5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦艦総合スレッド・新三番艦

1 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 19:34:52 ID:???
ウォーリアからH44まで

語れ。

前スレ
【眞・戦艦厨 スレッド】二番艦【嫌独英艦厨日本太郎】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1263014675/

2 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 19:46:17 ID:C7/+FINT
太平洋戦線前半戦で空母の重要性はわかった筈。
もし大和が 30kt出てたら 大和ホテルになってる間だけでも空母につけようと思うのは普通。
大和級が共同行動してるだけで 兵員の士気はかなり違う。

3 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 19:47:38 ID:???
早速連休厨が沸きました(藁

4 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:03:23 ID:C7/+FINT
スレと無関係なこと書くな!

5 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/04(火) 20:04:16 ID:Ghi18iJn
あのね、
大和に30ノット与えるとして。
それは他の性能を維持したまま速力だけ30ノットにするのか
それとも何かを犠牲にするのか?

そこからまず考えてから発言したほうがいいですよ。

6 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:10:29 ID:C7/+FINT
30ktが他の性能を下げても必要かどうかを先に判断しほうがよろしかろう。
太平洋戦線でまともに活躍した日戦艦は金剛級だけなので。

7 :はい終了!以下関係なく:2010/05/04(火) 20:12:21 ID:???
>>2 30ノット出ようが出まいが、大和が機動部隊護衛に使われる事はなかったでFA

8 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/04(火) 20:20:32 ID:Ghi18iJn
>>6
必要ありません
本当に30ノットなければできなかったことなんて
太平洋戦線でもそうはないのですよ
大和は大和だから出し惜しみされた
金剛は金剛だから便利に使われた
それだけのことです

9 :前スレ続きで:2010/05/04(火) 20:20:42 ID:???
で金剛型が戦場離脱時に「帰り道なんで満載には程遠い」状態だった事もあって、
実際に30ノット出ていた可能性が高いのは分かったんだけど、米ノースカ級や、SD
級が所謂「戦速」ではなくて、限界いっぱいで26.5ノット出していたというのは何なの?
米新戦艦にはスケグの関係で振動問題があったから、砲撃態勢時に最大速度ての
はありえないように思うんだが。
でもまぁそれ言い出したら両軍とも砲撃時に最高速力はありえん罠

10 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:26:13 ID:C7/+FINT
WW2時代の戦艦にとっても速度は作戦上 非常に重要である。
>8 の発言内容は なんら具体的内容が記述されてない。

11 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:27:48 ID:???
>>5,8 ゆうか様。割り込み失礼しました…。m(_ _)m

実際、連合軍想定のいはゆる"YAMATO"ならともかく、史実通りの攻防性能の大和が
30ノット出してたら、油喰い過ぎでホテル稼業どころではなくなったでしょう…(汗

12 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:34:57 ID:C7/+FINT
史実通りの攻防性能が本当に必要か?
本当に必要だったのは 機動性ではなかったのか?

13 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:37:36 ID:???
だ〜から、空母に随伴したところで何が出来るってのよ。

14 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:38:20 ID:???
>>12
なら金剛でええやん…。

オマエも「士気」に影響とか、少しは具体的に書いてみたら?

15 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:38:57 ID:C7/+FINT
米海軍の運用を見よ。

16 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:43:10 ID:???
>>12
大和は戦艦部隊の旗艦としての役割が
すなわち日本の保有する新旧改装戦艦群との協働という役割が
最初の最初から与えられてたんだって何回言われれば分かるのよ
大和の基本コンセプトにまで遡って歴史を修正しなきゃそんなことは起こりえないんだよ

17 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:43:38 ID:???
>15
ソロモンや南太平洋で戦艦1隻を繰り出してるけど
それなら日本だって繰り出してるよねえ?
特に南太平洋海戦は油の都合であと1日敵が見つからなかったら引き返さなきゃならない程日本は追い詰められてた
あそこに大和が加わるなんて、仮に速力30ノットだったとしてもありえない。


18 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:44:47 ID:???
>>15
だから前スレの最後で、その米機動部隊で防空に活躍したS.ダコタ級が、30ノット
どころか、「機関全開で」26ノットしか出なかったという乗組員証言を引用していた
だろう…?

19 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:47:04 ID:C7/+FINT
だから前スレでSDは作戦中に後落したことが書かれてる。

20 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:47:38 ID:???
>>13
何が出来るって?そりゃ、
戦後の軍オタが喜ぶ事が出来る。
又は、戦後の軍オタが旧日本軍の批判材料として使う事が出来る。

21 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:51:53 ID:???
対空火器が貧弱だから米海軍みたいに防空艦として使えないしねー。

22 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:54:15 ID:???
米戦艦が対空戦闘でどれだけ戦果をあげているかは怪しいもんだけどな。

23 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:55:36 ID:C7/+FINT
30kt大和の場合 空母機動部隊との共同作戦も考え 対空火器は増強されてる可能性大。

24 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/04(火) 21:01:07 ID:Ghi18iJn
>>16
加えて言うと、大和型は金剛型(榛名と霧島。金剛と比叡は状態が良いので後回し)を代替するものです。
つまり大和の就役によって金剛型は主力からあぶれ、気軽に使える存在になったという側面もあります。

大和は構想段階では確かに第二艦隊向け高速戦艦としての案があります。
しかし艦のサイズ・コストの問題や、主力艦隊の戦力不足もあって
オーソドックスな純戦艦としてまとめられたものです。

日本が当初構想したといわれる高速戦艦は、実はサイズが日本造船所の手に余るものだったことは案外知られてないんでしょうね。
水線長実に294メートルのバケモノです(大和は256メートル)。全長は優に300メートルを超えたでしょう。
その後やや船型が縮小されましたがそれでも277メートルあります。
日本は30ノットの高速戦艦を18インチ砲で造るのは、現実論としては不可能だったのです。
少なくとも昭和12年や14年の時点ではね。

25 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:05:24 ID:???
無理だな最高速力30ノッター超にするだけで、
ボイラーは35気圧以上、温度は400〜450℃の高性能ボイラーが製造可能で。
タービンも更にハイパワーの高性能タービンが必要。
大量の電子兵器を搭載するための発電能力強化する区画も増やさなきゃいけないし。
46サンチ50口径砲にするには更にバーペットごと50口径砲に対応する物にしなけりゃならないし。
そんなの日本が冶金技術など基礎工業力から相当上昇しないと無理。
つまりイギリス、ドイツ並の基礎工業力、冶金技術力やブルーリボン狙える
巨大豪華高速客船建造できる造船技術力がないと無理、無理です。
諦めようよ、あ、あ、アイゴー!

26 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:07:04 ID:C7/+FINT
18inch:3x2 前部集中 舷側水平装甲10%減、艦幅37mとかなら いけるんじゃない?

27 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:10:53 ID:???
だ〜ら、、、いけるからどうかじゃないだろ〜が!

大事な決戦の中心戦力を、なぜそんなイロモノにしなければならんのだ。

28 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:12:41 ID:???
>27
ましてや戦前、昭和12年の段階でなんでそこまで空母に媚売った戦艦造らにゃならんのよ?
こいつ自分で
>太平洋戦線前半戦で空母の重要性はわかった筈。
と書いてる。
戦前に、つまり大和の計画・建造時点でそんなことわかるはずなかったと自分で証明しているようなもんだ。

29 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:13:08 ID:C7/+FINT
起こりもしない”大事な決戦”のために 大和ホテルにしとるのか。

30 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:15:05 ID:C7/+FINT
条約外設計の他国新戦艦は ビスは微妙だが 30ktでてる。

31 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:19:45 ID:???
>30
あれもカタログ値は30きってる。
実際に出たというならそんなの大和だって2ノットも高速の29ノット出したことはある。
もともと大和の機関は初春のデチューン(つまり出力を抑え目に使うことにした)版なんで
本気を出せば初春に積んでたのと同じ程度の出力は絞りだせる。
んで公試のときそれをやって29ノットを突破してる。
もちろん緊急出力みたいなもんで機関を痛めつけるから普段はやんないが。

32 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:22:29 ID:C7/+FINT
独の機械工作技術は高い。
ビスあたりは過負荷高速運転にも長時間耐えられるだろう。日、英はダメ。

33 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:25:36 ID:???
>>17
ソロモンスレでも散々書いたけど、燃料が足りなくて油槽船をわざわざトラックまで戻し、
そこにいた大和と陸奥から燃料抜き取って前線まで運び、機動部隊と前進部隊に補給して、
ようやく南太平洋海戦を戦えてるわけだからねえ。

あそこで大和を動かしてたら、作戦に支障が出たのは間違いない。

34 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:27:14 ID:???
むしろ独戦艦群は某所でメンテした艦を除き、長時間の高速運転なぞできなかったわけですが。

35 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:28:02 ID:???
つまり貧乏が悪い、タンカーなど船舶は史実では全然足りない、アイゴー!
アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!
アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!アイゴー!

36 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:29:15 ID:???
>32
そんな運用しない。
艦隊は巡航速度で移動するもの。
水上戦闘で1時間以上全力で航行することなんてめったにありゃしない。
日本がガ島に突入したときだっておおむね25ノット程度。
30ノット以上で突撃かましたのはせいぜい数十分。
例外は3次ソロモン一回戦くらいのもの。
大体高速運転は機関全開だから燃料バカ食いする。

37 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/04(火) 21:31:28 ID:Ghi18iJn
>>32
実際の戦績調べればわかりますがトラブル続きです。
信頼性の点では日英にはるか劣ります。
ありていに言って、重量軽減のために高性能を求めて背伸びし過ぎてるんですね。
平時ならそんな欠陥は表面化しないから大して問題にならなかったんだけどね。

38 :ナンダ…:2010/05/04(火) 21:34:32 ID:???
ID:C7/+FINTは正真正銘厨だったか…マトモに相手して莫迦だったな。

::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::父ちゃん、釣られちゃったクマ…
::::::::::::\::::::::::::::: ∩" ̄ ゙゙̄`∩:::::::
:::::::::::::::::\::::::::::/   ,ノ  , ヽヽ:::::::::::::::::::::::::_,,,,___
 :::::::::::::::::::\::::i  。●  ●。i:::::::::::::::::::: '゙    ゙`''、::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::\彡  (_●_) ミ:::::::::: ⊂/ノ   ヽ ヾつ::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::/ヽ  ヽノ__ノ__:::::::::::::: i。●   ●。゚ i:゚。:゚:゚:。 お父ちゃんいかないで〜
  ::::::::::::::::::::::::::/   ̄ ̄_)___):::::::::::ヽ(_●_) _ミノ:::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::○/    ̄ ̄ ノ::::::::::::::::: ( ̄ (___  )::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::|  __  /:::::::::::::::::::::::: ̄{     (::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::| /::::::::::: )  )::::::::::::::::::::::::::: {     )◯:::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::∪:::::::::::::(_ )::::::::::::::::::::::::::/ /\_つ)))))::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊂ ノノノノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

39 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:38:25 ID:???
>>34 「某所」…それはもしや会合点アンダルシアの事で?

40 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:39:19 ID:C7/+FINT
独の工業製品の精度の高さは工業界では有名です。特に精密機器、光学機器。
トラブルの記録が表面化したかどうかのちがいだけでは?

41 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/04(火) 21:42:06 ID:Ghi18iJn
>40
まったく関係ありません。
いくら技術が高かろうと、その技術水準を超える要求をすればトラブル頻発は当たり前です。

ドイツ戦艦の機関トラブルってのはそういうものです。
自分たちの手に余るほどの高性能・軽重量を求めすぎた結果であって
「過ぎたるは及ばざるが如し」の典型例という、世界中どこにでもある失敗例の一つに過ぎません。


42 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:46:42 ID:???
>>39
ええ、卵を一杯食べると機関の調子が改善するのです(違

43 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:51:26 ID:C7/+FINT
大型軍用戦闘艦は総合工業力の結晶といってもよいでしょう。
独の内燃機関技術も車や航空機、戦車でみられるように当時から世界最高水準でした。
基礎工業技術レベルの高さなくして 高性能、高信頼性、高耐久性のものができるとはとても思えません。
ビスってあまり冒険的設計してないですよね。

44 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 21:56:47 ID:???
>43
機関についてもっと調べましょう。
ドイツが戦艦に採用した機関の蒸気圧・温度は他国水準を抜きすぎ。
まさに背伸びの結果。
あんたがどう言おうと、ドイツがどんだけ技術に自信を持っていようと、
その自信以上のものを無理やり造ってるんだから故障は当たり前。

45 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:07:49 ID:C7/+FINT
ビス級の機関故障って??

46 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:09:07 ID:???
ID:C7/+FINTって新手の荒らしちゃうか?

47 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:11:41 ID:???
>>42
6,000海里以上、161日間に及ぶ通商破壊任務を終えて、本国近海で護衛の
駆逐艦群を置き去りにするほどの快走を発揮しましたからね。
(重巡以下のドイツ艦に、明瞭に凌波性の問題があったにせよ)

48 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:19:20 ID:IaW2QXHJ
状況が設計時と変わってしまった以上しょうがない。
大和もそうだが、ビスマルクも同様。

「だって、ヒゲの伍長が戦争は1944年以降だって言うから・・・・」
そら、背伸びするでしょ、普通。

49 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:22:34 ID:???
>>45
早川文庫NF269『巨大戦艦ビスマルク』のp.p.81,l.13から読んでごらん?
p.p.86にも書いてあるよ?

ネットではあまりにも有名な↓ここでも
ttp://www.warbirds.jp/truth/bismarck.html

50 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:23:17 ID:???
>45
公試中何度も故障を起こしている。
ライン演習作戦の発動日時はビスマルクの機関が万全を期せるよう徹底的に整備されたことと無関係ではない。
ちなみにそこまで念を入れた結果、今度はシャルンホルストが機関故障を起こし
英軍の攻撃で損傷していたグナイゼナウ共々作戦参加不可能になってしまった。
さらにフッド撃沈後に分離行動を命じたプリンツ・オイゲンはこれまた機関故障を起こして
ろくに戦果をあげることもできずにすごすごと帰投する羽目に。

なお2番艦ティルピッツもしょっちゅうトラブルを起こしてる。

51 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:38:16 ID:???
>>48
その前からだな。
ドイッチュラントもシャルンホルストもアドミラル・ヒッパーも機関についちゃ形無し。
大型艦の主機関はドイツ海軍のアキレス腱といえるほどの弱点になってる。
それこそヒトラーが政権につく以前から。

52 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:41:45 ID:C7/+FINT
>49   どこにビスの機関故障が????

53 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:44:04 ID:???
>>52
自分で買うなり図書館で読むなりしろ
参考文献を紹介してもらった以上、そこから先の確認は自身でするのが当たり前だ

54 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:44:21 ID:C7/+FINT
>49  ネットではあまりにも有名な↓ここでもーーーーーどこのネットに有名???

55 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:45:49 ID:C7/+FINT
なにをいきなり命令口調でいっとる!

56 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:46:35 ID:C7/+FINT
>53 ね

57 :49:2010/05/04(火) 22:52:46 ID:???
>>54 キミ、O氏師のttp://www.warbirds.jp/truth/bismarck.htmlすら知らない
トーシロじゃ、しっかり勉強し直してから出直した方がいいよ。
ああ、>>53とは別人だからね。

58 :木乃伊鳥が(汗:2010/05/04(火) 22:54:10 ID:???
O塚氏だった…暫くROMろう

59 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 22:54:57 ID:C7/+FINT
O氏師のーーーを知ってることがそれ程重要なことなの?

60 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/04(火) 23:04:46 ID:Ghi18iJn
>>59
重要ですね。
氏は世界の艦船その他への寄稿常連組であり
一流の研究家です。
彼の視点は定見を覆すものが多くあり、無条件に信じるにはいささか懐疑を抱かずにおれませんが
研究を進める上で重要な示唆を多く含みます。

氏の論説を妄信する必要はありません。
しかし艦船を研究するなら一度は目を通すべき、といえるだけの重要性は獲得しています。

61 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:07:38 ID:???
金剛型高速戦艦は空母が航行不能になった時の曳船用だろ。

62 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:26:43 ID:???
>>25
そうだよ。日帝がまともに軍令部の要求通りに軍艦を作れた試しはないさ。
平賀があれは無理だこれも無理だと勝手に利権の言うとおりのスペックに
納まるようになってたんだから。
ヴィッカースの建造したプロトタイプ以上のものを日本人が作れる訳が無い。
そこが東洋人の当時の限界だったんだよ。

63 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:32:13 ID:???
まぁ大和を30ノット化する予算と技術と機関開発余裕があるなら、
長門級を29ノット改装するなり、扶桑以下4隻の缶を総入れ替えして中速戦艦化する方が効果的だよな

・・・ソロモン方面への輸送用として

64 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:37:34 ID:???
長門、陸奥の29ノッターは可能だが。
砲搭が邪魔だし船型はアレだから扶桑、山城、伊勢、日向は
無理だ。
主砲が連装6基だから砲搭が邪魔でしょうがない。
主砲が三連装四基12門で長門並の船型なら高速戦艦改装は可能だったが。

65 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:42:05 ID:???
どうせ航空優位なんだから、伊勢も扶桑も半分、艦砲おろしてイオージマ
でもオキナワでも配備しろ。さうどうだ。缶室ができただろ。

66 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:43:00 ID:???
>>64
実際、使い古しの缶を流用したりしただけで25ノット程度出てるんだから、
金剛型と同じ缶積めばそれ以上の速度出るかと

燃費の悪さも幾分は解消できるはず

67 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 23:48:48 ID:???
>>65
扶桑の戦没日も知らないお子様はさっさと寝ろ

68 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 07:24:02 ID:E291XqZ9
>60 この板は研究者だけが書き込める板か?。
ひろゆき氏はそんな目的で作ってないだろ。
より多くの人の 意見交換の場でしょ。

69 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 07:37:47 ID:???
初心者スレじゃないんだぞ

70 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 10:21:06 ID:???
シロウトならシロウトらしく振舞えってこと
重要かどうか聞かれて重要ですと答えられたならそれを素直に認めろよ
ふてくされたような言い訳してんじゃないよ
傍からみてお子様の屁理屈そのものだぞ>68の文章は

71 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 10:26:19 ID:???
「?」の後ろにも、「。」付けちゃうような子だからなぅ

72 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 11:06:07 ID:???
>>24
金剛型4姉妹艦の内、長女の金剛の方が状態が良いというのには驚きました。
比叡は練習戦艦時代を経て、最後の改装でしたから想像が付きますが。
例のVC鋼ドリル穿孔問題が思い出されますね。

73 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 11:18:01 ID:???
四姉妹で一番出来が悪かったのは横須賀で造った比叡。
扶桑と山城でも横須賀建造の山城のほうがマストトップで振動大だった。

74 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 11:46:14 ID:???
>>72
>比叡は練習戦艦時代を経て、最後の改装でしたから想像が付きますが。

2次改装順序自体、榛名→霧島→金剛→比叡ですから。
榛名のボイラーにいたっては他の同系艦が同一の8基になっているのに対し、混合の11基です。

75 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 12:02:51 ID:???
>>24
金剛と比叡はすでに天城と赤城の代艦とされてましたから状態云々ではなく単に艦齢の関係だと思いますけど。

76 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 12:06:19 ID:???
練習戦艦になったこと自体が出来の悪い証拠 >>比叡

77 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 12:55:00 ID:E291XqZ9
>70 君の文章のほうが とても常識ある人間のものとは思えん。

78 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 12:57:58 ID:E291XqZ9
>69 戦艦の初心者スレなんてあるの?

79 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 13:33:07 ID:???
ドイツ戦艦よりおフランス戦艦に萌えるアタクシは変態ザマスか?

80 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 13:38:06 ID:???
ヨーロッパの見かけ倒し対決?w
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/99/RM_Roma.jpg
http://www22.tok2.com/home/ndb/name/r/Ri/Richelieu/richelieu04.jpg

81 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 13:38:10 ID:E291XqZ9
リシュは排水量のわりには 強力な戦艦だ。
前部集中4x2配置は成功だった。

82 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 14:00:27 ID:???
ネルソンに萌えるようになれば立派な変態、もしくは英国紳士

83 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/05(水) 14:18:20 ID:fLytiFpM
>>75
単純な話。
大蔵省への説明資料で
大和と武蔵は増強分
信濃と111号艦は榛名と霧島の代艦と明記されている、というだけのことです。

84 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 14:51:24 ID:???
×金剛と比叡は状態が良いので後回し
○金剛比叡は榛名霧島より艦齢が古くすでに天城赤城によって置換対象となっていた

85 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 15:08:46 ID:???
イギリス人ですらネルソンはブサイクと認めている

86 :ゆうか ◆u8WC078ef5ch :2010/05/05(水) 15:22:54 ID:fLytiFpM
>>84
それは八八艦隊途絶で取り消されてますというかあれとて単に
二線に回すという意味ですから文字通りの代艦計画ではありません。
金剛比叡はマル5で代替予定なのですが、おそらく超甲巡2隻がそうなのですが
それを明記した資料はまだ目にしてません。

87 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 15:28:28 ID:???
どうせ空母なんて相手に直掩機用意されたらアメリカでもないかぎり積みだろjk
そのアメリカ最強空母隊だって伊勢日向には散々好き放題されたわけだしな。

大和はノンキャリア&出し惜しみによる素人集団だからダメだったで全て済む話。

88 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 15:56:26 ID:???
>>41
>その技術水準を超える要求をすればトラブル頻発は当たり前

故障頻発のシャルンホルスト級よりも更に高温・高圧であるにも関わらず、ビスマルク級の機関の稼働率
は良好なんですけど。
まあ並の技術水準すらクリア出来ずに故障頻発の4連装を搭載してる某造船大国(笑)の不沈戦艦あたりの
機関になると、その低効率だけではなく船体の構造上に起因する搭載量の無さが航続距離にまで影響して
ますが。


>>50
>公試中何度も故障を起こしている

94年の初版だとP81はライン演習の概要を述べてるだけだよ。
P69にある記述だと、機関の諸々の初期不具合「加熱器にヘアライン亀裂、中央連結器のベアリング破損、
タービン機関及び蒸気管の塩害etc」はいずれも簡単に修理出来た(勿論、要改良点ではある)と書いて
あるけど、「しょっちゅう故障した」とするそのソースは?

>>49
そのブログって、単にドイツ嫌いな戦鳥の英厨が妄想ついでにドイツ艦を叩いて溜飲を下げてる同人ブログ
であって、ソースでも何でも無いでしょ。(苦笑


89 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:03:41 ID:???
>>87
>そのアメリカ最強空母隊だって伊勢日向には散々好き放題されたわけだしな。
好き砲台?

90 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:04:14 ID:???
しょせん外国艦なんてドングリの背比べのチンカス揃いだろ

91 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:07:22 ID:???
88は単にイギリス嫌いな2chの独厨が妄想ついでにイギリス艦叩いているなんて書いたら怒るだろうな。

92 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:08:21 ID:???
>60
ソースもなしに主砲の水漏れや揚弾機の故障をさも「独戦艦固有の故障」であるという印象操作目的で
書き連ねてるO塚のブログって、戦鳥の連中にとっちゃそんなに『価値』があるの?


93 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:12:47 ID:???
>>92
妄信するな、としたうえで一度は目を通せ、その程度には重要と言っているのだからしごく真っ当な主張だろうに
何を噛み付いているんだか。。。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、戦鳥憎けりゃゆうかも憎いってか?

94 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:14:59 ID:???
>>92
>主砲の水漏れや揚弾機の故障

あれは大塚「先生」の妄想なんじゃね?
凌波性悲惨な不沈戦艦KG5級の主砲がどんだけ水漏れしたのかを知らずに書いてるみたいだしあの「先生」。

95 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:17:03 ID:???
そりゃ戦後の本書きはおろか、パイロットや乗組員だののいわゆる生き証人様のおっしゃる事も妄信するのは危険だからな。

96 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:18:24 ID:???
>>93
つまりは戦鳥の妄想ブログをわざわざ2chで懸命に擁護してる訳ですね
何をゆうかまで必死になってんだか(笑

97 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:19:19 ID:???
>>95
生き証人の場合は記憶違いの問題もあるが配属部署による視点の限界という問題もある
当事者にしか抱けない感情は、上層部にとっては意味の無いものだったりとか普通にあるからな
立ち位置の違いは考慮しなきゃならん

98 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:23:38 ID:???
>>49
ざっと見たけど、ジャンバールがマサチューセッツを撃破しましたとか、射程3万でヴァンガードがビスマルクを簡単に撃沈出来ます並の妄想サイトですねそこ。



99 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:24:45 ID:???
>凌波性悲惨な不沈戦艦KG5級
別にドイツ艦の凌波性は悪いとは言わないけどさ。
KGVの凌波性が悲惨というのがわからないのだが。

100 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:26:38 ID:???
>>99
KGVのアレぶりは有名だお
艦首方向に一番砲塔射ちた〜い! で艦首を水平にしちゃったもんだから波かぶりまくりでえろいことに
ヴァンガードはその反省でシアを復活させた

101 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:26:51 ID:???
>ジャンバールがマサチューセッツを撃破しました
>射程3万でヴァンガードがビスマルクを簡単に撃沈出来ます

いや、戦鳥はそういう連中のブログだから
ついでに、名無しで日本を叩いてるのもそこの連中

102 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:27:06 ID:???
>>97
つまり生き証人であっても妄信するなと。

103 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:28:48 ID:???
>>100
ソースとか求めても大丈夫?

104 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:31:28 ID:???
>>103
全然問題なし
日本でも世艦増刊「イギリス戦艦史」の写真解説なんかではっきり書かれてる。

105 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:32:16 ID:???
>>102
何を当たり前のことを。
生の声は貴重だが絶対に正しいわけではない。
当然ではないか。

106 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:36:46 ID:???
>>104
どうも。本屋でまだ売っているとありがたいのだが。
多分今度は世艦でそう書いたソースが気になりそうだけどな。

107 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 16:45:03 ID:???
>>100
量は少ないがKGVも新造時から、シアーは付いてる。
また凌波性を向上させるために、船首を長くしたりいろいろやってた。

が、垂直の艦首によって全ておじゃん。

108 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 17:50:03 ID:???
KGXとフッドって(外見は)とても同じ国民が作ったとは思えないな
中身のダメっぷりはさすがジョンブルだが

109 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 17:58:13 ID:???
主砲塔重すぎて故障頻発
艦首水平で波かぶりまくり
サイズ制限のため十分な艦幅がとれず水中防御へぼ
同じくサイズ制限のため舷側傾斜装甲使えず
一見両用砲その実砲弾重すぎで対空へぼ
UPなにそれ?(爆

・・・よくもまあここまで欠陥だらけの戦艦造ったもんだ
必要な時に必要な数を揃えられた、という戦略性は高く評価されるが
ユニットとして見た場合の戦力価値は列強でも群を抜くな

110 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 20:30:32 ID:???
 もっとも両用砲については揚弾機構まで考えると我が八九式と実用射撃速度は同じくらいあるんだけどね。
 揚弾とか考えないで砲単体の理論上の射撃速度で考えたら駄目装備なんだけど。

111 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 21:27:15 ID:???
>>109
条約縛りがあったことはご存知か?
あの仕様で改装後の伊勢と同等の排水量に抑えられたと考えれば
むしろ驚嘆に値するはずだが。

112 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 23:28:21 ID:???
お願いだから戦鳥はもう勘弁してくれ
あそこの電波はもうウンザリだ

113 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 02:14:16 ID:???
>>99
>>103

BATTLESHIPSの英仏艦編(80年刷) P241 KGV級の船体特性の項では、(船体寸法がそのままで)当初の計画から大幅に
排水量が増大した事による乾舷の減少と、砲を係止位置のまま前方へ発砲可能とする要求に基ずく少ないシアにより、
凌波性は概して悪いとされている。

P189下段では、ビスマルクとの戦闘を通じてPOWの前部A砲塔はドレンによる排水が追いつかず、その前部揚弾機構
および旋回部上部に至るまで激しい漏水に見舞われ、こうした状況もまた砲の弾詰まりを喚起したと述べている。

P218では航行中の写真のDOYをとっつかまえて「遠景の駆逐艦と比べても艦首の濡れネズミっぷりが伺える」などと
述べている。


>>107
当初は4連装3基12門で乾舷はもう1.5mばかり高く、その代わり弾火薬庫防御と船体区画構成はさらにユルイ仕様の
設計だった。
ユルイというか、見通し大甘の設計。
ちなみに史実のKGV級の動揺周期約14秒は同時期の新戦艦に対してやや短いが、11秒のネルソン級に対して、艦幅が狭い
にも関わらず大きく改善されている。
砲と乾舷減らしてこれだから、元の設計はどんだけユルイのかと小一時間(ry


114 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 08:01:40 ID:???
>>89
ヒント:エンガノ岬

三波にわたる空襲で空母全滅して目標に定められたのが将旗の立っていた伊勢、
その次は日向とまず34ノットの瑞鶴がやられる点で、
25ノットの伊勢日向は的にしかならんだろwwと敵味方両方思っていたが、

どてっ腹に魚雷ぶち込んでやるぜ→主砲海面撃ち→目標喪失&進路妨害
急降下爆撃で黙らせるb→目標変更不可能状態で大回頭→目標喪失&落とすしかない

機銃・高射砲は「どうせいくら動かしても航空機の方が速いじゃんよw」って開き直って、
指定された空域に固定、近付いたら撃ちまくる→あの時代の中では効果的すぎる対空射撃法
単発機銃しか目立った武器のない飛行甲板が弱点じゃね?って向かって言ったら、
噴進砲で返り討ち、見た目は旧式張りぼて艦だが優秀な艦長と生え抜きの玄人によって、
250機以上の空襲をノーダメージ&伊勢一隻で75機返り討ちというね。
(撃墜数ソース:艦長たちの太平洋戦争)

ちなみに噴進砲は瑞鶴や軽空母にも積まれていたので、噴進砲のお陰で無事だったのは間違いだと思う。

115 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 08:02:10 ID:???
船体幅が広いほうが復原力が大だから動揺周期は短くなるんじゃね?

116 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 10:34:22 ID:???
>>114
>伊勢一隻で75機返り討ちというね
何このうそ臭い数字。

117 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 10:50:19 ID:???
>>116
ウソなのはわかってるよ
報告に上がり、日本側の記録として残された数字が75機。
実際にどうだったかはアメリカ側の記録と突き合せないといけないのは当然。

ただこの75機という数字から読み取れるのは、伊勢の対空戦闘が非常に効果的であり
米側の攻撃が悉く失敗したということ。

118 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 11:44:52 ID:???
>>117
大淀の27機撃墜という数字から読み取れるのは、の対空戦闘が非常に効果的だったこと
日向の6機撃墜という数字から読み取れるのは、対空戦闘が非常に効果的というわけではないこと

不明確であることがわかりきっている数字からこう読み取れるものなのか。

それにしても、伊勢の撃墜75機はさすがに見たこと無いのだがどこからチョイスした数字なんだ。

119 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 14:44:07 ID:???
>>115
重心の高さとか船体形状といった要素も影響するから一概にそうとは言えない。

120 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 15:20:05 ID:???
何のためにご丁寧に(撃墜数ソース:艦長たちの太平洋戦争) なんて出したと思ってるんだw

>>116
文句はソース元に頼むぜw

121 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 15:24:47 ID:???
>>118
ただ単にシカトされただけじゃない?>日向
射程範囲内に来なければ対空射撃は当てようがないんだし

もう一度言うが、75機撃墜のソースは艦長達の太平洋戦争って書籍だからな
文句があるなら読んでからにしてくれ

122 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 15:36:20 ID:???
あれって「航空機多数撃墜」という「報告」でしょ?

123 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 15:39:29 ID:???
無事であったってことがすでにして十分な戦果に思えてきてしまうぜ

124 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 16:04:54 ID:???
>>122
それぞれの艦の戦闘詳報だとこんな感じ。

日向:撃墜6機
伊勢:撃墜44機 不確実12機

それが第四航空戦隊の戦闘詳報だと25日の対空戦闘における戦果は、こんなもん。

日向:撃墜6確認 他不明
伊勢:撃墜確実63機 不確実14機

そして、第四航空戦隊の戦闘詳報の戦訓で
「戦果の過大報告を戒ると共にこれが判断適正なるを要す」
「上級指揮官は情勢判断を成すに當りては、作戦部隊の報告を鵜呑みにすることなく看破し適正なる判断を行うこと肝要なり」
と書かれてたりもして、司令部の乗ってた日向の戦果はともかく、伊勢の方の戦果については疑いの目で見てる臭い。

>>121
まあ、その書籍を読まなくも、どこからその数字もってきやがった!と文句を付ける事は可能なんだけどね。

125 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 18:10:43 ID:???
>>123
どれにしろ、旧式戦艦で最強の空母隊相手にワンサイドゲーム決めたのは、
後にも先にも伊勢日向だけだし、もっと評価されるべきだと思うぜ。

その後の輸送作戦成功と言い、金剛級にも引けを取らない実績あるのに、どうも地味なんだよなぁ・・・

126 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 19:07:15 ID:???
>123
相手が空母第一で攻撃してきた上、その空母から離れてたし
空母がいなくなる頃には相手も疲労+魚雷無し状態
(戦闘機が爆弾持って攻撃に行ったぐらいだし)

要は瑞鶴がやたらしぶとかったから生き残れたようなもの

127 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 19:21:15 ID:???
今日立ち読みしてきたが、光人社の艦長たちの太平洋戦争(34人の艦長が語った勇者の条件)で75機撃墜は見当たらなかったのだが。
読み落とした可能性も無くは無いので、何ページの何行目に載っているか教えてくれ。

128 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 19:30:52 ID:???
確かにあれほどの規模の大空母機動部隊(米)にしては、その打撃力に限りがあり、
付け入る隙のある事が、レイテ沖海戦(含エンガノ岬沖海戦)では示されたとも言え
る、かもしれない。特に、標的となった敵艦隊にタフな大型艦(武蔵・瑞鶴等)が含ま
れていた場合には。

MI以降、主力正規空母が2隻のみになってしまい、その打撃力不足を補うために水
上部隊に期待がかけられたが、米側にしても航空攻撃のみではやはり決定力不足
と言うか、確実性に不安が残り、日本側と同じ事情が痛感されたかもしれないね。

史実としては上陸作戦の支援に終始したものの、米戦艦部隊(高速・旧式)も、きっ
ちりそのために準備されていたわけだが。

129 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 19:33:59 ID:???
>>125
ワンサイドゲームとは具体的に何がどう一方的だったんだ?

130 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:02:58 ID:???
みんな真珠湾が悪いんや

131 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:03:56 ID:???
>>128
そりゃな。
確実性云々を言い出したら水上艦艇の砲雷戦決定力不足で不安が残る。
互いに撃ちあうも艦艇攻撃のみで全滅させられた例を見つけるほうが少なくないんじゃね。
現に、エンガノ岬に突進した米水上艦艇は第三艦隊を逃しているわけで、殲滅させるという話においての決定力は無かったわけだ。

132 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:07:48 ID:???
>>115,119 GM値とか。ドイツ厨さんがお詳しい…。

>>112 「もうウンザリ」な住民が大半だと思いますよw
でもここ最近急に、処女膜を遺したままのバージンが増えてますから。
誰でも一度はくぐり抜けなければいけない通過儀礼のようなもの(ry

133 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:16:37 ID:???
>>124
 エンガノ岬での米の損失は確かCAPの戦果を含めても十数機なのですが、『艦長たちの〜』も戦闘詳報には基づいているので
元の数字が事実ではなかったというだけで嘘をついているわけではありません。
 伊勢と日向は空母全滅後に主目標とされてのですが、この頃になると米機も1日で複数回の攻撃に参加した機が大半で疲労していたようですね。
 

134 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:20:10 ID:???
>>126
空母が全滅した後の第4次空襲でも普通に雷装機はいたし、
陣形が輪形どころか、4つに分かれている最悪の状況でも
重大な損害はありませんでした。

135 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:37:12 ID:???
第38機動部隊は台湾沖航空戦以来の昼夜を問わない連戦続きで、実は搭乗
員の疲労が激しく、士気にも影響を与えている。

また、米空母部隊の本来の標的が敵空母部隊の殲滅による戦場の制空権の
確保にあって、敵主力部隊に対する攻撃ではなかった点もあると思う。
この点は空母搭載機の編成が、概ね戦闘機・索敵爆撃機・雷撃で2:2:1の割合
になっている点にも現れている。
(この比率は正規空母の場合。軽空母や護衛空母では戦闘機と少数の雷撃機
のみになる場合がある)

従って敵戦闘機のいない敵艦隊に対する、多数の戦闘機による機銃掃射や
ロケット弾攻撃は、敵対空火力を効果的に弱体化して抵抗力を奪えたものの、
雷撃機の絶対数の不足によって、撃沈スコアそのものは攻撃隊の規模の割
りには伸び悩んだと言えるかもしれない。

もっとも、撃沈そのものよりも、敵に損害を与える事で無力化し、あるいは修理
に必要なリソースを割かせる方に意味があるとも言えるが。

136 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:42:02 ID:???
>>133
事実では無かった事言うというのは嘘をついたと言うのでは?

137 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:47:48 ID:???
>>136
錯誤と嘘は違うよ

138 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 20:51:09 ID:???
>>136
 米側資料をチェックできなかったorしなかっただけなので、戦闘詳報には基づいているのなら結果的に間違っていたとしても嘘ではないと考えます。
 それが書かれた時期に米側資料を読むことは現在と比較して難しかった時代であったことも考えないといけないでしょうし。
 だからといって資料を手に入れやすい時代に生きる我々が同じ水準にとどまっていたのではいけないのですけれど。

139 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:22:05 ID:???
>>134
第四次空襲に参加した攻撃機の大部分は爆装で出撃らしいけどね。
伊勢の記録にある第四次空襲(米軍の第五次攻撃隊)は全96機中56機は戦闘機と言う情況で、
85機による空襲を受けて至近弾34はともかく回避魚雷11というのは、ちょっと信用し難い。

第二次空襲でも攻撃隊が戦闘機12、爆撃機6、雷撃機18でしかなく、参加した攻撃隊のActionReportでも、
伊勢に向かったのは雷撃機が1機で残りは瑞鶴と千代田に攻撃を集中させたとあるのに、
伊勢の戦闘詳報では、爆撃機10機の攻撃を受け、至近弾8、5機撃墜と2機撃墜不確実と、書いてたりするからね。

4航戦司令部が戦訓に書いたとおりに、伊勢が戦闘詳報で書いてる内容は「過大報告」で「鵜呑みに出来ない」と思うよ。
少なくとも、伊勢の戦闘詳報に書かれてる内容だけを持って「対空戦闘が非常に効果的であった」と言い切るのは危険すぎる。

それに重大な損害がないとはいうけど、伊勢は直撃弾がなかっただけの話で、主に第四次空襲の至近弾の影響で900トンの浸水を被って、
注排水を実施しても4度の左傾斜を回復できず、入渠修理が必要と書かれてるくらいの損害を被っているから、
「戦闘航海に支障なし」とされた日向はともかく、伊勢は>>114にあるような「ノーダメージ」とは決していえない状態。

140 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:27:58 ID:???
>>132
まぁ、戦鳥を笑うのは読んでからにしてくれ、ってことだな。

141 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:32:25 ID:???
>>139
対空戦闘を「敵機の撃墜数をあげること」と勘違いしておられるようだが、
「雷爆撃時の進路妨害」も主目的の一つ。

撃墜数が少ない=対空戦闘が非効率などとは勘違いもはなはだしい。

142 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:37:24 ID:???
>>139
そいや、10時頃砲塔に小型の爆弾らしきものが直撃食らっているのだが詳しい事分かる?

143 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:42:17 ID:???
>>141 横レスだが、それは>>139に対してではなく、
>>87,114,117,120,125に対して言うべき。

144 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:42:43 ID:???
>>141
>>139のどこに伊勢の対空戦闘が非効率だったと書いてあるのだろうか。
勿論、伊勢の対空戦闘が効率的だったとも書いちゃいないが。

145 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:48:35 ID:???
>>141
そちらこそ何か勘違いしてないかい?
撃墜数が足りないとか、雷爆撃の進路妨害とか、そういうことは一切主張してないでしょ。

>>139は日米の記録を照らし合わせて、伊勢の戦闘詳報が言うほどには米軍機は攻撃を仕掛けていないよ、
他の資料も見ないと、本当に伊勢の対空戦闘が非常に効果的であったかどうかはわからないよ、とは言っているの。

146 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 06:19:50 ID:???
>>118
お前は艦長でググると良い、
伊勢の艦長が中瀬・日向の艦長がその師匠の松田・中瀬と同じく松田の弟子野村、
対空射撃方法は三人で話し合って決めたもの、したがって
大量撃墜した伊勢を鑑みて、動きで日向に落ち度は無い。
ちょっとは調べてから書き込もうな!

ちなみに大淀は米軍が防御強化する前からあちこち対空戦を実施しているが、
二桁撃墜はエンガノのみ、なにか考えさせられないか?

>>129
空母→戦艦は無敵でも艦載機→戦艦は戦艦側が不慣れなのが多かったから有利が決定しただけで、
艦載機自身無敵でも何でもないからな、その艦載機に大した損傷を受けることなく、
逆に十機単位で落とす・・・数千機単位のアメリカだから大したことなく見えるが、
マレー沖海戦に日本が同じ事されようものなら、今後の航空作戦に疑問を抱くレベルの大損害だろ

>>142
ハルゼーが「あの老練な操艦術にして、ついには一発の命中弾も得られず」
って言ってる事を鑑みれば、その爆弾命中は嘘か、ハルゼーの勘違いか・・・

147 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 07:24:16 ID:???
>>146
 もちろん実際の戦果じゃなく「日本側の認識戦果に基づけば」という話ですよね。

148 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 08:51:18 ID:???
>>147
どれのことかよくわからんから、なんとも
ハルゼーの事?中瀬艦長の事?撃墜数の事?

149 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 10:49:45 ID:???
>>146
>大量撃墜した伊勢を鑑みて
いやだから、伊勢が大量撃墜を報告した事は間違いないが、実際に大量撃墜したかどうかは怪しいと。
対空戦闘において攻撃側は戦果過大に報告する事を鑑みてその戦果報告は信用できない、とか言えそうだな。
それとも実際の戦果を調べた上で書き込んでいるのか。

>二桁撃墜はエンガノのみ、なにか考えさせられないか?
まさか、伊勢の戦果に疑問は無いが、大淀には疑問有り、とでも言いたいのか。

>空母→戦艦は無敵でも艦載機→戦艦は戦艦側が不慣れなのが多かったから有利が決定しただけで、
何言っているかわからない。

150 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 12:23:36 ID:???
日向伊勢がやった弾幕射撃はタマ切れが怖いんだよな
そもそも火器を増設した分一門あたりの保有弾数が減ってるし

151 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 12:57:33 ID:???
というか日本の艦船の弾の数の少なさは・・・
マリアナの時なんか、米軍機はわざわざ弾を撃たせて
勢いがなくなったところを狙ってw

152 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 23:07:34 ID:???
>>151
逆だ。米軍の艦船が弾積み過ぎなんだよ。
米駆逐艦では5in砲弾を砲門あたり350発前後積んでたがこれが6門ともなると弾薬だけで70t以上にもなる。
そりゃバランス不良にもなるわけだ。

153 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 00:23:12 ID:???
いや砲弾はともかく機銃の弾が少ない。
米軍機も高射砲はあまり恐れてなくて、機銃には注意してたはず。
これが少ないんで、すぐ勢いがなくなる。

154 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 01:28:35 ID:???
日本の25mm機銃は門辺り2000発が規定だったらしい。ボフォース40oと同様。
日本の艦の機銃弾が少ないって言うのはどういう根拠からだい?

155 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 01:36:19 ID:???
とりあえず>>127の質問に答えてもらいたい。

156 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 02:34:29 ID:???
「記録では67機撃墜しているんですよ。
これには他の味方艦との重複もあるだろうから約50機と報告しましたがね」
撃墜機数について同書の伊勢艦長の証言は大意上記だったと記憶

157 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 02:55:33 ID:???
>>156
俺の記憶でも確かにそんな感じだったな。

ただ、>>121
>もう一度言うが、75機撃墜のソースは艦長達の太平洋戦争って書籍だからな
>文句があるなら読んでからにしてくれ

と言っているわけで、どこかに75機撃墜は書いてあるはずなんだ。

158 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 06:39:48 ID:???
>>154
たしか機銃弾の日米の生産数の桁が2つ3つ程の差が付いた関係で、
日本側が撃つとすぐ弾切れって話が過去あったと思うけど、ソース失念。
確か数字を見て唖然とした記憶がw

159 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 08:56:36 ID:???
>>142
伊勢の戦闘詳報見直したけど、確かに命中してるね。

経過概要の被害図見ると、第二次空襲中の1008に二番主砲に(小)と注釈のついた爆弾が一発命中とあり、
被害の部分でも小型爆弾は砲塔上機銃に命中して、機銃と砲側測距儀の破損、機銃弾薬の誘爆、艦橋と司令塔の硝子破損と書かれてる。

ということで、>>146
爆弾命中のが本当。
ついでに米航空隊のActionReportでは、伊勢型に爆弾や魚雷を当ててる事になってるし、
任務部隊のActionReportでも北方部隊(小沢部隊)に与えた損害として「Damaged;  Ise or Hyuga  1 BB-XCV」と書いてるから、
>ハルゼーが「あの老練な操艦術にして、ついには一発の命中弾も得られず」
と言う発言の方が創作の可能性大。

>>156-157
伊勢の戦闘詳報でも撃墜確実44機と撃墜不確実12機の合わせて56機だから、
艦長の証言で「約50機と報告」というなら辻褄は合うんだけどな。

だから『艦長達の太平洋戦争』のどこに「75機撃墜」と書いてあるかもともかく、
戦闘詳報を参考に書いてるならどこから「75機」という数字が出てきたのかは、やっぱり疑問だわ。
伊勢の戦闘詳報の数字ではないし、転載時のミスかもしれないけど第四航空戦隊の戦闘詳報の数字とも微妙に食い違うし。

160 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 11:58:38 ID:???
俺が消防の頃の軍事教書(ジャガーバックスとかいったかな)には

エンガノでの伊勢の活躍について
〜囮艦隊で奮戦し、敵機を30機以上も撃墜して戦い抜いた 云々
とかあって心を熱くしたなあ

正確な撃墜数はわからなくても俺にとって伊勢は今でも魂震わす名艦

161 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 12:03:34 ID:???
>>159
小型爆弾らしきとは書いたがもしかしたらそれはロケット弾かもしんないのではと。
小型爆弾とはどんな爆弾かはちょっと微妙だが、第二次空襲の攻撃隊は小型爆弾を搭載していたのかなとか。
想像の域を出ない話だけどな。

>ついでに米航空隊のActionReportでは、伊勢型に爆弾や魚雷を当ててる事になってるし、
>任務部隊のActionReportでも北方部隊(小沢部隊)に与えた損害として「Damaged;  Ise or Hyuga  1 BB-XCV」と書いてるから、
どこかにaction report見れる場所ある?
小型爆弾の搭載の有無を含めて見てみたい。

>ハルゼーが「あの老練な操艦術にして、ついには一発の命中弾も得られず」
この出所も気になるところだな。

162 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 14:01:27 ID:???
>どこかにaction report見れる場所ある?
飛行隊の分に関してはネット上で見れるのは今はもうないはず。
レキシントンの飛行隊を中心に、エンガノ岬沖海戦に参加した飛行隊のものを抜粋・和訳した奴なら、『空母「瑞鶴」』に載ってるよ。

>小型爆弾らしきとは書いたがもしかしたらそれはロケット弾かもしんないのではと。
で、俺が見た記録の中だとロケット弾装備は見当たらない。

まあそれだけで、ロケット弾攻撃がなかったとは言い切れないけど、日本側の記録でも敵機がロケット弾を使用してきたという記述がないし、
瑞鶴の戦闘詳報でも敵急降下爆撃機が小型爆弾(60乃至30キロ)複数を装備してた、と書いてたりするので、
伊勢の主砲塔に命中した「小型爆弾」は、ロケット弾などじゃなく小型爆弾なんじゃないかな、と思ってる。

163 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 14:15:33 ID:???
ちなみに今一はっきりしないレイテ沖での米軍機の損失数に関しては、こんなものもあったりする。
http://www.aviationarchaeology.com/src/USN/LLOct44.htm

ここを見ると、信憑性はともかく10/25日に米第3艦隊が被った被害は諸々合わせて45機。
『キング元帥報告書』でも第3艦隊が戦闘で失ったのは40機としているので、まあその程度の損失だったんでしょう。

164 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 14:46:27 ID:???
>>162
なるほどね。
小型爆弾というと100lbあたりか。
戦闘詳報でも見返してみるか。

165 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 17:22:22 ID:???
>>150
出航する際、他の艦艇へ積むはずだった弾薬が余ってたので、
通路周りにもどっさり機銃弾があったとか聞いた事がある。

166 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 18:04:39 ID:???
>>158
実際に弾幕射撃をした「伊勢」でも弾薬撃ち尽くしたという話は聞かないし、
レイテ海戦での「大和」の例では、10月24日〜26日の三日間で全高角砲の
定数7千200発に対して消費量3千801発。

25mm機銃弾の消費量は8万5千897発。弾薬搭載数は定数で13万発前後だったと
思われる。(新造時の計画搭載数1門あたり1千発。最終時の定数は142門に対して18万発。
1門あたり1千300発以上という事から推測。)

25mm機銃は弾倉が15発入りで、その分に関してはすぐ撃ち尽くされるから、その話と
混同しているのはないか。

167 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 18:57:09 ID:???
艦砲射撃でも日本は一発一発、単精こめて陛下の砲弾を狙って撃つが、
米軍は一度照準したら適当に関銃撃ち。
戦闘機でも日本パイロットは陛下の機を失うくらいなら一緒に地獄に落
ちるが、米軍パイロットは機体をいくら履き潰しても、またおニューに
乗るために死んでも生還を考える。

ようは貧者と富者の戦いスタイルの違い。
更にVT信管なんてアバウトなのがアメリカンスタイルでおおざっぱな兵器。
原爆も同じ思想。

こういうところは、死んでも日本人にはわからない感覚なんだろうな。

168 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 19:01:59 ID:???

ラバウルじゃパラシュートで海面に降下した米兵のほとんどが鱶の餌食だけどな

169 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 19:11:11 ID:???
>戦闘機でも日本パイロットは陛下の機を失うくらいなら一緒に地獄に落
ちるが、

>>167と旧日本軍の感覚は死んでもわからないのだろう。

170 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 19:55:01 ID:???
おおざっぱ?技術音痴か?
そのアバウトなVT信管が絶大な威力を発揮してるんだが
まぁ、旧日本軍と同じで>>167は精神論者なんだろな
さあ竹槍もってシャーマンに突撃だ

171 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 20:44:55 ID:???
>>164
念の為と思って空母の戦闘詳報も見てたら、米軍機が小型爆弾を投下してきてるのは確実だけど、
別途ロケット弾らしきものも使用されてるっぽい。

◇瑞鳳戦闘詳報
・敵機は大型ナラバ1発、3番ならば4発、6番ならば2発、投下せり。
・敵投下爆弾は6番程度2発宛のもの最も多く、3番4発、25番以上のもの1発のもの若干あり
・F6F戦闘機にて小型爆弾を約45度の高角にて投下せるもの1機認めたり
・敵降爆中3機編隊のものより各1機宛「ロケット」弾様のものを投下せることあり

◇千歳戦闘詳報
・敵戦闘機には「ロケット」爆弾、または「ロケット」機銃を装備しありと看破さる点多し 両翼より鮮明なる白煙噴出したる後弾着来る
・爆弾は最初に爆撃する隊は6番程度なりしも後より突っ込みし隊は25番程度なり(水柱により明らかに認めたり)

特に千歳の戦闘詳報にある「両翼より鮮明なる白煙噴出したる後弾着来る」ってのは、ほぼロケット弾だよね。
命中はしてないみたいだけど。

172 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 20:54:56 ID:???
>>166
消費量が判らないけど、25日に防空戦を実施した後の伊勢が弾薬残額として、
・主砲対空弾160
・高角砲通常弾2000
・機銃弾120000

と報告してるから、搭載してた弾薬的には不足はしてないね。

ただ各艦の記録を見てると、損傷を受けて給弾が出来なくなったり、弾庫が注水されたりで、
艦内にはあるけど砲側に弾薬がなかなか届かないと言う事態は頻発してて、
砲側準備の弾薬を多めにするか、弾薬を分散配置するべきとか戦訓に書かれてたりしてる。



173 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 00:54:21 ID:???
>>170
はぁ? 飛行機で特攻なんかやる愚かな国民は世界中でジャップとムスリムくらいだと覚えとけ。


174 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 02:03:15 ID:???
賢い国民は戦艦で水上特攻

175 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 05:18:31 ID:???
トータルアインザッツをやったドイツもいますけどね

176 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 09:07:08 ID:???
>>175
トータルアインザッツは規模が日本より小さいw
トータルアインザッツは日本と違い合理的w
トータルアインザッツはヒトラーのせいでドイツ人のせいじゃないw

だからドイツは悪くないとか特攻なんてしてないというに100ジンバブエドル

177 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 09:14:30 ID:???
ここで興味を持って伊勢の事調べたけど、
ソースによってまちまちでどれを信用したらいいのかわからん。
まず撃墜数は書籍は殆ど数十機でカタ付けられてる。
はっきり書いてあるサイトもあるが数がまちまちで、
こうなるとはっきり書いた方を逆に疑ってしまうぜ、
第四波が200以上というのもあれば、100機以下もある、
(正規空母と軽空母の航空機で二隻沈めるのに400機も使ったのかよwと)
爆弾が当たったという情報もあれば至近弾以外回避したという情報もある。

もう、訳が分からないッス!!!統合しろッス!

ただ、調べた証言は一貫して伊勢の評価を落とすものじゃない事は確か
アメリカ軍が直々に情報開示してくれればまた違うんだろうな。

178 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 09:35:41 ID:???
>>177
ヒント
この艦は対空砲火で何機撃墜しましたなんざいちいちわかりゃしない
俺にとって伊勢は今でも魂震わす名艦

179 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 10:32:07 ID:???
>>177
何の為にアジ歴やHyperWar Foundationがあるのかと。
市販のムックや戦記物はとっかかりにはなるけど、ネットでも見れる公的資料があるんだから、そっちも確認しようぜ。
それ以外にも、書籍化されてる日米双方の公刊戦史や報告書もあるわけで。

180 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 11:15:10 ID:???
>>179
以前見たけど書いてなかった気が。>HyperWar Foundation
異国の言語にギブアップしたんじゃない、したんじゃないんだ

181 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 14:47:31 ID:gRbYEp1J
>>177
敗戦国軍の書いた戦時詳報なんぞ、ただの負け惜しみと自己保身と上官への虚偽誇大報告
ときまってるだろが?


182 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 14:58:01 ID:???
だから米軍の被害記録と対比しろと何度言ったら

183 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 21:32:26 ID:???
>>181すげえ!たったこれだけの文で自称戦勝国民の下劣さを見事に現してるよ。
やっぱり、人間、まずは「恥を知る」っていう事が大事なんだな。

184 :181:2010/05/09(日) 22:06:04 ID:Q1NhlWFo
>>183
Meは普天間からでてけとかいうジャップかい?
Weに守られて陰に隠れてみてるだけの卑怯なチェリーボーイが恥?

Mr,Nitobeのブシ道でも読んでみることだね。


185 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 23:03:56 ID:???
>>182
被害記録と対比したら、ほとんど撃墜できていませんでした
おしまい

186 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 23:09:20 ID:???
戦艦スレは荒れてこそ戦艦スレ

187 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 09:03:21 ID:???
かつて廃墟になったこともあったし

188 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 16:00:10 ID:???
>>187 ラジオ体操(;´Д`)ハァハァの頃かい?八本豚の頃かい?

189 :名無し三等兵:2010/05/11(火) 22:31:55 ID:YWPY4+Oa
>>183
>「恥を知る」っていう事が大事なんだな。

その通りだけど、「恥を知る」ようじゃ
戦争に勝てない現実。





190 :名無し三等兵:2010/05/11(火) 23:14:42 ID:???
>>140
まあ、読んだら読んだであの妄想ブログはまた笑えるけどな。
英厨の低級な必死ぶりが。

>>173>>181>>189
そういえば、その敗戦した日本の下僕に過ぎない未発展途上国の分際で、よりによって「戦勝国」を自称する
小汚い半島が日本の隣にあるな。
「恥を知らない」ようじゃ、先進国入りはおろか発展途上国としての自己発展すらままならないという事実。



191 :名無し三等兵:2010/05/11(火) 23:23:13 ID:???
>181
あれ、また名無しで日本叩きですか戦鳥の先生
例によってキム血丸出しですね
もちろん同情はしませんが

192 :名無し三等兵:2010/05/12(水) 02:00:29 ID:???
>>190
「負けなかった」というだけで戦勝国入りしたそのとなりの面積と人口だけは多い国、
そこでさらに口先だけの「人民解放」「共産主義革命」を名乗って国を乗っ取った挙句
国連の常任理事国の一角を占めて、常任理事国でもない国より会費を払わない某国
を見ていると「恥を知らない」というのもなかなか強いものだなぁと思う。

193 :名無し三等兵:2010/05/12(水) 02:05:07 ID:???
ちょほいと失礼します。
スレチ覚悟でお訪ねします。
今度、若いメスのドーベルマンを引き取る事になったのですが
ドイッチュラント級装甲艦、通称ポケット戦艦の日本語読み”袖珍(しゅうちん)”て
名付けようかと考えているのですが
女の子に付ける名前じゃない?

194 :名無し三等兵:2010/05/12(水) 02:07:34 ID:???
今マジで考えてしまった明らかに間違った事
「ドーベルマンにメスっているのか?」

195 :名無し三等兵:2010/05/12(水) 14:13:35 ID:???
>>189>>192
言わんとしている事は理解できるけど、>>181>>183を見るにつけ、日本人に
生まれて良かったと心から思う。

それに日本は「恥を知る」民族だからアメリカに負けたのではないと考える。


196 :名無し三等兵:2010/05/12(水) 20:56:21 ID:???
恥を知る知らないというようなことでアメリカに勝てたりするんなら楽だよな

197 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 22:06:10 ID:???
>>196
恥をすすぐ常道道理の万歳突撃より、徹底的に狡猾卑怯なゲリラ戦に徹して
いればアメリカ世論は変えれたかも。
銃後、100人の不倶は英雄になりうるが、1万人の不倶は厭戦を生む。

198 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 22:17:33 ID:???
をまいら!ここは戦艦スレだ!少しは戦艦を語りなさい!

199 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 22:31:05 ID:???
戦艦の話をせんか!ん?

200 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 22:35:58 ID:???
史実の大和にコスモタイガーを何機搭載できるかを考えようじゃないか

201 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 22:57:54 ID:???
( ゚д゚)

202 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 23:15:53 ID:???
>>198
んじゃまあ、エンガノ沖の話をもう少し。

「伊勢」と同様に対空砲火に回避運動で大活躍したと言われてることの多い「日向」。
その割には、「伊勢」の撃墜44機・不確実12機に比べて「日向」の撃墜がわずか6機と、
撃墜数に大幅な差が開いているわけですが、その原因は何か?

まず伊勢の防空戦の様子を見て見ましょう。
 第一次空襲(0819〜0908):戦爆雷連合16機の攻撃を受け、5機撃墜(+1機不確実)
 第二次空襲(0958〜1212):爆撃機10機の攻撃を受け、至近弾8、5機撃墜(+2機不確実)
 第三次空襲(1300〜1500):機数不明(爆撃機3機、雷撃機4機以上)の攻撃を受け至近弾5、撃墜12機(+2機不確実)
 第四次空襲(1709〜1811):戦爆雷連合85機の攻撃を受け、至近弾34、22機撃墜(+7機不確実)

第一次〜第三次空襲での戦果は、伊勢への少数機による攻撃に対して上げたものと、
主に主砲を用いて行った遠距離支援砲撃(瑞鶴・瑞鳳への支援)で上げたもので、
撃墜数を一番稼いでいるのは、「伊勢」が主目標となった第四次空襲でですな。

203 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 23:17:03 ID:???
対して日向の防空戦はというと・・・
 第一次空襲(0817〜0850):1機が上空を通過し1機撃墜
 第二次空襲(0945〜1010):雷撃機3機による攻撃を受け、1機撃墜
 第三次空襲(1101〜1222):攻撃受けず
 第四次空襲(1237〜1242):攻撃受けず
 第五次空襲(1327〜1541):攻撃受けず
 第六次空襲(1724〜1726):爆撃機12機による攻撃を受け、4機撃墜
 (※日向艦長の戦時日誌では爆撃機20機による攻撃を受く、とあり。)

見ての通り、実はほとんど攻撃を受けていなかったりします。
一番まとまって攻撃を受けたのは第六次空襲(「伊勢」の第四次空襲に対応)でさえ、「伊勢」の85機に対してたったの10数機。
全部の攻撃を合わせても最大限で20数機からしか攻撃を受けていないのですから、そりゃあ撃墜数も稼げないわけです。

そして、エンガノ岬で「日向」がほとんど被害を受けなかったのも、回避運動が〜とか効果的な対空射撃が〜とか言う以前に、
そもそも米攻撃隊からほとんど目標とされていなかったから、だったりするんですな。

204 :名無し三等兵:2010/05/14(金) 06:59:16 ID:???
なるほど〜。

205 :名無し三等兵:2010/05/14(金) 18:06:40 ID:???
そいや、艦長たちの太平洋戦争だと、至近弾から考えて150機以上に襲われた事確実みたいな事が書いてあった気がするのだが。
何がどう確実なのかはわからないから多分俺の記憶違いだろう。

206 :名無し三等兵:2010/05/21(金) 00:02:47 ID:???
伊勢の話題が出てるんでちょいと質問します。

母が昔、勤めていた会社の取引先の社長が伊勢の元艦長だったとか
印刷会社だそうだけど、誰のことだかわかります?

40年近く前の話ですが

207 :名無し三等兵:2010/05/21(金) 00:12:33 ID:???
>>206
wikiに艤装員長から歴代が全部あったよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2_(%E6%88%A6%E8%89%A6)#.E6.AD.B4.E4.BB.A3.E8.89.A6.E9.95.B7

208 :名無し三等兵:2010/05/21(金) 19:40:48 ID:???
thxです。
今度、名前を聞いてみようかと思います。
すごくイイ人で印象的だったということでした。

209 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 00:22:37 ID:/TTnk2oX
アニメ戦う司書に
ネルソン級まがいの戦艦が何隻か出てくるね。


210 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 20:55:42 ID:???
質問ですが、弩級戦艦改装の際に、とかく問題になるQ砲塔について。

防御上の弱点として、また機関容積を確保するため等で問題になり、改装の際に
真っ先に撤去された例がありますが、艦前後のAB,XY砲塔に比べて重心付近に
あり、他の砲塔に比べて動揺周期の影響を蒙り難いような気がします。

つまり方位盤射撃の普及前、砲側各個照準射撃の段階では、Q砲塔が最も命中
精度が高く、射撃機会も多い砲塔だったのではないかと想像するのですが、いか
がだったのでしょうか?

またQ砲塔廃止の前提として、方位盤射撃管制技術の発達が決定的だったので
はないかとも思うんですが、いかがでしょうか?

211 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 22:21:25 ID:???
中間砲塔は動揺の影響は少ないだろうが、射界は狭いので射撃機会は少ないと思う。
その為に背負い式砲塔配置が考案されたのだから。
廃止の一番の要因は集中防御の必要性による砲塔数の減少でいいのでは?

212 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 23:39:01 ID:???
>>210
縦揺れより大きい横揺れには砲塔の位置は関係ないし、考えすぎじゃないかな?
前弩級戦艦の時代にも主砲は前後にあったわけだし。

213 :転載:2010/06/06(日) 05:20:45 ID:???
『三脚檣』「ドッガー・バンク海戦(2)」より
ttp://www.d3.dion.ne.jp/~ironclad/wardroom/Doggarbank/doggarbank2.htm
ここによれば、追跡戦最初の試射は、8:52の旗艦ライオンのQ砲塔からの1発のみの試射だと
いう事です。距離20,000mの当時としては前例のない遠距離で、射撃指揮装置にも諸元表が
なく、最大仰角でも「案の定、大きな近弾となっている」そうです。
Q砲塔を使った理由として、「中央部にあってピッチングの影響が小さいのと、砲煙が艦橋から
の観測を妨げないこと、後部のX砲塔より艦首側の射界が広いことなど」が挙げられています
が、「砲撃をB砲塔からとする資料も 」あるのだそうです。
13.5inchMkIIの最大仰角と射程は20で、23400ヤード=21400メートル。Q砲塔の射界は左右
とも120度ほどで、当時はB砲塔からA砲塔の直上を越える正面方向への射撃は制限されて
いたそうです。(同サイト「ライバル 満身創痍」より)
AB砲塔は最大速度での追跡戦のため、波を被りまくりだったのでしょうか。
後のジュットランド海戦では、Q砲塔は前盾と前部天蓋を吹き飛ばされるほどの被害を被って
爆沈寸前になりましたね。

214 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 21:28:38 ID:???
うちの嫁が朝ドラ見て、戦艦長門の名前を「長門」(しり上がりのアクセント)って言うので
「それは気持ち悪いだろ。長門(しり下がりのアクセント)だろ」と俺は言ったのだが
「えー、長門(しり上がりのアクセント)じゃないと気持ち悪いー」と言うのだが
正式にはどっちが正しいの?

215 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 23:06:39 ID:???
大和

216 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 23:14:42 ID:???
長門勇、大和武など人名だと後ろ上がりになるよね。
上戸彩もおんなじアクセントだにゃ。

217 :名無し三等兵:2010/06/10(木) 23:47:15 ID:???
年寄りは尻上がりが多い希ガス

218 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 17:41:19 ID:???
伝説の水木御大は、奥様から見て、やはり相当濃いご主人だと思うのですが、
長門の模型を見ても眉を顰めずに感心してくれるヨメで、正直羨ましい点

219 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 19:47:49 ID:???
そのドラマは見てないんだが、水木先生は片腕のはず。
どうやって模型を組み立てたんだ? まさか片手で?

220 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 22:19:38 ID:???
その「まさか」の隻腕だよ〜。
原作は読んでないが、奥様執筆のはずだからガチか。
細長い菓子箱から端正な木製?長門が取り出された。20cm弱程度?
他にもたくさん作っとる…と(御大役は見せたがってたが出なかった)。

221 :名無し三等兵:2010/06/11(金) 23:09:06 ID:???
プラモならともかく、あの時代だと木製ソリッドモデルだしなぁ。
組み立てくらいなら出来るかもしれないが、削り出しだもんなぁ。

222 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 10:48:15 ID:???
今日水木さんが買ってきたのはプラモ戦艦だった
来週も出てくるみたい

223 :名無し三等兵:2010/06/12(土) 21:39:22 ID:???
>>220
水木先生すごいな。
やっぱり成功する人間は基本スペックが違うんだろうか。

224 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 00:19:29 ID:???
扶桑山城の第三・四砲塔を廃止したらそれだけで27ノット出たりしないんだろうか。

225 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 01:37:10 ID:???
大雑把な計算
砲塔が一基で800t、二基で1600t
砲弾が一門当たり100発だとすると一門で63t、四門で250t
合計で2000t足らず浮くわけか。
それで27ノットでるの?

226 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 01:51:00 ID:???
指揮関連施設もある程度減るだろうけど、代わりに高角砲とか航空関連施設とか増えそうだし。
やっぱ空いたところにボイラー増設しないと無理っぽいね。

227 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 01:56:31 ID:???
その増設するボイラーの弾がなぁ・・・
金剛型の中古品を回すしか無い

228 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 15:41:44 ID:???
火力落としてまですることか

229 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 16:07:55 ID:???
>>228
27ノットでれば機動部隊護衛(笑)できるかもしれいないだろ。
皆大好き戦艦の機動部隊護衛が。

230 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 17:21:17 ID:???
>>227
浮いた重量でバルジ削るってのはどうよ。

>>228
悲劇というか虚しい最期が、違っていたかも知れないじゃん。

231 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 18:30:29 ID:???
別に金剛型は機動部隊護衛して活躍した訳じゃないけどな。

232 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 18:53:29 ID:???
>悲劇というか虚しい最期が、違っていたかも知れないじゃん。
大和型が29ノットだったら、悲劇というか虚しい最後が、違っていたかもしれない。
フッドが27ノットだったら、悲劇というか虚しい最後が、違っていたかもしれない。
パターンは無限大、かもしれないも無限大だな。
可能性はゼロでないのだからw

233 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 21:32:18 ID:???
フッドって最終段階で27ノットそこいらじゃなかったっけか?

234 :_。听)_ ◆Gir.lev.vI :2010/06/18(金) 22:50:55 ID:???
ついでに伊勢日向のソレも撤去して、駆逐艦4隻潰して機関調達して、
14インチ8門艦二隻でっち上げるべー

235 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 22:51:47 ID:???
>>232
つうか扶桑山城の場合2ノット速かったら当初からの運用がまったく違っていたはず。
その結果喪失が早まったかもしれないが。
なんで最後まで12門にこだわったのかよくわからん。まあ降ろすのも手間だったんだろうが。

236 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 22:59:59 ID:???
最後まで12門にこだわった訳じゃないよ、航空戦艦化も検討されたし
その改装のために必要なドックや資材を別の事に回した方が建設的だと言う合理的判断が働いただけ

12門を捨てた伊勢型が、もし砲を捨てずに居たなら栗田艦隊所属としてサマール沖で活躍出来たのに
・・・と言うのは歴史の皮肉ではある

237 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:02:12 ID:???
主砲塔降ろしたって艦体のホネグミそのものがバーベット込みで設計されてるんだろうし
スキマが空いたからってそこにボイラーつっこめるってもんでもないんだろ。
そんなのできるくらいならいっそリムジンみたいに真ん中でぶった切ってストレッチ

238 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:04:24 ID:???
あんだけの重量物を下ろしてもバランスが崩れないと思っているんだろうな

239 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:05:39 ID:???
後知恵で言うならイタリア魔改造戦艦のように船首を作り変えてバルバスバウにするとか・・・
でも艦首延長は艦首延長で何か問題が有ったような記憶

240 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:06:53 ID:???
巨乳の人が乳癌手術したら、暫くの間バランス感覚狂うらしい

241 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:09:19 ID:???
>>235
>なんで最後まで12門にこだわったのかよくわからん。
ペンシルヴァニアやニューメキシコが最後まで12門に拘った理由がよくわからないと言いたいらしい。

242 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:15:21 ID:???
>12門を捨てた伊勢型が、もし砲を捨てずに居たなら栗田艦隊所属としてサマール沖で活躍出来たのに
>・・・と言うのは歴史の皮肉ではある

・サマール沖で大和や長門のような動きで活躍ができただろうという嫌味な皮肉
・スリガオ行きな気がするけどサマール沖で活躍と言っておいてやるよ、と遠まわしの皮肉

どっちだろ。

243 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 23:24:01 ID:???
>>242
どっちでも無い。
西村に伊勢・日向が預けられる筈は無いし
大和・長門のような魚雷と追いかけっこの可能性も低いと踏んでる

244 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 03:34:57 ID:???
>>235
拘ってませんよ。むしろ、10で十分だ、12もいらない、むしろ邪魔と言われていたらしく……
日向が事故っても、直されなかったのはそんなことがあったとか。

245 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 14:01:20 ID:???
4・急計画はおろか早急に5計画も手付けないといけない状況で直してる暇はない
高速戦艦化は勿論のこと、航空戦艦にも改装せず放置しておくのが一番良かったかもしれない

246 :名無し三等兵:2010/06/21(月) 10:09:04 ID:???
当時の日本だと、戦艦の改装・修理に使えるドッグは全国で4つだけだったよね?
逆に言えば、資材もドックも無いなかで、よく伊勢型2隻は改装できたよねってくらいの話じゃないの?

247 :名無し三等兵:2010/06/21(月) 19:55:08 ID:???
>>235
伊勢、日向もたいしたことはしていないことを考えると……。

248 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 19:28:38 ID:???
別に扶桑型の艦隊行動能力には問題無いんだけどね。
陸奥爆沈後は長門と扶桑のペアで、
トラック進出→ウェーク方面捜索出撃→リンガ移動→タウイタウイ集結
まで同一行動。
渾作戦がなければ、そのまま長門と共に乙部隊(二航戦)に編入されあ号作戦に参加予定だったし。
扶桑は事実上、陸奥代艦として行動してたんだよ。
で、改装空母なら同一行動にも支障が無いということ。
ちなみにウェーク方面捜索は、空母部隊と戦艦群(武蔵、大和、長門、扶桑、金剛、榛名)が同一行動。
レイテで別同隊として行動したことのみで、「扶桑型は低速旧式戦艦」とレッテル貼るのはいい加減やめようぜ。

249 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 19:57:14 ID:???
「扶桑型も低速旧式戦艦」が正しいな

250 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 20:19:41 ID:???
>>249
“中速”だと思うが。

251 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 22:41:33 ID:???
>>248
つかぬ事を聞くけど、その間山城は何をしていたのだ・・・

252 :248:2010/06/25(金) 00:28:14 ID:???
>>251
MI作戦後の山城の目立った動きは、航空戦艦に改造された伊勢と共に、
43年10月に宇品からトラックへ陸軍部隊を輸送したくらいだね。
(この時ウェーク方面捜索が行われているので、トラック方面には瞬間的に戦艦8隻が行動していた。日向は改造中。)

それ以外は内地で練習艦任務。
山城は機関に問題があって行動が不活発だったともいわれているが、事実かどうかははっきりしないらしい。
ただ、第二次ソロモン海戦参加後43年1月までトラックに在泊した陸奥を例外に、
長門、伊勢、日向、扶桑も練習艦任務や改造等で内地に待機していたことは同じ。
以後、
43年1月武蔵トラック進出
43年6月陸奥爆沈
43年8月長門、扶桑トラック進出
43年9月伊勢改造終了
43年11月日向改造終了
の流れ。

ちなみに当初の捷号作戦では、
3F小沢部隊の護衛兵力として5F志摩部隊と再編2S(山城、扶桑)西村部隊が編入される予定だった。
ある程度有力な機動部隊になるけど、
本当に扶桑型が「低速旧式戦艦」なら、こんな作戦計画にはならないと思うけどね。
残念ながら基地及び母艦航空兵力が再建されず幻に終わったけど。
(本来の捷号作戦は、艦隊殴り込みではなく航空決戦)

253 :名無し三等兵:2010/06/25(金) 10:37:12 ID:???
横からですが、>>248,252乙であります。
自分も山城について聞きたかったであります。>>251

254 :名無し三等兵:2010/07/01(木) 18:49:25 ID:???
最も水上砲戦の機会に恵まれた戦艦は何だろう?
地味にヴィットリオ・ベネットが多いような気がする(対巡洋艦とかで)

255 :名無し三等兵:2010/07/01(木) 19:58:20 ID:???
ウォースパイトならWW1の戦歴もあるしヴェネトより多いだろう。
ジュトランドでぼこられた経験もあるぞ。

256 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 17:37:08 ID:???
第5戦艦隊といえば、決定打を下せない英巡戦に代わって傷付きつつも
特大のゲンコツで独巡戦を叩いてた訳だからまぁ活躍したと言える。

1943年冬にまたしても格下28を叩きまくったDOYもなかなか。

257 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 17:42:27 ID:???
戦艦の水上砲撃戦の基本は、格下との戦闘だよな。
保有枠がある以上、どうしても戦艦VS戦艦は発生し辛い。

比叡…。

258 :名無し三等兵:2010/07/02(金) 23:53:34 ID:???
レナウンvs28cm兄弟は、どっちが格上でどっちが格下か分からんな

259 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 19:44:55 ID:???
ぶっちゃけ大和ってカタログスペックはともかく、
サウスダコタの足下にも及ばないんでしょう。
レーダーとかダメコンなんてことは最初から比較にもならないけど。
それ以外の、耐弾性とか砲の貫徹力自体もカタログ上はともかく、
実際にはひいき目に見て同等程度。
カタログ上対等の16インチ砲戦艦では瞬殺されるから、
しかたなくこけおどしに作ったくらいで。
戦艦同志の戦闘でぼろが出なくて航空機に沈められて幸運だった。
まあ当時の日本の基礎工業力では、表面上は似たようなもの作れても、
中身は全然別物のの張り子の虎になってしまうは仕方ないところか。

260 :名無し三等兵:2010/07/03(土) 21:01:06 ID:???
戦艦どうしどころかベビー空母相手にもボロががががが

261 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 00:02:25 ID:???
>>259
そのレーダー装備は優位でありながら、愛宕、高雄によって戦列離脱に追い込まれたサウスダコタのことですか?

という、グダグダ展開が望みか…
その手には乗らん!

262 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 00:04:27 ID:???
そいや第三次ソロモン海戦の時さ、なんで探照灯照射を比叡がやったんだ?
大将はどかっと構えててさ、危険な任務はそこいらの雑魚に任せてりゃ良いのに

263 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 07:28:53 ID:???
アトランタが至近に迫ってたから。

264 :名無し三等兵:2010/07/04(日) 23:34:15 ID:???
むしろ少しでもでっかくて撃たれ強い奴が被害担当しないと沈没艦が続出するような。

265 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 05:37:59 ID:???
>戦艦の水上砲撃戦の基本は、格下との戦闘だよな。
どんな基本だよ

266 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 07:42:22 ID:???
基本だろ

267 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 08:53:57 ID:???
戦艦でなくても兵法の基本、ケンカの基本>格下狙い
勝てるようなお膳立てをする奴が無敗を誇るのだ

268 :名無し三等兵:2010/07/05(月) 09:37:46 ID:???
>>265
戦艦の発達史は相手を上回る火力・防御力・速力の追及でしょうが

269 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 02:14:13 ID:???
>>257は「戦艦は巡洋艦以下との戦闘が基本」と言っているようにしか見えないのだが。

270 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 08:47:50 ID:???
そういや前に考えたなぁ。
戦艦は巡洋艦を狙い、巡洋艦は駆逐艦を駆逐し、駆逐艦は隙をついて魚雷で戦艦を喰う。
これが必勝の卑怯道なり。
戦闘なんてグーチョキパーの相性問題なんだから、
グーでグーにむりやり勝つような事しなくていいだろ。怪我するばっかりだ。

271 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 09:35:19 ID:???
程度問題だけど、戦艦同士の場合、相手が格下でも間合いに入られると
損害は免れないし、遠距離だと当たらないし、案外シビアな話じゃないかな?
戦艦の安全距離って、意外に狭い範囲(って万メートル規模だけど)だから。
となると、後は数と速度の問題で、それが敵わないとなると個艦優秀主義
になるという・・・

272 :名無し三等兵:2010/07/09(金) 17:10:18 ID:???
なるほど空母最強だな

273 :名無し三等兵:2010/07/13(火) 20:14:19 ID:???
>>270
つ 潜水艦

274 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 00:40:30 ID:???
まず駆逐艦を艦隊から引っ剥がしたら潜水艦のやりたい放題だよな
航空戦力が残ってるとそうもいかないか

275 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 01:00:39 ID:???
大洋を航行中の艦隊を潜水艦が捉える事は困難
作戦書を手に入れるとか無線を解読するとかで敵の位置が推測出来るとか、
燃料不足で艦隊が低速で航行せざるを得ないとか、
そういった特殊事情でもないと『やりたい放題』にはならんかと

276 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 18:19:43 ID:???
米潜水艦は日本艦に本当にやりたい放題だったよね
駆逐艦すら思うがままに撃沈してたし

277 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 19:58:42 ID:???
それでも死者は他の艦種より多かったんだぜ。米潜水艦。

278 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 21:56:49 ID:???
スコアはいいけど損害もそれなり・・・それがアメリカの潜水艦部隊じゃ
なかったかな?

279 :名無し三等兵:2010/07/14(水) 22:00:07 ID:???
no guts no glory

280 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 09:55:47 ID:???
そうだな、潜水艦は民間船に無差別無制限潜水艦通商破壊用だからな。
潜水艦で敵艦隊攻撃成功が高かったのは。
第一次世界大戦の軍艦に対する戦果がピークだからな。

281 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 14:54:34 ID:???
大和型が決戦距離で水上砲撃戦を行う場合、副砲射撃はどの程度有効だと考えられるでしょう?
60口径15.5cm砲は最大射程で27000以上ですが、20000程度であれば命中弾は期待できるのでしょうか。

282 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 19:45:59 ID:???
重巡の20.3pが、確か20000mもはなれるとさっぱり当たらん。15.5pではもっと辛い。
あれは20000m以内に近づいてくる駆逐艦とかを撃退するものだ。

283 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 20:10:38 ID:???
設置位置が高い分、軽巡よりややマシなのかな?
そうでもないかw

284 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 21:44:01 ID:???
副砲と主砲で同じ目標を攻撃した場合、弾着観測は混乱しないのかな?

285 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 21:56:17 ID:???
大和の副砲って、独自に測距義持ってなかったか?
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e2/Yamato_battleship_under_construction.jpg
↑この横の出っ張りはちゃうのか?
というより実際上副砲の必要性がなかったかw

286 :名無し三等兵:2010/07/15(木) 22:56:57 ID:???
>>283
設置位置は兎も角、横安定性の問題で軽巡のそれとは格段の命中率の違いが有りそう

287 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 04:15:47 ID:???
>>270
>戦艦は巡洋艦を狙い、巡洋艦は駆逐艦を駆逐し、駆逐艦は隙をついて魚雷で戦艦を喰う。
>これが必勝の卑怯道なり。
で、ピヨピヨになったところに第一艦隊ぶつける


漸減作戦そのものだろ

288 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 04:21:54 ID:???
>>285
>というより実際上副砲の必要性がなかったかw

主力艦以上に護衛艦が劣勢だったから撃退用の火力は必須だった。対艦能力に劣る両用砲を積めなかったのはそのせい
WWI時のフラッシュデッカーがあり余ってた上に100隻とか新造した米戦艦は38口径5インチなんて豆鉄砲でも十分だった

289 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:03:55 ID:???
軽巡洋艦クリーブランド級も、52隻発注だったっけ?
造船能力が違いすぎる。

290 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 10:19:19 ID:???
しかもインディペンデンス級の空母に供されているw

291 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 16:59:19 ID:???
>>285
>というより実際上副砲の必要性がなかったかw
ヴェネやリシュ、ビスは勿論、一連のビッグ7戦艦も実際上副砲の必要性は無かったと同じように主張しますかね?
しないんだろうなあ。どうせ大和だけなんだろうなあ。

292 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 17:03:59 ID:???
ヨーロッパの場合、出撃即会敵だから参考にならんのでは?

293 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 17:09:01 ID:???
>>292
ごめん、言いたい事がよくわからない

294 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 18:51:47 ID:???
太平洋で戦艦同士が戦うより、大西洋、北海、地中海で戦艦同士が遭遇する
確率の方が面積的に高い罠。
それにドイツなんて最悪単艦で通商破壊戦まで想定してるだろ。
艦隊決戦一本槍の日本と状況が違い過ぎる。

295 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:43:19 ID:???
欧州艦の副砲は必要性があるもの、日本艦の副砲は必要性の無いもの
ってのがよくわからないんだが

296 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:04:48 ID:???
だって決戦の前に潜水艦と航空機で数を減じてるって前提で作戦立ててるだろ?
なら重量軽減や構造を簡素化するのに副砲を搭載しないとかの選択もあって
しかるべきだろ?
それに欧州はイギリスはともかくどこも日米みたいな大艦隊を揃えられた
訳じゃないから。

297 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:09:46 ID:???
一行目と二行目に関連性が見えないのだが。

298 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:12:39 ID:JYsB8RZJ
欧州の狭い海での沿岸海軍の場合は戦艦といえども巡洋艦、駆逐艦の軽艦艇や
商船と出会うからまだまだ副砲は必要との判断だろう。
現に欧州最強のソビエスキーソユーズ級戦艦にも副砲はあるし。
太平洋で言えばガダルカナル戦の第三次ソロモン海戦みたいな
夜間近接戦なら副砲があった方がいいけど。
外洋海軍が昼間の外洋で艦隊戦なら乱戦じゃないから
艦艇がしっかり揃えば副砲は廃止可能だろ。
結局、貧乏と貧弱な工業力と造船力。
帆船時と植民地経営のノウハウがないから外洋海軍なんか
分からない!あ、あ、アイゴー!

299 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:26:28 ID:???
漸減作戦が全て目論見どおり進むわけでもなく、外洋の昼戦でだって乱戦になる可能性もあるし、常に艦艇が揃ってる情況を作り出せるわけもなく。

300 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:39:11 ID:???
>欧州の狭い海での沿岸海軍の場合は戦艦といえども巡洋艦、駆逐艦の軽艦艇や商船と出会うからまだまだ副砲は必要との判断だろう。
>太平洋で言えばガダルカナル戦の第三次ソロモン海戦みたいな夜間近接戦なら副砲があった方がいいけど。

地中海や大西洋では戦艦は巡洋艦以下に出会うけど、太平洋だと戦艦は巡洋艦以下に出会わない?
副砲有無の是非は海が広い狭いで決まるとかもやっぱり意味がわからない。

301 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:44:02 ID:???
日本人は「万能兵器」が理想なんだろうな
重巡にも魚雷発射管つけるし航空戦艦なんて何度も考えるし
いっそ合体七胴戦艦でも作ればよかったのに

302 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:50:40 ID:???
むしろ重巡から魚雷発射管を撤去してる米国の方が異常。

303 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 20:52:45 ID:???
>重巡にも魚雷発射管つけるし航空戦艦なんて何度も考えるし
別に日本に限った話じゃないやね

304 :名無し三等兵:2010/07/16(金) 23:12:52 ID:???
やっぱり、5インチ級の両用砲というのが現実解なのかね。
これなら駆逐艦をボコボコにできるし、相手が巡洋艦なら主砲を使えばいいし。

305 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 00:17:30 ID:???
むしろ高射砲の威力でも十分だったんじゃないかと思うのですが。

306 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 00:37:11 ID:???
一昔前の軽巡なみの3000トン近くまで大型化してきた駆逐艦を魚雷の射程外で
確実に撃破するには5インチじゃ不足だと考えてたんだろ

複数の駆逐艦が5千メートル(適当)以内とかに入って来られるようなら
そのあと幾らボコろうが意味がない

307 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 00:37:48 ID:???
>>304
アカスタとアーデントに魚雷を発射されるまで接近を許しているからな。
6インチクラスでコレなわけで、5インチならボコボコにできるとか威力十分とかにはならない。

308 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 00:43:05 ID:???
いやまて、大和が計画された時点の艦隊型駆逐艦って、まだ1500トンレベルにも
達してなかったんじゃないか?

309 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 00:56:23 ID:???
まあ、3千トンは我ながらオーバーだったが、B計画で同時に配備された甲型は基準で2000トン
大和設計時におそらく基本計画が策定されていたであろう乙型は基準で2700トン

310 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:00:12 ID:???
>>308
1500トンレベルでも5インチ砲で雷撃を止めることはムズイよね。
って言いたかったんだろさ。
5インチを一発二発当てた程度じゃ威力不足で突進は止まりそうに無い。

311 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:01:55 ID:???
>>301
必要な種類の単能兵器を必要な数だけそれぞれ揃えるころができるならそれにこしたことはない
それが揃えられないからいろいろ無理がでるわけで

312 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:10:02 ID:???
>>310
威力不足もあるが、軽量弾は遠距離だと命中率・破壊力ともに落ちる
想定距離で有効な威力を発揮できるだけの重量のある弾丸を存速を十分に残せるだけの装薬量で打ち出すためには
大口径化しかない。

で、そうやって出来た火砲は重くて艦船には追随できても航空機には追随できない。
じゃあ、対航空機用の火砲を別に装備しなきゃね、って話になるわけだ

313 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:12:04 ID:???
>>301
どこの国も万能が理想。単能になんかしたくない。
というか別に日本艦は万能主義、欧米艦は単能主義とかじゃないし。
まるで日本特有の考えみたいに言わないでください。

314 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:18:04 ID:???
>>312
>威力不足もあるが、軽量弾は遠距離だと命中率・破壊力ともに落ちる
遠距離による破壊力低下は装甲抜く時に影響する話だから、駆逐艦相手にする時は別に考える必要なくね?

315 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:23:24 ID:???
対空砲として使える限界はやっぱり5インチ級なのかな?
6インチはでかすぎるにしても140mmくらいの対空砲があれば、水上戦でも相当な威力になるんだが。

316 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:29:09 ID:???
152mm対空砲の事を忘れないであげて下さい。

317 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:35:02 ID:???
8インチ両用砲を忘れないでいてあげてください。


318 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:37:18 ID:???
対空砲として使える限界ってのは何を指すのだろうな、と。
その限界をどう指すかで変わりそう。

319 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:39:11 ID:???
5インチ砲が対空砲並みに毎分20発発射できたら、
重巡でも簡単に無力化されてしまいそう。

320 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:47:13 ID:???
>>319
それはさすがに無いから

321 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 01:49:35 ID:???
5インチ砲を両用砲として搭載しようとした場合、威力は十分だろうが門数が足りなくならないか?
大和みたいな巨大戦艦ならともかく…

322 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 02:25:29 ID:???
>>319
日本軍の夜戦部隊を止めるには、6インチだと発射速度は充分だけど打撃力不足、
8インチでは威力は充分だけど射撃速度が遅いので叩ききれず、
12インチは発射速度と砲塔の旋回速度が遅いので近距離では対処しきれず、
で選んだ道が半自動装填の新型8インチ砲装備のデ・モイン級なんで。
高初速・54口径の5インチ砲完成の目処が経っていた時点でね。

5インチで巡洋艦以下が簡単に対処できると米軍が考えていたなら、デ・モイン級を量産しようとなんかしません。


323 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 02:29:27 ID:???
アホな発想で申し訳ないが、5インチとか6インチの砲で魚雷の迎撃できないかね?

雷跡が見える魚雷なら、それを追尾できそうな気がする。
水中衝撃波を発生することを主眼にした砲弾(薄皮饅頭みたいにひたすら炸薬をつめておく)で
魚雷を狙って発射し、至近爆発での破壊を期待する。

でも、そういう武器が無いってことは、うまくいかないんだろうなあ…

324 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 02:32:57 ID:???
>>322
それができてしまうのがアメリカだな。
日本軍の会議で「つまり分間10発以上の連射が可能な200mm機関砲が必要です(キリッ」とか言ったら殴られそう。

325 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 06:55:39 ID:???
分発10発は無理でも分発7発の半自動装填式8インチでも当時の日本やドイツ、イギリス
フランス、イタリア、ロシアには無理なのかな。

326 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 07:25:59 ID:???
60口径くらいの5インチ両用砲で自動装填式速射砲があればいいのにな。
6インチ両用砲は故障多いし、発射速度速射砲に出来ないし。
8インチ砲は両用化は無理なら。

327 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 17:15:33 ID:???
他の日本戦艦は兎も角、大和の副砲は対空でもそれなりの火力を発揮するからベストでないにせよベターじゃないか?

それに武蔵用の高角砲追加さえ間に合わなかった日本の砲生産能力では、
最上の主砲廃品利用はコスト的にも正しかったように思うが

328 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 17:31:11 ID:???
武蔵以外の既存艦の89式高角砲の増設、松型の建造、陸上基地配備などがあるからな。
武蔵だけ6基増設するならばわけない罠。

329 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 21:15:40 ID:???
>>313
万能は単能に劣る。同等の性能を出せるとしたら、逆に言うと無駄なリソースを使っているということ
WWII〜現代の米海軍と空軍(陸軍航空隊)の航空機発展の歴史なんかをみるとわかりやすい

>まるで日本特有の考えみたいに言わないでください。
「考え」なんて言ってないんだけどな。そうせざるを得ない状況だったと言ってるだけ。

330 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 21:18:26 ID:???
>>314
>遠距離による破壊力低下は装甲抜く時に影響する話だから、駆逐艦相手にする時は別に考える必要なくね?
その理屈だと5インチも18インチも変わんないってことになるぞ


331 :名無し三等兵:2010/07/17(土) 21:21:12 ID:???
駆逐艦には榴弾だろ、徹甲弾は抜けちゃう。

332 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 00:19:59 ID:???
>>329
幾種もの種類があった戦闘機や攻撃機がマルチロールファイターに集約されてきている気がするが。

333 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 00:27:23 ID:???
>>332
それは搭載する兵器の側の進化が著しい事があるんじゃないかなぁ
空対空ミサイルや増槽吊るせるなら同じ重さのこれも吊るせるだろみたいな
昔は爆弾や魚雷が勝手に飛んでいってくれなかったから母機が照準して
まっすぐ飛んだりまっすぐ急降下しなきゃいけなかったわけで

334 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 01:01:42 ID:???
>>333
>それは搭載する兵器の側の進化が著しい事があるんじゃないかなぁ
いや、マルチロールファイターの類はほぼ全て政治的・予算的制約でそうなっているだけなので。
合衆国のような国ですら平時は予算の制約が厳しくて、一々用途に応じて単能機ばかり作っていられないし。
同じ数を作るなら、多機種を少しづつ作るよりも機種を絞って生産したほうが手間も予算も節約できるし。

もっとも、そう簡単に狙ってマルチロールファイターができるわけでもないけどさ。

>まっすぐ飛んだりまっすぐ急降下しなきゃいけなかったわけで
大戦中から、戦爆が登場してきたり艦爆と艦攻が統合されてる流れができてるわけですが。
そして、それって開発の経緯を見れば分かるとおりに、兵器側の進化云々より機体側の進化の影響が大だよね。

335 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 01:17:20 ID:???
>>298
んで、お前の祖国のあの薄汚い犬朝鮮半島には、まともな造船能力はあったのか?
戦鳥半島の低脳英厨

336 :yokores:2010/07/18(日) 05:41:33 ID:???
>>335 >>298はWW1ドイツ厨だろ。

337 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 19:27:47 ID:???
WW1ドイツ厨って戦鳥の英厨でしょ。
垂れ流してる妄想がまるで同じ低レベル。

338 :名無し三等兵:2010/07/18(日) 22:03:45 ID:???
戦鳥なんて終わってる所の話出すなよ。

339 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 19:03:12 ID:???
>>335を見て>>298と同一人物ではないかと疑う俺はひねくれているんだろうか。
>>298をドイツ厨に対する釣りとして投下したが成果が上がらず、自演することで炎を上げようとしているように思える。
つまり>>336-339>>298に釣られているのか……?

340 :名無し三等兵:2010/07/19(月) 22:15:35 ID:???
>>337 WW1ドイツ厨は戦鳥の英厨レベルまでは届いていなかったと思うzo。
しかし>>298は最後の行以外はWW1ドイツ厨とはちょっと毛色が違う気がする。
WW1ドイツ厨が進化(?)したのか、或いはWW1ドイツ厨を騙った釣り師か。

しかしドイツ厨氏が戦艦厨スレから姿を消して、既に久しいな。

341 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 05:09:01 ID:???
イタリア厨の俺はどこへ行ったらいいんだ……

342 :Benvenuto:2010/07/20(火) 05:51:44 ID:???
>>341イタリア厨さんようこそ!やはり戦艦と言えば魔改造ものに限りますな。
(ガレー船やガレアスなんてのは勘弁ね☆イタリアの黄金時代なんだろうけど)

343 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 07:57:50 ID:???
伊達男の戦艦w

344 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 08:10:15 ID:???
>>342
魔改装なんて、何たるコストパフォーマンスの悪い事を
貧乏だからってそんな事ばかりしても、魔改装しても
すぐ艦が10年使用すれば寿命だろうに。
改装は予算と排水量制限(改装は3000tの範囲まで)でやるもん
だろ、中途半端や手抜きになるが、ボイラーと機関を
新型に換装して最高速力向上と、中途半端でも甲板装甲強化で
最高速力28ノット以上になればな、主砲、副砲はそのままでも
見てくれ良くするため艦橋など上部構造刷新すればな。


345 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 08:19:12 ID:???
まあ元が鈍足戦艦21ノットくらいなら、機関そのまま
ボイラー換装、バルジ装着、水平防御改善、新型高射砲、
高射システム装備、艦橋構造物刷新、主砲、副砲そのまま
で仰角引き上げ、主砲砲弾はヘビーシェル化
で十分な成功作と言えるだろうに。

346 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 08:55:34 ID:???
イタリア戦艦の魔改装は日本人もどうこう言える筋合いじゃないんじゃ

347 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 15:33:18 ID:???
おいおい、最近、本邦に続いてアニメ化されたのがイタリア艦隊なんだぜ?

348 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 19:04:51 ID:???
ストライクウィッチーズ2でかよ。
日本なら連合艦隊ならアニメ決断だろ。
ようつべやニコ動で見れるぞ。

349 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 19:53:42 ID:???
ヴェネトの優美さは世界一。
性能的にも傑作艦だし。

350 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:28:43 ID:???
まぁ地中海でしか使えないんだけどw

351 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:31:07 ID:???
それは別に問題ないんじゃ

352 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:34:16 ID:???
まぁ「地中海の女王」でいいなら構わんけどw

353 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:35:09 ID:???
地中海で使う為に作ったんだからなあ。

354 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:36:59 ID:???
必要の性能で最高の性能。
なにやるにも中途半端な性能のライミーの艦よりいいじゃん。

355 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:40:09 ID:???
かわりにライミーの船はどこの海でもそれなりの性能が出るように作ってあるので。
まあ理由があるにしろ、その割りに脚が短いのはアレだけど。

356 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:44:27 ID:???
>>350
そのおかげでドリアより先に退役させられる羽目になりましたとさ
ヴェネトを接収した連合軍は極東に回航して対日戦参加させようと思ったんだけど
あまりにも足がアレだったんで諦めたwww

357 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:46:36 ID:???
中途半端じゃないけど、やりすぎたライミー(笑)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/61/HMS_Nelson_%28Warships_To-day%2C_1936%29.jpg

358 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 21:53:27 ID:???
まあこのアイディアはダンケルク、リシュリューで完成したと思えば…

359 :名無し三等兵:2010/07/20(火) 23:27:48 ID:???
何をやるにも中途半端って条約縛り食らったネルソンとKGV以外にあるのか?
もしかしてヴァンガードも中途半端扱いにされるのか?

360 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:01:25 ID:???
>>339
>298は戦鳥村半島に限らず鮮人にありがちな短絡的な戦勝国礼賛厨でしょ。
あの民族はその程度の連中。

>>359
条約の縛りが無くてもヴァンガードのような技術的に中途半端な代物しか造れないのが、
英海軍クォリティ。
単に脚が速いだけで、航続距離は最初から独仏新戦艦に及ばない。
その1枚舵のリシュリューも、ヴァンガードと同じく旋回性において並列舵の独伊新戦艦
に対して普通に劣るが、ヴァンガードはそもそも主砲が廃物利用品。
英戦艦の運用上、その3万にも届かない旧式砲の射程はさして大問題ではないが、肝心な
近距離射程での貫徹力が近隣の新型38cmおよび15インチ砲に対して低く、給弾性能も劣る。
下には下があるもんだ。




361 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:02:33 ID:???
英海軍が「一番すげえの作ってやるぜ!」って戦艦は、フッドが最後になるのかな?

362 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:04:57 ID:???
実際のところリシュリューはQEの改装艦あたりにあごで使われるのが似合ってるけどな

363 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:26:55 ID:???
QE級は結構狂ってるからなぁ
何で一次大戦時の戦艦が、二次大戦時の新戦艦の大半と互角に渡り合える性能持ってるんだよ・・・と

364 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 01:31:04 ID:???
>>363
悪天候とかで近距離遭遇した場合、長門相手にさほど劣らず殴り合いできそうだしなあ。

365 :WW1ドイツ厨:2010/07/21(水) 11:51:48 ID:VdgzXPnG
>>362>>363
あ、あ、アイゴー!
つまりウリの大洋艦隊が健在でバイエル級改造艦や
マッケンジー改造艦があればこん弱くなく、改造バイエル級が
至近距離で新型戦艦と対決をみたかったニダ。
もうハンデ

366 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 12:06:12 ID:???
>>363
艦がデカイのと、もともと5基搭載予定だった主砲塔を、口径が大きくなったのに併せて4基に減らした結果、さらに
余裕のある設計ができた点だね。
>>365
ドイツは大口径主砲の開発能力が劣っていたと言う点が、つくづく痛すぎた。
デアフリンガーとか個人的には大好きなんだが、結局戦力的には、インヴィンシブルに毛が生えた程度でしかない
んだよねOTZ

367 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 12:57:08 ID:???
ドイツはなんで戦艦と巡洋戦艦の口径が違うのだろ。
デアフリンガーでは同じとはいえ、基本的に巡洋戦艦は戦艦よりワンランク下のサイズなのがどうもな。
日英はそんなことしてないから目立つわな。

368 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 13:49:51 ID:???
>>356
KG5と変わらない凌波性と航続性能だからなぁ・・・
むしろ連合国が問題としたのは貧弱な対空火器。対フランス海軍ように近距離番長として造られたために
主砲・副砲塔がやたら固い割を食ったのが対空火器で88mmのコピーの9cm砲が12門しかないwwwww

369 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 13:51:33 ID:???
>>363
猿の日本人とヤンキーが14インチ砲戦艦ばっかり作っているんで突き抜けた性能が欲しかったらしい。

370 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 18:42:01 ID:???
>>368
だがあの国の空軍をいつも見ていれば、対空火器はこの程度でも十分と判断しても無理はないかも。

371 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 19:04:00 ID:???
>だがあの国の空軍をいつも見ていれば
いつどこのイタリア空軍を見ればそう判断しても無理ないかも、なんだろうか。

372 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:03:36 ID:???
フランス戦艦やドイツ戦艦もあまり対空火器が良くなさそうだしな。
何だかんだ言っても欧州ではイギリス海軍が一番
対空火器が良いのは事実ニダ。
ソビエスキーソユーズの対空火器は性能未知数ニダ。

373 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 20:10:36 ID:???
それに対空火器が貧弱なのは日本もそうだし。
機銃も高射砲も低性能で旧型、更に40mmクラスの
威力ある機関砲が無いのは大ハンデ。
やはり40mm機関砲が無いと米機は落とせねーorz

374 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 23:05:10 ID:???
>>363
いやいや、同射程での貫徹力と低速巡航での航続距離を除けば、改装QEといえど欠陥戦艦KGDに
対してすら他の全ての点で劣ってますよ。
改装艦の元の設計の許容限度は、新造戦艦の設計ほどには高く無い。

>>365
まあ確かに、数分で轟沈するイギリス式巡洋戦艦を飽きもせずにリリースした挙句に、条約明けの
待望の新型(自称不沈)戦艦がこれまた4連装の主砲をはじめ欠陥だらけでしかも魚雷1発で早くも
沈没し始めるなんてのは、英海軍以外に真似の出来ん芸当だわな。

>>366
大口径砲の開発能力が劣っていたんじゃなくて、欠陥防御の主力艦を続々と建造し疲弊するマヌケな
英海軍の建艦ペースに追いつけんだけでしょ単に。
同時期の同口径の砲で比較すると、クルップの層成砲はヴィカーズの鋼線砲に劣るどころか勝ってる
んですけど。

>>369
ところで先生の祖国の糞尿超賎半島には、ろくな戦艦を建造出来る技術はあったんですか?

>>372
ああ、あの人力装填の副砲を両用砲と称して、マレーに於ける撃墜スコアが旧式艦レパルスにも劣る
のが、自称不沈(笑)戦艦のKGDクラスですね。
ソビエツキーソユーズ?
当時未だ大艦建造実績ゼロの空想的共産社会に於ける、絵に描いたモチですね。
在日創価の反日鮮人どもが唱える「地球市民」(笑)並に低レベルでナンセンスなのはわかります。


375 :名無し三等兵:2010/07/21(水) 23:07:55 ID:???
逆に言えば20mmでも日独英軍機はバタバタ落とせた可能性もある

376 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 20:53:13 ID:???
戦鳥でKGXやヴァンガードで大和に勝てるって暴れてるのがいますよw

377 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 21:05:29 ID:???
元就出版社の「戦艦ウォースパイト」を読んだ。
1940年8月には既にイタリア領リビアの港湾施設や
機甲部隊に砲撃してたのを知った。
金剛・榛名のガ島攻撃が1942年10月14日だから
戦艦による陸上攻撃はこれが最初なのかな。


378 :名無し三等兵:2010/07/22(木) 21:16:23 ID:???
>>377
ガリポリでも戦艦が陸上砲撃してますぜ。

379 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 00:30:12 ID:???
>>376
極端な状況を設定すればなんとか…

大和vsヴァンガード
ともに竣工時の状態とし、夜間雨天時に遭遇したものとする…なら、
ヴァンガード有利だったりするかな。

380 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 01:04:11 ID:???
戦艦トライアンフは青島封鎖作戦やっているけど、陸上砲撃やったか誰か知らん?

日露戦争で日本、ロシア共に陸上目標への砲撃はやっているし、幕末の日本は艦砲射撃食らっていたりするわけで、艦艇が陸上目標に対し砲撃する事は珍しくもなんとも無いのだろうけど。

381 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 02:22:12 ID:???
仏清戦争時代に仏の装甲艦がドイツ人が街中に作った砲台“だけ”をピンポイント砲撃したのが最古と言われてるな。
しかも、間にイギリス巡洋艦が邪魔してて、流れ弾が来たら賠償を請求する気まんまんのイギリスを肩透かしさせた技量。

382 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 07:46:32 ID:???
ボムケッチ…は戦艦じゃないな

383 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 20:05:40 ID:???
>>376>>379
見てきた。

・KGV級5隻vs大和型2隻で戦えば最終的に大和、武蔵が廃艦になる頃にもKGV級が1隻くらい残ってるだろう。
・随伴艦の有無や数、逃走するのかしないのかなどの状況が大きく行方を左右する。
・不利な状況は個艦性能では覆せない。

の、ような趣旨のお話。
具体的にはDOY対シャルの海戦のとき、シャルが大和でも沈んでいただろう。
DOYが大和でシャルがKGVでも(シャル役のKGVは)沈んだろう。

384 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 20:09:22 ID:???
個人的には1945年以降、沖縄戦が発生せずに2年くらい日本を兵糧攻めにした世界を妄想した。
1947年まで待っておもむろにKGVやヴァンガードが瀬戸内海に入っていけば、そこには燃料の切れた大和が浮いてるだろうから、一方的に撃って沈められる。
2年も兵糧攻めされたら日本は餓死者続出で、下手したら艦が無人になってるしな。

385 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 20:40:18 ID:???
>>383
2対2なら大和勝ちは確実だろうが2対3ならいい勝負だろう
史実の建造隻数考えると数的劣勢も考慮しなきゃならない

なるほど。一理あるな

386 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 21:30:00 ID:???
確かにドイツの艦砲はイギリスの鋼線砲より性能が良いけど、製造するのにより良質な鋼塊を多く必要とするから時間も金もよりかかる。
多少性能が良くても建造ペースどころか造砲ペースでも負けてるわけで結局数の暴力の前に屈するしかなくなってしまう。

387 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 21:31:52 ID:???
二対五で勝てないとか欠陥戦艦にもほどがあるだろ……

388 :WW1ドイツ厨:2010/07/23(金) 23:08:11 ID:???
>>386
ドイツ海軍全盛期の第一次大戦でも。
造船能力だけでなく、軍艦の艦砲や大口径砲の
製造能力に難がありすぎたからな。
増してや第二次世界大戦ではあまりに絶望的なハンデ
がありすぎで、発狂して火病ってアイゴー!と叫びたいニダ。

だ、誰か!ロイヤルネイビーを倒せる方法を教えてくれ!
うわーん!ハンデが大き過ぎて埋められないよ、あ、アイゴー!

389 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:25:59 ID:???
大砲全廃して、魚雷発射管120門ぐらい、排水量4万tの超重雷水雷戦艦をでっちあげる。
ダメコン? 知らん!

390 :名無し三等兵:2010/07/23(金) 23:46:27 ID:???
やはり禁断のA4+原爆って組み合わせしか・・・

391 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 00:41:32 ID:???
>>385昼間砲戦ならサウスダコタ級でも大和&武蔵と交戦すりゃ3隻は沈むのに
KGXが五隻居れば勝てるとかありえねーし

392 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 02:10:39 ID:???
>>391
>サウスダコタ級でも大和&武蔵と交戦すりゃ3隻は沈むのに

いやそれは無いだろ?
大和の一撃はサウスダコタを粉砕できるが、サウスダコタの一撃だって大和の戦闘力に相当な打撃を与え得る。
大和・武蔵は同数以上の16in砲戦艦相手に打ち勝つ『可能性を持った』戦艦であって、
4隻以上のサウスダコタ級相手に戦って3隻撃沈なんて結構難しいと思うが

393 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 02:23:39 ID:???
大和は武装の割りにコンパクトな戦艦とよく言われるが、
その考え方だとサウスダコタも超コンパクトな戦艦だよなあ…

394 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 03:22:31 ID:???
>サウスダコタ級でも大和&武蔵と交戦すりゃ3隻は沈むのに

どうしてそう言い切れるのだろうか。

395 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 03:50:41 ID:???
サマールを知らないんじゃね?

396 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 07:33:22 ID:???
>>392大和級の射程は42000に対して、サウスダコタ級の45口径40.6cm砲は33.740mだから
砲戦距離の差でサウスダコタから先に沈んでいくのに
サウスダコタの一撃が大和の戦闘力に相当な打撃を与え得るワケが無いし
射程8000メートルの差は戦艦が火達磨になるのは充分だ。


アイオワ級なら主砲の50口径40.6cm砲の
最大射程が38.720mだから何とか大和に対抗できる

397 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 07:44:33 ID:???
…夏だな

398 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 07:51:20 ID:???
>>396
じゃあ、シャルンホルスト最強な。

399 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 08:08:59 ID:???
戦艦の最大射程はあくまで最大射程であって有効射程ではない。
第一次世界大戦以降、この問題は巨砲が大きくなるにつれて大きくなっていく。
このため戦艦には「安全距離」ってのが設定されていてだな・・・

400 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 08:09:59 ID:???
決戦距離は任務砲戦の目的彼我の兵力及び術力、砲哮威力、装甲、
天象地象、戦闘可能時間現有弾薬数等を考慮して決定すべきなるも
術力、砲哮威力、装甲等、見地によりせば一般に現状左の標準を適当と認む

○決戦(所望近迫)距離
 (1)昼間
 艦種   目標  距離
 戦艦   戦艦  20,000
 巡洋艦 巡洋艦 12,000
 駆逐艦 駆逐艦  5,000

 (2)夜間
 艦種   目標  距離
 戦艦   戦艦  15,000
 巡洋艦 巡洋艦 10,000
 駆逐艦 駆逐艦  4,000

「大東亜戦争戦訓抜粋並に横砲学所見」より

401 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 08:52:17 ID:???
有り得んな決戦距離は27000〜25000m辺りで敵戦艦の
甲板装甲や砲塔装甲を貫通できて、敵戦艦の戦闘力を
奪えないとな。
いくら射程距離が長くとも28cmや30.5cmみたいなヘナヘナ弾だと
ダメージは無いだろに。
史実ではあまりにドイツは悲惨過ぎだから。
架空でバイエル級とマッケンジー級保有と過程して。
北海ユトランド沖で、改装QE級5隻23.5ノッターと
改装バイエル級4隻21.5ノッターが仰角30度で、25000m
で殴り合いのチキンレースと仮定する。
我々ロイヤルネイビーには切り札のネルソン、ロドネー
16インチ22.5ノッターが現場に急行している。
さあロイヤルネイビー司令官なら遠距離射撃で敵改装バイエル級
の戦闘力を16インチ砲で奪うか。
あるいは大洋艦隊司令官なら。
敵より速度が遅い鈍足ノロマのバイエル級4隻38cm砲21.5ノッター
をどうやって退却させて生き残るか勝負。

赤軍QE級5隻、後々ネルソン、ロドネー参加
青軍バイエル級4隻退却中

402 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 13:29:37 ID:???
>>399
理論的には4万から撃ち始めて修正を続ければ、3万3千の頃には命中するんじゃね?

403 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 13:50:56 ID:???
大和級の場合、4万メートルはよくて「発見」でしょ。
やはり2万以上3万以下あたりが大和級の実際の命中期待の出来る距離だと思われ。
4万メートル前後だと、散布界が1キロメートルほど出るw
これじゃ修正したとろでどうにもならんぞ。

404 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 19:54:41 ID:???
4万で発見とか物理的に困難です。
4万といえば水平線の向こう側から敵戦艦の艦橋のてっぺんがおぼろげに顔を出しているかいないかの距離ですよ?
3万でも弾着観測がほぼ不可能です。

サマール沖海戦において、金剛が24000m以上での砲戦は困難と報告しています。
これは戦前の演習の結果と似たようなものです。

405 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:18:22 ID:???
一応4万までは射撃装置に実際に目盛りのあった数値だったらしい。
まぁ撃っても当たらんのだがw
大和って煙幕越しの電探射撃ってやってるのね。

406 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:26:02 ID:???
>>404大和級は弾着観測の困難を乗り越え特注の光学機器を積んでたよ。

それ以前にレンズが曇って見えないのは解決しても金剛の旧式機材と
最新鋭の大和を同列視する時点で馬鹿か?

407 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:26:43 ID:???
デンマーク海峡海戦だと4万弱で視認、2万ちょいで砲戦開始だからな。
発見はなんとかできるけど砲戦は無理だよ、なんだろうな。
じゃなければ2万強から砲戦開始にはならんわな。

408 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:29:16 ID:???
>>407最大射程で無理だから扶桑伊勢長門に準ずるワケが無い気がするが。

409 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 20:36:45 ID:???
デュークがシャルに命中弾与えたのって何万だっけ?

410 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 21:00:15 ID:???
二万四千以下

411 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 21:12:15 ID:???
まぁ、最大射程にしろ決戦距離にしろ目安に過ぎんからねぇ。
その時々で判断は変わるだろうとしか。

412 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:37:43 ID:???
戦鳥では2万〜3万で敵より優位に戦えて。
敵戦艦の舷則装甲を貫通するよりも。
敵戦艦の甲板や砲塔装甲を貫通した方が簡単に
戦闘力を奪えるとかいっているがどうだろ。
真実一路や学研世界の戦艦でもそんな感じだが。

413 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 22:40:13 ID:???
>>409
それで、甲板装甲を貫通されて、缶室は砲塔を破壊
されて戦闘力を簡単に失ったようだな。

414 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:26:00 ID:???
>>406
サマール沖海戦において大和は32000mから発砲していますが、アメリカ側は日本の砲撃を「測距はうまいが修正は下手」と評しています。
弾着観測が上手くいっていたとは思えません。

>弾着観測の困難を乗り越え特注の光学機器を積んでたよ。
具体的な話を聞きたいところです。

415 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:31:16 ID:???
>>412
該当部分読み返してみたいからページとかサイトのどの辺読んだからいいか教えてくれ。

416 :名無し三等兵:2010/07/24(土) 23:50:25 ID:???
>>415
堂々した昼間砲戦じゃないと成立しそうもないな。

417 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 02:52:11 ID:???
>>412
水平装甲狙いは点で狙うことになるけど垂直装甲狙いは線で狙えばいい
それ以前に近づけば近づくほど測定誤差も射撃誤差も減る

当たりゃあ美味しいんだろうけど、そもそもちゃんと当たるの? とか思ったりする
当たればラッキーぐらいの気持ちで遠くから打ち始めるってのなら理解できるけど

Mk7よりMk6の方が優れてるって論法はどうも納得いかん
アイオワ級よりサウスダコタ級の方が砲戦のプラットホームとして優れているという
理屈なら納得できるけど

418 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 03:04:54 ID:???
散布界だとMk6のが上じゃなかったか知らん
あと弾道特性から水平打撃力でもMk6のが期待できる範囲が広い(ような気がする)

419 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 08:42:48 ID:???
http://www.warbirds.jp/truth/dotukiai.html
http://www.warbirds.jp/truth/bismarck.html
http://www.warbirds.jp/truth/torpedo4.html

戦鳥の真実一路ではやはり2万m〜3万mを決戦距離に
している。
http://majo44.sakura.ne.jp/horizon/tytle.html
http://majo44.sakura.ne.jp/obs/tytle.html
夕撃旅団にて、やはり優秀なレーダーや射撃管制レーダー
の有無は致命的なハンデになると書いてある。
つまり射撃管制レーダーをつかい2万〜3万の決戦距離で
敵戦艦の甲板装甲や砲塔装甲を撃ち抜いて戦闘力を奪うのが
戦艦の有効な使い方。
決して第三次ソロモンみたいな夜間近接戦闘は
戦艦の使い方では邪道、夜間近接戦は巡洋艦や駆逐艦の
仕事。



420 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 08:55:46 ID:???
でも日本海軍は夜間に魚雷で敵が混乱してる間に、主力の戦艦が撃ち込むって
のが一応作戦だった訳でしょ?
って、それをレイテで米海軍にやられた訳だがw

421 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 13:00:34 ID:???
起こりえなかったものを正道、起こったものを邪道としてかくとか笑えてくるな

422 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:05:03 ID:???
>>420
主力の戦艦は基本的に昼間を想定している。
だからソレ違う。

423 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 14:09:36 ID:???
>敵戦艦の甲板や砲塔装甲を貫通した方が簡単に
>戦闘力を奪えるとかいっているがどうだろ。
>真実一路や学研世界の戦艦でもそんな感じだが。

具体的にどの辺だ。
さすがに全ページ読み返すのは面倒だから引用したりページ指定して欲しいのだが。

424 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 18:17:16 ID:???
>>419のサイト真実一路に書いてある。

425 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 18:58:17 ID:???
>>367
大口径砲の開発が遅れていたうえに、生産能力も劣ってたから、30センチ砲、35センチ砲は戦艦に
優先的に回さざるを得なかったらしいね。
>>396
大和にしたって、本来の想定交戦距離は2万m前後だぞ?4万mとかまず当たらんわ。
>>417
戦艦の射撃のやり方を分かってるのか、あんた?

426 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:13:50 ID:???
>>425
巡洋戦艦に30センチ、38センチを搭載できなかったのかなと。
わざわざ28センチや新設計の35センチが選ばれた理由がわからん。
日本だったら間違いなく戦後の識者様達から批判受けそうなもんだけど。

427 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:35:58 ID:???
>>419
>戦鳥の真実一路ではやはり2万m〜3万mを決戦距離に

それは戦鳥ではなく旧日本海軍が決めた決戦距離。
米海軍は2万ヤード(約18000m)から3万ヤード(約27000m)。
英独はもっと近い。
英は1万mちょいから18000mくらい。
独はよくわからないが、シャルの安全距離の想定だと15000から20000m。

戦鳥は基本的に日米が正しいという立場だから、その立場から見ると砲弾は大きくやまなりに飛ぶので甲板に当たる可能性の方が高い。

428 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:38:10 ID:???
>>423
俺は419じゃないが、たぶんこれ。

http://www.warbirds.jp/truth/torpedo4/11.html

429 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:39:48 ID:???
いや、こっちか。

http://www.warbirds.jp/truth/torpedo4/16.html

430 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:42:04 ID:???
>>426
製造場所とかの関係があるのかも。
35cmと38cmの砲を同じ製鋼所で作るなら、統一しろよと思ってしまうが、
38cmの製鋼所と35cmの製鋼所が別で、後者が35cmMAXだとしたら、生産能力の点から分けるというのはありかもしれない。
(この場合、38cmで統一しようとすると順番待ちになる)

431 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:46:34 ID:???
仏や伊の決戦距離はどれくらいだ。
露の場合新型戦艦のソビエスキーソユーズから
決戦距離を想定せざるを得ないが。
第一次大戦では決戦距離は独より遠くで撃つかんじ
だったし、実際バルト海や黒海でも露戦艦は
独戦艦にアウトレンジ射撃していたし。
第一次大戦時でも仰角30度はあったような。

432 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:49:18 ID:???
>>430
しかもオーストリアと同じ主砲規格な感じだからな。
第一次大戦のドイツ帝国、オーストリア帝国の
クルップやシュコダの製造能力の問題じゃないか。

433 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 19:58:21 ID:???
しかし第一次大戦だとオーストリア帝国の戦艦フリップス
ウニーティス級正にザルでスカスカな水中防御で
簡単に沈むっておい。
ドイツ帝国ド級戦艦より脆すぎだぞ。

434 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 20:31:31 ID:???
しかもドイツの場合せっかくの38cm砲や35cm砲など
大口径艦砲作れる製造設備が敗戦やベルサイユ条約で
潰されちゃったからな。
こんなハンデつけられては大口径艦砲製造能力なんか
第一次大戦並の造船能力や艦砲製造能力に
戻れず、英には造船能力、艦砲製造能力でま
もう追いつけないよ!アイゴーのオチと。
18インチの艦砲を量産製造すらドイツには重荷だろうに。

435 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 20:32:07 ID:???
いや当時の戦艦は機雷一発でヤバイのがデフォ

436 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 20:35:29 ID:???
あっそう、第一次大戦の45.7cmや50.8cm、第二次の53.34cmは
試作砲か試験用の砲だからな、艦砲製造能力や
製造設備が英に劣るうえ、第一次大戦敗戦で
艦砲製造設備を潰されたドイツには上記艦砲量産製造能力
なんて無いからな。
英や米なら53cm艦砲製造量産出来そうかもしれんが。

437 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:25:37 ID:???
そいや、ドイツって35センチ砲作ったのか?
結局あの砲って出来上がってすらいないらしいんだが。

438 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 21:36:01 ID:???
第一次の35cm砲なら試作砲は完成したような。
それをマッケンゼン級に搭載する予定なら。

439 :名無し三等兵:2010/07/25(日) 22:05:43 ID:???
>>438
それって本当に完成したのかな、と。
どうもペーパー上の完成で実物の確認が現在まで取れてないって話を聞いたもんで。

440 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 00:54:46 ID:???
しかし、WW1ドイツ海軍としては巡戦はあくまで「大型巡洋艦」で偵察部隊所属。
英15inch艦がその前哨戦に出てくるとは想定外だっただろ。
主力戦艦隊の露払いとしては、独大巡も多少火力不足でも充分堅固で役に立った。
小型巡洋艦(軽巡)ではまともに敵火力に曝されたらひとたまりもなかったからな。
しかしマッケンゼン級やヨルク代艦級の活躍を見たかったな。

441 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 01:04:42 ID:???
>>409
18000m〜11000m。
DOYはシャルンホルストに対して1650時以降に10門を動員しての連続52斉射を行ったが、この時の射程が11000m。
うち31斉射で莢叉、16斉射で着弾200ヤード以内という記録だが、例によって給弾不良がAおよびY砲で発生している
にも関わらず射撃精度を維持出来たのは、上記の通り砲戦距離が極めて近かった事にもよる。

>>413
シャルンホルストが舷側上段の垂直45mmを貫徹されて缶室煙路の基部垂直80mmを破られたのが1800時で、この時の射程
が約18000〜15000m。
被弾し破られたのはいずれも垂直面の弾片防御部で、甲板の水平防御を撃ちぬかれた訳では無いね。
どのみちこの射程範囲でのDOYの14インチ砲の水平貫徹力は55o〜70o前後だから、中甲板の80o厚を貫徹出来たか
どうかは最初の時点で怪しいんだけど。
ちなみに1655時にシャルンホルストがA砲正横の舷側上段に被弾して給弾機構を破壊されて弾片火災が階下に及んだ為
にAB両砲の弾火薬庫に注水を行った際も、その射程は約12000m。
特に同艦の構造に起因するものでは無く、その射程を考慮すればこの被害はありえるし、その注水措置も妥当ではある。
まあ、どこかの嫌独サイトによる「『遠距離』からレーダー射撃を行う英戦艦により独戦艦は簡単に戦闘力を失う」と
いう妄想を「真実」などと称する>>434>>436のような朝鮮人もいるみたいだけど、戦闘の経過からすると事実はむしろ
逆だね。

>>437
フランドル戦区に列車砲として配備され、うち1門は命数を超えて578発の射撃実績とあるね。


442 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 01:08:46 ID:???
>>436
ところで、先生の祖国の犬超賎半島にはそもそもろくな造船技術はあったんですか?

443 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 01:19:52 ID:???
>>417
同射程ならMk7の方がMk6よりも精度が高いんだろうけど、プラットホームの
資質にしたってサウスダコタなんかよりアイオワの方が上でしょ普通に。
まあどっちも安定した砲台としてのレベルは他国の新戦艦に対して別段高くも
ないし、特にサウスダコタ級に至っては、その運動性と航洋性は米の新戦艦の
3クラス中明かに最低だし。

444 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 01:38:01 ID:???
>>425
>戦艦の射撃のやり方を分かってるのか、あんた?
測的精度と散布界は遠距離ほど不利になる
当然命中率(命中速度でもいいけど)は落ちる
公算射撃を魔法かなんかと勘違いしてないか?

445 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 01:41:17 ID:???
>>441
似たような射程でイギリスの戦艦(旧式艦)と交戦して、艦の中央部舷側に被弾した
時点で前部主砲とその管制用の送電が途絶して、その場であっけなく応戦能力を損失
したダンケルクという自称バランス戦艦や、魚雷1発で機関と発電のそれぞれ半分が
壊滅して早くも沈没し始めるPowという自称不沈戦艦もあるので、英仏らの新戦艦
の見掛け倒しぶりに比べれば普通にマシかと>シャルンホルスト

446 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 10:31:44 ID:Y7UWvYDq
誰か神戸港に大和が停泊してる画像合成してよ

447 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 20:46:18 ID:???
香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

448 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 21:05:20 ID:???
ここって、戦艦スレの割りにドイツ艦とイギリス艦の話しかしないよね

449 :名無し三等兵:2010/07/26(月) 21:16:20 ID:???
香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

香港人がクライアントの代わりに書き込んるわけさ

450 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 22:43:50 ID:???
シャルンホルストはもっと評価されてもいいと思う。

  「ここは俺が食い止める。お前たちは早く逃げろ!」
  それが俺たちが見た最後のシャルの姿だった……。

をリアルにやった船なんだから。

451 :名無し三等兵:2010/07/27(火) 22:58:04 ID:???
戦果はともかく、いかんせん性能が……

452 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 17:51:12 ID:???
>>450
>>「ここは俺が食い止める。お前たちは早く逃げろ!」
>>それが俺たちが見た最後のシャルの姿だった……。
>>をリアルにやった船なんだから。

こんな場面あったけ?逃がしたのはドイツ駆逐艦の事?

むしろA.シェーアに立ち向かったH.M.S.ジャーヴィス・ベイ@1940年10月23日の方が相応しいとオモ。
シャルンホルスト・グナイゼナウ絡みでは、H.M.S.ラワルピンディ@1039年11月23日が勇敢だった。

453 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 19:29:43 ID:???
>>452
そう。駆逐艦のこと。
ところで1039年11月23日に何があったのか詳しい話をお願いしたい。

454 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 19:30:19 ID:???
俺も気になるな、1039年www

455 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 19:33:20 ID:???
そういう勇敢さで言えば冬月こそがふさわしい。
まあ、スレ違いだね。

456 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 19:45:03 ID:???
シャルといえば、チャンネルダッシュのときは

 「俺のことはかまうな! 早く行け! ……大丈夫。後から必ず追いついてみせる」

もやったような。
機雷で全動力一時停止になったのシャルだったかグナイゼナウだったか。

457 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 20:53:44 ID:???
変なトラブルを起こすのはシャルの方と覚えておけば、大抵は問題ない

458 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 21:26:46 ID:???
>>450
北岬沖海戦では、単に荒天で役に立たなかったので駆逐艦を先に帰還させただけで、
その後、シャルンホルストが単艦で敵船団の索敵を続行していたんじゃなかったか?

何か自己犠牲的な身代わりのような行動が「リアルに」あったのか?

459 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 19:14:57 ID:???
>>458
昔の記憶だけで書いたから、長い年月のうちに脳内で話が脚色されたかも。

460 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 20:24:50 ID:???
そのまま放っておけば、いずれ単艦でDOYを屠るシャルくらいに脚色されたのに

461 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 22:23:49 ID:???
じゃぁ俺も脳内脚色ついでで。
昔組んだT☆★IYAのプラモの解説に、自慢の高速で振り切ろうとするシャルンホルストへの
DofYのレーダー照準砲撃が、距離の増大と共に次第に曲射弾道へと変わり、上から降って
きた砲弾が、あまり厚くはない機関区の防御甲板を破り飛び込み、ついにシャルンホルスト
の船脚が止まり、ここに長く大西洋で猛威を振るった艦の命運が尽きることになった云々と
いう息詰まる展開が書いてあったのが未だに印象に残っている。
実際には、>>441にあるように、ごく短い射程範囲での攻防だったようで。
実際には地中海での英伊艦隊戦の方が距離が遠かったんだよね。つか最長命中記録も。
(伊側の腰が引けてたって面もあるようだけど)

462 :名無し三等兵:2010/07/29(木) 22:38:55 ID:???
あの場所に居たのがシャルでなく伊勢なら、もうちょっとマシな戦いが出来てたろうかね

463 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 14:44:35 ID:???
伊勢なら?悪天候をどうにか出来たのか?

得意の脳内脚色で、主砲を連装2基4門ずつ、同時に3目標に分火して包囲する敵に
対処出来るとかか?

464 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 20:41:02 ID:???
いや伊勢ならレーダー射撃(仮)が出来るだろ?

465 :名無し三等兵:2010/07/30(金) 21:48:10 ID:???

  /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
  i ノ       `ヽ'
  /  >   ● |    ムリ☆
 彡,  ミ(__,▼_)彡ミ  
 / 、   |∪|   )
/      ヽノ //
ヽ|       /
 |       /
 ヽ /  /
  / /ヽ
(´_ /ヾ_)



466 :WW1ドイツ厨:2010/07/30(金) 22:50:28 ID:d6Uf+o+B
あの情景では、例え改装バイエルン級がガチバトルして、相手に
38cmSKL45でダメージ与えたとしても、やはり最後は
撃破され沈没したと思う。
マッケンゼン級改装型でやはり手におえず、最後は
撃沈免がれないし。

467 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 01:13:48 ID:???
随伴の軽巡逃がす為に盾となったのはWW1の装甲巡洋艦。

468 :888:2010/07/31(土) 02:07:33 ID:???
>>465
何気にかわいいなAA

469 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 03:25:36 ID:???
>>466 キミ素敵杉。たとえ無理やりにでも己の役割(キャラ)を貫くって。

>>467 はい?寧ろ軽巡なんて out of 眼中だろ(旧)w本命の巡戦の盾ちゅーか…
むしろヒッパー提督の苦渋を知るべき…ってああシュペー提督の方だったかorz
確かにそうだな。装甲巡も逃げられるものなら逃げたかったろうにのう…

470 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:21:21 ID:???
■「誰も言わなかった海軍の失敗/是本信義(光人社)」を読んだ平成20年発刊の本。著者は元海上自衛隊自衛官。

大和VSアイオアでちょっと分からんので分かる人に質問っす。
アイオアはレーダーの測距精度が高いので、2射で挟叉できると主張しているのですね。
一方大和は、初弾→遠弾修正→近弾修正→挟叉まで4射が必要ということ。

距離3万でシミュレートしたときに、挟叉するまでの時間が大和が8分15秒、アイオアが3分45秒。
まあ、単純なモデル化したものだと思うのですが、根本的に弾着修正後の次の弾は測定距離さえ正確ならその通り飛ぶのか?という点で疑問。
また、著者は、日本とアメリカの射撃盤の精度の差、砲の自動操縦システムの有無で、技術水準が一世代上なので、それを考慮にいれるともっと差があるとのこと。
自分は戦艦の砲撃シーケンスに詳しくないので、詳しい人お願いします。

2001年の過去スレ(ということは、自分は手にしている本は新装本か?)でも論争しているようですが。
http://rkrc5w2q.dyndns.org/cache/army/yasai.2ch.net/army/kako/988/988791027.html

471 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:28:27 ID:???
まぁ昼間堂々と距離3万で砲戦するのかどうかって話もあるけどw
大和もそうだけど、アイオワ級も結構砲自体が故障したりするから、
お互いに完全に万全の状態で交戦ってのもどうなのか?
アイオワじゃないけど、サウスダコタなんて電路が切れちゃったりする
ハプニングなんてあったりしたから、何が起こるかわらんちん。

472 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:38:47 ID:???
単に、砲撃システムという点に絞って、その優劣を論じているのでは。
何が起きるか分からないという点では大和も同じでは。

473 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 09:44:45 ID:???
レーダーによる側距なら大和もやってる、サマールで。
ただ水柱までは観測できないので修正は光学観測頼りになる。
それも観測機を使えれば補える、撃墜されなければ。
射撃盤の性能は知らないけどアメリカが上回る事はあっても劣る事は無いでしょう。

それでも最後はやってみないと判らない、ボクシングでそれまでポイントでリードし
ていた技術で勝るがパンチ力の劣る選手がハードパンチャーの一発でひっくり返され
ると言う様な展開もあるので。
そして公算射撃は挟叉し続ければいずれ当ると言う物なので、先に当るとも限らない。
先に有効打を与えたほうが有利に展開できる。

474 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:13:41 ID:???
過去スレでも語られてたが、アイオワには砲自体が弾着が集束しないっていう欠点があったからなぁ。
こうなると挟叉が早かろうが遅かろうがマグレあたりだし。

475 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:37:04 ID:???
まぐれで大和の水中弾道がアイオワに当たってしまったなんて事態が発生
したら、なんかその時点で終わっちゃうような気もしないでない・・・
あくまでもまぐれでの場合だが。

476 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 10:37:06 ID:???
例えば砲の自動操縦システムにしても射撃盤の精度にしても、
ほぼ完成された技術なので水準が一世代上とか言ってもぶっちゃけ差が出ません。
取扱いの容易さ(新兵でもそこそこの結果が出せる)とかそういうところでつく差、と言ってもいいです。

477 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 11:20:00 ID:???
大和がどこまで凌ぎきれるか次第じゃないかな。
当たれば互いにダメージは大きい。
大事なものはバイタルの外にもあるし。

478 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 11:22:37 ID:???
大和逃げられないしなあ

479 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 11:28:54 ID:???
>>461最後の行
イタリア艦隊は腰が引けていたのではなく、味方弩級改装艦で英15inch艦を相手に
唯一効果を及ぼせるのが、あの距離での対甲板打撃のみだったから。
イタリア側が優速だったので、距離を保つか、それとも突っ込んでチキンゲームに持ち
込めるかだったが、英側には後詰めの戦艦が戦場にも他海域にもまだいるのに対し、
伊側にとってあの時点では未だ改装中と竣工前の戦艦しかなく、なけなしの貴重な
戦力だった。それにしてはよく戦ったものだ。

480 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 16:17:06 ID:???
扶桑伊勢って中央の主砲塔1コ取ったら30ノットくらい出る?

481 :名無し三等兵:2010/07/31(土) 16:27:52 ID:OOZHfFsv
むり。+1kt程度。

140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)