5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昭和天皇に戦争責任はあったよな!Part24

1 :イランジン:2010/05/19(水) 21:20:17 ID:???
        /       i  i   l   \  ヽ    、 「上官の命令は天皇陛下のご命令」と教えられ。
      i  /  / // |  /   /    ヽ l ヽ    i 忠実に実行して戦争に負けて
      | /  / // _/ / / /ー─ - 、 ヽl   ヽ   ;   戦犯になって、絞首刑を言い渡され
     │i  / //'´/ / / / .ン== 、、` リ   l   l 天皇陛下の軍隊!!無敵皇軍というのに
        i  / //r=、、/ / /  ´iノ;;::ヽゝ i   . |   |   天皇陛下はなにもしなかったわ!!
      l.   //i,ノり) ' /   丶ニノ,  l    |、  |
      メ  /|´ 弋ノ              |   | 〉  i    戦死した軍人230万人。
      /   ヘ "               |   |'   ;    民間人80万人。
      i     .ハ     ヽ            l     |    i   
      │i   i ヽ     -        .|    |    ',
       ; l   ;  >、.         / |    |    
       | i     `丶、`丶、  _ 、-´   |    |    ',   大元帥さまは戦争責任はないのカシラ?
.      i  l    ヽ  `ヽ ヾ´( ヽ_.   |    |     i
     |  |     V´ ,ヘ  V´ /`,ヽ. |    l     ',    お立場は軍の最高責任者!
      ;  ヘ     \ ヽ| / /  /i_ l、,i    |      i
    │/`ヽ      \く    ´´  ハ   |、      ;    そういえば、責任を取らない社長さんって多いですね
    /´``'ヽ\      ヽ\     〈/l   | \   i いよいよ名門スレとなりました!

前スレ

昭和天皇に戦争責任はあったよな? Part23
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1255785231/l50

2 :名無し三等兵:2010/05/19(水) 21:47:02 ID:???
          ,,x-ー:: ":::::
        ,x '"::::::::::::::::::::
      ,、'":::::::::::::,, x-‐ ァ:  あ そ  す ハ
    ,,x '"::::::,,、- '"     |:::  の れ  げ ハ
    `"i`ー'"        ヾ  で に . |
      !  、 、,,,,,,,,,;;;;;;;;;彡ミ  か 見  迫
     |,,,,ノi `ーヾ;; '"----、   チ ろ . 力
     ヾ::ヽ     -┴'~   ン よ  だ
      ~|:/ ' ' ' `ー ' "'"   を    ぜ
      /_              :
     l    '' )    i    :
      ヽ,,、'~`      U
       ゙, __ ,-、_,ノ`
 |/      ゙, `'" ,,y
 |/  彡  ゙、`-'"
   /|/     i
   /        !    ,, -'"
    |     `ー '"|::
    |      /|||ヽ
          /|||||/心
          |ヾ/ /`ー

3 :名無し三等兵:2010/05/19(水) 22:18:56 ID:???
キチガイほいほい

4 :イランジン:2010/05/20(木) 00:29:39 ID:???
>>3
それで君がいるのねwww

5 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 14:53:29 ID:???
前スレのまとめ
・天安門事件はなかった。

6 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 20:14:19 ID:???
>>1
>大元帥さまは戦争責任はないのカシラ?

法律上は帝国憲法という日本の法律論からも、国際法上からも無い。
道義上責任についても逆説的に考えて無いと言える。

7 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 22:48:46 ID:???
fktk

8 :名無し三等兵:2010/05/21(金) 20:43:47 ID:???
本人があると言ってるんだからあるに決まってる。

9 :イランジン:2010/05/21(金) 22:26:58 ID:???
あるよ。
責任のない責任者なんてイラネwww

10 :名無し三等兵:2010/05/21(金) 22:37:00 ID:???
権限がない社長はお飾り、ハリボテ
いや、ハリボテでも不祥事の責任は取らされるんだから、ヒロヒトはそれ以下の存在

以上のことをヒロヒト信者は主張していることになる。
まさにバカの典型といえよう。

11 :名無し三等兵:2010/05/21(金) 23:14:01 ID:???
相変わらず左翼のコメントには知性を感じない

12 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 00:11:03 ID:???
本当のことを言ったら左翼扱いされたでござるの巻

13 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 01:48:52 ID:???
260 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/05/20(木) 01:12:06 ID:ENeDJoLi0
責任者というものは、
自分に非が無くても
責任をとる人のことだろう。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
オカ板の住民ですら、わかってるっつうのにwww

14 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 07:16:35 ID:???
>>12

設問
その「本当の事」を法的に説明せよ。

15 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 07:20:18 ID:???
>>13
>責任者というものは、
自分に非が無くても
責任をとる人のことだろう。


責任取って戦後の日本を無事に治めたわけで。
一つ間違えばイラク化。

辞めるだけが責任では無い。
そのオカ板の人は単に無知なだけでしょうね。

16 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 08:09:51 ID:js1/QbRD
戦争終わって戦犯天コロ裕仁一匹くらいさっさと処刑しておけばよかったのだ

17 :イランジン:2010/05/22(土) 08:14:35 ID:???
天皇制によって日本民族の独立性は保たれることはない。

18 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 08:14:52 ID:???
全て臣下のせいにして自分だけのうのうと生き延びた天コロ。

19 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 15:23:54 ID:???
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   辞めるだけが責任では無い
    |      |r┬-|    |   オカ板の人は単に無知なだけ  
     \     `ー'´   /   
    ノ            \
  /´               ヽ

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \ 
    |   (__人__)    u.   | クスクス>
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ

         ____
<クスクス   /       \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


20 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 16:36:44 ID:???
芦原中国って日本の美称があるのは日本は中国の一部だったからとかいう
キチガイが自演して伸ばしてるスレ。
無知がばれると広義の中国とかさらに恥ずかしい事を言い出す恥の上塗り野朗がまた自演を始めたか。

21 :もう大多数の人は気づいちゃっていることですがw:2010/05/22(土) 16:58:40 ID:???

333 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 02:06:59 ID:dQHMOD2eO
マリナーズのイチローは在日という噂は本当?

335 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/07(土) 06:05:50 ID:t9cZ4Df30
在日ってのの定義によるわな。
天皇みたいに先祖が半島から渡ってきていたとしても、本人が
既に日本国籍を持っていれば国際大会の代表になれる。

358 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/09(月) 03:01:43 ID:X6+1iUYg0
天皇在日なの?

360 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/09(月) 11:51:49 ID:CHKqpW8z0
>> 358
ここで言っても説得力はないだろけど、
彼のご先祖が天皇になってからも血が入ってるし、
そもそもの出自が半島なんだろうというのは、
暗黙上の了解事項。


22 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 17:03:44 ID:???
2ちゃんには凄い天才学者が居るんだな。
皇室は元は何なのかについて何の記録も無いのに出自が分かるのか。
さすが朝貢してれば中国の一部!と言っちゃうマヌケどもだな。

23 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 17:16:21 ID:???
どこの馬の骨とも知れない奴が皇室を名乗ってるって主張か。

24 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 17:20:00 ID:???
俺はアフリカから来た元アフリカ人、というレベルの主張ならきっと正しい。

25 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 18:00:36 ID:???
豊臣家は確実にアフリカ出身ですし、ほぼ間違いなく確実に朝鮮半島出身でもあります。

26 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 22:24:55 ID:???
本当の事を法的になんていう位
アホですからな。
ブサヨは。

27 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 22:32:28 ID:???
あーわりいな。

ブサヨのコメントと間違ったお。
でもさ、法は「是か非か」を問うものであって
「真か偽か」を説明するものではないよ。

裁判になった場合、被告原告共々に
供述する方は、どっちも本当のことをいうんだしさ。

28 :名無し三等兵:2010/05/22(土) 23:42:08 ID:???
「法的には小沢は無罪」

まで読んだ

29 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 11:18:22 ID:???
昭和天皇は自分に責任があると言っていた。つまり、昭和天皇に責任が
無かったとか言ってる奴は、逆賊ということだな。

30 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 18:31:57 ID:9apHT7at
昭和天皇は大東亜戦争の開戦に反対していた。
つまり、アジアを横暴な白人から解放する聖戦を理解しない売国奴だったということだ。

31 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 21:40:37 ID:AiRRgGOC
抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス

32 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 22:01:19 ID:???
左翼はなぜ馬鹿なのか
馬鹿だから左翼なのか

33 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 22:10:01 ID:cmsm9wzk
たしかに、戦争責任はある、しかしその戦争を終らせたのも
昭和天皇である、はっきり言って、始めるより、終わらせるのは
(敗戦なので)数十倍難しい、天皇はそれをやったのだ、
その胆力は、並々ではない。

34 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 22:29:04 ID:???
>>32
いいえ天安門事件がなかった信じられるほど信仰心の強い糞な青年です。

35 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 22:37:41 ID:???
左翼が許されるのは二十歳までだよね

36 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 23:10:01 ID:???
自由主義者の明君

37 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 00:03:03 ID:???
なんにせよ
本土決戦を叫んでたバカウヨ狂信者が抵抗をあきらめて、降伏できて良かったよ。

38 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 01:33:28 ID:???
日本の侵略に対し、話し合いで解決しようとして果たせなかった、当時の人々の辛さや苦労を偲びつつ
避けることの出来ない戦争を、最後まで戦い抜いてくれた米英国人の霊に、感謝の祈りを捧げたい。

              , -‐-'´ー- 、._
          ,、' : : ,:-'´: : : : : : :\
          /: : :/: : : : : : : : : : : : \
        /:/ : /: : :, : : : : : :/: : : : : : : ヽ
          !': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: : : : 、: ヽ
         !: : /': :'´ ;| 'iァz;、,'ト|: :/;イ: : : }: i l
        !: : : : : : :{  `''゛'` !/'´/イ;ィ:/: リ'!
          '; : : : : ;|ヾ     ,ィ')y'/;ィ:/
          ヽ:|'; :{ヘ     _   ゝ./!'´ !'
            /' ヽ! 、   ´,. ィ':i/
       _,,..../    /` ‐' ´l/リ゛ 日本人にすら護れなかった日本を
      ノ `丶、  {、   ´    護ってくださったのがマッカーサーとアメリカ様
     / ' ‐- 、   \トヽ、         
     ,イ;;;:::、:_:::::::`ヽ、 _\!`)、    マッカーサー元帥の守護霊がいるかぎり、   
    i;/    ヽ::::::::::::', `>ヶ、:>   大日本帝国の復活は阻止するから
     !     '、:::::::::::',∨|:ハ! ',
    /      iヽ、:i::::::',. |:| ';〉 i
   /      l   /::::::::',.L! ';. !
   /      | ! /::::::::::::l  ハ
  /         V::::::::::::::::l / /  ',
  /__,.、 -‐┐   l::::::::::::::::l /   ,〉
   `|   '7:ー‐'、:::::::::::/ /|__/|
    |    |;;:::::::::):::::::〈 |:ヽ  |


39 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 09:05:04 ID:3L0e+M0H
天皇なんてもんがいる限り、いつまでも日本は
頭の悪い脳みそ筋肉右翼がはびこって戦争で無謀犯す
経済レベルが立派な文明国である日本には
もはや共和制こそが相応しい

40 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 10:54:06 ID:1wXmq6Xt
天皇陛下万歳ッ!!
竹槍特攻隊3歩前へッ!!

41 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 11:36:47 ID:???
大元帥なんだから当たり前じゃないか。
実権を振るわなかった、というのは責任逃れにはならない。
そういう統制方法を選択したに過ぎないからな。
放任した結果も負うのが本道。
責任を臣下に押し付けて一人だけ天寿を全うしたのは、醜悪というか。
特権は人間をもっとも腐らせる毒だな。

42 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 14:51:15 ID:???
戦車で自国民を踏み潰すような国も共和制。

43 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 17:30:29 ID:3L0e+M0H
>>42
どこ?
まさか中国を共和制としてひきあいにだす馬鹿はこの板にいないと思うし

44 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 17:35:02 ID:???
中国は共和制だろw

45 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 17:41:54 ID:3L0e+M0H
共産党独裁が良ければ共産主義がいいと書くし。
屁理屈いうお馬鹿がいるので、民主共和制とでも書くか。
国民の経済や知的レベルも高い日本には、君主も共産主義も必要なし。

46 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 21:05:48 ID:???
>>44
お前みたいなシナ人はそう主張するかもしらんが、世界では認められていないのだよ。

47 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 01:24:49 ID:???
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国

48 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 02:00:56 ID:???
北朝鮮も金王朝とかいやみを言われてるが共和国だな。

49 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 19:38:50 ID:???
いや、朝鮮民主主義だろアレw

50 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:03:24 ID:???
>41
実権を振るわない以前に「内閣の補弼による以外何もできない」
「内閣の決定に対し拒否権がない」の二点で終わり。

51 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:16:01 ID:???
>>50
政治に関してはそうだけど、軍令に関しては天皇の裁可がないと何もできない。
まさか昭和天皇が白痴でもないかぎり、メクラ判を押したわけでもないだろう。
つまり真珠湾攻撃もミッドウェーもインパールも菊水作戦も、天皇の裁可を受けて行っていると解釈できる。
だから昭和天皇は有罪。
無辜でもないけどそんなに罪のない国民多数と、無辜の東亜の国民を多数あぼんさせた罪で地獄行き。

52 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:17:03 ID:???
>>27

小泉靖国参拝訴訟でも君が代日の丸訴訟でも、サヨクさんが
司法を利用するのは常套手段といえます。そのサヨクさんに於いても
天皇陛下の戦争責任についてはいつもの司法を利用した法的責任を追求しない
わけですからサヨクさんですら天皇陛下の戦争責任は無いと判断して
いるんですな。

で、サヨクさんは馬鹿だから皆さん護憲なんですね。
で、栄光ある日本国憲法第一条が
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」
ですからな。
もう「国民の総意」ですからな。
もはやサヨクさんが人一倍、天皇制を護持しているってわけ。

「昭和天皇に戦争責任はあったよな!」のスレの馬鹿だなあって思うところは
そんな事を言うのがまずサヨクさんだという前提で考えてみると
サヨクさんが天皇の司法での追求(サヨクの常套手段)をもはや諦めて、
サヨクさんが天皇制を国民の総意とまで言う憲法を他人以上に堅持して、
その上で戦争責任〜と言うもんだから
もはや負け犬の遠吠えを通り越してるって事ですね。

53 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:26:45 ID:???
>>51

そんな有罪に何の意味があるんだね?
日本国司法がそれを罰するか?するわけがない。
サヨクさん達が天皇の戦争責任を法廷で追求するか?するわけがない。
国連の国際司法裁判所ででも訴えるか?無視されるわな。
つーか国際司法裁判所特別法廷などは死者は裁かないし
(例、国連の旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷でミロシェヴィッチ元大統領が裁判期間中に病死したため裁判が途中で中止)

タイムマシンで東京裁判時代に戻ってマッカーサーに頼むぐらいしか方法ないんじゃないかな。

天皇陛下の戦争責任を問うならタイムマシン開発する方がまず先決だと思うぞ。

54 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:34:49 ID:Gox/A8/D
>>53
お前自分で何言ってるかわかってんの?
お前は「天皇に戦争責任はあるが、だれも追及できないから不起訴」って言ってんだよ?
天皇陛下万歳のクソウヨが、天皇の戦争責任を認めるなんて、とんだ愛国者だなwwwww
悔しかったら、オレの>>51「軍令に関しては天皇の裁可がないと何もできない(大日本帝国憲法)」に反論してみろよ
まあ戦前万歳のクソウヨには、大日本帝国憲法を否定するなんてできないだろうけどなwwww

55 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 21:28:52 ID:???
二言目には日本の誇りがとか言うバカウヨが、外国人の進駐を許し、
臣下に罪をなすりつけ、敵の将軍の肛門を舐め回してのうのうと生き延びた
情けない男をこうまで擁護するのは何で?バカウヨ基準で言えば、国益を
大きく損ね、さらに誇りを捨てまくった昭和天皇なんざ売国奴の中の売国奴
だろ。バカウヨは、昭和天皇の惨めな半生に、自分の惨めな人生を重ねて
見てるのだろうか?

56 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 21:45:01 ID:???
ここには肛門期の子がいるようですね

57 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 12:39:25 ID:???
>>51
白痴だから裁可したんだろw

昭和天皇が少しでもまともな思考持っていたならあんな戦争は起こらんよ。

58 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 12:51:05 ID:???
>57、つまり精神喪失で無罪ってことだなw

59 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 13:32:19 ID:???
そういや、以前、中国の芸能人が志村けんのバカ殿様に出演して
「天皇に跪いた!」と騒ぎになったというトンデモニュースがあったけど
よーするにあれは、昭和天皇の頭の中身が
バカ殿と同じレベルという意味だったんだなw

60 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 14:48:45 ID:???
>>54
>お前自分で何言ってるかわかってんの?
お前は「天皇に戦争責任はあるが、だれも追及できないから不起訴」って言ってんだよ?
天皇陛下万歳のクソウヨが、天皇の戦争責任を認めるなんて、とんだ愛国者だなwwwww

戦争責任というのは湧いて出てくるわけでは無いわけで、罪刑法定主義
と言って予め罪状と刑罰を法で規定しておかないと駄目なわけですな。
端的に言えばA級戦犯を裁いたGHQの極東国際軍事裁判所条例の様に
明確に事後法を作って運用するような組織が現れない限りは無理ってこと。

つまり正確には
「天皇に戦争責任は無いが、だれも戦争責任を新たに作って追及できないから不起訴」

ちなみに
「A級戦犯は戦争責任は無いが、GHQが裁判所条例で戦争責任を事後法で作って追求したから起訴」

ちなみに現在は国際法で事後法は禁止済み。

>悔しかったら、オレの>>51「軍令に関しては天皇の裁可がないと何もできない(大日本帝国憲法)」に反論してみろよ
まあ戦前万歳のクソウヨには、大日本帝国憲法を否定するなんてできないだろうけどなwwww

それ簡単ですよ。
第55条 国務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス

輔弼(ほひつ)
大日本帝国憲法の観念で、天皇の行為としてなされ、あるいはなされざるべきことについて進言し、その全責任を負うこと。日本国憲法における内閣の助言と承認に相当する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%94%E5%BC%BC

つまり憲法的に天皇の責任というのは無いの。国務大臣の責任になるの。
法的にはそうなっており国務大臣たる総理大臣であった東条英機を裁いたGHQですら昭和天皇の罪を問うてない。
そんな都合のいい話があるか!!って?
クレームは帝国憲法作った者に言え。伊藤博文さんはもう死んでるけどな。

61 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 17:17:27 ID:???
輔弼行為なんて前近代天皇制という奴隷制度の中でしか有効でないものを
持ち出してきて弁解したって意味無いのにw

62 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 18:36:06 ID:???
意味あるだろ。この憲法の下で行われていたんだから。

63 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 19:17:23 ID:???
当時の日本の体制によって行われた戦争犯罪行為を裁く裁判だから意味ないよ。

憲法に照らし合わせて合憲だから罪がないというのなら東京裁判自体が存在しない。

64 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 19:59:51 ID:LSWM5i6n
>>60

大日本帝国憲法について

第11条
天皇ハ陸海軍ヲ統帥(とうすい)ス

第12条
天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額(へいがく)ヲ定ム
備考;兵額=兵士の人数。

第13条
天皇ハ戦(たたかい)ヲ宣(せん)シ和ヲ講(こう)シ及諸般ノ条約ヲ締結(ていけつ)ス
----------------------------------------------------------------------------
ここから派生したのが
「軍令」:内閣や議会を通さず、天皇が陸軍と海軍を統帥するため制定したもの

軍令第一号・・
陸海軍の統帥に関し勅定を経た規程を軍令と定めた(第1条)
軍令のうち公布を要するものは、天皇の親書(署名)と御璽(印)のほか、陸海軍大臣の副署を必要とし(第2条)
官報で公布されるとした(第3条)
特に定めがない限り、軍令は直ちに施行されることになっていた(第4条)

このように、軍令は帝国議会や閣議を経ることなく、陸軍大臣や海軍大臣が天ちゃんに奏上して、裁可のハンコをもらえば執行可能だったんです。
で、憲法11条の「統帥権」を盾にすれば、気に入らない作戦の奏上は全て潰すことが可能だったんです。
真珠湾攻撃やインパールやソロモンの戦いや硫黄島や菊水作戦だって、天皇がハンコを押さないという選択もできたのに、あえてハンコを押して多数の同胞が死んでいるわけです。

確かにあなたの言うとおり、行政については天皇は承認する以外の権限はないがね。こと軍令に関しては天皇の責任は否定できないのは明白と思う。
結論としては、「昭和天皇に少なくとも道義上の責任はあった。また不作為の殺人罪も成り立った」
このことについて、何も語らず死んでいった昭和の天ちゃんについての戦争責任の議論は、今後も否定できないでしょうなあ。
願わくば、日本国民が天皇の戦争責任について総括できればよかったんだが、国民やマスゴミも軍部の尻馬に乗って戦争を煽っていたからな、まあムリだったんだろうな。

65 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:08:31 ID:???
>>63
話の流れをヨメ

>>54
>まあ戦前万歳のクソウヨには、大日本帝国憲法を否定するなんてできないだろうけどなwwww
    ↓
>>60
>輔弼(ほひつ)
>大日本帝国憲法の観念で、天皇の行為としてなされ、あるいはなされざるべきことについて進言し、その全責任を負うこと。日本国憲法における内閣の助言と承認に相当する。
>つまり憲法的に天皇の責任というのは無いの。国務大臣の責任になるの。


誰が東京裁判の話をしてるんだよ?

66 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:12:37 ID:???
君主の不可侵性ってのは常識だよねwww

67 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:18:25 ID:???
>>65
戦争責任の存在を大日本帝国憲法なんぞで判断すること自体がなんの意味もない。

68 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:25:41 ID:???
>>67
>戦争責任の存在を大日本帝国憲法なんぞで判断すること自体がなんの意味もない。

そりゃあるだろ。
戦争責任が発生するとしたら第二次世界大戦で
第二次世界大戦の時代の法が大日本帝国憲法なんだから。

69 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:32:06 ID:???
>>64
>このように、軍令は帝国議会や閣議を経ることなく、陸軍大臣や海軍大臣が天ちゃんに奏上して、
裁可のハンコをもらえば執行可能だったんです。

陸軍大臣・海軍大臣 → 国務大臣
帝国憲法55条参照のこと。
55条には議会や閣議を通すかどうかなど関係ありません。
そして国務大臣なので陸軍大臣も海軍大臣も含まれます。

指摘が無意味。

70 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:43:28 ID:???
>>68
戦争責任を追求したのは連合国。
連合国の基準に照らし合わせた結果の戦争犯罪行為があったかどうかで
大日本帝国憲法の内容なんてどうでもいい話。

大日本帝国憲法に照らし合わせれば天皇どころか戦犯自体存在し得ない。

71 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:56:28 ID:???
>>69
じゃあ統帥権干犯問題なんて起きようもないじゃん

72 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:58:40 ID:???
>>69
お前頭悪いな
行政と軍令は別だって>>64は言ってるだろ
そして、現実に当時は、軍部は統帥権を盾にして好き勝手やってた。それにお墨付きを与えたのが天皇じゃん

73 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 20:59:43 ID:???
..      ,..:::´::::::::::::::::/::ヽ::::::::::::\:::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::/::::::::::l::::';:::::::::::ハ:::::::::::::::::ヽ
 .   ,.'::/::::/::::/::::::::/´ `゙" l::::::;::::::::::::::i::::::::::::::::::∧
   /::/::::/::::::i:::::::::;     l::::::i:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::',
   ,'::/:::::;:::::::::l:::::::::i _,,.. -- !:::::l:::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::;
  ;:/l:::::::i:::::::::ハ:::::l::l' _ -- 、ヽN::::::::::::::::!::::::i:::::::::::::::i    天皇が作り上げたものはなにもナイのよ。
  i:{ l:::::::l:::::/ニV ヽ! ,ィフ丁!¨゙l::::::::::::::::l;.ヘ!:::::::::::::::l
.  !! ヽ::ハ:::;ハィラ孑=l、  ´ ̄ノ l:::::l:::::::::::l/^ l:::::::::::::::l    特に戦争によって310万人以上も国民を死なせるなど
.  {!  ヾ N:_i__r'  └‐  "´  l:::::l:::l::::::::! ノ l::::::::::::::::!
       l::::::l ヽ        l::l::l:::l::::::::l' ,.ィi:::::::::i:::::l    実害ばかりですね。
        l:::::ハ     __,.    l::l::l:::i::::::::lイ:::リ::::::::l::::::!
       l:i::::::ヽ ´ -       l:!l:lヽ;::::::リノ:/::::::::/::/リ    そろそろ本気で天皇制廃止しましょう!!
      lト、:::::::\       l! l! ソ;ノ ^´ヽ<´レ'
.         ヽト、::::ヽ    _     ,. '   ,ハ、
           `¨ `¨  ̄ i   ,.ィ    /::::::ヽ     毎年270億円も税金要るしね。無駄だよね。
                   ∧/    /::::::::::::::::::\
               /,.⊥、   /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  /:|::::::::ハ.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
           __,,.ィ/:::ll::::::::::∧./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ

74 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:18:57 ID:???
>>72
>お前頭悪いな
行政と軍令は別だって>>64は言ってるだろ

君は馬鹿だな。

帝国憲法55条は天皇の権限についての規定じゃないの。
国務大臣に対する規定なの。
で、海軍大臣も陸軍大臣も国務大臣なの。
だから軍令なら全責任を陸軍大臣と海軍大臣が負うだけなの。

閣議の決定なら総理大臣が全責任を負って
軍令なら海軍大臣か陸軍大臣が全責任を負うだけの事なの。

行政と軍令なんて関係無いわけ。
行政の長(総理大臣)に責任がかかるか、軍の長に責任がかかるかの違いだけ。

>そして、現実に当時は、軍部は統帥権を盾にして好き勝手やってた。それにお墨付きを与えたのが天皇じゃん

で、全責任は陸軍大臣・海軍大臣を負うと。

75 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:21:16 ID:???
横だが、帝国憲法11〜13条と55条は矛盾してるな
だったら現実に、軍部や天皇がどう動いたかで判断すればいいんじゃね

・・・とするとやはり天皇は有罪か

76 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:24:08 ID:???
>>74
天皇は「大元帥」であり、軍人でした。

77 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:49:48 ID:???
>>74
憲法にどう書いてあろうと
陸軍と海軍を統帥しているのが天皇である以上
連合国から見れば軍の責任者は天皇。

78 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 21:58:42 ID:???
>>76
>天皇は「大元帥」であり、軍人でした。

天皇←→政府との関係性では無く
軍隊内部についての話をするならば
参謀総長が奏上権を持っていて輔弼
してたそうだぞ。
憲法には書いてないがな。

79 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:00:00 ID:???
>>77
>憲法にどう書いてあろうと
陸軍と海軍を統帥しているのが天皇である以上
連合国から見れば軍の責任者は天皇。

その連合国が裁いてないんだが。

80 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:01:07 ID:???
>>78
参謀総長が天皇に奏上して裁可をいただくんだろ?
だったら輔弼とはいわんだろ

輔弼ってのは幼少の天皇に対して摂政が輔弼する、とかつかうんじゃね?

81 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:02:12 ID:???
>>79
連合軍が裁いていないから無罪ってか?

連合軍の方針を根拠に天皇の戦争責任を語るとは、とんだ右翼、愛国者だなwwwwww

82 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:02:48 ID:???
>>80
>参謀総長が天皇に奏上して裁可をいただくんだろ?

それを言ったら55条の国務大臣も一緒だな。

>輔弼ってのは幼少の天皇に対して摂政が輔弼する、とかつかうんじゃね?

違います。

83 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:07:56 ID:???
>>81

GHQは事後法で何でも戦争責任を創造できるんだから避けようもないし
どうしようもないだろ。

戦争責任とはそのときにGHQが創造するものであってそれまで存在していたものでは無い。
だから事後法だと批判が出るわけだ。

で、天皇陛下の戦争責任について彼らはついに戦争責任を創造しなかった。
後付けで戦争責任を作らなかったんだから戦争責任が無いわけ。

84 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:14:32 ID:???
また出た!

「レイプしても捕まらなければ無罪」って香具師が

85 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:28:03 ID:???
レイプは法的に犯罪です。

戦争は法的に犯罪ではありません。

86 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:36:35 ID:???
>>84
>また出た!
「レイプしても捕まらなければ無罪」って香具師が

おお、そういう君は言ってることがさっぱりわけのわからない人じゃないか。
君は憲法も下位法も国際法も何もわからない人でしょ。

質問です。昭和天皇の罪は罪刑法定されてますか?

罪刑法定されている犯罪と対比させる事で

昭和天皇に戦争責任が存在しない事が逆に証明出来てしまうという。

87 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:40:21 ID:???
>>85
つまり戦争中にレイプしても犯罪じゃないってことね

やっぱりねw

88 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:48:58 ID:???
>>83
批判しているのは一部のキチガイだけで
国際的にはまったく受け入れられていないぞ。

当時の国際法には個人の戦争犯罪を裁く考え方が欠落していたため
例外的に事後法をみとめるというのが国際常識。

89 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:57:18 ID:???
>>86
すでに滅びてしまった大日本帝国の憲法は、天皇擁護には使えませんね
したがって天皇を神聖不可侵とすることはできません

ですから罪刑法定主義に従えば、天皇個人が犯罪を岡せば処罰できるということです

つまり罪刑法定主義そのものが明治憲法の無効性を証明しているということでんなw

また罪刑法定主義といえども自然法を超越することはできません
その場合は、条文のほうに瑕疵があると判断できます

この場合、自然法というのは、人類共通の掟といえるもので、
要するに「飼い犬のやったことは飼い主に責任がある」ということでござりましょw

したがって、天皇が軍事テロ攻撃によって、平和な真珠湾の罪も無い住民を殺戮する命令書に
ハンコを押した瞬間に責任が生じると、主張することが可能であり、

また日本と講和条約を結んでいない中国様ロシア様の努力によって、その天皇の責任を追及できる
ことを認めさせようと訴える団体が登場することも有り得るかとやぶさかで無きにしもあらずでもある

日本でも時効が廃止されたことだし、今後中国様やロシア様の領土で戦争犯罪による新たで大いなる
犠牲者が発掘される可能性も有り得ますねw

その日を目指して私たちは声高に天皇の戦争責任を訴え続けなければならない、
天皇の命令によって遂行された平和な真珠湾への宣戦布告無しの騙まし討ちの軍事テロ攻撃により
殺戮された大勢の罪も無い住民の悲しみや、中国大陸でのレイプや
南の島々で食肉された人々の無念を晴らすために

天皇が万世一系ならば戦争責任も万世一系、
戦争責任を訴える人がひとりでもいるかぎり、天皇に安息の日は来ない、
天皇が「完全犯罪」で逃げ切ることはできないのだということを、思い知らせましょうぞ!


90 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:18:14 ID:???
>>88
>批判しているのは一部のキチガイだけで
国際的にはまったく受け入れられていないぞ。


東京裁判の当事者である判事二人(パール氏とベルト・レーリンク氏)が東京裁判批判を
しておりますのでその主張が正しいかどうかは私には判断しかねますな。
東京裁判の判事だったレーリンク氏は裁判参加を切っ掛けに、その後、本当に国際法の専門家に
なったそうで、そしたらやっぱりあの裁判は間違ってたと主張を覆したそうだ。

で、現実には東京裁判以後に戦争は星の数ほどあれど東京裁判型戦争裁判は
無くなったわけですね。同じ事をしないんだからまあ国際社会の目から見ても無理があったって事でしょうね。


>当時の国際法には個人の戦争犯罪を裁く考え方が欠落していたため
例外的に事後法をみとめるというのが国際常識。

それは逆説的に言えば東京裁判の為に取って付けたようなものです。
そういう国際常識があるから東京裁判が許されるのでは無く、東京裁判を
有効にするためにそういう常識(例外)を作ったと。でも国際法の法体系では英米法でして
英米法では事後法が認められませんから今では事後法禁止と明記されました。
英米法に認められない概念。そういう意味でも国際常識とは言い難い。

慣習法と言いまして明文化されてなくても「事後法でも良い」という国際的常識が
あれば国際(慣習)法として成り立つんですが、後の国際法の事後法禁止で見る限り国際慣習とは
言えないって事ですね。


91 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:44:26 ID:???
>>89
>すでに滅びてしまった大日本帝国の憲法は、天皇擁護には使えませんね
したがって天皇を神聖不可侵とすることはできません


ハーグ陸戦規定43条[占領地の法律の尊重]
 国ノ権力カ事実上占領者ノ手ニ移リタル上ハ、占領者ハ、絶対的ノ支障ナキ限、
占領地ノ現行法律ヲ尊重シテ、成ルヘク公共ノ秩序及生活ヲ回復確保スル為施シ
得ヘキ一切ノ手段ヲ尽スヘシ。

戦闘終了が終戦ではありません。平和条約締結までは休戦扱いです。当然日本の国家や
法体系が戦争国際法により護持されます。

というか国際法ではもう国家を「滅ぼす」というのは無理ですな。


>ですから罪刑法定主義に従えば、天皇個人が犯罪を岡せば処罰できるということです

なんで「ですから」なんだ?意味わからん。君の論理で言えばアメリカが占領したなら
アメリカの法律で〜ってなるんじゃないか?アメリカ国内法で事後法を認めるわけないだろ。

と言うか電波すぎる。
「罪刑法定主義そのものが明治憲法の無効性を証明している」については意味わからん。
それ以下の文章は他国の介在を期待しているのかな?

http://www.zaikei.co.jp/article/biznews/091215/41776.html

こういう事例を参考にしているのかな?まあ無理なんだけどね。

92 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 00:01:53 ID:???
>>90
パールとレーリンクのその主張は国連ではまったく相手にされていない。

93 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 00:23:22 ID:???
>>92
>パールとレーリンクのその主張は国連ではまったく相手にされていない。


それが国際法と政治力学の違いでしょ。
似たような事例は
1996 年国連総会の求めに対して提出した国際司法裁判所の
「核兵器の使用及び使用の威嚇に関する国際司法裁判所勧告的意見」
と言うのがあります。

アメリカの核使用を参考にして考察するって話だったんですけどね、
まあ結論を言えば核兵器を所持したり、使用したりする事を直接禁止する国際法は無い。
そして戦争での使用も極地や砂漠など民間人の犠牲にならない使用などもあり得るから
使用すること自体が国際法違反になるとは限らない。又、究極の国家自衛の際に
国際法を適用するのは馴染まない。ってな結論になったんですけどね。

内容を読むと普通に使う分にはどう解釈しても核使用は戦争犯罪(国際法違反)なんですよ。
第二次世界大戦に既にあったハーグ陸戦規定を拠り所にしてるから広島も長崎も含まれるし
今から違法だと言ったとしても事後法にならない。
極地や砂漠で使用する可能性もあるから核使用が国際法違反とは限らないって話も、
じゃあ極地や砂漠じゃない広島や長崎はどうなんだ?って言ったら国際法違反という
結論しか出ないわけで。
これはアメリカの核使用を裁く為の意見では無いってあえて強調してますけどね、
逆説的に解釈すればアメリカを裁く気になれば有罪確定だって事ですし。

国際法上は問題があっても政治力学上は問題なしとされる好例でしょうな。

東京裁判も同じでしょう。政治力学で有効にしてるけど、国際法上あり得ない事だから
現実問題として戦争は古今東西星の数ほどあれど、東京裁判型戦争裁判は
その後、誰も行っていない。
一応判例として有効だから全く同じ事しても問題無いはずなんだが・・・。

94 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 00:38:30 ID:???
本人も責任を感じてはいただろう

でも死んでまで責任を取ることには躊躇いもあったし
実際にできなかったそんなとこじゃないかな?

95 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 00:47:03 ID:???
>>91
まだ大日本帝国やナチス第三帝国が存続していると思っている香具師がいるんだ、
某吸血鬼マンガの影響かなw

大日本帝国は対等な主権国家として平和条約を結んだわけじゃない、主権を取られて降伏したんだよ

天皇がポツダム宣言を受け入れて、連合国に隷属した時点で、つまり戦犯容疑者になるということで、
明治憲法の「神聖不可侵」にまるっきり定食している

さて、この場合は罪刑法定主義によって憲法違反で罰せられるのは、マッカーサー様か天皇か
いったいどっちなんだろうね?w

どちらでもあるまい、その時点で明治憲法は効力を失っているんだからw

また占領された日本がアメリカの法律で保護されるわけ、なかろうがww

ま、原爆投下はアメリカ様の法律による「正当防衛」だったがなwですからこれは無罪ですww

天皇が万世一系ならば戦争責任も万世一系、
戦争責任を訴える人がひとりでもいるかぎり、天皇に安息の日は来ない、
天皇が「完全犯罪」で逃げ切ることはできないのだということを、思い知らせましょうぞ!

96 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 00:58:11 ID:???
なんだ芦原中国って言葉があるのは日本が中国の一部だったからとか言ってた馬鹿がまた自演で暴れてるのか。

97 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 01:06:09 ID:???
>>95
>大日本帝国は対等な主権国家として平和条約を結んだわけじゃない、主権を取られて降伏したんだよ

国際法上、厳密な無条件降伏は存在しません。なので降伏しても国家が滅ぶ事はありません。

>天皇がポツダム宣言を受け入れて、連合国に隷属した時点で、つまり戦犯容疑者になるということで、
明治憲法の「神聖不可侵」にまるっきり定食している

天皇陛下は戦犯容疑者ですらありません。起訴されたが無罪ってレベルではなく起訴
すらされてない。

>さて、この場合は罪刑法定主義によって憲法違反で罰せられるのは、マッカーサー様か天皇か
いったいどっちなんだろうね?w

解答・・・どちらも戦犯では無い。

>どちらでもあるまい、その時点で明治憲法は効力を失っているんだからw

ハーグ陸戦規定により改憲まで効力が存在します。

>また占領された日本がアメリカの法律で保護されるわけ、なかろうがww

国が滅ぶとはチベットのような事例を想定していると思うが占領国の国の一部になり
中国の法になったわけだが?日本は滅んだんじゃないのかね?滅んだのならアメリカの国土になり
アメリカの法になってしかるべし。沖縄は返還まで実際にアメリカの法が施行されてたんだからね。
しかしまあ言ってることが支離滅裂ですな。

>ま、原爆投下はアメリカ様の法律による「正当防衛」だったがなwですからこれは無罪ですww

戦争国際法だろ。日本の憲法関係無いしね。
ふむ、妙に論理が支離滅裂だな。例えば国際法条文を示した上でそれでも尚「明治憲法は効力を失っているんだからw」
と書くとなると本物の国際法よりも自分の中の法論理を優先した訳で統合失調症的要素が強いといえる。

98 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 02:48:14 ID:???
>>96
かつて日本劣等は中国大陸と地続きであり、日本海は中国の中の池にしかすぎませんでした
世界中の人々は中国の一地方にしかすぎないその部分を「葦原中国」と呼んでいました

>>97
法律が国家の枠組みから離れて、それだけで機能してると信じ込んでいるんだなw

おまいさんの主張によれば、かつてチベットのように滅びた国家は存在しないし、
東京裁判は明治憲法によって開かれたことになるんだがなw

ま、あんまり追い詰めるとかわいそうだから、このへんにしておいてやるかww

99 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 09:39:20 ID:???
>>97
明治憲法は降伏した時点で憲法としての効力は失ってます。

憲法が有効ならGHQの命令で簡単に日本軍を解散したり
日本国憲法を制定できる訳ないでしょ。

100 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 10:35:34 ID:???
>>98
その頃は中国なんて存在しないよw

101 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 12:27:50 ID:???
日本国憲法は大日本帝国憲法の改正だぞ。で陸海軍の解散はポツダム宣言だ。


102 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 12:59:25 ID:???
>>101
改正ではない。
日本国憲法の制定に当たり大日本帝国憲法によって
定められた改正の手続きはとってない。

ポツダム宣言よりサンフランシスコ講和条約までの日本は
独立国家扱いですらない。

103 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 14:46:30 ID:???
今の憲法は形の上では明治憲法の改正手続きにしたがって発布されたよ。

104 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 17:38:26 ID:???
今の憲法ってマッカーサーとその取り巻きによって作られたもんだからな
ジャップはこれ使え!いいよな?って感じで
日本人の意見一切無視
こんなもんを今だに使ってんだからこの国の隷属根性はすさまじいな

105 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 17:47:50 ID:???
それでも大日本帝国憲法下の暗黒時代にくらべれば
今の体制の方がよっぽどマシ。

106 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 17:52:29 ID:???
まあ、アメちゃんの言うことにハイハイ従うことに快感感じてる連中はそうなんでしょうよ
辺野古埋めろ!ハイ!
国債買え!ハイ!
イラクに行こうぜ!ハイ!
安全保障がどうたら言ってごまかしてるけど、本音はアメリカに睨まれるのが怖いから
原爆の効果はすげえな!

107 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 17:57:59 ID:???
そもそも憲法という国の根幹に関わるものを外人が作ってそれを使ってるなんて
屈辱以外の何者でもないよな
なんでオレらの暮らしの決まりごとをよその連中に指図されなきゃならんのだ?
まあ、今の日本人は平和と安全のためなら屈辱なんてどうでもいいんだろうけど
これが戦後の日本の歩みってやつかね

108 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 18:06:52 ID:???
>>107
>なんでオレらの暮らしの決まりごとをよその連中に指図されなきゃならんのだ?

軍国主義体制よりアメリカの作り上げた体制の方がよっぽどマシだからにつきる。
たとえ日本人が作ろうが自由の保証されない北朝鮮のような体制はお断りだ。

109 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 19:29:03 ID:???
>>107
軍国主義者は死ね!

110 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 19:40:11 ID:???
別に憲法なんて変えてもいいんだよ。

111 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 19:47:02 ID:???
>>107
日本が民主主義国になったのはアメリカのおかげだ
あえて今更軍国主義に振る必要はないね
石原閣下やパチのりの言うような日本はごめんだ

貴様は軍板に出入りしているのに、戦前戦中の日本の理不尽さが分からないのかと

112 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 19:53:22 ID:???
戦前は当時の世界では特に理不尽じゃないよ。

113 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 19:57:25 ID:???
>>112
現在の世界から見た話をしてるんだろと
大体、当時の世界の基準で考えても、アメリカやイギリスよりは日本のほうが理不尽だろ

114 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 20:06:22 ID:???
>>113
植民地にされた奴らにも言ってやれよ。

115 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 20:15:45 ID:???
>>112
全体主義は当時の基準でも理不尽で
世界に受け入れられるものではなかったから戦争になったんだろうが。

116 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 20:29:34 ID:???
とかいいつつ、ソ連なんて理不尽の極みだろうが。

117 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 20:35:23 ID:???
理不尽さなら中国の方が酷いかったけど別に世界が敵にならなかったよ。

118 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 20:41:51 ID:???
世界と戦争になった理由は全体主義というほどでもない日本が全体主義国家中国と戦争になって
アメリカやイギリスの利益を侵害したからだよ。冷戦と違って体制の対決なんて二次大戦には関係無いよ。

119 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 21:04:29 ID:???
>全体主義というほどでもない日本が

もうこの時点でね。
全体主義の狂信国家でなければ特攻なんてやる訳ないだろ。ボケ。

120 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 21:21:46 ID:???
第二次世界大戦をファシズム対民主主義の戦いというのなら、
ファシスト国家の中国をコテンパンにしている日本は拍手喝采を受けなければならないが、
実際はまったく逆になった。

121 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 23:24:09 ID:???
>>全体主義の狂信国家でなければ特攻なんてやる訳ないだろ。ボケ。

そうだね特攻なんてヒロポン打たれたただの麻薬中毒者だよね
戦争なんてやめてさっさとアメリカに降伏してれば良かったんだよね

あ〜あ、悲しいことにこれが戦後の日本人のメンタリティなんだよなあ
アメリカはすばらしい!日本は全然ダメだ!ダメダメだ!
特攻隊員が守りたかったものってこんなのだったのかねえ
空しすぎだな

122 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 01:11:33 ID:???
メンタリティ(笑)

こうゆう英米からパクった外来語を使えるのも、アメリカ様によって日本が解放されたおかげじゃんw

特攻なんて、パイロットの技量が劣化してアメリカ様の戦闘機とガチに勝負できなくなったから
産み出された苦肉の策だっつうことは、当時の資料からもはっきりしてることなのにw

しかも効果があったのは最初のときだけで、アメリカ様が対策を講じてしまったら、ほとんど戦果を
上げられなくなって、海に自爆するだけになったつうんだからw笑えるww

結局、戦争に負けてるしwwおまいさんだったら、もっとうまく突っ込めて勝てたってか、アホですかww

一生懸命やったという子供には結果が全てだと身をもって教えてあげましょう(プゲラww

123 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 10:27:51 ID:???
>111、戦前でも民主主義だぞ。それをぶっこわしたのがルーピーの爺なんだが。ポツダム宣言に書いてあるぞ

124 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 10:29:19 ID:???
全体主義というには大政翼賛会が機能してなさすぎてる。
独裁者も居ない。

125 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 11:27:44 ID:???
>>121
>特攻隊員が守りたかったものってこんなのだったのかねえ

本音では特攻を命令した戦争指導者を呪いながら死んで行ったに決まってるだろ。

まさか検閲受けた遺書を額面通り受け取っていないよね?

126 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 12:57:46 ID:???
戦後の日本人のアイデンティティは分裂しまくり
特攻隊をやたら美化したかと思えば、被害者扱いしたり
アメリカに擦り寄るかと思えば、反米闘争やったり
この国は自分がどういう立ち位置にいたらいいのかよく分からんのだろうな
だから安全保障は丸投げして自分たちはできるだけ揉め事の外にいようとしたがる
安全パイが大好きで内向き思考
これが日本の戦後とやらの正体だろ

127 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 20:13:19 ID:???
自民党の憲法草案とか見ると、「日本人の作った憲法」とやらの程度の
低さにげんなりするけどね。

>>121
北朝鮮みたいな国がそんなに好きなら、北朝鮮に移民したら良いじゃ
ないか。あそこは君みたいな人間の理想郷だぞ。


128 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 20:59:10 ID:???
>>120
つまり現実は「ファシスト国家の中国」ってもんが無かったと示しているわけだ

129 :名無し三等兵:2010/05/28(金) 23:41:14 ID:???
大日本帝国が民主主義国家つうんだったら

朝鮮民主主義人民共和国だって民主主義国家だよなw

130 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 02:55:23 ID:???
国民党中国はファシズム仲間だろ。反共で独裁。

131 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 08:43:53 ID:???
なるほど。国民党中国が反共で独裁だから、コミンテルンに操られた日本は国民党中国を
潰そうとやっきになったんだな。

132 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 09:39:00 ID:???
ファシズムに敵対しているからファシズムでないとは言えないと思うの。

133 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 12:16:46 ID:???
「ファシズム対民主主義の戦い」なんてのは「アジア解放の戦い」並みのどうしようもないプロパガンダなのに、
勝てば教科書に載るんだよな。

134 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 14:34:54 ID:???
勝てば官軍
戊辰戦争だってただの主導権争いなのに、幕府側についただけで逆賊扱い
しょせん歴史は勝者がつくるものであって、負けた側がつくるものではない

135 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 22:19:30 ID:???
>>702
               ∠/: : /-`~´--、: : : : : :∧、
               ト/::/:/      |:|: : :: ::/_.ヘ',ゝ
               /:{:/{/__ノ   ヽ_|」',../|彡:´|: |´
              ,'; ;|          ! V .|/: : :|:: |
              |::: :i ニ=-     -=ニ  ミ: : ,'::::|
              |i:(.|""   '   ""  rヾ/: |i:|
              ||: :ヘ  r‐‐‐--v   {ゞ丿::| ||
              i|::/ ヽ、 ヽ__,ノ  /‐-´|: :| | ハハッワロス
   .__         |/   >.t─--..::´、
  `-t- `ヽ        /´/:::{_ /:::::::-彡、
    {とニ ヽ=、    r/  {巛r:::::/´三彡´⌒ヽ
    ヾヘ`/ヘヾ、  / i.| ヽミ|:_:/彡´  /  ',
     ヽ、ヽヽ.ヘ/   Y  /:::|´     /´   |
       ヾ_∨  )ヽ   ,'  /::::::|   i { /  |
       ヽ     /| ./:::::/≡>-K__   |
 ̄ ̄ ̄"~ ---≧ ,,__∠._ri .///ミミ/   ヽ   |
               ̄ ̄~` -ミ{       ./
                     `---‐‐‐‐‐´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

136 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 09:50:51 ID:+PetbaHn
>>104
いいや、このままでいいと思うぜ。
頼みもしないのに介入しやがって
アジアをめちゃめちゃにしやがったのはアメリカなんだし
責任は連中に取らせるべきだろ。
日本は平和国家なんだよ。

137 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 09:56:25 ID:+PetbaHn
>>128
蒋介石の個人機関の藍衣社なんて
まるっきりファシスト団体ですが。

138 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 10:39:01 ID:+PetbaHn
>>115
ハハッ、ワロス。

139 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 23:51:38 ID:???
欧米と日本が戦争になったのは、単に欧米のアジア植民地を日本が荒らしまくったからだろ
ファシズムとの戦争と言いつつ、フランスもイギリスも植民地を独立させる気はさらさらなかった
まあ、結局は欧米も植民地を手放すはめになったけどさ
別に日本の功績じゃなくて単に植民地経営がわりに合わなくなったからだけど

140 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 06:20:49 ID:???
なんだかな〜

141 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 21:20:24 ID:cRTs5Wgu
>>139
まだそんなことを言っているのか?
懲りない奴だね。


142 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:33:56 ID:???

  ( ´∀` )<いいかげん現実見ろや、
  / ,   ヽ     負けウヨさん、涙を拭きなよw  
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘


143 :読んでね:2010/06/01(火) 21:02:47 ID:IWrAIxlb

君はアジアを解放する為に立ち上がった昭和天皇のあの雄姿を知っているか?
http://www.amezor.to/cgi-bin/res.cgi?dir=shiso&res=100310213014&st=15



144 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 21:19:59 ID:???
>>142
現実を見ると、連合国も日本国民も天皇の責任を問いませんでしたがなにか?w
サヨの脳内で何回ギロチンに掛けたのか知らんが昭和天皇は天寿を全うした。

145 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 21:55:22 ID:???
臣下に罪をなすり付け、敵の将軍の肛門を舐めて生き延びたんですよね。
さすが右翼が信奉する天皇だけのことはありますよねw

146 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 22:49:40 ID:???

  ( ´∀` )<いいかげん現実見ろや、
  / ,   ヽ     負け犬サヨさん、涙を拭きなよw  
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘

147 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 23:18:28 ID:XNALfzny
「特高月報」に見る庶民の本音
http://www10.ocn.ne.jp/~war/tokkou.htm

★不敬言辞・・・・横浜市港北区北机町七六三  神本佐一 五〇

被疑者は高等小学校卒業後本籍地に於て農業を営み、昭和十六年一月以降居町第三十隣組の組長となり現在に及びたる者なるが、常に大言壮語を為す癖を有し、
昭和十七年十二月中旬居町七七八市川吉之助方に於て開催せられたる右隣組会の席上談中五箇条の御誓文に及ぶや組員たる羽鳥喜助外九名に対し、
『勅語は大臣が作って天皇陛下は目を通す丈だ、天皇陛下は飾り物でこんな物は穀潰しだ』と放言し畏くも天皇陛下に対し奉り不敬の行為ありたるもの


ペテン師豚サヨの主張とは違って、天皇は好き勝手できない存在なんだって
当時の庶民はとっくの昔に知っていた訳だよね。

148 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 23:47:01 ID:???
天皇が居なかったら鳩山が日本の元首ってわけだ
今ほど天皇が必要とされる時代はなかっただろうw

149 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 06:14:51 ID:???
当時の庶民がとっくの昔に知っていた『天皇陛下は飾り物でこんな物は穀潰しだ』って事にすら
理解が到達しない低能ウヨって。

150 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 06:27:02 ID:???
>>126
負け戦とソレで追い詰められてやった無謀な作戦を美化、正当化しなけりゃならないってジレンマ
東洋の大国だった頃よりアメリカの舎弟になった時の方が平和で豊かになったってジレンマ
アジアの揉め事をアメリカに肩代わりしてもらったらエラクラクチンだって気づいてしまったこと

独立の気概と誇り、平和で豊かなアメリカのパシリ
アイデンティティが分裂するわなw

151 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 06:30:39 ID:???
>>149
理解が足りないのは天皇は独裁者だったってわめいてる
当時の庶民未満の知能のサヨだろw

152 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 12:25:24 ID:???
当時の庶民もまさか本気で天皇が現人神って思ってたわけじゃないだろ
人間宣言しても、誰も動揺しなかったし
結局、本気でんなもん信じていたのって一部のイッちゃった軍人と神道関係者だけ


153 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 12:30:58 ID:???
むしろ天皇は独裁者であったほうが良かった
実際は軍部や閣僚や資本家やマスコミがそれぞれ好き勝手に動きまくってただけ
そのせいで誰の責任かさっぱりわからん
独裁者のほうが責任の所在がよく分かったのに

154 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 22:52:17 ID:???
>>151
> 天皇は独裁者だったってわめいてる

また低能ウヨが、壁に向かってシャドウボクシングか。

155 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 00:59:02 ID:???
>>154
政治板や日本史版でスレたてて暴れるがコテンパンにやられて泣きながら撤退ってのを繰り返してるわけだがw
懲りない低脳サヨがウザイ、大体こののスレを立ててるイランジン自体が警察公認のマジキチだろw
基地外サヨはちゃんとおまえらで引きとって面倒みろよw

156 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 01:13:43 ID:???
警察公認のマジキチはごるごるもあだったw
こいつもついでに引きとって面倒見てくれよ。

157 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 22:16:24 ID:???
今日も存在しない敵に向かって虚しい反撃を続ける底辺ウヨ。
相手から呆れられて放置されているだけなのに、「勝った!」とか
思い込む底辺ウヨ。
そんな惨めな人生を送る底辺ウヨが、敵の将軍のケツの穴を舐める
ハメになった惨めな昭和天皇に自分を重ねて見るのは、仕方ないこと
なのかもしれませんね。

158 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 22:21:47 ID:???

  ( ´∀` )<いいかげん現実見ろや、
  / ,   ヽ     負け犬サヨさん、涙を拭きなよw  
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘

159 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 22:30:18 ID:???
現実に裏切られ続けても決して諦めない 157

  | 天皇制は廃止すべきなんだ!!!
  | 王制を廃止してよくなったことなんて無いけど!!!
  | それでも共和制の方が素晴らしいんだ!!!
  | きっといつか皆判ってくれる!!!
  \___________ ____
                       ∨  カタカタ____ ___
                  ∧_∧   ||\   .\  |◎ |
                  (.#`Д´)  ||  | ̄ ̄|  |:[].|
           ∧_∧ . ┌(   つ/ ̄l| / ̄ ̄/ ..| =|
   ∧_∧   ( TДT) |└ ヽ |二二二」二二二二二二二二」
  ( TДT)  (  つつ   ̄]||__)   | ||       | ||
  (つ  つ  /  / /  ./ ̄\  / ||       / ||
  と_)_)  (___)__)  ◎    ◎ .[___||     .[___||
            ∧
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | >>157よ、もう止めるんだ・・・・・・・
   | 本当に良く頑張った・・・もう充分じゃないか・・・
   | 楽になっていいんだ・・

160 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 23:00:37 ID:???
能無し底辺ウヨが、ついに18番の低能コピペを始めててワロタw
本当、典型君だな。というか、バカをおちょくったらサヨクかよ。
じゃあ、底辺ウヨから見たら世の中サヨクだらけだな。

161 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 00:08:49 ID:???
連合国が不問に付して
今時共産党でさえ公の場では言わない戦争責任論
共産党にも相手にされない極左カルトの残党がw

162 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 07:22:35 ID:???
まとめると、連合国は正しくて東京裁判を批判する連中は天皇の戦争責任を蒸し返す国賊って事だな

163 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 12:32:59 ID:???
まとめると、アメリカ様に無条件降伏して命乞いした天皇は、
アメリカ様から不問にされて見逃されたのだから、
おまいら臣民と言う名の家畜人はアメリカ様の空気を読んで
天皇の戦争責任を永遠に忘れてしまうこった、って事だな


164 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 12:43:09 ID:???
スタジオもドン引き

「在日朝鮮人との共生社会を実現したい」 ・・・民主党議員
http://www.youtube.com/watch?v=uOQaM1o9q0I



165 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 12:46:20 ID:???
>>162 >>163
そもそも存在しない物を必死にでっち上げるクレーマーw

166 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 21:53:42 ID:???
>>162

つまり両方ともGHQによる決定なわけであって、
昭和天皇の戦争責任をあった事(左翼の要望)にするというのは、
東京裁判を無かった事(右翼の要望)にするのと同等に難しい。

GHQは右左に公平だったということだね。
まあどちらも無理だろう。

167 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 00:42:06 ID:???
>>162
というか、天皇自身が「自分の責任だ」って認めてるし。責任がないとか
言う奴が国賊なのは当たり前のこと。

168 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 15:36:26 ID:???

  ( ´∀` )<いいかげん現実見ろや、
  / ,   ヽ     負け犬ブサヨさん、涙を拭きなよw  
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘


169 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 17:09:36 ID:???
戦争当時の日本では国家主権は天皇に帰属し、
日本国内でも外国でも天皇は日本の元首であり最高権力者であると認識されていて、
戦争を始めとするすべての政治的な決定は天皇の名のもとで下され、
遂行されたという歴史的事実から、天皇に戦争責任があったとする主張がある。
また、天皇自身も戦争責任を意識している節は各種証言や手記によって確認されている。
ポツダム宣言受諾の際の1条件(国体護持)をめぐる回答や、
(中曽根らの進言に沿って)戦後に退位を望む意向を示したことなど。

より具体的に昭和天皇の具体的な意識と判断を含めて責任を追及する声もある。
昭和20年2月14日に近衛文麿は敗戦を確信して天皇に上奏文を出し、
敗北による早期終結を決断するように求めたが、天皇は「もう一度敵をたたき、
日本に有利な条件を作ってから」の方がよいと判断、これを拒否したという。
このことは、少なくともある局面では天皇が能動的判断で戦争の継続を選択していることを意味するとも取れ、
またこのときの判断次第ではそれ以降の敵味方の損害はなかった可能性をも示す。
つまり、このときに天皇がこれを受け入れていれば少なくとも沖縄戦や広島・長崎の被爆はなかったはず、というものである。

170 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 11:04:22 ID:???
天皇にそんな権力あれば開戦しなかったのになぁ・・・

171 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 12:59:27 ID:???
>>170
昭和天皇がむしろ戦争を後押ししていたわけだが。

回りの甘言を鵜呑みにしてしまったと言う面があったにせよな。

172 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 14:30:17 ID:???
開戦派の東条を開戦回避派に転ばせるほどの努力をしてなお軍部の暴走は止まらなかった。
天皇が独裁者なら「勝てるわけ無いじゃん、やめやめ」で話は終わってたのに・・・

173 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 14:44:36 ID:???
天皇が馬鹿でまともな判断出来なかっただけじゃん。

昭和天皇は特攻作戦をきいても「よくや った」と脳天気。
大西中将は特攻によって天皇が講和を決断してくれるものだと考えていたから
相当なショックを受けてる。

174 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 14:55:38 ID:???
天皇個人の判断で国が動くなら簡単だった。
最高権力者であるはずの天皇は、「これは天皇の命令ですよ」という
お墨付きを与えるだけの機関に過ぎなかった。
じゃぁ別に影の権力者が居たかというとそうじゃ無い。責任者不在な為に無責任な開戦が決定された。
開戦の根拠は「開戦したら生き残れるけどしないと干上がって死ぬよ」という
ほとんど捏造といっていい資料。

175 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 15:08:46 ID:???
戦争への天皇の主体的関与について
天皇は「御下問」「御言葉」を通じて戦争指導・作戦指導に深く関わった。
天皇は作戦について統帥部の方針や作戦の進め方を無条件で認めていたわけではない。
とりわけ、次の事柄については大元帥・昭和天皇の発言は、作戦計画あるいは具体的な作戦内容を左右する大きな影響を与えた。
  1熱河作戦の一時差し止め(1933年)
  2二・二六事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
  3日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定(1937年)
  4張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
  5「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正(1939年)
  6宣昌再確保への作戦転換(1940年)
  7フィリピンバターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
  8重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
  9ガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
  10ガダルカナル撤退後のニューギニアにおける新たな攻勢の実施(1943年)
  11統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
  12アッツ島玉砕後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
  13陸軍のニューギニア航空戦への没入(1943年)
 14「絶対国防圏」設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など、1943年〜1944年)
  15サイパン奪還計画の立案(1944年)
  16沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
  17朝鮮軍の関東軍への編入とりやめ(1945年)

176 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 15:09:28 ID:???
昭和天皇は軍事に素人などではけしてなかった。
天皇の大元帥としての責任感、軍人としての資質・素養はアジア太平洋戦争において大いに示された。
開戦後、緒戦においてあるいはミッドウェー海戦敗北に際しても、天皇は泰然としているかに見えたが、
それは総司令官はいかなるときも泰然自若として、部下将兵の士気高揚を図らねばならないという、
昭和天皇が東郷平八郎から直接・間接に学んだ帝王学・軍人哲学を実践したものであった。
しかしガダルカナル攻防戦における統帥部の不手際を目の辺りにして天皇は、次第に作戦内容への介入の度合いを深める、
天皇は並々ならぬ意欲で作戦指導に当たったが、日露戦争の作戦指導を引き合いに出して作戦当局に注意を与えたり、
目先の一作戦に拘泥せずニューギニアでの新たな攻勢を要求したりするなど、軍人としての素養を大いに示した。
昭和天皇はあくまで政治と軍事の戦略の統合者として世界情勢と戦況を検討し、
統帥大権を有する大元帥として、統帥部をあるときは激励あるときは叱責して、指導しようとした。
また前線将兵の指揮沈滞を常に憂慮し、自ら勅語を出すタイミングに気を配っていた。

177 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 15:10:16 ID:???
1943年5月にアッツ島が玉砕すると、戦争の将来に漠然とした不安を抱いていた天皇は、統帥部に執拗に「決戦」を迫り、
その期待に応えられない永野軍令部総長は信頼を失っていく。天皇はイタリアの脱落というヨーロッパ情勢をあわせて考慮しながら、
見通しを持った戦争指導の確立を求めた。そのポイントが米軍との海上決戦であった。

しかしそれが不可能なことを知ると基本的には陸軍統帥部の持久戦戦略=「絶対国防圏」構想を支持した。
だがそれでも陸軍統帥部の受動的姿勢と海軍統帥部のマーシャル決戦論とは、自らは一線を画し攻勢防御をとることを主張した。

天皇の判断行動はどれをとっても大元帥としての自覚と軍人としての豊富な知識に支えられたものであったと言えよう。
ただ昭和天皇が並外れた戦略家でったとか、奇抜な戦術家であったという訳ではない。天皇の戦略眼や作戦における着目点には、
非凡なものがあったのは確かであり、統帥部の戦略・作戦の欠陥を見抜く力を持っていたが、
有力な代案が提起できるほどの独創性があったわけではない。天皇の提案が現実の作戦に少なからず影響を与えたのは、
天皇の大元帥としての権威という面もあるが、天皇と同じ意見の軍人が必ずといってよいほど統帥部にいて、
天皇の発言を最大限に利用して自説の貫徹を図ったからである。

178 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 22:25:23 ID:???
>>173
「よくやった」じゃなく「犬死にだ」だと特攻隊員が浮かばれないんじゃない?

179 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 01:52:03 ID:???
天皇の判断としては、
銃剣がない=戦えない
玉砕=戦える
だったわけだな

180 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 16:56:37 ID:???
>>178
良識ある君主ならば
「誠に聞くに忍びない話だ。
これ以上臣民に苦難を強いることはできない。
朕が一命を以て降伏する。」
と言うな。

181 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 20:05:27 ID:???
戦後はただのひ弱なバカ民族

182 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 21:18:53 ID:???
>>180
降伏するって言ったからどうなの?
天皇に降伏する権限なんて無いんだが。

183 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 21:42:46 ID:???
>>182
重臣が大御心を忖度することすら無いとな?

184 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 22:22:25 ID:???
>>167

ちなみにオバマ大統領は民間居住区に対する核兵器使用のアメリカの道義的責任を
明言しましたが逆にノーベル平和賞を貰いました。

核兵器による大量虐殺の責任はどうなったんだか?
その懲罰がノーベル平和賞?

道義的責任とやらの扱いなど世界ではそんなもの。


185 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 22:25:34 ID:???
>>175

まあどんな長文書こうと昭和天皇の戦争責任は発生しないんだけどな。
全てはGHQの一存であって
昭和天皇の戦争責任をあった事にするというのは、
東京裁判を無かった事にするのと同等に無理だって事です。

186 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 22:30:13 ID:???
>>183
忖度して戦争終わるならそもそも開戦しねーよw

187 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 22:37:13 ID:???
>>182
それは嘘。
昭和20年の2月に敗戦を確信した近衛文麿が天皇に上奏文を出して
戦争終結の決断を求めたが、天皇は拒否している一方で
8月にポツダム宣言を受け入れる決断をしたのも天皇。

つまり天皇には降伏を決める権限があったということだ。

188 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 23:26:41 ID:???
>>187
決断て嘘八百並べてるんじゃねーよw
内閣がするべきことを、収拾がつかなくなったから御前会議なんて開いたんだが
その御前会議たって天皇が俺はこう決めたって言う場じゃないし
さらにその上、御前会議の結果は直接政策に反映されるんじゃなくて
閣議やその他手続きを経てようやく国の政策になるんだが。

特に近衛なんて無責任ヤローで有名な奴じゃんw

189 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 23:35:02 ID:???
御前会議は天皇の命令ってお墨付きをもらう為の儀式だからな。
降伏を決めた御前会議だけが例外というのは無理がある。
そもそも事前にすべて決定済みであり紛糾するはずの無い会議が紛糾して、なぜか天皇の決断を仰ぐという前例の無いことをする、
というはそういうシナリオだったのだろう。

190 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 23:38:42 ID:???
天皇にそんな権限があるなら2時間以上も延々御前会議なんて開く必要もない
その前の閣議も入れたら12時間以上
#俺戦争止めるの決めたから後よろしく
て大臣に言えば終了だわなw

191 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 00:07:00 ID:???
戦争への天皇の主体的関与について
天皇は「御下問」「御言葉」を通じて戦争指導・作戦指導に深く関わった。
天皇は作戦について統帥部の方針や作戦の進め方を無条件で認めていたわけではない。
とりわけ、次の事柄については大元帥・昭和天皇の発言は、作戦計画あるいは具体的な作戦内容を左右する大きな影響を与えた。
  1熱河作戦の一時差し止め(1933年)
  2二・二六事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
  3日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定(1937年)
  4張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
  5「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正(1939年)
  6宣昌再確保への作戦転換(1940年)
  7フィリピンバターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
  8重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
  9ガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
  10ガダルカナル撤退後のニューギニアにおける新たな攻勢の実施(1943年)
  11統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
  12アッツ島玉砕後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
  13陸軍のニューギニア航空戦への没入(1943年)
 14「絶対国防圏」設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など、1943年〜1944年)
  15サイパン奪還計画の立案(1944年)
  16沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
  17朝鮮軍の関東軍への編入とりやめ(1945年)

192 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 00:25:04 ID:???
>影響を与えた。
オマイも実は知ってるやん
決定したじゃ無くて影響を与えたってw

193 :イランジン:2010/06/08(火) 00:44:19 ID:???
天皇、天皇って、
年間100万人も中国人が日本に帰化している。
朝鮮人は年間1万人。
これで民族の独自性が保たれるのだろうか?


194 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 06:12:53 ID:???
天皇に国政を決定する権限は明治憲法によって認められた天皇大権です

天皇を差し置いて臣民に決定する権限があるわけありませんね

>そもそも事前にすべて決定済み
だったら会議なんか開く必要さえあるまいw

195 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 18:52:06 ID:???
だから通常は御前会議なんて開かないんだがw

196 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 19:41:35 ID:???
天皇が臨席する会議、という形式が重要なだけの中身のないものだからな。
国家の命運を決める会議がたいした議論もなくわずか数時間で終わる、実に日本的なもの。

197 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 21:09:27 ID:???
戦争への天皇の主体的関与について
天皇は「御下問」「御言葉」を通じて戦争指導・作戦指導に深く関わった。
天皇は作戦について統帥部の方針や作戦の進め方を無条件で認めていたわけではない。
とりわけ、次の事柄については大元帥・昭和天皇の発言は、作戦計画あるいは具体的な作戦内容を左右する大きな影響を与えた。
  1熱河作戦の一時差し止め(1933年)
  2二・二六事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
  3日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定(1937年)
  4張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
  5「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正(1939年)
  6宣昌再確保への作戦転換(1940年)
  7フィリピンバターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
  8重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
  9ガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
  10ガダルカナル撤退後のニューギニアにおける新たな攻勢の実施(1943年)
  11統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
  12アッツ島玉砕後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
  13陸軍のニューギニア航空戦への没入(1943年)
 14「絶対国防圏」設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など、1943年〜1944年)
  15サイパン奪還計画の立案(1944年)
  16沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
  17朝鮮軍の関東軍への編入とりやめ(1945年)


天皇に権限がないとか言っている馬鹿はこれを10万回読め

198 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 21:29:20 ID:???
>>197

君が10万回それを唱えようとGHQは天皇陛下の戦争責任を認めなかったわけで。

お話になりませんな。

199 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 21:32:48 ID:???
>>198
天皇の戦争責任に目をつぶって、天皇の影響力を利用して日本の統治をやりやすくしたんじゃね?
だいたいてめえ、天皇擁護派のくせに、天皇に戦争責任がない論拠としてGHQを持ち出すか?敵方の理屈を利用すんなよwwww

200 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 21:49:10 ID:???
>>199
>天皇の戦争責任に目をつぶって、天皇の影響力を利用して日本の統治をやりやすくしたんじゃね?


そりゃあんた戦争責任というもの自体がGHQが作ったわけで

よくA級戦犯が事後法だとかいう論理は戦争責任で国家の指導者を罰するという論理が
国際社会に無かったという事であり、それに類する国際法が無かった事でも証明される。

要は降って湧いた「戦争責任」なの。
作ったのはGHQ。GHQが戦争責任というA級戦犯を創造し彼らを罰した。
なのでGHQが何も言ってないのに戦争責任だ〜なんて言っても何の意味もないわけ。
「天皇の戦争責任に目をつぶって、天皇の影響力を利用して日本の統治をやりやすくしたんじゃね?」
と言ってもどんな理由であれGHQの利益の為に天皇陛下の戦争責任を認めなかったとしても
そりゃGHQの自由なわけ。

君の問いの答えは「それが何か?」としか言えませんな。
GHQの利益の為に天皇陛下の戦争責任を認めなかったとしても
そんなのGHQの勝手でしょ〜って所ですからな。
GHQが作った概念だもの。認めるも認めないも創造主のGHQの勝手でしょ。

>だいたいてめえ、天皇擁護派のくせに、天皇に戦争責任がない論拠としてGHQを持ち出すか?敵方の理屈を利用すんなよwwww

ちっちっちっ、君はわかってないね。
http://plaza.rakuten.co.jp/ladysmoker/12002

A級戦争犯罪という概念。日本国民が求めたわけではなく「敵方の理屈」なんだよ。

201 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 22:25:47 ID:???
民間人や政治家がマッカーサーに取り入ったら、明らかに売国奴扱いだろ
天皇がマッカーサーに取り入ったら褒め称えるのは人間としてどうなの?知恵遅れなの?

202 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 22:39:15 ID:???
戦争も無い平和な真珠湾で宣戦布告無しの騙まし討ち軍事テロ攻撃によって
罪も無い住民を大量殺戮した天皇は、人の作った法律による刑罰を免れても
地獄の仕置きを免れることは有り得ませんから。ご愁傷様。

今頃はフセイン大統領といっしょに血の池地獄で溺れ苦しんでいるだろうよw

どーせ天皇を擁護する連中なんて、完全犯罪に憧れる犯罪者予備軍なんだろね。
「女子高生コンクリ事件」で犯人が未成年のため実刑を受けなかったことを
うらやましくてうらやましくて仕方が無いんだろうなw

203 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 22:49:43 ID:???
>>198
GHQがそんなに正しいのなら、GHQが作ったとされる現憲法を改正する
などもっての他だな。

204 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 22:50:59 ID:???
天皇は戦争指導に関与していたし、天皇自身が責任は自分にあると明言
している。これに反対する奴は国賊であり、もっと言えば朝敵だ。バカウヨ
はやっぱり反日分子ということだな。

205 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 23:56:05 ID:???
天皇は軍部のあほどもと政治闘争をし、きっちり権力を握り独裁者として振舞うべきだった。
そうすれば戦争は回避できた。

206 :イランジン:2010/06/09(水) 01:23:05 ID:???
2006年の統計によると、中国人の0〜26歳は男のほうが3400万人も多い。
現在、猛烈な勢いでアフリカに殖民している理由の一つが「嫁の確保」

中国人エリートは酒の席で「日本の男は全員去勢して労働力として使い、
日本の女に子供を産ませる」というような話で盛り上がってる。

207 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 01:43:32 ID:???
>>201
>民間人や政治家がマッカーサーに取り入ったら、明らかに売国奴扱いだろ
天皇がマッカーサーに取り入ったら褒め称えるのは人間としてどうなの?知恵遅れなの?

別に褒めても何もしておりません。
GHQは天皇陛下の戦争責任を全く問わなかった。
現実世界にはその客観的事実が存在するだけ。

妄想世界から現実世界に戻るべきでしょう。

208 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 01:45:10 ID:???
>>201

追伸
>202をご覧なさい。
現実を受け入れないとこの様に妄想世界の住人に成り下がりますよ。

209 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 01:46:15 ID:???
>>203
>GHQがそんなに正しいのなら、GHQが作ったとされる現憲法を改正する
などもっての他だな。

そのGHQの作った憲法に憲法改正条項まで入っている。
そして改憲派はその条項を否定して改正しようとまでは言っていない。
純粋に条項の条件を満たして改正する事を望んでいる。

210 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 07:16:11 ID:???
>そして改憲派はその条項を否定して改正しようとまでは言っていない。

嘘つけ。
外国が勝手に決めた条項!とファビョってるくせにw

211 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 15:08:11 ID:???
憲法改正したい連中って単に日本をアメリカのための戦争にかりだしたいだけだろ
日本を戦争ができる国にして、アメリカの軍事要求に応えたいだけ
そうすれば日本とアメリカが対等な国になれると信じてるようだしな
早い話が日本をイギリスみたいにしたいだけw

212 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 19:10:01 ID:???
>184、だってネタなかったんだからしょうがないだろ?大戦中ならともかく該当者なしじゃマズイだろjk

213 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 20:30:59 ID:???
ヒロヒト天皇に間違ってもノーベル平和賞を与えられることは無いし、
それに対して抗議する人々もいない、当然なこと

世界基準ではヒトヒト=テロリストの親玉だもんねw

214 :名無し三等兵:2010/06/09(水) 21:03:58 ID:???
つーかそれ以前にノーベル賞は生きてる人にしか授与しないよw

215 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 18:22:54 ID:Hw1fgQ2/
●暗黒土民だった朝鮮民衆にとって、日本統治時代ほど輝かしい時代は他には無い●

韓国人は、日本統治から脱したことを『光復』と言っているが、とんでもない妄言である。
李氏朝鮮は、強欲な特権階級が贅沢三昧ヤリタイ放題の暗黒土民王国であったのだ。
しかも、人口の約4割もが奴隷(奴婢)で、彼らは激務を強制され金銭で売買されて、
暴行・強姦されまくりで人権のカケラも無い牛馬以下の存在だったのである。
さらに、一般農民も重税に耐え切れず、無人島や満州・沿海州に逃亡する者が続出していた。
…こんな調子だから全国民の団結を必要とする、急務の近代化を出来るワケがない。
故に朝鮮政府は、自国より100年も進んでいる日本に自分達の近代化をお願いしたのである。

※日韓合邦は両国政府の合意の下に締結された国際条約であり、反対した外国は皆無なのだ。

だから日本は莫大な国家予算を投入して、特権階級の贅沢三昧で破綻状態にあった朝鮮の
財政を立て直しただけではなく、道路・堤防をつくり、鉄道を敷き、農地を開拓し、上下水道を
つくり、工場を建て、近代都市を築き上げたのだった。
さらに身分制度を廃止して、虐待され続けてきた奴隷・民衆を解放し、地方議員は選挙で決め、
農民の5割以上に耕地を与え、学校を建てて近代国家の国民にするべく日本が200年かけて
体得した西洋の学問と、日本語・ハングルの読み書きを惜しげもなく教授したのだ。

※日本による奴隷解放と身分制度撤廃は世界史に燦然と輝く快挙である。

そして、伝統的に路上脱糞を好み不潔極まる朝鮮人に粘り強く衛生観念を教え込み、呪術師の
マジナイを禁止して西洋医療を導入した結果、伝染病が激減した上に、食料輸入・増産によって
餓死者を出さなかったので人口が倍増したのである。

以上のように、日本統治時代ほど朝鮮民衆にとって輝かしい時代は他には無いのだ。
糞まみれでのたうち回っていた朝鮮民衆が、日本によって極悪非道の李王朝による圧政と、
禍々しい土民の因習から解放され、自由を手に入れて近代文明の恩恵に浴した事実は、何人
たりとも否定することが出来ない歴史上の真実である。

それは日本から独立後に、南北両政府によって殺された朝鮮人の数が500万人以上である
事実から見ても、明らかである。

216 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 09:31:18 ID:???
>>207
生かしておいて、お前らのようなバカの統治に利用した。要するに、
天皇を道具として利用したに過ぎない。そのGHQをホルホルしてるよう
な奴は売国奴だよな。

>>209
しかし、国民の多くは改憲など望んでいない。それが「現実」だよな。
改憲とか言ってるのって、知的水準に問題のある奴だけだし(笑)

217 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 09:53:09 ID:???
それとセットになってる日米安保条約も
沖縄の基地も文句いわずに受け入れろよw

218 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 09:59:13 ID:???
平和憲法バンザイでも攻められたら困るのでアメリカさん守ってね
でも普段は邪魔なのでグアムにでも引っ込んでて下さい
でも困ったら駆けつけて助けにきてね。

こんなことを本気で思ってる護憲論者w

219 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 10:35:37 ID:???
>国民の多くは改憲など望んでいない。
そりゃアメリカ様が守ってくれるし
北や中露、面倒なことはアメリカ様がやってくれるし
食料も売ってくれるし、オイルルートも守ってくれるし
アメリカ様に任せとけば万事OKだ
て言うなら今の憲法はラクチンで便利だよw

220 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 10:48:13 ID:???
>>218
出発点はそのぐらいでいいんじゃねぐらいの感じ

221 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 20:25:34 ID:???
>>210

安倍首相などの時代に改憲論議が盛り上がったが
改正条項の否定など誰もしていない。

逆に憲法の改正条文にあわせて国民投票法作ろうとしてました〜!
保守派は憲法条文にあわせて国民投票法案を作ろうとしていたわけで
サヨクはそれに反対するという構図があったのです。

つまり護憲を掲げながら憲法条項に否定的なのは左翼だったというオチです。

222 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 20:30:50 ID:???
>>211
>憲法改正したい連中って単に日本をアメリカのための戦争にかりだしたいだけだろ
日本を戦争ができる国にして、アメリカの軍事要求に応えたいだけ
そうすれば日本とアメリカが対等な国になれると信じてるようだしな
早い話が日本をイギリスみたいにしたいだけw


それは逆説的に面白い話です。
よく考えて下さい。
憲法を作ったのはだれ?

憲法を作った青い目の人達が日本がアメリカの為に出兵する事
を否定すると思うかね?

本質的にはこのアメリカ製憲法の理念に於いてアメリカの為の出兵ならば
否定される道理は無い。日本が日本の国益のために侵略戦争をするというなら
否定されるだろうけど。
別にイラクに出兵したのもイランにでも出兵することになっても
日本の為というよりアメリカの為だからね。憲法を作った人達も
今生きてたら反対しないと思うよ。

223 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 20:42:48 ID:???
>>213
>ヒロヒト天皇に間違ってもノーベル平和賞を与えられることは無いし、
それに対して抗議する人々もいない、当然なこと


オバマは戦争犯罪の道義的責任を認めてもノーベル賞を貰い
昭和天皇はノーベル賞を貰うこともなければ戦争責任を認められる事もない。

それが国際社会というもの。

>世界基準ではヒトヒト=テロリストの親玉だもんねw


何故、日本がプルトニウムやウランを保有しても誰も何も文句を言わず
イランがウランを持つと世界からテロリスト呼ばわりされるのか理解すべきでしょうな。
最近イスラエルが民間人の船で虐殺やらかしましたよね。あとイランなどは
イスラエルの核保有を批判したりしている。
じゃあ安保理がイスラエル断崖決議など議決しましたか?

君の意見は間違ってるわけです。
日本の元首は天皇ですな。天皇やイスラエル首相が刃物を持ったら料理でもするんだろうと
平和目的と見なされてイランや北朝鮮が刃物を持ったらテロリスト認定される。
それが世界の現実。

正直私の目から見てもイランは気の毒だと思う。
あれウランの濃縮度商業用レベルだよね。
あれじゃ兵器にならないと思うんだが。

224 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 20:49:55 ID:???
>>216
>生かしておいて、お前らのようなバカの統治に利用した。要するに、
天皇を道具として利用したに過ぎない。そのGHQをホルホルしてるよう
な奴は売国奴だよな。

現に日本はイラク化することもなく高度経済成長を達成したではありませんか?
GHQや天皇陛下を否定するのは今の日本を否定するか否かにかかっている。
まあ民族主義的共産主義者によっては今のイラクのようにアメリカ軍にゲリラ的に戦い続けて
泥沼化する事を尊ぶ者もいるかもしれませんが?

>しかし、国民の多くは改憲など望んでいない。それが「現実」だよな。
改憲とか言ってるのって、知的水準に問題のある奴だけだし(笑)

http://web-kenpou.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-fb37.html

現実世界「憲法改正に賛成と答えたのは58%、反対は32%だった。」


妄想世界「国民の多くは改憲など望んでいない。それが「現実」だよな。
       改憲とか言ってるのって、知的水準に問題のある奴だけだし(笑)」


・・・現実世界に戻るべきでしょうな。

225 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 03:35:46 ID:???
アメリカに押し付けられた憲法、などと現行憲法への
批判は多いが、「まぁ民主的な内容だし細けぇ事はいいんじゃねぇの?」というのが憲法学的な立場らしいよ。

226 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 14:44:21 ID:???
今の憲法を改正したところで、自衛隊が国軍になったところで
結局はアメリカ頼りの現状はなにも変わらん
それなら、今のままでいいんじゃねーのって感じだろ
ぶっちゃけ、自衛隊が「軍隊」になったところで在日米軍との関係を絶てるわけねーし

227 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 15:06:43 ID:???
>>224
そのページによると
(1)首相を国民の直接投票で選べるようにする(42%)(2)自衛隊の位置づけを明確にする(37%)(3)憲法の文章が翻訳調なので、分かりやすい日本語にする(36%)(4)地方分権を現在より拡大する(32%)(5)国民の新たな権利を作る(22%)

228 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 19:02:19 ID:???
>>224
> 現に日本はイラク化することもなく高度経済成長を達成したではありませんか?

要するに、金で天皇を売り飛ばしたというわけだ。お前みたいなのを売国奴と
言うんだよ。これが自称愛国者とやらの正体だな。

> GHQや天皇陛下を否定するのは今の日本を否定するか否かにかかっている。

それらを肯定するということは、東京裁判や南京事件を肯定することとイコール
だけど、それでOK?

> 現実世界「憲法改正に賛成と答えたのは58%、反対は32%だった。」

ああ、悪い悪い。「低能ウヨが望むような方向での改憲など望んでいない」
と書くつもりだった。著名な改憲論者に小林節がいるが、彼も「今の自民党の
バカどもにやらせるくらいならやらん方がマシ」と言っている。

229 :名無し三等兵:2010/06/13(日) 20:38:03 ID:???
>「低能ウヨが望むような方向での改憲など望んでいない」
都合が悪くなると後からどんどん条件を付け足す
典型的な逃げの手口w

230 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 00:18:29 ID:???
>>228
>要するに、金で天皇を売り飛ばしたというわけだ。

いいえ?そもそもその売り飛ばしたと主張する天皇陛下は何故か日本の首都のど真ん中で
普通に暮らしていましたが?

>お前みたいなのを売国奴と言うんだよ。これが自称愛国者とやらの正体だな。

私はその時代生まれてすらおりません。

>それらを肯定するということは、東京裁判や南京事件を肯定することとイコール
だけど、それでOK?

OKも何も国際社会でそうなってるでしょう。それが真実か?と問われれば否定しますが
それが国際政治だというのは肯定しますよ。同様に東京裁判の戦争責任というのは特に
国際法というよりも政治的要素が強いものでしたからな。

>ああ、悪い悪い。「低能ウヨが望むような方向での改憲など望んでいない」
と書くつもりだった。著名な改憲論者に小林節がいるが、彼も「今の自民党の
バカどもにやらせるくらいならやらん方がマシ」と言っている。

え〜と
http://plaza.rakuten.co.jp/obiekt/diary/200412050000/

徴兵制禁止条文というのはどうですかな?確か9条廃止して
侵略戦争禁止と徴兵禁止だったかな。国防戦争は出来ますよ〜。
徴兵禁止条項、ちなみにこれはサヨクさんのウィークポイントです。
サヨク(アメリカではリベラル)は「軍靴の音が〜」と保守による徴兵制度復活の危機感
を煽りたい。でも保守(アメリカでは共和党)は徴兵制度を嫌う。アメリカの事情を言えば
米国民主党が徴兵制を始めて、米国共和党が徴兵制度を終わらせるのが通例だそうだ。
ちなみに記事を補足すると世界的に職業軍人は徴兵を嫌います。
現役自衛隊員が徴兵禁止条文を求めた事にはそういう理由があるわけだ。

231 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 01:44:34 ID:???
サヨクと保守とアメリカのリベラルと共和党になぞらえるのは無理がある

232 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 02:13:55 ID:???
>>231

まあ思想的な面に関してはともかく考え方は一緒。
まずアメリカ共和党 = アメリカ軍人(職業軍人)
という同じ米国保守層同士の図式はある。

で、日本はアメリカのポチと言われるぐらいアメリカの影響を受けている。

アメリカ共和党(徴兵制度嫌い) = アメリカ軍(徴兵嫌い)

↓ アメリカの影響 ↓

日本自衛隊(徴兵嫌い)  

→ 自民党「徴兵制度禁止しよ〜!」

なんせ、例の自民党改憲草案の条文作成に現役自衛官が拘わったそうですからな。
自衛隊の意向に自民党が沿ったのは当たり前なんですわ。

繰り返しますがアメリカ軍は徴兵嫌いです。ベトナム戦で懲りました。ベトナム終了後
冷戦のまっただ中でも徴兵やめました。ベトナムで負けたのは徴兵のせいだ!って
言ってた将軍もいたそうです。

233 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 02:40:03 ID:???
なんで徴兵の話だけしてんの?

234 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 09:54:19 ID:NxlEefFM
丸山真男は下衆野郎だよ。

235 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 18:04:00 ID:???
>>233
>なんで徴兵の話だけしてんの?

それは典型的なサヨクのウィークポイントだからですね。
例えば保守が憲法9条を改正したいと言ったときはサヨクとしては
保守は徴兵制度を復活させて軍拡してくれないと困るわけです。

あんなに軍拡に反対しているサヨクが逆に保守が軍拡や徴兵をしてくれないと困るとはどういうこと?
と言えば
「われわれサヨクは平和主義であり保守は戦争主義、だから保守は憲法9条を廃止したがってるんだ!」
って主張をどうしてもしたいわけね。
サヨク=平和主義=憲法9条
ウヨク=戦争主義=改憲
という図式がどうしても維持したいわけだ。

でもね、憲法9条改正論者の小泉首相、憲法9条改正論者でありながらやった事は大軍縮。
http://plaza.rakuten.co.jp/obiekt/diary/200411280000/
ちなみにハンパではありません。今でも語りぐさに成る程の大軍縮。
「片山さつき主計官 防衛費」で検索かけたら今でもいくらでもヒットします。
片山さつき女史、実は議員になる前の官僚時代からこれのおかげで既に有名人だったんですね。

小泉さんの次は安倍さん。その安倍さんの時代も一貫して防衛費は減り続けた上、
例の記事の様に改憲自民党草案書かせれば徴兵制度禁止と書く始末。

憲法9条改正案出された日には>228のように
実は「低能ウヨが望むような方向での改憲など望んでいない」なんてレベルじゃない。
サヨクさんは反対したくてもぐうの音も出ないし、国民は今の憲法9条よりも現実的で徴兵制度を禁止する
自民党案を支持してしまう。まあ誰だって徴兵はされたくないですからな。
徴兵禁止は国民受けを狙う餌であると同時に、徴兵を嫌う職業軍人(自衛隊)の陰謀でもあるわけ。

保守は徴兵して軍拡してくれないと困るサヨクにとっては保守の本音は悪夢でしかないわけだ。

236 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 19:02:55 ID:???
戦前ですら人口7000万くらいに対し常備軍は30万くらい、
徴兵制はあったけど徴兵されない人の方が多いという有様。

237 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 22:40:06 ID:???
>>235
やっぱり見えない敵と戦っているような気がするな。
君の想定するサヨクはいるのかもしれないけど、
それだけじゃ不足だね。
そのサヨクとキャッキャウフフするのが目的ならそれでもいいんだけど。

238 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 23:05:41 ID:???
>>229
> そもそもその売り飛ばしたと主張する天皇陛下は何故か日本の首都のど真ん中で
> 普通に暮らしていましたが?

バカ。そうやっておいたのは、お前のような低能を統治するためだって書いてある
じゃないか。ほんの少し前の文章すら読めないのか。

> 私はその時代生まれてすらおりません。

生まれてるかどうかなんて関係ねえよ。天皇を売って良い生活を手に入れたことを
肯定してるんだから、売国奴以外の評価はないだろ。君は売国奴の中の売国奴だよ。

> それが真実か?と問われれば否定しますが

つまり、東京裁判や南京事件は否定するわけね?何でその同じ口でGHQや、GHQに
よる天皇の道具使用を肯定できるわけ?今の日本は、それら全ての結果なんだよ。
君、バカなんじゃないの?w

> 徴兵制禁止条文というのはどうですかな?

どうですかなも何も、論点と関係ない話を持ち出されても「頭悪いんじゃない?」
としか言いようが無いな(笑)。国民の多くは9条改正なんて望んでいない。それが
事実だしな。
自民党は徴兵禁止と言ってるが、まぁ口ばっかりだろうね。連中の意図は第三章の
国民の権利を大幅に削って義務を強化することにあるからね。だから、改憲論者
からすら、バカとみなされてるような有様なわけで。ウヨなんて底辺バカばっかり
なんだから、第三章を削られて一番困るのは自分自身だろうにねぇ。

> ちなみにこれはサヨクさんのウィークポイントです

へぇ。そうなんだー(棒読み)。存在しないサヨクとやら相手にシャドウボクシング
とは、マジで頭イカれてるな。

239 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 23:45:38 ID:???
>>237
>やっぱり見えない敵と戦っているような気がするな。
君の想定するサヨクはいるのかもしれないけど、
それだけじゃ不足だね。

あっはっは、良いんですよ。
私の言うようなステレオタイプのサヨクばかりじゃない!
皆が皆サヨクがそんな考え方をするとは限らない!
別にサヨクは9条に拘泥すると限らない!としても。

普通に「あら自民党案はすてきな意見ですね。
護憲を引っ込めて自民党案に我々も乗りましょう!」
って言うサヨクさんがいても困らないわけで。

自民党案って別に奇をてらった意見じゃなくて
普通な上に徴兵禁止など他国よりも先を行ってるもの。
本来、サヨクの反発を生む条文じゃないってこと。

つまりサヨクが勝手にきゃっキャうふふ的反応をするだけで
本来はサヨクさんは自民党案に乗って合同案にして当たり前な
内容なんですね。

240 :名無し三等兵:2010/06/14(月) 23:58:51 ID:???
>>238
>バカ。そうやっておいたのは、お前のような低能を統治するためだって書いてある
じゃないか。ほんの少し前の文章すら読めないのか。

ふむふむ、つまり統治の為に天皇陛下は売られてしまったわけですね?
そして統治者故に王侯貴族の生活をしていると。

そんな幸せな人身売買って何?

>生まれてるかどうかなんて関係ねえよ。天皇を売って良い生活を手に入れたことを
肯定してるんだから、売国奴以外の評価はないだろ。君は売国奴の中の売国奴だよ。

天皇陛下を統治者に置いて日本国憲法1条で天皇統治を拒否出来ないようにする。
なるほどアメリカの用意周到さは目を見張るようですな。
じゃあ憲法改正に賛成したら?サヨクくん?

実際、ヤフー掲示板ではちゃんといたからね。
天皇を否定する為に憲法改正派のサヨクくんが。

私の知る限り君のいう売国奴でない者は憲法(1条)改正を訴えていた
そのサヨクくんだけでしたな。

>つまり、東京裁判や南京事件は否定するわけね?

私が肯定しても否定しても国際社会では意味ありませんから。

>どうですかなも何も、論点と関係ない話を持ち出されても「頭悪いんじゃない?」
としか言いようが無いな(笑)。

投稿228後文の「低能ウヨが望むような方向での改憲など望んでいない」の話で
徴兵禁止条項という自民党改憲案の一部を紹介しましたが何か?
保守による憲法改正の話で保守の憲法改正案を示すと論点と関係無くなるんですね!バカだ!

241 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 10:52:05 ID:???

大店の番頭が 寝ついた奉公人に のしかかる時

兵隊姿の男が 一人暮らしの女の 住居に忍び込む

大日本帝国領プサンの少年が 血走った目で 老婆を襲うとき 

「からゆきさん」の娘は 大和撫子を名乗って 体を売っている


この地球では いつもどこかで 八紘一宇が はじまっている

天皇陛下の命によって 性をリレーするのだ

世界を天皇を頂点とした ひとつの家にするために

そうして いわば 交替で地球を犯す


眠る前のひととき 耳をすますと

どこか遠くで 女が悲鳴を あげている

それは 大東亜聖戦の 民族浄化を

同胞が 行っている だけなのだ


242 :名無し三等兵:2010/06/15(火) 21:45:10 ID:???
天皇の地位に関する改憲を支持するひとは結構いる印
ウヨサヨで分けるのはもう難しいよな

243 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 06:53:52 ID:???
>>240
>実際、ヤフー掲示板ではちゃんといたからね。
天皇を否定する為に憲法改正派のサヨクくんが。


まだいた〜!

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020085&tid=8bdbaa3a4n7fbka1a1a1a1xe79da1ya1a1a4bda4n2dhdda4ka4da4a4a4f&sid=552020085&mid=1&type=date&first=1

久しぶりにヤフー掲示板除いたら・・・。十年以上常駐してるぞ?こいつ。
昔は私もヤフー掲示板の住人でした。

244 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 06:58:25 ID:???
>>242

私は見たこと無いな。2ちゃんやヤフー掲示板(一部除く)という意味だけでは無く
表の世界、政治家や学者や評論家、その他諸々名前の知られた人間でサヨクで
ありながら憲法改正派の人間、共和制を望むというような人物は聞いた事がない。

おたかさんなどは有名で典型的ですが、大概はサヨクだと護憲です。

245 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 15:48:09 ID:???
そこは「天皇には実権が無いのだから君主ではない、だから日本は共和制である。」
と言い張ります。

246 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 19:02:25 ID:???
実際は軍部の人事にも口だしてたんだし、実権ありまくりなんだけどな
そもそも、まったく実権ないならどうやって226の反乱将校を弾圧したんだよw

247 :名無し三等兵:2010/06/17(木) 22:23:15 ID:???
226の時は首相が安否不明、蔵相も内大臣も殺害されて
陸軍首脳も役立たずなんだから天皇がやるしか無いだろw

人事もそんなに思い通りになるなら
軍部大臣がでなくて組閣不可能、内閣崩壊なんて事態になる訳ないだろ。

248 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 00:38:11 ID:???
>>246
戦後の今の憲法下での話だよ。天皇って地位が世襲されてるのに
君主では無いって普通に無理がある理屈だろwって思うがなぜか憲法学の人はそう言う人が多いぜ。
まぁ君主と明記はされてないのは確かなので、何とでも言おうと思えばいえるけど。

249 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 06:34:44 ID:???
法学は自然科学と違って実験したり論理的な証明ができないからね
学者が俺がこう思うて言って政治力や国家をバックに認めさせればそれでOK

不文法、成文法、法解釈、あれこれひねくり回せば幾らでも都合のいい説が作れるw

250 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 06:40:16 ID:???
第41条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

そして日本国憲法には元首の規定がない
従って天皇は日本を代表するいわゆる君主ではない
従って日本は君主制ではなく共和制で有る。

とまあ屁理屈では言えるわけだw

251 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 08:11:01 ID:???
>>250
西洋的な君主政体/共和政体に分類できないのが
日本独自のgdgd政体だろう。

252 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 22:36:37 ID:???
そんなグダグダにしたせいで、統帥権の干犯がどうたらとか言われることになったわけだ

253 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 04:11:40 ID:???
>>251
独自なら独自といえばイイのに
西洋の枠組みを持ってきてそれに当たはめることしか知らないのが
西洋思想の輸入代行業者でしかない日本の憲法学w

>>252
それを言い出したのはポッポの祖父で
あいつがそんなトンチキな事言うまでは何も問題なかった。

254 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 04:14:31 ID:???
輸入代行業者てのは言い過ぎが
八月革命説なんてトンチキな保身理論を
ひり出すことだけは熱心だw

255 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 08:10:11 ID:???
天コロが自分で責任あるって言ってるんだから、天コロの責任なのは
間違いないだろ。しかしまぁ、あいつも良くもまぁ敵の将軍のケツの穴舐めて
まで生き延びたよな。日本人の面汚しだよな。東條とか、天コロの保身の
ために敵に売られて吊るされて、哀れな奴だったな。

256 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 14:01:00 ID:???
東條は覚悟のうえだからいいんだよ
庶民はたまったもんではないが

257 :名無し三等兵:2010/06/21(月) 18:00:08 ID:???
東條は天皇のために死ねって事になったら喜んで死ななきゃいけない立場だろw
近衛もそうだ、天皇の替りに首を差し出すのが最後の役目だ勝手に自殺なんてして良い立場じゃないだろ。

258 :名無し三等兵:2010/06/21(月) 23:28:36 ID:???
そもそも戦争責任って言葉自体受け入れられない。

陛下は国民の多くが戦争で死亡した事については、ご自身の中で天皇として責任を感じられていたとは思う。

どちらにしても、これだけ国民の事を思い、願ってくださった天皇陛下を、今でも私は誇りに思う。

259 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 02:34:20 ID:???
>>255
>天コロが自分で責任あるって言ってるんだから、天コロの責任なのは
間違いないだろ。

核兵器による大量虐殺の責任を認めると明言したオバマさんは
ノーベル平和賞を貰いましたとさ。


260 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 09:28:38 ID:???
>>ご自身の中で天皇として責任を感じられていたとは思う。

それなら沖縄に行って沖縄住民に謝ってこいよ
日本に復帰してからもまったく行くそぶりを見せなかったじゃんw
左翼が怖かったのかな?
例え沖縄が左翼の巣でも大勢の住民が死んだのは事実なのによ

261 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 09:36:49 ID:???
>>これだけ国民の事を思い、願ってくださった天皇陛下

あいつが真剣に国民のことを考えてるなら、国体の護持に固執してないで
さっさと負けを認めれば良かったんだよ
原爆2発も落とされてから認めても遅すぎんだよ
原爆や焼夷弾で国民がどんどん死んでる時に、天皇の地位がどうたらとか言ってる場合かっつーの

262 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 10:35:23 ID:???
>>260

沖縄に行かなかった事で責任を感じてないと言うのであれば
それなら別に昭和天皇が責任を感じていなかったと言うことでも良いのでは?

戦争責任なんざGHQが認めたわけでもないし、唯一存在し得るのは
マッカーサーに向かって言った全責任は自分にあると言った言葉のみ。
本人の意志のみなわけ。

つまり天皇陛下の戦争責任なんて天皇陛下の一存なんだから
存在するもしないも天皇陛下の勝手なわけ。

沖縄に行かなかった事で戦争責任を天皇陛下が感じていないというならば
天皇陛下の戦争責任なんざ無くなるわけだ。
それはそれで誰も困らん。

263 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 11:58:26 ID:???
昭和天皇に対する責任追及が甘かったから、政府や軍の中枢にいた幹部たちが生き逃れ、
代わりに現地指揮者が罪を着せられて刑場の露と消えた訳で。

264 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 12:43:27 ID:???
連合国は日本国民になりかわって正当な責任追及してくれるなんておマイは思ってるわけか?w
それカンケーねーだろ、連合国はそんなのカンケーなしにテキトーに裁判して処刑したんだから。

265 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 13:15:07 ID:???

ポツダム宣言の内容には、天皇の地位を保障する内容はなかった。これ重要でしょ。
陛下は、自分が天皇としての地位に居て、天皇と国民の国体を守らなければ
日本国民は絶対に武器を下ろさず、本当の意味で国民を護れないと悟っていたんじゃないかな。
だからこそ、ポツダム宣言で降伏を躊躇したんじゃ?。まぁ、それは悔しくも、アメリカの
原爆投下の思いの壷だったんだが。

266 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 13:26:56 ID:???
「アメリカの原爆投下の思いの壷」てのは結果論だな

実際は日本製原爆の完成に一縷の望みを託して降伏を引き伸ばしていたのだから

267 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 13:45:13 ID:???
>>263
>昭和天皇に対する責任追及が甘かったから、政府や軍の中枢にいた幹部たちが生き逃れ、
代わりに現地指揮者が罪を着せられて刑場の露と消えた訳で。

天皇陛下の責任追及が無いのと政府や軍の中枢にいた幹部たちが生き逃れたことと
現地指揮官が罪に問われたことはそれぞれ何の関係も無い。
GHQが行き当たりばったりで適当にやってるだけだし。
単に復讐心から現場指揮官には特に厳しかっただけでしょ。
責任追及という言葉より復讐という言葉の方が現場指揮官が罪を着せられた理由
は説明しやすい。

268 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 14:39:49 ID:???
>>262
>つまり天皇陛下の戦争責任なんて天皇陛下の一存なんだから
存在するもしないも天皇陛下の勝手なわけ。

すげえ詭弁w
高貴なる身分にはそれ相応の責任ってもんがつきまとうんだよ
平時は血統の良さを誇っておきながら、いざって時にオレは知らん!ってかw
こんなんだから今の皇室はテレビで手を振ってるだけの客寄せパンダになっちまったんだ
イギリスの王室なんか皇太子が軍隊に入ってアフガンで一般兵士と共に汗を流してるってのによ
うちの皇太子ときたら、娘のいじめがどうとか妻の鬱がああだとか、どーでもいいことばっかり
皇室への関心が低下しまくりなのも無理ねーよ

269 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 16:23:47 ID:???
>>262
> つまり天皇陛下の戦争責任なんて天皇陛下の一存なんだから
> 存在するもしないも天皇陛下の勝手なわけ。

じゃ、戦争責任ありで確定。

270 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 16:45:33 ID:???
>>268
>すげえ詭弁w

詭弁も何も戦争責任自体が詭弁だからね。
存在しない責任をでっち上げたのはGHQだ。
存在しない戦争責任で罪を問う方が詭弁ではないのかね?

なんで事後法で裁いたか理解すべきでしょうな。

>高貴なる身分にはそれ相応の責任ってもんがつきまとうんだよ

で、だから責任持って戦後の日本を治めたんでしょ。
現にイラク化しておらず成功してるんだから天皇陛下の責任は果たしたってわけだ。

>イギリスの王室なんか皇太子が軍隊に入ってアフガンで一般兵士と共に汗を流してるってのによ

そりゃ初耳だな。
なんとヘンリー王子(アフガン従軍歴有り)がウィリアム王子(現皇太子)の皇太子の座を奪ったか!
すげースクープだ!w

271 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 16:46:46 ID:???
>>269
>じゃ、戦争責任ありで確定。

ないそうだよ。
これについてのクレームは>260へ。

272 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 18:03:03 ID:???
>で、だから責任持って戦後の日本を治めたんでしょ。

都合のいいときだけ天皇の政治的権力が湧き出てくるのかよw

273 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 22:51:06 ID:???
>で、だから責任持って戦後の日本を治めたんでしょ。

責任もって治めた?
アメリカにハイハイ言って従ってただけじゃんw
そのおかげで今じゃ日本はすっかりアメリカ化
昭和天皇は日本をこんな風にしたかったわけ?
それなら最初からアメリカに従ってろよw

274 :名無し三等兵:2010/06/22(火) 23:05:43 ID:???
自分に忠誠を誓っていた軍人たちがアメリカの手によって片っぱしから処刑されても
祖父が明治の志士たちと苦労して、作った大日本帝国憲法を廃止されても
天皇の赤子である国民が駐留してきた米兵にレイプされたり、撃ち殺されたりしても
まったく抗議もせずにマッカーサーに頭下げてた昭和天皇
こいつ不感症すぎ
やっぱり半島の血が濃いんだろうな〜
日本人とは思えん

275 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 01:29:22 ID:???
そんなに天皇が恋しいかチョンw

276 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 07:00:08 ID:???
>>271
馬鹿だなあ。
一旦天皇自ら責任を認めたのだから、戦争責任ありで確定。
その後、沖縄への責任を果たしていないのだから、無責任。
本当に馬鹿だなあ。

277 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 10:34:13 ID:???
つーか、責任ないってのなら御前会議でなにしてたのw
作戦の報告を受けてそれを承諾したんじゃないの?
無理やり承諾させられてたの?
んなわけねーだろw

278 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 10:49:11 ID:???
戦争への天皇の主体的関与について
天皇は「御下問」「御言葉」を通じて戦争指導・作戦指導に深く関わった。
天皇は作戦について統帥部の方針や作戦の進め方を無条件で認めていたわけではない。
とりわけ、次の事柄については大元帥・昭和天皇の発言は、作戦計画あるいは具体的な作戦内容を左右する大きな影響を与えた。
  1熱河作戦の一時差し止め(1933年)
  2二・二六事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
  3日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定(1937年)
  4張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
  5「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正(1939年)
  6宣昌再確保への作戦転換(1940年)
  7フィリピンバターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
  8重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
  9ガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
  10ガダルカナル撤退後のニューギニアにおける新たな攻勢の実施(1943年)
  11統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
  12アッツ島玉砕後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
  13陸軍のニューギニア航空戦への没入(1943年)
 14「絶対国防圏」設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など、1943年〜1944年)
  15サイパン奪還計画の立案(1944年)
  16沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
  17朝鮮軍の関東軍への編入とりやめ(1945年)

279 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 12:49:00 ID:???
>>277
承諾も何も御前会議はそもそも法的根拠はない
そこで何か決まっても改めて閣議に諮って
国策として決定しなければならない。

勅令には大臣の副署が必要で
もし天皇が御前会議で俺はこうしたいと言っても
それだけでは政府も軍部も従う根拠はない。

280 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 12:52:27 ID:???
>>278
>天皇は「御下問」「御言葉」を通じて戦争指導・作戦指導に深く関わった。

実はおマイも本当はわかってるんじゃんw
俺がこう決めたんだ文句言うなって命令できたわけでもない、
単に関わることしか出来なかったって。

281 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 13:48:48 ID:???
>>279
>それだけでは政府も軍部も従う根拠はない。
えーどっからそんな妄想が飛び出してくるのやらw

過去に何度も繰り返されたことだが、「法的根拠はない」ということと「拘束力が無い」ということを
わざとらしく摩り替えないようにねw

法律の条文にするためには閣議決定が必要、ということであって、天皇の決定が無視されるわけではない
御前会議で否決されたことは間違っても法律になったりすることはありませんから、ザンネン!w

基本的人権の無い臣民という家畜人には、天皇の決定に対して拒否権を持ってないのであって、
賛同権しか有り得ない

「大臣の副署が必要」という言葉はそのままのとおりであって、
天皇が必要だという副署を揃えられなければ、大臣が反日非国民として処罰を受けるか、
群集から家族ともども焼き討ちをされて高く吊り上げられるだけのハナシw

282 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 14:54:24 ID:???
>>281
>間違っても法律になったりすることはありませんから
そりゃそうだ法律の制定なんて細かいことで一々御前会議なんて開かないからなw

http://ja.wikipedia.org/wiki/御前会議
の日中戦争以後の御前会議
見りゃわかるだろ

283 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 14:57:09 ID:???
つーか、>>281 は御前会議をなんだと思ってるんだ?
まさかそこで民法や刑法の条文の制定や検討とかやってると思ってるのか?

284 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 18:03:48 ID:???
>>283
え?お前、民法の話してたのか?
馬鹿だなあ。

285 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 18:38:57 ID:???
大日本帝国憲法下の天皇の権限舐めすぎ。

天皇に権限がなかったと寝言ほざいてる奴は条文読んでこい。

あれで権限ないというのならヒトラーやムッソリーニですら独裁者とは呼べなくなる。

286 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 19:07:02 ID:???
まあ、昭和天皇に責任ないよ!悪いのは軍人だよ!とかやったせいで
日本は極端な軍人アレルギーになったんだよな〜
自衛官ってだけで蔑まれたり、憎まれたり
憲法9条を盾にして平和論争を毎回、毎回、八月十五日にやったりさ
アホくせえw
昭和天皇のせいにしたほうが丸く収まった気がしないでもない

287 :名無し三等兵:2010/06/23(水) 22:53:35 ID:???
日本国民を300万人も殺しておきながら、自分の罪を臣下になすりつけ、
のうのうと生き延びた昭和天皇は、まさに日本の恥。潔く腹を切るべきで
あったな。

288 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 00:10:30 ID:???
実際のところ天皇にろくな権限はなかったよ。

289 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 05:57:06 ID:???
>>288
70年前にそれ言ったら不敬罪で死刑だぞ

290 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 13:51:03 ID:???
軍人も民間人もボコスカ死にまくったのに
当時の日本の最高権威であった天皇が生き残って
米軍が駐留した途端に日本の平和主義の象徴です!とか言われてもねえ
じゃあ、今までの戦争はなんだったんすか?ってなるわ
戦後の日本で左翼勢力が異常に強くなったのはこの辺が原因な気がするわ

291 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 14:41:40 ID:???
天皇機関説を言っても不敬罪にはならなくて変な奴らに叩かれるだけだよ。

292 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 15:00:02 ID:???
>変な奴ら

著書を発禁にしたりする
当時の日本政府のことですね。わかります。

293 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 15:11:13 ID:???
でも実際機関説が正しいよ。

294 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 15:20:21 ID:???
勘違いしている人多いけど
天皇機関説は天皇の権限を制限したり否定しているものではない。

295 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 16:50:01 ID:???
そう。天皇は国家を超越した存在ではなく、
国家を構成する一部分だというのが天皇機関説。
国家において絶大な権限を持っていることは斎藤も異論の余地なし。
まさに帝国憲法に書かれている通り。

296 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 17:23:17 ID:???
へー、じゃぁ叩いた奴馬鹿じゃん。

297 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 17:46:22 ID:???
>>296
最初に叩いた菊池議員はその説明で納得している。

ただ、天皇は国家を超越した存在でなければいけない!と本気で考えていた
正真正銘のキチガイが他にも多数いたわけで。

まあ、そんなキチガイが主流の国だったからあんな戦争起こしたんだけど。

298 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 21:18:29 ID:???
>>284
なら>>281 の言う法律ってなんだよw
国家総動員法レベルでさえ御前会議とは無関係に決まってるんだが。

299 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 21:30:43 ID:???
>正真正銘のキチガイ
国体明徴声明を岡田首相に無理やり出させたのが立憲政友会だわな。

300 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 00:29:47 ID:???
>>276
>馬鹿だなあ。
一旦天皇自ら責任を認めたのだから、戦争責任ありで確定。

ちなみにGHQが責任を認めない限り無意味。
天皇陛下は元より君のような一般人も戦争責任を認定する権限など無いぞ?

そもそも
「戦争責任ありで確定」なら戦争犯罪として立件されていない事と矛盾するから
君のご高説は最初から成りっ立って無いんだけどな。。

301 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 05:46:28 ID:???
>>300
文脈読めよキチガイ
話の発端は>>262だ。

302 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 05:53:30 ID:???
>>300
起訴さえせれなければ一切の責任無しという、レイプ犯の論理は聞き飽きた。

303 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 07:11:19 ID:???
>>302
>起訴さえせれなければ一切の責任無しという、レイプ犯の論理は聞き飽きた。

その論理すら破綻しているではないか。
レイプこそ罪刑法定主義の証明なんだから。

「人生最大の幸福は、敵を思う存分撃破し、駿馬を奪い、美しい妻や娘を我がものにし、その悲しむ顔を見ることだ。」
とはチンギスハンの言葉だが略奪や虐殺やレイプを国のトップが認める時代もあったわけ。
この虐殺やレイプに限らず侵略や奴隷制度や麻薬販売といった今では罪とされている事は時代によって
そしてその時代の法によって罪にも責任にもならない事はアメリカの奴隷制度やアヘン戦争、植民地宗主国である
欧米各国がそれぞれ誰も責任を問われず死刑にも懲役にもならず賠償金も払わぬ事で証明されている。
日本のA級戦犯とは「侵略に対する罪」だから侵略とは植民地宗主国全ての国全てに存在するわけだな。

日本に対する侵略に対する罪も実はかなり不思議なもの。
日本人が侵略というと頭に思い浮かぶのは中国侵略では無いかな?でも中国侵略、
つまりは満州国独立からリットン調査団、日中戦争、に関しても東条英機を含めた東京は
一貫して世界から孤立しないように戦線を抑えようした。それを石原完爾など現地の関東軍が
暴走して日中戦争の戦線が拡大していったわけだ。で、それが何が問題かと言えば中国侵略を
主導した石原完爾ってA級どころかBCも起訴も何もされて無いわけね。

中国侵略した。東京はそれを抑えようとしたが関東軍(朝鮮軍も)が暴走した。でも石原完爾は侵略の罪を問われない。
欧米は石油等の禁輸処置によって日本を追い詰めた。ついに日本は包囲網を打開するため
アメリカを攻撃した。そしたら始めてその時の東条英機などの首脳が侵略の罪を問われた。

中国侵略ならまだわかる。でも植民地宗主国であり米比戦争ではフィリピンの住人を50万虐殺した
というアメリカを攻撃したら侵略に対する罪?ってわけなんだな。
正に「起訴さえせれなければ一切の責任無し」って状態。欧米は侵略行為をしても戦後の植民地独立戦争の
住民虐殺に対しても一切責任無し。日本の石原完爾も一切責任無し。天皇陛下も同左。東条英機は起訴されたから責任あるってわけ。
全ての責任はGHQの判断にすぎないって訳だな。

304 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 08:32:59 ID:tmTw6W48
天コロ一匹くらい処刑しておけよ

305 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 13:35:04 ID:???
法的責任はなくとも道義的責任はあるわなあ
天皇の勅令で戦争が開始されたんだから
天皇に罪はないって、政治団体が捜索うけて名簿に載っていた議員が
オレは知らないよ!名前貸してただけだよ!とか言い訳すんの似てるぜw
おまえだって一枚噛んでたくせに

306 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 16:21:09 ID:???
>>303
戦争責任を国内刑法に限定することで
あたかも全法的責任を免れるかのように見せる
典型的なレイプ犯の詭弁だな。

307 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 19:18:35 ID:???
天皇が戦争を仕掛けたというのは大間違いだというのにまだ気づいてないのか?
大体天皇が政治に口出ししたことなんてただの一度もないの事すら知らんのかおまえらは。

308 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 20:18:30 ID:???
>>307
知らん。
現実には口出しまくりだったしな。

戦争への天皇の主体的関与について
天皇は「御下問」「御言葉」を通じて戦争指導・作戦指導に深く関わった。
天皇は作戦について統帥部の方針や作戦の進め方を無条件で認めていたわけではない。
とりわけ、次の事柄については大元帥・昭和天皇の発言は、作戦計画あるいは具体的な作戦内容を左右する大きな影響を与えた。
  1熱河作戦の一時差し止め(1933年)
  2二・二六事件における反乱軍の武力鎮圧方針の決定(1936年)
  3日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定(1937年)
  4張鼓峰事件における武力行使方針の一時差し止め(1938年)
  5「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正(1939年)
  6宣昌再確保への作戦転換(1940年)
  7フィリピンバターン要塞への早期攻撃の実現(1942年)
  8重慶攻略の方針の決定と取りやめ(1942年)
  9ガダルカナルをめぐる攻防戦における陸軍航空隊の進出(1942年)
  10ガダルカナル撤退後のニューギニアにおける新たな攻勢の実施(1943年)
  11統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ(1943年)
  12アッツ島玉砕後における海上決戦の度重なる要求と海軍の消極的姿勢への厳しい叱責による統帥部ひきしめ(1943年)
  13陸軍のニューギニア航空戦への没入(1943年)
 14「絶対国防圏」設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部の指示など、1943年〜1944年)
  15サイパン奪還計画の立案(1944年)
  16沖縄戦における攻勢作戦の実施(1945年)
  17朝鮮軍の関東軍への編入とりやめ(1945年)

309 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 20:35:38 ID:???
あ、そう

310 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 21:31:48 ID:???
>>305
>法的責任はなくとも道義的責任はあるわなあ

国際社会における道義的責任など意味の無い言葉だな。
核兵器使用の道義的責任を明言したらノーベル賞貰った大統領がいるぐらいだしね。

んでもって
国内における道義的責任などそれこそアホらしい事だ。

http://plaza.rakuten.co.jp/ladysmoker/12002

そんな戦争責任を日本国内、つまり日本人は認めなかったんだから。

311 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 21:42:28 ID:???
>>306
>戦争責任を国内刑法に限定することで
あたかも全法的責任を免れるかのように見せる
典型的なレイプ犯の詭弁だな。

この話、初めから国内法の話なんかしておりません。
アメリカの奴隷制度やアヘン戦争、植民地宗主国による侵略戦争が各国の国内法で
問題が無いのは当たり前。日本の中国侵略なども国内法上問題だとされたわけでも無い。
初めから誰もそんな話はしてないってことですな。
国際法、国際慣習法・自然法の範疇ですが今更306のような事言ってるんじゃ国際法の
イロハもわからんでしょうしなあ。

312 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 22:15:48 ID:???
つまり戦争も無い平和な真珠湾を騙まし討ち軍事テロ攻撃で焼き払って
罪も無い真珠湾の住民を多数殺戮した昭和天皇は、
罪刑法定主義によれば殺人罪で死刑相当であったが、
戦後はマッカーサー元帥閣下に土下座して命乞いしたところ、
GHQから見逃されたために命拾いした
つうことですなw


313 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 22:39:13 ID:???
>>312
>つまり戦争も無い平和な真珠湾を騙まし討ち軍事テロ攻撃で焼き払って
罪も無い真珠湾の住民を多数殺戮した昭和天皇は、
罪刑法定主義によれば殺人罪で死刑相当であったが、


侵略に対する罪と言いながら、実際は戦争の原因に至った中国侵略や満州独立の
指導的役割をした関東軍や石原完爾がA級戦犯容疑で逮捕される事も一切無く、
逆に石原完爾と対立してたので結果的には中国侵略を抑えようとしていた東条英機は
同じ侵略国家(植民地宗主国)を攻撃した為に、逆にA級戦犯容疑で処刑されたわけだから
GHQの求めたA級戦争犯罪容疑が侵略に対する罪という概念が真の意味で侵略を
罰するものではなく、それは名前だけの罪であり、ただの英米の報復に過ぎなかったのは
事実ですな。
れっきとした侵略国家(植民地宗主国)が侵略行為を受けたからと相手国を
侵略に対する罪を問うて報復するという幼稚性を否定出来ず、まあ実際、当のマッカーサー氏も
「東京裁判は誤りだった」と後に語りその辺は自覚してたみだいだけどね。

>戦後はマッカーサー元帥閣下に土下座して命乞いしたところ、
GHQから見逃されたために命拾いした
つうことですなw

天皇陛下との会談についてマッカーサー氏によれば現実世界の真実は君の認識の逆だった様ですが。w

314 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 23:43:23 ID:???
マッカーサーが天皇との会談で感動したっていう例のあの話のことか?
マッカーサーが天皇を個人的にどう思ったにしろ天皇を政治利用しまくったのは間違いねえべ
憲法改正から、教育改正、極東裁判とまさにやりたい放題
そして、天皇といえばGHQの政策にまったく反対もせずにうんうん言ってただけ
人間宣言させられても、大日本帝国軍を解体されても、大日本帝国憲法廃止されてもハイハイ言ってたんだからなw

315 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 23:51:44 ID:???
昭和天皇が親米になったせいで、日本の政治思想はねじれまくり
本来なら日本に原爆を落とし、日本に米軍基地を不当に置き、皇軍を戦犯扱いにしたアメリカこそが諸悪の根源
にも関わらず天皇がアメリカ支持したせいで、日本の右翼まで親米に
そのせいで、日本を堕落させた張本人のアメリカを愛国思想の持ち主が擁護するというわけわからん現象が起きた
天皇が望んだ日本ってこんなんだったわけ?日本人が親米一筋になってアメリカをひたすら賛美するのが?

316 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 00:04:31 ID:???
>>314

さして問題があるようには思えませんが?
天皇陛下がその屈辱を国民か誰かに強いたというならまだ批判する意味もありますが
天皇陛下自身がその屈辱を受け入れたというならそれは天皇陛下自身の問題であり
他者がどうのこうの言う話じゃありませんな。

昭和天皇がその境遇についてクレームを入れたなら兎も角、何も言っていないんだから
君が何を問題視してどうしたいのかさっぱりわからん。

端的に言ってGHQが無くなってGHQの影響を清算する事はいくらでも出来たはずだが
その骨幹である憲法改正に応じなかったのはサヨク層である事は理解すべきだと思います。

もはや天皇陛下の戦争責任に何の関係も無い話だけどな。

317 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 00:12:08 ID:???
>>315

おかげで高度経済成長の結果、日本が世界先進国の一翼を担うまでになったのだから
その親米路線に間違いは無かったのでは?米国追従を潔しとせず独自路線を歩んだ
北朝鮮やケ小平前の中国が成功したとはとても言える状態じゃなかったわけですから。

別に国民がその急激な日本国の親米路線に対して天皇陛下を批判したというなら兎も角、
日本国民は戦後の経済成長を享受し安保条約にアメリカに頼りまくる事になんの疑問も
持たぬ日本の現状で昭和天皇の戦争責任と何の関係が?

それとも日本国民が堕落したのは昭和天皇の戦争責任のせいとか?

とりあえず何を昭和天皇の戦争責任と絡めて問題視したいのか意味分からん。

318 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 00:43:49 ID:???
>>316
> 端的に言ってGHQが無くなってGHQの影響を清算する事はいくらでも出来たはずだが

バカか。少しは歴史を勉強しろっての。これだから低学歴は・・・。

319 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 00:48:05 ID:???
喧嘩を売っておいて、負けたら一転犬になる。これが昭和天皇という
みっともない男の人生の全てです。

320 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 00:49:52 ID:???
>>317
また、天皇を売って金をもらったことを喜んでる売国奴が書込みしてるのか。
お前みたいなのを人間のクズって言うんだよ。ウヨってそんなのばっかりだな。

321 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 00:58:24 ID:???
>>319
>喧嘩を売っておいて、負けたら一転犬になる。これが昭和天皇という
みっともない男の人生の全てです。

戦後の政治に於いては天皇陛下の影響は無いんだから
戦後の日本が親米になってそれを「負けたら一転犬」と評するのであれば
そりゃ日本国民自身の評価の話になるのでは?親米路線だろうが改憲だろうが
戦後政治に関しては既に天皇陛下の手を離れてるし。

322 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:01:23 ID:???
>>321
誰が親米だの政治だのの話をしているんだ?喧嘩ふっかけておいて
負けたら犬になるような男は、どう見たってみっともないだろ。

323 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:02:48 ID:???
>>320

>228のやつじゃん。論破されたのに又出てきたんだ。
で?ヤフー掲示板に移って>243の改憲派サヨクと共同戦線を張らないのかい?
売国奴になりたくないんだろ?早く憲法1条改正するために行動しろよ。

324 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:05:47 ID:???
>>323
論破(笑)
お前のような阿呆は、狂ったことを書いて、相手が呆れて放置すると
「論破した!」とか思うんだろうな。わけのわからん妄想をベースに、
今日も必至にシャドウボクシング。これが低能ウヨの毎日ですね(笑)

325 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:06:41 ID:???
>>322
>誰が親米だの政治だのの話をしているんだ?喧嘩ふっかけておいて
負けたら犬になるような男は、どう見たってみっともないだろ。


ここで負けたら犬になるって具体的にはどういうことか聞いたら親米路線の政策の事で
君が問題視したいのは親米路線の事なのか?と聞いたら
「誰が親米だの政治だのの話をしているんだ?」と返答が反ってくるんだろうなあ。
日本語が不自由な人はこれだから。

326 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:09:36 ID:???
9

327 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:11:47 ID:???
>>324
>論破(笑)
お前のような阿呆は、狂ったことを書いて、相手が呆れて放置すると
「論破した!」とか思うんだろうな。


うーんどちらかと言えば君が狂った事を書いていましたね。

要は君は「天皇を売って金をもらったことを喜んでる売国奴」を
具体的に定義出来なかったわけで。

君が無理に定義したらその売国奴に日本人の殆どが含まれる事になってしまい
君の言う売国奴じゃないやつはヤフー掲示板の変人サヨクしかいなかったという。

328 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:19:51 ID:???
>>325
と、今日も意味不明なことを口走る低能ウヨでしたw

> と返答が反ってくるんだろうなあ。

すげえ妄想力だな。いっぺん病院行けよ。

329 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:29:09 ID:???
>>327
> うーんどちらかと言えば君が狂った事を書いていましたね。

ということにしたいのですねw

> 具体的に定義出来なかったわけで。

具体的に定義も何も、お前のことを言ってるんだけど。戦後の天皇
の置かれた状況を是とし、でも生活が良くなったんだから良いじゃ
ないか、なんて言うのは売国奴そのものだわな。

> 君が無理に定義したらその売国奴に日本人の殆どが含まれる事になってしまい

アホか。たいていの奴は天皇なんぞに意味を見いだしてないからな。
そこらの爺さんが、自業自得で惨めなことになったってだけの話。
右翼だからこそ、売国奴ってことになるわけだが。

> 君の言う売国奴じゃないやつはヤフー掲示板の変人サヨクしかいなかったという。

そのサヨクとやらは知らないが、お前に変人て言われるってことは、
おそらくかなりまともな人間なんだろうなw

330 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 01:30:39 ID:???
リアルでは無職や底辺と蔑まれ、ネットではこれ以上ない程にバカにされ。
ウヨって本当に惨めな人達なんですねぇ。

331 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 04:36:17 ID:???
で、殺人犯昭和天皇はほんとうにゆるされたのか?

真珠湾攻撃の被害者の一部やその遺族もご存命なのだが、
昭和天皇やその息子平成天皇は一度も謝罪もせず赦しを請うてないのだから、
被害者の遺族だって赦しようが無い。

この前の平成天皇のハワイ訪問でも真珠湾を避けて通ったくらいだからね、
自分が正しいと思っているなら、真珠湾のアリゾナ・メモリアルで堂々とスピーチすればいいものをw

さすがにそこまでやれば「法律」で守ってもらえる保証が無い、って自覚してるんだろうな、
その場合は自然法の「やったことの報いは受けさせられる」ってことが優先されるだろうからなw

332 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 05:34:54 ID:???
>>329
>具体的に定義も何も、お前のことを言ってるんだけど。戦後の天皇
の置かれた状況を是とし、でも生活が良くなったんだから良いじゃ
ないか、なんて言うのは売国奴そのものだわな。


何度書いても意味の無い事です。既に228で伺いましたから。でもそれは具体的な人身売買契約があるわけでもなく
幾らで誰が誰に対して売ったかも書かれていない。
そもそもそんな恐ろしき商取引が私を含む一般市民が知るわけがありませんな。
結局、君の言うことが具体性が無く妄想にすぎないということ。
いやこれは具体性のある話では無く抽象的な話で天皇を金で売ったというのは
象徴的な話にすぎないって事であればそれも意味の無い事です。

何故なら日本の統治者として天皇陛下を置いて憲法1条で不可侵とした事を
昭和天皇も日本の保守層も別に拒む事は無いからですな。アメリカと日本の保守の利害が
一致しただけの話で別に誰も困っていないわけ。
実情はそんな所ですが別にそれは売国奴でも何でも無い訳でそれを君が勝手に
売国奴と呼んでるだけなんですけどね。

>アホか。たいていの奴は天皇なんぞに意味を見いだしてないからな。

おもしろい意見です。要は同じ境遇でも考え方ひとつで売国奴かどうかは変わるって事ですね?じゃあ私を含めた殆どのネットウヨクは
君の定義する売国奴じゃありませんよ。戦後の高度な生活を日本国民が享受するのは天皇陛下を売ったからだ!というのが君の
主張でしたよね?でも天皇に意味を見いだしていない者は売国奴から除外すると。
誰も戦後の高度経済成長を天皇制と絡めて考えてませんから。トヨタやソニーが世界企業になりましたった、日本は世界技術先進国です
なんて話の時にいくらネットウヨクでも天皇制に意味を求める人いると思います?

たいていの奴は天皇なんぞに意味を見いだしてないからな。
>そのサヨクとやらは知らないが、お前に変人て言われるってことは、おそらくかなりまともな人間なんだろうなw

君よりはマトモで筋が通っている。

333 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 05:40:46 ID:???
>>331
>で、殺人犯昭和天皇はほんとうにゆるされたのか?


戦争処理は平和条約・講和条約で処理されますので
個人単位で許すか許さないかはあまり意味がありません。

実際、天皇陛下に対してではありませんが日本政府相手にアメリカの裁判所で
従軍慰安婦訴訟を起こしたバカがいました。あっさり条約で解決済みと敗訴したそうです。
バカだね〜。w

334 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 05:48:11 ID:???
>>330
>リアルでは無職や底辺と蔑まれ、ネットではこれ以上ない程にバカにされ。
ウヨって本当に惨めな人達なんですねぇ。

現実を言えば2チャンネルの年齢層は30代以上、高所得者が多いという調査が
ありますな。
「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない」
と申しますから年齢層が高い掲示板であれば保守層が主流であるのは当たり前なんですな。
君がネットウヨクと相手を指定する時、おそらくその相手は君よりも高所得で大卒だと思った方が良い。

貧乏人が増えれば増えるほど左翼に与するのは実際に統計にも現れてまして
派遣切り騒動の時に共産党員が激増した事がありました。その理由を派遣切りが横行して
無職の貧乏人が増えたからだとは共産党自身が認めております。

335 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 05:55:52 ID:???
>>328

はいはいわかりました。ちゃんと聞いて欲しいんですね?
「では負けたら犬になるって具体的にはどういうこと?」
親米だの政治だのの話じゃない解答をお待ちしております。

私は319のレスは成立してないと思うんですけどね。

336 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 07:29:16 ID:???
>>311は本当に気が狂ってるなあ。
国際法上の問題だと言いながら、罪刑法定主義を持ち出す。
まさにクソもミソも一緒くたのパラノイア的思考だ。

罪刑法定主義を持ち出したのはお前だということを忘れるなキチガ君。

337 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 07:57:05 ID:???
>>336
>>311は本当に気が狂ってるなあ。
国際法上の問題だと言いながら、罪刑法定主義を持ち出す。
まさにクソもミソも一緒くたのパラノイア的思考だ。
罪刑法定主義を持ち出したのはお前だということを忘れるなキチガ君。


ふむ、君の文章を分析しよう。

国内刑法の話などこのスレで特にしていないから法的な話については全て国際法
の議論をしていたと考えてくれてもかまわない。
「国際法上の問題だと言いながら、」は正しい。

そして国際法に於いての罪刑法定主義を論述しているから
「罪刑法定主義を持ち出す。」も正しい。
事後法禁止とか、法の不遡及という単語が他のHPでも見つけたらそれは罪刑法定主義の事だと思って良い。

「まさにクソもミソも一緒くたのパラノイア的思考だ。」
なんでこうなった?

「罪刑法定主義を持ち出したのはお前だということを忘れるなキチガ君。」
国際法の法理は英米法に準ずるから当然、国際法上も存在する法理である。英米法由来の慣習法だが
世界人権宣言などの明文化した国際法(11条)にも記述がある。ちなみにドイツやフランスなどの大陸法
にも存在する。ついでにドイツから大陸法を輸入した日本にも存在する。
なので罪刑法定主義を持ち出したのは私だが別段キチガイと言われる筋合いは無い。

以上を推察して考えられる事は
どうも君は罪刑法定主義とは日本特有の法理で国際法や諸外国の法律にはそのような法理が
無いと考えているのではないかとしか結論できかねますな。



338 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 09:14:30 ID:???
>>337の馬鹿さに笑った!

まずは引用の仕方ぐらい勉強しろ。
おまえの引用の仕方では、著作権法違反だぞwww

次に、>>336が「日本国外には罪刑法定主義は存在しない」と主張していたという
根拠を挙げよ。もちろん、おまえの妄想内の話ではなく、>>336の当該表現を引用した
上で、そこからなぜ「日本国外には罪刑法定主義は存在しないと主張している」という
結論に至るのかを論理的に説明せよ。

まあお前の場合、人格障害を治療するのが先だけどな。

339 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 09:20:14 ID:???
>>337
で、世界人権宣言は1948年制定だが、第二次大戦中の戦争犯罪に適用する上で
お前が言う「事後法禁止とか、法の不遡及」的な問題はないのか!?

お前、ほんと馬鹿だな。用語を振り回すばかりで、その適切な用法をわかっていない。

340 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 10:01:12 ID:???
また低脳ウヨが暴れてんのかw
ウヨは大好きな昭和天皇が戦前は日本人の精神的支柱として日本を指導してたのに戦後は一転して
アメリカの犬になったという事実をどうしても認めたくないんだなw
原爆で日本人を被爆させ、焼夷弾を日本中に降らせ、沖縄で日本人を殺しまくった米軍
その米軍の言いなりになった昭和天皇
まあ、昭和天皇に戦争責任はなかったとしても、アメリカに日本を売った売国奴だなw

341 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 13:28:40 ID:???
>>339を補足すると、
世界人権宣言が定める罪刑法定主義により、
ヒロヒトは不可遡及で戦争責任ゼロ、と主張している馬鹿に、
世界人権宣言は太平洋戦争以後だから
不可遡及で不可遡及は適用不可って
言っているわけだ。

342 :名無し三等兵:2010/06/26(土) 21:52:52 ID:???
ミットモネー連投だな
ルーピーブサヨは涙拭けよ

343 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 06:11:34 ID:???
まとめ

ウヨ: 平和に対する罪は太平洋戦争後につくられたものだから、不可遡及の原則でヒロヒト無罪!(キリッ
サヨ: その不可遡及の原則は国際法上も規定されているのか?
ウヨ: 世界人権宣言で規定されているっ!(キリッ
サヨ: その世界人権宣言は、太平洋戦争後につくられたものだから、不可遡及の原則は太平洋戦争中の戦争犯罪に適用できないだろ。

結論
不可遡及の原則が国際法上有効であるのであれば、
不可遡及の原則により、不可遡及の原則が規定される以前の太平洋戦争中の戦争犯罪には不可遡及の原則を適用できない。


344 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 10:33:48 ID:???
>>339
宣言が法的拘束力を持つものだとおもってるんだな。

>>337を素直に読めば
世界人権宣言などの明文化した国際法(11条)にも記述があるが、英米法由来の慣習法として
それ以前から国際法の法理として存在している。
になるだろに。

345 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 10:40:02 ID:???
天皇に主権なんて、昔々大昔にしかなかったんだよね。だから天皇が戦争を始めることなんてできないはず。

そもそも戦争の理由について、国民の信仰や尊敬が一心に集まる天皇を持ち出した、みたいなことは、
他の国でもあるようなことだしね。例えばアメリカはキリストとかを利用したみたいだし。

たぶんここで「昭和天皇の戦争責任」だの「天皇は殺人犯」だの言ってる人たちは、
GHQの宣伝とか「はだしのゲン」に影響されてるのかな?

346 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 10:40:42 ID:???
あ、そうか。
逆に>>343の考えから導けば
不可遡及適用が1948年の世界人権宣言で有効と言うことならば、
遡及適用が出来たのは1948年までの事で
当然それ以降に行われる裁判については、不可遡及適用にならなければならない訳だな。

347 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 10:43:14 ID:???
>>345
>天皇に主権なんて、昔々大昔にしかなかったんだよね。だから天皇が戦争を始めることなんてできないはず。

不正解

348 :346:2010/06/27(日) 10:50:36 ID:???
×当然それ以降に行われる裁判については、不可遡及適用にならなければならない訳だな。
○当然それ以降に行われる裁判については、遡及適用にならなければならない訳だな。

2010年の時間軸で考える事と、終戦時の時間軸で考えるのでは議論の食い違いが起きるわな。

349 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 11:46:52 ID:???
>そもそも戦争の理由について、国民の信仰や尊敬が一心に集まる天皇を持ち出した、みたいなことは、

そうだね〜
天皇という存在を担いで戦争やった軍人が悪いんだよね〜
天皇はな〜んんも悪くないよね〜
例え天皇が神輿としての自分を大いに肯定していたとしてもなw

350 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 16:30:51 ID:???
神輿て立憲君主であることだろ
おマイは天皇親政、絶対君主制を望んでたのか?w

351 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 16:40:07 ID:???
>>346
おまえは本当に馬鹿だなあ。
不可遡及の適用基準となるのは、行為がおこなわれた時点だろう。

おまえは馬鹿すぎて自分の馬鹿さも理解できないということか。
まず、馬鹿は馬鹿なりに馬鹿を自覚しろ馬鹿。

352 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 16:55:34 ID:???
>>350
立憲君主だろうが
大日本帝国憲法での天皇の地位は絶対君主とかわらん。
全ての権力は天皇に集中していて、国会や内閣の権力はあくまで天皇によって与えられているもの。
天皇には国会無視していくらでも立法出来る権限まであった。

立憲国家だったから天皇には権限がなかったなんて言うのは
北朝鮮には憲法があるので金正日にはなんの権限もないと言っているのと同じ。

353 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 17:48:54 ID:???
>>352
>天皇には国会無視していくらでも立法出来る権限まであった。
大臣の副署がいるけどなw

>北朝鮮には憲法
また出たwいつもの手だな北朝鮮と一緒だ、てかWww

354 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 17:53:14 ID:???
>>353
で、具体的に副大臣の副署拒否により不成立となった勅令を挙げてくれ。

355 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 18:01:19 ID:???
大臣の副署って、ようするに「陛下の勅令を政府が責任もって施行しますよ」という意味でしょ?
別に大臣の拒否権が認められていたわけでも何でもない。副署拒否した場合の規定がないのがその証拠。

356 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 18:07:13 ID:???
>>353
当時の日本では天皇はいつでも大臣クビにできるんだけど。
署名しなければクビにすればいいだけ。

357 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 21:55:41 ID:???
>>354
絶対君主じゃないんだからそもそも大臣の意向を無視した勅令を出さないんだからそんなの有るわけがないならば、
内閣の意向を無視した勅令が発令されたことがあったのか?

>天皇には国会無視していくらでも立法出来る権限まであった。
こんなスゴイ権限があるんだろ、まさか一度も行使したことはありませんてことはないよなw

>>355
副署がなければ勅令として発令されないんだから副署が拒否された場合の規定なんてのは無意味。

>>356
でクビになっ大臣て誰?

358 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 21:59:36 ID:???
ところでさお前ら必死に責任責任と言うがその責任て誰が追求するの?
連合国も日本の公的機関も今や共産党でさえ何も言わないんだが
お前らが2ちゃんねるで責任責任て喚くだけ?w

359 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 22:14:41 ID:???
当然喚くだけです。

ここは喚いてヒマを潰すネタスレです。

360 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 22:21:45 ID:???
>>338の馬鹿さに笑った!

法規の解釈による説明を求めるならともかく、
どうとでも解釈できそうな貧困な表現を棚に上げて
マヌケな>>336の記述に対して主張の根拠を求めるとはな。

違うなら違うと言うだけで事足りるものを、
何考えてんだかワカンネーヨな、ブサヨって。



361 :名無し三等兵:2010/06/27(日) 23:24:10 ID:???
バカウヨは何にも考えてないけどなw

362 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 00:26:35 ID:???
>>357
何のために「大臣の副署」と「輔弼責任」がワンセットで記載されていると思っているんだ?
これは副署が揃えられなくても天皇に対して責を問えない、あくまでも大臣の責任問題だっつうことだ。

現実問題として天皇の命令に従ってきちんと副署は一度も欠けることなく揃えられてきたのだから、
これは内閣は天皇の命令に逆らえなかったと解釈するしかありませんが、それが何かw

363 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 00:39:40 ID:???
つまり戦争も無い平和な真珠湾を宣戦布告無しの騙まし討ち軍事テロ攻撃で焼き払って
罪も無い真珠湾の住民を多数殺戮した昭和天皇は、
罪刑法定主義によれば殺人罪で死刑相当であったが、
戦後はマッカーサー元帥閣下に土下座して命乞いしたところ、
GHQから見逃されたために命拾いした
つうことですなw

364 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 00:40:31 ID:???
で、殺人犯昭和天皇はほんとうにゆるされたのか?

真珠湾攻撃の被害者の一部やその遺族もご存命なのだが、
昭和天皇やその息子平成天皇は一度も謝罪もせず赦しを請うてないのだから、
被害者の遺族だって赦しようが無い。

この前の平成天皇のハワイ訪問でも真珠湾を避けて通ったくらいだからね、
自分が正しいと思っているなら、真珠湾のアリゾナ・メモリアルで堂々とスピーチすればいいものをw

さすがにそこまでやれば「法律」で守ってもらえる保証が無い、って自覚してるんだろうな、
その場合は自然法の「やったことの報いは受けさせられる」ってことが優先されるだろうからなw


365 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 04:30:47 ID:X7kptu9l
愚かな民衆が責任をタライ回しにして
天皇がそれの受け皿になってるなら

やはり日本人って天皇的存在がどうしても必要なんだろね

甘える対象が欲しいんだろな。戦争の真の原因は愚かな民衆にあるのに


366 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 11:29:11 ID:???
愚かな民衆に乗せられることで天皇をやってるんだからしょうがないべ
嫌ならさっさと庶民として生きることを選択すればいいだろ?
それをやんないってことは天皇として生きることを自分で選択したんだろ
別に誰も天皇として生きろ!なんて言ってない
天皇が天皇を辞めたいってなら、好きにすればいいんだよ

367 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 11:34:39 ID:???
>自分が正しいと思っているなら、真珠湾のアリゾナ・メモリアルで堂々とスピーチすればいいものをw

昭和天皇が責任を曖昧にしたせいで俺たちがそのつけを払わされることになったからな
なんでやってもいない俺たちが責められるわけ?
昭和天皇が土下座でもなんでもやってれば良かったんだよ
あの時代の最高権威だったお方が責任とらないで、生まれてもいなかった俺たちが責任負わされるいわれはないわ

368 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 16:32:57 ID:???
日本人は全員地球市民であるから国家間の謝罪の話しを気にする必要はない。
だから、中国に謝る必要もない。
ただ「ご愁傷様」と一言いえば済む話だ。

369 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 19:50:02 ID:QkXLNgDX
太平洋戦争は日本人全員の責任

370 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 20:24:47 ID:???
俺たちは日本人ではなく世界市民だぉ

371 :名無し三等兵:2010/06/28(月) 23:12:02 ID:???
再軍備すればぐちゃぐちゃ言ってくる奴ぁいなくなるって。
力がないから言われ放題に言われるんだ。
憲法9条を廃止して、気は優しくて強い日本を目指そう。

372 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 00:03:52 ID:???
憲法9条廃止したからってどうなんだっつーの
どうせ自衛隊なんて在日米軍の手下のままだろ
まあ、これも昭和天皇がアメリカの手下になったせいだけどなw
昭和天皇がアメリカマンセーしたせいで、俺たちのアイデンティティはぐちゃぐちゃになった
戦前までは天皇陛下バンザイ!鬼畜米英!だったのに、負けたとたんに手のひら返して民主主義バンザイ!
マッカーサー元帥ありがとう!っていうんじゃ、ぐちゃぐちゃにもなるわ

373 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 00:14:45 ID:???
俺は昭和天皇の最大の罪は負けたことよりもアメリカに従ったことだと思うね
万世一系も現人神であることも否定したことによって、それまでの価値観がバラバラになった
今の日本は自分のことしか興味ないよそよそしい社会
それまでは天皇という存在を中心に社会が結束してたのにさ
今の天皇はなんの威厳も感じられん、ただのジジイに見える
皇太子なんて自分の嫁と娘にしか興味ないただのマイホームパパじゃねーか

これがアメリカの民主主義ってやつですか?

374 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 21:30:34 ID:EaeORfPg
実は昭和天皇はGHQに脅迫されていたらしい。だからアメリカに従ったのは
天皇がヘタレだからでもバカだからでもない。アメリカ主権下だった状況では
アメリカの言う事を全て聞くしかない。

375 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:22:11 ID:???
>>373
戦争に負けたのも含めてすべてハメられたからでね?
日本のマスコミが真実を報道しないのも米国国民が富裕層利権者階級に搾取されているのも同じ人間社会の普遍原理だよ

地方を買えるくらいの金持ちになるとわかる
勝手に色んな組織の代表代理と名乗る者が次々に現れ
遠回しに何度となく誘いがかかりやがて出向くと
信じられない世の中の仕組み普通に話し始め裏の買い物が出来るようになる
意外に安い人間の相場を知る
調子に乗って口にしたり危ないやつは罠をかけられる
一番人として幸せなことは普通に生きることなのを知る

376 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:42:03 ID:???
>>373
おまえは皇太子が政治に口を出すことでも期待してるのか

377 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:52:30 ID:???
   /''''i、  ._,,   .r‐=@               _    .'广,!              _,,,,、
   ヽ ,|,,,,,,,,,.| |  .,,,,,ト .ヘ-,、 〈~ヽ、    广゙゙゙゙゙ ̄ ̄ \、  `''_,,,,,、 .r-,,,、    .|  ゙l ._,_
,,,,,,―"″_,,/'ド゜ ←,riッ-〃 . ゙̄”    |_,,,,,,,,,,,,,,,--,  \,で"^,,,,,-┘.ト、、|   .,,,,|  . ̄`.]
゙l,,―'''i、 |   .v--‐’ _,,l゙ .,v--''゙フ         ,/° ,,r‐''"‘"゙゙_,,,、   `'" .,l""`  .,,-'''"`
″  | .―‐゙^'''ミ'''''"゙,!.゙l,,--i、―i、./    _,_   /` /    fニニ-″ ,,----ィ゙"''''l  .,i´_
  _,/`.,―-, ゙l ,-ノ .,,,,,ノ  .l゙.Pーi、  イΛ,, ~゙'i、(  .l゙     .q‐''''''''i、.―'''''i、 |  │/ l(,^"'i、
: ,r″ │   ,! ,!.l゙ .r‐i、゙l  ,,'"_,,, .゙l  _  7  | ヽ `゙゙゙゙'!   .~゙゙゙"^    ,! .| .,/.,/ .,/'r‐┘
.{.|,,,ト |   .l゙ .,/ ゙i、‘'l″| ,i´,,i´ \ レ'゙|  l_,,〃 `'-,,,/   ,゙~゙ミ゙''''''i、  /  ,リ`/` _} |,,,、
..ヽ、./   ゙‐'   `゙'''''‐" .〃    ヽ-'′            |、!,│ ,l゜  .ヽ,i´〔 /.,‐'"` ,-┘
  `″                                   `ーニ-┘     .|l゙ .l゙ 0" ,l゙
                                                  ヽ _,/

378 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 22:58:40 ID:???
もうちょっと政治に関わってもいいだろ?
たまにマスコミに出て言うことといったら娘がどうたらとか嫁さんがどうたらとか
おまえのかみさんの話なんかどうだっていんだよ!
あまりと言えばあまりにも内向きすぎる
日本はどうあるべきかとか日本の将来についてとか少しは語れよ
テレビで仲良し親子ばっかり演じてないでさw

379 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 23:21:26 ID:???
世界が平和でみなが幸せでありますよう希望します

言ってますよ!

380 :名無し三等兵:2010/06/29(火) 23:27:18 ID:???
サイパン戦で生き残った田中徳祐・元陸軍大尉(独立混成第47旅団)の証言

・「米軍は虐待しません」の呼びかけを信じて洞窟から出てきた婦女子全員が素っ裸にされ、
 数台のトラックに積み込まれた。「殺して!」「殺して!」の絶叫を残してトラックは走り去った。

・次には滑走路に集まった老人と子供の周りにガソリンがまかれ、火が付けられた。たちまち
 阿鼻叫喚の巷と化した滑走路。我慢ならず我が兵が小銃射撃をしたが、米軍は全く無頓着に
 蛮行を続ける。

・火から逃れようとする老人や子供を、米軍はゲラゲラ笑いながら火の中へ蹴り飛ばしたり、
 銃で突き飛ばして火の中へ投げ入れる。2人の米兵は草むらの中で泣いていた赤ん坊を
 見つけると、両足を持って真っ二つに引き裂いて火中に投げ込んだ。「ギャッ!」といふ悲鳴を
 残して蛙のように股裂きにされた日本の赤ん坊とそれを見て笑う鬼畜の米兵ども。

・こんなに優勢な戦闘状況にも拘らず、米軍は毒ガス弾(赤筒弾)攻撃まで仕掛けてきた。

・マッピ岬にたどり着いた田中大尉は、岩の間に一本の青竹を渡し、それに串刺しにされた
 婦人を見た。さらに自分と同じ洞窟に居た兵士や住民が五体をバラバラに切り刻まれて
 倒れているのを眼前に見た。

『正論』平成17年9月号「NHKウォッチング」  中村粲・元獨協大学教授、昭和史研究所代表 



381 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 00:32:41 ID:???
>>380
>岩の間に一本の青竹を渡し、それに串刺しにされた
> 婦人を見た。

湾岸だかイラクでそういう写真うpされてたな・・・
砂漠にくいがうたれててそのまま女が全裸で股間から串刺しで

鬼畜のやることはいつの時代も同じ
米兵からは証言は何にも出ぬまま闇の中か
ヒドス

382 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 07:49:29 ID:???
南京の件じゃあ、証言なんか証拠にならんみたいに言ってたのに>中村粲

383 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 09:05:28 ID:???
賠償を考慮すると言って検証しようとすれば
事実がばれるから逃げてしなかったり
日本が調査可能な範囲で調べても極めて虚偽に近かったり
一番タチが悪いのは日本政府なんだよね

抗日を有利な外交に利用してきた中国との反日利権を排除できず
甚だしいのは日本国民に真実を知りつつ欺き続けてきたから
在日利権の存在と全く同じ
当事者が金権の授受行いながら今までなぁなぁでやってやってきた事実があるから

地方公務員なんかよく知ってる
時期になると役場によくわからん住民が現れる
ずっと各種税金を逃れて生活保護や補助金類をずっと貰って来た家族だ
彼らは代々前任者からノータッチで書類が通過するようになってる
地方公務員法など法律に一切書かれてないブラック業務になる
彼らは国に守られているから滅多に新聞沙汰にならないが
昨今こうした強請集りが法律の締め付けが厳しくなり
これが現場で通らなくなると決まって大騒ぎを起こす
とにかく民団が動けば折れるしかない弱気を無視し強気に無力な情けない日本の行政
ところがあまりにやり過ぎて世に明るみになったことがある
すべてこれをすればいいが彼らは頭が良いから裏で取引や根回しをして脱法行為をパスするようにしてしまう
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10994151
一番わかりやすい日本の不思議現象が
法律で禁じられている賭博のパチンコが堂々と認可され国に守られ
法律に抵触している利率や取り立て方法の消費者金融が捜査の対象とされておらず
何度裁判になっても政教分離が堂々とまかり通っている
そして国を動かす国民自体がこれを受け入れて排除しようとしない

アジア特有の古い背任賄賂社会とアメリカ刷り込みの金権社会の双璧国家こそ日本だよ
十万人規模の市役所職員になるため受ける公務員試験もコネで簡単にパスする社会が日本の今の社会だよ
国家試験の試験委員を法外な金で買収するなんて朝飯前だよ
人は目の前に札束積まれると心が動く

384 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 16:23:11 ID:???
つまり、ヒロヒトの責任ということだな。

385 :名無し三等兵:2010/06/30(水) 18:24:56 ID:???
何も行動しないお前の責任。

386 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 21:00:42 ID:???
「ご内聞」にという一言で闇の中さ

387 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 07:59:04 ID:???
GHQが極東裁判で起訴しなかったから昭和天皇は戦争責任なしと言ってる人は、
つまり日本国の天皇はGHQに従属する存在だったという前提なわけ?

その論理でいくと、
マッカーサー主導の憲法改正で統治大権および統帥権を剥奪された時点で
GHQは天皇にも戦争責任があると認定したということになるわけだが。

388 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 09:55:34 ID:???
>その論理でいくと

全然その理論でいってない。

389 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 10:04:09 ID:???
「GHQが極東裁判で起訴しなかったから、昭和天皇は戦争責任なし」
この論理が成り立つのなら、
「GHQが憲法改正で天皇の政治権限の一切を剥奪したから、昭和天皇は戦争責任を負う」
という論理も同様に成り立つわな。

こんな簡単なロジックもわからないなんて、
ネトウヨはよほど非論理的な思考をしているんだろうな。

390 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 10:06:08 ID:???
前提も何も降伏して占領されてるやんw
降伏条件の範囲内では煮るのも焼くのも戦勝国の勝手
だから終戦の時、国体が存続するかどうかでアレだけ揉めたんじゃん。

391 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 10:10:20 ID:???
>>389
どんなトンチキ理論だw

>「GHQが憲法改正で天皇の政治権限の一切を剥奪したから、昭和天皇は戦争責任を負う」
つまり今の憲法はGHQが押し付けたものだって押し付け憲法論を認めるってことだよなw

392 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 10:13:10 ID:???
>>391
GHQが主導して日本人スタッフが憲法改正したことは紛れもない歴史的事実だが何か?

393 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 11:02:25 ID:???
当時マッカーサーは神
でもマッカーサーの首を切った大統領はもっとすごいという印象が残ったのだった

394 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 11:02:28 ID:???
>「GHQが極東裁判で起訴しなかったから、昭和天皇は戦争責任なし」
>この論理が成り立つのなら、
>「GHQが憲法改正で天皇の政治権限の一切を剥奪したから、昭和天皇は戦争責任を負う」
>という論理も同様に成り立つわな

全然成り立っていない。


395 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 11:06:35 ID:???
>>392
GHQが主導したのが問題なんだろ。

396 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 11:14:03 ID:???
>>395
GHQが主導した憲法の内容のほうが
よっぽど民主的でいい出来だったことのほうが問題だろw

397 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 11:28:20 ID:???
>>396
その憲法のおかげさまで
朝鮮戦争のドサクサに紛れて
竹島を取られちまったがね

398 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 11:38:58 ID:???
自衛権さえ盛り込めば、本当に良い憲法ではあるんだな。

399 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 12:22:23 ID:???
>>394
つまり、おまえは論理的思考能力が皆無と。

400 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 18:11:50 ID:???
>>399
それを理論的思考と主張する時点でバカ決定

401 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 19:03:58 ID:???
>>400
まあおまえは馬鹿すぎて自分の馬鹿さがわからないんだな。
かわいそうな奴だ。
自分は普通の人間だと思い込んで、周囲のセセラ笑いにも気付かず、
人間らしい思考など何ひとつできず、それが普通だと思って生きている。

本当に普通の人なら、そんな情けない人生を送るぐらいなら、さっさと自分で幕を引くな。
おまえはまだ幕を引く必要にすら気付いていないということは、やはりよほどの馬鹿なのだろう。

かわいそうに。

402 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 19:59:05 ID:???
>周囲のセセラ笑い
戦争責任論では誰にも全く相手にされないので、ついに幻聴が聞こえるようになったかw

403 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 21:02:24 ID:???
>>401
何このブーメランな書き込み

404 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 01:18:20 ID:???
>>396
アメリカに押し付けられた憲法をいいなんて、奴隷根性ここに極まれりだな
現在の憲法がいいか悪いかは関係ない
アメリカ人が作ったもんを押し付けらたのがむかつく
なんでアメリカ人に俺たちの生活を四の五の言われねばならんのだ?
おれたちが日本でどう暮らそうと俺たちの勝手だろ

405 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 01:22:40 ID:???
大日本帝国憲法は欠陥はあったかもしれんが、あの憲法は明治の志士たちがヨーロッパに遊学し
かの地で様々な研究を重ね試行錯誤の上に生み出されたものだ
日本人が日本人のためにつくった憲法だ
それをアメリカ人の都合で勝手に潰されてたまるかよ
昭和天皇はなぜ抗議しなかったんだよ
自分の地位の保全に忙しかったのかw

406 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 01:31:46 ID:???
昭和天皇に戦争責任はなくてもアメリカに従った責任はある
日本人が天皇を軽んじるようなったとしても、それは天皇のせい
あんたがアメリカのイエスマンになったせいで、日本人はみごとにアイデンティティを喪失しました
天皇を心から敬う人間が今やどれほどいるというのか
みんな自分の生活のことしか考えてないじゃないのか

407 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 05:14:21 ID:???
>>404
君の、むかつくのは相手が悪いから、という「ゆとり」全開な書き込みに
逆にすがすがしさを感じる。佳作。

408 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 08:30:13 ID:???
>>405
明治の志士?
薩摩や長州の田舎者がクーデター起こしただけじゃねーか。

409 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 09:35:34 ID:???
>>408
そのクーデターの首魁がヒロヒトの祖父ムツヒトなわけだが。

410 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 10:01:01 ID:???
明治天皇はその頃はまだガキだったろ
それでもまあ、明治天皇は偉大だったよ
写真見てもヒシヒシとその威厳が伝わってくるからね
アキヒトなんか全然ダメだわ
やはりアメリカ人に教育受けたからか



411 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 10:03:43 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Crown_Prince_Akihito_and_Elizabeth_Gray_Vining.JPG

この写真を見たときは衝撃を受けた
天皇陛下って白人に教育されてたのかよ!ってな
しかもこの家庭教師のエリザベス・ヴァイニングってめちゃめちゃリベラル
天皇陛下が左翼から教育受けたなんてウヨはどう思ってんだかw

412 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 14:14:01 ID:???
>>411
愛国教育ってのは、要するに底辺向け教育だからね。右翼なんて
喋る猿みたいなもんだし、そんな連中にまともな教育を施すなんて
時間と金の無駄遣い。右翼や右翼の子弟のような底辺層には、
愛国教育を施して、国の為と称して死ぬまでこき使うべきですよ。
それが中曽根時代の臨教審以来の自民党の方針だしね。右翼どもは
国の為に死ねるんだからうれしくて仕方ないだろう。こき使った
挙句に死んでも、靖国にでも死体を放り込んでおけば満足なんだ
ろうしね。

413 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 14:33:27 ID:???
愛国心を持った憂国の志士なら、皇軍を戦犯扱いにして日本に原爆落としたアメリカに怒りの矛先が向かうはず
しかし、怒りの矛先が韓国や中国に向かうから話がおかしくなる
靖国神社に祀られている英霊たちの大半は米兵によって殺されたのではないのか?
特攻隊員はどこの国の軍艦に突入したというのだ?
結局、右翼も左翼も踊らされてるだけなんだよね
バカバカしい

414 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 14:42:11 ID:???
日本の若者が冷めてるだな無気力だの言われてるが、このバカバカしさにみんな気づいてるから
いくら熱くなったって結局は、何も変わらないじゃないか
アメリカに従って、中国や韓国にあやまって
日本は民主化されました平和国家になりました、あやまちはくりかえしません
結局、こうするしかないんだろ

415 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 14:43:42 ID:???
>怒りの矛先が韓国や中国に向かうから話がおかしくなる

こいつらが声高々に反日しているからだろ。

416 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 15:07:02 ID:???
>>413
広島と長崎で大量の日本人を虐殺したアメリカの核はきれいな核、だそうです。

417 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 16:29:15 ID:???
んなこたぁこっちのブサスレでやれ


★断罪の広島!8月6日、原爆記念日★裁きの炎!


1 :名無し三等兵:2007/08/05(日) 20:18:16 ID:???
| ∧         ∧
|/ ヽ        ./ .∧
|   `、     /   ∧ 
|      ̄ ̄ ̄    ヽ      
| ̄ 8月6日 月曜日  ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=- /   
|::    \___/   /     待ってるぜ・・・
|:::::::    \/   /

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1186312696/l50

418 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 14:59:54 ID:???
>>415
アメリカもさんざん日本叩いたじゃん
貿易摩擦でトヨタをぶっ壊してたのは誰だよ
日本に焼夷弾をぼこすか落として、日本を焼け野原にしたくせに恩着せがましく
日本の復興を支援した言い
日本の経済がアメリカを脅かすようになったら、日本車叩き
いったいなんなんだこの国は
これでは日本はアメリカの許す範囲で行動しろと言ってるようなものではないか

419 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 21:13:12 ID:???
808 :太平洋戦争の原因:2010/07/06(火) 21:06:16 ID:1DMRP5Rm

それは日本軍は中国ゲリラに勝てない事が誰の目にも明らかになったからです。

アメリカがイラクやアフガニスタンで失敗したのと同じですね。

そこで日本政府が考えたのが、ソ連に日本を占領されるより、アメリカに占領して貰った方がいいという唯一の解決策だったんですね。

即ち、太平洋戦争は八百長だったのです。



昭和天皇の考え:

中国ゲリラに勝てない事が誰の目にも明らかになった

→ このままいったら日本に革命が起きる

→ 日本のマルクス主義者がソ連と内通して、ソ連が日本に宣戦布告する

→ ソ連が日本を占領したら天皇家は廃絶、自分は戦犯として殺される

→ こうなったらアメリカに日本を占領して貰うしかない

→日本人が革命を起こす元気が無くなるまで徹底的にアメリカに日本爆撃をやって貰おう

→ アメリカ人に恨まれたら困るから故意に負ける作戦を取ってルーズベルトの心証を良くしておこう、日本兵が革命を起こす気力が無くなる様に無謀な攻撃をさせてクタクタに疲れさせよう

http://www.amezor.to/cgi-bin/res.cgi?dir=shiso&res=100310213014&st=38


420 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 23:43:18 ID:???
日本てほんとアメリカの言いなりだよな。
鯨油のためだけに鯨の頭数を激減させたのはもともとこいつらなのに
今頃になって鯨が減ったのは日本人が鯨を捕るからだと主張しやがる。
日本が鎖国をやめて軍事国家になったのはアメリカが原因だったし
敗戦後も国民にとってメリットのない天皇制を残してくれた上に
天皇を象徴とする日本国憲法を日本人に押し付けたのもこいつらだもんな?

421 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 23:19:57 ID:???
ポツダム宣言の受諾とミズーリ号上での停戦文書に調印したことで
連合国の支配下に入ることとなったのだから文句は言えまい
そして米国との単独講和であるサンフランシスコ条約に調印したことで
米国の軍門に下る決定をしたのだから米国の庇護がなければ国際的な活動が出来ないような
縛りを自ら選んだのだから仕方あるまいよ

422 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 15:50:09 ID:???
そうした縛りも冷戦時代までは確かに有効だったんだよね
少ない軍事費でソ連の脅威から守られてたし
軍事費を少なくすることで経済に予算を振り分けられた
まあ、その縛りもアメリカがイラクやアフガンで戦争はじめることによってだんだん負担になってきたわけだが

423 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 14:20:41 ID:???
確実に責任はある。

424 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 19:24:19 ID:qz9In/Hi

「幸福の科学信者よ、まだまだ希望はあるぞ!!」からのコピペです
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1279086145/

1 :無敵の龍 リョウ サカザキ:2010/07/14(水) 14:42:25 ID:NP7bh/Wn
幸福実現党は天皇陛下夫妻に支持を公に宣言してもらう。秋篠宮文仁(ふ
みひと)夫妻、皇太子徳仁(なるひと)親王夫妻にも幸福実現党を公に宣言し
てもらう。 そして、天皇陛下皇族たちにも次の衆議院選挙で幸福実現党を応
援してもらう。もうすでにこの案は幸福の科学、幸福実現党本部にファックスで
送ってある。幸福実現党が政権第一党になれる希望はまだまだあるのである。
幸福の科学信者よ。落胆するなかれ。まだ、これからである。幸い天皇家も民
主党政権を嫌っている。天照大神の霊言や昭和天皇の霊言を じかにみせれ
ば天皇家皇族たちの支持を得ることはそう難しいことではないはずだ。

これって本物なのでしょうか?
「明治天皇・昭和天皇の霊言」   大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0242.html
「天照大神の緊急神示」     大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0283.html

425 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 23:06:50 ID:???
んなことするんだったら
選挙で投票用紙に「天皇親政希望」とでも書いておけ
有権者の1/10くらいの無効票がそんな記載だったら
政府も無視できまいて→帝国復活の足がかり。

426 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 12:26:18 ID:???
帝国憲法の改正手続きを踏んで新憲法を制定したのだから
逆も可能だろ

427 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 17:45:39 ID:???
参考資料
・高宗と閔妃が売り払った利権

1896年
ロシアへ咸北・慶源・鐘城の金鉱採掘権
鐘城の石炭採掘権
豆満江・鴨緑江上流地域と鬱陵島の森林伐採権
アメリカには京仁鉄道敷設権
雲山金鉱(平北)採掘権
イギリスには財閥顧問の派遣と海関管理権
フランスには京義鉄道敷設権
1897年
ロシアへ財政顧問の派遣と海関管理権
軍隊の教育訓練権
ドイツに江原・金城、金鉱採掘権
1898年
アメリカにソウルの電車・電灯・水道経営権
日本へ京釜鉄道敷設権
イギリスに平南・殷山金鉱採掘権
1899年
ロシアへ東海岸における捕鯨権
1900年
ロシアへ慶南・馬山浦の栗九味租借忠北・稷山金鉱採掘権
日本に京畿道沿海の漁業権
1901年
フランスに平北・昌城金鉱採掘権

428 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 22:24:39 ID:???
日本とアメリカはより緊密に政治、軍事を強化する必要がある。
が、民主党のアホがいる間は無理かwww

429 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 17:17:19 ID:???
>>427
で、そんなことがヒロヒトの罪を減じる要素に成りうると思うほどの馬鹿がこの世に実在するのか?

430 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 18:26:14 ID:???
どちらかというと
天皇のそばにいる、内大臣 木戸だろ。たしか処刑されたヤツ。

431 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 21:31:15 ID:???
昭和天皇に戦争の責任はあるが、それは外国に対してではなく日本国民に対してのみである。

432 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 08:42:34 ID:29iCXdxj
本当のことを言ったら左翼扱いされたでござるの巻

173 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)