5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハルノート受諾なら、日本はどうなっていたのか。D

1 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 16:00:51 ID:???
950踏んだので立てます。
ハルノート受諾なら、日本はどうなっていたのか。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1195133878/

ハルノート受諾なら、日本はどうなっていたのか。 2
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1196911815/

ハルノート受諾なら、日本はどうなっていたのか。3
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1200057160/
前回のスレッド

ハルノート受諾なら、日本はどうなっていたのか。4
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1203818982/l50



91 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 01:08:53 ID:???
>84
>86
なんというか、脱力する以外にないほどの馬鹿だな。
> でも、日露戦争はかったんですよね?
搾取だなんだと利いた風な口を聞く前に、どうやって「勝った」のか、「勝ち」の実態が
どうだったか勉強してから出直してこい。
後、アメリカとの関係だが、「アメリカに『搾取』されている金」と「アメリカから入ってき
た金」は後者の方が比較するのも馬鹿馬鹿しいほど大きいんだが。そもそも、アメリ
カとの関係が無ければ、今も北朝鮮と同レベルの貧しさなのは確実だしね。
で、
>89、90
は本気で書いているのか?自動車でも半導体でも化学産業でもどれでもいいから、
まともな技術史の本を一つくらい読んでからにしてくれ。
トヨタもホンダもソニーも、アメリカからの直接、間接の技術導入で草創期を支えられ
ていたなんてのは、常識だろうに。

くどいようだが、利いた風な口をきくのは日本の歴史に関する最低限のお勉強をして
からにしてくれ。

92 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 01:23:41 ID:???
>>91
アメリカから入ってきた金は、またアメリカに摂取されてるんじゃないの?とおもいます。

もし、アメリカが戦争を吹っかけてきたとして、
戦争が起こり、死んでいった兵隊さんたちは、お金では変換できないと考えますが。

朝鮮が南北に分かれて、北朝鮮の貧しさは、アメリカとロシアが戦争したからだと思います、

もしアメリカが戦争を仕掛けてこなかったら、
日本が満州と朝鮮を平和にしていたかもしれないし。

トヨタがアメリカのおかげならメイドインUSAでかまわないです。

93 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 01:25:02 ID:???
>>91
つーか、アメリカはすごいですね。
石油止めたり、
原爆落としたり、
トヨタつくったり。

94 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 01:28:50 ID:???
>>91
アメリカは、日本が戦争しないように直接、間接の技術導入で草創期を支えてくれたらよかったのに。

95 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 01:34:55 ID:???
>>91
おいおい、日本航空技術は戦前はアメリカといちにを争ってただろ?
その証拠に日本を占領後にGHQは日本の航空技術を破棄させた。中島飛行機とかがいい例だろ

96 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 01:36:06 ID:???
>>91
>アメリカとの関係が無ければ、今も北朝鮮と同レベルの貧しさなのは確実だしね。

これの理由は?

97 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 08:10:12 ID:???
>なんというか、"Made in Japan"が長い間世界的に「粗悪品」「安かろう悪かろう」の代名詞
>だったということすら知らないような馬鹿がなにをほざいているのやら。
>そういうイメージを払拭して「信頼できる日本製品」とするために、アメリカからどれだけの
>技術導入(品質管理も含めて)をしたのかも知らないとはね。

原爆投下したアメリカのシンパががそれを言っても説得力ゼロ。
日本人は無差別爆撃による虐殺や原爆投下の憎しみを忘れちゃいないから。
被害者のお年寄り達はきちんと憎しみを心に刻み付けているし、
戦争に関する反米感情の記憶を公にはないと嘘を吐いてきただけだ。
アメリカは親米派組織や自民党政権を通じてアメリカに不都合な歴史を
公教育で触れないようにし、被害者―加害者のラインを固定し教育する事で、
本来ならば歴史教育で高まるはずの反米感情を制御してきた。
戦後60年も経ち、その制御システムが崩壊してきたのが最近の流れだ。
今後は太平洋戦争における加害者としてのアメリカの側面も批判されるし、
親米派が馬鹿の一つ覚えのようにシベリア抑留の話を持ち出しても
誰も聞く耳を持たない状況になるだろう。
シベリア抑留とアメリカの無差別爆撃と原爆投下による非戦闘員への虐殺行為、
この二つは同列で勝たれるような出来事では断じてない。

98 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 08:11:56 ID:???
>そういうイメージを払拭して「信頼できる日本製品」とするために、アメリカからどれだけの
>技術導入(品質管理も含めて)をしたのかも知らないとはね。

昭和25年6月に始まった朝鮮戦争は、日本に特需をもたらしました。太平洋戦争で荒廃した産業は、完全に復興し、
輸出も増加します。株価も昭和28年の2月まで絶好調でした。

そんな状況下で、昭和28年3月4日、ソ連が、「スターリン首相の重態」
を発表します。(翌日 脳内出血で死亡 73歳)
スターリンは、反対する者を全員収容所に入れて粛清した、好戦的な史上最強の独裁者。
一方、次の首相のマレンコフにしても、葬儀委員長を務めたフルシチョフにしても、
彼と比べれば遥かに平和的です。世界は緊張緩和に向かうことが、簡単に予測できました。

株価は、平和を好感して値上がりしてもよさそうですが、現実はまったく違っていたのです。

まず、ニューヨークで平和になると儲からない、軍需株が暴落します。そして、3月5日 
東京市場の平均株価は全面安で、378円から340円に暴落します。
たった1日で何と10%も下げたのです。(スターリン・ショック)この記録は、
1987年10月20日のブラック・マンデーまで破られませんでした。

http://j_coffee.at.infoseek.co.jp/keizaishi.html
スターリン・ショック

99 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 13:32:13 ID:???
>63
> 今の日本がアメリカの植民地か?と聞かれたら、
> 日本はアメリカの植民地だろう。

「日本はアメリカへ解放された市場」ってのがスタンスだよ。
それがウィルソン辺り以降のアメリカが国是としている自由主義経済の旗。
基本的に独占を旨とする植民地とは相容れない。


100 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 13:38:37 ID:???
>94
> アメリカは、日本が戦争しないように直接、間接の技術導入で草創期を支えてくれたらよかったのに。

支えてたろ。何を言ってるんだ?
大体、戦前の日本の工業機械や材料がどれだけ米国に依存していたかを忘れているんじゃないか?


101 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 18:51:45 ID:???
>>99
植民地の意味が食い違っているね。

(2)特定国の経済的・軍事的侵略によって、政治的・経済的に従属させられた地域。
植民地(しょくみんち)とは、国外に移住者が移り住み、本国政府の支配下にある領土のこと。
植民地とは、ある国や政府に支配される国や地域のこと。
治的(せいじてき)・経済的(けいざいてき)に他国に支配(しはい)され,国家の主権(しゅけん)をもたない地域(ちいき)。

植民地は独占ではなく、支配されること。
今、日本がアメリカの属国ではないと考える人や、
アメリカに支配されていないと考える人は少数だと思うよ?

あと、自由主義経済は、自由に経済を動かせることをさすのではなく、経済のシステムの種類をさしているだけ。
自由主義経済だからといって、日本が自由に経済を動かしているわけではない。
自由主義を強要されたら、それは自由ではありませんね。
自由主義経済だからといって、支配されていない、植民地ではないとはいえないと思います。

102 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 18:54:51 ID:???
>>100
支えてたのに戦争になったので、戦争責任はアメリカに押し付けても良いですか?

石油止めたり、
蒋介石に援助してたり、
日本を追い詰めて、
とても、支えていたとは考えられませんが。

103 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 19:17:29 ID:???
>>95
>おいおい、日本航空技術は戦前はアメリカといちにを争ってただろ?

ないない (AA略


104 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 19:23:36 ID:???
○林(百)委員 そうすると、朝鮮事変か擴大されても、六百五十億以上の費用は持たないという、
いかに擴大してもこれ以上日本は費用は持たないという答弁と私は解釈しますが、それでいいかどうか。
 その点とそれからもう一つ、実は本日の新聞にも出ておるところでありますが、国防分担金にからまりまして、
米軍が最近発注する兵器が工場渡しになつておつて、米軍の照明弾二百二十九万四千発、ナパーム爆弾用
タンク十万二千個大阪機工へ注文しておる八十一ミリ迫撃砲四百八十九門、小松製作所及び大阪金属両社の
同砲弾六十二万五千四百発、豊和工業の銃身三千百九十ちよう、迫撃砲弾三十六万三千発、照明彈三万二千発
の入札が在日米軍の調達本部で行われて、
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/013/0082/01306140082034a.html

>戦前の日本の工業機械や材料がどれだけ米国に依存していたか

○福井(勇)委員 前回私が佐々木説明員に説明を聞きました場合に、外国から終戦後入つた機種は、
兵器製造用のマザー・マシンとしてわずかに百二十一台しかないようであります。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0798/01502180798021c.html

105 :だつお ◆t0moyVbEXw :2008/12/24(水) 20:00:45 ID:ncjLVYZU
人類史上最悪の体制は共産主義ソ連ではなくて米軍。

その証拠に米軍は東京大空襲や広島長崎の原爆など、どこよりも大勢の日本人を虐殺した。
それと比べれば満州侵攻にシベリア抑留を加えても、共産主義ソ連のそれは優しすぎるくらいw
米軍の残虐さに比べれば、「レイプ、虐殺三昧のソ連軍」さえやさしくなってしまうってことさw
つまり米軍のやったことはそれだけ残虐で気が狂った凶悪犯罪だったということだ。
それはまさに何の目的も意義もない、ただ殺戮のための殺戮だった。
それと比べればアルカイダテロは、凶悪なアメリカ帝国主義と戦うという立派な大義名分がある。
米軍は東京大空襲や広島長崎の原爆の他にも世界各地で狂った凶悪犯罪を繰り返しており、
それに対する報復は当たり前すぎるくらいだ。米軍にはアルカイダテロを批判する資格などまったくない。

>昭和25年6月に始まった朝鮮戦争は、日本に特需をもたらしました。太平洋戦争で荒廃した産業は、完全に復興し、
>輸出も増加します。株価も昭和28年の2月まで絶好調でした。

共産主義ソ連は世界で二番目に核実験に成功した、これはイギリスよりも早い。
しかも宇宙開発はアメリカを抜いて世界一、これは尊敬に値する。
そもそも共産主義ソ連は満州国を承認してくれたし、シベリア捕虜も返還してくれた。
まさに朝鮮特需は共産主義ソ連からの贈り物であり日本人は感謝すべき。
まさに共産主義ソ連の核兵器は、平和のためのきれいな核兵器だったといえる。

なお中国人が共産主義政権で大量虐殺されたというが、中国人はそれ以前に生きる値打ちのない
チンピラゴロツキ蛆虫だった。チンピラゴロツキ蛆虫だからそれにふさわしい政権が樹立されたというだけ。
とにかく中国人は数が多すぎるから、何らかの口実を造って大量虐殺しておかないと、
チンピラゴロツキが国外流出して地球環境の汚染に繋がる。

  な あ 、 こ う い う の っ て 進 歩 的 で リ ベ ラ ル だ よ な !

106 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 20:38:34 ID:???
もしも、アメリカがもうちょっと慎重派で、フィリピンのB-17配備や
太平洋艦隊主力のハワイ進出を行ってなければ、日本の対米開戦は避けられたのだろうか・・・
まぁ、外交は(軍事だけに限ったことではないが)力の背景があってこそという
常識を考えれば、そういった実力行使なしに石油禁輸したりしないだろうから、
これもまたあり得ないIFなんだろうな。

107 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 20:39:33 ID:???
日本の外交は糞

これは、昭和十六(一九四一)年十二月十日、マレー半島クァンタンの沖合いで、
イギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの二隻が日本軍によっ
て撃沈されたときの日記だが、チャーチルは、これによってイギリスはシンガポール
を失い、インドでも大英帝国の威信を失うのではないかと心配しながら書いている。

チャーチルは、「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。
日本人は外交を知らない」と書いている。つまり、日本は相手に礼儀を尽くしている
だけで外交をしていない、外交はかけひきのゲームであって誠心誠意では困る、
ということらしい。

ハルノートを受諾しようがしまいが、結果は変わらんよ。きっと。


108 :だつお ◆t0moyVbEXw :2008/12/24(水) 22:01:00 ID:ncjLVYZU
>イギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの二隻が

 「ビスマルク」は「プリンツ・オイゲン」と分離し、フランス西部サン・ナゼールへ向かう
 5月24日深夜 「ヴィクトリアス」搭載のソードフィッシュ雷撃機が「ビスマルク」を雷撃
 魚雷1本が命中し、「ビスマルク」は浸水増加
 (ソードフィッシュは対空砲火で5機撃墜される)
 5月25日0306 「ビスマルク」は「サフォーク」の艦載レーダーによる追跡を振り切る
 5月26日 北アイルランドを飛びたったPBYカタリナ飛行艇が「ビスマルク」を発見
 「アーク・ロイヤル」搭載のソードフィッシュ雷撃機15機がイギリス軽巡「シェフィールド」を誤って攻撃
 イギリス空母「アーク・ロイヤル」搭載のソードフィッシュ雷撃機が「ビスマルク」に触接
 「シェフィールド」が「ビスマルク」を視認、ソードフィッシュ雷撃機を誘導
 「アーク・ロイヤル」搭載のソードフィッシュ雷撃機16機が「ビスマルク」を雷撃
 2本の魚雷が命中し、「ビスマルク」は舵機故障
 イギリス海軍第4駆逐艦戦隊(駆逐艦5,フィリップ・ヴァイアン大佐)が「ビスマルク」に魚雷2本を命中させる
 5月27日0847 戦艦「キング・ジョージ5世」、戦艦「ロドネイ」と「ビスマルク」の間で砲撃戦が行われる
 重巡「ノーフォーク」「ドーセットシャー」も戦闘に参加
 イギリス海軍の集中砲火で「ビスマルク」は砲戦開始から約30分で第4砲塔以外は沈黙
 砲戦開始から約1時間で完全に沈黙
 「ノーフォーク」「ドーセットシャー」が停止した「ビスマルク」を雷撃し魚雷各1本を命中させる
 「ドーセットシャー」が再度発射したマーク7型53センチ魚雷2本のうちのうち1本が右舷艦橋下に名中
 「ドーセットシャー」は「ビスマルク」の左舷に廻りもう1本魚雷を命中させる
 1036 「ビスマルク」、北緯48度10分、西経16度12分の地点で艦尾から沈没

http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/ra/rheinueb.html
ライン演習 1941(昭和16)年5月23日〜5月27日

109 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 22:10:23 ID:???
>92
日本語も日本史も不自由なのはわかっていたが、頭の中身の不自由なんだね。
大体、「摂取」ってなんだよ。
最大の貿易相手から入ってきた金がそのまま吸い上げられているんだったら、
お前さんのようなろくに勉強もしない寄生虫風情ですらネットに接続できるような
豊かな国にはなっていないよ。
お前、自分がどれほど豊かで恵まれた国にいるのか、全く理解していないだろう。

>101
> 今、日本がアメリカの属国ではないと考える人や、
> アメリカに支配されていないと考える人は少数だと思うよ?
お前の脳内では少数なんだろうね。
「属国」とか「支配」とかというが、本当に植民地になっていた中東だのアフリカの
連中がお前の妄想を耳にしたら、靴じゃなくて石か弾が飛んでくるだろうね。
田母神といいお前といい、どうして脳の不自由な「国士様気取り」はそういう甘っ
たれたたとえが好きなんだろうね。
お前が言っているのは、昼飯を抜いただけで「餓死寸前だ〜」と喚いているのと
同レベルだよ。

110 :だつお ◆t0moyVbEXw :2008/12/24(水) 22:14:58 ID:ncjLVYZU
当時のイギリスは、一人当たりのGDPこそ日ソはもとより独伊をも上回る経済大国だけれど、
機械力のほうはサッパリとのこと。独戦艦1隻沈めるのに英海軍総力挙げてる一方、
極東では陸攻100機を相手に戦艦2隻を沈められているくらいだから。
戦後も機械類については英連邦から買うものは殆どなく、機械はむしろ日本が輸出してるくらい。
イギリスの受けたレンドリースは300億ドルとダントツに巨大なものだがGDPでカバー。

この地域は戦前わが国の総輸出額の約二一%、輸入も同様に約二一%を占めていた。
それが戦後二十一年には輸出は約二%、輸入は〇・一%足らず、二十二年には輸出
約三・三%輸入は約五%と著減したが、二十三年には輸出二四%、輸入一一%となって
著しい回復を示した。輸出品の主なるものは綿糸布その他の繊維製品、機械器具、
雑貨類等であり、その品目には余り変化はないが、内容は相当の変化をきたしている。
一方輸入も量的には減少したが品目は鉄鉱石、銑鉄、鉛、錫、亜鉛、生ゴム、
ソーダ類、羊毛、綿花、小麦等でほとんど変化は見られない。

http://www.enecho.meti.go.jp/hakusho/tsusyo/soron/S24/01-00-0.html
(V)対英国等スターリング地域貿易

111 :霧番:2008/12/24(水) 22:17:08 ID:jgJT4z1F
111なら加藤ジーナとセックスできる。
111なら07年度の天てれの加藤ジーナとセックスできる。
111なら競泳水着姿の加藤ジーナとセックスできる。
111ならメイドさんの加藤ジーナとセックスできる。
111なら秘書スーツ姿の加藤ジーナとセックスできる。
111ならブルマー姿の加藤ジーナとセックスできる。
111ならスクール水着姿の加藤ジーナとセックスできる。
111ならバニーのコスプレをした加藤ジーナとセックスできる。
111ならハイレグレオタード姿の加藤ジーナとセックスできる。
111ならセーラ服のコスプレをした加藤ジーナとセックスできる。
111ならスチュワーデスのコスプレをした加藤ジーナとセックスできる。
111なら不知火舞のコスプレをした加藤ジーナが俺の乳首を弄りながらフェラしてくれる。
111ならセーラー戦士のコスプレを一通りした加藤ジーナがディープキスをしながら手コキしてくれる。
111なら透け透けピッチリ胸あきブラウスにタイトミニの女教師ルックの加藤ジーナが生姦&膣内射精させてくれる。

111なら加藤ジーナのママが結婚してしてくれて、四六時中、淫らなセックスで俺様に御奉仕してくれる。
そして俺様の遺伝子で加藤ジーナのママが孕んでくれる!
111ならJSFに法則発動
111なら空自の次期F-XはF/A-18F
111なら旧防衛の大綱復活
※拒否や無効化,棄却、取り消しはできません


112 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 22:19:05 ID:???
>102
>104
石油の禁輸等々が日本の行動に対する反応だという話は、散々既出。相手の利権や
面子に踏込む行動を取っておいて、「前と同じように付き合え」なんてのは言うほうが
馬鹿だよ。
後、104がなぜ「戦前の日本が〜」という話に
> 外国から終戦後入つた機種は、
を引いてきているのか理解できないが、それは別としても「マザー・マシン」の意味すら
理解できていないようだね。
大体、戦前も戦後も、日本がアメリカその他の国から必死に技術導入していたことすら
知らないのか?
高品質の鋼材の原料はアメリカから「屑鉄」として輸入していたんだし、工作機械や測定
器も禁輸前に入手したものを、「神器」のようにしていた状態だよ。
合成ゴムや高オクタン価の航空機燃料精製技術といった、関係悪化のために入手でき
なかった高度技術は、最後まで足を引っ張ることになったし。

113 :だつお ◆t0moyVbEXw :2008/12/24(水) 22:31:31 ID:ncjLVYZU
>日本がアメリカその他の国から必死に技術導入していた

○野坂參三君 私は、総理大臣の施政演説に対して、総理大臣並びに他の関係
閣僚諸君に、三点について、共産党を代表して質問したいと思います。
<中略>
 さらに、渉外局一月十二日発表によりますと、民間貿易について、昨年
九月から十二月までの四箇月の間に約九十万ドルの入超。さて、この輸出
を見ますと、問題は、新聞でいろいろ書きたてられた陶磁器あるいは竹細工、
いわゆる國産品的なもの、これは全輸出の中のわずかに一五%、ところが、
生活必需品や化学藥品、これが二六%、さらに重要なことは、日本の再建に
必要な機械とか金属類、これが三九%、そこで、生活必需品とか、あるいは
機械金属類を合計しますと、全輸出の中の六五%、われわれは、こういう
ものを輸出しておる。さて輸入は、何を輸入したかと申しますと、六三%
が羊毛と石炭です。(「食糧はどうだ」と呼ぶ者あり)食糧は、これは別個
の問題であります。別個の勘定です。こう見ますと、この統計だけ見ましても、
われわれに絶対に必要なものが相当出されていま羊毛というものは緊急な
物資ではない、こういうものがどんどんはいわれてくる、こういう状態に
なつております。こういうことをわれわれは考えた場合において、外資の導入、
これは決してわれわれは反対するものではない。しかしながら、ただ無條件
で、これができたから、もう日本の再建は大丈夫だ、こういうふうな幻想を
日本の國民に與えておる。これは非常な誤りだと思います。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/002/0512/00201280512009a.html
第002回国会 本会議 第9号  昭和二十三年一月二十八日(水曜日)

114 :だつお ◆t0moyVbEXw :2008/12/24(水) 22:37:11 ID:ncjLVYZU
>戦前も戦後も、日本がアメリカその他の国から必死に技術導入していたことすら

 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。

ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著

115 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 22:46:31 ID:???
>104
ところで、なんでその続きの
>私の戦時中に航空発動機の専用工作機械をつくつた当時の経験から言いますると、今保安庁あたりで大臣が
>国産機をつくりたいというような機種においてすら、私は日本のマシン、ツールだけではだめだと実は想像してお
>りますし、戦前日本に六十万台ありました工作機械が、一部、三、四万台は賠償機械として、フイリピンの他中国
の方へ行つたという記憶を持つておりますが、現在どれくらい日本に役に立つのがあるか。賠償として押えられた
>分並びに民間において稼働し得る台数はどのくらいあるか、今資料の手持ちがあつたら担当者から説明していた
>だきたい。
は省略したのかな?

116 :だつお ◆t0moyVbEXw :2008/12/24(水) 23:02:25 ID:ncjLVYZU
しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?
チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキwwww

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html

 マッターホーンにより、中国・成都に前線基地が建設されるはこびとなり、
インド・カラグプルにB−29専用基地とその大規模な兵站支援施設が
設置された。米国の膨大な資金と約四〇万の中国人労働者をつぎ込んで、
一九四四年五月までに成都地域の四ヶ所にB−29専用基地が造られる
と共に、爆撃機の飛行場を保護する戦闘機用基地が数箇所に建設された。
それらの基地まで、数千の支援要員となる技術者、兵器係、コック、倉庫
管理係に加え、予備部品(交換用エンジンも含む)、爆弾、食料、燃料を
運ぶ必要があった。中国の基地から一〇〇機のB−29による攻撃を実施
するには、およそ二三〇〇トンの物資を運び入れるほかに、肝心の爆撃機
をインドの後方基地から中国まで飛ばす必要もあった。
<中略>
 一九四四年末までに、蒋介石はもはや有力な盟友と見られなくなっていた。
日本軍は中国東部での攻勢でさらに八省を手に入れ、さらに一億人の中国人
が日本の支配下に置かれ、米軍飛行基地は放棄のやむなきにいたり、中国の
東海岸は封鎖された。帰還命令を受ける直前の十月四日、スティルウェル
は日記に書きつけた。「陸軍省が私に味方しているのは明らかだが、この
戦域は無価値とみなされ、われわれは何も期待されていない」
<日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌 >

117 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 23:07:11 ID:???
おい、だつお、そんなに強いんだったら何で我が無敵皇軍は重慶まで攻め込めなかったんだ?
なぜ成都を落とせなかった?なぜ上海・徐州・武漢で敵主力を捕捉できなかった?
教えてくれよおおおおお!
教えてくれよおおおおお!

118 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 23:54:11 ID:???
>>109
じゃあ聞くけど今のアメリカと日本の関係は植民地以外の何物でも無いだろ。
例えば諸外国の人に聞いたら日本はアメリカの植民地で属国だって回答してるよ。

119 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:02:03 ID:???
>>109
摂取の意味は自分で調べてくださいね。

植民地の意味も、もう少し良く考えて理解するよう努力すると良いと思います。

120 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:07:38 ID:???
>>112
どこから、「前と同じように付き合え」なんて言葉が出てきたのでしょうか?

石油の禁止はアメリカの攻撃だと捉えますけど、
コレはアメリカの侵略では?
そもそもアメリカが口を出す立場じゃないように思いますが。
アメリカが中国とロシアから、日本を救ってくれると言うなら別ですが。

121 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:08:26 ID:???
日本と米国の関係ってのは、ほかに例を見ない特殊な関係なんだと思うよ。
経済的に相互に依存する関係かと思えば、軍事的には属国としか思えなかったり。

122 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:09:01 ID:???
今の日本を日帝と呼ぶ国の方々は日本を帝国主義国家即ち独立国と見なしている訳ですな

123 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:11:23 ID:???
蒋介石が日中の二国間の問題をロビー活動で欧州大戦に無理矢理リンクさせたんだったっけ。
また日本もうかうかとそれに乗ったのか、わざわざメリットの薄い三国同盟なんぞ結んで
よけい心証を悪くするし。

124 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:18:04 ID:???
>>119
摂取と搾取の違いはわかりますか?wwwwww

125 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:18:37 ID:???
>>例えば諸外国の人に聞いたら日本はアメリカの植民地で属国だって回答してるよ。
統計でもあるのか?

126 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:26:12 ID:???
>>124
違いはわかりますが、ソレがどうかしましたか?

127 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:29:36 ID:???
>>118
>諸外国の人に聞いたら
小学生の「みんな」なみの言い分だな。

128 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:33:53 ID:???
回答した人数は書いてないからね。
一人でも属国ですって言ってるんなら問題ないだろ。

129 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:35:06 ID:???
つか、どっから、
統計とか、小学生の「みんな」って言葉が出てくるのか・・・。

130 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:35:13 ID:???
せっしゅ 1 【摂取】
(名)スル
(1)外部から取り入れて自分のものとすること。
「栄養のあるものを―する」「海外文化の―」
(2)〔仏〕 仏、特に阿弥陀仏が慈悲の力によって衆生(しゆじよう)を受け入れて救うこと。

さくしゅ 1 【搾取】
(名)スル
(1)階級社会において、生産手段の所有者が生産手段をもたない直接生産者から、その労働の成果を無償で取得すること。資本主義社会では、資本家が労働者から剰余価値を取得する形で表れる。マルクス経済学の基本概念の一。
→剰余価値
(2)動物の乳や草木の汁などをしぼりとること。

131 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:38:20 ID:???
>126
日本史だけでなく、日本語も全く出来ないんだね。
こんなゴミがいっぱしの国士気取りなんだから、「恥知らずは強い」としか
言いようが無いね。
書き散らしている中身が、全てソースなしの「思う」だけだし。

132 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:38:53 ID:???
>>129
分からんなら、黙ってたらいいんじゃね?


133 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:41:01 ID:???
>>128
>一人でも属国ですって言ってるんなら問題ないだろ。
あぁ、なるほど。特アの方々ですね。

134 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:42:19 ID:???
>120
アメリカには「輸出の義務」なんてのはないんだよ?
商売ってのは、相互の了解、同意があるというのが前提。

「前と同じようにつきあえ」ってのは、お前さんが当時のアメリカに
たいして要求している中身だよ。「前と同じように戦略物資を売り続けろ」
「そうしないのは『攻撃』だ」と書いているのはおまえ自身だよ。

自分が何を書いているか「すら」理解できないほどの馬鹿なのかな?

135 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:46:36 ID:???
>>134
石油止めて、
蒋介石使って攻撃してきたら、
コレはアメリカの侵略にならないかね?

俺の意見は、あの当時はアメリカを無視してソ連をこうげきしろって方だな。
俺はそんなこと言ってない。

136 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:48:05 ID:???
>119
あそこで「摂取」と書いて、日本語として意味が通じますか?
「ぼくちゃんにはわかるから、他人はわからなくてもいいんだ」
という勘違いちゃんですか?

「植民地」についても、「小腹が空いた」を「餓死寸前」と言うよう
な類の軽薄な物言いなんぞどうでもいいよ。
日本語もできないお前のような馬鹿が、
> もう少し良く考えて理解するよう努力すると良いと思います。
とは笑止千万。

全く、>119みたいに自国の歴史すら知らない、自国の国語すら
不自由な馬鹿者ですらこうやってネットに書き込みができるんだ
から、本当に日本は豊かで平和な国だよ。
もっとも、日本に対する無知振りからすると、もしかしたら日本は
「自国」ではないのかも知れないけどね。

137 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:48:21 ID:???
>>134
俺が言っても無いこと勝手につけくわえるの、やめてくれる?

138 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:49:17 ID:???
>>136
摂取でも通じると思うよ?
なにがちがうのですか?

139 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:51:28 ID:???
>>136
植民地も支配だと言っている。
「小腹が空いた」を「餓死寸前」とかは、いってない。
かってに解釈するのやめてくれる?

140 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:53:29 ID:???
>138
通じない。「摂取『される』」なんていう日本語はない。

141 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 00:56:55 ID:???
>>132
・・・は、理解してるがかわいそうだから書いてないだけ。

142 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 01:03:23 ID:???
>137
アメリカはいきなり石油を禁輸したわけじゃない。それまでの日本のアクションに
対してのリアクションだ。
イギリスはドイツと戦っているのは周知だし、アメリカがイギリスの肩を持ってドイツ
を敵視していたというのもわかっているという状況で、ドイツに接近し、イギリスが
「ドイツの傀儡」と看做している政権に圧力をかけてそこの植民地に進出するという
のを、「敵対的な行動」と見ないようなお人よしがどこにいる?

>139
あのね、今の日本の状況程度を「植民地」「属国」というのは、「小腹が空いた」を
「餓死寸前」というのに等しいことだと言っているんだが、日本語のできないお前に
は難しすぎたかな?

143 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 01:05:36 ID:???
そもそも、「日露戦争には勝ったんだから、中国もソ連も片付けられたはずだ」なんて
言い出すような馬鹿が何をほざくのやら。
くだらないご託を並べる前に、日露戦争がどういう状況で戦われたか、「勝ち」の
実情がどうだったかくらい調べて来い。

軍板まで来て、「中国もロシアも〜」なんて寝言をほざきつつ、「関特演のことは?」と
いう質問には「知らないけど、日露戦争には〜」なんて恥ずかしげもなく書けるんだから、
大した神経だよ。
本当に、「恥知らずほど強いものは無い」だね。

144 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 01:06:36 ID:???
小田急線の新百合ヶ丘駅の近くに「はるひの」という駅があるんだが、
これとハルノートはもしや何か関係があるんじゃないのか?

145 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 01:35:44 ID:???
>96
そもそも、日本が売れる製品を作れるようになったのはアメリカからの技術導入による
ところが大。その程度の事は、自動車でも半導体でも化学製品でも、開発に携わった
人たちの書いたものを読めばすぐにわかるはずだよ。
散々既出だが、戦前〜高度成長期までの日本製品は、国内ですら安物扱いで、「舶来
品」が高級品の代名詞だった。
それに、日本にとって最大の市場はアメリカ。

アメリカとの関係を絶っていた場合、ソ連あたりから技術導入してソ連なり中国なりと
商売するか、それとも品質管理の基礎すらない状態の「日本製品」を第三世界に
売るかといったレベルのことしかできなくなる。

146 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 01:39:28 ID:???
そもそも日露戦争にしてからアメリカにケツを拭いてもらわないと戦争を終わらせることさえできなかったのが日本

147 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 02:31:02 ID:???
日露戦費も米英が紙くず以下だった日本国債を
バクチ覚悟で買い支えてくれなかったらどうなっていたか

148 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 03:01:14 ID:???
多額の貿易赤字を出す国を植民地にする米国ってアフォなんですね

149 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 03:26:22 ID:???
>>147
アメリカじゃなくてリーマンな ユダヤマネー

150 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 03:48:50 ID:???
>>140
本当か?
じゃあ、搾取「される」は日本語としてありえるのか?

ぐぐれば「摂取される」が出てくるし、ソレが間違いだとも出てこない。

「される」は、「する」の受け身の用法。と書いてあるから、
「摂取される」で普通に日本語として意味が通用すると思うが、どうなのかね?

151 :名無し三等兵:2008/12/25(木) 04:03:54 ID:???
>>142
植民地は支配されている状態だと言っている。
「小腹が空いた」を「餓死寸前」というのに等しいと、貴方が勝手に思っているだけで、
植民地の意味や、俺の意見を、勝手に変えて解釈するのやめてくれる?と言っている。

勝手に解釈するのやめてくれる?と言っている、
理解できた?

289 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)