5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南雲忠一中将を再評価するスレ(止)

618 :GF長官:2009/12/12(土) 22:09:20 ID:???
>>612の続き

魚雷投下後の両機は、レキシントンの脇をすり抜け、全速で離脱を図る。

「”雷撃よりも、輪型陣を突破して逃れる時に最も恐怖感を味わった”というのが
新野機の西沢二飛曹の実感である。
”任務を終えたあとは帰艦するばかりだから、不意に恐ろしさを感じた。
輪型陣の集中砲火がものすごく、身の縮む思いがした。避退の途中で
右翼外側のタンクに被弾した。最初にこのタンクの燃料を使い切っていた
ので助かった。僥倖だったのだろう”」           (『暁の珊瑚海』)

突撃する時は覚悟を決めているので案外平気だが、一旦虎口を脱して
生き残れる希望が出てくると、急に生命への執着が強くなり死ぬのが怖く
なる。戦記等でよく見られる描写ですね。

彼らは母艦までたどり着くことが出来ましたが、新野飛曹長は機上戦死。
整備員が数えたところ、被弾箇所は70箇所以上あったそうです。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)