5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事板書籍・書評スレ17

1 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 21:32:34 ID:???
兵法、戦記、戦史、回想録、安全保障、危機管理、エトセトラ。
ノンフィクション中心、軍事に関係あれば基本的に可。

なお、雑誌関係は、
軍事雑誌総合スレ 第10号
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1220349881/

架空戦記は、架空戦記総合スレッドで
【鉄十字】仮想戦記総合スレ49【世界恐慌】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1225095018/

をどうぞ。
過去ログは>>2-5あたり

前スレ
軍事板書籍・書評スレ16
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1221228939/

2 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 21:33:50 ID:???
第15スレ http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/army/1218257092/
第14スレ http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1212803221/
第13スレ http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1208068192/
第12スレ http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1196358728/
第11スレ http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1185767163/
第10スレ http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1185767163/
第9スレ http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1176637596/
第8スレ http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1165229084/
第7スレ http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1155985404/
第6スレ http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1140883550/
第5スレ http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1130213915/
第4スレ http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1120575348/
第3スレ http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1104672011/
第2スレ http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1065783183/
第1スレ http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053498652/

番号前のスレはこちら
第4スレ http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=army&key=../dat9/1052454024
第3スレ http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1034984955/
第2スレ http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1009497643/
第1スレ http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/980501031/

3 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 21:35:00 ID:???
軍事板 書評スレッド
ttp://yasai.2ch.net/army/kako/980/980501031.html
軍事オタが薦める一冊
ttp://mentai.2ch.net/army/kako/962/962485777.html
軍事マニア推薦図書スレッド
ttp://mentai.2ch.net/army/kako/966/966664863.html
軍事・兵法・戦記・戦史関連書籍総合スレット
ttp://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053498652/

近めの書籍を扱ったスレとして、
世界史板、日本近代史板、国際情勢板、外交政策板などの
当該スレも参照のことー

書店等の参考についてはこちらをどうぞ。
ttp://wiki.livedoor.jp/force_army_2ch/d/%b7%b3%bb%f6%c8%c4%bd%f1%c0%d2%a1%a6%bd%f1%c9%be%a5%b9%a5%ec%a5%c6%a5%f3%a5%d7%a5%ec%c3%d6%a4%ad%be%ec

4 :シャープール:2008/10/29(水) 22:36:18 ID:???
>1
乙です


5 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 23:27:49 ID:???

軍事関係の本は値打ちがわからんのでブックオフの100円コーナーにあっても手を出しづらい
原書房やみすず書房や平凡社の書籍は速攻で確保してるが部屋の中がパンパンだぜ

6 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 23:33:23 ID:H5s2BSSO
一さん乙です

ルーデル閣下の自伝の急降下爆撃を読みたいんだが手に入れるにはどこがいいかな??あと読んだことあるひと感想を教えてくれ

7 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 23:42:25 ID:???
>>6
amazonで手に入らなかったっけ?
俺は偶然書店で見つけたが…

よく言われているが、翻訳が微妙。だが別に読めないことは無い。
ルーデルが書いた、ということを別にしても、独ソ戦に参加した急降下爆撃機乗りの
自伝なんで読む価値はあると思う。戦中の遊びだとか魚の採り方だとか出てきて
結構面白かったよ。

ただまあ、目の前で爆弾が爆発したのに気を抜かした友軍士官を笑ってる閣下は
やっぱり異常。

8 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:02:29 ID:???
>>6
学研M文庫のが印刷は一番新しいが、手に入れば朝日ソノラマでもいいよ

9 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:06:30 ID:???
って今は学研M文庫のも品切れなのか・・・

10 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:07:11 ID:???
あと、本人はいちドイツ空軍軍人として振る舞ってるつもりだし、
実際その通りなんだが、はたから見たら「典型的なナチ」としか思えない<急降下爆撃
ルーデル本人のコメントや心境は読む価値ありだけど、
エピソードだけ知りたいならアンサイクロペディアのルーデルの記事読む方が早い

11 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:08:09 ID:???
軍事書籍はすぐに在庫切れになるね。
そのせいで最近は「確保しとかんとなくなる!」という強迫観念が(苦笑)。

12 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:09:13 ID:???
ルーデル閣下の「急降下爆撃」
ハルトマンの「不屈の鉄十字エース」
岩本氏の「零戦撃墜王」
坂井氏の「大空のサムライ」

WW2空戦ではこの辺は基本として読んでおきたいな

13 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:10:00 ID:???
恐れ多くも神に向かって典型的なナチとは何事か
夜中のサイレンに気をつけるぞよ

14 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:10:03 ID:???
>>11
まぁ、良い本なら2冊買って数年置いておけば購入費の元は取れる
素晴らしい需給関係になってるw

15 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:11:23 ID:???
>夜中のサイレン

真面目に怖いぞこれは。
ついに逮捕されるのか、とびくびくしてしまう。

16 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:12:38 ID:???
>>14
えぇい、元手がないんじゃ! 中国軍スキーだから関連書籍が高いこと高いこと……。

17 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:15:12 ID:???
海からサイレンが聞こえるわけですね!

18 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:15:33 ID:???
いまんとこ学研M文庫で海外物が出た時は割と短期間で売れて
プレミア付くんじゃない?

結構あちこちの本屋で売ってはいるんだけどな

19 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:15:46 ID:???
                                    _,, ィヵ
                                    / .|i .|    ,/''/
                                     /'  il .ト、   / /
                                  /,'  i .|卍`>' /
                                  /,'   i .| / ノ:`ヽ 
                                   /,'   イ.| ' " X ノ
                                /.,'   .i .|  / イヾO
                                 / ,'     i .|/ :/ 
                                  / ,' 卍  i | :/
                       \      / ,'    イ |/
                        \_,, ィ'⌒/ ,'     i/
                        />、 ン::/ ,'    ,-,ニ 、
                      /<ヽン  / ,'  / / ::ノ
                      〉-'"^' , / ,' / /  :/  
                     /   , ' /レヘ/ ::/
                   /  >、 (/ンヘ<(__;; イ-‐ァ
           ミ      / /    7':::::/' 〉::   ノ
            ヾ    /⌒ヽ,ィツ  /:::/' ,-(   ノ) )
             ヾ / / ,ィツ、__)`ー(彳ヽ/ :ノヽ 'ー ' 
             / ヽ、 ツ .:::)    >、ヽ''/フ
             /   .:>ー'" ⌒)ヘ(/:::::〉::: /
           (( ヽ--‐'"彡       '~"(  ノ))
              ヾ'            `ー'ー'
              ヾ
              ..ミ      


20 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:19:42 ID:???
>>7
とにかく出撃だ!

でこの人はちょっと躁状態なんじゃないかと心配する

21 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:20:54 ID:???
辻ーんみたいなもんか。

22 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:24:21 ID:???
必死に立ち上がろうとしてるのを周りが必死に止めてるのに気付いてない自伝

もう休め!休んでくれ・・・

それが急降下爆撃w

23 :名無しの愉しみ:2008/10/30(木) 00:26:41 ID:???
私は朝日ソノラマで読んだ。
戦況に対する文句は書いてあるけど、決してそれに恨み辛みを交えた批判で語らず
全体を通じて忠実な「武人」だったような覚えが。
ちなみにスツーカ隊の座右の銘は
「習得した事以外には、何事も成功しない」
だってさ。

24 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:53:54 ID:???
ざっと読んでて普通の人なら10回は死んでると思う

25 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 00:55:39 ID:???
つうか、どうも危険に対する感覚がおかしい・・・

26 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 01:04:27 ID:???
だからこそ、嘘臭いことをやってのけれるんだろうな

27 :俄将軍:2008/10/30(木) 03:15:07 ID:???
ソ連軍の満洲侵攻時に、日本軍に、ルーデルがいたら、といったようなスレッドは、此処、と
いうことになるのか、などと、嘯いてみたり。

28 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 03:44:38 ID:???
今週の神保町界隈は超危険水域だなw。
サイフに2マソばかり装填して突入する予定だが生還できるかどうか。

29 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 05:42:54 ID:???
何で本祭りって夜までやってくれないんだろ・・・・・・
行く時間が無い。6時までってねえ

30 :46式NEET:2008/10/30(木) 08:52:03 ID:???
古本祭りの影響か、スレの消化の速度がはやいですね。
>>1さん、スレたて乙です

私も学生であるのをいいことに、毎日のように神保町にいってますが
なかなかお目当ての本が見つからないのですよ(つ▽T)

31 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 09:29:30 ID:???
古本市で見つけた『フランス解放戦争史』柏木明/原書房/1995年刊
の参考資料に『Gamelin将軍回顧録』陸上幕僚監部訳
ってのがあった。
モーリス・ガムランの回顧録俺も読みたいぞ。
自衛隊は外部にも出せようらやましいぞちくしょう。

32 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 10:28:30 ID:???
>31
アサクモあたりでこっそり出てたりしてな。
まあ、税金でやった知的財産については、機密が絡まないならなるべく公開してほしいところだ。
金かけたくなければそれこそネットでいいんだし。
翻訳だと権利の問題もあるか・・・

33 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 13:45:17 ID:???
土曜日に神田古本まつりに行こうと思っているけど天気が微妙だね。
雨天中止だし…。

34 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 14:35:29 ID:???
NF文庫来月の新刊「海将補のアフリカ奮闘記」ってのが気になる。

35 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 15:19:44 ID:???
>>34
たぶん、この本の文庫化ではないかと思う。
http://www.hands.or.jp/pagesj/05_act_develop/past_activities/kenyaproteco/africanotes/notes5.html

東海岸のザンジバルで船員教育をする話なんだろうか。

36 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 15:24:32 ID:???
>>29
19時までやってるよ

37 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 16:07:07 ID:???
『スターリングラード』の発送通知が来ますたよ
全裸でwktkして待ってるとするか

38 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 16:25:42 ID:???
スターリングラード注文するの忘れてた……間に合うかな

39 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/10/30(木) 16:33:03 ID:???
>37
おお、
家に帰ったらさっそくメールチェックだ!

そいえば、一緒に「GIジョー」」も注文してあったっけw

40 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 19:15:10 ID:???
第二次大戦中にドイツの(日本や連合国でもいいです)各軍需会社が
どれぐらいの兵器や物質を生産し、どれぐらいの利益を上げたかがわかる書籍ってないですか?

41 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 21:46:26 ID:???
>>40
眠い人の光臨を待ちましょう。

42 :昔学生、今爺さん:2008/10/30(木) 21:53:27 ID:???
神田は久しくご無沙汰なので古本まつりの戦果レポよろ

43 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 22:06:32 ID:???
>>42

>『南の空に下駄はいて』
>『奮戦!第6戦車師団』
>『世界歩兵総覧』
>『兵器と戦術の世界史』
>あたりが500円〜800円で買えてよかった。
>「戦略論」(リデル・ハート著/森澤亀鶴訳:原書店)を3,000円、
>「ボリシェヴィキの軍隊工作」(ソ連マルクス・レーニン主義アカデミー編)
>を1,200円でげt。
>で、結局「若き将軍の朝鮮戦争」(白善Y著:群像社)を700円、
>「史記列伝」(司馬遷著:岩波文庫の5巻組)を1,000円、
>「ソビエト取材録」(NHK取材班編:日本放送出版協会)を400円でげt。
>「イスラエル地上軍」を1400円で確保!
>他に朝日ソノラマ3冊、「ロシアはなぜ敗れたか?」「世傑Su-24」、
>後ナショジオの100周年記念本を2000円で確保できて嬉しい。

前スレにあった戦果報告抜粋。
自分は明日の午後に再出撃の予定なり。

44 :名無し三等兵:2008/10/30(木) 22:33:26 ID:???
柘植「フランス外人部隊」
「悲風ビルマ戦記」など日本陸軍のビルマ戦域体験記3冊
しめて800円。

昼休みに駆け足で回った戦果じゃ。

45 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 06:45:21 ID:???
>>16
この3冊だけで19,215円・・・。

人民解放軍 党と国家戦略を支える230万人の実力
ttp://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32114383

村井友秀等編 『中国をめぐる安全保障 (MINERVA人文・社会科学叢書 127)』(2007年、ミネルヴァ書房)
ttp://www.minervashobo.co.jp/find/details.php?isbn=04859-5&PHPSESSID=bb306f52d78384fb9cbdf2e00be15e87

中国の軍事力― 2020 年の将来予測―
ttp://www.mmjp.or.jp/sososha/hon/gunji/gunjiryoku_2020.html

46 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 12:52:12 ID:???
>>29
>>36
最終日は18時までだね。
雨は大丈夫かな?

47 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 21:19:47 ID:FRkzpTGW
>>45
『中国的天空』も追加。
価格は上下巻で、えーと、9000円くらい。

48 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 21:30:16 ID:???
「艦砲射撃の歴史」10月発売じゃね〜のか?
今日本屋行って店員さんに訊いたらまだ入荷してないとか言われたぞなもし

49 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 21:35:11 ID:???
あれはオンデマンドの筈。

50 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 21:37:53 ID:???
>>45は(現代)中国軍スレでお勧めの本だね。

51 :48:2008/10/31(金) 21:43:14 ID:???
>>49
ありがとう
オンデマンド版ってきちんと表記されてたのねorz

52 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2008/10/31(金) 21:56:39 ID:???
新スレ乙。
てか、明日から三連休なのに、実弾がない…orz。

>40
基本的な書籍としては、『日本戦争経済の崩壊』(アメリカ合衆国戦略爆撃調査団編)。
これは、日本の戦争経済全般についての資料を引いて書かれて居る報告書で、生産量とかは政府から
提出された資料(但し、焼却した書類も多いので一部推定)で、書かれて居ます。
大抵の此の種戦争経済関係の日本関係には底本として引用されていますね。

三菱に関しては、『第二次大戦と三菱財閥』が秀逸で、三菱財閥の造船、飛行機、金属、自動車関係の
生産量と投資額、利潤などが豊富な資料で掲載されています。

中島に関しては、『中島飛行機の研究』が同じ様に、中島飛行機の生産や利益などが掲載されていて
います。

それ以外の企業のものであれば、『戦時経済と日本企業』で様々な企業を取り上げていますし、
『日英兵器産業史』、『兵器鉄鋼会社の日英関係史』、『鉄道車輌工業と自動車工業』、と言った
日本経済評論社の本にはこの手の研究書籍が多いです。
造船関係では、『日本戦時造船史』がきっちり纏まった書籍で、自動車関係では、『太平洋戦争期
日本自動車産業史研究』かな。

米国の戦争関係で日本語の書籍としては、『第二次大戦期 アメリカ戦時経済の研究』とか、
女性労働の日米比較であれば、『軍需産業と女性労働』が結構面白い。

ドイツについては、多分掘り下げると出て来ると思うけど、手元にあるのは、戦前期ドイツ軍事
産業関係の『総力戦時代のドイツ再軍備』辺りかねぇ。

此処に挙げた本は、ほぼ全て古本だけど、大学の図書館とかだと結構あるかも。

53 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 22:36:01 ID:???
だれかロシアの近代兵器、兵力と思想についてお勧めの本とかありませんか?

54 :名無し三等兵:2008/10/31(金) 23:37:38 ID:???
帝政ロシア?

55 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 00:24:38 ID:???
>>53
つ【アンドレイ・ポルトフ著『ソ連・ロシア原潜建造史』】

56 :名無しの愉しみ:2008/11/01(土) 00:25:15 ID:???
1935年赤軍参謀総長代理セデヤキン著、
日本陸軍参謀本部訳の
赤軍読本ですかねぇ…

在庫ないみたいだけど一応
http://www.bk1.jp/product/01750417

57 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 00:29:42 ID:???
>>53 学研「ソヴィエト赤軍興亡史1〜3」 なんか高値がついてるが…

58 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 00:44:42 ID:???
>>54
独ソ戦後から現代辺りに興味があるんです。
>>55−57
有難うございます。
>ソヴィエト赤軍興亡史 結構いい値段ですね。財布と相談してみます。

59 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 00:48:59 ID:???
中古でしか手に入らないのだが
70~80年代のソ連軍については『ソ連地上軍』がかなりまとまってる。

60 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 01:00:10 ID:???
『写真集 ソ連地上軍』とかもね。

61 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 01:00:37 ID:???
>>59

>ソ連地上軍―兵器と戦術のすべて

>3点の新品/中古商品を見る: ¥ 20,998より

…今期の冬に神保町行くので探してみます。一番興味がある年代なので。

62 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 01:04:09 ID:???
この年代が好きなら、スヴォーロフ氏の
『ザ・ソ連軍』『続ザ・ソ連軍』『ソ連軍の素顔』も間違いなく楽しめる。
情報小出しにしてすまん。

63 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 01:04:40 ID:???
>61
きわめて興味深く、資料的価値もある本だよ

…入手さえできりゃね。とりあえず復刊ドットコムで投票もよろしく

64 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 01:07:11 ID:???
『ソ連地上軍』は赤軍ヲタ垂涎の品だからねぇ。
俺も投票しとこう。

なんか知らんが『イスラエル地上軍』も高騰してるし……

65 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 01:18:49 ID:???
>>60・62・63

重ね重ねthk。冬のボーナスの使い道が決まりました。

>復刊ドットコム 投票しときました。

66 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 01:36:07 ID:???
あー、神保町の露天で売ってたな、ザ・ソ連軍。買っておけばよかった。

67 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 02:45:41 ID:???
>>66
ワイもそれ見たな。

68 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 04:06:12 ID:???
軍モノとしては当時かなり売れた本なんで、今でも古書で適価なブツがそこそこ
出回ってるのが助かるな>スヴォーロフシリーズ。
あと大都市の公営図書館なら大抵持ってるし。

当時の軍ヲタ的には「んなバカな!」と思える部分が多かったんだろうけど、
今読み返すと「やっぱりそうだったんだ…」と頷ける部分が多いんだよな。

69 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 04:37:28 ID:???
「ザ・ソ連軍」正は組織解説、続は戦術解説が良いかんじ。

で「写真集 ソ連地上軍」は、イズビー「ソ連地上軍」が入手できない場合の簡易代用品に吉。
とはいえ「写真集」は、西側侵攻時の考察論が掲載されてるあたりが、他には代えがたい魅力w

冷戦期 ソ連軍全体、特に組織を概観した場合は「ソ連軍 思想・機構・実力」が良いです。
で学研「ソヴィエト赤軍興亡史1〜3」はビジュアル面重視で、赤軍誕生から冷戦までを概観するのに便利。

で穴場は「ソ連軍事力の徹底研究」まだ半ば積読なので紹介は避けてましたが、
各種教範(演習対抗部隊(甲)69年版を含むww)からの引用も多く、実は結構よさげw

ただし、まだ私は読了していないので、入手後「良い部分はごく一部じゃん」という反論は受け付けません。
各位の判断で突撃してくださいwww

70 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 04:42:21 ID:???
ちなみ、最近一部で私を赤軍オタ扱いする方々が見受けられますが、
わたしはあくまでも独軍オタということで、そこのとこよろしくww

ふらー!

71 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 04:44:51 ID:O7I2PDg0
全ての陸ヲタはソ連に憧れちゃうんだからしようがない

72 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 04:51:50 ID:???
人口7万弱の地方都市に住んでるんだが……
こないだ市立図書館で何気なく検索かけてみると、なんとイズビーの「ソ連地上軍」が!
誰だあんなもん書庫に入れた奴。

73 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 04:55:05 ID:???
>69
>「ソ連軍事力の徹底研究」

1982年に出たのと、1991年にでた「最新情報 ソ連〜」の二種類ありますな。
とりあえず新しい方をポチッとな。1冊だけあった1円のはいただきました。うははははは

74 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 05:02:09 ID:???
>72
うはwwwww市営図書館検索したらイズビーのソ連地上軍もアフガニスタン戦争も両方あったw
ソ連地上軍は閉架書庫だけど、賢明な判断だな。

75 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 05:03:26 ID:???
イズビーは持ち去る奴が絶対いるなww

76 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 05:17:22 ID:???
>72
本来、図書館ってそう言うマイナーな本をカバーすることこそ本来の目的な気がするんだよね。

まぁ、実際はそうはいかないらしいが…

77 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 06:00:29 ID:???
地域によっては県立図書館と連携して専門別に特化する図書館もあるらしいが
やっぱ普通は、安くて話題性があってリクエストの多い一般書を優先するだろうな

78 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 07:30:58 ID:???
このところ財布の中の兵力の古本まつりへの大量投入が響いて、新刊書の購入額が激減しそうな香具師がたくさんいるなw

79 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 09:53:41 ID:???
フゥハハハー(aary
昨今のドル安ユーロ安でamazon.comだのfrだのdeだのに仮借のない戦力投入に比べれば古書祭りなど(ry

80 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 11:23:26 ID:???
>74
実は、イズビーのアフガニスタン戦争より、こっちのがお進め

【アフガン戦争 (パレスチナ選書)】 鳥井 順

巻末にフルンゼ軍大学のアフガン戦訓に関する論文の抄訳がついてた←【これ最大級に重要】
全体的な内容も、アフガンの日本語書籍じゃ、一番良さそうだよ。
イズビーのは残念ながら訳があんまりよくないと思う。

ただしゲリラ側の記述はイズビーの方が詳細に渡ってる。
人名録とかまであるしw
あと、いくつかの作戦に関してイズビーの方が若干詳細だけど。

まあ、両方読んで、その後に三野アフガン本(よくわかるシリーズ)を読むと楽しいよw
うん、いろんな意味で。

81 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 12:33:52 ID:???
今日出た『諸君!』12月号に白善●将軍と深田祐介氏の対談が載ってるね
朝鮮戦争当時の話とかもしててなかなか面白いよ

82 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 13:03:46 ID:???
拙者思うに、財布の中身を気にしているようではマニアとしてまだまだ未熟ではないかと。

83 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 13:07:15 ID:???
>>73
> 1982年に出たのと、1991年にでた「最新情報 ソ連〜」の二種類ありますな。
うちにある「最新情報〜」は1987年に出てるな。
書名を変えずに更新していったのかな。
藤井治夫のやつだよね?

84 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 13:19:42 ID:???
ブクオフでペイヤールの「大西洋戦争」の美本をゲット!




下巻だけorz
上巻にめぐり合う気がしないよ・・・

85 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/01(土) 13:21:55 ID:KGzuQ+fe
>>84
あー、あれは良い本ですね。
私持ってます。何度も読み返しました。

文華堂になかったかなあ・・・?

86 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/01(土) 13:23:00 ID:KGzuQ+fe
>>82
えー、気にしますよ?

ただその、ゆきちさん1人までなら衝動買いの範疇ってだけです←ダメ人間

87 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/01(土) 13:33:54 ID:KGzuQ+fe
あれ、でも軍学堂で上下巻¥3500で売ってますよ現在?

88 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 13:37:39 ID:???
戦うソヴェト・ロシア高いなぁ。
古本祭りには有ったりするのだろうか。

89 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/01(土) 13:37:55 ID:vRp2A4jO
そうそう、気にしますよ。
いやぁ、一昨日、いつもの書店でカード払いしようとしたら、制限を突破していて
遂に切れませんでした。これで3度目だ(苦笑

90 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/01(土) 14:03:24 ID:KGzuQ+fe
>>89
貴方をダメ人間2号に認定します(笑

91 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:12:22 ID:???
>>90
そうなると3号はLans氏あたりだろうか?


92 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/01(土) 14:13:17 ID:KGzuQ+fe
>>91
力と技を兼ね備えているのですね?

93 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 14:15:35 ID:???
よくわかんないけど黄色いマフラーは誰がつけるの?

94 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:16:47 ID:???
>>93
杜聖氏はライダーマンあたりだろうか・・・

95 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/01(土) 14:17:12 ID:KGzuQ+fe
どうぞ

つ〜

96 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:17:57 ID:???
ゆうか氏今日はテンション高いなw

97 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:19:20 ID:???
>>96
世界の艦船が今日届いたんでは?

98 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:25:58 ID:???
>>97


99 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:30:46 ID:???
>>98
ちと前にゆうか氏が『世界の艦船の創刊号から全て揃った』という話をされてまして・・・

100 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:32:16 ID:???
>>99


101 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:40:26 ID:???
どうかすると版元にも全部はないからなあ

102 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 14:41:43 ID:???
>>98,100
世界で一番短い手紙のやりとり乙

103 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 15:05:21 ID:???
いつだっけ、創刊号の復刻版出したの>世界の艦船。

104 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 16:11:14 ID:???
>>102
それやり取りになってなーい

105 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 16:38:16 ID:???
えーとりあえず

1号=技のゆうか
2号=力のZU
3号=V3Lans丼
ライダーマン杜聖

ということで、

アマゾン
X
ストロンガー
スカイ
スーパー1
ZX
BLACK
クウガ
アギト
龍騎
555

響鬼
カブト
電王
キバ

ぼしうちうだ。

106 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 16:55:59 ID:???
時折軍板住人の平均年齢が気になって仕方がない。
仮面ライダー1号とか、俺が生まれる前の話なんだけど……。

107 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:23:28 ID:???
>>106
大阪万博で黒人に抱っこされて大泣きした俺が来ますたよ

108 :ぼぼばん♭ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/01(土) 17:27:20 ID:???
宇宙博で迷子になったなんて記憶にありません!><

109 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:28:10 ID:???
すると生まれたのは2号が活躍していたころか
ショッカーは熱意ある若者を求めています

110 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:28:14 ID:???
そういえば、クロンボって言わなくなったな

111 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:29:24 ID:???
物心ついた頃にはソ連が崩壊していた俺は若年層なんですね……

112 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:30:55 ID:???
>>109
入社試験の課題は

「如何に上手く『イーッ!』と叫べるか?」ですね、わかります

113 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:32:58 ID:???
物心ついた頃にはサブプライムローンが破綻してました

114 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/01(土) 17:33:15 ID:???
ソ連崩壊の時の「正論」は満面の笑みを湛えたエリツィンが表紙を飾っていた…
なんてことを鮮やかに覚えている私は一体(笑

115 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:35:29 ID:???
TVの横の『世界地図アトラス』にはまだ東独が存在してるとかそんなことありませんからっ!

116 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 17:36:49 ID:???
とうとうバカボンのパパと同い年になりますた…

117 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/01(土) 17:55:33 ID:???
私も世艦のバックナンバーはかなり持っていますが、歯抜けがあるんですわなぁ。
そういや2週刊位前、ヤフオクに世艦約300冊がまとめて出品されていましたが、
それを落札したのはもしかして…?

118 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 18:02:09 ID:8kUswoQ6
平成生まれの俺は軍事板では若手青年将校か

119 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 18:15:23 ID:???
>>118
気を付けんとFNG扱いされるぞw

120 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 18:42:06 ID:???
旧ソ連軍の本が話題になっているけど冷戦後に明らかになった情報と照らし合わせるとどの程度妥当だったのかな?
(異なっていた点もあったのかな?)
あと出版社の側からすると冷戦崩壊前の情報の本を冷戦崩壊後にそのまま復刊するのは抵抗があるのかな?
実物を見たことがないのでわからないけどね。

121 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 18:48:18 ID:???
『艦砲射撃の歴史』今受け取った
これ横書きだったのか
扉の利根から命中弾を受けた瞬間のガムビア・ベイの写真渋いな

122 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 18:51:35 ID:???
オンデマンドって印刷の質が悪いって聞いたんだが、『艦砲射撃の歴史』は問題なかった?

123 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:18:33 ID:???
>>122
特に問題無いと思う

124 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:20:59 ID:???
>>123
Thanks.購入を検討してはいるんだが、値段がな……。

125 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:23:21 ID:???
>82
人間としてまだ踏みとどまってるってことですねw

126 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:24:19 ID:???
>>124
もうすぐ政府が小遣いをくれるらしいぞw

127 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:29:30 ID:???
>>125
趣味が生きがいになっちゃうと、全資産を資料に投じるようになるからな

その辺は生活そっちのけでギャンブルしてしまう人とかと似通っている部分がある。

128 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:41:49 ID:???
『神経ガス戦争の世界史』なかなか面白いな
イギリスとかも(同意の上とはいえ)結構人体実験やってんだなw
まあ、アメリカもキノコ雲に向かって防護服も無しに行軍させるぐらいだからなw
軍隊こえぇwwwww

129 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:44:24 ID:???
アトミックソルジャーだっけ。
放射線の害が十分認識されていない頃は世界中で無茶苦茶なことやってるなあ。

130 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:54:44 ID:8kUswoQ6
>>126
双子の弟と足して24000円
世艦の増刊の
日本巡洋艦史、駆逐艦史、潜水艦史、特務艦船史、護衛艦艇史買おうと思ってる

連合艦隊華やかなりし頃はいい本かね?

131 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 19:56:35 ID:???
>>111
(・∀・)人(・∀・)

132 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:08:13 ID:???
>>130
駆逐艦・潜水艦史は買っとかないと巡洋艦は要らないとおもう。

133 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:15:22 ID:???
平成生まれとかビッグフットみたいなもんだろ
いるはずがない

134 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:16:30 ID:???
>>130
いい本だよ、本職の写真屋が撮影したやつだから鮮明な写真ばかりだよ。
俺は寝る前に眺めてる、するとよく眠れるんだよな。

135 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:16:57 ID:???
だよな。平均年齢40overのこの板に10代なんて……

136 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:25:57 ID:???
>>133
むしろサスカッチかヒバゴン

137 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:32:05 ID:???
平成生まれではないけど10代のころからこの板にいたよ
知識や軍事的な見方はかなり劣ってるけどね
今平成20年だから平成生まれがいても別にいてもおかしくないと思うよ
一応言っとくけどネトウヨじゃないよ
歴史好きがいつの間にか軍事好きになってた
軍ヲタを名乗るにはまだまだだけどね

138 :全裸黄金P:2008/11/01(土) 20:40:40 ID:???
>>80
今日、古本祭りで大日本絵画の出店でイスビーのを半額で確保し、教祖様のお店でコーヒー飲みながらチェックしたのですが

・・・orz

うん、鳥井氏のが出来がいい。
つまりなにが言いたいかというと、

 第三書館万歳!

「冷戦下・ソ連の対中東戦略」と「冷戦下・アメリカの対中東戦略」を第三書館の出店にて半額でげと
あとは古本でヘルツォーグの「図解・中東戦争」と東大出版会の出店で「軍と革命 ペルー軍事政権」の研究を半額で(略

あれ?古本祭りなのにこれいかに?


139 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:45:05 ID:???
『ソ連地上軍』『写真集ソ連地上軍』『イスラエル地上軍』、ゲット。

いずれも美品ですぜフヒヒヒヒ。

140 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 20:54:23 ID:???
既出かもしれんが、歴史群像アーカイブの『現代戦術への道』は結構面白かったな。
塹壕戦からエアランドバトルまで成り立ちを簡潔に説明していて、俺みたいな初学者には興味深かった。
薄いから個々の事例はあまり深く掘り下げてないけど。
巻末に各国の師団編制表が付いているのも有難い。

141 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 21:17:01 ID:???
>>140
vol.5はどうなんだろうね?

142 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 21:25:24 ID:???
VOL.5アジア紛争史は読んでないが、戦術スレか何処かでは結構好評だった気が。
安いし、今度買うつもり。

143 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 21:41:13 ID:???
vol.5は国共内戦とか、ラオス・カンボジア内戦とかが渋くて良いぞ。
マレーの対ゲリラ戦が収録されなったのは残念。

144 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 21:51:55 ID:???
vol.4とvol.5はしょっちゅう見かけたし、vol.3もあったんだがvol.2が手に入らん…

やっぱり出たときに買っときゃよかったぜ

145 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 21:58:27 ID:???
VOL.2ならAmazonにあるぞ。今確認した。

146 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 21:59:43 ID:???
ついにはV3呼ばわりですかww
そういえば、当時LPレコード買ってもらって聞きまくってたっけw
でもキカイダーの方が好きだったのは秘密です。

>138 全裸氏
さあ、そこで三野本に手を出すのですw

>139
フルンゼ軍大学へようこそ、同志。

>142
アジア紛争史は、朝鮮戦争、中国内戦、ベトナム戦争のキーポイントを概観するのに最適と思うです。
このシリーズは雑誌掲載当時の記事に加え編制表を加えてくれてるので、編成オタとしてはありがたいかぎりw


ところで、DVD「スターリングラード(独版)」の裏パッケに反戦スペクタクルとか書かれててワロタ。
まあ、これみて戦意高揚映画とか思う奴はいないと思うが…


147 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 22:04:52 ID:???
>144
歴群アーカイブVol.2?

自宅用、会社用、布教用に3冊買いましたが?なにか?
お店のおねえさんに「同じもの3冊でよろしいのですか?」とか不思議そうに聞かれましたが、なにか?
そして布教用の1冊を貸した会社の奴が、陸上戦力必要スレの住人知って慌てましたが、なにか…orz


で、Vol.3は2冊で我慢、我慢w

148 :144:2008/11/01(土) 22:07:30 ID:???
>>147
同志、物資が欠乏しているんだ!
今すぐそういつをこっちによこしてくれ!

149 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 22:07:59 ID:???
フルンゼ軍大学でググっててフルンゼ名称軍大学って単語が出てきたんですが、この名称ってなんですか?
意訳すればフルンゼ記念軍大学、とかそんな感じになるんですかね。

確かにソ連・ロシアの設計局とかのサイトを機械翻訳にかけると、「何とかかんとか of the name of 人名」って
のをよく見かけるんですが…

150 :ぼぼばん♭ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/01(土) 22:08:04 ID:???
>>147
漏れにも一冊orz

151 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 22:08:54 ID:???
あにょ国は、そういう名前を付けるとしか(ry

152 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 22:13:25 ID:???
>>146
スターリングラードはのっけのホーエンフリートベルガー行進曲とか行進歌三本の百合とかドイツ行進曲行進歌ヲタにも優しいのう

153 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 22:17:26 ID:???
>>149
卒業生には漏れなくミドルネームに「フルンゼ」が追加されまつ

154 :全裸黄金P:2008/11/01(土) 22:18:02 ID:???
>>147
Lansタンモチツケ日本語怪しくなって(ry

     /\⌒ヽペタン
   /  /⌒)ノ ペタン
  ∧_∧ \ (( ∧_∧
 (; ´Д`))' ))(・∀・ ;)
 /  ⌒ノ ( ⌒ヽ⊂⌒ヽ
.(O   ノ ) ̄ ̄ ̄()__   )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(

>>146
やめてー(ry、まーあの人は通史専門(広く浅く)でやったほうがいいとは思いますが。

>フルンゼ(ry
「二十歳までにドイツ軍にかぶれない者は情熱が足りないが、 二十歳を過ぎてソ連軍にかぶれていない者は知能が足りない。」
                                                                by 葉巻に針金仕込むひと

こうですね><、わかr・・



155 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 22:36:06 ID:???
>149
ソ連軍事アカデミーに列する大学で、フルンゼの名誉称号を受けています。
まあ、ソ連部隊でいう「親衛」みたいなものですw
ちなみに、フルンゼの上にはにヴォロシーロフ記念参謀本部軍大学(最高学府)があるです。

旧ソ連については、これが判りやすい解説かも?

ソ連における軍事教育機関は、将校養成のための140校の 士官学校・高等士官学校があり、
さらに高級専門教育のため 17校の軍大学が設けられ、参謀本部大学はその頂点に 位置づけられる最上級機関で、
入半資格も佐官級以上とされている。 これらの軍大学は、専門的軍事教育のほか、
米国でのランド研究所のようなシンクタンクの活動も併せおこなっている。
なかでもこの参謀本部大学は参謀本部と連携して 新たな軍事ドクトリンの開発・軍事戦略の研究で
中心となっている“研究機関”である。革命時の労農赤軍参謀本部大学が1921年陸軍大学に改称され
(さらにフルンゼ記念陸軍大学へと改称〉
1930年代初頭に 設置された陸軍大学卒業生のための高級過程を母体として、 1936年開設されたこの大学は、
今日「国防省中央機構と参謀本部、 ソ連軍全軍種の大兵団、兵団において勤務する将校を養成する」
任務を付与されており、'現代兵術の最重要問題の解決’ のための研究・分析をおこなっている。


156 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 22:40:36 ID:???
140って…
ロシアになったからには少しは減ったのかね

157 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 22:43:26 ID:???
しかし、フルンゼ軍大学で ぐぐる と私の不要スレの書き込みがヒットしまくるのは…orz

158 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 23:05:40 ID:???
Военная академия имени М. В. Фрунзеを直訳すると、
military academy name M. v. of Frunzeで、これを日本語に直すとフルンゼ名称軍大学か。うーん

ところで、ソ連地上軍を所有してる方、本体のパラフィンカバーどうしてます?
帯も邪魔なんでとりあえずまとめてファイリングしてますが、本が汚れそうなのがなぁ…

159 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 23:10:41 ID:???
>>158
めんどかったので捨ててしまいました。扱いは結構雑ですw サーセンw

160 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 23:13:22 ID:???
パラフィン自体は貴重でもなんでもないんで取り払い、藁半紙の手製カバーでも巻いておけばいいと思いますが……
手放すつもりがないのなら図書館みたいにビニールコートするのもアリだと思います。

161 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/01(土) 23:13:39 ID:???
>158
つけたまま。
すこし変色して破れてきてるけど
わたしは読み倒す方なので、外見は気にしないのです。

中古でもなんでも、外見や書き込みは気にしません。
手元に保有して好きなときに読めればシアワセ

162 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 23:31:00 ID:???
>>160
むしろ藁半紙のが絶滅危惧種ではないか?
最近さっぱり見ないぞ。

163 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 23:39:52 ID:???
ごめん、手近な紙という意味で藁半紙って言った。
『ソ連地上軍』のサイズならA3のコピー用紙でカバーが作れる。

164 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/01(土) 23:40:30 ID:???
結構みんなこだわらないのね

165 :名無し三等兵:2008/11/01(土) 23:44:06 ID:???
余程の稀覯書か読みまくる本でもなければね……。
bk1で資本論13巻買ったときにビニールコート頼んだくらいだわ。

166 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 01:52:58 ID:???
それはそれですげえなw

167 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/02(日) 02:43:33 ID:???
ちなみにわたしを「駄目人間V3」と呼ぶのは構わないですが、
そもそも、このスレを眺めてる人間に駄目人間じゃない奴がいるのかという
根本的な疑問を感じるのはわたしだけでしょうかw

それにしても、シュタインベルガーを飲みながら観るスターリングラードは良いものです。
それにしても、今日は寒いですねぇ…東独軍のコートにでも包まりまがら鑑賞を続けますか…

168 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 02:53:59 ID:???
>>167
ビンの形はかっこいいけど味は普通な気がする

169 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 02:58:32 ID:???
東独のコートは安くて頑丈で良いものですな。
ウシャンカまで揃えてしまったぜ。

170 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/02(日) 03:45:34 ID:???
>168
そんな貴官にはクリューガー・ランプでも勧めておきましょうw
ラインじゃなくナーエですが、99年物で良い出物がありますよ。

さて、DVDも観終わったので、そろそろ寝ます。
明日はバドでも飲みながら、GIジョーでも観ますかw

171 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 03:52:41 ID:???
グーテ・ナハト、カメラート。
(こう書くと死んだみたいだ)

172 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 04:07:38 ID:???
ああ、そういえばビール用のイーストを仕込んだリンゴジュースがそろそろ飲み頃に……

いわゆる「大航海時代」のあたりの頃を扱っている本でオススメってありますかね?
できればヨーロッパと日本以外の地域も扱われているといいのですが……

173 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 04:28:57 ID:???
大航海時代叢書・・・

174 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 07:10:45 ID:???
>>80
イズビーは、アフガン行ってムジャヒディンの連中と直接あって話しを聞いてるからなぁ。
カラシニコフやらRPGやら抱えたヒゲづらのオッサン連中に囲まれて記念写真とったりしてるしw



175 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 11:51:06 ID:???
>>144
出版不況とかいってるけど、単に営業がドジってるだけって面も多いんじゃ?…

176 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 11:54:06 ID:???
まあ、版元の営業っていっても、各社ともそうそう人数いるわけでもないし、大手だとリタイアした編集の行き着くとこの一つだからな。

177 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 12:37:25 ID:???
グデーリアンの回想録の英語訳「Panzer Leader」を英語学習を兼ねて読んでいます
日本語のは読んだことありません

あんまり自分の自慢とかせずに淡々と日誌のごとく戦局の推移を書き綴っていたり
作戦終了後の僅かな余暇の話や家族のことをたまに書いてあったりするのですが
読めば読むほど凄いおっさんだと思える本であります

などという話をここでしても大丈夫でした?

178 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 13:21:32 ID:???
>>63
復刊ドットコムで投票しておきました。
ついでに見てみたけどこれ以外にこのスレで話題になったわりには
「イスラエル地上軍」「図解 中東戦争」などにはあまり票が集まっていないね。

179 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 14:35:28 ID:???
単に中東ヲタの数が少ないだけではないかとw
結構面白いんだけどねぇ

180 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/02(日) 15:45:59 ID:???
>>169
ウシャンカが手に入る場所&値段キボン 
コートと相性がよさそうだが、ヤフオクだとサイズを
合わせらんなくて困るのだ。

追記
最近フリマで1200円でGetしたソ連軍衛生兵のショルダーバッグは優れものだ。
チャリ通でも邪魔にならないし、頑丈で負荷に耐えてくれるしキリル文字がカッコよい。

181 :169:2008/11/02(日) 15:51:33 ID:???
>>180
L.A.BOYSだったかな? 楽天のショップで昔売ってた東独軍のを買った。
在庫の流動が激しいから今あるかどうか解らないけど。
軍モノにこだわらなければ楽天で「帽子 ロシア」とかで検索すればそれっぽいのがある筈。

182 :169:2008/11/02(日) 15:52:53 ID:???
あ、価格は1980円だったと思う。
しかし俺にはちょっと小さいんだよな……

183 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 16:05:52 ID:???
十五年くらい前か急にウシャンカを被る男性ファッションが流行ったよね
一冬で寂れたが

184 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 16:36:35 ID:???
早速行ってみた。

…微妙に安かったからドイツ軍のコートを買ってみたんだがどうなんかね。
って、明らかにスレ違いだな。コスプレやサバゲでない軍装関連のスレってあったっけ?

185 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 16:42:24 ID:???
>>184
こんなのは?
ソ連軍防寒帽子
ttp://combatmilitaryshop.com/shop/step1.php?number=1766

186 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 18:11:58 ID:???
このスレにはソ連軍に詳しい人が多いみたいですけど
私自身もソ連軍について知りたいし冷戦関連のスレって意外とないから以下のスレあたりで話し合いませんか?

東西冷戦?ソ連ってどこが強いんだよ
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1225515772/l50

187 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 18:49:33 ID:???
帰れ

188 :名無し三等兵:2008/11/02(日) 20:59:08 ID:???
文芸春秋から「CIA秘録」が出るようだよ。
去年米国でベストセラーになったものの翻訳版。


189 :180:2008/11/02(日) 21:16:38 ID:???
>>181
Thx!!

190 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 18:56:41 ID:???
昨日神保町に行ったとき、『総力戦と輸送』(堀木鎌三著)という本を、軍オタ的にも鉄オタ的にも興味をひかれて1000円で買った。
1944年の本で、ざっとみると鉄道輸送を中心に輸送の合理化と統制について語ってるようだ。
著者は国鉄総裁だったらしい。

191 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:07:29 ID:GsI5zdIU
当方理系の学生ですが、軍用レーダーや通信装置などについての良書はありませんか?
内容としてはメカニズムについて語られているものをさがしています

192 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/03(月) 22:18:10 ID:???
>191
持ってないけどとりあえず防衛技術協会の防衛技術選書シリーズに
「防衛用ITのすべて」ってのがあるからそのあたり?

193 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:21:30 ID:???
すいません。
コソボ紛争について、現状だとか起こった戦闘だとかについて詳しく知りたいのですが、
良い本は無いでしょうか?
何分現在進行形な事柄なので、どうやって調べればよいのやら見当も付きません。

194 :193:2008/11/03(月) 22:22:31 ID:gpdmq0JV
ID出しておきます

195 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:25:06 ID:???
>>192
お!射精さん!
ありがとうございます。買ってみますね


196 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:26:23 ID:???
誤変換なのか馬鹿にしてんのかw

197 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:34:53 ID:???
雑スレだと奴の呼び方は射精だからな

198 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:38:44 ID:???
そうだったのか、それは失礼。
ここと創作と初心者にしか行ってないもんで。

199 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 22:53:58 ID:???
まあ雑スレとミンススレにはいかない方がいいよ。

200 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:22:16 ID:???
そこの空気に慣れないと不快でしかないからな>雑談スレとですがスレ
かくいう俺も後者の住人だが

201 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:23:27 ID:???
俺は前者の住人だが、後者は全く受け付けないな。

202 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:27:38 ID:???
かくして雑談スレ、ですがスレ、ロボ速報雑談スレの三巴に……

203 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:31:47 ID:???
ここで普通にやってけるんだから別にええやん。

204 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:39:02 ID:???
古本は売れるが、新刊はあまり売れてない。

このスレを見るとそういう風に感じる。

205 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:40:29 ID:???
そりゃあ、古本より新刊の方がいいですよ俺だって。
でも売ってないんだもの。

古い良書を再販してくれれば絶対買うぜ。

206 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:47:29 ID:???
「対ゲリラ戦」とかスゲー読みたいんだけどねえ……

207 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/03(月) 23:51:22 ID:???
さぁ、復刊ドットコムにひたすら投票する作業に戻るんだ

208 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:54:06 ID:???
ヤマジュン全集はめでたく復刊したというのに、お前等ときたら!

209 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:55:45 ID:???
あれが復刊したのは凄いよなw
じゃあ軍オタが復刊させるべきものといえばなんだろう…

210 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:58:19 ID:???
水交社のやつを是非。

211 :名無し三等兵:2008/11/03(月) 23:58:51 ID:???
先生! 一杯有り過ぎて絞れません!

まあ海上護衛戦やパンツァータクティク、電撃戦といったところかな。

212 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 00:10:18 ID:???
>>211
海上護衛戦は学研M文庫で復活したろ。

213 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 00:10:49 ID:???
サンケイの赤いのを文庫でドドーンと

214 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 00:13:32 ID:???
>>213
ああ、あのシリーズはもうボロボロになってるからまとめてCD化してほしいな

215 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 00:21:08 ID:???
>>213 赤本は一部省略の上で文庫で出たことがあるんだな何冊か…
「大砲撃戦」で列車砲の余談とか削った糞仕様だったんで売れなかったが。

216 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 00:54:01 ID:???
>>204
そりゃ新刊をガンガン買って出版社や著者、書店に還元はしたいですけど
実弾には限界がありますので
それに絶版モノも多いしね

217 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:01:30 ID:???
田村尚也の「フランス軍入門」がアマゾンの読者レビューで酷評されてるなw

しかし、Cuirasseを艦隊装甲艦、Batiment de Ligneを戦列艦と訳すのは、「世界の艦船」の「フランス戦艦史」などでも使われている訳で、新鮮でも何でもないだろ。
Contre-Torpilleursを駆逐艦と訳さずに艦隊型水雷艇と訳すのは、名称自体が設計思想、運用思想を暗示しているからで、ちゃんと意味がある。
教育専用巡洋艦はCroiseur Ecole D'applicationの直訳で、他の艦種とともに直訳で統一しただけだろう。

>内容の特徴として、フランス語の訳語が一定せず、一つの単語に複数の訳語が混在しています。
そういう香具師のために、艦隊装甲艦と戦艦を併記してるんだよw

218 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:06:47 ID:???
そりゃそうだが、例えば自衛隊の二佐とか三尉と英語でフィールド・オフィサー・セカンド・クラス
とかカンパニー・オフィサー・サード・クラスとか訳されたら読むほうはちょっといらっとくるんじゃ
ないかね。

といいながらも、俺も直訳でかつ定訳(というか日本語で相当するもの)を併記するやり方の方が
好みなんだがw

219 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:09:30 ID:???
フランス軍入門は、戦歴紹介があまりにも短くて、個人的には外れだな。
編成表とか眺めるのは好きだが、ネットに結構転がってるからねえ・・・。

220 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:09:49 ID:???
>>217
微妙に著者と軍オタの仏文翻訳者と接点があるので、紹介すべきだったか……?

221 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:10:29 ID:???
>>217
×Contre-Torpilleurs
○Torpilleur d'escadre

スマソ

222 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:17:46 ID:???
まぁ、あとがきでフランス語はド素人、スマソみたいなこと自分で書いてるけどなw

しかし、ネットに書いてある事実を本に書くのに、いちいちサイト主の許可を得なきゃいけないんか?
いつから本の引用基準より厳格になったんだよw

223 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:25:43 ID:???
レビュー書いたヤツは彩香堂本舗っていうサイトの管理人
内容はまだしも、訳語でウダウダ★1点つけられたら田村氏もやってらんねーだろうなw
「ウェブサイトが参考資料」って叩いてるけど、いまどきの軍事ライターでウェブ見てないヤツはいないだろうから、
むしろ正直に書いた田村氏に共感を覚えるわ

224 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:28:37 ID:???
ぐぐれないようなライターなんて不要だよな…
有能なライターかどうかはその後クロスチェックをするかどうかにかかってるが。

225 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:32:16 ID:???
Wikipedia丸写しのライターがいるとか聞いたような(ry

まあそれは置いといて、訳語の揺れは仕方ないんじゃないかねえ
江畑氏とかも結構独特の訳をしたりする
例えばGPALSを、「限定的攻撃に対する全地球規模の防衛構想」とか
(でも意味は十分に通じるどころか、非常に的確)

226 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:35:37 ID:???
つーかさー。フランス陸軍ものなんて、1940年のフランス戦役ですら和訳で出てるものは数少ないんだから、
訳語が安定してないのは当然のことだべや。

今だって「Panzerdivision」の訳、装甲師団・機甲師団・戦車師団、へたすりゃ分遣隊まで出てくるんだで。
それも含めて楽しみゃええだろうによ。

227 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:39:00 ID:???
だが俺の中ではドイツは装甲師団に装甲擲弾兵、ドイツは戦車師団に自動車化狙撃兵、
アメリカは機甲師団に機械化歩兵へと自動変換される。

228 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:40:01 ID:???
医者に逝け

229 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:41:28 ID:???
むしろ救急車を呼べ。黄色いやつ。

230 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 01:58:48 ID:???
>>227
肝心のおフランスはどうなんだよ?w

231 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 02:00:45 ID:???
>>227
もちつけ、ソ連とドイツ間違えてるぞw

232 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 02:01:23 ID:???
フランス軍…?
フランスに軍なんてあったっけ?

の世界です、はい。サーセンww

233 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 02:02:38 ID:???
>>231
うわ…

ごめん、やっぱ病院行ってくるわ

234 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 05:56:54 ID:???
>>191
「レーダ技術」というそのものずばりなタイトルの本がありました
(「軍用」について詳しいかは不明)

235 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 09:02:55 ID:???
仏戦艦の正式名称がBatiment de Ligne(戦列艦)からCuirasse d'escadre(艦隊装甲艦)に変わった意味
とか考えたこと無いんだろうなぁ。
てか、「フランス戦艦史」さえ見たことねーのかよw

236 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 10:16:36 ID:???
ネルソンにやられたヴィルヌーヴあたりのは戦艦史より半世紀以上前だから載ってないよな
その辺の時代が興味の対象なんだが

237 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 12:34:48 ID:???
>>236
「フランス戦艦史」は、オセアン級のCuirasse d'escadreからだよ。

>>235は逆で、Cuirassee d'escadreからBatiment de Ligneだろ。
もっと前からいうと、Vaissau de Ligne(戦列艦)→Cuirassee d'escadre(艦隊装甲艦)→Batiment de Ligne(戦列艦)

Vaissau de LigneとBatiment de Ligneはわざわざ変えてるんだから、訳し分けたいところだが、訳語をどうするかはむずかしいな。

238 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 13:07:47 ID:???
>>232
フランス海軍とかなんで自沈してんの?って感じだよな

239 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 14:01:35 ID:???
「オスプレイ"対決"シリーズ」の第2弾、「ティーガーT重戦車vsシャーマン・ファイアフライ」購入。
ヴィットマンってファイアフライに撃破されて戦死したってことでおおむね確定してたのね。
しかし次に出るのが「日本海軍空母対米海軍空母1942」って、もうすこしマイナーな対決にしたほうが
いいじゃないかな。既存の書籍が一杯ありすぎてかえって読者の食いつきが悪いんじゃないかと思うが。

240 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 16:12:10 ID:???
Panzerwrecks
やはり資料本ってのは、当時の軍公式の写真がコントラストも高く、鮮明でいいね。
ドイツのGD師団なんかはお抱えの宣伝部隊がついてたそうだし、これの写真集も欲しい。


241 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 16:18:22 ID:???
>>240
そのものズバリの写真集が大日本絵画から出てる。

242 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 16:32:57 ID:???
早川文庫の「ウェスト・ポイントが揺れる」 とか「フォート・ベニングの刺殺魔」書いてるルシアン・K・トラスコット4世って、
シシリーでアメリカ第3歩兵師団を指揮したりしてるルシアン・K・トラスコットjr(映画「パットン大戦車軍団」にも登場)と関係あるの?

243 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 20:25:44 ID:???
>>434
学研M文庫の「南北戦争-48の作戦図で読む詳細戦記」 クレイグ・L・シモンズ
但し絶版の為、アマゾン等ではプレミア価格となっているので注意。

244 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 20:27:20 ID:???
初質スレの誤爆、申し訳ない。

245 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/04(火) 20:36:13 ID:???
>243
誤爆はともかく、ソレは良い本です。うん。
作戦術を勉強するのに、ものすごくお勧め。

つか、もともとアナポリスの教材だしw

246 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 20:43:44 ID:???
良いところにLansが来てくれた
前に別スレで
「赤軍の戦車跨乗兵と随伴歩兵と自動車化歩兵と機械化歩兵とはそれぞれ別物だよ」
という風に言ってたけど、ここら辺を理解するのに良い本有る?(二次大戦前頃から戦争終了までで)

247 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/04(火) 21:59:01 ID:???
>246
この辺りは本によっても微妙に記述が違っていたり混乱しているものも多いのですが、前述の

「ソヴィエト赤軍攻防史II」
「歴群アーカイヴ Vol.2 戦術入門」
(この2冊ではある意味相反した見解ですが、両方しっかりとした資料を基にしているので、どちらかが大きく間違っているとは考え難い)

これと「赤軍臨時野外令1936」
ttp://www.warbirds.jp/sudo/red_army/kyourei_index.htm
や各種ソ連系戦記や「詳解 独ソ戦全史」あたりの記述を参考に考察する形になるかと。

そして記述全般と戦術から考察すると、デサントは結局2種類。
作戦レベルの戦車跨乗(輸送力不足解消としての自動車化狙撃兵の延長)と、
戦術上の戦車跨乗(突撃随伴歩兵の敵塹壕への流し込み)が存在しうるとわたしは考えています。

で戦術レベルのデサントは戦史資料にはあっても、実際の歩兵や戦車兵の記述が少ないという話も聞きますが、
それは…俗に言う寿命1週間歩兵…が全てを物語っているのではないかと…

で作戦レベルのデサント部隊は生き残りもそこそこで記述も残るよね…ではないかと。
で、ソ連の自動車化や機械化歩兵ですが、そこは編制などから判読するのと、
戦車だけじゃ運べない(デサントの輸送も限界があるでしょJK)という事から推察しています。
(オスプレイのM3ハーフトラックのレンドリース記述も参考にしてます)

ただ現場でもソ連の事ですから併用/混用も行われていたと思いますし、(現場はあるもので戦う)
それが現在の前線での事実詳解の判読困難を招いているとも思います。

248 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/04(火) 22:15:59 ID:???
>247
あと、知人に書いてもらった原稿にソ連の編制も載せてもらったんだけど、
戦車旅団や戦車連隊に属する自動車化狙撃兵大隊の編制とかも重要と思います。

たぶん、これらは
「図解・ソ連戦車軍団」斎木伸生
「THE RED ARMY ORDER OF BATTLE」Robert G.Poirier/Albert Z.Conner(Presidio)
「HANDBOOK ON U.S.S.R MILITRY FORCES」WAR DEPARTMENT
あたりを参考にしてると思われ

249 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/04(火) 22:27:16 ID:???
あ、THE RED ARMY〜は下記が正式名称らしい。

SBN: 9780891412373
The Red Army Order of Battle in the Great Patriotic War
Robert G. Poirier; Albert Z. Conner

250 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 22:41:25 ID:TO9sLvry
子供向け輪切り図鑑『クロスセクション』の「戦車」の項目が

T-34/76

なのは何の陰謀だ岩波書店(訳書だけど)。
しかも妙に詳しいし。
あと一緒に乗員も輪切りにするのはさすがにどうかと……。

251 :名無し三等兵:2008/11/04(火) 23:08:15 ID:???
あー、Clash of Titans 注文しちまった。いま洋書でスゴイ手こずってるのに…orz

252 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 00:14:09 ID:???
>>250
http://englishrussia.com/?p=1058

これだな。岩波は無茶しやがって・・・

253 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 00:26:57 ID:???
>>252
おぉ、それだそれだ。かなり詳細なので笑えるw
T-34の他にもB-747やシーキングやVII-C型Uボート、ガリオン船やら海底油田やら……
Amazonで扱っているし、低価格なので是非w

254 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 02:24:41 ID:???
>>250
その本をコドモのとき与えられてミリタリーに入りましたよ!

255 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 06:42:36 ID:???
>>247
>>248
ありがとう
「ソヴィエト赤軍攻防史II」
「歴群アーカイヴ Vol.2 戦術入門」
「詳解 独ソ戦全史」
まず、この三つは持ってるから読んでみる。

256 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 15:36:34 ID:???
ジョセフ・ナイの国際紛争が面白かったんだけど、
戦前の日本外交を題材としている国際関係学の本でいいのって何がありますか?

257 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 19:45:49 ID:???
お前らホントにソ連軍が好きだなw
俺もパルナスの歌を口ずさむぐらい好きだけどなw

258 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/05(水) 20:43:55 ID:???
>257
なんて事を〜!!11!111!!

わたしはドイツオタです(自己申告)

259 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 21:22:13 ID:???
ドイツはドイツでも「東」が付く方なんじゃないかと……。

260 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 21:30:37 ID:???
>>256
入江昭、有賀貞の「戦間期の日本外交」
なんかどうですか?

261 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 22:13:59 ID:???
Natuerlich habe ich nur deutsche Soldatenlieder gern.
Zum Beispiel “Panzerlied”, “Wenn alle untreu werden”und “Rot scheint die Sonne”.
Und hoere und singe sie am jeden Abend!


262 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 22:16:28 ID:???
ド、ドイツ語。

263 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 22:18:32 ID:nFaBziys
すみません。
新書で、太平洋戦争中の石油に関して書かれた本があったのですが、どなたかご存知無いでしょうか?
戦争中の石油の消費見積もりなんかを小細工した過程なんかが詳しく解説されていた本なんですが、、、、

264 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 22:37:01 ID:???
>>263 それなら読んだ事がある。 石油 太平洋戦争 新書 でぐぐると出る奴だと思うよ。

265 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 22:39:56 ID:???
NF文庫ならあるが、新書は知らんなぁ・・・・

266 :名無し三等兵:2008/11/05(水) 23:08:32 ID:nFaBziys
>>264
>>265

ありがとうございました!
それだと思います。助かりました!!

267 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 00:43:25 ID:???
>>260
ありがとうございます。
図書館で探して見ます

268 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 01:18:46 ID:???
>>260
服部さんの新しいやつとか

あと、あれだ、麻田貞雄 両大戦間の日米関係史とかw
細谷千博 ワシントン体制と日米関係とか

269 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 01:44:12 ID:???
>>256
戦前の日本外交に関しては重光葵や幣原喜重郎などの回顧録が中公文庫からでてる


とはいえ積読状態なので内容を紹介できる立場ではないですorz


ナイ教授の国際紛争を読了したのなら高坂正堯の「国際政治」(中公新書)「現代の国際政治」
(講談社学術文庫)などは読んでも損はないかと

270 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 02:32:13 ID:???
国際紛争ってテキストとして作られてるみたいだが、あれを教材にして教えてくれてる
大学ってあるんだろうか?

271 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 02:47:52 ID:???
>270
「『国際紛争-理論と実践』 シラバス」で検索してみると結構使用されている
ことが分かる。

幾つか事例を提示
ttps://portal.mie-u.ac.jp/syllabus/?action=display&id=4193
ttp://www.kojimurata.jp/lecture.html
ttp://sas.shonan.bunkyo.ac.jp/syll2008/show-kamoku.php?db_host=localhost&db_name=syll2008_koshi&k_code=108K02B009A
ttp://syllabus.acc.senshu-u.ac.jp/syllabus/syllabus/search/SyllabusInfo.do;jsessionid=350E0038A1BB1EF8A2E60DAE27DBE0D2?nendo=2008&kogikey=11411206525130343

272 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 03:52:48 ID:???
>>271
「理論と歴史」だろw
実践されちゃかなわんw

273 :271:2008/11/06(木) 03:56:22 ID:???
>272
検索した時はきちんと書いていたが、無意識に書き間違って
しまった。誠に申し訳ない。

274 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 09:16:51 ID:???
理論と実践吹いた(笑)

まぁ、よくある組み合わせだし、しょうがないなw

275 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 10:21:38 ID:???
久しぶりに、ゆっくり本屋をウロウロしてみた。
案外、戦記物っていろんな出版社から出てるのな。

大和ビジュアル版って本がすげータイトル気になって
中開いたら、米軍撮影の空撮写真みたいな感じでなかなか良かった。

276 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 13:47:48 ID:???
>>275
ところがどっこい、大和とか零戦とか、あるいはWW2ドイツ軍。それも兵器ばかり目立って
それ以外の軍隊や時代はほとんど(ry

軍ヲタというパイが少なくニーズも(略)からしょうがないとも言えるが。

277 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:06:36 ID:???
>>276
最近気になってるのは光人社も学研M文庫も、
カバーが光沢印刷の安物になってしまって、すぐ端っこがボロボロになる。

古典文学と同じ扱いになりつつある・・・

278 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:13:40 ID:???
スレ違いでごめん。

以前軍装の話になったとき話題に上った楽天の通販で頼んでたコートが来たぜ。
ドイツ軍(連邦軍か、人民軍かは知らん)のトレンチコート。どうも1990年製らしい。

…でかい!肩幅合わないよ!?身長的には丁度いいのに!
まあ着れないことはないし物は良いのでまず満足でした。

279 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:21:32 ID:???
聞いた話だが、そろそろ東ドイツ軍のアイテム類が品薄になっているそうな
一時期はタダに近い値段で制服やコート、ベルト、ブーツ、ヘルメットとかが
山のように売られていたが、今ではあまり見かけないもんなぁ

280 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:28:08 ID:???
そりゃあ、統一からもうすぐ20年になるわけだし

281 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:45:02 ID:???
もう、東西冷戦知らない人が多くなっていくんだろうな。

あの時代の空気を、若い人は書物でしか感じ取れなくなるのか・・・
リアル世代はちょっぴり得してるな。

282 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:47:45 ID:???
上野の某大手軍装店が貨車単位で仕入れたけど
最後の売れ残りは上野公園のホームレスに無償配布されたって話しだしな。

283 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 15:51:33 ID:???
そんな…俺にくれれば良かったのに…

って、本当に困ってる人がいるならそっちに行った方が良いのかな。

284 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/06(木) 16:41:45 ID:???
>>282-283
 そう かんけいないね
 ゆずってくれ たのむ!
→ころしてでも うばいとる

285 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 18:35:30 ID:???
軍服着たホームレスの集団って色んな意味で敗残兵みたいだな。

286 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 18:36:18 ID:???
>>282
なんと・・・。
そこで\3500で買った東ドイツ軍のPコートを10年以上着ているわ。
重いんだけどかなり丈夫でまだまだ着られる。
しかし、ホームレスに無料配布って・・・○| ̄|_。

ところで・・・、
岡部いさくの「クルマが先か?ヒコーキが先か?」をBOOKOFFで\900で購入。
そしたら、「岡部いさく」って書いてあるんだが・・・もしかしたらサイン本だったのか?
真贋を知りたいが、
そもそも岡部いさくのサインのニセモノ書く奴っているんだろうか?

287 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 19:36:44 ID:???
>>282
アレは無償配布されたのではなく、タダ同然の値段まで値崩れしてかつ耐寒性能も
良かったから、物凄い勢いで都市型プロアウトドアマンの皆様に普及しただけ。
彼らも日銭はそれなりに持ってるから、当時の東独軍装程度なら余裕で手を出せる。
一番安かった頃はコートを2000円弱で買えたからなぁ。今のユニクロ衣料より安い。
上野公園界隈の皆様にはアメ横は射程圏内だからね。

288 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 19:41:29 ID:???
でもホームレスに軍装というのは用途としては間違っちゃいないな。
彼ら以上に衣料に耐久性や機能性を要求する人種はおらんだろうしw。

自衛隊なんかもデッドストックを貧困者福祉用に一定量放出したら面白そう。
あと被服関連の新装備をモニタリングに応じる条件で何人分かタダで供与してテストするとか。

289 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 19:47:47 ID:???
DQN
「ホームレスを狩ろうとしたらAKで撃たれました
 公衆トイレに逃げ込んでも弾が壁を貫通してきて怖かったです」

290 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/06(木) 19:48:33 ID:???
>287
2800のと3800のは材質が違ったんですよね・・・
で2800が将校用、3800が兵用のごわごわw

当然、わたしは兵用、しかも国境警備隊用の黒襟です。
帽子はウシャンカと山岳帽(旧独軍規格帽型)をそろえ、
制服も夏用、冬用を上下セット(ズボンは各2本)揃えましたよ。
(でもなぜか肩章は士官学校 補給科2年生w)

ちなみに、あのゴム付ネクタイは緊急ビジネスマン変身アイテムとして活用中。

>259
あれ?ちがうと反論できないよ。あれ?おかしいなぁ…orz

291 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/06(木) 19:57:13 ID:???
>278
>…でかい!肩幅合わないよ!?身長的には丁度いいのに!

多分、あのかさばる制服を着た上に羽織るものなので、
肩幅など、かなり大きめになってるように思われます。

※東独コートはポケットがひ弱で穴が空きやすい物があるのでご注意を。
私のは補修につぐ補修で・・・ぼろぼろ
他は丈夫でなんともないのですががが

292 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 20:09:05 ID:???
そういえばソ連軍の制服はあんまり見かけないな。

ガスマスクなら新品がいっぱい出品されていたがw

293 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 20:12:13 ID:???
背広着た上に羽織ればいいのかな…
ちなみにこれ
ttp://www.rakuten.co.jp/la-boys/456286/434094/454718/

MでこれならLはどれだけなんだろう…

294 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 20:18:34 ID:???
>>290
兵用ゴワゴワバージョンでもソ連軍コートよりはまだマシだったのが恐ろしい。
東独軍装はあれでも東側では一番機能的でいい材料使ってる方だったから。
将校用の薄い奴は秋冬の釣り用に重宝した。吹きっさらしの防波堤とかに着て行くには
丁度いいんだよね。生地が頑丈だから釣り針引っかかっても平気だし。

PANZER誌の「人型カーペット」「服に寄りかかって寝れる」というソ連軍冬型軍装評には笑った。
死ぬほど重いのは着てみて身に染みたけどコートだけで4キロっておいw。
つか通常でこれだからソ連軍の極寒地被服ってどんな代物だったのか想像するに恐ろしい。
マイナス50度以下の屋外活動に対応って、そんなモービル1な環境で戦争すんなw。

295 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 20:53:55 ID:???
つかソ連海軍士官用シュニェリ(制服用防寒ロングコート)のボタンとっ替えて
厳寒期の通勤(都内・自転車)で着てるけど、
高校時代着てたNVAやVMの将校用コートとは防寒性能が格段に違う。
5度切る寒さでも自転車飛ばすと汗ばむ位だから、
珠に電車乗ると熱帯並…Orz

で、余り評判の良くないあのゴワゴワ生地だが、
あれはあれで毛足の長さから雨水弾くと言う利点もあるw。

ちなみに極地帯のような酷寒地(海軍の規定だと¨No.6:-10度以下の場合着用)では、
ベケーシャ(主に高官用のロング丈で、ウールの表地の着いた物)や、
パルシューブカ(ハーフコート丈で、表地は裏革)等の、
裏地一面が起毛ムートンになったコートを着用する。
富士山麓の某野戦イベントで後者を氷点下5度の時着たら20分で汗ばんだw

と言う訳でスレ違いの脱線失礼w

296 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 21:39:38 ID:???
最近出たランド研究所の本読んだ人いる?

297 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 21:41:14 ID:???
つか東ドイツ軍将校用コートの中綿って、もろスポンジじゃん。

298 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 22:02:46 ID:z1N3jL17
軍事板書籍・書評スレ17
1 :名無し三等兵:2008/10/29(水) 21:32:34 ID:???
兵法、戦記、戦史、回想録、安全保障、危機管理、エトセトラ。

そろそろ本の話に戻らないか?

299 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 22:04:26 ID:???
なんかスレ見てたら俺も軍服が欲しくなってきた…

手軽に軍服コスプレ(ただし着て歩いても不自然じゃない)を始めるのに丁度良い
参考書って無いもんだろうか?

300 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 22:06:20 ID:???
vipでやれ

301 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 23:11:34 ID:???
軍事の新刊が出ても誰もレビューしないというスレだかんな〜

302 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 23:37:58 ID:???
>>298
そいじゃ罪滅ぼしに古本屋話でも。

「人の行く裏に道有り花の山」てな訳で、
先週敢えて神保町を避け高田馬場早稲田通りの古本屋をハシゴしてきたが、
その戦果と短評を。

・赤軍の形成[増補版]ドキュメント赤軍論争史
(革命軍事論研究会/鹿砦社):1050円
…トロツキー「民兵制度への移行に関するテーゼ」に代表される副題の内容の外、
第10回党大会における軍事問題に関する決議も収録した好史料。

・ハルハ河会戦 参戦兵士たちの回想
(O・プレブ編/D・アルマース訳/恒文社):840円
…本書「日本の読者のために」によれば、モンゴルの一般民衆の間に前線へ手紙を送る習慣は、
この戦いをきっかけに根付いたのだとか。
そうした文化事情と政治的配慮からか回想の語り手はいずれも高級将校で、
文章も「政治的修飾語過多」だが、希少性から即買いw

・アフガン戦争(鳥井順/第三書館):1575円
…詳細は上の方にある某NKFDコテ(W)のレス参照。
てか、フルンゼアカデミーの戦訓狙いw

・秘録 陸軍中野学校(畠山清行/番町書房):正続二巻組で3000円
…題材の性質上当時の関係者(殆ど仮名)の証言のみがソースで、
初出がサンケイ新聞(当時)の連載だけに「読み物」色が強いが、
個々のエピソードはいずれも興味深い。

303 :名無し三等兵:2008/11/06(木) 23:47:33 ID:???
>>299
野戦服系ならファッション誌でも見るのが早道だが、制服やコートはねぇ…

まともな軍装すら、日本の軍事趣味のなかでは、
戦略/戦術論を上回るマイナー分野だからねぇ…

個人的には、髪型あたりも含めて、
ビジュアル系やパンク系でトータルコーディネートする
(かつ、それが違和感無い身体的外見を有する)のでもなければ、
変にカジュアル系のアイテムと併すよりは、
多少渋めのトラッド系のジャケットやスラックスの方が相性が良いと思う。


304 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 00:12:44 ID:???
横浜駅西口の有隣堂にルーデルの「急降下爆撃」(学研M文庫)が2冊あった。


305 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 00:17:12 ID:???
マジで?
情報ありがとう。明日買ってくるわ。

306 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/07(金) 00:20:56 ID:???
>299
10年位前のムックになりますが下記は結構よかったです。

・エアロミリタリーグッズカタログ(Aero Military Goods CATALOG)イカロス出版
  フライトジャケットを中心に制服やコート、グッズ系をまとめ店舗紹介も。
  どちらかと言うと、軍事出版が出したファッション系

・軍服画報(Hobby JAPAN)アームズ・マガジン別冊
  実物&レプリカ軍装の写真&解説集
  日本、米、ベトナム、ソ連、スイス、独、仏、英、中国、南アフリカなどの軍装
  えー・・・ガチのミリコス系w

あとは、コンバットマガジンやアームズマガジン他、各種サバゲ雑誌の広告を定期的にチェック。

>302
ちょっとまてw
NKFDコテって誰よwww

307 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 00:22:02 ID:???
M文庫はすぐになくなるなあ。
Amazonじゃ海上護衛戦も在庫なしだし。

308 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 00:31:18 ID:???
初版絶版余裕でしたの世界じゃないの>M

309 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/07(金) 00:36:06 ID:???
M文庫に限らず、基本は一期一会なり
見敵必買!見敵必買!

310 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 00:46:41 ID:???
同志Lans! 弾薬がもう……ッ!

翻訳モノなら原書読めば良いんだろうけど、ううむ。

311 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 00:54:02 ID:???
目新しい本じゃないが、カール・シュミットの『パルチザンの理論』ってのが面白そうだ。

312 :302:2008/11/07(金) 00:57:31 ID:???
>>306
その2冊の内の後者に知り合いが複数絡んでたりする訳で…Orz
今日の視点からすると、戦前〜戦中のソ連軍装に関する記述はやや正確さを欠くが。
>ちょっとまてw
NKFDコテって誰よwww
他に誰が居るというのかねゲノッセ?w

>>309
我々軍装コレクターの中にも「明日の百より目先の五十」なんて言葉がありましてな。
ま、本も軍装も買わずの後悔より買って後悔と言う事でw

313 :名無し整備兵:2008/11/07(金) 01:03:03 ID:???
>>312

 某コテは、ひょっとしたらRKKA(ラボーチャヤ・クレスチャンナヤ・クラースナ・アルミーヤ)
コテと言われたいのかも知れませんぞ。

314 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 01:18:00 ID:???
野暮を承知で注釈付けると、
NKFD=Nationale Kommissariat Freie Deutschland(うろ覚え)の略ね。



315 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 03:11:39 ID:???
ソ連軍コートは北海道在住とかでない限りお薦めできかねる。
東京で真冬、大寒波が来るとニコニコして「やっと着れる!」と大喜びするようなシロモノだぞ。

316 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 03:15:02 ID:???
>>307-308
戦記系で二刷した本あるのかな

317 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 03:42:07 ID:???
戦記じゃないが、恐ろしいことに俺の持ってるクレフェルトの『補給戦』が第6刷。

318 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 07:02:05 ID:???
補給戦は海外では出ている増補改訂版を出してほしい。

319 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 08:46:48 ID:???
>>309
見的必買・・・テラオソロシス

320 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 11:53:42 ID:???
>>319
『それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…』by諸星ダン

321 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 12:00:14 ID:???
補給戦はハードカバー版のまま買い換えてないにゃあ
解説のために買うべきか迷うぜ

322 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 14:06:42 ID:???
>>299
「普段着の軍服」からは外れるが、ソ連軍1988年服装規定。
http://wedomstwa-uniforma.narod.ru/forma/forma1988/1988.html

323 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/07(金) 15:58:46 ID:???
>310
同士よ、情報を集め、目を養い、確実に重要な目標のみを一撃で仕留めるのだ!
補給の途切れがちな我々に無駄弾を撃つ余裕は無い!

ページの1枚は血の一滴と同義と心得よ!!




でも、年末に向かって、コミックの新刊も増えるんだよね…
多正面作戦は厳しいの…orz

324 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 16:47:21 ID:???
>>323
×→コミック
○→コミック 『マーケット』

325 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 16:53:57 ID:???
>>324
両方含まれてるに決まっておろう、同志

戦場は、有明ととらのあなにござる

326 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 17:12:04 ID:???
「20万切ります!」

「19万9800円!」
( ^ω^)・・・・・・・・・・・・・・・


327 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 17:35:33 ID:???
   ,,,,,,,,,
 [,|,,★,,|]⌒ヽ>>323    _______
 (゚∈゚ )  ミ)      . |ようこそ!!. |
/⌒\/(   )       ..|  コリマ    |
( ミ  [,|,,,,,|]       |,,_______,| 
 ノ  /        ,i; ,,  ,;⌒‖
( \/ヽ ,,,丶,   ,;.     ;i, . .‖ヽ
 \ ) ) ..    ,,    ´ヽ (,,  ‖丿.,,,
 ///   ,,   ,,  .. ´ヽ  ‖,,, ..,
`ヾ ヽミ ''' ''';‐-,, .'.::-'''' ''';‐ .ヽ ‖、,,

×→同士
○→同志

328 :ぼぼばん♭ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/07(金) 17:41:17 ID:???
ウ号作戦ですね!

329 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 18:09:48 ID:???
既に持ってる同じ本を買ってしまった・・・
しかも読み出して途中で気が付くというボケ具合だった。

なんだろう、このとても残念な感覚は(´・ω・`)ショボーン

330 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 18:20:11 ID:???
よくあること
衝動買いもよくあること
インフレになったら高く売れるという妄想をすることで癒しとするのが基本

331 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 19:00:55 ID:???
それをやると持ってない本を買いそびれたりする

332 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 19:58:36 ID:???
>>329
NF文庫の<新装版>で何度やらかしたことか…orz

333 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 20:11:27 ID:???
あっはっは、「巡洋艦インディアナポリス撃沈」持ってんのに
「総員退艦セヨ」を古本屋で買っちゃった俺が通りますよorz

(ニョキッ)でも、表紙絵は書き下ろしだからいいんだい

334 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 21:02:38 ID:???
ソノラマ版の海上護衛戦を持っているのに、「図が見やすいから」という理由だけで
M文庫版も買ってしまった俺

335 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 21:24:43 ID:???
>>311 戦術理論じゃないぜ。WW2以降、戦時国際法において無視できない戦闘主体として登場してきたパルチザンをどの辺に位置づけるかについての固い法学書だ。
(パルチザン単純違法論じゃ、ソ連軍が西独に雪崩れ込んで来た時に対応不能だからな)
土地に根付いた地元住民の抵抗はあり、国際テロリズムはなしって所で落ち着いてた筈。

336 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 21:39:26 ID:???
>>327
「コリマ」を「コヒマ」と読んで随分なところに連れて行かれたなと思った。

337 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 21:40:45 ID:???
良い本は 見たときに 買っておいたほうが良いわ
後になって 欲しくなると 絶版♪

338 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 22:09:58 ID:???
うろ覚えでスマソ
来年2月に学研からヒトラーのマインカンプが単行本の新訳で出ると、歴史群像の広告かなんかで見た気ガス
学研のホムペには出てないので、はっきりした情報を持っている人がいたら教えて欲しい

学研のこの手の単行本は、いずれM文庫化されるのだろうか


339 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 22:20:42 ID:???
>>333
朝日文庫の「巡洋艦インディアナポリス号の惨劇」ダグ・スタントン
は名著だよ。インディアナポリス好きにはおすすめしときます。

ソノラマのカバー絵はいいよな。戦記文庫はああでなければ。

340 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 22:55:22 ID:???
>>338
「わが闘争 第1巻 決着」
「わが闘争 第2巻 国家社会主義運動」
畔上 司=訳 予価=各2940円 (2冊とも・税込)
発売:2009年1月6日(予定 2冊同時発売)

341 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 23:01:46 ID:???
歴史群像アーカイブVol.5 アジア紛争史
神経ガス戦争の世界史 ジョナサン・B・タッカー
最新マシンガン図鑑 床井雅美

万冊吹っ飛んだ。
でも後悔はしていない。


342 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 23:09:14 ID:???
>>336
英軍視点のインパール作戦もいいもんだぞ。

343 :名無しの愉しみ:2008/11/07(金) 23:11:24 ID:???
>>340
この秋確保したそっち系の古書といえば

青年に檄す   ヒットラー演説集 S15年 三省堂
独逸の決戦態度 ヒットラー演説集 S17年 鉄十字社

の2冊かな。

344 :名無し三等兵:2008/11/07(金) 23:50:11 ID:???
>>340
ぶっちゃけそんなの出すよりも他に出す本があるんじゃないかと思ってしまう


などといいながらネタ本として角川文庫版を古本屋で上下巻とも持っている俺

345 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 00:00:02 ID:???
わが闘争の総統の半生を綴った部分以外は面白いけど角川版は訳者が勝手に文章を強調してて冷める
でも学研から文庫化されても新しく買う気にはならない

346 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 00:10:31 ID:???
>>344
ドイツだしヒトラーだから売れるってこっちゃないのかね。
んだからチアノ日記をね(ry
シェレンベルクの本の復刊でも良いけど。

347 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 00:55:09 ID:???
日本近代史研究のABC
ttp://www4.ocn.ne.jp/~aninoji/lets.study.index.html
資料探しの役に立つと思うよ

348 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 01:03:31 ID:???
田母神空幕長関連のコピペで、「コミンテルンの陰謀」とやらの参考文献として
『第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から』
が挙げられてるけど、平間洋一ってそんな電波なことを書く人だったかな?
『日英同盟』とか『第一次大戦と日本海軍』を読んだ限りでは、
保守思想の持ち主だけど実証的な研究をする人、というイメージだったんだけど。

349 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 01:11:34 ID:???
電波な論文に参考文献として使われたからといってその文献まで電波とは限らんだろう。
ああいう人間は得てして牽強付会が得意なものだし。

350 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 01:20:25 ID:???
秦教授も挙げられて困ってたしなw

351 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 01:32:50 ID:???
平間『日英同盟』より(P180)

…このように、日米中を分断した1930年代の中国を巡る半日のうねりの陰には、ソ連の国家戦略があり
それを受けたコミンテルンが日米両国を離反させ、偽造文書として有名な「田中上奏文」などの例をあげるまでもなく、
日米両国の対立を高め相互に戦わしたという側面があった



352 :338:2008/11/08(土) 02:50:31 ID:???
>>340
サンクス

やっぱり単行本は高いw 文庫化を待とう
でも、翻訳が下手糞だったらイラネ


353 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 03:06:23 ID:???
>>351
買おうと思った本が一冊減ったのは喜ばしいことなのか、嘆かわしいことなのか・・・


354 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 03:26:45 ID:???
ハインリッヒ・ベルによると「我が闘争」の内容はともかく、ドイツ語がろくでもないものらしい。
ドイツ語に自信があってもかなり辛いんじゃないかな。

355 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 10:39:06 ID:???
>>348
出版社の広報の仕方と題名で引いちゃって誰も読んでないと思われ。
古本で安く手に入ったらいずれ読んでみようとは思って居る。
『日本の掃海』も悪くないと思う。

356 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/08(土) 10:47:56 ID:2S5vq1rr
こないだ買ったジェーン年鑑の1941版がおもろかったので
他にもないかと探したら、
1940・1942・1943-4とあるけど(1939と1944-5はすでに所有)
どれもゆにうに1万円かかるので躊躇中・・・

とりあえず送料込み¥5000ほどと比較的お手軽だった1946-7に手を出しますた

357 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 10:55:41 ID:???
つーか

ごせんえん



お手軽

と言い切る金銭感覚を一度疑問視した方が良いのではwww

358 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 11:07:21 ID:???
彼岸の人はほうっておきなさいw

359 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 11:15:15 ID:???
だがスレ的に「5000円ぐらいのをうっかりなら仕方がない」ぐらいの空気はあるよね!!1

つうかぶっちゃけた話お手軽とまでは言わないが5000なら普通の価格だなと思う・・・

360 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 11:17:52 ID:???
このスレの住人はみんな狂ってる! キチガイだ!!

オレモナー

361 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 11:20:07 ID:???
内容を踏まえたうえで値段が高いか安いかを判断すべき
内容が良ければ1万超えでも高くない

362 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 11:23:53 ID:???
いや、内容の良し悪し以前に

>1万超えでも高くない

という感覚は絶対庶民離れしているwww

363 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 12:13:01 ID:???
専門書とか洋書だと1冊5000円〜1万円位は高くないと思う。
しかしながら、これをどれ位の期間をかけて買えるか、
また、如何に古本等で安くあげるか、は話が別。
そう言った意味でここのコテの人らは私にとっては向こう岸だw

364 :名無しの愉しみ:2008/11/08(土) 12:29:46 ID:???
古書の世界には

本当に良い本に出会ったのならば
価格の2倍を支払っても入手しなさい
後でそれが、安い買い物だったと知る事になる

という名言があるw
               by ジョン・ダニング

365 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 12:34:49 ID:???
てか、専門家や趣味人の間では書籍に万単位の金をかけるのは普通じゃね?
大学の教科書とかも普通に一講義で5千円から1万円くらいするし。

366 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 12:38:29 ID:???
世事に疎いんでついさっき気付いたんだが、
米アマゾンとかの直で洋書買うなら円高が進んでる今は
良い機会なのか?

367 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 12:42:06 ID:???
急いだほうがいいぞ。
円高ももう終わりかけ

368 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 13:00:05 ID:???
>>367
おー、ありがとう。見繕ってくる。
あと一月後だったらなぁ。

369 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 13:09:20 ID:???
>>366
円高状態でカード切っても、1ヶ月先の請求時点での為替レートになるから難しいんじゃね?

国内amazonで日本円で洋書買う分には追い風かも知れないが。

370 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 13:32:24 ID:???
おまいらが購入した最高額の本って何で幾ら?
軍ネタに限らず。

371 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 13:35:51 ID:???
平田篤胤全集
しめて30万。無論私用で。

372 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 13:45:13 ID:???
保田輿重郎全集
古本屋で12万8千円

373 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 13:51:06 ID:???
レベルが低いかもしれないが、
シュピールベルガーの『捕獲戦車』
生協で取り寄せて6200円で買った。
学生なんで万単位の本は正直買えない…。

374 :名無しの愉しみ:2008/11/08(土) 14:07:19 ID:???
軍事関係なら
ヒトラー総統の直筆サイン入りポストカード
約8万円

375 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 14:08:34 ID:???
やっぱり本1冊が5千円とか1万円超というのは高杉〜という感覚はある
だけど無性に欲しくなるから多少無理しても買ってしまう
特に洋書はこれを逃したら…と煽られてる気がする
でもしばしば後悔する 悲しい性だな

ちなみに先月は洋書2冊で24000円ほど
小遣いオワタ エコドライブでガソリン代削ったw


376 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 14:28:11 ID:???
高い本は中古価格も見ないとな。

値段だけ高くて中古価格はやたらと安い本がある。
一方、定価より中古価格の方がはるかに高い本も多い。

377 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:03:13 ID:???
ヨーロッパの軍事関係本は30ユーロや40ユーロ代に優良なのが固まってるような希ガス。

378 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/08(土) 15:06:48 ID:6/1GILo8
福井静夫「日本海軍全艦艇史」(6万8000円)なら、持ってる人は結構いるんじゃないんですか?

379 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/08(土) 15:38:00 ID:2S5vq1rr
ノシ

単品としちゃアレが最高値ですね。
シリーズなら・・・ま、ジェーンだな。
世艦も強烈だが値段的には負けると思われ。



380 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:40:07 ID:???
自慢じゃないが106円以上の本は買ったことありません!!!!11!!

381 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:40:37 ID:???
戦史叢書を間抜けでそろえている場合、
購入価格を合算していいんだろうか?

382 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:41:33 ID:???
×間抜け
○歯抜け

383 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:42:24 ID:???
>>382
いやむしろ間抜けで正しい希ガスwww

384 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:54:12 ID:???
石橋孝夫氏の「日本海軍全艦艇第1巻」29400円
スルーしようと思っていたけどジュンク堂でみかけてうっかり買ってしまった。


385 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 15:59:53 ID:???
金のないときに限って本屋で面白そうな本見つけちまうんだよな
図書館で見つけて借りて読んだら読んだで手元においておきたくなるし

386 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 16:02:08 ID:???
ときおり、無性に本が読みたくなってなんでもいいから文庫本を買ってしまう事がある。

そういう時の本ってなぜか面白い。

387 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/08(土) 16:04:24 ID:2S5vq1rr
>>384
あのシリーズは全何巻になるのか、今から楽しみで怖いです。

388 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:19:37 ID:???
大丈夫! もう少し待ったら政府が1万2千円お小遣いをくれるよ!

389 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:24:33 ID:???
報告。「熱砂の進軍」を一冊あたり580円でゲト。近所の古本屋は突然こういうものが入るから怖い。

390 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:24:34 ID:???
>>388
ココにいる人達は高収入なので、
適用外かと。


391 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:25:44 ID:???
年収100万円未満の俺が高収入だと

392 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:29:26 ID:???
俺なんか今日の飯コーヒー牛乳一本だ

393 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:52:03 ID:???
>>390 
まぁ、私の場合年収100万未満ですんで貰えると思います。

買いたい書籍は沢山あるんですが、たぶんCDブックを買うと思います。
既に買った書籍と組み合わせて聞きながらページを捲ると洋書を読む速度も
早くなるし、単語の覚えもよくなるだろうという目論み。

でも、本当に欲しいのは新聞記事を速読してくれるソフトなんですよね。
仏語、露語、あたりの人名をきちんと読み分けてくれるような便利なのが
あるといいんですが。


394 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 17:52:29 ID:???
>>388
あれって一人暮らし世帯主にもくるの?

来るんなら麻生政権全力で応援する

395 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 18:02:54 ID:???
年収は少ないが、書籍代に突っ込んでるのでエンゲル係数はかなり低いw

396 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2008/11/08(土) 18:04:34 ID:???
>394
しかし、その後消費税増税が来るんでないかい?
そうなると、更に本が高く(以下略。

う〜ん、最高額の本と言えば、中国諸民族服飾図鑑か世界少数民族事典の18,500円が
双璧かなぁ。
古本でなければ、世界諸国の制度・組織・人事1840〜1987が一番高いけど。

397 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 18:06:22 ID:???
文庫くらいだと、ブッコフで半額で買うより、
新品を定価で買う方が実は得なのではと思うようになってきた俺は勝ち組

398 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 18:37:42 ID:???
どんな人が所有していたかわからない古本のはかなり抵抗があるから可能な限り買わない
高校生の時に本屋で指を舐めながら頁めくってるおじさんを見てからネットで本を買ってる

399 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 18:42:17 ID:???
新本で揃えられるならそうするけどなw
この分野は発行部数も少ないし、資料系も読もうとすると
古本に頼らざるを得ない。
なんといってもお財布的にもなw

400 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 18:43:05 ID:???
>>396
消費税は年金制度破綻でもう年々増税は確実っぽいからどうでもいいや

401 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 18:44:21 ID:???
純粋に資料として買うんで古本の状態の悪さは別に構わないが

読んだ後手放すときに売りづらいのは困る。

402 :46式NEET:2008/11/08(土) 19:01:01 ID:???
>>399
>なんといってもお財布的にもなw
しかし、そのうちに古本のが高いことに気づく罠

普通に古本屋で買うのだと本の状態をみて買えるので問題ないのですが、
ネットの古本屋だと届くまで本の状態が不安でたまりませんよ。

403 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/08(土) 21:01:41 ID:???
わたしは単体での最高額はパンツァータクティクの6kですが(こら、そこ意外な顔しない!)

実質最高額は多分
「工兵第三十三連隊戦記」
「歩兵第二百十三連隊戦誌」
「歩兵二百十四連隊戦記」
と思われます。前に検索かけたらえらい金額ですた…
これ、ゲーム量販店併設の古本で3k、3k、2.5kで救出したのですがががが。

404 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/08(土) 21:08:12 ID:???
ちなみに、この3冊はどれも広辞苑並の分厚さです。
どれも第三十三師団に所属していた連隊で、インパール戦に参加していました。
この本は戦後各連隊の戦友会が編纂したもので、当然非売品。遺品が放出されたのでしょう。

405 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/08(土) 21:20:51 ID:???
Feeding the Bear:American Aid to the Soviet Union:1941-1945 15253円
戦うソヴェト・ロシア 31200円

406 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/08(土) 21:24:46 ID:???
漏れはこれか↓
ttp://www.amazon.co.jp/dp/0851776043
これかな?↓
ttp://www.amazon.co.jp/dp/9990858675

上はまだ飯田橋にあった頃のイカロスで買って\12,800だったとオモ。
下は\10,000弱。

部隊史は金も読む時間も置く場所もないので手を出せないorz

407 :名無しの愉しみ:2008/11/08(土) 21:40:01 ID:???
>>403
意外すぐる…。。。
私ゃ入手し損ねたとは言え、
海外のオークションでナポレオンの命令書をビットした経験があったお。
ナポレオンのサインとともに記された年代が1809年4月29日。
ナポレオンが皇帝に即位した絶頂期の、第5次対仏同盟が結成された
オーストリア戦役に先駆けて発せられた勅令だと思った。
ナポレオンがアーベンスベルグ・エックミュール・レーゲンスベルクを占領したのがその月の19〜23日だから、
更なる作戦行動を命じた文書の一つらしい。その後ナポレオンがウィーン入城を果たしたのが5月13日。

肝心のビットした値段が1800ユーロ。輸送費や手数料合わせて40万は確実な値段だった。
でも蓋を開けたら、ダブルスコアで海外のコレクターに敗れた。


408 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 21:53:21 ID:???
自分は多分「戦争と美術」で生協割引付13500が最高値か
戦争画好きなんだけど画壇内でガチ黒歴史扱いされてるから資料そのものがあんまりないもんで・・・

こんなんだから日本画壇は藤田嗣治に「早く国際水準に到達して下さい」なんて言われたのに未だにわかってねえ

409 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/08(土) 21:57:45 ID:???
>407
また、すさまじいものに手を出してますね(汗

まあ、徹底的に重要項目に絞ればお金をかけなくとも、結構いけるものです。
それでも月3〜4万はいきますが…(DVDやコミック込ですが)

まあ、年月かければ月単位では小額でも積もり積もってってのもあるかもしれませんが…

410 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 22:02:28 ID:???
これの旧版かな…西山洋書で割引価格、諭吉さん一枚飛びますた。
http://item.rakuten.co.jp/book/4914301/

411 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 22:47:03 ID:???
>>402
>ネットの古本屋だと届くまで本の状態が不安でたまりませんよ

この間、伝記刊行会編の井上成美を3,150円でネット古本屋から購入したら、これが当たり
書店用の注文票が挟まったままだし、紐の栞も触れた形跡なし
購入前に、昭60年の第8刷だからまあ奇麗だろうと読んで注文したのたが、どうみてもセコハンではない
おそらくは、第8刷ともなるとさすがに売れ残って返本されたのが古書店に流れたと思われ

たまにはこんなラッキーもある


412 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 22:49:49 ID:???
藤田嗣治さんは戦中、将官待遇で羽振りが良かったのに、戦後は戦犯追及を恐れて国外逃亡したんでしょ。
それを画壇は「すべてあいつが悪い」と責任を押し付けちゃって知らん振り。
そしたらいつの間にか「全ての責任を背負って国外追放になった」と美談あつかいに。

413 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/08(土) 22:53:33 ID:???
>411
ふっふっふ…
あまい、あまいわー!
以前、陸戦史集を尼で注文…書き込みありの「可」でしたが、
その書き込みは戦史論文の整理要領だとか設問だとかがwww
なかの下線も、その設問がらみだったりして…

どうみても中の人が勉強に使用してたものです。ほんとうにry

良品に限らずに探してると、たまにはこんなラッキーも・・・複数回遭遇www

414 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 23:14:17 ID:???
戦術との出逢い 上中下で\33,000

単品だと明治期国土防衛史\9,500

415 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 23:14:30 ID:???
eBookoffは本屋から流れてきたものが多い様な気がする。
頁めくるとパリパリいう本にちょくちょく当たるw

ネット古本はちょっと怖いのは同意。でも田舎者だから仕方ないんだよね……

416 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 23:34:46 ID:???
ブックオフみたいな大規模古書チェーン店ではなく、商店街のアーケードなどの片隅で
小さく営業している古本屋を発見すると、いつの間にか入ってしまうのは俺だけではないはず

薄暗い店内で、やれてカビ臭くなった古本を手に取りながら中身を吟味するのが楽しい
最近、昭和30〜40年代の月刊GUNや世界の艦船、週刊誌を探しているのだが、不漁続きです…

417 :名無しの愉しみ:2008/11/08(土) 23:40:35 ID:???
コンディションなんか気にしていたら、江戸時代の写本とか無理でしょうなぁ。
清和天皇後胤自 源義家公当家代々相来「?轄巻」だとか
出自不明で良く判らない「禁令」だとか
半端物の「士鑑用法直旨」だとか
手書きで描いてある書物には、虫食い破れ、汚れは
日常茶飯事でさw

418 :名無し三等兵:2008/11/08(土) 23:54:15 ID:???
>>378
ノシ

これを買った時の遠い思い出、単品書籍購入でレシートに収入印紙

419 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 00:15:47 ID:???
すみません書籍の質問はここでと伺ったもので

コミンテルンの本があったら教えてください
低レベルな質問ですいませんorz


420 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 00:34:44 ID:???
>>419
ttp://www.ndl.go.jp/

421 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 00:49:14 ID:???
>>419

1932年テーゼ
国際共産党執行委員会

日本の情勢と共産党の任務(1932年テーゼ) 解放叢書

422 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 01:00:51 ID:???
>>402
結構利用してるが今のところそれほどコンディション最悪という本に当たったことは無い

いや、利用する前はおっかなびっくりだったけどさ

423 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 01:22:45 ID:???
>>417
その手の本集めてると、鼻炎がひどくなっちゃうよね。

424 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 04:04:05 ID:???
5000円越えの本は、「内容を充実させたらこの値段になっちゃいました」という本と
「大判写真や図面が多いからこの位でも文句ないだろ」という本、「商売になるジャンルじゃ
ないから値段は考えるな」という本の3種類があるから難しいな。

特に最後のカテゴリーに属す本は、同レベルの値段の類書でも内容に凄まじい差がある
場合が多いから評価が難しい。どう頑張っても売れないし、それなりのページ数が
必要になるから駄作でも名作でもこの値段、という感じで。

自分の場合軍モノ最高はJP(民間機コードレター集)1995年版で1万数千円かな。
趣味全般なら「私有貨車全形式図面集」3万円。

425 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 04:06:10 ID:???
あと本マニアやってると意外とバカに出来ないのが〜年鑑の類かなぁ。
あれを毎年買ってるとトータルでは恐ろしい出費になるし場所も物凄く食う。

426 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 04:09:11 ID:???
ジェーン海軍年鑑がどうしたって?

427 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 04:20:03 ID:???
>>403
量販古書店からの希少書名書の救出を専業にする古書店なり古物商の方がいても
いいと思うんですけどねぇ今の日本。
この手の古書店回るたびに思うんだけど、どっかの図書館なり文化施設で救護して
やれんもんかと思うレベルの本が価値を判断できない量販古書店に出回り過ぎてる。

専門古書店同士で「専門古書買取センター」的な団体を全国各都道府県に作って、
専門知識をみっちり仕込んだ買取員を常駐させ、出張買取に機動的に応じられるような
システムを作れんもんかねぇ。
んで適価で買い取った本を価値の分かる古書店なり図書館文化施設なりに適価で卸すと。

428 :名無しの愉しみ:2008/11/09(日) 04:28:56 ID:???
え、セドリ人口が少ないって?

429 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 05:18:21 ID:???
マニア向け本はあまり拾ってない印象

430 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/09(日) 05:37:27 ID:wjFc0CrQ
高価なマニア物もですね、引き取りの値段が馬鹿みたく安いんですわ。
私の近所にアニメ御用達の中古グッズ店があります。
つい先日、エヴァのシステム手帳(原価1万2000円)を持って行ったら、「800円です」…。
こんなんじゃ誰も売りませんわな。
あーあ、嫁に行った妹にただでくれてやって、ヤフオクで売らせた方がよほど
良かったな。後悔してます。

431 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 09:03:58 ID:???
>>428
古物商資格取って副業でセドリ始める人が増えてるから、人口という点では
ここ数年で激増している筈なんですけどね。
ただ神保町界隈に流せる位の現物をコンスタントに確保できる人材はそうおらんのでは。

都会田舎問わず、物故や被介護入り、隠居で高水準かつ大量の蔵書の処分に迫られる人
というのは人口比で一定数は必ずいるんですけどね。
教育者とか政治家とか高級公務員とかマスコミ関係者、建築家に科学者なんかは
必ずひとかどの蔵書を抱えているもんですし。

ただフリーのせどり者でも趣味や仕事で高度な専門知識を持ってる人は相当
いる訳で、こうした方の知識を登録しDB化して、需要に応じ出動してもらえれば
長年に渡り厳選されて築き上げられた蔵書がブコフや古市に無駄に身売りされるのを
防げると思うんですよね。

勿論値段はあくまで中古買取価格となりますが、量販店よりマシな値段は付くでしょうし
何より価値の分かる人に再び渡ることは処分する側にとって大きな助けになります。

432 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 09:13:12 ID:???
>>431
>都会田舎問わず、物故や被介護入り、隠居で高水準かつ大量の蔵書の処分に迫られる人
家族が面倒くさがり屋だと、貴重な資料の山がそのまま古新聞に出されちゃう
パターンもとっても多い。通学途中、そういう古本の山を何度も見て、
いたたまれない気分になった。
そういう事情があったので
大学教授だった祖父が脳梗塞で無力化したときに
真っ先に蔵書を押さえたら親戚から人でなし認定されたOTL

433 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 10:31:12 ID:???
> 人でなし認定

押さえたその状況によるから何とも言えないがw
そんなときガラクタ一つのことでも猜疑心の塊になる親戚が出てくるからなあ

434 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/09(日) 11:13:01 ID:???
>>433
父に頼んで蔵書を保護してもらって、全部実家の俺の部屋に移送した
だけなんだけどね。見舞いの話より先に本の話を出したのが
不愉快だったらしい。でもおかげで、昭和20年代の空気を今に伝える本とか
自費出版のラバウル従軍記とかシベリア抑留者の回想録(複数)とか
沢山Getできた。だから、当時の自分の行動を後悔してはいない。

435 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 11:41:11 ID:???
形見分けに五十円ニッケル貨(有孔)を何枚かもらった俺様が通りますよwww

436 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 14:40:34 ID:7VeyIXIi
質問です。
軍事用語関連の辞書を探しているのですが、結構種類があってどれを買うか迷っています。
オススメの辞書はどれでしょうか?

437 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 14:49:02 ID:???
>>436
辞書程度なら、グーグルとウィキペディアで十分。

438 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 14:52:40 ID:87YhPY4S
第2次世界大戦中のポーランド戦の推移とかについて、詳しい文献あったら教えてください。
出来れば、戦闘の行なわれた地名と地図が分かるような奴をお願いします。
地名だけつらつら、と書かれても、だいたいポーランドのどの辺にその都市なり村なりが存在したのか想像できないので
その辺詳しい資料があれば教えてください。
もしくは、邦版のポーランド地図(当時)とポーランド戦の文献、という形でも
お勧めのものがありましたら、よろしくお願いします


初心者スレで聞いたら、こっちのほうが答えが出る、と誘導されましたので、転載させていただきます。
よろしくお願いします。

439 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/09(日) 14:57:39 ID:???
>>437
一応、↓なのもありにはあるけど(内容は未見)、
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4766332377
この手の用語は国や時代やジャンルによって多くの単語があるし別な訳し方も出てくるから、
>>437氏のいうように、グーグルとwikipediaと、あとは関連する方面の雑誌とかを読みながら
片っ端から頭に入れてくしかないんじゃないかと。


440 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 15:11:07 ID:7VeyIXIi
いえまあ、自分で調べるだけにはネットで充分なんですか、人に提示する場合、
紙媒体のものじゃないと認めてくれない人もいますので…

441 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 15:31:03 ID:???
>>440
じゃあ、その提示する相手の人が持ってる辞書と同じにした方がいい。

それと”参照:ウィキペディア”は上場企業のIR公式文書で使われるほどw
(まあ失笑とネタ提供になってしまったが)

442 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/09(日) 15:32:32 ID:???
>>440
論文の引用資料ですか? ジャンルはどんな方向でしょうか?
それを書いた方が食いつきがいい鴨。


443 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 15:43:43 ID:???
>人に提示する場合、紙媒体のものじゃないと認めてくれない人もいますので…

人のために辞書を引くって、下訳でもやってんの?


444 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 15:55:56 ID:???
>>438
入門書としては、歴群の欧州戦史シリーズの「ポーランド電撃戦」でいいんじゃない?

445 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 15:57:47 ID:???
>>438
失われた勝利イイお

446 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 15:58:18 ID:???
>>444
それは持ってるそうな。

447 :名無しの愉しみ:2008/11/09(日) 16:11:28 ID:???
>>438
私が教えられるのは古書の範疇だけど
欧州戦乱の真相(附 全譯独逸白書)S15年 原田瓊生著 明治書房
年代が年代だけに丸々一冊ポーランド戦役を書いてます。
9月1日から9月20日までの戦場の推移が1日単位で図示されていて、戦況がわかりやすいのと
各国の外交文書も付属して載っているので、一読に値するかと。

448 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 18:15:27 ID:???
『提督伊藤整一の生涯』吉田満著 洋泉社刊
『日本二千六百年史』大川周明著 毎日ワンズ刊
『完訳 紫禁城の黄昏』(上)(下)R・F・ジョンストン著 中山理訳 祥伝社刊

以上購入
最近大川周明の著書が結構復刻されてるけど、何か再評価されるような事があったのかね?
岩波現代文庫の松本健一による評伝が出てから特に復刻が加速した気がするけど
『紫禁城の黄昏』は岩波の改竄版しか持ってなかったけど
単行本を買わずに文庫化するのを待ってて正解だった
『危機の二十年』も新訳で出してくれないかな
それにしても洋泉社の本は相変わらず高いな
新書で\1700+税てなんやねんwwwww

449 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 18:20:07 ID:???
赤軍ヲタとして『戦うソヴェト・ロシア』は買うべきなんだろうか。
すごく……プチブル的価格です……

450 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 18:27:49 ID:???
事前に図書館で借りてみてから決める、というのはどうだろうか。

451 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 18:37:08 ID:???
近所にあった頃はよく行ったけど、移転してからは一回も行ってないな、図書館

452 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 19:07:40 ID:???
俺のところは結構遠いんだよなあ、図書館……

453 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 19:22:49 ID:???
「ミコワイチク回顧録」には、ポーランド戦役の記述はないのですか?

454 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 20:00:53 ID:KkHlsNGC
第52戦闘航空団についていい本はないですかね

455 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 20:49:03 ID:???
>>434
これは人でなしといわれても仕方がないな。

456 :名無し三等兵:2008/11/09(日) 21:23:25 ID:???
こりゃあ父ちゃんも評判落としてるぞ

457 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 11:20:24 ID:???
軍人が持つべき心構えや職業意識について書いてある本について教えてください
とりあえずドゴールの著書「剣の刃」は読みました

458 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 13:09:07 ID:???
>>457
つ『軍人勅諭』

459 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 13:16:45 ID:???
>>448
大川周明は今年著作権切れだからどこの出版でも出せるから。
あと佐藤優っていう元外務省の人間が日米開戦理由を復刊したのも理由だと思う。
この佐藤の「自壊する帝国」はソ連の崩壊を内側から見れるからかなりお勧め。
今文庫で出てるからかなりお買い得。

460 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 13:34:19 ID:???
外務省のラスプーチンの本か

461 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 16:51:20 ID:???
>>441
ウィキってだけで、ソースにきちんとした文献が挙げられているのにそれだけでバカにするのはただの権威主義だと思う。

462 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 17:52:23 ID:???
>>458
軍人勅諭はググって即出てきたので国外のを教えてくだされば幸いです

463 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 18:56:34 ID:???
読んだことないが、これはどう?
「リーダーシップ アメリカ海軍士官候補生読本」

464 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 19:04:10 ID:???
佐藤優って適当に本出しまくる胡散臭い人だと思ってた。

465 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 19:08:58 ID:???
>>464
最近はその兆候が高いけど、「国家論」と「私のマルクス」とかはいい。
国家論ではオリンピックと同時にグルジアにロシアが侵攻すること言い当ててたしな。

466 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 20:08:42 ID:???
>>463
絶版本ですね
ですが定評のある本のようですし古書店を探してみます
ありがとうございました

467 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 20:10:42 ID:???
つか佐藤の一連の著作は、主題であるロシア・ソ連の政治、
インテリジェンスに関する分析と記述もさることながら、
外交活動を通して触れたロシアの文物や、
交流のあったミドルクラスのロシア人の生活や文化
(佐藤風に言えば¨心象風景¨)を描いたルポとしても秀逸である。

米原万里亡き今、そうした「生のロシアの姿」を生き生きと描けるのは、
彼位しかいないのが残念だ。

468 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 20:19:51 ID:???
ウィキペディアで「権威主義」をひくと、出典が「ウィキペディア」になっていた

469 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/10(月) 20:24:08 ID:???
>>467
米原万理「ロシアは今日も荒れ模様」は一読の価値あり

470 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 21:50:37 ID:???
>>469
無論既読。
酒井陸三「ロシアン・ジョーク」(2007年学研新書)と共に、
「知識のネタにもなりうる読み物」としては面白かった。
佐藤の場合、語学力もさることながら神学部出だけあって、
ロシア人の国民性や内在的論理の根底にあるロシア正教の影響、
更にはキリスト教他宗派やイスラーム等他宗教との論理的差異にも、
考察が及んでいるため得る所が大きい。

ややネタが板違いの脱線気味になった所で軌道修正のため一冊紹介。
「佐藤優」つながりで、彼も翻訳に携わった故レベジ退役空挺中将の自伝、
「憂国」(北海道新聞社)をお勧めする。

初版発行は'90年代でやや旧書に属し(それでも池袋のジュンク堂で去年見たw)、
政治状況や当時の関係者への配慮の為か、
有名なプリドニエストルや第一次チェチェン紛争での活躍には殆ど触れてないが、
光人社「よもやま物語」シリーズのノリで、
ソ連軍の各部隊・学校での生活を一軍人の視点から描いた証言としては貴重な資料である。

471 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/10(月) 22:58:52 ID:???
>>457
光人社の「よもやま物語」に入っているヤツは?
リストがないんで「これ」っていうのを出せないんだけど。

472 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 23:04:31 ID:???
あと旧軍の場合は「統帥綱領」も指揮官や幕僚将校の心構えについて記述あり。

473 :名無しの愉しみ:2008/11/11(火) 00:13:01 ID:???
旧軍ならいっぱいあるんですがねぇ
陸軍模範兵教典とか
学校教練必携とか
軍隊内務教育とか

474 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 01:22:20 ID:???
>>468
狙ってやってたりしてw

475 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 01:58:49 ID:???
初心者スレと迷ったのですが、軍事に興味を持ったばかりで、最近ミリタリー雑誌を読むようになったものの、まず用語が分からない人におすすめの本ってありますか?入門編みたいな。

476 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 02:35:52 ID:???
米原万里の最高傑作は、嘘つきアーニャの真っ赤な真実だと思ってる
異論は認める

477 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 02:41:17 ID:???
>>475
個人的な経験からすると、分からない単語や概念にしても、自分の好奇心に従って
どんどん覚え進んで行けば良い
たぶん趣味だろうから、これを読めなんていう規則は無い

何か分野が絞れるのであれば、
その分野には定本とか言われるものがあったりする
ここの住人なら知っている誰かがいるかもしれん

478 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 02:46:51 ID:???
>>475
わからない言葉はぐぐるのが一番です。特に入門レベルなら。
軍事用語辞典みたいなものでまとまってるのもWeb上のが一番。

479 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 03:19:32 ID:???
回答ありがとうございます。趣味です。
Web情報にあたってもまだ真偽の見分けがつけられないレベルなので、最初は書籍がいいかな、と思って書き込みさせて頂きました。
こつこつぐぐります。

480 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 03:24:10 ID:???
書籍でも嘘かいてることは結構あるし
媒体の如何を問わず軍オタ業界は類推による勘違いが多いので
気にせずに進むといいと



481 :シチュー砲 ◆STEW.ibjrE :2008/11/11(火) 06:22:59 ID:???
>476
米原万理なら「旅行者の朝食」は捨て難いでしょう
白子の缶詰食べたくなる

482 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 09:15:42 ID:???
>>461
ウィキペディアは「いつでも」「誰でも」「どのようにでも」編集できるというのが利点であり欠点でもある。

つまりきちんとした文献がソースであっても、「その後にどんな編集が加えられたとも知れない」ことが
最大の問題なんだよ。
だからウィキペディアをソース元にするのはバカげてる。
ウィキペディアをソースの出発点にするのが正しい。
そこで得た情報を元に、自分でソースを探りださなければならない。

483 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 11:26:50 ID:???
今月の軍事研究にもそんなことが書かれてたな

484 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 14:38:10 ID:???
>>482
まぁ、参照するにはウィキペディア何年何月何日版としないといけないし、
責任の発生する業務では使いづらいのはしょうがないな。

人物評価とかでも
才能があり様々な方面に活躍中

タイーホとか内容が激変してしまう場合もあるしw

485 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 18:54:30 ID:???
米比戦争に関するお勧め書籍はありませんか?
反米的ではないのがいいです。

486 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 19:23:34 ID:???
お前ら馬鹿だなー、wikipediaなんて参考文献見るためにあるんだろうが。
聞いたこともないような本とか出版されてもいない本とかがあったりして、
これが意外に役に立つんだぜ。

487 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 19:27:45 ID:???
え? そうなのか!?

俺はごはんのおかずが寂しい時に各国の料理事情を見るためにしか使ってなかったよ。

488 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 19:35:24 ID:???
>出版されてない本

待て待て待てwww

489 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 19:38:01 ID:???
知っているのか雷電!

490 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 19:39:19 ID:???
帰れ

491 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 19:48:50 ID:???
>>488
多分、関係者だけで配ってる本とか、本屋で流通してない本の事を言ってるんだと思う。

ISBNがなくて本屋で注文不能で、関係者だけに配ってる本で、函入りとかで
古書店やヤフオクでアラート入れてれば入手可能ってジャンル。

492 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 20:13:58 ID:???
それは役に立つな
ああ言う本は図書館にも入らないので存在情報だけでもありがたい

493 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 21:09:33 ID:???
自費出版本や戦友会発行の部隊誌は世間一般の軍事本には
知られていない情報が多数書かれているので、古本屋で見かけたらまずはチェック

しかし、値段が高くて棚に戻すのですが……

494 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 23:19:15 ID:???
>>491
俺もその手の郷土部隊史なら一冊古本屋でゲットしたよ

495 :46式:2008/11/11(火) 23:26:47 ID:???
>自費出版本や戦友会発行の部隊誌

軍事関係でいえば陸戦研究・波濤・鵬友だけでも民間人が入手できるようにしてもらえると
大変ありがたいのですが、実現しそうにないですよね。
いちいち国会図書館までコピー取りに行くのは東京にいても面倒ですし
保存の面で難がある。

>>488
ミリメシがブームになる前後ぐらいからミリメシのHPを見るようになったんですが、
逆に腹が減ってしかたがありません(つ▽T)

496 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 23:41:44 ID:???
軍事史学には、以前は私家版情報コーナーがあったんだけど
最近掲載されてないなあ

497 :名無し三等兵:2008/11/11(火) 23:55:34 ID:???
「名著で学ぶインテリジェンス」はどう?

498 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 00:31:28 ID:???
>>495
自分の場合、図書館で館内専用・貸出禁止の本を写す時には
コピー機利用だと、背表紙の糊とかを痛めたる可能性があるので
デジカメで各ページを撮影しているけれど、他の人達はどうしているんだろうか?

499 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 00:54:46 ID:???
>>492
同意。

たまにウィキってだけで全否定するアホはなんなんだろう?

500 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 01:02:09 ID:???
>>499
hydeの身長を書いても書いても修正された人たちなんだろう。

501 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 01:05:04 ID:???
>ウィキってだけで全否定するアホ
こないだ出たフランス軍の本の尼損レビューでそういうこと書いてるヤツがいたなぁ

502 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 02:00:42 ID:???
>499
お前の飛躍っぷりこそ「全否定のアホ」レベルじゃないかw
情報の信憑性や裏づけについての話と、
私家版情報の話をごちゃまぜにしてまとめて断じてるアホw

503 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 02:10:36 ID:???
日英仏こんなに違うウィキペディア
http://riseizenkai.fc2web.com/img/neta/20081105Wikipediaword.jpg

日本だけゴミ度が飛びぬけて高いっぽいw
日本とそれ以外と分けて考えた方がいいかも。

504 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 02:16:57 ID:???
編集合戦が激しいだけでは

505 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 02:19:17 ID:???
>>504
編集合戦とかいうアホな行為自体がゴミ度の高さを示しているような…w

506 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 02:48:54 ID:???
ウィキペディアの編集をする人が偏りすぎてるんだろうな

507 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/12(水) 03:32:41 ID:iMe6IV+D
昨日付の産経新聞全面意見広告で田母神氏の書いた全文を拝読しました。
氏は明らかに「正論」または産経の影響を強く受けています。
その証拠に、岩間氏の著書を引用しています。これは何年か前に産経にしばしば
広告が載っていた本で、一般には流通していない本なのです。
氏の所論は大筋では間違っていないと思いますが、確かに一見ぎょっとはしますわね。

508 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 03:54:24 ID:???
>何年か前に産経にしばしば広告が載っていた本で、一般には流通していない本

えーと一応全国紙を名乗る新聞に頻繁に広告が載ってた本で、
一般には流通してないってどういうことよw

509 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/12(水) 04:29:04 ID:???
著者は岩間出版を名乗ってそこから本を出していましたが、事実上自費出版だったんですよ。
だから申込み、発送も直接岩間出版とやらなければならかったんです。
私も直接申し込みました。
たぶん岩間出版の顧客名簿には、田母神氏と私の名前は確実に載っているでしょうね(笑

510 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 05:40:53 ID:???
昨日のアサピーに秦郁彦氏による田母神の検証が載ってるらしいんだが、読んだ人いたら内容紹介してくれる?

511 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 05:41:50 ID:???
>>510
×田母神
○田母神論文

ヌケ、スマソ

512 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 06:59:15 ID:???
>>510
http://tech.heteml.jp/1111asa.jpg

513 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 08:13:47 ID:???
推理小説のたぐい、って推理小説に失礼だな

514 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 08:18:52 ID:???
古代史や近世史の奇説でてくる推理小説あるじゃん


515 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 12:57:50 ID:???
ユダヤ云々とかの類だろ

516 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 13:07:45 ID:???
>>512
まあ完璧だな。
流石秦氏と保坂氏って言ったところか。

しかし自虐史観ならぬ自省史観とはよく言ったものだ。
意味を理解出来る人間は朝日新聞の読者にはほとんどいないだろうけど。

517 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 14:02:06 ID:???
>>512
秦先生は、週刊新潮の時と同じ、学者らしい客観的な意見だな。
保坂氏は、「史実の客観的な検証」「自省史観」といったキーワードは、たしかにいいんだけど、メディアの左右によって、
主張を合わせている部分がある人で、本音がいまいちわからんのが残念といつも思う。

518 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 14:14:12 ID:???
しかしこれで間違ったこと言ってない、って本気で言ってたとしたら
タモガミの病理はちょっと深いね
とあらためて思わせてくれる>秦検証

だれも褒めてくれないとこんな風に歪んじゃうのかな……あんまり日陰者扱いするもんじゃないね

519 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 14:47:33 ID:R2+IBZYO
T論文問題で産経が妙に擁護的な報道してるなと思ったら
アパ論文の審査員の1人は産経の現職編集委員だったのねw

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000582-san-pol

朝日の報道姿勢が偏向してるのは語られ尽くされた感があるけど
先のイラク戦争の報道といい、産経も報道機関として何かが壊れてる希ガス
漏れは旧軍に多少思い入れあるがあの種の幼児的な負け惜しみは
逆に戦没者や遺族を愚弄するものだと思う

520 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 15:25:12 ID:???
朝日と産経を足して二で割っても駄目そうなところが何とも・・・

521 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 15:38:09 ID:???
産経は逆朝日ってだけで、どっちもアレってことでは大差無い

522 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 15:44:51 ID:???
そういう朝日・産経みたいな左右の争いから離れるために、
読売はがんばっているが、「昭和戦争」なんて呼称、読売新聞ぐらいしか、使ってないんだよね。
ワンマン新聞らしいけど。

523 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 15:48:22 ID:???
>>522
毎日新聞変態記事扱ったのも読売だけだったよな。
これでナベツネがいなかったらどれだけよかったことか・・・

524 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 16:01:32 ID:???
>>523
激しく同意
まあ奴も80だしそろそろ退場だろう

525 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 16:07:05 ID:???
CIAの元エージェントw

526 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 16:40:54 ID:???
>>522
読売の太平洋戦争特集は中々良かったよね。
切り抜きしとけばよかった('A`)

527 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 17:07:53 ID:???
読売は憲法改正案を載せてたりしたけど、防衛問題に関しては
いまいち自己主張が弱いのが難点だな。どんな意見持ってるのかよく分からん。

528 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 17:09:31 ID:???
こないだ日米同盟を強化しろって書いてた気が

529 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 17:58:41 ID:???
WW2に関しては、もう証言者に直接取材できなくなってるのが本当に痛いね。
もっとも、そうなるまでは関係者がみな生きていたので
かつての上司への批判的な事、滅多な事が言えない雰囲気もあったが・・・

個人的には水上機の瑞雲で戦闘に参加された方の素晴らしい戦記が存在するそうで、
それを早く出版社から出版してもらえないかな、って思ってる。

530 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 18:25:02 ID:???
中東戦争を書いた本って1973年の戦争までで1982年のレバノン侵攻まで書いていない本が多いような気がするね。

531 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 19:14:54 ID:???
レバノン紛争は中東戦争じゃないだろ

532 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/12(水) 20:02:41 ID:???
>530
「イスラエル地上軍」はレバノン1982も含んでますよ。

533 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 20:22:30 ID:???
保阪は最初から悪玉日本ありきだから信用しない

534 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 20:36:45 ID:???
でも知識は抜群だし文章も読みやすいし…てかあの時代の研究者の中ではかなり
まともなほうだと思うけどな。

バイアスがかかってるかどうかなんて自分で考えながら読まなきゃいけないだろ、どんな本でも。
その手間を惜しんでたら軍事系の書籍なんて読めないし。

535 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 20:57:46 ID:???
嘘ついたり捏造したりしなきゃ思想とか主観まじりとかどうでもいいよ
間違いは誰にでもあるけどしらばっくれたり同じこと何回も言うスピーカーになるのは勘弁な

536 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 21:24:22 ID:???
檜與平氏の本で加藤さんのことを主にではなくて、
自分の体験を書いている本はありますか?

537 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 22:01:27 ID:???
>>536
檜與平氏って義足のエースの方かな?
本ではないけど昔の「丸メカニック 三式戦/五式戦」で、
五式戦による空戦記を書いていたよ。
20年位前の雑誌だが・・・。

538 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 22:20:59 ID:???
>>537
ありがとうございます。その方です。
インタビューを見て、この方の体験談を読んでみたくなりました。
ちょっと探してみた際、加藤戦隊長の話と思しき本は見つけられたのですが
御自分の話はちょっとどうか分からなかったもので。
昔の雑誌ならば、気長に探してみます。

539 :名無し三等兵:2008/11/12(水) 22:45:35 ID:???
>>538
雑誌など探さなくても、檜與平氏の著作でまず読むのは「つばさの血戦」だよ。

540 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 00:29:39 ID:nFXMft7A
アメリカ軍の最新兵器とか近未来兵器、またはイラクでの治安維持戦争について書かれた本でオススメとかありますか?


541 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 03:05:14 ID:???
毎月軍事研究買え。

542 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 03:13:00 ID:???
>>540
『戦場の未来』
夢が見れるよ。

543 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 04:28:29 ID:???
読売を過大評価するのはどうかと。
今日の評論欄読んだら、軍人は国家の公式方針以外の思想持つべからずみたいな
アナクロな武人論説いてて呆れた。

極端な話どんな思想信条を持っていようが自由だし、発表するのも勝手だろ。
それを防衛当局が評価し武人としての軽重を問うのは良いが、保障された俸給の
返還を求めるのは異常。何も不当に利益は得ていないし部隊の規律も乱してもいない。
>>530
いさく訳の「イスラエル空軍」は消耗戦争について詳しく触れてる。
あと山崎氏のM文庫中東戦争史もしっかりその辺書いてあったと思うが。

544 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 05:22:49 ID:???
>>522
朝日ソノラマ戦記文庫VSサンケイ第二次大戦ブックスですね(違

545 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 06:38:19 ID:???
>>540
「超陸戦兵器FCS」「21世紀のアメリカ海軍」「アメリカ海軍の超戦闘艦&有事作戦」
「イラク戦争とアメリカ占領軍」「アメリカ軍対テロ戦争部隊の戦い」

いずれも河津幸英 著、三修社 刊
この著者が軍事研究で連載した記事をまとめたものなので最新情報は
>>541の言うとおり買って読んだほうがいい。

546 :46式:2008/11/13(木) 09:35:27 ID:???
私も毎月の河津幸英氏の記事は楽しみにしていますが、
彼はどんな経歴の持ち主かご存知の方いらっしゃいます?
著者紹介なんかみてもあまり詳しく書いてなく、知りたいと思っているんですが。

>>543
>軍人は国家の公式方針以外の思想持つべからず
この一連の事件、FAQや他の有名なブログをみていても思うのですが、
国家の公式方針が間違っていた場合にどうするんでしょうね?
間違いを正すため政治家や国民に助言や進言をするのも、
軍人(官僚)の仕事でしょうに。

ましてや、国家の公式方針なんていっても、与党と野党とで違った場合、
どちらが「軍事的に」接合性があるか今後は問われた場合、
政府与党の間違いを糊塗するだけが官僚の仕事ではないでしょうて。

もちろん間違いを正すのは「民主主義的手段に則り」「専門分野においてのみ」
と但し書きがつくわけですが・・・
今回の発表のタイミングと手段はあまりに稚拙でしたよ。

547 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 10:25:21 ID:???
>>546
>>543
> >軍人は国家の公式方針以外の思想持つべからず
> この一連の事件、FAQや他の有名なブログをみていても思うのですが、
> 国家の公式方針が間違っていた場合にどうするんでしょうね?
> もちろん間違いを正すのは「民主主義的手段に則り」「専門分野においてのみ」
> と但し書きがつくわけですが・・・今回の場合、論文が専門分野に関することのはずなのに、あまりにも適当すぎる。
少なくとも俺は満州事変が中国政府や軍閥の許可を形式的にでも取って行われたという話は聞いたことがないし、それは例外とするには大きすぎる出来事だと思うんだが。
あと、政府で地位のある人の発言や論文は、その政府全体の意志と勘違いされる危険があるから、よほど確信が無い限り民主政府の見解と違う意見を言うのはどうなんだろうと思う。
そして今回の件はそんなに確信を持って言えることでは無いと思う。

>>540
YOTUBEで「FCS」と検索すると、アメリカの未来戦に関する動画が5個くらい見れる。本を補助する映像イメージとして良いものだと思う。

548 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 11:13:09 ID:???
>>546
その「助言」や「進言」は本来組織内部に向って行われるべきであり、
組織外部に向って行われた場合>>547の言う様に、
組織全体の意思について誤解を与えたり、
あるいは組織内部の意思の不統一を露呈する事によって
組織全体の対外的信用を損ないかねんのよ。
で、そういう言動をしてしまう奴ってのは、
たとえどんなに言ってる内容が真っ当でも
組織人たる資格を欠くわけよ。

今回の問題の本質はそこ、つまり田母神個人の空幕長としての適性であって
論文の内容や学術的に見た完成度なんてのはは枝葉末節に過ぎない。
(個人的には日本は侵略国家、ただし緊急避難的なものだし、
ましてやコミンテルン陰謀論なんてのはトンでも以外の何物でもない、
と思ってる)

にも拘らずマスコミからネットに至るまで
左右双方とも枝葉末節を論いすぎてる嫌いがある。

549 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 11:21:09 ID:???
防衛大臣が無能と判断した空幕長を更迭しました。
…これだけの話じゃないのか?

550 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 11:28:13 ID:???
どうもその「無能と判断」が気に喰わない奴が居るようだから。

551 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 11:35:08 ID:???
選挙で選出された国会議員の多数決で選ばれた首相が任命した大臣の判断なんだから。
おまけに首相自身も大臣の判断を支持してる。
民主的だわなぁ。

552 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 11:52:44 ID:???
結局やれ「言論の自由」だとか「専門家の視点」だ、
あるいは逆に「誤った歴史認識」だなんてのはタテマエであって
要は発言内容が自分の好みに合うか否かだけで語ってるんだよね左右とも。

スレ違いもアレなので軌道修正すると
>>457に関連して手持ちの「統帥綱領」や、>>247にリンクの貼ってある
「労農赤軍1936年臨時野外令」を読んでみると、
どっちも「上級指揮官の意向に沿うべく」との留保条件付ながら
独断専行を推奨している。
定番「失敗の本質」をはじめ旧軍を批判的に分析する書物では
ここが辻のような参謀の暴走に繋がったと指摘する内容の物が多いが
逆に独断専行が成功した事例を始め、
「良い独断専行」と「悪い独断専行」の区別について
具体的事例を挙げて分析してるような書物があるか否か
お集りの諸賢のご高説を賜りたい。


553 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 13:01:11 ID:???
>>540
書籍じゃないけど、ディスカバリーチャンネルの「フューチャーウェポン」
ttp://japan.discovery.com/weapon/index.html

554 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 16:04:02 ID:???
> 「良い独断専行」と「悪い独断専行」の区別について
> 具体的事例を挙げて分析してるような書物があるか否か

普通にあるでしょビジネス書ではw

555 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 19:11:18 ID:???
ビジネス書(笑)

556 :全裸黄金 ◆d8Xqc/vVP2 :2008/11/13(木) 19:21:06 ID:???
>軍人は国家の公式方針以外の思想持つべからず

戦後フランス史を見るとその言葉白々しく見えるな。

557 :46式:2008/11/13(木) 21:32:25 ID:???
>>547 
いえ、今回の論文内容に関してではなく、
>軍人は国家の公式方針以外の思想持つべからず
という意見は、どのような場合にでさえ反論や自己批判を認められない。
そこに問題はないのかということです。下の>>548さんのレスに続きます。

>>548
たしかに今回の件が与えた影響を考えるに、田母神に適正が無かったと
言わざるえません。それは完全に同意します。
ただ政府の要職(省庁でいえば局長クラス)についている個人は、
自身が望む望まないに関らず「公式の場で」「政治的な発言」を求められる。
例えば、国会の政府参考人としてですね。
そのような時、野党の批判が的を得ていた場合、政府の間違いを糊塗することが、
国民に責任をもつ官僚に許されるかを問いたかったわけです。

具体的には米国イラク戦争において、ラムズフェルト国防長官はじめ少ない兵力で
開戦に踏み切りましたが、それを間違いだと指摘された場合、
嘘をつき続けることが国民に責を果たすことになるのか?
(さすがに、戦争直前・直後は悪影響が多いにせよ、現在のように再評価が
求められている状況下では、政府のためにはなっても、国益に反する)
日本で言えば、現在の陸自の定数からいえば大規模侵攻やテロが起これば
重点地域を護るだけで他は見捨てるわけです。でも政府は口が裂けてもそんなこと
言えない。その場合に、ただ単に「守ってみせます!」というだけで本当にいいのか?
むしろ問題点を公式の場で表明して議論を活性化させるべきではないのか?
という考えなのですうp。

558 :46式:2008/11/13(木) 21:47:28 ID:???
というわけで、スレ違い甚だしくスマソ m(_ _)m
後は田母神スレででもやります。

>>552
戦術レベルであれば、沖縄の伊東大隊の5月攻勢など探せばでてくるでしょうが、
師団や軍(軍団)といった戦略単位で独断専行が成果を為したというのは・・・
分析した書籍はもちろん、例もあまり思いつきません。
インパール師団長の退却決断なんかも状況をよく判断した独断専行になるのでしょうが、
「上級指揮官の意向に沿うべく」とは少し違いますし。

559 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 22:09:55 ID:???
>>556
ブルム内閣が成立した際や、ドゴールの機甲師団案の
話の顛末を見るに戦前からもそうだったり。

参考は
M・S・アレクザンダー
「軍部と社会党―フランス将校団と左翼政府 1935-7年」
ヘレン・グラハム他編『フランスとスペインの人民戦線』
(大阪経済法科大学出版部 1994年)

向こうのスレで言ってたのはこの人。

560 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 22:14:42 ID:???
大臣に公然と反旗を翻した事務次官の肩持ったマスコミが
ちょっと迂闊な空幕長捕まえてシビリアンコントロールが
どうのとかないよな

561 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/13(木) 22:17:04 ID:???
>558
>師団や軍(軍団)といった戦略単位で独断専行が成果を為したというのは・・・

第3次ハリコフのマンシュタインあたりはそうかも…
なにせ独断に怒って総統閣下が前線に飛来してましたから。

あとは、北アフリカのロンメル独断の大後退。
これで英軍の包囲を逃れてますし。
これも総統閣下の死守命令に反した独断専行かと…

ただ、どれも「上級指揮官の意向に沿うべく」とは逆ですががが

562 :名無し三等兵:2008/11/13(木) 22:24:55 ID:???
>>539
ありがとうございます。
これは加藤戦隊長とか64戦隊の話しかしてなかったりするんでしょうか?
できれば「加藤以後」のご自身話の方を読みたいのですが。

563 :名無しの愉しみ:2008/11/13(木) 23:51:57 ID:???
>>561
パウルスの決断は考えさせられますね。
全滅するよりも幾人かでも本国へ生きて返したいという決断だったんでしょうが
降伏してはいけない相手に降伏した時の顛末がいかなるものだったのかという教訓。

ベターな決断が必ずしも良い結果を生むとは限らないという事かな。

564 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 00:06:39 ID:???
パウル・カレルが、ヒトラーの「死守命令」をして
「あの命令があったおかげで、ドイツ軍は東部戦線の崩壊を免れた」と
一定の評価を与えているな

565 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 00:19:55 ID:???
歴史群像も今月号から紙質が悪くなったね。
表紙捲ってすぐにあったムックの広告も無くなって
中の方に移動しちゃったし。


566 :ぼぼばん♭ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/14(金) 00:31:21 ID:???
パルプや原油も高騰したからなぁ。
まあ、勘弁してやってくれ。

恐らくは、学研従業員の名刺も著しく紙質が悪化してるんだろうなぁ。

567 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 00:33:14 ID:???
外国のオタクに、日本語読解能力やるから英語の読解能力をくれと言いたい。凄く言いたい。

568 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 01:05:53 ID:???
>>564
そんな事言い出したらそもそも独ソ戦始めたのは(ry

569 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 02:07:42 ID:???
>>567
外国のオタクは日本語能力欲しいらしいぞ。ポーランドとか日本語教育熱高い。

570 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 12:08:27 ID:???
俺が外国の軍事本読みたさに大学でドイツ語とロシア語と中国語を取ったようなものか。
今思えば馬鹿なことをしたと…

571 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 19:55:35 ID:???
すいません、今更ながらに坂井三郎さんの大空のサムライを購入しようとしているのですが、
出版社、タイトル違いでいくつか出ているようで

講談社プラスアルファ文庫
・大空のサムライ〈上〉死闘の果てに悔いなし
・大空のサムライ〈下〉還らざる零戦隊

光人社NF文庫
・大空のサムライ―かえらざる零戦隊
・続・大空のサムライ―回想のエースたち
・戦話・大空のサムライ―可能性に挑戦し征服する極意
に大別されるように見えるのですが、
どちらも同じ内容(をそれぞれの冊数に分割)なのでしょうか?

おわかりの方がおられましたら教えてもらえませんでしょうか。お願いします。

572 :名無しの愉しみ:2008/11/14(金) 20:48:52 ID:???
>>571
悪い事ぁ言わん。
「大空のサムライ」を入手せんと欲すなら
光人社刊豪華愛蔵版を見つけて手に入れるべし。
「不襄不屈」の文字とともに坂井三郎直筆サイン入りのプレミア物。
これに勝るものなし!
…て、以前にもこのスレで言ったような覚えがw

573 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 21:09:36 ID:???
ありがとうございます。
そっか!豪華愛蔵版!いいですねー
って入手は中々に厳しそうな。さすがプレミア物。

とりあえず少しでも売上貢献できるように、新書で買える物を探してみる事にします。
…となると、先に挙げたもののうち出版年数が新しいものがいいかなーなんて、考えもちょっと固まってきました。
まあ、もし重複したとしてもそれはそれで。

574 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 21:17:09 ID:???
>>573
さくっとNF文庫の一冊読んで、いろんな零戦パイロットの本も読んだほうがいいよ。

坂井氏は開戦〜17年の零戦格闘戦が中心で、
18〜19年の後期のラバウル航空隊は知らないんだよね。
文学として大変優れているし必読だけど、
ラバウル航空隊の歴史としては極一部なんで・・・・

岩本徹三「零戦撃墜王」 羽切松雄「大空の決戦」
角田和男「修羅の翼」などでその辺を補完した方がいいと思います。
まだまだいろいろあります。

575 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 21:41:01 ID:???
重ねてどうもありがとうございます。
さくっと色々読み漁ってみることにします!

576 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 22:14:54 ID:???
思えば子供向け(連合艦隊大図解とかw)以外で初めて読んだまともな戦記物が
『大空のサムライ』だったような気がする
この本を読む切っ掛けは、藤岡弘(、無し時代)主演の同名映画を見たからだった
確か坂井氏本人も現在の姿として出演していたと思う
なにしろ三十年近く前の事なのでハッキリ覚えていないがw

577 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 22:17:32 ID:???
因みに愛蔵版はジュンク堂で普通に買いました
数年前まで戦記物コーナーに並んでたけど今は…

578 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 22:46:11 ID:???
生まれて初めて読んだ、戦争体験者が自分の体験を語る形式の戦記物が「急降下爆撃」…

579 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 23:22:34 ID:???
サイン入りと言えば、アマゾンのマーケットプライスで買った
本にしれっと作者のサインが書かれていたり

580 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 23:36:19 ID:???
古本屋で『星火燎原』という、共産党軍から見た日中戦争の本を見つけたのですが、これの評価はどうなんでしょう?
戦記記録として面白いか、データはでたらめではないか、保存しておくべき
希少価値はあるのか、という意味で。

581 :名無し三等兵:2008/11/14(金) 23:51:57 ID:???
>>561
最終的にどうだったかを問わなければ、またそうしなかったらどうなったかはわからんが、北アフリカ戦初期のロンメルの突進と勝利は、上級司令部の意向には逆らってない(意図は汲んでないかもしれないが)と思う。

582 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 00:04:20 ID:???
大東亜戦争について一から勉強するための書籍でお勧めな物はありますか?

583 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 00:15:22 ID:???
>>582
光人社の文庫版「写真 太平洋戦争」全10巻

海軍寄りな印象だけど、文章量、写真量ともに良好。

584 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 00:18:38 ID:???
>>582
ちょっと古いが 児島襄 『太平洋戦争』 (中公新書) とか。

585 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 00:23:08 ID:???
>>582
『戦史叢書』と言いたいが色々大変なので入手しやすい『大東亜戦争全史』

586 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 00:24:30 ID:???
>>583
>>584
ありがとうです。参考にします。
あと太平洋戦争についてネットで調べるといろいろなHPが出てきて調べられますが
書籍で読むのとは違いますか?

587 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 01:01:27 ID:???
一般論として、PC画面よりも紙媒体のほうが、どこでも読めて目が疲れにくいような。
あと、文章として流れで読めるのは、ネット上にはまともなものがないような。
興味のある個々の戦闘について調べるには、ネットでもわりと良いのはあるだろうけど。

紙媒体なら伊藤正徳「帝国陸軍の最後」も、手に入りやすく、読みやすいかと。
今見ると、数字とかは結構怪しいけどね。

588 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 01:15:37 ID:???
個人的経験を言わせて貰えば自分は山岡荘八の「小説 太平洋戦争」が入門書の口ではあるが
あと「グラフィックカラー昭和史」だね

589 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 01:20:47 ID:???
>>586
ウィキペディアをリンク辿りつつ見ながら、興味を持った分野でその参考文献を
買うってやり方でもいいよ。

590 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 03:22:34 ID:???
>>571
Amazonの目次で比べると

大空のサムライ―かえらざる零戦隊 光人社NF文庫 
第1章 苦しみの日は長くとも
第2章 宿願の日来たりて去る
第3章 ゼロこそ我が生命なり
第4章 死闘の果てに悔いなし
第5章 孤独なる苦闘の果てに
第6章 迫りくる破局の中で
第7章 大空が俺を呼んでいる

大空のサムライ〈上〉死闘の果てに悔いなし (講談社プラスアルファ文庫) 
第1章 苦しみの日は長くとも
第2章 宿願の日来たりて去る
第3章 ゼロこそ我が生命なり
第4章 死闘の果てに悔いなし

大空のサムライ〈下〉還らざる零戦隊 (講談社プラスアルファ文庫)
第5章 向かうところ、敵なし
第6章 孤独なる苦闘の果てに
第7章 迫りくる破局の中で
第8章 大空が俺を呼んでいる

とあって同じもののようです。
講談社プラスアルファ文庫のは講談社のサイトによると、
知られざる坂井三郎出撃記録や写真、用語解説等も新たに付け加えた決定版
とのこと


591 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 17:18:19 ID:???
以下の本を買おうか悩んでいるんだが、
この中に「これは読む価値がない」、「間違いだらけ」というのがあったら教えてくれないか。
高井三郎『知っておきたい現代軍事用語―解説と使い方』アリアドネ企画
高山信武『参謀本部作戦課の大東亜戦争』芙蓉書房
菅原出『外注される戦争―民間軍事会社の正体』草思社
P・W・シンガー著、山崎淳訳『戦争請負会社』日本放送出版協会

592 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 23:23:37 ID:???
最近軍オタになって雑誌「軍事研究」を読んでるんだがあれってここではどんな感じの評価なの?
間違いとかよくあるん?

593 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/15(土) 23:40:52 ID:???
>592
当然、ライターによる。

594 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 23:51:14 ID:???
>>592
面白い雑誌だと思う。
記事は>>593のとおり玉石混交にはなるけど、玉が多いと思うよ。

595 :名無し三等兵:2008/11/15(土) 23:52:05 ID:???
まあ今月号の軍事研究は買いだな。

596 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 02:00:36 ID:???
>>591
現代軍事用語はやめとけ。

597 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 03:29:25 ID:???
>>591
「外注される戦争」と「戦争請負会社」は押さえとけ。
ただ軍事モノの新書としては結構売れた本なんで、図書館には大抵置いてあるから
その辺考慮に入れたほうがいいかと。
NHK出版の本は時期逃すと非常に入手しにくいんで前者は買うなら今か。

598 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 10:46:45 ID:???
>>591 菅原出氏はコラムがネット上にあるので、そこでまず読んでから
読むか読まぬか決められます。

資料的価値としては戦争請負会社をまず買って、そこから進むのが良いと思います。
しかし、読みやすさでは、外注される戦争 のほうが優れていると思う。

599 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 11:38:18 ID:???
>>591
現代軍事用語はお勧め。

600 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 21:10:16 ID:???
ギリシア軍について、出来るだけ最新の情報が欲しいのですがお薦めはありますか?


601 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 21:44:17 ID:7VOeguEq
『クラウゼヴィッツと「戦争論」』読んだけど面白かった

602 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 22:16:29 ID:Z6pJdYpm
【海外】金融危機余波…欧州でマルクスの古典「資本論」がブーム [08/11/16]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1226800745/


603 :46式:2008/11/16(日) 23:19:01 ID:???
>>602
世の中が荒んでいるとファンタジーでも読んで現実逃避したくなりますものね

604 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 23:20:08 ID:???
マルクスすら読めない低脳(笑)

605 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 23:25:55 ID:???
マルクスって人物評見てるとキングみたいな人だよね
不幸なのはキングほど有能じゃなかったところか

606 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 23:26:02 ID:???
571であります。
>>590
比較検証までありがとうございます!これで購入に迷う事もなくなりました。
良著との評判も高いので今から楽しみです。

しかし目次を見ればわかったとは…確かにそうですよね。
次回から他人様に聞く前にもっと良く調べるようします。

607 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 23:37:44 ID:???
『資本論』は、高名にもかかわらず実際には読まれにくい古典の典型だからね。
こういうしっかりした古典を熟読する習慣も無くなってきてるんだな。

608 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 23:51:26 ID:???
>>607
だって長いし難解なんだもん…

時に戦争論はどこのを読むのがいいんでしょうか。
諸兄の意見を求む。

609 :名無し三等兵:2008/11/16(日) 23:59:21 ID:???
初めて読むなら解説付きのがいいんじゃね?

610 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 00:07:08 ID:???
マルクスは足し算・引き算・掛け算・割り算しか使ってないからといって馬鹿しちゃ駄目だよ。
入門書は上で上がってる佐藤優が推薦してる

「マルクスの『資本論』」        フランシス・ウィーン

なんかどうかな?

611 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 00:08:10 ID:???
>>603
カミュが世界が明晰なものであるならば芸術などないだろうっていってた。

612 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 00:19:28 ID:???
資本論の入門なら、柄谷行人の『マルクス その可能性の中心』がメジャーじゃないか?

613 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 00:26:38 ID:???
スレチになるが、そもそも数字は苦手だし
経済学自体学んでみたいもののさっぱり分からん。
マルクス経済学ってーと、ワイマルで蔵相やったヒルファーディングが
ここの一派でそこそこの知名度のある学者さんらしいので、
興味はあるんだけど。

614 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:09:30 ID:???
萌えるマルクス、とか出たら売れそうな気がする…

615 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:16:02 ID:???
『まるくすタン〜学園の階級闘争〜』って漫画ならあるがな

616 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:16:38 ID:???
>>614
甘い、甘いぞ
ttp://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%BF%E3%83%B3%E2%80%95%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%81%AE%E9%9A%8E%E7%B4%9A%E9%97%98%E4%BA%89-%E2%80%90KIBA-Books-Lab-%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%9F%E3%81%8B/dp/4882030446

まあ経済学の本じゃないが。

617 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:25:53 ID:???
不況時はマルクスなんかより、スティグリッツやマンキュー、最低でも伊藤元重のテキストが一般に膾炙すればもっとマシな世の中になるのにとか考える。

618 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:28:52 ID:???
近経みたいな御用学問じゃね〜

619 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:29:45 ID:???
ケインズさんを忘れないでください

620 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:33:00 ID:???
>>615-616
前略、お袋様。これは流石に違う気がします…

621 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 01:33:37 ID:???
スティグリッツが御用(笑)

622 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 02:11:44 ID:???
そういえば近所の本屋にサミュエルソンの経済学がおいてあったけど買う奴いるのか?

623 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 02:46:24 ID:???
>>618
相対性理論は間違ってるんですよね、わかります。

624 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 18:20:41 ID:???
エンゲルスの著作は軍オタ的にも面白いがな

625 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 20:20:18 ID:???
文藝春秋から「CIA秘録」が出るらしいね。

626 :名無し三等兵:2008/11/17(月) 20:27:59 ID:???
アカやファッショと軍は親和性高いからな。


627 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 10:34:40 ID:???
>>626
全部扇動的だからだろう。

628 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 15:01:26 ID:???
amazon、近くにないものやほとんど売り切れたものまで買えるのは嬉しいんだが、
時間帯指定できないのがな…

というわけで歴史群像アーカイブゲット。

629 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 15:21:22 ID:???
>>628
自分の住所の最後に「○時以降配達お願いします」と追加すれば
考慮してくれる可能性とかないかな?

ドライバーにとっても無駄足踏むよりいいかも知れない。
まぁ、気にせず不在届けいれてくるかも知れないが、
中には融通が効くドライバーもいるとは思う。

630 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 15:23:56 ID:???
>>629
田舎のドライバーは融通利きすぎw
何も言わなくても昼は職場に届けにきたりwww

631 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 15:31:04 ID:???
>>630
それは融通というより、もはや仕事をサクサクこなす職人化してるなw

632 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 15:32:28 ID:???
田舎だと尼使う人も決まってくるのかww

633 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/18(火) 16:04:46 ID:???
>>628
コンビニ受け取りサービスを使ってはどうか?

634 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 17:12:16 ID:???
>>628
配送後、配達番号みたいのが送られてくるので、
最寄の配達店に電話して、番号と時間帯を伝えれば変更してくれる

配達ドライバーの都合が付けばみたいだが、
時間帯指定サービスより精密な時間指定を受けてくれる場合もある

635 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 21:45:50 ID:???
へえ、そういうサービスもあるんだ。
ドライバーの手を煩わせるのもあれだし、今度からコンビニ受け取りにしようかな。

636 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 23:00:40 ID:???
>>630
客もドライバーの行動を完全に把握しているからなぁ。
「今は○×工業団地回ってる頃だろ」とかw。
つか個人レベルで地元じゃちょっとした著名人だし、ヤマトの兄ちゃん。

637 :名無し三等兵:2008/11/18(火) 23:13:58 ID:???
届く予定の日の朝に、配達担当の店に直接電話して
時間帯指定の交渉という手もある。

638 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 03:09:03 ID:???
書店受け取りが出来るe-honを使うという手もある。
尼はアパートの入り口に商品を放置されたのが嫌で、あまり使わないなぁ。

639 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 06:22:23 ID:???
クロネコヤマトのブックサービスなら細かく時間指定できるはずだったけどね。

640 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 06:30:00 ID:???
ここんとこオスプレイやスコードロンシグナルの戦車関連の積みを暇を見てはじっくり読んでる。
最初はBGMをネトラジのミニマルチャンネルをうっすら流してたり、クラシック流したり、まあ色々ためしてみたが、
結局イージーリスニング、特にインストのものが一番違和感が無いと感じた。
環境音楽の様に退屈でもなく、テンポもバラエティに富んでて、あまり刺激的な音色はなくて、
読書に凄いマッチしてる。


641 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 16:11:57 ID:???
昭和陸軍閥に興味があるのですが、何かおもしろい本はないでしょうか?
とりあえず高宮太平は読みました。

642 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 19:19:12 ID:???
軍閥興亡史 伊藤正徳

643 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 20:12:25 ID:???
尼で初めて洋本(軍用機写真集)を購入してみたけどデカ杉ワロタ
カラーボックスに収まらないけど、どうしてくれようか…

644 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 20:31:56 ID:???
>>643
向きを変えても入らない?

645 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 22:57:12 ID:???
写真集 ソ連地上軍を借りてきましたよ
写真も興味深いけど、巻末の解説ソ連地上軍がイィィィィィ
素敵だよソ連地上軍

全く関係ないが、
ニュー速で行政テロを礼讃してる皆々様にドン引き
おかしいのはニュー速住民だけ、、、だよね?

646 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/19(水) 22:59:04 ID:???
>645
そんな言わずもがなのことを

647 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 23:05:34 ID:???
>>645
ソ連地上軍近くの図書館にあるのかいいなあ。

>ニュー速で行政テロを礼讃してる皆々様

あそこは一つの宗教だから

648 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 23:29:00 ID:???
>>641
『昭和の軍閥』高橋正衛著
『旋風二十年』森正蔵著

649 :名無し三等兵:2008/11/19(水) 23:56:45 ID:???
>>644
入ることは入るんだけど5cm程度突き出てる/(^o^)\
立派な本棚も買わないといけないとはやっぱり敷居が高いね


650 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 00:08:54 ID:???
>>649
カラーボックス自体を横に置くという技もあります
2段のカラーボックスなら横幅も取りませんw

場所の余裕があるうちに大型の本棚も買った方がいいんだけど、高いですしね

651 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 00:32:36 ID:???
一番金が掛からない上に一番収容能力が高いのは押入れ

652 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/20(木) 00:36:14 ID:???
収納系の家具って、場所取るばっかりで…って事が多いって聞いたな。
家建てる時点で収納考えないと駄目らしい

653 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 01:29:16 ID:???
大型の本棚はそれこそ隅々までチェックしないと
変なところにネジなどの出っ張りがあって本が傷む

654 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 01:30:16 ID:???
特にスライド式とか妙な構造のには注意されたし

655 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 01:40:35 ID:???
>>650
横置きかあ、今度は縦に無駄な隙間が増えて難しいね
今のところデカイ本は少ないか別々に管理することにします

656 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 07:10:17 ID:???
うちの押し入れ、湿気が怖い

657 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 10:22:39 ID:???
面白そうな本だね。

図説 世界の「最悪」兵器大全
科学の粋を集めた創造的失敗コレクション150
マーティン・J・ドアティ/松崎豊一監訳
原書房
A5判・定価2520円

味方ばかり傷つける銃、重すぎて動かない戦車、余りモノを寄せ集めた戦闘機、制御不能の潜水艦、はては行方知れずの車輪ロケットまで!
戦争でまったく使い物にならなかった兵器の数々をフルカラーで一挙公開。

ttp://www.harashobo.co.jp/

『ヨム キプール戦争全史』
アブラハム・ラビノビッチ著/滝川義人訳/菊判並製548ページ
定価(4800円+税)
並木書房
12月上旬発売予定!
予約受付開始!

アラブ・イスラエル紛争最大の戦い「ヨムキプール戦争」(第四次中東戦争)の全容を初めて明らかにした決定版!
著者は戦争時エルサレムポスト紙の記者として戦場を取材した経験をもち、
その後三十数年かけて、手記、回想録、戦闘詳報、公刊戦史のすべてに目を通し、新たに130名あまりの元将兵をインタビュー。
史料と将兵の実体験をつき合わせながら立体的に戦闘経過を分析。
アラブ側の戦争準備とイスラエルの油断、電撃的に始まった二正面同時の奇襲攻撃、それに続く壮絶な戦闘、そして停戦に至るまでのクライマックス
……中東情勢を激変させた第四次中東戦争の総合戦史!

ttp://www.namiki-shobo.co.jp/

658 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 12:03:29 ID:???
原書房は、たまにトチ狂った本を発売するから気が抜けない

659 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 12:33:16 ID:???
>>657
案の定パンジャンドラム載ってたわw

660 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/11/20(木) 13:03:45 ID:???
>657
>図説 世界の「最悪」兵器大全

ぱらぱらと全ページ軽く流してみましたが、
功績を無視して無理やり悪口を言ってるのも多く、的外れなのもちらほら
個人的には大嫌いなタイプの本。


>『ヨム キプール戦争全史』

訳者は図説 中東戦争全史の方ですね。高いけど期待大。
著者はジャーナリストのようなので、
内容はジョン・トーランド、コーネリアス・ライアン、パウル・カレルのようなノンフィクションタイプでしょうかね?
それとも、データ系戦史か?はてさて・・・


661 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 13:22:49 ID:???
地政学関連でこれは読んでおけって本はありますか?
『地政学入門―外交戦略の政治学』は買おうと思いますが。

662 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 14:27:25 ID:???
>>661
マッキンダーの地政学、地政学入門と同じ人の著作(名前は忘れた)

663 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 15:19:52 ID:???
大学の図書館にて『中国をめぐる安全保障』発見。
パラパラとめくってみると、中国関連スレで必読書と言われる理由がわかったわ。

それにしても、最近うちの大学の図書館は
軍事、戦略関連の書籍の購入が多いなぁ。

664 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 16:35:11 ID:???
>ッキンダーの地政学、地政学入門と同じ人の著作

同じ人なのは翻訳者では?

665 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/20(木) 16:45:44 ID:AL4hAlan
学研の新シリーズ、折り込み付録見て脱力。
マル5完成時の日本艦隊を「予想」なんて、
あのコーエー黒歴史本「未完成艦隊」とさしてレベル変わんない・・・(苦笑

つーか手前味噌だけど、
私、まさにこのマル5完成時の戦時編制案を戦史研究室から見つけ出してきてるんだよね・・・何年前のことだったかなー・・・
軍板FAQにあげてもらってるから、ネット上で誰でも見れる状態になってるんだけどなー・・・

666 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 17:43:34 ID:???
このスレ、まとめサイト無いの?

667 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 17:45:54 ID:???
一応あるけど、更新止まってなかったっけ?

668 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 17:47:25 ID:???
>>666
前前スレあたりから常見問題でログ回収が始まってる

669 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 18:08:45 ID:???
>>663
>>45と中国軍総合スレの>>7(テンプレ)のことだね。
持っているけど唯一の難点は高いこと・・・。

>>666-667
これのことかな?
ttp://www.bookslink.net/army/shohyou/

670 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 19:13:24 ID:???
滝川さんは元気だなぁ

671 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 21:35:33 ID:???
うぉい、アブラハム・ラビノビッチのヨムキプール全史だと!
こいつは読まんと、サガー運用の真実が遂に!!

>>660 邦訳書読む限り、コーネリアス・ライアン型でしかも理系の書き手。
難解なミサイル開発技術を読みごたえのあるストーリーにしてる…というかどーも、谷甲州・覇者の戦塵・空中雷撃シリーズの元ネタはこれっぽい。
http://www.amazon.co.jp/gp/switch-language/product/456202299X/ref=dp_change_lang?ie=UTF8&language=ja%5FJP

672 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 22:18:30 ID:???
>>664
>マッキンダーの地政学
最近出た『マッキンダーの地政学』(原書房)を指しているのでは。

673 :名無し三等兵:2008/11/20(木) 22:46:50 ID:???
>>657
>図説 世界の「最悪」兵器大全

表紙はホロ車か。
チハに三八式十五榴積んで、後家の再婚とかってやつだけど、
余剰兵器の有効利用で、日本軍にありがちな変なこだわりが無く、時局に合った佳作だと思うな。

てことで買わない。

674 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 00:30:46 ID:???
>>657
最悪兵器は昨日買った
M1バズーカにAK47、エアラコブラにM113とか収録されてる意味がわからない兵器も大量に載ってやがる
しかもどう読んでも普通に褒めてるとしか思えないし、なんで収録したのか理解できない
確かにパンジャンとかブラックバーンロックとか救い難いのも載ってるけど

地雷認定しておくわとりあえず

675 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 00:33:32 ID:???
歴史群像アーカイブの「知られざる特殊兵器」の方が良さげだね、話聞いていると。

676 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 02:30:39 ID:???
>>657
>図説 世界の「最悪」兵器大全

ちょっと気になったけど 「柳田理科雄の 空想科学読本」みたいな切り口か……
山本弘 版なら愛有る話し口で許せたのに。

こういう結論ありきで補強材料だけを集めてくる論法は、
読者が少しでも知ってることがあると異様に鼻につくのが最大の難点だな。

677 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 08:54:17 ID:???
>>665
urlは?


678 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 09:49:55 ID:???
>>657
> 『ヨム キプール戦争全史』
アラブ側兵士にもインタビューしてくれてると嬉しいな。
今までの奴は大抵イスラエル側兵士の体験談しかなくて、アラブ側は公式資料の引用ばかりだったから。

679 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 10:55:48 ID:???
>>677
自分で調べろよ・・・そのくらいの検索もできないおバカさんじゃないだろ?

680 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 15:30:09 ID:???
>>665
>まさにこのマル5完成時の戦時編制案
そんなのがあるのか。
昭和13年10月に軍令部作成の「昭和二十五年度戦時編制(案)」とか、
昭和16年1月7日決済済の「昭和二十五年度戦時編制(案)」なら
20年くらい前に買った遠藤昭の「巡洋艦戦隊」に載ってたけど、
どっちも○六計画艦込みなんだよな。
マル五完成時で区切ってあるのかー。

681 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 16:55:28 ID:???
図解最悪兵器大全、177ページ「HMSゴーゴン」のキャプションの一つ
(HMSゴーゴンは乾舷がかなり低いため外洋航行には向かず、悪天候にも弱かった。)
が179ページ「USSメイン」にもそのまま張り付いているのですが

682 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 20:34:08 ID:???
○5単独編成案はたしかに載ってなかったな>巡洋艦戦隊

ゆうかって遠藤よりすごいってことなんかな?

683 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 21:21:13 ID:???
一応リンク。
http://mltr.ganriki.net/faq08e02.html#04423

マル3計画完成時
昭和16年度戦時編成案(昭和10年2月策定)

マル4計画完成時
昭和19年度戦時編成案(昭和13年10月策定)

マル6計画完成時(両洋艦隊計画対応前)
昭和25年度戦時編成案(昭和13年10月策定)

マル3〜6計画に基づく戦時編成案
昭和22年度戦時編成案(昭和16年2月策定)

が紹介されており、>>680紹介の「巡洋艦戦隊」と同じくマル6計画まで込みのもの。
やはりマル5計画までだけという資料は出てきてないようだな。
マル5までだけで編制表を組もうとしたら、「予想」しかできないね。

684 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 21:28:49 ID:???
>683
よく嫁
その最後の奴がマル5完成時のだ
タイトルが間違ってる

685 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 21:41:37 ID:???
こりゃ失敬

686 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 23:01:53 ID:???
>>682
どう考えても何冊も本出してる遠藤の方が総合的には上。
ただし今回のように特定分野で上回ることがある。
アマレベルで部分的にでもプロを超えるのだから十分にすごいのだが。
特に特攻関連はマジすごい。多分本出せるレベルだと思う。

687 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 23:17:55 ID:???
 資料を発掘して直ぐに出版するとは限らんから何時見つけた論は意味無いような

688 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 23:24:32 ID:???
ふと、1940年のアドルフ・ヒトラーの手元に
クレフェルトの「補給戦」があったら?というデムパが。

689 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 23:32:47 ID:???
>688 一瞬面白いかと思ったが、そもそもクレフェルトの国籍と勤務大学考えろ。ヒトラー的にユダヤの陰謀だー、で終わりじゃないかね。

690 :名無し三等兵:2008/11/21(金) 23:34:31 ID:???
>>689
著者を伏せたらおk。

691 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 07:07:52 ID:???
クラウゼヴィッツと「戦争論」
清水多吉・石津朋之(編)

クラウゼヴィッツの戦略思想に関する日本初の体系的な論文集です。
入門から最新研究までを含めた、まさに一冊でクラウゼヴィッツがわかる本でもあります。
入門編としては、日本に『戦争論』を紹介した清水論文、川村論文があり、
全くクラウゼヴィッツについて知らない場合でも、最も重要なポイントを知ることができます。

また、クレフェルトは、国際的に活発な議論を惹き起こしたクラウゼヴィッツ批判の論文を、マーレーはゲーム理論や単純化されたハイテク戦争の病理をクラウゼヴィッツを元にして分析しています。

ナポレオン戦争時代のクラウゼヴィッツから、現代の戦略思想の中でのクラウゼヴィッツの位置付けにいたるまで幅広く、そして縦横に論じられた本となっています。
(Amazonレビューより)

692 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 11:08:10 ID:???
>>676
手裏剣の穴を「空力的な理由があるのかもしれないが」って・・・

ひも通して携帯する、という発想はなかったのかと。

693 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 18:03:18 ID:???
最近「失敗の本質」の姉妹編の文庫版が出たけど軍事板ではこの2冊はお勧めでしょうか?

戦略の本質
―戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ―
ttp://www.nikkeibook.com/book_detail/19462/

694 :シャープール:2008/11/22(土) 18:36:49 ID:???
>693
著名な勝ち戦のケーススタディといった感じですね。
取り立てて目新しい所はありませんが、わかりやすくまとまっているので悪くはないかと。

695 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 18:58:41 ID:???
積み本が増えすぎてどれから読もうか迷ってしまう
時間はあるから精読さえしなければ読もうと思えば読めるのに
読む順番で人生が変わってしまいそうな気がして悩んでしまう
助けてください

696 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 19:04:58 ID:???
>>695
解決法
その一
著者の五十音順で極めていく
そのニ
ジャンル別で極めていく
その三
神様の言うとおりにする

普通は二だろうがな

697 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 19:06:38 ID:???
>>695
悩む暇などない! さあ手近な物を手にとって開くんだ。

珈琲か紅茶を軽く飲みながら読むと頭がすっきりして良い。
暖房は少し足りないくらいが吉、寒いのは厚着して解決。

698 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 19:11:39 ID:???
トイレに本棚作った後半日閉じこもってたら痔になって死にそうです(^q^)

699 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2008/11/22(土) 20:09:43 ID:???
そう言えば、朝鮮戦争時の韓国民衆史の本は何処に置いたのやら…。

今日購入の本。

『国鉄の空襲被害記録』(鴫原吉之佑編)
国鉄で防空連絡業務に当った人の私家版ノートに様々な人の体験を綴った本。
空襲記録については色々出ているが、国鉄の直接の被害や特に橋梁などの被害については、
記録が敗戦時に消失しており、中々こうした記録は出てこない。

『第二次対世界大戦とフランス領インドシナ 〜「日仏協力」の研究〜」(立川京一著)
1937年以後の日仏関係と、対独敗戦後のヴィシー政府と日本との関係を研究したもの。
欧州のフランス外交関係は結構本になっているが、植民地政府の動きを描いた本は中々無い。
そうした間隙を埋めるような本なので、結構面白そうなものになっている。

『「地圖」が語る日本の歴史』(菊池正浩著)
大本営参謀渡辺正大佐を中心に、敗戦前後の日本陸軍陸地測量部と、その後、GHQの占領を掻い潜って
国土地理院が立ち上がるまでのエピソードを中心にしたもの。
また、戦後の地図作製会社の話も交えて、非常に興味深いものとなっている。

700 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 23:20:08 ID:???
>何処に置いたのやら

まさか、下駄箱の中とか……。

701 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 23:30:48 ID:???
>>691
もしかして、「リデルハートとリベラルな戦争観」と一緒にシリーズ化されてる?
ちょっと買いかもしれん

702 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 00:32:02 ID:???
写真週報買ったんだけど、でかい!薄い!
こりゃ保管が大変だぞ

703 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 07:32:14 ID:+8iSrTdU
>>691

サンクス
随分と重厚な論文集だな。
クラウゼヴィッツ本はたくさんあったが、
ここまで盛りだくさんのは今までなかったんじゃないか。
早速買いに行ってみる。

704 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 11:54:51 ID:???
相も変わらず、ここのコテハン共の財布の中身と書棚の中身はどうなっているのかと。

705 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 12:35:35 ID:???
ホテルの懸賞論文みたいなものに投稿して
1回につき300万ほど稼いでるに違いない!!!!!

706 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 13:33:19 ID:???
>>693
「失敗の本質」は軍事板では定番なのかな?

707 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 18:57:50 ID:???
>>699
>第二次対世界大戦とフランス領インドシナ

これは私も読みました。珍しい話で面白かったです。
酷使様のおっしゃる「平和進駐」「植民地解放」の実像が、ようわかります。

708 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 22:47:20 ID:???
書店に行ったら、結構インテリジェンスの新刊が出てたな。
「自衛隊「影の部隊」情報戦秘録」ってのは表紙がけばけばしかったから駄目な本かと思ったが、
内容は結構良かった。
というか今までの類書に載っていない情報ばかり載せていたな。
日本のインテリジェンス研究するなら必須じゃなかろうか。

「CIA秘録」は注釈まで詳細に訳していて良かったな。

「インテリジェンスの極意」ってのは内容は非常に興味深いものだったが、
例のワールド・インテリジェンスの焼き直しだったな。

「知られざるインテリジェンスの世界」ってのは内容としてはあまり目新しいものが内容としてはないかんじかな?

「機密指定解除」はもともとの資料が公文書館から持ってきたものだから立ち読みでも非常に面白かった。

でも、これ見ると、インテリジェンスの本一気に出すぎだろ。

709 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 22:53:48 ID:???
お前それ全部買ったのかよ!

このスレ、コテハンもだが名無しもかなり豪気な散財してる気がする

710 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 23:48:04 ID:???
>>709
こういう人がいるスレだからな・・・

317 名前:ZII ◆RPvijAGt7k [sage] 投稿日:2008/05/09(金) 06:37:27 ID:???
2か月に1回のペースで、行く度にメートル買いしてるので、店主の婆さんとは
すっかり顔馴染みです。毎回深々とお辞儀をされるので、私の方が恐縮する程です(笑




711 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 23:52:03 ID:???
メートル買い・・・・・・・?

712 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 23:54:41 ID:???
>>711
こういうことらしい

312 名前:ZII ◆RPvijAGt7k [] 投稿日:2008/05/09(金) 02:33:45 ID:z8OG/Dqe
>>284
普通の書店は、もうコアなものは置いてませんからね。
そこで、たとえ1コーナーでも軍事ものを置いている中規模書店を探すんですよ。
そこで定期的に、年間本棚1本分ぐらいは買うようにするんです。そうすると
空いた部分に店が自動的に補充してくれて、だんだん棚が充実してきます。
他の客もぼちぼち集まってきます。つまり客が書店を育てる訳です。
実際、私の行き付けである札幌弘栄堂書店地下鉄店やアテネ書房の棚は飛躍的に
充実しています。勿論点数全体では紀伊国屋やコーチャンフォーにはかないませんが、
回転率は遥かに優っています。

713 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 23:55:20 ID:???
棚のここからここまで、貰います、って感じの買い方?

714 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 23:56:35 ID:???
うわぁ…一生に一度でいいからそんなこと言ってみたい。

「ここからここまでの本、全冊ください」

715 :名無し三等兵:2008/11/23(日) 23:59:27 ID:???
>>713
年間で棚一つだから、ハードカバーで月5冊ぐらい買ってるんじゃね?
文庫なら8冊とか

716 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 00:08:24 ID:???
うちの近くの文教堂もメートル買いしたら充実してくれるのであろうか。
なんだかそんだけ買ってたらバイトの間とかであだ名付けられそうな感がしなくもない。

717 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 00:13:15 ID:???
>>716
メートル買いは出来んが、「見込み」の有る店からは月1〜2冊は買ってるな。
軍事本を注文して店主と仲良くなってみたり・・・

割と効果的だよ?

718 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 00:25:46 ID:???
てか、軍事書籍は分散配置配置されてしまってるのが惜しい。

特に文庫。

719 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 00:27:53 ID:???
そういやうちの近くには大手のしか無いなぁ。ブックオフとか文教堂ぐらいでごちんまりとした本屋が無い

720 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 00:31:37 ID:???
本屋で買うのは世界の傑作機と学研M文庫、光人社NF文庫くらいかな?

それ以外は入荷してるのかどうかもわからないから。

721 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/24(月) 01:07:14 ID:xBt65s53
Jane年鑑1977-78版購入。
しかし\500って・・・いくら人気のない年代のだからって掘り出し物過ぎます(苦笑

722 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 01:10:54 ID:???
海軍年鑑?

派手な話題はないけど、大戦型艦艇がいろいろゴテゴテ改造された挙句に一線を引いた時期だから
その辺追っかけると面白いと思う。

723 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/24(月) 01:12:16 ID:xBt65s53
あーご心配なく。
Janeはこれで29冊目げっとだから(マテ
ちなみにCombat Fleetsは全15冊コンプだから(サラニマテ

724 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/24(月) 01:16:32 ID:???
あれ、話題になってる(笑
新刊文庫は、光人社NF文庫、講談社学術文庫、岩波現代文庫は全部買ってますよ。
ハードカバーは原書房、大日本絵画、並木書房等、後に文庫化されないであろう
ものを選んで買っています。河手書房新社の図説シリーズ(ふくろうの本)も
なかなか面白いと思います。

725 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 01:27:44 ID:???
ゆうか氏ついこないだ世艦コンプつってたよね?
さらにジェーン年鑑が30冊?
なんつう資料量だ…

726 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 01:37:13 ID:???
この莫大な資料が絨毯爆撃の兵站を支えているのだなwww

727 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 01:38:09 ID:???
ジェーン年鑑って1冊の大きさ厚さ重さどれくらいなんですか。

728 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 01:56:59 ID:???
ttp://www.amazon.co.jp/Janes-Fighting-Ships-2008-2009/dp/0710628455/
ハードカバー: 1000ページ
商品の寸法: 33.3 x 23.6 x 5.8 cm

729 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 02:03:13 ID:???
jane年鑑やっぱ高すぎだろ・・・・・・・・

730 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 02:04:38 ID:???
うちの大学に70年くらいから全部あったな…
誰か利用してんのかねあれは。

731 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 02:08:12 ID:2IDr2fy2
>>730
先生方が資料として要求すれば通るだろ

いや趣味じゃないですよ
仕事だから仕方なく

732 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 02:29:50 ID:???
>>730 某大学においてある奴なら時々巻頭言を読んで面白がってましたね。
世界の艦船では毎年、レビューが書かれて居たりしましたけど最近はどうなんだろう。

733 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 08:12:39 ID:???
カラーになってからはさらに手の届かない存在になったので
母校に通って読むしか・・・・>Jane's海軍年鑑

まぁ、海軍だけじゃなく高速艇、航空機、航空装備、装甲&砲、歩兵装備と
一通りそろってるので、どっちにしろ通うはめになるんだが

The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the Worldがブック検索で
読めると気づいた今日この頃

734 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 08:43:34 ID:7ahG+RHV
旧日本軍の軍用機についての本で、野原茂と秋本実のどちらが信頼できる記事を
書いているのだろうか?

735 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 09:28:39 ID:???
カタログデータの比較並みに不毛に思える

736 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 09:30:21 ID:???
>>665
で、巻末に参考サイトとして「2ちゃんねる軍板FAQ」って掲載されるわけだなw

737 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 09:35:31 ID:???
此処は趣味板って事を忘れてはイケナイ
自分の手に取って興味有る物を選べば良い

無理な背伸びして、ゆうか氏や眠い人氏と比肩する事なかれ

738 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 09:45:30 ID:???
>>737
てか六万冊と比較しろという方が無理

ZII氏は一万二千冊だっけ?

739 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 09:55:31 ID:???
てやんでい!
図書館をフル活用すれば 何億もの蔵書があるのと同じでい!

740 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 10:28:01 ID:???
寧ろ図書館に住みたいと何度思った事か。

741 :名無しの愉しみ:2008/11/24(月) 10:33:07 ID:???
寡兵で多兵に挑む気なら
局所で優勢を誇ればいいのさっ

ジャンルと年代を決めて、そこに戦費の集中投入が吉

742 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 10:36:52 ID:???
>>741
それでもゆうか氏やZU氏に勝てる気がまるでしない・・・

743 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 10:37:13 ID:???
近所の図書館、最近新しくなって快適になったのは良いが
2週間で返却しなければならないと通知が来るのは、面倒

隣町の図書館は半年借りてて、やっと通知が来る

全国的に返却期間の平均値はどんなもんだろう?

744 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 10:39:26 ID:???
ゆうか氏なら私設図書館開けるんじゃね?

著作権の面がクリアできさえすれば

745 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 10:39:57 ID:???
>741-742
だ・か・ら 勝ちとか負けか無いだろうがw
趣味なの しゅみ

746 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 11:33:51 ID:???
書籍購入費用もすごい額になってるだろうが、置き場所をどうしてるのやら…ってのも定期的に出る疑問だな。
読んだ本はレンタルボックスにでも放り込んであるのだろうか。
それとも京極夏彦みたいに本に合わせて家を改装でもしたのか。
うちは邪魔だから処分しろってうるせえんだよな……

実際邪魔なんで反論できないから困ってるんだけど……

747 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 11:42:23 ID:???
>>734
飴色(笑)

748 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/24(月) 11:59:55 ID:xBt65s53
>>733
5年ほど待てばAmazon辺りで手の出るお値段まで下がりますよ。
私が所有するJaneの最新は2004-05版です。

1898、1905-6、1906-7、1914、1919、1924、1931、1939、1944-5、1950-1については1970年代に復刻版が出てるんで
ネット古書店でなら今でも入手は比較的容易です。
写真の解像度が落ちてますが、オリジナルより発行年がずっと新しい分、保存状態は良いです。


749 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/24(月) 12:11:06 ID:xBt65s53
>>746
四畳半一部屋が書斎と化してます。
高さ1800、奥行き300の本棚が延長6000分。

洋書は寝床に溢れてますね(苦笑
例のWikiに書き込んでるアレ関係です。
カラーボックス3つ持ち込んで収納してますが。

  CB
  ↓
 ■■■■←この辺に照明スタンド
 ■
 ■ ノートPC T
 ■ □□   V
 ■ □□
    □□←寝床(布団)
    □□

・・・ええ、ダメ人間のすくつ(なぜか変換できry

750 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 13:09:00 ID:???
>>746
田舎なもので10畳一間の書庫を庭に建てました

ただしジャンルが軍事だけでないこともあって中身は薄味。

751 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 13:26:53 ID:yqNmgLxQ
初心者用スレに投下しましたが、
すれ違いであったようで、
こちらに誘導されました。
同じ質問ですが、投下させてください。


最近、ジェット機に興味を持つようになりました。
@
蒼空の果てに
ttp://www.warbirds.jp/senri/
のような感じで、
ずぶの素人から「ジェット機パイロット」になる、
というような育成、成長にメインをおいた本をご存知でしたら、
教えていただけないでしょうか。
A
ジェット機での、ドッグファイルの妙に重きが置かれて書かれた作品も、
教えていただけたら嬉しいです。

----------------------------------------------------------

服部省吾氏の
・戦闘機パイロットの空戦哲学
・操縦のはなし
・空中衝突

イラク原子炉攻撃

は読了しております。


752 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 13:58:36 ID:???
>>751
自分自身が読んでないので勧めるのもアレだが、
ジェット戦闘機、かつアクロバットとなれば一番有名な日本人として、
故ロック岩崎氏が挙がるのでは。

岩崎貴弘「最強の戦闘機パイロット」をどうぞ

753 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 14:19:14 ID:???
>>751
ドッグファイル?もしドッグファイトのことであれば
朝鮮戦争が舞台のF-86セイバー空戦記なんていかが?

754 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/24(月) 14:20:30 ID:???
眠い人やZII氏やゆうか氏、蔵書量もさることながら
読む時間をどうやって確保してるんだろ・・・
蔵書をそろえるには資金がいるし、そのためには
仕事に時間を割かないといけないし・・・
と悪循環にならんのだろうか(汗
読むスピードが異様に速いとか・・・?

755 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 14:21:08 ID:???
そのものズバリの光人社文庫「ジェット空中戦」もいいかも。

フォークランド紛争までくらいだが。

756 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/24(月) 14:41:10 ID:xBt65s53
>754
条件次第ですが一応毎分3000〜4500字くらい>速読
もろ我流です。
ガキの頃から親しんできた財産ですね。

757 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2008/11/24(月) 14:42:50 ID:xBt65s53
とりあえずこんなページをば。
ttp://www.speedreading.co.jp/read/test/test.html

毎分何文字と計測されるか、測ってみると一興です。

758 :ZII ◆RPvijAGt7k :2008/11/24(月) 14:49:52 ID:???
私は高校の時に部活として図書局長を務めていました。その時に芥川龍之介全集
10巻を読破したことが大きな自信につながっています。入学した時は10段階評価で
4だった国語の成績が3年生では9に上がり、ある模試では偏差値80を獲得しましたからね。

759 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 14:49:54 ID:???
自分の読書スピードなんて始めて知ったわ

760 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 14:52:01 ID:???
>>756
毎分1000字強だった。4000字超えるとかどんだけorz

761 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 14:56:42 ID:???
ものすごく読むのは速いけど、しおりを挟まずに閉じてしまうと
どこまで読んでいたかさっぱりわからない。
そういう乱読ぶりで読みこなしてます・・・

読みやすい文体だったり、特に興味のある分野だと頭の入り方が違って、
かなり集中力出るけど。

後から調べ物する時にはあの本に記述があったな、とわかる程度には覚えてる。



762 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2008/11/24(月) 15:12:50 ID:???
>754
兎に角時間があれば読むくらいですかねぇ。
でもって、並行して何冊も読むと。

通勤の行き帰りで1冊、寝室に1冊、書斎に1冊、トイレで1冊と大体4冊程度並行して
読んでいます。
前は通勤時間が長かったから毎日文庫本1冊ペースだったのですが、最近は2日に
1冊ペース。
寝室は大体文章書きと並行しているので、2週間から1ヶ月1冊ペース。
トイレは入っている時間が短いので、4ヶ月から半年1冊ペースです。
書斎は、その時の暇の具合によりまちまち。

後は目次見てぱらぱら読んで、面白そうだったらじっくり読むパターンかな。

通勤の時は流石に大きな本は何冊も持てないのでハードカバー1冊と、文庫または新書を2冊。
寝室は、その時一番面白そうな本をベッドの隣に積み上げておきますが、これまた大体2〜3冊
並行している場合も多かったり(これは気分による)。
書斎は、一旦寝室で読んだ本を再度読みたい場合、机上に積み上げておいて…。
トイレは、事典、年鑑から相当分厚い本(大体500頁くらいの)を1冊置いてます。

763 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 15:23:40 ID:???
夜に本を読み出すのは危険だね

日付とっくに変ってるのに、あと1ページ、あと1ページ・・・でgdgd止まらない

764 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 16:47:28 ID:???
660文字/分・・・
遅かったんだな俺

765 :二人兄弟の墓 ◆z8d8W/sbaQ :2008/11/24(月) 16:54:14 ID:???
すげぇ 3人とも化け者だ・・
チャリ通+今の職場じゃ寝る前とトイレしか読書時間がない・・・
神保町がすぐ近くにあるのに中々いけないし くやしいのう
>>763
あれ 俺いつ書き込んだかな・・・

766 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 16:57:30 ID:???
この板の住人の人生の楽しそうさ度は異常

767 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/11/24(月) 16:59:17 ID:???
1,200〜1,500字ぐらいかな?
興味とか予備知識の有無によって差が出るかも。

768 :全裸黄金 ◆d8Xqc/vVP2 :2008/11/24(月) 17:17:30 ID:???
2000文字/分か。

でも内容をあんまり覚えていないからなー。
ラノベとか文庫だともちっと早くて、専門書だとぐっと速度は落ちるね。

769 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 17:19:58 ID:???
確かに予備知識が無いと詰まる詰まる…orz

770 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 17:49:24 ID:???
>>764
それが日本人の標準だよ
by佐藤泰正(速読関係で名前がでてくる大学教授って、この人くらい
あとは大体、速読教室経営者)

771 :46式就活生:2008/11/24(月) 18:21:04 ID:???
>読書速度
毎分2500弱ですた。

少しお聞きしたいのですが、このスレで速読(視読)出来る方は
何人ぐらいいらっしゃいます?
私自身、1年くらい教室に通って上の読書速度になったのですが、
速読モードで読むと内容は理解できても全然面白くないんですよね。
たとえば小説であれば粗筋や出来事は押えられても登場人物に感情移入できず、
学術論文で速読をやると自身の理論との相違や共通点を洗い出すヒマがない。
つまり知識になっても自信の知性(思考)に寄与してるとは思えない。

なんで重要な本は黙読で毎分1000字程度で読むと使い分けてるんですが、
それだと数が捌けないんですよね。
ここの百戦錬磨の読書家の方々は、どうやって読書量を増やしているのか
不思議でならないのでお聞きしたい次第。

772 :751:2008/11/24(月) 20:05:19 ID:yqNmgLxQ
>>752さん
岩崎貴弘の著書を読んでみます。

>>753さん
すみません、ドッグファイトでした。
F-86セイバー空戦記、購入してみます。

>>755さん
> 光人社文庫「ジェット空中戦」もいいかも。

水俣滋郎さんのでしたら、手元にあり、読んでいました。
フォークランド紛争までですし、同一の本かと思います。
書き忘れました、すみません。


どうもありがとうございました。


773 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 20:09:51 ID:???
>>772
水俣滋郎じゃない、木俣滋郎だw
あの本は航空戦の本としても木俣さんの本としても稀代の悪書なので、さっさと捨てたほうがいい。
木俣さん、WW2なら良書は何冊も出してるんだがなぁ。

774 :名無し猫又友の会 ◆d/Ss304xco :2008/11/24(月) 20:12:17 ID:???
約3000文字/分ですた。
ちなみに昔、速読のトレーニング経験ありです。

でも、自分も>>771の人のように、
いくら早く読めてもあまり面白みを感じないんですよねぃ。
情景を思い浮かべながら読んでいるわけではないので。
なので趣味の本はゆっくり読んでたり。
速読の意味ないじゃーん、とな。

百戦錬磨の読書家ともなると、
速読と熟読の微妙なバランスの上で読んでいるんでしょうかね?

775 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 20:20:30 ID:???
速読の価値は本から手早く必要な情報を取り出すことにあるので、
小説を速読するのは用法を間違えているとしか思えん
速読は口述筆記の本や回顧録など無駄話の多いものに威力を発揮するものですぞ

776 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 20:21:53 ID:???
無駄話っておまww

そこは報告書とか調査書とか…

777 :751:2008/11/24(月) 20:48:53 ID:yqNmgLxQ
>>773さん
またもや、誤字失礼しました。

木俣氏は、外れなんですか……
その指摘を生かすため、
この本が悪書であると理解できるようになるまでは、
手元に置いておこうと思います。

丁度、手元に読み途中の
「戦闘機メカニズム図鑑」 鴨下示佳氏の本がありますので、
早速比較に……
(これも悪書だとしたら、笑い話ですが)

778 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 21:49:14 ID:???
悪書でも同じ所が間違ってるのはそうないと思うw

グランプリ出版は外れが少ない印象がありますが、いい本だといいですね

779 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:00:00 ID:???
書泉グランテが鉄道ファンの聖地らしいけど軍事マニアの聖地ってあるのかな?

ところでミリタリーがないね。
ttp://www.nri.co.jp/publicity/n_letter/2005/pdf/nl20051002.pdf

780 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:05:35 ID:???
軍事選書堂とか?

781 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:24:28 ID:???
過去ログ置き場にも有るが文華堂とかじゃね?

782 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:28:52 ID:???
鉄の人て国外好きの人って珍しいんじゃ無かろうか?
軍は結構外好きの人口が多いから聖地が難しいかもしれない。

783 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:33:34 ID:???
無関係だがこんなん見つけた

ttp://www.lib.pref.yamanashi.jp/refjirei/bunken/PDF/ref01-senso.pdf

784 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:47:15 ID:???
軍事書籍ファンの聖地も書泉グランデだと思うが。
あそこの蔵書はぶっちぎり。

785 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 22:56:26 ID:???
書泉はいつまで持つのかなあ

786 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 23:10:16 ID:???
書泉グランデは軍事コーナー狭杉だべ?
大体書籍も大したモン置いてないし

萌え系の占有率たるや、何だかもう悲しくなるぜ

787 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 23:38:17 ID:???
>>757
一般用の速度計測4つやってみたら上から5463,4190,4932,4843文字

でも早く読めるかどうかと理解できるかどうかは別問題だからな・・・


788 :名無し三等兵:2008/11/24(月) 23:54:22 ID:???
太平洋戦争の開戦に至る経緯を詳しく書いてる書籍がありましたら教えてください。お願いします

789 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 00:03:06 ID:???
>>788
今書店に並んでる学研の新シリーズ読んでみたら?
ゆうか氏には評判悪いようだがw

790 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 00:05:31 ID:???
>>788
日本国際政治学会「太平洋戦争への道」(朝日新聞社)全7巻+別巻

791 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 00:10:15 ID:???
半藤一利「昭和史」


792 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 01:23:59 ID:???
>>778
グランプリ出版の本はしっかりした人に監修させてるので技術的な誤りが少なく信用できるけど、
記述に突き放した点があるんで初心者にはちょっととっつき難いと思う。
どちらかと言えば中級者が基礎を固めるための本かな。
>>784
いろいろ見たけど、やはりグランデに勝る店はないというのが自分の感想。
鉄ヲタ兼業なんであそこの6Fは何時間いても楽しい。
>>782
海外鉄も昔から結構いるけど、基本的に鉄道の世界は和書のレベルが物凄く高いんで
洋書に頼る比率が小さい(現役蒸機情報程度か)。
逆に軍事は和書の裾野が狭いんで、ある程度以上のマニアになると洋書必須だよなぁ。

793 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 10:56:12 ID:???
>>777
木俣の書いた本全てが悪い訳ではないよ
昔出された撃沈戦記シリーズとかは個人的に名著だと思うけどな
(ちっとも華々しくない、超ド級にマイナーな海戦も資料を調べて解説しているし)


794 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 13:19:43 ID:/7FMgvQi
>>788
学研の新しいシリーズで出た第一巻は
太平洋戦争の開戦に至る経緯を知りたければお奨めだよ
今までのような「はじめにハルノートありき」じゃなくて
20世紀初頭からの日米関係(けっこう友好的な時期の方が長い)から
軍事に加えて政治と経済の両面でも追ってるから
ありがちな「軍人思考」で書かれた本とはだいぶ毛色がちがう
田母神チックなトンデモ陰謀論からもちゃんと距離を置いてるし
イギリス、ソ連、ドイツの中国との関わりなども面白い

>>789
軍艦の編成図とかはテーマからするとオマケみたいな扱いだから
それで本全体を評価するのはフェアではないのではないかと

795 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 13:32:25 ID:???
>書泉グランデは軍事コーナー狭杉だべ?
>大体書籍も大したモン置いてないし
じゃあ、オマエが開店しろ

それはともかく、グランデは、周辺も回って補完すればいい。



796 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 17:50:42 ID:???
アーロン・コーエン著「潜入工作員」原書房 1800円+税

いろんな意味で生々しい本だった。それはさておき・・・
この本の一部にでてくる、在ハリウッドユダヤ人セレブピープルの心象風景が、
在日お金持ちピープルの心象風景と根底で相通ずるものがあって、鍵になると思う。

797 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 22:32:27 ID:???
日本帝国海軍が分かる書籍がありましたら教えてください。
出来れば文庫希望です。

798 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 22:47:39 ID:???
>>797
大海軍を想う 伊藤正徳著

799 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 00:30:56 ID:???
>794
学研の新しいシリーズの第一巻ってこれのことですか?
ttp://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1860534600
こんど本屋で探してみよう…。

800 :304:2008/11/26(水) 00:43:08 ID:???
今夜、仕事帰りに横浜駅西口の有隣堂に寄ったら、ルーデルの『急降下爆撃』(学研M文庫)が7冊あった。
ポップまで立ってた。
倉庫に仕舞ってあったのかな?

801 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 01:08:25 ID:???
>>800
学研M文庫の『急降下爆撃』は既に絶版になってたような…。
一冊こっちに回せとw

802 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 01:28:02 ID:???
>>800
ちょwww
ポップの内容を教えてくれ。

全く関係ないが、コンビニに"自分に価値がないと思ったときに読む本"という
のが置いてあったが、そんなの読むより急降下爆撃を読む方が効きそうだ。
いろんな意味で。

803 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 02:24:44 ID:???
Amazonマーケットプレイスにおいて『ソ連地上軍』の価格低下を確認。
先日まで20000円を記録していたが現在約6500円〜。

804 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 07:06:06 ID:???
急降下爆撃、って自伝的架空戦記やん?

805 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 10:17:12 ID:???
amaの中古値段なんざなんの参考にもならん

806 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 12:24:14 ID:???
>>794
一般論だが、細部にケチをつけて、それで全否定するってダメオタの得意技じゃんw


807 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 17:16:44 ID:???
『急降下爆撃』は朝日ソノラマ版は誤訳が結構多かったね。
学研版になってどうなったのやら、
「ハリコフ」のこと「シャルコウ」とか書いてるんだろうけど。
(発音的にはシャルコウのほうが正しい)


808 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 17:44:01 ID:???
まぁ翻訳された時期が時期だから仕方がないが、独語原著→英語版→日本語版だし
基本的に兵器の名前を一切調べずに翻訳されてるからね。

「空のコブラ機」とかなら想像できるんだが、いろいろエスパーしないといけない。
関連本も含めて完訳本が出て欲しい気がする。

809 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 17:46:55 ID:???
完訳すればそれなりに売れそうだが、何故やらんのだろう。

810 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 19:27:35 ID:???
それなりにしか売れそうにないからだろう

811 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 19:51:25 ID:???
>>807
同じだよ

812 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 19:58:28 ID:???
ああ、そうなんだ。
某軍事掲示板で
「鉄グスタフ」→「シュトルモビク」
「赤色ミシン」→「赤軍機」
とか教えたことがあったんだが。あれは学研版の翻訳者じゃなかったのか。
もちろん「シャルコウ」はハリコフのことだとは教えなかった。
聞かれなかったからな。

813 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:00:50 ID:???
鉄グスタフ…赤色ミシン…

もはや暗号レベルだなw

814 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:02:11 ID:???
キャサリン→カセリーヌとかよりむずかしいな

815 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:07:47 ID:???
He111の事が、ページ毎に訳し方が変ってしまって、He111/HeIII/He3と
ついには原型を留めていなかったり・・・

ただ、昭和30年代の翻訳としては非常にまともな部類だと思うよ。
今でも十分読めるもん、固有名詞はあちこち間違ってるが、訳自体はうまいんだ。

816 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:10:18 ID:???
赤色ミシンは流石に無いわ
訳してておかしいと思わないのかな

817 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:10:20 ID:???
いや、昭和27年の翻訳だった。

これで現代に通じるあの訳は奇跡的だと思う。

818 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:11:16 ID:???
キャサリン→カセリーヌ
は映画「パットン大戦車軍団」を見ると
たしかにオマー・ブラッドレー(役)は
「キャサリン」といってるけどなww

819 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 20:36:37 ID:???
初心者質問スレから誘導頂きました。
マルチになってしまいますが、こちらで質問させていただきます。

この本を読んだことがある方がいましたら概要を教えてください。

「よみがえる日本海軍−海上自衛隊の創設・現状・問題点」
ジェイムス・E. アワー著, 妹尾 作太男訳


820 :800:2008/11/26(水) 23:25:12 ID:???
>>801
2008年11月28日 第3刷発行  だそうな。

>>802
店頭でメモってきたぞ。すンげぇ恥ずかしかったんだから。

  * * * * * * * * * * * * *

  自 ら を 価 値 ない と 思 っ て い る 者 こ そ が
  真 に 価 値 な き 人 間 な の だ 。

  ・出撃回数  2530回   足を吹っ飛ばされた
  ・被撃墜回数   90回   ことよりも
  ・戦闘による負傷 5回   戦場に赴けないことを
  ・潰した戦車  519輌   悔しがる
                   これぞ真の戦闘狂

  独 の 撃 墜 王 、 ル ー デ ル 閣 下 。

  * * * * * * * * * * * * *

821 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:15:18 ID:???
なぜ、写真に撮ってこなかったのだ。

822 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:20:19 ID:???
>>821
それは見たかったら、
自分で行けという事だろ。

823 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:21:53 ID:???
書いたやつ絶対ネット系グノタだな

824 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:22:13 ID:???
>>820
おつかれ。
少なくともそこの店員さんは喜んでいると思う。

825 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:35:02 ID:???
VIPとかで祭り上げられたからかね。
何故かロリコンなどとも言われる様になってしまったが……

826 :800:2008/11/27(木) 00:36:41 ID:???
>>821-820
携帯もデジカメも持っていないから・・・

827 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:51:51 ID:???
>>825
幼女妻の話って出所はどこなんだろうな?

20歳年下の女の子と結婚したって話はいろんなところで聞くが、ソースが明確じゃないのが何とも…

828 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 00:54:19 ID:???
>>820
増刷かかったのか
ネットのルーデルブームが効いたか(笑)

829 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:01:52 ID:???
>>820
撃墜王は後部銃座の彼じゃね

830 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:03:55 ID:???
正しくは撃破王か。

831 :802:2008/11/27(木) 01:20:14 ID:???
>>800

本当にありがとう。

しかし、これを読んで手に取るより、なわけねーだろと思うのが常人だろうな。

832 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:40:04 ID:???
ルーデルは凄いと言う話を聞くたびに、後部銃座の彼の苦労を思って涙が出そうになるな

833 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:41:10 ID:???
だが、後部銃座の彼もまた超人だったりするので困る。
さすがにルーデルの酷使に耐えかねて死ぬが。

834 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:43:36 ID:???
いや、初代はルーデルが原因の死じゃないし、四代目は死んでないじゃないかw

835 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:47:46 ID:???
ルーデル機は前と後ろを合わせて1000万パワーて感じだな

836 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 01:50:19 ID:???
↑えろい

837 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 02:22:46 ID:???
>>827
戦中、幼女だったのかという話におひれが付いたんじゃない?

838 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 02:49:58 ID:???
>>815
He3は勘弁してくれwマジでwww。
新手のヘリウム化合物かいそりゃw。
>>820
俺生まれつきの横浜市民だけど有隣堂自重しるwww。
なんつーかやりたいからやっちゃいました感がプンプン漂ってくるな。
閣下がもし読んだら5分後にダイヤモンド地下街に急降下爆撃してきそうだw。

839 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 09:37:06 ID:???
>>815
!!!長年疑問だった"He3"の正体がやっとわかりました。
ありがとうございます。

840 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 10:50:51 ID:???
>>837
え、大戦初期に結婚してるけど。53ページくらいであっさり結婚してるよ。

ケガした時のお見舞いにいろんな美女が来て、
幼い妻を見て眉をしかめるシーンが・・・

841 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 10:54:22 ID:???
>>840
その妻は戦中か戦後間もなく病死し
1950年代に姉ちゃんと結婚

2人は全く別人

842 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 17:41:34 ID:???
姉妹丼…?

ラノベの主人公じゃなくてエロゲの主人公だったのか

843 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 17:50:31 ID:???
キモロリがミスリードし続けた結果こうなった。

844 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 17:51:15 ID:???
>>842
姉ちゃん=(若い)ねえちゃん
ってこと姉妹じゃない。

845 :シグルイ風に世界史を語るスレより:2008/11/27(木) 21:57:19 ID:???
>>832
416 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2008/03/02(日) 21:03:10 0
ヒトラー「ルーデルが出撃するのをやめさせい!」

命を受けて軍医が囲んだが おいそれと近付ける状況ではない
ひとり進み出たるはエルンスト・ガーデルマンという者
部隊では“医者のガーデルマン”で通っている

東部戦線の空は 地獄を思わせる戦場であったが
軍人にとっては命令は絶対である
周囲は憐れんだが ガーデルマンはこの任務に励み何度も生還した

“人は姿にあらず”
ガーデルマンの信念である
「ルーデルどの天晴れな働きぶり、骨の折れたことにござろう
 入院して、治療に専念されては…」

「おお…」「流石はガーデルマン…」

上官は知っていた新たな後部機銃手に出くわしたルーデルは
決して唸ることなく 穏やかな目をすることを


846 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 01:02:32 ID:???
いや、実話そのまんまの方が面白いから

847 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 03:51:27 ID:???
普通、脚色された方が面白いのにルーデルだけは何もしなくても面白いんだよな

848 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 10:31:58 ID:???
>>818
ドイツ語読みだとカイザリンに近くなるのかね?w
現地語読みにこだわっても、アメリカ映画やドイツ映画を見るのに役立たねー
ってなんか間抜けだなw

849 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 13:59:54 ID:???
「あの」アンサイクロペディアが、事実しか書けなかったくらいだからな<ルーデル

ちなみに洋物のタイムスリップ仮想戦記では、ルーデルがマルヨンで降爆する話があるそうな

850 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 15:19:19 ID:???
マルヨン……そうか、かの国では地上攻撃にも使ってたんだな
奴のことだから「ヨーロッパ化」導入以前の同僚が四苦八苦してる時期に
しれっと簡単に飛ばしてしまうんだろうな……

851 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 15:29:01 ID:???
ルーデルの場合マルヨンで墜落事故を起こしたとしても、
さっさと別の機体に乗って再出撃してそう

852 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 15:57:03 ID:???
日本のマルヨンは、宇宙怪獣ギララの攻撃に投入されてたはず
もしもルーデルが操縦していたら或いは…

853 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 17:41:49 ID:???
でもまあ、日本のマルヨンはドッグファイトをしてヤンキーをびびらせてるしw

854 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 18:16:12 ID:???
712 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 18:14:26 ID:???
>>643 >>648
自衛隊「影の舞台」情報戦 秘録  松本 重夫 著 アスペクト 定価1,890円
読後コメント:
この本はこの一冊だけ単独で読んでも十分凄味があるが、
インテリジェンス関係の本を何冊か読んだ後にこの本を読むと、
それまで平面図だったものが立体的に見えるようになるがごとく、
インテリジェンスに関する知識が立体的に見えてくる。
無人島に持っていけとまでは言わないが、日本人にはぜひ読んで欲しい。

855 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 21:50:11 ID:???
>>849
アンサイクロとは直接関係ないけど、未だに「5歳児と結婚した!」とか真顔で言ってるヤツを見ると
割とぐんにょりする

856 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 22:13:14 ID:???
旧日本軍の兵器に詳しい書籍がありましたら教えてください。

857 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 22:25:49 ID:???
>856 日本陸軍便覧。
兵器・戦術・軍制まで太平洋戦争における日本陸軍についての全てをまとめ上げた、これ以上はない日本軍概括書。

…編纂者が誰かを考えると、果てしなく脱力するがorz 勝てる訳ねー。

858 :名無し三等兵:2008/11/29(土) 00:24:50 ID:???
>>856
兵器なら、光人社文庫の「日本陸軍〜入門」シリーズが良いと思う。
火砲、戦車などジャンルごとになってるので、お好みで。

>>857
よくできた本だけど、さすがに間違いも多いよ。
ほかの本で十分に詳しくなってから読むべきものと思う。

859 :名無し三等兵:2008/11/29(土) 07:47:47 ID:???
佐山さんの文章はクセがあって話題が飛ぶけど、慣れると楽しい
値段の割に充実してるよね、入門シリーズ

860 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 00:43:26 ID:???
国家総力戦について調べてたらこんなの見つけた
http://www.keibunsha.jp/books/9784905849896.html
ところでルーデンドルフの国家総力戦って古書以外だと買えないの?

861 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 01:04:15 ID:???
>>860
買えない。
どうしても新品が読みたいなら、
復刊どっと混む辺りでリクエストでも出してみたらどうだ。

862 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 01:15:51 ID:???
>>861
サンクス
神保町に足を運んでみるよ

863 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 11:02:39 ID:???
>>827
スレチな話だが、伝説的英雄スレによると、wikiの
>1955年にパラグアイに移住。20歳以上年下の女性と結婚し、子どもを儲けた。
の文を一緒にして読んじまった奴が
嬉々としてアンサイクロに書き込んだのがはじまりだと。
実際は1965年に21才の人と結婚したみたいだ>ルーデル

864 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 11:23:10 ID:???
>>863
それだけ若い女をゲットできるとはルーデル恐るべし

865 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 19:52:56 ID:???
なんで太平洋戦争は途中でやめなかったんですか?
戦況が不利に例えばミッドウェーに完敗した時やサイパン陥落時に多少不利な講和でも結んでおけば
原爆は落とされなかっただろし領土も現状よりは確保出来たと思います
帝国は残っただろうし陸海軍自体も解体されずに済んだと思います
日本は完敗するまで講和することは考えてなかったんですか?

866 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 19:55:36 ID:???
>>865
お前歴史習ったことあるか?

867 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/11/30(日) 19:57:40 ID:???
>865
戦争ってのは相手のあることだから、こっちがやめたいと思っても
条件にかかわらず相手がはいそうですかと受け入れてくれるとは限らないのよ

868 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 20:15:12 ID:???
ってかスレ違いだな

869 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 20:29:14 ID:???
分断されたドイツに比べたら、日本の敗戦タイミングは絶妙だったと思うが。

もし開戦しなければ今の北のような困窮状態、ジリ貧化していっただろうし。

870 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 21:28:35 ID:???
>>865
というか、捷号作戦は講和の糸口となる決戦をもとめてのものだし

871 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 21:42:14 ID:???
>>870
決戦でちょっとでも勝って有利な条件で講和ってのが
真珠湾の時からの前提だもんな
向こうが激怒しちゃうとか講和に応じないなんてのは予想外

872 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 21:44:03 ID:???
>>869
言い方悪いけど天皇陛下のお陰で今の豊かな日本があると思う。
あの人がいなかったら戦後クーデター、敗戦を認めないなどで今の日本はないだろうし。

873 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 21:55:55 ID:???
「戦艦ウォースパイト」っていう本があったんですが、これは買いですか?

874 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 22:14:18 ID:???
>>873
値段とあなたが興味を持っているかにもよる。
日本語で読めるウォースパイトについてのみ記述された
本としてはおそらく唯一の物。
内容はウォースパイトの生涯について、
戦闘と改装に重点をおいて書かれている。
ハードカバーで246ページ。

個人的にはちょっとムラがあって物足りなかった。

875 :873:2008/11/30(日) 22:36:28 ID:???
なるほど、ありがとうございます。
興味はあるし、古本で580円だったのでちょっと突撃してきます。

876 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 22:56:04 ID:???
amazonで人殺し大百科を購入。

公安にマークされそうで怖いお

877 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 23:57:01 ID:???
>>854の読んでインテリジェンス関係を読みたくなったんだけど何を読めばいいですか?

878 :名無し三等兵:2008/11/30(日) 23:59:43 ID:???
とりあえず最近出たばっかりの「自衛隊の情報戦」あたりが良いんじゃね?

879 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 00:45:55 ID:???
>>876の部屋に公安ローラー作戦部隊が!

880 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 00:51:44 ID:???
そういう本買っておいて一番まずいのは、近所で事件が起こった時じゃないか?

本棚見られたら一発でアウトだし、そういう本が家の中にあると、
聞き込みに来た時にどうしてもオロオロしてしまうと思う。

見られてはいけない物を隠してる人って、
ローラー作戦で回ってる時はどうしても目だってしまうもんだよ。

881 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 01:52:58 ID:???
>>880
近所で事件があったんで一度自宅にポリさん呼んだが、「森に木を隠す」戦術は有効だぞw。
あまりにアレな本ばかりだと彼らも諦めて家捜しするのを止めます。

でも彼らは通報者/被害者の側からもちゃんと抜かりなく情報を抜いていくね。
事件に関係ない身辺情報聞かれまくった。

882 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 02:04:05 ID:???
>>881
アレな本ばかりだから関係ないことも聞かれたのでは?

883 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 11:03:42 ID:Rr7kWiXB
質問スレから誘導をいただいてこちらに来た者ですが
ちょっとお尋ねします。

WW1でトハチェフスキーは独軍の捕虜になって、5回の脱走の末に
本国に帰れた、といいますがこのときの経緯について
ご存知の方はいませんか?いくら地続きとはいえ、厳重に警戒されている
捕虜がはるばるロシアまで帰れたってのが不思議なんです。
どんな手を使ったんでしょう?
この件について触れられた本などご存知でしたら、
ぜひとも情報をいただきたく・・・

884 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 13:17:57 ID:???
>>883
学研M文庫の「20世紀最大の謀略 赤軍大粛清」(ルドルフ・シュトレビンガー)
今手元にないんで確認はできないが、この本にトハチェフスキーの脱走についての記述があったはず。

885 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 14:45:50 ID:???
初質よりこっちが回答が貰いやすいと思うので質問
戦車猟兵・対戦車砲兵の編成や装備、戦歴を纏めた書籍はありますか?

戦車に関する本はあっても対戦車砲に関する本は余り見ないので

886 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 16:21:59 ID:???
>>885
オスプレイのシリーズで
『突撃砲兵と戦車猟兵』
『8.8cm対空砲と対戦車砲』
『第二次大戦の歩兵対戦車戦闘』
が出てる。
一番下以外持ってないんで断言はできないが、有用だと思う。
あとは少し外れるが、源文氏の『武器と爆薬』もいいかも。火薬を使う兵器を一通り解説してて、ソ連76.2mm野砲の発射手順が載ってたりする。

887 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 16:26:50 ID:???
>885
読んだ事が無いんでご希望に添えるかどうか分からんが「対戦車戦」(ジョン・ウィークス/国書刊行会)ってのがある。
どこかのスレでコテハンがレビュー書いてたので記憶に残ってた。
1980年出版らしいんで、古本屋か図書館で探すしかなさそうだ。


888 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 16:36:03 ID:???
>>883
手元に>>884で出た本があったので確認したらトハチェフスキーの脱走について記述がありました。

1917年8月、散歩中に列から離れて脱走
      ↓
徒歩でスイス領内へ
      ↓
パリへ赴きフランス駐在のロシア軍事全権に面倒を見てもらう
      ↓
軍事全権の口ぞえでロンドンに駐在していたロシア軍中将に
帰国の手はずを整えてもらう
      ↓
1917年晩秋、ロンドン経由でロシア帰国

ということだそうです。

889 :883:2008/12/01(月) 16:50:58 ID:???
>>884 >>888
ありがとうございます。
赤軍大粛清、安そうなのでやることにしました。

890 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 20:37:18 ID:???
>>889
赤軍の大粛正をやるとな?
あなたはスターリンおぢさんですか?

891 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 22:34:08 ID:???
>>875
その値段で興味があるのならなら間違いなく買いです。
うらやましい。

892 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 22:45:31 ID:???
最近古本屋で買った本に付いてきた「付録」

グエン・ザップ「人民戦争論」の巻末に付着していたとある高校の図書カード入れ(いろんな意味で吹いた)
外山三郎「大東亜戦争と戦史の教訓」のカバー裏に挟まっていた防衛大のカリキュラム(昭和57年度後期)


893 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 23:08:56 ID:???
>>885 まだ出てない所で、大日本絵画のDVDブック「対戦車戦1943」
イアン・フォッグ「大砲撃戦」(文庫は省略多くて駄目。赤本で)

あと、>>887の対戦車戦はいいぞ。全編に渡ってブリテン分が溢れる傑作だ。

894 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 23:09:04 ID:???
>>892
つまり、元は高校の図書館所蔵の本だったのかw
母校にも大正年間に出版されたマルクスの資本論とかあったけど。
良く購入通ったなぁ。

895 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 23:10:12 ID:???
>>894
ともかく予算を消費しなければならないのにこれ以外の意見が出なかったんじゃ枚かwwww


896 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/12/01(月) 23:29:44 ID:???
>>885
あと、ジョン・ウィークスの「対戦車戦」

編制・装備・戦歴というより、対戦車火器の編制をおった感じのもの。
WWIから中東戦争あたりまでフォローしてたと思う。

897 :ばばぼん♪ ◆gdH1Km1a0U :2008/12/01(月) 23:30:51 ID:???
失礼、「編制をおった→変遷をおった」

898 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 23:42:22 ID:???
対戦車戦なら、都立図書館の中央にありますが、現在改修工事のため利用できません。

>>896で書かれている奴です。

対戦車砲の重量と威力、戦車の装甲厚の関係などを追っており、
最後の締めくくりが対戦車誘導弾だったかしら。

http://catalog.library.metro.tokyo.jp/cgi-bin/exec_cgi/ibibser.cgi


899 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 23:56:09 ID:???
うちの市立図書館に何故かある>対戦車戦。都内市部だと最近相互利用が進んでるから、リクエスト出すだけ出してみたら?

900 :名無し三等兵:2008/12/01(月) 23:58:50 ID:???
>>898
そもそも中央って閲覧オンリーだった気がするorz

901 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 00:11:29 ID:???
多摩に『秘密機関長の手記』があるんだよなぁ。

902 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 01:01:23 ID:???
>>885
ttp://www.amazon.co.jp/Die-Geschichte-2-Wiener-Panzer-Division/dp/3895552674/ref=sr_11_1/376-1131344-7522126?ie=UTF8&qid=1228145619&sr=11-1
これPz.Jg.Abt. 38 (SF) in der 2. Wiener Panzer-Divisionの新装版で、第38戦車猟兵大隊史だそうな。

903 :885:2008/12/02(火) 11:38:43 ID:???
多くの回答ありがとうございます
「対戦車戦」の中古があったので購入してみようと思います

904 :46式:2008/12/02(火) 11:47:45 ID:???
>>900 >>898
都立図書館の中央って使い勝手はいかがなものですか?
閲覧だけだと知って、なら国会図書館いけばいいじゃん、と思い
一度も行ったことないんですが。

905 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 11:50:24 ID:???
http://news.searchina.ne.jp/2008/1202/national_1202_002.jpg
中国全土の芸術系大学などで彫刻を専攻する学生が精魂込めて製作した作品48点を一同に集めた展示会が
北京市内の中国国際展覧センターで11月30日から始まった。
特に今年は蔡磊さんと王海波さんの2人がロボットをあしらって製作した『肇事者』(写真)が来場客の注目を集めた。
(中国新聞社電)

906 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 11:51:01 ID:8sclR81o
>>905
すいません、誤爆です

907 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 12:25:21 ID:???
>>904 国会図書館には行ったことがないのです。通学路の行き帰りで
通るもので利用していました。

入り口でロッカーに手提げを預けることと、閉架が多かったことが
記憶に残っています。

館内の雰囲気は落ち着いていたと思いますが、なにぶんかなり前の話
なので参考までにどうぞ。

908 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 12:32:41 ID:???
>>904
国会図書館より、本が早く出てくる。
一度に出せる本の数も多い。

909 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 12:55:52 ID:???
>>907
気分を害したら申し訳ないが、もしかして愛育病院の側にある高校に通ってた?
>>904
俺も中央が近かったから利用してた。
近い方に行けばいい気がする。

910 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 13:02:49 ID:???
麻布ー

911 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 13:04:52 ID:???
中央は学生のときよく行きましたなあ
ロッカーのコインが放置されていたのを
よく覚えています

912 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 17:36:35 ID:???
Images of war panzerdivisions 39-45

写真集みたいなもんだけど、ジオラマのネタになりそうな、しっかり演出されたw写真ばかりで
ボリュームもあって良かった。




913 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 20:19:20 ID:???
>>909 そんなお受験の高校には行っていないですよ。地方出身者です。
大学から3時間かけて歩くときの通学路の半ばに丁度位置していました。

当時は堤総帥の邸宅がまだ建っていた頃の話で、世間じゃオウム真理教の本部が
青山にあるってのでマスコミと見物客がどっと繰り出していたあたりです。

で、マスコミといえばその通学路にあったパン屋を取材ラッシュで潰したことを
私は忘れていません。

914 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 22:57:25 ID:???
太平洋戦争の開戦に至るまでの日米交渉の過程を詳しく記載してる書籍を教えてください。
なるべく公平な目線で最新の情報が載ってるものを探しているのですが古かったりでなかなか良いのものが見つかりません。
A4サイズのものではなくて文庫版か普通のサイズ(B5)くらいので探しております。お願いします。

915 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 22:59:22 ID:???
新しい情報を探すなら、文庫に落ちるのを待ってては駄目っす。
そもそも売れない学術的な研究だと、文庫に落ちない。

916 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 23:17:27 ID:???
http://www.archives.gov/

ここらにありそうです。

917 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 00:16:00 ID:???
対戦車戦といえばあまりに酷いんで訳者が削っちゃったっていう60SPRRの話はどんなものだったんだろう・・・

918 :46式:2008/12/03(水) 00:31:24 ID:???
>>907 >>908 >>909
情報ありがとうございます。 m(_ _)m

919 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 00:52:59 ID:???
>>911


920 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 10:02:53 ID:???
>>917
その辺からどういう見方をされていたのかの参考にはなると思うんだがなぁ。
それ読んだバカがアマゾンのレビュー辺りでゴミ扱いして、
買う側もそれに左右されちゃうようだと商売としてはカットした方が無難か。
なんだかなー。

921 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 15:00:27 ID:???
田母神論文みたいに大日本帝国、大東亜戦争等をを肯定している本で
おすすめのものを教えてください

922 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 15:05:29 ID:???
>>921
竹下義朗
僕はこの方のお蔭で真実を知ることができました

923 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 15:11:42 ID:???
俺は読んでないが、林房雄『大東亜戦争肯定論』。

924 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 15:22:29 ID:???
>>922-923
即レスありがとう。amazonで調べてみる

925 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 15:26:29 ID:???
電波浴でもするつもりかw

926 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 16:47:27 ID:???
>>921
『近代の超克』

927 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 20:06:45 ID:???
>>921
無えよ

928 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:04:34 ID:???
>>921
『大東亜戦争への道』中村粲著

929 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:11:06 ID:???
>>928
それは新品で買えますか?

930 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:19:18 ID:???
>>929
密林で売ってるぞ
俺は数年前にジュンク堂で買ったが

931 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:30:46 ID:???
フィンランド冬戦争〜継続戦争を扱っている物で
ソビエト視点の記述がある書籍は何かあるでしょうか?
もしくは、かなり客観的な分析を行っている
書籍でもかまいません。

932 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:32:14 ID:???
>>930
有難うございます。助かりました。

933 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:42:14 ID:???
>>921
すでに出てるが
・河上徹太郎ほか『近代の超克』(冨山房、1979年)が一番面白い希ガス。新品入手可能。
同時代(1943年)に日本のやっている戦争を積極的に意義付けようとして
「日本は大東亜戦争をやっている、
 しかるに近代=植民地主義の欧米支配の時代を超克したんだ」という
結論を導き出すあたりは単純に面白いし、太平洋戦争を考える上では無視できない指摘だと思う。
ただ座談会の再録なのでややタルい。同じ結論を出すものとして
・高山岩男『世界史の哲学』(こぶし書房、2001年/原著1942年)が。

あとの本は肯定しているというか、当時の行動を理解尊重している本で面白いものだけど
・井上寿一『アジア主義を問いなおす』(ちくま新書、2005年)
・波多野澄雄『太平洋戦争とアジア外交』(東京大学出版会、1996年)
がある。井上は日本が1938年に「東亜新秩序」を訴えたのを、中国のナショナリズムを尊重した形で
戦争を続けるギリギリの選択として、波多野は戦時下のアジア外交を描いて、1943年の大東亜会議が、
連合国の唱える大西洋憲章に対抗する大義名分を戦争に付与するために日本が四苦八苦した結果として描いている。
結論は日本のひとりよがりを批判してるけど、下手な肯定論よりは面白い。波多野本はやや入手困難。

・クリストファー・ソーン『太平洋戦争とは何だったのか』(普及版、草思社、2005年)も、
太平洋戦争の長い眼で見た意義は白人優越主義の相対化や脱植民地化にインパクトを与えたことだよね、と
論じてる。別に変な「親日派」じゃなくて、きちんとした実証研究もしてきた人だから信頼できる。訳文が死んでるけど。

悪いのはコミンテルンなタモちゃんの種本なら渡部昇一や中西輝政、黄文雄あたりでもいいんだけど
どれも文に品がないし薄いから、三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』あたりがいい

934 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:43:48 ID:???
独ソ戦を詳しい書籍はありますでしょうか?

935 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/12/03(水) 23:52:17 ID:???
>934
詳しいのなら「詳解独ソ戦全史」(学研M文庫)とか。

936 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:53:10 ID:???
>>935
ありがとです!
参考にします。

937 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 23:58:22 ID:???
『完全分析 独ソ戦史』
『詳解独ソ戦全史』
『ソヴィエト赤軍興亡史』
こんなところか。

『どくそせん』も評判は良いみたい。

938 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 00:14:02 ID:???
古い本だけど『戦うソヴィエト・ロシア』もいいぞ

939 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 00:15:19 ID:???
>>938
ソヴェトだった。時代を感じさせるタイトルではある

940 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 00:50:24 ID:???
>>934
パウル・カレルも行っとけ。

941 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2008/12/04(木) 01:11:39 ID:???
>938
古すぎて入手が…

942 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/12/04(木) 01:17:02 ID:???
>934
【ソヴィエト赤軍興亡史I〜III】
と対になる
【ドイツ装甲部隊全史I〜III】
の両方をあわせて読むと大吉

943 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 04:26:23 ID:???
パウル・カレルの本の正確性ってどうなんだろう? 「負け惜しみが強すぎる」というのも聞くし。

以前、某自由ドイツ国民委員コテが紹介していた『ザ・ソ連軍』をやっと読み終わったが……誤植がやや多い。
内容は後で確認しなきゃならないなあ。SAM部隊の戦時編制の話とか、狙撃兵師団内の独立戦車大隊の話とか、初めて耳にしたのでちょっと。
とはいえ、面白いから読んでおいて損はないというのは良くわかる。
手に入りやすいし、冷戦期ソ連軍入門としては最適か?

944 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 04:43:33 ID:???
講談社の『世界の戦争 1〜10』って包括的な戦史入門に使える?

945 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 09:34:53 ID:???
>>934-943
この↓スレの最初のあたりに書評あり
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1220000900/l50

946 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 15:25:18 ID:???
>>942

>【ソヴィエト赤軍興亡史I〜III】


IとUが何処にもありません!
神保町にもないってどういうことですか!?

947 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 15:44:46 ID:???
>946
Amazonの中古とヤフオクにあるじゃん

948 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 18:02:25 ID:???
ハンチントンの「軍人と国家」復刊決定
ttp://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=32104&tr=s
最近原書房は過去の名著をよく復刊してくれてナイスだな

949 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 18:39:41 ID:???
>>948
むしろ政軍関係論の必読文献なのに絶版だったのが異常だよね。
日本の論壇界隈はあれだけ文民統制にうるさいのに。
田母神騒動において色んな意味で熱くなってた連中に購入を義務付けたい。
そしてPerlmutterとFinerの邦訳を(ry

950 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 18:51:44 ID:???
ランチェスター思考 ランチェスター戦略学会監修/福田 秀人著
http://www.toyokeizai.net/shop/books/detail/BI/c7478ed2f1d53a9bf49ca1ba49fafb9b/

951 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 18:54:22 ID:???
>>948
復刊ドットコムって初めてなんだけどこれって100部限定?

952 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/12/04(木) 18:55:29 ID:???
>946
尼も、定価以上してますねー。特にIIが5k近くですか・・・
まあ、がんばって下さいとしか言えませんが・・・

あとは、WW2シリーズが一部復刊されてるので、ここいらの復刊に期待して待つか・・・


>943
>某自由ドイツ国民委員

さて?いったい誰のことでしょうか?

>「ザ・ソ連軍」
これは正編の後半と、続編の前半を「ソ連地上軍」を理解するサブテキストとして
後の記述は噂話程度に読み流すのが吉かと。

でも、このサブテキストとしての価値だけでも十分有用だと思いますよ。

953 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:01:10 ID:???
スヴォーロフ氏って既に実名も顔も公開してるんだよね
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Viktor_Suvorov

954 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:02:55 ID:???
amazonはカード審査で撥ねられるワープアにはきつい

955 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:05:10 ID:???
100部だから上下巻全部売り切ると50万円か。

印刷費と手間代でまぁまぁなんだろうな。

956 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:06:12 ID:???
>>954
ワープアは無職最強のVISAデビをどうぞ。クレジット板にいけばいいよ

957 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:18:21 ID:???
>951
同じくちょっと前に復刊したマッキンダーは普通に有隣堂でも売ってた
そこが確保した分が100ってだけじゃね?

958 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:20:06 ID:???
リデル・ハートも復刊ドットコムでは品切れしてるがAmazonにも本屋にもある。

959 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:31:01 ID:???
>>951
復刊ドットコムは100人分の復刊要望が出ると復刊交渉始めてもらえるはずだからその関係の数字じゃないか?

960 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:39:57 ID:???
>>946
通学で寄れる図書館に全部揃っている俺は勝ち組

961 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 19:45:07 ID:???
>>951
受注分だけ印刷というわけではなさそうなので多分100部以上出る

以前復刊ドットコム限定だった本を注文した際は
予約(要望でなく)が一定数以上に到達したら
その分だけ刷っていた

962 :951:2008/12/04(木) 20:00:31 ID:???
みんなありがとう
今、金がないけど無理して買おうか悩んでいたがもう少しして余裕できてから買うわ

963 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 20:02:58 ID:P/cEYFTV
初心者質問スレから誘導されてきました。
戦中の出版物・あるいは戦後の公式出版物などで
Boforsを(ヴォフォース)と表記しているような書籍、ございますでしょうか?

964 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 20:13:41 ID:???
>>963
記憶にある限りない。
もっともおいらもすべての書籍に目を通してないので、
無いとは断言できない。

965 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 20:23:09 ID:P/cEYFTV
>>964
回答ありがとうございます。
やはりそうなりますよね……私も自分の知るかぎりでは思いあたりませんし
検索で引っ掛かるサイトにしてもごく少数ですので、おそらくないのだろうな、とは思うのですが
ひょっとしたら、ホントにごく稀に「ある」のかも、という疑念も捨てきれずにいます。

ヴォフォース表記、普通に考えたら「ない」んでしょうけど、
同じ地名だったり人名だったりしても、戦中と現在ではかなり違う事例もあったりするので、
誤表記であると自分で断言できないのがもどかしいです。

966 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/12/04(木) 20:33:52 ID:???
>965
結局、外国語の発音を日本語で無理やり表記するんですから、
一般的な表記はあっても、絶対正解の表記などはありえないと思いますよ。

967 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 20:39:37 ID:???
violinが「バイオリン」になったりしますからねぇ。
他にも、Jagdpantherが「ロンメル」になったりとか(違)

968 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 20:44:06 ID:P/cEYFTV
>>966
そうですね……正誤に拘ってちょっと熱くなってたかもしれません
最初は「そういう読み方もするんだおもすれー」みたいな感覚だったんですけどw
「ソビエト」を「ソヴェト」って表記してたのに初めて逢った時の衝撃みたいな

時代ごとのカナ表記の変遷を追った、そんな都合のいい書籍なんて……あるわけないか

ともかくどうもありがとうございました。
頭の片隅に止めつつ、これからものんびりいろんな本を読もうかと思います。

969 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/12/04(木) 21:16:15 ID:???
>968
>変遷
一番身近で有名なのは下記でしょうか・・・

タイガー→ティーゲル→ティーガー
パンサー→パンテル→パンター

どれを使うかで、年齢がバレるとも言われますからねwww

970 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 21:41:53 ID:???
ぜろせん→れいせん→ぜろせん

もあったと思う。
一時期、戦時中にゼロと英語を使うのはおかしいと言う説が出たが、
戦中の朝日新聞に「零戦(ぜろせん)」と書いてあって説消滅。

971 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 22:19:21 ID:???
そりゃあ、「れいせん」はウサギだろう

972 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 22:24:05 ID:???
>>969
今でもティーゲル、パンテルと表記する書籍は有るんだよね
ドイツ語の方言による違いか。
ヒットレル→ヒットラー→ヒトラー、なんてのもあったな。

973 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 22:25:52 ID:???
>>972
単なる趣味のような…

佐藤大輔、小林源文で軍事に入った俺は今でもティーゲル、パンテルです。

974 :名無し猫又友の会 ◆d/Ss304xco :2008/12/04(木) 22:26:05 ID:???
ところで諸君、次スレ立ててもよかですか?

975 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 22:30:28 ID:???
>>969 声楽家の知り合いから、戦車とは全く無関係な雑談の折に聞いたんだが、
戦前madeのドイツ語ではer音は巻き舌エルで発音していたが、ヒトラー政権が進めた発音明瞭化運動の結果、延ばすアーになったそうな。
今ではアー発音が一般的だが、「歌が作られた時のドイツ語発音」にこだわる先生の場合エル発音しなけりゃならんので、その辺の見極めが大変だと笑ってた。
そこで戦車について聞いたんだが、戦中発音ならティーゲル、パンテルだろうだと。

976 :名無し猫又友の会 ◆d/Ss304xco :2008/12/04(木) 22:35:07 ID:???
次スレ立ちました。

軍事板書籍・書評スレ18
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1228397490/l50

977 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 22:39:30 ID:???
>>967
昭和臭がプンプンするぜw
「ロンメル」作ったなぁ

978 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 22:45:18 ID:???
>>971
さあ、永遠亭に帰ろう

979 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 04:36:57 ID:???
ティグレ
パンテーラ

980 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 06:25:45 ID:???
チィーグラ
パーンチェラ

981 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 07:01:14 ID:???
ティアグラ
パンターニ

982 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 11:32:40 ID:???
保阪正康「日本の戦争常識のウソ」(アスコム)
信頼できる著者だけあって安定した内容。
Q&A形式で解りやすく日本の軍事、文民統制、昭和史などを説いてる。
最近話題の田母神問題にも言及されており、バラエティ番組を見るよりは
この本を読んだ方が数千倍有意義に時間を使えるものだろうと思う。

983 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 18:09:03 ID:???
図解 中東戦争―イスラエル建国からレバノン進攻まで
ハイム ヘルツォーグ (著), 滝川 義人 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4562021691

最初に読む中東戦争の本としてはどうなのでしょうか。

984 :Lans ◆xHvvunznRc :2008/12/05(金) 18:25:49 ID:???
>983
最初に読むには重いかもしれませんが、中東戦争を調べるなら、
【一度は読むべき道】だと思っておいて良いと思います。

ですが、最初なら

学研ムックの【〈図説〉中東戦争全史 (Rekishi gunzo series―Modern warfare)】
学研M文庫の【中東戦争全史 (学研M文庫) 山崎 雅弘】

あたりがお進めでしょうかね。

985 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 21:51:01 ID:???
>>984
ありがとうございます。まずM文庫のほうを読む事にします。

986 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 22:08:04 ID:???
軍人と国家はもう残り29まで減ったか
流石にみんな早いな

987 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 22:40:10 ID:???
これ、いずれ他の書店でも買えるんだよな?
いやむしろ買えるといってくれ・・・orz
諸事情により今回手が出せんのヨ

988 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 22:46:39 ID:???
送料無料までほんの数百円足らないからなんか一緒に買える本ないかな…

989 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 22:51:34 ID:???
>>987
ttp://www.fukkan.com/fk/Help?act=detail&cate=5&no=40

>復刊された本は、他のお店で買うことはできないのでしょうか?

>本によって復刊ドットコム限定販売のものもあれば、一般書店へも広く販売される本もあります。
>一般書店で販売する場合でも発行部数などの都合で書店では手に入りづらい場合もあり、書籍によって状況が異なりますので、ご不明な点は個別にお問い合わせいただければ幸いです。

って事だから微妙じゃね?

990 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 23:07:30 ID:???
>>987>>989
原書房ホームページの近刊案内に中途半端な形で
出てるから大丈夫だと思う。

つまり普通にはこれから正式にアナウンスする状態だから
「復刊ドットコムで予約できる分しかないんで…」てなことは
さすがにないだろう。


991 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 23:26:45 ID:???
保阪が信用出来るとな

992 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 23:30:44 ID:???
>>975
戦時中のドイツ軍歌を聞く限り、巻き舌はほとんど無いようだけど。
(プロ歌手の独唱のような場合を除いて)
例えば、有名どころではPanzereliedでPanzerをパンツェルとは発音してない。

Es braust unser Panzer im Sturmwind dahin.
エス ブラウスト ウンザー パンツァー イム シュトゥルムヴィント ダヒン

Deutsche Wochenschauや総統大本営発表なんかをよく聞いてみればTiger、Pantherの当時の発音が分かると思うが。
因みに、結構クセは強いが、やはりPanzerはパンツァーと聞こえる。


993 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 23:39:42 ID:???
>>991
保阪は「日本軍は最悪で評価はゼロ」という結論ありきで始まってるからな・・・。
知識は豊富なんだろうし、面白い話を発掘してくるから、参考に読むけど、
主張・分析は信頼に値しないというイメージだ。

994 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 23:55:38 ID:???
>>975
それでヒトラーをヒットレルって表記する事があるんだな。

995 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 04:38:37 ID:???
>>993
>結論ありきで始まってるからな
と言い切ってしまうのもどうかと思うけど、
小ネタ発掘はともかく、大きい話をさせるとつまらなくなる人だよね。


996 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 10:14:23 ID:???
>>993
確かに。でも○君とかW○LLに掲載されてる田母神擁護のアレコレと
比べてしまうと宝の山のように思えてしまうのが何ともはや…
比べる対象が酷すぎるか?

997 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 11:42:56 ID:???
酷すぎるというか、保阪氏に失礼だろw

まあ戦前、戦中の話はともかく、現代の議論(自衛隊の問題とか、国防の問題とか)では
かなりバランスとの取れた感覚有してると思うよ。
小ネタ発掘という面からいうと、むしろ仮想戦記書き必読かもしれないw

998 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 12:31:12 ID:???
ume

999 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 12:32:00 ID:???
ume

1000 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 12:33:07 ID:???
1000ならみんな幸せに!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

251 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)