5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

谷甲州 覇者の戦塵30 空母仙丈

1 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 22:58:54 ID:???
3巻の到来まで辛抱強く耐えるべし



前スレ
谷甲州 −覇者の戦塵29− 試製禰式翔竜
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1269948891/l50

SF板の同盟スレ
谷甲州総合-CB-8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1219321326

2 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 23:53:21 ID:???
>>1



3 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 06:26:40 ID:???
戦塵のラスト予想。
原爆で人の住めなくなった本土をすて日本人は南極へ移住、バクテリアプラントで
自給自足の生活をする。

4 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 09:29:24 ID:???
ラスト予想
よくわからん坊主がなんかいいこといって締め

5 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 10:35:40 ID:???
ラスト予想
「こうすれば勝てた」と言いながら辻ーんが過去に転送

6 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 16:37:36 ID:???
ラオスで坊主の姿で行方不明になってから実はという展開

7 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 16:48:43 ID:???
>>1乙くらい いおうぜ


>>6
ミズシマー! ビルマじゃ坊主は実は竪琴引いちゃダメなんだぞー!

8 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 20:38:13 ID:???
次巻の表紙は仙丈がいいな。
当然フルフラットの斜め甲板で、スポンソンからは対空噴進弾打ち上げてたりして。
擬音の谷さんの読者が間違って買ってくれるかも。

9 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 22:03:13 ID:???
いなくなった人を揶揄してさぞかし楽しいんだろうなこいつは

10 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 00:03:54 ID:???
>>10ゲット?
次の表紙を飾るのは「紫電改」の雄姿と「先生」仰っている訳だが、遥か後下方に空母らしき艦影が見えないとも限らないね。


11 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 00:29:56 ID:???
戦塵世界の紫電改かどんな格好をしている機体なのか楽しみだ。

12 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 08:02:30 ID:???
液冷エンジン搭載な気がする。

13 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 09:29:55 ID:???
わかりました。スキージャンプ式3段飛行甲板の空母を背にして飛ぶジェット紫電改の絵ですね@道明


14 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 14:10:52 ID:???
浅学ですいません
紫電改って戦塵世界では母艦機でしたっけ?

15 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 14:15:51 ID:???
はいそうです


だから陸戦型が紫電で艦戦型が紫電改の可能性もあるかもしんない

16 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 14:46:11 ID:???
ラスト予想
最終話では米軍に降伏した後の日本で掃海艇が機雷除去をする話。

17 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 15:49:26 ID:???
>>16
翔龍運用部隊で得た知見を元に、大佐が戦後の日本ロケット開発の主導者の一人になっているシーンかもよ。

18 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 16:59:18 ID:???
もしかして、あれじゃない?
何年か前のCノベルズの謹賀新年挨拶に載ってた、
佐藤道明イラストの新型艦戦登場か?のコメントのあった
排気タービン付きの戦闘機が、実は戦塵世界の紫電改とか。

19 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 17:12:30 ID:???
するってーとキ94-2が紫電改になるの?
7t 超えてるのに飛行甲板足りるのかね。

20 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 17:52:58 ID:???
>>17
それじゃ戦塵世界ではやぶさの行先は小惑星ハスミなのか?

21 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 17:54:03 ID:???
あれキー94か?
画像紛失したからうろ覚えなんだが、
何か烈風を逆ガル翼にした感じに見えたような。


22 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 19:12:41 ID:???
艦載機に排気タービンは正直最悪の組み合わせのような。

23 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 19:22:19 ID:???
とにもかくにも、新刊が出てくれんことにはどうにもならんな

24 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 19:41:54 ID:???
もう一冊出てるのに、さらに今年、新刊が出るのか?

25 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 20:10:32 ID:???
「今年中に後 2 冊だすお」ってセンセが後書きで言ってなかったけ?

26 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 20:31:49 ID:???
マリアナ機動戦って5巻位になりそうなこと書いてあるよね…
年内に後2冊出して、しばらく放置プレーになりそうなオカン

27 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 20:33:31 ID:???
あれは「かくありたし」の気概を表明した物くらいに考えておかないと
泣くハメになる気が

28 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 21:25:05 ID:???
大本営発表となるのでは、と過去スレで危惧されてたねw

29 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 22:08:13 ID:???
>>8
仙丈は斜め甲板ではなかったと思う。

30 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 22:14:29 ID:???
>>26
戦塵以外も含めて2冊になったりして。
ただでさえ、先生は書きかけの作品が多いんだから。

31 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 23:11:39 ID:???
貴様ら敢闘精神が足らんぞ

32 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 23:45:11 ID:???
敢闘精神が足りていれば何がどうなるんだ?

33 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 00:28:18 ID:???
敢闘精神が足りていれば新刊が出なくとも既刊を読み返してしのげる




もう何回目の北満州だかわからん・・・

34 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:05:04 ID:???
読み返すとノモンハンのころの戦闘描写が一番派手だったと感じる・・・

35 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:17:43 ID:???
>もう何回目の北満州だかわからん・・・

俺は蔵書で北満州だけ抜けてるんだよね。初めて読んで、あまりのスンバラシサにぶっ飛んで、友人に「こんなのがあるから読んでみろ」と貸して以来・・・
今となってはいつ誰に貸したのかも忘却の彼方・・・ってこの話前にも書いたな←年寄りの繰り言

36 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:24:03 ID:???
シベリアも結構無茶やってたな。鍾馗がシュトルモビクに40mmロケット砲で対抗とか。

あれものすごく運が良かっただけで、二度目はないだろうなあ。

37 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 04:05:53 ID:???
角川あたりのまとめた本は電子版も出てるから、すぐにゲットできると思うの

38 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 07:47:50 ID:???
敢闘精神が足りていれば新刊の展開予想だけでスレが埋まる

去年やその前は正にそんな思いと南方戦線の兵士の気分でスレ埋めたなぁ

39 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 14:40:23 ID:m2E1IIyA
>>1 乙です!

彗星 → 晴嵐方式の主翼折畳み機構採用 + 射出機対応 → 彗星改

紫電 → 晴嵐方式の主翼折畳み機構採用 + 射出機対応 → 紫電改

って素直に思っていた。
ま、問題は紫電が、どんな経緯で誕生したどんな機体か・・・だよな。

40 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 15:04:58 ID:???
晴嵐と同型式だと主脚収納部ごと折り畳むことになるけど。

F6FやTBFのような内翼の使い方ができないと、思い切った主翼折り畳みって難しいよ?

41 :俄将軍:2010/06/01(火) 16:45:57 ID:???
>>4
最後の台詞が、「饅頭恐い」ではなく、「満州恐い」ということもあるのか、などと、嘯いてみ
たり。

42 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 17:53:06 ID:???
ついでにシブヤン海も怖い

43 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 00:41:46 ID:???
>>16
八掃じゃ足りん。十六掃だ!

44 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 19:52:36 ID:???
よし政変!
早けりゃ月内に新刊だ!w

冗談はさておき、年内にもう二冊のスケジュールなら、均等割りで8月には次が出る訳だ。
年末立て続けに毎月末一冊よりも、個人的はそうなると長く楽しめる。

45 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 00:59:06 ID:???
つまんねー政変ネタは以下禁止

46 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 01:07:16 ID:???
>>44
あんまり政変起こると先生の体力が持たないです
年二回でおk

47 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 01:24:46 ID:???
次巻は7ヶ月後で、可能ならばさらにその7ヶ月後とかじゃなかったっけ?
あとがきを読めばよいのだが、いまちょっと手元に無いの

48 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 13:45:48 ID:???
>>47
「あと数ヶ月、どれほど遅くとも七ヵ月先には次の巻が刊行される。中略
次の次あたりまでなら、年内にお届けできるものと信じている。」
原文ママ

49 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 20:46:46 ID:???
う〜ん、某国の元首相のお言葉の様だ。

50 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 20:48:37 ID:???
あとがきの日付が今年の三月だから、最長七ヵ月なら次巻は十月刊行。
それだと次の次辺りまでを年内に…は難しい気がするな。

今のところ出版社が次巻の話を何もしていないから、
早くても夏辺りになるんじゃなかろうか。

51 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 21:12:36 ID:???
これはアレだ、マリアナは最低でも四巻はつづくって意味だろう
すでに構想が練ってあるから連続してだせるような気がするんじゃないかな

52 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 21:48:20 ID:???
冬山シーズン前には・・・(´・ω・`)

53 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 22:01:38 ID:???
まあ、年内にもう一冊くらいは期待しても良さそうじゃないか


54 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 03:36:03 ID:???
年度末と考えるべし

55 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 08:17:50 ID:???
「クリスマスまでにはこの戦争も終わると思うので、帰ったら、覇者の戦塵の新刊を読みます。もしかしたら、2冊も読めるかもしれませんね。今から楽しみです。」

56 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 08:49:04 ID:???
ちょっ、おまっ それ死亡フラグ

57 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 09:13:17 ID:???
俺、この戦争が終わったら幼馴染のあの子と結婚するんだ
読書好きの彼女と一緒に、覇者の戦塵の新刊、ページが擦り切れるまで
読み、一緒に語り明かすんだ……

58 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 09:22:23 ID:???
俺なんぞ足許にも及ばないような熱烈な戦塵ファンであっても、今度出る新刊を手にすることはおろか、翔竜やハスミンや、あるいは中公から出版されている事すら知らずに世を去った読者もたくさん居るんだろうな。
そいつらのことを思うと、平時であっても、新刊を手にするまでは無駄に命を落とすわけにいかんという気になるぞ。
新スレ早々、クソまじめで重苦しいレスで済まんが。

59 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 11:06:17 ID:???
俺、谷先生の本好き。
戦艦空母摩利支天シリーズは良かった。

60 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 11:40:40 ID:???
>>58
20年続いてる作品だしね。


61 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 12:06:36 ID:???
そうか、戦塵始まった頃に生まれた奴がもうそろそろ二十歳越えるんだよなあ……。

十代後半から付き合ってるけど、思えば随分長く読んでるもんだ。

62 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 12:52:32 ID:???
谷さんなかなかこのジャンルを書かなかったもんな。
書いてくれないかな・・・と、期待するあまり、出たーーーー!!!と思って間違って海洋の方の谷さんの本を買って愕然となったことも今は昔・・・

ま、楽しみに待って、ありがたく読もうじゃないか


63 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 23:39:02 ID:???
20年か・・・
そりゃ俺も結婚して、子供もできるわな・・・

64 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 06:52:55 ID:???
深町さんが近接信管の研究から外された時と重なるものがあるな〜。
http://www.isas.jaxa.jp/j/column/akatsuki/01.shtml


65 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 17:04:50 ID:???
>>64
確かに
研究なんて先進的な仕事は、結局、特定の人によってなされるもんなんだろうな
切り込み役を務められる人材ってのはそうそういないんだと、へぼい仕事をしながらでもそう思う

>>35
北満州だけで抜けるんだよね
と読んだ。これが真の戦塵ファンかと
駄目だ俺…

66 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 22:02:40 ID:???
>>65
> 北満州だけで抜けるんだよね
> と読んだ。これが真の戦塵ファンかと
> 駄目だ俺…

はい。雪の中、弾詰まりを起こした軽機の機関部を必死に引っ叩く銃手の姿に痺れましたとも…

67 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 03:37:39 ID:???
柴野上等兵は最新刊の時点では一体どうなっているんだろうか・・・。

68 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 08:46:57 ID:???
きっと柴野軍曹になっていて新軽機の叩き方を、新兵に厳しく教え込んでるさ。
英霊となっていない事を心から信じたい古いキャラだなぁ。

69 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 13:00:26 ID:???
みんな戦争が忙しくなって、「あの人は今どうしてるかな」なんて考えてくれないし。
忘れられたキャラ(特に満州辺りで出てきた人達)の今を知りたいものだ。

70 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 20:13:25 ID:???
退役して、故郷で防空演習の指揮を執ったりしてないかね

71 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 20:25:27 ID:???
あるいは下士官不足で再度・再々度の召集が掛かり、内地の留守部隊で初年兵教育掛とか

72 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 20:44:13 ID:???
南部技師と桑原毅、ノモンハンの第四連隊の室生中尉と上川大尉、
寺岡大佐はご健在かな・・・

73 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 21:28:45 ID:???
本物の古い友人知人のような気がしてくるのはなぜだ?

74 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 23:46:59 ID:???
20年も経ってるからさ

75 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 21:18:19 ID:???
>>ノモンハンの第四連隊の室生中尉と上川大尉、

ラングーンに進撃した保科支隊にノモンハンで一緒だった戦車第三連隊がいたことを考えると、第四連隊も保科支隊の母体となる部隊に含まれている可能性は高い

案外、サイパンにいるかもね。
機動戦を想定した打撃部隊に島嶼防衛をさせるなんて、馬鹿参謀どもが考えそうな事。

寺岡支隊だったら嬉しいが。

76 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 23:14:53 ID:???
先生の時間は我々と同じように流れているのだろ〜か?

77 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 23:52:25 ID:???
年内も火星暦での年内とか・・・

78 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 01:10:00 ID:???
>>75
大学校出の少佐が大佐へ昇進するのが40〜45歳。寺岡大佐の場合大学校出ていないから、昇進したのは50歳近いのではないかな?
陸軍の定限年齢が56歳と言うことだから44年にはすでに引退しているのではないかな?

79 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 10:44:08 ID:???
>>78
以前のスレでもおなじように、寺岡大佐再登場要望→年齢的に無理じゃね?
って流れがあったような気がする

80 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 12:32:14 ID:???
戦争真っ只中で定年って言われてもリアリティが無いな

実際に開戦後に、実戦部隊の指揮官クラスで定年退役した人がいるのか?
普通に現役延長とかだと思うが。


81 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 14:28:35 ID:???
>>80
例えば軍人DBから適当に拾った陸士19期の飯塚慶之助は

昭和10年に大佐で歩兵45連隊長
昭和13年に陸軍少将に昇進して待命、予備役編入

寺岡大佐が予備役編入の原因になった黒竜江陸戦隊が1937で
昭和12年なので、その時に連隊長ということは陸士17〜20辺り
の卒業のはずなのよね。

前線指揮官としての再登場はこっちの史実以上に追いつめられ
ない限りないよ。

82 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 14:37:39 ID:???
「開戦後に」って書いてるのを、あえて無視した訳は?

83 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 14:52:10 ID:???
>>82
だから>>81は「寺岡大佐」が日米開戦前に現役を退いていると言っているのではないか?


84 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 14:54:21 ID:???
>>82
寺岡大佐が日米開戦時に現役だったという記述がどこにもないから。
# ノモンハン終了後に充員招集解除で再度予備役と推定

ついでに書いておくと、こっちの史実では日中戦争の回避ができて
ないので、上で出した飯塚大佐が予備役に編入された昭和13年は
南京 - 徐州 - 武漢と続くバリバリの戦争拡大期です。

85 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 16:00:13 ID:???
リアリティがないな、というけど
改変してない部分は史実と同様だとすれば、むしろ定年迎えて
おられるような年齢の人を現役続行させるほうが
リアリティがないと思うがな

86 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 19:36:22 ID:???
大佐クラスの高級指揮官が足りなくなるという事態は
本土決戦用に師団増設をしまくらないとありえないんじゃないの

87 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 19:57:53 ID:???
伸びてると思ったら・・・・・
とりあえず、個人的な願望に興味ないな

ただサイパンの陸軍の陣容は気になる。
史実だと31軍隷下の47師団と47独混がサイパンにいるが、どっちも新設部隊だから、内容的には改変されてる可能性があるとは思う。

戦車は第9連隊がいたが、三式が配備されてるかな?
ラングーンの第3連隊は完全に百式系列のみを配備していたみたいだが、これは作中の記述から優先配備されてる可能性が高いので、第9あたりだとチハだったりして
そもそも、戦塵の日本だとしても百式系列を本当に量産できてるか疑問だし

88 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 20:07:51 ID:???
>>86
陸戦でも損耗率が史実よりも低そうな戦塵じゃああり得ないだろうな
日中戦も回避してるし。

89 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 23:38:09 ID:???
>>87
チハがあったとしても、新型砲塔に入れ替えて
一式あるいは三式相当に改造されてるんじゃ
ないだろうか。
貧乏陸軍のリサイクル体質からして。

90 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 23:47:55 ID:???
入れ替えた後の旧砲塔を95式に載っけて4式相当とかにしてるとか…
あと、史実の100番台本土決戦沿岸貼付師団には、歩兵砲中隊(57mm 砲塔式)
って代物が存在するんだが、これをサイパンでやるとかな。

91 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 23:58:52 ID:???
激突シベリア戦線の下巻に、南方に転出した精鋭部隊は一式中戦車装備らしい記述が
あるけど、どうなんでしょうね

92 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 03:55:56 ID:???
>>南方に転出した精鋭部隊は一式中戦車装備

これはマレー作戦に参加した戦車第一連隊のことだと思う。
史実だとビルマまでいってるが、戦塵ではビルマ戦は時期がずれてるから、シンガポールで満州に戻ったと思う。

たぶん史実の機甲軍が保科支隊の母体となった部隊で、ラングーン侵攻に保科支隊が抽出されのは第一連隊の代わりって事だろう。
史実のサイパンにいた戦車第九連隊もここの所属だから、装備車両は第三連隊とそう変わらないと思う。

93 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 08:07:07 ID:???
戦塵世界でのMBTってどれなんだろう。
いや、ちょっと混乱して分からなくなってしまったんだ。

94 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 08:14:05 ID:???
>>93
海兵隊は零式重戦車、それとその陸軍版の百式重戦車。
でもニューギニアでシャーマンにあっさりやられてたから、
戦訓を取り入れた改良版がでてくるのではないかと・・・

95 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 08:16:25 ID:???
そういえば、海兵隊って戦車はいいものを持ってるけど、
戦術はダメダメって感じがするな。
ノモンハンでもニューギニアでも強引な突撃をかまして
返り討ちにあってたりする。
誰かさんの影響で蛮勇をよしとする風潮があるのだろうか。

96 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 11:42:32 ID:???
重戦車が「主力」なわけ無いだろう

一個連隊に一個小隊(三両)しかないのに

97 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 12:32:34 ID:???
えっ

98 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 12:47:08 ID:???
>>96 同意
一個連隊中の主力は、一式または三式かと

99 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 17:20:40 ID:???
三式ってどこで出てましたっけ?

100 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 18:20:26 ID:???
名前だけラングーンで

一式も>>91のシベリアで名前だけ

どっちも影が薄いな。

101 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 20:45:24 ID:???
三式って使い勝手はどうなんだろう
やっぱりチハ系の車体を流用しているんだろうけど
転輪一個分くらいは車体を延長してないのかな。
ああ、履帯の強度を上げないと無理か

102 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 20:55:07 ID:???
だいたい三式が戦車戦で大活躍する、なんて戦塵じゃないだろ。
ラングーンの四式砲戦車の発砲シーンだって例外に近いと思うし。
だから今後も登場機会は無いと思う。
戦塵らしい対戦車戦闘は土建屋工兵の肉弾攻撃が真骨頂。

103 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 21:14:57 ID:???
伸びてると思ったら・・・・・
とりあえず、個人的な願望に興味ないな

104 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 22:28:30 ID:???
三式が活躍する余地はあるだろ。
陸軍が要塞を構築しようとしてるのに、
戦車を持ち込まないわけがないし、
その時に、数では一番多いはずの
チハ系列の中戦車が持ち込まれてない
ということは想定しにくい。


105 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 23:38:42 ID:???
>>96
主力が中戦車 (一式 or 三式) というのには同意だが、重戦車の連隊定数は中隊規模以上の
ようだぞ。以下、シベリア下巻78ページより

「 特徴のある騒音からして、100式重戦車なのは間違いなかった。海兵隊の十二試重戦車
 ――零式重戦車を原型に、独自の改造を加えた陸運(ママ)独自の重戦車だった。一個中
 隊分の行進音が途切れることなく伝わってくる。
 <途中略>
 通過しつつあるのは戦車第三連隊のようだ。」
 


106 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 23:43:36 ID:???
日本陸軍の編成では中隊は何両編成?12〜15両程度でいいのかな?

107 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 15:39:11 ID:???
同意、とか言ってたアホは恥を晒したな

108 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 19:08:19 ID:???
>>96は、ラングーンで重戦車も砲戦車も一個小隊しかいなかったからだろう。
>>105も音からの推測だから、エンジンや車体が共通する砲戦車と区別出来ない不確実な記述からの推測って事では一緒だ。

連隊が5個中隊制だとして、軽戦車*1 中戦車*3 重戦車/砲戦車*1が妥当な線でしょ。
贅沢な連隊なら重戦車が中隊規模になるかもしれないが、数的に多いのが中戦車なのは変わらない。

一番確かなのは、>>107が一番恥ずかしいって事だと思う。

109 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 20:05:27 ID:???
馬鹿みたいな奴が二人いるようだが放置の方向で
さもないと、ただでさえ物資が欠乏気味な我々は耐えられない

110 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 00:32:25 ID:???
>>109
意味わかんない。物資欠乏しているからこそ交換物資が必要なのでは?
その物資が有益か無益かは人によって異なるだろうから、ひとくくりに「我々」とするのは如何なものかと。
まあ、極限まで飢えた人間に理性を求める方が間違ってい居るのかもしれないけれど。

111 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 00:35:20 ID:???
「帰ってきた隼タン」のことが気がかりでそれどころジャねーのよ

112 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 00:43:54 ID:???
>>102みたいの方が嫌だわ。
頭からそれはないって感じの言い方はない。

113 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 01:06:29 ID:???
>>111
「隼」は南十字星に看取られつつ燃え尽きました。今気がかりなのは「隼」が持ちかえったカプセルの中身。
「隼」のど根性物語(と言うか貧乏性の設計)は戦塵的だけどここで扱う内容かな?

114 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 02:48:19 ID:???
宇宙機でグラム単位の重量と限定されたスペースで冗長系を組み上げるのは
ある意味兵器とも通じるけど、
戦塵で必要とされてる要素は「そういう無茶をさせる前に代替機を用意できるヒトと組織」でないかと思う。

技術屋が頑張ったからそれに乗っかって甘えて依存したあげくに
量産できない代物をどんどん採用してしまったのが史実だからねえ。

115 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 08:00:53 ID:???
>>113
ただ単に「スレチ」って切って捨てない物言いがいいねぇ。
極端な話をすれば、どんなネタからでも戦塵世界でだったら・・・・と、
スレの話題の切っ掛けにはなる訳だからね。

116 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 11:46:11 ID:???
キー74や銀河の扱いが、なんとなくはやぶさタンに似ている気もする

新技術の塊の試作機が、色々な不具合や危機を乗り越えて実用機に
昇華するってとこがね

117 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 14:45:32 ID:???
本来膨大な物量と大量の人材と資金を、文字通り湯水のごとく使うはずの戦争と宇宙開発という話。
非常に貧乏臭く、必死な創意工夫と職人芸に特化した中で、一部天才的な人材と
やたら足を引っ張りたがる無能な上層部(政府)ってのがよく似てたと思うよ、はやぶさと戦塵。

118 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 16:29:49 ID:???
だがしかしはやぶさにはハスミン要素がない
これは重大な問題である

119 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 21:39:23 ID:???
はやぶさ2の予算も17億円から3000万円に減額っていうんだから・・・
しかも11年度に検討するとか言ってるけど、11年度から作り始めても
14年度の打ち上げに間に合わないから、結局意味がない・・・。
つまり今のままでは日本自前の小惑星探査は永久に終了。

120 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 22:43:53 ID:???
連れてきたのが「イトカワ」なトコがポイント

ロケットブースター付きインターセプターとか現れんもんかな

121 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 22:47:39 ID:???
>>117といい>>119といい
スレ違いもはなはだしい
ヘンな改行が治るまでロムってろYO!

122 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 00:13:06 ID:???
>>121
おまえも変な改行を直せよ。(w

123 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 11:03:13 ID:???
戦塵世界の日本は宇宙を目指すのだろうか

124 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 13:39:35 ID:???
ああ間違いなく目指すと思う。一億玉砕が無ければ・・・

125 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 13:45:40 ID:???
ハスミン、長生きしすぎ

126 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 21:47:49 ID:???
昨日の閃光のナイトレイド観たけど、やっぱ戦塵と通ずるネタが多くて面白いな。
住んでた土地奪われた中国人のおっちゃんが、荒地耕してるシーン見てたら、
熱河戦線の陣内大尉と桑原の会話や、趙に飼料渡してた農家のオッサン思い出したわ。

また謀略熱河戦線読み直すかな。

127 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 23:16:20 ID:???
>>126
やっぱ戦塵と通ずるネタ×
戦塵からのパクリもしくは史実からのパクリ〇

個人的には拳銃弾と小銃弾の書き分けが出来てなく、変な肩章の軍人が登場する「あにめ」と同列に語ってほしくは無いな。
あくまでも個人的にだけど。

128 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 23:36:29 ID:???
>>123 息子だか孫だかが起動傭兵のハスミンだろ?
それなりに宇宙を目指してるっぽいが


129 :名無し三等兵:2010/06/16(水) 00:36:26 ID:???
>>127

>戦塵からのパクリもしくは史実からのパクリ〇

まず戦塵のパクリってのはないだろ、いくらなんでも。
それに史実からって言うなら、戦塵も同じくパクリになるわな。

>>127と違ってアニメに詳しいわけじゃないから知らないけど、
今時のアニメにしては、よくできてる方だと思うけどな。
時代的に合う分、はやぶさネタよりよほどマシだろう。

130 :名無し三等兵:2010/06/16(水) 02:12:50 ID:???
>>129
>今時のアニメにしては、よくできてる方だと思うけどな。
>時代的に合う分、はやぶさネタよりよほどマシだろう。

キャラデザインはともかく、超能力を駆使する特務機関に新型爆弾作っちゃう秘密組織。
こんな派手な設定を戦塵世界の堅実さと並べるのはどうかな?個人的な好みだけど「はやぶさ」ネタの方が性分に合う。
アニメの出来はどうなのかな?作画も脚本もひどく中途半端な気がする。個人の感想だけど。

131 :名無し三等兵:2010/06/16(水) 15:18:26 ID:???
新刊でるまでの繋ぎの代用食ってことでいいんじゃね、趣味が合わない人はスルーしてりゃいいんだし。
ネット配信の話しか見てないけど、あの回の地味さは戦塵的とは思った。
小物とか背景描写に??はかなりあるけどあんなものかと。

ところで戦塵世界のニューギニアでは「演劇部隊」は組織されているのかな。

132 :名無し三等兵:2010/06/16(水) 19:32:06 ID:???
「南の島に雪が降る」か・・・・懐かしいな。
リメイク版もあるそうだが、リアリティーの面ではオリジナル版にかなわないと思う。
なにせ役者さんが戦中戦後を生き抜いた芸達者な面々ばかりだから。

戦塵世界のニューギニアだと、なんとなく陣内さんや鈴谷さんが土建やの乗りで結成していそう。
海兵隊の小早川さんも話に乗ってきそうだと思う。


133 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 02:52:07 ID:???
普段あれほどクールでニヒルな陣内さんが、演劇のときだけ妙にはじけまくってたりしてな。
それにしても、昔の(というか、軍隊経験のある役者さんがやってた頃の)映画の「軍人」は、敬礼などの所作がきれいだね。


134 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 08:29:28 ID:???
鹵獲品のミシンで衣装や幕を縫い、印刷機で脚本やプログラムやチラシを刷るんだな。

135 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 09:28:56 ID:???
あれは伏線だったのかw

136 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 10:16:49 ID:???
>>134
英字の活字を潰してひらがな・カタカナ・漢字に鋳直すところから話が始まりそうだな。

137 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 11:34:35 ID:???
北陸の某作家「こいつらどいつもこいつも、いつもせっかくワシが仕込んだネタを発刊前に・・・

138 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 12:21:38 ID:???
いや、案外、φ( ̄ー ̄ )メモメモとかしてたりして。

139 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 12:37:37 ID:???
どうしてもヒロインを演じたがって皆を困らせる鈴谷さんとか、中学まで文学少年だったので一度だけ脚本を書いたけれど、難解すぎて受けが悪く、それ以来観るだけに徹している小早川さんとかか

140 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 12:49:28 ID:???
>南の島に雪が降る
あれはいかにも戦塵的な話だよなあ。
元指物師の兵が、小道具と承知でオーバースペック気味の(というか本物の)長火鉢をつくってしまうところなんぞジーンと来る。
そして、雪と東北の部隊のエピソードは、雪国出身のおいらにとっては涙無しに読めんのだ。

141 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 09:18:55 ID:???
覇者の戦塵が完結しても今度は第2次太平洋動乱篇が始まるよ。

142 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 20:07:23 ID:???
第2次太平洋動乱が出るのはずっと先

きっとその前に「タイムスリップ大戦争」や「連合艦隊ついに勝つ」の
パート2の執筆を頼まれる

143 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 23:20:17 ID:???
>>142
復活の日の続編だろ
正直、甲州氏にそんなこと頼める人間なんてそういないだろ(格的にも)

144 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 23:37:14 ID:???
フェアリー冬の続編でしょ。
谷甲州先生で無ければ書けない。

145 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 00:09:58 ID:???
>>144
フェアリーの密林に軍用道路を開通させる設営隊の話ですね

146 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 00:14:01 ID:???
電探搭載の誘導弾のAIのお話だろ(w


147 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 00:57:22 ID:???
便乗するなら、電脳網を構築する工兵隊の話を…

148 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 02:42:35 ID:???
不明確な要件追加や野放図なリソース要求が押し寄せ、「柔軟な運用管理」の
名の下にドキュメントはあらかじめ喪われ、管理責任の範囲や取り決めすら
日を追って曖昧になっていく。だが電脳網はひたすら膨張を続けた。

電脳網は複雑かつ広大になり、廃熱で環境温度は高温化した。
いつしか「密林」と綽名されるようになったそれの全体を知る者は、もはや誰も
いなかった。
伝統的な権威であるCIOの元で、エンジニア氏族はおのおのが主張する領域を
守りながらゆるやかに対立していた。(奥地には氏族の定例会にすら姿を見せない
不帰順エンジニアも数多居るといわれていた。)

そんなある日、“施工”エンジニアの武装工兵が密かにチーフに呼び出された。
密林の最深部・中枢区画の重要パーツが資材庫の奥で発見されたという。
未決済の検収書とともに。
CIOとチームの名誉にかけてこの施工は完遂されねばならならぬ。ただし極秘裏に。

武装エンジニア分隊は生きて帰れぬと噂される伝説の中枢区画を求めて密林深くに
彷徨いこんだ。同行する“検査”エンジニアとの反目、不帰順エンジニアとの交戦、
そしてあるはずがないパーツとソフトウェアを狙う影、高温、飢えと乾き・・・
危険が次々と分隊を襲う。果たしてパーツが追加されたとき密林に一体何が起こる
のか、あるいは何も起きないのか?この任務に意義はあるのか? 
だが、密林はあらゆる問いを呑み込み答えを返さない・・・


こうですか? わかりません!

149 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 04:13:36 ID:???
>>148
なんか、J.P.ホーガンのライフメーカー・シリーズっぽいな

150 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 10:01:19 ID:???
戦塵と全然関係ない話題がまだまだ続きます

151 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 20:42:18 ID:???
戦塵とあまり関係ない話題だけど、今日ブクオフに先生の著書が派手に鎮座していました。
戦塵シリーズもかなりそろい踏みでした。正直、先生の著書を手放す不敬の輩に怒りを覚えましたが、同姓の先生の書棚に角川版が一冊あるでは無いですか。
そこである事に気づき、105円コーナーに行くと「軌道傭兵」やら「宇宙軍」「紫苑」等もちゃんとありました。
店員さんに聞くと「ほかにも纏まって入荷したけど売れた」と言うことでした。
いや、20年と言う歳月は短いようで長いものだと・・・鬼門に入られた読者も一人や二人ではないだろうとフト思った物で・・・


152 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 22:50:17 ID:???
>>151
鬼門に入られるとどうなるのかkwsk

153 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 22:58:50 ID:???
もしも見知らぬところで迷っても奇跡の力で軌跡がみえます。

154 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 00:23:34 ID:???
>>152
151で店員が言ってた「ほかにも纏まって入荷した」ってのが、
死んでしまった甲州ファンの遺品整理で蔵書が売り払われたのではなかろうかって事でしょ。

155 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 00:26:46 ID:???
ああ、鬼籍のツッコミだったのか。
ナチュラルに脳内変化してたんで気付かなかった… orz

156 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 08:05:11 ID:???
人ごとじゃないぞ。たぶんこのスレ住人の平均年齢そこそこ高いだろう。
自分は40代だけど、同年輩や、すこし下の世代の友人知人が
何人か事故や病気や自殺で物故してるからな…

157 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 09:51:42 ID:???
>156
 そうなんですよ。戦塵が完結する前に先生にもしものことがあったり、自分
が死んだらどうしようかと・・・。
 第二次オホーツク海戦で読み始めたころには、まだ学生だったのに卒業して
仕事始めて、結婚後しばらくして子供が生まれて、その子供がもうすぐ10歳。



158 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 11:02:24 ID:???
子ども持ってるような家庭人が、スレでは醜い罵りあいしたりするんだから
目も当てられない

159 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 12:23:31 ID:???
>>スレでは醜い罵りあい

何処のこと?

160 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 13:50:57 ID:???
>>158 子ども持ってるような家庭人が、スレでは醜い罵りあいしたりするんだから目も当てられない

当事者の多くは「老害」を口にするニューエイジだし、「子ども持ってるような家庭人」は仲裁に廻っていると思われる。
まあ、そもそも「醜い罵りあい」のレベルまで至ったことは無いと認識している。あっても精々「小競り合い」レベル(と、思いたい。)

161 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 14:06:28 ID:???
このスレになってから、急にここ20年を回顧するレスが増えたな。
で、実際のところ、本当にドンピシャで20周年なのかね?

162 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 14:22:19 ID:???
91.02 北満州油田占領
92.02 激突上海市街戦
92.08 オホーツク海戦
93.04 第二次オホーツク海戦
94.07 謀略熱河戦線
95.05 黒竜江陸戦隊
96.11 殲滅ノモンハン機動戦
97.04 撃滅北太平洋航空戦
97.10 急進真珠湾の蹉跌
98.01 反攻ミッドウェイ上陸戦
98.10 激突シベリア戦線
99.12 激闘東太平洋海戦
01.09 ダンピール海峡航空戦
02.10 ニューギニア攻防戦
03.09 インド洋航空戦
04.09 ラングーン侵攻
05.05 電子兵器奪取
07.09 空中雷撃
08.09 翔竜雷撃隊
09.08 マリアナ機動戦

163 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 15:45:49 ID:???
>>162 迅速に乙。
来年の2月で20周年ね。記念で短編集+総解説みたいなのでも出してくれんかのう。


164 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 16:55:16 ID:???
今年はなんと二冊もでます!
・・・代わりに、来年は記念に一年間放置プレイ、になりそうだ


165 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 18:01:33 ID:???
じゃあ06年のブランクは一体何の・・・あ、15周年記念?

166 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 18:13:37 ID:???
99年から01年にかけてもブランクあるしな…

167 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 20:24:10 ID:???
>>166
いやそこは東太平洋海戦が4冊も出てるから。

168 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 21:02:57 ID:???
本当に谷先生が生きてる間に終るのだろうか・・・

169 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 21:40:31 ID:???
>>168
本気で先生が病気や事故にあわないように祈ってる

170 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 23:15:41 ID:???
登山禁止っ!!

171 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:19:24 ID:???
登山禁止のストレスで死んじゃう><

172 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:20:46 ID:???
2000m以上の山の登山禁止だな。


173 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:27:55 ID:???
せめて3000までは行かせてくれ

174 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:34:31 ID:???
高層マンションとかの非常階段で我慢して頂こう


175 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:49:03 ID:???
3000階段ですね。 わかります!

176 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:53:51 ID:???
>>174
その方が危なそうだな

177 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 04:38:31 ID:???
高尾山で我慢してもらおう

178 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 10:22:07 ID:???
>>177
石川県から歩いてきそうで…

179 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 13:02:49 ID:???
「高尾山でがまんするが、手前にある槍とか穂高とかいう山を越えなければ行けないのだ」とか言ってな


180 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 13:25:57 ID:???
何にせよ、この辺の書きこみは是非先生に読んでもらいたい

出来ればその感想をあとがきに、とも思うが、まずは無事に新刊が出て欲しい

181 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 15:27:03 ID:???
いくらハスミンが暴走したって、きっと八月までには1冊出るさ!





いつの八月だ?

182 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 19:04:53 ID:???
しんちゃん作者みたいなこともありえるからな

183 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 19:20:18 ID:???
俺が生きている間に戦塵シリーズの完結作まで読みたい物だ。

ホント、アメリカとどう手打ちするんだろう。
ドイツを片したソ連が満州に手を伸ばそうとするのをどうやって思い留まらせるんだろう。

色々がんばったけど、やっぱだめでしたーとか?

184 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 21:12:48 ID:???
1931(11月頃) 北満州油田占領
1932(1月頃) 北満州油田占領
1932(1-2月頃) 激突上海市街戦
1932(10月頃) 謀略熱河戦線
1933(3月頃) 謀略熱河戦線
1934 ?
1935(5月頃) オホーツク海戦
1935(9-10月頃) オホーツク海戦
1936(1-2月頃) 第二次オホーツク海戦
1937(5-6月頃) 黒竜江陸戦隊
1938 ?
1939(7-8月頃) 殲滅ノモンハン機動戦
1940 ?
1941 ?
1942(1-2月頃) 撃滅北太平洋航空戦
1942(4月頃) 急進真珠湾の蹉跌
1942(4月頃) 反攻ミッドウェイ上陸戦
1942(11-12月頃) 激突シベリア戦線
1943(1-2月頃) 激突シベリア戦線
1943(3月頃) 激闘東太平洋海戦
1943(5月頃) ダンピール海峡航空戦
1943(5-6月頃?) ニューギニア攻防戦
1943(8月頃) 電子兵器奪取
1943(10月頃) 空中雷撃
1943(12月頃) 翔竜雷撃隊
1944(1月頃) 翔竜雷撃隊
1944(1月頃) インド洋航空戦
1944(2月頃) ラングーン侵攻
1944(8月頃) マリアナ機動戦

185 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 09:11:33 ID:???
外宇宙探査と第二次外惑星動乱待ってる俺はどうしたらいいんだ
まあレッドサンブラッククロスや信長征海伝待たないだけましだが

186 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 13:19:42 ID:???
第二次外惑星動乱前史(の前史)ならSFマガジンで始まってるぞ。
2010年2月号「ザナドゥ高地」舞台はタイタンだ!
地味な話だったけど、えらい話にもなってたよ。

187 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 13:32:55 ID:???
>>186
単行本はいつなんだ!!

エリヌスは第二次の前の話だっけ…?

188 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 13:37:04 ID:???
>>186
高地とか…
やっぱり山に登るのか…
宇宙服着て…
そしてそこに設けられた監視哨と電探基地の争奪戦が…

189 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 19:47:37 ID:???
>>184
> 1934 ?
> 1938 ?
> 1940 ?
> 1941 ?

読みたい…何年でも待ちますから。

190 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 19:48:30 ID:???
>>189
1940と1941は書かれないんじゃないかな。


191 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 20:20:21 ID:???
末期ガンとかで余命いくばくも無い人だけ戦塵の最終話が見れるとか

192 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 20:23:09 ID:???
ごちそうや幸せな自分、はたまたルーベンスの絵が見えたりするのと同じ原理か。

193 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 20:31:23 ID:???
図書館行ってS-Fマガジン2010年2月号と霊峰の門借りてきた。
どっちもボリュームあるので電車の中で読むのは辛いな・・・

194 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 20:38:47 ID:???
>>191
最終話が見れなかった人は鳥が見えるかも

195 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 21:27:34 ID:???
>>191
作業体への改造を志願するんだ

196 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 22:03:38 ID:xLta5gxl
サッカー日本代表は戦塵みたいなシナリオだな。
尽冥が岡田に何か言ったのか?

197 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 00:41:13 ID:rP9t4/Od
日本沈没の続編を谷先生が書いたわけだから
有事にそなえて後継者を育成しておいてほしい。

198 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 02:35:41 ID:???
>>196>>197
スレ初心者は流れを読むように。とりあえずsageで頼むわ。

199 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 21:01:28 ID:???
>>189 俺は1937をもう一冊読みたいんだよな…よりにもよって7月7日で終わってるんだ。
(1936が2月26日で終わってるのと同じ意味でだ、よ。
 1937/7/7になにがあったかは、すくなくともこの板の住人なら知ってないとまずいぞ)

200 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 21:25:56 ID:???
日中戦争回避は記者がさらっと流してたっけか。
もうそれ以上の語りは無い気がする。

201 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 21:30:12 ID:???
共産中国に同行した日下部記者とかどうなったんだろうなあ。

202 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 21:55:47 ID:???
>>199
支那事変が未然で回避された経緯については「ノモンハン機動戦」のあちこちに断片的な記述があったけど、
それが何とも言えず欲求不満を引き起こす感じなんだよねぇ…

203 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 13:31:43 ID:???
>>199
盧溝橋は中国の都合で支那事変の端緒にされちゃってるけど、実質当時よくあった国境紛争の一つで、事実上関係ないから
史実の上陸より規模の大きな海兵隊が上海に駐留していて、上海周辺での塹壕線構築を睨み掣肘できていればそれだけで蒋介石の野望を抑止出来ていても不思議はない

204 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 21:25:01 ID:lZT5tYFh
>>198
死ねよ

205 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 22:00:33 ID:???
>>185
まあみのりちゃんシリーズも新装版の合本に極短編だけど続編でたし。
気長に待ってればそのうち。
えっ、板違いの上、火浦なんかと比べるな。

206 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 22:10:42 ID:???
>>204
初心者と言うより痛い人だったか・・・sage方が解からなければ素直に聞けば良いのに。
E−mail欄にsageと入れて書きこんでくれるだけでいいのに。

207 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 22:44:31 ID:???
>>206
ageると全世界が自分に注目してくれると思ってる人なんじゃね?

208 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 23:22:09 ID:???
史実とずれが生じた歴史的な事件、世界各地の戦況、技術レベル
どれも詳細は分からない
こうなると戦塵読本みたいなのが欲しいな〜
もちろん新刊で説明してくれるなら、それがベストですけど

209 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 05:45:08 ID:???
>>208
史実とのズレ、は劇中じんめー坊以外把握してないから
それだって、事件はともかく技術までは認識していないだろうしなあ
鮭みたいになんかメタ世界でみんな元になった世界があるの知ってるわけじゃないし
あんまりはっきり解説するとわざとらしくなるし、あんまり解説解説求めるのもどうか思うよ

210 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 09:32:33 ID:???
その昔、「ラバウル烈風空戦録 総解説 前期篇」というものがあってな…

211 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 10:29:59 ID:???
戦塵と関係ねえだろ

212 :名無し三等兵 :2010/06/29(火) 11:18:06 ID:???
映画、太平洋の奇跡で唐沢寿明がサイパンタイガーって役やるらしい。
なかなか面白そうだが、大佐が出たら何と呼ばれるだろう?
やはり「魔神」か?

213 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 12:00:35 ID:???
>>210
あれは面白かったね。
戦塵も長いんだからあのような解説本出してくれるとまた違った趣で
読めるんだけどなぁ。



214 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 12:23:05 ID:???
>>210>>213
ラバ空はぶっちゃけミリオタの、「ぼくのかんがえたすごいたいへいようせんそう」だからなあ
あちこち都合のいい改変は入ってるけどほぼ同じ歴史だし
良し悪しはともかく性格や趣は戦塵とは全く違う
あんな解説本戦塵でやろうとしたら、
政治の話に開発土木の話に規格の話についでに兵器体系の話に、ととんでもないものになるぞw
正史とかオフィシャルな解説求めるのは単純な楽しみ方しか知らない幼稚な要求だって覚えとけ
そういう子供におもねってしのぐこすっからい商売が当たり前になっちゃって長いからまあ仕方なくはあるけどね

215 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 14:09:08 ID:???
無印中公時代には挿絵描き者Sが兵器解説妄想イラストストーリーなどを…
良い時代でした

216 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 15:12:33 ID:???
>>214
そうかなぁ、MBTの話なんかでも古い話はあやふやになってたりするからその辺整理した本でもあれば
楽しめるんじゃない?

217 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 18:41:26 ID:???
>>214
単純に戦塵オリジナル兵器解説(イラスト付き)があるだけでも違うよ
まあ、正規空母の解説より鋼索式重機や軽便鉄道の解説の方が扱い大きくなりそうだけど

218 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 18:45:36 ID:???
荒巻のスピンオフの消滅要塞(挿絵描いてた佐藤道明のオリジナルストーリー)
みたいなやつはあってもいいかもね

219 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 20:34:12 ID:???
谷甲州全集は出ないのでありますか?
と聞くのは何かのフラグでしょうか。

220 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 20:43:32 ID:???
土木戦記に子供向け解説本はいらないな

重戦車や国産トラクタの駆動・懸架系の技術的な解説本なら欲しい
内容的には技術者向けのレベルで、史実と比較してくれるとなおよし

おまけで、水冷エンジンや誉の整備手引書(手書き風)が付いてたら満点

221 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 20:46:39 ID:???
荒島型の艦名って相当独特。
通常に考えれば雲龍型の2番艦以降に使われたような名前が付きそうなものだけど。
実在の艦との違いを強調したいって言う意図なの?

222 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 20:50:54 ID:???
>>211
一等巡洋艦だから命名基準に則って山の名前

どの山を付けるかは、単に先生の好み

223 :222:2010/06/29(火) 20:52:38 ID:???
おっと、

上は>>221

224 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 20:56:25 ID:???
山の名なのはわかってるんだけど選択がかなり独特だなって。
やはりそれぞれの国で名前の付け方の癖とか好みってものがあって、
かなりそれから外れてるじゃないかなあって……
まあ国や海軍の体質自体もある程度変わってるから、
そう言うことの現れだって解釈にしておくかな、個人的には。

225 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 21:00:24 ID:???
グランドパワー誌に日本ブルドーザー開発史が出てたぞ。タミヤ合わせだろうけど…

226 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:15:03 ID:???
「東海らしきものを装備した第902航空隊」が登場した意味は何だろう?

227 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:17:30 ID:???
ちかいうちに、会場護衛について書くよ、というフラグだと嬉しいな。



228 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:20:20 ID:???
>>220 人外協でオレオレ兵器を考案してた人たちは???


229 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:27:12 ID:???
>会場護衛
海上護衛の変換ミスでわかった上で、
「事変は会場で起こってるんじゃない。現場で起こってるんだ」

230 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:34:22 ID:???
>>227 水上機は今まで活躍させたので、もう書きたくない。あるいは滑走路が無いと重機の出番が減るのでヤダ!とか。

231 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:34:45 ID:???
ほとんどが現場の人である、語り手の知りうる事実以外は描写されない押さえた筆致、
敵の動向はもとより、自軍の他部隊の動向さえかなりは推測になる。
本来知りうる情報でも意図的に秘匿されている場合もあるし。
つまりそれらのことから全体像が掴みにくいところに本作のもどかしさがあるんだろう。
そのもどかしさを解消することは、本作の本質が変質し、その良さもまた消えてしまうわけで。
って、それはわかってるけどやっぱりもどかしい。
そう言う意味では本作と別に解説本があっても良いかなって気はする。
あまりわかってしまってもなんだけど、とりあえず開戦前くらいまでの。

航空宇宙軍史では、こういうもどかしさはあまり感じなかったな。
って、あっちは両陣営が描かれていたからか。

232 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 23:02:15 ID:???
蒸すな・・・

233 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 00:01:43 ID:???
とりあえず
日本がパラグアイに勝ったら、変改行老害爺が消えてくれるんじゃないかと


234 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 03:02:25 ID:???
見事に敗退した様だからお前さんの儚い望みも潰えた訳だが、お前さんの改行も変だと思うぞ。
まあ、4年後を目指して地道に自分の足元を固めることから出直してくれ。

235 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 08:09:25 ID:???
>>162>>184はテンプレ化希望。

谷センセは栗本薫みたいにはならないと信じたい。

236 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 08:33:22 ID:???
>>234
荒巻作品やらサッカーやら、戦塵と関係ない話持ち出したり
ましてや荒らしたりしてる馬鹿はほっとけよ

237 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 20:20:57 ID:???
>>235
テンプレ化賛成

それと先生が完走するって宣言してるから、信じて待ち続けるよ

238 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 20:34:03 ID:???
>>237
作品が完結する前に死ぬかも・・・という奴は大ちゃんぐらいだろ(w


239 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 22:13:46 ID:???
おまえら、暴れるハスミンを押さえ込む体力を与えて上げなきゃだめだろ


240 :名無し三等兵:2010/07/01(木) 12:36:03 ID:???
馬鹿とか言ってる時点で荒れる原因を作ってると自覚して欲しい。

241 :名無し三等兵:2010/07/01(木) 16:56:56 ID:???
>>238みたいなスレチガイのネタ上げる奴は馬鹿って
呼んでやらないとわからないんじゃねえのw

242 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 09:31:44 ID:???
>>238程度なら流れの中での関連雑談として有りだと思うけど。
長々と続けるようなら問題だけどさ。

243 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 13:47:14 ID:???
谷甲州の小説って面白いか?
文章力無さ杉。擬音ばかり。

244 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 14:53:35 ID:???
>>243
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさかとは思うが、本当に、故 谷恒生さんと間違えてるんじゃないだろうな。
そうでないとすれば、そのネタをどう展開して欲しいのかさっぱりワカラン。


245 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 19:27:16 ID:???
ベクトルは違うがどっちもゲス丸出しだな

246 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 22:26:01 ID:???
>>243が一体どの作品読んで言ってるのかが気になる。

247 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 23:06:32 ID:???
逆ギレの荒しだろ
捨て置け


248 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 00:08:23 ID:???
次巻こそはハスミンおおあばれですよね?


249 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 10:09:11 ID:???
ノビーのスレでガンダムの話をしたり架空戦記スレあらしたり
ほんとカスだなこいつ

250 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 16:42:07 ID:???
↑やっぱり同一人物か

251 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 17:37:14 ID:???
くだらない自己紹介はいいから谷先生の著作の話をしよう

252 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 19:47:05 ID:???
戦塵世界の主力艦ってなんだろう。
いや、建造順位の高い艦って意味ですが。

253 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 19:55:06 ID:???
接近して手数に物を言わせるらしいから
水雷・航空戦隊構成艦全般に力入れてるんじゃないかねぇ
松クラスなんていう贅沢な戦時急造艦も早期から配備してるし…

254 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 19:59:59 ID:???
>>252
海防艦とか輸送艦じゃないですか?

255 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 20:34:49 ID:???
戦塵世界では、秋月型は設計段階から簡略化が進められ、陽炎型・夕雲型も生存性重視の設計となってるのかねぇ…?

256 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 20:45:19 ID:???
>>255
なんてキリのいいレス番

急速建艦試験で早期に結果が出ているから、直線艦首とカットバック型艦尾、四角い艦上構造物辺りは一番艦から採用確実かと
陽炎・夕雲は水雷襲撃を諦めているかいないかで変わるのでは?

対空能力と耐久力に秀でているうえ(史実どおり開発されていれば)酸素魚雷の採用で白露以前と比較して射線半減しても一発の火力は倍増している松型が採用されているので
砲雷撃に特化した甲型後期のフネがそもそも成立するのか疑問

257 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 21:23:43 ID:???
でも何故か小説内で活躍するのは睦月級だったりする

258 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 21:52:03 ID:???
>>256
松級以外なら特型だろ。天霧とか大活躍してるし

259 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 22:02:55 ID:???
>>258
「第四艦隊事件」で艦首切断の大損傷を被った「夕霧」の「東太平洋海戦」での再登場には少し感慨を覚えた。
特型の修理や改修工事の話とか、書いて頂けないかなぁ…?

260 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 09:14:32 ID:???
修理や改修の話はみてみたいな

261 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 17:58:18 ID:???
>>255-256
戦塵世界の陽炎・夕雲型は松型の拡張型という流れで基本設計が進められてたりしてね

262 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 20:10:59 ID:???
シフト機関と溶接構造でやたらめったら頑丈になってる陽炎・夕張型。
対空・対水上電探も積んでて、敵に対しても準部万端死角なし!!!

でもやっぱり雪風の周りではボカチンくらう同型艦が続出する悪寒

263 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 22:16:01 ID:???
雪風は戦闘妖精にでも変身させとけw
>>259-260
改修というか、修理しながらのだましだまし運用は
まさに天霧がミッドウェーでやってましたな

264 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 22:45:20 ID:???
そいえばさ、大佐がミッドウェーから持ち帰ったスクラップの山はどうなったんだろうね

265 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 22:49:47 ID:???
LVTならニューギニアで活躍してるけど。

…ケーブル類は電探に使われた?

266 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 22:51:58 ID:???
天霧は修理して元に戻ってそう。
鹵獲上陸舟艇やLVTはすでにニューギニアで使ってるだろ。
電纜は何処に使ったんだろうか

267 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 23:02:49 ID:???
>>266
細い奴だったら、雷撃機型飛竜に標準装備されてる
電波警戒機とか電波高度計とかにじゃない?

268 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 23:13:54 ID:???
相当な量だから、いろんな用途に使えそうで
いい拾い物してたな。

269 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 23:19:39 ID:???
>>265-266
中身の電線がバラされて、サイパンの各級司令部や陣地間を結ぶ電話網構築に転用されたんじゃないか?
或いは日本本土との確実な通信手段を確保するために海底ケーブルとしてそのまま再利用とか…

270 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 00:01:49 ID:???
>>256
> 砲雷撃に特化した甲型後期のフネがそもそも成立するのか疑問

そこで「電測雷撃戦」ですよ

271 :名無し三等兵 :2010/07/06(火) 00:16:02 ID:???
新刊情報のリークありませんか?
何か聞き及んだ事などありませんか?
先生の近況でも結構ですので教えてください。

272 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 00:18:39 ID:???
ところで「機動戦」ってのは、具体的に何なの?

273 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 00:22:48 ID:???
>>272
軽便鉄道を駆使した「翔竜」の迅速なる移動・展開でしょう。

274 :俄将軍:2010/07/06(火) 04:04:39 ID:???
>>243
擬音とは、「ガチョ〜ン」ということになるのか、などと、嘯いてみたり。

275 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 12:10:38 ID:???
>>273
>軽便鉄道を駆使した「翔竜」の迅速なる移動・展開でしょう。

マジそんな気がしてくるから怖いw
次巻では延々と紫電改と油圧カタパルトの、開発経緯が語られるのに
1巻の大峰とその艦上機たちの話は、単なる勘違い誘いの疑似餌でさ。
ハスミンによる翔竜の機動運用で、大戦果!これが機動戦の意味です
もちろん伊勢も日向も、二度と出てきません・・・それはそれで楽しみだけど
タイトルに騙されたみたいで嫌だなw

276 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 19:56:22 ID:???
マリアナ沖機動戦1など読み返していて、第3章ででふと思う。
この世界の流れではこうなるんだろうけど、大峰に16インチ積むくらいなら、
素直に最新技術で長門をリファインしたようなと言うか、
サウスダコタの他人のそら似みたいな艦を2隻ほど作っておくべきだったような気も。

277 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 20:13:31 ID:???
急速造艦演習で大和が潰されてるのに
今更適当サイズとはいえいわゆる戦艦を作ることはないんじゃないかな

278 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 20:43:14 ID:???
>>276
(これは直接は言及されてないが)超甲巡は史実の大和型と同じく、名目上金剛型の代艦として建造されているはず。
つまりドックも空いてなければ追加の予算請求も非常にしにくい状態。
こんな戦塵世界でマル2、マル3あたりに相当する建艦計画で新たに戦艦作れる目はないだろう。

史実日本では大和型とその改良型の量産で旧型戦艦の更新を考えてたんだと思うが
戦塵の場合はオホーツクショックのせいで金剛型の更新として荒島型を選んじゃったからなぁ。
(装甲防御面を除けば超甲巡は金剛型に実に近い戦力だから、まあ分からんでもないんだけど…)
14インチ以上の主砲を持ったフネは扶桑以降の代艦でもない限り考えられなかったんじゃないかね?

279 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 23:34:54 ID:???
技術者のロマンで無理矢理載っけた16インチが役に立つ話になるのか? その逆か?

280 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 00:41:11 ID:???
>>279
ハスミンが艦隊司令やってれば遮二無二突っ込ませる展開も期待できるが、普通の官僚海軍将校にはそんなの期待できない・・・

まあハスミンだったらなんか裏技使って相手のバックを取ってそうな気はスルがw

281 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 00:52:45 ID:???
ふと思ったが、ハスミンってマクロスシリーズでのマックスと同じ扱いだよな

あっちは「天才だから仕方がない」、こっちは「天災だから仕方がない」……

282 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 01:31:02 ID:???
山田くん、281の座布団ぜんぶとっちゃって。

283 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 01:40:42 ID:???
山田とか田中とか、よくある名前の人があんまりでてこないな、そういえば

284 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 06:07:01 ID:???
一見平凡だが、案外無いのが山田(太郎)とか田中(一郎)だから

285 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 16:48:46 ID:???
Rをつければいい

286 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 17:54:53 ID:???
大石さんの小説にいたなあ、鈴木さんってロボット3等兵

287 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 18:08:04 ID:???
皇国の守護者じゃ、今の日本人っぽい名前なのは龍族だったなあ

288 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 18:16:03 ID:???
この世界の扶桑山城伊勢日向はどうなってるんだっけ?
なにか戦没した?
ひょっとして全て空母化とか(汗)
それじゃラバ空だな。

289 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 21:43:04 ID:???
伊勢、日向は航空戦艦化してるのが確定。
描写はないけど、空母と一緒に編成されていないところを
見ると、史実と違い大峰に近い斜行甲板の可能性大。
扶桑、山城は不明。

290 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 22:31:55 ID:???
戦艦少ないのに話題にもあがらないくらいだから、扶桑山城は内海で練習戦艦じゃないの
だいたいあんな骨董品前線に出せないだろ

291 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 22:34:58 ID:???
骨董品といったら、金剛は・・・。
実際、史実でも中は老朽化で酷い状態
だったみたいだけどね。

292 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 23:03:02 ID:???
史実の予算獲得時のお題目では、大和型と交代で順次退役の予定だったからね
まあ戦争始まっちまったからそんなこと言ってられなくなったわけだが

293 :名無し三等兵:2010/07/07(水) 23:30:18 ID:???
>>291
「大改装 劇的ビフォーアフター」といった感じで金剛型の近代化大改装に取り組む佐久田さんとその弟子達。


ええ、妄想するだけでもご飯三杯いけますとも…

294 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 01:33:55 ID:???
「何ということでしょう」

天窓と吹き抜けで明るい艦内を演出とか
撤去された旧式装備がオブジェとして艦内に嵌め込まれてたりするのか

295 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 06:37:05 ID:???
生活動線が改善されてダメコンに寄与するのかな?

296 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 09:25:17 ID:???
佐久田:「継手の形状ひとつもおろそかにはできません」

297 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 09:36:17 ID:???
>>295
ダメコンの徹底って、そういや本編でどれだけ具体例がでてたっけ

298 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 09:46:03 ID:???
わざわざageんなどアホ

299 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 17:40:12 ID:???
298=274

300 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 17:56:45 ID:???
レス番間違えた。まあ似たようなもんだ

301 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:04:04 ID:???
「何ということでしょう」

艦の後部が広々とした航空甲板に生まれ変わったではありませんか。
これでいままで窮屈そうにしていた艦載機達も、のびのびと翼を広げられ、
とっても嬉しそうです。

302 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:23:46 ID:???
「なんということでしょう」

斜め配置で全通化した航空甲板のおかげで、艦載機達も下駄を脱いで身軽になれました。

303 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 19:39:16 ID:???
荒らしのレスじゃないならダメコンの話をもっとしたのに…

304 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 20:49:52 ID:???
ではまず君から

305 :名無し三等兵:2010/07/08(木) 23:38:04 ID:???
とりあえず自演はやめようか老害クン


306 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 03:05:03 ID:???
年配者に対して「クン」と言うのは如何なものが?
自分で自分の品位を卑しめているだけのようにしか見えないよw

307 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 04:45:42 ID:???
如何なものか
品位を貶める

308 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 17:48:51 ID:???
いっそ匠の技で木造海防艦を。

309 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 18:31:21 ID:???
つーか本当に出るならそろそろ情報が出てくるはずだが・・・


310 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 18:37:34 ID:???
駆潜特務艇なら山のように出てくるだろ。


311 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 19:47:51 ID:???
たった150トンで驚きの強武装
はえ縄漁船が最新の駆潜艇に変身

こうですか?

312 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 20:21:02 ID:???
福井静夫氏によると、木造海防艦構想は本気であったみたいだけどね。
木材の不足と、造船所が駆潜特務艇等建造で手一杯ってことで断念されたけど。

313 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 20:44:07 ID:???
本気で考えたら、匠の技を発揮して欲しいのは、
「○ゆ」にちゃんとしたトイレを設置してあげるとか。

314 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 22:09:31 ID:???
>>311
次はコンクリート特務艦ですか

315 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 23:30:42 ID:???
なんということでしょうスコールが降ると上扉中央で必ずスリップしてしまった戦車が、
シュロのムシロを敷くことで見事に上甲板まで上がっていくではありませんか。
必要な品、予備のムシロ5、6組、ムシロを前扉の木甲板に打ち付ける特性くさび、
及びハンマー。
匠による安上がりな二等輸送艦のリフォームの実例。

316 :名無し三等兵:2010/07/10(土) 02:17:03 ID:???
「なんということでしょう」

もうあきらめていた16インチ砲が匠の技により巡洋艦に載ってしまいました。
この正規巡洋艦なら、怖いゾディアック級がやってきても安心ですね。

317 :名無し三等兵:2010/07/10(土) 02:36:32 ID:???
昭和の三景艦ですね分かります

318 :名無し三等兵:2010/07/10(土) 03:47:09 ID:???
>>316
それはトップヘビーなだけの駄作艦ではと隣の国の軍人が囁いている

319 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:48:49 ID:???
>>311
なんということでしょう、
しかも本職の掃海特務艇より掃海に向いていたのです。

320 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:52:57 ID:???
>>319
いや・・・それ史実でやろうとして、徴用された漁船が
悲惨なことになってたから、やめてあげて・・・

321 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 21:12:57 ID:???
無知って怖いなあ

322 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 09:09:53 ID:???
知ってて無茶振りしてると思うw

323 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 09:39:30 ID:???
まあ本職のはずの掃海艇があまり使えなかったって言うのがなんとも。
戦前は磁気機雷を想定してないからしょうがないけど。
この世界だと1940年頃までは海防艦の掃海タイプとして生産ってところ?

324 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:14:11 ID:???
しかし、スレタイにまでなっているのに、ここまでほとんど空母仙丈の話題がないwww


「なんということでしょう」

あれだけ散らかっていた艦上構造物を、全て撤去して広々ウッドデッキの完成です。
隅の方には小ぶりな艦橋を設けて、アクセントにしてあります。大きなエレベータも
ウッドデッキには取り付けられているんですね。これなら大きな飛行機も、楽々昇降。
早く飛び立ちたいセッカチさんの為に、最新流行のカタパルトも設置してあります。
おなかが空いて帰ってくる子供たちの為に、ウッドデッキには斜めの張り出しも!

325 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:45:28 ID:???
仙丈って装甲化されてないアングルドデッキタイプの大鳳なんだろ?
大型化した艦載機でも80機くらいは積めるだろうけどだから何って感じで語ることはないよ

326 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:49:51 ID:???
他の仮想戦記では真っ先に話題になるだろうが、土木戦記とも
最貧戦記とも言われる戦塵だからなぁ

これ、米英潜水艦との戦訓をふんだんに盛り込んだ新型海防艦や
前線の兵士が必死に運用実績重ねて採用された土木重機だったら
それだけで2、3スレ埋まりかねないんだが

327 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:57:55 ID:???
なんで雲龍を量産しなかったのか、についてだけは
説明ほしいね。荒島改装は悪くはないんだけど
戦時急造空母は幾らあっても足りないと思うわけで

328 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:41:28 ID:???
>>327
正直、荒島船体の線図で正規空母が量産できるなら、飛行甲板長・全幅・容積どれを取っても雲龍型より良いものが入手できる。
しかもドックの占有率は同じ。
マル急とかマル5(の改訂)で中型空母の建造要求がなければ雲龍型(というか飛龍型)の建造は元々なかった。
要は大鳳造りたいんだけど予算上どう見ても無理だからということで作られることになったのが雲龍以降の飛龍型なのよ。
まあ、仮に雲龍型があっても史実の改マル5みたいな極端な増産計画がなければ、量産には至らないと思われ。

329 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 19:49:52 ID:???
とはいえ、個人的には葛城以降の改飛龍型みたいな中途半端なフネが頑張るのも戦塵らしいとは思うけどね。

ただ、戦時急造というなら速度は30ktも出ればいいし、飛行甲板はもっと広いほうがいい。
源田さんだかが要求したっていう「簡易空母」←全然簡易じゃないんだが…… のようなものになるはず。
数を作りたいなら飛鷹の亜種(あるいは英ユニコーン級)みたいなもののほうがより効率がいい。

330 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:07:56 ID:???
カタパルトの問題が若干ましだから、カタパルト乗せた葛城量産でもいいな。
荒島はむしろ防空巡洋艦として運用したほうがいいと思った

331 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:42:29 ID:ZjMRiWeM
さて、またまた政変で忙しくなりそうな訳だが…

谷センセイ、Fuji山に登ってる場合じゃないですYO!


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/07/11/images/KFullNormal20100711124_m.jpg

332 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:48:15 ID:???
武蔵を、空母にしてほしかった・・・・
大艦主砲主義なんて古いのに。

333 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:49:49 ID:???
横山信者乙

334 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:02:58 ID:???
戦塵世界の「大和」「武蔵」はその名が新型測量艦に引き継がれ、
あちこちの海域を縦横無尽に駆け巡って地味に活躍しています。

335 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:04:11 ID:???
>>334
ありそうで困るw

336 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:38:11 ID:???
戦塵世界の「大和」「武蔵」は、
海防艦で在籍してるんじゃないか?

337 :名無し三等兵:2010/07/11(日) 23:51:26 ID:???
>>334-335
史実の測量艦「大和」「武蔵」が老朽化で除籍(何しろ元は日清戦争時代の鉄骨木皮巡洋艦)
となったのは1935年(昭和10年)。
その2年後の1937年(昭和12年)のマル3計画で、帝国海軍唯一の専用測量艦「筑紫」の建造が
承認されている。

A-140が廃案となって予算の配分も大幅に変更された戦塵世界では、測量艦の複数建造が承認
されて「大和」「武蔵」の艦名も測量艦として実績のある名前だし、そちらに継承というのが
すんなり決定してたかも。

そして史実「筑紫」というのもMANのディーゼル3基搭載・3軸推進という、戦塵世界の造船官が
好みそうな、実験艦的な仕様だったりする。

338 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 00:02:56 ID:???
武蔵なら現役ですが
http://www.fukasal.co.jp/senpaku/1_musasi.html

339 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 10:18:02 ID:???
>>334
なぜか排水量69,000t、艦橋トップに「15m双眼トランシット」なるものが載り、敵の妨害を排除する強力な武装と装甲が・・・

340 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:03:11 ID:???
>>154
18年前の10歳の時に近くの古本屋で買ったのが北満州油田占領でした・・・

341 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:19:36 ID:???
>>337
測量艦大和型
同型艦:大和(II)・武蔵(III)・(信濃:水上機母艦として竣工[1])・(1111号艦:計画のみ)

特々&松型とほぼ同一構造で船体中央に水偵設備(クレーンで海上に泛水して発進・揚収)
機関はヂーゼル3軸、89式12珊7高角砲4門(前後に連装各1基)と機銃及び爆雷若干
最大速力20kt、航続力18ktで6,000浬、簡易砕氷機能あり

1.^測量艦業務関連設備(砕氷機能含む)を廃し、機関を艦本型タービン1基1軸とした。
  また後方の高角砲を撤去して2機の運用を可能とした。
  水偵のみでなく瑞雲の運用も想定していたとされる。

こんなとこですかね

342 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:22:22 ID:???
明治時代に主力艦の名前として使われてる船名を測量船に使った例ってあったっけ

343 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:27:25 ID:???
>>342
筑紫がそのまんま。葛城型とほぼ同様のスループ(のち海防艦)。
ちなみに戦艦名→練習巡洋艦名となったのは香取型の例がある。

344 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:29:37 ID:???
明治時代の巡洋艦が測量艦に使われた例が上に書かれてるだろ。
初代の大和、武蔵は葛城型巡洋艦の二番艦と三番艦。


大和と武蔵は便利な名前で、旧国名、山、川、全部あるぞ(w


345 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 11:59:27 ID:???
>>343
逆パターンで中小艦艇についてた名前が空母になってる例もありますな

346 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 12:32:15 ID:???
なんか命名基準に沿ってれば、後は語感とか由来(旧艦含む)で適当に選んでて
(事故・戦没艦のみは除外してるけど、それも終戦間際になると事故没艦に近いのも使ってるしなぁ)
戦艦or主力艦に使える艦名だから使わない、とか元が中小の実績もあまり無い艦の名前だから主力艦に使わない、という選定基準は無いと思う

まあそれはそれとして大和・武蔵が測量艦で登場したら戦塵的には素晴らしいと思わんかね
2冊くらい普通にその辺の話でいけそうだし

347 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 13:27:40 ID:???
旧国名のついた艦はできれば弄らないでほしいわ
むしろ、番号だけ付いた船が頑張る貧乏戦記をみたい。
俺なりのこだわりだがな。

348 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 14:07:57 ID:???
>>346
> まあそれはそれとして大和・武蔵が測量艦で登場したら戦塵的には素晴らしいと思わんかね
> 2冊くらい普通にその辺の話でいけそうだし

測量艦には艦固有の乗員の他に海軍省水路部の要員とかが多数乗り組むから、多彩な人物を登場させられそうだな。
軍人ではなく「娑婆大」出身の軍属水路部員も少なくなかったそうだから、そんな人物の視点で語るとかね。

史実「筑紫」のMAN式ディーゼルって、A-140の仕様を検討する段階で主機の候補となった事もあったそうだから、
それが測量艦「大和」の主機ってのは趣向としては良いなぁw


お話は1943年に遡り、海底ケーブル敷設設備を増設させられた「大和」にミッドウェーで回収された大量の電纜が積み込まれる
場面から始まる…

349 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 14:34:20 ID:???
北洋で臨検業務に精出すのもいいなぁ
敵船処分用に俵積み三連装の航空魚雷(or甲標的用魚雷)積んでさ。

350 :名無し三等兵:2010/07/12(月) 22:56:10 ID:???
>>347 >>349
もう、なんか脳裏に想像図が浮かびまくりですよw

351 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 13:18:14 ID:???
新刊マダー?

352 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 17:47:10 ID:???
>>341
さりげなく第二次オホーツク海戦の戦訓ですね > 簡易砕氷機能

冬期北方海域に於ける強行測量とか艦隊行動の支援とか、要求は出そうだものなぁ

353 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 17:50:36 ID:???
多機能を要求する軍令部と、ばっさばっさと機能を仕分けする柳井さんw

354 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 19:22:00 ID:???
自演ですか

355 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 19:36:44 ID:???
占守型が砕氷の一段下の耐氷船だった。
まあ、こんなフネを量産するのが間違いなんだが。

356 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 19:47:44 ID:???
>>203
こっちの歴史では昭和天皇だけが「大規模な部隊を送り込み、紛争拡大を防ぐ」ことを提唱したが
小出しに投入してずるずると泥沼化したわけだが……
戦塵世界の日本なら昭和天皇が未来予知するまでもなく、中国側の意図を事前に抑止できそうだよね。

357 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 20:04:47 ID:???
>>355
ありゃあ北方艦隊で長く使うつもりの特別仕様でしょ

オホーツクでの戦訓は、あとの砲戦でも生きてた描写があったな
確か三川さんが指揮してたときに。

358 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 20:20:51 ID:???
宗谷の出番まだですか?

359 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 20:43:07 ID:???
>>357
つ択捉型


南方用の護衛艦艇に除雪用ボイラー付きって、海軍はナニを考えていたのだろう。


360 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:11:17 ID:???
>>359
温泉付きの艦艇が欲しかったんだよ。

361 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:16:14 ID:???
休戦協定が結ばれた後イタリアに売却
テルマエ・シムシュと言う名前で戦後もイタリア人が運用

362 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 21:43:10 ID:???
どこでもパスタとピッツアが食べられるって?

363 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 22:17:25 ID:???
エスプレッソも煎れられそうだな

364 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:32:48 ID:???
戦塵世界では、占守型(マル3計画艦)の段階で史実の丙型・丁型並の簡略化設計になってるんだろうな。

365 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:33:47 ID:???
>>364
第4艦隊事件後の新造駆逐艦が、史実の松型を思わせる記述だからなあ。

366 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:38:50 ID:???
>>364
んなわけねーだろ。
占守型は例によって北方警備艦だろ。
第一、リノリウムも貼ってないし、水兵さんに床に毛布で寝ろとか、艦政本部が
認めても、軍令部が認めるわけがない。


367 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:41:16 ID:???
黒竜江陸戦隊に、丙型は平時の海軍の基準を満たしてない、みたいな記述があったな。

368 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 23:45:10 ID:???
基本型をベースにヴァリエーションよ豪華版を作るって発想じゃなかった?
簡易化された基本型に必要なものを付加していく方式。

369 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:03:20 ID:???
>>364-365
「黒竜江陸戦隊」の「急速造艦演習」の章だね。
佐久田さんの設計した簡易構造の駆逐艦に、暖房や融氷設備を増設して北方警備用に転用した旨の記述もあるし、
今読み返してみるとあの辺りから「佐久田艦政」が始まってたんだな(当時はまだ中佐だったけど)。
造船少将となり、艦政本部で手腕を発揮する佐久田さんの地味な勇姿を見てみたい…

370 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:07:37 ID:???
>>367
あれは特務士官用の隔離部屋がないとかそんな問題だろ

371 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:14:27 ID:???
今日の海上自衛隊でさえも、叩き上げ士官を船に乗せたがらない艦長や
司令がいるくらいだからなあ。

372 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:23:11 ID:???
>>371
そんなんで艦運営できるん?
現場仕切るのは叩き上げの連中だろ
素直に言う言聞かないし主状態になるから嫌うのはわかるが

373 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:25:56 ID:???
>>372
下士官がしっかりしてれば艦の運営は大丈夫なんだろ。
ただ、下士官の経上がったのはいろいろ問題なわけで(w


374 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:26:28 ID:???
>>372
嫌う理由が「学がないから」なんだよね。一般大卒の士官は嫌われない。

375 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:38:39 ID:???
>>374
確かに高卒から現場叩き上げじゃ、英語力とかマナーとか、表に出すのは不安ではあるよなあw
士官とか、外国行ったりしたらそのまま広報みたいなもんだから
クイーンズイングリッシュは無理でも、米東部英語くらいはしゃべって欲しいところだろうしなあ
技術的な問題を勘と経験だけで対処されたり解決されたりしても(感情的に)困りそうだw

376 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:43:10 ID:???
>>375
一般大でも英語力はたたき上げの人とかわらんでそ。
某大の英語ってそんなに高レベルなんかね?


377 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 14:14:53 ID:???
>>376
当たり前だ。
なにしろ同盟相手が1ヶ国語しか話せないことを自慢する連中だからなw

378 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:32:07 ID:???
ちょっと逸れすぎてねーか?

379 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 21:34:37 ID:???
この程度の脱線なら、むしろ閑話休題って程度だろ

作中に記述に対して、現実でもこうだからなってやつだし

スレチに対して過敏すぎるだろ

380 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 22:43:16 ID:???
>>375のように、一部とはいえ現実の自衛官を揶揄するような書き込みは、ちょっとどうかと思う

381 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 22:48:10 ID:???
>>379の「閑話休題」の使い方に微妙な違和感がある件

382 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:03:15 ID:???
この世界の長門ってどうなってるん?

383 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:03:57 ID:???
語尾にwつけてる奴と度を越した長文は脳内でNGにすると
すごく快適

384 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:09:47 ID:???
>>382
普通に柱島艦隊の旗艦なのでは?
唯一の40センチ砲戦艦だからホイホイ前線には出せないみたいだし

385 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:21:20 ID:???
使い道がないんじゃないの?

386 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:31:46 ID:???
史実の戦艦のように中南洋まで出張って敵砲撃主力の来寇に備えてるんじゃないかね?
燃料問題が(恐らく重油については)解決されてると思うから、航続力が長い戦艦を史実以上に遊ばせとく手はないでしょ

387 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:35:29 ID:???
重油は北満州油田でどうにかなってるんだろうけど
タンカーはどうなってるんだろうか

388 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:38:23 ID:???
海上護衛総隊は戦塵ではどれくらい活動を拡大してるんだろうかね

389 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:51:10 ID:???
>>387
相変わらず足りないとは思うけど
北満洲油田→釜山→京浜の精油所 だと一番沢山欲しい重油についてはかなりの回転が見込める
また効率は落ちるが仮に大型タンカーを撃沈されても中型・小型船舶でも代用輸送ができる
問題は軽質油で、これはやっぱり蘭印で精製したのを各地に配るみたいな形になると思う
(もし戦塵世界がこちらの世界と全く異なる地層を有していて北満洲油田の油質が軽質油向きだった場合はこの限りではない)

結局は護衛方式とタンカーの数かな…

390 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 00:03:59 ID:???
海上護衛総隊というか船団護衛についてだが
北満州経由が一定数見込めるとはいっても、ヒ船団やミ船団に
全然頼らずに済む訳でもない

391 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 00:32:06 ID:???
天然ゴムやボーキサイトもあるしな。
鉄鉱石は満州ので大丈夫なんだろうか?


392 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 00:49:02 ID:???
商船の船団護衛だけは戦塵で描写がないのがふしぎだな
陸海軍の輸送艦の描写は山ほどあるんだが。

393 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 00:52:18 ID:???
>>367 あそこで作ったの丙型(ディーゼル)かねえ?
戦時量産に備えて、とにかく一番簡単な奴の実艦を造る実験って趣旨からして、蒸気タービンの史実でいう丁型こさえたと思うんだがな。
史実だと燃料消費量が丁型のネックだが、北満州油田の御陰で船舶用重油ならなんとかなると思う。
(禄剛にはターボ・エレクトリックを技術試験兼ねて採用したかも知れんけど。エレクトリックかますと小回りが効くからね)

>>388 1937年の段階で海防艦の量産方法を確立してるからねえ。
高級将校は足りないだろうが、試作海防艦を満州国海軍に渡したってこた、
下手すると日本語すら通じない連中を短期間に水兵に仕立てるノウハウの確立を兼ねているってのは、深読みが過ぎるかな。

394 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 10:02:09 ID:???
>>382->>386
って言うか改装は史実通り?

395 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 10:09:59 ID:???
荒島型に陸奥(というか加賀型かな?)の砲塔が載るなら、いっそ長門の砲も降ろして使ってしまった方が、砲も船体も役に立つんじゃないのかね?
陸奥がどんなフネになってるのかは良くわからないけれど、長門も同じように改装してさ。

396 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 11:33:43 ID:???
その間使えなくなる艤装岸壁・ドックがもったいねえ、となるんだろう。戦争になっちゃうと
戦争中は優先順位の高いフネをドンだけ作れるか、が焦点で、不要不急の工事はポイっと捨てられちゃうものらしいから

397 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 11:37:02 ID:???
>>395
陸奥は廃船に限りなく近い状態
大峰に乗せたのは無事だった2砲塔
生きてる戦艦を潰すなんて狂ってるねアンタ、ヒトラーでさえも日本にいたらやらないだろうよ

398 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 12:40:48 ID:???
空母に改装するぐらいなら空母として設計された艦いちから作ったほうがいいしな
それに、史実でほぼ戦艦が役に立たなかったから忘れられがちだが、均整の取れた艦隊戦力って重要だぜ
当時の空母艦載機はほぼ夜間荒天は作戦できないんだから


399 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 14:05:06 ID:???
史実でも決戦機会が来なかっただけで戦艦自体は修理点検と改装時期以外は前線に出てるよ
ただ、航空優勢が大概相手のものだったから作戦参加の機会が少なかっただけ

400 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 14:19:07 ID:???
陸奥は史実の(空母に改装された)信濃と、同じポジションになった気がするな。
カタパルトがまがりなりに実用化されているから、低速を史実ほど気にせずに
済むしね。改装が終わり次第に伊勢や日向や大峰と、(前哨対空対潜)航空戦隊を
組むんじゃないかな?大峰や伊勢型の管制下で紫電改と彗星改を、戦隊合計で
120機ぐらい集中運用できると、常時20機程度は上空に戦闘機を配置できて面白い。

401 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 15:31:35 ID:???
改装空母よりも正規空母部隊を拡充するほうが先決だな。
改装空母ばかりに目を向ければ、せっかくの量産向き空母の
荒島型のメリットが、いまいち見えてこなくなると思うが。

402 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 15:53:44 ID:???
>>400
「電子兵器奪取」で登場した時は1943年8月頃で、この段階では横須賀に回航中。
その後すぐにドック入りして改装工事を開始したとしても、1944年段階での実戦配備は無理そうだがな。

403 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 16:03:20 ID:???
>>393
満州国の話が出たんで思い出したんだけど、
元二等駆逐艦樫(満州国海辺警備艦海威)は、満州国に行かずにそのまま廃艦か、
雑船にでもなってるんだろうか。
中古品の譲渡受けなくてももう少しまともな艦を持ってるだろうし。

404 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 16:07:11 ID:???
>>399
とはいえ金剛型以外は大して前線には出てきてないでしょ
足が遅いってのもあるにせよ

405 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 18:40:01 ID:???



  超巨大空母 『関空』と『中部』・・・の噂

埋立地に作られた民間空港に偽装されているが、
実は、有事には超巨大空母として自力で高速航行するらしい。
B52も、カタパルトなしで離着陸が可能な空母らしい。

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1279168279/








406 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 18:44:34 ID:???
>>404
航空優勢を確保した上で上陸作戦があれば
金剛型以外にも艦砲射撃で出番があったんだろうけどね。


407 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 19:41:03 ID:???
扶桑や山城をバターン攻略のときとかに持っていけば
結構使えたと思うけどなあ

408 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 20:07:45 ID:???
オイ、みんな8月に出るぞ〜中公のHPに出てる、出てる
楽しみだ…早く読みたいぞ〜〜

409 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 20:36:42 ID:???
こ、これは・・・
補給切れでついに幻覚が見えるようになったかと思った

410 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 20:50:47 ID:???
補給……っ!補給だ……っ!

411 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 21:01:38 ID:???
これなら、公約どうりに今年中にマリアナ級四番艦も竣工しそうだな

412 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 21:42:28 ID:???
>>409
同じく、408は幻覚を見てるのかと思ったw

413 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:15:32 ID:???
>>406
ただ"艦隊"として空母その他と共同行動するには、ほかはどうしてもやっぱ遅すぎるんだよな…
中核が戦艦ならこっちに合させりゃいいだけなんだがw
機関換装で扶桑から日向あたりまでもうすこし巡航速度上げられないかねえ…
場合によっては主砲の小口径換装や一部撤去に副砲強化までありだw

414 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:19:59 ID:???
戦塵世界の満州国海軍って、インド海軍みたいにある程度の戦力有り?

415 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:42:24 ID:???
存在を全く忘れられてるから出てくるまでは不明
禄剛とかは、役人が勝手なことやるためのテクニックというか裏技だから、テストと河川哨戒に使い倒されて、1944では打ち捨てられてもやわれてる可能性もある


416 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:50:41 ID:???
>>403 ぐぐってみたら、同型の桃型駆逐艦4隻中3隻が1940年に除籍されてる。
戦塵世界じゃ樫も普通に40年に除籍だろうね。佐久田さんか誰かが桃型全般に何か使い道を見出せばともかく。
(たったいま思いついたネタなんだが、どうせあと何年かで廃艦だからって、海兵隊が使い潰し前提で全部引き取って、
 佐久田式の仮設居住設備組んで、1937年8月の南京へ、HMSキャンベルタウンばりの特攻を4隻でかまして、
 国府中枢を直撃して日中全面戦を阻止する、覇者の戦塵1937・南京突撃とか読みてえ。もちろん指揮官はあの人)

>>414 海防艦4隻をローテして、黄海に密輸阻止の警備艦を常に一杯浮かべておく以上の事は、平時の日本海軍が望まない気が。
立ってる者なら親でも使えって戦時なら、史実と同じく別だけど、丁型海防艦以上の戦力は与えないんじゃないかな。

417 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 23:00:03 ID:???
マリアナ3が8/25ならマジで年内にその次も出そうだ

418 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 23:00:50 ID:???
>>416
満州共和国は中華民国と戦争してるわけではないから、
沿岸警備以上の武力は必要ないんだよね。
小型の優秀船に機関銃を増設した程度でも務まりそう。

419 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 23:12:41 ID:???
というか満州国は海上の脅威がほぼ存在しないんだよな
地勢的に英米海軍の脅威は日本側がまず受ける形になるから
民国海軍が、交戦はしないとしても、30年代中盤以降の安定を背景に海軍力を大幅増強していたりするとまた情勢は変わってくるが

ん、満州−日本本土のシーレーン遮断するなら民国誘って参戦させればいいわけだな
ビルマで民国参戦の兆しが書かれてたが、沿岸部占領されてないわけだし、奥地に基地建設して戦略爆撃やるよりよっぽど効率よさそうだぞ♪
まあ、戦時下にどうやってそこまで艦艇や航空機の機材搬入するかって問題はあるがw

420 :419=393:2010/07/15(木) 23:19:37 ID:???
>>418 いやだから、黒竜江陸戦隊の急速造艦演習で、戦時量産の手順を確立するための実験として、
「最も小型で簡略化された造り」(おそらく丁型)の海防艦を4隻造って(「完成した艦そのものに価値はありません」by佐久田中佐)
(2隻は新造戦艦A-140の建造が打ち切りになって一時的に開いたドック、2隻は海軍艦艇建造経験がない中小民間造船所で建造)
日本海軍は基準に合わないと引き取らずに即刻廃艦、それに余りもんの3年式12cm平射砲をそれぞれ3門づつ装備させたのを、
満州国海軍が4隻とも引き取って、日本海軍から顧問を派遣して、フネを沈める気かってレベルの無茶苦茶な公試やりますたってのが話の前提なんだよ。
必要性の問題じゃなくて、事実としてもう海防艦4隻持ってるの、満州国海軍。

421 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 23:39:37 ID:???
代行さん頼みなんでどーもレスポンスが遅れる?

>>419 史実でも民国海軍は日本から巡洋艦寧海を満州事変直後に輸入、これを元に平海を江南造船所で建造、
その後も魚雷艇の整備に意欲を見せてるから、戦塵世界の情勢だと普通に海軍力増強に励むと思う。

で、そこに現れる佐久田中佐。
中「ちょ!!2隻分の見積りのつもりが、これ4隻、て、予算総額は2隻の時と同じなんですかぁ!!信じられん!!」
佐「フネの仕様についてはそちらの希望を最大限に尊重した上で、
 建造方式をこちらに一任してもらう場合の見積りです。
 『まとめ買いなら安くなる』という話なので、2隻のままでも予算半額にはなりませんよ(キリッ)」
てな調子で暗躍してそうな。

422 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:07:24 ID:???
以前ここか何処かで書いたとおりになりそうだ。
今年中に後2冊出る代わりに、来年はないよ!路線をバクシンガーだぜw

423 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:31:58 ID:???
>>422
来年は念願の航空宇宙軍復活だし、何か問題でも?
砂糖某とは違うのだよ、砂糖某とは。


424 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:33:17 ID:???
実はひそかに「あとがき」の日付が楽しみ

425 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:39:32 ID:???
ワールドカップを見てて熱中とか書いてそうで笑える

426 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:48:12 ID:???
最近はテキストデータを流し込めるから、ワールドカップ見てた頃に原稿が上がってれば
余裕でね?


427 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 13:26:50 ID:???
「お盆休みまでに印刷に回したい」といわれて困った・・・などと書いてあったり

428 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 14:40:34 ID:???
>>415
> 禄剛とかは、役人が勝手なことやるためのテクニックというか裏技だから、テストと河川哨戒に使い倒されて、1944では打ち捨てられてもやわれてる可能性もある

禄剛の建造は艦政本部的にはどんな名目で実施したんだろうね。
内陸河川の沿岸に仮設の(使い捨ての)造船設備を設け、季節的な環境を利用して短期間で建造…って
「急速造艦演習」より更に厳しい状況設定だから、得られた教訓は多大なものがあったと思うけど。

429 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:57:49 ID:hGwixoBZ
橋立の黒龍江版じゃないの。
マル三計画で作るフネの内、少なくとも駆逐艦から下は、日本海軍の平時基準には従いつつ、
急速造艦演習の成果を取り入れた統一簡易量産船型で造ると思うんだが、
ソ連の15cm級積んだモニターへの対策は最も火急だし、
原型の海防艦に最低限の改修加えた代物で凌がにゃならんので、
基準の方を戦時に変えて哨戒特務艦なんてのを新設したんだと思うが。
砲艦には外交上まだ御紋章が付いてる時期だから、ガチ実戦用消耗品の禄剛が砲艦なのはちとまずい。

というか、禄剛の艦型って、海防艦の後ろ半分がスロープ式になってて大発2隻程度積めるって解釈でいいのかな。
このやり方で島風を第一号哨戒艇にするのは史実と同じだが、史実だと1940年になるんだよねえこの改装…8年前倒ししている。

430 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 21:38:30 ID:???
「禄剛」の建造では、技術基盤育成の目的で、造船設備・機械の調達とかブロック化した船体工事の一部分とか
奉天製作所に発注されたりしたかもね

431 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:04:34 ID:???
その昔、1980年代中頃から90年代初頭?にかけて発行されていたシーパワー
なる雑誌があって、毎号のようにWW2以前の中国系海軍等についての記事掲載。
読んでるとなんかいろいろ想像が広がりんぐ。

432 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:06:55 ID:???
島風、2代目は存在しないのか、史実の松型タイプか。
それとも高圧ボイラー実験艦としては存在してるのか。

433 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:15:19 ID:???
秋月型の発展タイプがむしろでてきそう
機銃増設して雷装全廃

434 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:43:01 ID:???
>>432
戦塵世界での高温高圧缶の研究開発は、燃費向上とか艦内スペースの節約といった方向に進んでいそうだな。

435 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 22:56:24 ID:???
>>433
大和型が存在しない以上、艦隊型駆逐艦から雷装(対艦打撃力)を削るとは思えんが・・・
ミッドウェイで戦果も挙げてるし

436 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 23:26:17 ID:???
空中雷撃がモノになり始めた作中現在、重雷装駆逐艦の魚雷発射設備を
そのまま翔竜投射ユニットに置き換えようとする連中がいるのではないだろうか。

437 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 00:01:43 ID:???
>>436
駆逐艦つーか5500d型軽巡、ミッドウェーで廃艦寸前となった「川内」あたりが転用されそうだな。

438 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 00:09:32 ID:???
川内は座礁放置されてた間に除籍だったりして
その場合大佐の私物に

439 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 03:14:54 ID:???
>大佐の私物
何故だろう・・・あの大佐ならやりかねないという異様な説得力がある。

440 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 08:17:02 ID:???
>>438
一応牽引して回航されたってことになってるだろ
捨てて作り直したほうが早そうな破損ぶりだったが
戦中だと、直す気なければ解体の手間も惜しくて鉄が逼迫しないと放置プレイの悪寒
そして迫る大佐の姿
「この艦をイントレビット0と命名する!」

441 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 09:24:16 ID:???
>>439
大佐は私物化しても海兵隊のために使うと思うけどなw

442 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 09:42:53 ID:???
海兵隊のためには使っても、陸海軍のためにはとても使いそうにない
いくら協力しろ、といっても耳を貸そうともしない大佐にファビョる共同作戦部隊
ぶつぶつと文句を言ってたけど、けっきょく大佐の思惑どおりに動いた川内が陸海軍の窮地を救うなど

振り上げた拳の持って行き場がなくなって困る将校の顔が見える気がする

443 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 09:46:32 ID:???
でも結局マリアナ失陥するんでしょぅ?

444 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 12:19:23 ID:???
橋頭堡を築かれはしたが全面占領には陥っていない
みたいな書きかたしてたな、黒尾根大尉が出てくる奴だと

445 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 13:35:43 ID:???
ニューギニアで鹵獲兵器を私物化してた人もいたな

446 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 14:08:06 ID:???
撤退時に川内を浮揚回収する命令を下したの大佐でしょ
自分のものを持って帰るような表現だった気が
占領から撤退まで座礁したままだからホントに除籍済かもね
そして海兵隊旗艦として27ノット・高角砲・射出機・水偵・大発搭載で登場!

447 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 14:08:15 ID:???
陰山の一式砲戦車のような状況なのかね

448 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 16:13:30 ID:???
再生川内の艦首

菊の御紋のその下には・・・
葬式饅頭 or 某大佐に似た不吉なフィギュアヘッドが前方を睨んでたりするのだろうか

449 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:15:35 ID:???
煙突に、菊水マークよろしく葬式饅頭マークが描かれるのでは?

大井、北上の高速輸送艦時代とまではいかずとも、中央部分から
大発搭載スペースにするのは萌えるな

450 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 20:34:55 ID:???
>>449
で、海兵隊主導で立案された一連の作戦が「蓮華×号作戦」とか呼称されるのか

451 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 11:22:20 ID:???
縁起でもない。そんな名前の作戦名あったら蹴り飛ばす
って小早川さんが言ってたよ

452 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 00:30:43 ID:???
何となく「こんな事もあろうかと!」と某大佐が言いそうな気がしてきた。

453 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 07:56:38 ID:???
艦底に第3艦橋が増設してあるんですね。
対潜指揮用か転覆後に使用するのかしりませんが。

454 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 08:22:54 ID:???
縁起でもない。そんな名前の艦橋あったら蹴り飛ばす
って真田さん(北太平洋海戦で登場済み)が言ってたよ

455 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 10:24:12 ID:???
新刊情報出たぞ。マリアナ機動戦3巻8月25日発売。

456 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 10:38:28 ID:???
お盆前ぐらいには立ち読み版で序章(の途中)までは読めるかのう

457 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 12:05:24 ID:???
陣内さんが振り回されて苦笑いするんですね

458 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 12:29:54 ID:???
>>456
お盆直前に表紙がUPされるが、結局立ち読みはお盆明けになる・・・と見たが如何?


459 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:43:36 ID:???
先生がお盆に後書きを書くんですね分かります

460 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:10:04 ID:???
で、旧盆とお盆の差とかでお茶を濁そうとするんですね分かります

461 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 02:19:23 ID:???
そうこうしてるうちに、来年のお盆に延期

462 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 21:47:48 ID:???
とりあえず「65回目の終戦記念日に」とか「65回目の被爆の日」って
ありきたりな日付はしないで欲しいなぁ

463 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 23:12:19 ID:???
>>457
ちゃいます!
作者が振り回されて右往左往するんです


464 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 00:49:10 ID:???
>>462
「65回目の厚木基地武装解除の日」とかならいいのか?

しかし、予定通りに刊行されて、かつ、あとがきにこんな日付のことが書いてあるようなら、たいしたものだ。


465 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 01:16:16 ID:???
ところで、今度の表紙はなんだろう。
「機動戦1」の大峰を別にすると、このところずっと飛行機が続いていたから、今回も紫電改あたりか?(前に誰かも書いてたけど)
海兵隊が運用している(のか?)カ号観測機だったりしたら、俺は道明さんにどこまでもついていくぞ。

466 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 02:13:02 ID:???
マリアナ2巻用に描かれていた紫電改があるから今回は確定じゃないのか?

467 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 03:23:09 ID:???
>>462
「敗戦」を「終戦」なんて言うなよ…

468 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 07:48:34 ID:???
実際は敗戦でも終戦でもない。停戦なんだよ
まだ公式には戦争終わってない国があるから

469 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 09:13:26 ID:???
>>468
どこ?

470 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 18:27:26 ID:???
韓国と北朝鮮だろ

471 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 19:36:20 ID:???
>>470
その2国は終戦時建国さえされてない国だろ終わってるとか無いジャン
本気で言ってるなら半島人認定してあげる


472 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 20:14:52 ID:???
北の大国か・・・

473 :台南空搭乗員:2010/07/22(木) 20:43:29 ID:???
8月15日が「終戦」ではないってのは確かによく言われるけど、そのスジで言えば9月2日には終わったっていえるんじゃないか。
それとも、講和条約を締結していない=停戦状態なのか?降伏してんのに。
それに、8月15日の玉音放送だって一応「終戦」の詔勅だからな。

>>471 >>470は朝鮮戦争もWWUにしたいんだろ


474 :473:2010/07/22(木) 20:45:09 ID:???
変な名前で送信しちまったけど気にしないで

475 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 21:20:14 ID:???
モンテネグロが日露戦争で宣戦布告した話と混同してない?


476 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 00:48:43 ID:???
>>473
玉音放送は、日本軍(民間も含めてね)への武装解除命令だから、
外交的意味では、停戦でも終戦でもないけどね。

>それとも、講和条約を締結していない=停戦状態なのか?降伏してんのに。
外交的意味では、まさにその通り。

戦争は外交そのものだから、ちゃんと書面に双方が署名しないと、「戦争終結」にはなりません。

それにしても、なんで「終戦記念日」にしちゃったのかねぇ?
「敗戦記念日」だと、次はイタリア抜きで(wってなるとでも思ったのか、GHQ・・・

477 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 01:04:07 ID:???
国際条約上は、降伏しても正式に平和条約を結ばない限り戦争状態にあると言うことになる。
今日に至るも平和条約を結んでいない連合国は「ロシア」「チェコ」「スロバキア」「ポーランド」「イタリア」らしい。
件の「モンテネグロ」は、日本側が宣戦布告を受理していないので、日露戦争当時から戦争状態に無かった(モンテネグロの勝手な思い込み)らしい。

478 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 02:12:28 ID:???
単に「天皇が戦を終えよと言ったから8月15日は終戦記念日」ということだろ。国際的に通用するかどうかはともかく。


479 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 02:24:48 ID:???
マリアナ機動戦2あとがきで「次の次あたりまでなら、年内」宣言
だが「そのまた次」となると自信がもてない、とも

新刊2冊目が見えはじめて早くも意識が贅沢になっているようだ
もう来年以降であろう、そのまた次が気になっている...



480 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 04:31:07 ID:???
マリアナが何巻構成になるかだよな
6までは十分にあり得る
シリーズ終えて仕切りなおしたら、それこそ1年以上補給途絶も…
航空宇宙軍にしばらく専念します、ってな…

481 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 10:26:48 ID:???
マリアナが次の「3」までで、「次の次」が「覇者の戦塵1945」とかだったらどうする?


482 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 16:43:53 ID:???
覇者の戦塵1945 そして伝説へ

483 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 17:18:36 ID:???
覇者の戦塵1945 高高度迎撃戦1〜3
覇者の戦塵1945 対米講和


ぐらいか?

484 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 18:31:59 ID:???
>>483
> 覇者の戦塵1945 高高度迎撃戦1〜3

薄い酸素・低い気温か…

485 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 18:36:43 ID:???
本領発揮だなw
意表をついて与圧コクピット+電熱服でぬくぬくとかだったら…単行本投げる奴続出?w
まあ短期ならともかく長期的には、まともな環境用意してやらないと戦闘前から消耗続出になるわけだが


486 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 18:40:32 ID:???
与圧はともかく、電熱服ぐらいは実用化するんじゃね?
ホッカイロ・・・、いや電熱湯たんぽとか。

487 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 19:55:31 ID:???
>>486
いやま電熱服はさすがに現実でも実用化されてるがね


488 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 20:03:08 ID:???
じゃあGスーツだな
高高度でも機動性の落ちない米軍機に追随するためがんばる

489 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 20:46:24 ID:???
>>486
史実で与圧ヘルメットは実用実験すんでたぞ
量産ラインに乗る前に戦争終わったが
戦後米軍が持ち帰って宇宙服の参考にしたらしい
今でもNASAの博物館に現物飾ってあるらしい

490 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 21:53:36 ID:???
松本零士でそんな話があった。

491 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:14:42 ID:???
どちらにしろ何しても無駄な感じがする。
日本の死亡フラグは変わらないし。

492 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:41:51 ID:???
マリアナ機動戦4 あとがき

次は、弥勒菩薩さまのご降臨までには何とかしたいと思っているが
自信が持てない・・・


493 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 01:25:02 ID:???
「対米講和」はともかく「高高度迎撃戦1〜3」は、ちょっと・・・いや、かなり読んでみたい飢餓する
表紙まで幻視できそう。

494 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 01:34:22 ID:???
問題は海上護衛がいつ語られるかのか。
あの参謀氏は登場して、例によってハスミンに使役されるのか。


まあ、覇者の戦塵1944 海上護衛戦1〜4 は必要だろう。


495 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 01:36:21 ID:???
>>493
B-29に対して急降下しながら攻撃する局地戦闘機だろ。


496 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 02:53:54 ID:???
マリアナ機動戦5 あとがき

次は、佐藤大輔氏がレッドサンブラッククロスの新刊を出した後
一カ月以内に上梓できると思う。

497 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 02:57:28 ID:???
>>496
グインの新刊が出るほうが先だろ(w>RSBCの新刊

498 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 04:39:42 ID:???
>>497
イタコか親族にでも書かせているのか

499 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 05:19:29 ID:???
クレヨンしんちゃんはさすがにあんまりだと思った
ゴルゴとかもああなるのかなあ

500 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 05:48:44 ID:???
やっぱ谷先生の編集を蓮美さんに

501 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 06:21:33 ID:???
>>499
ドラえもんという前科があるし、人気作品はじわじわそういう風になっていくんだろう
覇者の戦塵2030とかってのが今世紀末にはでてるかもよ

502 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 08:44:07 ID:???
戦場を国会や世論形成に変えるんですか?

まず2009年の衆院選の結果を改変する事から始めて


あるいはリーマンショックの回避から??

503 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 09:04:40 ID:???
谷先生ならプラザ合意の破棄は可能か? をテーマとして
バブル景気と土地神話の改変からはじめてくれる

504 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 10:09:49 ID:???
>>503
だがしかし横槍が中公編集部から入り、
Hasme氏の暗躍が中心の内容に

>バブル景気と土地神話の改変からはじめてくれる
「とにかくアメ政府が煩いから公共投資を増やすZo。
月面開発に」
JAXA担当官は頭を抱えた。

NASAを出し抜いて最初に月面基地を完成させろだと?
ソ連政府も一緒に介入してくるかもしれないのに、
そちらはどうするつもりなのだろうか

505 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 10:29:13 ID:???
小川一水をサポートにつけようと思う。

506 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 10:34:29 ID:???
日本沈没の第三部でも書かせる気か

507 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 11:09:38 ID:???
>>495
B-29に対して「急上昇」しながら攻撃する局地戦闘機だ

508 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 11:50:22 ID:???
タービンロケットを搭載してまつか?>507

509 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 14:33:44 ID:???
>>498
いや待て、グインの新刊が出る世界へ行く気かもしらん

510 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:25:15 ID:???
地味に対空電探の絵
>高高度迎撃戦の表紙

空戦描写なし。終章で、地上から見た様子が少し(1機のB-29が白煙を曳くところで終わり)だけ。


511 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:29:32 ID:???
最初の巻は高高度戦闘機用のエンジンの開発シーンだろ(w


512 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:35:47 ID:???
>>509
その世界では信長征海伝とかラバ空とか外宇宙探査の新刊がばんばん出ているのか?
俺も行く

513 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:37:28 ID:???
>>510
「被害を与えたらしい、護衛なしの昼間空襲は無くなったらしい」という伝聞で終わる懸念もありますな

514 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 15:53:54 ID:???
兵器の性能は十分なんだけれど、なかなか最適な運用が出来ずに苦労する・・・と言うような話が読みたい


515 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 18:49:14 ID:???
>>507
今の流れなら対空噴進弾『昇龍』の出番だろうw

516 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 19:26:10 ID:???
>>514
つハスミン



517 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:30:39 ID:???
語尾にwつけてる限り誰も相手にしない

518 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:02:10 ID:???
>>514
日本の状況からすれば、兵器の性能は必要最低限、でも
運用の妙で善戦するってなるだろうね

519 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:24:43 ID:???
>>516
大佐が出てくると真剣な描写でも一種の喜劇になるのがちょっとなあ

520 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:53:14 ID:???
大佐は少将になって出てきたり…しないか


521 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:57:23 ID:???
大将でしょ

522 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:51:40 ID:???
ジェット戦闘機出てくんのかなあ

523 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 00:12:28 ID:???
>>522
「マリアナ機動戦」には出てこないだろう。
一部(含む俺)で勝手に盛り上がってる「高高度迎撃戦」くらいになれば出てくる可能性もあるだろうけど、だとしても、B公をバッタバッタと薙ぎ倒すようなものにはならないと思う。
でもな・・・禰式翔竜の事を考えると、史実よりずいぶんジェットエンジンの実用化が前倒しになっているようだから・・・もし、紫電改がジェット艦戦だったりしたら、「次の次」まで蟄居するわ。


524 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 00:33:29 ID:???
>>523
後退翼と聞いて「ブーゼマンの?」とさらりと答える程度には
史実よりも欧州の技術情報が得られている様子だから、
ジェットエンジンについても着手は早まってそうだな。

525 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 08:48:35 ID:???
へたにジェット出すよりは、量産可能なレシプロ機の
性能向上に注力するのが戦塵風だと思うが
それともザラマンダーでも飛ばすかね?あれもいろいろ問題あるけど

526 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 08:59:52 ID:???
工作精度が上がってるから、ジェットエンジンの試作も
順調にいったのだろうけど、材料の関係で、
寿命のほうは解決が困難じゃないの?
だから使い捨てが基本の使い方になっているのでは
ないかと。

527 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 09:00:22 ID:???
そもそも航続時間考えたら当時のジェットはズーム上昇用の邀撃専門機以外論外レベルでしょ
(除・まともな高出力レシプロといい燃料が両方無かった日本。突入速度を稼ぐためにロケットアシストとジェットがどうしても欲しかった)

邀撃も、敵の進撃方向と高度さえ分かっていれば(そして間に合えば)事前に上空待機させとくほうがいいわけで
せっかく基礎工業力が上がってきている(理由はなんだろ? 工業が戦時体制に移行できたってことか?)のだから
有人ジェットなんてイロモノに走らず、大型発動機装備のレシプロ機と無人突入用ジェット・ロケット併用機の量産に向かって欲しい

528 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 09:43:39 ID:???
硫黄島が落ちてないなら、護衛戦闘機は無いんだよね。

ならキ74のような高高度用のタービン搭載機に、
1942に実用化された対空ロケットでいいじゃん。
後は末期のドイツみたいに距離測定のレーダーを積んで、
20ミリのアウトレンジでズドン。

皇国のお空から、駆逐しませう

529 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 10:35:07 ID:???
まさに、この数レスのような流れが誌上で決着するところを読みたいのだ。

寿命はともかく、そこそこ使えるジェットエンジンはある(当然排気ガスタービンも)
高出力のレシプロエンジンもある(少なくとも戦塵版「誉」が量産されている)
与圧室も何とかなりそう
電探による早期警戒も実用化されている(官制も実績あり)
誘導弾も実用化されている

等々、史実よりずいぶん有利な条件は揃っているけれど、これらを使って最適なシステムを構築しようとする登場人物(技術者)の試行錯誤と苦悩みたいな物を是非。
しかしまあ、20年かけて良くぞここまで・・・

530 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 10:38:10 ID:???
>>529
誉もいいけど戦塵じゃ金星発展型はどうなったんだ
零戦52型や54型相応機は。
あとなによりも一式戦爆は後継機ないのかね

531 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 10:48:48 ID:???
一式戦爆の後継はたぶん紫電改ではなかろうか?
流石に戦塵世界の昭和19年に零戦改造機が新型として登場するのも萎える

532 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 10:52:44 ID:???
海軍と海兵隊で紫電改をそれぞれ使用、海兵隊仕様は
500`爆弾やロケット弾つめるように改修とかか

533 :529:2010/07/25(日) 10:58:51 ID:???
>>530 俺が聞きたいよ(苦笑
ま、一式戦爆については>>531に一票。ビンボな海兵隊には他のオプションは・・・まあ、攻撃力重視なら・・・彗星を・・・ゴニョゴニョ

534 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 11:09:58 ID:???
今更だけど、43式改に搭載されているジェットエンジンに疑問が。

「遅いな」と切り捨てられてたけど、あれってモータージェットを使ってたから?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8411_(%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/MXY7_Ohka_Cherry_Blossom_Baka_Ohka-14.jpg
とかを見ると、P180の空気取り入れ口によく似てる。

当時の日本の状況を考えれば、イタリアでも作れるこの手のジェットエンジンでなければ
早期に投入できないんだろうけど、性能的に大丈夫かね。
燃焼試験もいらないほど信頼性が高いらしいから、
艦載/陸上発射用としてはありがたいんだろうけど。

535 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 11:16:06 ID:???
>>532
RSBCに出てくる5式戦爆よかはるかにかっこいいな。

536 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 11:27:36 ID:???
>>532
500キロ爆弾がつめるなら、
ついでに紫電改に昇竜つめんかね。

まあ無誘導弾で我慢するから、
速急にセットでサイパンに回して>H大佐

537 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 12:23:32 ID:???
せっかく >>527のような方向性が固まりかけていたのに、軍のジェットマンセー派の横槍で、開発中も含めた新型機は全てジェットエンジン搭載とすることになってしまって愕然となる技術者とその後の絶望的な取り組みと、それでも少しだけ上がる成果を。

538 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 12:37:54 ID:???
>>537
戦塵版のワル斬れでつか

539 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 12:39:25 ID:???
>>534
燃焼試験したら、寿命が縮むからじゃないだろうか。
もちろん、機体に組み込む前に動作試験はやったうえ
だろうけど。

540 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 12:40:32 ID:???
>>537
結局、噴進式とレシプロの中間を取って、ラバ空に出てきた極光みたいなのだったら嫌だな。

541 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 12:47:45 ID:???
戦塵2chでは「烈風がレシプロエンジン搭載のオーソドックスな機体だったら、きっと戦局が変わっていた」派と「そんな事ねーよ」派の不毛な論争が・・・


542 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 12:57:28 ID:???
>>540
混合動力機
ラバ空 → 実用化に成功して大戦果
戦塵 → 一応作ったけれどどうにもこうにも物にならなくてお蔵入り。でも、増加試作機を入手した海兵隊が変態的な運用で妙な戦果を上げる

543 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 13:00:14 ID:???
>>542
>変態的な運用で妙な戦果を上げる

サイパンに上陸したWACのシャワー室に突入するんでスネ!

544 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 16:34:50 ID:???
>>536
250kg2発で反跳爆撃して輸送船やLSTキラーの方がハスミンっぽい
挙句、20mm×4を30mmか37mm×2+13mm×2にして戦車キラーとか

545 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 16:57:37 ID:???
500`爆弾は積めるなら積めたほうがいいと思う。
50番なら対艦攻撃でもそれなりの打撃を与えられるから

546 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:59:13 ID:???
全然話は変わるけど、この世界でも陸軍が輸送用潜水船を造るんだろうか?

547 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 22:06:43 ID:???
…陸軍空母あきつ丸は造って飛行機運用してるよなあ…
ただ、あきつ丸は海軍と関係ないところで陸軍のニーズが最初からあるし、
マルゆは史実海軍の船団護衛のあんまりのへっぽこぶりに陸軍が業を煮やさなかったら造らんだろう。
海防艦の増産で船団護衛事情はかなり改善されてるはずだし、どうかねえ。

548 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 22:08:56 ID:???
海軍が全ての船舶を管理しているわけではないのだから、需要があれば当然マルゆも造るだろう。

549 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 22:19:24 ID:???
ふと思ったが、一式戦爆はミツビシと中島、どっちで作ってるんだ?

550 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 23:47:51 ID:???
中島に一票

551 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 23:49:54 ID:???
さほど量産されてないと思うけど

552 :名無し三等兵 :2010/07/25(日) 23:50:30 ID:???
>>548
それは例えば、商工省支配下の独立行政法人が輸送船舶を保持しても
良いということか?



553 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 00:41:22 ID:???
>>552
軍人以外の戦闘参加はNGだろ。


一式戦爆の後継機は陸式戦闘機(隼)でね?


554 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 00:58:28 ID:???
>549 二式水戦と同じく中島の開発生産では。

555 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 18:35:23 ID:???
ひと月後の今頃は、もう読み終わっているだろうか?

556 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 20:26:56 ID:???
>>553
海兵隊なら、いざという時に空母に乗り込みたいだろ。

557 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:31:21 ID:???
>>549
あれは最初から一式戦爆として作ってるんだっけ?それとも零戦として完成した機を改造してるんだろうか?
そのへんの記述ってあったかね?
海兵隊での使用だけなら何百機も作ってないような気もするので、それこそ九州飛行機あたりでちょこちょこっと改造してるような感じではなかろうか。

558 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:39:33 ID:???
機首に大口径機関砲を集中装備した推進式局地戦闘機のヒントを、
謎の僧侶から得た鶴野大尉が詰めっきりになってるんで余裕ありません>九州飛行機

…冗談のつもりだったが、なんか書いててこれはこれでありって気がしてきた。
島風改め第一号哨戒艇と同じく、核になる発想さえあれば大幅前倒し可能だよなアレ?

559 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:43:14 ID:???
エンジンの冷却と脚の長さの問題がなぁ……
アレはジェットかせめて液冷にして機体の設計もリファインする必要がある希ガス

560 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:43:41 ID:???
>>558
エンジン冷却が無理っぽいので不可能らしい。>アレ

561 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:44:32 ID:???
キ96系のほうが戦塵らしい気がする。

562 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:49:26 ID:???
戦塵には出てこないような気がするな・・・>アレ
九州飛行機は、既存の飛行機の海兵隊向けの改造を一手に引き受けて、名だたる変態飛行機を生み出したメーカーとして後世に名を残したり・・・しねーかな。


563 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:50:50 ID:???
でも、液冷震電はちょっといいかも。どっかに出てた?


564 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:56:14 ID:???
アレの開発を1年前倒しにしても、
雷電並みに開発が難航して
駄作機呼ばわりされそうなんだよな・・・

565 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 23:59:20 ID:???
それがな、ほとんど架空機レベルの試作機マンセーウザ過ぎる、
ここらで震電伝説ぼっこぼこにしてやんよって意気込みで取材に赴いた渡辺洋二氏が、
公平に取材した結果、もう少し熟成すれば相当使える飛行機になってたって結論に達してるんだよ。自分でも驚いた、と。
長らく雑誌掲載のみだったんだが、こないだ文春で出た「決戦の蒼空へ」でようやく書籍入りしたんで、興味ある向きは当たってみてくれ。

566 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 00:23:43 ID:???
熟成したら使える可能性はあるのか。
となると、もしも登場させるとすると、
どのような経緯で前倒しするのか、が問題か。

567 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 00:40:03 ID:???
>>566
最初から素直に軍が喰いついてたら・・・あ、でも、やれ爆装出来るようにしろだの斜銃を積めだの、挙句に運動性は零戦に匹敵することなんて言い出して、うまく行くものもうまく行かなくなってしまうのか。


568 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 01:05:08 ID:???
「屠龍の空中管制+鍾馗のコンビで陸軍が成果を挙げたのに海軍は…」
みたいな経緯で迎撃機の開発が前倒しされるとか。
同じ理由で紫電も前倒しされてたり。


569 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 01:05:57 ID:???
>>567
蓮召還しろよ
みんなそれで片づく

570 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 01:23:35 ID:???
期待の機種がなんらかの理由でキャンセルされて、
予備扱いだった機種が前倒しに・・・
ってのが戦塵っぽいかな。

571 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 11:43:34 ID:???
震電かっこいいから登場しないかなぁ。
かっこいいは正義だから構わないよね?

572 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 12:02:22 ID:???
正しかるべき正義も時として盲ることがある


レシプロ単発でどれだけ武装と速度が稼げるかって命題に挑んでみた解の一つではあるので
使えたかどうかは兎も角B29の脅威が喧伝される情勢下では試作位やってても当然ではないか

レシプロ単発で750km/h目標かつ30mmx4門装備というコンセプト自体は美味しいよ
なにしろ他の機体じゃ推算700km/hも中々出せてないんだから

573 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 12:39:42 ID:???
これまでの戦塵世界の流れだと、禰式震電が唐突に出てきてもおかしくはないんだよな。
電探搭載は固いとして、AAMキャリアになるのか、全天候制空戦闘機になるのか・・・。

でも活躍は伝聞調でほんの少し語られて終わり・・・・出てもこれだけは変わるまいw

574 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 12:54:21 ID:???
設計・試作開始を史実より1年は早めないと実戦には間に合わんだろうなぁ > 震電
で、機体はできても発動機のハ43が揃うかどうか…名古屋の三菱の工場はいずれ東南海地震に襲われるし…

しかし甲州節で描写される鶴野大尉はちょっと見てみたい。

575 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 13:49:12 ID:???
>>572
空技廠の連中はこれだから。

576 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 14:24:17 ID:mKIKds7n
>謎の僧侶から得た鶴野大尉が詰めっきりになってるんで余裕ありません>九州飛行機
>島風改め第一号哨戒艇と同じく、核になる発想さえあれば大幅前倒し可能だよなアレ?

なんつーか、鶴野大尉の進級がまにあわないと、彼の個人の情熱と言うか力量に
依存する部分の多い機体なので、そうそう前倒しできるのかいな、と。

577 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 15:54:07 ID:???
戦塵の正義

寒い(ごく稀に暑い)、ひもじい、のどが渇く、空気が薄い、貧しい

578 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 16:40:01 ID:???
架空世界の日本でも兵站軽視は変らんのか・・・

579 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 20:29:30 ID:???
ジェット戦爆も期待はあるが、爆撃機って久しく出て無いな。
ビルマ方面が落ち着いたし、陸上攻撃機も活躍する機会がないのかな〜

580 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 20:55:58 ID:???
銀河も飛竜もでてるじゃないか。
それとも連山、富嶽がでないと満足
できない?

581 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:00:05 ID:???
実際、4発以上の重爆ないし輸送機って必要なんかね、
戦塵的に。

582 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:02:30 ID:???
>>581
開戦理由も終結条件も明らかじゃないから、戦略も不分明なんだよね。
だから大型爆撃機や輸送機が必要かどうかもわからない。


583 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:12:26 ID:???
ここで、琵琶湖をかっとぶ禰式二式大艇が登場

584 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:31:11 ID:???
>>581
> 実際、4発以上の重爆ないし輸送機って必要なんかね、
> 戦塵的に。

大型輸送機なら、日満の連絡・輸送需要の増加で必要性があるかもね。
土木技術基盤の底上げで飛行場の造成も史実よりやり易くなってるだろうし、Fw200あたりが導入されていても
良いんじゃないかと考えた(妄想した)事があったっけ。

585 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:37:15 ID:???
>>584
キ74があるじゃん。

586 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 21:45:12 ID:???
震電の開発が早まったら、陸軍が襲撃機として採用なんてのは…
30mm*4は相当な缶切りになると思う。ただ、これこそ足の長さが問題には成るな。

>584 キ105というのがあってな。これもアイディア前倒しでなんとかなりそうだ。

587 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 22:41:34 ID:???
>>586
> 30mm*4は相当な缶切りになると思う。ただ、これこそ足の長さが問題には成るな。

「足の長さ」とは作戦行動半径を言うのか、それとも前線の急速造成の滑走路では折れてしまいそうな前脚を言うのか…?w

588 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 22:44:49 ID:???
無論主脚の強度だよ。直協の襲撃機なら局地戦並みの行動半径があれば充分でしょ。

589 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 23:55:18 ID:???
>>584
史実だと、ルフトハンザから満州航空に対してFw200の運航によるベルリンから極東方面への航空路線開拓・共同運行の
商談が持ち掛けられたり、大日本航空がFw200を5機発注したりしたのが1938年(昭和13年)頃。
前者は支那事変の拡大・長期化の影響で立ち消えとなり、後者は結局はキャンセルとなったが、その理由は
大日本航空の商談に水面下で関わっていた海軍がFw200の軍用機型が開発されるまで見送ろうと考えたためらしい。

590 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 00:03:28 ID:???
>>580
連山はいいんじゃないか?
史実の問題が解決できそうな機体なら出てもいいと思う。
ラバ空の空中雷撃四万メートルじゃないけど、大型誘導弾とかのプラットホームにはピッタリそうだし。


震電に言えるけど、謎の坊様にはプロペラの事をフォローして欲しいな。
大型の可変ピッチプロペラがあれば、誉やハ43の二千馬力級発動機の性能を生かせるだろうし。

591 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 00:23:40 ID:???
>>590
> 震電に言えるけど、謎の坊様にはプロペラの事をフォローして欲しいな。

浜松の楽器屋を訪れる尽冥さんか

592 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 02:24:03 ID:???
>>589
なんかF-Xみたいなことやってるな

593 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 08:02:38 ID:???
鹵獲兵器の使用だいすきな某大佐にしては
B-17とかの大型重爆はつかってないなあ

見えないところでつかってるんだろうか

594 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 09:14:16 ID:???
>>586
低空低速での運動性や下方視界から襲撃機としての運用は難しいんじゃないかな。
むしろ噴進弾満載&30mmx4の重火力で対艦襲撃機として活躍しそうだ。

595 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 09:20:59 ID:???
駆逐艦級以下ならぼこぼこ。

596 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 10:51:39 ID:???
>>593
>B−17とかの大型重爆

滝沢聖峰の漫画であったなー。
顎髭生やした蓮見大佐みたいな戦隊長が、四式戦の小隊を空中指揮するやつ。

597 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 11:13:58 ID:???
使えるものは何でももっていくあの性格からして
すでに鹵獲機は使ってしかも消耗した後、というのも考えられる

598 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 12:04:08 ID:???
>>596
あったあった
浮世絵風のおねーちゃんが短銃持ってるノーズアートが描いてあるやつな

599 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 12:39:33 ID:???
鹵獲機の大量使用と言えば愚連でしょ。
弓月さんみたいなキャラが戦塵にも出てこないものかと。

600 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 17:40:36 ID:???
戦塵にでてくる震電は、いきなりジェットエンジン搭載だけれども、量産型の最高速は600kmそこそこで、終戦間際に少数が実線配備されて何機かB-29を撃墜しましたとさ・・・くらいなのが愛着がもてる。

601 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 19:00:04 ID:???
ジェットよりも、普通に排気タービン付ハ−43搭載の数機程度で先陣をきり、
二十七号噴進弾とかで、B29の編隊を崩す役目の方がいいな。
体勢が崩れた後は、二十八号でも搭載した紫電改や雷電、零式艦戦で止めを刺していく感じで。

602 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 19:05:48 ID:???
いや、むしろ九州飛行機の技師や工員達が
震電の生産に四苦八苦する話の方がいいな。
生産効率や品質の向上を高める工夫とか、トランスファーマシン作るとか。

603 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 20:26:31 ID:???
>>589
・日の丸付けて東京・新京空路の花形となるコンドル
・濃緑色迷彩を施されて南方戦線への輸送任務に従事する徴用機コンドル
・同じく徴用されてアンテナだらけとなって日本海での潜水艦狩りに酷使される哨戒機コンドル

激しく見てみたい…

まぁライセンス生産は無理としても、輸入されたFw200の実機を検分して衝撃を受ける技術者達、
というのはあっても良さそう。

604 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 20:33:52 ID:???
俺は大佐の玩具に秋水を与えたいな〜

605 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 20:45:58 ID:???
DC4じゃなくて、コンドル購入にして深山造ったらどうなってたかね。

606 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 21:54:36 ID:???
>>602 大型プレス装置の手配やスポット溶接の自動化に取り組む
九州飛行機の面々なんてのもいいよね。

607 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 22:09:26 ID:???
>>605
でもコンドルの通常任務での装備って250kg×6でしょ?
それで整備に手間かかる4発じゃ、双発で250kg×4の
一式陸攻にメリット感じるだろうな
11型から改造する段階で史実の34型位の防御与えておけば
なんも問題なさげ

608 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 22:11:23 ID:???
やっぱ、新しいのがイイジャン?

飛竜とか

609 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 00:33:06 ID:???
>>581
まぁ、この世界にはハスミンがいるからなぁ…


610 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 03:01:27 ID:???
キ91あたりが出来てたらいいんだけどなあ。

611 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 10:13:21 ID:???
戦艦空母摩利支天の出番はいつ頃ですか?

612 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 10:15:41 ID:???
>>611
美少女戦艦レティシアの後

613 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 10:20:48 ID:???
おまえら本当にそんな戦塵が読みたいのかとr

614 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 15:54:19 ID:???
戦塵的にって言うなら
美女戦艦ヴァレリアだろjk
まぁレティシアは否定しないが美少女って形容を本人が看過しないと思われ

615 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 16:49:53 ID:???
射撃の度に照準器がずり下がるのを直しながら猛烈な攻撃を行うのですね。

616 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 21:13:28 ID:???
>>608くらいまでまともで面白い話が続いてたのに、
>>611>>612がクソくだらない話し振ったせいで、
一気にスレの流れが陳腐化したわ。お前らマジ二度と来るな。

617 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 02:23:39 ID:???
お口直しに、すでに議論されている紫電改が担う艦隊防空思想を改めて考察してみた。
日本側の場合、圧倒的な機数を用意できる敵に大編隊で対抗するのは現実的では無い。
そのため、今まで必須だった制空戦闘を省略できる可能性があるスタンドオフ兵器が登場した。
逆に攻撃を受ける場合、今まで以上に多数の敵機を相手にするため戦闘機には邀撃機としての性能が重要になった。
かくして、制空戦闘機=零戦から邀撃機=紫電改へ、というのはどうだろう。
諸兄の予想は。

618 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 03:02:06 ID:???
いや、零戦は元々艦隊での邀撃、迎撃機としてが第一義の戦闘機なんで。
そういう意味じゃ紫電改もあまり変とは感じない。

619 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 04:46:31 ID:???
もちろん、零戦が「敵攻撃機の阻止撃攘」を目的として開発されたことは周知の事実です。
艦隊上空に長時間とどまり目視による策敵を為し、優位な高度から邀撃を行うのは当時としては真っ当なCAPの思想でした。
しかし、想定外の制空戦闘機として活躍した反面、高速&重武装&重装甲の爆撃機を邀撃するのに苦労しているのも事実です。
一方、電探や無線航空管制により多数機を上空でロイターさせずとも有効なCAPが可能となれば長大な滞空時間は不要です。
滞空時間のリソースを武装や上昇力、恐らく電子戦能力にも振り分けたのが1944年式邀撃機「紫電改」と思ったのですが。
但し、対戦闘機はA7Mほどの能力は無理そな希ガス。

620 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 09:54:23 ID:???
単純に1000馬力級の零戦では性能頭打ち
1500馬力級で何か作っても(零戦改造含め)中途半端
2000馬力級無いとやっぱり不安
でも烈風では大きすぎるしアウトレンジ戦法しないもん

じゃないの?細かい理屈は抜き去れば

621 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 11:40:39 ID:???
もっと単純に
1000馬力クラスの発動機の後継になりそうな2000馬力クラスの発動機積んだもののうち
最初にものになったのが陸軍の疾風と海軍の紫電(改)だった
他のは開発中か整理されてポシャった
ってな単純な話だけかもよ

烈風は史実の形に拘るならだが
NK9の大馬力化が成功したやつかMK9の高出力版が出てこないと日の目を見れない気がする
はっきり言って膨らみすぎだろあれは…
まあ、全く違う姿かたちの戦闘機が烈風として採用される可能性は無いとは言えんがw

622 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 13:21:06 ID:???
土木屋の谷先生におねがいです。
要塞を沢山出して下さい。

623 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 13:54:56 ID:???
>>622
前刊に「サイパン要塞」って出てたぞ。
あきらかに中身とタイトルが合ってなかったと思うがw

624 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 16:49:22 ID:???
戦塵世界の土木工事は、文字通り土と木で何か作るって感じだからなぁ

まあ、史実の日本もそうだと言えば仕方ない話だけど

625 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 20:06:17 ID:???
紫電改も596キロだとちょっと遅いから
620くらいまでは出るように弄ってないかなあ

626 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 21:36:29 ID:???
グーグルアースでパラオやトラック見てみたら、サンゴ礁を開削した形跡がバチっと

いかに水中で工事したのか?
外伝で読んでみてー

627 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 21:43:07 ID:???
>>625
米軍の燃料と米軍の潤滑油と米軍の点火栓と米軍の発電機と米軍の蓄電池と米軍の電線が使えればな…

628 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 21:50:31 ID:???
故障せずに、稼働率7割キープするだけでいいや

629 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 22:59:05 ID:???
>>622
そんなこと言うと、地質調査の話から始まって、4巻あたりでようやく基礎コン打設になったりするからやめて。


630 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:04:34 ID:???
ハアハア

631 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:05:08 ID:???
>>629
激しく読みたいんだが。

632 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:26:12 ID:???
覇者の戦塵1944「工兵魂2」
ようやくサイパン要塞の基本設計は完了した。しかし、現設計通りの杭打ちを準備する陣内少佐に対し、施工時間短縮のためベタ基礎を主張する鈴谷大尉との間に激しい対立が。
さらに、現場では予想外のN値の低さや地下水位の高さが混乱に拍車をかける。果たして米軍来寇までに、サイパン要塞を竣工させる事はできるのか?少なくとも、この巻で鉄骨を発注することは可能か?読者は手にとって確かめていただきたい。

633 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:28:18 ID:???
>>632
やめれwww
マジでありそうに思えて困るwwwww

634 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:30:26 ID:???
>>627
なあに、大佐に話すればすぐに分捕ってくれるさ

635 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:32:29 ID:???
ノモンハンで仮設橋を作るときに、わりと具体的な数字まで出してたけど、
あれはやはり本職の土木屋さんだったときの資料や計算式を引っ張り出してきたのかな。

636 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:33:55 ID:???
>>627
石油関連の技術は史実より上がってるはずだから、米軍並みの燃料だけは手に入りそうだ。

637 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:35:39 ID:???
本人に聞いてみたら?
このスレみてそうだから


…土木戦記のが視えて悶絶してる読者のこと、どう思いまつか?

638 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 23:55:50 ID:???
>>637
いやいや、さすがに新刊発行まで
一ヶ月をきった時点で2ちゃんを見てるわけがあるまい。
今頃、必死になって執筆してるはずだよ。



・・・ですよね?

639 :名無し三等兵 :2010/07/31(土) 00:01:20 ID:???
夏山は涼しいよ、仙丈岳サイコー
ヤッホー

640 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 00:01:54 ID:???
先生なら余裕で終わらせてにちゃんざんまいだよ

仮想新刊だけd

641 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 00:04:12 ID:???
もう原稿あげて、盆にむけて登山の準備してるだろ、多分。


642 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 00:14:03 ID:???
>>638
ゲラに赤入れ地獄じゃないかな…

643 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 01:10:32 ID:???
今一番困ってるのは道明さんだと思う。

644 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 01:20:55 ID:???
>>643
いや、前巻の時点で次巻の表紙は紫電改だとどっかに書いてたから
もう描きあがってたんじゃないか?
もしもまた別のネタに切り替えてたとしたら・・・
センセイ、鬼すぎるw

645 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 01:27:36 ID:???
「私の描いた『紫電改』、どこがダメなんですか?え?主翼の位置??だって主翼は・・・え?先尾翼???・・・プロペラは、だってコントラにしたのはそちらの指示で・・・えええっ?プロペラは要らない?!!・・・あのー・・・『紫電改』ですよね


646 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 04:45:43 ID:???
岳人で連載して欲しい。
『天を越える仮想戦記作家』

647 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 07:09:14 ID:???
>>646
何故か全頁寒いひもじいきついのオンパレードになり、
しかも売り上げが倍増する仮想「登山」記…

そんなに禁断症状が出てるなら、終わらせてから
登ればいいのに…(ホクホク中公編集部

648 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 07:49:01 ID:???
仮想極地探検記ならもうあるんだけどね。

649 :647:2010/07/31(土) 08:02:38 ID:???
ただの登山記ですよ、脳内の。
下手すれば、ニューギニアとか固有名詞すら出ない頁も

…酸素を求めてレーション開けまくったり
 艦長室の鍵壊して扉開けまくるのと
 同等の症状だと考えてくれ!(ビシッ


650 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:24:17 ID:???
もう毎月出してくれたら、先生の大好きな登山戦記でもいいです・・・

651 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:37:36 ID:???
戦塵はインパールやった?

652 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:40:01 ID:???
急遽ビルマに送られる防寒具。
そして各地の部隊からビルマにかき集められる兵士たち。
彼らの共通点はある山岳遠征隊に参加していたこと
だった・・・

653 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:42:47 ID:???
週明けには表紙くらいは上がってこないかね

654 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:43:18 ID:???
>>651
そもそも、戦塵世界では、ビルマ北部は連合軍の支配地域なので、
インパール作戦のやりようがない。

655 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:06:30 ID:???
>>650
>>652

親日的なクリントン監督がメガホン取ってくれれば、
谷センセ、喜んでシナリオまで書いちゃうかも。

656 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:32:12 ID:???
>>655
あ、クリンton・東森監督のことね

映画では「荒鷲の要塞」に出演してるし、
初監督の「アイガーサンクション」では、
アイガー北壁での熾烈なスパイ戦を
うまく撮ってるしw

657 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:33:00 ID:???
シナリオ書きあがるまでに他界しそうだがな

658 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:37:57 ID:???
いや、這ってでも、ハッテデモ!!!!!

北壁を登りきる!!!!!!!
シナリオ?そんなもん実地で体験しないと
書けんでしょ

659 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:46:46 ID:???
年間1作書くごとに、巻数×1000m級の山に昇っても良いて編集がルール作ってくれたら・・・

660 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:51:18 ID:???
>>659

いや、あまりネガティブに言いたくは無いが書けなかったら?
登山はお預け?

あげく、これの二の舞はゴメンだぜ?
http://rocketnews24.com/wp-content/uploads/25488245.jpg

661 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:58:03 ID:???
また616のage厨が怒りそうだからすれ違いネタはやめろ

662 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 11:00:46 ID:???
自重シル

663 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 11:57:01 ID:???
この調子で行くと、新刊までに次スレだな

145 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)