5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ソロモン戦に陸奥を投入してたら勝てたよな 3

1 ::2010/05/24(月) 16:03:31 ID:???
まだまだ話は尽きないようなので新スレです。
南方作戦とくにソロモン戦役を中心に意見を戦わすスレです。
結果として日本が敗戦になったとしてももう少しマシな戦い方があったと思いをぶつけましょう。

過去スレ
ソロモン戦に陸奥を投入してたら勝てたよな
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1266313374/
ソロモン戦に陸奥を投入してたら勝てたよな 2
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1269401400/

2 :逝け袋キター!愚痴:2010/05/24(月) 17:18:34 ID:???
アレは煮つけが旨いよな。

3 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 19:10:02 ID:???
ウォッチタワー作戦投入部隊
第61任務部隊
第11・16・18任務部隊の空母3・戦艦1・重巡5・軽巡2・駆逐艦16
第62任務部隊
ガダルカナル集団:海兵第1師団の第1・第5海兵連隊基幹11000名
ツラギ集団:第1強襲大隊・第5海兵連隊の1個大隊・第3防衛大隊(沿岸砲)分遣隊
フロリダ集団:第2海兵連隊の1個大隊1295名
ガブツ集団:第1空挺大隊395名
師団予備第2海兵連隊基幹3545名

4 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 00:40:05 ID:???
なんで戦艦の排水量と機関出力を並べるの?
鉄底海峡で必要な運動性能って速度の事なの?
もっと運動性能がよく分かる最小回転半径とか加速度性能じゃないの?

5 :風吹けば名なし:2010/05/25(火) 00:40:23 ID:???
お、立ってるww
一乙

6 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 08:05:50 ID:???
>>1

7 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 09:07:59 ID:???
1、ソロモン戦にメリーランドを投入できたらもっと米は楽に勝てたよな
2、ソロモン戦に金剛級を投入できなかったらもっと米は楽に勝てたよな
3、ソロモン戦にがっつりハワイ打通を投入できたらもっと米は楽に勝てたよな

8 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 15:51:54 ID:???
ソロモン戦にカモノハシを投入していたら豪州はもっと楽に勝てたカモよ

9 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 19:40:51 ID:???
>>8
http://d-game.dengeki.com/kamo/

10 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 16:49:18 ID:???
ガダルカナルは早期に諦め設営隊を救出しブインで迎え撃つ方がいいんじゃね?

11 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 17:03:11 ID:???
>>10
撤退すればいいというけどその後の戦争展開はどう考えているんだ。
まさか、そんなこと考えていないけど撤退できれば満足、ってだけ?

12 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 17:52:54 ID:???
そもそもガダルカナルを占領してなんの意味がある?
って話なんだよな。

本気でオーストラリア本土を占領できるとでも?

13 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:12:00 ID:???
>>12
ということはツラギ占領もナンセンス?
ブーゲンビル占領はどうなんだ?

14 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:17:06 ID:???
>>10と同じくらい>>12もわかっちゃいない

15 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:32:58 ID:???
日本軍がなにも考えてないと言うことがわかってない

16 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:33:55 ID:???
>>14
北朝鮮と同レベルのキチガイ国家だった
当時の日本の戦略なんてお花畑

17 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:38:27 ID:???
なら、よく考えられていてお花畑とは程遠い事を自称している現在の識者様の戦略を聞こうじゃないか。

18 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:40:41 ID:???
>>16はさぞかしすごい知恵があるんだろうさ

19 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 19:31:31 ID:???
無謀な戦争起こさなければ済む話。

20 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 19:50:08 ID:???
無謀じゃない
一年でワシントンを攻略すれば勝てた

21 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:51:03 ID:???
紙の上では負けない予定だったので無謀じゃ無いよ。

22 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:00:06 ID:???
サイコロ転がしてたら赤城が生き返るくらい

23 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:14:59 ID:???
日露戦争に負けなかった教訓を生かして
イギリスと同盟すりゃ良かったでしょ

24 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:16:24 ID:???
オーストラリアやカナダの英連邦の連中がそれに
どういってたのか位は勉強しなおせ

25 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:30:02 ID:???
弱小後進国は勝ち馬に乗るしか方法が無い

26 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:30:03 ID:???
同盟するって事は相手の了承がいることなんだよね。
自分の思い通りに動いてくれるのかな。

27 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:32:04 ID:???
沖縄を差し出しゃ同盟くらいならしてくれるよ
実際に一緒になって戦ってくれるかは定かではないけど

28 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:35:29 ID:???
金剛をつくってくれた位だし
もっと仲良くしとけば良かったんだよ

台湾も朝鮮も上げるよ、沖縄に基地作っていいよってさ

29 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:52:37 ID:XVNo/yWy
ミッドウェー島と硫黄島なら、等価交換して上げる。

30 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:53:38 ID:???
沖縄を英国に99年契約で租借してもらえば無問題

31 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:08:04 ID:???
>>27
>沖縄を差し出しゃ同盟くらいならしてくれるよ
それこそ定かではないな。

32 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:44:06 ID:???
おまいら、ソロモン戦と陸奥はどこいったんだw

33 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:58:52 ID:???
>>31 イギリス人ってばアメリカ人より強欲さんでつね

34 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:19:04 ID:???
>>33
アメリカ人は領土欲より資本欲だよw

35 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:22:16 ID:???
にぽーん「沖縄あげるから同盟結んでくれよ。(破格の条件すぐる。同盟決定だな)」
イギー「・・・・(何言ってんだこいつ?)」

36 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:27:29 ID:???
>>35
彦島でどうだ?キューパー提督は欲しがっていたぞw

37 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 01:38:20 ID:???
ロシアとなら北海道で同盟だな

38 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 16:47:15 ID:???
沖縄独立論とかあるらしいけど
本土が沖縄から独立したいくらいだよ

そういう逆転の発想を沖縄の人は
理解できないだろうけど

39 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 17:34:39 ID:???
>>10
早期撤退は理想だけど、まだ勝ってる(特に陸軍は)時期だしタイミングとキッカケが難しい。
>>12
SN作戦について調べてみよう。
空母の代わりに基地航空隊を推進して米豪遮断を狙う作戦だ。いわば日本版飛び石作戦。
ガ島を喪失すると珊瑚海の制空権も喪失して、モレスビー作戦が危うくなるし。
日本は18年以降米軍が豪州を拠点に反撃してくるのを恐れてたから。
海軍にとっては空母決戦のいい機会だし、ここで叩いて弱体化させ拠点化と戦力備蓄を阻止したかった。
つかソロモン戦に関係する話題はないみたいだね。

40 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 18:21:44 ID:???
早期撤退をしたところで今後のソロモン戦をどう勝利に導くかというのがな。
ブーゲンビルとガダルカナルで航空戦やるだけしか見えてこない。

41 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 20:53:21 ID:???
ラバウルとブーゲンビルで航空撃滅戦やるなら
結局ガダルカナルを押さえていない状態でも損耗自体はかわらんだろうなあ
陸兵の損害は少なくはなるんだろうけど……

42 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 21:20:55 ID:???
 いやガ島航空戦での損害には遠距離進攻による不可避な損失も少なくないから、日本側が戦略的には守勢を保てば損害は減少し米軍側の損害は増大傾向となる筈。
 結果的に長いスパンで見て日本側の損害が史実と同じだけになったとしたら、その代償としての米軍機の損失は史実を上回ることになる。

43 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 21:44:36 ID:???
飛び石作戦で無力化されるのがオチだからなぁ……。
長大な兵站線を維持して戦った事自体がもう無謀だし。

44 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 22:20:36 ID:???
だから、真珠湾奇襲せずに中部太平洋で要撃してたほうが
結局よかったんだよね。

45 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 22:23:35 ID:???
 真珠湾はいいんじゃない?あれのおかげで当初の艦隊戦力比は著しく優勢になって南方作戦が順調に進んだんだから。

46 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 22:27:44 ID:???
奇襲を政治的に利用されたことによる不都合はさておいても、
戦艦部隊の兵員の転用や、ドック機能や油槽を破壊しなかったことによる
根拠地機能の短期間での回復とか数えればキリがないくらいデメリットのほうがでかいと思うが。
もうソロモンとは何の関係もないので閑話休題

47 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 22:54:38 ID:???
>>42
そうかもしれないが、それは敵をいかに出血させるかを目的としているのあって、ソロモン戦勝利は目的じゃなくなっているよね。

48 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 23:11:55 ID:???
どうやっても国力差から勝てないという総合的なモンは変わらないからなぁ。

49 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 23:19:33 ID:???
もうアレか。
独ソ戦はどうやっても勝てないんだから、ブラウ攻勢やらないで守勢に回ればソ連に史実以上に損害を与える事ができた筈。
とかそういうレベルか。

50 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 23:21:51 ID:???
勝つんじゃなく負けない戦をする

51 :風吹けば名なし:2010/05/27(木) 23:22:51 ID:???
>>42
そりゃむりぽ
そもそも生産供給能力が違うお
長期戦消耗戦になった時点で・・・

52 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 00:19:03 ID:???
じゃ、共産ベトナムみたいに

53 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 02:15:46 ID:???
>>50

無理ぽ
守勢にまわったら長期戦になる
長期戦になったら生産力で劣る日本が負ける
短期決戦でガンガン攻めまくるしか勝つ方法は無い

54 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 08:16:10 ID:???
短期決戦のやり方が問題ってことでしょ
米軍が短気決戦挑んでくれるようにするだけでも
むずかしいと思う。やつらは待ってれば戦力整う訳だし

55 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 17:48:37 ID:???
米艦隊の指揮官が皆ハルゼーで冷静な参謀が居ない
猪突猛進タイプの短気決戦艦隊

56 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 18:08:51 ID:???
ガダルカナルに日本戦艦全隻突入させればガ島奪回できたなんて言っていた以前のスレが懐かしいな。
いや、どうして全日戦艦をガ島に突入させるとガ島奪回に繋がるのかは知らんけど。

57 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 18:32:45 ID:???
全日戦艦艦隊が苦境に陥っても、新日艦隊が現れて助けてくれたりするんだろうか

58 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 18:49:43 ID:???
>>46
デメリットって事は真珠湾奇襲しないと、そのデメリットはなくなるのか?
真珠湾奇襲しないとドックや油槽を破壊できるんだ。
むしろ戦艦を破壊した事でドックが埋まって、新造艦を減らせそうだけど。
南方作戦真っ最中に米戦艦隊が全力で攻めてきて、南方作戦中止になるほうが良かった?
日本も後半たくさん艦を沈められて、その乗員を転用できるメリットがあったんだね。

59 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 19:31:26 ID:???
>>46
デメリットというけど目に見える差がでるかなと。
どれくらい壊れるのかは知らんが、ドックとタンクを攻撃したとする。
ドックとタンクの修理にどれだけの期間がかかるか、タンク潰れてもタンカー持ってきて基地機能の維持ができやしないのか、この辺はどうなのかなと。
ヨークタウン修理というけど空襲から半年も経てばドック修理できていやしないのかなとか。

60 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 19:56:35 ID:???
で、それがソロモン戦と何の関係があるわけ?

61 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 00:39:39 ID:J+zy92GI
真珠湾で大破や着底した艦は、
大半がミッドウェーの頃には戦線復帰可能になってるね。

当然ソロモンにも投入可能だったろうが、
すでに新式戦艦がスタンバイしてたからそっちを優先。

62 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 02:43:16 ID:???
>>57
大和が沈んでかつ長門以下の主力が逃走した後ならもしかしたら・・

63 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 11:32:35 ID:???
ソロモン戦に米旧式戦艦を投入していたらもっと楽に勝てたよな

64 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 14:16:00 ID:???
戦艦は燃料馬鹿食いするし、護衛も大変だから。
トータルで見たら足手まといじゃないかね。まして鈍足戦艦だと。

65 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 14:22:12 ID:???
米海軍は42年後半にコロラドとメリーランドをヌーメアに進出させてたんだけどね

66 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 14:32:03 ID:???
どうせ米旧式戦艦生き残っても使い道は無いのだからここで磨り潰しても投入するべきではなかっただろうか。
なんていう人はいないよな。それを言っていいのは日本戦艦だけだよな。
はいはい、上陸支援の艦砲射撃艦砲射撃。

67 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 16:53:17 ID:???
真珠湾で損害受けて改装後の、米旧式戦艦群の防空能力って
実のところどうだったんですかね。 どのみち派手な水上砲戦や
機動部隊に随伴したりは出来ないにせよ。

68 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 17:46:14 ID:???
>>67
浮揚→大規模改装された旧式戦艦はどれも8基の連装5インチ両用砲を搭載、
(ペンシルバニアのみ42年10月からの改装工事で交換)
短期間の修理で復旧したメリーランドでは単装高角砲8基を38口径に交換、
コロラドは44年夏にマリアナでの損傷復旧を兼ねて連装5インチ両用砲6基に、
真珠湾を免れたニューメキシコ級もアイダホが44年に単装5インチ両用砲10基に改装されてる
これに他の大型艦と同じく40mm機銃と20mm機銃が積まれるからバカには出来んぞ…

69 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 17:52:48 ID:???
そりゃ後出しジャンケンで考えれば全部そうかもしんねーけどよ。
上陸支援艦砲射撃とか機動部隊護衛(防空戦)とか。

決戦以外の局面に、>>64の条件プラス超希少な戦艦戦力を出すなんざ、無駄スグル
米旧式戦艦群がノコノコ狭水道に、しかも夜間に入り込んでくるような、そんなオイシイ
獲物は水雷戦隊の出番。
本来は想定外。

決戦局面以外、かつ夜間不軌遭遇戦で、戦艦に戦艦を当てるのは下策。

70 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 17:57:23 ID:???
後だしジャンケン的にも戦艦による機動部隊の防空はいい手なのか。

71 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 18:01:10 ID:???
アメリカ以外の海軍相手ならもっと戦えただろうになあ
>>68
持てる国は何処まで転んでも持てる国のままか

72 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 18:13:12 ID:???
>>61
アリゾナ:被雷1被弾8弾薬庫爆発で艦体切断、浮揚断念・除籍
オクラホマ:被雷5
1943年3月浮揚するも損傷激しく修理断念・除籍
ネバダ:被雷1被弾5
1942年12月修理完了
カリフォルニア:被雷2被弾1、1944年1月修理完了
ウエストバージニア:被雷7被弾2、1944年7月艦隊復帰
テネシー:被弾2(うち不発1)損傷軽微、1942年2月修理完了、42年8月〜43年5月まで近代化改装
メリーランド:被弾2損傷軽微、1942年2月艦隊復帰
ペンシルベニア(攻撃時入渠中):被弾1損傷軽微、1942年3月修理完了、42年10月〜43年2月まで近代化改装
サラトガ含め損傷艦は全て西海岸の工廠に回航して修理し、真珠湾で修理した艦なし
ウエストバージニア・メリーランド・テネシー・カリフォルニア・ミシシッピー・ペンシルベニアは、夜間の狭水道でのスリガオ海峡海戦に参加しとる


73 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 18:48:03 ID:???
>>71
だからダニエルズ・レキシントンなんて、あんなギャンブラーな設計が許される…。
偵察艦隊同士の前哨戦で上手くすれば全部喰えるかもしれないし、万一喰われても
主力艦隊の磐石には微塵も影響がないorz

74 :69:2010/05/29(土) 18:53:05 ID:???
>>70
後世の匿名掲示板上で、トラックで大和ホテルやってたって揶揄されない限りでw

75 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 21:19:50 ID:???
戦艦がここまで早急に時代遅れになるなんて予想できた軍人はごく一握りだからな。
でも兵器が陳腐化するのはよくあることで、それをどう挽回するかで国力と発想力と技術の差が如実に出る。

76 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 21:29:30 ID:???
そうだな。
重巡洋艦すら時代遅れで戦艦と共に絶滅するなんて予想できた人はどれだけいたのだろな。

77 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 21:41:30 ID:???
>>76
はい?むしろ重巡の方がいらない子だろ?何に使うんだ?あんな中途半端なフネ…

78 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:04:20 ID:???
機動部隊に随伴して、飛行機運用によるいわば形を変えた偵察巡洋艦としての
任務とか幾らでも上げられると思うが。 何でも噛み付きゃいいってもんでもねえだろ

79 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:18:16 ID:???
それまで戦艦の装甲をぶち抜く攻撃は無理、と思われていた飛行機とか潜水艦の攻撃力が発達したからな。
第一次大戦レベルでさえ、戦艦はあまり活動できずだし。

80 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:37:25 ID:???
>>79
>それまで戦艦の装甲をぶち抜く攻撃は無理
航空機と潜水艦が魚雷を運用しだした時点でその考え持っていたとは到底思えない。
装甲ぶち抜けなくても大型爆弾が当たれば結構痛いダメージを食らうわけだし無視はできないだろうな。

81 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:40:12 ID:???
条約がなくなったら、重巡なんて艦はそっちのけで、みんな戦艦を建造して増やしたり、
既存戦艦の強化に熱中したりすると思うが。
国によっては、あるいはかつての装甲巡洋艦→巡洋戦艦への恐龍的進化を再び繰り
返すかもしれないが…しかしその最終的な答えもすでに出ている。
それとも、空母そのものをもっと建造するか。
偵察任務や護衛任務には軽巡や駆逐艦を充てるだろう?
あるいは防空艦を新造するか。

重巡の居場所なんてないよ。

82 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:59:08 ID:???
重巡嫌い太郎ってコテつけてくれw

83 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:59:43 ID:???
でも日本はマル5・6で重巡洋艦結構つくる気だったんだよな。
アメリカもバルチモア・クリーブランドの大量建造を開戦前に決定しているし。
英仏伊の建造計画はよくわからないから何も言わないでおく。

重巡や大型の軽巡の居場所が無いってのは同意する。
太平洋戦争の日本海軍でさえ大戦後半は使い道に困っていた同然だったわけだしな。

84 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:02:08 ID:???
アメリカみたいに空母部隊が健在で護衛に使える巡洋艦がほしい国と
日本を一緒くたにしてる時点で…

85 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:06:29 ID:???
そこで超甲巡ですよ!

86 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:08:14 ID:???
>>80
魚雷自体の改善、軽巡や大型駆逐艦といった航洋性の高い水雷艦艇が出た時点で
潜水艦や航空機の高性能化を待たずに戦艦の優位は怪しくなったのだが
(それを追求した典型が特型駆逐艦や酸素魚雷に他ならない)

>>83
デ・モイン級に至っては戦訓から生まれた軽艦艇キラーだけどな

87 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:14:30 ID:???
>>85
超甲巡を作れるなら普通に金剛代替艦作ったほうがマシだろ

88 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:17:02 ID:???
>>86
>それまで戦艦の装甲をぶち抜く攻撃は無理、と思われていた飛行機とか潜水艦の攻撃力
これに対してのレスですんで、水雷艦艇は除外しとるんす。

89 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:22:15 ID:???
超甲巡に足りないものは砲力だからな。
砲数は少なくても戦艦級に対抗できる大口径を装備できればまだ存在意義は見出せるのだが。

90 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:33:22 ID:???
アラスカ自体が米軍から高い評価得てないしな
まあ日本にあれば喜んで使ってたと思うけど

91 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:34:05 ID:???
>>83 「バルチモア・クリーブランド」
後者は軽巡だが、主力艦の防御スクリーンに使うための機動副砲任務艦だね。

>>84 それは戦争が実際に始まってからのハナシ。

>>86 「航洋性の高い水雷艦艇」も、条約で戦艦の数と性能が頭打ちされてからのハナシ。

92 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:36:12 ID:???
>>90 日本にあっても使い道ナシ。実際にどの局面で使うというのだ。あんな直線番長をw

93 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:38:25 ID:???
>>92
空母に改造するww

94 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:40:12 ID:???
>>90
投入するとしてもせいぜいソロモンの夜戦まで(その場合金剛出さないかも)、それ以降はあ号発動まで港で待機という喜びような気がするが。

95 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:40:54 ID:???
>>93 そうw だから結局中途半端な艦はいらないの。

96 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:47:08 ID:???
まぁしかし、条約が「なかったら」と、「なくなったら」では随分条件が違う。
既に存在してしまった重巡は使わざるを得ないし、対抗艦も必要になる罠。

あぁ、ちなみに米の後期重・軽巡も、日本が「航洋性の高い水雷艦艇」を
突っ込ませる気満々だったからの存在理由だからね。
何もかも、条約で主力艦が制限されてからの玉突きだ罠。

97 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:47:56 ID:???
港湾防空艦としてなら日本では大活躍しそうだなあ
質のいい対空見張り電探の存在だけでも大きいや

98 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 23:54:30 ID:???
>>97
>港湾防空艦として
ラバウルかトラックにでも置いておくのか。
すぐ死にそうだな。

99 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 16:13:02 ID:???
>>98
着底させておけば死なないだろ
沈没したようなもんだけど

100 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 21:11:07 ID:???
それじゃ艦船の意味ないじゃんw
相手がスルーすればそれまでだし。

101 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 23:14:43 ID:???
ソロモン戦で米艦を鹵獲できたら役立っただろうな〜と妄想してみる

102 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 15:07:31 ID:???
鹵獲しても、どうせ日本式に武装を積み替えないと使えないぜ?
12.7cm高角砲もあんなに沢山は積めなくなる。
40mmもお馴染みの25mmに換装。しかも減らされる。
FCSは連動出来るだろうか…出来ないんだろうなぁ。
東京湾で見せしめの標的艦。
まぁビキニ環礁の長門も似たようなもんだな。

103 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 18:22:12 ID:???
>>102
「ソロモン戦で」アメリカ海軍の保有する大半の「米艦を鹵獲できたら」戦局を優位に導く事に「役立っただろうな〜と妄想してみる。」
と言いたかったのだと予想してみる。
米海軍の大半の艦艇を撃沈どころか鹵獲するなんてどういう状況かは想像できないけど、妄想世界なら創造できると思うんだ。

104 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 18:42:38 ID:???
シンガポールとかの港湾設備を占領時に、そこに居た修理待ち艦艇を鹵獲とかならともかく
洋上で鹵獲なんて日露戦争の頃でもないと派生しないろうな

105 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 20:42:25 ID:???
>>103 創造→想像だろ?
大半の米艦を鹵獲しても、油がないから持って帰れねェ。運用なんて出来ねぇ。
桁違いの弾薬はどうするんだ?生産設備(国)ごと持ってこないと無理だろ。
鹵獲艦が運用出来るって事は、既に戦争に勝ってるってもんだ。
いや勝ってたら鹵獲艦の運用は不要だろ。

つか、ソロモン戦でアメリカ海軍の保有する大半の米艦を「撃沈」できたら戦局を
優位に導く事に役立っただろう。と普通に予想出来るが。
だからナニ?

106 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 20:51:40 ID:???
お前の中で答えでてるなら、無理にここで語る必要ないじゃん

107 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 23:02:00 ID:???
アメリカの戦艦を解体して、いっぱい資材をゲットして松型が100隻と雲竜型が10隻生まれます。

108 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 23:09:19 ID:???
しかし米戦艦を解体しようとしたが装甲版にドリルを当てたらことごとく折れてしまうに1カノッサ。

109 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 02:01:04 ID:???
艦首に巨大ドリルをつけた戦艦を造ろう。

110 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 04:52:16 ID:???
>>106
鹵獲どころか、あれほどの戦果を史実で挙げても制海権を奪う事が出来なかったのに、
三流火葬疝気ですら書かれそうもない事ばかりダラダラ書き連ねる○○がいるからだろ。
               .|   |  | |   |    |  | |   |   |   || | |
               .|   |  | レ  |    |  | |   |  J   || | |
    ∩___∩    |   |  |     J    |  | |  し     || | |
    | ノ\   ,_ ヽ  .|   レ |      |  レ|       || J |
   /  ●゛  ● |   .J      し         |     |       ||   J
   | ∪  ( _●_) ミ             .|    し         J|
  彡、   |∪|   |              .J                レ
 /     ∩ノ ⊃  ヽ
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
      ̄ ̄ ̄ ̄


111 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 05:52:20 ID:???
               >>103
   ∩___∩     /
   | ノ      ヽ  /
  /  >   < |/ そんな餌パクッ
  | //// ( _●_)/ミ
 彡、     l⌒l  ノ
 / __  \ \ヽ
. (___)   \__)
. O|       /
  |  /\ \
  | /    )  )
  ∪    (  \
        \,,_)

でも軍艦を無傷で鹵獲するのは無理だろう。
港湾占領に伴う接収にしても、こちらが欲しいブツほど、あらかじめ破壊される公算が高い。
それすら出来ないような○○な海軍だったら、最初から恐るるに足らず。
(巧妙なワナとして、わざとトンデモ情報を渡すためだったらアリだろうが)

○山ノビーの巡洋戦艦浅○のように、平和裏に購入するとか譲渡するとかなら。
しかし現在でもそうだが、それにしても最高機密情報は渡さないと思う。

そう考えれば、米英関係には改めてすごいものがあるな。

112 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 14:42:23 ID:???
もし何々だったら何々だったろう話≒無理難題
じゃないの?
ソロモン戦でよく言われる「第八艦隊が輸送船団を全滅していたら」だって無理難題を承知で言っているんだろう。

113 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 15:11:08 ID:???
サウスダコタとかワシントンとか戦艦貰っても使い道ないなー
空母だと、航行不能中のレキシントンを鹵獲して曳航するか
苦心惨憺して内地まで引き上げても
修理完成まで1年半かかる とかなりそうだなw

114 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 15:14:14 ID:???
レンドリース積んだ船団をインド洋で鹵獲
こいつはうれしい!

115 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 16:09:12 ID:???
一番可能性あったのは、ホーネットじゃね?

116 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 16:28:17 ID:???
そりゃ設計図すら無いフネを修理だからな。
鹵獲はあくまで技術的な面で参考になる程度だろう。

117 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 16:44:11 ID:???
アメちゃんの鹵獲品からは日本は技術をいろいろとっている(消化できたとはいいがたいが)からなぁ。
艦船一隻だと価値はあるんだろうが、実現性は難しいだろうな。

118 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 17:05:56 ID:???
あの丸コピのTu-4だって鹵獲してから初飛行まで数年を要し、運用開始にはそれからまた数年かかっているからな。
鹵獲品あればあったで越した事は無いが、あったからって速攻技術・戦力UPするってわけじゃないわな。

119 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 04:19:25 ID:???
祝規制解除!

120 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 06:08:07 ID:???
>>75
18世紀までの戦列艦は19世紀に装甲艦が登場して時代遅れに。
正当な19世紀末に登場した基準戦艦は、10年程度でドレッドノートにより時代遅れに。
その弩級もユトランドでは速度が遅く、巡洋戦艦は防御が弱いとやはり10年もたたずに時代遅れに。
軍縮条約なかったらその後の高速戦艦も10年もたなかったろう。
だが既存の戦艦が時代遅れになるだけで、戦艦自体が役立たずな訳ではない。
重巡以下では対抗できない、最強の水上艦という概念が戦艦なのだから。
>>79
潜水艦も飛行機も主力でないというだけで、戦前から漸減戦力として期待されてる。
ただ高速戦艦相手だと潜水艦は射点につけず、航空未発達で空母が単艦運用されてた時代では打撃力不足だっただけ。
飛行機だと駆逐艦みたいな射撃盤積めないし、魚雷も低速で投下しないと衝撃に耐えられなかったし。

121 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 06:25:18 ID:???
>>86
SUDOの受け売りか。
でも同じ予算で建造できるのは戦艦1に対し、軽巡4か駆逐艦10に過ぎない。
同時代の艦で比較して、阿賀野4隻で戦艦1隻に対抗できるか。
フレッチャー級10隻でアイオワに対抗できるか。
陽炎型10隻で大和に対抗できるか、微妙なとこだな。
>>107
開戦前に除籍された艦でも解体されずに係留されてた艦とか、少年刑務所や宿舎に使われてた艦もある。
解体してる余裕すらなかったのかもしれないが、軍縮時も解体するより標的艦にして沈めてたしな。
資材取りに再利用て線も怪しい。
てかあれだけ負けてた日本艦も連合軍に鹵獲されなかったし。
まあ鹵獲される前に自沈させるから。
日本艦は味方制空権内で戦闘する事が少ないから、低速曳航とか格好の標的になる。

122 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 06:38:41 ID:???
>>120 軍縮条約なかったらその後の高速戦艦も10年もたなかったろう。

実戦による評価を経ずに、陳腐化する状況が想定出来ないんですけど。
もっとも、数を揃えられるのが米国だけになってしまい、結局日本は史実
同様、他の手段を模索するようになるかもしれませんが。

123 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 09:18:52 ID:???
>>122
ドレッドノートも日露戦争後、実戦を経ずに基準戦艦を陳腐化させている。


124 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 10:11:48 ID:???
>>123
ドレッドノートは日本海海戦を戦訓に開発された
丁字戦法や同航戦の場合、側面指向主砲門数が戦艦の価値を決める

125 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 10:16:04 ID:???
>>122
米国海軍は最盛期の英国海軍みたいになっただろうな
質量ともにダントツなら戦にならない
それが日本にとっては一番良かったかもな


126 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 12:10:48 ID:???
>>83
戦後は駆逐艦が軽巡なみに大型化した
巡洋艦が使いにくくなったのは油のせいだ
日本の駆逐艦でも活躍したのは甲型など大型化した艦
秋月型や島風などは大きさ言えば軽巡といえなくもない

127 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 12:13:47 ID:???
まあ結果的に連合艦隊はソロモンで重巡を磨り潰しても良かった
以降は活躍の場が無くなり潜水艦のまとになるだけ

128 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 12:49:57 ID:???
>>123
だから究極進化の末の高速戦艦がどうやって、何によって陳腐化するのよ?
オレには全く思いつかないんだが。

ひょっとして、航空戦艦とか、潜水戦艦の開発が成功するとか?
それぐらい革新的でなければ陳腐化出来ないと思うが?

129 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 12:51:18 ID:???
>>127 日重巡については磨り潰しようがなかったとしか。

130 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 12:53:23 ID:VIOiL5nY
舵室の防御が薄いので霧島と同じ運命。
機関室も36センチ防御で、
あの距離の砲弾で機関室に火災風が入り込んで機関室の乗員が全滅。

131 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 14:47:02 ID:wpYGXqwx