■□□□□□■□ すぐ後ろに飛将>20、すぐ斜め後ろに角将>20がいる。
□□□□□□□□□ 彼らの通り道なのだ。 ヘタすると味方に殺される事も…?

【走狼】>21
□□□□□□□□□ 名前がちょっと危険な走狼。
□□□□□□□□□ いろんな方向に走れるなかなか頼れる狼である。
□□□□□□□□□ ただし後戻りが出来ない。成っても構わず前進あるのみ。
□■□□□□□■□ もしかしたらラオウ軍の兵士なのかもしれない。

54 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:55:44 ID:IlWfpJGe
【石将】>39
□□□□□□□□□ 名前といい動きかたといい、こいつはポーンなのではないか。
□□□■□■□□□ ただのオブジェとして置いておくのが正しい使い方だと思う。
□□□□□□□□□ 後ろにも大した駒いないし。
□□□□□□□□□

【銅将】>18
□□□□□□□□□ 鉱物の将は総じて弱い。
□□□□□□□□□ 扱いもぞんざいだ。配置も「金、銀、だから次は銅だな」とか
□□□□□□□□□ 成るとやっつけ仕事で設定したようななんの関係もない駒になるし。
□□□□■←×2_□ もう泣くしかない。

【鉄将】>38
□□□□□□□□□ いかにも弱そうなネーミングの鉄将。
□□□□■←×2_□ しかし前線、しかも中央にいるので出番はそれなりに見込まれる。
□□□□□□□□□ とりあえず前に進んどけ!
□□□□□□□□□

【風将】>40
□□□□□□□□□ 疾きこと風の如し…とはとてもとても言えない弱い駒。
■□□□□□□□■ ただし北上していくにつれ
□□□□□□□□□ 大型で非常に強い勢力を保つ駒へと変化する。
□□□□□□□□□

【林鬼】>22
□□□□□□□□□ 静かなること林の如し…のわりにはよく動く駒。
□□□□□□□□□ 後方に位置しているが中央にいるおかげで持ち前の機動力は
□□□□■←×2_□ 十分に発揮される事であろう。
□□□□□□□□□ 成ると右Gになるがこの駒が唯一「左」のいない右。


55 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:56:15 ID:IlWfpJGe
【火将】>29
□□□□□□□□□ 侵掠すること火の如し、と言えるかもしれない駒。
□□□□□□□□□ 彼の特長は悲しい事に「後ろに歩ける歩数の多さ」なのだが
□□□■□■□□□ ひとたび敵陣に突入すれば恐ろしい威力を発揮する。
□□□□□□□□□ 突入できれば…の話だが。

【山将】>40
□□□□□□□□□ 動かざること山の如し…かなあ。微妙な駒。
□■□□□□□■□ やはり山は山らしく動かさない方が風流だ。
□□□□□□□□□ そしてすぐ後ろには一匹の猿が。>37(登猿)
□□□□□□□□□ おいおい登ってくんな。

【弓兵】>41
□□□□■←×2_□ 序盤から積極的な活躍が期待できる弓兵。
□□□□□□□□□ 強さはそれなりだが
□□□□□□□□□ 成ると強力な弓攻撃を前方に放てる。
□□□□□□□□□ (あくまでイメージです)

【猛虎】>41
□□□■□■□□□ 阪神ですね、阪神。歩兵のすぐ後ろにいるため
□□□□□□□□□ やられるのは時間の問題か。
□□□□□□□□□ そういえば「猛」系は名前負けしてる奴が多い。
□□□□□□□□□ 猛龍>22は別にして。

【四天】>***
金剛>15、力士>15、夜刄>15、羅刹>15から成る駒。四天王>40とは大違いの雑魚で、
8方向に4マスしか(しか・・)進めない。
4マス進むというのは絶対に駄洒落であろう。

56 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:57:17 ID:IlWfpJGe
【驢馬】>34
□□□□□□□□□ この大局将棋、ロバまで戦場にかり出されています。
■□□□□□□□■ 弱くてはじっこにいるので、まあ草でも食べて戦局を
□□□□□□□□□ 見守っていて欲しいところだ。
□□□□□□□□□

【踊鹿】>30
□□□□□□□□□ いったいどういうつもりで戦場にいるのか理解できない踊鹿。
□□□□□□□□□ 踊っているヒマがあったら己を鍛えてほしいところだ。
□■□□□□□■□ でもこんな駒でも金将>11より強いのだからこの将棋はよくわからない。
□□□□□□□□□

【毒蛇】>29
□□□□□□□□□ 動きは鈍いがまあとりあえず歩ける方向は多い。
□□□□□□□□□ 彼の後ろには走れる奴がいっぱいいるが
□□■□□□■□□ これなら道をあけることはあまり難しい事ではない。
□□□□□□□□□ ぜひぜひ成りたいところだが…そこまでは酷か。

【大鳩】>16 成り→>12
□□□□□□□□□ なぜかかなりの戦闘力を持っている「鳩」系。
□□□□□□□□□ 奥深くにいるせいで出番は相当後になるが近くに
□□□□□□□□□ もう一匹鳩がいるのでコンビで闘わせたいところだ。
□□■□□□■□□ 左右から鳩が攻めてくる様は脅威のイリュージョンである。

【変狸】>37
□□□□□□□□□ こんな戦場に狸がいるなんて…自分で言うまでもなく
■□□□□□□□■ 変な狸である。驢馬>34と動きが同じで成っても同じ。
□□□□□□□□□ ま、たいして邪魔な場所にいるわけでもないので
□□□□□□□□□ 置物のようにそのままにしておくのがいいかも。

57 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:58:01 ID:IlWfpJGe
【左将】>12 【右将】>11
□□□□□□□□□ 弱っ!もうちょっとこう頼れる将を登用できないものか。
□□□□□□□□□ 側近がこんな奴らでは国の将来は見えたも同然である。
□□□□□□□□□ 見ることはまずない左軍・右軍は「警笛鳴らせ」のような
□□□■□■□□□ 動きをする。

【熊兵】>38
□□□□□□□□□ ほぼ中央に位置する頼れる駒。よく走る。
□□□■□■□□□ 成りの強熊はすごいストレートな名前だが
□□□□□□□□□ 実際強いのだからしょうがない。
□□□□□□□□□

【豹兵】>39
□□□□□□□□□ 「(獣)+兵」の駒はなかなか使える。
□□□■□■□□□ というかみんな能力ほとんど同じだ。
□□□□□□□□□ 彼らは敵陣突破として初期から活躍が期待できそう。
□□□□□□□□□ ま、たいていそのまま帰ってこれないだろうけど。

【猪兵】>39
□□□□□□□□□ 上の熊兵や豹兵と能力が一緒。
□□■□□□■□□ 両隣のゴミのような土将>39、石将>39をしり目に
□□□□□□□□□ 頑張って欲しいところだ。
□□□□□□□□□ あと、よっぽどの事がない限り成る必要はないと思う。

【馬兵】>39
□□□□□□□□□ 熊兵>38や豹兵>39などとほとんど同じ能力。
□■□□□□□■□ でも豹や熊よりもこっちの方が少し強い。家畜なのに。
□□□□□□□□□ 前にいる炮兵>42や斜め前の龍馬>43と一緒に運用
□□□□□□□□□ したいところだ。

58 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:02:06 ID:IlWfpJGe
【牛兵】>39
□□□□□□□□□ 能力は馬兵と同じだ。さすがに作り手の手抜き度が
□□■□□□■□□ ここいらで見受けられてしまう。もう同じ駒でいいじゃん。
□□□□□□□□□ それにもう書くことがないよ。B・S・E!B・S・E!
□□□□□□□□□

【横兵】>40
□□□□□□□□□ その名の通り横に強い横兵。
■□□□□□□□■ 前に2歩進めるところが意外と使えるかもしれない。
□□□□□□□□□ 「よこはま」じゃないので間違えないように。
□□□□□□□□□

【左車】・【右車】>43
■□□□□□□□■ 前方と中央方面に走れる左車・右車。
□□□□□□□□□ 随分偏った動き方だが配置場所のおかげで
□□□□□□□□□ よい働きが期待できる。成ると奇怪さが増して
□□□□□□□□□ さらに変な方向に走るようになる。ちょっと考えものだ。

【土車】>37
□□□□□□□□□ 前後に走れて、左右にもちょこっと動ける土車。
■□□□□□□□■ 成ってもまあ大した魅力のない車。
□□□□□□□□□ そもそも土の車ってどんな車なんだ。
□□□□□□□□□ かちかち山のタヌキが乗ってるのか。

【瓦車】>34
□□□□□□□□□ 土車と同じような使われ方になると思われる瓦車。
■□□□□□□□■ 「瓦」かよ…これもなんとも想像しがたい車である。
□□□□□□□□□ いや、これは「瓦斯」の意味なのだ。
□□□□□□□□□ ガソリン車なんだ、そうに決まっている。

59 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:02:43 ID:IlWfpJGe
【木車】>31
□□□□□□□□□ 走る大八車。ほとんどの「車」系は
□□□□□□□□□ DとRのギアが標準装備なのだろう、前後に動ける車が多い。
■□□□□□□□■ もっと活躍したければハンドルをつけなさい、ハンドルを。
□□□□□□□□□

【石車】>27
□□□□□□□□□ どんな材質でも車を作れてしまうこの時代の人間は
□□□□□□□□□ たいしたものだ。しかも石製のくせに一体どういう事なのか
■□□□□□□□■ 性能はまずまずだ。右車と見間違えてしまわないように注意。
□□□□□□□□□

【銀車】>24
□□□□□□□□□ シルバーチャリオットを思わせる名前の駒。
□□□□□□□□□ 銀の名の通り斜めによく動く。車系は成ると
■□□□□□□□■ なんだかよくわからない鳥になるのが多いが
□□□□□□□□□ こいつもその一つ。

【金車】>21
□□□□□□□□□ 趣味の悪い金の車。まあそこそこの強さを持っており
□□□□□□□□□ 成るとまた能力が増すのだが場所が悪すぎる。
□□□□□□□□□ 中央にえっちらおっちら持っていくという手もあるが
■□□□□□□□■ どちらにしろ出番はなかなか見込めない。

【銅車】>26
□□□□□□□□□ みんなと配置が離れている銅車。
□□□□□□□□□ 能力もまあ、こんなもんかなという程度。
□□■□□□■□□ 成るとなんだそりゃと言いたくなるような名前の
□□□□□□□□□ 「銅象」という駒になる。

60 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:03:14 ID:IlWfpJGe
【白象】>17・【香象】>17
□□□□□□□□□ 配置場所が左右対称で、チープな能力も全く同じ。
□□□□□□□□□ なのになんで名前が違うんだ。理解に苦しむ。この能力で
□□□□□□□□□ 超はじっこに位置するので他の駒より圧倒的に出番が
■□□□□□□□■ なさそうな駒。だから名前で目立とうとしているのかもしれない

【鶏飛】>33
□□□□□□□□□ 「飛」という名前に騙されてはいけない。
□□■□□□■□□ 全然飛びません。しょせんニワトリは
□□□□□□□□□ どこまで行ってもニワトリなんだ。
□□□□□□□□□ 牛やワニが飛びまわるような世界であっても、だ。

【悪狼】>33
□□□□□□□□□ 巷には赤ずきんの少女を食べてしまうような
□□■□□□■□□ 悪い狼もいますがコイツもかなり悪い奴です。
□□□□□□□□□ 何が悪いって性能が悪すぎ。
□□□□□□□□□

【刀兵】>42
□□■□□□■□□ バガボンドという漫画の作中で鉄砲や槍にやられる
□□□□□□□□□ 刀の弱さを語るシーンがあるのだが、まさに
□□□□□□□□□ それに合致する弱さである。だがいくらなんでも
□□□□□□□□□ 弱すぎやしないかい。

【鎗兵】>42
□□□■□■□□□ 歩兵のすぐ後ろで待ちかまえている鎗兵。
□□□□□□□□□ さすがに刀兵>42とは比べものにならない程の射程を
□□□□□□□□□ 持っている。だが弓よりも炮よりも射程が長い
□□□□□□□□□ ヤリはないだろう。

61 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:08:00 ID:IlWfpJGe
【弩兵】>42
□■□□□□□■□ 弓兵>41をそのままパワーアップさせたような強さの弩兵。
□□□□□□□□□ 弓兵と違って前に走れるところが大きい。
□□□□□□□□□ 成ると自陣に帰れるようにもなるし大事に使いたいところだ。
□□□□□□□□□

【炮兵】>43
□■□□□□□■□ 弓兵>41や弩兵>43なんかと動きが似ている。
□□□□□□□□□ しかし鉄炮持ちであるこの炮兵がなぜか弩兵よりも弱いのは
□□□□□□□□□ 納得のいかないところがある。お前の力はそんなものか?
□□□□□□□□□

【騎兵】>37
□□□□□□□□□ 前方3方向に走れる駒。後方の白駒>31と共に中央突破を
■□□□□□□□■ めざそう。成ると騎士になってちょうど金が走るような動きを見せる。
□□□□□□□□□ チェスのナイトとは動きが違うのはなんとなく残念だ。
□□□□□□□□□

【竪兵】>40
□□□□□□□□□ 「竪」系は言うまでもなくタテの意味であって、すべからず
■□□□□□□□■ 前方につっこむ事が得意な奴らである。こいつもその一人で
□□□□□□□□□ とりあえず前に進むしかない。成って帰ってこれれば
□□□□□□□□□ 用途はかなり広がる事であろう。

【走車】>26
□□□□□□□□□ 前後にしか走れない駒が多い「車」系ながら前後左右に走れる駒。
□□□□□□□□□ しかしそういう動きの駒と言えば世間では飛車>27の方が圧倒的に有名だ。
□□□■□■□□□ 彼はこの戦いでライバル飛車に負けない活躍をして
□□□□□□□□□ 知名度あげる事が目標となろう。

62 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:08:40 ID:IlWfpJGe
【角将】>20
□□□□□□□□□ 超重要駒。この駒の存在を忘れてると一気に負けへと転じてしまう。普段は
□□□□□□□□□ 自陣奥深くに待機しているのだが、スキあらば敵陣ギリギリに突入して霖鬼に
□□□□□□□□□ 成ってしまおう。それこそ味方をザクザク犠牲にしながらでもだ。そうすればなんと
□■□□□□□■□ 次の手で王将または太子が取れてしまう。(味方に囲まれている場合に限るが)

【烏行】>29
□□□□□□□□□ トリじゃなくてカラスです。烏行。
□□□□□□□□□ 前と斜め後ろに一歩だけ進めます。まあ
□□□■□■□□□ なんといいますかこの駒が活躍するような事は
□□□□□□□□□ まずないでしょう。歩だと思って運用するしかない。

【行鳥】>19
□□□□□□□□□ カラスじゃなくてこっちはトリです。まぎらわしいよキミたち。
□□□□□□□□□ しかも同じ列にいるし。烏行よりはこの行鳥の方が強いのだが
□□□□□□□□□ だからといって有用な駒であるとは言えるはずもない。
□□□■□■□□□

【左龍】>20
□□□□□□□□□ ずいぶんと偏った動きを見せる左龍。
□□□□□□□□□ 前方は右斜めしか進めないため、かなり右側まで
□□□□□□□□□ 行かないと成る事ができない。もっとも成ったら
□■□□□□□□□ 成ったでまた扱いづらい動きを見せるのだが。

【左虎】>20
□□□□□□□□□ 動かし方は隣りの左龍とだいたい同じなので併せて
□□□□□□□□□ 運用したいところだ。しかしところがだ、成って玄武になると動かし方が
□□□□□□□□□ 成った左龍(朱雀)と全く逆になってしまう。覚えにくいし動かしにくい。
□■□□□□□□□ だからもう、藻前らは成らんでいいですよ。

63 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:14:30 ID:IlWfpJGe

【右龍】>20
□□□□□□□□□ 左龍と動きが逆だ。斜め後方に少しでも走ると
□□□□□□□□□ 成る事がとても難しくなる。そしてこの駒の特徴は
□□□□□□□□□ 成り前と成り後の違いである。これほどに走る方向が
□□□□□□□■□ 変わってしまう駒もない。

【右虎】>20
□□□□□□□□□ 右龍と同じように左側にのみ強い右虎。
□□□□□□□□□ 左右の虎と左右の龍の4つの駒は能力がほとんど同じだが
□□□□□□□□□ 成り後はこの駒が一番扱いやすいと言えよう。
□□□□□□□■□

【森鬼】>16
□□□□□□□□□ 斜め前に走れて四方にもある程度歩ける結構強い駒。
□□□□□□□□□ 成ると前にも走れるようになる「雷走」となる。
□□□□□□□□□ うーん将棋らしかぬロックな名前だ。
□■□□□□□■□

【横龍】>21
□□□□□□□□□ 名前に騙されてはいけない。どうせ横しか走れないんだろ、プ
□□□□□□□□□ とか思っていると突然の強襲に足下をすくわれる事必至だ。
□□□□□□□□□ 成れば相当のパワーアップが出来るので積極的に狙っていきたい。
■□□□□□□□■ が、随分奥深くに位置しているのでそれも一苦労である。

【雨龍】>16
□□□□□□□□□ 5つもの方向に走れる能力を最大限に活かして力いっぱい
□□□□□□□□□ 後方に逃げ去るヘタレ駒。有効な使い道は見あたらない。
□□□□□□□□□ 目が前向きについているのはなぜだと思う?
□■□□□□□■□ 前へ前へと進むためだろ?!

64 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:15:16 ID:IlWfpJGe
【雲龍】>27
□□□□□□□□□ 後ろにも走れる龍馬といったところだ。前線で活躍できれば
□□□□□□□□□ この後ろに走る能力もきっと役に立つことであろう。
□□■□□□■□□ 成ると大龍になるのだが正直得したのかどうかが微妙な強さだ。
□□□□□□□□□ せっかく成るんだからもう少しサービスしてくれてもいいのに。

【飛龍】>30
□□□□□□□□□ なかなか奇抜な動きを見せる飛龍。
□□□□□□□□□ おもしろいことはおもしろいが残念ながら役に立ちそうにない。
□□■□□□■□□ もうちょっと遠くに飛べればなあ…飛距離で飛猫>26に負けてるし。
□□□□□□□□□

【臥龍】>35
□□□□□□□□□ 「龍」系は基本的に高い能力を持っている。
□□□□■←×2_□ しかしどうよこの弱さは。病に臥している龍なのだろうか。
□□□□□□□□□ 中央に配置されているので、本人はイヤかもしれないが
□□□□□□□□□ 出番は早く訪れるだろう。

【大龍】>25
□□□□□□□□□ 能力的には角にオマケがついたような感じの駒。
□□□□□□□□□ 「龍」系の基本的な駒と言えるもので、成るとこの駒になる
□□□■□■□□□ ものが多い。あんなに弱かった駒>35(臥龍)もりっぱな大龍に。
□□□□□□□□□ こんなに強い駒>22(猛龍)もどうして大龍なんかに?とひっぱりだこだ。

【風龍】>20
□□□□□□□□□ 制作者の記入ミスなのだろうか、
□□□□□□□□□ 駒が左右2箇所に配置されていながら動かし方が
□□□□□□□□□ 左右対称でないなんともめずらしい駒。
□□■□□□■□□ それでも走れる方向は多いので使える駒ではある。

65 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:15:50 ID:IlWfpJGe
【火龍】>18 成り→麟師>18
□□□□□□□□□ かなりの能力を持っているが奥深ーくに陣取って
□□□□□□□□□ いるので出番は相当先になりそうだ。
□□□□□□□□□ Flashだと大龍の駒と見間違えやすいので注意が必要。
□□□■□■□□□

【水龍】>18 成り→鳳師>18
□□□□□□□□□ この駒の方が後方に少し強いだけで強さは
□□□□□□□□□ 隣りの火龍>18とだいたい同じ。
□□□□□□□□□ 左右併せて4枚もの龍が中央付近に鎮座して
□□□■□■□□□ いることになる。最終防衛ラインはここらへんか。

【盲虎】>100
□□□□□□□□□ 「盲」系は前に進む事ができないのが特徴だ。
□□■□□□■□□ そしてその代表たる動き方を見せる盲虎。
□□□□□□□□□ 見事に前だけ進めないこの駒だが「盲」系の
□□□□□□□□□ 中ではまだまだマシな方…かな。

【盲猿】>36
□□□□□□□□□ 弱い駒が勢ぞろいの「盲」系のひとつである。
□□■□□□■□□ この弱さ、やはり目が見えないのだろうか。
□□□□□□□□□ それでも戦場で戦おうと必死になる彼らの
□□□□□□□□□ 姿を想像すると目頭が熱くなる。

【盲熊】>36
□□□□□□□□□ 盲猿>36と能力が全く同じ。
□□□■□■□□□ 成るとなぜか鹿になってしまう点も同じだ。
□□□□□□□□□ いやー、弱いクマー。しかしこんな奴まで
□□□□□□□□□ 駆り出すなんていったいどういう戦争なんだ。

66 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:16:22 ID:IlWfpJGe
【盲犬】>29
□□□□□□□□□ 4つある「盲」系の駒の中で一番弱い駒。
□□□□□□□□□ 成り後の姿を期待するのもこの駒に失礼である。
□□□■□■□□□ しかし動かせる方向がVサインを描いているので
□□□□□□□□□ 持っていると縁起がいいに違いない。

【嗔猪】>34
□□□□□□□□□ 「盲」系のような動きを見せる嗔猪。
□■□□□□□■□ この駒なんと読むのかわからないが「嗔」は「怒る」
□□□□□□□□□ という意味らしい。それでいてこの弱さなのだから
□□□□□□□□□ やはり戦場ではクールでないと生き残れない。

【竪熊】>24
□□□□□□□□□ 竪熊のすべき事はひとつだけ、すなわち
□□□□□□□□□ 前へ進むことである。しかし相当の期間は
■□□□□□□□■ 前の渋滞と重要度の観点からその場待機を
□□□□□□□□□ 命ぜられているものであろう。

【竪虎】>26
□□□□□□□□□ 竪虎も進むべき方向は前です、前だけです。
□□□□□□□□□ 後ろにも歩けますがそんな機能は不要です。
□■□□□□□■□ 成るとこれまた強くなるのですが
□□□□□□□□□ 局面によっては不成もアリかも。

【竪狼】>34
□□□□□□□□□ やはり前に進むべき駒なのだが、両端に位置する
■□□□□□□□■ ため出番はなかなか訪れてこないだろう。
□□□□□□□□□ 後ろに3歩進めるが、だからといってなにが
□□□□□□□□□ どうなるわけでもない。

67 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:16:53 ID:IlWfpJGe
【竪豹】>42
□□□■□■□□□ かなり前線に配置されているので、序盤での突撃死が
□□□□□□□□□ 期待される駒。成っても「フーン」程度の駒なので
□□□□□□□□□ 遠慮なくいこう。さあ遠慮なく。
□□□□□□□□□

【竪馬】>43
□■□□□□□■□ やはり特徴は前に進めるという事。
□□□□□□□□□ 成って龍馬になるのもいいが、後ろにいる
□□□□□□□□□ 前旗>40を活かすために前進してそのまま
□□□□□□□□□ お亡くなりになられる、そんな人生も悪くない。

【竪狗】>43
□■□□□□□■□ 犬>44の後ろに位置している狗。犬同士協力して
□□□□□□□□□ 棒犬戦法で攻めるのも一つの手だ。(?)
□□□□□□□□□ 成ると中途半端さが目に染みる豹王になる。
□□□□□□□□□

【竪行】>43
■□□□□□□□■ 他の将棋でも度々顔を見せるまあまあ名の知れた駒。
□□□□□□□□□ 「竪」系で唯一後ろにも走れる。
□□□□□□□□□ しかし能力的にイマイチである上に
□□□□□□□□□ 隅っこにいるので活躍するのにも一苦労だ。

【横蛇】>16
□□□□□□□□□ 左右のフットワークに優れる「横」系。
□□□□□□□□□ 横行>30、横兵>40、そしてこの横蛇>16と
□□□□□□□□□ 強くなっていく。まあこの大局将棋内で1歩程度の
□□■□□□■□□ 力の差でいい気になってもらっては困るのだが。

68 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:24:26 ID:IlWfpJGe
【横猪】>23
□□□□□□□□□ 一応全方向に動けるので「横」系では優秀な駒として
□□□□□□□□□ 認めてもよいと思われる横猪。しかし猪突猛進という言葉も
□□■□□□■□□ ある通り残念ながらこの動きでは猪のイメージにはそぐわない。
□□□□□□□□□

【横狼】>26
□□□□□□□□□ 横牛>34と動きが左右逆である。成れば確かに
□□□□□□□□□ 強くなるのだが手数がかかりまくって割にあわない。
□■□□□□□■□ そんな事をしている暇があったら英単語の一つでも
□□□□□□□□□ 覚えたほうがマシである。

【横行】>30
□□□□□□□□□ 中衛の端の方に横牛>34、この横行>30、横狼>26と
□□□□□□□□□ 「横」系が3駒ナナメに配置されている。これらで侵入者
□■□□□□□■□ に対し側方から迎撃したいところだが、そのためにはやはり
□□□□□□□□□ 少々中央に寄せておく必要があるかもしれない。

【横飛】>36
□□□□□□□□□ 「横」系で最も前線近くに配置されている横飛。
□□■□□□■□□ この駒はやっぱり「よこっとび」と読むのであろうか。
□□□□□□□□□ 前には進めないがまあ進める方向は多いのでとりあえず
□□□□□□□□□ 邪魔になることはなさそうだ。

【横猿】>43
■□□□□□□□■ やはり横に走るしか能がない。
□□□□□□□□□ しかし両端ながらも歩のすぐ後ろに配置されているため
□□□□□□□□□ 少々前に出れば中央へのアプローチも可能である。
□□□□□□□□□

69 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:24:58 ID:IlWfpJGe
【東夷】>32
□□□□□□□□□ 敵か味方かよくわからない駒名です。普段は金に
□□□■□□□□□ 毛の生えたような強さの駒だが裏には「獅子」と
□□□□□□□□□ 立派な言葉が書かれています。ただしそのためには
□□□□□□□□□ 当然敵地に進軍しなければならない。…ツラいです。

【南蛮】>33
□□□□□□□□□ 南から来ただけあって多少だが左右への展開が強い。
□□□□□■□□□ 彼も裏がいいです、「金翅」と書かれています。
□□□□□□□□□ 前に一歩しか進めないけど裏は魅力的…
□□□□□□□□□ ホットポテトな駒です。

【西戎】>33
□□□□□□□□□ 東西南北のなかで一番裏が強いのはおそらくこれでしょう。
□□□■□□□□□ 機会があれば成りに挑戦するのは悪くない。
□□□□□□□□□ ただそんなことに取り掛かれるのは
□□□□□□□□□ 終盤だけなのではないかと思われる。

【北狄】>33 成り→鳩槃>12
□□□□□□□□□ 裏は「鳩槃」これも悪くない。それにしても
□□□□□■□□□ この東西南北の四駒、せっかくなんだから
□□□□□□□□□ 東西南北に分けて配置すればいいのに、と思ったのだが
□□□□□□□□□ 製作者にはそんな余裕はなかったのだろう。

【狛犬】>41
□□□□■□□□□ 強いです。こんな凶暴な狛犬見たことない。
□□□□□□□□□ 八方に走って跳んで敵を駆逐します。成ると方向制限が
□□□□□□□□□ 加わってしまうもののさらにジャンプ力が増す「大象」に。
□□□□□□□□□ 象が飛ぶなんてディズニーですかおまいは。

70 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:25:29 ID:IlWfpJGe
【吼犬】>41
□□□□■□□□□ 狛犬>41の相方。強さはほぼ同じと言ってよい。
□□□□□□□□□ 成る前には特に必要のないナナメ後ろへと走る力も
□□□□□□□□□ 敵地に入る頃には必要になるというとても都合のいい駒。
□□□□□□□□□

【大師】>38
□□□□□□□□□ うーん、やはり中央軍は精鋭揃いです。
□□□□■□□□□ さすがに狛犬などには劣るが前方への攻撃力は同じなので
□□□□□□□□□ 活躍が期待されます。先生、やっちゃってください。
□□□□□□□□□

【中師】>32
□□□□□□□□□ 大師>38より弱い、というわけではないが何か大師を
□□□□■□□□□ コンパクトにしたような感じのする中師。もしかしたら
□□□□□□□□□ 副担任なのかもしれない。「師」系は全てそれなりに強く
□□□□□□□□□ そして成りがないという共通点がある。

【鵬師】>32
□□□□□□□□□ 大師>38の能力にちょっと手を加えただけの…
□□□□■□□□□ こう言ってはなんだが面白みのない駒。
□□□□□□□□□ 大局将棋の駒にそれを求めるのは酷かも
□□□□□□□□□ しれないがやっぱり個性は欲しいヨネー。

【鳳師】>18
□□□□□□□□□ 王将を守るべく遣わされた鳳師と麟師>18
□□□□□□□□□ 彼らの後ろにはもはやアホな将しか残されておらず
□□□□□□□□□ これらの駒を討ちとれれば王手は近い。
□□□□■□□□□ 攻めに回すのもいいかもしれないが守りは万全に。

71 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:26:09 ID:IlWfpJGe
【麟師】>18
□□□□□□□□□ 鳳師>18と能力が似ているが跳べる方向がやや異なる。
□□□□□□□□□ 防衛戦に使われると思われるので前に跳んで
□□□□□□□□□ 後ろに跳び戻れるこの駒の方が使い勝手がいいのかもしれない。
□□□□■□□□□ まあ実際どうなのかは誰も知らないわけだが…。

【白虎】>14
□□□□□□□□□ 正直動きが複雑すぎてこの動きはなかなか
□□□□□□□□□ 覚えにくいものがある。相当期間は左ナナメ前へ
□□□□□□□□□ のヒモとして初期位置に置きっぱなしとなるだろう。
□□□□□□□□■ 知名度のある駒名のわりにはさびしい人生だ。

【玄武】>14
□□□□□□□□□ どうにも使いづらいという印象が先行する四神の玄武。
□□□□□□□□□ この駒もやはり右ナナメ前への牽制として鎮座されて
□□□□□□□□□ いる事であろう。いや、やはり神様は自ら戦いには赴かず
■□□□□□□□□ 後方で見守っているのが本来の役目なのだろうな。

【青龍】>37
□□□□□□□□□ 四神で唯一前に走れるなかなか攻撃的な駒。
■□□□□□□□□ 位置的にも能力的にも左車>43と似ているものがある。
□□□□□□□□□ 成りは神龍だが、残念ながら誰かが生き返るという事はない。
□□□□□□□□□

【朱雀】>37
□□□□□□□□□ 玄武>14を左右逆にしたような能力の朱雀であるが
□□□□□□□□■ 前線におかれている上、中央方面への攻撃が可能なので
□□□□□□□□□ 出番は早い。成りも期待できないので捨て駒が妥当なところか。
□□□□□□□□□ 戦場で勝利をつかむためには多少ばちあたりな行動も必要だ。

72 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:26:51 ID:IlWfpJGe
【走兎】>14
□□□□□□□□□ 前方3方向に走れる。これだけでも有用な駒であることがわかる。
□□□□□□□□□ 童話「うさぎとかめ」で見せたあの速さをここでも発揮していただき
□□□□□□□□□ たいところ。もっともこの将棋内にいる2匹の亀>28は
■□□□□□□□■ この兎よりもスピーディに動きまわれるのだが彼には秘密だ。

【火鬼】>14
□□□□□□□□□ 天竺大将棋という将棋では悪魔のような強さであったようだが
□□□□□□□□□ さすがにここへ来て往年の力は発揮できなくなってしまっている。
□□□□□□□□□ しかし有用な駒であることは確かなので、まだまだ若いものには
□■□□□□□■□ 負けるわけにいかない。

【獣曹】>13
□□□□□□□□□ 進める方向が多いがいずれも2歩のみ。
□□□□□□□□□ 最後方に置かれた上この能力ではなかなか活躍の機会は
□□□□□□□□□ おとずれないだろう。「じゅうそう」と言っても
□■□□□□□■□ ふくらし粉の事ではないようだ。

【走馬】>13
□□□□□□□□□ 戦場をひた走る馬。走兎>14と能力が似ているが
□□□□□□□□□ この駒はナナメ後ろにジャンプできる。
□□□□□□□□□ だが基本的に前に走らせるのがよりよい使い方であろう。
□□■□□□■□□

【近王】>15
□□□□□□□□□ 王将のすぐ前という超重要な位置におわす近王。
□□□□□□□□□ 動かす必要がないのであろう、行動範囲はかなり
□□□□□□□□□ せまい。彼が棋譜に現れたらおそらく
□□□□■□□□□ 負けは近いと思われる。

73 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:34:45 ID:IlWfpJGe
【金剛】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。正直物足りない強さだ。
□□□□□□□□□ 裏に共通の「四天」を持つ4駒。コンセプト
□□□□□□□□□ としてはおもしろいだけに非常に惜しい存在だ。
□□□□□■□□□ もっと強ければ主役をはれたであろう。

【夜刄】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。なんとも形容しがたい動かし方。
□□□□□□□□□ みんなが「ホントは夜叉だろ…」と思う駒名。
□□□□□□□□□ 江戸時代の製作者も日ペンで学習していれば
□□□□□■□□□ こんな事態にはならなかったはず。

【羅刹】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。インドの神様である。
□□□□□□□□□ …はずだが弱い。位置的に攻めに回るわけにも
□□□□□□□□□ いかないので使い道に困る。
□□□■□□□□□

【走熊】>15
□□□□□□□□□ 前へ進むもよし中央へ寄って防衛もよし。
□□□□□□□□□ しかしどちらにしろ出番は終盤に限られる。
□□□□□□□□□ 成りも含めるとやはり竪行>43と
□□□■□■□□□ 能力的に似ているものがある。

【走虎】>16
□□□□□□□□□ 隣の走熊>15と能力が同じである。
□□□□□□□□□ この駒はとりあえず成りをお勧めしたい。
□□□□□□□□□ 成りの奔虎は大切な何かが足りないが
□□□■□■□□□ まあ使える事はまちがいない。

74 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:35:51 ID:IlWfpJGe
【走蛇】>16
□□□□□□□□□ 隣の走狗>16と能力が同じ。
□□□□□□□□□ 獲物を狙う蛇のごとく動かずに前方を
□□□□□□□□□ 牽制すべし。成ってもイマイチだし。
□□■□□□■□□

【走狗】>16
□□□□□□□□□ 名前の割にパシりづらい場所に位置する走狗。
□□□□□□□□□ 竪行>44と成りも含めて能力が全く同じだ。
□□□□□□□□□ 成りは期待できるがその頃には終盤に
□□■□□□■□□ さしかかっていることだろう。

【山鹿】>16
□□□□□□□□□ 基本能力はY字に数歩進める事。
□□□□□□□□□ もちろん山鹿のイニシャルである(?)。
□□□□□□□□□ 成るのも大変であり、防衛のために
□■□□□□□■□ 中央に寄るのも大変。使いどころが難しい。

【禽吏】>17
□□□□□□□□□ 進める方向は多いが、2歩3歩程度では
□□□□□□□□□ 敵陣に攻め込むのは難しい。成りの
□□□□□□□□□ 「禽鳥」はかなり強く、走れる方向はさながら
□■□□□□□■□ スターソルジャーのようではあるのだが、残念だ。

【飛燕】>17
□□□□□□□□□ ナナメ前方にしか走れない駒。
□□□□□□□□□ ではあるが中央方面への利きがあるため
□□□□□□□□□ その場待機でも後々の局面において
□■□□□□□■□ 厄介な駒となるであろう。


75 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:36:43 ID:IlWfpJGe
【山鳩】>17
□□□□□□□□□ 「鳩」系で唯一あまり使えない駒。
□□□□□□□□□ 隅においやられているうえ、見るべき能力と
□□□□□□□□□ いったらナナメ前方に5歩進めることくらい。
■□□□□□□□■ 活躍させたかったらひたすら中央へ進むべし。

【孔雀】>19
□□□□□□□□□ 特殊駒。前方に限り角の動きを2回
□□□□□□□□□ 行うことが出来る。移動できる範囲はかなり
□□□□□□□□□ 大きいので敵のこの駒の位置を常に把握しておく
□□□■□■□□□ 必要がある。左右2駒あるし。

【古鵄】>19
□□□□□□□□□ 基本能力はナナメに2歩。
□□□□□□□□□ この程度の能力では見る価値もない。
□□□□□□□□□ しかし成れれば一騎当千、天狗が誕生する。
□□□■□■□□□ どうだろう。難しいな。

【奔狗】>19
□□□□□□□□□ 前方3方向走れるし一応全方向への移動が可能。
□□□□□□□□□ かなり頼れる駒である。しかしちょっと見た
□□□□□□□□□ だけではどこが強くなったんだか全然分からない
□□■□□□■□□ 成りの「奔犬」には正直がっかりだ。

【獣吏】>20
□□□□□□□□□ 禽吏>17と能力がほとんど同じである。
□□□□□□□□□ 進める方向の多さはやはり防衛戦でこそ
□□□□□□□□□ 活かせるものであろう。
□□■□□□■□□



76 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:37:14 ID:IlWfpJGe
【走鹿】>21
□□□□□□□□□ 走れる方向は多いものの前に進めないのは難儀である。
□□□□□□□□□ 配置は奥深くだが周辺にもナナメに走れる駒は多いので
□□□□□□□□□ これらと協力して中央方面を目指そう。
■□□□□□□□■ さらに成ってこの駒の真の強さをみせつけたいところだ。

【兵士・方行】>26>36
□□□□□□□□□ 成る前は飛車の動き。成ると斜め前方にも走れるようになる。
□□□A□A□□□ が、全く同じ動きの駒なら名前を変える必要は無いと思うのは気のせいか。
□□@□□□@□□ @兵士
□□□□□□□□□ A方行

【角鷹・飛鷲】>42>42
□□@A□A@□□ おそらく、序盤に前に出て来る駒では、最強の部類に入る駒。
□□□□□□□□□ 中将棋の物とは違い、8方向どこにでも走れる優れもの。
□□□□□□□□□ 成ると、四天王ほどではないが、ある方向に対して防御無視の攻撃ができる。
□□□□□□□□□ しかし、弱い駒と対峙すると逃げまとうと言う弱気な一面もちらほら
               @角鷹 A飛鷲

【大旗】>38
□□□□□□□□□ 「旗」系はどの駒も能力は十分。
□□□□■□□□□ 旗本隊は弱いのが昨今のゲームの常なのだが
□□□□□□□□□ そんな心配は無用である。存分に敵を蹴散らすべし。
□□□□□□□□□

【前旗】>40
□□□□□□□□□ あの「成っても同じ」で有名の中旗>23と
□■□□□□□■□ 能力が同じである。ただし裏は大旗でこちらは当然
□□□□□□□□□ 前より強くなる。2枚あるし使えることは間違いない。
□□□□□□□□□


77 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:38:05 ID:IlWfpJGe
【後旗】>12
□□□□□□□□□ 最後方で味方を守る旗。しかし攻めに回るのも悪くない。
□□□□□□□□□ 前旗>40や中旗>23よりは能力が落ちるが
□□□□□□□□□ ほとんど差はないので同じように使えるだろう。
□□□■□■□□□ 出番が来るまで旗を振って前線を応援だ。

【小旗】>26
□□□□□□□□□ 「小」がついていようが相変わらず強い「旗」系。
□□□□□□□□□ 成っても全然強くならないのもこの駒に「旗」系の血
□□■□□□■□□ が流れている証拠だろう。
□□□□□□□□□

【龍王】>42
□□■□□□■□□ 本将棋で最強の猛威を奮う飛車の成り駒。
□□□□□□□□□ しかしこの将棋では「まあ強いかな」程度の扱いだ。
□□□□□□□□□ 成りの飛鷲は相当強いが敵もそうやすやすと
□□□□□□□□□ 成らせてはくれまい。

【龍馬】>42
□□■□□□■□□ 本将棋での角行の裏として知られている龍馬。
□□□□□□□□□ 前後左右にも進めるがやはり一歩程度では
□□□□□□□□□ 腹の足しにもならない。やはりナナメが彼の
□□□□□□□□□ 生きる道だ。

【金翅】>25
□□□□□□□□□ 特殊駒。ナナメ前方に大ジャンプが可能。
□□□□□□□□□ 3枚跳びの能力は仲間を盾にしての攻撃が可能なので
□□□□■←×2_□ 大変重宝する。盾ならそこらへんにいっぱい
□□□□□□□□□ ころがっているからいつでも出撃可能である。

78 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:42:48 ID:IlWfpJGe
【鳳凰】>29
□□□□□□□□□ 烏龍茶の絵柄にも使われている霊鳥、鳳凰。
□□□□□□□□□ かなり難解な動き方であり、残念ながらこれといった
□□□□□■□□□ 使い方も見当たらない。名前が強そうなだけに
□□□□□□□□□ ガッカリ度もひとしおである。

【麒麟】>29
□□□□□□□□□ ビールの絵柄で有名な神獣、麒麟様である。
□□□□□□□□□ 一応左右にジャンプできますが…はあ。
□□□■□□□□□ こんなんじゃそこいらの雑兵といい勝負だ。
□□□□□□□□□

【鳫飛】>29
□□□□□□□□□ 成りもダメ。弱くてどうにも使いようがない。
□□□□□□□□□ 前に進ませても徒労に終わるだろう。
□□■□□□■□□ 放置プレイが最適。
□□□□□□□□□

【猛鷲】>30
□□□□□□□□□ 斜めに2歩進めるが、まあその程度の駒。
□□□□□□□□□ やはり全体的に「猛」系は弱い。
□■□□□□□■□ ただ、成りの「飛鷲」は相当使える。
□□□□□□□□□ 挑戦する価値はないこともない。

【水牛】>30
□□□□□□□□□ かわいそうに、農作業に従事していたところを
□□□□□□□□□ 戦場に連れてこられたに違いない。たかが水牛
□■□□□□□■□ とても戦力には…いや、あれ?強いっすよ!
□□□□□□□□□ しかも成ると「大獏」となって本領を発揮。恐ろしい話だ。

79 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:43:20 ID:IlWfpJGe
【猛豹】>30
□□□□□□□□□ 戦場を猛る豹。
□□□□□□□□□ 近寄る敵を恐ろしい牙とこれ以上ない鈍足で襲撃する。
□■□□□□□■□ つまりは、その…全然使えないということだ。
□□□□□□□□□

【白駒】>31
□□□□□□□□□ さすが馬、よく走ります。
□□□□□□□□□ 前方三方向に走れれば戦力としては十分。
■□□□□□□□■ 裏は「大駒」です。大駒って…自分で言うなよ。
□□□□□□□□□

【准鶏】>33
□□□□□□□□□ 盲犬>29と同じく進める方向がV字を描く准鶏。
□□■□□□■□□ しかもこの駒は成るとその方向に走れるようになる。
□□□□□□□□□ ただその姿を見るのは不可能に近い。
□□□□□□□□□

【古猿】>33
□□□□□□□□□ 銀が背中を向けて進軍しているような動きの古猿。
□□■□□□■□□ この将棋、猿はみんな弱いです。弱いよマンキー。
□□□□□□□□□ しかも老兵。活躍の場はまずないでしょう。
□□□□□□□□□

【燕羽】>36
□□□□□□□□□ ひたすら横にのみ飛び回る燕羽。
□■□□□□□■□ 前進もできなくはないがやはり自陣で一生を
□□□□□□□□□ 終えることであろう。
□□□□□□□□□

80 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:43:53 ID:IlWfpJGe
【猫刄】>37
□□□□□□□□□ 斜めに一歩だけしか進めない。
□■□□□□□■□ 銀にも劣るこの能力だけで戦うのは無謀である。
□□□□□□□□□ やっぱりこの駒は…猫又なんだろうな。
□□□□□□□□□

【奔獏】>12
□□□□□□□□□ 相当期間盤上においたままとなるであろう駒。
□□□□□□□□□ ただ横方向の制限はあるが能力は十分。
□□□□□□□□□ バク強いよバク。
□□□■□■□□□

【奔鬼】>13
□□□□□□□□□ 終盤に動き出す悪夢。盤上を奔走し敵を駆る。
□□□□□□□□□ さらに成ると鬼のクセに王になってしまい
□□□□□□□□□ 強さが増す。「奔鬼」と書いて「ほんき」と読むぜ!
□□■□□□■□□

【水将】>29
□□□□□□□□□ 多少斜めに強みを持つ駒ではあるが
□□□□□□□□□ 基本的に弱い駒である。
□□□■□■□□□ ただし成りは副将という相当強い駒へと
□□□□□□□□□ なる。さて、どうするかな。

【瓦将】>39
□□□□□□□□□ 「将」系は玉石混交、強い駒も当然あるが
□□□■□■□□□ 悲しいことに弱い駒の方が多い。
□□□□□□□□□ どのように弱いかというとまあこんな感じだ。
□□□□□□□□□ 前にすら進めないなんて使いようがない。

81 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:44:56 ID:IlWfpJGe
【木将】>39
□□□□□□□□□ 「でくのぼう」「うどの大木」など木は本来
□□■□□□■□□ 動きが鈍い者に対する名称としてよく使われる。
□□□□□□□□□ だからこいつが全然動けないのは
□□□□□□□□□ つまりはそういうことだ。

【川将】>40
□□□□□□□□□ ちっとも怖さを感じない名前を持つ川将。
□■□□□□□■□ 隣の風将>40と動きが同じ。
□□□□□□□□□ 前に3歩進めるが当然これだけでは活躍は難しい。
□□□□□□□□□

【鳩槃】>12
□□□□□□□□□ 斜め方向に特殊能力を持つ強い鳩。
□□□□□□□□□ 飛び越せるっていうのは味方にじゃまされにくく
□□□□□□□□□ 便利なものだ。成りはないがその能力で敵を存分に
□□□□□□■□□ 蹴散らしていただきましょう。

【鳩盤】>13
□□□□□□□□□ 鳩槃>12のパチモノともいうべき駒。
□□□□□□□□□ 特殊能力がないので多少見劣りはするが
□□□□□□□□□ 決して弱くはない駒であるので積極的に使おう。
□□■□□□□□□

【馬麟】>34
□□□□□□□□□ ナナメに2歩。実に心細い能力だ。
□■□□□□□■□ それでも敵陣までもぐりこめれば
□□□□□□□□□ 大いに戦力となることであろう。
□□□□□□□□□ 駒名をじっと見ているとあるキーワードが…。

82 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:45:27 ID:IlWfpJGe
【牛将】>23
□□□□□□□□□ 「(獣)+兵」と比べてあまりに弱すぎる「(獣)+将」系。
□□□□□□□□□ こんな弱さではじっこに追いやられては活躍など
□■□□□□□■□ できるはずがない。草でも食ってるのが関の山だ。
□□□□□□□□□

【馬将】>23
□□□□□□□□□ 馬っていうのは本来ならば戦いの要のはずなんだ。
□□□□□□□□□ だのになんなんでしょうこの扱いは。
□■□□□□□■□ 牛将と能力がまったく同じじゃないですか。
□□□□□□□□□ そしてまったく同じく使えない。

【蟠蛇】>35
□□□□□□□□□ この駒を活用させる事はノーベル賞を取るより
□□□■□■□□□ 難しい。うまく活用できない指し手が悪いわけではなく
□□□□□□□□□ 間違いなくこの駒自身の精進が足りない。
□□□□□□□□□

【鯨鯢】>14
□□□□□□□□□ 鯢とはメスクジラの意味。
□□□□□□□□□ 最後列にいるくせにやたらと後ろに走りたがるのは
□□□□□□□□□ デート中無理やり戦場にかり出されたクジラカップルだからか。
■□□□□□□□■ まるでかの国に拉致られうわなんだおまえやめr

【隠狐】>32
□□□□□□□□□ 隠しておくのは勿体無いなかなか強力な駒。
□□□□■←2枚 □ しかし前方に使えない駒が続々と並んでいるため
□□□□□□□□□ 必然的に序盤は隠されるはめになる。
□□□□□□□□□ 姿を現したら遠慮なく使おう。

83 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:49:08 ID:IlWfpJGe
【獅鷹】>35
□□□□□□□□□ 西洋のグリフィンをイメージさせる名前の駒。
□□□□■□□□□ 比較的前線の配置で渋滞も少なく、
□□□□□□□□□ 4方向の走り、居食いなどの能力も使える。
□□□□□□□□□ 日本古来の聖獣がだらしない大局将棋では彼に頑張ってもらいたい。

【大鹿】>22
□□□□□□□□□ 飛車の動きに加えナナメもけっこういける。
□□□□□□□□□ 場所的に攻めと守りどちらに使うか考えものだが
□□□■□■□□□ やはり成りは捨てがたい。八方に走れるというのは
□□□□□□□□□ なんだかんだ言って魅力的だ。

【金鹿】>23
□□□□□□□□□ 前方ナナメ2方向にのみ走れる鹿。
□□□□□□□□□ このような駒は他にもよく見かけるが皆使える駒である。
□□■□□□■□□ ところで少し有名かと思いますが「みなごろし」
□□□□□□□□□ という漢字がありますよね。(((;゚Д゚)))

【銀兎】>23
□□□□□□□□□ 脱兎のごとく後方にのみ走る駒。
□□□□□□□□□ しかし逃げずに前へ進め、行けばわかるさ
□□■□□□■□□ ウサギがクジラに変化してしまうなんて
□□□□□□□□□ この将棋はやっぱり不条理だなあ、という事が。

【猛牛】>25
□□□□□□□□□ 猛牛ならまっすぐ突き進んでいただきたいものだが
□□□□□□□□□ 三半規管に支障があるのだろう、走れるのはナナメ前方だ。
□□□■□■□□□ ただまあ、それだけでも十分戦力になる。
□□□□□□□□□ 合併とかはしないようだ。

84 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:50:02 ID:IlWfpJGe
【猛鹿】>32
□□□□□□□□□ ずばり銀将だ。弱い弱い。こういうヘタレ鹿は
□□□■□■□□□ 生きもの地球紀行とかでライオンに捕食されてるのがオチだ。
□□□□□□□□□ ただ中央にいるおかげで多少出番はあるかもしれない。
□□□□□□□□□

【猛狼】>32
□□□□□□□□□ この動きは言うまでもなく金将だ。弱いよウルフ。
□□□■□■□□□ 千代の富士の方が100倍強いよ。
□□□□□□□□□ ただこれもいずれ出番は訪れるものと思われる。
□□□□□□□□□ 成ると「熊眼」という正直托イ駒名に。

【鴟行】>37
□□□□□□□□□ 「鴟」とはトンビの事のようだ。
□■□□□□□■□ はじっこ+弱杉=無価値
□□□□□□□□□ だからこの駒の存在は忘れてくれたまえ。
□□□□□□□□□

【登猿】>37
□□□□□□□□□ はじっこ+弱(以下略)
□■□□□□□■□ 前に進ませるのも面倒だなあ。
□□□□□□□□□ そういえば竹下登は猿顔だったけど
□□□□□□□□□ この駒はそういう意味なのかもしれない。

【飛牛】>44
■□□□□□□□■ 前線にいるため序盤から盤上を飛び交う頼れる牛。
□□□□□□□□□ はじの方に置かれてはいるがきっと役に立つことであろう。
□□□□□□□□□ 成りですか?そんなものはありませんよ。
□□□□□□□□□

85 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:51:28 ID:IlWfpJGe
【山鷹】>26
□□□□□□□□□ 「鷹」系強いワァ*・゚・.。(n'∀')η゚・*。゜・
□□□□□□□□□ 製作者は鷹好きに違いない。
□■□□□□□■□ 前方だけならジャンプも出来るし
□□□□□□□□□ 使って損はない。

【仲人】>44
□□■□□□■□□ 無慈悲な場所に配置されている悲劇の駒。
□□□□□□□□□ 白旗を持って敵地に書簡を届けたりするような
□□□□□□□□□ 役目の人間と思われる。それにしては足も遅いし
□□□□□□□□□ 敵も遠慮なく襲ってくるし一体なんなんだろう。

【猛熊】>34
□□□□□□□□□ 戦場を微妙な戦力で暴れ回る熊。
□■□□□□□■□ しかし弱いねえ、赤カブトを見習いなさいよ。
□□□□□□□□□ これも「猛」系の悲しいサガか。
□□□□□□□□□ 

アンカーミスのためあぼーん推奨
>73 >71 >68 >67 >61
>58 >57 >52 >51 >49

86 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:52:14 ID:IlWfpJGe
【山鷲】>13>13
□□□□□□□□□ 何とこの駒、同じ駒でも初期配置の右と左で動きが違う。
□□□□□□□□□ しかも成ると同じになるので、見た目では区別が付かない。
□□□□□□□□□ 局面がごちゃごちゃして左右入れ替わったりしたら頭が痛くなること必至。
□■□□□□□■□

【中旗】>23
□□□□□□□□□ 成っても性能が全く変わらない。ただ名前が変わるだけであり、
□□□□□□□□□ 一体何のために成るのか意味不明である。
□□■□□□■□□
□□□□□□□□□

【禽曹】>22
□□□□□□□□□ 成ると弱くなってしまうという珍現象が起こる。
□□□□□□□□□ 成りの意味を根底から覆す問題児。
□□□■□■□□□
□□□□□□□□□

【犬】>45
□■□■□■□■□ 自陣の外にポツポツと配されてる番犬。
□□□□□□□□□ 歩と大して変わらない駒だが、目立つ位置と名前のインパクトで妙な人気がある。
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□

【飛猫】>26
□□□□□□□□□ ぴょんぴょんと飛び跳ねる感じの駒。
□□□□□□□□□ 大して強くはないが、ひょうきんな動きが一部で秘かに人気。
□■□□□□□■□
□□□□□□□□□

87 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:53:01 ID:IlWfpJGe
【香車】>14
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。本将棋でも影薄めの駒だが、
□□□□□□□□□ 大局将棋では持ち駒にできないし
□□□□□□□□□ 場所も隅っこで機能もヘボいとますます影が薄くなった。
■□□□□□□□■ はたしてこいつが何かの役に立つ局面が存在するのか甚だ疑問である。

【歩兵】>45
■■■■■■■■■ お馴染みの駒。陣地のフタをしてるのは相変わらずで、
□□□□□□□□□ そのヘナチョコっぷりもやはり相変わらず。
□□□□□□□□□ 普通の将棋に出て来る駒はほとんど大局将棋スケールでは弱すぎてだめぽ。
□□□□□□□□□(36枚)

【力士】>15
□□□□□□□□□ 場所的に終盤の防衛戦で使われそうだが、
□□□□□□□□□ 役に立つかどうか疑問である。
□□□□□□□□□ 力士というイメージから想像できないが斜めにしか動けない。
□□□■□□□□□

【横牛】>34
□□□□□□□□□ 横に飛ぶだけの存在価値であると言える駒。
■□□□□□□□■ 序盤の敵の侵入に対し効果を発揮しそう。
□□□□□□□□□ 成る事はあきらめよう。特に右の駒なんてどうしようもない…。
□□□□□□□□□

【羊兵】>25
□□□□□□□□□ どんな姿なのか想像もつかない羊兵。
□□□□□□□□□ 斜めに走れるので名前のわりには威力があるようで
□□□■□■□□□ その軌跡はさながら羊の角のようだ。
□□□□□□□□□

88 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:53:50 ID:IlWfpJGe
【反車】>17
□□□□□□□□□ 後ろの香車とは違い引く事を知っているよくできた駒。
□□□□□□□□□ ただ駒がバタバタ倒れていく大局将棋では後ろに下がる機能は
□□□□□□□□□ あまり必要ないのかもしれない。
■□□□□□□□■ 成るとさらに逃げる気マンマンの鯨鯢になる。

【雲鷲】>27
□□□□□□□□□ 斜めと横に申し訳程度に動ける反車。
□□□□□□□□□ それよりも成った後の勁鷲が魅力的。
■□□□□□□□■ 大事に育てたいところである。
□□□□□□□□□

【風馬】>33
□□□□□□□□□ 中程の位置にいるおかげで捨て身の特攻に使われがち。
□□■□□□■□□ 天馬になるとおもしろい動きをみせるのだが
□□□□□□□□□ その姿を見ることはあまりなさそう。
□□□□□□□□□

【地龍】>13
□□□□□□□□□ 斜め後ろに走れる地龍。
□□□□□□□□□ ただそれがどうしたといわんばかりに一番後ろに居座る駒。
□□□□□□□□□ 彼の能力を活かす局面は果たして訪れるのであろうか。
□□■□□□■□□ 

【土将】>39
□□□□□□□□□ ……弱い。仲人>45と同じ能力。
□□■□□□■□□ なのに仲人と同じラインに配置してある。
□□□□□□□□□ 前から仲人>45、歩兵>45、刀兵>42、そして土将…。
□□□□□□□□□ なんだこのどうしようもない壁は。

89 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:54:48 ID:IlWfpJGe
【左将】>12 【右将】>11
□□□□□□□□□ 弱っ!もうちょっとこう頼れる将を登用できないものか。
□□□□□□□□□ 側近がこんな奴らでは国の将来は見えたも同然である。
□□□□□□□□□ 見ることはまずない左軍・右軍は「警笛鳴らせ」のような
□□□■□■□□□ 動きをする。

【熊兵】>38
□□□□□□□□□ ほぼ中央に位置する頼れる駒。よく走る。
□□□■□■□□□ 成りの強熊はすごいストレートな名前だが
□□□□□□□□□ 実際強いのだからしょうがない。
□□□□□□□□□

【豹兵】>39
□□□□□□□□□ 「(獣)+兵」の駒はなかなか使える。
□□□■□■□□□ というかみんな能力ほとんど同じだ。
□□□□□□□□□ 彼らは敵陣突破として初期から活躍が期待できそう。
□□□□□□□□□ ま、たいていそのまま帰ってこれないだろうけど。

【猪兵】>39
□□□□□□□□□ 上の熊兵や豹兵と能力が一緒。
□□■□□□■□□ 両隣のゴミのような土将>39、石将>39をしり目に
□□□□□□□□□ 頑張って欲しいところだ。
□□□□□□□□□ あと、よっぽどの事がない限り成る必要はないと思う。

【馬兵】>39
□□□□□□□□□ 熊兵>38や豹兵>39などとほとんど同じ能力。
□■□□□□□■□ でも豹や熊よりもこっちの方が少し強い。家畜なのに。
□□□□□□□□□ 前にいる炮兵>42や斜め前の龍馬>44と一緒に運用
□□□□□□□□□ したいところだ。

90 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:59:03 ID:IlWfpJGe
【牛兵】>39
□□□□□□□□□ 能力は馬兵と同じだ。さすがに作り手の手抜き度が
□□■□□□■□□ ここいらで見受けられてしまう。もう同じ駒でいいじゃん。
□□□□□□□□□ それにもう書くことがないよ。B・S・E!B・S・E!
□□□□□□□□□

【横兵】>40
□□□□□□□□□ その名の通り横に強い横兵。
■□□□□□□□■ 前に2歩進めるところが意外と使えるかもしれない。
□□□□□□□□□ 「よこはま」じゃないので間違えないように。
□□□□□□□□□

【左車】・【右車】>44
■□□□□□□□■ 前方と中央方面に走れる左車・右車。
□□□□□□□□□ 随分偏った動き方だが配置場所のおかげで
□□□□□□□□□ よい働きが期待できる。成ると奇怪さが増して
□□□□□□□□□ さらに変な方向に走るようになる。ちょっと考えものだ。

【土車】>37
□□□□□□□□□ 前後に走れて、左右にもちょこっと動ける土車。
■□□□□□□□■ 成ってもまあ大した魅力のない車。
□□□□□□□□□ そもそも土の車ってどんな車なんだ。
□□□□□□□□□ かちかち山のタヌキが乗ってるのか。

【瓦車】>34
□□□□□□□□□ 土車と同じような使われ方になると思われる瓦車。
■□□□□□□□■ 「瓦」かよ…これもなんとも想像しがたい車である。
□□□□□□□□□ いや、これは「瓦斯」の意味なのだ。
□□□□□□□□□ ガソリン車なんだ、そうに決まっている。

91 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:01:39 ID:IlWfpJGe
【弩兵】>44
□■□□□□□■□ 弓兵>41をそのままパワーアップさせたような強さの弩兵。
□□□□□□□□□ 弓兵と違って前に走れるところが大きい。
□□□□□□□□□ 成ると自陣に帰れるようにもなるし大事に使いたいところだ。
□□□□□□□□□

【炮兵】>42
□■□□□□□■□ 弓兵>41や弩兵>44なんかと動きが似ている。
□□□□□□□□□ しかし鉄炮持ちであるこの炮兵がなぜか弩兵よりも弱いのは
□□□□□□□□□ 納得のいかないところがある。お前の力はそんなものか?
□□□□□□□□□

【騎兵】>37
□□□□□□□□□ 前方3方向に走れる駒。後方の白駒>31と共に中央突破を
■□□□□□□□■ めざそう。成ると騎士になってちょうど金が走るような動きを見せる。
□□□□□□□□□ チェスのナイトとは動きが違うのはなんとなく残念だ。
□□□□□□□□□

【竪兵】>40
□□□□□□□□□ 「竪」系は言うまでもなくタテの意味であって、すべからず
■□□□□□□□■ 前方につっこむ事が得意な奴らである。こいつもその一人で
□□□□□□□□□ とりあえず前に進むしかない。成って帰ってこれれば
□□□□□□□□□ 用途はかなり広がる事であろう。

【走車】>26
□□□□□□□□□ 前後にしか走れない駒が多い「車」系ながら前後左右に走れる駒。
□□□□□□□□□ しかしそういう動きの駒と言えば世間では飛車>27の方が圧倒的に有名だ。
□□□■□■□□□ 彼はこの戦いでライバル飛車に負けない活躍をして
□□□□□□□□□ 知名度あげる事が目標となろう。

92 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:02:48 ID:IlWfpJGe
【竪豹】>42
□□□■□■□□□ かなり前線に配置されているので、序盤での突撃死が
□□□□□□□□□ 期待される駒。成っても「フーン」程度の駒なので
□□□□□□□□□ 遠慮なくいこう。さあ遠慮なく。
□□□□□□□□□

【竪馬】>44
□■□□□□□■□ やはり特徴は前に進めるという事。
□□□□□□□□□ 成って龍馬になるのもいいが、後ろにいる
□□□□□□□□□ 前旗>40を活かすために前進してそのまま
□□□□□□□□□ お亡くなりになられる、そんな人生も悪くない。

【竪狗】>44
□■□□□□□■□ 犬>45の後ろに位置している狗。犬同士協力して
□□□□□□□□□ 棒犬戦法で攻めるのも一つの手だ。(?)
□□□□□□□□□ 成ると中途半端さが目に染みる豹王になる。
□□□□□□□□□

【竪行】>44
■□□□□□□□■ 他の将棋でも度々顔を見せるまあまあ名の知れた駒。
□□□□□□□□□ 「竪」系で唯一後ろにも走れる。
□□□□□□□□□ しかし能力的にイマイチである上に
□□□□□□□□□ 隅っこにいるので活躍するのにも一苦労だ。

【横蛇】>16
□□□□□□□□□ 左右のフットワークに優れる「横」系。
□□□□□□□□□ 横行>30、横兵>40、そしてこの横蛇>16と
□□□□□□□□□ 強くなっていく。まあこの大局将棋内で1歩程度の
□□■□□□■□□ 力の差でいい気になってもらっては困るのだが。

93 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:03:19 ID:IlWfpJGe
【横猪】>23
□□□□□□□□□ 一応全方向に動けるので「横」系では優秀な駒として
□□□□□□□□□ 認めてもよいと思われる横猪。しかし猪突猛進という言葉も
□□■□□□■□□ ある通り残念ながらこの動きでは猪のイメージにはそぐわない。
□□□□□□□□□

【横狼】>26
□□□□□□□□□ 横牛>34と動きが左右逆である。成れば確かに
□□□□□□□□□ 強くなるのだが手数がかかりまくって割にあわない。
□■□□□□□■□ そんな事をしている暇があったら英単語の一つでも
□□□□□□□□□ 覚えたほうがマシである。

【横行】>30
□□□□□□□□□ 中衛の端の方に横牛>34、この横行>30、横狼>26と
□□□□□□□□□ 「横」系が3駒ナナメに配置されている。これらで侵入者
□■□□□□□■□ に対し側方から迎撃したいところだが、そのためにはやはり
□□□□□□□□□ 少々中央に寄せておく必要があるかもしれない。

【横飛】>36
□□□□□□□□□ 「横」系で最も前線近くに配置されている横飛。
□□■□□□■□□ この駒はやっぱり「よこっとび」と読むのであろうか。
□□□□□□□□□ 前には進めないがまあ進める方向は多いのでとりあえず
□□□□□□□□□ 邪魔になることはなさそうだ。

【横猿】>44
■□□□□□□□■ やはり横に走るしか能がない。
□□□□□□□□□ しかし両端ながらも歩のすぐ後ろに配置されているため
□□□□□□□□□ 少々前に出れば中央へのアプローチも可能である。
□□□□□□□□□

94 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:03:58 ID:IlWfpJGe
【麟師】>18
□□□□□□□□□ 鳳師>18と能力が似ているが跳べる方向がやや異なる。
□□□□□□□□□ 防衛戦に使われると思われるので前に跳んで
□□□□□□□□□ 後ろに跳び戻れるこの駒の方が使い勝手がいいのかもしれない。
□□□□■□□□□ まあ実際どうなのかは誰も知らないわけだが…。

【白虎】>14
□□□□□□□□□ 正直動きが複雑すぎてこの動きはなかなか
□□□□□□□□□ 覚えにくいものがある。相当期間は左ナナメ前へ
□□□□□□□□□ のヒモとして初期位置に置きっぱなしとなるだろう。
□□□□□□□□■ 知名度のある駒名のわりにはさびしい人生だ。

【玄武】>14
□□□□□□□□□ どうにも使いづらいという印象が先行する四神の玄武。
□□□□□□□□□ この駒もやはり右ナナメ前への牽制として鎮座されて
□□□□□□□□□ いる事であろう。いや、やはり神様は自ら戦いには赴かず
■□□□□□□□□ 後方で見守っているのが本来の役目なのだろうな。

【青龍】>37
□□□□□□□□□ 四神で唯一前に走れるなかなか攻撃的な駒。
■□□□□□□□□ 位置的にも能力的にも左車>44と似ているものがある。
□□□□□□□□□ 成りは神龍だが、残念ながら誰かが生き返るという事はない。
□□□□□□□□□

【朱雀】>37
□□□□□□□□□ 玄武>14を左右逆にしたような能力の朱雀であるが
□□□□□□□□■ 前線におかれている上、中央方面への攻撃が可能なので
□□□□□□□□□ 出番は早い。成りも期待できないので捨て駒が妥当なところか。
□□□□□□□□□ 戦場で勝利をつかむためには多少ばちあたりな行動も必要だ。

95 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:06:55 ID:IlWfpJGe
【金剛】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。正直物足りない強さだ。
□□□□□□□□□ 裏に共通の「四天」を持つ4駒。コンセプト
□□□□□□□□□ としてはおもしろいだけに非常に惜しい存在だ。
□□□□□■□□□ もっと強ければ主役をはれたであろう。

【夜刄】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。なんとも形容しがたい動かし方。
□□□□□□□□□ みんなが「ホントは夜叉だろ…」と思う駒名。
□□□□□□□□□ 江戸時代の製作者も日ペンで学習していれば
□□□□□■□□□ こんな事態にはならなかったはず。

【羅刹】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。インドの神様である。
□□□□□□□□□ …はずだが弱い。位置的に攻めに回るわけにも
□□□□□□□□□ いかないので使い道に困る。
□□□■□□□□□

【走熊】>15
□□□□□□□□□ 前へ進むもよし中央へ寄って防衛もよし。
□□□□□□□□□ しかしどちらにしろ出番は終盤に限られる。
□□□□□□□□□ 成りも含めるとやはり竪行>44と
□□□■□■□□□ 能力的に似ているものがある。

【走虎】>16
□□□□□□□□□ 隣の走熊>15と能力が同じである。
□□□□□□□□□ この駒はとりあえず成りをお勧めしたい。
□□□□□□□□□ 成りの奔虎は大切な何かが足りないが
□□□■□■□□□ まあ使える事はまちがいない。

96 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:10:04 ID:IlWfpJGe
【山鷹】>26
□□□□□□□□□ 「鷹」系強いワァ*・゚・.。(n'∀')η゚・*。゜・
□□□□□□□□□ 製作者は鷹好きに違いない。
□■□□□□□■□ 前方だけならジャンプも出来るし
□□□□□□□□□ 使って損はない。

【仲人】>45
□□■□□□■□□ 無慈悲な場所に配置されている悲劇の駒。
□□□□□□□□□ 白旗を持って敵地に書簡を届けたりするような
□□□□□□□□□ 役目の人間と思われる。それにしては足も遅いし
□□□□□□□□□ 敵も遠慮なく襲ってくるし一体なんなんだろう。

【猛熊】>34
□□□□□□□□□ 戦場を微妙な戦力で暴れ回る熊。
□■□□□□□■□ しかし弱いねえ、赤カブトを見習いなさいよ。
□□□□□□□□□ これも「猛」系の悲しいサガか。
□□□□□□□□□ 

97 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:12:38 ID:IlWfpJGe
以上>86-96、下記レスの修正分。

>49 >51 >52 >57 >58
>61 >67 >68 >71 >73 >85
↑これらはすっきりあぼーん推奨

98 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:13:09 ID:IlWfpJGe
説明完了
さあ指すぞ

99 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:13:48 ID:IlWfpJGe
1−60手目
▲ 2二五歩兵( 2二六) △36一二歩兵(36一一) ▲18二五歩兵(18二六) △36一一横猿(35一〇)
▲16二四狛犬(19二七) △35一二横猿(36一一) ▲32二五歩兵(32二六) △36一三横猿(35一二)
▲21二四吼犬(18二七) △ 8一二歩兵( 8一一) ▲24二五歩兵(24二六) △ 8一一竪馬( 7一〇)
▲30二四 犬(31二五) △ 7一二竪馬( 8一一) ▲ 7二五歩兵( 7二六) △35一二歩兵(35一一)
▲21二五歩兵(21二六) △ 3一二歩兵( 3一一) ▲31二五歩兵(31二六) △ 2一二飛牛( 4一〇)
▲ 3二五歩兵( 3二六) △ 3一三歩兵( 3一二) ▲ 3二四歩兵( 3二五) △ 4一二歩兵( 4一一)
▲ 5二五歩兵( 5二六) △12一二歩兵(12一一) ▲ 1二五歩兵( 1二六) △ 3一四歩兵( 3一三)
▲ 8二五歩兵( 8二六) △ 5一二歩兵( 5一一) ▲ 8二四歩兵( 8二五) △ 9一二山将( 6 九)
▲ 7二四歩兵( 7二五) △ 6 九竪狗( 6一〇) ▲ 7二三歩兵( 7二四) △ 5一三 犬( 6一二)
▲ 7二四 犬( 6二五) △12一一刀兵(11一〇) ▲10二五歩兵(10二六) △13一二刀兵(12一一)
▲ 8二三歩兵( 8二四) △ 2一三弩兵( 5一〇) ▲ 1二六横猿( 2二七) △ 4一三歩兵( 4一二)
▲ 4二五歩兵( 4二六) △ 7一七飛牛( 2一二) ▲ 3二一龍馬( 9二七) △ 7一三飛牛( 7一七)
▲ 8二二歩兵( 8二三) △ 3一一横猿( 2一〇) ▲ 8二三 犬( 7二四) △ 1一二歩兵( 1一一)
▲ 7二二歩兵( 7二三) △ 1一一左車( 1一〇) ▲ 6二五歩兵( 6二六) △ 4一二横猿( 3一一)
▲ 9二五歩兵( 9二六) △ 6一四 犬( 5一三) ▲ 9二四歩兵( 9二五) △ 8一三歩兵( 8一二)


100 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:15:23 ID:IlWfpJGe
61−120手目
▲ 9二三歩兵( 9二四) △ 5一三横猿( 4一二) ▲ 9二二歩兵( 9二三) △ 4一四横猿( 5一三)
▲ 9二四狛犬(16二四) △ 5一五 犬( 6一四) ▲ 9二三弩兵( 5二七) △35一四横猿(36一三)
▲ 4二四歩兵( 4二五) △12一三刀兵(13一二) ▲ 3二五山将( 6二八) △35一三歩兵(35一二)
▲ 5二四歩兵( 5二五) △ 4一二風将( 4 九) ▲ 5二五川将( 5二八) △11一四刀兵(12一三)
▲ 6二八登猿( 6二九) △14一二歩兵(14一一) ▲ 6二四歩兵( 6二五) △13一二歩兵(13一一)
▲ 6二三歩兵( 6二四) △16一二歩兵(16一一) ▲31二四歩兵(31二五) △16一三 犬(15一二)
▲10二四歩兵(10二五) △14一三弓兵(17一〇) ▲ 4二五車兵( 1二八) △11一三仲人(11一二)
▲10二三歩兵(10二四) △11一二歩兵(11一一) ▲11二四仲人(11二五) △12一五刀兵(11一四)
▲ 6二九飛猫( 6三二) △ 5一三歩兵( 5一二) ▲11二五歩兵(11二六) △ 5一二川将( 5 九)
▲ 4二三歩兵( 4二四) △ 5 九竪兵( 3 九) ▲ 5二三歩兵( 5二四) △11一〇土将(11 九)
▲11二三仲人(11二四) △11一一土将(11一〇) ▲ 5二七登猿( 6二八) △11一〇牛車(11 八)
▲12二五歩兵(12二六) △11 八飛龍( 9 六) ▲ 8二四炮兵( 8二七) △ 6一三竪馬( 7一二)
▲ 8二五馬兵( 8二八) △11一四仲人(11一三) ▲ 5二六登猿( 5二七) △11一三歩兵(11一二)
▲ 6二二歩兵( 6二三) △11一二土将(11一一) ▲ 6二四川将( 5二五) △11 九龍王(10一〇)
▲ 5二五登猿( 5二六) △11一一木将( 9 九) ▲ 6二八猫刄( 7二九) △ 9一三木将(11一一)

101 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:15:57 ID:IlWfpJGe
120−180手目
▲ 5二四登猿( 5二五) △11一五木将( 9一三) ▲ 8二八猛熊( 6三〇) △35一一横兵(35 九)
▲ 6二三登猿( 5二四) △35一二横兵(35一一) ▲ 7二六木将( 9二八) △ 6一二竪馬( 6一三)
▲10二六猛熊( 8二八) △ 4一五龍馬( 9一〇) ▲ 6三〇水牛( 6三一) △33一二横兵(35一二)
▲ 9二七水牛( 6三〇) △18一二歩兵(18一一) ▲ 5二四木将( 7二六) △21一四熊兵(16 九)
▲10二四吼犬(21二四) △ 7二八熊兵(21一四)成▲ 7二八牛兵(10二八) △17一〇鉄将(17 九)
▲ 9二六龍王(10二七) △16一一鉄将(17一〇) ▲ 8二八燕羽( 8二九) △ 3一五横猿( 4一四)
▲ 6二六飛猫( 6二九) △ 4一六横猿( 3一五) ▲ 6二九狗将( 6三三) △33一四横兵(33一二)
▲12二四歩兵(12二五) △ 3一五歩兵( 3一四) ▲ 6三〇嗔猪( 7三〇) △15一二鉄将(16一一)
▲ 5三二横狼( 4三二) △17 九臥龍(17 八) ▲ 7二九豚将( 4三三) △25一二角鷹(25一〇)
▲12二五豚将( 7二九) △14一一竪豹(15一〇) ▲ 4三三角将( 5三四) △21一二歩兵(21一一)
▲ 9二八角将( 4三三) △ 8一二飛牛( 7一三) ▲ 6二五角将( 9二八) △26一三仲人(26一二)
▲ 5三四雨龍( 6三五) △27一二歩兵(27一一) ▲ 6三三雨龍( 5三四) △34一二歩兵(34一一)
▲15二二豚将(12二五) △ 4一四歩兵( 4一三) ▲ 4三三角行( 3三二) △25一〇石将(24 九)
▲14二三角行( 4三三) △27一一刀兵(26一〇) ▲ 5三四飛燕( 4三五) △26一〇土将(26 九)
▲ 4三三飛燕( 5三四) △ 5一五 犬( 5一四) ▲13二四飛燕( 4三三) △ 6一六 犬( 5一五)

102 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:27:24 ID:IlWfpJGe
181−240手目
▲13二五歩兵(13二六) △28一二刀兵(27一一) ▲12二五天狗( 7三六) △26一四仲人(26一三)
▲14二五歩兵(14二六) △17一二歩兵(17一一) ▲14二四歩兵(14二五) △27一三刀兵(28一二)
▲ 5三四走兎( 3三六) △28一二歩兵(28一一) ▲ 4三三走兎( 5三四) △28一一炮兵(28一〇)
▲11二六走兎( 4三三) △13一三歩兵(13一二) ▲ 4三三走狼( 4三四) △24 九猪兵(25 九)
▲10二七走狼( 4三三) △13一四弓兵(14一三) ▲ 9二八走鹿( 3三四) △13一七木将(11一五)
▲10二五猛熊(10二六) △11一四仲人(11一三) ▲12二三猛熊(10二五) △13一二竪豹(14一一)
▲10二二歩兵(10二三) △12一三竪豹(13一二) ▲ 9二一歩兵( 9二二) △ 3一六龍馬( 4一五)
▲10二五天狗(12二五) △ 3三二角将(32 三) ▲ 3三二奇犬( 3三一) △31 四飛将(31 三)
▲12二三飛燕(13二四) △27 八盲猿(28 八) ▲12二五走兎(11二六) △ 4一五龍馬( 3一六)
▲ 7二八竪狗( 6二七) △17 八猛狼(16 七) ▲ 4三一桂馬( 3三三) △16 九猛狼(17 八)
▲19二七鉄将(20二八) △16一〇猛狼(16 九) ▲18二七鉄将(17二八) △16一一猛狼(16一〇)
▲18二六鉄将(19二七) △12一四竪豹(12一三) ▲ 2二四歩兵( 2二五) △11一四山将( 9一二)
▲10二六刀兵(11二七) △17 八摩羯(17 六) ▲ 9二五刀兵(10二六) △ 8一七山将(11一四)
▲ 1二四飛牛( 4二七) △15一〇豹兵(14 九) ▲ 7一七龍馬( 3二一) △ 4一三弩兵( 2一三)
▲ 4二四山将( 3二五) △ 9一六横猿( 4一六) ▲12二二龍馬( 7一七) △32一六横兵(32一四)

103 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:27:57 ID:IlWfpJGe
241−300手目
▲10二八盲猿( 9二九) △ 9一〇馬兵( 8 九) ▲ 5二八鴟行( 5二九) △ 5一四馬兵( 9一〇)
▲ 5二九桂馬( 4三一) △11二〇山将( 8一七) ▲11二〇角行(14二三) △ 1二四豹兵(15一〇)
▲ 1二四歩兵( 1二五) △11二〇馬兵( 5一四) ▲11一八豚将(15二二) △ 8二三馬兵(11二〇)
▲ 8二三炮兵( 8二四) △25二二角鷹(25一二) ▲15二二走兎(11二六) △11一六刀兵(12一五)
▲11二二龍馬(12二二) △33一四角鷹(25二二) ▲27二五歩兵(27二六) △10一七刀兵(11一六)
▲11二〇豚将(11一八) △23一二歩兵(23一一) ▲19二五歩兵(19二六) △26 九横飛(25 八)
▲26二四仲人(26二五) △14一三歩兵(14一二) ▲ 2二五横猿( 1二六) △26二四角鷹(12一〇)
▲ 1二三歩兵( 1二四) △ 3一四弩兵( 4一三) ▲ 1二四右車( 1二七) △ 7一八 犬( 6一七)
▲25二五角鷹(25二七) △12一〇角鷹(26二四) ▲23二五歩兵(23二六) △23一三 犬(22一二)
▲23二六竪豹(22二七) △25一〇横飛(26 九) ▲23二四歩兵(23二五) △24一一横飛(25一〇)
▲23二五竪豹(23二六) △25一二横飛(24一一) ▲24二四竪豹(23二五) △24一四 犬(23一三)
▲24二三龍馬(28二七) △28一四角鷹(33一四) ▲25二四馬兵(29二八) △24一一横飛(25一二)
▲27二六龍王(27二七) △27一五角鷹(28一四) ▲26二五龍王(27二六) △25 九猪兵(24 九)
▲22二七熊兵(21二八) △11一六横兵(32一六) ▲ 3二三歩兵( 3二四) △ 3一二竪行( 3一〇)
▲27二四龍王(24二五) △12一五角鷹(27一五) ▲26二三龍王(27二四) △ 2一二竪行( 3一二)

104 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:28:32 ID:IlWfpJGe
301−360手目
▲ 3二五横猿( 2二六) △ 7一〇角鷹(12一五) ▲25二三竪豹(24二四) △23一一飛鷲(24一〇)
▲30一七龍馬(24二三) △24一〇鎗兵(23一〇) ▲25二二龍王(26二三) △25一〇鎗兵(24一〇)
▲15二一走兎(15二二) △24一三歩兵(24一二) ▲24一一飛燕(12二三) △26一二龍馬(28一〇)
▲ 8二七走鹿( 9二八) △26 九土将(26一〇) ▲25一三龍王(25二二) △25一二歩兵(25一一)
▲25一〇飛燕(24一一)成△25一〇龍王(27一〇) ▲25一〇走鹿( 8二七)成△25一〇猪兵(25 九)
▲25一二龍王(25一三) △25一二龍馬(26一二) ▲25一二龍馬(30一七) △22一二弓兵(20一〇)
▲16二一熊兵(22二六) △23一〇瓦将(22 九) ▲17二〇龍馬(25一二) △17二〇角鷹( 7一〇)
▲17二〇熊兵(16二一) △25一六横兵(11一六) ▲25二七猪兵(25二八) △25一一豹兵(23 九)
▲ 9二八水牛( 9二七) △23 九熊兵(21 九) ▲ 3三四火鬼( 5三六) △24一一瓦将(23一〇)
▲22二四猪兵(25二七) △26一〇土将(26 九) ▲24二二猪兵(22二四) △16一三 犬(16一二)
▲13二四龍馬(11二二) △25 九牛兵(27 九) ▲24二四角鷹(25二五) △21 九蟠蛇(21 八)
▲24一四猪兵(24二二) △24一四馬兵(29 九) ▲24一四角鷹(24二四) △25一三豹兵(25一一)
▲31二一角鷹(24一四) △25一一熊兵(23 九) ▲24二六鎗兵(24二七) △ 8一一牛兵(10 九)
▲17二一熊兵(17二〇) △17二一豹兵(25一三) ▲17二一角鷹(31二一) △25一三熊兵(25一一)
▲17二三角鷹(17二一) △ 6一三川将( 5一二) ▲25二六鎗兵(24二六) △14 九老鼠(14 八)

105 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:29:04 ID:IlWfpJGe
361−420手目
▲ 7三六森鬼( 7三五) △ 6一六川将( 6一三) ▲ 6二七桂馬( 5二九) △14一二鎗兵(14一〇)
▲14二六竪豹(15二七) △14一〇瓦将(15 九) ▲16二五歩兵(16二六) △29 九猫刄(30 八)
▲ 4三一踊鹿( 5三一) △28一〇猫刄(29 九) ▲ 5二九鶏将( 5三三) △29 九猛熊(31 七)
▲ 6二九鴟行( 5二八) △30 五水牛(31 六) ▲ 5三四飛将( 6三四) △ 5一五飛牛( 8一二)
▲ 5二五鶏将( 5二九) △28 八飛猫(31 五) ▲31二三歩兵(31二四) △26 九盲猿(27 八)
▲ 5二六飛将( 5三四) △27一〇盲猿(26 九) ▲ 2二六飛将( 5二六) △ 2一四弩兵( 3一四)
▲10二一炮兵( 8二三) △ 7一二牛兵( 8一一) ▲11二二豚将(11二〇) △ 7一七川将( 6一六)
▲31二二歩兵(31二三) △ 3 九青龍( 2 八) ▲ 5二七飛猫( 6二六) △25 八古猿(26 七)
▲17二五歩兵(17二六) △32 三走狼(33 三) ▲17二四歩兵(17二五) △31 七飛将(31 四)
▲19二一角鷹(17二三) △31 四右虎(30 三) ▲14二五竪豹(14二六) △26 七毒蛇(27 六)
▲17二六飛将( 2二六) △17 六大龍(16 五) ▲17一四飛将(17二六) △ 2二四弩兵( 2一四)
▲2 二四横猿( 3二五) △ 2二四竪行( 2一二) ▲2 二四飛猫( 5二七) △ 8一二炮兵( 8一〇)
▲36一四飛将(17一四) △16一七弓兵(13一四) ▲36一五飛将(36一四) △ 2一八飛牛( 5一五)
▲ 2二六横兵( 2二八) △ 2一三龍馬( 4一五) ▲ 2二八竪兵( 3二八) △ 6一九 犬( 7一八)
▲10二六横兵( 2二六) △ 4一一龍馬( 2一三) ▲ 3二五飛猫( 2二四) △ 1一九飛牛( 2一八)

106 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:29:45 ID:IlWfpJGe
421−480手目
▲26二五飛鷲(24二七) △28 七雲龍(26 五) ▲ 4二七朱雀( 2二九) △ 2 八瓦車( 1 七)
▲ 2二七竪行( 3二七) △ 3一一青龍( 3 九) ▲ 2二九土車( 1二九) △29 六雲龍(28 七)
▲ 2一九竪行( 2二七) △ 1一八飛牛( 1一九) ▲36一八飛将(36一五) △ 3一〇龍馬( 4一一)
▲ 2一八竪行( 2一九) △ 5一四飛牛( 1一八) ▲24二四馬兵(25二四) △36一三飛牛(33一〇)
▲34一八飛将(36一八) △26一四熊兵(25一三) ▲26一四角鷹(19二一) △26一四刀兵(27一三)
▲24二三竪豹(25二三) △28 七金鹿(25 四) ▲ 9二六走狼(10二七) △31 三雨龍(31 二)
▲30二三 犬(30二四) △36一六横兵(25一六) ▲28二三弩兵(32二七) △34一三歩兵(34一二)
▲34一七飛将(34一八) △36一七横兵(36一六) ▲34二四飛将(34一七) △17一三歩兵(17一二)
▲20二八臥龍(20二九) △17一二吼犬(19一〇) ▲29二五歩兵(29二六) △28二三吼犬(17一二)
▲ 3二二歩兵( 3二三) △30二三吼犬(28二三) ▲27二六牛兵(27二八) △30一七吼犬(30二三)
▲23二六鵬師(19三〇) △35 九竪兵(34 九) ▲25二七石兵(24二八) △32一二歩兵(32一一)
▲19三〇摩羯(20三一) △32一三 犬(31一二) ▲15二六奔鷲(18二九) △ 9一二歩兵( 9一一)
▲18二九臥龍(17二九) △16一三鉄将(15一二) ▲16二六弓兵(17二七) △17一四歩兵(17一三)
▲17一九隠狐(17三〇) △12一八竪豹(12一四) ▲19二一隠狐(17一九) △17一七吼犬(30一七)
▲17一七馬兵(24二四) △17一七弓兵(16一七) ▲ 3二一歩兵( 3二二) △ 7一八川将( 7一七)

107 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:36:14 ID:IlWfpJGe
481−540手目
▲ 7一八炮兵(10二一) △ 7一八牛兵( 7一二) ▲ 7一八豚将(11二二) △ 7一三炮兵( 8一二)
▲10一五豚将( 7一八) △10一六刀兵(10一七) ▲34一六飛将(34二四) △36一六横兵(36一七)
▲34二四飛将(34一六) △10一五刀兵(10一六) ▲17一七鉤行(17三一) △11一七炮兵( 7一三)
▲11一五鉤行(17一七) △12一七炮兵(11一七) ▲31二一歩兵(31二二) △10一二前旗( 7 九)
▲34一七飛将(34二四) △10一四刀兵(10一五) ▲ 7一一鉤行(11一五) △ 7 九龍王(11 九)
▲23二一鉤行( 7一一) △36一七横兵(36一六) ▲36一七牛兵(27二六) △ 7二一龍王( 7 九)
▲17三一鉤行(23二一) △36一七飛牛(36一三) ▲36一七飛将(34一七) △13一八炮兵(12一七)
▲ 1一七飛将(36一七) △ 7一五前旗(10一二) ▲ 1二二飛将( 1一七) △25一二瓦将(24一一)
▲11二六奔鷲(15二六) △ 9二六猪兵(25一〇)成▲ 9二六刀兵( 9二五) △26 九牛兵(25 九)
▲10二五馬兵( 8二五) △10二五牛兵(27 九)
▲10二五奔鷲→11二六奔鷲(11二六) △24一一隠狐(20 七)
▲24一一竪豹(24二三)成△24一一小亀(19 六) ▲ 7二九飛龍( 9三一) △17一八小亀(24一一)
▲17二五弓兵(16二六) △17一五前旗( 7一五) ▲ 5三二飛車( 4三二) △18一三狛犬(18一〇)
▲21二八金翅(17三二) △ 4一一騎兵( 4 八) ▲30一九金翅(21二八) △23一二金鹿(28 七)
▲30一八金翅(30一九) △34 九騎兵(33 八) ▲32一六金翅(30一八) △13二〇炮兵(13一八)
▲20 六金翅(32一六)成△20 六金翅(20 五) ▲ 9二五狛犬( 9二四) △18二五炮兵(13二〇)
▲15二六鉤行(17三一) △17二五炮兵(18二五) ▲17二五豹兵(15二七) △ 6一三飛牛( 5一四)


108 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:37:55 ID:IlWfpJGe
541−600手目
▲15二六鉤行(17三一) △17二五炮兵(18二五) ▲17二五豹兵(15二七) △ 6一三飛牛( 5一四)
▲17一八豹兵(17二五) △17一八前旗(17一五) ▲17一八林鬼(17三三) △17一八金鹿(23一二)
▲17二九中師(18三〇) △26一七騎兵(34 九) ▲29二八飛鷲(26二五) △24一九騎兵(26一七)
▲12一八走兎(15二一) △18一七金鹿(17一八) ▲26二五歩兵(26二六) △15一二鎗兵(14一二)
▲12二六飛鷲(13二七) △31一四炮兵(28一一) ▲28二七炮兵(29二七) △26 五獅子(24 四)
▲31二四竪狗(31二七) △14二一金鹿(18一七) ▲ 5二六飛車( 5三二) △20二七金鹿(14二一)成
▲20二七臥龍(20二八) △17二四飛牛( 6一三) ▲17二八熊兵(16二八) △27一四飛牛(17二四)
▲ 1一九飛将( 1二一) △ 4一三摩羯(17 八) ▲ 9二二弩兵( 9二三) △18二五騎兵(24一九)
▲12一九走兎(12一八) △14二一雲龍(29 六) ▲18二五鉄将(18二六) △18二五朱雀(35 八)
▲19二六臥龍(20二六) △12一九騎兵( 4一一) ▲19一九飛将( 1一九) △19 六猛龍(21 四)
▲18 七右車( 1二四)成△18 七大龍(17 六) ▲12二五角鷹(12二七) △19一五弓兵(22一二)
▲35一九飛将(19一九) △19二〇弓兵(19一五) ▲35二一飛将(35一九) △35二一金翅(20 六)
▲ 8一三摩羯(19三〇) △ 7一四龍馬( 3一〇) ▲ 7二〇摩羯( 8一三) △ 7二〇摩羯( 4一三)
▲ 7二〇弩兵( 9二二) △19二一弓兵(19二〇) ▲ 7一四弩兵( 7二〇) △ 7一四雲龍(14二一)
▲20二七隠狐(20三〇) △ 4一一青龍( 3一一) ▲21二八小亀(18三一) 、△ 8一四角鷹(12一〇)

109 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:38:35 ID:IlWfpJGe
601〜650手目
▲20二九猛狼(21三〇) △19二五弓兵(19二一) ▲19二六臥龍(19二七) △27一七飛牛(27一四)
▲17二〇鉤行(15二六) △19二六弓兵(19二五)成▲19二六鉄将(18二七) △15二九飛牛(27一七)成
▲15二九猛鹿(15三〇) △35一四金翅(35二一) ▲19三〇大龍(21三二) △16一九水牛(30 五)
▲20二〇鉤行(17二〇) △11一一金翅(17 五) ▲ 3一五鉤行(20二〇) △ 3一〇竪兵( 5一〇)
▲17二一鉤行( 3一五) △14二一水牛(16一九) ▲16二一豹兵(23二八) △ 8一五水牛(14二一)
▲18二五鉄将(19二六) △22一二大旗(19 九) ▲24一八飛牛(33二七) △17一七大旗(22一二)
▲17二〇豹兵(16二一) △13二一大旗(17一七) ▲13二一吼犬(10二四) △23一二歩兵(23一一)
▲18二四飛牛(24一八) △18二四狛犬(18一三) ▲18二四鉄将(18二五) △20二七水牛( 8一五)成
▲20二七大師(19二八) △20二七雲龍( 7一四)成▲20二七小亀(21二八) △20二七青龍( 4一一)成
▲20二七獅鷹(19二九) △17 八隠狐(17 七) ▲19二九大龍(16三二) △17 七大鹿(15 五)
▲19二六熊兵(17二八) △17 八大鹿(17 七) ▲20一四吼犬(13二一) △18一一大師(18 九)
▲23一一吼犬(20一四)成△23一一竪豹(22一〇) ▲ 7二五桂馬( 6二七) △16 七孔雀(14 三)
▲17三一大鹿(17三三) △ 9二六右虎(31 四)


110 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:39:06 ID:IlWfpJGe
651〜700手目
▲ 9二六横兵(10二六) △14二一走狼(32 三)
▲14二一熊兵(19二六) △14二一飛燕(33 二) ▲21二六獅鷹(20二七) △10一五隠狐(17 八)
▲18二三鉄将(18二四) △19一二大師(18一一) ▲18二六大旗(18二八) △32 三走鹿(34 三)
▲21二八蟠蛇(21二九) △ 9一三金翅(11一一) ▲14二六鉤行(17二一) △10二二隠狐(10一五)
▲16二四歩兵(16二五) △ 9二一隠狐(10二二) ▲12二二狛犬( 9二五) △ 8 九盲猿( 9 八)
▲20一四狛犬(12二二) △22一一方行(22 八) ▲17一一狛犬(20一四)成△18 九臥龍(17 九)
▲20一四大象(17一一) △17一五歩兵(17一四) ▲ 9二四桂馬( 8二六) △17一四大鹿(17三一)
▲20二〇大象(20一四) △23一四大鹿(17一四) ▲19二七中師(17二九) △17一四大師(19一二)
▲23一四豹兵(17二〇) △23一四歩兵(23一三) ▲19一四騎兵( 4二九) △19一四大師(17一四)
▲19一四中師(19二七) △13一九隠狐( 9二一) ▲16二四歩兵(16二五) △16 九孔雀(16 七)
▲ 5二八朱雀( 4二七) △21一四走鹿(32 三) ▲19二二中師(19一四) △ 3二一竪兵( 3 九)
▲ 3二八竪兵( 2二八) △17一四林鬼(17 四) ▲ 7二四竪馬( 7二七) △26一九炮兵(31一四)
▲31二六竪馬(30二七) △10 九猪兵(12 九) ▲ 4二九山鷹( 7三二) △33一四 犬(32一三)

111 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:40:42 ID:IlWfpJGe
701〜750手目
▲17二四大鹿(17三一) △ 5一四猪兵(10 九) ▲10二六猪兵(12二八) △15二〇走鹿(21一四)
▲20一四大象(20二〇) △23二二炮兵(26一九) ▲19二七獅鷹(21二六) △19一六走兎(34 一)
▲18二八臥龍(18二九) △ 7一五金翅( 9一三) ▲17二七獅鷹(19二七) △19二二走兎(19一六)
▲19二二鉄将(18二三) △12二〇走鹿(15二〇) ▲16二四 犬(15二五) △16二三飛燕(14二一)
▲16二三 犬(16二四) △18二六走鹿(12二〇)成
▲18二六→17二七獅鷹(17二七) △17 四火龍(16 三)
▲21二四 犬(22二五) △15一六林鬼(17一四) ▲20二八大龍(19二九) △17一四火龍(17 四)
▲ 8一四大象(20一四) △ 8一四金翅( 7一五) ▲19二七大龍(19三〇) △23二四林鬼(15一六)
▲23二八鵬師(23二六) △16三三金翅(35一四)成▲16三三禽曹(14三三) △20二七林鬼(23二四)成
▲19二四大鹿(17二四) △23二八炮兵(23二二)成▲23二八盲熊(24二九) △17二三隠狐(12一八)
▲15二五竪豹(14二五) △17二七隠狐(17二三)成▲17二七鉤行(14二六) △ 6一六金翅( 8一四)
▲17三三鉤行(17二七) △15二五鎗兵(15一二) ▲18二九鳳凰(16三一) △19二七右G(18二七)
▲19二七大龍(20二八) △15一六火龍(17一四) ▲14二八盲熊(13二九) △33 二火鬼(32 一)
▲16一七朱雀( 5二八) △15一四火龍(15一六)


112 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:46:01 ID:IlWfpJGe
751〜800手目
▲ 8一六大龍(19二七)  △ 9一三金翅( 6一六)  ▲16二八孔雀(14三四)  △19一六火鬼(33  二)
▲10一四大龍( 8一六)  △10一四火龍(15一四)  ▲10一四猪兵(10二六)  △22二六金翅( 9一三)成
▲23二七瓦将(22二八)  △22二九奔翅(22二六)  ▲22二九猛鹿(22三〇)  △ 9一三歩兵( 9一二)
▲10二四飛鷲(12二六)  △10一九猪兵( 5一四)  ▲10一九飛鷲(10二四)  △10一九孔雀(16  九)
▲10一九鉤行(17三三)  △15一二飛鷲(13一〇)  ▲15一八山鷹( 4二九)  △15二八鎗兵(15二五)成
▲15二八猛鹿(15二九)  △17一四飛鷲(15一二)  ▲ 7二〇角鷹(12二五)  △13二二火鬼(19一六)
▲ 3二一鉤行(10一九)  △ 3  九瓦車( 2  八)  ▲17三一鉤行( 3二一)  △ 6一〇竪狗( 6  九)
▲ 7一一角鷹( 7二〇)成△ 7  九竪狗( 6一〇)  ▲ 8一一大鷹( 7一一)  △15  四猛龍(16  四)
▲ 8一六大鷹( 8一一)  △18一三飛鷲(17一四)  ▲19一四朱雀(16一七)  △18一七飛鷲(18一三)
▲10一一猪兵(10一四)不成  △ 8一七大龍(18  七)
▲19二七大鷹( 8一六)  △16一一奔鷲(19  八)  ▲19  一大鷹(19二七)  △19  一玉将(18  一)
▲ 8二七角将( 6二五)  △18二七火鬼(13二二)成▲19二七大亀(19三一)  △18二二奔火(18二七)
▲18一五山鷹(15一八)  △23一二天狗(30  一)  ▲18一七山鷹(18一五)  △18一七奔火(18二二)


113 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:46:32 ID:IlWfpJGe
801〜850手目
▲20二一鉄将(19二二)   △19一四奔鷲→20一五奔鷲(16一一)
▲25一〇角将( 8二七)不成 △28一三副将(19 四)
▲19一一大鹿(19二四)成  △19一一中師(19 七)
▲19一一大亀(19二七)成  △ 5三六副将(28一三)成
▲ 5三六山鷲右( 6三六)  △21 八水将(23 六)
▲15二二奔鷲(11二六)   △12 九盲熊(13 八)
▲19 六霊亀(19一一)   △19 六大亀(18 六)
▲19二六飛車( 5二六)   △19一〇鉄将(20 九)
▲ 6三五森鬼( 7三六)   △ 9一〇盲猿( 8 九)
▲10一二猪兵(10一一)成  △ 5一七大将(18 四)
▲ 5三〇驢馬( 4三〇)   △18 四大将( 5一七)
▲32二七風将(33二八)   △ 9一六大亀(19 六)
▲12二二奔鷲(15二二)   △12一〇大将(18 四)
▲11二七盲猿(10二八)   △14 三羅刹(15 二)
▲20二七鳳凰(18二九)   △27一二前旗(30 九)
▲33二七騎兵(33二九)   △18一一鉄将(19一〇)
▲19一一飛車(19二六)成  △17一〇獅鷹(18 八)
▲19一七龍王(19一一)   △12一三大亀( 9一六)
▲12一七龍王(19一七)   △12一七大亀(12一三)
▲10二四奔鷲(12二二)   △ 4一三大龍( 8一七)
▲24一〇孔雀(16二八)成  △25一一瓦将(25一二)
▲18一四天狗(24一〇)   △16 四猛龍(15 四)
▲ 9二四副将(18三三)   △10一〇盲猿( 9一〇)
▲10二五副将( 9二四)   △34 一白虎(35 一)
▲ 8二五副将(10二五)   △17 九大龍(21 五)


114 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:47:03 ID:IlWfpJGe
851〜900手目
▲ 7三二獣吏( 9三四)   △21 四大鹿(22 四)
▲12二五水牛( 9二八)   △21一一孔雀(23 三)
▲15二九天狗(18一四)   △12一一大将(12一〇)
▲19二八猛牛(15三二)   △ 5一四歩兵( 5一三)
▲ 1二二車兵( 4二五)   △20 五林鬼(20 四)
▲10一三奔鷲(10二四)   △12一〇大将(12一一)
▲ 5一八水牛(12二五)   △ 7一二大亀(12一七)
▲20一三副将( 8二五)   △20一〇猛牛(15 五)
▲16一七副将(20一三)   △ 7一四大亀( 7一二)
▲ 9 七風馬( 9三〇)成  △ 9 七兵士( 9 五)
▲ 9 七中旗( 9三三)成  △ 9 七毒蛇(10 六)
▲ 9一二走狗( 9三五)   △ 7一一大亀( 7一四)
▲ 7一一天狗(15二九)   △ 7一一竪狗( 7 九)
▲10一一副将(16一七)成  △11 九盲虎(10 八)
▲ 5一一大将(10一一)   △15一〇獅鷹(17一〇)
▲14二〇大将( 5一一)   △17一六歩兵(17一五)
▲11二〇大将(14二〇)   △16 六猛龍(16 四)
▲ 4一八水牛( 5一八)   △ 4一八大将(12一〇)
▲ 4一八鉤行(17三一)   △ 3一九猛龍(16 六)
▲19一三騎兵(33二七)   △22一四孔雀(21一一)
▲19二七騎兵(19一三)   △19 六大鹿(21 四)
▲17三三火龍(16三四)   △19二七大鹿(19 六)成
▲19二七猛牛(19二八)   △12二八猛龍( 3一九)不成
▲13二九北狄(13三〇)   △ 3一九猛龍(12二八)不成
▲23一八森鬼( 6三五)   △15 九獅鷹(15一〇)


115 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:47:34 ID:IlWfpJGe
901〜
▲22一九山鷲右(5三六)   △14一四孔雀(22一四)
▲ 3一九山鷲右(22一九)  △ 3一九孔雀(14一四)
▲ 7二三竪馬( 7二四)   △12一四孔雀( 3一九)
▲10一一奔鷲(10一三)   △ 8 九大龍( 4一三)
▲ 9一〇走狗成(9一二)   △ 9 八鶏飛(10 七)
▲ 8 九奔豹( 9一〇)   △ 8 九猫刄( 7 八)
▲ 8一〇角将成(32三四)  △11二〇牛車(11一〇)
▲ 8一二霖鬼( 8一〇)
まで、915手をもって先手勝。

116 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:51:42 ID:IlWfpJGe
1手目〜50手目までの棋譜

▲16二四狛犬(19二七)   △21一二大師(18 九)
▲29二五歩兵(29二六)   △16一二大師(21一二)
▲33二四狛犬(16二四)   △12一二角鷹(12一〇)
▲14二五奔鷲(18二九)   △ 2二二角鷹(12一二)
▲ 3二五歩兵( 3二六)   △28一二歩兵(28一一)
▲27二五歩兵(27二六)   △28一一龍馬(28一〇)
▲15二四 犬(15二五)   △35一二歩兵(35一一)
▲26二四仲人(26二五)   △29一二歩兵(29一一)
▲33二五歩兵(33二六)   △32一四牛兵(27 九)
▲19二七獅鷹(19二九)   △33一二歩兵(33一一)
▲19二九中師(18三〇)   △33一三右車(36一〇)
▲36二四狛犬(33二四)   △36一〇車兵(36 九)
▲19二五獅鷹(19二七)   △33一一飛牛(33一〇)
▲20二五獅鷹(19二五)   △19一三吼犬(19一〇)
▲21二四吼犬(18二七)   △18一四大師(16一二)
▲18二五歩兵(18二六)   △ 8一二歩兵( 8一一)
▲19二七大旗(18二八)   △ 7一二龍馬( 9一〇)
▲20二三獅鷹(20二五)   △ 8一一牛兵(10 九)
▲20二四獅鷹(20二三)   △21二四牛兵( 8一一)
▲21二四 犬(22二五)   △20二四飛牛(33一一)
▲21二五歩兵(21二六)   △22二二飛牛(20二四)
▲27二六刀兵(26二七)   △12一二歩兵(12一一)
▲21二六竪豹(22二七)   △22一七飛牛(22二二)
▲15二五歩兵(15二六)   △ 6一三龍馬( 7一二)
▲25二五歩兵(25二六)   △12一一猪兵(12 九)

117 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:52:14 ID:IlWfpJGe
51手目〜100手目までの棋譜
▲18二四歩兵(18二五)   △18二一飛牛(22一七)
▲10二一奔鷲(14二五)   △16一二歩兵(16一一)
▲18二五小亀(18三一)   △18一七猪兵(12一一)
▲20二五小亀(18二五)   △18二四飛牛(18二一)
▲18二七鉄将(17二八)   △16一三 犬(15一二)
▲16二五歩兵(16二六)   △14一三弓兵(17一〇)
▲ 8二五歩兵( 8二六)   △18一二歩兵(18一一)
▲26二五刀兵(27二六)   △19一二熊兵(16 九)
▲15二六奔鷲(10二一)   △11一三仲人(11一二)
▲ 2二五飛牛( 4二七)   △ 8二二角鷹( 2二二)
▲ 7二五龍馬( 9二七)   △17一七猪兵(18一七)
▲18一四龍馬( 7二五)   △18一四飛牛(18二四)
▲36二三弩兵(32二七)   △35一一車兵(36一〇)
▲30二四 犬(31二五)   △29一三歩兵(29一二)
▲31二五歩兵(31二六)   △32一三 犬(31一二)
▲31二六竪馬(30二七)   △29一四歩兵(29一三)
▲34二五山将(31二八)   △29一三炮兵(29一〇)
▲36二五歩兵(36二六)   △29一二馬兵(29 九)
▲18三一隠狐(17三〇)   △ 5一三龍馬( 6一三)
▲18二六鉄将(18二七)   △14一二歩兵(14一一)
▲19二五歩兵(19二六)   △16一一竪豹(15一〇)
▲16二六竪豹(15二七)   △17一四 犬(16一三)
▲18二五弓兵(20二七)   △17一二竪豹(16一一)
▲32二七風将(33二八)   △15一〇豹兵(14 九)
▲30二三猪兵(25二八)   △20一二熊兵(19一二)

118 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:53:00 ID:IlWfpJGe
101手目〜150手目までの棋譜
▲20二三 犬(21二四)   △7一八豹兵(15一〇)
▲14二五歩兵(14二六)   △23一二奔鷲(19 八)
▲24二五牛兵(27二八)   △35一三弩兵(32一〇)
▲32二五竪馬(31二六)   △31一四牛兵(32一四)
▲21二四歩兵(21二五)   △29一一竪馬(30一〇)
▲31二四竪馬(32二五)   △32一四牛兵(31一四)
▲ 6二四牛兵(10二八)   △ 1二二角鷹( 8二二)
▲32二三山将(34二五)   △30一二竪馬(29一一)
▲29二三猪兵(30二三)   △26一三吼犬(19一三)
▲18三〇鉤行(17三一)   △26二四吼犬(26一三)
▲30二五歩兵(30二六)   △26一三仲人(26一二)
▲23二五歩兵(23二六)   △23一三 犬(22一二)
▲34二五歩兵(34二六)   △29一五歩兵(29一四)
▲17二五歩兵(17二六)   △32一二歩兵(32一一)
▲27二四歩兵(27二五)   △28一三馬兵(29一二)
▲ 3二六横猿( 2二七)   △33一一風将(33 九)
▲28二五歩兵(28二六)   △26一四吼犬(26二四)
▲34二六狛犬(36二四)   △29一六歩兵(29一五)
▲27二八盲猿(28二九)   △34一二風将(33一一)
▲33二六風将(32二七)   △31一四 犬(32一三)
▲32二五歩兵(32二六)   △32一三歩兵(32一二)
▲32二四歩兵(32二五)   △33一一騎兵(33 八)
▲27二五炮兵(29二七)   △33 九竪兵(34 九)
▲28二六龍馬(28二七)   △26一二歩兵(26一一)
▲29二四歩兵(29二五)   △23一四 犬(23一三)

119 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:53:40 ID:IlWfpJGe
151手目〜200手目までの棋譜
▲31二八登猿(31二九)   △21一二歩兵(21一一)
▲30二六木将(28二八)   △23一三弓兵(20一〇)
▲32二五川将(32二八)   △29一〇龍王(27一〇)
▲32二八竪兵(34二八)   △26一一木将(28 九)
▲30二三竪馬(31二四)   △30一五 犬(31一四)
▲31二四歩兵(31二五)   △24一三木将(26一一)
▲ 1二五歩兵( 1二六)   △25一二歩兵(25一一)
▲36二六横猿(35二七)   △27一二歩兵(27一一)
▲35二五横猿(36二六)   △27一三歩兵(27一二)
▲34二四横猿(35二五)   △27一四歩兵(27一三)
▲36二四歩兵(36二五)   △27一五歩兵(27一四)
▲31二三 犬(30二四)   △27一四馬兵(28一三)
▲29二五馬兵(29二八)   △18一三飛牛(18一四)
▲27二三馬兵(29二五)   △22一五 犬(23一四)
▲22二〇炮兵(27二五)   △18一五 犬(17一四)
▲36二五左車(36二七)   △21一四吼犬(26一四)
▲34二八騎兵(33二九)   △18 九大亀(18 六)
▲33二四川将(32二五)   △17一〇獅鷹(18 八)
▲27二二牛兵(24二五)   △21一六 犬(22一五)
▲29二二牛兵(27二二)   △23一六弓兵(23一三)
▲22一六炮兵(22二〇)   △18一一獅鷹(17一〇)
▲24二五熊兵(21二八)   △26一四仲人(26一三)
▲23一九馬兵(27二三)   △28一三炮兵(29一三)
▲22二五竪豹(21二六)   △24一六熊兵(20一二)

120 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:54:12 ID:IlWfpJGe
201手目〜250手目までの棋譜
▲22一五炮兵(22一六)   △24一二歩兵(24一一)
▲21一四炮兵(22一五)   △21一四奔鷲(23一二)
▲25一九馬兵(23一九)   △32一二川将(32 九)
▲20二七鉄将(20二八)   △26一五木将(24一三)
▲24一七熊兵(24二五)   △24一七弓兵(23一六)
▲28二一金翅(17三二)   △ 6一四奔鷲(21一四)
▲18一一金翅(28二一)成  △18一一狛犬(18一〇)
▲18一二牛兵( 6二四)   △18一二竪豹(17一二)
▲18一二馬兵(25一九)   △18一二飛牛(18一三)
▲18一二猪兵(29二三)   △21一一狛犬(18一一)
▲18 九猪兵(18一二)不成 △18 九隠狐(20 七)
▲26二七盲猿(27二八)   △18一〇鉄将(17 九)
▲25二六盲猿(26二七)   △19 八鳳凰(21 六)
▲26二七土将(26二八)   △17一六弓兵(14一三)
▲28二四木将(30二六)   △ 2二五隠狐(18 九)
▲ 2二五横猿( 3二六)   △17一〇鳳凰(19 八)
▲30二六前旗(30二八)   △19一二鳳凰(17一〇)
▲ 9二七馬兵( 8二八)   △12一五猛牛(22 五)
▲29二八猫刄(30二九)   △17 九中師(19 七)
▲30二八馬麟(32三〇)   △20一九弓兵(17一六)
▲17二六弓兵(17二七)   △17二二猪兵(17一七)
▲19二四歩兵(19二五)   △20二三弓兵(20一九)
▲19二五鉄将(18二六)   △ 4一二奔鷲( 6一四)
▲20二四鉄将(19二五)   △29一四牛兵(32一四)
▲19二六小亀(20二五)   △20二四弓兵(20二三)

121 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:00:00 ID:IlWfpJGe
251手目〜300手目までの棋譜
▲20二四熊兵(16二八)   △20二三牛兵(29一四)
▲20二五熊兵(20二四)   △20二五牛兵(20二三)
▲20二五豹兵(23二八)   △20 七禽曹(23 四)
▲16二八蟠蛇(16二九)   △17一〇禽曹(20 七)
▲17二八臥龍(17二九)   △22 五獅子(24 四)
▲18二九方行(15二九)   △20 七獅子(22 五)
▲17二七臥龍(17二八)   △18 九獅子(20 七)
▲15二九猛鹿(15三〇)   △19 七鵬師(18 七)
▲17二八水将(14三一)   △20一〇鉄将(20 九)
▲14三一獅子(13三三)   △27 九盲猿(28 八)
▲16二九獅子(14三一)   △ 1二八摩羯(17 六)成
▲ 1二八朱雀( 2二九)   △31一六 犬(30一五)
▲30二二木将(28二四)   △18 六小亀(19 六)
▲27二三前旗(30二六)   △29一一山将(31 九)
▲ 9二五歩兵( 9二六)   △14 九盲熊(13 八)
▲30二七猫刄(29二八)   △29一七歩兵(29一六)
▲29二八猛熊(31三〇)   △29一八歩兵(29一七)
▲ 1二四歩兵( 1二五)   △29一九歩兵(29一八)
▲31二九飛猫(31三二)   △12一〇石将(13 九)
▲35二五歩兵(35二六)   △30一五炮兵(28一三)
▲27二五龍馬(28二六)   △33一九右車(33一三)
▲31二一木将(30二二)   △26一九炮兵(30一五)
▲26一九牛兵(29二二)   △26一九弓兵(24一七)
▲30一二竪馬(30二三)   △30一二山将(29一一)
▲33一九木将(31二一)   △27一一刀兵(26一〇)

122 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:00:47 ID:IlWfpJGe
301手目〜350手目までの棋譜
▲29二六猫刄(30二七)   △23一二歩兵(23一一)
▲12二五歩兵(12二六)   △16 九金翅(20 五)
▲35二七横兵(35二八)   △ 1一二歩兵( 1一一)
▲33二三横猿(34二四)   △28一〇風馬(28 七)
▲32二二横猿(33二三)   △29一一風馬(28一〇)
▲15二七豹兵(14二八)   △ 8一五角鷹( 1二二)
▲17二二横猿(32二二)   △17二二龍馬(28一一)
▲28二六飛猫(31二九)   △27一二龍馬(17二二)
▲30二七登猿(31二八)   △ 8一一竪馬( 7一〇)
▲33二九水牛(31三一)   △ 9一二竪馬( 8一一)
▲31二九狗将(31三三)   △28 九盲虎(27 八)
▲ 8二六竪馬( 7二七)   △ 9一八豹兵( 7一八)
▲10二五炮兵( 8二七)   △15二四豹兵( 9一八)
▲ 3二四横猿( 2二五)   △ 9一八猛牛(12一五)
▲15二四横猿( 3二四)   △15二四猛牛( 9一八)
▲16二四歩兵(16二五)   △17二六猛牛(15二四)成
▲17二六臥龍(17二七)   △29 九前旗(30 九)
▲29二七馬麟(30二八)   △31 九登猿(31 八)
▲30二八竪狗(31二七)   △30 九馬麟(32 七)
▲17二七水将(17二八)   △34 九水牛(31 六)
▲ 2二五歩兵( 2二六)   △28 八飛猫(31 五)
▲ 2二六横兵( 2二八)   △26一〇盲猿(27 九)
▲31二六狗将(31二九)   △25一一盲猿(26一〇)
▲ 7二五竪馬( 8二六)   △27 八猛鷲(29 六)
▲28二四歩兵(28二五)   △29二〇歩兵(29一九)

123 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:02:10 ID:IlWfpJGe
351手目〜400手目までの棋譜
▲28二三歩兵(28二四)   △29二一歩兵(29二〇)
▲31二五馬麟(29二七)   △29二二歩兵(29二一)
▲ 8二四竪馬( 7二五)   △12一一角鷹( 8一五)
▲20二八臥龍(20二九)   △13 八飛鷲(13一〇)
▲ 7二四 犬( 6二五)   △31 八飛猫(28 八)
▲ 6二五歩兵( 6二六)   △27一〇盲虎(28 九)
▲29二七猛熊(29二八)   △26一一盲虎(27一〇)
▲29二八燕羽(29二九)   △30一〇登猿(31 九)
▲31二九飛将(31三四)   △28 七山鷹(30 五)
▲31三四鶏将(32三三)   △28 九猛鷲(27 八)
▲31三〇鶏将(31三四)   △26一〇角鷹(25一〇)
▲29二九飛将(31二九)   △27一〇猛鷲(28 九)
▲ 9二六龍王(10二七)   △13 九金翅(17 五)
▲ 5二三馬兵( 9二七)   △10一三角鷹(12一一)
▲10二二豹兵(15二七)   △10二二狛犬(21一一)
▲10二二炮兵(10二五)   △ 5一二龍馬( 5一三)
▲10一八馬兵( 5二三)   △10一八角鷹(10一三)
▲10一八炮兵(10二二)   △10一八奔鷲( 4一二)
▲14二六鎗兵(14二七)   △10一二奔鷲(10一八)
▲12二六刀兵(11二七)   △ 3一二歩兵( 3一一)
▲20二九隠狐(20三〇)   △32 七猛熊(31 七)
▲11二七土将(11二八)   △28 八悪狼(29 七)
▲10二八猪兵(12二八)   △29 七山鷹(28 七)
▲34二四歩兵(34二五)   △ 8一三竪馬( 9一二)
▲ 9二三竪馬( 8二四)   △10 九奔鷲(10一二)

124 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:03:45 ID:IlWfpJGe
401手目〜450手目までの棋譜
▲10二五龍王( 9二六)   △10一二歩兵(10一一)
▲30二九飛龍(28三一)   △ 8一一炮兵( 8一〇)
▲ 6二四猪兵(10二八)   △11一二馬兵( 8 九)
▲ 8二六山将( 6二八)   △ 2一二飛牛( 4一〇)
▲10二二竪馬( 9二三)   △ 8一〇前旗( 7 九)
▲ 1二三歩兵( 1二四)   △ 8二五竪馬( 8一三)
▲ 8二五山将( 8二六)   △14二一龍馬( 5一二)
▲11二四仲人(11二五)   △11二四龍馬(14二一)
▲ 8二六山将( 8二五)   △10二五龍馬(11二四)
▲10二五歩兵(10二六)   △ 8一八飛牛( 2一二)
▲ 8二三 犬( 7二四)   △21二二水牛(34 九)
▲ 8二八盲猿( 9二九)   △25二六水牛(21二二)成
▲25二六飛猫(28二六)   △24一七金翅(16 九)
▲17二八奔鷲(15二六)   △24二六金翅(24一七)成
▲24二六角鷹(25二七)   △24二六熊兵(24一六)成
▲24二六飛鷲(24二七)   △ 4一八金翅(13 九)
▲12二八飛鷲(13二七)   △ 5二〇猛龍(21 四)
▲11二八角鷹(12二七)   △ 4二〇金翅( 4一八)
▲ 8二四猪兵( 6二四)   △12二八金翅( 4二〇)成
▲12二八盲熊(13二九)   △ 8一五馬兵(11一二)
▲ 8二七木将( 9二八)   △ 1一六猛龍( 5二〇)
▲ 7二七盲猿( 8二八)   △18 七小亀(18 六)
▲16二五弓兵(18二五)   △17三二猛龍( 1一六)不成
▲17三二林鬼(17三三)   △ 8二四飛牛( 8一八)
▲ 8二四弩兵( 5二七)   △ 8二四馬兵( 8一五)

125 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:04:36 ID:IlWfpJGe
451手目〜500手目までの棋譜
▲10二五林鬼(17三二)   △21一一竪豹(22一〇)
▲ 6二八猫刄( 7二九)   △23一一熊兵(21 九)
▲ 8二八猛熊( 6三〇)   △24一一角将(32 三)
▲14二七獅子(16二九)   △28 七飛燕(33 二)
▲25二四隠狐(20二九)   △33 二火鬼(32 一)
▲ 7二九飛龍( 9三一)   △32 一雨龍(31 二)
▲ 7二三前旗(27二三)   △10二四馬兵( 8二四)
▲ 9二六林鬼(10二五)   △12一三小亀(18 七)
▲13二二弓兵(16二五)   △ 4一二歩兵( 4一一)
▲13二三弓兵(13二二)   △ 4一一弩兵( 5一〇)
▲16三一猛牛(15三二)   △ 6一三弩兵( 4一一)
▲17三二猛龍(16三三)   △ 1一一左車( 1一〇)
▲10二三弓兵(13二三)   △10二三馬兵(10二四)
▲10二三前旗( 7二三)   △ 9一二炮兵( 8一一)
▲ 9三一小旗(10三二)   △ 5一〇川将( 5 九)
▲28三一小旗(27三二)   △ 5 九騎兵( 4 八)
▲17二九金翅(20三二)   △33一三川将(32一二)
▲ 4二五朱雀( 1二八)   △34 九竪行(34一〇)
▲ 1二四右車( 1二七)   △11一四仲人(11一三)
▲32二五竪兵(32二八)   △34一〇車兵(35一一)
▲ 3二四朱雀( 4二五)   △20 九大龍(16 五)
▲17一〇朱雀( 3二四)成  △17一〇中師(17 九)
▲31二九狛犬(34二六)   △20 五林鬼(20 四)
▲28二六狛犬(31二九)   △14一一林鬼(20 五)
▲20一八豹兵(20二五)   △15一二中師(17一〇)

126 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:07:13 ID:IlWfpJGe
501手目〜550手目までの棋譜
▲ 7一九金翅(17二九)   △16一一獅子(18 九)
▲ 7二二猛牛(16三一)   △17一二歩兵(17一一)
▲10一九猛牛( 7二二)   △ 1一三騎兵( 5 九)
▲ 5二一金翅( 7一九)   △20 四鉤行(20 六)
▲ 4二七風将( 4二八)   △ 1一四騎兵( 1一三)
▲10二七前旗(10二三)   △ 7一三弩兵( 6一三)
▲ 9二七猛熊( 8二八)   △ 8一一前旗( 8一〇)
▲13二七盲熊(12二八)   △ 8一〇木将( 9 九)
▲17三〇禽曹(14三三)   △ 7一〇山将( 6 九)
▲14三三羊兵(14三二)   △ 5一四前旗( 8一一)
▲ 5一四金翅( 5二一)   △ 5一四奔鷲(10 九)
▲ 5一四猛牛(10一九)   △ 5一三犬( 6一二)
▲11 八猛牛( 5一四)成  △11 八飛龍( 9 六)
▲16三一羊兵(14三三)   △13一〇飛鷲(13 八)
▲14三二走車(13三二)   △13 九西戎(13 七)
▲15三〇金鹿(12三三)   △12一八弩兵( 7一三)
▲11二五猛熊( 9二七)   △ 6 九猫刄( 7 八)
▲ 9二四金鹿(15三〇)   △17一一隠狐(17 七)
▲20三〇鵬師(19三〇)   △19二〇龍馬(27一二)
▲23二四歩兵(23二五)   △25一九弓兵(26一九)
▲24二三隠狐(25二四)   △28一一飛猫(31 八)
▲31一八隠狐(18三一)   △12二二熊兵(23一一)
▲11二六羊兵(16三一)   △26一三龍馬(19二〇)
▲26二三猛龍(17三二)   △ 7一六飛鷲(13一〇)
▲ 9 六猛龍(26二三)不成 △ 9 六小旗(10 五)

127 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:08:23 ID:IlWfpJGe
551手目〜600手目までの棋譜
▲24二五隠狐(31一八)   △22一〇豹兵(23 九)
▲15三〇奔狗(11三四)   △17 九鵬師(19 七)
▲25二七石将(24二八)   △11 八小旗( 9 六)
▲25二八盲熊(24二九)   △ 8 九猛熊( 6 七)
▲24二八西戎(24三〇)   △ 6 七水牛( 6 六)
▲13二九南蛮(14三〇)   △10一一猛熊( 8 九)
▲12二七奔狗(15三〇)   △ 9一〇水牛( 6 七)
▲14二八走車(14三二)   △19 八臥龍(20 八)
▲35二八車兵(36二八)   △33一〇車兵(34一〇)
▲36二六土車(36二九)   △31 九飛将(31 三)
▲36二七瓦車(36三〇)   △31 八車兵(33一〇)
▲11三四風龍(10三四)   △31三四飛将(31 九)成
▲31三四森鬼(30三五)   △31二八車兵(31 八)成
▲31二九竪狗(30二八)   △ 9 六 四天王(31二八)
▲31 一竪狗(31二九)成  △31 一禽吏(32 二)
▲18一八豹兵(20一八)   △19 七大龍(21 五)
▲31二六狛犬(28二六)   △31 九竪兵(33 九)
▲31二五竪兵(32二五)   △31一一登猿(30一〇)
▲31二〇左車(36二五)   △19 六 四天王( 9 六)
▲31三三狛犬(31二六)   △19三六 四天王(19 六)
▲19三六銀将(20三五)   △ 9一九炮兵( 9一二)
▲ 7二二金鹿( 9二四)   △ 9二二炮兵( 9一九)
▲18二二方行(18二九)   △ 1一八水牛( 9一〇)
▲ 8二五山将( 8二六)   △ 8二二弩兵(12一八)
▲ 6二三金鹿( 7二二)   △18三一大将(18 四)

128 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:11:03 ID:IlWfpJGe
終わった…
つーか俺ミスばっかだなorz
みんな正直すまんかった

129 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:11:42 ID:HacZ9ToP
>128
乙。5時間前から見てたw


130 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:16:05 ID:IlWfpJGe
とりあえず>>43と、>>97で書いたところだけあぼーんしておけば、
見易さに問題はないと思う。
しかしまいったな…

131 :1:2006/11/09(木) 23:18:04 ID:/5Lvgamm
>>128
おつかれさまー。
俺は連投規制と昼休み終了で、最初の15くらいまでしか貼れなかった。

132 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:20:22 ID:IlWfpJGe
>>131
連投規制きっついわー。w

まぁ、ミスの埋め合わせはいずれさせてもらうよ。
なんかこのスレへの貢献を考えねばならんね…

133 :名無し名人:2006/11/10(金) 06:14:04 ID:hFVVXemD
                         ,,,,,,_
                     ,,,,,iiiilllllllllllllliii,,,, 
          ,,,,,_   .,,,,,,,,,,iiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllllllll丶
          ゙llllllllliiillllllllllllllllllllllll!!!!llllllllllllllllllllllll!!゙
           ゙!llllllllllllllllllll!!!゙゙゙° ,,illllllllllllllllllll!゙゜
              ゙!lllllll!!l゙゙’   .,,illlllllllllllllll!!゙゜
             ^     .,,illllllllllllllll!!゙゜
                  ,,illlllllllllllll!゙°
                 ,,illlllllllllll!l゙゜
                  ,,illllllllllll!l゙゜
                 ,,illllllllll!!゙゜.
                ,,illllllllll!゙゜            liiii,,
             ,,illllllll!゙゜                'llllllli,,
            ,,illllllll!゙                  lllllllllli,,
           ,illlllllll゙                  ,lllllllllllllii,
           llllllllllli,_             ,,,,illlllllllllllllllli,
           !llllllllllllllliiiiiiiiiiiii,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllll
            ゙゙!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
              ゙゙゙゙!!!!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!l゙゙゙゜


134 :名無し名人:2006/11/10(金) 09:26:20 ID:z7Bfyv/d
天麩羅乙

135 :名無し名人:2006/11/10(金) 11:34:10 ID:nIfjytHo
乙乙乙

今回は参加できなくてすまん。

136 :名無し名人:2006/11/10(金) 15:28:42 ID:eE6lbtMh
訂正。

>>13の地龍は右前方二つ目の○を、直進方向へ修正。
>>31の最後に「※6段目ここまで」の文言を追加。

137 :名無し名人:2006/11/10(金) 16:02:59 ID:eE6lbtMh
尚、複数○(「3○」等)の動きと「#」の動きの解釈には異説がある。

 複数○(「踊る」)の動き
甲説…相手の駒を取ると直ちに止まる。(現行)
乙説…相手の駒を取っても規定数迄進める。(摩訶大大将棋「教王」の解釈より)
丙説…乙説に加えて駒を飛び越すことも可能。(『象棋六種之圖式』「狛犬」の解説より)

 #(原本には「+++→」の様に書かれている)の動き
丁説…駒を三つ迄飛び越えて走る。(現行。『世界の将棋』の推測より)
戊説…乙説又は丙説を前提に「3○」と走りの選択が可能。
                (『象棋六種之圖式』等「教王」の図及び解説より)



138 :名無し名人:2006/11/10(金) 20:11:25 ID:W5RAGvYm
さて、テンプレ長トップの座から脱落はできたかな?w

139 :名無し名人:2006/11/10(金) 20:16:45 ID:v1/53dGv
多分無理。

140 :名無し名人:2006/11/11(土) 12:16:42 ID:0RGBsWCK
>>1乙!大局乙!!
無事に新スレが出来て嬉しい限りだ。

141 :名無し名人:2006/11/11(土) 18:28:01 ID:d106dkdm
>>37青龍・神龍の後方走りが曲がっているが、直線に修正。
>>55四天の「>***」を「>15」に修正。
>>65盲虎の「>100」を「>36」に修正。
>>88反車の「引く」は「退く」の方が適当。
>>86山鷲の「>13>13」は「右>13 左>14」に修正。
>>91竪兵の「すべからず」は「すべからく」の誤り。文法的には「例外なく」等に修正すべき。

142 :名無し名人:2006/11/12(日) 01:33:16 ID:Pw177sfw
2ちゃんブラウザってしたらばもURLポップアップできなかったっけ?
そっちにテンプレ貼っておくのはだめなのか

143 :名無し名人:2006/11/12(日) 22:03:19 ID:5IuOwX4+
>>142
それやるとアンカーが長くなってしまうのです。。。


144 :名無し名人:2006/11/12(日) 22:36:57 ID:LREnhzL0
>>142
URLばかりずらりと並んで業者のレスと区別が付かなくなるんじゃね?

145 :名無し名人:2006/11/20(月) 04:17:53 ID:LMTPh3IS
ほす

146 :先手5人目:2006/11/21(火) 21:14:39 ID:A5o//KT0
601手目〜650手目までの棋譜
▲18三一大亀(19三一)   △ 6三〇飛将( 6 三)成
▲ 6三〇鴟行( 5二九)   △ 6二九角将(24一一)不成
▲ 6二九鴟行( 6三〇)   △ 7二六飛鷲( 7一六)成
▲20三五銀将(19三六)   △ 6 六山鷹( 7 五)
▲ 5二七川将( 5二八)   △ 7二五大鷲( 7二六)
▲19三六太子(18三六)   △ 8二七飛燕(28 七)成
▲ 6二七騎兵( 4二九)   △ 6一一川将( 5一〇)
▲ 1一六羊兵(11二六)   △ 5一〇風将( 4 九)
▲10二八角鷹(11二八)   △ 7一二大鷲( 7二五)
▲ 2一七奔狗(12二七)   △ 2一七水牛( 1一八)
▲ 2一七副将(18三三)   △ 7一三大鷲( 7一二)
▲ 6一一羊兵( 1一六)成  △ 6二二弩兵( 8二二)
▲19二五小亀(19二六)   △ 8一三大鷲( 7一三)
▲ 3一八麟師(19三四)   △ 8二一大鷲( 8一三)
▲ 7一〇虎兵( 6一一)   △13二二天狗(30 一)
▲18 三大亀(18三一)成  △18 三林鬼(17 四)
▲17三二摩羯(20三一)   △ 2一七天狗(13二二)
▲ 2一七麟師( 3一八)   △ 8一八大鷲( 8二一)
▲ 6二二騎兵( 6二七)   △ 6二二炮兵( 9二二)
▲ 6一二小亀(19二五)   △18 六鉤行(20 四)
▲ 6 六小亀( 6一二)成  △25一五鉤行(18 六)
▲22一八水牛(33二九)   △22一八大鷲( 8一八)
▲22一八竪豹(22二五)   △ 6 六嗔猪( 7 七)
▲ 8二七盲猿( 7二七)   △ 5 九竪兵( 3 九)
▲24一六隠狐(24二三)   △11一五鉤行(25一五)

147 :名無し名人:2006/11/21(火) 22:55:04 ID:vX76tnyB
質問です。
・「成り」のルールを詳しく。
 以前、「成りは任意か」の議論はあったかと思うのですが、「不成」から再び「成り」となる不成規定は?
 #本将棋方式?中将棋方式? Flashでは本将棋方式のようですが・・・
 #中将棋方式といっても、日本中将棋連盟とWikipedia とでも違うのですが・・・
・「※の走りのルール」は、Aルールが最有力なのでしょうか?
 #「☆:駒をいくらでも飛び越えて走る」+「格下」+「飛び越えた駒を取れる」と違うの?
 #「☆」の着地の解釈も「※」と同じなら、Flashの「四天王」の動きも変?
 #ちなみに「☆」の解説なくない?
・元龍の動き方が Wikipedia と違うようですがどちらが正しいのでしょうか?
 #とりあえず気付いた分で。
・提婆、無明の扱いがWikipedia と違う。
 Wikipediaでは「提婆または無明を取った駒は、取った駒を裏返して教王または法性に成る。」とある。
 #これは、敵陣でなくとも?
 以前の議論で、このルールはないことになったのでしょうか?


大局将棋ソフトと対局できるの作くれればなって、思ったりして。


148 :名無し名人:2006/11/22(水) 00:17:37 ID:uvMB13Ht
「世界の将棋」を見ながら回答してみる

>「成り」のルール
「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る。」としか書いてないからよくわからん
素直に読めば「成れる」じゃなくて「成る」だから強制成りとも考えられるが…

>※
どれが正しいとかは結論が出てないけど、とりあえず掲示板の対局はAで行こうって事になってたような

>☆
「四天王は、全ての方向に駒を飛び越えて走りが出来る。」
「大鷹は、前の方向にだけ駒を飛び越えて走りが出来る。」
「霖鬼は、斜め前方には駒を(ry」
こういう風にしか書いてないから確かに着地については解釈の余地があるね
※の動きとは別物のようです

>元龍
「世界の将棋」に書いてるのはスレの方。wikipediaは#の所が☆の動きになってるな

>提婆、無明
摩訶大大将棋にはそういうルールがあったらしい>http://www.chushogi-renmei.com/koramu/EX3.htm
けど大局将棋で採用されてるかどうかはわからない、というか「世界の将棋」には摩訶大大将棋の項も含めて
このルールには一切触れてないのでなんとも

どれも全然答えになってないなw
こうして見るとまだまだルール詰めなきゃならん所が多いね

149 :名無し名人:2006/11/22(水) 07:02:40 ID:StbVM6vl
回答、どうもです。

> >「成り」のルール
> 「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る。」としか書いてないからよくわからん
> 素直に読めば「成れる」じゃなくて「成る」だから強制成りとも考えられるが…
COM的には強制成りが一番楽、次は中将棋(連盟)方式かなぁ。

> こういう風にしか書いてないから確かに着地については解釈の余地があるね
☆の動きの説明で「走る」が入っていることに意味はあるのでしょうか?
#飛んでから走る?
#鳩槃の「飛んでから歩く」みたいな説明のすごい版?
#ちなみに鳩槃は3マス目自身にも行けるのですよね?


> >提婆、無明
> 摩訶大大将棋にはそういうルールがあったらしい>http://www.chushogi-renmei.com/koramu/EX3.htm
げげ。ここの説明では、法性・教王も、じゃないですか。
法性・教王も、ということになると、一旦法性・教王ができると、法性・教王は盤上からなくならない
ということですよね。
#頑張れば、歩が教王になれるルール?
#一手目に大将・副将が教王になれる(うれしいのか?)ルール?
このレリクスルールはありですか?


150 :名無し名人:2006/11/22(水) 07:49:28 ID:uvMB13Ht
「走る」は「何マスでも進める」って意味の古将棋用語で、例えば角は「四隅に走る」みたいに言う。
だから「駒を飛び越えて何マスでも進める」程度の意味。

提婆、無明のルールは個人的にはあんまり大局将棋にそぐわないと思うな
もともと摩訶大大将棋は「駒を取ったらその場で成る」方式だから、その流れのルールだと思うし

151 :名無し名人:2006/11/23(木) 22:42:08 ID:fgFFWK6w
トリビアでの対戦では、こういった曖昧な規定はどうしたんだろ?


元々が、それぞれに成りや動きのルールの異なるものを寄せ集めた、遊びで作ったようなものだから、仕方ないのかもしれないが。

152 :名無し名人:2006/11/24(金) 17:02:28 ID:df8RMHGA
2ch将棋板公式ルールみたいなのを早々に設定すれば、今後のレファレンスになるよね

153 :名無し名人:2006/11/24(金) 17:09:02 ID:4xPD9vMZ
「敵陣に入れば成る」の文言に関しては、例えば『中將棋指南抄』に
「成駒はてき地へ入る時なる也、す馬にて入、二の手には不成、
てきの駒をとりては、内にてもなる也」
とある様に、「成れる」でなく「成る」と書かれているということでは
強制成りであることの根拠にはなり得ない。

敵陣成り方式に於ける強制成りの規定が基本的に救済措置であると考えると、
大局将棋では任意成りが妥当であると思われる。
本将棋方式か中将棋方式かというのは難しいところであるが、
本将棋が小将棋系で、中将棋が大将棋系であることから鑑みると、
何れかと言われたら大将棋系である大局将棋は中将棋方式とも考えられる。

連盟方式とは歩兵以外の駒でも行き場がなくなる駒は成れる規定のことであろうか。
そうだとすると、古文書には歩兵のことしか記されていないが、
諸々の事情に鑑みて香車にも適用したということを明言している。
大局将棋で、行き場のなくなるような駒が敵陣最下段迄到達する場面は
先ず発生しないが、中将棋方式を採用するならば、連盟方式で良いと思う。

154 :名無し名人:2006/11/24(金) 17:22:43 ID:4xPD9vMZ
無明・提婆に関しては、『象棋六種之圖式』の「摩訶大大象棋口傳」を見ると、
「無明、法性になる、獅子奔王二枚のふるまいを兼て、臨機應變にこれをつかふ、
おそよ〔凡その誤か〕何馬にても敵方の無明を取りたる馬は、敵陣の内外を論ぜず、
其處より取替へ法性に成てつかふなり、」
「提婆、ヘ王になる、奔王狛犬二枚のふるまいを兼たり、この提婆を取りたる馬も、
また其所より取替、ヘ王に成てつかふなり、」
とあり、敵方の駒でなくてはならないとされているので、
仮に大局将棋に準用するとしても、大将が味方の無明を取って法性になることはない。
又、法性や教王を取った際にも適用されるというのは勘違いであると思われる。

大局将棋に該規定を準用すると、味方の無明や提婆が成ることは不可能に近く、
且つ、相手方の駒に取られることは充分にあり得るということで、
専ら相手方を増強させるだけの迷惑な駒となってしまうので、
無明・提婆のみ敵駒を取った瞬間になれる、
とでもしない限りは採用し難いと思う。

尤も、無明・提婆の配置からして、考案者は重要な駒と考えていた様であり、
特殊成りも強ち無いとも言えない気がするが、無いとするのが無難ではあろう。

155 :名無し名人:2006/11/24(金) 18:57:13 ID:bGQ7A/zm
成りについて整理してみるか

A: 「敵陣に入る時、敵陣から出る時、敵陣内で動く時に、移動後に任意で成れる」(本将棋方式)
一番なじみ深い方式。今のところFLASHと掲示板対局で採用している。
面倒は少なそうだが、本将棋で発達したルールなので元々の大局将棋のルールに近いかと言われるとちょっと疑問。

B: 「敵陣に入る時のみ任意で成れる。不成で敵陣に入った駒は一旦出て再進入するか、
  敵陣内または敵陣から出る時に駒を取れば任意で成れる。
  歩兵(文献によっては仲人も)に限り、最下段に到達した時にも任意で成れる」(中将棋方式)
B-2: 「Bに加え、香車も最下段に到達した時に任意で成れる。仲人はダメ」(中将棋連盟方式)
やや複雑。陣地方式の大型将棋である中将棋は、成りのルールの歴史的には大局将棋と一番近そうではある。
また中将棋の場合は行き所のなくなる駒は歩兵と香車だけなので例外規定があるが、
大局将棋には他にも犬、桂馬、猛虎、牛車、石将など大量にあり、
右車など「再突入可能だが、行き所がなくなりうる」ような駒まであるので事態は複雑になりそう。

C: 「敵陣に入る時に強制的に成る」(禽将棋方式?)
わかりやすいが、根拠は薄いか。

D: 「盤上の位置にかかわらず、敵の駒を取るとその場で強制的に成る」(大大将棋方式)
大大将棋、摩訶大大将棋、泰将棋で採用。足の遅い駒にも成るチャンスがあり、大型将棋向きのルール。
無明・提婆のルールとの相性もいい。
ただし、このルールの将棋では強い駒の使用を制限するために成ると弱くなる駒を多くしているが、
大局将棋はそれに合わせては出来ていないのでそのまま適用するのは無理がありそうだ。

E: その他

こんなとこかな

156 :名無し名人:2006/11/24(金) 18:57:58 ID:bGQ7A/zm
ちなみに陣地方式(A,B,C)には共通して次の様な問題がある
┼───┼───┼───┼
│___│▽歩兵│___│
┼───┼───┼───┼←ここから上が敵陣
│▲獅子│___│▽金将│
┼───┼───┼───┼
ここで獅子が歩兵→金将と取った場合は成れるのか?

中将棋では獅子に成りがないので問題にならないが、大局将棋の場合は考えておかないと
FLASHでは成れる様になってます

157 :名無し名人:2006/11/25(土) 17:37:58 ID:cvITfFyB
連盟方式を採用する場合は、若干修正して、
「完全に行き場のなくなる位置に移動した瞬間に成れる」と解釈することで、
少なくとも説明の複雑さは回避し得る。
即ち、駒の限定も、最下段に到達した際との条件も無用ということになり、
右車は右端最下段、左車は左端最下段に到達した際にのみ成れることになる。

但し、『中將棋指南抄』の「駒行方」には、歩兵の説明として、
「上一目計行、てき地の口にてなる、す馬にて入二の目にはならず、
三目入四目にては金に成也、是は歩計也、」
とあり、念を押して「是は歩計也」としているので、
行き場云々ではなく歩兵のみ特別扱いなのだ、
とする考え方も、尚有力ではある。

158 :名無し名人:2006/11/26(日) 11:19:06 ID:f9MUy7c0
獅子が一歩目で敵陣に入り二歩目で敵陣外へ移動した場合に関しては、
 甲説…敵陣に入った一手なのであるから成れる。
 乙説…敵陣外より敵陣外へ移動した一手なのであるから成れない。
 丙説…一歩目を不成で入ったと考え、二歩目で出る際に駒を取った場合は成れる。
といった考え方があり得る。

>>156の図では丙説のみ金将の存在が鍵となるが、
それ以外は歩兵の存在も金将の存在も影響しないことになる。
蓋し、丙説は一歩目で歩兵を取り、二歩目で更に奥へ侵入したとしても、
駒を取らなかった場合には成れないこととなり、妥当性を欠く。
甲説と乙説の優劣は難しいが、獅子の場合は完全に二歩で一手であるから、
内一歩が敵陣内に着地したという事実は、最終的に敵陣外にいるという事実に
優越すると思われ、甲説を支持する。

但し、甲説の場合、孔雀や摩羯が敵陣を掠めて戻ってきた例も考えなくてはならない。
孔雀や摩羯が獅子と決定的に異なる点は、駒を取ったら止まるということである。
すると、孔雀や摩羯の動きは、一見角行を二度指したかの様な動きをするが、
特殊な形態の一つの「走り」であると考えられるので、単に通過したというだけでは
獅子の様に確実に着地した例と同価値に見ることは疑問に思われる。
故に、孔雀や摩羯の事例では、成れないと解する。

159 :名無し名人:2006/11/26(日) 12:52:23 ID:oRJ7VqvB
> 甲説と乙説の優劣は難しいが、獅子の場合は完全に二歩で一手であるから、
> 内一歩が敵陣内に着地したという事実は、最終的に敵陣外にいるという事実に
> 優越すると思われ、甲説を支持する。
「じっと」は、どう解釈されるのでしょうか?
このケースでは、「↑↓」「→←」があるかと思います。
FLASHでは、操作が必ず2歩なので、「↑↓」とすれば、成れるようです。

私は、「最終的に敵陣外にいるという事実」が最優先で、上記ケースも「じっと」も
孔雀や摩羯も「成れない」かと。
乙説支持派です。



160 :名無し名人:2006/11/26(日) 17:58:08 ID:7kHRMjkT
漏れは>>155のCで>>158の乙を支持したい。
まず>>155のA説は大局将棋にも成ると弱くなる駒の存在価値がなくなる気がする。
(1種なのでただの誤植もありうるが)
B説及びB〜2説は少々ややこしいので合わないと思う
D説は盤面のサイズ、弱いのに成るとやたらと強くなる駒(毒蛇、火将など)
がいる関係上1番あっている気がするがこれを採用すると初手で角将が成れてしまう
のでほぼ先手必勝になる。よってC説を支持したい
また>>158については2歩移動やそれに近い動きがあるので避けられない論議だと思う。
その>>156の形でもう1つ、獅子が歩を居食いしたらどうなる?
丙説だとこれが成れないことになる(と思う)が、甲、乙では結論が変わらない。
>>159の言う通りじっとの問題が加わってしまうので乙説を支持したい
長文スマソ



161 :名無し名人:2006/11/27(月) 18:24:22 ID:ZIkOBdB9
>>155の議論に関して
確かに>>160の言う様に、成ると弱くなる駒の存在は疑問である。
ところが、問題の駒である「禽曹→禽吏」に極めて近い関係にある
「獣曹→獣吏」の動きと比較すると、誤植の可能性は高いと言える。
禽曹の動きは3○ではなく2○なのではないかと考えられる。
又、『新字源』を見ると、「曹」の字が元来裁判官を表すのに対し、
「吏」の字は「もっぱら下級役人の意に用いる」とあることから、
現代と異なり容易に駒の動きを参照し得ない事情を逆手に、
考案者が意図的に罠を仕掛けたとも考えられる。

>>160はB説及びB-2説は「少々ややこしいので合わない」と言うのであるが、
現状最も近いと思われる中将棋で現に採用されている方式なのであり、
大局将棋に不適とする理由にはならないと考えられる。

>>158の議論に関して
>>159>>160は、乙説では「じっと」の場合に問題が生ずると言う。
ところが、「じっと」及び「居喰い」は、単に行って戻ってくる動作に
特殊な名称を与えたに過ぎず、実際には動いていると解する立場からは、
同じ位置にいても敵陣側に一歩進入した場合のみ成れるとすることは
何らの不自然も感ずるところはないのである。

又、>>159は「『最終的に敵陣外にいるという事実』が最優先」と言うのであるが、
少なくとも『世界の将棋』の記述では「敵陣に入れば成る」のであって、
孔雀や摩羯と異なり完全な二回行動をする獅子が一旦敵陣に着地したという事実を
消滅させるほどの効果があるとは考え難い。成り規定の文言的な解釈という意味で、
敵陣に着地した事実の方が優越すると甲説は考えるのである。

162 :名無し名人:2006/11/27(月) 19:50:18 ID:YML7TC0e
>>161
結局、「じっと」や「居食い」は「成れる」という判断ということでしょうか?
私が「じっと」を問題にしたのは、「じっと」がどういう動きをしたのか明確に
されるのか(棋譜上どう表現されるか)分からなかったからです(「居食い」は棋譜で
明確に表現されるかと思います)。
>>156図で、右に移動した場合も、一歩で右なのか、上・右下の2歩なのかで、
同様の問題も出てくるかと思います。


また、Wikipediaには「成るのは移動が完全に終了した後である。」とあります。
これは他では、どう表現されていますでしょうか?
私は、これは、成る一手を「移動完全終了状態」で判断するものと理解しました。
この理解では、途中で着地してもしなくても関係ありません。
>>156のケースでは。「一歩」では敵陣に入ったかもしれませんが、「一手」としては
入っていない、「一手」として「入った」とする場合、入ったはずの「一手」なのに最終的に
敵陣外にいるのはおかしいのではないか、という判断です。
「一手 > 一歩」であり、「一手」とは最終状態の位置で確定するものであり、
「敵陣に入れば成る」の記述は「一手」についての記述であるだろうと考えます。


163 :名無し名人:2006/11/27(月) 20:05:07 ID:YML7TC0e
>>154
> 「無明、法性になる、獅子奔王二枚のふるまいを兼て、臨機應變にこれをつかふ、
> おそよ〔凡その誤か〕何馬にても敵方の無明を取りたる馬は、敵陣の内外を論ぜず、
> 其處より取替へ法性に成てつかふなり、」
大局将棋以外に、味方の駒を取れるものがあるのでしょうか?
あるならよいのですが、ないなら駒を取る場合の「敵方の」の記述は、書くなら
こう書くしかなく、この場合「敵方の」に敵味方を区別する強い意味はないのでは
ないでしょうか?

大局将棋以外で味方の駒を取れないとなると、
>仮に大局将棋に準用するとしても、大将が味方の無明を取って法性になることはない。
の根拠とするのは弱いかもしれません。

> 尤も、無明・提婆の配置からして、考案者は重要な駒と考えていた様であり、
> 特殊成りも強ち無いとも言えない気がするが、無いとするのが無難ではあろう。
味方の駒もありで、序盤の大将・副将の動きを抑制する意味があったのかもしれません。



164 :名無し名人:2006/11/29(水) 01:47:20 ID:tQ9Q3mHS
大局将棋では、同じ駒でも、王将・右将・左将・飛鷲・角鷹・火鬼・
天狗・狛犬・右車・左車等が、小将棋・中将棋・大将棋・天竺大将棋・
大大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋と異なる動きをする駒が多いし、
『象棋六種之圖式』では、小将棋・中将棋・大将棋・大大将棋・
摩訶大大将棋・泰将棋について解説してるので、「摩訶大大象棋口傳」
の[無明・提婆のルール]は大局将棋では適用させないのが妥当と
思われます。
[無明・提婆のルール]は自在天王を詰ます為に設けられたルールだと
思ってます。
天竺大将棋の火鬼の[焼く]機能が、大局将棋で採用されてない様に、
何でも盛り込む必要は無いと思います。

成りについては、任意で良いと思います。
本将棋では、持ち駒の再利用ルールが有る為に持ち駒を打つ事によって
駒枯れとなる局面は少ないと思いますが、取り捨てルールなら局面が
進めば自然と駒枯れとなる訳で、大局将棋では歩兵が不成りで敵陣の
最奥に到達しても、障害物となるかも知れませんが、やがて敵側の
走り駒等によって捕獲されて盤上から消えて行くはず、と思われる
からです。

成るのは[移動が完全に終了した後(二歩移動できる駒に関しては
二歩目を移動した後)]と考えるのが自然だと思います。

摩羯の動きは、〔縦横に何マスでも動け、途中で左右どちらにでも
直角に曲がって、さらに何マスでも動ける。曲がらなくてもよい。
飛び越えては行けない。曲がる前に駒を取ったら、そのマスで
止まらなければならない。簡単に述べると、飛車の動きを1回又は
2回できるということである。〕なので、
曲がる場合は駒を取らない(曲がるマスに敵駒が無い)けど
着地したと考えて良いと思う。曲がるマスも、居食い等と同様に
棋譜で表現すべきだと思います。


165 :名無し名人:2006/11/29(水) 01:52:31 ID:tQ9Q3mHS
>>154
摩羯の動きですが、〔縦横に…〕を〔斜めに…〕に訂正します。


166 :名無し名人:2006/11/29(水) 11:31:13 ID:pr4wFjKz
[無明・提婆のルール]の議論がちょっとずれてきている気がする・・・。
「採用するかどうか」、ではなく、「Wikipediaであることになっているけど、よいの?」です。
「各将棋間」ではなく、「このスレとWikipedia」のルールを比較・検討したかったのです。
#このスレとWikipediaとで、ルールが違うのもなんだかなぁ、と思いますし。
「採用するかどうか」となっているのは、とりあえずWikipediaは「間違い(というか勇み足?)」と
いうことでしょうか?
#ではなくて、Wikipediaは間違いかの議論をしている?

また、Wikipediaでみると「大将」の動きもEルールのように思うのですけど・・・。
#Eルールは、同格以上の駒は飛び越えられないけど、その駒上に着地は出来る(その駒を取れる)と
#いうことですよね?

天竺大将棋と大局将棋とで、大将の動き方の「越えた駒の全てを一度に捕獲することも出来る」以外の
違いはなんでしょうか?
#着地ルール(格や敵味方は抜き)に関して、
#天竺大将棋・大将と大局将棋・四天王の着地ルールは同じっぽい。
#同じ大将なので天竺大将棋と大局将棋の着地ルールも同じだろうと。
#「大局将棋・大将」 = 「天竺大将棋・大将」、かつ、「天竺大将棋・大将」 = 「大局将棋・四天王」。
#よって、「大局将棋・大将」 = 「大局将棋・四天王」。
#じゃぁ、ないのかなぁ・・・。
#で、四天王ならCルールだけど、大将は味方の駒も取れるのでEルール、かと。
#「大局将棋・大将」≠「天竺大将棋・大将」、または、「天竺大将棋・大将」≠「大局将棋・四天王」ならば、
#「大局将棋・大将」≠「大局将棋・四天王」で納得なのだけど。


167 :名無し名人:2006/11/29(水) 12:11:10 ID:UDM5EdJc
>>162
一、棋譜に関して
「じっと成」と単なる「じっと」で区別しても良いし、
棋譜上に一切「じっと」の文言を使用しないという方針でも良い。
二歩目で初期位置の隣接地点に移動する例も、元より確実に二歩動いており、
特に一歩目が重要な役割を果たしているというのに、一歩で移動した場合と
同様の棋譜になると考えるほうが不自然であり、一歩目も記述すべきである。
仮にそうでなくとも、前述同様「成」又は「不成」を付すことで混乱は生じない。

二、「成るのは移動が完全に終了した後である」の文言に関して
「敵陣に入ると『成駒』になれる」ともあり、「敵陣に入る」の条件を満たすと
「移動が完全に終了した」時点で成れる、とするのが自然な解釈であると思われ、
「成るのは」という文言を「成りの判断をする時期は」と解するのは困難である。
該文言は恐らく『はじめての中将棋』にある、麒麟で敵陣へ入った瞬間に獅子と成り
更に一歩動けるという突拍子もない解釈を封じた解説か、是に類似した文章を
簡略化したものと思われる。
一歩目で敵陣に入った瞬間でなくとも移動が終了した時点で成れる、というのは
寧ろ甲説に有利な文言とも言える。

三、一手の判断に関して
>>162は入った一手で最終的に敵陣外にいるのは疑問を感ずると言うのであるが、
現に一旦敵陣に入った上で退いて敵陣外に出た一手なのであって、
「おかしい」と感ずる要素が見出せない。
又、「一手 > 一歩」という式を掲げているのであるが、
正確には「一手∋一歩」と言うべきである。即ち、一手には入った一歩と
出た一歩が含まれているということであるが、成りの要件としては「入った」ことで
足るのであって、「出た」ことは影響しないのである。言い換えると、
問題の一手は「入っていない一手」なのではなく、「入って出た一手」なのである。

168 :名無し名人:2006/11/29(水) 13:50:27 ID:pr4wFjKz
>問題の一手は「入っていない一手」なのではなく、「入って出た一手」なのである。
前述のとおり、私は「『最終的に敵陣外にいるという事実』が最優先」という立場です。
「入っていない一手」とは、「入って出た一手」を「その一手は、入ったとみなさない」と
いう意味で記述しています。

> 成りの要件としては「入った」ことで
> 足るのであって、「出た」ことは影響しないのである。
私は、そうは思いません。
「じっと」で成れるかは、成り方式にも絡んでくるかと思います。
一歩目で成って引いたでしょうか?これは移動終了後に成る、に矛盾しますよね?
一歩目で不成りで二歩目引くときに本将棋方式で成りでしょうか?この場合、中将棋方式では
成れませんね。
一歩目で入った事実のみ重要で、成り方式は関係なく成るのでしょうか?この場合、
「入った」は考慮し、「動き」は考慮しないのは「おかしい」ですよね?
一歩一歩を考慮するなら「出た」ことも考慮する必要があると思います。


私は立場は「入っていない」ですので、成り方式も関係なく、また、「じっと」はどういう経路を
通ったかに関わらず単なる「じっと」となりますので、いちいち棋譜に経路を明記する必要は
なくなります。
ルールをいちいち場合分けして複雑化するのもどうかと思うのですが。


>「成るのは」という文言を「成りの判断をする時期は」と解するのは困難である。
私は、「成りの判断をする時期」と判断します、ということです。
解釈はいろいろあるので、>>164がどういう意味で書いているかが気になっているところです。
甲派:乙派が、2:2になるか、1:3になるか、で大違いですもんね。


169 :名無し名人:2006/11/29(水) 17:06:29 ID:UDM5EdJc
>>163
一、大局将棋以外で味方を取る駒に関して
天竺大将棋の大将・副将・飛将・角将は可能とも言われている。
不可能とも言われるが、詳細は不明。少なくとも『世界の将棋』では
天竺大将棋の大将と大局将棋の大将は同一であるとされている。

二、味方の無明・提婆を取った場合に関して
>>163は「敵方の」という文言に特別な意味はないというのである。
確かに可能性としては充分にあるが、「根拠とするのは弱い」とするほどの
理屈ではないと考えられる。無明・提婆という駒は、最初が如何に弱くとも
修行を続けることで立派な僧になれるという教育思想を反映させたものと考えられ、
取った敵駒が成るというのが守れなかった指し手に対する代償であるとすると、
犠牲にしたというのですらなく、直接手に掛けたことで成るという考え方は
受け入れ難い。
又、「序盤の大将・副将の動きを抑制する意味」が考えられるというのであるが、
>>154で言った「重要」とは「味方の精鋭として重要」という意味であることは
言う迄もないが、無明・提婆を取った駒が成るという規則を準用させた段階で
一方的に迷惑な駒となってしまうことは>>154で既述しているのであり、斯かる上更に
邪魔駒としての役割を担わせる意図があったとは到底考えられないのである。
尤も、>>164の言う様に抑々大局将棋に準用すること自体が疑問なのであって、
仮定の話を過度に長引かせることは無益であるから、準用すべきという考え方が
有力に主張されない限りは、該議論は終了すべきではないかと思う。

170 :名無し名人:2006/11/29(水) 17:31:01 ID:UDM5EdJc
>>164
一、「何でも盛り込む必要」に関して
大方同意する。但し、通常の動きと特殊能力を直ちに同列に扱えるかは些か疑問である。
火鬼の「焼く」や獅子の足がある場合の特例も絶対に無いとは言い切れない。
特に火鬼は、「焼く」という能力が備わったとしても既に均衡を失するような舞台ではなく、
議論の余地はあると言えよう。

二、摩羯の動きに関して
>>164は、摩羯は駒を取らずとも曲がる際には着地したと解すべきだと言うのであるが、
飽く迄も角行に喩えるならば二度動かした様なものと言うに過ぎないのであって、
走っている「途中で」方向を変えるのであると解するのが妥当と考える。
駒を取ったら止まるという動きは正に一度の走りであると考えられるからである。
棋譜に関しても、転換地点が表記されなくとも一切の混乱は生じないのであるから、
無用ではないかと考えられる。

>>166
三、Wikipediaとの差異に関して
大局将棋に関する最も重要な資料である『大局将棋駒』を未確認なので
確実なことは言えないが、>>148の言う様に『世界の将棋』には無明・提婆に関する
特殊規定は記述されていない。信憑性は乏しいと言える。
又、大将の能力に関しても、「大将」の項目では>>166の言う様に大局将棋の四天王の様な
動きと記述されているが、「天竺大将棋」の項目では大局将棋の大将と同様な記述が
為されており、諸説を列挙せずに専ら著者の解釈のみを漫然と記述した弊害が生じている。
他にも、>>147の言う元龍の動き、更には奔鷲の動きも『世界の将棋』とは異なる。
老鼠の成駒の名称も「時鳥」は二字ではなく縦書きの一字であるとしており、全ての駒に
漢字の読みが付されているが根拠不明なものも多い。
尤も、奔鷲は仮に原本に「居喰い可能」の様にのみ書かれていたとしたら、
充分にあり得ることと考えられるし、「時鳥」も元々縦書きであったのであるから、
「時」と「鳥」が二字であるのか一字であるのかは容易に判断し得ないのであって、
『世界の将棋』の方が必ず正しいとも言えないが、一般的には信憑性は劣ると言える。

171 :名無し名人:2006/11/29(水) 19:51:06 ID:pr4wFjKz
>>169
>準用すべきという考え方が 有力に主張されない限りは、
Wikipediaでは「ある」ことになっています。「提婆または無明を取った駒は、取った駒を裏返して
教王または法性に成る。」と公言しているんです。
そして、世間一般的には、一掲示板より、むしろWikipediaの方に効力があると考えます。
Wikipediaにて公に記述されていることは「有力な主張」にほかならないのではないでしょうか?
こんなところでこんな議論をしていること認識している人は皆無といって過言ではないでしょう。
「ない」という具体的な根拠も挙がってはないかと思います。
よって、世間一般的には「ある」が主流であり、ここではむしろ「ある」が前提で、
「Wikipediaは間違い」ということを示す側だと認識していますがいかがでしょうか?
で、
>「採用するかどうか」、ではなく、「Wikipediaであることになっているけど、よいの?」です。
です。

> 無明・提婆を取った駒が成るという規則を準用させた段階で
> 一方的に迷惑な駒となってしまうことは>>154で既述しているのであり、斯かる上更に
> 邪魔駒としての役割を担わせる意図があったとは到底考えられないのである。
これは、私なら「戦略の幅が広がる」と表現します。
もっとも、そんなに複雑にしても使いこなせないでしょうけど。


172 :名無し名人:2006/11/29(水) 21:36:08 ID:wJyAMu0u
「僕が正しい!だってWikiに書いてあるんだもん!
 Wiki内容のソースはないけど、Wikiに書いてあることはとにかく正しいの!」

だってさ

173 :先手5人目:2006/11/29(水) 23:04:11 ID:NGt9speI
対局に関しては FLASH に従うということで問題ないでしょうか?

先手は摩羯を不成で敵陣に突っ込ませようと思っていたので
言いにくいのだが、以前の飛び越して捕獲の議論でも
対局は FLASH に従うということで問題なかったはずです。

これは対局に関しての話です。
ルールの議論は続けて行くべきだと思いますが
対局とは別と考えます。

現状、私は議論に参加していない状況ですが
ちょっと内容が難しいのでついていけてない状況です。
いずれできたら参加したいと思います。

174 :先手5人目:2006/11/29(水) 23:11:49 ID:NGt9speI
ちょっと補足
私は、以前の飛び越して捕獲の議論でも FLASH に従うことを
支持していたので、私が FLASH を神格化しているように思う人が
いるかもしれませんが、そうではありません。

現状は「明確なルール」というものが FLASH しか
存在しないので、対局は FLASH に従うのが適切と思います。

サイトまたは本を参照するにしても人によって解釈が違うが
FLASH を使えば誰でも同じはずです。
FLASH を起動(表示?)した人によって FLASH の動きが
違うということはないでしょう。

よって、対局でみんなが同じ条件で指すためには FLASH が一番便利であると思います。
FLASH のルールが正しいかどうかは別の話です。
ルールが間違っていたとしても、みんな同じ条件です。

繰り返しになりますが、以上は対局に関しての話です。

175 :147:2006/11/29(水) 23:26:54 ID:pr4wFjKz
すみません。
書き方が悪かったですね。
>大局将棋ソフトと対局できるの作くれればなって、思ったりして。
なので、ルールは、はっきりできるところを明確にしたかったのです。
人間対人間なら、困ったときにその都度考えて決めればよいですが、プログラム的には
初めから用意しておかないと、如何ともしがたいので。
そこで、ルールも含め、いろいろと、いろいろと勉強中なのです。
作るとすると、言語は、html?、java?、script?がいいのかな。
で、もし、それを公開できたとしたら、ルールはここを参考にしました、
と書くのは、「Wikipedia」かなと思っているので。
初めて「Wikipedia」を見た人は、裏事情を知る分けもなく、ああそうなんだ、
と思うんじゃないかと思ったもので。

改めてですが、ここでレスをくれた方には、とても感謝しております。
ありがとうございます。
もし、その時が来たら、何か特典とか用意できればと思っています。
その時は、合言葉は、「147さん、XXXです。じゃあ、そういうことで!!」ということで。
ちょっと、やるき。いつになるか分からないけど・・・。

実際問題として、通信対局は実現的でないだろうけど、駒得のみで、
プレイヤーが各駒に値をセットして、自動対局で勝負を決める、とか、どうかな?
いつになるか分からないけど・・・。


176 :名無し名人:2006/11/30(木) 01:14:49 ID:9O77EM2g
>>171
だ、大丈夫か? 世間一般的にはWikipediaは情報源にならないぞ
そんなこと大学以上の学識を持つ人の前で言ったら失笑を買うか嘲笑されるって
あんなものは個人の意見でいくらでも書きなおせるんだよ。公でもなんでもない
>>168も同じな。Wikipediaで何と言ってようがそれだけじゃ説得力ないよ
ま、それ以前に>>168の解釈は全面的に無理があると思うが・・・

それにしても>>170とかの人は忙しいんかな? 理論的には筋が通ってるんだがレス遅いかも

177 :名無し名人:2006/11/30(木) 02:05:58 ID:GmqTHy25
>>164の者です。

Yahoo!辞書では「将棋」について、〔互いに一手ずつ動かして…〕と
書いて有ります。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B0%86%E6%A3%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=08978800

チェスのプロモーションは[昇格]の意味が有る様ですが、
成りについては、一手ずつ、つまり行動を終えてから、
[昇格]が可能になる、これも含めて任意が適切だと思います。

獅子とか一手で二歩移動が出来る駒は、一歩だけ移動して
一手を終えても良いし、二歩移動して一手を終えても良いはずです。
行動を終えてないのに、[昇格]が可能になるのは、不自然だと
思われるからです。
獅子が、一歩だけ移動して成れば、その段階で、その一手が
終了するのが妥当かと思います。
二歩移動する場合は、一歩目で成れずに、二歩目が終了した段階で
成るのが妥当かと思います。
二歩移動で、一歩目で敵陣に進入(移動途中)して成って、
二歩目で敵陣から出る(移動終了)のは、
二手指しと思えるからです。

摩羯に関してですが、角行の動き2回、つまり、×型の動き2回なので、
途中で方向転換して移動するにしても、[右斜め→左斜め]と
[左斜め→右斜め]の2種類の移動パターンが考えられるので、
棋譜で方向転換のマスを明確にする必要が有ると思います。

鉤行の様に、+型の動き2回なら、途中で何処で方向転換して移動したか、
移動パターンが1種類なので分かり易いですが、
皆がリアル・タイムで見てる訳じゃないので、
棋譜で方向転換のマスを明確にした方が分かり易いと思います。

178 :名無し名人:2006/11/30(木) 04:36:30 ID:GmqTHy25
補足です。

>>156の図で、一歩目で歩兵を取り獅鷹に成ると、
獅子としての二歩目で金将を取るのは、
「獅子としての二歩目」=「獅鷹としての一歩目」となり、
更に「獅鷹としての二歩目」として、もう一歩の移動が可能となり、
一手で計三歩の移動が可能になると思われ、
これが二手指しになると思います。


179 :名無し名人:2006/11/30(木) 04:44:06 ID:GmqTHy25
獅子の成りは獅鷹じゃなくて、奮迅でしたね。
間違えました。すみません。

>>178は獅鷹を奮迅に訂正します。



180 :名無し名人:2006/11/30(木) 06:16:47 ID:a8971DHF
> >>168も同じな。Wikipediaで何と言ってようがそれだけじゃ説得力ないよ
すみません。
私が言いたかったのは、「Wikipediaの信憑性が高い」とかではなく、
「Wikipediaの知名度が高い」のではないか?ということです。
もし、何も知らない人が大局将棋についてちょっとルールを調べたいと思った場合、
参照する確率はWikipediaが一番高いのではないか、ということです。
もっとも、これは私の勝手な思い込みですので、いやいやこっちが上でしょうという
サイトがあれば、是非教えていただきたいと思います。
その場合、上記での記述はまったく意味をなしませんので、訂正し、お詫びいたします。

参照される確率が高いサイトにある記述は、信憑性はともかく、それなりに影響度が
大きいのではないか、と考えてのことです。
#絶対値が小さいので、過敏になりすぎかもしれません。

信憑性で言えば、このスレがもっとも信頼できるものであり、[無明・提婆のルール]に
関しては、Wikipediaから消そうという流れにならないかな、と思っています。

とにかく私の書き込みで不愉快な思いをされた方もおられるかと思いますので、
お詫びいたします。
申し訳ございませんでした。


> ま、それ以前に>>168の解釈は全面的に無理があると思うが・・・
まあ、そういう面もあるかもしれません・・・。

>>164さん、>>176さん、先手5人目さん
成りに関する>>155での案、>>156図のケース、および、この図での「じっと」に
関する>>158での案の、どの案を支持されますでしょうか?
よかったらお聞かせいただけると幸いです。
#私は、>>155でB-2、>>158で乙説です。

だいぶ煮詰まってきたかな・・・。

181 :名無し名人:2006/11/30(木) 18:07:25 ID:ezlgIQpd
>>168
一、「入って出た一手」の解釈に関して
「入って」という部分を認めながら、入ってすらいないと解釈する論理的説明が
欠けている。「出た」ことで「入った」事実自体が消滅するとは通常考えられない。

二、「『出た』ことは影響しない」の解釈に関して
>>168は、単に「私は、そうは思いません」として異議を唱えるのであるが、
『世界の将棋』他が「敵陣に入れば成る」と名文で示しているのであって、
斯かる点で否定することは流石に「禁じ手」と言うべきである。
恐らく、「成りの要件としては」の文言を見落としていたために起こった
著しい解釈の誤りと思われるが、「入って」と言った瞬間に「入れば」の要件は
満たすのであって、「出た」ことは「成りの要件としては」考慮されないという意味で
言ったものであり、出た行動自体を無視する趣旨のことは言っていない。
「おかしい」とするならば、それは甲説の主張に対する解釈が「おかしい」のである。

三、「じっと」で成る場合に関して
何を如何様に曲解したのか明らかでないので、余り正確なことは言えないが、
「入った」ことで成りの条件を満たし、一手を終えた時点で成るという考え方である。
「出た」ことが「成りの要件としては」影響しないことは既に述べている。
敵陣に入ったことで成るというのは中将棋方式でも本将棋方式でも共通である。

四、棋譜の複雑化に関して
何を複雑と言っているのか明らかでないが、敢えて無駄に「じっと」と表記したがるから
複雑になるとも、「じっと成」の何が複雑か不明とも言える。

五、Wikipediaの記述に関して
>>168は、「成るのは」という文言を「成りの判断をする時期は」と解するというのである。
ところが、大局将棋の規則として着地点のみで判断が行われる可能性はあるにしても、
該文言自体を然様に解釈することは文理上不可能に近く、又、そう解したとしても
Wikipediaが信頼ある情報源に基づいていることが証明されない限りは、単なる
一説としての地位を超えるものではないのである。

182 :名無し名人:2006/11/30(木) 18:07:57 ID:ezlgIQpd
>>166
一、大将の動きに関して
大将の議論に入ると相当面倒なことになることが予想されるので、他の議論との
同時進行は避けるべきかと考えていたが、獅子の成りに関する議論も千日手の様相を
示してきているので、頃合かも知れない。取敢えず簡単に答えると、
味方の駒を取れるのは飛び越している最中のみであって、着地点には及ばない。
現に着地点では駒の格は影響しないとして飛越中とは区別しているのに、
味方の駒を取れるという点だけ適用すると主張するE説は矛盾していると考えられる。

>>173
二、対局上の規則に関して
少なくとも議論が集結する迄は、現行規則を改正すべきではないと思われる。
唯一つ、可能ならば改正すべきと考えることがある。麒麟の動きである。
確かに、『世界の将棋』を見ると現行の動きなのであるが、『大局将棋駒』
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kapitan/jpg/kp041dl.jpg
を見ると、中将棋の麒麟と同様、前後も跳ねなのではないかと考えられる。
『大局将棋駒』は当然最優先すべき資料であるから、我々が直に見て
中将棋と同様だと感ずるならば、麒麟の動きは改定すべきではないかと考えられる。

>>177
三、成る時点に関して
所論は妥当であるが、「二歩目が終了した段階で成る」というのは甲説・乙説共に
支持するところであり、現状異論はないのである。
論点は、「入っていない一手」であるのか、「入って出た一手」であるのか、
ということなのである。途中で成るという考え方は元より支持されていない。

四、摩羯の棋譜に関して
鉤行に「縦→横」と「横→縦」の二通りの可能性があることと何の違いがあるのか
明らかでないが、何れの軌道であったかという事は、一手として何らの影響も
与えるところはないのである。少しでも正確な情報を伝えようとする姿勢は
知識人としては極めて素晴らしいのであるが、棋譜上必要な情報とは言えないのである。

183 :名無し名人:2006/11/30(木) 18:20:37 ID:io4xVLis
確かに麒麟は明らかに間違いだよなぁ
出来れば直したい

184 :名無し名人:2006/12/01(金) 01:41:54 ID:CgcMtzH0
>>182
>味方の駒を取れるのは飛び越している最中のみであって、着地点には及ばない。
こうゆうルールがあったんですか。
>>9の説明では分からなかったもので。
>>9の説明に、敵味方で動き違うことと、特に「将棋」として最重要事項だと
思いますので「着地点には及ばない」を明記しておけばよいのではないでしょうか。
ちなみに、「敵の駒を取れるのは」はどうなるのでしょうか?
これも明記しておけば誤解もないと思います。


> 現に着地点では駒の格は影響しないとして飛越中とは区別しているのに、
> 味方の駒を取れるという点だけ適用すると主張するE説は矛盾していると考えられる。
すみません。上記のルールを知らなかったもんで、「将棋」というものは
「動く先(着地点)に駒があるとき、その駒を取れる」は、いちいち書くまでもない
暗黙のルールかと思っておりました。
よって、「飛び越える」と「着地する」は別々で、着地する場合には暗黙ルールとして
格は関係ないものとして扱うものと思ったのですが、前提が間違っていたのでお話に
ならなかったということですね。
チェスのポーンのように、「動く先」≠「駒を取れる」となるものが大局将棋にも
あったということですね。


185 :名無し名人:2006/12/01(金) 02:10:18 ID:LBnv3i3A
>>156の図の場合の成りについてですが、
一歩目で一手を終えても、二歩目(最終歩)で一手を終えても、
成る権利が生じる(任意)と考えます。

一歩目で敵陣に入ったが「不成り」を選択したと考え、
二歩目(最終歩)で敵陣から動く時は中将棋連盟方式が妥当かと、
個人的には思います。


186 :名無し名人:2006/12/01(金) 08:23:00 ID:CgcMtzH0
ちょっとぼやきです。
全否定されちゃってるからなぁ・・・。

仮に「※の動き」が、Eルールだったとします。
そうすると、先手の初手で、いきなり後手の太子を取ることができ、さらに王手です。
後手は、これを放置できませんので、取る一手です。
この後、後手からの同様の手順があり、これでは序盤で、玉属性を持った駒がいきなり1対1と
なってしまいますので、いまいちです。
もっとも敵の太子と引き換えなら大将を犠牲にする価値はあるのかも。

そこで[無明・提婆のルール]です。
このルールは特別ですので、駒を取った瞬間に成るのでしょう。
これでいくと、初手に先手の大将は後手の無明を取った瞬間に法性となり、この位置で止まることとなります。
後手はいきなり太子を取られることはありません。
後手は次にどうしますか?法性を取りますか?それとも大将で先手の無明を取りますか?
少なくとも次の手を縛られることはありません。
ここで初期配置において、提婆と無明が逆だとします。
そうすると、初手に先手の大将は後手の提婆を取った瞬間に教王となり、この位置で止まることとなります。
しかし、止まりはしますが、太子取りになっています。これでは、後手は取る一手になるでしょう。
初期配置の提婆と無明の位置関係にも意味があるのです。
そもそも、上記の場合、大将がもったいないので、こんな手順はまず選ばないでしょう。
ここで成りが味方にも適用されるなら、上記手順を「選べない」であり、いきなり荒れることもありません。

こう考えると、初期配置において提婆と無明の間の位置関係、大将との位置関係に
「序盤の大将・副将の動きを抑制する意味」がある考えるのはあながち間違いではないのじゃないかと
思うのです。

私は、素直に「※の動き」はEルールだと思いましたし、[無明・提婆のルール]があることも不自然と
思いませんでしたし、これら双方のルールと初期配置とが一体となることでバランスは取れていると思いました。
これに関し、よく考えられているなぁ、と思っていたのですが・・・。



187 :名無し名人:2006/12/01(金) 08:54:37 ID:CgcMtzH0
>>186の補足。
>後手は次にどうしますか?法性を取りますか?それとも大将で先手の無明を取りますか?
では、同大将で、王手ですね。
次、玉将を取られ、玉属性を持った駒がいきなり1対2となっては後手に有利すぎますので、
先手は、無明を大将のライン上に持ってくるしかないですね。
後手は、大将がもとの位置に戻り、太子取り。
先手は、無明がもとの位置に戻り、これを防ぐ。
千日手模様ですかね。

こんなやり取りもあったかも・・・


188 :名無し名人:2006/12/01(金) 18:01:43 ID:+QLGkUnI
>>184
一、「着地点には及ばない」に関して
>>182は言葉足らずであったが、「着地点には及ばない」という名文は無い。
『世界の将棋』の大局将棋の項目では、>>9の文言の「飛鰐は」と「自分より」の間に
「天竺将棋の走りと同じで、」の一句が存在しており、天竺将棋の項目を見ると
「これらの駒は通常の捕獲方法に加え、自分の進行方向に、自分より格の低い敵の駒と
自分の駒がある場合、それらを飛び越えて、飛び越えた格の低い敵の駒全てを自分の駒と
一緒に捕獲する。」
とあり、味方の駒を取れるのは「飛び越えた」場合に限られると考えられ、そうすると
文理的には着地点で取る駒は「飛び越えた」駒に含まれないと考えて述べたものであって、
確かに「着地点の駒」も「飛び越えた駒」に含むと修正解釈することは可能であり、
D説ならば直ちには否定し得ないが、格と味方の駒で扱いを異にするE説は不合理であるとの
意味だったのである。反論の余地も充分にある。

文法的には「飛び越えた」は「自分の駒」に係らないのではないかという批判が考えられる。
ところが、係っていないとしても、「飛び越えた」に該当しない味方の駒を取れるとすることは
直ちには不可能である。取れるとするには、大将等の駒が生来味方の駒を取れる性質を
有しているとの解釈が必要となるであろうが、然様に重大な例外事項を明記しないということが
あり得るのかという疑問は残る。仮に生来の性質であるとすると、副将の跳ねや
猛龍・飛鰐の踊りでも味方の駒を取れるということになるであろう。

189 :名無し名人:2006/12/01(金) 18:02:33 ID:+QLGkUnI
>>186
二、無明を取った場合に関して
>>186は、無明を取って法性に成ると無明がいた位置で止まる、という前提が必要となるが、
『世界の将棋』は「一緒に捕獲する」としているのであり、着地の時点で飛び越えた全ての駒が
同時に取られるのだとすると、太子を取り、太子のいた地点で法性に成るということになり、
抑制されていないことになる。
又、提婆であったとすると教王に成っても太子取りになると言うのであるが、>>137で言う
戊説が有力と考えている立場なので、そうすると太子取りにはならないということになる。
大将を抑制する意味ということに関しては、相手の大将を抑制する意味ならば賛同し得るが、
味方を抑制する意味ならば、既述の如く反対である。

再び大将の話に戻ると、
>>9で引用された方の文章が、「幾つでも飛び越して、自分のものを含む全てを捕獲」ではなく、
「幾つでも、飛び越して自分のものを含む全てを捕獲」と妙な読点の打ち方をしているのも
味方の駒が取れるのは飛び越えた場合のみ、と強調したものと考えることも可能であり、
無明が大将を止められないとすると初期状態で太子が取れることになることからも、
E説は現状では賛同し難い。

190 :名無し名人:2006/12/01(金) 18:03:24 ID:+QLGkUnI
>>185
三、獅子の成りに関して
>>185は要するに丙説ということであると思われる。
成程。敵陣一歩手前にいる獅子が敵陣へ二歩入り敵駒を取らなかった場合成れないということに
違和感を感じないと言われると意外に反論が難しい。或いはあり得るかも知れない。
但し、踊りが複数駒を取れるとする立場であるならば、問題は獅子だけに止まらないことになり、
踊りで敵陣に入る際、駒を取らずに成る場合は全員一旦敵陣最前列で止まる必要が生ずることを
留意しておかなくてはならない。
尤も、より敵陣奥へ突入したというのに却って成る機会を失うというのは、主観的には依然として
不自然な感が残る。

191 :名無し名人:2006/12/01(金) 22:17:56 ID:CgcMtzH0
>>188
>>184での
>ちなみに、「敵の駒を取れるのは」はどうなるのでしょうか?
に関しては、いかがお考えでしょうか?
私は、ちょっと、どういう理由でこのスレで>>10でのAルールとしたかが、思いつかないもので。


よく分からなくなってきたのですが、「格下」はどこに掛かるのでしたっけ?
  (1)「格下の駒を飛び越えられる」+「飛び越えた駒は取れる」
  (2)「格下の駒を飛び越えられる」+「飛び越えた格下の駒は取れる」
  (3)「駒を飛び越えられる」+「飛び越えた格下の駒は取れる」
(3)では、同格以上でも飛び越えられることになりますが、(3)はないですよね?
私は(2)だと思っています((1)だとしても意味的に影響はない)。

これを踏まえ、飛び越えられない時は、どこに着地するのでしょうか?
  (i)同格以上の駒の直前。
(ii)同格以上の駒の上。

私は、将棋では、駒の行けるマスに駒がある場合は、その駒は取れるもの思っています。
#味方のいるマスには行けないので、味方の駒は取れない。
また、感覚的に、最弱の歩兵ですら玉将・太子・大将という駒が取れるのに、
「将」を名乗るものが、玉将・太子・大将等を取れないはずはないと思っています。
これらから、(ii)であり、着地地点の駒を格と無関係に取れる、今回、味方の駒は直接
とれないだろうということで、Cルールと思います。
#(i)だということなら、Bルールになるかと。なぜにAなのだろう・・・。


192 :名無し名人:2006/12/01(金) 22:19:25 ID:CgcMtzH0
>>189
> 二、無明を取った場合に関して
>>>186は、無明を取って法性に成ると無明がいた位置で止まる、という前提が必要となるが、
これは以前、
> 「無明、法性になる、獅子奔王二枚のふるまいを兼て、臨機應變にこれをつかふ、
> おそよ〔凡その誤か〕何馬にても敵方の無明を取りたる馬は、敵陣の内外を論ぜず、
> 其處より取替へ法性に成てつかふなり、」
と引用いただいており、これは「駒を取った位置で」という意味ではないのでしょうか?
[無明・提婆のルール]を適用する場合、その特殊性から、「※の動き」より、優先される
ものと考えます。

> 又、提婆であったとすると教王に成っても太子取りになると言うのであるが、>>137で言う
> 戊説が有力と考えている立場なので、そうすると太子取りにはならないということになる。
このスレの方針では、太子取りかと思います。

「※の動き」と密に関係するルールなんじゃないかと思います。


193 :名無し名人:2006/12/01(金) 22:21:03 ID:CgcMtzH0
「成り」のルールに関して、
以前、>>148にて、
> 「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る。」としか書いてないからよくわからん
> 素直に読めば「成れる」じゃなくて「成る」だから強制成りとも考えられるが…
という回答をいただきました。

現在、「成り」のルールにおいて、いろいろ議論があり、もめておりますが、これでは、ルールを
明記すべきであったのにそれを書いていない、ということで、著者に落ち度があったことになります。
これは、いやいやそうではなく、大局将棋では、「強制成り」のため、書く必要がなかったから
書いていないんだ、と解釈するのが自然ではないか、と思うようになったのですが、いかがでしょうか?
ここで、「著者に落ち度があった」とすると、この資料の信憑性を落とすことにもなりかねません。

他に信憑性を上げることを考えると、まず、資料が執筆された時代における、他の将棋の「成り」に
関するルールを調べます。ここで、
  (1)ルールが同一である。
   ルールは同一ですので、明記しなくても同一であることが自明であった可能性があります。
   この場合、当時もっともよく指されていた将棋のルールを採用します。
  (2)ルールがそれぞれ異なる。
   この場合、前述の通り、「強制成りのため書く必要がなかった」と判断し、「強制成り」を
   採用します。
という案もあるかと思います。
#本将棋と中将棋は、もともとルールが違うのか、途中でいつ分化したかが鍵かと。

文意からも、状況からも、著者の名誉のためにも、「強制成り」がよいのではないでしょうか?



194 :名無し名人:2006/12/02(土) 12:52:56 ID:xCp7k/cJ
一、成りの規定に関して
>>193は、文意・状況・著者の名誉を考慮すると強制成りが良いと言うのであるが、
「成れる」でなく「成る」とあることが文意として強制成りを意味しないことは
既に述べており、当時一般的に敵陣強制成りを採用した将棋は存在しないことから
状況的にも不自然であり、寧ろ不成の選択が不可能である旨を明記すべきと言える。
「資料」とは何を指しているのか不明であるが、『世界の将棋』が『大局将棋駒』に
記述されていないことを記述しないことが落ち度と言える道理はないのであるから
『大局将棋駒』であると考えるが、『大局将棋駒』は現存する唯一の原典であり、
相当合理的な疑いのない限りは、何れにも優越して信憑性があると言うべきである。
尚、議論が激しいのは、成りの方式と言うよりは獅子の成りであるが、該事例は
考案者自身が想定していなかったことと考えられる。実質獅子にしか適用されず、
二歩しか進めない獅子が、大して強化されないのに敵陣迄向かい、敵陣一歩手前で
足を止めた、という条件が必要となる特殊な事例なのであるから無理もない。
中将棋ですら、獅子の、歩兵と仲人は喰添(付喰い)の対象にならないという
特殊規定に関して、歩兵や仲人自体が唯一の足であった場合には如何に解するのか
想定されていなかったという事実があり、我々にも当然にあり得ることであるから、
見落としがあったとしても、過度に咎める資格はない。
問題は然様な事態に遭遇した際に、現存の規定を基に如何に解釈して適用し、
整合性を高められるかである。完全な規定があるならば元より議論の余地はない。
成りの規定に関しては、当時一般的に行われていて、同じく敵陣成り方式である
本将棋か中将棋に則るべきであると考える。本将棋の方がより広く行われていたが、
大型将棋として類似性の高い中将棋の方が、大局将棋に準用するには相応しいと
考えられるので、中将棋方式が妥当であると解するものである。

195 :名無し名人:2006/12/02(土) 13:01:13 ID:xCp7k/cJ
二、獅子の成りに関して
>>185は丙説が妥当と考えると言うのであるが、『中將棋指南抄』に
「成駒はてき地へ入る時なる也、す馬にて入、二の手には不成、
てきの駒をとりては、内にてもなる也」
とあり、次の「手」では成れないと言うのであるから、中将棋方式を採用するならば
成りの規定は一手単位で定められていると考えられる。そうすると、一歩目を不成で
入ったとしても、二歩目は「二の手」とは言えず、入った一歩目と共に一手として
数えられるのであるから、一手完了後に成れるとする甲説が妥当と考えられる。

三、「格下」が何れに係るかに関して
『世界の将棋』の記述では、格下の駒が在る場合「それらを飛び越えて」とあるから、
先ず「飛び越える駒」に、次に「飛び越えた格の低い敵の駒」を捕獲するとあるから
「取る駒」にも係ることとなる。

四、無明がいた位置で止まるかに関して
>>192は「其處より」という文言を引用して止まることを肯定するというのであるが、
>>192自身「駒を取った位置で」と解釈しているのであり、既述の如く飛越完了時に
飛び越えた駒を「一緒に捕獲する」とすると、取った位置とは太子の位置を意味し、
「無明がいた位置」ではないことになる。

196 :名無し名人:2006/12/02(土) 13:47:46 ID:xCp7k/cJ
五、教王の動きに関して
「#」即ち「+++→」の動きが現行の規則となっているのは、『世界の将棋』に
「+++→の説明については、原点では詳しい説明がなく、不明であるが筋が
3つ引いてあるものは、駒を3つまで飛び越して走りが出来るものと思われる。」
とあることに基づくものであるが、御覧の様に現代人の推測である旨が
明記されている。ところが、該記号には説明というべきものが存在するのである。
「+++→」という記号は『象棋六種之圖式』で用いられているものであり、
教王の動きも八方に「+++→」で表されている。同書「摩訶大大象棋口傳」では
教王の動きが名文で示されており、>>154で引用した様に「奔王狛犬二枚の
ふるまいを兼た」ものとしている。但し、摩訶大大将棋の狛犬は八方に3○である。
すると、「+++→」とは走りか3○かの選択という動きを意味することになる。
『象戯図式』にも、教王「狛犬奔王之行走兼」、狛犬「頭尻上下四角両脇三踊」とあり、
解説が誤りである可能性は低い。これは名文の解説といっても過言ではなく、
九割八分正当な解釈と考えている。
『大局将棋駒』然りであるが、古い文献では移動可能な地点は「・」と「−」で
表しており、「−」の途中に「・」を記しても判別し難いことから直角に線を
引くことで表現したものと考えられる。
但し、現行の3○の規則では完全に走りに内包されることとなってしまうので
必然的に3○も疑問視しなくてはならないことになる。
尤も、前述の如く「・」とは「○」も「×」も「獅子の動き」も区別しないものであり、
「+++→」の場合のみ扱いをことにする可能性も充分にあり得る。斯かる意味では
摩訶大大将棋の狛犬も、「+++→」で走りと組み合わされるのも、「3・」と
表記されるべきかも知れない。

197 :名無し名人:2006/12/02(土) 15:39:03 ID:4GfKYO1l
>>194
>強制成りを意味しないことは 既に述べており、
これは、「強制成りか」を議論するのに、強制ないではない『中將棋指南抄』を
引用しており、議論としては不適切であるかと思います。
「強制成りであることの根拠にはなり得ない」かもしれませんが、 「強制成りで
ないことの根拠にもなり得ない」かと。

>寧ろ不成の選択が不可能である旨を明記すべきと言える。
文意として、「強制成りとも考えられる」ことには違いないと思います。
著者は書いたつもりでいるかもしれません。
そして「状況」とは、「不成り規定について書かれていないこと」を指します。
著者が、獅子の成りについて、これが想定外だっただろうことには、同意します。
しかし、既に本将棋・中将棋で不成規定が違う事実があるにも関わらず、本をまとめよう
という人が「不成り規定」も想定外だったと考えられるでしょうか?
むしろ、「本将棋・中将棋で不成規定が違う」なら、どちらに準ずるか、もしくは
改めて記述する必要があるかと思います。
現に本将棋・中将棋のどちらか、断定できる状況にはないわけですから。
これは、「強制成り」だからこそではないでしょうか?

>中将棋方式が妥当であると解するものである。
不成規定について自明とするなら、「本将棋の方がより広く行われていた」ので
あれば、本将棋方式かと思います。
まず必ず「本将棋と比較して」ということが念頭にあるだろうからです。
これに沿わないのでれば、その旨を明記すべきと思います。

著者が「強制成りを書いたつもり」でいる確率と「不成規定が想定外だった」という
確率でどちらが高そうでしょうか?

「見落とし」が多ければ、人はそれを信用できなくなってくるのではないかと思います。
そもそも、私は「見落としはなかった」という立場ですので、「咎める」など思いも
よらないことです。


198 :名無し名人:2006/12/02(土) 15:59:33 ID:4GfKYO1l
>>195
>四、無明がいた位置で止まるかに関して
>>>192自身「駒を取った位置で」と解釈しているのであり、
ええっと、私は、言い換えると「敵の無明のいた位置で止まる」と解釈しています。

>既述の如く飛越完了時に 飛び越えた駒を「一緒に捕獲する」とすると、 
とのことですが、以前、>>184にて、
>味方の駒を取れるのは飛び越している最中のみであって、着地点には及ばない。
との記述もあります。
「着地した時点」と「飛び越している最中のみ&着地点には及ばない」は矛盾して
いるように思います。
これは、敵味方で飛び越した駒の取り方・タイミングで異なるということでしょうか?
申し訳ございませんが、今一度、敵味方のそれぞれについて、どう解釈されているか
お教え願えないでしょうか?

さて、私は、[無明・提婆のルール]には「※の動き」を抑制する働きがあると
解釈していますので、
  (1)無明のいた位置で止まる
  (2)[無明・提婆のルール]は、「※の動き」より優先される
となります。

(2)がありますので、「※の動き」での駒の取り方、着地の解釈には影響されず(1)となる
という解釈です。


199 :名無し名人:2006/12/02(土) 17:56:25 ID:4GfKYO1l
>>196
>五、教王の動きに関して 「摩訶大大象棋口傳」より、
  (1)摩訶大大象棋・教王 =摩訶大大象棋・奔王 + 摩訶大大象棋・狛犬
が成り立つ。よって、摩訶大大将棋においては、「+++→」=「/」or「3○」、
である。ということですね。

各将棋において、同名の駒の動きは必ずしも一致しないと思います。
駒の動きにおいて、以下の(2)〜(5)で成り立つのでしょうか?
  (2)大局将棋・教王 = 大局将棋・奔王 + 大局将棋・狛犬
  (3)大局将棋・奔王 = 摩訶大大象棋・奔王
  (4)大局将棋・狛犬 = 摩訶大大象棋・狛犬
  (5)大局将棋・教王 = 摩訶大大象棋・教王
(3)は成り立つことは自明でよいですよね?
摩訶大大将棋の狛犬は八方に3○なのですから、(4)が成り立たないのは明らかで、よって、
「教王 = 奔王 + 狛犬」とする立場なら、(5)も成り立たないのも明らかです。

さて、大局将棋においても(2)に矛盾はありませんので、これが成り立つとすると、
 (6)大局将棋・狛犬 = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
と解釈可能なので、
 大局将棋・教王 = 大局将棋・奔王 + 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
         = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
となります。実際は、
 大局将棋・教王 = 「/」or「+++→」
なのですから、ここで、「+++→」の「+++」は「3マスまでの×」に相当し、「→」は
さらなる拡張と考えれば、大局将棋においては、現行の動きが素直な解釈となるかと思われます。
#もしくは、3マス飛び越えてから走る、か。鳩槃の動きの表現はどうなのでしょうか。

「+++→」の動きとして、大局将棋では金翅、大象、奔翅、元龍がそれを持っているようです。
ただ、奔翅、元龍は、大局将棋のみとなりますので、金翅、大象についても他と比較するとよいかと思います。

ちなみにWikipediaを見ていっらしゃいますか?こちらでは、狛犬の動きは「甲乙丙」の3歩動けるタイプになっているようです。


200 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:06:01 ID:xCp7k/cJ
一、成りの方式に関して
>>197は、文意として強制成りとも考えられると言う。
ところが、強制成りでないという文意にはなり得ないが、強制成りであるとの
文意にもなり得ないのである。『中將棋指南抄』でも「なる」が強制成りを
意味しなかった様に、それこそ当時一般的には「なる」という文言自体が
「成る」・「成れる」を表現するものではなかったのである。然るに、仮に
「成る」という文言だけで強制成りと認識させようとしたのならば、
結局は万人に理解させようとする意識が欠けていたと言えるのである。
又、「不成規定を想定しなかった」という話を持ち出しているが、飛躍しすぎである。
「本将棋の方がより広く行われていた」ということが気に掛かるようであるが、
本将棋は有名でこそあるものの、小将棋より独自に発展した特殊な将棋なのである。
中将棋を排して本将棋の規定を準用するとは、一般に考えられなかったであろう。
そうすると、敵陣成り方式以外に何も書かれていない場合は中将棋に遵うというのが
原則であったと考えられ、少なくとも一般に存在しない敵陣強制成りと解釈させる
意思があったとは考え難い。
尚、強制成り方式を採用するならば、成れる駒は、詰将棋の初期配置でも敵陣内で
不成状態でいることは許されないこととなるであろう。現実に存在した場面でなくとも
現実に存在可能な場面でなくてはならないからである。

二、大将の味方を取れる条件に関して
>>195は着地点で「一緒に捕獲する」ことは>>184の言動と矛盾すると言う。
成程、>>182は修正が必要である。「飛び越している最中」の文言は
「飛び越えた場合」と読替えるものとする。

三、「+++→」の動きの補足
>>196で述べた教王の事情を考慮した上で「+++→」(#)の動きが可能な駒を見ると、
何れも明らかに「3○」(3・)と関係あるということが明らかとなる。

201 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:06:15 ID:4GfKYO1l
>>199の訂正。
誤:
  さて、大局将棋においても(2)に矛盾はありませんので、これが成り立つとすると、
   (6)大局将棋・狛犬 = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
  と解釈可能なので、

正:
  さて、大局将棋においても(2)が成り立つとすると、
   (6)大局将棋・狛犬 = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
   という解釈に矛盾はありませんので、



202 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:07:31 ID:xCp7k/cJ
四、大将の諸説に関して
>>191は如何なる理由でA説が採用されたのか不明であると言う。
全く同意見である。>>10では明らかに説明不足である。過去に如何に画期的な
議論が為されていたとしても、結論を列挙するだけでは何れも根拠不明な説に
陥るものと言える。次からは各説の論拠と批判、及び批判に対する弁明程度は
記載しておくべきと考える。今からでも過去の議論を纏められる方がおられたら
是非纏めて頂きたい。

一応、過去の議論を踏襲せずに各説を考察するに、
E説は既述の如く、同じ飛越の際に認められる筈である格の規定と味方を取る機能を、
片方は着地点にも適用し片方は適用を否定するという不合理な解釈をしており
妥当でない。味方を取る機能が生来有する性質と解することも著しく困難である。
F説は何を論拠としているのか想像すら不能である。無理な折衷という感がある。
D説は「飛び越えた」駒に「着地点で取った」駒を含むと解するならば可能であるが、
文理的には途中の駒のみと言うべきであろう。

A説は飛越を伴う走りでは飛越でしか取れないが、他に奔王の走りも可能という
如何にも不自然な解釈がある。尤も、「通常の捕獲方法に加え」という文言が
『世界の将棋』に記されており、一理はある。ところが、奔王の動きが別に存在すると
解したとしても、敵駒がいるだけで移動不能になるという重大な例外を肯定する
理由にはならない。但し、防御側に何の隙もなくとも、問答無用で突撃されることを
嫌ったという点では、賛同し得ないこともない。

203 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:09:30 ID:xCp7k/cJ
四の二、大将の諸説に関して(続)
B説は、着地点の敵駒を取れるとした上に初期状態で太子を取れるという欠点を
封じた点で、適合性は高い。ところが、味方を取る機能は否定しながら、格の適用を
認めている点でE説と同様の批判が可能である。但し、大将系の駒は格を重視する
駒であることは明らかであるから、生来同格以上の駒は取れないと解することは
E説の言い分よりは合点が行く。仮にそうなるとすると、副将の跳ねや猛龍・飛鰐の
踊りでも同格以上の駒は取れないことになる。

C説は、飛越の規定は飛越中のみ通用するもので着地点は通常の原則に遵うとする点で
理屈の上では最も有力と言える。但し、初期状態で太子が取れるということになると
著しく興醒めである。無明に摩訶大大将棋の能力を準用させることで大将を止めるという
考え方もあるが、着地点で「一緒に捕獲」し、「其處より」成るのだとしたら、
大将は止められないことになる。尤も、概念的には、大将の動きは飛越と言うよりも
薙ぎ倒しながら猛進する様なのであり、順次取って行く印象が大きいことは確かである。

実は未だ支持すべき説に関しては迷いがあるが、確かにC説で敵方の無明を取って
止まるというのも一応考えられる。但し、無明・提婆の規則を準用するならば、
無明・提婆だけは摩訶大大将棋同様、敵駒を取った瞬間に成るとする程度の
前提は必要とする。自分が取った際の権利は剥奪されて、取られた場合の規定は
準用するというのは不条理である。自分が取っても成れるからこそ存在する規定と
言えるからである。
前提を欠く場合には、B説を一応支持する。

204 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:20:32 ID:4GfKYO1l
>>200
>又、「不成規定を想定しなかった」という話を持ち出しているが、飛躍しすぎである。
なぜですか?

>中将棋を排して本将棋の規定を準用するとは、一般に考えられなかったであろう。
「一般」とはどのような人を指しますか?
現在、中将棋のルール知らない人が、もしくは中将棋自体を知らない人が大多数なのでは
ないでしょうか?

> 尚、強制成り方式を採用するならば、成れる駒は、詰将棋の初期配置でも敵陣内で
> 不成状態でいることは許されないこととなるであろう。現実に存在した場面でなくとも
> 現実に存在可能な場面でなくてはならないからである。
大局将棋の詰将棋が残っているのでしたら、それは決定的な理由になり得ます。
残っていたということでしょうか?


205 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:29:27 ID:xCp7k/cJ
教王の動きに関して
>>199は「狛犬奔王之行走兼」の解釈に関して重大な誤りがある。
教王の駒は「狛犬」や「奔王」とは何の関係もない駒なのであって、
「狛犬」自体が重要なのではない。摩訶大大将棋の「狛犬の動き」が
「頭尻上下四角両脇三踊」の説明として極めて適当であったから
引用したに過ぎないのである。故に、他の将棋で「狛犬」や「奔王」の動きが
変化したとしても影響はないのである。
又、実質的には教王の動きを論じているのではなく、「+++→」という記号の
意味に関して論じているのであり、古い文献を無視して別の意味で「+++→」の
記号を用いるという暴挙に出ない限りは将棋間の際の問題は生じないのである。

二、成りの規定に関して
>>204は現在中将棋を知らない人が多いという話をしているのであるが、
何故に現代人の話をしているのか意味不明である。
尚、詰将棋の話は単なる傍論である。留意すべき事項として述べたに過ぎない。

206 :名無し名人:2006/12/02(土) 19:05:43 ID:4GfKYO1l
>>205
> 二、成りの規定に関して
> >>204は現在中将棋を知らない人が多いという話をしているのであるが、
> 何故に現代人の話をしているのか意味不明である。
私は「一般」の意味を、「世間一般の大多数の人・意見」と解釈したからです。
で、一般の現在人だとしたら「中将棋」と思うことはないのではないか、
当時の人もそうなのではないか?ということです。
>>200の「一般」とは、なにを指していたのでしょうか?


207 :名無し名人:2006/12/02(土) 19:26:17 ID:7rFoH2em
私はA説支持ですが、理由は主に2つです。
一つは、「初期配置で王手がかかってる」というおぞましい状況を回避するため。
C,E,F説を採れば初期配置は一手目で先手の大将が後手の太子を即取り出来てしまうひどい配置になってしまうので、
歴史的に正しいかどうか以前に実際の対局では採用することに抵抗があります。
よってA,B,Dのどれかということになるのですが、要約すれば
A説=着地点は「飛び越す」に含まない
D説=着地点も「飛び越す」に含む
ということになるのに対し、B説には「格下の敵駒のみ取れる」という状況に関して根拠がなく、弱く感じます。
したがってAかDかということになりますが、日本語の「飛び越す」の語感から考えてAが良さそうだというわけです。

もう一つは、A以外では大将系の駒はいつでも敵陣にほぼ好きな様に突っ込むことが出来、相手は防ぎようがないのに対して
Aでは不用意な隙間を作らないことによって大将系の突撃をある程度防ぐことが出来、ゲームとしての面白味が増すと思うからです。


いずれも歴史的背景よりは「ゲームとして、どちらがより面白いルールか?」という観点が強いので、
本来のルールを尊重する立場の方にはあまり説得力がないかもしれませんが、
やはりゲームとしては「やってて面白い」ことは最優先だと思うのです。

208 :名無し名人:2006/12/02(土) 21:32:04 ID:PvT/Kwjx
議論参加者は二人?
ROM居る?
点呼取りたいな。意味はないけど。

ROM1

209 :名無し名人:2006/12/02(土) 22:45:51 ID:eIkgzwxV
あんまり理解してないけど興味本位で読んでる

ROM2

210 :先手5人目:2006/12/02(土) 23:05:36 ID:dIlm1VIl
>>202
飛び越して捕獲の議論は
大局将棋を指しましょう3〔第1局第3譜〕
の312から400レスぐらい続いているので
まとめるのは難しいですね。

対局掲示板にはログはないようなのでうpしました。
ttp://up.spawn.jp/file/up55698.zip

>>208
今のところ
ROM3

211 :名無し名人:2006/12/03(日) 08:47:31 ID:GfX6EJ7u
自分には難しい話だが
ROM4

212 :名無し名人:2006/12/03(日) 09:57:03 ID:zufOFR72
同じく難しいしたまにしかこれないが
ROM5
漏れの考えも付記しとく
大将系の駒についての意見はほぼ>>207と同じだけど
私の解釈は大将、教王(駒を3個まで飛び越えられるの解釈において)、四天王
の3種は特殊なグラスホッパーなのでは?と言うもの
(グラスホッパーについてはググッてくれいフェアリーチェスの駒だ)
この解釈ならこの3種に共通点に近いものが出来る
大将・・・着地点に駒があってはいけないし、格上の駒も飛び越えられないが、
敵味方の駒を薙ぎ倒しながら走るか、奔王の動きで駒を取る
教王・・・どんな駒も3個までなら飛び越えられる。着地点の駒は取れない
駒を取るときは奔王の動きで取る
四天王・・・大将の逆に近い、どんな駒も飛び越えられるが着地点の駒しか取れない



213 :212:2006/12/03(日) 14:25:09 ID:zufOFR72
連投スマソ
ふと思った。
大将系の駒の元ネタって中国将棋の砲なんじゃ・・・
そう考えると格の制限、駒を何枚でも取れることを除けば砲と一緒だ。
後もう1つ、なんで大将の薙ぎ倒しの動きでは>>捕獲<<と言う言葉が使われているのだろう
それは、(漏れの推測だが)確か世界の将棋では>>通常の移動のほかに<<との文言が入っていたはず
大将の動きでは玉、太子は取れない。だから王手をかけるための動きとして通常の動き(奔王)の動きがあるのでは??


214 :名無し名人:2006/12/03(日) 23:35:09 ID:UF9tM16T
ROM6
>>206
いくらなんでもWikipedia以外の情報源にもう少し触れたほうがいいよ
中将棋が絶滅しかかったのは戦後。江戸時代はもっと多く指されていたらしいよ
大局将棋駒が書かれた時代の一般ってことくらいは漏れみたいなアフォでもわかる

ちなみにわざとやってんのかもしれないけど、sageる方法はE-mail欄に「sage」な

215 :206:2006/12/04(月) 00:44:05 ID:spI2CiVD
>>214
> 大局将棋駒が書かれた時代の一般ってことくらいは漏れみたいなアフォでもわかる
すみません。
「大局将棋駒が書かれた時代の一般」というもの内容が、
本将棋(を指してた人)のこと?中将棋(を指してた人)のこと?そのとも別のなにか?
のどれになるのか、ということが分からなかったもので。
わかるということなので、教えていただけないでしょうか?
#私は、「大局将棋駒が書かれた時代の一般」=「本将棋」と思ったわけですよ。
#「中将棋」は、当時「もっと多く」はいいのですが、「もっとも多く」だったのでしょうか?


216 :名無し名人:2006/12/04(月) 02:23:24 ID:eJ2SjChO
ROMって結構いるのな・・・まあよかった(のか?)
とりあえず麒麟の動き>>182と「+++→」の意味>>196>>200は禿同
FLASH修正とかはおいといてこれに反対の人っている?

大将のはEとFはそろそろ削除してもいい希ガス
支持者いないし、矛盾してるし、ゲーム性無いし・・・
それとテンプレの猫刄は初期配置のとこだけ「猫刀」のままになってるな

>>215
当時大局将棋駒を読む(興味を持つ)と予想された人だろ?


217 :206:2006/12/04(月) 06:21:52 ID:spI2CiVD
> >>215
> 当時大局将棋駒を読む(興味を持つ)と予想された人だろ?
回答ありがとうございます。もう声!!
「当時大局将棋駒を読む(興味を持つ)と予想された人」の中で
「中将棋を知っている人」と「それ以外の人」の比率は感覚的にどれくらいとみますか?
中将棋方式が自明といえるくらい、「中将棋を知っている人」の方が多いとみられますでしょうか?

> とりあえず麒麟の動き>>182と「+++→」の意味>>196>>200は禿同
> FLASH修正とかはおいといてこれに反対の人っている?
「+++→」の意味については、現状では同意しかねます。
まず、『世界の将棋』の著者は、この本をまとめるのにそれなりの情熱と時間を
つぎ込んだと思うのです。その中で>>196等の内容に気がつかなかったと言えるでしょうか?
私は、むしろ気がついた上でなお問題があったと判断したのではないかと思うのです。

また、>>196等での「+++→」の議論は、大局将棋の「+++→」と他の将棋での「+++→」が同じ動きで
あることを前提としていると思われます。
例えば、A資料では、駒の動きを、
  ×:そのマスまで飛び越えて行ける
  →:その方向にいくらでも進める(走る)
と定義していたとします。また、B資料では、
  →:そのマスまで飛び越えて行ける
  /:その方向にいくらでも進める(走る)
と定義していたとします。
ここでA資料とB資料とで「→」の動き方の意味が違う訳ですが、何か問題があるでしょうか?
同一資料内で同じ記号に複数の意味を持たせることには問題がありますが、
異なる資料であれば、同じ記号が別の意味であっても、その資料でどう定義したかが
はっきりしていれば、(「暴挙」と思われるのかもしれませんが)問題はないと思うのです。
「+++→」の意味が「大局将棋と他の将棋とで等しい」という保障がないかぎりは同意しかねます。


218 :名無し名人:2006/12/04(月) 06:44:03 ID:0vMi8UJI
>>216
Fはゲーム性はともかく、素直な解釈の一つではあると思う
Cルール+着地点も「飛び越す」に含むってことだから

Eは意味不明だね

219 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:02:09 ID:bnhCCn/Q
一、「+++→」の意味に関して
>>217は記号の意味が等しいことに疑いがあると言うのである。
ところが、元より、教王という同じ駒に、全く別の機能を持たせながら、全く同様の記号を
偶然に用いた、という解釈自体に無理があることは言う迄もなく、更に例を挙げるならば、
大大将棋「大象」は斜め前方に「・」が一つ欠けている他は同様の記号であり、同じく
大大将棋「金翅」は、重複して表記されているが、一方は後方の走り、一方は前方の走りが
欠けている他は同様の記号を用いているのである。特に、「金翅」は元々前後共に走りが
可能な様に表記したところ、線が薄れた類の原因で欠け落ちたものと言えるであろう。
そうすると、『大局将棋駒』の著者が、少なくとも『象棋六種之圖式』と同様の意味として
「+++→」の記号を用いる意図であったことは、殆ど疑う余地がないのである。

又、『世界の将棋』が該解釈を用いなかった理由は、教王「狛犬奔王之行走兼」に対して、
狛犬は奔王に完全に内包されるものであるから修正案を考えたとの旨を記述しており、
偏に、狛犬が現行の「3○」の動きとの固定観念に基づいて惹起されたことは明らかである。
ところが、『象棋六種之圖式』「摩訶大大象棋口傳」では
「四方四角、踊り三目、其中一目二目、 要に隨てこれをつかふこと、獅子のごとし、
但し獅子は踊り二目、不正行度なり、 狛犬は踊り三目、八方正行度す」
とあり、狛犬が単なる「3○」でないことは明記されているのである。
該文言に遵うならば『世界の将棋』が感じた疑問は全て解消されるのであり、
複数資料に明言された教王の説明を覆す必要も、「+++→」の記号に新たな
解釈を与える余地もないことになるのである。

尤も、踊りが全て狛犬と同様であるかは不明である。「3○」となっている駒が
全て正行度三踊の獅子であるとは、直ちには言えない。但し、金剛に関しては
「四方三目踊る、踊らざれば一目なり、二目馬を越え、四角あゆみ一目」
という解説が、同じく「摩訶大大象棋口傳」にあることを紹介しておく。
他の駒の解説では踊るとあっても、踊りの内容には深く触れていない。

220 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:03:28 ID:bnhCCn/Q
二、大将の動きに関して
>>210先手5人目殿、有難い。成程、大方の次第は理解した。

F説は、成程言い分は>>218が言う様に、着地点は「飛び越えた」に含むが通常の捕獲も
可能というもののようであるが、着地点を「飛び越えた」に含んだ時点で同格以上の駒が
存在する場所には移動不能なのであって、通常の捕獲をする余地はないと言えるであろう。
尚、細かいことを言うならば、文言に忠実なC説と組み合わせるよりは、D説に
通常の捕獲が可能とする条件を付加させたものと言うべきであろう。

次に、C説であるが、>>198は摩訶大大将棋にある無明・提婆の特殊規定を準用することで、
初期状態太子取りを防げると言うも、「敵方の無明」及び「一緒に捕獲」の文言に
反していることは既に述べたが、仮に該諸文言に反して適用したとしても、2一七副将や
36一八猛龍他で、結局玉将取り・太子取りを防げておらず、余り意味がない。
>>207の言う単に「より面白い」という程度では賛同し兼ねるが、C説では対局が
成立するとは言えず、「合理的」と言える領域を逸脱しているのであり、到底採用し得ない。
現在のC説は「詰み」と言えるであろう。

B説支持者はC説が文理的には最も正しいとしながら、C説の不合理性を指摘し、考案者の
意思は格の適用が着地点にも及ぶものであったと推察するのである。又、斯かる修正は
他説の修正よりも限定的であり、C説が不可能である以上はB説が最も文言に忠実であると
言うのである。ところが、通常の着地で取れる駒は強弱に関わらないというのも
大原則なのであり、着地点は飛越に含めないとしながら、飛び越す場合のみ通常の着地でも
格が影響するというのは不合理と言える。合理的に修正するならば、>>203で述べた様に
大将系の駒自体が本質的に同格以上の駒を取れないとすべきである。そうであるならば、
格を重視する駒という前提が存在する以上、「飛び越えた」と言う日本語自体を改めるか
通常の着地でも味方を取れるという修正をするかしかないD説や、敵駒がいるだけで
移動不能として将棋の大原則を覆すA説よりは、明らかに限定的な修正と言え、>>207
門前払いされることもなくなるであろう。

221 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:05:34 ID:bnhCCn/Q
二の二、大将の動きに関して(続)
A説は嘗ての議論では大多数を占めたのであるが、理由としては、A説以外では、
防御如何に関わらず、結局何かしらの突撃が可能となるということを嫌ったものの他に、
対局中であるのに規定を途中で変更することに反対したものや、早期対局再開を
願ったものといった、当時の状況が反映した理由も相当な数に上ることが明らかである。
ところが、我々は自己の主張の為に対局を中断させ、況して現在の対局に直ちに
適用させようとするなどいう自分勝手な思考は持ち合わせていないのであり、
然様な心配は無用である。誤解無きように確認しておくと、>>182で「改定すべき」と
言っているが、適用は飽く迄も次の対局にすべきと考えている。
とは言え、>>202でも述べたが確かに突撃に対して何らの対抗手段もないというのは
厳しいものがあり、尚もA説は有力と言える。但し、B説と比較すると考案者の意図とは
思えないA説は、優先順位としては後になるべきと考える。

ところで、C説を生かす解釈として、四天王系が「飛び越えて走り」であるのに対して、
大将系は「飛び越えて……捕獲する」であることを根拠に、飛越の後には走り不能、
即ち、飛び越した集団の直後でなくてはならないとする考え方は不可能であろうか。
仮に新生C説と名付けると、新生C説では、A説とは逆に駒と駒の間に空間を
生じさせることで、大将系の突撃を緩和させることが可能となる。
過度に密集したために一撃で崩壊するという状況は現実でもあり、必ずしも観念的に
反するものではない。何か問題があらば御指摘願う。

>>212の言う「グラスホッパー」なる駒であるが、簡単に調査したところ、
着地点の駒は取れるようである。A説に近い様には余り思えないが、寧ろ、一つ飛び越して
次の地点に止まるというのは、丁度新生C説に近いと考えるのであるが、如何であろうか。

三、傍論
>>213
『世界の将棋』の文言は>>188で引用しているが、「通常の捕獲方法に加え」とあり、
特別に大将の薙ぐ動きに関してのみ言ったものではないようである。

222 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:33:22 ID:0vMi8UJI
新生C説は大将系がかなり弱体化するな
敵に隣接しないと飛べないわけだから、死角を突くとかクッションの味方を挟むとかしないといけないわけだ
陣地に一気に突っ込んだりするのはほぼ不可能になる

223 :名無し名人:2006/12/04(月) 19:18:59 ID:spI2CiVD
>>219
私には理解不能です。
結局、『世界の将棋』と結論が異なるのはなぜなのでしょうか?


で、もし、これを認めたとすると、次は>>137のどれになるかという議論になるんですよね?
#>>137でいうと「玉将」は「2○」ということですよね?
戊説とのことですが、乙説と丙説のどちらよりでしょうか?
乙説にしろ丙説にしろ、影響のある駒が多すぎて・・・。
奔獏・奔鬼は成ると奔王ですが、あながち強くなるとも言えなくなるということですね。


224 :名無し名人:2006/12/04(月) 23:25:59 ID:eJ2SjChO
>>222
待て、シャイロック!
>>221はフェアリーチェスのグラスホッパーに似ていると言ってるんだぞ
http://www.abz.jp/~k7ro/rule.html
の「ある駒を1つ」を「格下の駒の集団1つ」としたって感じじゃあないのか?
だから、隣接してなくても最初は走れるってことだと思う

面白そうだから、変な手順が発見されなかったら便乗するかな

225 :名無し名人:2006/12/05(火) 04:57:05 ID:gQIaC5Bm
ROM7

226 :名無し名人:2006/12/05(火) 08:11:14 ID:BnSeQcYW
>>217
大局将棋ってのは多くの将棋から駒を勢ぞろいさせたパロディ的なものだから
やっぱり元ネタを知ってる人向けだろうな(中将棋どころか大将棋以上も知ってるかも)
中将棋はそこそこ知られてたみたいだし、
元々中将棋も知らない人に広める気はなかった希ガス
ってことで、作者の予想としては10:0と言えるかもよ?

>>223
なんつーか、ここまで言われるとなぁ・・・
摩訶大大将棋で無明・提婆の件も一言も触れてなかったみたいだし
世界の将棋の作者は「摩訶大大象棋口傳」ってのを読んでなかったとしか・・・


なんか微妙に議論に参加する気になってきたかも(たまーにしか無理だが)

227 :名無し名人:2006/12/05(火) 18:05:09 ID:VHkwg2i7
一、新生C説に関して
>>222は、新生C説では敵に隣接しなくては飛べず、著しく弱体化すると言う。
ところが、大将系の飛越は、『世界の将棋』に「天竺将棋の走りと同じ」、
「…→は天竺将棋の走りと同様」という表記もあるように、飽く迄も「走り」なのである。
そうすると、「走り」とは敵駒に当たった場合通常取って止まるものであるところ、
「通常の捕獲方法に加え」、「飛び越えて……捕獲する」ことも可能とするのであるから、
>>224の言う様に、駒が存在する地点迄は走ると解せるのである。

即ち、初手19二五大将で一応太子取りが掛かるが、後手は19一二歩兵とするだけで
防げることになる。後ろに吼犬がいるので、同大将や飛び越して19一一大将は当然ない。
19筋に限らず歩兵の後ろに前方への射程が長い駒が配置されていることが多いのも、
道理に適う。一方、斜めからの攻撃は即座に防ぐことは困難だが、少なくとも初期状態から
副将や猛龍が攻撃態勢に入るには二手を要するのであり、8一二歩兵や29一二歩兵とすると、
2一七副将や36一八猛龍は狙ったかのように龍馬の利きに入るので、抑止されることになる。
4一六猛龍から狙われると少し恐ろしいが、副将抑止も含めた8一二歩兵の後9一二歩兵で
一応防げている。

文理上も現状では矛盾点が存在しないように思われる。隠れた所からの一撃での不意打ちは
難しくなるが、玉将を含めて隠れた所にいる駒が狙われるので、積極的に防御陣形を築き、
事前に対処する必要も生じ得るのであり、緊迫感は高まるかも知れない。

228 :名無し名人:2006/12/05(火) 18:11:30 ID:VHkwg2i7
二、「+++→」の意味に関して
>>223は『世界の将棋』と結論が異なるのは何故かと言う。
ところが、『世界の将棋』は前述の如く狛犬の動きが奔王の動きに内包されると
誤った解釈をしていたので、複数資料で教王「狛犬奔王之行走兼」と同様の
解説が為されている上に「他の動きを説明しているものはなく」と認めていながら、
「古い文献の説明は間違いの可能性がある」と判断したものであり、
文言に遵い、狛犬は八方正行度三踊の獅子と解して、何らの問題も発生しなかった
>>219とは前提の時点で異なっているのであるから、結論も異なることは当然である。
又、仮に『世界の将棋』と同一の前提で考えたとしても、『世界の将棋』は
「+++→」という記号を「不明」なものとしつつ、予想される一案を
述べたに過ぎないのであって、元より同一の結論に至るべき理由がない。

三、踊りの諸説に関して
既に>>196で述べた様に現行の「2○」以上の動き全てが同様の意味とは限らない。
教王は勿論、恐らく「+++→」の動きが可能な駒は正行度三踊の獅子と解して
誤りはないと考えられるが、他が全て同様であるかは確実なことは言えない。
狛犬は大大将棋以降、獅子と双璧を成す特別な地位の駒なのであるから、
例の記述が狛犬や狛犬の能力を持つ者特有のものと解することも充分に可能である。

金剛の記述は>>219で引用しているが、「二目馬を越え」との文言があることから
或いは二つ目以降の「・」は「×」と解すべきとも考えられる。
又、根拠は疑わしいが「飛び越してはいけない」の文言に遵ったとしても、
駒を取って止まる必要は内容にも考えられる。

何れにせよ、>>137の区分では不充分で書き直す必要があり、
又、「+++→」の動きが可能な者のみ、暫定的に決定することは可能である。

229 :名無し名人:2006/12/06(水) 12:34:14 ID:c6eYQAeq
一、踊りの諸説に関して
>>228で述べたようなことは確かに言えるが、徒に混乱させても無益であるので、
一応、狛犬の記述は踊りの動き全般に通ずるものと解し、丙説が妥当であると考える。
丙説では強すぎはしないかという懸念があったが、弓兵や炮兵以外では不成の状態で
脅威となり得る者は生じないようにも思える。>>223が挙げた奔獏であるが、
大大将棋では配置的に奔王と同格の駒と言え、以降は奔王よりは
劣る扱いをされているとは言え、強ち包括的に弱いとは言い切れない駒であろう。

正行度の獅子が居喰可能かということに関しても正確なことは言えないが、
「踊」という表現を用いている『象戯図式』が、中将棋の飛鷲・角鷹の解説では
「六方走突貫上方両角二目行一目居喰」、「七方走突貫上方二目行上一目居喰」
として、「踊」と表現しなかったことからすると、居喰も正行度でないと考えられる。

弩兵で剛の者が放つ矢が射程で上回ったとしても、炮兵の大筒が威力で上回るという
設定ならば、個人的な感覚としては共感するところがある。

二、訂正
>>228の三で「必要は内容にも考えられる」とあるが、「内容」は「無いよう」の誤り。

230 :名無し名人:2006/12/12(火) 02:27:53 ID:IF6InyFa
内容が無いようでみんな固まってるのにワラタw

とりあえず麒麟は、完・全・調・和
大将の新生C説はコペルニクス的転回だが文理的にもゲーム的にもあってるので一票
「+++→」は3つ飛び越すのが間違いっぽいことはわかったが結局何が正しいのかわからんので保留
成り方式は任意成りならどっちでもいいや
獅子の成りはヨキニハカラエ

ってな感じだな(下の方だめぽ)

あと、世界の将棋は誤植が多いって聞くけど実際どうなん?
個人的には大局将棋駒(複製だけど)を直接見て職人が作ったらしい
ttp://members.at.infoseek.co.jp/karuta48/taikyoku1.html
のほうが漢字の表記的には信頼できるんじゃないかと思ふ
ttp://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kapitan/jpg/kp041dl.jpg
と比べても麟師・鳳師・中師・鵬師の「師」は明らかに「帥」だし、烏行も鳫行っぽいし・・・

231 :名無し名人:2006/12/16(土) 00:08:26 ID:SCxzJ7Rr
世界の将棋の著者の梅林勲さんは堺市在住かな?

232 :212:2006/12/16(土) 18:43:18 ID:sRkzhrz0
まず麒麟の動きについては明らかに間違いに見えるし中将棋の動きに直してもおk
成りについては敵陣強制成りを押したい。この方式なら獅子、孔雀、摩羯
が敵陣を掠めたらの議論が起きないような気がするんだが>>156の図なら獅子が歩を取った
(敵陣内に進入した)時点で成れると思うんだが違うのかな??ただし着手が完了するまでは
あくまで獅子なので敵陣内に入ったからといって獅子の2歩目=奮迅の1歩目ではないと思う
あと無明、提婆のルールは適用しないほうがいいと思う。
採用するなら駒の成りを駒取り強制成りにすべき(そもそもそういったルールの将棋でのルールなので)
あと成りのルールについてもう1つ議題を追加?
そういえばもう1種特殊な成り方をする将棋がある。廣将棋の成りがそれ
大雑把な言い方をすれば《弱い駒が強い駒を直接取れば成ると敵陣成りの複合型》
だったはず・・・(記憶があいまいなのでどなたか世界の将棋で回答してください)
m(−−)m


233 :名無し名人:2006/12/17(日) 18:48:24 ID:4owP1hsz
大将の突撃は、着地点の駒が取れるとすると、
「通常の捕獲に加えて」
の一文は全く意味がないことにならないか?

この文が必要なものだとすると、
突撃時には着地点の駒は取ることができないと思うのだが。

234 :名無し名人:2006/12/17(日) 19:10:57 ID:4owP1hsz
あっ、失礼。
突撃時には同格以上を対象とした着地捕獲はできない
とする場合には意味があるのか。

同格以上の着地捕獲もできるとするルールの場合は
通常の捕獲を完全に含有するから必要ない
・・・でいいいのかな。

235 :名無し名人:2006/12/17(日) 19:52:24 ID:4owP1hsz
新生Cに関しては、(大将が強すぎない方が面白いと思うので、個人的には支持したいけど)
一団を匂わす記述はないし、『駒の格』とかの存在をかんがえると、
どうもそうじゃないのかなと。

236 :名無し名人:2006/12/18(月) 19:45:20 ID:jCxQKK9C
>>232
強制成りにすると獅子の成りの議論が起こらないというのが良く解らないな。
獅子の成りは実質甲説を支持するということかな。
途中で名称だけ変わるくらいなら普通の甲説で良いと思うけど。
無明・提婆は無理そうだな。無明・提婆がありなら火鬼の焼くもありだと思う。

>>233
象棋の炮みたいに飛び越さないと取れないという解釈を防ぐのに必要だと思う。

>>235
走って駒に当たったときに駒を幾つでも飛び越して捕獲という表現で、
途中飛び越さずに走る区間があって良いのか、四天王系と違って飛び越した後にも
走れるような表現を用いなかった理由は何かと考えると、文理的には一理あると思う。
駒の格を考えると違う気がするというのをもう少し詳しく。

237 :名無し名人:2006/12/19(火) 16:01:10 ID:oHvXKXTE
新生Cルールなら、
駒の格がなくても十分ゲームは成り立つ。

なくても良いのに、たいして役に立つわけでもないのに、
わざわざ駒の格なんていう他に類を見ない新概念を
ルールが煩雑になるというのに導入するってことはありえない。

大将などの突進は、駒の格がないと
ゲームが興ざめするような能力なんだよ。

中将棋で序盤の獅子交換(興ざめ)が起こりにくいように
ややこしい規定があるように、駒の格というもので、
大将系の駒の交換(及び玉将系の捕獲)を防いでいる訳だ。

なので、突進着地点で同格以上の駒が取れる
ってこともありえないと思っている。

駒の格っていうものの存在意義がある、
そしてその規定だけで十分な機能を果たすのは、
ルールA、Bでしょうね。

238 :名無し名人:2006/12/19(火) 16:07:31 ID:oLCJsUl7
獅子の成りは敵陣に入った一手と言えるのかの問題だから、強制成りにしても何も解決はしないな
強制成りはCOM的に楽ってこと以外の主張は何もないと思う。別にゲーム性が高くなるわけでもないし
ちょっと苦しくないか

239 :名無し名人:2006/12/19(火) 16:17:20 ID:oHvXKXTE
上が、駒の格うんぬんのことね。

で、文が必要不必要の方だけど、
なんというか上手く説明できないんだが、
ルール文章から可能な解釈を全て挙げるのは手順としては必要なことだけど、
ルール文章を書いた人間は、動きから説明を考えているわけだから、
1つで説明できることをわざわざ2つに分離しないだろうってことなんだな。

例えば、『仮に』ルールA・Bが実際の動きだとして、
その説明文を考えると、通常の捕獲と格の関係する突撃があるよって説明になる。
注意深い人なら、着地点に解釈が分かれることに気づいて補足説明を入れるだろうけど、
そうでないなら、ああいう説明文になるでしょう。

そうでなく、旧ルールCが実際の動きならば、間にある駒が敵だろうが味方だろうが
同格以上の駒にぶつかるまで進めてその間の駒を全てとるという説明になる。
注意深い人なら、間に駒がない時に解釈が分かれるかもと思って、それを補足するってわけ。
実際の動きが旧Cで、普通の捕獲と突撃があるって説明は
仮に論理的には間違って無くても相当捻くれた説明じゃないかってことだ。

240 :名無し名人:2006/12/19(火) 18:12:31 ID:oLCJsUl7
>>237
その解釈なら駒の格に関係なく敵駒がいたら着地できなくなるAも排除されると思う。
それ以前に大将系の駒は天竺大将棋からそのまま持ってきた駒だから、
格に関係ない駒が異常に多い大局将棋では大して意味がなくなってもそれは当然だと思う。

>>239
駒にぶつかるまで進めてその間の駒を全てとるって説明は不自然だろうな。
ぶつかるまでには間に駒はないからね。>>236の解釈は極めて自然だと思う。

241 :名無し名人:2006/12/19(火) 19:43:44 ID:oLCJsUl7
おっと、同格以上のってのを見落としていたな。
でもその文章では結局着地点の駒が取れるのか取れないのかわからないよ。
着地点で通常の捕獲が可能とする立場の人にはあったほうが良い一文だと思う。
今までゲーム性以外ではCが一番自然とするのがみんなの意見だったし、
捻くれた説明と考えるほうが捻くれているような気もするよ。

242 :名無し名人:2006/12/20(水) 15:29:41 ID:/7yxzoze
Aを排除する必要はないでしょ。

駒の格というのが一番生きるのはBルールだと思うけどね。
2番目に生きるのはAルールでしょ。

Aルールの場合でも、駒の格はゲーム上必要だし、
駒の格があれば十分ゲームになる。


あとね、着地点の捕獲ができない場合にこそ、
通常の捕獲が可能なら、通常の捕獲の一文が要るのであり、
着地点の通常捕獲が可能なら、
通常捕獲は突撃に容易に含有されるんだよ。

わからないかな・・・。

まあ私の説明が下手ということで。

243 :名無し名人:2006/12/20(水) 16:50:13 ID:L4gWBgBf
わからないな。
Aで駒の格が活きる場面は新生Cよりも少ないと思う。
むしろ、味方の駒を取ってでも進路を妨害できるDやEのほうが多いだろうね。
駒の格は別に複雑ではないし、他の機能と同じく大それた意味がある必要はないと思う。

通常捕獲は突撃に含有されるといっても現にAでは含有しないとするわけだし、
飛び越したことでの捕獲と着地点での通常捕獲は別物なんだから、
両方可能と書く意味はあると思うよ。

244 :名無し名人:2006/12/20(水) 19:45:04 ID:/7yxzoze
>>243

とりあえず、>>242の第4段落は読み直した方がいい。

私の説明能力の低さが原因であろうが、
まったく話が通じていない感じがする。

245 :名無し名人:2006/12/21(木) 17:06:49 ID:359Q+L/B
一、『世界の将棋』の誤植に関して
>>230は『世界の将棋』の漢字表記に関して疑いがあると言う。
『世界の将棋』に誤植が多いことは、同書「廣象棋」の項目を見ると一目瞭然である。
該項目では直ぐ隣に原典の複製が添えられているにも拘らず、活字では原典に反した
漢字表記が多々見受けられるのである。具体的に言うと、「將」が「将」と新字体に
改められているのは良いとしても、「軍吏」が「軍史」、「前衝」が「前衛」、
「後衝」が「後衛」、「帥」が「師」、更には「佛狼機」が「佛狼机」とされている。
故に、原典を直接見ていたとしても、少なくとも漢字表記の信頼性は低い資料と言える。

大局将棋に於ける誤植としては、所論、麟師・鳳師等の「師」が「帥」であることが
『大局将棋駒』の写真や「廣象棋」の誤植より明らかである外、実は夜刄も「夜刀」と
表記されているが、同じく原典と照合するに「夜刄」乃至「夜叉」であることは明白で、
『象棋六種之圖式』では完全に「夜叉」とされている。

二、復元駒の信頼性に関して
>>230は『大局将棋駒』の複製を見て職人が作成した復元駒の方が信頼性が高いと言う。
元々『世界の将棋』が重視されている理由は、大局将棋に関する唯一の原典である
『大局将棋駒』を直接見て執筆したものであり、『大局将棋駒』が容易に参照し得ない
資料であるからであって、『大局将棋駒』を見たと言うのならば他の資料であっても
同等の地位が認められると言える。より文字を重視する職人が見たということと、
『世界の将棋』に誤植が多いことに鑑みると、少なくとも漢字の表記に関しては
該復元駒の方が信頼性は高いと言い得るであろう。

復元駒で、先ず誤りがないと考えられるのは、仙鷦の「而」の字は正しくは「雨」であり、
「」が妥当ということである。「」の字は『大漢和辞典』を見るに「鶴」の
別字とされており、摩訶大大将棋以降で淮鶏の成駒が「仙鶴」であることと符合する。
又、元龍が「兀龍」であるということも信憑性が高い。文字の意味を考えた場合に、
大龍の「大」に対して、高く聳える意である「兀」を用いる方が妥当と言えるからである。
尚、右の横蛇のみ成駒が横龍となっているのは、能力から考えても誤りであると言えよう。

246 :名無し名人:2006/12/21(木) 17:07:30 ID:359Q+L/B
三、廣将棋形式の成りに関して
廣将棋の成り方は弱い駒が強い駒を取ると成るというよりは、特定の駒が特定の駒を
取った場合に成るという様なもので、廣将棋に登場した駒でもない限りは名文無しに
準用し得る代物ではないと思われる。
成りの種類として列挙するのは良いとしても、『世界の将棋』では元々
「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る」としか記されていない上に、廣将棋専用とも
言うべき規則であるから、大局将棋に適用することは不可能であると考えられる。

四、「通常の捕獲」の文言に関して
所論は「通常の捕獲方法に加え」の文言を、通常の捕獲「又は」飛越捕獲が可能と解すべきか、
通常の捕獲「及び」飛越捕獲が可能と解すべきか、という問題であり、通常の捕獲方法に加え
飛び越えた駒全てを捕獲するという文章では、前者の解釈が当然とは言えないのであるから、
>>239>>242の主張には理由がない。
又、>>242は着地点で捕獲不能な場合は通常捕獲の一文が要るとしているのであるが、
現に「大局将棋」の項目の説明では>>9の如く通常捕獲に関しては触れていないのであり、
該文言は必ずしも必要な一文ではなかったと言えるのである。
尚、「天竺将棋」の項目に於ける火鬼の説明では、「火鬼は通常の動きで捕獲するほか、
捕獲には特別なルールがあり、次の通り。火鬼は回りの敵の駒を焼いてしまう」云々とあり、
「及び」の関係で用いていることが明らかである。

247 :名無し名人:2006/12/22(金) 14:03:17 ID:NkqJePtK
まあ、いろいろ苦労して書いた人にいうのも悪いとは思うけどさぁ・・・

かなり自由に動けた上で、
着地点の同格以上の駒が取れるということは、絶対にありえないから。

たしかに字面上は、その解釈が完全には否定できないだろう。
しかし、ゲームとして絶対にありえないから。

くだらない議論のための議論になってしまっている。

248 :名無し名人:2006/12/22(金) 19:39:58 ID:MHBI3qRL
一、大将系の着地点に関して
>>247は着地点で同格以上の駒が取れるとすると「ゲームとして絶対にありえない」と言う。
ところが、>>237では既に「十分ゲームは成り立つ」と認めているのであり、矛盾している。
対局が成立しないとする根拠には一言も言及せず、単に自分の主観と異なるという理由のみで
「絶対にありえない」、更には「くだらない」とすることは暴論と言う外はない。
論旨は理由がない。

二、漢字の誤植の可能性に関して
>>245で挙げた以外に考えられる誤植としては、先ず右Gの「右」は「古」であるという
可能性である。右Gは左のない右であり不自然なものとして知られているが、過去には
古鵄も「右鵄」と書かれた例があり、「古」の字の「十」の縦線が次の「口」に繫げる際に
左に曲がってしまうことから生じた現象であると思われる。実際、『大局将棋駒』の写真でも
古鵄の「古」は「右」に近いものとなっている。但し、「右将」の「右」と比較すると
明確に止めが行われているので、一応の区別が付くのである。そうすると、右Gの例でも
左がないということも考えると、実際には「古G」であるとも考えられるのである。

芦鳥の「芦」が「草冠に尺」であるというのも幾らか疑わしい。『世界の将棋』では
「尺」の字の上に「ノ」の字が確かに存在する様に見える。逆に右下の線は不自然であり、
二箇所に記載された芦鳥の字で若干位置が異なっている。実際には「芦鳥」の方が
正しいのではないかとも考えられる。但し、一応二箇所共に存在する線であり、
例の復元駒でも存在することから、『大局将棋駒』には既に何らかの表記が存在していたとも
考えられる。尚、「芦鵐」は「大寿林」という鳥、「芦稿鳥」は「大葦切」という鳥を
意味するようである。

古時鳥は全く不明である。「時」と「鳥」は復元駒を見ると縦書の一字の様にも見えるが、
『象棋六種之圖式』や『象戯図式』では文字の大きさからすると二字の様にも見える。
又、「古寺」も謎の字で、『象戯図式』では「舌寺」、『象棋六種之圖式』では
「台寺」とあるが、何れも謎の字である。尚、『象棋六種之圖式』では名称自体誤りであるとの
文脈で記されたものである。

249 :名無し名人:2007/01/01(月) 23:59:11 ID:vW+WQAUk
あけおめ
論点多杉だな

250 :名無し名人:2007/01/02(火) 00:00:53 ID:xBuYq0Cf
目的が、ゲームとしてやりたいためなら・・・。
色々な条件で、対局するのが、一番だろうけど・・・。
正しい解釈優先(ある程度)で、かつゲームとして成り立つ塩梅
が、判るだろうから・・・・。



251 :名無し名人:2007/01/02(火) 14:28:13 ID:vELF4OFo
旧CやE、F以外は成立しないってことはないから、どれがより面白いか程度のことしか言えないと思うけど
確かにもっと手軽に規定を変えて対局できるように作れたらいいね

作れたところで手軽な対局自体が不可能なんだけどね…

252 :名無し名人:2007/01/02(火) 16:05:03 ID:jCtk2jad
(指し手が)手軽にできるしようと思うと、やっぱケータイ用メールゲーム化かなあ。
しかしQVGA/20x20文字の表示領域が前提だと厳しいか……。

253 :名無し名人:2007/01/03(水) 01:24:56 ID:gAyJSkP7
Flashに飛び越えルールを変える機能を付けることはかなり前から考えてるんですがまだ手付かずです。
何とかしたいんですがなかなか・・・

254 :先手5人目:2007/01/14(日) 20:52:26 ID:iemuOnjg
651手目〜700手目までの棋譜
▲ 2二四麟師( 2一七)   △ 1一五鉤行(11一五)
▲ 8一一摩羯(17三二)不成 △ 8 九盲猿( 9 八)
▲ 8 九虎兵( 7一〇)   △ 8 九燕羽( 8 八)
▲ 8 九摩羯( 8一一)不成 △ 6 九竪兵( 5 九)
▲10一七摩羯( 8 九)成  △ 8二七火鬼(33 二)成
▲ 6二〇麟師( 2二四)   △10一七鉤行( 1一五)
▲10一七竪馬(10二二)   △10二七奔火( 8二七)
▲10二七角鷹(10二八)   △ 2二一副将(19 四)
▲ 2二九横牛( 3三〇)   △10二〇左車( 1一一)
▲14三三大将(19三三)   △10二七左車(10二〇)不成
▲ 1二〇大将(14三三)   △ 1二〇騎兵( 1一四)
▲ 8二八燕羽( 8二九)   △16一三歩兵(16一二)
▲13三二風龍(11三四)   △ 1一八騎兵( 1二〇)
▲ 8二六山将( 8二五)   △ 8二四炮兵( 6二二)
▲ 8二七山将( 8二六)   △ 6二二隠狐(17一一)
▲ 4一八麟師( 6二〇)   △ 1一七騎兵( 1一八)
▲11三四獣吏( 9三四)   △32 三走狼(33 三)
▲13二四奔鷲(17二八)   △ 7二四左車(10二七)不成
▲ 3一四奔鷲(13二四)   △10 九小旗(11 八)
▲ 7一〇奔鷲( 3一四)   △ 6 八竪兵( 6 九)
▲28二九飛将(29二九)   △11一三小亀(12一三)
▲24二七飛鷲(24二六)   △17一八走狼(32 三)
▲ 4一七麟師( 4一八)   △23二一弓兵(25一九)
▲11一四右車( 1二四)   △12一四小亀(11一三)
▲28二二飛将(28二九)   △18一六角将( 5 三)

255 :名無し名人:2007/01/21(日) 15:37:11 ID:UqzEDlTJ
炮兵保守

256 :名無し名人:2007/01/22(月) 05:05:10 ID:Vmff12DV


257 :名無し名人:2007/01/25(木) 18:55:36 ID:tbsflA19


258 :名無し名人:2007/02/02(金) 21:41:52 ID:lv9VRlnu
ひたすら指し続ける…

259 :名無し名人:2007/02/11(日) 09:43:16 ID:21NHLctu
どうにか『大局将棋駒』を公開してもらえないものかねえ

260 :名無し名人:2007/02/11(日) 17:58:35 ID:kvjO3F/H
せめて翻刻を出してほしいね。
出版しなくてもいいから翻刻して将棋博物館や大商博物館に
置いとくくらいできると思うけど。
もしくは資料大成みたいなのに収録。

261 :名無し名人:2007/02/17(土) 02:05:13 ID:6vQcM7sD
古将棋を学術的に研究している人が皆無。
素人相手に翻刻とか出ないっしょ。

262 :先手5人目:2007/02/17(土) 20:01:27 ID:O8NpGI4x
701手目〜750手目までの棋譜
▲18三六猛龍(21三三)   △ 1一九騎兵( 1一七)
▲ 6三〇水牛( 6三一)   △26 九角鷹(26一〇)
▲12三一雲龍(11三二)   △12二三熊兵(12二二)
▲ 8二九風馬( 9三〇)   △25一〇猪兵(25 九)
▲10二九猛鷲( 8三一)   △ 8二〇隠狐( 6二二)
▲ 9二六小旗( 9三一)   △ 9二六左車( 7二四)不成
▲ 9二六兵士( 9三二)   △33 二角鷹(26 九)
▲28二三飛将(28二二)   △ 9二六熊兵(12二三)成
▲17二三飛将(28二三)   △17 四火龍(16 三)
▲17一六飛将(17二三)   △ 7二七角将(18一六)成
▲ 7二八風馬( 8二九)   △ 8二七強熊( 9二六)
▲ 7二七風馬( 7二八)   △ 7二七飛鷲(24一〇)成
▲ 8二七猛鷲(10二九)   △ 8二七炮兵( 8二四)成
▲ 8二七燕羽( 8二八)   △ 7二四大鷲( 7二七)
▲19三五太子(19三六)   △ 8二七猪兵(25一〇)不成
▲ 9二六中旗( 9三三)   △ 7二三大鷲( 7二四)
▲20三四太子(19三五)   △12三一猪兵( 8二七)不成
▲ 6一九右車(11一四)   △ 9 八小旗(10 九)
▲ 5一〇奔鷲( 7一〇)   △13三二猪兵(12三一)不成
▲ 6 八右車( 6一九)成  △ 6 八小旗( 9 八)
▲ 6一九麟師( 4一七)   △ 9 八兵士( 9 五)
▲ 6 八麟師( 6一九)   △ 6 八兵士( 9 八)
▲18三三林鬼(20三三)   △12三二猪兵(13三二)不成
▲12三二銀兎(11三三)   △16 三大鹿(15 四)
▲ 5一一 5一二 5一三奔鷲( 5一〇)   △ 1一一車兵( 1 九)

263 :名無し名人:2007/02/23(金) 23:59:18 ID:RU7k+CRU
翻刻では誤植の疑いが否めない。
複製で良いから完全な形での『大局将棋駒』を公開して欲しい。
将棋博物館なら展示しない理由はないだろう。

264 :名無し名人:2007/02/27(火) 15:44:13 ID:6UED9B+W
申し込んだら見せてもらえるんじゃないの?
図書館通じてとか。
それとも研究者や院生じゃないと無理かな?
現物に拘るのなら見せてもらうしかない。

あとマイクロフィルムという手もある。

265 :名無し名人:2007/03/03(土) 13:08:13 ID:k494ZHZl
;゚д゚)<記念マキコ

                      Σ(゚Д゚;エーッ!!

266 :ななし名人:2007/03/09(金) 21:00:44 ID:Tu7ZxdgT
VIPからきますた

http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173440726/l50

267 :名無し名人:2007/03/15(木) 00:32:59 ID:5f3HM1AI
獅子奮迅

268 :名無し名人:2007/03/16(金) 11:07:04 ID:+eygXL8X
テンプレが長すぎと聞いてν速からきますた

269 :名無し名人:2007/03/16(金) 11:27:11 ID:cH/vn5I3
まとめサイト作った方がよくない?

270 :名無し名人:2007/03/16(金) 11:28:54 ID:pdHyTO0O
テンプレ嫁

271 :先手5人目:2007/03/18(日) 19:40:13 ID:rh75ULvp
751手目〜800手目までの棋譜
▲ 9三〇山鷹( 7三二)   △10 七毒蛇(10 六)
▲17二一飛将(17一六)   △ 6 三雨龍( 6 二)
▲ 5二五奔鷲( 5一三)   △ 1一七大鷲( 7二三)
▲19三四太子(20三四)   △12一一孔雀(14 三)
▲ 6二八走車(14二八)   △10 五横猪(10 四)
▲17二八大龍(21三二)   △16一四飛燕( 4 二)
▲10二五奔鷲( 5二五)   △32 三走鹿(34 三)
▲10二六奔鷲(10二五)   △ 1一六大鷲( 1一七)
▲19三五太子(19三四)   △ 1一五大鷲( 1一六)
▲20三三大鹿(22三三)   △ 7 九雲龍(11 五)
▲17三二孔雀(23三四)   △17三二孔雀(12一一)成
▲17三二林鬼(18三三)   △11 五獣吏( 9 三)
▲ 6二六川将( 5二七)   △ 7一〇雲龍( 7 九)
▲ 5二七飛龍( 7二九)   △ 9二六走鹿(32 三)成
▲ 9二六山鷹( 9三〇)   △31 四右虎(30 三)
▲10二五猛熊(11二五)   △19一七飛燕(16一四)
▲11二五刀兵(12二六)   △19一六飛燕(19一七)
▲ 7二五川将( 6二六)   △10二五飛燕(19一六)
▲10二五林鬼(17三二)   △10二五右虎(31 四)
▲10二五 10二六奔鷲(10二六)  △29 六山鷹(29 七)
▲29 六山鷹( 9二六)成  △29 六角鷹(33 二)
▲ 9二六走狗( 9三五)   △ 9一〇龍王(10一〇)
▲ 2二〇猛龍(18三六)   △ 2二〇騎兵( 1一九)
▲ 2二〇孔雀(14三四)   △ 2一五大鷲( 1一五)
▲ 1一一孔雀( 2二〇)成  △ 1一一土車( 1 八)

272 :名無し名人:2007/03/19(月) 22:54:07 ID:7B/Fa0EC
まぁ正直、
>2ch専用ブラウザ使うと、駒の動き参照のレスがポップアップして便利だから。
なんて、まとめサイト作らない理由にはなんないけどね
テンプレとしてやりたい人が多いんだからどーでもいんじゃね

273 :名無し名人:2007/03/19(月) 23:58:54 ID:eTNwMYa7
まとめサイトとして必要な情報の半分は、現状とりあえずWikipediaでなんとかなるし……。
どうしてもまとめサイトじゃないとだめなのって、過去ログと棋譜ぐらい?

274 :名無し名人:2007/03/20(火) 09:35:38 ID:sdBD8S8Q
;゚д゚)<駒の多さのみならずテンプレの多さを自慢したいだけらしいよ

                  Σ(゚Д゚;エーッ!!

275 :名無し名人:2007/03/24(土) 08:19:57 ID:tKTCZTMm
しかし、今更テンプレの量で騒いでいるのは外部の者だけだったりする。

276 :名無し名人:2007/03/24(土) 19:32:34 ID:coC/o7Q+
以前は今の倍以上あった気がする。

277 :名無し名人:2007/03/26(月) 01:02:18 ID:vpUDGBnW
>>275
そらそーだろ

278 :名無し名人:2007/03/26(月) 21:51:08 ID:/dI5WPZe
前スレなんてここら辺までテンプレと乙で終わってたんだぞ。

279 :名無し名人:2007/03/27(火) 16:16:51 ID:jYaWkCd7
このスレ観察するようになったんだけど全然人いないな
板自体人口少ないからこれでOKなんだろうけど

280 :名無し名人:2007/03/28(水) 00:38:08 ID:0D1eqZRl
>>279
>271の返しを待っていますw

281 :名無し名人:2007/03/29(木) 06:37:44 ID:lOYeHUgF
>>279
人はいるが話題がないというやつでは…?
対局の解説でもあってみたい気もするなぁ

282 :名無し名人:2007/03/30(金) 19:15:39 ID:hTWIdO6D
川将が動いたのは一つの奇跡である。

283 :名無し名人:2007/04/06(金) 04:09:26 ID:PLzW9xw1
うーん。提婆…

284 :名無し名人:2007/04/13(金) 23:22:41 ID:wo+mnhuw
しかし、スパンが長いな。

285 :名無し名人:2007/04/15(日) 20:51:20 ID:Rb/dzsq8
ブラゲスレからきますた( ^ω^)

286 :名無し名人:2007/04/15(日) 20:53:27 ID:Rb/dzsq8
帰ります( ^ω^)

287 :名無し名人:2007/04/15(日) 20:58:00 ID:Rb/dzsq8
戻ってきますた( ^ω^)

288 :名無し名人:2007/04/15(日) 20:59:14 ID:Rb/dzsq8
やっぱり帰りますね( ^ω^)

289 :名無し名人:2007/04/15(日) 21:06:40 ID:Rb/dzsq8
スレで晒されてしまいました( ^ω^)
ここは酷いインターネッツですね( ^ω^)

290 :名無し名人:2007/04/15(日) 21:06:51 ID:Yg+fZFlU
おまwwwwwwwwwなにやってんだwwwwwwwwwww

291 :名無し名人:2007/04/15(日) 21:07:29 ID:U+PDPPN5
テンプレ長すぎ噴いたw

292 :名無し名人:2007/04/15(日) 21:25:17 ID:Rb/dzsq8
( ^ω^)

293 :名無し名人:2007/04/15(日) 23:16:02 ID:Rb/dzsq8
これほどテンプレ貼った人に乙と言いたくなるスレはありませんね( ^ω^)

294 :名無し名人:2007/04/15(日) 23:18:02 ID:xvgCwVVX
まだいんのかよwwwwwwwwwwwww



俺もだが

295 :名無し名人:2007/04/15(日) 23:22:26 ID:Rb/dzsq8
何でいるかって?そこにスレがあるからさ( ^ω^)

296 :名無し名人:2007/04/16(月) 00:00:09 ID:Rb/dzsq8
ここでネタばらし
実は俺、ブラゲスレ住民だったのだ。興味ないと思うけど
じゃ( ^ω^)

297 :名無し名人:2007/04/16(月) 03:00:45 ID:kSg4adhm
vipブラゲスレから馳せ参じ候。
拙者が斯様なる言の葉を紡がん程に、
このスレのテンプレ張り職人の骨身を惜しまぬテンプレは見事。

298 :名無し名人:2007/04/18(水) 04:05:38 ID:iF5EgzMx
皆の者如何致した?
よもやvipなる面妖な者共に恐れをなしたのではあるまいな。
早う語ろうではないか。

299 :名無し名人:2007/04/21(土) 22:13:09 ID:IB5pUzb+
初めてこのスレに来ました。

なんだこりゃああああああ

300 :先手5人目:2007/04/22(日) 21:00:09 ID:viCE7MzZ
801手目〜850手目までの棋譜
▲10二三白駒( 2三一)   △ 1一五大鷲( 2一五)
▲10二五白駒(10二三)   △18一七林鬼(18 三)
▲18一七白駒(10二五)   △18一七角鷹(29 六)
▲18三一大鹿(20三三)   △33 二角鷹(18一七)
▲16三一大龍(16三二)   △18 四大鹿(22 四)
▲10二五大龍(16三一)   △33 三角鷹(33 二)
▲18三三鳳師(18三四)   △10二五走兎(34 一)
▲10二五 10二六奔鷲(10二六)  △34 一白虎(35 一)
▲ 9二七水牛( 6三〇)   △ 9二六白虎(34 一)成
▲ 9二六水牛( 9二七)   △33 二森鬼(30 二)
▲ 7二九悪狼( 8三〇)   △31 三右龍(29 三)
▲35一七木将(33一九)   △32一〇横猿(35一〇)
▲35二一飛将(17二一)   △35 一香象(35 二)
▲10三二横猪(10三三)   △27二五走兎( 3 一)
▲27二五猛熊(29二七)   △ 9二六森鬼(33 二)成
▲ 9二六走馬( 9三六)   △32 三右龍(31 三)
▲ 9二九飛猫( 6三二)   △30 二山鹿(29 二)
▲11二八横飛(12二九)   △ 9二六右龍(32 三)成
▲ 9二六飛猫( 9二九)   △33 二角鷹(33 三)
▲ 9三五走蛇(10三五)   △30 一獣吏(28 三)
▲33二九山鷹(30三二)   △ 8三二隠狐( 8二〇)成
▲ 8三二馬将( 7三三)   △16一四天狗( 7 一)
▲12二六獅子(14二七)   △11一七青龍( 2 八)
▲ 8二九馬将( 8三二)   △10一七青龍(11一七)
▲11二六奔鷲(10二六)   △31 四走馬(28 一)

301 :名無し名人:2007/04/23(月) 20:24:04 ID:zqetfl/a
待ってました!w
対局していないのかと思ったよ。

302 :名無し名人:2007/04/25(水) 01:37:09 ID:iWP4zTct
1か月張っててやっとwww
張ってる甲斐があった・・・・・なんかうれしい

303 :名無し名人:2007/04/25(水) 08:32:10 ID:7+9LT9/h
>>302
本当にそうだよねw
次は梅雨時かなw

304 :名無し名人:2007/04/25(水) 21:54:13 ID:fxJC1vPH
拙者今感無量で御座る
よもやネタが投下され話し合われる光景をこのまなこでogameようとは
これで悔いなくVIPに戻れようというもの 然らば御免

305 :名無し名人:2007/04/26(木) 02:51:43 ID:8JduecTm
>>304
また、ちょくちょく見に来てくださいw

306 :名無し名人:2007/05/03(木) 12:37:45 ID:OrN7xScZ
奇犬の「口奇」について論ぜよ。

307 :名無し名人:2007/05/06(日) 02:52:44 ID:5JE6p4Kd
テンプレ見に来たお( ^ω^)
気が向いたらまた来るお⊂二二( ^ω^)二⊃

308 :名無し名人:2007/05/09(水) 16:34:32 ID:f4GMETLl
なにこのテンプレの長さw
作った人は乙

309 :名無し名人:2007/05/09(水) 17:35:47 ID:ciy4KXsB
テンプレ何回もはる力があるのならHPでも作って説明したほうが早いんじゃないか
さすがにこれは長いわ だが>>1 乙

310 :名無し名人:2007/05/09(水) 19:02:38 ID:A0fbZG68
テンプレwikiとかにした方がいいだろこれw

>>1

311 :名無し名人:2007/05/09(水) 21:48:44 ID:0bqVT5yh
だからテンプレの長さに感心する前に>>1の最後までくらい目を通してくれw

312 :名無し名人:2007/05/11(金) 01:24:55 ID:0kzxK469
ところで、>>306はすすっと流されてるけど実際のところ口編に奇って漢字は存在するのかねえ
知ってる人いる?

313 :名無し名人:2007/05/11(金) 18:46:52 ID:l/Q9TXLR
すみません、まずどこからどこまでがテンプレかがわからない……

>>1

314 :名無し名人:2007/05/11(金) 21:01:46 ID:hDFz3h0K
127までが天麩羅らしいな…自分で書き込んでいて信じられないが>>1-127

315 :名無し名人:2007/05/11(金) 21:02:28 ID:/whEmkmi
>>306は、伏字じゃなかったんだ・・・


316 :名無し名人:2007/05/11(金) 21:46:34 ID:l/Q9TXLR
>>99以降は棋譜?なのかな。まだ駒の動きすらよくわかって
ないけど…

317 :名無し名人:2007/05/11(金) 21:56:44 ID:zSLlJZRS
>>312
文字参照行けるかな→𠵇
吠えるって意味らしいが

318 :名無し名人:2007/05/12(土) 10:15:17 ID:L5+ASy0Y
>>317
不可能な方向で……。
何に載ってましたか? 大漢和辞典でも見つからなかったんですが……。

319 :名無し名人:2007/05/12(土) 16:54:20 ID:yeEmpevp
あと古時鳥みたいなわけ分からんやつもあるよね。

320 :名無し名人:2007/05/12(土) 21:28:38 ID:VUQXMYME
後ろの方の駒を動かすのには、標準的に何手位先なの?

321 :名無し名人:2007/05/15(火) 22:07:06 ID:pZxPx2BY
「口奇」
ttp://www.unicode.org/cgi-bin/GetUnihanData.pl?codepoint=20D47

「艸/尺」 もあるらしい。
ttp://www.unicode.org/cgi-bin/GetUnihanData.pl?codepoint=26B28
但し、意味は謎。

古時鳥は「古寺」も「舌寺」も「台寺」もないし、「時/鳥」もない。

322 :名無し名人:2007/05/16(水) 01:07:22 ID:Ge/FhxMH
>>320
どの駒かで大分変わってくるし、当然局面にもよる。
そもそもどこまでが「後ろの方」なのかわからん。

323 :名無し名人:2007/05/21(月) 12:13:37 ID:coOg0Uxq
>>320
「標準」が生まれるほど対局されてない
標準的な人間なら駒並べきる前に力尽きるだろw

324 :名無し名人:2007/05/26(土) 04:22:52 ID:ghnIlCOt
わけわからん字は江戸時代特有の異体字ってことは無いのかしら?

325 :名無し名人:2007/05/28(月) 02:30:38 ID:aHPsVqf4
簡単に言うとそうだと思う。
表示不能で、元の字が解っている場合は置き換えても良いと思う。

詳細不明な>>321の漢字を別にすると、
完全に謎な奴は「古時鳥」だけなような気もするが……、他にいたかな?


326 :名無し名人:2007/05/28(月) 21:11:34 ID:PnFfzi+R
よく分からない字

奇犬の「口奇」

遊母の「母鳥」

古時鳥の「古寺」

歩振の「振/鳥」

仙鷦の「而/鷦」

舟牛の「止/舟」

芦鳥の「艸/尺」

327 :先手5人目:2007/06/03(日) 18:36:31 ID:f33Hl7g/
851手目〜900手目までの棋譜
▲10二七横飛(11二八)   △11一七大旗(19 九)
▲11二八獅子(12二六)   △ 3一七猛龍(16 四)
▲ 2一七奔鷲(11二六)   △ 2一七猛龍( 3一七)
▲ 2一七鳳師(18三三)   △ 9二六走馬(31 四)不成
▲ 9二六横飛(10二七)   △ 9二六龍王( 9一〇)成
▲ 9二六走蛇( 9三五)   △ 9二六中旗( 9 四)成
▲ 9三五山鹿( 8三五)   △11二八前旗( 9二六)
▲ 3二二天狗( 7三六)   △32 三風龍(27 三)
▲ 7一〇天狗( 3二二)   △ 3一一竪行( 3一〇)
▲11一〇天狗( 7一〇)   △10 九毒蛇(10 七)
▲10 九鳳師( 2一七)   △10 九横兵( 2 九)
▲10 九天狗(11一〇)   △ 6二八前旗(11二八)
▲ 6二八鴟行( 6二九)   △ 8 八獣吏(11 五)
▲10一一天狗(10 九)   △10一〇獣吏( 8 八)
▲16二五天狗(10一一)   △ 7 七奔狗(11 三)
▲ 8二一飛将(35二一)   △ 7一〇奔狗( 7 七)
▲ 2三一角行( 3三二)   △ 7 八悪狼( 8 七)
▲15一八角行( 2三一)   △10一三歩兵(10一二)
▲ 8一三飛将( 8二一)   △27一二龍馬(26一三)
▲36一三飛将( 8一三)   △15一八奔狗( 7一〇)
▲24二二隠狐(24一六)   △17一一天狗(16一四)
▲31二二竪兵(31二五)   △12二一奔狗(15一八)
▲21一六天狗(16二五)   △10一六大旗(11一七)
▲24二一天狗(21一六)   △11二七天狗(17一一)
▲14二七走熊(14三五)   △ 3 一玄武( 2 一)

328 :名無し名人:2007/06/04(月) 23:39:57 ID:goi7DR53
おお、ここまできたか。
棋譜見ても全然イメージがつかめないが。

329 :名無し名人:2007/06/05(火) 03:53:16 ID:i7aiw6qW
天狗すげー

330 :名無し名人:2007/06/06(水) 02:19:57 ID:JJkNNTFi
>>326
「母鳥」「振/鳥」「止/舟」は表示不能なだけで謎な文字ではない。『大漢和辞典』他に載っている。
「母鳥」は「鸚鵡」の意。
「振/鳥」は「白鷺」の意。
「止/舟」は「前」の本字。前の字の「刂」を除いた部分は「止/舟」が変化したものらしい。

「而/鷦」は「鸖」を見誤った可能性が極めて高い。
「鸖」は「鶴」の意で、代々淮鶏の成駒は「仙鶴」であるから、殆ど疑う余地がない。
尚、『大局将棋駒』を見て作成したと言う駒の写真では「鸖」が使われている。

「口奇」「艸/尺」は謎だが、>>317>>321等の情報で一応存在するらしい。

ところが、「古寺」は一切が謎に包まれている。『象棋六種之圖式』の時点で謎だったようなので、
恐らく『大局象棋駒』の著者も知らないで書いたものと思われる。

331 :名無し名人:2007/06/07(木) 05:21:17 ID:JkIQSWDp
古文書の「古」は「右」と見間違われることもあるけど、
そういった類の間違いという可能性はないかしら?

332 :名無し名人:2007/06/10(日) 02:09:23 ID:Daiq4aYS
ww


333 :名無し名人:2007/06/17(日) 23:08:26 ID:8+YYmgA+
見誤った可能性は充分にあるが、元の文字が何であるか余り見当が付かない。
又、「夜刄」と同様に、古い時代に見誤り書写されてきたものと考えられ、
『大局将棋駒』には既に誤った文字が記載されている可能性が高い。

334 :名無し名人:2007/06/17(日) 23:44:22 ID:8+YYmgA+
駒名に誤植の疑いがあるもの一覧 (>>245参照)

ttp://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kapitan/jpg/kp041dl.jpg
『大局将棋駒』の写真で既に誤植であることが確定しているもの
・ 「鳳師」「麟師」「鵬師」「中師」の「師」は、正しくは「帥」である。

ttp://members.at.infoseek.co.jp/karuta48/taikyoku1.html
『大局将棋駒』の複製を見て作成した復元駒に基づき、誤植の可能性が極めて高いもの
・ 「大師」の「師」も、正しくは「帥」である。
・ 「仙鷦」の「而/鷦」は、正しくは「」である。
・ 「元龍」の「元」は、正しくは「兀」である。
・ 「烏行」の「烏」は、「鳫」である。

合理的に考えて誤植の疑いが高いもの
・ 「右G」の「右」は、正しくは「古」である。
・ 「夜刄」の「刄」は、正しくは「叉」である。

335 :名無し名人:2007/06/20(水) 10:47:48 ID:lL28YgB9
駒の動き方も基の資料で全然違うからね


336 :名無し名人:2007/06/20(水) 20:25:53 ID:BSOPget8
                    ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´
「VIPからきました」「VIPからきました」「VIPからきました」「VIPからきました」「VIPからきました 」

337 :名無し名人:2007/06/20(水) 20:26:46 ID:9T32Nils
けええええええええええれwwwwwwwwwwww
wwwwっうぇwwwwwwwwwwっうぇwwwwwwww

338 :名無し名人:2007/06/20(水) 22:44:42 ID:89FcRtpk
「世界の将棋」は、誤字が多いというのはあたり。大局将棋も、いくつかの誤読と
誤植があります。改訂版も誤ったままです。
それにしても、皆さん、よく研究していますね。
脱帽です。
「大局将棋」の資料は、3種類あって、「大局将棋駒」と、その古文書と同じ筆跡の配置図は、
一番新しい感じです。
古いのは、もう2種類ある配置図です。これには、駒の行き方が朱で点や棒線で印があり、
生き方が表してあります。



339 :名無し名人:2007/06/20(水) 22:52:54 ID:89FcRtpk
それと、大局将棋の出生時期は、江戸時代。
考案者は、「・・・・・」今は、伏せておきます。

340 :名無し名人:2007/06/20(水) 23:28:45 ID:6mmjYjnF
>>338
激しく公開希望

341 :名無し名人:2007/06/21(木) 02:18:19 ID:VeXIcYET
誰も将棋さしてねー

342 :名無し名人:2007/06/21(木) 04:48:48 ID:TgXHag38
>>338
デマ?

343 :名無し名人:2007/06/21(木) 05:15:55 ID:E5BdPZ33
とゆうより大局将棋作った人が駒の動き知ら
なかったんじゃないんかね
大〜泰将棋系とかなり違うし
世界の将棋と中将棋連盟では基の資料が違
うようで動きがばらばら
印象的に連盟のほうがととのってたり(左右対称とか)

344 :名無し名人:2007/06/22(金) 08:45:25 ID:08qJnvqX
いや、そういう問題ではなく、本当に大局将棋の資料が『大局将棋駒』以外にあるのかって事

>>338-339は怪しい

345 :名無し名人:2007/06/22(金) 11:34:03 ID:cTLzcor8
大局将棋って発見されたのつい最近じゃなかったっけ
見つけたのが世界の将棋の著者だったと思うけど

346 :名無し名人:2007/06/22(金) 12:52:55 ID:oIbnuUv6
おまえら、世界最大の
摩訶大局将棋を考案すれ。

347 :名無し名人:2007/06/23(土) 18:39:56 ID:rP03htD2
>>345
梅林さんか岡野さんか。
古将棋を主に研究してるのは岡野さんだよな。
「大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要」なんかにたまに岡野さんの
古将棋関連の論文があるね。
まあ中将棋が中心なんだけども。

348 :名無し名人:2007/06/26(火) 02:17:07 ID:VwmoHDIV
我等の総力を結集して『大局将棋駒』の全貌を公開するよう、呼び掛けようではないか。

349 :名無し名人:2007/06/27(水) 00:17:01 ID:N8YMTvj8
普通に問い合わしたら見れるんじゃないの?

350 :sage:2007/06/30(土) 14:04:38 ID:O5kJmw8k
走りについての私の考えです。

文章の意味からだけで言えば、ルールCなんだけど、
ルールCじゃゲームにならない。
それで、そこでちょっと考える必要があって、
元々一番最初に、これを思い付いた人間は何を言いたかったのかな、と。

で、そうすると、考えられるのは、BかDなんだ。

つまり、丁度中将棋の獅子の駒が、動かす前に一歩動くか2歩動くか選べるように、
この駒にも通常の走りと格の関係する独特の走りの2種類がありますよと。
それで、動かす前に2種類の動きのうちどちらかが選べますよ、と。

それで、通常の走りを選んだ場合は、ルールCの普通の走りですよ、と。
これは他の色々な駒がやっているのと同じようにこの駒もできますよ、と。
それで、独特の走りを選んだ場合は、この場合は格が関係しますよ、と
こっちを選んだ時点で、もう、格が上の駒は取れないけれど、変わりに、自由に飛べるようになって
自由に捕獲できますよ、という意味ではないかと考えられる訳ですね。

BかDなんだけど、これは厳密にはなかなか難しい。
ただ、味方の駒を取るという状況は将棋では極めて限定的なものだから、
かなり限定された状況でしかできないものと考えられる。
そう考えると、Bなんだ。
しかも、「味方を含む」と書いてある訳だから、
ここから読み取れるのは、敵駒をやっつけるのは当然という考えが前提に読み取れるわけで、
そう考えると、Bで、しかも、敵を最低一枚はやっつけなければならないBだと考えられる。

元々の文章からは、Eの意味にはどう読んだって読めないし、
Cでゲームにならないのだから、Fでもゲームにならない。
Aだったら、普通そのことを注記すると思うんですね。


351 :350:2007/06/30(土) 14:37:58 ID:O5kJmw8k
続き

Dの動きだとすると、
例えば、特別な走りを選択して、
間に一枚も駒を飛び越さずに、着地点に味方の駒を選択して、
味方の駒の一枚取りという動きを選択することも可能になってくる、
でも、これだと動きだけを見れば、通常の走りをして、
味方の駒を一枚だけ取っているかのようにも見えてきて、
しかし、こういう動きが果たして想定されているかと言えば
想定されていないように考えられる訳ですね。

同じように、例えば、味方の駒だけを飛び越えて
着地点に空きを選択すると、これもまた
味方の駒だけをやっつけるようなことも可能になってしまう
しかし、こういう動きが果たして想定されているかと言えば
想定されていないように考えられる訳ですね。
文章表現も、「味方を含む全てを」と書いているわけだから、
そこに、敵が最低一枚含まれているのは当然考えていたんじゃないかなと、

そう考えると、Bで、しかも、
敵を最低一枚はやっつけなければならないBだと考えられるのです。

352 :350:2007/06/30(土) 19:55:17 ID:O5kJmw8k
今日かなり、考えていたんだが。

というか、単に、最初に考えた人は、
まず一番最初の発想として、敵味方関わらず直進して、
全部やっつける駒があったら良いなっていうのがあったと思うのですね。

でも、それでは、あまりにも強すぎるから、
そこで、格という概念を考えて、普通の動きもこの駒はできるから、
普通の動きのときに、敵の王を取るのは良いけど、
駒の全取りで進んでいって、
敵の王を取るのは止めにしようと考えたと思うんですよ。
実際、全取りで進んで敵の王が取れる、ではゲームにならないし。

それ以上の着地点で味方の駒を取って良いか駄目かまでは
発想として考えていなかった可能性もある。

仮に、考案者がそう考えたとして、
しかし、味方の駒を取るというのは原則将棋では禁止されているので、
将棋というゲームのルールの大原則の中で、
考案者の元々の発想をなるべく生かそうと思えば、
ルールBで、
しかも敵を最低一枚はやっつけなければならないBだと思うんだ。


353 :350:2007/06/30(土) 22:49:50 ID:O5kJmw8k
Aが良いと言ってる人は、突撃が嫌だからAが良いと言ってるのね。

でもね、おそらく、最初にこのゲームを考え付いた人の発想はね、
敵味方関係なく、
直進して、直進したところ全部やっつける駒があれば良いっていうのが、
それが、最初にまず、大きくあったんだよ。

でも、それだと強過ぎると、考案者は考えて、それでちょっと考えて、
それで、格で差を付けるというのを考え出したんだよ。

それで、そういう駒だと、
着地点に味方が置いてあっても良いのかとか、
通過点が味方ばっかりであっても良いかとかいう疑問が出てくる訳だけど、
そこまでは、考えてなかった。

多分、ここから読み取れる限り、
最初に思いついた人の考えていたことは、そうだよ。


354 :名無し名人:2007/07/01(日) 02:57:43 ID:iBCn4dtt
かんがえたのは大橋家筋の人間かな。

355 :350:2007/07/01(日) 15:24:19 ID:Rt7GYPuc
昨日の考えの続き

やっぱり、これは、最初にこのゲームを考え付いた人は、
敵味方関係なく進んで、全部やっつける駒があれば良いっていうのが、
それが、最初にまず、大きくあったんだよ。

それで、後から格というのを考え付いたんだよ。

で、それだと、将棋の大原則は、味方を取ってはいけないということだから、
空きマスをずっと進んでいって着地点に味方がいて、
味方を一枚取るような動きも良いのか、とか、
通過点が味方ばっかりで、敵を取らずに味方ばかりを取る動きも
良いのかという疑問も出てくるんだけど、
そこまでは、考えていなかった。

DーA 着地点に味方がいても良いし、取る駒が味方ばかりでも良い。
DーB 着地点に味方がいても良いが、取る駒が味方ばかりは駄目で最低1つは敵を取る。
BーA 着地点は空きもしくは敵の場合のみだが、取る駒が味方ばかりでも良い。
BーB 着地点は空きもしくは敵の場合のみで、最低一枚は敵を取る。

の4通りがそうすると考えられて、このどれかは、作者も考えていなかったと考えられるんですよ。

その上で、将棋の大原則にかなう形で、もっとも保守的な補正をかけてやると、
BーBのルールが適切だと思うんだが。


356 :名無し名人:2007/07/01(日) 21:37:32 ID:mj/WpuaF
将棋の大原則って何だよ。

357 :名無し名人:2007/07/03(火) 16:05:23 ID:SVn3rCTS
383 名前:(☆・ω・)[sage] 投稿日:2007/07/03(火) 15:23:25 ID:+vBbIljdO
http://game12.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1163033955/
テンプレ長杉。一見の価値アリ。

とあったので来てみました。すごいですね がんばってください
参加してみたいけど難しそうだから私はやめておきます(バカなので)

358 :(´c_,` ):2007/07/03(火) 18:21:06 ID:eL4ISy02
遊びにきたぜ

359 :名無し名人:2007/07/06(金) 11:03:01 ID:njVfKGO6
みんなが大局将棋を一手ずつさせるような掲示板ありませんでしたっけ?

360 :名無し募集中。。。:2007/07/13(金) 13:23:29 ID:9p6tBjyu
テンプレ乙

361 :名無し名人:2007/07/17(火) 19:06:41 ID:oknDVB0f
なんとなく思い出したから検索かけてきた。
まだ2回戦目?4年経ったのに

362 :名無し名人:2007/07/19(木) 06:23:56 ID:7iu7f9q/
正しく大局観が必要な将棋なのだよ。これは

363 :名無し名人:2007/07/19(木) 15:15:50 ID:Nswrsb/e
だれも指してなくね?

364 :名無し名人:2007/07/19(木) 17:21:42 ID:6wincoNi
せっかちな方はお帰りください

365 :名無し名人:2007/07/19(木) 21:53:59 ID:JWWXYVxg
長いテンプレと聞いて飛んできました
この長さならまとめサイトとか作ればいいのでは?^^

366 :名無し名人:2007/07/19(木) 22:02:47 ID:hzQEM7PG
>>365
FAQ。
>>1 を100回読んでこい。

367 :名無し名人:2007/07/19(木) 22:38:39 ID:MNmDowv8
50手指すのに50日かかっても驚かないぜ

>>355だが、D-AかB-Aだと思うぞ。格下ドリルで突貫だ
その1手で相手の王を詰めるなら、味方を犠牲にする事も厭わないってな
ちゃんと敵も貫いてるんだからいいじゃん的なD-BとB-Bは余計に思えるな
蹴散らせ!

368 :名無し名人:2007/07/20(金) 13:14:38 ID:jJsvCzbt
いちお将棋板住民なんだけど週刊少年漫画板からきますた。
こんなとこあったんだな(´・ω・`) YouTubeかニコ動で見たやつのことか…
テンプレ乙。


369 :先手5人目:2007/07/20(金) 20:58:19 ID:XiaiUgY/
901手目〜950手目までの棋譜
▲14三三奔王(14三六)   △24二二玄武( 3 一)
▲24二二隠狐(24二五)   △ 5 三走狼( 4 三)
▲24二六隠狐(24二二)   △24二六小亀(12一四)成
▲24二六石将(25二七)   △12一四奔狗(12二一)
▲21二三歩兵(21二四)   △10一二木将( 8一〇)
▲22二五大師(19二八)   △ 8一〇獣吏(10一〇)
▲ 1二〇奔王(14三三)   △ 1二〇大鷲( 1一五)
▲ 1二〇天狗(24二一)   △ 4 八横牛( 3 七)
▲11二六刀兵(11二五)   △25九天狗(11二七)
▲ 8三一獣吏(11三四)   △ 7 七大鳩(12 二)
▲14三三水龍(15三四)   △ 8 六奔獏(13 一)
▲20一四飛牛(33二七)   △23一一豹兵(22一〇)
▲ 6三一横狼( 5三二)   △13 一奔王(14 一)
▲21三三水龍(22三四)   △ 9二七走狗( 9 二)成
▲ 3三二角将( 5三四)   △33 三角鷹(33 二)
▲ 9三三水龍(14三三)   △ 9三三奔豹( 9二七)
▲ 9三三水龍(21三三)   △ 9三三走馬( 9 一)成
▲ 9三三右龍( 8三四)   △ 9 五奔王(13 一)
▲ 9三二飛車( 4三二)   △ 9一七青龍(10一七)
▲ 8二八馬将( 8二九)   △ 9一五奔王( 9 五)
▲13三二天狗( 1二〇)   △28 一奔鬼(27 一)
▲21二四大龍(17二八)   △ 7 九悪狼( 7 八)
▲ 9一二大龍(21二四)   △ 4二〇奔王( 9一五)
▲10一一大龍( 9一二)成  △ 7 八大鳩( 7 七)
▲10三四飛将( 6三四)   △10 八奔獏( 8 六)

370 :名無し名人:2007/07/27(金) 16:31:35 ID:U2QqfK50
これ、友達とやってみたいんだが、
駒とかは自分で作るしかないのかな・・・・

用具一式売ってるところってあるんですか?

371 :名無し名人:2007/07/27(金) 22:06:11 ID:7qVnRHep
駒の解説に吹いてしまったw

372 :名無し名人:2007/07/30(月) 10:35:11 ID:WiV/r6C+
>>370
売ってはないだろうと思う。
>>1 の大局将棋ソフトでまずは試してみたら?

373 :名無し名人:2007/07/30(月) 23:43:19 ID:ALbY11x6
しかし、あのソフトは微妙に修正が必要だったはず。
成りが間違っているのが一ついた。あと麒麟の動きも修正しておくと良い。

374 :名無し名人:2007/07/31(火) 02:28:56 ID:8EnJACTz
>>370

100均で売ってる将棋の駒の字を大局将棋の駒に書き換えてやると
低コストですみますよ。
かなりの面倒さですが。

375 :名無し名人:2007/07/31(火) 19:22:14 ID:Oaeu23DN
厚紙でいいだろ。

376 :名無し名人:2007/08/01(水) 02:30:30 ID:Fbnx6UoS
後手が958手目△8八大鳩と指していたら、先手の指しては如何に。


377 :名無し名人:2007/08/05(日) 00:38:40 ID:lN5AldCM
皆さん、感想戦とかはやる気なし?

378 :名無し名人:2007/08/05(日) 23:11:22 ID:cSBQUTUu
あれだけの駒をここでどう動かせばどうなるなんて考えるだけで死ねるわw

379 :名無し名人:2007/08/06(月) 21:55:16 ID:Wr1nifR2
テンプレ見に来ましたw

これは乙としか言いようがないw

380 :名無し名人:2007/08/08(水) 19:32:29 ID:OJZPdSyb
よそからテンプレ見に来た奴らばかりで吹いた

俺もだけど。

住民の皆さん乙

381 :名無し名人:2007/08/08(水) 20:08:29 ID:2siEVkoW
でも、ここのテンプレで紹介されている駒は、ごく一部分でしかない。

382 :名無し名人:2007/08/10(金) 19:28:59 ID:kpaGOzOO
俺も飛んできたクチだけど、テンプレ凄いね。貼った人乙
おじゃましました

383 :名無し名人:2007/08/10(金) 19:57:45 ID:TsTBGafu
>370
安上がりで本格派でやりたいなら
100円ショップで将棋駒いっぱい買ってきて
印刷したのを貼り付けるといいお

384 :名無し名人:2007/08/16(木) 23:51:33 ID:vWx/maLP
飛んできた
お前らの底の深さを知った
邪魔してすまん

385 :先手5人目:2007/08/17(金) 20:42:36 ID:byhIaoNM
>>376
指し手に影響あるかもしれないので
レスしていなかったんだが、手が進んだので。

▲10三二飛車(9三二) で大将を退かせた後に
▲10一三飛将(36一三) で飛将成り狙いかな。

10一一の地点を大鳩が守っているので
大鳩が動けば、成るスペースができる。

386 :名無し名人:2007/08/25(土) 20:06:29 ID:y04dq/lO
書くことないけど保守

387 :名無し名人:2007/08/27(月) 22:56:53 ID:Xj03Yyr5
21手以上前は再現すること自体一苦労な件

388 :先手5人目:2007/08/28(火) 20:08:43 ID:9+8+2Y/3
過去ログから検索で21手以上前も見れるよ。
ttp://taikyokushogi.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/tkbbs/light.cgi?mode=past

389 :名無し名人:2007/09/01(土) 01:18:35 ID:qD29NTe4
>388
素晴らしい。

390 :先手5人目:2007/09/02(日) 19:11:26 ID:sqqHxPEI
951手目〜1000手目までの棋譜
▲10一〇元龍(10一一)   △10一〇獣吏( 8一〇)
▲10 四飛将(10三四)成  △10 四山鹿( 8 二)
▲ 8一一大師(22二五)   △10二六奔王( 4二〇)成
▲ 8 五大師( 8一一)   △ 8 五馬将( 7 四)
▲ 8一一飛鷲(24二七)成  △ 9一〇大鳩( 7 八)
▲18 一大鷲( 8一一)   △18 一太子(19 一)
▲31二九狛犬(31三三)   △ 9三二青龍( 9一七)成
▲ 9三二大鳩(12三五)   △10二八大将(10二六)
▲ 9一〇天狗(13三二)   △ 9一〇横猿( 2一〇)
▲ 9一一角将(32三四)成  △ 8一〇悪狼( 7 九)
▲ 9二四霖鬼( 9一一)   △36二八大将(10二八)
▲36二八木車(36三一)   △20一四豹兵(23一一)
▲ 8一〇飛燕(33三五)成  △ 8一〇横猿( 9一〇)
▲ 8一〇走兎(34三六)成  △ 9 二走蛇(10 二)
▲ 2一七霖鬼( 9二四)   △19 一太子(18 一)
▲32三四走狼(33三四)   △16 四大龍(19 七)
▲ 6 八隠狐( 8一〇)   △ 6 八馬麟( 5 七)
▲ 6 八走狼(32三四)成  △35二九豹兵(20一四)成
▲30三五雨龍(31三五)   △ 7 九金鹿(12 四)
▲31三三左虎(30三四)   △ 6 八金鹿( 7 九)
▲ 6 八左虎(31三三)成  △ 7 七嗔猪( 6 六)
▲31三三森鬼(31三四)   △ 6 七鴟行( 5 八)
▲16一八森鬼(31三三)   △18一六走狼( 5 三)
▲32三四走鹿(34三四)   △ 6 八嗔猪( 7 七)
▲18一六森鬼(16一八)   △18一六大鹿(18 四)

391 :名無し名人:2007/09/05(水) 00:09:03 ID:lYCg4/oP
結構前の話で恐縮ですが、「ゆうぎ史」7号に遊戯史学会第13回総会講演レジュメ
として熊澤良尊氏の「大局将棋の復元について」というのが載っています。
レジュメのみの掲載なので、詳しい考察はありませんが、大橋家文書の
大局将棋図の一部が掲載されていたりして興味深いものです。
一度ごらんになることをお薦めします。
もうご存知でしたら失礼しました。

392 :名無し名人:2007/09/06(木) 00:13:36 ID:rA4mrYux
「大局将棋」の資料は、3種類あって、「大局将棋駒」と、その古文書と同じ筆跡の配置図は、
一番新しい感じです。

393 :名無し名人:2007/09/07(金) 01:20:20 ID:JVOboG9T
>392
逝ってよし

394 :名無し名人:2007/09/08(土) 05:41:26 ID:ZcUEyaQY
>391
貴重な情報をどうも。

395 :名無し名人:2007/09/11(火) 19:48:01 ID:wogbM7IZ
テンプレ長すぎw
まとめサイト作れよ

396 :名無し名人:2007/09/11(火) 22:51:03 ID:/WcqJSAv
>>35の奔鷲の動きについて。
>>35の説明では走る、居食い以外では3(4)マス飛ぶか取りながら進むしか出来な
いようですが、wiki(ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%94%E9%B7%B2)の説明を見
ると、3(4)マスまで進む、戻る、飛ぶを組み合わせて使う事が出来るようです。
よってwikiの説明では奔鷲は斜め前に対しては、
・甲乙の2枚の敵駒を居食い出来る
・甲を飛び越え乙に行った後、丙の駒を居食い出来る
・甲の駒を取った後、丁まで飛ぶ
等の動きも出来るようです。
接近戦の能力にかなり違いが出そうなんですが、実際はどうなんでしょうか?

397 :名無し名人:2007/09/11(火) 23:08:55 ID:7jGcs2wf
>・甲を飛び越え乙に行った後、丙の駒を居食い出来る
最終の移動場所が「乙」なら、あなたのおっしゃることは正しいと思う。

398 :名無し名人:2007/09/11(火) 23:22:30 ID:fhW6LZHV
>>396
"行った後、居食い出来る”なので最終場所は乙です。分かりにくくてすみません。
でも>>35の説明だと飛んだ後動いたり、甲の居食い以外で戻ったり出来ないように
見えるので、そこが気になりました。
ちなみにwikiだと丁まで一度に飛べるとは書いてないけど、これは単なる書き忘れ
だと思う。

399 :名無し名人:2007/09/11(火) 23:23:43 ID:h+zpfqB6
>>396
>>170でも僅かに述べられていますが、『世界の将棋』では>>35のようになっています。
ウィキペディアが『世界の将棋』以外の資料を見て書かれたとは考え難いので、
ウィキペディアは誤りだと思います。別の資料が無い限り、>>35が有力です。

>>397
居喰が可能な箇所は甲のみなので、丙の駒を取って乙へ行くのは無理だと思います。

400 :名無し名人:2007/09/12(水) 18:24:38 ID:iz1hxalm
ありがとうございます。
奔鷲と元龍はこちらの動きを参照するようにします。

401 :名無し名人:2007/09/13(木) 02:38:16 ID:wkDx7WfS
「ゆうぎ史」てどこで見れるんだ?

402 :名無し名人:2007/09/13(木) 04:49:55 ID:SGtTzuMr
このスレのテンプレの文は面白いなぁ
張るのに一日がかりだけど

403 :名無し名人:2007/09/15(土) 08:57:45 ID:/xgHSL9K
なんだこの真面目な糞スレは

404 :名無し名人:2007/09/16(日) 05:44:54 ID:9E5NOqBb
23 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2007/09/16(日) 03:39:12.53 0
>>20
朝10時にスレ立てて夜11時にテンプレ貼り終わりとか基地街だろ
そのうちテンプレだけで1スレ使い切りそうだなそこ

405 :名無し名人:2007/09/16(日) 08:24:29 ID:I6jjVfpA
不毛しぐる時間の無駄づかい

406 :名無し名人:2007/09/16(日) 09:47:29 ID:6I+EFnob
2chイチテンプレの長いスレと聞いてきました

407 :名無し名人:2007/09/17(月) 00:49:56 ID:Eyi1hCMC
2chで一番テンプレの長いスレと聞いて見にきました

408 :名無し名人:2007/09/17(月) 12:41:01 ID:y6GphNAc
すごいスレだ

409 :名無し名人:2007/09/17(月) 14:23:41 ID:NNpfk5Ke
いまだにテンプレでここに来る人っているんだなw

俺は2年位前にテンプレ1位だった頃からずっと細々ROM・・・

410 :名無し名人:2007/09/17(月) 22:53:37 ID:j3IA1kdT
いやはや、感心しました。

411 :名無し名人:2007/09/18(火) 11:13:38 ID:kiRVhq8w
俺もテンプレを見に来ました。名物ですね。

412 :名無し名人:2007/09/18(火) 12:55:32 ID:xnNATU7S
テンプレよりテンプレを見に来たレスのほうが多くなりそうだなw

413 :名無し名人:2007/09/18(火) 21:07:57 ID:ryLxghV1
どこまでがテンプレ???

414 :名無し名人:2007/09/18(火) 22:19:47 ID:NlujFpNp
---------------ここまで次スレのテンプレ-----------------

415 :名無し名人:2007/09/19(水) 04:35:27 ID:ouBptWsX
Wi-Fi対応の「大局将棋DS」って出ないかな

416 :名無し名人:2007/09/19(水) 05:07:49 ID:Ll2SeGvS
赤井英和主演の「大手」って映画で、赤井がライバルとの勝負を前に師匠の若山富三郎に最後の指導を受ける場面があって、そこに特大の将棋盤と見慣れない種類のコマがたくさん出てきたんだが(「獅子」とか「虎」とか)
今、思うと、あれは大局将棋だったんだな。

417 :名無し名人:2007/09/19(水) 10:33:21 ID:qjJAaS1n
過去スレで「王手」でやってたのは泰将棋と言われてたような。

418 :名無し名人:2007/09/19(水) 18:06:53 ID:743/CCAm
王手は1991年だからまだ大局将棋は発見されてないんじゃないかな

419 :名無し名人:2007/09/21(金) 22:48:09 ID:ssE5lzOT
名物世界最長テンプレ見に来ました
ついでに誰かと朝まで大局してみたいんだが

420 :名無し名人:2007/09/22(土) 00:01:41 ID:bBvtmJCN
朝までだとまだ序盤だろうな

421 :名無し名人:2007/09/22(土) 01:09:42 ID:hJut0Voe
駒を並べるだけだろうな。

422 :名無し名人:2007/09/22(土) 01:14:22 ID:ObvRviHN
それ以前に、朝までに駒を用意できるかが問題だ。

423 :名無し名人:2007/09/23(日) 00:54:02 ID:Ltz133o9
やりやがった
ttp://chirindo.exblog.jp/6153521/

424 :名無し名人:2007/09/23(日) 02:40:01 ID:DeSIqPpv
真ん中あたりの駒を動かすのって大変そうだよね
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1118565

425 :名無し名人:2007/09/23(日) 21:03:46 ID:qeF+IIzY
>>423
盤は稚拙だが駒は結構良くできているね。

426 :名無し名人:2007/09/23(日) 21:08:11 ID:Ws+MBMLA
紙に印刷して、張り付けたみたいですね。

427 :名無し名人:2007/09/24(月) 20:12:40 ID:2q35ta4v
優秀すぎるテンプレ

428 :名無し名人:2007/09/25(火) 15:39:32 ID:H0aSSHXX
ニコニコからキマスタ

429 :名無し名人:2007/09/25(火) 17:53:21 ID:sBofefAd
あのテンプレ最初に書いた人、尊敬します。

430 :名無し名人:2007/09/25(火) 20:22:56 ID:1HnFbD5P
ニコニコ動画とかいうに変な動画がうpされたもんだから
変な厨が湧き出すのだろうなあ


431 :名無し名人:2007/09/26(水) 04:51:32 ID:afqKtvbC
>>430
>>430

432 :名無し名人:2007/09/26(水) 10:02:46 ID:+LxznRrM
>>431
こういう奴とかな

433 :名無し名人:2007/09/26(水) 17:34:10 ID:NWqJjJj6
・大将の着地点の解釈
・大将の捕獲の解釈
・成りの解釈。強制成り/任意成り
・獅子の成りの解釈
・表記の誤字の訂正
・無明・提婆の特殊ルール
・大将による無明・提婆の特殊ルール(獅子による居食いの場合は?)

434 :名無し名人:2007/09/26(水) 19:23:59 ID:DbG4iHuj
あと#表記の動きと踊りも正確に分かってないんじゃなかったっけ。

435 :名無し名人:2007/09/26(水) 23:04:20 ID:NWqJjJj6
仲間?
http://game12.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1181313659/l50

436 :名無し名人:2007/09/26(水) 23:25:41 ID:IOTk5ZLI
>>435
下位互換みたいなもんだ

437 :名無し名人:2007/09/27(木) 01:09:40 ID:q9cqn18I
駒の動きは互換性ないぞ

438 :名無し名人:2007/09/27(木) 19:07:11 ID:4MCdDsl6
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

439 :名無し名人:2007/09/30(日) 01:40:46 ID:KJzk1XMP
良スレの予感

440 :名無し名人:2007/09/30(日) 22:34:18 ID:EGfkwIFm
市況1からきますた・・・
楽しそうですね

441 :名無し名人:2007/09/30(日) 23:34:21 ID:8rq/LjNE
次の手は?

442 :名無し名人:2007/10/01(月) 21:40:47 ID:j40z/lSQ
大局将棋は、やっぱり、振り飛車が有利か?

443 :名無し名人:2007/10/01(月) 21:43:27 ID:YJA/omRQ
飛車程度の雑魚がどこにいようと有利不利も何も

444 :名無し名人:2007/10/03(水) 00:33:58 ID:eZoectq5
飛車の上位互換が何十駒あると思ってんだww

445 :名無し名人:2007/10/03(水) 08:17:36 ID:cE9nA6Rl
振り飛車より右13間飛車がいいよ

446 :名無し名人:2007/10/03(水) 15:20:51 ID:AbDT5c/U
定跡の本はどこで手に入るのかな?

447 :名無し名人:2007/10/03(水) 20:58:50 ID:ZqhMjlhr
>>446
それはギャグで(ry

448 :名無し名人:2007/10/10(水) 01:56:24 ID:0/iTs8tL
なんと、霖鬼は逃げたのか。


449 :先手5人目:2007/10/13(土) 16:07:54 ID:627Q3CXW
1001手目〜1050手目までの棋譜
▲18一六大鹿(18三一)   △18一六天狗(25 九)
▲18三〇中師(19二九)   △20 八天狗(18一六)
▲33三五火鬼(32三六)   △18 五大鹿(16 三)
▲13一五走鹿(32三四)   △25 九天狗(20 八)
▲16一八火鬼(33三五)   △ 3 一天狗(25 九)
▲34三六玄武(35三六)   △ 7 七山鹿(10 四)
▲22三三火龍(21三四)   △12 四銅車(12 五)
▲31三三山鷲左(31三六)  △11 三風龍(10 三)
▲28一六小旗(28三一)   △10 六銅車(12 四)
▲18二八鵬師(20三〇)   △19 六無明(19 五)
▲18二九火龍(22三三)   △18 四鳳師(19 三)
▲18三一奔獏(13三六)   △23 四羊兵(23 五)
▲27二三山鷹(33二九)   △15 四獅子(13 四)
▲25二三山鷹(27二三)   △ 6 四左虎( 7 三)
▲ 2二三山鷹(25二三)   △20 七蟠蛇(21 八)
▲ 9一一走鹿(13一五)成  △ 9一一走蛇( 9 二)
▲ 9一一火鬼(16一八)成  △10一〇山鹿( 7 七)
▲16一六小旗(28一六)   △17一一獅子(16一一)
▲13一五奔火( 9一一)   △19一〇獅子(17一一)
▲18一四小旗(16一六)   △19 五火龍(21 三)
▲18二七大旗(19二七)   △20 五水龍(22 三)
▲18二〇山鷲左(31三三)  △16 三水龍(15 三)
▲18 七山鷹( 2二三)成  △19 三銀将(20 二)
▲ 2二〇霖鬼( 2一七)   △23一一孔雀(23 三)
▲ 2一九霖鬼( 2二〇)   △10二八孔雀(23一一)成

450 :名無し名人:2007/10/18(木) 20:23:29 ID:214CRB4u
warrockスレからきました⊂二二二( ^ω^)二二二⊃

451 :名無し名人:2007/10/19(金) 11:23:26 ID:olDDuwJA
すげぇ....

452 :名無し名人:2007/10/21(日) 23:39:16 ID:EZGdgND1


453 :名無し名人:2007/10/22(月) 05:03:07 ID:U3MNYmyc
スレがたってから1年ほど経過しているわけで、
テンプレの将棋ソフトも消えておりますね。
どなたかアップしていただけませんか。

454 :名無し名人:2007/10/22(月) 09:02:29 ID:JhMBkP4g
ここで紹介されてたので来ました。テンプレがすげー長くて笑ったw

キミキス〜pure rouge〜 キス48回目
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/anime/1192980176/423-427
423 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2007/10/22(月) 08:33:41 ID:wjvce+lB
そんなことよりマジレスだが、いままでテンプレだけで100レスを軽く超えるスレなんて存在したか?w
ネタレスすげーw

427 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2007/10/22(月) 08:51:56 ID:VJx6+E98
>>423
アニメ板ではおそらく初めてだが、他板には同じくらい多いのもある。
大局将棋を指しましょう5{第2局第2譜}
http://game14.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1163033955/

455 :名無し名人:2007/10/22(月) 20:44:56 ID:j4qJxK8d
>>453
具ぐれ馬 でるじゃねえか
http://taikyokushogi.hp.infoseek.co.jp/taikyoku.html

456 :名無し名人:2007/10/22(月) 22:15:37 ID:ZqOVGbfl
>>455
それはフラッシュだろ。

457 :エロゲーマー(ロリ):2007/10/28(日) 01:19:15 ID:T7jT14iL
しおんの眼球舐めたい

458 :名無し名人:2007/10/28(日) 04:46:31 ID:vDl1eAkj
>>457
>>457
>>457


459 :名無し名人:2007/10/29(月) 00:07:24 ID:wnV0aeLX
ニュー速から来ました

何だこれは
気がくるっとる

460 : ◆Ishikaries :2007/10/30(火) 07:16:55 ID:lianC1L5
>>457
実況に帰れ

461 :助けよや!猫刃ぞや!:2007/11/01(木) 23:14:55 ID:HZRYGb0n
「叉」の異体字として「刃」のような形もある。
例えば「扨(さて)」なんか国字扱いだが、漢字に「キ叉」という同義字が存在する。

異体字資料や国字資料を見ると、日本でしか使われてないような異体字も多くある。
「弖」なんてまさにそれ。「氏_」の異体。
国字資料なんか見てると、「低底邸抵…」の部分に「弖」が使われてる。



"刃"は叉の誤字などではなく、異体字の"刃"。
ようは、叉の中の点の向きが逆なだけ。
刃の中点ヽが長くなったのと叉の中点ノが長くなったのとの混同。


此の字、ちょっとヘンじゃね?と思ったら、[古文・漢字]板に池!

462 :名無し名人:2007/11/01(木) 23:20:14 ID:dviAcs6Y
>>461
よう意味がわからん。

463 :名無し名人:2007/11/02(金) 05:18:48 ID:p45m+KZz
>>461
確認するが、名前欄や本文中に用いている「刃」の字は「やいば」ではなく「叉」の意味で、
「叉」の異字体に「刃」に近い字があることから「猫刃」は「猫叉」の異字体と考え、
結論として「ねこまた」説を支持している、という解釈で良いだろうか。
併し、そうであるならば、それは既存の考え方である。
結局何故「みょうじん」でないと言えるのかに就いて言及されていない。

猫刄にも夜刄にも似た様な「刄」の字が用いられているが、
夜刄の方は対となる駒が羅刹であり、夜叉に関係するものと言えることから、
粗間違いなく「やしゃ」と考えられるのに対して、
猫刄の方は対が嗔猪であり、猫又等伝説の生き物とは必ずしも結び付かない。
「ねこまた」説の採用が躊躇われている理由はこの辺りにもあると思われる。

仮に「ねこまた」説を採用したとしても読みを如何にするかという問題も生じる。
将棋の駒は基本的に音読みで読む慣習となっており、猫刄だけ訓読みでは不自然である。
「みょうしゃ」の類で呼ぶことになるであろう。
ただ、江戸時代の資料ではあるが、『象棋六種之圖式』には「めうじん」とあるので、
他に有力な論拠がない場合は「みょうじん」説が無難ではある。

464 :名無し名人:2007/11/11(日) 23:13:42 ID:RUB703GJ
でも六種の図式ってかなりむちゃくちゃじゃない?
みょうじんって意味わかんないし

465 :名無し名人:2007/11/13(火) 19:55:34 ID:P7JKfHcH


466 :名無し名人:2007/11/14(水) 00:01:03 ID:WBXgnX/5
「六種」は記載内容に?なものが多いよね。

467 :名無し名人:2007/11/14(水) 04:42:54 ID:n9VF752W
大将棋以上の古文書で確かな信頼性を持つものは元よりないよ。
今更何故そんなことを?

468 :名無し名人:2007/11/15(木) 09:34:04 ID:9wfGNHz0
駒が売りに出されてるんだけど
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e65738883

469 :名無し名人:2007/11/15(木) 10:01:28 ID:AcMMRmzh
高い・・・

470 :名無し名人:2007/11/15(木) 14:57:58 ID:6NRkk4Ra
わざわざ作ったのか

471 :名無し名人:2007/11/17(土) 01:45:38 ID:cgMjqW6b
これ結構まえに俺も見たんだが…

ここの住人の割り勘で買えばいいんじゃね?

472 :名無し名人:2007/11/17(土) 20:49:35 ID:Js4P9VE7
hosu

473 :名無し名人:2007/11/18(日) 00:15:06 ID:fNAKQqBQ
買ってその後どうするんだ……
みんなでどこかに集まって対局するのか
それも面白そうではあるが

474 :名無し名人:2007/11/18(日) 21:18:15 ID:FhfG3f5S
前見たときは300万だったのに値下げしたのか

475 :名無し名人:2007/11/19(月) 03:42:16 ID:Gt9sgNYl
ここですね

476 :名無し名人:2007/11/19(月) 19:47:30 ID:GX9MHi2f
それよりも複製で良いから『大局將棋駒』(古文書)を手に入れたいねえ。

トリビアを見てみたが大将・副将・猛龍は「薙ぎ」を行っていない様子だ。
薙ぎの記述は『世界の将棋』が勝手に付け足したものなのかな。

477 :名無し名人:2007/11/20(火) 20:29:37 ID:Rh1iYkew
じゃあ今度暇なときにでも「大局将棋駒」の参考調査依頼しとくよ。

今は大商大に移管されてるのかな?

478 :名無し名人:2007/11/20(火) 21:39:08 ID:DZgN6OBm
そのはずだよ。

479 :名無し名人:2007/11/21(水) 18:08:40 ID:Gjo2dplp
マイクロフィルム化して国立国会図書館に置くんだ!
これは人類の義務なのだ!

480 :名無し名人:2007/11/22(木) 01:03:30 ID:2cvJQJJ4
最近将棋会館から大商大に移管されたばっかだから、整理中なんでとかいって
閲覧拒否されそうだな。


481 :名無し名人:2007/11/23(金) 00:06:10 ID:+VnLRmIm
よしんば「大局将棋駒」を見れたとしても、そこまで細かいルールが書いてあるのかな?
実際遊ぶことを念頭においているとは考えにくいし。

482 :名無し名人:2007/11/23(金) 09:04:14 ID:ZuQ+pWu/
恐らく大将の走りの効果に関しては余り書かれていないね。
「天竺将棋の如し」のようなことが書かれているのだと予想する。
しかし、勝手に書き加えられた情報を除いて考察することが叶うなら、それだけで意義があるよ。

あとは踊りだね。飛び越えてはいけないなんて本当に書いてあるのか……。
一枚しか取れないというのは恐らく真実ではないと思うんだけどね。

483 :名無し名人:2007/11/24(土) 01:11:40 ID:wXJlcOTV
しかし関西将棋会館のHP行っても、将棋博物館にあった資料がどこにいったかとか
一言も書いてないし無責任なもんだ。
ほんとに名ばかりの博物館だったんだな。

484 :名無し名人:2007/11/24(土) 01:51:46 ID:8X7UU7Jm
博物館なんて殆んどがそんなもんでしょ。
予算の関係もあるけど、整理や管理がきちんとしてるとこの方が稀。

485 :名無し名人:2007/11/25(日) 22:07:31 ID:+IiMIXll
ttp://www.kansai-shogi.com/hakubutukan/museum.htm

これ以外に、ということかな。

486 :名無し名人:2007/11/28(水) 21:54:33 ID:5Bc+WfcM
>>485
どッから入れんのそれ。

487 :名無し名人:2007/11/29(木) 20:23:12 ID:8QxJeGAE
関西将棋会館からは、
「将棋の歴史コーナー」→「古棋譜、古図式紹介コーナー」→「博物館トップへ」
の順に行くと入れる。

それ以外で良いなら、
「将棋博物館」で検索すると一番上に出てくる。

488 :名無し名人:2007/11/29(木) 21:57:41 ID:jvS2vOTP
トリビアから
テンプレ見て吹いたww
2chパワーってマジですごいなとおもたよ
ネトゲーでも出せばいいのにねw

489 :( ´・☆・)つ ◆NeKoQeKB9Q :2007/12/02(日) 00:58:05 ID:MEfRrt/K
>>457


490 :名無し名人:2007/12/03(月) 01:16:10 ID:lMiPh/gK
増川宏一さんて大橋家文書を使った研究の著作あるよね?
増川さんに問い合わせた人とかいないのかしら。

491 :名無し名人:2007/12/04(火) 02:04:22 ID:i4ebNECz
【「大橋家文書」参考調査の結果ご報告】

「大橋家文書」について参考調査をかけてみました。
昨年夏に将棋博物館が閉館し、大阪商業大学アミューズメント産業研究所へ
移管されると発表されましたが、現時点では大商大の方には来ておらず、
大商大の方でも所在は聞いていないとのこと。
要するに、現在どこにあるのかは分からないということでした。
将棋連盟がどこかに放置しているんでしょうか。

492 :名無し名人:2007/12/04(火) 03:02:03 ID:dLNC2gKv
酷すぎる……。
連盟に問い合わせてみるしかないね。紛失していないことを切に願う。


折しも現在の対局では大将が活躍中。凄いことになりそうだ。

493 :名無し名人:2007/12/04(火) 23:06:27 ID:QRdjkJ1r
大局将棋の唯一の資料が…

494 :名無し名人:2007/12/05(水) 00:36:38 ID:9yAnQ+aW
元の持ち主に返却されたとか?
誰かは知らないけど。

495 :名無し名人:2007/12/05(水) 01:05:14 ID:m0ZD5ful
黙って図書館に寄贈したらいいのに。
保存面でも閲覧面でも図書館が最適だと思うよ。

将棋博物館再建計画でもあるなら話は変わってくるけど。

496 :名無し名人:2007/12/06(木) 22:36:10 ID:x3Pa2n+l
大局将棋だけでなく「御城将棋」「将棋所」なんかの実態を知る上でも
大変貴重な史料なだけに行方不明とは残念。

このまま非公開が続くと将棋史研究は滞ったままだろうな。

497 :名無し名人:2007/12/08(土) 05:58:52 ID:3xX+XYJB
おお。こんなスレがあったとは。

これは最近大商大行って聞いてきた話。
トリビアの対局は、あまりに長引いたので次に王手をかけた方が勝ちという決まりに
したらしい。まともだったらもっとかかってたんじゃないかということ。
あと、大局将棋のルールだが、ほとんどが他の古将棋関連の書物からの類推であり、
大橋家文書自体には具体的な記載はほとんどないらしい。

しかし大局将棋は実物見ると圧巻だね^^

498 :名無し名人:2007/12/09(日) 00:44:40 ID:W/P3Anct
100以上の天麩羅があると聞いてパンヤスレから飛んできますた☆(ゝω・)v

499 :名無し名人:2007/12/09(日) 00:45:01 ID:QkGluoQQ
某オンラインゲームスレから来ました☆(ゝω・)v

500 :名無し名人:2007/12/09(日) 02:37:00 ID:sdf26zpQ
テンプレもそうだがレスの内容も長くそして濃い話題だな

501 :先手5人目:2007/12/18(火) 20:09:18 ID:x8zvC+lj
1051手目〜1100手目までの棋譜
▲15三三鳩槃(12三六)   △ 3 九天狗(10二八)
▲20二二天狗(30三六)   △18 三酔象(19 二)
▲ 3 九天狗(20二二)   △ 3 九変狸( 3 八)
▲12二九大鳩( 9三二)   △10一一山鹿(10一〇)
▲ 2三一角将( 3三二)   △20 二太子(19 一)
▲23三四羅刹(22三五)   △ 8 八馬将( 8 五)
▲28一九兵士(28三二)   △ 9 五走車(13 五)
▲20三三奔王(23三六)   △ 8 七牛将( 8 四)
▲12三〇鳩槃(15三三)   △27二五左虎( 6 四)
▲27二五龍王(27二七)   △ 2一八大龍(16 四)
▲ 2二三霖鬼( 2一九)   △10二六大龍( 2一八)成
▲10三一奔鬼(10三六)   △ 2一八元龍(10二六)
▲ 4二五霖鬼( 2二三)   △ 2二六元龍( 2一八)
▲15一八角将( 2三一)   △ 7 八牛将( 8 七)
▲ 9一一奔火(13一五)   △ 9一一山鹿(10一一)
▲ 9一一山鷲左(18二〇)成  △ 9一一走車( 9 五)
▲ 9一一玄武(34三六)成  △ 9一一天狗( 3 一)
▲ 9一四小旗(18一四)   △22一八天狗( 9一一)
▲14三三奔王(20三三)   △ 5 九変狸( 3 九)
▲ 9二八奔王(14三三)   △ 4 二火鬼( 5 一)
▲2 8二六龍王(27二五)   △ 7 五森鬼( 7 二)
▲ 9 八小旗( 9一四)成  △ 9 七森鬼( 7 五)
▲ 9一〇奔王( 9二八)成  △ 9 八森鬼( 9 七)
▲ 9 八大将( 9一〇)   △ 7 一山鷲左( 6 一)
▲22二一大将( 9 八)   △ 2 八天狗(22一八)

502 :名無し名人:2008/01/03(木) 14:31:02 ID:YSq/mg8G
さげ


503 :名無し名人:2008/01/09(水) 17:09:59 ID:XH/MeG4n
む?

504 :名無し名人:2008/01/09(水) 17:12:41 ID:XH/MeG4n
あれ?

505 :名無し名人:2008/01/09(水) 17:15:44 ID:XH/MeG4n
あ、すみませんでした・・・

506 :名無し名人:2008/01/12(土) 18:33:06 ID:idRc7bIC
300のテンプレがあると聞いて携帯ゲームソフト板から飛んできますた

507 :名無し名人:2008/01/17(木) 19:55:55 ID:GQTmym9q
これ取った駒も使えるようにすれば面白いんじゃ・・・

いや、やめる

508 :名無し名人:2008/01/25(金) 20:55:24 ID:rHrKFQDw
いつの間にかトリビア消えてる…

509 :名無し名人:2008/02/02(土) 06:11:49 ID:VQYJr8cD
流石にそろそろ終局かな。
1049手目で霖鬼が逃げてから随分紛れようだが……。

510 :名無し名人:2008/02/09(土) 02:44:27 ID:wSx4Q0Ul
なるほどなぁ、夜叉戻しか。これは予想してなかった。
しかし、これは最早……。

511 :名無し名人:2008/02/09(土) 23:40:33 ID:F0fyvMck
口にするのも憚られる

512 :先手5人目:2008/02/13(水) 20:41:55 ID:RYUrPZ53
1101手目〜1150手目までの棋譜
▲ 8一九兵士(28一九)   △ 9 七火鬼( 4 二)
▲ 8 八兵士( 8一九)成  △ 8 八火鬼( 9 七)
▲ 8一一角将(15一八)不成 △ 8一〇火鬼( 8 八)
▲25二八角将( 8一一)成  △17 五獅子(15 四)
▲35一八霖鬼(25二八)   △19 四銅将(20 三)
▲27三二横猪(27三三)   △16一八火鬼( 8一〇)
▲31一八左車(31二〇)   △33 二角鷹(33 三)
▲ 7二八馬麟( 5三〇)   △10三一銅車(10 六)成
▲31二三狛犬(31二九)   △12 五横狼( 5 五)
▲22二三狛犬(31二三)   △17一八風龍(32 三)
▲36一八霖鬼(35一八)   △19 二太子(20 二)
▲18一三飛将(36一三)   △18 一金将(17 一)
▲22 三大将(22二一)   △22 三水龍(20 五)
▲22 三狛犬(22二三)成  △23 三夜刄(22 二)
▲22二八大象(22 三)   △18 七大鹿(18 五)
▲20一三飛将(18一三)   △18二七大鹿(18 七)成
▲18二七鵬師(18二八)   △ 2二一元龍( 2二六)
▲ 4二一大鳩(12二九)   △12一一元龍( 2二一)
▲28一九龍王(28二六)   △29二一風馬(29一一)
▲ 4一九大鳩( 4二一)   △19一八元龍(12一一)
▲18三四太子(19三五)   △ 7二八風龍(17一八)成
▲35一八霖鬼(36一八)   △20 二太子(19 二)
▲20 三飛将(20一三)成  △20 三夜刄(23 三)
▲ 1二二霖鬼( 4二五)   △23 三夜刄(20 三)
▲36一八霖鬼(35一八)   △19 二太子(20 二)

513 :名無し名人:2008/02/13(水) 23:47:50 ID:YHemRdAM
次スレから第3局になりそうだな。
色々な意味で改めてすごい。

514 :名無し名人:2008/02/13(水) 23:59:40 ID:5yDpFLZU
む、予想と少し違う手が来たな…

515 :名無し名人:2008/02/18(月) 03:24:58 ID:35LAf/Ik
あげ

516 :名無し名人:2008/02/18(月) 03:28:58 ID:6ASAKweQ
テンプレ読んでると吐きそうになるのは
このスレぐらいだよなきっと

517 :名無し名人:2008/02/19(火) 18:51:47 ID:dr5jiuMN
これのCPU作るには地球シミュレータが必要ですね。

518 :名無し名人:2008/02/19(火) 19:45:17 ID:0MjzSi9k
テンプレが異様に多いスレと聞いて湧いて来ましたw大変ですなーw

519 :名無し名人:2008/02/22(金) 19:57:45 ID:11+T2QSQ
ハイル・ミーナタン(・∀・)

520 :´°Д°`)y−:2008/02/24(日) 20:43:20 ID:FPm0BgYo
ヒキ板から来ますた

521 :名無し名人:2008/02/26(火) 00:24:18 ID:TrOzd+BG
うーむ。何かまだまだ続きそうな気がしてきた

522 :名無し名人:2008/03/03(月) 14:32:08 ID:7MLgmdFP
ソフトのリンク切れてるね(´・ω・`)
修正版とか今出てないのかなやっぱり

523 :名無し名人:2008/03/05(水) 22:05:47 ID:vD1xNSTN
ここにきて後手まさかの敗着……。

19一金将左が最長か。

524 :名無し名人:2008/03/06(木) 21:24:00 ID:xkX+1qXn
手数を稼ぐだけなら、3十八火鬼を先に入れた方が長いか。激しく無駄だが。

525 :名無し名人:2008/03/07(金) 22:57:59 ID:fqpWWhy/
左義長

526 :名無し名人:2008/03/17(月) 00:53:08 ID:+1TcpFm7
後手は続きを指してくれるだろうか。
まあ先手の火龍が横に動いてしまった以上、紛れる順はないだろうし、
荒らしでなくとも大した手は指せないと思うが、投了するなら投了と言ってほしい。

527 :先手5人目:2008/03/25(火) 21:10:15 ID:1jJAhd7o
1151手目〜1161手目(終局)までの棋譜
▲20二八大象(22二八)   △ 7二〇奔龍( 7二八)
▲18一七鵬師(18二七)   △18一七鳳師(18 四)
▲18一七火龍(18二九)   △19 九元龍(19一八)
▲ 8一五霖鬼( 1二二)   △ 1二〇奔龍( 7二〇)
▲ 4一七大鳩( 4一九)   △ 4一七奔龍( 1二〇)
▲ 4一七火龍(18一七)   


528 :先手5人目:2008/03/25(火) 21:17:47 ID:1jJAhd7o
長い間、1人で先手を指してしまって申し訳ないです。
次局は観戦者になりたいと思いますので、皆さんどんどん指しましょう。


529 :名無し名人:2008/03/26(水) 01:18:54 ID:Rd7C1u8m
ついに終局ですかー。
乙でした

530 :名無し名人:2008/03/26(水) 01:50:25 ID:RSQ90Ck5
とうとう第2局も終わったか。
乙でぃす。

531 :名無し名人:2008/03/31(月) 23:38:38 ID:CFHe8H9C
両名とも素晴らしい対局だったのですよ。

では感想戦をお願いします(笑)

532 :名無し名人:2008/04/01(火) 01:12:34 ID:hpxjkVWn
無茶言うなよw

533 :名無し名人:2008/04/01(火) 07:45:09 ID:N/JxJ2U2
では恒例の


                         ,,,,,,_
                     ,,,,,iiiilllllllllllllliii,,,, 
          ,,,,,_   .,,,,,,,,,,iiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllllllll丶
          ゙llllllllliiillllllllllllllllllllllll!!!!llllllllllllllllllllllll!!゙
           ゙!llllllllllllllllllll!!!゙゙゙° ,,illllllllllllllllllll!゙゜
              ゙!lllllll!!l゙゙’   .,,illlllllllllllllll!!゙゜
             ^     .,,illllllllllllllll!!゙゜
                  ,,illlllllllllllll!゙°
                 ,,illlllllllllll!l゙゜
                  ,,illllllllllll!l゙゜
                 ,,illllllllll!!゙゜.
                ,,illllllllll!゙゜            liiii,,
             ,,illllllll!゙゜                'llllllli,,
            ,,illllllll!゙                  lllllllllli,,
           ,illlllllll゙                  ,lllllllllllllii,
           llllllllllli,_             ,,,,illlllllllllllllllli,
           !llllllllllllllliiiiiiiiiiiii,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllll
            ゙゙!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
              ゙゙゙゙!!!!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!l゙゙゙゜


534 :名無し名人:2008/04/01(火) 22:00:55 ID:ulorCE2+
vipからきますた

PCゲーで作ろうか?
一時間後にもう一度見に来るから
その時までにw

535 :名無し名人:2008/04/01(火) 22:53:03 ID:Pnl4ITmY
>>534
一応>>1に対局ソフトはあるけど
別物を作る気力があるなら歓迎されると思う
特にCOMプレーやが作れると凄い

536 :名無し名人:2008/04/01(火) 23:11:24 ID:/m4VfJTY
>>534
オフラインでできてもいいな。
期待してる

537 :名無し名人:2008/04/08(火) 18:18:40 ID:sBfHbQxT
これ今週のこち亀に出てたね。
ずいぶん前にテンプレ整理に協力した覚えがあるw

538 :名無し名人:2008/04/08(火) 21:57:52 ID:zsG6yxga
無上泰将棋までは出てたけど、大局将棋は出てなかったような気がする

539 :名無し名人:2008/04/09(水) 11:01:50 ID:0sU6QGyg
>>1の対局ソフトってもうないの?

540 :名無し名人:2008/04/15(火) 15:49:40 ID:Eg3Z7G20


541 :名無し名人:2008/04/16(水) 11:55:59 ID:uzEwhWFI
>>1
すげーなw
これは、乙としか言えない
おれも、テンプレが>>27まであるスレ立てたことあるけど
それでも気が狂いそうだった

542 :名無し名人:2008/04/17(木) 12:15:11 ID:pg+kLiHx
第2局終了記念アゲ

543 :名無し名人:2008/04/17(木) 16:08:22 ID:BwKWcBP4
すごいテンプレでつねw

544 :名無し名人:2008/04/26(土) 21:28:27 ID:fhgm6zjQ
周易を読んでるような気がしました⇒テンプレ。
軍人将棋の「スパイ」とか「原爆」の駒が混ざってても気づかなそうw


古いな俺もorz

545 :名無し名人:2008/04/27(日) 07:21:37 ID:Z+ux1DSJ
質問

>>1のテンプレサイトを作るときにAjaxでポップアップさせれば良いんでない?
それで良いならテンプレサイト作るが

546 :名無し名人:2008/04/27(日) 11:11:49 ID:+muVmWsL
それはありがたいけど、テンプレ内からだけではなくて
一般のレスからもポップアップしたいのでちょっと難しいかも

専ブラの機能の「抽出ポップアップ」で駒の解説が見れるので

でもポップアップするサイト自体は楽しいと思うけど

547 :名無し名人:2008/05/06(火) 11:58:52 ID:0tKqPJrE
>>544
軍人将棋はランク制だからな……
こっちのルールじゃスパイとか何の意味も無い

むしろ面白そうなのは軍旗か
「(移動直前の)後ろの駒と同じ動き」という解釈ならカオスなことになりそうだ

548 :名無し名人:2008/05/10(土) 21:13:16 ID:QEy2yPj5
久々に来たら2局目終わったのか。
トリビアで紹介された時の事が遠い昔のようだ。

で、3局目はいつ始まるの?

549 :名無し名人:2008/05/10(土) 21:52:24 ID:4FO67N++
God's soy soup.

550 :名無し名人:2008/05/10(土) 23:22:13 ID:ejTaFXFU
修正はどうすべか
とりあえず麒麟だけ?

551 :名無し名人:2008/05/11(日) 01:34:03 ID:LUiGjgOs
現在修正中だがなんか半端無い手数の詰め将棋ができそう。

552 :名無し名人:2008/05/23(金) 14:40:46 ID:LiN2hujW
これスゲーなwww駒多すぎだろwww

553 :名無し名人:2008/06/01(日) 23:54:13 ID:dAc7Ur6L
a

554 :名無し名人:2008/06/03(火) 23:52:00 ID:NUwGDKnk
天馬

555 :名無し名人:2008/06/13(金) 18:52:12 ID:U0V0nV59
これがようじょ板で噂もちきりの大局将棋って奴か
譜面一つ表示するのに6レスかかるとはんぱねーな

556 :名無し名人:2008/06/13(金) 18:53:12 ID:/cXJvpWF
ょぅじょのパンツうpよろ

557 :名無し名人:2008/06/13(金) 19:53:44 ID:uPbHURWH
鯖落ちしているときに運営板で噂を聞いたので見にきました。
すごいっすね^^;

558 :名無し名人:2008/06/13(金) 20:00:46 ID:+TSlQHek
記念パピコ

559 :名無し名人:2008/06/13(金) 20:27:11 ID:flU6Zc4j
テンプレすげーw

560 :名無し名人:2008/06/13(金) 20:42:24 ID:lSZKKHGW
テンプレのすごさに目がいきがちだけどふつうにこの将棋自体がすごい
駒何個あんだよこれw

561 :名無し名人:2008/06/14(土) 00:29:21 ID:A78Twxoz
チェスでもこういうのあったりするのかな?
さすがにここまで大規模なのはないか

562 :名無し名人:2008/06/14(土) 03:38:59 ID:jTnexV8G
順位戦なのに鯖落ちで運営板に将棋厨乗り込み
→「将棋板って何するところ?」
→「テンプレで900いくスレがある」
→なんだと!?
→復旧
→祈念牧子   …今ココ
→900って嘘じゃねーかwwwでもすげえwwwww

563 :名無し名人:2008/06/14(土) 05:23:48 ID:3m8t7Vuw
>>561
チェスなら中将棋クラスでも駒の区別がしづらいんじゃない?
日本の将棋の駒がここまで多く出来たのは、先人の道楽と駒の区別を文字で示していたからだと思う。

564 :名無し名人:2008/06/14(土) 08:40:55 ID:ZJAb5Zez
チェスにも大物はあるけど
18x18くらいまでじゃなかったかな

565 :名無し名人:2008/06/14(土) 13:45:08 ID:t61HuQ9W
確かに、よっぽど奇抜なデザインにするか
盤面を大型化して駒の大小まで加えないと無理そうだな

566 :名無し名人:2008/06/14(土) 15:32:53 ID:XjZxdVv6
彩色すればいい

567 :名無し名人:2008/06/16(月) 01:28:18 ID:V/rvOdPH
ポーンが全ての駒に成れることを考えると、
大量のポーンが成り込みに成功したときには恐ろしいことになりそうだ。

568 :名無し名人:2008/06/16(月) 22:45:52 ID:pwzBWFYH
2局目が終了してからもう3ヶ月も立っているのに次の試合が始まらんなあ。
やはり大局将棋は一手指すだけでも物凄い神経を使うのか

569 :名無し名人:2008/06/17(火) 04:14:40 ID:DhqLgKEx
やってみたいと思っているが、駒があまりにも多すぎて

570 :名無し名人:2008/06/17(火) 22:12:56 ID:oXxV7wEU
本将棋自体好きなだけでドヘタレな俺は
FLASH版起動しただけでびびってしまう

571 :名無し名人:2008/06/20(金) 16:29:41 ID:oUF0nQ4M
とりあえず初手は何がベストなんだろうか
19二五歩        狛犬の道を開けて吼犬先を伸ばす
13二五歩(or24二五歩) 角鷹の道を開けて飛鷲先を伸ばす

ぐらいしか思い付かん

572 :名無し名人:2008/06/24(火) 07:59:53 ID:QPjg3Ldo
それより去年一昨年位に議論されていた
ルールの見なおしはせんでいいの?

573 :名無し名人:2008/07/02(水) 00:21:09 ID:cKCjOdEQ
『大局将棋駒』は今どこにあることやら

574 :名無し名人:2008/07/02(水) 18:59:59 ID:g5BrT14Q
そういえば今行方不明なんだっけ
このまま散逸とか勘弁

575 :名無し名人:2008/07/11(金) 02:36:26 ID:8eF3YRtP
大局将棋駒はみるべき価値があるかどうかは微妙なところ。
実践に即してルール作っていくのがいいんじゃないかと。

576 :名無し名人:2008/07/11(金) 10:11:47 ID:euwIQKdM
どうやって対局しているのですか?1手1手レスなら分かるけど、何故一つのレスでそんなに進むのか分かりません。
オンラインのソフトを何日も起動させているのでしょうか。

577 :名無し名人:2008/07/11(金) 16:35:20 ID:qDIn8C48
大局将棋対局板
ttp://taikyokushogi.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/tkbbs/light.cgi




578 :名無し名人:2008/07/16(水) 15:17:24 ID:0KsX56iG
>>577
1157手目、この板の2157の▲8一五霖鬼で、後手太子が必死になって
この試合は終わっているよ。527で先手5人目さんが最後の方の棋譜を、
載せてるけどね。
面白いから又やってほしいね。次の対局へは判る範囲で参加したい。


579 :先手7人目:2008/07/21(月) 08:03:54 ID:Qx1cHfQc
3局目スタートしました。

580 :名無し名人:2008/07/21(月) 10:00:10 ID:Sg0P2HzC
第3局、キター!!

581 :後手9人目:2008/07/22(火) 01:03:36 ID:6ndxf5Lp
僭越ながら後手を打たせてもらいます。

582 :名無し名人:2008/07/22(火) 01:35:28 ID:PyVO08Zd
本将棋すらへっぽこな俺は全力で応援させていただきます。

583 :名無し名人:2008/07/22(火) 15:48:33 ID:R3qy+mR9
第3局3手目。▲ 2二十五歩兵。右車で狛犬取りのつもりです。2手目で
後手が狛犬を出した事自体には感心させられました。それにしても、大局将
棋の狛犬は、教王のような狛犬ですね。右車の曲がり方が逆なのも面白い。


584 :後手9人目:2008/07/22(火) 21:09:48 ID:6ndxf5Lp
>>583>>579でいいのかな?

ならば4手目。△2一三狛犬(15一三)。

585 :名無し名人:2008/07/23(水) 08:27:43 ID:BK7hJD+e
>>584
>>583=>>578です。先手7人目さんは別人。本物の板は先手7人目さんにしばらく
任せ、先手の戦略も見てみたいです。4手目が△2一三狛犬なら▲16二十四吼犬
ですが・・・

586 :後手9人目:2008/07/23(水) 12:28:51 ID:FVnOAVMr
>>585
吼犬は16二十四に行けないんですが…

587 :名無し名人:2008/07/23(水) 12:58:58 ID:BK7hJD+e
>>586
15二十四の升目の数え間違いでした。すみません。

588 :後手9人目:2008/07/23(水) 14:34:58 ID:FVnOAVMr
5手目△28一二歩兵(28一一)

って先手7人目さんを置いて打っていていいんだろうか

589 :名無し名人:2008/07/24(木) 04:55:36 ID:RnrzcstJ
おおお!ついに3局目が始まったか!
大局将棋をまともにやってる所なんてここ位だろうなあw
トリビアのあれは最後駆け足っぽいし。

590 :名無し名人:2008/07/24(木) 12:47:43 ID:h6wpetB5
>>588
 盤の上で表示すると間違いも少ないので、先手7人目さんの動きを、
やはり今月の28日月曜位まで待ったらどうかと思います。
 6手目△28一二歩兵で間接的に前旗で吼犬が睨まれたら、7手目
▲ 2二十四吼犬と、逃げながら、狛犬との交換を仕掛けるとは
思いますが。


591 :名無し名人:2008/07/24(木) 12:54:34 ID:h6wpetB5
>>588
590は訂正。前旗->龍馬 大局将棋の前旗は斜め前には走れない。


592 :後手9人目:2008/07/24(木) 13:11:59 ID:BTvfmHgQ
>>590
それは吼犬を捨てているだけでは??

過去ログ見直したら、「先手6人目」が抜けているような。

593 :名無し名人:2008/07/24(木) 15:57:49 ID:h6wpetB5
>>592
2手目に後手が出した狛犬に右車をあてるため、583で2二十五の位置に
歩兵を上げてあったと思ったが、勘違いがあったのかな?
盤がないと、私ではわかんなくなりました。後手9人目さんにはやはり
元板に戻り、本物の3手目に応答を御願いしたい。

594 :後手9人目:2008/07/24(木) 16:16:04 ID:BTvfmHgQ
>>593
あぁ本当だ。何で歩を見落としてたんだろうorz
やはり盤面に対局板に並べてないとダメですね

595 :名無し名人:2008/07/27(日) 15:07:36 ID:VsLg0Gic
ところでこの対局は麒麟の動きを訂正したという前提で行われているの? いないの?

596 :名無し名人:2008/07/27(日) 15:53:13 ID:SBVMKDm1
http://sunos.saita.ma/inspired/?game14+bgame+1163033955

597 :後手9人目:2008/07/27(日) 16:42:31 ID:LVepGMsS
第1局も第2局も麒麟が動いていないので…
動かす必要が出たら、訂正して動かしますね。

598 :先手7人目:2008/07/28(月) 22:00:56 ID:uglMcFoH
遅くなりましたが7手目を指しました。

599 :後手9人目:2008/07/29(火) 00:05:03 ID:3qAiSPCN
待ってました。先は長そうですね。

600 :名無し名人:2008/07/29(火) 13:03:40 ID:Kp9zRApp
WIKIPEDIAの大局将棋の奔鷲のルールで、文全体からは「合法手」
と取れるものの、先手9人目さんが現在の大局将棋対局板の9手目(2173)
に打とうとしている、「斜め前で甲乙丙を飛び越えて丁へ飛ぶ手」が、複雑
な為たまたま、うっかりとでしょうが、抜けているみたいです。

 奔鷲の動かし方のルールが、下記の表現と同じ事でなければ、御暇なとき、
誰か教えてください。(「正行度」とはどういう意味だろうかと思っていま
す。)

 奔鷲は前後横、斜め前、斜め後ろの8方向に走れるだけでなく次の動きが
できる。すなわち、斜め前を除く前後横斜め後ろの6方向については、1升
目から3升目、左右斜め前の2方向については、1升目から4升目の範囲何
れもについて、次の動きができる。上記升目数の範囲内の「道のり」の数に
ついて、決まった一方向に、走る、飛び越える何れの方法でもよく、向きを
可能な数変えてもよく自由に、途中升目を適時経由して動かせる。経由する
点と進む升目に、駒が無ければそこを経由し進めるが、経由する点と、進む
升目に相手の駒があれば、そのつど取らなければならない。自分の駒は飛び
越せるが取れないので、そこを経由したりそこへ進む動かし方を選択できな
い。また自分の駒を取るルールは適用されない。ただし、元あった駒の升目
から見て反対向き(正の向きなら負の向き、負の向きなら正の向き)の升目
まで戻って経由したり、そこへ進む事はできない。ただし元の升目(ゼロ点)
までは戻る事はできる。(ここで、方向、向き、「道のり」とは、数学や物
理で使う言葉、ベクトルの方向、向きといった言葉と使い方は同じとする。)


601 :名無し名人:2008/07/29(火) 14:19:36 ID:Kp9zRApp
>>600 訂正
(元の表現)向きを可能な数変えてもよく自由に、途中升目を適時経由して
動かせる。   ・・・・・・・・・
(適切なの表現)経由する升目を境に向きを可能な数変えてもよく自由に、
      ・
途中升目を適宜経由して動かせる。

602 :名無し名人:2008/08/07(木) 15:54:23 ID:wbWMQau5
>600
>>399をご参照ください。
奔鷲に関しては、ウィキペディアと『世界の将棋』の記述は異なったものとなっております。
ウィキペディアが何を根拠にあのようなことを書いたのか全く不明なので、現状では採用し得ません。
現行規則では『世界の将棋』の記述に則り、>>35を採用しています。
従って、甲地点以外での方向転換や、飛越しと捕獲の組合せは不可能ということになります。

「正行度」に関しては確実な記述はありませんが、
>>219>>229の各第二段落の考察を踏まえると、
居喰も含め一手のうちに一切の方向転換が行われない動きなのではないかと思います。
飛越しと捕獲を組み合わせてよいのかは不明です。

603 :名無し名人:2008/08/08(金) 14:59:06 ID:ZNp1j/m+
>602
一度に3手ないし、斜め前だけは4手も打てる中将棋の角鷹の前や、飛鷲の
斜め前の動きとパターンが同じで(飛び越し型の動きも2升目が3〜4升目
へ拡張されるだけの差。)、ただし3手目と4手目はこれら中将棋駒と違っ
て、もと有った場所から遠い向きだけで、近い方向への戻りが無いというル
ールですね。良く判りました。御解説誠にありがとうございます。

604 :名無し名人:2008/08/08(金) 17:41:23 ID:cLxr6z03
>>603
奔鷲の動きに関してはそういうことになりますね。
ただ、居喰の点で中将棋の飛鷲・角鷹と異なっている、と直ちに言えるかは疑問です。
何故なら、これらの駒に居喰が認められる根拠について、
正行度の獅子という設定から「戻る」という能力が当然に生ずるからなのか、
通常の踊りとは別個に居喰の能力が付加されたからなのか、判然としないためです。
もし後者が正当ならば、居喰の射程は踊りの射程に依存しないと考えることも可能で、
そうすると両者は共に一目を射程とした居喰ということで共通し、
特に変更はなかったことになります。

605 :(^-^)v:2008/08/09(土) 13:13:10 ID:OFhdfg85
いく

606 :名無し名人:2008/08/11(月) 00:25:59 ID:kUpM+Qtq
このスレの次スレでテンプレを貼るための専用スクリプトを書く

607 :名無し名人:2008/08/12(火) 14:48:07 ID:y24k3Nmp
>604
私の603の発言を「ただし3手目と4手目はこれら中将棋駒と違って」から、
「ただし3手目と4手目はこれら中将棋駒の2手目と違って」に訂正します。


608 :名無し名人:2008/08/16(土) 01:34:29 ID:toMGpHQo
ゲンダイから来ました

609 :名無し名人:2008/08/16(土) 05:06:07 ID:gF5RG24C
テンプレが凄いと聞いて

610 :名無し名人:2008/08/18(月) 13:13:07 ID:cR0EUC7u
>607
今更細かいことなんだが獅子の一歩を「手」と表現するのは正確でないぜよ
獅子の動きは何歩進んでもそれ全体で一手だから

611 :名無し名人:2008/08/19(火) 02:31:57 ID:W1E79M2W
レンプレが凄まじいと聞いて来ました

612 :名無し名人:2008/08/20(水) 12:44:23 ID:osVxBJ5X
>610
助数詞「手」の使い方は610の言う通りだ。次回から気をつけよう。
助数詞「歩」は、何処に書いてあるのか、暇なときにでも教えてください。
未確認。(「@Aで一手」等と表現している場合はあるようだ。)

613 :名無し名人:2008/08/20(水) 20:53:26 ID:4x2I/Hbj
おまえらはテンプレが好きだな。たまにはテンプラのことも考えてやれよ

614 :名無し名人:2008/08/23(土) 16:06:57 ID:+8MpsOQT
テンプラはエビだな

615 :名無し名人:2008/08/23(土) 16:21:13 ID:y5nHMzN4
ちくわのテンプラもうまいぞ。
あとはさつまいもだな。

616 :名無し名人:2008/08/26(火) 11:54:19 ID:/aA7O5mx
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

617 :名無し名人:2008/08/26(火) 12:16:13 ID:c15WLRw0
天ぷらがおいしいときいて

618 :名無し名人:2008/08/26(火) 12:25:40 ID:G05IhBk9
天ざる一丁

619 :名無し名人:2008/08/27(水) 10:33:52 ID:g7gRvjsK
いろいろ歴史のあるすれだね、これは
初代1が巨大テンプレ張り、神が駒の動くソフト作り、
差し出す奴もあらわれて。。。
さあ指すぞ、て1が書いた時はワロタが、3局目まで始まったのか。。。

620 :名無し名人:2008/08/28(木) 12:41:59 ID:HuQ4vntU
 大局将棋対局板[2176]先手11手目、大駒交換でしょうか?(大局将棋に
おける角将の正確な動きを忘れましたが、大駒には違いないでしょう。
多分。)先手がここで早くも長考に入り、後手がじれているようです。
見ていて面白くなってきました。

621 :名無し名人:2008/08/29(金) 01:40:03 ID:aT3jKn4h
>620
ん? 先手が動かしたのは角鷹だよ?
しかも狛犬とは筋違いのようだから大駒交換もないように思う。
それと角将は大駒中の大駒なので、そう簡単には交換したくない駒だね。

流石は大局将棋。数手先どころか現在の局面を把握すること自体困難という広大さ。
駒の強さも、大駒小駒の二分類では到底語り尽くせないね。

622 :名無し名人:2008/08/29(金) 08:04:10 ID:Lgv2z6W5
>621
あっちの板の発言番号を読み間違えました。失礼しました。
× 大局将棋対局板[2176]先手11手目
○ 大局将棋対局板[2178]先手11手目(まだ書いてない次の書き込み。)
次の予想手の事です。

623 :名無し名人:2008/08/29(金) 08:07:13 ID:Lgv2z6W5
>621
再度、私の発言に間違い発見。
× 大局将棋対局板[2176]先手11手目
○ 大局将棋対局板[2178]先手13手目(手数も間違ってました。)


624 :名無し名人:2008/08/29(金) 08:11:20 ID:Lgv2z6W5
>621〜>623
悪い、全部違う。私の予想手以外で2手進んだだけだった。


625 :先手7人目:2008/08/30(土) 08:14:46 ID:z0mn+4Wl
とりあえず現在時点でのルールの不明点
・大将の着地点の解釈
・大将の捕獲の解釈
・成りの解釈。強制成り/任意成り
・獅子の成りの解釈
・表記の誤字の訂正
・無明・提婆の特殊ルール
・大将による無明・提婆の特殊ルール(獅子による居食いの場合)
・#表記の動き
・踊り
でいいのかな?



626 :後手9人目:2008/08/30(土) 11:50:46 ID:ctypZMqb
>>625

無明・提婆に関しては特殊ルールを適用する理由は全く無いように思いますが…

誤字とは別に「古寺時鳥」はどうなんでしょう?
存在しないとされる字を駒の名称として認めるべきなのか?
読み方はどうするのか?それとも存在する字に替えるのか?

それから麒麟の動き方は中将棋と同じタイプと考えることでいいんでしょうか。

627 :先手7人目:2008/08/31(日) 00:26:36 ID:vGF+Wdvd
>>626誤字に関しては江戸時代独特の異字体だったり行書、草書で別な字に見えたり
するから一概に存在しない字としてしまうのもな・・・(上にもあるけど字体によっては
では右と古の区別がつき難い)
無明・提婆に関しては同意。あれは摩訶大々将棋で終盤の駒不足を補うためのもの
と俺は解釈しているから。成ると駒が弱体化するものが一種類しかないからいらないと思う





628 :名無し名人:2008/08/31(日) 05:00:31 ID:GhmwAo3j
ちなみに、
2chで最もテンプレが長いと言われているのは
将棋・チェス板の「大局将棋」スレ。

まめちしきな。


629 :名無し名人:2008/09/02(火) 12:57:00 ID:Lzt5rJ+5
>626〜>627
御解説ありがとう。どんなルールで指しているのか、良く判りました。
「無明・提婆の摩訶大々将棋型の入替えルールは本大局将棋では無し
でうっている。」

630 :名無し名人:2008/09/02(火) 22:37:07 ID:FY9cdSkX
闌兎

631 :名無し名人:2008/09/03(水) 05:59:00 ID:uN+4nlU1
「踊」に関しては『諸象戯圖式』に定義が書いてあることが判明した。
酔象を取り除いた方の小象戯の箇所で「歩」や「走」等の定義と共に書いてあった。

「踊とハ二?ハ二枚もとり行又……」

までは読めたが後は不明。誰か古文書に強い人が居たら頼む。
取り敢えず、踊は複数の駒を取れるという説が正しいようだ。

632 :名無し名人:2008/09/03(水) 10:33:29 ID:KU8Z9Ejy
>踊は複数の駒を取れるという説が正しいようだ。
ありがとう。私も根拠が何処にあるのかについては日頃気にしていた。
(「天竺大将棋以上では獅子が3踊り、または5踊りの事もある。」と
言う記載があるので、獅子の動きに近い概念だろうとは思っていました
が。)

633 :対局者ではない:2008/09/04(木) 14:33:37 ID:9TPBggCq
45手まで
▲13二五歩兵(13二六)△15一三狛犬(18一〇)
▲2二五歩兵(2二六)△2一三狛犬(15一三)
▲15二四吼犬(18二七)△28一二歩兵(28一一)
▲13二四吼犬(15二四)△2二五狛犬(2一三)
▲3二五歩兵(3二六)△2一四狛犬(2二五)
▲12二五角鷹(12二七)△28一一龍馬(28一〇)
▲18二七獅鷹(19二九)△27一二歩兵(27一一)
▲18二五歩兵(18二六)△26一三仲人(26一二)
▲21二五歩兵(21二六)△26一二馬兵(29九)
▲26二四吼犬(13二四)△27一三歩兵(27一二)
▲20二五歩兵(20二六)△27一二龍王(27一〇)
▲27二五歩兵(27二六)△27一一刀兵(26一〇)
▲20二四歩兵(20二五)△25一二歩兵(25一一)
▲19二五歩兵(19二六)△26一〇猪兵(25九)
▲20二五弓兵(20二七)△23一三猪兵(26一〇)
▲19二四歩兵(19二五)△25一三歩兵(25一二)
▲19二五弓兵(17二七)△25一二馬兵(26一二)
▲13二四歩兵(13二五)△26一二歩兵(26一一)
▲17二五歩兵(17二六)△26一一木将(28九)
▲20二七鉄将(20二八)△24一二牛兵(27九)
▲21二六鉄将(20二七)△27九盲猿(28八)
▲12二七猪兵(12二八)△29一二龍馬(28一一)
▲17二七鉄将(17二八)

634 :後手9人目:2008/09/06(土) 13:50:20 ID:FlgLUp8Z
>>631
非常に興味深いです。できればその部分の写真をWeb上に上げてもらうことはできないでしょうか?
Web上で見れれば、私は無理だと思いますが、誰か読める人の目に留まるかもしれません。

「踊」が複数取れる能力だとすると、複数マス進める駒は全てその能力持ちになるのでしょうか?
だとすると弱小と思われていた駒が大幅に強化されることになりますね。

635 :名無し名人:2008/09/08(月) 23:12:16 ID:JUXFhxWR
資料は国立公文書館のもの。
複写するには業者経由で二三週間掛かるらしいので、
東京近辺の方は直接見に行ったほうが早そう。

だがまあ一応試してみるか。

636 :46-100:2008/09/09(火) 20:36:01 ID:yBskTBE+
▲19二六熊兵(21二八) △29九猫刄(30八)
▲21二八金翅(17三二) △30八飛龍(28六)
▲17二八臥龍(17二九) △28八悪狼(29七)
▲14二五歩兵(14二六) △29七猛鷲(29六)
▲20二八中師(18三〇) △28一四狛犬(2一四)
▲18二六鉄将(17二七) △28九悪狼(28八)
▲16二四犬(15二五) △27一〇悪狼(28九)
▲24二五歩兵(24二六) △23一二牛兵(24一二)
▲14二四歩兵(14二五) △24一二歩兵(24一一)
▲17二七臥龍(17二八) △28九盲虎(27八)
▲17二四歩兵(17二五) △24一三歩兵(24一二)
▲17二六臥龍(17二七) △28一〇盲猿(27九)
▲17二五臥龍(17二六) △27九猛鷲(29七)
▲16二五臥龍(17二五) △26一〇土将(26九)
▲17二三歩兵(17二四) △6一三犬(6一二)
▲16二三猪兵(12二七) △6一二歩兵(6一一)
▲12二七石将(13二八) △29七猛豹(30六)
▲17二五隠狐(17三〇) △25一一狛犬(28一四)
▲14二六鎗兵(14二七) △21一四牛兵(23一二)
▲14二七瓦将(15二八) △23一二馬兵(25一二)
▲13二六瓦将(14二七) △25一二角鷹(25一〇)
▲14二五瓦将(13二六) △12一二歩兵(12一一)
▲15二五歩兵(15二六) △9一二歩兵(9一一)
▲25二五歩兵(25二六) △11一三仲人(11一二)
▲15二八角鷹(12二五) △11一二歩兵(11一一)
▲15二四瓦将(14二五) △10一二歩兵(10一一)
▲14二三歩兵(14二四) △14一二歩兵(14一一)

637 :後手9人目:2008/09/09(火) 21:11:42 ID:4kisZTmK
>>635
期待しています。
>>636
棋譜ありがとうございます。

638 :修正:2008/09/09(火) 21:51:31 ID:yBskTBE+
>>633>>636の間に46手目△28一一風馬(28七)


639 :名無し名人:2008/09/12(金) 01:43:02 ID:HoB4i4Gm
>>635
国会図書館じゃなくて公文書館にあるのが意外だあね。
俺も機会があれば読んでみるよ。
字はどんな崩しだった?
御家流だったら頑張れば何とかなるかも。

640 :名無し名人:2008/09/12(金) 04:02:53 ID:xDpw/Qf8
そういえば『大局将棋駒』の行方はどうなったんだろうか…

641 :名無し名人:2008/09/12(金) 19:48:05 ID:YZeTZ9JE
>639
確かに公文書館は盲点だった。
どんな崩しかと言われるとよくわからないが、恐らく普通。
ただ、「又」以降は虫食いもあって多少読み辛さは増している感じかな……。

一応複写依頼はしてきたけども、
解読の方、あんじょうよろしゅう。

642 :名無し名人:2008/09/13(土) 04:30:18 ID:diZ1gZI1
今フジテレビの映画でやってるぞw

643 :名無し名人:2008/09/13(土) 16:58:50 ID:55HMgzs3
ええ?映画のタイトルは?

644 :先手7人目:2008/09/14(日) 16:23:54 ID:iNkE99aQ
127手目を手抜きしたのは、角将に成り込まれるのを防ぐため。次でもよかったのだけど。・・・

645 :名無し名人:2008/09/15(月) 17:57:42 ID:25IBwOVu
第3局目白熱してきたな

646 :名無し名人:2008/09/18(木) 01:18:15 ID:GZXqiIOW
>>640
そもそも大商大移管の情報自体デマだったからな


647 :後手9人目:2008/09/20(土) 12:42:18 ID:GvZQKsxv
まとめ作りました。
http://www32.atwiki.jp/taikyoku-syougi/

648 :101-150:2008/09/20(土) 15:07:22 ID:akKaPVUO
▲12二五歩兵(12二六) △14一一鎗兵(14一〇)
▲12二六刀兵(11二七) △14一〇石将(13九)
▲13二五刀兵(12二六) △8一二歩兵(8一一)
▲14二四刀兵(13二五) △12一一角鷹(12一〇)
▲13二三歩兵(13二四) △11一一金翅(17五)
▲14二二歩兵(14二三) △8一一金翅(11一一)
▲21二四歩兵(21二五) △28八飛猫(31五)
▲23二五歩兵(23二六) △29六水牛(31六)
▲23二四歩兵(23二五) △31六狗将(31四)
▲23二三歩兵(23二四) △1一八金翅(8一一)
▲15二三刀兵(14二四) △9二六牛兵成(21一四)
▲9二六炮兵(8二七) △9二六馬兵不成(23一二)
▲14二一歩兵(14二二) △9二七馬兵不成(9二六)
▲9二七馬兵(8二八) △31四右虎(30三)
▲18二四歩兵(18二五) △22一三猪兵(23一三)
▲14二七竪豹(15二七) △6二一飛将(6三)
▲10二五歩兵(10二六) △36二一飛将(6二一)
▲8二七木将(9二八) △10二五猪兵(22一三)
▲13二二歩兵(13二三) △10二七猪兵不成(10二五)
▲10二七牛兵(10二八) △1一二金翅(1一八)
▲17二二歩兵(17二三) △13二二水牛(29六)
▲13二二飛鷲(13二七) △13二二山鷹(30五)
▲8二八盲猿(9二九) △15二〇右虎(31四)
▲9二八盲虎(10二九) △8二七山鷹成(13二二)
▲8二七盲虎(9二八) △8二七右虎成(15二〇)

649 :名無し名人:2008/09/22(月) 01:12:13 ID:mRogM5Gj
こういった大型将棋が生まれてきた歴史的・社会的意義を考察した人っているの?

650 :名無し名人:2008/09/23(火) 02:02:06 ID:qLd8iFHM
くらえ!

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1001.jpg

651 :名無し名人:2008/09/24(水) 20:11:13 ID:yUAfHDOY
踊とハ二間ハ二枚もとり行、又、

問題はこの後ですね

652 :名無し名人:2008/09/25(木) 08:28:38 ID:KhHHs6K4
大局将棋対局板では、先手7人目さんが、後手に大鷹を作られて、やや苦戦
しているようだ。毒蛇繰り出しても、大局将棋じゃ大鷹では交換してくれな
いだろうし、どうするんでしょうか。(先手玉将と太子、飛将と大鷹で狙わ
れるかと思ったが、良く考えると大局将棋の場合、鳳師がもったいないが、
大将で自喰いして、壁玉によるトン死を防ぐ手があるようだ。)あっちは、
168手まで進んでいる。

653 :名無し名人:2008/09/26(金) 23:33:42 ID:kJmHQCfC
第3局スレが立つ前に第3局終わるんじゃないかこのペースw

654 :名無し名人:2008/09/27(土) 00:59:17 ID:JjJcUuHP
>651
確かに「間」ですね。
これで踊が複数駒を取れることは粗確実で、それ以外の解釈はあり得ない気がします。
それと「又」の後ですが、次のような見解が得られました。

「わがかせになれハとらす、わがまゝ也」

これは、複数駒取って行くことも可能であるが、
それが差障りとなる場合は取らずに行くことも可能である、即ち、
獅子の様に跳ねを選択することも可能、ということではないでしょうか。
そうであるならば、これで殆ど踊の動きは解明されたように思います。
残る問題は、三踊以上の際にこれらを組み合わせることも可能なのか、
それと正行度の踊で戻ることが可能なのか、ということですね。

>634
踊の定義について一般的な規定がある以上、
特別な表記がある場合を除いて、全てこの能力になると解すべきでしょう。
大局将棋で初めて登場した駒に、『大局将棋駒』が特別な表記を付していたかは不明ですが、
奔鷲のみあれほど特殊で仔細な行方が示されていながら他の駒には何ら説明がないことからすると、
奔鷲には特別な表記があり、他の駒にはなかったものと考えられます。
故に、現在複数の「○」で表されている駒は全てこの能力であると考えるのが、取り敢えず妥当と思います。

655 :名無し名人:2008/09/27(土) 01:27:27 ID:JjJcUuHP
追記
「わがかせにな」ったときとは、
味方の駒が一間目を塞いでいる状態を指す、と解する方が妥当かも知れません。
そうすると、文字通りには敵駒の飛越に関して言及していないことになりますが、
もし間に在る駒が敵味方の孰れであるかによって拘束されるということになると、
「わがまゝ」とあるのに選択の余地がないことになり、妥当でないと思われます。
中将棋の踊り駒の類推から言っても、やはり双方の駒を飛び越せると考えられ、
結局結論は変わらないことになります。

656 :名無し名人:2008/09/27(土) 21:49:26 ID:+ncg5qwk
最後の行「王**せ爾な連ハとら春、王がま^也」
ちょっとムシが入って見づらいですが、*のかはどういう崩しですか?
加ですか?

657 :名無し名人:2008/09/28(日) 01:32:52 ID:qeZkEcxc
>656
一つ目の*は「可」でしょう。
最初の「王*」とわがまゝ也の「王可」の字形がかなり一致します。
二つ目の*は「加」だと思います。
左側の部分は「オ」のようにも見えますが、実は「カ」なのではないでしょうか。
虫食い部分を補正したら現在の「か」にかなり近い形になると思います。
以上ですが、まだ暫定です。
また何かあったらご指摘願います。

>647
遅くなりましたが、wikiの件感謝です。
力を合わせて補筆し合い、更に充実させていきましょう。

658 :名無し名人:2008/09/28(日) 01:54:42 ID:LGoz+p3u
>>657
なるほどどうも。
ちょっと変体仮名は苦手でね。

あとは『諸象戯圖式』という史料がどの程度汎用性があるかだな。
まあ基より共通ルールなんて存在したかどうか疑わしいけど。

659 :名無し名人:2008/09/28(日) 02:07:57 ID:LGoz+p3u
あと「行とハ角行をいふ」ってのは何だ?
「走」と「行」てのは違う概念なの?

660 :名無し名人:2008/09/28(日) 19:55:37 ID:qeZkEcxc
>659
それは『諸象戯圖式』の中では使い分けているというだけの話ですね。
その意味では「走」の定義は他の資料と扱いを異にしていると言えるでしょう。
しかし、それは同書内において記す各駒の行き方の解説に関して、
その略号の表記を変更したというに過ぎず、行き方の概念を変更したものではありません。
例えば白駒の説明文は、『象戯圖式』が「頭三方下一方走」と記すのに対し、
『諸象戯圖式』は「頭尻走角角行」と言い方を変えていますが、その内容は完全に一致しています。

一方、「踊」の表記に関しては、例えば大将棋の飛龍の説明文は、
『象戯圖式』が「頭尻四角踊」、『諸象戯圖式』が「角角腎腎踊」としており、
「踊」の用い方は等しく、その定義に何らの分割、統合、変更も見られず、
且つ「摩訶大大象棋口傳」にある「踊」の説明文(>>219)とも良く符合することからすると、
「踊」の定義に関しては、これが一般的なものであると考えるのが妥当であると思います。

661 :名無し名人:2008/09/30(火) 16:56:45 ID:8XP6boKU
先手7人目さんへ。
大局将棋対局板の発言番号〔2345〕の175手目、
その「近王」は、ひょっとすると真後ろには後退できないかも。
(ルールのチェックよろしく。)真後ろへは後退できないが正しければ、
次の手で、近王を元の位置に戻して、酔象を今の近王の位置に替えたら?

662 :名無し名人:2008/10/02(木) 01:27:15 ID:VScNz4ot
>>660
その線でいくと、踊に関しては従来のイメージが覆されることになりそうですね。
なるほど、いや恐れ入りました。

663 :名無し名人:2008/10/04(土) 22:38:25 ID:nW0jagKf
ふむ。#の動きは三踊と走の選択であることは多分間違いないから、
このまま確定すると大象系は狙撃能力がなくなってしまうが、
逆に砲兵や豹王は相当強力な駒になりそうだ。
そこで現時点でのみんなの考えを聞きたいと思うのだが、
「踊」の解釈について、次のうちどれに該当するだろうか。

1−ア、複数駒取ることと跳ねることの選択が可能。
  イ、アに加えて戻ることが可能。
  ウ、三踊以上の場合にはアの両方を組み合わせることが可能。
  エ、アイウの全てが可能。
2−ア、複数駒取ることは可能だが、跳ねることは不可能。
  イ、アに加えて戻ることが可能。
3−ア、変更反対。これまでの考察は古文書の解釈として誤っている。
  イ、変更反対。古文書の解釈としては妥当だが、採用すべきでない。

個人的には、上記のうち1−ア、1−ウ、2−アの何れかだと思う。
ただ、2−アは跳が明記されていないとは言え、
あの解説文をそれ以外に解釈するのは難しいと思うし、
1−ウは文理上一番近い気がするが、少し強すぎる気がする。
なので、文理上一応可能で強さも抑えてある1−アを支持しようと思う。

664 :名無し名人:2008/10/04(土) 23:23:16 ID:40GdCWlW
「踊」って「○」のやつ?
テンプレでは「○」となってるのもは、>>182の画像では「・」に見えるけど、
画像でもよくみると「○」なの?

665 :名無し名人:2008/10/04(土) 23:45:52 ID:nW0jagKf
いや、画像では「・」になっているよ。見辛いから「○」にしているだけ。
踊というのはテンプレで同一方向に複数の「○」があるものの動きのこと。

666 :名無し名人:2008/10/05(日) 01:33:17 ID:gd+ilVkf
>>663
新しい駒を作ろうと思ったとき、現行の動きは、「飛び駒ほどは遠くまで
動けないけれど」と素直に思いつくものだと思う。
その「素直に思いつく動き方」が無くなってしまうのには違和感を感じる。
他の将棋とは、同じ名前で動きも成りも違う駒も多数ある訳だし、他の将棋に
こだわる必要もないのではないかと思う。
「3-イ」に一票。


667 :名無し名人:2008/10/05(日) 04:48:58 ID:T5/wK4m1
その考え方だと、泰将棋まではその「素直に思いつく動き方」とやらがない違和感のある将棋で、
大局将棋になって登場した新たな概念を一気に大量投入した挙句、これまであった踊を全廃した、
という話になるのだが、果たしてどれだけの説得力があるだろうか?

少なくとも複数の駒を取れることは間違いないと思う。

668 :名無し名人:2008/10/05(日) 11:55:45 ID:gd+ilVkf
>>667
一つの「○」は「一踊る」として問題ない訳だから、逆に「歩く」の概念が全廃にならないのかな?
「歩」と「踊」に明確な違いはないの?

669 :名無し名人:2008/10/05(日) 12:58:45 ID:T5/wK4m1
「単数」という言葉は「複数」という言葉に内包されるから「単数」という言葉は全廃された、
と言っているのと同じなわけだが、共感する者は誰もいないだろう。

>666の考え方はそうではなく、泰将棋まではこれまでの考察どおりの踊が存在したと認めるのに、
大局将棋では、踊と同じ記号の駒が多数存在するのに踊の概念を否定して、
無いと違和感を感じる「素直に思いつく動き方」とやらに全て置き換わった、
と言っているわけだ。これは全廃と表現するしかない。
しかし、資料上そのような考え方をする根拠は存在しないように思える。

670 :名無し名人:2008/10/05(日) 13:46:31 ID:gd+ilVkf
>>669
> 「単数」という言葉は「複数」という言葉に内包されるから「単数」という言葉は全廃された、
> と言っているのと同じなわけだが、
同じも何もそう言っている。
素直に考えれば、「3○」は「○」の動きが3回でしょう。

>共感する者は誰もいないだろう。
共感するかどうかは個々が判断することだから、印象操作はしないで欲しい。

>>666の考え方はそうではなく、泰将棋まではこれまでの考察どおりの踊が存在したと認めるのに、
ここ認めてない。
他の資料で、「踊」の説明でなく、「踊」の記号表記も「歩」と区別してあるのじゃないかと
思っている。

>と言っているわけだ。これは全廃と表現するしかない。
「歩」と「踊」なら、「踊」を全廃する。

>しかし、資料上そのような考え方をする根拠は存在しないように思える。
このスレで本来の「・」を「○」としていうように勝手に第三者の意思が働く可能性がある以上、
他の資料にも、そういったものがあり、修正漏れ等の不整合が生じていることだってあるだろう。

所詮は「お遊び」なんだろうから「素直な発想」はとても重要だと思う。
「素直な発想」として「持ち駒が使える」もすぐ思いつくと思うけど、やるなら現行の動きの方がいいなぁ。


671 :名無し名人:2008/10/05(日) 16:22:20 ID:7+xbYOTW
>>669を支持する
>大局将棋になって登場した新たな概念を一気に大量投入した挙句、これまであった踊を全廃した
これはさすがに不自然でしょ その場合は駒の名前を完全に一新するのが「素直に思いつく」やり方

泰将棋までは踊が存在したと認めていないならまずは泰将棋までをすべてルール変更させた後にあらためておいでよ

672 :後手9人目:2008/10/05(日) 16:34:02 ID:rTdg8HwC
私としては1−ウを支持します。

>『諸象戯圖式』
>「踊とハ二間ハ二枚もとり行、又、わがかせになれハとらす、わがまゝ也」
>>219より
>『象棋六種之圖式』「摩訶大大象棋口傳」狛犬
>「四方四角、踊り三目、其中一目二目、 要に隨てこれをつかふこと、獅子のごとし、
>但し獅子は踊り二目、不正行度なり、 狛犬は踊り三目、八方正行度す」

という書き方から1番素直に導けるのは1−ウでしょう。そうでなければ3−イですね。

「+++→」の動きも、>>196『象棋六種之圖式』より
 「+++→」とは走りか3○かの選択
と導かれる以上、踊を走の下位互換の動きとするのは無茶でしょう。

>>196>>219の『象棋六種之圖式』、そして今回の『諸象戯圖式』の説明を合わせれば、
「+++→」は「走」+「踊(1−ウ)」+「戻り」(=>>137の戊説+α)であると考られます。

一対局者の感覚としては、大鷹などの格を無視して跳べる駒が成り駒にしかなく、
初期配置で存在する大将などは(現行FLASHルールでは)駒の格に縛られているにもかかわらず、
金翅だけが初期配置の駒でありながら格を無視して跳べる(=遠距離から玉将や太子を狙える)のは、
「ずるい」ような気がしていたので、「+++→」が「走」+「踊」+「戻り」というのはより自然な動きに感じます。

また法性の動きが摩訶大大将棋・泰将棋と同じなのに、対になる教王の動きが変わっている問題も
「+++→」=「走」+「踊」+「戻り」と解釈しなおせば解決するので説得力はあると思います。
>>196で「+++→」の現行の規則は、『世界の将棋』の筆者の推測に過ぎないと言われているわけですし。

673 :後手9人目:2008/10/05(日) 16:54:56 ID:rTdg8HwC
3−イを支持するとすれば、「不自然」とかいう理由より、大将棋の飛龍や猛牛の存在を持ち出すべきかと。

大将棋の飛龍が>>660のように「二踊」なら、踊りの定義の見直しにより、
古将棋の多くの駒の動きが現在の通説から変更されます。
大将棋から中将棋や大大将棋などが派生したとされていますが、
古将棋の基本であり、中将棋に次いで(?)認知度のある大将棋の駒の動きさえも
今までの理解が誤っていたとするのは、ちょっと信じがたい気もします。

推測するに、「踊」は、昔の人にとっても「単に複数歩く」と「跳ねたり複数取りできる」の二つの理解があり、
どちらが本来の定義かはともかく、現代に伝わった「踊」の定義は前者のみだった、
のではないかとも思えます。前者の方が直感的にすぐ思いつきますし。

そうだとすれば、大局将棋の「踊」にどちらを採用するかは難しい問題になります。

674 :名無し名人:2008/10/05(日) 18:10:25 ID:T5/wK4m1
>670
「単数」という言葉を死後だと思っている人間が存在するとは思わなかった。
どのような教育を受けたらそうなるのであろうか。やはり共感する者は他にいないと思う。

「印象操作」などと言っているが、それは明らかに「素直な発想」とやらの方であろう。
正直なところ、初めに現行の踊の解釈に疑問を抱いたのは、
踊というのは二目が基本値であるが、走の下位互換として考案されたにしては余りに弱すぎる、
ということであった。大将棋規模でも五踊くらいが基本となりそうな強さである。
どうやらその「素直な発想」とやらは一般的に共通する感覚ではないらしい。
況して、無いと違和感を感じるような性質のものではない。

「歩」が全廃されることになるなどとしているが、
大局将棋でも「歩」の動きをする駒は多数存在しているのであり、到底廃止されているとは言えない。
「踊」は複数目進むから踊なのであって、一目しか進まない場合には踊と表現すべきではない。
実際、踊とは二間進むものを基本としており、二間のみのものは「二踊」ではなく、
単に「踊」と表現される。二間目に進んで初めて踊ったと言えるのである。
然るに>668はどの資料でも用いていない「一踊」という概念を無用に作り出し、
これが「歩」という表現に優越し全廃させるものだと勝手に論じているのである。
しかし、これまで見たどの資料においても、一目しか進まないものは「歩」と表現し、
踊と使い分けているのであって、これは事実ではない。

資料の信頼性を疑うのは結構であるが、何らの客観的根拠もないのに、
自分の考えが他の資料に載っているかも知れないなどと言ったところで、
それでは単なる個人的妄想とされても致し方ないであろう。

675 :名無し名人:2008/10/05(日) 18:53:02 ID:T5/wK4m1
>672
成程ね。確かに、1−ウで強すぎないなら1−ウが正解だろう。
こればかりは経験が無いと何とも言えない。
やはり1−ウが第一で、1−アが予備的な解釈とすべきかな。

ところで、「+++→」は走と踊の他に「戻る」が含まれるというのは、
どういう解釈であろうか。踊の定義に戻ることが含まれないのなら、
「+++→」にも戻る選択肢は含まれないと考えられると思うのだが、
何故この場合だけ含むと解釈したのか、この点が解らない。

>673
大将棋の認知度は実際のところ大大将棋以上と大差ないと思う。
国立国会図書館の目録を見ても、中将棋の資料は棋譜も結構あるが、
大将棋となると棋譜は見当たらないし、これまで見てきたような
大大将棋以上の将棋と併せて載っている漠然とした資料しか見付からない。
そうすると、大将棋は江戸時代には既に対局者がおらず口伝も途絶え、
大大将棋等と同じく資料上の情報しか伝わっていなかったと考えられるのである。
そして「単に複数歩む」と解すると教王の解釈で破綻することは
これまで述べられてきたとおりであって、これは採用し得ない。
故に、情報源も整合性上の要求も満たす、1−ウ乃至1−アと解するのが妥当と思う。

676 :名無し名人:2008/10/05(日) 20:14:50 ID:gd+ilVkf
>>674
> 「単数」という言葉を死後だと思っている人間が存在するとは思わなかった。
この場合において、単数と複数を区別する意味はないのでは?と言っているのですが。

> どのような教育を受けたらそうなるのであろうか。
すみません。
一歩、二歩、三歩と数え、何歩歩こうが「歩く」は「歩く」と表現するという
教育を受けてきました。
一歩の次は「踊る」となるということは全く知りませんでした。

677 :後手9人目:2008/10/05(日) 21:05:20 ID:rTdg8HwC
>>675
すいません、引用の仕方を間違えてました。
私個人は『象棋六種之圖式』を見ていないのでスレ内からの引用ですが、

>>196>>219より
『象棋六種之圖式』「摩訶大大象棋口傳」にて、
・教王「+++→」
・教王「奔王狛犬二枚の ふるまいを兼た」
・狛犬「四方四角、踊り三目、其中一目二目、 要に隨てこれをつかふこと、獅子のごとし、
但し獅子は踊り二目、不正行度なり、 狛犬は踊り三目、八方正行度す」

という図示・記述が同一文献の中に揃っているということなので、
 「+++→」=「奔王狛犬二枚の ふるまいを兼た」
 狛犬の動き=「踊り三目」+「要に隨てこれをつかふ」
 「+++→」=「走り」+「踊り三目」+「要に隨てこれをつかふ」
と導かれます。

問題は「要に隨てこれをつかふ」ですが、これは文脈や(通説における)狛犬と獅子の動き、
さらに今回見つかった『諸象戯圖式』「踊」の記述から、これは「戻り」の能力を指すものと解釈しました。

従って「+++→」=「走り」+「踊り三目」+「戻り」と考えました。

678 :後手9人目:2008/10/05(日) 21:30:13 ID:rTdg8HwC
>>663>>675
1−ウと1−アですが、強さに関してはほぼ変わらないと思います。

炮兵や弓兵などは、「踊」の定義が変われば序盤からかなり派手に攻めに使えると思いますが、
敵駒しかいない場所では跳ねる必要がありません。
また自陣を抜けて前線に駒を出す場合、跳ねればいいだけです。

つまり、敵味方が入り乱れた場所でなければ1−ウと1−アで強さはほとんど変わりません。
本将棋と違い大型将棋ではなかなか敵味方が入り乱れないので、結局強さはほぼ同じと考えます。

>>674
>二間のみのものは「二踊」ではなく、 単に「踊」と表現される。
なるほど。だから飛龍が「頭尻四角踊」や「角角腎腎踊」なのですね。

ところで、「踊」を「単に複数歩く」と解説している一次資料(古文書?)は存在するのでしょうか?
ひょっとして近世に大型将棋を再発見した人々の推測なのでしょうか。
「踊」=「単に複数歩く」という説明で最古のものは何か、少々気になります。

679 :後手9人目:2008/10/05(日) 21:45:58 ID:rTdg8HwC
さらに追記。
>>677より
「狛犬の動き」=「踊り三目」+「戻り」となり、
「踊り三目」=「狛犬の動き」−「戻り」が導かれます。

すなわち、(大局将棋以外の)狛犬の通説における動きが正しければ、
「踊り三目」は1−ウです。四目以上も同じでしょう。

680 :名無し名人:2008/10/06(月) 01:35:12 ID:H/XU+v0Q
>677
成程。狛犬の記述をそのように理解したのか。
つまり「+++→」以前に、狛犬の行き方の時点で、
踊の他に戻るが付加されているという解釈なのか。
確かに狛犬は獅子と並ぶ特別な駒として扱われているから、
通常の踊の他に特殊な能力が付加されているという解釈はあり得る。

ただ、「摩訶大大象棋口傳」で解説されている駒は限られていて、
王將、醉象、無明、提婆、狛犬、驢馬、金剛、力士、釣行、摩羯で全部となっている。
そのうち踊に関する記述があるのは狛犬の他には次の三種、
驢馬「上下踊り二目、踊らざれば一目、猛牛のごとし、左右あゆみ一目」
金剛「四方三目踊る、踊らざれば一目なり、二目馬を越え、四角あゆみ一目」
力士「四角三目、これを踊り上下、左右あゆみ一目」
しかなく、どれも踊の内容については深く触れていない。
そうすると、狛犬の記述は単に狛犬一駒としての解説だけでなく、
踊り駒の代表として、踊の一般的解説をも含んでいたとも考えられ、
「其中一目二目、要に隨てこれをつかふこと、獅子のごとし」自体が
三踊の内容であったと考えることも可能ではないかと思う。
続く但書の内容が踊に関するもので、
「但し」が「獅子のごとし」に掛かっていることからも、
その様な解釈の可能性が窺われる。

681 :名無し名人:2008/10/06(月) 01:35:48 ID:H/XU+v0Q
この場合、「要に隨てこれをつかふ」とは『諸象戯圖式』の「わがまゝ也」に
相当することになるであろう。
つまり、これは獅子の様に間の駒を取ることも飛び越すことも可能であるし、
途中で止まることも可能である、という趣旨ではないかと考える。
無論、「獅子のごとし」と言ったら通常戻ることも含むべきということになるが、
それは次の但書で、獅子と異なり「正行度す」、
とあることで否定されているとする考え方は可能であろう。

因みに、他の資料に於ける狛犬の記述では、
象戯圖式が「頭尻上下四角両脇三踊」、
諸象戯圖式が「頭尻角角背腹腎腎三宛踊」となっており、
詰まるところ「四方四角、踊り三目」であって、
他に特殊能力があるようには記述されていない様子である。

>678
踊を「単に複数歩む」と解説している一次資料は、実際のところ見たことがない。
一応『世界の将棋』では確かに飛び越えてはいけない旨が明記されていたが、
何を根拠としたのかは不明である。
又、『世界の将棋』では狛犬が奔王に内包されると考えていることから、
確かに複数の駒は取れないと考えていたようであるが、
取れる駒の数については同書でも特に明記はしていなかったと記憶している。
実はこちらの資料は現在手元にないので、後で確認しておくことにする。
しかし、孰れにせよ情報源不明である。

682 :名無し名人:2008/10/06(月) 02:51:29 ID:RAsb/0FC
とりあえず一番手近な史料として増川さんの『将棋T』所収の「象戯図式」を
みてみると駒の動かし方の概念として「歩」「行」「走」「踊」「越」が見られる。
大将棋〜泰将棋は複数の点がついてる駒についてはほぼ「踊」が使われているが、
別系統と思しき和将棋では複数の点がついてるものでも「三目歩」「ニ歩」などと
なっており「踊」は使われていない。

この違いについても一つ説明が要る様な気がしますね。
大局将棋は両系統から駒を動員しているわけですから。

683 :名無し名人:2008/10/10(金) 23:40:40 ID:IZ+6ZJy7
資料を見たことはないが、上記の議論から「教王」の動きを妄想してみる。
基本的な動きを列挙すると以下のようになるのではないか。

(I)四方四角、踊り三目   (II)奔王
 ○ ○ ○         \ │ / 
  333           \│/  
 ○3▲3○         ──▲── 
  333           /│\  
 ○ ○ ○         / │ \ 

(III)不正行度の獅子(通常) (IV)八方正行度の獅子   (V)全ての方向に駒を3個まで飛び越える動き
 □□□□□          □ □ □       ×  ×  × 
 □□□□□           □□□         × × ×  
 □□▲□□          □□▲□□         ×××   
 □□□□□           □□□        ×××▲××× 
 □□□□□          □ □ □         ×××   
                             × × ×  
                            ×  ×  × 


684 :名無し名人:2008/10/10(金) 23:41:24 ID:IZ+6ZJy7
(>>683 の続き)
>>667
> >>196>>219より
> 『象棋六種之圖式』「摩訶大大象棋口傳」にて、
> ・教王「+++→」
> ・教王「奔王狛犬二枚の ふるまいを兼た」
> ・狛犬「四方四角、踊り三目、其中一目二目、 要に隨てこれをつかふこと、獅子のごとし、
> 但し獅子は踊り二目、不正行度なり、 狛犬は踊り三目、八方正行度す」

を参考にすると以下のように解釈できるのではないか。
  ・摩訶大大象棋の狛犬 → (I)か(IV)のどちらかを選択
  ・摩訶大大象棋の教王 → (II)か(IV)のどちらかを選択
  ・摩訶大大象棋の法性 → (II)か(III)のどちらかを選択
  ・大局将棋の教王   → (II)か(V)のどちらかを選択
  ・大局将棋の法性   → (II)か(III)のどちらかを選択

狛犬は奮迅((I)+(III))を少し弱くした感じになるのではないか。
また、教王と法性は対になるものと思われるので、現行の教王の動きは突飛すぎるが上記の解釈だと
違いが大きすぎることもなく、大局将棋の狛犬との相性も悪くないと思われる。
「全ての方向に駒を3個まで飛び越える動き」は(V)のような解釈もできるし、「+++→」という表現との
相性も悪くないと思われる。
「踊」の意味は「踊り場」のような「動ける範囲」を言っているのではないかと思う。


685 :後手9人目:2008/10/11(土) 19:15:23 ID:VYUpIm5y
>>680
「ものと人間の文化史 将棋」を借りてきて読みました。不勉強で申し訳ない。

>狛犬の通説における動きが正しければ
>>679でこう書きましたが、「通説における動き」なんてものは信用すべきでないことを理解しました。

「通説」≒「世界の将棋」≒「Wikipedia」≒「現行FLASHルール」≒「現行対局ルール」ですが、
そもそも正確なルールを探求を目的として議論するなら、資料としての信頼性はこうですね。

(「大局将棋駒」 ≧) 「諸象戯図式」 ≒ 「象戯図式」 ≒ 「象棋六種之図式」
>>>(越えてはいけない壁)>>>「世界の将棋」 ≒ 「Wikipedia」 ≒ 「通説」

あとは各古文書をどう解釈・採用するかの問題ですね。
各資料の概要は次のようで正しいでしょうか?

686 :後手9人目:2008/10/11(土) 19:16:09 ID:VYUpIm5y
「諸象戯図式」 元禄7年(1694年) 閲覧可能
小将棋〜泰将棋。
元禄7年初版:元禄9年版と微妙に違うらしい。増川宏一氏は見たようだが所在不明。
元禄9年重版:国立公文書館内閣文庫に所蔵。「踊」の定義あり。
西沢貞陣(太兵衛) 著の4巻本で、1巻は各種将棋の解説、2巻以降は詰将棋集。

「象戯図式」 年代不明 所在不明 一部閲覧可能
小将棋〜泰将棋。唐将棋、七国将棋、廣将棋、大局将棋の名称あり。
「ものと人間の文化史23 将棋」(増川宏一・法政大学出版局)に一部収録。
収録されているのは松浦大六筆写の1909年のもの。なお同名の書物多数。

「象棋六種之図式」 文政4年(1821)? 所在不明 閲覧可能
小将棋〜泰将棋。和将棋、天竺大将棋はなし。
最初は嘉吉三年(1443年)に書き写されたとの記述あり。
「雑藝叢書」国書刊行会・1915年に(全部?)収録。絶版だが図書館等で閲覧可能。

「大局将棋駒」 年代不明 所在不明 閲覧不能
大局将棋。大橋家の古文書。ある意味聖典。
以前は関西将棋会館内の将棋博物館にあり、閉鎖に伴い大阪商業大学アミューズメント産業研究所に
移管されたはずだったが、実際には移管されておらず、現在行方不明。

「世界の将棋 改訂版」梅林勲・岡野伸著(2000年 将棋天国社)
小将棋〜大局将棋。他多数。
大局将棋を世に広めた本。誤植と推測が多い。普通の本屋では手に入らない?
Wikipediaの記事やFLASHは、上記の古文書ではなく、ほぼこれに基づいている。

参考:
「ものと人間の文化史23 将棋」(増川宏一・法政大学出版局)
Wikipedia
http://www.chushogi-renmei.com/koramu/koramu-shiryou.htm

687 :名無し名人:2008/10/11(土) 23:49:38 ID:QYUndZzg
大局将棋のルールの「復元」しようとするのか
実際の対局を念頭においてルールを「設定」しようとするのか
軸足をどちらに置くかで議論の方向性も変わってくるかと。

688 :名無し名人:2008/10/12(日) 00:35:58 ID:xb6uzDs2
「象戯種々之図」嘉吉3年(1443)
小将棋〜泰将棋カ
象棋六種之図式の奥書によってのみ存在が知られる。

「合類古今将棋図彙」元禄10年(1697)
天竺将棋・和将棋・正象戯・四方像戯など特殊な将棋についての記述あり。
所在は分らないが、どこかで閲覧できるらしい。

「禽象戯図解」天保4年(1833) 大阪商業大学蔵
小型の古将棋である禽将棋の解説書。
禽将棋は大橋宗英の考案と言われる。
こちらはちゃんと大阪商業大学に保管されている。

「象戯図」室町期 水無瀬神宮蔵
いわゆる大将棋の盤面の初見史料。
大型将棋から現行本将棋への移行期の様子を語る史料として重要視されている。

【番外】「普通唱導集」 永仁〜正安年間(1297〜1302) 東大寺図書館蔵
いわば僧侶のスピーチガイドだが、その中の職業別追悼文例集のところに、
「小将基」指しと「大将基」指しが別項目として立てられており、
鎌倉期には大将棋が実際に指され、更に専門家も存在したことを示す重要史料。



あんまりルールの探求には関係ないかもしれないけど、こういうのも
ありますよということで。

689 :名無し名人:2008/10/15(水) 01:12:55 ID:XXEyV7bn
大橋家文書に関しては増川さんに訊くのがいいんじゃなかろうか

690 :名無し名人:2008/10/19(日) 09:31:30 ID:khK9F/C2
>682
『象戯圖式』の和将棋図で何故踊の表現を用いなかったのかは必ずしも定かではない。
ただ、大将棋系列のうち中将棋と和将棋のみ若干詳細な説明が行われている例は
『諸象戯圖式』や『古今将棊圖彙』にも見られる。
現に『象戯圖式』の中将棋の解説では、麒麟や鳳凰について、
麒麟「角四方一目行上下両脇二目行但一目不行」
鳳凰「角四方二目行但一目不行上下両脇一目行」
とあり、大将棋以上の例と異なり「飛越」の表現を用いていない。
同様に和将棋も「踊」の表現を用いず敢えて平易な言葉を用いた可能性は考え得る。

尚、『象戯圖式』に於ける和将棋で二目以上進む駒の説明は以下の如く、
雲鷲「両脇尻両角一歩 上両角三目歩 頭尻走 三目之内自在歩」
隠孤「一目二目ニテモ行 相馬不受 頭角尻一歩 尻両角二歩」
風烏「頭走尻二目歩」(風馬の誤植か。図では尻ではなく尻両角二目となっている。)
天馬「四角三目行 如桂馬」
となっているのであるが、特に隠孤については「相馬不受」とあるので、
少なくとも現行の2○でないことは明らかである。

691 :名無し名人:2008/10/19(日) 09:32:42 ID:khK9F/C2
因みに他の資料の表現は、『諸象戯圖式』では、
風馬「頭走尻二間」、天馬「角角腎腎如桂馬」
雲鷲「腹背腎腎歩 頭尻走 角角三間つく 一間二間三間之内とれにても間きゝ申」
隠孤「頭角腎踊尻角腎同」
とある他、隠孤と雲鷲については別の欄があり、
隠孤「一目なりとも二目なりとも行 雀歩二 而もかまひなく飛ゆくなり
    あひ馬きゝ不申ニ付 かくれきつねとかく也」
雲鷲「角角三間ゆく 又一目なりともあひきゝ申す」
となっており、隠孤には踊の表現を用いた上、飛越可能である旨を明記している。

『古今将棊圖彙』では、
風馬「ふうハはむかふの角とあとへ此やうに利く」(図は両上角一目、後方二目)
天馬「てんばハふうバのなり馬也 あとさき三けんづつ也」(図では角四方に三目)
雲鷲「うんじゅはむかふの角三けんつく 両のわきとあとの角へと一けんつく」
隠孤「おんこハ路に一馬あるをもかまふことなくとひこへても行
    あるひハ路あれハ一けんにても二けんにても心まかせにつかふ
    此を王手のとき間まきかすと知へし さうとの成馬も行やう此通りなり」
となっており、やはり少なくとも風馬は飛越可能と解釈し得る。
尚、『古今将棊圖彙』では元々踊や歩の表現を用いていない。

三つの資料で共に隠孤のみに斯様な表現が見られるのが
意図的なものか否かは判然としない。
ただ『諸象戯圖式』で「踊」の表現を用いた隠孤であっても、
『象戯圖式』が「二歩」と表現したことは確かであって、
同書で「踊」の表現を用いなかったとしても、
直ちに踊でないとは断言し得ないと言えよう。

692 :名無し名人:2008/10/19(日) 09:34:16 ID:khK9F/C2
上記に関連して、飛鷲角鷹の二目進む動きの件についてであるが、
『象戯圖式』で飛鷲角鷹に「踊」の表現が用いられていないからといって、
これらの行様が純粋な踊とは異なるという主張も。同様の理由で否定し得る。
『諸象戯圖式』では少なくとも二間目に進むこと自体は「踊」と表記している。
ただ、『諸象戯圖式』では中将棋の獅子、角鷹、飛鷲、麒麟、鳳凰のみ、
文章での解説が無く、代わりに図に依って解説を行っているのである。
その中で角鷹は、頭二間目に「踊」、頭一間目に「頭イクヰ」とあり、
同じく飛鷲は、角二間目に「踊」、角一間目には「角イクヰ」とある。
この表記では結局、居喰の能力が踊に備わっているのか、
飛鷲角鷹に特有の能力なのかは明らかになっていない。
とは言え、『諸象戯圖式』の踊の説明文に居喰が可能であると思わせる記述が
存在しなかったことは明らかであるし、正行度という表現からも、
動きの方向が途中で変わる居喰は、やはり正行度の踊には含まれないように思える。

693 :名無し名人:2008/10/19(日) 09:37:34 ID:khK9F/C2
>685-686
諸資料の概要は『象棋六種之圖式』以外は大凡誤りがないものと思われる。
但し、『象棋六種之圖式』に於ける認識には若干誤りがある。
先ず嘉吉三年に書き写された件であるが、同書の奥書には次の様にある。
「郡山柳氏の謄するところの象經奥書にいはく、
  寫本云、
   嘉吉三稔卯十五寫焉、加一校云々、
  右象戲種々之圖、曼殊院之宮所持之本申請、所記置也、
   龍集天正壬辰清和下澣
         權中納言兼成禿齡七十九
 とみへたり、この奥書をもて推はかるに、足利將軍の
 時代よりもてはやしたる事なるべし、」(返り点省略)
詰まり、嘉吉三年に書き写されたのは『象戲種々之圖』という資料であり、
これを象經の写本奥書に依って知ったと言っているようである。最初を示す文言もない。
又、文政四年発兌のものは国立国会図書館にある。目録では『大象棋絹篩』となっている。
『雑芸叢書』にあるものはこれを活字体で翻刻したもので、本文は全部収録されている。

>688
『禽象戯図解』は国立国会図書館にもあったと思う。
他に『広象棋譜』も国立国会図書館、『七国象棋図』が国立公文書館にある。
元禄十年の『古今将棊圖彙』は東京国立博物館にあることを確認した。
これらの資料も間接的にとは言え、重要な資料であると考える。
貴重な情報、大いに感謝する。

694 :名無し名人:2008/10/19(日) 10:56:16 ID:/x/09BiQ
>>690
中国将棋シャンチーの「象、相」の動きは「角角腎腎踊」で表現されるものと
思いますが、これは駒を飛び越えないし、複数駒を取ったりはできないと思います。
当時の大型将棋の作者や編纂者はシャンチーを知らない素人だったのでしょうか?
それとも知っていて、敢て無視したのでしょうか?
当時のシャンチーとの関係をどのように考えられますか?


695 :名無し名人:2008/10/19(日) 10:56:38 ID:khK9F/C2
それから、『古今将棊圖彙』に興味深い記述があった。
「古時鳥」の漢字についてである。
同書に依ると老鼠の成駒の名称は「胡時鳥」であるという。
而も「胡時」の部分には「こじ」という振り仮名まで振ってあり、
「時鳥」が一字でなく二字であることが判る。
「胡時鳥」という単語そのものは辞書を見ても見付からなかったが、
『大漢和辞典』に依ると、「胡」には「大きい」意があり、
「時鳥」は「ホトトギス」の意であるから、
形容詞に動物の名という、大将棋系列に於ける多数派の類型に属することになる。
「古寺」のうち「寺」は、次の字の「時」の旁と被っており、
書写の際にこれを混同した可能性を考えると、「寺」の方が誤っていた可能性は充分あり得る。
そして「胡時鳥」ならば意味合い的にも不自然ではなく、
元禄十年という比較的古い資料であることを考え合わせると、
信憑性は或る程度高いものと思われる。

尚、仙鶴は「仙」、夜刄は「夜叉」となっていた。
但し、猫刄は「猫刄」のままであった。


それと>691の訂正。『古今将棊圖彙』の風馬と天馬の記述は、
風馬「ふうハはむかふの角とあとへ此やうに利也」(図は両上角一目、後方二目)
天馬「てんばハふうバのなり馬也 あとさき三けんづゝ也」(図では角四方に三目)
が正しい。

696 :名無し名人:2008/10/19(日) 10:58:41 ID:khK9F/C2
>694
意味不明。
>「象、相」の動きは「角角腎腎踊」で表現されるものと思います
の根拠を提示すべきである。

697 :名無し名人:2008/10/19(日) 11:10:53 ID:/x/09BiQ
>>696
「象または相は斜めに二歩ずつ動ける」を昔の大型将棋風に書けば「角角腎腎踊」と
いう表現になるでしょう、ということです。
そして現在指されている動きで、上記の現行の「2○」の動きと同じものと思われます。


698 :名無し名人:2008/10/19(日) 12:17:47 ID:khK9F/C2
シャンチーに於ける相・象は一間目には進めない駒だったはずである。
どちらかというと「飛越」に近い動きであって、現行の2○とは全く違うものである。
「シャンチーを知らない素人」とは>697のことではなかろうか。

699 :名無し名人:2008/10/19(日) 12:42:41 ID:/x/09BiQ
>>698
それは失礼しました。
「将棋I」に「象または相は斜めに二歩ずつ動ける」とあったので勘違いしました。
そんな変則的な動きならそう書いてくれないと、私みたいな素人には分かりませんでした。

700 :後手9人目:2008/10/19(日) 20:02:54 ID:C0o1j0TZ
>>688-693
貴重な情報ありがとうございます。意外と種類があるんですね。
Wikiの方に軽くまとめておきました。

>>695
確かに「胡時鳥」で間違いなさそうですね。他は皆、存在を確認できない字ばかりですし。
拍子抜けするくらいあっさりと謎が解けた感じが…。
誤字の流れを辿れば資料の成立順序を探る手がかりにすらなりそう。


それから、いろいろと疑問が。

・「古今将棋図彙」の「天竺将棋」は「天竺大将棋」と同じ?
・「古今将棋図彙」の「正象戯」「四方像戯」とはどんなもの?初めて聞きました。
・「古今将棋図彙」に収録されている将棋は全部でどれだけ?老鼠や胡時鳥が出てくるなら大局将棋もある?

レスを読む限り、「古今将棋図彙」は今まで見過ごされてきた重要文献のように見えますが、
詳細を教えてもらえないでしょうか?

701 :後手9人目:2008/10/19(日) 20:04:35 ID:C0o1j0TZ
それから

・「象戲種々之圖」は書物名ではなく、単に「将棋のさまざまな図」という意味では?
増川さんの「将棋」101Pに現代語訳がありますが、そこでは書名として訳してはいません。
もっとも、そこの訳文と>>693を見比べると、訳文の正確性がすこし怪しいですが…

・ネット上で少々調べてみましたが、『象棋六種之圖式』の写本の流れはこうでしょうか

 最初に成立年代不明の原写本があった
→嘉吉3年(1443)に誰かが原写本を写本(=『曼殊院宮本』=『象戲種々之圖』)
→天正20年(1592)に権中納言水無瀬兼成が『曼殊院宮本』を写本(=水無瀬神宮蔵『象戯図』)
→文政4年(1821)に河内屋八兵衛(ほか4名)が『象戯図』を写本、出版(=『象棋六種之圖式』)
→1915年に「雑芸叢書」に翻刻

Wikipediaによると、曼殊院が門跡寺院になったのは明応4年(1495年)頃とある。
つまり嘉吉3年には「曼殊院宮」という表現はなかったと考えられる。
とすれば、権中納言水無瀬兼成が1592年に曼殊院宮から本を写させてもらったということか。
なお1592年なら、この「曼殊院宮」とは後陽成天皇の弟、良恕法親王(勝輔親王)だろうか。

http://blog.livedoor.jp/r_onuma/archives/cat_50032653.htmlの2006年12月16日の記事で、
「持駒使用の謎」(日本将棋連盟版)の文章を見つけましたが、>>693の記述とぴったり符合するようです。
すなわち、『象棋六種之圖式』は『象戯図』の写本と見て間違いなさそう。

あと「郡山柳氏」は人名?「象經」ってのは何でしょう?その辺よく分かりませんでした。

702 :688:2008/10/20(月) 00:43:24 ID:m65jUMdF
>>693
「合類古今将棋図彙」は東京の国博でしたか。
私の粗末な紹介への補足ありがとうございます。
この史料はルビが充実してるので、読みやすかったかと思います。

>>688文中「四方像戯」は「四方象戯」が正しいです。
訂正してお詫び申上げます。

703 :名無し名人:2008/10/20(月) 02:49:29 ID:N4PDmWVz
>>701
>>→文政4年(1821)に河内屋八兵衛(ほか4名)が『象戯図』を写本、出版

個人的にはルール云々よりも、どういう需要があってこんな書誌を出版
したのか知りたい。

704 :名無し名人:2008/10/27(月) 05:14:09 ID:0ZwTQH34
訂正 >691の『古今将棊圖彙』隠孤の記述で、
  「路に一馬あるを」とあるのは「路に馬あるを」の誤り。


>700
『古今将棊圖彙』の「天竺将棊」は天竺大将棋と同じである。
但し、同書では初期配置とその状態で成駒にした図があるのみで、
駒の行様に関しては何も触れていない。

こうなると、大将系の駒が飛び越した駒を全て取るという記述が何に載っていたのか
という疑問も出てくる。何か別の資料があるのだろうか。
因みに『象戯圖式』では、
大将「如奔王而飛越」、副将「如角将又如王三度歩」、
飛将「如飛車馬有モ飛越」、角将「如角行駒飛越」、
となっており、飛び越した駒の扱いの他、飛越の制限も記述されておらず、
『諸象戯圖式』では、
大将「如奔王将主客駒飛越敵将類恐ル」、
副将「如角将亦如王三度歩敵将類不越之無路止ル」、
飛将「如飛車駒飛越」、角将「如角行駒飛越」、
となっており、「敵将類恐ル」「敵将類不越」とあることから
飛び越せない駒があるのは判るが、未だ将同士間での格の存在は示されていない。
尚、「之無路止ル」とは、敵将類は着地点においても取れない意であると同時に、
敵将類以外ならば着地点で取れることを意味しているのかも知れない。

705 :名無し名人:2008/10/27(月) 05:17:00 ID:0ZwTQH34
「正象戯」「四方象戯」に関しては、残念ながら僅か三四行の解説があるのみで、
その全貌を知るまでには至らない様子である。以下抜粋。
四方象戯「獅子四枚あり 盤の四はうより四人して指
      つめやうによりて先の馬を悉く我馬ニ
      してつかふ也 つめやうあしくすればさきの
      馬をそのまゝ置てつかふ事ならす」
正象戯 「司馬 將軍 参軍等の名あり 匈奴 蒙悟
      なとを走馬とし 獅子 麒麟 虎 豹
      蝎 狒狒 色々の駒あり」
尚、正象戯には「しゃうゝゝぎ」、蝎には「かつ」、狒狒には「ひひ」の振り仮名がある。

『古今将棊圖彙』に収録されている将棋は以下の通りである。
小象戯、和将棊、中象戯、小大象戯、太々象棋、摩謌太々将棊、大象棋、
天竺将棊、朝鮮将棊、四方象戯、正象戯。
このうち、小象戯と和将棊と中象戯に関しては駒の動きが見開きで解説されており、
特に和将棊は全ての駒に仮名表記がある。
小大象戯とは要するに大将棋のことであるが、以下大象棋即ち泰将棋までは、
初期配置の図の他、特別な駒に限って余白に解説がある。
朝鮮将棊はチャンギというよりはシャンチーの様子であるが、
初期配置の図が示されているのみである。
尚、老鼠や胡時鳥は太々象棋の箇所に記されていたものであり、
やはり大局将棋に関する記述は存在しなかった。
踊に関する記述も余り詳細なものはなく、凡例の項に、
「::: かやうに有ハ二間宛ゆく也 但二間づゝ行とても二まで一度にゆくにハあらす
    一間にても二間にても心まかせにつかふ也」
とある程度である。

706 :名無し名人:2008/10/27(月) 05:21:00 ID:0ZwTQH34
>701
『象戯種々之圖』が資料名とは限らないというのは正にその通りであると思う。
ただ、『象棋六種之圖式』が『象戯圖』の写本とするのは少々誤りではなかろうか。
この奥書は要するに、
『象棋六種之圖式』が、「象經」即ち『象戯圖』の写本の奥書を見て、
『象戯種々之圖』即ち「曼殊院宮本の写本」が嘉吉三年に完成したことを知った、
ということを述べているのであると思われる。
詰まり、『象棋六種之圖式』は確かに『象戯圖』の「奥書」は写しているが、
それは「推はかるに、足利將軍の時代よりもてはやしたる事なるべし」
という結論を導き出すために引用したものであって、
『象戯圖』の内容全てを写したことにはならないのではないかと考えられるのである。
それと、曼殊院宮が所持する本を申し請けて記し置いた、というのであるから、
仮称『象戯種々之圖』は、元々曼殊院にあった「曼殊院宮本」を嘉吉三年に書き写したとも読める。
確かに曼殊院に「宮」の字が付されていることは謎であるが、
水無瀬兼成が畏まって付け加えたものなのかも知れない。これは憶測の域を出ない。
尚、「郡山柳氏」は恐らく大和郡山城主となった柳澤家の誰かのことであろう。

>702
粗末とはとんでもない。貴重な情報、誠に感謝の極みである。
振り仮名の件、充実しているとは言っても、
殆ど全てに振り仮名のある『大象棊絹篩』と違って数えるほどしかないので、
未熟な自分としては必ずしも読み易いとまでは言えなかったが、
全く読めないほどではなかったので、一先ずは安堵した次第である。

707 :名無し名人:2008/10/28(火) 00:38:36 ID:smCfzR4j
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org6712.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org6978.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org6979.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org6719.jpg

708 :名無し名人:2008/10/28(火) 16:05:25 ID:UfqTdKBA
「烏行」は、やはり「烏(からす)」で決まりっぽいな。
読みは「うこう(うかう)」。

709 :名無し名人:2008/10/28(火) 20:32:00 ID:531Ghylb
スレ違いかも知れないけど、
『中将棋の記録(一)』『世界の主な将棋 改訂版』に、
日本の諸将棋の一覧表として、

「大将棋、15×15、36種類、142枚、象棋十三種(三井家)」
「大将棋(中大将棋)、15×15、32種類、138枚、象棋十三種(三井家)」
「大将棋(小大将棋)、15×15、29種類、130枚、象棋六種之図式」
「前後大将棋 25×25 88種類 360枚、象棋十三種(三井家)」
「泰将棋 25×25、93種類、354枚、象棋六種之図式」

が書いて有りますが、三井家のは、検索しても見付かりませんが、
どんな感じなのか、とても気になります。
初期配置とか、その将棋のみの駒とか有るのかな?

710 :後手9人目:2008/10/29(水) 00:44:04 ID:xyxCxM1y
>>706
『象戯圖』の「奥書」を写しておいて、肝心の本編は『象戯圖』とは別物、というのは不自然な気がします。
もっとも『象戯圖』の中身を見ていないので何も断言できませんが。

>「曼殊院宮本」を嘉吉三年に書き写したとも読める
確かに素直に読むとそう読めるのですが、「曼殊院之宮所持之本」という表現からは、
「曼殊院之宮」は人名であるように読めます。すると「宮」は、「輪王寺宮」のように、
寺院名+宮で宮門跡(皇族)であると考えるのが自然では無いでしょうか。
そうすると>>701に書いたとおりで、年代の関係で『曼殊院宮本』が1443年では矛盾し、
「〜曼殊院之宮〜」の行は1592年のことを指していると考えた次第です。
これもやはり『象戯圖』の奥書を確認できると良いんでしょうが。

>>707画像は古今将棊圖彙?
飛鹿、飛鷲、角鷹、獅子の表記が現在と違いますね。そして問題の「+++」記号が…
解読する能力が自分に無いのが恨めしい。

>>709
何かの文献で、「将棋は小さいものは36枚、大きいものは360枚ある云々」とか書いてあるそうなので、
前後大将棋は実在しそうですね。特有の駒があるなら、大局将棋に継承されたものもあるかも。
文献の所在については著者に聞くしかないでしょうか。


ところで文献を解読しまくっている>>706氏は一体何者?尊敬します。

711 :688:2008/10/29(水) 01:31:35 ID:mG+CB0eg
>>707
いつの日か私が閲覧した『古今将棋図彙』とは異本のようですね。
私が見たのは多分関西だったので、国博本とは違うもののようです。
もっとも、内容はほとんど同じっぽいですが。

>>709
前後大将棋は泰将棋よりも駒の種類は少ないようです。
詳細は遊戯史学会の岡野伸さんに尋ねられるのが手っ取り早いかと思います。

遊戯史学会はこちら
ttp://www.asahi-net.or.jp/~rp9h-tkhs/yugishi.htm

例会などに行けば会えるかも知れませんね。

あとは大商大のアミューズメント産業研究所などを尋ねるのもいいかも知れません。

アミューズメント産業研究所はこちら
ttp://ouc.daishodai.ac.jp/facilities/ams_labo/index.html


712 :名無し名人:2008/10/29(水) 22:12:37 ID:I7vTZkxQ
>710
これまで少々説明不足であった感が否めないが、
『象棋六種之圖式』に於ける例の文言は、奥書というよりも序文にあるもので、
而も前後を別の文章に挟まれた序文全体の一部を構成するに過ぎないものであって、
引用文をそのまま同書の奥書の内容とする趣旨に出たものではないのであるから、
本編は『象戯圖』を参考にした程度の別物であっても何ら不自然ではないのである。

しかし、「曼殊院宮本」を書写した年代に関しては、
「寫本云」の文言が後の一行にしか掛かっておらず、以後は兼成自身の言葉である
と解することは可能であるから、考えを改めることにする。

尚、『象戯圖』は未確認であるが、
東京都立図書館内の現在予約制となっている特別文庫室に
『象棊纂圖部類抄』があったのでこれを見るに、
「写本云
  嘉吉三年卯十五写之 加一校了
   右象戯種々之圖 曼殊院宮御所持之本
   申請所記置也
    龍集天正壬辰清和下澣 權中納言兼成禿齡七十九」
との記述があった。
多少の差異はあるものの『象棋六種之圖式』の引用のとおりのようである。
ただ、この記述は巻末ではなく摩訶大々象戯に関する記述の後に記されたものであり、
この後ろにある泰将棋には掛かっていないように思える。
或いは「曼殊院宮本」には泰将棋に関する記述は存在しなかったのかも知れない。
尚、泰将棋の初期配置の後には鉤行摩羯等の説明があり、その次に
「右圖行然和尚之本今恩借冩之畢」
との記述があり、別の資料の記述も追加していることが明らかとなっている。

713 :名無し名人:2008/10/30(木) 00:19:13 ID:rCKBJ94l
なるほど、将棋本をめぐるネットワークがあるわけね。
ますますこういった特殊な将棋の需要やその社会背景が気になってきました。

中世後期については諸芸の発達という文脈が無難かしらと思うけど、
近世以降はよくわからんなあ。

714 :後手9人目:2008/10/30(木) 01:59:24 ID:n7ag38HK
>>714
続々と新資料が出てきますね。
Wikiに一応まとめているので、間違い等あれば指摘or編集してください。
(ttp://www32.atwiki.jp/taikyoku-syougi/pages/25.html)

大商大のサイト内
ttp://moch.daishodai.ac.jp/cgi-bin/usr/shoko/history/contents.cgi?mode=contents&toc_id=140&t_id=26
で、
>「大将棊」以後は曼珠院宮所蔵の「象経奥書」にないので
という文章を見つけました。
ひょっとして「象経奥書」(=「曼珠院宮本」)という書物が曼珠院に
現存しているんでしょうか…

ttp://moch.daishodai.ac.jp/cgi-bin/usr/shoko/history/contents.cgi?mode=contents&toc_id=136&t_id=25
で「象戯図」写しの一部画像も発見。

715 :名無し名人:2008/11/02(日) 03:32:02 ID:ixw2LmZ0
>710
『古今将棊圖彙』の角鷹と飛鷲の解説は、
角鷹「かくわうりうめのなり馬なり 七方ハしりむかふの三けんきくなり」
飛鷲「ひしゅハりうわうのなり馬也 八方へきく也
   但むかふの角三けんゐぐひありてしかもハしるなり」
となっている。
同書に依ると、飛鷲角鷹は共に踊の範囲は三踊となっているが、
加えて飛鷲は八方へ走れることになっている。
そしてこれを記号で表したのが「+++-」であるというのであるから、
この記号はやはり三踊か走の選択が可能という意味であることが明らかとなる。
但しこの場合、飛鷲が居喰も可能であることを名言しつつも尚、
「+++」の記号のみで済ませているのであり、この記号の一般的意味乃至踊の定義に
居喰が含まれるのかは依然明らかでない。
この件について、『象棊纂圖部類抄』には
「或説云居喫師子許也」との一文があるのが興味深い。
これは丁度>714に示していただいた『象戯圖』の写真にも写っている部分である。
やはり獅子が不正行度踊という行様から必然的に居喰が可能となるのに対して
正行度且つ特定方向にしか踊れない飛鷲角鷹には、
本来居喰の能力は備わっていなかったと推察されるのである。
恐らく中将棋の対局を重ねてゆくうちに対局者間で自然発生したものなのであろう。
大将棋以上にも適用すべきか否かは、このことを正行度踊の定義が変更されたと見るか、
居喰という動きが別個独立に設定されたと見るか、ということに集約されると思う。
尚、『古今将棊圖彙』では和将棋の勁鷹は、
「きんおうハひおうのなり馬也 八方へ行也 両のハらにゐくひ一けんあり」
となっており、両脇には踊ることなしに居喰が可能であることになっている。

>711
異本ということになると、振り仮名がすくないことから
東京国立博物館所蔵の資料の方が古いものであると思われる。
尚、こちらの資料では「合類」の文字が付されているのは目録題のみのようである。

716 :名無し名人:2008/11/02(日) 19:04:08 ID:ixw2LmZ0
>714
「曼殊院宮本」を見たことがないので正確なことは言えないが、
少なくとも『象棋六種之圖式』序文に言う「象經奥書」は
水無瀬兼成の署名の有る『象戯圖』の写本の奥書を指していることは明らかであり、
「象經」というのは棋書のことを指す一般名詞なのではないかと考えられる。
又上述の通り、『象棊纂圖部類抄』では、例の奥書は摩訶大々将棋の説明の後に
記されているのであって、水無瀬兼成が大将棋までしか記載されていない資料を
原本としたとするのは些か考え難い。
他にも、大将棋までの僅か三種に「種々」という文言を用いたとするのも少々疑問が残る。

因みに、正徳二年以降に編纂、享保六年以降に追補された『曼殊院藏書目録』に依ると、
「本邦編撰」の「雅俗雜類」の項目で曼殊院が次の様な棋書を所蔵していたと言う。
『象戯経』一束、『象戯作物』二束『手鑑指南抄附』一束、『象戯作物』一束、
『仲古將棊記』一束、『中象戯圖式』一束、『象戯圖』一巻。
「束」の字は全て竹冠に束であったが、『象戯圖』のみ「一巻」とあるのは、
水無瀬兼成の『象戯圖』が巻子本であることと符合する。
故に怪しいのは一つ目の『象戯経』という資料であると思われる。

このことは慶応元年版『曼殊院宮藏書目録』にも、
多少の漢字表記に差異があるとは言え、同様のことが記されていた。
こちらでは「二百十二 立 壹箱」という項目の下にあった。
この時代になると「天」や「地」等、三百二十七種の箱に整理されていたものと思われる。
その中で純粋な棋書は「立」という箱に分類されている様子である。
但し、『象戯圖』には「不見」との文字があるので、散逸してしまった虞がある。
明治維新の後も散逸したものはあっても、更に蒐書が進んだ可能性は低いので、
やはり「象経奥書」は資料名ではなく、
『象戯経』のことを指しているのではないかと考えられる。

717 :名無し名人:2008/11/02(日) 23:09:31 ID:ixw2LmZ0
訂正
>「大将棊」以後は曼珠院宮所蔵の「象経奥書」にないので
ここに言う「大将棊」とは要するに泰将棋を指していると思われるので、
>716の六行目から九行目までを削除する。

つまり、水無瀬兼成は「摩訶大々象戯口傳」までを恐らく『象戯経』から、
「大将棊」及び「大将棊畧頌」を「行然和尚之本」から写したことになる。
或いは泰将棋を創作したのは行然和尚かその一門なのかも知れない。

それから、wikiで元禄七年板『諸象戯圖式』について
「増川宏一氏は見たらしい」とあるが、
『将棋T』の参考文献を見たところ、同書の参考とした『諸象戯圖式』は
何と1915年版のものであるという。而もその一種類しか掲げていない。
或いは元禄七年板、九年板の双方が収録された復刻版が存在し、
これを見たということなのかも知れないので、参考までに述べておく。

718 :後手9人目:2008/11/02(日) 23:15:07 ID:MhTyf4Mo
>>715
>大将棋以上にも適用すべきか否かは、このことを正行度踊の定義が変更されたと見るか、
>居喰という動きが別個独立に設定されたと見るか、ということに集約されると思う。
確かにそんな感じですね。
中将棋は実際に指されている中で、獅子の動きや居食いのルールが整理されていったが、
「踊」という概念は、居食い等との関係が未整理のまま忘れ去られてしまった、ってとこですかね。

そうすると、一般論としての「踊」の定義が『諸象戯圖式』『古今将棊圖彙』の二書以外から見つからない以上、
この二書の記述を元に考えて、正行度「踊」だけでは居食い(戻り)はできない、とするのが妥当だと思います。
一般論としての「踊」の定義として居食いを書いている資料が見つかれば話は変わってきますが。

>>716
>>714で「大将棊」と書いたのは、駒数130枚の大将棋ではなく、駒数354枚の泰将棋のことです。
つまり大商大のサイトが言っているのは、「大将棊(泰将棊)・大将棊略頌・終文及び署名落款」を
兼成が(「行然和尚之本」を見て)書き足した、ということかと。
「象戯図」の中で、他は全て「象戯」なのに、ここだけ「将棊」なのも示唆的ですね。

>但し、『象戯圖』には「不見」との文字があるので、
というのは、曼殊院蔵の『象戯圖』が「不見」ということでしょうか?
『象戯経』は本当に見つかったらかなり面白い事になりそうですね。

それにしてもだんだん考古学スレと化してますが、>>716氏は研究者ですか?

719 :後手9人目:2008/11/02(日) 23:38:24 ID:MhTyf4Mo
>>717
増川氏の「将棋」内の「諸象戯図式」の年の表記は自分も見たのですが、
1915年版の「諸象戯図式」というのが分からず、解釈に悩んだので、とりあえず本文を尊重しました。

「諸象戯図式」については、他にもハーバード大学燕京図書館に
「天保四癸巳年卯月」の書き込みがある写本があるようですね。

720 :名無し名人:2008/11/03(月) 11:44:34 ID:7o7qlzKB
専門にするには将来性のない研究だな。

721 :名無し名人:2008/11/04(火) 12:23:36 ID:+z4D0XIy
荒らしに将来性はあるのだろうか・・・

722 :名無し名人:2008/11/04(火) 21:25:37 ID:ocxI7rnz
実利なんて求めては文学部の研究はできないよ

723 :名無し名人:2008/11/04(火) 23:54:03 ID:sc+bkc55
いや、こんな特殊将棋の解明って数ある人文系研究分野の中でも特に拡がりがないなって思って。

724 :名無し名人:2008/11/05(水) 00:57:36 ID:NDYAePCy
某スレで「大局将棋スレのテンプレに比べればまだまだ」というレスを見て来ました
凄すぎるの一言です

725 :名無し名人:2008/11/06(木) 02:53:21 ID:gUuC6My2
将棋・チェス板実況板化に伴う板移転でスレ保持数が500になりました。
このスレが落ちて無くて本当によかった(*´Д`)


726 :名無し名人:2008/11/07(金) 18:40:57 ID:VDMXctbM
容量危ないな

727 :名無し名人:2008/11/07(金) 20:45:18 ID:shykHnRd
中将棋だしこれは関係ないか
ttp://www6.uploader.jp/user/GAVA92/images/GAVA92_uljp00187.jpg

728 :名無し名人:2008/11/07(金) 23:18:23 ID:8RNCT/AL
飛牛がひどい駒になってるw

729 :名無し名人:2008/11/08(土) 16:11:12 ID:pFcjp98m
これは何の資料ですか?

730 :名無し名人:2008/11/08(土) 20:06:02 ID:ESQehkGD
和漢三才図会ですね

731 :名無し名人:2008/11/09(日) 23:57:16 ID:lP9h3HWu
確認しました。『和漢三才圖會』巻第十七嬉戯部「中象戯之圖式」ですね。
この資料では「坐喰」即ち居喰は
「・」に重ねて「○」で表記しているようですね。
何故か飛鷲には反映されていませんが……。
ここで大将棋の解説が載っていたら万事解決だったのですが、少し残念です。

大局将棋には関係ないかも知れませんが、この資料では獅子の特則は
獅子に繫駒があったら直ちに適用されることになっていますね。
隣接していても獅子同士では取ってはならないということになるでしょう。
他は「喰并」即ち喰添、付喰が禁じられるのが、歩兵のみというところが変わっています。

因みに『諸象戯圖式』では、主に禁則事項を連ねた「諸象戯式」には、
「一 諸象戯つながさる獅子狛犬は獅子狛犬にてとるなり つなぎ有をとる事」
とあり、特則は獅子のみならず狛犬にも適用されることが明文で示されており、
延いては中将棋以外の大型将棋でも適用されるものと読めます。
このとき、喰添が禁じられている駒は、歩兵仲人の外、奇犬も含まれるようです。

732 :名無し名人:2008/11/14(金) 11:30:41 ID:K/fknM/b
「風龍」はどうなんでしょうね。
あの動かし方。

733 :名無し名人:2008/11/15(土) 23:33:01 ID:TFruQNQO
>732
そうですねえ。確かに不自然ですが、大局将棋にしか存在しない駒である以上、
『大局将棋駒』を見ないことには何とも言えませんね。

話は変わってwikiの件ですが、テンプレに於ける駒の名称はどうしましょうか。
大師系の「師」は「帥」であるというように、
殆ど確実なものは訂正する方向で統一しますか?


734 :名無し名人:2008/11/17(月) 20:01:36 ID:CXeIbmGb
「師」は「帥」 これに異論のある人は殆ど居ないでしょ まずはこれだけでも是非
今後駒作りする人の為にも動きや読みはともかく文字だけは早めに確定させておきたいですよね
あとはそのwikiに画像アップローダとコメント用ページがあればいいんだけど

735 :名無し名人:2008/11/17(月) 23:54:46 ID:+v/qVvlU
取り敢えず、帥系と、夜叉、仙を改訂しておきました。
その他、麒麟の行様と地龍、青龍、神龍の誤差を修正しました。
何かありましたらお願いします。

736 :名無し名人:2008/11/18(火) 13:11:57 ID:QC+yQNNi
>735
 2升目、3升目、どちらへも飛びこせる駒の記号と、2升目へは飛び越せな
いが、3升目へは飛びこせる駒(飛猫がそうかも?)、どちらであるかが区別
できるように動かし方の記号の☆印の付け方を、今後は工夫していただけると、
動かし方の説明文を良く読まなくても間違える可能性が減ると思います。
(例 大亀や霊亀。その他イロイロ。)


737 :後手9人目:2008/11/18(火) 22:09:59 ID:AdxLECBn
>>734
コメントページつけました。画像も上げられるみたいです。

>>735
胡時鳥も改訂しました。

また、議論中のページで【FLASHルール】と【暫定ルール】を分離しました。
4局目以降(があるとして)のルールはどうするべきなんでしょうね。

738 :名無し名人:2008/11/22(土) 21:25:18 ID:fyMNYQHQ
それと「猫刄」ですが、『象棊纂圖部類抄』に「猫叉」の表記がありました。
『はじめての中将棋』によると『象戯圖』にも「猫叉」とあるそうです。
資料上の根拠があった以上は猫叉説の方が有力と言えると思います。

>737
次局以降は基本的には対局者の合意によるべきかと思いますが、
試験運用も兼ねて何れは新規則で対局してみるのが望ましいと考えます。

739 :名無し名人:2008/11/23(日) 00:48:19 ID:VU3DtROv
>>734
駒作りといえば、熊澤良尊さんが「大局将棋駒」を基に駒を作られたんだよね。
熊澤さんも機会があればお話うかがえるといんだけど。

740 :棋譜 151~200:2008/11/25(火) 08:05:47 ID:vyzNFLwR
▲8二七馬兵(9二七)△8二七角将成(32三)
▲8二七前旗(7二八)△8二七飛燕成(33二)
▲8二七牛兵(10二七)△8二七走兎成(34一)
▲7二八登猿(6二九)△23一二角鷹(25一二)
▲6二九馬麟(5三〇)△10二五角鷹(23一二)
▲9二七盲猿(8二八)△9一四弩兵(5一〇)
▲8二七登猿(7二八)△9二七弩兵成(9一四)
▲9二七風馬(9三〇)△10二八角鷹成(10二五)
▲20二七奔鷲(18二九)△9二七大鷹(10二八)
▲18二五奔鷲(20二七)△9二二大鷹(9二七)
▲17二一歩兵(17二二)△19一二大鷹(9二二)
▲17二〇歩兵(17二一)△19三六大鷹(19一二)
▲19三六銀将(20三五)△32三走狼(33三)
▲17一九歩兵(17二〇)△34一白虎(35一)
▲18二三歩兵(18二四)△24一一飛鷲(24一〇)
▲17一八歩兵(17一九)△36一八飛将(36二一)
▲18二四隠狐(17二五)△1一八飛将(36一八)
▲8二八燕羽(8二九)△12二三飛鷲(24一一)
▲17二二鉤行(17三)△9二〇飛鷲(12二三)
▲15二七豹兵(14二八)△8二七走狼成(32三)
▲8二七燕羽(8二八)△15二〇飛鷲(9二〇)
▲20二二鉤行(17二二)△1二一飛将(1一八)
▲15二六豹兵(15二七)△4一五龍馬(9一〇)
▲14二五豹兵(15二六)△33二火鬼(32一)
▲12二四歩兵(12二五)△14二五龍馬(4一五)

741 :名無し名人:2008/11/27(木) 22:05:45 ID:OfpAsvMU
そのうち次スレになりそうだな

742 :名無し名人:2008/11/27(木) 22:31:45 ID:/yf+slEt
今DATが448KBだから1000を待たずに落ちるかもね

743 :名無し名人:2008/12/03(水) 09:35:14 ID:/j691nS0
すごいね、このスレ。
はじめてみたよ。
記念パピコ

744 :名無し名人:2008/12/03(水) 23:59:00 ID:6RzAZGm7
うわ……、
後手の大将さん、改定後まだ一歩も動いてないのに味方の麒麟薙ぎ払っちゃった。

745 :名無し名人:2008/12/06(土) 11:51:37 ID:nzml/SLN
    γ鰻ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧( ^ω^)< あげ
 ( ⊂    ⊃ \____
 ( つ ノ ノ
 |(__)_)
 (__)_)


746 :厨房:2008/12/07(日) 11:51:28 ID:w7mrTvgE
大局将棋のフリーソフトある?
あと、chessVというソフトにユニコーンチェスというゲームがあるんだけど、
それのユニコーンに獅子と大将を合体させた駒あったら教えて。

747 :名無し名人:2008/12/07(日) 15:03:28 ID:I4AJf3GK
そもそもルールが正確にわかってないと作るの難しくね?

748 :名無し名人:2008/12/13(土) 17:47:56 ID:RJvWagM/
某所の掲示板での対局は、誰でも指していっていいのでしょうか。

749 :名無し名人:2008/12/13(土) 23:59:24 ID:LjJOe2wh
いいんでないかい?元々そういう話だったし。
言われるまで忘れていたが。


750 :名無し名人:2008/12/14(日) 01:11:18 ID:ufglKzbJ
序盤ならともかく中盤以降だとどの駒がどこに効いてるのか把握できないから、
恐くてとても指せないけどなw

751 :名無し名人:2008/12/17(水) 08:18:45 ID:bIoPmGeA
>750
 違うよ。こういうのにはコツがあるんだ。
自分の取られたくない駒が「奔王」だと思って、敵駒が当っていないかどう
か手毎にチェックするのを忘れないのと、それに効き駒を付けるのを忘れな
ければ、次の相手の手の30手に29手位は安全だよ。不安がらないで、
どんどん指して、ハマッテちょうだいネ。

752 :名無し名人:2008/12/17(水) 08:25:37 ID:bIoPmGeA
訂正(751)
×「奔王」だと思って、敵駒が当っていないかどうか
○「奔王」だと思って、それに当っている敵駒から逆に睨まれていないか
 どうか

753 :名無し名人:2008/12/18(木) 20:17:39 ID:wwJY23td
そもそも、その駒ににらまれているのかがわからん

754 :名無し名人:2008/12/19(金) 00:56:42 ID:XNE7LZXt
いや、指そうと思っていないのなら無理することはないぞ。

755 :名無し名人:2008/12/20(土) 10:05:33 ID:bm81kWGW
長いとは聞いてたけどホントにすごいですなこのスレwww

756 :名無し名人:2008/12/21(日) 00:26:13 ID:sDzFylbr
しかし先手はそろそろどうにかしないとなあ
どうすべか?

757 :名無し名人:2008/12/22(月) 01:25:45 ID:aFmuTlMV
それがしが見るに、八分二分で後手に勢いあり。

758 :名無し名人:2008/12/22(月) 10:04:29 ID:VUkg+2Mm
>753
 駒の動かし方覚えないと判らんのは当然だが、その前に、その駒が
大局将棋にしか無いのか、泰将棋、摩訶大大将棋、大大将棋・・・、
和将棋等、別のより小型の将棋から導入した駒なのかの区別を覚える
と良いね。大局将棋にしか無い駒で、隣接する升目にしか動かせない
のは、”刀兵”位しかぱっとは思いだせん。「大局将棋に初めて現れ
る駒に睨まれたら危ない」と見て、そのつど動かし方を調べたら。

759 :名無し名人:2008/12/23(火) 17:49:23 ID:2lEJA+QC
>>748です。
あまり上手ではありませんが、指してみようと思いました。
よろしくおねがいします。

760 :名無し名人:2008/12/24(水) 11:38:30 ID:ehhzgjnH
>>756
2008年クリスマス前後の209手目あたりの局面では、
先手は、銀将を近王の隣、2段目に上げ、太子の左隣に、
空の升目を作っておかないと、かなり危ないと私は思います。
ひよっとして詰めろか?

761 :名無し名人:2008/12/24(水) 15:29:36 ID:xypZXZ0b
>760
鉤行の効きがあるからまだ詰めろではないが、先手の鉤行は消せる。

762 :名無し名人:2008/12/25(木) 08:25:34 ID:C+IFTvEb
>>761
そうか、鉤行が有ったか。しかし、これがヤラレルと、終盤に響きそう
だね。

763 :名無し名人:2008/12/25(木) 22:19:58 ID:ZckzUP43
さあ、先手の田楽刺しに対して後手の応手は如何に!?

764 :名無し名人:2008/12/26(金) 01:41:17 ID:KxwoSqcD
後手のこれまでの指し手から考えると同飛将かな。
以下個人的な予想
△1二四飛将(1二一)▲1二四歩兵(1二五)
△10二九奔火(8二七)▲10二九古猿(11三〇)
△10二九龍王成(10一〇)▲10二九山鷹(7三二)
△10二九牛兵成(10九)

765 :764:2008/12/26(金) 02:16:27 ID:KxwoSqcD
よく見たら10二九にもう一枚先手の駒が利いてるな。
こんな感じの進行になるか?
△1二四飛将(1二一)▲1二四歩兵(1二五)
△10二九奔火(8二七)▲10二九古猿(11三〇)
△10二七龍王成(10一〇)

766 :名無し名人:2008/12/31(水) 03:40:52 ID:f6xYcv8U
すみません、先手8人目の者です。
PCが故障したため、しばらく修理に出すので指せなくなります。
代わりに指していただける方、是非お願いします。

767 :名無し名人:2009/01/07(水) 14:37:52 ID:4hxFpSRc
>>748さんへ。
(仮称)「先手8人目代理」です。
「某所の掲示板」とは、どこの掲示板でしょうか?
そこで2009年1月7日時点で既に、対局中ですか?
http://taikyokushogi.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/tkbbs/light.cgi
の掲示板の先手8人目さんが、PCが故障して、大局将棋の対局が
止まっています。代わりに指す予定の方なら、早めに御連絡ください。
しばらく見ていますが、ここに発言や、上の対局版へ手の書き込みがな
ければ、私が先手8人目さんのPCがなおるまで、代わる事も
検討します。以上、誠にお手数ですがヨロシク。

768 :名無し名人:2009/01/24(土) 23:46:44 ID:chgiWBvh
古猿がこえーんだな。

769 :後手9人目:2009/01/24(土) 23:49:23 ID:Nl198Zyu
>>768
そろそろ先手さん打ってくれないかな、と思ってスレ覗いたらこれは

770 :名無し名人:2009/02/01(日) 00:23:47 ID:r/FVgzNl
大局将棋第三局、先手、230手をもちまして投了でございます。お疲れ様でした。

ところで

「千日手」「ステールメイト」はその気になればこのスレで結論出せそうな気もする
 千日手、ステールメイト規定はFLASHの修正が必須ではないので
 わりと気軽に決定したり変更したり出来るかと

 厳密なルールの再現を目指すかゲーム性を優先するかで違ってくるが
 延々議論するよりは一歩づつでも前進していきたい というわけで発議

  千日手…仕掛けた方が4回目で手を変えなければならない (中将棋方式)

  ステールメイト…手詰まりは負け (中将棋方式)

御意見如何

771 :名無し名人:2009/02/02(月) 12:13:27 ID:RsjXEZvu
千日手 同一局面4回の再現によって千日手が成立し千日手を
    成立させた側の負けとする
スティルメイト 負け

王手千日手成立条件
1.王 太子の一方のみが残っている。
2.連続王手である。
3.同一局面が4回現れる。
以上の3点を満たした場合王手をかけている側の負けとする。


王手千日手については他の将棋のルールをそのまま適用するわけにも
行かないだろうから早めにルールを決めたほうがいいだろうね。








772 :名無し名人:2009/02/02(月) 12:39:29 ID:RsjXEZvu
201-232手
▲14二五鎗兵(14二六)△9一三大将(18四)
▲14二六金翅(20三二)△10二〇飛鷲(15二〇)
▲9二九悪狼(8三〇)△10二六飛鷲成(10二〇)
▲3二四歩兵(3二五)△1一七大鷲(10二六)
▲10二九猛鷲(8三一)△1一九大鷲(1一七)
▲1一九鉤行(20二二)△1一九金翅(1一二)
▲1二五歩兵(1二六)△8二七火鬼成(33二)
▲1二四飛牛(4二七)△1二四飛将(1二一)
▲1二四歩兵(1二五)△10二九奔火(8二七)
▲10二九古猿(11三〇)△10二八龍王成(10一〇)
▲11三〇鶏飛(10三〇)△9二九飛鷲(10二八)
▲8三〇猫刄(7二九)△10一一角鷹(12一一)
▲20三五近王(19三五)△10二六角鷹成(10一一)
▲9二九猫刄(8三〇)△9二九大将(9一三)
▲7二九飛龍(9三一)△2二二大将(9二九)
▲9二八古猿(10二九)△9一三鳳師(19三)
▲投了

対局中に番号がずれたようですね。
対局者の方々、お疲れ様でした。


773 :名無し名人:2009/02/04(水) 00:45:38 ID:+HGGu13c
『大局将棋駒』に特別な記述がない限りは、
既存の類似した将棋から類推するのが原則でしょう。
ここでは中将棋の例に則るのが製作者の意思だと推定されると思います。

連続王手の千日手に関しても、
既に中将棋で玉将と太子が併存する場合は想定されているので問題ないかと思います。
双方が存在する場合、一方に効きを当てたとしても、
それはそもそも厳密な意味での「王手」には該当しませんので、
通常の千日手になると考えられます。

774 :名無し名人:2009/02/04(水) 22:09:03 ID:/eyIIXIx
チェスやってる時でも「ステールメイトで引き分け」となったら釈然としないんだよな
打つ手なしなら負けだろ!と思うし
だからステールメイトは負けに賛成

千日手が成立した場合は引き分けになるのか仕掛けた方が負けなのか
四回目は反則手扱いの負け…かなあ

775 :名無し名人:2009/02/06(金) 15:21:40 ID:yldg5nf8
早い話、この件は満場一致ってことね?

776 :名無し名人:2009/02/06(金) 16:17:07 ID:ikrvIB3m
>>775
千日手の成立条件を除けばね

777 :名無し名人:2009/02/11(水) 22:14:24 ID:jAetIUe3
???
完全に一致していると思うが

778 :名無し名人:2009/02/24(火) 06:30:35 ID:JdHBRZqL
名物スレ

779 :名無し名人:2009/03/05(木) 02:06:16 ID:btgIawxk
記念かきこ

780 :名無し名人:2009/03/12(木) 16:41:36 ID:8pjnTavR
記念に

781 :名無し名人:2009/03/14(土) 05:55:21 ID:uKHQe2Lt
将棋駒に「本横」の文字 徳島・川西遺跡
http://sankei.jp.msn.com/culture/shogi/090313/shg0903132139000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/photos/culture/shogi/090313/shg0903132139000-p1.htm

782 :名無し名人:2009/03/14(土) 10:27:47 ID:+2Bnb+2W
横に非常に強そうだな

783 :名無し名人:2009/03/14(土) 10:49:44 ID:Brg0jF7w
「古寺鳥」→「胡時鳥」の混乱を考えると「本横」は誤記で
「本黄」と書いて「まじ」と読む

784 :名無し名人:2009/03/14(土) 12:23:34 ID:Pj2lfji8
あー奔王のことかー

> わんやげた、木彫りのハスの花も出土
わんやげるってどういう意味かなって思った

785 :名無し名人:2009/03/14(土) 12:52:31 ID:8WNolcAg
13世紀の阿波で中将棋が指されてのは興味深いですね。
ここから中世の顕密体制論を展開させていくことも可能でしょう。

786 :名無し名人:2009/03/14(土) 18:33:34 ID:Ahko59rB
横に奔るで横行の別名という線はないのだろうか
と思ったけど思いっきり「本」だな

787 :名無し名人:2009/03/15(日) 17:56:12 ID:iFHZ4eqR
記録に残らなかった全く別系統の将棋とか

788 :名無し名人:2009/03/16(月) 23:55:27 ID:WApRx17n
どうせならルール不明の駒セット一式とか出土したら夢が膨らむよなあ

789 :名無し名人:2009/03/17(火) 06:58:13 ID:DOi01lMB
将来発掘されたときの大混乱を想像して今から手作りして埋めておこうかな

790 :名無し名人:2009/03/18(水) 01:43:53 ID:h8r1yaou
あげとく

791 :名無し名人:2009/03/19(木) 03:40:12 ID:vC5MtPxE
天麩羅凄いですね

792 :名無し名人:2009/03/19(木) 09:27:37 ID:YoKzu5Kh
初めて書き込みします。
千日手についてですが、双方連続王手の千日手の場合はどうするのでしょうか?

双方連続王手の例:

 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│___│___│___│___│___│___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│___│ (ア). │▽玉将│▽天狗│___│___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│___│___│___│___│___│___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │▽歩兵│___│___│▲歩兵│___│___│▽歩兵│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│▲鉤行│___│___│___│ (イ). │___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│___│___│___│___│___│___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│___│___│▲玉将│___│___│___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 │___│___│___│___│___│___│___│
 ┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼───┼
 
上の局面は▲鉤行によって後手玉に王手がかかっている状態。
よって、▽天狗を(ア)へ動かして王手を防ぐと、今度は▽天狗によって先手玉に王手がかかる。
この王手を防ぐために▲鉤行を(イ)へ動かすと、再び▲鉤行のよって王手がかかる。
次に▽天狗を元の位置に動かすとまた王手がかかり、▲鉤行を元に位置に戻すと
最初の局面に戻る。

793 :名無し名人:2009/03/20(金) 12:02:03 ID:AkXsTrPm
普通に考えると先に仕掛けた方が変えなきゃならんのじゃないかな
3回ずつ王手掛け合った所では何もなくて、先に4回目をかけたらそこで千日手で
同一局面の王手を4回出現させた方の反則負け、って流れだろう

でもこれは面白い例だな

794 :名無し名人:2009/03/21(土) 18:45:11 ID:vF/j4ppJ
途中で曲がれる駒ならではだな

795 :名無し名人:2009/03/21(土) 19:54:33 ID:PazHGdDZ
普通に天狗で鉤行を取ってしまえば、玉で天狗を取って天狗鉤行両方消えるんじゃないか?

796 :名無し名人:2009/03/21(土) 21:06:57 ID:RqwxrG7i
いや最善手がどうとかじゃなくてルール上の話だろ

797 :名無し名人:2009/03/21(土) 21:40:49 ID:CgKB/Qoy
双方連続王手の千日手に何かうらみでもあるんかな?

798 :名無し名人:2009/03/24(火) 19:22:22 ID:szudVlTu
テンプレが長いと聞いて>>8まで読んだ

799 :名無し名人:2009/03/31(火) 01:54:17 ID:Xwkc1C/k
次スレは第4局になってしまうのか?w

800 :名無し名人:2009/03/31(火) 02:10:28 ID:IsXQuyQG
ν速からき☆すた
一局指しましょう!

801 :名無し名人:2009/04/03(金) 20:12:29 ID:9Si6oSQ1 ?2BP(3334)

ν速で定期的に話題になるねw

802 :名無し名人:2009/04/03(金) 20:58:11 ID:i9XsjOUp
テンプレくそなげぇwww

803 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:02:01 ID:AqWV/Zn2
ニュー即からきましたwwwwww
おまいらテラキモスwwwwwwwww

804 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:04:53 ID:1Lnh/ubz
Javaスクリプトかなんかでポップアップ表示させればいいんじゃ

805 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:06:13 ID:+rICVC2n
ν速から来ますた、記念カキコ
テンプレすげぇ・・・

806 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:14:18 ID:henR945Z
びっぱぁさん達と同じ臭いを放つアフィ速民さん達ですか

807 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:18:09 ID:FyK0spma
ν速民ってvip臭漂ってんのな

808 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:34:02 ID:IzeaQ4wZ
記念カキ子なんてするなよ
恥ずかしい奴らだな

809 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:36:31 ID:BD/Ee/9e


810 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:38:30 ID:J7ouL2MK
当スレをご愛用のみなさま、我がνカス民がご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございませんでした。

811 :名無し名人:2009/04/03(金) 21:49:01 ID:mHnmRRPb
ν速の皆さん、ようつべに大局将棋の動画があるから見といてね
http://www.youtube.com/watch?v=GKALjjjbcI8

812 :名無し名人:2009/04/03(金) 22:43:19 ID:O0K84zXe
今のν速ってVIPと変わらんな

813 :名無し名人:2009/04/04(土) 02:51:08 ID:4xd2NtNm
こち亀で一度読んだことあるけど本当にあったのか。

814 :名無し名人:2009/04/04(土) 04:32:51 ID:5TdTt4Qc
>>1
> ・よくある質問
> Q.なんで2ch以外に無料スペース借りてテンプレサイトを作らないの?
> A.2ch専用ブラウザ使うと、駒の動き参照のレスがポップアップして便利だから。

したらばにテンプレスレ作っておけばいいのに
あそこなら専ブラ対応してんだろ

815 :名無し名人:2009/04/04(土) 04:43:19 ID:SRbyhtep
ν速から来ますた^ν^
藻前ら自重汁wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

816 :名無し名人:2009/04/04(土) 04:44:08 ID:GI9VGpdR
VIPで氏ね

817 :名無し名人:2009/04/04(土) 04:44:39 ID:na7rYLIX
ニューカス民が自分からニュー速からきましたとか書くわけないだろ
どうせVIPかラウンジの仕業だよ

818 :男根様 ◆CHINPOGEDU :2009/04/04(土) 04:46:55 ID:ydlXG+l2 ?2BP(6150)

>>814
したらば以外にも専ブラに対応してる掲示板はあるよな
ここのスレの住人はちょっとあれだなw

819 :名無し名人:2009/04/04(土) 04:49:09 ID:wm2/XT8S
崇高なν速民が訪問に来ましたよ

感謝しなさいよね

820 :名無し名人:2009/04/04(土) 07:44:34 ID:QqjMJ78p
      以上、ラウンコの馬鹿どもの仕業でした

    m n _∩                   ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)    /\___/ヽ       ( _⌒二⊃
     \ \   /''''''   '''''':::::::\     / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
        \ \|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|/  /
          \ .|   ´トェェェイ` .:::::::|  /    それが、ラウンコ精神
           \\  |,r-r-| .::::://     http://teri.2ch.net/entrance/
             \`ー`ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /

821 :名無し名人:2009/04/13(月) 01:55:41 ID:Vz0ajNzo
むむ!?
Wikiではいつの間にか駒の名前に振り仮名が振ってあるな。
まだ細かく見ていないけど、「鷲」の読み方は「じゅ」なのでは?

822 :名無し名人:2009/04/13(月) 10:19:28 ID:KMsUVriW
え、なんで?

823 :名無し名人:2009/04/13(月) 21:58:25 ID:Vz0ajNzo
「じゅ」が正しいと思います。

『大漢和辞典』他、様々な漢和辞典において「鷲」の音読みは
「シュウ」又は「ジュ」であるとなっていますし、
確かに現代の何かの資料で「飛鷲」を「ひじゅう」と表記していたものがあったような気がしますが、
『象棋六種之圖式』『古今将棊圖彙』『中將棋指南抄』といった古棋書では
悉く「ひじゅ」で統一されています。「じゅ」で間違いないと思います。

824 :名無し名人:2009/04/13(月) 23:11:35 ID:Vz0ajNzo
その他、取り敢えず一見した限りですが、

「歩兵」は将棋では「ふひょう」又は「ぶひょう」ですね。
古棋書では「ぶひょう」とするのが一般的のようですが、
現代の慣習では「ふひょう」なので難しいところです。

「龍馬」も将棋では「りゅうめ」が普通だと思います。

「牛車」も「ぎっしゃ」でないとは思っていましたが、
『古今将棊圖彙』に拠ると「ごしゃ」と読むようです。
「ごしゃ」とは「大乘を意味す。三車の一。」(『大漢和辞典』)で、
「大乗」は「理想に達するための大きな乗り物の意」(『大辞泉』)なので、
「ごしゃ」が正しいと思います。

他に気になったもの。
「鴟行」が「しこう」(『古今将棊圖彙』)
「風馬」が「ふうば」(同)
「隠狐」が「おんこ」(『古今将棊圖彙』『諸象戯圖式』)
「天馬」が「てんば」(同)
「狛犬」が「はくけん」(『象棋六種之圖式』。「はけん」とも)
「香象」が「きょうぞう」(同)
「金翅」が「こんじ」(同)
後は「帥」系を「すい」に。「猫叉」をどうするか、といった辺りですね。

ともあれ、出典が有るか無いかは明確にしておきたいです。

825 :名無し名人:2009/04/13(月) 23:20:30 ID:LcfsHlKM
泰将棋までの駒は「世界の将棋」に(怪しいけど)読みが載ってるから
それを参考にしてるんじゃないかい

でも大局将棋オンリーの駒にも付いてるな

826 :名無し名人:2009/04/14(火) 12:21:57 ID:PFYqLY1q
半角カナは機種依存文字なんじゃ…

827 :名無し名人:2009/04/14(火) 13:40:50 ID:WPuiZa82
【麒麟】です。
成ると【金翅】です。

成る前は【段厨】でした。

828 :名無し名人:2009/04/14(火) 22:56:39 ID:QZVUAAit
『世界の将棋』は参考文献の一覧を見ても
大将棋系列のものとしては他に情報源になりそうな資料は載っていないし
あまり根拠があるようには思えないけどなあ。

829 :名無し名人:2009/04/14(火) 23:10:17 ID:DSY9bZLl
>>824
つまり牛車じゃなくて午車ってこと?

830 :名無し名人:2009/04/14(火) 23:36:47 ID:32wk30UF
牛頭馬頭(ごずめず)みたいに牛の字をごって読むことはあるよ

831 :名無し名人:2009/04/15(水) 00:11:01 ID:UVaVv3xs
小牛田(こごた)という地名もありますね。

「牛車」であってます。
牛車(ごしゃ)は『日本国語大辞典』にも載っています。
『大辞泉』でも「三車」の項を引くと振り仮名付きで載っているようです。

832 :名無し名人:2009/04/16(木) 23:55:20 ID:aSa7XASK
牛頭天王とかな

まあ実際本将棋でも「角行」とか読み方知らんしな。
「香車」も「かしゃ」っていう人結構いるし。

でも「本横」とかの事例を見ると字面より発音の論理が優先されてるな。あら。

833 :名無し名人:2009/04/18(土) 15:05:18 ID:Q3R0djmQ
>「香車」も「かしゃ」っていう人結構いるし。
マジで?そんな呼び方する人は初めて聞いたぞ。

角行を読めないってのは、恐らく普段は略称の「角(かく)」って呼んでいるからだろうけど、
香車の略称は「香(きょう)」だし、それを音声で聞いたことがある人なら間違えないはず。
自他共に略称含めた正しい発音を聞いたことがなく、しかも同じ間違え方をしているってのは
多分特定の界隈だけの話なんじゃないかと思う。

834 :名無し名人:2009/04/18(土) 20:16:09 ID:PQb+j1iy
僕も子供の頃は「かしゃ」だと思ってた

835 :名無し名人:2009/04/18(土) 20:40:18 ID:Q3R0djmQ
・子供の頃にどうやって「かしゃ」と読むと思ったのか
・それを周囲の人に言ったことがある場合、どのような反応を受けたか
・どれくらいしてから誤りであることに気付いたか

覚えていたら教えてくれ。

836 :名無し名人:2009/04/18(土) 22:30:23 ID:PQb+j1iy
小学校の時に学校で将棋が流行ったことがあった
そのときに「香車」をなんて呼んでいいか分からずとっさに「かしゃ」って言った記憶がある
周りの反応は覚えてない
大学に入って再び将棋にはまったときに初めてこれって「きょうしゃ」って読むんだと知った

837 :名無し名人:2009/04/19(日) 00:38:58 ID:9WWwXB0P
俺のところでは香車の読み方は「やり」だったよ

838 :名無し名人:2009/04/19(日) 01:19:08 ID:5Ptw3is4
香車って本来は「こうしゃ」じゃないのか?
なんで「きょうしゃ」なんだろう
「きょうす」って言い方も時々あるけど
なんでこういう言い回しになったのか考えてみるとよくわからない

知ってたら教えてくだされ

839 :名無し名人:2009/04/19(日) 01:20:06 ID:HEuRflMd
なるほどね。つまり、
・駒の呼び方を聞いていないことから、将棋は直接大人から教わったものではないこと、
・流行っていたことから、恐らく駒の動かし方等基本的なことは知られているのに、
 駒の呼び方は伝わっていないという特殊な状況下にあったこと、
・「かしゃ」は自ら命名したものであること、
・大学に入るまで正しい名称を知らなかったことから、小学校の将棋仲間の間では
 その「かしゃ」が広まり、通称としての地位を占めていたこと、
・大学まで気付かなかったのは、一時将棋の興味が薄れていたからであること、
といった事実が認められると考えられ、

小学校の将棋仲間の間で「かしゃ」と読む人が結構いたとしても、
それはその集団で独自に命名した特殊な用語であり、
特定の界隈でのみ広く通用するようになったものである可能性が高い、
という結論が導かれるかと思われる。

840 :名無し名人:2009/04/19(日) 04:02:30 ID:jP4qyaJ0
>>833 香車の略称は「香(きょう)」だし、
歩が「ふ」と知ってても歩兵を「ふひょう」と読めない人は
ゴマンといることを考慮すると、あまり不思議とも思えない。

でも歩だけはフルネームで呼ばれることが異様に少ないな。なんでだろ。
#ふひょう→歩兵ってOffice IME2007では変換できない。




841 :名無し名人:2009/04/19(日) 09:35:12 ID:dd5XtFvR
王将は「ギョク」だけど「おうしょう」だしね

842 :名無し名人:2009/04/19(日) 22:22:59 ID:0nmPrBBe
>>839
君あたま大丈夫?

843 :名無し名人:2009/04/19(日) 22:57:45 ID:P/w9qy7q
>>842
急にどうした

844 :名無し名人:2009/04/19(日) 23:59:40 ID:HEuRflMd
>840
単に「ふひょう」と読めない人のことを言っているのなら、それは角行の例。
「ほへい」と読む人がいることを言っているのなら、実際のところ余り多くはないし、
そう読むのは一般的な国語に歩兵(ほへい)という言葉があるからであって、
「かしゃ」の例とは著しく事情を異にする。
「香車」という漢字だけを見て「かしゃ」と読む人ならともかく、
「きょう」という略称を知っていて、わざわざ「かしゃ」と読む人はかなり不思議だと思う。

>841
玉将と王将は別物。これはかなり有名なはず。

>842


845 :名無し名人:2009/04/20(月) 22:13:03 ID:36WPJ+zI
>837
香車のことを「やり」と呼ぶ人はそこそこいるね。
ただこれは直進方向のみ異様に射程が長いその性質から取った俗名だし、
漢字の読める年齢の人なら、これが香車の正しい読み方とは考えないだろう。

>838
香車が本来「こうしゃ」だったのかどうかは判らない。
ただ、小将棋の下段五種の駒は各々、
玉、金、銀、桂、香、という宝物に、
駒の働きを表した、将、馬、車、を組み合わせたものと考えられるから、
国語辞典等に載っている「香木を用いて作った車(『広辞苑』)」としての
香車(こうしゃ)とは起源が異なっているとは言えるだろう。

「きょうす」と呼ぶ人もそこそこいるけど、
「し」を「す」と発音する方言もあり、
これは単に「きょうしゃ」が訛っただけと思われる。

846 :名無し名人:2009/04/23(木) 06:22:53 ID:jjopWgWM
> 玉、金、銀、桂、香、という宝物に、
> 駒の働きを表した、将、馬、車、を組み合わせたものと考えられるから、

ええ〜! ワンさん、キンさん、マーさんじゃないんですか?
中国由来のゲームだけに、名札を付けた将兵が戦ってるのを模ったんじゃなかったんですか〜っ?

847 :名無し名人:2009/04/23(木) 12:59:26 ID:HB+xvadW
ちょ、イミフwwてかマーさん?

848 :名無し名人:2009/04/24(金) 00:53:39 ID:JgeyFGX8
国境を越えると潜入工作のために苗字をキムさんにするんだな。
あっちもこっちもキムさんだらけ、と。

849 :名無し名人:2009/04/29(水) 14:50:23 ID:vb1dzggx
読み訂正乙

850 :名無し名人:2009/04/29(水) 19:05:09 ID:P7tddCyS
とりあえず玉(皇帝)と王は別物だ

851 :名無し名人:2009/05/07(木) 12:53:12 ID:hebf+YFY
天皇と皇太子と王が違うのは常識。
そして親王は王よりも上。
ということはまさか、近王は王将よりも上なのか!?

852 :名無し名人:2009/05/07(木) 15:45:19 ID:6LgidZwZ
「龍王」とはサンスクリット語「ナーガ・ラージャ」に由来
誤解されがちだが「龍族の王者」ではなく「その『地域』のヘビのヌシ」のこと
したがって縦横無尽に飛び回るような性質は元々は持っていない

同様に、「王」は「『地域』のヌシ」であると言える
あんまり動けないのもそういう事情からかもしれん

853 :名無し名人:2009/05/10(日) 19:54:23 ID:SDyi9FfG
ヌー速からきますた
これってハチワンダイブ出来るん?

854 :名無し名人:2009/05/11(月) 01:27:47 ID:c6ixkdwx
テンプレが長いことで有名だけど、ほとんど指してる人いないだろw

855 :名無し名人:2009/05/12(火) 19:53:56 ID:1/7bKJ5a
ここで教えられて来ました。テンプレが長すぎてワロタw
テイルズオブジアビス -TALES OF THE ABYSS- Part48
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1240817027/250
250 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/05/12(火) 17:22:53 ID:rkQiGiHe
テンプレが長いスレってのは、こういうのだ。
大局将棋を指しましょう5{第2局第2譜}
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1163033955/

856 :名無し名人:2009/05/12(火) 19:54:51 ID:dg9A0p/G
駒の格
玉将>太子>近王>王将

857 :名無し名人:2009/05/13(水) 00:14:40 ID:rBHiH+TP
中将棋は刺してる人いたけどなくなってるね...

858 :名無し名人:2009/05/14(木) 11:56:44 ID:MH1nnIlX
創作将棋スレもあって参加したことがあったが、今は無いようだ。

859 :名無し名人:2009/05/14(木) 21:22:33 ID:N5qm20Mi
創作将棋のゲームバランスってどうやって調整するんだろう

860 :名無し名人:2009/05/17(日) 01:34:19 ID:I7HzjOER
それは将棋だから特別ということでもなかろう。
基本的には脳内で論理と感覚に基づいて構築し、
あとは実験しながら調整していく、といったところだろう。

861 :名無し名人:2009/05/19(火) 22:51:55 ID:qzTRFxl4
まるでそんなこと考えられたこともなかった将棋を
実際に指してるのがこのスレなのですよ

862 :名無し名人:2009/05/20(水) 04:25:15 ID:6yvbYMOZ
大局将棋だって実は作られてからまだ十局ぐらいしか終局まで指されてなかったりして
その意味では>>860のプロセスで言うと実験に差し掛かったところか

863 :名無し名人:2009/05/23(土) 23:58:33 ID:4gXL9Wdt
まだルールさえ議論の余地がある部分がゴロゴロあるからなあ。資料紛失も痛い。

864 :名無し名人:2009/05/24(日) 16:32:42 ID:ItquNTpe
資料は消えるは盤駒はオークションに掛けられるは・・・
世界的にも特殊で最大規模のボードゲームなんだから、
もうちょっと保護なり研究なりして欲しいものだ。

865 :名無し名人:2009/05/24(日) 22:00:08 ID:i2sE6pHE
紛失といっても消失したわけではないんだよな、多分……。
どうにかすることはできないものだろうか。

866 :名無し名人:2009/05/26(火) 19:18:20 ID:dNL1IsBP
もし未だにまったく見つかっていないようなら、再発見の見込みは低いと言わざるを得ない

867 :名無し名人:2009/05/26(火) 22:47:39 ID:r056PrRd
見付かるも何も探してないんじゃないか?
多分他の多くの元将棋博物館展示資料と共にどこかに山積で放置しているんだろ。
正常な人に管理整頓させれば見付かるだろう。

868 :名無し名人:2009/05/26(火) 23:22:49 ID:dNL1IsBP
見込みが低いというのは関係者の意欲も込みの話
やる気ない状態だとそのうちゴミに紛れて捨てられかねない

869 :名無し名人:2009/05/26(火) 23:24:41 ID:kkw7PSY/
近世史料の保存管理なんてそんなもんさ。あまりに量が膨大だからな。
こんな満足に研究者もいないような領域じゃ史料整理も当分先。

将棋指という身分を研究する歴史研究者が現れたら大橋家文書も注目されるかも。

870 :名無し名人:2009/06/01(月) 18:50:50 ID:vCnrbjpL
どういう状況を想定してごみに紛れて捨てられるとか言い出したんだろう

871 :名無し名人:2009/06/01(月) 21:33:43 ID:hBmvepUa
保管場所が足りなくなれば重要度の低い資料が処分されるのは珍しいことではない
捨てはしないだろうが古物商やりオークションに流されて散逸する可能性はある

872 :名無し名人:2009/06/01(月) 22:30:50 ID:zzLgapt9
古本屋はよくあるルートだな。
ただ、一応は博物館(といっていいのかな?)にあった資料がそうやって処分されたら
何か釈然としないな。

873 :名無し名人:2009/06/02(火) 00:14:25 ID:rzyAUqwU
というより、そういうことにはならないだろう。
大商大もいるわけだし、誰かしら有志に丸投げして>>867の状態になると思われる。
勿論いつのことになるかわからないし、或いはそのまま放置もあり得るが。

874 :名無し名人:2009/06/02(火) 22:54:06 ID:3lX0pR/w
そのまま放置が濃厚だと思うよ。

そんなに気になるなら自分で頭下げて手続き踏んで見せてもらったらいいよ。

875 :名無し名人:2009/06/02(火) 23:58:32 ID:rzyAUqwU
いや保存と管理の話をしているのだが。

876 :名無し名人:2009/06/04(木) 01:04:24 ID:ELIaYK9I
誰も見ないもの保存管理する必要あるのか?

877 :名無し名人:2009/06/04(木) 05:11:57 ID:JZTKeZYE
その考えは文化を凋落させる危険な思考だよ

878 :名無し名人:2009/06/05(金) 02:16:29 ID:Yu7zXag0
現時点では圧倒的多数に認知されているもの(経年抗力の過大評価)
現時点では圧倒的少数にしか需要のないもの(知的価値の過小評価)
積極的に保存しなきゃならないのはこの二つだよね。

879 :名無し名人:2009/06/06(土) 00:22:06 ID:A9ESMqV5
大橋家文書の整理を科研に通すためには何をアピールすべきか?

880 :名無し名人:2009/06/10(水) 21:14:33 ID:IUd2zJKo
dat防ぎ

881 :名無し名人:2009/06/11(木) 21:25:53 ID:UXxX6JfY
>>60
マジ震えてきやがった…我々は井の中のケロちゃんだったのか…
テンプラ張り終えるのに14時間とかwww

882 :名無し名人:2009/06/11(木) 21:28:48 ID:Ie6rUZmM
>>881は我々が回収します、ご迷惑かけてすみませんでした

883 :名無し名人:2009/06/11(木) 21:30:08 ID:fu6M21it
すんません、>>881さんは我々のスレの誤爆です

大局将棋って資料紛失とかしているのかぁ

884 :名無し名人:2009/06/12(金) 21:18:24 ID:axdsj6tX
第四局は次スレに入ってからだ、と皆暗黙の了解で待ってはいるが
憂鬱な次スレの季節が近付いているのでまったりムード

とはいうものの今479KBだし用意だけしておくか

大局将棋を指しましょう6{第4局第1譜}
・ステールメイトは動けない側の負け、千日手は四回目で仕掛側の反則負け規定の追加
・>136の反映
・1-42,44(一行目カット)-45(要リンク先確認),46-85(すべて要リンク先確認)
・ノーミスなら85で「説明完了、さあ指すぞ」
・対戦中ではない為、次スレは珍しく棋譜の分テンプレが少なくて済む(ワーイ)
・150-250あたりを数レスに纏められたら追加?

今回は100以下だから四時間くらいで張り終わるはず
あとは勇者待ちってことで

885 :名無し名人:2009/06/13(土) 16:28:16 ID:qS3UC4PH
そのまえにやっぱりルールに関する議論スレッド立てたほうがいいと思うな。
大局将棋を指しましょう5.5{第3.5局議論中} みたいな。

決着が着くのか、という疑問はあるが…

886 :名無し名人:2009/06/13(土) 17:43:53 ID:0rGWCdZ3
このスレから議論を抜いたらテンプレと乙と棋譜と観光客のレスだけになってしまうぞ

887 :名無し名人:2009/06/13(土) 18:52:55 ID:DvsTfSlw
忘れられてるかもしれないのでまとめWikiのURL
http://www32.atwiki.jp/taikyoku-syougi/

Wikiでは今の時点で棋譜まで含めてテンプレ扱いになってるが、
さすがに棋譜は削除か?
むしろテンプレをどこまで維持するかが問題だな。

テンプレをいじりたい人は今の内にWikiの方を編集しといてください。

888 :名無し名人:2009/06/13(土) 19:38:59 ID:MbMGeVlJ
24時間以上かけてみんながテンプレを貼っていた頃と比べれば随分と洗練されたんだな。

889 :名無し名人:2009/06/13(土) 21:40:04 ID:0rGWCdZ3
>>887
対局中にスレを跨ぐ場合、棋譜はテンプレ扱い
そして今現在は対局が行われていない ってごちゃごちゃ言ってるとサイズオーバーでこのスレ落ちるぞ

890 :名無し名人:2009/06/13(土) 22:01:32 ID:slKB3gpX
現在のwikiだとどこまでが一つのレスに入るのかよく判らないな。
ずれるとアンカーにも影響するし、区切り線を入れた方が良いか?
テンプレ貼るときはこの線を入れないようにして。

あと、議論中というのはどうすベか?

891 :885:2009/06/14(日) 00:12:29 ID:vayMif6y
いつまでも今行われている対局と正しい(?)ルールは別に考えて…

なんてことやってると正しい結論でないぞ。
あと、棋譜は>889に賛同。

892 :名無し名人:2009/06/14(日) 00:15:16 ID:g0hRjk8t
ところでwikiでは大将系の走を「捕獲」と表現しているようですが、
これは違うのはないでしょうか。
『世界の将棋』では単に駒を取ることを捕獲と表現していただけだったと思いますよ。

893 :名無し名人:2009/06/14(日) 00:58:42 ID:g0hRjk8t
>891
どういう理屈ですか?
現状、分離することに利点があるようには思えませんが。

棋譜は、迷いますね。
個人的には記念すべき第一局目の棋譜くらいはあった方が
大凡の雰囲気が摑めて良いように思いますが。

894 :名無し名人:2009/06/14(日) 16:45:27 ID:g0hRjk8t
しまった。wikiで水平線とコメントを使って区切り線とレス番号を付そうかと思いましたが、
AAを表示するためにこれらの機能は無効にしているんですね。
区切り線毎に一々解除するのも億劫ですし、どうしましょうか?

そもそも区切り線の類は要りますか?

895 :885:2009/06/15(月) 18:57:52 ID:sFthv7L+
>893
確かに多少横暴と言えば横暴な論理かもしれないですね。
でも過去スレを見たところ現在の対局と正式なルールは別にして云々的なやりとりに
レスを消費していた気がしたんでそういう無駄を省いたら
もっと議論が円滑に行くのでは、と思っただけで…
なんか的外れな意見だったとしたら無視してくれていいです。

896 :名無し名人:2009/06/16(火) 12:37:11 ID:7edi4rzT
それはとうの昔に解決してるべさ。

897 :テスト:2009/06/17(水) 15:39:56 ID:2HZmNETy
  地龍     雨龍        鳩盤
  ◯              \ ◯ /
 ◯◯◯     ◯◯◯      \◯/
  ▲   ⇒ ──▲──    ◯◯▲◯◯ ⇒   X
 /◯\     /│\      /◯\
/   \   / │ \    / ◯ \

  奔鬼     奔王        走馬     奔鬼
\ ◯ /   \ │ /    \ │ /   \ ◯ /
 \5/     \│/      \│/     \5/
──▲── ⇒ ──▲──      ▲   ⇒ ──▲──
 /5\     /│\       ◯      /5\
/ ◯ \   / │ \    X   X   / ◯ \

  獣曹     獣吏        山鷲(右)  飛鷲
◯ ◯ ◯   ◯ ◯ ◯    \ │ X   X │ X  中将棋などの飛鷲とは
 ◯◯◯     333      \│/     \│/   動きが違う?
◯◯▲◯◯ ⇒ ◯◯▲◯◯    ──▲── ⇒ ──▲──
 ◯ ◯     3 3      ◯│\     /│\
◯ ◯ ◯   ◯   ◯    ◯ │ X   / │ \

    天狗
\   /     角の動きを2回出来る。
 \ / \ /  ただし2回の動きで駒を2個取る事は出来ない。
  X   X   駒を取ったらそこで止まる。
 / \ / \
    ▲      ⇒ X
 \ / \ /
  X   X
 / \ / \
/   \

898 :名無し名人:2009/06/17(水) 17:59:15 ID:2HZmNETy
修正したい漢字はありますか?

899 :885:2009/06/18(木) 20:55:29 ID:0OI1fRW6
すいません。そうですね。

下手にROMが口出すと碌なことにならない、と学習しました。

900 :名無し名人:2009/06/19(金) 16:39:08 ID:dVw6+l9f
とりあえず>>334の古G、夜叉までを反映させて整理したんだけど、
猫叉はどうする?
あと>>897は、ずれてるかどうか知りたい。ずれてなければ俺が建ててみる。

901 :名無し名人:2009/06/19(金) 17:45:57 ID:SID8pVkG
かなりずれてると思う

902 :名無し名人:2009/06/19(金) 18:44:32 ID:dVw6+l9f
そっか。じゃ別の人よろしく。

903 :確認:2009/06/19(金) 23:53:03 ID:MtYCXMSb
  地龍      雨龍      鳩盤
    ○                  \  ○  /
  ○○○      ○○○      \○/
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒×
  /○\      /│\      /○\
/      \  /  │  \  /  ○  \

904 :名無し名人:2009/06/20(土) 00:00:19 ID:5lfAby6E
wikiのもので問題なさそうですね。

905 :名無し名人:2009/06/20(土) 03:36:58 ID:oaSkqgmM
二行目と四行目がずれてる

906 :名無し名人:2009/06/20(土) 16:03:40 ID:5lfAby6E
そうなんですか?
Sleipnirでは>903が正確なんですが。

907 :名無し名人:2009/06/20(土) 16:50:37 ID:+Vo53RK/
自分の環境でもずれてないように見えるけど、ここら辺はフォントによっても変わるからなあ。

908 :名無し名人:2009/06/20(土) 20:26:53 ID:5lfAby6E
取り敢えずwikiのテンプレその1からその7まで、区切り線を入れてアンカーを修正しました。
構成としてはこのような感じで宜しいでしょうか?
ずれてしまう人がいるのは如何ともし難いですが、他に何か問題はありますか?

909 :名無し名人:2009/06/20(土) 23:04:58 ID:rGr2Z9f/
ずれて見えるって奴はAAサロン板のローカルルールでも見て
ブラウザのフォント設定してこい

910 :名無し名人:2009/06/21(日) 16:22:08 ID:tXhJmfnO
俺の環境では>>903で問題なし。

それより次スレのスレタイは
大局将棋を指しましょう6{第4局第1譜}
でいいのか?
現在のスレの間に3局目が始まって終わったことを考えると、
{第4局第1譜}はもう無いほうがいいんじゃないだろうか?

911 :名無し名人:2009/06/21(日) 17:14:40 ID:Ip7bt+AO
大局将棋を指しましょう6だけだと少々味気ない気はします。
数年後の人達が閲覧しようと思ったときに、
そのスレが大体何局目なのか一見して判るという点でもあると便利です。

次スレで第四局が始まらなかったら問題ですが。

912 :名無し名人:2009/06/21(日) 18:31:24 ID:Ip7bt+AO
猫叉の件ですが、『象棊纂圖部類抄』の表記では箇所によっては
「猫又」にも見えます。夜叉と比較しつつ、ご確認ください。

ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14149.jpg
大将棋即ち最初の猫又。点は始筆の打ち込みであって、
「又」と書いているように見える。
ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14150.jpg
大大将棋の猫又と夜叉。夜叉の点の方が明らかに長く大きい。

ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14151.jpg
しかし、大大将棋の成駒では夜叉も点が小さく書かれ、
ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14152.jpg
ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14153.jpg
ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14154.jpg
ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date113426.jpg
ttp://sakurachan.dip.jp/up/src/up14155.jpg
摩訶大大将棋以降は明らかに「猫叉」と表記されるようになる。

これをどう解釈するかですね。
『象棊纂圖部類抄』も既に写本的存在なので書写の正確性の問題もありますが、
一応将棋の時系列的に古い大将棋や大大将棋の項目に記載されている
「猫又」の方を正当とするという考え方はありだと思います。
どうでしょうか?


913 :名無し名人:2009/06/21(日) 23:36:19 ID:tXhJmfnO
ちょっと調べてみた限りでは、いわゆる妖怪の「ねこまた」は
「猫又」または「猫股」という表記で、「猫叉」とは書かないようです。

「また」で「叉」は変換できますが、手持ちの漢和辞典ではこの読み方はありません。
しかし「叉」の字義には「はさむ」「股をもつもの」とあるので、
「猫叉」という表記が「ねこまた」を意味しないとは言い切れない感もあります。

ですが「夜叉」や「古時鳥」といった誤表記の流れを考えると、
本来の「猫又」から「猫叉」、「猫刄」へと誤記されていったと
考えるのが一番自然な気がします。
何より「猫叉(みょうしゃ)」自体が(「ねこまた」でないなら)
意味不明の単語なので、私は「猫又」に賛成です。

914 :名無し名人:2009/06/22(月) 02:12:26 ID:/C4iYP6R
『新字源』によると「叉」も「また」と読むようです。
中世では同じ読みの漢字を充てることも少なからず見受けられます。
現に「猫又」の「又」の字は意味不明で、既に「猫股」が変化したものと考えられます。

しかし、やはり「猫又」の表記の方が一般的であったと考えられる上、
資料上にも一応の根拠があるとなると、
現段階では「猫又」を採用すべきではないかと思います。

因みに、「銀兎」は「銀鬼」などと表記されることもありますが、
『象棊纂圖部類抄』の、特に最後の「大将棊畧頌」を見る限り、
「銀菟」が正しいようです。まあ特に変更の必要まではないかと思いますが。


915 :名無し名人:2009/06/22(月) 16:49:19 ID:BPgIezQo
つうわけで次建てる人は猫又でGo

916 :名無し名人:2009/06/27(土) 01:42:04 ID:JSTX3RLb
次あるのか('A`)

917 :名無し名人:2009/06/27(土) 16:11:25 ID:2qwFmHYr
あるだろ。前局が終了してからもう五ヶ月になる。
そろそろ第四局が始まってもいい頃。

918 :名無し名人:2009/06/27(土) 17:05:43 ID:OihaHCD9
今更だが駒の格に「王将」は加えなくても良いのだろうか。
というより、暗黙の了解で玉将太子と同格だと皆さん考えてますよね、きっと。

919 :名無し名人:2009/06/27(土) 21:41:28 ID:TOKTkWlG
Flashに盤面反転機能があるといいな。

920 :名無し名人:2009/06/27(土) 23:35:39 ID:OihaHCD9
王将はやはりFlashだと玉将太子と同格に扱われているらしいな。

921 :名無し名人:2009/07/01(水) 14:16:34 ID:vldHhSbg
たいした手間でもないんだから、悩むことなく、
玉将(王将)、太子 ッて書き換えなよ。

922 :名無し名人:2009/07/04(土) 22:49:29 ID:GZxuagVw
手間の問題じゃないだろ、と。

とはいえ、反対説もないのに議論中とするのも何か違う気がする。
さてどうするか。
括弧書きで「(王将も含むと解される。)」のようにすべきだろうか……?

923 :名無し名人:2009/07/11(土) 19:12:17 ID:Ob8mSGL0
ところで、『世界の将棋』が常に手元にあるという方はいますか?

924 :名無し名人:2009/07/12(日) 00:18:24 ID:2Caf3Cxn
持ってるよー

925 :名無し名人:2009/07/12(日) 01:17:26 ID:+stRtsXf
おお、おられましたか。実に頼もしい。
早速ですが、お尋ねします。
『世界の将棋』では王将について何か特別な記述はありますか?

926 :名無し名人:2009/07/12(日) 03:09:35 ID:2Caf3Cxn
特に何もないね
太子は成ると王将としか書いてなくて、動きも独立して載ってるわけでもない

927 :名無し名人:2009/07/12(日) 04:01:17 ID:+stRtsXf
なんと、動き自体載っていないんですか。
そうなると逆に、別の駒としての意識すらない可能性が出てきますね。
大局将棋で王将の単語が用いられている箇所はその一箇所だけですか?

928 :名無し名人:2009/07/13(月) 03:01:38 ID:MSVW1ULk
『世界の将棋』で天竺大将棋の大将系が途中の駒全てを取れるとした根拠は何だろう。
確か参考文献の欄を見てもめぼしい資料はなかったように記憶しているが……。

929 :名無し名人:2009/07/18(土) 01:45:26 ID:5OUc8unX
ところで『世界の将棋』に白溝戯は載っていましたっけ?

930 :名無し名人:2009/07/20(月) 00:03:53 ID:ZIEwHjdU
もうじき八月だし自力で調べようぜ
その方が早いって

931 :名無し名人:2009/07/21(火) 20:41:26 ID:FIf7tvV5
現在492kB

932 :名無し名人:2009/07/24(金) 01:56:23 ID:7w3wJ7rb
>>928
確かに。
少なくとも法政出版シリーズの『将棋』に載ってる「象戯図式」の記述を
見る限りでは「間に駒があっても飛び越していける」という程度までしか
読み取れないね。

そもそも駒の「格」ってのの出典はなに?

933 :名無し名人:2009/07/24(金) 23:56:42 ID:psGMwQIE
一応『諸象戯圖式』に、
大将「如奔王將主客駒飛越敵將類恐ル」
副将「如角將亦如王三度歩敵將類不越之無路止ル」
とあり、「敵將類恐ル」「敵將類不越之」という文言から
「将」の格を持つ駒は飛越の対象とならないとまでは読めるかも知れません。

ただ、格同士の序列には触れていませんし、
況して途中の駒を全て取るなどという記述は影も形も見当たりませんね。
典拠が気になります。

934 :名無し名人:2009/07/26(日) 22:30:27 ID:APD0Jauw
「世界の将棋」の参考文献みる限り一次資料は
「象戯六種之図式」と「大局将棋駒」くらいしか使ってないようだね。

他に書籍やら雑誌やらで紹介された史料ってあるのかな?

493 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)