5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■○創作関連質問&相談スレ 59○■

1 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 15:03:47 ID:???
・「こんな設定の小説書きたいんですけどどうですか?」から
 「この漫画(/小説/映像作品/ゲーム)の設定は正しいのですか?」まで、
 とにかく創作&妄想に関する質問はこちらで。

・ミリタリーもの以外の既存の漫画、小説、ゲーム等の作中における
 軍事関連の描写についての質問もOKです。

・質問者の人は、最初の質問の時に考えている設定を書いて下さい。
 世界観、設定の出し惜しみは適切な回答が得られる可能性を遠ざけます。

・極端に軍事常識から外れたSF兵器、魔法兵器、人型兵器などはそれぞれの該当板へ。

・創作関連以外の質問はこちらへ(回転が早いので質問しようと思った時には次スレに移行している可能性があります)
 ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 641(2010.7/8現在)
  http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1278518004/
・ジョーク系の質問はこちらへ
 ●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 55(2010.6/6現在)
  http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1274016726/
・その他
 創作文芸板
  http://love6.2ch.net/bun/
 ライトノベル板
  http://love6.2ch.net/magazin/

・次スレは950を踏まれた方が立ててください。
 950がダメだったら960、960がダメだったら970の方、お願いします。

・質問者はIDを出してください(メール欄無記入で書き込み)

・前スレ
 ■○創作関連質問&相談スレ 58○■
  http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1275831442/

2 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 15:04:33 ID:???
・設定の後出しジャンケンはご遠慮願います。

・質問が的確でない場合、回答が正確であっても結果が間違っているという事態が生じます.
 初心者の皆さんも注意しましょう。

 以下、実話。

 さいとうたかを「今度新しい劇画描くんだけどさ,いま一番かっこいいライフルって何かな?」
 たかをの知り合いの軍オタ「う〜ん,今だったらM16かなぁ?  一応最新鋭だし」
 たかを「ふ〜ん.よく分かんないけどそれにしとくわ」
  ↓
 ゴルゴ13発表
 知り合いの軍オタ「狙撃銃だなんて聞いてねーぞ!」


*テンプレは以上です。

3 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 15:46:32 ID:???
スレ立て乙

4 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 18:59:28 ID:Xmm70ozM
何故漫画家の手塚治氏は、軍事考証・科学考証・未来技術考証が下手なんですか?

時代設定が21世紀で、無人兵器が活躍する時代であるにも関わらず、
戦車のデザインが戦後第一世代そのままだし、GIの装備が朝鮮戦争の国連軍みたいな貧相で時代遅れなもので、
とてもありえません。

しかも、このような糞漫画が日本で未だに高く評価されているのも理解できません。

5 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:09:02 ID:???
>>4
手塚治虫の売りは正確な軍事考証・科学考証・未来技術考証じゃなくて、
それらしい軍事描写・科学描写・未来技術描写を見せる事だから。
手塚治虫は軍事や科学や技術の専門家じゃないし。

6 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:10:06 ID:Xmm70ozM
>>5
全然それらくしないじゃん

漫画を中学生の時に初めて読んだが、デカイ真空管を積んだロボットに絶句したぞ

7 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:12:59 ID:???
3世代先の戦車なんて専門家にも描けないぞ

8 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:15:53 ID:???
>>6
書かれた時代が古いから。漫画家とかいっても想像には限界がある。
昔のアニメでも未来の人型兵器が空をとんで戦うくせに、護衛の艦艇は
boxランチャーしか装備してない場合もある。
さらにいうと、アルカディア号の炊飯はIHですらなくガス炊飯だったりする。

9 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:22:37 ID:???
松本零士はまずあの大量すぎるアナログメーター群と
流体力学に喧嘩売りすぎなぼこぼこシルエットに突っ込むべきだと思うんだ。

10 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:27:36 ID:???
>>4
未来予想はとても難しい なぜなら予想の材料はあくまで今あるものでしかないから
予想とはあくまで今ある現状を発展させたものでしか無い
例えば携帯電話やインターネットの登場はほとんどの人間が予想してなかった

試しに聞いてみるが、お前は100年後の軍隊がどうなってるのか想像出来るか?



11 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:35:37 ID:???
>>4>>6
今のゆとり世代にはわからんかもしれないが
手塚治氏が存命して描かれていた当時の「未来像」って本気であんなもんだし
あれでも随分と綿密に未来世界を描写している

そこら辺は海外の作品でもまったく同じ
映画「2001年宇宙の旅」なんかみてみろ
設定の古さが目立ってそりゃもう酷いもんだ
2000年代入ってるのに宇宙船がデジタル化もグラスディスプレイ化もされておらず
アナログな機器で操縦されておる
それが1968年の映画なんだぜ

しかも、それが当時の考えうる「最先端の未来世界」だったわけで


現代の漫画や映画で描かれてる「未来世界」も、その描かれてる時代に実際になったら
お前さんと同じような受け取り方をされるのは確実だろうね



12 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:37:29 ID:???
二つで十分ですよ。

13 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:39:23 ID:???
逆に言えば、真空管の時代はとうに過ぎ去り
高密度集積回路や液晶画面や大容量HDDや光回線通信の時代になったと言うのに


手塚治虫が描いたような未来世界に登場するものは何一つ未だに実現できて無いんだよな

14 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:44:52 ID:???
そういや2001年宇宙の旅に登場するスーパーコンピュータHAL 9000は
現実世界では本人が出来上がっていないのに設定上の彼の誕生日が来て、祝われてしまった
という面白エピソードがあるな

15 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:48:34 ID:???
技術の発展によってはハリーポッターみたいな魔法物語が
いちばん正確な未来予想図になるかもしれん

「高度に発達した魔法は科学と見分けがつかない」って格言もあるくらいだし

16 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:17:06 ID:???
>>15
逆だ逆

17 :4:2010/07/08(木) 20:18:11 ID:Xmm70ozM
>>8
その漫画家の能力が低かっただけじゃん。

>昔のアニメでも未来の人型兵器が空をとんで戦うくせに、護衛の艦艇は
>boxランチャーしか装備してない場合もある。
>さらにいうと、アルカディア号の炊飯はIHですらなくガス炊飯だったりする。

その漫画家やアニメーターも同様に能力が低い。
松本なんとかも軍事考証・科学考証・未来技術考証が下手。

>>10
>試しに聞いてみるが、お前は100年後の軍隊がどうなってるのか想像出来るか?

100年後も戦車と呼ばれる戦車は存在し、装軌式車両だが、
キャタピラが現在の金属製の物から、炭素複合材料で出来た非金属製の物に取って替わられている。

GIは、対可視光線ステルス性その他を有した、いわゆる透明人間になれる全身スーツを着用している。

>>11
それはそいつらの能力が低いからなの。

俺は、現在の未来予測をしている漫画や映画など信じてない。

18 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:19:35 ID:???
なんだ。荒らしか。

19 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:20:50 ID:???
>10
確かに携帯電話は昔から見ると完全なチートアイテムだな
昔の小説の筋が成り立たなくなる位にチートアイテムだ

まーあれだ、自分の人生どうなるかをガキの頃に見通せる奴がまずいないのと同じで
未来がどうなってるのかなんて簡単に判る訳ないってことだわな
そこをいかにその時点で「それらしく」描くかが創作の腕の見せどころで
後の世の人間がそれを馬鹿にするのは筋違いも良いところ
「こうすればあの戦争に勝てたんだ!」と言うのと同じくらい不毛

20 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:22:24 ID:???
>>15
科学技術の発達した現代を生きていると思ったら
ハーマイオニーたんが隠れて働いていてくれたのか

21 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:26:24 ID:???
>>10
電話が存在していた時代でも
「個人が持ち運べる電話」を考えついたやつが少ないってのは面白いよな

22 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:30:02 ID:???
>>21
一応ありはしたよ。

「電話」ではないけど、バッヂ型や腕時計型の通信機ってのは
SF、それもビジュアルもののお約束みたいなもんだし。

ただ、「完全な個人用途の個人用通信装置」というニーズがある、ということが
思いつかなかったわけだわな。

23 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:30:14 ID:???
100年後の戦車が、履帯の材質以外は今と変わらないとしたら、そっちが
よほどびっくりだ。戦車が誕生してからまだ100年経たないのに。
4は機関銃に向けて歩兵が突撃したり菱形戦車が初めて登場した時代に生まれて、
現代のC4IやMBTやベトロニクスを想像できるのかな。

24 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:31:00 ID:???
その昔、地下鉄電話という悪戯を考えた奴がいてだな……

25 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:32:31 ID:???
SFジャンルで有名なところだと「月着陸やテレビジョンを未来技術として
描いたSFはいっぱいあるが、月着陸がTVで世界中に中継されるのを予想した
作品は全然ない」って話もあるなあ。


26 :4:2010/07/08(木) 20:33:37 ID:Xmm70ozM
>>23
戦車の他の部分に関してはまだ何も言ってないが?

俺が、「100年後の戦車が、履帯の材質以外は今と変わらない。」などと発言していると思い込んでいるのなら相当お花畑だよw

27 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:34:01 ID:???
GIは、>対可視光線ステルス性その他を有した、いわゆる透明人間になれる全身スーツを着用している。

こんなもんそこらのアニメやゲームで嫌ってくらいでてるじゃないか
人の創造力にケチつけておきながらなんて陳腐なんだ

28 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:34:59 ID:???
>>17
>キャタピラが現在の金属製の物から、炭素複合材料で出来た非金属製の物に取って替わられている。

>GIは、対可視光線ステルス性その他を有した、いわゆる透明人間になれる全身スーツを着用している。
20年前のSF小説や映画で散々既出のネタじゃん
そかも20年後の現代には実現できているだろう想定で書かれてた程度の

29 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:38:21 ID:???
>>28
というかここ20年ほどはSFの未来像ってビジュアル面以外は進歩して無いよな
どの作品もほぼ同じものしか登場しない

30 :4:2010/07/08(木) 20:39:34 ID:Xmm70ozM
>>28
どの作品?
俺SF小説や映画はほとんど観ないからそんなの知らない。

31 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:42:21 ID:???
>>30
小説や映画がわからんというなら、日本国内の漫画作品だと士郎正宗の「アップルシード」や「攻殻機動隊」だな

32 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:42:43 ID:???
じゃあ手塚みたいなクソ漫画も読むなよ

33 :4:2010/07/08(木) 20:45:46 ID:Xmm70ozM
>>27
出来もしない奴が偉そうな事言うな。

だったらあんたも100年後のGIを予想してみろよ。

34 : ◆XdgIHnFrK. :2010/07/08(木) 20:48:06 ID:???
大抵のネタは80〜90年代の日本国内や海外のサイバーパンクSF作品で
ほぼ出尽くしたしな
それだって大半は現実の方が先をいってしまって時代遅れになっか感があるものや
理論が間違いだと証明されてしまったり、コスト問題から実現はしないだろうと
否定されてしまったものの方が多いわけで…

35 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:50:36 ID:???
>>33
最初から「誰も出来るもんじゃない」って説明されてるのに理解できないの?
お前が100年後の予想を出来なかったように、
他の誰も100年後の予想なんぞ出来ない

証明終わり


悔しかったら100年後の未来を完璧に予想してみな
その証明が出来るの「現実」が来るのは100年後だろうけどね

36 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:52:45 ID:???
>>17
想像出来るわけ無いだろ
だってそれを知るためにはまず
「100年後にはどんな技術が存在するか」を
予想しなきゃならんのだから

お前はいまある技術と現状から100年後の軍隊を想像した
「予想」としてはそれでいい そして昔の人も同じことをした
お前が昔の人間に求めたのは「妄想」だよ

37 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:53:25 ID:???
ああ、>>33だった 間違えた

38 :4:2010/07/08(木) 20:55:00 ID:Xmm70ozM
>>31
攻殻機動隊に出てきたのは、装脚戦車じゃん。

>>35
ちゃんと予想したじゃん。
所属する国家や軍事組織によって細かく違うのに、
その一個一個を全部予想しろとでも言うのか?



39 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:55:01 ID:???
>俺は、現在の未来予測をしている漫画や映画など信じてない。
信じる意味も必要性も何処にも無いし
未来予測をしている漫画や映画は信じさせるために作られてるわけじゃないだろ

何をアホなかん違いしてんだお前?

40 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:56:10 ID:???
>>38
>所属する国家や軍事組織によって細かく違うのに、
>その一個一個を全部予想しろとでも言うのか?

じゃあ漫画家や映画監督が出来なくても別に変ではないな


41 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:59:39 ID:???
>所属する国家や軍事組織によって細かく違うのに、
兵器ってのは細部は違っても基本的な用途分類や運用概念は
同様の兵器で相手に対抗するために、同じ所に収束するもんだぞ

なんで世界各国、所属する国家・軍事組織はそれぞれ違うのに
戦車とか戦闘機とか同じようなものを装備してるのかわかってる?

42 :4:2010/07/08(木) 20:59:54 ID:Xmm70ozM
100年後のGIだが、銃は兵士の主武装の地位から廃れ、
代わりに電子弾を放つ五本指手袋やミトンが主流になっている。

GIがバックパックに装着した、電池もしくは発電機から無線で電気エネルギーを供給され、
手から電子弾を発射して敵を攻撃する。

発電器を破壊されたときの為の緊急補助用武器として、
個人用防御火器と拳銃から発達した小型の実銃を装備する。

43 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:02:57 ID:???
>>42
>代わりに電子弾を放つ五本指手袋やミトンが主流になっている。
30〜40年近く前に石ノ森章太郎が自分の作品のサイボーグやロボット兵士に持たせて登場させてる
しかし未だに実現して無いな



44 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:03:47 ID:???
貶したいだけのくだらんクズと話すのがこのスレの内容?

45 :4:2010/07/08(木) 21:05:03 ID:Xmm70ozM
>>43
どの作品?



46 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:05:33 ID:???
銃とかを手に持たず、素手あるいは手を空にした状態で
手のひらとか手首とか腕とかにつけた武装から殺傷光線や
射出武器を発射・照射するってのはありふれたアイディア過ぎて
今では逆に珍しいね

指輪型レーザーガンってのもあったな

47 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:07:47 ID:???
>>45
氏のサイボーグやロボットの出てくる作品なら
主人公・味方・敵・脇役問わず1作品に数回の割合で出てくるから
いちいちどの作品の何話目とか挙げる方がめんどくさい
読めとしか

48 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:07:50 ID:???
>>46
メーテルはロボットだから、本体からあの指輪にエネルギーを供給してるんだろ。

49 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:09:14 ID:???
>>44
貶めたいだけで実際には自分自身を「無知で馬鹿で過去作品でさんざん既出のネタしか想像できません」
って貶めてると自分で気付くまで弄って晒し者にしてあげるのがせめてもの武士の情けという物だ

50 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:11:07 ID:???
>>46
>手のひらとか手首とか腕とかにつけた武装から殺傷光線
寺沢武一のマンガだと女キャラが高確率で身につけている

51 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:13:34 ID:???
アメリカのセールスマンであまり銃に慣れていない、
小太りで指が短かめの中年男性に30口径から上の拳銃を持たせたいのですが、
銃砲店(商売っけのあまりない)に行ったらどんな拳銃を勧められるでしょう?

52 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:14:51 ID:???
正直1995年の時点ですら家庭でリアルなFPSをオンラインで出来る気がしていなかった俺

53 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:16:02 ID:???
>>51
州法で銃所持の制限に差があるから州を指定しないとなんともいえんぞ

54 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:27:32 ID:???
>>50
まんま、コブラだね。

55 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:39:26 ID:sBbISQnL
みんなスレ違いだ!
ここは議論する板じゃねえ

56 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:48:47 ID:???
でも、すぐ議論に発展するスレだから、ある程度は堪忍。

57 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:50:19 ID:???
>>51
S&WとかのM60あたりを勧められる気もするが。グリップにパッドをかましたものだと握りやすいし。

護身用に携帯しやすく頑丈コンパクトなものを勧めてみたが、用途はなんだ用途はーー。。

58 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 21:50:32 ID:???
>>53
太平洋岸の州くらいにしか考えてなかったのですが、
ワシントン州でお願いします。

59 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 22:06:24 ID:???
>>57
普通に、ガバか、ベレッタ進められるだけと思うがな。

60 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 22:15:19 ID:???
>>57
ありがとうございます。
握りやすくするパッドがあるんですね。
参考にさせていただきます。

用途は緊急時には仕方なく持ちだす位で、主には家での自衛用です。
情報の小出しになっちゃってすみません。

>>59
ありがとうございます。店主の反応として参考にさせていただきます。

61 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 23:16:39 ID:???
>51 店主の反応までは面倒見切れませんが、握り易さについて。
当方やせ型中背の日本人で、手袋は7か7 1/2 。正しい持ち方が出来るのは
32オート程度まで。ガバもハイパワーも92もインチキ持ちになります。
パイソンもM29もしかり。
昔の拳銃のほうが全般に細くて握りやすいかと。お話の展開によりますが、
P09とか、リボルバーならニューナンブの元になったような類とかを
倉庫の奥から出してきてくれる・・・というのはどうでしょう。
威力や装弾数の少なさのデメリットと正しく握れるメリットをどう
描くか次第でしょうけれど。


62 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 23:48:23 ID:???
てか、手塚先生自体が
「読者に分かりにくくなりそうな部分は昭和30年代の時代考証で書く」
って言ってるからなぁ。

戦車はアトムの本編と何も関係ない上に未来感を感じさせるフレーバーにも関係ないので、昭和30年代の時代考証でおk

63 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 00:08:30 ID:???
>>62
池沼読者に合わせて漫画のレベルを落とすなんて酷い。
軍事板住人の様に優秀な読者を基準に描くべきだった。

64 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 00:14:14 ID:???
>>63
そうですか、ご勝手にどうぞ

65 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 01:58:58 ID:???
「優秀な読者」・・・うわ、気持ち悪い。

66 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 02:58:13 ID:???
何十年もの昔に「漫画エリート」なんて阿呆な概念が提唱されたこともあったが、そんなモノを
対象にしては商売にならなかったので、すっかりうっちゃられてしまったもんだが。

67 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 07:15:40 ID:???
いや、軍事考証最優先で作った作品が面白くなった試しは無いから。
ちなみにその昔あった軍事漫画専門雑誌「コンバットコミック」やその単行本が売れたのは
湾岸戦争のあった時期。マニアじゃない普通の読者がコンビニで買ったりしたから。

68 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 07:45:19 ID:???
コンバットコミックの看板だった一等自営業氏も、
今は同人誌で糊口をしのいでいる状況だしなあ。
昔の夢よもう一度と大量に印刷して、
思い切り在庫抱えてるみたいだし。

69 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 09:49:07 ID:???
>>4が在庫引き取るってさ

70 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 13:44:26 ID:???
SFが進歩しない理由って言ったら、書く奴に「読者と比較して」教養がなくなっただけだろ

アイザック・アシモフはコロンビアの化学博士
手塚治虫は旧帝医学部
※1960年代は高卒が大半

現代でこのレベルの教養を誇示したいなら
大学教員で、自分の研究分野以外にも最新の科学論文手当たり次第に目を通して、当代の科学技術に関して考察できるレベル
その時点でそれで飯食っててラノベどころじゃないw

71 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 13:51:58 ID:???
>60
ホームディフェンスなら4インチぐらいで
安めのリボルバーとかじゃね?
扱いやすいくてメンテ楽で機械的な信頼性も高い

スタームルガーとかだとそれっぽいと思うけど
S&Wあたりとの価格差どの程度なんだろ

72 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 13:57:00 ID:???
>>70
作者と読者の知識教養や学歴にさほど差が無くなった結果ってのも大きいと思う

どちらかというと今のSF作家は趣味人として科学雑誌を読み漁り、
その勉強によって作品を執筆って感じの人(読者側→作者側へ)が
少なくないし
知識は調べれば手に入る時代だから、昔ほど学歴・教養が必須じゃないしなあ

73 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 14:05:05 ID:???
>>67
ハードSFジャンルが科学考証の描写にばかり重きを置きすぎて
小説や読み物じゃなく科学解説書か論文って状態になってしまって
「こんなの誰も面白く無い」ということで廃れてしまったのと似ているな

スペースコロニー一つ描写するのに、単なる舞台装置に過ぎないものを
回転速度がどうこうで何Gになり、コロニー内でボールを投げると…
とかお話の主軸には関係無い部分を延々何ページも続けられたら読者は本を閉じるわ
(スペースコロニー内の慣性を主人公がギミックとして利用して危機を脱するとかの
描写が後に待ってるような伏線として挿入してるならともかく)

74 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 14:18:42 ID:???
>>73
それ、ここの質問者にも言えることだな。
細かい事実を異様に聞きたがる。それを真面目に創作に反映させると
読者はついていけないのに。
もっとも創作に使うを大義名分に、初心者スレ代わりに使ってるやつのほうが
多そうだが。

75 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 14:20:12 ID:???
自称「優秀な読者」の、「俺ってこんなこと知っててすげえ」という自己満足のために描かれた作品が商売になるわけがない。
そんなものを面白い(というか『俺、他人と違ってスゴい』)と思う人間の数が、極端に少ないから。

76 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 14:28:08 ID:RUJF4eRb
イタリア海軍に空母を持たせる小説を書こうとしているのですが、海軍が航空機を保有することを禁じた空軍法の詳細がよくわかりません。
いったいどのようなことが書いてあったのでしょうか?

また、「ムッソリーニの希望により空軍法は捻じ曲げられ、海軍は水上機と、空母艦載機だけは保有を認められた」
ということだけを書いて、特に空軍法そのものの内容に触れなくても問題はないでしょうか?

77 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 14:31:12 ID:???
>>76
法律について聞きたいなら,法学板でイタリアの法律に詳しいやつ探したほうがいいぞ。

78 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 14:32:46 ID:???
>>60
普通の護身用にそんなに高くて強力なモノは勧めないだろうから、口径でいうと38口径の小型リボルバーか、安価な.22LRや.380を使う小型オートマチックあたりか。
客が貧乏人なら、いわゆる「サタデーナイトスペシャル」(マイナーメーカーによる安物拳銃、性能はピンキリ)の類だろう。

79 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 15:07:02 ID:???
>>78
おまえさんもだが条件を読まなすぎな人が多すぎるw

>アメリカのセールスマンであまり銃に慣れていない、
>小太りで指が短かめの中年男性に30口径から上の拳銃を持たせたいのですが、
>銃砲店(商売っけのあまりない)に行ったらどんな拳銃を勧められるでしょう?

>用途は緊急時には仕方なく持ちだす位で、主には家での自衛用です。

商売っ気がないって所から逆にSIG P220とか(陸上自衛隊正式採用、つまり持ちやすさはOK。高そうだが)
南部自動銃(十四年式勧めたらマニアック以外の何物でも・・・弾丸どうするのだ(オイ)
マテバとか(どこの攻殻)
マカロフとか(既に護身用を通り過ぎている)
などという選択もw商売抜きでマニア道走っている選択で読者の突っ込みは期待できるぞ(コラマテ)

ちなみにグリップにパッドをつけたM60の図
http://item.rakuten.co.jp/yoriya/m60-2-sus

80 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 15:26:12 ID:8aMz+L94
>42
手の恰好してるからってずっと嵌めっぱなしにするのかい?

してるなら安全装置にはロボット兵士が作れる位の高度なAIが要る。
飯を食ってるときに自分の頭に発砲されちゃかなわんからな。
もっともそんな高度なロボットが有るのに人間様が殺し合いやる必然がない訳だが。

必要なときだけ持つなら、まずはモデルガンの抜き撃ちより早く軍手を着けてみろと。

81 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 15:29:59 ID:???
>>79
9mmパラベラムの銃を勧めるような場所だとすると、相当治安悪いぞ。H&KとかSIGなんてアメリカではバカ高いし、リアリティが無い。

82 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 15:38:10 ID:???
>>60
買い物なんだから、予算がある程度決まってないと店の人も薦めにくいと思う。
・なるべく安く
・まあそこそこ
・ちょっと張り込んでもいい
・上限無し
あとは店にたまたまあった中古品でちょっと良い物を買えたとか、試射してみて気に入ったとかまで含めると
選択肢は多いので、正直店の人の思惑と購入者の好み次第という気がする。

そういうのを一切抜きにして考えると、メンテナンスや動作の確実性、持ち出す時の携帯性などから
38口径辺りで銃身長2.5〜4インチ位のリボルバーが妥当かな。

83 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 15:40:12 ID:???
ちなみにアメリカで買える、比較的安価な拳銃を作ってる有名メーカーだとスタームルガー、次いでS&Wあたりね。
そして中国製ノリンコ。それ以外に、聞いたことも無いようなマイナーメーカーの安物も色々あるけど。
あと「初心者の護身用」に9mmパラの軍用拳銃サイズのを勧めるガンショップの親父というのも相当変だが。

84 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 15:53:27 ID:???
>>58
ワシントン州は全米でも銃規制が最も厳しい場所で、長年家庭での銃の所持が禁じられていたほど。
2008年に最高裁でそれは違憲であるとされたが、代わりに登録が義務づけられた上、10発以上装弾できる拳銃は禁止。
登録自体、警察に何度も出向いて写真や指紋の登録など、相当の手間と時間がかかる。

85 :83:2010/07/09(金) 16:49:36 ID:???
追記・SIGでも380オートのはS&Wに比べても同じ程度の価格帯、S&Wでもマグナムは800ドル以上と高い。
その「ワシントン州のセールスマン」が経済的にどんなレベルなのかわかればいいんだが。

86 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 22:47:44 ID:???
前スレで「日本で手に入る拳銃」を聞いてた人、もうみてないだろうけど、
こんなのがあった。
http://www.jiji.com/jc/d2?p=fas00101-05681994&d=005news
日本は思った以上に広かった。
MG34稼働可能に持ってくとかw

87 :名無し三等兵:2010/07/10(土) 00:36:36 ID:???
ガンマニアの町工場のおっちゃんとか絶対自作銃もってるよ

88 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:10:33 ID:???
>86
おい、ウェルロッド消音拳銃があるぞ(汗
70年代に暴力団からAKが押収されてたりなかなか凄まじいな

89 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:53:19 ID:???
シュマイザーなんてどっから輸入したんだか

90 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:51:06 ID:???
金属性モデルガンの改造銃

91 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:57:18 ID:???
グレネードランチャーとか・・・


92 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:18:54 ID:???
>>87>>90
てか、前スレの人、主人公が高校生で〜とか言ってたが。
主人公が高専生だったりしたらこっそり自作できないかな

93 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 13:42:43 ID:???
SMGはそこそこあるんだな。

>>92
そこは状況によっちゃ作れるかもしれないね、くらいにしといて
そこから先は詰めてくと危険なことになっていくw
異世界や過去行って鉄砲作ります、とかでもそうかもしれないけど
本体より弾のが色々難しいんじゃあるまいか?

94 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 15:15:28 ID:???
弾のほうは、旋盤工に真鍮の棒から削り出して一発一発手作りで・・・

95 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:18:14 ID:???
タイムスリップして過去で現代兵器を模造して戦うって、最大のネックは、
現代と同じ材料を確保できない事だろ。
鉄砲の銃身にしても旧軍のようにクロムメッキできないとか。

96 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:21:00 ID:???
>>95
メンテナンスと交換部品の用意もな。

97 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 17:24:39 ID:???
原作版戦国自衛隊でも、当時の鍛冶職人に作れる範囲での銃や大砲の図面で苦労した描写があったと思った

98 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:08:53 ID:???
>>94
弾はそれでも装薬と信管がどうにも。

>>95
冶金、化学、加工あたりが困ると思う。
ただ、この辺をさっくり無視して書かれた『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』
はそれでも結構面白いけど。
最後の戦闘はこの話が書かれた時代にこの展開を書けるのかと思った。

99 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:10:43 ID:???
部隊がたまたま銃や砲の図面持っててタイムスリップするってだけでも、
かなり都合がいい設定だな。普通そんなもん、持ち歩かんだろ。

100 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:37:45 ID:???
日本に伝わった火縄銃のように
「現物を作るアイディアはなかったけど、現物を再現するに足る基礎技術は到達していた」ので
コピー生産が可能ってものは何とかなるけど
どう考えても作れないものに関してはねえ

現代の自動小銃を過去に持ち込んだとして、再現はできないけど構造を解析・応用する事で
火縄銃の時代からボルトアクション小銃に進化、というのでせいぜいって感じだろう

101 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:33:04 ID:???
元々後込め銃というものはあったけど治金や工作技術の関係で先込めになったような時代だと思ったが。

102 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:04:43 ID:???
先込めでも尾栓飛ばす事故が起きててたしな > 日本
後込めはロック機構やらなにやらのギミックが、発砲時に起きる衝撃に耐えられないとムリポ

103 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 01:19:11 ID:???
>先込めでも尾栓飛ばす事故が起きててたしな > 日本
先込めでも耐えれて無いじゃんw

104 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:52:27 ID:???
自動ライフルや機関銃は、耐久性のあるバネと摩耗や高熱に耐える本体の材質が実現できないと、どうにもならん。
現代でもオウムがAK-74の外見だけコピーできても連射できなかったように。

105 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:30:26 ID:???
ダッラ村の職人さんたちなら……
現代の鋼材がないと駄目な部分は、どうしようもないか。

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:40:23 ID:???
あそこはバネ専門職人さんとかいるしな。でも削り出しのしやすい硬度の低い金属使ってたり、
銃身も連射時の熱に耐えられず曲がってくるとか、純正品みたいにはいかないわけで。

107 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:18:46 ID:???
でも、ああいう職人芸で銃を自作してる人たちの作った銃って、
純正品と比べればどれぐらい性能や整備性や頑丈さに差があるんだろう?

108 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:29:23 ID:???
工業製品じゃなくて工芸品みたいなものなんで、作った職人が違うと部品の互換性が無い等、
兵器としてオリジナルより優れているようなところは無い。
そういやゴルゴ13のカスタム銃を作る一人に、ダッラの職人もいたなw

109 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:23:24 ID:???
>>108
職人の工芸品と言っても現在は工具の方も発達してるから
WW2時代の旧日本軍の装備ほど互換性が無くて困るって事は無いぞ

そして、工業製品として工芸品より劣るっていう劣化コピーが
現代にゴロゴロしているから困る
工場でライセンス生産されたのに互換性が無いパーツが混じってる事があるとか
もうなんの冗談かと…
検品落ちになるべき低精度部品もチェックせず製造工程に紛れ込んでるのか?と

110 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:59:51 ID:???
そりゃ欧米の一流ガンスミスならそうだろうが、ダッラのはイスラム的にアバウトだから。

FALなんかだと、オリジナルはメートル法でも英連邦系はヤード・ポンド法の寸法で再設計して
ライセンス生産してるんで、互換性が無い。
AK系はライセンス生産国による改良が加わったせいもあって、それぞれの部品の互換性は無いが、
中国製五六式など、同じ国でも工場の違いによって部品の互換性が無いものもある。

111 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:08:25 ID:Il2T1vXd
ザ・コーヴの上映に反対した右翼たちは、
何で同じく反日ドラマである、
ザ・パシフィックの上映に反対しないんですか?

反日ドラマを上映しても良いのですか?

112 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:10:20 ID:???
だって反日じゃなくて、戦争の中で兵士の心の壊れていく様を描写してる作品だもの。

113 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:11:03 ID:???
あと劇場映画じゃないんだから「上映」なんかしねえだろ。

114 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:13:03 ID:???
原作の一つ「ペリリュー・沖縄戦記」も読まずに反日とか言ってるバカはいねえか?

115 :名無し三等兵:2010/07/11(日) 23:27:01 ID:???
>>111
>>1
ここは、あなたの主義主張を披露するスレではありませんよ。

116 :名無し三等兵:2010/07/11(日) 23:38:32 ID:Il2T1vXd
民間人や降伏した兵士を問答無用で銃殺刑にしたり、
辛うじて捕虜になった兵士をアブグレイブ収容所ばりに玩具にしたり、
日本人女性を強姦するエピソードがカットされてる。

117 :名無し三等兵:2010/07/11(日) 23:42:16 ID:???
いや原作にもドラマにも問答無用に射殺するシーンはあるが、強姦シーンなんて無いけど。

118 :名無し三等兵:2010/07/11(日) 23:44:16 ID:???
自分で読みも観もしないで、誰かのネットでの書き込みを鵜呑みにして語ってんじゃねえの?

119 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 00:34:24 ID:EstnySKn
自身の小説で、改造型の晴嵐を使用しようと思うのですが、
晴嵐に20mm機関砲を翼内に搭載することは可能でしょうか。

120 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 00:40:20 ID:???
>>119
何故強風を出さない?
潜水艦搭載型の強風を出せばいいだけ。

121 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 00:49:52 ID:???
大昔の戦争漫画「あかつき戦闘隊」第二部で、二式水戦の潜水艦搭載型なんてのが出てたな。何故か後半、双フロート化するんだが。
しかし二式水戦にしろ強風にしろ、火薬式カタパルト射出のための強化や、折りたたみ機構の追加で重くなって性能落ちるだろうね。

122 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 01:01:11 ID:???
>>119
中の主翼桁がどうなってるのかわからんので、とりあえず紫電みたいな20mmガンポッドにしてはいかがか?

123 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 09:18:13 ID:EstnySKn
素早い回答ありがとうございます。
いろいろ考えた結果、20mmガンポッドという選択肢を取る事にしました。
ありがとうございました。

124 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 09:38:05 ID:???
あのさ、平田先生の戦国最強の戦闘集団・薩摩武士の肝練りだけど
あれ嘘だよね

ほら火縄銃天井からぶらさげて、火縄に火をつけてくるくるまわすと
燃え尽きて点火って

125 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 10:15:18 ID:???
やって出来ないことはないと思う。
撃った後に反動で銃が暴れまくるんで、周囲の全員がそれなりに危険だと思うが。

126 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 10:20:06 ID:???
いや一発撃てば、反動がどうなろうと以前に
火縄は導火線(時限信管)じゃないでしょうよって話

127 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 10:58:19 ID:???
高価な銃と火薬をそんな当たりっこない戦術に使うかわえ無いわな

128 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:05:24 ID:???
時限信管に変えるのは楽にできるだろう。
火皿に火薬を載せてから火縄を巻きつけ、火縄の先に点火すればいい。

肝練りの伝承自体は怪しいとは思うが、今となっては分からない。

129 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 12:39:41 ID:???
>>125
要は玉薬に火がつけばいいので、火縄を導火線代わりには使えるぞ?

>>127
戦術じゃない、度胸試しだ、アレは

130 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 17:14:27 ID:???
過去に国や軍隊がタイムスリップして戦う作品を書きたがる人が多いが、
そう言う人はメンテナンスとか補給物資とか武器弾薬の補充とか生産とか、
そう言う概念を考慮に入れてるのだろうか?真剣に疑問だ。
過去の技術しかない世界に近代兵器持ちこんでも、いずれスクラップになる。

131 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 17:39:34 ID:???
まー作れるものもないわけじゃないけどな。
BC兵器とか。
もちろんこれの場合、衛生面で大惨事しか見えないけどw

132 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 17:43:59 ID:???
つうかスマートフォンもちこめば一発で歴史かわらね?
ネットにアクセスすれば幾らでも知恵の泉が沸くぜwww
おれってチョー頭いい?*??

133 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 18:07:44 ID:???
>>130
そもそも、適当な設定だけ考えて、何を書きたいかをこのスレに丸投げする、
本末転倒のやからがおおすぎる。
あと初心者スレがわりにするやつも多すぎ。

134 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 20:08:55 ID:2cYU0O++
>>130
20年前の過去に、F-15J改、AAM-4、AAM-5を持ち込んだらどうなるの?

135 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 20:18:44 ID:???
動かなくなります。

136 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 20:22:34 ID:???
>>133
でもなあ、そのレベルの質問者排除してたら、このスレ成り立たなくなるし。
正直、そのレベルだからこんなスレで質問するからなあ。
ストーリーを考えてる奴が「これは無理があるかどうか?」と聞いたり、
ストーリーに着手する前の設定段階で「この設定はどうよ?」と聞いたりして、
参考にするのはありだと思う。ストーリーまで考えさせようとする奴だけ排除すればいいわけで。

137 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 20:28:33 ID:???
>>130
タイムスリップ物でその辺無視して俺tueeやってるのあるか?
ジリ貧か知識で戦うかが殆どだろ

138 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 20:38:30 ID:???
燃料に関しては現地の代替物で何とかしてるか
無精製で自動車が動くという純度の軽油田が現地に湧いてたとかで
どうにかやった作品はあったな

というかここの回答を参考にしたらしいネット小説なんだが

139 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 20:39:29 ID:???
>>137
ここでそういう質問する人は、タイムスリップ日本tueeeeをやりたいだけな人が多い気がする。

140 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 21:00:39 ID:???
小松左京か筒井康隆、もしくは星新一の短編で
現代の松代大本営がタイムトンネルになって太平洋戦争中の松代につながってしまい
トンネルを通じて兵器や要員、資材等をじゃんじゃか運び入れて・・・ってネタがあった気がする
タイムトンネルだとタイムスリップよりは融通きくね

141 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 21:12:49 ID:???
>>140
星新一は絶対違う。他の2人も違ったと思ったが・・・

で、その作品の場合現代日本のほうが世界的な圧力を掛けられていたな。


>>134
>20年前の過去に、F-15J改、AAM-4、AAM-5を持ち込んだらどうなるの?

>>135の言うようにある程度は何とかなるけれどいくつか動かせなかったり再現できないものがでてくると思う。
イーグルの搭載コンピュータのソフトやハードとか。

142 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 21:20:32 ID:???
>141
20年ぐらい前に読んだっきりだからよく覚えてないのよねw
確か地震か何かで繋がっちゃったんだよな・・・
で、最後は日本が世界征服しちゃって松代のトンネルは
神兵が出てきた聖地として祀られてたはず・・・

143 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 21:49:11 ID:???
タイムトンネル系といえば俺の本棚にちょうど
「超次元自衛隊/遙士伸」の1巻があるわけだが…

144 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 21:58:42 ID:???
>>138 現実にこんな所がある。自衛隊の旅団程度までならなんとかなりそうだ。
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2003/sagarayuden/sagarayuden.htm

>>140 豊田有恒「パラレルワールド大戦争」角川書店 1979年。
太平洋戦争というか、もう本土決戦まで逝っちまってる。
それを現代玉で無理やり引っくり返したもんだから大日本帝国がトンでもない最悪国家に…って暗黒オチだった。

145 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 23:14:26 ID:???
暗黒オチというか過去に残された連中が頑張ったせいで、命からがら戻ったはずの現代が軍国状態で世界トップをつっぱしっている未来に改変されちゃったという・・・

146 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 23:37:05 ID:???
比較的小さい部隊(中、小隊程度で高級将校とかいない)が消耗してボコボコになって、
指揮をしていた将校が死亡or指揮不能になると、たいていは代わりに下士官やただの兵が指揮を取り継ぎますよね?
あれはそういう決まり(生き残った者に指揮権が移るという軍規)があるのでしょうか?それとも現場での独断ですか?

また、前者の場合、現場の将校(せいぜい中尉か少尉を想定しています)が
指揮権を譲る兵か下士官の階級を臨時に昇進させることはできますか?

147 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 23:38:22 ID:???
あれ94式が暴発したり、74式に土盛りで角度付けて105mmで対空やる話だっけ?

148 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 23:40:29 ID:???
>>146
指揮が取れる中で階級が高い順に指揮権が移る。同じ階級の者が複数いる場合は先任順。
中隊・小隊程度では臨時昇進は無い。

149 :146:2010/07/12(月) 23:44:55 ID:???
>>148ありがとうございます

すみません、追加で質問です
完全に、ただの兵卒だけになってしまった場合には
二等兵でも「俺が指揮を執るんじゃ!」って勝手に言っちゃうことはできますか?

150 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 23:47:42 ID:???
>144
そういや対空砲だのSAMだの引き摺りこんでボ印を叩き落してたような・・・


151 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 23:58:20 ID:???
>>148
下士官が全員戦闘不能になったら、普通は指揮権がどうこう言う前に逃げるね。
兵には指揮能力は無いから。

152 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 00:32:42 ID:???
逃げようがない状況で、周りもみんな二等兵だったら、
正式の指揮権とは別に、生き残りの中で古株だったり土地勘のある人が
指揮をとるのはアリだと思うが

153 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 00:34:05 ID:???
>>148の人が言ってる通り、兵卒の中で階級順になるんじゃないかと。
完全に同じ階級しか残らなくて、それでもまだ秩序が残ってたら
先任順ではないでしょうか。

確か敗色濃厚な時期の日本陸軍で土地忘れたけど
小隊長代行上等兵、麾下兵員2名でそれでも秩序が生きてて任務を果たしてた
って話をどっかで読んだような。

154 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 00:38:47 ID:???
>>149
そういう時でも基本的には階級と先任順。
二等兵より一等兵、同階級なら先に入隊してる方が優先的。

とはいえ士官や下士官がいない緊急時なら、言い出した奴が一目置かれてる、信用されてるなど
他の兵から見て「こいつについて行けば死なずに済みそうだ」と思われるような人間なら
皆が指示を仰ぐ事もあり得る。

155 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 02:18:42 ID:???
普段から階級とか先任とかを意識してるのが兵隊だからその辺はハッキリしてるわけで。

「たよりない大卒新任の少尉を古参の軍曹が裏に表に助言しながら」みたいなシチュエーションはあるにせよ、基本上官先任が優先されるのが軍隊のDNAなわけで。

156 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 17:09:52 ID:???
そういえばさ、銀河英雄伝説で負傷した艦隊司令官の中将が、
唯一司令部で健在な次席参謀の准将に指揮権を委譲するシーンがあるんだけど、
普通こういう場合って、副司令官の少将か、そいつが健在じゃない場合は、
健在な戦隊司令官の少将か准将が階級順や先任順に従って指揮権を引き継ぐよな?
この参謀は、指揮権委譲後、艦隊を率いて戦ってるから、戦隊司令官クラスも健在だと思うのだが。
参謀が指揮官を差し置いて指揮権を委譲されるってことは普通無いよな?

157 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 17:15:15 ID:???
>>156
それを言ったらお話が成立しなくなるからダメ。

現実には「司令部戦隊以外全滅している」状況ではないので、絶対にもっと上位の指揮官が
生き残ってると思うが、別の戦闘でも司令官が負傷して参謀長に指揮権を委ねてるシーンが
あるので、あの世界では司令官が指揮不能になった場合には参謀長以下の司令部幕僚が
指揮権引き継ぐのが通例なんだろう。

158 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 17:51:51 ID:???
>>156
該当の場面を銀英伝1巻読み直してチェックしてみたけど
そこに副司令官ならびに戦隊司令官ってのが登場して無いんだよな
別の場面では役職上「副司令官」は艦隊にちゃんといるっぽいけど…
まさか副司令官も戦隊司令官も同じ艦に乗ってて艦隊司令官ともども負傷したってのは、
他の巻では別の艦に搭乗している副司令官とかが出てきているのでまず無い

となると、他に考えられるのは
「艦隊の指揮統制が出来る指揮機能設備が旗艦にしかない(設備がある艦を旗艦にする)ので
司令部の人員が負傷して指揮を取れなくなっても、副司令官の艦や
戦隊司令官の艦では旗艦機能の代わりを果たす事が出来なくなる」
のかもしれない

艦隊としてそれはあまりに脆いといわざるを得ないけど、1艦隊1万隻以上、
人員数十万人以上の超大所帯の司令部となると現実の海軍の艦隊とは比較に出来るもんじゃないし
コスト面で司令部機能を持つ艦を複数用意する事が出来ないとかなるのかもしれん
どちらかと言うと、航空自衛隊の航空総隊司令部が破壊されて
各航空方面隊は個々には戦えても、航空総隊の代替機能を持つところは無い、みたいな?



159 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 18:02:40 ID:???
戦闘が長引くと旗艦に召還される事があるみたい。

160 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 20:52:08 ID:???
つーか大佐が艦長務める艦艇が万単位でいるのに、
最高位の将官が中将という時点で、C4Iが無茶苦茶になってるような…
艦艇1隻=兵士1人のノリと、現代海軍の軍制を組み合わせるのって
無理があるよな。


161 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 20:57:23 ID:???
>>156
パエッタさんが言ってた通りあの時点ですでに最高位で最先任だったんじゃないの?
あの言葉以外明確な状況説明がないから、どれだけ怪しかろうが推測になる。

162 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:01:58 ID:???
>>161
でも、参謀じゃん。

163 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:10:39 ID:???
>161
ヤンが次席幕僚なんで主席幕僚が他にいるって事になる
が、「無事なものは」と確認されてヤンより下のしかいなかったってことは
主席幕僚はパエッタ中将と一緒に負傷あるいは死亡してた事に…

164 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:22:47 ID:???
無理やり理屈をつけてみる。
日本語の用語として区分できないだけで、将官のランクがもっと細かいとか。
小准将・中准将・大准将とか下級少将・少将・上級少将…みたいな。
史実ドイツの下士官制度みたいな感じで。

165 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:26:49 ID:???
>>163
ヤンが次席幕僚で准将だから、主席幕僚は少将だな。
そして、そいつは無事じゃなかったと。
でも、普通幕僚に指揮権委譲は無いよな。
そういうのは下位の指揮官の中で最高位で最先任の人間にするもんだ。

166 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 22:01:24 ID:???
>>162
参謀も指揮継承の序列に入ってる軍隊なんじゃないの。
史実でも陸でボコになったときとか人居なくて
参謀だの幕僚だのが指揮取ってましたって話は聞いたことあるが。

167 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 22:07:31 ID:???
1 軍隊における「指揮」は厳密に定義された語であって、指図、指導、
助言、暗黙のうちにおける主導権、リーダーシップ等は異なる。
PKO法案で揉めたときに「指図」と言い替えてさらに揉めたのが例。
2 指揮権の継承順の原則は、
a 階級順、先任順による
b ただし、兵科将校にしか認めない(海軍の機関将校、陸軍の軍獣医将校、
各軍共通の軍医将校等には認めない)といった制限はあり得る。
兵科将校でも参謀には認めない(児玉源太郎が微妙な言い方したり)という
制限もあり得る。むろん、参謀でも指揮権を継承できるという設定でも
それで統一されているのなら不自然ではない。
3 昇進させる権限の設定も各軍による。上級者の昇進ほど、より上級の
者の許しを必要とする。通常、高級士官の昇進は(名目上は)国家元首の
裁量となる。下士官以下については現場の高級士官に昇進させる権限がある
こともあり得るが、師団長や軍団長レベルである。
直接の上司には昇進させる権限はなく、昇進を推薦することができるのみ、
というのが通例。直接の上司には昇進させる権限を与えない。
「代将」のような臨時措置が通例化した制度もある。陸軍でも、そういう
制度を持っていると設定すれば、かろうじていけるかも。
いずれにせよ、「現場の臨機応変」も、「事前に設計された制度内」で
行うのがお役所。たとえば「独断専行」も「事前に定義されている」。

事実上誰が仕切るのかとは別だけど。

168 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 22:07:38 ID:???
>>166
あくまで作品を尊重する限りそれ以外の解釈は成り立たないな。
まぁ「そういうものだ」と思うしか。

169 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 22:58:48 ID:???
>>160
銀英伝の世界では、戦艦、空母でも中佐だと、艦長の資格があるみたい。
ラインハルトが、ブリュンヒルトをもらった際にキルヒアイス(当時中佐)に艦長やるか?
と問いかけてる。

170 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:04:05 ID:???
流れを断ち切ってすみません

映画「プライベート・ライアン」で、終盤の戦いで米軍に攻撃を仕掛けてきたドイツ軍の集団はどういう類のものですか?
具体的には、まともな戦車部隊にしては戦車の数が少なすぎるように思いますし
偵察部隊にしては戦車や自走砲やと豪華ですし
消耗した「戦車中隊」か何かが敗残兵を集めて後退してきた感じでしょうか?

171 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:08:38 ID:???
一瞬芳樹スレかと思ったw

アスターテのあのシーンは、こんな感じ?
パエッタ→負傷
副司令官→副司令官旗艦とあぼーん
主席幕僚→パエッタと一緒にあぼーん
分艦隊司令官→分艦隊旗艦では指揮・通信に難あり(確かヒューベリオンでも艦隊の統制は難しかったはず)
で、急いで突撃に対応できるのはヤンだけ

172 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:10:24 ID:???
>>171
田中さんに聞いてくれ。本人しか分からん。

173 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:13:00 ID:???
>>170
さっさとあの街を制圧しないと連合軍に援軍が到着して取り返せなくなるから
とりあえず今ある戦車部隊を投入して強引に奪い返そうとした状況
のはず

174 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:36:06 ID:???
指揮官がその辺りにいた車輌や部隊をかき集めてまとめた「カンプフグルッペ何とか」「何々戦闘団」のノリだな。

175 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 02:07:45 ID:???
言うまでも無く、時期的にあのへんにSS装甲師団もティーガーも存在しないので、完全にフィクション。

176 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 03:31:13 ID:???
>>169
あの世界には「軍艦」という概念がない。
よって階級が指揮艦のクラスを厳密に決めてるのではないようだね。
おそらく中佐以上は補助艦から戦艦までを状況に応じて自由に指揮できるのだろう。

そもそも艦隊規模があまりに大きすぎてどう考えても佐官が足りなくなりそうだし、
むしろ末期のドイツ潜水艦隊のような状況を脳内で想定しておくべきw

177 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 06:56:10 ID:???
一番先に考えそうなところがおかしくなってるな。
戦艦の仕事は司令部の言うとおり動いて撃つだけなんだから尉官が艦長でもいいんじゃない?
それより1万隻もあればいくつも中級司令部が必要だからそこに佐官が要る。

178 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 08:50:20 ID:???
いやそれはおかしい。
言われたとおり撃つだけなら中級司令部もいらない。

それはもはや軍隊ではないというのは置いておくにせよw

179 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 11:36:22 ID:???
>>178
仮に戦闘行動が完全に自動統制されてたって
人が乗ってる以上、管理部門としての中間結節は要るだろ
1万人の艦長の人事評定や勤務調整を提督とその幕僚に集約したら、期末毎に死人続出だぞ

180 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 13:54:23 ID:t6ZEmlFA
質問です

『皇国の守護者』的な世界観のファンタジーを書いていますが
ヒロインがとある帝国の妾腹の皇女、主人公が護衛役の若手士官です

こういう立場だと、主人公の役職は何が適当でしょうか?
旧日本軍だと『皇族付き武官』という役職があったそうですが、それを当てはめていいのですかね

181 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 13:59:42 ID:???
その姫さんは諸般の事情で武官なのか?
その国家では、皇族は女性でも仕官として軍務につく必要があるのか?
姫さんがわがままを言って、パパが仕方なく・・・で、違いがあるんではなかろうか。



182 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:13:44 ID:???
>>180
ベルバラでもよんでこい。

183 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:20:08 ID:t6ZEmlFA
>>181
いや、主人公が護衛の軍人で、ヒロインのお姫様は、軍人でも何でもありませんが?
こちらの書き方が悪かったのでしょうか、誤解させて申しわけありません

184 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:30:43 ID:???
>>183
聞くまでもなく、そのまま護衛でいいんじゃね?

185 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:31:11 ID:???
近衛でいいじゃん

186 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:34:03 ID:???
護衛官でも警備官でもさらには、話しにあわせてすきに造語でも作って構わないと思うが。

187 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:44:39 ID:QweM7NJk
戦争映画の戦闘機などの無線通信シーンでは発信者がコールサインを名乗る際、
「I'm Iron Eagle.」ではなく、
「This is Iron Eagle.」という表現を用いるのはなぜですか?

188 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 15:04:07 ID:???
>>180
旧日本軍の皇族付武官扱いにするってことは、その姫様にも軍事に関与する余地があるってこと?

普通の近衛兵は護衛だけだろうけど、侍従武官となると軍務の補助も含まれるんでないかな

189 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 16:33:20 ID:???
>>187
それは軍事よりもむしろ英語の問題。
英語板で聞いた方がいいと思うぞ。
ちなみに軍事無線ではなく一般人の英語なんかでも同様の表現になったりする。

190 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 17:07:11 ID:???
>187
フネの無線の時代の名残。

191 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 17:27:07 ID:???
個人で傭兵をやっていて、作戦立案から部隊指揮から訓練までやる人物を出そうと思います。
年齢は30代後半。米陸軍の大尉だった人物と言う設定です。
特殊技能などが無い、ただの中隊長だった人物では、傭兵稼業は難しいでしょうか?

192 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 17:28:25 ID:???
>>180
ダイアナ妃 不倫 でググれや

193 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 17:36:59 ID:???
>>191
少佐まで上がらんと経歴的に辛いんでは?


194 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 18:11:54 ID:???
>>191
現役の高級軍人や特殊部隊員、諜報関係者、ジャーナリスト、PMCや大企業の幹部、政治家など
有力なコネや情報源がどれだけあるかが重要。
本人が軍事面の作戦〜戦術しかこなせないという事は
自分で仕事を探してくる、必要な情報を集めるといった前準備が出来ないって事になる。
そうなると、上記のようなコネで仕事を貰ってくるか、それが出来る人間と組むしかない。

乱暴に例えれば、国内でそれなりの実績があるプロスポーツ選手が海外進出しようとしてるみたいなもの。
本人がどれだけ選手として優秀でも、それだけで好きなチームと契約出来るわけじゃない。
面識や知識の無い海外のチーム関係者にビデオやらなんやらを使って売り込み、オファーが来た中から
一番良い物を選び、その上でなるべく好条件で契約を結ぶには、やはり有能な代理人や通訳が必要不可欠。
その辺を本人がやっても構わないんだが、今まで扱った事が無い分野だけに
慣れるまで手間が掛かったり、失敗や外れを引く確率が高くなったりする。

単独で仕事する以上、傭兵も結局は個人事業主の一人に過ぎない。
その為にコネと情報を獲得する努力は欠かせないという事。


195 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 18:42:52 ID:???
>>191
パイナップルアーミーという漫画があるからまずそれを嫁.

196 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 18:54:42 ID:???
>>191>>194
コネといっても自分から売り込むんじゃなく
既にどこかの軍や国に雇われて契約してる同業の傭兵で
原隊時代に友人や同僚だった人から誘いが来る場合もあるけどね

プロスポーツだって代理人業という、チームと選手の仲介をしてる人もいるし
その業種こそコネが必要
(本人がプレーするんじゃなく、プレーできる奴と顔見知りで
そいつが欲しいと思うチームに引っ張ってこれる能力で食っていくわけだし)

197 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:02:40 ID:???
というか
士官教育を受けている傭兵ってのは兵卒の傭兵よりは需要があると思うが…
前線指揮官の経験がある人物で、人格者で、部下の統率が出来るってのなら
小隊長経験まででも、傭兵仲間にとってはありがたい存在だぜ

某傭兵業作家の著作だったかにあったと思うけど
取り立てて能力は無いけど小隊長経験のある人は仲間に人気があり、信頼も寄せられてたが
能力に自身がある奴で小隊長に任ぜられたワンマンな奴は人気がなくて、隊の士気も悪かったとか
正規軍から送られてきた士官だと人気が無い上に傭兵たちを掌握できないとか
「指揮官の経験があり、部下の気持ちを把握できる奴」ってのは十分技能だろう
中隊長までいけてるなら上部からの命令と部下たちの要望との調整もできないはずは無いだろうし


198 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:04:01 ID:???
>>191
部隊の規模が分隊までならそれでも良いのでは。
それより大きくなったり、素人からの訓練なら、訓練教官要員の下士官などが必要かな。
大人数で各員との契約を考えると、主計(経理)の分かる士官も必要になるね。

199 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:22:23 ID:???
つきつめていくとPMCになるんだよね。


200 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:55:51 ID:???
>180 衛兵衛視護衛でない、皇族の守り手の言い方があった気がするが
思い出せない。宮内庁に聞いてくれ。軍人というより警官だが。
ケイエイだっけっな。

>187 電話でも This is というでしょ。「私は」でなく「こちらは」に
対応するととりあえず思っておけばよい。

201 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:59:34 ID:???
>this is KITA
>KITA?
>YES
>WHO
>KI ! TA !
>WHO
>KI !! TA !!
>COME ON?(KITA in Japanese means)
>YES
>WHO COME ON?
>NO・・・

(1936.2.28 KOJIMATI DDK recording)


202 :丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM :2010/07/14(水) 22:47:50 ID:???
>>200
侍衛官?

203 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 07:25:08 ID:???
警衛でよかった気がする。

204 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 17:12:40 ID:???
皇族軍人には侍従武官が付くんですか?士官学校出たての少尉の時から。
イメージとしては、日本の宮家出身の軍人をイメージしてるんですが。
物語中でいろいろ自由に動いてほしい役どころなので、
そういうのがいると邪魔くさくてかなわんのですが、
逆に自由に動き回ろうとするのを邪魔するというのも面白いかもと思います。

205 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 18:24:05 ID:???
傍流にすれば特別扱いはさしてない。
ただ、そのぶん皇族としての影響力もないぞ。

設定からして日本にするとまるきり別の世界になりそうだし、
英国流にした完全なファンタジー日本にしたほうがよくないか?

206 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 19:19:47 ID:???
>>204
>>183とおもいっきり矛盾してるんだが。
質問ならIDだして最初から設定を全部だして聞きたいこと
箇条書にしろ。

207 :204:2010/07/15(木) 19:36:09 ID:bL9KKnPd
>>206
すいません。私は>>183とは別人です。

聞きたい事
・舞台は昭和初期の日本。
・宮家出身のの皇族軍人には侍従武官が付くのか?
・その皇族軍人は大尉で主人公(非軍人)の親友。
・侍従武官が付くとしたら、どの程度の階級の人物が付くのか。
・侍従武官は常に皇族軍人と行動を共にするのか。

こんなところです。

208 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 19:48:03 ID:???
紛らわしいなw


209 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 20:40:52 ID:???
>>207
付かない。侍従武官はあくまで皇居に詰める、天皇のアドバイザー兼任のそれぞれの軍から派遣された連絡役。

210 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:44:58 ID:???
>>207
侍従武官は天皇に仕える者です。
皇族軍人には皇族附武官(御附武官)がつきます。
あまり詳しくないので、他の質問には答えられないのですが
このようなページを見つけましたので参考になればと思います。

皇族附武官の一覧です。
ttp://www.purunus.com/index.php/皇族附武官

211 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:51:24 ID:???
横から失礼。
エアフォースワンや政府専用機のスチュワーデスみたいなものかな?

212 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 23:51:24 ID:???
エアフォースワンは忘れたが政府専用機の中の人は空自の特別輸送隊

213 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 00:15:46 ID:???
太平洋戦争末期の日本の場合
本土決戦の準備がどれぐらい進んでいるか各所に問い合わせたり
軍は当てにならないからちょっと見て来いって言われて九十九里まで出張したり
軍が言う要塞は陰も形もありませんでしたと正直に報告して怒られたり
まあそんな仕事

214 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 12:19:34 ID:???
まあ皇族武官は史実ではきわめて少ないのだけど、
実際は所属部隊においては軍の規定どおりに当番兵がつくくらいで、
皇族としての公式行事のときだけ侍従がくっついていたみたいだな。

ただ、皇族武官は教育期間をのぞいては部隊配置されてなかった模様でもある。
みんなけっこう忙しく外遊とかしてるので、軍人というよりは現役武官のままで
閣僚になったみたいな扱いをされていたのではないかな。

215 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 17:06:24 ID:Ct7wIpqT
アメリカの軍人あがりの探偵に愛用の拳銃を持たせて「こいつは信頼できるんだ」と言わせたいのですが、
実戦経験を踏まえて拳銃を持つとしたら、どのような拳銃を「信頼できる相棒」として持とうとするでしょうか?

216 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 17:17:10 ID:???
>>215
軍で使ってた拳銃ってことになるだろ、そりゃあ


217 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 17:34:28 ID:???
実戦で拳銃ほぼ使わないし

218 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 17:44:10 ID:???
拳銃で撃たれるのは敵よりも味方の方が多いからな。トドメの意味で。

219 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 18:54:33 ID:???
アメリカの軍人なら普通にガバじゃねーの

220 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:16:31 ID:???
>>218
・重傷者の止め
・暴発事故
・喧嘩沙汰や上官への報復


221 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:37:12 ID:???
>>217
塹壕に突入した際に使うんじゃないの?

222 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:39:08 ID:???
>>215 ベレッタ、ガバメントあたりではないかと思う。

イラク戦争あたりからサイホルスターに拳銃を入れてパトロールに出ている
米兵の画像が見られるようになってきた。

拳銃によほど詳しい人でなければそういう画像をみて
いちいち確かめようとはせず、銃雑誌の特集記事あたりでモデルガンが発売
されるにあわせて情報仕入れるだろうから、そういう雑誌を適当に読んでおく
のが一番じゃないかという気もする。

雑誌が手に入らない場合はトイガン、モデルガン、エアガンメーカーのサイトを
廻ればある程度傾向はつかめる。

223 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:40:10 ID:???
http://en.wikipedia.org/wiki/Service_pistol#United_States
味わい深いのはコルト1851とかかな。

224 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:53:01 ID:???
>>221
そのばあいは万能兵器スコップさんがものをいう場面だ。

225 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:53:27 ID:???
>>221
そんな状況じゃまず当たらないんで小銃で殴ったほうが早い。
ただ士官や先任下士官の場合は合図として音出す必要あるのでありっちゃあり。

本質的に拳銃ってのは相手の息がかかるくらいの距離で使う暗殺用の武器だ。
隠して持ち運べる大きさで信頼性さえ高ければたいした違いはない。
あとは単に趣味の問題。

226 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:58:02 ID:jiOJEM81
爆弾処理班を作品内に登場させようと思うのですが
時限爆弾というと、アニメや映画なんかではご丁寧にタイマーが表示されていることが多いですよね
あれって現実もそうなんでしょうか? その辺りの描写をハッキリさせておきたいと思っているのですが
自分には分かりかねる問題なので質問させていただきます
ご回答いただければ幸いです

227 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:58:06 ID:???
>225 創作スレなんだからソレを言っちゃあ。
相手が5人以上とか貨物列車かトレーラーかとかが楽しいわけで。

228 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:05:46 ID:???
>>226
過去のテロ事件なんかだと、時計のアラーム機能を転用した手製爆弾なんてのもあるが
そういったのならカウントダウンタイマーじゃなくて、設定した時間に動作させるよな

軍用の時限信管だと、設定時間ごとの信管を使い分ける(これは5秒、こっちは30秒。好きな方を刺してねとか)か、簡単なスイッチで複数の時間を選択するタイプが主流
カウントダウン表示する意味がない

229 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:19:35 ID:jiOJEM81
>>228
回答ありがとうございました
カウント表示はなし、という様に描写したいと思います

230 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:07:35 ID:???
犯人の種類にもよるけど時限爆弾なんて趣味で作るんだから
煽り目的でタイマー付いててもいいと思うよ

231 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:29:16 ID:???
そういや何かの映画かドラマで、タイマー含め爆弾そのものがダミー
(しかし、タイマーゼロになるまで爆弾処理班の主人公含め誰もダミーと看破できない位精巧)
ってのがあった気がする

でもってその次の本命爆弾ではタイマーだけダミーだったし

232 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:35:33 ID:???
「映像としての時限爆弾」なら「ジャガーノート」を観ておけば
問題なし。
というか絶対に見ておくべき。
これ以降の映画に出てくる「時限爆弾解除」は基本的にみんな
この映画の亜流だから。

233 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:36:48 ID:???
>>231
「ダイ・ハード3」かな?

234 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 22:06:34 ID:???
>>232
「赤切るか? 青切るか?」 最初にやったのがこれだっけか。

235 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 22:42:01 ID:???
最近のは携帯電話改造型の起爆装置の奴だっけ?


236 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 23:32:00 ID:???
大好きなママンを間違って爆殺しちゃうヤツだな

237 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 07:55:29 ID:???
>>232
基本中の基本だな。
最近はあの時代の映画をテレビでやらなくなったので
亜流の亜流から入るゆとりが多くて困る

238 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 17:07:53 ID:pk7mG1a6
敵の作戦で焦土化された土地を次々と占領させられ、
パルチザンや残存部隊の嫌がらせに苦しめられつつ、
敵国の中枢を目指す軍隊の場合、
焦土化されて住民のいない占領地にでもどの程度の守備兵力を残していきますか?
兵站線を維持できる程度ですか?それとも、それ以上に多目に残していきますか?

239 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 17:27:26 ID:???
パルチザンが後方を荒らしているというなら、補給線上や拠点にそれに対抗できる程度の兵力は必要じゃないか?

240 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 18:02:43 ID:1PZX3VMI
ライトセーバーの動力や電源はどうなってますか?

241 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 18:06:24 ID:???
>>240
ggrks

242 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 18:07:33 ID:???
CR123Aリチウム電池×2
http://www.euro-surplus.jp/shopdetail/020001000001/page/

243 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 19:59:03 ID:1PZX3VMI
>>242
その程度の電力では、映画の様に鋼鉄を切り裂いたりできないと思います

244 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 20:15:32 ID:???
>>243
映画って嘘っこなんだし、サンタさんはいないんだよ。知らんかったか?

245 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 21:30:16 ID:???
>243
スターウォーズの話はスターウォーズ板へ

日本人有志が作ってるらしい解説サイトではこうなっている
ttp://www.starwars.jp/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC

文句付けたきゃジョージ・ルーカスに言って来い

246 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:06:16 ID:???
映画「コマンドー」で、説明書を読んだことで有名なロケットランチャーは何というものですか?

247 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:12:14 ID:???
>>246
M202A1 FLASH 焼夷ロケットランチャー

248 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:15:55 ID:???
つーか
「コマンドー ロケットランチャー」でググれば出てくるぞ

249 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:29:26 ID:???
最近の単発質問者は横着者かネタばかりだな


250 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:30:38 ID:???
>>248
あまりにそのまんますぎてその発想ができませんでした。すみません。

251 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:36:12 ID:???
>>249
ID出してない質問にレス付ける、入れ食い状態だからな。


252 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:55:05 ID:???
つうかあのランチャー実在したのか。しらんかった。

253 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 01:59:05 ID:???
ふと思った
銃弾が薬莢ごと発射される間違い描写って何で起こるんだろうか?
リボルバーの再装填描写とか当たり前にあるのに

254 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 02:00:09 ID:???
金属モデルガン時代からの伝統的間違いだから。

255 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 04:31:21 ID:???
あの当時だけぐらいしか起きてないけどな

256 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 04:57:00 ID:???
銃の知識の全く無い少女漫画とかでは、常にありうること。

257 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 05:08:58 ID:???
>>253
ローダー使ってるのはあまりないがな

258 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 10:38:37 ID:???
>>253

薬莢付の弾丸(=新品の弾丸なわけだが)の写真は
簡単に手に入るが、実弾部分だけの写真(それも新品)
が殆ど存在しないのも原因の一つだろうねぇ。

「銃弾の資料ある?」

「はいこれです。」(銃器店のパンフレットを渡す)

じゃ薬莢付の新品の弾丸の写真しか手に入らないだろうし。
(自分もいまだにすでに射撃済みで潰れた弾丸しか見たことない)

259 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 11:14:30 ID:???
>>238
現代でいいんだよね?
人間がいない場所の占領では要所に最低限+後方に予備戦力(主に航空支援)が基本。
補給はそこそこの護衛つけた上で高速でかっ飛ばすので大規模な守備隊は使わない。
ただアフガンみたいに山ばかりな地形だと「最低限」の分量は多めになるが。

260 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 12:09:00 ID:???
武器と爆薬という本には、NHKが、戦車砲弾のCGモデリングで発射された
砲弾が薬莢ごと飛んでいる映像を放送してるのをみて、呆れたとか書いてるので、
根本的な知識不足だろ。

261 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 17:42:43 ID:???
黒髭みたいにバネの勢いで飛んでいくと思ってるのかなぁ

262 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 18:29:19 ID:???
「よく知らないがこんな感じ」でやってりゃぁそんな風にもなるんだろう。
でも、仕事なのにきちんと確かめずに「多分こう」でやっちゃうかな。

263 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 18:32:03 ID:???
>>262
仕事だから本筋以外は適当に流しているのではないでしょうか。

264 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 19:05:42 ID:???
昔の大砲が(今もか)砲弾と火薬(装薬)は別個で装填し
火薬が爆発して砲弾が飛んでいくっていうのを半端に知ってるから
現在の銃弾や薬莢付きの砲弾もそうなんだろうな、程度に思ってる人もいるんじゃないか

そもそも「薬莢」が何のためにある部分なのか知らない可能性がある
あれも砲弾・弾頭の一部だと思ってるのかもしれない

265 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 19:12:02 ID:???
ルパン3世のオープニングの場合は
「素で間違ってる」のか
「先にンの点の部分を薬莢付いた弾丸のでデザインしたから
作画の方で薬莢ごと銃から発射されて、ンの字に収まるというふうに合わせて描いた」
のかよくわからん所がある


266 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 19:53:03 ID:???
>>264
でも撃ちつくしたリボルバーのレンコンが空で即装填とかは無いよな。


267 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:02:50 ID:???
>>266
昔の刑事ドラマやその映画でなら、あった事がある
逆に、装填するときに「薬莢がコロコロ落ちる」のではなく
「弾頭のついた銃弾が」落ちてったのも見たことが…

268 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:34:57 ID:???
あとは松田優作の映画だったか?
オートマチック拳銃を連射(排筴無し)した後
何度もスライドを引いて薬莢をポロポロ出して・・・と言うのがあったとか

269 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:37:35 ID:???
この動画を貼れと言われた気がした。

ttp://www.youtube.com/watch?v=cIOxsYDHWGc

270 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:38:09 ID:???
洋画でもトカレフを数十発連射したりしてたし。
スコーピオンSMGの乱射して打ち手の足元に薬莢がバラバラ落ちるシーンで、
薬莢が5.56 x 45 mm弾の物に見える、どう見てもマガジンの前後長より長い物だったり。
それなりに見栄えが良くなるんなら、その辺りは銃器描写が正確でなくても可なのだろう。

271 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:47:05 ID:???
ヒートとマイアミバイス(映画)を見たときは犯罪者(またはそのフリをしている)なのに
なんでここまで装備が良いんだ?とは思ったなぁ。
銃とかガンアクション自体は実に良かったんだけど。
向こうなんてあんなもんなんだろうか。

272 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:49:18 ID:???
フィクションだしなぁ、映画のように車を銃撃しても爆発するわけ
ではないし(穴だらけにはされるけど)その辺りは「所詮エンターテイメント」
という括り方にしているんじゃないの。
邦画にしろ洋画にしろそういった部分の考証がいい加減な作品はいっぱいあるだろ。


273 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:04:18 ID:???
>>271>>272
ヒートはともかくマイアミバイスの場合、最近の一部の犯罪者は金持ちかつ表向きには
セレブとか真っ当な企業の経営者とか社会的地位のある人物という建前上の身分を持ってるので
装備だけなら結構いいものを持っている、というのが多いそうだ


274 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:05:39 ID:???
言っちゃなんだが、ミリヲタや軍ヲタを納得させるために映画作ってる
わけではないだろうからな。

ただ、「知ってるけどあえて」適当なのと「知らないし知ろうとも思ってない」ので
デタラメなのは似て非なるものだけど・・・。

275 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:06:58 ID:ql1QkrVv
映画「リベリオン」ではマズルフラッシュが十字になっていますが
実際にマズルフラッシュの形を変えるというのは可能なのでしょうか?

276 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:08:12 ID:???
>>275
フラッシュハイダーの形状によってはいかようにも。

277 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:11:09 ID:???
>>276
なるほどー・・・
ありがとうございます

278 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:13:13 ID:???
火薬の発火だけでは地味なので、LPガスを吹き込んで派手にしているとか > マズルフラッシュ

279 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:13:17 ID:???
>>268
単にプロップガンが不調なのかもしれないが、実銃でもサイレンサー付きにすると
排莢できるまでスライドが後座せず、一発一発手動で排莢する場合もある。

280 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:14:46 ID:???
>>278
いや、今だと後からCG合成で簡単にできるから。

281 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:25:19 ID:???
>>265>>267>>270
そこらは元にしたモデルガンによるものの可能性がある。
キャップ火薬でブローバックするコクサイの奴は弾丸部分は薬莢だけになっているが、マルシンのものは弾丸つきの形態だったりする。

>>271
マイアミバイスはおとり捜査を行う部署が元になっているドラマだが、
アメリカでは実際に押収品をおとり捜査のために使うことがあるようだ。

282 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:43:32 ID:???
>>273>>281
あー、なるほど。装備の他にも
何で牢屋から出てきたような連中が自家用ジェットを維持出来るまでに
成り上がって犯罪のために飛ばしてるんだ?元取れるのか?
(何故その羽振りの良さを疑わないんだ?)とか色々思ってたんで納得。
向こうの犯罪者はそうなのか。
勉強になった。ありがとう。

283 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:55:16 ID:ojDNlgT+
ターミネーター2では、ジョンから「人殺しはするな」と命令されたT-800は、
敵を無力化するのに脚を銃で撃ち抜いていましたが、
それでも、当たり所が悪ければ後遺症は残らないのでしょうか?

284 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 21:59:10 ID:???
>>283
日本語でおk

285 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 22:08:09 ID:???
>>283
「良ければ」だろ。

現実問題として、銃弾で足を撃たれたら、どんな弾が
何処に当たったのであろうと後遺症が全く残らないような
負傷で済む事はまずない。

でもあの場合、コナーは「殺すな」と命令した”だけ”で、
「後遺症や障害が残るような怪我をさせるな」とは言ってない
ので、ターミネーターにしてみれば台詞の通り
「(この程度じゃ)死なないよ」
というレベルに留めたのだからちゃんと命令は守ってる。

一応。

286 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 00:23:35 ID:kSrCVE0k
“ナウシカ”でクロトワがクシャナの生存を確認したとき、
「生きてたよ…。みじけえ夢だったな」
と残念そうに言ってましたが、その夢って何だったのでしょうか?

287 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 00:30:48 ID:???
>>286
そこの部隊での最上級者だったから、好きなことができたこと。

288 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 00:46:15 ID:???
>>286 一応肥沃な農地のある小国に進駐しており、ある程度機動力ある武力を有し
かつ本国からは遠く離れており、部隊は亡くなったであろう姫君に忠誠を誓っている。

つまり、その気になれば離反するも独立するも、手柄をたてて凱旋することも
可能な立場にいた。

289 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 01:21:24 ID:???
>>288
まあなんつうか天王山まで来たら本能寺で死んだはずの信長が現れた時の秀吉の心境だな。

290 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 01:26:42 ID:???
>>289
さあ、三州公と共に永遠の突撃に行こうか。

291 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 01:30:19 ID:v0DXaGuH
漫画の中で銃の掃除をするシーンを加えようかと思っているのですが
分解用のレバーは普段どういう風に動いているのでしょうか?

292 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 01:31:51 ID:???
>>291
ハンドガンスレで聞いたほうがいいぞ。

293 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 01:45:36 ID:???
yutubeあたりで銃の名前で検索すりゃ分解から動作まで色々出てくると思うが

294 :291:2010/07/19(月) 01:50:32 ID:v0DXaGuH
すみません
分解用のレバーが拳銃の中に納まってるときどういう風になってるのか知りたかったんです
当該スレにて質問しなおします
スレ汚しすみませんでした

295 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 02:27:23 ID:???
>>268
元映画屋から一言。

いちおうガンアクションがある映画には、この板にも常駐してそうな
マニアのガンアドバイザーがちゃんとついているのが普通だ。
というか撮影用の銃器はそういうアドバイザーが許可を得て使ってるので、
普通じゃ簡単に手に入るシロモノじゃない。

ただ、日本映画の製作現場は監督の権限が強すぎて、そういう下っ端が
口を出せない雰囲気があるんだな。
いちおうサード助監督が持ち道具など美術をとりまとめる役なのだが、
あれはいちばん下っ端がやるもんと相場が決まってるので難しい。

監督自身がマニアか、あるいは下積み経験があってプロのスタッフに
任せられるタイプでないと、メチャクチャな絵になってしまうのはそのためだ。

296 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 02:50:47 ID:???
>>294
つうか分解用のレバーって何?拳銃に分解用のツールなんて、(ストック付きならまだしも)内蔵するスペースは無いが。

297 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 06:07:00 ID:???
分解用レバーは普通はテイクダウンラッチとかテイクダウンレバーと言う
下のサイトの上から四分の一ぐらいのところがわかりやすい
ttp://gun.world.coocan.jp/questions/mechanics003.htm

298 :小早川大尉:2010/07/19(月) 17:52:35 ID:???
オイッス、質問イグゥッー!ッスヨ?!(苦笑

Q1 マンガ『最終兵器彼女』のシュウの先輩について
   名前忘れちゃったんですけど、シュウの先輩で陸上自衛隊の1尉になったやつがいるんですが、
   そいつが、作中での説明はないままなんすけど、1尉のクセに前線にでて64でドンパチやってるわけです。
   まあ、所詮”体育学校出身の1尉”にすぎないわけですけど、普通、1尉が1士とかと同じ戦場でドンパチする、
   なんて運用はありうるんですけぇの?今現在の陸自の幹部運用的に。
   普通、CPあたりでコーヒーメーカーをカチカチやってんじゃないスかね?
   まあ、戦場でちせと邂逅させる、って演出上、戦場に出したのかもしれないすけど。

Q2 某仮想戦記もどきマンガで・・・
   2曹がバカな士長に対して、「ここで敵を倒せばお前は1階級特進だぞ!イケ、イッデゴイッッ!!」
   と唆します。すると、その士長(一応、2任期やってるという設定「)は、
   「マジっすか!マジパネェッス!」とか狂喜して突撃し、死にます(キッパリ
   ・・・これってどうなんですかね?2任期もやってる士長は↑のようなウソは見抜けないんですかね?
   作中で、その士長が特別バカという描写はなかったのですが。

299 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 17:58:56 ID:???
>>298
1.1尉は中隊長なので、戦場にバリバリ出ます。
2.敵を殺したぐらいじゃ昇進できません。戦死すれば特進できますが。
  きっと、その士長は名誉の戦死しろと言うも同然の命令に、従容と従ったのでしょう。

300 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 19:30:56 ID:???
>>298
中隊長は本来直接戦わないで命令出す立場の人だが
中隊長程度の現場指揮官なら、自ら銃持って戦う状況になるのは
割と珍しくないし銃弾も敵の迫撃砲も喰らう位置に居る
かといって銃弾や砲弾落ちてこない安全な位置に中隊本部設置したら
現場の小隊に的確で素早い指示が出来ないし

301 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 22:12:29 ID:???
夏だなぁ。
脳味噌はもっと大事に使えよ。

302 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 22:53:27 ID:???
>>298
戦時で将兵が減っていた可能性はないでしょうか。

303 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 00:29:48 ID:4hcya7I5
>>298

某仮想戦記もどきマンガって何?

304 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 13:58:54 ID:l413il80
風の谷のナウシカのクロトワは、
「うだつの上がらない平民出身」と自分で言っていますが、
クシャナに次ぐ地位にいる以上、軍人としては有能だったのでしょうか?
劇中では間抜けそうに見えるシーンも多かったですが。

305 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 15:05:11 ID:???
>>304
そのへんは、Wikipediaのナウシカの登場人物のところに詳しく書いてるが。
かれこれ、25年前の映画なんだから、ぐぐれば資料サイトが山ほどあるぞ。

306 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 15:10:07 ID:???
>>304
本当に無能ならクシャナ様に始末されていただろうと思わないか?


307 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 17:13:12 ID:???
>>304
27歳で王政国家で平民から軍の参謀になる人間が、うだつの上がらない無能なわけが無い。
かつてはコルベット乗りで、空中戦で見事な技量を見せてるから、兵からの叩き上げと思われる。
平民出身で兵から叩き上げて27歳で参謀というのは破格の出世。ずば抜けて有能じゃないと無理。
あと、クロトワは兵の信望が厚く、指揮官としても有能なところを見せている。

308 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 20:21:30 ID:???
劇中で間抜けというか、あれは軍人として常識的な考えで動いてたら
非常識のナウシカに出会って道化になる、という単なる劇作手法にすぎんのだが。

309 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 22:47:16 ID:???
クロトワさん俺より年下だったのか……。
てっきり30過ぎとばかり思っていた。

310 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:24:15 ID:oLi8XwiY
機動戦士ガンダムに出てくる61式戦車は、
作品の時代背景、舞台設定、科学力などに比して、
何故あんなに古臭く時代遅れなデザインなのでしょうか?

ガンダムを作るぐらいなのだから、
ガンダムのビームライフルの様にザクを一撃で破壊できるビーム砲を搭載した、
新型戦車が作られ、それが劇中に出てきてもおかしくないと思うのですが。

311 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:32:06 ID:???
>>310
ガンダムの話は、シャア板でやれ。

312 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:32:57 ID:???
>>310
作中設定で既に、1stガンダムの一年戦争の時代のさらにとっくの昔に
旧式陳腐化してて、しかし大きな戦争とかなかったので更新の必要性が無く
そのまま使い続けられているという設定になってます

あと、ガンダムのMS用ビームライフルは、1stガンダムにおいて
ガンダムやガンキャノンに装備しているものが史上初でMSサイズに小型化実用可能となった物である設定ですんで
戦車なんかに装備できる代物じゃあありません

313 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:35:26 ID:???
>>310
一応作中の設定だと、連邦軍はジオンのMS開発をダミーだと思ってたので
それに対抗することを戦争が始まるまであまり真面目に考えてなかった。

戦車の「理想の形」っていうのは重力下で使うのならほぼ最適解が出ている
わけで、時代が進んで技術が進歩しても、外見はそう変化はしてないだろう。
それに、あれだって今の戦車から比べたら、革新的な技術の進歩がないと
作れない、超未来技術の戦車なんだし。

ただあの61式、設定が正しければ今の戦車と比べると異様に大きい車両なんだよね・・・。
むしろあの大きさだと「MSとしか戦えない」だろうな。
大きい分装甲は厚いにしても、現代の洗車とやりあったら大きく目立つ分ただの的だと思う。

314 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:36:01 ID:???
>>310
ガンダムで閉じている質問はシャア板を推奨
普通の軍オタにガンダム系作品は手がつけられない
(設定の把握すら困難という点において)

315 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:42:33 ID:???
>>314
過去にガンダム系のスレが幾つも立って板違いで削除されるまでの間に
「ガンダムの設定を知らないで適当な想像で実際には無い設定を捏造し、
自分で捏造した設定のここが間違っていると自分で叩いて悦に浸る」
というアホな軍オタが何人自爆して行った事か…

316 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:02:07 ID:???
>>312
ビームライフルよりも、戦車の砲塔の方がデカイし、
数ヶ月後に、更に小型のジム様のビームガンが開発されている。

戦車に載せられない、載せない方がおかしい。

317 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:11:51 ID:???
>>316
砲身積めても「エネルギー源」がなー

同様の理由では「ザクマシンガンを戦車に積めても、そこまで発射・装填速度要らないし
そもそも戦車砲がマシンガン化するほどの砲弾を戦車に積めない
人間の歩兵にヘリ用ミニガン持たせる意味が無いのと同じ」
ってのを過去にここのスレやガンダム系スレで見たな

318 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:15:38 ID:???
ガンダムのビームライフルってマガジン交換というかエネルギーパックの様なものが交換されてて
あれにエネルギーが充填されてると思いきや、あれに入ってるのは
加速して弾体として飛ばすための「メガ粒子」だそうで
ビームの電力はMS本体から供給されているわけで
戦車にビーム撃たせたいなら戦車にも核融合炉積まなきゃならないんだとか

319 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:19:59 ID:???
だからシャア板で聞けと。
ちなみに戦車には載せられない。
あの時代のビームライフルとかはエネルギーキャップ方式という一種のバッテリーのようなものを使用。
エネルギーキャップ方式は再充填に専用の設備が必要で艦船レベルの容量がないと搭載できなかった。
そのため連邦MSでも90mmマシンガンなどの実体弾装備を使っていたりする。

320 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:23:57 ID:???
まあ1stのビームライフルのレベルでさえ「戦艦の主砲(ビーム)並の威力」だから
戦車なんかに積む意味はあまりないな、オーバースペック的な意味で

ビームの性質的にも徹甲弾しか発射できなず榴弾が使えないというのと似た状態になるし
(劇中描写では地面に当たると爆発してる謎ビームだけど)
光学兵器を戦車に積むって発想からして意味は薄いと思うぜ

321 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:31:00 ID:???
>>319
ああ、だから地球上でビッグトレーのような無意味に巨大な陸上戦艦があるのは
移動式の発電所(充電装置)に諸々の整備・兵站機能を持った移動拠点かつ
指令本部も置けるようにっていうコンセプトなわけか…

322 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:36:59 ID:???
>>310 >>312-313 >>316-321
戦車を何に、どんな戦術に使うかによるのではないでしょうか。
塹壕やトーチカの突破なら現代のものがよいかと思います。

エネルギーや弾体を解決しても、モビルスーツ(?)のような動きの速いものを相手にするのなら、戦車の砲塔の回転速度では追いつけないと思います。
機動性を考えて回転翼機(ヘリコプター)か、火力が必要なら追尾型ミサイルなどで後方から支援する方が良いのかもしれませんね。
ミサイルなど交わせそうだけど、そこは飽和攻撃や十字砲火で数頼みするしかないかもしれませんね。
粘着爆弾を持って突撃だけはしたくない...

323 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 03:05:54 ID:???
現用戦車でも砲塔の旋回は充分早い。問題は、仰角が足りないので股関節とか融合炉のある胴体、頭部を狙い難い点。

324 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 03:49:14 ID:???
>>315
まあ半端な知識でオタを挑発するとどうしても柳田理科雄みたいになりがち

ここで板違いなんてケチなことは言わん
ただ、基本的にこの板にもガノタは多いが、おっさんが記憶に頼って書き込むと
議論が余計にカオスになるからやめたほうが賢明だと思うぜ

325 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 04:12:18 ID:???
ガンダムは設定が山盛り過ぎて
まずそれを確認するのに長文数レスのやりとりが必要になっちゃうので
シャア板でやってほしいんだがな……
ほとんど、テンプレにある「極端に軍事常識から外れたSF兵器」に該当してるw

>>323
ガンダムはよく知らんのだが、
仰角が足りないぐらい交戦距離が短いのか?
それとも大ジャンプするとか?

326 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 04:13:28 ID:???
>>324
軍事板なんだからガンダムのことを知らない者もいると思いますよ。
ガンダム設定に関しては詳しいオニーサンが詳しくないオッサンに教えて下さいよ。
ヤマト世代の私には、ジオン(?)の方はザクぐらいしか分からない...

327 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 05:14:05 ID:???
>>325
MS IGLOO2で実際にやってる。ザクはジャンプして一気に61式戦車に肉薄、目前でめまぐるしく動く脚部に照準できず、
また仰角不足でボディを狙えない。苦肉の策として撃破された味方戦車に乗り上げ、仰角を稼いでいる。

328 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 06:27:45 ID:???
地球連邦軍には戦車しかないのか?
57mm4連装自走対空砲とか254mm連装自走砲はないのか?

329 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 06:34:34 ID:???
コロニー内用のオープントップの対空自走砲とか、でかいガトリングガン載せた
ハーフトラックとかいたが、なすすべもなく殲滅された。

330 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 09:50:31 ID:???
>>327>>329
MSは地上ではでかくて遅くてただの的ってよく言われるけど
歩行速度めっちゃ早いというか、あの図体で機敏に動くから歩幅は大きく取るし
時速換算でどのくらい出てることか…
(作品毎に異なるけど、人間がジョギングするのと同じ位の動作速度で走ってる場面を元にすると
その10倍の大きさの巨人が同じ速度で手足を動かしてる事になるし)
さらにあいつら、核パルス推進器を搭載してるから短時間なら地球上で「飛べる」しな
やってることは単に物凄いジャンプな上に、数秒間の滞空程度なんだが
ガンダムはそれでジオンの航空機(おそらく音速出ないだろうけど)と互角どころか圧倒している

その運動能力でできる事を考えると既存の地球上の兵器の枠を逸脱しすぎて
旧来戦車が想定してる「相手」とは何もかも違う
戦車と同等の速度を持って火力は艦艇の速射砲で、部分的にヘリみたいに三次元機動可能とか化け物
ただ、カタログスペックが劇中描写と矛盾してる(重量が異様に軽いとか
推進力が地球上であんなジャンプできないとか)があるから、にわかが幻惑されがちなだけで
劇中描写に合わせて設定上のスペック数値を直したら、どんな常識外れな代物かよく判る

というかあいつらは元々、「宇宙戦闘機」なんだぜ…


331 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 11:23:15 ID:???
>>330
え゛...スペースシャトルで空中戦するようなものなんですね。でも、強いと...
破壊が無理そうだから、腐食させるのはどうでしょう。
強酸のゲルをぶつけるとか。
ローマ時代の油ぜめみたいだなぁ。
なんか、戦車の話から外れてしまった。ごめんなさい。

332 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 12:16:39 ID:???
>>326
教えようとしてスレひとつ使い切っても論争が終わらないから隔離専門板がある。
そういう世界なんであきらめてください。

333 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 12:52:42 ID:???
ガンダムのカタログスペックは素人が本当にてきとーに考えて作った物だし
そのカタログ内で相当な矛盾があるものだしなあ
例えばMSの平均重量が50〜70トンはあるんだが
144分の1のガンプラと、同スケールの食玩の戦車なんかを並べると
とても同じ重量とは思えないくらい大きさや密度に差がある
これではMSは装甲も骨格もペラペラというか航空機並の軽さ
紙で出来てるのか?ってくらい構造材が薄い事になってしまう

その辺も真面目に突っ込みいれようとする軍オタが逆に撃沈される理由の一つ
設定上の数値が嘘情報やデタラメに近いから真面目に考える事自体が負け

334 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 13:29:40 ID:???
>>330
>核パルス推進器を搭載

そんな危ないものを勝手に積んじゃダメw

335 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 13:35:59 ID:???
>>334
正しくは核融合ジェットだっけか?

336 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 13:54:57 ID:???
かんがえると、ドラえもんも核融合炉を積んでるんだよな。

337 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:03:55 ID:???
>>336
非核三原則ww

338 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:11:35 ID:???
非核三原則は兵器であって、動力源じゃないよ

もっとも地球破壊爆弾を運用しているロボットだからな

339 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:15:16 ID:???
むつの事も忘れないであげてね

340 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:19:28 ID:???
「最強のロボットは何か?」という昔のスレで、
ゲッターロボやイデオンを差し置いて、ドラえもんが最強という意見が多かったのを思い出した。
どんな敵が相手でもタンマウォッチとスモールライトとウソ800があれば十分らしい。

341 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:35:29 ID:???
>>340
最近のロボアニメのラスボスで
「相手と似た外見かつ似た性能の姿にコピー変身し、なおかつ完全上位互換」
という状態で相手を叩きのめして屈服させる戦い方をする奴が居たが
その場合もドラえもんは勝てるんだろうか

342 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:40:14 ID:???
>>341
4次元ポケットはコピーできても中身はコピーできないのでは?

343 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 14:49:03 ID:???
>>342
中身を出した瞬間コピーされるだろうな
銀河系の上に乗っかれるくらい巨大で無尽蔵なエネルギーを持ったラスボスだったから
同じく銀河系サイズの主人公ロボでも太刀打ちできなくてパワー負け、
ラスボスのトドメの必殺攻撃を味方の一人がわざと犠牲になって受けて量子分解→それを吸収して
はじめて主人公ロボがラスボスと互角の殴り合いをできるパワーを得て、
あとは気合と根性で押しまくってなんとか勝ち

ちなみに戦いの序盤では主人公・ラスボスともにその辺の手近な小規模銀河系を掴んで丸めて相手に投げつける
というロボアニメ史上おそらく最大スケールの攻撃を行ってた

344 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 15:05:53 ID:???
>その辺の手近な小規模銀河系を掴んで丸めて相手に投げつける
そんなのが可能な相手じゃ現代戦争に置き換えたらもう戦闘開始前に戦略レベルどころか政略レベル、
さらに遡って技術や兵器の世代で大きな格差を付けられてて負けてるのに近い
相手の姿をコピーって全然必要ないどころか余裕ありすぎて遊ばれてるようなもんだ

345 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 16:12:39 ID:???
あれだよね、ぶっちゃけロボットじゃ無いよねそれ
というかそんなのを作る目的が気になる

346 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 16:42:19 ID:???
話に収拾がつかなくなって面白くない。

347 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 17:15:24 ID:???
人型兵器は戦車や航空機には勝てないと言うのが、
とっくの昔に出た結論だと思うが、
なんで人型兵器の話になるとやたらとスレが伸びるんだろうか?

348 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 17:30:49 ID:???
ニワカ知識でも叩ける、見下していじめるのに格好の的だから

349 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 17:31:04 ID:???
>>347
>人型兵器は戦車や航空機には勝てないと言うのが、
>とっくの昔に出た結論だと思うが、
ロマンだからだろ
そして創作の世界だから

350 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 17:34:06 ID:???
>>348
そして>>315みたいな例、と…

ここでその作品の事をあまり知らなくても
批判にボロを出さなくていいってのはボトムズとかガサラキとか
作品側からしてミリタリーに歩み寄ってるというか、ある程度考えられてる作品ぐらいだよな

351 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 18:48:47 ID:???
そもそも、何でガンダムみたいな子供向けの、
長期展開など考えてなかった作品がここまで流行ったのか理解できない。

ガンダム芸人とか、知能が低そうな連中ばっか。

352 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 18:53:38 ID:???
日本人はなぜ人型兵器に憧れるか、永遠のテーマだ。

353 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 18:58:42 ID:???
>>351
それはガンダムをエヴァなどの他のアニメに入れ替えても成り立つ論理だな。
つまり、お前がファンじゃないからそう思う。それだけの事に過ぎん。

354 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:03:05 ID:v7pis6Fa
軍オタに評価の高いロボットアニメや戦争アニメは、やはり皆無なのですか?

355 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:09:16 ID:???
>>354
別にそんな事は無い
ただ、軍事的にとか科学的にとかの「正しさ」「合理性」「現実的」が無い作品を
批判したり叩いたりするのが格好いいとか正義だとか勘違いしている「軍オタになったばかりの中二病」
が時々喚くだけの話

軍オタとしてのそれと、ロボットアニメを楽しむのとはそれぞれ別個の趣味で
別に矛盾しないし両立もする
混同するほうがどうかしている
そりゃまあ、軍事的趣味とロボットアニメのロマンを両方同時に満足させてくれるような
作品があったら嬉しいのは確かだけどね

356 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:12:29 ID:???
ツッコミ入れるのも野暮なくらいぶっ飛んだ作品もそれはそれで魅力あっていいけどね。
戦争ものじゃないけど、「少林サッカー」みたいな。

357 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:16:13 ID:???
>>355
ガングリフォンシリーズのロボデザインが好き

358 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:17:10 ID:???
戦争映画で「全体的に硬派なミリタリーだが最終的にはご都合主義な英雄物語」
というのを許容できるのに
「全体的に荒唐無稽なロボットアニメだが部分的に『なんかそれっぽい』ミリタリー要素」
は許容できないというのも変な話だ

359 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:20:15 ID:???
演出の一環でわざとやっていることを叩くアホウとか多いからなあ


中学生の少女が対戦車ライフルを抱えて走り回り腰溜めで撃つアニメ
                   ↓
実際は対戦車ライフルは少女の特殊能力によるものであるという演出。

360 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:21:18 ID:???
合理性や現実性を追求してもつまらん作品にしかならないような気が。

361 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:44:24 ID:???
>>359
それが演出なのか本気でやってるのか判らんのも多いから困る


>>360
ハードSFの事か

創作に求められるのは設定を違和感なく理解させれるのかどうかだから
合理性や現実性を無視しすぎるのあれ

362 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:49:30 ID:???
波動砲やイデオンガンには文句付けないけど、
劇中に出てくる戦車の砲塔の角度がおかしいとか、
しょうもないないことに文句言うのもいるな。

363 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:05:21 ID:???
ロボット兵器そのものは、なるべく現実に存在しうる形で登場させるという意味で、
創作設定のアドバイス的なことが可能なのでまだいい。
ただ、実在のアニメ設定を軍事的に考察という話には限度があるって事だ。

364 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:23:09 ID:???
>>362
宇宙戦艦大和、鉄腕アトム、ドラえもんの日本三大池沼向け糞アニメは酷すぎて、
突っ込む気すら起きない。

365 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:30:03 ID:C7/lP7g5
こんばんは。
大戦末期の話、侵攻するソ連赤軍の一隊が偶然、
ナチスの生物兵器によって自滅したドイツ軍の生物研究施設に足を踏み入れる話を
漫画に描こうかと思ってるんですが。

そこで開発されていたのは、総統命令で兵士達をドーピングする目的の生物兵器で、
人体に注射するとその身体能力、反射神経を大幅に向上させる事が出来るものです。
しかし実験は失敗。試験薬を注射された一兵士が暴走し、施設の関係者は守備隊もろとも皆殺し。
そしてたった一人残った、化け物に変わり果てた一人の兵士が施設内に潜んでいるわけで。
そうとは知らず、赤軍の兵士達は施設内に足を踏み入れ、捜索するわけです…。
そして暗闇の中で、知らず知らず一人づつ消えていきます…。

この時の赤軍兵士達の対応についての質問ですが。
こう言った場合に赤軍兵士達が生き残れるような行動ってどんな行動ですか?
一時的な逃避ではなく、完全に危険因子が消滅するまでを描きたいのです。
例えばその化け物を殺すとか、化け物が追ってこれない場所まで脱出するとか。
ちなみにその赤軍兵士達については、敵の待ち伏せを受けて敗走した哨戒部隊の生き残りで人数は16人くらい。
部隊は、ここが敵地である事以外は、現在位置の詳細も把握できてません。
友軍がどこにいるのかもわからず、無線兵もいません。
怪物については、視界内の敵が発砲する弾丸は、トリガーを引く瞬間の殺気を察知して避ける事が出来る。
重装備で50mを6秒で走る事が出来る。当然持久力も高く、走って疲れる事はない。
暗闇でも昼間と同様に目が効き、素手で人間の頭を吹き飛ばす怪力。
狡猾で、待ち伏せや罠も仕掛けたりする。
ただ、頭にあるのは殺戮本能だけで、施設に入り込んだ兵士達を殺すことだけに全力を注ぐ。
何かに絶望したり、恐怖したりする感情も無い。
生命力は多少人間よりは高いが、それでも眉間に鉛玉ぶち込んだら即死、
急所で無くても、ライフル弾を2〜3発ぶち込んだら殺せるくらい。
ゾンビみたいに何発うっても死なないわけではない。
でも、被弾の衝撃で転倒する事はあっても、痛がったりはしない。

現実的にこの困難を切り抜ける方法を、できればご教授ください。

366 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:51:28 ID:???
>>365
いや、それ考えるのが作者たるお前さんの仕事だろ・・・。

真面目に回答する限り
*助けが呼べないので全滅
*全力で逃亡
**逃亡した後自軍の憲兵か政治委員に見つかって逃亡罪で処刑
以外の結論はないだろ。

367 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:54:48 ID:???
>>365
その施設を探索する理由が良く解らんが、
普通に撃ち殺せばいいんじゃないの…?

368 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:58:23 ID:???
>>364
そもそもそれらは突っ込みを入れるためのもんではない
お門違い

369 :ソ連兵っつたらこれでしょ:2010/07/21(水) 21:03:30 ID:???
訓練や経験で身につけた兵士としてのノウハウが全く通用しない何かが居る
 ↓
仲間が為すすべもなく殺られて行く
 ↓
もうダメだから、ドイツ降伏の日に飲むつもりで取っておいた上物ウオッカを皆でラッパ飲み
 ↓
強化兵士、一人を闇中へ引っ攫おうとし、アルコール臭気中に突っ込んだ腕の強化因子が消されかけるのを察知して引く
 ↓
ソ連兵、怖い物ナシで出口へ突撃、無事脱出
 ↓
酔ったついでに止めてあったタンク貨車から、消毒用アルコールをくすねようとしてバルブ全開
 ↓
施設出口に勢い良く流れ込んで行くアルコール…

370 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:34:12 ID:???
おっと、間違えてタバコ落としちまったぜ

371 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:42:02 ID:???
>>365 何が脅威なのかと、その居場所を突き止めるのが手間だから
怖いのであって、あとはどうとでもなると思う。

たぶん壁越しに短機関銃を盲撃ちされればどうしようもないだろうし、
居場所を突き止められて、手榴弾を部屋に投げ込まれてもその化物では
対処できないだろう。


372 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:47:09 ID:???
>>365
偵察部隊だと車両化されてる気がするんだが、それは置いておいて
建物から退去→友軍が来るまで待つ→砲兵で建物ごと粉砕する。
偵察部隊が潰されたと上が判断すればより強力な後続が出ていると思われ。

>>366
末期だと政治委員は廃止されてる。

373 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:47:49 ID:???
>>365
殺戮本能だけなのに罠を仕掛けるのはおかしいと思います。
直線の通路に誘い出して銃撃で勝てるのではないですか。

374 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:48:21 ID:C7/lP7g5
やっぱりそこは自分が考えるとこですよね^^;
まじめに付き合ってくれた方、ありがとうございました。。

375 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:49:59 ID:???
建物の外壁にガソリン巻いて、火をつければそれで終わりだろ。

376 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:51:13 ID:C7/lP7g5
なるほど。みなさん、次から次へといろいろありがとうございます。。

377 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:52:46 ID:oLi8XwiY
ガンタンクの様な兵器は、現実で役に立つんですか?

重武装の装軌式装甲戦闘車両ですが。

378 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:54:20 ID:???
>>377
自走砲として考えると世界各国で使われていますが。

379 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:54:48 ID:???
>365 「死に急ぐ奴らの街」所収の表題作をお読みあれ。
つかその設定だと読んでいないとまずい。

380 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:57:49 ID:a3FkW//z
ガンダムのア・バオア・クー突入作戦では、
バズーカを二本とさらにライフル携行というかつてない重装備で臨んだのはなぜでしょうか?
武装のペイロードで機動性が犠牲になりかねない状況だったと思うのですが。

381 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:59:04 ID:???
>>380
だから、そのへんの考察は、シャア板でやれ。

382 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 22:12:53 ID:???
>>364
そりゃそうだ、元々3作品ともお子様(小学生)対象の作品だぞ。

383 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 22:24:20 ID:C7/lP7g5
≫379
それってハードボイルドな小説ですよね?
なぜ読んでいないとまずいのですか?

384 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 22:34:49 ID:???
>>365
ほとんど似たような設定の海外小説があったような気がします。
タイトルが思い出せない。
ゴーストという名の狼が出てきて、主人公の銃はマーリンで、対物ライフルを持った女性狙撃手もいて...
スタローンが映画化するような噂もあったんだけど...
何だったっけ?

>>383
紹介されているのだから、本屋でパラパラと流し読みして役立ちそうなら購入してはいかがですか?

385 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 22:55:59 ID:???
>>377
役に立たない。
戦車としても、自走砲としても、その他戦闘車両として見ても全く中途半端。

作るだけ無駄。

386 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 23:02:19 ID:C7/lP7g5
≫384
設定としてはよくありますよね。
僕もCoDWAWのナチゾンビにアイデアを得ましたから^^

本に関しては、そうですね。はい、そうします…。

387 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 23:47:05 ID:???
軍事板 一等自営業先生の Cat Shit One 特設会場

【7/17公開】Cat Shit One について語るスレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1279278983/


Cat Shit One -THE ANIMATED SERIES-
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11412221


388 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 23:55:16 ID:RopRB4IT
トムとジェーリーを見ていたら、硬い畑を耕すのにヒットラーの絵をかくと
偶然通りかかった陸軍の爆撃機の編隊が、爆弾を落として畑を耕していましたが、
WW2のアメリカ陸軍航空隊はそのようなサービスをしていたのでしょうか?

389 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 00:09:38 ID:???
>>388
アホかお前は

390 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 00:49:46 ID:9UGf/g0z
アクション映画では、バズーカや携行ロケットは撃った後は捨てることが多いですが、
戦場でも使い捨てですか?

391 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 00:50:23 ID:???
>>390
使い捨て前提のものなら。

392 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 01:59:15 ID:OmJ1ug+U
ひゅうがってゼロ戦みたいな固定翼機の発艦はできますよね?着艦は無理でしょうけど

393 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 02:18:10 ID:???
>>392
スレタイ見て帰れ。
それは初心者質問スレで聞くことだ。

394 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 02:36:06 ID:???
>>392
専用スレがあるからそっちで聞け

海自 ひゅうが型DDH 99番艦
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1268137469/

395 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 03:13:44 ID:???
>>392
離着陸距離的に可能な飛行機ならどっちも可能だというだけの話。
それに何の意味があるかという話なら専用スレいに行け。

396 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 03:20:46 ID:aMjVo3uo
AA12ってかっこいいですね
プレデターズで掘れました

397 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 03:36:46 ID:???
アーッ

398 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 12:29:59 ID:lQEEl1Fz
アクション映画などで特殊部隊が戦闘シーンを演じる際、
劇中の部隊を「本物」が演じたことはありますか?

399 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 12:50:18 ID:???
映画板で聞いたほうが確実と思われる。
>>1ぐらい読んでこよう。

400 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 20:20:03 ID:usC1aaIE
ガンダムの「逆襲のシャア」だと…っていうかガンダム全般だと
例えばブライトが「ロンドベル隊指揮官」と
「ラー・カイラム艦長」を兼任してますが
現実で「艦隊司令」と「艦長」を兼任することはありえますか?

401 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 20:36:37 ID:???
>>400
ない。
艦隊司令は、将官の仕事、艦長は、佐官(大、中佐)の仕事。

402 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 20:38:52 ID:???
>>398
映画「ブラックホーク・ダウン」では、実際にあの時モガディシオの戦闘に参加した
兵士が多く出演している。
例えば、リトルバードヘリ「スター46」の機長とか、チョーク2のディトマソ中尉とか。

>>400
昔の英海軍の職務である"Commodore"(代将)がまさにそれ。
海佐艦長(PostCaptain)で構成された戦隊の最先任艦長が任命される職務だけど、
階級はあくまでもキャプテン。
これにはファーストクラスとセカンドクラスがあって、ファーストクラスは
旗艦艦長を別に置いて戦隊の指揮を取るが、セカンドクラスは自らが
司令官と艦長を兼ねた。

403 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 21:12:40 ID:usC1aaIE
>>401
>>402
回答ありがとうございます。

名前からして「ファーストクラス」というのは規模の大きい艦隊で
旗艦になった艦の艦長は指揮に専念するために
副長…か何かを艦長役として
「セカンドクラス」の場合は小艦隊で負担が少ないので
先任艦長がそのまま指揮を取る…くらいの認識でいいんでしょうか。

404 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 21:28:13 ID:OmJ1ug+U
戦国自衛隊1549で90式戦車がグスタフの一撃で吹っ飛ばされていましたが
あんなに簡単にいくものなんですか?

405 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 21:37:20 ID:???
>>404
正面以外なら、普通に抜ける。
その作品を見てないからあれだけど、派手に爆発してるのは、
映像上の演出。

406 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 22:28:16 ID:???
映画だと正面からぶち抜いているが、本当に単なる演出上の理由でそうしてるだけなんだよなあ
側面に潜んで撃つシーンをしっかり作る暇がなかった、あるいは入れる尺の余裕がなかった(映画の終盤に近いし)
から正面からっていう適当な製作だった可能性もあるけど…

407 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 05:08:51 ID:???
仮に専門のアドバイザーがいても(大作映画ならスタッフには必ず入ってる)、
監督の一言でそんなのがすべて吹っ飛ぶのが映画の製作現場。
まあ映画は監督の物だからしょうがない。

また、ぶっちゃけ細部にこだわりすぎると小さくまとまりすぎて面白くなくなる。

408 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 11:04:36 ID:???
1549はテレビドラマ版に比べれば、よく作ったほうだし
和製の戦争・ミリタリー映画としても別に酷い出来じゃあないしね
もっと酷いのがかなりある的な意味で、よく頑張ったほう
あと本物の偵察警戒車で城門ぶち破らせるとかは快挙と言っていい

409 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 11:14:40 ID:???
>>408
アレはTVドラマ版がヒドすぎるだけだろ。

1549はストーリーがどうしようもなくダメだからな・・・。

ハッキリ言えば、旧「戦国自衛隊」の脚本そのまんま使って
自衛隊の装備と役者だけ新しい、というのでよかったのに。

410 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 11:25:25 ID:???
>>409
原作はかなりしっかりしてるしストーリーがうまく出来てるよ?
問題はそれを映画の脚本にするときに、主要な部分の幾つかをはしょって
どうでもいいシーンは残すなんて事をやったためで…

あと、自衛隊の協力得る上で「いくら戦国時代の人間と言っても
自衛隊員が同じ日本人を殺しまくるのは…」
ってのがどうしようもない制限条件だったんだし
だから的場1佐は映画中で、階級章外して反乱部隊になってる(もう自衛隊ではないから殺してOK)し、
反乱部隊になる事で侍たちに「反撃」できるようにし部下の命を守った、というのが原作と映画の脚本
映画はそこら辺説明不足でよくわからん事になってるが

411 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 11:35:00 ID:???
>>409
旧戦国自衛隊で戦車まで作ってしまったのは
「たとえフィクションでも自衛隊員が嬉々として人を殺すような内容では協力できない」
として防衛庁の協力が得られなかったからで、自衛隊に協力してもらって
実際の装備が使いたい限り、あぁいう内容にしかならないだろうね。

・・・例え90式が「センチュリオンにハリボテ被せたパチもん」でも「なぜか自衛隊員が
M16A2を持っている」でも「関が原がどう見ても日本じゃない」でもいいので、
「続・戦国自衛隊」の漫画版をそのまま映像化したのが観たい……。

412 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 11:44:57 ID:???
>>411
>「続・戦国自衛隊」の漫画版をそのまま映像化したのが観たい……。
アニメ化ならまだ芽はあるかもしれん
制限とかいらないだろうし

413 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 11:56:39 ID:???
「ジパング」や「沈黙の艦隊」の二の舞になるだけのような・・・。

414 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 12:03:06 ID:???
>>413
ジパングは原作からして作者の思想バイアスかかってるだろ

415 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 12:04:58 ID:???
>>414
アニメの方は尻切れトンボでろくに完結してないって話では。

でも、どれだけ出来が良くてもちゃんと完結しても、アニメじゃ
面白く無い気はするなぁ。
やっぱり実写でやってこそ、だと思う
>戦国自衛隊

416 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 12:16:57 ID:???
OVA6〜8巻くらいの構成なら高いクオリティでちゃんと完結も出来るような気がするがどうだろう

417 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 12:18:21 ID:???
>>411
「戦火の勇気」に出てたM1センチュリオン自衛隊迷彩にしたら
90式に見えないかな…無理か。

418 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 12:22:31 ID:???
車両類を完全CG、あるいはCGによる合成・修正で本物っぽくすれば
陸自の協力を得ずとも実写で…
金がかかりすぎて無理だな

419 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 12:55:53 ID:???
>>416
ああいう中年向きの電波漫画はDVD買う層がいないので無理

420 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 13:12:44 ID:???
まあタイムスリップ戦国物はクレヨンしんちゃんがぶッちぎり独走状態だからなー


421 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 13:16:17 ID:???
balladのことかー!

422 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 17:17:44 ID:sYaRYVYU
コルセットはボーンがステンレスで組まれていたみたいですが、サーベルとかで斬りつけられた場合
「このコルセットが無ければ即死だった…」
という様な状況は起こりえるのでしょうか

423 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 17:25:14 ID:???
可能性としちゃありうるだろうけど

コルセットで金属製のものはあまりないし何より女性用・・

424 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 17:29:14 ID:sYaRYVYU
すいません

普通に大丈夫そうでした
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Metal_corset

425 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 18:51:36 ID:nQh6QmaW
宇宙戦艦ヤマトよりも、このフリーゲームの方が軍事的に見てまともだと思いますがどうでしょうか?

http://www.ksky.ne.jp/~mutsuki/

426 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 20:41:11 ID:???
>>410
階級章を外して「俺は自衛官を辞める!お前ら俺についてくるか?!」みたいな
セリフがあったような。
後を追った江口演じる主人公一行は、単純に正当防衛なのかね。

つか江口洋介ってちっとも元自に見えないww

427 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 22:08:44 ID:qBD+ZAbz
イスカンダルから地球へ波動エンジン設計図が送られた際、
ガミラスはその宇宙船が地球に向かうのを黙認したのはなぜですか?
大和の残骸に偵察機を送り込んだり、大型ミサイルを発射したり、
ヤマトのワープテスト成功を知ったデスラーが、
「波動エンジンの設計図が優秀だったということかね?」
と言っていることから知らない訳はなかったと思うのですが、
大人の事情があったのでしょうか?

428 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 22:14:46 ID:???
スターシャの嫌がらせを邪魔すると、電話でネチネチ文句言ってくるからだろ。


429 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:00:17 ID:???
>>427
宇宙戦艦ヤマトのスレへ行け
ちなみにあそこの俗説じゃ最終兵器コスモクリーナーを持っているからだという説がある。

430 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:28:57 ID:???
なるほど。
たしかにガミラス本星に対してあれは究極の抑止効果だな

431 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:32:36 ID:???
ヤマトネタ、ウザくね?
スペースパンツァーグレネーダー?SPGのアレのほうがまだマシだわ。

432 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 02:56:34 ID:???
まともな軍オタは必然的におっさんなのでそんな新しいネタは知らない

433 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 03:00:20 ID:???
ちゅーか2chの中心層が、今はおそらく30〜40代……
10年前の『2ちゃんねる宣言』のころの調査で30代だったはずだから
まあ順当に行ってればね

434 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 03:38:36 ID:???
17年前、セーラームーンに夢中になってた大きいお友達時代を思い出す。

435 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 08:36:58 ID:???
そのまんまプリキュアの大きいお友達になっているのが多いと思う。

436 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 13:40:20 ID:D/9bs3IU
αケンタウリ星系は、二重恒星系だから、
ガス惑星が生成されないんだよね。

まだ未発見の岩石惑星をどう描けばいいのか。

437 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 14:33:25 ID:???
天文板からの誤爆か?

438 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:27:42 ID:???
>>436
二つの太陽の重力で、惑星の軌道がぐちゃぐちゃだろう。

439 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:52:22 ID:D/9bs3IU
>>438
惑星は全部アルファケンタウリに墜落したか、
恒星系外に飛ばされたんですか?

440 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 16:18:39 ID:???
アルファケンタウリは三連星ですね。

>>439
直接観測されていないだけではないでしょうか。
どうも恒星がふらついているから、惑星が存在しそうな雰囲気ですね。

Alpha Centauri Should Harbor Earth-like Planets
http://www.dailygalaxy.com/my_weblog/2008/03/alpha-centauri.html

Javiera Guedes -- Research/AlphaCen
http://www.ucolick.org/~javiera/alphacen.shtml

>>436
同様に観測されていないと言うだけだと思います。
ただ、存在するとしても観測できないほどだから、小さく離れていて氷の固まりになっている可能性が高いですね。


441 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 19:16:18 ID:???
質問したいのですが
ゲーム『メタルマックス』シリーズのように
Cユニットで動く戦車の描写はどうすればいいですか?
他のssやFFを読んでみても、バギー等の車が多くて
純粋な戦車がないのです。

商業版の小説では人工知能搭載って形なのですが
他に何か良い方法はありませんか?
分かりづらい質問ですみませんが、お願いします。

442 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 19:51:13 ID:???
Cユニットって何?

443 :3等自営業:2010/07/24(土) 20:01:03 ID:???
>>441
おめー、何様?
要するに、戦車がどう動くとか、どんな感じで操縦してるか、ってことを
具体的な形で知りたいのか?

そもそもなんだぁオメエはよ。Cユニットとかよ。
キャタピラのことか?あ?

つか、おめー、ここで聞く前にどんな努力をしたんだよ、言ってみな。
ガキじゃないんだから、聞く前にそれなりに調べたんだよな?戦車の描写についてよ?

いっとくがぁ、SSとかに描写がありませんでしたー、じゃねえかんな?
動く戦車の描写のある資料を探して、見つけて、検証した上で質問してんだよな?
だろ?
あ?

444 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:07:57 ID:???
>>442
説明不足でした。
Cユニットは簡単にいえば、操縦以外の行動を
全て行うコンピューターの事です。



445 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:14:08 ID:???
連投すいません。

>>443
お怒りごもっともです。
一応、ウィキ等で少しは調べましたが
正直戦車の操縦法は詳しくは調べていませんでした。
もう一度、自分で動画なり、商業小説を読んで出直してきます。
スレ汚しすいませんでした。

446 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:17:10 ID:???
>>445
つ【進め!タンクボーイズ】
質問時はID出せ。

447 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 21:02:58 ID:???
>>441
カレンデバイス型のある意味人工じゃない判断機能を持つとか、
人工知能だけど戦車と直結してる訳でなく間接的にアームなんかを介して
操縦してるとか、そう言うのを思いついた。
最近のコンピュータ積んでる戦車ならともかく、そうじゃないWW2の奴とかだと
どうやって動かしてるか分からん世界ではあるよなぁw


448 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 21:10:30 ID:???
>>441
描写自体はそちら任せにならざるおえないのだがw
どこまでそのユニットで行えるかによっても変わる。
操縦と砲撃のみ人間で出来るゲーム並みの簡易さであるとか、補修整備も自前で行えるほとんど自立型とかでも変わるし。

戦車物動画でこの手の省力化したものならガンダムのいぐるーとかSEEDすたーげいざーとかでも参考にはなるだろうね。

449 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:46:02 ID:???
>>441
ぶっちゃけ現代でさえ戦車というのは、走れば壊れるか道路を壊すシロモノで、
終始整備し続けないといざというときまともに動かないというやっかいな機械だ。
戦車ものの創作はそのへんの苦労をきっちり描くとリアリティが出るし、
むろん軍事板の人はそういう話をたいへんよろこぶ。

よってその手の質問はSF系の板でやるほうがよくないかなあ。
操縦以外全部やるメンテナンスフリー兵器なんてもう軍事の考察対象外だから。

450 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:40:26 ID:xuS4anYN
>>449
装輪戦車なら、その辺りの問題を解決できるのでは?

451 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:46:19 ID:???
>>450
装輪車輌は、不整地の突破能力が低いって大問題があってなあ。

あと、大口径火砲のプラットフォームにするには、安定性も悪すぎる。
それが唯一の理由ではないが、装輪車輌の主砲が装軌車輌のそれより小さいのは、
反動による車体の動揺を殺すのが難しく、命中精度に難が出てくるから。

452 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:48:32 ID:xuS4anYN
>>451
仮に装輪戦車を作っても、今の技術では105o火砲搭載車両が実用限度かな?

453 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:53:12 ID:???
路外走行能力、火力、装甲が戦車に劣るけれど、
想定してる任務が装輪戦車で済むんならありだなあ

454 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 00:03:23 ID:???
>>452
105mmつっても戦車の105mm砲の威力ではとても撃てないし
戦車と比べて発射準備→発射→行動可能になるまでに相当時間かかるだろうし
火力「支援」どまりだろうなぁ 戦車砲にはなれんよ

455 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 00:14:44 ID:e/4/MaYl
各駐屯地等に展示その他のために現存する61式の総数を、だいたいの推定で良いので分かりませんか?
また、(現存するものがまともに動けたとして)これを使ってT−55に対抗したいのですが、
「手作り爆発反応装甲」と「新開発!整形炸薬弾」でなんとかなるでしょうか?

無理そうならやめるか、相手をT−34にします。

456 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 00:29:33 ID:???
>>455
戦車と全然ゆかりの無い駐屯地になぜか61式戦車が敷地内のあちこちに点在して4台も5台も置いてあったり
逆に戦車大隊が駐屯してるのに展示の61式戦車が正門入ってすぐの展示場の1台以外置いて無かったりと
展示数ってほんとマチマチで推定すらできねーです

あと、展示の61式はエンジン抜いてるのが多くて動かすにはまず、「現存するエンジン」あるいは
「代わりに積めるエンジン」を探さないといけないです

457 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 01:30:52 ID:???
>455
あれは保存用以外はぶっちゃけ解体される順番待ちで置いてあるようなもんだし、
武装関係も使用不可の状態にされてるはず。

あとERAはそんなにお手軽なもんでもなくて意外とノウハウが必要、
HEAT除けなら金網をロールに巻いてくくりつけた方が良いかも。
それから61式の90mmにはHEATも用意されていたよ。

素の61式でも地の利を生かして近距離に誘い込めばT−55相手なら何とかなるかもしれんが、
どっちにしろ動かないわ武器の使用不可な状態だわじゃどうにもなんないね。
数台なら復帰させることもできるかも知れんが大量には難しいかと。

458 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 09:32:59 ID:???
>>450
戦車ってのは重武装と重装甲から来る重さが最大の問題でな。
50トンからのものを60kmで路外を疾走させりゃ、超古代技術でも
使わないかぎりはさすがに必ずどっか壊れる。
無理と妥協でぎりぎり成り立ってるのは現代でも同じなのだ。

重機なみにのんびり走らせるぶんにはそうでもないが、実戦では
そんな余裕は、まあたぶんない。

装輪戦闘車は、その重さの部分で戦車以上にはできないし、
しないことで路上での機動力と整備性のよさを稼いでるもの。
仮に同じ重さで作ったらやっぱり同じようなトラブルでると思うよ。

459 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 13:25:48 ID:Ue1Jl0ie
自身の小説で潜水艦の話を書きたいのですが、
酸素の無くなった潜水艦で、搭載されている酸素魚雷を分解して、
一時的に酸素を取り出すことは可能でしょうか?

もし、可能ならばどの程度の時間は持つでしょうか。
艦の大きさは海大型(100M程度)の大きさの予定です。
よろしくお願いいたします。

460 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 13:39:34 ID:???
>>459
それ、確か物凄い危険な作業だったはずだから
潜水艦の艦内じゃあ事故が恐ろしくて出来ないような気がする


461 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:00:35 ID:???
窒息はもっと怖いと思う

462 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:04:54 ID:???
林譲治の架空戦記に、全く同じシチュエーションがあった。
(兵隊元帥シリーズだったかな?)
手元にないので確認できないけれど、取り出せる酸素の量や、
それで乗員が生存可能な時間も、具体的な数字が書かれていたな。

463 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:08:37 ID:???
>>461
それで魚雷の解体に失敗して艦内に被害が出てりゃ世話は無い
酸素魚雷のは酸素っても濃度の高い状態の純粋酸素だぞ
しかも燃焼剤(酸化剤)として使うものだし

464 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:19:19 ID:???
窒息は確実だが事故は保障されていない。

465 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:50:40 ID:???
実際に市街戦で民間車両ってそこら辺に乗り捨ててあるものなんですか?
乗り捨てる過程が思いつかないのですが……(逃げるにしてもわざわざ車を降りるのかと)

466 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:58:55 ID:???
ハッキリ言って、この質問に答えるだけの知識は無いのだが…

目の前で戦闘が起こったら車捨てて逃げた方が安全。車ごと逃げ切れる訳ないし
車外に出れば腰を低くしたり壁に隠れたりと色々柔軟な対応が出来る。
…と思う。

467 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:59:52 ID:???
>>465
大阪の御堂筋にいけば、大量に乗り捨てられてるよ。

468 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:09:58 ID:???
>>459
可能かどうかはさておき、もしできたらどれくらいの時間になるか計算してみた。
以下、滅茶苦茶乱暴な計算なので鵜呑みにしないように。計算ミスあったらごめんね。

95式魚雷の酸素室の容量は383リットルで、圧力はわからないが仮に93式魚雷と同じなら225気圧。
つまり86,175リットルの酸素が充填されてることになる。酸素濃度20%の空気にしたら430,875リットル分である。

一方、一人の人間が大気圧下で毎分20リットルの空気を消費するとする。
海大型の乗員70名が普通に呼吸していると、一時間あたり84,000リットルの空気が消費される。
海大型の搭載全弾14発の魚雷があれば、だいたい71.8時間分の空気になる。

ただし人間は酸素濃度16%以下の空気を吸うと気を失ってしまうので、最後まで酸素を使い切ることはできない。
20%の状態から4%減ったらアウトというわけで、つまり実際に使えるのは全酸素量の2割である。
この比率を掛けると、14発の九五式魚雷からは、乗員70人のための14.4時間分の酸素が得られる。
半日ほど長く潜行していられる「かもしれない」代わりに主兵装たる魚雷を全て失うわけだが、割に合うかどうかは話次第だろうね。

尚、これは魚雷から出てくる酸素を直に漏れなく吸った場合の話。
単に魚雷の酸素室を空けて艦内に酸素を拡散させた場合は、もっと効率は落ちるだろう。

469 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:10:28 ID:???
車で逃げようとする人が多いと渋滞&パニックになるので
有事の避難にはできるかぎり公共交通機関を利用するのが常道
もよりの交通機関や緊急避難場所までとりあえず車でってのもあるだろう
車を乗り捨てるシチュエーションなんぞいくらでもある

470 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:19:33 ID:???
>>465
阪神大震災当時の写真でも探して見ろよ

471 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:24:52 ID:???
>>468
艦内が最初無酸素状態で、そこを魚雷の酸素だけでどうにかしようとしたら4パーセントの減少しか許容できないけど
最初から艦内の空気に酸素はあるんだから、魚雷の分の酸素は全部使えるんじゃないの?

472 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:27:04 ID:???
>>465
事故や渋滞があったり、道路や橋が破壊されてて先に進めないとか
敵が既に道路を封鎖、制圧してたら車に乗ってる意味が無い。
あと>>466が書いてるように、戦闘地域で走り回ってる車は目立つので格好の的になるし
直接狙われてなくても砲撃や空爆があれば車の中にいるのは危険。

473 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:27:22 ID:Ue1Jl0ie
皆さん回答ありがとうございます。
爆発する可能性はあるけど「やってみる価値はありますぜ!」
ってことですね、頭に叩き込んでおきます。

特に、かなり詳しい説明を書いてくださった、
>>468氏には多大なる感謝です。結構長く持つものなのですね。

474 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 15:47:34 ID:???
二酸化炭素吸収材を使えばもうちょっとは長持ちする気もするが・・・旧海軍ではどんなの使ってたのやら

あとはその海域の水温が高いと艦内の温度も上昇して体力の消耗が激しくなるので
その辺もかなり辛いらしいね
暖かい海域で作戦した潜水艦の話では艦内温度や湿度との戦いも結構書かれてるね

475 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 17:09:37 ID:???
>>464
艦内で事故起こったら窒息どころの話じゃなくなるかもしれんけどな
リスクが大きすぎるし、そもそも安全に解体できるだけの必要な工具や設備があるのか?とか
解体できたとして、酸素を安全に艦内空気と混合させられるのか?
とかの問題がある

ていうか、解体作業するスペース無いから魚雷室でやることになるし、
万が一事故ってそのまま艦内火災とかなったら窒息するより前にお陀仏の可能性があるんだぜ…

他にどうしようもない、ならともかく
手立てがあるなら魚雷を解体するより浮上できるように潜水艦の故障箇所を修理するか
素直に浮上しちゃった方がいいだろう

476 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 17:14:41 ID:???
>>468
>尚、これは魚雷から出てくる酸素を直に漏れなく吸った場合の話。
それ、やばいから直接吸っちゃだめ
魚雷のは純粋酸素だから酸素濃度高すぎて、じかに吸うと中毒になる


477 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 17:40:51 ID:???
放出量をコントロールして、20%を超えないようにしないと、酸素酔いになるし、
爆発事故起こすぞ。

478 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 18:35:51 ID:???
創作としては、緊急時で、他に手段がないシチュエーションなら、
窒息より酸素魚雷の解体を選んでもおかしくなかろう

それより問題は、>>462で出てるように、林譲治が既に書いているので、
これから書く人は、よほど工夫しないと、パクリだと思われることだな

479 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 18:52:01 ID:???
アイディアのパクリはいい、というよりどうにもならんでしょ
過去の膨大な作品群からアイディア被りを完全に回避するのは事実上不可能
本当にまずいのは表現(この場合は文章)が
まるまる同じだった場合で、それはもう「盗作」ということになる

480 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:15:40 ID:???
>>464
アイディアとしてはありだが、実際はおそらく最後のわずか数時間を稼げる程度で、
そこに貴重な酸素と人員を投入するんだったら、普通に復旧作業やったほうがマシ。
確実に数時間後に救助が来るならまた別かもしれんが、実戦でそんなのあり得ん。

また、そういう訓練を以前から受けてるなら別だが、すべての魚雷を即興で解体、
なんてやってたら、逆に死ぬまでの時間が短くなる可能性のほうがずっと高いよ。

どう考えても復旧に関係ない人員は動かず休ませておいたほうがまだ時間稼げる。
当たり前だが人間が動けば動くほど酸素消費量が増えて残り時間は減る。

481 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 20:33:22 ID:???
>>478
架空戦記の類って粗製濫造・あまりに膨大なのでそういうネタかぶりが怖いのだけど
確認する方法って無いよね?
まあSFとかのジャンルでもそれは同じかな
自分の構想をここに書いたら逆にそれをパクられたりしてw

482 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 20:36:28 ID:???
酒場でミルクを頼むと何で喧嘩になるのか20年以上悩んだし
何が2つで充分なのかサパーリだし、光る剣が2つの大ヒットSFで
使われてるし、

483 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:18:20 ID:???
>>481
2chからパクったら、気づかれると祭りになるんじゃね?
リターンがどのくらい見込まれるか知らんが、すげえハイリスクな気が。

484 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:24:58 ID:???
>>483
自分のネタをここに書いて、それから運良くそれが出版されたとしても、
過去の書き込みが自分のものであると示すのは難しいと思う。
他人がパクったときも同じく。

485 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:40:59 ID:???
fusianasanとかトリップしかないな。

486 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:54:18 ID:???
最初にネタを書き込む時に、割れてないトリップ付けるのが無難。

ミリタリー系のサイトで、英語を使ったネタがおかしくないかどうか聞いて、場違いだと叩かれてる奴がいた。
その後、賀東招二のフルメタルジャケットでそのネタが丸々使われていた。
なんて事があったが、別にパクリだどうだなんて話は気かなかったような。

487 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 22:04:20 ID:???
賀東はさりげなく大胆に2ちゃんからネタパクるからなぁ・・・。

488 :486:2010/07/25(日) 22:04:22 ID:???
×フルメタルジャケット
○フルメタル・パニック!

       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 勘違いは地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | | !

489 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 09:24:09 ID:???
先日24日のパシフィック・クリサリス号のシージャック事件なのだが、(ry

490 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 15:38:56 ID:???
>>478
雷撃深度十九.五ていう小説で、搭載している回天の酸素を抜いて急場しのぐという話もあったな

491 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 15:46:44 ID:???
今書いてるやつで、74式戦車が出てくるシーンがあるんだけど、砲手に105mm主砲を撃たせつつ車長が砲塔上の12.7mm機銃を撃つってのは変?
主砲の衝撃で死ぬ?
砲手に任せたりしない?

492 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 15:56:18 ID:T/bsBLiK
九九式襲撃機の地上掃射能力を補うために、爆弾の代わりガンポットを搭載した型を生産。
フィリピンなどで、対戦車攻撃に使用する。というのを考えたのですが。
機体下部に搭載した20mm斜銃による掃射で、M3中戦車や初期のM4戦車の上面装甲を撃ち抜き、撃破することは可能ですか?

493 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 16:19:51 ID:???
>>491
死にはしない.
戦車帽とヘッドセットをちゃんと被ってれば、衝撃も耐えられる
実際、90だと安全係が顔出したまま射撃する事もあるわけだし

ただ90までの国産戦車は銃架が無理矢理な位置にあるから、砲塔ぶん回して戦闘中に使用するのは難しい
あれ使うくらいなら砲手の持ってるSMG or 89R使うか、手榴弾ばらまくよ(手榴弾ラックは車長席にある)

あと射撃自体は砲手任せだけど、小隊長の無線聞きながら弾着観測判定や次目標選定なんかの射撃指揮をやってるから
車長も忙しいよ


494 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 16:51:40 ID:???
>>492
20mmと一口に言っても陸軍の機関砲ならホ5とホ1/3系列が考えられるけど、どちらでもあり得なくはないが非常に難しい。
まず相手を考える。M3中戦車の車体上面装甲は12.7mm、砲塔上面は31.8mm。M4は砲塔と車体どちらも上面25.4mmとなってる。

次に、ホ5の徹甲弾は100mで20mmの装甲を貫通できるとされてる。角度は明言されてないが恐らく垂直に命中した場合だろう。
数字だけ見ればM3中戦車の車体上面だけは貫通できる可能性もある。
しかし、ガンポッドで多少角度がついているとは言え、垂直に着弾させるには結構な急角度で降下しながらでないといけない。
距離100mから垂直に銃撃するとなると、その先は地面に突っ込むしかないコースじゃないだろうか。

ホ1orホ3の場合、これは97式自動砲と同じ弾を使う機関砲なので、貫通力も同程度期待できる。
自動砲の曳光徹甲弾はいずれも垂直の着弾で、30mm@220m、25mm@420m、20mm@700mだ。
貫通力に余裕があるので、多少緩やかな角度で降下しながら射撃しても、M3の車体上面装甲は貫けるだろう。
しかし、M4の上面に対してはほとんど余裕がない。こちらも地面ダイブコースでないと貫通は期待できない。

それと、斜銃は機軸に沿った位置に配置する例が多いと思うが、翼にガンポッドとして20mm以上の斜銃を搭載した例は聞いた事がない。
ホ1や3は強力な弾を使う分、反動も強烈だが、後付のガンポッドで構造的に耐えられるだろうか?

もし機体が耐えられたとしても、前述の通り20mm級の機関砲の対戦車能力はかなり限定的だから、
対戦車攻撃をさせるなら、素直にタ弾を積んだほうが余程うまく行くと思う。

495 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 18:33:50 ID:???
>>494
機関砲発射型のタ弾てあったっけ?


496 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 18:39:23 ID:???
1944年10月以降のフィリピンで99式襲撃機をつかうのは、
どう考えてもマゾヒシズムにあふれたはなしになるぞ。

497 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 18:43:38 ID:???
米軍航空機のカモ・・・・いや、餌か。


498 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 18:57:04 ID:???
ミートチョッパーで十分

フィリッピンに配備されていたかどうか知らんが。

499 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 19:16:20 ID:???
>>495
航空爆弾のタ弾ね。
「二式三十キロタ弾」と「二式五十キロタ弾」で、「二式四十粍散布弾」をそれぞれ30発ないし76発格納した一種のクラスター爆弾。
99式襲撃機なら50kgを4発搭載できるはず。

二式四十粍散布弾はタテ器から発射する小銃擲弾とほぼ同型のものだが、安定翼と回転翼式の安全装置が付いてる。
http://www.inert-ord.net/jap02h/t2sub/index.html
貫通力は小銃用と同じなら凡そ10cmだが、一説では航空爆弾用のものはライナーの形が違って、貫通力を抑える代わりに破壊効果を高めてあったという。
戦車の上面装甲は10cmも無いから合理的な選択ではあるが、共通化できないんで生産上はあんまり良くないかもね。


500 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 19:33:22 ID:???
JU87Gってある意味非常識な機体だよなw

501 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 20:08:00 ID:???
ある意味撃墜されても前線から歩いて帰れない太平洋戦線が逆に異常
そういう状況が前提の兵器が頭部戦線には多い

502 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 21:40:04 ID:???
>>494
遅くなりましたが、返答、ありがとうございます。
一応射銃は胴体下に爆弾の代わりに搭載しようかと考えていました。
やはり、戦車を機銃掃射で撃破しようと思うと30ミリ級の機銃が必要だということで良いでしょうか?

503 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 22:09:47 ID:???
>>502
それで間違いないかと。
対戦車専用機として開発されたHs129が、当初爆装+20mm機関砲だった物が、
装甲車輌に爆弾は直撃させないと効果が薄く、20mmは主力戦車には非力と言う事で、
タングステン弾芯を使用した徹甲弾を使う30mm機関砲をガンパックで装着に変更されてます。

504 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 22:29:11 ID:???
>>503
今、ざっと調べたところ、開戦時に間に合いそうな30ミリ級の機関砲はホ203ぐらいしかないようですが、これを搭載するというのは無理がありますか?

505 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 22:41:27 ID:???
小型機に大口径の斜め銃って、命中精度に問題が出そうな気もするんだが。
素直に、機軸線に平行じゃまずいの?
胴体下だとプロペラとの同調の問題が出てくるが、主翼装備なら何とかならないかな。

506 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 22:47:54 ID:???
>>505
斜銃にしたほうが降下角度も小さく出来るし、水平飛行での射撃でも非装甲目標になら打撃を与えやすいかと思ったのですが……
命中率が低くなるものなのですか?
あと、主翼下にガンポッドだとただの和製カノーネンフォーゲルにしかならないので差別かも図るという意味もありました。

507 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 22:52:54 ID:???
>>506
下向きに砲を付けると、パイロットからは機首が邪魔になるので、目標がよく見えない。
あと、重心位置から離れた位置に装備すると、反動で機体の進行方向が変わり、
2発目以降の命中精度がさらに低下する。

何か特殊な照準装置を付けるとか、そういう描写が必要になってくると思うよ。

508 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 22:58:19 ID:???
>>507
なるほど……一から、考え直してきます。

509 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:01:29 ID:???
>>506
てか、そんな小細工を九九式襲撃機に付けるくらいなら
タ弾を装備する方がなんぼか生産性や整備性が上がると思うんだけれど。
ある程度簡便な改造で戦力化を目指すならそんな特殊な照準装置まで
を必要とする装備を九九式襲撃機に施すより第一線の兵器に資材を回す
だろ?


510 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:04:09 ID:???
>>504
ホ203には徹甲弾が用意されていないし、例え用意したとしても94式戦車砲と同初速でさらに軽い弾だから、
対戦車ライフル弾薬を使えるホ1よりも高い貫通力は期待できないんじゃないかな。
ホ204まで待てば九八式戦車砲クラスの初速になるけど、相変わらず弾頭重量は軽い。
貫通力は不明だが300mで30mmくらいはいけるんじゃなかろうか。

出来ればもっと薬莢の大きい機関砲でないと対戦車攻撃には荷が重いけども、残念ながら陸軍にはホ204以上の37mm機関砲はない。
陸海軍の違いを無視できるなら海軍の九六式25mmが貫通力良好なんだがな。一応ベルト給弾化して航空機搭載も計画されていたし。

というか、そもそも対戦車攻撃機は、対戦車以外の用途では汎用計攻撃機より使いにくくなっちゃうんだから、
戦車戦が島嶼戦のおまけでしかない太平洋戦線ではあまりお呼びでないんじゃないかなあ。

511 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:33:33 ID:???
鍾馗の積んでた40mmは?HEATかなんかにして。
素直にロケット積めとかになりそうだが。

512 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:44:51 ID:???
ホ301にHEATってのは面白いな
40mmのHEATなら上で挙がってるタ弾相当の威力で貫通能力100mmか
これならアクロバットして上面装甲狙う必要もないし、重量も通常の37mm機関砲やロケット弾よりずっと軽い
弾道特性悪いといってもロケットよりはまだ良いだろうし、高い発射速度を活かして15発一気にばらまけば精度は補える

でもホ301はライフリングで弾丸を回転させるから、貫通能力はもっと落ちるだろうな
絵的にJu87Gと似ちゃうのも問題

513 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 06:13:09 ID:???
谷甲州の覇者の戦塵に出てた > 鍾馗の40mmで戦車狩り

>>512
> 絵的にJu87Gと似ちゃうのも問題
そこで二式複戦ですよ!

514 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 10:28:32 ID:???
>>510
25mm機銃でシャーマンを撃破したって聞いたことあるけど、どういう状況だったんだ?
高地から掃射して、ハッチか何かを貫通?
それとも、正面から撃ちまくって窓に飛び込んだ?
キャタピラ切断しただけっていうのもありえるか……

515 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 11:59:41 ID:???
上空から狙うなら砲塔の一部以外はどこでも貫通するよ
いま攻撃機搭載機銃の話してるんじゃないの?

516 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 14:46:39 ID:???
>>515
いや、25mmで対戦車という話を聞いてたら、どっかの島で地上配備の25mmがシャーマンを撃破したとかいう話を聞いただのを思い出しただけ。



517 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 16:16:51 ID:???
>>516
スレタイ読んで帰れとしか・・・初心者質問スレで質問なら返事があると思うが。

518 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 16:23:05 ID:???
九六式二十五粍機銃の徹甲弾は距離1300mで30度傾斜した25mmの装甲板を貫通できるとされてる。
概算だか砲口付近では40mm近く貫通できそうなんで、車体側面か背面装甲(どちらも38mm)の貫通くらいならあり得る話。

実際に当時の米軍資料でも25-mm antiaircraft-antitank automatic cannonとして紹介されていることがあるし、
対戦車火器としてはある程度脅威であると認識されてたのは間違いない。

519 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 16:38:29 ID:???
>>518

九六式二十五粍機銃の元を辿ると実は対戦車砲だったりする。
なので対戦車火器というのもあながち間違いとは言い切れない。
もっとも対戦車砲としては威力不足、でも命中精度と弾道特性が非常に良いのでそれを機銃に転用した、という。

520 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 20:22:11 ID:???
>>518
スレ違いの質問まで答えるなよー面倒だから

521 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 20:37:40 ID:???
仏の25mm対戦車砲と同系統だってのは知ってるけど、
海軍て対空機銃の弾に徹甲だの半徹甲だのを用意してたんだろうか?

522 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:24:21 ID:???
>>521
徹甲、炸裂、焼夷、曳光ぐらいはあったはず、

523 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:43:04 ID:???
九四式37mm速射砲で連続射撃して、その衝撃で内部を損傷させてM4を行動不能にできたんだから。
貫通力、速射力で勝る九六式25mm機銃なら、もっと効率よく出来そうだな。

一式47mm速射砲の代わりに九六式25mm機銃を連装で積んだ、陸海共同の魔改造チハがM4や米軍陣地相手に奮戦するとか言うのはどうだろう。

524 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 22:27:49 ID:???
元がチハならM4を相手させるのはいかにも苦しい
米軍歩兵はバズーカ持ってるし、これもそれなり活躍できるように条件をチートしないと

オープントップだと手榴弾や自動火器の乱射されそうで苦しい
密閉型だと対戦車火器を持った歩兵に容易にやられそうな

525 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 22:31:59 ID:???
>>523
試製対空戦車 ソキとかわらんがな。

526 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 02:12:40 ID:???
>>523
1945年にイラワジ川付近でリベット構造のM3中戦車5輌を擱坐させた記録はあるけど、M4で同じことあったっけ?

527 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 06:23:22 ID:???
>>521
オチキス25mm対戦車砲の徹甲弾はタングステン芯、しかし小口径ゆえに威力不足。
さらに当時の日本軍でタングステン芯徹甲弾の製造はまず無理。

528 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 23:33:59 ID:???
ふと思ったんだが、後席に大口径の機関砲を積んで対戦車攻撃に使ったら、どうなるだろう?
海軍の水偵が、後席の旋回機銃を20ミリにして、魚雷艇狩りをやった例があるだろ?

529 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 23:46:06 ID:???
>>528
ちょっと前に日本機搭載火器の対戦車能力に付いてレスがあるからそれ読んで、
何をどの機体に積むのか提示どうぞ。
条件が決まればそれぞれの積めるる積めない意味有り無しが出せる。

530 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 23:55:02 ID:???
>>529
ごめん、その話へのレスのつもりだった
つまり、99式襲撃機に搭載の話ね

531 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 00:12:33 ID:???
このスレッドで聞いて良いのか微妙なのですが、該当の作品のスレで聞くのも変だと思うのでお願いします…
ライトノベルの「ゼロの使い魔」シリーズにて、
「ゼロ戦」を含む第二次大戦期〜ベトナム戦期の兵器が登場するという話を電車の中で聞きました。
いったい何が、どのような形で登場して、どのように使用されるのか、ご存じの方がいらっしゃいましたら
該当の巻数と共に教えていただけませんか。

532 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 00:28:10 ID:???
>>531
あらすじが訊きたいならライトノベル版のネタバレスレででも訊いてください。

533 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 00:28:29 ID:???
落ちてたのを拾うだけじゃなかったっけかな

534 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 00:29:22 ID:???
1巻でM72ロケットランチャーが出てきた。使い方は重大ネタバレなんで勘弁してくれ。

535 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 00:31:56 ID:???
零戦も出てくるけど、これも解説すると重大なネタバレだからなぁ・・・。

536 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 02:07:31 ID:???
アハトアハトもでるけどこれも解説すると重大なネタバレだからな。

537 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 02:21:53 ID:???
要するに、何も書けない

538 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 10:54:32 ID:???
作品の根幹に関わるネタだからねぇ。

539 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 12:06:07 ID:qXjuCcVN
>>531

あとBARやAK-47も出てくる。それとアハトアハトが出てくるのはアニメ版で、
原作の該当しそうな場面にはティーガーが登場する。

全て敵を倒すために使われた…というのはあんまりなので

LAW→トレジャー扱い

ゼロ戦→形見

アハトアハト(もしくはティーガー)→オーパーツ

というように最初は扱われてたかと。

詳しくは該当wikiの「場違いな工芸品」を見るといいよ。

540 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 20:12:18 ID:???
>>530
結局もう使い物にならない航空機にあれやこれやと手入れをするより
先行量産型とかを物になるようにする方が資材の節約にもなるし、汎用性
も上がるのよね。
一点特化の低速襲撃機(しかも軽攻撃機)を投入する戦場も人員も多く無い
のにそんな事してたら上からの命令であっても無茶すぎる。


541 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 21:05:33 ID:???
日本軍機搭載火器で対戦車に有効な物ってのが、そもそも挙がってない気が。

542 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 21:19:03 ID:OLHmVnhz
デイトンの『グッバイ、ミッキー・マウス』やヒギンズの『脱出航路』
(こっちは任務の移動中で寄っただけだったかもしれません)
の両作品だと下士官兵が銃器を所持したまま休暇で帰郷していたのですが、
英陸軍では下士官兵が武器含めた個人装備をそのまま持って帰ってたんでしょうか?
将校だと自弁ですから何となく分かりますし、大きいものは部隊に置いていくんじゃないかとは
思うのですが、拳銃や小銃なんかの扱いがわかりません。
また、余所の国の例なんかもあったら教えて下さい。

543 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 00:38:03 ID:???
>>532-539
ありがとうございます。有名作だし1巻だけからでも読んでみますね。

544 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 02:33:16 ID:???
>>541

ホ−401なら十分な威力なんだけど、これを搭載するとなれば行き着く先はキ−102になるわけで。
結局のところ、単発の襲撃機に大口径機関砲を積んで対戦車任務に当てるという事それ自体が無理なんだと思う。
開発年度から考えるなら、37ミリ積んだ屠龍あたりをそのまま対地攻撃機に転用するのが一番現実的なんじゃね?

545 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 16:14:28 ID:???
キ−102のホ−401って連射できたっけ?
半自動だけど打ち損じが出たら対地攻撃機とはいえ失点はないのかなぁ。


546 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 21:13:59 ID:???
目標を決めて降下を始め、飛びすぎるまでに何回撃てるかだけど、
ホ-401では2回は難しいんじゃない?

547 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 22:36:17 ID:???
屠龍は実際に襲撃機として運用されてたから、
そのまんまで問題ない。ただ、襲撃機としてどう運用されて、
利点欠点がどうだったかといった話は、よくわからない。

548 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 00:23:56 ID:???
そうなってくると屠龍なんかはともかく旧式化した攻撃機の対戦車攻撃機への
改造という考えは安易な物になるんだろうな。


549 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 02:10:36 ID:???
そもそも戦場への距離が近くないとその手の近接支援は成立せん。
太平洋戦線だと距離があるから現場に行く前に落とされちゃう。
大陸ならまだ可能とはいえ、目標とすべき戦車がない。

そりゃ日本軍もロクな戦車持ってないし相手も持ってなくて当然なのだがw

550 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 04:13:35 ID:???
島嶼だと戦車の運用がしにくいしなぁ

551 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 14:58:43 ID:???
>>542
少なくとも自衛隊じゃアリエナイ、とだけいっておきます。
普通に考えてもどこの国でも許可が出るとは思えないが。

552 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 15:46:57 ID:???
>>542
アンソニー・スオフォードの「ジャーヘッド」は、著者である湾岸帰りの元米海兵隊曹長が
自宅に持ち帰った軍用背嚢を引っ張り出して過去の思い出に浸る場面から始まる。
他の連中は軍装品屋に売り払って小銭を稼いだって話も出てくるし、武器弾薬や高価な装備を除いた
幾つかは頂戴してもさしたる問題にならなかった様子。

162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)