5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【木材】 デ・ハビランド モスキート 【傑作機】

1 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 15:38:43 ID:Tr3NeEQN
最大の戦果?と最小の損害を誇った 
 デ・ハビランド モスキート について語ろう

2 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 19:14:17 ID:???
自軍の爆撃機に害虫の名前をつける英国人

3 :名無し三等兵:2010/05/04(火) 20:19:12 ID:???
あれにブンブンと飛ばれた日には、寝不足ぐらいにはなるわな。

4 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 01:24:14 ID:???
追いつけるドイツ戦闘機なし

5 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 11:54:23 ID:???
国民党空軍に売られたモスキート「蚊文式」は・・・気の毒だ。

6 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 14:27:20 ID:???
究極の双発戦ホーネットも仲間に入れて・・・戦争に間に合わなかったけどw

7 :名無し三等兵:2010/05/05(水) 23:28:35 ID:I1X4muSh
映画でランカスターの登場する「暁の出撃」をリメイクしてるから、
モスキートの「633爆撃隊」や「モスキート爆撃隊」もリメイクお願いしたいものだ。

8 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 00:33:52 ID:???
なによりカビが生えるところがかわいい。

9 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 06:50:41 ID:???
キノコじゃなかっ茸

10 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 10:26:24 ID:???
接着剤の変更とか部材の補強で当座を凌いだけど、
最後まで熱帯での使用には不安を抱えてたらしいね。

11 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:17:47 ID:???
メッサーシュミットやスピットファイヤと同じく
モスキートの全形式を何も見ずに説明できる人は
すごいと思う


近寄りたくはないけど



12 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 21:52:17 ID:???
Fw190やMe109より白アリが苦手

13 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 22:32:08 ID:???
といっても昼間に戦闘したのって
殆ど無いんだろ?

14 :名無し三等兵:2010/05/06(木) 22:37:41 ID:???
>>13
デビュー戦でいきなり白昼のケルン爆撃とか、ナチのイベント真っ最中の白昼ベルリン爆撃とか、
いろいろやってますが

15 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 06:49:15 ID:???
お前自身その回答に満足してるのか?

16 :名無し三等兵:2010/05/07(金) 19:31:54 ID:???
>>15
意味がわからん

17 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 02:45:09 ID:???
The wooden wonder

18 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 03:06:04 ID:???
ゲシュタポ本部爆撃とかレジスタンス監獄やペーネミュンデのV2ロケット開発基地爆破とか、
いくらでもあんじゃん

19 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 07:19:52 ID:???
スレのびねーな

20 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 08:26:51 ID:???
地味だから

21 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 10:22:02 ID:???
いや双発機としては相当活躍したと思うが・・

22 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 10:49:38 ID:???
イメージではね
実際のところどうなんだか

23 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 10:50:04 ID:???
太平洋戦線ではその他扱いだから、日本軍マンセーもアンチ皇軍も寄ってこない。
美しい高性能機だから、ブリテン趣味もアンチブリテンも寄ってこない。
ソ連オタなんか論外。

ドイツ軍オタに期待するしかなさそうだ。

24 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 10:56:29 ID:???
マーリンを付けたらどんなしょぼい機体も名機になるような印象がなくもない

25 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 11:00:40 ID:???
双発機スレで事足りるんじゃないかな

26 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 11:45:17 ID:???
>>22
同じ戦果をモスキートなしで達成するすることはおそらく可能だけど、
モスキートの場合落とされにくいこと自体にも意味があるんじゃね?
迎撃側に常に負担をかけ続けてリソースを消費させたり、
嫌がらせ爆撃相手にMe262のような高性能機までわざわざ投入させるという点で。

27 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 12:22:23 ID:???
>>24
デファイアントやフルマーやウェルキンでもいいんだな?
本当にいいんだな?

28 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 12:26:36 ID:???
そのへんのはきっとあれだ、マーリンじゃなかったら水平飛行も覚束なかったと思うよ

29 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 14:27:57 ID:???
マーリンといってもP-51などに乗せた
加給器強化版は42年頃にならないと出てこないんだよな
あとモスキートは全体的に高高度性能が良くないような気がする

30 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 16:34:22 ID:???
>>29
そうポンポン双発機にマーリン60系を使えないしな。
でも70系を搭載した夜間戦闘機仕様とか、
110系を積んだ大戦末期の写真偵察仕様になると
相当高高度性能は向上していると思うよ。

31 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 20:14:30 ID:???
釣りじゃなく正直、どこがそんなに優れた設計だったのか分からん

いや、ブレニムと比べて速度1.5倍、爆弾搭載量3倍とか優れてるのは分かるが
機体寸法や重量は似たようなもんだし、何が違うかと言われたらエンジンパワーくらいしか‥‥

32 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 21:33:40 ID:???
モスキート B.MkIV【爆撃機型】
自重:6,476kg
動力:ロールスロイス「マーリン」XXI (1,250馬力×2基)
最高速度:612km/h(高度5,182m)

Bf110G−4
自重:5,090kg
動力:DB605B-1 (1,475馬力 ×2)
最高速度:550km/h(高度7,000m)

モスキートって木製で軽いイメージがあったけど、
Bf110より重かったんだな。
それでいて速いんだから余程設計が良かったということか

33 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 21:58:38 ID:???
木製だとむしろ重くなるとは思う
それでいて速いんだから(ry

34 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 22:13:11 ID:???
単に高速狙った設計ってだけじゃないの?

35 :名無し三等兵:2010/05/08(土) 22:19:12 ID:???
その割には搭載量が多いし航続距離も長いし
運動性も良かったらしいし

36 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 02:40:07 ID:???
ラジエーターの配置が良かったのと、木製だから機体表面を平滑にできて
抵抗が少なかったと言われてるね。
あとバルサ芯材のサンドイッチ構造は当時としては割と合理的なんじゃね?
ttp://www.youtube.com/watch?v=c7cVvYdLeek&feature=related

37 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 07:06:38 ID:???
He219じゃないと対抗できない時点でモスキートは何なんだ?


38 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 07:10:11 ID:???
モスキートは逃げるだけだから

39 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 07:12:09 ID:???
確か爆撃教導のパスファインダー任務もやってた筈だから
逃げるどころか一番槍で突っ込んでるような

40 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 07:17:03 ID:???
空の敵と戦ってるわけじゃないだろ・・・

41 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 07:18:28 ID:???
>>40どう見てもドイツ夜戦の最優先迎撃目標だな

42 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 07:53:29 ID:???
会話になって無いな

43 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 08:45:03 ID:???
とことん噛み合わんな

44 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 08:57:12 ID:???
ラジエーター配置って謎だなあ
腹の下にあればいいのかと思うと、YaK-1なんかもそうだし
腹の下じゃ抵抗が大きいとか言ってアゴに移されたのもあるし(P-40, トーネード)

C/D流路でどうたら、とか聞くけど出っ張りの大きさはP-51も似たようなもんなのにね

主翼前縁配置も確かにそれで性能向上したやつもあるが(テンペストMk.I)
失速特性が悪化したり、結果的に全体の空力特性が悪くなりそうな気も

45 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 09:59:17 ID:???
通常真っ直ぐ飛ぶだけだからあまり問題にならなかったんじゃない?

46 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 10:58:18 ID:???
高速と搭載量、多用途性をバランスしてるのがすごい
しかも木製
設計のどの部分が優れていたのかがなんともわからん
木製は表面が平滑というのは確かにそうかも知れんがじゃあソ連機は?となるし

しかしそんなモスキートが大好きだ
エアフィックスの1/24が欲しい

47 :36:2010/05/09(日) 16:34:37 ID:???
>>46
>じゃあソ連機は?となるし

簡単に言うとソ連の木製機は出来合いの合板パネルを張り合わせる感じ。
モスキートは薄い板を木型に合わせて曲げつけて積層することで
三次曲面のモノコックを作る感じ。
↓戦標船スレから転載(モスキートじゃなくてホーネットだけど)
ttp://img19.imageshack.us/i/hornet1710006ux9.jpg/
>>36のつべで0:39あたりで外してるのが木型。

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e1/Jak-3U.jpg
ttp://farm1.static.flickr.com/80/232464589_8d50e75cb9_o.jpg
違いがなんとなくわかるだろうか?説明下手でスマソ

48 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 17:13:53 ID:???
>>36
なかなか楽しげに作ってますなw

同じ木製でもソ連機は犬小屋、モスキートはむしろ複合材一体成形に近い感じですかね

49 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 20:03:02 ID:9TimyVMd
こういう「ありもの現実路線」は、イギリスが最も得意とするところなんだよなあ。

50 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 22:06:29 ID:???
日本は接着剤がネックで木製化進められなかったみたいだけど
イギリスはいいのをずいぶん量産できたんだね
この時代だとどんなのだったんだろう

51 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 22:07:36 ID:???
>>50
エポキシ系の接着剤を使ってる。

52 ::2010/05/09(日) 22:08:30 ID:???
自己レス
エポキシ接着剤か、そんな前からあったとは知らなかった

「モスキート」「接着剤」でぐぐったらこのスレが10番目くらいにきてワロタ
情報少ないw

53 :50=52:2010/05/09(日) 22:09:24 ID:???
ああう、サンクス>>51
ググってる間に先越された

54 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 22:15:05 ID:???
エポキシ系の接着剤が実用化されたのは1940年頃で、当時の最新ハイテクを使ってるんだよね。

55 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 22:24:18 ID:???
そんな実績のまだないものを、軍用とはいえ大量生産に使うとは‥‥

資材節約で仕方なく木製にしたっていうより
ルータンの飛行機を大量生産して実戦投入したのに近い気がしてきた

56 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 22:40:44 ID:???
デ・ハヴィランドは戦前は民間機メーカーで、木製の旅客機を作っていたから、
そこら辺のノウハウがあったんだろう。

むしろ、全金属構造に挑戦したコメットで、大惨事になってるし。

57 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 22:58:33 ID:???
>>51
正確にはビルマでの問題が出るまでカゼイン系
→尿素系→エポキシ系と、接着剤を変更していったらしい。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/De_Havilland_Mosquito
の記述によると、
"The casein glue was replaced by "Aerolite",
a synthetic urea-formaldehyde adhesive
developed by Dr. Norman de Bruyne at Aero Research Limited (ARL),
which was better able to resist deterioration in high humidity conditions.
The de Havilland company also pioneered the use of radio frequency (RF) heating
to accelerate curing of the adhesive."

あと
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Aerolite_(adhesive)
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Redux_(adhesive)

58 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 23:03:47 ID:???
>>56
実は戦後のコメット旅客機は当時のボーイングあたりと比べて
接着を多用した意欲的な設計だった。
空中分解のとき最初に疑われたのが接着不良(実際には違ったが)。

59 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 23:08:51 ID:???
>>55
モスキートの技術的基礎になったのは1930年代前半に
ケンブリッジ大で進められていた軽構造航空機の研究。
興味を示したデ・ハビランド社と協力関係にあったらしい。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Aero_Research_Limited

60 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 23:13:35 ID:???
>>59
なるほど、プロペラってけっこう大きな積層材が必要そうだし
接着の研究はかなり進められてたわけか

61 :名無し三等兵:2010/05/09(日) 23:16:21 ID:???
よく読んだら合板の話じゃなかった‥‥強化フェノール樹脂?
樹脂でプロペラ作る研究をしてたのか

62 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 00:12:43 ID:???
>>61
可変ピッチに耐えられる強固なプロペラが必要になって
積層材でできたペラに樹脂を含浸させて強度を上げたみたい。

デ・ハビランド・プロペラ社に開発を要請されたケンブリッジの
Norman de Bruyne博士は以前から航空機への接着構造の導入を模索してた。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Norman_de_Bruyne
ttp://en.wikipedia.org/wiki/De_Bruyne_Snark

63 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 00:30:30 ID:???
モスキートのラジエター配置って言うと、それをヒントに逆さまにした
ロータス78を思いだす。

木製機の成功って考えれば湿度の低いヨーロッパならではの事だよね。
モスキートもアジアじゃキノコが生えたんだろw

64 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 01:01:02 ID:???
>>63
コスワースの創業者マイク・コスティンの兄フランクは、
デ・ハビランドでモスキートとバンパイアの開発に関わった技師。
初代ロータス・エリートの設計にも参加しているw

65 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 01:10:15 ID:???
そういうのってエゲレスっぽくて良い話だな。

66 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 02:30:06 ID:ZgbztREM
日本の木製機は、強度不足が酷かったというが、原因を調べたら、
二液混合したら使用時間があるわけだが、
勤労動員のおばちゃんたちが、勿体ないからと、時間経過無視して
使い切るように作業したためだったという
回想録を読んだことがある。

67 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 03:22:39 ID:43Z8NDTU
本の内容丸写ししかない掲示板だからな

しかも組織的に本の内容を剽窃してるんだから犯罪に近い

68 :◆OYxT9PNEKpHC :2010/05/10(月) 03:35:32 ID:???
>>31 >>46
表面が木製で平滑に作れるメリットはソ連機も享受している。
モスキートが非凡なのは主にエンジンのおかげじゃないかな。
大戦後期にソ連がモスキートを研究用にゲトしてるけど
あの国の技術者たちが一番感銘を受けたのも
エンジンだった。

>>47
ソ連機の合板も型に併せて曲げて作ってたみたいだよ。
胴体の木製モノコック構造は、木材に接着剤を浸透させて
型にまきつけて、加圧&加熱して作ったって。
「世界の傑作機」では「積層板合板」という言葉を使っている。

>>48
犬小屋って言うよりバウムクーヘンじゃないかな。
各層を45度ずらして巻いていくことでせん断力に耐えれたんだと。

69 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 03:48:02 ID:43Z8NDTU
それも本の内容のパクリ

70 :◆OYxT9PNEKpHC :2010/05/10(月) 03:51:21 ID:???
ちょと脱線すると・・・
「翔太の寿司」ってまんがを書いていた人が今
イブニング(だったと思う)に連載しているまんがで
モスキートと似た木材成形の話が出ていた。
型を使って木材を曲げて加熱&加圧して仕上げる技術は
19世紀に家具製作のために考案されたんだって。
ドイツ人トーネットさんの発明。

19世紀前半まで、曲面を持つ椅子などの家具は
原木からの切り出しで作られていた・・・が、これでは
非効率的だし値段もクソ高くなる。なにより、原木のほかの部分が
無駄になってしまう。もったいない。なんか良い手はないか?
ってことでトーネットさんが新しい方法を考えた。
その方法ってのが
(1)直線状の材木(安価に入手可能)に水分を吸わせて軟らかくして
(2)型にはめてカッコよく曲げて成形して
(3)加圧・過熱して仕上げる
というものだった。彼の作った安価でカッコいい椅子「No.14」は
世界中で2億脚も売れたんだと。
http://www.thonet.de/ 
↑トーネットさんは1871年に亡くなったが、 140年を経た今も、彼の会社は存続している
この技術と、20世紀に発達した接着剤が元になって
WWIIの木製機が生まれたのかな?と思うと面白いッス。

71 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 09:28:26 ID:???
>>68
>ソ連機の合板も型に併せて曲げて作ってたみたいだよ。
>各層を45度ずらして巻いていくことでせん断力に耐えれたんだと。

モノコック自体をそうやって一体成型したのだとするとモスキートに近いけど。

YakやLaggの生産が具体的に載ってる本とかページを探してるんだが・・・
よく出てくる「デルタ合板」がどんなものなのか、
モノコック一体成型にしては内側のフレーム多くね?とか、
胴体側面が複数のパネルをねじくぎやリベットで結合してるように見えるのは?
とかいろいろ疑問が。

72 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 19:19:45 ID:???
高速性は明確な設計コンセプトがあったから。

73 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 21:02:52 ID:???
>>72
ほうほう、それで?

74 :名無し三等兵:2010/05/10(月) 22:52:01 ID:???
YaKとLaGGでも違ったんではなかったか
YaKは鋼管骨組みにパネル組み付けでLaGGはモノコックだったような

板は白樺の薄板を重ねてフェノール系接着剤しみ込ませて加熱圧縮、と聞いた
これがデルタ合板なのか?パネル用なのかモノコックも作れるのか?
ソースを思い出せない、厨房の頃くらいに読んだ本だったと思うが‥‥

75 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 08:54:12 ID:???
木をバイアスに張るのはファルツやアルバトロスの頃から。
佐貫先生はモッシーについて、英国人の技術的物持ちのよさ、ドイツ人の
新しモノ好きを指摘している。
自分も誤解してたが、樹脂を含浸し、完全に包み込むペラと機体とでは、
同じ木製といってもいろいろ違うらしい。
D.H.88コメットがやはりよい先行例ではないか。構造的にはほぼ同じ、
目的を絞った割り切った設計も共通、馬力の割に速いのも。

76 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 09:57:46 ID:b4m3l44P
>>75
佐貫センセが渡独した理由って樹脂含浸の積層材ペラ研究なんだよね。
もちろん木製ペラと木製機では話が違うだろうが、帰国後に日本楽器で
亡命してきたLagg3の機体構造を調査した話を書いてるし、
戦争末期の木製機研究には結構関わってたんじゃまいかと。

77 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 10:07:32 ID:???
上げちまったすまん
Lagg>LaGGな。

78 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 11:16:19 ID:???
>>75
>木をバイアスに張るのはファルツやアルバトロスの頃から。

アルバトロスが簡易雌型(木枠みたいなもの?)を使って
板を張っていったのに対し、ファルツは雄型なんだとか。
ここ見る限りではモッシーは雄型かな?
ttp://www.mosquitorestoration.com/gallery01.shtml
でもコアのバルサはどうやって挟み込むんだろう?

79 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 11:54:19 ID:???
訂正。アルバトロスはバイアスではない。細切れらしい。
雌型に押し込むのは難しい気が。機体を雄として加圧するのかな。
ファルツがバイアス、しかも長い板を巻いていく手法のようだ。

少なくとも曲率が大きいところは三回に分けて張るんでないと、応力で
後から変形したりしそうだけれど・・・

80 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 14:20:12 ID:???
>>79
ttp://thevintageaviator.co.nz/image/tid/151
アルバトロスD.5のレプリカを造ってるページがあった。
おそらく雌型というのは3段目右写真の治具のことジャマイカ?
つまり一気に長い板をダイヤゴナルで張るんじゃなく
曲面に成型した外板を張り合わせていくような。

ttp://www.foresthistory.org/Publications/JofFh/Hallion.pdf
↑にはアルバトトスの工法は、WW1前のドゥペルデュサン・モノコック・レーサーがもとで
ファルツはより複雑な工法だったとある。

81 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 14:26:58 ID:???
あ、45度ならバイアスか。
ということは、アルバトロスに近い造り方がYakで、
ファルツに近いのがLaGG(とモッシー?)なのかね?

82 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 20:33:24 ID:???
>>75
船だと、もっと古くから使われてなかったかな。

83 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 21:10:22 ID:???
>>82
ダブル(トリプル)・カーベルプランキングだね。
確かに蒸し曲げの外板を二重(三重)張りにする手法自体は昔からある。

ただ新世代の手法がそれと一線を画するのは
固着に釘ではなく接着を多用したり、樹脂含浸や圧縮成型を利用すること。
そうすることで飛行機のように軽さを求められるものでも
薄いプライ(一層の木材シート)を何層も重ねるやりかたが可能になり
最終的には外板+フレームという古典的な構造から、
一体化した応力外皮+補強材(隔壁と縦通材)という構造へと発展した。

84 :名無し三等兵:2010/05/13(木) 21:38:44 ID:???
何が古い新しいは微妙で、佐貫先生に主として依るなら、
WW1時には英国人は「どうせ落とされるのに無駄な手間」ドイツ的には
ヤッホー
戦間期に英国人が再評価、ドイツ人は飛行禁止
WW2になって、デハビが持ち出し、ドイツ的には忘れちまった・・・


85 :名無し三等兵:2010/05/14(金) 20:51:41 ID:???
>>70
スレ違いだが、寺沢大介がイブニングで今連載中なのは、「ミスター味っ子2」っていう料理漫画。
家具の修理は、ビッグコミックオリジナルに描いている「修理(なおし)もん研究室」って漫画だ。

86 :名無し三等兵:2010/05/17(月) 07:44:36 ID:???
モスキート可愛いよモスキート

87 :名無し三等兵:2010/05/18(火) 00:23:35 ID:???
モスキートの発展型ともいうべきホーネットは最強のレプシロ双発戦闘機だよね

88 :名無し三等兵:2010/05/18(火) 07:32:09 ID:???
実績が無いから何とも言えん

89 :名無し三等兵:2010/05/18(火) 23:58:07 ID:???
ホーネットって飛んでる姿美しいけど、
地上姿勢がめちゃくちゃ不細工なんだよな。デカイプロペラと長い脚が凄くバランス悪くて。

90 :名無し三等兵:2010/05/19(水) 00:37:23 ID:???
>>89
飛んでる姿は「Me262?ボッコボコにしてやんよ」くらい気合いが入ってるけど、
駐機している後ろ姿は開発中止された駄っ作機みたいだものなあ・・・

91 :名無し三等兵:2010/05/19(水) 14:12:32 ID:???
スタイルは個人の好き好きだけど、俺は初期の爆撃型Wあたりが良いな。
キャノピーがもう少し桁が少なかったら申し分ないが。
ブルノーズ好きだって人もいるかな?w

92 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 11:12:32 ID:???
>>87-90デハビラント社がモスキート系列の次に開発した
単発ジェット戦闘機のバンパイア系列も名声を欲しいままにしてたな。


93 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 15:09:36 ID:???
浜松に展示してるね。
一昨年、豪州で飛んでるの初めて見た。
イギリス本土でモスキートも見たいな。

94 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 22:39:48 ID:???
ツェツェの57mm砲が潜航してるUボートの外殻貫通できたってのは本当なんだろか

95 :名無し三等兵:2010/05/20(木) 23:45:38 ID:???
>>94
7型Uボートの船殻は20ミリ程度の厚さしかない。
潜望鏡深度にいるUボートなら、貫通できてもおかしくないだろう。

96 :◆OYxT9PNEKpHC :2010/05/21(金) 23:45:35 ID:???
>>71
規制がやっと解けた

お役に立てるかは分かりませんが、とりあえず手持ちの資料に
載ってることを書いてみます。

ソ連機の合板モノコックは、組み立て方はモスキートと違うようです。
モスキートは左右を別々に作って中央で結合だけど
ソ連機の木製構造は縦通材を作って、それを型にして、
その表面を包むように合板を各層45度ずらして巻きつけて
熱圧接着したようです。Mig1/3を扱った本に合板を巻く前の
写真が載ってました。

リベットについてですが、自分の持つ乏しい資料を見る限りは
金属部にはリベットが目立ちますが、木製構造の後部胴体には
写真の解像度が悪いせいか?リベットのようなものは確認できんかったです。
>>71さんの見たリベットはコクピットの周囲では?
この部分はLagg系列以外のソ連機だと大体金属製で、
写真でもリベットが目立ちます。Mig3やYak1/9の写真で確認できました。


97 :◆OYxT9PNEKpHC :2010/05/21(金) 23:46:29 ID:???
「世界の傑作機 ヤコブレフ」巻末には約Yakシリーズの三面図が
載っていますが、こちらでも後部胴体の木製部はリベットがなく、
金属製の前部胴体(大体コクピット付近まで)にはリベットが
書き込んであります。

別の資料で確認してみると、胴体が殆ど全て木材でできているLa5やLagg3の
側面図では、エンジン周辺の金属部(機種周辺)にのみリベットがあり、
他はツルツル。これがYak3やMig3になると、金属製の前部胴体は
リベット接合、木製の後部胴体はツルツルになっています。

てか今気づいた。この本図書館の放出品を中古で買った奴だけど
Yak3の写真がカッターで切り取られてる・・・
公共財にこの扱いは酷すぎるだろう常識的に考えて・・・


>>85
掲載紙まちがってましたね
訂正感謝です。


98 :71:2010/05/22(土) 01:31:01 ID:???
>>96
情報乙です。
ご指摘の通り確かに後部胴体は平滑で釘等はないですね。
ttp://www.primeportal.net/hangar/bill_spidle/yak-3_walk.htm
ソ連機に詳しくないので説明助かります。

99 :名無し三等兵:2010/05/23(日) 01:15:40 ID:???
>>88
一応マラヤでw

100 :名無し三等兵:2010/05/24(月) 23:41:33 ID:???
上昇

101 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 11:16:50 ID:CDclERjC
模型飛行機の木素材といえばバルサだけど、
当時の飛行機には使われなかったの?

102 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 15:23:21 ID:???
前にも書いてあるが、モスキートはバルサを杉やポリウッドの薄板でサンドして使ってる
質問がモスキートを除いてって事なら、アルミサンドイッチのMetaliteをボート社が戦後すぐに使ってる
それとグライダーなどは今でも普通に使ってるかも知れん

103 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 15:46:43 ID:tOsDH+h/
この蚊共をルフトバッフェはどう迎撃したんだ?
相手は高速な訳だから監視所・レーダー管制でFw190による待ち伏せ?

104 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 16:13:17 ID:???
重爆の大群に比べれば
大して脅威じゃなかったでしょ

105 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 16:17:27 ID:???
モスキートが巡航、最大共、従来機より100km/h以上速いって思ってんじゃねw

106 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 17:41:59 ID:???
ぶっちゃけモスキートとFw190
戦ったらどっちが強いの?

107 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/05/25(火) 17:57:33 ID:???
>>106
格闘戦に持ち込めばフォッケの勝ちじゃね?

…普通に考えてモスキートの方はそうならないように
俊足を生かして逃げ切ると思うが。

108 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 18:19:25 ID:???
戦ったらって話をしてるのに逃げたら負けだろ

109 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/05/25(火) 18:28:26 ID:???
だって、モスキートは基本的に戦闘機じゃないもの。

110 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 18:28:46 ID:???
戦闘機としても活躍したと書かれることが多いけど
具体的な戦果って聞いたことないので興味ある

111 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 19:03:13 ID:???
NFがFw190喰ってたかと

112 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 19:05:30 ID:???
夜間戦闘?

113 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 19:26:33 ID:???
de Havilland Mosquito operational history
http://en.wikipedia.org/wiki/De_Havilland_Mosquito_operational_history

12 Notable pilots
http://en.wikipedia.org/wiki/De_Havilland_Mosquito_operational_history#Notable_pilots

まず、この辺読んで更にPについて調べればbest

114 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:48:00 ID:KiKh+NLl
ゲ元帥が「我が領土に一機の敵機も侵入させない」と演説している時に
その建物に爆撃かますのを阻止できなかった・・・
Me262出現まで、まともに捕捉するのは困難だったかと。

115 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 20:54:30 ID:???
今はそういう話じゃないね

116 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 21:55:57 ID:KiKh+NLl
>115
>103 や >106 からの流れに沿うたつもりなんだが?

117 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 22:27:13 ID:???
攻撃対象が建物な時点で明らかにずれてるな

118 :名無し三等兵:2010/05/25(火) 23:00:11 ID:???
運動性良かったのかね
テーパーきつくて失速特性悪そうだけど

119 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 00:13:00 ID:???
モスキート夜戦は夜間空襲の護衛で有名だよね。
機体性能よりもむしろ電子戦能力の差が大きかったけど。

120 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 00:55:51 ID:???
>>113のリンクでも説明されてるけど、モスキートの護衛部隊は
電波誘導装置積んだパスファインダー、機上レーダー積んだ警戒機、
逆探装備の情報収集機、ジャミング装置装備の電子妨害機と、
各種取りそろえた戦闘ユニットなので、夜戦型単体の能力で考えるべきではないと思う。

121 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 09:58:18 ID:???
>>109
>だって、モスキートは基本的に戦闘機じゃないもの。

NFタイプは十分「夜間」戦闘機ですよ。
もちろん相手にするのはJu88やDo217、Bf110の夜戦型が多いですが。
夜間戦闘の基本はレーダー誘導で優位からの一撃ですから
モスキートやP-61のような双発夜戦がFw190のような
単発戦を墜とすこともあります。

122 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 15:38:52 ID:???
>121
だからといって戦闘だけする訳じゃない
夜間爆撃のエスコート任務に付いていたのはF.MkU・FB.MkVI・NF.VV・NF.XIV.30
これらのタイプは夜間戦闘爆撃機として爆撃隊に先行して
独防空基地を攻撃する任務も兼ねていたそうな


123 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/05/26(水) 18:05:19 ID:???
まあ、夜間戦闘機としても運用されたような双発機は
どっちかと言うと多用途機的な要素の方が強いわけで。

124 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:50:11 ID:???
そういやホーネットって実戦参加はしてるけど対空戦闘はしてるの?

125 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 22:54:07 ID:???
ゲリラ相手じゃなあ

126 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:06:37 ID:???
>>124
対地攻撃のみ。

127 :名無し三等兵:2010/05/26(水) 23:13:51 ID:???
蒼空がんばって飛ばして欲しかった

128 :名無し三等兵:2010/05/27(木) 18:03:13 ID:???
>>127
川西の全木製大型飛行艇だったっけ?

あれを大量生産した日には、日本中の森林が消滅するぞ。

129 :名無し三等兵:2010/05/29(土) 14:40:37 ID:???
川西どころか日本にそんな工業力ないので無問題

130 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 20:07:48 ID:kI7BPbDz
っつか、モスキートがその高性能を発揮できるのは、夜間においてじゃないですか。
昼間でレーダーを付けない状態なら、Bf109、Fw190で普通に追いつける
ような気がするな。それと、Bf110G型もレーダーを付けない状態なら、600km近い速度が出るらしいじゃん。


131 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 20:20:18 ID:???
>130 損耗率0.7%には昼間作戦も含まれている気がするが。

132 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 20:36:32 ID:???
昼間は単機か数機ほどで工場に飛来→空襲警報で工場が停止みたいな嫌がらせ攻撃がメイン
高速のまま爆弾落としてそのままトンズラだから、
迎撃しても補足は難しかったようだ

133 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 20:38:35 ID:kI7BPbDz
昼間限定という条件なら、Bf109G・K、Fw190、Bf110G、Ju88S、辺りは
普通に戦えないわけじゃないかも。

134 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 20:44:07 ID:kI7BPbDz
あと、Me410を忘れていた。

135 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 21:00:51 ID:???
爆撃機は当然、先手をとって仕掛けるわけで、そいつを捕捉できないと。
速度差が100km/h程度は欲しく、だから厳しい。


136 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 21:15:15 ID:???
Do335などは速度が出てロールも単発機並と言われるが
それ以外の操作が重すぎて単発機との戦闘は無理らしいね

137 :名無し三等兵:2010/05/30(日) 21:30:56 ID:kI7BPbDz
Do335は、戦闘爆撃機として使うべきかな。
英軍のテスト飛行では690kmくらい出たらしいから、かなりの高速機ではあるな。

138 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 06:35:26 ID:???
速度だけでは性能は計れないという例

139 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 10:13:37 ID:???
>>130
韋駄天で有名なのはB(爆撃型)やFB(戦闘爆撃型)よりむしろPR(写真偵察型)だよ。
非武装複座の軽量仕様だし、過給機の設定等も高高度用に最適化されてる。

140 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 12:07:49 ID:7ZPHPcLJ
>>139
よく、Bf110の最高速度550km、という数字を見ますが、
これは、レーダー搭載時の速度なんですよね?
レーダーを搭載すれば、Bf110の場合、40km〜50kmは速度が低下するらしいから、
レーダー未搭載で逆算すれば、590km〜600kmくらい速度が出るって事ですね。
写真偵察型でも、そこまで速度が出れば、帰還率はかなり高そうですね。
あと、速度が600kmを超えた双発機は、Ju88S(610km)、Me410(625km)があるようで、
かなり高速化してきてますね。

141 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 17:31:07 ID:???
基本的に写真偵察型は爆撃機型と並行して発展してるけど、
43年初頭にはマーリン61に換装したMk.VIIIが数機投入されてベルリン偵察に参加したり
43年半ばにはマーリン70系のMk.IX、43年暮れには与圧コクピットのMk.XVI、という具合に
写真偵察部隊は脅威度の高い任務用に少数とはいえ最新型を優先的に受領してるから・・・

142 :名無し三等兵:2010/05/31(月) 19:43:15 ID:???
バトルオブブリテン以降のMe410の英本土爆撃ってモスキートと同じ意味合いだったんだろうか

143 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:05:59 ID:???
モスキートスレだから黙っとこうと思ったけど
レーダー付いてて670km/h出てるHe219が>140で忘れられてるのが悲しい

144 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:20:37 ID:???
>>143
いったい、いつの時代からやってきたんだ。

145 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 01:29:30 ID:???
>>144
やばい素で忘れてたww
でもNF.Mk30となら時代が合うはずだ!余裕で負けるけど

146 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 10:01:29 ID:???
実際ウーフーはそれなりにモスキート駆除してる罠

147 :帝國:2010/06/01(火) 16:21:30 ID:???
最強なんてほど遠いですね。木製なので、雨が降ればエンジン故障が多発。
太平洋戦線ではまともに太刀打ちしている記録が無く、撃墜された記録しか
ありません。どっちかといえば、爆撃機でしょう。
イギリス軍が、艦上戦闘機として使った記録もありますが、空母もろとも撃沈されている物まであるのは
どうかと。

148 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 16:38:05 ID:???
夜釣りには早いが

149 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 19:15:45 ID:HD53ugMN
>>146
He219だけで挙げた総戦果は、1年間で111機(モスキート7機を含む)らしい。
ということは、この機体に乗ってエースになったパイロットは何人もいるんじゃない?
なんだかんだ言って、モスキートを撃墜してるみたいですね。

150 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 19:48:04 ID:HD53ugMN
高速性能を発揮した、Fw187には、DB605×2を積んで、
搭乗員を1名だけに絞り、航空機銃としては非力な7.92mm機関銃×4を
全部はずして、20mm機関砲×2だけにして、あと、時期的な差はあるが、
1945年になって実用化された、機首のドームに収まる、Fug240ベルリンレーダーを積めば
夜間における運用でモスキート追撃機に普通に出来るんじゃないかな。
設計自体が空気抵抗を軽減させるようになっており、原型機も
同時期のBf109B型と比べて、操縦性能、上昇性能とかが優れていたみたいだから
かなり期待できる航空機だよね。
この航空機自体は、重武装させるより、相手の高速航空機を追撃したり、
超高速偵察機としたり、場合によってはドイツ軍版ライトニング、として
運用するとか、そういったコンセプトであれば、かなり可能性はあるな。

151 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 20:03:39 ID:???
機体規模が小さすぎだろ
夜戦どころか中距離の偵察も無理

152 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 22:00:55 ID:HD53ugMN
そうか? 機体の大きさは、ライトニングとあまり変わらんような・・・
夜間戦闘機としては電子機材を積み込むから、色々無理があるにしてもだ、
偵察機や昼間戦闘機としてなら十分使えるんじゃないかな。
当時の欧州製双発機は、どんなに短くても1000km前後の航続距離があれば十分だと思うから。

153 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 22:17:56 ID:???
P-38は初期で1.4倍、後期で2倍のMTOW
それで航続距離、翼面積は同等
DB605で出力が倍になると航続距離は1,000を切る可能性も…

154 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 22:35:06 ID:???
計器板をエンジンナセルに付けるというアイディアに目眩>Fw187

155 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 22:37:05 ID:???
>>145
いつの時代だろうがレーダーアンテナ付きで670km/h出るHe219なんぞ存在したことは無い。

156 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 22:39:18 ID:???
>>154
Bf110も、エンジンナセルに計器を付けてる。
当時の独軍双発戦闘機の標準的配置らしい。

157 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 23:00:21 ID:npFk+4LK
>>147
空母もろとも撃沈は仕方ないだろ

158 :名無し三等兵:2010/06/01(火) 23:03:49 ID:HD53ugMN
Fw187A           
自重:3600kg〜3700kg 最大重量:5000kg

P38L
自重:5800kg 最大重量:9800kg

P38って、軽いイメージあったんだけど、結構重いんですね。
航続距離が長いのは、その分燃料を積み込んでるからなのかな?

159 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 06:58:18 ID:???
P-38の内翼部は丸々燃料タンクでJでは外翼部にスペースが出来たので
そこにタンクを追加して2000kmくらい飛べるようになった

160 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 09:02:12 ID:???
つまり、規模やスペースは大事と

161 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 11:10:30 ID:???
>>142
>バトルオブブリテン以降のMe410の英本土爆撃ってモスキートと同じ意味合いだったんだろうか

機体の性格も任務も似てるね。
Me210の時点でコケなければ・・・

Me410vsモッシーといえば戦場まんがシリーズにあったな、そんな話。
「あいつは逃げない・・・これが騎士の戦いだ!」って台詞を覚えてるw

162 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 11:21:42 ID:???
>>161
さんざんな目に合わされたドイツ側主人公は、最後の対決にMe262で望むんだったな。>双発の騎士

163 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 15:42:17 ID:???
さんざんな目に会うのは騎士の意地に巻き込まれて死ぬモスキートの
偵察員だと思う。

164 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 18:03:03 ID:???
>>163 Nice!突っ込み! つ座布団 そういや独側は最後単座だったな。

165 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 18:10:02 ID:???
ドイツ・メッサーシュミットMe210/410戦闘機
つttp://zoome.jp/fatcat/diary/1026/
なかなか。機首先端は透明?

166 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 18:28:35 ID:ndjNGmm1
モスキートに対抗して、わが国はキンチョールを投入すべきだった。

167 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 18:58:38 ID:???
>>166
いや、蚊取り線香の方が有効では?

168 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 19:07:10 ID:???
対日戦じゃ偵察飛行くらいしかして無いんじゃ?
ほっといても空中分解してたし

169 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 20:31:52 ID:???
>ほっといても空中分解してたし
ヨーロッパは通年で雨が降ることはめったに無い品

170 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 20:35:59 ID:???
空中分解してたのは糊が古いやつ(カゼイン系?)なのかな

171 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 21:05:52 ID:???
>>170
カゼイン系接着剤が高温多湿に弱いことは既に認識されてたんだけど
接着剤を切り替えた機体にも接着不良箇所が発見された。
エポキシの黎明期で温度管理等の問題もあったと思われ。

誘導加熱装置を使って熱硬化を促進する対策が取られたが、
(寒冷地向けの)カナダで生産された機体などは
従来通りカゼイン系が使われていた模様。

172 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 21:10:30 ID:???
カゼイン系は接合力の湿/乾比が0.39、一方、尿素樹脂系は0.81とある
元が食い物だけに菌類に分解されないかも心配だなw

ttp://www.maki-piano.jp/otto10-2.html
(3.ピアノ構造材料の進化と退化、およびSteinwayグランドのメインテナンス
 @) 材料:木材 、c) 接着剤と塗料 )

173 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 21:12:47 ID:???
この飛行機、牛乳の腐ったニオイがしますぅ〜

174 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 21:37:33 ID:???
>>172
そのページ滅茶苦茶マニアックだと思ったら
産業史の本書いてる坂上茂樹氏じゃねーかw

175 :名無し三等兵:2010/06/02(水) 22:01:56 ID:???
引用元は

夫の独り言 : Vintage Steinway ファンによる独善的ピアノ技術史論
    ―― 妻のピアノ2台を見て考えたこと ――   坂上茂樹

とすべきだな

176 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/06/03(木) 09:08:36 ID:???
>>166
そういや合成殺虫剤が開発されたのって
戦争で日本製の除虫菊が手に入らなくなったから
だという俗説があるらしいね。

177 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 12:12:02 ID:???
ドイツのTa154で木製にしたら問題だらけだったのを見る限りだと
ノウハウの蓄積が大事なんだね。

178 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 20:06:04 ID:???
おっと明星の悪口はそこまでだ

179 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 21:07:40 ID:???
何度でも強調するが、DH.88が左右合計たったの500馬力で、
巡航300+km/h、航続距離4700km。ペラは各種換装されていて
どのペラでなのかはハッキリしないが、片肺で高度を保って飛行できる。
モスキートになると当時としては珍しく片肺で着陸できる珍しい存在
(一発勝負でなく復航可能)になるが、根はコメットだろう。

180 :名無し三等兵:2010/06/03(木) 21:33:52 ID:???
DH=木製機だし
ドラゴン系が根と言っても変じゃない

181 :名無し三等兵:2010/06/04(金) 10:50:10 ID:???
突然痛い人が現れたな

182 :◆OYxT9PNEKpHC :2010/06/05(土) 12:34:29 ID:???
>>173
LaGGのパイロットからは実際に
「この飛行機、臭くって嫌なんですけど」
って苦情が出て、技術者が対応を強いられたぞ。
ホルムアルデヒドもフェノールもガチ有毒物質だからな・・・

183 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 12:38:59 ID:???
匂うってことは固まってないってことな気がするが
逆にそれで接着不良の点検できたりしないんだろうか

184 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/06/05(土) 13:57:16 ID:???
>>183
現代でも新築の家はホルムアルデヒドの臭いがしますが。

185 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 17:17:03 ID:???
無垢材の匂いでも悪臭と感じる人もいる。

186 :名無し三等兵:2010/06/05(土) 21:51:52 ID:???
>>183
2液型のエポキシも混合比間違えると
いつまでも硬化しなくて臭いよな

187 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 16:01:01 ID:???
突然痛いソ連厨が現れたな

188 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 16:47:55 ID:???
>>181
>>187

誤爆?それとも見えないものが見えてるの?

189 :名無し三等兵:2010/06/06(日) 19:17:43 ID:???
どうした?心当たりでもあるのか?

190 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 00:02:03 ID:???
>>189
いや全然。
つか会話する気があるならせめてどのレスに対してなのか
安価くらいつけてくれ。

191 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 07:29:27 ID:???
心当たりあるからムキムキしてるんだろうな

192 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 08:49:31 ID:???
自覚があるから向こうから噛みついて来てくれるw

193 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 16:03:25 ID:???
とりあえず>>188がなぜ噛みついたのかに興味があるな
理由が無いはずがないのでぜひ教えて欲しい

194 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 17:53:49 ID:???
むしろ誤爆か何かであって欲しいという願望では無いだろうか?
誤爆だったら返事が来るわけ無いし
直前に何かを書いた人でもなきゃ気にするような事じゃないと思う。

195 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 20:22:23 ID:???
素で気になったんじゃないか?
俺もどのレスに向かって言ってるのわからんw

196 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 21:45:06 ID:???
分からんけど気にもならんよな
理由は分からんが>>188はわざわざ自分から煽ってるようだし
喧嘩する気は十分なんだろうw

197 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 21:56:12 ID:???
ただ興味あるっていう言い訳はなしで
本当のところを聞きましょうや

198 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 21:58:40 ID:???
他スレも同時チェック

199 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 22:15:29 ID:???
>>188がソ連厨なんだろう

200 :名無し三等兵:2010/06/07(月) 23:10:01 ID:???
ソ連厨でキチガイっていうと例のあの人w

201 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 02:47:51 ID:???
なんでこんな流れになってるの?
それよりデ・ハビランド モスキートの話を…

202 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 19:00:38 ID:???
それよりモンティ・パイソンのモスキート・ハンティングの話を・・・

203 :名無し三等兵:2010/06/08(火) 22:26:59 ID:???
いちばん最近木材が使われた軍用機はF-117ってことになるのかな

204 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 07:27:46 ID:???
モスキートってレーダーに映りにくかったりしたのかな
夜間爆撃には最強?

205 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 12:23:06 ID:???
写り難かったって良く書かれてるけど、木製だから写り難いってあまり関係無い
ような気がするけど。
金属よりも木の方がレーダー反射率は多少低いだろうが、形状や大きさ程には
影響がなさそうに思えるが。当時のレーダー技術なら効果あり?

206 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 14:09:59 ID:???
>>203
あれは木材よりも和紙の比率が高い

207 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 14:41:11 ID:???
木の上に布を張り、アルミ粉たっぷりのドープを塗って、上塗りし・・・
だから、ドープの時点でダメな気がするんだが。
レーダーに映りにくかったって自負もなんとなく覚えがあるが、
ハッキリした記録や当事者の回想ってどなたかご存じ?

208 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 16:45:24 ID:???
アルミ粉じゃまんまチャフじゃんね

209 :名無し三等兵:2010/06/18(金) 22:47:21 ID:???
急速な機動を行うことによりアルミ粉が飛び散ってレーダー上に虚像が

210 :名無し三等兵:2010/06/19(土) 14:24:40 ID:???
別に羽布に銀ドープは必須じゃないし。
下地に銀ドープを使わないと羽布が紫外線で劣化するというだけだ。
だからって銀ドープを使わなければ写りにくいってもんでもない。
内部構造も電波を反射するんだから。


211 :名無し三等兵:2010/06/24(木) 17:46:51 ID:???
>>209
それモスキートちゃう
モスや。

212 :名無し三等兵:2010/07/06(火) 03:18:20 ID:???
今日モスキート気分

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)