5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■山本五十六長官の戦死について■

1 ::2008/07/29(火) 05:12:02 ID:iunv87/4
当事者の証言が大まかに一致する点

○長官は機外で椅子に座った姿勢で軍刀を握ったまま
 死亡していた。

○側には軍医が倒れていた。

○長官の遺体は腐敗による損傷が少なかったことから
 死亡推定時刻が遅かったものと推測される。

当事者の証言がやや矛盾する点

○長官の顔面に銃創があった、もしくは無かったという点。

俺なりに考えてみたんだが・・

○13ミリ機銃弾が当たったら・・云々の議論って
 弾片が当たった可能性を考慮してねーから
 よって機上戦死もありうるよな?

○そして機外にそのまま放り出された可能性はありうる。
 でも軍刀まで持ってくるってのは、さすがに無理っぽくね?

○よく言われているように、機上戦死を捏造するなら
 機内で椅子にすわったまま戦死していたとするほうが
 よくね?

機外で軍刀持ったまま椅子に座った状態で死亡していた。
これは当事者のおおむね一致する証言のようだぜ?

だとすれば、だ・・

2 ::2008/07/29(火) 05:18:10 ID:iunv87/4
つまり機上戦死を捏造するには、機外に座ってたっていう
状況自体が不自然なわけで・・
絶対に機上戦死を捏造したいなら、状況を全部捏造して機内にて
戦死とするほうが矛盾しないはずだろ?

つまり機外にいたっていう大半の目撃証言が、逆に自然である
ことを物語っているんじゃねーかな?

でも軍刀まで持って、そのまま放り出されたとは考えにくいよ
やっぱ、無理あるわ。

だからやっぱ座ったんだ、長官は。
あるいは座らされた。

3 ::2008/07/29(火) 05:26:08 ID:iunv87/4
長官は座席ベルトをしてたらしい。

これだけでは、座ったのか座らせられたのか判断できないよ
ただ機内から飛んできたんじゃあ、ないぜ? そこ重要な。

4 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 05:27:20 ID:WyqJImBc
4なら山本五十六がエチオピア皇帝随員として日本帰還

5 ::2008/07/29(火) 05:49:03 ID:iunv87/4
そして事件の鍵を握るもう一人の人物。
それは軍医殿。

長官の遺体の側に這っていこうとして(それらしき痕跡を残して)
死亡していた、あの軍医殿です。

これについて、やはり目撃者がおおむね一致した証言を
残しております。
こういうこと、いちいち捏造する必要性って
無いんですよ、多分。だから本当でしょう。

長官は事故死(椅子の上で死亡)した? あるいは自決した・・? 


自決したとされる説で、この軍医殿に撃たせたという説が
ありますがそれは誤りです。
大日本海軍軍人は拳銃自決するなら自分で引き金を引きます。
切腹なら人に介錯を頼みますが・・
どうやら切腹ではなかったようです。

結論1:(長官自決説)
長官自決説をとるなら、最後に長官を座らせたのは軍医殿です。



6 ::2008/07/29(火) 06:00:17 ID:iunv87/4
そしてここから、大きく隔たった展開の結論2をたどります。

長官は自決してない。

どちらが先に死亡したにせよ、長官は椅子にベルトで身体を
固定して、姿勢が崩れないようにした状態で、死亡しました。
主に事故による怪我、衰弱による死亡です。

自分で固定したのか、軍医殿が固定したのかそれはわかりません。
死亡した長官を軍医殿が固定したのか・・
一人になった長官が自らを固定したのか・・
いずれかでしょう。

ところが、関係者の証言で唯一矛盾が生じているのが
長官の頭部銃創です。
これを捏造した者がいるという説がありますね。

なんのために?

やはり通説である、救援活動が遅滞しなければ、長官を救助できた
可能性・・つまり救援部隊の失態、これを隠蔽するため。
これに尽きます。なんとも、ありそうな話です。

結論2:長官生存説
長官は事故直後は生存していたが、救援活動の遅滞により死亡した。


7 ::2008/07/29(火) 06:08:47 ID:iunv87/4
俺はね、結論1だと思いますわ。

結局ねこういう無謀な飛行をする経緯から、大局的に分析するとだね。

『長官は、死場所を探してた』

としか考えられんのですよ。

敵に撃たれて、ジャングルに落ちて、傷ついてまで・・
おめおめと生き残ろうとはしない男です。というかそういう状況です。

無責任な男です。
おれは尊敬してません。

以上

8 ::2008/07/29(火) 06:10:11 ID:iunv87/4
俺は鈴木貫太郎を尊敬しています。

9 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 06:45:42 ID:???
次回の名探偵>>1の推理にご期待下さい。

10 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 07:46:08 ID:???
ではその推理に基づいて、山本の作戦立案を
見直してみてください。

以外に説得力あったりしてw

11 ::2008/07/29(火) 08:44:03 ID:iunv87/4
戦争は力学なんだから、勝ち負けなんて最初から・・
結局、勝つ戦も負ける戦も力学通りにしか進んでいかない。

その力学的条件を整えて、原則通りに作業を進めていくのが
政治と軍事であって、本来これらは一つであるべきなんだと思う。俺は。
ただ現実、特にこの時代はそうではないと。

そして彼は軍人であって政治家ではない。

俺は、軍人は戦争の原則から外れた事をしちゃいけないと思うんだよ。

なのに政治によって与えられた力学的背景を覆すようなアクションを
戦争の原則から大きく外れて行おうとするから、軍事的に破綻するんだよ。

要するに戦争に負けてもいいんだよ!、軍事的に破綻していなければ。

それでもう優秀な軍人と呼べるんだ。


山本の作戦行動? 軍事から逸脱してます 実務的には不慣れの一言。


ある若者の偏見でした。

おれはマンシュタイン閣下を尊敬してます!!

12 ::2008/07/29(火) 08:50:32 ID:iunv87/4
ダンナさんが生活費を千円しかくれない
それで生活しろと言う・・
それをイソロク奥さんは競馬で増やそうとしたんですよ!


13 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 09:16:50 ID:???
http://www.rakuten.co.jp/tjk-net/543067/631682/1797966/

14 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 09:37:42 ID:???
団塊左翼先生スレ

15 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 09:41:00 ID:???
結論2じゃないの。長官機の墜死の衝撃で全員ほぼ即死。
軍神を仕立てる為、救助隊が座席に軍刀持たせて座らせたという奴。
当時の日本の状況で、「無残に機外に投げ出された」と上層に報告、
ばあいによって国民に報道ははできないだろうから。

加来艦長と多聞が最後、飛龍で月見を海軍報道部の依頼で吉川英治が捏造したみたいに差



16 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 09:55:32 ID:???
あと長官が死に場所を探していたというのは本当だと思うが
こんどの護衛6機の前線視察がそれだとは、おもえないけどな。

つまり戦争の帰趨が、戦前からの海軍の見解
「短期決戦に失敗し長期戦になれば建艦比率でアメリカにいずれ力押しされる」
ゆえ、敗戦必至を見通して絶望していたかもしれないけれど
一応、現在進行中のい号作戦で南東方面の米軍に一撃を与えた後
戦線を一旦下げるつもりという話しも聞いたことがある。

南東方面基地はそのための捨て駒となるので視察したと聞いたが?

17 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 09:59:11 ID:???
全角英数は大概馬鹿

18 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 10:21:26 ID:???
>17
どうした。どっかで惨めな記憶のスイッチが入っちまったか?

19 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 11:33:44 ID:???
山本は戦死してない。ブイン上空で死んだのは影武者。
本人はメーソンの手引きでアメリカに移住して天寿を全うしている。

20 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 11:58:16 ID:???
>>18
このスレで見るならあながち間違いじゃあないな

21 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 12:09:10 ID:???
惨めな記憶のかw

22 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 12:17:01 ID:???
おれはどちらかといえば、撃墜の原因となった被解読の暗号電が
どれだったのか興味がある。
NTF131755電でもう長い事、断定されているけど、海軍の電信現場の感覚では
これの被解読(乱数剥ぎ取り)は困難いうけどどうなんだろ

23 :1:2008/07/29(火) 19:21:23 ID:iunv87/4
>>15
だから、機外に座っていたっていう証言はそういう意味でひどく
不自然。捏造を意図したものとしてはね?
だから逆に当事者の証言として自然な印象をうける、と。


>>16
記録を読む限りでは
『俺は何時にそこに行くから、丸腰で行くから、斬ってくれ』
って相手に伝えたようにしか思えない。

24 :名無し三等兵:2008/07/29(火) 21:17:09 ID:???
もう終わりか?
全部本からの引き写しじゃないか。
くっだらないね〜。

25 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 00:08:33 ID:pOAaF3Qn
長官視察予定を、現地の司令部が平文で下部部隊に知らせたからバレたんじゃ
ないか、VIPが行くから接待の用意しろとか、いかにも官僚組織がやりそう
な事だ。

26 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 03:09:04 ID:???
いや、本を読んでものを考えるのはいいことだと思うぞ。

>>25
日本人は敵を正面から見ない性癖があるからな

27 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 10:17:31 ID:???
4月18日の長官機撃墜の暗号問題は
・・・要は「乱数剥ぎ取りの時間はあったかどうか」に収斂されるらしいが。
GF参謀・中島親孝とかの記憶だと、4月1日に乱数表が変更されているから
NTF13日電まで2週間足らずで、重複も起こり得ず解読不可能とあるらしい。

ところが原勝洋の2000年代の著作だと、米軍の記録では4月16日まで乱数表変更が遅延したからとあるらしい。
「ゆえにNTF13日電に使用された旧乱数表は剥ぎ取り期間が十分ある」と。

この辺、戦後60年間、旧軍証言では「4月1日変更で間違いない」と長い事証言されていたのに
なんなんだろうなぁ

28 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 13:01:00 ID:???
暗号表 乱数表(二冊)が改訂されて直ぐに全部隊に行き渡ると思っている馬鹿ばかりだな

29 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 13:06:07 ID:???
またまた>>28の旦那、知った風な事でスレを懸命に荒らさずともw

>>28の旦那の言うとおり、乱数表が2冊もあったら、友軍同士どっちをつかえばいいか大弱りだよな。
ぐぐってみな?二部冊制とかいてはあるが、乱数表が2冊あったなんてどこにも書いてないよ。
そんなことしたら大混乱だね(笑)




30 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 13:14:09 ID:???
それと28の旦那は、ともかく知らずに反論したい(荒らしたい)だけだから
言うが、中島証言では
「い号作戦開始と通信保秘を前提にした4月1日から使用予定」
=「2月3月からの印刷〜実戦部隊への配布完了」
=「4月1日からの『改定』」だな。

>全部隊に行き渡ると思っている馬鹿ばかりだな

だから、さw
NTF13日電の発信艦所と受信艦所が旧乱数表を継続使用していた
米軍公文書で原が読んだのなら、旧軍側でそれに合致するソースを示して欲しいと、
おれはいっているのだが?

米軍公文書の裏づけをおれは知りたいわけ。
日本語、わ、か、り、ますかぁ?_

31 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 13:16:57 ID:???
ディテールを知らないで、どこかで聞いた様な
「長篠合戦で三段撃ちはなかったんだよ!」とか
「ミッドウェーの5分間は嘘だよ!」とか得意げに軍板で吹かれてもな。

ニュー速板あたりで素人を煙に巻くならともかく、軍板はそれを検討する場所なんだがな・・


32 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 13:28:35 ID:???
暗号表は一冊 乱数表は二冊で使用したんだが?

33 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 13:37:52 ID:???
まあ、正しく言えば
発信用暗号表
受信用暗号表
使用規定表
乱数表


34 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:09:43 ID:???
>暗号表は一冊 乱数表は二冊で使用したんだが?
>乱数表は二冊で使用したんだが?
>乱数表は二冊で使用

二冊も乱数表を用意して、今日はA乱数表を、明日はB乱数表とか使い分けていたのですかね?
現場は混乱するような気がしますが?

それと発信用と受信用ってどうちがうんですかね?
昭和18年4月1日の改訂という場合、では4冊全部、取り替えたのでしょうかね?

35 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:20:33 ID:???
基本から行きますか。
ちなみにD暗号は米側においてはJN-25と呼称
冊子は、暗号書D D一般乱数表 使用規定 特定地点略語表 暦日換字表 等がある。

D暗号書は受信(解読)と送信(組立)の二部冊制である。

一例を D暗号発信用
49728 聯合艦隊 32049 連合艦隊司令部
22869 聯合艦隊 03657  同上
54024 連合艦隊 47379  同上

25764 第一艦隊
15534 第一艦隊司令部

昭和16年11月20日の特定點域略語表 (甲)

AE Palmyra
AEA
AEB Kingman Reef

一般乱数表の214ページを抜粋する。
214ページ

横座標→ 0      1 
 縦0  50310   74850 ←これが乱数
 座1  06151   93374
 標2  94355   46814

問題は暗号の更新時におきる。
1.暗号表と乱数表を同時に改訂するのを絶対更新
2.乱数表のみの更新を補強更新

36 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:22:31 ID:???
昭和17年6月1日の改訂でも、その前でも(その前の更新は16年12月4日だったが
乱数表の配布が間に合わず昭和17年1月16日まで新旧の乱数表が併用されていた)
暗号書一式の更新を行うと、どうしても新旧の乱数表を使わざる得ない状況になる。
        ↓
D暗号からD1暗号への命令。
昭和17年4月25日 発海軍大臣 受 各鎮長官、各警長官、各艦隊長官
官房機第773番電
本文 昭和17年5月1日より、海軍暗号書D1、同一般乱数表 第九号を実施し
    海軍暗号書D及び同一般乱数表第八号の使用を停止し同七号を廃止ス。
(横鎮、戦時日誌・令達報告の項より)
  
 
しかし、実際は6月1日までは最前線までは行き渡らず、
新旧併用でやっていたのが実情である。
事実、それ以前に出撃した、第一機動部隊(南雲)グアムの攻略部隊及び支援隊は、
12月4日に補強更新された、D暗号で発信していた。

>>34
いきなりあなた程の方が釣られないでくださいw
実際は、新旧の暗号が飛び交っていたって事です。
つまり、更新(絶対更新か補強)が全部に行き渡る間は
そういう期間があったと、二冊はないです<乱数表

37 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:23:05 ID:???
例 第七戦隊 重巡熊野 接受電報。

          発信者      番電  内容     暗号種別
17年5月31日 1KF         373   戦闘慨報   D
   6月08日 AQ攻略部隊    94   同上      D1
   6月09日 幌莚         819   同上     D1
   6月15日 4F           47   同上     D1
   6月20日 1KF         515   同上      D
   6月24日 基地航空部隊  317   同上      D
   6月26日 北方部隊     791   同上      D
   6月26日 東印部隊     673   同上      D1
   6月27日 4F         189   同上       D
   7月02日 基地航空部隊  322   同上      D
   7月10日 幌莚(5F)     266   同上      D
   7月14日 基地航空部隊  330   同上      D1(更新完了)
   7月17日 4F(内南洋)   804   同上      D
  (中略)
昭和17年8月16日 東印部隊 16160594 同上    呂1
      8月17日 東印部隊  不明   同上    D2(併用)
      8月19日 4F      19110576 同上    呂1
      8月25日 機動部隊(3F) 25105010 同上 呂1
      8月27日 同上       27140562 同上 呂1
      8月28日 4F        28081070 同上  呂1
      8月28日 同上       28081009 同上  D2 

この様に、色んな暗号が飛んでいた訳だ。
>29-31
では、このスレを占領します。

38 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:26:21 ID:???
ウィキ何ぞには載っては居ないが、防衛研修所の図書館にはある。
防衛研究所ではないので注意。

39 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:37:19 ID:???
でもさ、やっぱり、山本長官の戦死はある意味、ミステリーだな。
当時の陸軍さんの感覚では、敵さんの流れ弾ががポンポン飛んでくる
前線をひょこひょこ、オレは山本だと、歩いているようなもんだ。とか言われているからな。
司令部総員が自殺行に付き合う訳がないので、一人で死に場所を定めたのかもしれん。

ある人から言えば迷惑な話で、替えの効かない樋端航空参謀を道連れにしている。
宇垣がやられて、樋端が残れば大分違ったかもしれん。

静かになったが、夏休みなのであげ、みんな寄ってこい〜ポーカーをやるぞ!





40 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:41:55 ID:???
記念(笑)

41 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:46:39 ID:???
>>27
>旧軍証言では「4月1日変更で間違いない」
旧軍と言うところが肝で、彼らからして見れば「4月1日変更」には間違いない書類的に
しかし、今まで記述したように実際はそうではなかった。
その体質が問題視されるべきかねえ、自軍の暗号は解かれないと言う前提で戦っていた人たちだから。
耳が痛いけどね。
>22
カーンの話だと思うが、それは認めざる得ない感じだ、その本が出された数十年前から。
>19
めいそんなら、今頃モナコで博打の胴元でよろしくやってたはずだ。
>16
>戦線を一旦下げるつもりという話しも聞いたことがある。
どの辺で聞いた?

42 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 14:53:47 ID:???
以降頑張って盛り上げてください。

43 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 21:16:53 ID:???
>>36だと思うな。乱数表かなにかが変わったばかりで各部隊が
混乱していたってのはなにかで読んだ。阿川だっけな。

しかし、俺は山本死にたかったんだと思う。
あれは訪問先にガダルカナルの生存者がいたんだろ。
それを見舞う行程で戦死してもかまわないと言う
心境だったんじゃないかな。

44 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 23:43:00 ID:???
日本語でおk

45 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 17:54:53 ID:???
絶対更新か補強なんて熟語を使われると
あたかもそういうことがあったかのように思われるけど、
いや、だから物証がねえ・・・。

60年間、甲事件調査「??暗号表の交換が完了していた」で通していたのに
2000年になって、HA1RAN3で乱数表3号が?日まで継続使用されていたなんて
米公文書で出されてもにわかに信じられるか?

だって現地まで飛んで事件調査したはずだろ?
怪しい電文5本か6本に特定して、当然、発信の暗号区で「どの乱数表使用したか」
調べるわけジャン・

これ調べてでの「??改定、被解読の根拠なし」だったら、確信的な隠蔽じゃん。


46 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 17:57:58 ID:???
わざわざageて恥じかくこともないのに

47 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 17:58:25 ID:???
ただしカーンの話も疑問が残る、暗号が全て解けていた場合
キスカの撤収作戦「ケ号」も漏れていなければおかしい。
米軍はキスカに対しては増強を行っていると判断している。

ただし、他の話によると、上陸部隊の司令官は「敵はもうキスカに居ないであろう」と言う判断をしている。
どういう情報で判断したかは不明だが。 それでも一応緊張感を持たせる為に「敵は頑強に防御を固めているぞ」と
上陸部隊に喧伝した為、あの同志討ちが起こってしまったと。

ただし、漏れていた場合は、あのような大編成の艦隊と兵員で上陸作戦をする必要は全くないので
カーンの話も意外と穴が多い。

48 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 18:00:35 ID:???
>>45
>物証
>防衛研修所の図書館にはある
>確信的な隠蔽じゃん。
隠蔽したのは事実だが、それは長官の死亡を隠蔽しただけで、
暗号に対してではない。
>米公文書で出されてもにわかに信じられるか?
米公文書も意外と間違いがあってだな。

49 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 18:03:03 ID:???
>>43
前線視察でいざ来てみれば、これはいけないと思ったのは確からしいが
それで即自殺行になるはずは無いわけだが、結果的には自殺に見えてしまう。
結局良く分らないと言うのが真相かもなあ。

50 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 18:59:22 ID:???
>47
判らない事を判らないと上げて、それを恥だというならおれは何とも思わないね。

MIでの5月27日だかまでの暗号交換遅延もあるから、
甲号事件でも同様のことがあったろう事は、納得できる。
そういう区別を戦後の研究で絶対更新か補強という風に造語して分類したのも事実だろう。
でもそういう造語に当てはまる事故があったかどうかという問題なんだよね。

戦後60年間、S18.04.01に交換、原則2週間弱で乱数剥ぎ取り不可と
あれだけ旧軍の電信畑が言うのもかまわない。
しかし事故直後に、
@事故時、使用したコードブックの改定版数だけ調査して、
A事故時、使用した乱数表の改定版数を確認しないというのはありえるのかと言いたいわけ。

だって米公文書でHA1RAN3とあり、それが事実ならそういう事故調査を日本海軍がしたということになるんだが・・・?



51 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 20:05:22 ID:???
>>50
ごもっともな意見だが、当時は戦時だ。
制空権が失われている前線の諸部隊を調査すると言うことが
果たして現実的に可能かどうか、考えるのも無駄ではないと思う
>戦後の研究で絶対更新か補強という風に造語
造語じゃないよ

52 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 21:32:11 ID:???
だいたい海軍も隠蔽体質だし

53 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 21:41:48 ID:???
お陰で、AVも隠蔽されまくりだ。 ヘタすると画面全体が隠蔽な物もある

54 :1:2008/07/31(木) 22:03:57 ID:hiWBPqay
暗号表云々、変更日時云々、というよりだね・・

今回の事件における山本長官の
一連の行動の動機を解明する手がかりは・・だ

「わが軍の暗号は実質的に敵に解読されているかどうか」を
事件以前の彼我の作戦行動の経過から類推して
山本長官自身がどの程度認識していたか、そこだと思います。

もしその認識のうえに、護衛六機で前線視察を敢行したのなら・・?


賢明な2チャネラーの皆様なら、もう分かりですね?

55 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 22:05:27 ID:???
さあヘタレ日本軍スレの>>1に似てまいりました

56 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 22:15:27 ID:???
少なくとも、>>1は、煽る前に阿川の山本五十六を読まなければならないと思った。

57 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 11:03:55 ID:???
デビッドカーンの暗号戦争(1967)出版後、長田順行氏が一時期、
一致反復率理論(これも20年代のフリードマンの著作でしょ?)もちだし
D暗号や後続の海軍常用暗号の「★理論解読可能★」って
うちだしっちゃって、それで現場の反発が強いようなんだけど。

実際に、MI作戦のいわゆる「日本軍の意図暴露による奇襲」は
サイパン船団とかの発信符号から始まって、中部太平洋で敵日本軍に作戦企画ありの通信解析からはじまって
K作戦とか、なにかの船団の暗号にAFの地点略語と、日時符号を拾って
それを総合して、どうにか6月4日に奇襲をかけられたという程度でしょ?

五十六機撃墜事件も、確かにNTF131755電解読電がばーんと70年代公開され
すわ理論解読の物証かと色めき立ったけど・・・。

原さんの最近の著作でも、乱数変更は確かに?日だが、
伊1号潜水艦での波号暗号流出事故(S18.01.29)で、乱数原本が盗まれたのではないか。
だから解読されたのではないかと結んでいるような・・・?

中島親孝(当時第3艦隊通信参謀)の「??の乱数表変更」も、
そもそもこの「1月29日暗号事故レスポンスとしての変更指示」のようだから
らしいし、これは解読ではなく、流出事故の結果としての五十六機撃墜なのでは?

南東方面艦隊司令が上京して、「乱数版数は不明ながら、内部調査で適宜4/1以降変更済み」と
したらしいし、これはもしかすると・・・乙事件以上の醜聞なのでは?

58 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 11:16:14 ID:???
>戦後の研究で絶対更新か補強という風に造語
>造語じゃないよ

それはこちらも事実確認して言った訳じゃないから、戦後の暗号研究が進んでからの造語
(加藤何とかとか釜賀なんとか)でなければ、謝るし、
戦前の使用規定乃至軍令部第4課の運用研究で実用された言葉なのだろうが、
いや、だからそういう言葉(運用規定)があるなら、なおさらさ・・・。


59 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 11:23:53 ID:8yrjIJaW

最前線視察なんかに物見遊山気分でノコノコ行くからいけないんだよ。
油断禁物! 勝って兜の緒を締めよ!

60 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 14:15:53 ID:???
豊田もそうだったな…こっちは台湾に足止めで指令が遅れたり情報が集まらなかったり。
>戦前の使用規定乃至軍令部第4課の運用研究で実用された言葉なのだろうが、
>いや、だからそういう言葉(運用規定)があるなら、なおさらさ・・・。
原本が残っているんだよ、D暗号の構成冊子についても。
だから>35-37は原本からの書き写しだよ。
>57
漏れていたの確かだが、使用規定がちょくちょく変更されるわけで。
聯合艦隊を示すものでも暗号が三つあったりするわけで。
どんなタイミングでどう使うかも、使用規定には載っているだろうが
暗号表と乱数表だけでは解けないわけだ。
問題の一つにちゃんとセットで米軍が回収したか、また翻訳の際間違いとかを犯さなかったか?
いろいろあると思う。


61 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 14:34:13 ID:???
五十六はフリーメーソンだろ。多聞と一緒

62 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 19:58:04 ID:FQKyKvIJ
黒島亀人の呪詛による不能犯説に一票

63 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 21:42:01 ID:???
もうすぐ何でも黒島のせいにするスレが出来ると予言

64 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 22:15:33 ID:???
半藤の山本五十六は読む価値あり?

65 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 22:22:43 ID:???
>>64
あり、生寿のも全部読むといいよん。
長岡の某氏の人間山本五十六は最後でいいかもしれない。

66 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 22:41:12 ID:???
>>65
サンクス。

67 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 11:51:44 ID:???
海兵74期の生出寿は水交社の廊下トンビです。
梵鐘山本五十六と麗々しくタイトルを打って
結局、語ることは黛治夫の
「真珠湾をせずに漸減作戦をしていれば勝っていた」に尽きます。

開戦直前、米軍のドクトリンが島嶼反攻作戦に移行していたのに

68 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 16:10:02 ID:???
>>67
米艦隊が出てこなかったらどうする?で否定されています。

69 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 18:05:45 ID:???
もし、山本長官が戦争に生き残って、米軍の裁判にかけられていたら、東條首相のように
処刑されたのかな?

70 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 19:08:46 ID:???
A級戦犯の永野軍令部総長の例、その他の将官クラスの裁判から見て
その戦前のあらましが証明されて、せいぜい禁固刑でしょうね。

71 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 22:25:40 ID:???
レス、ありがとうございます。
真珠湾奇襲攻撃の立案実行者(しかも事前布告なし)という米国民を怒らせた点に
関しては感情的に判断されることはなかっただろうということですね。

72 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 23:08:38 ID:???
>>71
ハルゼーが噛みつきそうな気もするけど、マレーの虎見たくやられる事はないと思う。
>真珠湾奇襲攻撃の立案実行者(しかも事前布告なし)という米国民を怒らせた点に
>関しては感情的に判断されることはなかっただろうということですね。
それは、永野が答弁しているし、外務省の重光も同じ。
ただ、この二人、見解というか解釈の違いで法廷でケンカしていた。
もし仲裁役を買ってでれるとすれば、山本だろうな。

73 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 23:55:53 ID:49eQdNDe
今からこのスレは

★【亀】全部まるっと黒島のせいにしてみるスレ【亀】★

に変わりました。(1承諾済)

74 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 00:39:17 ID:???
こんなのみつけた

ttp://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/YamamotoIsoroku04.html

75 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 23:50:10 ID:???
なんか山本は開戦までの印象が強くて、開戦後の印象がない。

だいたいトラックで大和に載って寝てるか将棋してるか
女に手紙かいてるかって生活で、飛行機に乗って戦場を
見に行ったら死んだ。

GF長官としてはなんか地味だ。

76 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 03:47:08 ID:???
まぁ殆どは南雲が指揮してたからなぁ
そりゃそう感じるわさw

空母を主体とした戦い方を提唱したのが山本で
それを基盤に走らせたのが南雲ってとこかね

77 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 16:50:41 ID:???
短期決戦に失敗したら、そらトラックで主力部隊待機させて
艦隊決戦だかZ作戦だか実行できる、
米艦隊大挙出動を待つしか決勝点設定できないからな。

木によりて兎を待つだ

78 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 16:54:30 ID:???
魚を求むだ

79 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 21:12:28 ID:E6q7cP3/
山本は頭部に銃撃食らって死んだとされているけど、P-38に積まれているのは12.7mmと20mmだ
20mm食らったら頭部は粉々に吹っ飛ぶけど、ブローニングM2でも頭部に当たったら、銃弾の出口側はスイカが割れたみたいになるというぞ
顔面に銃創があった、とかいうレベルではない
ということは、山本の顔面の銃創は、P-38からの銃撃によるものではないということだ
つまり、山本の本当の死因は、どのような意図があったのかは分からないが、隠蔽されているということなのだよ

80 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 21:30:54 ID:???
検死官による、死亡診断書の改竄は、もう公になっているが、
たんに死亡時間だけだったような。
隠蔽したのは死亡した事だけだな、それも1ヶ月程。
後は全国民に公表、国葬は嫌がらせのように6月5日……

81 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 21:38:43 ID:PEsyzBVG
>>70
パールハーバーは宣戦布告無しの戦争行為、つまり殺人と一緒
5000人殺したら普通は死刑

82 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 22:48:29 ID:???
>>79
普通に、機体が被弾したときの破片等が貫通したんではなかろうか。



83 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 11:48:36 ID:???
>>82
それならば破片と記入されるし、遺体の損傷も結構ヒドくなる。
スプリンターは怖いよ<跳弾も怖いが。

84 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 22:31:08 ID:???
>>83
そういえばそうだな。破片なら破片と書かれていただろうな。
なぜはっきりさせなかったんだろう。

あの歳で、低空から暖降下としてもジャングルに落ちたわけだから
普通ならば墜落時に死亡していて当然だが、なんとしても長官は
生還させようとして同乗者たちが何かやったんだろうか。

その後、結局一人生き残った山本が自決?


85 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 22:17:17 ID:???
>結局一人生き残った山本が自決?
それもあるかも

86 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 16:06:49 ID:???
>>69
「ヤマモトトージョー」ってことばあったような
アメリカが最も嫌う日本人の2人になってるんでない?

87 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 17:50:00 ID:???
>>86
戦後になって、東條は別として、山本の事は誤解だと米海軍は悟ったという。

88 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 19:32:34 ID:vBGMXfvz
>>87
思い出した!そういう名前の悪役日本人プロレスラーがアメリカにいたんでないの?

89 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 20:14:41 ID:???
ブッチャーか!

90 :名無し三等兵:2008/08/17(日) 15:30:39 ID:???
ヤマモト・ザ・トージョー

91 :名無し三等兵:2008/08/17(日) 20:27:42 ID:gl8hDmLd
>>88
最近、NHK教育で放送していた「愛しの悪役レスラー列伝」で紹介されて
いた「グレート東郷」だな。沖縄移民の子供だったが、プロレスラーになった。
が容貌も貧相で170センチ足らずの体格では「ヒール(悪役)」しかなかった。

 戦前は世界海軍史上に名を残した東郷平八郎元帥(アドミラル・トーゴー)を
の名前を使った。戦後は米人に憎まれていた日本人の代名詞、東条英機と山本五
十六の名前をつなげて「トージョー・ヤマモト」と名乗って観客の憎悪を掻き立
てたものだ。さすがにもう一人の「悪玉日本人、ヒロヒト(昭和天皇の名)」は
名乗れなかった。熱狂的な在米日本人に暗殺されかねなかったからだ。


92 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 10:50:18 ID:uGUmt+dF
頭突きレスラーの大木金太郎は、試合で片耳を失ったことになっていたが
実際は竹刀で頭を鍛えていたときに、竹刀がずれて耳を切り落としたそうな。

93 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:33:07 ID:vm2hfBFg
グレート・トーゴーは、日本国内での試合は、
ちょっとステイタスの高い善人レスラーといった位置づけだった。

94 :名無し三等兵:2008/09/10(水) 23:56:30 ID:???
いつの間にか、軍オタのプロレススレにw

95 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 21:50:59 ID:byH8o5Xb
世界的には稚将山本が日本をダメにした根元と評価されている。

特に欧州のミリタリ誌ではボロクソだよ
イギリスのゲームでも山本の数値は南雲と並んで最低値!

96 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 22:25:30 ID:???
サンパチの口径と銃創がとか・・・。



つーかさ、入り口はきれいで出口も綺麗てあるうるんかよ・・。

97 :名無し三等兵:2008/09/11(木) 22:49:53 ID:???
>>95
実行した作戦、戦果出てないでしょ。

98 :名無し三等兵:2008/09/15(月) 04:58:28 ID:fl88V6J4
山本ルイ52世


世界最凶の将軍様と言えばこれでしょう、やはり。





99 :名無し三等兵:2008/09/17(水) 08:52:44 ID:MdYuoTbx
山本五十六は連合軍内でも有名人で、個人の殺害作戦まで立てられ上層部がゴーサインを出したくらいだから
戦死しなくて終戦まで存命だとしても、真珠湾の件を戦争指導者として東京裁判で問われて死刑になるか、
阿南・近衛みたいに首脳・指導者としての自決は免れなかったのかなあ
それでも憎悪・悪い印象を抱いていたのはアメリカだけで、
仮に軍事裁判になっても各国判事の有罪・死刑票は6票も集まらなかったんだろうか

100 :名無し三等兵:2008/09/17(水) 10:27:08 ID:12l07lpt
文春の最新号で、お馴染みの面々がその辺の話してるけど
「残虐行為」が証明されないと、現場の将官の極刑はまず無いだろうという結論になってる
木村や松井の決め手もその線だし、嶋田が免れたのもそこだと
真珠湾に対するイメージとしては、誰がイニシャチブを取ったかではなく
誰に最終的な実行判断の責任があったかが重視されるはずだ(永野ね)という話も出てたな

101 :名無し三等兵:2008/09/17(水) 10:36:34 ID:???
山本五十六が戦犯なら軍人はみんな戦犯だろ

102 :名無し三等兵:2008/09/17(水) 10:38:20 ID:???
>>95
どこの世界?

103 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 16:05:49 ID:h/5JtwiB
【日本開始】山本五十六連合艦隊司令長官が巨乳の女子高生に
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1222043766/

104 :名無し三等兵:2008/09/22(月) 16:36:58 ID:???
ジューコフ元帥 巨乳 ブロンドロングヘアー、ツンデレ(ヒロイン)
        「全く!スターリンはアタクシの作戦に聞く耳を持たないんだから!」

チュイコフ 巨乳 黒髪短髪元気っ娘
      「へっ!アタシ達がこの街を守らなくて誰が守るっていうんだ?」

スターリン 巨乳 プラチナブロンドロングヘアーで後ろで髪をひっつめてる、ヤンデレ
      「ファシストが絶滅戦をしかけるならすればいいのです
       絶滅するのは彼女たちのほうですわ…フフフ」

ベリヤ メガネっ娘 スターリンにほのかな恋心を抱いている精神的百合、ツインテール
    「これもみんなスターリン様のため…」

105 :名無し三等兵:2008/09/23(火) 00:06:33 ID:???
>>104
何かそっちの方が怖いな、♀だから更に徹底した事をしそうだ。
前漢の呂后しかり 周の則天武功しかり

106 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 21:54:09 ID:rQtcuUGx
>>99
面白い視点だね。ただ山本は軍人としての評価で裁判は免れたと思う。ロンメルが生きていたら
戦犯だったか?と問われればやはり否だろう。

107 :名無し三等兵:2008/09/24(水) 22:47:05 ID:???
>>96
火薬が爆発する場所によるんでない?

108 :名無し三等兵:2008/09/27(土) 22:27:30 ID:MuIU0EJA
山本五十六機撃墜、暗号筒抜け

【ワシントン27日共同】太平洋戦争中の1943年4月18日、
南太平洋の前線巡視に向かう山本五十六・連合艦隊司令長官の
搭乗機が待ち伏せた米軍機に撃墜されて長官らが死亡した事件で、
旧海軍が本来は破棄すべき古い乱数表を使って長官の巡視日程を
知らせる暗号電報を作成、これが米側に解読され撃墜につながった
ことが27日までに、機密解除された米軍史料で分かった。

2008年9月27日(土)18時23分配信 共同通信


109 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 10:11:03 ID:???
なんやん簡単なお話で・・・。

「城島少将「
貴様ら、そのまま聞けぃ! ばかもん、誰だこんな電文を打った奴は! 連合艦隊司令長官の行動をこんなに詳しく打つ奴があるか! 敵に招待状を贈るようなもんじゃないか! 俺が飛んで来たと山本長官にお知らせしてこい!」

110 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 22:29:34 ID:???
>>108
米国公文書の封印が解かれたかな?
過去レス
>35-36
>37

>41
>45,47,48
>50,51
>57,58,
>60


111 :名無し三等兵:2008/09/28(日) 23:43:56 ID:???
アメリカ様の封印が解かれたんじゃなくて・・。
こっちの軍事史家やら旧軍人・関係者が必死で
隠そうとしたてことがバレタだけじゃ。





112 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:04:19 ID:???
ヤッマオと五十六を撃墜したパイロット死す
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B0DE4DC143AF93BA15752C1A961948260&scp=1&sq=isoroku&st=cse

N.Yタイムズ 山本五十六関連
http://query.nytimes.com/search/sitesearch?query=isoroku

>111
ふーん

113 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:08:05 ID:???
>>111
記事を通観してみたが、基本的には>37が日本側にあった事、
更にそれが米国でも確認できた事としか見えないんだが。
>111は過去レスも読めない人?

114 :名無し三等兵:2008/09/29(月) 00:16:23 ID:???
で、日本の旧海軍・関係者の間では、
暗号を読まれていた事は、既にS40年の段階で定説になっている事だった。
この記事は、その記事は物証的裏付けを果たした事になる。

呂、波 D2 変えたばかりの五桁の乱数が悉く、どうにもならん。


115 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 00:58:35 ID:???
日本が古い暗号使ってたからアメリカが簡単に解読できたって言うのもだいぶ前に、
すでに何かメジャーな本で読んだことあるし。なんだったかな。阿川か半藤かだれか
その辺だったと思う。

116 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 17:35:52 ID:???
阿川の山本五十六上下巻に全部載っている。

阿川自身が旧海軍で情報課(対中華民国)の人間で
暗号の解読班員だった。 中華民国の暗号はほぼ解読されていて
米国から「貴国の暗号は日本に解読されている可能性があるので
重要な情報は流せない」と言いきられているし、実は日本も解読している。
テヘラン会談でもカイロ会談でも、中華民国の暗号は読まれていると再三言われてたのに
改善しなかったらしいが、かといって米国の暗号機材を配布すると、100%日本陸軍が奪取に走る。
事実、大本営陸軍特情部は米国の暗号機をスウェーデン経由で持ち込んでいる。
この暗号機が後2ヶ月早くに日本に入っていれば、原爆の存在とテニアンにいる部隊の正体不明部隊も
みんな解けていたと、陸軍特情部参謀 堀 栄三は述べている。

117 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 17:40:54 ID:???
初版は昭和三十年代後半だったかな、
だが内容が余りにも山本の醜聞を含むような内容も多々あった為
五十六さんの息子さんから裁判起こされて、書き直し。
現在で廻っているのは、その裁判で絶版した分を、更に加筆したもの。
むしろ、山本の女性関係やそれ系の話は多少は削られたが
更に充実した内容になったそうな。

曰く「まあ、あれだ、これで山本さんがまたエラくなったんだよ」とか
曰く「あれは山本五十六じゃなくて、阿川五十六だよ」とか言われているが
少なくとも、長岡の山本を崇拝している人の本、阿川の本無しで山本五十六は語れないって事だ。
また、暗号関係、外務省、海軍の作戦 ハワイ ミッドウェイ そして
山本の自身の被撃墜を暗号関係から著したのもこの本だろうな

118 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 22:40:44 ID:???
>116
>事実、大本営陸軍特情部は米国の暗号機をスウェーデン経由で持ち込んでいる。
>この暗号機が後2ヶ月早くに日本に入っていれば、

これは堀栄三氏の誤解です。
購入したのは昭和17年の春。昭和19年までは陸軍参謀本部で放置されました。
また米軍の暗号機(M-209)はこの輸入暗号機を独自改造したものですから
そう簡単に解読はできません。


119 :名無し三等兵:2008/10/01(水) 22:55:57 ID:???
>>118
マジか!しかし
>昭和19年までは陸軍参謀本部で放置されました。
_| ̄|○

120 :名無し三等兵:2008/10/02(木) 00:47:21 ID:???
>119
当時の陸軍は乱数式暗号が最上と考えていました。
輸入した暗号機にはそれに勝る強度が無かったので放置しても仕方ないです。

また当時の日本に暗号機を大量生産する能力も欠けていました。
後に陸軍もM-209の模造機を製造するのですが、
「五十台作ってスラーッと動いたのは七台しかなかった」そうです

問題は米軍が正式採用するとは予想、察知していなかった事です。

121 :名無し三等兵:2008/10/02(木) 01:44:49 ID:???
>問題は米軍が正式採用するとは予想、察知していなかった事です。
_| ̄|○ これはもはや……

122 :名無し三等兵:2008/10/09(木) 22:45:15 ID:???
ちょっと前だが旧い乱数表を使ってたので米軍が解読、長官機撃墜に至ったと
アメリカの公式記録を原氏が発見したんだね。

123 :名無し三等兵:2008/11/10(月) 22:57:49 ID:???
浮上

124 :名無し三等兵:2008/11/22(土) 01:37:27 ID:???
たまにはあげるか

125 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 15:06:12 ID:xKZ6u74i
可哀想なのは「護衛してた6機のパイロット」だよ。

126 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 15:52:51 ID:???
ロシアから愛をこめてでも同じ誤解があるけど
暗号変換機械だけ盗んでも、あまり意味が・・・。

いやあるに越した事はなかろうが、入力鍵が判らぬ限り

127 :名無し三等兵:2008/11/25(火) 22:48:35 ID:???
>>125
一人負傷して生還したっけ、戦後まで生き残ったし。

128 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 04:29:45 ID:4HOrIcJ4
1小隊
    森崎 辻野上 杉田
2小隊
    日高 岡崎 柳田

129 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 12:35:24 ID:GojGVDBo
山本長官の護衛云々に関係無く日本側の戦闘機パイロットが開戦時から終戦まで生き残るのは並大抵の事じゃないだろ、戦局とともに質量共に圧倒されてくんだから


130 :名無し三等兵:2008/11/26(水) 18:38:27 ID:???
>>129
確かにそうだが、この一件に関わった人はこぞって最前線に送られて
死人に口なし状態を作ろうとしたんだよな。

山本の遺体を鑑定した軍医も最前線に飛ばされて戦死したし。

131 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 20:23:03 ID:DSSU/Lo1
まあ因果関係はようわからんけどな、長官の護衛に抜擢されるような腕利きパイロットを後方で遊ばせとく理由も無いべ。
東條英機の私的制裁を隠す為に帳尻合わせに硫黄島に送られて全員戦死した40過ぎのおとっつぁん達よりはマシよ


132 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 20:50:46 ID:uI/HBVBA
トップの人が最前線に出るような必要も無いだろうし。
山本五十六さんって生前は有名だったの?死後有名になった人なの?

133 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 20:54:19 ID:???
>>128
たしかその6人、ローテなしで毎回出撃だったんだよな。

134 :名無し三等兵:2008/11/27(木) 21:31:32 ID:???
>>133
冷戦燃ゆのエピソードかよ!

あんた達は人殺しの機械つくっとんのか!
○○大尉に謝れ!

ばかもーん! もう一回見るか。 
宗次郎のENDテーマの流れる中で零戦が燃えて
それを見ている整備員や搭乗員が男泣きになくシーンは泣いたが。
ハマの冥土のみやげに、零戦撃った親友の持っていたのは
機載用の7.7mm機銃とも12.7mm機銃ともいえない銃口がラッパ型の機関砲。
素手で撃つなよ。 ストライクウィッチーズかよ。

135 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 01:51:55 ID:g+NhtIln
>>131
この時の204空内には、もっと猛者が一杯居たんじゃないの?
正直歴戦の搭乗員とは言っても、ある程度無作為に選抜されたんじゃ?
日高義己上飛曹なんか台南空時代からの強者だったけど。
>>133
そうでも無いらしいよ。
この頃は6人に限らず、他の搭乗員達も連日連夜に近い出撃を繰り返していたみたいな
証言もありますね。
真偽は不明ですが、事実なら大変に可哀想です。    
長官機護衛が6機だけ。最前線に赴く行為・・・全てが常識外れとは言いすぎでしょうか。

136 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 01:58:12 ID:???
>東條英機の私的制裁を隠す為に帳尻合わせに硫黄島に送られて全員戦死した40過ぎのおとっつぁん達
wikipediaの竹槍事件のところはガセ

137 :名無し三等兵:2008/11/28(金) 03:46:35 ID:xVJ0yJO8
うちの爺ちゃん、歩兵23連隊に居たんだけど、もしかしたら関係していたかも…

やっぱり無いかw

138 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 06:05:36 ID:???
山本五十六の「述志」発見=「対米英戦争に苦悩や覚悟」−原本2通、親友遺族宅で
12月1日21時39分配信 時事通信
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000167-jij-soci

139 :名無し三等兵:2008/12/02(火) 18:54:08 ID:???
>>137
ブーゲンビル島にいた部隊かw

140 :名無し三等兵:2008/12/03(水) 15:56:51 ID:???
当初18機の護衛機の予定だったが山本が6機にさせたんだろうが

141 :名無し三等兵:2008/12/04(木) 08:51:58 ID:???
>>140
18機で護衛したら守りきれたかね。


142 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 00:54:58 ID:???
>>141
相手は零戦が苦手とする双胴の悪魔。しかも攻撃部隊と、援護部隊と分かれている。
これが前提だと、守る零戦18機も、発進前に「攻撃される」という前提で打ち合わせしてないと
結局は全機が各個に防御戦開始してバラバラになるだけかもしれん。
ただ、P-38側も山本機の撃墜が困難になったと思う。
上手くいけば、零戦がP-38を引きつけ混戦に持ち込み、
陸攻はブインへなんとか滑り込むって事になったかも知れない。

143 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 17:02:43 ID:fPlwZO2u
護衛隊が各個に防御戦闘に云々となるようなおつむしかない指揮官だったら危ないが、普通なら18機で連携してP公の攻撃を妨害すれば何とか逃げ切れるんじゃないか?


144 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 20:15:18 ID:???
早く気づいて援護に徹すればな

145 :名無し三等兵:2008/12/05(金) 20:44:16 ID:???
暗号解読されてたとはいえ会敵地点とか
結構当てずっぽうで計画していたんだぜ

146 :名無し三等兵:2008/12/06(土) 09:31:28 ID:???
★山本五十六の「述志」発見 開戦時、決意書き記す

・旧日本海軍の山本五十六・連合艦隊司令長官が太平洋戦争開戦時などに決意を書き記し、
 戦後所在不明になっていた肉筆の文書「述志」が、海軍兵学校時代の友人だった堀悌吉・
 海軍中将の遺品の中から見つかった。大分県立先哲史料館(大分市)が1日、発表した。

 同館は「内容は遺族や海軍出身作家による出版物で知られていたが、実物が見つかったのは
 大変貴重だ」としている。

 述志は、開戦日の1941年12月8日付の便せん2枚と、海軍次官時代の39年5月31日付の
 同3枚。2通とも毛筆で書かれていた。

 開戦日の述志は「大君の御楯とただに思ふ身は名をも命も惜しまざらなむ」と歌を詠み込むなど、
 決死の覚悟をうかがわせる内容。39年の述志には「此身滅すべし、此志奪ふ可からず」などとあり、
 海軍次官時代に日独伊3国同盟に反対したため、身の危険を感じつつ書いたものという。

 山本長官は2通を海軍次官室の金庫に保管。43年4月に搭乗機が米軍機に撃墜され戦死後、
 堀中将や遺族が立ち会って内容は確認されていた。



147 :名無し三等兵:2008/12/07(日) 09:25:56 ID:???
 山本長官を6機の護衛戦闘機の操縦席の後ろの胴体に
押し込めておけば死なずに済んだろうに

148 :名無し三等兵:2008/12/07(日) 12:02:32 ID:tlG3CD7L
到着地のブイン飛行場から、上空直衛〜周辺哨戒の戦闘機を
上げておかなかったのは痛い。


149 :名無し三等兵:2008/12/07(日) 13:06:28 ID:TwQiywiU
柳谷飛長はブインに急を告げてるね。飛行場を低空から機銃掃射して。

150 :名無し三等兵:2008/12/08(月) 19:47:01 ID:gZ8pFu8l
彼ら6人には、何の罪もないわな。
護衛機の数を決めたのは、彼らの責任じゃないんだから。
・・・にしても、善戦したんじゃないかなぁ。

151 :名無し三等兵:2008/12/09(火) 12:43:34 ID:B6HGfpY1
イ号で移動した方がよかったんじゃねーの、遅いけど。

152 :名無し三等兵:2008/12/09(火) 12:49:59 ID:???
>>1
うだうだうるせーよ
絵にしろよ絵に

153 :名無し三等兵:2008/12/09(火) 12:56:15 ID:???
>>7
>『長官は、死場所を探してた』

アホかw

んなもん当時なら待たなくとも山ほど栄光の死に場所がころがっとるわ
視野がチッコイタイプだな〜

ピラミッドは奴隷が建てたっていう発想と似てる

かかってこいよ禿

154 :名無し三等兵:2008/12/09(火) 13:04:57 ID:???
>>15
今とおんなじよ

亡くなったら立派な死だった
捏造も糞もそれだけの話
誰に対しても手向けになる
なんかよく日本軍だけが大本営発表とか悪っぽく洗脳され育ってるタコがいるが
んなもん戦時下どこの世界でも当たり前の話
西も東も関係なく味方が味方を故意に殺したものを美談にまつってるのなんか山ほどある
現代でサスペンス解き明かす感覚で見たってなー

155 :名無し三等兵:2008/12/09(火) 14:53:47 ID:???
>>153
> 視野がチッコイタイプだな〜 視野は「小さい」ではなく「狭い」じゃないの?

156 :名無し三等兵:2008/12/09(火) 23:40:22 ID:???
>>154
何れにせよ、そっちの方がいいよな。

157 :名無し三等兵:2008/12/14(日) 21:58:00 ID:U7zZXAGY
mixiにいてるJSFスチールは田母神論文に批判的なんだな。
あいつが、もし田母神論文に好意的なら、それに追随
している、博多花丸
とかも盲目的に賛同するんだろうな。JSFスチールはアメリカの走狗だろ。
でも、自分で考えることの出来ないコバンザメ(ますた〜べーしょんとか)は
本来は統一教会だろ。アパ壷三の論文を批判して本部から怒られたりしないのかな?

日本は真珠湾を攻撃する理由がなかった論

その戦争に、日本軍は、日付変更線をこえて、ハワイまででかけていった。
これは、異様な逸脱である。シナを支援していたアメリカは、むろん、無関係ではないが、当面、叩くべき敵では
なかったからだ。真珠湾を攻撃しても、石油などの地下資源を手に入れるという戦争目的が達成されるわけではない。
日本と南方をつなぐ海路の防衛という目的があったのなら、ハワイ基地を徹底的に破壊するか、
上陸占領すべきで、中途半端な攻撃では、アメリカに、参戦の口実をあたえるだけだった。
真珠湾を奇襲しても、日本に、何のメリットもない。それどころか、アメリカを敵にまわせば、
日本が南方から石油を運ぶシーレーンが、かえって危うくなる。南方を攻略するのであれば、
むしろ、アメリカを蚊帳の外に置くべきである。アジアを植民地にしている英・欄・仏などの
ヨーロッパ列強だけを叩き、アメリカが、横合いから手をだしてきたら、そのとき、迎え撃つ。
それですむ話である。もっとも、非戦宣言をしているアメリカが、突如、日本のタンカーを
撃沈する可能性はゼロにひとしく、資産凍結と石油・鉄クズの輸出禁止をしていたアメリカには、
経済制裁という手段も残されていなかった。
アメリカのすさまじい敵愾心と原爆投下、本土空襲、進駐は、真珠湾攻撃のお返しで、それがなかったら、
日本の戦争は、アジアのなかで、日本の勝利というかたちで終結していたはずだった。真珠湾攻撃は、
日本が南方資源を手に入れ、ヨーロッパ列強からアジアを解放しようとする日本の戦争に何の貢献も
無かったばかりではない。それが先の大戦の唯一の敗因となった。

158 :名無し三等兵:2008/12/15(月) 07:38:04 ID:???
そこまで山本の絶望が深かったんだよ。
開戦直前山本は、ある人物に引捕まってこう言われている

「あんた、日本の文化や技術程度で米国とまともな戦争なんて出来るわけないだろう
               山本さん?あんた正気か」
山本「鍵を閉めろ」
   「実際、俺はギリギリまで反対で、出来うるだけこうならないように努力してきた」
   「でも、結局政府も国民も流されてしまった」
   「だから、早めに戦争を終わらせるために、一発ドカンとやる」

又ある時。
山本「東京大阪は丸焼けになり、俺は長門艦上で戦死だろう」

>>157みたいな馬鹿があの太平洋戦争を招来したのさ。

159 :名無し三等兵:2008/12/15(月) 07:42:18 ID:???
独伊と同盟を結ばなければねぇ、あれでほぼ終わったからな。
日独防共協定や日独伊三国同盟で、不信感は増大、南部仏印進駐でもう交渉相手ではない。

米国の日本の占領政策が甘かったから負けたという実感が薄いな。
本土決戦でソ連と分割もセットで占領されてたら、まず田母神みたいなアホは出てこない。

160 :名無し三等兵:2008/12/15(月) 16:56:32 ID:/6i29gSc
ヒトラーは南米で生存とかの噂話が絶えなかったが、
山本五十六にはそんな話はなかったのだろうか?

161 :名無し三等兵:2008/12/15(月) 19:45:25 ID:???
韓国に攻撃されてるぞwwww8
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1229334625/
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1229336485/




12月12〜13日、韓国で行われたフィギュアスケートグランプリファイナルで
浅田真央が韓国人を破り金メダルに輝く。今年3月の世界選手権でも韓国人は負けている。

韓国人が腹いせに2ちゃんねるを攻撃

vipper今夜19:00 反撃凸 ←いまここ★



目標
http://www.dcinside.com/



Dcinside(ディーシーインサイド)は、韓国の電子掲示板サイトである。
デジタルカメラの情報を提供する専門サイトとして有名になりつつ、だんだん人が集まり韓国最大のコミュニティーサイトとなった。 韓国の2ちゃんねるともいえるサイト。
2004年に2ちゃんねるのサーバをDoS攻撃したことで有名。




162 :名無し三等兵:2008/12/19(金) 13:42:22 ID:mLitfLyC
父親が56歳のときに生まれた子だから、
五十六という名前にしたんだね。
ワシもまだまだがんばらねば!

163 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 20:45:35 ID:b1ceKeDT
下記で軍オタのJSFood Companyが嘘八百を並べて暴れまわってるんで、懲らしめて下さい。
彼曰く真珠湾があっても無くてもアメリカの一番の敵国はドイツじゃなくて日本だそうです。
トンデモです。フィリピンが占領されるのがアメリカは一番こまるらしいのです。
イギリスよりも何よりもフィリピンが心配との事です。
【最後の】山本五十六【もののふ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1168544396/l50

164 :名無し三等兵:2008/12/24(水) 20:46:23 ID:???
>>163
そんなこと言ってる時点で軍オタじゃないのでこの板は関係ありません。

165 :名無し三等兵:2008/12/26(金) 00:03:30 ID:uFnMGT+v
JFE(自衛隊)はアメリカの走狗なのにロシア軍が好きだとか言ってMD導入を
正当化するプロパガンダを発信してるけど、下記の件についてはどうおもんだろうか。

ロシアの多弾頭ミサイル。開発に成功したら、その時点でユダ金のMD迎撃ミサイルは
無用の長物となります。大気圏に再突入した弾頭から、一度に10基もの核兵器が放出され、
それぞれ標的に向かって降下していく。これに米国のMD兵器風情で対処できるわけがない。
一基でも実はほとんど対応不能なので、同じことですけれど。

【最後の】山本五十六【もののふ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1168544396/l50


166 :名無し三等兵:2008/12/26(金) 00:13:09 ID:???
ABMとMAD、キッシンジャー辺りの本を読んで出直すように煽って来るべし。

そもそも、現行のパトリオットはソフトが完璧に書き換えられているので。
それと、全面核戦争における必勝戦略のソ連とか、ABM制限条約の意味とか
その辺で押してご覧>>165

そして、ここまで上がっておいで。

167 :sdkfz234 ◆LUdEVzdrco :2009/01/04(日) 19:52:27 ID:???
>>160
生存説ではないが、昔の週刊誌に五十六の生まれ変わりだという南米人が出てたよ。

あと、五十六メーソン説では、長官が日本海軍の中期までの作戦をわざと負けるように指導し、
戦いの勢いを米側に傾かせたあと、例の件で撃墜されたと思わせて歴史舞台から去ったとしているね。

山本五十六検死ノートを読んでの感想
漏れ的には操縦士を除く搭乗員全員で長官を囲み、墜落時の衝撃から長官を救ったのではないかと。
しかし、長官は内臓破裂か何かで重態に。到着した陸軍軍医(蜷川氏ではなくもう一人の)により介錯される。
当然口裏合わせが行われ、名誉の機上戦死となったのではないかと考えている。
蜷川氏が長官の服を脱がせようとした所、海軍の渡辺参謀が激しく拒絶したのはこの為ではないだろうか。


168 :名無し三等兵:2009/01/07(水) 04:51:57 ID:R8QqPhPO
>>157は正しい。
山本五十六は作戦家としては愚将。

169 :名無し三等兵:2009/01/07(水) 05:01:33 ID:???
>>157

170 :名無し三等兵:2009/01/07(水) 22:06:09 ID:k3Re7HP+
mixiで工作活動中のJFE(自衛隊)はアメリカ(とりわけネオコンに近い)
の手先であり書き込みのベクトルが全て親米に向いている。
チベットの時に黙っていた奴がぞろぞろと出てきた、と書いているが、お前は
丁度その逆(米側の工作員)じゃないかw

なぜイスラエルは、わざわざ停戦協定を破って空爆を開始したのか。私の読みは
「バラクとリブニの政争」である。イスラエルの国防大臣のバラクは好戦派で、
労働党の党首である。外務大臣のリブニは戦争を抑止したい外交派で、
カディマの党首である。イスラエルは2月10日に総選挙があるが、バラクの労働党は
劣勢だった。ガザ戦争の開戦によって、リブニ支持を食うかたちでバラク支持が急増したと
指摘されている。
もしかすると、労働党とリクードというイスラエルの伝統的な二大政党を率いている
バラクとネタニヤフは、イスラエル愛国主義の象徴のふりをして実は正反対で、本当は両人とも、
過激なネオコンや入植者集団と同じ「好戦的な戦略をやりすぎてイスラエルを自滅させる」という
隠れた戦略を持った「ロスチャイルドのスパイ」なのかもしれない。
http://tanakanews.com/090103Gaza.htm

工作員が論破されて何も言い返せないスレ↓
【最後の】山本五十六【もののふ】
http://academy6.2ch.net/history2/index.html#2

171 :名無し三等兵:2009/01/07(水) 22:35:26 ID:k3Re7HP+
工作員が論破されて何も言い返せないスレ↓
【最後の】山本五十六【もののふ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1168544396/701-800

172 :名無し三等兵:2009/01/07(水) 22:45:32 ID:???
スレタイとは関係無くなるけど、
別にこの人が戦死しようがしまいが戦局には
ほとんど関係ないでしょ。
総力戦で没個性的な戦争では大将と言えども代替可能な
部品の一部なのだから。




173 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 00:32:18 ID:???
別にあおるわけでもなんでもないが、実際山本の仕事は開戦の数日前に終わったと思う。
対米開戦決定した時点で山本に出来ることはもう何も無かった。
山本は間違いなく開戦の時点で完全な敗北(艦隊決戦後の講和などではない)以外の
出口戦略をまったく持ちえなかった。これはもちろん山本の責任ではないが。

山本は開戦後はGF長官を演じていたに過ぎない。勝つ希望を持って真剣に戦争をしては
いなかった。


174 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 01:46:38 ID:mu5pL8Cb
最近、山本が保科を高松宮に使いさせて、
どたんばで弟の宮に陛下を説得してもらおうとした
それが「実は海軍は対米戦に自信がありません」と11月の末に言いにいった件だ
という説があるんだけどどうよ?

175 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 02:18:08 ID:???
どうかなあ。 山本一人に日本のツケが全部掛かってきた感が否めないからな。
開戦後は山本に日本全体が寄りかかって……

176 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 04:16:45 ID:???
陸軍から見ると、海軍に「対米戦は無理」と言わせて対米開戦をとりあえず回避しようと
したら及川(だっけ?)が「対米戦はやれる!」と言ってしまったのでどうしようもなくなったと
いういきさつもあるようだが、どうなんだろう。東條自身、首相になるまで天皇が対米戦
回避を望んでいることを知らなかったとか...

ともあれ、山本が連合艦隊に出た後の海軍首脳はもう必ずしも対米戦回避で固まっては
いなかったんだね。、米内山本ラインが海軍省から外れた時点でもうだめだったんだろうなあ。


177 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 07:00:37 ID:???
最底辺どもめが大将をガタガタ論じるな!

178 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 07:58:33 ID:???
>>176
>東條自身、首相になるまで天皇が
それ以前に、もう東條さんの時では何もかも遅い。
東條すら、もはや軍のロボットだった感は否めない。
陸軍も石原完爾を叩き出した時点でダメだ。 
アレはアレでちょっとクセがありまくりだが。

陸海軍とも、対米戦反対論者を叩き出した事だけは共通だが、
陸軍の一部と外務省の一部官僚を除けば、誰も米国と戦争になるとは考えていなかったし
あんな国と戦って勝てるなんて思ってた人間はいなかった。
石原も、そして東條すらも米国と戦える訳がないと思ってた人間だしな。
やはり、ドイツの破落戸国家と手を組んだ時点で終わっていたとしか言い様がない。



179 :名無し三等兵:2009/01/08(木) 22:10:56 ID:yXz4XNfH
アパ壷山系、統一教会系列のサクライのオバサン等、ネトウヨ(統一、草加)等は
田母神支持なのに、なぜネトウヨの最後の砦アメリカ大好きのJSEスチールさんは
田母神論文に批判的なのかイマイチ分からないでいる博多花丸当mixiの統一工作員
であるが、いつものように何も考えずに追随するしかないであった。
例え、本部(統一教会)から怒られようとも。
田母神論文はコミンテルンについて書かれている事と本質は反米だから、アメリカ大好き
JSEは批判するんだよ。

【最後の】山本五十六【もののふ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1168544396/701-800

180 :名無し三等兵:2009/01/09(金) 12:36:14 ID:???
対中戦争、三国同盟、南部仏印進駐、この3点セットが日本を破滅の道のりへ

181 :名無し三等兵:2009/01/10(土) 16:02:26 ID:???
吉田善吾海相の煩悶
http://ww1.m78.com/pacific%20war/pacific%20war.html



182 :名無し三等兵:2009/01/10(土) 16:05:01 ID:???
山本五十六の「戦備に関する意見」
http://ww1.m78.com/pacific%20war/pacific%20war.html



183 :名無し三等兵:2009/01/10(土) 16:08:19 ID:???
「米国海軍及米国民ヲシテ救フ可カラサル程度ニ其ノ志気ヲ阻喪セシムルコト
」という文句は米海軍主力を撃滅すれば、米海軍も米国民も先行きの希望を失
って、降伏するだろうという観測である。

この言葉は、原田との会話の中の「近衛だのなんかが、氣の毒だけれども、國
民から八裂きにされるやうなことになりやあせんか」と対をなしており、日米
両国民ともに一撃で士気阻喪するという山本の独善的な意識が基盤をなしてい
た。海軍条約派は、国民が艦隊派に賛成し、満州事変に引きずられるのをみて、
国民を軽蔑していたのである。



184 :名無し三等兵:2009/01/10(土) 18:07:14 ID:???
>>183
それが山本の限界であり、そして日本の限界であった事を端的に示す下りではある。

185 :名無し三等兵:2009/01/11(日) 08:32:56 ID:???
一部だけ抜粋して話作るのやめようぜ

186 :名無し三等兵:2009/01/13(火) 12:14:22 ID:???
その人は、釣りと称して、
不毛な自分の相手を
ひたすら求めているだけだからあかん

187 :名無し三等兵:2009/01/13(火) 13:32:00 ID:???
山本の戦死はコミンテルンの陰謀だよ。
知らないなんて北朝鮮国民なみじゃないの?

188 :名無し三等兵:2009/01/18(日) 01:54:18 ID:???
「ナニ、忠義の士なんて連中がいて、そいつらが国を滅ぼすんだw」 勝安房守海舟
「(真珠湾を祝う提灯行列を見て)あいつらがいずれ俺の家に石を投げに来るよw」 山本五十六

シニカルな点では両者は共通しているなw


189 :名無し三等兵:2009/01/18(日) 01:55:03 ID:EHvJFcn9
何となく、寅さんに出てくるタコ社長(太宰久男?)に似てる件

190 :名無し三等兵:2009/01/19(月) 05:35:22 ID:???
>>7にもあるように山本長官の死に方には不審な点が見られるわけだが、
それとの関連で考えさせられるのは、山口多聞少将の死に方だな。
こっちはもう、完全に生きようと思えば生きられてた。
こんなに優秀な人間が戦争の序盤でいなくなってしまったのは、残念でならない。
で、山本長官の死から数えても、戦争はまだ2年は続くんだよね。


191 :名無し三等兵:2009/01/19(月) 10:30:50 ID:???
それは米軍側もわかってたみたいですね。山本を殺しても山口はMIで死んだから、もう恐れる指揮官はいないと

192 :名無し三等兵:2009/01/20(火) 00:26:44 ID:???
「日本軍が山本を失うのは、我々があなたを失うのと同じです」って言われて
ニミッツが山本殺害の最終判断を下したとか...

ただ、特定の指揮官個人を狙う攻撃は非常に例外的で、ほとんど非合法な暗殺
すれすれだったと今のアメリカでも一部の人は考えているようだ。あるアメリカの現代の
ドラマで、裏でテロリストの対米攻撃を支援していたある国の外相(この国は一応アメリカと
国交がある)を暗殺する決断をアメリカ大統領が下す話があったが、その判断が合法なのか
どうなのかが問題になる展開のストーリーで、その回のタイトルが「ヤマモトのケース」
みたいなタイトルだった。



193 :名無し三等兵:2009/01/23(金) 22:42:56 ID:???
>>176
どちらも自分たちのメンツを最優先して
国を滅ぼしてしまったのね。
こういうのってやっぱりよくあることなのかな・・・

194 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 00:21:50 ID:???
>>193
今もそうじゃないか、民主党も自民党もメンツがあるんだ。
似た様なもんさ。

195 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 03:11:05 ID:MCbwHB1T
まあ、戦前暗黒史観だと、日本の本質はなにも変わってないってのは受け入れ難いわけさ

196 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 15:18:57 ID:???
山本長官の一式陸攻だけは完全防弾仕様でないと。
無防弾一式ライターに乗ってお出かけなんて
あのオバマ大統領の車は完全防弾。

197 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 18:41:57 ID:???
>>176
ちがうよ。連合艦隊司令長官に出た山本が強硬に真珠湾攻撃計画を
海軍首脳にネジ込んで、第一次大戦ドイツの「シュりーフェンプラン」
のようにタイムスケジュールで雁字搦めにしてしまい、外交交渉の
余地を奪ってしまったんだよ。

198 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 18:54:55 ID:???
>>197
外務省関係と海軍側の確執は今もあるんだな。

199 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 23:37:53 ID:???
>>194
そうだよなー。国民そっちのけでやりあってるもんな。

200 :名無し三等兵:2009/01/24(土) 23:41:59 ID:???
なんだか1万二千円も決まってしまったし。あれだけ反対してたのに
いざ民主党の怪しげな資金問題が出た途端……参院通過了承っと。

同じ穴の狢。

201 :名無し三等兵:2009/01/27(火) 12:50:30 ID:???
海軍が非戦を貫いたら、「じゃ、海軍は要らないってことで」てなもんで
軍事予算の割当は陸軍へ。
結局この件もカネだったんだ、って話も半藤氏あたりが書いてましたなぁ。

202 :名無し三等兵:2009/01/27(火) 13:06:41 ID:???
いや、「戦えない?じゃあ今まであれだけの予算配分したのに海軍は何やってたんだ!!」と軍官民からのフルボッコ
山本五十六が「戦えません、戦ったら負けますと何故言えなかったか」詰まらぬ事でメンツを優先
お陰で連合艦隊は壊滅、ああ、もうあの大艦隊は戻らない って高木が美文調で書いてたような。

>海軍が非戦を貫いたら、「じゃ、海軍は要らないってことで」
それはないけど、発表の文言に依っちゃ国民の信頼は失墜するね間違いなく。
タダでさえ、弱い海軍、横暴陸軍とか言われてたんだし。

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)